青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「粂~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

篇~ ~簡単 簡単~ ~籠 籠~ 籠っ~ ~米 米~ ~米友 米国~
粂~
~粉 粉~ 粒~ 粗末~ 精~ ~精神 精神~ 糞~ ~糸 糸~

「粂~」 1300, 14ppm, 7931位

▼ 粂~ (324, 24.9%)

10 姐ご 6 声が, 平内樣の 4 家から, 阿魔 3 からだを, ほうへ, ようすを, 口から, 家の, 様子を, 縁談を, 部屋の

2 [35件] きき腕を, ことで, ことは, ことを, ところへ, やうな, やつに, ような, 仙人が, 体を, 判断は, 口を, 声は, 姿は, 姿も, 家で, 家へ, 影が, 心を, 方は, 方を, 気も, 目には, 相棒の, 素性を, 耳にも, 肩を, 胸に, 色香に, 身を, 返辞を, 顏を, 顔が, 顔は, 顔を

1 [200件] あたま, いう, いかにも嫌いらしい, いま啼いた, いらいらする, いる笹家, うしろに, うちで, からだの, きげん, ことが, ことについて, ことばかり, ことも, ささえる腕, したくは, すがた, そばへ, たださえ, ために, においが, ひとみが, ひとみに, ふしぎな, ほうを, ほかには, ものらしい, やかましく言われ, やつが, やつは, やつも, ようすは, ようすも, ように, ポーズは, 世話なんぞ, 事を, 今の, 仙人の, 仙人を, 仲の町張りな, 住んで, 体は, 傍に, 処へ, 前へ, 名前まで, 吾家に, 噂, 報告と, 声だ, 声には, 夫弓夫と, 始末さ, 始末を, 姐ごと話し, 姿でした, 姿に, 姿を, 嫁入りじたく, 字を, 家です, 家でです, 家では, 居所も, 嵐粂吉が, 嵐粂吉は, 帯の, 帰りを, 平内だ, 平内と, 平内の, 平常を, 年ごろに, 床から, 弱みを, 当惑のみ, 後ろ姿を, 御祝言, 心には, 心持ちが, 恋して, 恋は, 恋道中師伊兵衛と, 情けが, 意志の, 意見も, 所に, 手が, 手へ, 手当が, 方が, 方で, 方に, 方へ, 方をも, 旦那だ, 曲独楽の, 柔かい手首, 楽屋帰りを, 横に, 死骸に, 死骸の, 毒を, 気ぶりを, 気持と, 氣持を, 氣組女が, 浮かない気分, 消息に, 災難, 熱情に, 狂気した, 生命を, 生娘であった, 生活全部であります, 生首の, 留守に, 留守を, 疑心も, 病気見舞いかたがた半蔵を, 白い体, 白い手足, 白い顔, 皿山皿ほどの, 目を, 直覚が, 相棒にあたる, 眼にも, 着いたこと, 着が, 着物を, 睨み合ひ, 箪笥長持針箱の, 粂吉が, 素性は, 組とが, 結婚を, 縁談が, 縁談について, 縁談に関する, 縹緻に, 美しさ, 考えとしては, 耳を, 聲は, 肌の, 背なかを, 背後へ, 胸の, 興行し, 舌には, 舌頭ぐらいには, 色に, 落ち着き場所は, 蔭には, 行先を, 行方に, 行為が, 行為を, 襟から, 襟元から, 襟筋へ, 見舞いに, 見通しが, 親分にでも, 親分にも, 親分の, 親切を, 言い草じゃ, 言葉によって, 言葉に対して, 話が, 話に, 話は, 足音が, 身に, 身にとっては, 身にな, 近々と迫っ, 部屋からは, 部屋その, 部屋とは, 部屋へ, 部屋へも, 部屋も, 配偶者の, 野郎が, 野郎の, 野郎も, 間夫で, 額を, 顔であった, 顔に, 顔へ, 顔色は, 首を, 驚きは, 驚愕が, 黒髪を

▼ 粂~ (270, 20.8%)

5 それを 3 自分の 2 そこを, 云った, 例の, 団扇を

1 [254件] あきらめを, あでやかに, あとに, あなたを, あの通り, あれで, あわてて, いきなり男, いつのまにか湯, いつまで, いまいましそう, いらいらし, うしろから, うしろを, うすうす意識, おめ, お粂, かつがれて, こういう出来事, ことし幾つに, この時以来フッツリ海賊, この縁談, この話, これから馬籠, さう, しおれて, すぐその, すぐに, すぐ目, すでに十歳, すわったまま, すわり直したが, そういう子, そういう調子, そう長い, そこへ, そのまま草, そのわけ, その夫植松弓夫, その息づまり, その老巧, その部屋, その間に, それらの, そんなこと, ただいま外出, ただただその, ただただひとり物思い, たれに, つり上がった眼, とかく結婚, どういわれ, どうかする, どんなよう, なんとなく不快そう, のがれること, ひとりで, まくし立てるの, また静か, まだ二十八, まだ白い, もうおとな, もうここ, もう一度もう一度と, もう一度笑った, もちろんの, もとより文字どおり, もとより日本左衛門, もはや十三歳, やがて夜具, よい娘, ようやくうなづきました, わざと何気ない, キッと, グイと, スタスタと, ニッ, ヌケヌケと, ハタかれた, ハタと, ハッと, ヒタ走りに, ムカッとして, 一人であった, 一日機に, 一言口出しした, 上手に, 上気し, 下手人でない, 不安らしい, 二十五出戻りにな, 二本松の, 二階から, 五つに, 人手を, 今またそこで, 今夜も, 仔細あり, 以てのほかの, 伊兵衛の, 何か, 何が, 何んと, 來ません, 保証する, 俵屋の, 元より, 元氣, 兄を, 兄嫁を, 八歳宗太は, 動きません, 勝誇つた姿, 十二歳弟の, 又いきり立ちます, 友禅の, 叔父の, 取り合わないふう, 口へ, 可哀想です, 可笑くも, 右手の, 名うての, 咽び泣いて, 四ツ目屋の, 埒も, 多分お, 奥へ, 奥座敷から, 奪われたきき腕, 妙な, 妻籠に, 小走りに, 少しまじめ, 少し小声, 少し浮氣, 己には, 布團の, 布團へ, 常の, 年寄りの, 床の, 座蒲団の, 彼の, 待ち兼ねたよう, 快活に, 念を, 思うの, 急に, 性来の, 悲しみに, 惡い, 意識なく, 愛想よく, 感慨深そう, 手の甲を, 手下の, 手放しで, 拒絶られた, 振り払って, 掻卷を, 文字房という, 旦那と, 早速それ, 昨夜, 昨夜自分の, 更に説明, 朝酒に, 本當, 本郷一番の, 札を, 板の間へ, 柄にも, 格子に, 歡め上手でした, 止めて, 死んでも, 殺しちゃ, 母と共に, 母について, 母の, 気が, 気を, 気軽そう, 決して負け, 泣きながら, 泣き声を, 活動的婦人であっ, 浮かぬ顏, 涼しい眼, 無言で, 熱海へ, 狂人の, 猛然と反抗, 猪口を, 猿橋の, 甘えるよう, 男を, 白いエプロン, 目に, 相手が, 眞劍に, 真間の, 眼ばかり, 矢庭に, 矢張り俵屋の, 私と, 積み上げて, 突き倒されたなり, 立ち去ったの, 笑いながら, 笑って, 答えた, 答えたが, 糸切歯に, 紋也を, 納屋の, 絶句し, 総髪の, 義理ある, 考えて, 耳を, 肌を, 腹を, 腹立たしそう, 自分から, 自分で, 自身机の, 舌打ちを, 荒いあえぎ, 蓮っ葉に, 螢を, 衣裳を, 裏二階に, 見るまじきもの, 親切に, 言った, 言って, 語り終つて, 軽く戯れ, 辻堂に, 返辞を, 追いつくと共に, 逆手に, 金兵衛の, 金吾に, 陰性の, 隣家の, 面白さうに笑, 顫へて, 飛んでも, 飛鳥山の, 髪を, 默つ

▼ 粂~ (146, 11.2%)

4 結婚の 3 いる, 声を, 持って 2 斯う, 来た, 稽古事から

1 [127件] あきれて, あとで, あなたの, あの時, あぶないと, あわただしく階下, あわてて, いった, いったの, いって, いて, いない, おめ, かつがれて, ここへ, こちらへ, この報知, さんざん可愛, すぐに, すって, そこに, そっと起こし, その前, その旦那, その時, その時垂れ, そばから, それを, そんな了簡違い, たずねて, ひとり暮らしの, まだ廓, もてなせば, キッとうしろ, 下手人なら, 丹前を, 九頭龍求女と, 二階へ, 五つの, 今更の, 企てた自害, 伏見屋から, 何か, 何かの, 何ゆえに, 何者かという, 何處の, 倉皇として, 入れて, 冗談や, 助かって, 助けられるであろうか, 印籠を, 危険な, 取次いで, 台へ, 台所の, 右の, 同じ卓袱台, 夜つ, 女丈夫でも, 好きに, 嫁いて, 家出した, 巽あがり, 帰って, 弟たちと, 弟たちにとっても, 弟の, 待って, 心で, 心の, 必死で, 急に, 感づくと, 我慢できなくなっ, 戸じ, 戸棚の, 敵に, 断わるはず, 旦那の, 木曾福島の, 残った, 母に, 氣を, 火鉢で, 物置の, 甘や, 生死の, 甲高くこう, 申しますこれ, 男の, 留守の, 目まぜ, 眞つ, 真間の, 知って, 突っ伏して, 立って, 立てるん, 納まって, 結婚し, 織りかけて, 羞を, 考えこんで, 膝へ, 自分から, 自分は, 舞台白粉の, 苦闘を, 茶の間の, 藤屋から, 見すました止め, 見た鏡, 見入るよう, 返辞も, 追いかけて, 逃出した, 邪推を, 鏡台に, 順に勝手, 顔の, 風邪でも, 飛んで, 飛出すの, 駕に, 髪を

▼ 粂~ (75, 5.8%)

3 背中に 2 殺して, 背後に

1 [68件] うながして, おぶわせ村はずれ, お喜佐, ちょッと, とりまいて, ふみつけて, 下に, 世話し, 先に, 六疊に, 冷かすかの, 刺殺する, 助けて, 助け介抱, 劬め, 取り逃がしたこと, 取巻いた文身庄, 取巻いて, 叩き倒そうと, 可愛がって, 呼びに, 呼び出して, 呼び出してから, 呼んで, 外に, 失った後, 奪ったと, 嫌って, 庇ひました, 待って, 思い出させるよう, 思い出させる年ごろ, 思い出した, 愛して, 抱えるよう, 抱きながら, 拉して, 指してること, 捨てて, 擧げなかつたんで, 救おうかと, 殺るという, 目明しの, 相手に, 真ん中に, 真ん中へ, 睨むよう, 種に, 突き出しました, 突き放して, 笑えなかった, 背後へ, 蔭に, 見すてて, 見て, 見守って, 見返ったが, 言いなだめた, 許さないつもり, 誘拐から, 説得させた, 贔屓に, 起こすもの, 足元に, 迎えて, 迎えに, 追ッ, 顧みながら

▼ 粂~ (61, 4.7%)

3 金兵衛と, 金兵衛とが, 鈴江との 2 いって, であった, 母親の, 申します, 申す女, 金吾の, 鈴江と, 鈴江とが

1 [36件] いわれた姐, お玉は, この二人, そうして園子, それから下女, やらいう悪漢, やらいう悪者, バッタリ顔を, 一緒なら, 一緒に, 主人の, 二人で, 二挺駕で, 供の, 入れ違いに, 別れたら此瓶, 同じ商売, 同様で, 宗太も, 対して, 思いの, 拳を, 白浪仲間では, 相對, 相良金吾, 相良金吾とが, 眠り足りない, 言ふ, 話して, 話を, 道中師の, 金之助だけが, 金兵衛とに, 金兵衛との, 金兵衛の, 鈴江

▼ 粂~ (60, 4.6%)

2 織ること

1 [58件] いれば, いッぱし一人前, おいで, お付き合, お徳, お父さん思いだ, きいて, ここまで, この二人, この周囲, さまざまな, そこへ, その時, そら怖, それを, ついからかっ, とうとう自分, なかなか多忙, なかなか気骨, のがれたよう, はじめて不自然, また隠れる, また黙っ, まだ若い, もはや二十歳, もはや物, やがてほろりと, やせて, ようやく白粉, よく裏庭, 一種の, 一緒か, 一緒に, 何気なくそれ, 切られなかったの, 勝造も, 半信半疑でした, 娘の, 宜いかもう四十, 実はそう, 年上の, 急に, 悪い気持, 母親の, 気どって, 父の, 父親の, 疲れ切って, 目を, 立ち直った, 答えて, 落着い, 表玄関に, 言った, 言って, 身を, 鈴江も, 馴れぬ興行

▼ 粂さん~ (52, 4.0%)

2 か, と一緒, の家

1 [46件] あたったろう気, あの奥, かいどう, かいなん, からだ, か氣持, がか, が不, が心配, が来, が楽書き, が泊る, が縛られ, が親分, が起き, しめられるん, だ, で, でした二階, という女, とがしめられ, なぞはまだ, にはその, には面白かろ, にもさう, に会い, に口説かれ, に疑ひがか, に訊く, に逢っ, の事, の仲間, の助手, の惡戯, の部屋, は, は元, は居ない, は昨夜一, は裏, もまだ, も如才, を, を呼ん, 少しゃあ板, 赤い襷

▼ 粂~ (52, 4.0%)

2 いった, まちがいが

1 [48件] ある, あれだけを, あわてて, あわない人, いえ, いろいろと, いろいろな, しろ伊兵衛, しろ戸外, たれの, つかまつたんで, とれば, まちがいは, よく言っ, 付き添いの, 会い得れば, 伝えて, 何らかの胸算, 勧めも, 取つて, 古今集の, 叱られ乍ら, 向かって, 嫁の, 届きました, 招かれた駕, 教え時に, 気の, 溺れて, 異存が, 白無垢を, 目を, 相談を, 相違ありません, 示した, 聟を, 苦い経験, 裏切られた後, 襟を, 觸れる, 言った, 誘はれて, 買おうとして, 逢おうという, 逢つてこの, 逢ひ, 違ひない, 騙されて

▼ 粂という~ (28, 2.2%)

3 女の, 女は 2 のは, 女が

1 [18件] あの女, このあたり, のが, のである, 人だ, 女も, 女を, 女掏摸との, 娘一人だけと, 男であります, 綺麗な, 者が, 者は, 者を, 親分である, 親分には, 親分の, 阿女

▼ 粂どん~ (22, 1.7%)

2 が人, を憎む

1 [18件] か今, がお, がおい, がお嬢様, がコソ, が何, が嬢様, が庭, が憎い, に上げる, に届け, に逢いてえ, はちゃんと, は其様, は大層, も皆, 実は斯, 早まっちゃ

▼ 粂~ (16, 1.2%)

4 宗太を

1 [12件] 二人の, 何う, 宗太が, 宗太に, 宗太の, 宗太は, 宗太への, 宗太まで, 小次郎や, 粂, 金兵衛を, 鈴江や

▼ 粂には~ (15, 1.2%)

1 [15件] あの伝法, いよいよ酒, ちょッと, ばかげたもの, まさかそれ, わっしも, 一寸わけ, 久しぶりで, 何んと, 咄嗟には, 幼い時分, 怨みも, 悲しくは, 氣に, 瓶子を

▼ 粂との~ (12, 0.9%)

3 二人は 2 恋は 1 いきさつを, いる笹家, くされ縁が, 始末から, 運命は, 関係などは, 関係を

▼ 粂夫婦~ (8, 0.6%)

1 が妻籠, が残し, に跡, の前, の話, はまだ, は東京, を迎え

▼ 粂とは~ (6, 0.5%)

1 どうするであろう, よく知っ, 七八人の, 切り合って, 別人の, 好い對照

▼ 粂~ (6, 0.5%)

1 と連れ, のいる, の到着, の方, を誘った, を迎え

▼ 粂三郎~ (6, 0.5%)

2 のお 1 といいたる, とパチッ, の十六夜, の横腹

▼ 粂である~ (4, 0.3%)

1 か否, がどう, とはち, や否や

▼ 粂です~ (4, 0.3%)

1 か, から小うるさい, があと, 丹頂の

▼ 粂にも~ (4, 0.3%)

1 いいところ, すすめ女中, 暇を, 深い馴染

▼ 粂~ (4, 0.3%)

1 さあらぬ, 声を, 注意を, 運ばせたが

▼ 粂お前~ (3, 0.2%)

1 はそこ, は何, もかい

▼ 粂さま~ (3, 0.2%)

1 の荷物, は何, もきょう

▼ 粂だって~ (3, 0.2%)

1 いやじゃ, 決心が, 肩身が

▼ 粂ちゃん~ (3, 0.2%)

1 そんなこと, とはよく, の父さん

▼ 粂といふ~ (3, 0.2%)

1 商賣, 女は, 惡い

▼ 粂とが~ (3, 0.2%)

1 切り合って, 向かい合って, 走って

▼ 粂までが~ (3, 0.2%)

1 一斉に, 放心を, 肩を

▼ 粂自身~ (3, 0.2%)

1 として生, の手, も結び

▼ 粂~ (2, 0.2%)

1 お玉か, 此方へ

▼ 粂こそ~ (2, 0.2%)

1 年が, 金吾の

▼ 粂だけは~ (2, 0.2%)

1 助けて, 憎めなかつたやう

▼ 粂では~ (2, 0.2%)

1 ありましたが, あるが

▼ 粂でも~ (2, 0.2%)

1 ないけれど, 宗太でも

▼ 粂としては~ (2, 0.2%)

1 ほんとうに, 銀杏返しか

▼ 粂とても~ (2, 0.2%)

1 彼女を, 拙者に

▼ 粂とへ~ (2, 0.2%)

1 かかって, 事情を

▼ 粂と共に~ (2, 0.2%)

1 こう早く, 入湯し

▼ 粂なら~ (2, 0.2%)

1 きっと弟たち, 九兵衛が

▼ 粂にとって~ (2, 0.2%)

1 いよいよ変, 山県紋也は

▼ 粂はと~ (2, 0.2%)

2 見ると

▼ 粂ひとり~ (2, 0.2%)

1 となりました, の留守

▼ 粂らしい~ (2, 0.2%)

2 女の

▼ 粂宗太~ (2, 0.2%)

1 それから今度, も梯子段

▼1* [71件]

あれでお父さん, 粂粂, 粂から下男の, 粂さまお前さまは和宮様, 粂さんひとりと言っ, 粂さん一人の思ひ, 粂さん何かご用, 粂さん俺は白痴, 粂さん歸つておくれよ俺, 粂すじの分った, 粂そんな者が, 粂ッ, 粂だけそのお, 粂だけに自由な, 粂ちゃんお上がんなさい, 粂やなかつた, 粂すら父, 粂であってみれ, 粂であったがこう, 粂であり男は, 粂であろうとも鬼, 粂でした本當, 粂とかいう女だろう, 粂とからで, 粂ともあろうもの, 粂とを圧して, 粂どうしてこうもねばりづよき, 粂どんお嬢様が昨夜家出, 粂どんと共謀になっ, 粂どんなことを, 粂どん今お前さんを探し, 粂どん此方へ這入ん, 粂のである, 粂なぞの住ん, 粂なる者を, 粂なんか辻斬くらゐはやり兼ねません, 粂なんて女と, 粂にくッつい, 粂にと言って, 粂にとっては恐ろしい言葉, 粂に対して成功しました, 粂に対してはこの上, 粂に対する腹いせに, 粂ばかりじゃない俺達, 粂への仕返しに, 粂までもそれを, 粂おおかたお前, 粂よい晴れ着が, 粂らしく瀟洒と, 粂をも助けて, 粂をやッて, 粂もう一度いっ, 粂一人だけで, 粂三郎それに売出し, 粂三郎ら乾雲の一団, 粂三郎二つに折れ曲がっ, 粂三郎山内外記夏目久馬等全十七人, 粂三郎相模は誰, 粂下谷長者町の金貸俵屋孫右衞門, 粂の名, 粂切支丹屋敷のお, 粂卑怯な嘘, 粂実あおれ達も, 粂御覧なお父さん, 粂手前はまア, 粂早う呼んで, 粂の毒, 粂王滝のお宮, 粂番頭の彌, 粂粂五郎と申します, 粂長男宗太から下男佐吉ら