青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「答~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

笹~ ~筆 筆~ ~筈 筈~ 等~ ~筋 筋~ 筒~ ~答
答~
~答え 答え~ ~答えた 答えた~ ~答える 答える~ 策~ 管~ 箪笥~ ~箱

「答~」 5966, 64ppm, 1772位

▼ 答~ (2545, 42.7%)

1055266 ました 91 なかつた 53 たが 43 曰ふ 38 たの 36 ずに 26 ない, ないで 24 ます 2320 ていはく, ぬ 18 白さく 17 たので 13 き, ようと 12 た時, よう 119 して, たもの, ようとも 8 たと, んと 7 たい, である 6 たお, たまはく, ますと, ませんでした, む 5 たこと, たといふ, なかつたが, ましたので, られない, 返した

4 [14件] いふ, ざるを, しに, しめていはく, たか, た儘, てい, なければ, なされたと, ようとしても, られた, られなかつた, 得るもの, 白した

3 [13件] ざりき, たとき, たま, た事, た後, た言葉, ないので, ない譯, なり御, やうが, ようとは, 兼ねて, 兼ねました

2 [48件] ける, さへ, ざりしは, しが, ずして, ず深刻, ず目, たことは, たこの, たさうだ, たなり, たのに, たやう, たらいい, たらしかつ, たる放言を, た喜助, た所, だ, だつた, です, ないが, ないの, ない時, なかつたの, ぬ間, ねば, ねばなるまい, ましたが, ますが, むと嗚呼, られたの, られて, られないで, られました, られること, られると, られるところ, んのみ, 始めた, 度い, 座敷から, 歌よみした, 申さく, 申し上げました, 給ふ, 詔り, 陳じ

1 [420件] ある一種稀有, いかにと, いささか高揚, いたして, いたしますみなさん, かつか, かね, きこゆる, けり, けるかな, けるが, けるに, けるは, けるやう, けるを, この戯曲, させた, させたに, させたま, させようと, させられた小文, させること, さらにそれ, さらばとて, ざりけるを, ざりければ, ざりしかど, ざりしこと, ざりしを, ざるは, ざるゆゑよしを常見和尚, ざる事は, した, したい, したくは, しと, しない権利, しなければ, しならむ, しのみにて, しは, しま, しますが, しますわ, しませう, しむされど, しめしなれ, しめば, しを, し事, し後, し憎く, し文, し者汝, し通り, し靈, するの, するほど, するよ, する丈, する前, する必要, す山, ずいきなり, ずかへ, ずこれ, ずご, ずさ, ずさも, ずその, ずそれ, ずただ, ずである, ずにあたりの, ずまた, ず佐太郎, ず例, ず修吉, ず先頭, ず兩腕, ず其邊中, ず呻吟, ず堅甲, ず家, ず小判, ず山, ず平次, ず廊下, ず弟, ず彼女, ず思案, ず杉村, ず栓抜き, ず歩き去つて, ず煙草, ず開きみれば, ず頑として, ず默然, ず黙つて, せざりき, せぬ口, そしてちらつと, そして公判, そして結局大阪, そのものの, その場, その方, その日, その風情, そびれて, それから, それが, それでも足りない, たいが, たいと, たいの, たい心も, たい氣持で, たかつただが, たかは, たかを, たか忘れた, たがらぬ風, たぎりで向う, たくないもの, たくないらしく言葉, たくない様子, たくなかつたら別に, たけれど, たことも, たさうである, たさうである自分, たさうです, ただけ, たつもり, たてまつりかつ, たであらう, たであらうが, たとある, たといはれ, たといひます, たところ, たと云, たと思つて, たと蘭軒雑記, たと言, たね, たのみ, たのみ何, たばかりだつた, たまた, たまひ, たまひき, たまひし, たまふ, たまま, たやら, たよし, たら, たらしいお, たらしいが, たらしい荊, たらしゅっこは, たらヌエは, たら大, たら必ず, たら普通の, たら母, たら私, たら苦笑し, たら鸚鵡が, たるに, たるを, たる同氏の, たる處女マリアの, たる言を, たる醫學士の, たんです, たツけが, た丈, た何故, た先づ, た処, た分り切つてるぢ, た娯楽, た少女, た悟空, た歌, た河田, た父, た由, た私, た紫玉の, た膜, た自分, た記憶, た辞令, た返事, た顏, た黄筌, つひに, つれど, づらいに, ていはく日本国より, ていはく聖人の, ていひける, てけな, てん宣んし, でありました, であります, できませんでした, できるだけの, でした, ですが, ともすれば沈黙, ともに奮励, ないあまり, ないうち, ないこと, ないでも, ないわけ, ない兄, ない内, ない彼, ない犬, ない理由, ない訳, なかつたけれども, なかつたそして, なかつたにも, なかりき, なきに, なくては, なくなつた, なさい, なさいましたので, なの, なので, なりを, なんか聴かなくたつ, なんか聴きたくない, なんでや, なん怒れる, にくかつ, にこまつたもの, ぬかげ, ぬにな, ぬも, ぬもどかし, ぬやう, ぬ伏眼, ぬ意地惡, ねば気, はござりませぬ, はた, はては泣聲, ぶりの, まい, まうきぞ, ましたか, ましたそして, ましたの, ましたほんとう, ますね, ませう, ません, またはたらきかける, まつりとも, まつり候, まつるべ, みなその, むこの, むとおもひし略胸に, む目さめ, む願く, もう少し考へ, やうとも, やうの, やうは, やがて顔, やるたつき, ようかう書く, ようとして, ようとでも, らく釣れ, られさ, られず, られず僅か, られたか, られたので, られたやう, られたらと, られた日, られた時, られた長い, られても, られないといふ, られないの, られないもの, られなかつた上, られながらも, られぬもの, られまい, られます, られやしないぢ, られる, られるで, られるであらう, られるに, られるもの, られるわけ, られる様, られる筈, ればい, ればいいんだい, ろ, ろと, んか, んかなぞ, んとして, んとは, んとも, んは, ゲーテは, ハヽヽ憶ひ出し, レンズの, 下さるで, 下は, 乍ら手燭を, 了らない, 二人で, 何處か, 例の, 侍リシヲ聞キテ, 候はは, 儀式を, 兼ねたやう, 兼ねた樣子, 出来るもの, 切支丹の, 別に, 十三色いや十五もつと, 十色と, 又自分自身, 受けとつ, 口禁され, 可申, 名た, 名前は, 夫が, 奉る相聞歌, 妹は, 宣んし曰, 實は, 寺内陸相は, 少しの, 尚も走りつづけよう, 尽したと, 居りしが, 居れり, 彼に, 彼は, 得ざりしが, 得ざれば, 得ずんば, 得たの, 得なかつたの, 得られたと, 得るだけ, 得るだらうと, 得ると, 得る人, 得る教育家, 得る程注意, 思ひがけ, 惠み, 意見を, 我は, 損つてゐる, 方され, 方で, 方を, 方一つで, 早速整爾氏, 易いの, 曰へば, 来りし体, 様も, 歌ひ, 歌ひた, 死んだ人, 汝が, 澁つた, 澁つてゐました, 澁りました, 父親の, 申しましたが, 申すこと, 目は, 私は, 答は, 終りぬされど, 終れる, 給へ, 練習は, 聞いて, 胸の, 能は, 自家の, 舞臺の, 艇の, 若い方, 落書した, 蒲原氏が, 虚僞に, 迷ひける, 通詞に, 鉄を, 難い問題, 難き問

▼ 答へて~ (690, 11.6%)

105 彼に 23 曰ふ 17 曰ひける 16 曰はく 14 白さく 12 ゐた 11 ゐる 8 曰く 6 我に, 曰さく, 見た 5 ゐるの, 云つた, 私は 4 いふには, しまつ, ゐたが, 即ち彼, 彼等は, 置いた, 自分の, 言ふ, 詔り 3 いふ, くれます, やつた, 居る, 然り, 義雄は, 陳じ

2 [33件] あるけ, おいた, くれたの, くれないので, それを, のりたまはく, よいか, よこした, ゐました, ゐるか, ゐるさ, ゐると, ソオルは, 下さい薔薇, 丑松は, 云く, 來たり, 叩頭を, 呉れる, 宣んし曰, 小判を, 我れ, 曰, 朧月, 權勢の, 清子は, 渠は, 甲田は, 目を, 突放した, 縁側に, 置くより, 言さく

1 [328件] ありまた, ある, いいか, いいの, いかにも御, いつた, いひました, いふいと, いふ見ずやわが, いふ風流, いやさ, おいたこと, おいたの, おいて, おきながらも, おくより, おくれ, お綱, かの女, がん首の, きたといふ, きつぱりと言, くださいました, くれ, くれずこれ丈, くれたら私, くれないか, くれなかつた, くれなくつて, くれました, くれるお前, くれる美しい, げにあやしく, こそこそと, こりやほんとに, これに, ごらん, さて新人, さに, ざるの, しばらく羊, しまつたのである, しまひました, しまふの, すぐ新聞, すたすたと, するすると, そ, そのまま座, その時彼, その理由, その男, その行末, それから, それも, たと, なほも, にこにこと, ぽつりぽつり話さね, まことにさ, またいふ, まづわ, みたいと, みよう, みる, みるので, やがてはさ, やつて, やはり無, やりたかつた, やること, やると, われは, ゐたで, ゐたとき, ゐたシローテ, ゐない, ゐましたのに, ゐるかも, ゐるです, ゐるので, ゐる兄, ゐる者, ゐる間, アカイア軍中の, カラ, ストリッカニッコロ等は, ハボンスは, ハルトマンの, バスでは, ヘクト, マルクス主義の, ララが, リリーオフゼ, 一人さういふ, 一緒に, 三十の, 上屋敷から, 下さいきつ, 下さるで, 下さるので, 下されたおばあさん, 下されば, 主人右衞門佐は, 乙彦の, 了つた, 了つたのである, 二人とも, 二人も, 二人目を, 云は, 云はむ, 人を, 今度は, 代さんは, 令嬢が, 会釈し, 何やら兄, 傍を, 傲然と, 先に, 先年虎の, 先生は, 冷笑した, 別れたあと, 前岸, 勢ひよく立あ, 北斗は, 千登世は, 単に人才, 即ち陳, 去る, 又うつむい, 又次の, 又笑, 友に, 叫んだ, 叮嚀に, 可いか, 可か, 同時に一杯, 同氏の, 君が, 君の, 呉れたので, 呟くは, 呼び交, 單に, 嘗て魯迅, 国民の, 声自慢の, 変な, 多少元, 大満足, 天上の, 太田に, 夫人の, 奇麗に, 女の, 女の子の, 好いか, 如何にも此, 妻戀下とばかり, 姉の, 始める, 安らかなる, 宣し, 小だ, 居た, 居りました, 居ります, 左の, 己れ, 己を, 席を, 平岡は, 平次は, 平然として, 店先へ, 引ツ込んだ, 引下がりその, 彼が, 彼の, 復活後の, 微笑した, 微笑しつ, 心持顏を, 心持顔を, 応答流る, 怒られたの, 急いで, 怫然と, 意志の, 愛讀書の, 懶惰の, 我々は, 我は, 我國は, 我等己を, 扉を, 持つて, 新聞種を, 日本人は, 日田と, 旦暮漬物で, 早口に, 昔の, 昨夜の, 普段机に, 智恵子は, 智惠子は, 曰くあまりの, 曰くかくの, 曰くこの, 曰くこは, 曰くこれまた, 曰くこれも, 曰くわれらは, 曰く何ら, 曰く前にも, 曰く古池の, 曰く固, 曰く弊害までを, 曰く御, 曰く我等の, 曰く撞著と, 曰く文学美術にも, 曰く日本国の, 曰く未だ尽く, 曰く本, 曰く歌俳両者は, 曰く然, 曰く美に, 曰く誠に, 曰く調といふ, 曰く請ふ, 曰く銘仙一ぴきの, 曰く面白き, 曰ける, 曰はむ, 曰ひしく, 更に, 本を, 来た, 来たと, 来たり, 棟領田部嘉七が, 森先生は, 歌ひし, 歌よみし, 此方は, 此處にも, 歩き出しさうになつ, 殘酷に, 母と共に, 母に, 母君の, 洋傘の, 流石に, 消えか, 消えなまし, 深く決心, 清作は, 演説を, 炬燵から, 父の, 玄関に, 王に, 甦る者, 田丸は, 申すやう, 疾風の, 白い齒, 矢っ, 笑つた, 笑ひなが, 笑聲で, 簡単に, 糸七が, 紀昌は, 純吉, 給仕頭の, 續い, 置いたの, 置いたもの, 置くの, 聖地の, 聰明の, 腰を, 自ら点頭く, 自宅に, 自然固, 自若たりき, 舟を, 英也は, 茶色の, 草人さんに, 葉藏は, 薬局生は, 藥局生は, 行つ, 衣に, 見なよ, 見よここ, 覺えず, 言はく, 言葉の, 詩人が, 諭しいふ, 變な, 豫言の, 赤くなった, 起ち上つた, 辯護士は, 近く聞える, 道臣の, 重役は, 長さんの, 門野を, 開封しかける, 階段を, 障子引き開けし, 電車賃は, 飛出して, 首筋に, 騷ぐ胸を, 高架線が, 默つてしづかに

▼ 答へる~ (467, 7.8%)

25 ことが 2419 ことは 11 のが 9 のである, やうに 8 より外, 事が 7 ことも, のです, のは 6 と彼, のであつ 5 ものが, ものは, 代りに 4 のだ, んです, 前に, 訣にも

3 [11件] ことに, ことを, ためには, だけだつた, でせう, のでした, のも, ほかは, 言葉が, 言葉も, 言葉を

2 [30件] かとぢ, かのやう, かも知れない, ことだ, ことの, つもりで, とさ, とそれでは, とまた, と二人, と同時に, と大佐, と大層, と女医, と彼女, には, には答, のを, ばかりだつた, ものも, やうな, よりほか, より他, マリイの, 下から, 事は, 人の, 人は, 者は, 術は

1 [197件] あ, おはやう, お客の, お絹, お茶をの, かが彼女, かぢ, かとその, かと思ふ, かはり, かもしれませぬ, かも知れません, か初瀬, か失笑, か美奈子, がよい, が兎, が心, ぐらゐで異体が, ことだけしか, ことで, ことほど, この場合, さうである, さうです, しかない, し一方, すべを, そこで私, その瞳, だけその, だけで, だけでした, だけです, だけの勇氣, ぢや, といふ, といふ目的, ところを, とさも, としかし, としても自然重複, とその, とそん, とちらりと, とつづい, とでは, となか, とへえと, ともない, とやはり, とトルストイ, とマダム, と一枚, と中村氏, と今度, と何, と何日, と俯向, と先, と光茫, と共に胸, と又, と太一郎, と夫人, と奥村さん, と客, と實, と屹度作文, と巡査, と平七, と彼等, と後, と忽ち, と支配人, と母, と涙, と父, と直ぐ, と称せられた, と老人, と聞きち, と良人ぐらゐあつたつていゝや, と親分, と言, と言下, と車掌, と軽く, と間もなく, と隣, と首, どころで, にはわたし, には一揆, には先づ我々, には十万, に先だつ, に同情, に相違, に違, に鎚, のだつた, ので, のであらう, のでそれなら, ので他, のに, のほか, のみである, ばかりだ, ばかりで, ばかりである, ばかりです, ものか, ものである, ものに, ものの相手, や否, よりもその, より仕方, ミツキイの, 丈である, 主公, 人, 何時もの, 俺の, 兄を, 先に, 其声が, 其教が, 処だつた, 力も, 勇気が, 地謠が, 声, 声が, 声に, 声は, 外ない, 外は, 大衆が, 天地の, 寿詞の, 小さい胸, 己れ, 弾薬が, 形が, 形である, 必要を, 意味での, 慣ひであつ, 或る, 所は, 所以を, 手数を, 手段も, 方が, 方法が, 時に, 時の, 時は, 時ほど, 暇の, 様子も, 気合の, 気持ちを, 気持を, 氣には, 滿足の, 漫談, 漫談三十分, 為めには, 熊本の, 用意が, 男は, 神事の, 私は, 私も, 私を, 筈は, 純眞, 義務が, 習慣にな, 者も, 聲に, 聲は, 自分と, 術を, 表情さへ, 言葉は, 調子で, 調子は, 谷村は, 責任の, 責任を, 道と, 間も

▼ 答~ (421, 7.1%)

25 した 21 して 9 する, 聞いて 7 すること 5 するの, 求めて 4 待って, 得た, 得て 3 しなかった, しました, 与えて, 出して, 得ること, 聞くと, 與へ

2 [29件] したが, したの, しない, しなかつた, しながらも, します, だして, 一生の, 一言葉で, 与へ, 予期し, 伺いたいと, 促した, 促しました, 出したの, 出すには, 待たず, 待ち受けて, 待つて, 得たと, 得られない, 得られなかつたので, 書いて, 期待し, 求めるの, 求めるよう, 発見した, 聞くごと, 躊躇する

1 [249件] いただいた紙片, いちいち手帖, いって, うかがう折, うながした, お送りします, かける, かねて, き, きいて, ききながら, きき落して, きく三月, くり延ばした, げに道理, さがす努力, さけて, したか, したから, したです, したのに, した年, した幾等, した後, しないうち, しなかったので, しなければ, しぶった, しましょうと, しますと, しようとは, しようとも, し大人し, するかと, するそれ, すると, するまえに, する前, する文句, する訳, せで懐中, せぬ生徒, せぬ藤尾, せよとの, だすに, ちつとも, つづけるの, とること, なした丈, なすこと, なす者, にぎって, のみしたり, ひきだすこと, ひったくった, まちがえれば, まった, まって, まつよう, やって, やる, ろくに聞き, 一つも, 一緒に, 与うるに, 与ええないの, 与えずに, 与えたつもり, 与えたの, 与えたので, 与えなかった, 与えました, 与えようと, 与えるの, 与えるもの, 与える先, 与える明, 与へた, 与へられた, 与へる人, 了解した, 予期しない, 云はせる, 今また, 仕りません, 促したが, 促したるその, 促して, 促しぬ, 促すよう, 保留し, 俟ち, 傳へ, 充分豫期, 光尚, 全国から, 出さうと, 出さなければ, 出しきって, 出すだけ, 出すよう, 出す必要, 受け取つた, 受け苛酷, 受取った, 叙述し, 呟いた, 囁くの, 壮と, 多年に, 夫人の, 失して, 婆さんに, 寄こしたの, 尊ぶから, 工夫する, 延ばしたの, 引出しました, 彼に, 待たずして, 待たずに, 待たなくても, 待つ, 待つたが, 待つに, 待つやう, 待つ如し, 待てり, 待設けて, 得え, 得しなりとい, 得しむる, 得ずして, 得たいもの, 得た彼, 得た時, 得も, 得られなかった, 得るなり, 得るに, 得るの, 得るまでの, 得るまでは, 得るや, 得ん日, 得難い, 心に, 怖れる, 思いつく気質, 我に, 拒むかも, 拒否し, 持って, 挑む例, 採用する, 探し出して, 探すこと, 控えて, 推理し, 操つてみ, 整理し, 日限までに, 明確に, 書いたもの, 有って, 望むの, 期すること, 東西の, 根本的な, 榛軒に, 正しく君, 正しく言, 求むるが, 求むる者我獨, 求められるならば, 求める前, 汝に, 決めかねるの, 津田から, 澁りました, 澁る, 為し得ない, 為すこと, 爲し得ない, 用意し, 申上げ, 発明した, 真似る者さ, 知らない, 知ること, 知ると, 私が, 空耳に, 笑いに, 笑うまえに, 算出したい, 繰って, 繰りかえしたのち, 繰り返した, 繰り返すより, 繰返した, 考へて, 聞いた, 聞いたが, 聞いたという, 聞いた時, 聞いても, 聞かせて, 聞きたいという, 聞きたいばかりに, 聞きちがえたの, 聞きて, 聞きとる事, 聞き終つたかの, 聞くや, 聞けるとき, 聴いたの, 胸の, 致します, 與ふ, 與ふる, 與へた趣が, 苅入れたり, 落ちついて, 表して, 要求し, 要約する, 見つけだしても, 見つける, 見ようと, 見れば, 見出すでしょうしかし, 見合わせて, 言ふべき, 訂正します, 記したもの, 試みて, 誘ふの, 読めば, 豫期し, 貫一に, 躊躇しました, 返さなかった, 追求する, 逼る, 避けた, 避ける為, 饒舌り続ける, 馬鹿に

▼ 答~ (311, 5.2%)

4 ない, 意外だった, 無くて, 簡単である 3 なかった, 何処からも, 得られなかった

2 [24件] ありません, いい, いくらに, いつも同じ, かうで, こうであった, こうでした, これで, なくて, わざとつけてない, ロダンの, 一生懸命に, 上の, 下の, 何時でも, 前の, 変に, 必竟前と, 憎々しいほど, 明快を, 明白である, 案外に, 相變ら, 私の

1 [238件] あたかも磁石, あっても, あらざりき, あらで呟くか, いかにも簡單, いくらでもある, いつでも, いつもきまっ, いひにく, いまだ半, いろいろさまざま, おそらく肯定的, おもしろかった, およそ次, かえって彼, かなりまちまち, かんたん, きまって, けっしてそうすらすら出, こうだった, こうである, ここには, ここにも, この数行, この物語, これしか, これだけの, さきに, さらになかっ, しかし簡単, したもの, しどろもどろであった, しない, すこぶるぶっきらぼう, すこぶる簡単, その一点張り, その問, それに対して, そんな古い, た, ただこの, ただ一つ, ただ淋しい, たった一つ, でき悪い, どうされた, どうしてもそこ, どうしても何, どうなるだろう, どうも腑, どぎまぎし, どちらかと, ないと, なかつた, なく小浜兵曹長, なく衣, なさずして, なんでも, にがてな, にわかには, はげし無情, はなはだなっ, はや定まりぬ, ひどく私, ぶっきらぼうでした, ほんとの, まことに平凡, ますます詰っ, また平凡, また案外, まだない, まだ出, まだ出来ません, まったくむずかしい, まづこん, むづかしい, もうきま, もうちゃんと出来, もっともっと多く, やがて新聞, やつて, やはり同じ, よし, わが姫, わけの, ガラスの, ハツキリし, ポーニンの, 一々明快, 一つ, 一向につかま, 一向要領, 一層老, 一様に, 一般に誰, 三藏の, 不思議な, 与えなかった, 中って, 中つて, 予想外でした, 二つだ, 五十町一里なりけり, 人間には, 以ての外でした, 何だか変, 何だか蒼蠅そう, 何の, 何んと, 何んの, 依然自説, 全く変, 全く聞き取れなかった, 出たの, 出て, 出ないの, 出来ない, 別に上出来, 前にも, 力の, 勿論否定的, 十中八九は, 半ば夜着の, 却って聴衆, 取止めも, 各自の, 同じこと, 否定的だった, 否定的であった, 問所に, 四五日中に, 四千八十メートルに, 固より, 多くの, 多勢の, 大抵の, 大概半分で, 太刀川青年の, 奇拔でした, 好いが, 学問的には, 実に案外, 家來は, 尋常である, 少々論理, 岸本の, 左の, 彗星が, 彼に, 彼自身を, 待たずに, 得られなかつた, 得られなかつたの, 得られぬもの, 御免蒙る, 徳川政府に対しては, 心な, 心の, 必ずしも最初, 必ず皆, 思いの外の, 思ひの, 急に, 恐らく現在, 意外だつた, 意外で, 振つて, 整然として, 斯う, 斯うだつた, 既に與, 早く出る, 明かに, 明白だ, 明白に, 明瞭である, 是なり, 更に問, 最後の, 核あり, 極めて明快, 極めて月並, 極めて無遠慮, 極めて物しずか, 極めて簡単, 極めて簡單, 横に, 次の, 正しいだろう, 正しい答, 此問が, 武蔵一生の, 武蔵野の, 水も, 津田に, 活溌だ, 為ずに, 無い, 無し, 然りです, 甚だ心細い, 用意され, 用意でも, 當り, 発せぬ, 百二十五, 皆どことなく, 直ちに確実, 真理である, 砂に, 私が, 簡単で, 簡単です, 簡単明瞭である, 簡単明瞭幽界で, 簡單です, 簡短であった, 素氣なかつた, 素直で, 結論的で, 美しい己, 美禰子の, 老人の, 胡語ジャダーの, 胸が, 自然つながっ, 至極簡単明瞭, 許諾でも, 詳しくて, 銀之助の, 鋤の, 間髪を, 難しかった, 頗る簡単, 鷹揚な, 0だ, 6と, 6とな

▼ 答~ (158, 2.6%)

10 ない 6 あった, なかった, 出て 4 ないので 3 でて

2 [14件] あって, あつて, あるので, ないの, なかつたが, もしも出た, 何う, 來た, 出来ないの, 喉に, 存外平凡, 無い, 發せられ, 穴の

1 [95件] あつた, ある, あるよう, あれば, いい, いやしくも口, うまく出よう, うるさくな, おかしいので, かいて, この上なくうれしく思われ, この式, この歌, この運算, すでに述べた如く, する, ずばりと, ちゃんと現れまし, できないならば, できなかった, できなければ, でた, でなかった, でるだろうか, でると, でるの, どこに, ないため, ないとき, なければ, なんの, ねえから, ねえので, まだ充分腑, わり切れないで, 一向腑, 一番本当に, 不滿足, 世間の, 二つも, 今では, 余り簡単, 例の, 入って, 出されて, 出ずに, 出せる人, 出た, 出たか, 出たなんて, 出たの, 出ないとは, 出るじゃ, 出るという, 出るの, 出るまでには, 出來, 出来たところが, 出来たとて, 出来たのみ, 出来ないので, 出来まして, 出来んの, 博士の, 反應, 好意を, 孔子の, 完全に, 実際に, 少年の, 御飯を, 應じた, 投稿せられた, 断然たる決心, 明瞭を, 時として虚偽, 正面へ, 残つてゐる, 湧く, 濁ったの, 無いので, 物足らなかった, 用意し, 異って, 盛られて, 相当センセイショナル, 示す感情, 私にとって, 聞えて, 自分の, 要領を, 象徴主義者な, 間違ひかな, 面白い, 面白いので

▼ 答~ (135, 2.3%)

11 十位の 8 一位の 6 十位は, 百位の 5 中に 4 千位の

2 [13件] あつた, ところに, 一位が, 一位に, 一位は, 一位を, 一半は, 万位の, 代りに, 十位が, 十位を, 結果は, 萬位の

1 [69件] あいだに, あらざるを, あるまでは, ある反, ある言葉, あれかしと, うちには, かわりに, きまらぬうち, しかたが, ため行き, でるべきもの, ないの, ない口元, ない色々, なる身, ほうが, ほかに, また世に, 一の, 一切であった, 万位と, 上位の, 中で, 中には, 二桁目が, 二桁目の, 二桁目は, 仕樣, 内容であります, 出たもの, 出て, 出ないうち, 出来た者, 出来ない生徒, 出来るくらいに, 出来る様, 原に, 噴水が, 多過ぎる, 奥の, 当否は, 当否を, 形式で, 形式でと, 形式を以て, 性に, 意味が, 意外な, 拝礼を, 数は, 數は, 方は, 方を, 日限を, 期日を, 材料を, 歌を, 無いのに, 無造作さ, 箭を, 範囲を, 萬位と, 裁判記録よりの, 要領は, 見つからぬと, 試みを, 間違いたる, 順番です

▼ 答うる~ (98, 1.6%)

4 ところを 3 ことを, ものは, 者は 2 ことあたわざる, ことあたわず, ことあり, ことが, のほか, よう, 者が

1 [71件] お辰, がごとき, が如く答えざる, ことあたわざるべし, ことあたわざれ, ことあたわずし, ことすこぶる, ことなし, ことの, ことばなく, ことも, こと能わざるなり, こと能わず, こと能わずし, その説, ためには, といよいよ急ぎ, ところいっさいの, ところ皆七人を, としから, と斉, と鬼神さ, に, にさらに, にはぜひ, にもすべて今日, にも羞ずる, にや, に事実, に先だち, に書, に言葉, に辞, に道, に限る, のみ, のみにて乱鬢, の辞, ははなはだ, は大原, までもなく, ままに, ものなかりしなり, ものなし, ものなり, も易く, や, やと窃, や直ぐ, ような, よりほか, を聞き, 五六歳の, 人が, 光も, 双方の, 口さえ, 声も, 外は, 所ある, 歯の, 義の, 者ある, 者なかるべし, 者なき, 者なく, 術なく, 術も, 術を, 辞は, 途端鋭き

▼ 答ふる~ (91, 1.5%)

5 ところを 3 ことを, やう 2 に好いじ, に躊躇, の外, もの多かる, 能は, 間もなく戸

1 [68件] が如し, ことが, ことなかりき, ことなし, ことは, こと出来ざる, こと能は, ところあらん, なきは, なり, におよび, にその, には許多, にも及ぶまい, に先, に均しけれ, に天神, に左, に愈, に憚ら, に戲文, に於い, に暴力, に更に, に當, に評判, のみ, のみである, のみにて乱鬢, の勇気, の勇氣, は是, ものとの, ものなし, ものは, もの候は, も一法, やまた, や彼女, よりも潟, をや, 事を, 人なき, 人の, 光も, 処ありし, 喜びの, 声なく, 所に, 所は, 所を, 文, 方では, 暇も, 波の, 為めにとて, 第二, 義務ある, 者に, 者は, 聲が, 聲なく, 能はず退い, 茶山の, 言葉の, 言葉聞き, 途端鋭き, 間に

▼ 答へは~ (72, 1.2%)

4 ないと 3 はつきりし, 木魂返しの 2 何んの, 妙に, 決して簡単

1 [56件] あまりにも, あらずは, ありませんが, いつも, いつもながら, かうで, さうだつ, したが, しないで, しなかつた, それで, どういふ風, どちらかと, ない様, なくて, なくとも, ぽろり襦袢, まことにハキハキし, また何ん, ハキハキし, 事務的で, 何だか曖昧, 何と顏, 何と顔, 何時も同じ, 先づ豫想外です, 全てが, 出来ない, 區, 同じだつた, 同じである, 多く聞く, 少し意外, 得られません, 得られませんが, 案外で, 案外にも, 水も, 汝等の, 甚だ平凡, 甚だ理想的, 皆同じ, 私から, 私の, 簡単だ, 簡單で, 緊張し, 胸に, 至つて簡單です, 至つて簡明です, 至極はつきり, 行屆きます, 變哲な, 豫想した, 豫想外で, 靜かで

▼ 答へを~ (70, 1.2%)

4 して 2 る, 求めて

1 [62件] いたし升, うけ想像, えたり, ききて, きくこと, きくため, きくと, した, したの, しない, しなかつたこと, しながら, しなければ, し切れなかつた, する, すること, すると, するの, する準備, せずに, せんも, だして, 与へ, 与へること, 与へるには, 促しました, 含味し, 女の, 引きだすこと, 当然用意, 待ちました, 待つやう, 待つ事, 待顏である, 後ろに, 得たためし, 得て, 得ること, 忘れ睡つたふり, 思ひ出して, 想像し, 拒む時, 持つべきだと, 書くの, 求めるなら私, 求める権利, 為し得, 生娘の, 用意する, 知つてゐる, 種々に, 簡単に, 繰返しなど, 聞かんが, 聽くまでも, 致したいと, 與へる, 要望する, 誤魔化す爲, 逸して, 驚いたよりも, 龍子に

▼ 答~ (64, 1.1%)

6 窮した 3 窮し 2 小さい美奈子, 窮すること, 青年が

1 [49件] いよいよ騒ぎ立ち, がっかりした, ためらいたり, ためらったよう, つづけて, つまって, どこやら, なつた, なるの, みること, よると, ウソは, 一首詠みました, 万七も, 不満の, 代ふ, 何の, 出た, 博学の, 及ぶと, 吉蔵も, 妻は, 孝ちゃんは, 安心の, 帰着し, 必要な, 怒りだすお客さん, 意外な, 我等は, 接するを, 支えたが, 於てのみ, 曰, 満足せず, 滿足し, 無之, 無關係, 狼狽し, 窮する者, 窮せるなりき, 腹を, 茫然と, 躊躇した, 迷うた, 難からざる, 難風, 青年紳士は, 驚いて, 驚かされて

▼ 答~ (48, 0.8%)

3 しなかった, せずに 2 ありません, なし得ない, 十位が, 半分しか

1 [34件] あつた, あります, ありませんでした, しなかった健三, しなかつた, しら紙の, せず, せず引っ, せず黙って, なく師匠, なく私, なく衣桁, なく装わるる, なく黙って, なさず茫然, なし, なし得ず俯向, なすべきありさま, 今までに, 出ないので, 出来ませんから, 判こで, 前に, 大体に, 大抵それ, 実はその, 幾分新潮記者, 待たずに, 待たず先, 我知らず出た, 曖昧であった, 来なかつた, 聞かずスリッパ, 聞かず老中阿部

▼ 答へながら~ (45, 0.8%)

2 それを, 房一は, 義雄も

1 [39件] かうして, すツ, そのこゑははつきりふるへてゐた, その時急, ふつつかに, ドアを, ヒーヴリャは, 両腕, 他人ごとの, 何處か, 俯向いた, 側へ, 勇みたつて, 団扇の, 夕暮れか, 夫人は, 始めは, 媚びるやう, 家の, 寂しく苦笑, 尚も凝, 床の, 彼は, 彼女の, 彼女は, 心の, 教父はから, 服部さんは, 矢つ, 絵葉書屋の, 自分は, 花立に, 赤い腕章, 足もとに, 遠く離れた, 鉄の, 青年は, 青木さんの, 面倒な

▼ 答~ (45, 0.8%)

4 が出 2 して, の中, を與

1 [35件] あらんこと, が出た, しない, すること, する必要, でありました, と符合, ならば, にあらずし, においてその, には責任, にも之, にも多少, に値する, の出來, の必要, の模樣, はざつとこんなものでありました, はハキハキ, は以來毒, は濟ん, は畢竟, は私情, は第三者, も亦, をうながさう, をかんた, をし, をした, をなす, を出さず, を致し, を致した, を試み, を證據

▼ 答~ (36, 0.6%)

2 の方

1 [34件] か何, だけで, だそう, だと, だという, でさっぱり, でべったり, で偸, で医者, という医師, とかいうよう, とかいふ病気, とが掛持, となり, と肺炎, なぞで鼻, なりとの事, にかかっ, に罹, に罹っ, に罹った, に罹つ, のよう, もとり立て, も間もなく, をやっ, をやった, を患う, を病んだ, を発した, を起こす, を起し, を起した, 起して

▼ 答へが~ (34, 0.6%)

4 あつた 3 ない 2 できませんでした, ないの, 余り意外

1 [21件] あつて, かうだ, きこえる, できます, ないん, なくて, なく私, 出た, 出ると, 出來, 出来ないの, 出来なかつた, 出来なかつただけに, 出来ません, 少しく易々, 引き出せるやう, 彼女に, 無いのに, 續いた, 莫迦に, 見出せなかつた

▼ 答へも~ (31, 0.5%)

2 ありません, せず, 出來, 無く押, 聞かずずん

1 [21件] あつた, あへず, ありませんが, しないで, しなかつた, しなかつたが, しなかつたで, せずに, それに, なき出し, なくた, なく打沈み, よかった, 亦勝手, 何も, 何んの, 冷たく鋭かつ, 判こで, 妹の, 待たず空井戸, 聞かずずんずん

▼ 答~ (29, 0.5%)

3 らく 2 らくこの

1 [24件] ことは, と高慢, もし人間, もののあらざる, らく前に, らく我足迅く, らく毎日一桶ずつ, 乙女ほほえみつ, 何が, 余は, 出家を, 商人汝彼ら殺さず, 探偵との, 此返事に, 猪余儀なく, 獅さては, 獅王その, 目, 目科は, 若き男小蛇, 虎これを, 言葉さえ, 身を, 長者寺に

▼ 答への~ (26, 0.4%)

1 [26件] あつた, あるらしいこの, ある快, ある手紙, ある確, ないの, ないもの, ない問, ない敵, ハツキリし, ブツ切ら, 中に, 中には, 代りに, 前提を, 声が, 意外さ, 方が, 歌から, 正しいか, 求むるところはむしろ, 義務が, 要領の, 詞に, 詞も, 誰より

▼ 答~ (22, 0.4%)

9 あつた

1 [13件] すっかり好き, ただその, なくして, また打ち返し, 何とも思, 参事官は, 求むる結果, 決せらる, 満足できなかった, 満足を, 現在の, 秀吉が, 行く初対面

▼ 答~ (22, 0.4%)

1 [22件] からもかつて, が幾通り, としてマイヤー, として最良, にし, のよう, の大, はいろいろ, はかつて全く, はしかし, はその, はもう, は不思議, は形式, は得られ, は散文, は物理的, は疑わしく, もつまり, をあたえ, を与え, を与える

▼ 答うべき~ (21, 0.4%)

2 か, ものを, 言葉も

1 [15件] かを知らなかった, ことを, のみ, はずも, 事が, 公案の, 問題では, 微笑を, 文句も, 東洋の, 義務が, 術を, 言葉が, 言葉を, 辞を

▼ 答には~ (17, 0.3%)

2 もう満足, 僕は

1 [13件] さしたる掛け引き, ならない, 何の, 兄の, 充分であります, 含みが, 含蓄が, 彼の, 彼等の, 日頃の, 汗を, 私は, 頓着する

▼ 答へた~ (17, 0.3%)

42 からだ

1 [11件] からである, が別に, だけで彼, だけにすぎませんでした, では, にし, に違, のぢ, のみでありました, ほどで, までである

▼ 答へに~ (15, 0.3%)

2 なりました

1 [13件] おれは, すこし反撥, なつて, ならない, なられた, みんな呆氣に, 一応と, 他の, 困つて來, 困るの, 澁りました, 眼を, 較べて

▼ 答ふべき~ (14, 0.2%)

3 言葉が

1 [11件] か, かを辨, か長時間, ところなし, なからん, ものを, 人の, 何を, 問題では, 問題の, 言葉を

▼ 答~ (14, 0.2%)

2 は難波津

1 [12件] が見る, が顕用, てふ, であった, という名匠, とされた, にその, の場合, の皇后, は母公, は皇后, は答え

▼ 答~ (12, 0.2%)

3 そんなら 2 三味の 1 なし, べかりし, ダンテ自ら己が, 午の, 可き, 大術経, 滅後の

▼ 答~ (11, 0.2%)

1 [11件] いい諸, いふよりも, した, 云えども, 同じだった, 爲すの, 知りて, 第三, 考えると, 見れば, 言つた

▼ 答へには~ (11, 0.2%)

4 何んの 1 なりませんよ, もう満足, 何の, 好奇心が, 容易ならぬ, 日頃の, 窮し

▼ 答~ (11, 0.2%)

1 [11件] があり, であった, とのみ記した, とを記し, のみあげ, のみ記した, の誤った, をした, を作った, を得る, を絵馬

▼ 答へたり~ (9, 0.2%)

1 ければ, しが, した, して, する, そして牧童, それから又, 切り返したり, 呼び込み口

▼ 答~ (9, 0.2%)

1 ありしならん, に人間, の或は, の至らん, はこう, を与え, を作つた, を促したる, を読んだ

▼ 答として~ (7, 0.1%)

2 上でき 1 すべての, では, 割りだされたよう, 我々の, 母の

▼ 答へで~ (7, 0.1%)

5 あつた 1 この日, 好し好

▼ 答へん~ (7, 0.1%)

3 すべも 2 つま琴の 1 極みタニグクの, 瀧口が

▼ 答~ (7, 0.1%)

1 が遣手, によってさまざま, の前, はそう, は即ち, は図面, も変るです

▼ 答ふらく~ (6, 0.1%)

1 ねがはく, 余は, 我に, 我は, 死未だ, 然り

▼ 答へれ~ (6, 0.1%)

1 ばお前, ばマダム, ば一方, ば何ん, ば商会, ば私

▼ 答うれ~ (5, 0.1%)

1 ど生憎, ば七蔵, ば上人満面皺, ば又, ば戸

▼ 答する~ (5, 0.1%)

1 といっ, にも当たるまい, のであった, のみで, やうに

▼ 答~ (5, 0.1%)

1 如何にも, 我は, 曰く團十郎は, 曰く此れ, 盡すまご

▼ 答では~ (5, 0.1%)

3 ない 1 お気に, 満足すまい

▼ 答によって~ (5, 0.1%)

1 それが, まだまだ議論, 決して事件, 決しようとて, 蠅男の

▼ 答ふれ~ (5, 0.1%)

1 ど侮りたる, ばサンタ, ば一聲畜生, ば七藏, ば何処

▼ 答へても~ (5, 0.1%)

1 くれないもの, 亦少しも, 別段驚き, 構は, 結局莫迦に

▼ 答としては~ (4, 0.1%)

2 Lが 1 必要が, 更に色々

▼ 答にも~ (4, 0.1%)

1 いろいろある, やはり今日, 両方に, 容易に

▼ 答へては~ (4, 0.1%)

1 くれず親類縁者, くれなかつたが, そのたび, 乃公がと

▼ 答へま~ (4, 0.1%)

2 をさく 1 をしき, をせる

▼ 答へよ~ (4, 0.1%)

1 しかして登り, その意味, 汝の, 答へよ

▼ 答より~ (4, 0.1%)

1 あんまりあっけない, ほかに, 一層容易, 何より姉

▼ 答をも~ (4, 0.1%)

2 与へ 1 与へず満枝, 容易に

▼ 答~ (4, 0.1%)

1 が起る, といふ病氣, といふ診, の人

▼ 答~ (4, 0.1%)

1 で陛下, といい, というの, は

▼ 答~ (4, 0.1%)

4

▼ 答~ (3, 0.1%)

1 て, てしまった, てなに

▼ 答であった~ (3, 0.1%)

1 かも知れぬ, がいくら, と思う

▼ 答と共に~ (3, 0.1%)

1 どきんと音, 両手を, 居士が

▼ 答なき~ (3, 0.1%)

1 に同じ, ほど迷, 銀子の

▼ 答ふべく~ (3, 0.1%)

1 もあらぬ, もあらね, ヘクト

▼ 答ふべし~ (3, 0.1%)

1 また願はく, 彼從は, 汝は

▼ 答へと~ (3, 0.1%)

1 云ふ, 信頼が, 軽く見られ

▼ 答~ (3, 0.1%)

1 ずに, た, 我等ガ両

▼ 答~ (3, 0.1%)

1 の書き汚し, をのべた, を讀みあげ

▼ 答~ (3, 0.1%)

1 は成った, を作る, を持

▼ 答から~ (2, 0.0%)

1 海東郡だの, 謎の

▼ 答そのもの~ (2, 0.0%)

2 は手答

▼ 答たる~ (2, 0.0%)

1 や敢, や敢えて

▼ 答だった~ (2, 0.0%)

1 のであります, ので余

▼ 答~ (2, 0.0%)

1 のだ, ので利家

▼ 答について~ (2, 0.0%)

1 論理的に, 順々に

▼ 答により~ (2, 0.0%)

1 ダンテが, 完結する

▼ 答ふと~ (2, 0.0%)

1 も恥, 題する詩

▼ 答へしか~ (2, 0.0%)

2 知らず

▼ 答へしかば~ (2, 0.0%)

1 さては物, 喜右衛門尉も

▼ 答へとして~ (2, 0.0%)

1 人の, 寿詞を

▼ 答へとしては~ (2, 0.0%)

1 厭味で, 少し出来すぎ

▼ 答へながらも~ (2, 0.0%)

1 夜が, 義雄は

▼ 答へよと~ (2, 0.0%)

1 いふ, 問ひ詰りぬ

▼ 答へるだらう~ (2, 0.0%)

1 か, か九六歩

▼ 答へるであらう~ (2, 0.0%)

1 お極り, と思ひ

▼ 答~ (2, 0.0%)

2 と早速

▼ 答~ (2, 0.0%)

1 ばほんに, ば上人満面皺

▼ 答一つ~ (2, 0.0%)

1 でその, に頼ろう

▼ 答~ (2, 0.0%)

1 は基督, は曾

▼ 答刺罕~ (2, 0.0%)

1 と書い, は蒙

▼ 答~ (2, 0.0%)

1 の大要, をたずさえた

▼ 答次第~ (2, 0.0%)

1 で, で万事

▼ 答~ (2, 0.0%)

1 が來, の

▼ 答解された~ (2, 0.0%)

1 すべての, としても無数

▼ 答記事~ (2, 0.0%)

1 が掲載, の中

▼1* [148件]

あらんことを, 答ありたいという各, 答いと優しく他, 答うその声, 答うべきであるか, 答うべくもありません, 答うべしというた, 答うらくわれ貯え置いた, 答うるもその元素たる, 答うる能わざるを憾む, 答うる能わず哭して地, 答えんかと独り胸, 答何かを, 答かく全き, 答からは平次も, 答これ無きは, 答さえも控えた, 答しかあるまい, 答してやろう下手に, 答すなわち自らフィロゾフィーレンせよ, 答すらもどうやらまだ出来あがっ, 答垂たる, 答せず煙草一服思わせぶりとんと, 答せねば, 答せよと云う, 答せんとする, 答が木兎の, 答だけを書きつけて, 答だになし得ず, 答つて笑へた, 答でありそれは, 答といふものは, 答とがほとんど同時に電光, 答としか思えないらしかった, 答とではないけれども, 答との繰返さる, 答とはいえない, 答なかりしが大臣, 答なき声を空林, 答なくただ手, 答なし正しき願ひ, 答など待たないで, 答にまで迫る処, 答にや憤りけん傍人, 答によっては許さぬつもり, 答に対して蛭氏は, 答のみを與へて, 答はうらにある, 答ばかりであった, 答ふらむ遠音を, 答ぶりだつた, 答へかあるべき人, 答へから唐櫃を, 答へきといふことローマ詩人テレンティウス, 答へけれど打萎れ, 答へたりしかばいざ我家, 答へた事實を語, 答へた作である, 答へた切り行き違, 答へた後間もなく或, 答へた所が, 答へた書の断片, 答へた相です, 答へだけである, 答へてから自分の, 答へてからはぢめて, 答へてしかいふ汝, 答へではありませんが, 答へなどするひま, 答へにて足る彼等, 答へにも極度に, 答へより出て, 答へるですから私, 答へるべく餘儀なく, 答へる如くあこれ, 答へん目さめては, 答へん術だに知らず, 答また薬として, 答もちろん日蓮宗とか, 答へせず, 答をさえ試みて, 答をなさむ, 答をば与え得ないで, 答エズ黙ッテ掌, 答エズ心自ラ閑ナリ, 答エタラソンナコトカラ旦那様ノ手ノオ痛ミノコトガ話ニ出タ, 答エテ云ッタ彼女ト春久ト仲ガイヽコトハ予ガ知ッテイルバカリデナク自分デモ公然ト云ッテイルシ, 答エルカラサヨウナラ御苦労ナガラ一所ニ浅草辺マデオ出デト断ワルヲムリニ引出シテ浅草デ先, 答エン博浪激波シバシ追ウモ漂イ晦ムナカレ, 答トロイアは天妃, 答フルヲ得, 答ヘシタルト覚エシガ敵ヲ突キ留メタルナリ, 答ヘント欲ス而シテ余ヤ素ト我宿志ヲ遂ゲレバ則チ足ル, 答我輩, 答久常世辺爾復変, 答二句共に月並調, 答聞けり我が, 答使を発し, 答へば獨逸抔, 答児性のもの, 答児性肺炎のため, 答兒ぐらゐに思ひ過して, 答出来かね候わば爾後, 答の香, 答卿, 答するところ, 答問録に, 答を見る, 答待ち奉り候, 答し如何に, 答成りければ我ためらはず, 答承りたく態と金六, 答せらると, 答のうち, 答教会は草木, 答ヲ塗板, 答早速申し上ぐべきところ, 答新粟, 答曰皇帝徳並二儀澤流四海以王慕化故遣, 答曰詩を語るべし, 答案文を一册, 答に弁じたる, 答がその, 答歌図が出品, 答りて, 答波樹林に還り, 答かりければ, 答は摂生法次第, 答白しき, 答認め候えども, 答相頼乍然雨天なれば, 答を出し, 答わく悔しき, 答置候通魯西亞人渡來迄は下田表御用相勵, 答者一人でほか, 答者二人分に分けた, 答舷礼を以てお, 答解している, 答解することの, 答が有ったろう, 答誤りなければ, 答を作り, 答辯振りです, 答如此に, 答遂に来らず, 答の経験, 答と書いた, 答0デショウと書いた