青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「系統~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~粉 粉~ 粒~ 粗末~ 精~ ~精神 精神~ 糞~ ~糸 糸~
系統~
紀~ ~約束 約束~ ~紅 紅~ 紅い~ 紅葉~ 紋~ ~紐 紐~

「系統~」 1429, 15ppm, 7298位

▼ 系統~ (528, 36.9%)

12 ものである 9 ものが 7 ものは 6 ものと 5 もので 3 もの, ものであった, 中に, 民族の

2 [34件] ほかひ, ものか, ものであり, ものには, ものを, 人で, 人なりと, 人物を, 代表的な, 企業を, 作家で, 保守派に, 及ばざる所, 問題である, 四方に, 学問を, 官吏は, 家に, 文化の, 方は, 本と, 東遊天人も, 物で, 物語は, 特徴を, 神社に, 肖たもの, 色が, 詞章の, 語で, 語の, 進歩派を, 間には, 館に

1 [409件] あぢ, あること, あるもの, ある事, ある病気, お方が, お方に対しては, お方は, かなり明確な, からもかい, がある, きがそは, くすんだ着付, さらに古い, たしとは, ために, だし, だし人形は, だれかが, ちがった一社会, とり物信仰から, どっちかに, ない小屋, ふくらみを, ふっくりさを, ほいとの, ほかに, まぐれ者かとも, ものかも, ものだ, ものだけが, ものだろう, ものであっ, ものです, ものとして, ものとしては, ものとの, ものなぞが, ものなどは, ものなる, ものに, ものにだけ, ものに対しては, ものらしく, もの例へば, もの大人は, もの殊に, もの釉の, ように, アメリカビトベースボールといふ, エキジステンツ哲学位いな, コルポラチオン組織は, ドレスを, フランスに, マダガスカル人の, 一つの, 一切の, 一部の, 上から, 下に, 不明な, 世界観, 両派, 中でも, 主公, 争いは, 二三の, 井川洗, 人々が, 人々で, 人から, 人たち以外に, 人では, 人には, 人の, 人形と, 人形とは, 人数には, 人物が, 人種の, 人間と, 今なお, 会社に, 会社にでも, 伝へ, 伝承と, 伝説から, 余りに, 作り枝が, 作品が, 作品は, 作品を, 作家の, 信仰が, 信仰を, 修辞法に, 偶人劇は, 傳來が, 傳來で, 傳來である, 傷害程度の, 優劣について, 先住民族は, 先祖に, 光明皇后が, 全體, 兩派, 具合が, 写本が, 刃物は, 分析家として, 別種の, 創造神らしい, 勉強を, 勝負争ひもあつ, 化政度戯作者気質に, 単なる発展, 単詩形, 博士の, 叙事詩と, 口頭伝承に, 古い形, 古窯, 右翼団体の, 各大学, 同化融合から, 名が, 名でしょう, 名を, 呪言は, 呪詞が, 哀れな, 品だ, 哲学からは, 哲学思想が, 哲学者, 哲學に, 哲學の, 商品新聞紙を, 問題は, 噂が, 國語には, 地区は, 地球物理学的現象である, 地色の, 坐すでは, 基礎を, 壻入りを, 外に, 外は, 天孫民族は, 天然瓦斯会社を, 女学校附属の, 女形の, 女神, 如きもの, 如何を, 存在が, 学問で, 学問についても, 学徒が, 学校である, 学校唱歌や, 学校増設収容人員の, 学生だけを, 学習の, 学者が, 学説に, 学部は, 宗教この, 実業家日清生命の, 実験である, 客観態度が, 家であった, 家の, 容貌が, 寄り合所帯が, 封建さが, 専門家は, 將來の, 尋ね得られるもの, 小説らしく見え, 崩落瓦解を, 巡遊者と, 差なし, 帝大などを, 帝釈サマ聖天サマなどは, 常用手法である, 平面結晶だけに, 建設を, 形式を, 影響を, 役人によって, 心理遺伝が, 心理遺伝の, 忠勤を, 思想の, 恋人に, 情痴である, 意識を, 感応作用は, 感應作用は, 成句を, 成立不可能を, 或る, 截然として, 戯作者肌に, 手法を, 教理に, 整合の, 整理が, 文を, 文化的自由主義哲学であり, 文学は, 文献に, 文献の, 文藝の, 新進だ, 新進画家な, 方々の, 方が, 方でございまし, 方向を, 方言が, 方言である, 旗本の, 日本民族である, 明らかな, 明瞭さが, 昔話ばかりが, 末である, 本が, 本とは, 本然的要求換言すれ, 柱, 根幹を, 植物の, 極めて初期, 楽器らしい, 樹立は, 歌, 歌川派の, 歌物語の, 歴史哲学は, 歴史的運命, 毒薬は, 氏族に対しても, 民族が, 民族たる, 民族であった, 民族です, 民族と, 民族に, 民族や, 民族を, 民間の, 民間伝承が, 沿革が, 法然上人親鸞聖人の, 洋画家で, 活動から, 活動も, 混乱など, 混乱に, 滑稽を, 演劇を, 無刺戟, 熔岩の, 熟練な, 物かと, 物から, 物が, 物らしい, 物語である, 物語を, 特殊の, 特殊民研究の, 特殊相を, 独占から, 猿楽が, 獅子の, 現象だった, 現象であった, 生物である, 生物という, 生理に, 田楽で, 田楽は, 畫家で, 病気は, 発想法は, 発見に, 発覚を, 發見に, 相互関係如何その, 相違する, 相違による, 真美を, 研究も, 破壊は, 社では, 社の, 社会規定に, 祖先が, 祖先神が, 祝詞も, 神と, 神の, 神事舞の, 神人の, 神様を, 神言が, 神話である, 神話に, 祭事は, 科白の, 移轍で, 移轍を, 稍進んだ, 窯で, 窯場であります, 範疇が, 範疇にまで, 範疇の, 紙は, 紺ぽい, 組合と, 絵が, 練りもの類を通じて, 練り物の, 美しさ, 美人に, 美術品として, 習慣が, 老少幾多の, 者だった, 者で, 者である, 者の, 者は, 者海語部の, 耽美派だ, 職業に, 自由さが, 至って重要, 色の, 色目が, 芸域に, 芸能が, 芸術左翼戦線の, 若い人々, 蕎麦を, 藍絵の, 衣類だ, 衣類を, 衰弱から, 解釈学的歴史学や, 言葉から, 言葉が, 言葉なら, 言語では, 訛言葉が, 訪れ人が, 評論学術雑誌が, 話が, 話で, 話である, 話は, 語かと, 語かも, 語が, 語だけ, 語づかひ, 語であり, 語に, 語は, 語らしい, 語感の, 語部である, 語部は, 論文が, 論理学乃至, 論理的均整を, 諸機能, 讃美詞を, 貴婦人の, 起原に関する, 軽々と, 辿られるもの, 近かった, 違う丹波, 違う氏族, 違った支那, 違った観念, 遺風の, 野蛮人が, 鏑木清方京都の, 長歌発想を, 障害, 電車は, 非常に, 音楽を, 顔の, 顔も, 風景の, 飾りもので, 飾り物には, 鬼の, 麻薬です

▼ 系統~ (231, 16.2%)

19 引いて 7 引いたもの 5 ひいて 3 同じうし, 引くもの, 承けて

2 [14件] いへば, 同じくする, 引き入れたること, 引くこの, 承けたる桂内閣, 樹て, 理解する, 異にし, 異にした, 異にする, 示すため, 立てると, 見よ現, 調べて

1 [163件] あきらかに, お正し, くわしく調べ, こしらえなければ, この地球, さかのぼると, そのまま真綿, たずねて, たてなかった, たどって, つぐもの, なすと, のこして, はなまつりと, ひいたインテリゲンツィア, ひいた国土, ひいた言葉, ひくもの, ひく列子, ひく進化論, まったく異, みても, もって, もつた意見, 一に, 一貫し, 三つ立てた, 事実に, 云ふも, 代表致し, 伝えて, 伝へた谷口藹山, 伝へる口頭, 作り出すだけの, 作り覺束, 作ること, 分類する, 別に, 区別し, 受けたる銅鐸, 同じくした, 同じゅうする言い伝え, 國外に, 學び知れ衆, 定め児童, 定着した, 害したと, 度外し, 延いた, 引いた, 引いただけに, 引いた三池流, 引いた作家的立場, 引いた円理, 引いた庭, 引いた当時, 引いた恋愛物, 引いた鼻, 引いてるもの, 引き其の, 引き名, 引く一流, 引く功利主義, 引く品物, 引く彼, 引く紙, 引く自我, 引く近代論理学, 形成し, 形造り同種の, 得て, 恐るるの, 意味する, 成して, 打ち立てること, 持って, 持つごろつき道徳, 持つもの, 持つ曲舞, 持つ謂, 探って, 探索する, 攪乱され, 整頓する, 明らかに, 暗示する, 有しその, 有するもの, 有つ, 構成する, 殊に, 求むれば, 汲むの, 流行唄は, 減らして, 漠然と掴ん, 無視する, 犯した一種, 生かした現代語, 用いた色糸, 異にせる, 発見した, 相承せね, 相續, 知るため, 研究し, 確信すべき, 示して, 示す神, 立つること, 立て, 立てしこと, 立てた, 立てて, 立てようという, 立てるには, 立てるの, 立てる余裕, 立てる積り, 立て直す事, 築き上げようと, 組み立てて, 組み立てようと, 組織すべき, 絶さない, 継がしむる為め, 継ぐもの, 続かす為め, 維持し, 繹ぬる, 考へる事, 聞くと, 肯定せん, 脱し得ないの, 表示すれ, 襲ぐものとしては後々まで, 襲ぐものとだけは言はれる, 解き放て, 討ぬれ, 記しその, 説くもの, 説明する, 調べ上げたから, 調査せんに, 論じた處, 論じて, 論ずると, 辿って, 辿つて, 述べざるも, 述べて, 追うて, 追つて, 追跡する, 造ったわけ, 遠ざかって, 重んじそれ, 重んじた例, 重んじた古風, 重んずるには, 重んずるの余習, 重んずる民, 附すべきもの

▼ 系統~ (139, 9.7%)

14 属するもの 7 属して, 屬する 4 して, 立って 3 ぞくする, 属すと, 属する 2 ある, まとめられねば, よくある, 属するの

1 [86件] あらずまた, ありました, あると, ある変化, いささかの, その母体, ぞくさないこと, ぞくした明白説, ぞくしながらも, ぞくすること, ぞくすると, ぞくする人々, ぞくする反, ぞくする日本文化, ぞくする模写説, ぞくする科学批判, ぞくする自然弁証法, ぞくする自然科学, はいらない事実, よく似, わかれて, 与える影響, 入るべきもの, 出たもの, 別れて, 効目が, 包含され, 区別する, 変えて, 変化が, 属しても, 属しながら, 属し硯友社, 属すべきである, 属すること, 属する一切, 属する人, 属する人物, 属する信仰, 属する内容, 属する各種, 属する大きな, 属する属僚中, 属する工科, 属する念仏踊り, 属する方, 属する書物, 属する次, 属する民族, 属する清家, 属する物, 属する現代, 属する職業劇団, 属する花, 属する詞章出, 属する辺鄙, 属せり, 屬す, 屬せり, 帰する, 帰化人の, 従属せし, 所属する, 新しく出来た, 於て, 時間的終局を, 東国の, 照らして, 相当する, 相当ひどい, 神座の, 移つたのである, 種々故障が, 立ちながら, 立ち日, 立つ構成力, 立て直しを, 組織し, 致命的と, 薬を, 行われて, 見いだす文学, 誇って, 近づいた呪禁師, 這入つて來, 適合する

▼ 系統~ (72, 5.0%)

2 亦頗る, 以上の, 皆水に

1 [66件] あんまり強い, ごく簡単, さう, すっかり同志, すなわち護法系統, その整合, その鶴, どうある, なくなるの, ます, もと一つ, カフェインの, コマの, ブローエルの, ユニークである, 一つであっ, 一時滅亡の, 一朝一夕に, 両者似, 云わば, 人種が, 今日に, 似た皮肉, 何と, 全體, 別々な, 別であったろう, 別と, 参謀総長もしくは, 取り立てて, 史書にも, 右の, 国維会, 大略四つであっ, 実験上の, 専門家たる, 常に表面, 後に, 必ずしも偕, 悉く是, 或る, 既に絶え, 日本全国に, 桂川系でも, 楽浪文化を, 次官局長部長課長係長という, 歌垣が, 民間からの, 海保漁村に, 消えて, 消滅した, 漸次独特, 無變化, 物質的経済的客観的実際, 畢竟するに人間, 異なるが, 皇族の, 直線的である, 私の, 私達の, 約三千年間, 細々ながらも, 著しく敏感, 謬妄危険で, 軍需生産に, 辿られるの

▼ 系統~ (71, 5.0%)

4 ある 2 あった, あると, あるの, 普通とは

1 [59件] ありこれ, あり色々, あること, あるという, あるわけ, いくつも, いつかは, いろいろに, お似合いだ, きちんとし, たしかで無い, でき上った, ないこと, なく今日, はっきりしない, わかって, わからなくて, リベラリスト的だ, 一見独立し, 不明である, 今も, 代って, 全くわからん, 全然ちがう, 其著しい, 分り作家, 別である, 北朝だ, 千秋万歳を, 吹き乱される憂い, 唯物論的であり, 問題と, 多かつ, 引いて, 彼の, 文壇に, 時としては, 時を, 末まで, 永い以前, 流れて, 流行する, 現在依然として, 相併立, 真先に, 究極的に, 立ちすぎて, 立って, 組み合は, 組み立てられたりとも, 組み立てられる, 絶えて, 色々に, 芽を, 英草紙に, 認められるの, 變り, 違うと, 重視され

▼ 系統~ (42, 2.9%)

2 な知識

1 [40件] である, なたたかい, なの, なコース, な世界観, な仕事, な分類, な変化, な学問, な展開, な批判, な教育機関, な歴史, な海洋観測, な発生物, な翻訳, な自然観察, な観測材料, な解釈, な調べ, な部署, に供給, に問題, に変化, に按排, に本, に演繹, に発達, に相, に研究, に翻訳紹介, に考えた, に蒐集, に行っ, に観賞批判, に詳細, に読む, に読んだ, の検定, らしい説明

▼ 系統~ (28, 2.0%)

4 一番神さびた

1 [24件] あつた, あつて, あらう, あらねば, ごく上等, すらある, まだ其程, シラギの, 云わば, 今日では, 仮に啼き, 全同盟的機構, 其に, 其は, 多くの, 字音の, 心は, 心術が, 文科は, 更にその, 甥の, 続ける氏, 聯合的習慣を, 蒙古

▼ 系統~ (28, 2.0%)

2 認めて

1 [26件] いえず上方風, いわれた成城学校, それから, なると, タクミの, ニッポン人の, 二つある, 俊頼系統との, 出雲系統との, 判定せられた, 別な, 古い歴史, 呼吸作用とは, 国津神の, 広東省系統との, 循環系統に, 思はれるの, 憑き物系統, 民族問題, 水戸の, 看做された者, 統一とを, 見られるもの, 言われる中, 認めること, 諸分派

▼ 系統から~ (27, 1.9%)

2 出るお方, 呼び出されたもの

1 [23件] どれほど力, みめ, やや紫, 云って, 入って, 出たもの, 出た二様, 出た江戸歌舞妓, 出る, 出発し, 分岐した, 変化した, 天皇一方, 太陽を, 妻が, 成立した, 拾われて, 来て, 発達進化した, 皇后と, 行くと, 言っても, 重役や

▼ 系統~ (18, 1.3%)

4 てて

1 [14件] から折角一人前, つた基礎知識と, つた特色の, つた著述に, て, ててくれ, ててしらべ, ててじ, てられた, といふ, とか史的考証, と思え, と見られ, と言

▼ 系統~ (16, 1.1%)

2 するため, に対して個人

1 [12件] あるいは思考, が行なわれ, が見え, し帰納, するもの, する事, する作業, せんと, とその, は大事, への資料, を行ない

▼ 系統である~ (11, 0.8%)

1 [11件] かのご, が二體, が古事記日本書紀, が多く, ことで, ことの, ことを, などの事實, ジェームスの, 人狐の, 高天の

▼ 系統~ (11, 0.8%)

1 [11件] あったもの, ないこと, なくただ, なく積み重ね, 師匠も, 引いて, 村上姓も, 正しく本格, 糸瓜も, 門閥的に, 順序も

▼ 系統として~ (10, 0.7%)

2 閣下の 1 いつまでも, 伝わったもの, 保存し, 整理し, 殆ん, 発育し, 考えるほう, 賛否の

▼ 系統では~ (8, 0.6%)

1 あるが, さう, それぐらい, ないかと, ないという, 反對, 役に立たぬと, 暴風の

▼ 系統だった~ (7, 0.5%)

1 と似, 医学の, 報告は, 文芸評論も, 現実への, 研究考察は, 読書への

▼ 系統には~ (7, 0.5%)

1 かう言, ちがいない, ほとんと, 全く合わない, 宋元の, 布でない, 平安朝文学に対する

▼ 系統~ (6, 0.4%)

1 どうしてもそれ, どんな幹, に於ける, の前代, の心配, の相

▼ 系統立て~ (6, 0.4%)

1 てあった, てはしなかった, て意識, て整理, て書記, 国防力の

▼ 系統~ (5, 0.3%)

2 類型から 1 スケジュウルが, 彫刻の, 性質を

▼ 系統づけ~ (4, 0.3%)

1 その理論, それから, てされ, 方向を

▼ 系統~ (4, 0.3%)

1 のを, わけな, んだ, 博読は

▼ 系統によって~ (4, 0.3%)

1 みな違っ, われわれの, 一糸乱れぬ, 基調の

▼ 系統発生~ (4, 0.3%)

1 が実は, したもの, の二つ, の連鎖

▼ 系統あり~ (3, 0.2%)

2 一は 1 やに思わるる

▼ 系統かも~ (3, 0.2%)

1 しれぬ, 知れないと, 知れぬ

▼ 系統であっ~ (3, 0.2%)

1 て富山, て小, て物そのもの

▼ 系統であった~ (3, 0.2%)

1 から人生問題, と, という

▼ 系統との~ (3, 0.2%)

1 別が, 外に, 神話が

▼ 系統以外~ (3, 0.2%)

1 に立てる, に運搬, の恒星界

▼ 系統的存在~ (3, 0.2%)

1 であって, である, の破壊

▼ 系統ある~ (2, 0.1%)

1 やうで, 行為の

▼ 系統であり~ (2, 0.1%)

1 ながら年寄, 語学は

▼ 系統であろう~ (2, 0.1%)

1 とやがて, と理科系統

▼ 系統といふ~ (2, 0.1%)

1 ことも, ものは

▼ 系統としては~ (2, 0.1%)

1 美濃派だ, 近代的な

▼ 系統とは~ (2, 0.1%)

1 俗に, 切っても

▼ 系統なく~ (2, 0.1%)

1 して, 思慮なく

▼ 系統などは~ (2, 0.1%)

1 無いの, 追いだして

▼ 系統については~ (2, 0.1%)

1 きわめて認識, 殆ん

▼ 系統に従って~ (2, 0.1%)

1 成長しなけれ, 自我の

▼ 系統~ (2, 0.1%)

2 に在

▼ 系統~ (2, 0.1%)

1 まで添え, を添付

▼ 系統的発展~ (2, 0.1%)

1 であって, のため

▼ 系統的研究~ (2, 0.1%)

1 からひろく大きく, はこの

▼ 系統立つた~ (2, 0.1%)

1 もので, 説明を

▼ 系統立てる~ (2, 0.1%)

1 ことを, のとは

▼ 系統~ (2, 0.1%)

1 に依らずし, に取り掛ろう

▼1* [87件]

系統あってこれ, 系統あるいは同色の, 系統かと思うサイジンバ・サジナ, 系統からの信号も, 系統からもはいった, 系統がちがふ, 系統こそはあったが, 系統さえ念頭に, 系統て発展, 系統その後に来た, 系統たてて読ん, 系統だたずでも何故そのまま, 系統だって集めたもの, 系統だつのだろう, 系統やの類, 系統づけなし得れば予て, 系統づけられた叢書である, 系統づけられることを, 系統であるらしいと半, 系統ですよ, 系統でなければ同じ, 系統での最後の, 系統でも松年先生の, 系統という訳で, 系統とから云って, 系統とが渾然融和し, 系統としての名である, 系統とを異にし, 系統なりと認めたるなり, 系統なることは, 系統なるいはひ, 系統なんぞはまだ判明, 系統において親戚たるにも, 系統にだけ其記録が, 系統について正しい要約的, 系統にのみ属する考え, 系統にもさる者, 系統にもののけが, 系統に対して与えた批評, 系統に対しても堂々たる位置, 系統に関する分析的な, 系統のどつちか, 系統はずれであった, 系統ばかりだから, 系統ぴりっと刺す, 系統よりもも一つ以前からの, 系統をば引いて, 系統に親, 系統中前田家本はやや, 系統の事, 系統に引き摺り込まれ, 系統をひょいと, 系統十銭ずつになり, 系統即ちツクシと, 系統及び血族の, 系統に逸した, 系統或は規則に, 系統所属もしくはその, 系統新たに高天原, 系統格法は論外, 系統の内, 系統樹立を解説, 系統正しい犬でも, 系統母系統の優劣, 系統が無く, 系統発生的な統一, 系統的共軛力が有力, 系統的共軛化を拒否, 系統的制度としての価値, 系統的定時的に少なくも, 系統的性質に対する無知, 系統的理論と実際, 系統的発生に対する無知, 系統的発達との一定, 系統的科学的従って機械的, 系統的蒐集に熱中, 系統的説明を好まない, 系統的連関である単なる, 系統的進歩に何等, 系統種々の階級, 系統立ってくる, 系統立った真面目な, 系統立てられると日つぎ, 系統を相, 系統違いのヴォルテエル, 系統階級というもの, 系統階級等に相応