青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「着た~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

着~ ~着い 着い~ ~着いた 着いた~ ~着く 着く~ ~着け 着け~ ~着た
着た~
~着物 着物~ 睨ん~ ~瞬間 瞬間~ ~瞳 瞳~ 瞼~ ~矛盾 矛盾~

「着た~」 3187, 33ppm, 3556位

▼ 着た~ (190, 6.0%)

5 が一人 43 が二人, が小さい, が立っ

2 [13件] がある, がこっち, がまるで, が一人ぼんやり外, が一人何, が一人僕等, が出, とでも肩, の人, はわたし, は僕, は悠然と, や銀杏返し

1 [146件] からおれ, があった, があらわれました, がい, がいきなり, がいた, がうしろむき, がうつむけ, がおりますでしょう, がかはる, がき, がこちら, がごろん, がすう, がそして, がそんな, がたった, がつい, がつかつか, がとびだし, がどこ, がにやり, がのそり, がはいっ, がば, がひき砕かれ, がひょっこり, がほの暗い, がまいりました, がもしも, がやつ, がアムパイア, がグランド, がフワフワ, がミシン, がリヤカー, が一人三階目, が一人最新化学応用, が七八人, が乗っ, が二三人, が仰, が佇ん, が何, が余念, が入っ, が前, が同伴, が向側, が小走り, が幕, が張, が怒鳴っ, が意志, が戸口, が手, が打っ, が抜刀, が日本, が来た, が来ました, が案内, が榻, が歩い, が水桶, が水筒, が渋紙, が状箱, が現われます, が目, が真前, が空気銃, が立つ, が素早, が背, が背中, が胸, が膝, が若い, が茫乎, が血, が行っ, が行列, が西片町, が覗き, が近付い, が退屈, が酒, が鎌, が長い, が長く, だ, だつた, だなんて, であった, であるかの, であるが, であるとも, です, でその, で何, で大きな, で車掌, と, ということ, と何, と女, と対, と巡査, と言う, と話しこん, と黒い, などが此方, なんぞを見つめ, にしきりに, に出来る, に子供, に小さい, に捕まった, のいる, のゐる, の人形, の出, の前, の子供, の患者, の提灯, の死骸, の生徒, の長い, は丸い, は主人, は何とも, は受けた, は吃驚, は村役場, は来なかった, は特別室, は相手, は糞, もほんとう, や女, や縞, や襷がけ, を伴つて, を見た

▼ 着た~ (98, 3.1%)

2 だ, だから, であった, である, と同じ, は確, もあれ, よりも柔かい, らしかつ, を見

1 [78件] かすっかり, かと思う, かと思った, かもしれない, か桐, がしよぼ, がその, がはなやか, がひょいと, がふり向い, がほとんど, がサト子, が両, が二人, が二十四五人, が代り, が可, が嬉しい, が店, が板本, が殆, が河岸, が私, が虚無, が西, が見せたかった, が辷っ, が辷つ, が馬ふん, だよ, だろう, だ何, でございます, では, といま一人洋服, と撮る, と石持, と髪, などがあった, などはかえって, などは一枚, ならネクタイ, は, はいい, はくたびれた, はこの, はその, は上手, は中形, は利口, は嘗て, は宜しい, は強, は彼時, は漢皐台の下, は猶, は王政維新, は用, は肌つき, は良い, は覚悟, は長襦袢, もすけない, も少し, も帽子, も珍, やいろ, やショート, や古び, や浴衣がけ, や猪皮, や股, や青い, よりもこんな, を見た, を見る, を連れ, 小汚い不

▼ 着たまま~ (89, 2.8%)

3 である, で行く, 寝て 2 でベッド, で自分, 坐って

1 [74件] この老人, しかもその, じっとそこ, じゃ無理, すっくと立, そっと障子, そのへん, その向い側, ただ蒲団, つかつか入っ, であり時として, である周防, でいい, でいらっしゃい, でいる, でからだ, できょう, でしょうなお, ですから, でちっぽけ, でとび出し, でめがね, でステーシヨン, でベツド, で倒れ, で兵児帯, で別, で原宿, で地上六十呎, で寝, で寝た, で授業, で歩い, で死んだ, で沓脱, で港外, で演奏, で猫柳, で病室, で目, で縫目, で肩, で表, で講演, で造做, で隠れ, で霽波, なん, になった, に寝た, の, のイリリヤ, の上, の人, の外出着, の姿, の役所, の彼, の正一, の洋服, はいつ, ぶらぶら歩い, やぶれ去って, 上って, 亡くなると, 使うな, 入って, 円くなっ, 寒そう, 寝た者, 憑かれたもの, 眠って, 腰かけて, 飛んで

▼ 着た若い~ (89, 2.8%)

11 女が, 男が 4 女の 3 男で, 男の 2 娘が, 男がは, 男だつた, 紳士が, 血色の

1 [47件] お姫様の, かみさんが, のが, のに世, ひとが, ものなどが, ものも, アクスーシャと, アネサマがと, ハイカラな, 下司女が, 中流の, 二十代の, 人が, 人で, 令嬢が, 侍が, 元気の, 公家が, 労働者が, 医師が, 大柄の, 女だ, 女と, 女や, 女中が, 女性らしく, 女看守の, 娘さんが, 婦人が, 婦人と, 婦人は, 学校の, 尼法師の, 店員に, 店員は, 彼女たちは, 男だった, 男です, 男や, 真打が, 者が, 者などは, 者三平は, 腰元が, 船頭が, 運轉手は

▼ 着た~ (85, 2.7%)

6 の人 2 が坐っ, と三人きり, の影, は小声

1 [71件] がいった, がいつか, がすらり, がすわっ, がすんなり, がその, がたった, がゆき子, がわが, が上っ, が五六人車座, が其火, が取次ぎ, が口, が土産物屋, が多く, が奥, が幻燈, が来, が横合, が気に入つた, が洗つて竿, が現れ, が甲板, が素早く, が自分, が通る, が頭蓋骨, だ, だつた, であるとも, ではじめ, とがもたれ合っ, とが組ん, と最も, と男, と美しい, などが歩いた, なんぞは影, にろくな, に心當, のいう, のせん, のひと, の上半身, の人形, の傍, の先生, の名, の後姿, の情感, の感じ, の組, の腐爛, はあたし, はまた, はやはり, は暫く, は演壇, は猥せつ, は酔っ, まあいわば先年帝展, も思い出された, をつれ, を客, を探させました, を描い, を殺し, を立ち止まっ, を見, を見た

▼ 着た~ (70, 2.2%)

3 がはだ, がやっぱり 2 が幾人, が村, の姿, の滅多, をしかし

1 [54件] からは主人, から注射, がしゃがん, がその, がのっそり, がはいっ, がまるで, がやつぱりだまつて, がゐ, が一人, が二人, が出, が四人, が大きな, が少なくとも, が時々, が来, が歩い, が申しました, が私, が突っ, が走, だ, であった, である, ですって, とが話し, としてしか思ひ浮ばない, との活動, とサアベル, と話し, と黒い, ならこの, に, におじぎ, に二人, に二人出逢, に昨夜乗船券, の前, の目, の群れ, はどこ, は何処, は王様, は英語, も何人, も混つて, も町, や衣冠束帯, や角帯, を引っ, を捕まえ, を見る, 無かつ

▼ 着た一人~ (40, 1.3%)

11 の男 2 の女, の老人, の老婆, の若い

1 [21件] が仲間, が声, などはあわてふためい, のおじいさん, のお爺さん, のひょろ長い, の兵隊, の学生, の少年, の旅人, の易者, の牧師, の生徒, の紳士, の背, の虚無僧, の貴婦人, の隊員, の露助, の青年, の風来者

▼ 着たよう~ (32, 1.0%)

2 な姿, な恰好

1 [28件] であったが, である, な, なかたち, なみっともない, なもの, なものの, なヤ, な丸く, な人, な影, な心, な怪物, な杉, な機会, な満面苦渋, な醜男, な重苦しい, な青い, にしか見えない, にぼやけた, に丸く, に出, に密毛叢生, に感ぜられる, に汝, に蛭, に見える

▼ 着た~ (28, 0.9%)

2 吉が, 糸さんを, 菊さんの, 駒が

1 [20件] さげや, ぢいさん, 三根が, 人形さんや, 人形を, 伊曾に, 侍が, 侍と, 医者さんが, 坊主まで, 坊様でございます, 嫁さんを, 安の, 旗本な, 楽を, 樂を, 猿か, 銀であった, 銀は, 駒ちゃんに

▼ 着たこと~ (27, 0.8%)

6 のない 4 はない 2 がない, のなかっ

1 [13件] がありません, がある, であろうが, ないのん, のある, の無い, はなかっ, は無, は着た, もあった, もなけれ, を覺, 故特に

▼ 着たもの~ (27, 0.8%)

2 があり, だと, は木蔭

1 [21件] が二, が出, が四五人出迎, が敷物, が蝋燭, さね, だ, だから, である, であるとか, でそれ, で今日, とすれ, と見え, などを同, などを貰っ, はもの, は一人, は寝る, は苦手, をまた

▼ 着た紳士~ (25, 0.8%)

2 が六人, が始めて, の胸, や華美, を指した

1 [15件] が一つ, が出, が平太, が幾組, が心配そう, が静か, であつ, である, で室, と連れ立っ, の傍, の写真, は白い, もうひとり, 然たる

▼ 着た~ (22, 0.7%)

1 [22件] いこつには, こうした服装, こればかりは, そのまま動かなかった, まさに一カド, 今夜は, 何でも, 余程短く, 半路以上も, 右に, 大番傘, 家へ, 寸法も, 帯を, 幸子は, 弟を, 昨日から, 永の, 渡り終る, 肝心の, 自身だけは, 金子を

▼ 着た姿~ (22, 0.7%)

2 は可

1 [20件] がちらりと, が元, が夕明り, が時節柄平三, が絶えず, だった, なの, にかわる, の人, の謂, はきれい, はすぐ, は前門, は決して, もこの, を友達, を異様, を見せなけれ, を見せました, を見回し

▼ 着た子供~ (21, 0.7%)

2 が一しん

1 [19件] がき, が二三人, が二人, が動い, が四, が小, が強い, が納戸, だった, に遇, の天使, の寫眞, はからから, はにっこり, は不審そう, は例, は波, や女, を抱い

▼ 着た小柄~ (21, 0.7%)

5 な男 3 な女

1 [13件] で色, なものしずか, な一見安長屋, な二十, な外国女, な大, な大工, な姿, な秀才, な老人, な静か, の, の人物

▼ 着た~ (21, 0.7%)

2 が二人, が入っ, が叟

1 [15件] がいた, がいった, がここ, が役所, が汪, であった, と赤い, に好奇, に目礼, の臂, の話す, はそこ, は心, もそう, や変

▼ 着た人間~ (20, 0.6%)

2 がノロマ

1 [18件] がこの, がロケット, が二人, が働い, が外, が携帯用, が通, が通ったら, であること, とその, なぞの訪問, にどや, にどやどや, のよう, の生徒, の腕, やはだ, や和服

▼ 着た~ (19, 0.6%)

2 がいい, です, の顔

1 [13件] がい, がひき立つ, がまし, が三方, が可, が来, が私等, の女, の役人, の種類, は大, もおかしな, よ好男子

▼ 着た~ (19, 0.6%)

10 の高い 4 の低い 1 のきはめて, のきわめて, の高い若い, の高い黒い, をかがめ

▼ 着た~ (18, 0.6%)

2 が一匹, つ子

1 [14件] お照, が出, が女中, が流れ, が立つ, が若者, だ, とは似, と美しい, などの乗っ, に声, の君子, の発言, は血相

▼ 着た老人~ (18, 0.6%)

1 [18件] が, が入っ, が失神, が引, が數人線路, が混, が縦横, だった, であった, でご, です, というの, という感じ, の日焼, の農夫, はどう, は障子, もその

▼ 着た中年~ (17, 0.5%)

6 の男 3 の紳士 2 の女 1 の世渡り巧者, の今井, の医者, の女性, の婦人, の神主

▼ 着た女の子~ (17, 0.5%)

2 が二人肩, に小声

1 [13件] から一箱五円, がいきなり, がふたり, がプウル, が一人, が森, が澤山中央線, が裏, が顔, と絵, のキチン, は明神山, をつれた

▼ 着たなり~ (16, 0.5%)

2

1 [14件] お延, でベタ, で一体, で一枚, で京都, で何処いも, で出, で控えた, で眠っ, で眠つて, の小倉服, 欄干へ, 自分は, 長ぐつ

▼ 着た少年~ (16, 0.5%)

2 が眼

1 [14件] がちょろり, が乗りました, が先, が合奏, が手提鞄, が泰二君, が腹, と少女, に出, に声, のよう, の二十, の尾野, の目

▼ 着た二人~ (15, 0.5%)

6 の男 2 とも私, の姿 1 の勅使, の少年, の未亡人, の紳士, の職人

▼ 着た青年~ (15, 0.5%)

3 が一人 2 が二人 1 があら, があらわれた, がさすが, が両, が後, が短篇小説, が立っ, と砂地, はあこがれ, を見た

▼ 着たその~ (13, 0.4%)

3 男は 1 十一ばかりの, 女が, 娘さんは, 客は, 後姿が, 日の, 明さんが, 時に, 若い娘, 若い役員

▼ 着た大男~ (12, 0.4%)

2 は信一郎, を振り捨て 1 がその後, が入っ, が線路内, が自動車, であった, です, の遺骸, をひき殺した

▼ 着た美しい~ (11, 0.3%)

3 女が 1 ひとが, 女の, 女達が, 婦人に, 文代さんが, 男と, 芸者三人に, 若衆方を

▼ 着たせい~ (10, 0.3%)

9 の高い 1 か温かい

▼ 着た少女~ (10, 0.3%)

1 がつい, が出, が悲し, が眉, であった, である, とはやがて, に, の物語り, は特にずんずん

▼ 着たという~ (9, 0.3%)

1 あれの, ことである, ので, のも, んでした, 人相書で, 感じな, 紳士, 誠に華美

▼ 着た人々~ (9, 0.3%)

1 が, がトラック, が水晶, に交じ, の影, の棚経, の泣いてる, の群, の肺臓

▼ 着た坊主~ (9, 0.3%)

3 が行列 2 が一人 1 が三百人, が踞んでる, であった, であつ

▼ 着た~ (9, 0.3%)

2 婢が 1 商人風の, 婢に, 學生が, 猿だった, 猿であった, 糸は, 造の

▼ 着た巡査~ (9, 0.3%)

4 も出 1 がただ, が懐中電燈, が赤い, が隊, と警察医

▼ 着た~ (9, 0.3%)

3 の姿 1 に堂々, の羽織, の褶, はこう, は妙, も乳

▼ 着た立派~ (9, 0.3%)

2 な服装 1 な人, な冬, な司会者, な東京紳士, な男, な紳士, な騎士

▼ 着た給仕~ (9, 0.3%)

2 が一人 1 が, がかれ, が前方, が周章て, の側, の少女, は会社

▼ 着た~ (9, 0.3%)

2 はば 1 があっ, のまわり, の両方, の後, は, は長い, 幅広く石

▼ 着たって~ (8, 0.3%)

1 いいけど, きっと働く, どうなりゃ, わるいもの, 以前の, 叶わないや, 西洋人臭く, 防寒には

▼ 着た~ (8, 0.3%)

3 のない 2 がない 1 はない, は有りません, もない

▼ 着た大きな~ (8, 0.3%)

4 男が 1 人形の, 人物だ, 坊主だ, 影を

▼ 着た小さな~ (8, 0.3%)

1 人が, 天の, 女の子が, 男が, 禿ちょこちょこ, 鉄砲を, 骸骨じみた, 魚の

▼ 着た看護婦~ (8, 0.3%)

2 の姿 1 があらわれた, が暗いだだっ広い, などの廊下, の中川, の紅らん, は病室

▼ 着た~ (8, 0.3%)

1 に禿, のはげた, の円い, の前, の大きい, の大きな, の鉢, をお

▼ 着たとき~ (7, 0.2%)

1 くらい恰好, には人, に困る, のよう, の事情, の彼, よりはずっと

▼ 着たやう~ (7, 0.2%)

1 な, な具合, な恰好, な杉, な登子, にな, に出

▼ 着た~ (7, 0.2%)

1 には糸織藍微塵, に天秤棒, に掻卷, に玉子色, に紫, に縮緬, 解いて

▼ 着た~ (7, 0.2%)

2 で死んだ 1 であった大紋, でうたた寝, で少し, の服裝, の襯衣

▼ 着た先生~ (7, 0.2%)

1 が尖った, が帽子, と話し, の末子, の目, の背中, はわたくし

▼ 着た~ (7, 0.2%)

1 のほう, はさつき, はどうか, はふくろう, はべつに, は思いました, は黙っ

▼ 着た幽霊~ (7, 0.2%)

1 がその, がフワフワ, だって云う, だつて云ふん, のよう, ははじめて, は町

▼ 着た~ (7, 0.2%)

1 がテーブル, が沓脱石, が風琴, と母, と自分, の膝, の賢造

▼ 着た~ (7, 0.2%)

2 である 1 がひらひら, が跳ん, に似た, の中, を脱がず

▼ 着た白髪~ (7, 0.2%)

4 の老人 1 の品, の爺, の郎等

▼ 着た~ (7, 0.2%)

3 の白い 1 のまっ黒, の浅黒い凛々しい, の濃い濃い, の黒い

▼ 着たこの~ (6, 0.2%)

2 家の 1 好色の, 朝ちょっぴり, 現代と, 辺の

▼ 着た人たち~ (6, 0.2%)

1 が右往左往, が小さな, のなか, はみんな, や青年会, をさ

▼ 着た四人~ (6, 0.2%)

2 の老女, の苦力 1 の美貌, の若い

▼ 着た四十恰好~ (6, 0.2%)

1 の侍, の坊さん, の男, の短気, の苦味, の頭

▼ 着た坊さん~ (6, 0.2%)

1 が来, が網代笠, が頭, が鬚, であった, の眼

▼ 着た小さい~ (6, 0.2%)

1 人が, 人は, 力士の, 妹は, 姿が, 婆さんが

▼ 着た男たち~ (6, 0.2%)

1 が出, が忙, が自分, に引き立てられ, はお互い, は声

▼ 着た着物~ (6, 0.2%)

1 がおもかっ, でも支那人, の中, の前, は大概母, を私

▼ 着た若者~ (6, 0.2%)

1 が坐っ, が手, が数人, なども逃げかえった, に君, を連れ

▼ 着た~ (6, 0.2%)

2 の赤い 1 いろの, にアバタ, のない, の骨ばっ

▼ 着たあの~ (5, 0.2%)

1 イヤな, 三人の, 南瓜の, 豊満で, 魔法博士でした

▼ 着たお嬢さん~ (5, 0.2%)

1 がホテル, が来, と一緒, の後姿, は同じ

▼ 着たから~ (5, 0.2%)

2 気丈夫に 1 だばかりが, 型が, 深川の

▼ 着たところ~ (5, 0.2%)

1 でした, で血管中, の儀礼, は少しも, を娘

▼ 着たので~ (5, 0.2%)

1 うれしかった, たちまち周囲, 今は, 依然たる, 兄さんは

▼ 着たふたり~ (5, 0.2%)

2 の女 1 の助手, の若い, の若者

▼ 着たほう~ (5, 0.2%)

1 がお, がなんとなく, が先, の人, の役人

▼ 着た~ (5, 0.2%)

1 じゃ面白く, だ, だが, です, ですね

▼ 着た~ (5, 0.2%)

4 の高い 1 であったと

▼ 着た二十四五~ (5, 0.2%)

2 の婦人 1 に見える, の先生, の毬栗頭

▼ 着た人達~ (5, 0.2%)

1 が畑, が行く, が街路, に取り巻かれ, も要領

▼ 着た十五六~ (5, 0.2%)

2 の娘, の少年 1 の女

▼ 着た四十がらみ~ (5, 0.2%)

3 の男 1 の大きい, の技師

▼ 着た夫人~ (5, 0.2%)

2 や令嬢 1 のす, の集会, は大公妃

▼ 着た女房~ (5, 0.2%)

2 が一人 1 がひょっこり, が首, であった

▼ 着た学生~ (5, 0.2%)

1 がありました, がグレー, も二, らしい背, を見る

▼ 着た支那人~ (5, 0.2%)

2 の群れ 1 が一人, が二人, が通る

▼ 着た日本人~ (5, 0.2%)

1 が木陰, とも支那人, と水色, の幽霊, はね

▼ 着た~ (5, 0.2%)

2 の人たち 1 の人々, の小娘たち, の馬方

▼ 着た~ (5, 0.2%)

1 が何, が腰帯, などの並ん, のわき, の姿

▼ 着た~ (5, 0.2%)

2 を板の間 1 ではない, を居り直っ, を崩し

▼ 着たけれども~ (4, 0.1%)

2 今とは 1 袴は, 鳥肌だつ

▼ 着ただけ~ (4, 0.1%)

2 で大きな 1 であり足, で夫婦

▼ 着たっきり~ (4, 0.1%)

1 で手毬, なのよ, になっ, 二度と手

▼ 着た~ (4, 0.1%)

1 いう, いつた恰好, いふよりは, 思われる日影色

▼ 着たやつ~ (4, 0.1%)

1 がとびおりた, がもぐっ, が出, です

▼ 着た三十五六~ (4, 0.1%)

1 の婦人, の男, の眼, の肥った

▼ 着た人物~ (4, 0.1%)

1 がすっくと, が惣髪, が東京, を描き込んだ

▼ 着た令嬢~ (4, 0.1%)

1 がまるで, が小さい白い, が白い長い, の雪子さん

▼ 着た会社員~ (4, 0.1%)

2 らしい二人連, らしい男

▼ 着た~ (4, 0.1%)

1 が無く, のコック, の小柄, の頭領

▼ 着た~ (4, 0.1%)

1 が二三人, が傍, も交っ, も交つて

▼ 着た兵隊さん~ (4, 0.1%)

1 が来, が沢山, が足, はベッド

▼ 着た写真~ (4, 0.1%)

1 をよこせ, を寄, を思い出させます, を親類中

▼ 着た~ (4, 0.1%)

1 が千両, でしたな, で母, はアイ

▼ 着た医者~ (4, 0.1%)

1 が一人, が死人, が黙々と, も看護婦

▼ 着た十六七~ (4, 0.1%)

1 の子, の少女, の男, の色

▼ 着た女たち~ (4, 0.1%)

1 が大勢, が幾人, が終日, は線路

▼ 着た女学生~ (4, 0.1%)

1 が私達, が自分, と白ズボン, の一団

▼ 着た~ (4, 0.1%)

1 であったが, の姿, の骸骨, も袴

▼ 着た婦人~ (4, 0.1%)

1 が囁いた, の周囲, は瘠せた, は肥った

▼ 着た小男~ (4, 0.1%)

1 がはいっ, がソフト, でそれほど, で黒い

▼ 着た彼女~ (4, 0.1%)

1 が二階, のか細い, の夫, は帽子

▼ 着た~ (4, 0.1%)

2 の男 1 の人, の女

▼ 着た~ (4, 0.1%)

1 が温室, と助手, と同年輩, は空

▼ 着た細君~ (4, 0.1%)

1 がだる, が買物, を伴, を労ら

▼ 着た~ (4, 0.1%)

2 僧達の 1 先生と, 婦人に

▼ 着た老婆~ (4, 0.1%)

1 が転ぶ, とも老人, の姿, の頭

▼ 着た職人~ (4, 0.1%)

2 が幾人 1 が三四人, が聞く

▼ 着た~ (4, 0.1%)

2 の低い, の高い

▼ 着た自分~ (4, 0.1%)

1 と同じ, の, の子供, も先刻

▼ 着た菊五郎~ (4, 0.1%)

1 から三浦, が書生流, と銀杏返し, などは余りよく

▼ 着た藤野さん~ (4, 0.1%)

2 の姿, の阿

▼ 着た衣服~ (4, 0.1%)

1 などにも祈り, は二度と, は区役所, を脱い

▼ 着た貴婦人~ (4, 0.1%)

2 が一人二人宛 1 が二人, に化け

▼ 着た農夫~ (4, 0.1%)

2 が腰 1 だの, もあり

▼ 着たお父さん~ (3, 0.1%)

2 がしょんぼり 1 につれられ

▼ 着たばかりの~ (3, 0.1%)

1 いい洋服, だから体, 新しいの

▼ 着たひとり~ (3, 0.1%)

1 がおどろいた, の店員, の百姓

▼ 着たまま寝床~ (3, 0.1%)

2 に身 1 の上

▼ 着たまま横~ (3, 0.1%)

2 になっ 1 になった

▼ 着たもう~ (3, 0.1%)

2 一人の 1

▼ 着たチンピラ~ (3, 0.1%)

1 と入れかわっ, ならあそこ, ならここ

▼ 着たボーイ~ (3, 0.1%)

1 がブリッヂ, が二三人仕事, なりがすべて前

▼ 着た三十~ (3, 0.1%)

2 に近い 1 ばかりのすらり

▼ 着た主人~ (3, 0.1%)

1 がいいました, が戻っ, はいいました

▼ 着た二十二三~ (3, 0.1%)

2 の青年 1 の女

▼ 着た~ (3, 0.1%)

1 い連, でもなかっ, の鈎鼻

▼ 着た六十~ (3, 0.1%)

1 ぐらいの髯, ばかりの神さん, 近い白髪

▼ 着た兵士~ (3, 0.1%)

1 がそれ, がズラリ, が立っ

▼ 着た助手~ (3, 0.1%)

1 が水道, などはほとんど, らしい男

▼ 着た十三四~ (3, 0.1%)

2 の女の子 1 の男の子

▼ 着た十二三~ (3, 0.1%)

1 の少年, の男, の男の子

▼ 着た外国人~ (3, 0.1%)

1 が大勢立話, とさえ見れ, と見る

▼ 着た~ (3, 0.1%)

1 學生の, 群集が, 自然

▼ 着た奥さん~ (3, 0.1%)

1 がくる, が咽喉, や御

▼ 着た女達~ (3, 0.1%)

1 がずらりと, が縁, が肩

▼ 着た娘達~ (3, 0.1%)

1 が通り, の出す, やである

▼ 着た~ (3, 0.1%)

1 の手, もありました, 坊主が

▼ 着た~ (3, 0.1%)

1 とった小使, を取つた, 若い娘

▼ 着た~ (3, 0.1%)

1 の刑事, の外出姿, は今

▼ 着た後姿~ (3, 0.1%)

1 が肩, に人, は小憎らしい

▼ 着た旅人~ (3, 0.1%)

1 が一人, が二人家, が笠

▼ 着た日本~ (3, 0.1%)

1 の娘姿, の画学生, の老いた

▼ 着た浴衣~ (3, 0.1%)

1 なんで, の裾, は経帷子

▼ 着た~ (3, 0.1%)

1 だ要心, とはまさしく, の恰好

▼ 着た男の子~ (3, 0.1%)

1 が二人, のあなた, の人形

▼ 着た相当~ (3, 0.1%)

1 ないで, の年輩, の身分

▼ 着た職工~ (3, 0.1%)

1 お坊さん, が二三人, が電燈

▼ 着た苦力~ (3, 0.1%)

1 の人力車, をつれ, を雇った

▼ 着た葉子~ (3, 0.1%)

1 がせかせか, が廊縁, は和装

▼ 着た西洋人~ (3, 0.1%)

1 だつた, のどれいが, は滑稽

▼ 着た見知らぬ~ (3, 0.1%)

3 男が

▼ 着た長身~ (3, 0.1%)

2 で公園 1 の男

▼ 着た頤鬚~ (3, 0.1%)

3 のある

▼ 着た顔色~ (3, 0.1%)

1 の赤い, の青い, の青白い

▼ 着た~ (3, 0.1%)

1 の白い, の赤い, もやや

▼ 着た魔法博士~ (3, 0.1%)

1 が立ち, が腰かけ, でした

▼ 着たある~ (2, 0.1%)

1 人が, 脚の

▼ 着たおじいさん~ (2, 0.1%)

1 がちょこちょこ, は居ない

▼ 着たおじさん~ (2, 0.1%)

1 が来, が腰

▼ 着たかと~ (2, 0.1%)

1 いえば, 見る間

▼ 着たかの~ (2, 0.1%)

1 やうに, 脚夫であった

▼ 着たこじき~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ 着たすらり~ (2, 0.1%)

1 とした, と蒼い

▼ 着たそして~ (2, 0.1%)

1 また来る, 此の

▼ 着たそれ~ (2, 0.1%)

1 は, は美しい

▼ 着ただけで~ (2, 0.1%)

1 そっと寝室, 海岸い出る

▼ 着たつもり~ (2, 0.1%)

1 でいる, のまんま

▼ 着たばかり~ (2, 0.1%)

1 だのに, で不死身

▼ 着たひと~ (2, 0.1%)

1 だの青い, は南斗

▼ 着たまだ~ (2, 0.1%)

1 はたち前くらいの, 四十には

▼ 着たものの~ (2, 0.1%)

1 柄にも, 決して愉快

▼ 着たよく~ (2, 0.1%)

1 ない小僧, 似た顔

▼ 着たりっぱ~ (2, 0.1%)

1 な火星人, な紳士

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 り編輯長, 得意の

▼ 着たコムソモール~ (2, 0.1%)

2 か新聞包み

▼ 着たプロレタリアート~ (2, 0.1%)

2 の子

▼ 着たボクさん~ (2, 0.1%)

1 が白兎, が鉄砲玉

▼ 着たモ一人~ (2, 0.1%)

2 の男

▼ 着た一寸法師~ (2, 0.1%)

1 が大の字, が揉手

▼ 着た一巨人~ (2, 0.1%)

2 が地

▼ 着た三人~ (2, 0.1%)

1 の女, の男

▼ 着た三十がらみ~ (2, 0.1%)

2 の男

▼ 着た三十代~ (2, 0.1%)

1 の人, の男

▼ 着た三十恰好~ (2, 0.1%)

1 の商人体, の男

▼ 着た仁丹~ (2, 0.1%)

2 の鬚

▼ 着た信造~ (2, 0.1%)

2 らしい青年

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 のまま, 氣な

▼ 着た八人~ (2, 0.1%)

1 の女, の武士

▼ 着た兵隊~ (2, 0.1%)

1 が晴がましく, が田舎

▼ 着た内田さん~ (2, 0.1%)

1 が看護婦, とが笑い

▼ 着た凄い~ (2, 0.1%)

2 ほどの美人

▼ 着た出入~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 なお客, の男

▼ 着た医員~ (2, 0.1%)

1 が歩く, や看護婦

▼ 着た十七~ (2, 0.1%)

1 ばかりの子ども, ほどの少年

▼ 着た十七八~ (2, 0.1%)

1 の女, の若い

▼ 着た十五六歳~ (2, 0.1%)

2 の少年

▼ 着た千鶴子~ (2, 0.1%)

1 はいいえ, は寝台

▼ 着た叔父~ (2, 0.1%)

1 が仰向き, を真中

▼ 着た受付~ (2, 0.1%)

1 が丁寧, の若い

▼ 着た古い~ (2, 0.1%)

1 二重マントの, 着物を

▼ 着た召使~ (2, 0.1%)

1 が一人, をつれ

▼ 着た可愛らしい~ (2, 0.1%)

2 女が

▼ 着た商売人~ (2, 0.1%)

1 なら千恵造, に娘

▼ 着た囚人~ (2, 0.1%)

1 のよう, の一群

▼ 着た四十~ (2, 0.1%)

1 に近い, ばかりの男

▼ 着た四十五六~ (2, 0.1%)

1 の女, の立派

▼ 着た坊主頭~ (2, 0.1%)

1 のかなり, を見た

▼ 着た執達吏~ (2, 0.1%)

1 が何, と今一人

▼ 着た士官~ (2, 0.1%)

1 が鹿爪, らしい男

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 な子, な者

▼ 着た大きい~ (2, 0.1%)

1 男が, 膝を

▼ 着た大学生~ (2, 0.1%)

1 に兵隊帰り, は膝

▼ 着た大工~ (2, 0.1%)

1 が彼方此方, を呼ぶ

▼ 着た大柄~ (2, 0.1%)

1 で上品, な色

▼ 着た太郎~ (2, 0.1%)

1 は突然, は突然こう

▼ 着た女の童幣~ (2, 0.1%)

2 をかざした

▼ 着た女中~ (2, 0.1%)

1 が出, のやう

▼ 着た女姿~ (2, 0.1%)

1 の者, を隠す

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 と父の, はこの

▼ 着た姉樣人形~ (2, 0.1%)

2 と麻の葉

▼ 着た姫君~ (2, 0.1%)

1 の姿, の顔

▼ 着た威勢~ (2, 0.1%)

1 のいい, の好い

▼ 着た娘さん~ (2, 0.1%)

1 がその, のこと

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 が一人, が来

▼ 着た子供たち~ (2, 0.1%)

1 が京言葉, が喜ばし

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 が一人窓ぎわ, が来た

▼ 着た小作り~ (2, 0.1%)

1 な男, の男

▼ 着た小娘~ (2, 0.1%)

1 に化け, もある

▼ 着た小山男爵~ (2, 0.1%)

2 は自分

▼ 着た巨人~ (2, 0.1%)

1 のよう, 及び其伴神

▼ 着た布袋~ (2, 0.1%)

1 の様, の樣

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 の前, を整然と

▼ 着た年配~ (2, 0.1%)

1 の店員, の紳士

▼ 着た店員~ (2, 0.1%)

1 に, に別

▼ 着た廃兵~ (2, 0.1%)

2 に逢った

▼ 着た当人~ (2, 0.1%)

1 もほか, を勝手

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 嫁さんなんかが, 隠居さんらしい

▼ 着た御者~ (2, 0.1%)

1 はブラブラ, を前景

▼ 着た志郎~ (2, 0.1%)

2 と昌作

▼ 着た怪しい~ (2, 0.1%)

1 ものを, 者が

▼ 着た恰好~ (2, 0.1%)

1 だが, の好い

▼ 着た恰幅~ (2, 0.1%)

1 のいい, の好い

▼ 着た才次~ (2, 0.1%)

1 が両手, は兩手

▼ 着た散歩~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ 着た数人~ (2, 0.1%)

1 の俥夫, の婦人

▼ 着た数名~ (2, 0.1%)

1 の男, の給仕

▼ 着た料理人~ (2, 0.1%)

1 が大勢, の男

▼ 着た時ちゃん~ (2, 0.1%)

2 が蒲団

▼ 着た時代~ (2, 0.1%)

1 があつ, がこうして

▼ 着た書生~ (2, 0.1%)

1 か双子, がい

▼ 着た書生姿~ (2, 0.1%)

1 が言い, は軽蔑

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 が広く, を又

▼ 着た朝子~ (2, 0.1%)

1 のまわり, の姿

▼ 着た校長~ (2, 0.1%)

2 の安藤

▼ 着た~ (2, 0.1%)

2 の冠

▼ 着た梅ちやん~ (2, 0.1%)

1 と裸体, と裸體

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 だ, にこの

▼ 着た様子~ (2, 0.1%)

1 から鶏, もかへつて少年

▼ 着た毬栗頭~ (2, 0.1%)

1 の大男, の小男

▼ 着た気味~ (2, 0.1%)

2 の悪い

▼ 着た浄瑠璃語三人三味線弾二人~ (2, 0.1%)

1 が窮屈さうに, が窮屈そう

▼ 着た澤庵石~ (2, 0.1%)

1 なんてもの, を見る

▼ 着た無造作~ (2, 0.1%)

2 な身扮

▼ 着た爺さん~ (2, 0.1%)

1 がそこ, が火鉢

▼ 着た~ (2, 0.1%)

2 眼の

▼ 着た猫背~ (2, 0.1%)

1 のうしろ姿, の薄

▼ 着た男二人~ (2, 0.1%)

1 が声, の顔

▼ 着た男女~ (2, 0.1%)

1 が多勢, の人波

▼ 着た町人~ (2, 0.1%)

1 でご, のす

▼ 着た番頭~ (2, 0.1%)

1 に, や印物

▼ 着た白い~ (2, 0.1%)

1 ブラウスを, 顔の

▼ 着た白髯~ (2, 0.1%)

2 の老人

▼ 着た百姓たち~ (2, 0.1%)

2 が山刀

▼ 着た皇子~ (2, 0.1%)

2 を乗せた

▼ 着た監督~ (2, 0.1%)

1 が漁夫, に任せ

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 の覚める, の鋭い

▼ 着た盲目~ (2, 0.1%)

1 の少女, の老人

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 に掛けられました, よりは更に

▼ 着た祖父~ (2, 0.1%)

2 と私

▼ 着た稀代~ (2, 0.1%)

2 の美男

▼ 着た紋附~ (2, 0.1%)

1 だ汝, の羽織

▼ 着た紫陽花~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 着た羽織~ (2, 0.1%)

1 や着物, をすっと

▼ 着た肌着~ (2, 0.1%)

2 も単

▼ 着た自動車掛り~ (2, 0.1%)

1 だった, だつた

▼ 着た船員~ (2, 0.1%)

1 が集つて, は

▼ 着た色白~ (2, 0.1%)

1 の丸顔, の身なり

▼ 着た花嫁~ (2, 0.1%)

1 が健康, を中

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 侍が, 夫婦が

▼ 着た~ (2, 0.1%)

2 だと

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 の框, を背中

▼ 着た警官~ (2, 0.1%)

1 がおり, と酒屋

▼ 着た~ (2, 0.1%)

2 しい顔

▼ 着た赤い~ (2, 0.1%)

1 スウェッターが, 鎧が

▼ 着た赤鬼~ (2, 0.1%)

1 もいました, や赤い

▼ 着た跣足~ (2, 0.1%)

1 の女, の老人

▼ 着た車掌~ (2, 0.1%)

2 と運転手

▼ 着た逞しい~ (2, 0.1%)

1 姿を, 親仁だ

▼ 着た連中~ (2, 0.1%)

1 がずらりと, などの中

▼ 着た道士~ (2, 0.1%)

1 がその後, がひ

▼ 着た金博士~ (2, 0.1%)

1 とがぞろぞろ, と発明官燻精

▼ 着た金髪~ (2, 0.1%)

1 で小柄, の一少女

▼ 着た~ (2, 0.1%)

2 の竪琴

▼ 着た長身白皙~ (2, 0.1%)

2 の美青年

▼ 着た門番~ (2, 0.1%)

1 その大きな尖り, もその他

▼ 着た門野~ (2, 0.1%)

2 の姿

▼ 着た青白い~ (2, 0.1%)

1 端正の, 顔の

▼ 着た面長~ (2, 0.1%)

1 な年, の背

▼ 着た~ (2, 0.1%)

1 のすっこけた, のすつこけた

▼ 着た騎兵たち~ (2, 0.1%)

2 がぞろ

▼ 着た骸骨~ (2, 0.1%)

1 が型通り, を見た

▼ 着た高子~ (2, 0.1%)

1 は香料, は香料の

▼ 着た高島先生~ (2, 0.1%)

2 は常

▼ 着た鬱金木綿~ (2, 0.1%)

2 の裏

▼ 着た黒い~ (2, 0.1%)

1 ものが, 外套と

▼ 着た黒人~ (2, 0.1%)

1 が一人, の扈従

▼ 着た黒鬼~ (2, 0.1%)

1 が貂, もいました

▼1* [1073件]

着たあご髯の長い, 着たあなたが項垂れた, 着たあまり美しくない, 着たあんまだといふ, 着たいかにも英吉利の, 着たいかめしいお方で御座いました, 着たいつもにこ, 着たいや着たと, 着たうえに連環, 着たうなじの白い, 着たおとづれ人を待つ, 着たおとなしそうな, 着たおれの姿, 着たお上の鬼やらい, 着たお前さん方だもう, 着たお化けがいいました, 着たお姫様が向う, 着たお客の男女, 着たお宮をつれ, 着たお抱え馭者もいた, 着たお爺さんであと, 着たお茶屋のねえさん, 着たお蔭で村, 着たあいらしい狐, 着たかたちになりました, 着たかも知らずに, 着たがさがさした茶, 着たがらんで信心一三昧, 着たきたない男です, 着たきみの部下, 着たきれいな子どもたち, 着たげたばきの, 着たじきの, 着たこういう男に, 着たここの主人, 着たこじき婆さんです, 着たこどもにおしっこ, 着たこれという特徴, 着たに淫売, 着たさまざまの教員連, 着たざまあさぞ, 着たしかしリンゴの, 着たしっとりとした, 着たしどけない姿で, 着たすてきな美人, 着たずっと年配の, 着たせいようあくまのおそろしい, 着たたくさんの子供たち, 着たただ一人の男, 着たたのもしい山法師に, 着たちぢれ毛のコムソモール, 着たちょっとみると, 着たちんどん屋の連中, 着たっきり雀というの, 着たつまり私自身な, 着たつや子のうしろ姿, 着たでぶの爺さん, 着たでもあろう, 着たとか英語の, 着たときすずめがそれだけ, 着たとき桑港で中, 着たところ鮮人と見られ, 着たとてぐずり御免, 着たとても美しい顔, 着たとなかいの, 着たどちらも背丈, 着たどっかの小僧さん, 着たなり一人でポツン, 着たやけ男, 着たにがにがと, 着たえちやん, 着たのに駕籠を, 着たけもの, 着たひどい訛の, 着たへんなおじいさん, 着たほんとによい姿, 着たまっ白な女, 着たまひしこと今, 着たままころりとしき, 着たままそこに酔いつぶれ, 着たままその間にはひつ, 着たままそれぞれの職場, 着たままへやのすみっこで, 着たままゴミ除け眼鏡, 着たままションボリ坐って, 着たままズンズン二階のほう, 着たままピストルで頭, 着たまま丘のうえ, 着たまま二里の道, 着たまま人魚にでもなっ, 着たまま何か本, 着たまま例の通り, 着たまま入棺した時, 着たまま午前十一時の裏庇, 着たまま卓子の上, 着たまま博士と向い合った, 着たまま厠の中, 着たまま外國人のワイルド・パアティなぞ, 着たまま大股に右手, 着たまま奥の方, 着たまま左の袖口, 着たまま帽子を鷲, 着たまま息堰き切って, 着たまま散歩に出た, 着たまま有合せの蒲団, 着たまま机に右, 着たまま枕頭に坐っ, 着たまま椅子にかけ, 着たまま横倒しに砂利, 着たまま正月の餅, 着たまま毛布の下, 着たまま水の中, 着たまま煖炉の前, 着たまま王子の前, 着たまま監督の前, 着たまま私もマント, 着たまま群をなし, 着たまま足の方, 着たまま部屋の敷居, 着たまま隅の方, 着たまま露路や通り, 着たまるまる肥つた體を, 着たまんまの佐田はる子, 着たまんま半腐りの, 着たみすぼらしいほどのこの, 着たみたいだそう, 着たみどりである, 着たみのりがべったり, 着たむかしの坊さん, 着たもとの矢, 着たものしずかな人達, 着たもんでござんすから, 着たやさしいおまわりさんが, 着たやすかるべく真綿, 着たやはり年少の, 着たやや小柄な細っ, 着たよりその方, 着たよりも心丈夫だった, 着たわか姉さんが, 着たわたくしと小学校友達, 着たアイヌの老人, 着たアダリーが私, 着たアッシャー家の, 着たアメリカ人でしょう, 着たアレキサンドル・ミハイロヴィッチの肩, 着たイイナはジプシイ占い, 着たイガ栗頭の江馬兆策, 着たイギリス人でまだ, 着たイギリス女が二人, 着たイワノウィッチはいま揚々, 着たウェイトレスがパタパタ, 着たカキ色のすゝけた外套, 着たカルロ・ナイン嬢が静, 着たガス会社の工夫みたい, 着たキモノの絹, 着たキャラコさんがスキー, 着たクラネクが乗っ, 着たクララは恐怖, 着たクリスチャン五世の騎馬像, 着たケダモノなんで, 着たコーラスが一千人, 着たゴーリキイがバラライカ, 着たサイと弓子, 着たサークル員の女工さん, 着たシゴイさんのパパ, 着たシメオンが主要人物, 着たジェルテルスキーは最も, 着たジャガイモが出, 着たスパイ弁護士が深田, 着たスペイン人の男, 着たセエラを見る, 着たセミになっ, 着たソヴェトのプロレタリアート, 着たタイピストでもあらう, 着たタヌの胸, 着たチョンガレの托鉢姿, 着たッきりで何, 着たッけがお落掌, 着たッ切雀と云う, 着たて似合, 着たツヤがまるで, 着たツ切りでも困るだらう, 着たテカテカ頭の小, 着たデイトリッヒなどなかなか, 着たデンマークの公子, 着たドイツの軽, 着たドイツ人の給仕, 着たナイトを見た, 着たナポレオン型の美青年, 着たニウが広い, 着たニコニコした青年, 着たノッポの男, 着たノリ子さんがお, 着たハイカラが出, 着たハキハキした利口そう, 着たバルカロリも音楽室, 着たパナマ帽の叔父, 着たパリジャンの美青年給仕, 着たヒルマ・ゼッテルベルグの死體, 着たピノチヨは一人, 着たフィリッピンの少女, 着たフレッドさんしか見, 着たプロテスタント派の少女, 着たベトウヴェンのよう, 着たペンギン鳥が一匹, 着たボンヤリした四十過ぎ, 着たボーイ長らしい禿頭, 着たマダム・ヨサノの徒歩, 着たママー人形の可愛らし, 着たマルグリットを中心, 着たミスの勇敢, 着たミス・ソーヤーに云われた, 着たモンド公爵, 着たラスコルニコフが一人, 着たラマ僧が五人, 着たルイはちよつと恥, 着たレスパネエ夫人と娘, 着たレベッカやモオニング, 着たロンドン病院の看護婦, 着たローザの写真, 着たローズの姿, 着た一処士が番, 着た一匹の小, 着た一名の県吏, 着た一心に縫物を, 着た一揆を思え, 着た一群が来, 着た一隊の青年, 着た一青年が入っ, 着た丁寧でいばっ, 着た三十ぢかい肥肉, 着た三十八九の男, 着た三十前後の男, 着た三十歳ぐらいの男, 着た三味線が二梃, 着た上方の女, 着た上流家庭の少女, 着た上着のポケット, 着た上足は靴, 着た上野の姿, 着た下女が一応, 着た下役人であった, 着た下男が幾人, 着た下町風の女房, 着た斷着で, 着た不具の老, 着た不幸な子供等, 着た不誠実なもの, 着た与八は恥, 着た与太者らしい目, 着た世紀の怪物, 着た世話人に何事, 着た両手を前, 着た年輩の, 着た中国人ボーイが五六名, 着た中学生であった, 着た中年男に廊下, 着た中折帽の男, 着た中爺いさんが, 着た中爺さんは首, 着た中老の男, 着た中肉中背の四十歳位, 着た丸坊主の少年, 着た丸髷の脊, 着た主任の馬島, 着た乃木大将とそれから, 着た久保はやせた, 着た久左衛門が庭, 着た久留米絣やフランネル, 着た久米に遇, 着た乘手がまた, 着た乙女を犠牲, 着た九つか十位, 着た乞食でございます, 着た乞食ども外国人に舌, 着た乞食姿で土, 着た乞食少年です, 着た事務長が立っ, 着た二三十人の者, 着た二人づれの小さな, 着た二人連で大きな, 着た二人連れのおじさん, 着た二十ばかりの美青年, 着た二十五六の男前, 着た二十人ばかりの士官, 着た二十位の女, 着た二十余名の若い, 着た二十歳ばかりの娘, 着た二十歳あまりの女, 着た二十面相の死体, 着た二疋の狼, 着た二百八十間の橋, 着た五位の官人, 着た五六の西洋人, 着た五十ばかりの中老漢, 着た五十すぎくらいの丸顔, 着た五十余の男, 着た五十余歳と思わるる, 着た五十年輩の人, 着た五十年配の肥った, 着た五十恰好の赤ら顔, 着た五十格好の中老漢, 着た五十歳位のひどく, 着た五十過ぎの年輩, 着た五尺未満のチョビ髯, 着た井出夫人と向い合い, 着た京子はこれ, 着た人びとに悪意, 着た人セルを着た, 着た人品卑しからぬ, 着た人夫がどっさり, 着た人相のわるい, 着た人相骨格の嶮岨, 着た人種種雜多な服裝, 着た人袷を着た, 着た人見と船頭, 着た人足が四人路次, 着た松が, 着た仏様の尼さん, 着た仏蘭西人の子供, 着た付添いの武士, 着た仙人のよう, 着た仙女たちがマジメ, 着た仲間や馬丁, 着た伊左衛門じゃない, 着た会場整理の人足共, 着た会社の方, 着た会社員ふうの男, 着たの女, 着た伸子が素子, 着た住民があふれる, 着たや痩せ, 着た何処か一徹, 着た何百人もの少年, 着たが這入っ, 着た供一人連れて, 着たな頭, 着た係員を置く, 着た俗人もまた, 着た保吉一人を例外, 着た保母さんがい, 着た修験者であり一人, 着た俳友は産室, 着た倉持は大振り, 着たそうな, 着たが運転, 着た僕らの部屋, 着た儒者の質流れ, 着た儘三条の大橋, 着た儘圭介が彼女, 着た儘王様の椅子, 着た儘部屋の敷居, 着た優しらしい男, 着た元日の紫, 着た兄貴のお, 着た光遍寺の住職, 着た党員の示威運動, 着たのよう, 着た陽は, 着た全く常の, 着た兩手を擴げ, 着た公使館の書記官, 着た六七人の顕官, 着た六十恰好の爺さん, 着た六尺豊かな親父, 着た兵たいが往来, 着た其總代は顏, 着た典雅な姿, 着た写真師が助手, 着た出家と斯ん, 着たなんておよそ, 着たの裾, 着た刑事だった, 着た判官が数人, 着た別人の死体, 着た前髪の商人, 着たをさげ, 着た助手君が勇一君, 着た務めする女, 着た勤めがえり, 着た化け猫の姿, 着た北沢未亡人が連れられ, 着た北田卓一の事, 着た医師めいた男, 着たばかりの少年, 着た十一二の娘, 着た十二になる, 着た十二三さいのせいよう人, 着た十五六人の同勢, 着た十人ばかりの人物, 着た十人餘りの, 着た十八九の若い, 着た十八九位の學生風, 着た十六人のもの, 着た十歳くらいの少女, 着た十歳前後の腕白共, 着た千人の騎兵, 着た千代子が痩せこけた, 着た千代重が悠然と, 着た裸体の, 着た半島の婦人たち, 着た半白の五十, 着た半纏の印, 着た卑しげな, 着た印度人が来, 着た厨子王がついて行く, 着た友だちに言葉, 着た叔母さんがあつ, 着た口上言ひが, 着た古典主義者にすぎない, 着た古藤が皮類, 着た召使達を引きつれ, 着た可憐な乙女, 着たの手, 着た右近は容貌, 着た吉田が混じっ, 着た吊目の娘, 着た同じ背丈の, 着た同年輩らしい少女, 着た同志は云った, 着た吐蕃人でわからない, 着たは扇, 着た君子にぶつかる, 着た吾輩は今, 着た周旋屋がきょろきょろ, 着た味噌歯の少年, 着た和服の類, 着た和泉屋の内儀さん, 着た咲二が混, 着たのいい, 着た品夫が横たわっ, 着た品格のある, 着た哥薩克たちは矢鱈無性, 着た唱歌会員が通っ, 着た商人らしい支那人, 着た商人風の老, 着た問屋の女, 着た單衣もす, 着た四五人の職人, 着た四十あまりの士, 着た四十代の男, 着た四十前後の男, 着た四十左右の眼, 着た四十格好の人, 着た四十男がちらり, 着た四百人ほどの娘, 着た団員がたくさん, 着た団長が向う, 着た国王の姿, 着た園長が入っ, 着た圓朝の後, 着た土人の子供, 着た在方の男, 着た在郷軍人会分会長の角崎九蔵, 着た地味な婦人, 着た坂田省吾が神月, 着たい色, 着た壮士の様, 着た壮年の男, 着た壺井繁治と角帯, 着た壺装束をし, 着た外国の娘, 着た外山直堂であつ, 着た外記が門, 着た多くの女達, 着たを見た, 着た大きな大きな魚が, 着た大井篤夫が燈火, 着た大人が続く, 着た大兵肥満の人物, 着た大勢の女学生, 着た大塚警部に出会した, 着た大将を先頭, 着た大隈が執事, 着た天主教を宣傳, 着たを前, 着た夫人ぶりであった, 着た夷人が乗りこん, 着た奥村さんだつた, 着た奥様が江戸, 着た女の子たちは馬, 着た女の子赤ちゃんを重, 着た女みたいな男たち, 着た女わたしの悲しい, 着た女中さんがお, 着た女乞食が二歳許, 着た女二人に眺められ, 着た女優まが, 着た女児共は打連れ, 着た女史が病後, 着た女売子が両手, 着た女学校の生徒, 着た女学生たちはその, 着た女工たちがよく, 着た女形役者のやう, 着た女給さんが出, 着た女賊のよう, 着た女酒屋の下女, 着た女隠居に当りちらす, 着た妖婦型の若い, 着た妖怪はこの, 着た妖艶花のよう, 着たな女, 着たそっくりの, 着た姐さんでも京人形, 着た姐様もあれ, 着たはその, 着たがそんなに, 着た娘さんたちも歩い, 着た娘狐は袂, 着た婆さんが来, 着た婆アさまが塵埃除, 着たになっ, 着た婦人達や花簪, 着た婦達が四五人, 着た入衣裳, 着た子どもがまるで, 着た子どもたちでした, 着た子供達が嬉々, 着た子守娘は一番, 着た学帽の少年, 着た孫づれというの, 着た安部も見事, 着た宗匠体船頭らしい男, 着た宗右衛門が母屋, 着た官吏風の人, 着たい老婢, 着た客引きたちの人波, 着た宣教師の静, 着たと並ん, 着た宮廷武官の面々, 着た宮様の思い出, 着た家扶と執事, 着た家来たちのため, 着た家橘があわただしく, 着た家畜番としてしょんぼり, 着た容貌の醜い, 着た容貌魁梧な紳士, 着た宿の若い, 着た宿引だか, 着た寄宿舎にいる, 着た富山の売薬会社, 着た寒がりのアフリカ鶴, 着たの供, 着た寿江子が桃色, 着た射撃手の後, 着た小人のミンツ達, 着た小人衆はその間, 着た小使が両手, 着た小僧が汗, 着た小児が現われ, 着た小兵な学生, 着た小坂吉之助氏が扇子, 着た小太郎を見, 着た小女を見出した, 着た小学生というもの, 着た小母さんが突き飛ばした, 着た小者たちで戦場, 着た小肥りのオヤジ, 着た小造りの女, 着た少女浪子が, 着た尼さんが袋, 着た居竝んだ一群, 着た屈強の男, 着た屍骸とがある, 着たを抱える, 着た山上元ははじめ, 着た山猫釣りの野郎, 着た山田さんの奥さん, 着た岡田が自分, 着た岩元君をしか想像, 着たに置去り, 着たと成つて, 着た巌壁の聳えたった, 着た巖丈な體格, 着た巫二人が榊葉, 着た帝政時代風の侍僕, 着たの妹娘, 着た師匠の圓生, 着た常子はふだん, 着た常川警部が同じ, 着た幡江の白い, 着た平尾男爵であった, 着た平常の身装, 着た平生の服装, 着た年増と派手, 着た年寄りのわき, 着た年少の紳士, 着た年端もゆかぬ, 着た年配者羽織袴のは外套, 着た幸福が見え, 着た広田先生の長い, 着た床屋が, 着たの男女, 着た廿歳許の男, 着た弁慶は夜, 着た式部官のよう, 着たの手, 着た弱々しいおじいさんでした, 着た張首明が突き落される, 着たがこれ, 着たはおのずから, 着た役人が二人, 着た役場の人, 着た役者がおお, 着た彼等の姿, 着た律義らしい老人, 着たが玉の輿, 着た徒弟等が十五六人, 着た御殿風のお, 着た徳川慶喜に対する処断, 着た快活な青年, 着た怪人物が姿, 着た怪塔王がむずかしい, 着た怪物がゾロゾロ, 着た怪神が梨, 着た恐ろしい女に, 着たなし男, 着た息子と女學校, 着た悪魔の娘, 着た想像よりはずっと, 着た戀人が一聲, 着た成瀬に遇, 着たは滅多, 着た手ぎわはハハハ, 着た手さきが一つ, 着た手代風の男, 着た手足の細そり, 着た批評家がすわった, 着た技手がその, 着た振袖模様が伝つて, 着た支配人がヤー・ヤー, 着た放心したよう, 着た故身へは少し, 着た敏捷そうな奴, 着た教師達が集まっ, 着た数百人の人夫, 着た敵兵にピストル, 着た料理番のよう, 着た斬髪の伸びた, 着た新九郎は思わずブルブル, 着た新吉はそこで, 着た方どちら宮様なの, 着た旅客が店頭, 着た旅装の七兵衛, 着た旅館の取次人, 着た日本婦人で二十五, 着た日本魂や滋籐, 着た早川医学士と丸髷, 着た明らかに赤沢院長, 着た明晰な顔つき, 着た明智があらわれる, 着た明智探偵があらわれ, 着た明眸の女, 着たの女神, 着た時使用する立派, 着た晴れ着の尻, 着た月給取りは美しい, 着た服装を言い伝え, 着た望樓の役人, 着たの姿, 着た本人の住所, 着た本当の狆, 着た本統の悪魔, 着た本間さんとがまた, 着た札売の女, 着た杉田のため, 着た杉谷先生の姿, 着た材木店のご, 着た束髪の若い, 着た東京朝日の杉村楚人冠君, 着た東洋人らしい男, 着た東洋豪傑がレコード, 着た松助の名工柿右衛門, 着た松吉で達也様, 着た枕あんどんの光, 着た柔和な仁体, 着た柳吉が丁稚相手, 着た栄蔵は翌朝, 着た格好なの, 着た桃色のスリップ, 着た案内人のあと, 着た桐島の書生, 着た梅干爺さんでこんな, 着た棒縞さえ靄, 着た検疫官はボート, 着た楠野君の後姿, 着た楽隊を先頭, 着た肥りの, 着た横井が, 着た横柄な文句, 着た欣々夫人の白粉, 着た欧州種らしい二十五六, 着た正義が厳然, 着た此国の青年海軍士官, 着た歩き振りの極めて, 着た死体は煖炉, 着た死骸とがある, 着た殊勝な姿, 着た段鹿子を目的, 着た殿いな, 着た殿様蛙とその, 着た毘沙門天増長天という形, 着た毛織の上衣, 着たの利, 着た気品のすぐれた, 着た気持から解かれる, 着た氣丈な婆さん, 着たと垢まみれ, 着たない男, 着た池上の姿, 着た決して親愛を, 着た河野の姿, 着た法師が一人, 着た泥棒が崇禅寺馬場, 着た泳ぎ手どもは近, 着た派手な衣類, 着た流浪人は裸体, 着た浅吉は白扇, 着た浅黒い瘠せた男, 着た浜村屋がちゃ, 着たの色, 着た海坊主のよう, 着た海軍士官の一隊, 着た海軍服の広い青い, 着た海軍軍属らしい男, 着た清潔な姿, 着た渡辺弘の派手やか, 着た湯上り姿でこれ, 着た源次が俯伏せ, 着た準之助氏であった, 着た漁人が来, 着た漁師が鯨, 着た漢権守がその, 着た瀬川雅夫について素子, 着た火夫もわらっ, 着た無名の男, 着た無帽の彼女, 着たの影, 着た父親とは行田, 着たがいる, 着た爺さんふたりに附き, 着た片倉友吉が入っ, 着た牛行司の後ろ姿, 着た牧師と柚子, 着た牧野は邪慳, 着た物腰の細りした, 着た特高は私, 着た特高課の刑事, 着たがうろつき出したらしい, 着た犬殺しが一人, 着たして, 着たの生徒, 着た独身者らしい中年, 着た猟師が高く, 着たの子分, 着た猿帳面つける狐, 着たの屍, 着た王妃や内親王, 着た王子が出, 着た珍しい女達が, 着た生徒にたくさん, 着た産婆が一人, 着た田中絹代のため, 着た田川を両方, 着た田舎人だの編笠, 着た甲斐は刀, 着た甲斐甲斐しいビアトレスの, 着た男コール天のズボン, 着た男ボーイがテープ, 着た男女生徒が旋盤, 着た男学生と女学生, 着た男爵加藤が今夜, 着た男達の中, 着た町内の衆, 着た町娘で美し, 着た画家のよう, 着た畜生と申す, 着た番人が公園, 着た番兵の敬礼, 着た番頭さんのよう, 着た異国の女, 着た異様の女, 着た病人がうろつい, 着た痘痕のある, 着た痩猿の綱渡, 着たひげ, 着た白粉剥げの, 着た白縞の袴, 着た白襟の芸妓衆, 着た白足袋の女, 着た白髪白髯の老人, 着た白髪頭のルンペン, 着た白髮の總髮, 着た百姓が何, 着た盲唖院の唖者, 着た直子の手, 着た相当品格のある, 着た相手は太刀, 着た真直な姿勢, 着た真紀子は見違える, 着た覚めるばかりの, 着た眼もとのすずしい, 着た知世子も美しい, 着た知事代理や制服, 着たい真黒, 着た石竹色のしなやか, 着た祖先が何, 着た神主と一所, 着た神主達は今どこ, 着た神経質な顔つき, 着た神者が彷彿, 着た福助がチョコチョコ, 着た禰宜が色斑ら, 着た禿頭の老人, 着た秀麿と同年位, 着た私服のひと, 着た秋蘭が早く, 着た稚児僧が粗末, 着た種夫や新吉, 着た稲妻が向う, 着た窮屈さッたらありませんでしたぜ, 着た童部たちに画棹, 着た童顔でブロンド, 着た競馬の馬, 着た笠原七次郎が凍えた, 着た二の, 着た管理人は無言, 着た米友は例, 着た素子と伸子, 着た素晴らしい美少女が, 着た素足の大きな, 着た細い海蛇を, 着た細長い十五六の, 着た結城正敏店先に現, 着た給仕人がやつ, 着た給仕女が三人, 着た絹セルの単, 着た綿衣それらは皆荘園, 着たの胸衣, 着たなし眼鏡, 着た美丈夫が日没, 着た美人だと, 着た美人連が, 着た美奈子の後ろ姿, 着た翌日この男, 着た老人技師風の人たち, 着た老人鮮かな色, 着た老婆さんと一緒, 着た老媼の姿, 着た老若男女の列, 着た者雑服の者, 着た耶蘇の尼さん, 着た職工さんでもう, 着た職工風の男, 着たを見, 着たの揚物, 着た肉体が蛆虫, 着たの白い, 着た股引を太く, 着たに掛け, 着た背むしのよう, 着た背中が黒く, 着た胡麻塩頭の亭主, 着たを後, 着たから上, 着た能面の翁, 着た脆弱そうな少年, 着た脇あけの口, 着たを最初, 着た腰元や奥女中, 着た臭い頭を, 着た至つて碎けた人柄, 着た舎人が持っ, 着た船乗りが乗っ, 着た船乘りらしい汚い, 着た船頭が付い, 着た船頭どもだ, 着た艇員が四五人, 着た良人と並ん, 着た芝居者らしい男, 着た芥川龍之介にはじめて, 着た芭蕉が何本, 着た花売女がわざと, 着た花聟が観音像, 着た若々しい女性が, 着た若いおとなしそうな, 着た若い男らしく私が, 着た若い衆の姿, 着た若い逞しい船夫であった, 着た若くない男, 着た若づくりの夫人, 着た若武者が自分, 着た若者連が焚火, 着た若衆はセッセ, 着た苦學生らしい若い, 着た英国人らしいのに, 着た茶店の親爺, 着た茶摘男とか黄袍, 着た草鞋脚半の變, 着た荻生さんの姿, 着た莞爾した老, 着た華車な将校, 着た菰田源三郎が現れよう, 着た萩原恭次郎はフランス風, 着た萬朝たちがまめまめしく, 着た落ちつきのある, 着た葬儀屋の男, 着た葬列のものたち, 着た薄化粧したよう, 着た藤八猿が奥, 着た藤枝外記の姿, 着た藤沢は女, 着た虚無僧が柳, 着たが帶, 着たのよう, 着たは雪の下, 着た衣装であらう, 着た衣裳が今年, 着た被害者の屍体, 着たと羽織, 着た裁判官がパラ・パラ着席, 着た裁判官たちの唇, 着た裏町の琴, 着た裸足の子供たち, 着た襟元が見える, 着た西村さんがそれ, 着た西洋婦人が乗っ, 着た西班牙女が頻りに, 着た覆面の客, 着た見張り番が案山子, 着た見覚えのある, 着た覚えなどは毛頭, 着た覚平は大きな, 着た親仁も居た, 着た親仁嘴を以て床, 着た親方は太い, 着た観衆はゾロゾロ, 着た角刈の中僧, 着た計りで扨, 着た記者に言っ, 着た警察の小使, 着た護謨合羽と羽織, 着た護謨長靴ばき, 着た豆大の人, 着た象牙画のやう, 着た貧しい小さな男の子, 着た貧弱な男, 着た貧民町の同級生, 着た貴女はなめらか, 着た貴族院議員が日比谷, 着たの部下, 着た質素な風俗, 着た赤ん坊を抱いた, 着た赤井源一郎が勢, 着た赤星ジュリアが明るい, 着た赤毛布たちが上野駅附近, 着た赤蛙が先, 着た赤髯の男, 着た赧ら顔の頑丈, 着た赭ら顔の肥満紳士, 着たのまわり, 着た身長抜群のコルシカ人, 着た車夫の声, 着た車掌みたいな人, 着た軍隊に対した, 着た巡洋艦とが, 着た軽快な後姿, 着た轢死婦人の屍体, 着た辮子の長い, 着た迷信家がたくさん, 着た通り魔のよう, 着たのまあたらしい, 着た遊び人体の男, 着た遊女が一人横, 着た運転手に声, 着た道中師らしい二人, 着た道者がぞろ, 着た達治さんむっつりした, 着た選手たちに道, 着た避難者の群, 着た邦子が笑っ, 着た部下がおくれまい, 着た郵便屋さんとふと, 着た郵便配達が自転車, 着た郵便集配人を伴つて來, 着た配電室の技師, 着た臭い息, 着た酒井が頸元, 着た怪な, 着た里春が片, 着た重々しいオヤヂでした, 着た野蛮国だと, 着た野郎ですひょろひょろ, 着た金持の菓子屋, 着た金釦の学生, 着た銀杏返しの女, 着た銭巻ひょろりとした, 着た裾の, 着た長いオーバーの, 着た長五郎が石, 着た長大赭面の壮漢, 着た長身面長の三十五六歳, 着た長顔の鬚, 着た長髪の紳士, 着た間屋の女, 着た関西弁の男二人, 着た附近の子供達, 着た陸軍少佐の藤原威夫, 着た険しい山や, 着た隊長だ, 着た雅子を一度, 着た雑使婦の婆さん, 着た雑誌記者らしいの, 着た雪駄直しが薄い, 着た電報配達夫だったという, 着た露助が撃沈, 着た青年子爵が二, 着た青年紳士が一人, 着た青眼が謹しん, 着た青道心が転ぶ, 着た革羽織というの, 着た音楽隊はフィガロ, 着たは少し, 着た順礼に奉, 着た須美子をまんなか, 着た頑丈な男, 着た頑固そうな書生, 着た顋髯の長い, 着た顔じゅう無精ひげ, 着た顔中髯だらけの大男, 着た顔見知りのない, 着た風体のよく, 着た風景でもあっ, 着た風流客は意外, 着た飮屋の女, 着た養女のみち子, 着た饗庭芳子は輝く, 着た香潮の妻, 着た馬上の敦盛, 着た馬商人が来, 着た骨っぽい肩を, 着たは幾らか, 着た高僧が近づい, 着た高圧が自分, 着た高島田の令孃姿, 着た高座姿が可愛い, 着た高等学校の制服, 着た高級船員でありほか, 着た髪の毛の黒い若い, 着た髭むじゃのアイヌやシャモ, 着たの赤い, 着たのある, 着た鬚髯と眉毛, 着た鬣狗は身, 着たでほん, 着た魔物が乗っ, 着た魚屋が自転車, 着た魚屋さんとでもいった, 着ただの少し, 着た鳥取藩の士官, 着た鳥打帽の人相, 着た鳶頭が忙し, 着たのよう, 着た鹿爪らしい, 着た麻川氏が部屋, 着た黄色いジャケツ, 着たの中折, 着た黒坊主よ, 着た黒岩万五だ, 着た黒紋付の羽織, 着た黒縮緬の紋着, 着た黒羽二重に大きな