青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「節子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

策~ 管~ 箪笥~ ~箱 箱~ 箱根~ ~箸 箸~ ~節 節~
節子~
~範囲 範囲~ 範疇~ 篇~ ~簡単 簡単~ ~籠 籠~ 籠っ~ ~米

「節子~」 1232, 13ppm, 8310位

▼ 節子~ (331, 26.9%)

16 ことを 15 ために 10 前に, 方を 8 手紙を 6 ためにも, ような, 声で, 方から 5 顔を 4 声が, 姉が 3 ことが, 低気圧, 口から, 姉, 方へ, 縁談の

2 [17件] ように, 前にも, 名を, 意中を, 手箱の, 手紙には, 手紙は, 書いて, 来るの, 残して, 母親が, 母親に, 答えは, 背後に, 話は, 通って, 顔に

1 [183件] お小使, かくし子だ, ことなぞを, ことにさえ, ことも, すがた, ためである, ためと, ところへも, とみという, みちびきであろうなぞ, やって来て, マチスばりや, レントゲンで, 一人ある, 一人で, 一度は, 不用意で, 両親にでも, 両親の, 今の, 代筆した, 位置を, 便りと共に, 側で, 側に, 側へ, 側を, 傍を, 写真に, 初心な, 前途に, 前途の, 力を, 勉強する, 口であった, 口は, 口を, 台湾行の, 向いて, 告白を, 声は, 声を, 変り果てた姿, 姉に, 姿が, 姿は, 姿態が, 字が, 実際に, 家まで, 家を, 家庭的な, 容子の, 容態を, 寂しい顔, 寂しそう, 寝顔を, 小さな妹, 小さな胸, 居ないところ, 居る下座敷, 左の, 弱くなった, 弱って, 心からの, 心が, 心持が, 心持も, 志すところ, 志望が, 快い承諾, 思い屈した, 思い悩んで, 思ひ出, 懸命な, 所謂, 手が, 手で, 手を通して, 手紙が, 手紙で, 手紙に, 手紙に対して, 手紙の, 手紙も, 手紙を通して, 手術に, 描いたそして, 改まって, 文字は, 方からは, 方に, 方ばかり, 方へも, 方をも, 旅立を, 書いたこの, 書いたの, 書き残した言葉, 来た夢, 来た時, 枕もとに, 果たし得なかった役割, 楽しい笑声, 様子から, 様子が, 様子を, 機嫌を, 歌を, 死後全く, 母, 母親は, 消息は, 涙から, 涙が, 為ること, 独身で, 率直な, 生母五十四歳, 生活は, 産落した, 疲れたと, 病気は, 病状を, 瘠せ衰えたの, 癖で, 発達が, 発達は, 目を, 看護も, 眸を, 眼から, 眼だ, 眼は, 着物が, 瞳は, 短い言葉, 稀有の, 箪笥に, 精神が, 縁談でも, 縁談に, 縁談は, 縁談を, 置いて, 胸に, 膝の, 自由に, 自畫像, 苛, 苦しみと, 苦しんで, 薄色, 袖の下へ, 装幀で, 要求を, 見たもの, 親達にも, 言うこと, 言った言葉, 言草では, 言葉は, 記憶にも, 話が, 話を, 語気には, 贈物を, 身から, 身の, 身体が, 身体をも, 返事を, 違って, 邸に, 部屋の, 部屋を, 面影であった, 鞭を, 顔の, 髪の, 魂が, 黙し勝ち

▼ 節子~ (302, 24.5%)

8 岸本の 6 言って 5 それを, 岸本に, 自分の 4 すこし顔, 叔父の, 答えて, 谷中の 3 例の, 勝手口に, 母親の, 黙って

2 [19件] うなずいて, その日, その部屋, ベッドの, 兄に, 勝手の, 婆やの, 婆やを, 家の, 暑さ, 極く, 母親に, 相変らず, 眼に, 私の, 答えた, 言葉に, 顔を, 黙し勝ち

1 [207件] あさましく思った, いくらか瘠せ細った, いそいそと, いつも兄, いろいろな, うなずいた, おさえた, こういう手紙, こうした日, こうした短い, この好まし, この家, この屋根, これだけの, これを, すぐベッド, すこし側, すこし萎れ, すこし顔色, すでに焜炉, すでに目, そこに, そこへも, そのとしの春, その古, その彼, その心配, その手帳, その時, その秋なかば, その空地, その話, ちょっと顔, ちらと, つくり勝りの, でもと, どうなる, なか, はかばかしい答え, またその, また以前, また仮令, また壁, また母親, また熱心, また皆, また罪過そのもの, まだ初々しかっ, まだ若かっ, まだ言えない, めずらしく岸本, めずらしく快活, もう岸本, もう座, もう目, もう窓際, もう遠い, わざと, わざと格子戸, ドアの, 一人で, 一度ならず, 一度勝手に, 一番彼女に, 一瞬泣き, 丁度同じ, 世の, 二人の, 二十一という, 今は, 今まで, 仏壇の, 伏目勝ちに, 佐原伊能氏の, 何が, 何とも答えよう, 僅かに, 元来た, 兄の, 兄を, 入院以来安静を, 其処に, 再び箪笥, 初めてこんな, 到底今日, 力の, 十五円それは, 半分独語の, 叔母さんの, 叔父から, 叔父に対して, 口数も, 品川の, 唯そんな, 啜り泣く声, 墓の, 壁際に, 夕飯の, 多年の, 奥の, 女としての, 女の子である, 姉が, 姉と, 娘らしく, 子供に, 実物大に, 実際に, 寝かかって, 小さな手帳, 岸本が, 岸本を, 帯の, 平素にも, 座を, 庭から, 弁解を, 弟と, 弟の, 弟を, 弱々しい人, 彼の, 彼女の, 彼方是方と, 微笑んだ, 思ったより, 思わず白崎, 意を, 感慨の, 戦慄した, 戯れるよう, 手紙の, 折ある, 新しく仕立てた, 旅に, 既に身, 日頃気兼ねを, 暇さえ, 暗い格子戸, 書いて, 最後に, 最早以前, 最早映像, 朝も, 未だ女学生, 未だ落ちつく, 来なかった, 根岸の, 次の, 正月らしい, 殆ど別の, 母としての, 母の, 母親と, 母親を, 沈んで, 泣いた, 点頭いて, 玄関に, 生々と, 用事の, 疲れたらしい様子, 白い百合, 直ぐに, 看護に, 知りたかった, 祖母さんの, 立ちすくんだ, 立ったまま, 答えたが, 節子で, 精しいこと, 紙や, 縁側に, 繁の, 繁を, 罪の, 義雄兄から, 膳の, 自分でも, 苦笑し, 見る人, 言い淀んだ, 言った, 訪ねて, 誰よりも, 谷中から, 躊躇した, 近くい, 途次いろいろな, 酔って, 重い石, 針医の, 鏡台の, 長いこと水いじり, 電燈の, 震えた, 露領の, 顔の, 風呂敷包を, 風間を, 驚いたよう, 高輪で, 高輪に, 高輪の, 鬱ぎ込んで, 黄色く咲いた

▼ 節子~ (121, 9.8%)

5 連れて 4 呼んで 3 待受けた, 見に, 谷中の 2 ほほえませた, 悦ばせた, 自分の, 見て, 見ること, 誘って, 驚かしも

1 [89件] ああし, あの劇中, いたわった, いたわりいたわり往き, いたわりに, いたわるよう, この世の, して, その椿, つきとばし思慮, どうする, どう見, なだめたと, もてなすもの, よく泣かせた, よこすという, 一寸病室, 両親に, 中心に, 使に, 促すよう, 保護しよう, 傍観し得られたろう, 処分しよう, 助けて, 励ましたの, 励ますよう, 呼留め, 喪ってから, 囲繞く, 堅く抱きしめた, 導いて, 導きつつ, 岸本は, 庇護う, 弁護する, 弱らせるばかり, 待った, 思いやりながら, 思い出したこと, 想像する, 愛するという, 愛すれば, 慰めるため, 憐む心と, 憐めば, 捜し廻り茶の間, 捨てまいと, 救おうと, 無視し, 生かしたいと, 生かそうと, 笑わせた, 置いた時, 置いて, 置いても, 考えるよう, 腕で, 自分と, 花屋の, 見た, 見たいと, 見た時, 見た眼, 見ると, 見るという, 見るには, 見る日, 見上げた, 見得なかった, 見送った, 言い宥めて, 誘おうと, 誘った, 負おうと, 迎えた, 送り出して, 途中で, 通わせたいという, 避けさせたかった, 避けようと, 部屋に, 隠さねば, 隠して, 隠そうと, 預けたいと, 風間に, 驚かした, 驚かすつもり

▼ 節子~ (114, 9.3%)

4 言った 3 家の, 岸本の, 谷中から 2 彼女の, 自分の, 見えて, 黙って

1 [93件] いかに泉太等, かつて庄平, けさ私の, この下宿, これを, その過ち, とうとう口, もう二十四, よく考え, ユウモアの, 一人の, 一切を, 一度病院, 一番心配し, 不義の, 二度母に, 人形を, 人目を, 人知れず産み落した, 人知れず苦心, 今の, 他へ, 以前の, 何事も, 何故そんなに急, 作業服を, 側に, 動こうと, 勝手の, 台湾行の, 告げ口した, 地図を, 堅く拒ん, 夕飯の, 子供に, 学問した, 学窓を, 宗教生活に, 家中の, 寄って, 小型の, 居た, 帰った後, 帰って, 年の, 引越の, 彼に, 彼の, 待受けて, 愛宕下へ, 手帳でも, 抑えに, 旅に, 既に二十六, 既に用意, 日頃大切に, 書いたもの, 書いて, 書きつけたらしい紙, 最近に, 最近の, 来た, 殆ど幽閉の, 母親の, 気候に, 沈んで, 父に, 生きて, 町へ, 當時フィアンセだ, 病院で, 真剣に, 眼に, 祖母さんを, 第一スタジオ, 膳の, 自分と, 自分に, 苦しむ罪, 行って, 見舞いに, 言出した, 訪ねて, 話して, 読みさしの, 読んで, 谷中を, 買って, 身二つに, 通って, 針仕事する, 長い長い沈黙, 随い

▼ 節子~ (99, 8.0%)

7 言って 4 起って 3 宛てて, 言った, 話した 2 働くこと, 分けた, 取って, 比べると, 話しかけながら

1 [69件] あのアベラアル, こんな話, しないで, すすめた, そっくりで, それを, ちがいなかった, 二三日の, 伝わって, 伴われながら, 似た人, 勧めた, 右手を, 嫌がられて, 就いても, 展げて, 岸本の, 引越の, 心を, 思い比べて, 感ずるよう, 手伝って, 手伝わせること, 手渡した, 持上る, 掛けて, 数珠を, 来た時, 渡した, 渡して, 珠数を, 留守を, 目くばせ, 知って, 示すであろうと, 節子の, 結びつけて, 結婚を, 聞える程度, 聞かせて, 自分の, 葡萄酒を, 見せたこと, 見せて, 見つけること, 言いかけて, 言わせると, 言出した, 言置いた, 訊いて, 許した岸本, 訴えた, 話しかけた, 話しかけた彼, 話し聞かせた, 話し聞かせようとも, 読んで, 買って, 近づいて, 近づくこと, 近づけたの, 送った, 通って, 電話が, 頼んだ, 頼んだ時, 頼んで, 願って, 飲ませた

▼ 節子~ (55, 4.5%)

12 一緒に 5 二人で 4 自分との 3 彼との 2 自分の

1 [29件] ある邸地つづき, いくらも, おなじく病氣, です, 一致し, 二人ぎりでのびのびと屋外の, 二人ぎり簡単な, 今まで, 僕だけ, 共に辿り着きたい, 再び一緒, 同じよう, 同じ屋根, 同じ彼女, 同年だ, 同年に, 婆やに, 婆やの, 子供を, 対い合う, 対い合っ, 庄造が, 彼と, 彼自身の, 有原は, 父との, 言葉を, 顔を, 高輪の

▼ 節子から~ (29, 2.4%)

7 来た手紙 3 言えば

1 [19件] 別に, 受取った, 子供まで, 届いた, 度々手紙, 思い比べること, 悩ましいまでに, 手紙と, 来た便り, 来る手紙, 次の, 言って, 貰った手紙, 送って, 遠くに, 遠ざかろうと, 離れて, 電話の, 預かって

▼ 節子~ (19, 1.5%)

2 言葉を

1 [17件] この話, そこへ, よく案内, 一人の, 二人とも, 可哀そうに, 姉に, 屋外の, 帰りの, 彼も, 挨拶に, 母の, 皆と, 言いながら, 起きて, 顔色を, 黙って

▼ 節子との~ (16, 1.3%)

3 関係を 2 時代の

1 [11件] 変って, 夫婦生活は, 最初の, 結びつきを, 話の, 近さ, 間に, 間には, 関係から, 関係は, 隔りであった

▼ 節子からの~ (15, 1.2%)

3 便りを, 手紙を 2 便りは, 手紙で 1 依頼で, 便りが, 便りの, 折々の, 返事を

▼ 節子さん~ (14, 1.1%)

1 [14件] でございますか, と赤ん坊, に急用, は, はお, はたびたび, は娘時代, は常会, は年少, は式服, は未だ嘗て, は毎朝毎夕, は火熨, も一緒

▼ 節子には~ (10, 0.8%)

1 それが, それだけの, 何か, 兄の, 具体的な, 岸本の, 早く身, 最早家庭, 着物を, 言葉にも

▼ 節子~ (10, 0.8%)

3 子供等を 2 婆やに 1 婆やを, 子供等と, 子供等と共に, 次郎と, 部屋の

▼ 節子にも~ (9, 0.7%)

1 その親, それくらいの, また新しい, また適当, わかって, 別れを, 新しい家庭, 言って, 話し聞かせたこと

▼ 節子に対する~ (5, 0.4%)

2 自分の 1 哀憐を, 深い愛情, 関係は

▼ 節子をも~ (5, 0.4%)

1 想像する, 救いたいという, 腰掛けさせて, 見た, 誘った

▼ 節子その~ (4, 0.3%)

1 人の, 人を, 人形に, 節子は

▼ 節子とは~ (4, 0.3%)

1 まだ一歩, 二人の, 別の, 谷中へ

▼ 節子と共に~ (4, 0.3%)

1 享け, 働いて, 待受けたの, 送った月日

▼ 節子~ (3, 0.2%)

1 岸本の, 手術後の, 泣叫ぶ

▼ 節子という~ (3, 0.2%)

1 これも, のは, 人の

▼ 節子一人~ (3, 0.2%)

1 だけがしょんぼり, より他, を頼り

▼ 節子姉妹~ (3, 0.2%)

1 に分け, の間, は岸本

▼ 節子姉弟~ (3, 0.2%)

1 が一鉢, に取っ, はその

▼ 節子無言~ (3, 0.2%)

1 でその, で野中, で静か

▼ 節子からも~ (2, 0.2%)

1 それを, 神戸へ

▼ 節子それ~ (2, 0.2%)

1 から泉太, を拾っ

▼ 節子~ (2, 0.2%)

1 と気づく, な

▼ 節子に対して~ (2, 0.2%)

1 気の毒がる, 済まなかった

▼ 節子ゆえ~ (2, 0.2%)

2 に岸本

▼ 節子庄平~ (2, 0.2%)

1 の方, を見つける

▼1* [36件]

節子うなだれてつき従う, 節子おれはこれ, 節子きょうはゆっくり, 節子そのままの形, 節子だけには話して, 節子ではなかった, 節子とが俥で, 節子として始めて見る, 節子にのみ限らなかった, 節子にまでその時, 節子に対しては誰にも, 節子へも言葉を, 節子までが母親だけに, 節子これまで, 節子よりも先に, 節子を通してちょいちょい聞え, 節子主演の, 節子二人だけの途, 節子以上に伸子, 節子任せにし, 節子伴奏大阪放管, 節子何もかも許して, 節子元気よく起ち上る, 節子冷然と坐った, 節子十九歳の盛夏, 節子大きいお皿二つ, 節子失望して, 節子には去る, 節子に文通, 節子なども出た, 節子寂しい顔, 節子の出発, 節子を下し, 節子自身からの折々, 節子話そう話そうとして今, 節子を下げ