青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「知らん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

知らせ~ ~知らない 知らない~ ~知らなかった 知らなかった~ ~知らぬ 知らぬ~ ~知られ 知られ~ ~知らん
知らん~
~知り 知り~ ~知りません ~知る 知る~ ~知れ 知れ~ ~知れた 知れた~ ~知れない

「知らん~」 1681, 17ppm, 6554位

▼ 知らん~ (386, 23.0%)

27 思って 23 欲せば 8 欲し 6 余は, 思うと 5 するには, 云ふ, 思いました 4 せば 3 いうので, す, するは, するも, するもの, する者, 思いながら, 欲する人, 欲する者

2 [23件] いうに, いって, するならば, するに, するのみ, する人, すれば, それを, 云う気, 云って, 思いましたから, 思った, 思て, 思ひながら, 思ふ, 思ふと, 欲するもの, 申すに, 考えて, 考へて, 聴いて, 自分ながら, 見える

1 [224件] あせりても, いいかけたとき, いう, いうけれども, いうて, いうならば, いえば, いたいうはず, いた訳, いったら知りませんよ, いつた孔子, いふ, いふ訳で, いろんな公共團體, おったの, おもは, お互いに, お絹, お話を, お銀様, かう疑つて, かんがえながら, こないだから, こんなこと, し, しばしば深い, し少, し横町, し道, する, するか, するが, するため, すると, するにも, するの, するの類, する方, する熱情, せしかど, せしこと, せしに, せし人, せず社会, そこい, そのあたり, その別, その時, それぎりに, それだけ返事, ちょっと不審, つとめ実験生物学, なつかしく思ひ, ならば共に, ぶっきらぼうに, ほかに, また默讀, むちゃくちゃに, やうに, よくそう思い思いしました, ゐたらうどん一, アナトオル, イカンね, キョロキョロそこい, テントの, 一時は, 一緒に, 上眼づかい, 不思議に, 二三度振, 云いながら, 云いなさるが, 云いました, 云い出した, 云い彼, 云う, 云うじゃ, 云うて, 云うてよ, 云うとったが, 云うのう, 云った事, 云っても, 云つ, 云つたふうだ, 云ても, 云や, 其の別, 力を, 努むべきである, 勉むれ, 博士は, 又一応, 反省する, 叫んだ, 四辺を, 変に, 始めて自分, 家の, 寝てて, 寝返りを, 屹と, 当座は, 心待ちに, 心配し, 怒る, 怖ご, 思いあまねく, 思いましたが, 思いまして, 思い云われる儘, 思い思いこわごわその, 思い思いその, 思い迷って, 思う, 思うから, 思うた事, 思うて, 思うばかり, 思う人, 思う者, 思ったから, 思ったくらい, 思ったけれども, 思ったです, 思ったは, 思ったまま声, 思った位, 思った迷亭, 思つてうせる, 思つてしめツぽく, 思つてゐました, 思つて時々, 思はれる, 思ひて, 思ひなりぬ, 思ふこと, 思われた位, 思われた途端, 思案に, 急いで, 推察した, 断ってるじゃ, 昔の, 時計を, 暫くそこ, 暫くは, 暫く考え, 暫し足, 木之, 欲した, 欲す, 欲するが, 欲すること, 欲するところ, 欲するならば, 欲するなり, 欲するの, 欲するは, 欲するや, 欲する也, 欲する事, 欲する人々, 欲する処, 欲する所, 欲する答, 欲する願, 欲すれば, 欲せざれ, 欲せず, 欲わば, 歌に, 此の, 気が付きました, 水船の, 申して, 疑いたくなる, 疑いながら, 疑いましたが, 疑ぐった時, 疑っても, 疑はれるやう, 疑われるくらい, 疑われるよう, 疑われ出したので, 眼を, 知らず識ら, 私は, 答える, 答えるだろう, 答へる, 紙入を, 考えなど, 考えるの, 考へられた, 考へる, 胸に, 胸算用を, 自分は, 色々考えてる, 行て, 衷心から, 見えるな, 見える人情, 見に, 見ぬ振り, 覗きますとね, 言うからには, 言うの, 言う法, 言ったほう, 言って, 言つてる, 言ふもん, 訝る者, 評論し, 近所に, 返事出す, 運動場を, 闖入者は, 顔を, 願ふこ, 願ふところなれ, 願へる

▼ 知らん~ (272, 16.2%)

4 僕は 3 私は 2 いまだに月給, ために, 僕に, 女子供は, 木魚が

1 [255件] あいつそんなに, あとは, あなたの, あのとき, あの人, あらゆるあばた, ありとある, ある種, あれは, あんなに朝, いくらかは, いったい一年間, いやや, えらくまあ寝ちまった, おまえの, おれに, おれを, お前さんが, お前さんの, お宅, きまって名刺, くたびれちょ, こいつは, こいで, ここで, ここでは, こっちでは, このへん, この事件, この僕一人, この婆ア, この暖地, この筑前, この縁談, こりゃまったく, これで, これは, さんざ汚れ, しかしここ, しかし病気, すぐ必要, そいつは, そう云う, そこへ, そちらに, その尊公, その後の, その理由, その百両, その美人, その臨終, その頃, それは, そればかりは, それほどにまでは, それも, そんなよい, そんな意味, そんな真似, たいした勇敢, たいへんご, たしかに日光, たしか戦国時代, ただの, たまに都染, ためなり, ためには, だまされる子供, ちゃんと判ってる, ちょうど一週間前, つまり鈴慕, てんで俺, でござんす, とにかく, とにかく山, とにかく百瀬君, とにかく谷将軍, とにかく貴, ともかく売る, ともかく雷, どうも智脳, どうも此, どこかへ, なでどこ, なにしろあつ, なんだ, ほとんど上, ぼくには, ぽろ, まあ大変, まずうて, まだいくら, まづ, みんなと, むだな, むちやくちやに寒, もしそう思う, もし家族, やっぱり監獄, よい気持, よう勤まる, よくも辻褄, わしの, わしは, わたしの, わたしは, アルバム見, クロビイタヤと, 一向面白く, 一方では, 一通り男を, 万一船中, 三十一文字と, 下駄の, 不思議の, 世界の, 中腹に, 予て其の, 二十一ヶ條と, 人が, 今から, 今度東京から, 今日では, 今日は, 他愛の, 仲間の, 会いたく, 伝右衛門としては, 何でも, 何でも昨日あたり, 何の, 侮辱虐待嘲弄瞞着總ての, 俺には, 俺は, 僕の, 先生は, 兎に, 入りやすい, 其の木像, 前にから, 前途を, 助太刀も, 危急と, 吉村などの, 同道し, 名歌, 君が, 君よりは, 吾輩が, 喧しく言立てる, 圧迫を, 在ると, 変だ, 変な, 大変だ, 大方六つ, 大石殿の, 大賢は, 天真だ, 夫人が, 妙な, 娘の, 子分が, 子爵家では, 家あ, 小峯を, 少々は, 少い女, 少し思う, 引金を, 彼れ, 後悔する, 後藤先生は, 忌々しいて, 怖いこの, 怖さうに, 息は, 悪戯が, 手前も, 新しい本, 日光街道を, 早く世帶, 早く帰る, 早く独り, 昨夜君等が, 時々に, 晩げに, 書下しの, 最早目星ところ, 朝廷に, 未荘, 本当の, 東の, 極く, 樺山の, 此の度ほど, 此方は, 歩かれるだけ, 死んだらしいの, 殆ど上の, 毛唐ち, 気が, 汽車の, 法王とか, 泥棒などが, 浪さんは, 浪子さんと, 満洲, 為なり, 為には, 為めに, 父も, 父親さんに, 現金が, 画家から, 直ぐ握り飯, 直江津だ, 相変らず, 相手を, 睦まじそう, 石灯籠は, 私に, 私にゃ, 私の, 積んだ雪, 穿ったこと, 突然妻, 罪を, 罵詈讒謗を, 肺病じ, 腑抜けの, 自己自らの, 茂作どう, 莞爾, 菊太は, 襦袢なども, 西洋の, 角か, 貴公の, 貴方の, 辰之助と, 近藤勇の, 遊戯は, 酒を, 野生で, 鍋島か, 関脇とは, 障子の, 青年時代の, 頼まれたから, 飛びよったと, 首都を, 馴染だ, 高知の, 黙々塾

▼ 知らん~ (128, 7.6%)

35116 です 4 だから 3 だね, ぢや, ですよ 2 かな, かね, か君, じゃ, だねえ, であります, である, でしょう

1 [47件] え私路, かいな阿呆, かねえ, かね先生, かよ, かわし, か恥, か馬鹿, が通例, じゃがしかし君, じゃけど, じゃせ, じゃだが今, じゃな, じゃない, じゃろう, じや, だからな, だからねえ, だが, だと, だな, だよ, ぢやらう, ですか, ですから, ですからね, ですけれども, ですね, では, どすさかい, ならお, はあんまり, は無理, もむりはないということになる, もむりはないな, や, やけれど, やし, やちうさかいな, やったらこら, やてな, やな, やなあ, やろ, んです, ンか

▼ 知らん~ (56, 3.3%)

37 をし 5 して 2 も出, をする 1 してる, してるけれど, でげらげら, でゐる, で糸崎行, に本, の半, をされ, をした, をしてる

▼ 知らんふり~ (36, 2.1%)

18 をし 11 して 1 じゃあない, だった綾子, である, でお出で, はし, をしてた, をしよう

▼ 知らんこと~ (30, 1.8%)

4 はあるまい 3 はない 2 ないわ

1 [21件] いい潮, がある, がごわしょう, じゃ, だ, とは言い, の願, はほか, はやっ, はよく, は無い, は知らない, は聞か, もなかっ, や無かっ, ゆえ始め, をみんな知つて, を望み, を欲する, を要す, を願

▼ 知らんから~ (28, 1.7%)

2 だ, である

1 [24件] お前己の, して, そうで, そう思う, その内, その日, そんな事, だよ, だ山田, でしょう, です, でサラット師, ツイ間違った, 一と, 両臂, 何分頼む, 何時も口, 千円まで, 困る, 困るの, 娘の, 木魚に, 決して大, 随分隠

▼ 知らんという~ (23, 1.4%)

3 ことは 2 考えを

1 [18件] ことが, ことだつた, のだ, のである, のに, のは, のも, やつで, ような, んじゃ, 主義であった, 事が, 事は, 感じを, 筈は, 考えから, 考えも, 顔で

▼ 知らんけれども~ (22, 1.3%)

1 [22件] ここでは, これまで, しかし要らない, それは, とにかく一流, とにかく五種, コンギュ州の, ズーニェル・チェンモなる, 一通りの, 世間の, 人の, 今の, 何と申す, 余程景色, 其の皿, 十二円五十銭は, 君の, 安田一角が, 手前は, 掛けて, 死んだ人, 聞いただけでも

▼ 知らん~ (19, 1.1%)

2 どうする

1 [17件] いるほう, いるま, いるよう, いる方, そんなこと, 上から, 俺は, 失礼した, 居て, 居るという, 居るもの, 居るらしい, 有ったが, 東京市長は, 済みますか, 用いない人, 金を

▼ 知らんけど~ (15, 0.9%)

1 [15件] あてかて, あてが, あの人, あやつ, いきなり飛びこん, いつや, この僕, なんという, なんぼでも, 二三度会った, 何も, 恐いこと, 生意気な, 結婚いう, 若松じゃあ

▼ 知らん~ (14, 0.8%)

1 [14件] ああされど, あの邊, いわんや邦家, かくの, この不可解, この文教, これ一生の, だ, ですね, では, 上杉軍は, 浪曲界の, 熱き情思, 電光影裡に

▼ 知らん~ (13, 0.8%)

1 [13件] あ何, だ, で, で人間, なら仕方, はあるまい, はない, は有るまい, は無かろう, まだ結ばん, も無い, を欲, 何でも菊様

▼ 知らん~ (12, 0.7%)

1 [12件] あの焼けつく, え, そのあと, ァ, アンタ, ッ, 振りを, 残酷という, 知っとる奴, 道具商の, 阪井猛太は, 馬鹿

▼ 知らんこの~ (11, 0.7%)

1 [11件] とき隣室に, ゆるやかな, 一夢は, 地上における, 家は, 心がかりが, 植民地に, 炭焼小屋の, 男西洋に, 統領も, 貧乏神その

▼ 知らん~ (11, 0.7%)

2 やおま 1 がそこ, が突然, だけになおのこと誘惑, でも挨拶, はありません, は今, は寿命, は截, やねん

▼ 知らんけれど~ (10, 0.6%)

1 いいもの, お母さんも, これは, その寡, それは, わても, 人たる者は, 実に陋, 目が, 私は

▼ 知らんその~ (10, 0.6%)

1 事情を, 十五年前において, 報徳宗の, 懐中に, 日は, 時は, 時彼女は, 相手が, 糜竺も, 脳中の

▼ 知らん~ (10, 0.6%)

1 しかしドカーン, その小母さん, それとも俺, そんな人, そんな馬鹿げた, だが, だがあんな, 知らんよ, 編笠を, 警察でさえ

▼ 知らんよう~ (10, 0.6%)

3 だが 1 だから, でございますから, です, で面目, なくこれ, な場所, な迂闊

▼ 知らん~ (10, 0.6%)

4 はない 2 はあるまい 1 がない, ない, はないじゃろう, は無い

▼ 知らんとは~ (9, 0.5%)

1 あきれかえった話, いわさんぞ, いわせない, お前田舎者だ, せざりしか, 云へ, 云わさんぞ, 爲ざり, 言はさん

▼ 知らん~ (9, 0.5%)

2 だと 1 が殿様, だから, でございますから, と思はれる, にはかなわん, は神経衰弱, もねえ

▼ 知らん~ (9, 0.5%)

1 がでしゃばっ, がない, が多い, が始め, に向, はない, は到底, は無い, ばかりじゃで

▼ 知らんがね~ (8, 0.5%)

2 これでも, 今日の, 何に 1 実はある, 家の

▼ 知らんとて~ (8, 0.5%)

2 身を 1 ならず, ならずた, 今汝, 奧深く, 瞳を, 黙って

▼ 知らんとも~ (8, 0.5%)

1 思いました, 思って, 思はず, 思わざりし所, 思われて, 考えられる, 考へて, 考へられた

▼ 知らんもん~ (8, 0.5%)

2 あれへん, ですから 1 じゃけ, だから, だからね, 俺が

▼ 知らんといふ~ (7, 0.4%)

1 ことが, ことだ, のが, のである, やうな, わけだ, 主義で

▼ 知らん~ (7, 0.4%)

5 をし 1 に造船所, も出

▼ 知らん~ (6, 0.4%)

1 えの, え事, ことよ, や, 一向心当, 君の

▼ 知らんでも~ (6, 0.4%)

1 いいがの, すまして, よろしい, よろしいちょい, 文字を, 済む天下

▼ 知らん~ (6, 0.4%)

21 きさま, そんな賭け事, 人違いだろう, 君は

▼ 知らんもの~ (6, 0.4%)

2 ですから 1 じゃ, ですなあ, は, をどうして

▼ 知らん~ (6, 0.4%)

1 が教訓, が無難, の心, は途中, は逸早く, ほど酒

▼ 知らん~ (5, 0.3%)

1 また寺方, 先生も, 折角遠く, 文章も, 酒を

▼ 知らんそんな~ (5, 0.3%)

1 こた, こと, 無理ばかり, 筈は, 者は

▼ 知らん~ (5, 0.3%)

1 そんな物, なし, ほらお父さん, ウ, 彼

▼ 知らんので~ (5, 0.3%)

1 せう, せうな, その男, そんな囈言, 駄目である

▼ 知らんフリ~ (5, 0.3%)

3 して 2 をし

▼ 知らん~ (5, 0.3%)

2 たん 1 たけど, てたら, てました

▼ 知らん~ (5, 0.3%)

1 にひん, にやる, に三休橋, に上流階級, に魂

▼ 知らんくせ~ (4, 0.2%)

1 に, にそれ, に自信たっぷり, に自分一個

▼ 知らんため~ (4, 0.2%)

1 そして人, である, なり, にはその

▼ 知らん~ (4, 0.2%)

2 やらう 1 やつた, やない

▼ 知らんなど~ (4, 0.2%)

1 いう考え, その当時, 余は, 取つ置いつ思案

▼ 知らん人間~ (4, 0.2%)

1 が澤山, だぜ, と称する, に談話

▼ 知らん~ (4, 0.2%)

3 に角 1 も角斯

▼ 知らん~ (4, 0.2%)

1 にも, にもあらざりし, にもはた, にも必然

▼ 知らんうち~ (3, 0.2%)

1 におい, に飛ん, は抵抗

▼ 知らんかも~ (3, 0.2%)

1 しれぬ, しれんが, 知らんが

▼ 知らんそれとも~ (3, 0.2%)

1 今少し, 向うで, 文吉は

▼ 知らんなあ~ (3, 0.2%)

1 その後どう, 今に大きく, 俺あ

▼ 知らんなどと~ (3, 0.2%)

1 シラを, 思つた, 考えたり

▼ 知らんには~ (3, 0.2%)

1 その周囲, 其の人, 誰が

▼ 知らんはず~ (3, 0.2%)

3 はない

▼ 知らんやう~ (3, 0.2%)

1 では, なもの, な顔

▼ 知らんわけ~ (3, 0.2%)

1 じゃあるまい, では, はなかろう

▼ 知らん~ (3, 0.2%)

1 から捜し, の足ざわりと, まで江戸

▼ 知らん~ (3, 0.2%)

1 では有りません, へ御, へ泊っ

▼ 知らん~ (3, 0.2%)

1 だと, です一度, なん

▼ 知らんあの~ (2, 0.1%)

1 不器量だ, 実家は

▼ 知らんがな~ (2, 0.1%)

1 ア, 土佐の

▼ 知らんけったい~ (2, 0.1%)

1 ですの, やったほんま

▼ 知らんけどな~ (2, 0.1%)

1 慎作きっとそう, 高門の

▼ 知らん~ (2, 0.1%)

1 たねえよ, ッて

▼ 知らんこれ~ (2, 0.1%)

1 が恋愛, は夏侯楙

▼ 知らんじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, 困るじゃ

▼ 知らんすでに~ (2, 0.1%)

1 その時, 兵車の

▼ 知らんぜや~ (2, 0.1%)

2 知らんぜや

▼ 知らんそう~ (2, 0.1%)

1 じゃがとにかく, ですけ

▼ 知らんただ~ (2, 0.1%)

1 の交際い, 何事に

▼ 知らんとして~ (2, 0.1%)

1 居る, 抜け出して

▼ 知らんとの~ (2, 0.1%)

1 切望あれ, 願ひ

▼ 知らんにも~ (2, 0.1%)

1 せい, 今如何

▼ 知らんのに~ (2, 0.1%)

1 その評判, 散財し

▼ 知らん~ (2, 0.1%)

1 に出, に這入っ

▼ 知らん~ (2, 0.1%)

1 ありゃしない, あるもの

▼ 知らんよって~ (2, 0.1%)

1 にあんた等, 頼むの

▼ 知らんわしら~ (2, 0.1%)

1 はただ, は能義郡

▼ 知らん~ (2, 0.1%)

1 か怪美人, を聞い

▼ 知らん余り~ (2, 0.1%)

1 変だ, 心持の

▼ 知らん余程~ (2, 0.1%)

2 前の

▼ 知らん~ (2, 0.1%)

1 しおい, しさう云

▼ 知らん~ (2, 0.1%)

1 あ, は菱屋

▼ 知らん千丈~ (2, 0.1%)

2 の雪

▼ 知らん~ (2, 0.1%)

1 とも少し, も余り

▼ 知らん怖い~ (2, 0.1%)

2 やうな

▼ 知らん~ (2, 0.1%)

1 うも, う思う

▼ 知らん日本~ (2, 0.1%)

1 にもその, の宗教

▼ 知らん痛い~ (2, 0.1%)

2 ものに

▼ 知らん知人~ (2, 0.1%)

2 もおます

▼ 知らん~ (2, 0.1%)

1 がお, が見えなけれ

▼ 知らん胸騒ぎ~ (2, 0.1%)

1 がしました, して

▼ 知らん近頃~ (2, 0.1%)

1 の人, は合わん

▼ 知らん~ (2, 0.1%)

2 をし

▼1* [283件]

知らんああ今日は, 知らんあなたは小生, 知らんあべこべだった, 知らんあるいはまた訳された方々, 知らんあんなもので, 知らんいちど神戸でお目にかかっ, 知らんいや嘘でない, 知らんいろんな事を, 知らん姉さん呼ぶ, 知らんおいおい貴様何を, 知らんおら何も知らん, 知らんお婆さんこの二, 知らんお客が蝦蟆, 知らんお松とは姉妹, 知らんお雪ちゃんがうっとり, 知らんかいたはけ奴, 知らんかしらついこの, 知らんかつたわけ, 知らんかと言ひ, 知らんかなアお前の, 知らんかなはッは, 知らんからこそそれを, 知らんからというて, 知らんがこそぼかったもん, 知らんがのと云った, 知らんけんそのうち又, 知らんここへ来, 知らんこちらは眼, 知らんこと余が今日, 知らんこと後輩の癖, 知らんうだ, 知らんしかし著者は, 知らんしかしながらたしかに桃山, 知らんしかも同日法皇は, 知らんしきりにその異様, 知らんすべて拙者はまだ, 知らんいったいいつ, 知らんなこと, 知らんそれから五十日, 知らんぞといった調子である, 知らんただ顔の長い, 知らんたって只今云った, 知らんたとえば甲羅酒の, 知らんだから彼女の, 知らんだが旗本の, 知らんだけでなく誰, 知らんちょっと水が, 知らんつもりでをつたら, 知らんつらをし, 知らんでのよろしく頼, 知らんというは話に, 知らんといった孔子の, 知らんとか味噌を, 知らんところがい, 知らんとさえ思った, 知らんとしても山の上で, 知らんとでも申すか, 知らんとにかく今の, 知らんとまで僻目で, 知らんどうも気分が, 知らんどこかに口当り, 知らんないか知らん, 知らんなぞと思ふ, 知らんなどとは慮外な, 知らんなどとも疑ったり, 知らんなんぞと思って, 知らんなんてそれは, 知らんおそれあり, 知らん妙な, 知らんねえ一向イラン, 知らんのう実物を, 知らんのかいそら飛行機, 知らん無いでしょう, 知らんばってん嬉しそう, 知らんばってんわしだけ上, 知らんひそひそ話をし, 知らんひとから見ます, 知らんほどで我, 知らんほんとに歯が, 知らんほんまにいけずや, 知らんまあ歩きながら, 知らんもしひょっともしひょっとあゝもしひょっと, 知らんやがて南北両派の, 知らんやっぱり時代の, 知らんやつがある, 知らんやと言ってな, 知らんやという語が, 知らんやはり特殊の, 知らんよしんば事実に, 知らんよと云はれ, 知らんよというふうに, 知らんよなんて拝んだり, 知らんわいなんと見当, 知らんわが友の, 知らんわしは会いたくない, 知らんアノ服を着けた, 知らんイヤナニ是は怪しむ, 知らんカンナの漢名, 知らんタア何じゃい, 知らんハッとし, 知らんハムレットの懐疑的, 知らんポヤポヤした狐, 知らんムムムさうか, 知らんヤソ教は仏教, 知らん一人の儒者, 知らん一国民の耐久的修養, 知らん一寸出ろ善藏や, 知らん一番大切な事, 知らん七十二の疑, 知らん三島江に生, 知らんの枝, 知らん世の中とはそう, 知らんにうまく, 知らん中国で毛利, 知らん乾坤の意, 知らん事今日に到っ, 知らん事故爲方も無い, 知らん二ツ井戸のおこし, 知らん五秒過ぎた, 知らん人あれへんで, 知らん人許りでご, 知らんでもあるまい, 知らんと違う, 知らん仲達が逃げ, 知らん伏勢があった, 知らんにし, 知らん何うしよう困った事, 知らん何でも弥之助が, 知らんは聊か, 知らん偶然の会話, 知らんは知らん, 知らんは宮方, 知らん兄弟でもあっ, 知らん光子さんと打ち合わせした, 知らん其のうちにも, 知らん其方でもあるまい, 知らんを抜い, 知らん勿論余の, 知らん十秒立った, 知らん単に身体の, 知らん博士の腕前, 知らん厳粛沈痛なるもの, 知らん古着屋か知らん, 知らん右様な者, 知らん吉原とさえ言え, 知らん同時に同情の, 知らんである, 知らんはそう, 知らん呉服商人が来, 知らん味方の大将, 知らんをうけた, 知らん品川の女郎上り, 知らん私の, 知らん国際性を失つたかわり, 知らん土地で開業, 知らん地唄の秋色, 知らん大きな水平の, 知らん大国に頼らなく, 知らん大方出来ないの, 知らん大雪の年, 知らん奇妙な魚類, 知らん奴隷それ名流なるを, 知らんな事, 知らんにせずし, 知らんひ, 知らん供じゃ, 知らん小さな堂が, 知らん左様な者, 知らん強くわが胸, 知らん彼等は何, 知らんに捨て残された, 知らん後世の者, 知らん忙しさう, 知らん思たんが気, 知らん怪しい事が, 知らん恐しい音, 知らん悪いとか憎い, 知らん悲しい予覚し, 知らん悶着の起る, 知らん慾ばりの爺さんども, 知らん我等が死, 知らんる日二階, 知らん或いは停車場と, 知らん扇子を帯, 知らん手水に行ったなら, 知らん拙者は女, 知らん支那人も一人, 知らん敗戦後は敗戦, 知らんは我が, 知らん文学を愉し, 知らん断崖の釣魚, 知らん新九郎が夢, 知らん新聞記者がいる, 知らんに仮令, 知らん日本国中の人, 知らん明盲やさかい, 知らんから奇談, 知らん昔馴染の友達, 知らんには, 知らん暫く待って, 知らんの都, 知らん本当だつたかなあ, 知らん机竜之助, 知らん東京の姉, 知らん案外に大勢, 知らんの花ただ, 知らんの室, 知らんいて, 知らんの辺, 知らん此二人は四年以前, 知らん此家は青樓, 知らん武器も弾薬, 知らん殊に今日は, 知らん残念残念何とも譬え様, 知らん毒婦恨平らぎ難き, 知らん気イ済まんもん, 知らん気分落ち着かんと, 知らんのよう, 知らんかは, 知らん滝の川以来もう一度会っ, 知らんの劉皇叔, 知らん無限の感, 知らん燕子花はけっして, 知らんだ知って, 知らん爾来廿年関西各地に, 知らん足らんよう, 知らんと喧嘩, 知らん甘いそうして空, 知らんはない, 知らん男ぢや無い, 知らん日の, 知らんして, 知らんには見えない, 知らん相談しながら, 知らん真言秘密と申す, 知らん石舟斎はすでに, 知らん磐代の岡根, 知らんは汝, 知らん秀子が此, 知らん稀代な妖人, 知らん細君の機嫌, 知らん緊張が足りん, 知らん老師はあの, 知らんがわくわく, 知らんく其の, 知らん自分で豪傑, 知らん自分たちの頭, 知らん自分等の帰る, 知らん舞台は此瞬間, 知らん芥川はこの, 知らん芭蕉が自ら, 知らん花魁でございますから, 知らん若手ではあれ, 知らん蔵元屋の内輪, 知らんを服ん, 知らん藤吉郎直属の城兵, 知らん行燈か行燈, 知らん觀者は非常, 知らんふとるだけの, 知らん言ふたらあきまへんえ, 知らんだ, 知らん誠に困るな, 知らん貫一が心, 知らん車夫ゆえ橋本幸三郎は宜, 知らん途中で何所, 知らん這奴は何もかも, 知らん遊牧民でも来, 知らん重大な秘密, 知らん重荷を卸した, 知らん鉱夫どもが深山幽谷, 知らん長谷川氏のため, 知らん間アに傍, 知らん限り気がつくまい, 知らん陰険らしいの, 知らん随分お守を, 知らんも知らん, 知らんに捲きつけた, 知らん馬琴は忠臣孝子, 知らん駒井を頭, 知らん髯武者である, 知らん鬢華らんと欲する, 知らん黄河その教師, 知らんの声