青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「米~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~範囲 範囲~ 範疇~ 篇~ ~簡単 簡単~ ~籠 籠~ 籠っ~ ~米
米~
~米友 米国~ 粂~ ~粉 粉~ 粒~ 粗末~ 精~ ~精神 精神~

「米~」 13825, 149ppm, 708位

▼ 米~ (3550, 25.7%)

69 はその 32 の頭 30 に向っ 2827 はまた 25 の面 23 はこの, はそれ 20 の方, は, は眼 18 もまた 16 がその, でありました, であります, のため 15 の姿, の眼, はお, はここ 14 がこの, はそこ 13 がこう 12 のこと, の前, はこう 11 ならば, の手, をし 10 がまた, の槍, の身体, はついに, は何, は自分 9 がここ, といえ, は米友 8 がはじめて, が眼, が舌, の耳 7 が再び, が思わず, が言いました, の心, の身, は今, は例, は道庵

6 [12件] が少し, です, ではありません, の挙動, はいよいよ, はこうして, はそう, はそこで, はなお, はよく, は猿, は舌打ち

5 [18件] がそこ, が叫びました, が思いました, が道庵, というもの, としてはこの, のあと, の声, の後ろ, の気象, の言う, は少し, は槍, は足, は跛足, を相手, を見る, を顧み

4 [26件] が何, が例, が夢, だよ, ではない, とムク, なればこそ, の傍, の力, の周囲, の心持, の足, はこれ, はしきりに, はそんな, はたった, はまだ, は再び, は口, は小田原提灯, は道庵先生, は頑として, ほどのもの, ほどの豪傑, もそれ, を呼ん

3 [79件] がいない, がいま, がいよいよ, がお, がこうして, がちょっと, がまたも, がやや, が俄然, が唸りました, が後ろ, が手練, が持っ, が来た, が竜, が自分, が認めました, が頭, であること, というの, という男, にあっ, にはその, に至っ, のこの, のよう, の口, の名, の咽喉, の場合, の形, の槍先, の眼前, の着物, の竿, の背後, の胸, の行方, の責任観念, の身の上, の部屋, はこれら, はさいぜん, はじっと, はそのまま, はははあ, はひとり, はもう, はやっぱり, は一合, は一旦, は不思議, は久しぶり, は人, は今更, は伊勢, は冷笑, は少しく, は峠, は思案, は手, は提灯, は杖, は歯噛み, は無言, は相, は素早く, は縁, は腹, は苦笑い, は誰, は身, もぜひ, もその, をつれ, をめがけ, を案内, を見失った, を追いかけ

2 [234件] があらく, がお雪ちゃん, がかなり, がこういう, がことに, がこんな, がさいぜん, がじっと, がそれ, がまず, がまたまた, がようやく, がよく, が不動尊, が不審, が不意, が二度舌打ち, が人, が今, が今日, が何故, が円い, が到着, が勧告, が吉原, が同行, が変, が外, が大, が女, が存外, が寝, が屹, が庭, が思う, が急, が手, が提灯, が改めて, が来る, が横, が炉辺, が無事, が犬, が目, が知っ, が石, が突然, が立ち上りました, が答えました, が縁, が舌打ち, が草鞋, が見, が言う, が言った, が道庵先生, が長浜, が面, が高札, じゃない, たる所以, でしたから, ですから, でなくても, でなければ, という名前, とお, としては, としてはかなり, としてはその, とその, と知らない, なん, にこう, にはいよいよ, にはそれ, にはまだ, にはよく, にはわからない, には今, には何, にもまた, にもよく, に与え, に代っ, に於, に至る, に見せ, のいう, のいない, のその, のところ, の一行, の上, の仕業, の信用, の勇気, の単純, の友造, の堪忍袋, の好意, の寝息, の投げた, の敏捷, の株, の権幕, の気性, の癇癪, の目, の米友, の肩, の腰, の自己陶酔, の責任感, の足許, の近く, の連れ, の面上, はいまさら, はいや, はお松, はかえって, はがんりき, はこういう, はじりじり, はぜひ, はそっと, はただ, はどう, はどこ, はなに, はなる, はなんだか, はなんとなく, はふと, はまず, はもはや, はようやく, はギョッ, はハッ, はホッ, はムク, はムッ, は七兵衛, は両手, は九尺柄, は今や, は今夜, は代々木, は会所, は前, は勃然, は右, は呆れ, は唸りました, は多少, は夜, は大八車, は大戸, は居眠り, は幸内, は御飯, は心得, は怖, は思いました, は思わず, は急, は怪訝, は悲憤, は持っ, は改めて, は教えられた, は早く, は昨晩, は暫く, は更に, は最初, は杖槍, は案外, は棒, は橋, は江戸, は火, は炉, は無, は焦れ, は熊, は特に, は百日紅, は直ぐ, は知らない, は短い, は確か, は立ち上っ, は立っ, は縄, は胸, は胸一ぱい, は腕, は腰, は蒲団, は観念, は車上, は返事, は遊行上人, は面, もここ, もこの, もこのごろ, もさすが, もそういう, もちょっと, もつい, もムク犬, も啖呵, も安心, も思わず, も知っ, も腹, をもてなす, を中心, を先, を出し抜い, を呼びました, を安心, を抱きすくめ, を的, を知らない, を突く, を米友, を見かけ, を迎える, を驚かせた

1 [1835件 抜粋] いかに俊敏, から問い返され, から聞く, があまり, があんまり, がいま一つ, がうわ, がかえって, がかさ, がこいつ, がさげすむ, がすくん, がその間, がたてつづけ, がちょうはん, がつぶやきました, がどれ, がのぞき込む, がばかばかし, がほっと, がまだ, がめざし, がガバ, がスワ, がドッカ, がムキになっ, が一つ, が一本, が一足, が上向き, が与力同心, が二度, が仔細, が伝法院, が先導, が凭れ, が力む, が口惜し, が右, が咎めきっ, が商売道具, が四方転び, が地蔵堂, が声, が大勢, が妙, が寝込んだ, が少しく, が左様, が弄, が弥勒寺橋, が心中, が快く, が思い出した, が思わずこう, が想いやっ, が懸命, が手拭, が投げ, が持前, が控え, が数えかけた, が暗い, が木曾, が松本, が棒, が極めて, が歩い, が歯噛み, が気づかっ, が油, が深く, が無性に, が特に, が狼狽, が生, が畳みかけ, が睨み足りなかった, が確, が突然ああ, が答えた, が続け, が聞, が背中, が苦い, が荒れれ, が見かけた, が見る, が覚った, が言下, が託され, が詫言, が走り, が跳ね起きた, が身構え, が追いかけ, が運び来った, が重大, が鍋焼饂飩, が附け加えた, が隣席, が食べ, が馳せつけた, が高, その手, たること, だけは素足, だって知っ, だ斬って, でありましたけれども, でお客, でさえも利用, でどういう, ではなく, で後ろ, という人物, という珍物, とかいうもの, とが出, としてその, としての深夜, としてはいささか, としてはこうして, としてはしどろもどろ, としてはそんな, としてはほとんど, としてはゆすぶっ, としては偶然, としては前人, としては奔馬追及, としては少しく, としては悠々, としては検地, としては的, としては自由自在, としては見まじ, としては面白く, としてもそれ, としてもやりきれない, としても天性, としても突慳貪, として前例, として皮, とてもそう無茶, とても大名, とはあんまり, とはどっち, とは古い, とほか, と二人, と名づけ, と盲法師, と言っ, と違う, なの, にお礼, にさせ, にとっ, にとってはお, にとっては事柄, にとっては何, にとっては用, にとっては非常, にとって戦い, になく, にはいくら, にはこんな, にはそれ以上, にはむしろ, には全部, には夢寐, には屑屋, には心外, には測り切れない, には解く, には道庵, にも不思議, にも申し含め, によって洗われ, に一言, に介抱, に先立っ, に向い, に問いかける, に対してはあちら向き, に対して物, に懐く, に持たせる, に明答, に毒口, に渡す, に甘んじ, に眼, に紛れ, に背中, に行かれた, に言葉, に講和, に迫る, に附添, のあいた, のお, のみが同じ, の一存, の三人とも, の不思議, の了見方, の人品, の代り, の働き, の出動, の到着, の反, の口真似, の同情, の唯一, の地力, の天地, の好んで, の小舟, の引っぱっ, の形相, の思案, の恩, の憤慨, の手並, の抛り出し, の数える, の期待, の枕許, の横, の正義, の油汗, の洗濯ぶり, の物, の狼狽ぶり, の異様, の真骨頂, の眼底, の知った, の短気, の神妙, の立っ, の粗雑, の素質, の縁, の肉, の背中, の腋の下, の虚, の見, の覗き, の言い残し, の訊問, の論理, の走り去った, の返事, の醜態, の銭受け, の頑強, の顔色, の風采, はあえて, はあと, はあわて, はいささか, はいっこう, はいつぞや, はいろいろ, はお喋り, はきまり, はこのごろ, はこれから, はさっさと, はしばし, はすかさず, はせき込ん, はそぞろ, はそれから, はただいま, はちょっと, はつまらない, はと見れ, はなんと, はひそか, はほとんど, はまたたび, はまだまだ, はもう一応, はもの, はやって来ました, はよし, はカラカラ, はキリキリ, はタジタジ, はムカムカ, はムク犬, は一匹, は一時, は一目散, は三, は下, は不動尊, は与えられた, は両国, は久しく, は二三間, は人間, は今日経験, は以前, は何とも, は依然として, は倦まず洗いつづけ, は先方, は全身, は前途, は勢い, は単純, は口惜し, は吾, は呆然, は唯々, は啖呵, は嘲笑っ, は回向院, は土用波, は坐っ, は変, は大, は大湊, は天井, は婆さん, は安心, は室内, は小さく, は尾上山, は屹, は差出, は干場, は庭, は当分, は彼等, は後ろ, は御, は心から, は必ずしも, は怒気, は恐る恐る, は意地, は憤っ, は懲らしめる, は手拭, は折助ども, は振返る, は故郷, は旅, は昨日, は曾, は本堂, は板塀, は柄, は棹, は榎, は櫓, は正義, は死物狂い, は気, は油, は泰然, は海, は激しく, は炉中, は無人, は無邪気, は熟睡, は物, は狂気, は玉垣, は甲州, は異体同心, は盛ん, は眠い, は碓氷峠, は程, は突き放されじ, は竜華寺, は竿, は笑止, は組んずほぐれつし, は緡, は老人, は背中, は自ら好奇, は舌打, は草鞋, は街道, は見て取っ, は見廻す, は言いませんでした, は認め, は賞美, は蹴, は身体, は軽々しく, は道しるべ, は遥か, は金, は門前, は陶然, は雑魚, は頬冠, は風景, は飲まない, は駒井, は髑髏, は黄昏, への約束, ほどの人物, ほどの者, もいい, もう, もがんりき, もさわる, もそこ, もつづい, もひそか, もびっくり, もようやく, も一時, も不動様, も件, も出家, も力瘤, も呆れました, も堪り兼ね, も夢, も実は, も屹, も強い, も斬りたくなったら, も止まれない, も漸く, も畜類, も眼, も立, も聞きたくなり, も見届けなけれ, も解せない, も足許, も追いあぐねる, も風, やお, よりも年まわり, をあしらいません, をお, をお松, をさえ出し抜いた, をさんざん, をその, をなだめ, をばか, をまたも, をも捲添え, を一掴み, を乗せた, を促し, を取, を口惜し, を呼びかける, を呼ぶ, を囲んだ, を失う, を孫悟空, を引きずり下ろし, を慕う, を懐かし, を抑えました, を招いた, を拝みました, を捕り上げた, を横目, を潜り, を煽てた, を留め, を発見, を睨みつける, を縁, を考え, を苦笑い, を見ます, を見廻し, を見返り, を誘いました, を貸し, を追いかける, を送るべく, を頭ごなし, を驚かした, を黒く, 及び熊

▼ 米~ (1834, 13.3%)

48 飯を 24 粉を 19 粉の 15 高さ 14 圏を, 玉あはれ, 袋を, 顔を 13 飯が 10 飯と 9 スープ 8 ことを, 姿が, 飯は 7 オムレツ, 代りに, 白玉

6 [11件] お粥, ことが, なる木, めしを, 三角点に, 値は, 味を, 姿を, 手を, 方が, 粉で

5 ことは, ような, プデン, 峰が, 御飯を, 方へ, 粉大, 粥, 飯の, 飯も

4 [17件] ことで, コロッケー, フライ, ブラマンジ, プデンの, 価を, 値が, 値を, 地点で, 峰を, 方で, 方を, 玉しら玉あはれ, 相場を, 顔は, 飯で, 飯に

3 [38件] ありがたさ, ことも, ために, ところに, スポンジゼリー, ソフレオムレツ, バハローム, フエタス, 三角点ある, 中に, 事を, 人々が, 値の, 口から, 味も, 姿は, 寝て, 峰から, 後に, 料理が, 方は, 木を, 汁を, 相場が, 眼が, 空気中に, 粉は, 耳に, 肩を, 袋に, 言葉を, 配給が, 雪, 顏を, 飯, 飯だ, 飯や, 高度を

2 [120件] お料理, かすかに, ことに, しら玉貧し, ところまで, ないこと, なります木, ねだんは, はいって, ほうが, ほうへ, ほかに, ほかは, まぼろし, めしが, やつが, ように, コロッケ, スピードで, ソフレ, ムスビだ, 一升でも, 一升も, 三角点の, 三角点附近に, 上に, 不足を, 事が, 五升も, 人々の, 仙人は, 代が, 仲買を, 低い山, 余も, 価が, 俵を, 値も, 値段が, 値段の, 値段は, 値段を, 側へ, 出來る, 前に, 厚さ, 味に, 問題が, 嚢を, 圏である, 地点から, 売買にも, 大部分, 奥の手を, 奴を, 如きも, 妹で, 子等が, 安さ, 容体を, 専売案を, 小圏を, 山々は, 山が, 峰に, 嵐でも, 巨大な, 廉売を, 後から, 御方, 心は, 心を, 手へ, 指が, 新しいの, 方に, 方の, 松下元, 死骸が, 殆どみんなを, 母の, 水の, 汲んで, 減り方, 滋味に, 滯り, 生る木, 田を, 眼の, 磨ぎ汁, 磨汁でも, 稔りを, 答は, 粉が, 粉に, 粉まぶし, 肩から, 胸, 胸を, 蘆, 虫が, 説明, 贄を, 足しに, 配給は, 配給所の, 長さ, 間に, 需要は, 頃ペンシルヴァニア州の, 頬を, 頭の, 顔に, 飯さえ, 飯でも, 飯という, 飯とを, 餅でも, 高え, 高所に

1 [1057件 抜粋] あき俵が, あたりに, ある追加量, いきさつなどを, うしろ姿が, おかげで, おもゆ, お母さんが, かいがいしい姿, かわりに, こがしを, ことであった, ことと, ことなんか, こと頼ん, ごときも, ごはんを, しりの, すり糠が, そばに, ため軍事上の, つまった袋, では, ときとは, とぎ方, ところだ, とれる位, ない土地, ない時世, ない貧乏村, ない里, ぬかが, はいつた, はうは, ひっそりし, へらへら笑, ほか帆布鳶口大, ぼうちょうにつれて, まんまに, むすび文, めしの, ものと, やうだつた, やつは, よく出来る, アガリが, インデアン南洋の, エプロンの, カリイを, コロッケは, ジャムには, ストライキの, スープあり, タイムを, ツブだらけで, ドブを, プデンには, ヘルナーの, ラインハート英の, ワバナキインジアンに, 一俵に, 一升買いしてる, 一升買ひ, 一斤一合の, 一種で, 一部を, 三人の, 三合も, 三合配給などを, 三角測量標石の, 三角点から, 三角点着, 上った分, 上下變動の, 上層に, 下駄を, 不作の, 不自由な, 不足の, 世界記録は, 世話を, 丘上に, 中から, 丹後山の, 乳の, 事については, 事ばかり, 二つ折る, 二七%に対し, 二人だけ, 二毛作が, 云うと, 云って, 五升位は, 人は, 今朝から, 他に, 仙人など, 代と, 代にかは, 代ほど, 代わりに, 代価も, 代金でございます, 仲買人で, 低空で, 佐武流山である, 余れる, 作れないこと, 例であった, 供出割当の, 供出量の, 供給は, 価格吊上げ, 信仰について, 信仰的用途とも, 俵かついだ, 俵で, 借り貸しか, 値までも, 値段です, 偽善的男子である, 傑作と, 傭兵を, 僧ヶ岳から, 價は, 兄き, 入った御飯, 兩市場には, 八十三山である, 六軒屋そして, 内より, 処に, 出來ない, 出入を, 出来ると, 出現は, 切手を, 切符制実行, 別称の, 前飛竜, 劒岳から, 功能が, 勘定を, 勧め通り髪を, 北岳の, 半分も, 南北ともに, 収穫が, 収穫如何は, 叔母が, 叔父の, 取引などは, 取立てを, 口を, 召し連れて, 叺の, 名を, 命, 命の, 命二人兄宇迦斯を, 命答へ, 哲学者デュウイ教授や, 問題繭値下りの, 喰いつぶしッこ, 嗜好に, 噂を, 四五俵得, 団子と, 団子を, 国交は, 圏ある, 圏で, 在りだかを, 地点である, 地点例せ, 城下を, 塊, 声も, 売買に, 外務省で, 多くは, 大きな翼, 大問屋, 大袋, 天才は, 太平洋郵船と, 夫の, 如きは, 妊娠は, 姪で, 姿に, 娘お, 子ら, 字にて, 字を, 学者では, 学者の, 実りの, 実家の, 家は, 寄付を, 富士の, 寝息を, 対立競争を, 小さい胸, 小さな袋, 小圏で, 小学読本などにも, 小杉谷, 小火山島, 小蓮華山を, 小説ね, 小買い, 居所も, 山の, 山巓に, 山腹に, 岩場を, 岩峰を, 峰か, 峰と, 峰名と, 峰頂, 工事に, 差押えが, 帝國主義と, 平川良衛棚倉の, 幽霊です, 底味に, 廉いには, 廉売の, 強制供出案を, 待つの, 後姿の, 御主人, 御方き, 御用が, 御註文, 御飯という, 御飯に, 御飯は, 徹底した, 心臓だけが, 心配しない, 心配を, 忠次郎山と, 思わくを, 性質であった, 怪異は, 悔悟を, 悶えに, 惡口を, 愛すべきこと, 懺悔の, 成熟期と, 所へ, 手ごろの, 手には, 手前にも, 手料理が, 手紙を, 手製の, 批評に, 折衷と, 拝借の, 持つうまみ, 探偵小説に, 揚つたのを, 放送局の, 教育方針に, 文化戦争で, 文字も, 料理で, 断崖が, 新刊書を, 新聞, 方から, 方なんて, 方も, 旅客が, 暗い過去, 有り余る豊年, 有馬熊本の, 本営第, 本心の, 枕許を, 枝が, 棘立つ, 様に, 標高線の, 樣子を, 横顔さえ, 樹の, 死に顔を, 死体を, 死顔を, 死骸は, 残りを, 母で, 母を, 比律賓, 気で, 気風, 水を, 水中にも, 汁の, 池, 沖合に, 泉なほたらずけり, 泣き声が, 注意を, 浅間山が, 海底に, 海軍に, 消費の, 涸渇は, 深海に, 湯漬けを, 満野, 炊いたの, 為に, 烏帽子山と, 無い土地, 無くならねえう, 焼ける匂い, 煮える香気, 熱情に, 父といふ, 狐色に, 玉, 生命力の, 生産量でも, 産国においては, 産地とも, 用向きは, 用意を, 病気が, 登りに, 白い足袋, 白兀と, 皿山にて, 盗難も, 目とが, 目やや, 直線コオスを, 相場師などが, 真意は, 眼は, 眼前に, 短篇探偵小説集と, 石が, 研究に, 磨ぎ汁流れ, 磨汁を, 神, 神或は, 秋と, 移出を, 稔らぬ岡場, 種にも, 穂を, 積船が, 空気でも, 笊が, 等高線の, 籾摺りにも, 粉だけは, 粉であっ, 粉などを, 粉一合を, 粒々として, 粒の, 粥が, 粥を, 精は, 精白も, 精米に, 糟糠全く, 細い聲, 経済学者エリー, 絶壁を, 総出来高, 緩い高まり, 羽織が, 考えでは, 聲と, 肩へも, 胚乳は, 胸にも, 脂です, 腕を, 腹は, 花の, 苦しそう, 苦労位させなきやい, 荷が, 菱餅を, 落度に, 著名の, 虫同士が, 蛋白質が, 蛋白質とか, 行方を, 袋が, 袋で, 袋などを, 袋をか, 褐色の, 西側の, 視界も, 親たちも, 親類か, 言葉と, 言葉も, 許可を, 詞が, 話は, 説明を, 調べあるっ, 調査, 諸新聞, 豊作で, 買い出しに, 買える日, 買へる, 買足し, 資本主義国家の, 走者が, 起源と, 足りない北海道, 距離を, 身についての, 身は, 身体は, 軍艦は, 辞退が, 迎に, 這入った蔵, 通りに, 速力, 連隊を, 運搬が, 運送を, 遠縁で, 選手みたいに, 避難場を, 部屋から, 部屋にも, 配給なくなり, 配給の, 配給所と, 配給日で, 配給遅延の, 酒を, 里では, 重湯を, 量が, 量を, 鎔岩塔も, 間である, 関係が, 附近からは, 附近では, 隆起が, 隆起を, 需要に, 青いにおい, 音でも, 頂上, 頭にも, 頭を, 頸を, 顏色は, 顔色は, 風に, 風速だった, 食事を, 飯いよよ, 飯ただ噛みしめ, 飯である, 飯なぞは, 飯なり, 飯ばかり, 飯ほど, 飯らしい, 飯出雲の, 飯添ふる, 飯第, 餅け, 馬繋場に, 駕を, 高も, 高圧外交に, 高空で, 高級官吏は, 髪が, 魂の, 麦飯と, 黒さ

▼ 米~ (1448, 10.5%)

24 超えて 22 買って 20 持って 15 入れて 12 搗いて 11 磨いで 10 買ふ 9 とぐ 8 積んで, 食って 7 といで 6 もって, 炊いて, 貸して, 食ふ 5 ついて, といだり, 売って, 持つて, 盗んで, 磨いだり, 背負って, 自分の, 貰うて, 買うて

4 [11件] 作って, 借りに, 分けて, 搗いたり, 洗って, 炊くこと, 粥に, 舂いて, 貰って, 買いに, 買う金

3 [20件] いた, いれて, つかせて, もらいに, バターで, 供えて, 供へて, 出して, 取って, 右から, 喰って, 噛んで, 売りに, 江戸へ, 炊いで, 研ぎに, 買うこと, 買ったり, 運んで, 頂戴し

2 [85件] かついで, くれたり, くれと, くれ米, たいて, たべて, つかんで, といだ, とぎながら, とぐと, のせて, ほして, まぜて, ゆさゆさ抱え, 一升買いに, 一掴み程, 下ること, 主食として, 京都に, 作る人, 借りて, 借りる, 出せ出せと, 取りに, 取りよせて, 口に, 呼んで, 困る時, 土埃の, 土釜に, 大切に, 少しばかり, 少し貸し, 少し超え, 常食に, 廻漕し, 待たせて, 搗いた, 搗かせて, 搗きながら, 搗き上げて, 搗けと, 撒いて, 施して, 東に, 水に, 江戸に, 洗う水, 流す水, 炊いたり, 炊いだり, 炊くと, 煮て, 狐色に, 産出する, 相手に, 研いで, 磨いだ白水, 磨ぎに, 磨ぎ出した, 精げて, 給し, 舂きながら, 舂く音, 茶碗に, 袋に, 貰いに, 貰え, 貰て, 貰わなければ, 買ひ, 超ゆる, 足で, 送って, 阿波へ, 隠したに, 頂戴した, 食いつぶしに, 食うこと, 食うそう, 食ったり, 食はせる, 食べて, 飯に, 餌に

1 [954件 抜粋] あけに, あたえた, あなたさまが, あまり無闇, あれが, いくら入れる, いただいたり, いただきいただいて, いつぱい盛つて, うまくやっ, うまく炊く, うんと積んだ, おまわし, おれらに, お使, お粥, かうるなり, かきあつめました, かしぎ座敷, かじった, かついだろう, かわいがって, きっかけに, くださる, くるんで, くれた酒, くれるの, けしかけて, こじらして, この俺ら, こぼせば, さがした, しかけて, すこしずつ, すすって, すてて, すゞめの, その中, それも, たいた, たき, たく, たくごま塩, たべること, たらふく食っ, だして, ちらしました, ついたの, ついばもうと, つかなければ, つく, つくその, つくやう, つくるため, つくる百姓, つけて, つまんで, つんだ荷船, といだという, とぎおわる頃, とぎだした泰軒先生, とぐバケツ, とぐ禅僧, とぐ音, とって, とどけに, とりあげたり, とり食らうこと, どうした, どしどし売らせたなら, はかったり, はかりそれ, はなはだ好む, ひた上り, ふやして, まいたよう, まきけり, まく, ますに, まわしはじめたの, みるたび, もつて, もてあそぶ宅助, もらったり, もらっても, やつて, やらねえじゃ, やると, よく炒っ, わたし達は, カミゴメという, サクサク洗っ, チヨツポリ握つ, デハと, バターミルク等にて, 一つかみ取り出し, 一俵取った, 一升ばかり, 一升も, 一升炊きした, 一升買う, 一回分だけ, 一度一年, 一斗とか, 一斗に, 一昼夜に, 一生ケン命籾に, 一粒人に, 一粒恵ん, 三十七歳前だ, 三升さげ, 三斗五升搗く, 三角形に, 上下する, 下さる, 下さるだからこうして, 下し魚, 下った谷間, 下らない距離, 下りたる辺, 与うるは, 与えたと, 与えられて, 与え其労, 与へられるとき, 両手に, 主人の, 主食という, 乞うた時, 二十俵ずつ, 二升に, 二升買った, 二合の, 二本, 五勺ほど, 五升ほど, 五合づつ頂い, 五合余の, 今の, 介抱し, 何とかし, 何俵位用意する, 何合ずつ, 作った, 作つたこと, 作つて林檎を, 作りだして, 作りて, 作り女子, 作り柚子, 作ること, 作るなど, 作るに, 作るの, 作るもの, 作る御田, 作る田, 作る粒々辛苦, 作る者, 作る車, 作れるわけ, 供出し, 供給する, 倉荷証券で, 借りして, 借りる奥さん, 借り歩いて, 借り歩く不平貌, 備蓄する, 催促し, 僕等が, 充分に, 入れたの, 入れた行平, 入れた頭陀袋, 入れる, 入れる藁俵, 入れ毛布, 全速力で, 六升ずつ, 其の女, 出さず代用食, 出さないからじゃ, 出しあって, 出しても, 出し合って, 出すちゅうて来, 出す騒ぎ, 切り替えるのに, 刺した脇差, 前もって安価, 副食と, 副食物だ, 包むの, 北海道で, 十六俵も, 取った, 取り分けて, 取り立てて, 取り食い門口, 取る時, 取立つるは, 受けるほか, 受け取つて, 受取り米, 呉れたり, 味つた日本人といふ, 呼んだ, 啄む, 喰いあったり, 喰いはじめたの, 喰わなければ, 嘲笑って, 噛つてゐる, 噛ませて, 噛みしめて, 嚼んでは, 四俵ウマに, 回漕し, 国中に, 土産に, 地に, 増やすこと, 売っては, 売つて, 売り払ったり, 売るしか, 売るよう, 多量に, 大匙五杯, 大富豪, 天子様が, 好いほど, 好みこと, 好めば, 始めたの, 始め諸, 嫁取つ, 安くかつて, 客の, 家まで, 宿へ, 密輸入し, 小山の, 少しばかりと, 少し小, 少し持つ, 届けて, 山門領に, 差し上げるの, 常食しなかった, 年に, 廻漕する, 引きずって, 引捉へて, 彼は, 待って, 得ること, 得るべく遊歴, 得酒, 御持参, 復興し, 徴発し, 思い切って, 悦ぶと, 憚って, 手に, 手持ちし, 承知させ, 投げて, 投げ八丈島, 抜いて, 抜くその, 押えるから, 拉ぎ欧, 拾うからの, 持ってると, 持て余して, 挽き合わせた, 捕まえて, 捨てました, 提供する, 握ると, 搗きだす, 搗きに, 搗き始めしばらく, 搗き終えると, 搗き船, 搗く, 搗くとき, 搗く傍ら, 搗く男, 搗く音, 搗けば, 携えて, 撒いたやう, 支給し, 数ある, 數囘に, 料理する, 施せ, 明けて, 朝廷の, 枝折戸の, 梯子段の, 植ゑ或, 欲しいでも, 歯で, 殺して, 殺す動機, 殺す氣, 毎日毎日三合ずつ, 江戸邸で, 沢山配給, 洗いたる水, 洗いません, 洗うて, 洗つた白い, 洗つてコンロに, 流し巨利, 浮かす工夫, 海に, 減じては, 渡さず何とか, 渡した, 渡すとき, 瀑布の, 炊かうと, 炊かなんでよ, 炊ぎ別に, 炊くわけぢ, 炊ぐこと, 炊ぐこれ, 炊ぐよう, 炒って, 焚いて, 無心した, 煮いて, 煮たかゆ, 煮るのに, 熱狂と, 献納し, 献納する, 獨占した, 生の, 産する, 甥の, 用いまた, 用心しなけれ, 申告させ, 疾走する, 白粥に, 盛った, 目で, 直ぐに, 眺めた, 研ぎ材木, 砕いて, 磨ぐ, 磨ぐお菜, 磨ぐもの, 磨ぐよう, 磨ぐ水, 祭場に, 私に, 移入し, 積み上げさせ別に, 積み込んだ, 積んだ千六百石, 積下ろし, 積込む為, 竊と, 笑わした, 節約する, 精いでいた, 精げそれ, 精げること, 精げ果てて, 紙片に, 結ぶ田圃, 置いて, 肩にかけて, 背負いに, 背負わせるの, 腑抜けに, 膳の, 臼に, 舂かして, 舂き舂きこれ, 舂く水車船, 船待小屋へ, 苦に, 菓子として, 落下する, 蒔いて, 蒔くにも, 蓄えて, 蓄える事, 製造する, 見たの, 見つけだす気, 見下して, 覚した, 計りて, 詰めかえた, 識別する, 負けて, 貧乏人に, 責めたところ, 貯へる, 貰うよりは, 貰う行列, 貰つて來其れ, 貰ふ, 貰わなくても, 買いしめ, 買いだして, 買い上げ外国, 買い入れる相談, 買い大坂, 買い込む算段, 買うお銭, 買うぜには, 買うん, 買おうと, 買ったら幾, 買つ, 買つてしまつたら, 買つて来やうや, 買つて歸つた, 買つて置く, 買ひませう, 買へ, 買わされて, 買上げて, 賀茂の, 賣つた苦しい, 賣つて金, 賭けるの, 購わんとして, 走ること, 走る強い, 超えた内地最高, 超えた山の上, 超えた山腹, 超えた日本, 超えた面白, 超え中, 路を, 踏みつけた足, 踏みにじつて, 踏んだの, 踏んだ自分, 輸入し, 辛苦し, 返さなくては, 送る友人たち, 途中で, 連れこむこと, 運ぶため, 運ぶもの, 運ぶ苦難, 運ぶ車, 運漕し, 遣る, 選り分ける中, 酒を, 量り出して, 金に, 鉢に, 鍋に, 除いて, 雪五郎が, 非常挽割麦を, 頂いて, 預けてを, 頬張る, 願った事実, 風靡し, 食いまた, 食い尽し少々, 食い稲, 食うため, 食う先生, 食する風, 食つて育つ, 食はずに, 食ひすぎる, 食べた日, 食べなくとも, 食べるため, 食べる人, 食べる虫, 食べ鯨油, 食わずに, 食わせた, 食わッ, 馬から, 騙しすかしして, 高いと

▼ 米~ (748, 5.4%)

5 それを 4 小六, 自分の, 顔を 3 いつもの, その時, ない, 夫の, 宗助の, 急に, 買へ, 途中で

2 [26件] あるが, いくらも, いつでも, こと欠かない, ただ, とおらぶ, ないの, ほんた, 云った, 何と, 何にも, 前へ, 妙な, 娘の, 宗助に, 容易に, 念の, 息を, 持って, 水分を, 私でございます, 腹が, 返事も, 部屋の, 高いであろう, 髪の

1 [655件 抜粋] あちらから, あって, あまり重い, ありがたく酒, ありがたアいもの, あるかと, あるけれど, あるだらう, あるだろう, ある日裏, あれから, あわてて, いいから, いかが, いかな場合, いくらでも売つ, いつか見つけ出し, いつに, いまに, いよいよ焦れ, いらん, うつむきながら, うれしそう, うんとやる, おいて, おじさんの, おりかが, お吉, お福様, お酒, お露, かれの, くれなかつたので, けっして夢, こう覚悟, ことし十六の, このくらいに, この一言, この新, この村, この点, この間の, この頃, これでも, これを, こんな時, ごくわずかずつでも, さげすみぬいて, さっきの, ざつくりこで, しきりにしり, したくないが, しばらく逡巡, しばらく黙っ, すぐその, すぐに, すぐ枕元, すねた恰好, すましたもの, そう云っ, そう食わなかった, そこで, そこで初めて, そこの, そっと帰っ, そのまんま, その動く, その夜なか, その後心ならずも, その悪魔, その折, その時畳, その時真面目, その晩夫, その棺桶, その美しい, それから, それつきり口, それほどでも, それほど苦, そんな消息, たくさん, たしかに豊富, ただ結構, たった一人, たっぷり前, たッ, だいぶいい, つい遠慮, できるだけ残し, とうもろこし入りに, とても食, どうしたろう, どうしても水分, どうしても首, どうする, どうなっ, どうなんだい, どう云う, どこでも, どこに, どんなもの, ないし, ないのに, ないらしい, ない夜, なおと, なくな, なく菜, なんだかほんとう, なんだかまぶしく, なんという, なんの, にらんだ, ぬれなかった, ひたすら泣いた, ひとりで, ぴたりと, ふらふらと, へえ, ほろ苦い顔, ぽつねんと取り残された, また, またそれ, またふい, また何とも, また夫, また平常, また懐妊, また拾い取ろう, また春, また裁縫, また酸い, また頭, まだある, まだお, まだすやすや寝, まだ吉原, まだ薪屋, みんな木曾路の, むしゃくしゃまぎれ, もうそれ, もう一合あまり, もう仏様, もう嘘, もう帰らぬ, もう弱気, もう陽, もし生き, もじもじし, もちろん宗助, もっぱら国家, もらいたくは, やうやく首肯く, やさしく云った, やっとなつかしい, やっとの, やはり拗ねた, やはり立った, やや不平, やると, やるやる, やる米, ようやく茶の間, よくでき, わざと念, わざと顔, わざわざ清, わざわざ置炬燵, わしが, わりに癇, カマスで, カリーの, キログラム酒は, クサメを, コンミッションでは, サメザメと, ジッと, ジリジリする, ソソクサと, ソワソワと, チョット這入っ, トントントンと, ビール瓶の, ワッと, 一と, 一人について, 一円に, 一升くらい, 一念に, 一戸一升と, 一日に, 一旦驚き, 一時悩んだ, 一目見る, 一箇年間の, 一般から, 一週ばかり, 万に, 三升ばかり, 三田に, 上がり框の, 上気し, 下るまい, 不作としても, 不安らしく, 不断着の, 不断着を, 不知を, 主要食物じゃ, 之れ, 予定の, 二升三升五升ずつ, 二度ばかり, 二階から, 五十束すなわち, 五稜郭に, 人の, 今夜大津の, 今太郎助橋で, 今度から, 今日の, 仰山に, 低い声, 体を, 何でも, 何に, 何んとも, 何俵も, 何斗持っ, 何時でも, 例によって, 例の, 例より, 依然としての, 依然として寝, 俵より, 傍から, 優美豊満なる, 先刻よりは, 兎に, 全体主義の, 全体秘結させる, 全部外米, 六月中に, 六畳に, 切符制に, 前の, 副食品, 勿論味噌, 北海道で, 卒然何とも, 却つて安く, 又それ, 叔母が, 叔母の, 叔父の, 取替へられないよ, 口に, 叩いても, 号外を, 吃驚し, 合點の, 名題の, 呆れたのち, 命の, 唐桟の, 啓之助の, 善良な, 喰ろとるやろ, 四百俵あった, 四邊に, 因果の, 壁の, 売らぬが, 夏期の, 多少不, 夜更迄, 大分増収だ, 大抵苦しい, 天狗に, 夫に, 夫にさえ, 奥で, 女だけに, 女の, 如何にも日本, 如才なく, 妹の, 子供の, 安い, 安い酒, 宗助を, 実際そう, 家を, 家中を, 實に, 小声で, 小菊紙を, 少しふるえ, 少しまずい, 少し呆れた, 少し後ろ, 少し気, 尽きな, 岡吉の, 島田に, 帰って, 平野の, 幾らしてる, 幾干, 幾晩も, 庄内米と, 店の, 引續い, 彼が, 待って, 御存知の, 御茶, 循環し, 微かに, 徳島へでは, 必ず挨拶, 忙しいので, 忠義者だ, 思い入った風情, 思ひ入, 急いで, 恐ろしい罪, 息ぎれを, 悪者の, 惡者の, 愛嬌の, 懸命に, 我を, 戸板の, 手に, 手を, 手桶の, 持たないで, 持つたる手拭, 掃除屋が, 提灯に, 数ヵ月よぶ, 斯う, 新三郎に, 方位でも, 日傘を, 日本橋の, 日記大永七年十月二十八日の, 日頃の, 明日の, 易者が, 昨日からの, 時々眼, 最後の, 最早死ん, 東向の, 枕元を, 格子口の, 正二郎に, 此方へ, 歩き歩き着物, 殊に田原贔負, 殺されて, 母の, 母子二人の, 気の毒そうな, 気候風土の, 決して主人, 決まって, 河筋に, 泣き伏す, 淋しそう, 混合よ, 済まない顔, 湯呑を, 火の気の, 灯に, 炬燵から, 無く又, 無事で, 無言の, 無論否む, 無論夫, 無論逆, 物悲しさうに平次, 物悲しそう, 特別の, 猿轡を, 玉の, 現実に, 産せず云, 産後の, 男の, 番傘を, 百円する, 盆ま, 直ぐ, 眉を, 真丸な, 眠りから, 着流しの, 着物の, 瞞か, 私が, 私に, 私の, 秋田荘内の, 程よく乾い, 程合を, 稲の, 空前の, 窮迫した, 笑いながら, 笑ひもせず, 答えた, 米の, 粒々辛苦な, 粗悪で, 粘着力が, 精白された, 精米所へ, 糊を, 細い声, 統制で, 絶えない, 縁に, 肥後の, 肩を, 胡四王神に, 腑に, 腹の中で, 腹を, 自分だけで, 自分で, 舌を, 舟板を, 色と, 若い女, 若くて, 茶器を, 草の, 草履を, 落っこってや, 蔵に, 血に, 衣子や, 袂と, 袖に, 裏の, 襯衣や, 要らねえよ, 見上げたもの, 覚えず膝, 親切に, 調べが, 諦めなかった辛抱づよく, 貴方旦那様, 買えなかったの, 越すだろうから, 足早に, 軽く咲容, 軽く膝, 軽く鬢, 輪の, 農家から, 近江の, 近眼の, 返事を, 透かし視, 遠島くらゐ, 遠慮し, 配給で, 配給に, 酒も, 重要なる, 金盥の, 鈍く光る, 鉄工である, 鍵屋あっ, 鏡を, 阿波での, 障子の, 震いつくばかり, 静に, 非現実, 響の, 顏を, 颯と顔色, 食えないぞと, 食べつくして, 食べられないの, 飯島の, 首を, 驚いたよう, 高いで, 高くなった, 高価にて, 黙って

▼ 米~ (610, 4.4%)

17 なくな 7 云った 6 ないから 5 ないと, なくなつた, 答えた, 聞いた 4 あれば, 声を 3 あるならば, あるの, なくなって, 之に, 買へ

2 [29件] あり炭, ある, あるから, ある炭, いつもの, お露, ないという, ないの, ないので, ない銭, なくては, なくなっても, なければ, また云った, ゆを, 一粒も, 不作の, 不足し, 二升きれ, 姫様と, 宗助に, 実って, 来たって, 無い, 無いから, 聞いた事, 野呂に, 高くな, 高くなつた

1 [479件] あがったそう, あがって, あきらめて, あった, あっても, あつた, あつて, あまり立派, ありすぎて, ありそして, あります, ありませぬ狩り, ありません, あり余って, あり炭籠, あり野菜, あるか, あるからと, あると, あるという, あるみこみが, ある今夜, ある国, ある日, いくらします, いっぱい詰まっ, いっぱい詰込ん, いつでも, いつぱい, いつまで, うす笑, うまいとか, うんとうなっ, おいしいん, おとずれて, お前価に, かなり沢山出来る, くると, ことごとく生活, この事件, この時, こぼれて, こぼれます, こんどは, さきだ, さきへ, ざっと五百何十石, すぐ云った, ずいぶん余, そこに, そこへ, そっと襖, その, それでも気, それらの, たくさんできる, たくさんとれない, たくさんとれる, たくさん出来る, たくさん穫れる, たしか十八銭, たべられないで, たべられると, たまると, たまるよう, たりなかったので, だんだん持ち込まれる, ちがうなんかという, ちっとも出来なく, できて, できなきゃ困るじゃ, できるはず, とりみだしたすすり泣き, とれず大, とれたかとか, とれても, とれなくも, とれるかも, とれるの, とれるよう, どうかうつ, どうかしました, どうッ, どれだけ, どれほど, どれほどある, どんなにおいしい, ない, ないからと, ないけれど, ないこと, ないし煙草, ないじゃ, ないって, ないで, ないないから, ないのね, ない石油, ない米櫃, ない袋, ない酒, なか, なくちやア, なくても, なくなったそう, なくなりその, なだめて, ねばつて來, はいって, はいってる袋, はいる, はこばれ炭屋, ひとりで, ふいと, ふやけて, へって, ほしい私, ぼうちょうする, ぼろぼろ現れたら, まさつ熱, またおどされた, またしても, また上ります, また今林庄, まだ歌妓, みんな食われ, もうなくなったらしい, もがく力, やがて床, やって来た, やって来て, やっと五ン合, やっぱり六月, ゆが, よく出来る, カランコロンの, キツイ目を, フッと, ベラベラと, ムクムクと, 一両で, 一人で, 一俵あった, 一俵ある, 一俵程, 一升, 一升いくらした, 一升かえる, 一升二七〇円し, 一升五十八銭に, 一升何銭だった, 一升十銭といった, 一升十銭より, 一斗五升にも, 一斗以上も, 一番なつかしゅう, 一番大切だ, 一粒, 七分搗き, 七分搗に, 三俵まア, 三分作以下です, 三升ばかり, 三度取れる, 三番の, 三粒, 上つて一升五十錢に, 上ると, 下手人は, 不意に, 不足すれ, 不足だ, 不足で, 不足な, 両に, 両六斗, 中で, 中心と, 中村に, 主なあきないで, 乏しく炭, 二七%に, 二人の, 二割しか, 二升四合も, 二度出来る, 二斗で, 二階の, 云い出した, 云い添えた, 云う, 五合に, 井戸端で, 井戸端へ, 亡くなつた後, 人目に, 今一歩早かっ, 今日の, 何とも, 何分安心, 何者かによって, 何處に, 俺を, 側へ, 催促した, 僅少な, 先へ, 入り, 兩に, 八九俵とれまし, 其限度であるらしい, 出た話, 出ないため, 出やんだと, 出る, 出来たと, 出来ないと, 出来なくなって, 出来ますでしょうなあ, 出来るじゃ, 出来ると, 出来る訳, 出来上るの, 切れたから, 切れて, 切符に, 別して正二郎, 割当の, 助けを, 十俵, 十銭すれあ, 半ば床の間の, 参りまして, 収穫るだろう, 取れた, 取れなかったが, 取れる村殘ら, 口誦を, 君二銭五厘の, 呼びに, 囁いた, 四五米に, 四五粒包まれ, 四石であった, 四銭で, 在来より, 外套を, 多くいる, 多く用ゐられ, 多分に, 多少, 夜更に, 大変でしょう, 大好きな, 大水の, 天から, 夫の, 奧の, 如何に, 妊娠した, 安いの, 安かっただ, 安くなっ, 安くなり過ぎた, 安過ぎ, 宗助を, 実らず奥羽, 宿へ, 寝て, 寮の, 小舟を, 小菊紙を, 少いの, 少くなっ, 少し余計, 少し悪くっ, 少し気味悪, 少ないので, 少量風呂敷包みなど, 尽きたと, 尾州から, 尾羽うちから, 帰って, 幾粒実った, 床へ, 底に, 座中に, 座敷から, 廉うて, 廉かった, 後から, 思い詰めた調子, 愛想を, 慌てたよう, 戸口へ, 手を, 手内職などを, 振りかえると, 散りました, 散薬を, 新年の, 昨日の, 時として, 有っても, 有りますそれ, 有りや仕ない, 有るのに, 朝起き, 来て, 来ないですか, 来ない形勢, 来合せたこと, 果して本当, 格子越しに, 桃山期に, 横あ, 欲しい米, 欲しい芋, 此方へ, 死んだ時, 死身で, 残らずそのまま, 殺されたじゃ, 殺されたという, 殺されると, 殺到する, 気の, 気を, 氣温の, 沢山に, 沢山出来, 流し元から, 浮く, 海産問屋の, 淫奔な, 清を, 湧いて, 湯を, 満ちて, 漸く飯, 炊ける間, 炭が, 点けて, 烈々と, 無いか, 無いという, 無いのに, 無いん, 無かった, 無くっても, 無くて, 無くなって, 無くなり大, 無くなり逆, 無くなると, 無しに, 煮える, 煮えるよう, 牡丹燈籠を, 甲走つて, 留めて, 白いので, 百何十石大麦が, 皆な, 盗んだと, 目標と, 石二十圓から, 砂利に, 磨いで, 磨ぎあがり大釜, 磨げりや, 私共の, 稗に, 積まれて, 突然云, 笑った, 答えようと, 答えるの, 箕に, 納まると, 納められずに, 終る頃, 絣の, 絶気する, 綱倉へ, 綿帽子の, 聞き返したら宗助, 聳える, 背後に, 能く, 膝を, 自分の, 自由に, 船積みされ, 茶の間で, 茶へ, 莞爾, 菓子皿と, 萬事取, 蒸せるまでには, 蔵に, 衝突でも, 袖を, 裏庭に, 襖から, 襷掛の, 見る影, 見兼, 言った, 訴えるよう, 評した, 豊かに, 豊作でした, 豊年に, 貧乏籤を, 貰えなくなって, 買いおけるから, 買いにくく, 買えた, 買えなけれや, 買えぬので, 買えませんお, 買えるか, 買えるよう, 買えるわけ, 買はれ, 足らないの, 足らないので, 足りないから, 足りないので, 足りない物, 足りなかったので, 足りなくて, 踊る彼等, 身に関する, 身の上, 身の上は, 身内は, 軽くサラサラ, 輕いと, 返事を, 追分の, 這入った飯盒, 達者で, 都へ, 配られては, 重かつ, 野呂を, 鋭くねらった, 門を, 陸を, 陸路を, 障子を, 障子越に, 隠して, 隠袋, 隣宿落合まで, 靜かに, 順々に, 飛んだこと, 食えたのに, 食えないの, 食へ, 食へる, 食べたい, 食べられるの, 食われないの, 飯か, 飯の, 首を, 騰る, 高いので, 高え, 高くなっ, 高くなつたら, 高くなる, 高くなろう, 高値い, 麥に

▼ 米~ (349, 2.5%)

4 あろうと, 塩も, 麦も 3 さすがに, なくな, なければ, 下ると, 登ると, 高い

2 [25件] ある絶壁, ございますから, それを, とれねば, ない, ないし, ないので, 一緒に, 下の, 二升もらっ, 今は, 何も, 嬉しそう, 次第に信頼, 水も, 煮えて, 登ったろうと, 石油も, 粟も, 負けずに, 醤油も, 間代も, 離れて, 食べて, 魚も

1 [269件] ああ家, あった, あったタメシ, あつて, あらうか, ありませんが, ありやしねえじゃ, あり炭, あるかと, あるの, あるやう, ある奴, ある深い, ある百貫山, ある花崗岩, ある薬師, ある輪骨, あれば, あろうか, うまい, おさし廻し, おつぎ, おづ, おぼつかなくなつた, おりかの, お相手, くさりやすい, くだものも, この景色, しまいには, そこに, そこを, その通り, それから味噌, それは, そろそろ集まりだし, たくさんできるであろう, たくさんできれ, たちまち化石, たべられずオカユ, たらふく食いたい, だいぶたまつたやう, ちょっと宗助, つい二ツ三ツ酌, つけて, つづいて, つまりは, とびあがり, ともにあの, どうぞそうし, どうにかなるでしょう, どうやら愚者, どのよう, ないから, ないそして, ないの, ないよう, ないん, ない紙, ない醤油, なかった, なかつたので, なく, なくては, なくなってるから, なくなつた, なくならうとして, なくなる, なく石油, なく金, なけりゃア麦, なしお, なし食べる, なんだか不安, なんだか引き入れられる, はいって, はいる, はなれた小さな, ひきはなして, ひた登り, ひとつ蓆に, また, また優良品, また啓之助, また次第に, また然, まだ節約, もつて, やりたいで, やりたいであろうが, よくみのり, よく熟睡, よこされない, われわれの, ツイ見兼ねた, ミソ醤油も, 一向平, 一度に, 一日に, 一等米に, 三等米に, 三米も, 上ると, 下ったろう, 下って, 下を, 不作春早々より, 不自由しない, 中間も, 久しぶりに, 亦然, 低い, 低いが, 低い所, 佐久間町の, 佐吉も, 何とはなし, 作らず布, 借りに, 値下り繭も, 傑出し, 先方の, 共々蟒, 出廻らなくなるし, 出来ず果実, 出来ない土地, 切り立った岩壁, 切符に, 切符制一日一合六勺, 初めて自分, 別段いたまない, 十吉も, 半ばは, 南京虫も, 及ばぬ味, 取りつきよう, 取れないが, 取付くし, 同じく睡られぬらしく, 向こうへ, 吟味に, 味噌も, 喉へは, 喰えず気の毒, 困らないよう, 売り上げて, 夕方から, 大切である, 大変談話の, 大豆や, 夫の, 安いし, 実らなければ, 実らぬという, 寝具も, 寝床に, 小六, 少し挨拶, 少し気, 少し焦れったく, 式台へ, 引摺り引摺り又, 引続き亡くなった, 当惑した, 後方に, 御辞退, 微笑を, 必死な, 思い寄らなかったの, 恐らく出来, 悪いし, 手に, 拾うて, 持って, 持つて, 搗きました, 搗き飯, 搗くべし薪, 搗く達者, 攀じ登って, 日本米の, 昨夜以来何か, 暗い中, 有るから, 木立の, 来た, 来たと, 枯れかけて, 枯れて, 橋の, 歩いたと, 死んだと, 残り少ない醤油, 殘らない, 気まずい話, 気楽に, 油も, 洗う味噌, 洗えば, 浙いだ, 海に, 深く原, 漸く疑い, 濡れた, 濯ぎまた, 炊いて, 炊くお, 炭も, 無い, 無いという, 無いまでに, 無い窮迫, 無くなるので, 無くなれば, 煙草も, 熟らない, 用います, 由造も, 目が, 県外輸出が, 研がずに, 碌に, 私も, 空へ, 続くと, 肥後米と, 腹を, 自分で, 自分の, 芋も, 茶を, 落花生も, 薪も, 諦めを, 豆も, 貧民へは, 貰えないがね, 買いたいと, 買えないわ, 買えなくなる粥, 買える, 買へ, 貸して, 走り出づ, 起きた, 足りないし, 足を, 跳ね上, 運ばれなかった, 遠からず, 遠慮なく食卓, 野菜も, 金も, 釣つたのである, 釣上げられ空中, 降らない前, 電気で, 面喰った, 食えずに, 食えぬと, 食えるし, 食った, 食って, 食器も, 馬春堂も, 驚ろいた, 高いので, 高いらしい, 高くなっ

▼ 米~ (293, 2.1%)

6 魚の, 麦とを 5 いって, 味噌と 4 いっしょに, おつぎ, 申します 3 一緒に, 十吉とは, 同じよう, 味噌, 塩を, 水と, 油とを, 炭と, 牛肉の, 雁

2 [17件] いえば, いつて, お源, お米, そういう仲, なって, 仲間の, 十吉は, 半分に, 味噌が, 塩とは, 株券と, 豆とを, 酒とを, 醤油と, 野菜とを, 麥との

1 [195件] あるからは, ある地点, ある峰, いいまして, いい病人, おそろしいもの, おつり, お粥, お花と, お菜が, お菜と, お露, きたらとても, きまりが, ぎに, ぐところみぞそばのいつとなく咲い, ぐみぞ, さし引, して, するほこり, するまでは, する以外, すれば, そして南京虫, そして薪さ, そのほか, その他の, つながる姓名, ひきかえでは, へだたらない所, やらいう女, フランスの, 一しよ, 一所に, 一股の, 三四合もらい, 両人を, 並んで, 乾うどんで, 乾カレーを, 二人で, 二人を, 云う仕事師, 云う女の子, 云う常磐津, 云やぁ, 交換する, 交換で, 交換の, 交渉の, 人参や, 例の, 入れて, 八百屋から, 出たねえ, 刺身と, 十吉, 十吉とが, 十吉との, 十吉とを, 十駄の, 千代とが, 同じく人類, 同じ意味, 名を, 味噌その, 味噌の, 味噌を, 味噌大事にかけて, 味噌樽は, 囚人の, 塩, 塩しか, 塩だけに, 塩と, 塩鰹節と, 外米の, 外米を, 大根とが, 大豆とを, 大豆を, 大麦とを, 娘の, 宅助が, 宅助とは, 宅助は, 安井に, 寝具一式リヤカーに, 小六から, 小豆が, 小豆は, 小麦と, 少しの, 差向いで, 庭の, 強火で, 御祷, 我, 戦端ひらく, 投げられず一米, 挽割麥とを, 挽割麥出せ, 搗き交ぜたの, 新しい鱒, 普通に, 書いて, 書くん, 替えた, 桶の, 棒杭に, 水を, 油を, 泊るだけの, 混淆し, 清が, 測られたもの, 測られた地点, 漢学の, 濁酒の, 炙肉汁, 炭とを, 炭薪などは, 焦げた飯, 煙草とを, 煙草少し, 煙草銭とを, 現在自分の, 瓜ふたつの, 甘藷とを, 生写し, 申しまして, 申す女中, 異って, 白く光る, 白菜と, 相傘, 石油と, 石油とが, 神と, 私の, 称して, 竜と, 竹と, 粟の, 精神だ, 署名し, 美人が, 肉と, 肉を, 胡麻鹽と, 腐った牛肉, 自分の, 芋と, 菜つ, 薩摩芋と, 薩摩薯とを, 藁とを, 蠅ともらつても, 覇を, 覚しき烈風, 親しかつ, 言っても, 言ひ交した, 記しければ, 記入し, 註され, 謂うの, 距らない, 連立ちて, 道を, 酒, 酒だけ, 酒と, 酒むろん, 酒を, 酒上州の, 醤油とを, 野菜さえ, 金の, 銭とを, 銭を, 間違へて, 隔たらない距離, 離れぬ路上, 顔を, 飯とは, 餅と, 餅とを, 馴染に, 鶏四羽卵を, 麥とでも, 麦が, 麦と, 麦とが, 麹で

▼ 米~ (279, 2.0%)

10 の主人, の店 7 のアンニャ 6 の小僧 4 の前, をし 3 かぶり, が白犬, の娘, の払い, の門, の隱居藤兵衞

2 [21件] というの, と炭屋, と言, に預け, のお, の丁稚, の下総屋, の二階, の亭主, の善どん, の女房, の息子, の手代, の番頭, の通知, の隠居所, は前, へ押込, へ行っ, や菓子屋, をたずねた

1 [178件] からは米, から四合十銭, から米, から質屋, から頼まれ, か酒屋, があっ, がどう, が一合枡, が倒れ, が兵隊服, が強面, が打っこわされる, が新村入, が桝, が留め, が米, が表, が襲われるでございましょう, が量, が頓死, こわしでも, じゃござんせん, だか, だという, だな, だの, だよ, だ心, で, でありました, でお前さん, でちいさい, では神田, では糯米, でも裏天はん, でも酒屋, で一番鶏, で源右衛門, で破産, で米, で貰った, というは名ばかり, という女性行商人, という宿屋, という米屋, という者, といふ, とか電燈屋, とへは來がけ, とよばれ, と囁いた, と富家, と差配, と質屋, と酒屋, ながらも真庭念流, なぞを破壊, などが一軒, などに借金, なりまた, なん, にご, には他, には藁, に一時間, に奉公, に従来, に申, に相違, に米, に米搗, に行つて, に車, に逗留, のあの, のおじいさん, のおちゃっぴい, のおやじ, のおやじさん, のおやじ弥五右衛門, のこと, のせがれ, のぶちこわし, のほう, のよう, の下男, の事, の倉, の借金, の元, の兼松, の兼松旦那, の切腹, の商売, の多吉さん, の大湯, の奴ら, の孫娘, の家, の小娘, の店先, の店頭, の御, の御用聞, の忰, の息子さん, の態度, の払, の拂ひなら半歳, の拂ひも滯ら, の搗き, の方, の旦那, の桑名屋, の横, の横合い, の竹一ん家, の符丁, の米, の米つき, の縄暖簾, の船, の若い衆, の茂兵衛, の蔵前, の裏, の親父, の角, の越後屋兼松, の軒, の途, の配達人, の青年, の風呂, はない, はキログラム, は内, は反射的, は安心, は持米, は本当に, は目白, は米, は聖人, は表通り, は言つた, ばかり狙っ, へ, への不平, へは帰らない, へ來, へ出かける, へ向かいました, へ弐十三銭, へ支払い, へ行く, へ行った, へ行つて藁, へ走っ, へ電話, も薪屋, も酒屋, も雜貨屋, やその他富有, や八百屋, や日用品店, や炭屋, や質屋, や靴屋, よりえ, よりも米, をなに, をやつ, を出し, を出す, を営ん, を毀ち壊し

▼ 米~ (188, 1.4%)

4 して, 聞いた 3 及んで 2 しても, 向って, 水を

1 [171件] ありついたとしてからが, ありつきまして, ありつけると, いえお, お札を, かぎるとかいう, かけた, かねがね聞い, かぼちゃの, くわれる, こう受合っ, ここへ, この鶯, こんなこと, した, した時, しろ家, すぎず内輪山, する, するの, するまでの, する作業, せよ野菜, そっと話す, その返事, それほど思われ, ちがいない, つがせて, つぐ生活必需品, つけないで, つづらの, とりつき八日, なって, ならない, なります, なり何, なり南京米, なる, なると, なるまでには, なる青田, ねじ込むつもり, へばり着いて, まかれて, まじって, まぜ自然薯, むかって, むかつて, やる手紙, よく似た, よると, カランコロンと, 一ツの, 不自由する, 事を, 事欠くこと, 亘つてさまざまの, 代へて, 代る美味い, 代わった, 余る素晴らしい, 作業着一切を, 価ひしない, 出て, 出逢った, 別れて, 十二分の利得を, 及び或は, 及ぶもの, 及ぶ所, 取って, 取っては, 取つて, 口止めを, 向けた, 問うこと, 喰ひ, 困らぬという, 困る人, 土を, 垂んとする芋, 執着し切った, 執着する, 堕し三等米, 塗り金盤, 変って, 大根や, 天つ, 奢りし裏長屋, 宛てた, 寄つて踊つて来る, 対わなくっ, 對し, 届かねえ点, 幾通りか, 引直し, 当るの, 怨みは, 悩まされて, 戻ると, 手びきさせる, 手を, 手伝いを, 打ち明けて, 換ふる, 換算すれ, 於て, 日傘を, 最も盛ん, 椅子を, 欠かないのに, 比して, 気を, 水までも, 注意され, 注意を, 減じ噴き飛ばしたもの, 物を, 生きるよりは, 用が, 當る, 疑が, 目顔で, 突込ん, 紙ッ切れの, 紹介された, 自信は, 見せた, 見せるの, 訊ねました, 話すの, 誘われて, 語らないの, 説明し, 賞味できる, 贈り一株, 走り獨國勢力, 足らないよう, 足らぬ上越界, 足らぬ小, 足りない山, 近い, 近いと, 近い一峰, 近い峰巒, 近い白馬岳, 近い高さ, 近い高原, 近い高度, 近き地点, 近く毛色は, 返辞が, 追い立てられて, 逢いたいと, 過ぎないから, 過ぎないが, 過ぎないに, 達した, 達し奥仙丈山, 違いない, 遠慮が, 酌を, 降参した, 限つた, 限る事, 陸軍は, 離れて, 預けて, 鹽入れ炊ぎ, 麥に, 麦を

▼ 米~ (152, 1.1%)

5 麦を 4 芋が, 芋を, 野菜を, 麥を 3 銭を

2 [17件] お魚, 何かは, 味噌や, 味噌を, 大根を, 炭の, 繭の, 豆が, 豆を, 野菜や, 金が, 魚や, 麥や, 麦が, 麦の, 麦は, 麦や

1 [94件] あずきや, おまえの, お菜を, お金が, かしぐらん, きび, こちらへ, で大変, どうして買える, どうぞ萩原さま, どうぞ萩原様, なの, ひえを, へは其前, イモや, ナスは, ナスや, ナスを, フアリナや, ミソの, ミソを, 他の, 何かの, 何や, 俵の, 光で, 利子払いを, 又今夜, 名産, 味噌等の, 塩では, 塩にまで, 塩や, 塩を, 大豆で, 女中は, 小功, 御四季施代金, 木材の, 木綿の, 材木などを, 松茸賣, 株の, 椋葉飯やを, 水を, 沢庵を, 炭を, 煙草などと, 燕麦蕪菁や, 物を, 着物を, 砂糖が, 私ゃ何うし, 粟を, 絹の, 肉が, 肉を, 肥料を, 芋の, 芋は, 芋や, 茶は, 茶を, 荒物や, 蒲団を, 薩摩芋の, 薪でも, 薪や, 調味料ミカンまで, 豆だった, 豆などを, 豆に, 豆や, 酒の, 酒や, 酒を, 酒醤油を, 醤油を, 野菜が, 野菜なぞを, 金の, 金を, 銭の, 雑穀でも, 雑穀の, 青物を, 青菜に, 鹽にも, 麥などを, 麥の, 麥は, 麦に, 麦よりも, 麦五升ばかりに

▼ 米~ (138, 1.0%)

4 のよう 3 を積ん, を積んだ 2 には西日, のぎつしり, の上, の山, の蔭, をかつぐ, を両手

1 [114件] かつぎ, から洋傘弁当, かコロコロコロコロ, か小豆, がうんと, がそつくり自分, がつま, がもう, がわずか, が二つ三つ, が十四, が十数俵, が積, が積みあげられ, が積ん, が空, が置い, が背負, が軋む, が運ばれ, が重重しく, が順序よく, だと, だなんてね, だの, だので, だの丁字, であったのに, でそれ, でも玄関, とか原形, とのあいだ, とを悠々, と米俵, にかぶりついた, にがつ, になっ, には松丸太, に一俵, に入れ, に噛りつ, に大股, に手, に腰掛け, に鼠, のあいだ, のあたり, のさん俵, のまま, の一件, の中, の勘定, の半分, の向, の形, の数, の方, の空いた, の頂上, の類, はいくら, はそれ, はメリ, は慥, は持ち上げし, は重量, ばかりを積んだ, へつめ, へ登つて其上, まで調べました, もありませぬ, もろくに, も積揚, も見えなく, やらが屋根, やら筵, や千兩箱, や枯草, や炭俵, や酒樽, や野菜, をかつい, をかぶせる, をく, をつけた, をつみ上げ, をつん, をのっけ, を一杯, を二俵, を二十五六俵陸, を内庭, を家根, を屋根, を左右, を平気, を引い, を引つ, を担ぎだし, を指し, を捧げ, を槍, を片手, を置い, を置き, を置き並べよう, を肘突き, を背負わせ, を見た, を計る, を載せた, を降りた, を駆けのぼっ, 編んで

▼ 米さん~ (118, 0.9%)

2 [17件] があの, がしな, が先, と間, にまけない, の事, の兄, の出入り, の守護神, の振向いた, の消息, の清く, の薄, の許, の風説, もお, を訪ねよう

1 [84件] お米さん, か, がお, がその, がたいそう, が何時, が入っ, が其の, が單衣物, が引き受け, が息, が死ね, が湯, が自分, が表, が言った, が言つたの, が送, が送っ, が附きまし, しっかりし, じゃございません, て人, で, でございます, ですか, では, と, という一人, といえ, といっ, といふの, とおみ, とかいう子, とした, とやらがいちど息, とやらがそうやすやす, と一番, と二人, と云, と手前ども, に, に可愛がられすぎた, に対して生意気, に對, に従って帆村探偵, に背後, に限る, に養子, のお, のとりもち, のよう, の前髪, の妾宅, の御, の方, の病気, の素足, の素足さ, はいつて, はここ, はご, はそれ, はどないし, は三田さん, は又, は控, は控え, は神様, まあ, まあどうして, まアどうして, もえらい, もけつたい, もせいぜい, もみんな一緒, も今日, や私, よく見る, をひきずり出し, を祕密, を秘密, 其の後, 逢いたいという

▼ 米友さん~ (118, 0.9%)

4 じゃない 3 に違い, の胸, はどう 2 がいい, とおっしゃる, のこと, のはず, の幽霊

1 [95件] あれあれあの, お休み, お話し相手, がいない, がいなけれ, がお, がお爺さん, がこうして, がこの, が保証, が強い, が悪い, が早い, が来, が来た, が棒, が櫓, が留守居, が胆吹, が長い, が附い, が鷲, この舟, これからわたし, そのままの, そんなこと, そんな話, だか, だこと, だってもう, だよ, でございますが, では, というお方, というの, という人, とした, とどっち, とのあの, なの, ならば, ならわたし, にでも頼ん, にも充分, に会いたい, に憎まれる, に追いかけられ, に逢いました, に限っ, に頼ん, のおっしゃる, のほか, の唄, の唄い, の姿, の帰る, の御, の心持, の心持一つ, の心耳, の気持, の眼, の行方, の許し, の足, は, はあの, はあんなに, はお, はたしかに, はただ, はどこ, はもう, はやっぱり, は柄, は米友さん, ほんとに暫らく, もしかしてお前, もちっとも, もよく, も御, も自然, も返答, も騒々しい, やさき, やわたくし, わかりました, を相手, を突っつく, 危ない, 少しの, 怒っちゃあ, 悪くなく思っ, 来て, 見なかった

▼ 米~ (89, 0.6%)

4 のよう, の中 3 と豆, の男 2 ですが

1 [73件] がおっこちる, がだんだん, が固く, が多く, が違う, ぐらい中, すらな, だけ真, であるが, でもぞろぞろ, でも溢, で私たち, とくだん, と一緒, と米粒, と霰餅, なんぞあ, にありつきたい, にはいろは四十八文字, のやう, の堅, の多き, の小さい, の幾粒, の形, の点, の表面, はどれ, はバラバラ, は極めて, は米粒, は草, は西瓜, は黄色, ばかり拾, へ文字, ほどのもの, ほどの小さ, ほどの白足袋, ほどの花, ほどの芽, ほどの蠅, ほどの透明, ほど小さな, もなかっ, もなかつた, や豆, をついばんだ, をつけ置き, をのせ, をばら, をひろっ, をまい, を一つ一つ, を一緒, を争っ, を二粒, を入れ, を入れた, を出し, を啄みはじめた, を地, を小皿, を御覧, を手のひら, を拡大, を拾っ, を振りまい, を挾ん, を撒いた, を私, を蒔い, を這入る

▼ 米~ (80, 0.6%)

5 の高 2 に足らぬ, の一峰, の処, の所, の近景

1 [65件] ぐらいあっ, ぐらいまでの北西, であって, ではそんなに, という抜群, という高, とは距, と下っ, にてスミス氏, にも及ん, に亘る, に及ん, に達す, のところ, のムスタアグ・アー夕山, の低空, の円, の土壁, の大菩薩嶺, の天上, の山脊, の峠, の崑崙山, の広, の彼方, の最高峰, の白岩山, の聖エリアス山脈, の辺, の鉄, の間, の雲取山, の高い, の高度, は高い, ばかりにし, ばかりの深い, ばかりの薄い, ばかりの距離, ばかりの近間, ばかりを隔て, ばかり投げ出され, ばかり深, ばかり隔, ばかり離れ, ほど前進, ほど落ち, ほど隔てた, まで深々, まで登り切る, もあろう, も下, も下る, も低い, も後退, も行かない, も走った, も進んだ, も高く, を出入, を有し, を示す, を越す, 少し嶮, 深さ五米突

▼ 米~ (78, 0.6%)

3 の宣教師, を經 2 に於, に遊び, の女子

1 [66件] から歐羅巴, から歸つて, から移入, が毎年型, では, ではこれ, では一つ, では餘, でオスボルン, で劍道, で買つた活動寫眞機, との戰爭, と支那, にあ, には既に, には良い, にも只今二三名, に取らし, に對, に派遣, に渡つて, に渡り, に滯在, に留學, に留學中, に行, に行く, に送り, に關, の, のサリスブリ, のニューヨーク, のハァヴエー, のプリンストン大學, のペルリ提督, のラインシュ公使, の不平黨, の前, の哲人エマソン, の大, の富豪, の少年達, の工業, の年々出現, の建國, の拳鬪, の數十萬臺, の文豪ア, の樣, の浪漫的詩人アランポー, の爺さん, の物理學會, の貨品, の雜誌, への移民, へ持ち込んだ, へ渡り, へ私, へ輸出貿易品中, ノ, ノ十三洲獨立戰ハ其, ノ恐怖タル日本移民, ヲ脅威シテ, 各宣教師, 探檢隊, 程の大量生産

▼ 米~ (72, 0.5%)

4 が上陸 3 の給与 2 の兵士たち, の用, の砲撃, の通訳

1 [57件] がいつ, がマニラ, が何処, が南口, が投げおとす, が日本, だか, ですら, では, と打合せ, と連絡, にとって重大, によって満州国, に占拠, に属する, に帝都爆撃, に投降, に敵し切れなかった, の, のいう, のキャンプ, の一支隊, の事務所, の人たち, の偵察艦隊, の優秀, の命令, の士官, の大小, の将兵, の将校, の将校達, の携行糧食, の攻撃, の攻撃力, の放送, の来る, の爆弾, の空襲勇士たち, の給与以外, の警戒, の軍用トラック, の飛行士, の飛行機, の食堂, の駆逐艦隊, は, はもう, は北口, は文字通り枯葉, は本土, は突如, をむかえ撃つ, を圧倒, を食い止める, を駐屯, 総司令官

▼ 米~ (57, 0.4%)

3 立てて 2 常に腹, 暮しを

1 [50件] あの大きなトラツク, いずれかと, おまけに, くれと, この多人数, ご飯を, しばられて, それまで, つくる菓子, ひとり者の, インターラーケンも, グイ, ビクビクし, 七合入, 不自由なく, 与えたもの, 両地, 作らなければ, 健康を, 六十石を, 劒岳よりも, 即ち八畳, 受け取ること, 四斗ずつ, 四斗づゝ返す, 団子の, 地下足袋一足も, 小が, 小アララット, 届けて, 建てたん, 換算する, 支払わねば, 暮らしを, 沼は, 焚いたの, 焚くと, 煮て, 生魚が, 百米専門の, 直ぐ南, 粥を, 納めんならん, 素晴らしい評判, 買う奴, 酢が, 針坊主の, 長さ十六キロ幅三キロ, 陸軍の, 食って

▼ 米~ (54, 0.4%)

2 は知る, は陳

1 [50件] が大, が突然, が舞踊場, が電流, との境, にも集団的, にボロ, に会った, に告げ, に宣誓, に身, の堪え, の大隊, の山, の杯, の腕, の視線, はお, はソーマ, はバルコニ, はビイクトリア・ブリテッシュ・スクール, はレムブルグ, はロシア女, は人心, は再び, は大連, は尖鋭, は尻, は廊下, は彼, は彼女, は政府, は昨日, は枕元, は柩車, は沈黙, は病み疲れ, は空中滑走, は緑, は自分, は鋼鉄, は電報, は香港デーリ・プレス, もシイ, をマダム・レムブルグ, を悲しませた, を抱きしめる, を抱き締めた, を興奮, 冷かすの

▼ 米以上~ (51, 0.4%)

8 の山 2 の峰, の高山, の高峰, の高度

1 [35件] ありました, あるの, が少く, だ, だったろう, であ, であったよう, で処女, という針木, に達し, に達する, のこと, の上空, の大, の天空, の山々, の平均高度, の標高, の深, の落差, の部分, の高, の高所, の高空, はたしかに, はなれ, は或は, もある, もあろう, も隆起, を七十幾つ, を降り, 掘られて, 掘出されそこで, 高いから

▼ 米~ (50, 0.4%)

2 と炭代, もない, をかせぐべく

1 [44件] が一升十銭, が主, が残し, が浮いた, ぐらいはあるだろう, ぐらいは立て引い, だけだ, だけはとれた, だつて, とかお母さん, とし, としてあて, と薪炭費丈, にさ, にした, になる, に為, に相当, のカタ, の催促, の才覺, の払い, の支払い, はどう, は和尚さん, もつづかない, もなく, も出し, も油代, よりも水代, をもっ, を三八九, を借りた, を借りる, を儲け出す, を取っ, を払, を払う, を稼い, を融通, を酒代, を飲ん, 借リ, 少々借りる

▼ 米~ (47, 0.3%)

4 の部屋 2 が夜, が教え, は八五郎, は姉, は平次, は微笑

1 [31件] がいる, が中途, が男, に誘い込まれ, に誘い込まれた, に顎, の下, の姓, の寝, の寢, の居どころ, の屋前, の手, の死んだ, の野郎, はお, はたった, はたつた, はとうとう, はどこ, はどれ, は三反歩, は勿論, は吾妻屋永左衛門, は吾妻屋永左衞門, は故郷仙臺, は警察, は豹, への面当, までがこんな, を通じて大隊長

▼ 米から~ (45, 0.3%)

3 牛乳で 2 三千米を, 製造され

1 [38件] あのお, じり, そっと知らされ, でなく御飯, ふっとばす泳ぎ方, むすび文, マラソンまで, 一・五米の, 一一〇〇米ぐらいの, 一人は, 一握, 三米の, 二十米三十米の, 二千六百米に, 二百米ぐらゐの大, 云えば, 云わせると, 六七百米も, 出る黄色い, 分つ為, 判断した, 労役人夫みな行き届いた, 千二三百米の, 受けて, 喫茶店ビリヤードマージャン等の, 塵を, 売りつけられた碌, 届いた絵端書, 手紙とは, 拵えるので, 気長に, 渡されたもの, 百米前後の, 粉鉱採, 聞いた話, 自分に, 醸造した, 願ひます

▼ 米~ (40, 0.3%)

2 が病気, の掛け小屋

1 [36件] があった, が来た, が梅, が獨, だったか, であった, でも側, といいます, といかに, と同座, と和泉屋次郎吉, と逢痴, なども此芝居, には千歳米波, には意味, のマングワ, の三角点, の兄妹, の恋, の昔, の楽屋, の竜バミ山, の若, の配偶, はいくらか, はさぞ, は不思議そう, は何, は史上, は探る, は横目, は機嫌, は浮かない, は額, もでしょう, を連れ

▼ 米~ (39, 0.3%)

2 が云った, だ, であった, に返す, は大阪

1 [29件] かご苦労, が単騎策, が姿, では, ではなかっ, のほう, の帰っ, の方, はそっち, はにわかに, はツカツカ, はドッシリ, は上がっ, は中腹, は云った, は城主, は愛想, は振り返った, は揶揄的, は洞, は温顔, は火, は烈しく, は背, は苦笑, は行っ, は部屋, をやったら, を導き

▼ 米でも~ (36, 0.3%)

2 ない, 千米でも, 雲を, 麥でも

1 [28件] ある, いると, うその, じゃがいもでも, ただの, なんでも, みんなこの, 一茎の, 何でも, 卵でも, 又わが国, 塩でも, 始めねば, 少しやつ, 恵みまするので, 搗いて, 構いません, 薪でも, 豆でも, 買って, 造ったおり, 遠くへ, 酒でも, 金でも, 随分間に合わない, 食え, 魚貝類でも, 麦でも

▼ 米~ (33, 0.2%)

7 丞の 5 丞は 3 丞と, 丞という 2 丞, 丞が, 丞も 1 丞おまえは, 丞その, 丞たいそう, 丞だけは, 丞でありました, 丞でも, 丞に, 丞までが, 丞を

▼ 米一升~ (32, 0.2%)

1 [32件] が三十銭, が五十銭, が六十円, そして豆腐一丁, だけ借りる, でどう, というところ, につき約, に上等, に二合位, に五合位, に付酒一合, に味淋二合, に酢二合, に里芋三合, に銭百文, に銭百文きり, のかわり, の兵糧割り当, の豆五ン合, をどさり, を与えれ, を十円, を年神, 与う, 借りて, 借りるつらい, 分けて, 実に六百二十四文, 渡して, 買う, 貸して

▼ 米利堅粉~ (30, 0.2%)

4 と玉子 2 の饂飩

1 [24件] かあるいは, がなけれ, でその, で饂飩, と塩, の代り, の湿気, の溶いた, の粉袋, の衣, は普通, は西洋, へ塩水, を, をいため, をお, をつけ, をふり, を六杯, を加え, を振撒い, を捏ね, を水, を溶

▼ 米にも~ (27, 0.2%)

1 [27件] おそい, これと, これに, 余る赭色, 優る氣, 千万無量の, 及び其巨大, 及ぶ, 及ぶ喬木, 困って, 困ってな, 困つて, 困る人間, 困る暮し, 困る貧乏人同士, 宅助にも, 宗助にも, 思い掛けないほど, 東北では, 毎年こう, 決して明かし, 臺所で, 見られて, 足りない細長い, 足りない高田尾, 達したと, 達しないが

▼ 米~ (26, 0.2%)

2

1 [24件] から, からねそんなに, か林, が乾, が言葉つき, し目, ぜこりゃ, つたのです, つてパシフイツク邊の, つて一粒も, とかパン, とか施行小屋, とか麦, とチョイ, と喚きつづけた, ねえ, ね元気, のという, のといふ, のの, のを, はら, わらと, 七分搗きだ馴れる

▼ 米という~ (26, 0.2%)

2 ものが, ものは

1 [22件] あばずれ女エエ法月さんとは, のが, ものの, ように, レコードを, 二つの, 人が, 別別の, 名は, 外国の, 女これが, 女と, 女は, 女中と, 奴で, 字を, 小間使が, 山塊を, 物凄いモヤ, 音と, 音の, 風を

▼ 米准那~ (26, 0.2%)

5 の舟師 3 の三字 2 のこと

1 [16件] か又は, とあ, と日本, と續, にし, の, の原音, の名, の姓字, の帶びて, の舟, の船, の薦聞, の那, をアルヂユナ, 即ち

▼ 米騒動~ (26, 0.2%)

3 の時

1 [23件] があっ, がおこった, が全国, が持, が方々, だ, というもの, という事件, などは如何, に付い, に関係, のあった, のあと, のとき, のどさくさ紛れ, の事件, の恐ろしい, の最中, の起つてる, ばかりであった, ぶちこわし事件, や新聞, よりも優美

▼ 米には~ (25, 0.2%)

1 [25件] あらかじめ強い, この次, それが, そんな区別, なる程度, まるで意味, 一斗に, 他の, 会長賞が, 叔父にあたる, 困らなかった, 天から, 少し案外, 挽割麥が, 敵わ, 昔から, 毒を, 水が, 淋しいはず, 生命力が, 自分が, 自分と, 赤い粒, 道具屋の, 遠縁に

▼ 米~ (24, 0.2%)

2 ありと, という事, に宣戦, の科学思想

1 [16件] と妥協, と戦っ, にも学ぶべき, のともがら, の二国軍, の似, の娯楽雑誌, の将兵, の書物, の模倣, の物, の異, の鋒先, は憎ん, を敵, 打つべし

▼ 米ばかり~ (22, 0.2%)

2 ある, では

1 [18件] あるとか, いかがさまでしょう, くれて, グーと, トラヴァースし, 上の, 低いところ, 作って, 前へ, 喰うて, 横に, 残って, 淋しい秋, 漕ぎ去ったかの, 炊え, 隔たった中央, 離れた松, 食って

▼ 米問屋~ (22, 0.2%)

6 の主人

1 [16件] から器量好み, である, と酒問屋, に向っ, に這入った, の三島, の兵庫屋, の女房, の家, の帳付け, の知己, へ出かける, へ帳付け, へ送っ, まで幾俵, をはじめた

▼ 米ぐらいの~ (21, 0.2%)

1 [21件] ところで, スキ間が, 上空で, 丘は, 地点で, 地点に, 姿の, 小連峯, 山が, 岩へ, 怪魚, 海底なら, 深さ, 溝は, 相当な, 突風が, 見晴ししか, 距離を, 釣糸を, 階段の, 高さ

▼ 米原氏~ (21, 0.2%)

1 [21件] が出雲言葉丸出し, が相当, だけはチャン, に向い, に対しては仕事, のこと, の出生地, の日頃, の軍鶏, はこの, はすっかり, はせつせ, はなかなか, はよろこび, は元, は権幕, は私, へ或, もかねがねそう, もそういう, も当時

▼ 米~ (19, 0.1%)

2 に過ぎない, はある

1 [15件] あるから, から喬木, であつ, で止り, で気温, で湖, と思われる, にすぎない, のところ, のもの, の山脈, 離れた灌木, 高いかもとも, 高いよう, 高い様

▼ 米前後~ (19, 0.1%)

3 のもの, の山 2 の高

1 [11件] であって, でありますから, であるが, の丘陵, の地点, の村, の榛名山, の速力, の部分, の隆起, の風

▼ 米相場~ (18, 0.1%)

2 に手

1 [16件] が名人, でひどい, で儲けた, で大穴, にも洋銀相場, にも無, のたつ, のコ, の神さま, の高低, の高低表, や株, や株式, や蚕, をやっ, をやる

▼ 米連艦隊~ (18, 0.1%)

1 [18件] と欧弗同盟空軍, に属する, に見つかり, に遭遇, のため, の主力, の主力艦オレンジ号, の位置, の偉容, の旗艦, の砲弾, の砲撃, の連中, の鼻, はいま日本, はなお, は欧弗同盟軍, は煙幕

▼ 米~ (17, 0.1%)

1 [17件] がこぞって, が兄弟, で西洋史, にとつて, に親しみ, に親炙, の, のやう, の人, の前, の夏帽子, の祖先たち, の読本, はよく, は笑話, をそのまま, ノ持續セントスル國際的特權ノタメニ宣傳サレツツアル平和主義

▼ 米~ (17, 0.1%)

1 [17件] が, が二十五歳, であらう, でなくては, とは共に, に就い, に言, の父寛齋, の西征日乘中癸亥十月十七日, は, は三十七歳, は八十歳, は神辺, は長崎, をも其父寛斎, を同病, を載せ

▼ 米~ (17, 0.1%)

4 をし 2 の權六

1 [11件] が東山家, が説明, でも畑耕, で何, にさえ出, の杵, の權六殿, の男達, は越後, や山, を始め

▼ 米連邦~ (17, 0.1%)

2 の艦隊

1 [15件] からは一人, が欧弗同盟国, と欧弗同盟国, における敵国スパイ, にしろ, には一切, に動員令, のワイベルト大統領, のワシントン放送, の国力, の軍用機, の軍艦, の開戦説, はばかばかしい, は戦争

▼ 米~ (16, 0.1%)

2 銭かを

1 [14件] お米, これは, ずっとこっち, つぎの, みの両の, わきて白き, パンの, 分らん様, 小麦の, 御飯粉か, 或は高く, 知らん, 粉かの, 麦の

▼ 米では~ (15, 0.1%)

2 ない

1 [13件] ありません米, しかたが, しみじみお, その日, とても遣り切れない, ないか, ないよう, ない代官伊奈, ない粟, なくて, ポースティーブンソンに, 勝ったこと, 日本の

▼ 米ほど~ (15, 0.1%)

1 [15件] でありますが, のぼり岩庇, むこうの, 上の, 下の, 下流に, 低い, 低いに, 歩いたけれども, 登ると, 行ったところ, 行ってから, 走ったばかり, 距てて, 離れて

▼ 米~ (15, 0.1%)

6 章は 3 章の 2 章流の 1 章と, 章に, 章も, 章黄子久の

▼ 米友公~ (15, 0.1%)

2 の御

1 [13件] が, がまた, が粒蒔, というもの, という人形, と言った, なんぞもその, には米友公相当, のもたらした, の如きで, もよそながら, を失っ, を捨て

▼ 米友自身~ (15, 0.1%)

1 [15件] が一隻, が心得, すらもこの, だけで単独, では名状, では誰, になっ, にもよく, にもナゼ, に於, の形相, の言う, の面目問題, は寸暇, もそれ

▼ 米~ (15, 0.1%)

1 [15件] がぽっかり, が急, が来, が頭上, のため, のみであった, の姿, の日本内地爆撃, の様相, の焼夷弾, の爆音, の眼, の銃爆撃, の音, をめずらしく

▼ 米~ (15, 0.1%)

1 [15件] がある, が並ん, に二俵, に入, に近い, のそば, の側, の岸, の蔭, の裏手, は三吉, をあずかっ, をめざし, を開い, を預け

▼ 米だの~ (14, 0.1%)

1 [14件] お源, みんな二百円の, プラチナの, ミソだの, 何だ, 粢, 粢だの, 綿その他を, 肉だの, 肝臓だの, 肴だの, 錢だ, 錢だの, 随分相応

▼ 米~ (14, 0.1%)

2 の仕事

1 [12件] から聞いた, にしか達し, にも聞い, に煙草, に話した, の三角点, の唐松尾, の娘, の気, の生活, の細工邸, らしかった

▼ 米~ (14, 0.1%)

1 [14件] あるいは着物, が五六俵, つくらぬ美的百姓, でいうなら, で言え, とちがっ, に向っ, の穀粒, もまた, を作りまする, を搗く, を育てる, を買, 又は甘藷

▼ 米~ (13, 0.1%)

2 源が, 源に, 源花亭の, 米と 1 つぎお, 春の, 源という, 源の, 米知っ

▼ 米以下~ (13, 0.1%)

1 [13件] が九, が八, が六, が十三, が十二, が十五, であっては, では平野, との和親条約, に於, の山許, の峠, は霧氷

▼ 米味噌~ (13, 0.1%)

2 そのほか

1 [11件] であった, についてはポンボッチリ, にやしなわれる, のおき, の事, の値段, の気づかい, ば差上げろ, やら金子, を取る, を引きとらなけれ

▼ 米戦争~ (13, 0.1%)

2 はいつ

1 [11件] が始まり, が急, とし, にまで発展, に対する十数種, に関する著述, の危機, の準備, はだ, は当然, を開か

▼ 米~ (13, 0.1%)

12 の玉あはれ 1 なるかな

▼ 米~ (13, 0.1%)

5 と欧弗同盟 2 の主力艦隊 1 と欧弗, と欧弗同盟軍, の主力艦, の艦隊, の軍艦, の追撃隊

▼ 米~ (12, 0.1%)

4 混ぜて 1 五合ほどの, 出て, 加えて, 手を, 水を, 無残な, 牡蠣を, 行った

▼ 米友の~ (12, 0.1%)

1 [12件] はそういう, はその, はその後者, はよく, は全く, は前, は小うるさい, は戸田流, は手練, は梯子, は聯想, は難問

▼ 米~ (12, 0.1%)

1 [12件] いずれまた, じゃ万吉, とやらが見つからぬ, ならあんな, にゃどれ, のお, のこと, ほんとに人, もあり, もお, やわっ, を阿波

▼ 米~ (12, 0.1%)

12 の米

▼ 米~ (12, 0.1%)

8 ひに 2 ふと破れし 1 はう, ふ銭

▼ 米とを~ (11, 0.1%)

3 持つて 1 もって, 下げて, 与へる様, 常の, 授けられて, 混同し, 肴に, 買うて

▼ 米ほどの~ (11, 0.1%)

2 高原を 1 クリークが, チムニーを, 丘陵が, 大きな鉄釜, 山岳まで, 登りで, 祿を, 禄も, 鋭い歯形

▼ 米一粒~ (11, 0.1%)

2 入つて 1 ずつは大きく, でさえ, でも, でも持つ, でも粗末, の尊, の的, の稼ぎ, も食べませぬ

▼ 米~ (11, 0.1%)

1 [11件] が, が大きな, に命じ, の二人, の問答, の顔, はすぐ, はその, はそれ, は目玉, をお

▼ 米會社~ (11, 0.1%)

1 [11件] の三つ, の全, の性格, の政策, の株券, の關係, はオホツク, は一七八三年, は初期, は北氷洋, は沿海州

▼ 米躑躅~ (11, 0.1%)

1 [11件] が一尺許, が叢生, が多い, が旨く, などが多い, などが岩間, などが生え, の細かい, の花, の類, や石楠

▼ 米だけは~ (10, 0.1%)

3 ある 1 ありがたいこと, ちゃんとストック, まだ型, 不作でも, 不足なし, 彼自身の, 早くも

▼ 米とか~ (10, 0.1%)

1 下駄とかいう, 光りで飯, 友とかいう, 味噌とは, 小遣の, 言ふ, 赤ん坊の, 野菜ですます, 麦とか, 麦種子代とかは

▼ 米なら~ (10, 0.1%)

1 いくらでもある, ば一升五合, ば二合, ば五升, ば十層倍, ば米, もうとうに, 六升台で, 米, 米櫃は

▼ 米一俵~ (10, 0.1%)

1 しか有りましねえ, とした, とられたん, と絹一疋, の価, をうかす, を取り揃える, を配達, 打つべ, 送りました

▼ 米一合~ (10, 0.1%)

1 と糯米一合, に小, の持駒, の銭, ほどを入れ, をバター, を五合位, を牛乳八合, を狐色, 残って

▼ 米大陸~ (10, 0.1%)

2 に至る 1 が一八四八年, とを結ぶ, の一部, の北部, の孤萍, の深林, の西岸, を短い

▼ 米~ (10, 0.1%)

1 などの灌木状, などの針葉樹, の上, の中, の細い, の美林, は非常, や偃松, や石楠, を交え

▼ 米~ (10, 0.1%)

1 が来, が浦賀, とを望む, に乗っ, に塔, に搭, に護送, の砲声, は割合, を趁

▼ 米~ (10, 0.1%)

1 がかった話, さの, で盗難, と言った, に暴徒, の十分の六, の当節, の称, の罵声, また紙高

▼ 米ぐらい~ (9, 0.1%)

1 あったそう, すすむたび, だよ, だろうという, はいったかな, 一貫から, 先の, 垂れさ, 間を

▼ 米だけ~ (9, 0.1%)

1 この七人, だが, でなく鶏, もって, 取りたてて, 持って, 物だけが, 頼むよ, 高くする

▼ 米である~ (9, 0.1%)

1 からこの, から立山山脈, が上州国内, が最高峰, が絶巓, が醜男, が雄山, という, ように

▼ 米とは~ (9, 0.1%)

1 かつて久しぶり, そりゃ情ない, まえから, もう七八回, 一人一日の, 五人の, 仲の, 比較に, 異なる糞

▼ 米両国~ (9, 0.1%)

1 にては富, に使節, の原子方面, の同, の大, の戦備, の旅行者, の間, 互に兵端

▼ 米~ (9, 0.1%)

1 が終り, これぞ秩父山脈, と測られ, にも達し, も下, も低い, も低く, も直立, も高く

▼ 米友様~ (9, 0.1%)

2 の御 1 あれ見ねえ, がお, が食い足りねえ, だってこれ, のお, の精分, よくあの

▼ 米噛み~ (9, 0.1%)

2 のあたり 1 という名称, とに小さい, には太い, にも静脈, に即効紙, の処, へとその

▼ 米~ (9, 0.1%)

1 が有りまし, で, と一緒, に入, に遣りました, の家, の後, の持った, よりは先

▼ 米~ (8, 0.1%)

2 あん 1 へあれ, へ三田, へ乏し, へ喰うてる, へ噛み得, へ食

▼ 米ちやん~ (8, 0.1%)

1 が羨ましい, とのお話, にでも逢, のお, の引き合, の様, は彼, は気の毒

▼ 米~ (8, 0.1%)

2 の, んで 1 のだ, のである, んだ, んていう

▼ 米ばかりの~ (8, 0.1%)

1 切れが, 巨大な, 所で, 所に, 所を, 細い細い絹糸, 長さ, 間二カ所の

▼ 米より~ (8, 0.1%)

1 きや, ほかに, ようやく取り収め, 二割高で, 美味いもの, 腹に, 豆の, 重いもの

▼ 米一斗~ (8, 0.1%)

1 あるいは五升, ずつを贈る, で知嘉姫, というところ, といふところ, に外米四升, は五拾錢位, 買えたほやほや

▼ 米友さんお前~ (8, 0.1%)

1 が君, だけに通る, どうしてまあこんな, なにか腹, に内密, はこのごろどこ, はその, はまだ

▼ 米~ (8, 0.1%)

1 でふくれ上った, に筋, に震う, の脈, は興奮, をふくらませ, を日, を隠す

▼ 米~ (8, 0.1%)

1 が見えない, そんなこんなお母さん, のいう, はあれ, は洒落, も一緒, よお前, をかつぎ込ん

▼ 米~ (8, 0.1%)

1 が一所懸命, が猛烈, とその, と共に選手, に下る, は再び, は眼, へ越す

▼ 米~ (8, 0.1%)

2 の羽織 1 の二枚小袖, の新しい, の昼丹前, の着物, の絣, の袷

▼ 米~ (8, 0.1%)

2 高い 1 であ, 上ったまま, 隔った, 離れた所, 高く北方, 高く古風

▼ 米突以上~ (8, 0.1%)

2 の高山 1 という事, に及び, はある, は雑木, も抜い, 利く凄い

▼ 米近く~ (8, 0.1%)

1 で破裂, になる, も低い, も削, も続け, 下った所, 下って, 高いが

▼ 米~ (8, 0.1%)

2 の協力 1 にあった, において協議, に神奈川条約, に締結, の太平洋航海者, の緊張

▼ 米関係~ (8, 0.1%)

1 が大分険悪, と云つた所, の切迫, の悪化, の本, は英吉利語文学, を云, を論じた

▼ 米だって~ (7, 0.1%)

2 パシフィック辺の 1 いくらも, ぐっと減るでしょう, 何だって, 悪い米, 酒だって

▼ 米つぶ~ (7, 0.1%)

1 がこぼれとる, くらいの小さい, ぐらいな虫, はしら玉, へ無数, ほどのほくろ, を見る

▼ 米といふ~ (7, 0.1%)

1 ので, のは, ものについて, 三十七八色つ, 二十歳の, 町は, 程度に

▼ 米まで~ (7, 0.1%)

2 下りて 1 ちやんと, 位の, 借りだし代, 勘定しなけれ, 持って

▼ 米~ (7, 0.1%)

2 の自由過激論者 1 などあらゆる, などの諸, にとどめ, の又, の思想

▼ 米公使~ (7, 0.1%)

31 から明治政府, と云う, もさすが, をおしのけ

▼ 米内首相~ (7, 0.1%)

2 が登壇 1 が再び, にしろ, の子息, の答弁ぶり, は降

▼ 米利堅~ (7, 0.1%)

1 に往かん, の国, の富む, の風教, の黒船, へでも和蘭陀, もおなじ

▼ 米友流~ (7, 0.1%)

1 に七三, に随処, の叫び, の啖呵, の極めて, の警句, の驚異

▼ 米~ (7, 0.1%)

1 では北, でも矢張り北の方, の中, の八座, の十二座, の山, は九つ

▼ 米喰い~ (7, 0.1%)

2 虫の 1 武士でのう, 虫か, 虫が, 虫だ, 虫に

▼ 米安全保障条約~ (7, 0.1%)

1 であり行政協定, による行政協定, に関して主権者, の問題, の締結, は昭和二十六年, 並びに行政協定

▼ 米~ (7, 0.1%)

21 の方, の米俵, は板, をあいつ等, をたたきこわせ

▼ 米本国~ (7, 0.1%)

1 に家庭, に打った, に逐い返し, のこと, の婦人連盟, の議会, へ帰来

▼ 米~ (7, 0.1%)

1 がぞくぞく, が着いた, だが, に乗り, に占められ, の勝利, の画時代的

▼ 米足らず~ (7, 0.1%)

2 のもの, の山, の登り 1 の三峠山

▼ 米附近~ (7, 0.1%)

1 から伊吹麝香草, から姿, から急, から東, で休んだ, と思われる, までは確

▼ 米つく~ (6, 0.0%)

2 とうつらうつら, と杵 1 青葉ふかく, 音の

▼ 米です~ (6, 0.0%)

21 からこの, からどうやら, がこれ, よ

▼ 米として~ (6, 0.0%)

1 二百米の, 取ったその, 取ったもの, 江戸へ, 白米一升及び, 見た処

▼ 米との~ (6, 0.0%)

2 間に 1 事が, 仲を, 役人が, 立ち話で

▼ 米なし~ (6, 0.0%)

2 では 1 いつも銭, で暫らく, で満足, デーに

▼ 米などの~ (6, 0.0%)

1 少しばかりの, 応援を, 物資を, 盛つてある, 笊に, 類を

▼ 米よりも~ (6, 0.0%)

1 いくらか値段, かえってよろこびます, まず注射薬, もっと深い, 味が, 好きらしい

▼ 米不足~ (6, 0.0%)

1 から普請工事, から近い, で大, で組合長, の声声, を来し

▼ 米低い~ (6, 0.0%)

1 が二等三角点, が最高点, が盟主, に過ぎない, 峰に, 部分でも

▼ 米~ (6, 0.0%)

1 の二階, の工場, の物, へ投げ出された, へ歩い, も見えない

▼ 米利加~ (6, 0.0%)

1 にも前, に五年, に五年行つて, に居る, に禁酒令, の教育法

▼ 米友一人~ (6, 0.0%)

1 が向う, だけです, では, と駄馬一頭, はまた, を遠巻き

▼ 米屋酒屋~ (6, 0.0%)

2 の勘定 1 と話, の拂ひと, の掛乞, へも亦

▼ 米斎君~ (6, 0.0%)

3 に御 1 から瓦みたい, は松竹, も従軍

▼ 米~ (6, 0.0%)

2 になる, の先陣 1 ならびに政所, の内藤理右衛門

▼ 米町川~ (6, 0.0%)

2 の上流 1 が村, の末, の流, の海

▼ 米磨桶~ (6, 0.0%)

1 のよう, もあれ, を小, を小脇, を引, を引抱

▼ 米租界~ (6, 0.0%)

1 でも最も, の中, の呉淞路, の方, は紛然, をも失望

▼ 米競泳~ (6, 0.0%)

1 でも古橋, で古橋, に番外, の勝敗, の点数, は面白かっ

▼ 米粒一つ~ (6, 0.0%)

1 だってない, ついては, まいて, も鐚一文, を捜す, 通さねえの

▼ 米艦隊~ (6, 0.0%)

1 の去, の旗艦, の最, の浦賀, の真上, はやっと

▼ 米~ (6, 0.0%)

1 だの, ではあまり, では高橋二郎氏, などの大きな, の侍, の松浦波四郎

▼ 米~ (6, 0.0%)

2 高い 1 の峠, り上ってから, り攀じ登り狭い, り東側

▼ 米饅頭~ (6, 0.0%)

2 と麦饅頭 1 くらい取寄せ, という, のあつ, はお

▼ 米さえ~ (5, 0.0%)

2 買って 1 ないわけ, 差押えられて, 弟に

▼ 米しか~ (5, 0.0%)

1 とどかないの, 作れない新田場, 知らないけれど, 食はんの, 食わぬ者

▼ 米ずし~ (5, 0.0%)

1 から四布蒲団, という小さな, に行け, の若い衆, より夜油

▼ 米とも~ (5, 0.0%)

1 なり煙草とも, なり9米とも, に文学, 見える, 豆とも

▼ 米など~ (5, 0.0%)

1 愚かな, 残って, 添えて, 背負って, 食わせること

▼ 米~ (5, 0.0%)

1 お米, こせ会, 早くイッショ, 早く一しょ, 米ゆゑ苦労は

▼ 米~ (5, 0.0%)

1 と測られ, の三角点, の武尊山, はひり, 厚さ十糎

▼ 米~ (5, 0.0%)

1 だけで十何戸前, にできる, はおめかし, は武蔵金沢, を開い

▼ 米友さんあなた~ (5, 0.0%)

1 があそこ, だけが荒れ出し, に買っ, のいらっしゃる, のお

▼ 米商い~ (5, 0.0%)

1 が少し, に, にまで手, もした, をし

▼ 米四方~ (5, 0.0%)

1 にとび散った, の一室, の小さい, の部屋, ほどの平ら

▼ 米國人~ (5, 0.0%)

1 が金, でも英國人, と異, の寄付金, の神經

▼ 米~ (5, 0.0%)

1 が二頭立, が出演, と名乗っ, も出演, や市川九女八

▼ 米~ (5, 0.0%)

1 が残つて, に向, をはじめ, を破壊, を開いた

▼ 米~ (5, 0.0%)

5

▼ 米~ (5, 0.0%)

1 の地, の外国軍艦, の諸, を納, 詣郡

▼ 米~ (5, 0.0%)

1 とが一緒, の前, の方, の諸氏, は山

▼ 米連主力艦隊~ (5, 0.0%)

1 が必死, が苦戦, のこと, の位置, を大

▼ 米~ (5, 0.0%)

1 ぞかし, の中, を奪, を強請的, を惠

▼ 米高い~ (5, 0.0%)

1 から此処, その俊峰, のである, わけである, 所で

▼ 米~ (5, 0.0%)

5 を殺せ

▼ 米あまり~ (4, 0.0%)

2 の地点 1 もあろう, 離れた町

▼ 米ある~ (4, 0.0%)

1 かな, そうだ, というん, 壁の

▼ 米ぐらいしか~ (4, 0.0%)

1 はっきり見えない, 無いの, 視界が, 飛ばないもの

▼ 米すこし~ (4, 0.0%)

2 賜べよと 1 ですが, ばかり手

▼ 米すら~ (4, 0.0%)

2 ない程 1 とれなかつたもの, 作ること

▼ 米だけを~ (4, 0.0%)

2 木曾福島の 1 御米, 炊く飯

▼ 米でない~ (4, 0.0%)

1 ことは, といけない, のは, 年増のに

▼ 米などは~ (4, 0.0%)

1 ごく安い, 少しも, 残らず上納, 貰い集め野菜もの

▼ 米なども~ (4, 0.0%)

1 撒かれる騒がし, 求めて, 蒼くなっ, 買ひました

▼ 米に対する~ (4, 0.0%)

1 執着である, 宣戦布告を, 心の, 態度も

▼ 米~ (4, 0.0%)

1 の二国, の対立, の関係, 両艦隊

▼ 米ビツ~ (4, 0.0%)

2 のフタ 1 のこと, の底

▼ 米一辺倒~ (4, 0.0%)

1 であった, に転換, のけっか, への急

▼ 米三郎~ (4, 0.0%)

1 が淡島屋, と二人, は早くから, を交際方面

▼ 米~ (4, 0.0%)

1 と測られ, の絶巓, はいを, 大資本主義国

▼ 米二升~ (4, 0.0%)

1 だと, であ, をお礼, 借りて

▼ 米使節~ (4, 0.0%)

1 の一人, の耳, を派遣, を迎え

▼ 米~ (4, 0.0%)

2 で来り 1 ている, でざりけりこれ

▼ 米刃堂~ (4, 0.0%)

1 に立寄り, より依頼, を訪, 追

▼ 米初穂~ (4, 0.0%)

1 といふの, の日, や麦初穂, をあつめ

▼ 米~ (4, 0.0%)

1 とが其資本, とに反抗, の倉庫, の遣り

▼ 米国民~ (4, 0.0%)

1 のあの, のわが国, の思想, の開拓的精神

▼ 米~ (4, 0.0%)

3 の君 1

▼ 米屋家賃~ (4, 0.0%)

2 に窮する 1 に追, に追われ

▼ 米~ (4, 0.0%)

21 役料の, 買入にても

▼ 米搗く~ (4, 0.0%)

1 ことを, とか, 人も, 臼の

▼ 米突か~ (4, 0.0%)

1 の徒歩競走, ら十米突ぐらいまでの, ら海岸の, 低くなっ

▼ 米~ (4, 0.0%)

1 が切れる, さえ覚束, に代え, の払

▼ 米~ (4, 0.0%)

1 がある, で差上げる, の紙幣, を留

▼ 米軍側~ (4, 0.0%)

1 があまり, がいつ, の命令, の指示

▼ 米選手~ (4, 0.0%)

1 がマラソン, のやう, のよう, の体格

▼ 米醤油~ (4, 0.0%)

1 そういう基本, でもタバコ, など一切, の様

▼ 米開戦~ (4, 0.0%)

1 だ, となったなら, と共に引, を見た

▼ 米~ (4, 0.0%)

2 の爆撃機 1 についで安政二年十二月, の技術員

▼ 米かの~ (3, 0.0%)

1 切りたった, 周囲だけは, 突風顔を

▼ 米じゃ~ (3, 0.0%)

1 あるまいな, ないか, なくて

▼ 米そして~ (3, 0.0%)

1 味噌そして, 米よりも, 酒である

▼ 米その~ (3, 0.0%)

1 ほか相場の, 人恋しさ, 他方物が

▼ 米だけでも~ (3, 0.0%)

1 なかなか重い, よその, 家の

▼ 米ちゃん~ (3, 0.0%)

1 がなるなら, という子, 一体その

▼ 米とが~ (3, 0.0%)

1 うち撒かれる, 善いので, 置いて

▼ 米とぎ~ (3, 0.0%)

1 から火おこし, 桶茶瓶などを, 桶飯台箸茶瓶などという

▼ 米とともに~ (3, 0.0%)

1 いさぎよく, 五合の, 四時間煮

▼ 米と共に~ (3, 0.0%)

1 来た霊, 炊ぎ食うとの, 相手に

▼ 米なり~ (3, 0.0%)

1 投ずるに, 炭なり, 税金なり

▼ 米に対して~ (3, 0.0%)

1 かえって気の毒, はなはだ気の毒, 永久に

▼ 米のね~ (3, 0.0%)

1 うちといふ, うちほんたう, うちを

▼ 米ばかりも~ (3, 0.0%)

1 伸びたかと, 喰い違い, 落下し

▼ 米タイムス~ (3, 0.0%)

1 には水上, のもん, のやつら

▼ 米~ (3, 0.0%)

1 水師提督ペルリ氏ガ吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ当, 紛爭, 自由主義ガ各

▼ 米プール~ (3, 0.0%)

1 に辿りつく, もあった, を悠々

▼ 米一揆~ (3, 0.0%)

1 が起き, を見物, を起した

▼ 米~ (3, 0.0%)

2 の峰 1 の頂

▼ 米~ (3, 0.0%)

1 国民とも, 艦隊の, 艦隊は

▼ 米乃至~ (3, 0.0%)

1 二千八百米以上の, 二千六百米である, 数十米の

▼ 米仏露~ (3, 0.0%)

2 をひきくるめ 1 の諸

▼ 米以内~ (3, 0.0%)

1 なら岩, に敵, に近づく

▼ 米作り~ (3, 0.0%)

1 の仕事, の名人, の名人久左衛門

▼ 米修好條~ (3, 0.0%)

3

▼ 米借り~ (3, 0.0%)

1 に乗りつけられた, に出かけ, に行きぬ

▼ 米~ (3, 0.0%)

1 にとっ, に立つ, の谷

▼ 米~ (3, 0.0%)

1 はその, は益々, を釣りあげ

▼ 米~ (3, 0.0%)

1 の三角点, の平ヶ岳, の木賊山

▼ 米六合~ (3, 0.0%)

1 とみれ, と銭六銭, 戴いた仁淀川橋

▼ 米友さんお前さん~ (3, 0.0%)

1 の今, はうんうん, は相

▼ 米友さんわたし~ (3, 0.0%)

1 の心持, はお前さん, はどう

▼ 米友さん何~ (3, 0.0%)

1 でもいい, をし, をする

▼ 米友並み~ (3, 0.0%)

1 にさがる, に一足, に何

▼ 米味噌其他~ (3, 0.0%)

1 の必要品, の必需品, の買入

▼ 米味噌醤油~ (3, 0.0%)

1 だけ, のよう, の方

▼ 米問題~ (3, 0.0%)

1 がどう, が起る, の時

▼ 米~ (3, 0.0%)

2 の三角点 1 と測られた

▼ 米~ (3, 0.0%)

1 の時以來電車, の赤い, をお

▼ 米~ (3, 0.0%)

1 の小路, の廊下, 約一〇〇米

▼ 米或は~ (3, 0.0%)

1 十幾米といふ, 小麥, 穀物を

▼ 米持参~ (3, 0.0%)

1 この米, でなければ, の心配

▼ 米探偵小説~ (3, 0.0%)

1 にとりあつかわれた, の傑作, の舊道

▼ 米搗男~ (3, 0.0%)

2 が何やら 1 の娘

▼ 米搗虫~ (3, 0.0%)

1 と言う, の靄, よ

▼ 米~ (3, 0.0%)

3 に米

▼ 米殿~ (3, 0.0%)

1 であったか, にもあれ, 案じた者

▼ 米~ (3, 0.0%)

1 と清元梅之助, の示教, は勿論

▼ 米独仏~ (3, 0.0%)

1 の四ヶ国, の大, の諸国

▼ 米~ (3, 0.0%)

1 で見る, に免じ, は時として

▼ 米~ (3, 0.0%)

1 などといふ村, なら一処, の太

▼ 米突以下~ (3, 0.0%)

1 に沈ん, の山, はぼつぼつ

▼ 米突内外~ (3, 0.0%)

1 その向う, の同胞, の筑波

▼ 米立方~ (3, 0.0%)

1 と推算, の一室, 即ち百萬立方米

▼ 米競争~ (3, 0.0%)

1 ではなかっ, の場所, を通じて著しい

▼ 米舂き~ (3, 0.0%)

1 の因縁, 在塾生, 大いにその

▼ 米舂く~ (3, 0.0%)

1 に白く, 時は, 蚯蚓が

▼ 米英戦~ (3, 0.0%)

1 がはじまっ, のはじまる, もそんなに

▼ 米英的~ (3, 0.0%)

1 だと, なデモクラシー, な科学

▼ 米~ (3, 0.0%)

1 の水飴, の飴, の麦酒

▼ 米~ (3, 0.0%)

1 など費え, を出し, を檢覈

▼ 米高く~ (3, 0.0%)

1 大汝, 新高より, 鎗ガ岳の

▼ 米あきない~ (2, 0.0%)

1 なぞという大きな, に濡れ手で粟

▼ 米あり~ (2, 0.0%)

1 て, の城砦

▼ 米お前~ (2, 0.0%)

1 から着物, は神経

▼ 米からの~ (2, 0.0%)

1 プデンへは, 水飴が

▼ 米かを~ (2, 0.0%)

1 培うつもり, 飛行した

▼ 米くらい~ (2, 0.0%)

1 だろう, 上を

▼ 米くらいの~ (2, 0.0%)

2 高さ

▼ 米ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 あるね, 飛べるし

▼ 米ぐらゐの~ (2, 0.0%)

1 低さ, 大クリーク

▼ 米ぐらゐの距離~ (2, 0.0%)

1 をボール, を保つ

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 しらえ, しらへが

▼ 米そのもの~ (2, 0.0%)

1 はあまり, もよく

▼ 米その他~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の配給量

▼ 米だつた~ (2, 0.0%)

2

▼ 米ちかく~ (2, 0.0%)

1 そうしてその, もおくれる

▼ 米であった~ (2, 0.0%)

1 から他, な

▼ 米であり~ (2, 0.0%)

1 さえすれ, たくさんの

▼ 米でさえ~ (2, 0.0%)

1 さむらい共, 品が

▼ 米でなく~ (2, 0.0%)

1 ては納まらない, て薯

▼ 米とかの~ (2, 0.0%)

1 例に, 日用品を

▼ 米とぐ~ (2, 0.0%)

1 ものあり, 岸の

▼ 米とれる~ (2, 0.0%)

1 てが, なんて

▼ 米なぞ~ (2, 0.0%)

1 も少し, を持たせ

▼ 米なる~ (2, 0.0%)

1 かなです, 現実を

▼ 米なんか~ (2, 0.0%)

1 一粒も, 口に

▼ 米なんて~ (2, 0.0%)

1 みたこと, 知れたもん

▼ 米にとって~ (2, 0.0%)

1 よろこぶべきこと, 病に

▼ 米にとっては~ (2, 0.0%)

1 尽きぬ怨み, 苦手であり

▼ 米ばかりが~ (2, 0.0%)

1 食い物じゃ, 食物では

▼ 米ばかりを~ (2, 0.0%)

1 配給し, 食って

▼ 米ひもじく~ (2, 0.0%)

2 ばふふめ

▼ 米へん~ (2, 0.0%)

1 になつて, の精

▼ 米ほどは~ (2, 0.0%)

1 なれた畑, なれて

▼ 米または~ (2, 0.0%)

1 味噌鍋釜の, 重詰め

▼ 米もの~ (2, 0.0%)

1 むこうに, 上空に

▼ 米やの~ (2, 0.0%)

1 おやじの, 角を

▼ 米やら~ (2, 0.0%)

1 救助方やらに, 衣類やらを

▼ 米わし~ (2, 0.0%)

1 と一緒, もにわかに

▼ 米をと~ (2, 0.0%)

1 ぬかして, 思ふと

▼ 米をも~ (2, 0.0%)

1 嫌悪す, 知らずに

▼ 米レース~ (2, 0.0%)

1 で一秒, に行われる

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 保チ南東ニ飛行中ノ, 見ヨ

▼ 米一碗~ (2, 0.0%)

1 ずつの稼ぎ, に大根一切

▼ 米三俵~ (2, 0.0%)

1 をくれる, を付け

▼ 米三国~ (2, 0.0%)

1 に対する敗残, の資本

▼ 米三百俵銀五十枚~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 米二十五石~ (2, 0.0%)

1 と見る, を意味

▼ 米二国~ (2, 0.0%)

1 に遊んだ, は独逸

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 の三角点, の笠ヶ岳

▼ 米五俵~ (2, 0.0%)

1 とくれ, とどけたか

▼ 米五十石~ (2, 0.0%)

1 を意味, を給せられる

▼ 米五斗~ (2, 0.0%)

1 を引き, を持てゆく

▼ 米仏蘭四国~ (2, 0.0%)

1 の連合艦隊, を相手

▼ 米余り~ (2, 0.0%)

1 を上っ, 低く二千二百二十八米

▼ 米使~ (2, 0.0%)

1 が諸侯, との談判

▼ 米依存~ (2, 0.0%)

1 から脱却, の現状

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 が反抗, で数学

▼ 米入れ~ (2, 0.0%)

1 てやった, て持っ

▼ 米八六~ (2, 0.0%)

1 と書きつけた, と記した

▼ 米八合あまり頂戴~ (2, 0.0%)

1 したの, して

▼ 米六斗~ (2, 0.0%)

1 ずつ水車場, と見

▼ 米其の~ (2, 0.0%)

1 他からの, 外の

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 の協力内閣, は内懐

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 だの, でござんしょ

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 ばかりの古い, ほどの裂罅

▼ 米即ち~ (2, 0.0%)

1 三千米, 澱粉は

▼ 米又は~ (2, 0.0%)

1 穀物の, 粟

▼ 米及び~ (2, 0.0%)

1 仏蘭西の, 附荷御

▼ 米友さんそれ~ (2, 0.0%)

1 じゃ話, を言います

▼ 米友さんわたくし~ (2, 0.0%)

1 はどうも, は暫く

▼ 米友さん後生~ (2, 0.0%)

1 だから, だけれど

▼ 米友ひとり~ (2, 0.0%)

1 が寝, の幻想

▼ 米友ら~ (2, 0.0%)

2 の一行

▼ 米友一流~ (2, 0.0%)

1 の備え, を開く

▼ 米取り~ (2, 0.0%)

1 の役付き家臣, の面目

▼ 米商人~ (2, 0.0%)

1 だって果して, をはじめ

▼ 米喰虫~ (2, 0.0%)

1 にて, は雲集

▼ 米國公使~ (2, 0.0%)

1 となり, に任

▼ 米國宣教師~ (2, 0.0%)

1 のスミス, の外國語

▼ 米國憲兵~ (2, 0.0%)

1 の一隊事情, の知る

▼ 米國製~ (2, 0.0%)

1 のリーダーさ, の鑵詰

▼ 米國證劵市場~ (2, 0.0%)

1 の不安定, は不安定

▼ 米外交~ (2, 0.0%)

1 のそもそも, の態度

▼ 米大州~ (2, 0.0%)

1 ご訪問, に現われた

▼ 米婆さん~ (2, 0.0%)

1 の傷, の眼

▼ 米安保条約~ (2, 0.0%)

2 の改定

▼ 米屋こはし~ (2, 0.0%)

1 の雄, は大阪

▼ 米屋さん~ (2, 0.0%)

1 からの御, がば

▼ 米屋五兵衛~ (2, 0.0%)

1 とかいう, と変名

▼ 米屋薪屋醤油屋~ (2, 0.0%)

2 へ何ん

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 の下, の跡なほ存

▼ 米感情~ (2, 0.0%)

1 が悪い, の齟齬

▼ 米戦争未来記~ (2, 0.0%)

1 が市場, とか秩父宮勢津子妃

▼ 米持っ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て逃げた

▼ 米揚げ笊~ (2, 0.0%)

2 を持ちだし

▼ 米搗場~ (2, 0.0%)

1 に逃げ帰ろう, に駈込ん

▼ 米料理~ (2, 0.0%)

1 の研究, は土耳古風

▼ 米昇る~ (2, 0.0%)

2 毎に

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 の板, の角材

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 ならこっち, は側

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 へ出かける, を視察

▼ 米気温~ (2, 0.0%)

1 は平時二十二度, は最高二五度

▼ 米水上~ (2, 0.0%)

2 の観衆

▼ 米汝ら~ (2, 0.0%)

2 が饑ゑずしあらば

▼ 米汽船競争~ (2, 0.0%)

1 が北大西洋, を通じてますます

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 があれ, の

▼ 米法山水~ (2, 0.0%)

2 や懐素

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 とよばれた, と名乗らせた

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 ひ, ふ水

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 では一番, とを北

▼ 米海軍~ (2, 0.0%)

1 ではサック, の差

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 などさえお, なども少し

▼ 米澤町~ (2, 0.0%)

1 のお茶屋, の蕎麥屋

▼ 米~ (2, 0.0%)

2 など上手

▼ 米独仏その他~ (2, 0.0%)

1 の諸, の諸国

▼ 米田屋~ (2, 0.0%)

1 で, で訊いた

▼ 米町裏~ (2, 0.0%)

2 のト

▼ 米百俵宛三季~ (2, 0.0%)

1 に, に享保年中

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 な帝国主義, な帝國主義

▼ 米的思想~ (2, 0.0%)

2 の排撃

▼ 米磨ぎ~ (2, 0.0%)

1 の唄, 汁を

▼ 米磨汁~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 米程の~ (2, 0.0%)

1 鉄棒を, 間に

▼ 米程度~ (2, 0.0%)

1 のもの, の山

▼ 米突許~ (2, 0.0%)

1 りの, りも

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 が交, が入れられ

▼ 米若く~ (2, 0.0%)

1 は千五百米, は奴隷

▼ 米英抗争~ (2, 0.0%)

1 の幕, はいう

▼ 米英文化~ (2, 0.0%)

1 に影響, をわが国

▼ 米英軍~ (2, 0.0%)

1 と戦闘状態, におされおされ

▼ 米虎市~ (2, 0.0%)

1 と称する, の持っ

▼ 米西戦争~ (2, 0.0%)

1 だってそう, でキュバ島

▼ 米親善~ (2, 0.0%)

1 の方, も日仏協商

▼ 米諸国~ (2, 0.0%)

1 の一流, の軍艦

▼ 米~ (2, 0.0%)

2 より或は

▼ 米近い~ (2, 0.0%)

1 山の上で, 諏訪地方では

▼ 米連側~ (2, 0.0%)

1 は艦載, は高角砲

▼ 米連邦側~ (2, 0.0%)

1 にはすこぶる, のもの

▼ 米遊中~ (2, 0.0%)

1 であった故, であります

▼ 米運び~ (2, 0.0%)

1 の合, の馬車

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 および桃紅色, はごく

▼ 米離れ~ (2, 0.0%)

1 ており, てをり

▼ 米離れた~ (2, 0.0%)

1 ところに, 地区へ

▼ 米~ (2, 0.0%)

1 もある, も所詮

▼1* [1115件]

〇二ぐらい跳んだ, 米今一粒でも, 米あきんどがあっ, 米あげ桶を, 米あずきあられとち餅, 米あったなら日本クルウは, 米あの事は, 米あまり肥ダメの中, 米ありがたや友, 米ありませんか, 米あるいは混合米よりも, 米あれば尋常, 米いずれその目的, 米いつも高いもの, 米いでき今一月, 米いや今日の, 米いやいやもっとながい大, 米いよいよ第三, 米いれて来なく, 米いろいろな物, 米うけとりよなどより, 米うしろの地点, 米おれは歯, 米かしとて鏡餅搗き, 米かしぐ手を, 米かし桶の白い, 米かじッてここ, 米かつぶしショーユの瓶, 米かなんかを出せと, 米かみを押, 米からはかなり長い, 米がはいつて, 米がやはらかく, 米くいさ帰っ, 米くれぐれもそのつもり, 米ぐらいかそれから鐘, 米ぐらいから観衆は, 米ぐらいずつ間隔を, 米ぐらいまでくると, 米ぐらいまでの彼方此方の, 米ぐらゐ離れたところ, 米ぐらゐしかないのだが以前から登らう登らう, 米ぐらゐの地点にあるらしい, 米ぐらゐの溝は飛びこす, 米ぐらゐは飛べるし, 米ここから出かける, 米この女中の, 米これだけ殘つた, 米さしヨリ落チコボレタル米の称, 米さんお前は手輕, 米さんぢやない, 米さん三田公はねえ, 米さん下階に座敷, 米さん仲なおりに, 米さん俺は屋敷, 米さん八方工面をした, 米さん向うへ帰る, 米さん大津絵師の半, 米さん宵の内, 米さん私はおなじその, 米さん風呂を焚いた, 米てヴァージニア大学, 米したが汽車中, 米しつかり減つてし, 米しぼりの手拭, 米すすむすると大きな, 米そうすると, 米そこまで十五分, 米そこらを掘る, 米そちは心, 米その他何品にても救助, 米その他菜の材料, 米その他諸国の子供, 米そら金, 米大学生とかが, 米だけがそう不安定, 米だけで正二郎は, 米だったということ, 米ちかい山が, 米ちゃん大変な臆病, 米ちやんもつ, 米ちょッとで今, 米ってえ女, 米つけ何とか何とか, 米つこうか, 米つんで, 米づくという, 米であったらそのささやき, 米でございますよあれ, 米でさえも警護が, 米でなけりゃじゃがいもか, 米といで手, 米とうとう東京へ, 米とおつぎとおつさんと珍しく, 米とかいう娘は, 米とかが常食で, 米ときやべつ, 米とさえなったうえ, 米としては十分なる, 米とどかぬ時の, 米とにまじえたもの, 米とやらを東に, 米と金とに代, 米どれもいくら, 米どんと一緒に旦那, 米ながら主人の, 米なぞも運びますから, 米などでつくり七いろは, 米などという思想は, 米などを少しずつ, 米ならびに増しお, 米なれば毎年, 米なんちふもの, 米なんざ一粒だつて, 米なんざ両に一升, 米なんぞを搗いてるん, 米なんどを車, 米なんぼう安く, 米にあたって来て, 米においても恐らく同じ, 米にかへもう冬, 米にさえ妙に, 米についても云えるであろう, 米につき二〇法也, 米にて餅を, 米にでも知れると, 米にといったふうで, 米になつた, 米にのみ專ら言ふ, 米にまで手を, 米にゃ困らんて, 米によって生活し, 米によるアジア全体の, 米に対しては特別の, 米に関する詐欺事件だった, 米ぬいて寄せつけなかった, 米のみで生きる事, 米はうららかな日に向かっ, 米はき込めの慾, 米はさも心地好, 米はなあ増えが, 米はわたいが, 米運ぶに, 米ばかし脊負つてつて明日でも, 米ばかりに上げて, 米ばっかり食うの, 米ひた惜む冬にぞ, 米ひとりのため, 米びつがけさでからだから清水屋の小僧, 米ッとぶ, 米へは彼女の, 米ほどしかありませんや, 米ほども垂直に, 米まきてゆ, 米まけば只, 米までがお家大事の, 米まんじゅうたくさんにまた, 米もって十二日, 米もらうて百舌鳥, 米もらひに行く, 米やがあったの, 米やと花卉栽培とを, 米やは大した金持, 米やはり扱って, 米やを関西地方に, 米やを年に一度, 米ゆゑ苦労はたえ, 米よく熟す, 米よしや一年を, 米らしい絣の, 米わが高角砲の, 米をなまで食う習慣, 米をよねと言ふ, 米を以て毎月給與, 米アパートへは真先, 米アングロサクソン系の作家, 米積んだり, 米オルケストラの直径三五米, 米ガスリのモンペ, 米ガ傭兵制度ヲ日本ニ強ヒタルハ何タル迷妄ゾ, 米クリッパーの競争, 米クリッパー戦は完全, 米コースの柔, 米コーセンか, 米ゴム椰子油などの産物, 米ジェット機が墜落, 米ソともに大いに, 米ソ二国軍によって樺太, 米ソ戦ということ, 米ソ戦争などという文句, 米チーク材棉花などを輸出, 米ていいます, 米ッつぶ拾って, 米ッ粒はおいら, 米ツガ落葉松などの下, 米ドルなりメキシコドル, 米ネパールから輸入, 米ハ只海上封鎖ニヨリテ食料ト軍需品トヲ遮, 米ビーンズに高粱飯, 米ベリンスキイが現われる, 米ミソの配給, 米リレーでもマクレン, 米レエスならば, 米ヶ岡装束が森, 米ヶ袋鍛冶屋前丁, 米一つ買えない主人, 米一ヵ月およそ三斗八升, 米一丸の墓, 米一五しかない, 米一俵損させられちやつて, 米一切合財こうやっ, 米一千米わが高角砲, 米一升三合もったいなかった, 米一升三合あまりこれは白船君, 米一升五合あまり金十銭ばかり戴いた, 米一升十二銭であった, 米一升十八銭では, 米一升十錢の當時, 米一升大豆一升宛を出さしめ, 米一升捻出した, 米一升酒屋へ肴屋, 米一升金五十銭それだけ全部, 米一升銀八分をば加配, 米一升銭百文くださるってんで, 米一升麦一升だけ買, 米一堂に会し, 米一文の銭, 米一斗肉十斤を食い, 米一斗袋に三升, 米一斗酒一斗備へたい, 米一斛の価, 米一斛余を引き, 米一日に二合七勺, 米一杯半と句四つ, 米一滴の水, 米一片の肉, 米一生涯の神品, 米一石に銀六十匁位, 米一石前後地子月別五十疋くらい塔森, 米一銭の貯, 米一錢以下のこと, 米一非常な傲慢, 米七五ぐらい跳ん, 米七八十萬錢にも達した, 米七分づきのせい, 米七合いた, 米七斛二斗を残す, 米七粒水すこしを, 米三万五千俵をも贈与, 米三俵味噌一と樽, 米三分の一はサイダー, 米三分の割合で入れ, 米三十俵も積重ねる, 米三十米の海底, 米三千俵酒三千樽を飲, 米三升借りる, 米三合を持つ, 米三斗ずつ内証, 米三斗づゝ内證で借り受け, 米三斗七升に当たる宅地, 米三斗余と種穀一斛, 米三斗六升で一分, 米三日のうち精進, 米三百三十石味噌十樽鰯十俵薪五十六束という記録, 米三百俵の栽培, 米三百俵砂糖千斤隠匿されて, 米三石六斗の代価七貫百三十二文, 米上州方面の称呼, 米上院議員あたりで讃辭, 米下二百米の間, 米両国争端を開く, 米両国交渉の結果, 米両国人間の身体的表情, 米両国政府の間, 米中国フィリピンドイツポルトガルベルギースイスの遠く, 米中学校の峰元君, 米主人庄司甚右衛門はスルスル, 米主妙案はない, 米主殿これでもご, 米久しく放って, 米の三角点, 米九千石の歳費, 米九百を与えられた, 米二万斛の借用, 米二俵を持っ, 米二分であつ, 米二割外米八割と書かれ, 米二十三石四斗にしか当たらない, 米二十斛も有るべし, 米二十石を給わり, 米二千俵を賞せられた, 米二千石の俸給, 米二升お礼に置く, 米二升さへ持つ, 米二升代だつた, 米二升四十六銭酒二合十八銭そして煙草, 米二升四合を買い入れた, 米二合だけなり, 米二合八勺として十月一日, 米二合半の代, 米二合霧の中, 米二国人の外, 米二國で資金, 米二百石後藤縫之介, 米二百米の短距離レエス, 米二石初めて運送, 米二郎が師事, 米五ン合の豆一升, 米五勺水五合とともに塩胡椒, 米五十俵進呈すると, 米五十駄稗五十駄ずつの御, 米五千石鳥銃二千弓百は悉く, 米五千米いやいやもっとながい, 米五升という場合, 米五合と半々, 米五合也食べて, 米五合代二十銭米を持っ, 米五合宿銭はどこ, 米五合銭三十銭渡して, 米五合雑巾一枚づつ集めて, 米五合頂戴して, 米五日間にて僅, 米五百俵である, 米五百石豚百頭鶏千疋を望みし, 米五石御かし候, 米五郎と桜川善孝, 米五郎小半次三太郎島蔵の侍等, 米五郎松本国五郎等がある, 米交ぜて置いた, 米人口には民政, 米人自身が英文, 米人風の云, 米が心, 米今夜の米, 米仏両国人連名のこんな, 米仏両国公使に御, 米仏人混合の一座, 米仏伊印独支八ヵ国の少年, 米仏国大使に出会, 米仏政府に対して朝鮮, 米仏独三国市民の名, 米仏独露日墺伊八カ国の出兵, 米仏等の書, 米仏蘭四カ国の聯合艦隊, 米仏蘭四国連合艦隊の来襲, 米仙二家の談話, 米代りの砂糖, 米代一升分返した, 米代以下お新, 米代煙草銭キス代は頂戴, 米代若干借ること, 米以上三〇〇〇米以下が十三, 米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 米以上二一○○米以下が十五, 米以上二三〇〇米以下が八, 米以上二二〇〇米以下が十二, 米以上二五〇〇米以下が六, 米以上二四〇〇米以下が九, 米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 米以上八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 米以上六座総計六十三座を数, 米以上十一座二千二百米以上八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 米以上十三座の中, 米以上十四座二千百米以上十一座二千二百米以上八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 米以下八百米以上の山, 米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 米以外には塩, 米の四國, 米伊理毘古伊佐知の命, 米伊等の何れ, 米伊露等の各国, 米会所で昵懇, 米会社は自国, 米会談を通じてシモン, 米低かった, 米低く浅間山よりは, 米佐伯の叔母さん, 米何タルの清酒, 米何俵をむだ, 米何合とか肉何斤, 米何石何斗と書く, 米余り此処より高い, 米佛獨の心理學界, 米作るにもへえ, 米使アダムスとの交渉, 米使渡来以還政務の多端, 米使渡来以降外交の難局, 米使者という名称, 米使謁見の議, 米侯世子有馬忠郷柳川侯世子立花忠茂佐賀侯弟鍋島元茂等, 米係りの番頭, 米俵お多福面戎大黒などが飾り付け, 米俵一俵を店先, 米俵一杯の砂金, 米俵両手で二俵, 米俵巻絹世に存, 米俵酒の瓶, 米傑作の水準, 米價騰貴ヲ現出シツツアルヲ, 米儀礼はいかなる, 米児斡児桓の両, 米児斡児桓両河の三角洲, 米児童の間, 米全国七分搗です, 米兩國ヲ同盟的提携ニ導クベキ天, 米兩氏の間, 米兩貨幣の平, 米八さんが, 米八仇吉の声, 米八合渡して, 米八後に今, 米八権平等を座敷, 米八清元千蔵同仲助, 米公使タオンセント・ハリスにし, 米六七千六百尺の山, 米六勺外米一合の割当, 米六富士見の南, 米六石五斗にしか当たらない, 米に金利, 米そっくりの, 米其他の諸, 米其他燈臺守たちの必需品, 米其北北東二十五粁に在る, 米内内閣の議会, 米内内閣解散近衛内閣組閣中商工大臣に小林一三, 米内大将のご, 米内小磯と三代, 米内村愛宕山法輪院址の山腹, 米内総理の今度, 米内首相退職組閣の大命, 米准那將軍の名, 米出した残りで, 米刃堂主人のもとめ, 米刃堂主人文明寄稿家を深川八幡前, 米刃堂余が著書, 米刃堂用談にて来訪, 米刃堂解雇となりし, 米切手などの目, 米利人の研究, 米利加インディヤンの生殖器崇拜教, 米利堅気取りの, 米利堅産種の巨犬一頭, 米利堅粉五分の半々位のもの, 米利堅粉六合即ち, 米利安の襯衣, 米加利の印度人, 米加増を出した, 米包みや醤油罎, 米化政策を実行, 米北の湖のほとり, 米北方の上空, 米北米南雲断続道黄道赤暑高低, 米十七粒とか二十七粒, 米十仏五独六日三などという類い, 米十仏六独八日三で長期, 米十俵ずつとを窮民, 米十六七歳村の娘, 米十円をかけた, 米十斛麦六斛を一夫一婦一年, 米十石に値する, 米十秒一どころかもっと, 米十萬七千俵其他に豆, 米千九百六十升小通詞一級銀五百三十兩, 米千二百三十升小通詞二級銀三百兩, 米千五百俵の献上, 米千石豚二百頭鶏二千疋等を賜わらしめ, 米千米足らずのもの, 米を洗う, 米半二米以上はなれ, 米半以内だったらガラス, 米半位の上甲板, 米半全長は十一米, 米半径以内にいた, 米半目方七十五瓩の大きい, 米単独条約改正の拳, 米危機が到来, 米原発急行にて上京, 米友お前が苛め殺した, 米友かぶれがし, 米友ぐるみ輪の中, 米友これは不破, 米友さんあなたさっき外で何, 米友さんいつでもいい, 米友さんここへ泊め, 米友さんこれはわたし, 米友さんムクを助け, 米友さん久しぶりでしたわね, 米友さん今夜ここへあの, 米友さん吃驚しなくても, 米友さん君ちゃんは旅先, 米友さん大変なん, 米友さん家にいる, 米友さん心配なさりますな, 米友さん怪我をしない, 米友さん悪戯をし, 米友さん提灯をつけましょう, 米友さん無茶なこと, 米友さん私は今, 米友さん米友さん家にいる, 米友さん自分は真直ぐ, 米友さん裏の潜り戸, 米友さん違やしません, 米友そのものが棒, 米友はじめお角さん, 米友七兵衛それぞれに贔屓, 米友今頃はもう, 米友代りの一僕, 米友以外には無人, 米友公あたりは恰好, 米友公相当の感情, 米友君はここ, 米友君君ひとつ弁信さんに給仕, 米友宇治山田の米友, 米友度胸が据, 米友弁信お蝶三人, 米友当人はおかしい, 米友征伐に来る, 米友後陣よりお, 米友恥かし, 米友我を忘れ, 米友様ここが板橋, 米友様旅に出たら, 米友様永の旅立ち, 米友氏はその, 米友特有の道義, 米友理窟を以てし, 米友自らの気取り, 米友荒神という荒神様, 米友車を曳かない, 米友鉄工所のデブ, 米友風情にこう, 米友首っ枷, 米収穫の家々, 米叔父はとうとう, 米取引の一大市場, 米取立の検分, 米禰, 米を特に, 米を積ん, 米を書い, 米合衆国フランスベルギーオランダギリシアセルビアヘルツェゴビナエストニアスペインポルトガルにも同じ, 米餐羽士家, 米味噌マッチ類の配給所, 米味噌代のほか, 米味噌出せっかね, 米味噌水にかかわる, 米味噌茶わん箸飯櫃のよう, 米味噌醤油塩これら必需品を求める, 米味噌醤油砂糖など手, 米味噌醤油酒油反物筆墨小間物菓子瀬戸物履物類その他の日用品, 米味噌醤油酒油反物筆墨小間物菓子瀬戸物履物類その他日用品一切がきちんと, 米味噌醤油雑貨から呉服類, 米味噌野菜物を充分, 米味噌野菜酒等を木戸銭, 米味噌雑貨などを積みこむ, 米味噌電車賃まで影響, 米和親条約で開港, 米咽喉突いたな, 米哲学を本位, 米商ひもして, 米商人質屋支配所陣屋などを焼く, 米商売を始めました, 米商客も之, 米商富人の家, 米商打こはし, 米商館はウォルシュ, 米問屋三島の店, 米問題対露問題など考慮, 米ふ虫, 米喰虫泣虫血吸虫雪隠虫屁放虫, 米営舎での昼飯, 米噛むべからずという戒め, 米噛もふくれ上っていた, 米に一杯, 米嚼みのくたびれる, 米四ヶ国から幕府, 米四五百米の小さな, 米四六秒という独逸, 米四分麦六分といういわゆる, 米四合に銭四十七銭, 米四合あまり功徳を戴いた, 米四合今日は銭二銭米五合, 米四合途中も行乞, 米団子も飯, 米団治の, 米を殊, 米国交の危機, 米国交断絶の直ぐ後, 米国務省の対ソ抗議覚書, 米国民政府と琉球政府, 米国華銀座フロリダと都合五つ, 米國エール大學, 米國サンフランシスコ在留せんまつ, 米國トガ天ニ代リテ當年ノ保全者ニ脚下, 米國トニ一齊ニ擧レル所以ハ日露戰爭ニヨリテ保全サレタル支那ト日露戰爭ヲ有力ニ後援シテ日本ニ支那, 米國ハ金權督軍ノ内, 米國プリンストン大學に於ける, 米國ミネソタ州立大學醫科大學長, 米國ミンガン州アナバー市で松平康國氏, 米國交と通商, 米國人等はこの, 米國何者そ苟も雄, 米國内ノ白人ト黒人トノ如キ人種的差別アル者ニ, 米國土人の間, 米國大統領マツキンレーの暗殺, 米國崇拜となつ, 米國市俄古にて見物, 米國桑港に至り, 米國歸りの, 米國法學士の新, 米國流の統計的研究者, 米國海軍提督ペルリの始め, 米國物を喝采, 米國經濟界全般には何等, 米國製ハム鑵詰又山形縣, 米國製食料品を贈らる, 米國軍艦我は帝國軍艦, 米國遊學の頃, 米に七升一合, 米坊お前さんのお母さん, 米坊机にそう, 米の国境, 米墨両国の間, 米墨戦争でアメリカ, 米にお針, 米外見を張る, 米多きよし思い切って, 米變だ, 米大使館の周辺, 米大尽やくじら分限, 米大根魚等の食物, 米大豆は諸, 米大豆綿昆布類を輸出, 米大陸アフリカにまで講演行脚, 米大麦小麦で一般租税, 米太郎から, 米太郎星野の子, 米女郎が現われた, 米のもの, 米委員の面前, 米委員会活動の廃止, 米婆アいっかな聴き容れません, 米子どもいっつもお話し, 米子どもお話して, 米学者の代議政体論, 米安保条約体制打破の国民運動, 米が寄り付く, 米宣伝放送をやった, 米寄席へでも行っ, 米寒暖計六十二度ここで大宮口, 米寧海峡に駕, 米寧湾が目前, 米寧湾口眼前開雪動連峰背後堆誰謂, 米専門の浜口, 米その志, 米の店, 米小屋平と八谷越, 米小麦その他すべての日本, 米少々に甘藷, 米尽くれば, 米屋両替をぶちこわし, 米屋五兵衛ことじつは同志, 米屋五助は, 米屋以来のこと, 米屋八百屋の借, 米屋八百屋蒲鉾屋などが目, 米屋千倉屋長十郎の六人, 米屋千種屋と出入り, 米屋商売であるから, 米屋増屋弥五右衛門方へ後妻, 米屋奉公で鍛, 米屋家主その他いずれも厳しい, 米屋小団次の古着屋, 米屋旅館に岩田梅, 米屋村勝という爺さん, 米屋炭屋薪屋なども通い, 米屋病人の看護, 米屋百姓とのいきさつ, 米屋相模屋總兵衞が昨夜人, 米屋米屋と囁いた, 米屋紙屋裁判所の判事, 米屋酒屋呉服屋それからあちこち, 米屋酒屋薪屋皆然らざる, 米屋醤油屋が一番お前, 米屋醤油屋薪屋までもうもうずっと, 米屋金物屋などの店, 米屋雑穀屋八百屋果物屋漬物屋乾物屋などが直ぐ, 米屋駄菓子屋をはじめ, 米ほどのパルプ, 米山の神なども現在, 米山地には木租, 米山群の最高峰火打山, 米山越をしました, 米のところ, 米巻絹ともに取り用い, 米で名代, 米市場までの間, 米布袋とも称える, 米帆船の競争時代, 米帝国主義間の増艦競争, 米師団合歓ほの, 米平和条約の第, 米平均して, 米平均二千六百米以上の高度, 米平均高度は二千六百二十米, 米平泳を三分十秒台, 米年ニ参百俵宛貢納シ人夫労役ノ要, 米年貢に改まっ, 米幾俵薪炭屋では店, 米店数軒に火, 米座塩座油座銅座絹座魚座材木座などの問屋経済, 米庵らが書風, 米庵三亥次子が雲潭祥胤, 米庵略傳に下, 米庵等は, 米廩敷地の内, 米か訛り, 米弐合に銭弐拾銭, 米弗銀貨はある, 米である, 米彼方で杉, 米得意満面ゴールに飛び込み, 米御前信仰の心, 米御前子供ができた, 米徴収を名, 米心佐閉消失多列夜, 米愛宕山の三角点二十五米七, 米態度の硬化, 米戦争計画の必要, 米戦役に於, 米戸数十五戸の山腹, 米の酒田, 米手付金渡させられその, 米手前で銃, 米は勿論, 米抗争の重苦しい, 米押し流されてゐる, 米ひあつめては, 米持ち来りませ米さ, 米振り返ると夕陽, 米捕鯨船遭難者の救助, 米換算三百五十万石を計画, 米搗いて見せろ, 米搗ばったを繰返し, 米搗バッタのやう, 米搗今でも宵, 米搗奉公をし, 米搗杵みたいな巨大, 米搗薪割に身, 米搗連は囲炉裡, 米播けばすゞめ, 米をし, 米をつなぐ, 米支間横断汽船用の貯炭所問題, 米放り投げることが, 米も混同, 米教授政府各部の役人, 米文化学会も仏教美術, 米文学中妖婆を描き, 米の両君, 米料理百種の中, 米施行があった, 米旅情の歌, 米の教授達, 米日光の中禅寺湖, 米日本公使に適任者, 米日本大使の知らぬ, 米日間に通商条約, 米日露の修好條, 米明日は, 米昨日は純, 米時に三百米ぐらいの, 米暴動の年, 米最低二千一百米平均して, 米最低二千百二十米平均二千六百米以上の高度, 米最低二千百八十米平均高度は二千六百二十米, 米最高点は長野県北安曇郡, 米會社二代目支配者としてヨーロツパ, 米會社支配人であると, 米會社重役となつ, 米會見日である, 米木炭マッチの話, 米木造の橋, 米条約に調印, 米条約体制打破の国民運動, 米東京で切符, 米松露麦松露なぞいう, 米栂其他灌木状の針葉樹, 米栂姫小松などの黒木, 米栂姫小松唐松などが或は, 米栂米躑躅などが多い, 米栂黒檜白檜などが多少, 米のやう, 米約, 米棉相場が上り出した, 米の若, 米もあり, 米機嫌が悪い, 米欧諸国の調査研究機関, 米欲しさの, 米殊に米国が, 米殺しと出るでしょう, 米の, 米殻商と二人, 米殻輸出を禁じ, 米殻通帳を持つ, 米殻通帳その他はその, 米比流というの, 米と云つて, 米水揚の折ふし, 米水泳の四百米, 米水泳界の先輩連, 米のよう, 米決勝レースの二千九百米余, 米油味噌塩醤油薪炭四季折々の, 米油問屋の古い, 米の, 米泳げるかどう, 米洗いとか竹ス, 米までの間平原, 米津勘兵衛の旨, 米洲大陸など大陸, 米の人生観, 米浙桶洗桶などが綺麗, 米浙笊米浙桶洗桶などが綺麗, 米浴衣にて出, 米海軍機に対する発砲事件, 米海運戦および市場戦, 米清修好條約文, 米清水からは八百五十米, 米渡しも夏冬, 米湯ノ湖に較べ, 米よりもっと, 米など云う, 米漏斗を見られるでしょう, 米濡れ縁から呼びかけ, 米炊ぎに来, 米炊ぐ泥舟の, 米炊ししやはるえ, 米炭その他盜れしもの, 米炭等々と自炊, 米の山水, 米点山水の絵, 米焼酎でも焼酎, 米豆菱餅, 米そしてそれ, 米煙草だわ, 米煙草会社日華紗廠そういったビルディング, 米爲率善中郎將牛利爲率善校尉假銀印青綬引見勞賜遣還, 米牡丹燈籠提げて, 米の国交断絶, 米独仏いずれの先進国, 米独仏人だそう, 米独仏等のごとき, 米独国交の雲行, 米独特の不合理, 米独等のごとき, 米独露である露国, 米独領事の三頭政治, 米獅これを徳, 米獣皮綿コーヒー等にし, 米獨其ノ他, 米獨露悉ク信ヲ傷ケザルモノナク, 米て倉, 米玄米のこと, 米琉絣の対, 米の探検家, 米蝋鬱金朱粉薬種牛馬雑紙等も, 米生産作業の完成, 米なしと, 米田村支部長の齋藤健太, 米町新町柳町寺町堤町塩町蜆貝町新蜆貝町, 米畑年貢などが予期, 米から江戸, 米留盆の落陽, 米登って行く, 米登り一方である, 米白鵠の生, 米百俵に附き, 米百俵づつ三季に渡され, 米百文に五合五勺, 米百石金百貫を車, 米相場師某ら稲垣と共に新町遊廓, 米つてる事, 米知っていたら, 米短篇探偵小説の吟味, 米を踏ん, 米石炭粘土籐鉄材それらの間, 米砂糖肥料小倉石油などを積ん, 米研桶へ水, 米磨ぐ水がや, 米稗大豆を買い入れ, 米穀物の義, 米空軍の編隊, 米突あまり高過ぎるから, 米突ぐらゐな距離しかあるまい, 米突ここに長, 米突主峰の北, 米突九四九で近代, 米突以内に接, 米突位な深, 米突前後の大, 米突南北二百米突の広, 米突壁上の広, 米突従来最高峰と認められ, 米突百五十米突と下っ, 米突群峰の中央, 米突若干銭と秤量, 米突近くの風力, 米突高地の南, 米窪満亮氏の党葬, 米笠ヶ岳と共に牛ヶ岳, 米米米なるかな, 米米米米なるかな, 米粒位なもの, 米粒入りのスープ, 米粒大ないし小豆大, 米粒程の小さい, 米粒調べの話, 米粒麺麭の屑, 米の額, 米粟黍子稗子胡麻子小豆でつくる, 米を食い, 米精げ畢る, 米精白の趣味流行, 米五千二百尺である, 米の高山, 米素足のまま, 米とやや, 米絹その他の財宝, 米続々産出し, 米綿途絶のため一八六二, 米緊張をもたらす, 米が東, 米罐詰のスープ, 米置きにほぼ, 米聖書会社に向った, 米聖書株式会社と云う, 米聯隊へ御, 米脊負つて行くん, 米にもなれん, 米舂くごとくむやみに, 米舂くごとく無暗に頭, 米舂場の辺り田畑, 米舂小屋があっ, 米舂畑うちの片手, 米航空会社と合弁, 米船ジェネラル・シャーマン号の被害, 米船ハリソン号を浅瀬, 米船員はみんな牢屋, 米船浦賀に至り, 米艦スルタン号に乗っ, 米艦一隻蘭艦一隻都合九隻の艦隊, 米艦二隻英艦一隻が独艦三隻, 米艦僅かに去れ, 米艦本牧に入る, 米良貴方は妾, 米色々と村, 米もて馬, 米花松本錦糸市川寿美八沢村紀久八などという顔触れ, 米花洗馬山は往時土人, 米が連続, 米の話, 米若し戦は, 米英ならではやらぬやう, 米英ソ三国が各, 米英ソ三国外相のモスクワ会談, 米英チャイナおよびソ連, 米英両国の今日, 米英両国以外でも間もなく, 米英両国政府のあいだ, 米英人をこの, 米英仏の花, 米英仏露に学びたい, 米英公使のさやあて, 米英化一色の時代, 米英危機の第, 米英国交関係は南北戦争, 米英国大使館ハ在桑港総領事ニ電命, 米英戦争はいろいろ, 米英探偵小説の古典, 米英日の利害, 米英流の合理主義, 米英独ソなどのいわゆる, 米英緊張はすこし, 米英開戦を知り, 米英開戦以来わが金博士, 米英露幾多の列強, 米の物, 米蒔きて稗得, 米蓼萩などが黄紫とりどり, 米薑塩橘皮香料牛乳等時には葱, 米薪炭を交換, 米と云う, 米藩有馬家南隣は島原藩松平, 米藩次百九十三間佐賀藩次四十間唐津藩次三百間は松平忠之兄弟, 米蘭両船へも持ち運ばれた, 米蘭四国公使に面接, 米の死骸, 米の挙, 米西の方, 米西戰爭ニ於テ一タヒ米軍ノカビテ及ヒサンチヤーゴノ海戰ニ大勝ヲ獲, 米観音とでもいはう, 米が出版, 米証券へ入っ, 米國の, 米という人, 米豆すべての種子, 米豆玉蜀黍といったよう, 米貨一ドルを二ルーブル, 米貨一万九千ドルとイタリー, 米販売業者の猛烈, 米買う金も, 米買ったりする, 米買付その他非常時経済問題まで打合わせた, 米という, 米資本の導入, 米賓スウィングル氏に贈りし, 米きを, 米足らぬにやあらむ, 米踏む男かな, 米踏人が恐慌, 米蹈む男かな, 米躑躅七竈の類, 米軍キャムプに出かける, 米軍ジェット機が旭川付近, 米軍トラックは彼ら, 米軍ノカビテ及ヒサンチヤーゴノ海戰ニ大勝ヲ獲, 米軍上陸以前に日本軍, 米軍上陸必至の地点, 米軍事同盟の性格, 米軍事基地千歳まで通じる, 米軍兵たちのため, 米軍基地の急造, 米軍将校が日本, 米軍当局の理解, 米軍戦車隊は周囲, 米軍機の通過, 米軍許可を得, 米軍飛行士を探し求め, 米軽減の嘆願, 米近く屹立して, 米近傍のさる, 米近来の近, 米通商条約第五条, 米通商航海条約だという, 米通譯官ポートマン書翰和蘭大通詞森山榮, 米連対欧弗の戦争勃発, 米連絡就航船隊としての, 米週報社より本田, 米の途次, 米道路を何十本, 米遠いので, 米郡南条村に有名, 米配給の手伝い丈, 米酒田港と物資, 米酒醤油のごとき, 米と称する, 米醤油ミソ塩油バタ砂糖玉川関は色々, 米醤油石油そして焼酎一杯, 米醤油茶等々払へるだけ, 米醤油酢豆腐茄子何から何, 米醤油魚そして酒, 米は駒込, 米野菜その他若干の食糧, 米金貨二百三十ドル二六余となっ, 米鉱油会社の当時, 米銀百ドルと交換, 米銀貨百ドルが米金貨二百三十ドル二六余, 米さ二十米木造の, 米長篇探偵小説の八割, 米開戦後濠洲軍に捕まっ, 米關係につき説明, 米阪線と言う, 米隨分澤山有之候趣, 米雑穀は無論, 米の王, 米露中からの空襲計画, 米露等であ, 米露間で条約, 米露雙方政府の諒解, 米を稱, 米領ブリビロッツ群島露領コマンドルスキー群島とともに世界, 米領事ロビネットの鉄道願書, 米には雪, 米飛行士がその, 米飛行士探索の命令, 米食うやつある, 米食物の類, 米飲む水すらも, 米の仕事着, 米養生までさせた, 米饅頭屋の土間, 米馬鈴薯またはその他, 米駝鳥などに中, 米騒動以来の不思議, 米騒動以来だれしもの心, 米高初期以来の地方的流行, 米高宿相続の困難, 米魯修交を断るべし, 米魯初航以來五ヶ國條約に, 米すら充分, 米麦その他直接生産物で納めた, 米麦大豆乾パン類を分配, 米麦引割をその, 米麦桐油木材などの天産豊か, 米麦油揚ハガキ菜葉を買う, 米麦等現物でおさめ, 米麦綿等暴騰し施米, 米麦豆にて足れり, 米麦豆粟稗黍蕎麦玉蜀黍というよう, 米麦飯の中, 米麻糸と同じく