青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「筒~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

笛~ 笠~ 笹~ ~筆 筆~ ~筈 筈~ 等~ ~筋 筋~
筒~
~答 答~ ~答え 答え~ ~答えた 答えた~ ~答える 答える~ 策~ 管~

「筒~」 1021, 11ppm, 9817位

▼ 筒~ (218, 21.4%)

23 中に 12 ような 10 ように, 男の 4 中で, 中の, 中を, 口へ 3 なかに, 中には, 中へ

2 [18件] うえに, お倉婆, そばに, なかを, やうな, やうに, カンフルを, 中から, 前に, 口は, 口を, 吹口に, 吹口には, 掃除を, 様に, 短い鉄砲, 結目を, 頭が

1 [102件] うしろから, おもしろみ, ことだ, ことである, ところの, なかには, なかばを, ほうを, まま岩魚が, ようです, アクドイ色彩を, ズルフオンアミド基, 一つを, 一方を, 一本を, 上越した, 不完全なる, 中からの, 中だ, 中は, 丸い孔, 二城へ, 二斤砲ぐらいな, 代金ハ三十一両より, 傍に, 先で, 内に, 内部の, 内面が, 列赤柄の, 前の, 口から, 口に, 向う蔭から, 周囲を, 外から, 外側は, 大ランプ, 大小は, 如く立て, 始末を, 孫見, 射撃を, 巣の, 底で, 底には, 当所も, 形に, 形を, 往反織る, 往来かまびすしく, 手輕な, 接合点が, 方へ, 林の, 栓を, 格子を, 棒の, 極めて壯麗, 樣な, 水滴を, 汚ない, 注射を, 準備も, 火に, 焦け, 煙管を, 玉の, 男, 男三柱の, 男上筒の, 男中筒の, 破片や, 穴の, 端へ, 端より, 第一号, 絶好の, 網を, 縛ったの, 耳, 耳の, 耳孔だろう, 腰差の, 花器早い, 花火を, 蓋が, 蓋を, 蔭で, 薬液は, 蛇籠の, 裂けるよう, 車が, 軸と, 部分を, 鉄板などを, 関金や, 隙から, 雪白の, 面の, 響き車馬轣轆の, 順番は

▼ 筒~ (166, 16.3%)

5 持って 2 もって, 刻って, 取上げて, 台に, 向うへ, 抜くと, 持つて, 背中に, 調べると

1 [143件] あけて, あて, お明けなさい, かけなど, かたくつかんだ, こちらへ, ささげて, さしつけなが, さしつけられると, さして, しきりに引抜こう, すこしばかり, すっかり蓋, その鼻先, そろえて, ちょいと, つくって, とおり私の, とりあげて, とりだした, なしその, なした花托, なした萼, なして, なし口, なせる萼, ならべて, ぬいた, ぬきながら, はなれた弾丸, ば抱き, ひょいと眼, ひらき新鮮, ひらくと, ふところに, まるでボール紙, もし, もちて, よく改め, サッとふる, 一つ買おう, 一丸二丸一索二索を, 一度毎に, 一挺宛脇勝太郎米倉倬次郎に, 一挺貸し, 一本取り出しました, 下げながら, 二つ抱き合せた, 二本二人の, 仕舞って, 仰ぎながら, 作って, 作男に, 六七寸に, 出した, 勿体らしく取上げる, 取って, 取つて, 取り出した, 取り出しました, 口に, 叩く音, 同じく取出し, 向けた, 向けて, 向けられたの, 堆く積みし, 報時装置に, 大きな音, 寄せたの, 密と, 小わきに, 差出した, 帯び生々, 廻転させる, 引き寄せて, 引張りだした, 当てて, 彼が, 得た留守居, 忘れたという, 成して, 成し層, 手で, 手に, 手にとって, 投下し, 抜いた, 抜いて, 抜き取って, 抜き意気, 抜く時, 抱いて, 持ちだすの, 持った, 持てと御意, 持参いたせ, 振りながら, 振り終えた給仕長, 振返りました, 捨てなければ, 掃除しろ, 掘り出して, 揃えて, 提げて, 握って, 擡げた, 擬した白い, 收めて, 検べて, 横に, 注射する, 片手だ, 用いて, 発した後, 窓から, 立てて, 竹童の, 結びつけた針金, 編むと, 置いて, 肩に, 膝頭に, 自分に, 自由に, 花器に, 花生に, 被し, 襟下に, 見せて, 見せよと, 見せ別, 見つけた, 貸して, 逃げて, 釜に, 銅に, 長くつなぎ, 開けたの, 開けると, 雪と, 預けたの, 鳴らし梯子段

▼ 筒~ (82, 8.0%)

8 入れて 2 なって, 巻いて, 火を, 眼を, 酒を

1 [64件] ある弁, うまく詰め, おさめ方々, こめて, ささげと, さして吸, さしぬ, した竹, して, しないで, しまって, しまふやら, すぐ火縄, たぷたぷと素水, つながれその, つめよ押しこめ煙硝, どんな仕掛け, なったその, はいった砂糖蜜入り, ぶら下げたの, まとめて, 乗って, 二本檣, 二本檣其下甲板には, 住所を, 入ったレンズ, 入った丸い, 入れこれ, 入れたもの, 入れたり, 入れた黒色, 入れ同船, 割箸が, 収めしばらく, 収めて, 合口を, 名が, 吹きつける欄干, 囲まれて, 声あっ, 大きな張紙, 巻いた紙, 後藤彫, 投げ込みました, 投げ込んで, 捕吏の, 旧どおり報時装置, 春待つ, 火縄を, 煙管を, 珊瑚の, 生首が, 矢を, 穿てる三つ, 立てて, 米を, 納めながら, 紙の, 紙を, 至まで, 至るまで, 落した, 見せて, 頭を

▼ 筒~ (56, 5.5%)

2 ありその, 眼に

1 [52件] ありました, ある, あるという, いけて, いつも置き忘れられた, かかって, かさなりあって, ござる, すぐ側, すわりついた, そっと出る, たちまち三メートル, ついて, つけて, どこに, ないので, なんの, まわりだしこちこち, 一挺万田龍之, 一挺人から, 二挺門人守口村の, 五つ並べ, 五本数えられた, 人の, 何本も, 出たとか, 出来上って, 台に, 唸って, 少し回転, 左右に, 差し込まれて, 廻りはじめた, 所々簡単に, 投げ出されて, 投下された, 林立した, 次々と, 気味わるく, 流行ったもの, 浪平かな, 添えて, 灰色で, 煎豆, 突出し, 立って, 置いて, 落ちて, 薄く光っ, 装填される, 鐘楼の, 長いと

▼ 筒~ (32, 3.1%)

4 のもの 3 の網 2 である, の花

1 [21件] にあい, になつ, になり, に卷いた, に強直, のま, のコップ, のシーザー, の妙, の玉, の瓜わらべ, の白布, の胴, の象嵌青磁, の遠眼鏡, の釜, の陶器, の高い, や普通, をし, を竝

▼ 筒っぽ~ (29, 2.8%)

3 を着 2 に白木綿, の袖, を着た

1 [20件] が一枚, そっくりな, でもじり, で先, で縮緬, と云え, にちびた, にやっぱり, に下駄, に板裏, に紫め, に黒メリンス, のじゅばん, のどてら, の厚司, の袖口, はいつも, 天竺木綿の, 袖の, 袢纏を

▼ 筒~ (23, 2.3%)

2 いたはり, どうした

1 [19件] あれは, うまく地上, これが, しずかに, そのままに, みにくくまがり, ジイッと, 一つの, 乳白色の, 其儘に, 大きく弧, 必ず疑い, 拾ったもの, 殆同時に, 深呼吸, 煙を, 紙と, 縁の, 苦も

▼ 筒ぬけ~ (20, 2.0%)

2 に聞え, に聞える, に響く

1 [14件] てゆく, ともかぎらない, に, にきこえた, にこの, にならない, になる, にわかった, に向う, に吹きあげまし, に奥, に野沢組, に龍子, の大きな

▼ 筒~ (20, 2.0%)

3 けだ, けに聽 2 けます

1 [12件] けぢ, けて響きます, けになつて, けに小僧, けに聞えます, けみたい, けるの, ける遠慮, け丁度, け井戸端, け十四五, だつた

▼ 筒~ (18, 1.8%)

1 [18件] うまくやった, お饅頭, くりぬく, この通り, その中, その筒, つないで, ぽんと, フッ, 何でも, 取りに, 坂本を, 大筒方らしい, 大阪に, 大阪城の, 始めて, 弾薬を, 抜いて

▼ 筒から~ (17, 1.7%)

2 限りも

1 [15件] 先へ, 大小二本の, 打上げる花火, 投げられる骰子ころ, 抜いた, 振り出して, 放出される, 来て, 滑らかな, 盛んに, 矢を, 空気が, 細い滝, 貯めた小, 賽を

▼ 筒~ (17, 1.7%)

1 [17件] お魚, その次の, なって, タバコ入れが, 一所に, 一緒に, 三千斤の, 云うの, 云えば, 切って, 同じに, 弾丸とは, 硝薬入れとを, 称して, 茶褐色の, 言って, 都合三筒ほど

▼ 筒~ (13, 1.3%)

3 火を 2 入れたの 1 そっと眼, もぐりこんだおかげ, 入って, 入れかけて, 入れて, 入れる, 口火を, 突込まう

▼ 筒~ (12, 1.2%)

3 の望遠鏡 2 にし, の釜 1 とよくもあんなに, にかためられた, のシヤツポ, のレコード, の火鉢

▼ 筒抜けた~ (10, 1.0%)

2 やうな 1 ような, 因循に, 声が, 声で, 大声で, 様な, 濁音を, 調子で

▼ 筒~ (10, 1.0%)

3 の膝 1 の, の掃除, の胴, を払, を払い, を着, を着た

▼ 筒提灯~ (9, 0.9%)

1 が, が一つ, が両, が二つ, が何, だったの, との光, の中, を胎龍

▼ 筒~ (7, 0.7%)

1 あること, それについて, 持たぬ, 曳っ張っ, 次第にさめ, 片隅の, 金色に

▼ 筒抜かせた~ (7, 0.7%)

1 がそれ, がハッ, が刮, が助, が見れ, のは, 途端

▼ 筒~ (6, 0.6%)

4 ぽの 1 ぽである, ぽに

▼ 筒~ (6, 0.6%)

2 照尺を 1 左右大砲の, 浮沈機等に, 火薬を, 玉は

▼ 筒抜け~ (6, 0.6%)

1 ていく, ていった, てしまっ, てゐる, て出た, て走りぬ

▼ 筒という~ (5, 0.5%)

3 のは 1 のが, 茶屋の

▼ 筒には~ (5, 0.5%)

1 凧糸が, 潰れた儘, 百合の, 贅沢な, 開いたあと

▼ 筒~ (5, 0.5%)

3 ぽの 1 ぽに, ぽも

▼ 筒~ (5, 0.5%)

3 の宮 1 というところ, の韓人

▼ 筒眼鏡~ (5, 0.5%)

2 を持っ 1 で景色, などを使っ, を小脇

▼ 筒持ち~ (4, 0.4%)

2 の小身 1 同心と, 同心組頭の

▼ 筒~ (4, 0.4%)

1 の望遠鏡, の黒い, をした, をなし

▼ 筒~ (4, 0.4%)

1 が入っ, で伸, とも言, は要らぬ

▼ 筒いっぱい~ (3, 0.3%)

1 にこう, にふり立て, のキンキン声

▼ 筒ざし~ (3, 0.3%)

3 の煙草入れ

▼ 筒~ (3, 0.3%)

2 袖の 1 包の

▼ 筒っぽう~ (3, 0.3%)

2 を着た 1 の袖

▼ 筒など~ (3, 0.3%)

1 友釣に, 取り出した, 彫ると

▼ 筒より~ (3, 0.3%)

1 一條の, 吐き出だす万丈, 蓋を

▼ 筒~ (3, 0.3%)

1 に五雄蕊, に導き, の水

▼ 筒抜かせ~ (3, 0.3%)

1 て無意味, 主税は, 四郎は

▼ 筒~ (3, 0.3%)

1 にし, に暗, に結句

▼ 筒注射~ (3, 0.3%)

1 して, しました, すると

▼ 筒袋物~ (3, 0.3%)

3 また筆なぞ製

▼ 筒~ (3, 0.3%)

1 の廃止, の栄位, の水野藤右衛門

▼ 筒いだき爆ぜ~ (2, 0.2%)

2 にき

▼ 筒からは~ (2, 0.2%)

1 なにが, 細い煙

▼ 筒さき~ (2, 0.2%)

1 をしっかり, を竹童

▼ 筒では~ (2, 0.2%)

1 ありませんか, きかず二筒

▼ 筒でも~ (2, 0.2%)

1 吹くよう, 壺と

▼ 筒とを~ (2, 0.2%)

1 肩にかけて, 設け石炭

▼ 筒なら~ (2, 0.2%)

1 ちゃんとある, ばモット

▼ 筒にて~ (2, 0.2%)

1 た, 話す

▼ 筒ぬけた~ (2, 0.2%)

2 声を

▼ 筒よりも~ (2, 0.2%)

2 遥に

▼ 筒を通して~ (2, 0.2%)

1 見るだけ, 遙かの

▼ 筒ッポ~ (2, 0.2%)

1 をツンポルテン, を着

▼ 筒~ (2, 0.2%)

1 ぽで, ぽ袖

▼ 筒ヶ峰~ (2, 0.2%)

1 の先鋒, の城

▼ 筒~ (2, 0.2%)

1 十銭五十匹筒入, 四十銭百匹七十銭

▼ 筒~ (2, 0.2%)

1 での蜜槽, に一つ

▼ 筒~ (2, 0.2%)

1 にし, にせし

▼ 筒~ (2, 0.2%)

1 の若旦那, の跡取り

▼ 筒巻き~ (2, 0.2%)

1 にし, を手

▼ 筒拔けた樣~ (2, 0.2%)

1 な寂しい, な驚喜

▼ 筒~ (2, 0.2%)

1 にバタ, に相当

▼ 筒~ (2, 0.2%)

2 の神

▼ 筒~ (2, 0.2%)

2 の節

▼ 筒落米~ (2, 0.2%)

1 つ, をはき

▼1* [116件]

あの船室, 筒ぐちを覗いた, 筒ぐらいの太さ, 筒しらえ, 筒じゆばん同, 筒そでをちぎられた, 筒たるや時, 筒とか色々, 筒だったのです, 筒ちまきあうざし, 筒つやつやし筒, 筒であるから火, 筒ですよ, 筒とがのって, 筒とともにぐっと胴体, 筒とり持ちて, 筒んだ, 筒ながらこの素晴らしい, 筒などが一まとめに, 筒などをもって, 筒にも茶色の, 筒によつて始終艇外に, 筒ぬけだがしかし, 筒ぬけでござるか, 筒ぬけですよ, 筒あれは, 筒ほど慣れた手付, 筒までは覚えて, 筒ようの器, 筒をば抱く時, 筒を以てするなどは, 筒ッポウの袖口, 筒ッポーが彼, 筒如ク末ハ開テ反, 筒一挺宛を持たせ, 筒一筒が突出, 筒三つと鋼装, 筒三挺を買, 筒三挺昼夜急ぎ張立指上, 筒三挺車台付木筒二挺内一挺車台付小筒三挺其外鑓旗太鼓火薬葛籠具足櫃長持等であつ, 筒三百挺六匁玉筒千挺弓百張長柄五百本槍三百本具足二百領其他とある, 筒三筒と切っ, 筒二挺小銃五十挺ほどだ, 筒二挺百目玉筒二挺西洋流十一寸半も来た, 筒二挺西洋流十一寸半も来た, 筒二筒を一丸二丸, 筒二門が置い, 筒其外の人々, 筒十挺百二十匁玉之御, 筒十挺百目玉の御, 筒千挺弓百張長柄五百本槍三百本具足二百領其他とある, 筒及びその他の, 筒型鏡の洪水, 筒はすでに, 筒士侍衛番士哨兵その他軍卒多勢軍楽隊など, 筒士長四天王の一人, 筒士長速不台, 筒太鼓を鳴らし, 筒好い取組である, 筒如き微物, 筒寝台の上, 筒山船に船頭左太夫以下, 筒川獺が化ける, 筒工場を訪れた, 筒を冠, 筒幼らすでに勢, 筒式火器が製作, 筒形帽子をかぶり, 筒役頭は千八百石長坂丹後守信次, 筒器鈔, 筒御蔵の前, 筒御蔵前の浅香慶之, 筒打候節御覧これ有りし末, 筒も土器, 筒の穴, 筒抜けるばかりだった, 筒抜け過ぎてその, 筒持つ者は, 筒持組の長屋, 筒提げの煙草入れ, 筒撃剣に使用, 筒ばかり経っ, 筒服上靴を穿いた, 筒木宮に怒っ, 筒多しと, 筒汲みて帰り来し, 筒洋灯を用, 筒湯呑に湯, 筒生地は竹, 筒男命の三人, 筒男命上筒男命の三人, 筒男命中筒男命上筒男命の三人, 筒男命以下三人の神さま, 筒だよ, 筒砲袖の外套, 筒を衝い, 筒籠手を引っぱり出した, 筒粗末なる烟管, 筒組同心の次男, 筒の姿, 筒茶わんとして使, 筒落米拾ひし事, 筒の熨斗葉, 筒製造のため, 筒のある, 筒詳しくは寄席, 筒で与, 筒足軽仲間の四段, 筒の本, 筒をあらため, 筒の提灯, 筒長く生月磨墨漢の, 筒長太鼓が打ち鳴らされ, 筒電気鎔接機天秤バロメータなんぞが歯医者, 筒風呂敷一枚それだけな, 筒龕燈をいつなんどきで