青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「糸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

粂~ ~粉 粉~ 粒~ 粗末~ 精~ ~精神 精神~ 糞~ ~糸
糸~
系統~ 紀~ ~約束 約束~ ~紅 紅~ 紅い~ 紅葉~ 紋~ ~紐

「糸~」 5987, 65ppm, 1765位

▼ 糸~ (1492, 24.9%)

90 引いて 30 垂れて 23 ひいて 17 紡いで 13 切って, 引いたよう 12 つけて 10 巻いて 8 たぐって, つむいで, 結んで 7 たれて, もって, 操って 6 かけて, 幾筋も, 引くよう, 手繰って, 解いて 5 あやつって, ひく, 出して, 持って, 縒って, 繰る音

4 [12件] ほぐして, まいて, 使って, 切ったよう, 切られて, 切る, 嫁に, 引き切らぬやう, 引くと, 引くやう, 引く者, 通すこと

3 [22件] いかにせ, おろした, たぐるよう, ぬいて, はきました, ひきながら, 伝って, 吐くよう, 噛んで, 巻きつけて, 引いたやう, 引かれて, 引く, 張って, 指で, 染めて, 繰ったり, 繰って, 繰る手, 通す穴, 附けて, 集めて

2 [89件] いろいろに, かけたまま, しごきながら, たぐり出して, たぐると, たぐれば, たてぬきに, たどって, たれしが, たれた, つけ廻して, つたって, つないで, つむいだり, つれては, とおして, とおすこと, とって, とりました, はいて, はなして, ひくこと, ひっぱって, ほぐすやう, ほどいて, よったり, グイと, 一本すうっ, 丹念に, 乱して, 付けて, 作って, 作り出さねば, 切り放して, 切るの, 初秋めいた, 十重二十重に, 取って, 吐いて, 吐きかけて, 吐く, 垂らして, 垂れました, 外して, 尻から, 引いた, 引きて, 引き切る場合, 引くの, 引く如く, 引けば, 引し, 引張って, 手繰りたる一人, 手繰りたる小児, 手繰る, 手繰ると, 手繰る真似, 抜いて, 押へ, 抽き出し, 持つて, 捌くが, 採って, 操るかと, 操るよう, 斯う, 曳いて, 殺して, 発見した, 紡いだ, 紡ぎながら, 紡ぐ, 結びつけて, 綜て, 縒る, 縫いつけて, 績み機, 繰り出して, 繰り出すよう, 繰るの, 葭町へ, 貰って, 買いに, 足で, 通して, 通過する, 酢に, 長く引い

1 [887件 抜粋] あげて, あしらってから, あの黄金色, あやつる方, あわせた, いかに巧, いくら辿っ, うんと確, おなじくしんかん, おろしたと, おろす, お添えし, かえして, かがった不思議, かきならし, かき鳴らしますけれども, かけたの, からまして, きられたので, くって, くりおきて, くりだすと, くるくるっと, くるよう, こかげに, ここまで, ことごとく鼠群, この世に, さげて, さし入れて, さらし練る, しばしば見つめた, しめて, しらべたり, しらべながら, すき直して, すっかり噛み切っ, すべり出させて, そえまして, そっと御, その撞木, その辺, そよがせながら, それからそれ, そろそろと, たぐったその, たぐりあくまでも, たぐりあげて, たぐりて, たぐりながらしづかに, たぐり再び, たぐり始めるから, たぐるけれど, たぐッ, たち切ること, たよりに, たらすと, たれ, たれたが, たれようと, たれる, たれる柳, だし, だんだん太く, つかったロシア刺繍, つかった縫紋, つかまされるよう, つくりそれ, つくるの, つけそれ, つけた針, つけると, つけ蚯蚓を, つたは, つたわりだした, つなぐ手, つむぎながら, つむぎ焼き林檎, つむぐお婆さん, つむぐ車, つれて, とおしたまま, とおしながら, ときて, とらないところ, とりのけて, とり合図, とるという, とる来年, どうくる, どんどん繰り出し, なおして, なして, ぬき, ぬくの, ぬらして, のばしはじめた富士男, はなすと, ひいた, ひいたもの, ひいたやう, ひいた青虫, ひいてる奴, ひかないで, ひかない納豆, ひきつづけること, ひきのばしながら, ひき出して, ひき出すそして, ひき抜く, ひくとき, ひくので, ひく人, ひく力, ひく絃, ひっぱっても, ひッぱる, ふきみだし庭, ふた筋縫い込ん, ぷつりと絶ち切る, ほぐしだして, ほごして, ほそくし, ほりおこして, ぼんやり眺め, まかせながら, まきちぢめて, まきつけて, まきとりながら, まき付けると, まさぐりながら, まっさおな, まるい白い指, みだすかな, みんなつけ, むすびその, むすびつけるわけ, もて操らるるかと, もらひに, ゆるめたり, ゆるめる, よごさずに, より合わした, わざわざ亭主, わたして, アーク燈で, ズタズタに, ブツリと, 一々手, 一列に, 一本切る, 一部分まぜ, 七かけ, 三千三百五十本紡いだ, 上げて, 上げ下げし, 下げたの, 下げつ放しに, 下げて, 下げるよう, 下しても, 下ろして, 下ろすか, 下流の, 両側に, 両手に, 並べて, 乱し掛けたごとし, 乾して, 亂し, 二人の, 二十三歳から, 五六本かため, 仕上げた, 付けた幾個, 付けること, 以って, 伝つては, 伝わって, 伸ばした, 何本も, 使い中, 使うほど, 使ったが, 使ったの, 使っちゃあ, 促して, 倉庫へ, 入れます此入毛, 入れる, 其処に, 内へ, 出さないほかの, 出したらまぶしに, 出すと, 出せば, 切った数, 切つた, 切らさずに, 切らないで, 切り更に, 切るとき, 切る力, 切断せし, 前方に, 動かないやう, 卷いた柄, 取りに, 取りました, 取り草鞋, 取ろうとして, 受けとると, 受け取ると, 召使つ, 合せたるもの, 合せて, 吐かせたま, 吐くやう, 呼び寄せ篤と, 唇に, 噛みきつて, 噛んだ, 四方八方に, 地機で, 垂らしたよう, 垂れたまま, 垂れるの, 垂れ更に, 垂直に, 執こく, 売る鼠屋, 外すこと, 多くし, 多與里, 夫, 娶った, 富は, 射たらんもの, 射切るといふ, 小市長, 巻いたぐらいで, 巻いたよな, 巻いたり, 巻きいる, 巻きほぐしながら, 巻き籠, 巻くこと, 巻くやら, 巻く手毬, 巻上げますの, 常に想像, 幾本にも, 廻す棒, 廻わして, 引いたの, 引いたほど, 引いたもの, 引いた一筋, 引いた涙, 引いた隅田川伝説, 引いての, 引いてるやう, 引いてる野郎, 引かせ検事, 引きあげて, 引きその, 引きます, 引きますると, 引きまわす力, 引き出すだけ, 引き出すは, 引き出す秘法, 引き合って, 引き寄せて, 引き強調, 引き謀, 引くが, 引くこと, 引くまでに, 引くやつ, 引く上げると, 引く奴, 引く気味, 引く限り, 引っかいて, 引っ張って, 引っ張るもの, 引つ張ると, 引切っ, 引張ってさ, 引張るとかいう, 引抜く世話, 張らない月琴, 張り渡し, 張り渡す一匹, 張る, 弾いたよう, 弾きながら, 待合室の, 思って, 惜んで, 懲らすつもり, 手ぐるような, 手で, 手に, 手織りに, 手繰らせ壁, 手繰り寄せ手網, 手繰り手繰り歯, 手許に, 払って, 投げおろしまするので, 投げかけるの, 投げこんで, 投げて, 投げようとして, 投げ込んだ一人, 投げ込んで, 抛り込んで, 抜かれた蛾, 抜き始めた, 押して, 招く, 拵えるの, 拵える位, 拾った, 拾ったの, 振って, 振り込んで, 捌いて, 捲いたもの, 捲きつけて, 捲く手, 捻る等, 掛けた状, 掛けて, 採ッ, 揚げるじゃ, 搜し出し, 摺り切るの, 操つっ, 操ること, 支柱の, 放す, 救ったん, 整理する, 断たれしこと, 断ち羽織, 断つよう, 曳きたるやう, 曳き歔欷, 束ねて, 松杉の, 染めるほそい, 染め鏃, 横ぎって進行する, 樹に, 樹の, 次ぎ次ぎに順番, 歸す, 毛虫から, 水の, 池の, 波に, 流して, 流れる, 海へ, 混ぜ合せて, 添えたる紙, 渡されたので, 渡したので, 滅法可愛, 濁った水, 火鉢の, 片手に, 犯人の, 産しこんな, 用いたもの, 畏る, 留め置く津志田谷右衞門, 疝気筋に, 白い掌, 盗んだ検非違使, 盗んで, 目の敵に, 相手に, 眺め, 眼の, 着けて, 祖母ちゃんが, 章三は, 竿丈より, 筋違に, 紡いだの, 紡いだ糸車, 紡がせるの, 紡ぎつ, 紡ぎ出し機糸, 紡ぎ木綿, 紡ぎ織りして, 紡ぐこと, 紡ぐだけ, 紡ぐといった, 紡ぐまね, 紡ぐ者, 紡ぐ音, 紡錘に, 紡錘竹から, 経に, 結びつけ手, 結び他, 結び付け一纏め, 結び合わした, 結ぶが, 結ぶ新しい白い, 絞るかの, 絡み合せなければ, 絶ち切る訳, 絶やさないよう, 絶られ, 網の, 緊めたり, 締めなど, 縒つて居る, 縒り掛けた, 縫いつける黄色い, 縺らす苦い, 績いでいる, 績ぐ下地を, 績みはじめた, 繋ぐ, 織って, 織りまぜながら, 織り込んだよう, 織るには, 繭から, 繰つて車, 繰りながら, 繰り出し錘, 繰るが, 繰るよう, 繰るパルチェエ, 繰る座, 繰出すように, 繰返して, 胸の, 膠づけ, 膠着させ, 自分で, 自由自在に, 舐めて, 苛めたか, 蜘蛛は, 表に, 見いだした時, 見た時, 見つめる父, 見ないで, 見る, 見るより, 親許へ, 解しながら, 護って, 護つて向島の, 貫くに, 買ひ入れ, 賺して, 赤変す, 足の, 辿って, 辿るよう, 追ひ廻したやくざ, 追ひ立て, 送り橋本幸三郎, 通したり, 通した玉, 通した針, 通し残された右手, 通すに, 通すよう, 通す針, 通そうと, 造りそれから, 運んで, 遠ざからせ重, 遠ざけようとして, 遮ったこと, 針孔にと, 鋏で, 長くする, 附ける, 除れる, 頸に, 頼りに, 頼んだ縁, 颯と投げた, 食べながら, 高く負, 鳴して, 鳴らすだけ

▼ 糸~ (1059, 17.7%)

148 ように 91 ような 27 やうに 26 やうな 10 先に 9 上を 8 端を 7 姿を, 様な, 様に 6 先には, 方へ 5 はしに, はしを, 上に, 乱れの, 方が, 方の 4 先の, 切れた凧, 家へ, 手を, 方と, 方は, 端に, 長さ, 音が

3 [11件] ことを, さきに, なわば, 上には, 切れっ, 如くに, 如し, 家の, 束を, 細さ, 網で

2 [61件] かすみ模様の, ことが, さはり, はかない處, もつれは, ようである, ような煙り, 一件です, 両端に, 両端を, 中には, 中途に, 乱れが, 事ばかり, 事を, 事以外に, 先を, 六かせ, 具足に, 切れた時, 十重二十重に, 友達たる, 口から, 大菱巻, 太さ, 如くはて, 如しと, 姿の, 姿も, 家はさほどに, 帽子と, 床は, 後姿を, 手とどめし, 手には, 手毬も, 手綱が, 方を, 束の, 海棠の, 為では, 無い月琴, 父親が, 玉を, 目印に, 端が, 細々と, 耳に, 色なき, 調べに, 調子は, 返事は, 途中に, 通って, 間には, 雨が, 音, 音も, 顔が, 顔を, 風に

1 [486件] あいだから, あたかも片, あとを, あは, あやつり主, あるの, あんべ, いかなる顔, いとど払いが, いとも苦し, うちには, おのの, お滝, かがよ, かたまりを, かんじょうに, きれたフーセンみたい, きれはし, きれるよう, くくり方, くずみんなその, ことでございまし, ことについて, ことは, こぶと話でも, こぼれ梅など, こまかいびっちり, こや, こんがらかったよう, こ細工でも, ごとき一部分, ごとき大, ごとき目, ごとき細い, ごとき細き, ごとく, ごとくまたは, ごとく乱れかかるの, ごとく尽く, ごとく浮動, ごとく照らして, ごとく衰ろ, さきの, さきを, さめはつるまでに, すがた, すじりもじった間柄, すり切れたヴィオロン, そのひと, その一端, そばに, たくさんある, たばを, たまだけ, たまは, たるんだ風船, たれたるもの, ついたまま, ついた絵日傘, ついた針, ついた風船玉, ついて, とどかない, とりあわせは, どこが, なびきゆらめくほど, ねいろが, はかない処, はしが, はしは, ひいたパン, ひとすじも, ほうの, ほつれた刀袋, まに, まにまに尋ね行き, まにまに尋行, まま年の, まりを, もちては, もつれが, もつれと, もつれの, もつれもつれて, もつれること, もつれるよう, やうなる, やや古びた, ゆくえを, ゆとりを, ゆわえて, ようで, ようです, ような呻き, よう月の, よじれ方, よりかたから, わりようを, シヤーレで, ショールを, ジャケツの, ダマを, フケを, レースから, 一た, 一つが, 一つを, 一本が, 一条を, 一端に, 一端は, 一端を, 一筋づゝに, 一筋に, 一筋をも, 一管さえ, 上った様子, 上にのみ, 上にも, 下に, 下には, 下の, 下へ, 下腹巻を, 不可思議さを, 両側に, 中から, 中に, 中にも, 中を, 丸を, 丸帯碧玉を, 乱る, 乱るる, 乱れしは, 乱れたのに, 乱れた苧環巻きかえし, 乱れなるべし, 乱れる蔭, 乳母だ, 二人の, 交, 交った方, 亭主氣取りで, 仕事が, 仕入れも, 仕掛で, 仕業でない, 代りを, 代わりに, 仲は, 伝わって, 作り方の, 作り方も, 使いを, 使い方の, 値が, 値段も, 先が, 先き, 先は, 光には, 光りで室中, 入った新調, 全長の, 兩手は, 写真で, 写真であった, 冤を, 処まで, 凧を, 出ずること, 出ずるという, 出ずるとき, 出ずるは, 出ずるを, 出でざるとき, 切はしの, 切りあいを, 切れくずを, 切れしを, 切れたが, 切れたたこの, 切れたよう, 切れたギター, 切れたタコ, 切れた人形みたい, 切れた光りかがやく水晶, 切れた奴凧みたい, 切れた操, 切れた珠数, 切れた紙凧, 切れた紙鳶, 切れた緋威し, 切れた赤い, 切れた風船, 切れた風船玉, 切れては, 切れぬ中, 切れはしを, 切れるまで, 切れる音, 切れ端でも, 切れ針, 切端が, 刺繍の, 力だ, 力と, 力に, 十五撚り, 十字万字に, 千筋を, 半分が, 単調の, 叔父さんか, 取引を, 合藥を, 吹き出して, 味の, 命は, 命を, 咽喉を, 唐桟の, 囮鮎の, 垂れこめたなか, 垂れて, 声で, 多くなる, 大きい島田, 大方は, 大群が, 太いの, 太い目, 太い綱, 奏で, 好ましい金茶, 如きその, 如く勢いよく, 如く幻, 如く晴れた日, 如く流れぬ, 如く痩せ, 如く紡ぎ布, 如く降る雨, 姉妹が, 姉妹を, 姿ばかり, 安来節を, 家までは, 容子に, 宿は, 尖が, 尾を, 屑の, 屑を, 屑をかい, 工合の, 工合を, 巧みさ, 巻き外れたもの, 広幅布類が, 引き渡しだ, 弟の, 弱きが, 強い紺, 強弱弾性や, 影が, 後ろに, 御蔭である, 心の, 思惑などに, 性質が, 惑わしだ, 惡企み, 意味を, 態度は, 懸かってる山, 手が, 手に, 手鞠さえ, 手鞠を, 投げよう, 抜屑を, 拵えて, 指端に, 振分, 揺れで, 揺曳に, 数々を, 数は, 数ほど, 敷物の, 敷物を, 断たれた生活, 方で, 方に, 旦那は, 木隠, 木隱に, 末端で, 末端を, 材料を, 束か, 束と, 束ねたの, 束は, 枠に, 染分け房を, 染色から, 柳に, 桶は, 梯子を, 様である, 様子を, 橋を, 次第にひとつ, 欲しい幕, 歎き, 母親の, 毬を, 水を, 永日を, 流れ, 添加に, 清きばかりの, 清らかな, 湊合し, 漂白場であった, 瀬に, 瀬には, 為には, 為めに, 煮えきらぬ言葉, 爲に, 父なる, 父は, 父田口儀三郎の, 片端も, 状を, 玉だの, 生ずるに, 生ずるを, 畜生女め我に, 番です, 病室に, 病氣は, 痕であっ, 痛々しい惱, 白い額, 目が, 目の, 目は, 目印の, 相場の, 相場へ, 相手だった, 相手は, 相牽連, 真中を, 研究者で, 穴が, 端つこ, 端の, 端は, 端屑の, 笊を, 筋途に, 篭を, 糸車を, 糸重は, 紅は, 紊れ, 紙布を, 紛る, 細いかるい布, 細いもの, 細いテグス, 細くやさしく戦ぎ縺れる, 細く目方, 細工さ, 細工と, 結ばれて, 結びの, 結び玉や, 結び目が, 結び目を, 綾が, 綾を, 緊張に, 総を, 緒に, 緒を, 編物の, 縁を, 縛ったの, 縫ある, 縫いの, 縫目を, 縫紋の, 縺れに, 縺れを, 繋がりが, 繋がりを, 繋がれて, 繍い, 織り成す感情, 罪に, 美しいつや, 美しく綾なす, 翼輝く, 聰明な, 肩に, 胡弓を, 胸は, 脅え切つた姿, 腐って, 色は, 色も, 色を, 色彩が, 色革の, 艶に, 苦しきもの, 茶無地の, 著いた, 薄くな, 蜘蛛の, 行方は, 行末を, 袋に, 袱紗帯に, 見えぬに, 見分けも, 言つた通り, 話で, 話なら, 誠は, 調子を, 謎は, 跡を, 迎ひ, 透いたズボン, 通じて, 通るはず, 運輸故障せられ, 遠きは, 遠音を, 部屋で, 部屋へ, 配りを, 里といふは, 里方より, 量が, 釣に, 錘り, 長い方, 長くとぞ, 間が, 間違いである, 阿魔, 隙間が, 隣の, 雨, 雪, 雫を, 雲の, 露は, 静脈は, 面は, 音と, 音に, 音の, 音は, 音締めで, 頬に, 顏を, 類にて, 類まで, 類を, 風を, 馬鞍を, 駈け落ち, 髪を, 鳴り音が, 麻の葉を, 黒皮の

▼ 糸~ (499, 8.3%)

14 切れて 9 繋がって 7 ついて 6 ほぐれて 5 芸者に 4 切れたよう 3 あるの, きれて, プツリと, 出て, 切れた, 切れたの, 引いて

2 [34件] あって, からまって, きらきらと, くっついて, さがって, たぐって, どうせ行かね, ぶつり, スルスルと, 下つて, 付いて, 伸びて, 何かの, 土産物を, 垂れ下って, 引張られて, 張って, 急に, 手紙を, 椎の木の, 残って, 泣いて, 無駄に, 病気で, 眼に, 結び付けて, 絶れ, 繋がれて, 行方不明に, 通らないので, 遥か年上の, 長く垂れ, 長唄の, 顔に

1 [365件] あちこちの, あります, ありますか, あるかの, あるから, あるんで, ある筈, あれば, いいわ, いけないの, いつに, いつの間にかみごと, いま鮮やけく綯える, いよ, いよいよ芸者, うまいぐあいに虫, うまい工合, おりき方, お待ち遠, かかって, かけ寄った, かけ寄つた, かれの, きれいでい, くり出された, くるくると, ことは, この年月, こまの, こんがらかったの, したたった, すういと, すこし入っ, すっかり二人, ずらりとそこ, ずるずる出, そこでぽ, そこでぽつり, その下, たえて, たったこい, たった二筋, たれた, ちぎれて, つきて, つくの, つづくの, つづれるまで, できるの, とおしてないの, とちゅう, とび散ったもの, ともかく残つて, とれること, どうしてあれ, どうして知っ, どこまでも, どんなつもり, ない, ないという, ない位, なおさら陰謀, なかなか針, なくなったらなくなったと, なくなります, なんの, ねばりついて, のびて, はいるの, ひいて, ぴりぴりする, ふっつりと, ふんだんに使っ, ぷつりと切れ, ぷつんと音たて, へやの, ほぐれだしたと, ほぐれだしたの, ほつれて, ほどけて, ぽっつり切れ, また二人, まるで人目, むすばれて, むすびつけられて, もうやり切れなく, もつれて, ゆるい流れ, ゆるく巻い, ゆわえられたそれ, チラリと, バラリと, 一定の, 一張一弛する, 一方は, 一時に, 一本の, 一筋なら, 一筋白く, 一途に, 三斎の, 三本の, 三輪あとに, 下って, 下手人だ, 不可いと, 不意に, 乱れて, 乱れ争い, 乱れ湖面, 二すじ三筋付い, 二だ, 二括り, 二本ありや, 二筋の, 五六本細い, 今こそ, 今しも, 代って, 何かに, 何んと, 僅かに, 僕の, 先で, 先であった, 先に, 再び海底, 冷たく斜, 出たつ切り, 出まつし, 出来る, 出現し, 切られたから, 切れたそう, 切れたやう, 切れたら, 切れたわ, 切れたア, 切れた風船玉, 切れても, 切れでも, 切れないという, 切れなかったら, 切れました, 切れるだろう, 切れるほど, 切れんばかりの, 切れ両側, 切れ囮鮎, 切れ隼, 初夏の, 前より, 動いて, 動かなくなった, 動かなくなつ, 動き糸, 千も, 半ばその, 半分ほど, 厚くな, 又この, 取れるの, 可哀, 可哀想でございます, 可愛い, 合わない, 含まれて, 地面に, 坂井屋の, 埋葬した, 多くなる, 太いと, 太うご, 太く布, 太過ぎ, 小屋に, 少し機械, 山の, 崩れながら, 川底の, 左右に, 巳之助に, 巻いて, 巻き取られるの, 師匠を, 常識的論理的な, 弓形に, 引かれた, 引きあって, 引き出せると, 引き截, 引出されます, 引張り出され螺旋状, 弱って, 弱腰を, 張った, 張った途端, 張つてあつ, 張られる, 彼の, 彼ら三人の, 微妙繊細な, 心配さう, 必ずどこ, 思ひの, 怪しいといふ, 恋しさ, 惚れぬ, 惡者と, 懸ったの, 房の, 所々に, 抜けず左腕, 押されて, 持つて, 持出さなきや, 授けられます, 掛かって, 揺れて, 揺れるやう, 政次郎お, 数年を, 斜に, 断ち切れたよう, 断れた, 断れたよう, 断絶せし, 日に, 日本橋の, 日頃重宝がる, 旦暮この, 曲者を, 木綿の, 来るぜ, 板昆布を, 枝から, 染まって, 柔かい字体, 案外生あたたかく, 植えて, 極細の, 次第に獲る, 殆ど垂直, 残して, 殴り込むの, 水の, 水底へ, 流れました, 流れ入りこの, 流れ出るという, 清水の, 漸次に, 濃かで, 無い, 無かった, 無かったら, 無数に, 無暗に, 焦れて, 片寄って, 玉虫と, 現れて, 生きて, 生れたと, 用意を, 病氣で, 発生し延び, 白く光っ, 白く見え, 皆な切れ, 盜人の, 盤の, 真ん中を, 短か, 短くなっ, 破風か, 神聖な, 私に, 立つて, 競争圏内に, 竹の, 筋を, 粗くなっ, 紙鳶を, 紡がれそれ, 紡錘から, 細々と, 細いと, 細くしかし, 細く水, 細く目, 細長く光る, 結ばれようか, 絡みまとめて, 絡み合って, 絶え間なく, 絶ち切れんばかりに, 絶れました, 絶間なく, 絹糸綿が, 締めた筈, 縦横に, 縺れたよう, 織りこまれて, 纏いつい, 考へさ, 聞えて, 聞き付けた曲者, 胸まで, 脳裏に, 自分で, 自然の, 芸者にな, 落ちて, 葉の, 蓮の, 蕭条と, 虫の, 螺旋形に, 表に, 要るだらうか, 見えなかったの, 見えなかったん, 見られるよう, 見る間, 解けないので, 言ひ, 變に, 豫て, 走るよう, 足ね, 身に, 転げ込んで, 辛夷の, 逃げ場を, 透いて, 途切れ途切れに, 這入って, 這入りまして, 通して, 通って, 通つた針の, 通らないでこまって, 通らないで困って, 通らないの, 通過した, 連絡し, 金次郎を, 銀に, 鍵を, 長くしたがって, 長くな, 長くなつ, 附いてるよ, 静かに, 非常に, 面白い, 頻りに響く, 風に, 餘り, 驚く程, 髪を, 鮮麗に, 鳴るの, 黒船の

▼ 糸~ (389, 6.5%)

5 秋田の 3 月の

2 [31件] お此, この世には, すぐに, だんだんに, ない, びくとも, ふいと, 一緒に, 二ツ年下の, 今夜兼てから, 何故芸者, 切れて, 向島の, 坂井屋へ, 少しも, 已に長吉, 急に, 或年踊屋台, 河水を, 稽古の, 立派な, 縮緬の, 美しく微笑ん, 草むらの, 葭町へ, 蜘蛛の, 蝶鳥の, 行ける処, 見てた, 言葉を, 長吉よりも

1 [319件] あながちさう, あの前, あの通り, あまるほど, ありますかと, いくら使っ, いつまでも, いつもたぐられ, いとど歎きの数添, いへば, いまにも, いよいよ本気, おしまいに, かう言, くやしそう, こう言う, ここで, こちらに, こっちで, このとおり, こんぐらかること, さすが若き, さわ, しばしば橋場, しばし悄然, しばし里方, しまいに三輪山, すっかり二人, すつかり光りで包まれ, すなわち青天, する, そちらに, その体, その四女, その時, その組み立て, その色, そもそも女, それで, そんな大, たしか地下, たやすく通ります, だん, だんだん大きく, ちっと女大学, つくづく思ひ染みぬ, つけつら, つづれ紐, つなぎ合せ, でそろいませんし, とぎれて, どうした, どうぞ暫くお待ち, どうなりました, どう骨, どこまで, どんなに手早く, なかなかし, なくなるもの, なんと思った, なんの, はじめから, はっとし, ぷっつり切れ, ぷつりと切れ, べらぼうに, ほぐされた, ほつれ千切れ, またも, またもや一つ, まだつながっ, まんざらの, まん中から, みんな腰の, もうすこし手繰っ, もう一度新しい, もう大概, もう我が, もちろんの, もはやひそか, もはや一つ, やうや, やはり三, やはり狐, ゆるくその, ゆるくほぐれ, ゆるみ頭, よく踊, よく踊った, ゴクリと, ハツと, ピンと, ボロボロに, 一路ユダヤ人ロオペに, 丁度い, 三升笊に, 不図ゆうべ, 不意を, 両親で, 二重糸にて, 五十尋糸巻に, 人の, 人参を, 人造テグスの, 今にも取, 今日は, 今更の, 今登っ, 伊三郎と, 伊之助に, 伊平の, 低い躑躅, 何か, 何と煤けた, 何の, 何より製せし, 何事も, 何知る, 何糸, 使わないで, 僅かな, 僅かに, 優しく皓歯, 元来一筋だけしか, 先月の, 光りに, 全く美し, 八散してた, 六つに, 六角なる, 其の手, 其れですつかり, 其處で, 内で, 冷たい袋, 処女の, 凧の, 出て, 出来ない, 切らなければ, 切るところ, 切れかけて, 切れないどんなに, 切れ快感, 刻み目に, 力なき, 十分に, 半次の, 口惜しく情なくさては, 可哀想に, 台所の, 吟味中に, 哲学なら, 喰い込む一方, 四フィート下で, 坂井屋の, 執拗き, 大してねばらない, 大柄で, 天の, 天井より, 太い蔓, 太さ, 夫を, 女の, 女中の, 姉の, 孔に, 実にそれ程繊細, 家へ, 容易に, 少しく強力, 少ししか, 少し汚れた, 少し驚いた, 屡橋場, 左の, 己の, 己れ引連れ, 帆布を, 年も, 幾条も, 幾重にもその, 引き千, 引き合いたとえ, 弱い身體, 必要上ねばる, 恐ろしく智慧, 息を, 恰も蜘蛛, 慾に, 我が家ながら, 我が身の上, 我知らず繰返し, 戸の, 手紡色は, 手許に, 承知の, 敢え, 数が, 断じて空中, 旅衣を, 日毎に, 日頃の, 日頃籠の, 旦那の, 早くから気に入り, 早くから氣, 早くも, 早く朽ち抜け, 明治八年生れと, 更にさる, 最後の, 木綿の, 未だ心付かず, 本物の, 本當, 本磨き細手, 朽ち抜け桐, 枠を, 柳の, 栗の, 椎の木から, 極度に, 構い無し, 構はず, 構わず, 機屋へ, 此に, 残って, 氣の, 氣違ひ染みた, 津志田家へ, 測る度ごと, 湖の, 湯を, 潮に, 潮の, 濡れた浴衣, 無氣味さうに, 煙草の, 煮紺三分, 牛馬鶏犬の, 牢死し, 物に, 球状細胞が, 由兵衛と, 男の, 白と, 白魚の, 皆ある, 皆糸状を, 知って, 神樂坂の, 空気の, 突然ふとい, 竹の, 竿の, 竿一杯鈎素は, 糸巻きに, 糸状を, 糸造酒が, 紙で, 紡ぎ出して, 絡むもの, 絹糸のより, 総萌黄, 繰る繰る蜂, 美しい眼, 聞いても, 肯いた月, 背筋脇縫などに, 脚で, 自分の, 自由に, 色白の, 茶で, 蓮の, 複雑な, 要るだらう, 見えず手際, 見つからない, 見て, 見るに, 見事元の, 親と, 親切に, 親許へ, 解くに, 解けては, 言下に, 赤しとを, 赤と, 身体に, 身体の, 軽く捕え, 軽く捕へ, 近江屋様にて, 返り血, 追って, 追ひかけ, 錘で, 鍵の, 鍵穴を, 鍵穴を通して, 長く長くな, 闇の, 限りも, 電気の, 青赤黄白黒の, 靜かに, 飯田安石の, 馬尾糸を, 高い空, 高く桜, 鮮やけき, 黄色な, 黒の, 默つて首を

▼ 糸~ (358, 6.0%)

5 つないで 4 かがって, 縛って 3 か, 綴じて

2 [20件] しばって, つながって, つながり合って, 下げて, 印を, 吊して, 天井から, 幼い頭, 引上げる, 括って, 結ばれて, 結びつけられて, 結へ, 結んで, 編んだ美しい, 編んだ金入, 縫って, 釣るして, 鍵を, 隙間から

1 [299件] あがったもの, あつた, あまり遠く, あやつって, あやつられて, あやつること, いっぱいに, おつた, おつて, おれの, かがった, かがった大きい, かがった小手毬, かがった手毬, かがった毬, かがつた美しい, かがつた花模様, かがり合せるの, かがり山鳥, かがる手毬, からめた文反古, くくったの, ぐるぐる巻かれ, こしらえたよう, この樹, この芸題, この詩, こまかい花, これは, これを, ころがすザクロ石, さっきの, さっぱりと, さまざまに, しばりそれ, しばりつけないの, しばり上端, しばり解剖台, しみじみと, しめたよう, そのまま相手, それに, たくさんなつくり, つくった同じ, つくった釣竿, つくろって, つづいて, つづったそれ, つないだ眼鏡, つながれた愛情, つなぎあわし, つなぎ合せる, つりさげられた, つり下げられた, つるされて, つるしその, つるしたボロボロ, つるした林檎, でも, とめたので, とめた白木綿, とめて, とり手, どの位, なるだけ, ぬいつけて, ぬひとり, ひかれた繰り人形, ぶら下る, むこうの, むすびつけて, むすびつけ女, むすぶ, むすんで, もって, ゆわえ片方, わたしの, グルグル巻き, シャンパンの, ステッキの, スルスルと, リンネルの, ロシア式刺繍を, 一重蔓小牡丹の, 一針ずつ, 七宝繋ぎを, 丈夫に, 三人を, 不細工に, 乱れないよう, 二筋の, 互いに相, 人形を, 仏天青と, 作った灯心, 修繕した, 其処に, 出来て, 出来るん, 切れたの, 判決にまで, 刺子を, 刺繍した, 刺繍つた莟でなけれ, 刺繍を, 前と, 前の, 動かし又は, 包みあたかも, 区切りを, 十文字が, 千人針を, 卷き試み其周り, 厚, 口を, 吊したの, 吊したよう, 吊したり, 吊してあつ, 吊って, 吊られたよう, 吊り上げた一端, 吊り上げて, 吊り上げ糸, 吊るされたり, 四頭の, 地道を, 塞いで, 夢中に, 大鉤, 天から, 始から, 婆さんが, 嫂に, 宿を, 小さい目印, 巣から, 巧みに, 巻いたところ, 巻かせて, 巻かれて, 巻きつけられて, 巻き締めたの, 布を, 幾つも, 底を, 引きずられるよう, 引きそれ, 引きつけらるる, 引き寄せられるよう, 引っぱって, 引張って, 手繰ったよう, 手首を, 把手を, 括ったよう, 括った糠袋, 括った鳥, 括っても, 括らねば, 括られた例, 括り家内一, 揚げる奴凧, 操られて, 操られながら, 操る, 操るよう, 操れそう, 支えられた二振り, 昨日と, 曳かる, 曳かるる木偶, 曼陀羅が, 曼陀羅を, 杉箸を, 枝へ, 柄卷を, 極く薄い, 模様を, 横向きの, 機を, 毬を, 水の, 水底から, 沢山だ, 渦巻きが, 測り礎, 町人身分と, 白い爪先, 目を, 真白くつつまれ, 知らないあなた, 確と, 空に, 端縫を, 竹に, 筆を, 糸目を, 紅白の, 細く刺繍, 細長い金銀, 結いつけられて, 結びつけて, 結びつけてはという, 結びつけましたが, 結び付けて, 結んだかと, 結んでも, 絡げて, 絡げなか, 絡らんであった, 綴じられて, 綴った紙, 綴って, 綴られた知識, 綴られて, 綺麗に, 緑が, 締めあげて, 編む手捌, 編んだ目, 編んだ空財布, 編んだ網, 編んだ網目, 編んだ袋, 編んだ鳥網, 編んで, 縅したの, 縊って, 縛ったり, 縛った一隻, 縛つた徳利にも, 縛り上げられたごとく一寸, 縢られて, 縫いあげたよう, 縫いこめられる象徴, 縫いつけたよう, 縫いつけて, 縫いとって, 縫いますが, 縫いを, 縫い塞いで, 縫い込まれた奇妙, 縫えるもの, 縫った働き着, 縫った紋, 縫った紙袋, 繋いだそれ, 繋いだもの, 繍い出した, 繍った, 織ったつや, 織ったもの, 織って, 織ろうと, 繻子風に, 美しくかがった, 老父の, 耳に, 腰に, 自分に, 自動的に, 花や, 英語の, 葉と, 蔓草の, 表紙に, 袋の, 袖口の, 貫いて, 赤い小さい鳥, 跳飛ばした, 躍る支那軍閥, 車を, 軸を, 輪に, 通して, 造ったもの, 連結される, 釘から, 釣つて五間ぐらゐ離れ, 釣つて水の, 釣りあげようと, 釣るされた操人形, 釣るした毬, 釣上げちゃ, 隠された, 離れられないよう, 雪駄の, 雲龍を, 露に, 頸を, 飾られ柱, 首の, 首を, 魂を, 鳩の, 麻の葉や, 鼠を

▼ 糸~ (316, 5.3%)

9 して 8 操られて 7 なって 4 縒る, 通して 3 つけて, つれて, なる, ひかれて, 吊られて, 引かれるよう, 結ばれて

2 [17件] あやつられて, かかった美しい, くっついて, する間, つかまって, つながれて, ぬいて, ひかれたよう, よりを, 依って, 唾を, 少しも, 巻かれ身動き, 引かれたよう, 引かれて, 操つられる, 貫いて

1 [229件] あたるもの, あやつられたよう, あらずして, いたしますなら都合四十八, いろんな名, かかって, かかりて, かかりました, かかりますよ, かかり合いが, かかるの, からませ引っ, からみついては, からみながら, かわったため, く, ここへ, させるもの, しあげました, してからも, しては, しばしだ, するため, その色, その花, たくさん貫い, たぐり寄せられる物, たとえれば, ちょっと話しましょう, つかまつて, つけるおもり, つないだという, つないで, つながって, つながり合は, つながるよう, つながれたが, つながれたまま, つながれたよう, つなぎながら, つなぎました, つまづき, つむげと, つらぬく露, つらねた恰好, つられるよう, とおしてね, とりては, なつた, なつて, なりその, なり損なって, なり遂に, なるが, なるじゃ, なるの, なるまでは, なんの, ぬるの, のせて, のりそう, のるから, ひっぱられて, ひつつい, ぶらさがって, ぶら下, ぶら下がって, ぶら下った蜘蛛, まかれ, まがう陽, むかっては, もつれて, もつれ縺, やさしくし, やられたよ, ゆたゆ, チヤホヤし, ブラ下つた小さい, ブラ下つてゐる, 一分玉から, 一度シャッキリ鋏が, 並々ならぬ, 乗ってこそ, 乗りを, 乗るよう, 乘る, 付きませんでした, 似たらずや, 似た電線, 似て, 何か, 依つて, 分かち大事, 化けて, 十六の, 半分や, 取りつける簡単, 合うなら踊ります, 吊された亀, 吊つた, 吊らるる如く枝, 吊り下げて, 吊るされて, 吸い取られかさかさ, 啗され, 埋れぬ, 変化する, 對する, 導かれる洞窟, 小き, 巻き殺させるなどと, 廻つて來る, 引いたよう, 引かれた人形, 引かれるそれ, 引かれるやう, 引き出方, 引き摺られて, 引くので, 引寄せられ, 引延して, 張りを, 彼の, 待人の, 従うて, 心の, 忍び返しの, 懸って, 手も, 手繰られ躍らせられて, 托して, 括られて, 捩る, 掛けて, 掛けられたよう, 揺れて, 搦められて, 操らる, 操られるかの, 操られる操り人形, 支えられて, 支えられる, 暇を, 曳かるる様, 曳かれるよう, 架かった月, 楽器尽の, 殆ど垂直, 比較する, 気附き, 水鳥の, 沿うて, 渡したの, 滲んで, 燃えつくやう, 牽かれて, 玉を, 用が, 疑ひを, 白露を, 百合の, 眼を, 示さざれば, 籠められた, 糸を, 紛れた, 紡いで, 結ばれ合って, 結びつく可, 結びつく糸, 結び合わせること, 結んだ目印, 結んで, 絡まって, 絡まりました, 絡まれしかも, 絡められた蜻, 緋を, 縋って, 縋りついたから, 縋りついて, 縛られて, 縛りて, 縢られて, 繋いだ, 繋がつたコルク, 繋がれたる真珠, 繋がれてる大きな, 繋ったなり, 繰られて, 纏われて, 美しくもつれ, 蟋蟀が, 血の, 見え少女, 触れると, 貫いた真珠, 貫いた花, 貫ぬかれ, 赤銅ご, 足を, 身を, 較べて, 轉げ込む, 追ひ, 送りを, 通した玉, 通し頸, 通過せしめ, 造ること, 逢ひた, 連なれり, 連ねるよう, 連れて, 過ぎないんぢやないかね, 違いない, 違ひない, 釣られた美しい, 釣られた虫, 鈎, 鈎切が, 閑な, 露の, 青い露, 風が, 首つ, 馴染が, 高橋圭三郎という, 麻糸を

▼ 糸さん~ (297, 5.0%)

8 は私 54 が家 3 とお, の方, はまた

2 [22件] が持っ, が教え, が洗濯, と一緒, に呈し, に御, に接近, のこと, の内, の声, の恋愛, の美しい, の話, の赤い, の顔, はいつも, はまだ, は引きつめた, は昔, は決して, を愛し, を見染めた

1 [227件] あの頃, から借りた, から女, から習字, が, がお, がお客さん, がその, がどうして, がどうしても, がひいき, がもう, がわざわざ, がツイ其処, が三味線, が云ったら, が何だか, が使っ, が例, が傘, が入口, が切り, が別品, が前, が午前中稽古, が好き, が妙, が姉殺し, が嫁, が憤っ, が来, が来たら, が来ない, が来る, が煙草, が生れぬ, が矢張下女並, が私, が羽田, が膳, が若旦那, が藤浪君, が見えない, が読ん, が誰, が赤い, が軈て, が電話口, が非常, が面白, さあの, じゃない, だ, だけれど, であつ, ですよ, でない, という人, という豊か, といふお, とは, とやらに逢つて, と三人, と別れ, と女中達, と膝, と藤浪君, と親し, と連れ立っ, と顔, ならそこ, にあてた, にお, にはまだ, にも一枚, にも話さない, に來, に係り, に入ら, に奢らせる, に対, に怪しい, に教えた, に敬意, に直々, に礼, に聞く, に言った, に訊いたら, に身上, に迷っ, に逢いたい, に遇つた, に遇つたの, に食物屋, のお, の事, の二人きり, の人, の人となり, の他, の前, の噂, の外, の姿, の媚び, の小走り, の手隙, の探偵, の歌う, の氣, の用事つての, の目的, の相手, の眼, の美音, の許婚, の評判, の身上話, の部屋, の養い, はあの, はあるいた, はいく歳, はお, はおいでおいで, はお参り, はかう, はこ, はこないだ, はこんな, はすぐ, はせきたてる, はため, はちよ, はなにもかも, は一人, は一向, は云, は今, は何, は何とも, は何処, は何處, は佳い, は八端, は其詞, は卑劣, は古い, は右, は吉原, は執られた, は奉公人, は女, は女買, は子供, は客, は家, は尋常, は少し, は山の手, は左, は帯, は帰り支度, は年齡, は床, は引, は当夜, は待ち, は心から, は手古舞, は挨拶, は既, は最う, は枕, は歌, は母, は氣性, は油揚, は湯婆, は烟管, は真顔, は知らず, は確, は祠, は立つ, は笑声, は縁側, は縫箔屋, は自分, は蓮葉, は藤尾, は藤浪君, は褒め, は要館, は言, は語調, は電話, は麻布, もかかりあ, も三業組合, も二, も二階, も亦, も此一座, も活物, も矢張常談, も細い, をつけ廻し, を一足先, を伏見町, を別品, を前々, を可愛がり過ぎ, を妙, を家, を引留め, を張り合つて, を手, を探し, を探した, を知る, を見かけ, を見た, を親許, を追, 早うお断り

▼ 糸~ (113, 1.9%)

6 なって 5 針を 3 いって, 内務省の 2 なつて, 六つに, 申します, 申すの, 績み麻, 自分との, 自分の

1 [82件] いいます, いった, いっても, したたこ, するは, その向う, それぞれに, てぐすを, どんな関係, なり素絹, ほつれ毛を, みたの, 一緒に, 乱れて, 乾物屋の, 云いならわしました, 云う, 云うの, 云えば, 云つた煎餅屋の, 云われましたね, 人形の, 伊之助は, 何んの, 出来て, 出来合って, 取り換えてしも, 同じやう, 大きな縫針, 富蔵とが, 布とを, 幼い色, 役者の, 心安くし, 思い込んだの, 思い込んで, 替えまたは, 染と, 氷を, 浮木の, 添は, 添わしてやらねば, 滑車と, 火箸とを, 為しおわる数月院, 玉との, 由兵衛とが, 申す者, 申す腰元, 番頭の, 称ふる, 空中に, 管に, 糸とを, 糸目とを, 紐大, 細りて, 膝を, 花の, 花火見物の, 若い女, 若狭屋の, 茶を, 見あやまるという, 見えたん, 見るばかり, 見立てるところ, 言って, 言ふ, 誠の, 逢う約束, 逢ふ, 金五郎を, 針と, 針とで, 針とを, 鈎さへ, 鈎と, 銀の, 鋏と, 間違えた, 黒繻子との

▼ 糸~ (102, 1.7%)

5 白きより 2 一所に, 乱れず一方, 黄色い糸

1 [91件] いける, いっこう見えませんでした, お糸, かう機嫌, かがって, ここに, こちらの, すっかり巻き終えられた, そのままに, その中, その時, とどめず, ない位, ない新子の, なきには, ばらばらに, またすぐ, また切れた, みんな合せ, やうやく, ゆるんだり, ジョージも, テグスを, ブンと, 一向見えませんでした, 人命に, 今は, 伊之助とは, 何も, 何本かは, 使わなきゃならない, 僻と, 優しくいはれ, 内儀の, 出雲人を, 切も, 切れたそう, 切れたらしかった, 切れないので, 切れ切れの, 動いて, 動かさないなどは, 取りおった故, 吐けまい, 呆れて, 売れないから, 外の, 少しムツ, 従って, 忍ばしては, 思わぬ脇道, 性が, 憎い, 懸けぬ全, 我は, 戦陣では, 手紡で, 抜いたと, 抜きました, 拳も, 掛けない素, 掛らず暗々, 撥も, 新しい, 普通の, 此方は, 深く心, 無事でした, 片結び, 猩々緋の, 百尋近く, 皆優美であった, 紅糸, 紅糸から, 紅糸は, 紡がれぬであろう, 紫色の, 結び切りに, 縫糸では, 自分で, 見えず連続, 見えない, 見えなければ, 調べて, 豊富に, 通さない出版, 針も, 長く先づ半職釣, 長目に, 集まれば, 震うばかり

▼ 糸~ (99, 1.7%)

53 が, は蟇

2 [17件] がその, が小玉小路, であるから, にし, のため, の前, の場合, の女房, の背筋, の遠い, は人影, は同じ, は嘗て, は寐, は立, は雨, もいくらか

1 [54件] がこの, が反, が反対, が吉原, が挨拶, が腰かけた, ごときに, とした, とその, と呼びすて, に届いた, に屋, の, のおなじ話, の名, の外套, の横顏, の横顔, の気, の甥, の背戸, の袖, の面, はすくむ, はそうした, はそのまま, はぴったり, はぽかんと, は一先ず, は一先づ讀, は一雑誌, は不思議, は仰天, は俯, は其の, は其処, は其處, は南瓜, は実は, は小, は小児, は拳, は気, は沓, は然, は煙管, は窓下, は聞く, は釈然, も潔く, も足袋, も身, よく聞け, を頂いた

▼ 糸~ (68, 1.1%)

3 を拾う 2 が, がほんの, が引っかかっ, が落ち, のよう, や小さい, を付けられた, を払い, を細い

1 [47件] がくつ, がその, がつい, がぶらさがっ, がまだ, が付い, が如何, が庭さき, だけでお, で縫っ, などの無茶苦茶, など散らかっ, にも何, のこ, の上, の下, の俵, の混雑, の落ち, の這入っ, の逸話, はいろいろ, は益々, ほどにも愛し, も唇, や紙屑, をあれいたしました, をお, をしこたま, をとっ, を丸め, を丸めた, を丹念, を入れ, を出し, を弄っ, を後見, を払いおとし, を払い落す, を払つて, を拾いあげた, を拾っ, を散らした, を焼く, を疳性, を踊り, 長い元結

▼ 糸~ (34, 0.6%)

2 のため

1 [32件] か, が君, が着け, だ, だけはたしか, と同じ, どうした, どうだ, にもよく, にも逢えない, に依っ, に受合っ, に話し, の大, の威信, の意見, の方, は僕, は君, は学問, は尊い, は金, まるで竜宮, もそう, も一つ, より好い, を御, を貰っ, を連れ, 改めて相談, 知ってるだろう亡国, 面白い話

▼ 糸~ (26, 0.4%)

2 の叔父さん

1 [24件] が, があつし, がニキビ, が四方, とやらに力瘤, にモモンガー, に障りやしない, のほう, の叔父さんぢ, の心配, の手, の氣, の頬, はあの, はチンマリ, は丸く, は小柄, を, をちょっと, をつけ廻し, を助け, を歸, を相手, を脊

▼ 糸という~ (24, 0.4%)

6 女は 3 女が

1 [15件] あやしげ, のか, のが, のであった, のは, のも, 名は, 女に, 女の, 娘は, 娘を, 婆ア芸者を, 家に, 極めて細い, 独り娘固い

▼ 糸より~ (24, 0.4%)

2 細い煙, 細き命

1 [20件] なお細く, ほそい, ほそい腰, まだ細い, よわき虫, 優しいの, 弱うても, 細いうめき声, 細いと, 細いという, 細い忍音, 細うし, 細き声, 細き婦人, 細き筆, 細く聞, 細く聞え, 細く葉, 繁しと, 鯛

▼ 糸~ (23, 0.4%)

2 時としては, 綿を

1 [19件] その他を, とにかく家, なぎ, なぎかな, 太白で, 棒や, 楽器の, 流れは, 由兵衛に, 道具などで, 金具で, 金銀の, 針そういう, 針も, 針や, 針金で, 鋏やが, 頭髪等が, 麻を

▼ 糸~ (23, 0.4%)

1 [23件] が, がしんみり, が笑った, が難題, だった, の申し出, の視線, はあわてた, はこっそり, はそっと, は泣い, は無理, は現在, は白い, は良人, は身, は黙り込んだ, を吉良, 二から, 二来り, 二来り話す, 女史に, 女史は

▼ 糸といふ~ (18, 0.3%)

4 のは 3 娘は 2 のが 1 のに, 二人の, 十九に, 召使は, 妹の, 姉妹の, 娘だけか, 娘に, 評判の

▼ 糸でも~ (17, 0.3%)

2 つけて, 切るよう

1 [13件] ありましょうか, あるかの, あるよう, のんきに, 付けて, 何でも, 切ったよう, 切るが, 切れたの, 取除けるよう, 手繰るよう, 打ったこと, 直き

▼ 糸には~ (17, 0.3%)

2 それ相応の

1 [15件] なにか色男, もう二十年此の方, アルミ製の, 一個の, 一種夢の, 世間並の, 人を, 多く小さな, 大きな釣針, 太い繩, 少しの, 弱らされる, 水鳥の, 眼も, 精一杯だ

▼ 糸婆さん~ (17, 0.3%)

2 と直吉

1 [15件] があたふた, がいるだろう, がやっと, が小屋, が能弁, だけが, とひそひそ, に手, は, はいかにも, はお, はお歯黒, はそ知らぬ顔, はにたにた, も直吉

▼ 糸~ (17, 0.3%)

2 のよう, の上

1 [13件] が乱れ出し, が戦争末期, なの, のごとく, のやう, の長い, は範疇, ほどの日影, ほどの継目, ほどの路, を前代以来, を引い, を手繰っ

▼ 糸から~ (15, 0.3%)

1 [15件] あふれ出, いろいろ因果, すべり落ちたよう, その糸, ですわ, もれて, 出来て, 同じ間隔, 少し隔つた処, 布を, 直ぐチントンシャン, 竿先竿先から, 糸を, 脱れよう, 起った事

▼ 糸くず~ (15, 0.3%)

2 のよう

1 [13件] が地上, でたん, といったもの, とか髪の毛, と同様, などの動く, などを払いかけた, をちゃんと, をめらめら, を両手, を丸めた, を拾った, を近づけ

▼ 糸~ (14, 0.2%)

1 [14件] から風, か寄切れ, か知れん, か紺糸, がタコ, つたのです, つてお母さんだ, と信ずる, のを, よ, 上州糸だ, 前橋の, 島田の, 諏訪糸だ

▼ 糸とを~ (13, 0.2%)

1 [13件] いかにも間に合わせ, つなぎ合わし, もって, 介して, 借りて, 出して, 取り出しそれから, 取出して, 持ち出して, 持って, 操って, 買っと, 貸して

▼ 糸~ (13, 0.2%)

1 [13件] きりを, さしたよう, しめりを, すぐひびき, つけて, つるしました, フーッと, 唇を, 日傘へ, 此の, 精魂しぼっ, 言ふ, 食い込んだ

▼ 糸~ (13, 0.2%)

4 の牛車 1 が眼, が見えぬ, だのあるいはまた, だの赤糸毛, のうしろ, の女車, の車蓋, の輦, ばかりをひけらかし

▼ 糸によって~ (11, 0.2%)

1 [11件] あやつられて, その末端, つながって, どうにでも, 不可知, 何処とも, 宙吊りに, 江島屋治右衛門は, 物を, 進行した, 鼠に

▼ 糸引き~ (11, 0.2%)

3 の名号 2 になった, の秘法 1 だ, とは身体, と終始, の念仏

▼ 糸~ (10, 0.2%)

2 から糸 1 からひき出される, から必要, から洩れ出す, といふ, と云つて, の別々, は下, は糸

▼ 糸~ (10, 0.2%)

1 いい名, が少く, に譲っ, のうわさなぞ, の先生, の心, の心づもり, の知合, はひとり, もよく

▼ 糸~ (10, 0.2%)

5 の鎧 1 の, の五ツ紋, の大, の甲冑片袖, の袖

▼ 糸よりも~ (9, 0.2%)

1 なお声, 細い, 細い光, 細い光線, 細い白金, 細き十指, 細くちらちら, 細く字, 雨洩り

▼ 糸にも~ (8, 0.1%)

1 にた銀色, 乗れば, 似た雪, 書いて, 注意し, 疑ひが, 精一杯の, 話したかい

▼ 糸~ (8, 0.1%)

3 の帯 1 が薬玉, です, のこれ, の丸帯, の地

▼ 糸~ (7, 0.1%)

1 がりを, なにかを, 何か, 何ぞの, 切れて, 知ら, 紐が

▼ 糸との~ (7, 0.1%)

2 若い美しい二人 1 加工品である, 操作が, 濃やかな, 間を, 間隔を

▼ 糸を以て~ (7, 0.1%)

1 す, 作ったとの, 括りたるもの, 接続し, 物語の, 織りなした縮羅, 阿蘭陀模様を

▼ 糸~ (7, 0.1%)

2 のよ 1 であるか, にし, は水滴, を魚, 冴えて

▼ 糸滿~ (7, 0.1%)

1 から南山城, と云, と南山城, の海, の漁村, の漁船, の町

▼ 糸~ (7, 0.1%)

1 がきわめて, ぐらいにしか見えなかった, だあ, の上, の落ちた, はとても, を解く

▼ 糸~ (7, 0.1%)

2 を着 1 を懸けまし, を被った, を被り, を買う, を買った

▼ 糸織り~ (7, 0.1%)

2 の小袖 1 の二枚小袖, の書生羽織, の縞物, の褞袍, の襟

▼ 糸~ (7, 0.1%)

3 の中 1 が茂つて, の草村, も畑, をさなか

▼ 糸~ (7, 0.1%)

2 のかげ, のよう 1 のまたたく, のフラフラ, の淡い

▼ 糸さま~ (6, 0.1%)

1 あっ, がおいで, が腹痛, はあなた, は三河台, は飯倉

▼ 糸とは~ (6, 0.1%)

2 互に異なる 1 その名, シャレてる, 別な, 気心も

▼ 糸などを~ (6, 0.1%)

1 使って, 取出しそれ, 巻きながら, 用いて, 結ぶこと, 買ひ

▼ 糸七さん~ (6, 0.1%)

1 でございますが, ですって, ともいいませんでした, ともう, に, はその

▼ 糸~ (6, 0.1%)

1 とかいうの, に手向け, のため, の前, の因縁さ, は姓

▼ 糸~ (6, 0.1%)

1 がありました, の一人娘, の娘, はどう, は店, や呉服屋

▼ 糸~ (6, 0.1%)

1 と比べられ, と誰, の石碑, の考え, をこの, をはじめ

▼ 糸~ (6, 0.1%)

2 の附いた 1 に見たる, の屋上, の店, の手代

▼ 糸紡ぎ~ (6, 0.1%)

1 に利用, の女, や綿繰り, をさせる, をする, を何十万人

▼ 糸縅し~ (6, 0.1%)

3 の鎧 1 と隣り合っ, のうえ, の一番

▼ 糸です~ (5, 0.1%)

1 か, がね, が事件, ね, よ

▼ 糸では~ (5, 0.1%)

1 ありませんか, ない, 決して葛岡, 組合に, 間に

▼ 糸にて~ (5, 0.1%)

1 つくる魚翅, 刺すこと, 巻き目貫, 縫ひ取り, 縫候もの

▼ 糸にでも~ (5, 0.1%)

1 さわったよう, 懸ったよう, 懸つたやう, 搦められて, 操られ得る人

▼ 糸みたい~ (5, 0.1%)

1 で気味, なもの, な海藻, にぷつんときって, に便り

▼ 糸を通して~ (5, 0.1%)

1 お窓, サッサと, 数珠を, 機を, 結び合わせ

▼ 糸切れ~ (5, 0.1%)

1 てあり, て凧, て球, をとっ, をとつ

▼ 糸~ (5, 0.1%)

1 から機織, の方, ばかりさせ, 場なぞに, 歌などに

▼ 糸~ (5, 0.1%)

3 を引く 1 というの, を引い

▼ 糸といった~ (4, 0.1%)

1 ところで, ような, 女で, 煎餅屋の

▼ 糸とり~ (4, 0.1%)

2 ながら 1 の唄, をする

▼ 糸などは~ (4, 0.1%)

1 どんなもん, もちろん長い, 及びも, 朱を

▼ 糸による~ (4, 0.1%)

2 情に 1 ものなら, 片糸の

▼ 糸ほどの~ (4, 0.1%)

1 朧げな, 溝の, 煙を, 紐で

▼ 糸まで~ (4, 0.1%)

1 仔細に, 約束が, 血に, 買いに

▼ 糸~ (4, 0.1%)

1 が, がす, が三味線, に皿八

▼ 糸~ (4, 0.1%)

1 にて釣りしなり, のみなりし, の授, 覚え書

▼ 糸抜細工~ (4, 0.1%)

1 から目, をやっ, をやった, を始めた

▼ 糸掛け石~ (4, 0.1%)

1 とは圖中精製石棒, に於ける, の條, も形状大

▼ 糸~ (4, 0.1%)

1 お切り, お遊び, さあさあ遠慮, は将来絵筆

▼ 糸海棠~ (4, 0.1%)

1 の名, の通名, は何ん, をそういう

▼ 糸~ (3, 0.1%)

1 お前は, 糸, 紺お

▼ 糸~ (3, 0.1%)

1 だり花, と言う, 糸し

▼ 糸それ~ (3, 0.1%)

1 から遠く, はどこ, を座

▼ 糸だけ~ (3, 0.1%)

1 だ, です, 残って

▼ 糸ちゃん~ (3, 0.1%)

1 すぐにも, ならきっと, はもうそれなり

▼ 糸とで~ (3, 0.1%)

1 一つ一つ綴り始めた, 燈光を, 縫い上げた療治ぶり

▼ 糸とも~ (3, 0.1%)

1 いって, なれば, 懇意だろう

▼ 糸などの~ (3, 0.1%)

1 人物叙景を, 女の, 縞柄よき

▼ 糸への~ (3, 0.1%)

1 意地も, 拙者の, 注意いつ

▼ 糸ほど~ (3, 0.1%)

1 か細く眼, な筋, 細く開いた

▼ 糸ほどに~ (3, 0.1%)

1 細くそれ, 細くなっ, 細って

▼ 糸もて~ (3, 0.1%)

1 緑なる, 繰らる, 足繋ぎ

▼ 糸やら~ (3, 0.1%)

2 絹の 1 金鎖やら

▼ 糸をと~ (3, 0.1%)

1 ほした針, ほして, 顔だけでも

▼ 糸一人~ (3, 0.1%)

2 の姿 1 を頼り

▼ 糸一本~ (3, 0.1%)

1 でも惜しい, で額, も

▼ 糸一条~ (3, 0.1%)

1 の綾, も懸らぬ, を七所結び頸

▼ 糸~ (3, 0.1%)

1 助さん, 瀬から, 瀬で

▼ 糸切り~ (3, 0.1%)

3 にし

▼ 糸~ (3, 0.1%)

1 が忙しくっ, 場を, 女

▼ 糸商人~ (3, 0.1%)

1 でございますが, で小間使, をうまく

▼ 糸問屋~ (3, 0.1%)

1 の娘, の持長屋, の近

▼ 糸~ (3, 0.1%)

2 はお 1 に金鏈子

▼ 糸~ (3, 0.1%)

2 によった 1 と扇店

▼ 糸引く~ (3, 0.1%)

1 人に, 古伽藍, 姿

▼ 糸操り~ (3, 0.1%)

1 でも使い手, の人形, の車

▼ 糸~ (3, 0.1%)

1 の旅, を背, を負った

▼ 糸檜葉~ (3, 0.1%)

1 にしろく, のほそぼそ, の垂

▼ 糸毛車~ (3, 0.1%)

1 が三つ, なので, の簾

▼ 糸~ (3, 0.1%)

1 ひに, ひにしか, ふ

▼ 糸~ (3, 0.1%)

1 を巻い, を強く, を肩

▼ 糸~ (3, 0.1%)

1 などの諸, も染革仕事, る神クロト

▼ 糸~ (3, 0.1%)

1 がよう, の売買, は売れず

▼ 糸蝋燭~ (3, 0.1%)

1 のあかり, の光, の灯

▼ 糸~ (3, 0.1%)

1 がたきしめた, が立っ, に揺れ

▼ 糸~ (3, 0.1%)

1 が明い, にかけては餘程, も明き細い

▼ 糸~ (3, 0.1%)

1 か不憫, という遊女, は最初

▼ 糸おどし~ (2, 0.0%)

1 の具足, の鎧

▼ 糸かけ~ (2, 0.0%)

1 て, を前

▼ 糸きり歯~ (2, 0.0%)

1 が一本, の二重

▼ 糸きれ~ (2, 0.0%)

1 のよう, を長く

▼ 糸くり車~ (2, 0.0%)

1 のブン, をまわし

▼ 糸ぐせ~ (2, 0.0%)

1 までが師匠, も巧み

▼ 糸~ (2, 0.0%)

1 ぶなどは, ぶを

▼ 糸さえ~ (2, 0.0%)

1 卸しゃ何, 見れば

▼ 糸さんぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ 糸しか~ (2, 0.0%)

1 出来ない, 無いから

▼ 糸~ (2, 0.0%)

1 ぢであった, ぢほども

▼ 糸すじ~ (2, 0.0%)

1 のよう, ほどのその

▼ 糸すすき縞すすき鷹~ (2, 0.0%)

2 の羽すすき

▼ 糸だの~ (2, 0.0%)

1 利用し, 真空だの

▼ 糸ちやん~ (2, 0.0%)

1 ならきつ, はもう

▼ 糸つれづれ~ (2, 0.0%)

2

▼ 糸でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば出来ない, ば寄せ付けませんでした

▼ 糸とか~ (2, 0.0%)

1 線とか, 線とかいう

▼ 糸とが~ (2, 0.0%)

1 急速な, 縺れ合って

▼ 糸とに~ (2, 0.0%)

1 溶けて, 親しむ自分

▼ 糸と共に~ (2, 0.0%)

1 つきない空想, 葬式の

▼ 糸~ (2, 0.0%)

2 んです

▼ 糸なぞを~ (2, 0.0%)

1 娘の, 巻きながら

▼ 糸なども~ (2, 0.0%)

1 入って, 私の

▼ 糸について~ (2, 0.0%)

1 云つてゐる, 話合つた

▼ 糸に対しては~ (2, 0.0%)

2 到底それ

▼ 糸~ (2, 0.0%)

1 も年末, をつけぬ

▼ 糸もう~ (2, 0.0%)

1 つかり心, 明日はい

▼ 糸らしい~ (2, 0.0%)

2 ものが

▼ 糸をば~ (2, 0.0%)

1 有馬宗智という, 真紅の

▼ 糸七一人~ (2, 0.0%)

1 だったの, だつたの

▼ 糸~ (2, 0.0%)

1 こそ思ひ, こそ神

▼ 糸~ (2, 0.0%)

1 で前, の単物

▼ 糸公兄さん~ (2, 0.0%)

1 はね藤尾さん, は学問

▼ 糸公御前~ (2, 0.0%)

1 の返事, は甲野

▼ 糸~ (2, 0.0%)

1 がない, くる女ラヘシス

▼ 糸切虫~ (2, 0.0%)

1 に, は

▼ 糸切餅草津~ (2, 0.0%)

2 の姥ヶ餅

▼ 糸十五本~ (2, 0.0%)

1 撚りか, 撚りで充分

▼ 糸~ (2, 0.0%)

2 の波

▼ 糸幼馴染~ (2, 0.0%)

2 の恋人

▼ 糸引け~ (2, 0.0%)

2

▼ 糸捲き~ (2, 0.0%)

1 のよう, 型に

▼ 糸掛け~ (2, 0.0%)

1 て落つる, 草摺掛けなどを

▼ 糸~ (2, 0.0%)

1 の杉, の檜

▼ 糸~ (2, 0.0%)

1 とある, は

▼ 糸~ (2, 0.0%)

2 き車

▼ 糸編み~ (2, 0.0%)

1 の品, の敷物

▼ 糸縒り~ (2, 0.0%)

2 は初

▼ 糸~ (2, 0.0%)

1 の周囲, も充分厶

▼ 糸菎蒻~ (2, 0.0%)

1 だと, ばかりが火

▼ 糸~ (2, 0.0%)

1 であった, もわが子

▼ 糸重様~ (2, 0.0%)

1 なら申し分, を

▼ 糸~ (2, 0.0%)

1 の一時, の道

▼ 糸長吉~ (2, 0.0%)

2 と相

▼ 糸~ (2, 0.0%)

1 に, の裡

▼ 糸革袋~ (2, 0.0%)

1 が結びつけられた, の中

▼ 糸~ (2, 0.0%)

1 は未曾有, 悉く払底

▼1* [345件]

あざやかなりけり水茎, 糸あなあはれ天方伯の手中, 糸あり苦味なし, 糸あるほど, 糸あるいは餌の, 糸いろいろの竹, 糸えさはじっさい, 糸おくれな, 糸かい首の, 糸かがりの通り, 糸がかがつては, 糸がとほらない, 糸がのびをはったのだと知った, 糸がんぴの花, 糸くり道具の部分品, 糸ぐちをいま, 糸ぐらいの太さ, 糸こそ垂れに, 糸これが針差し, 糸こんにゃくをいれる, 糸んに, 糸ごらん穴アキの一文銭, 糸へ, 糸さうじやない, 糸さま昨夜お会いなすった, 糸さんあなたも今日, 糸さんくらゐは, 糸さんびいきださ, 糸さん以上であるいや, 糸さん父親のこと, 糸さん番頭の品吉さん, 糸さん皆んな待つて, 糸さん私も昔, 糸ざくら蕾も雨, 糸ざくら西洋婦人濡れて, 糸しい事や, 糸ししゅうみたいな花壇, 糸しずかに垂れたる, 糸しんの蝋燭, 糸やおれ, 糸じゃないよ, 糸すげが生え, 糸すべて死が母胎, 糸なか絶えし, 糸だけでげすと, 糸だけは前もってしたく, 糸だけを食い切って, 糸だったとは夢にも, 糸だって葛引だって, 糸だろう薄情の, 糸ちゃん春ちゃんが朝飯前, 糸ちゃん望みが叶う, 糸ちよつと見い, 糸やあるまい, 糸っていう小娘の, 糸つけて肩, 糸つける人と, 糸つなぎをやっ, 糸つむぎ唄, 糸づくり光る, 糸であったのである, 糸であり人生に, 糸であるやうに, 糸でございます染めた方は, 糸でしつかりと出来, 糸ででも出来てるよう, 糸でとぢた, 糸でなくて絹糸, 糸でん早く作ろう, 糸とかの燃えるよう, 糸として織るもの, 糸とともに乱れた縺, 糸となつて光の, 糸とり歌をつくる, 糸めを, 糸どうしたの, 糸どこに居る, 糸どころの騒ぎ, 糸どっさりそろえて, 糸なしで薄く, 糸などつむいで, 糸ならびに葯を, 糸なら引っぱってかたく, 糸なり心が, 糸なんぞにして, 糸にあたり散らす事, 糸にこそ堪忍袋縫ふ, 糸にしか当たらない, 糸につき纏われて, 糸にては象を, 糸にとってその糸, 糸になつて出, 糸にまで当たりちらし, 糸にものいはずされど, 糸により初めて, 糸に対する水の, 糸のうへをさらさらころころと, 糸のみだれの, 糸のみが自分を, 糸ばかりでなく大きな, 糸ひく車の, 糸ひとすじも見えぬ, 糸びん頭の怠け者, 糸ふって波うたせたる, 糸へら鋏硯箱の中, 糸ほしがる, 糸ほのかに水底, 糸まきが一つ, 糸まだ一度も, 糸までがベタベタと, 糸までも絶ち切って, 糸みなもつれ, 糸みみずのウヨウヨ, 糸めぬきは四代光乗, 糸もて引く如しアカシヤの, 糸もみだるる, 糸やなんぞにゃまるきし, 糸ふべも, 糸ゆらゆらと振, 糸花火よ, 糸よる玉柳, 糸わく重し人形凧, 糸をさえまじえて, 糸をも確かに, 糸をもって刺繍され, 糸インクペンを買っ, 糸ウウームと腕, 糸ダテというもの, 糸ッ何を泣いてる, 糸ッ屑だか, 糸ト金糸デ乾山風, 糸ナデと称する, 糸マアそないに, 糸ミミズが豊富, 糸ヤニ米代借リ, 糸吐イテ網ヲ, 糸ヶ浜から次々, 糸ぽんで, 糸一か月に一人, 糸一反分を上納, 糸一枚の布切れ, 糸一番奧が空き家, 糸一筋さえも彼等, 糸一筋みな大君のたまもの, 糸一銭に三本, 糸七さん一人だってあなた, 糸七同門の一人, 糸七弦光二人掛りのよう, 糸三沢老母吉田老母石川おきく等来, 糸緒など, 糸下げて弾く, 糸下着は紬, 糸中頃より切れ, 糸る, 糸争いの裁判, 糸二つか, 糸二人の姉妹, 糸二本から解けかかっ, 糸五万五千斤はただ, 糸五百発ばかりの弾薬ケース, 糸付きの奉公人, 糸付けしも少から, 糸以外にこの, 糸仲買の専右衛門, 糸会所取立三井八郎右衛門始め組合の者, 糸何處に居る, 糸價下落したるは, 糸價却て騰貴, 糸公いつまで行っ, 糸公おれは叔父さん, 糸公そこが問題, 糸公不思議な事, 糸公今日は例, 糸公厭なの, 糸公御前今年幾歳になる, 糸公父っさん, 糸公誰か御, 糸分裂を研究, 糸切り齒で噛みころし, 糸切れし紙鳶の, 糸切れたるをつくらふ, 糸千筋に乱れ, 糸半ばにし, 糸などもまじっ, 糸即ち菌糸にな, 糸叔父の手前, 糸口許り語り, 糸可笑しくもくる, 糸味染味が無類, 糸の大輪, 糸咲き取りまぜてみごと, 糸の上原, 糸商人共へ相場状, 糸問屋藤屋七兵衞と申す, 糸地獄清七地獄等々があっ, 糸坊町内の義理, 糸垂れてとる, 糸垂柳のごとき, 糸垂桜だそう, 糸でひたひた, 糸の, 糸塚さんへ置い, 糸塚さん糸巻塚ともいう, 糸塚糸巻塚どっちにしよう, 糸と昼, 糸大いなる蜈蚣の, 糸とてもけっして同情, 糸女塾に通っ, 糸女沙蚕三十筋ばかりと袋餌数筋, 糸女餌を取らせ, 糸姉妹の素性, 糸姐さんお糸姐さん, 糸の郵便どこ, 糸小さく萎み, 糸小太郎の二人, 糸屋さんだったらくるくる, 糸屋六兵衛の伜源七, 糸屑一本持って, 糸屑一本無駄にはせぬ, 糸工場かと思った, 糸布動植物等の標本, 糸平が死ぬとき, 糸庄太郎はクワツ, 糸庄太郎さんを大事, 糸引き名号を拝, 糸引き車も今, 糸引けるごと岩間に, 糸がぬれ, 糸のあと, 糸の色, 糸いずれ天下, 糸拭上げまですっかり, 糸持って来, 糸持ていってなうまい, 糸振り切って君, 糸竿を, 糸も全部手製, 糸掛換へるが, 糸揺ぐがごとく, 糸文字にしますれ, 糸えて, 糸婢たけ, 糸曳きて泳ぎ, 糸本人が歸, 糸朱粉薬種香料唐織欲しい物だらけ, 糸は釘屋, 糸を垂れたる, 糸をし, 糸染川と神仙川, 糸かなにか, 糸棟梁吉五郎の娘, 糸楯草鞋脚半といういで, 糸横文字に書け, 糸に違い, 糸櫻こやか, 糸欄紙である, 糸で噛み切った, 糸毛糸女の頭髪, 糸のよう, 糸泣くなよ泣いた, 糸消えなんとする, 糸滿人の顏, 糸滿瞥見をすまし, 糸滿通となつ, 糸漁具一式スナイドル銃八ちょうピストル一ダース火薬二はこ鉛類若干, 糸物商家の暖簾, 糸物問屋近江屋といふの, 糸犬錨などを書いた, 糸を巻きだした, 糸町医師西村の姉婿, 糸百筋ありき, 糸的糸的はひとり, 糸相場にも波及, 糸を抱えた, 糸禅榻の歎, 糸立菅笠金剛杖など散らばっ, 糸三第, 糸から糸, 糸といつた, 糸を歩い, 糸を買, 糸を結びつける, 糸を卸す, 糸紡女のところ, 糸の糸, 糸細大意のまま, 糸絡みせし舞の, 糸絶えておよそ, 糸絶らしたら仕様, 糸の絮, 糸綴りが出来ました, 糸綾織の流行, 糸綿布などが物産, 糸の糸, 糸の, 糸ヲ, 糸を紡績, 糸か上, 糸翫之丞の浮いた, 糸芯ランプの灯, 糸を我が, 糸の優美, 糸も笑まし, 糸萩女郎花を毛彫り, 糸萩露のなでしこ, 糸という五六歳, 糸薄糸萩露のなでしこ, 糸蜘蛛の糸, 糸蝋はみやびやかに打ち, 糸は, 糸製造高は一ヵ年, 糸親娘を眼, 糸解きて打ち浸せ, 糸許嫁の金次郎, 糸買えば銀, 糸質店を構え, 糸入らずの, 糸通りの上下, 糸造酒が刀, 糸遊上騰して, 糸遊陽炎という光, 糸運命の糸, 糸道糸から竿先, 糸里平山と小, 糸重さまをね, 糸野辺に棚引く, 糸で引かれちまっ, 糸の糸, 糸金銀それぞれ仕入れに駈け歩かなくっ, 糸などの支度, 糸の竪琴, 糸間違いをし, 糸の奉公人, 糸の尋, 糸など挙げれ, 糸には玉, 糸にかがやく, 糸を作つて, 糸の長, 糸と訳し, 糸などいう, 糸の毛, 糸を産, 糸の糸, 糸龍胴の鎧