青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「答え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

筆~ ~筈 筈~ 等~ ~筋 筋~ 筒~ ~答 答~ ~答え
答え~
~答えた 答えた~ ~答える 答える~ 策~ 管~ 箪笥~ ~箱 箱~ 箱根~

「答え~」 3557, 38ppm, 3028位

▼ 答え~ (1615, 45.4%)

55 いた 47 いる 26 いいか 22 いう, いるの, おいて 19 しまった, やった 18 曰く 15 おいた 14 言った 13 下さい 9 いたが, よいか, 置いた 7 いました, いると, いわく, くれた, 彼は, 自分の 6 います, くれる 5 くれました, しまって, やりました, やろう, 彼の, 来た, 次の, 私は, 言うには, 顔を

4 [12件] いいの, いるうち, ください, くる, やる, よいの, 云った, 出て, 父の, 笑った, 言う, 頭を

3 [21件] あげますから, いった, いるが, いるよう, おります, おる, くれたまえ, くれる人, くれる者, ごらんなさい, しまいました, しまったが, もらいたい, 去った, 好いか, 彼女は, 立ち上がった, 置いて, 自分は, 行った, 言うこと

2 [75件] あとは, いいました, いうには, いたの, いない, いないの, いること, いる時, おいた社会, おいてから, おきました, おれば, きた, くださること, くだされば, くれ, くれたもの, くれた人, くれと, くれないの, くれなかった, くれますか, くれません, くれるでしょうよ, くれるの, くれるもの, ごらん, しまうと, しまったの, すぐに, そっぽを, その男, それから, それは, どこからとも, みた, もらいたいという, もらいたいの, やれ, よいかと, よいかに, よいやら, よかろう, よこした, 一緒に, 三吉は, 下されば, 事実を, 云うの, 前へ, 否と, 呉れる, 女の, 女は, 席を, 帰って, 平然たるもの, 急いで, 来たこと, 椅子の, 然り, 盃を, 目に, 目を, 眼を, 私の, 立って, 笑って, 置きました, 聡慧なる, 見ろ, 言うた, 言う我, 言って, 貰いたいん

1 [931件 抜粋] ああせよ, あげる, あった, あなたは, ありのままを, あるから, あわてて, いいかと, いいこと, いいます, いうに, いえ館林, いきなりかけだしました, いずくに, いたあの, いただきたいの, いたつまり, いた丸い, いた刑事, いっこうに事情, いったことば, いつも機嫌, いなかった, いなかった空虚, いま一人が, いらしたその, いらっしゃるじゃ, いるだけ, いるです, いるにも, いるよりは, いる使臣, いる声, いる松田解子氏, いる蜂谷, いわくわが家大小とも, いわくわれ能わざるなり, いわく昔雪山下に, いわく決して, うむわが, うやうやしくも, おいたから, おいたらまだ, おきながら, おき彼, おけを, おなじよう, おもむろに元, おらぬ, お互に, お叩頭, お民, お茶などを, お高, きたが, きたという, きょろりとし, くださらなくては, くださるだろうという, くださる必要, くれたが, くれたの, くれたので, くれた母, くれどう, くれないからね, くれないと, くれなきゃ尾ヒレ, くれなければ, くれましたから, くれますかね, くれませんので, くれよう, くれるだろうと, くれるところ, くれる人間, くれる番, くれる美しい, くれヨーゼフ, くれ自分, ここで, このごろは, これも, さすがに, さっきおっかさんと, さっさと帰っ, さっさと降り, しきりにうなずく, しばらく考え, しまいこれ, しまいます, しまいますと, しまう傾き, すぐ打ち始めました, すぐ炬燵, すぐ西側, すぐ階上, すまして, すむこと, せせら笑った, そう云った, そこに, そのかわり, そのまますたすたと, そのもう, その場, その娘, その日, その窓口, その通り, それからつけ加え, それからもう, それきり永久に, それぎり何とも, それならやはり, そろそろ智識, ただちに真田, たちどころにこう証言, ちょうど顔, ついて, ついでに, つい昨夜發病, つきさすよう, つづいて, とうとうかわいらしい, どこまで, なおもさりげ, なお暫く, なぜその, なるほどしかる, にこにこと, にやにや笑っ, ねえたかちゃん, のけると, はずむ呼吸, はては当面, ひとり心の, ふりむきも, ほしいこと, ぼんやり大空, またにっこり, また声, また尋ねた, また私, また自分, また黙っ, まっ暗な, みい, みち問え, みました, みる, みんなは, もう夢, もっとつよく, もらいさえ, もらうこと, もらう必要, もらわなくちゃ, やったけれど, やったもの, やって, やっと母, やっぱり露西亜文学, ややしばらく物, やらなければ, やりながら, やるか, やるとは, やるまでは, やれること, やろうという, ゆくこと, よきやら, わざと夫, わざわざ言われる, わなわな顫, わるい約束, ゐた, ゐない, ゐる始末, イヤもう, オレが, グラドウィツは, サッと走りだします, スクータリーには, スプーンを, ツウと, ニヤニヤと, ニューッと, パーウェル・イワーノヴィッチの, ヘミングウェイの, ボーイに, ユダンを, ヨコハマ, 一丈も, 一向に平気そう, 一度に, 一日で, 一週に, 三人一しょに, 三吉も, 上げること, 上るなり, 上着を, 下さいと, 下さる, 下を, 不名誉な, 両の, 中から, 主人の, 事始めて, 二三人が, 二人は, 二人目を, 二声三声すごい悲し, 二言三言なにか, 云うであろうあなた, 云われる通り, 人一倍皮膚, 人生の, 仕事が, 仕事を, 他人の, 会釈する, 何か, 何でも, 何もかも動きかけ, 何処へでも, 何度も, 余の, 使者を, 保子が, 俸給袋を, 傍を, 僧尊者もしか, 元気な, 先刻お, 先生から, 先生や, 八郎と, 出ると, 初めの, 別に熱心さ, 別れた, 別れの, 劇しく, 力丸ゥ, 勢いよく実験室, 医者は, 十蔵は, 半蔵は, 即座に, 厨房へ, 去ったと, 参りましょう, 又暫く, 双方共に, 叔父と共に, 受話器からは, 口を, 可いか, 同じよう, 君江が, 吸いかけた巻烟草, 呉れた, 告げたこと, 呼んだに, 問題の, 因果は, 坊主に, 城中へ, 壁の, 多くを, 大きくうなずき, 大きな焚き, 天幕の, 夫に, 奇麗に, 奥さまは, 奥の, 好い仕事, 姓は, 子規が, 安心し, 実は昨夜老父, 家の, 審問の, 小さな紅い, 小田さんの, 少しうなだれた, 少し気, 尾張の, 居るその, 居間の, 山田は, 左大臣が, 差支えないと, 市長は, 帰した, 帰しぬ, 帰しましたが, 帰りました, 平伏した, 平気で, 弓子は, 引き退ったの, 弟は, 弥吉は, 当惑しました, 彼この, 彼女が, 彼女の, 彼等は, 後の, 後新九郎は, 御互にすっかり, 御覧, 微笑した, 忙しそう, 怨みと, 怪訝な, 愉快そうに, 懐中から, 戴きましょう, 扉を, 手で, 手ガカリを, 拾った場所, 挨拶を, 振った, 振り返った拍子, 数秒時本の, 料理の, 斯う, 新しい笠, 早速花瓶, 昂然として, 明快なる, 明智の, 時計を, 暗に女, 曰う, 曰くか, 曰くもと修する, 曰くイエス, 曰く人種は, 曰く我もと八人の, 曰く汝死に, 曰く神秘なり, 曰く茲に, 曰く貞婦, 曰く進香は, 曰く青年は, 曰わくそんな, 更に何, 更に驚いた, 木下は, 本能的な, 机へ, 来そうな, 来たの, 来たもの, 来て, 来るに, 来る哀れ, 来る感覚, 東風子は, 某に, 梅の, 森林の, 槍を, 欄干から, 次へ, 次郎の, 正三君は, 此の, 母と共に, 母親が, 気の毒そうに, 汝は, 河の, 法螺貝の, 海底の, 渡辺半蔵が, 源右衛門の, 滝沢は, 澄まして, 澄んだ眼, 灘か, 無躾, 熱した頬, 爺さんは, 牧は, 独創という, 猫なで声に, 玄蕃允は, 王の, 生徒には, 申しますには, 男爵の, 発言する, 白い額部, 白木の, 盆を, 目は, 直ちにいった, 直ちに然り, 看護婦は, 眼では, 眼鏡の, 砂上に, 社会主義は, 祖母さんや, 私鉄への, 立ち上った, 立ち去りました, 立った, 笑おうと, 糞カキベラだ, 糸七が, 絶対者の, 置いてから, 置くべき小, 老人の, 胃は, 胡弓を, 腕まくり一歩まえ, 腹の中では, 臣は, 臨終塗油式に, 自分を, 自殺らしい, 至極でしょう, 船中から, 良人の, 花鳥風月を, 苦い顔つき, 茶碗を, 草を, 落ちついて, 蔑むよう, 蟄居の, 行き過ぎた, 行くであろうかと, 行こう, 行こうと, 街道へ, 表から, 見せた, 見た, 見ようと, 言いますには, 言うの, 言う仏人, 言う姉妹, 言ったそう, 言った自分, 言葉を, 訝しげなる, 語るの, 誠一が, 課長の, 諾しよう, 豊世は, 負ける, 貰いたいけれど, 貰いてん, 貰い度いつも, 貰えそう, 赤帆の, 起つ, 車を, 軽く会釈, 近づいて, 近衆, 退こうと, 逃げ出そうと, 通りがかりの, 達ちゃんは, 遣って, 部落からも, 重い口, 鈴蘭の, 長文を, 門野を, 閣下は, 陸から, 雑誌に, 雨の, 電話を, 静かに, 頂けないもの, 頭の, 顔が, 飛びゆきました, 馬岱は, 馭者台を, 魚形艇に, 黙って

▼ 答え~ (355, 10.0%)

18 した 11 して 7 するの 6 待った 5 待って, 聞いて 4 きいて, 与えて, 予期し, 得た, 得ること 3 したの, する, 出して, 忘れて, 期待し, 聞きながら, 聞くと

2 [18件] うながした, したこと, しない, しなかった, しながら, しなければ, すること, するだけ, するばかり, なすという, もって, 与うるも, 与えること, 待たずに, 得て, 書いて, 見出すこと, 避けた

1 [226件] いつもそれ, いぶかしく思った, いわせ, うながしました, えたいと, お聞き, かいて, かえって自慢, かくとき数人, かわされたが, きいた国民, きいた孟母, きくと, さし上げますよ, させた, さらに催促, したかったが, したかと, したその, したという, したのに, したよう, したら訊ねた人, したり, したん, しつつ, しないうち, しないで, しないの, しぶった, しぶって, しません, すぐ引き取っ, するきり, するつもり, するべきマリア, する夜, する時, する習慣, すれば, せずに, せぬ, せよ, そこから, そのままとっ, そのまま繰返す, たいして重要, たった二つ, だしうるか否, どこからも, なさらないと, なさるの, なさるべき理, なして, なし得ない, なし運命, なすぞ, なすなど, のぞんで, はっきりと, まった, まつらんごとし, みなさんの, みんな直し, もう待っ, もたらして, もたらすため, もどかしがった, ゆずる, カードで, 一々速記, 与うるは, 与えた, 与えたらしい, 与えない, 与えないで, 与える力, 与え得たでしょう, 与え得る, 与え得るもの, 二度受けた, 云って, 人は, 仕っても, 伸したい検査官, 先生の, 出さないかぎり, 出さなければ, 出した, 出したいならば, 出したの, 出したもの, 出すか, 出すには, 出すの, 出すべき性質, 出す練習, 出せるよう, 出そう, 含む処, 呈しそして, 執念くもとめ, 外して, 外らし, 嫌って, 嬉しそう, 定めて, 導きました, 少しも, 引き出させて, 引き出した喜び, 引き出せば, 引き受けた, 彼は, 待たないで, 待ちきれないらしく彼, 待ちも, 待ちもうけた, 待ち受けるもの, 待ち構えて, 待ってる彼女, 待つ間もなく, 待つ風, 得たの, 得たので, 得たるをもって, 得た之, 得た時, 得と, 得べからずと, 得べきも, 得ようという, 得られるはず, 得るかも, 得るに, 得るは, 得れば, 心から喜ばれた, 忘れ根, 忘れ睡ったふり, 思い出すと, 思うつぼと, 恐れるかの, 想像する, 懇願し, 投げた, 投げつけて, 投げつけてから, 拒んだの, 持って, 持つならば, 捧げたいと, 掴まえようと, 提出し, 放擲し, 教えて, 日常の, 曇らした, 書きました, 書き綴って, 書付けて, 望んでは, 歯から, 求めた, 求めたいと, 求めて, 求めました, 求めようとしても, 求めようとは, 求められたと, 汗ばむよう, 決定する, 渋った, 準備したら, 為し得るもの, 申しますと, 申すには, 発した後, 発せぬの, 発見しえたり, 知らなかった, 繰り返して, 繰返して, 考えだした, 考え直すと, 聞いた時, 聞いた白, 聞いてからに, 聞いても, 聞かされて, 聞きのがすまいと, 聞きよかっ, 聞くもの, 聴いた時, 聴いて, 聴くと, 聴くまでも, 聴くより, 背後に, 腹の中で, 自ら与え, 要望せね, 見いだし得た, 見たの, 見るなり, 見るに, 見出さないで, 見出した事, 見出して, 言い現, 訊こうと, 記臆し, 誦す, 譲り合って, 贈るであろう, 返しそう, 返した, 返しただけ, 返してるうち, 返すだけ, 返そうとも, 送った, 送って, 送るため, 運んで, 避けふたたび

▼ 答え~ (336, 9.4%)

14 なかった 6 したが, しなかった, ない 4 ただ一つ, 得られなかった 3 こうであった, したものの, なくて, 出て, 簡単だった

2 [13件] かんたん, こうだった, して, すぐに, どれも, ぶっきらぼうだった, 出なかった, 出来ぬ, 斯うであった, 曖昧であった, 私には, 簡単である, 聞かれなかった

1 [255件] あくまで簡単, あったが, あのとき以後誰, あの男, ありません, あるが, いうまでも, いかにしたまい, いずれも, いたしましたものの, いたって, いたってかんた, いつもの, いつも不得要領, いつも曖昧, いつも簡潔, いよいよ鮮, いらなかった, おのずから彼女, おのずから複雑, おれにも, きまって, きまってこうであった, きょうお話した, きわめて明瞭, きわめて簡単, こうである, さまざまである, ざっと二つ, したけれど, しどろもどろだった, しないで, しなかったが, しまいから, しますまい, じゅうぶんであった, すこぶる平凡, すでに与えられ, する, するが, すんだ, せめて直接, そうだった, そのとおり, それが, それっきりだった, そんなに短, ただおかあさん, ただそれ, ただ唸る, たった一つ, たやすくは, ちゃんとあの, ちょうど此方, ちんぷんかんでありました, どうかと, どちらからも, どっちとも, ないが, ないと, ないの, なかつたが, なかなか簡単, なくその, なくとも, なく五人, なく枯木, ほとんど常に, まことに象徴的, まさしくわたし, またずその, また甚だ, また違っ, まち, まるで忍剣, むしろ自然, むずかしい, めったにできる, めんどうでない, やっぱりあべこべ, わかって, カンタンであった, ドミトリーが, リュシエンヌの, 一つしか, 一つだ, 一つだった, 一つでしょう, 一つも, 一応すでに明らか, 一致し, 一般に, 一見した, 不可能である, 不完全である, 不敵な, 不確, 与えない, 両者の, 予想外です, 事実決定の, 事実解釈の, 二ツしか, 二重の, 五人の, 人間生活に, 今日の, 今日も, 他人の, 何たること, 何だか曖昧, 何であろう, 何も, 何一つ得られなかつた, 何処からも, 何如にも, 何心なく, 作家一人一人によって, 依然短かっ, 俯仰天地に, 俺には, 側の, 先生にとって, 先生の, 兎も, 全面講和の, 冷淡であった, 冷淡な, 冷然と, 冷酷だった, 出されて, 分って, 判で, 前に, 前の, 割合簡単, 勿論この, 十人十種である, 十分でない, 各人各様でない, 同じこと, 同じだ, 同じだった, 同じであった, 同じである, 同じもの, 同様な, 否定であった, 否定的なら, 否非難は, 唇の, 問うまでも, 四文字, 四方から, 大抵きまっ, 如何, 如何にも平明, 子供でも, 子供の, 定って, 実に簡単明瞭, 実に面白い, 実はまだ, 家臣の, 容易で, 寡言だった, 小学四年生の, 小馬鹿に, 少しずつ, 少しの, 少し意外, 岸本の, 岸本を, 平凡である, 平然と, 弾んで, 形の, 彼にとって, 彼の, 思ったより, 思想界の, 急遽しかっ, 恐ろしく簡単, 意味の, 抵抗し, 持ちあわさん, 振ったもの, 断乎と, 既に出, 明らかであり, 明晰であった, 明白であった, 明白である, 明瞭である, 時代的であり, 有りッ, 木魂返しの, 来なかったけれど, 極く, 極めてあっさりした, 極めて無造作, 極めて簡単, 極めて複雑, 機智縦横で, 正しいか, 正しかった, 比較的簡単, 決してやさしい, 決して容易, 満足すべき, 澱みが, 灰皿や, 無し, 無愛想だった, 無造作であった, 無邪気である, 率直です, 生きて, 痴人ノ, 益, 直ちに白紙, 真実だった, 真犯人の, 真面目である, 矢張り同じ, 禅学と, 私の, 答えたけれど, 簡単だ, 簡単で, 簡単です, 簡明だった, 簡明であった, 簡明な, 簡潔だった, 素直だった, 終りました, 絶対に, 縁談に, 落付い, 街路の, 衣川には, 複雑である, 見つかったか, 見つからなかった, 見解すぐれたる, 言下に, 誰から, 誰に対しても, 誰も, 議論の, 車懸りで, 軽快であった, 近侍が, 頗る明快

▼ 答え~ (171, 4.8%)

13 なかった 11 しなかった 10 しないで 9 ない 7 しない 5 ありません, せずに, ないので 3 して, 無かった 2 しそう, し得なかった, せぬ, できないで

1 [92件] あいまいな, あらばこそ, ありませんでした, ありませんので, いたしませんでした, こうであった, この事件, これで, されなかった義兄, しどろもどろに, しないの, しなかったが, すれば, せざれば, せずさっき, せずして, せずずっと, せずただ, せずよい, せずわずか, せず何, せず劉備, せず右, せず否定, せず廊, せず救い上げた暴徒, せず歎息, せず笑ってばかり, せず虹, せず身動き, せず長政, せず阿能十, せず高氏, せでゾロゾロ, せぬうち, せぬ頼朝, その奏聞, それには, できずに, できず内, できないし, できないよう, できぬに, ないの, ないばかりか, なかッた, なきに, なくその, なくただ, なくただちに, なくやがて, なく口, なく只, なさず堤防, はいらなかった, やっぱり性格的, やはり同じ, やはり条件つき, やらず面, よう申し得ませぬ, よかった, 一致し, 与えずなお, 与えない, 信雄は, 元気でほ, 冷たく鋭かった, 出してを, 出ないほど, 出なかった, 出来ない風情, 吐かない, 平常の, 幾ちか変る, 待たず, 待たずに, 待たず平次, 待たず部屋, 待たないで, 得られなかった, 承ること, 持てない風, 日ごろに, 無い, 無しに, 無論笑談, 知らなかった, 答えで, 簡単であった, 見出せなかった, 質問と, 返っては

▼ 答え~ (168, 4.7%)

9 ない 8 出て 7 ないので 6 なかった 5 あって 4 ありません

2 [11件] した, する, できなかった, できませんでした, なくつづけ, 出た, 振って, 無かった, 聞えた, 裏手へ, 面白いの

1 [107件] あいまいに, あっただけ, あったと, あった瞬間, あっちこっちから, あとの, あまりに意外, ありました, あります, あり矢崎舎人, あるだけ, あるだけで, あるので, あるのみ, あるばかり, あるまでは, あろうか, いくつかの, ききたいん, こうであった, この短篇, こんに, ござりませぬ, したよう, して, すぐに, すると, そこに, できなくて, ないと, ないの, ないよう, なく, なくて, なく安らか, なく私, ひどくおもしろい, ひびいて, ふるって, ほうぼうから, また振る, また案外, スラスラと, ネガチブであった, 一様に, 伸子に, 低く洩れ, 何であろう, 何よりじゃ, 余り集約的に, 出ず, 出ずかれこれ, 出たもの, 出たよう, 出たり, 出てない, 出ない, 出なかった, 出ようはず, 出る, 出るの, 出るはず, 出来たです, 出来なかった, 出来なければ, 出来ました, 出来ません, 出来るはず, 分らなくて, 分る筈, 嘘でない, 女の, 実に恐ろしい, 実に振るっ, 少し早かっ, 当らなかった場合, 得られずに, 得られないなら艦隊, 得られないなら英国水師提督, 得られなかったらしい, 心配の, 恐ろしくなっ, 暗で, 横に, 殆ど逸作の, 気に入ったもの, 気に入らなかった, 洩れて, 満足でなかった, 無かつ, 父を, 玄則の, 私の, 竹林の, 繰り返された, 老人を, 考え出せないうち, 聞えそれ, 聞かれた, 聞きたいん, 聞こえて, 自然に, 自身の, 謙遜過ぎ, 違うん, 飛び出すか, 飯を

▼ 答えながら~ (151, 4.2%)

3 伸子は 2 それを, 体を, 信二は, 妙に, 心の, 私の

1 [136件] あなたは, いつもやる, いつも煙管, うそを, お十夜, かぐわしい朝, かすかに, さっき下宿で, さっき思い切っ, すり寄って, そっと奥, その老人, それが, それでもなお眼, それとなく席, たいへん寂しい, だんだんその, ちょいと, ちらと, とうとうオレンジ, とうとう吹きだし, どこからとも, なおも呂布, なおも足, なぜか, なりの, ひたと坐っ, ふと老人, ぶらぶらと, また怪訝そう, また門内門外, もう一人, もう一度辰子, もう壇, もしそうなったら, ものごとを, クレエテルヤアン氏は, 一歩前へ, 一角の, 上目づかい, 下を, 五勺の, 今までの, 仰ぐと, 何か, 何処とも, 何故か虚偽, 何気なく, 健三は, 側へ, 先へ, 先方は, 内心長沙の, 刺身の, 前の, 半蔵の, 双手を, 口に, 口の, 口元に, 和助の, 園は, 堂の, 夫人は, 始めは, 娘の, 寄って, 寧子の, 帽子に, 幾度も, 彼の, 彼は, 彼女の, 彼女は, 慢心和尚が, 指の, 教師の, 斜めに, 斜面の, 早くも, 明かに, 暗がりで, 書物を, 最後に, 木蔭から, 杖を, 柿沼は, 橋上へ, 正札を, 死んだと, 毛穴の, 涙の, 満足そうに, 源吉は, 片方の, 猿階子を, 男が, 白い足袋裏, 百姓たちは, 直径二分位の, 矢っ, 私から, 秘書は, 突きつめては, 立ち上った, 立って, 竜之, 節子は, 義経の, 考えこんで, 腹の中では, 自分の, 船室いっぱいに, 良人の, 若い者, 蔵から, 蔵太は, 西山教頭は, 言い始めた, 言われた品, 赤い腕章, 足袋の, 足許も, 軽く微笑んだ, 退屈らしい, 鉄の, 鋭い視線, 陳長財に, 青年は, 飯村警部は, 首筋を, 馬を, 馳けだした, 駈けだして, 駒の, 鳥居氏は

▼ 答え~ (107, 3.0%)

7 よると 5 窮し 4 窮した 3 つまって, 躊躇した 2 つまった, なって, 耳を

1 [79件] うなずいて, ええ旦那, かえたい, これは, さして心, しても, じっと顔, そうかと, たちまち調子, ならないよう, ならぬと, ならぬよう, なりました, なるかも, なるでは, びっくりし, ふくまれて, まごついた, よりて, よれば, わたしが, アアそう, ハリは, 一同は, 一致し, 一言も, 不満足な, 代えて, 代えようと, 何か, 僕は, 先生は, 合うまで, 吉村は, 向けられたの, 唖然と, 困った, 困ったもの, 困ったらしくしばらく, 困って, 困る, 妻は, 安心しきる, 帰った, 張飛は, 当惑し, 怒りを, 懸けて, 打たれわれと, 接したものの, 曰く, 曹操は, 混じって, 満足せぬ, 満足な, 無理は, 甘んじる曹操, 私も, 移った, 窮させ, 窮したらしく, 窮したり, 窮するもの, 窮する事, 維新の, 纏って, 聞た, 腹を, 見た時, 詰った顔, 詰りました, 説き伏せられたといった, 賛成する, 躊躇は, 迫られて, 迷った, 迷って, 過ぎなかったの, 附して

▼ 答え~ (53, 1.5%)

7 代りに 3 持ち合せ 2 かわりに, ように, 中に

1 [37件] うち, うちに, ことの, ごとし, された気持, しるしを, できないのに, できない問題, できる者, ないの, ないので, ないもの, ない人, ない劉備, ない咳, ならぬ見識, ようで, ような, 一部には, 仕様も, 代り言い返した, 全部であった, 出来ないの, 如きは, 形成に対して, 後半は, 方向を, 歌を, 消えた者, 素直さ一つによる, 見つからないしかも, 言葉も, 詐りでない, 速か, 間に, 間抜けさを, 響きの

▼ 答えよう~ (28, 0.8%)

7 もなかっ 3 がない 2 がなかっ, のない, もなく

1 [12件] がありますまい, がなく, が平気, が無い, としてもこう, として口, として私, として顔, にもさるぐつわ, にも答えられない, もない, もないだろう

▼ 答えたり~ (24, 0.7%)

7 した 3 して

1 [14件] しぞ, したの, してるの, してるのに, すること, するとき, するの, するよう, なぞする, 三四返し, 勝手に, 書庫を, 話したり, 近年の

▼ 答えてから~ (23, 0.6%)

3 急に

1 [20件] その後で, ちょいと, でなけりゃあ, へまな, また, むしろ宗教, クルリと, ポンプで, レヴェズの, 令嬢は, 何んと, 兄は, 十歩ばかり, 口を, 大将は, 寝台を, 彼は, 心配に, 砂を, 続けた

▼ 答えては~ (15, 0.4%)

1 [15件] いかん知りませんと, いたが, いたものの, くださらぬので, くれまいと, くれるが, こういう, すぐ黙った, すなわちまず, たいへんだ, ならんと, みずからびっくりし, 下さいません, 佐吉め嗅ぎつけ, 妙な

▼ 答えとして~ (15, 0.4%)

1 [15件] それは, ただ微笑んだ, では, なにを, まだ黄昏, 一例を, 与えられて, 伸子の, 先ず安全, 展開する, 持出したの, 敢行された, 民衆の, 私は, 船医から

▼ 答えかた~ (14, 0.4%)

2 をし

1 [12件] だった, であるだろう, で銀行利子, とそこ, には首相, に決して, はしない, は時, もどうも, をした, をしました, を青黒い

▼ 答え~ (14, 0.4%)

3 をし, をした 2 をしました 1 がいろいろ, が一層, で男, で答えるなら, の活発, を教えた

▼ 答えても~ (13, 0.4%)

1 [13件] いいと, そうでない, なお足りず, なじるよう, よいがの, よいけれど, バーテンは, 差し支えないくらいに, 差支ない, 承知しなかった, 決して心, 自分の, 見た

▼ 答え~ (13, 0.4%)

2 問い

1 [11件] いうよりも, した, する必要以上, なったもの, わしは, ヒントを, 一緒に, 云うの, 許しを, 誰彼の, 軽く見られ

▼ 答えながらも~ (10, 0.3%)

1 さきから, なぜか, もし彼女, 人一人獄門に, 何か, 僕は, 新子の, 清之介君は, 私は, 自分の

▼ 答えには~ (9, 0.3%)

1 この二, すこしも変化, すこし奥歯, ならない, なろう, 及ばん, 山の神たちの, 触れて, 農林大臣が

▼ 答えつつ~ (8, 0.2%)

1 そぞろ歩い, 兄さんの, 全軍三万, 基本的に, 悄気て, 手ばやく裾, 数人の, 楽堂君は

▼ 答え~ (8, 0.2%)

1 でも, どうも符節, やっぱり相手, アーサは, 何やらまるきりわけ, 僕に, 注目すべき, 猛之

▼ 答え~ (8, 0.2%)

3 のである 1 いまに, のです, のですぐ, んだ, んです

▼ 答えにも~ (8, 0.2%)

1 およばずこの, こつが, ためらいは, なって, ならない, なるの, ろくろく注意, 身を

▼ 答えでは~ (7, 0.2%)

1 ないか, ないと, ないの, 屋根裏の, 彼女は, 意味を, 済まされない筋合い

▼ 答えぶり~ (7, 0.2%)

1 から推す, から言っ, だった, なんか全く, によって茅野雄, の要領, をした

▼ 答えまた~ (7, 0.2%)

1 二通の, 哲学について, 問いかけました, 格子を通して, 祭らしめると, 美しい祈願, 金鼓乱鉦を

▼ 答えそして~ (6, 0.2%)

2 どうせ手紙 1 かりに五十日, このギンネコ号, これが, 轡川に

▼ 答えていう~ (6, 0.2%)

1 さまざまの, のは, もし諸君, よう, オランダ人も, 為佗有業識在

▼ 答え返し~ (6, 0.2%)

1 こんな厭, ていた, てしまっ, て彼女, て落着き払っ, もせず

▼ 答え~ (5, 0.1%)

1 が中川, ていた, ていたら, ておくれ, ながら庭

▼ 答えそう~ (5, 0.1%)

1 だ, な容子, な気, な顔つき, にうす暗い

▼ 答えその~ (5, 0.1%)

1 よく新旧, 所謂捜査方針については, 犢もて, 答えとともに, 群盗どもが

▼ 答え~ (5, 0.1%)

1 がそれ, とか認識, と久慈, と思った, と褒められた

▼ 答えから~ (4, 0.1%)

1 すでにホテル・エキセルシオオル, 何か, 唐櫃を, 試験官が

▼ 答え~ (4, 0.1%)

1 ものの, らく吾は, らく吾牛を, らく麗しき

▼ 答えそれから~ (4, 0.1%)

1 にやりと笑いました, 一行の, 帆村の, 臆面も

▼ 答えだった~ (4, 0.1%)

1 がお, がどこ, が別に, のです

▼ 答えによって~ (4, 0.1%)

1 そこを, ぼくは, 忽ち冷め, 血を

▼ 答え返そう~ (4, 0.1%)

1 とした, としても彼, とつとめた, と試みた

▼ 答えこそ~ (3, 0.1%)

1 ここに, 世界人類が, 彼の

▼ 答えしか~ (3, 0.1%)

1 ありません, 出なかった, 案じ出せなかった

▼ 答えそれ~ (3, 0.1%)

1 から勿体ぶっ, で許し, に申わけ

▼ 答えであっ~ (3, 0.1%)

1 て地球, て少し, て驚い

▼ 答えであった~ (3, 0.1%)

1 けれどその, けれど課長, にしろ

▼ 答えでない~ (3, 0.1%)

2 のは 1 ことを

▼ 答えとしては~ (3, 0.1%)

1 先ず当然だ, 異性の, 背中合せの

▼ 答えとは~ (3, 0.1%)

1 あちこちに, はっきり聞き分けられる, 黄金の

▼ 答えとを~ (3, 0.1%)

1 くり返した, 並べて, 捉えて

▼ 答えばかり~ (3, 0.1%)

1 した, だと, で処々

▼ 答え~ (3, 0.1%)

1 から権田, の枕もと, れから

▼ 答え申します~ (3, 0.1%)

2 には 1 と若殿様

▼ 答えある~ (2, 0.1%)

2 はこれ

▼ 答えいかに~ (2, 0.1%)

1 と要求, と見詰め

▼ 答えきっと~ (2, 0.1%)

1 だよ, 口を

▼ 答えきり~ (2, 0.1%)

1 だったん, 見出せない

▼ 答えさえ~ (2, 0.1%)

1 すれば, せらるる気色

▼ 答えした~ (2, 0.1%)

1 と記憶, 方が

▼ 答えすら~ (2, 0.1%)

1 なし人々, 自信を

▼ 答えての~ (2, 0.1%)

1 そり, ない電話

▼ 答えである~ (2, 0.1%)

1 かどう, ところの

▼ 答えでも~ (2, 0.1%)

1 けっこうです, するかの

▼ 答えとで~ (2, 0.1%)

1 二人は, 明らかに

▼ 答えとともに~ (2, 0.1%)

1 身を, 陣鼓一声白斑な

▼ 答えなし~ (2, 0.1%)

1 じゃ, 船退場

▼ 答えに対し~ (2, 0.1%)

1 信長の, 東野は

▼ 答えのみ~ (2, 0.1%)

1 して, なれば

▼ 答えもう~ (2, 0.1%)

1 東京にも, 私の

▼ 答えよく~ (2, 0.1%)

1 入来ってよと, 考えて

▼ 答えより~ (2, 0.1%)

1 他には, 出来ない国鉄員

▼ 答えよりも~ (2, 0.1%)

1 尊い, 最初の

▼ 答えをも~ (2, 0.1%)

1 自分は, 送ること

▼ 答え~ (2, 0.1%)

1 すなわち彼, はあるべし

▼ 答え何故~ (2, 0.1%)

1 それを, なれば

▼ 答え小さな~ (2, 0.1%)

1 机から, 身体を

▼ 答え振り~ (2, 0.1%)

1 でも何, は活き

▼ 答え暫く~ (2, 0.1%)

1 して, の間話

▼ 答え~ (2, 0.1%)

1 がなかっ, もなかっ

▼ 答え~ (2, 0.1%)

1 上げた, 上げたと

▼ 答え申す~ (2, 0.1%)

1 にはただ, 状も

▼ 答え~ (2, 0.1%)

1 にスリッパ, を自動車

▼ 答え自分~ (2, 0.1%)

1 が千鶴子, の行い

▼ 答え~ (2, 0.1%)

2 そうに

▼1* [210件]

答えいよいよ結婚の, 答えおきたりとあり, 答えゆるしかを, 答えかたお話しのしかた, 答えかたがた厚く謝辞, 答えかつ理屈を, 答えかつては彼, 答えかなり珍妙な, 答えがたいことかも, 答えぎるを得ない, 答えければいで, 答えこの口ばかり, 答えさえもしなかった, 答えしかし目を, 答えしかして余も, 答えしかを観て, 答えすぐ姫たちの, 答えすこぶるよし, 答えする事に, 答えすると若い船頭, 答えとにもそう, 答えそうしてこれ見, 答えそれでその問題, 答えただしその絵図面, 答えたまうこの時格子, 答えたまわねば数次書, 答えたりという, 答えたりまでするの, 答えたる一斑を, 答えだからなにを, 答えちょいと人差指, 答えつい話頭を, 答えてさえ下されば, 答えてなあの宮浜, 答えでありましたがしかも, 答えでありますが, 答えでしかなかった, 答えですわ, 答えでなかったことは, 答えというものの, 答えとが苛立たしい沈黙, 答えとしての激怒を, 答えとてもしんけ, 答えとにかく当局とは, 答えとの限りで, 答えともかくその農奴, 答えどうしようかと, 答えなお次々に, 答えなかばそれを軽蔑しな, 答えながらはすうし, 答えなぞは聞いては, 答えなどをするので, 答えなりしが果ては, 答えにくいがつまり, 答えによっては刺しちがえ, 答えに対して少年らの, 答え卵を, 答えばかりをした, 答えふたりは散歩, 答えまだまだ何か, 答えまで考えて, 答えむろうさんと言えば, 答えあると, 答えゆっくりと頭, 答えらしい答えを, 答えわずらったが親切, 答えエミイにとりあいませんでした, 答えキミと呼ぶ, 答えケンペルは四十五, 答えコーンにとってはまったく, 答えジョウが尋ねる, 答えソレから行く, 答えチチコフは数千ルーブリ, 答えチヤチヤチヤと水あげ, 答えハハハ憶い出しても, 答えパイプを口, 答えピアノの蓋, 答えブリアンにかわっ, 答えリビディンスキーはソヴェート, 答え一つに依り, 答え一つところに立っ, 答え一家の扶養, 答え一応楽屋に, 答え一緒に此, 答え中らぬはなかっ, 答え久しく話して, 答え久能さんの字, 答えを反映, 答え乍らおどおどとして, 答え乍ら微笑した, 答え乍ら心の中, 答え乍ら衰弱的な眼, 答え了らない裡, 答え二人の女, 答え二刀を以, 答え二度目は, 答え二親は買い来, 答え五郎兵衛はよろよろ, 答えの好い, 答えまで私, 答え今晩は至極, 答え付き添いの背広, 答え伸子たちに, 答えかひどく嬉しい, 答え何と抗すれば, 答えには, 答え全く壁から, 答え別に怪しまなかったと, 答えよりは今, 答え北原ミユキが腰かけ, 答えを問え, 答え即座に何やらくしゃくしゃ, 答えへ往き, 答え権田も, 答え又ウトウト始めますと, 答えを利く, 答え口禁めされてなりとは, 答え呼応の形, 答え四角八面に馬, 答え国史に猿田彦大神, 答えに近づいた, 答え多忙なこと, 答え大徳何に因っ, 答え大膳と二人, 答え奇跡を行なっ, 答え女学生はプレザント, 答え姿は一颯, 答え子路の人態, 答え官兵衛を通じて播州平井山, 答え実は其の事, 答えへ帰る, 答え小屋に入っ, 答え小皺のある, 答え少しも年寄, 答えあとで, 答え島田三郎外五名の質問, 答え平然たる様子で, 答え幸福であるはず, 答え弁明する所, 答え強い信念を, 答え強いて問いつめると, 答え後年はそういう, 答え心当りもなくなった, 答え心魂に徹し, 答え急ぎ王宮に, 答え恩寵年と共に厚き, 答え恭一までが, 答え悪くなった, 答えのつめ, 答え支度といっ, 答え放して門内, 答え施長老は, 答えや余, 答え昨夜とはうっ, 答えの上, 答え李福がさらに, 答えをもて, 答え機械を解剖, 答えのテウツシヤ, 答え次第で極めなけれ, 答え沢庵に道, 答え油虫は何, 答え洛内の商民, 答え源吾盛安から髪, 答え溜息をつい, 答え火縄を抛りすてた, 答えの眼, 答え父母病弱なる者, 答え片手を彼, 答え犯行に関しては頭, 答えを諫め商主, 答え申して御前, 答え申したと親王, 答え申し上げますと若殿様, 答え申せばさらば, 答えの腕, 答えす, 答え祭日には多年恩, 答え秀吉が去った, 答え種々問答の, 答えいける歌曰云々, 答えに深く, 答え練習は順調, 答え置いたがどうも, 答え老人がふたたび, 答え老齢のため, 答えも後, 答えを罷める, 答え肥料は明後日間違い, 答えの苦痛, 答えの上, 答え良人に向かっ, 答え怒って, 答え虚偽に対しては憤懣, 答えのさしのぼる, 答えが走り去った, 答え足りないと思う, 答えを回らし, 答え軽症のもの, 答え返しそうだった, 答え返し得たはずである, 答え返すのが, 答え返すべきことが, 答え返書はかかず, 答え道友会とは何ん, 答え難いものである, 答え難くげな, 答えを曳い, 答え馬首を主人, 答え高輪田