青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「甲州~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~田 田~ 田中~ 田圃~ ~田舎 田舎~ ~由 由~ 由来~ 甲~
甲州~
甲府~ ~甲斐 甲斐~ 甲板~ ~申 申~ ~申し 申し~ ~申した 申した~

「甲州~」 1530, 15ppm, 7374位

▼ 甲州~ (346, 22.6%)

15 山の 7 方へ 5 上野原の, 山で 4 山が 3 山に

2 [23件] 上野原で, 上野原でも, 人は, 人情は, 北巨摩郡では, 在方の, 地を, 大旦那, 大軍を, 天嶮を, 山奥から, 山奥で, 山奥に, 山奥の, 方角から, 月見寺で, 有野村の, 有野村へ, 武田は, 猿橋の, 足長どの, 軍勢が, 風も

1 [261件] あいだを, お方でございます, お旗本, かじか, ことは, ごとく一挙, どこかで, どこへ, なんとかいう, ひとたちらしく, ほうの, ほぼ全部, 一五坊より, 一名物たる, 一族や, 一族大将は, 万福寺の, 上人としてのみ, 上古は, 上野原でございます, 下部温泉と, 中においてすら, 中軍は, 丹波山とかいう, 乱波者の, 二臣は, 亡兆を, 人々に, 人で, 人間は, 仕法は, 位置は, 使者たちは, 使者に, 使者は, 使者を, 侠客祐天仙之, 信玄とも, 信玄は, 信玄様は, 側だろう, 八ヶ岳が, 八ヶ岳である, 八ヶ岳にも, 八ヶ岳妙義山淺間山, 八幡村から, 八幡村で, 八幡村の, 処士の, 初鹿野伝右衛門という, 勢いも, 勤王家山県大弐の, 北境に, 北巨摩郡に, 千代千兵衛に, 博労が, 博徒が, 原虎胤が, 叔父からは, 古い方言, 古図, 古図が, 吉田から, 名ある, 名将として, 四臣として, 国主大名と, 土地へ, 地に, 地は, 地へ, 地勢を, 地図だ, 坑掘り, 塩山に, 境の, 士, 士だった, 士にて, 夏の, 外廓を, 大尽鴨屋方に, 大菩薩峠という, 大軍が, 大軍は, 天地は, 天嶮と, 天険を, 奥ふかく, 奥山から, 奥山であろう, 女だ, 女の, 姉が, 媚態でなく, 孕石忠弥という, 孫でやす, 実力と, 家に, 家には, 家人共をも, 富士の, 富士川へ, 富士川流域では, 寒さ, 将士が, 将士の, 将来に, 山, 山々, 山々は, 山である, 山と, 山は, 山ばかりを, 山を, 山中で, 山奥を, 山奥駒ヶ岳の, 山本勘助の, 山村に, 山河, 山県勢へ, 山県昌景かと, 山続き, 山野は, 山鏈を, 山関へ, 峻嶺峨々として, 巨星は, 強大武田家と, 形勢を, 御勢力下, 御坂, 御坂峠の, 御坂峠頂上の, 御大将, 御嶽の, 御為, 徳間入の, 恵林寺から, 悪入道, 慎太郎兄さんとこ慎市ちゃん試験どう, 慎造兄さんも, 所領を, 掟として, 推移を, 教良石は, 敵どもを, 方から, 方でした, 方に, 方角である, 旅から, 旅より, 智者にも, 月見寺以来熟しきった, 有名な, 有野村, 有野村から, 本街道, 東八代は, 松里村です, 松里村という, 某氏から, 機密は, 武士と, 武将どもは, 武田, 武田が, 武田上州の, 武田信玄と, 武田信玄の, 武田信玄は, 武田家などの, 武田殿まで, 武田駿河の, 歴々は, 氣候と, 水晶掘りの, 沿線における, 浪人に, 淋しい山中, 猟師を, 猿楽師で, 猿橋などより, 生れで, 田舎者といった, 田舎者とは, 田舎者都の, 甲府の, 甲斐絹問屋の, 疎開地に, 白根の, 白根山の, 百姓は, 百姓一揆は, 百済人は, 盆地にかけて, 空の, 空を, 笛吹川の, 笹子峠に, 笹子峠にも, 精進湖に, 精鋭が, 絹商人とか, 繭買が, 老将達, 老猟師, 者で, 臣初鹿野伝右衛門です, 荒川を, 袖切坂で, 裏街道, 裏街道な, 裏表の, 裏表日光の, 見聞を, 親類から, 親類を, 話で, 諜者と, 諸君などが, 謀将山本勘介入道道, 谷村から, 豪族の, 貸元で, 赤沢君が, 足長どのとは, 足長殿は, 躑躅ヶ崎の, 身寄りの, 身延山と共に, 軍馬が, 近状やら, 連峰を, 進出を, 逸見では, 逸見冠者十七代の, 道祖神祭の, 郡内, 郡内に, 郡内の, 郷土史にも, 都留の, 野呂川谷などから, 金山から, 金山だ, 金峰山だ, 釜無川の, 鋭鋒へは, 門人の, 雨端長崎の, 雷は, 韮崎駅を, 馬場美濃小幡上総の, 鮎川部屋で, 鴨屋を, 鴨屋方を, 龍は

▼ 甲州街道~ (172, 11.2%)

5 を上っ 3 に出た, の鶴川

2 [15件] から十丁, の一駅, の府中, の方, の方角, の植木, の浮浪犬, の雲助, の馬車, への要路, へ出, へ来, を新宿, を江戸, を行ける

1 [131件] から入り込んだ, から地所, から毎日仕事, が見える, きっての, だッ, でいえ, でお, でお松, でこの, では馬, でパンク, で一方, で小, で新, で自動車, で落着, となり, と中山道, と云ふか, と旅人, と稱, などにこの, に, にとって東, にはまだ, に人力車, に傍, に入り込んだ, に出, に出る, に沿, に獅子毛天狗顔, に竹買い, に肴屋, に逃げ, に遊び, に馬車, のうち, のその, の上, の上野原, の十分の一, の古い, の咽喉, の大路, の如き, の宿, の宿駅, の小, の小間物屋, の川越し, の手近, の新宿出入口, の木立, の本, の本通り, の柏木方面, の浅川宿, の滝阪, の真中, の砂, の給田, の街路, の親, の調布, の道筋, の郡内, の駒木野, の駕籠立場, の高い, の黒野田, はその, はまことに, は人一人, は何処, は割合, は大, は彼ら中馬, は日本一, は木戸八銭, は東京, は真暗, へこころざしました, への旅路, へはいっ, へ来る, へ案内, へ足, また青梅街道, まで歩い, まで翁, まで車, も東, より甲府, をお, をごろごろ, をずつと富士川, をどうやら, をひた走り, をまだ, をまっしぐら, をグルリ, を一時間余ガタ, を下っ, を二人, を代田橋, を北, を取っ, を取ろう, を指し, を朝, を東京, を歩み行く, を汗水, を真, を真っ直ぐ, を紅白, を落ちのびよう, を行く, を走る, を足早, を身延, を辿りました, を逃げた, を通っ, を進んだ, を遠, を遠乗り, を都合, を鶴瀬

▼ 甲州~ (87, 5.7%)

6 行って 3 来て 2 入り込んで, 入ると, 向けて

1 [72件] いこうって, おいでに, お入り, お帰り, さしかかって, ひきあげた武田, ひとり残された, やるの, ゆく途中, 一旦落ち延びた, 下り甲府, 使者を, 入った時, 入った時分, 入ること, 入るとは, 入るも, 出かけて, 出かけるに, 出やすよ, 出るよう, 出発する, 分家を, 到り是, 参ります小仏峠, 向って, 奉公替えした, 帰らうと, 帰らないで, 帰りましょう, 帰り去った, 帰ろうと, 往って, 急がせようと, 旅興行に, 旅行した, 来るの, 来る道中の間, 流れて, 潜り込んでは, 発った留守中, 立てて, 絹の, 絹を, 置いて, 舞い戻って, 落ちたもの, 落ちのび例, 落ち延びて, 行きたいの, 行くから, 行くこと, 行く気, 行ける折雲切仁左衞門方, 行こうという, 行ったという, 行つて初めて, 行つて居られた, 討ち入ろう, 赴いたもの, 赴いて, 追いやられたらしょせん, 追いやられたん, 追いやられるの, 追蒐, 退去した, 連れて, 遣ったもの, 随身なせ, 隠れさらに, 隠密に, 飛び伏見

▼ 甲州~ (87, 5.7%)

4 のお, へ行っ 3 の家, の親たち, へ行く 2 のなあちゃん, のむす, の娘, の家内, の屋根, の方

1 [58件] からは昼間, からまいりました, から三町あまり距, から聞きあわせ, でお, ではこの, ではそれ, では世間, では云っ, では今度, では今度京橋, でも心配, でも思い切っ, でも表向き, というま, という女郎屋, という小さい, という生薬屋, とした, としてはもう, とて身代, とはふだん, と呼米商, と申す, にはお, には始終極, に取っ, のお嬢さん, のばあや, の主人殺し, の使, の家作, の息子, の抱え女, の早, の藤さん, の藤太郎, の裏口, の親類, の跡目, の陳列, の隣り, へもどった, へゆく, へ出向い, へ報告, へ行仁左衞門, へ誘い込んだ, へ貰われまし, へ通っ, まで送っ, も二十年前, も遂に, をたずねる, をぬけ出し, を出, を出る, を怨ん

▼ 甲州から~ (43, 2.8%)

2 信州へ, 武州へ, 江戸へ, 連れて

1 [35件] いっそ相模, かえってき, やって, やって来た人, 信濃の, 信玄の, 入つた, 出て, 参りました, 差立てられる時, 帰ったの, 持ち越した溜飲, 旅立ちを, 日限仕立で, 早打ちが, 木曾の, 木曾街道信州路を, 来たん, 来た人, 来た仕立飛脚氏, 来た飛脚屋, 武州ならびに, 歸つたばかり, 男装し, 相州を, 立ち帰って, 諏訪へ, 足を, 送還し, 逃げて, 遠く越中加賀あたり, 関東へ, 雁坂を, 頼まれた人たち, 鳥居彦右衛門を

▼ 甲州~ (40, 2.6%)

2 に入る, へ出る

1 [36件] か, からはいっ, から京大阪, から木曾路, から来た, に向いた, のほう, の國師嶽甲武信嶽, の廣大, の方, はすこし, は一番難儀, は至, へかかつて, へかけ, へだって, への徳間峠, へ出, へ出よう, へ向った, へ幾すじ, へ急いだ, へ足, または中仙道方面, も大月あたり, より乱入, より江戸, をたどる, をながめる, をぬけ, を歩い, を歩く, を経, を西行, を諏訪あたり, を通る

▼ 甲州~ (38, 2.5%)

2 入り次いで

1 [36件] あるお, いた時, いる慎造さん, いる気, おりました, またがった八つ, またがる奥秩父, またがる山脈, 三国山の, 並ぶ者, 似て, 住居仕り, 入ったの, 入っての, 入弟子三十六人従, 出かけた時, 取られて, 始まり佐渡, 属して, 往って, 捕われて, 於けるが, 於ける葡萄酒, 旅し, 生きて, 生れ旅役者, 織田家の, 至る, 行けば, 行って, 質子として, 跨る山脈, 近づいた気, 連なる山, 連れて, 養われて

▼ 甲州方面~ (24, 1.6%)

1 [24件] から早打, から武州, では丹波山, では信長, でも物情騒然, には稀, にまで波及, に下っ, に入り込んだ, に赭, のこと, の一つ, の国境, の境, の広瀬, の機微, の秩父, の迅速, の鎮撫, の雁坂路, の青木ヶ原, へ行った, へ逃げのびた, へ避難

▼ 甲州~ (23, 1.5%)

3 の軍学家 2 の軍学

1 [18件] が宜いと, そのほか, だか, だの楠流, とはいう, などという, の兵学, の兵法, の小幡家, の戦法, の某家, の衰微, の軍学者, の陣法, や柳生流, を基礎, を折衷, を標榜

▼ 甲州~ (22, 1.4%)

1 [22件] あとに, しくじって, 云って, 南下した, 去って, 取らなければ, 取ろうという, 大廻りし, 定むるのは, 席巻し, 愛しその, 慮らなければ, 掃いて, 治めに, 添えそれ, 略するの, 私の, 立つ時, 罷めたの, 落ちて, 通ること, 連れ廻された

▼ 甲州入り~ (21, 1.4%)

2 をする

1 [19件] だ, だから, にいかほど, には充分, には徳川家, の儀, の役, の抜道, の旅, の時, の絵図, の順路, はなに, は時, まで附, をし, をした, をなさる, を目ざし

▼ 甲州~ (18, 1.2%)

1 [18件] あったらその, あるとは, こんなうめえ目刺, ございますか, ございます鰍澤, ござんす, ちょっとべ, はじめた時, むごたらしい虐殺, ドジを, 三国山と, 並ぶもの, 何か, 別れて, 別れる時, 打合せを, 稼いだの, 金の

▼ 甲州~ (17, 1.1%)

2 金の

1 [15件] まことに結構, まだ強国, 両親の, 二重の, 今雪, 僕の, 四方山の, 存外な, 山ばかり, 山国なれ, 強大無比と, 捨てて, 海を, 渓流魚に, 評判の

▼ 甲州では~ (15, 1.0%)

1 [15件] あぼ, この最高点, ふかく喪, イワヒバ, ヌタに, 例の, 恵林寺に, 有名な, 東山梨の, 此附近を, 直ぐ秋, 逸見筋浅尾村の, 郡内という, 陣立味噌と, 魚を

▼ 甲州~ (15, 1.0%)

1 [15件] が来る, が相対, といえ, に対する備え, に踏みしかれない, のなか, の主戦武器, の大兵, はその, は一万七千戦死, は信長, は筏, も出足, を迎え入れよう, 退くと

▼ 甲州~ (13, 0.8%)

1 [13件] でもあまねく, にはこういう, の人夫, の勇士, の標識, の者, の観察, の諜者, の諸, の進撃路, の隠密数十名, はよほど, も槍隊

▼ 甲州~ (12, 0.8%)

8 一の 2 一等の 1 一山の, 一番の

▼ 甲州~ (11, 0.7%)

2 なん 1 じゃねえ, だつて, で悪い, で道案内, にやわ, の中, の人夫, の小, はおれ

▼ 甲州裏街道~ (10, 0.7%)

1 が甲斐国東山梨郡萩原村, つまり大, でありこちら方面, に出, に連なる, の大菩薩峠, の山, の方角, へと出る, 第一

▼ 甲州~ (9, 0.6%)

2 信州との, 信州の 1 いえば, 三遠, 中国と, 尾州と, 武州には

▼ 甲州有野村~ (9, 0.6%)

4 の藤原家 1 の伊太夫, の富豪藤原家, の長者藤原家, を微行, を旅立ち

▼ 甲州~ (9, 0.6%)

1 とも争いたくない, の一部, の乱入, の成功, の持たない, の方, の黒, はその, を引き入れよう

▼ 甲州には~ (8, 0.5%)

1 また紙漉場, ウントある, 塩の, 山が, 昔からの, 武田家が, 殊に多い, 満一箇年

▼ 甲州~ (8, 0.5%)

1 その隣り, 伊豆や, 信州では, 信州地方で, 信州方面からも, 武州の, 相州の, 駿河信州の

▼ 甲州~ (8, 0.5%)

1 から登る, にも少なから, に木, は岩, は岩壁, は急, へ雪, を瞰

▼ 甲州~ (8, 0.5%)

3 の山 1 に近い, に高尾山薬王院, の八つ, の小, まで一族

▼ 甲州屋吉兵衞~ (8, 0.5%)

3 と云 1 の次男千太郎, は先刻, は廿有餘年, へ相談, 新吉原江戸町二丁目丁字屋半藏代文七右半藏抱

▼ 甲州武士~ (8, 0.5%)

1 か, かと思え, がふかく, などというせまい, のみで, の方程式陣法, の胆心, の見

▼ 甲州まで~ (7, 0.5%)

2 行って 1 がんりきの, この駕籠, 来たの, 渡り歩いて, 続かなければ

▼ 甲州という~ (6, 0.4%)

2 山国へ 1 ことを, ものに対して, 国は, 金の

▼ 甲州へは~ (6, 0.4%)

1 いる方法, なおさら, 帰られません, 帰れも, 行かないで, 選りに

▼ 甲州~ (6, 0.4%)

1 というやつ, としては覚え, との喧嘩, のみならず, の持つ, はその

▼ 甲州~ (6, 0.4%)

2 を西 1 でありました, の方, の立場, をふさぐ

▼ 甲州無宿山椒~ (6, 0.4%)

6 の豆太郎

▼ 甲州でも~ (5, 0.3%)

1 あるまいし, 国なかの, 知られた村上, 聞えた大家, 通用する

▼ 甲州一円~ (5, 0.3%)

1 のあらゆる, の人, の土地, の沙汰, はおろか

▼ 甲州一国~ (5, 0.3%)

1 の城下, の選ばれたる, を尋ね, を押え, を髣髴

▼ 甲州入墨~ (5, 0.3%)

1 でございます, で江戸ッ子, というの, といっ, とちゃんと

▼ 甲州~ (5, 0.3%)

1 の足, の鉄甲, の顔, や下人たち, 悩まされながら

▼ 甲州~ (5, 0.3%)

1 で天下, で有名, のさむ, の三河武士, の武辺者

▼ 甲州武田~ (5, 0.3%)

1 のお, の長, は常に, を内心, を落ち

▼ 甲州無宿~ (5, 0.3%)

1 が廃り, でござんして, のがんりき, の入墨者, の腕

▼ 甲州生れ~ (5, 0.3%)

1 だという, だのいや, の大工上り, の氣, の遊人

▼ 甲州~ (5, 0.3%)

1 からおいで, からそ, で鳴らした, へお, を選ぶ

▼ 甲州街道筋~ (5, 0.3%)

1 には潰れ, の生れ, へ出, をぶらつい, を出かける

▼ 甲州道中~ (5, 0.3%)

1 で山, のお礼, の鶴川, をつづけました, を飛ぶ

▼ 甲州~ (5, 0.3%)

1 というの, の山吹色四十八匁八分, の見本, の金掘り, を取り

▼ 甲州八幡村~ (4, 0.3%)

1 と聞い, にて, にてと, のさる

▼ 甲州出がけ~ (4, 0.3%)

3 の吸附煙草 1 のという歌

▼ 甲州北郡~ (4, 0.3%)

1 の土地, の領主穴山梅雪, の領土, へかえる

▼ 甲州~ (4, 0.3%)

1 凱旋の, 出の, 陣へ, 陣まで

▼ 甲州武者~ (4, 0.3%)

1 が先, が夥しく, の武勇, もその

▼ 甲州盆地~ (4, 0.3%)

2 や上州 1 の平原, はそこ

▼ 甲州行き~ (4, 0.3%)

2 の終列車 1 の汽車, を決する

▼ 甲州~ (4, 0.3%)

1 がありました, が出る, も政治向, をし

▼ 甲州にて~ (3, 0.2%)

1 名高き惡漢韮崎出生, 聞いた話, 金子配分せし

▼ 甲州にも~ (3, 0.2%)

1 ある, おられずに, 剖葦を

▼ 甲州より~ (3, 0.2%)

1 帰って, 後詰申さんとの, 進むか

▼ 甲州アルプス~ (3, 0.2%)

1 で金峰山, に対面, へ来た

▼ 甲州信州~ (3, 0.2%)

1 の山奥, の武士たち, へかけ

▼ 甲州~ (3, 0.2%)

1 の顔, は御, へ御

▼ 甲州勤番支配~ (3, 0.2%)

1 で三千石, にまでなった, の時分

▼ 甲州名代~ (3, 0.2%)

3 の猿橋

▼ 甲州地方~ (3, 0.2%)

1 とよく, に発生, より取り

▼ 甲州~ (3, 0.2%)

1 にのり込もう, の勤番支配, をお

▼ 甲州大判~ (3, 0.2%)

1 であった, の一度, は尋常

▼ 甲州屋万兵衛~ (3, 0.2%)

1 が今朝人手, は今朝, は町人

▼ 甲州屋萬兵衞~ (3, 0.2%)

1 が今朝人手, は今朝, は町人乍ら

▼ 甲州御坂峠~ (3, 0.2%)

3 の頂上

▼ 甲州武田家~ (3, 0.2%)

1 に随身, の家臣, の御

▼ 甲州~ (3, 0.2%)

2 の水晶 1 の白葡萄酒

▼ 甲州鎮撫隊~ (3, 0.2%)

1 となられ, と名, を大砲

▼ 甲州~ (3, 0.2%)

1 において何, へ放ちました, へ目ざし

▼ 甲州あたり~ (2, 0.1%)

1 へ来る, へ行っ

▼ 甲州からの~ (2, 0.1%)

1 仕立飛脚が, 歸り

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 お早く, 天領であった

▼ 甲州くん~ (2, 0.1%)

1 だりまで追いかけ, だりまで逃げ出した

▼ 甲州その他~ (2, 0.1%)

1 の方面, の潜伏勢力

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 よりは此様, よりは白

▼ 甲州なまり~ (2, 0.1%)

1 だから, らしいところ

▼ 甲州において~ (2, 0.1%)

1 この会, 人も

▼ 甲州への~ (2, 0.1%)

1 お使い, 旅に

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 保てぬ, 甲州二十七代も

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 届ケタソノ後マモナク六百両金ガ出来タカラ家ヲ立テタガ今, 遣ワシテ

▼ 甲州一万五千~ (2, 0.1%)

1 の中央部, の大兵

▼ 甲州一番~ (2, 0.1%)

1 の百姓, の自分

▼ 甲州上野原~ (2, 0.1%)

1 の報福寺, の月見寺

▼ 甲州以来~ (2, 0.1%)

1 の昔, の真田

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 地を, 軍の

▼ 甲州凱旋~ (2, 0.1%)

1 の帰路, の道

▼ 甲州出る~ (2, 0.1%)

1 ときア涙が, 時ゃ涙で

▼ 甲州勤番~ (2, 0.1%)

1 の兄さん, の支配

▼ 甲州原澤村~ (2, 0.1%)

1 なる文藏, に佐野文右衞門

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 陣中から, 陣中何か

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 の山, も一面

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 には前, に宿怨

▼ 甲州富士五湖~ (2, 0.1%)

2 の一つ

▼ 甲州屋さん~ (2, 0.1%)

1 から誰, にも申し訳

▼ 甲州屋中~ (2, 0.1%)

2 での美しい明るい

▼ 甲州屋仁左衞門~ (2, 0.1%)

1 と言, は本町

▼ 甲州屋様~ (2, 0.1%)

2 の御

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 とな, にございました

▼ 甲州御嶽~ (2, 0.1%)

1 にて, の歌会

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 は水, は眺望

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 街道の, 街道を

▼ 甲州武士三井某~ (2, 0.1%)

2 の女房

▼ 甲州流兵学~ (2, 0.1%)

1 の特徴, を学ばれた

▼ 甲州浪人~ (2, 0.1%)

1 の山県大蔵, の成れの果て

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 が同じ, であった

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 で諏訪, に由り

▼ 甲州葡萄~ (2, 0.1%)

2 を十粒

▼ 甲州街道口~ (2, 0.1%)

1 に一台, は内藤新宿

▼ 甲州西山~ (2, 0.1%)

1 の奈良田, は白峰

▼ 甲州討入~ (2, 0.1%)

1 だけのもの, りは

▼ 甲州躑躅ヶ崎~ (2, 0.1%)

1 の城主, の大久保石見守

▼ 甲州身延山~ (2, 0.1%)

1 の千本杉, へ參詣

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 からも遣っ, の猟師

▼ 甲州~ (2, 0.1%)

1 の心胆, の折

▼1* [163件]

甲州あるいは信州飯田あたりの, 甲州いもだの朝鮮いも, 甲州そのものを軽蔑, 甲州での戦さの, 甲州といふ冷淡な, 甲州とか数十里を, 甲州との合戦が, 甲州とを繋ぐ唯一, 甲州なぞからいくら, 甲州などは何, 甲州ならずとも割拠, 甲州なんぞでも, 甲州なんぞも当然捲き込まれ, 甲州においてのみでは, 甲州にとって甲府の, 甲州にわたる信雄の, 甲州ばかりは日が, 甲州へでもおいで, 甲州へなど逃げたん, 甲州へまで密使を, 甲州へも行かれめ, 甲州までには小仏, 甲州までは大へん, 甲州ニテハ三国山ト称スルコト甲斐国志ニ見ユ, 甲州四境ハ一歩モ敵ニ踏マセタル例ナシ, 甲州バイなど皆, 甲州フロウ江戸フロウ二度ナリ信濃マメマゴマメ八升マメであるが, 甲州ブドウが伝説, 甲州と里人, 甲州一の宮浅間神社に詠進, 甲州一蓮寺の興行, 甲州一體に於ける, 甲州上州の山々, 甲州上州あたりの空地, 甲州上州野州常州などいふ国, 甲州上野両道で戦い勝っ, 甲州不信極まる信玄, 甲州軍とも, 甲州中山道北国街道の三方, 甲州中府スデニ定マル, 甲州丸形の松木, 甲州乱入の先手, 甲州乱波の面々, 甲州二万七千余の大軍, 甲州二十七代もつづいた, 甲州二十七将の一人, 甲州以上に親しく, 甲州佐久神社の七釜, 甲州のなか, 甲州信州上州といふ風, 甲州信州上州路かけての, 甲州信州等の高山, 甲州信州越後あたりまで, 甲州信州辺のデエラボッチャ, 甲州信州邊の人, 甲州側信州側からは此山, 甲州の折, 甲州全体が一つ, 甲州兩方を一時, 甲州八代郡末木村慈眼寺に同, 甲州八田という村, 甲州公徳川綱重に仕え, 甲州へ怒, 甲州へ入れた, 甲州勝沼の戦, 甲州勤番わたしもこれからどうして, 甲州北巨摩郡あたりで爺柿, 甲州北巨摩郡増富村のラジューム温泉, 甲州北越のほう, 甲州北都留郡上野原村に着し, 甲州南都留の笹子川, 甲州参謀は, 甲州商人の往来, 甲州四郡の内, 甲州を見, 甲州国内のこと, 甲州土着の武士, 甲州地内猿橋から上野原, 甲州地秩父地上州地信州地は無論, 甲州城内に重き, 甲州じゃよこれ, 甲州大尽の娘, 甲州奉行の鳥居彦右衛門, 甲州の世話, 甲州富士川沿いの古, 甲州小判大判取り雑ぜ数万両, 甲州小太郎山の雪, 甲州屋仁左衞門殿とは此方, 甲州屋吉兵衞伊勢屋五兵衞久八の伯父六右衞門一同等, 甲州屋吉兵衞俄かに願, 甲州屋吉兵衞方へ知らす, 甲州屋方では大騒ぎ, 甲州山下一分判金などを買い集め, 甲州山中湖に遊んだ, 甲州山岳地方に雷, 甲州山脈の方, 甲州征伐に立派, 甲州御岳の昇仙峡, 甲州或は関東地方にまで, 甲州打入りの際, 甲州攻めの軍勢, 甲州有野村富士と白根, 甲州東部の連峰, 甲州松里村を名, 甲州武州の境, 甲州武田叡山本願寺などの盟国, 甲州武田氏の一族南部氏, 甲州気質一は会津気質, 甲州の軍学, 甲州流兵法の達人小幡民部, 甲州流孔明流唐の孫武陸子, 甲州流軍学の名家, 甲州流長沼流を問わず, 甲州浪人山県大蔵佐久に起こりました, 甲州り武州, 甲州牢人の桑原甚内, 甲州特有の言葉, 甲州猟夫の所謂山ノ神尾根, 甲州玉蜀黍をもぎ, 甲州発向の際, 甲州白根三山の東, 甲州相州の山々, 甲州相模武蔵の兵, 甲州石和町から上流, 甲州笹子の隧道, 甲州の近国, 甲州筋そこまではちと, 甲州筋諸国の深山幽谷, 甲州だ島田, 甲州紬茶微塵の衣裳, 甲州老人のは武田家再興, 甲州自慢の中堅, 甲州の辛い, 甲州蜈蚣衆の名残り, 甲州術道をトボトボ, 甲州術道五宿の, 甲州街道ぞいに八王子市, 甲州街道三里の泥水, 甲州街道五十三里を大名行列, 甲州街道南裏の稲荷, 甲州街道東山道奧州街道の如き, 甲州街道門柱としての笹子, 甲州の信玄, 甲州言葉までが時, 甲州訛りがあります, 甲州谷村のおやじ, 甲州越後奥州あたりの山武士, 甲州路府中の宿, 甲州路東は出羽奥州, 甲州身延山御会式賭場と一緒, 甲州辺りの博徒, 甲州近くは武州, 甲州連山の間, 甲州道中駒井能登守の一行, 甲州郡代鳥居彦右衛門をも俄, 甲州郡内などの語, 甲州の従者, 甲州だった, 甲州韮崎の辺り, 甲州頼む味方など, 甲州駒ヶ岳から見, 甲州鮎川部屋の客人, 甲州鰍沢の街