青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「眼前~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

眸~ ~眺め 眺め~ ~眺めた ~眺める 眺める~ ~眼 眼~ ~眼つき ~眼前
眼前~
~眼鏡 眼鏡~ ~着 着~ ~着い 着い~ ~着いた 着いた~ ~着く 着く~

「眼前~」 1802, 19ppm, 6140位

▼ 眼前~ (1038, 57.6%)

14 見て 13 浮んで, 現われて 10 展開され 9 展けて, 展開し, 横たわって 8 展けた, 展開する 7 ちらついて 6 ある 5 控えて, 見ながら, 見るよう

4 [11件] あった, あらわれた, あるの, して, しながら, 展開された, 展開される, 現はれ, 現われた, 現われました, 聳えて

3 [16件] ありと, あること, あるもの, 一つの, 展開した, 山と, 彷彿と, 拡がって, 控えながら, 来て, 浮かんで, 浮ぶ, 現われる, 置いて, 迫って, 髣髴した

2 [77件] あらわれて, あり, ありありと, ある平和, うかんで, ころがって, せまって, それが, ちらついた, ちらつく, ちらつくの, まざまざと, わだかまって, 何の, 働いて, 去来する, 在り, 天下に, 姿を, 展べ, 展開されべき, 展開せられ, 幻影が, 広がって, 彷彿し, 彷彿する, 待って, 控へ, 描きだして, 描き出した, 散らついて, 於て, 暴露し, 横た, 残って, 活きて, 浮かぶ, 浮べて, 浮んだ, 炎熱と, 現は, 現はれた, 現はれたら, 現れて, 現われたの, 現われたもの, 目撃し, 眺めて, 示されるに, 示して, 突き付けた, 置きながら, 置き自己, 聚りぬ, 聳立せしめ, 自分の, 草の, 見えて, 見た, 見たの, 見た話, 見ること, 見るこの, 見ると, 見るもの, 見る心地, 見る時, 躍如たらしむ, 逼って, 運命の, 閃いた, 閃付い, 髣髴させた, 髣髴する, 髣髴せしめる, 髣髴たらしめ, 髣髴として

1 [671件 抜粋] あった謙信, あって, あつた, あふれるよう, あまり明白, あらゆる計画, あらわれたるは, あらわれた光景, あらわれても, あらわれること, あらわれる巨大, ありながら, ありは, あり人々, あるが, あるすべて, あるそれ, あるソース, ある中根夫婦, ある事柄, ある些少, ある位, ある夫, ある敵, ある新鮮, ある時, ある桑畠, ある瀕死, ある異形, ある自分, ある自然, ある骨灰, いて, いない今, いるその, いるだけで, いるでは, いるよう, うかびあがる, うごく深淵, おどった, おりて, かくも, かなり広い, くりひろげられた, こうやっ, この二, この岩手山, この珍客, この風景, これと, さし置いて, さらすの, さッ, した, すっくと立った, する所, せまりつつ, そのだらし, そのリュックサック, その子孫, その沈黙, その飲み残した, そんな噂, たじろいだ土生仙, ちらちら, ちらつきたる, ちらつきたるにたとへ, ちらつき出した, ちらつく暇, ちら付い, つきだされた, どんなこと, ない, ないから, ながめた, なりたるこの, ばれて, ひかへさ, ひらいたの, ひらいて, ひらけた巨大, ひらけつつ, ひらけて, ひらけ始めて, ひらめいた先, ひろがった光耀, ひろげられるよう, ふって, ぶら下がってる公然, ほうふつと, まだ一, みえて, みて, みてと, みる風光, やせおとろえて, よみがえって, アルプス連山を, ウヨ, カルパシヤ山脈が, ジャン・ヴァルジャンを, ダンスホールの, チラ, トーキー式に, ドッカリ超弩級に, パノラマの, ワルトンの, 一個無罪の, 一切は, 一縷の, 一軒の, 七八人の, 三たび賭物持ち, 下枝が, 与えられたという, 並び今にも, 並べました, 並んだ, 主人が, 乱れた, 争って, 事実その, 事実と, 亢立する, 人影が, 人間が, 今なほ横, 仰いだ時, 伸び上って, 低くなっ, 例の, 便利な, 倒れて, 光を, 光景の, 公衆を, 再会した, 再現され得べし, 出されて, 出て, 出現させたら, 出現する, 刀を, 列べて, 動き出したかの, 動けなくなった獲物, 勳功を, 危急を, 危険が, 口を, 呼び出される, 呼び出すこと, 喀血の, 喰はれ, 在るしかも, 在るもの, 在る物, 垂下った, 大きな火, 大変な, 大尉ダシコフは, 大岩が, 奪われて, 女の, 好物の, 妻子の, 始まって, 子供を, 実現せられ, 実行した, 宣教師支倉の, 将来する, 小さくうずくまった, 居ること, 居る子供等, 居る息子, 屍の, 展がる, 展くに足るべきである, 展けた雑然たる, 展ける, 展げられた, 展望させね, 展開がって, 展開してる, 展開せられき, 展開せられた, 島が, 崩れて, 崩れ落つる勢い, 崩壞すべく, 差し出されて, 帰って, 幻の, 広がるよう, 広げられた, 広げられた一場, 広げられる, 広大なる, 座って, 引き出したるよう, 引き据えた傷心, 引据え, 彷彿い, 彷彿いた, 彷彿される, 彷彿たらし, 彷徨し, 彼の, 彼らが, 彼以外の, 彼等が, 往来し, 御馳走を, 忽然と相馬武彦, 思い浮かべた, 思い浮かべて, 思い浮べた, 思い浮べながら, 思い浮べるから, 思ひ描いた彼, 怪しい人影, 息づいて, 悠然とあらわれた, 悲しい影, 想像する, 意気地の, 愛鳥を, 感得し, 懸れる一枚, 我は, 戯れ遊ぶ次郎, 所有してる, 手で, 打ひらけ, 折り重なって, 押しすえつ, 押し寄せるよう, 担うて, 持ち来たされたさ, 持って, 据えつけて, 据えて, 据え付けて, 据ゑて置く, 据ゑ付け, 掟を, 控えた間際, 描きながら, 描き出す彼女, 描くこと, 描出される, 揺曳する, 散らついた, 散ら付いて, 敵が, 斃れしむ, 斬伐せん, 昔の, 映写され, 映出されるの, 暫くの, 暴露される, 曝露された, 月明りの, 来たもの, 栄えて, 棚を, 横たはる, 横たわらしめたり, 横たわるを, 横たわる一個, 横たわる人, 横は, 横わっ, 横わり, 横暴を, 此を, 此二子を, 歴然と出現, 死ぬ人, 死を, 死滅を, 死霊集会の, 残されて, 殘りゐ, 気が, 氷が, 泛べて, 泛んで, 活動する, 浮いて, 浮かばせるよう, 浮かびでるでしょう, 浮かび楽しき, 浮かぶるのみか, 浮かんだ, 浮き上つて来た, 浮ばしむることは, 浮び上って, 浮び先生, 浮び出すやう, 浮び出づる直径五十センチ, 浮び出る, 浮び感慨, 浮ぶくら, 浮ぶの, 浮ぶ心地, 浮べながら, 浮み上る, 浮んだね, 浮上って, 消えない, 深い沼, 演じられて, 潰えて, 瀝, 炎と, 焚きました護摩, 物凄い火柱, 現て, 現に発生, 現はれたなら, 現る, 現れしもの, 現れし物, 現れましたで引っ捕えて, 現れるや, 現われたが, 現われたとき, 現われたとしか, 現われたもっともっと, 現われた一つ, 現われた事, 現われた大入道, 現われた思い, 現われた時, 現われる大, 現われる現象, 現われんと, 現像されるであろう, 現出し, 生きて, 生れたところ, 生起する, 異形の, 登場する, 白日の, 目撃する, 直接に, 相見え, 眉を, 真白い富士, 眺めるよう, 眼を, 瞭然と, 石垣が, 確かに, 示した新, 私を, 移り行く事, 空気管を, 突きつけたもの, 突きつけられた危急, 突き出したの, 突っ立っ, 突然此, 立ちはだかったまんま, 立ちはだかって, 立ちふさがりかれは, 立ち上りました, 立ち現われたこの, 立って, 立ってるの, 立て廻され遥か, 紙帳が, 置いた場合, 置いては, 翳せば, 耀き申候, 聳えた広, 腹ばって, 臨めるを, 舞い下るに, 芋を, 苦手の, 落ちて, 落ち散らばつて, 落ち来たりぬ, 落ち来る, 虚を, 蝋燭の, 衝突したる, 裸の, 裸体にな, 見えた, 見えるやう, 見えるよう, 見えるタッタ一本, 見える者, 見せつけて, 見せつけられて, 見せられても, 見せられること, 見た彼等, 見た水の上, 見つつ, 見ても, 見はる, 見ました, 見ゆるがごとし, 見られる通り, 見る, 見るその同じ, 見るという, 見るとき, 見るも, 見るやう, 見る事柄, 見る光景, 見る大きな, 見る女乞食, 見る度, 見る彼女, 見る日本, 見る祖国, 見上ぐる時, 見乍ら, 見参し, 見届けたとは, 見慣れぬ二人, 見詰めなければ, 視た時, 視て, 親の, 証拠を, 証明し, 認めて, 貴方の, 起こった, 起こって, 起った時, 起つた時, 起りつつ, 起伏す, 躍った, 躍って, 躍り出る, 躍出させるほど, 躍動する, 躍如として, 転ず, 輝くこと, 近付いて, 迫つて来た, 迫りくる, 迫りつ, 迫る, 迫るの, 迫るので, 迫る死, 迫る生死, 連なる青田, 逸しながら, 逼つてゐた, 逼る, 都島原の, 錠は, 閃いたの, 開いた大きい薄暗い, 開いて, 開かれたやう, 開けたが, 開けて, 開展する, 附着くれ, 降り濺, 陸地を, 隠見て, 隠顕き, 雨が, 雪を, 露は, 青い長い丘, 顕るる, 顕れた, 飛んで, 駈まわって, 駒の, 高らかに, 高山が, 髣髴させよう, 髣髴し, 髣髴すれ, 髣髴たらしめるであろう, 髣髴たる, 髣髴と, 魔法の, 鼻から

▼ 眼前~ (391, 21.7%)

5 事実を 4 事に, 景色を 3 事実である, 小利害, 景を

2 [27件] この静寂, その人, ものを, 事実の, 事態にのみ, 事物に, 光景と, 光景は, 光景を, 勝負に, 問題に, 小利, 小景, 彼女は, 情景に対する, 我慾凡俗の, 敵を, 景色である, 海の, 目的と, 習慣に, 藤蔓を, 行政事務に, 迫害が, 鉄格子さえ, 風景が, 鬼どもは

1 [315件] いろいろの, ことが, ことだ, ことだけを, ことは, ことばかりも, ことを, こと現在の, この世ならぬ, この何とも, これらの, ご威風, その事, その布片, その幽霊, ただ一つ, ひっそりと, ものと, ものの, ゆるやかな, ウルリーケが, ガラスの, 一点が, 三十万円で, 不可思議此の, 不安の, 不審であり, 不思議に, 不自由や, 世間が, 中空に, 乱倫に, 事にばかり, 事実, 事実から, 事実だ, 事実だった, 事実で, 事実であった, 事実であろう, 事実です, 事実として, 事実なんびともあらそうべからざる事実では, 事実に, 事実に対して, 事実は, 事実何人も, 事實に, 事實は, 事情に, 事情も, 事態に, 事況を, 事物にばかり, 事象が, 京都に, 人々の, 人に, 人のみに, 人は, 人への, 人事風光を, 仕事に, 以外に, 何事にも, 作品とは, 作品は, 作品を, 儀右衛門が, 光景が, 光景に, 光景には, 写生で, 凄惨さを, 凡庸な, 出来事を, 利にのみ, 利を, 利害に, 利害には, 利害を, 利慾に, 利益に, 創造物としての, 十一面千手観音に, 卯の花を, 即事を, 古代が, 問題, 問題が, 問題に対して, 問題は, 喜怒哀樂に, 困憊, 塔影が, 境界で, 壁の, 壁は, 変化を, 変遷は, 夜景に, 大きな黒法師, 大スロープ, 大岩壁のみが, 大破壊, 大自然, 大邪魔物, 奇観には, 女は, 女を, 女性を, 妖しい人型, 妖しい色, 妖婆には, 姉妹に, 存在より, 安楽や, 実在とが, 実在としては, 実在のみに, 実在界を, 実感は, 実景である, 実景と, 実景の, 富士の, 實例に, 對ひ, 小事として, 小利小康, 岩壁には, 峯嶺猶且つ, 崩壊にも, 常念山脈, 幕に, 幕屋でさえも, 平凡が, 平和が, 幸福は, 床に, 床を, 座蒲団を, 廃虚について, 廊下の, 彼女との, 御壕端, 心より, 快楽を, 急務は, 悪状態, 悲しみを, 悲喜に, 悲惨や, 情趣を, 惨めな, 惨敗を, 慾望に, 戦争から, 戦場の, 扇風機を, 支那と, 攻城だけに, 政治的危機に対する, 数首の, 敵である, 敵と, 敵城だ, 敵手を, 敵高松城を, 料理場にては, 斷崖や, 旅をすら, 早熟児を, 景である, 景物の, 景物を, 景色がさ, 景色に, 景色の, 智恵子は, 智恵子を, 智惠子は, 智惠子を, 暗闇に, 曠野に, 書籍を, 書類の, 曹軍が, 有様を, 朝露を, 木の, 木立の, 机の, 松林の, 棚に, 椿事は, 榎の, 権勢に, 機会が, 機会を, 檀渓に, 武蔵を, 死も, 殺陣を, 母は, 水晶山にも, 沢子に対する, 泥棒は, 浮彫を, 海上に, 海底では, 渚に, 湖水の, 瀬は, 無常に, 無言の, 煩わしさ, 熊野は, 父子が, 物体の, 物体は, 状態だけに, 狩野川は, 猿芝居, 玲瓏玉の, 現実に対して, 現実の, 現實, 現象, 現象を, 現象世界に, 生きたもの, 生きた自然, 用を, 男を, 異人種問題, 異様の, 異樣, 百難を, 眞實だ, 真ごころを, 真実だ, 真珠の, 知識の, 石塊を, 研究にも, 社会においても, 社会に対して, 禍に, 科学的文化である, 空間の, 突出は, 笹藪が, 紙帳が, 紳士を, 結婚解消を, 絵の, 継ぎ目の, 緊張から, 緑の, 美少年の, 義務以外に, 老人の, 自分の, 自然は, 船の, 花が, 芸術作品に, 若葉の, 苦情を, 苦痛や, 草原に, 華やかな, 藪地から, 虎は, 虚空を, 行灯の, 表面上の, 裸の, 襲変に, 見聞を, 視像, 觀から, 谷と, 赤いもの, 赤犬の, 趣を, 道草だ, 道路は, 邪魔者を, 酔いどれの, 里虹を, 銀河ドウッ, 鋭い三稜形, 闇黒な, 阿鼻叫喚など, 難儀を, 霜葉枯れ葉と共に, 靄の, 青年の, 青葉と共に, 頭脳を, 顕微鏡と, 風光一層, 風景, 風景と, 風景として, 風景は, 風物を, 食堂の, 食物一つでも, 飯尾さんを, 魚は, 麗は, 黒いつまらぬ

▼ 眼前~ (76, 4.2%)

5 通過する 4 立ちふさいだ 3 歩いて 2 掠めて, 通る

1 [60件] あの外套みたい, いろいろの, ぐる, しずかに, ちらちらし, ちらつく嫌, はなれなかった, ひらりと, まるで水芸, よぎつて, よぎられても, よぎり候あと, よぎるであらう, よく往, よこぎりつつ, 乗打ちを, 力漕し, 去らざるが, 去らず八年, 去らぬ, 圧する輪郭, 埋めて, 寄切つて行つた, 尖光, 往っ, 往つ, 往来する, 掠めた, 掠め去ったこの, 掠め去ったと, 暗黒に, 楽む, 横ぎった, 横ぎった羽虫を, 横ぎる, 横切った, 横行し, 泳ぎ過ぎる一尾, 活きて, 渡し判官, 睨んだ, 突切って, 群れを, 見る目, 観ただけ, 通り去った, 通り過, 通る藝人, 通過ぎる, 過ぎて, 過ぎる, 過ぎる一匹, 過ぎる幻像, 過ぎ去ったが, 過ぎ行けり, 過ぐ, 過ぐる乗物, 過った前日, 閃めく, 駈け行くもの

▼ 眼前~ (70, 3.9%)

2 彼の, 毎日日増に

1 [66件] あの殺人鬼, お銀様, かいて, この行列, これを, しかもすぐ, しきりに艶辞, その場面, その実地試験, そんなの, わざと見える, 両手を, 乱動した, 五羽の, 仕留めた, 他の, 作成した, 働かせて, 内大臣が, 凋落しはじめた, 凩に, 刺し殺したの, 化粧に, 同時に反対, 吾, 嬉戯する, 実行する, 寒天の, 彼は, 思いきった当てつけぶり, 扉を, 打ち振った, 持上る, 振り廻さしめ十分, 晴れの, 演ぜられた, 燐寸を, 猛牛, 甘んじて, 皎, 空中分解を, 突然卒倒, 突飛な, 精神病院へ, 美人術の, 腹を, 自分の, 自分を, 自動車が, 落ち込んだ旧, 蒸焼き, 藤吉不思議な, 血を, 行われしかも, 行われた美人術, 行われた訳, 行われつつ, 術を, 被害者の, 見せつけられると, 謀殺の, 轢きつぶされた, 遂行さるる, 鏡へ, 開封すべく, 静に

▼ 眼前~ (45, 2.5%)

3 現われた 2 来て, 浮び上りました

1 [38件] あらわれて, さらけ出して, それにも, つきだしたの, とび出して, ぬッ, ぴたりと, まざ, ツト現われた, 七色に, 二十人ぐらいの, 全身を, 出したの, 出して, 出現した, 大兵の, 差出しながら, 幸運にも, 引き寄せ一寸一寸, 後ろ手に, 忽然あらわれた, 打ち覆すと, 押しかかって, 持ち出されたであろう夏子, 杉右衛門と, 毒口を, 浮かびあがらせた, 焼ヶ岳, 現れた, 現れて, 現れないもの, 現われたの, 現われて, 突き付けて, 突き附け, 立ちはだかった人, 顔を, 鼠群襲い来り

▼ 眼前には~ (38, 2.1%)

2 忽然とし, 永久の

1 [34件] くだらないこと, ひらひら悪夢, まさに一切, 一輪の, 一面の, 三百人の, 今真の, 何も, 利あり, 山ふところに, 巍々堂々たる, 差迫つた一つの, 廢れ, 昨日以来の, 時間につれて, 次から, 油の, 深い洞窟, 焔が, 皇統の, 真赤な, 石灰と, 福を, 織田信長様という, 老人が, 胡麻塩頭の, 苦い現実, 蓼科八つが, 長い廊下, 限りなく, 露に, 青い明るい海, 頭蓋骨を, 髪白粉を

▼ 眼前~ (15, 0.8%)

3 暗むよう 2 急に, 暗んで 1 きらきらし, くらみ耳, くらむよう, 昏く, 暗くなった, 暗むやう, 暗んだよう, 眩むよう

▼ 眼前において~ (8, 0.4%)

1 どしどし形, またこの, ゐねば, キリシタンたち一同を, 一朝に, 現実化される, 起るの, 金銭的である

▼ 眼前咫尺~ (8, 0.4%)

1 にこの, に天堂, のところ, の光景, の間, まで, を弁, を弁じない

▼ 眼前~ (6, 0.3%)

1 また暗んだ, まっくら, 一望の, 日に日に朗らか, 暗くなっ, 暗くなつ

▼ 眼前から~ (5, 0.3%)

1 去ると, 完全に, 消えて, 消そうとして, 直ぐ落ち込ん

▼ 眼前一尺~ (5, 0.3%)

1 にうかびあがつた, に迫る, の先, の前, の近

▼ 眼前にも~ (3, 0.2%)

1 ちらついた, 湯屋の, 行はれ

▼ 眼前復古~ (3, 0.2%)

3 の盛儀大典

▼ 眼前数尺~ (3, 0.2%)

2 の所 1 の空

▼ 眼前この~ (2, 0.1%)

1 だらしない, 異様な

▼ 眼前にでも~ (2, 0.1%)

1 いるよう, ゐるやう

▼ 眼前~ (2, 0.1%)

2 電線の

▼ 眼前ゆく~ (2, 0.1%)

2 ての途

▼ 眼前一帯~ (2, 0.1%)

1 が海, に拡がっ

▼ 眼前一時~ (2, 0.1%)

2 に暗闇

▼ 眼前三歩~ (2, 0.1%)

2 のところ

▼ 眼前数間~ (2, 0.1%)

1 に見いだす, の彼方

▼ 眼前直接~ (2, 0.1%)

2 の交渉

▼ 眼前近く~ (2, 0.1%)

1 その姿, 迫りつつ

▼1* [68件]

眼前春が, 眼前かけ出す足を, 眼前こうして恋しがる, 眼前そう疑いながら, 眼前その人物の, 眼前ただきょうを, 眼前からやや, 眼前だけを標準としてしか, 眼前でなければ耳頭, 眼前では患者や, 眼前でも次々に, 眼前伊勢湾の, 眼前とられにゆく, 眼前なるは, 眼前にて一瞬間に, 眼前にはがね色, 眼前にまで追究し, 眼前在リ進ン, 眼前ニ迫レル支那ト英國トノ衝突ハ日英同盟ヲ存立セシメザル者ナリ, 眼前フランス行を決定, 眼前一ぱいに拡げ, 眼前一二尺のところ, 眼前一宇あり, 眼前一寸に燒, 眼前一本杉の五寸釘, 眼前一町ほどのところ, 眼前三四尺のところ, 眼前三寸のところ, 眼前三尺に逼, 眼前三間の間, 眼前不意の存在物, 眼前世の中が力, 眼前の論題, 眼前五六歩の先, 眼前五尺とは離れぬ, 眼前些少の金銭, 眼前の君, 眼前以上の遠い, 眼前勞働者階級の利益増進, 眼前十二名の無, 眼前千里ただ静か, 眼前口頭の飢え, 眼前咫尺平凡常套の事, 眼前嘱目の大, 眼前四尺に見いだした, 眼前戦友の血, 眼前数秒の裡, 眼前數尺の自然, 眼前朦朧として物, 眼前横取りする形, 眼前焼き殺されようとする, 眼前が殺され, 眼前現存の事実, 眼前現実にその, 眼前瑣末のスケッチ, 眼前不平, 眼前に見える, 眼前相手の倒れる, 眼前黄色な, 眼前脚下にある, 眼前自分の前, 眼前行わせられる御大典, 眼前てゐた, 眼前見せ付けられては靈長教, 眼前見るような, 眼前開雪動連峰背後堆誰謂, 眼前青空ひらけて, 眼前に心