青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「物~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

版~ 牙~ ~牛 牛~ 牛乳~ 牡丹~ 牢~ 牧~ 牧師~ ~物
物~
物理~ 物置~ ~物語 物語~ ~物質 物質~ ~物音 物音~ ~特に 特に~

「物~」 55625, 534ppm, 180位

▼ 物~ (13079, 23.5%)

193 持って 119 言ふ 116 して 77 見て 71 書いて 61 言は 55 持つて 51 着て 48 云って 46 言って 44 買って 37 出して 35 手に 32 考えて 31 食べて 30 見ること, 見ると 29 いって 28 言うの 27 もって 26 入れて, 見せて 25 置いて 23 取って, 考える脳髄, 言うこと 22 云わなかった 21 運んで 20 云は 19 云ふ, 喰べ, 盗んで, 粗末に, 食って 18 見ても 17 云わない, 考える処, 見るよう, 言わせて 16 作ること, 売って, 書くこと 15 云うこと, 言った, 言つてゐる 14 作って, 大切に, 見るの, 言うよう, 買いに 13 したり, 取りに, 取り出して, 言う, 言わずに, 読んで

12 [12件] いうこと, いうよう, 云う, 云った, 把握する, 著た, 著て, 見る眼, 言はせる, 言ひ, 言へ, 買ふ

11 [13件] 云うの, 口に, 抱えて, 拵えて, 求めて, 発見した, 自分の, 見た, 見に, 見るに, 言おうと, 言わなかった, 買ひ

10 [14件] いうの, 与えて, 作るの, 書くの, 書く時, 案じて, 考えること, 考えるの, 見たり, 見つけて, 見ようと, 身に, 食は, 食べたり

9 [14件] 包んで, 取るの, 忘れて, 書いたり, 考へて, 自分で, 見る時, 言ったり, 言つ, 貰って, 貸して, 載せて, 送って, 食べるの

8 [12件] とって, 吐いて, 尋ねて, 眺めて, 積んで, 考へること, 見つめて, 見れば, 言うと, 言う時, 言はせ, 贈って

7 [18件] いわない, いわなかった, かかえて, 喰って, 喰べて, 意味する, 投げる音, 持たせて, 揃えて, 書きながら, 洗って, 煮て, 用意し, 見るとき, 言ったという, 買うの, 隱す, 食べさせて

6 [33件] いう, いうと, いった, いわせて, した, 云ひ, 云わないの, 使って, 利用する, 売りに, 売る店, 御覧に, 担いで, 提げて, 書くという, 無駄に, 獲得する, 理詰めに, 生産する, 考えたり, 脱いで, 見たこと, 見るから, 見る事, 言ったの, 言っても, 言つた, 言はずに, 言わないで, 認めた, 貰いに, 隠して, 集めて

5 [70件] いえ, いったり, いふの, すること, そのままに, たべて, まとめて, みること, もつて, もらって, やって, 下さい, 与えること, 云おうと, 云わないで, 人に, 人間の, 何でも, 使用する, 出した, 分けて, 前に, 喰ふ, 干して, 得て, 得ようと, 忘れたよう, 思って, 拾って, 持ちだして, 探して, 探るよう, 掴んで, 書く, 書く人間, 杖い, 構成する, 横に, 残して, 片づけて, 盗むの, 盗むよう, 着た女, 知って, 知らせるの, 私に, 考える, 考える人, 考へ, 落して, 見たよう, 見るやう, 見る人, 見る目, 言いました, 言うて, 言はれる, 言ふこ, 貰ふ, 買うて, 造るの, 隱し, 離れて, 頼んで, 食し, 食ったり, 食ふ, 食べながら, 食べると, 食べる時

4 [120件] いいながら, いう力, いう時, いわずに, お書き, お目, かけて, きて, こしらえて, しながら, しなければ, するといふ, するの, たたんで, つかんで, とりに, なんでも, のせて, もらいに, 上げて, 世人は, 両手で, 云いそう, 云いながら, 云うぞ, 云うという, 云うとき, 云う事, 云う人, 云う時, 云え, 云ったこと, 云ったの, 云ったり, 云っても, 他の, 作るという, 出したり, 出す, 利用し, 取るよう, 取ろうと, 取出した, 取出して, 呉れて, 告げて, 商ふ, 問へば, 増加する, 変化し, 大分持つ, 好んで, 彼は, 得ること, 得るため, 御取上げ, 思へば, 感じた, 所有する, 手造りに, 持ち出して, 持つの, 捨てて, 描いて, 教えて, 教へ, 整理し, 書いた, 書くよう, 書こうと, 欲しがる, 濾して, 犠牲に, 生産し, 用いて, 着けて, 縫うて, 考えるという, 考えるよう, 考える場合, 考へたり, 製造し, 襲うて, 見たらこれ, 見つけた, 見ては, 見る, 見るという, 見るのに, 見るを, 言いかけました, 言いそう, 言いたそう, 言います, 言いませんでした, 言うので, 言う人, 言う癖, 言え, 言ひます, 言ふと, 言へば, 言わない, 訊いて, 識らない, 讀んで, 貢す, 貰うこと, 買うと, 買う時, 買おうと, 軽蔑する, 連れて, 運ぶの, 運んだり, 風呂敷に, 食べずに, 食べに, 食べるという, 食わねば

3 [254件] あげませう, あのやう, いう事, いおうと, いくつか, いっても, いつて, いふこと, いふ重, いわないの, お國, かいて, かじる音, さう, さがして, させて, しょって, する, その上, その中, たずねたいが, たよりに, つけて, とつて, とるという, どこかへ, ねだるよう, みると, やった, やらせても, やるから, やるの, 一つでも, 一度も, 丁寧に, 上手に, 上演し, 中に, 中心と, 中心として, 主に, 云うにも, 云うもの, 云うよう, 云う声, 云えば, 云つ, 云つた, 云つても, 云つてゐる, 云はう, 云ひかける, 云ふと, 云わずに, 云わせて, 云わないよう, 云わなければ, 今宵は, 今朝三五郎の, 他人の, 何を, 作りて, 作るとは, 保存する, 借りて, 写生する, 出したが, 出すこと, 判断する, 勝手に, 取っては, 取りて, 取り上げて, 受け取って, 受け取りに, 召上る, 右の, 各人に, 否定する, 吾, 商ひ, 問へ, 喫う, 喰い好い, 喰は, 噛むの, 埋めて, 塗って, 壞す, 売ったり, 売る, 売ること, 売るの, 外へ, 大事そうに, 失くし, 好む, 届けて, 届けに, 差して, 引き出して, 引摺る, 彼に, 怖れる, 思うこと, 思ひませう私, 思へり, 愛するの, 感ずること, 所望し, 手当り次第に, 打つよう, 打つ音, 承りたいの, 投げつける, 抛げ, 抱いて, 拡げて, 拵へ, 持ちたれば, 持ち出すの, 持ち去って, 持出したり, 持出して, 指して, 捉えて, 捜しに, 捧げて, 探るが, 掴まうと, 掴み出して, 握って, 握りしめて, 書いた事, 書くのに, 書くほどの, 書く人, 書けば, 有た, 有つてゐる, 正視する, 洗うの, 添えて, 減少する, 無理に, 無視し, 煮たり, 煮るの, 片つ, 片附け, 狙うよう, 用うる, 申せ, 発見する, 盗みに, 盗み人, 盗むこと, 盗んだの, 盜る, 盜んで, 目に, 直接に, 眺めながら, 着るの, 知らないと, 知ること, 研究する, 破壊する, 突き放して, 竿に, 縫う女, 縫って, 考えては, 考えようと, 考えるところ, 考える事, 考える力, 考へながら, 考へるの, 背に, 背負って, 胸に, 自由に, 落したる如き響き, 著せて, 著る, 裂くよう, 製造する, 見ずして, 見た時, 見ないで, 見ないと, 見ながら, 見なければ, 見るが, 見る習慣, 見定めること, 見物, 視るとき, 視候わば, 観て, 観るの, 観察する, 言いません, 言うが, 言うぞ, 言うに, 言う事, 言う力, 言う奴, 言う様子, 言う隙, 言えば, 言ったこと, 言っては, 言や, 誇張し, 認めて, 認識する, 読むの, 読む時, 調べて, 識って, 貰うという, 貰うの, 貰えば, 貰ったり, 買うこと, 買うという, 買っても, 買は, 買ふと, 造ること, 運ぶこと, 遣っても, 遣らねば, 選んで, 避けて, 除いては, 隠すには, 隠すよう, 預けて, 頼まれて, 頼むのに, 食うにも, 食うの, 食えば, 食っては, 食つ, 食べても, 食べること, 食べるには, 食わせて, 食わない

2 [771件 抜粋] あきなって, あれほどの, いうか, いうにも, いうはず, いえば, いたします, いつたり, いふので, いへば, うごかすと, おくべき棚, おろして, おんだら, お受けする, お土産, お持ち, お渡し, かき烈火, かくして, かぶって, かりて, くれた, くれて, くれるの, くわえて, これへ, しいて, しつづけて, しぼって, しまって, じかに見, じっと見つめ, するという, するよう, せり下げつつ, そつと, そのま, それへ, たずねたり, たべるの, たべる家, つかまえて, つくって, とつた, とらんと, とりだして, とり出して, どういうふう, どうする, どこへ, ぬいで, はこぶこと, ほしがる, まぜて, みくだして, みんとて, みんな豚小屋へ, むやみに, もたせ同月五日未明, やつたり, やつて, やる, やると, わたしが, キチンと, 一ぱい抱え, 一反風呂敷に, 一定の, 一生着る, 三つ釣り上げ, 三尺四尺五尺と, 下げて, 下に, 不見, 与えずとも, 与えた, 与えようと, 与えるの, 与へ, 並べた, 中心に, 中途で, 乞ひ, 二つ三つ猫板に, 二階の, 云いました, 云うと, 云う力, 云う反動家, 云おうとして, 云ってるん, 云はせ, 云わざるを, 云わなくなって, 交易する, 他人に, 付けるの, 仰有, 伺います, 何う, 何に, 何の, 作らせて, 作りこれ, 作り出して, 作り得る人間, 作る, 作る技術, 作る者, 使役する, 供えて, 供へ, 供へる, 保存し, 保護する, 俺には, 倍加する, 傍に, 備えて, 兄が, 入れた器, 入れた箱, 再び水, 写すこと, 凝視し, 処理する, 出したの, 出した生徒, 分配し, 初めて見る, 割当てとりあげるの, 加えて, 加へて, 包むこと, 包んだ, 十五尾まとめ, 厭だ, 取ったり, 取つたり, 取て, 取らうと, 取らせるぞ, 取り入れた, 取り散らして, 取るん, 取る様, 取寄せて, 取得する, 取除けさした, 受けて, 受取るため, 口から, 吐いた, 向うに, 吸い出された, 呉れても, 呉れと, 味って, 味ひ, 喜んで, 喫して, 喰いながら, 喰ひなどし, 嗅ぎ廻したり, 噛みしめて, 地上に, 堅むる物なり, 堅実に, 塗るの, 増加せしめる, 売った帰り, 売つて, 売茶屋, 多分に, 夫の, 失って, 奪い人, 奪ったの, 奪はん, 奪る, 女に, 始めて, 始末する, 子供が, 学ぶ心, 客観的に, 家へ, 寄稿しろ, 尋ねに, 小脇に, 少しずつ, 少しばかり, 展開し, 履いて, 巧みに, 差上げると, 巻いて, 巻きつけて, 希望だ, 平気で, 建てたら死んでも, 引き裂くよう, 引浚って, 当てて, 形成し, 彫って, 彫つて, 彼の, 待つ心地, 得んと, 御馳走し, 忘れたり, 忘れに, 思いながら, 思はずは, 思はせる, 思ふこと, 思ふ心, 思わせるもの, 恵んで, 想像し, 愛する情, 感ずる時, 感覚物として, 手あたり次第に, 打ち壊したり, 扱ふ, 批評する, 投げたり, 投げ出さない用心, 投げ合, 択んで, 押しやって, 拔いた, 拝見し, 拵えては, 拾おうと, 拾ふ, 持たして, 持たずに, 持ち運んで, 持ってるの, 持参し, 持合は, 持運んで, 挟んで, 捉へて, 捜して, 捲り上るの, 排斥致し, 掛けて, 探し縋りついて, 探すやう, 探り討め, 探るごとく念想, 掲げて, 掴みだすか, 揉んで, 描いても, 救うこと, 教へる, 整理する, 料理し, 斥けた, 書いたといふ, 書いては, 書きはじめました, 書くと, 書くに, 書くもの, 書く癖, 書く筆, 望んで, 東の, 概念的に, 欲しがっ, 欲しがった, 歸つたは, 殆ん, 気に, 水に, 求めるの, 求めるよう, 注意し, 洗つて居る, 活かして, 混じて, 渡して, 渡そうと, 澤山に, 烹薪に, 焼いて, 煙に, 照し出した, 煮処, 煮焼, 父に, 片っ端から, 片づけたり, 片づけるという, 片づけ始めた, 片付けるやら, 牛に, 物とも, 物に, 獲得し得せしめる, 珍味と, 生かして, 生ずる, 生み出す親, 産出する, 用ゐん, 申し上げること, 畳んで, 発見し, 發見し, 盗まれて, 盗まれると, 盗むという, 盗む心, 盗んだり, 盲目結びに, 直接の, 相手に, 眺めた, 眺めるよう, 着かへた, 着せた男人形, 着せて, 着ること, 着換, 瞥見した, 知つてゐる, 破り人, 示して, 示すもの, 祭り清めるという, 私の, 穴の, 空間に, 突き出して, 突出しに, 箱の, 節し, 粉々に, 紙に, 経営し, 綺麗に, 縫ったり, 置いた四角, 置くの, 置たるは, 美人と, 考えると, 考えるとき, 考える時, 考える男, 考え猫, 考へてを, 考へに, 考へる時, 聞かせて, 肩に, 肯定する, 胸の, 脱ぎ棄てすべて, 與へ, 良いと, 落すと, 著かえ, 著替へ, 蔵し, 衣に, 被って, 裏返しに, 見かつ, 見ずに, 見せびらかしても, 見たが, 見たので, 見つけたが, 見つけたの, 見ない質, 見なかったか, 見ますと, 見また, 見ようとも, 見るため, 見るので, 見るまでも, 見るん, 見る度, 見る様, 見付けましたよ, 見出した, 見出す事, 見得るやう, 見繕って, 見自分, 視るなり, 視るの, 親覩した, 観たが, 観る眼, 言い始めたの, 言うから, 言うぜ, 言うだけ, 言うにも, 言うよりも, 言う家畜, 言う気, 言う間柄, 言おうにも, 言ったから, 言つてる, 言ひ出した, 言ふだらう, 言わせましょう, 言わなかったが, 言わなかったろう, 言わぬ証拠人, 言わア, 訊きに, 訊くの, 記載し, 詰めて, 説明し, 読むこと, 読むと, 読む暇, 読んだ, 調へて, 識った, 貰うと, 貰っても, 貰は, 貰ひ, 貴しと, 買うを, 買う気, 買った, 買ったり, 買へば, 買わないで, 買人が, 買出す, 賜は, 賣つて, 賭けて, 贈つたり, 贈ること, 踊らせて, 踏台に, 軽蔑し, 輸入する, 返すならこれ, 追ひ, 造り給, 造るため, 運び終ると, 運び馴れた調子, 運ぶため, 運ぶやう, 運ぶ時, 適宜に, 適度に, 部屋の, 銜えて, 防ぐよう, 除けながら, 隠すと, 隠すの, 隠そうと, 集めるという, 集める人, 雰囲気的に, 露出し, 頬張りながら, 頭から, 頼まれたこと, 頼むという, 頼む作法, 額へ, 食う, 食うぐれえが, 食う時, 食おうと, 食ふと, 食べさせたり, 食べさせながら, 食べさせる時, 食べたいせい, 食べるとき, 食べる人, 飲んだり, 飲んで, 馳走し, 黙って

1 [7181件 抜粋] ああし, あたえおなじ, あとへ, あんまり深く, いいたいと, いい交し, いい続けること, いうであろうし, いう久米, いう木, いえよ俺, いためて, いったらきっと, いはないで, いふ元気, いろいろ運び入れた, いわせる外, いわれたこと不快, うけ入れて, うぬが, おいて, おせんに, おも, お内方, お梅, お訊きする, かかせて, かくす習癖, かけたり, かたっぱしから, かなぐり捨てて, かんがえて, きのう彼の, くはず, くれよつた, けがす目, こしらえてるな, ことごとく売り, この理論的ジャーナリズム, こわすやう, さがし求めんが, さして高下駄, さらつて行つて内金を, したかは, してさ, しまふやう, じゃました, すったかも, するからの, する人數, せっせとくれ, そなえない決して, その子, それぞれへ, たくさんお, たたく病気, たべたこと, だして, つ, つかんだかと, つくる術, つなぐ繋辞, ていねいに, とらず精進潔斎, とりのぞいた, とれ, どしどし排除, なくしたよう, なぶる, ぬいだ, ねだった, のせる練習, はこんで, はねのけようと, ひっくり返したり, ひるが, ふりまわしたり, べつの, まくには, まとめさせ女子供, みて, みんな取っ, めいめい頭から, もっとやすく, もとめる根気, もらっても, やりたがりまた, よく拵えた, よこせと, わたくしが, ギラギラした, センダコキという, バケツの, ロシア皇帝に, 一つ一つに, 一二冊読んだ, 一挙に, 一枚ぶら提げ, 一閑斎の, 上げました, 下さる, 与えずの, 与えるであろう, 世上へ, 丸のみに, 乞うの, 了解し, 二三百兩づつ預り, 二鉢買つて夫婦し, 云いはじめた, 云い合わずに, 云うため, 云うモンパルナス, 云う男, 云おうとは, 云ってるらしく真面目, 云ひさう, 云へば, 云わせたい一念, 云わない木魚, 井戸端でし, 今一度見, 仕掛けては, 以つてし, 仰っしゃるみかどだ, 伴れ行か, 何でも持ち帰る, 作ったこと, 作りそして, 作り自ら, 作る物, 使う時, 供えなければ, 信ずる癖, 倹約した, 償いませんでした, 先生に, 入れた様子, 入れる大型, 全部とり去れ, 其職人に, 写すと, 凝視しなけれ, 出されたとき, 出しタイプライター, 出すよう, 分けるなんて, 切抜い, 別に持つ, 剥がれた, 動かして, 包むやう, 十筋二十筋の, 反映, 取らうといふ, 取りあげること, 取りませんね, 取り出し中味, 取り扱, 取り落としたよう, 取る時, 取入れませんよ, 取扱う態度, 取除くという, 受け出して, 受取ったに, 口っ, 叩く槌, 召上がらんでよう, 各地に, 吐いちゃった, 含み得るわけ, 呉ます, 呉れ惜むものが何, 味い得る, 呼び醒ました, 唱へる, 問おうにも, 喜ぶ, 喰い得なかったかも, 喰つて歸つて來た, 喰ツて, 噴出し, 土壌に, 堅き巖, 増加し, 壊ち, 売りまする, 売るため, 売る時間, 外から, 多く取りたがる, 大きくなし, 大蜥蜴, 失った, 失敬し, 奪った憎むべき男, 好いと, 好む西洋人, 始末し, 孕んだかは, 守ろうとして, 宮の, 寄越すに, 尊べ, 尋ねようとは, 尋ねるよう, 少しづつ柄杓, 屆けたり, 崇拜する, 差した農夫, 師と, 平生の, 床板の, 建てるの, 引きずったよう, 引き続いて, 引ッ張りっこ, 引摺つた跡の, 当てがった, 彫ったり, 待つ間, 得なくとも, 御使者, 徹底的に, 忘れた時期, 怖がらない番頭, 思うでしょう, 思はせるの, 思ふや, 思入る, 恐ろしく焦れ待つ, 悦んで, 想定した, 愛すること, 感じさせるの, 憎くき, 我がこの様, 戴くこと, 手早くその, 打ち毀す音, 払いのけるよう, 批判し, 投げかけて, 投げるの, 投げ飛ばす音, 折りまするは, 択り分ける, 押しつけられる恐れ, 押入と, 拝むとは, 拵えると, 拾い上げるよりも, 持お, 持たぬから, 持ち上げて, 持ち来て, 持ったこと, 持つこと, 持つ手, 持込まなかったか, 指したこと, 振つて, 捏ねて, 捜すやう, 捨てる点, 授ける程度, 掘り出すといふ, 掠めなければ, 探ぐるよう, 探せば, 推し退くと, 掻き, 揃えましょう失礼, 描くので, 握らして, 搜す, 撃つ音, 擒に, 攫まんとて, 攻撃せぬ, 教えたがらないほう, 教わらなければ, 整えに, 斥けようと, 斷ち, 旨がる, 映す鏡, 暫時固定せるごとく, 書いた木簡, 書かれた紙, 書きました, 書くには, 書く可, 書く私, 有って, 本当に考え, 柳斎に, 棄てた, 植ゑる場所も, 構えて, 櫻の, 止めさせようと, 此方で, 残らずぐらつかせながら, 毀したり, 求むる天授, 求めるため, 決してつくらない, 沢山揃え, 注文した, 洗濯し, 浅く否定, 涼しく着, 清潔に, 渡し観客中, 満載した, 演ずるので, 烈しく強く見得ない, 無考えに, 焼く家, 煮ること, 熱愛する, 片付けに, 物色し, 献ず仍つて営中御酒宴乱舞, 現すに, 生ず, 産み出しまた, 用いる, 申しあげられる人, 申せよ, 疊の, 発見したがる, 皆な, 皆片っぱしから, 盗ねて, 盗まれるの, 盗み食いする, 盗もうとて, 盗んだこと, 盛るに, 盜らう, 目的として, 眺めたとき, 着けたる人, 着たお, 着ながら, 着直しマチ, 知ってるよ, 知らない田舎娘ッ, 知りすぎたまなざし, 知るやう, 硝子棚一杯に, 示す, 神自身の, 移して, 積んだ小, 突き止めるつもり, 窓ぎわの, 第二回目, 米に, 納めんと, 組子に, 絶えず送られ, 練込む, 織って, 置かないでも, 置くに, 習う習慣, 考えさせては, 考えつくとき, 考えられること, 考える人間, 考え出すよりも, 考へさせる調子, 考へられること, 考へる樣子, 聞いたこと, 聯想する, 背負い慣れた勁, 脊負い出す, 脱ぎ捨て, 腹に, 自演として, 與えて, 花井の, 草の, 著か, 蒔き散らして, 薙倒した, 衝き破った風, 被つちや, 褒められたやう, 見させ考えさせ疑わせしかして, 見せながら, 見そして, 見たりき, 見つけたものら, 見ての, 見ますると, 見るには, 見る如し, 見る眼付, 見付けつと, 見向, 見本に, 見繕つて文豪, 視せるの, 視る猜疑, 覚え始める最初, 観る時, 解らせるしか, 言いかけられると, 言いましたぞ, 言い出したよう, 言い或いは, 言うけれど, 言うまい, 言う口付き, 言う機械, 言う顔, 言おうとしても, 言ってや, 言つてゐない, 言はせよう, 言ひました, 言わしちゃ, 言わせずに, 言わせると, 言わないから, 言わない家畜, 言わぬ, 言懸け, 訊く法, 記憶する, 詠むに, 誂えると, 語りまた, 読みすぎると, 読んだか, 調べた人, 請うは, 譲った, 負いに, 貪り恋, 貰いたいって, 貰った, 貰つて来た, 買い入れるけれども, 買うとき, 買った例, 買つて呉れい, 買わなくなったの, 貼って, 賣り拂つて一時下宿屋生活, 賭け競馬, 贈らぬ受けとらぬという, 越さぬ間, 蹴るくらいの, 載せ人, 返さずして, 追いかけられるかも, 送ったら喜ぶだろうと, 逆に, 造らんが, 造るより, 運び出すという, 運ぶ侍女たち, 遠ざける譯, 遣り給, 選び取ること, 避けようと, 酒や, 量る天秤, 長ずるの, 関係において, 除かんと, 隠しちゃ, 集めそれ, 面白く言おう, 頒けて, 頼むとき, 風呂場へ, 食いたまえと, 食うな, 食う時鼻革, 食ったって, 食つて了は, 食べさせられますから, 食べたこと, 食べなかったが, 食べるため, 食べ与へられた室, 食わせだらし, 食わなくなったの, 飲み込んで, 飾る棚, 馬鹿な, 魔符の

▼ 物~ (7702, 13.8%)

109 ように 81 中に 74 見事に 67 言ひ 58 上に 53 あはれ 50 影が 39 形を 37 形が 32 ような, 哀れを, 考へ方 31 やうに, 価格を 29 ために, 中から 27 気配が 24 云い方 23 音が 22 影を 21 影の, 言い方を 20 中で, 道理を 19 中には 17 価格が, 音も 16 方が 15 云ひ, 価格の, 見方を 14 下に, 価値は, 姿を, 形に, 影も, 挟まったよう, 用に, 道理の 13 あはれを, うちに, ほかに, 価格は, 名を, 味を, 蔭に, 言いぶり, 間に 12 ことを, やうな, 価値を, 姿が, 様に, 関係を, 音, 音を 11 価値の, 形の, 影は, 役には, 氣は, 観方, 音に 10 中の, 気配を, 理を, 真相を, 道理は

9 [12件] あわれ, いい方, はさまったよう, 中にも, 分量を, 外に, 存在を, 方は, 美しさ, 色が, 落ちる音, 言い振り

8 あること, 中へ, 価値が, 前に, 名の, 性質を, 數とも, 美事に, 見方が

7 [23件] あるの, うちで, すがた, 一つである, 中でも, 代りに, 味が, 命を, 姿は, 形も, 役に, 役にも, 意味を, 方へ, 本質, 考え方が, 考へ, 見方に, 見方や, 言いかた, 道理が, 間から, 音は

6 [17件] ことり, はぜる音, 倒れる音, 力は, 増加が, 姿の, 小判が, 數ならず, 目的を, 考え方を, 色は, 言いようを, 話を, 譬です, 輪廓を, 量が, 間を

5 [45件] ある事, ある感じ, いいぶり, いいよう, ことで, ことです, た, ないの, はずみで, ようで, より大, 上へ, 上手なれ, 下で, 云いかた, 交換価値は, 内部に, 分量と, 力を, 匂いが, 名が, 名は, 哀れは, 外は, 市場において, 形と, 形や, 影に, 気配に, 為に, 生産に, 用にも, 真の, 総体である, 考え方は, 臭ひ, 芽に, 解った人, 譬えだ, 譬だ, 象が, 輪廓が, 重さ, 間の, 香が

4 [70件] あはれは, あはれも, あはれ知らせが, ある量, いい振り, いわれ, かたちが, なかから, にほひ, はづみ, ひとつに, みごとに, 一つ, 一部分を, 下から, 下手人を, 中より, 中を, 云いよう, 云え, 仆れる, 仕事や, 価値に, 側に, 内容を, 前を, 名も, 味, 味は, 味も, 哀れに, 増加は, 壊れる音, 売価が, 変動を, 大きさ, 始末を, 姿も, 子を, 小判と, 底に, 形は, 感じ方, 數でも, 方を, 本体を, 本来の, 本質を, 正体を, 汚點, 消費者の, 生命を, 種を, 総需要, 置き方, 考え方の, 芽が, 蔭から, 表と, 袋を, 見方の, 言いようも, 象を, 軽重を, 輪郭が, 道理も, 間には, 陰に, 音や, 響は

3 [144件] あいろも, あはれの, いいかた, いのちを, うちの, おもしろからず, かたちを, ことは, これを, すべてが, ない所, なかで, なかに, はさまつた, ほうが, ほかには, ほかは, ほころびでも, やうで, ようであった, よくわかった, わかった人間, 一つに, 一切の, 一定の, 一時間も, 上にも, 上を, 不自由を, 世界から, 中では, 云へ, 交換価値の, 交換価値を, 他の, 位置を, 価値と, 価値における, 価格に, 値段も, 儀に, 内に, 内容は, 出て, 匂が, 包みを, 包を, 原因を, 名で, 名に, 名や, 味の, 哀れという, 哀れも, 哀を, 地味な, 増加に, 売価と, 大小を, 如くに, 姿をも, 実体を, 実相を, 小判や, 師匠の, 影, 影から, 影をも, 御威光, 心を, 恐ろしく左右, 悲しさ, 意を, 戯曲を, 所有が, 手に, 數ならじ, 數に, 文色も, 方から, 方で, 核心を, 様な, 歌の, 正体は, 毒薬を, 気勢が, 水準に, 為めに, 焼ける匂い, 理解が, 生産の, 用には, 用を, 目的は, 真実を, 真相が, 研究に, 破壊れる, 破片の, 秩序を, 種は, 緩い子, 考えようを, 考え方から, 背後に, 自己運動の, 色を, 芽の, 蔭が, 蔭へ, 蔭も, 袂までを, 袷に, 製造に, 裾の, 裾を, 見方では, 見方感じ, 見方考え方を, 言いざま, 言い方で, 言い方や, 言振, 譬で, 象も, 販売価格が, 販売価格を, 身に, 道理や, 遺骸を, 量を, 陰を, 隅に, 隈の, 隈も, 靈長, 音の, 順序として, 顔を, 饐えたよう, 香の, 騰貴によって, 高い価格

2 [466件] あったこと, あるところ, ある場所, ある家, うごめくけ, うごめく気配, うちから, うちには, うち最も, うち私の, おわかり, お垂げ止め, お茶でも, かならず一品, かをりに, くせに, こごしくい, こと, こまかに, こわれる音, こゑ墓原ご, ごとく, すべての, そばを, たずね方, ための, どれとも, ないこと, ないよう, ない心, ない時, なかには, においが, ねびたれば, のって, はさまった様, はしに, ほうで, ほうに, ま, やうである, ようだった, ようである, ようにも, よくない, より少い, わかったよう, わかった人々, わかつた方, わかる人, わかる男, わるいところ, ウィスキーで, キマリの, シャツや, プランを, レコードでは, 一つで, 一つでした, 一つと, 一つの, 一つを, 一で, 一軸が, 一部を, 一部分で, 一部分である, 一部分と, 一面を, 七たび涅槃に, 七福神の, 上から, 上の, 上手とやら, 下へ, 下を, 不足なし, 不足は, 世界でさえ, 世界の, 事だ, 事を, 二つの, 二分の一または, 二時間と, 五色揚を, 井戸の, 人形を, 代表と, 代表者かという, 代金を, 位置が, 何から, 何である, 例に, 価値より, 価格と, 価格も, 価格騰貴の, 値段の, 値段は, 偉大な, 像を, 先き, 先触れと, 全般を, 具体概念を, 内の, 内部の, 内部を, 内閣で, 処へ, 出入すべき, 分った人, 分らない妄想溺惑家, 分子の, 分量は, 判った人, 判らない女, 判らぬ夢, 判別を, 判断に, 利用と, 利用との, 利用は, 前で, 力も, 効用は, 動いて, 動きが, 動くけ, 動く気配, 匂ひ, 化に, 化の, 十分も, 十分間も, 半町も, 単衣, 及び粗, 取り立てに, 取引証書を, 古刀に, 同一の, 名という, 名として, 名前の, 呉服太物と, 命の, 哀れ, 哀れの, 品質を, 啼き声, 善悪を, 因果で, 圧迫も, 在る有り無き, 変化を, 外には, 外の, 多いこと, 多いのに, 多くは, 多少によって, 大なる, 大小の, 大毒薬, 大部分, 天上する, 奥を, 奴隷と, 好きな, 如きは, 如きもの, 如く見る, 姫糊を, 姿, 存在が, 存在する, 存在に, 存在は, 学問を, 安かった, 安倍家重代の, 実相と, 実質を, 客観的な, 専有すなわち, 尊さ, 小判に, 小半時も, 小屋掛けを, 小次郎は, 小綺麗な, 屋根を, 崩れるよう, 崩れる音, 工夫を, 干場に, 平次は, 幽け, 底から, 底まで, 底深く, 店が, 弁えも, 弾みは, 形で, 形という, 形において, 形に関する, 彦四郎貞宗が, 影がさつと, 影さえ, 影で御座いましょう, 影とが, 影とも, 役に立たない, 役に立たないもの, 役に立たないよう, 役に立たぬ, 役に立つの, 得がたきは, 御朱印は, 御用聞に, 復興であり, 心に, 必然などは, 必要を, 恐ろしさ, 恥かし, 意味である, 感じが, 戯曲の, 手を, 手傳を, 技術と, 持ち主で, 持つて, 挟まった物, 挟まった言いよう, 挾まつたやう, 挿まった, 捉へ, 搆造は, 摺れる音, 敏腕家などと, 敵持の, 數かは, 文目も, 料理の, 旅商人, 有無に, 木の, 木彫の, 本質が, 札を, 束を, 来るの, 枝を, 柄を, 柄杓が, 根の, 楽器は, 概念である, 様である, 様は, 樣は, 正しき影, 正しさ, 死相しか, 残りが, 比例は, 気息が, 気配, 気配です, 気配の, 気配は, 気配も, 水に, 水よりは, 水準まで, 氾濫に, 汗ばみ, 演技に, 火鉢まで, 焦茶色に, 燃ゆる, 爲し, 牛肉を, 獲得の, 理が, 理は, 理屈を, 理解は, 生々的威力は, 生産では, 生産費を, 生長する, 用意が, 用意を, 異同を, 百も, 目に, 目録を, 相対価値は, 真似が, 真実が, 真相は, 研究は, 砕け落ちる音, 破ける音, 破壞, 礼を, 祟りという, 祟りを, 秘密を, 種が, 稽古を, 穢, 第一, 筋道を, 範囲に, 粗末な, 約束が, 紛失する, 統一として, 絵の, 総体を, 緑が, 編笠などを, 縫いつくろい, 置所も, 美を, 考えようが, 考え方と, 考え方という, 考え方に, 考え方や, 考へかた, 聟でなく, 聟の, 聟は, 聟仲屋の, 能く, 臭いが, 良さ, 色, 色さえ, 色に, 色の, 色彩を, 色目も, 芽も, 荷や, 荷を, 菜っ葉服を, 落ちて, 葉ず, 蔭という, 蔭町家の, 薬に, 虚無僧, 虚無僧で, 虚無僧の, 虚無僧は, 行方を, 表面に, 裏を, 製造で, 製造量における, 裾に, 見えない方面, 見える目, 見かた, 見方からも, 見方という, 見方は, 見方考え方が, 解つた高等科の, 言いよう, 言いようです, 言い方が, 言える人, 言ひ振, 言へる, 言振で, 言振取, 評判が, 試験に, 読本に, 読本の, 調和を, 諸作品, 譬えが, 譬えです, 象にも, 象の, 象は, 貞宗と, 負担する, 貢物, 販売価格は, 買手である, 貸し借りと, 購買に, 距離の, 距離を, 跡が, 辻斬野郎は, 逆を, 道理だ, 道理に, 選択に, 遺言状を, 部分, 部分的需要の, 醜さ, 量と, 量は, 金に, 銀だ, 銀簪で, 長さ, 長と, 間見た, 間違に, 陰は, 陰影が, 陰影を, 隅々が, 隅々まで, 隅建物の, 隈が, 隙から, 隠し方トリック, 雨も, 需要が, 需要とを, 靈長たる, 靈長と, 面白さ, 音さえ, 音で, 音であった, 音です, 音夜は, 響が, 響きに, 響きも, 順序から, 順序を, 順番を, 領域は, 類は, 風か, 風そよぐ, 風味に, 香, 香に, 高き価格, 高さ, 高力左近太夫高長は, 髷は, 魚を, 黒白も

1 [3862件 抜粋] 〇〇でございました, あった事, あのすさまじい, あはれ知らせ, あや目も, あるという, ある山, ある部分, いえる人, いひ方, うちにおいての, うまさ, おもしろみ, お妾さん, かおり美しく, かげ朧ろ, かわきも, きめの, こけ猿, ことであった, こと思ひ, ごちや, さえぎるなし, しずくが, すきを, ずっこけたあいだ, それは, たとふへき, たもとから, つつじに, ところまで, どるめん, ない一座ぎりのところで, ない正面, なかへだって, においこそ, はいって, はずみという, はづみで拾, ひっくりかえって, ぶっつかるよう, ほとりから, まことに従って, まま阿波屋の, もつ甘味, ようだ, よく解った, わかったおとなしい, わかった親切, わかつた至極さ, わからぬ連中, わかる人間, ゐざりに, エロティシズムに, コビリ付い, タイ一本, パスで, フランス訳を, メロンを, レコードを, 一つだ, 一つ一つに, 一二に, 一定分量も, 一月余りも, 一番骨の, 一致は, 一部分が, 一面しか, 三十日ほども, 上げ場から, 上下し, 上手という, 上部から, 下手人が, 不備不足は, 不思議と, 不足をのみ, 世界における, 並んで, 中何か, 中政府の, 主人が, 主要街路は, 乾く間眠つた, 事で, 事業の, 二十冊や, 二町とは, 云いよう男振り, 云ひつ振りは, 五分の一以上に, 五萬五千兩の, 交易であった, 人情によ, 仏蘭西皿に, 仕業決して, 代償を, 件でなく, 住家の, 何らの, 作用に, 例えば力学, 価である, 価値のみが, 価格とは, 価格及び, 保存という, 倒れるよう, 値段が, 傍に, 傾向が, 價値が, 元と, 光ると, 入つた袋, 入国を, 全盛期にも, 全體, 内から, 内容ご存知かな, 円滑な, 冰る, 凡ならず, 出し入れを, 出る地方, 出来るの, 出版物目録は, 刃を, 分け前を, 分つた愛想, 分らんよう, 分る男らしい, 分子あるいは, 分量が, 切れっぱしを手, 判った方, 利害と, 利用価値といふ, 前と, 剰余を, 劇化が, 功業の, 動いてる気配, 動くによりて, 動搖に, 匂いの, 化か, 化身かと, 十三年も, 十日も, 千代紙の, 半端に, 占有は, 原価, 収穫を, 取引の, 口は, 古道具が, 各々に対し, 同じ増加, 名まで, 名前ばかり, 名称を, 吼ゆる, 呪と, 呻くよう, 哀れさを, 品を, 唄を, 問題だ, 善萬物の, 嘲りを, 囁きを, 固有の, 在所御地内の, 基礎と, 場合でも, 増加せる, 墨跡でも, 声であった, 売価, 売買に, 変動について, 外かうした, 外観は, 多い構内, 多くの, 夥多なる, 大きな風呂敷, 大椅子, 大鮪, 奥筵やら, 奴隷である, 如き書, 如く眉, 妖吹く, 始末その他を, 姿それは, 娘は, 子孫に, 存在をすら, 学界其の, 宛名を, 実質が, 家屋は, 富みの, 寸劇に, 専売貨幣の, 小判だ, 小屋がけに, 小説などで, 少い日本は, 居り場所, 展覧会が, 山の, 峡を, 川開きにも, 差違が, 市場と, 師匠を, 年増加を, 幾篇かに, 床軸を, 廂髪を, 弱さ, 形がいか, 形とに, 形態である, 形霧の, 影像を, 役に立たないから, 役に立たなくなる, 役に立つかっ, 役に立つん, 御予定, 復活では, 心得が, 心配を, 急所に, 性質である, 性質も, 恐怖を, 悪に, 情報では, 意味に, 愛, 感じな, 慾重た, 成る陶冶, 所在を, 所有者は, 手が, 手裏剣業には, 技を, 折目の, 招待を, 持主に, 挟まってるよう, 挾まったよう, 挿絵を, 掛直, 描かれて, 揚弓が, 撤退南軍と, 支度を, 救ひ, 数量, 數にも, 料金を, 方でも, 旅行と, 映画を, 時局便乗物は, 曲ったの, 書ばかりが, 最も顕著, 最大量が, 有ること, 有形無形は, 木綿の, 本当の, 本質に関するに, 朽ちた臭, 束をも, 杯臺, 柄が, 柳に, 根本的修理が, 梅鉢の, 棺が, 検閲は, 概念が, 様々な, 標本や, 模様を, 横行の, 次に, 歌などを, 正形, 歴史や, 残る意, 毒に, 比例の, 毛を, 気質が, 氣が, 水飴を, 沈む如く消失せき, 泥棒猫か, 洪水, 流行は, 海狸に, 消費を, 淑しげに, 清らかな, 減少を, 滅びない世, 灰は, 無いよう, 無用を, 焼け裂けるよう, 煮方, 燻る臭, 爲めに, 特徴と, 犯人だった, 狙ひ, 猶ありとなら, 現はれし, 理, 理窟だ, 環も, 生命も, 生産であるらしい, 生産用地である, 産出を, 田中正造だ, 画や, 畳紙を, 発する声, 発行が, 白い影, 百姓とは, 盛りの, 目方の, 相が, 相対価格における, 相談も, 真中に, 真実価格すなわち, 真珠の, 眩しいやう, 矛盾の, 石版画, 破片や, 示現だらう, 祝言として, 祟りなんぞは, 称でなけれ, 種子とは, 種類を, 空間する, 立ちはだかりの, 竹の, 笹竹を, 箱を, 籠へ, 精髄をしか, 紙を, 紹興酒から, 経験が, 統一とを, 絵馬が, 綻を, 総量を, 縁台に, 繪圖面を, 置き場所が, 美が, 義で, 老舗が, 考えが, 考え方とも, 考への, 職人小, 肩まで, 脚本だ, 腐敗した, 自分に, 自然的流れに従い, 臭ひがして, 與ふる, 良否および, 色より, 芋の, 芽ぐむの, 若手時代には, 茶羅紗を, 荷拵えと, 菓子に, 落ちるの, 著作者と, 蓄音機を, 蔭を, 藝は, 蚊遣香は, 融通等も, 血糊が, 術織物染物の, 衣装の, 表装中, 表面を, 装飾にも, 裏面を, 裾飾と, 襟度を, 見えぬ鈍い, 見つかる道理, 見分けの, 見方であり, 見方考え方において, 規模は, 観察に, 解ったつもり, 解らないもの, 解らねえ奉公人, 触れるよう, 言いようだ, 言い振であった, 言い方には, 言えぬ場合, 言様が, 記号或いは, 評価の, 詰つた千兩箱を, 誤認が, 調査会が, 講義と, 譚にも, 讃美を, 象に, 販売ほど, 貯蔵を, 買出しなど, 資本価値を, 贅沢を, 起原を, 足りぬの, 蹟の, 転送先の, 輪廓をと, 輸送と, 近傍に, 逃げ去る, 通りとは, 速記本が, 連續だつた, 運びかたが, 運動を, 道理あきらかに, 道理人間の, 選定は, 部類に, 酸いも, 重要さを, 量も, 鉢を, 鏡には, 鑵詰ファグラだの, 開拓に, 間違てえ, 関係に, 陰から, 陰翳が, 隊伍を, 集まりて, 難きゆゑならず, 霊を, 青大将である, 面白き, 音だけは, 音修験者の, 音遠ざかる, 響という, 順序だ, 頭と, 額を, 類ふべき無く, 風味を, 飜案とか, 食糧品の, 饐えるよう, 香気にも, 駛る, 骨法を, 高低長短が, 魂な, 鳴る音, 黒円帽を

▼ 物~ (4224, 7.6%)

95 ある 45 あって 41 あった 34 出て 27 落ちて 25 あるの 22 あるん 20 あると, 手に 18 あつた, 入って 17 あつて 16 言へ 14 あるから, あれば 13 ないから 12 はいって, 多い, 残って 11 なかった 10 あります, ない, なくて, なければ, 出來, 眼に 9 見えて 8 ありました, あるが, あるので, なくな, 何である, 出来て, 存在する 7 あるからと, あるという, 云へ, 出た, 来て, 見える

6 [13件] あるか, あるよう, それを, ないので, なくなって, 好きで, 干して, 潜んで, 目に, 置いて, 自分の, 言えねえ, 飛び出して

5 [16件] あったの, ありません, これを, ないと, ないの, なくなつた, わかって, 云え, 云えなかっ, 他の, 出来ます, 動いて, 流れて, 見えた, 言えなかった, 飛んで

4 [25件] あったが, あったと, ありますから, あるかと, あること, あるぞ, いえなかった, いて, そこに, 並んで, 人を, 何でも, 入つて, 出来ると, 分って, 吾, 多かった, 多過ぎる, 無いの, 物だけに, 現れて, 現われて, 見えるよう, 言へる, 非常に

3 [74件] あったに, ありそう, ありましたから, あるじゃ, あるでは, あるならば, あるもの, いえない, ございます, ござんし, したやう, たまって, たられるあの, つまって, ないため, ないとは, ないよ, なくては, ならんで, ほしいん, 一つの, 一つも, 一面に, 世間にも, 並べて, 二重に, 人間の, 何を, 俄に, 入れて, 出来たと, 坐って, 多いの, 多かつ, 大切なる, 如何に, 姿を, 客観として, 市場で, 幾つか, 彼等の, 心を, 急に, 揃って, 散らばって, 有らうか, 有らば, 有るから, 有れば, 棲んで, 欲しいと, 欲しくなり, 水の, 浮いて, 濡れますと, 生れて, 目の, 眼の, 私の, 空間の, 立って, 見えたり, 見えないの, 見えます, 見えると, 言えないよ, 言えるよう, 言へねえ, 買って, 転がって, 附いて, 降って, 陳列され, 高いと

2 [238件] あたま, あったこと, あっても, あらわれたの, あらわれて, ありさ, ありその, あるかの, あるかも, あるし, あるそう, あるそれ, あるでしょう, あるとも, あるなら墓場, あるに, あるのに, あるはず, あるばかり, あるやう, あろうとは, いえないとは, いえなくなって, いえる, いえるよう, いかに豊富, いる, いるん, かかって, ここでは, この娘, ございました, ごたくさ, したよう, して, すんで, そこへ, それぞれに, それに, それには, たりめきて, たれり, ついて, できあがるばかり, でて, ないか, ないが, ないで, ないほど, ないん, なかつたから, なきや, なくなった, はさまったよう, はっきりと, はっきり見えた, ひどく粗末, ほしくなる, またと, もつ性質, わたしの, 一つ, 一度専有, 一構成部分として, 三通まで, 下って, 下に, 世に, 世の中に, 二つに, 云えません, 云えませんや, 云えや, 云われねえ, 云われねえ奴, 交って, 人の, 人生の, 人間に, 他に, 何だ, 何も, 個物として, 僕の, 先である, 入れられて, 出たの, 出なければ, 出るよう, 出る筈, 出来た, 出来るという, 分らずに, 分らない, 台所に, 喉へ, 売られる価格, 多く出る, 多ければ, 多少でも, 大部分, 女の, 好きだ, 存在し, 存在した, 実際に, 室の, 家に, 察せられる, 少くない, 少なかった, 届いた, 山の, 崩れて, 己の, 干される, 干してあつ, 平等に, 床の, 当って, 彫れたら望み, 彼の, 往来へ, 待って, 得意で, 心に, 必要であるらしい, 思考し, 悪いと, 懸って, 我々の, 投げ込まれます, 指に, 整然として, 整然と列べられた, 文字上に, 日本に, 昔の, 映写された, 書いて, 有りますよ, 有る, 有るがな, 有るに, 来た, 来ても, 来る, 横たわって, 次々に, 欲しけりゃあ, 歴史に, 歴史的な, 歴史的に, 残つて居た, 残らず池部さん, 殘つて居た, 気に, 氾濫し, 沢山ある, 消えて, 溜って, 溜れば, 漂って, 濡れるという, 灰色の, 無い, 無いから, 無いと, 無かった, 無くなり大概, 焼けたり, 物その, 物な, 猶ほ, 現はれ, 現れたの, 現われたが, 生えて, 生きて, 生ずること, 申せない, 発見され, 白雪に, 皆あ, 皆なつかしく, 盗まれて, 盛んに, 直観的に, 秘密書類なら, 空間する, 空間的に, 箱根の, 紛失します, 結晶する, 網に, 纏うて, 置かれて, 美しいか, 肝心である, 胸の, 腐れて, 腹へ, 自分から, 自分を, 自然に, 色々ある, 裸体と, 要るとか, 要るの, 見えたの, 見えなくなる, 見えるという, 見えるん, 見える中, 解って, 解つて居る, 触れた, 言い切れない, 言えない, 言えないの, 言えなくなる, 詰ったよう, 買つて食べられる, 資本の, 足に, 足りないと, 転がり落ちた, 這入って, 通って, 運ばれた, 運び出されるの, 違って, 邪魔に, 陳列し, 隠れて, 食べられるよう, 馥郁として, 高くなっ

1 [2615件 抜粋] あがって, あったかも, あったのよ, あったら地獄行き, あってから, あとを, あまりジャーナリズム, あらうか, あらば買へ, あらわれました, ありそれ, ありましたら何でも, ありますの, ありません何, あり余, あり小, あるある, あるかを, あるであって, あるとき, あるなら兎, あるなら見せろ, あるべき所, あるよ, あるわね, ある出して, ある拙者, ある筈, い, いえず弟, いえなくなる, いくらかでも, いたよう, いつぱいつめてあるが, いること, いるまして, いろいろ出来ました, うまくない, おいてない, おっくうに, おりましょうか, お分り, お気に, かかったらしい, かけてなかつた, かなり多く, かぶさるよう, がちやり, きつと, くずれて, ぐる, こしらえられる料理場, この世に, この家, この部屋, これじゃという, ころげ出て, ございましたが, ございませんわね, さうでないなど, さめない中, しこたま詰められ, しっくりと, じっとりと, すこしユダン, すでに用, すべて夏休みである, すべて自分の, ずいぶん流行, そこから, そのまま放りだし, その価格, その構成, その者, それて, そんなに汚い, たくさんあり余る, たしかにある, たって, たべたいわ, たりながら, だんだん減っ, ちがうよう, ちら, つぎから, つめこまれると, できたよう, とつぜんとびだし, ともに存在, とんでもなく, どうも, どこにも, どっと迸り出た, どんなふう, どんな物, ないからとて, ないという, ないのでな, ない時, なうても, なかつたら人間, なくてさえ, なくなっても, なくなると, なく泣い, なにより, のさばって, のろつ, はじけるやう, はっきりするどく, はつきりと, ひそんで, ひどく流行った, びっくりし, ふやけやが, ぶらりと顔, ほしかった, ぼうとして, ぼんやりした, まずい, また一部, また象られ, まだ残っ, みかどのお, みな浚つて行かれた, みんな銀鼠に, もうこの, もう近く, もっとも不, もらえるとでも, ゆがんだり, よくある, よく出来ぬ, よごれて, よほど堅固, よろしいと, わからない, わかるらしいな, わりあいに, ゐた, ゐるの, カーテンの, ゴチヤ, ジャン, スープへ, チラ付く, パルテノンである, ペトゥローを, 一かけ落ち, 一つすう, 一つ殘つた, 一めんに, 一切入っ, 一定の, 一杯あった, 一枚, 一様に, 一目標に, 一長所であるなら, 三つの, 三十冊も, 三間あまりも, 上記の, 下等な, 不確かである, 与へた力, 並びだれ, 中流を, 主膳の, 乏しいと, 乾かすため, 二つある, 二つ置い, 二人の, 二柱いる, 云いよく, 云えなくなる位ステキ, 云へるなら, 云われんけに, 亡びるには, 人々の, 仄白く, 今度の, 今直ちに, 他国ほどの, 代表する, 何うし, 何であろう, 何もかも生き返つ, 何処までも, 余りに尠, 作りたいん, 使用され, 例外的に, 倍位に, 偉大である, 備はる, 優秀の, 先から, 入ってるそう, 入り込んで, 入るもん, 全体に, 六分三毛ある, 内から, 写って, 凝視者にとって, 出たと, 出ても, 出りゃがった, 出るそう, 出来あがるん, 出来たとか, 出来た歯, 出来なくな, 出来ますから, 出来るはず, 出来る筈, 出来上るだらう, 分かる, 分らないのね, 分るよう, 判らなくなりその, 利用曲線を, 前衛に, 加わった以上, 効くという, 動くよう, 勝です, 十二銭位かかります, 単にあらゆる, 参りました, 反対に, 取り散らして, 口を, 可なり, 右の, 同時に写りまし, 吹き出して, 咽喉から, 唸る, 喫べ, 喰べ, 四十それらを, 国々に, 地上から, 埋められて, 堆積する, 塵と, 増加され得, 壁に, 売約され, 多いか, 多いほど, 多くそれ, 多少あった, 大きいから, 大切な, 大衆に対して, 天智天皇九年後の, 失くなつて, 失われても, 好いと, 好きだった, 好ましい初夢, 嫌な, 安く豊富, 宜しいの, 実は美しくも, 宿命的に, 専有せられない, 小さい瞳, 少いところ, 少し入っ, 少ないから, 尽きて, 届いて, 屡々運命, 岩骨稜々として, 巨大に, 常に両者, 干しに, 幾つも, 延びたり, 引続き土地, 当るかと, 形の, 彼らに対して, 往來へ, 従である, 復讎に, 心霊の, 必要か, 忽ち中位, 思ひ当らなかつた, 悉く陰鬱, 惹起す如き, 懸りしならん我等, 我々には, 所作する, 打ち上げられたに, 承わりとうございます, 拡がって, 持つ遠大, 挾まって, 据ゑてある, 掴んで, 撮れると, 散らかって, 数種ある, 文化内容という, 新しくそこ, 既に失われ, 日本の, 明るい光, 時と共に, 普通の, 書きよい, 書ける, 最近十年間にわたって, 有って, 有りますな, 有るが, 有るの, 朝鮮の, 木立であるまい, 本流から, 束ねて, 来たん, 枕頭に, 柔な, 棚の, 極めて多い, 横た, 横行する, 次第に低下, 欲しいなければ, 欲しかつ, 正しく映る, 此れ, 死んでも, 残った, 残るだろうと, 殖えて, 段々増加, 気に入つた, 永遠です, 沢山あっ, 沢山ゐる, 活, 流転する, 浮上って, 消費されね, 減るの, 溜つて虹彩と, 漂うて, 漢語胡語に, 潮の, 濡れて, 点々として, 無いでしょう, 無えと事, 無くなったからと, 無くなりさえ, 無価値, 焼けるだろうという, 熊の, 燦然と, 牧馬を, 物の, 特に優秀, 狹まります, 現れる以上, 現在の, 生きながらえて, 生まれましょう, 生れるとまで, 生産され, 用ゐられた, 畫に, 病人の, 発行される, 發展する, 白く明るく見える, 皆下品, 皆欲しゅう, 皆薄, 盛に, 目ざめて, 直ぐに, 看附, 真個に, 眼には, 着せて, 破れました, 確かに, 神秘的で, 秘密の, 程よく取りまとめられ, 積んで, 空中に, 空間関係という, 突風に, 立つの, 竹売り, 第一立派, 粋で, 納まると, 紛失する, 絡みついて, 絵にな, 縁の, 置かれこの, 美味しく食べられ, 羽織に, 考へられないし, 胃の, 腐らず世界, 膽力どころで, 自己の, 舞ひこ, 良いので, 英発し, 荒れ狂, 落ちる, 落っこちた, 蔵され, 藥味箪笥の, 融ける, 行われた, 表象され, 襲って, 見えないが, 見えなかったり, 見えぬ気持, 見えましたっけ, 見えるが, 見えるらしい, 見え刀, 見たくて, 見られる時, 見出された, 見透された, 解っても, 解らないから, 触つた, 言いたいわ, 言えない人間, 言えなくなるたち, 言えませんでしたが, 言つてない, 設けて, 詰まつてたと, 調合される, 讀めないので, 貧民の, 買えねえな, 貼って, 赤く見える, 足りない物, 跳んで, 躍り込んで, 載って, 辛うじて労働, 退屈そのものに, 途中で, 這入ってるぜ, 通ると, 運ばれ父親, 過剰な, 違いますからね, 違つてゐた, 遥に, 部屋の, 重いもの, 金より, 長いの, 閊えたよう, 関する限り, 降り出しやが, 除去せらるる, 隠して, 集つてゐた, 離れたよう, 需要する, 青む季節, 面, 頭の, 飛び上がりすぐ, 飜つて居た, 食えないので, 食へる, 食べられて, 食べられないもの, 首尾よく, 駕籠に, 體に, 高く高くふくれ上がっ, 鮮明に, 黒かったら

▼ 物~ (3464, 6.2%)

173 して 81 なって 29 手を 26 憑かれたよう 24 なつて 20 しようと 19 なると 16 なるの, 對し 14 出て, 触れて 13 驚いて 12 なる 11 しても, なった, なつた, ならない, なりそう, 就いて, 見えて 10 向って, 眼を 9 されて, よると, 對する, 慴えた, 目を, 躓いて 8 したの, したり, すること, 就て, 於て, 比例し, 相違ない 7 したいと, ちがいない, なるん, 怯えたよう, 感じ易い, 過ぎない, 違いない

6 [12件] した, しようという, しようとして, すぎない, つかれたよう, なったの, なるか, 即して, 外ならない, 脅えたよう, 身を, 驚いたよう

5 [12件] おびえたよう, おびえて, されるの, するの, なるかも, 比して, 気を, 水を, 転化する, 追われるよう, 非ず, 驚いたやう

4 [32件] あるの, かつまず, これあり, しなければ, すると, するにも, する気, たとえて, ならぬ, 似て, 倚りか, 包まれて, 向つて, 執著, 就いての, 形を, 怯えて, 感じやすい, 拘泥しない, 接して, 接すると, 故知らぬ, 書いて, 注意し, 脅えたやう, 興味を, 追われたよう, 追われて, 遠慮の, 馴れた平次, 馴れて, 魘われたよう

3 [63件] あはれみ, おしよと, するには, する氣, つき当ったよう, つけて, つまずいて, なっては, なつちや居ない, ならないもの, なりかけて, なること, なるだろうと, なれば, なろう, なろうと, ふれて, まぎれて, 乗って, 事を, 他ならない, 依つて, 候, 包まれたよう, 取あつかふて, 因りて, 執着する, 外ならず, 外ならなかった, 屬し, 引留められて, 怖えた, 思すも, 思われて, 怯えたやう, 感じて, 感ぜしや, 拘泥する, 接するの, 比例する, 比較し, 激し, 火を, 熱中し, 用が, 眺め入ること, 着するの, 脅えて, 臆した, 蓋を, 襲われたよう, 襲われるよう, 見えるの, 触れ事, 觸る, 觸れ, 觸れる, 譬へ, 譬へて, 近づいて, 迫害を, 関心を, 限って

2 [186件] あこがれて, あらずこがね, あらわれて, ありては, ある, うっかり転職, おびえるよう, くらべると, こだはらない, さへ, されいつも, したが, したと, した人, した以上, した木綿, した長吉, しては, しないため, しやう, すぎなかった, する, するつもり, するであらう, するという, する様子, する譯, せんなど, ちが, つかまって, つかまりながら, つきて, つまずく, なったと, なったよう, なった上, なっちゃ, なっちゃあ, ならずとうとう, ならずに, ならないで, ならないと, ならなかった, ならなかつた, ならぬの, ならぬもの, ならんと, なりさ, なりさうな, なりましょう, なります, なりますぜ, なりませんと, なるが, なるだろうか, なるでしょう, なるという, なるには, なるまい, なる品, なる金, ぶっつかって, ぶつかったよう, ぶつかって, まさりて, や, ロクな, 一分一厘の, 似たるはこ, 似る現象, 住んで, 作りたるを, 作用し, 依って, 依っては, 依存し, 傾注した, 入って, 入れて, 出かける, 出会った, 動じたこと, 動じない名人, 動じなかったお, 勝つ, 化けて, 即したもの, 取りかこまれながら, 取り憑かれたよう, 囚われて, 因て, 執着が, 変って, 変化させる, 変化し, 変形する, 多く集まつ, 小倉の, 就いては, 屈托する, 屬する, 工夫を, 帰する, 影響を, 御騒ぎ, 心を, 応じて, 応じ心, 応ずるが, 応ずるごとくたちまち, 怖じずとは, 思われた, 怯えるよう, 恵まれて, 愛着を, 感じ易く, 感ずること, 慣れた船頭, 慣れて, 憑かれたやう, 憑かれた人間, 成ると, 我慢の, 托して, 捉へ, 接する道, 書き下すに, 正確に, 毒が, 比べて, 比べると, 気が, 没頭し, 満足し, 熱中する, 狂ったよう, 狂って, 狙ひ, 用ふ, 相違あるまい, 相違なかっ, 着換, 窮し, 筋道を, 糊を, 緋の, 考へ入, 脅えた美少年, 腰を, 自分を, 至っては, 至つては, 至るまで, 至るまでの, 花を, 融合する, 行かうと, 行当った, 襲はれた, 襲われた様, 見える, 角が, 触れた, 触れたので, 趣味を, 躓いたよう, 躓いたり, 逐われるよう, 過ぎないの, 過ぎぬ, 遠慮も, 金の, 鉄無地の, 銘だけを, 鋭く眼, 間違ひ, 限りこれを, 非ざりし, 音を, 頓着しない, 飽きるから, 馴れると, 驚いた美しい, 驚きやすく, 驚くこと, 驚く力

1 [1930件 抜粋] あこがれるところ, あったの, あつもの, あまねき此, あらざること明らか, あらずまた, ありませんから, ある最も, いつまで, うたれて, うつぼ, おかしがる, おそはれた, おそわれたよう, おどろかぬ山男, おびえた青ざめた表情, おびえ易く, お恐れなさる, かえて, かかった, かかわらない性質, かこまれた美味, かぶせるの, かまわぬ一筋, きた番頭, くっつくの, けつまずいたとき, こだ, こだはる, こだわらずすべて, こだわらないで, こだわらない穏やか, こだわること, この字, これよりも, ござりまする, さきがけするの, さっしゃる趣向, さはるやう, された, されなかっただけでも, さわらないよう, しそれから, したい思うもの, したければ, したため, したとて, したらしい, した浪士, した芝居, しちや, してやりたい氣, してやろうと, しないで, しないよう, しばしば繰り返され, しまた, しようとか, しろ願望, し笠森さん, すぎず行動, すぎないなどという, すぎなかつた, すたりの, すべきだな, するさ, するとは, するなら今, するやう, するコロラチウラ・ソプラノ, する人, する悦び, する書生芝居, する芝居, すれないやう, せつかない連中, せられた, せん願を, その力, その薄, たかるの, たとうれば, たよらぬ線状, ちつとも, つかまること, つきてを, つくといふ, つまずいたと, つまずきました, つままれたよう, でなく人間, ない独得, なさるる虞, なして, なずむ親しみ, なったって, なった了簡, なった時, なっても, ならざるなり元来, ならず仕事場, ならず燃え上がったの, ならず身内, ならないし, ならないに, ならないん, ならない駄洒落, ならなかつたが, ならなければとか, ならぬので, ならぬ會社, ならねえよ, ならんとは, なりきりえないところ, なりすまして, なりたる, なりぬ, なりましたの, なりますぞ, なりません, なりませんね, なり候, なり句, なり済ました時, なるかと, なるくらいの, なるだらうか, なるでは, なるので, なるほどの, なるやう, なるより, なる女, なる旦那今, なる筈, なる資格, はこつという, はばかる心, ばりん, ぴたりと, ふれては, ふれ動かず, ぶっつけた紫色, ぶつかった, ぶつからなければ, ぶつかる音, ほかならない, まぎれも, また慄然, みれんは, むかふ, むくれば, もたせかける要, やと, ゆく馬, よそへて, よらず讓, よりてた, アイロンを, クグの, ノボセ上がる, レモンの, 一切種々の, 一番よく, 一週三四回も, 不自由し, 不足さえ, 与えられる新しい, 主力を, 乗り出して, 事欠くこと, 人一倍心, 仔羊を, 付いて, 代えるに, 代りは, 会えると, 伴なおう, 似たもの, 何かを, 余り興味を, 作用した, 依存しなけれ, 価値を, 俺と, 倚りかかった, 做了う, 働きかける場合, 先んじ以, 入りきれる夢, 入れなければ, 全力を, 具は, 冷やかな, 凭れさせて, 出して, 出す時, 出たとの, 出た小座敷, 出る虎, 出入りする, 出来てや, 出逢った女学生, 分裂し, 初めて接した, 刺して, 加入する, 劫える, 動じた事, 動じないむっつり, 動じない大, 動じない態度, 動じない百姓, 動じない落着き, 動じない鉄心石腸, 動じぬ左近, 動ぜぬこと, 動ぜぬ大, 動ぜぬ尊大さ, 動ぜぬ沈着, 動ぜぬ直立不動, 動ぜぬ静観心, 包んで, 化けや, 化け他, 化せしめるであろう, 十一二歳くらいまでの, 即さずば, 厭うよう, 及ぶもの, 及ぼして, 反抗する, 取られて, 取り別段, 取掛ったが, 司配さる, 同情を, 向いて, 向けた, 向けられ得ないから, 向つて突進, 吸收され, 咋い付く, 善美を, 囚れず, 困って, 困りは, 困るたって, 圧しつけられるやう, 執着を, 基づいただろう, 堪ふれば, 報いたる, 売れと, 変ったの, 変形せられる, 多く見, 夥しく金銀, 大作は, 大資本, 奪われては, 好いと, 威力が, 安いの, 害あり, 寄つた, 対した時, 対照せし, 導かれて, 就くが, 屈托しない, 属く, 巧あり, 帰せようと, 延びて, 引かれるよう, 引っかかるもの, 弱き光を, 強情いよいよ, 当てて, 当るし, 影の, 彼女は, 徒費する, 御座候, 御騷ぎにならない大殿樣, 心が, 必要が, 応じ好み, 応ずるは, 応ずる如しである, 念を, 怖じた小, 怖ぢ, 怖気ない, 思へり, 怯えた蘆, 怯えないこの, 恐れし状, 恐れまたは, 悩まされて, 意を, 感じたこと, 感じない無神經, 感じ易し, 感ずる心, 感動した, 感触し, 慣れた眼, 慴え, 憑かれたとも, 憑かれた船, 憧れるよう, 成た, 成つて居なかつた, 成りさ, 成るか, 戒飭される, 手で, 打たれたよう, 打付かって, 扮する, 抱き茗荷, 拘らずそれで, 拘束されぬ, 拠って, 持つて, 指定すべきで, 捧げて, 接したこと, 接することさ, 接する事, 接する須らく, 掴まって, 描かれた新しい, 換えても, 支配せられ, 敵うまい, 於ける一切, 映るであろうが, 暗夜の, 書きとめて, 書くと, 最も好都合, 月が, 未だ格, 柔に, 案じ入り十分に, 構は, 欠乏し, 止まる, 母貝を, 比べては, 気づいて, 気温の, 求めるから, 決って, 注ぎて, 注目する, 浸り行くよう, 深い同感同情, 混ぜ物, 渇くなから, 溺れると, 漉されたよう, 火延しを, 無之, 熱中した, 燗を, 特有の, 狂うたとも, 狂うよう, 狂ふか青柳も, 狂へる如し, 現代まで, 生を, 用いるかを, 画きある, 異常な, 疑ひ掛ける心, 発生する, 盛つた野だ, 直面した, 相應はず, 相違なかつた, 相違なけれ, 真先き, 眼を通して, 着換えさせて, 礙げられずし, 私は, 移つて見たら, 稜片の, 突き当って, 突然襲われ, 等しい, 精を, 糞尿堆積する, 紛れて, 細かい繊巧, 結合する, 絶対に, 綻が, 縁は, 縋らねば, 縛られたよう, 繰り上げそれ, 罪は, 考へたそれ, 聚り, 背を, 脅えてこそ, 脅されたよう, 臆し, 臨むが, 至るあらゆる, 致すやう, 舞台に, 色を, 蔽われた湖底平原, 衆合的及び, 行くといふのみ, 行ってね, 表裏ある, 襲はれる, 覆はれたらん樣, 見えたから, 見え出した, 見とれ聞きとれて, 見入って, 見立て, 親しみなつかしむ気持, 角帯を, 触るやう, 触れぬやう, 触れる音, 触れ物, 言ひおとされましたれ, 試みざるなり叶うべからず, 誘われるよう, 課せられようと, 譬うれ, 象って, 貧しくその, 賦せざる, 赤色などの, 足もとを, 跌きしが, 躓いた, 躓きながら, 近かつ, 近づこうと, 迷ったよう, 迷惑せん, 追ひ掛けられ, 通じた人, 逢う事, 連れて, 過ぎず生命, 過ぎなかったと, 達しうると, 違いは, 適する様, 遮ぎられて, 遷らず, 配したの, 酔って, 重点が, 釣り上げて, 長くこだわっ, 関したもの, 関係し, 關係し, 附帯し, 限つての, 限らず特に, 限られる様, 限定しなく, 隔てられて, 隠されて, 集まる蟻, 雪を, 靈たる, 面接する, 頓着せぬ, 顔を, 風呂敷を, 飼って, 飽き性だつた, 香を, 馴れるに, 驕るよう, 驚いたり, 驚いた蛇, 驚かされたという, 驚きたる牝鹿, 驚くといふ, 驚ろかない, 魅せられたやう, 鹽鱒の

▼ 物~ (3144, 5.7%)

44 ない 24 一つも 19 何も 16 何でも, 相談だ, 試しだ 14 なかった 12 ないかと, ないの 10 持って, 無い 9 ないと 8 なんでも 7 いくらも, ないか, なにも 6 ないが, 自分の 5 ありません, それが, ためしだ, 人間の, 何が, 或はおれ, 皆活き, 神の, 言は

4 [12件] もうすつかり朽つて, 出て, 吾, 大事に, 歴史に, 殆ん, 滅多に, 無かつ, 皆な, 絶対に, 見て, 非常に

3 [30件] ある, あるまい, あるまじ感心, いずれも, お止, これを, それに, ないので, ないん, なきやと, むかしの, 世間に, 云は, 何か, 何時も帳面, 例の, 喰べ, 少い, 少しも, 必然的に, 思ふまじ何時, 有りさうに, 皆その, 皆有の, 皆神の, 私の, 自分で, 見た事, 読んで, 貰つて行かれます

2 [168件] あった, あつて酔, ありませんか, あるが, あるけど, あるまいか, いうもの, いけない, いけないと, いったい何, いつまでも, いらないよ, かすかに, げたの, こ, この通り, これな, こわれる, ございませんか, さうし, すつかり, すべて組合へ, せんこと, そういうもの, それで, ただその, ただの, たべずこの, どうした, どうする, どうです, どうでも, どうなさいました, どこに, ないという, ないな, ないよ, なかつたの, なくても, なく語り方, なく輿入, なし, なし寅吉, なに一つない, なんだ, ねえが, みな其樣に, もつと, よく貧乏人, わたしの, 一と, 一個も, 一切濡れ, 一定の, 上野の, 丸で, 二つとも, 人の, 人を, 今の, 他に, 他には, 何だ, 何である, 何なり, 何にも, 何を, 何一つない, 何一つ残っ, 何處に, 個々の, 兎に, 冬の, 凡べて, 出るが, 出來, 出来て, 勿論の, 取上げられ肋, 古い家, 可なり, 喰べて, 固より, 在るの, 増加する, 売主と, 大切に, 大層な, 始まり皆こ, 孝心なる, 実空間, 容易に, 少い世の中, 少ないが, 己が, 彼女に, 彼等の, 後の, 後を, 我々によって, 我が手, 我が物, 或勢力, 手に, 无ものなり, 昌作さん, 昔の, 時間の, 書けない, 書けん, 最初が, 有りませんが, 村の, 東洋のを, 根戸川から, 極まれば, 極端に, 概して弱い, 概ね金, 正確に, 比較的な, 永遠に, 無いか, 無いかと, 無いが, 無いに, 無いの, 無くなるべしましてや, 熊なり, 片方に, 物人間は, 男たちが, 皆お, 皆なお, 皺だらけに, 相互に, 相談と, 真に佳, 確かに, 社会の, 神に, 私から, 私は, 紙の, 胸にあたる, 自分が, 要らんと, 要りません, 見あたらなかった, 見えないが, 見えなかった, 見るの, 見付かりません, 見当らなかった, 試しと, 語る私, 諸関係, 讀んで, 貰ひたく無い, 過ぎると, 重いもの, 雑器と, 面白づく, 預かって, 頷いて, 饑饉年に, 験だ, 高くなる

1 [2382件 抜粋] あがり貨幣価値, あたかもヨーロッパ, あつて風, あの芽, あまり食べず, ありそう, ありませんでしたか, ありやしません手, あるだが, ある此七百萬圓, いいから, いえぬらしく省作, いかにも純, いくらでもある, いちおう疑っ, いつか捨て去る, いつも多い, いづれも, いなくなって, いやに, いらないわ, いろいろな, うし満に, うれしかつ, おいらが, お倉, お好き, お武家, お買い, かえって都, かつてラサ府, がんせん, きみ鈎が, くれて, こぐらかって, ことごとく濡, この哲学, この数, この身, こはれる, これらの, ごく少ない, ございませんやう, さう手取, さる貴人, しまって, すこしも眠れなく, すでに工事, すべてその, すべて一包みに, すべて別に, すべて失われ, すべて毒威を, すべて稀少である, すべて西洋で, そうやっ, そこに, そのときわたくし, その一つ一つ, その人, その好む, その方, その終局, その量, それから大急ぎ, それは, それ自身の, そんな物指, たいてい旅籠町, たく音, ただほんのその, ただ真理, ためしと, だめだ, ちゃんと用意, つくるが, できません, とても日本, とる, どうしても配膳部, どうなった, どことも, どんなもの, ないから, ないでしょうよ, ないよう, ない筈, なお永続性, なかなか堅固, なかなか頑固, なくなったの, なく奧, なさそう, なし売る, なにが, なるほど, なんとも恐縮, ねえかな, のこつて, ひとつも, ひどく破れ, ほとんどない, ほどなく減少, ぼんやりだ, また全く, まだまだずっと筆, まったくない, まアゐない, みてもを, みなその, みな保存し, みな大抵, みな立ち枯れに, みな自分の, みんなおなじ, みんなもどし, みんな失くなっ, みんな積め, もうすっかり朽, もう弟子, もう見よう, もちろん宴, もとより何, やっぱり西洋, やはり出た, やりまっけど, よう出, よく見受ける, わかる方, わずかに, アメリカ式に, イースト, クシログラフと, ザラに, チブスに, ツウル市の, ピストルです, ヘリウムを, ヴエンリートの, 一つにな, 一万円内外の, 一人で, 一八〇クヲタアであり, 一切剥脱し, 一匹の, 一夜に, 一層面白い, 一度外界, 一晩中カーテンの, 一爻に, 一秒の, 一般的豊富従っ, 一面の, 三四〇すなわち, 三部分に, 上等舶来と, 下落するであろう, 不良品, 世の中には, 中国にも, 乞はずに, 事實, 二三日で, 云いよう, 云へ, 云わないでも, 五日前から, 交換価値において, 人でなく, 人間が, 今なお, 今初めて, 今日ますます, 今日道に, 仕方が, 他物を, 以前に, 仰いませんでしたけれど, 但馬に, 何かと申しまする, 何なる, 何もねえ, 何らの, 何んです, 何事も, 何様異なる, 何物に, 余の, 作られる品, 使えたらおまえ, 価値が, 信じては, 倍加される, 停止を, 備わらざるなし, 僞りだ, 先刻から, 入浴を, 全くプログラム, 全然その, 全部看護婦が, 公儀の, 其の形, 其山を, 内國, 凡そない, 凡て私が, 出ないよう, 出来が, 出来るかぎり, 出版口数としては, 初めから, 別として, 到底絵, 前年あたりから, 剣舞大蛇ろくろ首の, 助六, 勃々と, 勿論天智天皇九年以後, 十丈あまりも, 十倍にも, 午の, 単なる物, 単に意識, 危険だ, 双腕, 取つて, 取れます, 古つづら一ぱい, 召し上がりませんし, 各自で, 同じ物, 同時に波打つ, 吝まず, 味わい読まるべきであり他, 咽喉を, 唐棧の, 問屋へ, 喰った方, 嘘と, 固體, 土地であっ, 在るところ, 地を, 地味な, 塵つ, 壮麗で, 変つた, 外に, 外界の, 多く古, 大きいん, 大久保利通である, 大嫌ひだ, 大抵見た, 大概曲げ込んでしまつた, 大正中期以後今日まで, 大部中の, 天井から, 奉公人の, 女の, 好きで, 如此る, 姿が, 子供の, 存在の, 完全に, 宙へ, 実は竹籠, 室に, 家と, 寄生菌の, 寧平水付した, 小中辞典である, 小屋に, 少くとも, 少し位, 少なく偽物, 尠く, 山城の, 崩れて, 已に多少襟垢, 布製バケツ二十七小さい, 常に国内, 常に独占価格, 平等の, 廣き, 引かないさ, 引込めるとして, 当たって, 形が, 彼らにとって, 後に, 得ないという, 御座いません, 微細な, 必ず値, 必ず諸, 忘れた時分, 思い惑うて, 思ふ衰, 急速に, 悉くこれ, 悉く調所殿, 悪事も, 愛せざるを, 我々に, 我の, 我慢し, 手ごろの, 抛棄しなく, 持たなかった月光, 捨てしまえと, 提重の, 支那傳と, 救われる約束, 文化指導的な, 新しい生命, 既に一時間, 日常の, 旧盤時代, 明快に, 映画に, 時には月一万部, 時代より, 普通の, 暗紫色に, 更に遥か, 書けまいが, 最も傑, 有ったが, 望みが, 本物に, 東京で, 松浦侯の, 案の, 椅子に, 構造上に, 櫻湯と, 歌舞伎物を, 正にスイカズラ科, 正宗白鳥氏の, 此である, 此方面から, 死にました, 殆ど現われ, 残されて, 毀れたる中, 気が, 水に, 汚れ腐って, 決してございません, 決して洒落, 沖合へ, 沸, 洗濯屋に, 流線型でなく, 液体の, 渡されない, 滅び易く, 漫然として, 濃厚で, 火炎の, 焙る間, 無いという, 無い而, 無くなるし, 無し基礎, 無生物, 然し, 焼け焦げて, 燃やして, 特に墓標, 状袋の, 猛烈な, 玉つ, 現代の, 瑾を, 甚だ貴重, 生れて, 生糸と, 用意し, 男子のみの, 疑えば, 発売禁止の, 白の, 百姓らの, 皆これを, 皆それぞれ荷作りされ, 皆三条の, 皆地平線下に, 皆完全に, 皆無く, 皆紺の, 皆買える, 目に, 直線に, 相当おびただしい, 相談です, 相變ら, 真に稀有, 真黒で, 着通しかりん胴, 知らなくなったなどと, 石の, 研究の, 確かことごとく, 神社と, 私どもの, 私共が, 穀の, 窓に, 笏で, 粘土で無い, 紀州に, 紙クズだ, 結句に, 絵と, 絶えてなかった, 総て我敵である, 締めたっきり, 置いて, 羊七千駱駝三千牛五百, 美しく醜い物, 群衆又は, 考えようだ, 考え出せぬもの, 聞かせて, 胃の, 脱いで, 腹中に, 自分とは, 自己の, 自然現象であっ, 舷ご, 若し勞働, 荒々しく太, 著しく功利的, 蔭に, 薩摩焼の, 血を, 衰えかけると, 要らない, 要らねえだよ, 見えないまでも, 見せて, 見た目には, 見ませんからね, 見る人, 見受けるところ, 見方である, 親も, 観察が, 解説風の, 言わずただ, 言わない, 訝しそう, 試しじゃ, 試しといふ, 試で御座います, 誠に少なく, 読めない時間, 調べて, 貰いたくない, 貴金属の, 買ふ, 足りない, 軽く候, 近づくごとく近づかざるごとくその, 近頃殆, 返し忘れ, 透明な, 逸早く満, 運搬用で, 遠慮なく受け, 邪魔っけだ, 配達されない, 醜いの, 重箱まで, 金か, 銀時計と, 鍋蓋か, 鏡の, 長へに, 間違いの, 陽の, 離室を, 電灯の, 革命中に, 順序じゃ, 顕著であった, 食い喋舌, 食って, 食べられないだろうと, 飾って, 騰貴し, 高空に, 魚其の物に, 鹽の, 黒くなりかけ

▼ 物~ (2235, 4.0%)

74 ない 49 なかった 40 言わずに 21 ないの 16 言は 15 いわずに, 言はずに 14 ある, 私の 13 云わずに 12 言へ 11 ありません, なかつた, 持って, 残って 9 あろうに, なしに, 無い 8 ないという, 何も 7 ないと, ないので, 云は, 存在しない, 無かつ 6 あるが, なし, 云はずに, 喰べ, 存しない, 御座りませぬ, 見えない, 食べずに 5 あれば, いわないで, 云わないで, 彼を, 見出すこと, 食わずに

4 [18件] あったが, あらうに, ありませんが, ありませんでした, あること, あるの, ないが, ないで, ないよう, なく家, 云へ, 出て, 肌の, 見えなかった, 言えずに, 言わないで, 言わなかった, 食った

3 [30件] あった, あり, ありは, いえなかった, これを, それを, ないから, ないし, ないといふ, ないのに, ないやう, なかつたの, なくな, はいって, まだ終らぬ, 仰せられず一日, 取敢, 多い, 彼の, 持つて, 映らなかった, 民衆の, 目に, 着る物, 知らぬ歌よみ, 自分の, 見いだされなかった, 食は, 食はずに, 飲む物

2 [113件] あったの, あつた, あつて, あります, ありやしない, あるかも, あるです, あるもの, あるよう, ある筈, いらず何, いわない, いわなかった, すべてを, そうである, そこに, それから, ないこと, ないこの, ないぢ, ないとき, ないところ, ないもの, ないらしい, ない曠野, ない空, なかったり, なく, なくただ, なくまして, なく氣, なければ, またそれ, みだりに置棄, みんな前の, もって, らいに, 予に, 予想する, 二度に, 云えない, 云えなくなって, 云わずいきなり, 云わずお, 云わず腕, 云わない, 人に, 人も, 作られない, 作ること, 具えて, 動いては, 変る, 存在しなかった, 少しは, 心の, 思はむ, 急速に, 惜しまない父, 手に, 把捉し得ない, 持たずに, 持たない, 持たないか, 指示しない, 掴まぬうち, 敷かずに, 書かないこと, 有た, 止め妨ぐること, 死したるも, 残さずに, 残っては, 残らなかった, 求めて, 沢山ある, 無いの, 無いので, 無かった, 無し唯, 然うでした, 発見されなかった, 発見する, 目には, 眼を, 眼中に, 知らぬ夷ども, 知性の, 私は, 私を, 稀少と, 精神から, 置いて, 置かれて, 與へられ, 見えない後, 見えなかつた, 見えぬ, 見える, 見ずに, 見たこと, 見られなかった, 見事に, 言いません, 言えませんでした, 言はず中に, 認めようと, 進め得なかった, 過去へと, 金も, 食べなかつたでは, 食べなければ, 食わないで

1 [1364件 抜粋] あげたばかり, あったかも, あって, あつて雑草, あとに, あまりに生き生きと, あらざるべし, あらぬ方, ありそう, ありますまいから, ありませんから, ありませんので, あり又, あり客, あり得ないので, あり得なかつた, あり檀家, あるし, あるまいでは, ある様, いい好いの, いう, いえぬ, いえぬ程気, いえません, いそう, いちばん素朴な, いづれは, いはずして, いはで彳め, いろいろありました, いわず七, いわず向う, いわず徐晃, いわず真, いわず雑兵, いわせなかった近代的軍隊, いわない運転手, うまかった, おいてないという, おらず空, お上り, お言い, かかる史料, かくし現代物, かね知人, きたなげ, こういう舞台装置, ことごとく廃, この革命家等, この點, これは, これ以上確実に, ございませんそれ, ござらんが, ささず一筋, しばしば贈られた, すこしは, すべてあの, すべて松造が, するの, ずいぶんあった, そうです, そのとき, そのキリスト教徒, その家, その熱狂的, その通り度, それが, それ以上ごろつい, たびたびの, たべないくらい, たまつて, だんだん猟, ついで, つづまり私, てきたり, とうとうなくなった, とりあえずと, とりあえず逃げ出し, とりあえず電車, とりあへず病院, とり去り死体, どんな罪悪, ないけれど, ないすべて, ないただ, ないです, ないみ, ない一晩, ない人間, ない仮名文字, ない冷靜, ない大道, ない山, ない広い野原, ない我, ない折, ない春琴, ない有様, ない正直勤勉, ない綾瀬, ない自己, ない虚空, ない零下二〇, ない髪の毛, なかつたやう, なき大空, なくしつちや, なくため, なくなります, なくひそや, なく一日一日自分, なく事実上総崩れ, なく僕, なく只, なく唯もう, なく地蔵尊, なく宿る, なく後ろ, なく思う存分, なく横, なく濱千鳥聲, なく箇人主義, なく聞く, なく鈍, なしお勝手, なしまるで, なし併, なし説教, ならべて, ねえが, はっきり掴める, ひに, ひ煩ら, まあ御免, まじつて, またかつて, またその, また価値尺度財, また故人, また皆, また色々, まだ来ない, まったく見出されない, まつたく含まない故, みあたらない, みえなかった横町, みな同一の, みんなぷすぷす切れ, もうすっかり取りこまれ, もたない, もたぬとは, やはり測定器, ゆたかに, よう喰べ, よく見え, よく見えません, よみ書き道理, らいだ, らいでしょう, りっぱだった, ろくに食わされなかった, ろくろく得られぬ, わからない, わざわざ酒, ガヴローシュの, 一つぐらいは, 一つとして, 一と, 一ヶ所で, 一切口に, 一朝時世, 一緒に, 上がらずまったく, 上って, 不可能で, 与えて, 与えられて, 世の, 中, 丸燒にな, 乏しいから, 乱すこと, 二三度手を, 云いよう, 云えず坐って, 云えなかつたの, 云えば, 云はずその, 云ひ, 云わずかけて, 云わずゴーリキイ, 云わずフトン, 云わず何, 云わず半, 云わず幾つ, 云わず机, 云わず立ち去って, 云わず要, 云わなかった, 云わなければ, 互いに意, 亦母, 人手を, 仄めいて, 今日を, 介在しなかった, 他人の, 仰ゃられずにいたが, 仲, 何らの, 何時まで, 何等の, 余り掛け, 作らぬ者, 供えず払塵, 価値を, 修繕の, 停止しなけれ, 元の, 入り込まぬ他, 全く事実, 其の姿, 其進行を, 出すよう, 出来ないとの, 出来る運動会, 分けて, 到底喉, 割くこと, 加は, 動かず木の葉一枚, 単なる客観, 却, 又人, 取あえず帰京, 取らず駈け付けて, 取りあえずに, 取りあえず具足, 取りあえず小, 取りあえず御, 取り合えず城, 取り敢えず中村, 取り敢えず馳せつけ, 取入れる必要, 古い物, 召上っ, 合成され得ず, 同然御用に, 君には, 含めての, 味わえなかったし, 唐土には, 喰せ, 喰わず戦, 喰わせねえでは, 土を, 在る筈, 堪え忍ぶこと, 売尽して, 外国貨物と, 多いの, 多くそろえ, 大分入れ, 天才の, 好からず, 妨げて, 娘を, 存在し, 存在せず, 存外信仰, 守りとして, 完から, 実に測り知られざる, 尊厳の, 少くない, 少し食べたい, 尽きたから, 居ないこいつ, 工場も, 幸作には, 引き出すこと, 形態は, 役に立ちませんね, 彼より, 彼らを, 彼女は, 待つもの, 後の, 後を, 得られないこと, 得るところ, 得言わずただ, 御座ません, 心を, 忘れて, 怖れぬ, 思はずそれ, 恐れないやう, 恐れない千代子, 悪い意味, 惜しまないと, 愛する者, 愛に, 憎まず寛大, 成つたのでなく, 我に, 手もとで, 扱うので, 抱えられて, 抱締めて, 拒むこと, 持たない一念一途, 持たなかった, 持ち居れば, 持てない, 振り返らずに, 掴み得ず秋, 掴めませんでした, 描き得ない時, 放すこと, 散ば, 断念する, 新聞広告で, 旨く思わなかった, 明日其無用たら, 映らぬ, 晴著と, 書きそれ, 書き添えて, 書けるだろうと, 最早俺, 有せず, 有らぬかと, 有りましたが, 有り合さない, 有り石庖丁, 有る筈, 有用化され, 望み得ないという, 本箱の, 来ないよう, 柏の葉に, 極度に, 止めず, 正しく観, 死して, 残さないであろう, 残らない自我, 殘さない, 殘存しない, 永い間, 求めなかつた, 沢山あった, 洵に, 消え失せて, 混つて居る, 減ぜられ吏, 満足に, 無いから, 無いと, 無いらしい, 無い以上, 無い霊秘, 無き人, 無くなって, 無くなるであろう, 無く其一端, 無ししかく, 無った, 無意味で, 片づけられて, 犠牲に, 珍しい, 現われないほど, 生きて, 生ぜない, 産れない, 申しません, 異郷への, 発見出来ない, 百兩程仕込金も, 皆取り寄せ, 皆水蔭の, 皆見たく, 目立ったの, 省みられない, 眼には, 着たい物, 着ねえで, 着換えて, 知らずに, 知らなかったという, 硝子窓に, 確實に, 示さなかった, 神に, 禁止する, 私にと, 種々の, 立どころに, 節約し, 粉砕する, 純真で, 給仕も, 絶対に, 綺麗な, 置いてない観潮楼, 翌年には, 考えられないほど, 考へられない人, 聞き落すまいと, 能く, 脱った, 臭いし, 良かった, 裂けちぎれて, 西洋人が, 要りますし, 見あたらなかった, 見えざりしかど, 見えずグラ, 見えては, 見えない二つ, 見えなかったが, 見えません, 見ず何物, 見た, 見たくない, 見ないの, 見ようと, 見るべき物, 見出せなかったらしく今度, 見境いなく着つづけ, 見当らなかった, 見得ない暗, 覚えず, 触る, 言いたくないの, 言いません多分, 言い得ず灰色, 言う気, 言えないと, 言えない物, 言えなかった, 言えませんでしたが, 言はずうしろも, 言はずひつたくり, 言はず出, 言はず土壇場に, 言はず揺り起こした, 言はれぬ, 言ひ得ず, 言わさず障子, 言わずそれ, 言わずカメ, 言わず向きあったまま, 言わず大急ぎ, 言わず教室, 言わせず大, 言わない口唇, 言わぬもの, 言わんで微笑んで, 試しだ, 認められなかった, 語らず, 読んで, 貧しく荷物, 貴方の, 買無い, 質物も, 足りないため, 身に, 輝いては, 逃れること, 連日お, 進呈しよう, 過ぎ行くこと, 達しがたい高い, 遮り得ぬよう, 遺ってない, 閑却せられ, 隠さずに, 集つた, 順々に, 顧慮する, 食いつけないから, 食う物, 食しなむ, 食はんで, 食べさせて, 食べず一睡, 食べた, 食べられないで, 食わずお金, 食わせないのに, 食わないそう, 飮む物も, 高価な

▼ 物~ (1289, 2.3%)

41 なって 23 物との 15 言ふ 13 いえば 12 なる 11 して 9 すること, なること, 見て 8 一緒に, 心との 7 なつた, なつて, 思って, 物とが 6 いうと, いって, すれば, なると, 見做 5 いっても, なったの, 云ふ, 同様に, 心の

4 [12件] いっしょに, した, したの, ならねば, 云えば, 交換しよう, 交換する, 人の, 同じよう, 見える, 見なして, 言って

3 [32件] いえども, いっては, いふと, されて, しなければ, しようと, す, するの, そうでない, なりて, なるの, なるもの, 一しょに, 一しよ, 人との, 定めにくらしき, 心得て, 書いて, 比較し, 物とは, 物とを, 申しますと, 異る, 考えて, 考へて, 聞えよがしの, 見えて, 観念との, 言っても, 言へば, 違って, 雖も

2 [65件] いう, いつては, いへば, いへり, お酒, きめて, さへ, しその, したので, した信仰, する傾向, せしやを, そつくり, その重, なった, なったが, ならず, なりすでに, なりそう, なりぬ, なり得る, なるに, はたと行き, もしかと, フンシとを, ペンキ塗の, 一つに, 云うの, 云って, 云っても, 云つては, 交換される, 人とが, 他の, 作者との, 化合物との, 同じやう, 同じ気持, 名づけて, 変じて, 対等以上で, 心と, 心得私用, 思いその, 我とを, 書面とを, 決め込んで, 物の, 用役の, 申すの, 眞正直を, 知って, 称して, 空間との, 繪との, 衝突した, 見た, 言ふべき, 變り, 遊ぶもの, 遠く求むる, 酒を, 金と, 関係が, 頗る相

1 [774件 抜粋] あらゆる他, あり作家, いいすべて通し狂言, いい伝えたから, いうけれども, いうべきもの, いうほど, いえど, いったが, いつても, いひ動くところ, いひ末, いふ事, いへども, いわれる実体, おき変えられて, おぼしすてられて, おぼしめし御, お金の, かえて, かぐの木の実, きめこんで, きめられたもの, こちらの, こもごも見えつ, これにより, これ相, さながら一体, さばく檜綱, されたばかり, されては, しからざる物, しこの, しこれ, したけれども, したところ, したもの, したん, した文代さん, した男, した辰, してること, しますが, し丸, し今日西アフリカ, し又は, し少し, し是, し流派, し膝, し藤白王子以南, し鶏, すぐ氣, するか, するこ, すると, するには, するは, する事西洋, する俗, する夫, する定め, する意慾, する拙, する欲望, する爲め, する策, する読者, す毎年六月十五日, せず, せでは, せられたの, せりかく, そうして瘤附, その上, その地代, その禁厭咒詛, その自慢, それの, それは, たった二人, ちいさな栽縫箱, ちがい常識, てないがと, であった, ともすれば隠れ, なく安らぎ候, なした, なしたの, なし今日, なし措くも, なすこと, なすの, なす条甚以て, なったため, なったら必ず, なった一, なった座敷, なった筈, なの, ならしめかつ, ならしめその後獲物, ならなければ, ならんため脈, なりきって, なりけるもを, なりここ, なりしかば, なりしかも, なりたり, なりてよりも, なりましたが, なりまた, なり了, なり其, なり文学意識, なり結局素朴, なり表, なり遂に, なり遊魂, なるかも, なるだろう, なるの危険, なるべき人, なるも, なる事, なる假令, なる夫, なる時代, なんでも, なんの, はてなん, はなしに, みえあわてて, みえて, みて, もう一人, やはり同質, より均衡, われとの, スリ替える, ズレの, 一なる, 一ツしよ, 一番目物との, 一番目物とは, 一種の, 下手の, 世に, 主人の, 主張し, 之が, 争わぬと, 事に, 二種類が, 云う動かぬ証拠, 云う可, 云う表情, 云える, 云し, 云っては, 云つて差支へ, 云はれ, 云はれた, 云ひたき, 云ふも, 云わなければ, 交り, 交われば, 交換し, 交換した, 交換せられる, 交換でなけれ, 交易し, 亭主も, 人に, 人を, 人口とが, 人物との, 人間との, 人間個人との, 付つ廻しつ居, 件とが, 似た処, 住宅とは, 何らの, 何んという, 信じて, 信じるもの, 信ずる風習, 倉帳との, 偽物を, 僞物との, 僞物を, 元素の, 充分自覚, 入れ換, 全然異, 具象物とが, 分からずとも, 判ったが, 判つた, 判る, 判断は, 前後より, 創作品との, 力の, 力を, 化け物との, 区別する, 厳密な, 取り替えるに, 取換えるです, 合一する, 同じい, 同じくいつ, 同じく労働, 同じく常に同一, 同じく社会, 同じ形, 同一であった, 同一に, 同一性質の, 同趣旨, 名づけずして, 名づけたり, 名前との, 名目こそは, 呪詞とを, 味噌しか, 呼ばれ得べき所, 呼びたいと, 呼びたいよう, 呼んで, 品に, 嘲りし優長武士, 堅い物, 変らないの, 変格物この, 夫に, 威霊と, 子供の, 存じトランプクリケット碁将棋其外内外の, 学校へ, 定った, 定つて, 定む, 定めた標, 実は盤, 実録物で, 密接に, 対抗し, 将来の, 小さい旅行鞄, 小道具, 尻の, 尿の, 崇めら, 川幅とが, 工業生産物との, 帛紗包みとを, 帯とを, 年玉とを, 建築物との, 引き合はせる, 引替えに, 影との, 後期の, 心が, 心とに, 心とを, 心得たり, 心得た人, 心得百姓, 心得随分, 思いつめて, 思い安心, 思う, 思う傾き, 思った, 思ったので, 思つてる, 思はないこと, 思はるるなり, 思はれるので, 思はれるやまと, 思ひ誤り, 思ふ, 思ふより, 思へど, 怪しんで, 悪しき物, 想像する, 感じと, 感じられたこと, 感心した, 感覚とは, 成しが, 成つた, 我々との, 我とともに, 我物との, 戯れ自然物, 戴き真向, 手段と, 承って, 承認した, 抱きしめたで, 捧げ持ちて, 掏り, 掘立柱, 推定し得る, 換えること, 摩擦する, 摺り變へ, 敵視する, 文字の, 断言し, 新しい物, 新聞が, 新聞は, 日本に, 日本物を, 映ったの, 是非変っ, 普通に, 朝暮思ひ, 木の, 木箱とを, 本物とを, 机と, 来て, 来てる, 果して訣別, 桜皮とは, 楽も, 榊葉の, 次第におも, 正成には, 死んだ犬, 死んで, 比べて, 比較研究した, 民間の, 水とを, 決って, 洗ひ, 流言飛語という, 消費的用役とのみが, 淡墨色, 混ぜますから, 湯なり, 為しこれ, 無音の, 物でない, 物は, 物を, 物物と, 物色と, 独立し, 玩具や, 理会し, 生ける物, 生産用役の, 田の, 申します, 畑つ, 留守番二人を, 異常な, 白い物, 目される, 直に続い, 相会し, 相係, 相匹敵, 相成り申候, 看做し自分, 真正直を, 真物とを, 着換えそれ, 睨んどるが, 知らずに, 知らず村僧, 確信され, 神事の, 称するやつ, 稱し, 穀物とは, 空缶類とは, 空虚なる, 立てかわり家康公, 競争し, 等しいか, 精神の, 紙の, 紛ふ, 紺瑠璃などの, 絶えず接近, 絶縁され, 縞物と, 置き替えまする, 考えた場合, 考えます金, 考えられて, 考えられては, 考え財布, 考へずに, 考へられて, 考へ困つたもの, 聞いて, 聞くが, 聞及び候, 自分とを, 自分のと, 自己とが, 色と, 花の, 著かえ, 葵の, 衝突し, 表現される, 袴とを, 製造貨物とに, 見えたり, 見えながら, 見えぬが, 見えるですね, 見える脣, 見え血汐に, 見その, 見たの, 見たばかりに, 見ての, 見ても, 見なしそれだけ, 見なしハルピュイア, 見なすの差, 見ゆ, 見られて, 見られるであろうか, 見られるの, 見る, 見るか, 見るの, 見るべきであらう, 見るべきもの, 見る事, 見做さ, 親父が, 観念乃至, 言い張る事, 言う, 言うも, 言うわけ, 言ったら三フラン, 言っちゃ, 言は, 言ば, 言ふべきだ, 言ふ考へ, 言わずすべて蒲鉾, 評価し, 詠んだの, 話を, 認むべきものが, 認めたので, 認めて, 認め彼等, 諦めの, 謂いますから, 貶し, 買いたい物, 路銀の, 軍需品は, 農作物これ等物々交換の, 近づくので, 遊ぶ, 遊ぶの歡喜, 道ばたで, 違いまして, 違いますから, 違つて, 違つてあれは, 違ひ, 違ふ, 遭遇した, 配合し, 金の, 金箱を, 関係の, 闘うこと, 關東を, 限る必要, 隆信, 雖奪, 電車に, 顔の, 顧問官を, 飾り物と, 首肯きはつ

▼ 物~ (1199, 2.2%)

89 はない 68 あつた 25 はなく 18 もない 14 あつて 11 はなかっ, は無い 10 もある 9 はありません, はある 7 でも 6 あらう, もなく, も何 5 頭を 4 あらうか, はなかつた, はなかろう, も, も見た

3 [14件] あつたらう, せう, その口, それを, はあった, はございません, はないです, は無し, もあつ, も見, 口を, 私の, 菊五郎の, 間に

2 [57件] あぢすき神, あらうお, あらうとも, あらざるを, げす, これが, これで, ござりました, さえあれ, しかない, それが, なしと, は, はあつ, はあり, はありませぬ, はあるまい, はどうも, は外陣左辺十三段, は外陣左邊十三段, は無く, もありません, もそれ, もなかっ, もなん, もよい, も人, も商売, も好い, も少し, も御, も曳, も煙, も立ちどころに, も自分, も食べ, ウム約束なら, 人に, 他人の, 別口へか, 十分に, 司法大臣が, 小屋中で, 彦四郎でも, 御飯を, 有名な, 死後に, 満足し, 町内に, 私奴の, 素人目には, 美術骨董にかけては, 胸を, 芸術は, 贋物と, 赤いもの, 面白い本

1 [729件 抜粋] あつたの, あつたら, あつた事, あつた印象, あなたの, あらうかと, あらうと, あらねば, あり得ずかかる, あり得ないこと, あれも, いい加減に, いただかなくちゃ, うまく食べた, うめられるかも, おおわれた不気味, おじゃ, お前は, お口, お浦, お示し, お間に合い, お飯, かこまれるわけ, かざられて, かして, かつてこの, がまんし, がんす, きり立ての, げしょう, げすかな, こういう風, ここへ, ことに名人, ことに山間, この木片, これだけ, これに, これも, これを, ござります, ござりまする, さいあれ, さえもなるべく, さてこれ, さへ, しかなくなっ, しかもわずか, しかも形, しようが, しようなんて, すっぱりとやったのじゃあありません, せう御, ぜんまいじ, そうして日本人, そこの, そこを, そのべん, そのカキガネ, その下半分, その古い, その后, その形, その成績はさ, その水夫, その為め目, その辺, その雲, それに, それも, ただ一刀, たまるもの, ちょいと, つくった土産物, つまり良い, とおす殿さま, とてもご, どっちが, な, なか, なくして, なぐり飛ばされたこと, なし左ら, なぞなかっ, なるべくなら, なんとかうまく, はありませんでした, はあり得ない, はいづれ, はかく, はございますまい, はございませぬ, はござりますが, はたたかい, はないだろう, はなかつたらう, はなから, はなくなる, はなし, は不足, は全然, は大阪, は家, は役に立ちますまい, は御座いますまい, は有るまい, は木, は無数, は羊毛, は蝶貝, は足りない, は面白く, は駄目, ひそかに, ぶち打擲, ほっと酔っ, まさに神前, また気づいた, まもなく関ヶ原, もあいつら, もあたります, もありませぬ, もありやしない, もあるらしく思われた, もあれ, もう盗まれ, もおい, もかたづけたら, もきっと, もこの, もご, もござん, もさわる, もしも生き残っ, もそ, もそれ位, もただ, もたちまち, もっとも有名, もとまったよう, もねえ, もひきずる, もまるで, もみな武将, ももう少し, もわが, も一旦, も主人, も五十匁, も何でも, も値切る, も入, も入れ, も出し, も出た, も半分, も取た, も取り, も取ろう, も口, も喰, も喰べたん, も大, も安心, も差上げたい, も帯, も幾晩, も彼等, も御免, も恐ろしい, も悪い, も手, も手作り, も手當, も払い退ける, も拵え, も持たし, も振り払う, も捕る, も掠め取る, も描かなけれ, も支那料理, も断じて, も断簡零墨, も早く, も望まれましたら, も構わず, も此, も無く, も物, も現在彼, も畑, も発明, も盗ろう, も盜ら, も真に, も眼, も着せ, も紛失, も続々, も腹一ぱい, も落ち, も見つめ, も見付け出し, も見物, も触れた, も読ませたら, も通る, も都, も額, も食う, も食べる, も馳走, も鵜呑, も龍, やられたらしい, ゆくうち, よくは, よく知つ, わたくしが, わたくしも, ア悪い, イヴの, カヤの, ゴムの, セメントを, チベット内地人の, ベッタリ地上, ミジンも, ムカデの, 一ぱいに, 一パイ, 一パイ隣の, 一個でもって, 一定の, 一年余を, 一時を, 一木三名と, 一条の, 一杯だった, 一杯に, 一杯上げる, 一杯飲む, 一種の, 一軒建ちの住宅と, 一面に, 丁度生徒, 丈夫な, 上手に, 不景気の, 且つ反映物, 中には, 了る, 予も, 二階建日本家屋の, 京伝種彦あたりの, 人は, 今の, 今更いかに後悔, 仏様に, 以て, 伯父の, 何か, 何もかも承知, 何らの, 余り昨今忌, 作りまして, 俺が, 個々の, 値の, 偶然に, 充たされて, 充填され, 先刻から, 入学する, 全市の, 六畳敷程の, 其に, 其當時は, 内貼り, 出された膳, 出来てるに, 別口へ, 刺されたの, 前後から, 前立に, 前者の, 労働者の, 包まれて, 却ってお, 又どうにか, 古い藁草履, 叩く音, 各々享楽, 吉次は, 名が, 名題は, 周囲には, 味が, 和蘭の, 唯だ, 問屋へ, 国民の, 土踏まずの, 埋まって, 埋まりつつ, 城内の, 塗った, 塞がれて, 墨の, 売り出せると, 夏目さん自身も, 多いとき, 大きい厚い和本, 大きなの, 大事な, 大人しさ, 大変な, 大衆文芸も, 失敬だ, 女の, 女義中の, 婆さんは, 存在, 宜しい咽ッ風邪, 宜しければ, 実は墓, 家にも, 容易ならぬ, 寶永山を, 居るの, 屋外の, 巻数は, 常に變動進歩, 帽を, 年を, 幾許で, 強く絞めたらしい, 形態は, 彼の, 往々その, 從て, 御座ます, 心身を, 心配する, 恥ずかしいけれども, 悪かつ, 戦の, 戴いては, 扇の, 打ち興じて, 折助や, 拭いて, 拵えましたの, 推察する, 描いて, 擦って, 故郷の, 救ひ, 新しい木綿, 新婦を, 旦那これは, 早く来い, 昔は, 是れで, 曾我は, 有つて, 有ると, 有るの, 有る事, 木星の, 木材の, 本来は, 本物の, 東京の, 柄の, 根気能く, 梅の, 構わん, 横に, 樹を, 武蔵の, 殆ど感触, 残ろうと, 毛皮美麗貌形雄偉行動また, 民間に, 気を, 水の, 汚されて, 河童と, 波に, 泥と, 洒落るから, 洛陽の, 浪人風の, 浮かして, 消化の, 深く刺された, 測られた生産物, 測れば, 満たされて, 満点と, 滅茶滅茶です, 滿腹くしたつ, 潮が, 無くなった人生, 無くなって, 無色である, 無類飛切といふ, 熱いの, 珍しくも, 生活から, 生活する, 用を, 画家の, 登山する, 盗賊に, 真に迫り, 真黒です, 知人の, 碩寿翁から, 神にも, 私は, 秋まで, 種を, 突かれたの, 笄が, 精確に, 納めた, 細長い平たい面, 経験する, 継接を, 綱が, 緩衝地帯などとは, 縮緬の, 織物の, 美しゅう底光り, 翌日へ, 耳を, 背の, 背を, 脊負い, 腦天を, 腹を, 自害を, 色々土地, 茶を, 草むらを, 荒沸え, 蒔絵の, 蔽われて, 薫の, 藁を, 表紙は, 装らわれた, 補うて, 裸の, 見知って, 覗いて, 親の, 親分さん, 覺え, 角帯も, 試されては, 話の, 誇張の, 貫いたの, 貴いもの, 赤い馬車, 足が, 踊つた, 身受けが, 途中の, 通した男, 造り色, 運ばれて, 都会の, 酒を, 金兵衛は, 鉢の, 間に合えば, 間に合わせるよう, 防ぐてふ考えから, 隠して, 雷遊中学生の, 非常に, 頗る面白く, 頼政の, 額だけが, 風が, 飢えを, 飾られたいつも, 餘り, 馭者の, 骨董羹を, 高く積み上げられ, 鰹節から, 鰻っ, 鼻尖

▼ 物をも~ (666, 1.2%)

28 言わずに 11 言はずに 10 犠牲に 7 意味しない 6 云はずに 5 恐れない 4 云わずに, 含んで, 持って, 持つて, 言は

3 [11件] いわずに, 喪失せず, 思ふべく今, 持たない, 有せざる, 発見する, 蔵し, 見分けること, 見分ちがたく, 言はず, 言わで

2 [40件] それから, それに, はっきり考える, もって, 与えて, 与えなかったの, 与へ, 云わず背後, 希求せぬ, 彼女は, 得て, 心に, 思はするよ, 所有せず, 持たぬ, 持ち合せなかったであろう, 支払わないであろう, 書かないで, 有せぬ, 有つて, 珍重し, 産出する, 留めて, 発見し得ない, 知ろうと, 要求しない, 要求しなかった, 見つけること, 見ない, 見ないで, 見なかつた, 見る能, 見出すこと, 言わず猛然と, 訂正採録せしめる, 認めなかった, 附加し, 附加しない, 食わずに, 齎さない

1 [466件] いかなる生, いはずその, いやがらないもの, いわずとっとと, いわずわっ, いわずトビ市, いわず奥, いわず守人, いわず差俯, いわず猿臂, いわず立ち上ると, いわず立上り, いわず花車, いわず薄い, いわず裲襠, いわぬ, うち忘れ, おそれないよう, かたへに, こうして惜しげ, そこから, そこなわない, そこに, そのあるがま, たよりに, つめること, のたまい得ずハンケチ, ひそかに, まじえること, またすべて, みだりに私, もたずただ, もたらさなかった, もつて, ゆるがせに, よかろう, よく探る, 一應は, 一気に焼きつくし, 与うべけれその, 与えずただ, 与えたくは, 与えない, 与えない批評, 与えられなかった, 与えるであろう, 与えるな, 云ず, 云ず切, 云はず其盛装した, 云はず其盛裝した, 云はず坂を, 云はず拳骨玉を, 云はず突如, 云はず虹汀に, 云はず足音荒く, 云わず, 云わずお, 云わずがらり, 云わず一人, 云わず力, 云わず勇齋, 云わず右, 云わず土人, 云わず外, 云わず大将, 云わず奥, 云わず孝助, 云わず小さく, 云わず岬, 云わず巻煙草, 云わず御新造, 云わず手, 云わず投げ倒した, 云わず掴まえるから, 云わず残る一人, 云わず永禪和尚柄, 云わず窓, 云わず紋, 云わず飛び出して, 云わなかった, 云わなかったと, 人をも, 仏物と, 付け加えなかったけれども, 付加し, 仮借しないだろう, 伝えない, 伴わぬという, 何事についても, 作ること, 併せて, 侮蔑しなかった, 保証し得ない, 信じないよ, 信じない不安定, 信じなかった, 信ずること, 信ずるなかれ, 先入主的に, 凍らせずには, 出して, 分けて, 分析出来ないだろう, 加えなかった, 動かさずには, 包んで, 包蔵しない, 包蔵せざる, 包藏せざる, 却って自分, 又何人, 叔父の, 取らずば, 取り去らないよう, 受くる, 受けずに, 受けまいと, 受け入れる胃腸, 受取る事, 否定しない, 否定せざる, 否認しない, 含まない, 吹き拂, 吾らに, 吾らより, 呪うこの, 圧して, 声を, 変ずること, 多く貰, 失うこと, 失うまいと, 失はなかつた, 失わず凡て, 奇蹟であろう, 奉る, 奪いは, 奪い取ること, 奪は, 奪はる, 好んで読む, 妄りに, 学び取ること, 実用的な, 容れない小, 容れる余地, 容赦しない, 尊敬した, 山の上の, 差引こうと, 幻の, 幽霊であろう, 引きこむやう, 引きずり込まないでは, 彼の, 彼女に, 後世に, 得ないで, 得られない事, 得ること, 得るところ, 必要と, 忘れしめる, 忘れ去ること, 怖しく見せる, 怖れぬ, 怠らず観察, 恐れないで, 恐れない暴逆, 恐れなかった, 恐れなかった彼女, 恐れなかつた, 恐れは, 恨まず憎まずただ, 惜みなく投げ与えるだろう, 意味し得ない, 意味す, 愛せずには, 感じなかったよう, 感じなくなった, 感じまいとして, 感ずること, 憎まないこと, 憎まなかった, 所持しよう, 所持せざる, 所有し, 所有しなかった, 所有する, 打ち砕くため, 打ち負かそうと, 択ばなかった, 拒まず自己, 拒まない何物, 拒まなかった, 拾ひ得なかつた, 持たざる者, 持たない人, 持たない作品, 持たない相手, 持たぬだろう, 持たぬと, 持たぬ閑枝, 持ち合わさないの, 持ち合わせなかったの, 持ち得ない, 持ち来さないよう, 持っては, 持つこと, 持つては, 指す, 捉えずに, 捜し出さないで, 捨てて, 探る事, 措いて, 掴む事, 提供せず, 摂取する, 摸しては, 支払わないの, 支配しよう, 放捨, 教うる, 教えようとは, 新に, 明瞭に, 曲庇する, 書き添えないと, 最初から, 有しない者, 有する勿りき, 有せず, 有た, 有たなかつた, 有たぬ, 望んで, 期待し, 未だに知らない, 栽え, 概念出来ない, 模し, 欲しが, 欲しなかつたから, 正視する, 残さず焼けて, 残さず而, 求むる気色, 求めずただ, 求めては, 求めないの, 求めなかつた, 求めぬかを, 求めようという, 求めようとは, 汝の, 汝は, 決して求め, 決定する, 洗い流すところ, 流さずに, 浪に, 消化し, 清書した, 温めて, 演つてみたいとは, 無視し, 焼きつくさねば, 焼きつくさんと, 焼き尽くして, 煙に, 燃やさずには, 燃やして, 理解しよう, 理解し得ないだらう, 生ずること, 生産しない, 生産する, 用いない習慣, 疑うこと, 発見されなかった, 発見しなかった, 發見しなかつた, 省みるが, 眼中に, 眼界から, 着けざりき, 知らず, 知らない, 知らないで, 破壞, 神聖と, 穢くしなく, 窒息さし, 等閑に, 節約しなかった, 粉砕せず, 粗末に, 纒つてゐないらしい, 置かずうち, 置また, 美化しなけれ, 考へずに, 考へないで, 考へる余裕, 耳に, 聞かなかった, 聞くまいと, 肯定しない, 肯定する, 脱ぎ何物, 自分と, 自己に, 自己以上に, 自由に, 與へ, 與へられ, 興らしめないで, 蓄積し得ない, 製し売り込んで, 要しない, 要しないただ, 要せないもの, 要求いたしません, 要求し, 要求せず, 見いだし得なかった, 見いだすこと, 見ずして, 見ず見ても, 見せか, 見せようとは, 見たこと, 見たのに, 見つめること, 見て, 見ては, 見て取ること, 見なかったの, 見ぬこと, 見まいと, 見も, 見られなかった, 見るかの, 見ること, 見何物, 見出さない, 見出さなかったので, 見出し得ないだけの, 見出し難い, 見出す事, 見失わず何物, 見尽さずには, 見盡, 見竦めて, 見落さないよう, 見誤らず各, 見逃さじと, 見逃して, 見逃すまいと, 見透す鷲, 見遁さ, 規定しない, 観せて, 観衆に, 解せない, 言ず, 言ず居たりけり, 言はずその, 言はずつと, 言はずぴしやりと私の, 言はず一撃した, 言はず件の, 言はず先に, 言はず労れたる, 言はず奧へ, 言はず妹を, 言はず捕縛, 言はず泣伏し, 言はず猛然と, 言はず獨り, 言はず目を, 言はず稀に, 言ふ, 言わずその, 言わずツカ, 言わず俊夫君, 言わず卒然雪江さん, 言わず吾輩, 言わず味噌摺坊主, 言わず奥, 言わず娘, 言わず家, 言わず引き抜いて, 言わず彼, 言わず悄然, 言わず悶絶, 言わず手桶, 言わず据, 言わず斬りつけて, 言わず新, 言わず牢屋同心, 言わず突如, 言わず突然, 言わず糸, 言わず背向き, 言わず跳, 言わず躍り入りざま, 言わず郁之進, 言わず部屋, 言わず齧りついた鉄火, 言わないで, 言わぬその, 記録すべく, 許さないん, 許すこと, 訴えて, 証拠立てては, 証明又は, 認むることができなくなる, 認めず彼, 認めないやう, 認めないよう, 認めなかったので, 認めること, 認める事, 語らないだろう, 護って, 象徴する, 貢獻しない, 貫くよう, 貸さないこと, 賜うべし我, 贏ち得なかつた, 贏ち得る, 踏みにじって, 軽侮し, 載せて, 辞しない探検家, 遠くへ, 遺すまいと, 避けない, 避け得ない者, 酒に, 重ぬる, 防がなければ, 附け加, 附け足さぬは, 附与しないであろう, 附加せず, 限定せず, 隠さないとともに, 隠して, 隠すを, 隠す必要, 頼らず何物, 顧慮し, 顧慮する, 顧慮せず, 食はずに, 飾らないで, 髣髴する, 齎さないだろう, 齎らさ

▼ 物~ (601, 1.1%)

2214 ということ 1211 という 10 と云, と言 7 から, が, といふ, と思っ, な, のを 5 がその, と云う, と思う 4 と思った, と言っ

3 [12件] かそれ, からこれ, からである, がこれ, ぜ, というの, というよう, といっ, としたら, と思つて, と思ふ, 古風に

2 [35件] か, かということ, からこの, からね持っ, から山, か知らない, か私, がそれ, が実は, が御, これが, し何ひとつ, そうだ, そうです, そうな, ぞ, というこの, という意味, という気, という点, といった, とすれ, と主張, と何, と心得, と考える, と聞い, と言う, なあ, ねとお, ねと歎息, のと, んなあ, 御初穗, 斯う

1 [351件] あちらで, あるもの, お買いなさい, かお前, かその, かほとんど, からあの, からいっそ, からお前, からお歳暮, からずいぶん, からその, からそれ, からだらし, からつい, からで, からでしょう, からといっ, からといわれ, からと一人, からと云つて, からと言, からな, からなあ, からね, からねいっしょ, からよく, からッ, からノック, からロッテナム夫人, から上げられません, から世話, から井戸, から仕方, から他人, から何, から保管, から其, から別に, から利息, から名刺, から君, から売れない, から大した, から始末, から子供, から存分, から宝石, から恐ろしく, から所好, から撮影, から時, から気, から水, から泊っ, から活かさう, から深夜, から矢ツ, から礼, から私, から立派, から葉緑素, から蛮カラー, から行, から貰っ, から返す, から遠慮なく, から隠す, から食うべからず, かわかりません, か云っ, か何, か其, か其本體, か冷淡, か分からない, か分からなかつた, か分らなかった, か判らなくなっ, か君, か存じません, か少し, か是, か真物, か知らん, か知れない, か考え, か見当, か酒瓶, か飛び出した, がうち, がうっかり, がおれ, がこういう, がこの, がさして, がしかし, がすぐ, がそう, がと本屋, がはじめ, がほとんど, がほんとう, がやはり, がやめ, がウイスキー, が一杯, が一生連添本夫, が二年前父, が京伝, が人, が今日, が低い, が作者, が停止価格, が先方, が取っ, が召, が夏帽, が天理様, が子供衆, が客, が小, が少し, が強い, が日本, が最も, が此方, が無, が熊本, が生憎, が町奉行, が直ぐ, が着古し, が知人, が細み, が給料, が花, が襟, が途中, が長い, けれどあたし, けれどおまえ, けれども其の, けれども宜, し, し他方, し君, し掘起した, し歌, し美味く, し若し, し表, ぜ親分, そうじゃ, そうである, そうでございまする, そこの, ぞ今, つたと, つたといふ, つたとかで, つたのかと, つたのだ, つたのだらう, つたのです, つたらしい, つてもう, つてよせ, つて一番安い, つて偽物だ, つて出せ, つて別段の, つて参考に, つて否は, つて威張る, つて幾らも, つて辞退しない, つて食べられ, とあっし, といい, といううわさ, というで, というのも亦一部, という事, という処, という噂, という土, という報告, という従来, という感じ, という見解, という顔, といえ, といふやう, といふ意識, といふ理窟, といふ粉本, といわぬ, といわれ, といわれるでしょう, とうなずかれた, とおっしゃっ, とかいうこと, とかいっ, とかこの, とかそりゃ, とか置い, ときめ, として置い, としばらく, とする, とず, とそい, とてもどれ, となん, とはつ, とは不埒, とは思っ, とは思ひません, とは言, とは誰, とばかし思ひ込ん, とばかり思ひ込ん, とわかれ, とヌエ, と一応, と予定, と云いきれる, と云っ, と云った, と云つた, と云わね, と云わん, と信じ, と俺, と先ず, と分かつ, と吻, と呼び, と喜ん, と報じ, と存じました, と尠くも私, と彼ら, と心, と思, と思います, と思い込ん, と思つたの, と思つた心, と思はれ, と思ひ, と思ひきれる, と思ひました, と思ひます, と思ひ込ん, と思わない, と思われる, と意識, と感ぜられる, と折紙, と教えられた, と断言, と斯, と無条件, と疑つた, と看板, と眺め, と知っ, と答える, と考え, と考えた, と考えられ, と考え出した, と考へた, と聞いた, と聯想, と自白, と見る, と解, と言いがかり, と言いふらし, と言え, と言った, と言つて, と言ひたい, と訊く, と許さない, と谷村, と賞め, と頭, と高尚, どんな物, なこの, なぜその, なと俺, なと初めて, などといわれ, などとばかり決めこん, などと判り切った, などと好んで, なんてほんとう, なんてわたし, なんて思っ, なんて誰, なン, ねえ, ねえ中, ねえ何, ねお, ねで, ねなり, ねよ, ねア, の, のう, のな, のにという顔, の買調え, また雪国, みなさんにも, よまだ, よ何処, わ, わない, わないは, ッ, ツて, ツで, ツイ此間池の, 位は, 博物館か, 唯夏子, 大詐欺師, 子, 富士の, 左程の, 己は, 常なら食べるだ, 御初穂, 御召換, 此処に, 活物であれ, 當時の, 矢羽根を, 石川の, 私が, 私のだ, 駒井は, 魂の

▼ 物~ (515, 0.9%)

34 竿の 29 竿を 22 台に 20 の上 17 台の, 竿が, 竿に 8 の下, 竿, 臺に, 臺の 6 竿と, 竿は, 臺から 5 へ出, 台が, 台へ 4 から屋根, に出, の柱, の窓, 台から 3 からお, から落ちた, のところ, の手摺, 棹を, 竿で, 竿へ, 臺が, 臺で

2 [29件] から人, から先, から投, から投げ飛ばした, から眺め, から落ち, から身投げ, から遠, から飛降り, が邪魔, には枯れた, に上っ, に出ました, に居る, の竿, の間, へ上っ, を見せ, 台, 台は, 台を, 台木戸口忍返, 棹に, 竿か, 竿だ, 竿という, 竿には, 臺は, 臺へ

1 [189件] から, からよく, から一本, から下り, から僧正坊, から外, から御, から撃つ, から斜, から物, から石, から致し, から落っこちなすった, から落つ, から見る, から覗い, から覗かれ, から覗く, から身, から身投, から身投げつてこと, から逐払, から鐵砲, から降り, から隣り, から飛降りない, があり, があります, がつい, が大通り, が悪きゃ, が惡, が挫げた三徳, が明るく, が目, が繋がっ, が美しい, が聳え, が見え, が見える, が賑, ざおが, ざおに三羽並ん, ざをを, ですっかり, で幾枚, で涼ん, で花見, で行水, とが見える, などの重なり合っ, などへ行つて, に, にあがっ, においた, にかかっ, にかなり, にし, にせめて, につながれ, になった, には幾聯, には足袋, には音羽屋格子, にほされる, にも物凄う, にも白い, にゐた, に上, に下りた, に女, に富士やを, に小さい, に彼, に持つ, に松, に洒, に登つてお隣, に登り, に真裸, に置かれた, に腰, に草履, に誰, に隙間, に雪, の, のあかい, のあがり, のおしめ, のその, のぬけた, のパンティ, の処, の北側, の向, の在所, の声, の如露, の左右, の方, の暗黒, の木, の杙, の板, の板の間, の棹, の段, の眞下, の眺め, の破, の竹二日月, は四方八方, ばかりが新しく, ばかり新しい, へあがっ, へで, へは屆, へ一羽, へ上, へ上がった, へ上る, へ出られる, へ出る, へ女, へ抜い, へ来る, へ洗濯物, へ炭団, へ登つて, へ登る, へ立っ, へ蒲団, へ返し, へ逃げ出そう, へ這, へ這出し, へ駆け上っ, までには一, もゆっくり, やら不恰好, を人, を見, を見る, を覗いた, を這つて, 一つ隔てた, 伝いに, 台で, 台と, 台という, 台などを, 台木戸口忍返しなぞ, 台見たい, 台野原では, 杙を, 棒, 棚に, 棚の, 棹で, 棹でも, 棹には, 棹持てりし, 用と, 竿じゃ, 竿だけ, 竿では, 竿でも, 竿とが, 竿とは, 竿なんか, 竿にかけて, 竿も, 竿や, 竿より, 竿よりも, 竿一パイに, 竿二間半ほど, 竿手荒に, 竿汚し, 竿等が, 綱に, 綱の, 綱へ, 繩に, 臺だ, 臺を, 臺町内は, 質屋の

▼ 物でも~ (483, 0.9%)

75 ない 19 なかった 16 ないの 11 あり得ない 10 ないこと 8 して 7 ないと 6 あるの, ないで, 買って 5 したよう, 見るよう 4 ないから, なくて 3 あったの, あるかの, あると, したやう, するよう, ないが, ないという, ないらしい, ない私, なければ

2 [21件] あり得ないの, ある, する様, ないか, なかつた, なかつたの, なくそして, なくただ, なくなるの, なくまた, なくむしろ, 人でも, 取れば, 噛んで, 大分に, 憑い, 持って, 探るよう, 断じてこれ, 決してあり得ない, 運んで

1 [229件] あったらそっと, あったろうか, あったん, あつた, あつたら, ありえないの, ありました, あります, ありますまい, ありません, ありませんでした, ありやしないからねえ, あり得ないかと, あり得ないであろう, あり得ないと, あり得ない事, あり得なかった, あるか, あること, あるまい, あるらしい, あるわけ, ある家, ある様, あれば, いい, いいから, いいたげな風情, いいとにかく, いるの, お見せいたしましょう, くばって, くれて, くれるの, こしらえたん, この自分, こびり付いて, これで, ございません, させると, した時, するらしい机代り, そうで, そのほか家, その特質, それを, たとい尺寸, とり入れると, ないそれ, ないた, ないただ, ないでしょう, ないでしょうな, ないといふ, ないとか, ないないの, ないなぜ, ないなら, ないに, ないやう, ない世界, ない事, ない以上, ない全く, ない処, ない夜明け, ない断じて, ない様, ない猫, ない男, ない瞬間, ない種類, ない自動車, ない証拠, ない雑草, なかつたから, なかつたといふ, なかつた夢, なくそれ, なくな, なくなった, なくなる, なく一種, なく才能, なく日本, なく湖岸, なく源, なく確か, なく長じ, なく領域, なんでも, ほしいの, また帝国劇場, みつがれると, もちろんなく, もって, もつと, やり始めなければ, よくわからない, よく他, 一度彼奴, 云いそう, 云うよう, 云って, 京極内匠など, 付いて, 何でも, 何でも可, 何事でも, 何時でも, 入って, 出す料簡, 出たの, 分けて, 剥ぎ取ろうとして, 取って, 取りすぎたの, 取り上げたらしい, 取り逃がす様, 吐き出すよう, 吐くよう, 吐瀉下痢し, 呉れて, 呉れるよう, 咽喉へ, 唯神の, 喰いたいなあ, 喰いながら, 嗅ぎつけたから, 嘔吐らしい, 噛むよう, 噛んだよう, 外から, 大物でも, 好きだ, 子供には, 射すかの, 尋ねるの, 尋ねるよう, 少し凝る, 差上げるよう, 差出す料簡, 差支えない, 干しに, 引き剥す樣, 思ふね, 思ふよう, 惡かつ, 戴かなければ, 扱ふ, 持ちあげるよう, 捜すよう, 探すやう, 探すよう, 掩つてを, 掬うよう, 撮ろうって, 教育である, 時計や, 暗君でも, 書くの, 有り得ない構え, 植えようか, 極めて気, 構いません, 構わない, 毀れるよう, 毛の, 渡すよう, 満されない, 演る, 無かつ, 無れ, 無価値, 無理に, 片づけるよう, 生水でも, 生物学的にさえ, 異つた物, 病人に, 皆当り前に, 研究せず, 空虚よりは, 立派な, 素焼の, 継ぎ合わせたよう, 置いて, 美味しくありません, 考えて, 背負いあげるよう, 苦しゅうはござらぬてな, 虚無から, 見るやう, 見る事, 見詰めるよう, 触れば, 誂えて, 読んだかな, 調へ, 謙譲でも, 讀んで, 買つて往きたい, 買は, 買ふたらよ, 貸したよう, 貼りつけて, 贅沢物でも, 踏むやう, 蹴飛ばすよう, 身透さず, 退けるよう, 逆さまに, 遣って, 避けるやう, 金に, 鑑定だけは, 長く甲羅, 顕著な, 食いたくなって, 食い茶, 食って, 食ってたらどう, 食べさせて, 食べるほう, 食べるもの, 食わせて, 食わせるから, 食わせると, 飲むよう

▼ 物~ (438, 0.8%)

24 に隠れ 13 に身 10 に呼ん 9 に隱 5 から出, から見, に呼びました, に立っ 4 から出た, にいた, にかくれ, へ身, へ隠れ 3 からそつ, から様子, から飛び出し, で聞い, にい, に姿

2 [32件] から, からあれ, からそっと, からズルズル, から不意, から物蔭, から眼, から見た, から飛出し, で, でやり過し, で待っ, で泣い, にかくれる, にはまだ, にチラリ, に八五郎, に呼び入れました, に呼出し, に呼出しました, に娘, に平次, に引入れました, に消え込みます, に立つ, に踞, に隠し, に隠れた, へかくれた, へ呼ん, へ引つ, へ連れ込ん

1 [260件] かうしろ, からお, からこなた, からし, からしばらく, からじっと, からその, からそれ, からただ矢, からでも轉, からとつぜん, からのぞい, からのぞいた, からばらばら, からわつと, からバラバラバラッ, からヒヨイ, から一人, から一矢, から一陣, から人, から他事, から又八, から同じ, から吹矢, から呼び止める, から大手, から彼, から彼女, から惡態, から押し出された, から振り返つ, から数百人, から更に, から月, から樣子, から此様子, から歩き出し, から測量, から火, から現れた, から現われ出よう, から異様, から砂漠, から秘か, から立, から竹林武丸, から聞いた, から聞こえた, から茫然, から蚊, から見させよう, から見せ, から見て取った, から見張り, から覗い, から走っ, から走りだした, から走り出た, から身, から辛抱づよく, から這い出し, から遠見, から鈴, から長い, から響い, から顏, から飛出した, から飛鳥, から首, から駈け寄った, があらう, があろう, が退い, でいさ, でお母さん, でかすか, でぐつすり昼寝, でそっと, でぬすみ聞きし, での個人的, での目撃, でボソボソ, で三斎屋敷闖入, で俊基, で即座, で大学教授, で御厨, で息, で手, で来, で樣子, で横, で私語, で立ち聞き, で立話, で細々, で耳, で聴かせ, で見, という物蔭, にあの, にある, にいたらしい, にうかがっ, にうごめい, にお, において雇人たち, にかがん, にしゃがん, にすくん, にすずろ, にそつ, につれ, につれ込まれた, にて打, にのこし, にはきまって, にはきまつ, にはみんな人, には三位卿, には蟹, にひそみ, にひそん, にもすごい, にも太郎, にも消えず, によび, に伊兵衛, に伏し, に休ん, に入, に入っ, に卑屈, に呼びまし, に呼び出し, に外套, に寝る, に居合せた, に屈ん, に島田, に廻っ, に引き込み, に張りつめた, に待ち受け, に待っ, に忍ん, に招い, に泣く, に深い, に潜み, に潜ん, に玄沢坊, に産, に窺う, に窺っ, に立ち寄りました, に立寄り, に立寄る, に紛れ込んでしまつた, に置かれた黒ずんだ, に考へ, に聞い, に腰, に行きました, に誘います, に誘ひ, に誘ひます, に誘ひ入れました, に誘ひ出させ, に連れ, に避け, に隠しました, に隠れました, に隠れる, に隠れ込んだ, に頃あい, に馴れた, に黒い, のある, のこと, のやう, のゴシップ, の一群, の侍, の声, の子供, の小学生, の小高い, の泣言, の男, の異様, の鉄淵禅師, の間, は一寸先, は少し, は暗かっ, ばかりをさまよった, へつぶさな, へとび移っ, へはいっ, へよび出し, へシン, へソッ, へ主税, へ佐吉, へ來, へ入っ, へ小走り, へ引っぱり込ん, へ引っ張っ, へ引張, へ引張っ, へ引張りこんだ, へ忍ん, へ招い, へ招き, へ来, へ歩み寄, へ歩み寄っ, へ立ち止まっ, へ立っ, へ行っ, へ連れ, へ隠れた, へ隱, へ顔, ほしげ, まで, まで来, もない, や藪, よりおどり出でたる, よりむらむら, より婢, より詰めやしたり, をつた, をとび出した, をと捜し歩い, をのみ絶えず, を丹念, を伝, を伝い, を伝っ, を伝つて息, を伝わっ, を利用, を幸, を怖, を指さします, を指します, を探し廻りました, を放れる, を求め, を物蔭, を縫, を縫う, を選ん, を鋭く, を離れた

▼ 物である~ (408, 0.7%)

2219 ことを 8 ことは, ということ 7 かのよう 6 ことが, のか 5 ところの 4 かそれ 3 かということ, かも知れない, からである, がそれ, という事情, のである, 事を

2 [25件] かという, かと言, かのやう, から日本, かを理解, かを知らない, かを考え, かを説明, か不得意, か不明, が, が私, こと, ことも, ために, とし, と云われ, と仮定, と思う, にし, ような, 事が, 処の, 故に人間, 社会は

1 [252件] かあるいは, かがなかなか, かがよく, かが問題, かが明瞭, かそれとも, かたしか, かというの, かというよう, かという問い, かという風, かといふ, かといふやう, かとの疑念, かと問題, かと言う, かと訊く, かどう, かについては押して, かに歯, かのごとく, かの問, かの樣, かはお話し, かは一切, かは分らなかった, かは北畠式部, かは殆ど推量, かは自ら明瞭, かは遠眼鏡, かは鑑定, かまだ, から, からおそらく, からし, からそれ, からだ, からです, から其分類, から前後, から団十郎, から城太郎, から奇異, から如何, から寧ろ, から少く, から栄蔵, から皆目, から私, から粒漆, かわからない, かわからん, かをお母さん, かをかね, かをでは, かをほんとう, かをも知らない, かをも知らなかった, かを宣言, かを察せられた, かを想像, かを推論, かを明白, かを最初, かを源氏, かを知つた国民, かを知らなかった, かを知り過ぎる, かを知る, かを確認, かを示す, かを示すべく, かを私, かを究めよう, かを究める, かを考える, かを見, かを見きわめ, かを見た, かを見失ひ, か何処, か否, か実は, か寝棺, か明確, か木米以上, か知りたかった, か解らない, があれ, がこの, がこれ, がしょせん, がずっと, がそれでも, がそれら, がローマ風呂, が一つ, が中, が亜米利加, が人間, が他, が勢力, が女, が当時, が形, が恐らく, が故に, が昔, が某, が父祖, が甘味, が神事, が秀吉, が胴, が蒙, が農耕地, が首長, けれど物理, ことである, ことと, ことには, こと沈大佐の, このデマゴギー, この対象, この話, しまた, し共に, だがそれ故, だけいっそう目, だけで, といいきった, という, というジイド, という仮定, という友人, という噂, といふ洋服, といふ演劇, とかあるいはまた, とか分泌作用, とか景色, とさ, としか思っ, としか思つて, として堅く, とにかくまつ, との口吻, と信じ, と吉五郎, と後で, と思え, と思つて, と悟った, と或, と教えられた, と申した, と申す, と知る, と考へ, と考へた, と考へられ, と肯定, と言っ, と言つて, と説明, と述べた, どころか云っ, などとどうして, などを考, にかかわらず, にすぎない, にもかかわらず, にもせよ, にも拘らず, に過ぎない, ので娘, ので漁師ら, のと, のに大阪人, のに良人, のは, のみならず, のを, は言わ, ばかりでなく, またも三本勝負, やうだつ, やうな, やうに, ように, よりも物, イデオロギーだ, ソレを, ワーグナーや, 上部構造としての, 乳の, 事, 事だけは, 事に, 事件の, 二つの, 代りに, 以て, 以上は, 以上事実を, 傭兵軍隊を, 僧籍を, 其の仔細, 内容を, 前に, 劣等器であります, 勿論多少は, 厚い屋根瓦, 古琴, 否それ, 場合には, 大仏殿などを, 夫は, 宗教家教育家芸術家政治家富豪等は, 客観は, 富を, 山は, 巨大な, 御子息さん, 性格が, 所以は, 故物, 文字さえ, 文明をも, 本田氏の, 本郷の, 校舎殊に, 様に, 此後には, 点に, 無と, 爾し, 現在物と, 現象を, 研究家の, 私の, 空気の, 筈の, 絵の具の, 腰の, 自分は, 自己嫌悪, 色々の, 薄暗い室, 限りに, 限り藁の, 雪を

▼ 物にも~ (372, 0.7%)

7 興味を 5 換え難い, 換へ 3 代え難く, 代へ, 似て, 増して, 換えがたい, 替え難い, 目を, 耳を

2 [22件] せよリヽー, たと, たれて, なり得る筈, ぶつかって, まして熱愛, 代え難く貴い, 出会わなかった, 困って, 妨げられること, 愛想が, 感じやすい, 手を, 拘泥しない, 捉はれない, 束縛されず, 比較する, 満足できない, 煩は, 縛せられないよう, 色々ある, 遭遇する

1 [287件] あまりにとらわれなく, あらず煙, あれそれ自体, あれそんな, あれ詩, いかさまな, いじけない楽天性, いつの, いつぱいくつついてる犬, おそれずに, かえがたい, かえられぬほど, かえ難かろ, ことか, この方法, この者, これ程出来, さえぎられること, さまたげられずに, した, すてきな, ずゐぶんその後, せよ兎, そっと手, その周囲, その物, それぞれの, たとえ様, たとえ難かっ, たまたま行摩, つかまること, とらえられないから, とらはれぬ何物, とらわれない気質, どれだけという, どんな一寸, どんな所, ないこと, なお人間, なかなか沢山金, ならない, ならないのに, ならない娘っ子, なりそう, なりますまいが, なりませんよう, なりゃしないもの, なり得ない, なるが, なれば, ぶつかること, ぶつかるという, ぶら下らずに, まさる喜び, まして好個, まして御, まして必死, まして愛し, まして美しい, まして魅惑的, まただれ, まだ一遍, まったく満足, みえる, めげないで, やはり元, よく似, よりけり相手にも, よりますが, よる, よるが, よるだろうが, 一切眼を, 上下の, 不安である, 不自由しなかつた, 不自由する, 不自由らしい, 不足した, 乱されずに, 乱されること, 人にも, 他人にも, 代えがたい, 代えがたく悲しく口惜しい, 代えられないよう, 代え難い, 代え難く懐しい, 似ない三つ, 似合わぬ佳い, 何にも, 使ふごとし, 使われない無条件, 依ること, 価値を, 信頼する, 値しない, 値せざりしを, 倦きた, 偽物にも, 傷が, 優って, 優る欲しい, 冷淡だった, 処を, 凭り懸らない, 出逢つて, 到達される, 動かされない人格, 動かされない心, 動かされない気持, 動じない力強い輝かしい, 動搖される, 勝るもの, 半仕え, 厭気を, 及びがたい, 及ぶ, 同じよう, 名残が, 吸ひ取らるる, 命数が, 囚はる, 囚はれない, 囚へ, 囚われないこと, 囚われないよう, 囚われない人間, 囚われない境地, 囚われない自由, 囚われること, 囚われるな, 困つて, 困らない, 困るじゃ, 均しい, 執着し, 執着は, 堅実な, 変えられない恋人, 変化は, 女にも, 妙を, 妨げられなかったよう, 嫉妬を, 定着さるる, 実にいろいろ, 実に色々, 害されない独立, 将棋の, 屈さぬ精神力, 屈しない独立心, 屈しまいと, 屈伏する, 幾多の, 弱められないほどの, 張合いが, 役だたずに, 役立たない哲学体系, 彼女独得の, 従わなかったもの, 従属しなかった, 心を, 情けが, 情熱を, 感じ易い若い, 慰まなかった小さな, 慰まなかつた小さな, 憚る, 我を, 手が, 打ち勝つただ, 打ち込んで, 拘らず彼, 拘束されず, 拘束せられない, 挫けない, 捉へ, 捉われない, 捺して, 掴まらずに, 換えられなかった, 換えられなかった楽しい, 換え難かっ, 換え難き, 換え難く良い, 換へが, 数種あっ, 既に花籠やう, 曇らされること, 會は, 未練は, 権威を, 欺かれて, 止つた, 正確な, 残った薫, 比すること, 比べ難い, 比較されない, 気が, 気を, 氣を, 求め得ない宝玉, 汲み尽されないほどの, 決定されない, 注意を, 流血の, 消されること, 満足する, 溶けて, 溶けやう, 無いセミ特有, 無関心な, 煩わされずまったく, 煩わされない生活, 煩わせられない自足, 犠牲たらざる, 犯されない心苑, 狸羊羹狸せんべいなどが, 生ある, 用ゐた, 疲らされずあらゆる, 癒されること, 皆な, 皆黴, 相当する, 眼を, 着せようとは, 移ったの, 等しいほどの, 精神を, 紛ぎらされずに彼の, 紛らされないほど, 累わ, 絶望しない, 經驗する, 繋がれない場合, 繋がれない自分自身, 脅やかされず, 自ら憎む, 自由に, 興味が, 興味の, 色々あらう, 色付けられる事, 色彩を, 蔽ひかくされず, 見えて, 見えなかった, 見え其の, 見られずに, 見出し得ざる悲しみ, 覚されずに, 触れて, 触れぬ前, 触れぬ天, 触れること, 謙虚な, 譬へる, 負けない第, 越えて, 足を, 踏み込ませたくない, 蹂みにじられまい, 逆いたく, 逆らわなかった, 通じる, 適用されない, 遭はず又, 遮らるること, 遮られない仄, 邪魔され, 都会の, 鋭敏に, 間に, 阻められない滝津瀬, 附會し, 限定されない, 非ず, 頼らない彼女, 顧慮せず, 飛ぶもの, 馴れて, 驚き得ざる魂, 驚き得ない心, 高い體温

▼ 物かを~ (319, 0.6%)

10 持って 4 教へて, 求めて 3 もって, 調べて

2 [23件] それに, もつて, 与へ, 予想する, 創造し, 否定する, 哀願し, 地上に, 失わずに, 待ち受けた, 待ち続けて, 意味する, 感じた, 感得した, 持つて, 指先に, 探して, 探し始めた, 暗示し, 欲し, 発見した, 発見する, 與へる

1 [249件] あるいはむしろ, いぢくり, かくしたという, がっちりと, この奥, さがしだした, さがし求めるよう, さがすかの, さがすつもり, しっかりと, じっと疑っ, その時, たずねるよう, どこかに, どっさりと, ねらうにあたって, ぶっつけた痕, まるで見, もつては, 一刻, 一刻一刻に, 一生懸命に, 与えて, 与えられること, 与えること, 与えるであろうがと, 与えるもの, 与へるといふ, 予想させ, 交換に, 付加し, 付加する, 使わなければ, 例えば創造, 備えて, 凝視し, 創作せん, 創造する, 創造せん, 加えること, 包んで, 卸して, 取出して, 取出そうと, 受けて, 受け取って, 受け止める様, 受取って, 含んで, 吸いとるよう, 呑もうとして, 呪うて, 呪うよう, 味わって, 嘲笑する, 増したと, 失はなければ, 奪い去る, 学ぼうという, 客観に, 寄与する, 察して, 対象に, 崇拝したい, 引きずるよう, 引きだしたと, 引き出すこと, 引き出すべく, 形の, 彼らは, 待ち受けて, 待ち受けるよう, 待ち続けた, 待って, 待つて, 待つ気持, 後に殘, 得て, 得ようとして, 得られる事, 得られる機会, 得るであろうという, 思ひ起さした, 恐れ互に, 惜むようにゆっくり, 想い描こうと, 意味し, 意味しなけれ, 意味し云い表わす, 愛して, 感じたには, 感じたらしいグイ, 感じて, 感じました, 感ずる底, 感ずる稀有, 感得された, 憎みにおいては, 手に, 打って, 抑えつけようと, 抜き取ると, 抱へながら, 押しつけられた空虚さ, 担いで, 招いて, 招きよせるよう, 招くかの, 拾いあげて, 拾い上げては, 指ざし, 捉えて, 捉ま, 捜すやう, 捜すよう, 捜せ, 掘り出しに, 探しあるく彼, 探した時, 探しも, 探し出さうと, 探し出そうと, 探すやう, 探すよう, 探りあてたる, 探ろうと, 探索し, 掴まうとして, 掴まなければ, 掴まねば, 掴み得るの, 掴もうとして, 掴んだこと, 掴んだの, 掴んだ様子, 掻かんと, 握って, 握つて, 握り締めて, 握んで, 搜し, 携えて, 教わって, 有して, 有つてゐる, 望んで, 期待する, 欠く, 欠くこと, 欲す, 氏から, 求めつつ, 求めようと, 求める, 求めること, 求めるやう, 求めるよう, 汲み出しつつ, 注ぎ込み彼, 注入し, 深く鋭くぢ, 滲ませて, 熱心に, 物色し, 生み出しそう, 生産する, 用意しなけれ, 発見しうる, 発見した如き, 発見しよう, 発見せず, 発見せん, 盗んで, 目の, 眺めて, 知って, 知つてゐれ, 知らんと, 確實に, 私たちに, 私に, 稲妻の, 空へ, 窒息させる, 篩にかけて, 置いて, 置くこと, 置去りに, 考えて, 考えるに, 聴手の, 肯定し, 背負うて, 背負って, 胸中に, 自分に, 芸術として, 若い時代, 落して, 蔵し, 蔵せる, 表わさずに, 袖で, 見あるいは, 見た, 見たの, 見つけたの, 見つけて, 見つめて, 見ること, 見出した, 見出して, 見出しても, 見出そうと, 見出そうという, 見逃し又は, 触感しよう, 言い得たよう, 言ひ得た, 訝かる, 詛わざるを, 認めるの, 語って, 語るもの, 読もうとして, 読者に, 調合する, 象徴し, 貯へ, 蹴とばした, 身に, 追うかの, 追っかけて, 追って, 追ひ求める, 逐い求めて, 造ると, 運ぶため, 遺さねば, 避けるやう, 釣り上げようと, 閉め込んだ形, 附加すべく, 附加する, 隠したフリ, 隠して, 隱し, 鯰が, 齎すこと

▼ 物として~ (291, 0.5%)

5 存在する 4 生きる人間, 通り過ぎるだけで 3 見るに

2 [11件] ある, あるの, ゐる, 即ち自己, 呪する, 天を, 残されて, 焼きたての, 見たる人間, 見た時, 見て

1 [253件] あるばかり, ある古本屋, ある物, ある財産, いました, うつぼ, おいでに, おかん, お作らせ, お受け, かけて, かろうじて存在, これに, これは, これらを, ご覧に, さらに考察, しまつてゐる, すぐ縛, すゝめられる, そこに, その性格, その息, その経験, それだけに, それらの, それを, ちゃんと届け出, つい奮発, つかわれた, つかわれ自然, でなく人格, では, どうやっ, なければ, はなはだ都合, まとい, めでたく珍ら, もちつつ, もって, よく基礎, ゐます, イギリス風の, イスパノスイザの, インドに, ブルジョア社会を, ミイラ的な, ヴェルダンの, 一個の, 一日でも, 与えた, 主要なる, 之を, 五色のしでを, 人間が, 人間の, 今や大, 今日迄, 他の, 以外に, 伝えたに, 似あは, 似あわしくなく感じられだし, 体得する, 何を, 余を, 作り上げたの, 使用される, 供へる, 価値ある, 保存され, 保存し, 保護を, 信ぜられたもの, 公式呼ばわり的文学論が, 内外人の, 円朝は, 出来得る限り, 初めて思惟一般, 別々に, 別に, 利用しよう, 効果を, 勝たざるは, 単なる職業, 取り上げる, 取り上げるため, 取り扱われて, 取り扱われる外, 取扱い多年, 取扱つて見た, 唯物論の, 問いを, 嘗て生れ, 在らざるなく, 地面の, 垂れ掛けた, 売ったの, 売買せられるべき, 夥しい因襲, 大切な, 大切に, 大繁昌, 大衆文芸の, 好意で, 存すれ, 存在し, 存在した, 定運, 宝船まで, 寝ませうと, 対立しない, 小皿小, 少年時から, 居りました, 川瀬の, 差出したこと, 常に女, 幾らか残惜しく, 店先に, 当然もっとよい, 役に立つの, 役立たしめるため, 待って, 従えて, 御覧なさろう, 意識される, 愛すること, 我より, 我詩に, 或いはそれ, 戦うこと, 所有する, 扱うだけの, 技術的世界を, 把握された, 把握されるべき, 持ち出されたこと, 持ち帰ったの, 持つて, 指定され, 挙げること, 描かれた, 提出され, 提示されなかった, 握り直すと, 敬遠する, 早速新宿, 昆布の, 明白に, 是丈に, 時には, 普通民は, 景慕し始めた, 書きえない点, 此色を, 歴史的な, 残されたもの, 残して, 残し別, 毎年六月十五日猴集まっ, 永久に, 決めて, 沙門の, 法律的に, 活かすの, 活用する, 炊事器械として, 爪牙を, 独立した, 猴を, 現われる, 現存し, 理解される, 生で, 生産者によって, 用いられる用具, 用ゐたる, 用ゐられる, 男子の, 登場し, 目前に, 直ちに本名, 直覚し, 相容れざる, 相成らぬと, 看る時これら, 真に主体, 破廉恥な, 礼拝する, 社会主義動物園に, 神の, 種々の, 空き屋の, 空に, 節折り, 精選し, 終わろうと, 綜合の, 繼承せられた, 罪が, 羊の, 美しからぬ, 美男の, 美醜こもごも, 考えようとさえ, 考えられしなり, 考へて, 聞えた端郡王, 自分で, 自分の, 自己に, 自然の, 自覚し, 舟に, 花を, 葉子の, 虚偽意識である, 表現せられね, 表現的である, 表裏なき, 袱紗数百枚を, 要は唯服従, 要求する, 見えたの, 見えぬは, 見たる, 見られた山, 見られよう, 見るとき, 見るなら恐らくそう, 見れば, 規則正しく飲用, 観たる人間, 誇張した, 認めるの, 誤り伝えられない, 趣味の, 追求する, 通り過ぎるだけ, 造りあげようと, 遺憾なき, 邪魔を, 重きを, 金一円を, 金屋の, 鋏一挺で, 頒ち置い, 頗る私, 頭に, 頭の, 顕われる, 顯はれる

▼ 物~ (291, 0.5%)

28 はぬ 22 ふ術 20 ひを 13 ひの 10 ひが 7 ふ, ふこと 6 ひに, ひは, ひや, ふを, ふ者 4 ひ, ひて, ひぶり, ふは 3 はずして, ひたげに, ふが, ふことの, ふやう, へる光, をする 2 はざりし, ひである, ふ声, ふ毎, ふ聲, ふ通り, へば脣寒

1 [103件] ず居たり, ず来にて, など致されし, になった, に対する東溜, に移された, の婦人, の揚句, の種, は, はざる刹那, はざる口, はざる者, はし, はしむ, はしめ, はす, はせて, はで, はぬお, はむと, はむとして, はむ彼等, はるる, ばかりなさる, ひいでむ, ひかけること, ひかけるよそ, ひこ, ひこれ, ひさ, ひしは, ひしクーリオ, ひすべて, ひその, ひたげな唇, ひたげな姿, ひたげな顏, ひた氣, ひでした, ひです, ひなどは, ひぬ, ひばかり, ひました, ひらしく感じられる, ひ交さば, ひ交すだに, ひ同, ひ妙, ひ度, ひ度げ, ひ度氣, ひ打, ひ掛くれば, ひ掛長, ひ擧動, ひ物腰, ひ続, ひ鳥, ふことも, ふといふ, ふとも, ふの, ふまいと, ふもんかといふ, ふも憂き, ふよう, ふよりは, ふ事, ふ事さ, ふ人, ふ今夜, ふ兵士, ふ如くさらに, ふ如くゼーロン, ふ度, ふ性, ふ時, ふ時代, ふ汝, ふ王, ふ目, ふ石, ふ約束, ふ蛇, ふ街, へ, へといふ, へば疲れる, へば頓, へば頬, へり, へりけり, へりされど, へるを, へるベアトリーチェ, へる魂, も甘えた, を学び, を附けられ, 交すひま, 掛けたる時

▼ 物には~ (284, 0.5%)

8 順序が 6 相違ない 5 せず神

2 [13件] いって, これなく, そのままで, ならなかった, なるまいと, 手を, 物の, 目も, 目を, 眼も, 程度が, 違いない, 限度が

1 [239件] あまり筆, あらじ, あらずと, あらず人, あらず此, あらず皆其地, あんまり見ない, いっさい見向き, おどろきませんが, おりおり附いて, お誂え, こだわらない方, ことごとく封印, このほか, ごく僅かほか, さっぱり興味, しなかった, しませんでしたろう, すさまじい破壊力, すべて一得一失有り, すべて両面が, すべて内地から, すべて程, ずいぶんひどく, ずいぶん珍しい, せん物, その然るべき場所, それぞれに, それぞれ千差万別の, それぞれ定まった, ちがいない, ちがいないです, ちがいなかった, ちやんと, つき物, できぬ故, どんなもの, どんな理屈, ない, なかった, なって, ならずついに, ならないぜ, ならないの, ならないよう, ならぬ, ならぬなど, ならぬ廃物, ならねえよう, ならんが, なりませんね, なり得ない, なるし, なるまいよ, なれないな, なれないやう, なんでも, のりととも, ひつて, びっくりも, ほかに, ほとんど凡て漆, ぼくは, まかれろと, まかれろという, まだ何, めったに, よく効く, センターが, ソッポを, ニューイングランドの, 一さい手を, 一つとして, 一枝の, 一滴の, 七種の, 両面あり, 両面が, 中心が, 二種類あった, 五百円も, 人間の, 仏典を, 仕らず, 伝襲的に, 何が, 何でも, 何と, 何の, 何も, 何ら特殊, 何ら真実, 例外という, 依存しない, 全然側目, 其癖は, 冥利という, 出て, 切目という, 別に煩わしい, 別に要求, 卸値と, 厳しく時代物, 反射を, 叡智に, 叶は, 困らないまでも, 困らない迄も, 変りは, 変化に, 多少の, 大ぶん, 天幕も, 夫れ, 如何なる種類, 始めが, 始中, 宇宙も, 実は関係, 宮廷の, 家具調度の, 専門家と, 巻かれるが, 巻かれろつて言, 巻かれろでそのまま, 巻かれろと, 巻かれろ主義, 幸にも, 往々随分すぐれた, 心が, 必ずシェイクスピア, 必ず物理, 必らず, 思はれずさしも, 悪人が, 払は, 撫で物, 敵ふまい, 新しい美, 方々に, 時機が, 景気という, 最もこの, 最も堪えなかった, 有名であろう, 柄を, 桐の, 楢の, 横が, 殆ん, 段階が, 気の毒千万で, 気を, 氣が, 水氣が, 決して手, 注意せよ, 注意を, 海水と, 潮時が, 潮時って, 為切った, 無いもの, 無論纓, 無限の, 熟練した, 特殊な, 玉子と, 珠数を, 理解を, 生命が, 生物と, 用は, 用心という, 男と, 皆値段が, 看板の, 眼の, 眼を, 程と, 税がか, 空想力が, 箸を, 籠を, 総て順序が, 總て, 署名の, 自然が, 自由に, 花とかいう, 花を, 芸術にも, 英国劇殊に, 荒唐無稽で, 薄の, 表と, 表裏が, 裏と, 裏の, 裏表といふ, 裏表の, 西洋出来の, 見えて, 見えなかった, 見当らない, 観方, 調査の, 講釋師の, 輸出組合による, 近寄らぬを, 進化し, 道化た, 道徳が, 違いありませんが, 違い無い, 違げえ, 違ない, 醜いもの, 釣合という, 間違ひ, 限らぬ, 限度という, 陸尺十二人近習の, 階段が, 霊魂が, 非ず, 順序, 順序って, 順序と, 順序という, 頗る珍奇, 頭の, 餘り, 馴れ切って, 驚かぬ才蔵, 驚きは, 高さ, 鬢髮を, 魚を

▼ 物~ (270, 0.5%)

4 である, でなければ, 何かを 3 お前の, それは, 今横町, 力ちやん, 力業を, 叱かられるは, 女房が, 私の

2 [18件] それを, だ, だよ, であること, であるだけ, であるという, わたしも, カラクリに, ネチネチ尻を, 何だ其樣, 大いなる諦め, 夫れ, 夫れで, 沈んで, 終に, 身を, 食がくへ, 餘り

1 [198件] あらはれたる, あらわれた, あり頭上, あるべきもし, いずれお, え, えまほしく, くれたの, この夜, この快楽, この胸, これこの, これに, さそれ, その区別, その正体, それでもこんな, それとも若鮎, だね, ちょと, づけたり, であった, であったの, であり得ましたの, であるに, であるの, であるもの, ですか, とう, とうとう判らない, とまれ尋常, とらえ得しごと心, どうか, どんよりと, なにかで, ぱらぱらと, ほんとうの, また飛びめぐる, まだ見た, もう我々, もしくは遠来, よく火山, よく破, よく破壊, わからない先, わからなかったの, わかれば, わしらの, アリゾナの, グルグルグルグル廻っ, ッ貴様は, ドッと, 一層の, 一応外, 下り松の, 不思議な, 不滅不, 与へよと, 之に, 之を, 之ニ如かん, 二幕物が, 人に, 人の, 人は, 今もっ, 他の, 以外には, 何かで, 何かに, 何かの, 何かは, 何ぞの, 何だそんな, 何んかを, 余り御前, 例えば棒切れ, 俺を, 偽物か, 偽物かと, 傷める心, 僞かが, 光りとろけて, 八, 八今度は, 其お, 几の, 出来た品, 刃物の, 分らなかった, 分らなくなって, 切る音, 判らない奴, 判証文を, 判證文を, 力の, 動いて, 卑劣漢が, 即決は, 又建て物, 取り出して, 君の, 地べたに, 地を, 地上へ, 大きな足, 天草陣の, 容易に, 将た, 居て, 崖を, 崩れて, 左様なら, 左樣なら, 建設しうる, 強い力, 彼等の, 待ち甲斐の, 従来兎を, 心あたりが, 悪戯した, 想像も, 想像上の, 意義ある, 意識されない, 我々社会の, 我は, 我れ, 我胸中に, 抑制する, 投げ出された, 折れない物, 探す風, 描かれて, 散りかけた花, 文三の, 新しい物, 有效成分が, 極めて薄, 欲求された, 残した人, 気か, 洗つて居る, 浪を, 滞って, 潜んで, 煮つつ, 猫を, 現われて, 理性を, 白く光る, 真っ赤な, 知らないが, 知らぬが, 知らねども, 知られないもの, 知れませんネ, 空を, 空中に, 突き出した, 立つて, 粗粒的な, 縛られて, 胡麻あえに, 能く, 自分に, 自分も, 芳の, 蔵払い物ばかり, 薄を, 蛇の, 衆人の, 表から, 襲って, 見たこと, 見つけだして, 見当るもの, 解って, 解つてゐるだらう, 觸る, 詳ならされ, 認めて, 賭けと, 躍り出して, 輝いて, 近づいて, 途方も, 閃めき飛んだ, 関係か, 附著し, 陸の, 震えつつ, 頓と, 頭の, 頭上から, 飛び出しました, 食べること, 首さへ

▼ 物~ (262, 0.5%)

4 何やら中 3 はらかに, 人の

2 [15件] その他の, タオルを, 乾魚を, 事が, 何かを, 友禅の, 場所を, 山の, 思ふと, 折々の, 泳ぐもの, 百姓家の, 芝居の, 荻野家の, 身に

1 [222件] あらゆる中性的, あらゆる人, あるいは革足袋, いじ悪い, おおいの, おはぐろ, おも, お召や, お寺詣, お金を, が狼藉, さらった子供, な, ないの, なにかについて, なにか出さなくっ, なんぞを売り払っ, はらかく, はらかで, また芋, また長く, むかしの, らいに, わずかな, コヅカイに, タバコは, チャンバラは, パンフレットは, ヘルマン・ヘッセの, ボロ蒲団など, ヨウ素と, ヨハンの, ルポルタージュ作品一般に, ロラアから, 一幕物を, 一枚ズリなども, 主人の, 事柄が, 享楽の, 人は, 人数が, 人絹の, 人馬が, 仇討物は, 仏壇の, 他の, 他家の, 体臭や, 何か, 何かで, 何かについて, 何かは, 何かも, 何である, 何や, 使われも, 其の他, 出世法を, 刀剣類を, 勝手に, 勝手道具を, 化石が, 化粧品や, 北京の, 半襟など, 南翠の, 口先だけ, 古毛布, 古着を, 古着売の, 古襤褸, 史跡などの, 名勝は, 器物は, 四時の, 国々の, 園芸家の, 場合や, 塵芥やらが, 大きなもの, 大汽船, 大野村に, 天津教の, 失くし, 奢侈品が, 好かれぬ物, 子供物の, 存在者では, 孰れ, 宝物の, 宝石や, 家族の, 家老長岡監物宛の, 家長の, 寂しい物, 専門家からの, 小図書館, 少しばかり, 屋敷の, 屑物を, 工場の, 工場や, 帯も, 平俗に, 張物に, 形見の, 彫り物などの, 彫り物を, 御自分, 心を, 思想の, 思想物に, 愉しい事, 手さげかごなどが, 手紙や, 押川春浪の, 押絵などを, 持物は, 探偵の, 教育行政や, 新しいエネルギー, 新版物の, 日本の, 日用雑貨の, 昔咄や, 時には新聞紙, 書籍が, 李朝後期の, 材木の, 板材に, 槍の, 武器や, 死んだお, 母の, 気温や, 水戸黄門漫遊記などの, 汚塵, 法皇の, 洗濯仕事に, 活字組版等を, 浮遊生物の, 火の, 片輪, 物忘れは, 物騒な, 狂女物, 玩具の, 玩弄物と, 珍らしい, 瓜畑から, 用法も, 甲冑で, 白やを, 相州物の, 着る物, 硅酸などを, 積雪中の, 穢い物, 空虚な, 簪を, 精神や, 細工台に, 綿ネルや, 縫物を, 美術団体への, 義伝公の, 義理捌きを, 考え方や, 耳に, 自分の, 芝居で, 花井お, 草鞋の, 著しき廃址, 葡萄茶の, 薬や, 袴を, 西鶴本に, 見た物, 記念碑を, 設備においては, 論議の, 謎でも, 講談という, 議論と, 變ツた, 象マンモス等の, 買いたいもの, 赤胡椒や, 軽業浄瑠璃芝居講釈の, 部分品が, 酸化炭素の, 醜劣, 釉藥を, 金を, 金蒔絵の, 金貨を, 金銭を, 銚子が, 長い棒, 陣具の, 雑誌の, 露店なども, 青い物, 静かな, 顕微鏡を, 食う物, 食べ物の, 飲みものは, 飲食を, 飲食店なぞが, 飲食店の, 飲食店は, 飲食店又は, 馬簾や, 骨の, 骨董を, 魚などを, 鳥たちから, 鳩の, 麦を, 黄金には

▼ 物かが~ (219, 0.4%)

9 潜んで 7 あった, あって 5 あるの 4 ある, あること, あると 3 あつた, はいって, 彼の, 私に

2 [12件] あらゆる場合, あるやう, あるよう, この時, ないとは, ひそんで, 刹那に, 存在し, 現れた, 生きて, 確かに, 胸の

1 [143件] あたま, あったならば, あったの, あった渦まいてる混乱, あつたで, あつて, あの父子, あります, ありますね, あるかも, あるくらい, あるこの, あるであろうか, あるべき筈, あろうとは, いい出そう, いそう, いる, おぼろげながら, かちりと, この部屋, ごとり, ささやく, さらに付け加えられた, すでに自分, その根底, その眼先, それを, ちぎれて, ちょうど一皿, ちょっと閃い, どこかに, ひどく私, ひらりと, ふわふわまいあがっ, ほのかに, ほんとのもう, やって来る, わが胸, グッと, 一つ足りなくなっ, 中央と, 乗って, 人の, 僕を, 光つたのだ, 其処に, 出入し得る, 分るやう, 利平を, 前面に, 加はらね, 動いて, 動く, 合鍵を, 在ったら最後, 在ること, 堰を, 変換される, 夾雑し, 女の, 存し, 客観に, 室の, 寝しずまった部屋, 屈辱を, 属すと, 山口の, 巻きついて, 幻影の, 引去られて, 引去られ寂寞, 彼のもじやもじ, 彼を, 彼女と共に, 待ち設けて, 後ろから, 微かに, 心の, 必要と, 快く共感, 感じられた, 成立し得ない, 手許へ, 打つか, 断えず一方, 既にそこ, 明らかに, 是認もしくは, 書かれ何物, 最上の, 有るだらうと, 有る様, 木の葉の, 来て, 根源的に, 概念である, 横わっ, 欠けて, 次第に輪, 残って, 殘つた, 潜在し, 潤んで, 無いと, 燃え立って, 現われて, 現われるの, 生じるという, 生れて, 目を, 私にとっては, 私の, 私を, 空を, 窺つてゐる, 笑うよう, 笑って, 累々と, 美しい世界, 考えて, 考えられて, 胸中に, 船を, 芽ざし, 落ちて, 藪の, 蟠まっ, 衝突した, 見出される, 見出される場合, 記録されない, 車から, 近よって, 迫って, 追いかけて, 這入つて, 通ったの, 醒覚する, 附加えられ, 隠されて, 音も, 鼻の

▼ 物~ (219, 0.4%)

39 らしさ 31 らしげに 30 らしそう 6 らし気 5 でする, らしかった, らしげ 3 らしいので, らし相 2 らしいこと, らしいと, らしいリズム, らしい心, らしい気, らしかったか, らしかつ, らしくプラトニツク, らしく思って

1 [74件] らしい, らしいとかいう, らしいよう, らしい事, らしい光景, らしい半日, らしい周囲, らしい外国雑誌, らしい山家, らしい映像, らしい景色, らしい最中, らしい月, らしい楽しみ, らしい物理, らしい物語, らしい生き物, らしい美し, らしい色, らしい見もの, らしい見物, らしい過去, らしい違, らしい顔, らしい顔つき, らしい風景, らしがりの, らしがる人達, らしきに, らしきま, らしき心地, らしくさし, らしくそして, らしくその, らしくた, らしくって, らしくつくづく, らしくも, らしく一寸, らしく又, らしく取沙汰, らしく四邊, らしく山男, らしく思い, らしく思うの, らしく思った, らしく思つて, らしく思われたの, らしく思われるが, らしく愉快, らしく感じ, らしく感じられたけれど, らしく拾, らしく日曜, らしく暇, らしく書いて, らしく楽しい, らしく楽しみ, らしく楽しんで, らしく爽, らしく眺めたり, らしく眺めるの, らしく耳, らしく聞いて, らしく聞えるかも, らしく見て, らしく見られた, らしく見る, らしく躍ったもの, らしく遊びたいから, らしく長い, らしげに当て, らしと, 貴しるべし

▼ 物とも~ (166, 0.3%)

14 せずに 3 しないで 2 しない, しないその, せず厭, せない勇者, 分らないので, 山の, 思はれない, 見ゆべし此界隈

1 [133件] いうべきでは, いうべきもの, いふやう, おもわずや, しないこと, しないふう, しない女, しない姿, しない猛攻, しねえぞ, しれずぐにゃりとしたものが手, するな, せざるは, せざる勇敢, せざる恐るべき, せざる民, せず, せずいきなり, せずさらに, せずそう, せずぱっちり, せずギャング掃蕩, せずタンカ, せずヒタ, せず三杯, せず例, せず勘弁勘次, せず卑しい, せず右, せず四角八面, せず夜道, せず大, せず将士, せず山, せず恰も, せず敵中, せず早速, せず暖めた手, せず暗闇, せず次々, せず決死, せず独り早朝, せず直ちに, せず私, せず装填, せず西欧かぶれ, せず陸續入唐, せず随伴, せず頸, せず飛び越え跳び越え駈け廻るこの, せず魔境, せなかつた, せぬ万全, せぬ姿, せぬ弁舌, せぬ強気者, せぬ被, せぬ鉄, つかぬふしぎ, どうせ手, なりうるもの, なれば, に恰好, まだ知っ, わからない場合, わからなかった墓石, 云われる, 人とも, 分らなかったけれど, 分れば, 判じ得られぬ狂的, 判然しない, 品がわりとも, 大和物とも, 妥協しない, 嬉しとも, 引換えられずに, 思えない, 思えないほどの, 思えなかった, 思えん, 思って, 思はずお, 思ひ上, 思へない不思議, 思へなかつた, 思わず勇猛精進, 思わせないらしい, 思わせない打ち解けぬ貴女, 思わぬこと, 思わぬ少年少女, 思わぬ無鉄砲者, 思われなかったが, 思われませぬが, 書いて, 決められない中, 甚だ相違, 異なるのみ, 矛盾しない, 知られぬながら, 知れず二人, 知れず細長い, 知れない, 知れないの, 知れないもの, 知れない不安, 知れない女, 知れない男, 知れない男女, 知れぬこと, 知れぬ不安, 知れぬ不思議, 知れぬ反抗, 知れぬ影, 知れぬ情念, 知れぬ想, 知れぬ擾音, 知れぬ殺人鬼, 知れぬ球根, 知れぬ魅力, 見えないばかりに, 見ゆべしこの, 見られる所謂ファシズム, 見分けがたかっ, 見分けられぬほど, 解らなかった, 言うべきもの, 言うべき別墅, 言えませんが, 言ふべき, 言わないで, 調和し, 馴染み得ない孤独

▼ 物から~ (163, 0.3%)

3 して, 出て, 生じたの 2 どうやっ, 再び七彩, 来る光, 滅ぼされること, 物へと, 見れば, 身の

1 [140件] いさましう, お金遣いまで, かけ出した作り, これを, ごく近い, しい作法, そして彼自身, だった, では, とったもの, なる泥土, なんとかいう, なんとなく薄気味悪い, のくよう, バカバカしい物, 一つの, 一つ一ついつの間にか, 一曙光を, 一番小さな, 不二の, 中にも, 二重三重取りに, 人にと, 今より, 会見を, 位づけすれ, 何か, 何から, 俺の, 先に, 其場を, 再起の, 出た名刺, 出るの, 出る區別, 切り離された存在, 切り離して, 功驗は, 区別しなけれ, 区別せられ, 區別せられ, 却って変った, 原形を, 又聞く, 取り出す稲, 取揃えて, 受けただけ, 喰ひ, 四角いもの, 回収した, 型を, 埃の, 売り始めて, 売れるだけ, 大家の, 大部分, 夫婦物盗人物から, 奉公人達の, 始つて距離が, 始末し, 完全に, 察する, 屏風の, 帽子まで, 年割りで, 引き離しただけ, 引去られなければ, 得たの, 悪人物, 意の, 成る収入, 成立し, 成立ったの, 我々が, 我国の, 所有される, 抜いた物, 抜き書し, 持ち金, 挙動から, 換言すれ, 摘出する, 放たれる菜花状, 新しく創, 日を, 昔の, 更に一つ, 更に唯, 本当の, 来るお礼, 来るという, 歌の, 残ってる物, 水が, 氷が, 洗いさ, 消された, 混成された, 淺ま, 湧き上, 湯気が, 炊事や, 無数の, 疲れた顔, 目を, 直ちに聯想, 眼に, 硯友社あたりの, 確実の, 純化した, 細い噴水, 考へること, 脅迫を, 自分たちの, 自分の, 色を, 親子ともに, 観念を, 解き離されて, 言ふと, 諸士, 證據立てる, 變化し, 買った, 贈答の, 述べよう, 逃げるよう, 逃れさせて, 逆に, 遊興物婿取り物から, 遠くある, 醸造され, 開放された, 雪中梅型の, 音泣く, 頼まれて, 題材の, 顔を, 飛来する, 養われる一

▼ 物~ (160, 0.3%)

29 んだ 25 のである 22 のだ 15 んです 5 のか 4 のであろう 3 のです, のでせう 2 の, のだらう, ので, のであつ, のであらう, のに, のね, んだろう

1 [38件] かまの, きがごと歩廊を, のかを, のだろう, のであった, のであり, のでこちら, のでこの, のでしょう, のでその, のでただいま, のでつぶされる, のでとくに, ので伊兵衛, ので兼好さん, ので念入り, ので思わず, ので東京, ので梅軒, ので海人部, ので興味, ので見おとさなけれ, ので連結機, ので頼朝, ので騷動, のにほしく, のにわざと, のは, のよ, んかいらんッと, んざアちっとも, んざ貼んねえ, んださう, んだって, んでしょう, んでその, 云ひそ, 念ほし

▼ 物置き~ (145, 0.3%)

16 の中 7 のよう 5 になっ 4 の戸 3 の隅 2 になる, の屋根, の方, の洞, 同樣, 小屋が, 小屋に, 小屋の, 小屋らしい

1 [92件] そして家, それに, だの納戸, とか肥料入れ, と何, と台所口, などに使っ, などの建物, などへは持っ, なんぞの類, にあて, にある, にされ, にし, にしまふ, につかっ, にて古, にでも使われ, にとじこめられ, になら, にはいり, にはこわれた, にもっ, に一夜, に仕舞, に住ん, に使う, に使っ, に使われ, に使われてるらしかった, に入れられ, に寝, に寢, に忍び込ん, に投げ込ん, に持っ, に残存, に火, に火事, に石炭, に縛い, に適当, のがらくた, のそば, のちよい, のない, のなか, のやう, のヒサシ, の一番奥, の奥, の底, の板蔀, の横手, の洞口, の火事, の窓, の背後, は三坪, は四方, へ, へその, へつれ, へとじこめた, へはいっ, へほうり込んであります, へまで持っ, へまわった, へ寢, へ忍びこんだ, へ椅子, へ立ち寄る, へ這入っ, べやにあった, べやに隠し, やうま, や板倉, をさがしまわっ, を建て, を捜したらあるだろう, を新築, 以外の, 小屋から, 小屋で, 小屋でも, 小屋へ, 小舎に, 庫が, 部屋とでも, 部屋に, 部屋の, 部屋へは

▼ 物では~ (144, 0.3%)

22 ない 12 あるが 9 ないの 6 なくて 5 なかった 4 ないと 3 ありません, ないが 2 ないか, ないかと, ないから, ないよう, ないらしく, なく人生

1 [68件] あ, あつた, あらうが, ありませんか, あり得ないもの, あるまいか, あるまいと, あろうが, うつらぬ故, かなりな, ございますが, その季, ないかという, ないこと, ないこれ, ないらしい, ないハイネ, ない人間, ない単に, ない天下, ない爾, ない酒盃, なかつた, なかつたの, なくある, なくしたがって, なくして, なくそういう, なくって, なくなるだろう, なく一枚, なく世界, なく人間社会, なく仏, なく再現可能, なく従前, なく心, なく新, なく機械的, なく生きた一つ, なく種子そのもの, なく純粋, なふと, ねえ只物, まだこんな, やはり西洋事情, よると, アベ, カルーソーの, ソプラノで, ポリドールの, ランドフスカの, 二十年頃から, 五番目の, 吹込みは, 天下の, 室内の, 断じてない, 有りまするが, 無いから, 無かった, 紫野の, 織部の, 老ピアニスト, 豊国と, 都合が, 頭目に, 駄目だ

▼ 物ばかり~ (141, 0.3%)

8 では 7 であった 65 である, 食べて 3 だった, なの, なので, 食って 2 だから, だが, であつ, です, で別に, で無く, 着て

1 [84件] いくさの, お見せし, かかって, くすねて, この頃, それは, だったが, だつた, だという, で, であったよ, であって, であるが, であると, である事, でいい, でうずめられそれ, でお陰, でござる, でさ, でした, ですと, ですよ, でその, でそれ, でない, でなく汁物, でね, でまるで, でも, でシナ人, で三度三度, で共に, で出来た町, で外包み, で娘, で縁, で草加屋の, で討たれた方, で起臥, なのに, なん, はいってるん, ふん段, コテ, 並べて, 並んで, 元の, 入れて, 内実は, 出來, 出版し, 喰うです, 喰つてしかたが, 喰べ, 喰べて, 多量に, 好くん, 弄くつては, 所謂美術と, 拵えて, 拵える事, 持って, 故静か, 映写される, 沢山食う, 湧いて, 湯呑から, 産出させたら, 盗んで, 知って, 製造し, 見つめて, 見て, 読んで, 買い調えて, 買わないで, 食べさせて, 食べてる者, 食べるから, 食べるよう, 食べる事, 飲んだ, 飲んで

▼ 物たる~ (140, 0.3%)

5 ことを 3 を知らざる 2 かを能, ことは, に相違, ものは, を得可, を知らずし, を知らない, を知らん

1 [116件] あらゆる物, かが分明, かに探り入り呆然自失の, かは以上, かは後, かは後に, かは既に, かをさ, かをさえ弁えぬ, かをまちがい, かをも知らぬ, かを全く, かを全然, かを問, かを思想, かを推論, かを熟知, かを知つた, かを知らざる, かを知らず, かを知らずし, かを知るまい, かを知れり, かを知ろう, かを端知, かを見る, かを述べ, くぎを, げに, げに袖口, これらの, これを, ところである, としからざる, とに論, には小さ, に於, に甘んじる, に過, に過ぎない, に過ぎなかった, に過ぎぬ, に違い, のであっ, のみならず, まで調べいた, ものの, や目, より古く, をも心得ぬ, を人, を失はぬ, を弁えざる, を弁じ置く, を当然, を御, を略, を知ら, を知らぬ, を知り, を知るあたわず, を知れり, を藩中, を見る, を解せざりし, を解せず, を解せぬ, を解せん, を辨, ジャヴェルが, デマゴギーの, 一性質のみ, 事を, 事をも, 五穀を, 以上は, 信仰の, 價値を, 其由て, 動坂三郎が, 勤労である, 勤労とは, 存在が, 存在としての, 宇宙と, 幾十の, 役柄を, 情婦とを, 所以で, 日本型ファシズムは, 権力そのものを, 權力そのものを, 熊の, 生活の, 生産奨励金は, 社殿や, 素質を, 紹興酒から, 絶縁物内に, 職能の, 自然の, 舗石が, 芝翫さへ, 芸術としての, 財貨の, 財貨は, 貨物の, 酒を, 金では, 金銭という, 鎧櫃も, 頭上の, 馬と, 魚の, 鹿の, 麦粉の

▼ 物思ひ~ (139, 0.2%)

12 に沈ん 10 に耽つ 6 にふけつ, に耽つた 4 があらう, に屈託, に耽, をつけくさる 3 に沈んだ, に耽る, のない

2 [12件] かな, にふける, に沈み, に沈む, に耽り, の中, は吉野, もせず, やをら浮びぬ, をする, を多く, を表

1 [56件] ある人, から, から我, があつ, があるなら, がはじまる, が俺, が次々, すと, そこはかとない無常感, てある, て寝ねざりし, であつ, とはなり, とも憩ひと, と云つて, と物, なき心, にうち, にて帛紗さばき, にでもふける, にふけつた, にむしろ, にも同じ, にも若干, に夜, に捲込まれたい, に既に, に暮れ, に沈み始めた, に苦しみ疲れ, に落ちこん, に走らせ, のあ, のさまたげ, のどこかしら, のま, のジエスチユア, の尽きない, の數, の日, の體, はそも, はただ, もない, も無い, より外, をいつしらず, を逃げだす, 予は, 位は, 命にかけて, 戸外では, 煩ふ, 顏にて, 顏の

▼ 物かに~ (125, 0.2%)

4 向って 2 かりたてられるよう, 引きずられるよう, 征服される, 胸を, 裏切られて, 身を, 驚いて

1 [107件] あんぐりと, しがみつくもの, すっかり投げ出す, せ物, つけ狙われて, なった一人, なつて行, なる時, なんらかの作品, のしかかられて, ぶつかって, むかって, もたれかからうとして, 上から, 不足がちな, 似た幾分不快, 似て, 先を, 包まれた気分, 向うところ, 向けられた瞬間, 向つて心, 吸い寄せられて, 咽喉元を, 嚇されたやう, 囚われて, 堰き止められたこと, 墳墓についての, 変えようと, 変って, 奪われて, 媚び諂, 対して, 導かれるよう, 差出したこと, 引かれて, 引きしめられて, 引摺られる, 強く口, 当ったと, 当って, 心からの, 心を, 忿怒を, 怖れず, 怯やかされ, 怯やかされた, 悩まされる, 感謝せず, 感謝の, 憑か, 憑かれてでも, 憧れる所, 打ち突けたいやう, 打ち突けたいよう, 打ち込まなければ, 抱きとらるること, 押えつけられた, 押される力, 拘束され, 捕まらうと, 揉み砕かれて, 救われたよう, 於て, 求むるか, 滅茶, 火を, 無性に, 由来する, 瞳を, 祈らずには, 私は, 突きあたりその, 突き当った, 突当る事, 絶えず引つ, 縋りつこうと, 繋ぎ留られその, 肩を, 脅かされがち, 脅かされて, 脅かされてでも, 脚を, 自分が, 自分を, 苦しめられて, 融けて, 衝かれたよう, 衝突し, 衝突しけん, 裏切られては, 裏切られてるよう, 襲われたかの, 託さなければ, 誘惑せられた, 變つて殘つてゐる, 躓いたの, 追はれる思ひ, 逐はれる, 進みうるかも, 酔うて, 釘づけ, 阻まれるよう, 頭を, 食い止められて, 駆り立てられて, 魅せられたよう

▼ 物です~ (122, 0.2%)

20963 からね, がその 2 から, からこんな, からその, がこの, がそれ, が折目, けれど, と主人, な

1 [63件] あなたから, かい, かという, かと皮肉, かな, かね, かねえ, からお, からそれ, からそれで, からたくさん, からたぶん, からどこ, からねレイバーンさん, からほか, からもしも, から上げられません, から其方, から四十分間水, から少し, から庫, から所謂経済問題, から折角下, から燃しちゃっ, から玉子, から私, から窒素化合物, から衣類, から調子, から迂, から近所, が, がお, がこれ, がタオル, が中, が些, が先ず, が双子, が女房, が日本, が柿酒, が此界隈, が清潔, けどお子様, けれどお, けれども世の中, けれど用意, けれど私, ここまで, この前, ただあなた, って, て, と, と述べた, どうとも, ね何, もの, よお父つぁん, よそれ, アナタは, 中は

▼ 物好き~ (122, 0.2%)

4 な人, な女, のよう 3 では, な男, の男 2 がある, で, でなければ, で捕物, で駒形, な野郎, に石, の死刑囚, の眼, もなかっ

1 [81件] か又は, たア, だからと, だぐらいにしか, だと, だな, だろう, であったから, である, でいらっしゃる, でもまさか, でインテリ, で僕, で奥, で始終, で手当り次第, で未だ, で盲鬼, で眼隠し鬼, で絵, で這入った研究, で隙, といふ, とでその, と将軍家, と思った, と睨んだ, なお客様, なお方, なこと, なにかと, なまた, なるわが, なヤジウマ, な三太夫, な事, な人々, な作家, な大名方, な女性, な学者たち, な弥次馬, な御, な心持, な気持, な浜田氏, な若い, にはなれない, にも入, にも大原, に出掛け, に城塞見物, に明治十年代, に買った, ねえ, のおん, のひと, のアベック, の一茶話, の人達, の嘉吉, の大阪人, の心俄, の愚慢病, の文明開化人, の方, の旅, の椿岳, の沙汰, の浴客, の為, の現れた, の草雪, の蒐集家, の連中, の道楽, の骨頂, はない, はなから, は決して, よい物好き

▼ 物との~ (120, 0.2%)

10 間に 6 間の, 関係を 4 間には, 関係の 2 あいだに, 二種有り, 区別が, 差別を, 結合を, 間にも

1 [78件] かかる交換, ことらしい, すべてを, 一致, 一致を, 三つが, 上に, 中で, 中間の, 二つが, 二つに, 二大, 二種が, 二道に, 交はりも, 交換に, 交換を, 交換価値において, 交換用役と, 交易も, 交流を, 交渉が, 交渉は, 交通は, 交通または, 内と, 凡てに対して, 別に, 区別である, 区別は, 基本的な, 境界が, 奪い合いでも, 対照である, 対立が, 對照に, 對立に, 展覧会が, 引力の, 形體の, 接触である, 摩擦を, 木質の, 本質を, 照合も, 相互関係と, 相働く, 相対価格について, 相待, 結び付きの, 結合点, 結合点に, 縁も, 置き換えの, 自然要素に, 臭気は, 蒐集を, 見かた, 調和や, 貨幣価格は, 足もとに, 連関に, 間にや, 間を, 間隙の, 関係, 関係から, 関係が, 関係では, 関係とは, 関係に, 関係においても, 関係には, 関係は, 関係や, 関係如何に, 關係で, 關係の

▼ 物~ (118, 0.2%)

5 のうち, の本性 4 が存在 3 の知覺 2 であ, を考察

1 [97件] からある, からそのあらゆる, からのやう, から精神, がこちら, がしだいに, がどこ, がわれわれ, が一人, が同時に, が地上, が思惟, が灰色, が空間, が空間的存在, が融解, が非常, この光, すなは, だから, であらう, である, である今日解剖臺, ではなく, でもその, とこれ等, として眺められるで, とはすべて, とは實體, と呼ばれる, と異なる, なき人柄, にあり, においてで, において堅, において己, については私, になり, にもそれ相應, によつて, に向, に對, に屬, に引入れ, に當, に臨むごとし, のいかなる, のこの, のなか, のみに關, のめぐるあり, の中, の像, の判明, の印象, の原, の大, の實體, の延長, の形, の普遍的, の本質, の永續的, の粗, の粗密, の粗密以外, の間, はこの, はただ, はどんな, は下, は分子, は可分, は單, は存在, は宇宙, は實體, または甘い, または緑, も可分的, も存, よりも一層, よりも高貴, らしくもの, をできるだけ, をときどき, をば精神, を力, を感覺, を指摘, を排する, を相互, を秤, を考へる, を超え, を透し, を離れ

▼ 物足らぬ~ (116, 0.2%)

5 ような 4 大きな穴, 感が 3 かな, ことに, と見え, 心地が

2 [13件] ことを, のである, ように, 心地し, 心地す, 心持が, 感じが, 感じを, 日の, 様な, 樣な, 気が, 気持ちが

1 [65件] お気持ち, かな我が, かもしれない, かも知れぬ, からで, がこの, が其, が字, ぐらいだ, ぐらゐだ, けれどこの, ことである, こととばかり, ことばかり, こと夥し, し, という人, といったよう, といつた, といふやう, ところが, ところがあ, とは指, と云う, にはきまっ, はかなく味気, もっと立派, ものが, やうな, やうに, ようにも, 中に, 事も, 位である, 作である, 娘の, 寂しい思い, 底を, 心の, 心地も, 恨みが, 愈, 感じである, 感じも, 感に, 感を, 所が, 所の, 故更, 日に, 日を, 果敢なく味気, 様也, 気ぞ, 気持であった, 氣が, 氣持が, 点も, 発見を, 自分の, 話相手だ, 顔し, 顔だった, 顔で, 顔を

▼ 物馴れた~ (113, 0.2%)

15 調子で 10 平次も 4 手つきで 3 平次にも, 平次の, 平次は 2 ガラッ八, 五十前後の, 人物を, 口調で, 商人らしく, 女中を, 平次と, 様子で, 滑らかさで

1 [57件] お品, お市, さまに, のが, ふうで, ふうに, ものであった, ものに, ような, イワンは, ガラツ八も, 一人が, 中野君は, 仕草などを, 八五郎の, 口上が, 商人です, 商人の, 大江山警部は, 如才ない, 実業家らしく, 容子で, 少納言の, 岡っ, 常識的な, 平次で, 平次でも, 平次などには, 役人手先も, 手付きで, 手先ふたりが, 敏捷な, 旅人が, 樣子で, 水に, 水戸訛りの, 無造作な, 無遠慮な, 男も, 眼にも, 眼を, 笑顔で, 老成た, 若党達は, 表情で, 調子である, 調子に, 身の, 軽口で, 都風を, 鋭い観察, 鋼鉄の, 鋼鐵の, 雲助が, 風で, 騎士の, 髪結は

▼ 物よりも~ (105, 0.2%)

2 人情が, 好きで堪らぬ, 少い固定資本, 強き美し, 心を, 愛して, 清らかな, 遥かに

1 [89件] うまいもの, お心持, お鳥目, この不思議, この物, すぐれた味わい, ずっとこの, そのいで, それを, つともつ, やはり正本風, よく彼等, より多く, わたしには, われわれの, コタツ時代とも, ユーモラスな, 一層好ましく, 七里の, 不思議に, 二三割方多く切られ, 健康が, 先に, 十倍位の, 品質が, 困難である, 多少女, 大きく立派, 好むの, 嬉しい読ん, 子の, 安かつ, 尊かった, 尊かつ, 少い比例, 少しお, 尚大, 強く僕, 彼の, 怖ろ, 愛しも, 愛すべく此世, 愛でるであろう, 我々の, 敏子の, 新しい題材, 日本物の, 早く春, 明らかだった, 晩春の, 更に面白く, 最も快活, 権威が, 此の, 沈滓と, 流動物, 港, 満足に, 火焔を, 特に吾人, 現代の, 現代物である, 甚だしいの, 目に, 目障, 真実を, 私には, 私自身の, 立派であり, 自分の, 自分を, 若干マシな, 苦心し, 荘厳であり, 貴い宝玉, 貴く思われる, 貴重する, 貴重な, 農が, 重んずること, 重大し, 重要なる, 金と, 長い槍, 雄弁に, 頼みに, 食し物, 高いよう, 高く町中

▼ 物とは~ (101, 0.2%)

2 ちがって, まるで違う, 似も, 違って

1 [93件] いえ特に, いったい誰, いへ, おそらく世上, ここから, すぐ見る, せず風, それら性質量関係等の, どうしても思えなかった, なしに, なって, ならざる也, ならなかった, ならぬ, なり得ない, なんだ, ひどいぢ, まつたく別, まつはり合, ままならぬ, わしにさえ, 一つの, 一寸違った物語りな, 下等な, 両側に, 主観と, 云えない, 互に相補, 五年前の, 人々の, 他でも, 何ぞや, 何ぞ例えば, 何だ, 何だろう, 何である, 何であろう, 何剣の, 俳優に, 全くち, 全く其の, 全く相違, 全く秩序, 味が, 品が, 固より, 妖怪の, 嬉しいと, 安定を, 将軍の, 思うが, 思えない物, 思えなかった, 思わなかった, 思われず藤吉郎, 思われん, 恐入, 成仏した, 最も縁, 本質的に, 無論彼, 無関係です, 物として, 珍しい, 現在と, 異なるけれども, 異る, 直観に, 相剋し, 知らず吾人, 種々の, 結局同じ, 見えないそう, 見えなかつた, 観念の, 言っても, 言へ, 言われぬ, 認めないの, 誠一は, 誰れ, 道義心の, 違い船尾, 違う, 違うて, 違うの, 違うよう, 違つた古い, 違ふ, 限らず常, 離れぬ因縁, 飽くまで物, 髷物であり

▼ 物なら~ (100, 0.2%)

3 何でも 2 べ商, んと, んや, 僕も, 此ま, 歸るで

1 [85件] あのばてれん, あの人, いくらでも持つ, うち壊し, おれの, おれは, お前たち食う, こ, こっちが, このまま, この源内, こわくは, こんなに清浄, しかたの, しばらく吸いつけ, その構造, たいてい食べる, で我, とにかく, と初め, どうしても白く, なんでも, ばいい, ばそれ, ばそれからまた, ばなんでも, ば今, ば何物, ば偽り物, ば半分, ば夫, ば嬉し, ば持たぬ, ば有, ば此, ば此身, ば此邊, ば献上物, ば発売禁止, ば稲田姫, ば羨まし, ば見, ば返し, まだしもである, わざわざ其許, わしなんぞ, んか, んが, んなどと, んには, ん茲な, 一つ, 一つ一つが, 一枚位可い, 上等の, 二人で, 二本へらし, 五万円ぐらいで, 何でも受取る, 何とかヨタ, 何にでも, 何も, 何んで, 何万円の, 何物にでも, 供の, 其儘返す, 内帑の, 吾輩喜ん, 家は, 尚の, 強気と, 打抛っ, 殘され, 犬でも, 発表し, 皮膚に, 盜する, 相撲を, 破片でも, 素直に, 讀者は, 身體が, 鍬鍛冶でも, 離縁し

▼ 物に対する~ (100, 0.2%)

7 租税は 5 需要の 3 相対価値において 2 租税, 租税が, 租税であり, 租税によって

1 [77件] あらゆる他, ことが, この用役, すべての, その支出, その欲求, その相対価値, その筋, たわむ物, ものだけ, より小, アウフクレールングとして, 一般概念を, 人格の, 人間の, 他の, 供養に, 供養の, 反感から, 同情と, 同情の, 嗜好は, 地主の, 大なる, 奥地地方の, 好尚と, 完全な, 彼れ, 心構えです, 快感の, 愛あっさり, 感謝から, 憧憬とが, 戦闘準備を, 批評の, 接触の, 敬号である, 敵意二人は, 明暸なる, 最後の, 有効需要を, 検査の, 正直と, 消費者の, 深い愛, 無選択, 理想と, 生一本の, 疑問に, 発禁削除等による, 直接税の, 研究で, 礼式で, 租税と, 租税との, 租税に対して, 租税に関しては, 租税の, 租税または, 租税も, 租税や, 租税並びに, 租税十分一税労賃に対する, 租税地租または, 統制は, 自己は, 自然的比例以上である, 興味と, 芸術家の, 視距離, 註文は, 購買力も, 趣味が, 適当な, 需要が, 需要は, 需要を

▼ 物という~ (96, 0.2%)

16 のは 9 ものは 5 ものが 3 のが, のも, 物を 2 ことが, ことに, ものを, わけだ, 意であろう, 意味に, 風に

1 [43件] きわめて簡単, ことさ, ことで, ことであろう, ことは, のである, のでしょう, のです, ものの, ものも, やつだろう, やつの, ような, 事が, 他あるまい, 体に, 分別も, 区別ぬきに, 印象を, 商品から, 地位を, 存在の, 客観に, 寸法に, 差別観が, 常識概念として, 意味が, 感じが, 感じも, 慥かな, 日本の, 札を, 注文から, 物が, 物すべてから, 物事という, 用語例も, 立証も, 言葉が, 言葉も, 語を, 青貝の, 風呂敷包みを

▼ 物をか~ (95, 0.2%)

3 期待する 2 恐れて, 求めて, 池に

1 [86件] うち貫き, お松の, さがすよう, しかと認め得た, のせて, ひて, ぶつて, よく見る, 与えんと, 取ったよう, 吾人に, 呑まざら, 呪い何物, 喘ぎ求めて, 嘲笑し, 埋めたと, 埋めて, 失わずに, 尋ねに, 引き出そうと, 引っ抱え, 待ち受けて, 待つて, 得て, 得なければ, 忘れたよう, 怒り何物をか, 怨む意味, 恋い憧, 恐れるよう, 想像する, 感じたり, 感ぜぬわけ, 持つこと, 捉へ, 捜し顔, 捜そうと, 捜索する, 探して, 探し出そうと, 探し歩いて, 掴んですが, 提供すべき, 搜さう, 教へて, 新たに, 暗示しよう, 望んで, 期待し, 求むるよう, 求むるを願ふ, 求めつ, 求めつつ, 求めるやう, 求めんが, 煎じつつ, 狙うが, 発見した, 発見したらしく, 相手の, 確証を, 繋いで, 考える為, 考へる為, 聞き出そうと, 聞き出そうとして, 聞き取ろうと, 聞き得たと, 聞こうと, 與へ, 茶山に, 見し, 見つけ, 見つけたらん樣, 見て, 見付けた, 見付けたよう, 見詰めて, 認め, 認めたと, 認めたらしくあたり, 贈つたこと, 載せて, 追いかける姿勢, 遺す, 頭の

▼ 物足らない~ (95, 0.2%)

8 ような 3 のだ, やうな, ように, 気が 2 ところで, と思ふ, ものが, 思いが, 感じが, 所が, 様な

1 [61件] おもいが, お扱い, かが吾, がでは, がといたって, が瀬, くらいのもの, ことである, こと夥しい, し気, だけね, で何, という連中, ところが, ところは, ところも, とまでは気, と同時に, と見え, のぢ, のであろう, のでその, ので樹明君, ので酒, ものである, ものであろう, ものは, ものを, やうで, やうにも, ようで, ようです, 人と, 何となし, 別れで, 大きな穴, 存在として, 心地しまし, 心持が, 心持だけが, 心持で, 心持を, 思い出で, 意味で, 感じを, 所であった, 様に, 気分を, 気持で, 気持を, 氣持で, 淡い哀しみ, 節が, 衷心の, 言葉であった, 都会生活が, 面で, 顔し, 顔を, 風で, 魂の

▼ 物そのもの~ (94, 0.2%)

5 の性質 4 の味 3 の有, を味 2 いわゆる物自体, が主観, が吾, であり生きぬく人間, を認識

1 [69件] から主観, から触発, がありがたい, がその, がただちに, がまた, が口, が呼吸, が有, が模写, が知り得ない, が示された, であり一方, でなく物, ではないだらう, ではなく, という観念, とその, との一致, との関係, とを比較, と一致, と対象, と無関係, と真理, にある, にぜいたく品, にぞくする, により近く, に制約, に対する情緒, に対応, に接近, に移し得る, に触発, に還生し, のうち, のねうち, の内容, の内面的, の問題, の外廓, の対象的性質, の對象的性質, の意義, の最深, の有り, の本質, の根本法則, の物質, の眞相, の終局, の絶滅, の認識, はカント, は全く, は極めて, もこの, をそのまま, をカント, を尊ぶ, を愛する, を有り, を活かし, を目的物, を知っ, を知る, を見る, を解剖

▼ 物など~ (93, 0.2%)

3 くは, して 2 上手とは, 影も

1 [83件] あらゆる伝統, いっぱいに, いへ, いやだ, いれた本箱, お客に, すべてを, その地方, その言ふところ人, その頃, だった, ちょっとめずらしい, であった, でないこと, とにかく金目, なにかと, ほとんど問題, まゐ, もって, やたらに, われ思ひけん, ゴシック式の, 一所へ, 与えて, 並べ立てて, 乾しながら, 云いましょう, 云いませんとも, 云わない方, 今にどうにでも, 他人よりは, 何一つない, 作つてあつ, 値の, 入るる器物, 凄愴, 前に, 取って, 取りに, 取りまとめて, 各方面, 吩咐って, 喰がらず, 四五品ならべる, 大いに欲求, 奪られぬ, 山と, 幾品と, 引き受けて, 引くらんやう, 引受けて, 恵んで, 惜しむこと, 手土産に, 投げ与えた, 拵えて, 拾い取りて, 持ちて, 持ち運んでは, 持って, 捨て価, 揃へて, 汚されたとき, 治部大輔今川義元の, 煮て, 片付ける様, 物質的の, 皆この, 眺めて, 積めるだけ, 聞え給ふけ, 見上ぐるまでに, 見詰めて, 言いかけられて, 言えやしない, 言ッた, 言懸けられた, 賜わり一族, 身の, 送りて, 運ばせて, 運び入れしさま, 齎して

▼ 物自体~ (91, 0.2%)

5 の概念 3 に就い, の存在, の観念 2 という観念, の問題, はそれ, は認識, よりも物

1 [67件] からの印象, から注意, がない, が人間, が何, が天下名題, が心, が残され, が詩, であった, でなくそれ, ではない, という奴, という如き, という概念, とし, として, と一体, と云う, と共にない, なら存在, なるもの, なる客体, については全く, について夫, による心, に似た, に即し, に即する, に相当, に躍り込む, のもしくは, のよう, の作家, の占める, の性質, の把握, の根本性質, の模写, の深い, の解釈, の認識, の難問, はいつ, はカント認識論, は元来存在, は時間空間, は空間, は結局カント, は絶対自我, へ躍り込む, をば事行, をカント, をカント風, を失う, を想定, を把握, を捉えるなら, を本来, を的確, を知る, を考え得ない, を許す, を順次, 乃至物質, 即ち物質, 又は本体

▼ 物~ (90, 0.2%)

7 なこと 6 で叶, なもの 4 だから, だと 3 だ, だね 2 だが, だな, でもある, な人間, な噂

1 [47件] がし, がしき, がしき聲, がつて娘達, すぎる, だからと, だし, だとか, だとかいふ, だらう, でこの, でございます, ですから, でなら, で厭, で女子供, で放つ, となれる, と言つて, なせゐか, なの, なやう, なる土地, なる所, なエテ物, な世の中, な世態, な世間, な事件, な地方, な奴, な學校, な所, な手紙, な方, な晩, な本能, な次第, な江戸, な生き物, な話, な話ぢ, な身體, になつ, に存じ, に見えた, の極子規

▼ 物哀れ~ (82, 0.1%)

7 な気持ち 3 です, なもの, な気 2 でならなかつた, なお, な声, な小, な気分, に耳

1 [54件] だ, であったある, であつ, でしめっぽい, でならなかった, で小, で立小便, で群集, なところ, なやう, なよう, な光景, な夕方, な夫人, な心, な心持ち, な忍従, な悲鳴, な慕わし, な様子, な氣持, な渠, な美しい, な話, な調子, な首条, にきこえた, にさ, にさえ見える, にした, にちやう, になっ, になった, になります, にまで優しき, に写す, に夢見る如き, に小さく, に引い, に感じ, に感じさせた, に感じさせました, に感じた, に感ぜられた, に映ります, に書い, に此, に見えた, に見える, に詠歎, に語られた, に響い, を感じました, を覚え

▼ 物ごと~ (80, 0.1%)

4 に念 2 が出来いたす, を深く

1 [72件] が何もかも, が巨大, が斯, が理窟, が考えられず, が複雑, が複雑化, にうた, にその, にだだく, に労, に対するはっきり, に屈託, に改まれ, に渋滞, に興味, に苦痛, に解決, に言, に震え, のよく, の不動, の中, の判断, の嗜味, の四方山ばなし, の怖, の意味, の暗い, の理解, の真相, の知的理解, の終り, の表面, の見, の解決, の認識, の進行, はすべて, は円く, は話し, は逆, を, をあまりに, をある, をかたづけ, をすら, をはつきり, をひねりまわし, をもっと, をテキパキ手際, を一いち, を何でも, を余り, を信じ, を信じ切っ, を偲びたい, を分析的, を判断, を大げさ, を持っ, を捻くれ, を最後, を決める, を濫, を目的論, を真面目, を経験熟練, を考えられない, を考える, を見よう, 無穿鑿

▼ 物などを~ (79, 0.1%)

3 して, 問はれたる 2 持つて, 片付けて, 読んで

1 [67件] あつらえて, かけつらねたる間, こさへて, しながら, し女中, もつて, もて遊んで, よこして, わざわざ持っ, 一ト通り分け, 上演する, 並べた店, 並べて, 乗せて, 云いつけた, 他の, 借り出して, 出して, 取つて, 取り片付けきれい, 取り箪笥, 叱る詞章, 呉ますと, 命じて, 商う家, 喜ばなかった為, 売つて, 売りあるくのに, 売付けようと, 多量に, 夫人の, 山の, 川へ, 愛蔵せられ, 拵えて, 持たされるので, 持って, 挙げたうえ, 探す方, 携えて, 料理し, 樂しんで, 歌ひ込め, 残した白石翁, 沢山に, 洗濯も, 漁り出しそれ, 演ずる場合, 片よせ, 狙ふ, 用ゐ, 発見する, 着て, 着込んで, 見ても, 見に, 見ますと, 見ると, 観に, 読むなど, 貰いも, 貰は, 買い調えさせそれ, 買つ, 運ばせるには, 選り分けて, 頼んだこと

▼ 物持ち~ (78, 0.1%)

4 のいい 3 の娘 2 である, になっ, 洒落に

1 [65件] からはそれぞれ, から供物, が別宅, が奔逸, が庭前, それらは, だったが, だな, だらうと, だんなと, であり勢力, でございますから, でさ, でその, で上品, で御座んす, で番頭, といふことに, として知られてる, となっ, と云った, などの家, にて村会議員, になつて, になる, にやなりやせん, のところ, のよ, の一人, の一人っ子, の五十男, の伊八, の余慶, の先代, の呉服屋, の奴等, の子供ら, の家, の心理, の未亡人, の町家, の細君, の翁, の老婆, の若旦那, の道楽息子, の長者, は言はず, は言わずもがな, も辛い, や政治家, をゆする, を貴ぶ, 一流の, 佐原屋の, 來る, 後家で, 有徳の, 根性って, 米商人質屋支配所陣屋などを, 結構なお, 衆にも, 金持ちだ, 長者と, 長者骨董商という

▼ 物であった~ (75, 0.1%)

4 のだ 3 ことは, ということ, と思う 2 というで, のである, のを, ように

1 [54件] か, かと云う, かもしくは, かも知れません, からこれ, からである, から人知れず, から彼, から袋, かを説明, か否, か知らない, か知らぬ, がさて, がそう, がその, がその後, がそれ, がどうか, が今, が今や忽ち, が大刀, が王家, が私, ことを, さほど高価, そうです, そしてお, ため一部の, という, とき単に, としたなら, となす説, との事実, とはとうてい, とは云え, と判断, と推測, に反し, のだろう, ので私, のにそれ, のに反し, ものから, ものが, ようだ, プロレタリア文学運動の, 例の, 品物が, 彼女を, 悪左府頼長, 昔の, 白砂糖菓子の, 自然科学をも

▼ 物まで~ (71, 0.1%)

4 拔く 2 みんな注ぎ込ん, 何の, 洗濯し

1 [61件] ある醫者, いいなと, おまえが, くわえて, ごった, したの, そこへ, ぶら下げなくちゃ, ほかの, みんな喰べた, わざわざ京都, 一々の, 一切寄進し, 下され有難う, 並べたて火事櫓, 伏せて, 値切つて, 厳重に, 啄つく, 喰って, 塾生が, 売りつくした, 夫人は, 妹が, 嫂に, 巣食って, 引受けて, 惜しげも, 持つて, 持出して, 探し出して, 残らず売って, 消すこと, 添えて, 現れましたが, 皆一つ, 皆剥い, 盗まれた恨み, 目録の, 眠って, 眼鏡を, 私は, 罪を, 置き忘れて, 脱いで, 良土と, 誂えたそう, 買い足して, 買った, 買つた, 赤眼の, 遠慮しなけれ, 遣るとか, 選り蒐め, 野盗に, 附けるの, 隠されて, 頂戴する, 食い荒らされる, 食べさせたり, 食べなくともよ

▼ 物なる~ (70, 0.1%)

3 ことは, 事を 2 ものが, ゆゑ陽に

1 [60件] かはよく, かはシエクスピイヤ脚本評註, かは姑, かは此封, かも知らず, かをさえ知らざる, かをほぼ, かをまったく, かを判断, かを問, かを想像, かを知らない, かを知らなかった, かを知らなかつた, かを知らぬ, かを示さ, かを究むる, かを究め, かを證すべ, かイエス, か余, がくの, が大, が故に, が魚, ことが, にまして, にや成る, ものについて, ものは, ものを, もの附属性に, やうに, やを我に, や不明, や何事, を一昨夏神主, を先年自分, を看取, を若し, サッカリンをも, 主義とは, 事は, 二本の, 動物, 千代子が, 可し, 女は, 巫道に, 幸若も, 我を, 最も端的, 物で, 砂糖の, 第五, 籠も, 聖書に, 自然を, 苞である, 鈴木正三の

▼ 物かげ~ (67, 0.1%)

3 に潜ん 2 に, にかくれ, にかくれよう, に身, よりう

1 [54件] からど, からはいだし, からぱつと, からまるで, から忍び, から意味, から手招き, から物かげ, から自在, から鳥打帽, が動い, であった, でこっそり, では母, でめそめそ, でドミトリー, で四・五・六, で始終, で涙, で腰, で落ち合っ, で観察, にいた, にかくれた, にかくれました, にしゃがみ, になっ, になった, によん, に伏せ, に呉葉, に引っぱっ, に憩, に洋服姿, に膝, に降り, の小男, の新しき, の男, の雪, へと孤独, へと身, へ向かっ, へ引っ張っ, へ思い思い, へ物かげ, へ身, やへい, より跳, を, をつたう, を不, を出, を戯

▼ 物かの~ (67, 0.1%)

2 上に, 中に, 甚だしい行き詰り, 興奮の, 重い澱み

1 [57件] あらわれるの, あること, うちに, ささやきを, その在り, なかに, イデヤを, 一部分に, 世界から, 中心らしく, 仮定なし, 何んである, 余儀ない命令, 分析でない, 刺戟を, 前に, 匂いを, 声が, 姿を, 存在を, 年貢を, 幻像が, 影を, 影巨大な, 意識だ, 意識としてしか, 手に, 投影にしか, 擬装な, 断層面にも, 本体を, 来らざる限り, 梅毒から, 正義を, 気配に, 爆発散乱又は, 物体を, 物音によって, 犠牲たり, 発展の, 白い姿, 目ざめである, 眞中に, 眼が, 破片が, 科学では, 背後に, 自由な, 表現である, 記号でなけれ, 認識できない, 迫つて來る, 追求の, 邪魔を, 錘り, 陰に, 面目を

▼ 物じゃ~ (67, 0.1%)

7 ない 4 ありません, ないか, アない 2 ありませんか, な, ないが, ないと, ないわよ, ないん, アねえ

1 [34件] ありませんよ, あるまいし, あるまいな, いうだけの, ございませんよ, さっぱり主人, ぞ, ないかしらって, ないかと, ないぞ, ないだろう両人, ないでしょう, ないよ, ない事, ない学問, なかった, なかったよう, なく二本差し, なこれ, ねえかと, ねえん, ねえんで, ねえ人間, よあれ, よと何度, アある, アが, アねえか, ア其様な, ア毒だ, 一時の, 困るナ, 納まりが, 腹の

▼ 物としての~ (67, 0.1%)

3 役目を 2 損益は

1 [62件] いわゆる芸術, これらの, ほか存在価値が, イデオロギーが, イデオロギーを, イデオロギー性の, ジャーナリズム物は, マルサス人口論が, リアリティーを, 人を, 人形が, 人称が, 人間の, 位置であり, 価値を, 価値三幕物としての, 価値悲劇として, 信仰と, 側から, 價値を, 単行本は, 取り扱, 商品, 問題ばかり, 在りよう, 基本的な, 外に, 多衆, 女として, 女を, 威力は, 存在を, 家屋の, 所謂, 所謂政治に, 技芸家と, 日本的な, 本という, 本に対する, 本を, 条下に, 森羅万象の, 構成説に, 権力関係に, 樹の, 物質を, 特色を, 独立性を, 現在の, 生物には, 生物は, 短歌の, 石, 社会の, 精巧さ以外聊か, 綜合の, 考案を, 自然と, 著書の, 蓮の, 雑誌は, 魚類の

▼ 物なり~ (67, 0.1%)

3 おぬ, お力と, 今の, 家の, 柿色に 2 しが, とき

1 [48件] かし, しかれども, その中, とある, といい, という立証みたい, とする, との事, とは車夫, と云, と人間, と口, と多田, と家, と心得たる, と或, と熊野, と絶叫, と自在鍵, や否や, わたくしの, 万事村長の, 事なり出し, 人間が, 今十兩遣は, 俳句は, 又同じ, 嗜好品なりを, 外形は, 大権現, 大氷山, 夫共事成就の, 富は, 尚宗と, 幼年にて, 悪き物, 斯うなされ, 日々其方店へは, 是を, 時機といふ, 月宮は, 法略と, 甲伏は, 直次が, 竜宮の, 衣類は, 長崎にも, 露伴に

▼ 物であり~ (66, 0.1%)

2 しかしどこ

1 [64件] かつそれ, かつ一般, けれんに, さえすれ, そうして面作師月子, そして売手, その場, それは, それも, どういう必然性, ながらしかも, ながらそれ, ながら一つ, ながら労働, ながら建内スクネ古墳, ながら絵本, ながら自己, ながら袖口, または増加, マルクス主義に, 之に, 人と, 他の, 例の, 前者は, 即ち政治的自由, 又それ, 又同時に, 同時に目前, 啓蒙活動を, 埋伏所である, 多方面な, 大山祭りの, 妻の, 専有せられる, 常陸の, 弁証法的論理の, 彼の, 後の, 従ってその, 従って専有, 従って常に, 従って自然界, 我々の, 捕物の, 数も, 日本型ファシズムや, 更に商業, 極めて大きな, 機敏な, 此處へ, 民家は, 永久に, 燗徳利や, 物質的に, 由来も, 神格の, 絵入, 美しいと, 老人の, 自分の, 言わば扇, 金に, 馬も

▼ 物~ (65, 0.1%)

5 目を 3 入れて, 手を 2 行くという

1 [52件] いれて, い往くと, おは, こんな美的精進, さらに炎, ひっかからず無事, また新しい, みんな封印を, もてゆくに, わたしの, ザット混ぜ, 並べると, 入る事, 入れたの, 入れたもの, 入れちゃ, 全く身, 努めて, 包んで, 参照, 向けられると, 向って, 圭子を通して, 変化させる, 媒介した, 安易な, 帰らなければ, 弟の, 或は実話物, 或は論説, 振かけて, 書いてるじゃ, 案内しよう, 次第に似, 混ぜて, 皆んな封印を, 眼を, 糠を, 触れるの, 触れるよう, 負けない気, 足を, 転化し, 転化せしめられるであろう, 転向する, 軽くザット, 載せて, 載せると, 近づきかけた, 集中した, 食い付いて, 食い付かせ面白

▼ 物~ (63, 0.1%)

3 かな調子, かに言 2 かです, かな好い, かにいった, かに云っ

1 [49件] い優し, かであった, かである, かでついぞ, かではある, かでもございます, かで戰鬪的, かで私, かで腰, かで辯舌, かなうち, かなる, かな中, かな人物, かな仏人, かな佛人, かな動作, かな声, かな恋, かな悲し, かな態度, かな紐帯, かな美少年, かな色男, かな顔, かな驅, かにハッキリ, かに世慣れ, かに云う, かに問, かに問い進みました, かに女, かに尋ねた, かに平次, かに恨み, かに掛け, かに掛け合っ, かに斯, かに濡らし, かに父, かに聞えます, かに見え, かに訊く, かに静か, しくこうして, で折屈能, なの, に口数, に訊ねた

▼ 物~ (62, 0.1%)

3 の店 2 がある, の伜, の息子, の旦那様

1 [51件] かさ, がたくさん, がならび, が並ん, が作った, が有った, が東京, が鉄, だか, ではケンネ, では大概, でもちよ, でも他店, で小鳥, で店, といっ, とか機械商, にありません, には違い, のあ, のお, のびら, の上り端, の主人, の事故大釜二つ, の二番粉三番粉, の六兵衛老人, の前, の品, の女房, の婦, の寮, の店さき, の手, の方, の母子連れ, の清太郎, の親父夫婦貪慾強情, の説明当, はほか, は屋號三文字屋, へツー, へ持っ, へ行く, へ買物, まで出向い, や雑貨店, をたずね, を呼出し, を知らない, 泣かぬばかりに

▼ 物より~ (61, 0.1%)

5 手に 3 外は 2 甘味多き

1 [51件] いっそう汚れ, うけし最初, おほ, これを, たしかに大きく太かっ, なお悪い, はるかに, まるで銭, むしろ黒物, もつと, やや大きい, やや大きい白い, わたくしの, 上等に, 人という, 何より私, 勝れた点, 十倍ほどに, 十層倍もの, 受くる, 味が, 品物が, 堅牢だ, 大切に, 娘の, 小さくなる, 小なる, 尚なる, 店の, 引かれた一条, 採ると, 朝早く, 本場丈に, 欲して, 歌は, 死んでから, 生ずるの, 發する, 白い着物, 立ち昇り候煙, 美しい傾き, 脱る, 臥しながら, 自分の, 製菓の, 西洋物の, 貴重な, 釋かれ, 金の, 高くなる, 黒物を

▼ 物なれ~ (58, 0.1%)

4 ば今 3 ど今 2 ど進めた, ば春

1 [47件] ていた, ている, どおなじ, どかかる, ども一滴, ども今日此頃, ども見る, ど人, ど切り目, ど我が, ど物事, ど筆力勁健, ど進めたて, ば, ばとて三井寺, ばなり, ばまあ, ばもし, ばもっとも, ばギベルリニ, ば一身一家, ば上, ば下品, ば云々, ば仏, ば何事, ば切り, ば去べし, ば去るべし, ば名, ば唯, ば好し, ば学ぶ, ば宇宙, ば御覧済み, ば憎く, ば散行く, ば殊に, ば淵, ば滅びじ, ば熟視, ば特に, ば罪相応, ば親, ば重から, 小野の, 決してわたくし

▼ 物~ (58, 0.1%)

2 かで, かなお, かなる死の如く, なれば

1 [50件] かだ, かであ, かでした, かでモーニング, かで口, かで行きつけ, かで變つた樣子, かなくせ, かなもの, かな低い, かな佛蘭西, かな内, かな唱歌, かな夜, かな女中, かな娘, かな小道, かな屋敷町, かな山中, かな恰好, かな悲し, かな日陰, かな木立, かな様子, かな沈んだ, かな空氣, かな老, かな老婢, かな調子乍ら, かな風物, かな麥秋, かにつ, かによく, かに云, かに切腹, かに參與, かに戸, かに歩いた, かに燃え, かに立つ, かに笑つた, かに迎, かに鋭く, かに開けた, であわてる, でた, なしんめ, に庄兵衞妻其方, に消光度, に聞える

▼ 物ずき~ (56, 0.1%)

2 な人, な人間, に近い

1 [50件] からも第, が住ん, が悪戯, が胡弓, が蒐め, さうに, としての機械, との外, なそして, なまね, な人たち, な人間たち, な兄君, な地名穿鑿, な奥さん, な少数学者, な弥次馬共, な心, な比較, な漢, な男, な若い, な記者たち, な読者, な連中, にかかる, にそんな, にほっついた, にも善吉, にも困った, にも訊い, にやあらん, に射つ, に木挽, に現場, に草樹, に血, に近づこう, に馳せ, のもの, の人, の日本人, の殿様, の骨頂, はこれから, はやめられません, も程, 仕事の, 心で, 心を

▼ 物~ (56, 0.1%)

11 ひの 4 ひが, ひに, ひを 3 に出る, ひぢ 2 の中, ひ

1 [23件] から申します, があつ, が十二通り, でも腹, といふ心持, には三種, にも亦, に就, に近き, のこと, は, ひかなんど, ひか何, ひさ, ひしか, ひですな, ひにまで, ひにも, ひ入る可, ひ手, ひ新聞社, ひ罷りならぬ紅葉, ひ騙り

▼ 物だった~ (54, 0.1%)

5 のだ, のである 4 んだ 3 のです 2 ということ, よ, んです

1 [31件] おまけに, かといえ, からである, から我慢, がこの, がその他, がなおかつ, ことは, し家庭人, すっかり洗いぬい, そうで, その頃, とのこと, と云う, と同じ, と聞かされた, と見, と見る, にちがい, にちがいありません, に過ぎない, に違い, のかね, のが, ような, わ, んだろう, パーマーの, 役得の, 母親が, 遺風で

▼ 物~ (54, 0.1%)

2 の岩室長門

1 [52件] お医師, がまいりまし, が一部, が兵八名足軽廿人, が樋橋, が馬, たる豪, だった, ですが, で去年, で獲物, という直, として勤め, として直, とその, ともなる, と老臣, なりの重職, にし, にすぎなかった, にでもなった, に令し, に告げた, に欠員, の一名, の上田帯刀, の今津源太夫, の初鹿野伝右衛門, の和泉五郎兵衛, の大岡忠右衛門, の家, の屋代藤七, の工藤三五郎, の考案, の計らい, の轟又八, の青木弥惣左衛門, はその, はまず, は令, は噛ん, は樋橋, は樋橋下, は歓迎, は詳しく, へ預け置く, もまた, も独礼, をうごかさね, を一人, を兼ね, 諸侍

▼ 物かと~ (53, 0.1%)

3 三五郎を, 思案に 2 いうに, 和平の, 思ふ程, 遊ばずには

1 [39件] いうと, いひますと, こんな事, ぞんじまする, 一緒に, 云いたいん, 云うと, 云うを, 云えば, 交換せん, 先驚かさるる, 問はれ, 嘆息なし, 嘲笑ふ, 奮鬪を, 尋ねると, 思う, 思えるよう, 思った, 思ったら仲, 思って, 思つてその, 思つて吃驚し, 思はれる位頑丈, 思ふが, 思ふ樣, 文を, 此樣な, 獣じみた, 申しますと, 疑われるばかり, 眼を, 稍馬鹿に, 考へたの, 聞きましたらいや, 見るに, 訊かれて, 誤認する, 転た景慕

▼ 物とを~ (53, 0.1%)

2 一緒に

1 [51件] かめり, くつつけ, これらの, さし上げたい, さし上げました, 分類した, 取得し得る, 受け取りは, 呉れた, 味は, 女中は, 小さく限り, 巡査は, 差別すべき, 差別する, 懐中に, 持つて, 捧げて, 掻き廻して, 携えること, 撰ばずして, 書いた報知, 条件としてしか, 比べて, 比較し, 比較する, 消費し得せしめる, 甲板の, 眺めた, 神妙に, 空費させる, 節約しよう, 結びつけること, 結びつけると, 結びつけるヒント, 織り出すか, 虐待し, 見せて, 見るばかりと, 見比べた, 話して, 贈物として, 返しに, 運んで, 遍くその, 配合したる, 鋭く識別, 除きたり, 需要し, 食い物に, 馬に

▼ 物~ (53, 0.1%)

4 はしい, ひ 3 はしく, ひの 2 はし, ひが, ほしき歎息

1 [33件] しくなりました憐れ, だろうか, の女, の現象, はしい思ひ, はしく取つ, はしく泣い, ひです, ひに, ひにな, ひは, ひを, ふなり, ほし, ほしいほどの, ほしい固定表情, ほしい日々, ほしきまで, ほしき振舞, ほしくし, ほしくな, ほしくなりに, ほしくも, ほしく入り乱れ, ほしく力, ほしく叫んだ, ほしく土, ほしく廻転, ほしく踊り出し, ほしや, ほし気, も思う, も酒酔

▼ 物らしい~ (51, 0.1%)

2 もの何一つ, よ, 物を

1 [45件] からね, から毒薬, から毒藥, から盗れない, が, が大体, が熊楠, が道中, が類話, すっきりと, その内, ぞといふ氣持, と考えました, な, のでたぶん, ひどく粗末, ものが, ものを, んでけど, ウィスキイや, ガーゼを, 壁掛も, 大きな糸杉, 大小の, 姿に, 小娘の, 小説です, 役の, 振袖袴は, 撫子の, 本が, 槍や, 気の, 物が, 目録包みの, 縮緬の, 茶筋の, 褐色の, 貧しい布子, 遺留品とては, 金革の, 鉱石の, 鋭い眼, 風を, 馬琴の

▼ 物干場~ (50, 0.1%)

2 から物置, になっ, は五階, へあがっ

1 [42件] から二階, から潜り, から瑞雲寺, があった, があり, がある, です, で花々しい, とになつて, ともつかぬ, と向い合った, につづい, には, に出, に寝, に渡し, に避難, のがらんどう, のしめっぽく, のほう, のよう, の下, の光景, の戸, の手すり, の柱, の棹, の草原, の設置, は一度, は五階目, へは窓, へ上がる, へ上っ, へ入る, へ出る, へ眼, へ行かなけりゃならない, へ行く, もつい, をもった, を出る

▼ 物にか~ (49, 0.1%)

1 [49件] さえぎられるよう, ぶつかって, へる, 乗りあ, 信頼しない, 具躰的の, 冥契する, 出会って, 刀を, 到達する, 助けを, 双対する, 喉を, 執着し, 威圧された, 引かれてでも, 引かれるよう, 引き止められるよう, 強く引き絞られ, 強制され, 心を, 惨殺された, 憑かれたやう, 掴み附いて, 曳かれたよう, 気を, 池を, 溺る, 濾過され, 無残に, 狙われて, 突き当ったの, 縛られて, 衝突し, 衝突せし, 襲はれ, 襲われて, 躓いて, 躓きて, 迷ひ, 追われるよう, 釘づけられ, 頼らずに, 饑え, 驚いたよう, 驚いたらしく又, 驚かされけむ, 驚かされたいと, 驚かされたよう

▼ 物~ (49, 0.1%)

3 で計った 2 とはならない, を振り廻し

1 [42件] こそ持っ, であり眩暈, ですべて, でなぐられちまいました, ではかっ, ではかつ, で他人, で伯母, で刀, で割りつけた, で打つ, で測った, で測り, で測り出す, で測定, で計らう, で計る, で計ろう, とか一グラム, とは違いましょう, などが這入っ, のよう, の横, の端, は, は一つぢ, も香箱, やら縄梯子, をつかわない, をもつ, を出し, を力まかせ, を取らせる, を取り直し, を執っ, を当てた, を当てなけりゃなりません, を彼, を持ち出し, を持っ, を棄て, 分廻し

▼ 物狂わしく~ (49, 0.1%)

5 なって 2 走って

1 [42件] うごめいて, おどり狂うよう, くるくると, こう叫んだ, させられて, するの, なったの, なった光君, なった叫び, なりしよし, なりまさるにつれて, なりました, なりわな, なるほど, なるよう, また聞こえた, もう一度叫ぶ, 働かせて, 叫びながら, 叫び立て, 呼びつづけました, 回転してる, 太鼓を, 小茶ちゃん, 屋根の, 探し廻った, 桂子が, 泣き入った, 源六が, 滝つぼの, 空中に, 立ち騒ぐ沿海, 膃肭獣の, 自分の, 行方に, 見えるよう, 躍動的な, 身を, 軋り出す, 顧みれば, 飲みつづけて, 騒ぎ立て亭主

▼ 物~ (48, 0.1%)

3 自得す 2 なんじら, を

1 [41件] かなぐり棄て, が動い, が望, こ, さあれ文, そのあるごとくなる, その第, たふとく, な平民社界, な静か, の凋落, はさやか, は人, は時代, を赤子, を香, 備れり, 凝凍收縮, 同じ程度, 定処, 悉く一面, 悉く白, 悉く頒, 悲しく生きる, 散け, 新時代, 旋る如く見, 明るく心, 歸する, 沈む誰彼, 濁れる黄色, 然り, 然る, 移り物替る, 等しく明, 終あれ, 統制弾圧の, 萠ゆる, 面白い, 頼もしい, 飢ゑたり

▼ 物~ (47, 0.1%)

12 の声 2 が女子供, の笛

1 [31件] か将主, がずっと, がやった, がやつ, だけはことに, と言え, なども来なくなった, など下り者, に出遇った, に話しかけたくなった, に話しかける, のかなし, のこども, の前, の呼び声, の呼声, の商人, の女ら, の小娘, の布子, の皆, の話, はいっさい, も佇む, も出, や見世物, や車, をやり過ごし, をスケッチ, を厳禁, 来蛤蜊過門渓

▼ 物あり~ (46, 0.1%)

2 げな, げに, て心, て柱, 妻妖怪なりとして, 拾ひとりて

1 [34件] あるいは潔く, いとつよく, これに, しかと, そうな, それは, ていかなる, てはいさぎよき, てわが, て家, て晃きぬ, て空, て空腹, て馬, とも覺, と懷中, と知れる, グーンと空中, 予が, 人と, 何かと疑ひ見れ, 妙な, 慾あれ, 我等と, 手に, 浮膏の, 物あれ, 甲板に, 筆者に, 色白く, 葦牙の, 足にて, 足許に, 面を

▼ 物狂わしい~ (46, 0.1%)

4 ように 3 ような

1 [39件] お君, お雪ちゃんを, この有様, ご悲嘆, と見る, ばかり往来, ほどに動い, ほどに哮り立っ, まで夜もすがら, まで気, まで瀝ぎもしたろう, ものであろう, ものに, ものの, ジンタが, ムク犬は, 人の, 先生の, 囁きを, 場面を, 夢の, 屍山血河の, 幸福感で, 彼の, 彼を, 心持で, 情熱が, 挙動を, 欲望に, 気色に, 沈黙が, 渦巻に, 火炎魂を, 異国の, 笑い声さえ, 羽搏き, 脳裏を, 計らい, 非人間生活

▼ 物でない~ (45, 0.1%)

3 ことは, ものは 2 ことを, とすれ, と駄目, 事は, 時計を, 物を

1 [27件] かと思え, からそう, からという, からどういう, からには自己, が若い, そうだ, だけに気, だけに面白い, という, といふ事, とは云われません, と云う, と判る, と思つたの, のが, のである, のは, までも新しく, ものとが, ようであった, ような, ハイネの, 勢力が, 方が, 永遠といふ, 物は

▼ 物小屋~ (45, 0.1%)

2 の前, の楽屋, の間

1 [39件] から河童, が出来ました, が氷店, でこんな, では当日, では表, で呼込み, で囃し立てる, で女, で照, で見物, と植木屋, には人間, にもやはり, に入らう, に出, に引張る, に晒され, に晒される, に用, に雇われ, のそうぞうしい, のまえ, の一件, の噂, の囃子, の羽目板, の裏手, の野天商人, はあと, はいつ, はもう, へはいる, へは最初, へ仙台, へ入り込んだ, へ因縁, へ見物, を出し

▼ 物語り~ (45, 0.1%)

4 のある, をし, をする 2 を書いた, を聞き, を語り得る

1 [27件] に津村, のあるべき, の一節一節, の終局, をあまり, をかいた, をくみたてる, をその, をはじめた, をも, を交えたい, を伝へた, を信ずる, を先生, を出された, を創作, を参考, を口, を告白, を始めやう, を書い, を直接, を笑った, を藤枝, を話しかける, を話し出した, を運ん

▼ 物でなく~ (44, 0.1%)

3 てはならぬ 2 て行為, なつて

1 [37件] さうし, てはならない, てはならなかつた, てはなりません, てはなるまい, ては成らぬ, ては言, て何, て何人, て化合物, て多少, て実際, て彼女等, て本物, て東海道, とも宜しい, なつた, ツて, 予が, 人の, 千代田城の, 却って表現的, 却て, 女の, 惣髪に, 我と汝, 所詮はま, 手に, 父と, 版行の, 特殊の, 現代人に, 白地の, 神霊を, 禁軍八百万の, 詩とも, 鎮魂の

▼ 物に対して~ (44, 0.1%)

2 重きを

1 [42件] あんまり興味, いかなる態度, いくらかの, その幾分, それを, とるべき態度, なされた最後, もって, より多く, 一〇〇名の, 与えなければ, 与えられ得よう, 仕事を, 何物をも, 働きかける大事, 僕, 公平に, 単なる全体, 厳重な, 受取る所, 同一の, 哲学者達は, 報酬される, 婦人の, 常にその, 常に同一, 彼は, 快くない, 恬淡に, 支払うべき人民, 支払われる窮極的価格, 敬意を, 疑ひを, 監視を, 相当の, 自分の, 自律的である, 要求した, 課せられる租税, 課税する, 限りなく, 高い値段

▼ 物~ (43, 0.1%)

2 なこと, の旅人

1 [39件] あらば, だつたけども, であると, でこんな, でないと, でもあっ, でもこんな, でも有, で奧, で稽古, で言, と見える, な一構, な人, な住居, な心, な殿, な江戸人, な男女, な顔, にこ, にその, には予, にもあらず, にも困る, にも自ら, に何, に手, に訊きたがる, に試す, に長く, はめつたに, らしくいつ, を尽した, を笑, キナ彼奴トテモ手ヲ, キノ颯子ハ去年台所ヘ, 半分に, 半分の

▼ 物その~ (42, 0.1%)

4 物である 3 事を, 物が, 物の 2 外の, 物は

1 [25件] すべてを, ほかの, ほか数ある, 主人公の, 事の, 人が, 人を, 何れで, 傍らに, 僞り, 力に, 場に, 大小は, 室に, 形式を, 意味で, 新築の, 時性の, 横を, 正体を, 物な, 物を, 胸掛を, 處を, 角に

▼ 物であっ~ (42, 0.1%)

2 て, てその, て価値

1 [36件] ていずれ, てお金, てこそ美し, てそれ, てそれぞれ, てそれぞれ自分, てただ, てどんな, てなんら, てはならない, てはならぬ, てもその, てもならない, ても何かしら食品, ても吹聴, ても無限, て中央, て今日, て作家, て内容以外, て初めて, て単なる, て収入そのもの, て学そのもの, て寧ろ, て度し難い, て彼, て徳川一門, て本来イデオロギー, て決して, て現実, て用, て等しい, て観者, て趣味, て飲め

▼ 物足らな~ (42, 0.1%)

15 さを 10 さが 4 そうに 3 さに 21 さこの, さそうに, さだった, さの, さは, さも, さ充たすち, そうな

▼ 物数奇~ (41, 0.1%)

2 にやる, を満足

1 [37件] から引き受けた, から来た, から行灯, か知らぬ, がしきりに, だ, だと, だね, である, で飛出し, と云う, なネレウス, な人間, な動機, な学生, な座敷, な御, な試み, にさつき云, にせよ, に媚びよう, に落ちたく, に行く, に過ぎなかった, に違い, ね, の人, の説, はかよう, もなく, もやはり, も今, らしい視線, らしい骨, を起した, 過ぎますね, 過ぎるで

▼ 物~ (39, 0.1%)

4 かし 3 忘れて, 紙縷は 2 かくあれ, かし總領, 此樣な

1 [23件] かし其御恩, かし総領, こんな身, しつかりして, その後汝の, た, ただ空虚, や, やといふ, 何れ名に, 偲ばゆ, 否な, 宇宙の, 思ふ雲の, 悲しき, 憑司ヘイ腕に, 救何物ぞ, 是等の, 更生何物ぞ, 来れる, 物質か, 苟も己, 葛籠の

▼ 物~ (39, 0.1%)

3 の方, らしく温順 2 と通人, の説, らしい顔

1 [27件] が輩出, だと, だとも, である, でおまけ, でも私, で数多い, で滅多, で無い, とて尊敬, とに教, と立てられる, と言われ, にし, になる, に訊い, に逢う, に驚いた, のお, の男, の老人, ぶつて, めいた余計, よ, る人, を棄て, 最も老練家

▼ 物~ (38, 0.1%)

9 やない 5 やありません 3 や, やあるまい, やア 2 やから, やな, や無から 1 やあき, やある, やか, やなかつた, やね, やねえ, やよ, や殺い, や無い

▼ 物とが~ (37, 0.1%)

2 はっきり別れる, 相互に

1 [33件] あつて, ある, あるの, ある懸垂装置, ともに並び, どこで, ひきあう力, ボーッと, 一つである, 一つに, 二つでない, 互になり替る, 入り乱れて, 入れまじって, 入れられて, 別であった, 区別され, 双方に, 同じである, 吾平爺の, 対峙する, 打合って, 拂拭され, 渾然と, 現実的に, 相働く, 相離れた, 空間関係に, 組み合つてさ, 置かれる, 表現的作用的に, 言葉と, 面白く樂

▼ 物みな~ (37, 0.1%)

6 は歳日 4 よろし 2 涼し朝東風

1 [25件] あえいで, うごく朝風, うつくしいと, がよく, が凍てつい, が没落, が煙, そうそうと, そのところ, なつかし, の姿, の造りぬ, は天照大神, は歳月, よかれ人みな幸, よろしとは, よろし悲観, 哭いて, 変り果てたと, 懐かしい春, 極めて完全, 正し, 残る, 澄んで, 燃え立って

▼ 物云い~ (36, 0.1%)

7 をする 5 をした 2 方で

1 [22件] から体, が出来た, が明るく, それらの, でと涙, でりん, で夫人, で左右, で申し入れ, とがすべて, はしない, は穏, ばかりする, や行儀, をされる, をし, をしなかった, をつけた, を残し, を私, 癖を, 私は

▼ 物盗り~ (36, 0.1%)

3 の仕業 2 人殺し渡世を

1 [31件] かいそれとも, かなそれとも, が仕返し, が原因, が念頭, とか, とも存ぜられません, とも見られまい, と云う, などとは違っ, にかかった, に入, のよう, の侍, の偶然, の兇行, の女房, の心配, の浪人, ばかりで, やら喧嘩沙汰, や怨み, をやった, を捕え, 以上に, 強盗が, 説の, 諸説フンプンで, 辻斬りまで, 金が, 騒ぎが

▼ 物~ (35, 0.1%)

3 に横行 2 に占領, に振舞っ, に横行濶歩

1 [26件] で以前, にこの, にしゃべっ, にしやぶり, にたった, にのさばり歩い, にのさばり歩く, にふるまっ, にアトリヱ, に出入り, に占め, に咽喉一杯, に声, に娘, に子供, に富山, に思わせぶり, に振舞, に楽, に民衆芸術, に澄ん, に碁会所, に立ち振舞う, に贅沢三昧, に走る, に跳ね廻っ

▼ 物いう~ (34, 0.1%)

2 ごとに, べい, 国が

1 [28件] ことから, ことが, すべを, てくれ, とは思われずし, と汝, な, にも久慈, に至り, のさえ, までもなく, ものは, ように, クラだ, 人の, 力さえ, 声が, 度びに, 弁才は, 方が, 時その, 時には, 浮世絵と, 癖が, 花と, 花の, 風に, 魚

▼ 物への~ (34, 0.1%)

1 [34件] 中間に, 冒涜と, 冷笑的態度を, 冷酷な, 別離の, 割当中止, 割当削減が, 動きである, 執着も, 執筆学生との, 報酬一割か, 変化が, 変化でなけれ, 変形である, 御礼にと, 悲願でも, 情愛において, 情愛を, 愛かかる, 挑戦次に, 接近客観物へ, 点火者日野俊基など, 無反省, 物欲に, 用なら, 用のみ, 目の, 直観と, 見方においても, 見方には, 観光客を, 転化的飛躍が, 轉向を, 進取的な

▼ 物なし~ (33, 0.1%)

1 [33件] それより, ただ無窮, である間もなく, でお腹, でねむった, では, で伊達家時代, とある, というあっけない, といわれる, とこれ, との一言, と後, と覺, と賞賛, なほふかく, になっ, にはもう, には済ませない, に埃, に必, に描く, に結びつい, に自分, に通りぬける, に駈ける, の江戸っ子, 万歳三唱せり, 底に, 引返し朝食を, 止むを, 近々の, 馬の

▼ 物について~ (33, 0.1%)

2 或る, 知って

1 [29件] いうの, これを, こんなお話, そうである, その水準, その終点, ただ我々自身, どれだけの, なにかお, もつ欲望, ゴオドに, 一応の, 云う事, 単にいくつ, 大変な, 彼の, 所感を, 注意を, 無數, 物の, 物を, 研究し, 私は, 細心の, 見れば, 観察する, 覺え, 語るうち, 述べること

▼ 物にでも~ (33, 0.1%)

2 憑かれたよう, 追はれる

1 [29件] された日, さわったよう, しがみつく, したの, したらそれ, するの, つまずいては, なつて, ひそんで, ぶつかって, 仕立てさせやう, 仕立てさせようと, 出て, 出会って, 引かれたかの, 引かれたよう, 感歎せず, 憑かれた患者, 憑かれた様, 手を, 本意ならず, 絡み付きさうな鋭い, 襲われたという, 襲われたよう, 触れるかの, 觸る, 追われて, 追われるよう, 飛び掛りそう

▼ 物~ (33, 0.1%)

3 ひを 2 の漂浪人, ひして, ひの

1 [24件] するよう, に往, ひしても, ひし乍ら, ひすとき, ひするやう, ひするを, ひらしい法師, ひ同然なす, ひ女, ふことも, ふとシクラメン, ふ三味線, ふ中, ふ乞食, ふ人, ふ児等, ふ家, ふ犬, へる, へる處, も大概顔, や薦僧, をする

▼ 物~ (33, 0.1%)

2 を着けた

1 [31件] して, すら解かなかった, つけた武士, なども余す, などを収め, に派手, に身, の中, の手入れ, の繕い, の音, の響, はいう, もあわただしく, もつけず走り出, もて固め, も鑑, も雑多, や刀掛け, をつけ, を入れ, を捨てぬ, を着け, を着こみ, を脱ぎ, を自分, を解かず, を解く, 取って, 捨てて, 着けて

▼ 物~ (32, 0.1%)

3 の先, を出し

1 [26件] がこの, すなわち定規, だけで, だの会費, だの針箱, ではかっ, では決められない, で作図, で割切れる, で反物, で尻ぺたをひどく, で民藝, で脊, で計り, とはならない, にあてはめ, にどれ, の代用, をもった, を借し, を当てた, を持った, を畳, を結合線, を繰返し, を頬

▼ 物越し~ (32, 0.1%)

3 でお話

1 [29件] であいさつ, でいい, でいろいろ, でお, でお話し, ででも何, でもお話し, でやっと, で相手, で私, で話す, で逢う, などでお話し, などでなく, にお, にでもお, により聞かれない, に似合わぬ, に席, に私, の対談, の御, の柔和, の気配, の滑らか, は物, まで唯, を特色, 附添い

▼ 物さえ~ (31, 0.1%)

3 云わぬ 2 あれば, 見るとめの

1 [24件] あった, いわなかった, かすんで, とって, のべつ攫っ, 云えない, 云えなかっ, 云わなくなった, 何が, 使ったらどんな, 出れば, 分って, 取れば, 喰わして, 持って, 片っぱしから, 目に, 神技の, 見ると, 言いませんでした, 言うよう, 言わなければ, 詰められるだけ, 陣取って

▼ 物かは~ (30, 0.1%)

1 [30件] いきなり哀願泣訴, いっそこの, いって, お常, そこから, その人ゆえ, その度, それに, ぞんじませぬが, なかなか見当, われを, 一体何, 何である, 倶に, 判然と, 危険を, 可成り, 夫れ, 寧ろ危険以上, 年と共に, 彼も, 改めて住田, 最も立派, 死滅するであろう, 殊に殿, 眩しい電燈, 私の, 葉子の, 走って, 針ほども

▼ 物であろう~ (30, 0.1%)

9

1 [21件] かとふり, か何, がそち, という, とかいい, とに論, とはチト, とまたは, とも, ともお, ともわたし, とも美しい, とも身, と云われた, と思われます, と物, と私, と精神的能力, ヒョロ長い, 幅二尺七八寸長, 片手に

▼ 物~ (30, 0.1%)

8 はぬ 2 ひを

1 [20件] えない, ければ, ず依て, はで, はれぬは, ひかけた, ひたげな眼, ひたげな瞳, ひたる言葉つき, ひますから, ひ年輩共, ふこと, ふ元気, ふ声, ふ夜寒, ふ機械, ふ王, ふ者, ふ術, を聞

▼ 物~ (30, 0.1%)

2 で計っ, を持っ

1 [26件] がうまく, だよ, であたっ, で計ったらしく, で鎌, とを一緒, にはもとより, によって生きよ, によつて, のやう, の端, はパリー, やハカリ, をいじくる, をおなか, をとっ, をふる, をもつ, を以てし, を傷, を出し, を引手, を持つ, を持出し, を握っ, を貸し

▼ 物思ふ~ (30, 0.1%)

2 らん君が

1 [28件] ことの, こと人よりも, こと多き, と過, に立ち, は, は惡しき事, らむ嘆く, を懌びたり, 人と, 人は, 人や, 夜の, 夜は, 手が, 時なぞは, 時に, 時片手の, 異郷の, 秋は, 窓を, 膝の, 袖に, 身も, 雲の, 頃, 頃三月に, 體に

▼ 物にな~ (29, 0.1%)

5 つても 3 つたのが 2 つたのである, つてし

1 [17件] つた, つただらう, つた上馴染の, つてこそ, つてこちらの, つてそれに, つてゐます, つて來た, つて來なけれ, つて来た, つて満足し, つて特許を, つて腐り果てる, つて行つたのである, つて陶器の, ッて, ツて

▼ 物~ (29, 0.1%)

2 が騰貴, の下落, の變動

1 [23件] が動搖, が漸次, とが競爭, と金, について話し, の下る, の低落, の動き, の單位拾圓, の大, の比例, の關係, は戰時好況時代, は非常, は高い, また更に, も下, も安, を手紙, ノ暴騰, ノ調節, ヲ合理的ニ調整スルヲ得ベシ, 依然として低落

▼ 物見せ~ (29, 0.1%)

4 てくれ, てくれる 3 てやる 2 てくれよう, てやらなけれ, て呉れん, て呉んず 1 てく, てつかわそう, てやらなけりゃ, てやりたい, てやろう, て呉れよう, て呉ん, て置い, て置かなけれ, て遣わさん

▼ 物なんか~ (28, 0.1%)

1 [28件] あって, お帰り, この前, たべないで, どうで, ないと, ひところは, ふんで, もって, 云わないの, 何でも, 何も, 作らずに, 吹き飛んで, 売飛ばして, 欲いと, 欲しくない, 決して人, 盗るよう, 盜る, 着せは, 着ないで, 穢なく, 縫つてゐる, 貰うの, 貰って, 食いたくなくなりましょうか, 黒人仲間ぢや

▼ 物~ (28, 0.1%)

8 に沈ん 3 に沈んだ 2 に沈み

1 [15件] かという, が今, が軟か, にもさすが, に夜, に寢, に沈む, に沈んでる, に臆病, の何とも, もなし, も好き, やせん, やはら, をおぼえそめた

▼ 物~ (28, 0.1%)

10 ひに 6 ひの 2 ひ, ひを 1 となり, の一, ひたるべし, ひぢ, ひです, ひにな, ひになんぞ, へになる

▼ 物といふ~ (27, 0.0%)

6 のは 3 ものは 2 明治の

1 [16件] あらゆる物, ことが, ことで, ことに, のが, ので, もの, ものが, やうな, 事で, 形に, 感じも, 感じを, 歴と, 気で, 物が

▼ 物とか~ (27, 0.0%)

1 [27件] いって, されば, なす曰く恋愛なり, なにかを, なんとか云った, はりは, コナン, 七彩物とかに, 上手物とかの, 云う, 会合とか, 具足など, 参考品とか, 小さなお, 小遣いとかという, 御氣, 我れ, 持ち物なぞ, 玉ツブシなども, 現代史的な, 色々な, 講談物とか, 道具とか, 雑具とか, 飯を, 髪飾とかの, 髮飾とかの

▼ 物なく~ (27, 0.0%)

3 して 2 人立お, 龍華寺の

1 [20件] しても, その時, その身, た, たちまち五体, て軽き, 一七〇七年に, 乞食の, 人立おびただしき, 來る, 其夜は, 周章比類なき, 囃子に, 地上を, 弱り果てて, 所謂爪に, 明治二十年代の, 来る客, 父なく, 鮮明に

▼ 物を以て~ (27, 0.0%)

2 しても

1 [25件] あの長編, ことごとく貧窮, しては, する伝承, その時代, また能, 人生の, 償うこと, 充された, 加えられても, 勘定奉行らが, 名が, 多くの, 大なり, 大化以前の, 子分の, 山麓に, 己に, 征伐した, 満足する, 目せられて, 直に自家薬籠, 装飾され, 間に合わせる, 食物と

▼ 物寂びた~ (27, 0.0%)

2 朝夕を

1 [25件] とは云, ものに, 僧院的な, 十三世紀の, 古い萱屋根, 古池に, 地だ, 境内に, 境域には, 夜を, 家の, 小さい拝殿, 建築から, 御堂の, 感じが, 憐れの, 本堂正面の, 眺めを, 社の, 空気の, 豊かな, 趣が, 郭公の, 雅致を, 風情が

▼ 物思わし~ (27, 0.0%)

14 そうに 5 げな 1 げであった, げに, げに悩み沈み, さは, さを, そうな, そうにばかり, 気に

▼ 物でなけれ~ (26, 0.0%)

11 ばならない 5 ばならぬ 1 ばいけない, ばいけません, ばならなかつた, ばなりませぬ, ばなりません, ば喰えない, ば噛めなく, ば與, ば鑑賞, ば食事

▼ 物にて~ (26, 0.0%)

2 甚兇悪なり

1 [24件] いろは引也, かく大, ひろくいふ, 一枚を, 世界萬國の, 世間の, 二尺九寸, 人に, 作れる棒, 作れる長, 候, 候その, 候御, 容易に, 当店の, 心の, 最もその, 牛と, 玉子入, 紋は, 親戚または, 雪の, 養女どころか, 黒く濃くし

▼ 物ほし~ (26, 0.0%)

4 げなる, そうな 3 げな 2 げに

1 [13件] かつた, げに彼女, さう, そう, そうで, そうである, そうに, てんとて, にのっ, 台に, 場に, 竿の, 竿を

▼ 物及び~ (26, 0.0%)

2 原料の, 原料は

1 [22件] その他の, その延長, 一円以下の, 一時代の, 其の他, 制度の, 労働者の, 十月号の, 原料から, 原料を, 各用役, 天子の, 極めて小, 消費的用役の, 無機成分を, 現象で, 自分と, 製造貨物の, 財貨の, 貴重せし, 起る様々, 農業者の

▼ 物としては~ (25, 0.0%)

2 これに

1 [23件] あり能わぬ, いけないとか, およそ不, この須賀川, これが, なしどう, 不思議は, 今日の, 何らの, 元来微力, 出て, 失敗である, 意地も, 曲玉や, 最後の, 甘茶の, 真に迫っ, 短歌形式が, 第一, 第一等, 議論の, 足りる私, 頗る上出来

▼ 物一つ~ (25, 0.0%)

2 溜めてないね, 言えなかった弱気

1 [21件] すら読めな, だそう, で往來, として此, として珍奇, ない靜けさ, なく寺, にもそこ, のため, は北海道, もなくなる, を僕, 動かぬ静かさ, 持ったこと, 揚がらなかった, 止めずげそ, 焼けず怪我, 盗んだこと, 破らま, 言わず袖, 買わぬタダ金

▼ 物~ (25, 0.0%)

5 げな 4 げに, そうに 2 さと, そうな 1 げであった, げに葉子, さで, さに, さを, さ眠, さ苦るし, に居

▼ 物ある~ (24, 0.0%)

4 ひは

1 [20件] ことなく, ことなし, ときは, ところに, により拾上, に因っ, は女子, も女中, をかれ, を不思議, を見付け, 両人の, 事を, 二谷といふ, 場合が, 暗黒なる, 根強い要求, 母が, 薄気味の, 証拠を

▼ 物ごころ~ (24, 0.0%)

4 がつい, ついて, のついた 2 ついてから 1 がありすぎ, がつき, がつく, ついた時分, つくか, つくとからの, つく時分, づいて, づいてからの, のつかぬ

▼ 物~ (24, 0.0%)

2 たりし, ている

1 [20件] これを, つれ, てある, てこれ, てまだ, てゐる, て寄せる, て短歌雑誌, て送りける, て雜誌, て鬼, ながら話, をる, 侍べ, 候ひし, 歌を, 給はで, 給ひぬ, 給ふらんと, 翁の

▼ 物などは~ (24, 0.0%)

1 [24件] あろうと, いずれも, いって, いつも思い切った, うちの, ばったり客足, まあまあいい, まだいい, 一つも, 人を, 何も, 何一つも, 何一つ口に, 内藤も, 少しも, 常暁律師, 幾年も, 書簡と, 火を, 猶の, 用を, 私の, 自然と, 避けた沈

▼ 物優しい~ (24, 0.0%)

2 男では

1 [22件] お靜, から悪罵, が力, のに細面, 働き者で, 先輩は, 判事は, 口を, 名の, 国語かと, 声でありました, 姉を, 微笑を, 心境にも, 所が, 生れであった, 眉山との, 眼に, 老夫人, 親切な, 調子で, 跫音が

▼ 物足らず~ (24, 0.0%)

1 [24件] お思い, して, に一同, も口惜しく, 寂しいであろう, 寂しく思い, 寂しく思っ, 寂しく思われ, 思いながらも, 思いまた, 思い始めた, 思い真木柱, 思う, 思うの, 思う事, 思う者, 思ひ始めた, 思われ二条, 思われ自身, 感じた, 淋しい川口, 淋しく覚えた, 眺めて, 遂に三十四年社会民主党

▼ 物によって~ (23, 0.0%)

1 [23件] いやが, その性質, その風流, ただ受動的, やわらげられた光りを, 凹凸が, 十分の四取っ, 同時に占有, 品は, 外国から, 富まされる, 少しずつ, 左右される, 彩色を, 生きなければ, 着色された, 結晶形が, 複雑な, 見当の, 身を, 迫害され, 養い得る人数, 驚ろかされた

▼ 物~ (23, 0.0%)

2 の最も

1 [21件] かつて一, でも別室, で優れ, で最も, で直, に, にあり, における古代殿堂, にて主要, にはそれ, には稽古事, に数学史, に於ける, に納められ, のパンフレット, の固形物, の最上完美, の為め頓死, の第, の霊体, 最も上乗

▼ 物欲し~ (23, 0.0%)

5 さう 4 さうでない 2 さうに手を

1 [12件] がりだと, さ, さうとい, さうに明け, さうに見え, さが, さこそ, さと, さとは, さに, さの, さを

▼ 物足りぬ~ (23, 0.0%)

2 果敢なく味気

1 [21件] ということ, と思ふ, と感じさせる, ほどだった, やうな, やうに, ようにさえ, 位ゐ, 呆氣ない, 定食, 心地が, 思いに, 感じだ, 感じだった, 感じで, 感じを, 感を, 様子で, 残念な, 顔で, 顔を

▼ 物~ (22, 0.0%)

5 げな 3 げに 2 げの

1 [12件] げであった, げにうなっ, げに何ともしよう, げに揺らし, げに日光, げに深い, げに立てる, げに見眺め, げに音, げに頸, さそうに, そうに

▼ 物~ (22, 0.0%)

12 もひ 2 小遣ひも差あげられる 1 ぢを, つかいに, へんよって, ほくい, もひつる, 上りに, 夏は, 疊た

▼ 物かも~ (22, 0.0%)

5 知れない 3 しれない 2 知れぬ

1 [12件] ございます, しれずと, しれないが, しれないぜ, しれないという, しれませんね, 分らないし, 知れないが, 知れないぞ, 知れないな, 知れません約, 知れんて

▼ 物~ (22, 0.0%)

2 はに, へあつ

1 [18件] うした, はなれ, ひしきは, へありや, へある, へ一読, へ三布蒲團一, へ出, へ出でたる, へ口, へ喰, へ噛みが, へ手, へ渡来, へ見える, へ言, わに, 髮の

▼ 物しか~ (22, 0.0%)

1 [22件] くれない, ございませんでした, その神神, できなくなったの, 内蔵助は, 出来ないの, 出来ぬ, 召し上がらなかった, 喰べて, 摂れなくなって, 書かぬが, 消費しない, 煙に, 狙い又, 狙ひ, 生産しよう, 知らずそして, 考へられない, 見えは, 記載に, 買えずそれ, 食べさせず来れば

▼ 物だけ~ (22, 0.0%)

2 では, 出して, 買ふ

1 [16件] あって, あつて, であると, でそれ, でパン, 並べ立てて, 取って, 売ったばかり, 引っ攫い, 持て, 摂って, 箱馬車の, 纒めて, 肌身に, 詰めこんで, 重詰に

▼ 物をと~ (22, 0.0%)

3 太公望が, 言はれ

1 [16件] いふと, うながされた, 今も, 作りますので, 千悔の, 可愛く言, 強ゐ, 思いますと, 思ったが, 思って, 急が, 拝むよう, 指輪のか, 故ら, 筆先十露盤玉にて, 責めは

▼ 物~ (22, 0.0%)

1 [22件] シテ廻ッテ春久サントホテルノグリルデ食事ヲシテエトランゼデ, シテ歩道ヘ, ナサラナイ方ガヨクハゴザイマセンカ又, 入レタル小嚢, 列ラネ曝ス程, 官廳會社ニ賣, 得タリ此度ハ其生ズル処ハ葉, 愛スル人有リ, 持ッテ来ルト前金ニ内通シテクレル故, 曝スゾ善ケレ, 有スレドモ乙ハ之, 次々, 残リ多, 求ムルハ好古, 求ムル者有リ, 百文ニツイテ四文ズツノケテミタガ三月, 相シテ而シテ施ス, 着テ, 知ラヌ奴ダカラ講中ヲバ抜ケルカラソウ云ッテクレロト云ウタラ大頭伊兵衛橋本庄兵衛最上幾五郎トイウ友達ガ尤モダガセッカク出来タノニオ前, 観ルコト難キニ至ラン, 食シテ鹿域ノ, 食ベルノニハ時間ガカヽル

▼ 物~ (22, 0.0%)

1 [22件] があっ, がある, が多く, が大変, が嵩む, にて今, のございました, の続く, もかさむ, も多く, も大抵, や籠, をした, を厭, リ少, 何や, 多く夫ゆゑ御, 嵩み五年, 引出しの, 續き, 葬送の, 袋を

▼ 物化学~ (22, 0.0%)

4 の研究 2 の基礎

1 [16件] がすばらしく, に貢献, に関するもの, に関する有益, の上, の実験, の新しい, の根本観念, の発展, の目ざましい, の話, の起り, はここ, をまるで, を学び, を正しい

▼ 物~ (22, 0.0%)

2 では知らぬ, に安心, に平然

1 [16件] では知らぬ顔, と申す, に, に向ける, に居き, に抽かん, に独立, に獨立, に瓢, に超然, に超然たる, の一沙門, の人, の天真, の神韻, の趣

▼ 物~ (22, 0.0%)

2 から御, から貞宗, が三人, に納めた, の御用, 御役人 1 からは厳重, からは嚴重, から東照宮伝来, から東照宮傳來, なれば, に伝え, に傳, に屆, に届け, に登用

▼ 物書く~ (22, 0.0%)

2 こととは, ことも

1 [18件] からにはそこ, ことの, その事, に筆, ほどのもの, ものが, ものに, ものに対して, 上に, 事一日も, 事能は, 力は, 妹の, 時の, 時手を, 父の, 祕訣も, 能は

▼ 物なき~ (21, 0.0%)

2 姿いにしへも

1 [19件] おん身よ, かと探し廻り, ため横さまに, についに, により庄三郎日頃懇意, に物, に至り, までその, ゆえ何卒, を常, を承知, 心と, 時は, 欧洲遠, 殺人魔, 神等は, 處に, 頑丈無比なる, 黄海の

▼ 物なども~ (21, 0.0%)

1 [21件] あったろう, ある, きこし召し身, この二ツ, すぐ売りつくし, それから生れた, 世話狂言の, 余り奇麗, 多くこの, 大がかりな, 少のうございます, 心がけて, 敷いてない, 欠けては, 洗うので, 物色し, 素直に, 置かれて, 良い品物, 買って, 食いません

▼ 物思は~ (21, 0.0%)

8 しげな 3 しき風情お前は, しげなる 2 しげなり 1 ざらむ, しき眼色の, しき風情なる, しげだ, ばや

▼ 物思はし~ (21, 0.0%)

3 気に 2 氣に

1 [16件] げにうなだれ, げにそれ, げにゆるゆると, げにユル, げに云, げに其ほとり, げに小手叉, げに差, げに御門, げに打沈み, げに男, げに窓, げに立つ, げに見えた, げに長, げに長髪

▼ 物知らず~ (21, 0.0%)

2 にも程, の物知らず, の阿呆者め

1 [15件] だな, でいい, で古い, で訓練, という連中, とみえる, と言っ, なの, に筆, のはう, の女どもめ, の阿呆め, の集まり, はわらつ, は言う

▼ 物~ (21, 0.0%)

2 の代償, を集め

1 [17件] とてもその, の一部, の輸入, の集散地, の騰貴, はどう, は汽船, をいただき, を取, を強請, を檢閲, を無理, を焼いた, を藩外, を販賣, を賣, を運搬

▼ 物~ (21, 0.0%)

2 に優しく

1 [19件] である, でちんまり, なこと, なもの, なれば, な具合, な土地, な旅館, な春, な水, な詞, な部落, な鳴声, にて病臥, に廻っ, に晴れた, に男, に聞いた, に言葉

▼ 物驚き~ (21, 0.0%)

10 をする 4 をし 3 をしない 2 をなさり 1 したやう, を知らぬ

▼ 物體的~ (21, 0.0%)

19 なもの 1 な如何なる, な無

▼ 物だろう~ (20, 0.0%)

3

1 [17件] かと評定, がその, が委細, という, という女頭巾, とて妖巫, と云いおわっ, と思います, と思っ, と熟, と考え, と見当, と言い, ナと訊く, 位に, 白粉などは, 袷を

▼ 物云う~ (20, 0.0%)

3 象徴 2 のも

1 [15件] ことは, ことも, たんや, ものも, も懶き, 世の中じゃぞ, 人, 他の, 小娘であった, 度に, 眼皷動する, 者は, 表徴である, 表象だった, 隙も

▼ 物優しく~ (20, 0.0%)

2 小腰を, 折目正しい

1 [16件] ありましたから, さへ, なるやう, まことに立派, ファニーの, 其草花の, 出たら案外, 別れの, 声を, 変って, 尋ね問, 慈愛の, 紋也は, 育てられて, 言葉を, 責めるやう

▼ 物争い~ (19, 0.0%)

2 をし

1 [17件] が出来, が持, が起った, が起りました, でもし, になっ, になった, になりませんでした, に火, の罵り, の音, は二十年, は火花, をはじめた, をはじめて, を聞きました, を逐一

▼ 物即ち~ (19, 0.0%)

2 肉を

1 [17件] 何とか実録, 史料と, 基に, 孔子, 底の, 彼ある, 書画骨董の, 滅び失すべき被, 理想にまで, 空気水土の, 美味なり, 腕足類を, 草木や, 詩は, 證に, 霰状雪の, 魚類などを

▼ 物見た~ (19, 0.0%)

6 さで 2 さの好奇心, さ聞きた, さ聴きた 1 さと云った, さと慾, さのやう, さの人だかり, さの向う見ず, さの穉, さの遠巻き

▼ 物おも~ (18, 0.0%)

2 ふ色, へとや

1 [14件] は, はしげにて, はする, ひも苦みも, ふらしく或, ふ令孃, ふ呼べど, ふ姫, ふ室, ふ涙, ふ白馬, ふ秋, ふ頃, へども

▼ 物だけは~ (18, 0.0%)

1 [18件] お替, この際, そのまま還したです, たしかにあり, ともかく配給, はい町, もらうという, 一品だって, 別だった, 双方別の, 心配しない, 必ず栄える, 所謂室町時代記録の, 抜く暇, 普通よりも, 洗って, 置き忘れられたよう, 食わせられねえ

▼ 物だらう~ (18, 0.0%)

3 か, が何 2 といふ 1 かと怪しまれる, かな, が巴里, と云, と存じ, と思ふ, と手, と疑ひ, ッ, 白粉などは

▼ 物とては~ (18, 0.0%)

1 [18件] あちらこちらに, ありますまいし, これきりだ, 何にも, 塵一本にても, 家内の, 爪髪の, 自分の, 芝生の, 蟻一つ見えは, 見当たらざりしが, 足の, 身に, 鋏一挺目にか, 鋏刀一挺目に, 鋏刀一挺目にか, 長持と, 鳥獣木の実やうの

▼ 物をば~ (18, 0.0%)

3 何でも買

1 [15件] いと妙, すべて樂しき的に, 一切思うまい, 一切認める, 全く土芥, 出しなさい, 取り込まにゃ, 己れ, 思はざりけり, 悉く贈るべし, 時間空間的な, 死が, 汝悉く, 相手の, 社会の

▼ 物以外~ (18, 0.0%)

2 のもの, の貨物

1 [14件] からやろう, にある, にはその後余り, にはたてさせない, に他, に向かぬ, に模索追究, に銛, のラジオ, の人間, の何物, の或, は民謡, は身辺

▼ 物すべて~ (17, 0.0%)

1 [17件] からいきいき, が, がはッ, が主, が無意味, が珍しく楽し, が皆, が知られ, が確実, が金色, その趣, に憑, に関する本, の上, をくるんだ, 生きたいよう, 若く青きは

▼ 物ぞと~ (17, 0.0%)

2 諦めれば

1 [15件] いうに, われも, 叱りつける後, 呼びつ, 問うに, 問ふと, 問わば, 嗚呼父, 思ほして, 斯く愛山生, 空嘯く怪物, 考える暇, 見え寛永十九年, 質問した, 進め

▼ 物たり~ (17, 0.0%)

4 なさ 2 なかった

1 [11件] しとい, ない, ない力, なくって, なくて, なくなって, ねえよう, 定基は, 得ない多量, 得ません, 霊体たる

▼ 物だの~ (17, 0.0%)

1 [17件] いふ方面に, まるきり役に立たない, よく女, 六連藍島白島など, 刻み煙草だの, 家の, 年数の, 正座を, 澤山掘出し, 玄米だ, 縞だの, 表面には, 貨幣と, 通信類だ, 飯は, 香炉だ, 香爐見た

▼ 物ながら~ (17, 0.0%)

1 [17件] すべてが, ふとお, 何か, 古典の, 外見海参に, 大きい鞍馬石, 失望に, 妓女と, 怒に, 恩いと, 摺畳皺の, 真刃, 結構づく, 芸術的表現をも, 血の, 許されぬ一重垣, 頸から

▼ 物までも~ (17, 0.0%)

1 [17件] いわぬとしても, お后, ことごとく言う, 一応まとめ, 其に, 剥いで, 剥取る, 含んで, 売払い其の, 意識の, 持込ませる道具, 曲げかねない銭形平次, 曲げ兼ねない錢形平次, 照らし出して, 贈ったの, 通して, 遠くへ

▼ 物みたい~ (17, 0.0%)

1 [17件] だ, だった, でお客, でしよ, でその, な変, な娘, に, にある, にされ, にしいんと, につかみ合う, にぽっかり, に動かなかった, に吼えたてた, に彼, に思われ

▼ 物いい~ (16, 0.0%)

2 がつく

1 [14件] が率直, で, といい, にも何ん, に明るく, はときどき, は自然, ぶり, をした, をしただろう, をする, をよし, 人品尋ね物と, 地蔵などという

▼ 物いふ~ (16, 0.0%)

2 やうにて, 聲の

1 [12件] から喧嘩, な, につけ, のが, のだ, またおも, よりは酒, 夕澤邊鴫立つ, 御子なれ, 聲が, 聲も, 舌かとばかりかな

▼ 物こそ~ (16, 0.0%)

2 悲しけれ

1 [14件] あれ, その白粉, ほかでも, むずかしく云う, 云えないでも, 今日私が, 作らなけりゃア, 多からん, 忘れめ, 悲しけれ我身一つ, 日本人には, 見ゆれ, 言はね, 金属

▼ 物すなわち~ (16, 0.0%)

1 [16件] ホルモンの, 内務外務両, 処分し得る, 利用が, 原料品が, 収入または, 実験室が, 最も必要, 皆の, 磯に, 社会的富の, 稀少な, 穀類と, 空気水土の, 自由に, 資本または

▼ 物でございます~ (16, 0.0%)

32

1 [11件] かその, から焦つたがり, がお世話, がこれ, が大夫, けれども私, なア, 何しろ宝, 何時も隣室, 刀でございます, 絵の

▼ 物によ~ (16, 0.0%)

1 [16件] つては, つても, つて傷つい, つて判斷すれ, つて埋め, つて實に, つて寫生した, つて小圓錐形の, つて役を, つて御, つて歌の, つて生まれた, つて破, つて覆はれ, つて言ひ, つて違つてゐる

▼ 物~ (16, 0.0%)

2 を極めて

1 [14件] いわれませんの, ならぬ某, の少ない, の程莫大, は著しく, への妖怪, への怪, を云わない, を尽くし, を言わず, を言わぬ, 云わず, 云わずにっこり, 少く実直

▼ 物数寄~ (16, 0.0%)

2 な人

1 [14件] であった, でも彼様男, とを同時に, と云わね, な一間, な家族, な政治論, な気, な話, にまだ, の人, ばかり決して, もない, らしくその

▼ 物~ (16, 0.0%)

1 [16件] おもち, が立派, といっしょ, とくらべたら, なるが, にはその, に依, の中, の所有者, もした, も正しく, よ, をけなしつける, を見物, を調, 之有り

▼ 物からも~ (15, 0.0%)

1 [15件] ほんとうに, 動かされない, 受けた事, 害せられること, 最後には, 束縛される, 氷島といふ, 消えて, 煩らわ, 生じない抽象的実体, 生じない抽象的實體, 生命を, 脱れられない, 自分は, 邪魔される

▼ 物などの~ (15, 0.0%)

2 姿を

1 [13件] ある時, こまこました, 一節で, 再建に, 及ぶところ, 家康伝来の, 手伝いに, 浅ましさ, 爆笑とか, 見つからぬの, 話は, 趣向の, 軒を

▼ 物のけ~ (15, 0.0%)

3 はひ 2 に憑かれた, はいの, はひし 1 につかれ, につかれた, にでも引っ, はいに, はいを, はひも

▼ 物~ (15, 0.0%)

3 の實 2 の変態, の必然 1 で半永久的, に關, の上, の法則, は空間的, も皆, を模倣, を軽蔑

▼ 物~ (15, 0.0%)

2 の硝子窓

1 [13件] がタクサン, が一杯, に番頭, のもの, の番頭宮崎司, の硝子, は上等, まで出た, より我が, を神田美土代町, を見つけ, を開く, 又は渋い

▼ 物~ (14, 0.0%)

2 てめえで

1 [12件] ついでだ, つて後に, つて爺等とつ返しと, ねえ能, もうなんにも無, ソックリ取上げる, チャンと, 忘れるってね, 病院の, 覚えてるが, 貰ってねえよ, 食って

▼ 物さし~ (14, 0.0%)

1 [14件] が違, が違う, である, で海, とか篦, としては享保尺, とインサイドパス, のたけ, の寸法, の平均, をあて, をま, をまわし, を使っ

▼ 物じゃあ~ (14, 0.0%)

3 ない 2 ないもっと 1 ありますが, ございません, ございませんねえ, ないが, ないこれ, ないん, ねえぜ, ねえらしい, 飲まれは

▼ 物だって~ (14, 0.0%)

2 エエものは, ワリエものは 1 へーどれ, 世の中に, 云うだろう, 古道具屋にも, 大概人絹が, 己ア口へ, 必要で, 必要である, 礼も, 遣ると

▼ 物とて~ (14, 0.0%)

3 粗末に

1 [11件] ことさらに, 一から, 何一つございません, 刀豆に, 無く有る, 父安房守譲り与え, 粗末にも, 自分一人の, 見飽きは, 財宝には, 黄鳥花馬朱毛虎山水豹とともに

▼ 物に対し~ (14, 0.0%)

2 たとおなじ

1 [12件] ある特殊, いかなる従前, その価格, てかつかみかかりたい, 何か, 加えられる年々, 平等の, 支払う収入, 殺傷又は, 販路が, 遥かにより, 適当な

▼ 物に対しては~ (14, 0.0%)

2 完全な, 能動的な 1 いかなる限界, そうで, ますます多量, むしろその, 何物をも, 大体において, 容易な, 旗色わるく, 母は, 矛盾も

▼ 物やら~ (14, 0.0%)

1 [14件] いたします, もっと寝具, 何やら片, 僕は, 先祖の, 小人物, 山の, 楊志の, 目には, 籠の, 置いて, 袴やらが, 酒やらが, 電流コードやら

▼ 物~ (14, 0.0%)

2 がする, にもききとれた 1 が微か, が聞え, にきき, にご, にしばし, の聞えない, は, やらで, を捉, を聞き出そう

▼ 物売る~ (14, 0.0%)

3 店が, 店も 2 人達が 1 までになる, 声す, 家の, 店, 店では, 店にも

▼ 物売女~ (14, 0.0%)

1 [14件] がいう, がかみ合わせた, がオイ, が拾った, につめよっ, のわめき, の呼び声, の方, の頬, の顔, は一応, は気, は気軽, をとり巻いた

▼ 物解り~ (14, 0.0%)

3 の好い 2 がよく, のいい, の好 1 がいい, のよい, もよ, も好かっ, 好さ気

▼ 物さびしい~ (13, 0.0%)

1 [13件] ある日, 呼び声を, 夜を, 夜闇が, 家の, 家ばかり, 感じであった, 気が, 氣の, 町角に, 粗末な, 色を, 陰鬱な

▼ 物した~ (13, 0.0%)

1 [13件] か, といふの, と称せられる, のである, はし, まへる, ものだ, わバナナ一本, 一二の, 創作を, 平敷屋朝敏も, 様な, 覚えの

▼ 物それ~ (13, 0.0%)

1 [13件] がどこ, が不思議, が小さな, が無, が生物, に夜, の味わい, は小, は笊, も重, をなんぞや博徒風情, を少し, を贈

▼ 物だけを~ (13, 0.0%)

1 [13件] ありと, 取りまとめ久八, 娘の, 安売した, 引き抽, 抱え去って, 持って, 漁って, 発見した, 相手に, 荷造りし, 蒐めて, 風呂敷包ト背負いまし

▼ 物などが~ (13, 0.0%)

1 [13件] ありました, あると, いっぱい並ん, しょぼくない, やたらに, 凄い白眼, 多くドイツ物, 心配に, 無く風, 盛に, 置いて, 親しまれました, 陳列され

▼ 物などに~ (13, 0.0%)

3 なると 2 眼を 1 あたたかな, ありさ, ほとんど無数, 乗っては, 影響された, 来ること, 死出の, 目を

▼ 物にまで~ (13, 0.0%)

1 [13件] およんで, お眼お通し, 事欠く三年越, 働き得るか, 及ぶならば, 及ぼしたの, 及んだ, 導いたもの, 彼が, 感じたの, 書き残すの, 生産され, 転化する

▼ 物に対しても~ (13, 0.0%)

1 [13件] いつも感ずる, なかつたの, 主我的な, 価値の, 先づ疑う, 十分有効であった, 客観的で, 尊敬の, 心構えは, 把持力が, 痛罵骨を, 私のという, 行はれ

▼ 物のみ~ (13, 0.0%)

2 では

1 [11件] であった, でありまして, である, でした, でも, で露軍, ならず同君, なれば, られないこと, 持ち込んで, 残ったから

▼ 物ばかりを~ (13, 0.0%)

1 [13件] あつめて, つつしみも, むさぼり食べたので, 一把一把に, 喰べ, 掌り, 欲張った, 読むの, 讀む癖, 買いあつめた, 身に, 造ったの, 飼うて

▼ 物または~ (13, 0.0%)

2 用役の, 用役を 1 商品を, 尺度である, 幼児らに, 消費的用役に対し, 考證文學は, 耕作者によって, 貨幣の, 重い物, 金銀の

▼ 物思わしい~ (13, 0.0%)

2 ふうを

1 [11件] ふうが, ふうで, ふうは, ような, 張りを, 心持が, 気が, 気分に, 気取ったうぬぼれたしかも, 氣分に, 風情で

▼ 物~ (13, 0.0%)

4 みを 2 みなされて 1 みされ, みするなよ, みするの, みせぬこと, みせぬ性質, みなどを, みにも

▼ 物扱い~ (13, 0.0%)

3 されて 2 にされ 1 だ, です, にし, にする, の悪い, は些, をうけ, を受けます

▼ 物~ (13, 0.0%)

2 ふ音

1 [11件] しに, のすき, はせつ, はで分け, ひその, ひたるは, ひを, ふの, ふ家, ふ舟子, をした

▼ 物しり~ (12, 0.0%)

21 だけ, だね, ですが, に, の, の古松たち, は驢馬, もある, らしいところ, を

▼ 物すら~ (12, 0.0%)

1 [12件] ある, ないから, ないくらい, なくなって, よく生かし, 四季の, 尠い, 平明素朴の, 残して, 稍此傾向の, 素人の, 見当らないのに

▼ 物なれた~ (12, 0.0%)

2 物腰で, 調子で 1 ふうに, ものごし, ゆるい安坐, 優美さに, 思いやりを, 手つきで, 素振りで, 老女が

▼ 物やさしい~ (12, 0.0%)

1 [12件] しそれ, キイルが, 向上心の, 声で, 声を, 女は, 慇懃で, 母親気質の, 物の, 生れの, 表情が, 頼みぶりでした

▼ 物~ (12, 0.0%)

1 [12件] ではつまるまい, とした, ともいただきかねます, と交易, などどこ, は, はよそ, は何, をほうる, を払っ, を携え, を食

▼ 物~ (12, 0.0%)

1 [12件] い倦怠, い旅, い眠た, く, くかすん, くつまらぬ, く二つ, く哀しい全身全霊, く着物, く節々, ずまで, ず夜

▼ 物~ (12, 0.0%)

1 [12件] があ, であらう, に, になる, のみにてもことごとく, の原語, の歌, の解釋, はその, や大, を並べた, を考究

▼ 物哀しい~ (12, 0.0%)

1 [12件] あの空, ような, ジャズが, 哀感に, 声を, 夕暮なんぞに, 子守歌に, 日, 氣持ちにな, 空気を, 誘ふやう, 音色を

▼ 物~ (12, 0.0%)

2 の家 1 があったら, とちょっと, の一人, の付け目, の娘, の子, の手, の深草六兵衛, の隣, も己

▼ 物徂徠~ (12, 0.0%)

1 [12件] あるいは良寛禅師, であらう, のよう, の大幅, の如く, の掛け物, の裔, はその, は墨田川, ほどの人間, も誠に, や太宰春台

▼ 物~ (12, 0.0%)

3 りの 1 り, りが, りだつたの, りでないこと, りでねえこと, りとか, りなん, りにか, り騷ぎ

▼ 物~ (12, 0.0%)

2 似の, 似を, 似榮喜 1 似が, 似で, 似などの, 似も, 似小唄, 似聲色

▼ 物~ (12, 0.0%)

1 [12件] としての水, の一, の中, の争闘, の人格化, の生成, の神, の神格化, の諸, の起原, の跡, 諸神

▼ 物自身~ (12, 0.0%)

1 [12件] が古往今来, が複雑, でない限り体験, としての実体性, の性質, の持つ, の方向, の清く, の線長, をどう, を証明, 既に罪悪

▼ 物賣り~ (12, 0.0%)

4 の聲 1 が何處, が陣, などが見つけ, に來, の叫び聲, の發音違, も呼聲, 古い家

▼ 物足らなく~ (12, 0.0%)

3 なつて 1 てならない, も思った, も思われる, 心さびしく, 心に, 思つた, 思つた心が, 思つて居た, 誰も

▼ 物頭役~ (12, 0.0%)

1 [12件] である, で藤兵衛, で譜代, として入京, として十軍, なれば, の戸塚甚五左衛門, をも勤, をも勤められし, をも勤め大橋文右衞門, を勤むる大橋文右衞門, を相

▼ 物かで~ (11, 0.0%)

1 [11件] あらう, あらねば, 乱打されたらしく, 充実し, 強く打った, 強く打つ, 満ちて, 満ち始めて, 縛りつづけられて, 脳天を, 自分達は

▼ 物ぐる~ (11, 0.0%)

2 いで奈良, ほしけれど 1 いに追, はしき, ひの, ひ大原ざこ寝, ほしい気持, ほしい程, ほしくも

▼ 物さびしく~ (11, 0.0%)

1 [11件] した, して, すさんで, そう思っ, ながめられる, 同時にこんな, 変てこな, 思われて, 木立を, 眠らせら, 静かで

▼ 物でしか~ (11, 0.0%)

4 ない 1 あり得ない, あるまい, ないの, ないよう, ないわけ, なかった, なかつたし

▼ 物において~ (11, 0.0%)

2 多かれ少かれ新しいもの, 滅ぶの 1 ことごとく各, でなければ, 前の, 実現される, 自己の, 自己を, 身体を

▼ 物にや~ (11, 0.0%)

2 あらん, 狂へる 1 いひ下されん, 不自由なし, 此夜は, 狂ふ, 甚之助の, 追はれ, 頻りに夜明

▼ 物に関する~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことは, 問題である, 学問の, 完全なる, 方程式を, 真の, 知識の, 研究を, 詳細を, 限り欧州と, 限り欧洲と

▼ 物を通じて~ (11, 0.0%)

1 [11件] ある理想, その作用, その最も, 一種の, 具体化されなく, 心に, 怒と, 情を, 知を, 知情意の, 見られるので

▼ 物~ (11, 0.0%)

1 [11件] さねば, されても, され勝ち, しようと, する, でもある, でもい, の一道程, の邪魔払, を観, を観る

▼ 物好み~ (11, 0.0%)

1 [11件] が上手, が余吾, であったこと, で製作, という, な僧, な質問, のため, の血, もこれ, を尽くし

▼ 物~ (11, 0.0%)

2 ろし 1 ぢを, に竦まりき, に胸, のしない, れ, ろしい, ろしくなっ, をし, 物驚を

▼ 物揚場~ (11, 0.0%)

2 がある, の光景 1 で忍び会, にゐた, に出る, に歩み寄り, の伊豆石, の石段, を隔て

▼ 物聞く~ (11, 0.0%)

2 物が 1 事皆, 物と, 物みな異様の, 物凡て新らしい, 物毎に, 物珍らしく, 物皆面白い, 物黒田が, 程の

▼ 物言はず~ (11, 0.0%)

3 行けば 2 に女 1 けり, されど鋭き, とよりはこの, の沈黙家, 睨め合, 立ちあがりて

▼ 物あはれ~ (10, 0.0%)

2 なる, なる夜 1 でもある, なかなしい, なその, な息, に, にその

▼ 物これ~ (10, 0.0%)

1 がその, にかなう, によりて創らる, にカルシウム, に由り, はつまらなく, はまし, を用い, 有り候処, 有れども

▼ 物する~ (10, 0.0%)

2 水音も 1 こと, ことが, ことも, ぞ定まれる, ために, に当っ, のかなあ, 円居の

▼ 物だけが~ (10, 0.0%)

1 そうであるなら, 世論だ, 卑しい皮履, 必要である, 殘る, 気に入つた, 盜まれ障子紙に, 眼に, 立ち並んだに, 裂いて

▼ 物だつた~ (10, 0.0%)

1 か忘れた, が, が今, が刀鍛冶, が明, が汽車, ので勘定高い, やうです, よ, んです

▼ 物とり~ (10, 0.0%)

1 かそれ, からかに対立, か何, に入られ, に江戸城, の仕業, の極限, の目的, までもする, 主義に対する

▼ 物なぞを~ (10, 0.0%)

1 こちらへ, した, して, 佛國に, 作る, 出して, 呉れた, 提げて, 見ると, 頻りに買

▼ 物ならず~ (10, 0.0%)

1 おも, とて拾, と呟いた, と思へ, と手, 万丈の, 家格に, 御最愛, 我れ, 打根

▼ 物によっては~ (10, 0.0%)

1 この置き場所, すっかり時代, そのわな, その変り方, それは, 一晩置く, 一生に, 五日も, 全減, 笛も

▼ 物ほど~ (10, 0.0%)

1 あやふやな, ただ大事, たのしい味, 大判ならざれ, 気分式の, 眞面目な, 知識へ, 簡単で, 詭計や, 長く置かれ

▼ 物めずらし~ (10, 0.0%)

2 げな, そうに 1 げに, さが, さで, さに, さを, さを以て

▼ 物をこそ~ (10, 0.0%)

4 思へ 3 おもへ 1 いはねの, 言は, 言わねえけれど

▼ 物~ (10, 0.0%)

2 ひの 1 といつた, などとは決して, の男, はぬ, は余り, ひは, ひ過ぎて, ふ時

▼ 物~ (10, 0.0%)

2 じの 1 したやう, したよう, して, じしたり, じしない人間, じしながら, じするところ, じせぬ面

▼ 物~ (10, 0.0%)

7 ひに 3 ひされて

▼ 物~ (10, 0.0%)

21 から明らか, 爾が, 爾としての, 體が, 體でなけれ, 體では, 體の, 體は

▼ 物見る~ (10, 0.0%)

2 ごとに, 諸 1 と聞く, 子らは, 物が, 物だ, 目は, 靈

▼ 物~ (10, 0.0%)

1 などを秘し, に同じ, の発達, の範囲, はことごとく, は熱湯, は見つかり, は高価, を列叙, を大切

▼ 物かな~ (9, 0.0%)

3 お前は 2 そして彼 1 しげの迫つた調子を, そしてあの, のだ, 我が子

▼ 物さび~ (9, 0.0%)

1 たり, ております, てける, て居ります, て巨巖危ふく水, て懐しく, て殘, て見えたる, を

▼ 物それ自身~ (9, 0.0%)

1 から来る, が宇宙, が宇宙史, が有する, に属する, のこの, の美味, の自然史的運動, も少々

▼ 物だけに~ (9, 0.0%)

1 これは, つかまへること, なったん, 何処も, 好い機会, 存外早く, 山牢へ, 神韻人に, 詰番所の

▼ 物と共に~ (9, 0.0%)

2 工業生産物をも 1 外へ, 彼の, 心を, 永久に, 異国的である, 読者から, 食べれば

▼ 物のみが~ (9, 0.0%)

2 専有せられ 1 それを, またすべて, わたしの, 存在する, 産業により, 聖である, 自然に

▼ 物ばかりに~ (9, 0.0%)

3 常綺羅 1 して, 就いて, 接して, 潰して, 違いない, 金を

▼ 物もしくは~ (9, 0.0%)

1 ある人, その複合體, 互いに争奪, 人の, 実体である, 本格味の, 物の, 犯罪実話の, 聖者を

▼ 物らしく~ (9, 0.0%)

1 おもしろいが, これは, ぞんざいで, は見えず, 主人は, 女子選手の, 栞に, 為立てた, 鬼女の

▼ 物を通して~ (9, 0.0%)

1 あの危機, じかにこの, 世に, 之を, 居る, 神の, 見て, 見るには, 過去を

▼ 物一切~ (9, 0.0%)

1 が嫌い, の, をいう, を云, を卷き上げられ, を失った, を施し, を還しやった, 止めると

▼ 物主義~ (9, 0.0%)

1 であり従って, にも呆れた, のピアノ曲, の作品, の作曲家, の精神, の詩人, は元来, もほぼ

▼ 物~ (9, 0.0%)

1 がはびこっ, が姿, が己達, だつたが, とは何ごと, の群, は我等二人, を, を皆運び

▼ 物分かり~ (9, 0.0%)

2 の好い, よく快活 1 がよく, が悪い, のいい, の好, の悪い

▼ 物当番~ (9, 0.0%)

2 の塾生 1 が塾堂, が声, に異性あて, の名, はむろん, ももうむろん, を手伝っ

▼ 物心づい~ (9, 0.0%)

1 てからこの, てからは他人, てから父, てから私たち, てから自分, て世の中, て以来, て周囲, て第

▼ 物心づく~ (9, 0.0%)

3 ころから 1 とからそれ, とから左翼的, 年ごろに, 年ごろには, 年ごろにも, 頃でした

▼ 物思わしく~ (9, 0.0%)

2 して 1 なるの, ばかり思召, 在る人, 彼女の, 暮して, 海の, 頬杖つい

▼ 物~ (9, 0.0%)

6 かば 1 が通っ, などの出る, の源藏

▼ 物有り~ (9, 0.0%)

1 そうな, て混成, 冠り, 又一方, 着服の, 素面の, 覆面の, 赤色の, 頗る松明

▼ 物狂わし~ (9, 0.0%)

3 さは 2 げに 1 げな, さが, さに, そうに

▼ 物狂わしき~ (9, 0.0%)

1 までに掻きむしる, までひたすら, 恋を, 抱擁は, 断末魔の, 熱闘を, 王国の, 笑い顔が, 舞踏が

▼ 物~ (9, 0.0%)

2 りである 1 なんで, りであつ, りであるが, りで詰らない一つ此, りの, りを, り描いて

▼ 物賣る~ (9, 0.0%)

2 家二三軒あり 1 人かと, 家なし, 家に, 家は, 家盡き, 店あり, 店も

▼ 物~ (9, 0.0%)

2 に小判, に振舞 1 にし, に帳場, に掻き廻す, に横行, に此島

▼ 物食い~ (9, 0.0%)

3 のいい 1 そういうこれ, たり, だのゲテモノ釣り師, では生き, に出掛ける, をした

▼ 物馴れない~ (9, 0.0%)

2 やうな 1 おど, みほ子に, 恰好を, 様子も, 樣子も, 窮屈らしい, 重三

▼ 物いへ~ (8, 0.0%)

3 ば眼口 2 ば唇 1 ば, ばいつも, ばお

▼ 物おき小屋~ (8, 0.0%)

2 の中 1 が立っ, なんかで, にあやしい, のなか, のやう, の戸

▼ 物からの~ (8, 0.0%)

2 自由であり 1 出現とも, 影響であり, 打つけいこ, 転用とも, 電話で, 類推によって

▼ 物その他~ (8, 0.0%)

1 が財産, であるが, にはどんな, の万事万物, の運搬, は会員, を國民自身, 古仏像等

▼ 物だけでも~ (8, 0.0%)

1 ゆっくり拝見, 五六巻くらいには, 以上の, 包んで, 川向うへ, 数億の, 新旧時代の, 這入り切らない位

▼ 物とでも~ (8, 0.0%)

1 いった形, ごまかして, もうそうか, 云うところ, 交換の, 思ったの, 思ってるの, 話を

▼ 物なぞは~ (8, 0.0%)

1 あるいは見られ, 大抵そんな, 忌だ, 悉焚焼し, 掛けない, 書けなかったが, 無かった, 疏い

▼ 物については~ (8, 0.0%)

1 かくの, ますますより, 何の, 同一比例, 引きつづき宗像研究室, 森恒救さんの, 極めて慎重, 物理原則の

▼ 物についても~ (8, 0.0%)

1 よく使う, 一応の, 充されるべき, 同様である, 困難苦痛も, 平子君から, 決して判断, 決して判斷

▼ 物のみを~ (8, 0.0%)

1 与える, 収集した, 特に通俗小説, 生産し, 紹介した, 考えるエコノミスト, 選び金錢, 陳列す

▼ 物ゆえ~ (8, 0.0%)

2 に泣く 1 いやしくも馬, どうかと, にただ, の大, 少しくらい, 来る人ごと

▼ 物~ (8, 0.0%)

1 うツちやつてしま, とっくに直ってる, ない, なん, ねえの, 持ち合わせねえさ, 書けねえだろう, 返しゃア

▼ 物~ (8, 0.0%)

1 具など, 名称ヲ, 声大, 怪みたい, 摩擦ニヨリ舳二反目ヲ, 方向ヲ, 特選売場ヲ, 著作者カ反対

▼ 物乾し~ (8, 0.0%)

2 場の 1 には入れ忘れた, の上, を降りかける, 台, 台の, 台へ

▼ 物倦げ~ (8, 0.0%)

1 なベース, な影, な様子, にしわり, にだ, に僅か, に垂れた, に立ち上っ

▼ 物問屋~ (8, 0.0%)

1 になった, の一家, の主婦, の帳場, の業, はいう, はみんな景気, を出し

▼ 物寂び~ (8, 0.0%)

1 ている, てなに, てゐる, て四辺, て居た, て居る, て日記さ, て生え

▼ 物想い~ (8, 0.0%)

3 に耽っ 2 にふけっ 1 に悩む, に沈ましめた, に沈ん

▼ 物~ (8, 0.0%)

3 のところ 1 しめれば, のあたり, の上あたり, 語るに, 遣らかして

▼ 物~ (8, 0.0%)

1 される筈, され昆布屋, したかよわい, して, し或は, し母, する余り, する治療法

▼ 物~ (8, 0.0%)

3 ひに 1 に行, はむとて路地, ひにでも, ひにと, ひの

▼ 物~ (8, 0.0%)

1 が多い, も少く, やらで, りである, りでも, りと, りに, を惜しまぬ

▼ 物足らなかった~ (8, 0.0%)

1 がその, がそれ以上何, し馬, のだろう, のである, のです, のは, ものと

▼ 物頭たち~ (8, 0.0%)

1 がいぶかり惑う, であった, の口々, の抑え, はおう, へ口ずから, へ告げ, も気

▼ 物體的本性~ (8, 0.0%)

2 の判明 1 が説明, であるか, とは別, について無, のほか, の或

▼ 物いはず~ (7, 0.0%)

3 格子の, 父親も 1 波音

▼ 物うく~ (7, 0.0%)

3 これを 1 てそうして, はした無き, ひびくその, 思い出して

▼ 物かから~ (7, 0.0%)

1 ひどく卑しめられてる, 加護せられ, 匂いは, 構成される, 解きはなされたよう, 遮られた, 釈き放されるよう

▼ 物かに対する~ (7, 0.0%)

1 一種の, 信念を, 恐怖また, 憧憬等が, 憫れみ, 腹立たしさ, 親しみの

▼ 物ことごとく~ (7, 0.0%)

1 この猴, よみが, を原点, 得べしと, 消え失せ人心均平, 清潔に, 真白に

▼ 物この~ (7, 0.0%)

1 あわれむべき殉難者, 帶を, 後これによりて, 珠ことごとく, 竜宮城を, 議論も, 霊妙音は

▼ 物さびた~ (7, 0.0%)

1 ある批評家達, ところが, 土塀が, 姿である, 山奥に, 庵の, 美しい和本

▼ 物ずきで~ (7, 0.0%)

1 はない, もなかつた, も無から, パンカアスト夫人の, メイエルホリドは, 冒険好きの, 尻輕な

▼ 物それ自体~ (7, 0.0%)

2 の実質, の方 1 が私, の実, を見た

▼ 物なつかしい~ (7, 0.0%)

3 ような 1 感情が, 感触に, 昔, 自分を

▼ 物などと~ (7, 0.0%)

1 いっしょに, くらべたらどれほど, みてとれるはず, 一緒に, 云つても, 比較し, 言ふ

▼ 物なりと~ (7, 0.0%)

1 あれば, いふ, せば, 思惟し, 知るべし, 知る可, 論ぜるは

▼ 物なんぞ~ (7, 0.0%)

1 おれは, 不自由だ, 呉れたり, 売り払ったり, 持っても, 着てる人, 買って

▼ 物についての~ (7, 0.0%)

2 我々の 1 噂が, 思考である, 思考も, 次の, 知識を

▼ 物によっても~ (7, 0.0%)

1 なし得ない, 満たされえぬどんよく, 満たし得ないもの, 満ち足ること, 畏服せしめられず, 癒されないという, 行動せる

▼ 物のかずで~ (7, 0.0%)

4 はない 2 はなかっ 1 はありゃ

▼ 物よりは~ (7, 0.0%)

1 これを, 幾等か, 情緒細やかな, 手軽な, 有形の, 美くしい, 若いよ

▼ 物~ (7, 0.0%)

1 が人形, すぐに, にはあり付けるだらう, の待遇, はそれで, は肇, 買うて

▼ 物~ (7, 0.0%)

1 かふだん, が何, するつもり, でも買っ, の関係, も彼, をか下心

▼ 物判り~ (7, 0.0%)

1 が割合, のよい, のよく, の好い, の良, の良い, よさみたい

▼ 物~ (7, 0.0%)

2 ひたげに 1 ひたげな, ひたげな目, ひたげな顏, ひ度げ, ふ樣子

▼ 物問いたげ~ (7, 0.0%)

2 にし 1 なしかも, に修験者, に動かし, に考え, に釣りあがっ

▼ 物多く~ (7, 0.0%)

1 あり即ち, 出づ, 有けれ, 殺し一度, 花を, 言は, 食わせ太らする習俗

▼ 物悉く~ (7, 0.0%)

1 わが方, 光を, 失せしも, 無常に, 獣の, 相對的, 荒れ果てた中

▼ 物~ (7, 0.0%)

2 へをり 1 だね, と名づけ, の同類, へん, を嘲笑

▼ 物~ (7, 0.0%)

1 に争うた, に師子, に恨, に煌, に耳目, に行き, に驚きました

▼ 物細工~ (7, 0.0%)

1 からの改良, でありますが, でその, に関係, の店, も甚だ, を見る

▼ 物いはぬ~ (6, 0.0%)

3 事小半時坐 1 よものけた, よものけだ, 四方のけだ

▼ 物いひ~ (6, 0.0%)

2 さが 1 かはす, かへれ, に少年, 笑ふたと

▼ 物おき~ (6, 0.0%)

1 のよう, の軒先, へでももぐりこん, べやなどがあります, べやにとびこん, べやをとびだす

▼ 物おぼえ~ (6, 0.0%)

1 がます, が悪く, のいい, のついた, の惡, 顔に

▼ 物がたり~ (6, 0.0%)

1 せり, 候, 吹, 聞くも, 聞て, 花子いと

▼ 物ずくめ~ (6, 0.0%)

1 であった, でこういう, で裕福, で見る, になり, には仏蘭西皮

▼ 物であります~ (6, 0.0%)

1 か, からギシギシ, から名前, がお, けれども蕎麦, のでその

▼ 物でしょう~ (6, 0.0%)

1 か, かね, がそれ, けれど幼い, じきに, な

▼ 物としか~ (6, 0.0%)

1 受けとらないから, 思はれないの, 思はれぬ, 思われないの, 見えないの, 誰の

▼ 物とともに~ (6, 0.0%)

1 ありきされど, ひと色の, 売られて, 室の, 裂き捨てると, 飛ぶもの

▼ 物とに~ (6, 0.0%)

1 どう繋がれたら, 分けて, 区別し, 大別できれ, 對し, 必然な

▼ 物ども~ (6, 0.0%)

1 の上, は目録, もてき, も活溌, を御, を読む

▼ 物ばかりの~ (6, 0.0%)

1 もので, ようであります, 中では, 気が, 薗八節けいこ致させ, 諸道具

▼ 物へと~ (6, 0.0%)

1 さまよいどれ一つ, 一々そつ, 帰つた事に対して, 戻らせた動機, 段々移り変っ, 視線を

▼ 物やさしく~ (6, 0.0%)

1 なって, 尋ねた, 幸い傷, 幸ひ, 母親に, 言う駒井

▼ 物ゆゑ~ (6, 0.0%)

2 おほか, に天 1 に其, に裸川

▼ 物をでも~ (6, 0.0%)

2 見たよう 1 つくね上げ得たの, 吐き出すやう, 吐き出すよう, 戴いたよう

▼ 物以上~ (6, 0.0%)

2 に増加 1 である, に強い, に有難い, に理想化

▼ 物侘しい~ (6, 0.0%)

1 先輩の, 冬の, 子守唄の, 日暮れの, 生活に, 静かな

▼ 物~ (6, 0.0%)

1 といわなけれ, はいつも, は何ん, は木立, を背後, を見得まい

▼ 物全部~ (6, 0.0%)

1 が湿気, の分, をアメリカ, を左記, を彼女, を漁りつくし

▼ 物~ (6, 0.0%)

2 にいひし 1 すなわち成女期, に人, に獻げ, 掛だけを

▼ 物古りし~ (6, 0.0%)

2 親の, 鳶色の 1 石の, 街風湿

▼ 物和ら~ (6, 0.0%)

2 かなる, かな豆腐屋 1 かな調子, かに

▼ 物哀し~ (6, 0.0%)

1 かつた, げに遙, げに音づれる其夜, さに, さの, さを

▼ 物問いたげな~ (6, 0.0%)

1 ヴァランタンの, 眼差で, 神谷の, 色を, 顔にも, 顔を

▼ 物固い~ (6, 0.0%)

1 人たちとて, 婆様などが, 旧家だけ, 本家筋の, 親類さへ, 長六閣下

▼ 物~ (6, 0.0%)

1 に給, に給ひき, に賜, シハゼ, 沈没不, 邇授与賜有随歓美喜比

▼ 物~ (6, 0.0%)

2 うるこころ 1 うるほど, しかる灯, と分類, ふこころ

▼ 物憶え~ (6, 0.0%)

2 の悪い 1 がよく, が悪う, が悪く, が惡

▼ 物懶い~ (6, 0.0%)

1 ものが, ような, ガサガサした, 感情が, 生活が, 空に

▼ 物我が~ (6, 0.0%)

1 しば, ためには, 心血を, 性命ある, 物という, 物は

▼ 物持っ~ (6, 0.0%)

1 ていた, て参りました, て来た, て来ただ, て行く, て行っ

▼ 物概念~ (6, 0.0%)

1 から関係概念, と関係概念, において思惟, による説明, は実体概念, 或いは実体概念

▼ 物~ (6, 0.0%)

4 の聲 1 の笛, はしずか

▼ 物足りた~ (6, 0.0%)

1 とは答えなかった, 世間並の, 例の, 様子であった, 樣子で, 気持ちで

▼ 物集君~ (6, 0.0%)

1 さう, と仙臺, の樣, の細君, は今どこ, は故

▼ 物食う~ (6, 0.0%)

1 人病なし, 口は, 場処を, 様子とを, 炉ばた, 物無性な

▼ 物あれ~ (5, 0.0%)

1 ば人, ば又, ば御免, ば必ら, を貴殿

▼ 物うき~ (5, 0.0%)

1 を知れり, 世を, 事に, 山の, 雜草の

▼ 物ぐるい~ (5, 0.0%)

2 になっ 1 である, の力, の眼

▼ 物~ (5, 0.0%)

1 ごろつく, のみして, ゑの, 不自由なき, 持参と

▼ 物って~ (5, 0.0%)

1 のは, やはり普通, 何だ, 何だろう, 金でも

▼ 物でした~ (5, 0.0%)

1 から右門, がその, が当今, し土師清二氏, よ

▼ 物でで~ (5, 0.0%)

4 もある 1 もあろう

▼ 物でなくっ~ (5, 0.0%)

1 ちゃア, てもいい, ても可, ても筋, て純金

▼ 物なべて~ (5, 0.0%)

1 おぼめきわたれ, 化現の, 呆けて, 気懶し重し, 霞んで

▼ 物ならぬ~ (5, 0.0%)

1 ところの, はない, 人懐こさ, 妖艶たる, 心より

▼ 物なりし~ (5, 0.0%)

2 を身 1 といひ伝へ, なるべく草, を後々

▼ 物なんかを~ (5, 0.0%)

1 すてて, 上げるの, 持って, 買うもの, 買ふも

▼ 物にても~ (5, 0.0%)

2 半月ある 1 その用法いかん, 無形の, 錠前を

▼ 物に関して~ (5, 0.0%)

2 本を 1 その記念的祝宴, 補充しなけれ, 該寺が

▼ 物ばかりは~ (5, 0.0%)

2 誰も 1 如何に, 畠から, 見ないでも

▼ 物へは~ (5, 0.0%)

1 いちいち札, 一向到達, 持ち出してないの, 眼も, 触れて

▼ 物優し~ (5, 0.0%)

2 気に 1 さが, さと, さ天然の

▼ 物~ (5, 0.0%)

1 か, が目的, のよう, の形跡, をする

▼ 物~ (5, 0.0%)

2 の女 1 など言, の字, 食べて

▼ 物~ (5, 0.0%)

2 にし 1 な泣声, な角笛, な話

▼ 物哀しく~ (5, 0.0%)

1 しるされて, なる酒, 何処か, 沾んで, 見て

▼ 物~ (5, 0.0%)

3 旦那が 1 でしかも, はポルト・リシュ

▼ 物~ (5, 0.0%)

2 りでは 1 りかすぐ, りだか, り強盗

▼ 物~ (5, 0.0%)

2 た家 1 い顔, く聞え, た夜

▼ 物恐れ~ (5, 0.0%)

2 をし 1 の顔, をしない, をなさいます

▼ 物~ (5, 0.0%)

2 った今日 1 りて, り星, り時

▼ 物有る~ (5, 0.0%)

1 こと無からし, を以て見れ, 事は, 以上は, 時は

▼ 物欲しい~ (5, 0.0%)

1 と私, ものだらけであった, 世の中には, 心持を, 目を

▼ 物特に~ (5, 0.0%)

4 後者は 1 人に

▼ 物~ (5, 0.0%)

21 う案内申, う講釈師, に応

▼ 物知らぬ~ (5, 0.0%)

2 女子と 1 ことな, はなし, 奴が

▼ 物色情狂~ (5, 0.0%)

1 があらわれる, が女, ですから, という, としてはまだ

▼ 物~ (5, 0.0%)

1 がわるい, が悪い, が早い, のついた, を善く

▼ 物~ (5, 0.0%)

3 えの 1 えが, え惡

▼ 物詣り~ (5, 0.0%)

2 に行く 1 にでも歩く, の帰り, をする

▼ 物~ (5, 0.0%)

1 に過ぎない, の筋, は四十数篇, りも, を悉皆

▼ 物買物~ (5, 0.0%)

1 だ, だつた, で仕方, にし, の商売女

▼ 物足らなく思う~ (5, 0.0%)

1 くらいであった, という風, と云う, ものの火山, 人が

▼ 物足らん~ (5, 0.0%)

2 ように 1 か, ような, 顔してる

▼ 物足りません~ (5, 0.0%)

21 けれど, でね, わ昔

▼ 物~ (5, 0.0%)

2 だったの 1 あり, でも発見, を名

▼ 物道具~ (5, 0.0%)

1 さあトヤ駕籠, だ, のその, の一種, を持った

▼ 物馴れ~ (5, 0.0%)

2 てい 1 てくる, て見える, は社交性

▼ 物あっ~ (4, 0.0%)

1 て下, て妾輩, て得ざる, て益

▼ 物あら~ (4, 0.0%)

1 はる, はるれ, ばこの, ば價

▼ 物あるいは~ (4, 0.0%)

1 世間と, 吝人, 武器の, 食物に

▼ 物~ (4, 0.0%)

1 は, はまほし, はむとて顏, エへん

▼ 物いひかけ~ (4, 0.0%)

2 學校退け 1 てそやし, 学校退け

▼ 物いふた~ (4, 0.0%)

3 事なく 1 びにひっかゝるやうでやりにくい

▼ 物いふ事~ (4, 0.0%)

3 も無く 1 も少なく

▼ 物いわぬ~ (4, 0.0%)

1 三人の, 体を, 目は, 花の

▼ 物うい~ (4, 0.0%)

1 われねえ, 一日の, 表情で, 音が

▼ 物おと~ (4, 0.0%)

1 が小屋, の主, の聞えぬ, 絶えたるに

▼ 物かという~ (4, 0.0%)

2 目付きで 1 ことぐらい, 問題であります

▼ 物かね~ (4, 0.0%)

2 構ふ 1 それとも拙者, 搆ふ

▼ 物かはと~ (4, 0.0%)

1 中, 云う槍, 花見を, 躍り出るもの五人

▼ 物かへの~ (4, 0.0%)

2 欲求 1 はげしい好奇心そのもの, 願望までが

▼ 物からは~ (4, 0.0%)

1 心を, 逃げようと, 遠い空中, 遥かに

▼ 物がたりを~ (4, 0.0%)

2 千古の 1 わたしは, 聞き出そうと

▼ 物さびたる~ (4, 0.0%)

1 を尊し, 境内は, 異地山高うして, 造化の

▼ 物~ (4, 0.0%)

1 ゃああるめえし, ゃあござんすまいが相当に, や, やない

▼ 物じゃと~ (4, 0.0%)

1 いい出して, いったと, わかる, 解かると

▼ 物せし~ (4, 0.0%)

1 さまに, 一巻を, 大津絵ぶしあり, 所

▼ 物ぞや~ (4, 0.0%)

1 何が, 哲学としての, 宗教を, 我れ

▼ 物たち~ (4, 0.0%)

1 の催し, は株, は老いざる, は酒

▼ 物だに~ (4, 0.0%)

3 根つ 1 何れほどの

▼ 物であれ~ (4, 0.0%)

2 ばある 1 ばこそ今日我々, ばはかない

▼ 物で無い~ (4, 0.0%)

2 と云 1 と想つて, 事銀行へ

▼ 物といった~ (4, 0.0%)

2 ような 1 ところで, 感じの

▼ 物とな~ (4, 0.0%)

2 つたのは 1 つた家の, つて感の

▼ 物どこ~ (4, 0.0%)

1 かへ預け, にだってある, へもやる, までも縁

▼ 物どころか~ (4, 0.0%)

2 三流四流の 1 いきなり跡始末, しろうとに

▼ 物なけれ~ (4, 0.0%)

1 ば彼, ば治まらぬ, ば足, 今しも

▼ 物なぞ~ (4, 0.0%)

1 しながら, なんとあっ, 一切皆無たりとも, 見せつけられては

▼ 物などで~ (4, 0.0%)

1 さへ, 一流一派に, 忙しい最中, 新しい作家

▼ 物なりや~ (4, 0.0%)

2 を求め 1 否や, 否やをさえ

▼ 物なんかは~ (4, 0.0%)

1 ごめんだ, ざらに, 実にいや, 物語音楽とは

▼ 物なんぞを~ (4, 0.0%)

1 御自分, 振り廻しゃあがって, 洗い掛けて, 言って

▼ 物なんて~ (4, 0.0%)

1 いらないわ, ことは, そんな差別, 見たこと

▼ 物にかけては~ (4, 0.0%)

1 不思議に, 最も適切, 独特の, 腕に

▼ 物にさえ~ (4, 0.0%)

1 すれば, 事欠きつい, 捏造記事にさえ, 止まらなくなるの

▼ 物にのみ~ (4, 0.0%)

1 なれれば, 寄想したれ, 残つた, 限られて

▼ 物にゃ~ (4, 0.0%)

1 ならない, ア仏様で, 巻かれろだ, 巻かれろなんて

▼ 物による~ (4, 0.0%)

1 ことである, ことによって, ので, のであろう

▼ 物ねだり~ (4, 0.0%)

3 をする 1 の史蹟一巡

▼ 物ばかりが~ (4, 0.0%)

1 入れて, 出て, 大衆物の, 尊いと

▼ 物ばかりと~ (4, 0.0%)

3 思はれて 1 思われて

▼ 物やさし~ (4, 0.0%)

2 さの 1 さ本能的な, 気な

▼ 物~ (4, 0.0%)

1 それが, 呼ぶ勿, 草臥れたの, 香月左門と

▼ 物わき~ (4, 0.0%)

4 まへも

▼ 物わびしい~ (4, 0.0%)

1 午後で, 午後などに, 遁世生活を, 風情を

▼ 物~ (4, 0.0%)

1 としてこれ, として深, ならじ, は精製

▼ 物~ (4, 0.0%)

1 するが, の声, をした, をなす

▼ 物云わず~ (4, 0.0%)

1 やがてたちまち立ち上っ, 息を, 顔を, 風も

▼ 物~ (4, 0.0%)

4 ざること

▼ 物其の~ (4, 0.0%)

1 ものは, 他とは, 勤め空しく, 角に

▼ 物~ (4, 0.0%)

1 に坐っ, のせい, の上, を抑え込ん

▼ 物~ (4, 0.0%)

1 みが, みは, みを, も無く

▼ 物~ (4, 0.0%)

1 の論, の門流, は道, を愛せざる

▼ 物~ (4, 0.0%)

1 にま, の先生, ばむともがらも, も出来なかつた

▼ 物家賃~ (4, 0.0%)

1 と呼ばれ得よう, と敷地地代, はしばらく, は家屋

▼ 物~ (4, 0.0%)

1 の場合, の存在, の手, の物

▼ 物怖し~ (4, 0.0%)

1 いところ, い童話詩的, ないほう, の池

▼ 物怯ぢ~ (4, 0.0%)

1 する, もなく, やし, をしない

▼ 物~ (4, 0.0%)

2 かしい 1 と匹敵, をしよう

▼ 物惰げ~ (4, 0.0%)

1 にゆるく, に堂, に大きく, に少し

▼ 物憎い~ (4, 0.0%)

1 ことには, 恍惚に, 抽象の, 都である

▼ 物憐れ~ (4, 0.0%)

2 な室 1 で之, に見えました

▼ 物懐しい~ (4, 0.0%)

1 ところが, 夜を, 旅の, 気持が

▼ 物或は~ (4, 0.0%)

1 人或は, 動作と, 綯ふ, 髷物所謂現在の

▼ 物持つ~ (4, 0.0%)

2 てつて 1 て来た, 人の

▼ 物捨て~ (4, 0.0%)

2 塲に 1 塲なりと, 塲或は

▼ 物新しい~ (4, 0.0%)

2 心の 1 感じが, 感じの

▼ 物新しく~ (4, 0.0%)

2 感じた 1 て興味, びんの

▼ 物柔か~ (4, 0.0%)

2 さとに 1 さに, なお靜

▼ 物流行~ (4, 0.0%)

1 の一つ, の時代, は呉服屋, 新学

▼ 物發展~ (4, 0.0%)

2 の淵源 1 の本源, の根本活力

▼ 物~ (4, 0.0%)

2 の方 1 である, の生産

▼ 物盗りで~ (4, 0.0%)

1 あつた, はなく, もな, もなけれ

▼ 物~ (4, 0.0%)

1 だなと, なる語, の恋, らしい

▼ 物綺麗~ (4, 0.0%)

1 であった, でこぢんまり, にかつ, に住ん

▼ 物~ (4, 0.0%)

4 の平

▼ 物聞橋~ (4, 0.0%)

1 の上, の辺, は小さい, へ散る

▼ 物自分~ (4, 0.0%)

1 その物, でばかし口開け, のみを愛すべき, の専制君主

▼ 物臭く~ (4, 0.0%)

2 なって 1 なりリンク, 腹這いの

▼ 物見え~ (4, 0.0%)

2 口は 1 わかぬ夜, 下よりも

▼ 物観遊山~ (4, 0.0%)

1 というよう, には持て来い, に出る, に出懸け

▼ 物言ひも~ (4, 0.0%)

1 する, ハキハキし, 同じやう, 思はせ振り

▼ 物識ら~ (4, 0.0%)

2 ずの 1 ずで, ずでは

▼ 物足りなかつた~ (4, 0.0%)

1 がしかし, といふわけ, には相違, に違

▼ 物遠く~ (4, 0.0%)

1 ていかに, 且つあまりにも, 眺められて, 紅の

▼ 物錆びた~ (4, 0.0%)

1 一宇の, 匂ひ, 堂の, 風琴などを

▼ 物集北劍~ (4, 0.0%)

1 が來, と云, の手, の質素

▼ 物集高見~ (4, 0.0%)

1 などは美妙斎, の, の口語体, の文章

▼ 物頭格~ (4, 0.0%)

1 で食禄, の人々, の部将以外, より組頭

▼ 物體そのもの~ (4, 0.0%)

2 のうち 1 と同一視, も本

▼ 物~ (4, 0.0%)

3 の狹物 1 の狭

▼ 物いいたげ~ (3, 0.0%)

1 にハサまれ, にパッ, に瞳

▼ 物いえ~ (3, 0.0%)

2 ば口びる 1 ば四方

▼ 物いつ~ (3, 0.0%)

1 たりいろいろ, たり自分, たり読み

▼ 物いはず投げ出せ~ (3, 0.0%)

3 ば見ぬ

▼ 物いはね~ (3, 0.0%)

2 ば狹 1 ば狭き

▼ 物いひかけれ~ (3, 0.0%)

3 ば悉く

▼ 物いひつけん~ (3, 0.0%)

3 と振向く

▼ 物いや~ (3, 0.0%)

1 うまくない, だと, 益の

▼ 物いわず~ (3, 0.0%)

1 とも通り共同, 母の, 食を

▼ 物うち~ (3, 0.0%)

1 考えられるので, 語りて, 語る友

▼ 物うり~ (3, 0.0%)

1 が妙, の呼び声, の尻声

▼ 物おだやか~ (3, 0.0%)

1 でない市中, にお雪ちゃん, にたずねられ

▼ 物かへ~ (3, 0.0%)

2 強く打 1 し給

▼ 物かや~ (3, 0.0%)

3 母親かげの

▼ 物がい~ (3, 0.0%)

1 へない, へなかつた, へなく

▼ 物がたりに~ (3, 0.0%)

1 小説の, 此ほど, 高鍋領の

▼ 物さびしかっ~ (3, 0.0%)

3

▼ 物さびしき~ (3, 0.0%)

1 夜に, 心地し, 雨の

▼ 物され~ (3, 0.0%)

1 てゐる, んから, んと

▼ 物しづか~ (3, 0.0%)

1 なる處, な低い, にて其態度

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 きだ勝手気ままの, きものの, さみ

▼ 物せわしき~ (3, 0.0%)

3 中を

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 つくり裏, ないに, なたの

▼ 物そして~ (3, 0.0%)

1 バラバラに, 酸や, 面倒の

▼ 物たとえば~ (3, 0.0%)

1 ガラスとか, 一つの, 烏などについては

▼ 物たるや~ (3, 0.0%)

1 を了解, を知らん, を解せず

▼ 物だけの~ (3, 0.0%)

1 ものでありました, 物脅しでございました, 理や

▼ 物だったら~ (3, 0.0%)

1 お前に, すぐ分る, 一本で

▼ 物だつ~ (3, 0.0%)

2 たり由緒 1 てきつ

▼ 物だつたら~ (3, 0.0%)

2 どんな物 1 どんな我楽多

▼ 物だらけ~ (3, 0.0%)

1 だという, だ相, である

▼ 物づく~ (3, 0.0%)

2 めな 1 めで

▼ 物であったら~ (3, 0.0%)

1 さほどの, 世界も, 耶蘇教者は

▼ 物であるなら~ (3, 0.0%)

1 たといそれ, ば一匹, ば味いが

▼ 物でございましょう~ (3, 0.0%)

21

▼ 物でござる~ (3, 0.0%)

1 か, な, よ亭主役

▼ 物でさえ~ (3, 0.0%)

1 あった, あり得るよう, あれば

▼ 物でねえ~ (3, 0.0%)

1 から自分, としたら, 人によって

▼ 物で御座んせう~ (3, 0.0%)

3 ほんに私さ

▼ 物というは~ (3, 0.0%)

1 よほどの, 清らかなる, 潔きもの

▼ 物とかいふ~ (3, 0.0%)

1 のは, ものが, 事が

▼ 物とても~ (3, 0.0%)

1 ございません, なかった, 売るの

▼ 物どころ~ (3, 0.0%)

2 では 1 の話

▼ 物なぞの~ (3, 0.0%)

1 あろうはず, 價格の, 活動写真が

▼ 物などとは~ (3, 0.0%)

1 事違い全く, 卑しいやつ, 知らずに

▼ 物などには~ (3, 0.0%)

1 なれない, 似ても, 妙に

▼ 物なりを~ (3, 0.0%)

1 家倉ともに, 縫つてゐた, 隠蔽し

▼ 物なるべし~ (3, 0.0%)

3 今から

▼ 物なるや~ (3, 0.0%)

1 は古, を知る, を知るべからず

▼ 物なれない~ (3, 0.0%)

1 わが住民たち, 人の, 様子を

▼ 物においては~ (3, 0.0%)

2 私の 1 更にいっそう大きな

▼ 物においても~ (3, 0.0%)

1 探偵小説は, 時の, 翻訳物においても

▼ 物にたいしても~ (3, 0.0%)

1 まただれ, やはり同じ, 狐疑しなかった

▼ 物にては~ (3, 0.0%)

1 あらざりしならむ, なく候, 墜落しかけた

▼ 物にとっては~ (3, 0.0%)

1 明かな, 絶好の, 都合の

▼ 物により~ (3, 0.0%)

1 かかって, ただに, 嫌いは

▼ 物のかずならず~ (3, 0.0%)

3 よしや家督

▼ 物のね~ (3, 0.0%)

1 うちという, うちとは, うちを

▼ 物はと~ (3, 0.0%)

1 いえば, 尋ねる人, 断るの

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 ッかりで, 一生懸命て, 見せて

▼ 物ひとつ~ (3, 0.0%)

1 とどめなかった惨状, の或, 食わして

▼ 物ふり~ (3, 0.0%)

2 てわびし 1 て佗

▼ 物へも~ (3, 0.0%)

2 得意さと 1 しみいるやう

▼ 物ほか~ (3, 0.0%)

1 に私財, 着たこと, 通らんの

▼ 物まず~ (3, 0.0%)

2 腐って 1 人を

▼ 物また~ (3, 0.0%)

1 これとともに, ヨメまた, 歸り

▼ 物までが~ (3, 0.0%)

1 しばしばタマ, 固定せるごとく, 遠くに

▼ 物よく~ (3, 0.0%)

1 わが心, 人を, 言ひたる

▼ 物わすれ~ (3, 0.0%)

2 をする 1 に似た

▼ 物をさえ~ (3, 0.0%)

1 島人は, 思わせるよう, 食べては

▼ 物を以ても~ (3, 0.0%)

1 動かせない強, 抗し得ぬ時代, 満すこと

▼ 物ポーニン~ (3, 0.0%)

1 と船長, と警部モロ, は警部モロ

▼ 物一たび~ (3, 0.0%)

2 去れば 1 去ればか

▼ 物一般~ (3, 0.0%)

1 が在る, の価格騰貴, の関係

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 に外, に水夫旅人手廻, に狂歌集絵本類

▼ 物乃至~ (3, 0.0%)

1 は装飾品, 存在者, 自畫像

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 失所不尽生理朕甚憫焉所以親閲方書俾令撰集溥天之, 最小而可憎, 相謀

▼ 物~ (3, 0.0%)

2 に就い 1 という事

▼ 物二三~ (3, 0.0%)

1 の短編, 取集るといふは, 取集る物

▼ 物云わぬ~ (3, 0.0%)

1 悲しい蝋人形, 態度を, 魂が

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 が禁止, によって用紙配給, の品々

▼ 物人間~ (3, 0.0%)

2 は人間 1 の天禄

▼ 物今日~ (3, 0.0%)

1 の紀念, まで誰, 着る物

▼ 物作り~ (3, 0.0%)

1 の如き, の樹, も時々

▼ 物作家~ (3, 0.0%)

1 か純, は一幕物作家, より何となく

▼ 物侘しく~ (3, 0.0%)

1 厭は, 孤独に, 詩情された

▼ 物保存会~ (3, 0.0%)

1 の主唱, の番人, の首唱

▼ 物價騰貴~ (3, 0.0%)

1 でその後, で日本, の共通

▼ 物先方~ (3, 0.0%)

3 は忘れた

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 に投じ, に正負相, 何すれぞ悟達

▼ 物凡物~ (3, 0.0%)

1 も亦, を軽んずべきで, 云うに

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 か仏, ではなく, について言

▼ 物又は~ (3, 0.0%)

1 対応物として, 木屑などの, 魔物と

▼ 物古りた~ (3, 0.0%)

1 姿を, 本堂の, 杉の

▼ 物~ (3, 0.0%)

2 しく清 1 かさ

▼ 物問い~ (3, 0.0%)

2 して 1 にも来ぬ

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 いとなるまい, になる, ひ話

▼ 物塵一つ~ (3, 0.0%)

2 取りません 1 盗らなくたって

▼ 物変り星~ (3, 0.0%)

1 うつり伊達家, 移って, 移りまして

▼ 物~ (3, 0.0%)

2 又人工 1 の眞綿

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 きには, しい対象, しそう

▼ 物奉行~ (3, 0.0%)

1 から町奉行, だの本, を

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 の如き, の物, をなし

▼ 物崇拝~ (3, 0.0%)

1 とか歓喜仏, の如き, を共産主義

▼ 物干す~ (3, 0.0%)

1 料なる, 秋の, 鼻のうへ

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 が真理, の興行, は頗る

▼ 物得つ~ (3, 0.0%)

1 と彼狗, と手, と車夫

▼ 物心づいた~ (3, 0.0%)

1 と一緒, わたしが, 子供から

▼ 物~ (3, 0.0%)

2 はざらむ 1 へかも

▼ 物思はする~ (3, 0.0%)

2 花を 1 やうに

▼ 物悩まし~ (3, 0.0%)

1 さと, さを, そうに

▼ 物悪い~ (3, 0.0%)

1 物どっちつかず, 物二番手三番手いずれ結構, 物二番手三番手いづれ

▼ 物~ (3, 0.0%)

2 は器 1 の鬼

▼ 物懐かしい~ (3, 0.0%)

1 品物であった, 心持に, 気持に

▼ 物懶く~ (3, 0.0%)

1 引延ばした, 海水が, 突立っ

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 かしい心持, しい情緒, しく秋

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 が極, などのもの, のとり立て

▼ 物成り~ (3, 0.0%)

1 のよく, の保証, の早い

▼ 物~ (3, 0.0%)

2 を失ふ 1 なんぞへお

▼ 物教え~ (3, 0.0%)

1 にござった, に来たる, に来たるなら

▼ 物教徒~ (3, 0.0%)

1 が偶像, であった, となり

▼ 物數奇~ (3, 0.0%)

1 だと, も定め, 過ぎますね

▼ 物數寄~ (3, 0.0%)

1 な家族, な心, を見せ

▼ 物~ (3, 0.0%)

2 資本の 1 発見の

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 たと, つたら此方, て書籍

▼ 物柔かい~ (3, 0.0%)

1 うちにも, 女の, 言葉づかいが

▼ 物柔かく~ (3, 0.0%)

1 て道心堅固, 子供の, 御手水の

▼ 物欲しく~ (3, 0.0%)

1 つても, なるばかり, なるもの

▼ 物~ (3, 0.0%)

2 の和物 1 の柔物

▼ 物洗う~ (3, 0.0%)

1 にはもう, 水の, 私には

▼ 物無く~ (3, 0.0%)

1 たつて, 句無し, 蝶よ

▼ 物無し~ (3, 0.0%)

1 という, と誇っ, よりて

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 ひに, ひの, ひ一つ

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 とエネルギー, と心, なき心

▼ 物珍ら~ (3, 0.0%)

1 かななつかしい, しげな, に無遠慮

▼ 物~ (3, 0.0%)

3 は外出がち

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 か脅迫, じゃございません, では

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 の前, の形象, の部分

▼ 物神崇拝性~ (3, 0.0%)

1 という魔術, と同じ, を持つ

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 人氣は, 罪障によ, 貴クシテ愛ス可キハ

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 かでない, かな五十余り, かに引

▼ 物窮まれ~ (3, 0.0%)

2 ば通ず 1 ば転ず

▼ 物競走~ (3, 0.0%)

1 あり, のやう, をする

▼ 物聞き~ (3, 0.0%)

1 どもが, の役目, を出し

▼ 物聞け~ (3, 0.0%)

3 ば米櫃

▼ 物臭い~ (3, 0.0%)

1 性質から, 恐怖を, 風付を

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 かな, の貴, をのぞき歩きけり

▼ 物~ (3, 0.0%)

3 は質素

▼ 物見せる~ (3, 0.0%)

2 から 1 わけには

▼ 物言はず壁~ (3, 0.0%)

3 に向

▼ 物言はず辛棒~ (3, 0.0%)

2 して 1 してを

▼ 物言はん~ (3, 0.0%)

1 とする, とてほどよく, と思ひつ

▼ 物計り~ (3, 0.0%)

1 で色, やらされ, 簪だの

▼ 物読む~ (3, 0.0%)

1 ことからも, ことなど, ことをば

▼ 物~ (3, 0.0%)

1 ひ, ひに, ひは

▼ 物識顔~ (3, 0.0%)

1 とそれ, にやり出した, をする

▼ 物讀む~ (3, 0.0%)

1 ことには, ことを, ことをば

▼ 物豊か~ (3, 0.0%)

1 な想い出, に備つた御殿, に極めたる

▼ 物貰ひと~ (3, 0.0%)

1 の處置, も托鉢, 思はれて

▼ 物買い~ (3, 0.0%)

1 にと銀座, にゆかれた, に出た

▼ 物買物お金さ~ (3, 0.0%)

2 へ出 1 へ出来たら

▼ 物足らず思っ~ (3, 0.0%)

1 てもこのごろ, て中納言, て多少

▼ 物足らず思った~ (3, 0.0%)

1 のです, ものだ, 人も

▼ 物足らなくなっ~ (3, 0.0%)

1 てしまう, てまた, て来た

▼ 物足らなく思ふ~ (3, 0.0%)

1 ことで, とは何, 位で

▼ 物足り~ (3, 0.0%)

1 がせぬ, て心, 無さ

▼ 物身代~ (3, 0.0%)

3 烟りと

▼ 物遠い~ (3, 0.0%)

1 ところには, としても日前国, 感じが

▼ 物~ (3, 0.0%)

3 の御

▼ 物静けさ~ (3, 0.0%)

1 がそして, には一種不気味, 其の癖

▼ 物頭ども~ (3, 0.0%)

1 へ足もと, をこれ, を副将

▼ 物頭列~ (3, 0.0%)

1 にせられ, にせられた, を勤め

▼ 物馴れぬ~ (3, 0.0%)

1 ことの, ときの, 男に

▼ 物~ (3, 0.0%)

2 として寂寥 1

▼ 物あに~ (2, 0.0%)

1 かくの, 塩なく

▼ 物あの~ (2, 0.0%)

1 人の, 模様

▼ 物あらざれ~ (2, 0.0%)

1 ばかの, ばなり

▼ 物あらゆる~ (2, 0.0%)

1 宝物に, 空気あらゆる

▼ 物ありや~ (2, 0.0%)

1 という人, と問われ

▼ 物あわれな~ (2, 0.0%)

1 声が, 果敢い

▼ 物あんじ~ (2, 0.0%)

1 に倦ん, 筆の

▼ 物いうた~ (2, 0.0%)

1 ことも, のん

▼ 物いえる~ (2, 0.0%)

2 腕を

▼ 物いはん~ (2, 0.0%)

1 とする, とすれ

▼ 物いふさま~ (2, 0.0%)

1 その消, も惓

▼ 物うさ~ (2, 0.0%)

1 を持ちまわす, を覚えた

▼ 物おしみ~ (2, 0.0%)

1 するの, をしない

▼ 物おびえ~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 物おもい~ (2, 0.0%)

2 したまう

▼ 物おもしろい~ (2, 0.0%)

2 物の

▼ 物かい~ (2, 0.0%)

1 か物, てさも

▼ 物かく~ (2, 0.0%)

1 ことも, に御難義

▼ 物かけ~ (2, 0.0%)

1 て寝よ, 金具に

▼ 物かなしい~ (2, 0.0%)

1 樣な, 瞳で

▼ 物かによって~ (2, 0.0%)

1 次第に其の, 説明する

▼ 物かに対して~ (2, 0.0%)

1 それを, 大変申しわけが

▼ 物かのみに~ (2, 0.0%)

2 耳を

▼ 物かわる~ (2, 0.0%)

1 うちに, 歳月に

▼ 物がたりなど~ (2, 0.0%)

1 して, 言ひ

▼ 物がたりの~ (2, 0.0%)

1 ように, 中に

▼ 物がたりは~ (2, 0.0%)

1 ここから, こんどは

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 ひ酒, ふ二日

▼ 物くらいは~ (2, 0.0%)

1 取れようことイ, 狙うかも

▼ 物くる~ (2, 0.0%)

1 ほしきイイダ, ほしの

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 にしば, 無き姿

▼ 物こそは~ (2, 0.0%)

1 凡ての, 彼の

▼ 物さえが~ (2, 0.0%)

1 文化の, 日本では

▼ 物さえも~ (2, 0.0%)

1 あること, 出て

▼ 物さしで~ (2, 0.0%)

1 この綱, 長さ

▼ 物さては~ (2, 0.0%)

1 芝居の, 萎んだレース

▼ 物さびし~ (2, 0.0%)

1 さが, さ限りなく

▼ 物さびしさ~ (2, 0.0%)

2 の身

▼ 物さわがしい~ (2, 0.0%)

1 では, 人の

▼ 物しける~ (2, 0.0%)

1 に思はんや, に青牛翁来

▼ 物したる~ (2, 0.0%)

1 君の, 若干の

▼ 物しらず~ (2, 0.0%)

1 の奴, は眞向

▼ 物すべて一時~ (2, 0.0%)

2 に微笑

▼ 物す可~ (2, 0.0%)

2 からず

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 し海, はしう

▼ 物せん~ (2, 0.0%)

1 とて家人, と茲

▼ 物そう~ (2, 0.0%)

1 か否, なので

▼ 物そこ~ (2, 0.0%)

1 にある, へ置い

▼ 物そのまま~ (2, 0.0%)

1 のもの, の色彩

▼ 物ぞという~ (2, 0.0%)

1 疑問は, 疑問を

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 あ知らんじゃった, のみ主人申置候ゆゑ

▼ 物たりない~ (2, 0.0%)

1 とかまた, のでふらふら

▼ 物ってな~ (2, 0.0%)

1 あに, あ何

▼ 物つまり~ (2, 0.0%)

1 房州洲崎の, 春本だ

▼ 物てえ~ (2, 0.0%)

1 のは, のを

▼ 物であったなら~ (2, 0.0%)

1 きっと私, ば特に

▼ 物であったろう~ (2, 0.0%)

1 と思う, と思われる

▼ 物でありまし~ (2, 0.0%)

1 てもやはり, て温情的

▼ 物であるべき~ (2, 0.0%)

1 一の, 梢の

▼ 物であるらしい~ (2, 0.0%)

1 これは, のを

▼ 物でございまし~ (2, 0.0%)

1 て, てどなた

▼ 物でし~ (2, 0.0%)

1 てあいにく, てないかが

▼ 物でなかった~ (2, 0.0%)

1 ことだけは, 上宮廷の

▼ 物でなかつた~ (2, 0.0%)

1 ことだけは, 為めに

▼ 物での~ (2, 0.0%)

1 最古の, 特徴は

▼ 物でもと~ (2, 0.0%)

1 そこらを, つてもらへる

▼ 物で無けれ~ (2, 0.0%)

1 ば今, ば有る

▼ 物とお~ (2, 0.0%)

2 もひ

▼ 物とかの~ (2, 0.0%)

1 戸籍を, 獅子岩などは

▼ 物とさえ~ (2, 0.0%)

1 なるであろう, 見なして

▼ 物としても~ (2, 0.0%)

1 子供は, 観光資源としても

▼ 物とり強盗~ (2, 0.0%)

2 は日まし

▼ 物どう~ (2, 0.0%)

1 いんだか, なさろうと

▼ 物ないし~ (2, 0.0%)

1 膠質物を, 記録的要素の

▼ 物なぞが~ (2, 0.0%)

1 はみ出して, 置いて

▼ 物なぞに~ (2, 0.0%)

1 しなくても, 却て

▼ 物なぞも~ (2, 0.0%)

1 言う人, 買入れて

▼ 物なつかし~ (2, 0.0%)

1 さが, そうな

▼ 物なつかしく~ (2, 0.0%)

1 いつでも, 浮んで

▼ 物などでは~ (2, 0.0%)

1 ありません, あり得ず又

▼ 物などという~ (2, 0.0%)

1 あの礙, 字も

▼ 物などとも~ (2, 0.0%)

1 言うよ, 言ふ

▼ 物なんぞは~ (2, 0.0%)

1 打っちゃっておしまいなせえ, 江戸時代からの

▼ 物においての~ (2, 0.0%)

2 自由である

▼ 物における~ (2, 0.0%)

1 イデア的な, 不可分の

▼ 物にかけて~ (2, 0.0%)

1 ふだんの, 誓いましょう

▼ 物にしか~ (2, 0.0%)

1 すぎないという, 見えないの

▼ 物にぞ~ (2, 0.0%)

2 ありける

▼ 物にだけ~ (2, 0.0%)

1 必要な, 払ふと

▼ 物につき~ (2, 0.0%)

1 当った, 我は

▼ 物にと~ (2, 0.0%)

1 なくぼんやり耳, ツツかれた

▼ 物にとも~ (2, 0.0%)

1 なく始終, 分らない漠然

▼ 物によりて~ (2, 0.0%)

1 地球は, 料理せ

▼ 物によるべ~ (2, 0.0%)

2 なきさま成

▼ 物に関し~ (2, 0.0%)

1 同盟国の, 吾

▼ 物はかない~ (2, 0.0%)

1 日々の, 気持さへ

▼ 物はかなき~ (2, 0.0%)

1 まこと, を思へ

▼ 物はかなく~ (2, 0.0%)

1 め, 兎にも

▼ 物はも~ (2, 0.0%)

1 少しほしい, 早や

▼ 物はやる~ (2, 0.0%)

1 さ, のを

▼ 物ばかりで~ (2, 0.0%)

1 いる, 結晶しない

▼ 物ふるれ~ (2, 0.0%)

2 ば縮み

▼ 物へとも~ (2, 0.0%)

1 ない憤怒, 知れない憤懣

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 え拾い集め, え拾う

▼ 物みなすべて~ (2, 0.0%)

1 がその, が焼けつい

▼ 物めいた~ (2, 0.0%)

1 ものとして, 態度については

▼ 物めずらしかっ~ (2, 0.0%)

1 た, た初期

▼ 物めずらしく~ (2, 0.0%)

1 思った時, 物新しく

▼ 物もち~ (2, 0.0%)

1 の令嬢, の離れ

▼ 物もとより~ (2, 0.0%)

1 神にも, 野村も

▼ 物もの~ (2, 0.0%)

1 つて居らぬ, 給はず

▼ 物やかましい~ (2, 0.0%)

1 といやがられた, 世の中だ

▼ 物やが~ (2, 0.0%)

1 惜しげも, 惜氣も

▼ 物やの~ (2, 0.0%)

1 うち少し, んか

▼ 物らしくやれる~ (2, 0.0%)

2 ものなら

▼ 物らしく出来た~ (2, 0.0%)

2 時には

▼ 物わてが~ (2, 0.0%)

2 持つて

▼ 物わびしく~ (2, 0.0%)

1 控えて, 燻って

▼ 物わびしら~ (2, 0.0%)

2 の涙眼

▼ 物わらい~ (2, 0.0%)

1 のたね, 百姓の

▼ 物をさと~ (2, 0.0%)

2 林房雄は

▼ 物をのみ~ (2, 0.0%)

1 愛好する, 望みて

▼ 物をまで~ (2, 0.0%)

1 奪ひ去られる, 無視する

▼ 物をもって~ (2, 0.0%)

1 流通を, 混濁した

▼ 物ズバリ~ (2, 0.0%)

1 だね, 的な

▼ 物ノミ~ (2, 0.0%)

1 ヲ喜ビ選ン, ヲ玩ン

▼ 物マネ~ (2, 0.0%)

1 のシステム, をする

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 だ, の芽

▼ 物一だに~ (2, 0.0%)

1 なし, なしこの

▼ 物一式~ (2, 0.0%)

1 は南部權兵衞是, 揃って

▼ 物一枚~ (2, 0.0%)

1 なくて, の花嫁姿

▼ 物上げませう~ (2, 0.0%)

2 か貴方

▼ 物~ (2, 0.0%)

2 は竹行李

▼ 物不変~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 物不自由~ (2, 0.0%)

1 が無, になった

▼ 物与え~ (2, 0.0%)

1 ても礼, て慰め

▼ 物中毒~ (2, 0.0%)

1 か一酸化炭素中毒, で始終

▼ 物乏しけれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ物, ば乏しく

▼ 物乞う~ (2, 0.0%)

1 ては餓, 姿

▼ 物乞はん~ (2, 0.0%)

1 とする, とてあつまり

▼ 物乾場~ (2, 0.0%)

1 のこと, を通して町家

▼ 物二ツ~ (2, 0.0%)

2 に分ち

▼ 物二番手三番手~ (2, 0.0%)

1 いずれ結構上, いづれ結構

▼ 物云いた~ (2, 0.0%)

1 そうに, 気に

▼ 物云ひも~ (2, 0.0%)

1 そっくりな, をかしかりけれ

▼ 物云ひも目~ (2, 0.0%)

2 に見え

▼ 物云わず立っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 物交する~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことに

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 は丘陵, 樣なら

▼ 物以上相対物~ (2, 0.0%)

2 が文字上

▼ 物何くれ~ (2, 0.0%)

2 となく

▼ 物何ぞ~ (2, 0.0%)

1 のはし, や我これ

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 しい光, しい館

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 は其の, 見た事

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 も根葉, を検べた

▼ 物保存~ (2, 0.0%)

1 に功労, に骨

▼ 物個々~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 物價低落~ (2, 0.0%)

1 がなく, の割合

▼ 物價指數~ (2, 0.0%)

2 で見る

▼ 物價調節~ (2, 0.0%)

1 も行, ヲ云フ如キハ抱腹スベキ空想政治ナリ

▼ 物優しき~ (2, 0.0%)

1 夕なりけり, 限りに

▼ 物入來~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ 物其他~ (2, 0.0%)

1 の如く, の運搬

▼ 物具奉行~ (2, 0.0%)

2 の佐備正安

▼ 物具蔵~ (2, 0.0%)

1 の内, の手入れ

▼ 物再び~ (2, 0.0%)

1 かしこに, 肥料種子原料と

▼ 物出現~ (2, 0.0%)

1 して, の時

▼ 物分れ~ (2, 0.0%)

1 でその, となった

▼ 物動坂三郎~ (2, 0.0%)

1 そしてもう, に違い

▼ 物即心~ (2, 0.0%)

1 であるあらねば, といふ境

▼ 物~ (2, 0.0%)

2 物を

▼ 物取っ~ (2, 0.0%)

1 てしもたら, て働く

▼ 物取締罰則違反等~ (2, 0.0%)

1 の態様, の罪名

▼ 物古りたる~ (2, 0.0%)

1 温室あり, 灌木の

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 恐き夕暮, 恐しげ

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 樣に, 樣の

▼ 物同志~ (2, 0.0%)

1 が活きた, の間

▼ 物同様~ (2, 0.0%)

1 なもの, に使用

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 で人間, の

▼ 物問屋平野屋~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 物問屋近江屋~ (2, 0.0%)

1 というの, といふの

▼ 物嗤い~ (2, 0.0%)

1 だぞよ, の道楽者松屋松吉

▼ 物四ツ~ (2, 0.0%)

2 あり水

▼ 物在来~ (2, 0.0%)

2 の物

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 は人間, を二国

▼ 物売場~ (2, 0.0%)

1 は変, へ行つて物

▼ 物売店~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, まで盛ん

▼ 物変わり~ (2, 0.0%)

1 春秋ここに, 現代に

▼ 物外和尚~ (2, 0.0%)

1 ではござりませぬ, というの

▼ 物多し~ (2, 0.0%)

1 といふは辟案, 之を

▼ 物夜中小屋~ (2, 0.0%)

2 に入り

▼ 物大きく~ (2, 0.0%)

1 見えぬもの, 見え人

▼ 物奇麗~ (2, 0.0%)

1 で心持, に出来る

▼ 物好き心~ (2, 0.0%)

2 が何

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 の実相, の智慧

▼ 物如何~ (2, 0.0%)

1 に拘らず, に雅致

▼ 物官金~ (2, 0.0%)

1 の配当, の配當

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 しからず脾胃, 從厚四季と

▼ 物容れ~ (2, 0.0%)

1 の名, は山

▼ 物尋ね~ (2, 0.0%)

1 にまいります, らる

▼ 物小売部~ (2, 0.0%)

1 であった, の店

▼ 物差縫~ (2, 0.0%)

2 ひかけの

▼ 物干だ~ (2, 0.0%)

1 あもの, のの

▼ 物~ (2, 0.0%)

2 を得ざれ

▼ 物床几~ (2, 0.0%)

1 から立ち上がっ, にここ

▼ 物弁証法~ (2, 0.0%)

1 とも名づけ, は吾

▼ 物~ (2, 0.0%)

2 の尼

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 が見えた, だけが竹槍蓆旗

▼ 物待ち顔~ (2, 0.0%)

1 に口々, に往来

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 姉樣の, 用心

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 の代り, を新た

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 るるは, をさせる

▼ 物思はしい~ (2, 0.0%)

1 夜は, 心持が

▼ 物思はず~ (2, 0.0%)

1 あらむゆたに榜ぎつつ, 勢ひし

▼ 物思へ~ (2, 0.0%)

1 かも聲, ばものみな慵

▼ 物思へる~ (2, 0.0%)

1 さま傍より, 宮の

▼ 物怯え~ (2, 0.0%)

1 がし, でもしたらしい

▼ 物恋し~ (2, 0.0%)

1 さだった, さと

▼ 物悩ましい~ (2, 0.0%)

1 初夏の, 日であった

▼ 物惜し~ (2, 0.0%)

1 さう, そうに

▼ 物愚圖ら~ (2, 0.0%)

2 ずに

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 にみだれはて, に乱れはて

▼ 物懶かっ~ (2, 0.0%)

1 た, たし

▼ 物~ (2, 0.0%)

2 ひは

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 などを現, をすべつて男

▼ 物持つてるだ~ (2, 0.0%)

2

▼ 物換言~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ 物搗き~ (2, 0.0%)

2

▼ 物搗歌~ (2, 0.0%)

1 として鎌倉, などとも似通う

▼ 物教育~ (2, 0.0%)

1 その物, の標本

▼ 物数奇連中~ (2, 0.0%)

2 や死

▼ 物斬り~ (2, 0.0%)

1 のいき, の妙致

▼ 物既に~ (2, 0.0%)

1 善悪の, 物たらず

▼ 物暗き~ (2, 0.0%)

1 椎の, 牢獄に

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 ふ彼, へぬ

▼ 物書くべき~ (2, 0.0%)

1 心地も, 草稿の

▼ 物書け~ (2, 0.0%)

1 という, ば幸福

▼ 物有遙~ (2, 0.0%)

2 にこれ

▼ 物柔らかく~ (2, 0.0%)

1 だがその, 一行の

▼ 物案ずる~ (2, 0.0%)

1 さまなりし, 状なりし

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 のよう, の蓋

▼ 物檢閲~ (2, 0.0%)

1 の役柄, の爲遲延數日

▼ 物次郎~ (2, 0.0%)

1 という人, と云う

▼ 物欲しさうな~ (2, 0.0%)

1 不良学生では, 顔も

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 と社交, の詠草

▼ 物殘ら~ (2, 0.0%)

2 ず嫌

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 立って, 立つかと

▼ 物気取り~ (2, 0.0%)

1 でヤニ, で弁慶

▼ 物永遠~ (2, 0.0%)

1 の威能, の律法

▼ 物求食~ (2, 0.0%)

1 り寄り, り物求食

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 ひ場, ふ水際

▼ 物活論~ (2, 0.0%)

1 でもなく, というよう

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 い怒號, い押し合いへし合い

▼ 物深い~ (2, 0.0%)

1 林地も, 樹海の

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 かりき, 財者沒身爲奴自

▼ 物無き~ (2, 0.0%)

1 に非, 蜘蛛の

▼ 物煮る~ (2, 0.0%)

1 匂頻り, 物飾る

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 によるもの, による創傷

▼ 物特有~ (2, 0.0%)

1 の心, の悲しい

▼ 物~ (2, 0.0%)

2 騒然たる有様

▼ 物狂ひで官吏~ (2, 0.0%)

1 をする, をやつ

▼ 物狂ほしさ~ (2, 0.0%)

1 が加, になつて

▼ 物狂わしゅう~ (2, 0.0%)

1 なるまでに, 呶鳴り散らし

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 はれて, る

▼ 物現れ~ (2, 0.0%)

1 出でて, 君南風を

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 志, 稱だ

▼ 物異なれ~ (2, 0.0%)

1 ども其原因, ば名義

▼ 物白い~ (2, 0.0%)

1 綾の, 鬘手は

▼ 物皆季~ (2, 0.0%)

2 に応じ

▼ 物盗み~ (2, 0.0%)

1 と白状, に紛れ込んだ

▼ 物盗りなら~ (2, 0.0%)

1 おぬ, お金を

▼ 物目録~ (2, 0.0%)

1 ができる, は月刊

▼ 物真に~ (2, 0.0%)

2 貴い物

▼ 物真筆~ (2, 0.0%)

2 を大金

▼ 物硝子~ (2, 0.0%)

1 に移した, の上

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 は此年, も死んだ

▼ 物穏やか~ (2, 0.0%)

1 な調子, に言った

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 すれば, れば

▼ 物窮理~ (2, 0.0%)

1 によって近代, の域

▼ 物立台~ (2, 0.0%)

1 にかけた, を三個

▼ 物素争闘~ (2, 0.0%)

1 の痕跡, の神話

▼ 物經濟~ (2, 0.0%)

1 といふ譯, の終期

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 ひの, ふ比丘尼哉

▼ 物縫い奉公~ (2, 0.0%)

2 に住み込んだ

▼ 物置きで~ (2, 0.0%)

1 その一隅, まッ黒

▼ 物羅紗ビードロ~ (2, 0.0%)

2 それから見た

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 しく思ふといふ, をする

▼ 物自ずから~ (2, 0.0%)

1 出来いた由, 常ある能わずし

▼ 物芝居~ (2, 0.0%)

1 がかった続き物, を要求

▼ 物若干~ (2, 0.0%)

1 が成った, を染む

▼ 物茂卿~ (2, 0.0%)

1 が梅, の跋

▼ 物螢火~ (2, 0.0%)

2 の如し

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 下忝奉存候, 遣帖面

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 が多から, が多かろ

▼ 物要り~ (2, 0.0%)

1 がつづきます, の無分別

▼ 物見せん~ (2, 0.0%)

1 でもいい, 夷原

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 なし兄弟, の指圖

▼ 物言はじ父~ (2, 0.0%)

2 は長柄

▼ 物言ふさ~ (2, 0.0%)

2 まは

▼ 物~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 物詮議後~ (2, 0.0%)

2 に遺し

▼ 物詰め~ (2, 0.0%)

1 てはった, て夫

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 でも買える, もが持たなく

▼ 物貰ひで~ (2, 0.0%)

1 はあつ, はなかつた

▼ 物貸し~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て貰う

▼ 物費消~ (2, 0.0%)

1 かいや, といふ汚穢

▼ 物足らず思召~ (2, 0.0%)

1 されたが, して

▼ 物足らなく感じ~ (2, 0.0%)

1 て, ているらしく

▼ 物足りる~ (2, 0.0%)

1 まで追窮, ように

▼ 物~ (2, 0.0%)

1 には汚れきった, に残る

▼ 物軟か~ (2, 0.0%)

1 さで, に言いました

▼ 物辻川博士~ (2, 0.0%)

1 の動静, の洋館

▼ 物迷い~ (2, 0.0%)

1 と名づけ, または物

▼ 物追放~ (2, 0.0%)

1 に関連, の仕事

▼ 物遊び~ (2, 0.0%)

2 の店

▼ 物遠き~ (2, 0.0%)

1 処に, 語とては

▼ 物部分~ (2, 0.0%)

2 を決定

▼ 物隠し~ (2, 0.0%)

1 をし, をし続けた

▼ 物集高見君~ (2, 0.0%)

1 が許, の

▼ 物雪国~ (2, 0.0%)

2 第一

▼ 物霊体~ (2, 0.0%)

1 ではない, なること

▼ 物靜かに~ (2, 0.0%)

1 なつた兄哥, 優しかつ

▼ 物食っ~ (2, 0.0%)

1 て六時, て宿

▼ 物食べ~ (2, 0.0%)

2 さしたら

▼ 物食む~ (2, 0.0%)

2 大きかげ夜寒ひそか

▼ 物馴れたる~ (2, 0.0%)

1 扱に, 男の

▼ 物駆除~ (2, 0.0%)

2 の呪言

▼ 物體界~ (2, 0.0%)

1 の實在, の表象

▼ 物鳴り~ (2, 0.0%)

1 があっ, が止ん

▼ 物默つて~ (2, 0.0%)

2 居ては

▼1* [1912件]

あげ場かなんぞの, 物あげるいふてはるし, 物あさるなり, 物あたりであろうと, 物あったが虫, 物あっちへ持っ, 物あつかいにされ, 物あなたの物, 物あぶりくひなどする, 物あぶる騒ぎこもごも, 物あまた所持せらるる事, 物あらそひ成き我ハ父が, 物ありけり夫れ, 物ありしゆゑ何心なく, 物ありったけな風物, 物ありとあらゆる雑具が, 物ありましょうかな, 物ありませぬかな, 物ありませんでしたよ, 物ありゃア幽霊じゃ, 物あるいはまた城郭の, 物あるべきを, 物あるべしとの想像, 物あわれな亡き, 物いいかねた様子が, 物いいたそうであった, 物いいたい個人の, 物いいたげであったが人中, 物いい過すは親類, 物いう如く玉虫は, 物いう如く詫びている, 物いえぬ唇の, 物いかにして, 物いかめしい儀式では, 物いかめしき閭門見わたす, 物いけないなあ, 物いささかひらめきて, 物いざお受け納めくだされます, 物いたく窶れたれども, 物いただいて今週, 物いちいち怪訝でない, 物いっさいを失った, 物いっそのこと薪, 物いったい何でござん, 物いづれ病後か, 物いはざりしベネデツトオ告げぬ, 物いはじ父は, 物いはれざるはなく, 物いひたき景色は, 物いひなれん頼みも, 物いひ過すは親類, 物いふ声の細く清し, 物いふ物語物まうで, 物いふ目の瞳, 物いへる靈即ち, 物いまだに手の, 物いまどき通用する, 物いみなどいふた, 物いむれてあれ, 物いわないその清楚, 物いわぬ笑わざる歌わざる漢子の, 物いわねど花筒, 物いわんならんような, 物ううる畑, 物うたふは, 物うちひもしぼりの, 物うち鳴りなどし, 物うるはしき聖息, 物うれはしげに, 物食はずと, 物おじるような, 物おそろしくおぼえぬ, 物おびえして, 物おぼえぬことぞ, 物おもう色なりき, 物おもふとしもあらなく, 物おらには背負っ, 物おれは知らねえ, 物お前の物, 物お玉の持つ, 物お返しすること, 物お高涙の, 物かからの脅威も, 物かく筆はやはら, 物かぐの木の実は, 物かつてあらはれし例, 物かではなくなすべき何物, 物かとして指示する, 物かとの疑問有らん, 物かとはいわゆる時代, 物かとばかり御溝水, 物かとも感ずる, 物かなと言を, 物かにたいする興味も, 物かによつてみちみち, 物かに対しての腹立たしさ, 物かに後から押される, 物かに策うたれ駆られて, 物かはという風である, 物からが醜体, 物からや恋しかるべき, 物かわと二人目の, 物かわり昭和十三年の暮れ, 物かをはッきりと, 物かをば最も広い, 物かをも知って, 物かを以て彼女を, 物かを通してでなければ出来なく, 物かんがえをし, 物がずつと出て, 物がたりと少し乘地, 物がたりとは申伝ふるなり, 物がと目を, 物がなんか見えるはず, 物がにほふ, 物がはいつて, 物がりがりと附き, 物がわりあひ, 物きかせてもら, 物きたなく疑は, 物きっと頭の, 物ぎっしり子供ぎっしり, 物くその役, 物くふをみれ, 物くらゐは, 物くらいを食べること, 物くるる友, 物ぐらい俺あ, 物ぐらいにぼんやり解く, 物ぐらいにはなって, 物ぐらいはお召しなさるが, 物ぐらく呪の釘, 物ぐるみ借りたまま, 物こう疾視付けた, 物こういうものは, 物こがす風に, 物ことこそは何時, 物ことに当時の, 物こわくも何とも, 物こわして西洋, 物こんな粋な, 物ごえで言った, 物ごと何によらず, 物ごと新奇を好む, 物ご覧くださるよう, 物さあ何んでございましょう, 物さげてチョコチョコ, 物さして奥深いとも, 物さし裁ち板張板火の, 物さびしいすさまじい景色, 物さびしく物悲しきありさま, 物さび呼息づきぬ, 物さまざま見たが, 物されることが, 物さわがしさとから, 物さわがしき奧の, 物さわがしくなって, 物しあげようと決心, 物しい掛け声は, 物しきやくれない, 物しくれよとの給, 物したくもおれ, 物したごとく無理を, 物したたか血相かへて, 物しつるにごり江のう, 物しつるなり今か, 物しづかな侘しい, 物しづかさですつ, 物しようというん, 物しらぬ人の, 物しりめわしを, 物しり人によつて神, 物しり顔な議論, 物しれる人は, 物し侍るよし聞及びし, 物し始めたが天保八年, 物し得ない筈は, 物じみている, 物じゃから遣らん用, 物じゃが後日の, 物じゃったが禁果, 物じゃという処へ, 物じゃろうが, 物つかりだけど, 物すぐにお, 物すぐれて妙, 物すべきなり, 物すべて神であり唯一信心, 物すべて黄英の道具, 物すらに二個月に, 物するであらう人生, 物ずきじゃねエかなんぼ, 物ずきだと云っ, 物ずきなるよ, 物ずるずると来, 物せず却つて小説を, 物せられ師範家が, 物せられし近世仏蘭西文学史に, 物せられしなり何ゆゑとも, 物せられたる多くの, 物せり売りの, 物せる國民詩曲として, 物せわしそうに, 物せわしく日が, 物そいつを頭上, 物そっくりでそれ, 物そつくりの形, 物そのもの物自体については全く, 物その他何によらず, 物その他普通世間に云い伝えられ, 物その他武士階級に対する平民階級, 物その他禁制品の阿片, 物その他金銀につもっ, 物それから日用道具その, 物それから又アルプスの, 物それぞれに防ぎ, 物それらをいつも, 物それ自らが美, 物そんな料簡からに, 物そッくりお預かりいたしまし, 物ぞい汝は, 物ぞよされば, 物たいまつりた, 物たえずこれを, 物たかくうるとも, 物たずねたげなすて, 物ただそれだけが, 物たとう紙などが, 物たとえいなくとも, 物たとへば味噌汁の, 物たらむ, 物たらしめ下無, 物たらしめんと思ひ, 物たらず物と, 物たらない事しか, 物たらぬ点が, 物たりなくなつて, 物たりねえ七つ道具を, 物たるげなり, 物たるべく汝の, 物たる余は起て, 物たる紙でなされる, 物たる馬鹿げた種類だった, 物たれと言い, 物だあってもなく, 物だい芸術は無力, 物だかうやつてか, 物だかれの物, 物だかんななん, 物だけでミヤ子の, 物だけについてもそう言われ, 物だけより富むであろう, 物だったですね, 物だったらしく幄の, 物だつたさうだがいつたい, 物だのと細いこと, 物だ下され物だ, 物だ捕り物だ, 物ちしやなます, 物ちょっと見たところ, 物ちらばる中に, 物ちりめんと絽ちりめん四五枚, 物ぢやあ無いお前, 物て何, 物つくってきます, 物つくれる事の, 物つて怒つたん, 物つまらない物です, 物づくりの姿, 物ふ念, 物でありましたがこの, 物でありませぬ僅に, 物であり得ぬとすれ, 物であり憧れの的, 物であり死ぬ際には, 物であるいじょうたとえ, 物であるたとへ校友會, 物であるまいかと思ふ, 物であるらしく花の, 物であろかい, 物でこそあれ人間, 物でございますまかりまちがっても嚇し, 物でござんしてな, 物でござんすよこの, 物でしたろうか, 物でたとへ獅子, 物でたぶさきは, 物でだまされる人が, 物ででもあって, 物でないならばそれら, 物でなくきまったことが, 物でなく見る物だ, 物でもともいわれませんが, 物でもねえ全くわっし, 物でもねえと思い幸い, 物で助けられた恩が, 物で御座いましょう旦那様どんなに, 物で御座いますよ, 物で御座んすか今の, 物で無かつた, 物で片づけようそれから明日, 物で疲れ切つた針は, 物で祀の費用, 物で突きあたった一刹那に, 物で腐つて了ふ, 物で買うと三十五円, 物で重なるものの, 物といへど, 物というか比類を, 物というも他には, 物といふも不可なかるべし, 物とかいう一種の, 物とかがあると, 物とかにひと口で, 物とから生ずる大きな, 物とかを探偵小説としては, 物ときとして形, 物としてけづり花, 物としてしか登場出来ない, 物としてのみ行はれる, 物としてよりも玩具形式として, 物としもならざら, 物とちがつて, 物とても最早なかつた, 物とで言語内容の, 物とに対する租税に関する, 物とのみ信じて, 物とはなんぞや, 物とばかり思って, 物ともされたのであった, 物とや思ふあはれ愚か, 物とりたまひ候ほどの, 物とり並べて朝夕, 物とり追剥のたぐい, 物とわづかに, 物とを以てわたくしを, 物どっちつかずの, 物どの一つにも, 物どりには違い, 物なかんずくシアンが, 物なせる中に, 物なぜお書, 物なぞというのが, 物なつかしく深くして, 物なつかしさうな聲と, 物などさえも送った, 物などにも耽れて, 物などへだれもの, 物などまで洗って, 物などをも縫って, 物などを以てして, 物なやましく映え渡り木の間, 物ならありがてえ, 物ならざりし我に, 物ならざるにあらず, 物ならざればなり, 物なら喜ぶと申し, 物なら売れるだろうと企業家, 物なら帰るではなく, 物なら来た来たうまく化け, 物なら知らずまだこの, 物なら知らないが, 物なら腐ってもいよう, 物なら食えるのである, 物なら食べる物, 物なりける也, 物なりしかとの事を, 物なりしならんと, 物なりとて寶澤が, 物なりとのことを, 物なりに定着させる, 物なりについてゐるもの, 物なりの道徳性といふ, 物なるべくと何心, 物なる如く親子や, 物なんだってわざわざ, 物なんかじゃありません, 物なんざあ何もいらん, 物なんぞが売れる筈, 物なんぞに手を, 物なんぞも飾ってないし, 物なんとお礼を, 物なんぼでもある, 物な噛めねえから味噌, 物な思ひそ事あら, 物におけるかような, 物にさえまで劣らぬ調子, 物にすら多くの, 物にたいして軽蔑を, 物にたいする心を, 物にだって目を, 物につけお前も, 物にとっての現実の, 物にのみとむるがゆゑに眞の, 物にはほどってえもの, 物にばかり気を, 物にほどがありゃことば, 物にもかへること, 物にもわづらひされない, 物によってしか客が, 物によっての多少の, 物によってのみ評定される, 物によってよりもむしろ欲望, 物に対してだけ研究する, 物に対すると今井は, 物に対するともつかない果てしない, 物に当たっては当たり当たっては, 物に従い近く物事の, 物に従って課税される, 物に関しての高い価格, 物に関しても松江は, 物に関するもの後の, 物ぬっと屋台店に, 物いいでしょ, 物ねたみされて齢, 物ねだりするときの, 物のけはいで敵味方の, 物のけふこの頃, 物のこらずそれは, 物のさびというところをたっぷりとあしらったところなどは実際, 物のせゐでも夢, 物のなづの, 物のにほひが, 物のみで生存し, 物のみに限って, 物のみに対する人間の, 物のみの特別展覧会を, 物のみはなくて, 物のよこへ, 物はかなさを, 物はかり難く惑, 物はござりませぬか, 物はちゃあんと, 物はとか脅迫し, 物はなたじと, 物はなァ大は, 物ばかし召食つてた, 物ばかりか焚き物, 物ばかりじゃねえぞ, 物ばかりもあるまいと, 物ばっかりがいま作られ, 物ばっかりしか御座いません, 物ひいて乳母車, 物ひかた吹く花合歡の, 物ひそかなり, 物ひとかけら, 物ふみ食む, 物ふくもの, 物ふり山坂おもしろけれど, 物へか触れようとして, 物へではない, 物へでもよいから, 物ほころびの繕い, 物ほしいとも思わぬ, 物ほしくなったらアメ玉, 物ほしさからなん, 物ほしみして身, 物ほすは常, 物ほどに面白くない, 物ほどには精彩が, 物ぼくは一石, 物ぼろ切ればかりな, 物うす, 物まあ何事の, 物まいらせんとてか, 物まうで物見, 物まじこる, 物まったく見えずなりしかば, 物までは賭けない, 物までを売るほどの, 物まめやかなるさま, 物てえだ, 物みせも戸, 物みづから動かざる, 物みなしづかでおちつい, 物みな今日は身, 物みな可かれと, 物みな固化したよう, 物みな墜つる跡ぞ暗き, 物みな待ちかまへてゐる, 物みな急に後, 物みな我れに, 物みな新らしい芽生え, 物みな異様の感じ, 物みな自得す, 物みな虹色に燃え, 物みな蟄す, 物みんなわたくしのもの, 物むつかしき武士の, 物めきや, 物めしまさぬ, 物めづらしいと, 物めづらしく火をけに, 物めぼしい家財道具などを, 物もうけさして賜わる, 物もござりますが一坂, 物もさ程気, 物もって後で, 物もつひに, 物もて來る, 物もてあそぶ性癖より, 物もて填むべき, 物もらい風車売り, 物もらうてもどる, 物もらひが来, 物もらふことの多けれ, 物もをそれぬ大胆不敵, 物やさしき質の, 物やすぺんさあの, 物やつたら立派, 物やと人も, 物やは明かに, 物やへ文句なし, 物やらと獨言引出した, 物やわらかい声の, 物やを振り廻す, 物た故に, 物ゆえこれは特別, 物ゆえ今晩の内, 物ゆえ価をいっ, 物ゆえ力の強い, 物ゆえ御身に返す, 物ゆえ気には入るまい, 物ゆえ竜が直し, 物ゆかしくていい, 物ゆかしわかき匂の, 物ゆたかに特権的, 物ゆゑ我里にては冬, 物ゆゑ昨日の雪, 物よみの妖怪, 物よりかももしその, 物よりもと云ふ, 物の世界, 物らしさに, 物らしい依って余, 物らしかったと云う, 物らしくして帝, 物らしくない箱に, 物らしくなり多少とも, 物らしく思はせてゐる, 物らしく思われるので武蔵, 物らしく振舞おうと心がけ, 物らしく装うたものである, 物るゐ山を, 物らいの, 物わかれになった, 物わが夫に, 物わきまえもない, 物をかがつた優しい, 物をかばふ心地, 物をすら感ぜしむる, 物をぞ思ふ年, 物をというのです, 物をとは思つた, 物をなほして, 物をにては盥の, 物をはだに当てた, 物をばかり食べさせて, 物をめぐって終日頑強な, 物をや毫髪なりとも, 物を通じての事実だ, 物日本中に, 物アこっちにゃア, 物アチラの物, 物アルバニアの女, 物ア何ぢや, 物ア手にさわる, 物ア直ぐに逃げる, 物ガアリマストテイロイロヌカス故オレガ座敷, 物ガサワッタノデ夢中デ要之助, 物ガ乱レテ知ラヌ顔デカマワヌガイロイロ, 物ガ二重ニ見エルノデアル, 物ガ出テイテ寝テ居タガ, 物ガ尽キルカラシマイニハ武器ヲ払ッタガ, 物ギャーマン羅紗それに南蛮物, 物ギヤーマン羅紗それに南蠻物, 物コソ能宝ニテ有ベケレ食物ホシキト思ハヾ心ニ任セテ取テンズ, 物サビーニの女達, 物シテイタノカト彼女ノ出, 物ジョオヂ三世やプリンス・オブ・ウエィルス, 物スゴイ素敵な本, 物ダネだから, 物ティトとともに昔, 物アルアタリ, 物トハ禁ジラレテイルガ食慾ハ常人以上デアル, 物トンボ七宝の類, 物ト塩カライ物トハ禁ジラレテイルガ食慾ハ常人以上デアル, 物ドツと落ちたる, 物ナルヤヲ確定スル能ハザリシガ其後再ビ箱根ニ赴タル時前述, 物見エタルコト, 物ニモ非ズ, 物ニ克ツノ義ニ取ル, 物ニ喩フルニ猶ホ水, 物ニ就テ其源由ヲ推ス上ニ, 物ニ強硫酸ノ一滴ヲ点ズルトキハ已ニ発火ス云々, 物ニ類ス因テ紫陽花ヲ以テ, 物ノブ市トイウ物ヲ百文ニツイテ四文ズツノケテミタガ, 物多ク朽腐シ, 物ハダテすなわち雪, 物ハト聞イタラソレハイイト答エルカラサヨウナラ御苦労ナガラ一所ニ浅草辺マデオ出デト断ワルヲムリニ引出シテ浅草デ先, 物ハ一切予置スルハ更ニ論ヲ俟ザルナリ, 物ハ不用ニナッタカラオレノ所ヘカケツケテ夫婦デ来, 物ハ予一人ダケガ鱧ノ附焼, 物ハ如何程金銀ヲ惜マヌトテモ, 物ハ観ルヲモ厭フ輩モ無キニ, 物バラオバラコに会っ, 物ベスヴィアス火山によって埋没, 物ポインターをすべて, 物ポケットの中, 物ポーニン氏の行動, 物マデモ其ノ中, 物マネシステムを受け, 物モットモらしい物, 物モ知レヌ故ニ, 物リボン写真ドレスや靴下, 物レコード納付案の問題, 物ヲオレガ一分入レルト, 物ヲコワシタトキニハオ前ハドウシナケレバナランカ, 物ヲ買ッテ上ゲテクレロト云ウカライロイロ牧野, 物一々に関聯, 物一さいをさしひかえ, 物一たび陰気を得, 物一つ花活け一つ置いてなかった, 物一つ菓子食って, 物一つ解決しただけ, 物一人を五郎, 物一個ずつ攫者, 物一対あり, 物一巻を投げ, 物一度愛すれば, 物一時的の体裁模倣, 物一時間四十分の長いもの, 物一曰六徳の疏, 物一本四十五銭に御座候, 物一杯に増加, 物一枚二十五銭で糸, 物一樽それに酒二樽, 物一流の操, 物一箇を彼, 物一粒でも減らさねえ, 物一覧表は長谷戸検事, 物一重くれたと, 物一重三太郎後家様より長松, 物丁寧になる, 物万物の尺度, 物万能となった, 物は看護婦さん, 物丈風は吹き, 物三尺物の主人公, 物三枚ほどお勝手用木綿, 物三百年餘の間アルバ, 物三題話のやう, 物上り来る, 物上等のマルセイユ物, 物下され候事也, 物不意にあらはれ, 物不足で詩, 物世々の宝, 物清純, 物並びにその変化, 物中のより大, 物中人命ほど貴重, 物中判物その大小, 物中号外第四面全部, 物中最初のもの, 物中最多数を占める, 物丸木のこと, 物を呼び, 物主競い来たりて数倍, 物主義主観による外界, 物主義者であり得る, 物乍ら世態が變, 物乍ら取扱い描出が嶄新, 物乍ら眞刄の一刀, 物乎世間之愚人, 物乞ひなんかしたくない, 物乞ひも大して差別, 物乞ひも遊藝人の物乞ひも, 物乞ふために歌, 物也前書委候へば略し, 物也織物にさ, 物多からしむ, 物乾しの台の上り口, 物乾すために, 物乾台のところ, 物乾棚でなく, 物乾熱よりも湿, 物乾燥場の汚穢, 物乾竿を持ち出し, 物争い物をやらせ, 物は, 物二つ三つとりあつめて, 物二三取り集むる物にあらず, 物二三本と兎, 物二三枚をお, 物二三金ずしですし, 物二個有り, 物二本人父母兄弟姉妹及各戚屬家人之物, 物二枚とも著, 物二枚物ではランドフスカ, 物二枚目として殊に, 物云いかけたい気持ちは, 物云いする男だった, 物云いたげに舌, 物云いたげな有坂の, 物云いであったのである, 物云いとで立派な, 物云う如く恭しく拝, 物云おうにも声, 物云っては腐っちまう, 物云はず頓て忽ち, 物云わすのじゃ, 物云わねば腹ふく, 物五つを集めた, 物五十一枚その代金八両三歩也, 物五枚を抵当, 物五種類が発禁, 物五郎はんにタント買つて貰, 物五類立言の紀, 物些細なりと, 物交して来なけれ, 物交手段に訴える, 物四五百年前の, 物と人, 物人家銅鉱溶滓廃鉱等ことごとく流失, 物人形でも済む, 物人形スローガンを書いた, 物人足五十四人家来向き諸荷物人足五十二人, 物仇討物武者修行物の講釈師張り, 物今朝頼んで, 物仕入れの智識, 物仕方がない, 物にあらざる, 物代以上の値, 物以下なの, 物以外何んにもありません, 物以外全部実物の半分, 物仮令其は, 物伊勢国海松五十斤参河国海松一百斤紀伊国海松四十斤同書巻, 物伊藤春畝公が金子堅太郎, 物の方々, 物伝播の媒介, 物低俗な音楽, 物は十誦律, 物住むべき家着るべき, 物何となり思し, 物何一つ揃わぬこと, 物何事に対し, 物佗びしい寒い空気, 物佗びた日本的な風趣, 物佗びた秋の風景, 物作る人あり, 物作郡の時, 物使いで質, 物例えば出来そこなった, 物侍酒屋けんどん屋, 物侘しさだろう, 物侘しい人なつかしい晩春の, 物侘びしげ, 物侘びしい中で, 物係りの所, 物保存地帯として少なくも, 物信仰から發達, 物の若い, 物倉外曲輪などの宏大, 物倉廩に籠る, 物る, 物借りてきた, 物倦さを覚える, 物倦さうに赤ん坊に乳, 物偈三句を添える, 物備前物肥前その他彼がまだ, 物傲然たる慓悍さ, 物が殆, 物僞物の論, 物價ガ世界的原因則チ世界大戰中, 物價問題悉く茲ニ發ス, 物價左の如し, 物價調節ニ反抗シテ買占メ賣惜ミ等, 物價騰貴ニ至ル恐アル時, 物價高火災流亡の住宅難, 物はぬ, 物く話しかけた, 物優しい低い声で, 物優しい良い曲だ, 物優しい蒼い顔を, 物儼乎として動かざる, 物先生とし, 物を映し, 物光沢のある, 物入場になっ, 物入打續き, 物全く旧劇は, 物全体の簡単, 物全滅の惨状, 物全般の商業上, 物兩理に分ち, 物八番の作者, 物六月三日に給, 物六枚書いた, 物共めがッ, 物共相手は一人, 物ま, 物其三は土器形状模樣, 物其他一切の雑費, 物其基よりし, 物其外風呂の中, 物其日庵主が大, 物其者に於, 物具せられけるが冑, 物具一領長刀ひとえだ, 物具倉と共に, 物具刀太刀など散らし, 物具存して, 物具身につけ眼鷹, 物具鐙の音, 物なれば, 物凛乎として我, 物凡ての事, 物凡て整ふり折りめ, 物凡て新らしい事, 物処分して, 物がたし, 物出したこたあ, 物出した物が, 物出来その中, 物出版社としての誇り, 物分かれになる, 物分配の任, 物切りではご, 物切る物ありとあらゆる, 物列車のゆるゆる, 物判断縁談金談吉凶禍福に至る, 物而難有奉, 物利用の代表的, 物到着す, 物刷り物の圖案, 物則鼠過於蠅, 物創造の後, 物力すべての點, 物力のより豐富, 物力以上近代人の知能以上, 物動いて事, 物動かざればこれ, 物動きかつ感ずる, 物動坂三郎氏を推さん, 物勝げて計, 物勢い込んで飛ぶ, 物匂い形容詞だ, 物包ミハ提ゲテイタガ僕ノ見, 物化しずかなること林, 物化学上の仕事, 物化学会の席上, 物化学的変化に際してそれ, 物化学者はこれ, 物化学者ドミトリ・イヴァノヴィッチ・メンデレーエフという人, 物化学賞を授与, 物ありと或, 物十五人揃ひでなんと六萬圓, 物十種ぐらいもらった, 物半紙二つ折の後期, 物半襟つきの前, 物仏教の, 物即心只一個の現実, 物はしき物, 物厳かに控え, 物参らせたらば食, 物参りには最も, 物収納所をおい, 物取だろうってえ, 物取ではない, 物取であろうと事, 物取ならば財, 物取らす折は, 物取らせて吝, 物取りはずし置き候ところただいま, 物取り片づけておけ, 物取るといえ, 物取締規則とともに華族令, 物取締規則違反事件で入獄, 物取締規定違反暴力行為取締法違反出版法違反等の罪名, 物くる手, 物受け取れないさびしい, 物古い町角で, 物古りている, 物古る木立築山の, 物召喰がりはしない, 物台帳からちゃんと, 物有主惟江上之清風與山間之, 物各々所を得, 物同じといへども, 物同じくして, 物同士がおたがいに, 物同封いたし置き候, 物同然で何だか, 物同然不思議を働く, 物名品をつらね, 物名園などなどを初め, 物ふが, 物吝しみする男, 物吸物さしみ, 物吹き物の, 物な物, 物呼び醒ます目に, 物を読ん, 物哀しい狭い土地から, 物哀れげに仰, 物の店, 物商う声ゆききする, 物商兼研職で商売用, 物商家の暖簾, 物問いたげだったから引き返し, 物問い度げな口吻, 物問う様に, 物問屋会津屋宗右衛門方の通番頭, 物問屋山内忠兵衛妹五百が来り, 物問屋日野屋忠兵衛方には年給百両, 物問屋長尾宗右衛門に嫁, 物喜びをした, 物喫食の害, 物喰いだよ, 物喰う物などに, 物喰って居る, 物喰ひだよ, 物喰ひで大變, 物喰宜何を喰, 物嘆かしきたたずまひ樹間に, 物噛む響する, 物噛むごとく売りだしの, 物を余, 物器具等またしかり, 物器顛倒して, 物四五枚麻のかたびら, 物四年五六年年なしなどと, 物四点その以後, 物囲障灌漑排水の設備, 物さを, 物固くして, 物土中に生ずる, 物土屋という弁士, 物在り又一手, 物を得, 物地所家作店の株, 物堆積して, 物場違い物などとみてとれる, 物塗り盥それには皆, 物塵一つ盜らなくたつ, 物境目について一ノ関, 物壊しちゃあ駄目, 物売っチャエ, 物売ったところで, 物売りつけられたばい, 物売伎芸の徒, 物売台の横, 物売屋の女房, 物売払のとき道具屋, 物変つて昭和の今日, 物変り世は, 物変り幾星霜が飛び去っ, 物変り星移りの講釈, 物変人無言無情笑うこと, 物変物もすっかり, 物外めが茶飯, 物外字新聞の挿画, 物外心外の世, 物外物内何すれぞ悟達, 物多ければなり, 物の街路, 物大井憲太郎という爺さん, 物大学者と言われ, 物大小と四布, 物大院君は摂政, 物天井からたれる, 物天人娘夢浮橋が当たり, 物太陽の崇拜, 物失せて戸締り, 物奇主義の産物, 物作を, 物奉行明良重三郎の次女安, 物の物, 物好きさが, 物好きすぎますか, 物好奇で集めた, 物如病疾遭害以爲持衰不謹便共殺之, 物と称え, 物妬むにも非, 物始めよし, 物娯楽用の樹木草本, 物婿取り物から夫婦物, 物は良人, 物嬉しさである, 物季節その物, 物學び彼れ, 物學びせし間に, 物學びせぬアントニオと, 物學ぶことを, 物學問に對, 物安い物そんな, 物安全私は今それ, 物安博士や現, 物安居士いく子刀自を訪, 物完全ならむ, 物定かに見えず, 物宝玉の飾, 物実に十五点和銅初年以前の, 物実は御微行中, 物実在せぬよりの, 物実存せりと信ぜし, 物実際存否の, 物客人女郎不案配即席料理, 物宣命としての神事, 物室町時代の謡曲, 物家内の調度, 物家畜となつ, 物家財壊れた箱, 物容れる物汲む, 物寂びしている, 物寂びたるカムパニアの, 物寂れた家の, 物寂寞水音高き大井川, 物寒暑吉凶の, 物我が物, 物實汝の物, 物への依頼状, 物専属のもの, 物専門の館, 物の的, 物尊崇は大抵, 物小さな物を, 物小屋同様のもの, 物小舎はこの, 物小説が読まれる, 物小間物飲食物器具等またしかり, 物少からず現に, 物少くありませんが, 物少なく殘す誹り, 物少なければ次第に, 物屋さんが持っ, 物屋吉右衞門は女郎, 物屋大釜の中, 物屋忠兵衞と云, 物屋横町は安, 物屋近江屋九郎右衛門麻布の米屋千倉屋長十郎, 物を取得る, 物展覧会の挙, 物履物などを片づける, 物崇拝者にならせまい, 物工作物と農作物, 物工場倉庫収入を生ずる, 物巨霊にのみ托せられる, 物差してはいけない, 物差し押さえされました, 物差出日に, 物差火のし, 物が身一つ, 物に赴く, 物しくふと, 物帰所好不関貧, 物にも記載, 物も衣類, 物常に此の, 物の裁縫, 物干よりさし込む, 物干場のかはり, 物干場井戸端などの透き, 物干挟みのよう, 物平次の第, 物幻燈といふもの, 物幽霊の観世物, 物床しい淡い縹渺と, 物店呉服屋の店, 物店舗に陳列, 物弓倉の中, 物引っとらえて, 物引っかけていやがる, 物引渡の主義, 物強いは仕らぬ, 物強大なる物, 物強請をする, 物当てがう, 物当家としては家宝, 物往々有りて, 物徂徠源白石中井竹山の如く, 物待ちげのさま, 物律これはこれ宇宙, 物に郵便局, 物後期の物, 物後生大事にかかえ, 物後藤象二郎に或, 物従つて一つの姿, 物従来二円三円で買っ, 物御免に対しては相当, 物御座候由承及申候, 物と心, 物心づかないうちに, 物心づき早くも, 物心臓病者の, 物必らずしも全美, 物必然の力, 物忌みごとが, 物忘したまふ, 物忘れゆく女の, 物忘れ致すと見え, 物快適な食事, 物念謀反之輩, 物怖したらしい叔母の, 物思している, 物思せさせんとには, 物思はしく秋の, 物思はしさうにかう, 物思はしめ給ひき, 物思はせたる末難, 物思はせる海と, 物思は忘れられぬか, 物思ひくよ, 物思ひさせるにふさ, 物思ひする場合にも, 物思ひたや, 物思ひぬばたま, 物思ひ来りし道程なれ, 物思ふらししのすすき招く, 物思わしき様子にて, 物しく聞きなされる薄暮, 物怨めしき春の, 物怪奇を狙う, 物怯気して, 物恋うこころ, 物恋しいやうな, 物恋しきに山下, 物ぢを, 物恐れせぬために, 物えでも, 物恥しく酢の, 物恨むしつこさ, 物みめ, 物惜しい落ちつかぬ心持, 物惜しくつて仕, 物惜しげに光り, 物くて, 物惰さそうに, 物ひに, 物想わし気な, 物のごとくならざる, 物意気な音締め, 物愚図らずに行つて, 物愛すべき物であっ, 物慕わしげに, 物慕わしい感傷的な, 物ない僕たち, 物慣らされた物腰で, 物さを, 物憎い痒みが, 物憎い美しさを, 物きて, 物憑き物狂いがいつも, 物懲りとは勿論, 物懶いあたたかさが, 物懸け花入の, 物成らんと又, 物成んと其頃風聞, 物成永代無役, 物成渡方之儀, 物成高五百円位きわめて景気, 物にあらざるなり, 物我今皆これを知る, 物或いは自然との, 物房花扇箸三種の護摩木, 物所持して, 物所持うんぬんのお, 物所謂露台を造つて, 物手前達は何, 物打ちかさね関と, 物打った鎧を, 物打つ音が, 物打倒す犇き, 物払い下げ問題について福地源一郎, 物払下事件も単に, 物送を, 物とは思ひ, 物抽斗の中, 物ふ下男, 物拙者の鑑定, 物れえて, 物拵えんでお針, 物持たない物, 物持ちでしてな因業, 物持ちですから金, 物持ちらしい顔を, 物持てるに驚, 物を舷, 物挟まったような, 物捕り功名を, 物捜し得て穿かす, 物捨甕も置かれあり, 物掃除者の義, 物掃除費の中, 物を訪ね, 物掛けに掛っ, 物がす, 物ひである, 物描寫についてわたくし, 物提供の種, 物揚げ場の, 物揚げ場との多い, 物換えにうき, 物換わり星移り人情, 物換人何去失却往年航海名, 物握るかたちし, 物携帯で遊び, 物支那の為政者, 物改まってする, 物教的崇拝のあと, 物教訓物をと強, 物数々金子二百円代筆ならぬ謝状, 物数個買ふ, 物数多ありし中, 物数奇者間にてわれら, 物数寄半分に検, 物数寄無益の費, 物を云, 物數奇連中や死, 物文書をあわせ, 物文書古記録のたぐい, 物みを, 物斬りでは名人, 物で跣足, 物断ち塩断ち火断ちし, 物新しそうに, 物新しき朝に, 物新堀端から捨て, 物方便たるべきもの, 物施しをする, 物日本物その何れ, 物日露戦役当時で謂うなら, 物旨しい, 物の形, 物映るは自己, 物の声, 物有し故, 物是也享保十一年丙辰六月七日死生年不詳家説を以て考, 物時代物二つ乍ら書くと, 物時局物を求めるなら, 物がうごめく, 物智ニ長ケ武者立チ厳シク軍律ヨク行ハレテ遠ク大坂ト海, 物き光, 物暗く案じられ出した, 物暗けれども杉, 物曳きずる様, 物曳けども取れぬ, 物にみるべからず, 物更に改まる昭和, 物書かねば文, 物書かれ楽器を, 物書松本甲子蔵がこれ, 物書藤田徳太郎などがいた, 物書衆六七人入申由, 物最難忘想倚天橋松影碧, 物有無異同あり, 物有難く頂戴仕ります, 物朝泄ると, 物の器, 物未だ各種の, 物未だに手の, 物本然の姿, 物本草ト訳ス二ヲフィシヲロジカルボタニート云フ生理本草ト訳ス三ヲシステマチカルボタニート云フ分科本草ト訳ス四ヲジヲグラフィカルボタニート云フ地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, 物本邦古人書画近代儒家文人詩文唐山真蹟書画本邦諸国地図唐山蛮方地図草木金石珠玉点介鳥獣古銭古器物, 物と雄黄, 物朱漆の具足, 物材料まで食っ, 物杓子定規の理屈, 物来らずほんとうに, 物も立てかけ, 物林子平なんという, 物果敢ない旅人としての, 物架空殺人トリックの讃美, 物の傑作, 物染物のこと, 物柔らかい調子で, 物柔和なる體, 物柱かけの生花, 物柳子厚の詩, 物すれば, 物案顔に俯向, 物の板, 物を並べ, 物森羅万象妙ならざる, 物棲むてふ, 物検閲官丈は御免, 物を故意, 物極まれば必変転, 物構えで意気揚々, 物標本を紹介, 物模造職藻西太郎と云う, 物横町の中華, 物横領という, 物樹木などの市街物, 物樹木花鳥といふもの, 物だという, 物櫛笄贅澤づくめ, 物次第では相当, 物欲しき子の, 物かしき, 物正に是れ, 物武器馬具など絢爛, 物武者修行物の講釈師張り, 物武藏西ヶ原貝塚及び下, 物死し枯るる, 物殊に息子殿は, 物残らず嫌やに, 物残らずもらったと同様, 物残りて国, 物毀損の罪, 物毎不自由何篇気儘之風俗段々悪, 物毎思儘に相達, 物気分になった, 物が多い, 物汚すと聽, 物汝等の愛, 物汲む物煮る, 物沢山で控え, 物河岸は香り, 物洗いいたる女の, 物洗い場または水, 物洗場に一面, 物活花ことごとくが, 物活論的な見方, 物活論的唯物論はギリシア, 物活論風の最も, 物流れたり, 物流動の方向, 物から輸出品, 物浮子ではない, 物淒いほどである, 物淒いものであつ, 物さしのび, 物深き所には, 物深く精神的で, 物に悟達する, 物渡りに舟, 物渡世をいたし, 物湯豆腐冷豆腐でんがく, 物源俊頼の歌, 物滿載の, 物漁りなど烏滸, 物漸くに長大生育, 物濡れたやうだ, 物火邊の燥熱, 物焙ぶる炉の, 物焚きしかをるころもの, 物焚く物の, 物無うして, 物無性な欲, 物無所不包, 物焼いて了, 物焼きでも窯, 物焼き物などについてまた, 物焼く薫いつしか, 物煙管に南蛮, 物煙草汁に中っ, 物煩しき物に弱き光, 物煮豆など余る, 物ゆれば, 物燈籠提灯つみ物なぞはあるいは, 物燐化物を含ん, 物くと, 物ゆる五月, 物燻べて何ん, 物爭そひせし解, 物爭ひなどしたる試し, 物片づけに召使い達, 物片隅にち, 物物即心といふ境, 物物即心只一個の現実, 物物理的なもの, 物物而責之用用亦窮矣, 物だの, 物特別な光線, 物狂う咽入りぬ, 物狂ひで逃げたが, 物狂ひで役人をし, 物狂わしかったばば, 物を夜, 物狭き物を, 物人の, 物玉作佐比毛知など人, 物珍ら街を眺め, 物現世にある, 物で膳, 物生きたものなら, 物生まれてすなわち, 物生則気聚死則散有, 物生心の三, 物生産設備工場倉庫あらゆる種類, 物生育する自然, 物生若い衆の御, 物生食スレバ恚ヲ増シ熟食スレバ婬ヲ発シ性霊ヲ損ズ, 物も, 物用特殊の投げ, 物つ物, 物畑物を供えた, 物の大高源吾, 物などはプルウスト, 物異なるなり, 物異人を呼ぶ, 物異産を奉り, 物畳みて棺, 物さうに羽搏を, 物ひといふ, 物疑ひのない, 物疾く走る, 物病ましさのかぎり, 物しくまだ, 物瘠せしたような, 物をのみこんだ, 物百四十四点となっ, 物百数十部即ち凡そ二千冊, 物百貨店とマカン・マアカア, 物皆すべて續くと, 物皆その間に秩序, 物皆偶然に非, 物皆其徳光を瞻仰, 物皆恆に活動, 物皆春なりし頃, 物皆時あり至, 物皆獨樂の如く, 物の意気込み, 物とに阿付, 物益々なんだか三好さん自身の, 物盗りじゃありますめえの, 物盗りだったのねエ, 物盗りであろが, 物盗りでしょうかそれとも, 物盗りでねえことだけは, 物盗りなんだ, 物盗人物から悪, 物盗恐怖貪慾嫉妬それから意趣返し, 物なれば, 物盜りや喧嘩ぢやあるまい, 物盜りや怨みの人殺し, 物盜りや惡戲ではそんな, 物く内, 物目貫は赤銅, 物にし, 物相愛するは, 物真似てやつ, 物真実ならば, 物眼前に舞い下る, 物てうたた, 物着る暑さ, 物着物の類, 物睨めば疫毒, 物知らざる物を, 物知顏ぞあはれ, 物研究にも年月, 物壞の, 物破壊の名, 物硫化物燐化物を含ん, 物社会的理念に適う, 物社會が活物, 物祝ひ賜はる, 物神健かにましまし給え, 物神化するもの, 物神崇拝の無, 物神崇拝的な神聖味, 物の遊び, 物秀でしローマ人等の, 物私好きない物, 物となり, 物秋茄子のし, 物程も責任を, 物稠人中によく, 物種彦物などが親しまれました, 物穀商人さては扶持取り禄高とり, 物積みてくだりし, 物究理の洋学, 物空万はこの, 物空間に存在, 物競争をやろう, 物競馬も先週, 物の類, 物竿にする, 物笑劇オペレットが, 物七が, 物等三人合力して, 物かたしいがめた, 物米利堅粉と玉子, 物粉食のコボレ, 物なるに, 物精神なら精神, 物精霊を想像, 物紅葉物高田早苗氏の, 物納屋の物, 物素より人間の, 物素以上に超, 物素話神即ち火水風, 物の矢がすり, 物統制にあたって自分たち, 物尽しの, 物絵巻などをのみ対象, 物絵本や読本, 物総べて異なつ, 物総計百六十三点の中, 物総量を増加, 物編ミ物ヲ有, 物編輯発行のため, 物縫うかたわらにも, 物縫ふけはひ, 物置いて行く, 物置きなら明いている, 物置きなりいずれに, 物置きらしい建物も, 物置き場になっ, 物置き見たような, 物羅列を以て第, 物羅紗精巧な, 物美しい絵や, 物の念強, 物羨みをする, 物羨みしたりし, 物羨みはせぬ事と, 物翹然口に近き, 物とみゆる, 物へする, 物考えなどし, 物何ぞ是等, 物も襤褸, 物而責之用用亦窮矣, 物聞いた音一として, 物聞きたげに二人, 物聞山の肩, 物聴かんとする, 物聴山とか水沢, 物は崩れ, 物肥前その他彼がまだ, 物育ち陰れば災い, 物脅えの顔色, 物脱いでおしまい, 物脱げないの, 物腥き西洋の, 物膝すり寄せて, 物臨機応変に妙味, 物自らに属する, 物自動車や公私用, 物自活乘船南北市糴又南渡一海千餘里, 物至るところに, 物致すとは何ごと, 物興り得ない物, 物のこと, 物と色, 物花瓶その他の装飾品, 物若い母親への, 物若林博士の手, 物苦しいことは, 物苦しい淋しい不安な, 物茶入の出世, 物荒くいい罵り初めた声, 物荒物野菜などは鬼, 物菊田で, 物菓子から反物, 物菓子屋には菓子, 物萩丸の足, 物萬一此金子に於, 物萬般也先有御所的之役人云々, 物落しし人の, 物落て有しを店, 物落下の爲め, 物んならん, 物蓬頭亂面の青年車夫, 物蔭づたひ往きめぐる, 物蔭以外には一歩, 物蔭木蔭で, 物蔭甲板に佇め, 物のほう, 物薄い調子で, 物薄墨色になっ, 物薬売の弁舌, 物薬籠などを競っ, 物藪畳などがゴチャゴチャ, 物や虫, 物蛭田博士もその, 物蜜柑等を購, 物蜿蜒たり, 物蠅男はあの, 物行李のなか, 物行衣姿の島原城, 物街路の角, 物を橇, 物被害の調査, 物製作品であって, 物製造貨物等が二千万, 物などの端, 物西班牙産の金剛石, 物西鶴物などその, 物西鶴物露伴物紅葉物高田早苗氏の, 物要するにただそれ, 物要りで人目に, 物覆面遮光器の事, 物見せたところで, 物見せたいわ, 物見せようと心掛け, 物見せんずぞ彼禪杖, 物見たら気が, 物見ぬ本つ, 物見れば一匹, 物見世物のよう, 物見本テーブルは幾分, 物視る靈が, 物る, 物親しい感を, 物親父に見られたら, 物覺好き人はあらじ, 物触れば縮み, 物れば, 物言こと祥なし, 物言さがなく, 物言はず泣のみ成りし, 物言はず疊みて, 物言はず足のはこび, 物言はん彼等相連れ, 物言はん気色もなく, 物言ひざま, 物言ひだが態度, 物言ひで或は古事記筆録当時, 物言ひとなり結局預り, 物言ひと言ふ事, 物言ひなんか女の子, 物言ひも上品に確り, 物言ひも堅氣の者, 物言ひも尋常親方の萬兵衞, 物言ふけはひでない, 物言わずの子, 物言度げに立ち上りました, 物言掛長といふ事, 物言換した事, 物計り着て居る, 物計器には計器, 物訊ねたげに傍, 物設備の不完全, 物りたま, 物詣でにはかえって, 物試しとうけ, 物はもつ, 物話つて居さ, 物認めるその字, 物語いたせし間歸宅, 物語り物でも素読, 物語れることを, 物と過程説, 物読みたる僧にや, 物読み耽りたるあるひ, 物読めば倉, 物読書界の衰え, 物調和しはじめて, 物調査委員として明日, 物調査委員会が設置, 物道具も, 物識ぶりを発揮, 物識リ顔ニ披露シタニ過ギナカッタ, 物識顏をする, 物もない, 物財宝等の天, 物財布を悉く, 物貨輸送は諸, 物貰いさ顔は, 物貰ひだいやはや, 物貰ひとあまり大差のないひどい, 物貰ひと言つたらう, 物貰ひと間違へて追, 物貰ひなどしきり, 物貰ひなら去年の暮以來御難, 物貰ひも来る, 物貰ひも五月蠅くない, 物貰強請は警察, 物貰押売謝絶の札, 物買いましょうお払い物を, 物買う人が, 物買つて來てくれた, 物買つて喰つた方がえ, 物買つて行つた方がい, 物買はずや物, 物買ひたいものそれ, 物宿人馬割場圍宿近村の, 物費用などは皆薫, 物こく利口さ, 物賣らずやと呼ぶ, 物などし, 物贈り愛兒の, 物赤い珊瑚といった, 物で直ぐ, 物越し態度何処となく, 物越悄々と出る, 物足らずなりなばどる, 物足らず一杯を傾け, 物足らず卒直に心内, 物足らず心をイライラ, 物足らず思つたもの, 物足らず思われることが, 物足らず思召すようであった, 物足らず薫は思った, 物足らず覚ゆるなるべし, 物足らないもつと何, 物足らないらしかつた, 物足らなかつた私の, 物足らなかろうし僕, 物足らなくって淋しかっ, 物足らなくなり折々宮門, 物足らなくなり抑え難い暴力, 物足らなく思い出されて来た, 物足らなく思うでしょうか, 物足らなく思うらしい表情を, 物足らなく思っていた, 物足らなく思ったらしく君にも, 物足らなく思わせたけれども葉子, 物足らなく思われるものが, 物足らなく感じたほどだった, 物足らなく感ぜられる様に, 物足らなく映つて見える, 物足らぬであろうと思った, 物足らんですなあ, 物足りず互の, 物足りなかつたらまアお客, 物足りねえ様に, 物足りんのだ, 物足り無くみえるお君, 物足るや葡萄無花果倉, 物足ればおのずから, 物足リナイガ訥升ガ揚巻ヲスルト云ウノデソレガドンナニ美シイカト思イ, 物足手まとい, 物を絶ち, 物踊りの場面, 物踏みならして聞こえけれ, 物身知らずで彼ら, 物身近に置いた, 物軟らかながらどんどん, 物輩出すること, 物輸入取締りに就い, 物輸入熱の名残り, 物輸入禁止法を耳, 物輸出支局の局員, 物輻湊する時, 物辛い物何くれと, 物辻講釈百日芝居と甚だ, 物取られた事, 物近き物皆等しく, 物近く覚えて, 物近づきまたはまのあたり, 物返事の入る, 物退治にあり, 物送り給ふて, 物送達の多寡, 物の事, 物連中はこの, 物進呈仕候, 物遅蒔きの茄子, 物運びする女たち, 物過剰が不作, 物道具刀に仕込んだ, 物道楽の咄, 物道銭租金税金から, 物遠距離にある, 物遣しあんした, 物遣り癖を, 物遺留されず, 物難棄, 物部分のより大, 物部屋までついて行っ, 物部連を形づくつた, 物の粋, 物配置から見る, 物などおこせ, 物酒場のし, 物酷いのです, 物酷しと見えた, 物重い仕事で, 物金幣或は予, 物金貨や銀貨, 物金銀の御佩刀, 物金銭などを少し, 物金閣寺銀閣寺単にそれら, 物鈴木桂介が面白かっ, 物鉄砲持参手覚えのある, 物の器具, 物を入れる, 物にあたりけれ, 物の帯, 物鐘太鼓鳴り物の響き, 物門番の老人, 物て見れ, 物です, 物陳列罪というもの, 物陶器の巨匠先代宮川香山翁, 物陶器銅器植木割烹等の諸, 物陶詩与柳文, 物険しく見えまする, 物から細長い, 物障害物樹木などの市街物, 物しする薔薇, 物隱さんとし, 物集さんのわき, 物集北劍君あの人, 物集北劍有馬勇もと新聞記者, 物集博士の日本文明史略, 物集博士大辞林に, 物集和子その他三人ばかりの婦人たち, 物集氏とかの二女史, 物雑誌の編集者達, 物雑貨が塵溜, 物離れ物式が, 物雷神の乗る, 物霊体たるを知れ, 物になり, 物露伴物紅葉物高田早苗氏の, 物青銅の品, 物静けさ胆の太, 物靜かお人よしの, 物靜かさは今, 物靜かな品の良い, 物靜夫が目, 物に横暴, 物面して, 物領有方法の最後, 物頭ども一同へ達しおく, 物頭一同は, 物頭上田帯刀はお, 物頭並の磯貝十郎左衛門, 物頭二百石稲葉丹下の次男房之助, 物頭五人徒目付六人平士九人徒六人小頭七人足軽二百二十四人を率, 物頭井門亀右衛門と謀り, 物頭初鹿野伝右衛門でござる, 物頭名越左源太から起された, 物頭四百五十石荻田甚五兵衛寄合五百石平左衛門使番大番頭五百石多賀一学, 物頭幾名かが動揺, 物頭役大橋文右衞門と云, 物頭役望みのほか, 物頭役申付られ忠義, 物頭早川大膳篠田右近春日井郡から馳せ加わった, 物頭松平六左衛門の邸内, 物頭武芸指南役で九石二人扶持, 物頭渡辺半助, 物頭田中久太夫という士, 物頭矢島伝左衛門が九人, 物頭近藤隆左衛門か, 物願置候所勝手次第と被, 物類似の物体, 物類品々現金掛値なし, 物類相愛の妙理, 物の男, 物風呂屋物など, 物風習の圧抑, 物風雅の友, 物飛んでカチッ, 物食えるものか, 物食はずに苦役, 物食ひで評判を取, 物食べた物すべてが, 物食べたうないわなア金さん, 物食べる時かて, 物食める見ればその, 物飯田町のお, 物飲む物が, 物飲食店一般のこと, 物飴色網代蹴出造, 物飾る物切る, 物へる大地, 物に父上, 物饒舌る, 物のにおい, 物香合の如き, 物香炉には冷ややか, 物馬印を陽, 物馬鹿なこと, 物馴れた戯れをしかけた, 物馴顔の婢, 物駄目よ小, 物きを, 物駭悲しかるらし山, 物騒がずに堂, 物騒ぎを押さえ, 物騷さあんな女, 物騷ぢやない, 物騷ゆゑ何れにも今晩, 物騷ゆゑ駕籠に乘, 物騷千萬な放火魔, 物騷極まるからねえ, 物をし, 物骨法から解釈, 物體すなは, 物體一般ではない, 物體形體延長運動及び場所, 物體性を奪, 物體的實體すなは, 物體的本性一般及びその, 物體私の前, 物體間に働く, 物成して, 物高き賞なら, 物高価な料物, 物高徳者ですら, 物高田早苗氏の, 物高貴なる被, 物粧い何, 物の拳, 物をもく, 物魚類の骨, 物の浜焼, 物鳴り等大都会, 物黒くするかの, 物黒田が例, 物黒衣博士です, 物つてゐ, 物黙って取っ, 物の住家