青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「町内~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~男の子 男の子~ ~男女 男女~ ~男子 男子~ 男性~ ~町 町~ 町人~
町内~
~画 画~ ~画家 画家~ 界~ ~畑 畑~ 留~ 留め~ ~留守

「町内~」 1889, 19ppm, 6118位

▼ 町内~ (1128, 59.7%)

35 若い者 32 本道 13 者が 12 自身番へ 9 人が, 衆が, 銭湯へ 8 外科が, 酒屋の 7 人達が, 湯へ, 湯屋で, 者も 6 ものが, 若い男, 衆と, 衆の, 角で 5 丁子湯へ, 人達も, 外科を, 子供が, 湯屋へ, 者に, 若い衆が, 衆は, 錢湯へ 4 人たちが, 人たちは, 人に, 師匠の, 本道が, 若いの, 評判です, 評判に

3 [21件] お花見, お醫者, ものは, 人々は, 人々も, 人は, 人達に, 噂を, 娘さん達が, 娘どもに, 娘や, 小間物屋の, 暴れ者傘屋の, 櫻湯へ, 自身番に, 若衆どもまで, 衆に, 衆や, 角に, 評判者です, 連中が

2 [113件] あまり広く, お医者, お湯を, どろぼう, ものを, やくざ野郎で, 世話人の, 世話役らしい, 二三の, 交際を, 人々の, 人たちだろう, 人たちの, 人たちも, 人で, 人と, 人とは, 人の, 人らしい, 人達からも, 人達と, 人達にも, 伊勢屋の, 共睦会, 分限で, 医者も, 十一屋に, 十七娘が, 十七娘に, 升田屋の, 半分が, 噂の, 埃捨場に, 外科と, 大騒動, 娘たちが, 子供たちが, 子供と, 子供衆を, 子供達が, 家作持で, 小唄の, 岩田屋の, 左官屋の, 巴風呂へ, 平次です, 御用聞佐吉が, 御神酒所の, 手習師匠と, 手習師匠の, 方何が, 旦那方に, 旦那衆に, 旦那衆を, 本道町野玄道を, 本道石原全, 桶辰町役人は, 植木屋が, 湯屋は, 物持が, 独り者は, 狼連も, 獨り, 玄道さんに, 番太が, 祭りなどにも, 私の, 稽古所を, 糸屋の, 組合, 組合からも, 者かと, 者で, 者は, 者や, 自分の, 自慢の, 良い娘, 若いもの, 若い衆, 若い衆に, 若い衆も, 若い衆を, 若え, 衆だ, 衆で, 評判は, 誰彼れ, 警戒も, 質屋に, 質屋へ, 連中の, 遊び人で, 酒屋のだ, 酒屋升定でした, 酒屋越後屋の, 錨床まで, 鍛冶屋の, 雑用を, 青年団から, 非難やら, 頭な, 頭の, 頭も, 風呂に, 風呂娘の, 風呂屋へ, 駕籠清から, 鳶の者が, 鳶頭で, 鳶頭の, 鳶頭は, 鳶頭を

1 [569件 抜粋] あつしが, あつしに, ある労働者, ある地主, うなぎ屋へ, お勢, お幇間醫者, お情, お方々, お方に, お湯屋, お菜の, お針の, お附, かしらだ, かしらの, かどかど, ことから, ことは, しかも路地, すぐ近所, そうした抜け道, ために, ちいさい紙屋, つきあい, つきあいだって, つきあいも, つきあひ, どの家, ならず者ふたりが, は小さく, ばくち, ひと群れ, みんなに, もので, ものである, よしみで, り災者だ, タバコ屋へ, パンパンどもを, マラソン競争に, 一同は, 一部には, 万屋茂兵衛を, 三人娘へ, 三十坪か, 三毛斑でも, 下っ引, 下駄屋さんが, 世話を, 世話係りで, 世話役なども, 世話役の, 両側に, 主婦代表者関係小売業者所轄警察等で, 五人組と, 五人組の, 交誼で, 交際ぐらいは, 交際という, 人々と, 人々また, 人々來り, 人たちことに, 人たちにまで, 人たちを, 人だろう, 人びとも, 人や, 人參湯で, 人手を, 人気者だ, 人氣者だ, 人目を, 人足二三人と, 人達から, 人達の, 人達まで, 人達二三人と, 人達教師同窓の, 仕事師が, 他へ, 伊勢屋という, 伊勢銀さん何うです, 住民の, 使い走りを, 使で, 使ひ, 信望も, 催しで, 元益坊主, 入り口に, 入口近かっ, 八百屋と, 六人組に, 共存共栄の, 兼吉と, 出来事が, 出来事は, 勤務に, 勤方は, 医者から, 医者が, 医者や, 医者を, 医者町役人家の, 千両分限米屋では, 午祭りの, 半鐘が, 協議会の, 厄介者本人は, 口き, 口ききの, 口きき連から, 古着屋の, 同じお, 同じ薬種問屋, 同勢は, 同情は, 同族共の, 名は, 呉服屋, 呉服屋の, 和泉という, 喜代次親方が, 噂が, 噂です, 団体も, 困つた方々, 地であった, 地主藤屋万兵衞を, 地形自分の, 外科へ, 多勢に, 多勢の, 夜学校舎で, 夜番に, 夜講帰りが, 夜講歸り, 夜警に, 大地主, 大評判, 大騒ぎに, 天妙教支部を, 女の子は, 女師匠, 女湯, 女達ばかり, 女隠居, 奴が, 奴めらいらぬ, 奴らには, 奴らは, 好敵手, 如き未だに, 娘が, 娘で, 娘を, 娘達を, 婆たちの, 嫌はれ, 嫌われ者, 嬶など, 子が, 子ども, 子どもが, 子供を, 子供衆達が, 子達が, 学校だ, 学校は, 守り神だって, 安全を, 実相寺門前に, 家々が, 家主, 家主が, 家主に, 家搜し, 寄りで, 寄り合いや, 寄り合い所なり, 寄合場所へ, 専次とかいう, 小児の, 小前の, 小商人, 小売商人そういう, 小火で, 尤もらしい, 屋臺を, 岡ッ引き目明し待っ, 巡回に, 差配人さんが, 師匠や, 平右衛門町, 平和が, 平和を, 年寄は, 年頃の, 庵室に, 建具屋の, 彌次馬で, 往来に, 御不幸, 御差配, 御若衆, 恥だ, 息子附き, 悪たれ子供が, 悪に, 悪戯気な, 手で, 手伝いと, 手習師匠などを, 手習師匠に, 掃除人夫を, 掛り付けの, 掛行燈の, 政治は, 敬庵先生の, 数戸を, 新造は, 方々より, 方からは, 方が, 方で, 方は, 方も, 方掛り合ひでお, 旦那が, 旦那方が, 旦那衆とても, 旦那衆なぞから, 旦那衆や, 昔人形師を, 智慧を, 月番の, 有力者らしい, 有志が, 有志などの, 有志の, 木屋という, 本道の, 本道は, 本道も, 本道を, 本道全龍さんを, 本道見, 本道賢齋先生に, 杢若どのは, 某家にて, 柳湯へ, 梅原龍三郎さんから, 楽隊と, 構者に, 様子も, 樽御輿を, 櫻湯から, 武家方も, 残り物を, 殘り, 氏子の, 氣の, 氣請能月に, 油斷を, 油虫, 油虫野幇間の, 油蟲, 油蟲でした, 洗湯で, 洗濯屋の, 清神社に, 湯屋から, 湯屋にも, 湯屋の, 湯屋へも, 瀧君に, 火の番の, 為にも, 無盡, 煙草屋の, 物好きな, 物持から, 物持で, 物持を, 犬の, 現在の, 生薬屋の, 生薬屋へ, 生藥屋, 用を, 用心水の, 申合せだ, 男女は, 男子暴風吹き荒む, 男達の, 番人などと, 番人も, 番地札を, 番太郎が, 番太郎は, 番所へ, 癖に, 白井氏で, 白木と, 百万遍の, 百萬遍の, 目明し親分金山寺屋の, 相模屋といふ, 知人に, 碁会所くらいの, 碁会所という, 碁會所位の, 神輿が, 祭だ, 空地に, 箔屋へ, 糊売り, 糊売婆さんが, 糊賣, 紙価を, 紙屋の, 紺屋へ, 経師職の, 結城屋の, 絵草紙屋若狭屋の, 綺麗な, 縁台将棋の, 繰り出しと, 義理づきあいを, 義理で, 義理とか, 義理としても, 老人連が, 老舗の, 者じゃ, 者だ, 者なら, 者について, 者にとっては, 者にも, 者を, 者二三人これは, 者共一同呼出され, 者氣を, 職人を, 胡麻摺りや, 腕っ節の, 腕白太郎は, 腕白者男おんなで, 自警団に, 自身番屋には, 自身番屋へ, 花見の, 若い娘, 若い娘達, 若い師匠, 若い男たち, 若い者たち, 若い者達, 若い衆かい, 若い衆と, 若い衆とかいう, 若い衆などは, 若い衆の, 若い衆達の, 若い衆頭で, 若旦那の, 若者が, 若者は, 若者を, 若衆を, 草分け楯さんから, 菓子屋の, 萬屋茂兵衞を, 葬式の, 蕎麥屋で, 蕎麦屋で, 薪屋の, 藥湯へ, 蝦子床へ, 衆から, 衆じゃ, 衆だって, 衆ぢや, 衆でございます, 衆へ, 衆皆んなです, 行事其外家主中名主書役に, 行列へ, 衛生をも, 表通りの, 裏長屋に, 裕福な, 要所要所, 見て, 見庵先生, 見庵樣, 見知った顔, 親たちが, 親たちの, 親爺株の, 角を, 評判でございました, 評判にな, 評判も, 評判娘の, 評判息子で, 話上手が, 誰かが, 誰が, 誰だろう, 誼み, 誼御, 調法者に, 講中の, 豪家に, 貧乏な, 貸家を, 賢齋樣の, 質屋の, 走り使人斎非時の, 走使いを, 路地の, 路次を, 踊の, 踊りの, 車夫が, 軍事部長といふ, 軒別で, 迷惑に, 連中に, 連中は, 遊び人が, 運動会の, 過半数が, 道樂息子達に, 郷土化, 酒屋などには, 酒屋を, 醫者から, 醫者や, 醫者町役人家の, 醫者石原全, 重立た處, 重立った旦那衆, 重立つた方, 野幇間与作の, 野次が, 野次馬が, 野次馬で, 野次馬行灯提灯, 金棒引きも, 金棒引も, 金棒曳きやらで, 銭湯で, 鋳掛屋の, 錠前屋吉五郎と, 錢湯で, 錢湯や, 鑄掛屋の, 閑人の, 閑人達は, 関係で, 附き合いで, 附合い, 集合の, 雜用の, 青年団が, 頭が, 頭だ, 頭と, 顏利きで, 顏役で, 顔利き, 顔役から, 顔役が, 顔役たちが, 顔役たちは, 顔役やら, 顔役揃いだった, 風呂という, 風呂へ, 飛脚屋十七屋より, 食生活は, 飴屋へ, 飾り物などを, 餓鬼大, 馴染男であった, 騒ぎは, 騷ぎは一應納まりました, 髪結床と, 髪結床の, 髮結床と, 髮結床の, 鳶の者に, 鳶頭が, 鳶頭臨時に, 鼻ッつまみに

▼ 町内~ (151, 8.0%)

17 住んで 2 お針の, 二十年も, 怕が, 火の見梯子は, 百本も, 隠れも

1 [122件] あそび仲間, あった事件, あった平河小学, あるぜ, ある五人組, ある大きな, あんな大きな商売仇, いたの, いた人, いては, いるもの, いる六ちゃん, いる若い衆, お化け騒ぎを, お狸月番, ぐっしょりと, すがた, すっかり知れわたり, ずいぶん色眼, たった一軒, つい近頃, できた消費組合, どうも早, ひろがった, ひろがったので, ひろまって, ほとんど一軒, ゐるぜ, ソバ屋の, 一二軒と, 一人ぐらいは, 一人位づゝ必ず, 一個所ずつ, 一軒くらいずつは, 一軒しか, 万助という, 三人や, 三四軒は, 不幸が, 並ぶもの, 事なかれ, 二三軒宛位の, 二軒あつ, 人殺あり, 人殺しが, 伝わったとき人々, 住する, 住みながら, 住み謠, 住み謡い, 住む上さん, 住む市村座, 住む建築家, 住む文字友, 住む赤木医師, 住んだので, 何軒くらい, 何軒位あるだらう, 便所が, 僕の, 八年も, 出しときましたがね, 出ると, 吉野屋勘兵衛, 同じ名, 同じ商売, 同名の, 噛り付い, 在住する, 外れても, 女中奉公を, 安床, 寄合が, 富岸という, 小町娘と, 居る御, 居住する, 屋台を, 広がり物好き, 店を, 引っ越して, 必ず一つ位, 忌引や, 恐がられる亂暴, 恥を, 振りこんであるく笛太鼓, 捨物の, 数万の, 曲者が, 松さんという, 森垣さんという, 櫓下から, 殺人電車を, 流布する, 百, 知らぬは, 神社を, 紅白の, 絵草子屋が, 絵草紙店が, 耻を, 育つ子供, 能登屋いたこ屋信濃屋の, 腕の, 自身番も, 藁で, 赤痢患者が, 跨がってるほど, 跨って, 跨つてる程, 身長から, 近寄る事, 長く住ん, 響き渡るやう, 響き渡るよう, 預けられる, 顏を, 顔を, 飾って, 馬鹿竹と, 鹿夥しく, 齧り付いて

▼ 町内~ (96, 5.1%)

10 知らない者 4 評判の 3 少しは, 知らないもの, 知らぬ者 2 お駒, 五本の, 子供達が, 幅が, 焚火が, 私から, 親たちも, 訊いて, 誰知らぬ, 顏の

1 [53件] お前が, お参りしよう, お祭騒ぎの, こんな評判, せう, そういう風, そだちました火事, その頃長寿斎, そんなこと, そんな人, たったひとり, 一番はやく, 一番利口な, 一番強い, 三人も, 事が, 二番地から, 何とか言, 何とか言われた, 保管し, 催し物が, 切り合いいたしましては, 可愛がられて, 同じよう, 同じ名, 吾輩を, 噂に, 堅気な, 大學, 奧へ, 女が, 小町娘と, 小町娘の, 所有する, 揃いに, 札付きの, 棄て置くまい, 沙汰を, 焼け残ったの, 班長を, 生れこの, 知らない顔, 知らぬは, 知らねえの, 聞込んで, 評判者の, 貰った仮名, 金を, 金出し, 金満家の, 阿夫利山, 顔の, 顔馴染の

▼ 町内~ (64, 3.4%)

4 一と 2 彷徨いた, 練り廻った, 練り歩いたもの

1 [54件] あの娘, あるくの, ぐるっと廻っ, ぐるっと見, さわがして, ねりあるいてるよう, はじめ荒町峠村では, ぶらぶらし, まはらせられない, まわる爺さん, グルグル歩きました, ブラブラし, 一廻りし, 一繞りした, 一軒, 三遍廻らせられる, 二三軒久蔵は, 二三軒久藏は, 八分程, 北から, 半刻, 囃して, 回礼せね, 始め浜町, 廻った, 廻りましょうや, 廻り仕舞取出し, 廻る第, 彷徨って, 恍惚と, 悪く云う, 押しあるいた, 持って, 探して, 搗き廻る, 歩くの, 泳ぎ廻って, 睥睨する, 練って, 練り歩くこと, 自慢の, 荒される方, 荒らされる方, 行きつ戻りつ, 見回るため, 見渡しても, 警戒する, 走り廻っ, 走り廻るという, 蹴つて, 追払われずに, 食って, 騒がした後, 騷が

▼ 町内でも~ (39, 2.1%)

8 評判の 2 いよいよ貧窮組, 人に, 褒めもの, 親類方でも

1 [23件] ともかくも, 一流の, 勤め先でも, 勤め先の, 古顔の, 吉田屋は, 名代の, 名題の, 夕日を, 娘が, 引取りたがらない, 惡い, 指折りの, 擯斥された, 物持ちの, 物持で, 知つてゐる, 評判だ, 評判で, 評判でございました, 評判です, 評判で御座います, 貧窮組を

▼ 町内では~ (38, 2.0%)

4 評判の 2 便利の, 夜廻りを, 美しい少女, 踊り屋台を

1 [26件] あったが, あの先生, あんた町会長の, あんまり見かけない, うわさの, しごく重宝, そうよばれ, それぞれ思い思い, まだ知らず, めだつ娘, もう大変, フーイエ親父だの, 一ばん手広く, 乱暴者の, 何と, 夏頭巾と, 屈指の, 旧家の, 有名に, 知らない者, 筋向, 質両替商の, 酔っぱらいで, 鎮守の, 顔ききの, 馴れつこだが

▼ 町内~ (31, 1.6%)

1 [31件] いって, どんなに安手, まぐれ込ん, もぐりこみ訪ねて, 乗り込んで, 乗込むと, 二度と戻っ, 來て, 入り込んで, 帰るん, 廻って, 引取らせる, 拡がったところ, 曲った山中, 札でも, 来て, 来ると, 知れて, 知れ渡らずには, 繰込みます, 繰込んで, 自まえ, 行渡って, 触れて, 触れを, 觸れ, 足を, 近づくに, 避難した, 響き渡る, 預け兩人を

▼ 町内から~ (30, 1.6%)

1 [30件] この家, それぞれ自慢の, やはり僕, 万福寺の, 二軒並ん, 五六人ずつ, 助命の, 多人数の, 寄附を, 寄附金が, 将棋の, 届けたと, 廻って, 廻つて來や, 応召者が, 憎まれて, 曳き出すという, 橋詰荒町の, 江戸川縁の, 町内の, 町内へ, 町内へと, 町内を, 白い眼, 祭の, 見られて, 追い出して, 運んで, 隣町へ, 頼まれまして

▼ 町内~ (29, 1.5%)

2 に聞え, に響き渡る, の噂

1 [23件] が見張, ことごとく苦手, に知れ渡る, に聞える, に觸, に響く, に響け, の揉めごと, の新, の良い, の見世物, の評判, の雪隠, の騒ぎ, の騷ぎになるから, の鼻つまみ, へふれ廻, をさわがせ申し, を觸, を陽気, 響き渡るほどので, 響き渡るやう, 駈け歩くの

▼ 町内~ (24, 1.3%)

2 すべて歌舞伎の, まことに太平さ, 宵の口から

1 [18件] あかるくなる, このごろ物騒だ, どこでござんす, 俺が, 全く無人, 割合気, 品の, 唯ならぬ, 大騒ぎです, 明るく浮き浮き, 明日らしい, 時ならぬ, 火事を, 申す迄も, 申に, 親類づきあひ, 違って, 風上だ

▼ 町内にも~ (17, 0.9%)

2 あの娘, ない繁昌

1 [13件] いられねえよう, この種, そういう人, もう灯, 七福神見立てや, 数軒より, 構いなし, 毎日あった, 氣の, 火の見櫓と, 足らぬが, 長くいすぎた, 高い梯子

▼ 町内だけでも~ (14, 0.7%)

3 三人や 2 五人や, 十人は, 娘を 1 あの色氣違, 三人は, 二三十人居る, 噂の, 深草の

▼ 町内には~ (13, 0.7%)

2 踊る子

1 [11件] いったいに, いって, いるお, 一人も, 共同井戸が, 化け物が, 床屋が, 浪人者が, 組合も, 自身番が, 馴染は

▼ 町内~ (11, 0.6%)

1 [11件] なら町内, には消費経済委員会, によつて, に適切, に部制, の事業, の常会, の役員, の運営, や隣組, を単位

▼ 町内預け~ (11, 0.6%)

3 になっ 1 だ, です, にし, にする, になるだろう, の手錠, はお上, までにし

▼ 町内~ (10, 0.5%)

2 違うので 1 やられて, 揉めて, 種々の, 繋がって, 質屋で, 違って, 闇に, 騒がしくて

▼ 町内一番~ (6, 0.3%)

2 の身上 1 といふ大きい, の人氣者, の娘, の息子

▼ 町内~ (5, 0.3%)

3 の財産家 1 の好男子, 同獄門

▼ 町内~ (4, 0.2%)

1 あの騷ぎですつかり臺無し, アンマだらけで, 若い衆は, 軒提灯ぐらいの

▼ 町内五人組~ (4, 0.2%)

1 の布令, の方, の老人たち, の老人達

▼ 町内~ (4, 0.2%)

2 一にて, 一の

▼ 町内じゃ~ (3, 0.2%)

1 お民, ないや, ア男の

▼ 町内じゅう~ (3, 0.2%)

1 でもすでに, に聞える, の小前

▼ 町内である~ (3, 0.2%)

1 からたくさん, から平吉, がつまり

▼ 町内での~ (3, 0.2%)

1 物持で, 評判でした, 顔ききの

▼ 町内~ (3, 0.2%)

1 いうでは, 代官の, 思うあたり

▼ 町内へは~ (3, 0.2%)

2 屋敷へ 1 いる頃

▼ 町内~ (3, 0.2%)

1 市場又は, 近所の, 郡内の

▼ 町内より~ (3, 0.2%)

1 人々立出樣子を, 御訴, 矢の

▼ 町内一統~ (3, 0.2%)

2 の者 1 の迷惑

▼ 町内何處~ (3, 0.2%)

1 からでも見える, からでも見透しだ, へつなぐ

▼ 町内総出~ (3, 0.2%)

1 で毎晩, で見物, と言っ

▼ 町内附き~ (3, 0.2%)

1 合ひだもの, 合ひもい, 合ひもさせ

▼ 町内風景~ (3, 0.2%)

1 がない, が漂つて, の見本

▼ 町内からも~ (2, 0.1%)

1 加勢が, 毎日の

▼ 町内~ (2, 0.1%)

2 つての

▼ 町内ごと~ (2, 0.1%)

1 に一つづ, に踊り

▼ 町内じゃあ~ (2, 0.1%)

1 お前さんの, 大抵気

▼ 町内づき~ (2, 0.1%)

1 合ひ, 合を

▼ 町内でした~ (2, 0.1%)

1 からな, から私

▼ 町内なら~ (2, 0.1%)

1 お知りでしょう, とにかく郊外

▼ 町内または~ (2, 0.1%)

1 知人らから, 部落更に

▼ 町内まで~ (2, 0.1%)

1 一緒に, 乗附け

▼ 町内一ぱい~ (2, 0.1%)

1 に響き渡る, のえらい

▼ 町内一パイ~ (2, 0.1%)

1 に拡がりました, に擴

▼ 町内一同~ (2, 0.1%)

2 で毎年汐

▼ 町内交際~ (2, 0.1%)

1 の積り, の関係

▼ 町内付合い~ (2, 0.1%)

1 で仕様事, もろくに

▼ 町内会議~ (2, 0.1%)

1 がひらかれる, を開く

▼ 町内会長~ (2, 0.1%)

1 の岡村さん, またはその

▼ 町内~ (2, 0.1%)

1 變, 變と

▼ 町内大きな~ (2, 0.1%)

1 声で, 聲で

▼ 町内廻り~ (2, 0.1%)

1 の髮結清三郎, をし

▼ 町内~ (2, 0.1%)

1 でみんな賛成, も御苦労様

▼1* [81件]

町内近くの, 町内すっかり芸者屋で, 町内から大目, 町内だけで五六軒は, 町内だけにして, 町内だけをチラッと, 町内だっていい娘, 町内ですよここ, 町内との交渉も, 町内どうしで小さい, 町内などでも名主や, 町内においてすら甲店と, 町内についてその町内, 町内にて種々と, 町内にても他人への, 町内ばかりでなくその, 町内へと繰込んで, 町内へも札を, 町内まわりの御用, 町内よってたかっ, 町内をとぼくさと, 町内をもおどろかすよう, 町内一二の古, 町内一同有難仕合也と申, 町内一帯までが物情騒然, 町内一村落が申し合わせ, 町内一町内についてその, 町内一路地一長屋の祭典, 町内一路地一長屋毎に一つ, 町内三十七人の者, 町内中逐かけて, 町内二丁四方がその, 町内付合だと, 町内会員の生活現状, 町内侠勇の御神輿, 町内全部立退いて, 町内千歳川第四発電所, 町内受けの良い, 町内同じ国民学校の, 町内名代の小鳥, 町内唯一の女傑, 町内地主樣家主樣から十兩ヅツ貰, 町内の有識者, 町内婦人会や街頭, 町内安全のこと, 町内家庭に列, 町内居住婦女頻々行方不知相成候段近頃覚奇怪候, 町内年寄の勤め, 町内御殿町あたりのある, 町内へ番人, 町内招客ご芳名, 町内の分, 町内有志への相応, 町内氷川町に住む, 町内のよう, 町内浮世の混浴, 町内無事の日参, 町内申合無盡, 町内町内の楽隊, 町内へ預け, 町内組合へ預, 町内臨時の入費, 町内芝居へ出, 町内西様似の海岸, 町内規約に依り, 町内評判の手かき, 町内近所の娘, 町内近郊をかくかく, 町内迷惑な, 町内連合の年末大売出し, 町内附き合いだものお, 町内附合ひで仕樣事, 町内附合ひもろくにない, 町内附合ひも出來なくなつ, 町内なくあさる, 町内随一の大分限, 町内隣人と倶, 町内青柳某の女房, 町内預け伊勢屋も呼出す, 町内預け吉三郎旅僧は入牢申付, 町内馴染を一人