青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「管~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

筒~ ~答 答~ ~答え 答え~ ~答えた 答えた~ ~答える 答える~ 策~
管~
箪笥~ ~箱 箱~ 箱根~ ~箸 箸~ ~節 節~ 節子~ ~範囲

「管~」 1666, 18ppm, 6356位

▼ 管~ (311, 18.7%)

16 中に 14 ような 12 中を 10 ように 8 中の, 中へ 6 やうな, 中で 5 先から 4 中には, 先に, 前に, 尺八を 3 なかに, 太さ, 栓を, 端が

2 [11件] うえに, もつ性格, 一端が, 上に, 中から, 尺八に, 煙管で, 発明者ローヤル・ソサィティ会長の, 穴を, 笛を, 裏に

1 [176件] あとに, ある方, いい材料, うちには, お尻, ごとき柔かき, さきに, しらべ洋々, そばに, ついたマイクロフォン, ついた小さい, ついた金具, ところへ, ところを, なかで, まずい使い方, むせびた, やうに, ようであっ, ようにも, アンティシペーションが, シイシイスウスウプウプウいう, シノ笛でした, ヒラメントが, ペンに, 一つが, 一方を, 一端に, 一節切に, 上へ, 上端の, 下まで, 中は, 五体に, 作用で, 便所が, 修繕を, 先が, 先き, 先は, 先を, 先端を, 光に, 入り乱れた格子, 内に, 内には, 内側が, 内部が, 内部とか, 内部は, 内部的歪による, 出て, 出口から, 出口が, 出口に, 出来た蓄音器, 切ったの, 力を, 千本格子が, 卑しからぬ, 印が, 口から, 口を, 古物じゃまで, 合せ目へ, 吸口を, 吹奏を, 味に, 外には, 如くそして, 小笛, 尖を, 尺八でありました, 尺八であります, 工合と, 底に, 底まで, 形との, 形を, 感激ばかり, 戦捷を, 所へ, 折れたの, 抜き出し処置, 指紋と, 搏動が, 故障だ, 故障で, 故障を, 方へ, 方を, 時分高い, 曲者が, 枝が, 枝は, 柄の, 根本が, 構造と, 横笛を, 機構と, 気柱を, 水を, 温まるの, 湯気, 溝の, 燃えさしだけを, 物理, 玉の, 発達の, 短笛, 破る, 破片が, 破片と, 破片を, 祝典を, 穴から, 突先まで, 端から, 端の, 竹では, 竹に, 竹を, 竹笛に, 笛が, 笛だけは, 笛である, 笛に, 笛に対する, 笛ぶ, 笛懐ろに, 筆ある, 筆によって, 簧, 組合って, 縫目から, 繼手の, 罪です, 美術省に, 聲, 肉だけを, 色が, 苦しき叫喚, 蓄音器屋などが, 薄い水色, 薬を, 蠅とり器で, 血液の, 装置であった, 装置は, 裝置されたる, 製作の, 西口の, 角度は, 言葉に, 走って, 通った他, 適当なる, 長さ, 開閉ネジを, 間から, 間を, 関が, 零と, 青と, 音が, 音そのものまで, 音は, 音も, 音を, 音律に, 音色が, 音色の, 頭に, 頭を, 顔である, 首を

▼ 管~ (275, 16.5%)

9 巻いて 5 捲いて 4 巻くこと 3 まいて, 持つて, 採る, 通って

2 [18件] しながら, 卷いて, 友に, 収め壺屋, 取って, 哺ませ, 左の, 巻くの, 巻くよう, 捲いたり, 捲くよう, 捲く声, 突きこみ何, 耳に, 覗くたび, 豚の, 足に, 邪見至極に

1 [209件] あてて, うしろに, うずめて, おいて, お誓い, かくして, くは, くわえて, くわえながら, ぐるぐる巻き, さげて, さしこみその, さして, さし込んで, しげしげと見入り, じいっと見つめ, そっと外した, そのま, その中間, その合目, その機械, たらして, つかって, つくり番所, つけそれ, つけたる, つけた物, つけて, つなぎ干菜つる, とおって, とって, どうして飴, どうする, のみこまされた, はめこんだ飛行士, はめられて, ば上より, ひくこと, ひっぱって, ぶら下げて, まきそれら, まき出したの, まき盃, まく者, もちあげ電燈, もって, もとの, やって, わたしの, サイフォンに, ポンと, 一まとめに, 両手で, 中心と, 丸く曲げ, 二条用い, 今さら覗い, 今調べます, 付けその, 伝って, 伝ひ, 伝わって, 伝声管代りに, 作つて入, 使い石鹸, 使うよう, 使ったから, 使って, 使用し, 傳つて際限も, 傾けて, 入れて, 入れられポンプ, 入れるため, 其方向に, 出した, 出して, 出す, 切ったとか, 切られて, 刺し込む習性, 助手に, 勢猛, 十二指腸へ, 卓の, 卷いてる男, 卷く氣, 卷ひたつ, 取つて, 取り出して, 取り換えちゃ, 取り直して, 受取った, 口から, 口に, 口中から, 叩いた, 右手に, 吸って, 吸口深く, 吹いて, 吹き鳴らして, 咥え, 咥えた, 咽喉から, 啣え, 啣えた, 啣へ, 啣へながら, 図の, 垂らす余裕, 垣根の, 塀の, 壞す, 外しそれ, 外して, 客の, 室内に, 差し込んで, 巻いたこと, 巻いたり, 巻いても, 巻いてる, 巻かれちゃ, 巻きつつ, 巻き大, 巻くに, 巻くやう, 巻くわよ, 巻く安易, 巻こうと, 幕の, 幾重にも輪, 引っぱり上げた, 当てがった, 悪くした, 手に, 打ちつけて, 打ちまくるやう, 抜いたとしても, 抜き放して, 抜くその, 持ち片, 持った蜂, 持って, 指先に, 挿されたり, 挿し込まなければ, 捲いた, 捲いたくらい, 捲いたほどの, 捲きはじめた, 捲くやう, 探り出しました, 掻いた, 插し, 插入れ, 握って, 握つて秀句, 擦ったら破れて, 擦つたり, 斜に, 是に, 棚から, 水中に, 浸して, 液の, 火に, 無数に, 焦げるやう, 熱したとき, 生じそれ, 用い明治十一年発行, 痙攣的に, 眺めた, 突くと, 紛失し, 結びつけ摂氏三十七度, 結びつけ更に, 結合する, 総て塞い, 繰返して, 置く, 肛門に, 肩に, 荷ふも, 融かしながら, 見つけて, 見詰めながら, 觸れ合せ, 試みたる後, 調べながら, 調査した, 買つた金物店更に, 走り廻つて, 越させて, 蹴飛ばしたり, 蹴飛ばして, 蹴飛ばしでも, 通しに, 通す円い, 開きに, 開けしまま, 附けて, 附けなくては, 震は, 頬ばらう, 飾る人, 鷲づかみ

▼ 管~ (146, 8.8%)

2 あせるばかり, なって, なつて, 入れて, 水が

1 [136件] あせり続けたの, あつた, あやまって, この暗号解読, して, せられ家内, それを, つめて, ながれて, なった, なるでしょうからね, ふれて, まわって, むかって, めでたしとも, やって, よき衣, わが職業, わび奉りぬ, ジャイロスコープに, ミルが, 一〇ないし, 一七二〇年三十五歳の, 主人の, 二里ばかり, 他人の, 代って, 健康の, 傷つけて, 入った粉末, 入って, 入れた乳, 其の唐鍬, 其の筆鉾, 冷却水を, 刻まれた微細, 化して, 取りかかった, 口が, 向つて, 吸ひ上げた, 吸ひ入れ, 呆れつつも, 地上の, 声を, 外部よりの, 天に, 夫を, 妖怪変化の, 宥恕を, 密を, 寒毛樹立する, 封じ込んで, 巻いて, 巻き取るそう, 巻く, 平和ぞ, 後姿を, 怖ろ, 思ひ込んだ, 思ふて, 急いで, 恍惚として, 息を, 慌て, 懺悔の, 於て, 日常生活の, 時間表出帆日程或は, 此島根生ひ, 死を, 氣運の, 水道の, 沈まうと, 没落への, 波うって, 注がれた二つ, 流しこまなければ, 流し入れたよう, 流れて, 流れるの, 流れ居候, 流れ込むこと, 流動する, 涼風颯々と, 溜って, 溢れ渡って, 潮し来れり, 潰瘍を, 火が, 火を, 点火し, 焦つて, 熱の, 猛進する, 現われる放射線, 現状打破を, 甘い味, 皇軍使命の, 真実なら, 眠るばかり, 眼に, 神に, 神を, 窒息した, 粟の, 細長く切つてガーゼ, 結ぶそして, 継ぎ足しを, 考うる, 聖句を, 膠柱の, 臣下の, 自分の, 自分のみが, 自分を, 自己の, 虚譫をのみ, 裳を, 触れさして, 言ひ腐すべき, 読者の, 謝罪します, 貴女を, 賞め稱へ, 足許を, 通して, 連って, 連結する, 道を, 適当な, 醫者の, 針金を, 限り無く, 頬を, 願上ます

▼ 管~ (120, 7.2%)

3 出て, 通って

2 [11件] あって, せつなげ, それに, ついて, とりつけて, どうかした, 一本あっ, 幾つも, 挾んで, 破裂し, 蛇の

1 [92件] あちこちに, あった, あつて, あり叔父, あり呑口, ある, あるお前, ある君, あれば, あんまり長い, いくつも, うしろへ, この透き通る, さしこまれた, すうっと, つき出して, つく送風機, つまって, とびいろの, どうしてか, なからう, なくたつ, ぬいて, ぱっと明るく, ひきつけるから, ぺちゃんこに, むざんにも撃ちぬかれ, ガリガリと, ボーイの, 一つ一つ青い, 一時狭窄され, 一本ある, 一本ぶら下り, 上へ, 下の, 二本かなり, 二本出, 五本並ん, 付いて, 伝声管の, 何うし, 備へ, 光りだした, 共鳴し, 切られたもう, 切れたり, 切口から, 十字架を, 同時に揺れ, 地面に, 垂れさがりその, 垂直に, 壁について, 外れガス, 少し横, 工事半ばで, 差し入れられて, 徐々に出, 急激に, 悪いの, 我国でも, 或る, 投げ出されて, 敏感に, 斜に, 止めて, 焔室の, 無くなった, 無残にも, 熱して, 現れて, 現われて, 種切れに, 空に, 窮屈そうに, 立って, 縦に, 縦横に, 聞えて, 花粉より, 苦しそう, 薄紫色に, 見えなくなって, 見える, 走って, 通して, 過ぎた, 針金で, 錘の, 音の, 食っついて, 黄色にな

▼ 管~ (58, 3.5%)

4 に對 3 の功業 2 と鮑叔, の人物, の仁, の如き, を美め

1 [41件] が, がいっ, がいなかった, が公子糾, が其君, が戦場, が桓公, たり楽毅, であつ, とを理想, に許, に許され, に許し, に許した, の人, の力, の功, の器, の引渡し, の理想, の称, の評語, は三帰台, は人物, は仁者, は敵, は斉, は生き永らえ, は生命, は礼, ほどの人, ほどの仁者, もまた, も墨, も大夫, を評し, を辯護, 去りて, 同じく齊, 程の仁者, 老馬

▼ 管から~ (49, 2.9%)

1 [49件] あぶくを, しっかりと, その恐ろしい, ただ滴々と, ながれでた血, クロス, 一つの, 一時に, 一時間半噴出した, 上るん, 入る外部, 出して, 出るもの, 出るよう, 分かれて, 吸い込まれて, 吹き出して, 導線を, 彼は, 必要の, 扉の, 抜けて, 抜離され, 撃ち出される弾丸, 文芸の, 栄養分を, 水の, 水を, 汽罐室へ, 流し出し, 流し込むの, 流れ出る時, 滲み出させるか, 漸く弱い, 甘味しい, 生血を, 白い煙, 眺めると, 管へと, 紙片を, 胃に, 脱出する, 落ちて, 貝母の, 貰った書面, 赤い煙, 迸出する, 酸素が, 際限も

▼ 管~ (49, 2.9%)

2 もういい

1 [47件] あいかわらず天井, あっても, いかにし, いつのまにかうまく, かれの, そこで, その技術, どこであろう, どこへ, ない私, なんで, ほんの少し, まもなく雪, みなそこから, もんどり打つ, やがてグルリ, んさ, ガス管から, キャビネットの, ゾンデと, ラジウムの, 上部突出部および, 下の, 二十一吋四門という, 二米ばかりの, 健全である, 全開と, 別として, 古くなっ, 地震によ, 大空に, 屍体の, 床の間の, 当時既に, 後の, 心臓を, 日に日に衰え, 普通人には, 本当に腸, 村の, 沈錘の, 河岸の, 牝牛の, 穴へと, 船長が, 軟かい薄肉, 飛び散りガラス

▼ 管~ (43, 2.6%)

1 [43件] うしろ手を, しゃんしゃんと, そのふくれた, それなら, つながって, できて, もって, ようやく通路, シャボン玉を, スパ, チュウチュウ吸った, 伸して, 保ち上, 全市に, 其のふくれた, 出しそれ, 分配される, 力なささう, 含ませようという, 吸った, 吸ひとりこれを, 吹きあげる噴水, 少しずつ, 庭の, 打わ, 摺出す, 政枝の, 横腹に, 毛糸の, 水を, 水出しを, 熟と, 目隠しも, 眺入って, 空気を, 綺麗に, 耳を, 聴く蓄音機, 脈へ, 腫物の, 艪を, 送られはじめて, 飲ませた

▼ 管~ (40, 2.4%)

3 の予言 2 は, は言下

1 [33件] がいう, が一筮, が世の常, が卜, が教えた, が教えました, が道, という未来, と申せ, に人, に卜, に謝, のところ, の仕業, の卜, の家, の郷土, はあえて, はかたく, はその, はなお, はふたたび, はわれ, は人, は今, は何, は卦, は左, は笑っ, は首, もそれ, を召し, を魏宮

▼ 管~ (25, 1.5%)

2 を盗みました

1 [23件] が伝えられ, だという, であった, といふ玉, とであった, とを盗み取った, と勾玉, のこと, の中, の次ぎ, の魔力, は病める, も出, や素晴らしい, を, をかけ連ねた, をね, を大兄, を奪え, を引きたれた, を持っ, を攫ん, ノ類

▼ 管~ (24, 1.4%)

2 なり讚美者

1 [22件] あれを, いって, しそして, なるを, よく似た, 云ったよう, 人間の, 何かの, 壁と, 小さい変圧器位, 水道とが, 浚渫機とを, 為したの, 無電装置との, 生命綱, 称し明治十四年版, 管の, 絃との, 結晶石の, 血管とを, 記し同年板, 電池が

▼ 管~ (22, 1.3%)

3 を使う 2 というの

1 [17件] が住ん, すなわちオサキ, という鼠, とも白狐, と名づけ, と称する, の住, の名称, の教え, の秘密, はどう, は決して, は駿州, をぬすん, を取り戻さなけれ, を自分, を養っ

▼ 管~ (16, 1.0%)

3 しねえが

1 [13件] しません, グロテスクな, フラスコを, 副總管, 可動橋の, 同調回路が, 巻き上げ器械, 放射性物質の, 板や, 瓦斯管地下線そんな, 繋船具などの, 鋭敏な, 1尺の

▼ 管~ (16, 1.0%)

2 の中

1 [14件] が最, などの中, なら管子, にし, のいわゆる, の如き, の所説, の書いた, の解題, はもと, は勿論, は大, を道家, 小匡篇

▼ 管~ (14, 0.8%)

1 [14件] からの, からのお, からのお触れ, からのきびしい, からはこの, から来た, から来る, が百方周旋, と改められる, に仰ぎたい, の, の方, の方針, も福島出張所

▼ 管~ (13, 0.8%)

1 [13件] この高圧電気, ない三根夫, なければ, マストも, 一日々, 取付けられすっかり, 大てい, 大部分, 寸分ちがわない, 水の, 火薬嚢も, 生れたためし, 註文した

▼ 管には~ (9, 0.5%)

1 きまって金環, まだ暖, もう魚雷, 世を, 猿や, 現実赤い, 直径一インチ半二インチ二インチ半と, 自然に, 色々な

▼ 管を通して~ (9, 0.5%)

1 与える, 号令が, 呼吸し, 大便に, 大空を, 捕えがたい, 操縦士の, 無理矢理に, 送られる状態

▼ 管という~ (7, 0.4%)

1 どんな弱い, のは, ものには, やつは, 発射管には, 笛は, 若い純真

▼ 管~ (7, 0.4%)

1 から吹き出, に, により多く, に動作, に吸い込ませる, の功業, の酒精

▼ 管~ (7, 0.4%)

1 と合わし, と竪笛, の音, を吹き, を吹く, を弄ぶ, を手

▼ 管でも~ (6, 0.4%)

1 つけて, ひっぱり出して, 巻いて, 巻かないじゃ, 巻かれると, 弦でも

▼ 管~ (5, 0.3%)

1 ねえ, ねえたあ, ねえつちいもの, ねえん, もんぢや

▼ 管からは~ (5, 0.3%)

1 よく気, ウヰスキイの, サッと巨大, 水が, 現に猛烈

▼ 管~ (5, 0.3%)

1 てゐた, てゐる, て善政, て威権宗臣, 其の學

▼ 管みたい~ (5, 0.3%)

2 なもの 1 ですね, に, にぐにゃぐにゃ

▼ 管~ (5, 0.3%)

1 から出る, に罅, の焦点, は金属, を使った

▼ 管~ (4, 0.2%)

1 たみ八つ皮だ, ねエバアジン, のが, の測

▼ 管との~ (4, 0.2%)

1 入つた, 接触部の, 温度に対する, 間に

▼ 管はん~ (4, 0.2%)

3 で下さい 1 で置く

▼ 管~ (4, 0.2%)

1 よりつよい, 吸収し, 墨汁を, 煙草を

▼ 管仲楽毅~ (4, 0.2%)

1 に劣らず, に擬し, に比し, に比せ

▼ 管~ (4, 0.2%)

1 が, がそこら, の小屋, を訪

▼ 管~ (4, 0.2%)

2 の方 1 でそこ, の壁際

▼ 管~ (4, 0.2%)

1 うけん, やされ, やされた, やされ過ぎた

▼ 管~ (4, 0.2%)

1 なんか, には, の昔, の英語翻訳

▼ 管~ (4, 0.2%)

1 に擬し, に関する教, の音, よりもしげく

▼ 管~ (4, 0.2%)

1 か素槍, のやり場, もそれ, よ

▼ 管~ (4, 0.2%)

4 の交

▼ 管さん~ (3, 0.2%)

1 に逢う, は寿司, は新内

▼ 管はず~ (3, 0.2%)

1 に夢中, ぶちまけと, 踏込むで踏躙

▼ 管より~ (3, 0.2%)

1 グンと, 之を, 天を

▼ 管わん~ (3, 0.2%)

3 で下さい

▼ 管を以て~ (3, 0.2%)

1 ツォイスの, 天を, 活ける蜈蚣

▼ 管仲晏子~ (3, 0.2%)

1 のみを天下, を知る, 之功

▼ 管仲樂毅~ (3, 0.2%)

1 たそ, などの人々, の下

▼ 管~ (3, 0.2%)

1 が品切れ, を一箱宛買い, を三箱

▼ 管~ (3, 0.2%)

1 というやつ, のもの, のコーニッシュ罐

▼ 管~ (3, 0.2%)

1 勘弁を, 寛恕御, 歎願申上ゲル次第ニ候得バ何卒

▼ 管~ (3, 0.2%)

1 に祈っ, を寄せた, を惱

▼ 管頼む~ (3, 0.2%)

1 とお, と云う, と小さく

▼ 管あこた~ (2, 0.1%)

1 あんめえなお, あ有ん

▼ 管あねえ~ (2, 0.1%)

1 から奪取つて, な

▼ 管いつ~ (2, 0.1%)

2 ぱいに

▼ 管この~ (2, 0.1%)

1 山の, 旧友の

▼ 管~ (2, 0.1%)

1 へも手, へ巻かなかつたら

▼ 管それ~ (2, 0.1%)

1 がため, を佳味

▼ 管だけ~ (2, 0.1%)

1 そなえたる動物, ひとりさざめく

▼ 管として~ (2, 0.1%)

1 それを, 竹も

▼ 管について~ (2, 0.1%)

1 よじのぼる考え, 少しずつ

▼ 管よりも~ (2, 0.1%)

1 この方, 壁体が

▼ 管を通じて~ (2, 0.1%)

1 大洋と, 海水中より

▼ 管フィルム~ (2, 0.1%)

2 はそれら

▼ 管レコード~ (2, 0.1%)

1 の中, を用

▼ 管仲之器~ (2, 0.1%)

2 小哉

▼ 管仲評~ (2, 0.1%)

1 が前後一致, に關

▼ 管~ (2, 0.1%)

1 から一道, の光

▼ 管勉強~ (2, 0.1%)

1 で打消さう, に沒頭

▼ 管~ (2, 0.1%)

2 がベルリン

▼ 管喇叭~ (2, 0.1%)

1 の音, や角笛

▼ 管~ (2, 0.1%)

1 に当っ, を攀じのぼっ

▼ 管恐怖~ (2, 0.1%)

1 した, に囚

▼ 管~ (2, 0.1%)

1 という者, は匈奴

▼ 管~ (2, 0.1%)

1 の徒, の説

▼ 管欲する~ (2, 0.1%)

1 やうに, ように

▼ 管歳費~ (2, 0.1%)

2 を辞する

▼ 管~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 管自分~ (2, 0.1%)

1 が跳躍, を悲慘

▼ 管蓄音機~ (2, 0.1%)

1 が持出された, を聞きそこなった

▼ 管記録~ (2, 0.1%)

1 が種々, の寿命

▼ 管詩人~ (2, 0.1%)

1 と劇部, と申すべく

▼ 管~ (2, 0.1%)

1 がここ, が鉄砲玉

▼ 管~ (2, 0.1%)

1 を扱, を扱わせた

▼1* [227件]

うち吹ける, 管えやしねえな, 管杉さんに, 管煙突の, 管かたぶけて, 管からの滝は, 管さえ巻かれぬであろう, 管し給う政令始めの, 管するのが, 管せざりし也, 管せしめた由である, 管せらるとき, 管だの手回しだの, 管であり地下鉄道も, 管であるので喜兵衛, 管できるものなれ, 管ではないが, 管とか天彦とかいう, 管とにとりつけて, 管とは何です, 管とをとった, 管のでその, 管なぞの数点を, 管などが置いて, 管などは農業の, 管などを片づけると, 管ならびにフィルムの, 管なんか巻きやしないから, 管にさえ移せば, 管になつて鳴り響いた, 管にも流れて, 管によつてその, 管はとぼった, 管ばかりを巻いて, 管へと張り渡し, 管へも皮膚へも, 管まきにかこつけ, 管さを, 管やら何やらが, 管ら時の經, 管ら金起を愛したる, 管をもって托鉢する, 管スピーカー等を材料, 管ダイヤルコイル等に変形, 管縛ラレル, 管ナンバーは5・6・7・8, 管水冷ニ特ニ注意ヲ, 管バケツ洋灯の火屋, 管ビールで間, 管襁褓ニ添エテ慈悲ノ, 管丁度この破片位, 管不思議に思っ, 管なかれと, 管二本で二つ, 管懐かしさ, 管他人の好尚, 管以外の多く, 管仲の書に悪女怨気, 管仲之仁一矣の注, 管仲功業の顯著, 管仲戦国の名将軍楽毅, 管仲楽毅いま何処にあり, 管仲魏徴の事, 管仲鮑叔ごとき類, 管仲鮑叔以上だという, 管休息を求める, 管の無事, 管信長に頼った, 管候補者は皆口アングリ, 管全部を水銀, 管八小学校教員斎田初雄村のもの, 管其機会を待っ, 管努力して, 管勉励の途, 管勘次を慕, 管で一本, 管卯平の元, 管卷くを見れ, 管及銅管を通じて海水中, 管キヲノミ喜ブハ贋物ヲ, 管合唱は放, 管の詩, 管哀訴嘆願して, 管みて, 管営指揮使の妻, 管四方の壁, 管地下線そんなもの, 管の諸子, 管が今, 管外国婦人の所業, 管に祈る, 管天險の比, 管のため, 管失敗のない, 管失業地獄に呻吟, 管歎願誠恐, 管姫上を眷慕, 管の冥福, 管子供の為, 管子呂氏春秋山海經尸子國語等と同じ, 管子晏子春秋國語國策と云, 管の壁, 管學大臣張百熙榮慶及び湖廣總督張, 管守二三名も詰め, 管守門番など皆, 管家婆という役目, 管に過ぎ, 管の人, 管巻くもあり, 管希望の至, 管諸会社, 管に見せよう, 管彼女に智力, 管怪美人に謝まろ, 管恐懼して, 管となり, 管に打たれる, 管懊悩した, 管懸けられている, 管我が演じいだす所, 管我國の風, 管物を, 管所あてに提出, 管の取手, 管抄吾妻鏡そのほか, 管拝みまするを見, 管リ来タリ捻, 管支那街らしい左右, 管支配せられ圧制, 管晏傳の贊, 管晏等の覇者, 管をくれる, 管書きに書き説き, 管有りまするがあれ, 管にむかつ, 管もなけれ, 管松吉の成長, 管検屍を恐れた, 管楽者と絃楽者, 管を通じ, 管樓臺人寂寂鞦韆院落夜沈々と云, 管の橋梁工事, 管の家, 管死病の自分, 管母上の全快, 管水銀蝋燭硝子瓶護謨毬各種の縫針, 管江大人鹿都辺真顔大屋の裏住, 管河内山墓と誤, 管洋灯を明く, 管深き思案に, 管深くその方, 管清浄な煙, 管のくだ, 管煙草の薫り, 管父母の無情, 管物語かわからない, 管犠牲の覚悟, 管狐オサキもこれ, 管狐人狐犬神トウビョウ等はこれ, 管玉等を採集, 管玉鉄鏃等普通の古墳, 管珊瑚の櫛, 管珍饌異味を搜求, 管現在の愛恋, 管球類は全部破損, 管甘い恋に, 管發表が待, 管白熱する水銀灯, 管でも, 管皆人類學教室の藏品, 管眠つてるやう, 管眼鏡をコスリ, 管する役, 管矢継ぎ射るしばらく, 管研究に没頭, 管窺一にこ, 管筋骨を一時, 管を半ば, 管を出, 管糸巻の様, 管純真な美, 管練習に精根, 管繊弱な世界, 管の瘡痍, 管胎児の健全, 管自家の営利, 管自己の栄誉, 管舞台的生命たり得る, 管船局各課の高等官, 管船局総裁の位置, 管良人の帰宅, 管茶山の塾, 管を討つた, 管蕎麥の幹, 管藝事ばかりを勵, 管の動作, 管蟄居謹慎して, 管觀客をし, 管詫びる然う, 管詫び事して, 管諸郡の中, 管謹慎して, 管走りて大通り, 管躊躇しつ, 管の幸福, 管この成田屋, 管輅何なりと, 管輅字を公明, 管輅易を案じ, 管を使え, 管達者な雑文家, 管のみならず, 管野原のおかげ, 管金儲を夢見る, 管鎮台の直轄, 管に映る, 管開戦の速, 管を潜らせ, 管隣席の男, 管雙脚の力, 管霊感に耳, 管頓情消失奴若有, 管食料の少量, 管を急, 管鮑啻ならず, 管黔敖高孫子, 管鼓琴絃沸くばかり