青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「知り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

知らない~ ~知らなかった 知らなかった~ ~知らぬ 知らぬ~ ~知られ 知られ~ ~知らん 知らん~ ~知り
知り~
~知りません ~知る 知る~ ~知れ 知れ~ ~知れた 知れた~ ~知れない 知れない~ ~知れぬ

「知り~」 3416, 35ppm, 3303位

▼ 知りながら~ (470, 13.8%)

8 彼は 6 それを 3 彼女は, 汽車に, 逃げて, 黙って

2 [16件] お松は, これも, その恍惚, それに, ついそれ, どうする, 一家の, 借りた金, 僕は, 出て, 嫣然として, 未練な, 毎日仕事を, 無理に, 私も, 芸術を

1 [412件] ああし, あきらめず相手, あくまで夫, あたかも渠, あのよう, あの一郎, あの大がかり, あまり好い, ある心理的状態, あんなお, あんなにも, いささか説く, いつか自分の, いつまでも, いつ見られる, いやが, いろいろに, おせい, おばばさん, お前の, お屋敷, お断りも, お綱, お訪ねした, お面, お鶴, かう聞いて, かかる不都合, かかればこそ, かくまで, かく窮屈, かず, かなり深く, かれは, こういうこと, こうして折檻, こうまで, ここに, ことわりも, ことわること, このお, このん, この偉大, この疲れた, この計算法, この遊女崇拜, これまで, これを, こわお, こんなところ, こんな所, しかし決闘者, しかも何度, しかも初瀬, しかも尚わきでる, しかも彼, しかも迷信, じっといま, すっかり勝手, すべてを, すッ, せっかく石町, ぜひともこの, そうおっしゃる, そうして必死, そして妻, そっとお, そっと忍ん, そのこと, そのはずみ, そのままに, その中, その事, その夢, その女, その姉娘, その娘, その愛嬌, その死処, その火元, その無, その病気, その癖, その認識, その調査, それでどうしても, それでも子路, それでも憎しみ, それでも間さん, それと, それなりで, それは, そんなこと, そんな事, たださう云, ただの, ただ可能, だんだん悪縁, ちょっとあと, ついつい米, ついに藤吉, ついに銭, ついやるせな, つい承諾, とぼけて, どうした, どうしても目, どうして伊藤, どうも子供, なお, なおかつ漠然とその, なおそこで, なおどうしても, なおも止めど, なお且つ, なお世界, なお助け, なお忍ぶ, なお枕, なお気, なお苦痛, なかなか寐, なぜまた, なぜ昼, なぜ腕, なぜ門番, なんとし, ひもを, ふきふき来る, ほかへ, またし, また何れ前世, また彼, また昨日, まだもっ, まだ生きたい, まるでほん, みすみす恋, むやみに, もう制御, もう脚, もう辛抱, もとより侮蔑, やつぱり自分で, やはりこう来, やはり揉まれる, やはり死にたく, やはり食いたい, やむに, よその, わざと, わざと後れる, わざと見ない, わざわざ東国, わたしは, わたしも, われは, ウンザリしつ, ツイ男の, ニンシンに, ノコノコここ, 一寸と, 一度ならず忍び込み, 一日一日と, 一杯機嫌の, 一番おくれ, 一里の, 三時間も, 上の, 上等のを, 下り立つ田子, 不本意, 両手で, 主任さんを, 之を, 予定の, 二つ三つ瓜を, 二十両の, 五十年来の, 人中で, 人家の, 今すぐ, 今にも濠, 今の, 今まで, 今更の, 介抱を, 仮の世の, 伸子は, 何か, 何だか悪い, 何とかうまく, 何も, 何人も, 何故ほつ, 何故また, 何故自分, 何為私腹を, 余は, 余り豊か, 依然としてもがい, 係つたのは, 信仰を, 兎角囚人, 其でも, 其の宝, 其破壊を, 其蝶は, 再び呼んだ, 再び生活, 凡情いかんとも, 利用しない, 助太刀に, 労働する, 十年越し, 千世子は, 千浪に対する, 厚かましくも, 参って, 又もや港崎町, 又主, 又昨日中房温泉, 口先では, 吉之助の, 同根億生の, 君と, 否応なしに苦しみ, 呑気らしい, 和泉守遺子鉄三郎を, 品に, 喜びを, 執筆し, 堂守として, 大なる, 大事を, 大岩に, 大目に, 女の, 妊娠の, 妻たる, 妻を, 嫖騎将軍を, 実行し, 客の, 家に, 寝入ったふう, 小さな言葉, 小学生にも, 少しずつ, 少し心配, 尚けれどもと, 尚その, 尚も切り, 尚葉子, 左の, 己れ, 師の, 年増の, 幸之助も, 幼い時, 引きつづく, 彼を, 彼女とともに, 御引受, 御用で, 心から称め, 必らず書き足りない, 忘れて, 恐怖を, 恨めしいよう, 悪いこと, 悪い心, 情婦らとともに, 愛子の, 愛欲の, 態と何, 慰安を, 憤怒の, 我慢し, 我言を, 戦ったの, 手を, 打棄て, 押しこめたるは, 押して老中, 放って, 政治の, 敵の, 文代さんを, 文王の, 斧を, 斯様なる, 旅行に, 既に走り行く, 日々陰鬱なる, 昂奮し, 昨日から, 更らに, 木戸銭を, 本當, 本能的な, 梅と, 欲の, 止むに, 死んで, 死骸に, 毎日, 毒を, 汗を, 江戸屋はんに, 洒落や, 流石に, 浅ましい心, 涙が, 渋々納得, 無理難題を, 煙草を, 熱い涙, 猶気, 用ひ, 田中参謀次長らに, 男を, 疲れた頭, 痛くなる, 相手が, 眼覚めよう, 睡ったふり, 瞬きも, 知らないふう, 知らないよう, 知らぬよう, 知らぬ真似, 知らぬ風, 知己の, 破れ袷の, 福村が, 私が, 私という, 私は, 科人の, 秘伝書を, 秘密戸を, 空腹く, 素知らぬ風, 結婚する, 結婚の, 結婚を, 罪に, 肉体を, 胡坐を, 胸が, 自ら培養し, 自分から, 自分で, 自分の, 自分は, 自由な, 自由を, 自身の, 興奮を, 舳に, 花は, 茶の湯なる, 薬瓶を, 藁火などで, 虫が, 行えば, 西の, 見出せない様, 見逃さざるを, 見遁, 親に, 言いだせば, 言った, 計画を, 計畫, 訪ねて, 訴へる, 試験を, 詩的正義の, 話を, 貴女と, 貴方が, 貴方は, 賊の, 起きだして, 足を, 足音が, 身動きも, 近く相接し, 送金した, 逃げも, 造りたらば, 遊んで, 野暮に, 野望に, 隠して, 集めなければ, 非常に, 面を, 頼みに, 頼子を, 風など, 香水料の, 駆ける, 高くから, 高く飛躍, 麦酒に, 默つ, 默つてゐた, 黙っちゃ, 黙らなければ

▼ 知り~ (205, 6.0%)

4 之を, 他の

2 [20件] これを, するにや, なさけ知らぬ, よりの, 久さしく, 人し, 余を, 先づ灌漑工事を, 初て, 大臣には, 居る眼, 序に, 憎み思ひし官長, 才力の, 笑む世, 縁も, 義を, 而し, 負くる, 身を

1 [157件] あやしむキリスト曰, あゆみそめ, いたみき, いまだその, うら恥しと, えんじゃねえ, おはさむ, おはすら, おもしろがり, おり候, おるけれども, かくいへり, かねてわが身, かねて我身, この身, さておく世, しかも現在, すぐる月日, すべてこれを, すべての, その分子, その教, その日蠅, その次, その清操, その競爭, ただ育て, たちまち立ち止まる, ついに路傍, ついに迭い, なほさ, まだ實際, みずから修むるを, めでたか, もとの, より愈, より斯, わが国の, わが心, わが憤, われある, われとわが身, アルゴスの, 主人大に, 乗ずべきは, 二を, 二三を, 互に面, 住吉の, 何故に, 何方よりか, 來り, 來日を, 候, 値段を, 其の羨むべき, 其意想外なる, 其話し, 再び門, 再回せり, 冬柏院に, 出迎, 出迎えし, 分に, 刑に, 制するに, 勇めるオヂュシュウス, 善き者, 善く不, 国を, 国家ある, 大いに喜ぶ, 天を, 天皇の, 子供の, 子孫を, 実名を, 害せず, 寂しかりき, 小安に, 小生の, 川島未亡人は, 師に, 彼の, 彼は, 待ち伏せする, 徒に, 心に, 怪しく叫ぶ, 恋愛の, 悔いざるは, 悔ゆれ, 悪を, 悲憤が, 悲歎一時に, 惡を, 我が二人, 改むる人, 攻め上る, 政府の, 政治ある, 料理の, 明日の, 晩方に, 曙覧の, 来に, 来れるもの, 植ゆ, 此嬉し, 歩めり, 死にしや, 母上は, 毒を, 涙湧く, 牝犬のみ, 物事の, 猶容易, 王に, 理想的快楽ある, 畜生と, 白日の, 直ちにおん身, 相對, 眠息の, 神仏の, 神垣に, 私ある, 私淑す, 精神ある, 精神の, 絲の, 縊死す, 罠の, 自ら穢すべきや, 自ら誇りを, 自身としては, 興さざるは, 苦々しく思える, 草を, 萬億ある, 行うたる, 衰へ, 見れば, 計算する, 該現象の, 誰かに, 諌めし内閣, 贖ひまつれ亞米利加奴, 足れりと, 道を, 醜美, 隈あらじ, 食物を, 馴れ行く病院, 驚きて, 高き愛情, 麥笛を

▼ 知り~ (195, 5.7%)

51 ひの 26 ひに 13 になった 8 ひにな 6 ひが 4 つた 3 になっ, になつ, になつて, の家, ひを 2 で殊に, によく, のもの, の人, の方, ひらしい中年過ぎ, ふやう

1 [58件] か何, があと, がある, だったので, つたので, つたらしく, つた以上, つて, であった赤瀬さん, である, であるから, である関係, であれ, でがし, でしたが, ではあります, でもない, で充分, で毎日顔, なぞない, におなり, になつた, になつたの, に成んなすつた, のうち, のでぶでぶ女, のひと, のよう, の主任, の仲, の或, の病人, の藤井, の警部, はこの, ひか, ひかい, ひかと, ひから, ひから出來, ひか知り合, ひである, ひであること, ひですが, ひですがね, ひですの, ひでないか, ひには, ひへは, ひや, ひらしいひとり, ひ何かしらそこ, ひ間もなく, ふとすぐまるで親類, ふ在留日本人達, ふ機會, へは全部手, らしく酒

▼ 知りつつ~ (169, 4.9%)

5 それを 2 それに, わたくしが, 出て, 手を

1 [156件] あつた, あること, あれを, いいたい事, いっしょに, お手紙, お膝, かえって惹きつけられ, こうした本, こんなよう, こんな冬ざれ, しかもあえて, しかもそれ, そういう風, そこへ, その一つ一つ, その卒塔婆, その悠然落ち付き, その手段, その方, その椀, その酢, その間の, それでも僕, それには, そんな気休め, だまつてゐられず, ついこちら, つい金, どうしても後, どうしても自ら, どうしても逆, どうする, なかなか廃め, なぜ軍師, なんとなく疑懼, むなしく快を, もうわかってる, やはりいつのまにか胸, やはり好意, やはり引きずられた, よほどま, わがままを, わざと引き取り, わざわざ笑われる, わしと, トボケて, パパに, 一体何処, 一番池のけん, 一身を, 不可能事を, 不敵な, 世の中に, 両手の, 中へ, 主家の, 争つて媚を, 事を, 二百五十両を, 今まで, 他国の, 企らんだ, 伸子は, 何と術, 何処へも, 信じること, 出来るだけ, 出発した, 出鱈目を, 別離た, 医者を, 十九日の, 半インテリゲンツィア養成, 又或, 取り置くは, 固執する, 園田の, 大王に, 好きだ, 妙に, 安閑と, 寝たまま, 尚執拗, 年甲斐も, 幾たびも, 役人が, 彼の, 彼は, 彼女は, 応ずる振り, 恩師をも, 惡意的に, 慰みに, 我々が, 打棄て, 持ちだした奏請, 捨てては, 攘夷の, 救ひ上げ得なかつた, 敢て, 新刊書だ, 早急の, 時々涙, 暴飲暴食し, 服薬せし, 松崎は, 沈むばかりに, 油鼠の, 洋学が, 海底要塞を, 為すの, 無法に, 無理に, 無駄を, 然も, 父が, 父親が, 独り木蔭に, 猶且つ友人, 玩ばれ調戯, 現ならず, 病気に, 癒えたりと, 真顔で, 矢張りその, 知らぬふり, 神経衰弱に, 私は, 竜之, 第三百十二回, 細工した, 自分の, 自由で, 良心に, 苦しさ, 茜さんだけを, 落下傘で, 藁すべにでも, 見す見すよこした, 見のがして, 覗きに, 訴うる, 読むなら読者, 調戯られ, 謙三郎は, 賄賂を, 越えて, 跳び下りて, 送らせるところ, 部屋を, 陥らずには, 険悪な, 食みし毒, 駒自身が, 黙って

▼ 知り~ (141, 4.1%)

12 しないで 11 しないくせ 7 しなければ 5 しない人, しない癖, 見知りも 4 しないし 3 しないのに, しなかった, せずに 2 しないこと, しないので, しない処, しない奴, せば, 感じも

1 [71件] いたさねば, したいと, して, しない, しないあの, しないお, しないおれ, しないところ, しないなんて, しないの, しないもの, しないよ, しないん, しないエドワード六世ホテル, しないゴオリエフ, しない世界, しない中, しない二人, しない人々, しない人類, しない仏教, しない医者, しない友達, しない和蘭陀加留多, しない女, しない女の子, しない旅, しない禅, しない細君, しない罪, しない自分, しない船, しなかったが, しなかつた, しなかつた修驗者, しねえくせ, しねえで, しねえ癖, しませんし, し唱ひも, し工夫, するやう, せずあまり, せずこれ, せずそうして, せずとにかく, せずまた, せず全く, せず名, せず気, せず理解, せず生きた甲斐, せず聞いても, せず見も, せぬあの, せぬこと, せぬやつら, せぬドイツ語, せぬ事, せぬ人間, せぬ女, せぬ文士, せぬ江戸, せぬ男おんな, せぬ癖, せぬ石切屋, せぬ路傍, せんくせ, 村人の, 致さず今日, 致しませぬ

▼ 知り~ (94, 2.8%)

13 なって 7 なったの 4 ならないで 3 ならず辞書, ならなかったの, なりたいの

2 [11件] き, なつたら, なつて, ならずに, ならないの, ならない坊ちやん, ならなければ, なりませんか, なると, なる必要, 行くという

1 [39件] けり蝉, なった, なっただろうと, なったでしょう, なったとは, なったもの, なったらよもや, なった時, なった様子, なってからは, なつたつ, ならうと, ならず侍女たち, ならず自分, ならないであろうと, ならないのね, ならない顔, ならぬ, ならぬ方, ならぬ昔語り, なり, なりうれしく, なりたいでしょうね, なりたいならば, なりたいもの, なりたくは, なりたぐい, なりたければ, なりました, なりましたか, なりましたね, なりましたの, なりませんでした, なりませんわ, なり直ちに, なり知らずして, なり誘うて, なるもの, 成らうと

▼ 知り~ (86, 2.5%)

5 のやう, の口 4 がある, の家 3 はない 2 のよう, の名, の結婚披露式, の金, を尋ね, を訪ね

1 [53件] あまたいでき, からそう, から紹介, から距, から距つて, が, があった, があるらしい, がいる, がない, が一名, が有り, が来る, だったという, だって, でこうして, でござんしてね, との接触, なの, にこんな, にはござりませぬ, に今度, に会, に会え, に出会, に出会った, に北条, に最近, に會, に知らるる, に見られ, に話し, に語り, に遇, に遇う, のため, のところ, のない, の一人, の仮面師, の子等四人, の持家, の窮迫, の立退き, の顔, はねえや, はもと, もあり, もたくさん, も多い, を予期, を使, を捜し

▼ 知りつつも~ (68, 2.0%)

3 私は 2 何か, 彼は

1 [61件] いわゆる正, おもしろがっ, お君, お手の物なる, ことさらに, この死地, この酒, して, しまいには, じゅんじゅんとして, そう言っ, そっと隣家, その両立, その声, その破片, それを, ついうっかり, つい突迫め, つい竹, どうも能登守, なお一時, ひたすらに, まだビクビクし, われ真珠, イツモの, ヨハネスの, 一応は, 一晩と, 上靴を, 何とのう, 何度も, 余りの, 倉地は, 別に背後, 十次郎の, 少しも, 引つかん, 思い切って, 悪い気持, 情ない心細い頼り, 手足や, 才川家へ, 文学三昧に, 書かずには, 極度の, 横道へは, 此上ない, 死を, 毎年の, 濁酒三合を, 煩さい, 私の, 縁側近くを, 諫死した, 身を, 車を, 邸に, 青年の, 面白さ, 鬼薊を, 黄金と

▼ 知りながらも~ (66, 1.9%)

2 彼は, 此の

1 [62件] あの永い, あまりその, この上なく嬉しく思っ, この邸内, しかしこの, すべてを, そう知れ, そこの, その誓う, それから, ついいい足し, つい後ろ, つい腹, ときどき海, ともするとそこ, どんな事, なお昔, なお草深い, なるべく妻, はなれて, まだ産褥, やはり, よく働い, わたしゃお前さんを, ツイ神様に, 世間体を, 中には, 仔細らしい, 低きに, 何故かよそ, 切って, 半七, 呼ばずに, 喰べ, 宗家道誉の, 実際の, 尚ほ, 幕府の, 彼に, 必死に, 思いを, 思はず私, 悲憤の, 手を, 断って, 早めに, 最後の, 汽車に, 父の, 玄徳は, 百人が, 私は, 総毛, 股と, 自分らに, 自然の, 苦しむ男, 誰と, 諸君に, 賛成を, 金胎両部あるいは, 雄鶏は

▼ 知りその~ (62, 1.8%)

2 おどろきの, 尊厳を, 運動の

1 [56件] お方を, お谷の口, なかの, ま, ように, 上さ, 上そういう, 中に, 事を, 人が, 人も, 人達の, 件を, 作品を, 使用法を, 働きの, 動揺を, 動物の, 危機を, 原因の, 叙景的な, 国々の, 場で, 場合を, 境地に, 夜住職を, 夫人を, 姿を, 子息さんの, 実情を, 年の, 庵を, 心事同情に, 改善の, 攻撃法を, 楽を, 池の, 湯気が, 無心さが, 父の, 物が, 用途を, 由を, 異同を, 目的の, 知識を, 石秀の, 立場に, 絵を, 罰によりて, 若干の, 賀は, 贖罪を, 鏡も, 頃に, 頬に

▼ 知りまた~ (46, 1.3%)

2 その回転, それを, 叙述する, 書くの

1 [38件] いかに大人, からまる, こうした奇蹟, この関係, すぐ口, すべての, その嫂, その記事, ほえられても, ほのかに, よく監督, わが默, コクトオの, マライシアでも, 仏法国で, 作品も, 個々の, 其互交の, 出品した, 前に, 南朝方には, 厭世の, 君に, 夢を, 客観的観察として, 平生ひとを, 廓内の, 当時の, 想うの, 手近な, 斬り殺した二条, 更にその, 朝に, 烏有先生が, 生活し, 結晶中心の, 自分にも, 自然の

▼ 知り~ (46, 1.3%)

4 かつたの 3 いと思っ, いの, いんだ 2 いよ, かったの

1 [29件] いか, いこと, いといい出した, いといふ話, いとか, いとは, いと思, いと思う, いと思った, いと思つて, いと望む, いと熱望, いと願う, いのです, いのですがね, いんだ後ろ, いんだ部屋, い心持, い慾望, い扨, い非常, うてな, かつた, かつたら, くて, くなった, く思うの, く此, ければ

▼ 知りそれ~ (42, 1.2%)

2 に執着

1 [40件] からは時々, がまた, が大, が如何, が日本, が活字, が羨ましく, が自然, と同時に, にすら名残り, に冷静, に対してはなはだ, に対して特に, に対して社会, に対して自分, に対して闘っ, に對, に屈伏, に応じ, に深く, へぶつかる, へ下山, をより, をウン, を今兒等, を出し, を基準, を失ふ, を奇, を守る, を常に, を悼む, を我ら, を手, を捜し出し, を発音, を盗ん, を着, を種, を窃む為

▼ 知り~ (39, 1.1%)

8 へんが 6 へんけど 5 へん 3 へんがな, へんな, へんの 2 へんで, へんとは 1 づはじめにはたゞの銅を, へなん, へんでしたな, へんと, へんに, へんもん, へんやろ

▼ 知り~ (37, 1.1%)

3 はで, はぬ, へ 2 へり, へるや

1 [24件] は, はざる, はじ, はぬごとし, はぬなるべし, はば嘸や, ひさりとて, ふ, ふぞと, ふならねど, ふならん, ふべし, ふべしと, ふまじとは, ふわが, ふ処, ふ如く信仰, ふ如く悪魔, ふ所, ふ方, ふ秘中, へば, へり戀, へるワチカアノ

▼ 知り~ (30, 0.9%)

7 しない 4 しません 3 しないの 2 しないわ, せぬ, せぬが 1 いたしませぬ, しないそれ, しなかった, しなかったが, しなかったとしても, しなかつた, しまい訊ねられたら胃, すまい知れよう道理, せぬから, せん

▼ 知りよう~ (27, 0.8%)

8 もない 6 がない 5 がなかっ 3 もなかっ 1 がありませんでした, がなかつた, が無い, のなかっ, もなく

▼ 知り~ (25, 0.7%)

22 いて 1 いたやり口, いてでも, いてるん

▼ 知りこれ~ (23, 0.7%)

2 と同時に, を悔

1 [19件] がため, こそしばし, によって以後一年間, に向, に向っ, に対する伝説, に応じ, も是非国民, より進める, をも参照, を世人, を改称, を現代, を舎, を試むるものドイツ語, を認める, を遇する, 幸いと, 畢竟我輩

▼ 知りそして~ (23, 0.7%)

3 それを 2 同時に私

1 [18件] こがねのみ, そのやう, その断頭台, その斷頭臺, それに, それにおいて, もちろんかく, 僧侶は, 即座に, 外部条件を, 己れ, 恋を, 恋心を, 愛し得た選まれ, 教授は, 春の, 死ぬまでの, 母を

▼ 知り~ (20, 0.6%)

1 [20件] がるる, さくや, たんだ, ように, ワケ知らずと, 上級生が, 主君日向守は, 公卿輩は, 太夫と, 女に, 山本道鬼勇武絶倫の, 御人, 御方に, 方に, 方は, 渡り仲間が, 老巧者, 茶人である, 長き面輪, 雨村の

▼ 知り~ (20, 0.6%)

16 して 1 したこの, した事, した伝説, し得ない時

▼ 知り~ (18, 0.5%)

2 桂子の

1 [16件] これからも, た明日, コントの, 其相對的なる, 彼を, 彼以外に, 彼会の, 教えさえ, 最聡明, 洋書など, 知らんとして, 神と, 聞く事, 自分達の, 道衍の, 避くべ

▼ 知り難い~ (18, 0.5%)

3 のである

1 [15件] が又, が盂蘭盆供燈, けれどとにかく, けれど決して, ことのみが, こと既に, ので専門家, のも, ものが, もので, ものの, 嘆きが, 歎きがある, 秘密の, 語である

▼ 知り~ (17, 0.5%)

11 して 1 しうべしとお, したから, したやう, した二十歳娘, した頼母, せば

▼ 知り自分~ (17, 0.5%)

1 [17件] からの書簡, にはとうてい, のできる, の役, の才能, の暮し, の理想, の生前, の目標, の真価, はすばらしい, もその, もそれら, をおも, をもある, を助け, を環境

▼ 知りかつ~ (16, 0.5%)

3 これを

1 [13件] いかにし, その不当, その形状, その死する, その気分, でき自分, は今日, は東洋人, 二葉亭の, 守らねば, 己に, 日本人の, 自分の

▼ 知り~ (16, 0.5%)

4 アしない

1 [12件] あがらない, あがらない死んだお, おへんの, がらねえ, はらんの, はれしませんの, はれへん, アが, アしねい, アしねえ, アしません, 最近の

▼ 知り~ (15, 0.4%)

2 はおのれ

1 [13件] に会う, に頼り, の寂し, の悲運, の胸, はその, は田村, ほどボヘミア的生活, ほど人情, も亦, を正直, を知っ, を除く

▼ 知りたま~ (14, 0.4%)

3

1 [11件] はぬ, はばさて, ひけん, ひて, ふまじ, へこの, へち, へるや, へるやさしき, へわが, へ画

▼ 知り合つて~ (14, 0.4%)

1 [14件] おられた女, から未, から瑠璃子, はい, ゐたの, ゐたばかり, ゐた木下, ゐること, ゐると, ゐるほど, ゐる丈, ゐる二三, ゐる者, 助けて

▼ 知りあつ~ (13, 0.4%)

2

1 [11件] たかが, たの, たもの同士, たホテイ商会, たン, た一昨年, た女, た女友達, た幾人, てお, て間もなく

▼ 知り~ (13, 0.4%)

1 [13件] から半紙, にあちら, にこころ, に呟いた, に大, に語り伝えぬ, に語り伝へぬ, の出来なかつた, の砧, も知れ, をつくり, を知る, を見た

▼ 知り~ (11, 0.3%)

4 を知る 3 れを 1 れをも, を信じ, を棄て, を知れ

▼ 知りこの~ (10, 0.3%)

2 一代の 1 上はと, 人自身の, 地の, 寺の, 手紙を, 点を, 点何と, 社会で

▼ 知り難し~ (10, 0.3%)

2 されば 1 この中, と衆情枕, と雖, フラティチェルリは, マルテルが, 恐らくはダンテ, 或ひ, 根の

▼ 知りがたい~ (9, 0.3%)

1 が表, その魂, ものが, ものであり, 三人の, 明日についての, 有様で, 死者という, 自分の

▼ 知りさえ~ (9, 0.3%)

8 すれば 1 したら救って

▼ 知りさらに~ (9, 0.3%)

1 これを, さかのぼりて, でき得べくば, 人生の, 勅使左衛門督大原重徳を, 奥さんも, 溯っては, 疑う所, 限りなき

▼ 知り且つ~ (9, 0.3%)

1 あるを, これを, その使用價値, わかりやすく, 信ずるに, 味ふ, 洞窟は, 片山ウタ谷利太郎は, 考えなければ

▼ 知り~ (8, 0.2%)

1 うた者でなけれ, うた若い, ほかた, 梅から, 目に, 眼通りいたしたく存じ, 美代の, 艶には

▼ 知りたり~ (8, 0.2%)

2 人の 1 しならん, しもの, そは, 我若し, 猶太, 聖母の

▼ 知り乍ら~ (8, 0.2%)

1 うか, その諦らめ, も平次, も昔, やっぱり考えないで, 又し, 多少心得, 断わり切れなかったん

▼ 知りびと~ (7, 0.2%)

2 のところ 1 がある, に出逢っ, に添え, の噂, を持っ

▼ 知り其の~ (7, 0.2%)

1 うえ観音裏で, 人の, 国語を, 宝を, 左右に, 新著出る, 美しい強い香

▼ 知り自ら~ (7, 0.2%)

1 その意外, その身, を抑制, 修して, 求めて, 進んで, 避けて

▼ 知り難き~ (7, 0.2%)

1 かな, はなし, ものである, ものに, も越中人, 故に結果, 有樣

▼ 知りがたき~ (6, 0.2%)

1 が世の中, に苦しまね, ものの, ブリアレオの, 物と, 身にて

▼ 知りたりと~ (6, 0.2%)

1 いい猪名県, 也, 称せしその, 誇れり, 預期すべきかを, 預期すべきは

▼ 知りにな~ (6, 0.2%)

1 つたと, つていつも, つて叔母樣の, つて恥か, つて悉く, ッた

▼ 知り同時に~ (6, 0.2%)

1 すべての, その入口, またどこ, 其の思想, 脈動の, 自を

▼ 知り大いに~ (6, 0.2%)

1 同感し, 喜び互いに, 喜んで, 怒って, 瞋り, 誑かされしを

▼ 知り~ (5, 0.1%)

2 へすれ 1 うして, うもない外国語, うもない文字

▼ 知りてか~ (5, 0.1%)

1 六三天地に, 古声, 慰めん, 昔の, 罪悪の

▼ 知りての~ (5, 0.1%)

2 こひ 1 事は, 願あり, 願いあり

▼ 知りては~ (5, 0.1%)

1 さしむかい, やすからず, 妾も, 手に, 行ひ

▼ 知り合ひで~ (5, 0.1%)

2 あつた 1 お歸, かうと, かの女

▼ 知り度い~ (5, 0.1%)

1 からわざ, から紹介, であろう, という手紙, ばかりに江戸

▼ 知り~ (5, 0.1%)

1 を知らなけれ, を知らぬ, を知る, を見, を責むることなからむ

▼ 知り~ (5, 0.1%)

1 交って, 憐れむの仁, 親しむこと, 親しむという, 許すに

▼ 知り~ (5, 0.1%)

4 して 1 も狩尾君

▼ 知り自己~ (5, 0.1%)

1 にとって悪しき, のなすべき, の分限, の地位, 及び自己

▼ 知り~ (4, 0.1%)

1 つてゐた, つて融和の, ひだつた, ひなの

▼ 知りあるいは~ (4, 0.1%)

1 困んで, 学んで, 病者あり, 飲酒と

▼ 知りがたく~ (4, 0.1%)

1 不仕合わせ, 小蒸気, 来住の, 解しがたき

▼ 知りしかも~ (4, 0.1%)

1 あまりに作者, いよいよ高き, その運命, 日本人としての

▼ 知りやがて~ (4, 0.1%)

1 みずから探し, 決然として, 疑紅社, 程を

▼ 知り~ (4, 0.1%)

1 が, よりもまず, よりも難, を予言

▼ 知り~ (4, 0.1%)

2 の噂 1 が何故, の頭

▼ 知り再び~ (4, 0.1%)

1 アメリカへは, 愚を, 眠りしに, 胸の

▼ 知り合つたの~ (4, 0.1%)

1 です或, は北海道, は私, は銀座

▼ 知り合ひだ~ (4, 0.1%)

2 つたが 1 つたので, とかで

▼ 知り~ (4, 0.1%)

1 から醒め, と覚さん, に神託, の中

▼ 知り得ら~ (4, 0.1%)

1 ると, るると, るるアン, るる理由

▼ 知り~ (4, 0.1%)

1 なき後, の言った, はしかも, を愛した

▼ 知り~ (4, 0.1%)

1 によりすがる, の御名, の真理, を愛し

▼ 知り~ (4, 0.1%)

1 はいよいよ, はわざわざ, は切に, も一夜

▼ 知り~ (4, 0.1%)

1 から血, のつぶれる, をうたれ, を踊らせ

▼ 知り難く~ (4, 0.1%)

1 かの, なつて, 候, 為めに

▼ 知り~ (4, 0.1%)

1 して, なる世, の袖, も知れ

▼ 知りがたかっ~ (3, 0.1%)

1 た, たところ, た驚くべき事実

▼ 知りことに~ (3, 0.1%)

1 よったらと, 今日では, 木下氏とは

▼ 知りすべて~ (3, 0.1%)

1 たらんと, においてそれ, を感じ得る

▼ 知りたりとも~ (3, 0.1%)

2 それに 1 唯其花たる

▼ 知りてを~ (3, 0.1%)

2 かしやを 1 る眼

▼ 知りとても~ (3, 0.1%)

1 いやな, 勝てぬと, 自分には

▼ 知りなお~ (3, 0.1%)

1 人物と, 大切に, 筆談を

▼ 知りにわかに~ (3, 0.1%)

2 その家 1 貴重扱いに

▼ 知りひそか~ (3, 0.1%)

1 に使い, に手入れ, に諦め

▼ 知りまっ~ (3, 0.1%)

3 せん

▼ 知りやあ~ (3, 0.1%)

1 しないだろう, しないの, しないん

▼ 知りやう~ (3, 0.1%)

1 がない, がなかつた, は無い

▼ 知りよく~ (3, 0.1%)

1 わきまえその, 信じよく, 天上の

▼ 知りわが~ (3, 0.1%)

2 友人の 1 野人も

▼ 知り~ (3, 0.1%)

1 つて彼奴には, り候, る

▼ 知り~ (3, 0.1%)

1 の無常, を知れ, を観じ

▼ 知り人間~ (3, 0.1%)

2 を愛し 1 の脳力

▼ 知り~ (3, 0.1%)

1 はこれ, はひとり, もこれ

▼ 知り今日~ (3, 0.1%)

1 のこの, はのまず, 迄のやう

▼ 知り~ (3, 0.1%)

2 りて 1 し愛

▼ 知り~ (3, 0.1%)

2 に安んぜよ 1 に安んずる

▼ 知り~ (3, 0.1%)

1 に住みし, に其心樂, の夜

▼ 知り合つた~ (3, 0.1%)

1 がため, ばかりの女性, 或る

▼ 知り~ (3, 0.1%)

1 の半, はいつも, を憂うる

▼ 知り~ (3, 0.1%)

1 により, に仆, を知れ

▼ 知り彼女~ (3, 0.1%)

1 が世上, に好意, はインド

▼ 知り彼等~ (3, 0.1%)

1 が私, と倶, の愛好

▼ 知り~ (3, 0.1%)

2 に話 1 に片手

▼ 知り~ (3, 0.1%)

1 をも知ろう, を測る, を知る

▼ 知り易い~ (3, 0.1%)

1 ものへ, やうである, 誠に平凡

▼ 知り苦笑~ (3, 0.1%)

3 したこと

▼ 知り言葉~ (3, 0.1%)

2 の訛 1 のかげ

▼ 知り責任~ (3, 0.1%)

1 のますます, を感じ, を負い

▼ 知り~ (3, 0.1%)

1 がその, の性情形態, の用

▼ 知りああ~ (2, 0.1%)

1 これが, 彼は

▼ 知りあの~ (2, 0.1%)

1 半蔵が, 土人たちは

▼ 知りあらゆる~ (2, 0.1%)

1 ものを, 厭世的世界觀を

▼ 知りおのれ~ (2, 0.1%)

1 を支配, を知らね

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 いずれかに, どうか

▼ 知りここ~ (2, 0.1%)

1 に九年, を訪ね

▼ 知りさえも~ (2, 0.1%)

1 しないで, しないの

▼ 知りさらさん~ (2, 0.1%)

1 とからにひと, とからに渋ったれ渋ったれ

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 ぎてしまつてゐて畫を, ぎてゐるにきまつてゐる

▼ 知りすなわち~ (2, 0.1%)

1 洋学教師と, 管中に

▼ 知りすばやく~ (2, 0.1%)

2 ナフキンに

▼ 知りそう~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 知りそうして~ (2, 0.1%)

1 日本人の, 確かに

▼ 知りそのまま~ (2, 0.1%)

1 にいる, に叙述

▼ 知りつら~ (2, 0.1%)

1 ん, んとの

▼ 知りつる~ (2, 0.1%)

2

▼ 知りどこ~ (2, 0.1%)

1 かに着水, までも従っ

▼ 知りにし~ (2, 0.1%)

1 をまた, を振り捨て

▼ 知りはじめて~ (2, 0.1%)

1 わが迷情中, 普通の

▼ 知りはて~ (2, 0.1%)

1 なき世, はみづか

▼ 知りびともない位~ (2, 0.1%)

1 であるから, でございますから

▼ 知りまたは~ (2, 0.1%)

1 信じて, 経験し

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 えんけどな, へんで

▼ 知りやはり~ (2, 0.1%)

1 月末に, 男爵とは

▼ 知りより~ (2, 0.1%)

1 あどけのう, 真剣に

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 せん, せんが

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 しねえ其様, せぬが

▼ 知りイプセン~ (2, 0.1%)

1 もマカロン, を知り

▼ 知りホッ~ (2, 0.1%)

1 と安心, ブスの

▼ 知り両方~ (2, 0.1%)

1 とも同じ, の親達

▼ 知り乍ら六ヶ~ (2, 0.1%)

1 敷い哲学上, 敷い哲學上

▼ 知り乍ら種々~ (2, 0.1%)

2 な事

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 に當つて迷, のいきさつ

▼ 知り二人~ (2, 0.1%)

1 で出かける, の主人

▼ 知り人心~ (2, 0.1%)

1 の信じ, の転化

▼ 知り人生~ (2, 0.1%)

1 の大道, を生きよう

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 の有, を知り

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 てヨブ, て自己

▼ 知り~ (2, 0.1%)

2 に座

▼ 知り傾倒~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 知り先手~ (2, 0.1%)

1 を打った, を打つた

▼ 知り六十~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 知り又は~ (2, 0.1%)

1 感ずること, 讃え得るだけ

▼ 知り口迅~ (2, 0.1%)

2 に秀歌

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 の榮辱, の獨立

▼ 知り多く~ (2, 0.1%)

1 の希望, は知らなかった

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 に當代, に驚き

▼ 知り大統領~ (2, 0.1%)

2 を選ぶ

▼ 知り如何~ (2, 0.1%)

1 にし, に社会民衆

▼ 知り如何なる~ (2, 0.1%)

1 客が, 混乱の

▼ 知り宇宙~ (2, 0.1%)

1 なら宇宙, の真

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 がお微, の幸

▼ 知り平生酒~ (2, 0.1%)

1 をやめず, をやめない

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 の制服, の支配人

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 には自ら, の方

▼ 知り従容~ (2, 0.1%)

2 として枯死

▼ 知り微妙~ (2, 0.1%)

1 なる良藥疵, にし

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 は戦々兢々, みだれて

▼ 知り思想~ (2, 0.1%)

1 に煙, を読み

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 の重荷義理, をし

▼ 知り恰度酒~ (2, 0.1%)

1 を飮, を飲みはじめた

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 いて, きも

▼ 知り我々~ (2, 0.1%)

1 はそれ, もまた

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 に慣, は敗けだ

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 としての直, は読者

▼ 知り日本~ (2, 0.1%)

2 の国情

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 の人, を知りたる

▼ 知り更に~ (2, 0.1%)

1 其著の, 遡つて呂子春秋

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 を待てり, を覺悟

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 としての, の話

▼ 知り母親~ (2, 0.1%)

1 と二人, を侮蔑

▼ 知り深く~ (2, 0.1%)

1 さとるところ, 学ばねば

▼ 知り爾来~ (2, 0.1%)

1 お妻, 今の

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 は犬, を愛し

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 ふべしと, へかし

▼ 知り現に~ (2, 0.1%)

2 桂子の

▼ 知り理解~ (2, 0.1%)

1 し許すもの, するには

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 の雪駄, を知り

▼ 知り相手~ (2, 0.1%)

1 はまた, も私

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 一期刊行の, 二の

▼ 知り西洋~ (2, 0.1%)

1 からの渡来品, が持っ

▼ 知り記録~ (2, 0.1%)

1 の便利, を愛する

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 知りらしく伝はつ, 知りらしく伝わったので

▼ 知り~ (2, 0.1%)

2 にくからぬ

▼ 知り遂に~ (2, 0.1%)

1 はそれ, 一百の

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 の何, は道

▼ 知り間もなく~ (2, 0.1%)

2 岡田三郎吉田甲子太郎下村千秋などに

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 かりしも, けれど死者中

▼ 知り非常~ (2, 0.1%)

1 に歓び, に驚き

▼ 知り~ (2, 0.1%)

1 が夜, をちぢめ

▼1* [758件]

知りあたかも輿論に, 知りあなたがたの愛人たち, 知りあまつさえそのある点, 知りあまりにも可憐, 知りあやしまずして己, 知りある程度勝手に, 知りいかにして, 知りいくらかホッ, 知りいたく驚きて, 知りいつまでも食事, 知りいよいよ末日の, 知りいろいろな手, 知りいわばこれは, 知りうれしい気持ちは, 知りえいの家, 知りおよそ暴力を, 知りお礼がいい, 知りお詫びの意味, 知りかえって喜び貴下, 知りかかる船は, 知りかく神仏の, 知りかたは余りに, 知りかたや対しかたが, 知りかつてこれを, 知りかつ余に関する新聞, 知りかなしいといふ事, 知りかねての希望, 知りから起ったもの, 知りがたからんとかく, 知りきつてゐる, 知りくらい出来るとが, 知りなり, 知りは奧妙深遠, 知りこちらは一昨日, 知りこっそりとこの, 知りことごとく棒で, 知り微行とは, 知りさまざま揉めた揚句, 知りしか此風説を, 知りしかして己に, 知りしかの殘り, 知りしきりに学術を, 知りしたがってまたその情趣, 知りじだんだ踏んだが, 知りじつは臍を, 知りじゃああるまいが, 知りすぐさま粟田蹴, 知りすこぶる安堵せる, 知りすりを働く, 知りせめて都を, 知りそうした宵に, 知りそこから苛察, 知りそこで勘八は, 知りその他の残された, 知りその後やや心, 知りその後始末に立働いた, 知りその道純を識, 知りそめしに候, 知りそれから進退共に, 知りそれだけは安心, 知りそれによつて自分, 知りそれらの中心, 知りそれ以上まとまって, 知りそれ以来お露, 知りそれ等の憎むべき, 知りそんなら号, 知りただちに江戸表へ, 知りたった一夜の, 知りたりとて故障の, 知りだれよりも多く, 知りちょうど疲れたとき, 知りついに道理を, 知りつつはありましたが, 知りてなどと理窟に, 知りてもその用, 知り言はれ, 知りという意味だ, 知りとか言ふ, 知りとかいう者は, 知りどうおちかに, 知りどうかして, 知りどんな事が, 知りユリ子はんに, 知りながらでもその妥協, 知りながらとさげすみたま, 知りながらの生活である, 知りなき父上には, 知りなくては過ごせぬ, 知りなるべくこれを, 知りにくいといふ話, 知りはてはみずから避くる, 知りひとり一銭ずつの寄付金, 知りびとに顔をあわせる, 知りびともなく着々と, 知りびとも無し本人も初めて, 知りびとをきょう訪ねたの, 知りびとをたずねる途中麹町三丁目へまわっ, 知りびとをゆすり歩いて, 知りほんとうの喜び, 知りまことにうれしく思った, 知りまたまた少くとも, 知りまったくお上の, 知りまでがいろんな疑惑, 知りまなこ濁って, 知りみな不審そうな眼, 知りむしろ不可能たらしめ, 知りもう近頃では, 知りもしくはその書物, 知りもってのほかに立腹, 知りもはやこれ以上には, 知りゃあしねえたんばさん知って, 知りゃあしねえよ先を急ぐ, 知りゃはれしまへんのんか奥様とこの, 知りやすいから某, 知りやや奇異な, 知りようはずがない, 知りよくもこんなに調べたもの, 知りよって百般の, 知りよっぽど当代の, 知りわが身に反省, 知りわざわざ彼女を, 知りわたくしに援軍, 知りわっと追いつつんだ, 知りわるい場合を, 知りわれわれの心, 知りアテナ女神の社, 知りアリストートのごとき, 知りエミル・ゾラを知り, 知りエルンストが必要, 知りカムパニヤティーコの稚, 知りカルメンに扮, 知りガリガーイオは黄金裝, 知りシヤーロツク・ホームズのやう, 知りトロイア軍を返さしむ, 知りバロメーターなしに, 知りヒラメの不, 知りビョルンソンを知った, 知りヘット焼を油, 知りベッドを滑り下りる, 知りポンメルシーが自分, 知りマルチネによって感じる, 知りメガフォンを治し, 知りヨブもまた, 知りロシヤに先鞭, 知りと口, 知り一七五六年開戦に決して, 知り一二度おとずれて, 知り一二後事を遺命, 知り一人声を忍ばせ, 知り一八九八年にその, 知り一切を享楽, 知り一切有為世界の諸, 知り一度交誼を, 知り一念それを以て生涯, 知り一朝の怒, 知り一本の眉, 知り一歩一歩を焦立たず, 知り一番大切な証人, 知り一緒に紅葉会, 知り一茎の朝顔, 知り一身の死後, 知り一驚したという, 知りには經史子集, 知り三人の男, 知り三好博士の学論, 知り三枝が秀岡, 知り三点を知り, 知り下女が論語, 知り實を, 知り不意にひき, 知り不易なるもの, 知り不満とし, 知りは一方ならず, 知り且井伏鱒二を知る, 知り且殺人女輪田夏子を熱心, 知り世代の距, 知り世念失せて, 知り世態を眺める, 知り世潮の變, 知りにはまだ, 知り中学生になった, 知り主人とお, 知り乃至はある, 知りを秦, 知り乍らかなり深く交つて, 知り乍ら三輪の萬七, 知り乍ら久し振りの上京, 知り乍ら十年越し仕送り, 知り乍ら和泉守遺子鐵三郎を隱, 知り乍ら故と証明, 知り乍ら根岸のあたり, 知り乍ら現在の事, 知り乍ら私は心, 知り乍ら默つて成行を見, 知りりて, 知り予定した行動, 知り二三度電車を乗りかえた, 知り二三日前から後, 知り二十九日の朝, 知り二十四日の御, 知り互いの運命, 知り互に最早相手を, 知り五体に感知, 知り五階の窓, 知り亞細亞諸國との和戰, 知り亡き父母の, 知りこれを, 知り京伝から骨董, 知り人々のより, 知り人事の期し, 知り人倫を知っ, 知り人性を知る, 知り人民の盗伐, 知り人間らしい感情に, 知り人類を救はん爲キリスト, 知りの徳, 知り今にも大きな打撃, 知り今度の事変, 知り今日喋々せる風俗, 知り今日朝鮮の事件, 知り仏陀はそれ, 知り仕事に対して宗教的, 知り他人の使用, 知り仙趣の微, 知り仰天して, 知り仲達ももとより, 知り伎倆を知り, 知り休みの時間, 知りひの, 知り会得したいと, 知り何だか自分に, 知り何と云うかと, 知り何とも言えない気持, 知り何故に差別, 知り作家の得意, 知り使いはそっと, 知り依存すること, 知り信仰の余り改悔, 知り俺自身の戸籍, 知り個的人間の完成, 知りほどの愚, 知り候今日この山, 知り候歌と眼, 知り元気をくわえた, 知り兄弟妻子に永別, 知り兄良人の仇申訳相, 知りの世, 知り先取権を確立, 知り先方の望み手, 知り先生ならば, 知り全く安心した, 知り公判に関心, 知り六十万石を護った, 知り六帖や出所不明, 知り六波羅探題を襲はん, 知り担起草の, 知り共に守ろうと, 知りを揃え, 知り知り得たる上, 知り其執筆の苦心, 知り其所へ潜り込ん, 知り其方に大, 知り其男子に対するの軽重, 知り内心胆を冷やした, 知り内面的な地獄, 知り列國嫉妬の情僞, 知りし揚句, 知り初めが即ち, 知り初めていたの, 知り初め十一二歳より家計, 知りけること, 知り劇作家協会と共に立っ, 知り之戰, 知り勃然として怒り, 知り勞働者達は苦しい, 知りを断ち, 知り勤めをやめる, 知り十八の歳, 知り十月二十五日より, 知り千々に乱れ, 知り千世子もすかし見, 知り千代田城の鬼門, 知り半ば彼を憐む, 知り南ゴリウ北ゴリウという特異, 知り南進を起し, 知り博士自身警察とは別に, 知り博学多識, 知り双方共にさらり, 知り反対に母, 知り反感の火の手, 知り反省を促す, 知り叔父さんの家族, 知り凶を, 知り可哀そう故何とも, 知り台所の世話, 知り吃驚して, 知り合つたお蔭でどうやら, 知り合つたカナダ生れの女, 知り合つたコンシャアルつていふ男, 知り合つた二三の友人, 知り合つた二人でございます, 知り合つた人々だから, 知り合つた人達の会, 知り合つた女で一旦, 知り合つた始まりであつ, 知り合つた少女を認めた, 知り合つた藤井に途中, 知り合つた間である, 知り合つた間柄の何年, 知り合つてロシア語の稽古, 知り合つて一緒に仕事, 知り合つて共に酒, 知り合つて家内の人も同じ, 知り合つて親の許さぬ, 知り合ひで小池は逢, 知り合ひで江戸へ一緒, 知り合ひで眼がお, 知り合ひで誰か僕, 知り合ひとなつた高等学校, 知り合ひも出来職工, 知り合ひも出來たが, 知り合ひも向方にはある, 知り吉凶を卜, 知り同時にこれから先は, 知り同行に値い, 知り名手よく名剣, 知り名残を惜む, 知り告発せんにも余り, 知りう人, 知りをもっ, 知り和親之條, 知り哀悼の余り, 知り唐僧師弟の助力, 知り唯今笠懸け松, 知り善く殺戮の, 知り善悪の批判, 知り善悪応報もまた, 知り器物の形, 知り四条の芝居, 知り因循姑息な市井, 知りを解い, 知り国民の未だ, 知り国民一人一人の至誠, 知り国法を利用, 知り國民の未だ, 知りの味, 知り地球図を見, 知りに火, 知り城街全体の彩, 知り堀川や西陣, 知りの宝, 知りは傾く, 知り変人の独居生活, 知り夕刊記事の貼, 知りに出, 知り多元的な生存, 知り多勢集まり居て, 知り多少内的生命を, 知りを日, 知り大きな声で, 知り大変に一時, 知り大難に臨ん, 知り大騒ぎして, 知りにあこがれ, 知り天上の, 知り天上永遠の幸福, 知り天命の及ばざる, 知り天然痘にかかった, 知り天長節に見た, 知りにそんな, 知り失望して, 知り奇異の感, 知り奇襲して, 知り奥山の隈, 知りに対して貴き, 知り女工に長ずる, 知りの貞婦, 知り始めてこの問題, 知り姿を見, 知り威徳お人柄, 知り嬉しがっては, 知り嬉しくもあれ, 知りは父, 知り子路には大体, 知り孤独の家居, 知り学校を卒業, 知りんじ, 知り安堵の胸, 知り安政五年八月十五日の夜, 知り宗教の徳, 知りに吊し, 知り宛無理を陳べ, 知り宝物を盗み出し, 知り実現する義務, 知りを愛し, 知り宮中をはじめ, 知りも知っ, 知り容易ならぬ場合, 知り宿六と同列, 知りを分配, 知り實驗しても, 知り寺小屋でも読ん, 知り封建制におしひしがれ, 知り芝居や, 知り小人究すれば, 知り小声でスミチャーン, 知り少し荒っぽく, 知り少女が手, 知り尚また賊将御嶽冠者が, 知り屡々死生の, 知り山下の村, 知り山本の手, 知り山田奉行当時の友人, 知り岩倉公を中心, 知りの面積, 知りを樹木, 知り巨人を襲う, 知り差別の不当, 知り巷語を耳, 知り巻煙草ものめ, 知りが使, 知り師たる者はあの, 知り帰朝早々修身教会設立の旨趣, 知り常に心を, 知り幕府を倒す, 知り平生よりもくわしく, 知りを越し, 知り庄次郎は手ぬかり, 知り度さである, 知り弁護士を頼ん, 知りを迎い, 知り強固に自己, 知り仰慕, 知り当日はいつも, 知り形状を知る, 知り待遇に於, 知り後に宝素の, 知り後日仏教を知る, 知り従って宗教もしくは, 知り従つて又人生, 知り従順な色, 知り高説拝聴と, 知り復讐のため, 知りを得た, 知り心からへり下りたい気持, 知り心ならずも妻を, 知り心元は全く, 知り心配をし, 知り必ず迷い出すに, 知り忍びざるも然, 知り忍耐強くなり, 知り忠作はそれ, 知りのため, 知り怒りと失望, 知り怜悧にし, 知り思わず快心, 知り急用ありて, 知り性生活の秘密, 知り恨めしくばかり思った, 知りを知る, 知りと闘う, 知り悲しみのわく心, 知り情けない思いに, 知りを決して, 知り意味を知っ, 知りと慈悲, 知り愛國の志, 知り愛慕の情, 知り感覚を離れ, 知り感謝の念, 知り慄然とした, 知り慎しみ深く礼節, 知り慰めと希望, 知りに目, 知り憂きをも思ひ慰むる, 知り憤慨しました, 知り我が前に, 知り我獨立は歐米, 知り我等自身の自然的素質, 知り程度まで, 知り戰鬪中に人間, 知り所謂放心を求め得, 知り扨実地に行, 知り技術を身, 知り抑えの兵, 知り捜索の結果, 知り捨蔵さまとやらを訊ね出し, 知り支那の学説, 知り放逐されると, 知り政宗の画策, 知り故人とは自分, 知り故意にこれ, 知りひを, 知りを覚える, 知り数年前に自ら, 知り敵方が機関銃, 知り敵軍に向わしめた, 知り文字も読み, 知り文学を愛そう, 知り文明の風, 知り断腸の思い, 知り新たに未知, 知り旅行の到る, 知り既耕地の肥沃度, 知り日日に明らか, 知り日月星辰の運行, 知り日本贔負の思想, 知り早々にその, 知り早足にて帰り, 知り早速そのたった, 知り明めるといふ, 知りかるべきもの, 知り易き神の, 知り易く最も明らか, 知り易しとせん, 知り星影が水, 知り星雲説を想像, 知りより三十銭, 知り昼夜奔走苦労して, 知り時々生魚を, 知り時としては手, 知り時に修學旅行の, 知り時代を解する, 知り晩年を知る, 知り暦日を繰っ, 知り暫くでは, 知り最後に戻っ, 知り月ごとにすでに, 知り月下こぞって歓び, 知り木村に報告, 知り未ださとらず藤木川, 知り未亡人に由つて眞志屋文書, 知り本書では全体, 知り本来の支那語, 知り松平左京之介, 知り染めさえなく, 知りのしない, 知り栽培大いに努めしか, 知り棧橋の人混み, 知り植立して, 知りがない, 知り権力を利用, 知り次には自分たち, 知り次第に疎しい, 知り欲しておる, 知りくで, 知り歐米の交際, 知り正しい商道を, 知りの頃家君, 知り此方を知っ, 知り此獨立は學問, 知り歴史の研究, 知り死後の事, 知り殊に申したいの, 知りにその, 知り氏郷の死後, 知りに浸った, 知り水島の敗辱, 知り水戸烈公の子, 知りの堅忍, 知り汝謂はざる, 知り江戸川及び中川, 知り決して前科者でなく, 知り決心し方法, 知り治方を尋ねる, 知り法則によって新しい, 知り法律の裏, 知り波動の方向, 知り洒落の風流人, 知りを知り, 知り深い信頼を, 知り湯殿の中, 知り城よろこび, 知り源因に因, 知りの大事さ, 知り為政者としての幕府, 知り無縁に見えた, 知り爾来もっぱら仏教を, 知り物心のほか, 知り特にその賛, 知り狂気のよう, 知り猪羊の属, 知りは猫, 知りはわれ, 知り現在でもほのか, 知り現実にいかに, 知りを忘れる, 知り理窟を明らめ, 知り琵琶の調, 知りしく傾倒, 知り用意して, 知り甲野さんは宗, 知り略二君の旗色, 知り薬を, 知り異人が必ずしも, 知り白浜の海岸, 知り白鷹氏も姫草ユリ子, 知り百城の忍び姿, 知り皇位の永久性, 知り目的を知る, 知り直ちに走って, 知り眞面目に文學, 知り眠りしが, 知りをかすか, 知り矛盾と知り, 知りつたこと, 知り石村の応対, 知りをわきまえた, 知り社交嫌いな鷦鷯, 知り社会を知り, 知り秀吉の愛, 知り私たち生の方針, 知り私達も自信, 知り秋田から餅米, 知り科学的態度をはずさない, 知り稍奇異な感, 知り種々な成就, 知り穴居して, 知り空拳を揮つて列國, 知りすれば, 知り之助, 知り筆談によってその, 知り等しく鬢髪に, 知り約束の名, 知り終に席上で, 知り終りを知る, 知り終日飲食せず息まず走りて, 知り結婚した, 知り結局効果のない, 知り結局彼がわが国, 知り給いしが故に, 知り給はんには果して何とか, 知り給ふか知らねど, 知り給へやと云, 知りをピキチュール, 知り絵画の優雅, 知り絵相師をポールトレート・ペーヌタル, 知り綾目うする, 知り縁辺の仲介, 知り縦し身を, 知りに服する, 知り羽音鋭く落し, 知りる日, 知り翌日父の急死, 知り老人を尊敬, 知り考証の力, 知り考説を有する, 知り聴衆諸君の自発的協力, 知り背中がぞっと, 知りくこれ, 知りをつい, 知り膳立をし, 知り自ら手を下し, 知り自ら抑制する力, 知り自分たちの属し, 知り自分自身にたいして腹, 知り自宅にて特に, 知り自然の勢い僧侶, 知り自負して, 知り自身の愛, 知り興趣は更に, 知り良人を理解, 知りをこのむ, 知り若しくは文通の, 知り若旦那の彦次郎, 知り苦労の味, 知り苦心して, 知り英吉利の一般國民, 知り英雄豪傑忍術使の講談本, 知り茫然己れを, 知り茶臼山の陣, 知り草双紙にも親しんだ, 知り落ちつきを得た, 知りなく幸, 知り董花の香しき, 知りの来た, 知り薬屋でその, 知り藝術の神髓, 知り衛門督は寂しい, 知り衣食足りて, 知り西へ西, 知り西向して, 知り見舞に来らる, 知り見舞いに行った, 知り覗き見までやった, 知り解剖するに, 知り解放の意味, 知りを用い, 知り計画的に離婚, 知り証拠の出刃, 知り詐欺にちがい, 知り評価して, 知り詩書を読む, 知りを覚, 知り誠に不思議の, 知りれと, 知り諸子たるもの, 知りの隠れ穴, 知り貞時の心, 知り財産の重んずべき, 知り貧富強弱の差, 知り貧苦の中, 知りを楽しむ, 知りに従っ, 知り転た感慨を, 知り辞安は事, 知り近くは自軍, 知り近ごろは彼ら, 知り近来は稀, 知り迷信を以て嘲, 知り逢つた上で此先武家奉公, 知り進歩に遅れまい, 知り逸早く避難し, 知り遅き期を, 知り遅蒔きながら何とか, 知り然ぼく, 知りぎてらあ, 知り過去の詩論, 知り道心があっ, 知り道理のなんたる, 知り遠く使いを, 知り邸内に忍びこん, 知り都会では只光, 知りの方, 知り酔ひがさめれ, 知り金庫を開けた, 知り釣りたての生きた, 知り銘々の身分, 知り銭貨出納以つて政府の貧富, 知り鏡花風葉秋聲春葉氏等と知り, 知り長いこと機会を, 知り長くその日, 知り閑靜の處, 知り関羽自身も忘れ, 知り陽炎の如し, 知りが森, 知り難く広く東方諸, 知り静かなるを, 知りかに餘生, 知り音楽に親しみ, 知り頗る安堵せる, 知り風評を聞き, 知り食べ物も, 知りの折れない, 知り驚き喜び討ちとるべく計った, 知り驚き悲しみて桑, 知り鬼頭は流石, 知りを浄め, 知りはわれ, 知り魚品を知っ, 知り魯迅の文学論, 知り鴈治郎自身が知つて, 知りは夜半, 知り鶴夜半を知る, 知り黒い塊である, 知り黒田刑事の探偵苦心談, 知り黒髪を梳く, 知りの頭