青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「町~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~男 男~ ~男の子 男の子~ ~男女 男女~ ~男子 男子~ 男性~ ~町
町~
町人~ 町内~ ~画 画~ ~画家 画家~ 界~ ~畑 畑~ 留~

「町~」 40068, 398ppm, 244位

▼ 町~ (14459, 36.1%)

415 方へ 97 中を 90 人々は 81 方から 69 家へ 62 中に 58 方に, 通りを 54 人たちは, 人は 49 ほうへ, 家に, 家の 44 家を 35 方へと, 方を 32 中で, 人の, 家は, 角に 30 下宿に 27 中へ, 半七, 方の, 角を 26 角で 25 通りへ 24 名を 23 人々が, 人が 22 人々の, 店へ 21 上に, 或る 20 お店, 家で, 方は, 灯が, 私の, 老女の 19 人たちが, 方で, 角の, 間を 18 空に 17 お屋敷, 上を, 人に, 喜三郎は, 方が, 方角へ, 自分の, 裏に, 路地の 16 ように, 入口に, 近くに, 通りに 15 人たちの, 入口で 14 ことを, はずれに, 家から, 宿へ, 灯を, 者は, 辻に, 道を, 間に 13 者が, 角から 12 お宅, 人たちに, 人達が, 入口の, 名は, 坂を

11 [16件] さまよう家の, 中の, 中は, 人々に, 人も, 人達は, 友人の, 宿屋に, 小唄の, 往来を, 方まで, 灯は, 親分, 角まで, 路地を, 辻で

10 ほうから, 上には, 先生の, 夜の, 大通りを, 直助, 空を, 自宅へ, 親の, 間は

9 [21件] まん中に, ような, 一角を, 人々を, 人達の, 叔母の, 叔父の, 名, 大工の, 家には, 屋敷に, 広場に, 河岸に, 灯の, 真中に, 自宅に, 裏の, 裏へ, 賑ひ, 辻, 酒屋で

8 [27件] あたりを, ために, ところに, 中ほどに, 中央を, 人で, 伏見屋の, 停留場で, 元園町, 名も, 外れに, 大通りに, 女の, 妹の, 店の, 様子を, 父の, 者で, 裏通りに, 裏長屋で, 角, 角には, 警察へ, 通りから, 通りで, 通りは, 門の

7 [25件] あたりは, はづれ, 両側に, 中には, 中にも, 中央の, 人々も, 人達も, 入口には, 四辻に, 姉の, 子の, 家々を, 店で, 店に, 方へは, 燈火が, 病院へ, 裏長屋に, 親類へ, 路地で, 通りの, 門から, 門を, 駅に

6 [51件] うちの, お祭り, とある路地, なかを, まんなかに, ものに, 一角に, 下宿の, 二丁目の, 人たちも, 人を, 先に, 入口まで, 兼吉は, 医者に, 名が, 呉服屋の, 四つ角に, 壁辰の, 外に, 大牢の, 娘の, 子供たちが, 家々は, 家も, 寓居に, 小松屋, 屋敷を, 屋根の, 彼方に, 所に, 教会の, 方には, 東の, 横町に, 河岸を, 真中を, 空気に, 裏を, 裏店に, 西の, 角へ, 質屋の, 路地に, 辻の, 辻を, 道場へ, 道庵だ, 遠州屋, 郊外に, 露地の

5 [93件] あるところ, お家を, お寺の, お葉, お邸, ことは, ところどころに, どこかに, なかで, はずれから, ほうで, ほうを, むさし屋, ものは, やうに, 一部が, 一部に, 上の, 下宿へ, 下宿屋の, 両側には, 中では, 中でも, 中央に, 人々から, 人々や, 人と, 伊太松は, 住民の, 例の, 停留場の, 停車場へ, 加納屋に, 原を, 名で, 名と, 名に, 喜三郎の, 外れの, 大地主, 子供が, 子供に, 宅へ, 家, 家が, 家では, 宿を, 寺に, 小学校に, 小学校へ, 居酒屋で, 屋敷へ, 工場で, 工場へ, 巷の, 役場に, 彼の, 待合, 方からは, 方も, 様子も, 橋の, 浪宅に, 湯へ, 湯屋の, 生れで, 生活の, 病院に, 眼は, 空の, 空へ, 空気が, 空気を, 者や, 自身番へ, 芸者で, 薩摩屋敷に, 薩摩屋敷の, 裏通りを, 裏長屋へ, 親分が, 親分は, 親戚に, 角や, 警察署に, 路地は, 通は, 通へ, 通りが, 通を, 道の, 間の, 電気工夫の

4 [151件] あの家, ある家, ある旅館, おばあ, お医者, ことで, さまが, すぐそば, にぎやかな, ほうに, ものが, もので, 一部と, 一部は, 一部を, 下の, 下宿を, 中ほど, 中学校へ, 中程に, 二八九一番, 二階で, 二階へ, 交叉点の, 交番の, 人々には, 人家の, 人達に, 人間の, 伊丹屋の, 伊勢屋の, 伊豆屋の, 住居を, 停留所で, 停車場に, 先生は, 光景を, 克巳の, 入り口で, 入り口の, 入り口まで, 入口を, 処に, 刀屋の, 医者の, 南の, 友人が, 古本屋で, 古道具屋の, 唄うたい, 商家に, 四つ角で, 壁に, 外へ, 多くの, 夜は, 夜を, 大牢から, 大牢に, 大通りから, 大通りへ, 女は, 姐御, 家々の, 家より, 家並が, 家並の, 宿屋へ, 宿屋を, 小間物屋の, 屋根が, 屋根を, 師匠の, 店は, 形を, 往來へ, 料理屋で, 料理屋の, 料理屋へ, 方へも, 旧家の, 景色が, 景色を, 有名な, 本通りを, 某は, 楽隊に, 様子は, 横町から, 河太郎は, 河岸の, 河岸へ, 河岸まで, 湯屋へ, 火が, 片側を, 牢屋へ, 現場へ, 生活に, 田を, 番所へ, 百兵衛の, 百兵衞の, 目ぬきの, 目貫の, 真ん中に, 真中で, 空が, 空で, 立ったよう, 米屋の, 粉屋の, 美しさ, 者に, 自宅で, 若い者, 茶屋へ, 藤吉の, 衆が, 裏から, 裏で, 裏通に, 裏通りの, 裏長屋を, 見物を, 親分さん, 詩人が, 距離が, 距離を, 路地へ, 辺で, 辺に, 辻まで, 近くまで, 通りには, 通りまで, 通りも, 連中も, 道場に, 道庵先生が, 邸に, 邸の, 酒屋の, 銀行に, 阿波屋の, 阿魔, 附近で, 附近に, 隅から, 電車通りの, 風情を

3 [285件] あいだに, あたりに, あたりへ, ありさま, ある商家, いずれかに, うちで, うちには, うら, お家へ, お寺で, お華客, かどの, かなり大きな, ことです, ことや, すがた, ところで, どこか, どこに, なかでも, なかに, なかへ, はずれの, はずれまで, ほうは, ほうへと, ほかに, むこうの, ものの, ようすは, アパートに, アパートへ, トある, ホテルに, 一つに, 一つの, 一丁目から, 一流の, 三丁目に, 三河屋という, 上総屋へ, 上總屋の, 下駄屋の, 両側の, 中から, 中です, 中でなく, 中学の, 中学を, 中学校に, 中心から, 丸屋の, 乞食の, 乾物屋の, 事を, 二丁目で, 二丁目と, 交番へ, 人, 人たちと, 人には, 人や, 人人は, 人家は, 人通りの, 人間に, 今の, 伯父の, 佐原屋の, 停留場へ, 停留所の, 停車場まで, 僕の, 先生, 光景が, 入口へ, 八百屋で, 出口の, 出身で, 刎橋から, 利三郎でした, 利三郎の, 前へ, 勢は, 半七親分, 半瓦, 南に, 南側に, 友人から, 友人は, 友達の, 名物の, 向うに, 向うの, 呼名今に, 和泉屋の, 喜三郎が, 喜三郎と, 喜三郎も, 噂を, 四ツ角で, 四辻で, 地理を, 坂の, 坂の下の, 坂田屋に, 場末の, 外で, 夜店で, 大牢へ, 大通りの, 大通りは, 大部分, 大銀杏, 奥の, 女房の, 女房らしい, 姉は, 子どもが, 子供たちの, 子供たちは, 子供は, 学校に, 学校へ, 宅を, 安宿村田と, 家々で, 家と, 家まで, 家並みが, 家並みの, 家並みは, 家主で, 宿から, 宿の, 宿屋の, 寺, 小學校, 少年たちは, 屋敷から, 屋根に, 工場に, 左側の, 幅の, 幅を, 店から, 建物の, 建物は, 形が, 役所に, 彼方から, 往来で, 往来に, 往来は, 往来へ, 待合に, 後家の, 御親類, 我が家へ, 料理屋に, 新聞が, 新道の, 方, 方か, 方へでも, 方角へと, 旅籠へ, 旅館に, 旅館の, 旦那が, 旦那といふは, 旧宅地, 春の, 暗さ, 暗闇を, 曲角で, 有志の, 朝は, 木綿問屋の, 木賃宿へ, 本宅へ, 本屋を, 杉並木を, 東側に, 柳の, 桂庵の, 植木屋の, 様子や, 横へ, 横を, 歴史を, 津志田家の, 海岸を, 淋しい通り, 湯から, 源太郎の, 火は, 煙草屋の, 父が, 物音が, 獄に, 甚三の, 生活は, 生藥屋, 田地を, 男女の, 町の, 病院で, 病院の, 相模屋という, 真中へ, 空は, 空気と, 素人屋に, 老人が, 者の, 背後の, 自宅から, 自宅の, 自身番に, 芝居小屋で, 芸妓で, 芸妓に, 若い女, 若旦那を, 若衆が, 茶屋で, 茶屋の, 藪の, 表通りに, 表通りを, 裏側の, 裏町の, 裏通りで, 西に, 親分の, 親戚の, 親類の, 警察から, 警察に, 警察の, 豪家の, 貧乏神と, 賑やかな, 質屋で, 赤十字病院に, 越後屋の, 辺を, 辻から, 辻には, 辻へ, 近くの, 近所に, 通から, 連中と, 連中は, 道庵という, 道庵先生の, 邸を, 郊外へ, 酒屋から, 金六は, 銭湯に, 長屋の, 長屋へ, 閑静な, 間も, 闇に, 闇へ, 阿部邸に, 電車の, 電車停留場で, 電車通りに, 露地へ, 青年の, 青楼の, 響が, 響も, 顔, 風呂へ, 駅へ, 高台に, 高坂とて, 魚屋へ

2 [987件 抜粋] あいだは, あたりでは, あたりも, あるお茶屋, ある官吏, ある方, いたるところ, うえに, うちへ, おかみさんたち, おもだった人々, おやしき, お千代, お師匠さん, お絹, お茶屋に, お角, かどで, かどをまがろう, この家, ごみごみした, さびしさを, さ相模屋, すぐ近く, その家, そばには, とある垣根, ところから, ところを, どこにも, ないところ, ながさ一リ, はずれへ, まっ赤, まん中で, むこうから, ようだ, わが家に, アパートの, カフエーに, ド真ん中, マダムも, 一人の, 一方から, 一番の, 一色道庵の, 一角が, 一角の, 一部, 一郭を, 丁子屋の, 丁子屋茂三郎に, 万長亭で, 三村屋が, 三芳屋へ, 三階の, 上へ, 上屋敷を, 上総屋の, 下宿から, 下水を, 下総屋に, 両芝居, 中も, 中央部に, 中学に, 中心に, 中心部は, 中村座に, 中程の, 丸屋殺しの, 亀惣様本町の, 事務所に, 二丁目まで, 二合半坂に, 二階の, 五番町です, 井筒屋まで, 交叉点から, 交番に, 人々, 人々にとっては, 人たちから, 人たちにとって, 人たるべく, 人では, 人びとは, 人皆挙り, 人通りを, 人達と, 人間な, 今歩兵, 他は, 仙太と, 仙太は, 仮橋, 伊丹屋へ, 伊保木家から, 伊勢屋新, 伏見屋は, 低い人家, 住家へ, 住民たちと, 住民たちは, 佐吉で, 佐吉の, 佐渡屋, 佐野屋の, 何という, 何処かに, 何處やらにて, 倉田屋という, 傍を, 兄の, 兄哥も, 兄貴か, 先生と, 先陣は, 光景とを, 入り口に, 全貌を, 八百屋へ, 公会堂で, 公園に, 内に, 内外に, 出来事を, 初夏を, 利三郎が, 到るところ, 割長屋薄暗く, 加納屋で, 北側に, 北東の, 医師の, 医者は, 十二神貝十郎の, 南七里計妻在, 南端れ, 去る割烹店, 友人を, 友次郎の, 友次郎を, 反対の, 叔母さんの, 古着屋なんかには, 古着屋へ, 吉三郎の, 吉良家の, 名でも, 名の, 名教館, 名物男として, 向こうの, 吾妻屋殺しの, 呉服屋へ, 周囲に, 和泉屋で, 唯一の, 商人や, 商店が, 商店の, 喜三郎, 喜京家へ, 噂の, 四辻には, 団体の, 地に, 地先で, 坂田屋で, 城弾三郎の, 基督教青年会館で, 場末に, 境界を, 増屋へ, 夏の, 外れへ, 夜店には, 夜空が, 大きい屋敷, 大人も, 大地に, 大工喜三郎が, 大店, 大火, 大路が, 大通りと, 大通りまで, 大野屋に, 大黒屋の, 夫婦殺し, 女で, 女学校へ, 女髪結, 妓家に, 妻の, 姿が, 姿では, 姿を, 娘さん達は, 娘達が, 子と, 子は, 子らしい, 子供たちも, 子供も, 子供らを, 学校の, 宅に, 宇佐美直記の, 安宿へ, 宏壮な, 宗慈寺と, 宣教師の, 家々では, 家だ, 家並に, 家主喜左衛門と, 容子など, 宿屋は, 寂しさ, 富, 富本の, 小さな教会, 小商人, 小学校でも, 小学校を, 小屋に, 小屋を, 小流の, 小熊屋で, 小田の, 少年達と, 局, 居に, 屋並を, 屋敷は, 屋根から, 屋根は, 山口屋善右衞門の, 山崎屋の, 島村半, 崖の, 工場の, 巷に, 市場へ, 師匠が, 平和は, 平野屋へ, 幸右衞門の, 広い通, 広場で, 広沢八助に, 床屋さんへ, 店からの, 店を, 庭を, 建部久馬の, 弓師に, 影を, 彼女の, 往來を, 往来の, 待合へ, 後の, 後を, 得意へも, 御厩谷に, 御屋敷, 御老女, 徳力屋, 心持が, 応接間に, 急阪, 悪童どもは, 感謝と, 或下宿, 手は, 手前の, 手習師匠建部久馬の, 拝領町屋に, 敷石にも, 文房具屋の, 料理仕出し屋丸亀に, 新聞記者らを, 方角から, 方角に, 方角を, 方面を, 旅宿へ, 旅舎に, 旦那方用である, 旦那樣と, 明るい灯, 春, 春日家に, 景色の, 曲り角で, 書生芝居, 有志が, 木立に, 木賃宿に, 末広が, 本宅の, 本家へ, 本屋へ, 条に, 東三〇〇米の, 東北の, 松五郎を, 柊屋とか, 某寺, 柴田系である, 桜並木少年の, 桶屋の, 梅木先生に, 森田座で, 横丁の, 橘屋の, 歌舞伎踊りを, 死活問題に関する, 殺しの, 殿と, 母, 母親を, 水車へ, 汚い小路, 江島屋, 池の, 河原崎座で, 河西源太という, 河西源太殿, 油屋へ, 泉屋へ, 津志田の, 活きた字引, 浪人阿, 淡路源之, 渋江の, 湯の, 源太郎親分の, 火事の, 灯, 灯も, 焼けて, 熱を, 燈火の, 父に, 片隅に, 牢に, 牢屋から, 牢屋の, 牢抜け, 狭い往来, 玉子屋の, 現場から, 甚内橋袂に, 生活が, 生活を, 田圃路が, 町人の, 町家の, 界隈を, 留吉兄哥が, 病家を, 病院は, 痴や, 白壁が, 盛り場へ, 目標に, 相模屋の, 眺めが, 眼に, 知らない小さな, 破落戸が, 神尾の, 祭りの, 福井屋に, 私娼窟を, 秋声氏の, 種吉の, 稽古所へ, 空には, 空家で, 空気の, 竜蔵の, 端れ, 筆屋の, 米樣も, 紀伊國屋宗十郎の, 紅屋へ, 素人屋の, 組屋敷に, 繁昌は, 義兄が, 者から, 者にも, 肉に, 能勢様という, 自身番の, 自邸で, 船頭の, 色が, 芝居の, 芝居も, 花やかな, 芸妓が, 芸妓を, 芸者が, 芸者は, 芸者家に, 若い男, 荷主の, 荻野左仲の, 菊池の, 菓子屋へ, 蓮池御門三宅坂下の, 薬屋へ, 薬種屋の, 藤屋の, 虎松に, 衆の, 街燈, 表通と, 表通りで, 裏は, 裏手に, 裏町に, 西側を, 西端に, 要屋に, 親分さんと, 親戚や, 言うの, 評判に, 調子は, 警察署の, 貸間へ, 賭場に, 越後屋に, 跡を, 路地には, 路地口に, 路地口へ, 辻さんの, 近くには, 近在に, 近所の, 近郊の, 通の, 通称, 連中には, 遊廓が, 運命に, 運座のけえ, 道場から, 道庵と, 達磨茶屋の, 邸は, 邸町を, 部屋から, 郵便局へ, 酒屋伊勢直へ, 酒村草之進を, 里方へ, 重吉は, 金座, 金物屋で, 金貸しの, 銀行へ, 銭湯松の, 鍛冶屋の, 鐘が, 長さ, 門が, 開拓者だ, 闇の, 附きたるを, 隅々に, 隅ずみを, 隅の, 隅へと, 隠れ家を, 雑貨商店や, 雲井座という, 電燈が, 露地を, 青年が, 音も, 頭の, 食堂の, 駅から, 駅を, 駿河屋の, 高台から, 高台へ, 高級アパートに, 鬼門と, 鳥屋に, 鶴屋で

1 [6942件 抜粋] ○番地です, あちこちに, あの最も, ある仕舞うた家, ある旧家, ある酒屋, いらかが, うちを, おじいさんの, おカミさんたち, お医者さん, お家に, お旗本土屋多門さま方, お狂言師, お花主, かけらが, かねが, こういう所, ことでありまし, これぞと, さまざまな, しがらきまで, すぐわき, そちこち, その往来, たたずまいを, つき当り小高い, とあるカフェー, とある辻, とにかく中流, どこが, なだれで, はだめ, ひとつの, ほうも, まわりには, むすめ, ものです, やつは, ようすが, わびしさ, アリバイについて, カフェや, キリスト教青年会の, サフラン酒は, ゾウ狩り, ハンコやよりも, フランスの, マルマンへ, ヤトナ倶楽部に, 一つで, 一勇斎国芳さんが, 一方を, 一端に, 一角一町四方も, 一養軒など, 万両分限伊丹屋駒次郎の, 三つまた, 三八で, 三州屋の, 三河屋で, 三羽烏と, 上の山へ, 上流家庭の, 下まで, 下座敷, 不健全な, 世間話は, 両替渡世井筒屋清兵衛が, 中なら, 中坂に, 中尾に, 中心でも, 中程より, 丸屋から, 主人を, 久三郎兄哥は, 乙名, 事なれ, 二割までは, 二軒の, 五十稲荷という, 井戸を, 交番横に, 人々らしかった, 人たちや, 人にたいして, 人形どもの, 人綽名し, 人間では, 付近には, 伊八は, 伊太松親分に, 伏見屋伝七が, 会社の, 伯父貴へも, 住人たちにとって, 住居まで, 佐久間家には, 体裁を, 何屋と, 依田百川, 信用組合に, 倉岡元, 停留場が, 側に, 元園町時代, 先まで, 光照寺といふ, 入口は, 全體, 八百屋と, 六つの, 内な, 内部の, 凧は, 出口に, 刀自さまから, 別荘では, 前川久太夫の, 加納屋は, 助役を, 勘蔵の, 勧工場と, 北国屋の, 北端で, 医師何某は, 医院まで, 千代田家という, 午後二時だ, 卓越とを, 南蔵院前まで, 原が, 友人等と, 叔母, 口が, 古い町名, 古本屋の, 古道具屋に, 司法主任丈けは, 吉田といふ, 吉田操子の, 同商売, 名とか, 名人又七と, 名所アルバムです, 名物椿油き, 向う側の, 呉服商桝屋儀兵衛に, 呉淞路の, 和泉屋徳兵衛という, 唐物店へ, 商家ルキアノツフ氏の, 問屋へ, 喜昇座おなじく, 噂, 四つの, 四ツ辻, 四辻より, 圖書館の, 土手三番町甲武の, 地主朝田屋勘兵衞が, 地廻り銀歯組の, 坂の下で, 坂田屋を, 埋立ても, 城門から, 報恩寺なる, 塗屋な, 壁や, 声妓で, 変化を, 外なる, 外科医鴨池道碩に, 夜なかすぎ, 夜番が, 大きな料理屋, 大久保殿は, 大和屋という, 大寺院, 大忠, 大正通りで, 大牢までは, 大通から, 大金持, 天井だった, 太郎の, 奉公先へ, 奥蔵三戸前には, 女を, 女房は, 女風情, 如何に, 姉という, 姿や, 娘殺しが, 婦人達の, 子や, 子供達は, 学務委員と, 宅へも, 安宿に, 官林を, 実科女学校に, 家々にも, 家並と, 家人形師の, 家畜の, 宿屋という, 富士見小学だ, 富田屋らしい, 寺井の, 専門とも, 小さい病院, 小さな遊園地, 小唄音楽に, 小学校へは, 小料理屋お, 小腕, 小間物屋孫兵衞方へ, 少年を, 居を, 屋根だの, 山上に, 山村座の, 岡八だ, 岩亀へ, 岸へと, 峻坂は, 川上座新築落成し, 巡査さんや, 左官職壁辰て, 市場の, 市村座へ, 師匠などより, 幇間じゃ, 年とった, 幾多の, 広場は, 庄屋に, 店も, 庭の, 廣さを, 廻船問屋港屋太蔵方へ, 引手茶屋は, 形は, 役員らしい, 彼方へ, 待合で, 後藤三右衛門の, 御廏谷, 御用聞神田屋松五郎, 復興に, 必要に, 恩師浅川一柳斎の, 惡五郎と, 懇意な, 或蕎麥屋, 所謂もの, 手前まで, 招宴に, 掃除人の, 撲滅に対して, 支那語韻の, 教會の, 敷島屋が, 文楽座に, 料理店百尺の, 新宿境の, 新道へ, 方にあたって, 方面には, 旅籠まで, 旗亭へ, 旗本鳥居孫太夫の, 日野屋に, 旦那様と, 旧家で御座いまし, 明るい店先, 星灯ろう御, 昨夜の, 時計屋が, 晴雨計とでも, 曲がり角で, 書肆の, 會田という, 有力者や, 朝の, 木戸が, 木賃へ, 本宅には, 本署へ, 材料をけ, 条には, 東光寺にも, 東陽寺内に, 松山堂なるべし, 林業試験場が, 某家が, 柴田と, 格子戸は, 桔梗屋を, 棟を, 棺桶屋から, 様も, 横丁に, 横顔が, 機屋は, 歌妓に, 武家屋敷で, 死体は, 殿方たちは, 母上スエ子安積から, 民友会の, 気配は, 水野という, 江戸三座が新, 沖合では, 河岸っ, 河岸通りを, 法月一学殿と, 洋画家安田新太郎氏の, 活動写真の, 流行歌曲ほど, 浜と, 浪宅, 海軍御用雑貨商続, 混雑も, 清水といふ, 測候所を, 源太郎という, 演芸館, 火の見やぐら下じゃ, 灯な, 為替屋佐渡屋和平の, 焼跡の, 熔岩流は, 父母か, 片柳と, 牢屋が, 牧師館で, 特産として, 独逸語の, 猟天狗で, 玄關を, 理髪師が, 甚三に, 生垣の, 生糸屋へ, 田原屋の, 田面の, 男も, 町人達は, 町家ならび, 界隈が, 番傘の, 発展に, 白けたきぬぎぬ, 百兵衛が, 盛り場に, 目的地へ, 相模屋と, 真上に, 真田屋敷へ, 知らない町角, 石井へ, 石川様の, 研屋忠兵衞が, 磯屋の, 神輿の, 福本とうに, 私宅を, 稲本に, 空と, 突き当たりの, 立花屋という, 竹本組昇に, 第五中學, 箱惣なんぞが, 米屋で, 糸屋で, 紙問屋山一の, 細い小路, 細田屋善兵衞, 経師屋へ, 綱田屋の, 縁類へ, 繁榮策として, 美守に, 老妓両, 者みんな斯うだ, 者郷土の, 肩を, 腕白共を, 自治当局と, 船の, 色里へ, 芝居見物などに, 花柳界には, 芸妓たちが, 芸者と, 若い娘たち, 若井氏宅へ, 若者らしい, 英雄こわごわ, 茶店へ, 菊五郎氏の, 萬兩分限伊丹屋駒次郎の, 蓮光寺, 薄暮の, 薩摩屋敷へ, 薬湯へ, 藝妓と, 藤堂邸から, 藪一軒を, 衆から, 街路に, 表通に, 被害状況の, 裏へと, 裏店住居で, 裏通りにまで, 製糸工場へ, 西方三十七番屋敷へ, 西門だった, 親分お早う, 親分には, 親類を, 角今の, 訓練の, 話宿の, 調べに, 警察より, 議員選挙で, 豐島屋と, 貧しい父親, 貸船屋, 賑わい都会, 質屋渡世油屋五兵衞并びに, 赤煉瓦の, 越後屋五郎三郎だ, 距離南北に, 路次を, 軍學者の, 辯護士が, 辺神田橋の, 近在の, 近親の, 通り, 通称坂田屋といふ, 進文学舎とかいふ, 遊興客も, 道も, 道庵さんに, 道程が, 遠景を, 郡代の, 郵便箱まで, 酒屋に, 酢屋まで, 重な, 金六の, 金物屋和泉屋の, 金貸金六郎で, 鈴木屋お仙と, 銘酒屋へ, 鍋島という, 鍜治屋に, 長官で, 門だ, 閑寂な, 間半開の, 間花崗岩の, 闕所屋敷唐通詞陳東海の, 阿部第, 陰陽師が, 隠宅へ, 雁木下を, 雛妓に, 雨傘が, 電気会社に, 電車通に, 露路の, 青年団は, 青物市場から, 靜なる, 響か, 顏を, 願人坊主にも, 風景や, 食物を, 養源寺から, 馬車を, 駕籠は, 騒音の, 高台並びに, 髪結の, 鰹節問屋に, 鳶頭です, 麟祥院である

▼ 町~ (3649, 9.1%)

174 住んで 43 出て 37 して 25 なって 19 あった, あつた, 入って 16 来て 14 家を, 着いた 13 行く, 行って 11 ある, 向ひました 10 あるの, 店を 9 住し, 居を, 生れた 8 あって, なる, ゆく, 下宿し, 滞在し, 至る 7 入ると, 出た, 売りに, 姿を, 着いたの, 着いて, 移った

6 [11件] あったが, 一人の, 住まって, 住むよう, 出で, 向って, 帰って, 於て, 生れて, 移って, 降る雪

5 [17件] あつて, あること, いたの, いって, いて, きて, なるの, はいった, 住むこと, 來た, 入つた, 出る, 屋敷を, 残って, 町道場を, 育って, 逗留し

4 [35件] あったから, ありました, いた, いた時分, かえる, なってから, なつて, やつて, 一つの, 一戸を, 住んだ, 住居を, 何か, 出ると, 売って, 小さな家, 就いて, 居りまして, 店が, 持って, 暮して, 殺しが, 着くと, 移住し, 立って, 自分の, 行っても, 見えた, 買い物に, 足を, 身を, 近い, 遊んで, 開業した, 飛んで

3 [62件] あったの, あゆみ入りに, あるので, ある村社, いたじぶん, いた頃, いても, いふまで, いるはず, いるん, ついた, つづいて, つれて, なければ, なった, なったの, なりました, やる, りっぱな, ゐたの, ゐる時, 下宿した, 何が, 入つて, 入りました, 入ろうと, 出かけて, 出ました, 到着した, 宿を, 居た時分, 居た頃, 居て, 居りました時, 居る時, 急ぎました, 手紙を, 接近した, 新つた屋, 来た, 来たの, 来た時, 来る, 歸り, 泊って, 琅, 生まれた, 田中屋の, 私の, 細かしき貰, 裏家住いを, 買物に, 近いところ, 近づくと, 送って, 遊ぶ事, 道場を, 門戸を, 開業し, 隠れて, 隠居し, 飛びました

2 [209件] あったその, あったので, あった同郷出身, あり, あります, あるが, あるもの, ある一軒, ある姉, ある富田屋, ある山村氏, ある彼, ある氏神, いたから, いたころ, いたとき, いた仕事師, いた時, いた時代, いふ店下, いる, いること, いると, いるとき, いるので, いる兄, いる商人, いる時分, いれば, おりました, お友達, かかったとき, きてから, きました, こびりついて, さしか, さしかかって, しつぽ, しては, しても, すぎない, すんで, その名, たった一軒, たつたひとり, でました, とどまって, とびだして, なくて, なってるん, なります, なると, はいったの, ふる雪, まだ私娼, まわって, やってきました, ゆく姿, よき衣, よく見る, ゐたこと, ゐて, ゐる, ゐる私, 一人三町に, 七ツ釜といふ, 下りて, 不思議な, 世帯を, 並んで, 事務所を, 二人の, 二人位の, 二階を, 人の, 付て, 仮住居, 住った, 住つてゐた, 住まつて, 住みながら, 住む, 住む人々, 住む人たち, 住む浪人者, 住む私, 住居し, 來てから, 侵入し, 入ったの, 入った時, 入つた所, 入りて, 入り浸りました, 出かけた, 出かけた時, 出かけるところ, 出た吉野, 出た時, 出掛けて, 別荘を, 到着し, 到着する, 加藤の, 取入る積り, 向った, 向つて, 向ふ, 唯一軒の, 在った, 大きな家, 大事を, 大工を, 大火が, 奉公に, 孤立し, 宗室宗湛宗九などといふ, 家が, 家の, 寄って, 寄留する, 寓した, 小さな図書館, 小さな工場, 小金持, 居た時, 居ります, 居るの, 居る間, 居住し, 巣を, 市が, 帰ること, 帰ろうと, 建てられて, 引き移つた, 引っ越して, 引越した, 当って, 待合を, 戻ると, 於ても, 時代物の, 暮らして, 書肆を, 最後の, 来たから, 来たとき, 来てから, 残して, 氣が, 汽車を, 泊った, 添うて, 溢れて, 火を, 火事が, 烟草屋を, 燈火が, 燈火の, 現存し, 生まる, 疎開した, 疎開する, 皿洗いに, 着いた時, 着きました, 着す, 祭礼が, 移ったもの, 移つた, 移転し, 移転する, 立派な, 細々と, 縁付いて, 罷り在, 聘せられた, 育ったもの, 至りしとき, 至る二つ目通り位, 至る元町通り, 芸者屋を, 落付く, 著いて, 行きますと, 行き着いた, 行つて加藤で, 見えるもの, 親類が, 話の, 賣りに, 軒を, 近づいて, 近づくに従って, 送られてから, 逃れよ, 這入って, 這入ると, 通ずる純然, 遊びに, 達して, 遠所には, 重大な, 鎮座する, 長く質屋渡世, 関係の, 顧主の, 飛んだこと

1 [2182件 抜粋] ああやっ, あったそう, あった三座, あった北里病院, あった岡塾, あった熊川舎, あなたの, あまる境内, あらわれただけでも, あらわれて, ありて, あり四角, あり明智探偵事務所, あるお, あると, あるもぐり, あるノース・ウェスタン大学, ある下等, ある僕, ある吉良邸, ある基督, ある夫人, ある姥堂, ある居酒屋, ある恩田さん, ある新聞店, ある村社諏訪分社, ある柳, ある檀家, ある清川, ある私立探偵明智小五郎, ある綿花綿布倉庫会社, ある質屋, ある高角山, いきました時, いたが, いたので, いたる, いた二年, いた明治十八年, いた画家, いた荒木, いっしょに, いつごろから, いては, いなければ, いらしったおばさん, いられなくなって, いるのに, いる人, いる妹, いる時分使, いる絵具屋, いる荷足, うつり非常, おいで, おそるべきコレラ, おもえました, お住みなされた, お北, お浪宅, お祭り, かえったらひとり, かえるの, かかった砂浜, かく述べる, かつて奈良, きたさいしょ, くらった直江津, けたたましく響き渡った, この同じ時間, これ以上とどまるべき, さ, さしかかります, さまよい出ると, しかもまっ, しろ家賃, すぎぬとは, すばらしい道場, すんでから, そう言われた, ぞくする部分, たった二冊, たどり着くという, ちらほら人, ついた時, つくした志, つづき雛の節句, でかけて, とつて, とりまかれて, なかつた, なった話したらヘエヘエ, なら一軒二階, なり北, なる右, ぬける奥井さん, のれんを, はいった生絹, はいれば, はげしいなつかしみ, はびこればこそ, ひとりと, ひろがった, ふえるか, ふさわしかるべし, ふと前後, まいりましたの, まだ住ん, むいた側, もう二月, もどって, やってきたと, やはり北京, やるスエ子, ゆきそして, ゆくかね, よくもあれ, わたしも, ゐた, ゐた當時, ゐながら, ゐる伯母さん, ゐる商, イルミネーションの, カフェーを, シナまで, ハガキ字引を, ピッタリと, ポール, 一けん, 一人いる, 一体火事なんて, 一夜の, 一年一度の, 一日岩手上郷に, 一本の, 一軒しか, 一軒借りう, 一軒見付けました, 三人あった, 三四軒並ん, 下った人足ら, 下り居る, 下車りた, 両隣無き, 中屋敷麻布新堀に, 主として古本, 九兵衛さんという, 乞食に, 二十年前に, 五ツ間ばかりの, 五六日も, 亘る壮大, 交通機関は, 人丸神社あり, 今井玄秀と, 仕事の, 代るべき頽廃気分, 休み同所, 会飲する, 似て, 住て, 住まってからも, 住みこ, 住みついた町医者, 住み付き, 住み祖母, 住むにと, 住む三千五百石, 住む伊勢屋言慶, 住む南田収一, 住む富田重雄, 住む弁護士, 住む景蔵, 住む者, 住む近親, 住む香蔵, 住んだが, 住んだ時分, 住居いたす, 住居の, 住替へ, 余るくらい, 使に, 信者の, 借家を, 僑居, 入ったころ, 入らうと, 入りこんだ, 入り清光寺, 入り込んだ, 入るすぐ, 入るまでは, 入れば, 八百屋を, 六軒長屋と, 再び彼, 出かける, 出たこと, 出たとき, 出づる, 出でに, 出ようと, 出るまで, 出る方, 出入りする, 出来た, 出来た軍需工場, 初声を, 別宅を, 到りなば, 前後の, 加えても, 勤めて, 匹敵する, 十兵衛という, 南面した, 去る, 及び山林, 及ぶ全部, 取って返し浪人者, 取籠め, 合併せん, 名高い, 向いました, 向けて, 向つたのは, 向つて行つた, 咲いて, 唯一人生存し, 問い合わせし, 嘗ていた, 囲って, 土地を, 在った小林時計店, 在ってすら, 在るが, 在る僕, 在る赤煉瓦, 地面や, 堀江小学山元町に, 塙芳野といふ, 売りてけり, 変った本屋, 多少荷, 夜が, 夜店の, 大きな酒屋, 大宝石商岩瀬庄兵衛氏, 天王様が, 奉公し, 女中相手に, 如何なる姿, 始発駅を, 嫁ぎゐたるをたよりゆきて, 孤児を, 宣教師館を, 家内太夫という, 宿りぬ, 寄った主人, 富士見軒という, 対比し, 小さい雑貨屋, 小さな汽車, 小大名, 小火が, 居たか, 居た鹿沼, 居ては, 居りました, 居りますがね, 居ります旅商人, 居る國者, 居る父親, 居合せた吾, 属してるの, 山口の, 島屋治兵衞とて, 工場が, 市郎兵衛と, 帰ったって, 帰り着いたの, 帰るの, 広まってからも, 庵風の, 弓術の, 引移りました, 引越した時, 引返しました, 張った, 彼の, 徙った, 御存じの, 御詠を, 急がせました, 惡疫が, 或る, 戻つた相, 戻り, 手広い邸, 折れて, 拝領した, 捜しに, 探しあてたの, 放たれた犯罪者, 散在す, 数年来この, 料理屋を, 新しく小さな, 新声館, 新築した, 於きまして, 於ける道庵, 日の, 明りの, 春らしい, 時々飴うり, 暑くるしき生, 暮したの, 曲りかけた時, 曹某と, 有徳なる, 未だ小さく, 来たって, 来ました, 来る所, 来合わせながら, 松村彦太郎という, 案内され, 森口屋と, 横瀬夜雨樣の, 止めて, 歸つた, 歿す, 殿を, 毎朝う, 比較した, 気まま暮らしで, 沈滞な, 河内屋太郎兵衛という, 沿ひ, 泊りました, 法律家を, 派遣する, 流れ入る直前, 浦佐に, 消えて, 添って, 渡つて左右から, 湯島の, 滞在する, 澤山の, 無理矢理割り込ませ, 物を, 独りで, 現れるなんて, 現代まで, 生まれた商人, 生れた八百屋お七, 生れ六歳, 生れ明治十一年九月二十七日, 生存し, 生誕された, 用達に, 疎開し, 百メートル四方も, 皆花楼, 目立って, 看板を, 着いたとき, 着いた馬車, 着きますと, 着くだろう, 着く時分, 矢川写真館を, 知り人, 磨込んだ, 私が, 私娼大正芸妓が, 移されて, 移す, 移ったという, 移ってからも, 移つて業務を, 移り住んで, 移り翌年火災, 移る中間, 移轉し, 程遠からぬ, 窓を, 立つ埃, 立退きまして, 算し, 米屋を, 素敵な, 続き一方, 緑樹の, 置き間もなく, 老人の, 育ち天成, 育った娘, 腰を, 自炊し, 至ると, 至る水, 與八といふ, 芝居小屋が, 芸者屋をといふ, 草ぼうぼう, 萩原裕佐と, 落ち込んだ女, 著いた, 葬式が, 薬屋を, 行きたかつた, 行き古, 行き新店, 行くから, 行くと, 行く日, 行ったと, 行った時, 行つてからの, 行つてゐます, 行つて買う, 表徳号を, 見かける阿檀葉, 見ること, 触れ流して, 訪ねて, 訪問する, 話し度, 變化し, 貧く, 買手どもの, 貸家を, 質兩替渡世を, 走らせあるいは, 赴き翌朝, 起こりのち, 起った虎列剌事件, 越した頃, 足らず泳いでも, 足踏みしなかった, 躑躅が, 転じてから, 転居し, 辿りつく頃, 近いの, 近い小, 近い枯れ, 近い野原, 近かった, 近く彼女の, 近づいたとき, 近づくにつれて, 迫って, 追はれ, 送られた, 逃げこんでしもて, 這入つて, 通ずるらん, 通ずる糸魚川街道, 造ったもの, 逢つて見ました, 進軍し, 遊び犬神, 運んで, 過ぎざれど, 過ぎなかった, 達するまで, 遣つたの, 部屋を, 重みを, 金杉稲荷が, 鈴木主, 錦とかいう, 長く踏みとどまろう, 間借り暮しを, 降り, 降りるので, 陶器作りの, 隠れたる本草家, 集って, 雪が, 霙の, 面した住い, 面した屋根, 面し高瀬川, 響く太鼓, 顔を, 飛出して, 飴を, 馴染が, 駕籠舁を, 高源寺, 鳴らしたくし, 黄色く舞った

▼ 町~ (2763, 6.9%)

153 出て 101 行って 33 帰って 32 出た 31 いって, 出かけて 27 来て 25 出ると 21 行く 20 買物に 19 入って, 着いたの, 遊びに 15 行った 14 売りに 13 飛んで 12 行くの, 行つた 11 はいると, 来ると 10 入ると, 戻って, 持って, 散歩に, 連れて, 飛びました 8 かけて, はいって, 出る, 引越して, 来た, 越して 7 出たの, 出てから, 家を, 行きました, 足を

6 [11件] かけての, でて, まわって, 下りて, 出るの, 向って, 往って, 着いて, 行くと, 行く途中, 買い物に

5 [22件] はいった, もどって, ゆきました, 來た, 來る, 入った, 出ました, 出掛けた, 寄って, 引っ越して, 着いた, 行くこと, 行くとき, 行けば, 行つ, 行つて見よう, 行て, 訪ねて, 走って, 通って, 運んで, 降りて

4 [19件] いきました, おいでに, はいろうと, やって, ゆく, 來て, 入つて, 出かけました, 出で, 出ようと, 帰った, 帰りました, 帰ると, 店を, 引返しました, 来たの, 着きました, 行ったが, 電話を

3 [45件] いくと, いった, おりて, お出かけに, きて, くると, でかけて, でた, まわりました, やつて, 來り, 入り込んで, 出かけた, 出たり, 出ようとして, 出ること, 出るには, 出掛けて, 向ふ, 姿を, 帰るん, 廻って, 引っ返して, 戻つて, 手紙を, 持つて, 村から, 来てから, 来ました, 来る, 来ること, 歸り, 歸る, 火を, 着いた時, 着くと, 行かなければ, 行く時, 行く路, 行けと, 行こう, 行つたのは, 行つて見る, 賣りに, 走った

2 [156件] いくとちゅう, いく道, いっしょに, いったこと, いったとき, いったの, いったんです, いっても, いつて, いて, おいで, お使い, かえりました, かかって, かかると, かけては, かけても, ちょっと顔出し, ついた, ついて, つきました, つくの, つれて, とまる, はいったが, はいりました, ひきあげて, まわったの, むかった, もどつた, やってきました, やって来たの, ゆくが, ゆくこと, ゆくと, ゆくもの, ゆく馬, よって, スケッチに, 一緒に, 上って, 下ると, 住みついてからは, 使いに, 使を, 働きに, 入ったが, 入ったとき, 入ったの, 入つた, 入らうと, 入りました, 入り込んだの, 入るには, 入るの, 入るまでに, 入ろうと, 出かけること, 出さ, 出たこと, 出たついで, 出たと, 出た娘達, 出た時, 出ては, 出まして, 出られる, 出るたび, 出るん, 出る途中, 出没する, 参って, 参りました, 参りましょう, 參り, 向った, 向つて, 呼びに, 宛てた逢引, 帰ったが, 帰ったの, 帰ってから, 帰つて来た, 帰ること, 帰るには, 帰れば, 帰ろうと, 年始に, 廻して, 引揚げ, 引移る, 引越してから, 往くには, 御所の, 急いで, 抜けること, 掛けて, 探りに, 日を, 曲がるべき所, 来たとき, 来たん, 来た事, 来た時, 来てからは, 歸つて來る, 氷を, 消えて, 滞在する, 用たし, 用事が, 用達に, 相談した, 知らせずに, 移って, 移ってから, 移ってからは, 移りました, 移転し, 稼ぎに, 自動車で, 自動車を, 菓子屋の, 薬を, 行かれたの, 行きます, 行きゃあ, 行くとて, 行くよう, 行くん, 行こうか, 行こうと, 行ったとか, 行ったとき, 行ったの, 行ったり, 行っても, 行つて逢ふ, 被行つて, 越る, 踊りに, 踏み込んだとき, 転じました, 辻斬りに, 近くなる, 送られると, 送るため, 這入るの, 通じて, 通ずる県道, 連絡が, 進んで, 避暑に, 飛び行く, 馳け, 驅け

1 [1302件 抜粋] あがるだら, あつらえに, あの一条, ある時, いきそこで, いくには, いくん, いこうと, いそぐの, いったころ, いったもの, いったり, いつか出た, いても, いらっしゃいましたか, うつつた, おいて, おいでよ, おねがいいたします, おみやげに, おろされたその, お出かけで, お出ですか, お出でに, お友達, お帰り, お引越, お母, お繼, お風呂, かえ, かえり, かえること, かえるので, かからずに, かようこと, きた乞食, きても, きめれば, くりだし情婦, けんぶつ, ご年始, さしかかりました, さしてまぎれだした, しばしば現われ, すぐさま乗りこん, ずッ, その前, たどりついたの, たらたら下り, ちょいちょい暮しました, ついたの, つくと, つづくさびしい, つれられて, でかけた, でかけた人物, でかけました, でると, でんわ, とびこんで, とめぐつて, どっと滝, なり何, なんか行, ぬけあれ, ねぎ買いに, はいったすがた, はいったの, はいってからも, はいりたかったの, はいるの, はこぶ駄馬, はだしで, ひろがって, ふりかえりふりかえりお, ほんのちょっと, まいり下野屋, まぎれ入った, まだツンと, まわったとき, まわり買物, みちびいて, むかって, もって, もどれば, やってきたの, やってくる, やってこなければ, やって来たん, やって来てからという, やって来ると, やりもし, やり駕籠, ゆかむ, ゆきお礼, ゆきます, ゆき岩本, ゆき着くまで, ゆくの, ゆく人, ゆく途中, ゆけと, ゆこうと, よろけ入, わたして, コソコソ洩れ, ブラブラ出, マグネシウムを, 一寸一度座談会一映画, 一度も, 一日二日の, 一行の, 一軒の, 三宅さん京子さん木曾乃は, 上っても, 上へ, 上る間道, 上陸し, 下った, 下りたこと, 下りた時, 下り霧, 下僕を, 世帯道具や, 久々でしょう, 久しぶりに, 乗り込みその, 乗り込んで, 乘越すらしい, 二人が, 二人の, 二百円, 二階借し, 人を, 仕事に, 仕入れに, 伸して, 住ませた本屋, 住むこと, 住むよう, 何となく彼, 使に, 來りし, 先に, 入ったはず, 入った時, 入られた, 入りこんで, 入り込むと, 入り込んだ二人, 入る, 入る左口, 入る本道, 入れること, 入込んだとも, 出かけたが, 出かけひどい, 出かけますと, 出かけるついで, 出かける相談, 出かけ明日, 出したいと, 出ずまた, 出たて, 出たらきもの, 出たん, 出た女, 出た時代, 出た道, 出ても, 出ないもの, 出ますと, 出ら, 出るから, 出るに, 出るよう, 出る度, 出る時, 出る晩, 出向くと, 出度, 出掛けたん, 出掛けるもの, 出日本橋通, 出発しよう, 別れました, 到り右, 到着し, 前年その, 十一時着い, 午前中から, 参ったの, 参りましてから, 参り岡本政七, 参ろうず, 參つて見ませう, 參り見, 召捕方, 台所町から, 右へ, 名護屋へ, 向う事, 向かって, 向つた, 向わずに, 商ひ, 国から, 売っては, 売り物に, 売れるの, 外来者ことに, 子を, 宛てて, 宿を, 寄つて連立つた, 寄りますでございますから, 寄り付くことぢ, 尋ねて, 少し位, 届けさせたの, 岬から, 巨蟒なんか, 差しか, 差懸る, 帰しました, 帰ったおし, 帰った余吾, 帰ってる, 帰つたのが, 帰つてステーション前に, 帰らうとも, 帰りたくなった, 帰りましょうよ, 帰り夜中, 帰るため, 帰るならば, 帰るべきもの, 帰る田畝道, 帰る駕籠, 店奉公に, 廻つた, 廻つて利三郎の, 廻りました, 廻るよう, 引きあげて, 引きかへ, 引き揚げて, 引き返して, 引っ張って, 引っ越しましょうよ, 引つ張つて, 引つ返しサン, 引取った, 引揚げる, 引越し, 引越すつもり, 引返し追, 張りました, 強盗を, 役が, 往かなければ, 往くこと, 往ったら, 往て, 徙され, 御越あれ, 復って, 急いだ, 急がせた, 急ぎました, 急ぐよう, 怪獣が, 戻された, 戻ったの, 戻つて行, 戻りました, 戻り五時, 戻る事, 托鉢に, 折れた掛り, 折れ左, 抜けた, 抜けるであろう, 抜ける四角, 抜ける細い, 抜け或, 押しかけようと, 拔け, 持ち出して, 持て来たもの, 挨拶に, 掛かって, 接触し, 数日の, 旅から, 早く行, 時代を, 曲がる角, 曲り込んだと, 曲るあたり, 曲る角, 曳込んで, 未然に, 来い来いせがまれるので, 来たこと, 来たジョウ, 来た序, 来ましたね, 来るが, 来るつもり, 来るよう, 来る夜, 来る途上好き草, 来合わせて, 架けられて, 梅廼屋といふ, 榮子に, 次は, 此由申遣し, 歩きはじめた, 歸つたのは, 歸れない, 毎シュウ草花, 泊つた時には, 泊まりに, 泊るの, 泳ぎに, 流れあるいた, 浜松町へと, 涼ましに, 渡す鐵橋, 渡る渡し, 源氏夫婦と, 無くなると, 燒け, 片づいて, 牛を, 物見に, 現れた虎, 現われた時分, 申遣しけれ, 町道場を, 疎開させる, 直行した, 真っ直ぐに, 着いたとき, 着いた寂れた街, 着いても, 着くには, 着くまで, 着し直に, 知らせると, 知れ渡って, 私用が, 移されたぜ, 移ったあと, 移ったもの, 移った吉良家門内, 移られても, 移りたい, 移る前, 立ち退いた時代, 立越し所彦兵衞は, 筋違ひ, 絵ハガキを, 網代車を, 縫いなおしに, 罷り越一手段, 自慢に, 至りつ, 船で, 莨の, 落付いた, 行かうかと, 行かせなければ, 行かないの, 行かなけりゃあ, 行かれた, 行きお, 行きて, 行きなさるか, 行きますが, 行きますには, 行き十二時近く, 行き玄関, 行き着いたので, 行き着くには, 行き謂わば, 行くだもん, 行くならおいら, 行くもの, 行く事, 行く内, 行く手筈, 行く気, 行く目的, 行く者, 行く道, 行く馬, 行けるでは, 行こうとして, 行ったこと, 行ったらかえって, 行ったらステキ, 行ったガラッ, 行った五つ, 行った帰り, 行ってから, 行っとくン, 行つたらう, 行つた事あつ, 行つた時に, 行つてお, 行つてもう少し, 行つて來る, 行つて崖の, 行つて惣十郎店の, 行つて産む, 行つて見ない, 行つて訊い, 行つて賣, 行先仲人の, 行懸, 袋物の, 裏店同様な, 見慣れないようす, 詫まりに, 谷崎潤一郎氏の, 貧僧来り, 買いものに, 買ひ, 賣られた時, 走らせて, 走らせること, 走り出して, 走り込んだムク, 赴いたの, 越した頃, 踏み込んだ, 転宅を, 転居した, 辿り着いて, 迎えに, 近くなれ, 近づいたので, 近づいて, 迷いこんだよう, 送って, 送られて, 送られるという, 送られるの, 送るぞ, 逃げだした巨ゾウ, 逃げ帰るだろう, 逗留し, 這入った事, 這入ってから, 這入つて行ツ, 這入りまするが, 這入る間, 通う, 通うという, 通う横丁, 通じる里道, 通ずる真山街道, 通ずる道, 連れ立って, 逸れた, 遊びにで, 運ばれたそして, 運びそしてまた, 運び込まれるの, 運ぶやら, 遠うございます, 遲く, 還って, 醤油屋稼ぎに, 金策へ, 長崎の, 開業し, 降って, 降りること, 降ると, 雑誌と, 電話午後入院手術后七・八, 頼んで, 飛ばせました, 飛び出した, 飛び移っては, 飛んだの, 飛火を, 食物を, 馳付けた, 駆け付けた時, 駈けつけて, 駈け付けて, 駈け込みました, 駈行老母, 麦袋を

▼ 町~ (2604, 6.5%)

193 歩いて 40 通って 31 出て 22 離れて 20 歩きながら 18 去って 16 見て 15 あるいて, 散歩し 14 歩いた 11 西へ, 通ると 10 歩くと, 歩くの 9 ぶらついて, 中心に, 抜けて, 流して, 走って, 通りぬけ 8 ぬけて, 散歩した, 見に 7 中心と, 後に, 経て, 通った, 通りけり, 過ぎて 6 さまよって, 出たの, 眺めて, 眼下に, 隔てて

5 [16件] うろついて, さまよ, はなれて, 出ると, 北へ, 歩いても, 歩きまわって, 歩く, 真直に, 私は, 立って, 練って, 見た, 見物に, 通るの, 駈けて

4 [25件] あるけば, ぶら, コツコツと, 出た, 出てから, 助けて, 呼んで, 彷徨し, 急いで, 指して, 挙げて, 散歩する, 横に, 歩き, 歩きました, 歩くにも, 殺したの, 照らして, 肩を, 見ること, 見物し, 通りながら, 通り過ぎると, 通る, 離れると

3 [38件] あとに, いつまでも, 一人で, 一廻りし, 中心として, 出は, 出はずれて, 出外れると, 南へ, 去ろうと, 少し行く, 左へ, 幾つも, 振り出しに, 東に, 案内し, 横切って, 横断し, 歩いたの, 歩いたり, 歩きますと, 歩くこと, 歩みて, 殺した下手人, 流れて, 火の, 眺めた, 眺めながら, 突っ切って, 西から, 見たこと, 見下して, 通り抜けて, 通り抜けると, 通ること, 通るごと, 通る人, 離れた

2 [160件] あるく, あるくと, いよいよ暗く, うろうろし, おれは, こめた浅, さして, さまよい歩いて, さまようて, すぎて, たずねて, たどって, ながめて, はずれて, はずれると, はなれると, はるかに, ふたりの, ぶらついた, ぶらぶらと, ぼんやりと, まわって, みせたり, グルグルと, トボトボと, ブラブラし, 一, 一と, 一ぱいに, 一人ぽっちの, 一周した, 一巡し, 一巡りした, 三つ曲っ, 三人は, 上って, 下って, 何かの, 作る人, 出し棺二つ, 出はずれたところ, 出はずれると, 出る時, 出歩いた, 切って, 包んで, 占領した, 占領しました, 去った, 去ること, 右に, 名指して, 吹き流して, 圧する, 外れて, 多くの, 家に, 封八戸許に, 巡廻して, 左に, 帰って, 幾度か, 建設した, 廻って, 廻るに, 引上げて, 引上げました, 引挙げた, 引揚げ, 彷徨した, 得意に, 思起す, 急いだ, 急ぎ足に, 憎しみの, 抱いた北陸, 押かぶせる, 拔けて, 指て, 描いて, 支配する, 放れて, 曲って, 替ゆる, 望む, 歩いたこと, 歩きたくないと, 歩き廻って, 歩くという, 歩くのに, 歩けば, 歩む, 歩行い, 歩行く, 流れる川, 清見寺の, 甞めつくし桃花坊は, 疾駆した, 発見した, 発見する, 目指して, 真直ぐに, 眼の, 矢の, 知つてゐる, 知らない, 突切って, 突切つて海岸へ, 突切る, 築いて, 素通りする, 行き尽して, 行く, 行くと, 行く人, 行乞する, 西に, 見おろして, 見おろしながら, 見たの, 見るの, 見わたしました, 見捨てた, 見物する, 覗いて, 訪ねて, 訪問した, 調べて, 貫いて, 貫流し, 走つて, 走るよう, 超ゆる, 車で, 軋って, 通っても, 通りかかった, 通りかかって, 通りかかると, 通り拔けて, 通り越して, 通り過ぎた, 通るうち, 通るから, 通る人達, 通る流行唄, 通過し, 過ぎたという, 過ぎたの, 過ぐ, 過れば, 離れた虎杖, 離れてから, 電車が, 電車で, 静かに, 顧みました, 飛出したお, 駆けて, 騒がして

1 [1414件 抜粋] あげての, あちこち買物に, あっちへ, あばれ歩くは, あるきつづめこの, あるくつもり, あるく九州地方, ある晩, いかにも陰慘, いそぎあし, いよいよ美しく, うずめて, うねりうねり, うらやんで, うろつき, うろつき廻った, うろつくにも, おたずねした, おとずれて, お通り, かけて, かたちづくって, きちがいの, ぐる, ぐるっとま, このわめき, ころがりぬけ又, さうし, さして急いだ, さして立歸, さして走らせました, さまよいました, さまよい歩いた甲斐, さまよう哀れ, さること八丁, しきりに見た, しばらく眺め, すぎめざす新, すごすごと, そぞろ歩い, その元気, その時, ぞろぞろ歩い, たたきつぶした結果, ただぞろぞろ, たとへ, ちょこちょこ走った, つくったわけ, つくりあげたのち, つなぐ道筋, てんから無, とおる人, とり囲む, どう曲った, どこだ, どよめき立たせるよう, ながめそれから, ながめました, なすといふ, ぬけタンボ, ぬって, ねり歩くだけの, のぞいて, はしりまわって, はじめ至る, はだしで, はなれた寺, はなれないと, はなれ品川, ひいて, ひっくり返して, ひとめぐりした, ひとり足音高く, ひと息に, ふかぶかとう, ふたたび見よう, ふらふらし, ふれ歩きわたくし, ぶらつくの, ぶらぶら歩いた, へだてた向こう側, へだて国, ぼんやり思い出します, まっすぐに, まわったとか, まわろうと, みまわりました, むこうの, むねを, めぐつた壁の, めぐる山々, めざして, もの憂くさせる, ゆきぬけて, ゆく時, ゆっくり歩き, よくぶらぶら歩い, よろこび人, ウジャウジャあるい, キユツ, サルセット島ボムベイ島と共に, ジープが, ズッと, ドルンバハに, パンテオンへと, ブラブラさして, ポツポツ歩きました, 一なめに, 一まわり致し, 一丁目二丁目三丁目と, 一人トボトボ歩き, 一回り散歩しよう, 一層陽気, 一日に, 一日彷徨い, 一杯に, 一軒一軒聞い, 三つ曲がっ, 三方から, 上から, 下げ髪の, 下らぬ, 下りると, 両岸, 乳色に, 二三度四五たび風に, 二人は, 二度ずつは, 五十戸ばかり, 交叉する, 今日も, 他町, 仲よく唄, 佐久間町まで, 使つた, 全速力で, 六枚肩で, 再び目, 出たぎり, 出てからの, 出ない, 出はずれた鍛冶屋富五郎, 出ましたので, 出る時新, 出外れて, 出歩いたり, 出番の, 出発た, 出離れない事, 前に, 力なく, 北に, 半分ほど, 半日半夜で, 占めて, 占領したら, 去ったの, 去らう, 去る, 去る三十五里, 取りこめたん, 叩きつけるよう, 右の, 合せて, 含む地方全体, 吹きまくった, 呼びあるくは, 呼出しました, 四五町隔て, 回るの, 固めて, 圧しいまでは, 圧し早く, 埋めたり, 堕落させる, 墓地の, 売り歩いた, 夕方に, 外れると, 夜露に, 奔って, 如何にも名所, 守らねば, 安全地帯だ, 家庭を, 寒い風, 射通し世間, 小さな女の子, 小半日せせっ, 小田原の, 小走っ, 少し歩く, 山の, 巡りすました後, 巻きこんで, 帰りかけたとき, 平氣, 幾曲がり, 廓の, 建てましてね, 廻されるだろうと, 廻つていろんな, 引きあげて, 引き上げて, 引き廻された上刑場, 引き払うのに, 引こしてからの, 引っ担ぐよう, 引つ擔ぐやうにして伴, 張る遊女, 形成し, 影法師の, 彷徨った, 彷徨ふ, 往く定斎屋, 往來する, 徘徊し, 御存じです, 復活させ, 心を, 志した, 怖ろ, 思い出します, 思わせないもの, 急ぐの, 愛しそこ, 愛ずるも, 戎橋の, 戛, 所有する, 手を, 打ち過ぎ利根, 抜けたり, 抜け暗い, 押しつけて, 担いで, 担われて, 指さされたあたり, 振り返ると, 捜しまわりましたが, 捨てるの, 探が, 探すと, 控へて, 描いたとは, 攀じさらに, 放れた場末, 放浪しました, 救い出しゃそれで, 救った神さま, 救わなかったの, 散歩す, 新しく造りはじめた, 新宿の, 日本一の, 明るく華やか, 暫く黙っ, 曲つて水の, 曲ろうと, 月が, 東南に, 架空に, 染める頃, 棄てた, 横ぎって切支丹坂へ, 横ぎろうと今しさしかかった, 横切りて, 横筋に, 歌い歩いたお, 歩いたかれは, 歩いたと, 歩いたところ, 歩いては, 歩いてる人間, 歩かせては, 歩きだした, 歩きませんか, 歩きまわった, 歩きアイスクリーム, 歩き初めた, 歩き廻ったのち, 歩くとき, 歩くに, 歩く人馬, 歩く時, 歩く若い, 歩けるおれ, 歩みすぎた時, 歩み行くこと七八丁, 歩めば, 歩行き, 段に, 殺した凶器, 母上は, 毎日二返, 毎日風に, 汚くし, 治めしもの, 流した, 流す女太夫, 流れてるあの, 流れる溝川, 浜町の, 深くしつ, 渡り来る一種, 湯屋の, 漁つて來た, 火の番の, 点々と, 焼かれれば, 焼き川, 焼き払ったまでは, 焼き払って, 焼き芝, 焼打に, 照らすの, 燒か, 物影から, 牽いて, 珍しがる, 生埋めに, 男の, 疲れて, 発した大, 発つ時, 登つて俗称, 發つて翌日上海へ, 的確に, 目ざして, 目当てなく, 真っ白に, 真一文字に, 眺めたり, 知って, 知り四条, 示してる古い, 神田へ, 移転し, 突き切り釜無川, 突っきりついに, 突っ切るの, 窺うに, 立ち退かねば, 立出吉原さして, 競争し, 筋を, 精査する, 細川越中の, 経私線, 練つて行つたら, 練り歩いて, 練り歩け村芝居, 縦横十文字に, 縫つて, 縮めたよう, 美しく装飾, 耕作する, 股にかけて, 胸に, 舐めつくした炎, 若い娘, 荒した網受け, 菊坂の, 蔽うて, 行きぬけて, 行くうち, 行くにも, 行く手品師, 行く行商人, 行つ, 行乞しはじめたら, 襲い危うく, 襲撃した, 西方の, 見おろしました, 見おろす眺望, 見たいと, 見たという, 見つつ, 見ながら, 見ますと, 見まわって, 見る, 見わたしても, 見下ろした, 見下ろすと, 見晴す, 見物させ, 見舞う頃, 見降した, 言いようも, 訪ねたこと, 訪ねますと, 訪ねるの, 訪れて, 訪問し給え, 評する言葉, 語らう, 讃美し, 貫き, 貫く益田川, 貫通する, 走つて両国橋, 走りまわる, 走るうち, 走るが, 越えつ, 越え麩屋町, 足に, 距てた, 距てぬ, 躍りながら, 車から, 軒づたいに歩きだした, 辛がっ, 辰巳へ, 辿つて人家, 近年に, 追はれなけれ, 逃げまどう州兵, 逃げ出して, 逍遙い歩いた, 通ったから, 通ったもの, 通ったら彼処, 通つたから, 通つたのである, 通つた時この, 通つてこれから, 通つて四つ角の, 通つて漸, 通つて見た, 通らなければ, 通り, 通りかかる人, 通りたる時, 通りました時, 通り下高井戸の, 通り堀田町を, 通り宇田川町, 通り拔けながら, 通り賑やかな, 通り過ぎて, 通り過ぎる列, 通るたび, 通るであろう昼すぎ, 通るんで, 通る人影, 通る度々, 通る腕車荷車, 通る頃, 通行した, 通過ぎよう, 通過する, 連れと, 遊び歩き舊友, 遍歴した, 過ぎた, 過ぎてから, 過ぎると, 過ぎ十二月二十七日, 過ぎ富小路, 過ぎ鐵橋, 道中する, 遠ざかつた, 遥かに, 避けつづけて, 酒井左衛門様の, 銀河を, 長く歩いた, 開いたり, 限り東吉祥寺前, 隅から, 隔つるゴルフ, 隔てたる処, 隔てた小学校, 隔てた雪, 離るる, 離れたの, 離れてからの, 離れるの, 離れる年, 離れ湖畔, 離れ銀子, 靜かに, 順々に, 頭腦に, 飛びだして, 飛び出したり, 飛んで, 食いとめて, 飾る菊, 馬の, 駆けまわりまた, 駈けに, 駈け抜けて, 騒がしたという, 騒がせたその, 驚かしつつ, 高島を

▼ 町~ (1451, 3.6%)

41 づれの 18 づれに 7 私の 6 づれまで, 今の 5 すつかり, づれを, ひっそりと 4 まだ宵の口, 人通りが, 俄に, 江戸の, 自分の, 賑わって 3 あるの, かう言, さう, すっかりさっき, づれへ, 夜に, 昔から, 水の

2 [88件] あるが, あるという, いつぞや申, こう言い, こっちだ, この時, この辺, この頃, さして大きく, しばしば往来, その時, その頃村で, づれから, づれで, どこか, どこも, どの辺, なかった, にぎやかでした, はじめての, ひっそりし, ほこりは, もう夜, もう過去, もう頼み少ない, わけても日, ツイ八五郎任せ, フラフラと, 一つも, 一と, 一緒に, 一通りならず, 主人の, 井戸へ, 今は, 今も, 今晩中保たない, 以前は, 佐吉の, 何の, 何も, 十八私は, 夜も, 天井が, 孤立し, 客を, 宵から, 家並が, 寂然として, 少しも, 年毎に, 広巳, 戌刻, 支那でも, 改めて嗜み, 日蔭の, 早く暮れ, 暗くなった, 朝から, 枕の, 柱にも, 根戸川の, 歩けません, 死んだよう, 水底の, 泣いて, 灯の, 父の, 狭かった, 猶静か, 畠の, 禍である, 約一〇九メートル, 美しいという, 背後に, 船からの, 落着い, 蓋し遠い, 薄暗く土手, 見る眼, 軒並に, 過ぎた次第に, 釧路川口の, 長命寺境内に, 闇に, 非常に, 首を, 鼎の

1 [1134件 抜粋] ああいう, あって, あの盂蘭盆, あまりに空虚, あまり振, ありますが, あるそれ, あれな, いずこぞという, いそいそと, いっそうきれい, いつもお, いつもに, いつも私, いままで, いよいよ戦時態勢, うかびて, うっかりいった, うなづいた樣子, うわさし, おおかた寝静まっ, おへん, かうなると, かくの, かく平穏, くだるめ, けろりとした, こうして地上, ここから, こぢんまりとま, この大川寄り, この小松, この日, この海岸, この通りお礼, こはれちや, これで, こんざつしてたくさんの, ごく小さな, ごたすた返し, さすがに, さて狭い, さびしいけれど, さよなら, さわぎらしい, しめっぽい空気, しんと, すぐそこ, すぐに, すこぶるほこり, すっかり喜ん, すつかり喜ん, すでに十六世紀, すなわち一郷, ずっとそのまま花柳明暗, そういった女, そこから, そのせい, そのホテル, その乳, その壮年, その外ヶ浜, その時駒次郎, その町, その糸杉, その裾, その頃自分, それほど狭かっ, そろそろ暮, そんなに広く, そんな物, たいそう衰えた, たいへん遠い, たちまち凄まじい, だら, だんだんと, だんだん暮, ちょうど井桁, ちょうど講演, ちょろちょろ流れ, つぶれて, づれで復た, づれで油売に, づれなる林巒遠く, づれに一団に, づれのお不動様の, づれの但し, づれの橋で, づれ太郎山の, とうとう最後, とっぷりと, どうした, どうなったろう, どうなるだ, どこで, どこへ, どっちで, どの本, どんなになるだろう, ない, ないとか, なかなか大きな, なかなか景気, なにかに, なれたところ, なれた新富町, なれた町, なれた鏃鍛冶, なれると, にぎやかであった, にこにこし, はつきりと, はや家々, ひっくり返りそう, ひどう入り込んどります, ぶる, ほとんど失われ, ほとんど連日驟雨, ほんとにつまらない, ますます賑やか, まず北, またこん度, またシーン, まだいくらか暑かっ, まだかれ, まだ五軒, まだ全く寝静まっ, まだ明, まだ炎々, まったく私, まっ暗です, まもなく見えなくなり, まるで世, みんな焼かれ, むかし火見, むしろ曲物, めぐりつ, もうすっかり夜, もうそこ, もうやがて冬, もう何処, もう大分ふけ, もう寝しずまっ, もう少し郷土史, もう日暮, もう森, もう沼みたい, もう襲いかけた, もとより野, もと森川宿と, やがてその, やがて尽き, やみの, よい例, よくなる, らくでなかった, わきかえるよう, わたしに, アゾフ海の, アンマが, キリシタン武士たちが, ケツァルコアトゥルが, シンと, チェホフの, ツイ廊下の, トロサで, ハッと, パンパンが, マンヂ州に, ユニークな, ロシヤ領に, 一たいに, 一ぺんに, 一丁目から, 一六一〇年代には, 一帯に, 一年の, 一日中こんな, 一番地から, 一直線に, 一種の, 一緒にな, 一苦労した, 一里の, 七八丁の, 三つとも, 三丁目まで, 三町あり, 三百五六十年前に, 下で, 下駄や, 不思議に, 中でもことに灯, 中津川の, 乞食の, 二つの, 二三十戸ある, 二寸厚みの, 二日の, 二階に, 五機ぐらいで, 人が, 人で, 人口三四万の, 人立が, 今し, 今よりは, 今日から, 今秋の, 仕事に, 以前の, 何か, 何でも遠く, 何となく心持, 何んと, 何気なく台所, 余が, 俄かに, 信階が, 傍に, 僅かで, 兄と, 先ずこれ, 全く一尺先, 全国に, 全滅で, 兩側に, 兵士の, 内訌の, 冷えて, 冷蔵庫で, 凧八の, 出来ない, 別府湾の, 到頭最後, 前へ, 前後に, 動作と, 勿論農村, 北条の, 十二階邊と, 千駄木とは, 南の, 博覧会の, 危ふく燒け, 参詣の, 又ひとしきり, 取り払う, 古川, 各, 同時にアジアコレラ, 向直っ, 周囲の, 和紙で, 四十前後まだ, 四面断崖絶壁を, 地の利を, 基督教の, 塩で, 変る, 外へ, 多けれど, 夜九時に, 夜店の, 夢中で, 大きな工業市, 大もうけを, 大和からの, 大太刀, 大工屋根職左官畳職など, 大瀧一家族, 天領であった, 太平洋に, 女の, 好運の, 子爵の, 安まんじゅう, 実在する, 宵ながら, 宵の口から, 家じゅう電気時計で, 寂しい樹蔭, 寂びて, 寒かつ, 寝しずまったよう, 寝床の, 寧ろ町, 小さいから, 小人島の, 小山の, 小舟町三丁目に, 小銃製造地であった, 少し明るく, 尽きた, 山々を, 山の手と, 山中であり, 山陰線が, 岩佐病院の, 川の, 左右両側一面の, 常に, 平和であった, 平常から, 年ごとに, 幸いにも, 広いん, 広南, 建て直されてから, 弁慶橋と, 当時二十一歳枳園より, 往來の, 後から, 御一所, 御嶽山に, 御霊神社を, 快晴で, 思つたより, 思つてゐた, 怪しまずさも, 息を, 悲田院すなわち, 我慢したれ, 手を, 打刃物, 提灯を, 散歩すべき, 新しい感じ, 新しく変わり, 新暦近在は, 新潟から, 旅の, 日光へも, 日本という, 旧慣墨守因循姑息の, 早や, 明けても, 明るいのに, 昔ながらの, 昔より, 昔暗, 春が, 昼の, 時にまつげ, 暗い, 暗がりの, 暮れかけ, 更けるに, 書替, 月に, 未だに封建時代, 本当にいや, 朽ちよごれて, 東に, 東京から, 東京程は, 東洋でも, 柳屋の, 桑畑の, 概して感じ, 横へ, 次第に四方, 正月す, 此処を, 武家屋敷のみに, 歩いて, 歩けねえ, 歩けまいお, 死の, 殆ん, 殷賑なる, 母の, 毛筆の, 水が, 水は, 永遠の, 汚なかつた, 汽車が, 沖から, 沼田でありましょう, 泥田の, 洗われたよう, 活気を, 浮上った, 海の, 海岸の, 海港たるの, 深川の, 清住町永代の, 湯に, 激しく破壊, 瀬戸内海に, 火の, 火災を, 灯り電車, 焼かれるであろう掠奪, 焼き払われたが, 焼土, 燈火が, 父が, 爽やかに, 片手に, 物見だ, 狐鼠, 現在人口五千くらゐ, 甚だ広大, 生者も, 田圃を, 申すに, 町家と, 町幅も, 白い廃墟, 白粉を, 盛岡ぐらい, 目黒と, 直ぐ長い, 直接の, 眼を, 矢張り植木梯子を, 石原の, 碁盤の, 磯浜の, 祖父母や, 神を, 祭礼である, 私には, 秩父連峰と, 窓辺から, 笑い声と, 笠屋町から, 米の, 細長かった, 絶えず山, 綺麗だ, 美くしい, 美しくは, 老い萎え, 考へて, 聞いたこと, 膳を, 自分で, 至るところ溝川, 芝, 花の, 茫々たる, 落付かなかった, 著るしく, 蒲団を, 薄霧, 薬屋の, 行水時よの, 街道の, 裏の, 裏通だけに, 見た, 見たので, 見るかげ, 見渡される, 見違えるほど, 言うまでもなく神田, 言ふまで, 誰の, 警察の, 賑は, 賢こい, 躍起に, 近い, 近かった, 逃げも, 通るまいぜ, 連日驟雨の, 違いますが, 遠い昔, 遠過ぎる, 選挙騒ぎで, 酒の, 金持ちで, 長い, 長火鉢の, 開けたばかり, 間もなく尽きた, 防空演習の, 陰惨な, 隅から, 雑沓し, 離れて, 震災前は, 静かな, 静岡の, 革命と, 額を, 餘程延て, 馬籠の, 駿馬項羽で, 高岡であります, 高級な, 魚くさい, 鴨川と, 黄色い街灯, 黒く眠っ

▼ 町~ (1243, 3.1%)

33 あつた 9 買って 8 電車を 6 私は 5 暮して, 有名な, 遊んで 4 何か, 生まれました, 評判に, 降りると

3 [15件] あらう, その頃, それを, 下車し, 何を, 商売を, 売って, 庭の, 手に, 生まれた, 聞いて, 聞けば, 開業し, 降りて, 飲んで

2 [71件] いちばん大きく, いちばん大きな, いろいろな, うつの, ごあん, さあ, たくさんの, ただ一人の, ただ一軒の, ちらと, でも, よく見る, チェホフが, 一時は, 一杯呑む, 一番の, 一睡も, 下駄屋を, 乗換えて, 人通りも, 十四円出し, 叔父が, 名高け, 器用から, 夕飯を, 夜食を, 大抵の, 大評判, 好きな, 子供等や, 寺方と, 小さな菓子屋, 小さな質屋, 小学校の, 市電を, 幅の, 彼の, 彼は, 指折りの, 捕われたよう, 新聞配達の, 松屋と, 殺されましたので, 泊って, 燃す火, 生れ父, 生活する, 町医を, 目撃した, 知り合, 細々と, 細君を, 綺麗な, 老舗の, 育ったん, 育って, 育てて, 自転車に, 花火が, 芸者を, 見た事, 見つけて, 観光事業の, 評判の, 話して, 貝と, 買物を, 踊の, 金魚を, 附近に, 騒いで

1 [969件 抜粋] あき地, あの汚らしい, あんなに臆病, いえば, いた, いちばん軽い, いろ, おとりに, おひる, おりるまで, お前の, お孃さん, お手紙, お涼, お育ち, お逢いした, かなり尊敬, きいたその, くろは, この万年筆, この半年, この緑色, この近, これと, これを, こんなお粗末, さかんに, ささやかな, さる人, しかもなるべく, してねえ, しようね, すつてんてん, すれちがった顔, ずいぶんたくさん, そうである, そこでは, そのごちゃごちゃ, そのどこ, その坂, その山本町, その手前, その町, その職人さん, それからは, たべます, たれかれに, だツ, ちょうど五月, ちよいと, つい日, つかう太夫紋, つり竿を, ところどころに, とまった時, とる値段, どうした, どこからか, どんな人, なにか, ねずみが, のられます馬車代, ひきうけたの, ひょっこり彼女, ふと白鳥号, ほかの, まずぱっと明る, また田圃中, また馬, まだその, みんなに, もし出来たら, もっともりっぱ, もっぱら作られた, やあさんは, やったとき, やつて, やる所, よくよく金, よく見受ける, わずかに, わたしの, アントン・チェホフの, インゲマンは, ェ, カマクラに, ケーサルの, コーヒ呑んだやろ, ジーナに, セーラー服の, ダルマにな, チラと, トトマーク族と, トンカツ屋を, バクチ打っ, パリに, フランスの, ブラブラ遊ん, ミドリさんに, モ服と, ルイは, ワイルドを, 一ばんよい, 一五六四年の, 一体何, 一寸した, 一年中白堊の, 一度日比谷の, 一文も, 一日ぶらぶら, 一時立替え, 一流の, 一番いい, 一番大きい, 一番長い, 一番高い, 一脈の, 一軒の, 丁字形に, 七日目毎に, 三井という, 三春川を, 三週間の, 下りた, 下宿業などを, 不評を, 両が, 中食する, 乗かえる, 乗りかえた品川行き, 乘換へ, 二三人おろす, 二人に, 二次会だ, 五円借りた, 人々が, 人の, 人一人殺し, 人力車に, 人殺しの, 今の, 今日まで, 仕切一円一円六十銭と, 他の, 仮収容所, 伊勢屋という, 会って, 佐藤功一氏も, 何と云う, 作られた物, 作る漆器, 俗称である, 俺らの, 停電し, 健三の, 偶然フローラは, 偶然珍らしく, 催された, 債務の, 働いて, 僕は, 八千八百両の, 其処にも, 円タクを, 出会っても, 出方に, 出来るから, 出来る漆工品, 出遇, 分会長の, 初めて行乞, 初舞台を, 別れて, 刺客の, 助手たちの, 勝伯爵や, 勤めて, 勤めを, 医者に, 午後三時半温泉着殿下には, 半玉から, 南側が, 危難を, 友人が, 友達の, 受けるという, 古くからの, 古本を, 古田中を, 同じよう, 同乗した, 同町の, 名題の, 呆けた, 呼んだの, 唄っては, 唯一の, 喧嘩でも, 噂の, 四十八時間だけ, 土木の, 坂本という, 城下から, 塀が, 売つて, 売る竹皮, 売る長, 夏ながら, 夏火事に, 外村金右衞門と, 多少の, 大きな雑貨店, 大事に, 大半なく, 大地主, 大掛りな, 天候を, 失業し, 奉公し, 奪られた, 女に, 女は, 女子どもが, 好い加減手間取っ, 妙齡の, 姿を, 娘たちを, 子供相手の, 孤獨の, 学術演説会が, 宇津木兵馬に, 官庁銀行重なる, 実際に, 宿を, 寄合を, 實に, 対岸は, 小さな時計屋, 小倉という, 小島は, 小料理屋を, 小豆の, 少しは, 尚子にと, 屈指な, 屋台店の, 屋敷を, 山高さんの, 巡査が, 巧く, 巻骨の, 幅が, 年よりの, 幾軒か, 弓術の, 引留められて, 弘めを, 彼らに, 彼女と, 待ち合わせて, 後の, 御厄介, 御飯を, 怪しい風體, 恋しい人, 恭一が, 悩まされた孑孑, 感じがい, 成り金の, 成長した, 手ごろな, 手前吹を, 手広くやっ, 打ち続けるとき, 押しも, 拵えさせたの, 拾つた, 捌いたあと, 政友会とか, 文子と, 新しく知り合い, 旅の, 日が, 日の, 日本の, 旧家と, 明治十六年に, 易者に, 昼も, 昼間でも, 晩飯を, 暮したり, 暴れるよし, 最も名誉, 最も高級, 朝の, 木ベエの, 本屋の, 村続きの, 村越欣弥という, 松や, 染めさせた事, 柳屋と, 検察官に, 槍を, 樺細工が, 次の, 歌ふ, 歌を, 正月十五日に, 死んだ者, 死体の, 殊に夜ふけ, 殺されて, 毛糸の, 毛織物の, 永牢を, 求めた菓子パン, 江戸一番の, 汽車を, 沼田の, 泊ったの, 泥棒を, 洋服仕立屋を, 流すこと, 海水帽を, 消え失せたの, 深夜に, 清水町は, 湧き起った問題, 演奏会を, 激しく働く, 火事を, 煙草を, 片側は, 瓦焼工場を, 生まれたが, 生まれ呱々の, 生れたから, 生れたという, 生れたん, 生れた子, 生れて, 用を, 由緒の, 町有志の, 異様な, 異郷の, 畳表屋を, 病氣に, 白木で, 皆立ち, 相島が, 相当に, 相応の, 着物取られた, 知って, 知らぬ者, 石と, 社記に, 私が, 稀代な, 空腹に, 窓から, 笛を, 第一等, 粉屋を, 糸屋業平と, 終ったそう, 織るの, 美濃善と, 耕作した, 聞いた声, 聞き附けずには, 職人などの, 肥後の, 育ち黒襟, 育ったので, 育つた歌舞妓狂言, 背の, 自分一人なにが, 自動車を, 自転車屋に, 船室を, 良く暮した, 花嫁が, 芸者から, 芸者買う, 若くって, 菅原を, 藝者町なる, 蟻の, 行き逢ういかなる, 行ったもの, 行われたあの, 行止つた, 行逢う, 袖を, 裁縫の, 見かけたばかり, 見かけた知人, 見かけること, 見たいくつ, 見たとか, 見た五月信子, 見た教会堂, 見た泥鮫, 見た男, 見た美しかっ, 見つけたもの, 見られた, 見世物を, 覚えて, 訊けば, 評判だった, 評判にな, 誰が, 誰ひとり, 諸井さんも, 豪遊と, 買いもとめた助広, 買い求めて, 買う普通, 買ったん, 買った夢声, 買った擂粉木, 買った楊弓仕立, 買つたなどと, 買つた牛肉が, 買つた襟を, 買物が, 費いは, 賣る品, 赤谷伝九郎達から, 足を, 踊りと, 軽業の, 近所の, 迷子に, 逢いましょう, 逢った美しい, 遊びに, 遊客に, 過ごした夜, 過ごしました, 過して, 道場荒し, 道庵先生の, 遣ろうと, 那珂川の, 郵便局の, 酌婦と, 酒を, 酔つ, 重んぜられて, 金に, 金剛杖や, 金物渡世を, 金貸に, 鈴木万次郎氏の, 鉱石収集を, 銃火が, 鐵道が, 長く公立, 長髪ボウボウたる, 開かれて, 開かれ極めて, 附近には, 降りたの, 降りたん, 降りてから, 降り散々, 降ろしました, 陸軍軍医学校の, 随分貧しい, 隠居所を, 隠逸な, 集って, 雪の, 電灯も, 電車か, 電車の, 青年社という, 青酸加里を, 非常警戒に, 頼まれて, 顔が, 風呂が, 食事し, 食料品を, 飲んだ氷水, 馬車小屋の, 馬鹿に, 騒いだ時, 高麗橋通りに, 魚を, 鳴らしたから, 鶏卵を, 黄金怪人の, 黒門に

▼ 町から~ (1223, 3.1%)

21 町を 17 町へ 13 出て 11 帰って, 村へ 10 町へと 9 買って 6 汽車で 4 一里ほど, 南へ, 私の, 西に, 通って

3 [19件] さびしい町, すこし離れた, やや離れた, 一里ばかり, 人が, 出かけて, 右へ, 戻って, 村から, 村の, 村を, 来た, 来て, 此處まで, 歸つて來た, 歸る, 遠くない, 電話で, 電車に

2 [92件] いとこの, きて, ここまで, こっちに, でて, やつて, 一時間ばかりの, 一足飛びに, 一里も, 一里半ほど, 上流の, 上野へ, 上野まで, 中六番町, 久松町まで, 乗って, 乗合で, 二人へ, 二里ばかり, 五丁目への, 使いが, 來た, 來て, 俥に, 先は, 八丁堀まで, 出して, 出ると, 出来合いの, 出火し, 南方一マイル半の, 吉原田圃は, 名高い外科, 四キロほど, 四里ほども, 外へ, 完全に, 寺尾が, 小一里, 小川町の, 小川町を, 少しでも, 少し離, 少し離れた, 尾張町まで, 帰った夜, 平次の, 引返して, 徒歩で, 我村落まで, 折曲一つ折れ, 押して, 拾って, 数里隔たった, 本町へ, 本郷の, 村へと, 来いと, 来た衆, 東へ, 東京へ, 東北東へ, 柿岡町へ, 此處へ, 母の, 毎日の, 水泳で, 江戸川の, 池の, 河岸ツ縁を, 深川の, 瓦町へ, 生国魂神社への, 町と, 町は, 発火し, 神田の, 神田明神下まで, 聞えて, 脱出した, 覚えて, 貰って, 赤川此赤川から, 連れて, 道が, 遠くて, 遠くは, 電報を, 電話が, 電話がか, 非常に, 麹町三丁目までと

1 [864件 抜粋] あつた, ある年, ある町, いっしょに, いなくなって, おとなしくもどっ, お人, お城, お祝, かえだま, かえって来ました, かえれと, かつぶしだの, かなりは, かなり離れ, かりるか, きたもの, きた子, こ, ここへ, こつち車, このよう, この原, この日比谷ヶ, この日比谷一帯, この私, こんな所, さびしい野原, さまざまな, さらに二里弱, すぐ上, すこしばかり, すこし南, ずっと引込ん, そこ迄は, そっちへ, その郊外, だ, だいぶん離れ, だと, ぢや, つけて, でさ, です, とり来, どこへでも, どしどし買っ, なのよ, のって, はる, ばたばたと, ほとんど出た, まいッ, まつに, まる見え, もっとも低い, もどって, やって来た, よばれた医者, よほど距, わざ, わざわざ其橋, わざわざ飯田町, わびしく流れだし, クルマ廻し, シャン・ゼリゼーまで, タクシーで, ドンナ名探偵が, バスの, ピエロの, ブレント入江に, メキシコへの, モーロー自動車で, ワザ, 一つ橋神田橋から, 一ツ橋まで, 一リーグばかり, 一人ずつ, 一六キロは, 一家が, 一木町辺に, 一町ほど, 一直線の, 一緒に, 一里あまり行った, 一里の, 一里半余石ころの, 一銭ずつ, 三十ヴェルスタばかり, 三十一町行道山の, 三十町に, 三十里ほど, 三度自動車で, 三田の, 三町あっ, 三筋町へ, 三里の, 三里ほど, 三露里ばかりの, 上るには, 上二番町の, 上野の, 上野公園と, 下六番, 下流は, 下谷へ, 中へ, 中村家に, 丸山の, 久し振りに, 乗つて, 乗り込む人, 乗車し, 九時頃電話が, 九段を, 亀沢町へ, 二三里の, 二円を, 二十丁も, 二里あまり北の方へ, 二里程離れた, 云い交した女, 五六里先き, 五貫文湯屋, 五軒町へと, 五間堀へと, 京町揚屋町と, 人力車に, 人形町へ, 今の, 今戸橋場, 今立つ, 以来と, 仲徒町へ, 会津川を, 伝通院の, 佐久間町を, 來る, 俥を, 借りて, 先が, 入り込んで, 入船町あたりを, 八五郎親分の, 八王子までしか, 六七里離れた, 六条へ, 出かけたこと, 出かけること, 出しそれに, 出た, 出た人々, 出た火, 出た火事, 出でて, 出まして, 出張に, 出掛けて, 出稽古に, 利尻山に, 利根川を, 到着する, 北へ, 北紺屋町南伝馬町白魚屋敷の, 北西と, 十三里ほども, 十五六丁は, 十日町へ, 十町あまり, 十里ほど, 十露里も, 千二百人ばかりも, 千束町象潟町にかけての, 半哩ほどの, 半死半生で, 半里, 博士が, 厩橋へ, 去った時分, 去りたいばかりに, 又一里, 受取って, 古本屋を, 吉例によって, 吉田へ, 同じやう, 同じ学校, 名高い神父さま, 向柳原は, 呼ばれて, 呼び寄せるの, 和泉橋ずっと, 善光寺街道へ, 四ツ谷赤坂と, 四ツ谷赤坂へ, 四五町隔れ, 四条通り新京極へ, 四谷へ, 四里ほど, 回された探偵, 国越え, 團子坂日暮里は, 坂原を, 塔の, 売女の, 夕方に, 多くの, 大伝馬町, 大塚へ, 大工を, 大根を, 大野の, 大門前まで, 天王寺公園横の, 天神樣へ, 夫人は, 失うとき, 女衆が, 子供達の, 孤立し, 家へ, 富士山麓の, 寺へ, 寺町の, 尋ねて, 小伝馬町への, 小半里よりは, 小原氏と, 少しばかり, 少し外, 少し外れた, 尚遡つた, 尾張町までの, 山へ, 山上の, 山崎, 峠を, 巣鴨通に, 差された盃, 市ガ谷の, 市内に, 希望者に, 帰つたら, 帰つて来た, 帰りお, 帰る, 帰るとき, 帰る途中, 平野橋に, 年々三四千人の, 幾分か, 府下大崎町に, 弁天町を, 引き返した, 引越して, 徐かに, 御客樣, 心斎橋筋へ, 念入りに, 急坂を, 急行で, 愛宕下まで, 成るという, 戸波の, 戻る途中, 手取川の, 折れて, 押し出した, 持ち出して, 指ヶ谷町へ, 放水路を, 教えに, 文政癸未に, 新吉が, 新堀端に, 新棺, 新橋まで, 日比谷へ, 明石町の, 春木町に, 暇を, 曲る前, 更に上方, 最初の, 有楽町へ, 朝早く, 木之, 本所の, 本所五つ目の, 本田主膳正御, 本郷まで, 来, 来たる妻, 来た人, 来た楽隊, 来た私, 来た若い, 来ると, 来る乗客, 来る大鐘, 来る花嫁, 東京の, 東南の, 東山へも, 東山一帶を, 東西新屋町より, 松坂町へ, 松山街道に, 柳原を, 柳町指ヶ谷町へ, 桜木町なら, 桜田本郷へ, 権田原の, 横へ, 横町へは, 横町を, 橇に, 次々と, 正木に, 此の, 武家屋敷の, 歩行い, 歴林町に, 歸つてから, 母上来との, 毎日自転車で, 水いろ, 永住町の, 求めて, 江戸へ, 決して出よう, 河岸の, 河沿ひ, 油町通りに, 沼袋への, 泉岳寺へ, 洩れる火影, 流れ出て, 浜町や, 海岸の, 消え去つて, 渡来した, 湖へ, 湯島へ, 湯島臺へ, 滝太郎を, 澄子を, 火事が, 炎を, 無茶先生たちを, 熊谷町まで, 牛ヶ淵の, 牛込へ, 特に見物, 獅子頭が, 田井中へ, 田町へ, 甲府へ, 町への, 町人から, 町宿場から, 町盛り場から, 町長の, 番町神田へ, 発信した, 発火した, 発生した, 登つて氷川神社の, 發信した, 百騎町を, 目黒村に, 直ぐ彼, 相生村の, 相生町は, 省線お茶, 看病に, 眼と, 砂土原町の, 社へ, 神保町の, 神保町を, 神明一帯を, 神田へ, 神田日本橋京橋それから, 神田橋へ, 移転し, 程合いの, 稍南よりの, 税関の, 立ち去って, 立ち退かねば, 竹川町へ, 第二十六信, 箱崎の, 約一時間, 続々上京, 続々乗込ん, 編笠を, 美術学校の, 聖橋へ, 腰屋橋へ, 臨湖の, 自動車で, 自転車で, 良い新造, 色々の, 芝口一丁目まで, 芝宇田川町まで, 茅町に, 茨城県境町に, 草平君の, 荒物屋の, 菓子を, 薬研堀へと, 蚊帳を, 行つてゐた, 街道へ, 表具屋を, 西は, 西久保へ, 西南の, 西峠の, 見えた灯, 見える近所, 見る磧, 見舞金などが, 親子三人昨夕飯に, 訪れたという, 誰か, 請負って, 警察へと, 護国寺の, 護持院ヶ原へ, 谷町を, 貰うと, 買ふんで, 買求め, 赤坂を, 越した先, 車を, 軽井沢の, 軽井沢を, 迎えに, 迎ひ, 近い, 近村に, 追ん, 追従け, 逃げだして, 逃げようとは, 逃げ出して, 逃げ出せば, 透明人間が, 通うの, 通わせても, 通旅籠町通油町通塩町横山町と, 遅く帰る, 運び出したお, 遠い所, 遠くも, 郊外へ, 郭内へ, 郵便局の, 酒の, 野へと, 金杉へ, 金沢町へ, 金沢町夜眼にも, 金澤町まで, 鉄砲隊が, 鋤犁を, 関門の, 陸へ, 隣村へ, 離れた淋しい, 離れ村, 電報が, 電話, 電話だ, 電車通りを, 霧の, 青山まで, 青山南町まで, 須田町の, 風呂屋町の, 飯田町時代は, 馬喰町へ, 馬車で, 馬返, 駆け付けたん, 駈け付けて, 駈け続けて, 駕籠に, 駿河台下に, 高橋の, 高輪へ, 鮎沢の, 鷹匠町へ, 黄金通りへ, 黒煙を

▼ 町~ (676, 1.7%)

29 行くと 10 村も 9 離れて 8 行けば 7 先に 6 下ると, 先の, 歩いて, 歩くと 5 先へ, 登ると, 続いて 4 あろうか, 来た頃

3 [12件] あると, なかった, 今は, 先から, 先き, 向うから, 家も, 歩かないうち, 行かないうち, 行きますと, 野も, 門の

2 [53件] あった, あって, ある, あるところ, あるよう, ある煉瓦づくり, あれば, あろうと, おくれて, つづいて, はなれて, へだたって, みんな暗い, ゆくと, 三十町も, 三町も, 下ったろうと, 下に, 下流へ, 二人し, 二町も, 人も, 先方を, 八町も, 列を, 場末の, 寒くなる, 屋根も, 山も, 川の, 当時は, 往った, 持出したところ, 日本橋の, 昔とは, 暗かった, 来たかと, 来たと, 来ると, 歩いたであろうか, 歩いたと, 灯も, 畦道を, 番地も, 登って, 端れ, 行かないところ, 行かぬうち, 行った所, 行った頃, 遡ると, 隔って, 高原の

1 [424件] あったそう, あったであろうか, あとから, あとへ, あの村, あらむ, ありお, ありました, ありますかしら, あり相, あるいてね, あるが, あるけれど, あること, あるし, あるという, あるといふ, あるの, あるべし五重の塔, あるまっすぐ, あるもの, あるん, あるバンバイヤ河, ある中門, ある例, ある大, ある大古沼, ある山, ある岨峻, ある広い, ある店, ある楊, ある海沿い, ある理化学研究所, ある筈, ある籔蔭, ある道, ある遠方, ある雪田, あろうが, あろうその, あろう大, いい加減見飽きたろう, いくつか, いった頃彼, いつかは, いる事, うすぐらくて, うち越し, うち過ぎあれ, おどろ, かかった, かかる類, かくの, かたわ者が, くらく電車, ぐる, こういうからくり, こうは, ここから, ここも, このいわゆる城, この技, この界隈, この辺, この頃, この騒ぎ, この高台, これからは, これから賑, これほど, ござらうぞ, さきの, さきへ, さみしかった, さんざん歩き廻っ, すすむと, すすんでから, すっかり変った, すつかり, すなわちまた一つ, ずうっと, ずっと先, そうし, そのまま黙っ, その後に, その端, たいそう賑やか, だらだらと, ちがうし, つづき市場, でけえ, とろとろと, とんだ呂宋兵衛, ないよう, ない処, ない地点, ない場所, ない道, ない部落, なかつた, なさそう, なだらかに, なにも, にぎやかで, にぎやかに, にぎわいの, はいッ, はなれた, はなれるまで, へだたった道路, ほとんど人通り, ほの, またここ, まだ焼け跡, まぶしい日, まるで京都, みんなもうすぐ, やうやうと, やっぱりあっちこっち, やはり青葉時, ゆけば, よく知っ, わかりにくい, わずかの, シーンとして, リアリティーを, 一度は, 一望であろう, 一杯さ, 一躍世界的, 七町も, 上の町と, 下ったと, 下ったろう, 下ったろうすると, 下った所, 下って, 下六, 下流の, 世界も, 中心地から, 九分どおり兵火は, 二十町も, 五町も, 人と, 人通りが, 以前岸本が, 何にも, 何も, 來た, 來ない, 倶知安の, 入った処, 兩方共私は, 八丁堀二丁目へ, 六町の, 六町も, 共謀だらう, 共謀だろう, 兵馬の, 処も, 出はずれる, 利根川の, 前から, 前に, 勿論一つ, 包囲状態に, 十町も, 千里も, 南に, 危くなった, 厭だ, 厭わしいよう, 取りひろげて, 古くは, 四方へ, 国も, 土手下り湿, 城下の, 城下も, 堀川の, 塔や, 変ったこと, 変ったね, 夏過ぎる, 外へ, 多事であった, 大方は, 奥の, 好きだ, 字に, 完全には, 寄って, 寝しずまって, 少し行乞, 尽きたと, 尾久三河島あたりの, 屈折し, 展開け, 山手へ, 山村, 川も, 帰りかけたとき, 干あがりて, 廓も, 建ち並んだの, 建物も, 引き離されて, 彼が, 後れましたから, 後退し, 御厨の, 復興し, 急ぎ足に, 急坂を, 急退し, 愈これ, 戦火を, 戻った時, 所有し, 手に, 手前で, 手前の, 持つて, 整って, 新年の, 旅館も, 早く死ん, 明智勢が, 春を, 昼の, 晩の, 暁闇の, 暗い, 朝からの, 本格的の, 来た, 来たとき, 来たところ, 来たろうと, 来ない内, 来ぬうち, 東に, 東へ, 東京も, 桑畑に, 桜の, 森も, 植はらない, 歩いた, 歩いたかと, 歩いたところ, 歩いた傘, 歩いた漸く, 歩いてから, 歩かずに, 歩かぬうち, 歩かぬ内, 歩かねば, 歩き出したが, 歩くうち, 歩くか, 歩けない, 歩けば, 歩んだと, 歩行し, 残して, 水が, 水も, 水道尻に, 沖から, 沖に, 沖へ, 沖合だった, 流れて, 浅草も, 海も, 淋しくなる, 深い静寂, 港も, 湿つて, 漕ぎ去り漕ぎ来ったと, 潤ふたから, 濕つてゐた, 濫伐させ, 火だ, 火の, 無い町, 無くなって, 無闇に, 焼きが, 焼失し, 熱海道ヘ, 狭しと, 珍しい, 現世には, 田の, 町の, 町も, 町町の, 病院が, 登ったろう渓, 登りますと, 白く輝く, 百町歩も, 皆たっしゃ, 眼下に, 磯も, 祇園も, 禁物である, 私も, 穏で, 続いた, 続いたかと, 続きましょうか, 続くと, 縦の, 脅かされてるよう, 苦しかった, 葭の, 薄暗かった, 行かない所, 行かぬと, 行かぬ間, 行きかけると, 行くうち, 行く間, 行く鳥居, 行た, 行ったかと, 行ったところ, 行った右手茶屋町, 行った左手, 行ってから, 行つた, 行つた所の, 行つて教へ, 行過ぎると, 街道も, 裏通りは, 見うけられます, 見は, 見慣れるにつれて, 見物した, 観る気, 角も, 調べて, 調べました, 變り, 赤坂も, 走ったあと, 走って, 走つた, 走つて, 走らせると, 走りそれ, 走り抜けた, 走り抜け神田川, 走ると, 距った, 距つてゐない, 距れた, 軒も, 辻も, 近村も, 退け人々馬, 逃げたと, 逃げのびた浪人, 逃げ出しは, 逆戻りする, 通りすぎた, 通り抜けて, 通り過ぎて, 進み来り浅井軍, 進むと, 進めません, 遅れて, 過ぎたところ, 過ぎたり, 過ぎぬ間, 過ぎ尚も, 道も, 遠い彼方, 遠い酒店, 遠くて, 遠くとびさっ, 遠くは, 遠く淡れ, 遠ざかつた街, 遠方の, 郊外も, 鈴蘭燈などが, 鍛冶町と, 長く続い, 門も, 間を, 陣を, 随分開けました, 隔たった砂浜, 隔たった通り, 隔たりたる炊事場, 隔つてゐた, 隔てて, 隔りたる, 離れたところ, 離れた所, 離れては, 離れとるのに, 離れどんなに, 離れぬうち, 離れました徐々娘, 離れると, 青山も, 静かで, 静で, 響いたろう, 響きそう, 風下で, 飛び吹かれた, 馴れて, 駆けぬうち, 駈けて, 駈通して

▼ 町~ (647, 1.6%)

34 ある 18 あって 9 あります 7 ありました, 見える 6 あるの 5 あった, 続いて 4 あったの, だんだんに, 出来て, 立って, 見えて 3 あつた, あつて, つづいて, 一目に, 眼の

2 [48件] あったか, あつたり, ありありと, ありそうして, あるが, あると, あるという, いつまでも, くんで, その後を, だんだん小さく, できて, どんなに小さく, エマスンを, 三人目で, 下手人の, 俄に, 出来る, 可哀想だ, 左右に, 引揚げ, 急に, 承知しない, 昔から, 死んだの, 死んだ時, 死んで, 殺された刻限, 殺された場所, 殿の, 湯気の, 矢を, 私の, 米町に, 終点であった, 聞いて, 色々あります, 菊内に, 見えた, 見えるので, 近いので, 近づくにつれて, 長い癆咳, 開かれたこと, 開けて, 間に, 間辛うじて, 飛込んで

1 [425件] ああ腰, あいだに, あがると, あっ, あったいずれ, あったという, あつたら, あとへ, あらわれるの, あり, ありある, ありいちばん下流, ありそこ, ありそして, ありどんな, ありのままの, ありまして, ありますが, ありますし, ありますので, ありまた, ありミユンヘン, あり北西八合目, あり寺院, あり屋根, あり広い長い, あり昔ながら, あり顔, あるか, あるかも, あるから, あるこれ, あるし, あるそう, あるでせう, あるといったな, あるとこ, あるのに, あるばかり, あるべきこと, あるもの, ある品物, あろうとは, いう処, いつもの, いまも, うかんで, うしろに, おづ, おとぎ話の, お綱, かうでは, かすかに, きたなく貧しいながらに, ぎっしりだ, くすりくすりと, ここだ, こぞってどっと両国, これまで, こんなにちがっ, こんに, ございました, ごひいき, さびれてから, しっかりと, すぐ目, すこしも騒がない, すっかり海嘯, すつかり燃え, そこから, その中心地, その傳説地, その創立, その多い, その後どう, その本拠, その河, その爪さき遠く, その腕, それで, それと, それを, そッくり秀吉の, たった四半刻, だいぶ広がっ, だんだん寂しく, だんだん更け, ちかづいて, つきると, つくられつつ, つくれるよう, できた, できた時, できゴールド, どういう町, どこかと, どこからでも, どこまでも, どこを, どしどし建っ, どんなに火事, どんな事, どんな運命, ないそう, ないん, なかなか遠い, なくなって, なくなり林, なくなるわけ, にわかにさびしい, のっぺらぼうの, のびて, はるかな, ばかに, ひっくり返るよう, ひっそりと, ひつそりと, ひつそりとして, ふたりの, まさかこんな, また貧民窟, まだ田園, まだ眼ざめぬうちに汲取り, まるで真夜中, みえる, みずから誇りと, めえる, もうそこ, もと中尾, やかましくなつた, やがて彼ら, やけて, やっぱり, よく見えまし, わからなくては, わかれて, わずか三四年, わの, カナダにも, ゴンサカで, チラッと, ハネる, バスクを, バナナの, ベートーヴェンに対して, 一つそこには, 一と, 一年の, 一掃された, 一望の, 一杯であった, 一段と物, 一目で, 一筋の, 一里の, 一體存在した, 丁字に, 不思議な, 世界だ, 両側に, 両国寄りの, 中央の, 中心で, 主な, 主路に, 乞食の, 事に, 事はう, 事実な, 二つある, 二つに, 二三町続い, 人手にか, 人通りなども, 人通りも, 今宵は, 今日は, 今泥棒, 仕事に, 他にも, 伝道の, 何処だ, 何百年も, 余計眼, 俚俗唱門が, 先ず占領, 兵火に, 内訌し, 出したの, 出て, 出來, 出来たの, 出来ました, 出来ロンドン, 分りません, 初めに, 判ると, 勤労者住宅を, 十哩一番遠い, 十数カ町相寄っ, 南北に, 参差として, 又大袈裟, 取って, 只の, 右手に, 合戦に, 唐津近在に, 商業都市な, 固まる, 在る, 埃っぽく, 堅く言わない, 変な, 夕陽丘である, 夜の, 大きくなる, 大川橋に, 嬉しがっ, 宛ら田舎芝居, 家は, 家も, 寂しくなった, 寂れて, 富倉町である, 富源として, 小さいので, 少くありません, 少し下っ, 少し引く, 尽きたところ, 尽きて, 尽きるん, 屋根並を, 川に, 帯の, 広くな, 広漠たる, 廣く, 建つて, 建てられて, 強っての, 当時の, 彼の, 彼を, 急激に, 恋しくな, 恋しくなるであろう, 懐かしくなつ, 戦乱の, 戦争で, 戦争と, 手つぎに, 手巾で, 押出して, 敵な, 敵の, 斜陽の, 新しく生まれ出た, 日影にか, 日本中の, 明るく人通り, 昔の, 昔風の, 昨日在った, 時ならぬ, 更に怪しん, 最も栄え, 最も美しい, 月毎に, 望まれて, 朝にな, 材木河岸で, 村に, 来そう, 来て, 東京から, 東京の, 栄えるにつれて, 横たわって, 正気を, 此方へ, 歩けやしない, 歩けるかって, 歩けるん, 歴然と胸, 死んだこと, 残って, 殘つたばかり, 殺された後, 殺された時, 殺したという, 殺したといふ, 気に入ってるん, 氣に, 水に, 水戸浪士に, 沈んで, 活気づいて, 海なら, 海岸を, 淺草の, 清掃し, 潤ふ, 潤へば, 潰れた, 潰れると, 澱んだよう, 火に, 火を, 火事だ, 灯に, 灰に, 焼き払われて, 焼けたその同じ, 焼け人, 燃えて, 燒けて, 物騒がしくなった, 物騒な, 狭いので, 狭隘い, 現はれました, 現れた, 現われて, 現在どんな, 生れましたところ, 町とは, 町猫の, 発展する, 発達し, 發達し, 白い煙, 皆の, 盡き, 目の, 目の下に, 直き, 直角に, 相当に, 眉を, 県へ, 眺められた, 石灰みたいだ, 確かに, 秀吉に, 私たちの, 私にとっては, 移って, 突然陥没, 立ちます, 立ったよう, 立った背後, 立つて, 立つの, 立派に, 筑紫氏に, 答へ, 紫色に, 続いた, 耳である, 聊か缺, 胸を, 腐敗し, 自然の, 船の, 苛めるという, 蒙った変化, 蘭軒医話を, 蛙の, 行けるよう, 行田羽生に, 衰微した, 裸体に, 襟を, 西を, 見えはじめたころ, 見えぼう, 見えまた, 見えまたもや, 見えら, 見えること, 見えるし, 見え出して, 見え出しました, 見ゆ, 言った, 訪ねる人, 譲り受けること, 變な, 谷間の, 象造られ, 買ったなんて, 走って, 起ちあがれば, 車窓の, 近いから, 近かった, 近けりゃほか, 近ければ, 近代的生活と, 近年建設された, 通って, 遊女屋町吉原の, 遙か, 遠いのに, 避暑地と, 里俗に, 間か, 間を, 間人家が, 関の, 関西に, 附ついた, 雑然たる様態, 離れたい, 雲と, 震災當時の, 青葉で, 静かで, 飛んでも, 騷然と, 黄表紙, 黒, 黒死病に

▼ 町~ (583, 1.5%)

9 いえば, なって 7 いっても, なる 6 なった, 呼んで, 村との 5 いって 4 云ふ, 書いて, 行かないうち, 言ふ 3 いう, いへば, 云えば, 住みたる人, 離れて

2 [44件] いうが, いうに, いうほど, いかねえうち, いふと, いふに, いふ所の, おなじよう, お絹, さまよって, すれば, その眺め, なかつた, なつて, なり二町, なり終に, なると, ラザレフ岬とを, 一緒に, 二丁目の, 云う処, 今井町との, 仲が, 同朋町の, 呼ばれて, 問う, 思えば, 接近した, 搜し, 書いた町, 松久が, 森の, 歩かずに, 田圃の, 申す者, 神田の, 言った, 読むこと, 諸聲, 逢引する, 違って, 隔たって, 雪の, 青物町と

1 [409件] ああ云う, あって, ありゃしねえ, ある, あるいて, あるが, あるの, あれどこの, いい一方, いい大門通り, いい村, いい近郷, いうから, いうからは, いうと, いうには, いうべきであった, いうほどの, いうより, いうよりは, いえども, いなかに, いはれて, いふをば, いふ所が, いふ所へ, いふ者に, いやともかく, いや隣, いわば目, いわれそう, いわれたが, いわれたその, いわれるだけ, いわれる急坂, うねりながら, えらびながら, えらんで, おなじ層, お米, かたまる傾, きいたの, くらべもの, ここらとは, この峡谷, さまよい歩いて, さも似, さらに二里, したという, して, しばしば転居, しょうてんがい, しようなど, そこの, そのしらべ, その付近十七カ村, その文化, その町, その界隈, それからかれ, たったそれ, たつたそれ, つらなった問屋筋, であった, どこも, ない処, ない沖合, ない目, なくつづい, なく立ち, なすに, なったに, なったの, なった変化, なりしばしば, なりながめが, なりました, なりまた, なり一, なり三町, なり佐久間町, なり儒者ふう, なり四五町, なり市, なり庭, なり柳橋, なり水谷町, なり番場町, なり神田川, なり鞘町, はいっても, ひた急ぎ, へだたったところ, へだたらぬ所, ほっつき歩いて, まったく性格, やつて, やら承候, よい港, よく似, よび六条, よぶの, わかつたの, サン・ドゥニ街とに, シャートーブリヤン町の, フリント市の, ポオル・ロワイアルの, ラザレフ岬との, リド, リンカンとの, ロメエヌ町との, ロンドンの, 一口に, 一町が, 一町ほどの, 七軒町との, 七軒町の, 三内町との, 下の, 下らぬ内, 下二番町は, 下宿と, 丘とを, 丘の, 両国とは, 両方へ, 並行し, 中の, 丹波の, 二つに, 云うこと, 云うご, 云うの, 云うタイトル, 云う小説, 云う所, 云ったところ, 云ったの, 云ったので, 云って, 云つた感じ, 云つてを, 云ふだ, 云ふも, 云所に, 云處に, 云處は, 五十三次徒歩で, 五町と, 五番町との, 交通機関が, 人出の, 人家の, 会社との, 似たところ, 佐久間町との, 何度も, 元箱根の, 児玉先生とに, 入海とを, 八五郎の, 其しらべ, 出て, 出戻りと, 出戻りとは, 判じたの, 刻んで, 動いて, 化した原動力, 化して, 化し円屋根, 北を, 十八年間を, 博物館と, 原田家の, 厩河岸の, 厩河岸へまでも, 反対の, 号すと, 吉岡家の, 同じくわたくし, 同じこと, 同じである, 同じよう, 同じ組織, 同様ふゆかいであった, 同町内, 同郡中, 呼ばれた, 呼ばれる新開住宅地, 呼びその, 呼ぶに, 呼ぶ名称, 呼ぶ郊外, 呼んだ, 呼んでも, 唱えて, 四谷の, 団子坂とを, 地図では, 報告した, 堺町との, 大呉服問屋, 大学前通りうちの, 大津町との, 妙に, 官省の, 家と, 寺町との, 対しオランダ商館, 封筒には, 小伝馬町の, 小川町が, 小樽の, 小田原町に, 小田原町柳原町と, 少し, 山一重越した, 山本実彦とに, 島田ほか二人に, 川とに, 川口町との, 左内町を, 市の, 平河町を, 思うほど, 思う所, 思はれる距離, 思へば, 思われるあたり, 想像が, 我々寧ろ, 戦って, 戰つて市に, 承りましたが, 改めてたん, 改名された, 改称する, 改称せられ, 改稱された, 新材木町の, 早く過ぎた, 曲り曲って, 曲輪五丁町の, 書いたの, 書き替へられたといふ, 木挽町四丁目と, 本石町と, 本石町とで, 杉原町の, 村とを, 村落と, 来ないうち, 東片町には, 松久の, 林町は, 案内者は, 横筋にも, 此の, 歩いて, 歩かないうち, 歩かない間, 歩かぬうち, 段々探しました, 比べものに, 江東地区との, 池の, 泪橋との, 浅五郎, 浅草の, 浅草公園とに, 浅草御門までの, 浜町とへ, 海が, 淡路町との, 淺五郎は, 漁師町と, 漁師町の, 無い位, 無駄に, 狐塚辺に, 猿ヶ石川を, 王宮に, 生玉表門筋から, 生野の, 田舎とでは, 田野と, 申しました今, 申しまして, 申し候方, 申すこと, 申すところ, 申す所, 申せども, 申ても, 申候處の, 町が, 町と, 町との, 町の, 町内が, 町家の, 畠一町を, 異り, 登らぬうち, 皆川町との, 相談し, 相隣っ, 真黒な, 眠ってる二人, 石町とが, 祇園, 祝町とを, 神月君とは, 私は, 称し其の, 称ふれ, 称ぶ, 移りあるいた, 移り変って, 稱し, 稱す, 稱する, 稱せらる, 続いた家々, 織り交ざって, 置きかえて, 聖ロツキユウス町とを, 聞いたから, 聞いただけ, 聞いて, 聞きて, 聞返すと, 背中合せ神田白壁町の, 自分の, 花巻町との, 荒川村との, 菊川町の, 蔵前に, 行かない中, 行人の, 表町の, 見える, 見るには, 見附の, 覚しき所, 言い交して, 言うとこ, 言ったと, 言った方, 言った淋しい, 言って, 言つたさうです, 言つても, 言ひ交し, 言へば, 言わず村, 言われて, 言われる男, 記入し, 註される, 諸声を, 謂つた, 赤坂の, 赤坂二ツの, 走るか, 距たらない, 距って, 載す, 近所の, 逃げないうち, 通り過ぎて, 通旅籠町の, 遊廓とも, 過ぎて, 道ぞいに, 道の, 道灌山の, 道行く人々, 違う, 違うはず, 違つて叱る, 違つて夜に, 遠い所, 郊外を, 采女の, 野麦と, 鈴木氏御, 鑛夫部屋とから, 附近の, 隆治さんと, 階級と, 隔たっては, 隔たつて, 隔たらない十王堂, 隔つては, 隔てない崖, 離れては, 離れない近く, 飯田町と, 馬喰町とに, 駆けないうち, 駆出すこと, 駈けて, 駿河の, 鷹匠町が, 黒田様の, 黒門町へ, 龜澤町ぢや

▼ 町まで~ (465, 1.2%)

13 歩いて 12 行って 11 来ると 10 送って 8 来て 7 飛びました 6 いって, 出て, 行くの 5 来た時 4 帰って, 行くと, 飛んで 3 つれて, やって来た, 一息に, 行かなければ, 買い物に, 買物に, 跟けて

2 [39件] いらっしゃると, くると, ついて, つづいて, 五里の, 伝わって, 出かけた, 出かけて, 出た, 参ります, 女の, 引返したこと, 彷徨って, 後を, 徒歩で, 持って, 明け切らないうち, 来た, 用事が, 続く道, 自動車を, 自轉車, 行くこと, 行くつもり, 行く途中, 行った, 行つ, 買いに, 買ひ, 踏込んで, 送つて, 通じて, 通って, 運んで, 酒を, 電車と, 飛ばして, 馬車で, 驅け

1 [270件] あちゃんとうしろ, あるいて, いくには, いっしょに, いったの, おしかけて, おろして, お出でを, お妙, お宮を, お糸, お送りいたしましょう, お遣わし, お醫者, かなり遠, かれは, きこえて, きたとき, きた時, ぐんぐんと, さえ出, さんぽに, すぐだった, ずっと行っ, たどり着いたの, たどり着きました, つづく広, つれもどして, てくてく歩い, では, のしたの, のせて, のを, ふらと, ほんの五六町, まだどの, まだ一里, まっすぐに, みまいに, みやげに, もどせ, やって, やって来たの, ゆき眼鏡, ゆき私, ゆく, ゆく埃, わが家の, わたしを, タキシを, ドライヴ, 一まわりし, 一人で, 一散に, 一方は, 一緒に, 一走りし, 一里また, 一里徒歩し, 三日も, 下肥ひきに, 乗り越して, 二人で, 二停留場か, 二十分ぐらいで, 二十里は, 二十銭, 二里の, 二里半その, 二里半十一時に, 二里半途中行乞, 二里為替を, 五時間も, 五里大島までは, 人力車にも, 人力車を, 人車に, 仕込の, 伝わった時, 伸ばして, 何度か, 使いに, 使に, 俥かえる, 倍の, 八五郎と, 八里の, 兵馬の, 出かけたこと, 出かけたもの, 出かけました, 出かけるの, 出たもの, 出なければ, 出るつもり, 出ると, 出れば, 出向かにゃ, 出掛けて, 勤めに, 医者を, 十三日には, 十二里です, 十軒あまりで, 十餘町, 千二が, 卸の, 参ったので, 参りまして, 參ります, 同行を, 同道いたし, 四人は, 回礼を, 圓タクを, 声が, 大急ぎだ, 寂しい宿駅, 少女を, 帰りつくこと, 帰るには, 帰るの, 幾許だ, 引いて, 引返したが, 引返して, 引返し四半刻, 往かなくては, 往くうち, 往って, 往復する, 往復とも, 急いで, 息を, 戻って, 托鉢に, 押しかけて, 押して, 暗い夜路, 曳いて, 最も殷賑, 最初に, 来たついで, 来たには, 来たら六時四十分, 来ても, 来なければ, 来るうち, 林つづきである, 格別の, 案内する, 案内を, 歩いた, 歩いたが, 歩いたこと, 歩いたと, 歩きまわるの, 歩き急, 歩く, 歩くか, 歩く間, 歸つて來た, 水の, 汗だくだく, 海岸線五哩の, 清元の, 溢れる行列, 無事に, 焼き払い二月, 焼け込んで, 燒き, 父が, 犬が, 用が, 用も, 用達しに, 用達に, 百マイル近くも, 立ち寄った上, 籐椅子を, 約二里, 約四里, 細々した, 続いた杉並木, 肉薄する, 荷を, 薬を, 藥取りに, 行かせること, 行かねえでも, 行きそこ, 行きそこで, 行きそれぞれお歳暮, 行きたる帰途, 行きながら, 行きました, 行きました姉様, 行きまして, 行き着いて, 行き着かないうち, 行くうち, 行くか, 行くから, 行くが, 行くなどは, 行くもの, 行くらしい若い, 行く筈, 行けない, 行けなかったので, 行けば, 行こうかしらと, 行ったから, 行ったやら, 行った甚吉, 行つたから, 行つたやら, 行つたら, 行つた車掌ちう, 行つて並ん, 行つて人を, 行つて兵糧を, 行つて戻る, 行つて朝鮮人蔘二三本買つて来, 行つて源三郎の, 行つて縛つ, 行つて置かぬ, 行つて見よう, 行つて見る, 行つて適當な, 行軍を, 見えるそう, 見学に, 見送って, 言って, 貰いに, 買いものに, 買ひものに, 買出しに, 買物が, 買物へ, 足を, 車を, 車力が, 辿って, 迎えに, 迎に, 迎へに, 送りましょう, 送り小, 送り届けて, 逃げ延びた, 通わねば, 進んで, 進入する, 運ばれて, 遣って, 頼むよ, 顏を, 飛んだ事, 馬を, 馳け, 駆けました, 駆け付けて, 駆け出した, 駆け戻って, 駈けた, 駈けました, 駕籠を, 駿河半紙を

▼ 町には~ (450, 1.1%)

13 いって 6 いると 3 いろいろな, たくさんの, 夜を

2 [25件] その日, そんな者, まだ市区改正, もう深雪, ビーヤホールが, 一度神田, 人の, 人通りも, 何の, 咽喉の, 城ヶ島の, 廓が, 彼の, 料理屋も, 木戸も, 灯が, 燈火が, 病院の, 祭の, 私の, 竹内さんという, 竹笊を, 非常に, 風すらも, 魚の

1 [372件] あったの, あばたの, あまり人も, ありませんからね, あるという, あれほど, あんな子供, いくつも, いってから, いってからという, いない, いなかった, いませんでした, いまでも, いま二三千人の, いま兵隊さんたちが, いられないん, いるところ, いるには, いるもの, いる時分, いろ, いッとき落日, うわさが, えらい医者, おらなかったの, お六所様, お火消屋敷, お父さんが, お菓子も, かういふ平家, かなり諸国, こっちでしょう, この野原, さいわい小さな, さして政策, しかし海水浴, すつかり, すでに火薬, そっちこっちに, その町, それが, そろそろと, たいていこの, たくさんな, ただ変化, だれか, ちゃんと旦那はん, ちらちら中学生, どうかね, どうしても信じられない, どこを, どの住宅, どんな人, どんよりした, なかった, なっては, なんの, なん百と, ぱったりと, ひつたら, ひと頃小山内薫さんが, ひどくモダン, ひりました, びこつた恐しい, ふしぎに, ほかに, ほとんど観る, ほんの數, まだだれ, まだわずかばかり, まだ人出, まだ往来, まだ怪しから, まだ昔, まだ朝霧, まだ桜, まだ雪, まだ電気, まったく人どおり, まるきり物資, むかしの, もう明, もう気, もう珍しい, もう軽い, もう雪, りっぱな, わずかの, ギャングとか, クロア・ド・コルバという, ジルベール以外一味の, ストライキの, ボロ石炭, レストランも, 一二年の, 一方に, 一番鶏の, 一種のきまつた, 七の, 三大, 不愉快な, 両国餅同, 九江や, 二三の, 二人づれの, 二十両と, 二十円で, 二箇の, 五丁目までで, 五臓円本舗大, 五里も, 井上監物吉田壹岐伊丹藏人高橋忠左衞門小河長五郎金出口には, 人が, 人出が, 人通りが, 人間や, 今も, 何かの, 何でこんなに乞食, 何となく清新, 何にも, 何千兩といふ, 來たです, 俺は, 元寇, 先例の, 入れた, 全く人通り, 八五郎が, 八戸の, 内地人が, 円タクは, 冬の, 出るが, 出前を, 初秋の, 初袷, 到る所, 勿論どの, 友染の, 古い城砦, 古代の, 同じよう, 名前が, 名物の, 吾家の, 土地に, 城壁といふ, 塀がわりの, 士が, 士族が, 売って, 外国人が, 多賀勘右衛門が, 夜の, 夜露が, 夥しい人, 大きな店構え, 大きな旅籠屋, 大六天, 大抵ある, 大矢場, 太鼓が, 奇怪な, 女中が, 女郎屋が, 好いこと, 妓楼や, 姉の, 子規居士も, 実際に, 家々に, 宿屋なんぞ, 寒い風, 寺田屋の, 小さいチェホフ, 小さな靴屋, 小供等, 小学校が, 小笠原様の, 小野田の, 小間物店の, 尼古来教会が, 尾芝という, 居たたまれなかった, 居づらい, 居ないって, 居なかったの, 山の下に, 山椒の, 山野夫人の, 川らしい, 川下祭という, 市兵衛も, 帰省兵が, 平井東堂らが, 平凡な, 平地という, 幸いに, 幸に, 幾軒かの, 当時ひところ外国船が, 往来の, 御所桜と, 必ず幾組, 必要から, 忠敬の, 急に, 怪我人が, 恰もカーニバル, 情景ふさわしい, 我等の, 所々に, 抱え車の, 持家が, 敵機の, 新婚の, 新屋敷の, 新島原, 旅館が, 既に乞食, 既に霧社, 日本では, 日本人留学生が, 旧い神社, 早い灯り, 明るい電光飾, 明治維新の, 昔から, 昔からの, 昔ながらの, 昔を, 昨日から, 晩に, 暮すまいと, 有閑夫人と, 朝十一時頃着きました, 材木問屋ばかり, 村社諏訪分社が, 来たですが, 来て, 東京の, 某楼が, 柳の, 柿の, 桜が, 横田君という, 歌舞伎座に, 正保という, 正坊, 正月の, 殆ど数える, 殊に屋敷, 毎日, 毎日の, 毎日一万から, 毎日霧が, 比良野貞固, 気が, 気違いが, 気違ひ, 水主たちが, 求友亭の, 江戸唄は, 決して見られなかった, 泊らないの, 泥んこの, 浜田家の, 清水稲荷が, 澤山間の, 濁った水, 火が, 灯がと, 灯のかず, 灯一つ見えぬ, 灯影が, 無いナア, 無数の, 熔岩の, 父が, 狭い関東, 生きてる者, 生首が, 甲府と, 町の, 町を, 疾い, 発生なかっ, 目明しが, 相当の, 真田弾正甘利備前守山県三郎兵衛城織部も, 眼を, 矢川文内らが, 矢張り樺火が, 矢張樺火が, 石順先生という, 石順先生といふ, 神聖な, 祭りの, 秋が, 秋の, 税金年額一錢を, 空気全体が, 綺羅を, 縁日が, 美しい家, 美守が, 聞かせぬが, 臙脂組北方には, 自動車が, 色々の, 芝居が, 若草の, 茶屋が, 茶屋旅籠が, 薄い夕立, 薄暗い雲, 藩の, 蝶も, 西洋風の, 見えたが, 見られぬ光景, 見る見る活気, 親しい男, 親戚知友が, 訥升が, 設備され, 誰も, 豆腐屋の, 貝がらだの, 貧乏な, 赤とんぼの, 足りないくらい, 足りまいと, 路地裏の, 踏絵の, 軒なみに, 軒なみショー, 輪の, 近いもの, 近所の, 近郷でも, 通った情婦, 遠い, 醫學の, 金持ちが, 鍛冶屋も, 長い歴史, 阿爺, 限らなかつた, 隙間なく, 隨分藪も, 雪も, 電気が, 電燈が, 電車が, 電車だって, 風の, 食物が, 飲食店が, 餅搗きの, 騒がしくて, 驚くべく多数, 高徳寺という, 髪を, 魔法使が, 黄なる, 黄ろい, 黄昏が, 黒い人影, 鼻を

▼ 町では~ (345, 0.9%)

7 ない 4 あるが, なくて

2 [14件] こんなこと, ときたま太陽, ないから, もうイワン, もう到る, バスの, 二棟借り, 国男が, 姉妹を, 彼の, 得難く中毒死, 暮の, 病院の, 自分の

1 [302件] あかりは, あった, あの宿, あまり目立たない, ありますが, ありませんか, ありませんから, あるけれど, あるけれども, あるまいから, いくらわめいた, いまも, いろいろな, いろいろの, おそらく市民たち, おまえたち母子を, お庄, お袖母子, かなり尊敬, かなり旧家, かなり面の, こうした記事, こうちぇが, このごろ, このごろ火の, この一ヵ月, この人, この山中, この御殿, この調子, この鑛山祭, これは, これらの, これを, ごあせん, ごあん, ごくわずかな, さう, さう多く, さかんに, さぞきれい, しょっちゅう六尺捧, しょっちゅう騒乱, すぐ相手, すべての, そう噂, その家, その時分, それらの, たいてい通っ, たった一つ, たれでも, だれからも, だれだ, だれも, ちょうど火の見柱, ぢめて, どういう音楽, どうしても落, どこの, どんど焼きが, どんど燒が, ないかも, ないが, ないという, ないの, なかった, なかったらしい, なくって, なく日本橋区和泉町, なく村, なささうだよ, なし, なし本, なれの, のれんを, まずシナ人, また遠から, まだ人心, まだ知らぬ, まだ馬鈴薯, まるで書生さん同様, みんなが, もうあの, もう一月, もう誰一人, もう豆腐屋, もう起き, もっぱら評判, もとそこの, やたらに, よく聞く, よその, われわれの, イタチや, キャベジ一つ一ペンスである, キャラメルを, ケチ兵衞で, チラチラ燈火, ネルを, パチンコの, ヒソヒソと, フラナガンという, メスの, 一同が, 一家揃っ, 一年越しの, 一流の, 一番という, 一週置き, 丁度朝飯, 万事が, 三人寄れ, 三星さま油町では, 下へ, 不安な, 両親スエ子と, 中尉ゼラールと, 乞食を, 人々が, 人々煙管の, 人家の, 人達の, 人間族が, 今も, 今年からは, 今晩何か, 仕方が, 仙太について, 伝手を, 何だろう, 何も, 何處の, 使わなくなって, 俗世の, 信長の, 兄の, 先ほどから, 光って, 全く見なれない, 八五郎が, 公然たる, 公然と, 出来ないので, 出水が, 判りそう, 利巧と, 十八の, 十八才以下の, 受洗希望者は, 名うての, 名士だの, 名題の, 向って, 呼びに, 咲枝が, 商売に, 噂した, 国府台の, 国男さんが, 国男一ヵ月ほど, 土人の, 土嚢の, 土蔵の, 堅いと, 塩が, 売れた芸妓, 夕景提灯行列が, 多数の, 多賀ちゃんも, 夜も, 大いに歓迎, 大きい唱歌会, 大変だ, 大宮さまお, 大尽です, 大評判, 大騒ぎが, 大騒ぎに, 大騒ぎを, 天秤棒を, 太郎かぜ引, 女陰を, 好まれて, 好んで, 子供たちの, 子供達が, 子供達の, 実にもう退屈, 実際たいした, 家中で, 宿へ, 寄ると, 實に, 小歌劇, 島民らの, 島民等の, 川の, 常設の, 幹部の, 店の, 弐十弐銭と, 弦歌の, 彼が, 彼に, 彼を, 彼女に, 彼女の, 彼家ばかり, 御殿を, 恐がられて, 恐ろしく優遇, 我党でなけれ, 戦災で, 戸を, 手が, 折角来られた, 押しも, 文房具屋に, 日本の, 旧大阪府庁舎, 昔から, 昨夜板女に, 昼は, 時ならぬ, 晩春頃から, 暮に, 有力者だった, 木賃の, 未だ電話, 様子を, 歌留多という, 殆ん, 永久に, 決して罪悪, 決闘は, 流行りだして, 浅草に, 漬物の, 火事と, 無いやう, 無かったらしい, 無論金, 煙草の, 燕の, 父母の, 獣医の, 甚しく, 白い紐, 百尺の, 相当に, 相当知られ, 相馬の, 知られて, 神経を, 祭礼な, 私の, 箕輪城趾の, 米騒動以来の, 終戰と, 縛られて, 老人の, 聞くこと, 育ち能らん, 色々の, 花火の, 花畠に, 芸妓一人の, 茶色の, 菅原孫市が, 薪の, 藤村の, 蚊帳を, 表へ, 見かけない山駕籠ふう, 見られなかつた色々, 見事な, 見出し得ない事, 覚平が助役を, 記念会が, 評判の, 誰でも, 誰一人お婆さんの, 誰彼を, 謝肉祭は, 警察の, 通り者であった, 逢へ, 道の, 都新聞を, 酒屋が, 銀子の, 離れを, 電気時計が, 青梅売の, 食事の, 食堂の, 馬蹄や, 駅を, 驛を, 鳴りを, 鹿児島の

▼ 町ばかり~ (249, 0.6%)

17 行くと 7 先の 5 下に, 先に, 歩いて 4 離れて 3 だ, 向うに, 行って, 西の

2 [13件] あると, であった, です, では, 上, 下って, 先を, 向うの, 往った, 手前の, 東の, 行った処, 隔った

1 [168件] あった, あゆみしに, ありやす, ある, あるが, ある円形, ある家, ある所, ある距離, いちめんの, いったとき, おりると, かけだした, きゃア, くだったころ, このみち, この溝渠, さきに, さきの, して, そして同じ, その坂, だえ, だと, で, である途中鍬, ですけれど, でとある, でなく全体, で唯, で堀川, で府立師範学校, で毎日入湯, で私, で道跡, なので, なるも, はやく絶崖, へだたって, まいりますると, まっすぐに, もう人通り, ゆくあいだ, 一目に, 上って, 上の, 上ると, 上流に, 上流には, 上流の, 下で, 下の, 下流水の, 中尊寺は, 伸したと, 余の, 俄然留り振返り, 先き, 先さ, 先でございます, 先へ, 全山樹, 出て, 前に, 前方を, 前途に, 北へ, 半十郎, 南の, 原の, 参ったところ, 参り候, 向う見ずに, 商家も, 地層の, 城の, 夢中で, 夢中で逃げ出し, 奥へ, 奥入, 尾けて, 山に, 山中を, 山手の, 山道を, 巖本, 川添に, 左に, 左の, 広い田圃, 引きずって, 引き下って, 引返した, 彼方に, 往来の, 後を, 御覽, 急いで, 我が家の, 手前でした, 手前どもと, 手前に, 手前にて, 散歩し, 来たる角, 来るほどに, 林の, 樹ぶり枝ぶり山毛欅の, 次の, 歩いた, 歩きたがると, 歩きました, 歩き怖, 歩く頃, 歩けますか, 歩むと, 泣きながら, 洲崎の, 流れて, 溯った処, 無言で, 登ったところ, 登りて, 粹な, 続いて, 行きける時, 行きしに, 行きそして, 行く間, 行ったところ, 行った百戸, 行つた, 行つて爪先あがり, 見廻して, 軌道なし, 軽い速歩, 追掛けましたが, 退けいろに, 逆か, 通って, 連れて, 進みますと, 進んだ頃, 進んで, 進入し, 道を, 遠くに, 遠ざかったよう, 遠のいた気, 野合へ, 間は, 間を, 降りますと, 隔たった所, 隔たつたらう, 隔たれる處, 隔だ, 隔てたる日本鉄道, 隔てた畑, 隔てて, 隔りたる, 離れし或, 離れたろう, 離れた後ろ, 離れた或, 離れた所, 離れた燒跡, 麹町の

▼ 町~ (221, 0.6%)

8 の本屋 7 を曲る 5 に立っ, を曲り 4 にある, を曲った 3

2 [14件] にその, に人, に在る, に現われた, に突っ, のところ, の向う, の方, へ来る, をまがっ, を右, を曲がる, を曲つて, を通りすぎる

1 [157件] から, からタクシー, からヒョイ, から兇器, から初, から呼び醒され, から四軒目, から消え, から現われ, から走りだそう, から降っ, が見えた, だったな, で, であつ, である青年, でおずおず, でさがし, でした, でじっと, でその, では薩摩藷, でふりかえる, でぽかんと, でまた, でも小さい, でゆくりなく, で一人, で中元, で二三人, で佇む, で出逢った, で反対, で咎められる, で堯, で妙, で始まった, で客, で待っ, で横一窓, で気絶, で熊吉, で男, で白地, で目撃, で立ちどまる, で若い, で見, で馬車, で鼻紙, とかに在った, と云わず, どんな埃, などで露店, にあっ, にあった, になっ, になん, にはビヤホール, には市街鉄道, には浄瑠璃語り, には見, にまた, に並, に二人, に佇ん, に停った, に出る, に吉観, に夜泣きうどん, に平屋建, に待たせ, に杯口屋, に果物屋, に某, に汲取車, に消え, に消える, に焼け, に立ち停まっ, に立て, に貼り出され, に車, に迎, に近所, に隠し, に隠れ, に駐車, のよっぽど, のカフェー, のタバコ売店, のパン屋, のビヤホオル, の一つ, の伊勢屋, の使い走り, の午後, の天賞堂, の小, の小さい, の屋根, の常夜灯, の彼方此方, の所, の月かげ, の様子, の歩道, の湯口, の煉瓦塀, の煙草屋, の聖母像, の育英, の自, の街燈, の街頭画家, の貼り紙, の辻, の鐘つき堂, の高い, の髪結床, の鰻屋, は神祕的, へかかっ, へ大釜, へ消え, へ行つて, まで参ります, まで歩い, も一杯, も町角, や木戸口, や都電停留場, や露路, をじっと, をつっきっ, をでも, をまがった, をまがり, をカーヴ, をヒョイ, を三つ曲つたの, を三つ曲つて, を中心, を何, を僕, を左, を強い, を曲がっ, を曲っ, を曲つた時, を曲りかけた, を武蔵, を番傘, を立ち去つた, を見つめ, を走っ, を雷門

▼ 町~ (210, 0.5%)

13 村の 10 村を 8 村へ 5 村で, 村に 4 村が, 村は 3 村, 村から, 都会を 2 シナ人町と, 人に, 十五町歩行く, 新東京, 暗い海, 村や, 農場や, 郡の

1 [136件] お前は, ききま, さうし, その町, その近く, それらを, たのしい生活, で同じ, はとばの, また今, キャバレーへ, バスの, ホテルの, 一つには, 一番町や, 七ツの, 三町の, 九段下の, 亀井戸や, 二十町の, 二合半坂の, 二町あれで, 二町屍体と, 五町の, 人々が, 人家や, 付近の, 会堂や, 六町位の, 利根川多摩川相模川なぞの, 加茂の, 北方の, 十二天あたり絃歌の, 十町の, 十町先へ, 吉原や, 地方に, 地方は, 地方を通じて, 坑道を, 大阪の, 室中を, 家や, 小径が, 小舟町辺の, 尾上河岸へ, 屋敷の, 山の, 山王大森海岸品川方面を, 峠を, 州の, 工場も, 市の, 広場を, 彼女の, 愛する友だち, 教会堂や, 新寺小路附近の, 新軽井沢, 早島町から, 木立など, 村かの, 村では, 村でも, 村と, 村にも, 村へも, 村も, 村落が, 東京で, 東元町の, 松永町まで, 柳の, 柳橋や, 桜山には, 横町を, 水に, 水を, 波止場を, 浅草麻布赤坂などの, 海や, 海外在留者は, 海岸を, 海辺の, 港の, 港を, 濠端一番町方面に, 灯や, 玉で, 田の, 町や, 町外れの, 界隈について, 番町あたりの, 目黒にだけ, 矢野町は, 祇園から, 祇園を, 祭りだ, 稽古屋の, 筋違ひまで, 組の, 肴町で, 芝辻町などにのみ, 荒磯は, 葉山の, 蔽ふ, 薬研堀あたりの, 蝙蝠人に, 蠣殼町の, 赤坂などの, 農村や, 辻, 辻では, 辻を, 辻辻の, 近傍の, 近在からも, 近所の, 近村の, 途ゆく, 郊外を, 郡からの, 郭の, 都に, 都會へは, 里近くへと, 野の, 野道を, 露地が, 露路裏や, 風物や, 飯倉片町の, 駿河台下で, 高遠と, 鳥居坂への

▼ 町ほど~ (187, 0.5%)

9 先の 8 歩いて 7 離れて 5 離れたところ 4 先へ, 行くと 3 向うの, 手前で, 行って

2 [15件] うしろから, 先き, 先で, 先に, 後から, 来た, 東の, 極めて平滑, 砂ほこりが, 行ったところ, 行った所, 距れた, 隔たって, 隔って, 離れた所

1 [111件] ある, あるそこ, ある道, いった浜辺, うしろに, くだるあ, ここに, こちらに, さきに, して, だと, です, では, で古, なれば, のぼりつめた右側, はなされて, ひとつ道を, へだたった長屋, むかふの, ゆくと, 上って, 上の, 上ると, 上流の, 上流を, 下に, 下れば, 下流の, 來る, 先を, 北に, 北へ, 向うだす, 向こうである, 向こうを, 左郡道差切新道と, 彼は, 彼方を, 手を, 手前まで, 手捜り, 日本橋の, 昼なお, 有名に, 来たが, 来たとき, 来た畠中道, 来てから, 来ると, 東に, 東海道の, 歩いた後, 歩かねば, 歩くと, 歩むと, 殖えましたが, 沖合に, 沖寅卯の, 淋しいは, 湖畔の, 町の, 町中へ, 登った所, 登って, 真直に, 祭の, 続いた高い, 脇に, 行き過ぎた頃, 行った左側, 行つても, 西で, 西に, 西の, 見送ったが, 観兵式じみ, 走ったが, 走ッ, 足りない, 距たった, 距った, 距て, 距れ, 退かしめた, 逃げた, 逃げた時, 逃げ越して, 連れ立って, 過ぎると, 道を, 遠い遠うい, 遠ざかって, 鎖駕籠を, 間隔を, 隔たった後, 隔たった来迎寺, 隔たりたるところ, 隔った, 隔てたところ, 隔てた東南, 離れたこれ, 離れたディクシイ国道, 離れた三河屋, 離れた下矢切, 離れた原, 離れた新築, 離れた沖合, 離れた谷間, 静かに, 鶩を

▼ 町という~ (163, 0.4%)

21 のは 12 ところに 6 のが, 町が 4 町の 3 ところで, ところの, ところへ, ところを, のに, 土地を, 町は 2 ところが, ところは, ものが, ものを, 停留場で, 処に, 娘の, 所に

1 [77件] ことに, ごときこと, その娘, ちょっとした町, ところから, ところだす, ところな, ところまで, なだらかな, のか, のかしら, のだ, のであっ, のです, のの, ふうに, ものは, んだ, ホンの, 上産地が, 不便な, 停留場が, 停留場の, 僧正ヶ谷には, 処が, 処で, 名が, 名を, 土地が, 土地の, 地名も, 外は, 大火に, 大通に, 女でしょう, 女に, 女の, 女中が, 如き統制関係, 妻を, 娘は, 字が, 小さい町, 小路が, 尼寺の, 屋敷町を, 市街が, 感が, 所で, 所の, 所を, 文字が, 方へ, 旅館間近の, 根津とは, 構え, 汚い俗称, 淋しい町, 火事なし, 片側町で, 田圃や, 町から, 町を, 町家という, 町防空壕という, 細民の, 細長い山陰, 者に, 裏づけが, 見当に, 観念が, 遊廓の, 間布き列ね, 静かな, 順序これを, 順序に, 高いガケ

▼ 町にも~ (155, 0.4%)

4 何か, 村にも 2 いた事が, ぽかぽかと, 一つの, 出でたり, 彼の, 折に, 病家も

1 [133件] あえて劣りますまい, あったこと, あまり多く, あらず本, あり, ありまっし, ありゃしないん, あり方々, あるか, あるから, あるが, あるの, あるわけ, あれば, いつか春の, うようよと, おおむね一戸以上, おかみん, かうした農村行事, かれの, この町, これと, さすがに, せよともに, そんなこと, たくさんな, たくさん患家が, ちょいちょい往く, とんとごぶさた, なって, なにかもうカビ, ならずに, また十字路, まったく人通り, もう可, よい仕事, ようやく春, わが東京, パチンコ屋が, フランスの, ベルリンよりも, 一箇所踊れる, 一面の, 不思議なる, 並木道の, 久かたぶりに, 二三度行った, 二三百万円の, 二人と, 五町にも, 人々が, 人かげが, 人の, 人は, 仲よしが, 伝わって, 住んだこと, 何となく夙に親, 何となく年暮げしき, 何等の, 何處の, 余る雪田, 元は, 先祖から, 出没する, 別れを, 前に, 及び他, 古い人, 古老も, 合って, 国旗が, 土地一統が, 城を, 多くの, 大内など, 女役者随分沢山, 少々は, 居づらく, 山沢にも, 平和は, 年の瀬の, 幾軒か, 徴発隊が, 戦争以来温泉療養所が, 掃除人は, 文句を, 既に幽か, 普魯西の, 桜の, 正保元年から, 此の, 比較べられる, 沢山は, 港にも, 灯が, 由緒めいた, 町の, 町布令を, 畑にも, 白い霜, 白太夫の, 相当に, 県の, 社交ダンスは, 社会健康保険制度が, 種々な, 美術商と, 艦載機が, 苔の, 行かないで, 行きました, 表通りは, 見えけれ, 見出す事, 親なき, 足らなくなったの, 足らぬ土, 足らぬ場所, 足りないそれ, 足りないと, 足りない散兵線, 造船中の, 遊んで, 達すること, 酒屋は, 長くゐたなら, 雪が, 露店が, 響いて, 響く大, 餘る, 高輪にも

▼ 町でも~ (148, 0.4%)

4 一二の, 相当の 3 指折りの, 評判の

2 [11件] ありませんよ, ある, なければ, 大に, 家の, 屈指の, 幾度か, 有名な, 村でも, 植木店でも, 歩いて

1 [112件] あった, あなたの, ありや, あるが, あわてて, いい子供, いちど見たら見た, いちばんの, いちばんひどい, いちばん人通りの, うろついて, お前さんの, お神楽, お裁縫, かなり大きな, こざいましょう, この大, この直, これ位の, こんなの, こんな風, さすがに, そうだ, たまには, だれ知らぬは, ちょっとこの, ところどころ窓, どんな心持, ない, ないこと, ない土地, なかった, なく人家, なく貧乏徳利, はた目には, まず中, また向う, もうベラ, ズット北寄りの, ズツと, 一ばん低まった, 一二と, 一番鶏が, 一里に, 二三番目に, 二十町でも, 二通りの, 人が, 先に, 八百屋の, 別に, 別扱い, 半蔵門寄りの, 可なり, 同様で, 名うての, 名の, 呼び男女, 商人は, 城趾から, 場末の, 売ッ子, 大きい店, 大分市の, 大変な, 大評判, 奴さん黒ん坊の, 好い顧客, 家は, 小さんと, 小田原でも, 年一どの, 広場に, 彼の, 往来の, 御座いませんけど, 戸長の, 掏摸で, 新任の, 春から, 最も宏壮, 最も美しい, 栗谷川家は, 正面から, 母子一ヶ月の, 毒蛾の, 比較的閑静, 流行妓の, 温泉町の, 町はずれには, 町会所から, 疎開学童を, 知らない者, 知られた旧家, 知られた顔, 私は, 第一流, 第三, 繁華な, 良家の, 葭町でも, 見に, 見られぬよう, 見御社, 訴え出, 評判な, 諭吉は, 豆腐屋だけは, 隠れの, 非常に, 魚類売り, 鷹助に

▼ 町~ (130, 0.3%)

4 のとある 3 では 2 でも震災前, にあった, に住ん, のある, の湯屋, はさらに, は殊に, まで差しかかる, もみんな

1 [105件] いづれも, からは昔, からも又, から出る, から本町三丁目筋, が円太郎区域, その前, だろうと, であったと, であるが, でしかるべき, でしたろう, で二十年, で妙, で母娘二人, で見かけ, ということ, と対立, にかかる, にこそ御, にその, にて鬻ぎ, には白首, にもぐっ, に事務員, に写生, に家, に小さな, に居りました, に散歩, に暫く, に朝顔屋敷, に玉突場, に白首, に真言宗, に移り, に閑居, に間借, のお, のこみ, の一, の事, の何某, の停留場, の刀屋, の博士, の去る, の問屋町, の地形, の奥深い, の往来, の御, の或, の手代, の掘割, の提灯, の木賃宿, の本屋, の本郷側, の武家, の溝, の濠際, の町人生活, の素人屋, の老若男女, の芸妓, の若旦那, の裁縫, の裏, の裏町, の裏通り, の赤黒い, の遊び風呂屋, の酌婦, の金物屋, の金谷, の電車通り, の駄菓子職人, の高等下宿, の魚肆, はどう, は今日, は十三日以来, は庭, は道路取り, へ屋敷, へ引越しました, へ用達, へ行っ, まで押寄せた, も三百年位前, よりこちら, をうなり, をお, をぶらぶら, を徘徊, を散歩, を流れ, を西, を見渡す, を走っ, を通っ, を通つて, を通りかかった, を通れ

▼ 町通り~ (124, 0.3%)

3 を歩い

2 [11件] である, でそこ, の古本屋, の夜店, の方, の方角, の角, の電車道, は電車, をその, を買物

1 [99件] から一寸, から二三軒南, から埋, から少し, から矢来神楽坂, がここ, が如何にも, だつたが, つまり江戸川, でその, でもなく, でも気がつかなかった, でタキシ, で何, で市中, で消防夫達, で遥か, にあった, にいる, には, には毎晩, には決して, には高坂弾正, にもぼく, にわあわあ, にポチポチ灯, に列, に名前, に向つた間口二間半, に土蔵造り, に大きな, に大丸, に小さい, に必ず, に沿う, に脇, に近い, に電車, ぬける春風, のある, のなか, の人混み, の其の, の写真, の半分以上, の古川町, の吉野屋, の向う角, の喫茶店, の大, の小間物屋, の年の市, の或, の熾烈, の片側, の空, の糸屋, の紙店, の繁華, の肉屋, の電車停留場, の露店, の高島屋支店, はもと, は何, は全体, は大門通り, は往来, へ, へやって来た, へ出る, へ唐物店, へ滑りこんだ, へ立ち退かせた, へ買物, まで引き返し, や, をひ, をまっすぐ, を三条, を下谷, を中, を人目, を動い, を取りまき, を境, を大, を左, を巻き, を帰っ, を梅園横丁, を横切る, を横眼, を焼き尽くし, を行き過ぎた, を見, を視, を通っ, を避け

▼ 町~ (121, 0.3%)

654 ということ 3 から, という, といふ, な 2 から博奕場, が今, そうだ, そうです, といわれ, のの

1 [82件] かに行く, からしろ, からそう, からその, からそれ, からなお, からねあの, からひじょうに, から何, から僕, から十行二十行位, から十行二十行位い, から家, から年, から昼間, から最近碁会所, から独特, から窓, から谷, から路, から遊び, かわからない, かわし, か教え, がそこ, がその, が中間小者, が土手三番町, が平地, が昔, が湯島門前町, が男, が百姓, けれど派手, けれど起き, し夕, ぜ, そうで, その辺, っけな, つてさうだ, といえるなら, といったら, といった待て待て, といふ氣, とか, とか下谷区上野, とか云っ, とか伊豆熱海町, とか牛込何, とか申しました, とは思はれない, と云つて, と思いました, と思う, と思えた, と思っ, と思つて, と教え, と見る, と言っ, と言われ, なと気, なんて仲, なんて教えた, なんにも見えない, のが, のと, のという, ものです, よほら, んで, ア, ッ, 何軒でも, 山あり, 昔の, 縄張違いだ, 繩張違ひだよ, 近藤の, 逃げ了せる, 金本屋といふ

▼ 町じゅう~ (108, 0.3%)

8 の人 5 の者 3 の人たち 2 でもっとも, で一番, に伝わり, に拡がった, のべたら, のもの

1 [80件] から駆り出された, が, がお, がひっくり返る, がまるで, がイルミネーション, が大, が戦時態勢, が死んでる, が緑, が赤い, が騒ぎ立てる, が魚, たいへんなさわぎだ, で大, で小馬鹿, にいろいろ, におい, にさらす, にその, にはびこる, にぱっと, にひろまった, に伝わった, に元気, に広がった, に振れまわった, に知らせ, に知れる, に磯, に聞える, に荷馬車, に触れ回す, に触れ歩くだろう, に雪どけ水, ねりあるきました, のあらゆる, のありがた, のいい, のいぬ, のどの, の世話, の人々, の噂, の大, の家, の家々, の少年等, の慈善家, の捨て, の火, の病人やかたわ者, の祝い, の笑草, の若い, の若者, の評判, の誰彼, の馬, はお祝い, は急, は戦慄, は沈んだ, へ散らばっ, へ知れ, もう彼女, も引っ, をうろつく, をねっ, を大次郎, を案内, を歩きまわった, を歩き回っ, を歩き廻っ, を混乱, を見物, 切っての, 探しても, 第一, 駈けずりまわって

▼ 町二丁目~ (93, 0.2%)

43 の伊勢屋 2 なる丁字屋, の河岸, の炭屋

1 [80件] かあの, から出た, で, であるが, ですがね, で薪炭, という所, と三丁目, と瀬戸物町, なる小, なる武藏屋長兵衞, なる武藏屋長兵衞夫婦, にあった, にある, にて彼質兩替渡世伊勢屋五兵衞方, に加賀屋四郎右衞門, に向かっ, に引っ越し, に架かりおる, に武藏屋長兵衞, に渡世, に着きました, に移転, に編入, に設, の丁字屋, の万, の伊勢屋五兵衞養子千太郎, の例, の兩替屋伊勢屋, の前原伊助, の名代, の呉服屋池田屋萬兵衞, の土塀, の塩原多助, の大, の大島, の家, の家主喜左衛門, の小間物店, の屋敷, の川口屋, の往来, の徳田石順, の惣右衞門, の方角, の本願寺裏, の松屋佐四郎下鎌田村, の横町, の横通り, の渋江塾, の琴三味線師, の肥前屋小兵衞, の自分, の袋物問屋丸屋六兵衛, の袋物問屋丸屋六兵衞, の裏, の裏通, の裏通り, の西端, の越前屋, の越前屋谷右衞門さん, の酒屋, の鍵屋, の阿波屋吉兵衞品川宿, の阿波屋榮, の高札場, へと飛びます, へ出よう, へ出掛けた, へ引, へ着いた, へ行っ, までくる, まで延焼, まで彷徨, まで歩く, も過ぎ, を焼き払った, を種々

▼ 町なる~ (87, 0.2%)

2 わが石田家, 本町通も, 父の, 片岡中将の

1 [79件] おもひで, お沢, その家, ぞ, と感づかれる, の帰路, ものを, わが家の, わたしの, アーミデイ家の, サイカチといふ, トラパーニ, ミニオオ父子商会の, 三味線弾き, 三次という, 上屋敷に, 上杉先生の, 下野屋方へ, 二つの, 光円寺の, 六右衞門の, 其別宅に, 加藤家の, 半四郎の, 右惣右衞門の, 吉野屋へ, 同人社の, 名主の, 坂町は, 城富の, 堀留より, 大學, 大橋文右衞門の, 大通の, 夫婦の, 小波先生の, 山内明邸へ, 山口惣右衞門の, 山口惣右衞門は, 山木兵造が, 巖谷小波先生が, 川島家の, 平右衞門方, 広津柳浪先生の, 後家の, 支配宮崎内記殿の, 斎藤瀏将軍を, 旅宿に, 日輪寺に, 旧吉原, 旧廬, 本念寺に, 杉田廉卿氏の, 松平左京太夫の, 某という, 某寺, 柳生の, 武藏屋の, 武藏屋長兵衞の, 油屋といふ, 油屋五兵衞の, 浅木様の, 溜池の, 甲州屋吉兵衞の, 白子屋庄三郎一家の, 福城可, 紙屑屋長八より, 自分の, 舂屋權兵衞を, 花房屋彌, 赤樫の, 遠山左衛門尉様の, 遠銀, 醫師の, 青年会館の, 青年倶楽部なり, 髪結い何が, 鰐淵と, 鰐淵といふ

▼ 町一丁目~ (86, 0.2%)

4 の方, の空家 3 の大 2 だけでも長唄, で公儀御用, と揚屋町, に住居, に約, の家, の裏店, の角, の越前屋

1 [57件] あのあたり, だったかに, で今度, で放送局, と上大島町, と刻, などという吉原遊廓, なる七右衞門方, なる陸尺, におられる, にて切首, にて此所, に住む, に住ん, に候, に借宅, に家, に生れた, に飛ん, の, のお, のテキスト, の住居, の出雲寺万治郎以下, の十六番地, の大黒屋徳右衞門, の川勝屋, の放送局, の暗い, の桜川, の横町, の深々, の町, の町医, の穀問屋金谷善蔵, の竹本駒吉, の続, の自分, の藤田, の詰番所, の詰番所傍, の路地, の辨天屋, の通り, の願人冷月, は四方, へは一, へ來, へ出かけ, へ小さい, へ移った, へ馳參, までくる, までは丁度, まで行き, より出火, 第六天

▼ 町三丁目~ (84, 0.2%)

4 の家主喜左衛門 3 を除い 2 から筋違橋, から靖国神社, で足, に杵屋, の御, の混雑, の長崎屋源右衛門方, は明治二十二

1 [61件] から傾斜, から右折, ちょうど吉良左兵衛邸, でございます指物屋, では, で質両替油渡世, と二丁目, と話, と通油町, なる長, にある, にいた, にて村井長庵, にも一つ, にも蒲焼, に住ん, に向, に店, に河童, に町醫, に端物, の, のある, のうなぎ, のその, の古い, の坂田屋, の堀端, の大和田, の小, の岡村由兵衞, の店, の指物屋岩吉方, の指物店山大, の播摩屋, の方, の方角, の書肆, の病家, の磯部, の老舗, の船橋, の芝居茶屋三河屋, の薬種問屋, の薬種屋, の裏店, の角, の近, の通り, の酢屋定七君, の間, の雑穀屋, の雜穀屋, の電車停留場, は来ない, へまわっ, へ到り, へ来, までという, までと言, 残らず本町通り

▼ 町~ (82, 0.2%)

36 れの 8 れから 5 れに 3 れまで, れを 2 へかけ, れには

1 [23件] から山裾, にも在り, に在り, に近頃, の, の光景, の大きな, の方, まで小児, まで戻る, らしい休茶屋, れ, れが, れじゃねえ, れであ, れでありましたが, れで桃, れで門前, れなる氏, れへ, れまでの, れ天満, を離れ

▼ 町とは~ (80, 0.2%)

7 離れて 2 無事に, 良い仲, 違った性格, 陸地を, 離れぬ小

1 [63件] ございません, ずっと昔, つい眼, ない, ない筈ぢ, ない處, ない資生堂, ない近いところ, なかった, なかつた, まるつ, まるで目, まるで違っ, 云い条, 云っても, 五里ばかり, 人家続きにな, 動いて, 勝四郎に, 勿論土部三斎屋敷, 南北に, 友達で, 反対の, 吉田松陰はじめ明治維新の, 名のみで, 四里ほどの, 大分間が, 大変な, 女官たちの, 山, 思はれないが, 歩かないうち, 歩けなさるまいその, 殆ん, 母である, 気が, 氣が, 河を, 片付いては, 登らぬ中, 直ちに町, 聞いて, 背中合せじゃ, 距たぬ, 距れない, 逼って, 違う方角, 違つて街道の, 遠い世界, 遠くなる, 遠ざかって, 間の, 隔たらない石垣, 隔たらぬ流れ, 隔たるまいところで, 隔って, 隔らない, 離れないところ, 離れない中六番町, 離れぬところ, 離れぬ上手, 非常に, 飛ばぬに

▼ 町あたり~ (79, 0.2%)

3 を塒 2 で嬌名, のある, の垣根, の芸者, の蔭間茶屋, をウロウロ, を歩い

1 [62件] からの帰りがけ, がい, がいい, が津軽, だろうと, だろうという, でいよいよ, ではその, では時々, でゾロゾロ, で乗換えなけれ, で今, で凍, で持金, で若い, にいる, にゐもり, に巣, に暮し, に此人, に流行っ, に火の見, に花, の下宿屋街, の両側, の借, の出動, の古道具屋, の呉服商, の夜更け, の大, の大名屋敷, の女, の娼家装飾, の小, の彼等, の新しい, の景況, の暗闇, の絃歌, の脂粉, の芸妓, の電車, はかっと, はどんな, はもと徳川時代, は広い, へまでも噂, へ出ました, へ宿, までその, までもおよんだ, までも灰, まで入り込んだ, まで来る, も騒がしかっ, をさんざん, を彷徨, を思い浮べ, を流し, を調べました, 同じ細くやにっこい

▼ 町~ (75, 0.2%)

3 何かが 2 それとも, どのこちら, 二町か, 何かの, 知らないが, 進んで, 離れて

1 [58件] あると, すこし奥, そこらの, それとも牛込, それも, どあたり, どのお, どのところ, どのぼんやり, どのみぞ, どのむこう, どのコンクリート, どの三庵屋敷, どの三方, どの交通整理, どの向う, どの向こう, どの巡査, どの電柱, ど屋敷, わからない, 一町半で, 一町半の, 一町半ばかり, 一町半も, 三町くらい, 二十町の, 二十町も, 二町目毎に, 二町走る, 五町の, 何か, 何ぞの, 何だ, 先へ, 先まで, 入った山, 千住の, 半町, 向うの, 川端あたりに, 引返して, 慶應大學の, 或ひ, 数里か, 敵は, 敵わね, 材木町かと, 林なら, 歩いて, 潮留橋あたりの, 爪先上りに, 祇園であろう, 角町かの, 近在かに, 遠いところ, 都市かの, 高井の

▼ 町役場~ (71, 0.2%)

4 の前 3 の書記

2 [12件] で二人, などがあり, の人, の兵事係, の収入役, の増山さん, の小使, の戸籍簿, の方, へでかけ, へでかける, を訪ね

1 [40件] からその, から一町半, から扶養料, です, でそんな, ではすぐ, で戸籍謄本, で格子縞, との間, なり駐, にて聴取, には高張, にも行け, に出, に出かけ, に出仕, に出入, に勤め, に持参, に立ち寄っ, に買, のお, の助役, の収入課, の吏員, の小松さん, の戸籍係り, の時計臺, の書類中, の横, の移転, の質素, の隣, へ引渡された, へ放そう, へ行っ, や警察署, を出た, デ近文アイヌ, デ道庁ニ願ヒ

▼ 町四方~ (67, 0.2%)

6 もある 5 もあろう 4 の地 2 に蚤, は避け

1 [48件] ぐらいの広, という石山御堂, になっ, にひろがる, に匂った, に匂つた, に土手, に拡がっ, に拡がり, に聞える, に蟠, に響く, の匂, の寺地, の方形, の木立, の滝水一升二百文, の火口, の町家, の真下, の緩い, の辻立ち, の間, の雑草, の霊魂, は一ぱい, は晝間, ばかりの墓原, ばかりの間, へ寄附, ほどのところ, ほどの三ツ, ほどの岩礁, ほどの高い, ほどを残し, ほど樹木, もあらう, もあり, もあるだろう, をそっくり, を代官原, を占領, を囲った, を平らげ, を焼いた, を警固, を邸内, 全く草木

▼ 町~ (66, 0.2%)

3 のお, の姿 2 であった, には好かれ, らしいお侠

1 [54件] が, が人波, が前, が少し, が従い, が長い, だの若い, だ歩いて, です, で少し, で提灯, で私, で美し, というわけ, と芸者, と言いたい, なぞで, なの, にはさまれた, にも会うだろう, に好かれ, に至る, のあたし, のやう, のよう, の可愛らし, の服装, の服裝, の知らなかつた, の美し, の衣裳, の風, の風俗, はそこ, ははいっ, はま, はままごと, は見識, は面, へ貝十郎, もゐる, も女給, やら許嫁, や若, や若い, や金春芸者, や雑多, らしい, らしい何時も, らしい小唄, らしく折, を御, を手籠め, 並びにその

▼ 町なか~ (65, 0.2%)

2 の公園, は危, を奈良坂, を歩い

1 [57件] この同勢, でくらす, でこの間, ですか, でない静か, ではむりよ, では他, では高橋さん以外, でひとごろ, でもこんな, でもない, で出逢った, で喊声, で焼け, で焼け残っ, ながら時たま, に, にあった, にある, にいる, に住ん, に姿, に河童, に置い, の一軒, の下宿, の仮, の古い大きい, の大, の寺院, の往来, の或, の此処, の灯, の病院, の空地, の花柳地, の野梅, の館, はたいてい, へひょっこり, へまぐれ込み, へも雷獣, へ出, へ来たら, へ駈け入る, まではいっ, もしみじみ, もやっぱりそう, も意識, をあるい, をかけまわっ, をさまよい歩い, を御, を歩む, を通る, を默つて

▼ 町より~ (64, 0.2%)

3 出火し

1 [61件] おっかねえと, ただ荒川一条, ましです, マツ一緒に, 一五八哩二海抜三二〇〇尺と, 一人汽車に, 一番町に, 一里をへ, 三時間かかり, 三里足らずの, 中の, 乾いて, 二本榎を, 二町大, 五丁程を, 京橋区新富町六丁目へ, 人々出で, 出火春木座も, 別府宍戸その他, 半里, 南に, 四品四十町正, 国男英男スエ子母上来, 外に, 大島町に, 天ぷら蒲鉾など, 失火, 失火し, 好い所, 安く遊ばせる, 少いやう, 山王御祭禮に, 左折した, 帰りに, 帰るとて, 平潟の, 従五位八町まで, 従五位八町までを, 御指図, 急なり, 朝六時吉野山のぼり, 本所元町に, 本所林町二丁目に, 東北に, 森下へ, 田原町迄, 町へと, 白拍子を, 直樣此方, 真先に, 祖母上来, 程遠からぬ, 竹早町の, 藤田古河邊へ, 車にて, 進んで, 道連に, 陶器の, 頂上まで, 須田町邊を, 高遠を

▼ 町へは~ (60, 0.1%)

2 はじめてです, 出ないし, 毎晩通っ, 行かない

1 [52件] あっしが, あつしが, いずれも, いつて, いるころ, いるとき, いるには, いる横町, かからない電話, かなりの, これを, どう往, なかなか充分手, ひつたら, ひつて, ひらうと, ふっつりと, まだよほどあります, まだ一度, ゆかずここ, ゆかれませんから, 一日の, 下村千秋と, 二日か, 何う往きます, 入つて, 出て, 出られない, 北上川の, 商売に, 四半刻ともか, 国が, 姿を, 寄附かれた, 小さな軽便鉄道, 帰れねえし, 引き返さずに, 弾正坂の, 急に, 戻って, 昨夜おそく, 毎日村から, 物騒で踏み込めない, 着いたの, 背中を, 行かずに, 行ったが, 近村の, 通知し, 遠い川水, 遠ざかって, 鰯を

▼ 町さん~ (58, 0.1%)

2 [12件] が来, が殺され, が生かし, が見えない, とやら, に聞く, の代り, の命, の姉, は居なさる, を助けた, を見つけ

1 [34件] が來, そんな大事, でいらっしゃいます, でございますか, でしたか, でしょうね, でせう, では失礼, で不思議, とかいう方, とかも褄端折, とか言, とどちら, と云う, と何方, と申し, どうも主人, なんかはらはら, に, には従兄, には從兄, のあと, の家, の泉, はさ, はそう, へこの, へどの, まア好く, も一口, よく存じ, よちょい, を貰っ, を貰つて來たん

▼ 町へと~ (58, 0.1%)

2 どこまでも, 向って, 巡り歩く, 殆ど三分もか

1 [50件] おそろしい早さ, ぐんぐん押しすすん, さしかかります, さしかかる, さ迷い歩くの, しじゅう往復, ぼとぼと出, まがりながら, ゆく, テクテク歩い, 三十分あまりも, 下りて, 伝わって, 伺候した, 出かけたの, 出かけて, 出発しました, 垂るみながら, 差しかかって, 引き上げて, 引取られ, 往った, 後が, 忍び行きフランスを, 忙が, 急いだ, 急がせた, 急ぎ行き, 急ぎ行湯屋, 掛けるに, 曲がって, 歩きましたが, 歩き出しながら, 歩く商, 歸りけり, 民主的に, 滑り込んだ, 焼けて, 移転し, 簇がり起つ, 行った, 走って, 越した, 送られしは, 連れて, 運びました, 里道を, 門を, 集まって, 鞭を

▼ 町~ (55, 0.1%)

7 のだ 6 んだ 4 のである 32 のか, のです, んです

1 [29件] のかしら, のかという, のだろう, のであった, のであります, のであろう, のでこの, のでさして, のでその, のでフンドシ町, ので一軒一軒, ので人家, ので入口, ので夜, ので大川端, ので年, ので誰, ので車夫, ので道幅, ので遲, ので雑誌, ので黒ン坊猿, のにその, のに今度, のに革命, んだらう, んでございます, んでしょう, ンです

▼ 町である~ (53, 0.1%)

4 ことを 32 から十時, がさ, が火先, ことに

1 [38件] かこの, かどう, からかへつて私, からこんな, からだ, からだろう, から私, が, がこの, がさすが, が岩室, が市役所, が昔, が町, が英仏租界, が連隊, が食封, ことが, ということ, という印象, とすれ, とは普通, と私, に過ぎない, のか, ので家禄, のに其処, カステルノーダリを, ツークーマンの, 上町と, 二番町の, 外貌に, 大きな家, 女と, 小出から, 山も, 幼時は, 朝早く

▼ 町にて~ (52, 0.1%)

1 [52件] ある者, おれに, かなりの, すみ子, アポロンの, 一水の, 人を, 人通少し, 今も, 何と申者, 俗に, 八十二間組の, 其頃評判の, 前出グイード, 千三百兩の, 午食し, 喜平次という, 売弘め候牡丹餅, 大坂屋七兵衞和久井五兵衞千塚六郎兵衞大圓寺自性寺其外寺院にて, 奪はれ, 家かり, 小名木川に, 小山内君に, 島田虎之助と, 嶮しき山の上に, 御用を, 拜領致れ, 昼食, 有名なる, 木下生, 松より, 毎夜深更に, 火柱立つ, 當時ポレンタ家の, 白米八斗に, 真綿ネルを, 祿亭事ドクトル大石誠之助を, 秋野屋と, 紙屑買を, 絶壁の, 職工と, 肉体を, 裏店を, 責めら, 責めらるる, 買いたる餅, 購ひ, 軍資金三千両を, 達す, 金の, 饅頭を, 鰻蒲燒

▼ 町かどを~ (48, 0.1%)

10 まがって 4 まがると 3 まがりました, まがるたび, 曲るとき 2 いくつも, まがりながら, 三つほど, 曲がって

1 [17件] あちこちと, まがったかと, まがったとき, まがりまがって, まがりまがり四百メートル, まがりますと, まがるとき, まがるの, グルグルまわっ, ヒョイと, 二つほど, 右に, 指さしました, 曲がったかと, 曲がったとき, 曲がるとき, 曲った

▼ 町です~ (48, 0.1%)

4 か, から 3 ね, よ 2 がそこ

1 [32件] からああ, からあたり, からお, からなん, からほんとう, からまだ, から人どおり, から和尚様, から御存知, から水, から警察, から鑛山, か麻布, が, がこの, が何処, が私達, けれど, しまして, ぜ, と口, と答えた, な, ねえ, ね静か, の, よず, 弁天通りと, 是非行きましょう, 是非行きませう, 橋が, 落ち附いた

▼ 町ほどの~ (48, 0.1%)

3 距離に 2 山道を, 間は

1 [41件] かみに, ところで, ところに, ところを, 丘の, 先を, 前に, 地は, 寒さ, 小作を, 山を, 幅に, 広さ, 御坊塚に, 所に, 手前まで, 暗闇を, 村に, 比良の, 民家な, 湿地灌木などの, 石段を, 砂浜が, 荒れ野原, 賑やかさは, 賤民おのおの党を, 距離が, 距離しか, 近所に, 速さ, 道が, 長い石段, 長さ, 間に, 間の, 間を, 間潮が, 間石甃が, 間隔を, 隔てしか, 雪道を

▼ 町全体~ (48, 0.1%)

2 の落ち着かな

1 [46件] から不浄, がかもし出す, がただ, がちょうど, がどう, がどこ, がひつくり, がズーッ, がパツ, が一つ, が何, が公園, が包まれ, が北向き, が地底, が好い, が断食芸人, が昔, が混乱, が生き, が石段, が祭, が青樹, が魚, としての集合美, なん, にどことなく, に勤倹, に同じ, に明るく, に流れわたっ, に深い, に渦巻い, に物憂い, のうち, のアトモスフィア, の上, の不名誉, の人間, の整頓, の神経, の雰囲気, は教会, も冬, を覆っ, を見守っ

▼ 町との~ (46, 0.1%)

9 間に 5 間の 4 間を 2 境で, 情景は, 間で, 非常門を

1 [20件] あいだに, あいだを, 中継ぎの, 交叉する, 交叉点に, 区別を, 取引, 喰ひち, 均衡を, 境に, 境ひ, 境まで, 境目に, 有様を, 町境に, 角で, 角まで, 鈴木が, 間から, 間は

▼ 町ばかりの~ (45, 0.1%)

2 大河あり

1 [43件] あいだを, ことだけ, このへん, その暗い, とある四辻, ところで, ところでした, ところより, ところを, ゆきかへ, 下流に, 丸い沼, 交番へ, 処に, 向ふ, 地面は, 坂を, 坦道を, 大池の, 孔林の, 宿の, 小沼の, 山中なる, 平野まで, 所に, 所も, 桑が, 水田が, 沖の, 湯田中という, 田畑を, 築土八幡宮, 裏町に, 距離である, 距離を, 道である, 道のりでした, 長さ, 間が, 間に, 間は, 間まるで, 間宛で

▼ 町~ (45, 0.1%)

3 の間, りの, りも, 行くと 2 の距離, りで大字川崎, り來, り行くと

1 [25件] で天神山, なり, にし, の間沢, もある, りではや, りで水, り下, り下った所, り下ると, り二人, り入ると, り来た時, り来ると, り歩いて, り離れた波間, り雪渓, り駆けて, り驅, 上ると, 下った後, 下りた所, 下ると, 行った処, 進んで

▼ 町までは~ (43, 0.1%)

6 ほんの一 2 一と, 一瞬の, 若い平次

1 [31件] かなり大儀, そんな近い, たった四里, ひと跨ぎである, まだ数町, まだ距離, まだ間, 一日がかりだった, 一続きと, 三里ある, 三里に, 二里も, 五里あまりも, 人家が, 何とかし, 僅の, 十五分以上かかります, 大きな山, 小一里, 少し距離, 市内電車に, 昇る時, 炎天干し, 約一里, 自動車で, 行くまいと, 行けません, 軽便が, 近い処, 道も, 遠かった

▼ 町奉行~ (42, 0.1%)

3 に任, の職, の配下

1 [33件] がこれ, が貧相, じゃない, であった大塩後素, という重職, としてはどうにも, として外国貿易, にて取調, になっ, になりすまし, にもないだろう, に就任, に榮轉, の下, の任, の使い, の各, の手, の牢, の現職, の職制, の轉任, の鍋島甲斐守, は懸案, は榊原主計頭, へ差立て, へ御, より長崎健山奉行, をぞ仰, をたすけ, を勤め, を苦患, 仰付

▼ 町~ (42, 0.1%)

5 行くと, 離れて 2 先の, 先方から, 行つた所の

1 [26件] ならば, 下った一軒, 下に, 下ると, 余計に, 來た, 先き, 先きで, 先で, 入込んだ高地, 北に, 引返すと, 徒歩する, 手前の, 来た時前, 歟, 歩行歸らば, 汗に, 登ると, 細い路, 行つてケエブルカアに, 西に, 隔たつて, 隔った, 離れた唐人川, 離れた野原

▼ 町~ (41, 0.1%)

2 が晴れ, にある, までも聞える

1 [35件] から姿, から裏掻, が見えない, きに, きも, きを, でこの, にあの, に迫っ, に陸地, に陸地近く泊つて, のもの, のよう, の上流, の大きな, の富川町, の榎, の海岸通り, の突き当り, の草, の荒物屋, はもの, は居, は灯火, は見えず, は見えない, へ神輿, へ行った, へ隠せるだろう, までやって来た, まで能, まで追い崩し, も五町先, も見えん, を見当

▼ 町河岸~ (41, 0.1%)

2 の空地

1 [39件] で, でうまう, での人殺し, で拾つた品, で見た, にあった, にいた, にいる, にはお, に住, に來, に立つ, に船, に艤, の, のあたり, の倉庫, の家, の本願寺境内, の材木場, の材木納屋, の潰れた, の石置場, の紫, の船宿小松家, へかけ, へと急ぐ, へ出た, へ帰っ, へ抜ける, へ置いた, へ荷揚げ, までは目, までやって来た, や隅田川べり, を兩國, を西, を通った, を難波橋

▼ 町四丁目~ (40, 0.1%)

2 だよ, のお, の松田, の湯屋, の越前屋

1 [30件] でうしろ, でしたが, と横山町三丁目, と相, には芸妓屋, に住ん, に戸川, に菓子店, のほう, の一膳飯屋, の久保田, の向う角, の大和屋, の大和屋三郎兵衛, の太田屋, の松本, の河岸地, の油倉庫, の油屋山崎屋與兵衞, の裏地, の裏町, の角, の軽焼屋, の辺, の郡代屋敷, は何処, までやって来ました, までやつて, まで八文字, を通る

▼ 町への~ (36, 0.1%)

2 して, 出入りに, 舗道を, 道

1 [28件] うつりかた, お手紙, カーブの, 使に, 俗に, 出口と, 堤道を, 大通りを, 帰り途で, 往復の, 往復眠, 往還を, 搬出を, 曲り角で, 用達しに, 街道だった, 買物にも, 路には, 近路, 途, 通りに, 通話である, 道すがら錢形平次, 道と, 道も, 道を, 道筋の, 鋪道を

▼ 町らしい~ (35, 0.1%)

2 人の

1 [33件] いろんなもの, お休所, ぞ桜, と思わせる, なかへ, の, ひとつの, 一種の, 世相を, 哀感を, 四ツ辻を, 場末などが, 小さな店, 形を, 情緒の, 感じを, 描写を, 新鮮な, 物音, 特異の, 狭い路, 男を, 町に, 町は, 町へ, 町も, 石だ, 端が, 處では, 行乞し, 親しみを, 趣きを, 趣を

▼ 町~ (35, 0.1%)

4 許りで 3 ほど先 2 の寺道, の間

1 [24件] ぐらいしかない, ぐらゐしかない, で休茶屋, といへ, のところ, の万代橋, ばかりある, ばかりだった, ばかり一度, ばかり地上, ばかり東, ばかり死身, ほどそうして, ほどで, ほど南, ほど歩ん, もあった, もある, も離れた, を燒, 七の, 四面程に, 四面程の, 許

▼ 町行く~ (34, 0.1%)

2 とそこ, ととある, と小, と平岡

1 [26件] か行かない, とその, とまた, ともう, とフト右手, と一棟, と上井出, と不意, と人影, と元来, と又, と叔父, と只見川, と大きな, と少し, と川, と左側, と懐中, と水, と河原, と法輪寺, と甚太夫, と谷山, と道, と駒込林町, 法印の

▼ 町からの~ (33, 0.1%)

2 帰りに, 往還を, 歸り, 終発で

1 [25件] つながりが, もの, ものなぞを, わたしの, ハガキを, 使いが, 使いで, 名指しでは, 報告が, 大火で, 客人とは, 帰りの, 帰り母親, 帰途桜田御門の, 彼の, 戻り道亡君の, 手紙, 手紙には, 支出される, 突き当りで, 終発には, 速達行き, 電話れんらくによって, 馬車は, 魚屋も

▼ 町ほども~ (33, 0.1%)

3 行くと 2 歩き出した頃

1 [28件] あと戻りを, ありそう, あるいたのち, あるの, するすると, はなれた磯ば, はなれて, 人々が, 先き, 向うに, 宝満寺の, 引続いた, 後から, 息も, 手前で, 普請の, 歩いて, 死骸を, 漕ぎ巡って, 白い土, 細径を, 話しながら, 走ったが, 走って, 距たっ, 距った, 距れ, 黙って

▼ 町~ (33, 0.1%)

4 にし 2 もあり, も続い

1 [25件] あさし, あるな, その一端, であった, というもの, と共に跟, にご, にわたって続い, に及ん, のあいだ, の下, の処真直, の川, の田, は上った, は上つた, また十字路, もある, もひらい, も南寄り, も往ッ, も持っ, も歩かね, も立ち, を擁し

▼ 町六丁目~ (33, 0.1%)

3 から小橋西之町, の大, の家 2 の娘殺し, へ文七元結, へ決して, へ飛びました

1 [16件] が燒, で彼, で急, で降りる, と福吉町, にゆく, に店, に着いた, に著い, の桜井屋, の桜屋六兵衛一家, の櫻井屋, の洒屋久兵衞, へかけ, へ暖簾, へ転座

▼ 町附近~ (33, 0.1%)

3 の村

1 [30件] から川下, がやけた, だと, だろうという, での好き, で演習, で自動車, に, にあの, にて捕はる, にて銘酒屋, に出る, に立っ, のそれぞれ別々, の人, の別天地, の家, の寺院, の木立, の材木置場, の準備, の爾, の葭, の野, は関内芸妓, へ多数, まで来かかった, もこの, を雨, 及び浦野館村一帯

▼ 町駕籠~ (33, 0.1%)

2 が役人, でしたか, にも車, を仕立て

1 [25件] がとおった, が一梃, が待ち構え, が森, だつて, でかえる, でしたため, でも精, でやっ, で乗込ん, で乘込, にもし, のやう, のよう, の垂れ, の影, は幾つ, をあご, をよびましょう, を急ぎ, を拾っ, を拾つて精一杯, を自分, を雇っ, を飛ばし

▼ 町からは~ (32, 0.1%)

2 なれて

1 [30件] お清書, かなり遠い, こんどは, ちょっと距離, なれた森, なれた野原, もう太鼓, モウ太鼓の, 三十キロも, 三羽烏の, 出て, 助力を, 十三キロ, 宮路山の, 折々彼, 昔の, 松明を, 毎日毎日ポン引が, 煙草屋が, 目と, 自動車で, 菰田家の, 藝妓が, 賑かな, 足踏みは, 近い安, 遠くへだたっ, 遠く自然, 遠く距つて, 間に

▼ 町といふ~ (32, 0.1%)

6 のは 2 ところに, 事に, 娘の

1 [20件] ところでし, ところまで, 十八の, 南海の, 名の, 名前で, 名前は, 土地がら花柳界の, 城下に, 場所で, 大層六づかしい, 娘は, 町に, 町名が, 町名と, 粹な, 薬屋許り, 處が, 處に, 駅に

▼ 町での~ (31, 0.1%)

2 生活を

1 [29件] ことであった, ことでした, たった一人, トニオ・クレエゲルの, 一晩の, 不評判にも, 事な, 公開講演の, 古顔だ, 唯一の, 堅い約束, 大きな時計屋, 大当りに, 布教は, 彼の, 心持よ, 忘年会に, 挙動が, 暮し勉強の, 武藏屋長兵衞旅籠屋仲間にて, 生活が, 稽古物と, 老舗でありました, 落雷は, 見聞です, 親類回りを, 話は, 陳述と, 飲み頭

▼ 町余り~ (31, 0.1%)

3 行くと 2 押し続けたら線路

1 [26件] ありまして, ある川, で山脈, というも虚妄, にし, の処, の山上, の山道, の嶮, の桜並木, はたしか, は続い, もあった, もある, もあるだろう, も山, も歩いた, も追掛け, も離れ, を持っ, 下ってから, 歩いて, 行きて, 行きますと, 行って, 長さ

▼ 町あまり~ (30, 0.1%)

3 の道 2 も歩いた, 歩いて

1 [23件] あるであらう, しか離れ, の所, は間隔, もあるべき, も引っ込んだ, も町, も落ちのびた, も行き過ぎた, も行った, も距, も追い立てられた, も退い, も逃げのびた, も遠かっ, も離れた, を若生, 戻つて, 歩かねば, 登りつめます, 走った時, 追いかけた, 隔たって

▼ 町へも~ (30, 0.1%)

2 のこ, 行った

1 [26件] あめ屋が, いらつし, これで, ずいぶん御無沙汰, どうやら伝わっ, どれ, ひびいて, まわらなければ, ゆきました, よく来たらしい, よらなかったので, 出かけなかった, 出なかつた, 出られない掟, 出ること, 参れませんの, 寄った, 店を, 来ないうち, 祇園へも, 立花屋へも, 行かないで, 行つた, 買物に, 近く月, 連れて

▼ 町時代~ (30, 0.1%)

1 [30件] から師匠, から関係, から飯田町, でも元日, にその, には大分老耄, には徐々, には神輿舁, に何処, に係つて, に撮った, に極めて, に激しい, のおどけた, のぼく, の一年余, の二階住居, の奴, の椿岳, の町長, の眉山, の飼犬, は児供, は市街, は翌, は近く, を回顧, を思い出した, を経, 迄続いた

▼ 町~ (29, 0.1%)

2 があり

1 [27件] および大門通り, で狭く, と区別, にて台湾生蕃人, にて図らず, には焼酎売, に書籍雑誌, のとある, の一, の両側, の乾, の古本屋, の呉服屋, の安, の方, の柳, の茂った, の草屋根, の裏町, の角, は両側, は広く, よ赤煉瓦, を三崎町, を界, を西, を過ぎ

▼ 町~ (28, 0.1%)

3 が狭い 2 の狭い, も狭く

1 [21件] がいつの間にか, がしだいに, が今, が何時の間にか, が狭く, が糸, だけの自動車, のだだっ広い, のまま, の川, の真, は広く, は概して, ひろく宏壯, も狭き, をすぐ, を一息, を埋め, を市街, を截っ, を持つ

▼ 町~ (27, 0.1%)

6 の雑賀屋 5 のお 2 の横町, へ出かけ

1 [12件] が潰れた, でお, にある, に女, のほう, の家, の輝き, の通り, ばかりでなく, へお, へ駈けこん, をつない

▼ 町近く~ (27, 0.1%)

2 続いて

1 [25件] でさまで, ではあまり, なって, にはほとんど, には善鬼垣内, にも一基, に張, のところ, の圃, の小学校, の百姓, の竹細工, の街路, の電車通, の高い, へ往く, へ来た, へ行く, まで真直, もある, もヂグザグ, も追いかけ, 下ると, 来た時分, 離れて

▼ 町とか~ (25, 0.1%)

1 [25件] あって, いってたから, いて, いろいろに, 七町とかの, 云ふ, 云ふところの, 人形町とか, 何とかへ, 向島押上町とか, 呼ぶ名, 塗屋町とか, 小千谷といふ, 弓町とか, 手仕事に, 白銀町とか, 箪笥町とか, 紙漉沢とかいう, 紺屋町とか, 西京とか, 言いましたねエ, 鋳物師町とか, 錦町とか, 鍛冶町とか, 鮫ヶ橋とかいふ

▼ 町とも~ (25, 0.1%)

2 距たらぬ

1 [23件] あるまい, いう, いうこと, いふ, え旅館離れ竹, それからうち, つかず村, ゆかぬ時, フランス人の, 何とも, 分らぬが, 区別の, 呼んだ, 新橋とも, 村とも, 無いところ, 知れない町, 知れぬ広大, 称んで, 行かぬ中, 見ゆるあたり, 進みません, 離れない仲通り

▼ 町離れた~ (23, 0.1%)

1 [23件] お湯へ, この地点, ちょうど主人, ところから, ところで, ところに, ばかりの今, 丘つづき, 乞丐横町の, 地点に, 山の, 山裾に, 左馬介光春は, 所に, 所へ, 松林の, 根本の, 海岸とは, 瀬の, 灯の, 田の, 葡萄園から, 農家の

▼ 町までの~ (22, 0.1%)

2 切符を, 定期乗車券も, 間

1 [16件] あの長い, こ, 予定を, 徒歩を, 旅先で, 短い間, 近みち, 途を, 道のりも, 長い電車, 間には, 間の, 間は, 間を, 間無, 電車の

▼ 町かどに~ (21, 0.1%)

4 一台の 2 身を

1 [15件] あった公衆電話, ちょっとしたあき, ひょいと人, へんな, 小麥藁, 来るたび, 消えて, 消えると, 異様な, 直立し, 立って, 自動車が, 赤いポスト, 車を, 運転手が

▼ 町すじ~ (21, 0.1%)

1 [21件] からはなれ, なの, にもう, に密集, に来た, に漂っ, に黒板塀, の共同水道, の寂しい, の平和, の荒涼, は見馴れない, は軒, へ外れ, をしらべた, をながめ, を右, を埋め, を母, を走り, を選ん

▼ 町なら~ (21, 0.1%)

1 [21件] いいが, どこでも, ばたちまち, ばどうせ, ばわけ, ば吊橋, ば町, まず往来, まだしもだ, ドブ渫い, 上は, 例の, 僕の, 四谷の, 恰度好い, 町で, 町を, 町人は, 私は, 裏鬼門だ, 逢初橋へ

▼ 町木戸~ (21, 0.1%)

2 をあけさせた

1 [19件] からほこり, がうるさい, がふやされ, が開い, で咎められた, と自身番, に訊い, の大, の無い, の番屋, の裏, の閉される, の閉まる, やなに, より片側, を通, を避け, を閉め, を除けろ

▼ 町ばかりも~ (20, 0.0%)

2 並んで, 進んだ時

1 [16件] あって, のぼったところ, 引込んで, 往った, 歩いて, 歩くと, 河岸に, 続いて, 行きて, 行きますと, 走りけむ, 足を, 道案内を, 違つた方何へ, 邸町を, 離れたハチヤ

▼ 町~ (20, 0.0%)

2 だと, のもの

1 [16件] あるねと, ですけれども, で利く, なもの, にはなる, の先, の小さな, の広, の広場, の運動, の間隔, はなれた, は歩き, ゐなら泳げるのよ, ゐの, 飛ぶそう

▼ 町からも~ (19, 0.0%)

2 村からも

1 [17件] えらいの, こつちで, また近村, よく見えた, 中の, 加勢の, 医学士を, 召集され, 可成り離れ, 富士の, 本道を, 東京に, 森の, 生徒が, 聞こえて, 誰も, 遠く離れ

▼ 町しか~ (19, 0.0%)

3 ない 2 ない村, なかつた

1 [12件] ありませんからね, ない小城, ない所, ない細長い町, なかった, はなれて, 植へ, 無いと, 距って, 距れ, 隔たらぬ坂井, 離れて

▼ 町だの~ (19, 0.0%)

2 新富座だ

1 [17件] およそ由良, 人間だの, 伏見町だの, 住吉町だ, 四谷だの, 境町だの, 壁辰だ, 木場だの, 槍町だの, 畳町だの, 百四十四夜だ, 盛り場も, 紺屋町だの, 職人色に, 鞘町だ, 餌差町だ, 麹町の

▼ 町~ (19, 0.0%)

4 の木戸 2 が過ぎる

1 [13件] からずっと, から住吉町口, から左, が見えた, と四方, にかたまった, には加藤図書助順盛, に木戸, のあたり, へみずから火, へ出, まで殺出した, をとおった

▼ 町方面~ (19, 0.0%)

2 それからそれ, の火勢, の状況, の避難者, はおそらく 1 と学校, に向いたる, に巣食つて, に明るい, に火事, の店印, の煙, の煙り, へと歩い

▼ 町以上~ (18, 0.0%)

3 の地面

1 [15件] ある被害区域, にたいへん, に整つた宿場, に達する, のもの, の中, の列, の女房, の新規, の距離, もありまさア, もある, もおくれ, も下, も籠

▼ 町くらい~ (16, 0.0%)

1 [16件] きてから, だ表書き, でしかも, なもの, 先の, 前で, 手前で, 東山稜を, 歩くと, 登ったところ, 続いて, 行って, 進んで, 遡って, 離れた向う, 離れて

▼ 町~ (16, 0.0%)

2 も来, 持って, 行った方 1 ぬきや, のみ嶮峻, もどこさ, 出たついで, 出て, 行くが, 行く時, 行ったよ, 行ったら魚屋, 行って

▼ 町さき~ (16, 0.0%)

2 の畑

1 [14件] のポスト, の喫茶店, の地主, の宿屋, の巖, の曲り角, の森, の樹, の農家, の通り, の里見亭, の麓, へおりた, まで野武士勢

▼ 町じゃ~ (16, 0.0%)

1 [16件] ござんせんか, その噂, ないか, ないぜ, ないの, ねえか, ねえぜ, まだ陽, ア有りません, ア見かけた, ザラな, チャンランチャンラン今時は, 私も, 見たこと, 誰も, 青い草一本ロク

▼ 町五丁目~ (16, 0.0%)

1 [16件] から六七丁目, でしょう, で町医者, なる明星發行所, にあり, に借宅, に兵学教授, の三河屋, の佐久間象山, の小泉, の早瀬主税, の本屋会所, の毛布問屋恵比寿屋吉兵衛さん, の親類共, は森田勘弥, まで行き

▼ 町五十七番地~ (16, 0.0%)

6 より廣島市猿樂町鈴木三重吉 3 より廣島市江波村 2 より本郷區彌生町三番地小林, より本郷區臺町福榮館鈴木三重吉 1 に寓居, より山口縣玖珂郡由宇村三國屋鈴木三重吉, より本郷區臺町二十七番地鳳明館中川芳太郎

▼ 町~ (16, 0.0%)

1 [16件] から来た, から調査, から警視庁, と協力引續, に命, に検挙, に留置, に頼まなかった, の司法主任, の巡査, の巡査二人, の留置場, へと護送, へ密告, へ訴えた, へ麹町署

▼ 町行き~ (16, 0.0%)

3 の電車

1 [13件] て大, となった, になつ, のもの, のバス, の二等切符, の切符, の終列車, の貨物電車, は一番バス, は予定, を思い立つ, を迫っ

▼ 町であった~ (15, 0.0%)

1 [15件] かあそこ, かという, かのう, から十一時半ごろ, がその, が京橋, が今, が弟子, ことだ, と書い, のです, ので恥しかっ, アテナイである, スネズに, 先師三矢重松先生の

▼ 町であり~ (15, 0.0%)

1 [15件] あるところ, ながらしかも, またヴォルテール, もう訪れる, パリなら, ベルリンなら, ローマなら, 何の, 夕刻の, 女の, 彼が, 悪く言, 町の, 翌日は, 農村であり

▼ 町として~ (15, 0.0%)

1 [15件] うっちゃっては, この, これを, ゐる, 出発し直し, 名高い所, 当然の, 復活する, 心元ない, 愛して, 昔の, 此れ, 海岸には, 見れば, 開かれたので

▼ 町~ (15, 0.0%)

2 に沿

1 [13件] にもある, にも京, の一行, の人人, の家, の有志, の間, はしばらく, は此川, は気, は氾濫, は育てられた, を経

▼ 町風呂~ (15, 0.0%)

3 へ行く 2 の湯女 1 でさ, などのある, の二階, の広々, の廣, は早くから, へ行, へ行っ, へ行った, へ行つて碁會所

▼ 町~ (15, 0.0%)

2 を飛ばし

1 [13件] が二つ, が五, が来たら, ではない, で飛ばした, に舁がれ, の垂れ, の後, は山の手, へ乗った, へ身, を眼, を見つけ

▼ 町界隈~ (14, 0.0%)

1 [14件] であの, の, のある, のもの, の他, の寄席, の沢山, の犬, はまだ, は一品食堂, は古い, までは距, やら旧, や基督教界

▼ 町~ (14, 0.0%)

1 [14件] が戀, ではあこがれる, では四月末頃, とかにて紙屑買, にいつ, に住居, に遷つたの, の人一人正忌日, の夜見世, の屋敷, の狹, の若旦那, をいふ, を忍び

▼ 町その~ (13, 0.0%)

1 [13件] とほり, びしょ濡れさ加減思うべし, ほか浪華三里の, 中が, 先の, 前が, 地勢及び, 外処々の, 字外目は, 手前の, 物が, 路次が, 頃の

▼ 町よりも~ (13, 0.0%)

1 [13件] かく申す, きれいな, ずっときれい, ずっと遥, なんとなく気持ち, もう五度, やっぱり僕, 四ツ木の, 宝石よりも, 未だ三四里山奥, 美しい町, 近在回りを, 高く天心

▼ 町~ (13, 0.0%)

3 園町の 2 園町一丁目に, 追分 1 園町, 園町その他の, 園町で, 園町なる, 柳町横山町馬喰町, 柳町薬研堀町等々互ひ

▼ 町工場~ (13, 0.0%)

1 [13件] での若い, でも人, につとめる, の会社, の小, の沢山, の窓, の製品, の親爺, をたずねました, をもっ, をやっ, を転々

▼ 町~ (13, 0.0%)

4 を訊い 1 か此堤, と商売, は, は知りません, は覚え, を委, を書記し, を言っ, を言つて

▼ 町などは~ (12, 0.0%)

1 [12件] この呉服聖, ずっと下, 九死に, 九死一生の, 人少なで, 其儘地名と, 夏日海浴する, 彼等の, 旧江戸宿, 泥濘に, 火事に, 飛火を

▼ 町について~ (12, 0.0%)

1 [12件] いました, きっと思い描い, わたしは, 宿屋を, 往来で, 柳橋を, 流れて, 特に以前, 田添と, 言つても, 記すこと, 門の

▼ 町へでも~ (12, 0.0%)

2 行って 1 いって, たのみましょう, 出て, 出られさうな, 繰込もうという, 行くよう, 行ったよう, 行つて日頃の, 買物に, 遊びに

▼ 町住居~ (12, 0.0%)

2 をし 1 して, だから, だった, などをした, などをなさろう, の看護婦, の身, は結局, をいたします, をした

▼ 町~ (12, 0.0%)

1 [12件] では憲法発布, にあった, にぞくした, に三座, に住ん, に押され, に沿っ, の向う, の子供等, は一ぜんめし屋, は紐屋, へ出はずれかける

▼ 町~ (12, 0.0%)

1 [12件] 伝馬町人形町茅場町八丁堀新富町築地汐留と, 伝馬町人形町通り大門通りといった, 伝馬町馬喰町鞍掛橋旅籠町などは, 判事二町博士一町六段史生六段の, 千賀, 地震津浪の, 宰帥十町国守は, 尻丸の, 工藤左衛門の, 建設ヲ, 禅寺に, 雪渓に

▼ 町廻り~ (12, 0.0%)

2 の手 1 かなア, が来た, に何度, のほう, の役人, の青木功之進, は五里四方, をした, 私は, 私自身車上から

▼ 町~ (12, 0.0%)

2 奉行所より, 組屋敷の 1 台所町妻恋町一帯に, 宅の, 役場裏の, 牢内に, 牢屋へ, 牢門前から, 臺所町妻戀町一帶に, 類焼の

▼ 町足らず~ (12, 0.0%)

2 の距離, の間 1 ずかずかと, で非常, のこの, のところ, の歩行, の近, の通り, 行くと

▼ 町~ (12, 0.0%)

2 でうめき 1 から辻, で軒ば, という町辻, にある, の郵便局, の風, はすべて, や町全体, を裏, を踏みたがえる

▼ 町この~ (11, 0.0%)

2 町, 町と 1 国更に, 川と, 村も, 町は, 町ローマ人の, 町今は, 辺は

▼ 町それ~ (11, 0.0%)

2 は無抵抗 1 から青山, とあの, に接近, に空気, はたいへん, はまったく, をたどれ, を小, を抜ける

▼ 町だった~ (11, 0.0%)

1 [11件] かでも査公, がその, がそれ, がまだ, と六郎兵衛, に相違, ね, のです, ので彼, まだ日, んです

▼ 町っ子~ (11, 0.0%)

3 と遊ん 1 とお, となる, なんかとお, に混, の気儘, の渇, の群れ, を近々と

▼ 町つづき~ (11, 0.0%)

1 [11件] とかなた, になっ, になつてしまつて, になり, に駒形, の博多福岡, の安代, の星空, の鈴木町, へ出る, 軒つづき

▼ 町一番地~ (11, 0.0%)

2 といふところ 1 と書いた, にある, になつて, に家, に移った, の一角, の角地, は両国界隈, へ移転

▼ 町三番町~ (11, 0.0%)

2 にあった 1 で泰平真教流, に住まつ, に住ん, のお, の実弟, の屋敷まち, の旗本土屋多門, の父母, の自宅

▼ 町人体~ (11, 0.0%)

1 [11件] が三郎兵衛手代, なの, にし, に姿, に紛らし, の大地, の未知, の男, の若い, の若者一人, は思い出せない

▼ 町歩い~ (11, 0.0%)

2 てから 1 てからお, てからその, てから持っ, ては一休み, ては休む, てまた, て引返す, て行, て道端

▼ 町~ (11, 0.0%)

1 [11件] と屋敷風, な様子, にはなり切れぬ, に内輪, に髪, に髮, の女, の嫋女, の男, を見, 又は千束町式

▼ 町そのもの~ (10, 0.0%)

1 が外, が廃れた, が恐るべき, といひ, に溢れ, の気分, の眞, は案外, もよく, を黒く

▼ 町だけ~ (10, 0.0%)

1 あつて, あると, だった, だつた, であと, では, で大門通り, 賀美村の, 通はたご町, 離れて

▼ 町でした~ (10, 0.0%)

2 が家主 1 からね, から成るべく, がいま, がその, が一同, ね, の, よ

▼ 町などの~ (10, 0.0%)

1 それとは, 仕事で, 名も, 懐古的な, 町家が, 芝居に, 遊廓で, 郊外住宅地に, 間を, 階級は

▼ 町なれ~ (10, 0.0%)

1 ども歸, ども砂石, ども規則正しき, ど丸, ど宿屋, ど智慧才覚, ば, ば家数, ば尋ね行き, ば河水氾濫

▼ 町付近~ (10, 0.0%)

1 が市区改正, で釣れる, で鱸, についても或は, の山地, の山林, の川倉, の素人下宿, までネギ, も田園地帯

▼ 町何番地~ (10, 0.0%)

2 のどの, の何 1 だったかね, だつたかね, というの, とかのぼく, のだれ, の何さん

▼ 町女房~ (10, 0.0%)

2 にし 1 が完全, でした, のいで, の姿, の感じ, の神經, らしいもの, を演ずれ

▼ 町芸妓~ (10, 0.0%)

1 がキス釣り, が匂う, だ, だったという, になった, にもならず, の袂, の身請, は葭簀張, をし

▼ 町行った~ (10, 0.0%)

2 所に 1 あたりに, ところの, 先の, 処で, 処に, 時うしろの, 清島町の, 頃四辻へ

▼ 町行乞宿~ (10, 0.0%)

10 は同前

▼ 町~ (10, 0.0%)

2 りも 1 から作つて, の田, の田地, の耕地, も宅地, りなる我が家, りに, りの

▼ 町ある~ (9, 0.0%)

1 かと聞け, かもわからぬ, から急かず, ことを, という, な, んだ, 小川まで, 田地です

▼ 町ごと~ (9, 0.0%)

1 に一つ, に各戸, に小屋, に常備, に捨てられ, に村ごと, に玄米五斗六升, に町数, の木戸

▼ 町ぜんたい~ (9, 0.0%)

1 がだんだん, がようやく, が竜宮城, にかけわたす, にもや, を受け入れ, を右往左往, を引っ掻き廻す, を押しつけ

▼ 町ばかりに~ (9, 0.0%)

5 して 2 なるに 1 せまって, なった時

▼ 町まち~ (9, 0.0%)

1 がつた文明, で音楽, に流行, の野次馬, へ恥, までがほのか, をひきまわす, を当て, を芸

▼ 町一帯~ (9, 0.0%)

1 が住居, に網, の屋根, の材木置場, の谷そこ, は住宅地, は方角, を張りました, を指すらしく

▼ 町地先~ (9, 0.0%)

2 を経 1 からさらに, で破間川, にてこの, にて岐, に至つて, の冬, の鬼怒川

▼ 町小町~ (9, 0.0%)

5 と言 2 のお預け 1 と言われた, と謳

▼ 町屋根~ (9, 0.0%)

1 から数町東, がなお, が望まれる, に降っ, は一望瓦礫, は木の間, も見え, をじいっと, を黒

▼ 町平河町~ (9, 0.0%)

1 だと, とかのお, にあった, に住ん, に住居, の御用聞, の村井長庵, の町医長庵め, の自宅

▼ 町~ (9, 0.0%)

2 に立て 1 にぼんやり, に一, に建てたる, に石碑, に立つ, に鉄砲, に風説

▼ 町~ (9, 0.0%)

2 へ行かない 1 にばかり這入りつけた, にゆく, に入る, に行った, の台, へ出かけました, へ行つた歸

▼ 町~ (9, 0.0%)

1 から野, で唄っ, には太鼓, には限らなかつた, のド, の口利き, の隅, を歩き, を見

▼ 町絵師~ (9, 0.0%)

2 の功績, の方 1 が版下絵, でありました, ではある, とかききました, になり切っ

▼ 町芸者~ (9, 0.0%)

3 が冴えたる 1 お秋, ともつかず, の一人, の家, の流行, らしい英雄崇拝

▼ 町行乞~ (9, 0.0%)

1 うれしい事, しぐれだしたが, そしてどし, そして滞在, それから門川, とう, もう文, 或る, 時々気分

▼ 町離れ~ (9, 0.0%)

1 て, ている, てひとり, て少し, て眺めた, て石高, て行っ, て行つたつて匂ひで, て車

▼ 町かどへ~ (8, 0.0%)

1 いそぎました, いって, かけだしました, かけつけて, くるたび, 来るたび, 消えて, 走って

▼ 町ぐらい~ (8, 0.0%)

1 あるネ, その広大, であるが, でまるで, なもん, また引返さなけりゃならない, 下の, 進んだところ

▼ 町~ (8, 0.0%)

3 えやってくんねえ 2 え行っ 1 え行きゃ, え行くだ, え行った

▼ 町そこ~ (8, 0.0%)

1 から左, から河, にある, にもかしこ, にわたし, に大きな, の夜桜, は高崎

▼ 町だけに~ (8, 0.0%)

1 あって, おもしろさ, それは, まア小間物, 二十何カ処の, 朗らかに, 神田区上町との, 規模は

▼ 町~ (8, 0.0%)

1 や, やお, や家, ゆうが, ゆうにはか, ゆうに火, ゆうを, ゆう施療彼是

▼ 町とを~ (8, 0.0%)

1 つないで, 一瞬間に, 往復する, 描かせたもの, 焼き払って, 砲撃し, 連接した, 連絡す

▼ 町なみ~ (8, 0.0%)

1 から消され, だとても, にかげろう, にヤマサキ洋装店, の姿, の氷燈, は古い, を外れ

▼ 町において~ (8, 0.0%)

1 代々彫刻を, 危いところを, 少なくとも一, 春機発動期に, 殊に色, 目付の, 竹光なりとも, 要撃し

▼ 町をも~ (8, 0.0%)

2 包含する 1 去って, 岸本をも, 疾過て, 立ち去ろうと, 超える大盤石, 過ぐ

▼ 町アパート~ (8, 0.0%)

2 の明智探偵事務所 1 という高級アパート, にありました, のほう, の二階, の探偵事務所, への道順

▼ 町中納言~ (8, 0.0%)

1 が泰山府君, とし, の逸話, は俊成, は入道信西, は泰山府君, も其兄弟, を持ち出した

▼ 町十番地~ (8, 0.0%)

1 に, に藤田又蔵, のどの, の家, の長屋建, の阿部邸, への三号, へはいっ

▼ 町手前~ (8, 0.0%)

1 から敵, で自動車, で路, に彳, の伊予源, まで来, まで送っ, よりは火元

▼ 町育ち~ (8, 0.0%)

1 だったが, でしょう, でもとより, なので, のひと, の一歩, の若い, の言葉使

▼ 町~ (8, 0.0%)

1 だと, 出て, 出迎, 到り其所, 行って, 行つてやつと, 行つて御, 遠き道

▼ 町かど~ (7, 0.0%)

1 で, でなに, でのぞきカラクリ, では, で叱りじまい, で自動車, にたって

▼ 町すなわち~ (7, 0.0%)

1 七十五戸である, 七戸が, 七戸半従四位においては, 中尾唱門の, 四戸太政大臣においては, 官米二十五石と, 清吉の

▼ 町たる~ (7, 0.0%)

1 アテネが, スパルタが, チロが, ニニヴェが, ルテチア, 唱門ヶ辻子の, 本郷西片町は

▼ 町だって~ (7, 0.0%)

1 いまは, そうだ, みられるよう, やっぱりそうだった, 夏場は, 教えて, 遊び廻った

▼ 町としては~ (7, 0.0%)

2 決して稀有 1 ようやく目ぬき, 新開地だ, 未曾有の, 相当の, 美しい水

▼ 町など~ (7, 0.0%)

1 みんな関西から, 不氣味, 呼ぶ町, 方々に, 歩いては, 歩かれない, 遊女町軒を

▼ 町などを~ (7, 0.0%)

1 うろついては, えらんで, ものを, 考えこんで, 考え出しましてね, 通り過ぎて, 選び構想

▼ 町なり~ (7, 0.0%)

1 と云, 不可知的なる, 両国なりへ, 建物なり, 村なりを, 通りなりには, 露地なりを

▼ 町にでも~ (7, 0.0%)

2 出て, 自由に 1 いるの, 来たやう, 河岸を

▼ 町ばかりを~ (7, 0.0%)

2 落ちて 1 引っ返して, 絶えず続い, 距てた, 退却した, 隔て二村

▼ 町~ (7, 0.0%)

3 の町 1 の四一畫工高畑己三郎, の福若松, へ移転, ノ一九四

▼ 町下る~ (7, 0.0%)

1 とそこ, ともなく, と木造, と石像, と西川, 処に, 西側に

▼ 町与力~ (7, 0.0%)

1 では雷横, とは呆れた, の一行, の列, は武芸, も出張, を勤め

▼ 町九丁目~ (7, 0.0%)

3 の軽部 1 の富士屋, の本家, の鍵屋金右衞門, の騷ぎはどうなつたんだ

▼ 町奉行所~ (7, 0.0%)

1 で百叩き, に送られ, の仮, の前, の方, の牢獄, へ訴えました

▼ 町~ (7, 0.0%)

2 に就い 1 にあずかる, に引上げ, の溌剌, をさ, を決議

▼ 町~ (7, 0.0%)

4 の汽車 2 の終発 1 は五時

▼ 町程の~ (7, 0.0%)

1 先手ちょうど, 寒さ, 山道を, 手近に, 田圃を, 距離を, 闇穴道を

▼ 町糸七~ (7, 0.0%)

2 がその 1 の, の名, の外套, はぽかんと, よく聞け

▼ 町~ (7, 0.0%)

2 の電車 1 が来た, でしょうか, というの, の市電, は満員

▼ 町西~ (7, 0.0%)

2 の方 1 に入北側, に行く, のはずれ, へよった, へ行った

▼ 町~ (7, 0.0%)

1 かと云つた榮伯, であ, であるけれども, ではなから, と成つて世, なり貴, の中田玄竹

▼ 町~ (7, 0.0%)

1 から入場券, から列車, で吐出される, で汽車, にかけつける, のすぐ, の汽笛

▼ 町だつた~ (6, 0.0%)

1 か赤坂帝國館, が今, ので彼, ものが, わ, わ道

▼ 町とが~ (6, 0.0%)

2 深い仲 1 低く見渡される, 挾んだ通り, 見えた, 頭に

▼ 町ながら~ (6, 0.0%)

2 裏屋住居に 1 この小, ちまたには, 其の中心, 暁を

▼ 町などで~ (6, 0.0%)

1 あんな顔, 夫婦連れらしい, 当時支那第, 彼の, 折りおりに, 逢うと

▼ 町なんか~ (6, 0.0%)

1 おそろしいのよ, ですが, でキューキュー, なんだい, めったに, 成功した

▼ 町にまで~ (6, 0.0%)

1 いって, なって, 伝わって, 出張所とでも, 及んで, 引きずられて

▼ 町ばかりは~ (6, 0.0%)

1 ある, なれた道, 手が, 眞白な, 真白な, 雪を

▼ 町へぞ~ (6, 0.0%)

3 歸りける 2 急ぎける 1 下られける扨

▼ 町へん~ (6, 0.0%)

1 いったいの, にしばらく, の大, をうろつい, を歩い, を歩き

▼ 町らしく~ (6, 0.0%)

1 て面白う, 低い汚い小家, 感じが, 明るい駅頭, 晴々し, 活氣の

▼ 町をは~ (6, 0.0%)

1 づれたとき患者は, づれて圓山川といふ, づれると九頭龍川の, づれると田圃道で, づれると道の, なれば

▼ 町~ (6, 0.0%)

1 出デ, 帰ッテシマッタラシイ, 行ッタラ兄ガ云ウニハオノシハナゼ正之助ヘ, 行ッテアニヨメニ話シタラバ先カラ尋ネ, 行ッテ兄ニ逢ッテ兄弟, 駆ケ着ケルマデノ間

▼ 町~ (6, 0.0%)

1 の十五土岐方, の芸者, ノ七八郵船会社上川丸船長工藤嘉三郎方, ノ六, ノ四駿河台アパート, 同夕飯

▼ 町一円~ (6, 0.0%)

2 の屋敷町 1 に泳がせました, の印材問屋, を押し流し, を蟻

▼ 町三条家~ (6, 0.0%)

1 からし, から三栖庄内, がおったらしく, のもの, の手, の次男

▼ 町~ (6, 0.0%)

1 とも相談, の男, の總助さん, の與兵衞, は申, を頼ん

▼ 町代地~ (6, 0.0%)

1 であらう, に僑居, に移した, の仲間口, の前, の家

▼ 町八丁目~ (6, 0.0%)

1 の大蔵大臣官邸, の方, の権右衛門, の町道場, の鳥羽藩主稲垣対馬守長和, まで歩き

▼ 町十町~ (6, 0.0%)

2 とその 1 と私, と距, と道ぞい, も行かぬ

▼ 町及び~ (6, 0.0%)

1 そこの, 上立売下ル瓢箪図子から, 全領土, 吾妻毛野富田小俣坂西梁田筑波山辺の, 生竹, 町名

▼ 町四面~ (6, 0.0%)

1 の根本釈迦堂, の石塀, の硝子, の釈迦堂, ほどあっ, を地域

▼ 町~ (6, 0.0%)

1 とも若, の中農, の八斗島, の村, の百姓, 之もの

▼ 町~ (6, 0.0%)

2 の二階 1 が古く, でも最早, という家, のつくり

▼ 町富士見町~ (6, 0.0%)

1 で陸軍軍医学校, と十八年間, の下宿, の木村先生, の矢田部先生宅, の芸妓

▼ 町小学校~ (6, 0.0%)

1 から七人三中, という学校, に奉職, に学んだ, に通い, の同級生

▼ 町~ (6, 0.0%)

2 の上流 1 が村, の末, の流, の海

▼ 町来る~ (6, 0.0%)

2 と砂土原町 1 と一人, と大きな, と屏風坂, と馬車

▼ 町番町~ (6, 0.0%)

1 にあつ, の三宅三郎, の与謝野先生, の或, の火事, の藤枝外記

▼ 町程も~ (6, 0.0%)

1 あるので, 下った頃, 参ッた, 流されて, 続くの, 離れたらう

▼ 町続き~ (6, 0.0%)

1 だから, になっ, に斉, の下, の温泉場, を三人

▼ 町~ (6, 0.0%)

1 の, の三軒長屋, の広場, の田圃側, へ移り, を覗い

▼ 町馬場~ (6, 0.0%)

2 の脇 1 に隱居, の傍ら, の芝草燃, へ行きついた

▼ 町かた~ (5, 0.0%)

1 にかくれ, に嫁ぎたがる, のよう, の貧しい, へお

▼ 町かと~ (5, 0.0%)

1 おぼえしが, 思つたら, 思ひの, 思われる程, 行先を

▼ 町かどや~ (5, 0.0%)

4 店の 1 電柱の

▼ 町かの~ (5, 0.0%)

1 一部出来かけた, 往復である, 通りであった, 道を, 道路を

▼ 町ぐらいの~ (5, 0.0%)

1 一定点を, 川は, 池が, 空地や, 間を

▼ 町こそ~ (5, 0.0%)

2 悲しけれ 1 かなしけれ, 伝道の, 大眞面目

▼ 町って~ (5, 0.0%)

2 どこ 1 どこいらでしょう, どんなところ, 別にありません

▼ 町でございます~ (5, 0.0%)

1 から何万, か畏, が只今, が四千町, よ

▼ 町でさえ~ (5, 0.0%)

1 さまざまな, そこに, その住民, 壊れた石, 活気や

▼ 町でない~ (5, 0.0%)

2 といっ 1 のは, ものです, 方に

▼ 町とて~ (5, 0.0%)

3 横町とて 1 どうしてそれ, 殊更強く

▼ 町などに~ (5, 0.0%)

1 ある, 出かけたり, 唐物屋米屋金物屋などの, 接続し, 紅白の

▼ 町なども~ (5, 0.0%)

1 あるいて, また一つ, 一巡し, 燃えて, 見えた

▼ 町にかけて~ (5, 0.0%)

1 一めんの, 其の通, 厳重な, 漆の, 貰うこと

▼ 町ほどしか~ (5, 0.0%)

2 距れ 1 ございません, 距って, 離れて

▼ 町までも~ (5, 0.0%)

1 のびて, 届いて, 幽かに, 焼き払い浪士ら, 申しましたよ

▼ 町~ (5, 0.0%)

1 丸橋忠弥は, 丸橋忠彌, 八幡様の, 堀江町の, 送って

▼ 町一里~ (5, 0.0%)

1 ありと, なりけり, にて大笑い, の塚, を小道

▼ 町並木~ (5, 0.0%)

3 の松 1 と郵便箱, を通り

▼ 町六番町~ (5, 0.0%)

1 に住ん, のしずか, のウイラード・シムソン, の旗本屋敷, の舊旗本

▼ 町~ (5, 0.0%)

1 ではある, でもことに, のオマンルパ, の旦那衆, の旧

▼ 町~ (5, 0.0%)

1 ですから, 元園町, 元園町一丁目十九番地, 然し地勢, 第二哨三宅坂

▼ 町~ (5, 0.0%)

1 が大川, にあります, は神田, は赤羽, 新金毘羅社

▼ 町~ (5, 0.0%)

1 とか云う, とこの, に比すれ, の急, を上る

▼ 町~ (5, 0.0%)

1 じゃあねえとにらんだ, ともいう, の役宅, の御定, の裏町

▼ 町堺町~ (5, 0.0%)

1 などの芝居, の両, の如き, の芝居小屋, の賑い

▼ 町~ (5, 0.0%)

1 なる山神社, にはいった, に入, に寺, の馬場下

▼ 町寄り~ (5, 0.0%)

1 になつて, に路地, の処, の往來, の裏店

▼ 町~ (5, 0.0%)

1 の方, へ出, れに, れの, れまで

▼ 町~ (5, 0.0%)

1 からこの, から小沼, の北, の路, へ下

▼ 町~ (5, 0.0%)

1 で言, にし, は百二十六ヵ町, もだんだん, を勒

▼ 町~ (5, 0.0%)

3 のお 1 とか言っ, へ言

▼ 町歩いた~ (5, 0.0%)

2 後ある 1 と思う, ばかりで, 頃である

▼ 町無宿~ (5, 0.0%)

5 の金蔵

▼ 町~ (5, 0.0%)

2 よこ町字 1 と記し, なぞと記し, にある

▼ 町葺屋町~ (5, 0.0%)

1 にあった, の両, の替地, の江戸三座が, の顔見世

▼ 町藝妓~ (5, 0.0%)

1 が匂, だつた, になつ, にもならず, をし

▼ 町走る~ (5, 0.0%)

1 か走らぬ, さすが車屋, ところを, と道, のにどんな

▼ 町辺り~ (5, 0.0%)

1 が止りでした, に夜ふけ, の子供, の旅籠, へ出かける

▼ 町醫者~ (5, 0.0%)

1 だつたけれども, でこそあれ, と根氣, ながら近く上樣, の最上

▼ 町~ (5, 0.0%)

1 き位, った所, った津田, った砂浜, れて

▼ 町あまりに~ (4, 0.0%)

2 過ぎない 1 して, 過ぎないので

▼ 町あるいは~ (4, 0.0%)

1 その附近, チリー国の, 四五町を, 数里に

▼ 町~ (4, 0.0%)

1 夏さんで, 糸お, 船手組の, 降りは

▼ 町かどから~ (4, 0.0%)

1 あらわれたじいさん, ひとりの, ヒョイと, 矢の

▼ 町くら~ (4, 0.0%)

1 ゐは, ゐも, ゐ来てから, ゐ来ました

▼ 町ぐらいな~ (4, 0.0%)

1 堤築が, 差で, 幅は, 間隔を

▼ 町ぐらいは~ (4, 0.0%)

1 ありそう, あろうけれど, 十時を, 近うございます

▼ 町さえ~ (4, 0.0%)

1 できて, はずれれば, 離れれば, 霧の

▼ 町さま~ (4, 0.0%)

1 が御, には毎々一通り, のありがたい, 其の後

▼ 町その他~ (4, 0.0%)

2 の友人 1 に宿, の呉服店

▼ 町だけでも~ (4, 0.0%)

1 何百回と, 彼女は, 相当な, 若い男

▼ 町であろう~ (4, 0.0%)

1 か, がもちろん, が長門峡, とも浄水場

▼ 町でなく~ (4, 0.0%)

1 ては見られない, て荒れ果てた, て華族会館, 一里は

▼ 町でなけれ~ (4, 0.0%)

1 ばありません, ばありませんです, ばならない, ば下河原

▼ 町といった~ (4, 0.0%)

1 のへ, のも, ような, 所それからまた

▼ 町とかの~ (4, 0.0%)

1 お前の, お町医, 四つ角に, 面積に

▼ 町とに~ (4, 0.0%)

1 ある, 声聞師の, 焼け跡を, 間違は

▼ 町どこ~ (4, 0.0%)

1 からも薄, の村, へ参る, を見

▼ 町などでは~ (4, 0.0%)

1 三十年余り前に, 奴隷を, 座談会という, 見ること

▼ 町における~ (4, 0.0%)

1 事情について, 差別撤廃講演の, 日本の, 酒造家の

▼ 町にから~ (4, 0.0%)

3 ころと 1 こという

▼ 町にと~ (4, 0.0%)

1 いうより, もれ始めた灯影, 次第, 馳行たり

▼ 町に対して~ (4, 0.0%)

1 それほどの, 勝利を, 食封は, 食封八十戸である

▼ 町のべたら~ (4, 0.0%)

2 にね 1 といったまでな, にある

▼ 町のみ~ (4, 0.0%)

1 であるこの, では, やうが, 歩く

▼ 町ほどで~ (4, 0.0%)

1 中野の, 京町一丁目揚屋町江戸町一丁目などという, 又立ちどまった, 地主様の

▼ 町また~ (4, 0.0%)

1 たくまに, イラクの, 左へ, 黒伏嶽や

▼ 町まだ~ (4, 0.0%)

1 不自然な馬鹿げた, 見える, 訊きたいこと, 訊き度

▼ 町ゆく~ (4, 0.0%)

2 かと思へ 1 と大通, と甚次郎

▼ 町よりは~ (4, 0.0%)

1 大きかった, 家屋敷は, 度々催促, 雪が

▼ 町一杯~ (4, 0.0%)

2 に見通す 1 に輝い, の火

▼ 町一番~ (4, 0.0%)

1 だったん, の大, の金持, 美しいスター

▼ 町七丁目~ (4, 0.0%)

1 のはずれ, の停留所, を飛ぶ, 第十七号鉄道線路踏切

▼ 町三条~ (4, 0.0%)

1 から入っ, がまた, の庶流, を上った

▼ 町~ (4, 0.0%)

1 で女郎, なる玉窪, の橋, の浅

▼ 町乃至~ (4, 0.0%)

1 一二里も, 五六町の, 六段の, 十町位の

▼ 町~ (4, 0.0%)

3 の町 1 ノ八

▼ 町二三丁目~ (4, 0.0%)

2 の通り, の道

▼ 町二十間~ (4, 0.0%)

2 という堤 1 という距離, の大堤

▼ 町二町~ (4, 0.0%)

1 と隔たっ, の田地, の間, を一人

▼ 町~ (4, 0.0%)

1 の五番弟子, の奥医師, ひらしい家庭気分, ひを

▼ 町~ (4, 0.0%)

1 に平泉館, のギリメキ, は千住, へ曲り込んだ

▼ 町同心~ (4, 0.0%)

1 が蚤, の田宮様, やまた, や郡奉行

▼ 町尽頭~ (4, 0.0%)

1 の方, の自分, の茶店, まで出

▼ 町~ (4, 0.0%)

1 で面白い, という言葉, の変化, ほど下劣

▼ 町張り~ (4, 0.0%)

1 としてひけ, な癇ぺきはいッぺん, の凄, の花魁

▼ 町~ (4, 0.0%)

1 の事, の出現, をした, を請

▼ 町~ (4, 0.0%)

1 右衛門身内お, 吉原日本堤竜泉寺町金杉下町三の, 小梅町の, 蜆貝町浦町浪打栄町

▼ 町~ (4, 0.0%)

1 居留地の, 新富座裏を, 株式取引所裏の, 浸礼教会に

▼ 町~ (4, 0.0%)

1 である, であるから, ですな, にもかかわらず

▼ 町~ (4, 0.0%)

2 番地なる 1 寺の, 番地に

▼ 町浪花町~ (4, 0.0%)

1 となる, などと出身地, の一廓, の方

▼ 町~ (4, 0.0%)

1 で庄原, にすべし, の日, をすまさね

▼ 町警察署~ (4, 0.0%)

1 だという, のもの, へ届けた, へ深夜

▼ 町~ (4, 0.0%)

1 の一端, の大, をさい, を差引き

▼ 町走り~ (4, 0.0%)

1 そこで初めて, の走り雨, アアあとわずか, 六町走り

▼ 町遊廓~ (4, 0.0%)

1 で一番, のある, の神風楼, は五條近く

▼ 町郵便局~ (4, 0.0%)

2 に留置 1 に留置郵便, の在る

▼ 町~ (4, 0.0%)

1 とか丈尺寸, の一角, の引締, の電車

▼ 町飛脚~ (4, 0.0%)

1 が持参, が着い, で手紙, という見当

▼ 町食堂~ (4, 0.0%)

1 が花屋敷, で経営, のオムレツ, の発展

▼ 町あの~ (3, 0.0%)

1 村に, 辺が, 邊では

▼ 町あり~ (3, 0.0%)

1 て通ず, 下流には, 奉天に

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 つて橋を, 様子探りに, 訪ンね

▼ 町いっぱい~ (3, 0.0%)

1 つづいて, に拡, に拡がった

▼ 町うち~ (3, 0.0%)

1 から郭, におりおり, は勿論

▼ 町くらいの~ (3, 0.0%)

1 ところを, ゲオルゲン街の, 円の

▼ 町ここ~ (3, 0.0%)

1 から海岸, が上野, での名所

▼ 町こちら~ (3, 0.0%)

2 の町 1 から参ります

▼ 町これ~ (3, 0.0%)

1 が本栖湖, なるべしと, は徹頭徹尾

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 ぢからの, ぢに, ぢの

▼ 町それから~ (3, 0.0%)

1 本所へ, 横に, 浅草へ

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 かし正直安兵衛, かし正直安兵衞, ときいたらば

▼ 町だけは~ (3, 0.0%)

2 助けて 1 用心したまえ

▼ 町つい~ (3, 0.0%)

1 て来た, て歩い, 目先きのようだ

▼ 町であります~ (3, 0.0%)

1 から店, がそれ, が染物

▼ 町でしょう~ (3, 0.0%)

1 か, もう日, 吉良上野様の

▼ 町とかいう~ (3, 0.0%)

1 のだ, 病人の, 確り者

▼ 町とかへ~ (3, 0.0%)

1 ついて, 越したと, 連絡する

▼ 町とても~ (3, 0.0%)

3 東京にての

▼ 町とやら~ (3, 0.0%)

1 む, 申町迄, 若しやと

▼ 町とやらへ~ (3, 0.0%)

1 おかえりに, 往て, 行上は

▼ 町と共に~ (3, 0.0%)

1 発達し, 發達し, 雨飛沫の

▼ 町などと~ (3, 0.0%)

1 ある, 出身地の, 洒落ました

▼ 町などという~ (3, 0.0%)

1 小さい町, 町名なども, 静かな

▼ 町においては~ (3, 0.0%)

1 それが, だれも, 住宅を

▼ 町にだけは~ (3, 0.0%)

2 床を 1 何遍か

▼ 町にては~ (3, 0.0%)

1 北辻橋南辻橋の, 南に, 味ひ

▼ 町にな~ (3, 0.0%)

1 つてしまひました, つてゐ, つてゐます

▼ 町にゃ~ (3, 0.0%)

1 あ何, あ物凄, ゼイタクな

▼ 町によって~ (3, 0.0%)

1 扶助される, 神の, 色が

▼ 町にわたる~ (3, 0.0%)

1 低地高地を, 火の, 陣

▼ 町のね~ (3, 0.0%)

1 双鶴館, 明智小五郎っていう, 菊畑の

▼ 町ばかりが~ (3, 0.0%)

1 上野介の, 低地であり, 心ブラ地帯である

▼ 町ふう~ (3, 0.0%)

1 だ, では, なよう

▼ 町へなど~ (3, 0.0%)

2 足を 1 やってきたの

▼ 町へより~ (3, 0.0%)

1 南江堂へ, 図書館の, 藪へ

▼ 町ほどに~ (3, 0.0%)

2 して 1 在る

▼ 町ほどは~ (3, 0.0%)

1 なれたある, 何の, 何事も

▼ 町ほどを~ (3, 0.0%)

1 一往復し, 波間も, 距てた

▼ 町までと~ (3, 0.0%)

1 いって, 只一言車夫は, 饒舌っても

▼ 町みたい~ (3, 0.0%)

1 であった, なところ, に町全部

▼ 町よりの~ (3, 0.0%)

1 崖の, 書留父の, 書留貰う

▼ 町をば~ (3, 0.0%)

3 暴し得じ

▼ 町ソヴェト~ (3, 0.0%)

1 の中, の倉庫, の役員

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 引手茶屋ヲシテイマシタカラ, 有名ナ, 熊ニナッテ居テトラズ

▼ 町一つ~ (3, 0.0%)

1 こう, の街路, へだてただけ

▼ 町一丁目十九番地~ (3, 0.0%)

2 の角店 1 に移転

▼ 町一圓~ (3, 0.0%)

1 に泳がせました, に類燒, の潤

▼ 町一番町~ (3, 0.0%)

1 のかつて, の土蔵, の家

▼ 町一面~ (3, 0.0%)

1 に吹きしいた, の火, を紅梅

▼ 町三年町~ (3, 0.0%)

1 の伊大利大使館, の伊太利大使館, の特許局出願課窓口

▼ 町上る~ (3, 0.0%)

2 ともう 1 と麦畑

▼ 町下り~ (3, 0.0%)

1 たる所, て左の沢, て松山温泉

▼ 町並び~ (3, 0.0%)

1 に木津勘助町, の広い, も麗しかっ

▼ 町二段~ (3, 0.0%)

1 と従五位位田八町, は五十六石余, を給せられる

▼ 町二番地~ (3, 0.0%)

1 に移つて, へ御, 元御成道警察署南隣

▼ 町五町~ (3, 0.0%)

1 と動い, の山ば, 歩むうち

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 へ三十六里半, へ二十二里六丁, へ百二十九里二十八町

▼ 町人並~ (3, 0.0%)

1 にこの, に扱われ, に罪

▼ 町人頭~ (3, 0.0%)

1 がおろう, の平, はあり

▼ 町以内~ (3, 0.0%)

1 で拾っ, なれば, の間

▼ 町停留所~ (3, 0.0%)

1 という文字, と書いた, と白い

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 町を, 體が, 體の

▼ 町全部~ (3, 0.0%)

1 がコモヒ, が一軒, の家屋

▼ 町出身~ (3, 0.0%)

1 の巌本善治, の深見氏, の生徒

▼ 町割り~ (3, 0.0%)

1 に構わず, をし, をつくり

▼ 町区内~ (3, 0.0%)

1 に属する, の, の屋敷町

▼ 町十ロ~ (3, 0.0%)

1 ノ七, ノ七ノアタリナリ, ノ七号ヨリ

▼ 町十九番地~ (3, 0.0%)

1 からとった, に住ん, に建てられる

▼ 町参道~ (3, 0.0%)

1 とよぶ, へ半分, をまた

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 下る一町, 二郎町越後町旅籠町南が, 椿庭に

▼ 町吉兵衞~ (3, 0.0%)

1 の娘島, の願, よりの歎願書

▼ 町同朋町~ (3, 0.0%)

1 から金沢町, から金澤町, の芸者

▼ 町名物~ (3, 0.0%)

2 の若旦那 1 のお玉さん

▼ 町四谷~ (3, 0.0%)

1 の方, の病院, をはじめ

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 には昔, の方, 穫稲五百束

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 がしんしん, になっ, のさびしい

▼ 町大牢~ (3, 0.0%)

1 のあった, の御用, は明治八年

▼ 町学校~ (3, 0.0%)

1 の舎, へ上げました, を建て

▼ 町小學校~ (3, 0.0%)

1 に入, に復校, の鐵柱

▼ 町少し~ (3, 0.0%)

1 はかどる, 待って, 離れて

▼ 町山伏町新谷町あたり~ (3, 0.0%)

3 を塒

▼ 町川下~ (3, 0.0%)

2 に光り 1 へさがる

▼ 町川岸~ (3, 0.0%)

1 から仙台川岸, から向う, で動けねえ

▼ 町廻り与力~ (3, 0.0%)

3 の青木功之進

▼ 町彼方~ (3, 0.0%)

2 から深 1 に隔

▼ 町新坂上~ (3, 0.0%)

2 の煎餅屋 1 の御

▼ 町新谷町あたり~ (3, 0.0%)

3 を塒

▼ 町新道~ (3, 0.0%)

1 に移っ, の家, の旗亭若菜屋

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 できい, にて蚊帳, より紙幣

▼ 町會所~ (3, 0.0%)

1 と基金, のこと, は寛政三年

▼ 町有志~ (3, 0.0%)

1 の人々, の會合, の皆

▼ 町~ (3, 0.0%)

2 に高福寺 1 の家

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 の岩井村, は霊岸島, 懸所前

▼ 町林念寺前~ (3, 0.0%)

1 なる柳生, にあった, の柳生

▼ 町歩く~ (3, 0.0%)

3 うちに

▼ 町猟師~ (3, 0.0%)

1 としてなお, になった, に罷

▼ 町登る~ (3, 0.0%)

1 と一, と左手, と谷

▼ 町皿屋敷~ (3, 0.0%)

1 であるとか, のお, を利かせる

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 の杜, の樹林境, れ新宿

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 なるほど, にて御, また二時間あまり行乞

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 稲あるいは, 稲の, 稲七百二十束田租十五束の

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 の片門町, 全交, 片門前

▼ 町芸人~ (3, 0.0%)

1 になっ, の佗, の芸

▼ 町行乞午後~ (3, 0.0%)

1 はゆつくり, は虹, は重い

▼ 町計り~ (3, 0.0%)

2 の処 1 の所

▼ 町走っ~ (3, 0.0%)

1 ては後ろ, て戸塚, て程ガ谷

▼ 町迄の~ (3, 0.0%)

1 三十分余りの, 距離は, 間が

▼ 町近辺~ (3, 0.0%)

2 の出水 1 の素描

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 つかけて, つ驅けた, イ返

▼ 町~ (3, 0.0%)

1 に馬車, は小規模, へ始め

▼ 町随一~ (3, 0.0%)

1 の美人, の老舗, 恐らく東京随一

▼ 町隼町~ (3, 0.0%)

1 で生れた, に出る, に変り

▼ 町あつ~ (2, 0.0%)

1 た, て一

▼ 町あと~ (2, 0.0%)

1 へ引き返し, へ戻っ

▼ 町あまり公家武家~ (2, 0.0%)

2 の邸

▼ 町あれ~ (2, 0.0%)

1 で乘, ども有苦町

▼ 町うら~ (2, 0.0%)

1 の人, は町家

▼ 町おき~ (2, 0.0%)

1 といった具合, にその

▼ 町かけ~ (2, 0.0%)

2 ての祝言

▼ 町かどで~ (2, 0.0%)

1 売って, 立ちどまりました

▼ 町かどまで~ (2, 0.0%)

1 来ると, 行って

▼ 町かに~ (2, 0.0%)

1 あった, ある独逸人

▼ 町からくらい~ (2, 0.0%)

1 波止場の, 町へと

▼ 町がかり~ (2, 0.0%)

1 の珍し, は軒

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 つての, てやはり

▼ 町くらいしか~ (2, 0.0%)

1 ないよう, 進みません

▼ 町くらいは~ (2, 0.0%)

1 あったでしょうか, なれたところ

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 ぞんじでございませうあの, 門から

▼ 町さん何~ (2, 0.0%)

2 か用事

▼ 町さん暖簾~ (2, 0.0%)

2 が大事

▼ 町さ來~ (2, 0.0%)

1 てゐ, るたんびにきまつて青巒亭

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 て吐月峯, て街

▼ 町~ (2, 0.0%)

2 ゅうをひっくらけえしてくれるだから

▼ 町じみる~ (2, 0.0%)

2 があの

▼ 町じゃあ~ (2, 0.0%)

1 あるめ, 慥かその

▼ 町じゅう誰~ (2, 0.0%)

2 知らぬ者

▼ 町ぞとばかり~ (2, 0.0%)

2 足は

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 あ段式, から屋太兵衛倅和太郎

▼ 町だけが~ (2, 0.0%)

1 いまだにその, 焼物を

▼ 町ぢやつ~ (2, 0.0%)

2

▼ 町でし~ (2, 0.0%)

1 てね洋館, てまったく

▼ 町とい~ (2, 0.0%)

1 へり, へるにて

▼ 町とかいふ~ (2, 0.0%)

1 病人の, 確り者

▼ 町とかに~ (2, 0.0%)

1 いるその, 私の

▼ 町とかや~ (2, 0.0%)

1 友囀り, 神社の

▼ 町ところ~ (2, 0.0%)

1 もしらず, も名乗らぬ

▼ 町としても~ (2, 0.0%)

1 昔から, 風景としても

▼ 町とだけ~ (2, 0.0%)

1 書いて, 言って

▼ 町とで~ (2, 0.0%)

1 たいせつな, 高天原の

▼ 町とともに~ (2, 0.0%)

1 従五位の, 正五位

▼ 町とばかり~ (2, 0.0%)

1 きいて, 受取ったが

▼ 町とやらの~ (2, 0.0%)

1 家へ, 家まで

▼ 町どおり~ (2, 0.0%)

1 から神保町どおり, を経

▼ 町なぞ~ (2, 0.0%)

1 でいつか会, では

▼ 町などが~ (2, 0.0%)

1 あるなどと, 見えました

▼ 町などといふ~ (2, 0.0%)

1 いはゆる, のが

▼ 町などには~ (2, 0.0%)

1 労働者や, 大きな織

▼ 町などへ~ (2, 0.0%)

1 やってきた, ウロつく

▼ 町にだって~ (2, 0.0%)

1 あらわれること, あるもの

▼ 町にわたって~ (2, 0.0%)

1 あらゆる障碍, その堤

▼ 町に対しても~ (2, 0.0%)

1 好かあ, 紅海からの

▼ 町のむ~ (2, 0.0%)

2 こうに

▼ 町のや~ (2, 0.0%)

1 しきの, しきへ

▼ 町はじまっ~ (2, 0.0%)

2 て以来

▼ 町ばかし~ (2, 0.0%)

1 行くと, 行ぐんだ浜さ出る

▼ 町ばかりと~ (2, 0.0%)

1 ある, なれる処

▼ 町びと~ (2, 0.0%)

1 の心, の暮し

▼ 町へまでも~ (2, 0.0%)

1 荒して, 追撃せよ

▼ 町ほれぼれ~ (2, 0.0%)

2 と惚れ

▼ 町まさに~ (2, 0.0%)

1 天下の, 尽きんと

▼ 町または~ (2, 0.0%)

1 村について, 村の

▼ 町まわり~ (2, 0.0%)

1 の帰りしな, をした

▼ 町むかし~ (2, 0.0%)

2 は土手

▼ 町むす~ (2, 0.0%)

1 め, めとしか

▼ 町ゆき~ (2, 0.0%)

1 たる處, 北折し

▼ 町らしくなっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ていました

▼ 町をでも~ (2, 0.0%)

1 思い出させるよう, 見るよう

▼ 町をと~ (2, 0.0%)

1 びまはる万燈の, ぼとぼと歩い

▼ 町をの~ (2, 0.0%)

1 そり, そりの

▼ 町ッ子~ (2, 0.0%)

1 の群れ, は既に

▼ 町ビル~ (2, 0.0%)

1 が竣工, を訪れた

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 廻リ路四里ナリ, 走ッタトカデ

▼ 町一〇~ (2, 0.0%)

1 です, の加藤

▼ 町一ぱい~ (2, 0.0%)

2 に飛ぶ

▼ 町一丁目二丁目~ (2, 0.0%)

1 に分かれました, へかけ

▼ 町一丁目本田唐~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 町一丁目玉屋山三郎方~ (2, 0.0%)

1 で後, へ身の代金五十兩

▼ 町一二丁目~ (2, 0.0%)

2 は早く

▼ 町一般~ (2, 0.0%)

1 では肝臓医者, の者

▼ 町七町~ (2, 0.0%)

1 の小, ほどの賤民おのおの党

▼ 町七番地~ (2, 0.0%)

1 の自宅, より

▼ 町万年橋~ (2, 0.0%)

2 の南詰

▼ 町三丁目喜左衛門~ (2, 0.0%)

1 の家, の店

▼ 町三丁目瀬戸物屋忠兵衞~ (2, 0.0%)

1 を御, 直ちに白洲

▼ 町三丁目町醫師村井長庵~ (2, 0.0%)

1 にお, に小夜衣

▼ 町三戸町~ (2, 0.0%)

2 から赤川

▼ 町三段~ (2, 0.0%)

1 の畠はな, ばかりあつ

▼ 町三番地小林~ (2, 0.0%)

2 第一支店鈴木三重吉

▼ 町三筋町等~ (2, 0.0%)

2 に沿

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 でさあ, の宝寺

▼ 町上流~ (2, 0.0%)

1 だ, の国田

▼ 町下った~ (2, 0.0%)

1 処は, 川下に

▼ 町下れ~ (2, 0.0%)

1 ば三, ば麓

▼ 町下連雀~ (2, 0.0%)

1 の住人, の家

▼ 町与力同心~ (2, 0.0%)

1 のお供, の総代

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 であるによって, を置いた

▼ 町九番地~ (2, 0.0%)

2 に住ん

▼ 町事務所~ (2, 0.0%)

2 へ出勤

▼ 町二丁目三の橋~ (2, 0.0%)

2 の橋詰

▼ 町二丁目武藏屋長兵衞方~ (2, 0.0%)

1 へ彼夫婦, へ持參

▼ 町二丁目箱屋惣兵衛右~ (2, 0.0%)

2 の者商人

▼ 町二町先~ (2, 0.0%)

1 から人, まで見張り

▼ 町五町十町~ (2, 0.0%)

2 とその

▼ 町五番町~ (2, 0.0%)

2 迄は一回

▼ 町人一人~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 は僅か, よりもなほ海

▼ 町仏蘭西書院~ (2, 0.0%)

1 に赴く, を訪

▼ 町伊勢町~ (2, 0.0%)

1 なども一巡, を焼き

▼ 町会議員~ (2, 0.0%)

1 くらいには出られる, に当選

▼ 町伝い~ (2, 0.0%)

1 に取引所前, を小

▼ 町住い~ (2, 0.0%)

1 に馴れぬ, の事

▼ 町何とか~ (2, 0.0%)

1 ビル三階, 様ア

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 りけるに, ると

▼ 町入口~ (2, 0.0%)

1 の場, はづれと言つて

▼ 町八反~ (2, 0.0%)

1 の地主, の自作

▼ 町八番地~ (2, 0.0%)

1 この界隈, に移った

▼ 町六兵衞店藤助~ (2, 0.0%)

1 と呼, の兄弟

▼ 町内外~ (2, 0.0%)

1 の處, の路

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 て秋, はずれ

▼ 町出る~ (2, 0.0%)

1 ところ出る, とブールバール・デジタリアン

▼ 町勘解由店~ (2, 0.0%)

1 の一軒, の刑部屋敷

▼ 町区役所~ (2, 0.0%)

1 になっ, の横手

▼ 町区飯田町~ (2, 0.0%)

1 の二合半坂, の皇典講究所

▼ 町區一番町~ (2, 0.0%)

1 の十二番地, へ行く

▼ 町十一丁目~ (2, 0.0%)

1 の山車, は例

▼ 町十七番地~ (2, 0.0%)

1 の北園竜子, の桜井つけ物店

▼ 町十三丁~ (2, 0.0%)

1 がホッ, はむかし

▼ 町十九~ (2, 0.0%)

2 と二十

▼ 町十二番地~ (2, 0.0%)

1 の家, の木村正雄君

▼ 町十五番地~ (2, 0.0%)

1 で國技館, のはう

▼ 町十八番地~ (2, 0.0%)

1 にあっ, に移した

▼ 町南北四町~ (2, 0.0%)

1 と案内者, と稱

▼ 町参ります~ (2, 0.0%)

1 と傍, と長

▼ 町合せ~ (2, 0.0%)

1 て三十一町, て三千町

▼ 町吉兵衞店~ (2, 0.0%)

1 に住居, に罷在し

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 員弁郡宿野原五百町開田三十町未開田代四百七十町などと, 青山窪町

▼ 町同じ~ (2, 0.0%)

1 番地, 苗字を

▼ 町名代~ (2, 0.0%)

1 のもの, の火の見やぐら

▼ 町向う~ (2, 0.0%)

1 から廻つて, の質屋

▼ 町呉服町~ (2, 0.0%)

2 には一度

▼ 町唯一~ (2, 0.0%)

1 の外国, の遊覧地

▼ 町四番地~ (2, 0.0%)

1 に住ん, へ転宅

▼ 町四谷方面~ (2, 0.0%)

2 の山の手

▼ 町土橋~ (2, 0.0%)

1 で其男, を渡っ

▼ 町地蔵路次~ (2, 0.0%)

2 の裏長屋

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 にあった, にある

▼ 町城下~ (2, 0.0%)

1 の地点, の生活

▼ 町基督教会~ (2, 0.0%)

1 のメンバア達, の牧師フライ師

▼ 町場末~ (2, 0.0%)

2 のボロ町

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 に土蔵, ひの

▼ 町境い~ (2, 0.0%)

1 の川, の木戸

▼ 町売り~ (2, 0.0%)

1 とうとう千石, 二町売り

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 にあり, には芝居

▼ 町外ずれ~ (2, 0.0%)

1 はかならず, を

▼ 町夜道~ (2, 0.0%)

2 には少し

▼ 町大和屋~ (2, 0.0%)

1 が分, という宿屋

▼ 町大坂~ (2, 0.0%)

1 に泊った, の町

▼ 町大字上清水~ (2, 0.0%)

1 と不, 及び不

▼ 町天仙閣~ (2, 0.0%)

1 の支那料理, へ行っ

▼ 町天皇~ (2, 0.0%)

1 が挙行, が擧行

▼ 町夫人~ (2, 0.0%)

1 に似, の一周忌

▼ 町奉行大岡越前守殿~ (2, 0.0%)

1 へ差, へ相聞

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 にはああ, よりは一そう

▼ 町女学校~ (2, 0.0%)

1 の会, の運動会

▼ 町姐さん~ (2, 0.0%)

2 が出鱈目

▼ 町娘ふう~ (2, 0.0%)

1 にやつし, のあの

▼ 町娘姿~ (2, 0.0%)

1 で嬌舌, で顔

▼ 町娘風~ (2, 0.0%)

1 の乙女, の振り袖姿

▼ 町~ (2, 0.0%)

2 を式部小路

▼ 町学者~ (2, 0.0%)

1 でありながら, の中

▼ 町學校~ (2, 0.0%)

1 が一燒, の角

▼ 町家主組合長屋~ (2, 0.0%)

1 の者一同, の者殘ら

▼ 町富沢町~ (2, 0.0%)

1 と大, と横筋

▼ 町~ (2, 0.0%)

2 と倉庫

▼ 町小屋~ (2, 0.0%)

1 は尾上町, 諸職人

▼ 町小箱~ (2, 0.0%)

1 の尽く, の長

▼ 町屈指~ (2, 0.0%)

2 の家持

▼ 町山元町~ (2, 0.0%)

2 に住ん

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 に上向町, に曲り

▼ 町市村座~ (2, 0.0%)

1 で河竹, の新築落成

▼ 町幅一杯~ (2, 0.0%)

1 くねくねと, ともいうべき

▼ 町幅三町~ (2, 0.0%)

2 ほど極めて

▼ 町平川天神~ (2, 0.0%)

1 の裏門前, へ參詣

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 から店, が一軒

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 ございますけれども, で浪拝

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, は酔っぱらい

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 ったところ, ってちょっとした

▼ 町所名前~ (2, 0.0%)

1 などを申位, をも申置

▼ 町所家主~ (2, 0.0%)

1 の名前等, も知れず

▼ 町所家主名前~ (2, 0.0%)

1 すら確, は何と

▼ 町~ (2, 0.0%)

2 の非人

▼ 町支店~ (2, 0.0%)

1 から児子権右衛門預金元利決算報告書, におこった

▼ 町支店長~ (2, 0.0%)

1 とムダ話, は痛恨

▼ 町~ (2, 0.0%)

2 の池

▼ 町新しい~ (2, 0.0%)

2 商業町場末の

▼ 町新坂町辺~ (2, 0.0%)

1 の老若男女, は庭

▼ 町旅館~ (2, 0.0%)

1 なさる, も静

▼ 町日枝神社~ (2, 0.0%)

1 の大祭, の山門

▼ 町時分~ (2, 0.0%)

1 から見る, にあなた

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 先に, 奧に

▼ 町會議員~ (2, 0.0%)

1 は皆生物知り, をも兼ね

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 がなく, の沈む

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 をはがした, を書

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 に民選, もある

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 てから倉地, てまた

▼ 町来た~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, 時私は

▼ 町東片町~ (2, 0.0%)

1 としばしば, の家

▼ 町桜木天神附近~ (2, 0.0%)

1 の住, の地

▼ 町正覚寺~ (2, 0.0%)

1 に至り, の先

▼ 町歩む~ (2, 0.0%)

1 うちに, か歩まぬ

▼ 町江島屋~ (2, 0.0%)

2 の忍び返し

▼ 町泥棒~ (2, 0.0%)

1 にはやれない, の町

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 五郎に, 五郎の

▼ 町浜町~ (2, 0.0%)

1 そこで飛火, と来

▼ 町海岸~ (2, 0.0%)

1 のそこ, を歩む

▼ 町淋しい~ (2, 0.0%)

2 町と

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 さ二三十間の, さ二十間ぐらいの

▼ 町深川~ (2, 0.0%)

1 にも本所, の木場

▼ 町淺五郎~ (2, 0.0%)

1 に罪, の兩名

▼ 町滅茶苦茶~ (2, 0.0%)

2 に歩い

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 がチラチラ, の影

▼ 町牟田~ (2, 0.0%)

1 には朝日長者, の類

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 の茶羅紗, を商

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 が人間, の額

▼ 町町名~ (2, 0.0%)

1 の起源並, は何と

▼ 町番地~ (2, 0.0%)

1 と大, を書き

▼ 町番所~ (2, 0.0%)

2 に近い

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 を砂ッ塵, を魔

▼ 町病院~ (2, 0.0%)

1 へも同日, を舞台

▼ 町百万~ (2, 0.0%)

2 の人みな

▼ 町石橋~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 町研屋~ (2, 0.0%)

2 から身

▼ 町福榮館鈴木三重吉~ (2, 0.0%)

2

▼ 町稼ぎ~ (2, 0.0%)

1 に旧道, 難義

▼ 町米屋~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 町紺屋町~ (2, 0.0%)

1 などといふの, などの懐古的

▼ 町総代~ (2, 0.0%)

1 が京都, より御

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 いた松原, きに

▼ 町署長~ (2, 0.0%)

1 に面会, も駈け

▼ 町藝者~ (2, 0.0%)

2 が冴えたる

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 は, は知りません

▼ 町行け~ (2, 0.0%)

1 そうすれ, 然う

▼ 町行つて川~ (2, 0.0%)

2 はまた

▼ 町行人坂~ (2, 0.0%)

2 を越し

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 では異常, にならひし

▼ 町見物~ (2, 0.0%)

1 にと出掛け, に出かける

▼ 町角仏蘭西書院~ (2, 0.0%)

1 に立寄り, に至り

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 の出し日, れが

▼ 町言葉~ (2, 0.0%)

1 で, であった

▼ 町許西~ (2, 0.0%)

1 に行く, へ行っ

▼ 町調べ~ (2, 0.0%)

1 だった, の役人

▼ 町警察~ (2, 0.0%)

1 から司法主任, と警視庁

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 たった大, てた電車通

▼ 町迄は~ (2, 0.0%)

2 一回の

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 邊に, 邊東京府なら

▼ 町近い~ (2, 0.0%)

1 ので五十間, 畑が

▼ 町近江屋~ (2, 0.0%)

1 という糸屋, といふ糸屋

▼ 町通り裏~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 のほとり, は再び

▼ 町遠方~ (2, 0.0%)

1 からも貰い, だ御苦労

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 れして, れ二町遲

▼ 町郊外~ (2, 0.0%)

1 にある, のあの

▼ 町鑛山~ (2, 0.0%)

1 で出, で食べ

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 さ五十町ほどの, 瓢の

▼ 町~ (2, 0.0%)

2 に古ぼけた

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 が深く, の中

▼ 町~ (2, 0.0%)

2 正寺

▼ 町飾り~ (2, 0.0%)

1 や催し物, を見る

▼ 町~ (2, 0.0%)

1 さ二丈明の, さ六丈なり

▼ 町鮎川~ (2, 0.0%)

1 に至る, へ行っ

▼1* [2166件]

○丁目の八重山館, 町歩けねえから, 町あかりの中, 町あたり一帯の山, 町あたり林村と記され, 町あって縦, 町あったように, 町あったらどうする, 町あなたの海, 町あまりゆるやかなる傾斜, 町あまりニコともしない, 町あまり崖の上, 町あまり西南にあたり, 町あまり角に紺屋, 町あまり距れて, 町あやしきかくれ里, 町ありし所と, 町ありやんすが, 町あるいては息, 町あるきは可, 町あるけば必ず, 町いう便利な, 町いけべや, 町いずれの方, 町いちばんの菓子屋, 町いちめんな磯松, 町いっせいに灯火が, 町いった百姓家だ, 町いったいは申分, 町いつか物いう花, 町いづこの横町, 町いづみや, 町いも行かんと, 町いろは道が見え, 町い廻るさかい待って, 町い飛んで行きまし, 町うつむいたまま歩い, 町うまれの深川ツ娘, 町おいて先, 町おいた番太郎の, 町お前知っとるかい, 町お茶の水順天堂わきを通っ, 町かげにでも潜み隠れ, 町かごで提灯, 町かしのいよ, 町かたわらに江戸, 町かで百姓家か, 町かどが三十五分, 町かどにはもともとポスト, 町かどにもこれと, 町かどへとたどって, 町かなどと船川の, 町かは分らない, 町からかへつて來る, 町からさえもずっと離れた, 町からでも招ぼうかと, 町からでもやつて来たらしい, 町からといずれも, 町からにして, 町がかった所へ, 町がずつと公園の, 町がほどにずらりと立派, 町がほどは当家中一流, 町がほども沢の, 町くすみの漁村, 町くらいまで行って, 町くらいもあろう, 町くるとちょッ, 町くんだりからわざわざ, 町ぐらいしか離れて, 町ぐらいで上と下との, 町ぐらいに当るの, 町ぐらいまで酔い心地であった, 町ぐらゐあつてそれは半ば, 町ぐらゐの狭い幅, 町ぐらゐは行つた, 町ぐるみここへ通う, 町ぐるみ一丸となっ, 町ふよぎりたり, 町こういう盛り場が, 町こえて赤城, 町こっちの横丁, 町この間盛に護衛, 町これから親分の, 町これ機屋といいたい, 町さかいの或, 町さしてやっ, 町さては西地方町天満町あたりに, 町さばり持って, 町さびしい町と, 町さようなら僕の, 町さわしはそうして, 町さんエヽ仰せの通り, 町さんホホホホもうよしましょう, 町さん念仏を唱える, 町さん私もいろいろ, 町さ下駄の齒入れ, 町さ出はてもうんと, 町さ行つた時そのついで, 町ざかいから靖国神社の方, 町しかの古邸が, 町じみたしずけさで, 町じゃがなあすこの, 町じゃけに四方の, 町じゅうあかりがつきました, 町じゅうその噂, 町じゅうどこを探し, 町じゅうどちら様に伺っ, 町じゅうひとつの灯火, 町じゅう喧噪の渦, 町じゅう店を閉め, 町じゅう彼の噂, 町じゅう汗たらたらだった, 町じゅう灰燼に帰した, 町じゅう総出でピクニック, 町じゅう馬をはしらせ, 町すぎてさて, 町すぐさま万年橋を, 町すじ全体に貧困, 町すじ姫御門を抜け, 町すみの一廓, 町すらも見たこと, 町まひの, 町ずつ捜したって, 町ずつの田を, 町ずつを隔てて, 町ずれして, 町ぜんたい一時に緊張, 町との森, 町そして台町から, 町そっくりでした, 町それとなく迹を, 町それ自体は中国殆, 町それ自身には旅客, 町たかや駅, 町ただ一人だけこれ, 町たらず河岸寄りの, 町たらずあるく向より, 町たりし確証, 町だけであつた, 町だけにでも十万も, 町だけにはもはや再びあの, 町だけにも十人や, 町だけへは挨拶せぬ, 町だったりした, 町だつたら八五郎ほどの, 町だら長え, 町だろうか, 町ゅうぐらいのことは君に, 町ちかくもある, 町ちくぜんや, 町児の, 町っていうのは, 町っていうのかい, 町っ子どもの間, 町子の, 町つづいている, 町つづきでさあ, 町つづきでありますから急い, 町つてあなたのお, 町つまり例の, 町つらなりて三井寺木立, 町とこへ, 町てえんで, 町であって宿場, 町であったら怪談で, 町でありましたけれどなにしろ, 町であれ程背低, 町でございましてねお, 町でしかなかった, 町ででも器用に, 町というは面白い所, 町とかで何御, 町とかには異母兄頼朝が, 町ところどころの盛り場, 町としか思えなかった道, 町ととなへて, 町とのみ承ま, 町とへかけて, 町とまで名の, 町とんがった搏風, 町とんがり長屋の, 町どころかもう十町, 町どなたも御存じ, 町ないし三町の, 町なか世上の聞え, 町なく人も, 町なぞで能く, 町なぞとも隠し名, 町なぞの埋め立ても, 町なぞは成るべく避けて, 町なぞも君の, 町などでも市の, 町などとともに登大路北側から, 町などにのみ蟄居し, 町などにも寄って, 町なにがし, 町ならありますという, 町ならずして敵, 町ならでは得る, 町ならびに政所に, 町なりといふ然ら, 町なりにおいて宗門を, 町なんて何んな, 町なんとか番地平五郎殿と, 町なんどおさおさ東京, 町なん丁目のくつ店, 町にあたってガヤガヤという, 町においてこそ最も美しく強く, 町にかけての広い意味, 町にかけてはうすい霧, 町にさえ下宿らしい, 町にしかなかつたの, 町にだけいるよう, 町についてから哥津ちやんに, 町についての桂三郎の, 町については技術家の, 町につき二十二束の, 町にても何町の, 町にとって恐ろしい打撃, 町にとっての大事件, 町にとっては何よりも, 町になど全くなかっ, 町になんか行くひま, 町にばかりへばりついて, 町にもと居た時分, 町にや他に, 町によつては, 町により歩き青山, 町にわたりそれが, 町にわたりて軒を, 町に対しての貴方の, 町に対してはかなりひどい, 町に関するいろいろな, 町むりさそひて花に, 町のう皆さん気が, 町のくらい屋根の, 町のけはいが, 町のけいず買い質屋の, 町のずつと上手に, 町のぞよめきの, 町のともし火, 町のにぎやかなさざめきを破っ, 町のべにや, 町のぼった中腹が, 町のみには限らなかった, 町はばせまく家々, 町はやはらかに, 町はるかの地平, 町のもん, 町ばかしの間雪に, 町ばかりがほど背戸の, 町ばかりしかない, 町ばかりてまえの, 町ばかりというものは, 町ばかりにて山尽き, 町ばなへ出た, 町ひとわたり一円, 町ひとつづきの, 町ひらけて以来, 町びともいくたりかいる位で僕, 町ふっとこんな尾道, 町ふと仰ぐと, 町ふるきパドワに, 町ぶれなど, 町へかへります, 町へかよつて, 町へが四里という, 町へこそ歸りけれ, 町へだけいるならば, 町へだたったところに, 町へというのは, 町へなどは一度も, 町へなんか行って, 町へまで来たが, 町へものこのこと, 町へんで網を, 町ほいこいつあい, 町ほかの店, 町ほか八カ村の委員, 町ほどというものは, 町ほんのひと跨ぎだった, 町ぼく一度も通った, 町まいりますとこれから, 町まっすぐに延び, 町まっ暗にし, 町までが一目に, 町までで二十七円だった, 町までといったようだ, 町までにいやな, 町までへの外出をも, 町までへは大町通りの, 町までもが苦しい町費, 町までやつて來た, 町までを規定し, 町みつや横手, 町いてる処, 町めがけて足, 町めずらしいな, 町もう少し詳しくいえ, 町もちよつと, 町もっと本所ほども, 町もとはやはり, 町ものだが, 町やがて満山楓の, 町やと手から, 町やに因って, 町やら来た方, 町ゆきすぎたところで, 町ゆけば狹山, 町ゆゑに上町, 町よりにあった, 町よりよばる, 町らしくなるのです, 町らしゅうございますが一, 町れいがん橋を過ぎ, 町わきの村方, 町わたや, 町をのみ給せられるの, 町を通じて八つあります, 町中に, 町アストン・クリントンだった, 町売りい出らす, 町イリオンは城, 町ウラジオ市にはじまる, 町エリコサマリアの小村, 町エレジーがのんびり, 町カフエードラゴンと云う, 町ガレージの円タク助手, 町ガード傍のポンチ軒, 町クセルクセスの船橋, 町ケチな野郎, 町コッカア街の下宿, 町コッカア街クロスレイ夫人方の浴槽, 町ゴルロフカにもドイツ, 町サロン春のマネージャー, 町ジャンジャン横丁その, 町スタイルなぞいう, 町スッ飛んで, 町スツ飛んで, 町スレバ浜辺へ出, 町セストスに住める, 町セロリー四十町作って, 町チフスやマラリア, 町デアルカラコノ方ハ関田町ニ一層近, 町デハバスノ行列ガ立ツタママ死ンデ居, 町デンバーに葬られ, 町トリエルを離れ, 町一層近, 町ニアル安楽寿院五輪塔水輪ガ下ノ方デ細, 町ニテ出来タトテ正之助ガ諏訪部トイウ男ヲ頼ンデヤッテ, 町ニ出候て薩, 町ニ動物育種場及び動物市場, 町ニ城山家ヲ訪ウ, 町ニ居テクレロト云ウカラ毎晩毎晩泊ッテ居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 町ニ於テ第一国立銀行, 町負傷者ハ東照宮下ニ治療所アレバ出向ク, 町ノウチマデ来タガソレカラ何モ知ラナカッタウチヘ帰ッテモ三日ホドハ咽喉ガ腫レテ飯ガ食エナカッタ翌日皆ンナガ尋ネテ来テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, 町ノオ亀ズシヘハイッテ二階ヘ上ルト間モナク, 町ノチチブ屋三九郎ト云ウ者ガ公儀ノキジカタ小遣モノノ御, 町ハアイヌニ肩ヲモツテ現旭川市ニ居住, 町ハンゴへ寄り, 町ハ役ニ立タヌト云フ騒ギデ旭川町ハアイヌニ肩ヲモツテ現旭川市ニ居住, 町バカリ下ヘ罷, 町バカリ引退ク処ヘ又, 町バビロン新道そこが岸本, 町ヒッポへも押し寄せ, 町ビイサウを基点, 町ピエールはボローニア, 町フィレンツェに從屬, 町フリイト街からは深夜, 町ブルジョアの住居, 町プラチックに近い, 町マウント・モウリスの人々, 町マデスエ子と来, 町マデ三人デ来, 町ムスカットのその, 町メディナ・デル・リオ・セコの市場, 町モアルイドニ四ドモ五ドモ水ヲクムニユクノ, 町モスコウはいま何, 町モンタペルティの戰, 町モ出来テアイヌノ土地ガナクナリ是カラアイヌノ子孫ガ多クナレバ土地ガ不足ニナル, 町ローマ人のため, 町ヲ後ニ登山ヲ開始セリ, 町ヴイヱナカッフヱーといふ米人, 町ヶ原から甲武信岳, 町ヶ峯やスキー, 町一つ通り抜けようとは, 町一カ所は方面違い, 町一一二市ヶ谷刑務所の宮本顕治宛, 町一丁目あたりでつづけ, 町一丁目ボタン製造業古谷新六氏方, 町一丁目俵小学校の前, 町一丁目十二番地に住んだ, 町一丁目半蔵門外の壕端, 町一丁目和泉屋平左衛門の抱泉州, 町一丁目多喜後家ひさ方比留正方, 町一丁目家主八右衞門と尋, 町一丁目松葉屋といふ諸国商人宿, 町一丁目松葉屋半左衛門へ女郎, 町一丁目横町裏門を入り, 町一丁目玉屋内初瀬留, 町一丁目玉屋山三郎の方, 町一丁目番組宿屋上州屋軍助方手代利三郎と申者私, 町一丁目裏の三軒長屋, 町一丁目西宮新六, 町一丁目辨天屋の抱え, 町一丁目辨天屋祐三郎抱え紅梅, 町一三〇〇年チェゼナ自治制を布き, 町一二丁目辺の浅利河岸, 町一五二番地メーナード・エス・ジェソップ商会というの, 町一五八六番地農業呉八代の養子, 町一位入道の青侍, 町一六二ノ二, 町一円東片町西片町曙町弥生町少し離れ, 町一十九間半とあれ, 町一反では二石二斗, 町一反余の内訳, 町一反分には充分, 町一向宗と註して, 町一味のならず者, 町一帶を張りました, 町一帶うつかり歩けませんよ, 町一廓は殆ど, 町一族がやって来る, 町一時間東郷町一時間行乞それから水, 町一時間行乞それから水, 町一本道でいけます, 町一段と大きな木立, 町一洵どんぐり庵へは四丁, 町一流の旅館, 町一点に立て, 町一町の間, 町一番町英国公使館の土塀, 町一筋朝市の済んだ, 町一角の, 町一部烏島により, 町一里五十町一里ありと, 町一里位でありませうが, 町一里半を揉, 町丁字屋半藏, 町七丁目側の石崖, 町七丁目六十何番地に在る, 町七五番地ノ一, 町七人衆の時代, 町七八とある, 町七六森長七方の二階三疊, 町七十四番地五十二号菅虎雄方に候間, 町七反であると, 町七反歩而かもなほ寺, 町七戸町附近及び浦野館村一帯, 町七辻の福島, 町万世橋辺は行列, 町万歳は乞食万歳, 町万盛楼の娼妓小万, 町に朗らか, 町三つ目通りに江島屋, 町三ツ輪亭南店に牛鍋, 町三丁目あたりでウン, 町三丁目三番地だ, 町三丁目下野屋という宿屋, 町三丁目中屋貫三郎の女房, 町三丁目伊勢屋惣右衞門方へ下宿申付, 町三丁目佐野槌屋の抱え遊女黛, 町三丁目來て下さい, 町三丁目俗に言う, 町三丁目信濃屋源右衞門へ旅宿, 町三丁目十九番地光文社発行の雑誌, 町三丁目十六番地に在った, 町三丁目四番地福島某の地所, 町三丁目地主多之助, 町三丁目守田座附の茶屋三河屋力蔵, 町三丁目家主喜左衛門の住居, 町三丁目寄りで背負, 町三丁目庄兵衞地借瀬戸物渡世忠兵衞同人妻とみ, 町三丁目河内屋と申古着屋, 町三丁目瀬戸物屋忠兵衞相手方村井長庵とを呼出し, 町三丁目町醫師村井長庵呼出しの, 町三丁目町醫村井長庵に同意爲, 町三丁目町醫村井長庵弟十兵衞國元へ出立, 町三丁目竹屋權八方へ預けられ, 町三丁目角にて折廻し間口奧行拾三間づつ穀物乾物類, 町三丁目辺町家の間, 町三丁目近江屋卯兵衞と申しまし, 町三丁目通りにぬける, 町三丁目通油町と通旅籠町, 町三丁目醫師長庵儀は右十兵衞, 町三丁目黐の木坂下向側の先考如苞翁, 町三五郎は再びハッ, 町三十七という所, 町三十九の機会, 町三十二番地です, 町三十何戸は半数, 町三十八田山鉄彌二十九日夕, 町三十六番地谷澤成瀬と申す, 町三十町と出, 町三反三畝余となし, 町三反歩といふの, 町三味線を抱えた, 町三四町の廣さ, 町三宅春松氏方に長藤十吉君, 町三寸師の娘, 町三座の中, 町三座表飾の事, 町三方城下を往来, 町三時から祖母上, 町三時間正明市二時間飯米煙そしてそれ, 町三条北に入る, 町三條通りその他要所々々を戒厳, 町三段余田代八町八段余とあり, 町三町おきに何, 町三町四方をそっくり, 町三町彼は酔っぱらい, 町三町彼方に隔, 町三町町名は何と, 町三畝十歩の土地, 町三番地字中ノ丸丙六〇号, 町三番町二七不動のほとり, 町三番町土屋多門の養女, 町三番町百五十石小普請入りの旗本土屋多門方, 町三番町通の安, 町三百八十九番地庄司見新吉, 町三笑庵に徃, 町三羽烏の随一, 町三角餅の茶店, 町三軒家の同じ, 町三輪桜井八木へ出, 町三階屋仁右衛門話したり, 町上の村まで買い, 町上りたる處, 町上れば茶店, 町上ルの私, 町上二番町の邸, 町上州屋の場, 町上槇町それから横, 町上白銀町下白銀町塩分町茶畑町の六カ所, 町上總屋に入, 町上鞘師町下鞘師町鉄砲町若党町小人町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 町下りた谷間の, 町下流といい, 町下白銀町塩分町茶畑町の六カ所, 町下辺を固め, 町下都賀郡では藤岡町, 町下鞘師町鉄砲町若党町小人町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 町不案内故通事, 町不相應に, 町不規則な長方形, 町与力あたりとふんだ, 町与力ふたり組で密使, 町与良町と続いた, 町且つ下り一方, 町両親スエ子と国府津, 町中ノ町今町の三つ, 町中坂下まで行つた八五郎, 町中山となっ, 町中島川に沿うた, 町中島町の間, 町中村某方にて撮影, 町中村食ひものお, 町中納言答歌図が出品, 町中納言花の寿命, 町中野卯女康子ターンその他無慮十二人, 町中間の勝造, 町丸◯番地亀崎ちか方ですわ, 町丹後町氷川町新坂町辺は庭, 町主人が悦, 町乃ちテバイエテオクレス兄弟の死後, 町久下田の谷田貝, 町久保武居も危ない, 町久保田邸へ, 町久右衞門町八名川町と八五郎, 町久留米の六軒屋, 町は表, 町乗るよりは山路, 町乗客はいよいよ, 町乗船赤間間ニ至ル, 町るよりは, 町九〇にある, 町九〇三番地に同棲, 町九丁目智福寺の跡, 町九反とす, 町九段坂上三番町神道無念流の師範斎藤篤信斎弥九郎, 町乞丐頭長屋なる大橋文右衞門方, 町乞食長屋の汚穢, 町乱暴者の隊長, 町乱闘の注進, 町亀屋の大, 町二つ目橋通に玩具店, 町二・六段を当然, 町二一より, 町二一中條咲枝より, 町二一中條方より, 町二丁自, 町二丁目ツイ其處の裏路地, 町二丁目丁字屋半藏, 町二丁目丁字屋半藏代文七右半藏抱へ遊女文事丁山同人妹富こと小夜衣石町二丁目甚藏店六右衞門麹町三丁目瀬戸物渡世忠兵衞, 町二丁目丁字屋半藏抱へ遊女小夜衣, 町二丁目丁字屋方へ一同, 町二丁目七番地先に今, 町二丁目不動新道の和泉屋, 町二丁目交番を西, 町二丁目八十二軒組武藏屋長兵衞方旅人後藤半四郎這入ませいと, 町二丁目十四番地に沢村ヒサ, 町二丁目家主治兵衞店紙屑買長八と申者, 町二丁目家持五兵衞元召使三州藤川, 町二丁目後の横, 町二丁目某楼の遊女, 町二丁目武藏屋長兵衞並に前, 町二丁目湯屋の二階, 町二丁目甚兵衞店六右衞門方同居久八右久八伯父六右衞門久八元主人神田三河町伊勢屋五兵衞代金七富澤町甲州屋吉兵衞等なり越前守殿久八, 町二丁目甚藏店六右衞門麹町三丁目瀬戸物渡世忠兵衞ならびに同, 町二丁目町会第十四組評判記, 町二丁目界隈は関内芸妓, 町二丁目西角であつ, 町二丁目長助店道十郎後家みつ悴道之助, 町二七不動のほとり, 町二十一より, 町二十一間半下之島の沿海周, 町二十七番地鳳明館中川芳太郎鈴木三重吉へ, 町二十三番地大内写真館うん之, 町二十二番地で岩延傳衞, 町二十五番地旗田鶴彌印, 町二十何ヶ寺の一つ, 町二十六番地の一, 町二十六番地浅田順一です, 町二十四万余坪の境内, 町二十四番地に在り, 町二十町歩位の田畑, 町二千百戸の中, 町二反三畝歩なれば, 町二反余の地主, 町二本傳次方江同居仕御用向無滯相勤候處當夏中より中風相煩歩行, 町二町三町彼は酔っぱらい, 町二町月明かりの小路, 町二番地駒井能登守内へ, 町二百三十七番地であった, 町二百二十三番地二階建ての二軒長屋, 町二見温泉へ三十五町, 町二里下ると, 町云い古るされた形容詞だ, 町五丁目三番地といふところ, 町五丁目辺の或, 町五万町というもの, 町五九より, 町五十一間より四, 町五十三番のタタム氏, 町五十二番地郷土研究社定価は僅か, 町五十六曲り十六景, 町五十四番地に行った, 町五十石町紺屋町などといふの, 町五反七畝二八歩関係人数四九七八名でこれ, 町五反歩とする, 町五反田あたり新開町の花柳界, 町五日町地先に大, 町五日町浦佐小出堀之内あたりで竿, 町五段未開田代十二町同員弁郡宿野原五百町, 町五段歩の田圃, 町五畝の山林, 町五番地に卜, 町五番地豊田春賀の許, 町五百五十七番地なる私宅, 町五百町多いの, 町五軒の五人組, 町五郎兵衛店という貸家, 町五郎兵衛町あたりを流し, 町五里と七町, 町五頭氏の報知, 町井田平十郎の家, 町井筒嘉七さては吉原大門前, 町交差点で珍しい, 町京屋が楼上, 町京町や柳桜, 町京町処々のはね橋, 町から人, 町人々の夢, 町人体百姓風に扮, 町人形町茅場町八丁堀新富町築地汐留と, 町人形町通りを歩い, 町人形町通り大門通りといった町, 町人形町通り左側大通りが和泉町, 町人泣かせの火, 町人種を抜き出し, 町人里もなく, 町人頭出でよと, 町今井谷を下りまし, 町今町の三つ, 町仏師田坂雲斎氏の甥, 町仕立ての洋服, 町付近本郷の湯島天神あたり, 町代地富士屋治三郎同五人組, 町代地高坂茂助上り地七拾八坪余願之通被仰付候旨植村駿河守殿御書附を以て被, 町代官町萱町百石町上鞘師町下鞘師町鉄砲町若党町小人町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 町代表たちで, 町以外に住む, 町以来の, 町以来のを立て, 町仲の町三百八十九番地庄司見新吉, 町仲六番町の島田, 町仲徒士町竹町等は氾濫, 町仲徒士町等を経, 町仲町それから三軒町, 町仲町丹後町表町新坂町辺の老若男女, 町仲町通りなどという町名, 町仲買片岡商店に依頼, 町仲間の勝造, 町伊兵衛棟梁の家, 町伊勢屋三郎兵衞名代喜兵衞と申者, 町伊勢屋三郎兵衞方にて夜盜相働き金五百兩盜, 町伊豆の温泉, 町の予算総会, 町会員の住宅, 町会計費の全額, 町会足柄村会を動かし, 町会長の赤尾, 町伝七捕物帳とむしろ, 町の渡場, 町佃島の間, 町位のが深い, 町位ニ居て, 町位上に当っ, 町位南北七八町位の小さな, 町位隔って居りました, 町住まいの兄ぎみ, 町住みして部下, 町住吉町の通り, 町住吉町大坂町でとん, 町住吉町桶屋町銅屋町茶畑町代官町萱町百石町上鞘師町下鞘師町鉄砲町若党町小人町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 町住吉町難波町江戸町の五カ町内二丁四方, 町佐久間某の婢, 町佐久間町四間町大和町豊島町という順序, 町佐伯町を中心, 町て云, 町何丁目の通り, 町何丁目何番地に新築落成, 町何丁目何番地住何新聞記者小川某氏其夜脳溢血症にて死亡せり, 町何丁目何番地何の誰, 町何丁目何番地小川方に二人, 町何処より発し, 町何村字何の何, 町何某方というの, 町何番地何の某方, 町余り地租も以前, 町余り闇にも著く, 町余下手に同じ, 町余反別としては千七百五十八町余, 町余歩の田畑山林, 町余里見氏より以来, 町あるを, 町作って居る, 町作れる見て帰りこん, 町使いに遣る, 町は最, 町俎橋際の高家衆大沢右京大夫基昭, 町に杉, 町信州の天竜峡, 町倉本某方の左手, 町停留場の近所, 町停車場前には輜重兵連隊, 町停車場寄の海岸, 町停車場田中屋の休息室, 町側谷町館の東側, 町傅家甸の新, 町傳通院の前, 町充満屋根一面上下左右縦も横, 町先きの友達の家, 町先きの湯屋の煙突, 町先夜の望富閣, 町能と, 町入って見ます, 町入り口の往来, 町入り込んだ奥の, 町入口はずれと言っ, 町入江和作ヲ尋, 町全体家々に自, 町兩國邊の紙屑買, 町八丁堀に及んだ, 町八丁堀新富町築地汐留と, 町八丁目番地は一寸, 町八丁目盛心館とし, 町八丁目竹川岸から大根河岸, 町八丁目近くまで歩いた, 町八三でございます, 町八九番地とあっ, 町八六一番地であって, 町八千種の古老, 町八右衞門一件と呼聲, 町八右衞門店にも駕籠屋仲間, 町八名川町と八五郎, 町八四一中山とし, 町八四一番地中山とし, 町八幡宮の一, 町八幡町などにある, 町八段余とあり, 町八段餘の荒蕪地, 町八王子線の聯絡, 町八王子間の開通, 町八町はひと目, 町八百八町を引っ繰り返し, 町八百屋町を経, 町と云った, 町公卿かその, 町公町公と云った, 町ノ一九, 町六ヶ村に一つ, 町六丁目擬宝珠屋根に桃, 町六丁目米屋三左衞門方に米搗, 町六丁目行きの停留所, 町六七正二位勲一等伯爵枢密院副議長芳川顕正氏養子なる子爵曾禰安輔氏, 町六万堂も気に入った, 町六三五手紙は半紙, 町六十三番地にちょっとした, 町六十四番地に住, 町六十日間も牢, 町六段より一町六段, 町六段史生六段の類, 町六段郡司は六町, 町六町の沖, 町六番地に船板塀, 町六番町十二番地の木村正雄君, 町六角に質店, 町六騎とは平家, 町共同墓地に於ける, 町其処から二十町, 町具足町の家々, 町内外五六町となり, 町内幸町の大阪ビル, 町凌霜子の別宅, 町まで知, 町出口の茶屋, 町出外れに森, 町出掛けまして地震, 町出来たしかし女房, 町出迎へて呉れた, 町切っての金物問屋, 町刈谷原から岡田, 町刑務所に入られ, 町別道へ二十二町, 町到る処は, 町へ三町, 町前小屋地先埼玉県熊谷市から群馬県太田町, 町前島某氏の報知, 町前途は直ぐ, 町や河川, 町劇以上の劇, 町劇場がある, 町加藤へ女房, 町加賀屋茂兵衞と云, 町加賀町森川町その他の友人, 町加賀町牛込北町肴町江戸川の大曲, 町助勢の長, 町助役の伊藤直之助君, 町勘七は目黒, 町勘兵衞并に助, 町勘兵衞店勘太郎召捕れ入牢申付, 町勘兵衞店權三助十と申者委細存, 町勘解由店刑部殿参る, 町勝山町八百屋町を経, 町にとつ, 町北仲町馬道の一部, 町北側七町その中, 町北小烏瀬川の河隈, 町北條小學校の校庭, 町北滝字御手谷, 町北組五十九町南組十一町家数竈数で言, 町区一部の人々, 町区三番町沿いの御, 町区六番町二十五番地旗田鶴彌印, 町区内山下町帝国ホテルに投宿中, 町区分だけをこ, 町区土手三番町旧浸礼教会, 町区土手三番町四番地に住ん, 町区土手三番町浸礼教会跡に隠れ, 町区域はまったく, 町区大手三番の弁護士金井角蔵氏, 町区平河町の自宅, 町区役所死体収容所が出来, 町区有楽町の有, 町区有樂町にある, 町区永田町の清国公使館, 町医師ハドナックの二男, 町医師其他数名の証人, 町医師西村の姉婿, 町區中六番町のある, 町區元園町の醍醐侯爵邸, 町十ヶ村に分かつ, 町十一屋あてで半蔵, 町十一月は中ノ郷, 町十七丁目八二三番地のアドレス, 町十七屋孫兵衞と云, 町十三丁目の両, 町十三日町賑い盛, 町十三番地に住む, 町十三番地居住の奥田とめ, 町十二町である, 町十二階の裏手, 町十五丁目辺で旦那様, 町十五町の田地, 町十何丁目かのあの, 町十八円ずつとられ, 町十八町十二町である, 町十分間にし, 町十月が松倉町, 町十町稀にはそれ, 町十番地いノ十六, 町十軒町明石町などの町家, 町千束町の六つ, 町千秋の雪, 町卅二番地のあぶ, 町午前中行乞かなり長い, 町半二町三町彼方に隔, 町半東西一町半の間, 町南伝馬町白魚屋敷のあたり, 町南側十一町北側七町その中, 町南北へ七十町, 町南北一里十二町といわれた, 町南北七里十町にも及び, 町南品川百五十九番地に移った, 町南大工町檜物町上槇町それから横, 町南方の在, 町南組が二百六十一町, 町南組十一町家数竈数で言, 町南須賀熱田へゆく, 町単位であったから, 町博士一町六段史生六段の類, 町博文館印刷所の校正係, 町の提灯箱, 町即ち中村座市村屋守田座の, 町さ數十尺に, 町原町もともに, 町原町北の関, 町参つて総門を這入り, 町及がくや新道, 町及新地と称せり, 町取っ付きの左側, 町古城町に現住, 町古来の名産, 町古着渡世甲州屋とて身代, 町古風な木造, 町の一軒, 町の崖下, 町が小島町, 町右手の金時山, 町号所舞楽人の家数多, 町町に, 町各地の復興祭, 町各市の図書館, 町合併の事発布, 町合引橋に移居, 町合計十町二段を給せられる, 町吉兵衞方より此儀, 町吉原の大門通り, 町吉川町米沢町元柳町, 町吉田の村, 町吉良上野介様の邸, 町同じく大宰, 町同心吉見九郎右衛門の倅英太郎, 町同心浅間丈太郎田宮善助助同心岡村勘解由, 町同心町八丁堀に及んだ, 町掛町と, 町名主に邂逅, 町名主矢部與兵衞へ内, 町名人かたぎも名人かたぎ, 町名倉彌次兵衞と申候而, 町名標だけは間違, 町名誉町民に選ばれ, 町向きとは反対, 町向柳原両国橋と円周, 町吝嗇漢のお, 町吹き返されるは請合, 町呉服屋の小, 町呉服橋を経, 町周囲九十六町不規則な長方形, 町味噌屋の裏, 町和国橋で人, 町和泉町を北, 町和泉町柏木私は二十四歳, 町和泉町浪花町となる, 町和泉町浪花町住吉町大坂町でとん, 町和泉町高砂町浪花町の一廓, 町ある十字街, 町唯一つの茶店, 町唯一人だけ, 町唱門ヶ辻子の条, 町商家がベッタリ, 町善光寺の権堂, 町善右衞門口入にて神田小柳町松五郎, 町善右衞門養女の由善右衞門, 町善国寺谷に移った, 町四ほうに伏せ, 町四ツ谷見附内に開設, 町四丁内にギッシリ, 町四丁目千馬三郎兵衛の借宅, 町四丁目大丸呉服店所在地の地名, 町四丁目新道の家, 町四丁目淡島伊賀掾菅原秀慶謹製とあった, 町四丁目畳屋弥助のところ, 町四丁目疊屋彌助のところ, 町四丁目竪川に臨ん, 町四丁目裏は早く, 町四二三五泉方というの, 町四十九カ村の町村, 町四十九間半とあり, 町四十八番地で, 町四十番地に一戸, 町四方つて囲つてゐるん, 町四方といつても誇張, 町四方一面に吹き出す, 町四方人家のない, 町四方以内は距離, 町四方位にひ, 町四方底平らかになり, 町四方石垣の中, 町四条上ったところ, 町四段二畝歩にする, 町四番戸に転居, 町四谷京橋日本橋にわたって山の手, 町四谷辺ならば, 町四里を離れた, 町四間町大和町豊島町という順序, 町団子坂の北側, 町国分寺あり, 町国守は国, 町国立公園論をぶった, 町國道を歩, 町べい, 町土偶師泥斎の住まい, 町土偶師泥斎方に奉公, 町土地により, 町土屋多門の養女, 町土屋殿の邸, 町土手三番町の一角, 町土手三番町観世宗家の伯父, 町土手町住吉町桶屋町銅屋町茶畑町代官町萱町百石町上鞘師町下鞘師町鉄砲町若党町小人町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 町土方宅に会合, 町土砂侵入七十四町浸水七百九十五町堤防決潰五カ所破損二十四カ所橋の流失十六個, 町土部三斎屋敷の方角, 町在住の折り, 町地主嘉兵衞が地面, 町地先世良田村平塚から尾島町前小屋地先, 町地割のできた, 町地方今戸界隈迄出かけた, 町地本問屋鶴屋喜右衛門同道にて常磐橋, 町地蔵路地の裏長屋, 町地面を合し, 町地面間口十間奧行十八間の怙劵, 町坂本の濱, 町坂本屋傳右衞門方へ下宿松本理左衞門始め掛役人, 町坂田屋伜柳吉と走り書き, 町は家, 町重方, 町城内公園に連日, 町堀あたりに出, 町堀牛草橋の晴雪楼, 町堀竹島町に住ん, 町堀長澤町の裏店, 町堤防決潰五カ所破損二十四カ所橋の流失十六個, 町堺町のと同時に, 町堺町葺屋町側に三座, 町塩分町茶畑町の六カ所, 町塩河岸に住ん, 町塩町蜆貝町新蜆貝町, 町墓地において女中マアサ・ガッツ, 町増永氏よりの報知, 町壁辰の娘, 町売宅の金, 町壹岐坂辺何処が何処, 町夕方行ったら母, 町原某, 町多々良です, 町多いのは, 町多くの工場, 町多少のジャズ, 町多田の薬師, 町夜桜の盛, 町夜眼にも光る, 町大倉ニアイヌ地ヲ横領サレレバアイヌ地一, 町大和町豊島町という順序, 町大坂町でとん, 町大字千葉という類, 町大字山久世字土居ノ前, 町大字岡などはその, 町大字岡児水及び同村字浜児水, 町大字新所字破魔射場, 町大字板仕野字平ル, 町大字港に矢祭石一名矢筈石, 町大字米谷字悪戸原, 町大字袋字峡通りの類, 町大字赤羽の八幡社, 町大字鐙塚から検証, 町大川の浦, 町大工小藤次のところ, 町大庄は日本橋福島町, 町大日寺にある, 町大槌川の付近, 町大橋の畔, 町大泉寺にはよ, 町大浜ト飲ミマワッテ化粧ノ女, 町大牢御用の馬屋, 町大町米町新町柳町寺町堤町塩町蜆貝町新蜆貝町, 町大納言二十町大宰帥十町, 町大谷九郎右衞門宅に入, 町大路は上総三郎義氏, 町大通りを歩い, 町大門と上陸, 町大門通りの入江橋, 町大音寺前とよばれ, 町天満町あたりにあった, 町天満組が百九町, 町天然理心流道場試衛館の若, 町天王町瓦町を一丁目, 町天華クラブへ支那料理食, 町太刀伊勢屋に徃, 町太郎左衛門町西入町豊後町安土町魚屋町を南界, 町夫婦殺しの犯人, 町御行所より, 町奉公をしろ, 町奉行ハ松平大隅守と云, 町奉行丹羽遠江守は年内, 町奉行付の同心, 町奉行伊奈遠江守忠告が里恵, 町奉行在勤中の事柄, 町奉行大岡忠相拙者を置い, 町奉行大岡殿へ引渡し相成しか, 町奉行扱いの, 町奉行松野壱岐守の部下, 町奉行桑山下野守殿へ訴, 町奉行桑山殿よりの調書, 町奉行越前守忠相といえ, 町奉行遠山左衛門尉役宅へ商人, 町奉行附の同心, 町女体山より廿五町半, 町女房風のあやめ, 町女王としての艶名, 町妖怪の町, 町妻恋町一帯に網, 町妻戀町一帶に網, 町の運命, 町りし, 町娘それに男, 町娘なんでもござれで, 町娘らの賛美, 町娘下手の入口, 町娘二人を描いた, 町娘好みと言, 町娘姿振り袖をひらめかす, 町娘笑みかはし行く, 町娘等のムウビイ・ゴウアス, 町娘鳳晶子でなければ, 町を姙, 町嬉しそうに, 町字チエトイ清川ネウサルモン婆さんから更科源蔵氏採集, 町字チン部落片山カシンデアシ翁から更科源蔵氏採集, 町字下泉鎮守の古び, 町字北丸屋八二ノ四, 町字和蘭陀横丁の千坂桐代, 町字和蘭陀横丁千坂桐代そう仰っし, 町字屈足に十勝川, 町字臺獨逸醫學博士加藤時次郎の二人, 町字虎杖浜のオソ, 町字鉢石のこと, 町へ行き, 町守田座新築落成して, 町安土町魚屋町を南界, 町宗円寺といふ禅宗寺, 町宗十郎店に住む, 町宗印屋敷を左手, 町宗慈寺という真言寺, 町実家へ行, 町実業家小田夫妻殺し遂に自白, 町実業家小田夫婦殺しの犯人大寺一郎, 町実業家小郷虎吉氏は京極, 町室町の邊, 町といわれ, 町宮原こう, 町宮川の流れ, 町の雨, 町家の子になっ, 町家主平右衞門方, 町家主八右衞門并に駕籠舁權三助十其方共彦三郎, 町家主勘兵衞と呼, 町家主吉兵衞店に罷, 町家主惣兵衞店傳平と云, 町家主長助と申す, 町家元稽古場に出, 町家持五兵衞召仕ひ久兵衞其方生國, 町家持五兵衞悴五郎藏其方年は何歳, 町家数竈数で言, 町宿やへ曳かれ, 町宿場から宿場, 町宿形ちを, 町宿銭屋与兵衛宅へ落著, 町として廓, 町の谷間, 町富岡門前町などの間, 町富田駅にいたる, 町寸角の中, 町寺町堤町塩町蜆貝町新蜆貝町, 町尋常小学校となった, 町尋常小学校同窓会の日, 町日本新聞社の, 町小さな山に, 町小人町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 町小伝馬町とひた, 町小伝馬町鉄砲町石町と新開, 町小八という菅笠, 町小千谷塩沢の四ヶ所也, 町小学校出身者と云い, 町小学校教員の慰安会, 町小學校ニ旋風ガ發シタト云ハレ又今戸公園ニ旋風ガ襲ツタトキ待乳山邊迄, 町小山というところ, 町小山勝助氏より報道, 町小島分の字峡上, 町小川町のあたり, 町小曽根英四郎方にて記す, 町小松屋といふ安宿, 町小松橋かかりし溝, 町小林区署よりも同じく, 町小梅町須崎町の間, 町小流があっ, 町小田原町の方, 町小田原町小船町伊勢町を焼き, 町小田町へかかっ, 町小石川白山渋谷荒木山亀戸天神なんぞいつか古顔, 町小網町れいがん橋を過ぎ, 町小網町葺屋町の両, 町小舟町掘留, 町小船町伊勢町を焼き, 町小船町小網町れいがん橋を過ぎ, 町小間物商賣花房屋, 町少年時代の事, 町少林寺の境内, 町を持っ, 町尽しの冒頭, 町尾張様御用の船大工, 町の消印鮮, 町居廻から築地辺, 町居留地の間, 町居酒屋の亭主源右衞門, 町居酒屋源右衞門と申者, 町屋形という土地, 町屋敷玄関先まで艶姿, 町屍体と落下傘, 町屡々巨巌の, 町が千町, 町山内尋常高等小学校に入学, 町山内那珂等に亙れる, 町山吹町辺を流れ, 町山崎という所, 町山王あたりの裕福, 町山田某という人, 町岡田から松本, 町岩層の小高い, 町岩崎氏の古文書, 町岩川町浜口町はどこ, 町岩本楼の梅, 町峠村ではごく, 町峨々堂々として聳え, 町島屋治兵衞方へ忍び, 町崖上の地所, 町崩れた崖の, 町川口町一帯を張りました, 町川口町一帶を張りました, 町川橋黒い天主, 町川田信義君の蒐集, 町川端の, 町川西の方, 町巡りをなし, 町巡査派出所の角, 町巣鴨庚申塚大崎五反田中野村新井の薬師, 町工しようをたずね, 町左右大臣三十町大納言二十町大宰帥十町, 町左官庄兵衛の店, 町左折して, 町左樣かと思ふ, 町差して参ります, 町が其処, 町市兵衛店にささやか, 町市川岩切駅の東一里, 町市府縣國と逆, 町市街の橋梁巷路, 町市郎左衞門と呼, 町市電車庫の南, 町布令を布かせ, 町帝国ホテルに投宿中, 町帝国大学へと進み, 町帝銀犯人氏などがアッパレ, 町師匠などがうたつて, 町帰りの酔漢, 町幅いっぱいになっ, 町幅三四町大尻, 町幅二三町長瓢, 町平安堂製細筆を贈らる, 町平川天神裏門前にて見, 町平川町から永田町, 町平川町辺に玉突場, 町平次は米吉, 町平河町一丁目の町医, 町へも公式通知, 町広い江戸の, 町広田町方面に巣食つて, 町庄司理髪店に赴き, 町の影, 町店附の立派, 町延宝以後には鼠穴, 町建てられし時, 町廻つた所の小さな, 町廻り同心の一行, 町廻れば養安寺村, 町廻船問屋港屋太蔵の妻, 町廿三間男体山より女体山, 町弁慶橋元柳原町, 町式千束町スタイルなぞいう, 町引き上げ網を干し, 町引出し横町取手屋の鐶兵衛, 町引合の者并, 町引手茶屋の前, 町引込んだ坂で, 町引返して相, 町弘福寺にある, 町弥生に飲む, 町弥生町少し離れ, 町弱南北約二里三町, 町彌次さん北八と顏, 町役場ご存じね, 町役場ニ参リ奥田ニ会ヒ入山ハ奥田ニ私ノ意見, 町役場ニ行キ奥田町長ニ会ツテ話スルト云フ故入山同道ニテ町役場ニ参リ奥田ニ会ヒ, 町役場信用組合事務所農蚕学校小学校まあ日曜日, 町役場前の広場, 町役場助役田村伝三郎氏塩沢町誌編纂委員原沢米吉氏等の高説, 町役場等で問い合せた, 町役所立會の上申, 町役者共町人並商売見世等を出し, 町往きますとちょろ, 町往来を歩いた, 町の街道, 町後ろになっ, 町後志國余市川村石狩國空知監獄署用地日高國捫別舊會所の裏等, 町御所鴨川それにこの, 町御用お槍師, 町御門の警固, 町復興の大, 町心当りを聞け, 町志方野を越え, 町忘れがたい町, 町応桑の斎藤某, 町忽ちこれに, 町出さう, 町恋しい町忘れ, 町しい家, 町恩賜金記念日で町, 町をも吐, 町悉く灰燼と, 町惣十郎店の五軒長屋, 町愛市愛国心等が薄い, 町慣れたやさしい竹, 町慶応義塾大学病院内い号, 町しく殆ど, 町正寺, 町が通る, 町或いは三軒屋村という, 町或は村毎に, 町戸部町なぞの埋め立て, 町戻って見た, 町所等を委しく, 町も八町, 町拝領町屋おせい, 町指ヶ谷町へかけ, 町指ヶ谷町辺の溝, 町挙って彼, 町留小網町それから, 町掘るのだって, 町掛川から袋井, 町も心得, 町揚屋町と曲輪五丁町, 町支店上野支店金杉支店という順序, 町放牧地と飼料栽培地, 町政淳寺にある, 町政自治の制度, 町色々の, 町教えられた宿, 町教会前に店舗, 町数八十ありと, 町數七十丁餘死亡の者六十三人, 町文挟の先, 町斎藤桃太郎さんの簗, 町料理屋太田屋嘉兵衛などである, 町の如き, 町新坂町青山御所片町市ヶ谷本村町加賀町牛込北町肴町江戸川の大曲, 町新堀端に一戸, 町新堀端辺の焦土, 町新富座という堂々たる, 町新富町あたりの彼等, 町新寺町新割町には大, 町新居の門前, 町新町柳町寺町堤町塩町蜆貝町新蜆貝町, 町新網のまた, 町新聞を片手, 町新道伊勢屋三郎兵衞方へ忍び, 町方向から長く, 町方面行の電車, 町旅人宿幸手屋茂八方へ到着, 町旅籠屋清兵衞方へ遣, 町旅籠町南が大川, 町旗本大沢八郎右衛門方奥勤メ腰元地蔵まゆにて目千両, 町旗本片柳伴次郎家中宇津木兵馬と申す, 町日下ユキさんから更科源蔵氏採集, 町日向は今, 町日本橋数寄屋町諸国旅人の泊まる, 町日立木の漁村, 町日蓮宗蓮華寺の裏手, 町日蔭町まで来た, 町日輪寺が其出張所, 町日限地蔵尊の境内, 町旧道だと, 町早山かもんのす, 町早稲田鶴巻町辺いづれも, 町の廓, 町明日はあちら, 町明石町などの町家, 町明石病院の病室, 町の風情, 町昔ローマの墓地, 町昔時幕府の同朋, 町昔時萱葭繁茂し其中, 町の真昼, 町春日岡の総, 町春日町と何度, 町春祥堂にて大西氏, 町春長といふの, 町昨夜の八つ半ごろ, 町昭和伸銅会社浅井定次さんと横, 町ヲ狭斜, 町時折車の音, 町時計台上の優雅, 町暁星中学のフランス人エック先生, 町暮しの感覚, 町曙町弥生町少し離れ, 町曰ク宮永町曰ク片町等ハ倶ニ皆廓外ニシテ旧来, 町曰ク片町等ハ倶ニ皆廓外ニシテ旧来, 町曲りませうかと問, 町更科と刷っ, 町書房というところ, 町書肆櫛比す, 町最後が本郷弥生町, 町最高峯の頂, 町月明かりの小路, 町有志者とあった, 町有楽町二丁目二番地竹の舎, 町有終学校の英語教師, 町有馬宗智宅へ参り, 町望富閣と叫び合っ, 町木俣川に架せられた, 町木具職遠州屋甚七, 町木屋町の魚町, 町木挽クラブにほぼ, 町未開田代四百七十町などとある, 町末広町と過ぎ, 町末社の数々, 町本所横網町まさに尽きん, 町本材木町へ移り, 町本物町番場町となっ, 町本田あたりの昔, 町本町一丁目の, 町本町一石橋のほう, 町本町石町駿河町室町の邊, 町本署から, 町本荘駅なり, 町本通り行乞そして行乞, 町本郷森川町帝国大学へと進み, 町札所下とみや, 町の生垣, 町村井長庵の邸, 町村地区のソヴェト役員, 町村等自治体の運営, 町村落農田山林までを荒し廻った, 町村野更に遠く, 町東どなりは道路, 町東一番町が中央, 町東京より十三里, 町東仲町界隈のもの, 町東方の沢入山, 町東洋新聞三の面軟派, 町東洋銀行に到り, 町東福田町地先にてこの, 町東端の方, 町東西十五町と稱, 町東西十町ぐらいその, 町東西櫻島の兩村, 町東門から西門, 町松下專庵と云醫師, 町松五郎が姪成, 町松原のヤトナ倶楽部, 町松山園に参り, 町松島專庵と申町醫師, 町松楽にて斎藤先生送別小宴, 町松葉屋半左衞門抱, 町板橋練馬三河嶋を逃げまわっ, 町板沢某という家, 町枝町という如き, 町架空索道株式会社というもの, 町柏木私は二十四歳, 町染物屋の別宅, 町染色業の盛ん, 町柳原町と町内, 町柳橋の芸者, 町根木名の廐, 町桐山という薬種屋, 町の並木, 町桜山新町の場末, 町桶屋町銅屋町茶畑町代官町萱町百石町上鞘師町下鞘師町鉄砲町若党町小人町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 町の屋, 町梅川町まで辿っ, 町梅田家に嫁, 町森下町菊川町と搜, 町森川町その他の友人, 町森田屋という国産問屋, 町へるの, 町植木屋多しなぞと, 町植木店真の江戸子, 町楽友会館に於ける, 町楽屋へ通, 町へに於, 町は三里, 町横丁の某, 町横三四町の市街, 町横山兵蔵様と書い, 町横山町と北, 町横浜植木商会の園内, 町橋詰の宗十郎店, 町の木山, 町檜物町上槇町それから横, 町次に塩沢いづれ, 町一位八十町より, 町正に堂々たる大城, 町此代價が何程, 町此所には戯作, 町武家と申し, 町武藏屋清兵衞方に罷, 町歩かなければならない, 町歩みたる道, 町りの, 町殊に海陸共に, 町殺しの常, 町母上まだ参っ, 町毘沙門前を走つ, 町を呼び入れた, 町民家にいたる, 町気質ですね, 町の音, 町水天宮の縁日, 町水谷町紀国橋の辺, 町水道橋を渡り, 町水鏡天満宮二百五十年御神祭, 町氷川町新坂町辺は庭, 町氷川町新坂町青山御所片町市ヶ谷本村町加賀町牛込北町肴町江戸川の大曲, 町永代のじき傍, 町永代橋と起点, 町永田町の官舎, 町永田馬場の日吉山王, 町汐湯に於, 町汐留の奥平屋敷, 町江場土中條内より, 町江戸川の大曲, 町江戸町の五カ町内二丁四方, 町江戸町一丁目などという吉原遊廓, 町江戸町一丁目辨天屋祐三郎抱え紅梅, 町江畔老の無相, 町沓掛から追分, 町沖合より朝鮮人, 町沖合神子元島横根島石取島, 町沙汰でも義貞はじめ, 町河内屋八五郎の使, 町河内田井中村同恩地村, 町河岸のは同じ, 町河岸通の小玉亭, 町河水わかる, 町油屋五兵衞悴五郎藏と申す, 町油屋五兵衞方の番頭, 町油屋徳右衞門の方, 町油屋藤右衛門どのの伜又助どん, 町油屋藤右衛門伜又助なる者, 町油町田所町長谷川町富沢町と横筋, 町治郎兵衞店に小切, 町沿いの御, 町泉様方にて, 町が立ざる, 町法華宗法蔵寺の墓地内, 町の海, 町泥斎方へ参り, 町津賀閑山の古道具店, 町流れ家の, 町流浪時代に僕, 町浄瑠璃の一くさり, 町浅草の雷門, 町浅間神社の境内, 町浜口町はどこ, 町浜口雄幸先生の邸宅, 町浦佐小出堀之内あたりで竿, 町浦野館村へ行く, 町浪花町住吉町大坂町でとん, 町海岸絶危し人家, 町海岸通を歩む, 町海水浴場の榜示杭, 町海老屋の女郎客, 町海賊橋ぎわの佐原屋, 町浸水七百九十五町堤防決潰五カ所破損二十四カ所橋の流失十六個, 町浸礼教会跡に隠れ, 町淋し雨の, 町淡路町須田町の往来, 町深山といふ, 町深野百二十番地であります, 町混堂の歸途白幡天神, 町淺田屋の番頭幸吉, 町淺田屋徳次郎殿と書いた, 町清新軒に飲む, 町清松院と云う, 町清水氏寓伊沢又分家では信治二十一, 町清水谷へ下る, 町湖岸に向かっ, 町湖水の落ち口, 町湯屋へ三町, 町湯島下と七つ, 町湯川の宿, 町源兵衞店に罷, 町源次郎と申者私, 町溝渠の景北寿, 町溪聲頗壯到處見水車, 町滞在中に聞いた, 町漁港町はどこ, 町潛つて出ました, 町潜って出ました, 町濠端一番町を含み, 町濡れ来て, 町の水音, 町瀬戸かけ旅館, 町点心堂の餡, 町無形一刀流の面々, 町無形一刀流道場の剣主, 町無我夢中で走った, 町焼亡すと, 町煙管屋の村田屋彦八, 町熊谷屋利八方へ泊り込, 町燈台の見える, 町の三年祭, 町父上へ手紙中, 町片側は直接河, 町片平ともいう, 町片柳殿の家中, 町牛乳店六平また阿部奎一氏, 町牛込の神楽坂, 町牛込北町肴町江戸川の大曲, 町牛込通寺町の如き, 町牢内の場, 町物産会社の技師長, 町特許事務所に出勤, 町犀川の岸, 町犬山の城, 町独立で立派, 町川の, 町猪牙ならば, 町猿楽町小川町のあたり, 町猿江公園洲崎弁天町までの間, 町獣医の妻, 町獨立で立派, 町玉屋伊兵衛持家へ著く, 町玉屋町を横筋, 町知事一行は, 町現今の歌舞伎座, 町現在のあの, 町れの, 町瑞昌寺それが師範学科, 町瑞鳳山祥雲寺にあり, 町瓦町を一丁目, 町甚七店束巻き師源五兵衛と所名, 町生まれで牢屋, 町生れて始め, 町生薬商人近江屋源八に一俵二十五文, 町を弁ずる, 町用人村川菊内中間勝造庭掃の三吉爺, 町用人村川菊内仲間勝造庭掃きの, 町用先生ニ随従シ法廷ニ出レバ風愈ヨ烈シク雪, 町田所町長谷川町富沢町と横筋, 町田町川勝前から柳町, 町甲州屋吉兵衞方へ知らす, 町甲武の電車, 町申醫師に, 町町医伊沢信崇方へ寄留, 町町土地により, 町町数にし, 町画師の春作, 町が千町, 町番人重五郎, 町番場町となっ, 町番町旗本片柳伴次郎家中宇津木兵馬と申す, 町の上, 町病院長高町氏を呼び入れた, 町発名古屋行の列車, 町登って行く, 町登りますると, 町登記所に赴き, 町登記所々長の長男, 町白山の方, 町白旗金神境内です, 町白糸町あたりはもと徳川時代, 町白金辺を持場, 町白銀町石町伝馬町小田原町小船町伊勢町を焼き, 町白魚屋敷のあたり, 町百五十石小普請入りの旗本土屋多門方, 町百六十余町は仕事, 町百兵衛に始末, 町百兵衞に始末, 町百卅七田山花袋とある, 町百姓の多い, 町百石町上鞘師町下鞘師町鉄砲町若党町小人町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 町と云う, 町皆地巻士也泉米津までの間平原, 町皆川町飯田町東片町としばしば, 町やしき, 町盛り場から盛り場, 町盡頭の自分, 町目あたりに到れ, 町目ざして駆けさせました, 町目ぬきのところ, 町目付が出来, 町相寄って一つ, 町相川町八幡宮の一, 町相当の享楽時代, 町相応の古ぼけた, 町相生の松, 町眞直ぐに突, 町着あちらで訊ね, 町の倉, 町矢太さんの右, 町知ってます, 町石場亀吉の母, 町石田堤今は大半, 町石町と新開, 町石町伝馬町小田原町小船町伊勢町を焼き, 町石置場の近所, 町砂金採取所へ八町, 町碓井峠の険しい, 町の峯遥拝, 町神楽坂などへ夜散歩, 町神田へかけ, 町神田下谷のほとんど, 町神田旅籠町から大, 町神田橋内の姫路藩邸, 町神田辺のいろいろ, 町神道無念流の師範斎藤篤信斎弥九郎, 町祠石の恵美須, 町だったが, 町福島某の地所, 町福本の出身, 町秀津山口等等とよく, 町秀英舎の漢字校正係, 町ならば, 町秋葉の原, 町を単位, 町称名寺に, 町移転後三四年のこと, 町にはそれ, 町程しかない, 町程で幅が, 町程度進むと, 町をもっ, 町に准, 町稲本屋の向側, 町稲本楼である, 町のくらき, 町とかやけに, 町端づれの裏道, 町竹原屋六右衛門の家, 町竹屋町上ルの私, 町竹田屋の手代藝苑叢書, 町竹田長生院方へ奉公, 町竹町向柳原両国橋と円周, 町竹町等は氾濫, 町笠屋町玉屋町を横筋, 町笠森の坂, 町一流の, 町筆屋の伜幸吉, 町等々互ひに, 町等兄弟はその, 町等子供の胸, 町箪笥町氷川町新坂町青山御所片町市ヶ谷本村町加賀町牛込北町肴町江戸川の大曲, 町築地汐留と, 町はすぐ, 町とにも差等, 町米屋市郎左衞門は程經, 町米沢町元柳町, 町精衛舎といふ文字, 町系統に包含, 町紀国橋の辺, 町紀州家上屋敷へ到着, 町紅梅坂の武家屋敷, 町細い道を, 町絃歌の地, 町の一手, 町組合の芸者家, 町絵図にそっくり, 町続いていた, 町綱田屋五郎次郎今度は間違ひも, 町網走刑務所の顕治宛, 町綿屋町等にも京, 町総出で綱引, 町緑町百人町のあたり, 町緑町聖天前を右, 町練るは誰, 町織物工場の暗い, 町罪悪の町, 町署員だった, 町義昌堂につか, 町羽衣館前まで町幅, 町梅は, 町考古館長石内九吉郎氏は三島方面, 町聖天町を経, 町育ちらしく山の, 町背負込んで, 町能谷邸に, 町と踵, 町自分は新, 町自慢の, 町自身の膊動, 町の借, 町與力の倅山崎賞次郎, 町船澗のあたり, 町良家新産の女児, 町芋屋六兵衞と云者, 町芝居などの事, 町芝新網そして最も, 町花屋仁左衛門の裏座敷, 町花屋敷に新, 町花川戸小梅町新小梅町, 町芸者常磐津の師匠, 町芸者数十人を侍らせ, 町若党町小人町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 町若松町などという小さい, 町英国公使館裏手の坂道, 町英国大使館の前, 町茅場町八丁堀新富町築地汐留と, 町茶畑町の六カ所, 町茶畑町代官町萱町百石町上鞘師町下鞘師町鉄砲町若党町小人町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 町荒物商某方へ同居, 町菊川町と搜, 町菎蒻閻魔のすぐ, 町萱町百石町上鞘師町下鞘師町鉄砲町若党町小人町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 町落葉そこより我が, 町葉室顕頼の養子, 町著物こういうもの, 町葱平から絶頂, 町葺屋町側に三座, 町蓮光寺の住職, 町蓮池からで, 町蔵元屋の一人娘, 町薩州邸の表門, 町薬師堂のほとり, 町薬師境内の宮松亭, 町薬研堀町等々互ひに, 町薬種問屋林幸と読める, 町藏地の家主半兵衞, 町藤原村と峰, 町藤村の二十七疊, 町藤橋を渡り, 町藪之内京町塩屋町などは飛火, 町蜆貝町新蜆貝町, 町行きしが裸男以爲, 町行きつけの床屋, 町行き過ぎてからふと, 町行っては息, 町行った突当りに溝川, 町行つたあたりだと, 町行つた処の鍛冶屋, 町行つた谷合に綺麗, 町行つて懐を探る, 町行乞久しぶりの行乞, 町行乞十一時から十二時, 町行乞夕立がやつ, 町行乞往復九里は暑苦し, 町行乞泊つて食べて, 町行乞町に活気, 町行乞自他共にいけない, 町行乞行乞相申分なしと, 町行乞近来にない, 町行乞銭十三銭米二合霧の中, 町行道山の方, 町街上にて岡村柿紅子, 町街路上で, 町表町新坂町辺の老若男女, 町表通に大, 町表通宮内省御用邸塀外に老, 町振坂, 町れでつくった茶, 町裏店の井戸端, 町補習学会及神田猿楽町有終学校の英語教師, 町を洗つて, 町西バッキンガムに至る, 町西側が弁慶橋, 町西側雑司ヶ谷より関口台町下, 町西入奈良物町に家, 町西入町豊後町安土町魚屋町を南界, 町西市の中野盛紀氏, 町西片町に住ん, 町西片町曙町弥生町少し離れ, 町西端の雑貨商江州屋速見平吉, 町西裏町に隠居, 町術すなわち, 町見たいなところ, 町見廻りの旦那衆, 町見附から池田, 町親方は不承, 町観世宗家の伯父, 町角あたりに立っ, 町角屋敷の塀, 町角屋敷穀物店に三百兩附, 町角店先往来のいたる, 町角海老の筋, 町にこの, 町触れだろう, 町訪ンねて, 町訪問を止め, 町許上の方, 町許參り候, 町許是ありと, 町許道の右, 町を可, 町誌編纂委員原沢米吉氏等の高説, 町知らぬ者, 町諸国旅人の泊まる, 町諸村押の者, 町講道学舎付近居住新助長女坂上ツル, 町警察署勤務という肩書, 町谷川のとある, 町谷町の北側, 町谷町北側表二番町通り南側を含み, 町豊島町という順序, 町豊後町安土町魚屋町を南界, 町象潟町にかけての広い, 町貧窮人と紙, 町費額を定め, 町い盛, 町賢忠寺にある, 町質屋五兵衞并びに同人召遣久兵衞等一同揃, 町質屋六兵衞方にて五十兩借請其金, 町質渡世家持五兵衞并びに同, 町赤井嶽に登る, 町赤坂一ッ木など最寄りもより, 町赤羽心光院にまつる, 町赤門前を引払っ, 町走ったと思う, 町走ったであろうかふと, 町越えて流, 町越しにこちら, 町越後屋三家の掃除, 町越後屋店頭浅草本願寺品川御殿山及び小石川, 町越後町旅籠町南が大川, 町の向く, 町足らず屋ならび三十, 町距つた小高い丘, 町距つた処の小さい, 町距つた海岸に降下, 町距つてゐた, 町路三つにわかる, 町車坂を抜け, 町を連ね, 町軽焼淡島屋の名, 町軽米で見た, 町辛うじて前岳, 町辨天屋祐三郎抱え紅梅并に下河原園八郎, 町辺呉服橋ぎわその他に人間, 町辺樹木谷へ下る, 町辺津の守坂下あたり, 町辺牛込御徒町辺を通れ, 町辺芸者家に接したる, 町辿つて来る, 町辿る海岸の, 町近く田舎住いをし, 町近傍の景色, 町近在のある, 町近郊の競馬場, 町追っかけたが女, 町逆もどりだな, 町通いにオートバイ, 町通して本町石町, 町通り両側の旅籠, 町通り勝山と申しまし, 町通り南側を含み, 町通り南北に一筋, 町通り大門通りといった町, 町通り左側大通りが和泉町, 町通り神田の小川町, 町通り越した所に, 町通り電車道を向う, 町通り麹町谷町北側表二番町通り南側を含み, 町通塩町とつらなった, 町通塩町横山町と北, 町通旅籠町通油町通塩町とつらなった, 町通横町鎌倉横町家主伊右衛門店を借りた, 町通油町通塩町とつらなった, 町通油町通塩町横山町と北, 町通西横堀以西は神田町通, 町連なり野草繁生し, 町進む内むか, 町遅れて徒土頭, 町遊びを覺, 町遊女の群れ, 町運ぶと十圓札一枚, 町道一里半ほど在, 町道庵老でござるげ, 町遠い丁ど, 町遠き辻に, 町遠石駅なり, 町邊武家奉公に身分, 町郡代の牢屋敷, 町都市のいたる, 町酒井大学という大名, 町酒屋にて酒興, 町醫中田玄竹は水道, 町醫乍ら苗字帶刀を許され, 町醫師に, 町醫師木村道庵方へ忍び, 町醫師村井長庵は既に, 町醫師村井長庵こと雨中傘も持, 町醫師高岡玄純酒屋, 町醫村井長庵と申す, 町醫者立會の上, 町野平介初名, 町野田寺町地黄煎口, 町金七淨瑠璃語君太夫へ渡され, 町金佐商店という商標, 町金出口金出宿宰府口比惠の原, 町金吹町などに唐物屋, 町金杉上町入谷町千束町の六つ, 町金杉下町三の輪, 町金杉橋やがて駿河守, 町金清楼の宴会, 町金谷山宝祥寺の住持秋山暁道師, 町鉄物問屋山内忠兵衛妹五百が来り, 町鉄砲町小船町小網町れいがん橋を過ぎ, 町鉄砲町石町と新開, 町鉄砲町若党町小人町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 町銀行がまた, 町銅屋町茶畑町代官町萱町百石町上鞘師町下鞘師町鉄砲町若党町小人町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 町銭屋総四郎, 町錦小路まで飛ばした, 町錦町などには大きな, 町鍋町は裏, 町鍋町東横丁と過ぎ, 町鍛冶町白銀町石町伝馬町小田原町小船町伊勢町を焼き, 町鎌倉横町家主伊右衛門店を借りた, 町鏡子おふゆ, 町鐘釣温泉へ二里二十二町, 町を検する, 町長しという幽谷, 町長者町商家がベッタリ, 町長谷二〇三となっ, 町長谷川町富沢町と横筋, 町長野市など大正文化, 町門外の井戸, 町開いただけで, 町開業医某のもと, 町開田三十町未開田代四百七十町などとある, 町間之町のあたり, 町闕所屋敷で唐通詞, 町防空壕という防空壕, 町防空隊からの報告, 町阿波屋の寄進, 町阿蘭陀塀阿蘭井戸, 町阿部伯爵家の椎, 町阿部氏を訪, 町附き合いで十手捕縄の, 町附属の品物, 町附近辺まで遣られまし, 町降りたか分らない, 町陸尺屋敷のとなり, 町隅田川両岸, 町隔たった広場に, 町隔つた崖の上, 町隔てて大きな, 町隔てた電車通りの, 町隔てたる山寺の, 町隔て西の村, 町隔り往還より三, 町隣りの元大工町, 町隣横町裏道寂となっ, 町隼町青山六丁目辺りまで毎日小僧, 町雉子橋の畔, 町雉子町あたりの脂粉, 町でエタ, 町離れたる所に, 町離れれば大きな, 町難波町江戸町の五カ町内二丁四方, 町雨宝院といへる金比羅神社, 町停前, 町電車通に出, 町霞ヶ関に江原桂助, 町霞町などという静か, 町に埋もれ, 町露月庵を訪れた, 町青山は無事, 町青山六丁目辺りまで毎日小僧, 町青山家の座敷, 町青山御所片町市ヶ谷本村町加賀町牛込北町肴町江戸川の大曲, 町青山牛込渋谷あたりへかけ, 町青山白金の大通, 町青年団と書いた, 町青柳から会田, 町青物市場の方, 町青蓮寺の墓地, 町静蓮寺にございます, 町鞍掛橋旅籠町などは旧, 町韋駄天をつづけ, 町韋駄天走りに逃げ延び, 町までは会社, 町須崎町の間, 町須川隆白の三人, 町須田町の往来, 町須賀町是ヲ狭斜, 町になつ, 町願人坊主の隣, 町風呂屋に五町, 町食封八百戸すなわち封戸, 町飯田町東片町としばしば, 町飾磨はこれから, 町餌差の成れの果て, 町餌指之儀, 町餘段の耕作段別, 町餘硫氣の上, 町饅頭谷より市ヶ谷八幡鳥居前, 町香水と呼ばれた, 町馬喰町兩國邊の紙屑買, 町馬喰町日本橋数寄屋町諸国旅人の泊まる, 町馬喰町鞍掛橋旅籠町などは旧, 町馬町勝山町八百屋町を経, 町馬糞に汚れた, 町馴れた様子に, 町駅浅草駅などへそれぞれ, 町駅行きの切符, 町駆出しましたが振向い, 町駒形一円を黒烟, 町駒形方面から一方, 町駕島の内まで約束, 町高い所の, 町高まくらってえ, 町高椋公夫君邸の離家, 町高砂町住吉町難波町江戸町の五カ町内二丁四方, 町高砂町浪花町の一廓, 町高級アパートの明智探偵事務所, 町魚屋万蔵の家, 町魚屋万蔵方まで罷, 町魚屋町を南界, 町魚板橋から中坂, 町鱗形屋の出版, 町鳥越町等の間, 町さえ僕, 町鶯谷アパートにて, 町鶴巻屋へ持っ, 町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 町鹽釜祠下漁戸數十浮世を山, 町麻布から赤坂, 町黐木坂下にあっ, 町黒江橋ありし辺, 町黒船町は火, 町黒船町それに接近, 町黒薙温泉へ三十二町, 町黒鍬町仲町通りなどという町名, 町~電話かえる