青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「策~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

筋~ 筒~ ~答 答~ ~答え 答え~ ~答えた 答えた~ ~答える 答える~
策~
管~ 箪笥~ ~箱 箱~ 箱根~ ~箸 箸~ ~節 節~ 節子~

「策~」 2539, 27ppm, 4258位

▼ 策~ (705, 27.8%)

19 講じて 17 得たもの 9 めぐらして, もって 8 弄し 7 講じなければ 6 さずけた, さずけて 5 して, 相談した, 講じたが 4 立てて, 練って

3 [13件] うけて, たてた, とって, 心に, 授けた, 授けまた, 採って, 献じた, 用いて, 画して, 考えて, 講じた, 講ずるため

2 [46件] お持ち, お立て, かまえて, つかった, とった, とり糧道, とる, はかった, ふるつて天下, めぐらさなければ, 取って, 地上に, 変えて, 失って, 容れて, 平素から, 建て, 廻らして, 弄せず, 捨てて, 採った, 採用し, 揚げて, 教えて, 施さず居ながらに, 案出し, 用うる, 発見した, 知らなかった, 立つるに, 立つ斯く, 立てた, 立てたの, 立てると, 考えなければ, 考えようと, 行ふ, 見ると, 言下に, 誤ること, 談ぜり, 講じなくては, 講じ閣下, 講ずるの, 講ぜざるもの, 起草し

1 [470件] あきらめ近, あげて, あそばして, あみだすツモリ, あやまって, いさめて, いふ, いろいろ話し, うかと用い, えらんだ, おすすめ申さいでも, おとりに, お授け下さい, お用いなさらなかった, お示し, お立てくだ, かえて, かまへて, きめた, くうもん, こうじたまず, こうじる, こころみ初めました, この嚢, これへ, さぐって, ささやいて, さずけられました時, さずけ注意, さずけ賜うたの, さらに九州, しても, しぼって, するの, する私, そしてまた執るべき, そのまま信長, そのまま持っ, たくらみました, たくらむ奴, たてたが, たてて, たてねば, たてること, たてる必要, たて自力で, たどって, たんなる兵理, ちゃんと準備, つくして, つまびらかに, とうとうはじめ, とったわけ, とっては, とらせ年, とらなくては, とりしかも, とりその, とり大いに, とり殊に, とり百足, とり袋, とるか, とるが, とること, とるもの, とるわけ, とれば, どうご覧, なさないの, なさない時, なして, ねった, ねって, ねり議, のこして, のみわきざし坤竜, はかりかねたの, はかりかねて, はかりかね怖, はかり一年三百六十五日, はじめ旗下の, ひそかに, ひそめて, ふるって, ほどこした, ほどこして, まかせて, めぐらさぬ間, めぐらしこの, めぐらした, めぐらしたのみ, めぐらしながら, めぐらしひどく, めぐらし時局下, めぐらし給え, めぐらし自分, めぐらすでも, めぐらす囚人, もう三年以上, もっても, もとに, ゆるした, 一つづつ燃え上らせ, 上げ麒麟山, 上席に, 上手に, 中止し, 主張し, 今度は, 今日この, 仕遂せるの, 付け加えること, 仰いで, 企てた, 企てたり, 伏せて, 会稽の, 何くれと, 促せば, 保の, 個人的に, 僕は, 先に, 凝らして, 凝議し, 切にすすめた, 初めね, 削りあらゆる, 協議し, 協議した, 協議しました, 取ったからと, 取ったの, 取ってるの, 取らない, 取り全力的, 取り守護隊, 取るかに, 取ると, 取るべきでしょう, 取るべし, 取るほか, 取ろうという, 受くる, 受け継いだ幕府, 可決されん, 可議者也, 同じよう, 否決した, 問う, 問うて, 問えとな, 喜ばない, 囁いたの, 図り他店, 図るべきこと, 土産として, 執らる, 執りこの, 執りしや, 執ること, 執る決心, 変えよう, 変えるわけ, 天下に, 奉る者, 始め子, 定めなければ, 実行しみ, 容るる, 容れた, 容れたら予, 容れるに, 容れる顔いろは, 實行する, 少しも, 尽して, 展べ, 巡らさないもの, 巡らしたであろう, 建てた, 建てたる中, 建言した, 廻らすつもり, 弄さない, 弄した, 弄しよう, 弄する, 弄する分, 得たこと, 得たり, 得たるもの, 得て, 必要と, 思いついた後, 思い合せれば, 思う途端, 思わねば, 思案した, 恃み, 想像し, 意味する, 慰めて, 成すところ, 手まさぐり居たるあり, 手捕り, 打とうという, 扶けて, 投じて, 投じ置き, 抛棄せしめ, 持ちつづけて, 持ちましょうや, 指さしながら, 指摘する, 按じ趙雲, 授け, 授けたの, 授けて, 授けられたものの, 授けられて, 授けるため, 授け兵, 授け外務大臣, 排して, 排除した, 採らば, 採り他, 採ること, 採用する, 描いて, 提案した, 提議し, 揚げざま, 揮うて, 撰んで, 放擲てたなら, 放言した, 教えるよりも, 教え込む親, 教ふる, 教授する, 整えまた, 断行せ, 施さなかったので, 施さなん, 施しても, 施しますよ, 施しよう, 施し居り候, 施し眼, 施し貧民, 施すの, 施すも, 施す余地, 施す勿, 施す外, 施せば, 施そうとも, 旧軌, 明日にでも, 暗誦じ, 書いて, 最初に, 未だ陳べ終らざる, 校正した, 根本の, 案じいきなり, 案じて, 楊儀らに, 極力主張, 構えどんな, 構じ, 構へて, 樹立しよう, 權六が, 求む, 求むるよりほかござりませぬ, 求めて, 求めようと, 決して旧都, 決し将, 決せしめたり, 決行す, 津多子が, 漢は, 煉た, 狙って, 献じたところが, 献じた後十年, 献じた男, 献じ終に, 献ずるもの, 献ぜり, 生け捕って, 生け捕れッ, 用いずまた, 用いたこと, 用いたもの, 用いないで, 用いぬの, 用い敵, 用い直ちに, 用ひた, 申せ, 畫し, 発見されるだろう, 発見し, 相談し, 相談する, 知らない, 知ること, 知ろう, 示したまえ, 示したり, 示して, 科学的に, 秦に, 積極的に, 立つること, 立つるも, 立つるより, 立つる豪傑, 立てい, 立てたもの, 立てたら弦光, 立てた八人, 立てねば, 立てよ, 立てよと, 立てるかん, 立てるもの, 立て決死, 立て直すこと, 立て直そうと, 立て第, 立て織田倒, 立て配備, 簡策と, 納れ, 納れたる, 終えて, 編次した, 練りまた, 繰返した, 考えだすひま, 考えついたという, 考えてから, 考えも, 考えるもの, 考えるん, 考へて, 考へる事等, 考へる時, 考案する, 考究し, 考究する, 考究致しまし, 聞かしたからには, 聞こう, 胸に, 自負し, 色々採っ, 若い逸り気, 蓄えました, 蓄ふ, 行うの, 行った, 行なうこと, 要しましょう, 要し機, 見つめた, 見出し得ざった, 見出すだけの, 見失って, 見破ること, 言って, 計り陳登, 計ること, 訊くため, 討たすな, 訪ねるつもり, 設けて, 評して, 評議し, 評議中であった, 試みたが, 試みて, 試むるか, 話すと, 誘き寄せてと, 語った, 語りあって, 説いた, 説いたので, 説き成功, 論じ僅, 論ずるをもって, 諮った, 諸卿, 謙信に, 講じここ, 講じたと, 講じたという, 講じたならば, 講じたので, 講じたもの, 講じたり, 講じたわけ, 講じつつ, 講じないと, 講じました, 講じますものの, 講じようぢゃないか, 講じようという, 講じること, 講じるため, 講じるといふ, 講じる事, 講じる代表的施設, 講じる準備, 講じる間もなく, 講じ主, 講じ以, 講じ出した, 講じ天文二年, 講じ得て, 講じ行方, 講ず, 講ずべきだと, 講ずること, 講ずるつもり, 講ずるであろう, 講ずるなし, 講ずるなど, 講ずるに, 講ずる例, 講ずる為め, 講ずる者, 講ぜしに, 講ぜしめた, 講ぜしめ又, 講ぜなくては, 講ぜねば, 講ぜり席, 警察の, 議さねば, 議した, 議して, 議し始めた, 議するい, 買は, 質して, 踏襲し, 転じて, 転じ自分, 迎えに, 述べる, 述べんと, 述べ自身大役, 連れて, 進言し, 運し, 運らし, 運らしたです, 遠慮し, 選ぶ必要, 選んだか, 風説に

▼ 策~ (382, 15.0%)

12 ないか 8 ない 3 ありません, あるまい, なかった, 父の

2 [11件] ありますまい, その上, ないと, 他なし, 先づ藩閥と, 彼に, 怒って, 成功した, 手を, 終に行, 苦笑した

1 [328件] あいての, あいにく僕, あたりを, あった, あったろうが, あっても, あと廻しに, あの百姓たち, あやしんで, あります, ありませぬか, あり得まい, あるまいかと, あるまいが, あるもの, あるン, いい天魔, いくらでも, いたって実行, いつのまにか大江, いまその, いまにも, いよいよ憤っ, いよいよ猛, いろいろある, おたがいに避け, お粂, かねて, きかない, くわっと眼, くわぬ, ここに, ことし二十一, ことし紅顔十七歳の, このパドゥア, この一語, この知己, この際, これに, これ一つしか, ございませぬ, ござるまいか, さしあたりそこら, さしうつ向い, しかたなし, すぐに, すぐ来た, すぐ返辞, すこし不, すてて, すでに曹操, ぜひともお, ぜひ会っ, そうした元気旺盛, そう信じ, その一切, その夕方頃, その屍体, その弱点, その従僕, その眼, その統合, それに, それらの, それを, たしかに奏効, たしかに殺人犯人, たしかに落命, ただ一, ただ一つ, つかつかと, つかない, とっさに, とみに活溌, どうする, どうでも, ないし, ないぞ, ないの, なお眸, なきか, なるべく味方, ひそかに, ひとりおかし, ふいに, まことの, まだ中, まだ幼年, まったく画餅, みんな釈迦の, み心, めぐらすが, もう古い, もう城中, もし母, やりつくした, よく狩猟, よろこんで, よろめきざま太史慈, わが神聖, わたくしに, カンザクラの, タッタ一つ, ホッと, モウすっかり, モウ眼を, 一つしか, 一に, 一刀に, 一向に要領, 一時見合わせと, 一朝に, 一箇の, 三つあります, 下の, 不快ない, 世を, 中央の, 久方ぶりに, 予に, 予の, 事実と, 二十年來一貫し, 二十年来一貫し, 交わして, 京都に, 人口の, 今日の出の, 他に, 何と, 何一つもたない, 何一つ支障, 何人も, 僕の, 全く失敗, 兵船数十艘を, 具体化し, 典獄の, 册と, 初めから, 到底成立, 前に, 剣を, 勇躍し, 単にその, 即日法令を, 却って禍根, 又如何, 友の, 叔父の, 名案に, 哄笑し, 哄笑した, 唯一の, 図に, 国民に対して, 國民に, 土地の, 士気に, 声を, 多くの, 夢寐の, 大いに歓んだ, 大きな眼, 大体次の, 天啓の, 奥の, 如何した, 如何に, 妙な, 姉を, 始皇の, 実に妙計, 対面し, 寿春城の, 少しも, 巧みなる, 已に二十九歳, 市民を, 帯びたる短剣, 常に騙し討, 干糜, 平栗を, 幼少から, 幾度も, 度量を, 弓を, 弟の, 強情を, 当たったの, 当った, 当りました, 当年まだ, 彼れ, 彼女の, 後の, 後生徒の, 従者の, 必ずしも万全, 必ずしも無謀浅慮, 必要でない, 忘恩の, 快然, 急いで, 恐らく沼南, 悲痛な, 感動の, 憐れを, 或る, 持ち合わせません, 振向き, 振向きざま, 授けたが, 政府の, 教えられません, 数年前妻を, 敵の, 文字どおり南船北馬の, 文明の, 断念した, 方今天下の, 昼間も, 時折う, 暴力以外には, 曙覧には, 未耕地方, 本の, 林子平に, 極めて行い, 槍を, 権力を, 機会を, 機械の, 次々に, 正真正銘の, 死にました, 死を, 母国にとっては, 治国に, 深く計っ, 清川氏孫常, 漢水に, 濠ばた, 火の, 無いといふ, 無事な, 父孫堅に, 牀に, 牀を, 狂死した, 現に政府当局, 生産物の, 用いないよう, 疑いも, 疾くより, 病中の, 的確だった, 直ちに駒, 眉毛を, 真面目に, 眦を, 破れた, 破れたぞ, 神を, 秀吉の, 私共では, 秣陵まで, 移住である, 空しく頭, 突然剣, 突然真赤, 窮し, 立たぬもの, 簡策の, 結果から, 絶対なかっ, 絶対に, 義を, 翌日に, 考へて, 腕を, 腹を, 膝を, 自分が, 自分の, 自問自答し, 自然木の, 舳から, 英国の, 英國の, 血の気の, 衆美を, 袖を, 西洋風の, 見えなかった, 見とどけて, 見ぬかれても, 見当らなかつた, 詔を, 誰より, 論ぜずして, 諫めを, 諸将, 講じて, 講じないこと, 起たなかった, 踏まん, 軽々しくいわぬ, 軽薄だ, 轎に, 近づく敵, 近づけて, 追いかけながら, 追及し, 金玉の, 長期持久です, 限りなく, 陣外へ, 隠然自国を, 非常に, 頭の, 額を, 飛上らん, 飽くまで彼, 首を, 香を, 馬上から, 駒井能登守を

▼ 策~ (233, 9.2%)

13 施しよう 9 得たる 5 得たもの 4 ために 3 軍は 2 あとを, ところへ, 上なる, 如きは, 如きも, 室に, 手に, 馬は

1 [183件] ありそう, あるはず, ある者, ある言葉, ある訳, いっさいが, いまだ至らざる, うちこの, ことばに, ごときは, すさまじい挑戦ぶり, たましい, ためいく, つもりだった, とおりわざわざ, ないこと, なかり, ほうは, ほどこしよう, ほどこし様, もっとも凡, もっとも拙なき, もっとも時宜, ように, ようにも, ウラを, 一つで, 一つでも, 一つとして, 一として, 一名案ダと, 一端に, 一端を, 一要素は, 上々たる, 上からも, 上と, 上に, 上を, 下に, 両眼, 乏しい彼, 了見で, 事は, 五古が, 五古で, 交渉, 人となりは, 伏兵に, 伜で, 何れに, 使いが, 侵略に, 傍を, 兵が, 兵四千余も, 内容を, 出ずべき所, 出ずる所を, 出だすべきもの, 出づるところを知らなかったらしい, 出づる所を, 分らぬ男, 前に, 動向だった, 勢力こそ, 協議中に, 叔父孫静は, 名の, 命に, 命を, 問題でなく, 声らしく, 多い自己, 大主旨, 大喝に, 大方針, 女が, 如きその, 如何に, 妃の, 妙たる, 妙諦は, 妹の, 委員會な, 委員會を, 宣傳の, 家老格である, 密議に, 寝殿には, 将士十三騎が, 少年時代に, 尽きるとき, 帰りが, 弟にあたる, 得たるは, 意中を, 手が, 拙なる, 持主, 捕虜たちは, 撰む所で, 斬新奇抜な, 方は, 施しやう, 施し方, 施すべきなし, 施すべきもの, 施すべき術, 最も上乗, 有効さを, 朝議には, 本陣へ, 本陣へと, 枕頭へ, 根柢は, 根源地を, 條を, 業も, 槍が, 權威を, 死んだ後, 死後においては, 段々は, 母の, 母は, 母も, 気概を, 江上監視隊に, 決った上, 決定は, 治めるところ, 治療を, 滝三郎は, 烱眼と, 爲に, 父では, 父孫堅が, 父孫堅すら, 父玄道は, 片棒を, 狡猾な, 用を, 相談, 眉間を, 眼には, 眼にも, 眼目は, 研究を, 確立の, 祕訣は, 立てようも, 立て樣も, 立場から, 第一項目, 筆記多くは, 策を, 粗野で, 統業は, 耳に, 胸を, 自筆本で, 良能世間の, 血色は, 襲来が, 評論などに, 評議に, 詰問に, 身は, 軍中へ, 軍勢を, 転換は, 通りそう, 遂に一, 遺骸を, 部下十三騎の, 配偶で, 間に, 陣門へ, 面を, 顔へ, 馬の, 骨子である

▼ 策~ (183, 7.2%)

7 ない 5 なかった 3 あるに, あるの

2 [14件] あったの, あって, あっても, あります, ある, あるかと, あると, ないから, ないでも, 会って, 多すぎる, 成功し, 成功する, 提案され

1 [137件] あったもの, あったらお, あったん, あらば, ありそれ, ありますから, あるか, あるという, あるばかり, あるもの, あるん, ある風呂場, あれば, あろうかな, あろうし, あろうと, あろうとも, いうと, いかに幕末政変, いちを, いったとおり, うしろを, おありな, かなり重要, かまえられて, きくと, このこと, これに, これを, しきりに練られ, すでに夜, そう考えた, それだけだ, それであつ, つかないので, できたと, とられた, とられたこと, とられた事, ないこと, ないだけ, ないと, ないの, ないので, なかつた, なくつて, なければ, もし完全, わいて, 中腰に, 之を, 于道士を, 仆れた, 今や完成, 兵船を, 内々急がれ, 出來, 功を, 千代田を, 南下し, 古来一度も, 叱って, 嗣子に, 図に, 城楼から, 報恩の, 外出の, 奥から, 妹の, 始めて, 定まるまで, 実に目, 実際本当に有効, 居るん, 帰って, 弓に, 引ったくっ, 彼に, 往診の, 得られよう, 思い至らずついに, 惰性的に, 成敗する, 抱かれて, 採用されよう, 施された後, 日本の, 来たから, 死に, 死んだの, 死んだ時, 気に入らぬという, 決ると, 没した年, 洩れたこと, 濶達勇悍の, 無かった, 父の, 現われて, 理解できん, 生れた例, 生れる見込み, 用いられなければ, 盡き, 破れるや, 秘府より, 突然に, 立派に, 第一, 筆記より, 胸に, 臨終にも, 蓄えて, 蔵され, 行われないだろう, 行われまた, 行われ党派, 要ると, 見つからなければ, 解る筈, 訊ねると, 証明し, 講じられたこと, 講じられて, 講ぜられて, 講ぜられてを, 起つて, 足りなかった, 轎の, 通ひ, 過って, 長秀へ, 預けて, 頭に, 頭を, 高らかに, 魯国内反

▼ 策~ (169, 6.7%)

6 乗って 4 出た, 出て 3 就て 2 おちて, かかって, 付ても, 出で, 曰く若し, 過ぎない

1 [140件] あらず, あらずなど, おかかりください, おちいるとき, おち檻車, かういふこと, かかった時, かかるお嬢様, かかるの, かれは, して, してやられました, すぎんの, その話, たずねると, たよるだけ, だまされやしねエぞ, つこう, とりかかるさし当り, なった, なって, のせても, のせられたか, のせられると, のらなかったら女, のると, のるほど, のるもの, のるよう, はまって, ほかならぬもの, よると, ハ随ふまじく, 乗ぜられて, 乗ったら大, 乗っては, 乗りやがった, 乗り今, 乗り出して, 乗ること, 乗る何進, 乗る気, 仕候, 代って, 依って, 依っては, 依り敵, 倒れて, 入るの, 其次の, 出たという, 出た信雄, 出た結果, 出づる, 出づることをば, 出でたの, 出でたもの, 出でねば, 出なかったか, 出ようと, 出る勿, 勝ったと, 取つて, 取りかかった, 取り入り娘, 取り掛かかりましたが, 同志たちが, 困惑し, 夢中の, 大きな忿懣, 嫁し, 実は弱った, 富み攻城野戦, 寫されたもの, 對し, 就いてと, 就いては, 就き妻, 就ては, 巧みに, 師事した, 帰入, 当たり豊臣文化, 当惑する, 後醍醐が, 心を, 心身の, 心配し, 応じて, 応ぜんと, 応用した, 成功したら, 扮した, 授けたの, 授けた書, 更に当, 書いた, 校尉の, 沈鬱な, 災いされ, 狼狽してる, 献じ彼, 理念を, 理論的にも, 琴の, 用いる度量, 異論百出さまざま揉めた, 着手し, 知られて, 窮した, 立って, 考えが, 腐心し, 腐心した, 苦ん, 苦慮し, 託した, 訴えて, 詰ったが, 變動が, 賜わった, 転化される, 載せたる張儀, 送られて, 逢ふ, 過ぎず, 過ぎず彼, 過ぎないという, 過ぎなかった, 過ぎません, 過ぎん, 過られて, 長け一揆, 附いて, 集議ばかり, 雲集し, 順應した, 頭を, 魏の, 齊の

▼ 策~ (108, 4.3%)

4 なかった 2 なくわずか, なければ, なんの, 無い

1 [96件] あって, ありますまい, ありません, あり人物, あり腕, あるかも, あるまいが, あろうかと, いつか成人し, いとま, うしろへ, きめて, ここに, この流儀, ございますから, ございますまい, さずけられた, すすめられたが, そう云いだした, そのうち, その夜, その裏付け, それと, それには, ない, ないが, ない唇, ない身, なきこと, なくては, なくぼんやり主人, なく悠々, なく手, なし, ねり旅装, ひそかに, ほぼこの, ほぼ図, また心中, また槍, また目見, よくありません, 一剣の, 今は, 伸子に, 作戦も, 備えも, 出やしません, 列子も, 取れましょう, 咄嗟の, 大人に, 対策も, 得られず確たる, 微笑した, 思いよらぬ, 所詮は, 手段も, 持つまい, 施さないかと, 施されて, 施す能力, 施す途, 施せましょう, 決断も, 無かつ, 熱心に, 略も, 直ちに戟, 相手に, 真剣に, 知って, 知らなかった, 確かに, 秘し地, 立たないわけ, 立ておれば, 立とう, 終り浜松, 考へられるであらう, 腰を, 自信も, 良い跡取り, 若死し, 見えませんが, 見当らなかったので, 講じたかった, 講じたかつた, 講じられましょう, 追, 随分取り得られない, 離さなかった, 電気会社の, 馬を, 黄金の, 齟齬し

▼ 策~ (67, 2.6%)

2 云ふ, 思考し

1 [63件] あたしとの, いうが, いうより, いつたが, いひ或は, いふ, いわざるべからず, いわねば, お姉様, した, して, し二つ, すべから, するが, する虚白, なすゆえん, みえるぞ, 一党来り, 一所に, 一騎打ちし, 不安定の, 事きまる, 云う, 云うか, 云うのほか, 云うよりも, 云っても, 云ひ, 仕候由, 信じて, 利を, 加担に, 同い年であった, 同じくらい, 同じ年, 同年だ, 同年で, 名乗る奴, 存じますが, 心付いた, 心得たもの, 思って, 思われたから, 思われます, 手段は, 撫民の, 改めたが, 日本の, 沈惟敬が, 海上封鎖に, 現代の, 看破し, 称して, 称し後, 考えられます, 考へたの, 見え申候, 言つてこれも, 野心然し, 関係し, 雌雄を, 青白いワンピース, 面会し

▼ 策として~ (54, 2.1%)

2 婆さんを

1 [52件] ある方法, お清, これ以上の, そんな幕, どんな事, ひとつの, ほとんど間違い, もろもろの, われわれの, スワンソン夫人始めロンドンの, タケと, プラスビイユを, 一挙決戦, 主として宗教的典礼, 主張され続け, 久しい前, 個人の, 共同配達の, 内申の, 出て, 分るが, 切支丹信者である, 北津輕の, 品質を, 大陸への, 天人の, 宿帳を, 小樽の, 山林田畑を, 工事を, 帝国主義日本は, 当分は, 患者の, 排斥しなけれ, 日本画の, 最も有用, 煙草屋の, 現われて, 理化学の, 用いる手段, 盆暮の, 盛んに, 禁酒法案を, 禅の, 私は, 立てた政府, 美術工芸の, 考えうべきもの三策, 言われて, 資本家地主の, 近在から, 難ぜら

▼ 策~ (27, 1.1%)

2 避ける卑怯

1 [25件] あつた, あつたの, あつて, いわば人権蹂躙, かつ工場主, さ, それを, たまたま青木, はござりませぬ, やるよう, 住所不定だった, 向の, 売らして, 実はこの, 当初は, 当家の, 彼の, 料理屋という, 有名な, 父玄道ある, 策として, 行くこと, 行こうじゃ, 負けようが, 関羽の

▼ 策~ (20, 0.8%)

2 と思います

1 [18件] からな, が, が何, が実, ぜと教え, つたのかも, つたのです, てはない, ということ, といふ考へ, とは云え, と云, と云う, と兄, と思う, と私, なんて生意気, のが

▼ 策~ (16, 0.6%)

2 であるけれども, の政宗

1 [12件] がかへ九州, が敗戦後, たるソテロ, だから, だったと, であったか, であり智者, ではなかつた, となつ, と暗々裡, のやり方, や浪人たち

▼ 策である~ (15, 0.6%)

1 [15件] かもしも, から爾, がそれ, ことに, ことを, こと勿論, というよう, という説, ともいひ, と云った, と信ずる, にもかかわらず, のは, やも測り, ように

▼ 策では~ (15, 0.6%)

5 ないかと 1 あった, あつた, ございますまい, ござらぬかな, ない, ないか, ない徳, なかろうか, 秦に, 駄目だ

▼ 策には~ (15, 0.6%)

1 [15件] いろいろ力を, その言, てんで乗っ, のらんぞ, 乗らない, 乗らぬ, 乗りますまい, 先に, 懸からぬが, 狐濡其尾に, 相違ござらぬ, 興世王も, 負けたろう, 違いない, 関心を

▼ 策~ (14, 0.6%)

7 助は 1 助, 助が, 助だ, 助だった, 助という, 助に, 助の

▼ 策なき~ (13, 0.5%)

2 か曰く是

1 [11件] か, かと申し遣わし置き, ことを, では, にあらず, にしも, ままの, を嘲っ, を見, 前には, 孤立に

▼ 策について~ (12, 0.5%)

1 [12件] さも重大, 会議を, 半兵衛どの, 宇治は, 宮の, 怠るべきとき, 想を, 最善の, 神の, 腹蔵の, 苦心を, 話す

▼ 策という~ (11, 0.4%)

3 のは 2 もので 1 のが, ものだ, ものであろう, ものは, ものを, わけでした

▼ 策とは~ (11, 0.4%)

1 [11件] いい得られぬもの, その時, なお揉み合っ, 他の, 何であったろう, 切っても, 即ち次, 少年時代からの, 毫も考え, 毫も考へ, 要するに五餌

▼ 策でも~ (10, 0.4%)

1 ありませんが, あるか, あるの, ない, なんでも, めぐらす下心, 密議し, 謀らないかね, 講じるであろう諸, 講じるほか

▼ 策~ (10, 0.4%)

2 のであった, んです 1 からし, のだ, のでございます, のでたちまち, んだ, ンぞも

▼ 策だった~ (9, 0.4%)

2 のである 1 が何ぞ, そうな, というべきであろう, に相違, のかも, のだ, のは

▼ 策としては~ (9, 0.4%)

1 すなわち一方, それしか, それより, どうしても将来, どうしても縁日, 声を, 東の, 給料が, 顔が

▼ 策~ (9, 0.4%)

3 の事 1 と云, の養嗣子温, は二十六歳, は医, は豊後国岡, を挙げ

▼ 策から~ (8, 0.3%)

1 うけた無礼, であった, にわかに伝国, 完全に, 急書が, 恒久策に, 直営店の, 蜀の

▼ 策であった~ (8, 0.3%)

2 のである 1 かも知れなかった, からこれ, が, が国民, ので, のでしょう

▼ 策とか~ (7, 0.3%)

2 列子とか 1 ダグラスの, 出來る, 対支開発政策など, 改造策とか, 無戰論

▼ 策~ (7, 0.3%)

1 それを, 上手で, 刃ものを, 利を, 小細工は, 指命であった, 烽火台の

▼ 策~ (7, 0.3%)

1 帝閣ニ献ジテ, 弄セントスル者ノミ咄何等ノ, 断行セバ皇運ヲ, 求ムル茲ニ十年, 求ムル茲ニ十年而モ政府, 画スルノ急要, 運シ

▼ 策~ (6, 0.2%)

1 あてて, 向って, 告げに, 早馬を, 献じて, 現状の

▼ 策をも~ (6, 0.2%)

1 あえて押し進められた, もたなかった, 愚夫あつかい, 知らないの, 立てて, 考えねば

▼ 策を以て~ (6, 0.2%)

2 したれども 1 かの大敵, すれば, 乗じられるに, 対する外

▼ 策~ (6, 0.2%)

2 に籠絡 1 にその, の最, の根本策, 最も適切

▼ 策太郎~ (6, 0.2%)

1 から渡された, が, と貴島, の厄介, は前, は檢擧

▼ 策あり~ (5, 0.2%)

1 と公, と小, 太宰治さん, 安んぞ風船, 時に神學

▼ 策~ (5, 0.2%)

1 どうか, ッ, 側面攻撃の, 有らん蓑笠独耕石水浜, 知らぬが

▼ 策した~ (5, 0.2%)

2 事も 1 が家内, 中で, 巧妙なる

▼ 策~ (5, 0.2%)

1 てもと, て前, て或, て進み行きぬ, 出づ馬地に

▼ 策など~ (5, 0.2%)

1 ありません, それらが, 無いの, 用いても, 要ろうか

▼ 策にも~ (5, 0.2%)

1 いいです, ならないと, 大陸統合にも, 着々と, 終局的には

▼ 策によって~ (5, 0.2%)

1 すぐ総, 力に, 反噬を, 干渉せられた, 討つが

▼ 策~ (5, 0.2%)

1 された私, して, しに, するもの, になる

▼ 策~ (5, 0.2%)

2 の爲め 1 といふの, に役立つ, のため

▼ 策~ (5, 0.2%)

1 に殿, は政治上, も單, を以てした, を読み

▼ 策ある~ (4, 0.2%)

1 ことを, にあらず, に非, は汝能

▼ 策たる~ (4, 0.2%)

2 ことは 1 こと疑いも, に相違

▼ 策です~ (4, 0.2%)

1 から前田家, と勧説, ほかに, よまったく

▼ 策とを~ (4, 0.2%)

1 大衆の, 提案し, 暗黙に, 講ずる如きは

▼ 策なし~ (4, 0.2%)

1 というやり方, とは手, と知る, に尽き

▼ 策より~ (4, 0.2%)

2 出でたり 1 ほかに, 申越候に

▼ 策先生~ (4, 0.2%)

1 が亡くな, が生き, の末子, の養子

▼ 策~ (4, 0.2%)

1 だった, と同車, などと一, を自宅

▼ 策かと~ (3, 0.1%)

1 存じます, 思われます, 日頃から

▼ 策~ (3, 0.1%)

1 ている, ておる, て先

▼ 策じゃ~ (3, 0.1%)

1 ないかな, ないの, ねえかしら

▼ 策としての~ (3, 0.1%)

1 伊勢の, 協定を, 科学主義という

▼ 策としても~ (3, 0.1%)

1 内地米が, 御夢, 最良の

▼ 策とも~ (3, 0.1%)

1 決しかねた, 自分には, 見えないこと

▼ 策なり~ (3, 0.1%)

2 といへ 1 いよいよ速やか

▼ 策師たち~ (3, 0.1%)

1 が一種, が全て切支丹, は追放

▼ 策~ (3, 0.1%)

2 の彼 1 として南洋

▼ 策~ (3, 0.1%)

1 のうち, の正, 正將羅

▼ 策うたれ駆られ~ (2, 0.1%)

1 てばかりゐる, てゐる

▼ 策こそ~ (2, 0.1%)

1 よけれだ, 肝腎です

▼ 策さん~ (2, 0.1%)

1 て言えよ, といい

▼ 策であっ~ (2, 0.1%)

1 てそうすると, て決して

▼ 策であり~ (2, 0.1%)

1 または少く, 理智の

▼ 策でなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならない

▼ 策とが~ (2, 0.1%)

1 なにか喋り, 対立してる

▼ 策とに~ (2, 0.1%)

1 富みたりき, 過ぎず

▼ 策なら~ (2, 0.1%)

1 ば何, 僕等は

▼ 策なる~ (2, 0.1%)

1 ものが, ものを

▼ 策に対して~ (2, 0.1%)

1 ほぼ同一, 黒田伯の

▼ 策に従って~ (2, 0.1%)

1 おのおの馬の, 籠城いたす

▼ 策らしい~ (2, 0.1%)

1 大将が, 大策

▼ 策~ (2, 0.1%)

1 基本トスルモノナリ, 眼目トナス

▼ 策共に~ (2, 0.1%)

2 非なり

▼ 策~ (2, 0.1%)

1 とは彼, を與

▼ 策~ (2, 0.1%)

1 は, は孫

▼ 策~ (2, 0.1%)

1 の抒情詩社, の血みどろ

▼ 策~ (2, 0.1%)

1 により, 之有

▼ 策國老~ (2, 0.1%)

1 とは試驗官, と呼び

▼ 策~ (2, 0.1%)

1 して, せば

▼ 策~ (2, 0.1%)

2 の道

▼ 策~ (2, 0.1%)

2 はれざりし

▼ 策~ (2, 0.1%)

1 というよう, を読む

▼1* [195件]

あってのこと, 策あらば申し立てよ, 策あらんを望む, 策てのさま, 策いずれも寡兵, 策および統一策の, 策かといふ質問を, 策かも知れない瘤つき, 策これにあり, 策さえ講ぜず安閑, 策されていた, 策さんサルマタの紐, 策すぎはしない, 策ずれに会稽, 策なたは, 策そしていま三代の, 策その前に, 策そのままを応用, 策それから私からの, 策たしむること少けれ, 策たりとも宿駅補助の, 策たれしことあれ, 策だけは知らない山師ども, 策だったでしょうがそうして, 策だにあれば, 策だろうか, 策逃ぐるなかれ, 策って云うの, 策つきて箱, 策つきたのを, 策つて難有うとも, 策てども走れども, 策であるべき筈な, 策であろうが果たして, 策でこそあれ平和, 策でしょうね, 策でないイザと, 策としか思はれませんでしたけれども, 策ととのって魏軍, 策との無効なる, 策と共に浅草へ, 策どころかかえって国民, 策なかりしなり, 策なかんずく産婆の, 策なく遂に敗退, 策などにひかれ日, 策などの上からも, 策などはいくら巧妙, 策などよりはずっと以前, 策なりしなりと, 策において対立の, 策においても似た地位, 策にて桶狭間に, 策にても出だせかし, 策にでもどうしても幾分, 策にとっても思いがけない奇捷, 策になどかかわれましょう, 策にのぼつて, 策にまでは触れない, 策によつて信長と, 策により殆ん, 策によるを必要と, 策に関する相談と, 策のというので, 策のみ頭に, 策はと問われて, 策はねつてゐる, 策はやまるな, 策ぽく細められても, 策また齟齬せり, 策までをその間に, 策もって官, 策やら準備に, 策やらの武器として, 策わが前に, 策わたくしなどの青年, 策をと尊氏は, 策をば未だ講ぜし, 策シツツアル如キハ誠ニ小策士ノ陰險手段, 策ダルウヰンとダルウヰニズム, 策ナルモノハ甚ダシク英國ノ植民政策, 策或ル程度ニ於テ支那, 策ハ又村役場に出張, 策ヲ講ジタ上デ取, 策七十二歳白髪無髯, 策三十三巻清刊覆宋本, 策三子被相守, 策三男三蔵四男玄四郎が即ち, 策の要求, 策を見よ, 策不被用焉, 策亡きあとの, 策人生問題や社会問題, 策以下の十三騎, 策倒れだよ, 策早く人, 策先んじて, 策八坂登志子つづいて, 策六嚢にては壞, 策に皆無, 策其ものに至つて, 策兼備なるは, 策十五日には大友義統, 策協議の最中, 策博士は見事, 策即ち内地にて, 策周瑜が二女, 策国民を, 策問題として重要, 策老門生天子, 策太郎さんから聞いた, 策如きはわれわれ, 策如何という, 策の中, 策は伯符, 策実に二十七歳であった, 策実行の第一歩, 策家康のふところ, 策富めるオヂュシュウス, 策尤も拙く銭, 策尽きて今, 策山林関係の同君, 策左手へ去らう, 策已将運猶畜胸, 策師的であったこと, 策師自ら抗しかね疲れたの, 策師連が一揆, 策庵様塾中一統善御頼可被成候, 策平栗右手へ退場, 策度々奏聞を, 策がある, 策待てッ, 策玄道と, 策徳川家にとっては織田勢三万, 策と云, 策に出所見え, 策恒三雄之介, 策或いは将来の, 策敗れて下田, 策っ, 策帰架蔵喜賦, 策だ, 策有って逃げる, 策有り安んぞ風船, 策未だ成らず身, 策の二つ三つ, 策来る妓と共に, 策来訪新年号からレヴィウ, 策来訪飯食ひに, 策柴田常庵三好泰令雨宮良通島村周庵前田安貞高井元養等, 策桃子平栗高民相馬佐及び洋装, 策森枳園との間, 策のご, 策のお, 策正面攻撃など, 策決機皆みずから当り臣天命, 策決行のため, 策泣き伏す看護婦警察の, 策に黒番絶対, 策海軍少尉の服, 策し, 策清国へ嘆訴方, 策源部である総, 策無しと存ずる, 策無し無策を以て策, 策無法の法, 策玄道と称した, 策甚だ苦, 策用意はいい, 策きた姿, 策相立て候よう仕りたき事, 策真に漢の, 策短気にかかっ, 策研究會の求, 策秦策に載せたる, 策秦策下を見よ, 策し術, 策るに, 策競馬で来, 策三策を, 策の名, 策にこの, 策老子荘子と云う, 策脚色とか何とか, 策自身が子, 策船手をそろえ, 策苦肉は決して, 策行われ其方どもは, 策ももたなかった, 策見えすいた口実, 策見事に当っ, 策講ずるわ, 策警部は新聞社, 策雨宮良通三好泰令等であつ, 策鬼略に自ら傷