青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「籠~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~節 節~ 節子~ ~範囲 範囲~ 範疇~ 篇~ ~簡単 簡単~ ~籠
籠~
籠っ~ ~米 米~ ~米友 米国~ 粂~ ~粉 粉~ 粒~ 粗末~

「籠~」 10694, 116ppm, 913位

▼ 籠~ (2039, 19.1%)

144 中に 103 中の 84 中から 75 中へ 72 中で 34 中には 32 中を 26 戸を 22 ような 21 上に 16 前に 15 なかで, ように 14 なかに, やうに 13 なかの, 鳥 12 底に, 方へ 11 なかから 10 傍へ, 後を 9 そばに, なかへ, 中は, 垂れを, 扉を, 鳥の 8 そばへ, 下に, 垂を, 目を 7 まわりを, 傍に, 前へ, 底が, 戸が 6 ことを, 中なる, 垂簾を, 外に, 扉が, 方で, 蓋を 5 なかには, なかは, 一団は, 上から, 中より, 側へ, 内から, 方に, 目から

4 [19件] あとを, うちに, ところまで, ま, わきに, 一団が, 上へ, 側まで, 先に, 内に, 口を, 外へ, 底を, 方の, 方は, 方を, 用意を, 蔭で, 鳥を

3 [25件] うちから, うちで, そばには, たれを, なかを, やうな, 一団を, 上の, 中では, 側に, 入口を, 向うに, 左右に, 底は, 底へ, 形を, 後から, 本陣から, 用意の, 脇に, 隙間から, 類は, 鳥が, 鳥でも, 鳥と

2 [103件] うしろに, うちへ, おろされた宿坊, かげに, ぐるりを, ごとく, そばを, なかなる, のりかへ, ひとつに, ひもから, まえに, ままで, まわりへ, カナリヤを, 一団の, 下から, 下で, 下の, 下へ, 下を, 下半分, 中からは, 中からも, 中が, 中にでも, 中へと, 人たちの, 人と, 先へ, 先棒の, 内で, 内の, 出るの, 前から, 囮, 垂が, 大活動, 天井に, 姿が, 子に, 客が, 客を, 宿に, 小荷物が, 小鳥が, 小鳥は, 小鳥を, 屋根から, 屋根へ, 屋根を, 底の, 形が, 影絵の, 後に, 御本陣, 息杖を, 扉の, 手に, 掃除を, 数が, 早さ, 最想化, 本陣に, 本陣を, 格子に, 棒へ, 棒先に, 棒鼻が, 棒鼻に, 止まったところ, 歩みが, 歴史は, 渡しに, 渡しの, 火が, 灯が, 灯の, 灯を, 物を, 猿の, 生家の, 用意に, 目へ, 立つの, 竹の, 習慣を, 者に, 背後から, 蔭から, 蕈を, 虫の, 行列に, 話参照, 足を, 跡を, 通る晩, 鳥さ, 鳥だ, 鳥で, 鳥に, 鳥は, 鶯が

1 [706件 抜粋] あたりを, あたり雪を, あとでは, あとについて, あるの, ある竹縁, あんばい供侍らしい, うえに, うえの, うちには, うちの, うち一つは, おばあさんから, おばあさんは, おばあさんや, おろされて, お小休み, お礼に, お許しゃ出ねえ, お陸尺, かわりに, くせ者大名目ざし, こと, ことが, ことであった, ことであります, こと等漠然と, こまかいあみ目, ご飯を, したくさせて, したくは, したくを, すきから, すぐ後, すだれ, そとから, そとの, その白い, たくさん並ん, たぐいが, たれの, つもりで, つんで, ところに, ところへ, なか, なかからも, なかさしのぞく, なかなんかに, なかにて, にほ, はしに, はりがねを, ぴしゃぴしゃという草鞋の, ふたを, ほうは, ほうへ, ほうを, ほとりまで, ままもしくは, まま炉部屋の, まま藪へ, まわり, まわりが, まわりに, まわりは, めへ, ものが, ものを, もの仲間長持か, ようだ, ようである, りんごと, わきの, わきへ, わたりの, カナリヤが, カナリヤも, コップに, スケッチを, タレを, フタでも, ロープを, 一つ, 一つに, 一つにでも, 一つへでも, 一つを, 一つ一つに, 一団から, 一団である, 一夕を, 一挺で, 一番上に, 一角を, 一転化かも, 三つも, 上で, 上には, 上や, 上を, 下敷きに, 下敷に, 世話を, 両本陣, 両脇, 中だ, 中での, 中でも, 中のは, 中のを, 中や, 中をのぞ, 中味を, 中央を, 中身は, 主は, 主も, 乗り手が, 事も, 二, 二川は, 二階簀の子の, 井戸が, 井戸端で, 人々か, 人にな, 人の, 人物の, 人物見たい, 代官を, 仮小舎, 仲間を, 伯父の, 住家へ, 作り方などは, 供に, 信徒も, 側で, 側へは, 傍では, 傍などに, 傍まで, 傍らに, 僧の, 兄さんの, 兄へ, 充填物に, 先まわり, 先棒が, 先生どこから, 光で, 光徳寺湯舟沢の, 入った大きな, 入った旅籠, 入口の, 兩側へ, 内なる, 内の人は, 内外には, 内外左膳と, 内容に, 内面には, 写生を, 出し入れを, 出口の, 出立する, 列にも, 前にも, 前後には, 前後を, 前方半町ばかりの, 副戸長, 助けを, 勘次と, 匂ひ, 口で, 古い傷, 古着の, 台笠へ, 右と, 名が, 名人が, 向うの, 向きを, 向方の, 周囲に, 周囲は, 周囲へ, 唸り声は, 四分の一廻転と, 四隅に, 因に, 土部家の, 坂という, 坂の, 垂れから, 垂れが, 垂れ紙にも, 垂簾に, 垂簾へ, 塗戸へ, 外から, 外には, 外の, 外へも, 外側とか, 多面体が, 大平口へ, 大野屋の, 天井は, 夷苺の, 奇術を, 女だけじゃあ, 女人, 如き入れ物さ, 如き形, 如くに, 婦人は, 存在を, 定紋を, 実家に, 客に対しても, 宿はずれの, 宿場を, 寿平次が, 寿平次だ, 寿平次も, 寿平次らと, 寿平次実, 小く浅き, 小さきけ, 小禽を, 小船を, 小鳥に, 小鳥らしい, 屋根に, 山なるい, 山中肌寒い, 岩, 峯へ, 峰から, 峰を, 左右を, 庄屋として, 庄屋寿平次の, 庄屋寿平次年寄役得右衛門の, 底には, 底板に, 廻りは, 引き戸が, 引き戸を, 引戸に, 引戸を, 弾薬を, 形こそ, 形も, 影の, 影を, 待って, 後ろのは, 徒然に, 御城山, 御用で, 御答, 心配も, 意味を, 戸いかに, 戸に, 戸は, 戸はは, 戸口に, 戸引きあけつ, 扇屋得右衛門の, 扉に, 扉へ, 手入を, 手品は, 捨てて, 掃除やら, 提灯か, 揺れっぷり, 揺れも, 揺れるの, 支度を, 支配から, 文を, 文鳥を, 方から, 方からも, 方が, 方へは, 方も, 日堤方村の, 旧本陣, 時代なら, 時節であったろう, 暮しは, 曳扉の, 最観念化, 有無には, 朝も, 木の葉の, 本意は, 本陣あてに, 本陣では, 本陣とも, 本陣とを, 本陣には, 本陣の, 来るの, 来るまでは, 枠は, 柄が, 柄の, 柵に, 格子を, 梨を, 棒に, 棒鼻を, 椅子と, 様でも, 横から, 横の, 横木の間に, 歌会である, 止まったのに, 歩みは, 水とて, 消えしため, 渡しから, 渡しで, 渡しには, 渡しよ, 渡の, 渡りの, 準備に, 火かげを, 火もはや, 灯に, 灯のかずで, 灯は, 炭を, 煤けたの, 熊か, 燭を, 物に, 物も, 献上物を, 生家に, 用は, 用意しろ, 用意だけは, 用意は, 由来を, 町に, 白い花, 白玉椿の, 目で, 直ぐ一歩前ちょうど, 真ん中の, 真上から, 真下へ, 真中の, 着いた父さん, 着けられた家, 社長で, 祖父さんといふ, 禽の, 禿は, 秋風に, 空しくなら, 空に, 窓には, 窓より, 立場港の, 竹に, 竿以外に, 笠には, 笠は, 笹の, 箱その他を, 簾の, 経木製の, 経蔵である, 網や, 緑蔭に, 編目に, 縁の, 縁へ, 繩を, 罠に, 美しき鳥, 者が, 者と, 者を, 肩に, 肩棒が, 背後に, 背負いっぷり, 脇には, 舁き方, 花に, 花の, 花吐息か, 茄子には, 草だった, 荷物を, 葡萄を, 蓋に, 蓋にと, 蓋の, 蔭に, 蔭を, 薄あかりが, 薄暗がりに, 虫だ, 虫見かけは, 蛍に, 衆よりは, 行く手を, 行先は, 行列の, 街は, 裏底に, 裡に, 覆布, 見えなくなった時, 見物に, 話, 話の, 話を, 誠を, 講釈は, 貯えを, 買い入れ代助, 赤い鳥, 足跡拾っ, 踊りを, 辻芸人その, 辻芸人と, 近くに, 近く挨拶に, 通つて行く, 造りは, 連中と共に, 連中や, 運転手と, 都合は, 里方へ, 重い軽いに, 重みが, 重みで, 鈴虫も, 開かれる音, 間で, 間へ, 間断なき, 陸尺たちであっ, 隅に, 階上に, 隙から, 隠居は, 雀のけふ, 雛にか, 雲雀が, 雲雀に, 雲雀のみは, 青山さんの, 青山さんは, 頂上から, 頃つ, 頭首世を, 類まで, 類を, 飛んで, 飾りを, 首領の, 駒鳥が, 駒鳥は, 髯と, 髯を, 魚を, 鳥さ云々とでも, 鳥じゃ, 鳥である, 鳥なら, 鳥も, 鳥コバエテ, 鳥同様に, 鳥同然に, 鳥外に, 鳥枯れすすき鴨緑江まったく, 鳥空しく, 鶉は, 鶉も, 鶉物に, 鶯の, 鸚鵡が, 鸚鵡愛らしい

▼ 籠~ (1845, 17.3%)

44 持って 23 さげて 21 提げて 15 もって, 肩に 14 かついで 13 背負って, 雇って, 飛ばして 10 おろして, かかえて, して, 担いで 9 下げて, 急がせて 8 抱えて, 背に, 飛ばせて 7 つけて, 下ろして, 呼んで, 置いて, 開いて 6 ぶらさげて, 下して, 取り巻いて, 守って, 拾って

5 [13件] あけて, のぞいて, ぶら下げて, 出して, 出て, 手に, 持つて, 編んで, 腕に, 腕にかけて, 釣らせて, 開けて, 頭に

4 [17件] おいて, つらねて, 卸して, 取って, 吊らせて, 呼びに, 囲んで, 抱いて, 捨てて, 携へて, 擔いで, 肩にかけて, 脊負って, 見て, 見ると, 追いかけて, 追って

3 [29件] おろすと, かつがせて, してから, そこへ, めがけて, やって, やれ, 一つずつ, 下りると, 並べて, 仕立てて, 作って, 倒に, 借りて, 停めて, 出た鳥, 出ると, 前に, 卓子の, 命じて, 待たせて, 捧げて, 据えて, 見た, 見つけて, 覗いた, 護って, 買って, 風呂敷に

2 [117件] あげさせました, うたせて, うたせながら, おごって, おりて, かえて, かけて, かつぐ男, かぶせて, ぐるりと, こわして, さげた少女, さげながら, さして帰っ, しょって, しよつて, そこに, その男, とばして, とめて, にらんで, のせた果物屋, のせて, ひっかけて, ひらいて, ほうり出して, めざして, もつて, やとって, やは, ゆすぶつて, 一挺頼ん, 上げて, 両手に, 中に, 乗りつけると, 二人の, 仕立てたほど, 休めて, 作る, 停めさせて, 停めたの, 先に, 出した, 出したの, 出た, 出た小鳥, 出ようと, 取り上げた, 取囲んで, 受取った, 吊して, 呼びます, 呼び止めて, 土間に, 地球の, 天地と, 引っ渫っ, 彼の, 急がせた, 打たせて, 打たせました, 投げ出すよう, 抜け出して, 担って, 持たせて, 持ちて, 持ち出して, 持ち尋常二年生, 指さしながら, 掃除し, 掛けて, 提て, 揺りながら, 擁へ, 支えて, 放れた鳩, 放れて, 止めた, 毀す, 気張って, 満たして, 満載し, 片寄せて, 片手に, 目がけて, 真ん中に, 真中に, 破って, 竿の, 箱の, 縁先に, 背負ったの, 脊負つた, 腰に, 膝の, 自分の, 舁いで, 舁かせて, 見せた, 見つけると, 見つめて, 覗いて, 覗き込んで, 解いて, 註文し, 買つ, 転がして, 追い駆けました, 連ねて, 釣らせ抜身, 開きて, 開けると, 離れて, 頭上に, 顎で, 飛越して

1 [1073件 抜粋] あげて, あそばされるの, あみに, いきなり後, いだいて, いっぱいに, いわえつけその, うごかしても, うすい青, うばいとるご, うやうやしくささげ出し, おさえて, おしばり下さいまし, おみやげに, おりた, おりた越前守, おり宇田川橋, おろしそう, おろした二組, お土産, お止め, お雇い遊ばす, かかえあげて, かかへて, かけようと, かけ口達者, かして, かっさばいて, かつぎあげた, かつぎ共に, かつぎ出す, かつぐと, かつげ帰るん, かむキリギリス, きばって, くつがえしたよう, ぐるぐる振り廻し, こさへて, こはが, これまた, さうい, さげた主婦, さげた親爺, さげ左, ささえるの, したがえて, した千里, した頃, しょい手, しょった目, じっと睨ん, すえると, すすむるを, するという, するりと抜け, そいって, そっくりトゥリローニーさん, そばへ, そんなに飛ばせなく, たずさえ梅, たてます, ちょっと橋, つかんで, つくって, つくつて卸売, つけさせたの, つけちよるき, つけ決して, つむこと, つらねながら, つるして, とどめて, とめろ, ともすれば呑み, とりだして, とりふたたび, とりまいて, どうかと, どうする, ながめて, にない小次郎, のがれし世, のせられたの, のぞかせて, のっけたよう, のりつけて, はずしじぶん, はずんで, はね飛ばすと, ひいて, ひき出した, ひっかけたエレーナ, ひっくり返したため, ひろい一散, ひろげた, ふせたよう, ぶらくって, ぶらぶら振り, ぶら下げ玉子売, またぎかけて, みやげに, めっけ, もう一度船, もったまま, もってる, もつた若い, やといて, やらぬか, ゆすったもの, ゆすぶりな, ゆりつつ, よこして, よし原, よんで, アレサどうせ, グングン先, コツコツ啄, ジャブジャブと, スズメカゴと, ズッと, ブチまけた, ボートに, リザベッタに, 一そう近づけ, 一つ買う, 一つ頼む, 一人で, 一僕に, 一挺, 一挺雇い, 一揺りゆりあげ, 一緒に, 三個陸揚げする, 上げに, 下げた女, 下げた恰好, 下げ人一人, 下げ指, 下しあおり, 下す, 下すと, 下せ大黒屋, 下へ, 下りて, 下り衣冠着用, 下ろした, 下ろすと, 中央に, 主人達に, 乗りつけさせたところ, 乗りつけて, 乗り切ったの, 乗物をという, 二つ一つ二セントずつで, 二つ折詰を, 二丁ばかり, 二挺ならべ, 二挺よぶ, 二挺呼ん, 二梃よび, 二梃女二人の, 京橋へ, 仕立てさせて, 仕立てな, 仰出され何, 伏せて, 休んで, 何處までも, 作らせず歩き, 作りその, 作る者, 使って, 借る事, 停めさせての, 停めさせ乗り物, 停めろ, 傍の, 傭い碓氷, 傭おうと, 充し, 入れたといふ, 入れ忘れたらしい飼主, 再び取り上げよう, 出しそれから, 出せ, 出たの, 出た人, 出た老婆, 出で, 列べ出す段, 利用しなかった, 刺すの, 包んだ小, 半分から, 占領し, 卸した, 卸すの, 取つて, 取りて中, 取り上げこぼれ落ちた弾薬, 取り付けて, 取り巻いた, 取り巻き一団, 取上げ首, 取巻いて, 口に, 右の, 吊した枝, 吊せて, 吊るした, 吊るすとか, 向けました, 吹いて, 呼ばせて, 呼ばせ急, 呼びとめて, 呼び留めました, 呼ぶ同じ, 呼べとでも, 命じたつもり, 四人の, 囲んだ同勢, 囲繞い, 地べたへ, 地面から, 壁の, 売る店, 外すと, 夜も, 大儀さうに肩からは, 天秤棒に, 奪い返すべく走せ出すと, 奪われるところ, 婉曲な言い, 守り一ツ橋, 守る兵馬, 安定させる, 宿つぎ人足を, 寿命と, 小松に, 尾行て, 尾行出しました, 屋敷へ, 崩したり, 左手に, 差出しました, 帰したおせん, 帳場として, 床に, 座敷の, 庭へ, 引きあげるの, 引き擦り出した, 引っくりかえし, 引ったくる, 引つくり返し, 引つ掛けて, 引張り出しました, 彼女に, 待って, 御簾の, 御門番, 忘れて, 忘れるなよ, 思い立ち弟子, 思い立って, 思わせるベッド蚊帳, 急がせたという, 急がせました, 想化し, 懸けて, 戻した, 戻せ, 手ぐり上げた, 手より, 手渡しした, 打ち振つて, 打つた, 投げ出すと共に, 投げ込んで, 抜けた, 抜け出ると, 抱えたまま, 抱え屋上庭園, 押えたまでは, 担いだあれ, 担いだ事, 担いだ駕籠, 担ぎあげた, 担ぎながら, 担ぎ急ぐ積り, 担つて其儘歩き出さう, 拝もうと, 拵えた, 拾うからと, 拾うまでの, 拾おうという, 拾つて目白臺まで, 持たされた児, 持ちくし, 持ちし女, 持ちました, 持ち上げては, 持ち入り, 持ち出してから, 持ち帰りマリユス, 持ち草鞋, 持った, 持ったリンゴ売, 持った男, 持ってかが, 持つた私, 挂く, 指した, 指します, 振返って, 捜し出すん, 捨ていよいよ, 捨て小, 据えられ吉之助様, 据ゑた跡らしい, 探して, 掻いて, 提げたまま南瓜, 提げたる貧, 提げた年増, 提げながら, 提げ其の, 提げ継竿, 換へて, 揺すって, 揺って, 携えたるが, 擔いだ, 支配するで, 新調し, 明けたり, 替えて, 本陣の, 板に, 枷に, 棄て, 横から, 横腹へ, 橋の, 次の, 止めて, 歸し, 水から, 江戸まで, 洗うべくかつて, 洗ってる所, 添えて, 渡して, 渡し合う, 点ずること, 無事に, 煮締めたよう, 片づけろ, 片腕に, 狙つてゐた, 瑠璃色に, 用いそれ, 用い中井, 用ゐる, 用意し, 用意する, 盛る, 目的と, 眺めて, 着けたの, 睨んで, 破る, 示されその, 私の, 空けて, 突いて, 突き刺す場所, 突飛し, 立て, 立てる一つ, 篏められ, 素早くひろひ上げました, 結びつけたるを, 編み始めた, 編む, 編むよう, 縁側に, 縦に, 置いた, 置きおりおり炭, 置きそこで, 置き家禽, 置くと, 肩から, 背中に, 背負い木製, 背負い直しさっさと, 背負い続けて, 背負ったこと, 背負ったもぐら, 背負った娘たち, 背負つた儘歩いた, 背負つた娘たちが, 背負つて今度は, 背負つて宿の, 背負つて鎌を, 背負わされては, 脊に, 脊負つた儘首を, 脊負つて巡査の, 脊負は, 脱して, 腹の, 臂に, 舁きこんで, 舁き上げようとして, 舁く奴, 舁出した, 苦にも, 荒しに, 菅の, 見かけた人, 見せました, 見たとたん, 見たまえこの, 見ては, 見ながら, 見るたんび, 見上げたとき, 見中, 見付けて, 見失いました, 見失うでは, 見失ふと, 見返りながら, 見送り門, 視守った, 覗込む, 許して, 誂えると, 誓願した, 讃岐守の, 負い腰, 負うて, 負ひ, 買うこと, 買は, 貸して, 贈ると, 赤く染め, 走らせて, 走らせ水神あたり, 跟ける, 路地の, 踏んだやう, 転がした奴, 載す, 載せた魚, 辞し去ろうと, 迎えに, 返しその, 追いかけたが, 追いぬいて, 追いました, 追い抜いて, 追っかけて, 追って裏門, 追蒐, 送りながら, 送り込んだの, 逆に, 通って, 連ねながら, 進ませて, 進ませると, 都下各, 金沢まで, 釣らして, 開きに, 開こうと, 降りた, 降りて, 雇いたいと, 雇い江戸, 雇い雨, 雇ってね, 離さなかった, 離れた男, 順々に, 頼んで, 飛ばさせること, 飛ばしました, 飛ばすうち, 飛び出した小鳥, 飛廻ツ, 飼桶という, 駆って, 高く差し上げ, 鳥と

▼ 籠~ (1037, 9.7%)

80 られて 28 ている 181613 たもの 12 ていた 10 にし 8 てその, にしよう 7 たの, てある, て云った, て言つて 6 てゐる, にした 5 てい, てゐた, て居る, て置い, て置く, ると 4 てしまった, てそれ, て書い, て書いた, て言, にする, られた

3 [14件] たやう, たよう, たりし, たるもの, てしまう, て庭, て彼女, て来, て礼, て言った, られた形, られては, る, ること

2 [65件] ずに, たが, たつもり, たところ, たり, たピストル, た供物, た心, た手拭, た手紙, た煙, た眼, た筈, た言葉, た贈もの, た霧, た香, つつ知らず知らず, てあ, ていった, てお, ておい, ておく, ておりました, てこう, て一生懸命, て云う, て五十分一, て作った, て叩き返さなけれ, て叫んだ, て吹奏, て御, て息, て打ち消した, て昼, て最後, て朦朧, て橋, て次第に, て正視, て気, て渦巻き, て瞻, て祈った, て私, て第, て紫, て置いた, て豆腐, て起, て返さなけれ, て遣せる, て風, て香, にされ, ぬ, ます, られたか, られたという, られても, られながら, られる, られると, れば

1 [574件 抜粋] おいた神戸殿, かかった湖面, か何, さしてあります, しむ, しめたの, しも決して, たあらゆる, たいと, たいの, たこと, たところが, たまま, たらしい所業, たりける, たりと覚き, たる一種, たる土産物, たる声, たる大地, たる妙音, たる強き, たる御馳走, たる心, たる獅子, たる紫, たる細き, たる苦心, たればこそ, たガス, たプロメトイス, た一間, た上書, た中, た五種香, た伯父良兼, た低い, た便り, た僅か, た処, た力, た勝負, た句, た只一人, た墓, た士, た声音, た夜霧, た大, た大きい, た大切, た子供, た弁当, た影, た微風, た怒罵の, た恋, た恍惚, た悪, た情火, た態度, た戸障子, た手, た手のひら, た拳固, た朝靄, た気合, た水蒸気, た水鳥亭, た泥水, た無限, た狭霧, た狹, た白糸, た目, た目つき, た目付き, た真意, た眼差し, た瞳, た祈念, た祈願, た絵葉書, た美しい, た群集, た肉体力, た草, た莨, た記念物, た詞, た語気, た贈り物, た返事, た遠江国榛原郡小山, た酒気, た重い, た野末, た鈴, た闇, た静か, た願文, た黒眼がち, つ, つくして, つつ, てあつた, てあの, てあやめ, てありで, てありません, てあるらしく, ていう, ていつ, ていで, ていふ, ています, ていられる, てうんと, てえ, ておきました, ておきましょう, ておのれ, ておわす, てお客様, てお礼, てきれ, てくださらぬ, てくり返しくり返し, てくる, てくれる, てぐっと, てこの, てさう, てさしあげた, てざら, てし, てしかも, てしまいました, てしまっ, てしまわね, てじっと, てじーっと, てすっくと, てすべて, てする, てそのまま, てたった, てつづけました, てともかく, てどう, てどかどか, てなど思ひ, てなにか, てのお話, てのこと, てのみ日, てのみ暮らす, ての訓誨, てはならない, てひたすら, てほしい, てま, てまいりました, てまこと闇路, てみ, ても言, てやりなさい, てやれる, てる不安, てわが家, てわたくし, てわたし, てゐ, てアメリカ, てイーコン様, てウウン, てグイ, てグイグイ, てグサ, てグッ, て一たん古市, て一向, て一心に, て一撃, て一語一語, て一際, て三度, て三日月, て下婢十余人, て両手, て両方, て乗り出した, て了, て云, て五たび六たび空, て今一勢, て介抱, て仕込んだ, て仰った, て件, て体, て何, て何となく, て何時の間に, て作, て作られた奉, て作歌, て信州, て働ける, て働ら, て僕, て全身, て其の, て再び, て写した, て凝, て処柄, て分厚い, て別れる, て制する, て剥製, て動かし, て参籠, て友欲, て受けとめた, て叢林, て名前, て呼吸, て唯, て問い詰めた, て問う, て囁いた, て四方, て園, て外, て夜, て夜な夜な, て太子, て夫, て夫婦, て姉, て嫁, て嬉し, て完全, て室, て寄, て寄附, て居よう, て山洞, て左, て建てた, て引つ返す, て彼, て心痛せり, て念仏, て思ひ耽, て性欲生活, て怨, て息子, て悄然, て愚痴, て慰めよう, て憎々し, て我, て我臂, て或, て手紙, て打っ, て把手, て抱き締める, て押す, て押流, て持ち上げよう, て振り, て掉, て探る, て推しつ叩きつした, て掴んだら折れ, て握り, て握り締めよう, て敵, て星, て暗く, て曳, て曳かせない, て書き記した, て月影, て来た, て毎度, て水, て水天一色, て津田君, て浄, て浩さん, て涙, て焼い, て焼いた, て父, て物凄く, て狂言, て独り屈托, て琢磨, て生れさせられた, て申, て申しました, て真, て真中処, て真直, て石崖, て確め, て祈りました, て祈り給, て祈念, て祈願, て神符, て私たち, て秋子, て空談, て突出す, て立歸つた, て精, て絵, て締, て練絹, て繰り返し繰り返し, て置かれん, て置くです, て羊, て聞き返した, て肩, て育った, て脚色, て臆, て自, て自分, て色, て芬々, て芳一, て芸妓髷, て茄子畑, て草, て蒸す, て藤, て行く先, て行ない続け, て行動, て行手, て行衞, て表した, て袴, て裾濃, て見えずなりぬ, て見た, て見つめた, て見やり, て言いました, て訊き返した, て訊ねた, て記述, て試し, て話, て話し, て語り, て語る, て誦し行く, て説く, て説諭, て読み, て負っ, て路, て軽く, て輻, て返事, て述べられ, て透かし透かし, て遠く, て長く, て開く, て陰々, て隙, て雲, て霧, て静か, て韻致, て頭蓋骨, て頼み入りました, て飾, て養い, て高社山一帯, であったが, です, ないこと, ながらこう, ながらぼつ, ながらカーン, ながら今, ながら菜穂子, ながら言った, ながら話声, ながら静, にいたそう, にされる, にせし, になった, にも仕, に合い, に合おう, に詣った, に逢い, に逢った, に遭っ, ねば, の中, の乱暴, の御, の苦痛, ました細工, ましょう, ますと, また輸送路, もしない, も同様, よと, られいぶし浄め, られその, られたうえ, られたこと, られたこの, られたさうで一度, られただ, られたの, られたばかり, られたまま, られたやう, られたよう, られたり, られたる猿, られたんで, られた人間, られた出前, られた地方, られた常闇, られた後, られた心持, られた愛, られた染五郎, られた湯気, られた牢舎, られた甚だ, られた病人, られた縁日, られた銭形, られた錢形, られた鬱陶し, られてからの, られないうち, られも, られるだけの, られるよう, られる因縁, られる愛, られる時, られれば, られ一二町先, られ中村座, られ今, られ今朝, られ内, られ姫, られ小, られ眠らされたの, られ給, られ雷, るおつもり, るから, るという, るに, るばかりに, るほど, るやう, るよう, る力, る夕靄, る家, る遠, る魂, をし, 傾いて, 入れて, 又は小説戯作, 奉って, 奉り外, 奉るさ, 始めた, 或はすーっ, 換えて, 欠けたお, 生あたたかくたそがれ, 直してから, 終った時

▼ 籠~ (994, 9.3%)

78 入れて 60 乗って 32 乗せて 14 揺られて 13 乗った 11 乗せられて 9 身を 8 のせて, ゆられて 6 して, ゆられながら, 入れられて 5 いれて, 乗るの, 揺られながら 4 しようと, 乗つて, 伏せて, 入って, 入れる 3 うち乗る, 乗せまして, 乗ったまま, 乗り, 乗ると, 乗ろうと, 付いて, 灯を, 飼ふ

2 [49件] いるの, されるやう, したの, のって, 一杯ある, 一杯刈り溜める, 乗ったり, 乗っては, 乗っても, 乗て, 乗るという, 乗る人, 乘せ, 乘り, 乘る, 入つて雇女, 入れたの, 入れたまま, 入れたり, 入れると, 合羽を, 引添うて, 戻しました, 打ち乗って, 投げこんだ, 投げ入れて, 投げ込んで, 投り込んだ, 押しこんで, 果物を, 桐油を, 炭が, 申訳の, 盛って, 目を, 石炭を, 積った, 載せて, 近づいた, 連れて, 閉じこめて, 附いて, 附添う, 顔を, 飛び乗ると, 飼って, 飼れし, 飼われた小鳥, 魚か

1 [583件 抜粋] あいのり, あおうと, あかすぐりの, あたしが, あのばさばさ, あはれむ夕ば, あふれたる菊, あふれ時計, あるよりも, ある品々, いくらかの, いざない請, いたの, いた茨右近, いちじくの, いっぱいつめ込まれてる, いつぱい百ぢ, いづれの, いて, いながら, いる者, いれた, いれ威風, うちのりました, うち乗りながら, うち乗りました, うち乗り他の, うつされて, おさめれば, おしこむと, おしこめられて, お乗り, お乗んなせ, お民, お身, かかって, かついでる人, かぶせて, からんだ美男かつら, きたない脂煙管, くる蝶, くッ, さえ一杯, されかけて, されさうに, されそう, されたと, された上, されて, されるところ, されるの, される覚, され損ねた, さわると, ざらに, し, しかけたから, しさうに, したか, したり, した激怒, しつらえるのに, しばらく気, しまいかぶって, しまつて, しよう, しようかな, しようとして, し兼ねない樣子, じぶん, すみれと, するか, するとは, それらしい, それを, たくさん捕っ, ちがいない, ちげえ, ついて, ついてる柄, ついて行き一人, ついて行った用人, つきあたって, つけい, つけいと, つけて, つづいて, つめたランプ, とり入れゴルチャコフ, どさん, どっかり納まっ, なげこむと, なって, ならうと, なりさがった, なる人間, なる所, なれて, ねらい寄って, のしかかった一頭, のせられて, のせる, のせろ, のせ一ツ橋御門, のせ夜ふけ, のせ私たち三人, のまれたが, のり白峰さん, のり私, のれ安く, はいった二羽, はいった南京ねずみ, はれきれきと, ひらりうち乗り, ひらりと, ふえつつ, ぶち込んで, ほうり込まれて, むしり取って, もっと食える, もり, やって来た日, ゆすらうめ, よい考案の, よりかかったまま, わかれて, オホセイロウと, シジメ, スポーツシャツという, ポンと, 一っ, 一つの, 一ぱい, 一ぱいに, 一ぱいの, 一ぱい小牛に, 一ぱい薔薇を, 一摘ばかり, 一日の, 一杯に, 一杯ぶら下げ, 一杯三ツ葉を, 一輪の, 七草を, 三つずつ, 三種の, 下りて, 不審は, 丹念に, 乗せお松, 乗せかえた, 乗せこんな, 乗せだれ, 乗せようと, 乗せられた, 乗せられた上, 乗せられ揺られながら, 乗せられ父親ひとり, 乗せられ誘拐, 乗せる奴, 乗せ南, 乗せ父, 乗せ福島, 乗せ自分, 乗たっ, 乗ったお, 乗ったこと, 乗ったとしてものう, 乗ったやつ, 乗ったよう, 乗った伊丹屋, 乗った侍, 乗った場合, 乗った女, 乗った異人, 乗ってから, 乗つて伴廻り, 乗つて出入, 乗つて浮田, 乗つて蔵屋, 乗らうと, 乗らずに, 乗らず下駄, 乗らなかったの, 乗らんと, 乗りこんで, 乗りたい, 乗りたいの, 乗りたった, 乗りだしたと, 乗り六阿弥陀, 乗り品川, 乗り方, 乗り泣, 乗り父, 乗り直して, 乗り若い, 乗り薮原, 乗り込んだの, 乗り随喜, 乗り頼母, 乗り馴れて, 乗ること, 乗るは, 乗るや, 乗るよう, 乗るよりも, 乗る奴, 乗る時, 乗んなすった時おり, 乗賃払, 乘つ, 乘つたのも, 乘つてまだ, 乘つて品川まで, 乘つて大勢の, 乘つて大阪の, 乘つて綱で, 乘つて行かう, 乘れなかつた, 二つ毬の, 二杯の, 人が, 仕よう, 仕立て直して, 付き添い警護, 付添うて, 付添つて來た, 伏せた鶏, 似たる紋様, 似た箱, 似て, 何杯も, 何羽も, 充ちて, 入ったお前, 入ったの, 入った僅, 入らぬ大, 入る, 入れさせ天晴, 入れその, 入れた, 入れたくなり, 入れたもの, 入れたるパン, 入れた茹莢, 入れた長命寺, 入れた鮎, 入れた鯛, 入れた鶉, 入れてから, 入れぬやう, 入れました, 入れられおいしい, 入れられた一刹那, 入れられた一羽, 入れられた犬, 入れられた麝香猫, 入れられてる弟子, 入れられました, 入れられますよ, 入れられ大きな, 入れるか, 入れる人, 入れる直前, 入れ味噌漉, 入れ子, 入れ居たり, 入れ持って, 入れ窓, 入れ籠, 入れ自転車, 入れ道ばた, 八日の, 凝りつきました, 出かけた時, 出て, 出る籠かき姿, 出る難波治郎作, 出来て, 加わって, 助けて, 十匹ほどの, 半身入れかかった, 厚紙を, 収めようと, 召されて, 召されながら, 召しましょう, 召せお, 名人を, 名鳥, 向つて, 啼いて, 囚はる, 囚はれ, 城守りした, 多くの, 天秤棒を, 女の子を, 娘を, 寄りかかりながら, 寄り添い立った姿, 封じて, 小猫, 山雀が, 左膳を, 帰って, 帰らず, 帰らなかった, 引添うて走りはじめました, 彼ぬしで, 復古せん, 怪しい者, 愛憎を, 戻らなかった, 手を, 手繰り入れつつ, 手舁に, 打ち乗せられ同じ, 投げら, 投げられて, 投げ入れると, 投げ込みぬ, 投げ込んだ, 投げ込んだの, 投げ込んだまま, 投込まれ, 折つて來たしぼり, 抛りこんだ, 押しあてられたぐれえでひっくり返るなんて, 押し潰されて, 押し込む時, 押し込んで, 拾い込むの, 拾う, 持ちか, 持込んだ護身, 挿しつつ, 挿し込んだまま, 捕るあいだ, 捨てて, 捨て新しい, 据ゑ使も, 掛けて, 控縛せらる, 揺られるよう, 揺られ楽屋口, 揺れて, 搖られ, 摘んで, 放りこみ椅子, 春が, 時を, 書割と, 會つて封じ込められた, 林檎や, 林檎を, 植ゑて来し病める, 樅の, 残した仲間, 母と, 気がつきそして, 気がつくと, 泊りまして, 活けて, 消えた, 満ち, 満る, 満れ, 火箸は, 灯の, 無提灯, 熊蜂めく, 熱き光り, 犬は, 猿が, 玉子バタ自家製の, 用うる, 用が, 用は, 盛ったよう, 盛つてかねて, 盛つてゐる, 盛つて持ち出された, 盛つて持つ, 盛られたるは, 盛られたマンゴ, 盛られて, 盛られれば, 盛りあ, 盛りて, 盛れば, 盛れる木蓮, 相乗りを, 相違ない, 真珠色に, 眼を, 着いた翌日, 移さうと, 移した商売人, 移し入れるの, 移し替えて, 移り間もなく, 移ると, 移動した, 積みあげた葡萄, 積み直して, 積んで, 紋が, 納まって, 納めて, 紙を, 絹の, 綺麗に, 緋色の, 緑色の, 編んで, 美くしい, 美しい仮寝, 美を, 羽が, 耐へ, 腰かけて, 臺建てんか, 色よき, 芙蓉に, 花といふ, 若し人間, 若菜を, 落ちかかる, 落ち着いた青山監物, 蒔く, 蓼を, 被って, 裝り, 見えます, 見る街道風, 見知らぬ武家, 親しむ一人, 詰めこみ今夜, 詰められる, 負つて, 貨物を, 貯えたよう, 赤ん坊を, 身がらを, 載せる, 近く寄つてかう, 近く挨拶に, 近づきました, 近づける, 近付きながら, 近寄ったの, 追いついた, 追いつかれました, 追いつけるもの, 送られて, 這入った赤い, 通して, 道の, 違いない, 酔わざる呪術, 金紙, 長く乗り通し, 閉ぢてのみ, 附けた木札, 附添っ, 陶器で, 雀を, 雁爪で, 集めさせました, 青い鸚鵡, 青物を, 非常に, 面して, 飛びつくかと, 飛び乗りながら, 飼はれ, 飼はれし, 飼ひ, 飼ひならされる, 飼ひぬ, 飼わねば, 飼われない小禽, 飼われると, 飼われ手長猿, 養われて, 駒下駄も, 骨を, 鱚と, 鳥ちちと, 鳥の, 鶯の, 鶯を, 鸚鵡を, 麺麭齎し, 黒き蔽布, 黒絽を

▼ 籠~ (547, 5.1%)

8 あった, あって 6 置いて 4 あつた 3 ある, のって, ユラユラと, 入って, 前後し, 止まった, 用意し, 飛んで

2 [32件] ありました, あるの, いくつか, いくつも, おいて, かかって, かけて, この宿, その方, とまって, ぶら下って, 一つあり, 一ぱいに, 五挺花嫁と, 入口を, 出て, 吊して, 宙に, 幾つも, 待たせて, 待って, 来た, 森の, 止まって, 正面の, 氷室を, 着いて, 箱の, 舁が, 走って, 門を, 静物風に

1 [433件] あいてるから, あがった, あがると, あがるとき, あったその, あったら烏丸中納言, あったり, あつて, ありましょう, ありますが, ありますよ, あるし, あるところ, あるのに, あるん, あれば, いいわね, いく, いずく, いて, いなかったん, いよいよ新坂下の原, いる, いること, いる筈, おっかぶさっ, おりたらしく出迎え, おりて, おろして, お待ち申しあげ, お行列, お雪ちゃんで, かけられ夕方, かつぎこまれたの, かつぎ込まれたの, きた, きちんと並べておろし, くっついて, ぐんぐん上がる, ここの, ここまで, こっちへ, この始末, こみ合ッ, ございますね, ござえますといったんじゃ, ご休息, しずかに, しょんぼりと, しんとして, すえて, すつと, ずっと右手, そうな, そこで小雨, そこの, その切字, その葬列, その駕籠, それです, それらの, たくさん積まれ, たつと, だんだんに吉原, ちょうど御門前, ついて, ついに不発, つかわれて, つくと, つって, つと路傍, つりあげられまた, つんだして, できた, できれば, とおったが, とまったかと, とまる, とまると, とんと据, どこから, どこへ, ない, ないとか, ないの, なくなって, ひっくり返えりました, ひっくり返ったはずみ, ぴたり止まっ, ふけやすい, ぶらさがって, ぶらついて, ぶら下がって, ほ, ほうりだされて, まいって, まいりました, まいりましたと, まいりましたので, まず現われ, またすこぶる, またなかなかやってこない, またなんと, また早い, みしみし小, やって来た, やられて, ゆっくりと, ゆらめき出たという, ゆれかえった, ゆれぬよう, ようよう一町, よく売れる, エイハア, ギイと, クルリと, グングンと, ツウと, ドシンと, ハタと, ピタと, ユラリユラリと, 一つあった, 一つきりな, 一つころがっ, 一つと, 一つなか, 一つ吊下げ, 一つ大きく, 一つ懸っ, 一つ放り出し, 一つ硝子窓の, 一つ置い, 一ツ橋の, 一ツ橋門内に, 一フィートを, 一丁そばを, 一丁とんがり, 一丁のみ, 一丁向こうの, 一丁尾州侯の, 一丁待ち構え, 一丁焚き火の, 一丁近づい, 一基ある, 一基天井から, 一挺あった, 一挺下ろし, 一挺来かかった, 一挺来ました, 一挺現われた, 一挺着きました, 一挺置い, 一挺行く手から, 一杯に, 一梃, 一梃森の, 一梃青物町を, 一梃飛ん, 一番古い, 一転し, 三つあっ, 三挺出, 三挺横づけ, 三月の, 三留野の, 上が, 上がるの, 上らないから, 下げられて, 下へ, 下りて, 下りると, 下ろされた, 下ろされて, 下屋敷の, 両側の, 中央に, 中野の, 丹生川平と, 乗り込むという, 二つある, 二つも, 二つ空い, 二丁, 二挺あれが, 二挺その, 二挺つづい, 二挺に, 二挺一つは, 二挺横着けされた, 二挺釣らせ, 二梃, 二梃善三郎が, 二梃夕やみの, 京都方面から, 人目を, 今もっ, 今や鈴ヶ森, 仕立てられお, 仕立てられるから, 仰向けに, 伏せて, 休む, 低浮彫, 何事かの, 何十本と, 來る, 供えて, 供物の, 停ったの, 停つた, 停まった, 停まったところ, 停まり, 傾いた, 光線の, 六月の, 出たところ, 出てから, 出ようと, 出りゃおいら, 出ると, 切字の, 列の, 前の, 動かなくなりました, 動き出したところ, 動き出しても, 勢いよく乗り出す, 十二三個, 十挺それから, 半分覗き出, 危なげなく昇降, 参りました, 吊されて, 吊つて, 同じ仁光寺, 名の, 向うが, 向へ, 向岳寺, 唯一の, 土間に, 地に, 地上に, 塵塊の, 多いの, 大きな屋敷, 大木戸, 大森を, 大門を, 奪い乗せるよう, 女の, 始まったが, 威勢よく, 嫁入りの, 宙を, 宝恵駕籠に, 客待ちし, 宿の, 寺町を, 少しうごいた, 居たから, 届いて, 山の, 岸を, 嵌つて, 工夫せられた, 平凡な, 幾つとも, 幾ツも, 幾個か, 広い間口, 庵の, 引き上げられた, 引き戸を, 強い力, 役人の, 待たして, 待ち構えて, 待つて, 徳間峠の, 忘れられると, 急に, 恵林寺まで, 悪いという, 懸けて, 捨てられて, 据えて, 据えられました, 掛けて, 掛つて居ました, 提灯で, 揺れないよう, 揺れるたび, 揺れるので, 揺れ細い, 放ふり, 散らかって, 散乱て, 数寄屋橋門内に, 数百尺も, 整列し, 旅人を, 旅籠屋へ, 日を, 早いんで, 早くも, 明るい所, 春風に, 時々風, 曠野から, 月なき, 朝まだきの, 木母寺の, 本陣の, 来たから, 来たそう, 来たので, 来た時, 来て, 来る, 来るんで, 東海道の, 森家の, 次第に満ち, 次郎左衛門を, 欲しいよう, 止まったな, 止まりお, 止まりスルスル, 止まる, 止まると, 正当の, 残って, 気にいらないの, 氣に, 永代橋へ, 江戸の, 沢山に, 浮かぶが, 渡る時, 点し連ねられた, 烈しく揺れる, 片よせ, 片隅に, 現われたの, 生首に, 用意され, 白河戸郷の, 白河戸郷へ, 白薔薇に, 目的の, 眼の, 石の, 石炭だけを, 砂に, 積んで, 空つ, 空に, 第一, 紋也の, 編まれ縁, 置かれその, 置かれて, 置かれます, 聞いて, 肥らされるの, 肩を, 腰を, 自分の, 舁かれて, 舁ぎ出された, 舷側から, 艀の, 芝の, 花壇に, 行き駄賃馬, 行くそう, 行列に, 見えそう, 見えて, 見えなくなった時分, 見えなくなりましたよ, 贈られた, 赤薔薇で, 足掛の, 路ばた, 踏みへ, 載せて, 載せられて, 辷り込んだ, 返ると, 迷った白張, 迷って, 退屈男の, 途中すれ違った, 通って, 通ります, 通り人々は, 通り合せた, 通る度ごと, 通る時, 通れるくらい, 連れ立って, 進んで, 道具の, 適当の, 邪魔に, 邸内に, 重うございます, 重くなった, 釣るして, 鈴ヶ森を, 鏡の, 閉じて, 間違って, 降りて, 降ろされた, 隅において, 離るる, 離れ離れに, 雨ざらしに, 雪の, 電車や, 須田町の, 顛倒か, 飛ぶ, 飾られて, 駈けこんで, 騒々しい, 高くいくつ

▼ 籠~ (375, 3.5%)

4 どうした 3 どこに, 地を, 宙に, 宙を

2 [17件] いつも徒歩, ここに, このとき, そこへ, どこから, どこへ, ひたひたと, ズンズン進ん, 一散に, 容易に, 少し斜め, 往来の, 江戸の, 私が, 走り出した, 途中の, 郡上街道を

1 [325件] あすからと, あったが, あつて, あと二三十秒で, あふれ出る, あまり見えない, ありながら, ありますまいか, ありませんよ, いかが, いきおい斜め宙吊り, いきなり門, いくらも, いたう揺り崩され, いま秋元但馬守の, いよいよ急ぎます, おなり道の, おりる, おろか急使らしい, お前お母さんの, お蝶, からっぽであっ, きょうは, ここで, ここです, ここへ, ここよりは, こころもち足を, この屋敷, さながら鳥屋, じきに, すぐ下し, すぐ角, すぐ近い, すぐ重く, すすき尾花の, そっちへ, そのつま, そのままで, そのまま大地, そのまま往来, その何, その場, その塗町の, その屋敷, その掛行燈, その曲った, そんなこと, たしかに須田町, たぶん芝, ちぐはぐに, ちゃんと橋詰, ちょっと物かげ, ぢぎれむばかりゆららゆらら日を, ついそこ, ついに馳せ去り, つじ駕籠, とっくにもうも, どうでも, どかせても, どこかに, どこで, どこの, どこのだ, どこまで, どっちへ, どのへん, ないか, なおずんずん, なくなって, にせても, ねえかも, ひとつも, ひどい片田舍, ぴたりと, ぴょんぴょん弾ん, ふたたび大門, ほうりだされて, ほとんど空, まきあげられ三番ハッチ, まことに趣, まさしく, またし, またもや走り出す, まだあの, まだいくつ, まだか, まっすぐに, まるで栗, まるで黒い, みな空じゃ, もうありません, もう二つめ小路, もう何處, もう出来, もう呼ばれ, もう壊れた, もう夕闇, もう宜いと仰し, もう宜しい, もう湖, やがてものすごい, やがて三河町, やって, やはり単に切り, やはり単純, やや暫くという, ゆらゆらと, よろめきながら, わたしが, アメリカが, ガタガタの, グルリと, スッスッと, スルスルと, ズッシリと, ズンズン走っ, バスケットが, ピタリと, フットボールの, 一たいどなたが, 一つより, 一ツ二ツと, 一切の, 一向突ッ, 一寸の, 一寸見た, 一尺に, 一挺か, 一挺だけに, 一挺ほかありません, 一杯に, 三つあっ, 三つに, 上から, 上がりました, 上に, 上水と, 上野の, 下谷から, 二ついっしょに, 二つ一杯に, 二匹の, 二十日鼠の, 二挺で, 二梃, 二梃あり, 人手を, 今この, 今でも, 以前の, 伝通院を, 何にか, 何の, 何んだ, 何処でし, 何処へ, 余りなく, 停った, 優しくゆらゆら, 先に, 八幡村へ, 其儘もとの, 再びあるき出した, 再び地, 出来が, 別れて, 別段に, 前へ, 動き出した, 勝沼の, 千住掃部宿を, 半ば空つ, 卓子の, 即太陽神, 又底, 口の, 四つ, 四つ手に, 四十五度位に, 土筆で, 坐りつけて, 塗り駕籠奴合羽に, 夕闇に, 外出の, 夜を, 大塔宮が, 大変に, 大川端, 大粒の, 如何でございます, 宵の口の, 容れ物, 宿に, 小侍, 小半町ばかりの, 尚長い, 屋号を, 山路を, 左へ, 幾つも, 幾つもの, 床に, 引っくり返されました, 影も, 彼の, 御成街道へ, 御無用, 思わぬ客, 或る, 招魂の, 持ち運びに, 持て来たり, 掛声も, 揺れらしい揺れ, 改造し, 放さない, 日なたの, 日本橋の, 日神を, 早めも, 時を, 更に多く, 木ッ葉微塵でしょう, 木挽町へ, 来て, 板橋目ざし, 果してどこ, 根岸に, 根岸の, 樅の, 止まって, 正香や, 歩行する, 殆ん, 毎日幾立となく, 毎晩お, 気味が悪いから, 江戸城の, 浩が, 深夜の, 滅法界に, 灯も, 無提灯, 無理にも, 牝鶏に, 琉球の, 琴二郎さまで, 甲州の, 甲板の, 男ふたりが, 町駕籠でした, 病室の, 白河戸郷の, 盗まれて, 真中の, 石ころでも, 確かに, 神田へ, 空だ, 空っぽで, 空であった, 空であろう, 空では, 空にな, 空間に, 窓べりの, 竜泉寺方面から, 箱の, 籐椅子を, 籠の, 粛々と行列, 約一メートル四方, 紅つばき挿す, 結局以前の, 縦に, 置いてけよ, 美しく満たされた, 腕に, 臨時の, 芝の, 花ながら, 萩寺の前で, 蛍用の, 要らぬ駕籠屋, 見えなかった, 見なかったかい, 見当らなかつた, 角を, 計画通り芝の, 誰を, 買物の, 走りだした, 越前守の, 軒下に, 軽くて, 辻倉だ, 追分を, 道庵を, 遙か, 遠く走り去る, 都を, 重くなる, 金の, 鈴ヶ森へ, 鉄砲笊の, 長棒駕籠, 門内へ, 門口へ, 間もなく大川, 隠して, 隣の, 静かに, 非常な, 非常に, 韋駄天, 音羽の, 飛ぶ飛ぶ, 駈け出した, 駕籠だ, 駕籠でした, 鬼の, 魚で, 魚を, 鳩が

▼ 籠~ (263, 2.5%)

27 して 5 の用意 4 の準備 3 したの, と同時に, のこと, のとき, のみぎり

2 [14件] したから, したので, するか, で少し, に加入, のさい, の中, の兵, の場合, の士, の折, の時, の積鬱, の者

1 [184件] あそばさずとも, いたし, いたします, いたしますそして, いたすが, かい, かそう, から四年, があった, がよろしから, が一日, が二, が勢一杯, が北条, が始まる, が考えられ, が行, さだめし御, しことし, した, したお為派鎮圧, したが, したがるので, したきり絵三昧, したという, したまま, したらどう, した七人, した時, した時日本, した組, した罷業従業員達, した輩, しついに, しなければ, し始めた, し最後, し永年作り, するいわゆる, すること, すると, するなんて, するほどの, する事, する如く, する気, する覚悟, する身, せよと, せらるること, その決死苦戦, だ, だけでもう, だったが, だ各, である, でしたが, ですっかり, でそんな, でほこり, でもした, といふ章, とうとう武運, ときまった, ときめ, ときめた, となった, となる, となれ, とを欲する, と来た, と決定, と猛攻, なぞはこの, などには一切関知, なの, にか, にかかる, にかばかり, にさすが, にせよ, につかれたろう, にとりかかります, には少なから, には手, にも剩, にも耐え, に利, に及び給わん, に在る, に牛馬鶏犬, に疲れた, に立ち至った, に際して最も, に馬, のお, のおり, のかたち, のせつ, のつもり, ののち和睦, のはじまった, のよう, の一人, の一揆軍, の兵卒, の営舎, の圖, の地, の外, の大事, の天皇軍, の将, の将兵, の将士, の形態, の必要, の思い, の惨, の意義, の戦場, の戦法, の敵軍, の日, の日記, の時功, の期間中, の構築, の用心, の百姓軍, の目的, の見舞, の覚悟, の話, の責任者, の赤穂, の軍議一決, の輩, の辛酸, の農民たち, の退屈, の間, の間に合わず, の食べ物, の食糧, の鬼, はいたずらに, はせいぜい, はただ, はとにかく, はなお, は九月, は愚, は正成, は無限, は覚束, めいたこと, もおしまい, もおぼつかない, も半月, も百日余, も覺束, も諸, やら一家, や滝川益氏, よ, より三十餘年, をささえれ, をし, をした, をすすめた, をする, をちかい, をねがわしゅう, を共に, を固め, を堅持, を始め, を決意, ノ衆ハ, 久しきにわたって, 窶れだったの, 遊ばしその, 遊ばして

▼ 籠つて~ (220, 2.1%)

30 ゐた 15 ゐる 6 ゐると 5 ゐて, ゐるの, 居た, 居たの 4 ゐたが, ゐるから, ゐること, ゐるやう 3 しまつ, 居ると, 書いたの

2 [13件] からめつた, ゐたと, ゐた山, ゐた間, ゐます, ゐるうち, ゐるかの, ゐるので, ゐる男, ゐる間, 出て, 少し蒸す, 居るの

1 [98件] あぢきない暮し, あると, ある資格, からは神変不思議, から幾日, から後, この一念, その夜, その荒荒しい, でもゐる, ばかり居る, ひたすら制作, もう暫らく研究, やがてその, やつて, るやう, ゐたい赤彦君, ゐたかつた病牀, ゐたがるでせう, ゐたこと, ゐたの, ゐたほどの, ゐたやう, ゐたら他, ゐた事, ゐた平次, ゐた方, ゐた私自身, ゐた考, ゐた酔, ゐても, ゐないならば, ゐないので, ゐなかつた, ゐますから, ゐられる間, ゐるおの, ゐるところ, ゐるに, ゐるには, ゐるほら穴, ゐるまことに, ゐるらしいの, ゐるらしく武張られて, ゐる事, ゐる城, ゐる山元春挙氏, ゐる幾百年, ゐる彼, ゐる松下博士, ゐる筈, ゐる者, ゐる部分, ゐる限り, ゐる頃, をりました, 今や脾肉, 余り明から, 出なかつた, 初めて小説みたい, 叱りつけるやう, 固くな, 寝転んで, 居さ, 居たこと, 居たと, 居たやう, 居た大筒, 居て, 居なかつたとも, 居られる期間, 居りそこ, 居りました, 居る, 居るうち, 居るから, 居るとき, 居るらしい其, 居る八疊, 居る日, 往きちが, 書いて, 書く手本, 来た, 来るの, 涼しい, 深い御, 湿つた空気, 滅多に梨枝子, 特に難解, 考へ事, 聞えません, 蒙古, 見えたやう, 読みたい書物, 読んだり, 遂にその, 遠く故郷

▼ 籠~ (212, 2.0%)

4 あつた 3 江戸へ, 飛ばして

2 [11件] ここへ, ござります, 來た, 入口を, 出たの, 来たの, 私が, 籠の, 行って, 送られて, 送りました

1 [180件] あつて, あとの, いったもの, いっぱいだった, いらっしゃい, おまけに, お出かけじゃ, お別れ, お医者, お帰り, お杉, お見え, お迎い, お送り致しましょう, お連れ, お雪, かえること, かけつけて, きりぎりすが, きりぎりすの, けえった, ここまで, こっそり帰った, これから巣, こんな所, ござえやすから, ごぜえます, しかも目ざした, すなわち, ずっと千駄木村, その日, それからお, ただ今帰る, つっ走ったと, どこぞの, なおれ, なかを, のり出しました, まるきし紋, めえりやした, もって, やっては, ゆきそこ, ゆけば, ゆられて, 一度集合, 一日を, 七ツ刻から, 七里半の, 上つて, 上野の, 下つて來, 中の口から, 久助は, 乗りつけて, 乗り付けて, 乗り着けた中村松江, 乘込んで, 二人の, 云った, 今朝鶏を, 伴れ, 來るなら, 出かけたばかり, 出かける, 出かけると, 出かけるという, 出て, 出掛けるさ, 刺青だらけの, 包んで, 医者を, 参内の, 取りよせたという, 可賀, 売りに, 夜中に, 夜晝お, 夜道を, 大宮まで, 大急ぎに, 家へ, 寝て, 尋ねて, 山岸主税は, 山越えを, 岡山の, 巣帰りする, 帰ったこと, 帰った為, 帰って, 帰っても, 帰りました, 帰ること, 廓へ, 形の, 往來し, 往復した, 急いで, 急がせた, 戻つたの, 戻つて, 抱えて, 掠って, 掻き込め, 揺られて, 故郷を, 朝の, 来たくせ, 来た婦人, 来て, 来られました, 来るならば, 松虫鈴虫の, 極樂, 榛名湖まで, 櫛型の, 此處まで, 歸りました, 江戸へけ, 江戸まで, 江戸を, 渡されること, 男共は, 畳むと, 登つて宿坊へ, 登城する, 直ぐ江戸, 直径一フィート長, 着いた先, 神尾の, 私の, 積みこむの, 立たせて, 立派な, 筒井川路の, 箱根を, 背負うて, 腰が, 自分の, 自得練磨の, 茸です, 落してから, 蔭間茶屋へ, 藤沢在へ, 蛸の, 行きましょう, 行き止まり翌朝中津川, 行くという, 行く可, 行こうと, 行った, 行ったら湯灌場あたり, 行っては, 行つては, 赤坊は, 越す時代, 足の, 輝子と, 迎いが, 迎えが, 迎えに, 迎へに, 送り出して, 送り屆, 送り返そうという, 送るか, 通って, 通るわけ, 遣りたい, 郷里を, 陽を, 飛ばしゃいいんじゃねえか, 飛ばせる人, 飛んで, 食った, 飼って, 飾られる日, 首里に, 鷲家村まで

▼ 籠から~ (210, 2.0%)

17 出て 13 出して 4 下りて, 放して, 現われたの

2 [11件] おりて, 出した, 出しては, 出た小鳥, 出た時, 取り出して, 持って, 脱け, 表へ, 降りて, 飛降りた仲人夫婦

1 [146件] あふれる花, いろいろな, おりたったところ, お出, お嫁, お客さまが, お鳥, かき餅を, この荒れ, この馬籠峠あたり, ころげだしあの, ころげ落ちた, しずかな, ずっと同行, その夕方, である, にげだしたの, のぞかせて, はね出した鰈, ひきずり出されたお, ひどく血, ふたりを, やって来たん, やって来る寿平次, アユーチアを, スルスルと, チャリンと, ビール瓶くらいの, モンペ一揃ひ, 一ツ橋慶正, 一本白百合が, 一羽の, 下りた, 下りた北山, 下ろされた, 下ろして, 下ろすとき, 下山し, 伊那への, 伸子は, 何物か, 供を, 先は, 出しこの, 出しなさいそしたら, 出し真っ先, 出すこと, 出た, 出たの, 出た机竜, 出ないうち, 出なかったほど, 出ると, 出る時, 出牀几, 刺の, 助け出したそれ, 半ば体を, 半蔵が, 半身を, 取りあげた白薔薇, 取り出した三十本, 取り逃がしてしも, 取り逃がしまして, 取出したの, 吹貫き又は, 呼びかけました, 呼びかけましても, 声が, 外に, 外へ, 多四郎は, 太い腿, 女を, 家伝の, 引き出して, 恵まれたパン, 悲鳴を, 懐中鏡まで, 抜け毛を, 抜こうとも, 抱きおろしかけましたが, 拾ひだした, 掴み出さなければ, 放された鳥, 放される鳥, 放しましよ, 放たれた小鳥, 放れた小鳥, 斯う, 旅人の, 来た供, 来た正己, 来て, 来る人たち, 東と, 梨の, 洋罫紙に, 滑り落ちて, 火鉢に, 燗鍋や, 現われた陣十郎, 発見した, 眞紅の, 碩寿翁が, 福島までの, 窺いて, 籠へ, 老人と, 茶碗や, 蒼空へ, 蛇を, 血が, 見ると, 覗いた美しい, 豊後の, 貝が, 走り出し幾段, 足袋はだしの, 身を, 転がり出して, 転げだすから, 逃げたの, 逃げた一羽, 逃げて, 逃げようとは, 遁が, 降りなければ, 降りると, 降ろして, 除いて, 離れて, 離れようと, 雪の, 青空へ, 顔を, 飛びだして, 飛びだし土手, 飛び降りて, 食残りの, 首を, 馬籠への, 馬籠までの, 魚を, 鶯が, 鶯を

▼ 籠~ (180, 1.7%)

19 入れて 5 乗せて, 乗って 4 乗った 2 お乗り, ほうり込んで, ポンと, 乗せるまで, 入れた, 入れる, 手を, 抛り込んで, 行く子

1 [129件] うずくまる, おさまると, きりぎりすを, くるっと, ごろ, さわるな, しまい込んで, すてて, そのおむつ, たれを通して, つっ込んで, のせて, のせてけ, のせると, のせホイホイ, のせ門, のらんか, はいったまま, はいった女, はいって, はいると, はいれ, はいれっ, はいろうと, はいろうとも, ひとつは, ぶちこんでから, ぶつけて, ほうり込むと, また寄りかかった, むかい, ブチ込まれ, 一杯摘みためまし, 一齊に, 中った, 乗せその, 乗せた, 乗せた田安家, 乗せちまうから, 乗せられたもの, 乗せ大勢, 乗ったと, 乗った奴, 乗った嬢さん, 乗り以前, 乗り四谷, 乗り平八, 乗り葉, 乗るてえの, 乗れと, 乗れとて, 乗ろうとさえ, 乘せ, 乘つてお, 乘つて左手へ, 付いて, 入ると, 入れさせた, 入れたが, 入れた桜草, 入れるの, 入れる必要, 切り掛る前, 刺されて, 刺し込む, 刺し通すこと, 割り当てられた松明, 取らうと, 叩き込む, 土を, 土足を, 嬢さまを, 寄ろうと, 対馬守は, 屆か, 市五郎が, 帰ったの, 引っかえし, 戻って, 戻るよう, 打ち乗った, 投げこまないで, 投げこんだ, 投げこんだから, 投げこんだとき, 投げて, 投げ込んだ, 押しこまれ半蔵御門, 押し込もうと, 押し込んで, 拠り込んだ, 拾い入れて, 捨てられる, 接近しよう, 推込む, 放り込んだ, 放り込んで, 根気に, 洗濯物を, 灯でも, 移されかご寅, 移されるより, 種ヶ島を, 突き刺した, 突込まれ, 立掛けては, 腕を, 舞い戻って, 萎びた手, 行くかい, 行く二里, 覗かして, 身支度に, 近々と引き寄せ, 近づいた, 近づいた大次郎, 近よろう, 近寄って, 近寄りました, 近寄りますと, 追いついた, 追い付いて, 這入ったり, 飛びかかった, 駈け寄って, 駕籠へ, 高蔵尼を, 鮎が, 鳥よぶいもう

▼ 籠~ (132, 1.2%)

5 馬とは, 馬籠の 4 月光と 3 侍とは, 梵天との 2 いっしょに, いって, それを, バイオリンとを, 一しよ, 新鮮な, 自分の, 鎌とを, 馬とが, 馬の

1 [92件] あの精進, あゝ見ました見ました, いうだけの, いうと, いったが, いっても, いつて, いふよりは, いやもう, おっしゃったときゃ例, かけ出す駕籠屋なぞ, ござい, すりかえたの, それからもう, なん呼做したる, みそ萩とを, バイオリンだけ, 一処に, 三十本の, 三脚の, 与力十二神貝十郎とは, 並べて, 並んで, 云うが, 五升樽二つが, 侍との, 千本幟, 千浪の, 右左から, 同じ途, 名禽, 大きな酒, 大八車とが, 大束を, 天秤とを, 定めて, 対の, 干菜, 庖刀を, 後の, 従者との, 思いきや, 思へば, 料理の, 日本から, 時による, 時政願成就院の, 水を, 演戯がかりで, 申しましても, 白いずつ, 相乗りで, 知って, 破れ傘とを, 祈年の, 称する長持, 称する髯籠, 称へて, 稻むらの, 競争する, 竹箸を, 箱に, 精進の, 草鞋の, 袋で, 覆いとを, 見て取って, 言ひ, 言ふ, 言ふも, 豆太郎を, 追鮎箱, 酒徳利とを, 鉢とを, 鉢を, 鎌を, 雨具一式とを, 鞄が, 鞄とに, 頬冠の, 風呂敷包みを, 風呂敷包みをか, 食器類は, 餌入れと, 馬, 馬だけ, 馬と, 馬籠とでも, 駕籠を, 駕籠舁とを, 魚心堂が, 鸚鵡が

▼ 籠~ (97, 0.9%)

3 つてゐる 2 つてゐた, りて, 乗物も, 皆雨に

1 [86件] あらあな, ある, あろうという, いくらも, いそぐ, いつのまにどこ, うたせずおひろい, うなるよう, おなじであった, かき消すやう, この際, すたれかけて, すべて水戸烈公を, そこへ, その中, たしかその, たまりませんし, つづいて, つてゐ, つて暗い, つて火事半鐘の, つて象牙の, ない, なくただ, なくなった, のちには, はたそれ, はたそれ何等, また早い, また破れ, まだあった, みて, めずらしい, やってくる, よみ籠もちふぐしも, らしめばや, られるこそ, りきり, りながら, りの, りを, り云った, り何やら, り眠ったに, り近江八景, ろうと, 一挺担い, 七つと, 七百年を, 上手に, 不思議と, 二つ翳された, 人も, 伝六の, 借らずに, 傭わないこと, 古い石仏, 同じ旅籠屋, 同勢も, 同様だ, 同然な, 変わりましたろう, 序に, 掛けて, 提灯も, 時には形代, 植木も, 次第に近づい, 潰れずやと, 用意し, 竹で, 自在に, 自由に, 花も, 見事に, 近くへは, 通りません, 通る, 運びこまれて, 遠ざかって, 附添の, 雇うて, 静かに, 頼み当分, 餘計に, 高く人足賃

▼ 籠~ (90, 0.8%)

24 して 7 されて 4 するに 2 されること, し全国, するため, するの, するを, せらるること, せらるる者, せられたの, せられて

1 [37件] されこの, されたという, された學生, された村ソヴェト員, されました, しその, した, したもの, したり, したんだい, した筈, しみなこれ, しようと, しようとしても, し大戦, し蜜柑, し衆力, し裁判, するつもり, すると, するという, するとても, するのに, するの勢, する大権数, する好, する者, する魅力愛嬌, すれば, せられなお, である, にかかっ, に乗る, に骨, の手段, の手管, の繊手

▼ 籠もっ~ (81, 0.8%)

18 ている 17 ていた 5 てい 3 ております

1 [38件] ていなけれ, ていました, ています, ているらしい, ていれ, ておせん, ておっ, ておりました, てこう, てしまった, てそこ, てばかりいた, てもいた, てもいられない, て云った, て人眼, て何, て内職, て勉強, て向う鉢巻, て坐禅, て外出, て成る, て指, て暮らさなけれ, て机, て来る, て根, て沈思黙考, て源平絵巻, て煙草, て生活, て相談事, て美留女姫, て計画, て躊躇, て軍, て酒

▼ 籠~ (79, 0.7%)

3 かついで, を翳し 2 の上, をかざし, を着けた

1 [67件] だ, だけ嵌め, ではない, でも取っ, で横, とか胴, にさげたる, になにか, に下げ, に据ゑて爺, に流るる, に縛, に縛められた, に縛られ, に采配, のよう, の傷, の傷口, の具足, の声, の気構え, の真, の神秘飛行, の紐, の肱, の覆, の道具, の道具類, の重い, の革紐, はめたる手, へかかった, まで身, もしばしば, も脛当, やら脛当, や脛当, よろし, を, をかすっ, をつかみ, をつけ, をつけた, をつける, をつけ終った, をねらい, をはずし, をはずした, をはめ, をはめた, を一本, を取った, を取られた, を取り, を取る, を嵌めた, を引っぱり出した, を当てられた, を打たれ, を打った, を打て, を持っ, を曲げ, を枕, を附け, 払い籠手, 深股

▼ 籠~ (58, 0.5%)

21 のもの 7 の物 2 の人, の鳥

1 [26件] にある, にし, にふと, に一応, に収め, に収めざるべからず, に収められ, に孤囚, に封ずる, に托する, に押し合うごとく詰め込まれ, に置く, に運動, の, のそれ, の一個, の人物, の人聲, の怪談, の禽, の苦, の蝋燭, は決して, を逃げ廻っ, を逸し去れり, 目ざしながら

▼ 籠~ (57, 0.5%)

2 が云った, の左, の顔

1 [51件] が, がいけない, がだめ, が一人, が一本, が休ん, が取っ, が居ります, が山, が急, だが, でさえが裸松, でその, というもの, とは違った, とをじっと, と先刻, と早変り, と車夫, など, にもしたたか, に向っ, に嘲られ, の人足, の口, の声, の所業, の掛声, の方, の若い, の詞, の足, の身の上, の頻りに, の風体, はこの, はそれ, は多く, は海道筋, は相棒, は肩, は駕籠, もそんな, も二人, も二枚, も兵馬, や家来, をも休ませた, を見すて, を連れ, を選ん

▼ 籠には~ (55, 0.5%)

2 いって, 竹の

1 [51件] あたし見おぼえ, いつて, お前達の, かつて使った, たった二三本, ちゃんと前, つた絽を, どなたが, まだ三匹, まだ散, みずからうち乗り, もうカメレオン, 上に, 中に, 乗って, 二三人の, 伝六を, 何らの, 何処か, 何盛れる, 別人が, 及びません歩いて, 大きな川, 太郎の, 女や, 小間物の, 山崎合戦の, 巨大な, 常盤木の葉敷き重ね, 念も, 戻らないと, 柳生藩の, 水が, 無双鉄壁弾よけの, 用意の, 相違ない, 秋草の, 緑色の, 置くまい, 舊暦の, 菊が, 菊の, 蓋が, 蔦が, 螢が, 誰が, 青いインコ, 青い豆, 青林檎や, 食物そして, 鳥を

▼ 籠~ (49, 0.5%)

2 桶を

1 [47件] このおいしい, さん, さんどうぞ, その他の, 乗物の, 人足の, 八手などが, 吊臺ぢ, 土瓶を, 小寝台, 庭木の, 徒歩の, 手から, 本を, 果物籠や, 樽に, 次から, 水器に, 泥桶を, 浅い箱, 牛酪容などが, 盤台を, 竿などは, 笊は, 笊を, 箒や, 籠の, 缶詰の, 芝居でしか, 花束が, 花籠を, 草花の, 荷物と, 薬瓶や, 袋や, 角樽や, 車が, 輿に, 野暮な, 鉈鞘など, 鎌は, 鎌を, 雀の, 風を, 風呂敷包を, 風鈴を, 馬など

▼ 籠かき~ (40, 0.4%)

2 の九郎助

1 [38件] いまは, がすこし, が一人当り駕籠, が無言, が肩がわり, が送っ, それも, だけは二人, だとて, であれ病魔, で生涯, と極, と長屋, なぞの隠れた, にきまった, にはその, によって軽い, に襲われた, に言いました, に返っ, のくせ, の土人, の大男, の悪者, の顔, はあれ, はいつの間にか, はしきりに, は褌一筋, は駕籠, へ, も重い, や町内, や茶亭, や通行, を押し, を相手, 助十

▼ 籠~ (40, 0.4%)

1364 駕籠だ 2 ッ駕籠だ

1 [15件] からいつ, からもう一度, がこれ, こと, つて急ぎの, といってる, とか其他, とか石膏, と駕籠, な, のに鳩, のを, よどこ, ッお, ッと

▼ 籠つた~ (40, 0.4%)

5 やうな 2 が, もので

1 [31件] かすれ声, がそれ, がそれなり, がふと, きりさ, きりその, きりで, きりと, きりの, きりもう, きり一と, きり殆ど外出する, ことが, ことの, ところがあ, とよみ, と聞く, と言, なかに, ので兩性, ものであり, わけで, んです, 大きな音, 大問題, 強い調子, 心からとは, 新しい着物, 深く暗い顰みと, 然し親しさうな, 黴臭い家

▼ 籠~ (33, 0.3%)

3 てゐる 2 ている

1 [28件] そこで二十四, て, ておった, てござる, て一七日, て何, て四方, て居た, て必ず, て戦勝, て既に, て更に, て来ます, て栄螺, て氷, て泣訴, て潔斎, て男性魅縛, て神鬮, て自己, て船, て行きたい, て謹んで, 七日七夜めに, 伊勢に, 公田, 厳島の, 子を

▼ 籠~ (30, 0.3%)

1 [30件] がある, だけにまじめ, であった, であったの, であります, のいう, のいった, の云う, の言う, の間違っ, はば, はまだ, は煙管, もいない, もおそらく, もおどろいた, もつい, も喜ん, も心して, も思う, も想像, も手伝ったろう, も無論, も疲れ切っ, も答えない, も結局往生, も聞かず, も逃げ, も面食らっ, も驚いた

▼ 籠釣瓶~ (30, 0.3%)

2 とこの, の鞘, を手放す, を抱い

1 [22件] だけを身, で八橋, で博奕場, という銘, とも別れたくない, と八橋, と別れ, に別れる, のよう, の佐野次郎左衛門, の刀, の水, の祟り, はよく, は自分, をうけ取っ, をむざむざ, を取り出し, を手放した, を腹, を茶屋, を身

▼ 籠でも~ (29, 0.3%)

1 [29件] あの始末, うすうす聞い, しようよ, その用意, そんなこと, どうしていましょう, ぶら下げて, まいられん, やって, ブチ砕いた, 仕立てますかね, 何でもい, 収穫が, 同じこと, 呼んで, 四日はか, 山口でも, 心配しました, 思出すか善玉の, 担いで, 担ぎだされそう, 拾って, 持たせたら恰好, 精がねえ, 糸目は, 貰って, 越せましょうが, 釣って, 雇うまでの

▼ 籠居し~ (29, 0.3%)

5 てゐる 3 ている 2 てモデル, て宝玉

1 [17件] その子武蔵, たりし, ていた, てかつて, てもっ, て修練苦行, て創作, て句作, て執筆, て多く詩, て将士, て日増, て時にしばしば, て東都, て爪, て秣草, 専念その

▼ 籠~ (28, 0.3%)

2 を出た

1 [26件] から出, から本道, でいよいよ, でお, で明かした, で案内人ども, とも言, と申す, にその, に入り, に再び, に寝, に居合せた, に物, に笈, に籠っ, に行者, に隠れ, の中, の闇, へはやっぱり, へ坐り込ん, へ物, へ移っ, をめがけ, を聞い

▼ 籠舁き~ (25, 0.2%)

1 [25件] がいずれ, がそこ, が二人, が娘, が息, が足, が逃げ, という者, とはうけとれない, どもあそこ, どもホウ, には委細, によって舁, のその, のひとり, の声, の女房, の足, の足跡, の足音, はこう, 一人は, 二人の, 人力車夫等への, 稼業で

▼ 籠です~ (23, 0.2%)

10 かい 42 か, よ 1 からかつぐ, か籠, か行き, が笠, よよっぽど

▼ 籠~ (22, 0.2%)

2 を続け

1 [20件] およそ四十二年, するで, するの処, する仕事, する私, すれば, のため, の御, の愚か, の身, はあながち, をつづけ, をつづけた, を厭, を強, を破っ, を言, を言う, を離れ, 孤独と

▼ 籠もった~ (21, 0.2%)

1 [21件] この言葉, のは, ぶどう鼠の, ものに, ように, エセックスは, 優しい眉, 唱名で, 四つの, 地方色や, 声で, 声であった, 握手, 握手の, 敷布団の, 気を, 生活の, 芸術を, 証拠だ, 追憶の, 顔付き

▼ 籠~ (21, 0.2%)

2 をはらっ, を払っ, を踏み倒し

1 [15件] がある, が六百, だの酒料, だやれ印判料, なしで送らせ, はいくら, は大変, は拙者, は津, ももらわず, も酒料, をくれ, を先, を払い, 随分高かっ

▼ 籠本陣~ (19, 0.2%)

9 の寿平次 1 での家庭, に一晩, に付属, に寄り合う, の定紋, の御, の方, への里帰り, へ見舞い, を見る

▼ 籠~ (19, 0.2%)

1 [19件] がすなわち, が果して, が神奈備, が谷, だ, などの調査, についてはかね, について注意, について研究, に関する卑見, の域内, の境界以外, の如く, の線, の遺蹟, はこの, は神道, を山号寺号, 老け鶯

▼ 籠渡し~ (18, 0.2%)

1 [18件] がこわれ, が使用出来, では慄, というしろ, なども設けられ, による, のなくなった, の一件, の二, の少し, の所, の板, の針金, は太い, は駄目, まで行く, もこわれ, 話に

▼ 籠抜け~ (17, 0.2%)

7 の伊八 1 かい, が修行, だってただ, というの, という早業, なんど, にす, をし, を逃がしゃしません, 一枚でも

▼ 籠~ (16, 0.1%)

2 美濃の

1 [14件] きがへえ, きが居眠っ, きが息杖を, きだの, なにかで, なんかに, 何か, 判るもの, 桶かに, 百色眼鏡か, 紙袋に, 若い衆に, 草鞋がけだつた, 馬でも

▼ 籠~ (16, 0.1%)

2 たま, たりし, てしまひました 1 たりしない, たりする, たり丘, たり台所, たり簡単, たり臺所, ておい, てきた, てしまひ, てしまふ

▼ 籠とを~ (16, 0.1%)

4 持つて 2 持って 1 かける二つ, のせた, 主人に, 家来に, 戸を, 持ち扱いながら, 据ゑて炊事を, 片手に, 運び出して, 頼みお

▼ 籠にも~ (16, 0.1%)

2 乗らずに, 車にも

1 [12件] しょうしょうましなあんぽつのほうならば, たれたまま, たれて, 乗らずお供, 乗りましょう, 乗れなかつたらうから, 乗物にも, 何にも, 沈鬱と, 盛りこぼれるほど, 米が, 起こって

▼ 籠わき~ (16, 0.1%)

2 へ寄っ

1 [14件] にいた, につい, につき添っ, にはがんりき, に引き添う, に転がっ, に附, に附い, のもの, の一人, の侍, の床几, へ, へつけ

▼ 籠~ (15, 0.1%)

2 にいた

1 [13件] にいるらしかった, には一人, には梯子, に一人, に二人, に小, に廻っ, に近, に進む, に附き, の侍, へ駈けかえる, を守らせ

▼ 籠まで~ (14, 0.1%)

2 して, 行って 1 お民, お運び, そのけわしい, はずんで, もって, ガタガタふるえ, 帰って, 引き返して, 持って, 相談に

▼ 籠では~ (13, 0.1%)

3 なくて 2 ないの 1 あるめ, すぐ一杯, どんな話, なかった, なく切棒, なく普通, 敵に, 防ぎよう

▼ 籠という~ (13, 0.1%)

2 のは

1 [11件] ことによって, ことばが, のも, へんな, ものの, ものを, やつは, 乗物は, 体たらくで, 橙を, 機械の

▼ 籠城中~ (13, 0.1%)

2 にそ

1 [11件] だし, なので, に戦死, に筆, のこと, の争議団員, の将校, の樊城, の皆, の良人, は主

▼ 籠れる~ (12, 0.1%)

3 を信ずる 1 その眉, 一点の, 女の, 巣より, 歇気を, 武蔵野へ, 砦圍まる, 神霊の, 選まれた

▼ 籠屋さん~ (12, 0.1%)

2 どうも御苦労さま 1 あの刀, いい月, かえ, かアノ裏, が慣れ, とお, と言った, に損, まあゆっくりやっ, 済みませんけれど

▼ 籠細工~ (12, 0.1%)

2 というもの 1 だから, である, でつつん, で表現, で足りるで, のよう, の竹条は, の胴体, の花生け, を得意

▼ 籠より~ (11, 0.1%)

2 小巾 1 一日早く, 先に, 出だして, 出で, 放って, 温暖な, 舊道を, 舞い下ったは, 馬の

▼ 籠など~ (10, 0.1%)

2 あり 1 ぶらさげて, ぼつ, もて来たる書生体, 取揃, 土間に, 扛く, 眺めながら, 開く

▼ 籠にでも~ (10, 0.1%)

1 されやうもの, されようもの, するやう, 乗せて, 乗って, 乘られる, 召さないと, 応用したら, 投じ終わろう, 拾い入れて

▼ 籠~ (10, 0.1%)

2 上げて 1 せめて疵口, たり, てえ, てえな, にした, 冴えて, 合ふ, 合ふこ

▼ 籠もる~ (10, 0.1%)

2 ことも, のを 1 ことは, と見, ので, のよ, ように, 虚の

▼ 籠~ (10, 0.1%)

2 を組ん 1 でつくつた, とした, に編ん, のまとい, のよう, の火屋, の金, や瀬

▼ 籠とが~ (9, 0.1%)

1 あった, ぶつかり合う, わずかに, 乗りか, 其傍に, 列を, 古めかしい家柄, 合うので, 縞の

▼ 籠もり~ (9, 0.1%)

1 がちだった, その西洋, たりし, 前の, 口籠も, 幕府に, 日本文の, 禁断の, 酒ばかり

▼ 籠~ (9, 0.1%)

3 てゐる 2 てゐた 1 てゐ, てゐた腐, て響いた, て頑張

▼ 籠~ (9, 0.1%)

1 で割腹自刃, につけた, に馬, の江ノ島, へ飛ん, をおかした, を向けさせました, を押える, を止めまし

▼ 籠だけは~ (8, 0.1%)

1 ここへ, まちがいなく, 前へ, 家内一同の, 楽翁と, 此方へ, 残して, 蛇滝の

▼ 籠~ (8, 0.1%)

3 んだ 1 のでした, ので此時代, んざあぜいたくすぎらあ, んです, んよ

▼ 籠などを~ (8, 0.1%)

1 おくと, さげて, 提げたお, 棚の, 眺めて, 競って, 置いて, 造っては

▼ 籠城軍~ (8, 0.1%)

1 が堅守, と呼応, にとってその, には切支丹, の兵糧欠乏, の取交した, は四囲, も寄手

▼ 籠燈籠~ (8, 0.1%)

2 である 1 なりを立てた, に行き, のあの, の吊される, の如き, の類

▼ 籠~ (8, 0.1%)

1 が下山, が夜, と同日, の組屋敷, の間, はかわるがわる, まで加勢, を目

▼ 籠行燈~ (8, 0.1%)

2 の下 1 が點, に浮き立たせ, の中, の光, は墨, を吹き消した

▼ 籠かきども~ (7, 0.1%)

21 がひとり残らず, が数珠つなぎ, の行く, はいねえ, を締めあげた

▼ 籠する~ (7, 0.1%)

1 ことに, ことによって, と行い, と言わせる, 内地の, 囚宰と, 所にも

▼ 籠だの~ (7, 0.1%)

1 およそ野蛮, トランクだ, 上り框の, 六地蔵だの, 瀬戸物の, 縁の, 釣竿だ

▼ 籠つた言葉~ (7, 0.1%)

1 だと, でもつ, で叱責, で重ね, には冷めたい, をついだ, を發

▼ 籠みたい~ (7, 0.1%)

3 なもの 1 だわ, な籠, に声, もの

▼ 籠半弓~ (7, 0.1%)

1 でやられた, といふもの, の矢, は三尺以上, は旅, を持つ, を搜

▼ 籠~ (7, 0.1%)

2 は慌て, は長い 1 に駕籠, は忠藏, は空駕籠

▼ 籠からは~ (6, 0.1%)

1 お札降りの, しっきり, もう何, 彼は, 水蜜桃が, 誰も

▼ 籠と共に~ (6, 0.1%)

1 川中へ, 市に, 沼の, 火で, 焚いて, 自分も

▼ 籠へは~ (6, 0.1%)

1 乗って, 宝物の, 来られないかも, 歸らない, 鍬野様から, 髭の

▼ 籠~ (6, 0.1%)

1 だから, だもの, だ作, だ小瓶, だ時分, だ真似

▼ 籠~ (6, 0.1%)

1 たぎり音沙汰, ていたろう, ておぼろおぼろ, て屈居, て聞こえる, て限り

▼ 籠一つ~ (6, 0.1%)

1 あるいは二尺四方, だけである, でいっぱい, でこと, へ身, を必死

▼ 籠伏せ~ (6, 0.1%)

3 にし 1 に会わし, の一件, の刑

▼ 籠城者~ (6, 0.1%)

3 の一人 1 のひとり, の一人李光, の悲惨

▼ 籠~ (6, 0.1%)

1 から位牌堂, から雪崩, でご, の前, はギッシリ, も附属

▼ 籠~ (6, 0.1%)

1 について来た, に武士, の侍, の武士みたい, へ寄り添った, へ近

▼ 籠つた声~ (5, 0.0%)

1 だ, でかう, で云, で励ました, で応答

▼ 籠なら~ (5, 0.0%)

1 いざ知らず, たいへんきれい, ば小泉町, ば或は, 三丁表につれ

▼ 籠にて~ (5, 0.0%)

1 出入御免被, 宗仙寺へ, 成共押して, 早々当地, 罷越療治

▼ 籠らしい~ (5, 0.0%)

2 ものを 1 のが, のです, 情景を

▼ 籠坂峠~ (5, 0.0%)

1 から一線, の登り, へかかろう, を一氣, を越え

▼ 籠城兵~ (5, 0.0%)

1 とが塹壕, と眼, にとれ, に死守, はすぐ

▼ 籠城戦~ (5, 0.0%)

1 であった, はすでに, はまだ, は根気, をみな心

▼ 籠宿~ (5, 0.0%)

1 か, からで, に参っ, もなし, もやっ

▼ 籠~ (5, 0.0%)

1 され終つて, して, するには, するの概, の蔭

▼ 籠部屋~ (5, 0.0%)

1 から駕籠, のある, の前, の錠, をねらう

▼ 籠からの~ (4, 0.0%)

1 二人の, 寿平次実, 泊まり客を, 話を

▼ 籠ぐるみ~ (4, 0.0%)

1 かの女, に台, 受取ると, 抛り捨てて

▼ 籠した~ (4, 0.0%)

1 せついただい, のだ, のである, 満願の

▼ 籠その~ (4, 0.0%)

1 ほか跳ねあがる, 日早く, 迷惑は, 鳥籠が

▼ 籠だけを~ (4, 0.0%)

2 飛ばせ仕出し 1 もとの, 沼の

▼ 籠だった~ (4, 0.0%)

1 ことを, に違い, のです, のよ

▼ 籠だろう~ (4, 0.0%)

1 と思っ, と駆けだした, ね, 植木屋が

▼ 籠つて人~ (4, 0.0%)

2 なき室, に面

▼ 籠でした~ (4, 0.0%)

1 か, かえ, がちょっと, ため残念な

▼ 籠といふ~ (4, 0.0%)

1 ところから, のが, んだ, 名で

▼ 籠などに~ (4, 0.0%)

1 乗るな, 入れようとは, 包みたるもの, 眼を

▼ 籠について~ (4, 0.0%)

1 その方, 今までは, 御岳の, 来た上屋敷

▼ 籠へも~ (4, 0.0%)

1 また莚, 乗らなかった, 入れずこうして, 入れられた

▼ 籠をも~ (4, 0.0%)

1 つくる, むす子, ズラリと, 遂げて

▼ 籠~ (4, 0.0%)

1 出シタカラ、乗ッテ橋本庄右衛門ガ林町ノウチマデ来タガ, 出シテクレタカラ、乗ッテ, 出セトイウト, 逆用シテ却テ兩立スベカラザル敵國

▼ 籠信玄~ (4, 0.0%)

2 から塩せんべい, をさげ

▼ 籠~ (4, 0.0%)

1 にし, の投石機仕掛, の花筒, の高架通路

▼ 籠城方~ (4, 0.0%)

1 がもう, の死傷二百二十五名, も変, よりは遙

▼ 籠手脛~ (4, 0.0%)

1 当の紐, 当沓, 当胴, 当黒

▼ 籠手脛当~ (4, 0.0%)

1 など鎧具足, に小, は寝る, をつけ

▼ 籠~ (4, 0.0%)

3 の国公 1 に対しては国公

▼ 籠洋燈~ (4, 0.0%)

1 が消え残っ, の傍, の火, は坐

▼ 籠~ (4, 0.0%)

1 に対する寺, のかわり, の就中, をツイ

▼ 籠舁ども~ (4, 0.0%)

1 がどんな, が一度, に, は頭

▼ 籠長持~ (4, 0.0%)

1 など差し, に入れ, に詰め込ん, を投げ出し

▼ 籠あたり~ (3, 0.0%)

1 では重宝, で見る, のよう

▼ 籠あり~ (3, 0.0%)

2 てそが 1 てはつがん唐鳩金鶏さま

▼ 籠いっぱい~ (3, 0.0%)

2 入れて 1 に入れ

▼ 籠ごと~ (3, 0.0%)

1 だった, 持つて, 求めて

▼ 籠~ (3, 0.0%)

1 かさま, へかの, へ立て

▼ 籠じゃ~ (3, 0.0%)

1 そうだろう, どうも, ないよ

▼ 籠それ~ (3, 0.0%)

1 に医者, をまた, を見送つ

▼ 籠~ (3, 0.0%)

1 つと抑ゆる, やありません, やない

▼ 籠つたの~ (3, 0.0%)

1 がうれしい, であらう, は丁度

▼ 籠つた時~ (3, 0.0%)

1 がきつ, にも古今傳授, の外

▼ 籠つた聲~ (3, 0.0%)

1 で, で云つて, なんか出した

▼ 籠~ (3, 0.0%)

1 向うへ, 居ると, 言えど

▼ 籠である~ (3, 0.0%)

1 と, やうに, 住居の

▼ 籠でございます~ (3, 0.0%)

1 かの, ね松, ッ喬さまの

▼ 籠でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばこの, ば宿, ば無理

▼ 籠との~ (3, 0.0%)

1 作業である, 束縛を, 縁が

▼ 籠とは~ (3, 0.0%)

1 品の, 容易に, 少女たちの

▼ 籠ぬけ~ (3, 0.0%)

1 とかいふ類, のかろみ覚えつ, をし

▼ 籠ひと~ (3, 0.0%)

2 の襟あしみなほのか 1 にらみに

▼ 籠へでも~ (3, 0.0%)

2 乗って 1 乗り葉

▼ 籠み入っ~ (3, 0.0%)

1 て, て寺中, て来る

▼ 籠をと~ (3, 0.0%)

1 ッて, 内には, 老爺が

▼ 籠一杯~ (3, 0.0%)

1 とれるのにと, の石炭, の花

▼ 籠乗物~ (3, 0.0%)

1 に揺られ, の用意, よりは事情

▼ 籠~ (3, 0.0%)

1 と祝儀, にでもしろ, の一両

▼ 籠~ (3, 0.0%)

1 のお菓子, スカートを, 事件とともに

▼ 籠~ (3, 0.0%)

2 樣に 1 樣女房に

▼ 籠城組~ (3, 0.0%)

1 から先生はじめ私達二三人, との騒ぎ, も内応組

▼ 籠~ (3, 0.0%)

2 の半蔵 1 に立った

▼ 籠手臑当~ (3, 0.0%)

1 して, と見まごう, にて出

▼ 籠~ (3, 0.0%)

2 本陣の 1 本陣を

▼ 籠泊まり~ (3, 0.0%)

1 で帰り, ときめ, の人足八百人

▼ 籠~ (3, 0.0%)

1 にかけてはその, も水泳, を投げ渡す

▼ 籠球部~ (3, 0.0%)

1 へ籍, をよし, を創設

▼ 籠目形~ (3, 0.0%)

3 の鉄瓶

▼ 籠系統~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 の柱

▼ 籠詰め~ (3, 0.0%)

1 にし, の料理, の菓子

▼ 籠負う~ (3, 0.0%)

1 て歩きぬ, て走りぬ, て野

▼ 籠~ (3, 0.0%)

1 がにぶる, はすこし, はぴったり

▼ 籠~ (3, 0.0%)

1 な小舎, にくりぬいた, に刳り貫いた

▼ 籠~ (3, 0.0%)

1 の感, の揺り, の雲

▼ 籠ある~ (2, 0.0%)

1 そうな, 日鏡に

▼ 籠かい~ (2, 0.0%)

1 あれは, それとも徒歩

▼ 籠かき二人~ (2, 0.0%)

1 が附添, 御草履取大小二人

▼ 籠かき人足~ (2, 0.0%)

1 に雇われ, に雇われた

▼ 籠からも~ (2, 0.0%)

1 一人の, 馬籠には

▼ 籠がか~ (2, 0.0%)

2 かつてゐ

▼ 籠がね~ (2, 0.0%)

1 橋の, 町じゅうの

▼ 籠こっち~ (2, 0.0%)

1 が洋灯, は空身

▼ 籠しか~ (2, 0.0%)

1 知らなかったもの, 通は

▼ 籠そこ~ (2, 0.0%)

2 からわざと

▼ 籠そのもの~ (2, 0.0%)

1 はどちら, は高々

▼ 籠だらけ~ (2, 0.0%)

2 だなあ

▼ 籠つた彼~ (2, 0.0%)

1 のす, の説話

▼ 籠つた手紙~ (2, 0.0%)

1 だつた, はほんの

▼ 籠つた追憶談~ (2, 0.0%)

2 は雨

▼ 籠つて了~ (2, 0.0%)

1 うて一つ, ふので

▼ 籠つて勉強~ (2, 0.0%)

1 した暮れてから, して

▼ 籠つて斯~ (2, 0.0%)

1 う色, の部屋

▼ 籠つて机~ (2, 0.0%)

1 に向, の前

▼ 籠つて自分~ (2, 0.0%)

1 の心, の所持品

▼ 籠つて門外~ (2, 0.0%)

2 へは一歩

▼ 籠であった~ (2, 0.0%)

1 からです, が私

▼ 籠とか~ (2, 0.0%)

1 桶とか, 皿とか

▼ 籠ながら~ (2, 0.0%)

1 山茶花の, 涼し花

▼ 籠なと~ (2, 0.0%)

1 申しつけようか, 馬なと

▼ 籠などが~ (2, 0.0%)

1 ふって, 目に

▼ 籠などの~ (2, 0.0%)

1 軒先に, 類に

▼ 籠などは~ (2, 0.0%)

1 これも, 纏めて

▼ 籠なる~ (2, 0.0%)

1 ものは, 木の実撰り

▼ 籠なんか~ (2, 0.0%)

1 雇つて居る, 飛んでも

▼ 籠なんぞ~ (2, 0.0%)

1 ないに, 遠くも

▼ 籠なんぞに~ (2, 0.0%)

1 乗せて, 窮屈な思ひ

▼ 籠なんぞを~ (2, 0.0%)

1 提げてるから, 雇うこと

▼ 籠につき~ (2, 0.0%)

1 当りそう, 添うた二人

▼ 籠のう~ (2, 0.0%)

2 しろさがり

▼ 籠はと~ (2, 0.0%)

1 聞き返すと, 見れば

▼ 籠ばかり~ (2, 0.0%)

1 お雛, だ

▼ 籠ふぐ~ (2, 0.0%)

1 しなど, しの如き具象的

▼ 籠または~ (2, 0.0%)

1 袋を, 通し人足の

▼ 籠までの~ (2, 0.0%)

1 継立ての, 間は

▼ 籠み入った~ (2, 0.0%)

1 多くの, 音の

▼ 籠むべ~ (2, 0.0%)

1 き塒, しといへるは

▼ 籠むる眼路~ (2, 0.0%)

2 のすゑ

▼ 籠むれ~ (2, 0.0%)

1 ば呼吸, ば既に

▼ 籠めし~ (2, 0.0%)

1 がほど経, て主人

▼ 籠めし言葉~ (2, 0.0%)

1 をわざとごくごく, を態と極

▼ 籠めよう~ (2, 0.0%)

1 かと千々, とする

▼ 籠め一枚~ (2, 0.0%)

2 の図

▼ 籠め利助~ (2, 0.0%)

2 は丁寧

▼ 籠め同様~ (2, 0.0%)

1 にし, に逢っ

▼ 籠もも~ (2, 0.0%)

2 くさ

▼ 籠もれ~ (2, 0.0%)

1 よと声朗らか, り

▼ 籠もろ~ (2, 0.0%)

1 とも千仭, とも矢庭

▼ 籠やら~ (2, 0.0%)

1 酒肴の, 黄金や

▼ 籠よりは~ (2, 0.0%)

1 ふは, 柔かく子供

▼ 籠わたし~ (2, 0.0%)

1 の太い, の電瞬

▼ 籠を以て~ (2, 0.0%)

1 これを, 邪視を

▼ 籠~ (2, 0.0%)

1 入レテ, 満ツ

▼ 籠ランプ~ (2, 0.0%)

1 の光, の灯

▼ 籠リモナアデ~ (2, 0.0%)

2 の壜

▼ 籠ロヂ~ (2, 0.0%)

1 乾そか, 干そか

▼ 籠一ぱい~ (2, 0.0%)

1 に飛び, の獲物

▼ 籠一個~ (2, 0.0%)

1 にて今日, を抱え

▼ 籠一挺~ (2, 0.0%)

1 を宰領, 早いところ

▼ 籠二丁~ (2, 0.0%)

1 です, 仕立てろッ

▼ 籠井戸~ (2, 0.0%)

1 から汲まれる, から黙々

▼ 籠~ (2, 0.0%)

1 につい, を通る

▼ 籠~ (2, 0.0%)

1 な道子, に言ッ

▼ 籠~ (2, 0.0%)

2 にしひきずる

▼ 籠城久しき~ (2, 0.0%)

1 に亙つ, に亙る

▼ 籠城以来~ (2, 0.0%)

1 その秋, の武人

▼ 籠城同様~ (2, 0.0%)

2 の思い

▼ 籠城時代~ (2, 0.0%)

1 の事, の辛抱づよさや

▼ 籠城殉死~ (2, 0.0%)

1 から一転, の列

▼ 籠城派~ (2, 0.0%)

1 の筆頭, また和平派

▼ 籠城百七十日~ (2, 0.0%)

1 いらい寄手, のたたかい

▼ 籠城百日~ (2, 0.0%)

1 に近い, をこえた

▼ 籠城説~ (2, 0.0%)

1 が勝った, に決定

▼ 籠屋さん一両~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ 籠~ (2, 0.0%)

1 で旅合羽, にこの

▼ 籠~ (2, 0.0%)

1 の存在, の類

▼ 籠~ (2, 0.0%)

1 から丸い, を蔽っ

▼ 籠~ (2, 0.0%)

2 の燈籠

▼ 籠待っ~ (2, 0.0%)

2 てくれ

▼ 籠手前~ (2, 0.0%)

2 の橋場

▼ 籠手田さん~ (2, 0.0%)

1 からも大層, でした

▼ 籠手調べ~ (2, 0.0%)

1 として此, に過ぎない

▼ 籠抱い~ (2, 0.0%)

2 て裏山

▼ 籠提灯~ (2, 0.0%)

1 がぼんやり, の蝋燭

▼ 籠~ (2, 0.0%)

1 を出し, を頬

▼ 籠椅子~ (2, 0.0%)

1 とがあった, へしっくり

▼ 籠江戸~ (2, 0.0%)

1 の街霜, の霜街

▼ 籠清から~ (2, 0.0%)

2 別仕立

▼ 籠~ (2, 0.0%)

1 の源, は此意味

▼ 籠~ (2, 0.0%)

1 の大, の清潔

▼ 籠石列石~ (2, 0.0%)

2 の一部

▼ 籠硝子~ (2, 0.0%)

1 の大, の皿

▼ 籠~ (2, 0.0%)

1 にも太い, へ顔

▼ 籠細工屋~ (2, 0.0%)

1 のほう, の内

▼ 籠編み~ (2, 0.0%)

1 にでき, 水気を

▼ 籠背負い~ (2, 0.0%)

1 というもの, の行商人

▼ 籠脇本陣~ (2, 0.0%)

1 の主人, の扇屋得右衛門

▼ 籠~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 籠舁く~ (2, 0.0%)

1 ものの, もの心え

▼ 籠舁たち~ (2, 0.0%)

1 にさえすっかり, よりも一そう

▼ 籠~ (2, 0.0%)

1 の附近, 仕り相

▼ 籠花活~ (2, 0.0%)

1 に一寸, に軽い

▼ 籠~ (2, 0.0%)

2 するの

▼ 籠行かっしゃ~ (2, 0.0%)

2

▼ 籠行灯~ (2, 0.0%)

1 を持った, を捧げる

▼ 籠~ (2, 0.0%)

1 に入りし, に蟄居

▼ 籠記念~ (2, 0.0%)

2 のお札

▼ 籠~ (2, 0.0%)

1 ではちょっと, の一番

▼ 籠近く~ (2, 0.0%)

1 へやって来, 寄って

▼ 籠造り~ (2, 0.0%)

1 に武者窓, の一室

▼ 籠~ (2, 0.0%)

1 でもあるく, に

▼ 籠~ (2, 0.0%)

2 と雄

▼ 籠馬車~ (2, 0.0%)

1 から引き出し, を物

▼ 籠~ (2, 0.0%)

2 か多

▼1* [633件]

あそばされあくる日佐和や, 籠あまた車の上, 籠あむ玉川の, 籠あれへお, 籠者であった, 籠いくつとして総計, 籠いたして大望, 籠いつぱいにならうとするころみよは, 籠うり一籠旁の物, 籠駕籠と, 籠おろす野菊かな, 籠お小休み峠, 籠かきそのものがこの, 籠かきたちは, 籠かき姿の子, 籠かき權三下の方, 籠かき渡世の人足, 籠かけにけり, 籠かける絵は, 籠かたよせ竈に, 籠かなや日坂, 籠かなんかで勢いよく駆け帰っ, 籠かにお乗りなされ, 籠からでも落ちたもの, 籠がずつと右手から, 籠くらゐの, 籠ぐるみ牛蒡抜きにした, 籠持たせて, 籠これらのものものしい, 籠さげて立った, 籠さんが呼んでる, 籠さんあっしじゃあいかが, 籠しばらく止めるが, 籠じゃったわ, 籠身を, 籠すなわちあんぽ, 籠するならずや百万, 籠すればすぐ, 籠すれしてもの, 籠せし心はも, 籠せしめ給ふ, 籠せられしは耆婆, 籠せんと故郷, 籠せん旅がへり, 籠との定紋, 籠その他のもの, 籠たらん所に, 籠たりとも此上, 籠たる編み余し, 籠だがこの景色, 籠だけでは, 籠だけがここに, 籠だけに柱に, 籠だけの外観を, 籠だけも取り戻しに, 籠だったらどんな小, 籠つたおつかさま, 籠つたやうになつて, 籠つたノートを受け継い, 籠つた一揆軍が矢狭間, 籠つた一茶の藝術, 籠つた中から美術家, 籠つた云ひ方, 籠つた作物なの, 籠つた冷気が妙, 籠つた厭に蒸, 籠つた叫び声を私, 籠つた品物のない, 籠つた地獄の響, 籠つた夫は庭, 籠つた奧方は蔭乍ら屋敷, 籠つた女の姿, 籠つた姿は疑ふ, 籠つた字を書いた, 籠つた後初めて土, 籠つた懷ろ鏡を敵討ち, 籠つた所は仕方, 籠つた手をついた, 籠つた新築の離れ屋, 籠つた時計を不得要領, 籠つた木立になつ, 籠つた点燈頃に重, 籠つた父は何, 籠つた片隅から大声, 籠つた相も變ら, 籠つた眼でじ, 籠つた笑顏を見合せた, 籠つた紙帳の中, 籠つた老人らしくない声, 籠つた臭ひ中, 籠つた葡萄鼠の曇, 籠つた調子で云, 籠つた賛辞と会, 籠つた返事でもしたら, 籠つた追想に耽つた, 籠つた階下の一室, 籠つた響とは聞えなかつた, 籠つた顔でニヤリ, 籠つた風のなごり, 籠つた點燈頃に重, 籠つておのれを観た, 籠つてさへ居れ, 籠つてそれぞれ学課の予習復習, 籠つてぢつとして, 籠つてクリストフア・ノウスといふ雅号, 籠つてシツラーやリラダン, 籠つてボーンと鳴る, 籠つてムツと鼻, 籠つて一人も出た, 籠つて一巻から次巻, 籠つて一日考へに, 籠つて一歩も外, 籠つて不慮の襲撃, 籠つて二階へ一人, 籠つて仕事をする, 籠つて修法錬行, 籠つて倉の中, 籠つて原稿の上, 籠つて呆然としてゐる, 籠つて外界とのいつさい, 籠つて女ばかりの生活, 籠つて子供の世話, 籠つて官軍を悩ました, 籠つて密談をし, 籠つて寐轉んで居る, 籠つて實に數, 籠つて岔水君が送つ, 籠つて島から一歩, 籠つて川にも人, 籠つて己を固めた, 籠つて彼の女, 籠つて悠々自適風月でも楽, 籠つて感激となつて表, 籠つて成女戒を受け, 籠つて指と指, 籠つて日を暮らした, 籠つて日夜あらぬ方, 籠つて最後まで戦ふ, 籠つて本能の無, 籠つて此様な眞, 籠つて母の霊, 籠つて毎日文学の話, 籠つて獨り言, 籠つて疊の燒, 籠つて眼を休ませ, 籠つて社会から独立, 籠つて空へ響く, 籠つて精進すべき処, 籠つて綾取り双六毬つきと他愛, 籠つて織田信長に背いた, 籠つて義雄は筆, 籠つて耳を澄し, 籠つて自己を罵る, 籠つて花かづらをする, 籠つて蒲団を被, 籠つて蝋燭のかぼそい, 籠つて読書するこれ, 籠つて読書三昧多少の, 籠つて読書午後は久しぶり, 籠つて誰にも口, 籠つて講義録などをたより, 籠つて謹慎の意, 籠つて護摩の法, 籠つて近松研究をし, 籠つて部屋のそ, 籠つて電灯の下, 籠つて青葉の中, 籠つて静に母, 籠つて餘り明から, 籠つるべ, 籠であって塗り, 籠であり同時に田楽能, 籠ででも送って, 籠でなくば行く, 籠でなくっちゃ見なかった, 籠というは形を, 籠といったような, 籠とかを腕に, 籠とでも札を, 籠ともどもしずかにお, 籠とりて, 籠とり落したり, 籠なじみの得右衛門, 籠なぞお召し遊ばしまし, 籠なぞに納まって, 籠などといふものは, 籠などにも実に見事, 籠などまでも自身で, 籠なども其に, 籠なりに名刺を, 籠なれずして, 籠なんかに乗った者, 籠なんかを手に, 籠にかふべく, 籠にかけてそらだき, 籠にとまつた蝉, 籠にとりはあれども家に, 籠になとホホホお召しなさりませ, 籠にまでしようと, 籠にゃ早いです, 籠にやはええの, 籠のてまえまで, 籠のみぎりコチラサンを, 籠はからつぽ, 籠はなてば螢, 籠ばかりか廚子も, 籠ばかりがひょくりひょくりと, 籠ひたせば, 籠ふうの粗末, 籠へと近づくにつれて, 籠へなど乗る, 籠へのつかり頭, 籠ほどあるもの, 籠ほどにも行渡るまい然, 籠まではいると, 籠までも雇って, 籠まれたとも, 籠みあったところな, 籠み入らんとしたれ, 籠み入る討手の, 籠み合ってい, 籠むだろうと思った, 籠むと見えて, 籠むのであろう, 籠むので浴衣の誂, 籠むることあるは疑ふべからざる事実, 籠むることを得つ, 籠むるもあり是等は写実, 籠むるより外はあらず, 籠むる友の家, 籠むる宮殿の大, 籠むる湖面の彼方, 籠むる若干の日, 籠むる道也先生はただ, 籠むる霞の彼方, 籠む中にしとしとと, 籠む霧が艶, 籠めがちだった本意, 籠めさせて来た, 籠めさせたものである, 籠めし書状を送り来りし, 籠めし移り香に時, 籠めし翌年四五月の頃, 籠めし艶書を贈り, 籠めし贈物は書生, 籠めずして却つて写実, 籠めたるや打ち見やる, 籠めたる室の内, 籠めたる建てようのいと, 籠めつる多かり, 籠めもの皆は水, 籠めらるるに, 籠め一つ作らず, 籠め中の四頭, 籠め乍ら勝つも, 籠め二十五歳の年, 籠め今は出世間, 籠め傍の千鶴子, 籠め兵糧をよび, 籠め切つて余裕のない, 籠め博多福岡に二日, 籠め厳粛に一つ憂, 籠め嚴重な見張り, 籠め大矢狭間を開き, 籠め学校の助, 籠め小路を割り, 籠め廣こうぢ, 籠め思いを述べた, 籠め急に煙ったく, 籠め扉に漲っ, 籠め武器弾薬を運びこむ, 籠め気を八方, 籠め烟を立て, 籠め玉薬を用意, 籠め百姓の面, 籠め硫黄で燻べ, 籠め給へ, 籠め脚下に雨, 籠め自分以上の力, 籠め自身は日置五郎左, 籠め色香を湛え, 籠め艶魔を封ずる, 籠め視界は全く, 籠め踵を地べた, 籠め身を浄くし, 籠め鎧は情懷, 籠め鎮定させること, 籠め題に, 籠め麓を蓋, 籠もちて何, 籠もちふぐしもよみふぐ, 籠もは入附添, 籠もらされてしまった, 籠もらせずして却, 籠もらせたと解釈, 籠もらないような, 籠もられておられまする, 籠もりあるかなき, 籠もりましたがとうとう, 籠もり居たり, 籠やうの意味, 籠やに酒代を, 籠やは酒代に, 籠やろかい參ら, 籠ゆきは添役, 籠ゆらぎて思い出したる, 籠ゆらゆらと釣, 籠ゆるゆるとおやりなされ, 籠よりも快い竜, 籠で, 籠らしむる牙城と, 籠をかかへながら草を, 籠をてんでん小脇, 籠をばくるりと, 籠をを飛ばしてね, 籠を通して血が, 籠んでゐると, 籠んででもあったよう, 籠カラ顔ヲ出, 籠カンガルー型のロッキング, 籠スコップ雁爪などが積みあげられ, 籠ゼラニュームの鉢, 籠ッテイテ方々家ノ中, 籠ッテイル時ハタマラナイ倦怠ヲ覚エル一面, 籠江戸ヘ, 籠デウチヘ連レテ来テ, 籠ビール工場の高, 籠ホイ籠とかけ出す, 籠メルト相談ガキマッタガ精一郎モ留メタガナカナカ聞入レガナイカラワタシモ困ッテ居ルト云ッテ, 籠リシ折武田信玄コノ城ヘ取懸, 籠リノ客多数居残リヲレリ, 籠古手拭一本, 籠一つ謝肉祭用の炬火二, 籠一松葉一籠一古手拭一本, 籠一梃見えがくれ, 籠一面飛び散った血, 籠七場所七橙と七七ずくめ, 籠七組みの兄弟, 籠万燈のよう, 籠三丁お貸しくだ, 籠三人は先づ數寄屋橋内南町奉行所, 籠三四合を置く, 籠三巾の前, 籠三留野の両, 籠三留野両宿ともに格別, 籠三留野野尻を下四宿, 籠三留野野尻在方としては蘭村, 籠三籠焚付疎朶, 籠上る嬉しさ, 籠に置き並べ, 籠下げて無気力, 籠中所狹きまで, 籠中果実を描いた, 籠乗物下駄の音, 籠乗行は素晴, 籠事件のこと, 籠二つ鞠の曲, 籠二十五挺山駕籠五挺駕籠桐油二十五枚馬桐油二十五枚駕籠蒲団小五十枚中二十枚, 籠二挺をかつぎ, 籠二挺づれであった, 籠二梃だ, 籠二階はゆれる, 籠于越後國加地庄願文山之間信實追討之訖, 籠五ドルだったのに, 籠五挺駕籠桐油二十五枚馬桐油二十五枚駕籠蒲団小五十枚中二十枚, 籠が丸亀, 籠人力車等で六日がかり, 籠人足ニ聞イタラ旦那ハ水戸ノ御, 籠人足共がわが, 籠仏壇の花, 籠仕掛で部屋, 籠仕立てで威勢, 籠伝馬板輿などで七条, 籠伝駕籠屋の伝五郎ッ, 籠かほか, 籠傳一郎といふ山田, 籠にことづけた, 籠先ゃ本所の一つ目, 籠入りの菓子三十, 籠共々精霊を, 籠其物を使うた, 籠へ顔, 籠内の人となっ, 籠刀剣刀剣具その他あらゆる種類, 籠切りの長年, 籠狂言の, 籠にふうわり, 籠勝ちな此, 籠ばかりと勘定台, 籠十七峯の流れ, 籠十八人としてあ, 籠よりそはん, 籠又は矢車などを, 籠及び白絹の, 籠へ身, 籠吉祥寺で御, 籠同心が首, 籠吸口の柚, 籠吸筒取持たせ, 籠呼んでこい, 籠の身, 籠四里の山, 籠土産の風呂敷包み, 籠坂峠あたりにある, 籠を上げる, 籠には野菊, 籠城ぢややりきれない, 籠城っぷりはっははは, 籠城ときまつたの, 籠城三年の後, 籠城以前とは著しく, 籠城以来本丸に翻っ, 籠城作業をきびきび, 籠城側は新手, 籠城兵士の筆, 籠城半年余の囲み, 籠城四十日以来の身, 籠城守禦の場合, 籠城後まもなく, 籠城後島原農民の悲惨, 籠城後死亡者の追弔法要, 籠城心理には退屈, 籠城戦死しようと, 籠城戰死者及北京籠城後死亡者の追弔法要, 籠城抗戦の所信, 籠城攻戦の場合, 籠城日清日露の両, 籠城自体にさしたる, 籠城解散を命じた, 籠城討死を遂げよう, 籠城調査筆記とか市来四郎日記, 籠城跡を下, 籠城辺塞の衛戍, 籠城途中禍が中, 籠堂の前まで下り, 籠で囲ん, 籠売っても一両, 籠多助一代記等に勝る, 籠大名もみんな裸, 籠夫四人は駕籠二挺, 籠奴合羽に着替え, 籠守沢などの手勢すべて, 籠守沢羽川一の井, 籠守沢額田世良田羽川一の井, 籠安泰に亀屋, 籠の竹, 籠を待つ, 籠宿伊予源から洗いはじめ, 籠宿昼食馬籠はお小, 籠の主, 籠小さな犬猫鼠猿小, 籠少々待たっしゃれ, 籠居したがその, 籠居せしこと, 籠居なされてゐた, 籠居睡くなればうた, 籠届けてくれた, 籠屋さんお父さんが急病, 籠屋さんこれは戻り, 籠屋さんたちにもどうぞ, 籠屋さん戸を明け, 籠屋さん火事じゃない, 籠屋さん途のりが遠い, 籠の裡, 籠を序幕, 籠を護し, 籠を駆け上り, 籠川谷の空, 籠幾棟かの建物, 籠座右に千枚どうし, 籠の帳面つけ, 籠待たッし, 籠待たっしゃい, 籠待てエーッ, 籠用達しで, 籠月竹籠烟百尺絲繩拂地懸と, 籠を籠め, 籠忍ぶが如く, 籠恋しくなつて, 籠慣れとも申すべき, 籠老いたりと, 籠所参籠所から位牌堂, 籠手だし彼女のも百姓女房, 籠手乱髪膝がしら, 籠手土産に持つ, 籠手塗胴や竹刀, 籠手摺に肉, 籠手木太刀竹刀薙刀などの稽古道具, 籠手田といふ信徒, 籠手脛当てもあて, 籠手腹のきらい, 籠手臑当腹巻したる軍兵二人, 籠手臑當にて出, 籠手臑當腹卷したる軍兵二人, 籠抜けだそれにあの, 籠抜けでありデロレン左衛門であり, 籠抜娼妓だか, 籠抜詐欺犯人が大きな, 籠押し流し汐満ち, 籠拍子を取る, 籠拝見と出かける, 籠持ちとなっ, 籠持って南蛮寺, 籠持参は皆, 籠提げて来た, 籠揺籃がある, 籠へ黄金, 籠断食などをした, 籠の物, 籠早くも朝寒, 籠昼食それからこの, 籠暫時借用するぞ, 籠更けて恐ろし, 籠書斎の天地, 籠本陣同様取り崩して, 籠本陣青山寿平次殿へ短刀一本, 籠桐油二十五枚馬桐油二十五枚駕籠蒲団小五十枚中二十枚, 籠検分に烱, 籠に在り, 籠権現の記事, 籠の籠, 籠止めい駕籠止めい, 籠止め下馬の山門, 籠此事を知れり, 籠沢家細谷家坂口家山上家など幾十家, 籠流しを再興, 籠渡り来ると見る, 籠の岸, 籠灰それから少し, 籠烟百尺絲繩拂地懸と云, 籠焚付疎朶, 籠極の, 籠無しで出発, 籠無造作に新しき, 籠燈光虱の眼, 籠球家のやう, 籠球排球などがあり, 籠百姓町人に土下座, 籠百日近いある, 籠石探検の為, 籠石概論の中, 籠石研究上に一つ, 籠空箱ですっかり, 籠立場まで来, 籠も見られる, 籠等々南島のお, 籠篇む玉川の里, 籠である, 籠は, 籠紅き出口は, 籠紫陽花の円燈籠, 籠細工その他にまざっ, 籠絡すべからず, 籠絡せんとする, 籠絡シ土井家資産ノ大, 籠絡家となる, 籠絡巧詐の帝王, 籠絡手段をもっ, 籠絡牽制して, 籠絵団扇蚊帳青簾風鈴葭簀燈籠盆景のよう, 籠の房, 籠罩小袴脛当鞠沓, 籠になつて仕舞つて, 籠背負いたる十二三の, 籠背負って茄子隠元, 籠に上質, 籠に脚絆, 籠致しますかな, 籠舁中間こきまぜて, 籠舁中間陸尺などが大勢, 籠舁入るるは, 籠舁共を対手, 籠舁夫が二人, 籠舁風情の命, 籠のさざめき渡る, 籠と同じ, 籠花束等を方々, 籠花活けのおとしらしい, 籠花生けに秋草, 籠うて行, 籠蒲団小五十枚中二十枚, 籠ともいう, 籠蓋し古今をも, 籠藐茲丈室与天穹窿羹牆如, 籠いぶしの, 籠蛛蛸三千連御太刀幾振野里鋳物, 籠が据置, 籠行きのもの, 籠行李など様々, 籠行燈咽せるよう, 籠の小禽, 籠製造人を発見, 籠訪問はその, 籠をし, 籠訴訟をした, 籠詰事件や菊子嬢, 籠誂え銀子を, 籠諸仏野干鬼神, 籠ひて, 籠負いという祝言, 籠つたので, 籠買いに出た, 籠賃これが使い賃, 籠の聲, 籠赤ん坊の目, 籠越えにかかる, 籠越しに有らん, 籠蹴りころばしてゐたりけり, 籠で見, 籠通り過ぐれ, 籠通夜をし, 籠遂に再び吾人を, 籠違いでは決して, 籠都合四人の雲助, 籠重ねあげられた書類ひとり女が, 籠釣らせたり, 籠鉄灸に金火箸, 籠の一人, 籠と道, 籠だつたの, 籠は見事, 籠飛ばせとくりゃがらあ, 籠あげを, 籠餌箱帽子から服, 籠の力, 籠馬籠まで, 籠馬籠これだけの庄屋連名, 籠馬飼の籠, 籠の判, 籠を尚, 籠の啼音, 籠鹽原多助一代記等一編出る毎, 籠龍吐水の箱