青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「範囲~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

箪笥~ ~箱 箱~ 箱根~ ~箸 箸~ ~節 節~ 節子~ ~範囲
範囲~
範疇~ 篇~ ~簡単 簡単~ ~籠 籠~ 籠っ~ ~米 米~ ~米友

「範囲~」 2203, 24ppm, 4881位

▼ 範囲~ (315, 14.3%)

7 脱して 5 一歩も, 出ないの, 拡大し, 越えて 4 超えて 3 ひろげて, 出て, 制限する, 大きくし, 拡大した, 狭めて, 脱すること, 通り越して

2 [20件] きめて, せばめて, とって, 出でなかった, 出なかった, 広くし, 広めて, 拡げて, 拡げると, 明らかに, 決定し, 狭くし, 狭める事, 示すもの, 脱しない, 脱するを, 越えたもの, 越えると, 遥かに, 限定し

1 [220件] あれだけに, いくらか出, いずれに, いでない, いでなかった, おかすもの, お広げなさい, お打明, かかえて, かなりとび出し, きめれば, こえた影響, ここで, こしたつき合い, さしたもの, さらに広く大きく, しめ又, せばめたという, せばめられた, せばめること, だんだんに, ちぢめた, でないで, とつて, どこまで, なるべく狭小, ぬけて, ひろげますと, ひろめて, ひろめながら, ふくめた感情, まず決め, もちうるため, もって, もはや文書, よく知る, イタリア人たちの, ハッキリさせ, 一歩だって, 一歩でも, 一都市に, 与えます, 与えられて, 中流階級に, 了解し, 予め出来る, 今の, 付け加えて, 何処までも, 充たすという, 免れない, 出づる事, 出てなかった, 出でず外国, 出でず抽象, 出でないお方, 出でないのに, 出でないもの, 出ない, 出ないし, 出ないで, 出なかったこと, 出なかつた, 出ること, 出過ぎた申し出, 別に, 制限され, 制限し, 北は, 占めるかは, 厳重に, 同じうし, 含まぬ容易, 善くも, 多く出ない, 大いに拡げられ, 定めた, 定めて, 定めようとは, 定められた自分一人, 定めるならば, 定め周囲, 定め自分自身, 定め隣りの, 客観的に, 寝ても, 少しずつ, 広くする, 広くすれ, 広げること, 広めたり, 広めたるもの, 広めつつ, 広められ放送内容, 広めること, 広範に, 征服し, 徴すべき, 徹底的に, 心得たいと, 心得て, 思考の, 成るべく狭小, 手広くする, 抜け出せないの, 拡げたという, 拡げること, 拡げるという, 拡げれば, 拡げ人間, 拡めた, 拡大しました, 拡大し得る, 拡大する, 拡大に, 拡大延長する, 拡張し, 拡張する, 拡張すれ, 拡張せ, 拡張せしめ, 拡張せよ, 指すか, 指すかさえが, 指すこと, 支配し, 方数ミリメートルの, 明かに, 明瞭に, 明示した, 更に一歩拡大, 最小限度に, 最少限に, 有って, 有つ, 棄てて, 此二山の, 歩くかという, 減少する, 測り知ること, 漸次に, 燎原の, 独り吠, 狭く, 狭くする, 狭めては, 狭められたが, 狭められて, 狭められるやう, 狭めること, 狭め自分自身, 男女平等主義に, 異にし, 発見する, 益々広め, 益々狭め, 知って, 知つたといふ, 示して, 示すため, 示すもん, 移動す, 竭くす, 純粋, 経験的自然科学後者の, 縮めさせる, 縮少し, 考えて, 背後に, 脱し一種教化統制, 脱し得ない上っ調子, 脱し文学, 脱し暴力, 脱し難い, 脱する事, 脱せざれば, 脱せず, 脱せんと, 脱出した, 自分から, 良妻賢母主義に, 表わしは, 見て, 規定し, 規定せん, 観察せんには, 設くべき, 語り目, 説明する, 調べて, 豊富に, 超えた, 超えたの, 超えた態度, 超えた軍事的秘策善謀, 超えては, 超えるやう, 超越する, 越えた所, 越えた東洋, 越えないこと, 越えるよう, 越える必要, 越えれば, 越すこと, 踏み越え一廉, 踰えた, 逐次拡大, 逸した表現上, 遠く出, 適当に, 選ぶこと, 限って, 限られた場合, 限るより, 限る必要, 限ろうと, 限定する, 除けば, 頭において

▼ 範囲~ (282, 12.8%)

38 於て 10 於ては, 限られて 5 わたって 4 とどまって, 於いて, 止めて, 限って 3 あること, あるの, 入れて, 属するもの, 止って, 止められて 2 なって, 亙って, 入るもの, 属する著作物, 於けるもの, 比して, 限ろうと

1 [171件] あった, あったし, あっても, ある, あるよう, ある技術, ある間, いかなる様式, いわゆる貧乏子沢山, きりちぢめられ, しようと, すませこれ以上, その身, それた所, ぞくしたが, ぞくするか, つきあって, とじこめぬよう, とどまらずに, とどまらないところ, とどまり主観, とどまるの, とどまるもの, とどまる日本, とどめがち, とどめられた, とどめ自他共, とりこむところ, なったら北方, ひろく眺め, ふみこんで, ふれると, まだ残り, まつり込もうと, よると, 一劃を, 一定の, 一歩を, 不規則に, 亘つて使はれ, 亘つて優れた, 亘つて河童は, 亘り至る所, 亙りて, 亙る期間, 人口が, 人民を, 人間の, 伝播し, 住んで, 作者が, 侵入する, 働かせるよう, 僕を, 先廻り, 入ったらしく想像, 入って, 入つて, 入られるやう, 入り官, 入り得るだろうか, 入り込むもの, 入るの, 入るべきもの, 入れなければ, 入れば, 入れられて, 入れると, 入れるもの, 出来れば, 割り込んで, 及びまた, 及ぶゆえ, 及ぼして, 収めるより, 収容し切れない, 可能であり, 向けたるあるのみ, 含まれる以上, 含まれる作品, 含まれ得べき有為, 圧縮され, 在るか, 在る何等, 堕ちる, 変えること, 変化し, 変化する, 導入しよう, 小説より, 就いてだけ, 属して, 属し危険, 属す, 属する, 属するも, 属する告白, 属する恐るべく困難, 属する感覚, 属する第, 属する筈, 属する経験, 広い狭いの, 建物を, 従来どおり固定させ, 或所, 押し込みました, 押し込めないで, 拠って, 放流する, 於いてのみ, 於けるその, 於ける人口, 於ける冒険的行為, 於ける報道, 於ける夫, 於ける彼女, 於ける怪奇, 於ける政治的事物決定, 於ける見聞, 於てのみ, 於ても, 於てを, 未だ制限, 横たわる世界点, 横たわる問題, 止まった, 止まって, 止まっては, 止まつて, 止まらずに, 止まり寧ろ, 比例し, 求めなければ, 求めねば, 活動を, 深入りする, 渉って, 渡る処, 狭まったかの, 留まって, 立入るべからず, 納められて, 終始すべき, 総合され, 縮小した, 繩張りを, 解釈し, 設計図を, 足を, 跨がって, 踏み出させない狭隘, 輸入せん, 進出致し, 逸出し, 閉じ籠って, 開化し, 限ってだけ, 限っても, 限られた心持, 限られるの, 限り, 限りとどめられる, 限るといふ, 限る事, 限定し, 限定する, 限界は, 集中され, 集注し, 高めよ

▼ 範囲~ (252, 11.4%)

11 に於 7 にある 4 に属する 3 にとどまる, に限られ

2 [13件] での必然, ではこの, ではそういう, で大分変化, で最も, にあった, においてのみ自由, においては彼ら, に拘束, に於ける, に限定, のこと, のもの

1 [198件] からでも容易, だけで, だけでも近ごろ勢力, だけで働かし, だけで活動, だけで考え, だけにとどめ, だけに跼蹐, だけに限られ, だけ眺めてる, で, であった, でありまた, でこの, でしかし, でせめて, でその, でそれぞれ, でそれでも, でだけしか仕事, でだけ可能, でだけ真理, でどうにも, でのあらゆる, でのこと, でのこの, でのみなされ, での巧拙, での形, での批評, での新しい, での激しい, での経験的資料, での進歩, では, ではある, ではその, ではそんな, ではともかく, ではどこ, では丁度, では動揺的, では半球, では各自, では同じ, では四十二歳, では埋葬用洞窟, では外国, では完全, では小角板, では彼, では彼等, では旧, では有効, では毎時, では比例関係, では無罪, では蓄音機レコード, では角板, では間違っ, でひと通りお話, でぴったり, でまた, でもその, でもっ, でもっとも, でもまだ, でも人, でも例えば, でも古典, でも消滅, でも約, でやっ, でベスト, で一つ, で一番, で一番肝心, で何, で作用, で僅少, で働い, で充分, で即ち, で卵, で営まるべき, で夜間聴取, で大戦, で完全, で小さい, で少し, で少額, で彼, で思想, で性欲的教育, で息苦し, で持っ, で新しい, で最善, で果敢, で歌合, で比較的, で河身, で深かっ, で済み, で満足, で相愛, で研究, で純正楕円函数, で義太夫, で而, で自給自足, で色々, で芝居, で薬, で行われる, で解決, で配分, で錯雑, とする, に, にあっ, にあらん, においていくら, においていささか, においてさえそれら誠実, においてしなけれ, においてその, においてのみ行動, においては法則, においても従来, において云う, において出来得る, において増加, において最も, において泥棒根性, において減少, において知, において研究, において自己, において補助金, において説く, において諸, において食すべし, において飼養, における統一, にお立ち, にきた, にぞくする, にとどまらん, にのみ閉じ込められ, にのみ限る, には隠され, にまで労働者, に一定, に偶発, に入るる, に入れ, に制限, に努力, に動い, に拡がっ, に指定, に来れ, に止っ, に止まる, に止めなけれ, に永久, に生活, に生長, に発顕, に終始, に置い, に置いた, に置く, に規定, に這入つた, に限りたい, の, のどこ, のどの, のみで生起, の中国, の事, の事件, の事実, の優秀者, の処, の区別, の型, の振動, の文献, の村落, の物, の縁故, の読者ほか, の郊外, へ城, を示す

▼ 範囲~ (219, 9.9%)

5 もので, 中に, 内に, 狭さ 3 うちで, ことは, ことを, 間に 2 なかに, ものを, 大きさ, 広いもの, 広かった, 広さ, 極めて狭かっ

1 [173件] あらゆる国, うちに, お得意, かなりに, きまる窮屈, ことが, ことであろう, ことでございます, ことでなく, ことなんて, ことに, ごときは, せまい身, そとに, それに, たいそう広い, たいへん広い, ところで, なかだけ, なかで, ひろいそして, ひろいもの, ひろい仕事, ひろい内容, ひろさ, ひろまりや, ものである, ものでし, ものと, もろもろの, ゴタクを, サイクルによって, モスク, 一般化, 中から, 中で, 中には, 中央に, 主張を, 交感状態も, 人々に, 人的交渉の, 代数が, 伏目勝ちで, 住宅建築には, 住民たちは, 作家でも, 例外を, 具体性では, 内では, 内の, 判然せぬ, 労働に, 勢力圏を, 南方支那だけは, 印象です, 及ぶ所, 友だちや, 古典に, 各地から, 名称だった, 問題などについて, 問題について, 地域に, 外に, 外にまで, 外まで, 夢の, 大きいもの, 大きい根本的, 大きい経, 女たちは, 如何に, 定められたるもの, 専門家が, 将来に, 小なる, 局限せられ, 師友の, 常識を, 平均を, 広いこと, 広いには, 広いほど, 広い侵蝕, 広い漠然, 広い職業, 広かつた, 広きは, 広く及ばない, 広ければ, 広告法で, 広大な, 広大なる, 広汎さは, 形に, 心持を, 悉くを, 情実に, 感情や, 承認せられたる, 抄訳の, 拡まった, 拡大でない, 拡大という, 拡大を, 拡張につれて, 拡張賃銀値上問題等, 支那文化の, 政治家にさえ, 文学的自由主義者達の, 文明であります, 方が, 明白に, 書信や, 有資格者, 未来性も, 本が, 極めて広い, 極めて狭い, 極刑を, 武家屋敷の, 比較研究を, 浩洋複雑なる, 浩瀚無辺なる, 湿気地だつた, 焦土を, 特別な, 狭いその, 狭いと, 狭いの, 狭いもの, 狭い名, 現象は, 生存で, 生活も, 由です, 男たちを, 町, 町の, 相当手ひろかつた故人に, 真理でしか, 知識人文学愛好者の, 知識階級の, 研究であっ, 研究に, 空だけを, 空間に, 窮乏飢饉及び, 米国女性観を, 精度に, 緩急抑揚を, 縦横の, 縮小の, 職業に, 自然科学的理論に, 自由変更が, 興味が, 芸術である, 茫と, 街道の, 解釈に, 説明を, 読書, 諸種の, 資料から, 違いは, 配分では, 長さ, 際限が, 電線に, 面会が, 題材に

▼ 範囲~ (204, 9.3%)

6 広くなる 5 非常に 4 広い 3 拡大され, 狭い, 狭くなる

2 [13件] どれだけの, よほど狭く, 広いから, 広いという, 広くなっ, 広ければ, 広まるに従って, 急に, 拡がつて, 狭いだけ, 逐次拡大, 野か, 限られて

1 [154件] あまりに広, あまりに広汎, あまりに狭い, あまりに狭隘, ある, あるから, あんまり広い, いかに狭小貧弱, かく決った, きまってすこし安心, きわめて広く, こちらよりも, すこぶるせまく, すこぶる広く, せばまったしるし, せばめられる, せばめられ同時に, せまくなっ, そこまで, その本質, だんだん判つて, とかく曖昧, なるべく強く, はっきりする, はなはだしく限定, ひろいけれども, ひろがって, ひろくなり, ひろげられその, ほぼ吾, わかりましょう, 一つの, 一歩ひろめられ, 何処までも, 具体的の, 分つたの, 分れて, 制限され, 又頗る, 取材や, 各々の, 変ずる, 変るが, 大体分った, 大変掣肘され, 天子様の, 如何に, 宏大に, 定まって, 実際どの, 少しずつ, 少しばかり, 少ない, 局限され, 局限される, 希望される, 常に左右, 年々広く, 広いし, 広いだけに, 広いです, 広いといふ, 広いので, 広いほど, 広い南アルプス, 広い様, 広い狭いという, 広かつた, 広がるに, 広きに, 広くて, 広くなった, 広くなつ, 広くなれ, 広くも, 広く且其機会, 広く十例, 広く彫工会, 広く我々, 広く生存期間, 広まって, 広まること, 広汎である, 弘まり五十年も, 必ずしも人間, 思ったより, 或一区画, 拡がった, 拡がったよう, 拡がり相当, 拡つて後両, 拡大された, 拡大される, 拡大し, 拡張し, 既に大変拡大, 旺勢だ, 明白に, 明確に, 最小限度に, 東京市民の, 極めて広い, 極めて広かっ, 極めて狭い, 極めて狭小, 極めて短く狭い, 極度に, 次第に大きく, 次第に広がっ, 正確に, 段々広く, 水戸継嗣ブロック以上に, 決まって, 決定する, 狭いから, 狭いため, 狭いです, 狭いと, 狭いという, 狭いの, 狭いので, 狭いのみ, 狭かった, 狭くそれ, 狭くて, 狭くなっ, 狭ければ, 狭そう, 狭まり祝詞, 狭められつつ, 現在の, 理想を, 甚だ広く, 甚だ狭い, 縮小された, 自分たちの, 自由と, 至って狭い, 若し所謂人情, 茫漠として, 見いだされる, 連続的自由変更を, 違えば, 違って, 違ふ, 郊外にまで, 限られてを, 限定され, 限定せられ, 際限なく, 頗る広く, 頭に, 驚くほど, 高くなり

▼ 範囲~ (186, 8.4%)

2 いえば, これに, 云って, 云われて, 婦人の, 正々堂々と, 銘々熱心な

1 [172件] あつたらう, あの時代, いうこと, いうならば, いかにもうまい, いくらかの, いくらか羽根, いわれるべきでは, うけて, うそでなく書かれ, おちついて, おとな自身の, およそ世間, かいて, かけるか, さえぎられても, しかも見事, そのよう, その作家, その塵中記, その女, その概略, その癖, その範囲, それを, つき合わずその, とりあへずそれ, ながらくどく, なら何, ね, ひとに, ふれ得て, みて, やっぱり五ヵ年計画, やつてる, やらうと, われわれは, テーマは, ネ過去, パリに, フランスでは, 不自由なく, 二三羽は, 二人ある, 云うと, 云つてゐたつ, 人を, 人間を, 人間同志の, 仕事を, 会ひたい, 伸子は, 何んとか, 作家たちの, 作家は, 信用の, 俳優養成の, 全く征服, 再び復活, 利用され, 制定された, 前後の, 動きを, 医学薬学物理化学等に関する, 十分です, 単に無用, 受附の, 古雑誌, 句の, 只比較, 同じ虫, 四社連盟とは, 国家は, 国民生活を, 変化を, 多くを, 大衆に, 奥さんに, 完成し, 対象として, 少しく手心, 少しは, 少年の, 山の芋を, 常に最善, 幾分か, 引きまわされなければ, 弟妹下の, 彼に, 彼女が, 彼等は, 微力を, 思慮する, 急速に, 愛読者を, 慣れて, 戯曲の, 手紙を, 扱われたこと, 描くという, 散りかかる, 整理し, 文学の, 文学的に, 日本の, 暇々に, 暮せる, 暮らして, 最も好き, 最も気持, 最も生活, 最大の, 月の, 望ましいこと, 期待し, 木曾の, 歩合を, 殖えも, 毎日の, 民主的な, 法律上の, 渦巻いて, 燕木は, 物を, 物色したなら, 現実を, 生活する, 男性の, 発動し, 目的に, 相当いそがしく, 知性を, 確かに, 確に, 私共に, 立ち現れ, 立換へて, 答へれ, 終ったであろう, 終ったの, 結構その道, 絶えず料理法, 考えつつ, 考えると, 考へる場合, 聞いて, 能うかぎり, 自他ともに, 自分の, 自由で, 興行価値を, 芥川龍之介が, 英語新聞の, 草双紙を, 落ちた林檎, 葉子が, 見られて, 見ること, 規定いたし, 規定し, 言うて, 言へば, 話して, 語られるの, 語合った, 読むしか, 誰でも, 課題を, 運動内における, 酒を, 骨を, 高めて

▼ 範囲~ (164, 7.4%)

4 極めて狭く 2 それが, 割合に, 広いの, 拡げられた, 極めて狭い, 狭い, 自由である

1 [146件] あの凧, あらゆる民族, いくらかへる, いわゆる奥, おおよそどれ, おそらく岩手郡, かなりまで, かなり広汎, きわめて狭い, この広い, ごく限られ, ごく限られた, さらに狭かっ, すこぶる広く, すこぶる広汎, せばまった, それぞれの, だんだん拡がっ, どんな下らぬ, はなはだ広い, ひろかった, ほぼ同じ, ぼんやりと, まことにお話, まず北城村一円, もうすこしたっ, もう残り少な, もっぱら嘉永年間米国船, わかるがね, アルシャイスムの, グツと, サラリーマンを, リベラリズムそのものだけの, 一尺五寸角の, 一層拡大, 一層限られるだらう, 一府八県に, 三四十代の, 三岳村屋敷野黒沢王滝などから, 上は, 主としてドイツ, 二階の, 人間に, 人間生活の, 今日は, 任意でも, 低級者に, 何とひろい, 何人の, 俳句を, 倫理なら, 元来之, 全く縮, 其処から, 制限され, 制限せられ, 前記四社所属の, 劃然と, 北城村の, 北緯四十一度に, 単に韻文学, 古いもの, 地下にも, 多くの, 多少狭く, 多方面であるであろう, 大きい, 大きく東雲仙火山, 大アジア, 如何なるべき, 学者たちの, 実にきわめて狭い, 実にひろく, 実に広い, 小さくなる, 少数の, 広かつた, 広くない, 広くなり, 広く決して, 広く私ども, 広げられて, 弘い, 弘く, 当局が, 彼女を, 意外に, 感性的直観の, 成女, 拡大せらるる, 拡張された, 日刊の, 日本国中に, 明確に, 時代によって, 時間と, 最も広く, 果してどの, 棒小屋沢附近迄に, 極めて小, 極めて局限, 極めて広く遠く, 極めて広大, 極めて狭小, 次の, 正規の, 武蔵安房上総常陸下野の, 段々狭く, 演劇映画博物館図書館等に, 漸次拡がっ, 無限に, 無際限, 狭いが, 狭いという, 狭かった, 狭くあろう, 狭くとも, 狭くなった, 狭くまた, 狭められるし, 生命の, 異論が, 直接献言の, 相変らず, 知れたもの, 磐井, 筑波真壁新治の, 美人花鳥山水諷刺滑稽画に, 聖橋より, 自ずから定まり, 自ら一定し, 自在に, 自然精霊の, 茶山の, 著しく拡大, 街頭公園近郊に, 適当と, 鉄路の, 雲を, 零時から, 非常な, 非常に, 頗る博大, 頗る広い, 驚くべき広汎さ, 黒部双六秩父奥上州奥羽北海道に

▼ 範囲では~ (95, 4.3%)

4 ありません 2 ない

1 [89件] あまりにも, あまりに婦人, あるが, いささかも, うるさいつき合, おれが, この原理, こまかく描写, これによって, そういうばからしい, そういうもの, そうであった, た, だいたいこの, とてもこの, どういうところ, どこでも, ないか, ないから, ない様, なんの, まだあまり立ち入った, まだ犯人, めいめいの, わからないの, アルコール臭を, イタリア人モヂリアニが, バルザック的典型は, リアルである, ヴィユウ・コロンビエ座の, 不明であります, 二百六十回の, 五人とは, 今日でも, 伸子の, 佐々の, 何一つ心当り, 何処でも, 使命が, 到底十分, 同県, 君にも, 問題は, 噛んで, 多分支那産, 大和法隆寺の, 太平洋沿岸に, 夫は, 家から, 少年である, 工藝の, 平原の, 役に立つところ, 彼が, 彼女は, 彼等は, 御同感, 恐らくこれ, 文化運動の, 日を, 日夜注意し, 日曜を, 日本の, 旧套を, 早稲は, 時間表象を, 時間表象をも, 最もわかり易い, 最大な, 次の, 歴然たる浪曼派, 気分本位であり, 渋谷の, 無論唯一, 燕嬢が, 犯人の, 現在ファシストの, 真の, 石田の, 私の, 秋川駿三は, 自分の, 見当らなかったの, 読みおとしたこと, 読み本, 谷川は, 遺憾ながら, 野村胡堂氏三津木春影氏松山思水氏などが, 非常に

▼ 範囲~ (46, 2.1%)

1 [46件] きまってくる, この辺, はなはだ狭い, ひろがりますああ, ひろく執筆者, またさらに, よほど広く, わりにはつきり, モスク, 一つの, 亦た, 代馬, 依然としてハッキリし, 分ること, 変つて来なけれ, 大小が, 大抵は, 常識の, 広いらしく, 広い筈, 広かった, 広きは, 広くなく, 広くなっ, 広く世間的智識, 恐る可, 断定し, 普通の, 東南の, 校友会の, 案外に, 極めて狭く, 武蔵の, 比較的限られ, 狭くなる, 知って, 範囲だ, 考えて, 自ずと広い, 至って狭く, 西は, 質的に, 量も, 限りが, 頂上に, 麹町四谷京橋日本橋にわたって

▼ 範囲~ (42, 1.9%)

6 にある 3 に属する 2 だから, のもの

1 [29件] だ, だった, だと, である, ではその, でまあ, となる, なる人間性, にあった, にあつ, にあり, にふみ出す, に出, に出でなかった, に及ぶ, に取り残され, に心, に於, に横たわる, に特立, に置かれました, に置く, に追放, に食み出し, のこと, のところ, の出来事, の毎秒, は家

▼ 範囲~ (36, 1.6%)

1 [36件] いうか, いえる形, いって, したの, しなければ, するかが, その責任, その近代法理思想, それが, なった, なるだろう, なるでしょう, 一致し, 人名を, 他人が, 害とを, 広さ, 断って, 条件の, 欠点とを, 深刻な, 深大, 深度だけを, 申したら諸国, 異つて俳句作品, 看ること, 程度とを, 種類が, 被予報者, 見るかという, 言つても, 認める自由, 質とでは, 輪廓とが, 連接し, 限界の

▼ 範囲から~ (35, 1.6%)

3 出て 2 言っても

1 [30件] いつて, きわめてわずか出, して, それぞれの, とうてい脱却, ひろげた, もっとも無縁, もっと広く深く, 一歩進め, 出たこと, 出ない場合, 吾, 大して遠く, 実行の, 押し出さず従って, 溢れた調子, 溢れて, 生活の, 脱け, 脱した一種独特, 脱して, 脱出し, 自由に, 解かれず座談, 言うの, 議論は, 逐い出して, 逸れて, 離れて, 離れようと

▼ 範囲において~ (31, 1.4%)

1 [31件] ここまで, この失われるべき, この挙国的行事, この普遍性, この請願, しかも観念結合, その人がら, とりあげられて, われらが, ロマンチック思想にも, 何等かの, 延長なり, 彼の, 我々に, 描いたという, 提出される, 敵の, 最も美しい, 活躍し, 甚だ適度, 真剣に, 社会状態を, 自己を, 自然物を, 自由裁量の, 行われるよう, 被投, 語って, 進んで, 進行し, 風流に

▼ 範囲での~ (26, 1.2%)

1 [26件] ことな, ロマンチストであろう, 内容です, 利用ばかり, 努力は, 同感を, 外国の, 女としての, 女子の, 婦人の, 婦人参政権獲得運動が, 寛大は, 悪女, 感情の, 成功を, 技法ことに, 文学と, 日常の, 真率さで, 種さがし, 自覚と, 話題と, 諸社会, 貫録を, 闊達さに, 露骨な

▼ 範囲以外~ (13, 0.6%)

1 [13件] にあり, にある, においては人口, になる, には出なく, に属す, に成就, に拉し去り, に飛び超え, の人類精神, の地, の精神的作用, へ逼出

▼ 範囲にわたって~ (11, 0.5%)

2 存在し 1 いて, そうそう眼, 僕らには, 合同主義の, 巧く, 爆発した, 秘密に, 行われて, 見受けられなかった

▼ 範囲には~ (10, 0.5%)

2 いって 1 いつたこと, ひると, まったく美しい, 他に, 入れられないで, 止まって, 立派な, 非常に

▼ 範囲においては~ (8, 0.4%)

1 いっそう東西洋, すべての, それは, マルサス対リカアドウの, 人間は, 天才的の, 是は, 結局良人の

▼ 範囲でも~ (7, 0.3%)

1 すぐれた人, やはり世話, 三つは, 僕にと, 常に大義, 毎日電車に, 立派な

▼ 範囲にまで~ (7, 0.3%)

3 及んで 1 侵入し, 組織され込ん, 置くこと, 進んで

▼ 範囲より~ (7, 0.3%)

1 して, ふかめられました, ほか知らない, 少しでも, 脱し去り個体, 見れば, 高めて

▼ 範囲以上~ (7, 0.3%)

1 であるからと, には及ばず, に出, に辛抱, の, のこと, のもの

▼ 範囲まで~ (6, 0.3%)

1 この法律, もとは, 入り込んで, 拡大する, 神経を, 行くと

▼ 範囲~ (6, 0.3%)

1 それに対する, バスの, 定義が, 彼の, 意味での, 盛衰興亡の

▼ 範囲~ (5, 0.2%)

1 が, し進ん, と思う, のと, よ

▼ 範囲だけでも~ (5, 0.2%)

1 それは, 何百ある, 知りたいと, 蕪村高, 面白い問題

▼ 範囲である~ (5, 0.2%)

1 からこれ, にしろ, のが, のは, ようだった

▼ 範囲でだけ~ (5, 0.2%)

1 うけとって, 作品に, 内容づけられ, 動いて, 感じて

▼ 範囲について~ (5, 0.2%)

1 おのずから一考, 原則や, 図示した, 明確な, 私には

▼ 範囲でしか~ (4, 0.2%)

1 とりあげて, なかった, 把握出来なかった, 表現され

▼ 範囲です~ (4, 0.2%)

1 から全て, が, し, し仕事

▼ 範囲という~ (4, 0.2%)

1 のは, 要素が, 話である, 風に

▼ 範囲といふ~ (4, 0.2%)

2 ものは 1 ことについて, 意味である

▼ 範囲においても~ (4, 0.2%)

1 はなはだしく制限, 共にすこぶる驚く, 彼の, 時間が

▼ 範囲にも~ (4, 0.2%)

1 これは, 一組は, 達しては, 静かで

▼ 範囲~ (4, 0.2%)

1 ずんずん入っ, 伝播した, 手を, 落ちて

▼ 範囲をも~ (4, 0.2%)

1 亦広め, 狭小ならしめる, 越えて, 越ゆる

▼ 範囲しか~ (3, 0.1%)

1 愛せない, 見て, 見当が

▼ 範囲だけ~ (3, 0.1%)

1 である, でした, 許されて

▼ 範囲すなわち~ (2, 0.1%)

1 いわゆる電場, 農業の

▼ 範囲だけで~ (2, 0.1%)

1 出来る丈, 見る時

▼ 範囲だけを~ (2, 0.1%)

1 見ても, 語りました

▼ 範囲~ (2, 0.1%)

1 やから, や日帰り

▼ 範囲であっ~ (2, 0.1%)

1 て多く, て大和アルプス

▼ 範囲であった~ (2, 0.1%)

1 かと思っ, からだ

▼ 範囲として~ (2, 0.1%)

1 見ても, 贅言を

▼ 範囲とを~ (2, 0.1%)

1 明確に, 知って

▼ 範囲~ (2, 0.1%)

1 のだ, んだ

▼ 範囲なら~ (2, 0.1%)

1 ともかくも, ば知らず

▼ 範囲なる~ (2, 0.1%)

1 ものは, 故後世は

▼ 範囲においてのみ~ (2, 0.1%)

1 他人に, 動くこと

▼ 範囲にしか~ (2, 0.1%)

1 わかって, 届かない

▼ 範囲にだけ~ (2, 0.1%)

1 ガン強に, 実行され

▼ 範囲にのみ~ (2, 0.1%)

1 止って, 限られて

▼ 範囲はなはだ~ (2, 0.1%)

1 広くかつ, 狭いもの

▼ 範囲ようやく~ (2, 0.1%)

1 大なる, 減じて

▼ 範囲~ (2, 0.1%)

1 蹈ミ越エタノデハアルマイカト多少, 逸脱シナイ

▼ 範囲~ (2, 0.1%)

1 においてその, に蟄伏

▼ 範囲及び~ (2, 0.1%)

1 富の, 程度凡ての

▼ 範囲拡大~ (2, 0.1%)

1 のため, の公布

▼ 範囲甚だ~ (2, 0.1%)

1 広し, 拡大に

▼ 範囲程度~ (2, 0.1%)

1 並びにその, 迄も自在

▼1* [79件]

範囲あたりから比べ, 範囲あらゆる程度の, 範囲あるいは興味の, 範囲いっぱいを認め, 範囲および意義を, 範囲かというような, 範囲この大衆性の, 範囲しかも在来の, 範囲じゃこのごろの, 範囲じゃの縄張りじゃ, 範囲その伝統その, 範囲その他いろいろの, 範囲たらしめたりき今や, 範囲だけしかわからぬ, 範囲だけでのことであっ, 範囲だけにしか通用しない, 範囲だけについていわゆる専門, 範囲だけより見えずこれ, 範囲ででも気の, 範囲でないけれどもだいたい, 範囲でのみ詩という, 範囲でばかり生きて, 範囲とが示すところ, 範囲とでその面, 範囲とに於ける社会人, 範囲とは彼が, 範囲ともかなひかつ, 範囲ないし演目選定方針において, 範囲などと云うこと, 範囲なんてたかが, 範囲においてにしろもっとも, 範囲にだけしか取材が, 範囲についてすらチェーホフが, 範囲についての争ひなどの, 範囲については大家である, 範囲にでも入るべきかと, 範囲にまでも遠く深く及ぶ, 範囲により自然に, 範囲にわたつて, 範囲にわたってのきまりであった, 範囲にわたりて多くの, 範囲にわたる読者へ, 範囲に対して覚悟を, 範囲に従って合法的国家改造の, 範囲に関し貧民に, 範囲に関する各自の, 範囲のみで終らないこと, 範囲はといへば, 範囲への理解などから, 範囲へまでたちまちの, 範囲までぐらい自分たちの, 範囲までは自分の, 範囲までを考えて, 範囲よりも広く理解, 範囲をば外国の, 範囲でも夫, 範囲にその, 範囲主文を次, 範囲二里四方ぐらいの空間, 範囲以内で節約的, 範囲内の人たちが漢詩, 範囲極めて広き, 範囲同じ時間内の, 範囲回数にも限定, 範囲に異, 範囲天神の御, 範囲広く山村の, 範囲思想的内容とその, 範囲る時期, 範囲挙げて数, 範囲未だ極めて狭く鶴嘴, 範囲極めて広大に, 範囲さは, 範囲湿度いくらの範囲, 範囲狭くなりて, 範囲等何れもこの, 範囲農事との関係, 範囲限られたるが, 範囲領域の大き