青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「矢代~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~瞬間 瞬間~ ~瞳 瞳~ 瞼~ ~矛盾 矛盾~ ~矢 矢~ ~矢代
矢代~
~知 知~ ~知っ 知っ~ ~知った 知った~ ~知ってる 知ってる~ ~知つて ~知ら

「矢代~」 2956, 31ppm, 3824位

▼ 矢代~ (1602, 54.2%)

62 思った 31 云って 27 自分の 25 云った 23 千鶴子の 17 千鶴子に 12 訊ねた 10 このとき, 久慈の, 黙って 9 こう云っ, 久慈に, 千鶴子と, 千鶴子を 8 そう云い 7 それを, 思って, 答えた 6 思い出した, 急に, 東野の, 父の, 見て 5 これで, 云うと, 今は, 今まで, 思ったが, 感じた, 自分と, 顔を

4 [15件] このよう, そう云っ, そのとき, それも, パリの, 何んと, 傍の, 千鶴子が, 塩野に, 思い出したり, 槙三に, 母に, 真紀子の, 礼を, 笑いに

3 [20件] こう云い, そこで, もうこの, 不意に, 久慈と, 云ったものの, 何か, 塩野から, 塩野の, 塩野を, 妙に, 彼女の, 思う, 思うと, 笑った, 簡単に, 自分も, 見ると, 露台の, 頷きながら

2 [79件] あたりの, いつか読んだ, いつもここ, がっかりと, こうし, こう云う, ここに, ここまで, この人, こんなに自分, すぐ千鶴子, そう云う, そこから, そこを, その方, それが, それらの, そんなに云った, ときどき千鶴子, ひとり呟き, まだ東野, アンリエットから, オールを, スーツケースを, ホテルを, マロニエの, 二人の, 云いつつ, 云いながら, 云いながらも, 云ったが, 今の, 今夜の, 今日は, 介意わ, 何ぜとも, 光琳の, 半身を, 受けて, 呟くよう, 外国へ, 嬉しかった, 家の, 小屋から, 小屋の, 帰って, 庭の, 後ろへ, 思うの, 意外に, 感服し, 手を, 暫くし, 朝の, 槙三の, 横に, 母の, 汗を, 湯の, 煙草に, 煙草を, 由吉の, 皆に, 眼が, 知って, 窓を, 立って, 笑いながら, 結婚という, 胸に, 胸の, 膝を, 自分が, 苦笑し, 見たこと, 豊かな, 起き上って, 身を, 頭を

1 [962件 抜粋] あああの, あたりを, あの獲物, ある日腕, あれは, いきなり大き, いっかピエールが, いつか秘かに, いつの間にか日本, いつもこれ, いつもより, いつも思う, いつも覚えぬ, いつも食堂, いや雪, いら立たしくなり, いろいろ考え, うつ向いて, うろうろし, おぼろな, かけると, ぐったりと, こういう意味, こう千鶴子, こう思う, ここで, ここへ, このこと, このマルグリット, この仲人, この夜, この妹, この日, この槙三, この歌, この特高課, この畑, この話, この青年, この鮮やか, これから会う, これだけ, これにも, これ幸い, こんな難しい, さきから, さまざまな, しかし心, しばらくし, しばらく黙っ, じっと見, すぐ好き, すぐ懐し, すぐ返事, すべてが, そういう, そういう場合, そういう話, そういう遊部, そうでなく, そうひとりぼそぼそと, そう云われ, そう思い, そこでまた微笑, そこまで, そのままに, その先輩, その喜ぶ, その夜, その山, その日, その機会, その沼, その狩衣, その祖父, その諦めた, それだけ云っ, それではまだ, それとなく真紀子, それに, それまでに, そんなの, たしかにそれ, ただ事では, ただ笑った, だんだん呼吸, だんだん感じ, つい湿っ, ともかく云わせ, ともに自分, どきりとした, どこかに, どことなく微妙, なお真紀子, ねじれた久慈, ひとりそんなに思い, ひとりコップを, ひとり呟い, ひとり快, ひとり窓の, ひとり駅前の, ひと息の, ふとこう乱暴, ふとそう呟く, ふとその, ふとまた, ふとチロル, ふと大理石, ふと思った, ふと歎息, ふむふむと, ぼんやりと, またあたり, またさっき, またその, またもそんな, また倦, また呼び, また自分, また詰め, まだそのまま旅先, まだ前, まだ店, まだ結婚, まだ見ぬ, まったくおかしく, もううるさ, もう傍, もう千鶴子, もう反抗心, もう忘れ, もう眼, もう身, もう黙った, やがては, やはり彼, よく眼, アンリエットを, カソリックの, カフェーの, コップを, サロンに, シベリヤから, シャッタを, スペインへは, ドアを, バスに, バスを, パリに, ピッケルを, フリーゼを, ベルの, ベンチから, ホームへ, ポケットに, ルクサンブールの, 一つで, 一つヨーロッパの, 一人モンパルナスの, 一寸からかっ, 一寸奇異, 一寸黙った, 一度ちらりと中, 一族の, 一瞬菊の, 一見し, 一途に, 上の, 上海に, 不快に, 不思議に, 並んで, 主張し, 久慈が, 久慈にだけは, 久慈よりも, 久木男爵から, 乗り出すよう, 九州からの, 予想が, 事もなげに, 事実塩野の, 二階から, 云いたかったが, 云う, 交番の, 京都ホテルへ, 人からも, 人の, 今こんなに, 今さら世界, 今さら二人の, 今までとは, 今までにも, 今も, 今夜真紀子と, 休息の, 低く口, 何んだ, 何気なくそう, 侯爵夫人の, 倦きなかった, 偶然の, 元気よく, 兄よりも, 先に, 全く張り, 公園で, 出かけた, 出て, 列車が, 初めてまた, 初めて幸子, 初めて悟る, 初めて見た, 別にどこ, 刻刻に, 前にも, 前方の, 力なげ, 動かなかった, 動き出した橇, 勘定を, 千鶴子へ, 千鶴子一人を, 半ばまで, 南ドイツに, 叔母夫婦や, 口まで, 合槌を, 同僚の, 向き直るよう, 告別式へ, 呻くよう, 咄嵯に, 喜びを, 困った, 国境の, 坂を, 塩野と, 墓地の, 壁面に, 声に, 夕日の, 夕食の, 外の, 夫婦が, 好もしく感じた, 妙な, 妹の, 始めは, 嫁に, 定めし多く, 寂しいながらも, 寝る前, 寝台に, 察すること, 寺への, 対岸の, 小石川の, 少し前, 少し眠った, 山で, 島の, 帰ってからの, 帽子を, 幸福を, 幾らかからかい気味, 幾度と, 広広と, 府向いた, 廊下に, 引き下げて, 張り詰めた青い, 強く打たれる, 当然いつか一度, 彼に, 彼女から, 後悔した, 微笑し, 忘れて, 思いこれ, 思いながら, 思いますます, 思いもうゆっくり, 思い二人, 思い出しつつ, 思い出すこと, 思い困ったとき, 思い残念, 思い淋しく, 思い穏やか, 思い自然, 思わず笑った, 思わぬ不意打, 悲しそう, 想像する, 愉快で, 感じたが, 感じ一寸, 感じ俯, 慰めながら, 懐しかった, 手で, 手櫃の, 手綱を, 投げ出すよう, 押しつけて, 挨拶など, 探りあてたとき, 携えて, 斜め左方を, 新しく自分, 日ごとに, 日光に, 日本では, 日本人の, 早く眼, 星から, 昼からの, 時の, 暇を, 暗に納めた, 暫くその, 暫くは, 暫く休ん, 暫く立っ, 暫く茶, 暫く顔, 書物を, 最後の, 有耶無耶な, 朝から, 朝起きる, 本が, 来て, 東京を, 東洋的な, 東野と, 果して帰れる, 柘植の, 栗の, 桟敷へ, 棚から, 椎の, 楽しさ, 槙三や, 横の, 樹に, 樹の, 欄干に, 欅に, 止めたくは, 歩かねば, 歴史の, 母から, 母と, 母校の, 気がかりだった, 気まりも, 気持ちよかった, 気附き, 水を, 氷河の, 汽車から, 沼べりの, 洩れ陽, 湖の, 湯呑みを, 灯の, 無我夢中に, 無造作に, 煙草屋を, 爪立ち疲れて, 父が, 父とは, 父のを, 特に謙遜, 狂人の, 理由も, 瓦斯灯の, 田村の, 由吉や, 男爵と, 異国に, 疲れが, 疲れも, 疲労の, 白い手袋, 白布に, 白装束で, 目を, 真に孤独, 真黒な, 眠つかれぬ, 眺めずには, 眺めまた, 眺め母, 眼前に, 瞬間眼の, 短い眺望, 磊落な, 社長の, 空の, 突拍子も, 突然に, 突然胸, 突然身, 窓から, 笑うと, 笑顔を, 答えかねた窮地, 答えも, 答えるの, 篠懸の, 粉の, 終日あてども, 結婚の, 絞りよせられる思い余った忽忽, 給料の, 絶えず日本風, 美しい革製, 羨しく思う, 老人にも, 考えどこ, 考え込むと, 耳の, 聞くとも, 聴きとって, 肩も, 胴を, 胸を, 胸騒ぎが, 腰が, 膝の, 自分なら, 自分ひとりそこから, 自分らの, 自然に, 興奮し, 船中から, 船中で, 花どきを, 若鶏, 茎の, 茶店の, 荷物を, 葬列か, 薄靄, 血が, 襟を, 西洋で, 要らざること, 見るま, 見抜くこと, 覚えると, 親戚たちに, 観台, 言葉も, 訊ねながら, 詰り詰り云いつつ, 話したこと, 読み終ってからも, 誰からも, 質問が, 起き上ると, 足の, 跳ね上る雨脚, 踊って, 身に, 身動きし, 車を, 軽く笑っ, 辛うじて呼吸, 近よって, 返答を, 連夜の, 道という, 遠ざかって, 遽に, 邪魔する, 部屋の, 金銭は, 鍋の, 鍬を, 間に合った, 間もなく見る, 闇の, 階段を, 霊柩車に, 青ざめたまま, 面白く思い, 靴で, 頂きの, 飛行館の, 首すじから, 馳られ, 驚いた, 黙った, 黙ったまま

▼ 矢代~ (426, 14.4%)

18 方を 16 傍へ 15 方へ 11 顔を 7 家の, 腕を 5 父の, 肩を, 膝を 4 前に, 横へ, 母が, 眼を, 肩に, 胸を 3 云って, 先祖の, 方から, 方に, 気持ちは, 眼は, 胸に, 部屋へ, 首を

2 [25件] いら立たしさ, こう云う, ところへ, コップに, 云い方, 傍に, 前で, 前へ, 声も, 妹の, 家へ, 思ったの, 手を, 母から, 母に, 気に, 気持ちも, 父が, 眼に, 眼の, 知って, 表情を, 見て, 車の, 頭の

1 [236件] いること, いるの, こう云っ, こう呟い, ことだ, こととて, ことには, ことを, この度びの, この競争嫌い, こんなこと, そう云う, その後の, その汚点, つづけて, に合せた, は整理部, は袴, もっとも好き, も外, ように, バンドを, フランス語の, ホテルの, ホテルへ, 下顎, 不在だった, 不在を, 両側で, 両家は, 主人が, 云ううち, 云うこと, 云うの, 云うのに, 云うまま, 云ったこと, 云った意味, 云った最初, 他に, 仰いだ欅, 仰いで, 体も, 信仰の, 傍から, 傍で, 傍には, 傍の, 傍まで, 入社も, 入社を, 入社試験の, 出した土産物, 別れたの, 前後左右から, 勉強も, 勤めて, 卓へ, 去り行くまま, 友人たちの, 口にも, 口を, 名を, 名前を, 呟きが, 呟きも, 周囲では, 問いかける間もなく, 困惑の, 場合は, 声を, 変らぬ努力, 失態を, 奥さんなら, 奴, 姿を, 家では, 家に, 家は, 家も, 小母さんが, 小母さんとは, 小母さんに, 小母さんの, 小父さん, 小父様に, 希う光源, 帰ったの, 帰る方向, 帰る際の, 幼少の, 張り合いが, 待ち望んで, 後から, 後の, 後ろの, 後ろへ, 後頭に, 心を, 思って, 意中を, 意志の, 意識にも, 感覚を, 態度を, 慶びに, 手の, 手の甲へ, 手は, 手もとへ, 手紙に, 手紙に対し, 手紙に対する, 指先だけ, 指差した, 挨拶を, 教った, 方からは, 方が, 方だ, 方の, 旅は, 日ごろの, 早い帰り, 明るさ, 書物の, 書類を, 来たとき, 東洋主義に, 様子を, 横に, 正気を, 母の, 気持ちが, 気持を, 洋服棚を, 洩した意味, 浮き浮きと, 涙を, 淋しい想い, 淋しさ, 父も, 父祖たち滅亡の, 片足が, 特殊な, 生れた日, 生活も, 男の子が, 留守に, 留守中ウィーンから, 番に, 疲労の, 痛さ, 皮肉に, 皮膚も, 皮膚を, 知らぬこと, 知らぬもの, 知らぬ人人, 知らぬ先祖たち, 知らぬ間, 知人の, 穏やかでない, 突然の, 立ち去る礼, 答えを, 答え難く, 結婚の, 絶えず悩まされた, 老人は, 考えを, 耳に, 耳の, 耳を, 聞かない新鮮, 肩へ, 肩身に, 背から, 胴を, 胸の, 胸中で, 胸中に, 胸苦しさ, 脇腹へ, 興奮の, 苦渋を, 荷物ある, 荷物を, 行ったとき, 行った温泉場, 表情に, 袖を, 見るよう, 見忘れたもの, 見知らぬ青年, 視線に, 親戚の, 観察を, 言葉の, 言葉は, 訊ねるの, 記憶に, 話す父, 話に, 話の, 読んで, 調べ物も, 諧謔に, 質問の, 足は, 足を, 足先き, 足首に, 身の上を, 身体の, 身体は, 身体を, 車が, 車へ, 返事を, 通って, 部屋で, 部屋は, 重要な, 隠居に, 頭に, 頭にも, 頭も, 頭を, 頼んで, 顎を, 顔が, 顔に, 顔見知りの, 鶏に, 鼻に

▼ 矢代~ (146, 4.9%)

14 訊ねた 9 云った 4 云って 2 しては, しなだれかかって, 向って, 渡した, 近づいて

1 [109件] あてそう, ある勇気, いら立たしい声, こうしたこと, さし出した, さし向けた, さらにまた, しても, すすめた, すすめて, そう云っ, そう訊ねた, そのうち云う, そのころ, それぞれ紹介した, それを, ついだ, はっきりした, もらすの, よくこう云っ, ウィスキーを, カメラを, 一寸笑った, 一度見せ, 上げて, 不向きと, 不思議な, 与えた, 久慈は, 久慈も, 云っただけ, 云った最初, 云われたこと, 今井と, 会って, 会ってからは, 何ぜ, 作つてゐる, 出した自分, 分って, 初耳の, 合せた, 向けて, 君一人なら, 告げた, 囁いた, 報らせた, 声を, 奨め, 奨め鏡台, 対い, 小声で, 少し不服そう, 強くなった, 怒るもの, 思い出させた, 感じさせた, 手渡した, 手紙を, 支えられて, 教えた, 旅の, 明日を, 枕木の, 止めを, 気附かれた, 泛んで, 注意した, 添って, 滝川家の, 燦爛たる, 生活の, 疑問を, 相談した, 突っかかって, 突然訊ねた, 笑って, 簡単な, 紙片を, 紹介した, 考えられないこと, 耳打ちした, 聴かせたいという, 胸を, 落ちつきを, 衝てて, 見せて, 訊かれるまま, 訊ねたとき, 訊ね時計, 訓えた, 話しかけたそう, 話したとき, 話して, 説明した, 談そう, 身の, 身体を, 近づいたまま, 通い匂って, 通じさすには, 鄭重に, 銚子を, 鍵を, 長いそれ, 降りかかって, 電話を, 面と, 食いつかんばかりに

▼ 矢代~ (131, 4.4%)

5 今は 2 つい笑い出した, 南も, 後から, 急に, 黙って

1 [116件] あまり疑問, いつ何, おかしくなっ, このうっとり, この偶然, これから式, さまざまこれから, すぐ返事, そう受けとられ, そのころ, その一組, それで, それに, それ一つで, ただ軽く, だんだん爽やか, つい一緒, ともにオール, ともに眺め, ひき緊められ, ひとり柘植の, ひと言頷いた, ふとパリ, ふと心中, まだ一度, みな想像し, むげに, もう思っ, やはりそのままだった, ようやく二人, パリでの, パリ以来の, 一別以来の, 一寸手で, 一瞬立ち停った, 一緒に, 一言会葬の, 不快に, 中田の, 久慈との, 久木男爵に, 久木男爵の, 乗り込んだ, 二度ほど, 云った, 人人と, 今も, 何んと, 傍の, 出席する, 勝手な, 千鶴子を, 取り返して, 困って, 塩野の, 妹にだけは, 実は自分, 実益を, 平尾男爵に, 強いて, 当然二人, 彼の, 彼女の, 後へは, 思いがけない喜び, 思い出して, 思って, 思わず, 思わず一緒, 思わず中田, 思わず云って, 思わず笑った, 思わず緊張, 愉快そうに, 感動を, 拒絶する, 暫く黙っ, 溜った疲れ, 甲板に, 疑わなかったので, 皆に, 真紀子と, 瞑目する, 知って, 空腹を, 立って, 笑いながら, 緊急の, 聞いて, 肚を, 胸中の, 腰を, 自分の, 苦笑を, 行けば, 西インドを, 見るに, 親から, 親戚たちの, 訪れたこと, 話に, 足を, 躊躇し, 身を, 身構えた, 転がり辷って, 迂濶, 迎いの, 返事の, 関り, 難問に, 音楽の, 顎を, 馬鹿らしい光景, 黙ったが, 鼻息が

▼ 矢代には~ (98, 3.3%)

3 分って 2 それが, なかった, 分らなかった, 思われた, 思われて, 感じられた, 考えられた

1 [81件] あった, おかしい封印, これだけが, そうは, それも, ともするとそれ, また更, まったく珍しい, もう諛いも, もう遠ざかった, よく分った, よく頷け, ガラシヤに, 一つも, 一帯の, 久慈の, 乾燥した, 事実必要な, 今は, 介意った, 何も, 何より興味, 何んと, 先祖の, 出来がたい, 分った, 分らなかったが, 分らなくまた, 分らぬ他人, 分り難かっ, 初めて見る, 千鶴子の, 口惜しかった, 呑み込めた, 基経という, 娘を, 嬉しかった, 嬉しく思わず, 平尾男爵と, 強く感じられた, 心配に, 忘れがたい, 思われる, 思われるのに, 思われるばかり, 悲しかった, 悲しく聞えた, 想像出来なかった, 意味が, 懐しかった, 推察された, 旅の, 明治時代の, 映って, 時間が, 月より, 気がかりだった, 眼に, 知れて, 空が, 笑うに, 美しかった, 聞えふと, 自然だった, 興味を, 苦痛だった, 見えた, 見えて, 見えるの, 見え一瞬, 見え始めて, 見て, 見覚えの, 見逃しがたい, 計りかねるところ, 起らなかった, 辛かった, 都合が, 面白かった, 面白くなかった, 黙って

▼ 矢代~ (90, 3.0%)

12 見た 10 見て 4 見ると 3 見上げた 2 見たが, 誘った

1 [57件] いつも苦しめた, ぐんぐん押しつける, じっと見詰め, じっと見詰めた, つれて, ふと見る, また奥, まだ知らぬ, ファッショと, 一人露台に, 何より慰め, 助けて, 動かさないん, 呼んだ, 呼んだの, 喜ばした, 外に, 弁護した, 愉しくのどか, 意味あり, 扶けて, 批評した, 押して, 振り返った, 揶揄する, 撥ねつづけて, 暫く睨みつけ, 曳いて, 正面から, 母に, 気の毒がり, 男爵は, 盗み見て, 真紀子の, 眺めて, 睨んで, 瞶め問い質す, 瞶め笑顔一つを, 笑い捨てること, 自分の, 見かけると, 見つけた久慈, 見つけなかったが, 見つけると, 見つづけるの, 見ながら, 見るの, 見上げると, 見付け千鶴子, 見据えて, 見詰めて, 見返って, 見降ろして, 覗き込んで, 誘い婦人たち, 誘ったもの, 遠慮とのみ

▼ 矢代~ (69, 2.3%)

2 こう云っ, そう云っ, 先に, 訊ねても

1 [61件] あなたに, いると, お茶を, ここまで, この城, さしひかえて, そのまま久慈, その幣帛, その鶴千代, もう今日, ショコラを, タクシを, パリで, パリへ, ヨーロッパで, 下の, 久慈と, 久慈の, 久慈を, 予想した, 云ったとき, 京都ホテルに, 代って, 何科かと, 傍の, 再びぶつかっ, 分骨に, 千鶴子との, 千鶴子の, 千鶴子へ, 塩野と, 室内を, 家に, 家を, 小屋へ, 小首を, 帰って, 後で塩野, 払うから, 日本語で, 時計を, 東京へ, 東野から, 桟敷へ, 槙三に, 歴史に, 父に, 突然その, 竹林を, 絶えず攻撃, 自分の, 行ったとき, 見たとき, 訊ねると, 話したの, 返事を, 這入って, 遊部を, 首を, 高く柱, 黙りつづけて

▼ 矢代~ (62, 2.1%)

6 千鶴子の 4 久慈との, 千鶴子は 3 久慈は, 千鶴子との 2 並んで, 千鶴子が, 同室の

1 [36件] よく似た, アッペリティフを, アンリエットと, 一緒に, 三宅だけが, 久慈が, 久慈と, 久慈も, 二つに, 会うの, 別れた後, 前後し, 医者と, 千鶴子から, 千鶴子と, 千鶴子とが, 千鶴子も, 反対の, 同じで, 同じです, 向き合った同車, 喧嘩ばかり, 幸子との, 東野も, 桟敷を, 歩いた, 母の, 田丸を, 真紀子が, 真紀子とが, 約束の, 組んで, 自動車を, 落ち会った, 話す機会, 論争めいた

▼ 矢代さん~ (48, 1.6%)

2 にお, の奥さん, の小母さん, はどこ

1 [40件] いらっしゃらなければ, から冗談, がいらっしゃる, が何時, が来, だけです, だとばかり, って云う, ですね, とはゆ, と仰, と歌川さん, にお話, にもお, に御, のお, のご, のとこ, のよう, の仰有った, の奥様, の婆さん, の小母さま, の小父さま, の旦那さま, の親戚, は, はあたし, はどう, は例, は各々, は火葬場, は雄弁家, まったく縁起, もう帰っ, も今夜オペラ, や巨勢さん, よりはお上手, を愛し, 動かないで

▼ 矢代~ (45, 1.5%)

3 のため 2 の名, の玄関, の長男, の門, は矢代家

1 [32件] からといふ風, から出, から男の子, が平民, では主人, と田丸家, どうして士族, にこの, にとっては一つ, に伝へられた, に背く, のこと, の人々, の代弁者, の平民, の座敷, の庭, の息子一人, の悲しみ, の手, の敵, の方々, の特殊, の長老, は城主, は忽ち, へ姿, もまた, を傷, を出ます, を出られる, を訪れた

▼ 矢代たち~ (28, 0.9%)

2 のいる

1 [26件] がトリオンフ, がホテル, と一緒, と前後, と歩いた, にはどれ, に気, の一行, の前, の国際列車, の方, の時代, の来た, の若, の追って, の部屋, はもう, はようやく, は僧侶, は当てられた, は目黒, は砂道, は駅, もトウリオンフ, を見つけたらしく, 新客

▼ 矢代初瀬~ (21, 0.7%)

1 [21件] がさう, がなぜ, がやつ, が独言, であつ, との問答, との間, と田丸奈保子, と顔, のこと, の傷, の名, の姿, の特色, の面影, はさ, はさつき, は四五年前, もこの, も出席, も時々

▼ 矢代にも~ (14, 0.5%)

1 [14件] へだての, よく分った, 一緒に, 会わずそのまま, 僕の, 出そう, 出るの, 分ったが, 分らなかったが, 同様の, 向うから, 来て, 論理の, 響いて

▼ 矢代から~ (8, 0.3%)

1 ずっと離れた, 云い出したこと, 少し離れ, 放れて, 東野へ, 消えて, 記念と, 顔を

▼ 矢代~ (8, 0.3%)

1 にはうっかり, の戯曲, の説, はいつ, へ御, も満足, やり給え, を好き

▼ 矢代正身~ (8, 0.3%)

1 の写真, の四十年, の場合, の家内, の弟, はにつと, は妻, は窓

▼ 矢代先生~ (7, 0.2%)

1 それに私, とあや, と御, の奥様, の御, も歌川さん, 御夫妻

▼ 矢代にとって~ (6, 0.2%)

1 それは, 何より残念, 千鶴子は, 日本の, 目下何より, 都合の

▼ 矢代~ (6, 0.2%)

1 今の, 千鶴子と, 千鶴子真紀子の, 東野から, 沖も, 真紀子や

▼ 矢代~ (6, 0.2%)

1 だけで, の呼吸, はあまり, はもう, は両側, は省線

▼ 矢代より~ (5, 0.2%)

1 先に, 千鶴子の, 君の, 少し早く, 長命し

▼ 矢代夫人~ (5, 0.2%)

1 と食堂, の怪我, は先, も御, をさそっ

▼ 矢代とは~ (4, 0.1%)

1 別だ, 反対に, 違い東野, 違って

▼ 矢代自身~ (4, 0.1%)

1 だったが, にし, の勉強, の裡

▼ 矢代~ (3, 0.1%)

1 と気, と識, よ

▼ 矢代にとっては~ (3, 0.1%)

2 これは 1 長らく疑問

▼ 矢代だけは~ (2, 0.1%)

1 一寸心が, 明日の

▼ 矢代だった~ (2, 0.1%)

1 がこの, が想像

▼ 矢代だって~ (2, 0.1%)

1 そうだ, 何も

▼ 矢代といふ~ (2, 0.1%)

1 姓をか, 家の

▼ 矢代との~ (2, 0.1%)

1 ひそひそ話を, 間の

▼ 矢代のみ~ (2, 0.1%)

1 ならずここ, ならずそれぞれ

▼ 矢代への~ (2, 0.1%)

1 挨拶も, 親しさ

▼ 矢代一家~ (2, 0.1%)

1 に関して彼自身, も防空服装

▼ 矢代一族~ (2, 0.1%)

1 のもの, の帰る

▼ 矢代千鶴子~ (2, 0.1%)

1 という署名, としてある

▼ 矢代~ (2, 0.1%)

2 夫妻

▼ 矢代貫太~ (2, 0.1%)

1 が母親, の母親

▼1* [79件]

矢代あてに手紙, 矢代こそ千鶴子の, 矢代さまの奥さま, 矢代さんあたしたちに御馳走, 矢代さんあなたあたしの手紙御覧, 矢代さんあなた方はこの, 矢代さんお初つに, 矢代さんここらあたりで日, 矢代さんこちらへいらっしゃい, 矢代さんこれも大人, 矢代さんとこばかりへ遊び, 矢代さんフィルムありますか, 矢代さん三宅さん一馬先生神山さん私これだけの男, 矢代さん以上五人の方, 矢代さん何んですその, 矢代さん巨勢さん三宅さんそれに私, 矢代さん文学上のつまり, 矢代さん日本へはもう, 矢代さん東野さんとお, 矢代さん矢代さんって云う, 矢代さん矢代さん何んですその, 矢代さん神山さんらが奮然と, 矢代さん胃がお, 矢代さん腕時計をつけ, 矢代たち一家のもの, 矢代たち誰も中, 矢代だけ切符を, 矢代だけでもせめてそれ, 矢代とて今は, 矢代ともあまり言葉, 矢代と共に久米を, 矢代なら婦人に, 矢代にだけ分るこんな, 矢代により添い片腕, 矢代に対してこれつ, 矢代のみとは限らず日本人, 矢代はつと立ち上る, 矢代はねなかなかこ, 矢代ははッと, 矢代ひとりらしかった, 矢代ひとり廊下をわたっ, 矢代ひとり日を狂わす, 矢代突きかかって, 矢代まで十二支に, 矢代までが日を, 矢代もも早や意見, 矢代よりも黙黙として, 矢代一人をやろう, 矢代以外に一人, 矢代先生その他にお, 矢代先生文学もそう, 矢代勝介伴太郎左衛門兄弟村田吉五などはそこ, 矢代千鶴子槙三の三人, 矢代同様急には解せぬ, 矢代同様自分の身, 矢代君一馬君巨勢君を語らっ, 矢代君君は何, 矢代君妙なこと, 矢代君粽の趣味, 矢代かのどちら, 矢代太郎の事, 矢代太郎様御安祥, 矢代家の後取りとして一人, 矢代寸兵氏とあやか, 矢代を目指し, 矢代幸雄久米正雄の二人, 矢代幸雄君などの案内, 矢代幸雄氏が論じ, 矢代所持の株券, 矢代文士も御, 矢代に世話, 矢代の奥様, 矢代のあの, 矢代耕一郎さんいませんか, 矢代耕一郎さアん, 矢代貫太ぢやなくなる, 矢代越中守などの諸, 矢代静一の特色, 矢代静一君の城館