青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「篇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

箱~ 箱根~ ~箸 箸~ ~節 節~ 節子~ ~範囲 範囲~ 範疇~
篇~
~簡単 簡単~ ~籠 籠~ 籠っ~ ~米 米~ ~米友 米国~ 粂~

「篇~」 2838, 31ppm, 3814位

▼ 篇~ (830, 29.2%)

23 小説を 22 詩を 19 中に 12 小説に 8 中で 7 戯曲を, 文章の 6 中の, 如きは, 小説が, 小説の, 物語を 5 中には, 作品を, 文章は, 詩の, 論文を 4 作品が, 小説は, 文を, 物語の, 詩が

3 [12件] 中にも, 傑作を, 創作を, 原稿の, 小説で, 文章が, 文章を, 最後に, 末尾に, 物語が, 短篇を, 論文の

2 [55件] あること, うちから, うちに, お伽噺の, なかに, はじめに, 中, 中から, 中でも, 主意は, 主題たる, 作品の, 作者は, 冒頭に, 初めに, 印象を, 原稿が, 叙事詩をも, 古く出, 名詩, 喜劇を, 外に, 大意を, 大部分, 小品を, 底に, 戯曲と, 抒情詩に, 捕物小説を, 文章だ, 書を, 末の, 構成を, 泰西詩が, 物語と, 物語に, 発表された, 目的は, 眼目なりき, 短篇小説を, 空想の, 終りと, 結末を, 著書とは, 著者小川正子女史あり, 見本を, 詩である, 詩と, 詩作しか, 詩篇を, 論文が, 醜作, 長歌と, 長篇と, 間に

1 [511件 抜粋] うち, うちにては, うち二十七篇が, うち同じ, うち特に, うち私が, お伽噺は, かなしき物語, かわいいお伽話, ことが, ことを, この個所, この章, ごときは, ごとき伊勢物語, ごとき徒ら, すこぶる情熱的, それぞれの, それより, ためには, つもり, と泰伯篇, なかで, はじめから, はじめにても, ほかに, ほかには, ほか小論文五百十四戯曲六篇という, ほとんど大半, まぎれない悲劇, もつ神さびた, ものとして, ような, よき詩, イタリツク風の, キリスト教的演説別に, クライマックスと, クロッキーである, ショート, ストーリーを, ソネット, ソネットが, ソンネに, ソンネを, テーマと, フイナーレとして, プロットにも, プロレタリア小説の, ポエジイを, レクヰエムと, ロマンスの, ロマンスよし, ヴァイオリン, 一つ一つは, 一つ一つを, 一章とは, 上梓について, 上梓に際し, 不思議な, 世相ルポルタージュや, 中その, 中では, 中なる, 中ほど, 中十四篇だけを, 中心であっ, 中心思想は, 中心目的を, 中篇に, 中頃あたりから, 主と, 主人公, 主人公が, 主人公である, 主人公に, 主人公や, 主人公勝夢酔である, 主人公太田なる, 主人公正宗菊松氏の, 主人公雉本静也が, 主役たる, 主意の, 主旨が, 主眼で, 主眼は, 主題としての, 主題としては, 主題な, 主題にたいして, 主題は, 主題を, 九府の, 事だ, 事件には, 二章其文理に, 二部に, 五篇は, 五部に, 人物活ける, 人生圖を, 今日の, 他の, 代りに, 代価に, 代金に, 伝奇小説の, 伝記は, 作意です, 作文であった, 作物は, 作者が, 作者に, 作者庄野潤三の, 佶屈, 假名づかひ, 偈を, 偶感録も, 傑作なる, 傑作探偵小説も, 充分なる, 全体的構図を, 全部にわたり, 内から, 内に, 内前, 内容には, 内容は, 内容を, 内部に, 再掲せられた, 出來た, 出来事を, 出来栄えから, 出来栄え如何により, 分に, 刊行された, 刊行は, 初めと, 初回に, 初頭にも, 刺戟は, 前半を, 創作にて, 創作も, 劇をも, 劇的な, 劇詩だ, 劇詩に, 効果としては, 十二篇は, 十巻が, 卑猥の, 印象が, 印象記は, 即興詩を, 原書とも, 原本に, 原本の, 原稿は, 原稿を, 叙事詩に, 古歌, 古詩を, 古調を, 古鈔知, 和讚を, 哀史が, 哀歌を, 哲学的論文は, 嚢里移居詩を, 四極の, 執筆と, 執筆中から, 基調が, 基調として, 多恨なる, 夢物語に, 大ドラマ, 大体を, 大局を, 大意は, 大文章, 大発端, 大眼目, 大衆小説を, 大骨子, 奉行荒尾但馬守と, 女主人公, 女訓, 如きに, 如きも, 如き布局法, 如き我身, 子張, 存在が, 存在する, 学位請求論文を, 完璧を, 完結と, 実感を, 実録を, 宣伝映画の, 寓話で, 寶石の, 對外の, 小品は, 小品中, 小喜劇, 小標題, 小詩, 小説から, 小説じゃあ, 小説と, 小説については, 小説には, 小説によって, 小説めいた, 小説わざと, 小説中に, 小説戯曲を, 小説的意味を, 巧拙価値は, 巻の, 布置は, 師, 幾つか, 序に, 序文である, 序文を, 序曲として, 建白書を, 後ろの, 応募作品を, 応募原稿の, 怪奇談を, 悲劇が, 想膸好色を, 意味と, 愛の, 感想や, 感銘を, 成立し, 戦争を, 戦国女性史を, 戯曲が, 戯曲に, 戲曲が, 扉の, 手法に関する, 抒情性そのものさえ, 持つ全体的, 探偵小説の, 探偵小説を, 收むる所亦, 放言が, 散文詩が, 文, 文書は, 文章としては, 文章に, 文芸評論が, 文雄大に, 新体詩を, 新体詩をも, 新作を, 方が, 方を, 時代とは, 時代に, 曲を, 書かれた間, 書は, 書物として, 曾我物語を, 最も緊張, 最も興味, 最初の, 最後の, 最頂点, 有機体的情調, 未完の, 未成稿が, 末に, 本筋は, 朽ち易い, 校歌團歌を, 根原と, 梗概ばなしとしても, 梗概を, 構図の, 構図を, 構想に, 構成あやまたず, 構成から, 構成が, 構成などは, 次斉魯論と, 歌が, 歌を, 此物語は, 殺人物語は, 沒却理想なる, 沙翁の, 波瀾の, 活字とも, 淋漓たる, 漢詩を, 漫文を, 激流飛沫の, 為めに, 爾雅は, 版に, 版下は, 物語, 物語である, 物語とも, 物語には, 物語は, 物語みたいな, 物語りに, 物語りは, 物語集中に, 特色として, 王錫韓侯淑, 琴唄の, 生ける幼い, 生気を, 生活史であり, 田園悲劇, 異なるに従って, 発端に, 発端にも, 発端を, 登場人物, 登場人物の, 目に, 目当では, 目的だ, 目的と, 眞相が, 真に泪ぐましい人間史, 着想も, 短い感想, 短かい, 短文では, 短曲と, 短歌能く, 短篇の, 短篇五十枚ばかり, 短篇小説及戯曲を, 示して, 示すごとく戯曲, 社会ルポルタージュを, 稿成る, 空文字を, 空気は, 童話が, 笑話と, 笑話な, 第一曲, 第七, 第七章, 第四章, 筋とは, 筋には, 筋書だけは, 範囲に, 篤農家傳を, 精神も, 糸に, 紀行文が, 紙數およそ, 紫式部は, 終りは, 終を, 終尾と, 組立てが, 結びを, 結末に, 結構に, 結構も, 結構を, 結論として, 統一と, 絵巻を, 継続的記録として, 続篇を, 総論と, 緒言の, 編纂あるいは, 編者が, 續篇を, 美しく激しい物語, 翻訳は, 背景では, 背景と, 脚本を, 自伝的小説を, 興味が, 興味を, 興味深い探偵小説, 花式図を, 草冊子か, 草稿は, 華々しい小説, 著わ, 著書も, 著者に, 著者は, 蕪辭囚人の, 蕪雑な, 藝術品として, 處の, 表題である, 補遺とも, 見出しは, 解釋が, 解釋である, 言とは, 記事は, 記事も, 記録は, 註を, 評語と, 評論は, 評論を, 評論批評は, 詩ある, 詩であった, 詩では, 詩に, 詩について, 詩は, 詩または, 詩も, 詩劇である, 詩曲と, 詩篇を以て, 誤写と, 読みだしは, 読後感は, 談者小, 論文から, 論文と, 論文は, 論文も, 諷刺小説に, 諷刺詩も, 諸所, 謎を, 謡曲を, 讀み物, 趣向であります, 趣向を, 足場に, 迫真性を, 追憶體, 通し番号を, 通りいつも, 通りです, 連載中水谷準, 進行中に, 道經目, 遺作の, 邦訳を, 銭形平次は, 銭形平次を, 鏡花の, 長い文章, 長さ, 長抒事詩以外日本, 長篇の, 長篇は, 長篇小説であった, 長篇小説を, 長編小説を, 長詩, 関する限り, 附録に, 陳辯書ある, 隅々まで, 随筆と, 集余四記述稗海第, 零本を, 電磁気感応の, 面白味に, 題は, 風俗史的な, 風姿を, 饗庭篁村の, 首に, 首尾を, 驚くべき連発, 驟雨, 骨子だ, 骨子として, 骨子に, 骨子にあたり, 骨子を, 骨胎を

▼ 篇~ (380, 13.4%)

8 書いて 6 読んで 5 累ね 4 書いた, 載せて 3 公に, 草した, 選んで

2 [19件] この文集, なして, もつて, マルキストに, 一度に, 一貫し, 割愛した, 完成する, 成さしめた所以, 或は其一篇, 收めて, 書かうと, 書くに, 草し, 見て, 見ても, 賦し, 超えるユーモア短篇, 除いて

1 [306件] あげます, あげること, あの独白, うたへる, えらび出した, えらび出すこと, おくりもの, お讀み, かいた, かいつまんで, くわえて, こえて, こえる小説物語, ご参照, して, すすめられて, そこに, それで, つうじて, とおして, とつて, のこして, のぞいて, のぞく他, ひそかに, まとめた, まとめたこと, もって, もの悲しげ, よみ終ったとき, よみ終った読者, よむには, よんだ, よんで, 一, 一つには, 一個の, 一層有機的, 上演し, 上論と, 下巻と, 下論と, 中央公論に, 乞は, 予選に, 五つに, 五冊に, 亡つても, 今度は, 今日に, 以つてした, 何の, 佚し, 作った, 作った方, 作つた, 作りぬ, 作り松陽新報, 作る必要, 先づ書き起し, 光の, 公開すべき, 写し出さずに, 出された小島吉雄博士, 出さんと, 出すで, 出版した, 分ちました, 割裂補綴し, 創作し, 創作した, 加えて, 加へて, 動かすほど, 参照し, 収む, 取ったの, 取って, 受けたらしい證, 合せて, 同志蔵原惟人に, 同時に発表, 同月の, 吟誦し去っ, 含む第, 執筆し, 増補し, 好く書い, 始めたの, 存し, 完全な, 寄すべし, 寄稿せよ, 対比させ, 対比し, 小説と, 小説の, 山媛また, 差置きも, 幾度も, 幾段にも, 彼は, 後に, 得たり, 得たること, 成したき思ひ今に, 成すべきであり三部作, 成すほどな, 成せる名家, 抜萃し, 押しまわるの, 挙げて, 据える, 排除し, 採録し, 採録する, 推す所以, 掲げたが, 掲げたこと, 掲げて, 掲げる, 掲げるつもり, 掲出する, 掲載, 提供しよう, 握り潰して, 携へ, 撰んで, 擧げて, 擧げること, 改竄する, 敢て, 斉魯二篇として, 斉魯二篇本に, 昭和七年, 書いたけれども, 書いたの, 書いた大弐, 書いた紫式部, 書いてから, 書いては, 書かれメルロヌス・ホルスティウス, 書きあげ引き, 書きそえた例, 書きつらねるの, 書きました, 書き下ろして, 書き學問, 書き終った時, 書き終るとともに, 書く事, 書ける訳, 最も好む, 朗詠する, 机上に, 検討し, 構成し, 欠いて, 殊更に, 残したと, 残したとしても, 残し得るゆえん, 求めて, 河間七篇本に, 活動せし, 流れつらぬく大, 流れて, 流れる情調, 流れる気分, 浅薄ながら, 清書し, 渡した, 無理に, 物し, 特にこの, 特に撰ん, 理解し, 発掘し, 発表し, 発表した, 発表する, 發刊後間も, 發表し, 着想と, 知らんこと, 知るもの, 知る為, 示された事, 立つ, 立案せられ, 第一篇西洋, 第六章, 納めて, 終った志賀直哉, 終らずして, 終りたいと, 終ること, 終るもの, 終ろう, 経て, 結びませ, 結ぶのシノプシス, 結べり, 続出し, 続刊, 綴つて普, 綴つて疾から, 綴るに, 編みあげようと, 編輯する, 縮めて, 纏めるにあたって, 置きて, 置くこと, 翻訳した, 草しそつ, 草しはじめつ, 草するに, 草せられた, 著し窃か, 著わ, 見いだした, 見たかつたから, 見てからは, 見よ, 見ると, 見るに, 見る場合, 見れば, 見候えば, 見出すこと, 解するの, 記すと, 記憶に, 訳さう, 訳されては, 訳すこと, 試みて, 誦すれば, 読まば, 読まれる事, 読みおえた後, 読みはじめた, 読みはじめる, 読み漠然と, 読み直して, 読み終られましたならば, 読み訖ん, 読むに, 読む人, 読む左, 読む方々, 読む読んで, 読めば, 読めるもの, 読め巣林子以後, 読んだか, 読んだ人々, 調子づけ, 諸君よ, 譯し, 讀む間, 讀んだ, 讀んだだけで, 讀んだの, 讀んだ事, 讀んで, 讃嘆し, 貫いて, 貫き流れて, 貫くモティーフ, 貫く熱気, 貫く重み, 貫ける脈絡, 賦した, 賦する, 贈り来りしに, 贖ひ得た, 起稿する, 越えた, 載せるまで, 載せる小説雑誌, 送りたる一文人, 通じその, 通じた調子, 通って, 通観する, 通読し, 通読する, 通読なさい, 連ね句, 遁れ, 選びだすの, 選ぶこと, 重ねて, 録する, 附け加, 除き昭和十三年六月以來, 除き昭和十三年六月以来, 除く, 除く外, 除外し, 集めて, 集成したる, 髪ながく, 鮮やかに

▼ 篇~ (299, 10.5%)

3 吾, 当時の, 書いて 2 いづれも, その時, それに, 作者が, 作者の, 前述の, 同じ頃, 当時硯友社の, 自然を, 非常に

1 [270件] あたかも, あとの, あるもの, いい評判, いずれも, いつも識者, いまでも, いろいろな, いろんな偉い, おおむね孔子, おおむね治国修身, かなりの, ことにあはれ, このとき, この人, この作者, この同氏, この多情, この甍, この研究, これと, これは, これ等の, しばしば第, すべて門人たちの, そのどこ, その一つ, その中, その力, その悲曲, その最初, その藝術的完成, その間の, それぞれに, それぞれ劇作家としての, それぞれ新聞と, それぞれ私の, それとは, それより, それよりも, それらの, それ等の, そんな不, たいへんおそく, たしかに女史, たしか天保十二年, ただ僅か, ちかごろ文壇随一, ちやうど, どうもケレン, どんなに違った, なんであった, ほとんど全部, まさに悲歌そのもの, まずこれら俗法師系統, まだ多分, まだ読ん, みな歌仙すなわち, もうこの, もとより, やがて吾等, やや長たらしい, わずかに, われらの, キンダマの, ジャーナリズムに関する, ジャーナリズム現象の, ドイツに, 一大学生が, 一般に, 一般的訓言を, 一通り私の, 七十子の, 七十子を, 三十卷であります, 三日きりで, 上下二册にな, 上篇即ち, 世の, 中, 主として, 主として孔子, 主として学問, 主として社会科学, 主として自然科学, 主に, 之を, 之等の, 事実らしく書き流し, 云ふまで, 亡き友田中憲氏, 亡失した, 交声曲, 人口原理の, 仁と, 今も, 今文説, 今日其の, 他の, 他日を, 以上の, 俳諧を, 偶然に, 僕に, 僕等の, 元來詩其他, 元来一学生の, 先づ浅草から, 先例を, 先月の, 先生先天の, 先進篇よりも, 光明と, 兎も, 全体として, 全然孔子, 公羊春秋が, 其中の, 写生文を, 出版後一年間の, 初め, 初めから, 前卷同樣, 創作探偵小説界に, 勿論すぐ分った, 十九篇の, 単純な, 即ち論語, 去る一三日, 叔父への, 古代, 同じやう, 同じ詩集, 同樣, 君の, 周の, 周公に, 哲学自身に関する, 商子, 四五年前雑誌, 堀口大学氏の, 多分, 大学卒業の, 大學卒業, 大正十年秋中旬信州から, 大體, 大體釋詁, 天才的な, 始也より, 婚姻法概論から, 嫉妬の, 孔子の, 孔子自身の, 学而篇から, 学而篇と, 學者或は, 完璧である, 実にそ, 実に固有, 実に意外, 実に死する, 寧ろ, 専ら, 少くとも, 少なくとも是, 尤も多く, 尺幅の, 尽きる, 左の, 弟子および, 弟子との, 彼の, 後篇, 徐々にソクラテス, 意味が, 或は詩, 手習艸紙の, 政治と, 故意に, 散佚し, 数年に, 文学の, 文學としても, 新しいの, 新たに, 日本文壇に, 明治七年に, 昭和三年六月十日霧の, 昭和八年十一月ごろの, 最も舊作, 有益でも, 木村芥舟翁の, 本伝, 棄て, 次々に, 次號, 歌麿の, 正しく熊野, 此の, 比較的に, 比較的ディスカッション, 比較的新しい, 比較的新しく, 比較的旧い, 氏の, 民族文化を, 江村學人の, 決して猟奇的, 油の, 洪範以後の, 特に支那, 特殊個々の, 独特の, 生の, 生田春月氏の, 甲部の, 畢竟思い付く, 発端に, 白秋氏に, 皆周公に, 皆大, 目下の, 矢張り戰國の, 礼を, 礼記に, 社会科学乃至, 禮學が, 私が, 私の, 稀に, 稀有の, 第一章, 第一詩集, 第二曲, 第二詩集, 第二集, 筆を, 純然たる, 結ばれて, 絶えず荒廃, 老子一派の, 脱稿と, 自分が, 自分を, 自然科学関係の, 蓋し孫子, 要するにこの, 言葉の, 診療の, 詩書の, 詩篇中改悔の, 變禮に, 越して, 趣旨に, 足利時代を, 近代説話物であり, 道元の, 邪劇な, 銭形平次が, 門人その他の, 門人原憲が, 除かれたし, 隅田川という, 集に, 雑誌, 韓非子の, 頼朝信長秀吉を, 顔回の, 顧野王の, 鴎外が

▼ 篇~ (224, 7.9%)

7 なって 5 於て 3 あまる小説, 據る, 曰く

2 [12件] おさめて, なると, なるの, 云く, 出て, 及んだ, 及んで, 對し, 幾干, 於ては, 見えて, 記載した

1 [179件] あっては, あふれて, あるかを, おくって, かういふ文句, きわまったよう, このトリック, この歌, これは, した, して, そのこと, ついで書かれた, つきての, つづいて, つよい筆致, なかった, ならつた, のぼりついに, ふくまれた労作, ぶち撒かれた, まとめて, まねたの, みちて, みなぎつて効果的である, みなぎる愛, よく現, よりて, よると, よれば, 一章を, 一章泰伯篇に, 三つの, 上りクイーン, 上れり, 下の, 不完全ながら, 云う, 五章憲問篇に, 亘り凡そ六百余首, 亘る一々, 亙る一々, 依って, 僕等の, 優る艶麗, 元者吉之始也, 先生の, 入る, 全然名前, 六家篇が, 共通な, 出づ, 出でたもの, 分かれ前篇, 分けず東西相照, 分たれて, 分てり, 分れて, 分類され, 力の, 勝りて, 及ぶもの, 及ぼすこと, 及んだこと, 収載され, 取り掛かった, 叙し, 史黯曰元者吉之始也を, 各々一たび見え, 同一事, 君子, 君子を, 垂んとするといった, 外ならない, 多少の, 大分手を, 始まり堯問篇, 子夏, 子游, 存し, 小説的色彩を, 少しの, 就いて, 就いては, 就きて, 就き一度, 尽くといふも, 尽されて, 幾分の, 当たらないとしても, 当たると, 当る彼, 影響し, 影響した, 後世に, 心狂ふ, 必要で, 悉く観音力, 感激, 括嚢, 授賞し, 接すれば, 描かれた次郎, 據れ, 擬え, 斉宣王羊を, 於ける, 既に儒墨, 旧幕政府の, 明かに, 時間的感覚の, 書き分けたもの, 書簡文範と, 有ること, 東洋の, 横溢し, 止ど, 此し, 比べて, 比べると, 水勢が, 沁み出る江戸情緒, 洛陽の, 漂えるロマンチシズム, 漂わして, 漲って, 漲つた写生的興味, 熟兎と, 独歩の, 現は, 現れた基本的欠陥, 現れた天地, 現わる, 現われた異なる思想性, 用いた間接, 用ゐられ, 由て, 申し上げること, 百倍も, 盡きる, 目の, 相並ん, 相当する, 相違ない, 相馬家中の, 移ろうかと, 筆を, 簡単で, 終は, 終はるのは, 組みうったの, 纏めたもの, 美濃の, 能楽仲間の, 自分の, 至って, 至つては, 至る諸, 舜の, 萠芽し, 行渡つて, 見えた竜, 見え墨子, 見え明堂, 記されて, 語られて, 説く所, 諸子の, 述べた通り虎, 遐覽篇が, 達して, 遭って, 遭つてかつて, 関係ある, 限ったこと, 限らず, 集積し, 高雅な, 鬱陶の

▼ 篇~ (135, 4.8%)

14 ある 3 あるが, 附けて 2 あつて, ありますが, 即ちこの, 孔子の, 最初に, 此の, 第十一集

1 [101件] あって, あつた, ありこれ, ありそれ, あります, あり他方, あり尚書家, あり當時行, あると, あるのみ, いかに孔子, うまく成功, この宣伝映画, この燈下, この総論, これに, その五月, その時, それであっ, それである, ちときびし, つらぬかれて, とてもやり, どう知識, はじめてここ, もう世, やはり儒家思想發展, やりにく, よかった, わけて, 一層いがらつ, 一貫し, 不完全な, 二度に, 人を, 代表する, 作られたこと, 僕の, 其の編次, 出て, 出ます, 出るよう, 出來, 出来上った, 初めより, 前掲の, 十二紀の, 収められて, 古くまた, 單に, 埋つて, 好いと, 子路を, 孔子学徒に対して, 小説に, 尤も傑出, 建築主でも, 引きたたないの, 忽ち漱石氏, 成った時, 成り立たないこと, 挿話の, 掲げられた, 掲げられて, 擧げて, 斉人所伝の, 晩出の, 書きたくなつ, 有つて, 机の, 案外に, 沒書に, 河間七篇に, 混雜し, 漢の, 漫然たる語録, 物語として, 現存の, 略され十二番目, 皆有用の, 盛んに, 相当ある, 秀逸の, 秦誓で, 稍力篇であり, 第一, 結びつけられそこ, 脱け, 荘厳な, 讀者にまで, 貫かれて, 載せて, 載らぬと, 選ばれて, 遺つて, 附け加, 陸続として, 集められて, 非常に, 順次に, 首に

▼ 篇~ (62, 2.2%)

10 の人物 2 その事件, に出, に委しく, の主人公, の事件

1 [42件] およそ七八分, にどう, になき, にはか, にはかかる, にも説き及ぶ, に写し出され, に出し, に大阪人, に天主教, に微妙, に收め, に於い, に書い, に書いた, に活躍, に現れ来る, に現われ, のどこ, のキイノート, の一, の主人公迷犬, の主目, の事件徃, の人物風景, の作品, の優秀, の地, の妖婆, の山場, の思想, の文字符號, の暗号, の柱, の章句, の譯詩, の輕重篇, の體裁, 信ずべき者, 到る処語, 往々好き處, 未解

▼ 篇~ (50, 1.8%)

2 云ふ, 本篇とを

1 [46件] いうて, いくらかさかのぼっ, いひ, おなじに, しその, したが, したこと, しつつ, し佛教, する, それと, である, なし史記本傳, なった, なったの, なる, なると, ほぼ動機, ロンドンの, 云ふも, 全然趣, 十冊の, 同じき層, 同じく, 同じ故に, 同じ程, 同じ體裁, 同視した, 堯曰篇とは, 外篇とに, 大體, 定めた, 彼の, 後七篇とが, 後正統論とを以て, 思って, 思つて頂け, 戯曲を, 本棚の, 本篇とから, 次篇の, 河間の, 相合す, 稱せらる, 第二篇, 致します

▼ 篇~ (47, 1.7%)

2 あるが, また平次, 無い

1 [41件] あって, あらうと, あらわれて, ある, いいとは, いつとは, これは, その前半, それに, たまって, なかった, なかつたといふ, またこの, また同様, やはり少く, カビが, 他と, 作って, 傑作を, 勿論一例, 地獄的の, 売れなかったけれど, 始読に, 彼が, 思合され, 悔悟の, 捕物を, 書き続け得たの, 最も深い, 梁陳の, 正しい立場, 注目すべき, 無いの, 発表し, 終に一律, 結末を, 見当らない, 賣れなかつたけれど, 載せて, 集まった応募文, 集まって

▼ 篇~ (42, 1.5%)

3 二章 2 三十, 六章で, 十一章の, 十一章末尾の

1 [31件] 一章に, 一節の, 一輯三六七頁, 三巻は, 三章, 三章の, 三章は, 三第, 三篇第, 九章, 九章を, 二部法律篇, 五六七章第, 五章には, 五章一六五一六六頁, 五篇第, 八章, 八章において, 八章三〇九頁, 八章三五三, 八章二九八頁, 六篇は, 六集が, 十一章における, 十一章最後の, 十六巻を, 十章, 四章, 四章末尾の, 四篇第, 廿八

▼ 篇には~ (36, 1.3%)

2 夏殷周の

1 [34件] ある纏まりが, この寺, しかしながら何, だんだん物, なるだろう, 主として仁徳, 主として礼楽, 二三政治に関する, 京の, 出て, 別に一説, 勿論外套氏, 古聖賢, 史黯を, 各派の, 后稷は, 婦人の, 孔子が, 孔子の, 実にまざまざと, 帽子を, 幼年を, 彼の, 挿画の, 曾子の, 歴史を, 沙漠産ズッブて, 漢語を, 神農黄帝, 秦に, 聖人賢人及び, 逍遙が, 預る方, 齊桓公の

▼ 篇~ (33, 1.2%)

3 あつた, あつて 2

1 [25件] あと新しい, この考え, そのある節, その型, はけっして, はなかっ, は増補, は私, は私共, は第, は筋, は管仲, は邦, は顔淵, デュ・ガールは, 君の, 天下を, 幽閉された, 御承知, 特に, 私の, 私は, 私共に, 見ると, 追究した

▼ 篇を通じて~ (25, 0.9%)

2 作者の

1 [23件] おそらく揺るぎ, ただ一つ, 何処にも, 侍という, 別れた妻, 呼吸の, 復讐心の, 探偵小説らしい, 最も光つて, 會話が, 歌詞の, 流れて, 現われて, 目立つこと, 相川老人が, 章から, 総ての, 色あでやかな, 若い男女, 著しい, 著者は, 諸概念, 驚嘆の

▼ 篇にも~ (15, 0.5%)

1 [15件] ちらりと目, なく康起字典, なんらかの統一, 人間の, 及ぶほどに, 失望しない, 方言らしい, 明文あり, 現はれ, 生活と, 禹が, 見えそれに, 記事が, 述べたとおり, 逍遙子が

▼ 篇から~ (14, 0.5%)

1 [14件] この事実, なって, なるエッセイ, なる表題未定, はからずも話, ヒントを, 二十篇の, 以下の, 十八篇までと, 忘れること, 成る短篇, 本篇への, 組み立てられて, 魔境記も

▼ 篇とも~ (14, 0.5%)

1 [14件] あなたの, いえる, どの雜誌, ストレプトマイシンが, モオリアック獨特の, 云うべき一つ, 僕には, 僕の, 呼ばるべき, 小説として, 旅行の, 本に, 言ふべき, 追

▼ 篇として~ (13, 0.5%)

2 書いたもの

1 [11件] お聞きとり願う, ここに, その中, 並べて, 中篇後篇を, 存在した, 書き残したし, 現れて, 記録され, 讀んで, 遺して

▼ 篇~ (12, 0.4%)

1 [12件] が後, が曾子, という句, とが前漢中期以前, と河間七篇本, に比定, に為政, の問題, の思想, は子, は斉魯, を取り扱った

▼ 篇である~ (11, 0.4%)

1 [11件] がレコード, が二葉亭氏, が其の, が第, が糟丘亭, が邵晉涵, ことは, ことを, と云, のを, ばかりで

▼ 篇という~ (11, 0.4%)

2 ものが 1 ところかな, ところで, なかには, 前後篇二部の, 厖大な, 名称を, 大部の, 尨大な, 風に

▼ 篇においては~ (11, 0.4%)

1 [11件] いかにソクラテス, これに, なお一回読者, ムーサの, 堯舜禹の, 大半つかわせ, 孔子は, 弟子たちは, 江戸時代の, 雍也篇の, 顔回学を

▼ 篇中人物~ (11, 0.4%)

3 の意見 2 の關係, の關係甲 1 の主義, の性格, の抱い, の行為

▼ 篇だけ~ (10, 0.4%)

3 では 1 である, で代表, 代表的な, 傑出した, 加へ, 書いて, 書くこと

▼ 篇かの~ (9, 0.3%)

1 プロレタリア作品として, 傑作佳作に, 原稿と, 小説の, 後世に, 敍事詩も, 詩の, 詩を, 論文には

▼ 篇において~ (9, 0.3%)

1 その裏面, 人口問題の, 哀公に, 幾分筆致, 引きつがれて, 最初の, 老画家, 見たよう, 説明せん

▼ 篇~ (8, 0.3%)

1 ありますが, ある, 二篇まとめ上げる, 四篇ぐらいずつしか, 小説化し, 知れぬ戲曲, 読み相当, 読んで

▼ 篇ずつ~ (8, 0.3%)

1 しっかりした, 児童向きの, 取り出して, 小説を, 総計四百二三十の, 読んだ, 超自然的, 載せはじめて

▼ 篇における~ (8, 0.3%)

1 ものは, ソクラテスの, ソクラテスは, 孔子の, 弟子品隲に際しては, 彼の, 最も重要, 構図の

▼ 篇とは~ (7, 0.2%)

1 亡失し, 何でござる, 全く別, 同君等の, 多少趣, 蝗の, 關係が

▼ 篇より~ (6, 0.2%)

1 づっと面白い, 二十九篇までに, 地獄篇を, 幽霊の, 永もちの, 釋水篇に

▼ 篇~ (6, 0.2%)

21 に紀年, に附言, の二句, 又かく

▼ 篇しか~ (5, 0.2%)

1 作品を, 書かないと, 書かれなかったからと, 現れぬの, 詩作を

▼ 篇のみ~ (5, 0.2%)

1 である, であろう, で墨子以外, で学界, 前掲

▼ 篇を以て~ (5, 0.2%)

2 した 1 真剣に, 第一, 美妙の

▼ 篇以上~ (5, 0.2%)

1 に誇張, の, の生産, も書い, も書いた

▼ 篇~ (5, 0.2%)

1 あるも, は, はいずれ, をそのまま, を禹貢

▼ 篇だけを~ (4, 0.1%)

1 読まれれば, 読んで, 輯めて, 選び出しあと

▼ 篇などに~ (4, 0.1%)

1 云ふところの, 出て, 出で, 載つて

▼ 篇なり~ (4, 0.1%)

2 何行かなりが 1 と書い, 一部なりを

▼ 篇について~ (4, 0.1%)

1 です, 問題と, 簡単な, 見るが

▼ 篇によ~ (4, 0.1%)

2 つても 1 つて彼の, つて早く

▼ 篇ばかり~ (4, 0.1%)

1 かく積り, 作って, 発表しました, 読む

▼ 篇ほど~ (4, 0.1%)

1 ありましたが, そのころ, 小さな詩, 選んで

▼ 篇~ (4, 0.1%)

2 八篇の 1 四篇の, 釋訓篇の

▼ 篇即ち~ (4, 0.1%)

1 五誥を, 牧民解以下は, 釋親, 釋詁篇が

▼ 篇悉く~ (4, 0.1%)

1 が斯程, イソップ物語から, 慘憺たる, 演技者の

▼ 篇~ (4, 0.1%)

2 の苦辛 1 な労作, にも物語

▼ 篇および~ (3, 0.1%)

1 弟子との, 洒落本意地の, 為政

▼ 篇かは~ (3, 0.1%)

1 僕の, 優劣を, 恐らくは百代

▼ 篇ごと~ (3, 0.1%)

1 にそれ, に分明, に執筆

▼ 篇その~ (3, 0.1%)

1 四は, 数は, 翌々年には

▼ 篇だけは~ (3, 0.1%)

1 さすがに, 独立し, 自分たちの

▼ 篇であった~ (3, 0.1%)

1 から一段と, かを知らない, と言う

▼ 篇でも~ (3, 0.1%)

1 出来れば, 為政は, 證明する

▼ 篇とか~ (3, 0.1%)

1 千篇とか, 外篇とか, 繰返して

▼ 篇とを~ (3, 0.1%)

1 一貫する, 朗吟し, 比較する

▼ 篇また~ (3, 0.1%)

1 その巻首, 然り, 現われた

▼ 篇~ (3, 0.1%)

21 脱落ナルベシ光照寺

▼ 篇三巻~ (3, 0.1%)

1 がこの, である, は

▼ 篇~ (3, 0.1%)

1 でいい, の創作, ひしか

▼ 篇其の~ (3, 0.1%)

1 二十篇中の, 儘に, 儘にな

▼ 篇~ (3, 0.1%)

1 に年月, に新しき, 章または

▼ 篇あるいは~ (2, 0.1%)

1 二十一篇を, 二十篇のみが

▼ 篇きり~ (2, 0.1%)

1 しか讀ん, 書けなかった

▼ 篇くらいの~ (2, 0.1%)

1 ものだ, 予定であった

▼ 篇その他~ (2, 0.1%)

1 が之, が興味

▼ 篇たる~ (2, 0.1%)

1 を知らない, 郷党篇は

▼ 篇づゝ~ (2, 0.1%)

1 撰ばなければ, 載つて

▼ 篇であり~ (2, 0.1%)

1 その旅路, 後篇での

▼ 篇とかを~ (2, 0.1%)

1 多少噛, 間に合せに

▼ 篇とが~ (2, 0.1%)

1 あつめられて, それぞれ統一的に

▼ 篇とでも~ (2, 0.1%)

1 いったところ, 云うべきもの

▼ 篇との~ (2, 0.1%)

1 比較研究上注目すべき, 間には

▼ 篇~ (2, 0.1%)

1 のです, んです

▼ 篇などが~ (2, 0.1%)

1 それである, 有名な

▼ 篇などの~ (2, 0.1%)

1 どうにもお話, 附益せられた

▼ 篇などは~ (2, 0.1%)

1 この種類, 多用の

▼ 篇によって~ (2, 0.1%)

1 この問題, 作者は

▼ 篇のみは~ (2, 0.1%)

1 まさしく我が, 特にどの

▼ 篇までに~ (2, 0.1%)

1 今述べた, 大体以後二十四年間の

▼ 篇みな紅心~ (2, 0.1%)

1 の余唾, の餘唾

▼ 篇よりも~ (2, 0.1%)

1 古い, 新しいであろう

▼ 篇を通じての~ (2, 0.1%)

1 一番普通の, 場面々々が

▼ 篇~ (2, 0.1%)

1 を世に, を単行本

▼ 篇二十三ヵ条~ (2, 0.1%)

1 にわたって真に, のその

▼ 篇以後~ (2, 0.1%)

1 のプラトン対話篇, の新しい

▼ 篇及び~ (2, 0.1%)

1 大正十一年六月同所發行の, 官報局出仕

▼ 篇名不明~ (2, 0.1%)

1 なの, のもの

▼ 篇~ (2, 0.1%)

2 よりまだ

▼ 篇外篇~ (2, 0.1%)

1 あり晏子, に分つた

▼ 篇小説~ (2, 0.1%)

1 に蘇らせよう, を書かなけれ

▼ 篇年次~ (2, 0.1%)

2 に章

▼ 篇~ (2, 0.1%)

1 の処女作, れが

▼ 篇後篇~ (2, 0.1%)

1 に分れ, を通じ

▼ 篇~ (2, 0.1%)

1 など内容, の多い

▼ 篇昭和篇~ (2, 0.1%)

1 という前後篇二部, の二部

▼ 篇時代~ (2, 0.1%)

1 から本篇時代, に移る

▼ 篇書い~ (2, 0.1%)

1 ている, てゐたらしい

▼ 篇河間七篇~ (2, 0.1%)

1 の誤写, はもとより

▼ 篇発表~ (2, 0.1%)

1 いたしましたが, した

▼ 篇~ (2, 0.1%)

1 な欲往城南望城北, 然り

▼ 篇相互~ (2, 0.1%)

1 に連絡, の間

▼ 篇~ (2, 0.1%)

1 なり, は戞

▼ 篇西洋~ (2, 0.1%)

1 として第, 臭い

▼ 篇読ん~ (2, 0.1%)

1 でおく, でその

▼ 篇追加~ (2, 0.1%)

1 といへ, の渓斎英泉

▼1* [290件]

あつたもの, 篇あの調子で, 篇あまりあつた, 篇あり村ごとに, 篇あるし又, 篇かがあったの, 篇かきその一つ, 篇かではなくて, 篇くらゐ發表, 篇くらいみんな面白, 篇くらいになった, 篇くらいにはなって, 篇ぐらいしかあげてないの, 篇ぐらいずつしか拾い読みが, 篇ぐらいに訳詩十篇ぐらいの, 篇ぐらいのいい遺作集, 篇ぐらゐ耽讀, 篇ことごとく情熱かけ, 篇すっかり手を, 篇すべて五十餘篇を著, 篇すべて兵法の要諦, 篇ずつは短い小説, 篇ずつを占めて, 篇たるべき運命の, 篇と思っ, 篇だけでもどうしてどうして素晴らしい, 篇だけと云っても, 篇だけに止めて, 篇だけについていへば, 篇だったものが, 篇ちかい歴史的素材の, 篇ちかくを発表, 篇つまりその年少, 篇づつ受け持つこと, 篇づつ拔き取ること, 篇づゝ創作をやつ, 篇でありましたがその, 篇でありますがその, 篇であり読み応へ, 篇でいづれも女, 篇でござるわい, 篇ですがネ江戸, 篇での見と, 篇というもある, 篇といふ名前が, 篇とかいふものに, 篇とから成り前者, 篇としての特色は, 篇としてはそれより, 篇とちがつて, 篇とともに論ずべきもの, 篇とには著者の, 篇と共に文壇人に, 篇どれもこれ, 篇なぞは矢張り, 篇などいふ漢文, 篇などには源流を, 篇などにも大いに日本留学, 篇なる者得難かる, 篇においても堯舜の, 篇にすら及ばないの, 篇にて尽くる, 篇にては窮屈なる, 篇にまでますますそれ, 篇にわたつて, 篇にわたって脳裡に, 篇に対して現前の, 篇に対する自分の, 篇に当たる諸篇, 篇のこさず読んでまいりました, 篇のみが生き残ったかの, 篇のみを纏めて, 篇ばかりの文往生極楽記などを, 篇への進歩は, 篇ほどの小説が, 篇まだ雨十一時半床へ, 篇まで味わうこと, 篇までがおさめて, 篇までとこれに, 篇までは物的証拠を, 篇まとめ上げることが, 篇みたいなもの, 篇む玉川の里, 篇もとこの事, 篇もの覚えの悪い, 篇やうやく書きあげて, 篇わが親愛なる, 篇をしか認めずブールジェ, 篇をでも見た方, 篇をも選ぶと, 篇をもって最初の, 篇アポロギアよりもすぐれた, 篇エリザベス朝の古典, 篇シラの, 篇ハ都合に依, 篇発刊シ其事漸, 篇ヴォルガの船旅, 篇の, 篇一○頁上段に, 篇一九一九年には七篇, 篇一四頁上段に曰く, 篇一局部の話柄, 篇一曲を擁, 篇一章もその, 篇一章一巻となる, 篇一篇をそこ, 篇一脈の音楽的リズム, 篇一詠も遺す, 篇七卷三百二十五章外に附録一卷, 篇を出し, 篇三冊に編んだ, 篇三卷を讀み通す, 篇三箇を一貫, 篇上下及び, 篇上木予亦跋其後小蓮残香集是也, 篇下篇の十巻, 篇中ここに幾分関係, 篇中ソクラテス史料として価値, 篇中前後兩節に分け得る, 篇中堯舜に触れた, 篇中孔子が天, 篇中巻にいわく, 篇中海上ニ關スル事ハ君ノ不, 篇中矣の助字, 篇中篇長篇を加えたら, 篇中記する所, 篇中野の古い, 篇二册にはたとへば, 篇二十四個の論文, 篇二十篇と彼, 篇二十篇外篇五十二篇という大部, 篇二版一卷一〇七頁に引いた, 篇二章は全く, 篇二篇という, 篇二週間目にメルキユウル, 篇二部の形, 篇五十巻始め池田大助十巻外幾つかの捕物小説, 篇五篇というなか, 篇然孟子末後, 篇人物論大小合せて, 篇今なほ存す, 篇以下が禮, 篇以外に齊論, 篇何れも無, 篇作ったって始まらないや, 篇作つた民謡風に私, 篇作者の拵えもの, 篇佳什漸く数, 篇佳作と同列, 篇俚言俗語の語, 篇傑作の撮影, 篇の, 篇儒生の口吻, 篇先生の添刪, 篇全体が罪, 篇全部の書き出し, 篇八册に掲載, 篇六七が外篇, 篇凡てこんな言, 篇刊行の久しき, 篇へてある, 篇加えたのが, 篇労働篇にまねた, 篇十冊だけであっ, 篇十分くらいの時間, 篇単に寓話であっ, 篇占風訣の一項, 篇ノ三, 篇卷二左傳春秋釋疑の文, 篇及迷庵師の論語数条, 篇及雑録の類, 篇章の, 篇合せると相当, 篇合巻二冊に分け, 篇名そのものに特別, 篇呂氏春秋の序意, 篇に山中寅日, 篇四冊後篇三冊に編んだ, 篇四福音書仏教経典などはすべて語録, 篇四章の近, 篇圖三卷の存, 篇外篇五十二篇という大部, 篇外雑感とか臨時, 篇多き由を, 篇大会の本, 篇大概はあの, 篇太極眞人の後序, 篇孔子管仲の仁, 篇存在したが, 篇実に主観的である, 篇小林清親や井上, 篇小説二篇がある, 篇に太平經一百五十卷, 篇広告の隅々, 篇序文を文鏡祕府論, 篇引用の書, 篇後半から見る, 篇恵送, 篇就篇元, 篇悲劇の女, 篇悲惨の調, 篇ならでは, 篇所次舊無明解或以爲有親必須宮室, 篇所載清の劉光漢, 篇掲ぐる所の鏡花, 篇支離にし, 篇蝶蠅などと, 篇はすべて, 篇斉魯河間九篇計三十篇, 篇断片とを伝うる, 篇青年誌上へ, 篇於書之終, 篇日高見国の研究, 篇の茶色, 篇時事論評約五十四篇, 篇潔透明, 篇暗誦すること, 篇曲數相同じく, 篇書きあげて澄太君, 篇書きあげるさつ, 篇書き上げたそのあと, 篇書き得たのだ, 篇書こうそう思っ, 篇未刊のもの, 篇末尾の, 篇東周之書惟文侯之命秦誓二篇而已, 篇枚数にすれ, 篇柳浪先生合作の名義, 篇格調高雅意趣卓逸一読して, 篇格調高雅意趣卓逸一讀して, 篇梓行に先, 篇森厳なレクヰエム, 篇機械より生まれたる, 篇残さず売り払ってしまった, 篇水中学校がとても, 篇引周禮及後漢書注, 篇にも出, 篇清新な筆觸, 篇生れてゐる, 篇生活の上, 篇発端に梵授王, 篇発表後八年目であった, 篇發表しました, 篇皆独特の観察, 篇短歌二百五十三首を録す, 篇に見る浸, 篇他に, 篇程度のもの, 篇積章して, 篇童話がのっ, 篇なくも, 篇累牘山積車載するに, 篇終りとした, 篇結果に於い, 篇と飄, 篇が全体, 篇而已合而讀之一爲孱弱, 篇を立つべき, 篇自ら称す臣, 篇自選して, 篇舟所せくも, 篇をもっ, 篇血紅の奮闘史, 篇見られるのでそれら, 篇三十篇に対して, 篇訓纂篇等があつ, 篇訳詩一篇はいま, 篇最もおだやか, 篇論述此感性之一元, 篇諸君に語りましょう, 篇讀みそれから小説論, 篇赤心の結晶, 篇く所, 篇近い記録の, 篇近くの長, 篇通読の便利, 篇連語篇とかを間に合せ, 篇連載の新聞, 篇違った人間を, 篇遺つて居る, 篇釋訓篇などの附, 篇開巻に掲出, 篇があり得たら, 篇韓信丹次平柄銀次, 篇題して舞姫, 篇風土記に巨摩郡西隈, 篇を暗記, 篇高知で大竜家, 篇魯頌の, 篇麗什は四方