青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「着物~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

着い~ ~着いた 着いた~ ~着く 着く~ ~着け 着け~ ~着た 着た~ ~着物
着物~
睨ん~ ~瞬間 瞬間~ ~瞳 瞳~ 瞼~ ~矛盾 矛盾~ ~矢 矢~

「着物~」 8932, 92ppm, 1201位

▼ 着物~ (3981, 44.6%)

631 着て 150 きて 64 脱いで 57 着せて 44 ぬいで 33 持って, 着かえて, 着換えて 28 着換 27 出して 26 着更 19 きせて, 畳んで, 着た, 着替えて 17 つけて 16 着たり 15 着せられて, 着た女, 買って 14 着た男, 縫って 12 着たまま 11 着ると, 脱がせて, 脱ぐと 10 きかえて, 身に 9 引っかけて, 質に 8 こしら, 拵えて, 着たの, 着たま, 着た子供, 被て 7 着かえ, 着ること, 見て, 見ると

6 [14件] かえて, こしらえて, ひろげて, 出せ, 手に, 持つて, 洗って, 着た人, 着た姉, 着ながら, 着る, 着るの, 脱いだ, 被た

5 [13件] きた女, つくって, ぬがして, 直して, 着かへ, 着せたり, 着たお, 着た老人, 着換え, 脱ぎ捨てて, 脱ぐこと, 透して, 造って

4 [35件] きかえながら, きた一人, きた人, たたみながら, とおして, ぬがせ彼, もって, 乾かして, 作って, 借りて, 取出して, 売って, 抱えて, 拵えたり, 更え, 汚して, 洗濯し, 着せたの, 着せました, 着た一人, 着た人達, 着た人間, 着た娘, 着た若い, 着るよう, 着換えさせ, 着換えた, 着換えたり, 着換えながら, 着換えると, 着込んで, 縫ったり, 見せて, 見た, 重ねて

3 [47件] あべこべに, かかえて, かなぐり捨てると, きせたり, きた少年, きた男, ぬいだ, ぬぐと, まくって, まとって, 丸めて, 剥いで, 剥がれて, 取って, 取りに, 取り出して, 小脇に, 引きずって, 掛けて, 換へる, 畳みながら, 着かえた, 着かえたり, 着せた, 着たこと, 着たもの, 着た大男, 着た婦人, 着ても, 着はじめた, 着ました, 着ようと, 着代, 着代えた, 着帯, 着手, 着替えたり, 箪笥から, 縫うて, 縫つ, 羽織って, 脱がして, 脱ぎすてて, 脱げ, 見ながら, 買つ, 風呂敷に

2 [192件] あたま, おさえて, お君, かけた, かけて, かして, かぶせて, きかえ, きかえさせて, きかえると, きせた, きたひとり, きた人たち, きた姉, きた子供, きた少女, きる, きると, ください, くわえて, しまいに来た, せわしく撫でた, そつと, それに, たたんで, だんだん着なくなり, つかんで, つくろいながら, つくろったり, つけたり, とって, ぬがせて, ぬぎさり赤裸々, ぬぎすてて, ぬぎながら, ぬぎ捨て猿股ひとつ, ぬぐ, ぬぐの, ぬらして, はいで, はぎとり裸, ひきずりながら, ひっかけた, ひっかけて, ひっかけながら, ひつたくつ, まくつて, めくりあげたので, もらって, よごして, わたしの, 一と, 一枚, 三畳の, 下げて, 不断着に, 仕立て, 出さ, 出さして, 出させましたが, 出した, 出しと, 匿し, 取上げて, 召して, 始末し, 寝衣, 干して, 干すの, 幾枚も, 引いて, 引裂いて, 手早くぬがせ, 抱へて, 持ち出して, 探って, 更へて, 欲しがる, 汚すこと, 沢山に, 泥だらけに, 濡らさなければ, 濡らす, 無造作に, 焼いて, 畳んだ, 盗んで, 直しながら, 着かえさせて, 着かえながら, 着かえると, 着かえる間, 着かけて, 着かへて, 着が, 着せかけて, 着せたもの, 着せたやう, 着せられたが, 着せられるの, 着せる, 着せると, 着せる事, 着せる時, 着たいと, 着たが, 着たので, 着たふたり, 着たほう, 着たまま寝床, 着た人たち, 着た儘, 着た凄い, 着た可愛らしい, 着た大きな, 着た女の子, 着た娘達, 着た婢, 着た小さな, 着た方, 着た母, 着た者, 着た背, 着た赤鬼, 着た車掌, 着た黒鬼, 着ては, 着てるん, 着てる時, 着なければ, 着はじめ, 着る時, 着代えて, 着変えた, 着変えたからには, 着換えさ, 着換えさせられた, 着換えたお, 着換えたが, 着換えるため, 着換える時, 着換え始めた, 着替えさせ, 着替えた, 着替えたが, 着替えてから, 着替えるとき, 着流しに, 破って, 素肌に, 絞つて, 縫うの, 織って, 肌に, 肩に, 脱いだの, 脱いだり, 脱がせる, 脱がせ皆んな, 脱ぎかけて, 脱ぎながら, 脱ぎねえ, 脱ぎも, 脱ぎ捨てた平次, 脱ぎ更, 脱ぎ棄てて, 脱ぎ裸, 脱ぐ, 脱ぐの, 脱ぐん, 脱ぐ間, 膝の, 自分で, 著た, 袖だ, 裁つと, 裂いて, 裏返しに, 裾短かに, 裾長に, 解いて, 買いに, 買い良家, 買つてやります, 買ひ, 買ふて, 質屋に, 返して, 選んで, 重ねても, 頭から, 頭の

1 [1700件 抜粋] あげると, あたためては, あらわに, いくらか着, いただいて, いっぱい着込ん, うすい着物, おきかへ, おつ着せられ, お千代ちゃん, お召しなさる, お時, お着なさい, お節に, かい繕ろい, かかえた海女, かけられて, かける掛け釘, かなぐりすてると, かぶせた考, からだに, かわかしうること, きおわると, きかえますと, きかへて, きがえに, きせたの, きせてる間, きせられた嬉し, きせること, きせる役あんまを, きせ女中, きた, きたか, きたの, きたみつ子さん, きた七十, きた動物, きた娘, きた筋骨, きた肥り気味, きた雑役, きてた時, きみが, きるから, きるという, きるんぢ, き一人, き私, くれて, こうして洗っ, こしらえたの, こしらえるため, こすりあげる, ごらんくださいまし, さしあげます冗談, さっさと始末, さらすにも, しあげると, しぼったり, しらべて, じろ, すっかり台, すつかりお, そこに, そっくり身, そのま, ぞろりと着た, たいへんよごした, たたんだり, だいじに, ちゃんときなおし, つくった, つくろうこと, つけた助手, つけた羊, つけてる子供, つけはじめました, つけ三角, つけ橋, つけ着物, つんつるてんに, とりあげて, とりだしました, とり肌着一枚, どうしよう, どれだけ, なおして, なでながら, ぬがされながら, ぬがせたり, ぬがせられ寝床, ぬぎ, ぬぎかけて, ぬぎすてますと, ぬぎそれ, ぬぎむき出し, ぬぎ捨てたまま, ぬぐくらい, ぬぐ間もなく, ぬごうと, ぬったり, ねだった, のけ再び, はおったまま, はがし襦袢, はぎとって, はぎ取られて, はたいては, ばたばたと, ひきとめて, ひっかけるよう, ひつ被, ひッ, ふやすの, ぶら下げて, ほしがる, ほどきこれから, ぼんやり眺め, まくりチホッケ, また古, まとい力, まとったよう, まとわせては, みんなが, みんな自分の, めしいやしい, もつて, もらったと, やれ斯, ゆるめたり, よくみろい, よごしたの, よごしては, わきに, わたしに, サラリとひろげ, ハタキ初めます, パッと, ムリに, 一つ, 一切人形の, 一度しまいこん, 一揃え, 一枚ずつ, 一枚ぬげ, 一枚一枚と, 一枚無造作に, 一枚着流して, 丁寧に, 上に, 下さるこの, 乱しでこぼこ帽子, 乾かしながら, 乾かす智慧, 乾すこと, 二枚ほど, 京子の, 今すぐ, 仕立てるの, 体に, 作つたり, 作ります, 使いの, 借して, 借り鏡, 入れた行李一つ, 入質し, 全部売っ, 出させそれ, 出さんの, 出せっ, 切ったいたずら, 剥いだか, 剥ぎとった, 剥ぎとられ皮, 剥ぎ取って, 剥ぎ小僧, 剥げ, 包み佐伯, 半分着, 取ったん, 取りかえっこして, 取り上げて, 取り換えたん, 取り換えます, 取上げたの, 受け出しに, 受取つて御店の, 合わせ医者, 哀れげに, 堅気風につけ, 売て, 売るなんて, 変えたり, 外まで, 大体着た, 失つてお勝手専門に, 奪われて, 如何お, 完全に, 寝て, 対に, 少し窮屈, 巡礼の, 左前に, 帯まで, 干しならべ, 年中着せられ, 引きずった二人, 引きずる程, 引き上げると, 引き裂いたり, 引っかきまた, 引っぱっては, 引っ張って, 引っ掛け兵児帯, 引つ掛けたもの, 引寄せ, 引抱え, 弟に, 後ろから, 復た, 心から, 恥ぢたいやう, 悉皆預っ, 愛す, 或る, 手にとって, 打ち出しつぎ, 抓み上げまるで, 投って, 抱え彼女, 抱き上げたらその, 押さえた女たち, 押し拡げ疵口, 拝借し, 拭いたついで, 拵えたでありましょう, 拵えると, 拵えるべく勧められた彼, 拵へて, 持たせて, 持った家, 持て扱って, 指さして, 振つて喝采, 捲ったら氷水, 捲り上げる, 掠めたとしても, 換えさせ驚き, 換えたり, 換へ, 換へに, 撫で廻して, 攫って, 改めて堅く, 攻究する, 斬られただけ, 施すなんて, 明日縫ひませう, 暖炉で, 更えて, 更めた, 替えよう, 朝草の, 来ても, 染めて, 欲しいのよ, 毎日着換えさせ, 汚されて, 汚したなどという, 汚す場所, 沢山着, 注文し, 洗い立ての, 洗って迄, 洗濯せなけれ, 湯殿の, 濡らさないよう, 濡らして, 濡れびしょにしてしまった, 炙って, 無雜作, 父親に, 片腕に, 物干, 用意し, 男も, 畳み台所, 畳むお, 皆さんから, 盗み出した, 目ざとく見つける, 直し医者, 直すにもな, 看た若い, 眺めました, 着お, 着かえさせられかつら, 着かえさせ一晩, 着かえたばかり, 着かえようとして, 着かえる時間, 着かへた, 着かへながら, 着かへるので, 着け刀, 着こんだ, 着させまいと, 着せい, 着せこれから, 着せたで, 着せた人形, 着せに, 着せようが, 着せられたその, 着せられました, 着せられ小さく, 着せること, 着せるといふ, 着せる筈, 着せ更, 着せ直して, 着せ腰, 着せ髪, 着たあの, 着たうなじ, 着たお爺さん, 着たここ, 着たって, 着たなり, 着たままそこ, 着たむかし, 着たら体, 着たイイ, 着たルイはちよ, 着た与八, 着た二人, 着た仙人, 着た住民, 着た別人, 着た十八九位, 着た半, 着た問屋, 着た在方, 着た天主教, 着た女児共, 着た姉樣人形, 着た子供達, 着た小さい, 着た小娘, 着た幸福, 着た彼等, 着た怪しい, 着た想像, 着た旅, 着た死骸, 着た男の子, 着た異国, 着た立派, 着た老婆, 着た自分, 着た舞い姫たち, 着た裏町, 着た迷信家, 着た附近, 着た香潮, 着ちまいますから, 着てた女, 着てるが, 着てるなんて, 着てる坊さん, 着ないでも, 着に, 着やう, 着られますもの, 着るため, 着るのに, 着る事, 着る習慣, 着る頃, 着一人, 着僧侶, 着変装, 着大人, 着好い, 着居間, 着庭, 着換えさせた, 着換えました, 着換えること, 着換えブランケット, 着換え夕餉, 着換え是, 着換え酒, 着替えさ, 着替えに, 着替えるから, 着替え初めた, 着替て, 着替るの, 着沢山, 着父, 着直して, 着私, 着終ると, 着返へるため, 着青い, 知らずに, 短く裾, 示した, 空に, 端折り絽縮緬, 紮げ笑い, 絲で, 縫いあるいは, 縫い直したり, 縫い終って, 縫えないが, 縫つてやるだらう, 縫つて身を, 縫わせると, 縫直して, 織つて, 織ると, 繕いも, 纏った遊女, 纒って, 羽織から, 羽織りお, 肩へ, 脱いだまま, 脱いだ人, 脱いだ爲, 脱いでしまつた頃, 脱がされたよう, 脱がしたの, 脱がすやら, 脱がせられるやら, 脱がせ褌, 脱ぎかゝつて, 脱ぎたいよう, 脱ぎはじめる, 脱ぎやがて, 脱ぎ全, 脱ぎ始める, 脱ぎ捨てたの, 脱ぎ捨てると, 脱ぎ換えて, 脱ぎ窓, 脱ぐそれ, 脱ぐ入れもの, 脱ぐ拍子, 脱げそして, 腰まで, 自ら着, 著せよう, 著換えた, 蔽うて, 融通し, 袖畳みに, 被せるといふ, 被たつ, 裏表引繰返し, 見せびらかして, 見せるん, 見たらあるいは, 見つけましたから, 見ては, 見るが, 見るの, 観察した, 詰めこんで, 譲ること, 變へて, 貰つて着換へ, 買いたいの, 買うとき, 買つてや, 買つて白ぼた, 買ふぐらゐ, 貸したり, 質屋へ, 足の, 載せて, 返しに, 送れと, 通し襦袢, 造りいくつ, 造るため, 選び家, 都合する, 重ねた極端, 長く着, 開き猿股, 雨で, 預かって, 風呂から, 食はれ

▼ 着物~ (1522, 17.0%)

108 裾を 36 上に 32 上から 31 襟を 28 前を 27 裾が 22 下に 18 袖を 17 裾に 14 中に, 裾の 13 下から, 襟に 12 裾から 11 ように 10 衿を, 裾で 9 包みを, 泥を, 袖で 8 ことを, ままで 7 ような, 着方, 色が, 血を 6 胸を, 襟の, 間から 5 ことで, すそに, 中で, 前が, 尻を, 膝を, 色の, 裾は, 襟へ

4 [16件] うえから, ことも, すそを, 上からも, 前も, 女は, 方が, 柄を, 端を, 綻びを, 肩を, 胸の, 色も, 色を, 袂を, 裾も

3 [29件] すそが, ために, ところまで, ほうが, ま, まま布団に, 上へ, 上前を, 中から, 前は, 外に, 女が, 帯を, 柄が, 柄とか, 柄の, 柄や, 皺を, 着こなしが, 着こなしの, 着こなしも, 端が, 膝の, 色や, 袖から, 裳を, 裾でも, 褄を, 襟が

2 [86件] うえに, おそろいだ, ことに, しつけ, すそへ, たもとにも, なかには, はしを, はじを, ふところから, ほころびを, やうだ, やうな, よごれるの, よれよれに, わきから, スソを, 一枚も, 一枚や, 一端が, 上からでも, 上ん, 下され主, 下には, 世話まで, 世話を, 中には, 中へも, 乱れを, 事も, 古いの, 土を, 埃を, 塵を, 外から, 始末を, 心配まで, 方で, 柄と, 柄に, 柄は, 柄も, 様な, 様に, 模様や, 濡れるの, 男に, 男を, 番でも, 着こなしに, 着方の, 破れなどの, 私は, 縞や, 縞柄を, 縫い直しを, 織目に, 美しさ, 背を, 胸から, 脇に, 腰の, 色から, 色と, 色どり前, 色は, 薊の, 血は, 袂には, 袖か, 袖に, 袖は, 袖口が, 袖口を, 裏は, 裾からは, 裾と, 裾には, 裾へ, 裾をも, 襞の, 襟は, 襟や, 話が, 赤い色, 音を

1 [649件 抜粋] あさい襞, あった片隅, あまり汚, あやを, ある奥座敷, いい物, うごく音, うしろに, うちで, うち二枚までは, うつりかへで, えりに, おばあさんも, お坊さん, お洗濯, お礼を, かくして, かげに, かびたの, がら, がらの, がらまで, きせかた, きれっぱしがあたりの枝, きれっぱしがあたりの茨, きれはし, くすんだ色目, くずれだけは, くわしいこと, こと, ことが, ことだ, ことと, ことなぞが, ことなど, ことなどか, ことなども, ことなどを, ことには, ことまで, こと栄さんで, こと気候の, このみも, さし入れさえ, さらさらと, さらさらなる, したて, したて方, しまい所, しわなども, すそから, すそ接吻を, すみずみ, せいである, せいも, そでです, そでを, それも, たもとの, ちりや, つくろいなどは, つくろひま, つけ方や, つりあ, でなくとも, ところへ, ない貧しい女, なかから, なよやかな, にほひ, ぬれるの, のばした両, はいって, はしばし, はしも, はじまで, ひだで, ひだなどに, ひだまで, ひとだの, ひとなんか, ひらひらする, ふたりの, へりを, ほか着た, ほこりを, ほころびまで, ほとんど凡て, ぼや, まくれた白脛, まっ白な, ままかけつけた, ままぐいと, ままそれに, ままは, ままもぐり込ん, ままベッドに, まま壁に, まま寝床に, まま泥んこの, まま爺さんは, まま石段の, まま蒲団の, まま頭から, まま風呂から, まわりに, もの髪道具顔の, もよう, やうに, やつくち, ゆきたけから, ゆきたけの, ようである, よごれが, よごれを, わきを, ガラなどは, スソが, ブラシ鏡石鹸スポンジポマードタオル巻煙草葉巻刻み煙草という, ブラ下っ, レースを, 一つ着るんじ, 一切を, 一枚は, 一部らしかった, 三枚ぐらゐ買つたつて十万以上残つてゐる, 上で, 上にね, 上ばかり, 上着か, 下にも, 下の, 下へ, 下交, 下襟, 不調和を, 世話から, 世話などは, 両肌, 両袂, 中老以上の, 主は, 乱れて, 乾きが, 乾くあいだ, 乾くの, 事なんか, 事に, 事ばかり, 五つ位の, 人で, 人です, 人を, 仕事を, 仕度も, 仕立かたも, 仕立は, 仕立方は, 仕立直しなどを, 仕立直しを, 他には, 代を, 件いろいろ, 値段と, 儘で, 儘壁に, 優しい姿, 入って, 出来るの, 分限者さん人形を, 前がは, 前に, 動かない事, 匂ひ, 匂ひもきこえる, 包みそれ, 包を, 半襟の, 友禪模樣と, 取り合わせ男なら, 召しよう, 右そでを, 右袖を, 咎じゃ, 品評を, 商人の, 噺から, 地から, 地や, 地を, 埃まみれの, 場合は, 場所まで, 塩梅式一切大阪風の, 塵埃を, 変るの, 外れから, 大部分, 奇怪さに, 女に, 女の子が, 女の子は, 好きな, 好く乾く, 好みとかいふ, 好みなども, 好みは, 好みを, 好み髪形, 好み髮形, 始末に, 娼婦達は, 婦人, 子で, 宅下げ願, 定役を, 寸法が, 対照からも, 小ざっぱりした, 小切れの, 小皺も, 尻はしょり, 崩れ手足, 工夫量は, 左の, 左手が, 左衽の, 布で, 布を, 布地は, 幕の, 幾分かを, 底へ, 引立つ, 形の, 影, 役に立たなくなったの, 彼らは, 後の, 後や, 徴かに, 心持ちを, 心配で, 心配も, 恐ろしい女, 恥を, 恰好から, 感覚で, 慾が, 懐中へ, 懷中に, 所々が, 手入れを, 手足が, 折目も, 振が, 振りを, 撰び方, 擦れ合う音, 支度など, 散らばって, 新しいの, 新織, 方は, 旅客は, 日影色とで, 明いて, 束を, 条件についても, 枚数や, 枚数を, 柄あいが, 柄から, 柄で, 柄などに, 柄まで, 柄みたいな, 柄模様は, 柄眠むたさまたは, 柄身の, 染め模様などが, 染模様などが, 柔らかな, 格好や, 様子で, 模様が, 模様とかに, 模様を, 模様着, 残り切れや, 殘り, 毳を, 気の, 水びたしに, 水分即ち, 汚な, 汚れが, 汚れを, 汚穢のを, 沈んだ臙脂色, 洗張りを, 洗濯でも, 洗濯を, 浸抜, 灑ぎ洗濯迄, 為な, 無垢に, 焦げるの, 片などを, 片影を, 片肌脱ぎ, 男は, 畳んだ物, 痩せた形, 白地の, 白髯の, 皺に, 目星しい, 着かたや, 着かたを, 着こなしさ, 着こなしなどの, 着こなしなり, 着こなしは, 着こなしを, 着こなし工合から, 着こなし工合や, 着こなし方, 着こなし言葉付き黒も, 着ご, 着つけも, 着やう, 着振り, 着振りから, 着方から, 着替に, 着様に, 着流しだ, 着流しに, 矢飛白か, 矢飛白に, 破れやすい, 破れ目からは, 破れ目も, 種類は, 立派な, 童子が, 端っこさえも, 端に, 端にでも, 端ひとつ見えない, 端や, 端出し, 端巾を, 端折りあんばい, 紋が, 紋どころも, 紋まで, 紙ぼこり, 紫縞が, 細かいこと, 紺がすりで, 絹ずれが, 絹ずれの, 継ぎは, 綻びでも, 綻びも, 線とは, 線の, 縁では, 縞の, 縞柄から, 縞柄さえ, 縞柄なぞを, 縞柄なども, 縞柄も, 縞柄や, 縞目が, 縫い直しなぞ, 縫い直しまで, 縫い直しもの, 縫ひめ, 縫目に, 繕い方, 置いて, 肌ざわりとに氣が, 肌へ, 肩が, 肩揚が, 肩揚げも, 背なかに, 背中には, 背中や, 背中を, 背筋に, 胴裏にでも, 胸と, 胸に, 胸もとを, 胸元に, 脊中が, 脊筋を, 腰あげ, 膝が, 膝に, 臭いの, 臭気で, 色あいなどから, 色なんかを, 色について, 色合いが, 色合いや, 色合が, 色合つむり, 色合について, 色帯の, 色彩から, 色彩が, 色彩の, 色模様は, 色目や, 色迄, 茜裏の, 茶博士たちが, 荷造りを, 融通も, 衣嚢から, 衣嚢とか, 衣嚢を, 衣紋に, 表には, 表面を, 衿そして, 衿に, 衿は, 衿糸を, 袂から, 袂で, 袖が, 袖だけが, 袖だの, 袖つけの, 袖ばかりが, 袖も, 袖付は, 袖口で, 裁ち方, 裂け目と, 裏に, 裏地に, 裏買っ, 裳が, 裾である, 裾とを, 裾なめさせ, 裾にも, 裾まわし, 裾まわりを, 裾や, 裾模様だの, 裾裏を, 褄も, 襞に, 襞へ, 襟など, 襟も, 襟をな, 襟元に, 襟元を, 襟裏を, 襟角ばった肩斜に, 話だけを, 話を, 話位何よりも, 詳しい格好, 調整に, 貧窮さにも, 賑やかな, 質受が, 赤や, 趣を, 跡が, 軟らかな, 輪廓を, 通人では, 配合とが, 重ね方, 間々に, 間か, 間へ, 陰影を, 青い紐, 面倒も, 類は, 類も, 風俗まで, 風呂敷包みが, 食器も, 黄と, 黒襟が

▼ 着物~ (564, 6.3%)

9 血が 8 角帯を 6 血の 5 セルの, 着換えて 4 して, 小倉の, 手を, 着かえて, 縞の, 袴を, 黒い帯

3 [13件] きかえ, 包まれて, 同じ色, 帯を, 柿色の, 毛繻子の, 着更, 縫紋の, 肩縫あげ, 血潮が, 黒の, 黒縮緬の, 黒繻子の

2 [36件] かわって, きかえた, こすりつけて, しみて, するため, なって, クソを, メリンスの, 厚化粧を, 同色の, 対の, 帯は, 愛着を, 木綿の, 海老茶の, 溝泥が, 火が, 白いエプロン, 白い帯, 白の, 皺が, 目立たぬほどに, 眼を, 着変えて, 着換, 紫紺の, 絽セルらしい, 緑色の, 襷を, 透り出した頃, 金を, 銀の, 黒じ, 黒と, 黒繻子と, 黒羽二重の

1 [392件] あうと, あった, あべこべに, いたるまで, いつもの, うすい羽織, おおわれて, おしろいの, お下げの, お召の, お身体, お金を, かえそして, かえた母親, かえました, かかるから, かくれて, かまって, かみつかせては, かわりました, きいろの, きかえて, きかえると, きかへ, きせかへて, くたびれた袴, くっついて, くつつく, くるまったまま, くるんだ赤ん坊, こすりつけると, こすり付けると, この間と, この髪, こびりついて, さは, さわりますと, さわると, しても, してやった, しませう, しみこんで, しみついて, しようと, しろ刺繍, じっと注がれてる, すがりついて, すりきれて, すること, その心持, その杖, たまって, ついた帯地, ついた泥土, ついた雪, ついて, つくづく愛想, つけた定紋, つつまれた体, つつんで, なさいよ, なすりつけて, なった, なったの, なり亜麻, なる, なると, なるの, ぬくみ, はかまを, はげちょろけの, はげちょろの, ひっかけて, ふれただけでも, ふれでも, ほんものの, まっ赤, まつわりついた, まといついて, もえついた火, もつれて, やはりありふれた, やはり対, よく似た, よだれかけ, よれよれの, カシミヤの, クツキリと, トンビを, ドブ泥の, ハイカラな, ハンチング濃紺の, メリンス友禅の, モンペ, 一腰の, 一重羽織なんか, 三味線を, 上へ, 下駄ば, 不似合い, 不精髯を, 不自由しない, 丸髷を, 九萬ポンドの, 二十二ギンも, 仕立てかえられるの, 仕立てて, 仕立て直しその, 付いて, 仙台平は, 代えて, 代って, 仮髪, 伊達巻の, 伊達巻を, 似ずしっかり, 似たの, 似て, 似合わないん, 伽羅を, 何とない, 何百円と金を, 元結の, 入れながら, 八二重の, 兵児帯という, 兵児帯を, 凝った方, 凝って, 凝る人, 前垂を, 前垂掛頭には, 包まった, 包まれた凄まじい, 包まれた女, 包まれた骸骨, 包んで, 匕首を, 十八の, 半纒, 博多の, 博多織の, 厚板の, 友禅の, 取亂, 取付きました, 古袴, 同じ丸絎, 同じ布地, 同じ模様, 同じ模樣, 同じ盲縞, 同じ紺, 名ある, 向う鉢巻の, 向って, 呉絽の, 和かい, 咬みつかれたまま, 唐繻子と, 在るという, 坊主頭へ, 垂れか, 塗りつけるの, 塩瀬の, 夥しく泥, 大中小三種類, 好きで, 好みが, 嫌厭が, 家の, 小紋の, 尻端折り, 屑糸織の, 巾着なぞを, 平ぐけをしめ, 息を, 悦ばれます, 戦闘帽に, 所々血を, 手を通して, 手拭の, 手甲脚袢道中合羽に, 扱帯を, 拭くよう, 捕まって, 掛って, 換えたりと, 摺り着けること, 撥ねかけられた泥, 新しい前垂, 新しい襷, 新しい違った畳み, 日が, 時代の, 更に肩, 有り余れるぜい沢, 木型に, 松やにの, 染めて, 棒縞の, 殉教者の, 気を, 水色の, 水除け, 沁みて, 泥が, 注意し, 派手な, 浅黄色の, 海老茶袴を, 浸みた, 淡い色, 淡黄色, 満足し, 溶け込むやう, 溶け込むよう, 潜ませる恋文, 澱粉靴を, 濃い藍鼠, 火のしを, 無雑作, 煤位つい, 爪皮の, 片手を, 白いきれ, 白いリボン, 白い兵兒帶, 白い博多, 白い縮緬, 白い鉢巻, 白い靴, 白い風呂敷包み, 白ちりめんの, 白と, 白エプロンを, 白タイツ装飾靴という, 白ッぽい, 白博多の, 白地の, 白木の, 白木綿の, 白足袋の, 皺の, 目を, 着いて, 着かえさせられた, 着かえさせると, 着かえながら, 着かえるん, 着かえ夏, 着くと, 着代, 着代えた, 着代え木綿, 着換えながら, 着換えるため, 着換えるの, 着換え帯, 着替えて, 着替えました, 着替えようと, 着替え襟首, 籠る妖しい, 粗らに, 糊附け, 糸で, 紅い帯, 紅い柘榴石, 紅帯を, 紅気の, 紅繻子の, 紋縮緬の, 紋附き, 紐も, 素直に, 紫繻子の, 紬の, 細い帯, 細帯を, 紺がすりの, 結城紬の, 絞りの, 絹紬の, 継ぎの, 綻びを, 綿や, 縫うこと, 縫ひあげ, 縮緬の, 罪は, 羽織は, 羽織も, 老婆の, 股引き腹掛け頭髪も, 腰あげし, 腰には, 腰衣を, 腹合せの, 至るまで, 色の, 色袈裟を, 花を, 茶博多の, 茶無地の, 草履, 草履を, 草鞋ば, 薄よごれ, 藤紫の, 蛆が, 蝶模様の, 血まで, 衣ずれの, 表黒白裏, 袂まで, 袖無羽織を, 袴の, 袴頭は, 襦袢縮緬の, 覆はれては, 角帯, 角帯など, 角帯などを, 角帯の, 角帯黒い, 触って, 触らぬよう, 触れた, 触れ上図, 豆絞, 赤いたすき, 赤いモスリン, 赤い下駄, 赤い前, 赤い半襟, 赤い小帯, 赤い帯, 赤い縦縞, 赤い袴, 赤い襷, 赤味が, 赤帯赤襷で, 赤木綿の, 赧顔を, 足駄ば, 路考結び, 這いつき肌, 通すこと, 違いありません, 金の, 金糸の, 鈎裂を, 錦襴の, 長襦絆, 長靴を, 附いた泥, 附いて, 附いても, 附けて, 隠されて, 隠れた腰, 隠れて, 雑賀屋の, 雨の, 霧を, 青い博多織, 青い袴, 頭を, 頭巾まで, 頭巾を, 顔を, 飛白の, 馬車に, 驚いたの, 高貴織, 魚形の, 鳥打帽の, 鹿の子の, 黄いろい帯, 黄麻の, 黒いリボン, 黒い絹レエス, 黒い繻子, 黒い羽織, 黒い頭巾, 黒ちりめんの, 黒っぽい紋つき, 黒ラシャ前垂を, 點を, 鼠の, 鼻汁なんか

▼ 着物~ (475, 5.3%)

7 着て 4 確かに 3 すっかりしめっ, ズタズタに, 派手な, 裾の

2 [21件] あるの, どうした, どこ, どんなの, ないか, 一つも, 一日で, 一枚も, 上等の, 他の, 何を, 十分に, 安さんの, 左前に, 木綿の, 汗で, 泥だらけだ, 破れ裂けて, 秋草色染の, 腐れ体, 部屋の

1 [410件] あたかも天, あとで, あなたに, あの子, あの縞縮緬, あまり動く, あらい縞, あらかたは, あらかた売払った, ありがたいもの, ありますとも, ありませぬでしょうか, あんたの, いかがな, いくらかベト, いちいち軽井沢, いっこう似あわん, いったいいくら, いつぞやこの, いつの間にか奇妙, いつ洗った, いま着, うまく体, うんと着, おおかた乾い, お前に, お母様の, お紋の, お金を, お雪ちゃんへの, かえってよごれ, かまわないから, かるく湿気, きられまい, くたびれて, くれて, こっちが, この寝台, この模様, この点, さう, さびしいなに, さらつて, ざらには, すぐ顔, すこし寸法, すっかり新調, すっかり白絹ずくめ, すつかり, すべて木綿に, ずぶぬれ, ずぶ濡れに, ずぶ濡れにな, そこらに, そっくりこっち, そっちで, そのままそっくりしまっ, その拍子, その裾, そりゃあの, そりゃ何だ, それしか, それでも下宿, たいして手数, たいせつだ, たたんで, ただ一つ, だめね, だらしなくなっ, だらりと, ちゃんとお雪ちゃん, ちょっとこの, ちょっと変, てんでに着, できないの, ところどころ裂かれ, とてもひどく, どういう工面, どういたしませう, どうかと, どうで, どうなす, どうなった, どうやらご, どこで, どこです, どこに, どこへ, どれに, どんな汚, ないん, なかつた筈, なくても, なし六百文, ぬぎすてて, ぬれしょぼたれて, ぬれ大いに, ねだらないほう, ひとりむしの, びしょぬれで皺くちゃに, ぴったりと, へんじゃ, べとべとに, ほこりに, ほっそりした, ほとんど全部私, ほんとうに, ぼろぼろかみ, ぼろぼろに, まさかの時, まさしく吉里, ますますまくれあがっ, またこの, また溜堀, まだツギ, まだ眞, まにあったと, まるで厚い, みんなで, みんな木綿だった, みんな薄色に, もうちゃんと乾かし, もう冬着, もう嫌, もう着られなく, もう着換え, もう葉, もう血だらけ, もとよりの, やに, やぶけて, やぶる, やぶれて, ゆうべのとは, よくわからなかった, よく似, よく似合う, よく似合った, よごし方題, よし大分荷物, わかめの, わざとはなやか, わずかに, わたし一人で, カヤ, スーッと, セルの, トランプの, ドテラ, バルザックが, ボロ, ロッス夫人も, 一つこしらえる, 一切脱い, 一向出, 一張羅だった, 一張羅だつた, 一枚あります, 一枚の, 丁寧に, 三日ばかり, 上へ, 上下揃った, 下着から, 不断に, 不断着は, 不斷着, 不自由のみ, 世捨て人の, 中途半端に, 丸めて, 之に, 乾いたろう, 二度と着る, 今お母さん, 今しがたわれわれが, 今の, 今まで, 他に, 似合は, 体躯の, 何だか黒っぽい, 何の, 何処かの, 何処から, 何時でも, 何處に, 余ほど, 作れないと, 例によって, 例の, 修験者が, 俺のと, 僕には, 先の, 全部, 六郎兵衛の, 其れ, 冷汗で, 分らなかったが, 切り裂かれて, 判然しませぬ, 前に, 剥ぎとられて, 剥ぎ取られましても, 勿論右, 勿論身辺一切, 十年前に, 十枚も, 単衣, 又沈んだ, 友禅メリンスを, 口綿の, 古くなっ, 同じ淡, 同じ長, 向うの, 君が, 君に, 呉服屋へ, 唐棧格子の, 喧嘩の, 嚴しい, 固より, 土まみれに, 埃だらけに, 塾に, 売ること, 変って, 夜も, 大きな石, 大へん質素, 大抵夏冬通し, 大概母の, 奈何する, 女の子の, 姉圭子に, 子供のと, 完全な, 宜しく頼みます, 宝石を, 家内のも, 宿に, 寢卷の, 尋常の, 小紋の, 少し早, 届いて, 山の, 市楽か, 布海苔みたいに, 引裂け朱鞘, 彼が, 彼女に, 彼女の, 御免だ, 御座いませぬ, 微風に, 必需品であった, 思いきって, 悉く, 愚か荷物も, 打っ捨, 持って, 持ってるね, 持つて, 振り袖, 斜子の, 斯, 既にお, 既に浴衣, 日本の, 早や, 早やしつ, 早苗さんが, 明後日でない, 昔から, 春の, 昨日ローマ教の, 晝の, 普通の, 暖かに, 更に娘, 木綿で, 木綿物では, 木綿縞の, 未だ乾かない, 橙の, 殆ん, 残らず見たが, 殘らず見た, 母のが, 気持よく, 汚れた色, 決して着せない, 泥と, 泥まみれに, 洋服が, 洋服一枚着たきりで, 洗はれ, 流れて, 海水服の, 涕と, 淺黄の, 渡せないそう, 湿れる手足, 滅茶滅茶に, 滝縞の, 潮と, 濃い藍色, 濡れたこと, 濡れては, 濡れてるし, 濡れること, 濡れるし, 無かった, 無地の, 燃えも, 狼や, 生きて, 生昆布, 申すまでも, 男女共用らしく, 畳まれる着物, 白いのね, 皆な, 皆な焼け, 皆んなお, 皆素味だつた, 皺だらけ帯も, 監獄の, 相不変, 真赤であった, 真赤な, 真赤に, 着たいほうだい, 着たまま, 着古した, 矢の, 知って, 短褐, 確に, 福岡一の, 私にとって, 米沢で, 糸が, 納って, 紬じ, 紬の, 紺絣の, 綺麗だ, 綻びもつぎはぎも, 綿入の, 練絹である, 縞の, 縞目も, 美事に, 羽根に, 耳男が, 脱がせられた, 腐るほど, 腰の, 膝の, 色の, 芭蕉の, 茶の, 葛だ, 薄いモスリン, 薄かった, 薄く懐中, 血だらけじゃ, 血だらけで, 袂の, 被ず世に, 裂け乞食, 裂け手, 裂け身体じゅう突傷, 襟許が, 襦袢まで, 要らないと, 要りません, 誰か, 豊かな, 買って, 質屋の, 赤く二ばん目の, 身に, 身を, 軍艦に, 通例の, 重くなる, 金銀宝石を, 間違ひなく, 随分不体裁, 集会の, 雑巾よりも, 雪との, 雲の, 霜で, 預けとけや, 風に, 風呂敷に, 飜って, 高価な, 黄な, 黄八丈の, 黄金と, 黒いもの, 黒くても, 黒地に

▼ 着物~ (460, 5.2%)

5 ないので 4 一枚も 3 あれば, たまらぬから, ないから, なければ, ほしいと, 水びたしに, 濡れて, 腰の

2 [29件] ありますから, あるだけ, きちんと畳まれ, すべすべと, ない, ないと, なくなった, ぬれて, はりついて, べとべとに, よかろう, よく似合う, チラリとでも, 一二枚出来たら, 入つて, 出来て, 取出されるとき, 好きで, 干して, 彼の, 掛けて, 暗い中, 欲しいと, 無い, 無ければ, 着られて, 私の, 裂けて, 見えた

1 [369件] あおられ木の葉, あった, あつた, あつたら, あの淫乱後家, ありましたかね, ありますもし, ありません, ありゃア, ある, あるじゃ, あるそうなると, あるそれ, あるという, あるの, あるも, あるん, あんまりちゃんとしすぎ, あんまり重, いいだろう, いかにもそこ, いかにもよくその, いくらかずつ, いけて, いつの間にかすっかり青い, いると, いるの, いろ, うごいたので, うろつき廻って, おいて, おさまるにつれて, おもかった, おれたちのよりは, かかって, かかつて, かきにくくっ, かけて, かたまって, からんで, かわいたので, きたい天狗様, きちんと揃っ, きられるし, きられると, ぎっしりと, ぎつしりと這入つ, くしや, くちやくちや, ぐしょぐしょに, ぐっしょりさ, けばけばし過ぎる, こうだの, こおりついたまま, こちらへ, このよう, これでは, こんなに古, ございません, さっぱり自分, しっとりし, しつとりして, しめっぽくしっとり, しめっぽくなってる, すっかり濡れ, すっと姿, すつかり, すれすれに, ぜんぜん変色, そこらに, そっくり中, そのアジト, その時, それらを, そろえられて, そんなに出来た, たまらへん, だいぶ汚れ, だぶ, だんだん薄く, ちっとも似合わなかった, ちゃんと決っ, ちらかったり, ちらついては, ちらつく, ちらと, できあがると, できたので, どうした, どうしてこうまで, どうはかなく, どうもさつき, どす黒くなる, どれだけ, どろ, どんなところ, どんなに役に立たない, ないです, ないとか, ない着物, ない財布, なくちゃ, なくっても, なくて, なくても, なくな, なくなったと, なくなって, にじの, ぬぎすてられて, ぬぎ捨てられて, ぬぎ散らかして, はいって, はやって, ばかに, ぱっと目, ひっぱりだされて, ひとりで, ひやかされたり, ぴったりと, ふえると, ふえるん, べとべとした, ほしいん, ほしくなりました, ぼろに, ぼんやりと, ぽかぽか暖かく, まず眼, みすぼらしく溝板, みんな間にあわなくなった, もうあんなに短く, もう出来た, もう塩, やけにつかみとられた, やはり赤, よごれて, よごれます, よごれますからね, よごれますよ, よごれるから, りっぱに, ババく, ビッショリと, ビラビラ飾っ, ブラ下りその, 一かさね, 一つも, 一つ出来る, 一二枚はかなげ, 一層お, 一杯に, 一枚あり, 一枚あります, 一枚一枚数が, 一枚紛れこん, 一重ね拵えられる, 七十五銭なんて, 三つ紺のが, 世界中を, 並んで, 乾いたろうおれ, 乾かないん, 亂雜に, 二つに, 二三枚ある, 二三枚片隅に, 二三枚股引腹掛手拭の, 二枚, 二枚ある, 二枚三枚箪笥から, 二枚重ね, 二階に, 五六枚それを, 五月らしく着せ, 人形の, 今夜の, 今度は, 仕立てあがるたび, 似合うの, 伽羅だ, 何だか気楽, 何分とっぴ, 余の, 入用です, 入用な, 全部なく, 出して, 出せなくて, 出たらしいから, 出たり, 出て, 出來, 出来るのよ, 切れちま, 切れる畳, 別にない, 剥がされて, 動いて, 勝手な, 厚く裏, 古くな, 台なし, 吊されて, 吊り下げて, 同じよう, 君の, 四五枚に, 地味だ, 堪らないと, 壁に, 壁板に, 変って, 変るの, 多くても, 夜の, 大へん, 大事か, 大変泥だらけです, 女の, 好からう, 好きな, 如何に, 如何にもみすぼらしく, 嫌いであった, 室の, 密に, 寸分の, 少しあつ, 少し乾き掛けた, 少し長い, 山の, 山ほど, 左前であっ, 干される, 年々着古され, 幾重ねも, 庭の, 引きずるほど, 引っかかったので, 役に立った, 思い出される悲しい, 思うよう, 恵まれねば, 悪くな, 惜しまれた, 惡いと, 懸けて, 手が, 揃いの, 斯う, 新らしく, 日の, 明いて, 昔の, 映る, 最上等, 有ったら一つ, 有りやしたから, 有るから, 木の, 来て, 柱の, 柿の, 次から, 欲しいといふ, 欲しけり, 歩いて, 死者の, 死骸に, 残つてゐ, 残つて居ります, 殖る, 気に入って, 汗の, 汚ない, 汚れたと, 汚れたり, 汚れて, 汚れる筈, 沢山出来た, 沢山出来ます, 満足に, 濡れたと, 濡れたとか, 濡れるじゃ, 濡れると, 烈風で, 無いから, 無かつ, 無くなりはじめた, 焼けそう, 物干, 珍らしく, 発見された, 発達し, 白くなっ, 眼に, 着せて, 着せられやがて, 着たいとか, 着たさ, 着られたとて, 着れるよう, 短くなつ, 短く成っちゃっ, 破けるぢ, 破れると, 破れるほどの, 神經質の, 私が, 秋晴れの, 窓硝子に, 第一礼装, 素味だ, 細長い脚, 絞るほど, 練絹だ, 縫いかけの, 縫える女, 置いてないから, 置かれて, 羽織だけ, 肌まで, 肩から, 背中から, 胸の, 脱ぎたくなつた, 脱ぎ捨てて, 膝の, 自然に, 臭くって, 草の, 薄くなり, 薄黒く, 虫干しの, 虫干する, 蛇にでも, 蜘蛛の, 血で, 表は, 袖だけに, 裂け顔, 要するに之, 見えて, 見えない, 見つからないので, 見分けられるほどもやもや, 触る, 証拠で, 詰まって, 買えるん, 走り出した, 足りなかろうと, 足纏い, 蹲んで延び過ぎた草, 軽くなつた, 軽やかに, 逆さに, 透いて, 違い言葉が, 違うと, 遠くから, 邪魔に, 重くなった, 開く, 隙間から, 隙間なく, 難しい

▼ 着物~ (338, 3.8%)

8 帯も 7 何も 6 羽織も 4 袴も 3 ぬがずに, 持って, 皮膚も, 脱がずに, 買って

2 [15件] ぬがないで, みづから氣, ドテラ, 一と, 乱れて, 帽子も, 指環も, 着て, 自分で, 自然に, 要らない帯, 赤と, 金も, 顔も, 馬車も

1 [268件] あげないから, あって, ありません, いたむし, いやこの, いやで, いらず住宅, いらないから, うまく描い, お嬢さんのも, お揃いでつくる, お袴, お馬, かざりも, かなり破れ, きたまま, きて, きれいに, くれないし, ぐしょ濡れに, ぐっしょりぬれ, こしらえて, ことに新しい, このあたり, このまま, この店, さ, ささくれて, さして珍, さすがお, さっぱりした, さっぱりと, じみな, すぐ杖, すつかり, すべて差し押え, すべて彼女は, ずいぶん派手, ずぶ濡れだ, そこそこに, そこへ, そっくりと, そのまま枕, そのまま薄暗い, その人, そまつだし, それぞれの, それほど着たがらない, そんなこと, たいてい一着, たしかに二, たしなみの, たんとない, だいぶ色, だらしなくぶらさがつ, つけて, つまりは, どこで, ない, ないの, ないので, ないよう, なかつたので, なかなかりっぱ, なく書物, なし電燈料, ぬがず新聞, ぬって, ぬれちゃ, はいで持ち去つて, ひどく不調和, ひどく汚れ, ぼやけたよう, まず一, またそれ, また弁慶, まっかに, まっしろに, まっ赤, まっ黒に, まるで違っちまう, みすぼらしい古い物, みだれたまま, みだれ足, みづから, みんなこの, みんなその, みんな捲きあげ, むごたらしく湿れ, もう時節, もとの, もはやそこら, やはり日本, やらないし, わたくしの, わらや, シャツと, ダンスを, トンビも, ハタか, フダン着てる, 一枚着, 一樣に, 一瞬に, 一遍は, 下さるやう, 下駄の, 下駄も, 乾そう拙者, 二通りある, 今では, 他所行きの, 住居も, 何だか知んねえ, 何にも, 余程長い, 全くかわいそう, 全体が, 出て, 出来た, 別の, 前さがり, 剥がれて, 匂いも, 友人の, 古びて, 同じ矢絣模様, 喰べ, 垢じみ, 売りつくした, 夜具をも, 大小も, 大變, 好い着物, 姿も, 嫁入りの, 季節が, 家も, 家具も, 対の, 小ざっぱりと, 履物も, 帶も, 幾枚か, 形だけは, 御飯も, 恰度お, 惨めな, 持ちもの, 指輪も, 捨てた, 擦り切れないよう, 斑, 新しい温厚, 昼の, 時計も, 晝の, 更めない, 木綿縞や, 本場なら, 東京の, 根氣に, 棒も, 欲しいし, 母から, 母親の, 汚さずまた, 沢山こしらえ, 波と, 泥まぶれに, 泥まみれの, 洋服も, 洗ひざらし, 派手だ, 消え失せて, 消毒し, 渋い, 滅茶, 滅茶滅茶に, 無いし, 無い燐, 無かった, 無くして, 無くなる住居, 焼かれながら, 焼けて, 片っ端から, 特に新しい, 生きて, 用意が, 畳む着物, 畳んだ, 癖も, 白いご飯, 白に, 白帯も, 白袴も, 皆なに遣る, 真白鼠で, 真黒でありました, 真黒に, 着かえずに, 着かえないで, 着せて, 着せては, 着せない, 着せなければ, 着たい男, 着たが, 着ないで, 着まいに, 着られないし, 着換えずに, 着換えず電燈, 着換えて, 着換えないで, 着換えない栄蔵, 着料理, 着更, 着替えて, 着替え髪, 破れなかったの, 私が, 粗末で, 粗末であった, 粗末でございます, 紫の, 継ぎはぎ, 綺麗に, 縫へば, 縫紋の, 脱がさなければ, 脱がないで, 脱がぬうち, 臺なし, 船の, 色々よい, 若い娘, 著られない, 著換, 血に, 裾長に, 襖の, 襦袢も, 要らないから, 見えは, 見る見る融けて, 見返りお, 財布も, 貯金の, 貴女に, 買いたかったし, 買うの, 買は, 質に, 越後屋に, 送つて, 造ること, 道具も, 遣ると, 酷たらしく, 長襦袢も, 間に合わないという, 頸も, 食物も, 飾り物も, 鮮麗である, 黄色な

▼ 着物~ (201, 2.3%)

6 帯を, 羽織を 4 帯や 3 何かを, 帯の, 持ち物が, 持物に, 持物を, 髪の

2 [13件] 何か, 帯なども, 帯は, 帽子や, 指環を, 時計などを, 時計を, 書物や, 腰の物や, 装身具や, 足の, 頭の, 髪の毛の

1 [141件] いろいろの, おしめが, おつくり, おみやげに, かけぶとんやが, かつらや, くつや, くつを, げたや, そのなめらか, その他の, またほか, また飾り, めざまし時計, シャツや, ショール浴衣なぞ, ズボンの, ポマードや, モンペは, 一つ二つの, 三味箱などが, 下着類が, 下駄は, 下駄や, 下駄を, 人の, 体の, 何かが, 何かも, 何やかんや, 光線の, 刺繍, 刺繍の, 化粧ぶりを, 半衿, 四国訛の, 外套に, 外套の, 外套は, 多少の, 大きい小さいいろいろ, 大きなズボン, 定食糧, 宝石や, 宝石を, 家などを, 家の, 家も, 小屋などを, 小物類は, 小遣銭などを, 山袴など, 帯と, 帯などを, 帯に, 帯までも, 帯も, 帯細々, 帶が, 帶は, 帶まで, 帶までも, 帶を, 帽子を, 座布団や, 手ぶくろや, 手廻りの, 手拭などが, 手紙の, 手足の, 手足は, 持物にも, 持物や, 持物年配背格好などの, 書物は, 次から, 母親の, 毛布なども, 毛糸の, 洋服が, 洋服などの, 洋服を, 湯巻, 源氏あし手の, 玩具を, 珍らしい, 用箪笥の, 畳の, 白シャツを, 皮膚の, 目醒し, 着茣蓙の, 簪の, 紙屑が, 繖と, 羽織, 羽織などを, 羽織の, 羽織や, 肌に, 肌着などが, 肌着類までも, 草履半, 蓑から, 薪まで, 藤紫の, 袋なぞの, 袴の, 袴は, 袴を, 装身具なども, 裝身の, 裾の, 褞袍を, 襁褓が, 襟の, 襦袢は, 襦袢を, 解きすてた帯紐, 設備これらの, 跣足の, 路銀を, 身の, 身ぶりや, 身体の, 道具についても, 金を, 鏡や, 長靴を, 靴の, 靴は, 靴を, 頭髪の, 食事は, 食料を, 食物が, 首飾を, 髪かたちなどを, 髪に, 髮形が, 麦粉菓子の

▼ 着物~ (193, 2.2%)

7 羽織を 6 一緒に 4 帯を, 羽織とを 3 羽織に, 羽織の 2 いっても, 共にあります, 大小を, 帯とを, 毛布が

1 [156件] あっちの, あらたまって, いい言葉つき, いえば, いくつもの, いつたつ, いわず, いわずに, いわずべとべと, おなじな, おなじよう, おんなじだ, お料理, お着, お着換, お袴, お金を, かわって, きまって, この一対, この髯, じゅばんは, そうし, それから, それに何, たっつけ袴, ちゃんと袂, ついて, とりかえて, なって, なる黄櫨染, ねる所, よい礼帽, マントこれが, 一しょに, 一所に, 一続きの, 三度も, 下駄は, 不釣合に, 世帯道具を, 丸帯とが, 二包みに, 二包速達しました, 二本の, 二枚あっ, 云うものの, 云えば, 云ふ, 云ふも, 云へば, 五尺八寸の, 交換し, 人の, 今井の, 代つた, 似合ひ, 分りちょく, 反対に, 右手が, 同じで, 同じな, 同じよう, 同じ形, 同じ柄, 同じ柿色, 同じ連れ, 四五冊の, 団子だけじゃ, 大小の, 大所の, 奇妙な, 女の, 娘の, 対の, 對の, 少しばかり, 少しばかりの, 履物に, 帯と, 帯とが, 帶とを, 帽子と, 帽子とが, 幅の, 幾冊かの, 弁当以外に, 悪く言った, 料理と, 新しいバラ色, 書物とで, 桐油合羽の, 正月の, 毛布とを, 毛糸で, 永才を, 汚れた木靴, 沓を, 白木綿の, 白粉が, 監獄で, 眼を, 着かえまして, 着代へ, 着換えた, 着換えて, 着換えては, 着換えまして, 着換へ, 着替えて, 紫色の, 経文を, 絹紬の, 綿との, 縫紋の, 置き換えて, 羽二重の, 羽織, 羽織と, 羽織真赤な, 羽織袖からは, 肌着を, 脇差です, 脛当て, 膝行袴が, 自分の, 色が, 草で, 草履だけが, 荷物とを, 藤色の, 蚊遣の, 袴が, 袴と, 袴とが, 袴とを, 襦袢と, 襦袢とを, 襦袢の, 言うこと, 言うたらば, 言つたら, 買って, 赤い着物, 足袋と, 足許で, 道具とを, 離れ離れに, 青い飾帶, 青年の, 青竹の, 靴足袋と, 頭の, 食料とを, 髮の, 黒蛇の目に

▼ 着物~ (95, 1.1%)

3 世を 2 あつた

1 [90件] あらたまって, あるくの, いまそれを, おかみさんで, かくれて, かれら, がんす, こすって, こすると, ことことさっきから, さけがたい, さへも, さほどに, しめつけられて, しょんぼり枕許, せう私, そちらで, その上, それに, たいへん美しい, ちぢめられること, つつまれました, どたどた, どてらを, むかし私は, やつれて, よくくるんだ, ウマく, ゾロットする, ポマードを, 一パイだ, 並んで, 体を, 勝負する, 包まれた赤赤, 包んで, 匕首を, 口を, 品よく, 唐桟の, 堅く圧, 外出し, 大きい四角い和本箱, 好いだらう, 好きな, 寒さ, 小柄な, 尻が, 島田の, 布袋然, 帽子を, 彼は, 押え目, 拭いて, 拭い鞘, 拭くん, 拭く位, 挨拶を, 掃かれた粉末, 早く亡くなった, 是も, 来たり, 来るの, 残って, 気前を, 火を, 猪の, 現われたので, 町を, 真ツ紅, 着流しの, 私は, 粗末ながらに, 縮緬呉絽の, 育て教える事, 膝の, 蔽うて, 血を, 袖口が, 見るよう, 観世水に, 訪問する, 近々都落, 通して, 通学した, 郷里へ, 金髪の, 間に合った, 顔を, 髪を

▼ 着物でも~ (64, 0.7%)

3 何でも, 着て, 着換, 着換えて 2 着た人間, 脱ぎ捨てるよう, 買いに

1 [46件] あるじゃ, あるまいし, かえて, くれるやろか, ございませぬ, でるに, どしどし買っ, ない, ほとんど清太郎, まるめたよう, よく似合, 住居でも, 出して, 喰べ, 夏であった, 寒い位, 帯だの, 帶でも, 平気で, 建築材料でも, 持たして, 持ちもの, 支那人が, 残して, 物質には, 町家だ, 皆私が, 着せて, 着たくなって, 着ないうち, 着ようと, 着換えてから, 着替えましょう, 着替えよう, 着替へて, 私の, 簪でも, 縫って, 脱いだいよ, 脱いで, 買って, 質に, 造って, 重ねたいという, 食べるばかりに, 食物でも

▼ 着物から~ (56, 0.6%)

2 して

1 [54件] あなたが, うんこまみれに, おこしから, はかまから, ほのぼのと, ぽたぽたと, ぽたぽた水滴, ニユツと, ヒョイと, 一枚の, 三味線下駄の, 付いたの, 何から, 先き, 出た彼, 十両の, 口の, 四肢から, 土の, 外部へ, 女将に, 履物の, 帯止まで, 帽子から, 幅十八インチの, 引き出して, 引き離して, 持物全部を, 放つ樟脳, 毟れたらしい, 水が, 泥を, 洩れて, 真白な, 羽織から, 羽織まで, 考えて, 膚を通して, 膝小僧が, 花べ, 草の, 荷物まで, 袖が, 解き放たれると, 選んで, 長じゅばんは, 開放された, 附いたの, 靴から, 順々に, 頭から, 頭の, 頸が, 頸筋から

▼ 着物~ (42, 0.5%)

42 とか父, のが, のの, よ

1 [30件] え, からだ, から是, から畳まなくっ, から袴, か帯, がともかく, が効果, が帽子, が蟇, これを, し髪, つてね, つて同じ, つて泥まみれで, つて蒲團だ, とか胴着, とか色彩, と云, と云っ, と何, と言えましょう, のにせめて, のにね, わ, タンスだ, 何か, 何だ, 手傳つ, 襦袢だ

▼ 着物なんか~ (26, 0.3%)

4 着て

1 [22件] ありやしません, いらないだろう, いらないや, いらなくつて, どうだって, はあなじょしん, まるで地味, 一枚だって, 何だつ, 出來, 出来るの, 剥いぢ, 召して, 幾つも, 拭いて, 東京さ行ったら, 欲しくたっ, 欲しくねえ, 着ないで, 着換えるの, 絹の, 縫はせる

▼ 着物まで~ (26, 0.3%)

2 質に

1 [24件] あれですからね, すっぽり脱い, すつぽ, なくして, なくな, はがれ様, びしょ濡れに, びしよ濡れにな, スッカリ荷物に, ビショ湿れ, 一と, 乾いて, 剥がれたの, 取られて, 叩き売って, 差押えたと, 平生と, 捨てなくつて, 換へて, 沁み込まして, 知って, 破れて, 縫われますので, 脱いで

▼ 着物には~ (25, 0.3%)

2 血が

1 [23件] いろいろと, きすての, それらしい, どちらの, ならない大島, ほんの少し, ドンナのが, リボンを, 一向金, 人生行路の, 何十匹と, 北の, 可笑しいよう, 抱え主は, 源氏の, 濃い紫緞子, 焼け焦げ一つ見えない, 穴が, 縫い目が, 襟垢が, 雨が, 黒襟が, 鼻液が

▼ 着物一枚~ (23, 0.3%)

1 [23件] ぐらいのこと, こしらえられるとしても, さえ拵え, つくるどころか, でもありましたら, という服装, どう眺め, に跣足, も買っ, を幾日, 作って, 作らざるべからず, 入って, 切り定, 持たずに, 新しく買っ, 残って, 無いらしい, 着けただけで, 着ずに, 着てるの, 着るじゃ, 縫った例

▼ 着物などを~ (21, 0.2%)

3 着て

1 [18件] きかえ, つけて, ぽつりぽつりと, 入れた大きな, 召して, 引っ張りだす, 拵えたという, 敷いて, 漸との, 眺めながら, 着かえて, 着せられると, 着替えて, 縫つて暮し, 見なかったか, 見なかつたか, 見ましたが, 見ると

▼ 着物など~ (20, 0.2%)

2 簡単な

1 [18件] あまりツンツルテン, いふもの, きて, であると, ほしかけ, 三つも, 夢にも着れない, 委しい事, 引きちらして, 新調しよう, 母は, 沢山船で, 着替えさせられて, 着替えんで, 縫って, 羽おる, 見立て, 返して

▼ 着物~ (20, 0.2%)

3 かえて 2

1 [15件] たる猿廻し, ておしゃれ, てげんめん運動, てそのまま, てなさった, てゐる, て一緒, て行き, て西川, て警察, ながら, 換えてるらしい物音, 換えてる間, 換えようかしら, 換えるやら

▼ 着物だって~ (16, 0.2%)

2 そうだ

1 [14件] しっとりし, たまらないじゃ, もう少しもつ, 下駄だって, 仲, 倹約を, 少しは, 持ち物だって, 染め直し縫い直しますから, 無くなって, 着る物, 袖の, 身の, 通用するだろう

▼ 着物~ (15, 0.2%)

1 [15件] あんたと, えさし, どこかに, なぞで, なにか, なにかを, なんか着, なんか質, 人相かに, 何か, 何かが, 何かを, 手足を, 着換えよう, 知らない洗濯物

▼ 着物では~ (14, 0.2%)

2 ありません

1 [12件] あつくて, いけないので, ございません, ないと, なかった, なしに, らい落と, 一向つまらない, 仕方が, 何を, 釣り合は, 間に合いそう

▼ 着物などは~ (14, 0.2%)

2 誰一人滅多に

1 [12件] かまいませぬあの, これで, それほど気, どうでも, まるで体, 何でも, 何を, 売り飛ばすの, 奥さんの, 花やかな, 送つて, 通して

▼ 着物なども~ (14, 0.2%)

2 出来あがり壁, 破れたり 1 いつの間にか自分, よく縫っ, 古くなる, 姉様が, 平生以上に, 揃いもう, 数無い, 死人の, 浚われる事, 眼立つ

▼ 着物とを~ (13, 0.1%)

1 [13件] こすり合わせるよう, つけた六十足らず, 出そうとも, 合わせて, 差上げるつもり, 手早く脱ぎ捨て, 抱へ, 揃えなけりゃ, 着せ初めた, 着て, 着代えては, 良人に, 見くらべて

▼ 着物~ (13, 0.1%)

2 眼を

1 [11件] こすりつけた, ぺったりと, 五両つけ, 吸い取られて, 土が, 娘が, 焚き込んで, 綿を, 縮緬の, 落ちて, 血でも

▼ 着物~ (12, 0.1%)

3 て小遣ひもらつて 2 ていく 1 ていらした, てゐ, て夜, て居らり, て歩い, て紺, て行かん

▼ 着物にも~ (12, 0.1%)

1 [12件] じゅばんの, やがて陽, 取りつきます, 少し血, 帯にも, 帽子にも, 気を, 着こなしの, 血を, 身体にも, 身體にも, 酒の

▼ 着物までも~ (12, 0.1%)

2 汗の 1 ぬぐ下準備, 同じ事, 売り飛, 屑屋に, 帯を, 脱がせて, 脱ぎに, 裸かに, 質に, 質草に

▼ 着物ばかり~ (11, 0.1%)

3 着て 1 つくつて操達, でから, でなくそこら, では, で中身, 保護し, 奇麗で, 着せられて

▼ 着物を通して~ (11, 0.1%)

1 [11件] シヤツを通して, ジトジト汗ばんだ, ピストルを, 乳の, 伝わる肌, 体に, 体にあたる, 山肌が, 感じられた, 見つめた, 触れ合って

▼ 着物だの~ (10, 0.1%)

1 なんだの, ハンドバッグなぞだって, 何だ, 帯だ, 書籍だ, 紙片れだ, 羽織だの, 食物だの, 飾り物に, 髪の

▼ 着物という~ (9, 0.1%)

2 ものは 1 のは, ものを, ような, 寮の, 物は, 着物は, 芸人らしい

▼ 着物について~ (9, 0.1%)

1 ゐたり, ゐた襦袢, ゐるの, ゐるボタン, ゐる水分, ゐる雪, 住居について, 言ったこと, 語るしかく

▼ 着物より~ (9, 0.1%)

2 花の 1 ほか持つ, もっと重い, 他は, 外に, 気の, 派手な, 白いかと

▼ 着物~ (8, 0.1%)

2 の, のよ 1 のです, んだ, んです, ンか

▼ 着物らしい~ (8, 0.1%)

1 が色, ものが, ものを, よ, 着物が, 着物と, 着物を, 華美で

▼ 着物一つ~ (8, 0.1%)

2 も平次 1 で押し通した, もらって, を問題, 拵えては, 畳んだ事, 着られまいかと

▼ 着物道楽~ (8, 0.1%)

2 と文化生活 1 が二百円級, で髪の毛, の流行, の連中, の項, は独身者

▼ 着物だけは~ (7, 0.1%)

1 どうにか垢, 奥さんの, 持って, 残したが, 着かえて, 脱がせて, 返して

▼ 着物やら~ (7, 0.1%)

2 羽織やら 1 いろいろの, 帯やら, 獰猛の, 貯金帳やらを, 靴やらを

▼ 着物とか~ (6, 0.1%)

1 えりの, 好尚から, 寝具とか, 帯とか, 金とかばかりを, 髪形とか

▼ 着物さえ~ (5, 0.1%)

1 持たない人, 無い始末, 無い賤民, 無くて, 着て

▼ 着物だけが~ (5, 0.1%)

1 僅かに, 宙に, 少し見え, 居間の, 空中に

▼ 着物である~ (5, 0.1%)

2 食器に 1 が平島羽二重, とは思へない, 探偵は

▼ 着物などが~ (5, 0.1%)

1 かけられて, 散らばして, 欲しくな, 片隅み, 部屋の

▼ 着物なら~ (5, 0.1%)

2 ば古着屋 1 ば着, 子振りなら, 血が

▼ 着物までが~ (5, 0.1%)

1 ぐっしょりと, 同一の, 気味わるく, 濡れるよう, 部屋

▼ 着物やらを~ (5, 0.1%)

1 くり返しくり返し念入, 想像に, 抛り込んで, 盗んで, 買って

▼ 着物をも~ (5, 0.1%)

1 すっかりお, ぬぎ捨てましたそして, 剥いで, 女の, 脱ぎ捨てて

▼ 着物~ (5, 0.1%)

1 かす, を乾かし, を着, を縫っ, 濡らす尾根

▼ 着物羽織~ (5, 0.1%)

1 そして帯, に袴, をき, をつけ, を差しあげます

▼ 着物さえも~ (4, 0.0%)

1 さし入れさせない, ないほど, 借着である, 脱いで

▼ 着物しか~ (4, 0.0%)

1 きて, ないの, なかつた, 着て

▼ 着物じゃ~ (4, 0.0%)

1 しょうがない, ちっと気色, ないか, 引き立ちは

▼ 着物だった~ (4, 0.0%)

1 が, という, ね, のでまず

▼ 着物といふ~ (4, 0.0%)

1 ことで, のが, のは, 気が

▼ 着物との~ (4, 0.0%)

2 ほか何を 1 間に, 間を

▼ 着物どころか~ (4, 0.0%)

1 お互いの, お前の, 手拭一筋買つて呉れなかつた, 櫛簪までも

▼ 着物なぞも~ (4, 0.0%)

1 百姓の, 相当に, 相応に, 破けて

▼ 着物なんぞ~ (4, 0.0%)

1 まるでない, 一向拵えなかった, 着た女, 着替えるにも

▼ 着物なんて~ (4, 0.0%)

1 とこへは, ものを, 俺達が, 買へや

▼ 着物のみ~ (4, 0.0%)

2 だれを 1 だれて, ならず足袋

▼ 着物姿~ (4, 0.0%)

2 で素足 1 だった, の背

▼ 着物からは~ (3, 0.0%)

1 なし指, まるまると, 湯気が

▼ 着物きかえ~ (3, 0.0%)

1 てそこ, て出かけました, て居

▼ 着物この~ (3, 0.0%)

1 ま, 着物と, 羽織を

▼ 着物~ (3, 0.0%)

1 ういつた, へ持たない, へ着

▼ 着物すら~ (3, 0.0%)

1 お持ち, 作れないよう, 新調した

▼ 着物そして~ (3, 0.0%)

1 その上, 彼は, 髯は

▼ 着物それ~ (3, 0.0%)

1 に袴, は多少, も襤褸

▼ 着物だけ~ (3, 0.0%)

1 であるけれど, で優艶, 着換えた娘三四人

▼ 着物だけの~ (3, 0.0%)

2 目方しか 1 好みから

▼ 着物だけを~ (3, 0.0%)

1 のこして, 投げ込んで, 見せるよう

▼ 着物であった~ (3, 0.0%)

1 かも知れません, が膝頭, 絣も

▼ 着物でございます~ (3, 0.0%)

21 ねこちら

▼ 着物でない~ (3, 0.0%)

1 ことは, のに, ものは

▼ 着物とが~ (3, 0.0%)

1 さながら雲, まざまざと, 拡げられて

▼ 着物とも~ (3, 0.0%)

1 いえないよう, 別れなければ, 砕けて

▼ 着物ない~ (3, 0.0%)

2 ように 1 はずやの

▼ 着物なぞを~ (3, 0.0%)

1 入れた古い, 畳んだこと, 着て

▼ 着物などに~ (3, 0.0%)

1 さわったら手, 泌みこん, 触れて

▼ 着物なんぞは~ (3, 0.0%)

1 さう, そのままで, どうでも

▼ 着物ばかりは~ (3, 0.0%)

1 にぎやかな, まごうかた, 室内の

▼ 着物一枚買~ (3, 0.0%)

1 ふことの, へもせず, へやしない

▼ 着物何屋~ (3, 0.0%)

3 の店

▼ 着物同じ~ (3, 0.0%)

1 カシミアの, 羽織では, 顔を

▼ 着物持っ~ (3, 0.0%)

2 て来 1 て浜

▼ 着物着る~ (3, 0.0%)

1 の, のは, を見る

▼ 着物着更~ (3, 0.0%)

1 えてるのに, えに, へや

▼ 着物買っ~ (3, 0.0%)

1 たり何, てけら, てける

▼ 着物越し~ (3, 0.0%)

1 に感じ, に感じられる, に肩当越し

▼ 着物~ (3, 0.0%)

1 と一しょ, をさんざん, を入れ

▼ 着物きせ~ (2, 0.0%)

1 おや出, て大門通り

▼ 着物きつく~ (2, 0.0%)

2 絞った襷

▼ 着物くら~ (2, 0.0%)

1 ゐはきて, ゐ破けたつて

▼ 着物そっくり~ (2, 0.0%)

1 ぐしょ濡れに, 着て

▼ 着物でありました~ (2, 0.0%)

1 からいくら, が手足

▼ 着物です~ (2, 0.0%)

1 からかあ, からね口

▼ 着物として~ (2, 0.0%)

1 存在し, 農家で

▼ 着物としては~ (2, 0.0%)

1 世界で, 第一流

▼ 着物とで~ (2, 0.0%)

1 かざって, 彼の

▼ 着物とは~ (2, 0.0%)

1 一体どんな, 全くかかわり

▼ 着物どころ~ (2, 0.0%)

2 の騒ぎ

▼ 着物なかっ~ (2, 0.0%)

2 たら今晩家

▼ 着物ながら~ (2, 0.0%)

1 拔衣紋の, 身ぎれいに

▼ 着物なし~ (2, 0.0%)

1 だ, では

▼ 着物なぞ~ (2, 0.0%)

1 いくらあっ, 満足に

▼ 着物なぞは~ (2, 0.0%)

1 ちっとも欲し, 誰のにも

▼ 着物などには~ (2, 0.0%)

1 一切構わず, 一向無頓着

▼ 着物なり~ (2, 0.0%)

1 羽織なりは, 荷物なりは

▼ 着物なんぞを~ (2, 0.0%)

1 取られたの, 着てさ

▼ 着物についての~ (2, 0.0%)

1 御注意, 用事に

▼ 着物についても~ (2, 0.0%)

1 ある者, いつか考え込ん

▼ 着物にでも~ (2, 0.0%)

1 手あたり次第に, 縋りたいよう

▼ 着物に対して~ (2, 0.0%)

1 似合いの, 示す敏感さ

▼ 着物に対する~ (2, 0.0%)

1 甘美な, 眼も

▼ 着物のみが~ (2, 0.0%)

1 手に, 本当に私

▼ 着物~ (2, 0.0%)

1 はだけて, 着たえんたとこ

▼ 着物ばかりか~ (2, 0.0%)

1 からだにまで, 兵古帯も

▼ 着物ほど~ (2, 0.0%)

1 きも, 純潔な

▼ 着物まだ~ (2, 0.0%)

2 水洗いも

▼ 着物までは~ (2, 0.0%)

1 手が, 脱ぎすてて

▼ 着物までを~ (2, 0.0%)

1 イヤがる, 改めて厄払い

▼ 着物もう~ (2, 0.0%)

1 そちらでしょう, 頭の

▼ 着物~ (2, 0.0%)

1 三国峠の, 袴よ

▼ 着物よりも~ (2, 0.0%)

1 顔の, 食物の

▼ 着物を以て~ (2, 0.0%)

1 しるしと, 死骸を

▼ 着物トタン屋根~ (2, 0.0%)

2 いろんな物

▼ 着物~ (2, 0.0%)

1 出来金モ, 致すべからず候

▼ 着物二枚~ (2, 0.0%)

1 だけが正月, を脱い

▼ 着物~ (2, 0.0%)

1 は人並, は焦げるでしょう

▼ 着物借っ~ (2, 0.0%)

1 たりお金, て帰ったら

▼ 着物出来ました~ (2, 0.0%)

1 とき二人で, のん

▼ 着物取られた~ (2, 0.0%)

1 時に, 晩でも

▼ 着物~ (2, 0.0%)

1 でつく, で拵え

▼ 着物~ (2, 0.0%)

1 では帽子, の門口

▼ 着物盗まれ~ (2, 0.0%)

1 てしまいはった, てしもてん

▼ 着物着た~ (2, 0.0%)

1 まっ白な, まま寝

▼ 着物箪笥~ (2, 0.0%)

1 に変っ, に變つて

▼ 着物縫う~ (2, 0.0%)

1 ことを, よりこちら

▼ 着物~ (2, 0.0%)

1 じま, の鳥打帽

▼ 着物~ (2, 0.0%)

1 何一つ異い, 着て

▼ 着物道樂~ (2, 0.0%)

1 である, で髮

▼ 着物~ (2, 0.0%)

1 のもの, も顔

▼1* [245件]

着物つての, 着物あの特別な, 着物ありったけ嘉七のどてら, 着物ありませんのん, 着物あんなり警察, 着物いうて有りゃせ, 着物いかがでしょう, 着物いちまいで過した, 着物えり善好みの京, 着物つきあいその, 着物かかって居る, 着物かけタオルかけ, 着物からだって茨の, 着物からでも充分に, 着物からも起る, 着物かりてかえる, 着物がずつと値段の, 着物がちつとも, 着物がねえって清子ら悲し, 着物きかえるから, 着物きたこと無えんだ, 着物きたなしとて人々苦, 着物きたらかしこげに, 着物きてるところだった, 着物きるわなあ, 着物ぐらい幾らでも, 着物ぐらいが何ほどの, 着物ぐるみじかに地面, 着物ぐるみ寝床へ這入っ, 着物さへ, 着物こしらえたん違う, 着物こそ着て, 着物これは何, 着物ごと抑えつけた, 着物さらだね, 着物さらし木綿の肌襦袢, 着物すっくり隠す, 着物すらもなかった, 着物その何もかも真白な, 着物その他いろいろの, 着物そりゃあ歩きいい, 着物それ等の合せ目, 着物とみ, 着物たくさんの子供, 着物たった一枚着た, 着物だけでもう充分重, 着物だけでも受け出さなければ, 着物だけとは思へなかつた, 着物だけにはどうやら執着, 着物だぶだぶなり, 着物ちゃんちゃん総て十三点女子学習院に, 着物あない, 着物こを, 着物ってものは, 着物つけぬ女との, 着物であったりしたら, 着物であんなあた, 着物でかくしたくらい, 着物でさえそんなに人, 着物でした目, 着物でしょう僕の, 着物でなければ着ない, 着物ときかえ, 着物としても用いられた, 着物とだけと言っても, 着物とだけを見た, 着物とても全く我国の, 着物とともにあとへ, 着物とに一つの, 着物とより他に, 着物とりに行ったら, 着物どこにある, 着物どんかえて, 着物なああれ大急ぎで, 着物なかにはベルトつきの, 着物なぞの這入つて, 着物などでは一向判断, 着物などでも母の, 着物などと細かい事, 着物などとは反対に, 着物などにも表はれる, 着物などのつくろいを, 着物などよりは根本で, 着物なりが現に今, 着物なりについて判断した, 着物なるべければ着, 着物なんぞの汚れを, 着物なんぞもズタズタでございます, 着物にしかないよう, 着物にてはとてもしのぶあたわず, 着物にと買って, 着物によっては立派に, 着物に対しての智識は, 着物ぎあへず夏来たる, 着物ぬいだらえ, 着物ぬがしてお, 着物ぬがせてえ, 着物のてまえいたずら, 着物はね枝川町の, 着物ばかし縫つて手紙ひとつ書けね, 着物ばかりになって, 着物ばかりの贅沢でなく, 着物ばかりを着て, 着物ばっかり買いこんだの, 着物げ, 着物ひとえに手甲脚絆を, 着物または首ぬき, 着物まるで天の, 着物みんなぬいで, 着物もさツぱりして出山の, 着物やったいうことさい忘れてた, 着物やってんなあ思う, 着物やなんか着て, 着物やらの贈り物と, 着物よく似合つて, 着物よごれて母ちゃん, 着物よしてこれ, 着物をかへして, 着物をどつさり買, 着物インバネスのこと, 着物エプロン黄色いちりめん, 着物オリーブの袴, 着物セルの袴, 着物ト羽織ヲ外シテ上カラ着セタ, 着物ニハ附ケナイ朱墨ヲ塗ルノハ君, 着物ハ足にもつれぐず, 着物一切を, 着物一包みを持つ, 着物一枚ぐらゐの温かさ, 着物一枚どころでは, 着物一枚錢一錢だつて殘つて, 着物一着がすっかり, 着物一組ずつを儉約, 着物一襲に貂, 着物下着半衿, 着物乏しい食物火の, 着物乾したる家あり, 着物二三枚と子供達, 着物五拾銭も借さないでしょう, 着物以外にもこういう, 着物位縫へるやう, 着物借りてまでも行きた, 着物借り着して, 着物全部の両, 着物其他をさしあげる, 着物初めてだ, 着物加奈子いつでも私, 着物十枚とかえられ, 着物半襟下着までもみんな, 着物即ち花冠は, 着物及び半纏に, 着物取り寄せるよりしょうが, 着物同様屍を蔽, 着物四枚はどの, 着物在中の風呂敷包み, 着物声口元そんな事, 着物夜具買い溜めて, 着物大きな帽子百姓の, 着物女子は紺, 着物子供の靴, 着物安っぽい博多織の, 着物ぐらいですむ, 着物島原模様に染め上げた, 着物市場がある, 着物布団四五枚それから粗末, 着物にいたる, 着物帯煙草入駒下駄, 着物帶持物とそれ, 着物の狭い, 着物の上衣, 着物待ち遠しくていらしたでしょう, 着物きかえよ炬燵, 着物戸棚へ元, 着物にひるがえす, 着物を与えました, 着物持ちだよ, 着物持ち物を調べ, 着物持物その懐中物, 着物掴み合う手その, 着物にやけた, 着物ゆかしい御所染, 着物えて長閑, 着物のなか, 着物にはそういう, 着物気ちがいのよう, 着物汚してお, 着物洋服でも日本服, 着物滝松の着物, 着物煙草入れまで十五日間, 着物特別に異状, 着物玳瑁の櫛, 着物はかた, 着物白い帯黒絽ちりめんの, 着物白布の脚布, 着物白麻の肌襦袢, 着物あの夢, 着物盗まれた事件に, 着物真新しいのが, 着物着てれば分る, 着物着なさったらええやろいう, 着物着換へられる, 着物着換え一枚くらいは, 着物か羽織, 着物立派な家, 着物などと道具, 着物六に, 着物箪笥帳箪笥鏡台針箱その他一渡りのもの, 着物粗末な小倉, 着物糸織ぞろ, 着物綴錦の帯, 着物綻びが切れてる, 着物の羽織, 着物はせし, 着物縫いにかかる, 着物置場で一人, 着物羽織一組買って, 着物羽織合シャツ上下お送りします, 着物づきの, 着物肌襦袢腰巻の類, 着物脚絆海草の乾びた, 着物がさ, 着物膨らんだ襯衣式の, 着物臙脂のかった, 着物自分がいま, 着物自分たちの着物, 着物の裝飾, 着物荒れた唇蓬ろなす, 着物たお転婆, 着物を着けず, 着物袴メリヤスの股引, 着物覚が, 着物見せるなら柳原へ, 着物道具だけ, 着物豪奢の好き, 着物貰って行く, 着物がない, 着物長襦袢から帯, 着物陳べた刀の, 着物が降っ, 着物面高で眼, 着物頭巾人形など子供, 着物飛白の前, 着物鳥打帽草履などが方々, 着物黒い手套一切黒ずくめだ, 着物,六枚の着物