青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「眼~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

眠り~ ~眠る 眠る~ 眸~ ~眺め 眺め~ ~眺めた ~眺める 眺める~ ~眼
眼~
~眼つき ~眼前 眼前~ ~眼鏡 眼鏡~ ~着 着~ ~着い 着い~ ~着いた

「眼~」 81221, 841ppm, 103位

▼ 眼~ (28021, 34.5%)

621 して 369 つぶって 318 閉じて 309 やった 288 開いて 237 あげて 231 さまして 212 伏せて 176 つけて 173 光らせて 171 据えて 158 もって 148 閉じた 142 細くし 132 丸くし 127 あいて 126 開けて 123 みはった 122 やって 119 みはって 118 さますと, 細めて 116 円くし 110 光らして 109 さました, 見開いて 108 上げて 107 挙げて 105 つむって 104 伏せた 101 やると, 見張った 92 あけて, 覚して, 開いた 90 覚まして 88 落して, 閉ぢて 87 そらした 85 見て 83 とじて 79 開くと 77 向けて 76 すえて 74 転じて 73 瞑って 72 そらして 70 むいて 69 つぶった 68 見張って 67 あげた, 瞠って 66 丸くした 64 やりながら, 外らして 63 ふさいで, やつた 62 落した, 輝かして 61 向けた 60 こすりながら, 瞠った, 覚ました 59 注いで 58 こすって 57 覚した 55 した, つけた, 皿の 50 かがやかして, 持って, 開けた 48 つむった, 見ると 47 かけて 46 据えた 44 移した, 閉ぢた 43 しばたたいて, ぱちぱちさせ, 光らせた, 移して, 輝かせて 42 しばたたいた, 覚ますと 41 見た 40 まるくし, 覚すと 38 ひらいて, 凝らして 37 さましたの, 見張りました, 見開いた, 配って, 醒まして 36 上げた 35 もつて, パチクリ, パチパチさせ 34 こらして 33 ぱちくりさせ, やったが, 上げると, 醒して, 離して 32 こすった, ほそめて, 見はった 31 しばた, つぶると, やつて, 見合せて, 輝かした 30 かすめて, つぶつた, 注いだ, 通して 29 とじた, とめた, まろくし, 光らせながら, 閉じたまま 28 つぶったまま, 伏せたまま, 伏せながら, 使って, 外らした, 放して, 白黒させ, 瞑つて, 醒ますと 27 あげると, つけたの, 大きくし 26 しながら, 廻して, 閉ぢる, 離さずに

25 [11件] あけると, くばって, さました時, さましました, そむけた, とめて, 円くした, 細めた, 見合わせた, 走らせて, 閉じると

24 しばたたきながら, そむけて, みつめた, 見据えて, 通した

23 剥いて, 半眼に, 移すと, 見つめて

22 [15件] あいた, あけた, さます, つぶりました, パチパチさせた, 光らした, 定めて, 拭いて, 掠めて, 皿に, 着けて, 見はって, 視張つて, 避けて, 開きました

21 ふせて, 忍んで, 盗んで, 見ひらいて, 開けると

20 ぬすんで, 挙げた, 見合せた, 見張つた, 輝かせた

19 かがやかした, ひからせて, 付けて, 瞑った, 瞠り, 落すと, 覚ましたの, 赤くし, 輝やかし, 醒した

18 [12件] おとして, そそいで, そらしながら, つぶりながら, 大きく見開い, 射た, 射る, 怒らして, 拭いた, 見あわせて, 覺し, 醒すと

17 つけると, つぶる, まるくした, 挙げると, 見合った, 視張つた, 覚ました時, 返して

16 [13件] つむったまま, ふさいだ, まわして, みはつ, 射るよう, 白黒させた, 瞑じて, 瞠る, 見合わせて, 見返した, 走らせた, 輝かしながら, 配った

15 [12件] つぶつ, はなして, ひらいた, 三角に, 反らして, 放さずに, 放つて, 瞋らし, 自分の, 見あわせた, 見張つて, 配りながら

14 [26件] いからして, うつした, ちらと, つける, ひいた, パチ, 剥き出して, 向けると, 奪われて, 宙に, 惹いた, 拭きながら, 拭って, 擦りながら, 放さなかった, 異様に, 白くし, 真赤に, 瞠つた, 細くした, 落しました, 血走らせて, 見張ったが, 輝かせながら, 閉って, 離さなかった

13 [19件] うるませて, くるりと, つむつて, ひらきました, ふいて, むいた, 付けた, 円くしました, 塞いで, 怒らせて, 急に, 止めた, 止めて, 白黒し, 瞋らせ, 細めながら, 見合って, 転じた, 輝や

12 [21件] うつして, うるませた, さましたとき, しょぼしょぼさせ, すえた, とおして, ひらくと, ふせた, みはる, パッチリ, 偸んで, 反らした, 泣きはらして, 瞬いた, 瞬いて, 私の, 空に, 落しながら, 見ながら, 覺した, 醒ました

11 [26件] あつめて, いからせて, くばった, そばだてて, つかって, つぶっても, つぶつてゐる, つぶるの, ほそめた, まん, みは, みひらいて, 一パイに, 一杯に, 伏せました, 光らせました, 持つて, 放つと, 病んで, 見つめた, 見据えた, 覺ます, 醒ましたの, 開いた時, 開くこと, 離すと

10 [38件] かがやかせて, ぎょろ, くれて, しのんで, そそいだ, そらすこと, はなさずに, ぱちくりさせた, ぱちつかせて, ひからせた, まん丸に, みひらいた, やりました, やる, カッと, シッカリと, 使いながら, 円くする, 動かして, 向けたが, 天井に, 彼の, 怖れ, 据えながら, 擦って, 擧げて, 放って, 熱くし, 留めて, 笑わせて, 見せて, 見開きました, 轉じ, 返すと, 閉じたが, 開いたが, 開けば, 離した

9 [50件] うつすと, おさえた, おとした, きょろきょろさせ, くばりながら, くらますため, こすりました, こらした, さまし, さらして, じっと見つめ, そむけながら, ぢつと, つけたが, つけました, とじたまま, ぬぐった, みつめながら, みはったの, みはりながら, 以って, 伏せたが, 伏せると, 剥いた, 向けました, 地面に, 外らすと, 寄せて, 張って, 挙げました, 潤ませて, 疑って, 白黒に, 眠って, 瞑つた, 私に, 窓の, 蔽うて, 見た時, 見合し, 覚した時, 覚ますの, 覺まし, 覺ました, 覺まして, 走らせながら, 転ずると, 近づけて, 配りました, 離さなかつた

8 [50件] あくと, いっぱいに, きらきらさせ, くしや, くれながら, さましますと, さますこと, しばだたい, しょぼつかせて, すまして, そばだてた, つけられて, つぶつてゐた, つぶること, ぱち, ほそくし, まともに, まんまる, やった時, クリクリさせ, ショボショボさせ, 一ぱいに, 与えて, 働かせて, 光らせ, 向けながら, 外らしながら, 大きくした, 大きく見ひらい, 大きく開い, 悪くし, 惹いたの, 放すと, 明いて, 気に, 注ぎながら, 洗って, 眩まして, 瞑ぢ, 移しました, 突いて, 見つめながら, 見ました, 見入った, 見張りながら, 覚しました, 覚ます, 遮るもの, 避けるよう, 驚かすばかり

7 [57件] くりくりさせ, さましたり, さますの, じっと見, すゑて, そばめて, そらすと, とおした, とじると, とめると, ぱちぱちさせた, みあわせた, みはりました, みはると, やったまま, やり, よせて, キョロキョロさせ, クシヤ, クルクルと, 光らせます, 凝して, 動かした, 向ける, 向けるの, 四方に, 圓くし, 外らせて, 大きく見開いた, 射るの, 押えて, 挙げながら, 据えると, 明けて, 晦まして, 曝して, 注けた, 注けて, 無理に, 疑った, 真っ赤に, 見は, 見ひらいた, 見るの, 見合せました, 見据えながら, 覗き込んだ, 覚したが, 輝やかせ, 通したが, 通しました, 遣った, 開いたまま, 開きながら, 開け, 隠して, 離すこと

6 [83件] あける, あてて, うごかして, きょとんと, ぎらぎらさせ, ぎらぎら光らし, くらまして, くるくると, こすり, ごまかして, さましたが, さましたよう, さましては, したが, した男, しばたたきました, そばめた, そらし, そろえて, つぶったり, つぶるよう, つむりながら, つりあげて, なくして, のがれて, はなすこと, ひらく, ひらけば, ふきながら, やったの, クルクルさせ, パチパチと, 与えよ, 丸くしました, 丸くする, 伏せるの, 光らしながら, 前方に, 向けなければ, 向けようと, 射て, 射られて, 惹いて, 惹くの, 抑えた, 押えた, 押えながら, 拭ひ, 据えたが, 据えました, 放した, 放った, 横に, 泣き腫らして, 注ぐこと, 潰って, 疑つた, 白黒する, 瞑ったまま, 瞑ると, 瞬きながら, 空へ, 落したまま, 落とした, 落として, 見せた, 見合わして, 見張る, 見開くと, 視開いて, 覚さなかった, 覚ましました, 覺す, 輝やかした, 通すと, 遣ると, 閉じたの, 閉じたり, 閉じました, 閉じること, 開いたの, 集めて, 驚かすもの

5 [124件] あいたまま, あげたが, うごかした, かがやかしながら, かけられて, かすかに, くばつた, くるくるさし, くれた, こすつて, さけるよう, さましてから, さませば, しかめて, しばだ, しばだたいた, じつと, すがめながら, そこに, つけること, つけるの, つぶして, つぶったが, つぶつて, つぶつても, ぬすんでは, はなさなかった, ぱっちりと, ぱっちり開い, ひいたの, ひそめたが, ひらき, みはるよう, みると, むき出して, やったところ, わずらって, ギロリと, パチパチし, マン丸く, 下に, 俯せて, 働かして, 光らせる, 免れて, 八方に, 円に, 出して, 刺すよう, 刺戟した, 剥きます, 剥出し, 半ば閉じ, 反け, 合せた, 合せて, 大きく, 大きく見開き, 屹と, 嶮し, 廻させて, 恐れて, 患って, 戻した, 投げた, 拭った, 掛けて, 掩い, 揃えて, 擦った, 放すな, 放てば, 有って, 注ぎ, 注ぐ, 熱くした, 疑うよう, 疑わずには, 白黒さし, 盜んで, 眩しそう, 眩まされて, 眼鏡の, 着けた, 瞑じた, 瞠りました, 糸の, 細くする, 聳て, 落したが, 見はつ, 見上げて, 見交した, 見合した, 見合わせると, 見張ったまま, 見張ります, 見詰めて, 覚まさないよう, 走らせると, 転ずれば, 輝かせました, 輝し, 逃が, 逃れて, 逃れること, 通しただけ, 通したの, 通すの, 避けながら, 配ると, 醒した時, 醒ました時, 閉じる, 閉じ口, 開いたり, 開きて, 開きましたが, 開けたが, 離さない, 離すな, 頁の, 驚かしたの, 驚かせた

4 [201件] あいた時, あけました, あけること, あげ, あげた時, うつしました, うるまして, おさえて, おさまし, おとしながら, お延, かりて, きよろ, きらきらと, きらめかして, きらめかせて, くぐって, くばつて, くばると, くらまされて, くらますこと, ぐるぐると, こすつた, さけるため, さましたと, さましても, さましましたが, さましまぶし, しかめたり, しっかりと, しばしばさせ, しばたたくよう, じっと据え, すえ, するの, そそぎながら, そらしたが, そらすの, そらせた, そらに, それに, そろそろと, つかいながら, つけたん, つけるよう, つぶらに, つぶります, つぶるん, つむると, とじたが, とめました, はなさず, はなさない, ぱちくりさし, ぱちぱちと, ぱちぱちやっ, ひからして, ひそめた, ひらいたが, ふいた, ふさいでは, ふさいでも, みた, みはったが, みはるの, むけて, ゆっくりと, カムパネルラの, キラキラさせ, キラリと, クワッと, パチパチさした, パッと, 上に, 上の, 下へ, 付けると, 代助, 伏せたま, 光らすと, 光らせたが, 光らせたの, 光らせると, 凝然と, 刺して, 剥いたり, 反らせて, 受けて, 合わせた, 合わせて, 吊り上げて, 向けようとも, 向けること, 嗔らせ, 地上に, 外した, 外に, 外らせた, 大きくあい, 大きく開け, 失って, 奪った, 奪はれ, 射られた時, 少し開い, 嵌めて, 左の, 床の, 彼に, 彼は, 怖れる, 惹かれて, 手で, 打たれて, 打って, 投げて, 抜いて, 振向けて, 擦つて, 擦り, 放さない, 放さないで, 晦ますこと, 梟の, 楊弓で, 泣き脹らして, 注ぎつ, 注ぎました, 注ぐと, 注ぐの, 涙で, 潜って, 潰そうと, 澄まして, 狙って, 留めた, 相手の, 眠そう, 着けたの, 瞠らせる, 突いた, 突かれて, 細くあけ, 翻え, 耀かせて, 蔽うた, 覆われて, 見あった, 見あわせ, 見すえた, 見ること, 見れば, 見ろ, 見上げた, 見交して, 見合せながら, 見合は, 見合はせ, 見合わせたが, 見合わせました, 見守った, 見張り, 見張ると, 見返して, 見開いたまま, 見開き, 視張ると, 覗き込んで, 覚したの, 覚したり, 覚す, 覚ますこと, 覺しました, 赤くした, 走らせました, 転じると, 輝かせると, 輝やかす, 近付けて, 送りました, 遠くに, 遣って, 避けそして, 配ったが, 醒したの, 醒すよう, 醒ます, 釣りあげて, 閉じ唇, 閉じ耳, 開きかけて, 開くの, 開く事, 開けたり, 開けました, 集めた, 離さないで, 離さないよう, 離した時, 驚かした, 驚かすに

3 [340件] あきました, あけたが, あけたとき, あけたまま, あけながら, あてると, うつとり, おいて, おさえながら, おほ, お皿, お高, かえして, かがやかし, かがやかせた, かすめた, きょろつかせた, きよとき, ぎょろりと光らせ, ぎょろりと光らせた, ぎらつかせて, ぎろ, くるくるさした, くるくるさせ, くるっと, けわしくし, こちらへ, さけながら, さまさないよう, さまされた, さまされて, さましそこ, さましたころ, さましたらどう, さました子供, さましもう, さませ, さまよわせて, しずかに, した娘, しばたいた, しばたたいたの, しばたたき, しばだたき, しました, しょぼしょぼさせた, しよぼ, しよぼし, じっと見入った, すえたまま, すえながら, すこしばかり, する, するん, そ, そなえて, その方, そばだてたが, そらせて, つかつて, つけ, つけたと, つけたまま, つけたもの, つけますと, つけるもの, つける者, つぶったの, つぶってばかり, つぶってるね, つぶつて居る, つぶれば, つぶろうと, つむったの, つむり, つむりました, つむる, つむるよう, とじながら, とめながら, とめる, とらへ, とろんと, ぬぐいながら, ねむって, はしらせた, はずして, はなすと, はらして, ぱちくりやり, ぱちぱちさせました, ぱちぱちし, ぱっちり見開い, ひかないでは, ひからせながら, ひきつけた, ひきました, ふさぎ耳, ふさぐと, まじ, まるくしました, まん丸くし, まん円, みつめて, みて, みはらせた, みはり, みはり口, むけた, もてるヘーレー答, やったとき, やった後, やりも, らんらんと, わしの, カツと, キョトキョトさせ, ギョロつかせ, ギョロギョロと, ギョロリと, クルクルし, ショボショボと, ジロリと, パチリと, マン丸に, 一層大きく, 一方に, 両手で, 丸くしない, 付けたが, 仮りて, 伏せずには, 使ったが, 使ったり, 使ひ, 光らし, 光らせるよう, 円く見開い, 凝っと, 凝らした, 凝乎, 刮って, 刺した, 剥いたの, 動かさなかった, 動かしながら, 反らせながら, 反向けた, 向けたこと, 向けたまま, 向けるとき, 向けるところ, 固く閉じ, 垂れて, 外へ, 外らさない女, 外らす, 大きくあけ, 大きく開いた, 大きく開き, 天井の, 奪うよう, 奪はれる, 奪ふ, 奪られ, 女の, 娘の, 射たの, 射たので, 射った, 射られたと, 射るもの, 小さくし, 巧みに, 床に, 庭の, 廻す, 引いた, 引いたの, 引くよう, 当てて, 彼女の, 彼等の, 後ろから, 忍ぶよう, 怒らせながら, 思い出した, 惹きつけて, 惹き心, 惹く, 惹くこと, 惹くよう, 感じた, 感じて, 慰めて, 戻すと, 手の甲で, 打った, 押へて, 拭いながら, 拭ふて, 持つこと, 指で, 指の, 挙げたが, 挙げ耳, 捉えた, 据え, 据ゑてゐた, 掩って, 摩って, 放ちながら, 放つた, 斜めに, 曇らせながら, 机の, 止めたが, 正して, 母の, 法水に, 注いだが, 注いだの, 注ぎます, 注け, 津田の, 涙に, 火の, 炯々と, 爛々と, 爛と, 畳へ, 発見した, 白黒させる, 盗みながら, 眩ませて, 眩まそう, 眩わ, 眩わし, 着けました, 睨みつけた, 睨みつけて, 瞑ったが, 瞑つたり, 瞠い, 瞠つてゐる, 瞠らず, 瞶めながら, 研いで, 移したが, 移した時, 移す, 空虚に, 空間に, 窃んで, 細目に, 背けて, 腫らして, 膝に, 舟の, 落したの, 蔽って, 蔽ふ, 見あわした, 見かえしながら, 見せるだけ, 見たが, 見たこと, 見たり, 見てよ, 見はりました, 見ひらいたまま, 見ひらく, 見交わした, 見入りながら, 見合せ, 見合せてから, 見合せるの, 見合わせる, 見張ったの, 見張ったもの, 見張ってから, 見張つたの, 見張らねば, 見張りましたが, 見張るばかり, 見開きながら, 見開き口, 視張って, 視詰めて, 覗きこんで, 覗き込むよう, 覚ましたが, 覚ましたとき, 覚ますだろう, 誤魔化すため, 走らせたが, 走らせる, 軽くつぶっ, 輝かせたが, 送った, 送って, 通さなければ, 通したり, 通した後, 通す必要, 逸らして, 遠くへ, 遣ったが, 遣つて, 遮って, 避けつつ, 避けるやう, 配つた, 配る, 醒してから, 醒ましたよう, 醒ましました, 醒ますの, 醒ますよう, 釘付けに, 閉じたきり, 閉じた時, 閉じながら, 閉じ頭, 閉ぢぬ, 閉ぢ耳を, 閉った, 閉ッて, 開いたとき, 開いても, 開かなかった, 開きますと, 開ける, 附けて, 険しくし, 離さなかったが, 離すの, 静かに, 顰めた, 顰めて

2 [1075件 抜粋] あいたの, あいてるつもり, あけたの, あけるの, あげないで, あげました, あげる, あげる元気, あざむくこと, あたりへ, あつむれ, あらん限り, うごかさずに, うって, うつしながら, うつろに, おおうた, おつぶり, おとすと, おどろかして, お持ち, かがやかせながら, かわして, きょろきょろと, ぎらぎらと, ぎらつかせながら, ぎろぎろ空, くぎつて行く, くぼませて, くらまそうと, くるくるさせた, くるくる廻し, くれたが, くれたり, くれないので, くれること, くれるな, こすったもの, こすっては, こすりこすり幾度, こすること, こするの, こすッ, こっちに, さえぎる何物, さし入れること, さすよう, さまさせないやう, さまさせるよう, さまされたの, さましたもの, さました事, さました竜, さまします, さますたび, さませよ, さらず我, した小さな, した老人, した背, しばたたいたが, しばたたかれた, しばだたく, しぼしぼさせ, じっと下, じっと見た, すえると, すっかり閉じ, すましたの, すると, そこから, そちらに, そばだたせて, そむけたいよう, そむけること, そらさうと, そらさなかった, そらし噂, そらすという, そらすよう, たいへんしげき, つかつたり, つけその, つけそれから, つけたその, つけたり, つけた方, つけるが, つけるな, つける人, つつんで, つぶせば, つぶったなり, つぶってるよう, つぶつてうつらうつら, つぶつては, つぶつてゐ, つぶつて考へ, つぶつて順番を, つぶらねば, つぶりその, つぶり口, つぶり腕, つぶるまで, つぶれど, つむつた, つむつてぐつと一, つむつて考, つむれば, つりあげたり, とおすと, とじようと, とどめた, とめたの, とらえようと, どろんと, ながめた, ねらって, のぞきこんで, はしらせて, はつきりと, はなさなかつた, はなした, はなす事, ぱちくりやっ, ぱちぱちっと, ひいたもの, ひかずに, ひかれて, ひきはじめた, ひくもの, ひそかに, ひらきそして, ひんむいて, ふさいだまま, ふさげ, ふせながら, ほおえませて, まじまじさせ, またよそ, まっかに, まっ赤, まはす, まろくして, まわしたが, みつめました, みはったまま, みはらせて, みはらせるよう, みはるばかり, みひらけば, むく, むけると, もたねば, もつこと, やったきり, やったり, やである, やられたの, やること, やるの, やれば, よそへ, わたしの, キッと, ギョロギョロさして, ギヨロリと, ギラギラさせ, ギラギラ光らし, ギラリと, クリクリさせた, グルグルと, シヨボシヨボさせ, チラリと, トロンと, パシパシさせ, パチパチやっ, ピカピカ光らせ, マヂ, 一つ所に, 一ツ瞬い, 一層狡, 三千代の, 上げたが, 上げながら, 上げ涙, 不安と, 丘の, 丸く見開い, 二つ三つ大きく, 二人の, 人に, 他に, 以つて事實を, 伏せたり, 伏せるばかり, 休ませて, 使うよう, 使ふ, 信じようと, 信ずること, 俯せた女, 傷める, 働かした, 充分に, 光らしたが, 光らす, 光らせた鬼女, 光らせ口, 免れる筈, 其方に, 円る, 凝らしはじめた, 凝視し, 出来るだけ, 刮き, 刺され第, 剥きました, 剥き出し白い, 力なく, 半分閉じ, 去らないで, 反らせた, 合せながら, 合は, 向うの, 向けた時, 向けても, 向けられて, 啓け, 回して, 堅く閉じ, 堅く閉ぢ, 壁に, 外して, 外らしたが, 外らせながら, 大きくする, 大きく大きく見開い, 大きく瞠, 大局に, 天に, 天へ, 天井へ, 奪う, 奪うばかりの, 奪って, 奪われた, 宙へ, 室の, 室内へ, 射たるほどこそ, 射られた本人, 射ると, 射るは, 射る光, 小さい松明, 平次の, 庭へ, 廻したま, 廻した晩, 引くに, 引くもの, 張りて, 後へ, 微茫, 心持泣き脹し, 忍ぶやう, 忘れず, 怒りに, 思い出すと, 怯, 恭一の, 悪くした, 惹いた物, 惹くもの, 感じたの, 憚りつつ, 我等に, 手術した, 打ったの, 抑えながら, 投げながら, 抜くという, 押さえた, 押しつけるよう, 拭いたり, 拭うの, 拭ふ, 持ちながら, 持つ人, 指さして, 捉へ, 据えたきり, 据える, 据て, 掛けられたこと, 掠める, 掩ふ, 撫でた, 擧げました, 放さず見詰めて, 放すこと, 放そうと, 放つとき, 故郷の, 早くも, 明いては, 明るくし, 晃らし, 晦ますため, 暗がりの, 曝すと, 書物から, 最高の, 有せり, 本に, 次郎の, 欺くこと, 止めながら, 武蔵に, 残して, 水面から, 河の, 泣き腫, 注いだまま, 注がねば, 洋一へ, 洗え, 洗つ, 流した, 海の, 湿ませて, 潜るの, 潤ませるの, 潰して, 炬の, 無邪気に, 熱病患者の, 父の, 片手で, 男に, 疑いました, 疑る光景, 病む, 痛くする, 白い布, 白黒さした, 白黒させました, 白黒した, 盲に, 眇めて, 眞丸に, 眠った, 眠る, 眩しく外, 眩した, 眩惑する, 眼球が, 着けると, 着すれ, 瞑げ, 瞑った顔, 瞑つたま, 瞑り頭, 瞑ツ, 瞠らざるを, 瞠らせず, 瞬たいた, 瞶り, 私は, 移すの, 突かれた, 突きたい衝動, 突き潰して, 突然代, 窪ませて, 精一ぱいに, 紙から, 細くします, 細め, 細める, 細め口, 絲の, 苦しそう, 落す, 著け, 薄くとじた, 血に, 袖で, 襲った, 覆いたいよう, 覆った, 覆わしめるよう, 見あわして, 見あわせながら, 見かえした, 見ずに, 見その, 見たの, 見ても, 見ぬの, 見ひらきて, 見まもった, 見るに, 見下した, 見入って, 見合せたが, 見合せぬ, 見合せる, 見唇, 見張らせた, 見張らせるの, 見張るよう, 見据えたが, 見据ゑて, 見開いたの, 見開ら, 覗きこんだ, 覚しながら, 覚しますと, 覚すじゃ, 覚すよう, 覚まさせるため, 覚ました瞬間, 覚ましながら, 覚ますとき, 覚ます時, 覚ませば, 觸れたら, 誇るやう, 認めて, 誤魔化して, 赤く泣き, 走らして, 足の, 足もとの, 蹙める, 転じたが, 転じるならば, 転ずる時, 輝かしだした, 輝かすばかり, 輝かせ笑, 轉ずる, 近づけた, 返した, 追つて, 送るお, 通さないで, 通した上, 通しながら, 通すが, 造つた, 逸らした, 遠くの, 遣り乍ら針, 遮つたもの, 遮りたり, 避けたの, 部屋の, 醒しても, 醒す, 醒まさないうち, 醒ましたとき, 醒ましたら時計, 醒ましましたが, 醒ませ, 針から, 銀簪で, 閉じこの, 閉じたから, 閉じても, 閉じます, 閉じる前, 閉じ首, 閉ぢず, 閉ぢながら, 閉ぢ故意に, 閉る, 開いたやう, 開いた眼, 開かなければ, 開かれたよう, 開くとき, 開けたま, 開けた時, 開けなければ, 険しくした, 隠せるを, 離さなかったと, 離さぬ, 離したこと, 離し得なかった, 霑ませ, 革めて, 顰めたが, 養うこと, 養ふ, 驚かせたの

1 [7577件 抜粋] あいたお, あかず眠りつづけて, あくまいと, あけって, あけるかな, あげそしてまた, あげようとも, あざむかれて, あてがったと, あらぬ方, いからせながら, いたずらめかし, いよいよ光らせ, うごかすまいとしても, うっとり細めた, うら戸, うんとつぶ, おおって, おしつぶつて, おとしそれ, おどろかせれば, お光, お突き, かがやかしかけたが, かくすめ, かけるよりも, かする, かれは, きょろきょろさし, きらめかせ雲, ぎらぎらさして衝立, ぎろりと輝かし, くばりましたが, くらました, くらます気, くるくるさして口早, くれず真っ直ぐ, くれぬとかいふ, くッ, けわしくする, こすらせたの, こすりつけた, こなたの, こらし合って, ごま化す, さけおうて, さながら生ける, さまさなかったか, さまししずか, さましたらしかった, さました林三耶, さましっこ, さまし先ず, さまし立, さますだろう, さます頃, され舌さし, しきりに摩った, したと, したマルタゴン, した四十前後, した明るい, した神学士, した陰気, してるという, しばたくばかり, しばたたき我, しましたから, しよぼしよぼさして, し袖, じっとそそがれた, じっと西門, じろりとさした, すえ唇, すこし上, すまさせました, する筈, せわしく瞬い, そそぐと共に, そのま, そばたてさせた, そばめた母, そむけたが, そむけ自分, そらしては, そらすか, そらせグジュウジュウ, ただ政府, ちゃんときめ, ちらちら刺激, つかいハッ, つかれたそれで, つけたこと, つけた引揚事業, つけてね, つけに, つけられるだけ, つけるのう, つける惡者, つけ巧, つぶしただけ, つぶったよ, つぶってるに, つぶつてし, つぶつて一口二口味ふ, つぶつて思いだし, つぶつて浮袋の, つぶつて見ない, つぶりさえ, つぶり下腹, つぶり眼, つぶるが, つむったそれ, つむつて答, つむり吐きそう, つむるのに, できるだけ鋭く, とおす様子, とじた顔, とび出すほど, とめるらしく婦人連, どうかした, なおよく, なぐさめる, にらみ合った, ねぶって, のがれ心あて, はたらかせる深謀遠慮, はなさずゆ, はなしましたが, はばかるやう, ぱちくり三日三晩, ぱちりとさして黙りこみ, ぱつちりと見ひらいた, ひかずには, ひきあけて, ひく方策, ひとなでする, ひらかせられた, ひらき直して, ひんむき, ふさいだものの, ふさぎ眼, ふせやれ, ふと挙げた, ほそく体を, ほんのかすか, まぎれて, また伏せ, まぶしくした, まわした鱒, みつめ, みはったもの, みはりきみたち正式, みはり席, みはるであろう, みろ, むき出し鼻筋に, むける, もう一生, もったジゴロ風, もった彼, もつとは, もやして, やった前方, ややしばらくし, やりそして, やり急, やるところ雀, よくごらん, わきの, オドオドさせ, キラつかせ, ギロツカせ, グイグイと, コスリコスリ今一寝入りすべく, ソロソロと, トロトロと, パチパチさし, ビク, 一つしばたたい, 一層まんま, 一点の, 上げ, 上げない, 上げ軽く, 不図輝, 与つたの, 丸くし合った, 予想し, 二点鋭く, 人すぐれ, 付けとるばい, 以つてする, 伏せこたつ, 伏せやはり, 伏せ軽く, 何処に, 使う, 使つて, 俊助へ, 俯せない, 傷つけたという, 僕も, 光らしいきなり, 光らし牙, 光らせただけで, 光らせてを, 光らせる連中, 光らせ過ぎること, 其実に, 円くします, 冷しながら, 凝しても, 凝らする子供, 切つて待つ, 刺された, 刺激せず, 剥いた激しい, 剥き出した役者, 剥って, 動かしただけ, 医者の, 半分ふさい, 厳に, 反らしたが, 受け取った手紙, 合せたきり, 吊り上げ向う三軒両隣, 向けずには, 向けたらしく見えた, 向けなかったが, 向けられちや, 向ける事, 向け始めたため, 吸いよせられた途端, 呉れた時, 問ひ, 嘲った, 固くつ, 地べたに, 塞がずに, 塞ぎ歯, 夕近づけ, 外らさずに, 外らし思い出したよう, 外れたもの, 大きくまたたいた, 大きく見張りました, 大粒に, 失った不具者, 奪い計り, 奪はれた, 女たちの, 宇宙と, 害する事, 寤した, 射ったの, 射られるを, 射る猛烈, 射馬, 少しとろりと, 屋内に, 己が, 幾たびか, 庭園の, 廻したままおんぶ, 廻わす, 引きつって, 引つ込ませて, 強くまたたい, 当てると, 徐々に新しく, 徳島城の, 忘れて, 怒らし人, 怖れなかつた, 思い起した, 思惟から, 恐れると, 患い生活, 悦ばせるため, 惡くしてる, 惹きいま食卓, 惹くほどの, 感じないもの, 慮つて忌憚, 戦場で, 打ちます, 抉り取ったと, 投げた刹那, 抜く程激烈, 押し拭いながら, 拭い拭い水, 拭き彼, 拳から, 持ち綺麗, 持った若い, 持つ時, 挙げたこと, 挙げ目科, 据えたまま口, 据え口元, 据るだろう, 据ゑてゐるのがすつかり普段の, 据ゑて次の, 据ゑる, 掌で, 掠め兵営, 描かうか, 擦つた, 擦ると, 放さないの, 放し考えた, 放ち以, 放て, 新らしく生れた, 明けやう, 晃かし, 晦ますに, 暗ましたもの, 曝した彼, 有する人, 杜先生の, 格子の, 楽しませながら, 横顔に, 欺いたの, 止め, 正面に, 氣の, 沾まし, 泣き腫らしては, 注がなければ, 注ぐところ, 洗いたいナと, 洗われるもの, 浸すの, 渋くあけ, 溪の, 潰したの, 潰そうなんて, 濡らしたので, 焦がす, 燃えた, 物理の, 狙つて射ました, 生涯忘れる, 留めてから, 疑うか, 疑ひたかつた, 病めるわれ, 癒そうと, 白黒しました, 盗んでは, 眞つ, 真白く剥出, 眩して, 眩まし文字通り草莽, 眩ませ花火, 着けてる, 睨みつけながら, 瞋らせた, 瞑ったまま音, 瞑らせて, 瞑り熱く, 瞞着し得る, 瞠らしめる, 瞬いても, 瞬り, 砂の, 私にかへ, 移しては, 穴に, 突きたいといふ, 突棒の, 笑わせること, 細くさせる, 細めた老獪, 細め珍, 絶えず私, 美しいと, 聳たしめる, 背負って, 腹部に, 舞台の, 落したところ, 落すの, 蓋わ, 蔽ったので, 薄く開けた, 虎の, 衝き刺されるところ, 西山の, 覆ふてそれ, 見あわせせせら笑いながら, 見させて, 見せ付けられながら, 見た日, 見なかったこと前述, 見はり棒立ち, 見ましたか, 見るだけ, 見交したばかり, 見出したの, 見合せた途端, 見合わすと, 見合わせるその, 見張ったなり, 見張つたり, 見張らないわけ, 見張り呼吸, 見張り頬, 見据えるよう, 見返したまま, 見開いた行き倒れ, 見開きこれ, 見開き耳, 視合せたり, 視張つて首, 覗き込むやう, 覚し, 覚した女, 覚し同じ, 覚まさされた私, 覚まさなかったら私, 覚ましたその, 覚ましてから, 覚まし毛布, 覚ます者, 覺まさない, 触れないよう, 誘つたのである, 読むの, 貫くという, 赤めて, 走らせたり, 踏みつけた, 転じたの, 転ぜられたいの, 輝かしただけ, 輝かす様, 轉じる, 近寄せた, 追い求めるよう, 逃れたいと, 通されたであろう, 通してと, 通すでも, 通り鼻筋, 遊ばして, 遠退い, 遮った話, 遺伝した, 配ったり, 配りましたが, 配る消火夫, 醒された, 醒した気持ち, 醒すワイ, 醒まさないという, 醒ましたところ, 醒ましてからの, 醒ます為, 釣り上げ歯, 錠前に, 閉ざさした, 閉じしめて, 閉じたまんま, 閉じてから, 閉じよという, 閉じ嘔吐, 閉じ脣, 閉ぢしめぬ, 閉ぢよう眼を, 閉づれば眼瞼の, 開いたまま涙, 開いた翁, 開かせるため, 開かれて, 開きたまらなく懶い, 開き安静, 開くとともに, 開けさせるが, 開けな, 開ければ, 防いだが, 階下に, 雀部の, 離さず途中, 離さなかつたと, 離しちや, 離せなかった, 青春時代に, 顰め, 飽かず見詰めて, 騁せた, 驚かし喜ばしたもの, 驚かす程, 高く離れた

▼ 眼~ (10117, 12.5%)

1783 前に 401 前の 331 前で 266 中に 194 前へ 189 前を 184 下に 164 色を 130 前には 119 あたりに 103 まえに 102 前が 96 下の 93 底に 82 中を 81 色が 79 ように 78 中には 55 中へ 49 上に 48 先に 47 なかに 41 まえの 38 中が, 玉を 32 高さ 30 さきに, 下を, 光が, 色は 29 やうに 28 隅から 27 不自由な 26 うちに, 玉の 25 光を, 玉が 24 ふちを 23 さめるよう, やり場に, 下には 22 中の 20 なかには, ような, 色に 19 ふちが, 縁に 18 光りを, 前から, 球を, 縁を, 覚めるよう, 隅で 17 まわりに 16 中にも, 前は, 色の 15 まえで, 中で 14 さきへ, 下へ, 光の, 奥に, 敵に, 眩むよう, 裡に 13 さめるやう, 上の, 光に, 光りが, 球の, 隅に 12 まはり, 下で, 中まで, 先の, 先へ, 光は, 底から, 底には, 碧い

11 [12件] あたりを, あたり見る, さきの, まえを, 下は, 中から, 届く限り, 方が, 縁の, 色も, 醒めるよう, 黒いうち

10 あたりの, うちには, やうな, 上へ, 先き, 先で, 光, 明を

9 [13件] なかで, まへに, やりば, 下が, 先が, 先を, 底が, 方は, 球が, 縁が, 美しさ, 覺める, 間に

8 [12件] あたり見, とどく限り, なかを, ふちは, まわりが, まわりの, 上を, 前では, 前にも, 奥が, 色で, 色と

7 [11件] すみから, つけどころが, 光りに, 光りは, 前, 及ぶ限り, 周囲に, 屆か, 男が, 色変え, 見えない人

6 [29件] あたり, うちにも, うら, ことを, さきが, ために, ところへ, なかにも, なかの, なかへ, ぱっちりした, ふちに, ふちの, まわるよう, ようだ, 下や, 先から, 光りの, 大きい鼻, 奥には, 奥を, 底の, 惡い, 手術を, 方へ, 涙を, 球は, 色にも, 間を

5 [36件] あたり見た, ある人, いろを, うちが, きれいな, せいか, せいで, と, ギョロリと, 上で, 上と, 上まで, 中は, 光で, 光も, 光りも, 前だ, 前まで, 力が, 外に, 大きさ, 奥の, 屆く, 廻るよう, 方を, 早い八五郎, 玉は, 皮が, 瞼の, 色まで, 裏に, 視力を, 覺めた, 輝きが, 配りが, 鋭い男

4 [51件] あたりが, ある者, いろ変えて, ぎょろりとした, くらむよう, くり玉を, さめた時, したに, すみで, するどいかみさん, せいだ, そばに, ところに, ところまで, とどくかぎり, まえには, まわりには, まわりを, ようにも, キョロリと, 上には, 下から, 下瞼, 中でも, 中と, 中へでも, 人の, 働きが, 働らき, 光り, 力を, 動かし方, 奥で, 当りに, 悪いの, 悪い人, 方向を, 曇った悪い, 柔和な, 様に, 縁には, 色, 色かえ, 茶いろ, 表情の, 表情は, 表情を, 見えない者, 輝きは, 輝きを, 迷いでは

3 [94件] あたりこの, いろに, うちの, うちを, きれの, くりくりした, ことは, さきには, さめるほど, せいばかり, そばへ, とどかぬところ, とどく所, ないもの, なかから, なかが, ひかりが, ひかりは, ふちには, まえが, まはる, まわりから, まわりや, まわるほど, ようであった, ギョロッと, パツチリと, 三つある, 上が, 代りに, 位置と, 先には, 光と, 光りと, 内に, 凄さ, 凉し, 凹んだ煤色, 前も, 力は, 加減か, 大きいその, 大きい娘, 大きい男, 大きい眉, 奥から, 工合が, 底にも, 底を, 廻るほど, 恰好は, 持主の, 方に, 暗さ, 毒だ, 為に, 焦点は, 焦点を, 異様に, 疲れを, 療治を, 皮を, 真中に, 眩みし折, 眩む思い, 端から, 端に, 老人は, 肥えて, 良いもの, 色こそ, 色には, 色毛の, 行方を, 表情が, 表情に, 表情も, 裏が, 裏には, 裡を, 見える猫女, 視力が, 覚めるほど, 覚めるやう, 角から, 辺が, 辺りに, 邪魔に, 配り体, 鋭い事, 鋭い鼻, 間から, 間の, 顔を

2 [312件] あいた人, あいた奴, あいだに, あいて, あかない, あたりそれを, あたりには, あたりは, あたり苦しん, あたり見られた, あるところ, あるもの, ある人間, いかにかせし, うえで, うえに, うえを, うちも, うちらには, うまし, お医者, お医者様, かがやきを, かたきに, かたちが, きく人に, きらきらと, くばりが, くばりには, くばり体, くまが, くらむ程, くらんで, くるりと, ことだ, ことに, ごとく, ごとくなり吹きながす雲, さえは, さめたの, さめた瞬間, さめるほどの, すずしい中年, すずしい丸, すずしい女の子, すみにも, するどい画かき, せいかも, せいだった, たどたどに, たまが, ためでは, ためには, ついたの, つく所, つけどころ, つけどころに, つけどころも, つぶれた浪士, つり上った, ところが, とどかないところ, とどかない所, ないの, ない人間, ない奴, ない好物, ぱっちりと, ぱつちりした痩形の, ぱつちりした面長の, ひかり, ひかりに, ひかりを, ふちへ, ふちも, ふちより, ふち清々しく, ほかに, まえから, まへの, まへを, まわりは, やさしさ, やり場の, ようで, よく光る, わるいくせ, アテーネー, ギロリと, クリクリした, 上瞼の, 上瞼を, 下, 下なる, 下はるか, 下まで, 下尺二寸, 不気味さ, 中では, 事で, 人, 人形, 仇に, 仮感に, 休職曹長が, 保養で, 保養を, 傍へ, 傷の, 傷を, 働きを, 先きで, 先だ, 先は, 光だけが, 光って, 光とを, 光にも, 光りから, 光るあはれ, 光るの, 光る中, 八五郎を, 具合これらを, 内が, 内には, 処へ, 凹んだ鼻, 出た工合, 切れが, 切れの, 切れ目な, 初々しさ, 前である, 前にて, 前へと, 前ほんの, 前までに, 前をと, 前一面, 力の, 功徳は, 動き一つで, 及び難い, 及ぶかぎり, 及ぶ処, 向くところ, 向く所, 周りには, 周囲には, 周囲を, 回るよう, 塵をも, 外へ, 大い, 大きい与太者, 大きい口もと, 大きい女, 大きい女達, 大きい見る, 大きい頬, 大きい顔, 大きな女, 大きな女の子, 大きな生徒, 大きな背, 大きな蠅, 失明が, 奥にも, 奧から, 女が, 女には, 孔から, 寄るところ, 小さいブルネト, 小さな男, 少女が, 少女と, 届かない所, 届く限り一面, 嶮しい, 心持吊, 悪いひと, 悪い馬琴, 感じが, 感覚が, 所に, 所有者, 捷い, 敵の, 旅は, 早い平次, 明るい大名, 曇ったつまらない, 曇ったつまらぬ奴, 曇りが, 本は, 検査を, 様な, 毒, 毒です, 水晶体が, 涙, 涙ほど, 涼しい鼻, 深さ, 清らかさ, 潤いが, 濁って, 濁つた, 灰を, 無い隙, 焦点が, 猿の, 玉と, 玻璃, 用を, 疎いところ, 疎いの, 疲れ, 病に, 病気が, 痛みに, 白眼の, 的それ, 的に, 眩しさ, 眩むの, 眩んで, 眼尻が, 着けどころ, 睫毛かぞ, 瞬きと, 瞳が, 瞼が, 碧さと, 稜, 穴の, 窩の, 細いの, 細い女, 細い柔和, 細い頬, 細い鼻, 細きが, 縁だけ, 縁だけに, 縁へ, 美しい透き通る, 肉と, 膜を, 色さえ, 色だ, 色だろう, 色である, 色でも, 色変えた, 色少し, 落凹んだ, 行く方, 表情で, 裏の, 裡には, 見えないこと, 見えない按摩, 見えない方, 見えない机竜, 見えるところ, 見えるの, 見える人, 見える者, 視る作用, 視線は, 親しげ, 誤りで, 貝で, 赤くなっ, 輝き, 輝きである, 輝きに, 輝きの, 輝く青銅, 輝けること, 輝けるを, 辺には, 近くへ, 近くまで, 近所に, 迷いかも, 遣り場に, 配り, 配りと, 配り何となく, 配り身, 金髪の, 鋭さに, 長さ, 閃めき, 開いた人, 間へ, 阿義, 隅にも, 青いそして, 風景と, 高明なる, 魚鱗や, 黄いろ, 黄檗の, 黒い女, 黒い薔薇, 黒い間, 黒く大きいの

1 [2322件 抜粋] あいたお奉行様, あいだには, あきら, あたりじゃ, あたりへ, あたり人生の, あたり太子の, あたり死に, あたり目に, あたり虚無以外には, あたり見せ付けられた, あたり逢いたく思った, あつた, あとの, あやまちでは, あるあたり, ある三つ目, ある別, あわただしげ, いかにも心配そう, いとま, いろさえ, いろは空と, うしろの, うす赤いぢ, うち鹽風吹き入り, うるみなどかな, うるんだ青白い, おおきな川瀬勇, おそろしさ, お人, かがやきである, かげ, かみさん, きかなくな, きつい顔, きょろりとした, きれいな痩せた, ぎょろりとし, ぎらぎらと, くさった元気, くぼんだ憂欝気, くぼんだ顔, くらむの, くらんだ一人, くり玉の, こえた者, ことも, こ玉から, ごとくキラキラ, さえた啓之助, さきで, さき六七間の, さとい李, さめた勝則, さめないの, さめるほどに, さめる氣色, しょぼ, すぐれた少数, すみから蘭丸の, するどい五分月代, するどい見る, すわらないそわそわ, せいかとも, せいであったろう, そのお, その爺さん, たかい快, たちは, ちかちか光る, つかい手, つかない所, つくこと, つけどころ慈悲の, つけ所に, つぶり方, つぶれた目, つぶれるべきほどの, つりあがった, とおりでござった, とげを, ところを, とどかぬ沖合, とどくかぎり平らか, とどく限り知悉, どこかには, ないこの, ない冷酷, ない母, ない素人, ない重兵衛, なかにと, なからず, なじむにつれて, にらみも, はたらきを, はなせない男, はりや, ひかった男, ひっこんだ小さい, ひッ, ふちなどを, ふらつかぬもの, ほうだ, ほそ長い顔, ほほ笑む如き髪, まえも, まつ毛が, まへで, まま長い, まわりも, まわる程忙, みえない鶏, ものもらひ, やった通り, やわらかさ, ゆく前, よい子, よく動く, わるいひと, わるい期間, わるさ, アテーネー教ゆる, ガーゼを, キラキラした, クリ玉の, シムソンの, ニュアンスは, ピントを, モノモラヒ全快, 一しずく, 一つに, 一角に, 上から, 上へた, 上部と, 下からは, 下では, 下ヘ, 下一尺二寸も, 下十米ばかりの, 下顔の, 不自由も, 世界です, 中じゅうに, 中へは, 中や, 中曇を, 丸いくるくる, 丸かった, 事だ, 二重に, 人たるべからず, 人なり, 人形青眼の, 仕事でも, 代理者であり, 位置だ, 位置は, 何を, 作用, 使いよう頸の, 使ひ, 保養です, 健全な, 傘を, 働きだ, 働きや, 優劣を, 先からは, 先にも, 光おそろしき, 光こそ, 光ったこと, 光であった, 光とは, 光りだけが, 光りでじっと, 光りとが, 光り凄まじき, 光るは, 光る悟った顔, 光凸に, 光徒ならず, 光母の, 光金属的な, 内へも, 円い二十一二, 冴え, 冷い, 凄い赤羽織, 処に, 凹むの, 出所分らぬ, 切れのびやかな, 利いたもの, 利くまでに, 前いっぱいに, 前だけの, 前という, 前におわせられる, 前ばかりへ, 前三尺, 前井桁の, 前遙, 力で, 力生きもの, 動かしやう, 動かぬ時, 動きが, 動きを, 勢で, 半腰, 厚ぼったい重い瞼, 及ぶかぎり霞, 反絵, 右下の, 吊り上ったおとなしい, 向く表通り, 呑気さの, 周囲から, 和らかい, 喜である, 回る樣, 地に, 士に, 外は, 多角性と, 大きいお河童さん, 大きいところ, 大きい仏像, 大きい可愛らしい女, 大きい智的, 大きい白粉, 大きい腮, 大きい顋髯, 大きい髭, 大きく見える, 大きなか, 大きな一寸, 大きな口許, 大きな掌, 大きな眉毛, 大辻小, 太吉と, 失明は, 奧に, 如きお, 如くじれつた, 威力という, 嫁を, 子と, 孔に, 字眼の, 害意は, 小さいの, 小さい随分, 小さな口, 少し下っ, 少ない縁側, 屆くには, 届かないの, 届かぬかなた, 届かん限り, 届くまで, 届く所, 届く限り煌々, 工合は, 己より, 幻を, 底深い, 廻りの, 弁信に, 弱いもの, 強い女, 当り見た, 形にも, 影向を, 御恢復, 心が, 快活な, 性か, 恐い男, 悪いお方, 悪い三十五, 悪い客衆, 悪い浅川, 悪い義雄兄, 悪かった, 惡るい人だ, 愛蘭人の, 感覚に, 懸命に, 戸惑ひし, 所在は, 所有者である, 所産だ, 持ち主に, 持主と, 据え処, 据つた頬の, 捷いお, 放心した, 斜めに, 方なあ, 方向は, 早かった, 明いた盲目, 明らかな, 明王は, 映像と, 晴れやかな, 月でありました, 本と, 柔かに, 検査の, 楽しみ命の, 様だ, 模様が, 正月が, 武将を, 毒耳の, 水晶體が, 治療にも, 法樂だ, 活きた青紫, 涙に, 涼しい口もと, 涼しい美津, 深い奴, 混濁である, 湿へるは, 潤み若い, 澄んだ, 濁った赭ら面, 灰いろ, 烱, 焦点に, 熱っぽさ, 片方潰れた, 牧羊神笙を, 犠牲に, 狂いだったら, 狭小な, 玉だけが, 玉ほど, 玉よりも, 球だけが, 球一つ動かす, 生きた力, 男でした, 異様な, 疲れるほど, 病を, 痛さ, 痛みは, 痛むほどに, 療治の, 発達せざりし, 白さ, 的否を, 相手では, 真珠を, 眩みそう, 眩む陶酔, 眩んだ浅はか, 眼光が, 睛は, 瞑り具合, 瞳孔が, 知覚を, 碧さが, 示したその, 程度は, 穴, 窓から, 窪んだ一目, 立体角が, 範囲は, 納所僧が, 細いおでん屋, 細い何, 細い恐ろしく, 細い物静か, 細い角頤, 細顔の, 絶間ない, 線から, 縁ほんのり, 縁辺りが, 罨法を, 美しいこと, 美しい女, 美しい輝き, 老人とは, 肉が, 膜が, 良いうち, 良し悪しは, 色さては, 色だって, 色とを, 色ばかりを, 色をかへて, 色徒ならず, 色皮膚の, 若き吉田氏, 菫は, 落ち着きを, 蔭で, 虹彩が, 蠍, 血走った妙, 行くまま, 行方は, 表情までも, 裏側を, 複雑な, 見えないお前, 見えないに, 見えない一点, 見えない女, 見えない小坊主, 見えない男按摩, 見えなくなったの, 見えぬ年, 見えるふり, 見える斎藤, 見える重, 見つくすあたわざる存在, 視力の, 視界が, 覚めたところ, 覚めた日, 覚めると, 覚め方, 観測では, 角に, 触覚が, 記憶として, 訴えを, 誤りあんまり, 誤りでない, 調節が, 讐を, 貪婪に, 赤い氣球, 赧ら顔は, 輝いたの, 輝きなどに, 輝くの, 辺に, 辺を, 近くを, 迷いだった, 迷いとか, 通りな, 過労の, 遣り処, 邊にも, 部分に, 配りは, 配り寸分際, 配り方足, 酒喰は, 醒めるばかりの, 醒め方, 釣上つた男は, 鋭いいや, 鋭いの, 鋭い三十五六歳, 鋭い光, 鋭い唇, 鋭い彼, 鋭い痩せた, 鋭い腕ッ節, 鋭い青年, 鋭く澄ん, 錯覚じゃ, 長顔, 開かないこと, 間あたりに, 関係は, 険しい四十男, 隅へ, 障害と, 離せない人物, 電光ハツと, 青み走った羽織着, 面白さ, 額の, 飛び出た富豪, 馴れて, 驩喜である, 高い鼻, 鬼の, 黒い丈夫, 黒き髪, 黒玉はど

▼ 眼~ (8985, 11.1%)

220 ついた 191 涙を 176 見えて 99 映った 94 見えるよう 88 涙が 52 残って 51 はいった 49 つく 47 なって 46 見て 45 ついたの 43 とまった, 浮んで 40 かかって 38 入った 36 映つた 35 して 34 あてて 30 映ったの 29 つくの, 映って 26 映る 25 あった 24 浮んだ 23 映じた, 浮かんで 22 うつった, つきました, 一杯涙を, 角を 21 つくよう, 見えないもの 20 浮ぶ, 見えた, 見えるやう 19 した, とめて, 入つた, 入るもの 18 つくと, とまって, 付いた 17 映じて, 見るよう 16 うかぶ, 当てて, 見えるの, 見えるもの 15 付いて, 入って, 見える 14 いっぱい涙, つきます, 入る, 浮べて 13 うつったの, かかりたいと, しみるよう, つくもの, 狂いは 12 なった, 入るの, 映ったもの, 映りました, 着いた, 触れて 11 うかんで, うつつた, ついて, 映つて, 見ても, 触れるもの

10 [14件] かかること, すると, ちらついて, つくこと, つくほど, 入らなかった, 入りました, 力を, 映るもの, 残った, 注いた, 涙さえ, 見せて, 見耳

9 [17件] かけます, かけること, さへ, しみた, しみて, ついたので, つきやすい, とまったの, 付いたの, 付くよう, 当てた, 微笑を, 映るの, 浮かぶ, 立って, 見えない力, 見えない敵

8 [15件] うつるもの, それが, ついたが, つかぬよう, とめた, はいったの, 一ぱい涙を, 浮かんだ, 物見せ, 立った, 立つほどの, 見えない, 見えない手, 見入った, 逢は

7 [16件] うつる, うつるの, ついたもの, はっきりと, まざまざと, 何か, 入ると, 手を, 映るよう, 映ツ, 止った, 物を, 立つよう, 耳に, 見ながら, 這入って

6 [39件] ありありと, ある, うかべた, かかったの, かかります, かけましょう, なると, 一種の, 不思議な, 付く, 入れても, 入れると, 出っくわすと, 出会った, 映じたもの, 映ずるもの, 映つたの, 映らなかった, 映ります, 沁みた, 泌みる, 泛ぶ, 浮ぶの, 涙の, 留まった, 痛いほど, 立たないよう, 立つて, 笑みを, 見えないほど, 見えぬ力, 見えぬ糸, 見えるところ, 見た, 見ること, 触れた, 触れたの, 觸れる, 象って

5 [39件] あて, あまるもの, いっぱいの, かけながら, かけましょうか, かけよう, したこと, つく物, なつた, はいらないよう, 一丁字も, 一杯涙ぐん, 似て, 入ったの, 入つたの, 入らず, 入らない, 射すくめられて, 彼の, 愬へる, 描いて, 映ずる, 止まった, 殘つてゐる, 沁みて, 泪を, 浮びます, 浮ぶよう, 涙すら, 留った, 痛い, 自分の, 見えたの, 見えない牢屋, 見えない糸, 見入りながら, 触れたもの, 輝いて, 飛びついて

4 [90件] あって, あてた, あまること, あらわれて, あるもの, いつぱい涙, うかんだ, うつりました, かかったこと, かかった事, かかりたいの, かかりに, かかれば, こめて, したの, した時, しみるほど, ちらと, つかずに, つかないよう, つくは, つくやう, つくん, つく所, とまったこと, とまりました, とまる, とまると, はいらなかった, ふれて, ふれないよう, ふれ耳, キラキラと, 付いたもの, 付かないよう, 付くと, 余るほど, 入ったもの, 入らないの, 入らなかったの, 入らぬ, 入れて, 入れながら, 媚を, 当て, 描いた, 映じたの, 映ぜり, 映らない, 映ること, 朱を, 止めて, 残つた, 残つてゐる, 沁みるやう, 沁みるよう, 浮ぶと, 浮べた, 湛えて, 溜めて, 溢れて, 燃えて, 現前する, 留まったの, 留まって, 異常な, 異様な, 睨められたカイン, 立つの, 立つほど, 笑いを, 繃帯を, 見えたもの, 見えない物, 見えぬくらい, 見えぬほど, 見たの, 見るやう, 見る物, 見入って, 角たて, 触れずに, 触れた時, 触れるの, 訴へる, 誤りは, 迫って, 這入つた, 逢つた, 非常に

3 [151件] あてながら, あてる, あふれて, あまるほど, あまる大軍, あります, ある節子, うかべて, うつって, うつらない, うつり, かかると, かかる折, かけて, さわりました, すること, するもの, た, たたえて, ちらついた, ついたから, ついたは, ついたり, つかなかった, つくであろう, つくという, つけて, とまらぬ, とめると, なつて, なるの, のこって, はいらない, ふれた, ふれたの, ふれたもの, ふれると, みえて, みえるよう, チラリと, 一丁字なく, 一杯ため, 一杯泪を, 付かない, 付きます, 付く程, 何が, 僕は, 光って, 光りが, 光を, 入つて, 入らなかつた, 入ること, 入るので, 入るは, 入るよう, 入る物, 入れた, 写って, 出て, 出会って, 出逢うと, 口に, 埃が, 媚びを, 宙を, 射竦められて, 形相すさまじく, 怪しい光, 据えた, 掛けて, 於て, 明らかに, 映った若い, 映ると, 映るので, 映るやう, 映る物, 映る通り, 曝されて, 来た, 止まったの, 止まらなかった, 止めた, 残る, 気づいて, 沁むよう, 泛べ, 泛べた, 泛んだ, 泛んで, 泪が, 浮いて, 浮べながら, 涙は, 深い陰, 湧いて, 燃やして, 狂いが, 狂ひ, 現われて, 着いて, 睨んで, 籠って, 見えずに, 見えないか, 見えないから, 見えないところ, 見えないほどの, 見えない処, 見えない大きな, 見えない無数, 見えない網, 見えない風, 見えぬ, 見えぬもの, 見えぬ世界, 見えぬ敵, 見えぬ男, 見えること, 見えるほどの, 見える形, 見える心地, 見える物体, 見える程, 見たこと, 見ては, 見ゆるもの, 見る, 見るもの, 角立てて, 触れた以上, 触れないところ, 触れる, 触れると, 触れるよう, 触れ耳, 訴えて, 迫るの, 送られて, 這入った, 這入る, 遮るもの, 険を, 集めて, 露を, 飛び付いて, 飛び込んで, 餘る, 鮮かに

2 [484件] あうか, あざやかに, あつた, あてたまま, あてました, あてると, あまる, あまると, あまる魏, あらわれる狡猾さ, あり, ある木立, いっぱい, いつぱいはまりこんで, うかぶの, うかぶよう, うけて, うっすらと, うつったもの, うつむいて, うつると, うつるは, うるみを, えがいた, おさめて, お絹, かかったからには, かかったよう, かかったん, かかった以上, かかってから, かからぬうち, かかりたい, かかりたいから, かかりたくて, かかりたくなりましたから, かかりました, かかりまして, かかりますどうも, かかりますな, かかりますれば, かかるつもり, かかるの, かかる機会, かかれたの, かかれて, かかれないと, かかれないの, かかろうとは, かけた, かけたの, かけな, かけようと, かける, かけると, かけるわ, かなしみを, かゆきから, きまつて, こもって, さへも, したとき, しみたの, しみついた, しみるやう, しみ付いた, しむやう, し耳, じっと見入った, するうち, するたび, するであらう, するよう, そそいだ, そつくりだ, そのさま, それは, それを, たたえながら, たまって, だん, ちらちらと, ちらりと微笑, ついただけ, ついたぷんぷん, ついた物, つかずには, つかないで, つかないの, つかない所, つかない程, つかぬか, つきて, つきながら, つくだけ, つくところ, つくので, つくわけ, つく度び, つく影響, つく程, つく風俗, つけば, とまったので, とまっては, とまっても, とまらなかった, とまるよう, どう見えよう, なったまま, なったよう, なったり, なみだ, なりながら, なりました, なること, なるネタ, にじんで, のこつた, はいったので, はいらないふう, はいりましたので, はいりません, はきつと, はっきり映る, ふれたこと, ふれること, ふれるの, ぶっつかって, ぽつりと, まぼろし, みえないもの, みえない手, みえない敵, みえぬところ, みえるだけ, みえるばかり, みつめた, みて, みながら, もしかと, もって, もとめねば, ものが, ものを, やにが, よく見える, よりて, よると, カドを, キラリと, ギラ, ハタと, パッと, マザ, 一丁字なき, 一人の, 一抹の, 一杯涙が, 一点の, 一脈の, 不徳義な, 与える, 今度は, 付いたは, 付いた第, 付かずに, 付かぬところ, 付きにくい, 付くの, 付くもの, 付くやう, 会う, 会うの, 会って, 会わせようと, 何かの, 何かを, 何となし, 何んと, 余った, 余って, 余ること, 余ると, 余るもの, 余るよう, 余る大勢, 俺を, 充血を, 入ったと, 入ったので, 入った時, 入らないよう, 入らなくて, 入らぬか, 入らぬとは, 入らばこそ, 入りしは, 入るか, 入るやう, 入る瞬間, 入る筈, 入る限り, 入れしも, 入れたならば, 入れまいと, 入れるや, 写った, 写る, 写るもの, 出っくわすこと, 出会うと, 合わされて, 合わせて, 喜びの, 壁の, 変化し, 太山を, 妖しい光, 妖気が, 妙な, 始めて, 始めて涙, 害が, 宿して, 寫る, 射られて, 射られると, 己の, 平次を, 広島上空に, 度られる, 引導を, 張りの, 当った彼, 当つ, 彼女は, 微かな, 微かに, 心に, 思いやりの, 思わず涙, 急に, 恐怖を, 愛嬌の, 感謝の, 慣れて, 懸けて, 戦慄を, 手に, 抱き腕, 押しあてた, 持って, 掛かって, 掛かること, 掛けましょう, 掛けます, 掛りたく, 描けば, 操られて, 新鮮な, 星が, 映して, 映じたこの, 映じた婦人, 映じた第, 映じた美しい, 映じた自然, 映じた苹果, 映じた處, 映じるの, 映じる美しい, 映じ耳, 映ずるかと, 映ずる世界, 映ずる程, 映ずる雪, 映せば, 映ぜしめる, 映ったお, 映ったと, 映った幻影, 映った時, 映った美しい, 映つたので, 映つた田舎町, 映らないの, 映らなければ, 映りは, 映るから, 映るところ, 映るのみ, 映る常, 映る幻, 曇りが, 曝されます, 柔かな, 柔和な, 楊弓の, 止ったの, 止まって, 止まると, 止まる事, 止めずして, 止めなかった, 止ります, 止ると, 残したいが, 残して, 残つ, 殘る, 気づくと, 水を, 沁みます, 沁みるの, 沁みるほど, 沁みる螢籠, 沁み込んで, 沁むやう, 泛べて, 泥が, 注く, 注意を, 泪さえ, 浮かぶの, 浮かべた, 浮かべて, 浮かべながら, 浮ばぬ, 浮びました, 浮ぶに, 浮ぶ涙, 浮べること, 浮んだの, 浸みて, 涙だ, 滲みついて, 滲みて, 潤みの, 無限の, 焼きついた, 焼きついたの, 煙が, 熱いもの, 熱い涙, 物と, 物言わせて, 現れて, 生首と, 留ったの, 留るの, 疑いも, 痛いよう, 痛かった, 痛快な, 白い曇り, 白い雲, 百燭の, 皮肉な, 真っ先に, 着いたの, 着いた時, 着くが, 睨められます, 私は, 突き付けて, 突つ立てた, 立たないやう, 立たない葬儀, 立ったの, 立つこと, 立つと, 立つところ, 立つや, 竜之, 笑を, 答えて, 細君の, 義眼を, 聳え滝, 肖たと, 胸の, 腕に, 自分を, 荒んだ輝き, 著いた, 薄い涙, 血を, 見いった, 見えざるもの, 見えたこと, 見えてる, 見えないいりみだれた指紋, 見えないが, 見えないくらい, 見えないそして, 見えないため, 見えない人間, 見えない何, 見えない友, 見えない因果, 見えない壁, 見えない太陽, 見えない幕, 見えない愛, 見えない或, 見えない迫害, 見えない運命, 見えなかった, 見えなくても, 見えぬよう, 見えぬ何, 見えぬ偶然, 見えぬ城, 見えぬ大きな, 見えぬ影, 見えぬ恩人, 見えぬ手, 見えぬ赤い, 見えますよ, 見えるから, 見えるとは, 見える対象, 見える水蒸気, 見える物, 見える筈, 見える限り, 見せる, 見つからないやう, 見られ佐渡屋, 見るすべて, 見るだけで, 見ると, 見るところ, 見る事, 見合って, 見手, 見渡されます, 視たこと, 親しんだ富士, 角立てた, 触れたこと, 触れては, 触れないで, 触れなかった, 触れぬ場所, 触れまいと, 触れるかも, 触れること, 触れるそれら, 触れれば, 觸る, 觸れ, 觸れた, 訴へて, 諷刺文学の, 赤き藪椿, 輝きが, 迎えて, 迎へ, 近い, 近づけて, 近似し, 返辞せぬ, 送った, 這入ったの, 這入りました, 逢つて居る, 逢わぬ雪, 逢ッて, 遠い霞, 遮る物象, 閃付く, 開いて, 間違いが, 間違いは, 険の, 集めたやう, 響いて, 頷いた, 騙されて, 鮮やかに, 鳥は, 黒味の

1 [3892件 抜粋] あうたくせ, あたるところ, あてあて聞い, あてなくては, あの知らせそのもの, あまるので, あまる敵営団々, あらずして, あるきり, ある三朝川, ある鋭, いいよう, いけない活字, いっぱいため, いつぱい, いま何も, いれながら, うかぶ栄三郎, うたた回顧, うつったその, うつった山東京伝, うつらなかったのに, うつるあらゆる, うつる妻, うつる限り, えがく, おしあてた, お会い, かかっただけ, かかった切り, かからせて, かからない間, かかりしのみ, かかりたいので, かかりとう御座いました, かかりましたの, かかりませぬと, かかり所存, かかるまで, かかれたわけ, かかれました, かかれるかとの, かかろうたあ, かけたい, かけた事, かけました十名, かけますと, かけるでご, かけ呼吸, かげらせたかと, かなりの, きくこと, ぎらついて, このほ, この河底, ご注意, さっきから, さらしては, さわる者ども, したん, した最も, しないであろうか, しみたこと, しみる, しみる花, しむよう, じっとお, じっと見入り, じろりと見上げた, すぐ横, する, するものすべて, する群衆, そう映る, その乱れた, その帽子, その瞬間あたり, その風, そんな風, たって, たまった涙, ちかちか痛くっ, ちょっとそう見える, ちらつく死人, ついたらどう, ついた宝くじ屋さん, ついた水晶, ついてたよう, つかないけれど, つかないほどに, つかない筈, つかなくなって, つかぬほどの, つきさしたとき悲鳴, つきますからね, つき繁ったニラ, つくから, つくそれで, つくばかり, つく事, つく女中, つく心配, つく紳士, つく近所, つけると, であ, とまったか, とまった少女, とまらないなんて, とまらなくな, とまりまんざら, とまるの, とめごろうじ, とめるもの, どうやら涙, どんなにか, なか, なじむ遠き, なにか囁い, なりますと, なるかも, のこった, はいったせい, はいった以上, はいらず何, はいらぬよう, はかの, はつきりし, はらはらと, ひとき, ふくむ愁い, ふと入, ふるる処, ふれた千種, ふれなかったこと, ふれるもの, ふれ僕, ぶつかった時, べつたり, ますます濃い, まど, みえたもの, みえない亡兆, みえない鈍い冷たい, みえぬ敵, みせると, みるみる殺気, もすぐとうかがはれるのはさすがであつた, ものいわせて, ゆえ知らぬ涙, よくは, わかきは, アントニウスと, キトわれを, チラついた, ハンケチを, マヽが, 一ぱいの, 一寸釘を, 一杯ふしぎ, 一直線に, 三人の, 不思議と, 世界と, 主人を, 云われぬ愛嬌, 今や鷺町, 付いたらしく船場, 付かなかったと, 付きますと, 付くたんび, 付けば, 会い続けて, 会ったという, 会わされたの, 会わせても, 似つかわしいで, 何もかも忘れた, 余るところ, 余る程大衆的, 供えた, 信長も, 優しく美しく見られる, 光が, 入っただけ, 入ったよう, 入った菜の花, 入つて來, 入らず慄, 入らない訳, 入らぬたより, 入らぬ陽炎, 入りっこないし, 入りますと, 入り屋根, 入るだけ, 入るわけ, 入る冬, 入る裏, 入れたかったの, 入れましょう, 八荒を, 写っても, 写るの, 冷淡な, 出っくわし彼, 出会った事, 刀を, 判然と, 剣の, 効果の, 区別を, 南方人の, 及ぼす害, 取り替えやった, 合わされる, 合わせ得る者, 向けた, 和やかな, 喜びを, 国語を, 在つて物, 塵を, 夕焼の, 夥しい星影, 大変な, 失望と, 好奇的に, 威壓され, 孫である阿, 容子を, 宿る陰, 尋常に, 就く度ごと, 展開さるる, 席へ, 幻覚が, 引きずられたん, 強く集まった, 当てしゅくしゅく, 当て画面, 彫刻的の, 彼女を, 心を, 快いし, 怒脈, 思い浮べた, 怨多い, 恋人の, 悪いねえ, 意味深い, 愛嬌を, 感激の, 應へ, 懸れたらちょっと, 戻って, 打たれて, 押さえきれない誇らしい, 拘泥わり, 振りかけた, 掛かりたいから, 掛けるよう, 掛れぬと, 描いたに, 擦りよられ嬉し, 新しい腹立たしそう, 既涙を, 明るさ, 映じたかは, 映じた一般世間, 映じた大河, 映じた本書, 映じないわけ, 映じる自然, 映ずるその, 映ずる僕, 映ずる男女, 映ぜざる乎, 映ったが, 映ったろうな, 映った別荘, 映った異形, 映ってるか, 映つた此, 映らない以上, 映りました事, 映るいろいろ, 映るだろうかを, 映るマン, 映る俊三, 映る大通り, 映る彼, 映る母国, 映る紛物, 晩酌の, 暗らい混乱, 曝らす, 朦朧と, 染みるが, 案の, 樣, 欺かれたの, 止つた, 止まった理由, 止まらなかった井戸, 止まりました, 止まり局, 止めざるを, 止められた, 止るという, 残ってる, 残り二階, 殘る生きた, 毒なれ, 氣が, 決して止まらない, 沁みてよ, 沁みる痛々し, 沁み喉, 沁んだ白色, 泛かぶ, 注いだまま, 注すこと, 流れこむほど, 浮かぶだけ, 浮ばず内地, 浮び出して, 浮ぶから, 浮ぶ冬, 浮べ, 浮べるほど, 浸みるやう, 涙な, 淋しい笑, 湛えたまま, 満つ, 溜め声, 滲む, 漂わせた, 火が, 烈しい怒り, 焼き付いた, 照らされてはと, 燃える光りは, 燠の, 牝犬を, 物言はせ, 狐の, 現はれ, 現実以上の, 生氣, 留って, 留まらなかった, 留めたこと, 留ると, 畳の, 痛いおもいでした, 痛く刺さっ, 白い眼帯, 白金の, 目礼した, 相見え, 真紅の, 眼糞を, 着きました, 着くの, 睨まれると, 瞳が, 磨りつけるよう, 秋の, 稲妻形に, 突っ立てた銀簪, 突然大粒, 立たない品物, 立たぬよう, 立ち赤裸々, 立つ女, 立つ眺め, 竹藪なぞは, 篦深く, 細い針, 縁側の, 繃帯した, 美しい殘像, 羨みき, 肢体に, 自信を, 舐められて, 苦悩を, 落ちる, 蔑みと, 虫の, 袖垣を, 見えざる他, 見えその大きな, 見えた効果, 見えた衰え, 見えないいろんな, 見えないだけの, 見えないもつと, 見えない人, 見えない侵入者, 見えない口, 見えない専制主義, 見えない微小, 見えない悪鬼, 見えない星雲, 見えない水蒸気, 見えない牢格子, 見えない程, 見えない精霊, 見えない脳髄, 見えない金属, 見えない電光, 見えなかった鐘, 見えぬうち, 見えぬほむら, 見えぬ冷厳, 見えぬ大, 見えぬ小さな, 見えぬ志村, 見えぬ正義, 見えぬ煙, 見えぬ秘密, 見えぬ虫, 見えぬ鉄鎚, 見えぬ黒い, 見えまた, 見えるがな, 見えるに, 見えるオオケストラ, 見える処, 見える或, 見える樹木, 見える範囲, 見える記念, 見える黄昏, 見か, 見せつけてるの, 見その, 見たは, 見た訳, 見てから, 見とがめられました, 見ましく, 見ゆるもの今, 見られたらその, 見るいやらし, 見るほどには, 見る意地, 見る華やか, 見入り答, 見張られ寝るにも, 見詰められて, 視入りながら, 観えぬ生命, 角立って, 触るるのみ, 触れずと, 触れたら命, 触れた開頭, 触れなかったの, 触れるという, 触れる収賄贈賄, 触れる限り, 記憶が, 訴える力, 認められるくらい, 読まれた, 讀めます, 貼り付けられて, 起った緑内障, 近々と萌黄色, 近く持っ, 這入ったばかり, 這入らないで, 這入るなり, 逢つてる, 逢わされたそう, 逢わなかったの, 運んで, 適したよう, 遮ぎるものはなく, 邪魔に, 重なり覗く, 鈴鹿山を, 鏡の, 開けては, 附きにくい, 陰影を, 障わっ, 集まって, 雪片が, 露骨な, 青葉, 頷きそれから, 飛行機を, 馬鹿に, 驚嘆すべき, 髪も

▼ 眼~ (6288, 7.7%)

100 さめて 89 覚めて 74 さめると 64 冴えて 62 さめた 59 覚めた 57 光って 47 覚めると 42 眩んで 39 さめる 33 くらんで, 醒めた 31 あった 27 醒めて 26 さめたの 24 覚めた時 19 しらが, ついて 18 急に, 異様に, 醒めると, 開いて 17 しらに, 血走って 16 さめたよう, 自分の, 覚めたよう, 覺めた 15 潰れて, 見えなくなって 13 ある, 合った, 大きくて, 彼の, 眩むよう, 覚めたの 12 あって, さめました, 眩みそう, 覺める 11 うるんで, しらを, まわって, 光った, 曇って, 肥えて, 見えるの

10 [11件] あいて, くらくらと, くれて, さめた時, 不自由な, 涙で, 見えない, 見えないの, 覗いて, 輝いて, 醒めたよう

9 あるの, かすんで, しらの, つぶれて, 眩んだ, 自分に, 醒めた時

8 [12件] くらみそう, さめたが, なかった, ギラギラと, ギロリと, 充血し, 妙に, 悪くなっ, 痛くなる, 窪んで, 闇に, 霞んで

7 [18件] あつた, くらむよう, さめたという, それを, どうかし, ないの, キラリと, 付いた, 合うと, 変に, 悪いの, 疲れて, 私の, 見えるよう, 覚めるの, 覺めて, 醒める, 高え

6 [19件] あいた, きらきらと, きらりと, くらくらし, ちらと, ついた, のぞいて, まわりそう, 一斉に, 光る, 廻った, 悪くて, 熱くなった, 私を, 血走つて, 見えて, 見えないから, 覚めたので, 非常に

5 [32件] くらくらとして, くらむ, さえて, さめたとき, さめてから, さめるよう, じっと自分, すわって, 三つある, 三ツある, 何か, 俄かに, 利いて, 宙に, 屆か, 廻って, 廻る, 彼を, 悪いから, 悪いので, 悪くなった, 据って, 明いて, 熱くなっ, 自分を, 見えないので, 見えなくなった, 覚めたやう, 覚めても, 覚めるよう, 馴れて, 高い

4 [62件] あつて, ありありと, あるから, あるもの, あるわけ, いつまでも, くらむやう, くらんだ, こちらを, さめてからも, しんしんと, じっとこちら, じっと彼, そこに, それに, つきましたかい, なれて, ねに, まわるほど, まわるよう, クラクラし, 不自由で, 不自由でも, 僕を, 女の, 彼女に, 彼女の, 怖ろ, 悪い, 惡く, 明らかに, 昏んだ, 星の, 晦んで, 澄んで, 熱くなりました, 爛々と, 現われて, 異常に, 痛い, 眩むほど, 眩れ, 眩んだの, 眩んだよう, 細くて, 見えた, 見えないもの, 見えないん, 見えなくな, 見えなくなったの, 見える, 見て, 覚める, 覚めるや, 違って, 醒めてから, 醒めました, 開いた, 開いたから, 闇の, 馴れると, 高け

3 [87件] あったの, あっても, あるので, かすんだ, ぎらぎら光っ, ぎらりと, くぼんで, くらくらした, くらむほど, くるっくるっと, ここに, こっちを, さめたやう, さめたら僕たち, さめたら汗, さめたん, さめちゃった, さめても, さめない, さめるの, じつと, ちらちらする, ついたと, ついたん, つかれて, つくん, つり上がって, どんよりと, なくては, はっきりと, ひらいて, キラキラと, クラクラと, チラと, ハタと, パッチリ, 一せいに, 一時に, 何を, 僕の, 光つた, 冴えるばかり, 四方から, 大きくなっ, 大きく鼻, 寄って, 射るよう, 少しうるん, 屆く, 廻るほど, 悪いと, 悪いん, 悪くなる, 悲しげ, 惡かつ, 慣れて, 承知しない, 早い, 昏んで, 暗くなる, 暗さ, 涙を, 潰れるぞ, 火の, 生き生きと, 異様な, 真珠の, 眩む, 眼鏡の, 示して, 笑った, 良い, 落ち凹んで, 血ばしって, 見えても, 見えないし, 見えないばかりに, 見えませんから, 覚めたか, 覚めてからも, 覚めました, 覚めること, 触れると, 言った, 醒めたの, 鏡の, 静かに

2 [364件] あけて, あつまって, ありました, ありません, あるか, あること, あると, あるという, あるばかり, あるやう, あるん, あれば, いつもより, うごいた, お光, お高い, かがやいて, かすかに, かすみ頭, かつと, がんりきの, きらっと, ぎょろ, ぎらぎらし, ぎらぎらと, くら, くらくらする, くらんだの, くるくるっと, くるりと, くれたと, ぐらぐらし, ぐらぐらする, ぐらついた, ぐるりと, この上, この頃, こわいの, さめすると, さめたか, さめたから, さめたけれども, さめたって, さめたと, さめたといふ, さめたところ, さめたばかりの, さめちゃったの, さめるか, さめるだろう, さめる俺, さめ床, しずかに, しらあつく, しらや, すぐ前, すこしマクマク, するどく光った, そう言っ, そっちへ, その時, その眼, それだ, それは, それへ, たんのうする, ちかちかし, ちらくらし, ちらちらし, ついてるん, つかれると, つきかかったん, つきました, つきゃもう, つく, つくだろう, つくよう, つくらしく父, つぶれるかも, つぶれるほど, とかげの, とどいて, とまると, どうかする, どうにも我慢, どこかで, ないから, ないと, ないという, ないん, なかったら, なくて, ねむたそう, はっきりし, はつきりし, はやい, ばかに, ひそんで, ふさがって, ほんの僅か, ぼんやりし, まざまざと, まわった, まわりますよう, まわる, まわるの, ゆるむと, よくない, わるいのに, わるな, アリアリと, キラと, ギラリと, クラクラする, クラクラッと, クルクルと, グッと, ツイお, ハッキリと, パチパチした, パッと, パッカリ, 一つしか, 一つという, 一層恐ろしく, 一度に, 一種の, 一種間の, 上から, 上の, 不安そうに, 不気味に, 不自由に, 二つとも, 二つも, 二つ左右に, 二度と見られない, 今日は, 今日ほど, 付いて, 何かを, 何物を, 依然として和まない, 傷ついて, 働いて, 光つてゐる, 光りだした, 全く覚め, 其処に, 内を, 冴えた, 冴え冴え, 凝然と, 凹んで, 出来て, 剃刀の, 割合に, 動いて, 十分でない, 右に, 合った時, 合って, 吊り上る, 周平の, 喰入る, 回って, 坐って, 多くの, 夜を, 大きいから, 大きくうるん, 大きく汗, 大きく見開かれた, 大きく鼻筋, 好いとか, 好きな, 妙な, 小さい, 小さいが, 小さな覗き窓, 少しは, 少し見える, 少し赤い, 屆きます, 屆きません, 届くん, 岸の上の, 左に, 平次の, 底光りし, 庭の, 廊下の, 廻りそう, 必要で, 必要な, 怒って, 悪いという, 悪いとは, 悪う御座います, 悪かった, 悪くなり, 悲しそう, 惡い, 惡いから, 惹きつけられた, 打っ突, 据わって, 放せなかった, 斜めに, 早いな, 早いん, 早え, 明るみに, 映り私, 普通の, 暗くなっ, 曇つ, 更により, 最も人間, 未来に, 本能的に, 柔和で, 此世に, 死んで, 段々狂暴, 気に, 水, 注がれた, 涙に, 湯の, 潰れた, 潰れたって, 潰れた眼, 潰れるか, 潰れるぜ, 潰れると, 灰いろ, 烱, 熱くなり, 熱くなる, 燃えた, 物を, 特攻隊員の, 狂ったよう, 狂ったん, 狂って, 狂へば, 狐の, 男の, 留まりました, 疲れたので, 疲れてか, 痛むの, 皆んなを, 皆一度, 直ぐ盲, 真暗に, 真赤に, 眩いそう, 眩うて, 眩った, 眩むほどに, 眩むやう, 眩めく, 眩る, 眩んだもの, 着いた, 着いたので, 瞬いて, 碧く, 突き出し分厚い, 等しく其, 細くなり, 結局日本人の, 絶えず敏感, 自然に, 舞いそう, 若々しくも, 苦痛の, 落ちくぼみ頬, 落ちると, 落ち窪んで, 血走る, 行ったの, 要る, 見えないお, 見えないかの, 見えないで, 見えないと, 見えないよう, 見えなくたって, 見えなくて, 見えなくては, 見えなくても, 見えなくなったん, 見えなくなってから, 見えなくなると, 見えぬ, 見えぬの, 見えました, 見えます, 見えませんので, 見えると, 見えるん, 見えれば, 見ようによっては, 覚めたかい, 覚めたが, 覚めたと, 覚めたところ, 覚めたらもう, 覚めたり, 覚めたん, 覚めてから, 覚めては, 覚めないと, 覚めるたび, 覚めるまでは, 覚めるやう, 覺めたら, 言つた, 語って, 變に, 貪慾な, 赤くなっ, 赤く充血, 身に, 途中で, 過去に, 遠くから, 遠くに, 部屋の, 醒めたか, 醒めたが, 醒めたと, 醒めたとき, 醒めたみたい, 醒めても, 醒めなば, 醒めますと, 醒めるよう, 醒めれば, 鋭い今, 錯覚を, 閉されて, 開いたの, 開かれた扉, 開き相, 開けて, 開けば, 間断なく, 集まって, 離せなかった, 離れると, 霞みますが, 青くきろき, 頭の, 飛び出して, 飛出して, 馬鹿に, 高いと, 高くて, 魚の, 黒

1 [3134件 抜粋] ああもう, あいたメクラ, あかなかったならば, あくでしょう, あたし大好きな, あったらと, あまりきつ, あらぬ方, ありますからね, あり大, あるじの, あるなら今, ある一所, あんなでなけりゃ, いかにも純潔, いくらか生徒たち, いたくな, いって, いつもなんとなくそれ, いつも眠つて, いやらしく光っ, うす笑い, うまいわねえ, うるむ, おずおずと, おどろいたまばたきとともに, お丈夫, お見え, かすかな, かすんだの, かっと開い, かの女, きかなくても, きつく光った, きょとんと, きらきらした, きれいだ, ぎょろりと光った, ぎらっと光った, ぎろりとして如何にも, ぎろりと鋭い, くもって, くらみましたよ, くらむくらい, くらむほどの, くらむ閃光, くらんだよう, くりぬかれて, くるめいて, くわっと射, けわしい光, こちらへ, この二人, この薄暗がり, こわい, こんな菫色, さえちやつて, さだまって, さめざめと, さめたその, さめたので, さめたらしい, さめたらフトン, さめたら月, さめたんで, さめた悪かっ, さめた起きて, さめちやつた, さめどうしても, さめなかったん, さめねえ, さめます, さめるあやしい, さめるなんて, さめる九時半, さめる待望, さめる花柳章太郎, さめ服, しいんとして, しっかり落, しぶい冬日, しらからは, じいっとそれ, じっと己, じっと覗い, じろりと光る, すぐ泪, すこし大きく, すっかり覚め, すばやいまばたき, するどくひかっ, ずるさうに, そういう状態, そこで, そそがれ一人, そのまま窓, その多い, その深, その調子, それぞれ別々に, そろそろと, ただ一つ, たまらない, だんだんと, だんだん暗闇, ちくっと, ちょっと皮肉, ちらちら光っ, ちらりとこつち, ついたかな, ついたら吉左右しらせ, つかないよう, つきかけると, つきゃ大忙し, つくほど, つぶり切れねえ, つぶれやしょう, つりあがつて, でんぐり返らよ, とても大きい, とびだすの, とまる, どうかした, どうなっ, どこにも, どんよりし, ないなら, なお一倍, なくなり器用人, なにかしら, なんだか曇り, ぬるぬると, ねどおり, はからずも社長, はっきり見えない, はなせたもの, ぱちつと開いた, ぱっちり開い, ぱつと明るく, ひそかに, ひとたびそこ, ひとりでに細く, ひどく痛かった, ひらけると, ぴったりと, ふたたび三角, ふと吉野, ぶっつかった, べつにうろたえ, ほんのりと, ぽかっと開いた, まうが, またうるさく, またた, また妙, また私, まだつっ立っ, まだ開い, まはり, まるで糸, まわり舌が, みえないご, みえるという, みな自分を, むけられて, もうさっき, もう一寸安定, もしピストル, やさしくって, やはり中川, ゆったりと, よくって, よく動く, よく見える, よほど好く, ろくに見えず, わたしの, わるいので, わるくなった, キット釣上っ, キリストを, ギヨロリと, ギロギロと, クラクラとして, ジッと, チカ, チラチラし, ドロンと, パチリと, ボウ, モリイシャを, ヴァンデラー將軍の, 一つなんて, 一つ髣髴として, 一寸ひつ, 一座の, 一杯の, 一秒ごとに, 一隅に, 三つ手が, 上ったな, 下がって, 不思議に, 与兵衛に, 丸く活き活き, 乾き額, 二つながら今, 二つ着い, 二品へ, 交叉された, 仄, 今日の, 代る代る開い, 会ったらその, 何う, 何より大事, 何処に, 余りに大きく, 俄然として, 俳優の, 傍らに, 働くの, 先の, 光つてゐなかつたら, 光りだす腹, 光るお, 光るので, 光ツて, 入口の, 全国的に, 再びあいた, 再び見上げた, 冴えちまって, 冴え迫って, 凄いよう, 凝ツ, 出会ったとき, 列の, 利いたに, 利かなくなり跣足, 利くわい, 前方の, 助からぬという, 動くとは, 千歯の, 厳格に, 又赤く, 合ったとたん, 合つた, 同じく小次郎, 向う河岸, 向けられた, 君たちを, 和やかに, 喰い合った, 四つある, 基本でなけれ, 変って, 多少ひらけ, 夢見るよう, 大きくなる, 大きく目立つ, 大きく開いた, 大きゅうて, 天明年間の, 奥の, 好きだ, 始終あった, 嬉しそう, 宙釣りに, 室の, 尋ねて, 小さく並ん, 小林の, 少しあかんべ, 少しでも, 少し充血, 少し爛れ, 少し赤く, 居留地を, 届いて, 届かなかったせい, 届きますよ, 届くわけ, 左門神の, 平和の, 幾度も, 床の, 廻っては, 廻りさ, 廻るとも, 廻わる, 弱いので, 形も, 彼自らを, 徐かに離れの, 微光の, 心の, 忙しかった, 怒ったよう, 怪しいか, 怪しく閃, 恐ろしいまで, 恭一の, 悪いそして, 悪いらしく, 悪く年, 惡いと, 愛嬌の, 慣れたせゐか, 憎さげ, 房一を, 挙げられて, 据つて来る, 提灯に, 敏活に, 早いから, 早く覚め過ぎ, 明きたくないと, 昏み, 時々率直, 暗くて, 暗夜に, 曇ったらしかったが, 更におち凹ん, 望ましい, 本当でない, 柔らかな, 梓弓を, 横町へ, 次第に大きく, 欲しくは, 此学校の, 殆ど数字で, 気味悪くも, 油つ, 泥の, 注意深く周囲, 浮んで, 涙ぐんで, 淡い月光, 深怨, 満足に, 潤んで, 潰れたの, 潰れた事, 潰れる鼻, 濃い睫毛, 濡んで, 無いという, 無くなると, 無言の, 熟と, 燃えるよう, 牝牛の, 物凄く光, 物騒であった, 狂ったから, 狐やら, 獣の, 現われ今度, 生きてるよう, 田宮の, 留まった, 疲れるから, 痛いから, 痛かった, 痛みと共に, 痛むてえことがねえな, 痛快な, 発達しよう, 白墨へ, 監察官鼻梁が, 相当たかかっ, 眞赤に, 真向きに, 眠ったまま, 眩みさうに, 眩むくらい, 眩れよう, 眩んだので, 眩んでも, 眼眦に, 睨みつけて, 瞬かぬなど, 瞼毛が, 碧で, 穴の, 突嗟の, 窪みましたねえ, 立山連峰の, 笑うよう, 第二, 精一杯の, 納屋の, 紫いろの, 細く一つ, 細く色, 絶えず慄, 網の, 美しかった, 義眼な, 肉眼の, 腕時計の, 自分ひとつに, 舞いもどる, 良かったら, 若し仮にその, 草庵から, 落ち窪み銀色, 薄気味悪く剥き出し, 蛍いろ, 血走っちょ, 行きとどいて, 行くと, 衝突かった, 複雑な, 見えたらなあと, 見えないさわぎの, 見えないに, 見えなかったん, 見えなくなったという, 見えなくなつたん, 見えなくなり手足, 見えぬか, 見えぬ眼, 見えるか, 見えること, 見える一等運転士パイクソン, 見えんでも, 見たならば, 見られる物, 見上げて, 見送つて, 覚めきらないん, 覚めたほがら, 覚めたらしい, 覚めたら外套, 覚めたら私, 覚めた後, 覚めた起きて, 覚めないかね, 覚めましたの, 覚めようかと, 覚めるという, 覚める想い, 覚め痛む身体, 覺めません, 觸れ, 詩なら, 謙信の, 貪慾げに, 赤いよう, 赤くしばたき, 赤く兎, 足もとへ, 輝いたこと, 辺りへ, 迫る, 過敏そうに, 遠慮なく部屋, 酸漿の, 醒めすぎた, 醒めたで, 醒めたら直ぐ, 醒めた頃女, 醒めないにも, 醒めましたか, 醒めませんでしたのよ, 醒め寝て, 金五郎を, 釣り上っ, 釣上り, 銭形の, 鋭くなっ, 鋭く恐ろしくなります, 鋭利に, 閉じられて, 開いたぢ, 開いた気持ち, 開きました, 開けたもの, 間斷なく, 陰険で, 雄弁に, 離せない様, 震えるの, 青いくらいに, 青く光る, 非凡な, 頭で, 顔が, 飛び出て, 食いついて, 馴れたか, 高いな, 高えや, 髪の毛ほどの, 黒かった, 黒色に

▼ 眼~ (4394, 5.4%)

43 急に 20 異様に 17 涙に 16 火の 14 輝いた 13 血走って 12 それを, 彼の 11 涙で 10 何を, 私の, 輝いて 9 何か, 心の 8 ぎらぎらと, 妙に, 爛々と, 開いて 7 人間の, 彼を, 濡れて, 閉じて, 静かに 6 きらきらと, それに, 何かを, 光った, 光って, 期せずして, 潰れて, 糸の, 閉ぢて

5 [24件] いきいきと, いつまでも, いつもの, うるみを, さすがに, すぐに, そこに, ちらと, とろんとして, どこか, らんらんと, ギラギラと, 不思議に, 半眼に, 大きくて, 女の, 殆ん, 油断なく, 涙ぐんで, 涙を, 百錬の, 空を, 笑って, 自分の

4 [29件] うつろに, うるんで, そう云っ, その時, ぢつと, どこを, また泪, 一度に, 一斉に, 一種の, 僕の, 充血し, 冴えて, 凝然と, 向けて, 喜びに, 多くの, 早くも, 明らかに, 期せずし, 燃えるよう, 皿の, 相手の, 真赤に, 眩んで, 私に, 血走つて, 鏡の, 闇の

3 [52件] あるの, いつもより, いやに, きらりと, ぎょろりとし, ぎらぎらし, その瞬間, ちかちかと, つぶって, つり上がって, なんの, 一時に, 二つの, 人の, 今は, 他の, 何時でも, 余の, 俄に, 光る, 其処に, 冷く, 唯事ぢや, 宙に, 床の, 彼女の, 怒りに, 憎悪に, 持って, 最後に, 本能的に, 海の, 燃ゆる, 爛々として, 猫の, 生き生きと, 益々冴え, 眼の, 碧く, 突張って, 突張つて僕の, 舞台の, 蛇の, 見えなくても, 覚めて, 言葉の, 誰を, 開けた, 頭の, 高け, 鷲の, 鷹の

2 [279件] あいて, あけてを, あげて, あらぬ方, いつかうるん, いつでも, いつに, いまにも, いまにも私, いよいよぐらぐらする, いよいよ光った, うつろで, お前の, お皿, きら, きらきらし, きらきらとして, ぎよろりとして手は, ぎらぎら光っ, くもりたるもの, くらくらし, このうつむきたる, この室, この時, この淡彩, これまで, これ等すべてを, しばらくの, しょぼしょぼし, しよぼし, じっと前方, じっと雷竜, すぐそれ, すごいん, すっかり迷っ, そこから, そこで, そのま, そのよう, その中, その人, その指先, その時夫人, その牡丹, その若者, その都度, そらしては, それ自身の, たいしてコケテイツシユ, たしかに私, たたかれに, ただの, ちらちらした, つむったまま, どうかし, どうだ, どぎつく空間, どんよりと, なかった, なぜか, にぶい光, ひた向, ほかの, ほんの少し, またすぐ, またたきも, またも, まるで彼, もうあの, もう涙, やりて, よく見える, らんらんとして, わたしが, われ知らず, ガラス玉の, キラキラ輝い, キラリと, ギラリと, クル, クワツと, ジロリと, チラリと, ニスを, ヒステリカルに, ビルの, 一層きびしい, 一層その, 一層大きく, 一杯に, 一樣に, 一眼全く, 上ずッ, 不審げに, 不思議な, 不眠の, 中腰に, 乾いて, 二たび霞ん, 二人に, 二重瞼の, 人を, 人世の, 今も, 今度は, 今汽車, 代助, 何かに, 何と, 何も, 何やら訴, 何時も, 併し, 依然として瞬き, 倍も, 倦怠を, 側に, 光を, 全く下向, 八五郎兄哥の, 冴えた, 冴え心, 冷い, 冷たく輝い, 凝つと, 凝と, 切れが, 刺すよう, 力なく, 動かなかった, 反抗と, 口惜し涙, 向うの, 向ふ, 哲郎の, 唯今日の, 壁の, 夕立を, 大きいねえ, 大きくか, 大きく見開かれ, 奇異な, 威力を, 娘の, 嬉しさ, 子供の, 宙を, 射るよう, 小さくて, 小さく鼻, 少年の, 屆きません, 常に新, 常に論者, 常の, 平次の, 床を, 微笑し, 微笑を, 怒りの, 恨めしげ, 悲しそう, 感謝に, 日月の, 晦まし得たが, 普通に, 普通の, 暗ながら, 暗闇の, 曇って, 朝ごとに, 机の, 横へ, 次の, 歓喜に, 此方の, 死骸の, 死魚の, 殺気に, 毒蛇の, 永久に, 泣いて, 消えしや, 涙の, 涼しげな, 湖水の, 漂泊者の, 潤んで, 激怒の, 火が, 炬火の, 炭の, 烱, 無念の, 無表情な, 焦点を, 熱の, 物に, 物を, 狂人の, 狡猾な, 生々と, 生きて, 異樣, 白くびくびく, 白く冴え, 白眼ばかりに, 皮肉な, 直ぐに, 相変らず, 眞赤に, 真さ, 眠って, 眼だけで, 眼窩から, 眼蓋が, 睫毛が, 瞬きも, 矢の, 硝煙に, 確かに, 祈りを, 秋の, 空しく大きく開き, 空洞の, 空虚の, 窓の, 細くて, 細長い路次, 終に川, 絹糸の, 繰り入れられては, 美術家に, 義眼で, 耳の, 腐りかけた魚, 興奮の, 良人の, 若い, 茫然と, 落ちくぼんで, 落ちた, 血走り彼, 血走り色, 衆議院の, 街の, 裂けんばかりに, 見えずとも, 見えて, 見えないが, 見えなくなって, 見ませんでしたが, 見る, 見通しだ, 訴えて, 読んだ, 赤い光, 赤く熟した, 赤く腫れ, 赤の, 輝き唇, 近眼鏡の, 途端に, 達二を, 遙か, 遠くの, 釣り上っ, 鈴を, 鋭く燃える, 長く切れ, 開けなかった, 間断なく, 電光の, 霧の, 青く澄ん, 青み勝ちに, 非常に, 額の, 魚の

1 [3117件 抜粋] ああなんと, あけるつもり, あなたが, あまりに可愛, あらゆる女, ある方, あわただしくこの, いかにも恨めし, いくらか細め, いたずらそうな, いつしかまた, いつと, いつの間にか北極星, いつぱい, いつもそそがれる, いつも冷, いつも穏, いつも遠く, いづれも, いまに, いよいよ大きく, いよいよ異様, いろいろの, うすき光, うなずいた, えらい目, おそろしい殺気, おのずから自分, おほふべく, お前達に, お杉, お鷹さま, かがやき, かすんで, かの音無し, きみの, きれ長, ぎよろりとして頭髪と, くぼみ少し, くぼむでは, くらんで, けしからんの, こがね虫の, ことごとく異様, この壁, この看護婦, この身, こわくなく, ごく細か, さっき母が, さめてるよ, しかし妙, しだいに血走っ, しづかに, しみついて, じっとすわっ, じっと文麻呂, じっと見, すぐ三つボタン, すぐ左, すぐ涙, すこし険し, すっかり覚め, すでに左右, すみきつて, するどく見廻し, そういっ, そのとき一寸, そのダイヤ, その仮, その奇々怪々, その後どう, その旅人, その柳, その異, その肉瘤, その話, その酔える, その面, それぞれに, それで結構, そろそろと, そんな些細, たいてい一つ, たしかな, ただこの, ただ一人, ただ思慕, たちまち好奇心, たと, だんだん嬉し, ちつとも, ちらりと真向, ついに批判的, つねに尊氏, つまつてゐた, つり上り, とうに見ぬい, とつぜんあやしい, ともすると南階段, どうしても慰, どうです, どこに, どろーん, ないが, なお遠く, なかなか立去り, なにか非常, なんじゃ, にぶらしては, ぬかりなく, はたして閃, ぱっちりと, ひかり彼等, ひときわ甘ったるく, ひとりでに下, ひどいこと, びいどろ細工の, ふたぎゐる親蛙われ, ふとした新, ふと隣り, ほそく皮肉, ほんとにいい, ぼんやり花畑, まくまくで一入, ますます訝しげ, またたくこと, また据わった, また飢饉, まだ堅かっ, まだ落着, まったく一月前, まばたきを, まるで火, まるで黄金, みな玄蕃の, みんな同じ, むろん必要, もうそこ, もう一度それ, もう凋落, もう寄っ, もう朝, もう薄, もっと凄く, もの憂く渇き, やがて閉され, やっぱり子, やつぱりこんなにきれいだつた, やはり動かなかった, ややしばらくまじめ, ようやく赤穂, よっぽどどうかし, わからなかったが, わたしの, アリアン種と, ガラッ八, クラクラ足元, ゴットフリートの, ダテに, テレビジョンと, パッチリ視, ピカピカ光る, ボッと, ラテンの, ローマの, 一ように, 一寸まごつい, 一心にそれ, 一日々, 一様に, 一瞬深淵の, 一里先まで, 三白眼か, 上ずツ, 不吉な, 不思議さうに支配人の, 不機嫌に, 不自由の, 世界に, 両方共紛失し, 久しき馴染, 乳房が, 二つながら昼夜とも, 二十年前の, 云いかけて, 人なつこくいつも, 人見を, 今にもちょっと物, 今より, 仏像の, 仮死から, 伏せず一同, 何う, 何とも云, 何ん, 何処を, 何様に, 作中人物の, 依然として生徒, 信長の, 健康です, 傷心の, 充分私, 先の, 光つて来た, 光川左門太の, 全くその, 全く狂人, 兩方ともに, 其の猫, 内へと, 再び名刺, 冬から, 冷かに, 冷たく澄ん, 凍りついたよう, 処女頃の, 出会わなかった, 初めて和いだ, 利いて, 刺激され, 割に, 動いても, 動揺した, 十五銀行の, 南側の, 厳下の, 又妻, 反抗的で, 古い聖歌, 吊上って, 同時に之, 向けられたこと, 呑みこみぼー, 唇と共に, 喰ひこむ, 囁きかわした, 固く閉じ, 地面に, 塞いだけれども, 夕陽に, 夜の, 夢見心地に, 大きくあいてた, 大きくみひらい, 大きく情, 大きく開いた, 大きな工場, 大した損傷, 大分とろん, 大変違ふ, 大蛇の, 天井の, 失われいい, 好奇の, 如何にも柔和, 妖光を, 始終相手, 孔子と, 安二郎に, 実に大きく, 実際羨まし, 家内でした, 實技上の, 専ら物, 小さく額, 小皺を, 少しどうかし, 少し嚴, 少し眠, 尻さがりであった, 山での, 島の, 左まだ, 希望に, 平常に, 幸福又は, 床の間の, 庭木を, 引釣り, 強く吸いつけられ, 彼のと, 彼等の, 徒らに, 徳川家が, 必し, 忌むべき飮食物, 忽ち冒頭, 怒と, 怖ろ, 思わず不覚, 怪しいかが, 怪星の, 恐るべき情景, 恐怖に, 悩ましい幻惑, 悪魔を, 悲しみに, 惑乱を, 意味無く, 意外だった, 愛情や, 憎しみと, 憤怒の, 我知らず笑っ, 所謂, 折紙づきである, 捕られて, 捷え, 放さずに, 敏捷で, 文字の, 於福へ, 日に, 早いな, 明日が, 時々かき曇る, 時によって, 晴れた青空, 暗く烈しく輝き, 暗黙の, 暫時の, 更に深い深い, 最初に, 望楼の, 未だ黒かっ, 本當, 東邦プロの, 架空な, 根元の, 梟の, 次第にみはられた, 次第に快く, 次第に険悪, 歓びに, 正視する, 死んだ魚, 残像時間が, 母と, 気う, 水中には, 水面に, 決してどんよりした, 決して笑っ, 沈黙がちな, 沼の, 泣き腫らして, 洗った方, 浅薄低俗と, 涙さえ, 深い水, 深山茂の, 湧いて, 漸, 澄みきつて, 濁り鋭, 灰色に, 炯々として, 焔よりも, 無窮に, 無雑作, 焼け爛れたでも, 熱い, 熱っぽく据えられ, 燃えたって, 燈盞の, 片岡陸軍中将の, 物凄く輝いた, 犬と, 狂って, 狂暴に, 狼狽し, 猶盾, 現在の, 環を, 生れつきの, 申し合わせたよう, 異常な, 疲れて, 痛々しく憶病, 癒った, 白い湯気, 白く閉ぢ, 皆まごつい, 益々彼, 直ぐ, 相当にらみ, 真ッ平, 真黒である, 眩ゆい, 眼を, 眼鏡の, 瞋り, 瞑られて, 瞼で, 硝子張りの, 碧色でも, 秀吉に, 秋毫の, 穏やかな, 空洞に, 空間の, 突然平生, 窪む夜昼, 笹縁の, 節穴では, 糸を, 素晴らしい発見, 細く唇, 細過ぎた, 絶えずあらぬ, 絶えず微妙, 絶えず自分, 緊張し, 縁の, 美しい色彩, 義弟の, 耀を, 職業的功名心で, 脣は, 腹黒, 自信と, 自斎, 自然の, 良い方, 苛, 若松賤子の, 華やかに, 落付きなく, 蒼み, 薄気味の, 蛍の, 血ばしり頬, 血走り声, 血走ッ, 表情の, 見えないから, 見えなくされたが, 見える, 見たの, 見る事, 見落として, 見開かれて, 覚めたけれど, 覺束なく, 詩の, 諸々の, 象の, 貴樣, 赤くて, 赤銅の, 足もとに, 躑躅の, 輝きて, 輝き言葉, 輝やきました, 近視の, 透きと, 過去に, 違つて來た, 遠ざかる栄三郎, 遥かに, 酸性の, 野犬の, 金盥に, 釘着け, 鈴鹿山から, 鋭いと, 鋭くかたわら, 鋭く冴え, 鋭く見詰め寄った, 鋭利そうに, 長い間, 閉ざされ食いしばって, 閉じられて, 閉ぢられ, 開いたページ, 開き何処, 陰々と, 険しくクワッ, 隅で, 險しく, 雪の, 霑むで, 青くし, 青味を, 静かな, 須永の, 頭巾の, 風竹の, 飛行機の, 餘り, 駝鳥の, 高く永遠, 鳩の, 黄玉の, 黒, 黒く大きく口元, 黝ずん

▼ 眼~ (3843, 4.7%)

144 見て 44 見ると 38 私を 37 彼を 26 それを 23 眺めて, 見た 22 見られて, 見ること 19 彼の 18 あたりを, 見たの, 見たん 17 睨んで, 私の, 自分の 16 あつた, 見れば 15 合図を, 笑って, 見たこと, 追って 14 眺めた, 笑った, 自分を, 見ながら 13 見ても 12 ながめて, 二人を 11 ぢつと, ジロリと 10 ジッと, 彼女を, 甲斐を, 相手を, 追いながら 9 見たもの 8 もって, ものを, 天井を, 彼女の, 見つめた, 見廻した

7 [12件] こちらを, みると, 人を, 僕を, 合図した, 見つめて, 見ては, 見るの, 見守って, 見耳, 追つて, 追ひ

6 じっと見, ちらと, みれば, 男を, 笑いながら, 見あげた, 見たとき, 見るよう, 見上げた, 追った

5 [24件] うなずいて, じっと彼, ぼんやりと, まっすぐに, 七十郎を, 人々の, 伸子を, 何か, 合圖を, 家の, 此方を, 父の, 父を, 物を, 相手の, 睨みながら, 睨んだ, 空を, 笑いかけた, 見この, 見たり, 見られるの, 見送って, 読んで

4 [29件] あつて, おれを, こっちを, さして, じっとこちら, それと, クリストフを, 一座を, 二人の, 制して, 対手を, 平次を, 微笑し, 微笑した, 此の, 眺めるよう, 睨みつけた, 私が, 見つめながら, 見まもって, 見られること, 見る, 見上げて, 視て, 観察し, 言わせて, 詰め寄るの, 追いつつ, 頷いた

3 [74件] あたりの, うなずいた, さし招く, じっとこっち, じつと, その辺, にらんで, まざまざと, ゆっくりと, よ, よく見, わかった, わかります, わたしを, セエラを, チラと, 主人を, 以て, 会釈を, 何かを, 僕の, 兄を, 凝つと, 凝と, 制した, 呼んだ, 呼んで, 夫を, 女の, 娘を, 富岡の, 庭の, 彼は, 彼女は, 往来の, 微笑んだ, 押えて, 招いた, 指しながら, 捜して, 撫でまわして, 新八, 母を, 現実を, 甲斐の, 男の, 相図, 眺めること, 眺めると, 睨みつけながら, 知らされて, 知らすれば, 知らせた, 知らせる, 笑ひ, 自然を, 見たが, 見たという, 見たよう, 見た時, 見ようと, 見られても, 見られなければ, 見られると, 見られるよう, 見るに, 見る人, 見届けて, 見張つて, 見詰めたが, 訝しげに, 遠くを, 顎十郎の, 鶴雄の

2 [215件] あの姿, あらためて世, あれで, いつまでも, うらめしそう, おさい, おしの, おどおどと, お新, お爺さんの, お見, お通, かけあるく, ここの, この悪口, この耳, さしながら, さし招い, じっと, じっとその, じっと私, じっと空, じっと見つめ, じっと見つめられ, じっと見る, じっと見据え, じろじろと, じろじろ眺める, じろりと私, じろりと見, そこらを, その男, その眼, その視線, それが, それに, それは, たしかにそれ, たしかに見, ちやんと, ちょいと, ちらちらと, ながめ, にらみつけた, まわりを, むりに, もつて, やつても, わかりますよ, わかるの, ゲエテや, チラリと, 一同を, 一郎の, 下から, 不思議そうに, 不思議な, 丹之, 乾を, 五郎を, 五郎蔵を, 人々を, 人の, 代助, 何を, 促して, 俊亮を, 信一郎の, 信吉を, 俺を, 先生の, 入り代り, 制しながら, 刺すよう, 前方を, 勝彦を, 千之助を, 友達を, 叱られて, 合図し, 向うを, 命ずるま, 唇が, 失敗した, 奥の, 女は, 女を, 姉を, 宇乃を, 宙を, 客の, 室内を, 尋ねました, 小次郎の, 少年を, 左右から, 左右の, 左右を, 平次と, 庄吉を, 彼等の, 志保を, 恨めしそう, 意味あり, 我の, 戸口を, 招いて, 拾って, 指した, 挨拶し, 挨拶した, 挨拶を, 探した, 探して, 提灯に, 敵を, 新子を, 新聞を, 明かに, 最もよく見て取る, 柿を, 森の, 次郎の, 殺す方, 浦島の, 海を, 深く科学, 深雪を, 清作を, 温厚さうな, 滋子の, 父親を, 現にその, 現場を, 発見し, 登を, 眺めた時, 眺めながら, 眺めるの, 眼に, 眼前の, 睨まれて, 睨むよう, 睨めつけて, 睨めば, 知らせると, 示すと, 私たちの, 私達を, 笑つた, 答えた, 答えて, 綱宗を, 老人を, 聴き耳, 肯いた, 良人の, 見えない方, 見えるもの, 見すえながら, 見たい, 見たいその, 見たいと, 見たこの, 見ただけでも, 見たって, 見たとか, 見たところ, 見たなり, 見たので, 見たんで, 見た事, 見つめられたり, 見なければ, 見はって, 見まわした, 見まわして, 見やりながら, 見ようが, 見られたり, 見られます, 見られるし, 見られるやう, 見られるよりはと, 見るには, 見るもの, 見るより, 見るよりも, 見る景色, 見二人, 見入った, 見守った, 見廻して, 見廻すの, 見張って, 見直さなければ, 見鼻, 視た, 視ただけ, 観察した, 言った, 言わせた, 誘って, 調べて, 調戯つてゐる, 調戯ふ, 辿って, 追ったり, 遠慮させ, 部屋の, 院長を, 青年の, 静かに, 顔を, 黙って

1 [1994件 抜粋] あいずを, あたしを, あなたは, あの静か, あらぬ空間, いい一旦, いたはつ, いったら諸兄, いまの, うけたきり, うながして, うなだれて, おきの, おびやかすよう, およね, お力が, お婆さんを, お梅, お粂, お蘭, かぶりつくから, がす旦那, きつく玉汗, きょろきょろ御, くわっと睨まれた, こう尋ねた, こつそり, この世の, この大勢, この忙し, この集合, これを, ごらんなすった, さうし, ささやきかけるの, さしまねいて, さりげなく, しかと見とどけた, しげしげ見, しばらく辺り, じいっと聖母, じっくりと, じっとおれ, じっとクララ, じっと主人, じっと佐古, じっと天井, じっと娘, じっと彼女, じっと次郎, じっと犬, じっと睨まれる, じっと見た, じっと見やった, じっと視, じっと顔, じろじろ男, じろりと一眄, じろりと睨まれ, じろりと見上げた, じろり隣席, じーっと真正面, すぐと, すら違う, そういう不思議, そう頷きあった, そして細長い, そのあと, その人々, その娘, その後を, その歩道, その破滅, その邊, それからもう, たしかにいま, たしなめた, ただまじ, ちゃんと, ちょっと履歴書, ちよつと, ちらりと笑った, ちろりと, つかい鼻, ときどき見た, どこからか, どれだけの, ながいあいだ, ながめた, ながめられます, なで廻して, なめるよう, につこりして, にらみまわして, ねらって, はっきりと, ひそかに, ひとつ見, ひろつて, ふたたび吉原, ほほ笑むと, ぼんやり眺め, まじ, また他人, まともと, まばたきして, みたあの, みつめながら, みどりは, みられるよう, みるせゐか, みる活字, みんなを, もう一度, もう一度身辺, ものも, ややしばらく甲斐, よくお, よく見る, わかりやしないか, わかるよ, わが輩を, わつ, アダムを, カルルは, キャラコさんを, ケラケラと, シカと, ジュフラアジ氏の, ジロジロと, ジロジロ邪推, セシルを, ダニエルを, ツクヅク眺め入りながら, ニヤリと, ハルクを, ブリキの, マドロス君だけを, ミツ子を, リモオジュの, 一たいどこを, 一ト舐めし, 一人一人祖父ちゃんから, 一同の, 一寸睨まれたら, 一所を, 一直線に, 一緒に, 三人を, 三次を, 上眼づかい, 下界を, 中尉を, 主婦の, 久馬を, 事物の, 二軒の, 云ひ直した, 交る, 人が, 人違いだ, 今ちょうど, 仰がずに, 会釈した, 何より重大視, 何處を, 信一を, 修を, 傍觀者の, 兄夫婦を, 先日犯人の, 八郎太を, 兵士達を, 冷かに, 凝視し, 出會いがしら, 刑事の, 判つた, 判る紐, 前を, 動きも, 區別する, 半ばは, 南玉を, 厳にじっと見た, 友の, 叔父に, 受けとめて, 只眺め, 叱つて, 右門の, 合槌を, 向柳原, 吾輩を, 周囲の, 味ふ, 咎めた, 問うよう, 喰込んだ, 四つの, 国境を, 土川春彦を, 地上に, 坐中, 塀の, 変に, 外界が, 大きな字, 大川橋の, 大陸を, 太郎を, 奥を, 女房を, 奴らを, 姑の, 娘の, 子供の, 宇治は, 安部を, 宗易の, 室の, 密談が, 対馬守を, 将曹, 對しました, 小太郎に, 小沢は, 少佐を, 山が, 山田に, 島野を, 左右に, 平次は, 幸作は, 幾度も, 座中を, 廊下を, 強いて, 役人の, 彼女が, 待つて, 得石を, 御覧なす, 微笑する, 微笑み返した, 心で, 念を, 急に, 怪老人を, 恥も, 悉く卑下, 意味も, 愛撫される, 憂鬱さうに氣むつかし, 憤りの, 成吉思汗を, 扉並びの, 承知の, 押えた千六, 招くと, 拝見せね, 挑んだ, 捜すと, 探しながら, 探りを, 撥ね除けられた, 支倉を, 数年捜す, 斜めに, 新吉に, 方々を, 日本人を, 早く去る, 昔の, 時折夜に, 暫くダアルベルグ, 最初から, 月を, 木虱で, 本間さんに, 村重の, 柴垣弘三が, 校長の, 検めて, 極めて明證的, 樂しんだ, 横目に, 正枝, 武家出と, 歴史の, 殺す, 母親と, 母親を, 永才に, 江戸中の, 治助の, 泣きながら, 洋行帰りと, 流眄とも, 混血児だ, 測つて, 源十郎を, 濡れた鋪装道路, 無言の, 熱心に, 牧師の, 狂太郎は, 猪首の, 王子の, 現在自分が, 瓶を, 用心しろ, 甲斐に, 畳の, 登って, 皆を, 直ぐに, 相談し合い, 眉は, 真に人生, 真紅な, 眸で, 眺めた彼ら, 眺めながらも, 眺めやつ, 眺められる余地, 眺める人, 眺め湧き起こる音響, 睥睨し, 睨まれちゃ, 睨まれ追われる, 睨みました, 睨み出しました, 睨み返して, 睨めて, 睨め上げふふん, 睨んだもの, 睫毛が, 矢代は, 知らせて, 知らせるらしいので, 知れますと, 石崖の, 硝子越しの, 確な, 示し, 神尾主膳を, 秀男を, 私は, 秋波を, 空々しく読む, 窓から, 立って, 笑いあうこと, 笑い京野等志, 笑うこと, 笑ったほか, 笑つてゐた, 笑つて答へ, 笠井を, 節子と, 素人にも, 素早く四方, 絵を, 署長の, 羨ましげ, 而も, 聴衆を, 育ったタコスケ, 脇差の, 自分たちを, 自斎, 舐めまわして, 良人に, 芥川龍之介身の, 若いふたり, 茫然と, 菊次さんを, 蒲原を, 藤吉郎の, 蛙を, 行列を, 西瓜を, 見えなかった人間, 見え耳, 見ずに, 見たかは, 見たじゃ, 見たとこ, 見たに, 見たらその, 見たら鼓, 見た人, 見た函谷関, 見た少女歌劇, 見た感じ, 見た瞬間, 見た裁判, 見た鍛冶部, 見つけ出す事, 見つめられる時刻, 見て取つて, 見とどけろよ, 見ないでは, 見ない訳, 見はじめた, 見ましたの, 見ますから, 見まもりそして, 見やった, 見られがち, 見られたくら, 見られた人間生活, 見られないよう, 見られるという, 見られる時, 見られ直接, 見りゃ狸, 見るだけの, 見るやう, 見る力, 見る時, 見る癖, 見る色沢, 見る遺族たち, 見上げます, 見下したまま, 見合いながら, 見守ったいつも, 見守りましょう, 見届けた上, 見廻したが, 見張らせたん, 見心, 見据, 見据えましたが, 見損うの, 見特殊, 見肉体, 見詰めては, 見詰め合つて, 見返した, 見送ったこと, 見送りでした, 見頭, 視られた, 視数, 覗かれては, 観ても, 観る者, 観察しだす, 解りましたよ, 言うその間, 計った, 訊き返した, 訴えた, 認められたもの, 語って, 読みながら, 読み廻して, 読むといふ, 読んだ, 課長は, 豊ま, 貴子を, 赤星を, 躑躅ヶ館を, 農村を, 辿つて, 迎えて, 迎へ, 追いつづけて, 追いやったこと, 追うて, 追ったが, 送った, 遅くも, 過去現在未来の, 遣って, 部屋, 酬い返されるだけ, 里子に, 銀の, 長い刀, 門の, 附近を, 陽の, 隣の, 集って, 雲を, 靜かに, 順々に, 頷き茶の間, 顔色で, 食卓の, 養子や, 驚き顔に, 高村軍曹の, 鴉を, 默禮した

▼ 眼には~ (2035, 2.5%)

106 涙が 21 それが 15 涙を 11 何か, 見えないが 10 いって 8 いると, もう涙, 何も, 涙の, 確かに 7 涙さえ 6 いるの, いるもの, 不思議な, 泪が 5 つきり, 妙に, 急に, 映らなかった

4 [14件] ありありと, いつた, いつの間にか涙, きれいな, それらの, なんにも見えない, 一つの, 一種の, 彼の, 彼女の, 私の, 自分の, 見えないもの, 非常に

3 [24件] いっぱいの, いつか涙が, いる, すべての, どこか, なんの, 人の, 人間の, 今日の, 何にも, 何の, 何時か, 何物も, 彼が, 新しい涙, 涙も, 熱い涙, 立派な, 見えないほど, 見えない水蒸気, 見えなかったが, 見えぬが, 触れずに, 青葉

2 [119件] あつい湯, あのお方, あの貞雄君, いつて, いつもと, いつも自分, いつも見馴れ, うつくしいよ, うつつた, お兼, かくも, かすかな, これが, これは, さう, さやかに, すべてが, その時, その青空, それは, それを, た, どう見, どう見える, どれも, どんなに美しい, なんにも見えなかった, なんらの, はいらなかった, はっきりと, はつきりと, はてしなき, まだ涙, みるみる涙, もう一つ, やや当惑, 一杯涙を, 一箇の, 二つの, 人一人居ない, 今でも, 何んにも, 余りに色彩, 光が, 入つて, 入らなかった, 入れこの, 六畳敷位の, 凡ての, 咄嗟の, 塵ほどにも, 夜目にも, 夢の, 大きい涙, 家の, 容易ならぬ, 小六が, 少しは, 少しばかり, 少しも, 恐怖の, 意地の, 感謝らしい, 憎しみが, 憎悪が, 改めて凡て, 敵意が, 新らしい, 日本の, 明かに, 明らかに, 映った, 映って, 映らない, 普通の, 暎らぬ, 月の, 朦朧と, 本邦と, 格別の, 機敏な, 次第に死, 止まらなかった, 江戸の, 深い哀憐, 滑稽に, 無限の, 父の, 物を, 狂いが, 痛々しくも, 白かり, 相変らず, 眩ゆい, 眼を, 神の, 種々な, 笑みつつ, 紛れも, 美奈子の, 花の, 葬場で, 血の, 裏べを, 見えたの, 見えない, 見えないの, 見えなかった, 見て, 触れさせたくは, 触れなかった, 青年の, 青葉山ほととぎす初鰹, 非人間的, 非難の, 面白いと, 顔の, 驚きの, 黒い女

1 [1404件 抜粋] あきらかに, あつて, あの人, あの大海人, あべこべに, あやしい涙, あらゆる事物, あるいはちょうど, ある閃, いいよう, いかにも困った, いかにも都, いくらか青み, いざしらず, いずれも, いっこう貴く, いっても, いっぱい涙, いつたとき私, いつたもの, いつのまにかかすか, いつの間にか熱い, いつも肩章, いよいよ初めての, いらだった厚かましい, いるよう, いる雪, うっすらと, うつらなかつたの, うつるだろうが, おかしく見えたらしい, おてんと様, おませな, お前という, お母さまの, お綱, お貞さん, かえって可愛らしく, かかれなくても, かすかに, かなり大人, きょうの, けわしそう, このタキソン, この光景, この地方, この姿, この岩屋, この男, この種, この腐, この頃涙, これに, こんな見すぼらしい, さっきから, さつきの, さも旨, さらに何, しずくが, すぐまた, すぐ敵, すこぶる鮮やか, ずっと若い, そうしたもの, そう見えないだろう, そこに, そのうしろ姿, その中, その刹那, その声, その将来, その手先, その時涙さ, その父親, その要害, その輪郭さ, その針, その頃, その鳥, それでもまだ, それほど著しく, それらは, そんなミサ子, たしかに, ただおずるい, ただ一種, ただ墨染, ただ気の毒, たった一, たのしいか, ちっとも見えなかった, ちやんと, ちらちら横, つかないが, つきりうつつ, とても真実, とまらなかった, とめども, どうしても軽視, どうもそわそわした, どう映る, どこの, どちらにも, どんなひき, なかった, なにもかもスペイン的, なまめいた色, なる程異様, なんにも, はいらずもどって, はいらぬよう, はつきりみえ, ひさびさ, ひとつも, ひとりでに爛, ひどく誘惑的, ひるもの, ふいと, ふしぎに, ほかに, ほとんど小, ほとんど眼, ぼうだ, ぽっつりと, まざまざと, またもや静か, また涙, まだ映らず, まだ父, まだ見えなかった, まだ青い, まるで, まるで銀行, みえないの, みるみる狂暴, むしろ蓮っ葉, もうはっきりと, もう人体, もう光, もう微笑, もう生気, もう陥ち, もつと, やがて嗣二, やさしい媚, やはりその, やや迷惑, よく分つた, よく映る, よく見える, よろこびと, わかりませんが, われわれも, アーサーは, ジャムの, ソンナ気ぶりも, パアサーから, ファラデーの, フランクの, ロチスターさんは, 一つは, 一人の, 一向区別, 一寸困惑, 一掬の, 一望千里の, 一杯に, 一杯涙さへ, 一生懸命な, 一瞬間異様な閃き, 一種他を, 一體何が, 丁度二色の, 三十四五くらいに, 上らぬと, 不似合い, 不安の, 不思議にも, 不覚の, 世界が, 世界中で, 中庭を, 久方ぶりで, 二人の, 二千年の, 二重の, 云い知れぬ獰猛, 享楽的な, 人生の, 人間も, 今にも涙, 今まで, 今肉屋, 仏蘭西の, 以前の, 仲見世と, 体操の, 何かの, 何だかぼんやり, 何となく憫, 何となく琴曲, 何となく陰険, 何らの, 何倍にも, 何時でも, 何處かに, 何處の, 余りに見えすぎる, 依然として信玄在世, 俵を, 健三の, 偽らない誠, 僅か二三滴, 優しき光, 先づ自分の, 先生の, 免るる, 入らず折角, 入らぬもの, 入り難い, 全景の, 内と, 冒険小説に, 冷かな, 凡べてが, 分らなかった, 初心で, 判らないよう, 別に, 到るところ, 力強さ, 勝利感などは, 勝見の, 十分明かでは, 単なる愚談, 博士は, 印象を, 危機として, 却つて父の, 又と, 又新らしい, 古い寺院, 右から, 合わせませんぞ, 向う側の, 周囲に, 唯だ, 善良に, 四散した, 地獄変相図から, 堪ふるか, 墳墓に, 夏の, 外の, 多少狭苦しい, 夢みるよう, 大きな池, 大へん悧巧そう, 大内裏の, 大袈裟である, 夫が, 女が, 如何なる空想, 如何にも気の毒, 始めて湯, 娘の, 子供と, 字画が, 宇宙は, 安らかな, 宛然難船でも, 実に美しく, 宮城を, 小さな石塔, 小次郎の, 小説であり, 山が, 山独活は, 巧な, 常ならぬ, 平凡あるいは, 年増女らしい, 幻滅の, 底知れぬ, 強い色, 当惑らしい, 彼を, 往來の, 復た, 微笑に, 心の, 快活と, 怒が, 怒気が, 思ひの, 思索に, 恋も, 恐らく真実, 恐ろしい挑戦的, 恐怖と, 恥という, 悔恨の, 悲しい事, 悲しむべきこの, 悲痛な, 情の, 愁いの, 意志的な, 愛情の, 慶応義塾の, 憂鬱な, 憐み, 懷か, 成程, 戯曲である, 手に, 抑えかねた涙, 挑戦の, 数知れぬ, 文弱であり, 新たなる, 既に過去, 昂奮の, 明瞭な, 映じたれ, 映ずる, 映つた, 映らなかったし, 映らぬが, 昼よりも, 暗い, 暴風雨に, 更に一段, 最早殺気, 望み見ること, 木の根つ, 木目までもが, 本然ならぬ, 柔和な, 楡じゃろう, 極度の, 横から, 次第に涙, 正しく奇蹟, 此の, 此歴史上の, 殆ど必死, 残しながら, 残像が, 殺気が, 比較的老け, 気が, 気づかぬよう, 気の毒で, 汚い四畳半, 決していい, 決して見えない, 決して這入らない, 油断が, 泣いて, 浮ばなかつた, 涙がや, 涙に, 涙をすら, 淋しく映った, 深いあわれみ, 深い決意, 湖の, 湿ったよう, 漫画として, 澄んだ憂い, 灰色としか, 点と, 無心な, 焼きついて, 熱病患者に, 爆撃機の, 爺さんらしく見え, 物々しく美しかった, 特色の, 狂気の, 猫と, 猿股一つで, 率直な澄んだ, 珠玉も, 甚だ不満足, 田に, 画ける, 留まらない程, 異常な, 異様の, 疑いぶかげ, 疵ばかり, 痛みは, 白い雲, 白日に, 盲目の, 相当立派, 真人間の, 真剣に, 眩し過ぎる, 眼で, 睡そう, 石が, 硼酸水に, 確信の, 秀吉の, 私は, 稀覯の, 稲荷神社の, 空も, 突然濁った, 立ちませんでしたが, 笑いと, 粗に, 紫琴女が, 結婚生活といふ, 網代車を, 織田の, 美しいし, 美しく着飾った, 老ひ行く, 脚下の, 自ら教会の, 自然と, 至極もつともな, 興深く, 若さ, 苦々しいもの, 荒れ果てた部落, 華美な, 落ちぬ, 薄く涙さ, 虚しく映つた, 血が, 衣裳さえ, 見えずとも, 見えず殊に, 見えて, 見えないけれども, 見えないらしい, 見えない何物, 見えない幻, 見えない生物, 見えない胸, 見えなかったでしょう, 見えなくなるかも, 見えぬ気体, 見えますそんな, 見えませぬ, 見えんだけの, 見ない, 見なくに, 見られないが, 見るに, 見る見る涙, 見切れぬほど, 見現, 触れさせないよう, 言いようも, 認められない, 誠が, 読書が, 豊富なるうるみ, 貨車の, 賞讚と, 赤い赤い蔓苔桃, 超自然的, 身命の, 輪が, 這入らない様子, 過去に, 遠い海, 邸を, 醜態百出トルストイ家の, 鈍い視線, 鋭さの, 間もなく竜一, 限りも, 隆盛に, 障りは, 隣の, 隱され, 雨も, 電燈の, 青い底びかりがしてゐる, 青菜の, 非常な, 頑健な, 頼みき, 顔と, 風の, 駈け集まった大勢, 驚かる, 驚くべき魅力, 高代という, 鳶とも, 麻耶夫人じゃ, 黒い土, 黝き

▼ 眼~ (1555, 1.9%)

66 鼻も 45 口も 28 くれずに 22 耳も 18 心も 15 くれなかった 14 くれないで 12 眩むほど 9 寝ずに 8 くらむばかり 7 あやに, かすんで, くらむよう, さめるよう, 眩むばかりの 6 くれず, ふらずに, 当てられません, 眩むばかり, 眩むよう, 遥かな, 離さずに 5 くれない, さめるやう, 気の毒な

4 [11件] あてられない, あや, それに, 今は, 寢ず, 振らずに, 當てられぬ, 絢な, 触れずに, 遥かに, 頭も

3 [23件] あげずに, あって, くれずいきなり, くれて, それを, ない, 何も, 動かさずに, 半眼に, 呉れずに, 唇も, 手も, 放さずに, 片方は, 當てられません, 眩みそう, 眩ゆい, 眩れ, 綾な, 血走って, 覚めるばかり, 覚めるよう, 通さずに

2 [91件] あつて, あてられないよう, あてられない思い, あてられません, ある, あるので, い, いじらしいほど, うっとりと, くぼんで, くらむばかりな, くらむほど, くらんで, くるめくと, くれずの, くれず街, くれず長押, くれたり, くれないの, くれないよう, くれなかつた, くれなくなった, くれませんよ, つぶるらむ, てる人, とどかない遙, とめずただ, ぬくむなりその枝, はなさずに, はるかな, まじろがず, まじろがず山茶花, ギラつい, 一度は, 傷ましい, 充血し, 光るらし, 利いて, 利かない癖, 力なかり, 動かさなかった, 口ほどに, 合は, 向けず貝, 呉れない, 堅く閉ぢ, 射らん, 少しは, 少し悪い, 怖ろ, 急に, 憚らず, 挙げずに, 放たずに, 放たず見詰めて, 明き味も, 明けさせず面, 普通の, 曖, 氣の, 泣いて, 涙で, 潰れて, 濡れて, 異様に, 白み追, 眉も, 眠らないかも, 眩く五金, 眩むばかりに, 眩むほどの, 眩んで, 紅い唇, 細かった, 綾なる, 肉も, 見えます, 覚むべ, 赤くきもの, 赤くし, 輝いて, 遠いから, 醒めるよう, 醒めんばかりに, 開いた, 開いて, 離さず良秀, 離しません, 青くぎらぎら, 頬も, 黒く立派

1 [931件 抜粋] あいて, あく様に, あけないよう, あけられず顔, あけられないよう, あけられない始末, あけられや, あげなかった, あたりに, あてられざる野, あてられないという, あてられないようす, あてられない悔悟, あてられない有様, あてられぬむごたらし, あてられぬ惨殺体, あてられぬ有様, あてられぬ現場, あてられぬ苦しみ方, あてられぬ苦悶, あはれ, あやなる, あらはれた, ありますので, あり可, あり得ない学生, あり既に, ある鼻, いいです, いくらかは, いくらかよくなる, いじらしいくらい, いじらしい萎れようでした, いじらしくその, いたましい位, いぢ, いつかなおっ, いつに, いつも下腹, いろ艶, うごかさなかった, うすらぐ, うとくなりまし, うなずいた, うるは, うるんで, おかしくなった, おそろしく利い, おのずから違っ, およばぬ東京, お眼, お開きなさいました, かけず砂利, かすみ耳, かすむ雪, かっと見開かれる, かわらないで, きく人間, きらびやかな, ぎらぎらと, ぎらりと, くぼみまるで, くらみそう, くらみて, くらむばかりに, くらむ樣, くらむ真下, くらめるばかり, くらんだ, くるめくよう, くれずあの, くれずお, くれずさっさと, くれずすぐ, くれずそのまま, くれずただ, くれずはだかった襟, くれずひとり, くれずまた, くれずもちろん, くれずウイスキイ, くれず中軍, くれず今度, くれず其の, くれず匕首, くれず向う, くれず和七, くれず定まって, くれず彼, くれず戒刀, くれず曹操, くれず極悪無道, くれず淳于導, くれず源三郎, くれず濛々, くれず珠子さん, くれず真っ直ぐ, くれず着流し, くれず紙包, くれず纏まった金, くれず良人, くれず足もと, くれず部屋, くれず隣, くれず駅員ら, くれないかも, くれないまえにも, くれなかったに, くれなかった傲慢, くれなくなりました, くれぬという, くれぬ態, くれねえん, くれませぬ, くれやしないわ, くれる風, げにみな, こえて, ことばも, この煙り, この真剣, こんなに美しく, ごまかすこと, さきから, さだまらず, さまさずに, さめるばかり, さやかという, して, しばらく侍, じっと蝦蟇, じのう, すがすがしゅうなった, すこし悲し, すさまじくなりに, すっかり権威, すでにそこ, するどい, そうした, そこから, その位, その態度, その時, それぞれに, それだけ丹精, そろそろ見えなく, たつた一ぺん, だんだんぼんやり, ちゃんと二つ, ちょっと分らぬ, ちらと, つくじゃねえか, つぶらずに, でき女, とどきませんし, とまらぬ手真似, とめずに, とろんとして, どこか, どんな生活, ない様子, ない隅, なかれて, なくては, なくまた, なく傷だらけ, なく草, なしうわさ, なんとなし, にぶり目, はっきりさせ, はっきりし, はつきりし, はなさず頑張って, はなたず見て, はやいし, はるに, ぱっちりと, ひかずに, ひきつって, ひらく今朝, びっくりし, ふさがる位, ふらずじっと, ふらず戯作道, ふらず真直ぐ, ふらず迫って, ふらないで, ふらない血相, ふらぬ顔, ほそすぎ, ほとんど開け, まが, まず平田, またものすごい, また偉, また妙, また應擧, まだまし, まどうばかり, まばゆい位, まぶしくきらきら, まよ, まるで血走っ, みなその, みな美しい, みんなそつち, みんなの, むかしは, もしまぶた, もはや意, やらずに, やらなかつたの, よいと, よい歯, よからうてん, よく冴え, らんらんと, ろくに見えず, わるい身体, キョトキョトと, シッカリし, ソンナニ光ッタラ面白イケレド, 一しょに, 一つだけ, 一切信じられず, 一様に, 上げないで, 不自由であり, 不自由な, 世間の, 二つあります, 二つの, 亦それ, 亦哲理眼, 今宵に, 今度ばかりは, 休まず勤労, 何となく殺気, 依然として夢みる, 健やかでなかつた, 充血が, 光りました, 光り口, 全体が, 其處までは, 冷やかであった, 凍らせるよう, 凹んで, 刮と, 動かさずああ, 動かさない, 南洋の, 及ばない平野, 及ばぬまで, 可笑しいほどの, 合さず工夫, 合わさずお, 合わさず工夫, 合わずこれ, 同じやう, 同情に, 同様の, 向けず一本松, 向けなかったし, 向けなかつたの, 向けられて, 呉れずこう, 呉れず部屋, 呉れず饒舌つて, 呉れなかつた, 和やかに, 哀れでした, 四方から, 変って, 外らさず見つめて, 大きくしなけれ, 大きく口, 大丈夫, 大変弱っ, 好奇心に, 存在する, 実は彼自身, 容赦なくふらつく, 寒い朝景色, 寝ず悪い, 寝なかったのよ, 寝られぬくらい, 小さく額, 小虫, 少しうるん, 少しく晃, 少し改善, 屆きません, 届かないほど, 届くまじとて, 常とは, 平凡鼻も, 幽かに, 幾多どこ, 廻るほど, 引きぬこうという, 引釣つたつて言ふからことに, 当てられず, 当てられないくらい, 当てられない可, 当てられない肉塊, 当てられぬイジラシイ, 当てられぬ光景, 当てられぬ姿, 当てられぬ有様, 当てられぬ錯乱状態, 当てれら, 当られないよう, 彼が, 忘れて, 快くなっ, 怒れなくなった, 思はず知らず大きく, 恐ろしい引釣りだらけ, 恥じずキッス, 悪くなった, 悲しう, 惨憺たる, 慘憺たる, 慾望も, 懐の, 持たず, 振らないやう, 掛けず落ち着き煙草二三服, 控へ, 放さず息, 放たずそれから, 放たず見て, 放たでみとれたる足元, 文鳥の, 昇降機の, 明かずに, 明るい日, 昏むばかりだったが彼の, 暗いに, 曇った, 曲がった嘴, 朗か, 染むばかり, 柔和であった, 椀の, 次第に悪く, 歓呼に, 正気の, 武蔵の, 殆青年の, 段々に快い, 気の毒で, 気味わるい, 泣き枯らして, 活気づいて, 浮子に, 涙に, 涙含んだ, 清み, 滅茶, 澄みに, 火の, 無かりき, 然うだ, 熱くなっ, 爪も, 物々しい限り, 特別な, 狂いあっし, 狭く, 獅子鼻も, 生々と, 留らず, 異常に, 疑惑の, 疲れ切つて, 病まむ, 痛くなる, 痛ましき香, 痛ましく日増, 痛むよう, 痛切な, 相当な, 真直に, 真黒で, 眠らないで, 眠られないこと, 眩く虹霓, 眩しく瞬い, 眩まんばかり, 眩まんばかりの, 眩みさうに, 眩み夢中, 眩み是, 眩み響き, 眩むと, 眩む心地, 眩む程真赤, 眩めく, 眩れつ, 眼が, 眼瞼も, 睦じい四人連れだった, 矢っ, 神経質だ, 空洞の, 突き刺した, 窪み頬肉, 笑って, 精神も, 紫に, 細く横, 細めたいよう, 絢に, 綺麗な, 綾という, 綾に, 緑内障にか, 羞ず, 羞づかし, 羨ましいやう, 考えも, 聰明せう, 肩も, 胸も, 腫れ塞がつた重い, 自分を, 臺所や, 良い方, 苦しい, 苦しげ, 落ちそう, 薄暗いカンテラ, 血走つて, 複雑に, 見えずしまひ, 見えず筆, 見えず読書, 見えない, 見えないまでに, 見えない有様, 見えなくなつ, 見えぬ木偶の坊ぢやあ, 見えません癖, 見えるし, 見えわりに, 見え耳も, 見かわさずただ, 見なかつたわけ, 見る必要, 見逃すこと, 見開かない自分, 覚まさねえぜ, 覺さなかつた, 覺める, 触らないので, 話す間, 赤いし, 赤く充血, 赤く悲しく光りました, 跫どり, 近頃大いに発達, 通さないまま, 通し調べ, 達者である, 違つたらう, 違わねえ, 遙かに, 遠くぼやけ, 配らなかった, 醒むるばかりの, 醒めるばかり, 醒める程, 醒めんばかり, 醤油と, 鈍くなっ, 開かずそのまま, 開かないで, 開きます見えるよう, 開けて, 開けないほど, 開けなかつた, 開けようとも, 開けられないやう, 陽の, 離さず眺めて, 離さず見居りたるわれ, 離さねえ, 離たず, 青くそまる, 非常に, 頗る明らか, 顔も, 飽かさず展げ, 駄目だ, 駄目に, 驚かないで, 黄色です

▼ 眼つき~ (1459, 1.8%)

246 をし 74 をした 26 で私 1615 で彼 14 でその, になっ, をする 12 になった 11 であった 9 でじっと, で見 8 だった, である 7 でこの, で彼女, で自分 6 でキャラコさん, で云った, で眺め, をかえ, を見 5 であたり, で伸子, になる, の男, をごらん, を彼 4 して, でお, で甲斐, で素子, になつ, の中, の鋭い, はその, を見た, を見る

3 [23件] か喜, でいつ, でそれ, でヴェリチャーニノフ, で僕, で女, で皆, で相手, で見廻した, と声, と察, にどことなく, になつて, になり, のため, の美しい, は, はいつ, をかわした, をしてる, をしました, をなさる, を感じた

2 [73件] から何, がいかにも, がおそろしく, がこの, がその, が変った, が鋭く, しかしなかった, すっかり白髪, だ, だつた, であたし, でおれ, でこちら, でしげしげと, でした, でしばらく, でじ, でじろじろ, でじろりと, でそう, でそこ, でただ, でなにか, でふと, でぼんやり, でアリョーシャ, でチラ, で七十郎, で二人, で凝, で去, で天井, で夫人, で川島, で新八, で暫く, で横文字, で此方, で眺めた, で眼, で睨みつける, で睨め, で睨ん, で窓, で総監, で見あげ, で見た, で見る, で額越し, とそう, などをもっ, に注意, に驚いた, の悪い, の老人, はなんとも, は今, は冷やか, は彼, は突然, ばかりし, やその, や身振り, を, をもっ, を一つ, を形容, を思ひ出し, を裏切る, を見せた, を見ろ, を鋭く

1 [647件 抜粋] かが彼女, かくれなければや, からし, からつけた, からでも見分ける, からのがれる, から一つ一つ, から不意, から口もと, から察しる, から市ノ瀬牧人, から推し, から練吉, から読んだ, から避ける, かクリストフ, が, がいや, がおかしい, がきのう山, がきょう, がたいそう, がちっとも, がなお, がなんとなく, がはっきり, がヒラメ, が一せい, が云う, が人物以上, が今, が何, が何となく, が助平, が却って, が変, が好き, が如何にも, が妙, が嫌い, が実に, が尋常, が小間物屋, が強, が彼, が怪しい, が悪かっ, が昼間, が気, が気に入らねえ, が浮ん, が私, が言いた, が話, が違います, が違う, が險, こそあれ, こわいよう, さえも見える, しか映らなかった, するの, すれ, そしてさらに, そっくりである, だけだ, だけで, だけは撮され, だこと, だったが, だねえ, だの, だのそう, だの笑う, だろう, だ鰌, つき出た額, であったが, であります, でいう, でうなずいた, でお客, でかの, でがらん, できっと, できつ, できょろきょろ, でこっそり, でこっち, でささやき合った, でさっと, でじいっと, でじいツ, でじろ, ですたすた, ですつて, でそういう, でそつ, でちゃんと, でちょいちょい, でちら, でぢ, でぢろぢろ, でながめ, でにらめ, でにらんだ, でね, でのぞき込んだ, ではどうやら, ではない, では見なかつた, でぼく, でまじまじ, でまっすぐ, でまわり, でみつめ, でみな, でみない, でもっ, でも口つき, でやせぎす, でゆっくり, でよく, でわし達, でわたし, でクリストフ, でケバケバ, でサイ, でサモイレンコ, でジギタミン, でジロリ, でチエ子, でドア, でナオミ, でニヤニヤ, でブランコ, でベリヤーエフ, でペンキ工, でマン, でルリ, でヴェラ・ケンペル, で一つ, で一座, で一斉, で一様, で万事, で三十郎, で中庭, で云, で人, で人々, で今, で佃, で何, で促され, で優しく, で兄, で先客二人, で先生, で内山, で再び, で北村, で印東, で友達, で口, で古田, で叫んだ, で吉之助, で君, で呟いた, で坂, で垂れ迫る, で外, で多, で夜, で大和守, で姉, で対岸, で山田, で左右やう, で幹太郎, で幾つ, で弁信, で彼ら, で応える, で恨めし, で惚れぼれ, で懇願, で挨拶, で敵手, で斜, で新, で日, で来る, で槇, で横, で母, で気ちがい, で治子, で泳ぎだしました, で浮かない, で湯殿, で源作, で爺さん, で甲斐守, で登, で真名古, で眺めやり, で眺め始める, で眺め過ぎる, で睨む, で睨めつけた, で瞻, で磯五, で礼, で空, で竜太郎, で答えた, で紋也, で素早く, で老, で耳, で能登守, で苦し, で葵, で薄氷, で薄笑い, で蠕動, で見おろし, で見つめ, で見まもり, で見まわし, で見まわした, で見上げた, で見上げられる, で見下し, で見下した, で見回す, で見守り, で見据え, で見返した, で見送, で見送り, で視られる, で言, で計算, で詮吉, で話したい, で身動き, で車内, で通りがかり, で通りすぎる, で通行人, で運転手, で遠来, で重吉, で金五郎, で隣室, で雅楽頭, で青空, で頷いた, で顎十郎, で顔, で首, で黙つ, といい, といった形, といひ, とが衰えた, とその, とで彼女, とを見, と云い, と云ったら, と共にそこら, と凡そ, と口調, と同じ, と来たら, と汗, と白, と身, と身振り, と輝く, などがいかに, などは別に, なども侍, なの, なんぞは気味が悪い, におしげ, におなり, にかへり, にがんりき, にした, にすぎなかつた, にそッくり, にちら, にて我, になんとなく, にはいや, にはすぐこう, にはた, にはなんら, にはもし, には参つたらしい, には憎悪, には皮肉, には風狂者, にもの, にもよく, にも妙, にも子供売場, による, にヒタ, に人, に光, に凄味, に出会い, に出会った, に変っ, に変る, に宿る, に当惑, に彼ら, に悲しい, に感ずる, に感ぜられ, に戻っ, に接した, に気が付い, に相互, に相談, に苦しめられた, に表し, に諸君, に遇っ, のうち, のおだやか, のきつい, のするどい, のするどい卑し, のすわつた, のちょっと, のとらえ, のまま今, のやさし, のよく, のマドンナ, の人, の凄い, の卑し, の女, の女たち, の少し, の嶮, の幻覚, の怪しい, の明るく, の気品, の穏, の荒くれ男, の蟻田博士, の裡, の返礼, の間, の魅惑, はいっそう, はいつの間にか, はいま, はうさん臭い, はことさら, はたがい, はたしかに, はどう, はどんより, はまるで, は一体どう, は何, は先刻, は全く, は前, は半弓型, は向けられたであろう, は大いに, は妾, は害された, は尋常, は平素, は急, は憎悪, は明るく, は楽し, は殊に, は消え, は深い, は深く, は短い濃い, は粗暴, は落ちつい, は非常, までとんと, まで別人, もきびきび, もけろりと, もしなかつた, もそれ, も一つ, も伴い, も口つき, も少し, も態度, も据, も知る, も純真, も覚らず, も鼻つき, やきょときょと, やもの, やものの, ややわらか, ややわらかい, や口元, や唇, や唇許, や憔悴, や横着, や素ぶり, や蒼ざめた顔色, や言葉, や赤い, や足ずり, や黄色く, よいやに, らしいもの, わかるわ, をけわしく, をされれ, をしか期待, をしない, をします, をするない, をその, をちら, をちらりと, をなさった, をなされ, をなす, をぴしやりと, をみ, をもする, をヴェリチャーニノフ, を上げた, を与え, を与える, を予想, を保つ, を僕, を判じ, を動かした, を向けた, を変え, を宋江, を思い出させた, を思い出す, を思い浮べた, を思ひ出します, を思ひ浮べた, を恐れた, を想った, を感じさせる, を投げかけた, を投げた, を拾っ, を持ち, を持っ, を気, を求め, を求めてる, を注いだ, を父親, を窺わず, を立ち直らせる, を自分, を荒, を荒っぽく, を見せ, を見せました, を見て取っ, を見なさい, を見りゃ, を見れ, を覚え, を貧困, を転じ, を返し, を送り, を遠目, 多少露骨, 曲がった鼻, 鋭く胸飾り

▼ 眼~ (1121, 1.4%)

96 鼻の 69 眼を 18 眼の 16 眼が, 眼で 11 口とを, 口を, 眼との, 眼とを, 鼻と 9 眼と 8 口とが, 眉の, 眼とが, 耳とを, 耳に 7 口と, 心とを, 耳を, 茶色の 5 彼の, 眼とで, 鼻との 4 口の, 眉を, 耳とに

3 [19件] すれば, その眼, ちがって, 云ふ, 出会った, 唇に, 唇を, 唇辺に, 心とは, 手で, 歯を, 眼, 眼とは, 眼に, 神経を, 耳が, 耳とは, 耳の, 自分の

2 [63件] いえば, いって, いはず口, すれすれに, その個人, それを, であった, なく鼻, なった, なり長い, ぶつかった, キリリと, ハタと, 云い口, 云ひ, 個人としての, 取替えて, 口が, 口だけを, 口とは, 口は, 右の, 合った, 同じ高, 唇と, 唇とで, 唇の, 地蔵眉に, 垂れさ, 声の, 左の, 心が, 心とを以て, 心に, 心を, 手と, 手に, 手は, 手を, 水の, 濃い睫毛, 白眼が, 眉が, 眉と, 眉との, 筆の, 耳で, 耳を通じて, 藤尾の, 見られない醜, 見られません, 見られる物, 言って, 長い顎, 頭とを, 頭の, 頭を, 顎で, 首を, 高い鼻, 鼻が, 鼻とを, 鼻を

1 [564件 抜粋] あった, あなた方を, あの口, あの向う, あらゆる角度, い, いい唇, いい四肢, いい飽くまで, いうか, いうが, いうだけの, いうより, いうよりも, いくらか上り氣味, いった, いったら気味, いったら随分, いったら顔, いつか心も, いつたり, いつも動き, いひ世間, いひ眉, いわず口, うすく水白粉, うつくしき髪, おちょぼ口との, お光, かたく結んだ, かちあった眸, かち合ったあの, がさ, くっ附き過ぎて, このわし, この動き, ころがるよう, しその, しまり, し月, じっと睨み合っ, じっと見合う, するいわゆる, そうやっ, そして矛, そのあいだ, その口, その唇, その幽暗, その手ざわり, その濃い, その目, その蝋細工, その達人的, それから僕, それから女, それから身の丈, たくさん指環を, だった, ぢたり, つぼめた口, づれば影が, づれば泣きいづる, づれば涙ながる, である, どす黒い顔, どちらが, なぜ言, なった竹童, なって, なつた, ならんで, なりぬ, なりぬ青く, なること, なるの, はつきりした, ぴたりと, ぴたり合った, ぴったりと, ぴったり合いました, ふくよかな, ぶっつかると, ぶつかつ, ぶつかると, ほぼ同, ぼってり長い, まっ黒な, まつ黒な, みあわせて, みのるの, みられないほど, むす子, やさしい口元, やさしい顔, やはり薄く, ゆっくりした, よく調和, わたしの, わななく, アンソニー夫人, ガックリ開いた, キャフェの, キラとも, クルーゲルの, ジナイーダの, チョビ髭だけを, ドイツ民族の, ピアノの, ピッタリ出逢う, ミンナの, ユウマアの, ラクロの, ロマンティックな, 一つものとは, 一同の, 一方の, 一種気骨めいた禿げ, 七兵衛の, 三様の, 上から, 与えられた役割, 両耳, 並びつつ, 丸い鼻, 二通りの, 云う順, 云えば, 云ってね, 云はれ, 云ふも, 云われる窪んだ眼, 五本の, 人を, 人工蜃気楼の, 人生を, 他人の, 会ふ, 会わなかった, 低い頑丈, 低い鼻, 住職の, 体とに, 体の, 体験から, 作者の, 信頼の, 健康な, 光との, 兎の, 入れ替えて, 入れ替える事, 入れ替ること, 全体の, 共通な, 円くて, 凛々しき眼, 凜として, 出合った時, 出合ひました, 出逢うと, 出逢って, 刀の, 刃との, 判断力を, 削ったよう, 剛情に, 剣の, 動きとの, 化って, 区別する, 半ば嫉妬の, 厳然たる態度, 反向け, 取留めの, 口だけが, 口とだけ, 口とだけが, 口とで, 口とに, 口とばかり, 口に, 口びるだけは明らかに, 口もとの, 口元とで, 合うと, 合せるの, 合は, 同じく骨張らない, 同じこと, 同じよう, 同じ暖, 同音で, 向うの, 向き合って, 吟味せ, 吾, 呼ばれると, 呼ばれノウトル・ダム, 呼ぶ事, 品の, 唇, 唇が, 唇とだけ, 唇との, 唇とは, 唇には, 唇は, 喜太郎の, 嘴と, 囁きが, 囁きを, 囁く口, 四本の, 土の, 地上の, 壁, 声が, 声は, 変りなく, 変りの, 多少同一, 大きな鼻, 大儀さうな, 大儀そうな, 大入道の, 大澤傳右衞門の, 女に, 女性的な, 女給の, 姿態に, 嬉しそう, 嬰児の, 季和の, 孫兵衛の, 宇宙の, 寛厚さを, 小い, 小さい鼻, 小太郎の, 少しも, 少し締り, 尖った鼻, 尽せるだけの, 山羊髭を, 左手の, 巨大な, 平行に, 平静な, 広い平, 庄吉の, 廣い, 引締つた可愛らしい, 弱々しげ, 強そう, 弾力性の, 当事者の, 彼を, 御耳, 微笑, 微笑に, 微笑を, 心との, 心とを通じて, 心もち開いた, 怒に, 怖, 怖い顔, 思想家としての, 性質を, 恍惚する, 情に, 想像とに, 愛嬌の, 愛情や, 感情の, 態度は, 憂いに, 我々の, 手だけ, 手とで, 手とに, 手とは, 手とを, 手の, 手捜り, 批判性を, 指の, 捲いた黄色い, 描き入れかけた, 擦, 文芸家の, 新月の, 智が, 月形の, 朱の, 来ては, 杯を, 松倉屋勘右衛門との, 槍が, 槍の, 横眼とを, 機敏な, 次郎の, 正反対に, 正面から, 此缺陷と, 武蔵の, 歯とを, 殆ど見分け, 気の, 気持の, 水兵帽の, 水火に, 永い時間, 永く視線, 泉の, 深いフサ, 淺黒い, 源女の, 濃い眉毛, 濡れた海綿, 烈しい語調, 無邪気らしい, 熱心な, 爪と, 物との, 物も, 物を, 特殊の, 狭い額, 猟犬性を, 理知とは, 疑惑とを, 痛い視線, 痩けた頬, 白い唇, 白い嘴, 白い小さな, 白い牙, 白く輝いた, 白刃が, 白毫, 的確緻密な, 皓い, 直芳, 眉とが, 眉とを, 眉毛と, 真剣さとは, 真赤な, 真黒い中, 眼だけ, 眼だけが, 眼は, 眼ばかり, 眼心と, 睨み合って, 睨めっこ, 睫毛を, 短かい, 石竹色の, 神経衰弱についての, 神經が, 私の, 私共の, 秘密と, 稍突り, 空との, 突き出た頬骨, 窪んだ眼, 笑いとを, 笑顔とが, 笑顔の, 篦に, 粗らな, 紅いくちびる, 紅を, 紐とを, 綺麗な, 美しい姿, 耳, 耳から, 耳からの, 耳と, 耳とが, 耳とで, 聡しげな, 能く, 脳髄と, 脳髄の, 腕が, 腕と, 腕とを, 腕は, 自分が, 自然現象に対する, 舌を, 色が, 色の, 若い男たち, 葉之, 蒼白い廣, 蒼黒い, 薄ばら, 薔薇色の, 虎の, 蝋引きの, 蝙蝠の, 血とに, 行きあつ, 見あった眸, 見えまして, 見られた態, 見られた物, 見られないまずい, 見られない凄い, 見られない恐ろしい, 見られない惡相, 見られない惨, 見られない物凄, 見られない痛々しい, 見られない醜男, 見られない顔, 見られぬ凄まじい, 見られぬ異, 見ること, 見合いながら, 見合した, 見合ったの, 見合ふと, 見返すこと, 視る物, 視線が, 觸手刻との, 言うから, 言はず鼻と, 言ふ, 言葉とを, 言葉を, 謎の, 豊かに, 貪慾なるべき, 足とで, 足に, 蹠という, 蹠眼と, 身ぶりで, 逢いました, 逢って, 違った燃え方, 違って, 部厚い, 重厚に, 針を, 鋭い嘴, 鋭角な, 鑑賞力とを, 長い白い髪の毛, 長い髪, 限ったこと, 雖も, 青い斑, 非常に, 面を, 頬とから, 頬の, 頭が, 頭で, 頭と, 頭とに, 頭とによって, 頭との, 頭によって, 頭脳とは, 額と, 額の, 額を, 顔ぜんたいとが, 顔とが, 顔の, 食慾とを, 首肯き合うて, 香は, 香取の, 高い頬骨, 高い額, 高からぬ, 髪, 髪を, 魂とを, 鷸の, 黒い捲, 鼻だ, 鼻だけ, 鼻だけしか, 鼻で, 鼻とが, 鼻とだけ, 鼻筋の

▼ 眼~ (1046, 1.3%)

200 をし 79 をした 20 をする 17 で私 15 で彼 14 だった 10 でじっと 8 になる 7 でそれ, で彼女, になっ, を私, を見る 6 で, でその 5 で眺め, をしました, を見, を見せた 4 でお, でじろじろ, で伸子, になった, の前, を見た 3 でこちら, でしばらく, で二人, で相手, で笑っ, で顔, に彼, に私, を彼, を空

2 [52件] がいかん, がいや, がない, が云った, が変, が第, が言った, が鋭く, だ, であたり, であつ, でゴーリキイ, で周平, で室, で微笑ん, で歩い, で母, で滋子, で父, で笑い, で見, で見つめ, で見られる, で見る, で見上げ, で見返した, で解る, で黙っ, とをする, と同じ, と耳, と言葉, なぞはもう, なの, にし, によつて, に出逢う, に出逢った, に心, に籠め, のよう, の中, の男, の薔薇, を, をされる, をじっと, をその, をちら, をまた, を交し, を持ってる

1 [458件] かったらしい, かも知れない, からその, から口元, から度々, から男, から真白, から笑う, から言葉付, から身体, から隠れ, かるぞよ, がいつぞや, がじっと, がたじろぎ, がただ者, がたまらなかっ, がちら, がつけ, がなお, がひどく, がまざまざ, がもはや, が乱れ, が云っ, が今, が今朝, が何となく, が何とも, が何処, が俄, が保子, が保子の, が僕, が先生, が前, が又, が可笑しかっ, が吸い取っ, が嘗て, が変る, が好き, が如何にも, が妙, が彼, が後, が怖, が思い出せ, が急, が恒雄さん, が情熱, が据, が時々, が更に, が殆, が沈ん, が火, が熱してる, が物珍, が目, が眼, が神経質, が私, が笑ってる, が荒々しく, が覗いてるらしい, が覗きだしました, が言わなかった, が語った, が足柄山, が違っ, が険しく, が雑然, が非常, が首肯いた, ぐらいが限界, すりきれた外套, そういった風, だが, だけは鋭い, だけをひたと, だったが, だと, だらうと, だろうか, ちょっと見る, であたし, であった, であったから, であった次席, であらう, でありました, である, であるに, であろうとも, でいきなり, でいろんな, でうなずいた, でききかえした, でぐるり, でこっち, でさし, でしみじみ, でしわ, です, ですこと, でそっと, でちら, でつめ寄っ, ででも, でなおも, でながめ入る, でにっこり, ではない, では何, では有りません, でぼく, でまじまじ, でまっさお, でもう一度, でもっ, でジロリ, でズー, でノーソフ, でパチ, でピストル, でブリーノフ, でプロス嬢, で不思議さうに対手, で不思議そう, で世間, で主人たち夫婦, で久保田さん, で乗客, で云った, で互に, で何, で何やらぼんやり, で俊子, で健, で僕, で先ず, で入っ, で入口, で其方, で凝っ, で凡て, で分る, で十一谷君, で口, で吉乃, で吾儕, で周囲, で地面, で坊主, で場内, で声, で大きな, で天, で太子, で女, で妻, で姉, で子供, で安, で寅造, で寝台, で尋ね, で尋ねかけ, で尋ねかけた, で尋ねました, で尋ねます, で少し, で山本, で岡野, で左右, で市木さん, で帆村, で彼等, で後, で微笑み合っ, で意地, で愛嬌, で或, で手, で折々, で振り返っ, で撫でまわし, で時々, で村田, で歎願, で沈んだ, で海, で滝, で物, で眺めた, で睥め, で睨み合, で睨めます, で睨ん, で瞬き一ツ, で瞬間, で石, で石子, で秋三, で秋子, で秘書役, で稲田, で窓外, で立っ, で笑ってる, で筆者, で答え, で素早く, で細君, で総監, で考え込みました, で肖像画, で股, で膳, で自分, で自身, で舞台, で苦笑, で荒地, で蔦子, で見た, で見つめられ, で見られ, で見られた, で見下し, で見合った, で見守っ, で見返し, で覗いてる, で警官隊, で豹一, で足音, で辱, で迎えられた, で近頃, で部屋, で野呂, で雙方顏, で青年, で青眼, で馬上, というもの, とおずおず, とから変, とから順造, とその, とで, とどこ, となっ, とになお, とに彼, とに異常, とは小さい, とは違った, とを昌作, と云, と云い, と信子, と口付, と微笑, と疑問, と真白, と聲, と違つて, と頬, と顔付, と顔立, と鼻, なぞは節子, などが善良, などが照らし出される, などなにか, などふるひつきたい, などを描い, なので, にあっ, にうち, にぎくりと, にさそわれ, にてわれ, になつて風呂場, になり, にはいやらしい, にはすっかり, にはプロス嬢, には不品行, には不気味, には従いたい, には空虚, には遅く, にぶつかりました, にも私, にも詰る, によく, に一寸険, に会, に凄い, に出逢いました, に対して彼, に就い, に怯え, に悩まされた, に慴, に打たれた, に折々, に撮れ, に気, に気付いた, に浮べる, に示し, に籠っ, に縋りつい, に縋りつく, に色艶, に親しみ, に黒ずんだ, のうち, のこわい, のしっかり, のすずしい, のどうやら, のよい, のパッ, の何処, の冷た, の可愛らしい, の怖, の恨めし, の悪い, の愛らしい, の無表情, の犬, の甘ったるい, の若々し, の鋭さ, はいつ, はいつぞや, はこの, はすっかり, はそりゃあ綺麗, はただ, はたちまち, はだんだん, はどんより, はひどく, はまことに, は二重, は単に, は夏, は夢, は子供, は惨, は慈悲, は打ち消し得ない, は武田, は消え, は然し, は狡猾, は皆, は皆一様, は眼中, は素知らぬ, は絶えず, は至当, は花嫁, は見えず, は野獣, は阿Q, ばかりはどこ, へとたんに, までも殺気立つ, もしくは若い, も光っ, も彼, も暢, や, やをかし, や口付, や口元, や口先, や宏子, や引緊, や悲しい, や握手, や敏子, や真赤, や素, や變, や身振り, をあげる, をこまかく, をじ, をじろりと, をするどく, をする澄んだ, をたがい, をちらちら, をなさる, をほっと, をぼく, をぼんやり, をみせた, を中江, を交, を以て幸福, を刑事, を卓子, を受止め, を向けた, を岸本, を崔, を彼女, を心, を思い出した, を思ひ出した, を恐れ, を想, を感づいてる, を投げ, を投げた, を投げつけ, を持たせる, を据え, を斜め向う, を更に, を木村さん, を村尾, を殊, を物珍, を理解, を田沢, を真正面, を瞬いた, を秘め, を窺い, を窺っ, を膝, を膝頭, を見せ, を見て取っ, を見て取った, を見ない, を見れ, を見据えた, を読み取っ, を身体, を野口, ムッと, 気に入らねえん, 波打つよう, 触れ合う手, 青い髯

▼ 眼から~ (1009, 1.2%)

106 見れば 65 涙が 59 見ると 30 見て 23 涙を 20 見ても 12 鼻へ 11 すれば 9 みると, みれば, 大粒の, 火が 7 熱い涙, 観れば 6 はらはらと, 消えて, 見ますと 5 涙の 4 それを, ぼろぼろと, ポロポロと, 御覧に, 眼へ, 自分の, 見たらば, 見る時, 逃が, 隠そうと

3 [17件] して, では, ハラハラと, 下を, 出た火, 大きい涙, 急に, 水が, 泪を, 火の, 火花を, 落ちて, 血を, 観ると, 隠れて, 離れた事, 頬へ

2 [45件] あふれて, あふれ出, かくされて, こぼれた, ひとりでに涙, ほろりと, ぼろ, ぽたぽたと, ぽろぽろ涙, みて, ポロリポロリと, 下の, 何かの, 何かを, 信長の, 光を, 大きい鼻, 大きな涙, 平次は, 弾丸を, 彼女は, 流れた, 流れる涙, 流れ出た, 消えた, 消えなかった, 消え失せる期, 滝の, 眼を, 美しい涙, 血が, 見たら滑稽, 見た時, 見ましたなら子供欺, 見りゃア, 見りや, 観ても, 逃げるよう, 逃れること, 銀の, 隱し, 離しますと, 離れなかった, 鼻に, 鼻の

1 [429件] あふれた, あふれ出した涙, あふれ出す, あふれ出る涙, ある微, いつか涙が, おもて, おろす, かけ始めた, くわっと殺意, ここの, この問題, こぼしたが, こぼれる涙, こぼれ断末魔, こぼれ落ちた, こぼれ落ちるもの, これまで, ころがり落ちて, さえぎるよう, さきに, さける様, しきりに涙, しては, じっと見られ, すこしずつ, すつかり, すると, すーっと, ずっと直, そう見える, そっとかくれ, そっとぬすみ見し, その周囲, その禁慾主義的, その身体, たえず涙, たらたら流し, ちょっと稲, つき出した視線, ですけれど, でなし, ときどきわたし, とめどなく涙, どうから, どうした, どうみるべき, ながめて, ながれる嬉し涙, なみだ, ぬぐうの, ぬけて, のがれさせて, のがれて, のがれなかった, はいった観察, はたうとう, はなして, ぱらぱらっと, ひき離す, ひと滴の, ふいに, ほうり落ちるの, ほかへ, ほとばしった, ほとばしつて, ほとばしりその, ほろほろ涙, ぼたぼた流れる, ぼろぼろ涙, ぼんやり明け, ぽた, ぽろりと, まっかな, まつかな, まともに, みそなわすなら, みたとき, みた娘千種, みるみる大粒, もう笑い, もっと涙, やや遠ざけ, よく涙, れいの, ガラッ八, ハラ, バラバラ涙, ホウリ落ちる, ポトリと, ヤニが, ラムネ玉の, 一切の, 一滴ずつの, 一滴の, 一種の, 乾かなかつた, 事は, 二十九歳の, 二寸位は, 二雫ばかり, 五寸くらいの, 仏や, 伝右の, 何か, 何と見, 來た, 光りを, 免れるを, 入って, 入る語學, 全世界, 公休を, 内を, 円い輪廓, 再び現われ始めた, 出すよう, 出た, 出た水, 出た炎, 出て, 出る光, 出る強烈, 出る異様, 出る軽侮, 出る酸ッぱい, 北風に, 去らず或, 去らないよう, 去らなかつた, 又も, 又新しい, 又涙, 双眼鏡が, 取り去って, 取り去ること, 口元の, 口尻へ, 喜びの, 回避し得た, 圧迫を, 外して, 外すと, 外れて, 外を, 大粒な, 奪われて, 女は, 姿を, 娘の, 子の, 学んだの, 家の, 察しるに, 寧ろ求める, 少しの, 少し間, 引きとめられて, 引抜いた簪, 引拔いた, 張り切りょうずる涙を, 彼の, 後ろへ, 心への, 忽ち熱涙, 怖ろ, 思わず涙, 性急に, 悲しみと, 意気地なく, 憂鬱な, 憎悪の, 懊悩の, 我が古代芸術史, 手を, 抜いて, 押し出されるよう, 拔いて, 拳骨の, 捨てきれない容子, 搾り出したとでも, 放さないでしょう, 放して, 放れない, 放れなかった, 放射され, 新しい涙, 新しくこぼれでた, 早速に, 星なんか, 時々鋭い, 暑い涙, 暗い脅かし, 来た神経衰弱, 来て, 来るという, 来る印象, 来る錯覚患者, 桃色の, 梅の, 楽しませ耳, 構成の, 次第に酒気, 死骸の, 毒でも, 永久に, 永遠に, 活人画が, 流して, 流れ出した, 流れ出た二筋, 消えさらうとして, 消えるはず, 消え失せた, 消されて, 消すこと, 涙一点落ち血は, 液体が, 涼しい風, 溢れた, 溢れたあの, 溢れる泪, 溢れ流, 溢れ落ちた, 滂沱として, 滑稽に, 滴って, 濃い瞳, 火と, 火を, 炎を, 無量な, 焼きましょうか, 熱湯の, 燃えぬけて, 燦然と, 狂気じみた焦だたし, 狙われたピストル, 珍しい涙, 球の, 生れた, 生れたもの, 生気を, 留めどの, 留度も, 疲れが, 疾くに, 白いしずく, 白い涙, 皆さんに, 監視され出した, 直感を, 眉へ, 眉間を, 看たらば, 眺められる自分, 眺めるならば, 眺め下す, 眼へと, 私たちが, 秘密を, 突然消え, 突貫く, 第一歩を, 糸を, 紫水晶の, 紫色の, 結構と, 絶間も, 耳から, 耳に, 耳まで, 肌から, 脣から, 脣へ, 脱れる, 腕の, 臍から, 自分でも, 自分と, 草の, 落ちそうだい, 落ちた時, 落ちました, 蒼い色, 薄皮が, 虫を, 血の, 行われ難い, 行を, 見えなくなって, 見たその, 見たって, 見たところ, 見たの, 見たらお, 見たらこの, 見たらたった, 見たらまるで, 見たらよう, 見たら剣呑, 見たら妾, 見たら慊ら, 見たら所詮, 見たら手品吉利支丹, 見たら文学者, 見たら森羅万象, 見たら男, 見たら結局, 見たら虫ケラ一匹, 見たら許されも, 見たら鈍, 見たスポーツ, 見た世界, 見た事, 見た其の, 見た好男子, 見た新九郎, 見た武士気質, 見た自然美, 見てすらも, 見ては, 見まして, 見ましても, 見ますると, 見ますれば, 見られてる気, 見りゃ, 見るとを, 見るなら無駄事, 見る上野介様, 見る儂, 見ればこそ, 見遁, 視て, 視ても, 視線を, 観たらば, 観る父, 観察する, 解かれたここち, 言っても, 諸処の, 豆の, 輝いた, 追い出されたので, 退がって, 逃げながらも, 逃げること, 逃げ去り私, 逃げ廻るよう, 逃れた林之助, 逃れた魚, 逃れられるもの, 逃れ出た, 逃れ去ったの, 逃れ去ること, 透かして, 逸し去られて, 遁れ, 遁れたかった, 遁れよう, 遁れる, 遠い西国方面, 遠けるだらう, 遠ざかった, 遠ざかつた, 遠ざかる事, 遠ざけて, 遮るもの, 遮断され, 避けるやう, 鉾を, 限りなく, 隔離し, 隠されたが, 隠されて, 隠したと, 隠して, 隠し去った時彼, 隠すこと, 隠すため, 隠すやう, 隠れ人, 隠蔽する, 隱さう, 隱れ, 雀が, 離さないで, 離さないよう, 離さなかった, 離さなかったけれども, 離さぬよう, 離さぬ様, 離されて, 離したこと, 離した彼, 離して, 離すと, 離れたもの, 離れて, 離れない, 離れなかつたん, 離れぺちゃくちゃ, 離れようとは, 離れられない, 離れると, 雫が, 零れたの, 電が, 電光の, 青いエーテル, 青春と, 頬に, 頬を, 頭が, 頻りに涙, 額が, 額へ, 顔を, 飛び出しそう, 高台の, 髪の毛から, 鱗が, 鱗でも, 鱗の, 鼻から, 鼻へと, 鼻立へ

▼ 眼にも~ (870, 1.1%)

13 涙が 10 見えて 7 止まらぬ早業 6 見えた 5 これは, それが, とまらぬ早, はっきりと, 口にも, 心にも, 鼻にも 4 それと, ついた, とまらぬ早業, ハッキリと, 明らかな, 耳にも, 頬にも

3 [11件] わかるほど, 明らかであった, 明らかに, 映って, 映つた, 生地の, 異様に, 見えず手, 見えず耳, 見えるの, 見て

2 [52件] あの男, いたましく見えた, それを, とまらぬ速, はいらないといった, はっきりわかった, はつきりし, わかる, わかると, ツイ涙が, 一種の, 今まで, 似て, 余って, 入るもの, 入れたいほど, 円行燈の, 口許にも, 唇にも, 好感が, 容易に, 恋人の, 明かである, 明らかだった, 明らかで, 昔の, 映るの, 東福寺の, 止まらぬ早, 武蔵の, 涙は, 涙を, 湯の, 滲みとう, 熱いもの, 留めないであろう, 異常で, 白い細り, 眉にも, 私は, 空々しく, 笑止な, 若い光, 見えない闖入者, 見えなかった, 見よ, 見よ見れば, 見耳, 触れないと, 触れること, 遽かに, 露が

1 [634件 抜粋] あきらかである, あざやかに, あの可憐, あの鏡, あはれでした, あまりにも, あわれ, いじらしいほど, いちじるしい, いっぱいな, いっぱい涙, いつか微笑を, いつぞやとは, いつもと, うすうす分っ, うつった, うつらないで, うなづけた, うわべから, おいたわしい, おいとしい, お前は, お美しく, かからずに, かからず矢弾, かかれお, かけないよう, かげろうの, きびしく美しいもの, きらりと, ぎらついて, くっきりと, このあ, このおじ, この世の, この人, この情景, これと, こんな痛々しい, ご上人様, さつきの, さほど弱ってない, すぐお, すぐ思い出され, すっかり恐れ入っ, するどい光, ずいぶんへん, そう怪しまれる, そう映った, そこの, そのすべすべ, その家, その惨憺, その憂愁, その新しい, その美しい, その蝶, それとしか, たしかにそれ, たしかに祖父, ただの, ただ事でなく映った, だんだんに, ちがうはず, ちょっとは, ついて, つかずに, つかずまして, つかないよう, つかなかった, つかぬやう, つかねど, つきて, つき易い, つき易く, つくあの, つくの, つく例, つく名物, つく裏, つっ立って, てふてふ, とまらず, とまらずそのまま, とまらず引くと, とまらず引っ, とまらず敏捷, とまらない, とまらないよう, とまらないらしかつ, とまらない迅さ, とまらなかった, とまらぬくらいの, とまらぬよう, とまらぬ早わざ, とまらぬ早技, とまらぬ疾さ, とまらぬ軽業師的, とまらぬ迅さ, どうもこの, どうやら, なかなか多忙, ながめられた, なにやらふかい, なみだ, なんとなし, のみせねば, はいらずに, はいらない, はいらないよう, はいらなかった, はいる, はっきり判る, はっきり前方, はつきりわかる, はつきり判る, はなはだ異様, ひらひらと, ふた, ふたたび見ゆる, ふと血, ふれないで, ほのかに, また大抵, また廊下, まだこの, まだ壮年, まだ朝ごと, まだ見え, みえざる白い, みえず耳, みえない影響, みえない種じゅ, みずから堕落する, むくんで, めずらしい旧家, もう涙, もろもろの, やっぱりおふくろさん, やはり場違い, よい笑い草, よくない, よくわかっ, よくわかりました, よく分っ, よく映った, よく見え, よく見えた, わかったらしい, わかりましたので, わかります, わかるよう, アムブロアジヌお, キエの, クッキリ顔色は, ハッキリし, ハッキリ残され, ハッキリ焼き付けられました, ハツキリと, ムリロの, 一寸面伏せな, 一番光つて見える, 一目瞭然であった, 一瞥し, 一箇の, 七之助の, 不思議で, 不思議に, 世は, 丸田以上に, 二十六七にしか, 二重に, 人間の, 仄白い, 今宵は, 今年の, 今見えた, 仕立卸し, 付いたの, 付くよう, 伊平の, 何か, 何かの, 何だか品, 何だか謂はく, 何の, 何んの, 余まり見, 余り手, 余るほどの, 供えぬ, 信長の, 停ま, 傷ましく冷た, 優雅で, 兄弟とは, 入らず巨盗蝙蝠冠兵衛, 入らず巨盜蝙蝠冠兵衞, 入らない, 入らないよう, 入らぬげ, 入らぬ埃, 入る, 入れて, 全くはっきりと, 全く素人, 全く美しかっ, 内には, 凄惨で, 凝視する, 刃物を, 分ったそう, 分って, 分るほど, 判った, 別人の, 力が, 劣らない光, 努めて, 匂うよう, 匂ふ, 區別が, 十人並を, 厳だ, 取り合, 受け取れぬ, 合理的に, 同じく映じ, 同じよう, 四十過ぎとしか, 型にな, 場所と, 壮烈に, 声にも, 奇妙に, 奇怪な, 妙に, 始終日光, 姑と, 威厳と, 子福者とは, 小さい口許, 小さく映らなけれ, 小次郎の, 少しは, 山と, 嶮しい, 帽子を, 引締つた口元にも, 当世に, 当時の, 彼の, 快い容姿, 快よく, 快哉きわまる, 怖がって, 思いうかべて, 思いを, 怪しく映り, 怪しく見える, 恍惚と, 恐ろしい荒削り, 息ぎれの, 悦ばしげ, 感に, 感激の, 慣れて, 抜き差しならぬ, 排泄物にも, 掛値なし, 描かれる, 新しかつ, 新妻の, 明かだったの, 明かだつた, 明かです, 明かな事実, 明かに, 明らかです, 明瞭である, 映じると, 映ずる男, 映らずまた, 映る, 映る位明白, 映る暗い, 普段の, 普通の, 普遍的の, 暑苦しい, 曲つた腰にも, 曹彰の, 朦朧として, 杖が, 来て, 楓の, 様々あった, 止まらず心, 止まらず耳, 止まらず駈け廻わっ, 止まらない, 止まらない捷業, 止まらない早, 止まらない早わざ, 止まらない程, 止まらぬ位, 止まらぬ勢い, 止まらぬ多く, 止まらぬ無数, 止まらぬ素早, 止まらぬ鉄, 止めないよう, 止らぬらしかつ, 止らぬ早, 止らぬ早業, 此家の, 歯にも, 歯痒い極み, 歴然新九郎の, 死んで, 気がつかぬはず, 気が付かなかったの, 気づかれないうち, 気持の, 氣が, 氣の, 決死の, 沁みるやう, 沁む, 泌むやうでした, 注きやすい, 涙, 涙の, 涼しかった, 温良そうな, 溢れ唇元, 滂沱たる, 滑稽な, 潔癖に, 澄んだ真夏, 瀟洒な, 火の, 物哀れに, 特色が, 猫が, 玄明とは, 珍らしかった, 生々しい事件, 生き生きと, 申し分なく, 申し分なく可愛らしく, 申し分の, 男らしい男振り, 留つて居る, 留まらぬ天地, 留まり妙, 留らずかく, 留るまで, 異樣, 疑がわ, 疲れきって, 痛々しい限り, 痛々しさ, 痩せたと, 登れそう, 白い海鼠塀, 白い門内, 白い顔, 白くお, 白く砕け, 皓然, 目立つよう, 真実の, 眩しい金, 眩ゆい, 着き易く, 知られるほどに, 知れるほど, 知れる粋, 確かに, 示して, 神々しくさ, 神々しくさえ, 科学者は, 移って, 空白は, 窕子の, 竹女は, 笑いかたにも, 笑止に, 第一番, 第二, 節度を, 簡單に, 紛れやう, 紛れよう, 素人の, 綺麗で, 美しい娘, 美しい限り, 美しい雪, 美しかった, 美しく映つた, 美しく浮かん, 美しく見せよう, 聲にも, 肉にも, 肌にも, 胸にも, 臨終が, 自分が, 至難無謀と, 舌を, 花の, 苔が, 荒筵から, 莫連女と, 落度は, 著く赤味, 著しいの, 著るく, 蔽い得ないもの, 血が, 行きづまりが, 見えず心, 見えず況ん, 見えず麓, 見えそう, 見えたという, 見えたの, 見えてた繻子, 見えないほどの, 見えない位, 見えない孤独, 見えない静か, 見えなくなり谷, 見えなければ, 見えぬほど, 見えぬ小さい, 見えよう, 見えるここち, 見えるほど, 見えるよう, 見ず形, 見せて, 見せるよう, 見つからなかつたの, 見て取れた, 見ないか, 見ないで, 見よとばかり, 見よ吾, 見よ耳, 見ら, 見る気, 見付からなかったの, 見出せなかつたの, 見感じ, 見間違えが, 覚られた, 触るること, 触れずに, 触れずまた, 触れず二三間後, 触れたくないと, 触れて, 触れない, 触れないところ, 触れないよう, 触れなかったの, 触れなかつたで, 触れ耳, 觸れなかつたらしく, 變に, 贋物とは, 赤い花, 踏めて, 身体にも, 身構えにも, 輝いて, 透して, 道誉の, 遣り切れない当惑, 野卑なる思ひ, 銭形平次の, 錐を, 附かないくら, 陰慘な, 隈なく, 随分と, 面にも, 額にも, 顏にも, 顔にも, 飛んで, 馬であるらしく見えた, 驚くほどの, 高く爽, 高貴に, 黄色い連翹

▼ 眼~ (674, 0.8%)

15 のよう 11 を剥い 7 を白黒 6 の上, の大きい, の黒い, をむい 5 をくるくる, をし, を大きく 4 は可愛い, をうごかし, をぎょ, を光らせ, を据え

3 [14件] が今にも, のやう, の中, の光る, の奥, をき, をきょろきょろ, をぎょろりと, をくり拔, をぐるぐる, をぐるり, をぱちくり, を剥き出し, を動かした

2 [49件] がいかにも, がそんな, が一つ, が二つ, が飛び出し, ではない, でも鼻, とは縁, のごとく, の底, の廂, の配り, の青い, の飛び出た, はたちまち, はギロリ, は凹んだ, は抉り取られ, は火, は白く, へ接吻, へ水, もちっと, を, をうごかす, をくり抜き, をたべ, をむき, をもっ, をギョロ, をギロリ, をグルグル, を三角, を付け, を光らし, を光らせた, を円く, を剥き, を動かし, を喰, を喰った, を射た, を射られた, を射る, を眺め, を突い, を突かれ, を輝かせた, グリグリです

1 [442件] あいて, かといふ恐ろしい, から, からは人, から大粒, から威圧, から抜剣, から涙, があった, があらぬ, がある, があんな, があんまり, がいくつ, がいくらか, がいま, がいろ, がうまい, がおっ, がおびえ, がかよう, がぎよろぎよろしてゐる, がぎらぎら, がぎろぎろ, がぎろりととび出し, がくつ, がぐるぐる, がこっち, がこつち, がこれぢ, がこわばっ, がこんなに, がごろん, がすっこんだ, がそこ, がその, がそれら, がたべられる, がちかちか, がつん出たら, がとけ, がとれ, がとろんと, がどっち, がはちきれ, がぱちくり, がぴかりと, がぽんぽん, がキラキラ, がキリキリ, がギョロリ, がギラ, がギラリ, がクルクル, がグッ, がドンヨリ, がパッチ, がポンポン, が一個, が三角, が二つコビリ, が二度, が人間, が何処, が光つて, が光る, が円く, が出し, が出しゃばっ, が動い, が勢, が半分, が壁, が外, が大千世界, が奥, が完全, が怖い, が振り子, が探照灯, が溌溂, が灰落し, が無い, が爛々, が痛く, が直立, が碧, が背後, が菓子, が落ち, が蝦蟇, が触角, が觸角, が間違い, が青味, が顔, が飛び出した, が飛び出る, が飛出さなかった, が飛出さなかつた, が飛出し, が飛出してる, が魚, が黄, が黒い, くは, くらいな, じゃないらしい, じゃ七面鳥, だ, だから, だからな, だけがいかにも, だけが如何にも, だけが鋭く, だけである, だけを考え, だけ出し, だけ飛び出し, だだがしかし, だだが然し, だった, だったのね, だってくり抜いた, だつた, だヨ, であり眼玉, ですもの, でどんより, でまっ, でもの, でグイ, で伸子, で左右, で潮, で眺め, で睨み殺し, で睨ん, で見たら, で覗く, で透かし, で通っ, というもの, という老優, とが房一, とるぞ, と向き合, と小鼻, と思う, と枯薄, と真向, と称し, と見せかけ, と覚しき, と赤く長い, と重い, と鬚, と鼻, なの, にうつった, にお, におさらば, におどろかされた, にしんねりと, にすり込ん, にどうか, になぞら, にはるか, には爽やか, にももう, にペン先, にホクロ, に写る, に吹矢, に尻尾, に映っ, に睨まれ, に移っ, に突き刺し, に締り, に薄く, の, のうつる, のお, のすわり, のとび出した, のとろける, のどん, のなか, のひとみ, のま, のまん中, のよく, のガラン洞, のギョロリ, のギロリ, のレンズ調節, の主人, の人魚, の光, の光り, の出た, の出る, の前, の動き, の大きな, の太吉, の子供, の安泰, の廻転, の御, の恰好, の所, の望み, の様, の潮羹, の甚太郎, の男, の白い, の真似, の脱された, の船員, の色, の芯, の蒼い, の裏, の視角, の買, の赤い, の近く, の間隔, の顔色, の飛びぬけた, の飛び出し, の飛び出した, の飛び出る, の飛出す, の髭ッ面, は, はあり得べからざる, はおの, はおば, はからから, はぎょろりと, はぎろりとして, はころころ, はその, はただ, はたるんだ, はとかく, はどう, はぴよこりと地面, はまるで, はテーブル, はポンポン, は一つ, は一体, は人間, は何, は何ん, は入れ, は別に, は大きい, は天井, は孤立, は本物, は死人, は生, は生き生き, は白雲, は素絹, は絶え間, は繁り, は蝸牛, は跳び, は鏡, は風景, は高価, は黄いろ, ばかりがぎょろぎょろ, ばかりが横行, ばかりが爛々, ばかりき, ばかりだ, ばかりと見え, ばかりの乗客, ばかりの頭, ばかりは今, ばかりをぎろ, ばかりを形見, ばかりキョロキョロ, ばかり光らせ, ばかり大きな, ばっか引, へそれ, へとびこん, へ畳針, へ疊針, ほどのチロリウム, まわして, もなくなる, も動かせぬ, も口, も持たない, も掻, も空虚, も見えない, も赫, やたくましい, やー, や口, や鼻, よ, をあげませう, をあさって, をいくら, をいつも, をうごかさず, をえぐり出されろ, をきよろき, をぎょろぎょろ, をぎよろりと, をくつ, をくりくり, をくりるくりる, をくり抜い, をぐりっとむいて, をこすりこすり, をこっち, をご, をさがし出さなけれ, をした, をじろりと, をすえ, をたえず, をついばまれ, をつけた, をつこう, をとび出さし, をなお, をなくした, をのがれる, をひからせ, をまわし, をむいた, をむき出した, をむき出す, をやっ, をやつ, をやられた, をやられました, をウロウロ, をキョロキョロ, をギョロギョロ, をギョロリ, をギヨロツ, をギラギラ, をギロ, をクリクリ, をクルクル, をクルリ, をクヮッ, をクワツ, をグリグリ, をグルン, をドロリ, をパチ, を一つ, を今ここ, を僕, を凹ました, を剥いた, を動, を動かさず, を半眼, を南瓜頭, を反転, を喰う, を喰つた, を嘴, を地面, を射抜こう, を射損じる, を射貫かれる, を左右, を廻し, を引っくり返し, を心持ち, を思い出し, を手, を抉り取られる, を抜い, を抜き棄て, を抜く, を押しつぶす, を拾, を持ってる, を振り子, を描き, を更に, を極めて, を気むずかし, を気味悪く, を溌, を潰す, を熱帯魚みたい, を片方, を狙う, を狙っ, を狙った, を狙つて三寸, を皿, を真赤, を空しく, を突, を突く, を窪ませ, を縫, を茫然, を血走らし, を製造, を襲つて涙, を見, を見つけた, を覗, を貰っ, を貰つて, を買, を購, を転, を転じました, を釣りあげ, を開, を間違え, を関はず, を険しく, を頂戴, を食う, を鶏, クルクルやってきい, 近頃その, 頂いて

▼ 眼ざし~ (305, 0.4%)

10 をし 73 の中, を彼

2 [19件] ている, であたり, でじっと, でその, でそれ, で私, とその, に私, の日, はだんだん, は天, をした, をじっと, をもっ, を備え, を夫人, を注い, を鋭く, 色は

1 [244件] あの表情, からのがれたくなっ, からは山の端, から無量, から顔, があやしく, がいまだに, がこんど, がすぐ, がつい, がどこ, がまざまざ, がまだ, がまつたく, が一くせ, が何, が到る, が変, が変っ, が家, が彼, が彼女, が忙しない, が急, が感じ, が明らか, が気, が浮ん, が自分, が落着, が見え, が迫っ, が額, が顎十郎, さえ風情, すごく四隣, そしてそれ, それも, たゆく今, だけが彼, だの油気, てふらつく, て左門, て月, て来た, て行った, て進ん, て集まっ, でいつ, でお, でこちら, でこの, でさえあった, でしかし, でじ, でそしてまた, でちらりと, でどんな, でなお, ではなかっ, でほとんど, でぼんやり, でもって, でよびよせ, でキャラコさん, でジーッ, でチラ, で一同, で万吉, で両, で伸子, で俺, で吸いつく, で女連, で少年, で山田, で庭先, で引きとめた, で彼, で思わず, で森川夫人, で次第に, で甲斐守, で眺め, で眺めた, で眺めやる, で眺め出した, で睨みつけます, で瞠, で矢代, で答えた, で見, で見くらべた, で見守つ, で見廻しました, で調べはじめた, で近く, で部屋, で闇, で防ぎ, で青年, で静か, で頷き返す, で鮨, といい, との間, とぶつ, とよく, とより, と余りに, と魅, なかば閉ぢつつ, などが僅か, なんか丈気, におどおど, にさせ, にでく, になつて, には, にはなるほど, にはほか, にはもし, には一向, には圭介, には経之, には老, にも悽愴, にも身, によつて, に会う, に似, に何, に何かしら, に向っ, に寺男, に彼, に接する, に此方, に籠め, に見入つた, に身, に釣りこまれ, に驚い, のただならぬ, のよう, のパリ好み, の光, の向き, の林, は, はいかにも, はいた, はけわしく, はさりげ, はしだいに, はその, はときどきひとりでに, はどうしても, はなにか, はなるほど, はまだ, はやさしく, は不気味, は何もの, は再び, は分らな, は印籠, は執拗, は執着, は慌てる, は敢えて, は水平線, は皆, は知的, ふかくに, へ手, までがとろり, も今, も向けなかった, も和やか, も現に, も落着き, やお, や口もと, や日本左衛門, や構え, や身ごなし, や顔つき, をかえ, をきっと, をくらまし得る, をこらし, をしだす, をします, をじ, をすらり, をそそい, をそそぎつづけ, をそろえ, をつい, をもち, をやっ, を一斉, を以てそういう, を凝らし, を卓, を古ぼけ, を向けた, を向ける, を向け出した, を変え, を子, を宮坂, を容易, を少し, を差向け, を恐れ, を想, を感じ得なかつた, を投げ, を投げ捨て, を持っ, を挙げ, を支え切れない, を澄まし, を窺っ, を糸杉, を絶えず, を耀かし, を臆, を見くらべ, を見る, を見直した, を走らせ, を透し, を邪魔, を髪の毛, 少しも, 幾多の, 恐ろしく亀屋, 白過ぎる, 襖ぎわに, 鋭く再, 防塁の

▼ 眼~ (270, 0.3%)

13 に皺 12 の皺 6 から涙, を下げ 5 の下 4 が下, に小皺, の下った 3 が少し, には涙, に黒子, をつりあげ, を釣りあげ

2 [28件] から彼, がさがっ, がひどく, が上がっ, が上っ, が下り, が垂れ, が緊, が長く, で笑った, で見, という, にうつる, にしわ, に優しい, に涙, に笑い, のしわ, のたるんだ, の上った, の切れ, の方, の筋肉, へ皺, をさげ, を一層, を掠め, を細め

1 [145件] あがりに, からある, からねばっこい, からチョ, からチヨ, から垂れる, から少し, から弥生, から糸, から頬, から顳, から高い, から鬢, がきりっと, がくっきり, がすこし, がたるむ, がつりあがっ, がつりあがる, がつり上つて, がにわかに, がへん, がやや, がピン, が上つて, が上らぬ, が下がっ, が下っ, が人並, が吊し, が吊り上っ, が心持ち, が細く, が耳, が見える, が釣, が釣りあがっ, が釣り上がっ, それから豐, でしばしば, でじろ, でちょっと, でな, でにっと, でまた, で嘲り, で私, で笑い, で笑っ, で見えた, で陽子, とひつくり返す, と口元, と唇, と腮, なの, にある, にいくつ, にいぼ, にかけて貫通, にこの, にたた, にたるみ, ににじん, には一寸, には例, には柔和, には笑み, には答える, には薄, には血, には鉄, にもつ, にや, にポタポタ, に下った, に人なつッ, に何とも, に優し, に刻まれた, に剣, に力, に多い, に引かえ, に微笑, に恐ろしく, に愛嬌, に残し, に泣黒子, に流れた, に流れる, に漣, に燭台, に狡, に皮肉, に皺一つ, に笑, に紅, に長い, に集まる, のあたり, のいぼ, のかすか, のところ, のやや, の上, の下がった, の下り気味, の光り, の吊りあがった, の尽く, の微か, の涙, の深い, の笑い, の襞, の角, の釣った, はいま, はうつ, は垂れ下り, は少し, は普通, へだけ小皺, へ鬢付油, へ鬢附油, までながく, まで擦っ, も吊りあがる, も天井, やまたは, や口許, りから, をつり上げ, をなで, を一倍, を仔細, を太い, を拭く, を指先, を深く, を赤く, を額, を額際, 鋭く柱

▼ 眼~ (259, 0.3%)

13 口や 12 鼻や 9 口の 7 口が 6 耳に 5 口を, 鼻を 4 心を, 耳や 3 口に, 唇の, 耳は

2 [24件] いつもむすんだ, 人目が, 口と, 口なぞ, 口には, 唇は, 嘲笑の, 狡猾そうな, 眉や, 眉を, 耳には, 耳の, 脳髄に, 蝶々の, 頬に, 頭や, 頭を, 額の, 高い鼻, 髪の, 鼻から, 鼻に, 鼻の, 鼻は

1 [137件] あのふさふさ, いろんな人間個々, うまく, お嬢さんを, かっちり緊, しなびた肌, すべてを, その声, その眼, なかばあい, にくそ, ふっくりと, アラビアの, キリリと, ポッチリ咲いた, ポツチリ咲いた, 不服も, 世故に, 乾いて, 二本の, 低い鼻, 低くて, 凄じい姿勢, 剛そうな, 十八世紀の, 口その他の, 口だけで, 口とても, 口なぞが, 口なぞの, 口なんぞと, 口は, 口まで, 口元が, 口元に, 口尻の, 口許には, 呪いの, 品の, 唇が, 唇なぞが, 唇に, 唇を, 唇元や, 喉には, 嗅覚が, 嘴の, 境地や, 声は, 多勢に, 天使の, 失笑を, 学識の, 家人の, 小さな唇つき, 尖った肩さき, 平な, 微笑から, 微笑や, 心は, 情熱的な, 愛らしい唇, 成人生活も, 我々の, 手に, 手は, 手やを, 手を, 手拭か, 手足を, 抉ったよう, 指が, 探針, 文学的な, 時には金色, 時鳥, 曇りの, 栗毛の, 歌声の, 殺げた頬, 気持に, 清い小さな, 疑い深い私, 痩せこけた顔, 皮膚全, 眉の, 眉は, 睫毛や, 立派な, 端正な, 笑った時, 精神や, 紅い唇, 紅が, 素人が, 絶えず膿, 綺麗に, 美しい髯, 耳から, 耳では, 耳に対して, 耳やへ, 聡明そうな, 肉体を, 肩で, 自分に, 茶色の, 虚空を, 蟠まり, 表情にも, 貝殻の, 赤いが, 赤い唇, 足の, 近江女などの, 青い眼, 頤で, 頬が, 頬の, 頬ぺたやもう, 頬や, 頬を, 頬骨や, 額から, 額や, 顔つきでは, 顔を, 顴骨や, 髪は, 魂を, 黄色っぽい, 黒塚に, 鼻が, 鼻には, 鼻一種の, 鼻孔等が, 鼻腔を

▼ 眼付き~ (202, 0.2%)

32 をし 6 になった 5 であった, で私, をした 4 を見る 3 だった, である, になっ 2 して, だと, で, で見た, になる, は僕, を見た

1 [122件] がいい, がいそいそ, がだんだん, がなんだか, が何時, が変っ, が気, が自分, が証拠, じゃなかった, そっくりだ, だけで尋ねかけ, だったこと, だったの, だったわ, だね, でいう, でこんど, でございますこと, でした, でじっと, でじろりと, でそれ, でちらりと, ではない, ではなかっ, でほのぼの, でわたし, でキャラコさん, でジイッ, でストーン氏, でチラリ, でマジマジ, でローリーさん, で一同, で五郎, で交通巡査, で何, で先生, で凝視め, で嘆願, で嘘, で妾たち, で娘, で室, で春陽, で暫く, で栖方, で正木博士, で母親, で相手, で眉, で眺め, で睨む, で穴, で端座, で笑った, で笑みかけ, で若者, で菊千代, で見まわし, で見下し, で見返り見返り三人, で見送った, で見送られ, で記者, で豹一, で鏡, で階段, で點頭, とかうしろ姿, と格子戸, と言葉, なの, ならどっち, には物凄, に似, に何, に何故か, に冴えた光り, に匹敵, に現われ, のいよいよ, のよく, の中, の凄い, の弱, の怪しい, の悪い, の東洋的令嬢, の気持, の涼しい, の赤犬, の野卑, はこうして, はし, はもう, は一生涯僕, は剛いが, は尋常, ばかりは小, もせず, もソクラテス, や口もと, や口付き, や挙動, をしいしい, をする, をショボショボ, をチラリ, を一生懸命, を交わした, を保治, を彼, を想い出し, を振返る, を流し, を発見, を見り, を足下, を長谷川, 高い鼻

▼ 眼~ (199, 0.2%)

20 をし 8 を変え 5 だった 4 になっ, をした, を見せた 3 をうかがっ, を見せ 2 で, である, で読み取ろう, になった, の動き, は病んだ, をう, をかえ, をする, を変えた

1 [128件] から何, から深い, から見, から顔面, がへん, が不思議ぢやあ, が依然として, が動きかけた, が察しられる, が物騒, が自然, その引つった, でありました, でいかにも, でいる, でうなずい, でわかった, でチラッ, で互に, で凝っ, で大抵, で慎作, で昌作, で杉子, で検事, で知れた, で美しく, で蜂谷, で見, で部屋, で都和井, とにこにこ, とわだかまり, と冷, と声, と故, などを酷く, にいく, にその, につり込まれました, にて上眼, になり, になりました, には照り, にふくめ, にやさし, に争われぬ, に全身, に内, に恐怖, に殺, に決心, に浮べ, に讀まれた, のもの, のよう, のよく, の中, の凝り, の変つた兄貴, の変つた奴, の燃, の異, の険悪, はこの, はさしも, はその, はち, はひどく, はまだ, は心から, は急, は怨, は漸く, は燐火, は異, は私, は見る, は読み, は顰める, まで変化, もせず, もなんとなく, も動かさず, も急, も相当, も見せませんでした, や好奇, や毛色, や身振り, や顔色, を, をあら, をいま, をうかがい, をかえた, をしました, をじっと, をただよわし, をも読み得る, を不快そう, を光らし, を動かせ, を変えました, を慾, を持っ, を探り出した, を早く, を漂わす, を窺う, を窺っ, を窺った, を見, を見返した, を覚っ, を覚られまい, を読む, を読もう, を讀みとったらしかった, を讀む, を讀ん, を變, を輝かした, を鋭く, 凄く憚, 変ぜず竜首, 変ぜず龍首, 血走りました

▼ 眼からは~ (189, 0.2%)

31 涙が 3 もう涙, 熱い涙 2 また涙, ハラハラと, 唯モウ, 大きな涙, 大粒の, 涙は, 玉の, 際限も

1 [136件] あのまま, あの小さい, お前も, この時, こらへ, しだいに微笑, すきとおった水晶, すなわち天下, その機智, その渦巻き, それが, それ等の, ただ裄, たちまちきらりと, とうとう涙, とどめ難い, とめどなくぼろぼろ, とめども, どうにも美人, どこにも, なおそう, ひそかな, ひとり手に, ふり落ちる涙, ほくそ笑まれるもの, ぼろぼろと, ぽたぽたと, ぽろ, ぽろぽろと, またひっきりなしに, また今さら, まるで乳, まるで騎士, もはや敵意, やはりふだん, やや遲, ドッと, ドツと, ボロボロと, ポロポロと, 一挙一動宗教的感念に, 一齣の, 不思議に, 不遇の, 二筋涙の, 人殺しである, 今にもと, 今まで, 何一つ逃れ, 何一つ逃れよう, 何物も, 倹約安民の, 儂は, 光が, 光りが, 全く變, 全て美しく, 勿論の, 堕落に, 大邸宅, 天女に, 太い涙, 婆でも, 宮方か, 尻つ, 山奥の, 市十郎の, 常にそこ, 年頃と, 当然の, 彼らは, 復た, 徹底しない, 必要大いに, 忽ち涙, 思ひつめた涙, 急に, 恋慕三昧に, 悔恨の, 悲しみの, 成功で, 打撲傷が, 新しい涙, 新らしい, 新皇, 既に認め得, 日の, 時々こんな, 更に冷たい, 月の, 止め度も, 止處も, 正しく謀殺, 武后の, 気づかぬ間, 涙さへ, 涙の, 淡く見ゆる, 湯の, 滝の, 潸々として, 火花が, 煮え湯の, 熱いもの, 物凄い火花, 狂気に, 狼狽の, 珠の, 現在我々の, 甚だ不都合, 田舍もの, 田舎出の, 男は, 男らしくも, 白いしずく, 皆ひとしい, 真白な, 眼脂が, 空中に, 窮策と, 竜之, 糸の, 考えられぬほどの, 自分でも, 荒砥の, 蟻に, 見えも, 見は, 見る, 観音の, 過去の, 郷士であろう, 鉄の, 鋭い視線, 青春の, 馬鹿げた怠け方

▼ 眼~ (173, 0.2%)

5 の中 4 です 3

2 [15件] だった, で, でじっと, でそれ, でぶらぶら, で彼女, で相手, は匠, は正面, もお, も世, をし, をした, を向け, を見

1 [131件] から心, から推しはかる, が, がきりっと, がこの, がぼんやり, がシットリ, が信頼, が同時に, が尊敬, が幻燈, が懐しかっ, が注がれ, が町, が私, が雲, そしてその, だったか, だつた, でいつも, でこちら, でそれら, でまたたき, でむき, でウインチ, でグスタフソン警視達, でグルリ, でセカセカ, でチラチラ, でベルナアルさん, で久美子, で今, で何, で凝視, で場所, で天, で彼, で木賀, で母, で沁, で無言, で王女, で男, で監房, で稍, で竜太郎, で笑った, で老人, で見送つた, で鋭く, とそっくり, と気品, と深い, に, にあう, には何, には何もの, には冷徹, に不安, に僕, に変っ, に射すくめられた, に沿う, に矢代, に答える, に至つて, に誘はれる, のそして, のどこ, のなか, のまま誰, のエロディヤッド, の光, の前方, の底, の鋭い, は, はこの世, は夢みる, は実は, は明るい, は曇った, は気付かなかつた, は濡れた, は石切場, は紙片, は細く, も不思議, も元, も聲, や微笑, をあげ, をあたし, をじろりと, をする, をなげる, をむける, を一ぱい, を一斉, を伏せる, を光らせ, を前, を反芻, を合せた, を向ける, を彼, を思ひ起す, を想像, を投げ, を投げた, を投げ捨てた, を時々, を法水, を注い, を注ぎました, を漁夫, を牽きつけ, を相手, を突然, を総監, を自分, を落し, を落した, を見せ, を見ます, を見る, を覗かせ, を鋭く, を額, を馳せた, 同じよう

▼ 眼~ (166, 0.2%)

5 がつく, をつけ 4 だちが, だちの 3 がつい, がついた, がつきません, が付きません, にしみた, をつけた

2 [12件] がつかない, が付い, が付いた, が付きます, だちは, だちも, のつかない, の無, もつかねえ, や口, を一つ, を付け

1 [106件] から頬, があかない, がある, がついたらしい, がつかず, がつかなくなる, がつきかけ, がつくだらう, が一斉, が付いたらう, が付かなき, が付かなきゃ, が付かねえ, が付かねえで困っ, が付く, が付くまい, が入れ交っ, が専門専門, が揃っ, が揃つて, が整っ, が覗い, が附かない, が顔, が高く, だけは付ける, だけは附ける, だけを明らか, だちでその, だちと, だちのすき間, だちのせい, だちのはつきり, だちのぱちっとした, だちの整つた割, だちの輪廓, だちの鮮かな女, だちを, でもつい, と相, にどことなく, にサービス, に塵, に沁み渡る, に糞汁, のあくよう, のあり, のつけどころ, のない, のよう, の付い, の付く, の区別, の周囲, の在所, の定か, の小さい, の形, の形状配置, の欠け, の線, の間, の頭, はだんだん, は明きません, は隠れぬ, へかけ, もつかなかつた, もない, もよく, もわかたず, もわからない, もわからぬ, も何, も少し, も立っ, も見えない, や唇, や顔形, をくっつけ, をくつ, をさんざん, をつける, をとり払っ, をもった, をよけい, を出し, を刻みつけ, を塞い, を彫り, を持っ, を揃え, を撲たれ, を撲たれた, を書いた, を有っ, を浮べ, を黒く, 立ちなるほど, 立ち叔母, 立ち口元, 立ち彫みの, 立ち男性的, 立ち背丈恰好, 立ち身体, 立ち青い

▼ 眼ばかり~ (159, 0.2%)

12 光らせて 9 パチクリ, 出して 5 パチパチさせ, 光らして 3 大きくて 2 であった, では, ぱちぱちやっ, キョトキョトさせ, キョロつかせ, 光って, 光らせながら, 動かして, 異様に, 見て

1 [96件] あやし気, いやに, うごかして, うるまして, がらんと, きょろつかせて, きらきら光っ, ぎょろ, ぎょろぎょろさせ, ぎょろぎょろ光らせ, ぎょろぎょろ忙し, ぎょろりと光っ, ぎよろ, ぎよろぎよろして悪い, ぎよろつかせてゐる兵士が, ぎらぎら光っ, ぎらぎら光らし, ぎろぎろ光っ, くりくりさせ, こすって, して, じろじろさし, ぢや, つン, でした, です, でなくたれが, でなく全身, でなく彼女, でなく記憶, で手, ぱちくりさせた, ぱちつかせて, ぱちぱちさせ, ぴかぴかさせ, キョロキョロうごかし, キラキラ光らし, キラキラ光らせます, キロキロさせ, ギョロギョロと, ギョロギョロ動かし, ギラギラと, パチ, パチつかし, パチパチさし, 上眼を, 使つてゐた, 使つてゐやがる, 光から, 光らし汗, 光らせてを, 光らせました, 光らせます, 光らせ高, 光る, 光る顔, 光る鼻, 冴え明け方, 出した, 出したもの, 出した顔, 出した香潮, 剥きだして, 動かせて, 向けて, 大きい, 大きいとか, 大きい大きい鹿, 大きい機転, 大きくあい, 大きくすっかり, 大きくな, 大きくなっ, 大きな子, 大きな王, 奥深く底光り, 徒に大きく, 怪しく狂わしく気味悪く眤, 拭いて, 時々左右, 注いで, 熱っぽく光らせた, 狙うからな, 白く手足, 白黒させ, 睨み付ける, 神経質に, 肥えて, 色っぽく働かし, 見あわせた, 見えて, 見つけて, 輝いて, 輝かせて, 青く光り出す, 高くつて

▼ 眼~ (142, 0.2%)

6 かけて 3 やって, 針を 2 あてて, かけての, 入れても, 当てながら, 手を, 深々と, 紅を, 飛びこんで, 鼻へ

1 [112件] あてがいながら, いった, かすかな, かわるがわるキッス, きっと最後, きびしい眼, したたかはいり, しみる位, じっといっ, すつかり, その前髪, ちらと, つきつけるよう, なにか稲妻, はいったもの, はいって, はいりかけて, はやらなかつた, ぴったりつけ, ふとうつった, ぶち込んだもの, べつな, やっては, ニコッと, バイキンなど, ヒタと, 一つずつ, 一字ずつ, 一抹の, 一杯の, 一矢射た, 不思議な, 云いふくめまた, 何だい, 光が, 光った, 入ったの, 入ったよう, 入って, 入っても, 入つたやう, 入らぬよう, 入りました, 入りませんでした, 入る, 入ると, 写つて来る, 冷笑を, 出たなんて, 出ると, 刎ねた, 叩き込んだもの, 叫びかけたい, 合図を, 合圖をかは, 同じ不安げ, 吸入を, 哀憐を, 問いかけた, 喜びの, 女を, 嫉妬まし, 宛が, 宛てがった, 小松の, 延びて, 当てた, 当てたの, 当てて, 微笑で, 怪我を, 意味あり, 憤怒と, 抜けるほど, 指を, 掌を, 掛けた, 教えるよう, 早くどこ, 来たもの, 来る, 次にその, 水でも, 水を, 泥土を, 流れるもの, 涙が, 燒きつく, 益満は, 目顔で, 眸を, 矢の, 秀吉の, 私は, 穴を, 突き抜けて, 突っ立てたに, 突つ立てた, 笑いかけつつ, 笑いを, 篏められ, 美しく澄んだ, 血が, 行くぞ, 袖を, 見せつけた, 返って, 這いこむと, 這いこんで, 野獣的の, 飛び込んで, 食い入った

▼ 眼~ (139, 0.2%)

12 にちらつい 4 きを, にちらついた, にちらつく 3 の利く, へちらつい 2 が真っ暗, だけのこと, にちらちら, にちらつき, にチラツイ, に控え, のかきつばた, の利いた, はあらぬ, へ突きつけ

1 [89件] がかすん, がきい, がきゅう, がくらくら, がつかえてる, が動いた, が変り, が暗ん, が真暗, が見えなくなっ, が見えます, が霞ん, きに, しろきに, でふりまわす, なかなかものすごく, にあらわれた, にありあり, にこびりつい, にちら, にちらつきだしました, につきつけ, につき出した, にはもう, には揺れ, にばかり敏感, にひろげ持った, にまざまざ, に光, に去来, に友, に忽ち, に想像, に振り廻した, に描かれ, に揺い, に散らつい, に散らつく, に散ら付い, に朱, に樹, に浮かん, に浮べ, に浮ん, に漂よう, に現われ, に置い, に見える, に閃いた, のかわった, のきく, のこと, の事, の働く, の変った, の太い, の新しい, の景気, の森林, の至らない, の見えない, の見えぬ, の見える, の迷い, の鏃, は海, は箭, ばかり見, へだしぬけ, へ一条, へ伸ばし, へ散らつき出す, へ突き付けよう, へ竹, へ細引, もたちまち, もはやい, もみえない, をいろ, をちら, を変, を変え, を変える, を掠っ, を真っ暗, を離れず, を離れませんで, を霧, 変ったキチガイ話

▼ 眼を以て~ (135, 0.2%)

8 見れば 6 見て 4 するは 2 しても, その外皮, 寺尾を, 彼の, 活寫し, 見られて, 見るもの, 見るよう, 遠くから

1 [99件] お年を, お教え, こうつづけた, この台場, これを, しきりにもっともっとと, して, しては, するけれども, するの, すれば, せねば, その体裁, その何れ, その血肉, たずねて, でなく一居住者, ヤソを, 之を, 人の, 人類を, 今日の, 佐治君を, 出方や, 判別すべき, 古人の, 吾輩の, 夜もすがらここ, 大空の, 天文台の, 奥地の, 字という, 小説を, 彼女に, 彼等を, 心の, 思想言語文學政治宗教其他一切の, 我が日本, 或る, 政府及議会の, 政府及議會の, 数町か, 斬り伏せてから, 暫くその, 書いた最初, 書籍を, 東洋文化を, 次々に, 決して左袒, 注意し, 火の, 現在の, 相手の, 眺め入る, 研究し, 確かめ世人, 社会の, 私は, 突き止めたこと, 立つるに, 終に説明, 編成せる, 聖約, 自分より, 自然を, 蛙飛ぶ, 見ただらう, 見つめて, 見なければ, 見ら, 見られた, 見られた向, 見られた山間住民, 見られるよう, 見る, 見るが, 見るとき, 見るの, 見るべく一国, 見るべく天下, 見るべし, 見る則, 見る瞬間, 見れバ今日, 見乍ら, 見送って, 見送る, 視られて, 観る時, 観れば, 認め得たところ, 説明し得べからざる, 読みつづけて, 超自然, 迎えられて, 透し眺めると, 避けし看護員, 風俗言語の, 魅する力

▼ 眼~ (116, 0.1%)

4 の方 3 にかかっ 2 が癒, だと, になり, に罹り, や胃腸病, を患つて

1 [97件] がいくらでも, がいよいよ, がまだ, が一家, が平癒, が治る, が荏苒, が遺伝, が非常, だ, だよ, で, ではない, ではなく, では迚, でビタミン, で十年前, で去年, で廃学, で手榴弾, で手術, で有る, で目, で船, で難渋, というばかりでなく, とみえ, と皮膚病, と相成った, と称し, なの, にお, にか, にかかった, にかかってる, になやむ, にも利く, に利く, に取つかれ, に就い, に成っ, に成った, に相成り, に真珠, に罹っ, に罹った, のなか, の事, の人, の女の子, の妙薬, の少女, の様子, の治療, の治癒, の流行, の男, の祈祷, の裸体, の話, の難, の養生, はたちまち, はまぬがれた, はよくならない, は先妻, は再び, は治らぬ, は片, は癒, は遅々, も大きに, も快く, も次第, も癒, も癒し, も癒す, も遠から, をうれうる, をさえ完全, をなおした, をなおす, をわづら, を佐渡目, を医し, を得, を患い給うた, を憂えた, を治し, を治そう, を煩っ, を煩った, を疾, を直す, を起す, を酷く, を防ぐ

▼ 眼では~ (110, 0.1%)

17 ない 4 なかった 2 ありません, 舵輪を

1 [85件] あったが, あったけれども, あの男, ありありと, あり遠眼, あると, いぶかしげ, かう見えるといふ, すでにカルル, するどく靱負, そうかと, そう見えた, そう見える, その美しい, それが, そんな虚言, たがいに, だめだ, とてもそんな, とても自分, どうしても搜, どうじゃ, ないそのまま, ないな, ないの, ないよう, ない方, ない鷲, ない鼻柱, なかつたらうか, なかなか見られない, なくして, なくただ, なく大きく, なく頭, ふた目と, ほとんど見えません, ほんとうに, まだたしかに息, クリストフを, 一寸女, 七兵衛と, 上乗無類値打の, 上田氏よりも, 何う, 何も, 何一つ見分ける, 儒者ふうの, 到底見透し, 卓の, 単に一つ, 四方を, 彼方の, 悪びれずまとも, 悪魔の, 抜き身を, 敵地へ, 料理屋連の, 日本には, 明るく出来立て, 本を, 油断なく, 満目の, 真実の, 睨みきれねえが, 碁が, 磐城平から, 窓の, 笑って, 絶えず上甲板, 美女を, 老儒者を, 自分の, 若々しいが, 茶器の, 見えないの, 見える, 見なかつたが, 見られない現象, 覚えずに, 透明としか, 間違いという, 題も, 馬場も, 駄目だ

▼ 眼~ (98, 0.1%)

33 たきを 25 たきも 3 たきして 2 たきながら, たきの少い, たきひとつ, たき一つ

1 [29件] たいた, たいて, たき, たきさして, たきし, たきしないよう, たきしながら, たきするの, たきするよう, たきする間, たきと, たきに, たきの, たきは, たきほども, たくと, つけてたん, やい, やい子供たち, やい小姓, やく, やくちら, やく見つけた綾部大機, やく見つけて, やく読みくだして, ゆく照り映えて, 据えて, 眞赤に, 真赤に

▼ 眼~ (98, 0.1%)

4 だ, をし 2 で彼, になにか, の中, は私, をする

1 [80件] がいつ, がいつしか, がこの, が微笑む, が静か, だが, だった, で, である, でじっと, でちょっと, でながめた, での救い, では, でまたもや, でチラリ, で事もなげ, で俺, で司教, で庇, で斬りかかっ, で相手, で眤, で窓, で老人, で遠く, とに苛立たせられ, とを光らし, と瞳, と重なり合っ, にぎっくりした, にしめつけられる, になる, ににこにこ, には, にはどこ, には人, に俺, に全く, に映じ来たる, に気づいた, に熔ける, に理知的, に異様, のうち, のみ, の光り, の前, の彼, の清らかさ, の現出, の裡, の露け, はますます, は未だ, は薄い, は輝い, も私, も老い, も鼓膜, や, をうつ, をおとし, をかへした, をはずし, をひたと, をもって, をやつ, をゆ, を今, を向け, を大臣, を弥吉, を強く, を彼, を投げ, を押しつけ, を私, を花, を霞ませ

▼ 眼~ (94, 0.1%)

27 をし 6 をした 4 をする 2 で彼, の中

1 [53件] が, がまたそう, が一, が今, が割に, が功, が熱し, が花弁, が見え, だった, だつたが, だと, である, でそう, でそれ, でもっ, でわなわな, でわれわれ, で仕打, で健, で出, で利いた, で弓, で老人, で見上げた, で言葉, で青年, などに注意, になつて, にもお, によって和服, に漂わし, のうち, はただ, はどちら, もあれ, もどこ, も丸々, も足もと, や声音, をしてる, をしました, をしますしねえ, をじっと, をなさる, を以て彼, を彼, を恐れた, を感じ, を気, を自分, を良人, を読まう

▼ 眼くばせ~ (93, 0.1%)

38 をし 18 をした 8 をする 3 をします 2 をし合っ, を三人, を交し

1 [20件] で順, とともに無言, なんかし, に似た, に刑刀, に驚き, のもと, の下, やしかめつ, をうけ, をされ, をなさいました, をも無視, を与え, を交わしかけた, を交わし合っ, を受け, を受ける, 一つせず, 一つで

▼ 眼~ (93, 0.1%)

4 に微笑 3 がぱっちり 2 が笑っ, と口元, にも口元, に一癖, のパッ, の涼し, を紅く

1 [72件] がこの, がじっと, が涼しく, が締り, が芝翫, だけしか出し, だけで笑う, でじっと, でじろり, でにやにや, でひろ子, で優しく, で指す, で殺す, で笑った, で茶化し, なら口元, にありったけ, にとって微笑, にはすぐれた, にはホンノリ, には微笑, には笑, にほれた, にやさしい, にウットリ, に一種, に不, に俊雄, に冷笑, に含ませ, に浮かべられる, に漂わせ, に無限, に皺, に表れた, に見せつ, のすずしい, のぱっちり, の塩, の愛くるしい, の涼しい, の清し, の表情, の酔い, はあの, はよく, は和ん, は母君, ばかり熱く, までかぶった, も今, も口元, や口元, をする, をほほえませ, をウットリ, を染め, を桜色, を此方, を皺, を直し, を細く, を細め, を見, を見る, 何ともいえない, 何やら存, 口元の, 口元は, 口元も, 愛らしければ

▼ 眼だけが~ (91, 0.1%)

2 お珊, 僕の, 少女らしく, 痙攣的に, 遠い空

1 [81件] あった, いかにも忙し, いやに, いよいよ白く鋭く, おしもの, かすかに, かなり険しく, ぎろぎろ光っ, ぎろりと自然の, くっきり浮び, けい, これも, これを, するどい, するどくからみあった, そのよどみ, そんなふうに古島さん, ひどく敏感, へんに, ほのかに, まだ生き, まったく異, もとと, やたらに, カンテラに, グル, 不気味に, 二つながらない, 作りつけの, 偏執的に, 僅かに, 光って, 円くて, 冴えて, 出て, 動く, 吸われるよう, 大きくなっ, 大人に, 張りの, 彼女らの, 憎悪の, 攻撃の, 晩春四月の, 曾ては, 森本の, 残って, 気に, 気味悪く光っ, 注意の, 深く落ち凹ん, 温かくなっ, 澄みきって, 火の, 烙印にな, 爛々として, 狂人の, 異様に, 白くそれ, 盲目な, 相変らず挑む, 真面目に, 神秘で, 稍神経質なうるほひ, 空洞の, 笑いを, 細く波打っ, 見えた, 見えて, 見える, 見えるやう, 見つけ出されは, 見ひらかれて, 鋭く光り出した, 陰気に, 集まりゃ旗本, 霞んで, 露で, 高い高い青空, 黄色く光り, 鼬の

▼ 眼だけ~ (88, 0.1%)

7 出して 6 では 3 である, 光らして 2 光らせて, 動かして, 笑って

1 [63件] くりぬいた毛糸, この, だ残って, であるよう, でよく, で他, で何, で口, で時刻, で縋りつくやう, で縋りつくよう, とんがらせて, ぱちぱちさせ, ぱちぱち瞬い, まだ生き, まん, みえる小, キョロキョロ動かせ, ギロリと, パッチリ, 何んと, 使って, 出した二十日鼠, 出した痩せぎす, 出した酒男, 出した馭者, 出した黒い, 出すと, 出て, 出るよう, 変に, 大きくひらかれる, 大きく明け, 大きく見, 大きく開け, 嫉妬に, 微かに, 放心した, 未明の, 横眼に, 沃えた, 泣いて, 狂つた獣の, 生きのこって, 異様に, 空に, 笑いながら, 笑えなかった, 笑ひ, 見える眼, 見せて, 見つめて, 見れば, 覗いて, 覚めて, 起こして, 鋭く五郎, 鋭く反抗, 開いて, 開けても, 頭巾の, 顔を, 高くって

▼ 眼覚め~ (87, 0.1%)

6 ていた 5 ている, てきた 4 てくる 3 て来た 2 てゆく, て猪

1 [60件] かな, が余りに, さしたらしかった, そうも, それによ, つつある, てい, てからは何, てしばらく, てすぐ, てその, てまた, て二つ三つ, て他, て入浴, て口, て後, て攪乱, て昨今, て時雨, て月, て朝湯, て来, て次の間, て気恥しい, て珠, て真に, て硝子障子越し, て窃, て耳, て茶, て街, て訝, て読書, て起き上る, て起床, であつ, ではご, とみえる, と名づける, ながら, ながら息, なさりませ, にすぎなく, になります, にはそれ, にふっと, の息, の懶, はいっそう, はすまい, は自分, もその, もわるく, を心, を思わせる, を申し上げる, を経験, 狼群の, 私は

▼ 眼~ (84, 0.1%)

13 が熱く 6 に涙 4 の熱く, を熱く 2 があつく, に彷彿, の陰, を抑え, を押えた

1 [47件] おのずから熱し, からも涙, からヒョイ, から大粒, から左, から流れ出た, から熱く, から瞼, がうるん, がしだいに, がじっく, がむず痒く, が急, が潤んだ, が痛く, が自然, で雄太郎君, というところ, にある, にいっぱい, にきらめく, にしみ込んだ, にはちかちか, には目脂, にキラリ, にニジ, に一滴, に光る, に溜った, に熱い, のところ, の方, の涙, の窪み, はひとりでに, は細い, は赤く, へ突きあげ, まで割り付けられた, をおさえ, をふく, を拭, を拭い, を拳, を横拭, を触, 細く下

▼ 眼もと~ (83, 0.1%)

3 の涼しい, をし 2 がくらくら, に勝気, に微笑, や口もと

1 [69件] から海棠色, から涙, がいい, がモルガン, が暫く, が紅く, が赤かっ, が隆吉, だ, だけが次兄, だった, だって細長い, であつ, で云った, で女中, で拾うのべ, で紫陽花, で胸, といい, にあふれ, にうすく, には人, にまばゆ, にも気分, に何, に冴え光る, に媚, に早, に泛ん, に深淵, に溢れ, に男, に細かい, に見入り, のすずしい, の肉, の表情, はうれし, は旦那様, は源右衛門, は茶わん, は酔い, ばかり出し, へほんのり, へ現, へ眼, へ矢, まで引きつけた, もとろり, もほんのり, も父太子, やその, や身, をくるっ, をじっと, をすぐ, をちら, を今, を和めた, を微笑ませ, を思ひ出した, を染め, を染められ, を桜色, を見詰むる, を赫らめ, を顰め, を顰めた, 鈍からず

▼ 眼~ (82, 0.1%)

3

2 [11件] そして小林, つたと, つて事あり, ということ, な, ね, のが, まで私, ッ, トまた, 眼だ

1 [57件] あの眼, おらあ, おれが, からで, からであった, からなさけない, からはやく, から凡そ, から瞠, がしかし, がその, がち, が何, が盲人, が羽柴どの, が視線, けれどもその, けれども素人写真家, こと, っけ, つた, つたから, つたのさ, つた上達が, つて何だ, つて大した, つて見えました, という, ときを, となんにも, とは信じかねた, とは断定, と久慈, と小林, と心得, と思った, と思つて, と思ふ, と感じた, と気付いた, と言っ, と言つて, なと思, なと登, なと美津江, の, のう, のは, のを, もの, よ銭形, わ, ッ眼だ, ッ眼の, 人も, 川村も, 腹だ

▼ 眼~ (81, 0.1%)

15 の裏 8 の上 6 を伏せ 2 が腫れ, のあたり, の運動, をあげ, を伏せた

1 [42件] から弱々しい, がけいれん, がひくひく, が二重, が大変, が濡れ, が熱く, が神経的, が重い, が重く, が重たく, だけを開け, で笑う, にあてがう, にそ, にも皺ひとつ, にトビ, に凝集, に浮き上り, に眼張, のうへにやや, のくつ, のふち, の下, の熱く, は主人, は殆, ばかりに力, や唇, をあけ, をしば, をゆがめた, をパタパタ, を上げ, を大きく, を手, を挙げた, を物憂, を見あげた, を赤く, を閉ぢ, を開く

▼ 眼鼻立ち~ (81, 0.1%)

3 の整った 2 が恐怖, こそ兄さん, でさわやか, の整つた, も醜から

1 [68件] から姿, から風付き, があった, が中村, が中村珊玉様, が今, が母親, が立派, が鶴原, だって万更, であったが, であったろう, でありながら, でもし, で御座いましてナ, で頬, と希臘, と御, などは覺, に神経, のきりりと, のくっきり, のキリ, のキリリ, のハッキリ, のパッ, の中, の切れ目, の可愛らし, の大, の大きい, の揃った, の整つた面, の清らか, の満足, の立派, の端正, の端正さ, の素直, の細かい, の美男子, の聰明さ, の鮮, はきりっと, はそんなに, はよく, は先ず, は大きく, は寧ろ, は悪く, は惡, は愛くるし, までが鮮, もかたまらない, も同じ, も尋常, も美しかっ, も表情, も見分けられぬ, も醜く, も際立っ, や堅, や輪廓, をし, をした, をよう, を具え, を見た

▼ 眼づかい~ (78, 0.1%)

6 をし 3 に私 2 にじっと, に左膳, に栄三郎, に見, をした, をする

1 [57件] が五郎三郎, が大胆, じっと大次郎, であたし, でお祖母さん, でそれ, でわたくし, でジロジロ, で伯母, で娘, で見た, などが陰険, に, にき, にじ, にじいっと, にじろりと, にその, になり, にもする, にショウ, にセルゲイ, にチラチラ, に凝然, に唇, に大次郎, に天井, に天床, に射, に射向けた, に忠之, に恐る恐る, に憎々し, に教師, に枕元, に正座, に渋沢, に男, に相手, に穴, に窺う, に腕ぐみ, に若, に薄暗い, に黒い, のただ中, のよう, の写真, の端々, の裡, はあたかも, は下品, は話し, までがソックリ, ようやく本来, を迷わせた, 足どりまでも

▼ 眼~ (77, 0.1%)

2 か, という者, は相手

1 [71件] からいいだした, がつきとめ, がほじくる, がダメ, がチョイチョイかま, がワッ, が先, が十手, が大股, が本気, が煙草入れ, が申し上げたい, が腰, が門, さすがに, じゃあねえ, ではない, とある角構え, といわれ, と五人, と折助, について列, にはこれ以上, には思う, に弱腰, のとり, の十手, の声, の小肥り, の手, の胸ひとつ, の脳天, の腹の中, の言, の誘い, の返辞, の釘抜き根性, の鬼, は, はこれ, はすぐ, はそう, はていねい, はなんとなく, はふたたび, はわらじ, はセセラ笑い, はツン, は事実, は傲慢, は免許町, は境内, は大, は寝られなかった, は息, は我, は拇指, は板縁, は濁り, は無造作, は煙管, は縄付, は腹の中, は話, は身, は釘抜き, も少し, も斬られ, やはりお, をかかえた, 時々ジリジリと

▼ 眼~ (76, 0.1%)

6 で知らせ 3 で制し, で知らせる 2 でそれ, で会釈, で八五郎, で合図, で挨拶, で知らせた, をし

1 [50件] して, で, でうなずいた, でささやき合っ, でしかりつけ, でそんな, でなに, でなにか, でパチパチ, で伝えた, で冷笑, で切り, で半分歎願, で向う, で夫人, で差図, で弓子, で押え, で押し, で指示, で早く, で源三郎, で準之助氏, で火鉢, で父, で留めた, で知らせ合っ, で私, で色々, で色めいた, で行っ, で話し, で話し合っ, で話合ッ, で誘い合っ, で誘っ, で語りあい, で誰, で頷い, にこたえ, に案内, に私, のうち, や声, をあわせ, を忍ん, を見合せた, を見合っ, を見合わせ, を読む

▼ 眼鼻立~ (76, 0.1%)

3 は立派 2 お園, が非常, のよく, の整った, もまんざら, も尋常, も老

1 [59件] あしからず粧, からいう, から年頃, から綺麗, がくつきり, がはつきり, が又, が尋常, が惡, が整つて, が良い, が調っ, さえ判明, その濕つた風, ですが, でみがき上げれ, にでき上っ, に火, のいかつい, のはっきり, のキリツ, のチグハグ, の可愛らし, の可愛らしい, の尋常, の悪く, の整つた, の確り, の立派, の端麗, の細かい, の逞, の青年, の鮮やか, はそんなに, ははっきり, はドチラ, は成, は整っ, は決して, は派手, は町娘, までがっちり, までがつ, もこの, もキリリ, も大きく, も江戸, も甲板, も知っ, も立派, も見事, わけても少し, をすっかり, を彼, を持っ, を持つ, を確かめる, を見せ

▼ 眼について~ (70, 0.1%)

2 くる, ならない, ならないの, ならなかった, 今でも, 仕方が, 八五郎も, 物凄かった, 自分自身の

1 [52件] あとを, あの時, いいところ, いかんの, ぎょっとした, この平野, しょうがない, その優しい, それが, ただ茫然, ひき戻されるんで, やつれて, よう貰い切れなかった, りよは, わたしは, ゐた事, ゐるの, 二三の, 人形常という, 傍に, 十吉の, 印象に, 吹き鳴らす, 大変に, 女の, 嫌に, 宇兵衛方へ, 寝られなかった, 心配で, 恐しくて, 恐らくこれ, 悪かった, 来た, 来たから, 来たの, 来たので, 来る, 来るそして, 森の, 欲しいなと, 汚くって, 火事早い, 煩いやう, 父は, 私は, 腹立たしい気分, 裸で, 豪家の, 離れない, 離れなかった, 青い眼, 食慾を

▼ 眼だけは~ (69, 0.1%)

2 大きく開け, 笑いに

1 [65件] あざむくこと, おろおろとして, ごまかせない, すこぶる変った, そこから, その上方, その人間, その間も, そらさなかった, それでもまだ, それを, たいして誤らぬ, たえず次郎, たえず真, たしかな, ちっともゆるめない, つぎの, ふだんと, ふつうの, ギロリと, 不思議に, 争われない, 何の, 例によって, 凝乎, 切目が, 善良そうに, 変に, 外さずに, 外に, 多少本性, 多鶴子の, 実に見事, 彼の, 忙が, 挑みかかるよう, 敵意かとも, 文字の, 景色に, 決して笑っ, 活, 火が, 爛々として, 物憂さうに, 物憂そう, 生きて, 生き生きと, 異様に, 眩ませること, 確に, 窓の, 笑ふ, 紛れも, 美しかった, 義務の, 胡魔化せない, 自分の, 處女の, 血走ったよう, 誰が, 走らせて, 鋭くなり, 閉ぶっ, 開けて, 頭の

▼ 眼でも~ (65, 0.1%)

4 耳でも 3 鼻でも 2 あつた, して, ない, 昔の

1 [50件] あった, あったら一時, ある, あるお前, あるの, いつぞやは, お前の, さまされたら却って, つぶれて, どうかし, ないん, まわすと, わかる偽者, 一太刀怨めない, 休めるよう, 動いて, 千鶴子に, 可愛らしい唇, 否むに, 垣間見たいと, 射られたよう, 悪いの, 打ったという, 拔かう, 持ち合せ, 測ること, 潰れてはと, 猿まなこでも, 皮膚でも, 眠った後, 眩した, 眩わ, 眩んだよう, 知れて, 突つかれ, 舌でも, 良けり, 見えたならこういう, 見えなくなったよう, 見たいと, 見たいもの, 見ること, 見るの, 覚しそれ, 覺す, 輝かせて, 退治し, 醒ますと, 醒まそうもの, 鱗でも

▼ 眼より~ (64, 0.1%)

18 見れば 4 見て 3 高く差し上げ 2 射る, 怖ろ, 正義の, 見るとき, 見る時

1 [29件] いいかも, うたてき, して, すれば, ずっと上, せば, だいぶ小さかっ, 乱落つる, 他の, 冷ややかに, 去る, 外の, 射る樹, 小さき星あまた飛散, 怪しき光, 涙落つる, 溢落る, 直ちに種板, 細かった, 落つる涙, 覆面を, 見ても, 視れば, 観れば, 觀る, 迸らせ弱き, 遠ざけねば, 野獣の, 高く差し挙げ

▼ 眼とは~ (56, 0.1%)

2 ならぬ, 伯の, 思えないほど, 見られない虐

1 [48件] いえこうして, えらく違います, おこったよう, この場合, しなく逢つて, じかに物そのもの, すばらしい, どんなに雑踏, ぶつかった, まったくべつ, 一つ思いに, 一字の, 互いに睨み合っ, 何の, 十分に, 大きに違う, 彼が, 彼を, 思われないほど, 思われぬ, 暗い中, 梯子段の, 泉の, 無量の, 犬儒派の, 珍宝である, 益々冴える, 知性であり, 確かに, 見えないので, 見えない異様, 見られない凄まじ, 見られない凄まじい, 見られない器量, 見られない痛々しい, 見られなかつたさ, 見られぬ恐し, 見られぬ物凄い, 見られん, 違う, 違って, 違ふ, 遠くから, 選択する, 鏡の, 雷霆の, 面白いもの, 駄本の

▼ 眼とが~ (54, 0.1%)

2 ある, 何といふ

1 [50件] あの羊皮紙, おた, かちっと, かれら, こもごもに, これに, こわれた人形, せつなに, そのとき, なければ, なんとは, ぴったり出合う, ぴったり合う, ぴったり合った, ぴつたり合つた, ぶつかった, ぶつかった時, まざまざと, まずもっ, やはりきりはなせない, わるく, ガッシリ空間で, バッタリと, 互いに相手, 互に我, 凝と, 出っくわす瞬間, 合うほどまでに, 彼に, 彼の, 彼女の, 意識と, 期せずして, 深い学者的, 深くいつ, 特徴である, 相合ふ, 瞠合った, 瞬間にらみ合った, 自分を, 荒法師といった, 西洋の, 触れ合った, 触れ合ったが, 輝きを, 酔ったくれていう, 鏡の, 長い間見合つて, 離れほそ, 頭の

▼ 眼とを~ (54, 0.1%)

4 見ると, 見合せて 3 もって, 持って, 見合せた

1 [37件] あっと, いっしょに, うち開いた, かわるがわる眺めた, した体格, じっと見つめ, ぬぐって, はげしく撲つ, ひきつけるもの, もった瘠せた手, もった連中, もつ格蘭得火太立旅館, よく役人連中, ポケツトの, 何か, 働かせながら, 光らして, 円くし, 凝と, 半ばずつ, 失ったらしい三十がらみ, 孝太郎は, 彼は, 後世に, 忘れぬやう, 打ち開いたまま, 持った子供, 持った男, 正しく交わし, 比較し, 絶えず働かせ, 見出した, 見合はせ, 見合わせながら, 認め得て, 近寄せて, 養はれたらしい

▼ 眼じり~ (52, 0.1%)

3 に皺, をあげ 2 から涙, を下げ

1 [42件] からこめかみ, からとめど, からぽ, から一, から中館, から涙みたい, から白く, から脂汗, から開い, から頬, がたるん, が下がる, が吊る, が裂け, にこまかい, にながれ, にも大きな, に優しい, に吸いよせる, に彼, に有名, に睨め捨て, に細い, の切れ, の小皺, はもう, は下がっ, は女, は紅く, もおもむろに, も下げ, も引ッ, をこすっ, をしわめ, を一つ, を宣房, を指, を裂い, を越え, を釣りあげ, を鉢金, 横から

▼ 眼~ (52, 0.1%)

6 の前 4 して

1 [42件] あくこと, えらい妖艶, が細う, くらましなさった, くらんで, つぶったなり, つぶったまま, つぶって, つぶってる間, つぶっとれとこ, つぶるとしても, で人, で合図, で物言う, で笑いなさる, と眼エ, にはほんま, に一杯, に一杯涙, に映って, に涙, の中, の周り真, の間, ぱちぱちさし, をかすめ, 使われたらなかなか, 光らして, 吊り上げて, 擦り擦り起されてしもて, 痛うに, 細くし, 見えんよう, 覚まさしたらいかん思, 覚ましたらいかん, 覚ました時, 覚まして, 覚ましなさって, 開いたり, 開いた時, 開いて, 黄色いでしょ

▼ 眼がけ~ (51, 0.1%)

2 て投, て押寄せ, て拳, て日, て走り, 同時に葉

1 [39件] て, ていろんな, てこの見知らぬ, てころげ出しはじめた, てこんこん, てその, てグサッ, てバラバラッ, て一足飛び, て力, て力一杯, て投げ付けた, て投げ付けよう, て掴みかかった, て数十人, て斬りかかりました, て殺到, て毒気, て泳げる, て渦巻き, て溢れ出した, て烈しく, て犇めく, て猛烈, て突刺しました, て突進, て行かなく, て躍り込んだ, て這いかかっ, て進ん, て飛びかかっ, て飛びかかろう, て飛びこみました, て飛びつい, て飛びつき, て飛び出す, て飛び込む, て駈け, て駈け抜ける

▼ 眼~ (51, 0.1%)

19 ぐるしい 12 ぐるしく 2 ぐるしく動いた

1 [18件] ぐるしかった, ぐるしき感情の, ぐるしくあらわれる, ぐるしく働きました, ぐるしく動く, ぐるしく変っ, ぐるしく往く, ぐるしく流れ, ぐるしく滑っ, ぐるしく行っ, ぐるしく飛び違う, ぐるしく飛ぶ, ぐるツたいほど, ぐろしくあげてそれを, ぐろしくあらためて余の, ぐろしく駈け, 苦しくなった, 苦しくなつた

▼ 眼だけを~ (47, 0.1%)

3 出して 2 大きく見開い, 毛布の

1 [40件] うごかして, おもしろそう, お浜, きよろ, きらつかせ傍, ぎらぎら光らした, しぶくあけ, その間から, ちよつと, つけて, のぞかせて, カッと, パチ, パッチリ見張り, 上げて, 何べ, 何故私, 光らした, 光らして, 凝つと, 動かして, 取って, 向けた, 向けて, 埋めて, 彼の, 怒りに, 手に, 残して, 生き生きと, 異様に, 白く上ずらせ, 白く剥き出し, 白く抜い, 相手の, 舟縁の, 蓋する, 見せて, 見て, 見張って

▼ 眼を通して~ (45, 0.1%)

2 後で取り, 扁理を, 物事を

1 [39件] いつの間にかその, おかなければ, これを, さて喜八, しまつてから, そうして細事, そしてただおれ, そっと金庫, その尊い, その結末, それから先刻, ものを, ゐた, ゐないから, ゐる, ゐること, クリストフは, ラテン芸術の, 会社の, 作を, 叙述され, 居るそれ, 居るどんな, 差支えの, 彼女を, 悲しそう, 歩き, 気に入った所, 氣に, 水晶の, 直接に, 置く, 行った, 見た, 見たが, 見た後, 見ても, 見まもるよう, 錢箱の

▼ 眼~ (44, 0.1%)

25 くしを 2 それに

1 [17件] いずれかの, え, え右, お勝手の, さもなく, それとも尻尾, づらと, づら賣, 何か, 右耳か, 或いは彼自身, 涙顔, 足を, 銀眼か, 髪の, 鼻で, 鼻でも

▼ 眼をと~ (43, 0.1%)

16 ぢて 5 ぢた 3 ぢる, ほして 2 ぎすまして, ぢれ, づ 1 ぢず, ぢたま, ぢてと, ぢに, ぢました, ぢもの, ぢようと, ぢ汽車ぬち, ほす暇, ほんと据え

▼ 眼隠し~ (42, 0.1%)

6 をし 3 をされ, をした, をする 2 をさせられ

1 [25件] が厳格, されたよう, された馬みたい, されて, だの鬼, ていた, として幾株, に崩れた, のよう, の布, の手拭, の手拭い, の掌, の板, やら鬼, や猿轡, をされた, をしてやる, をずらし, をとられる, をほどこし, を拒絶, を直す, を解きます, を除

▼ 眼との~ (41, 0.1%)

6 間に 4 間が 3 間の 2 距離の, 間を

1 [24件] あいだに, あひだ, うごきかた, やさしみ, 区別を, 喜悦を, 因縁やら, 均衡が, 寂しい顔, 幅一メートル八インチ半程の, 比較に, 無音の, 相違こそ, 睨み合い呼吸, 結合物は, 肥えて, 色の, 調和を, 赤黒い炎, 趣味性を, 距離を, 釣合は, 間には, 食い合い

▼ 眼覚めた~ (40, 0.0%)

3 ような 2 ばかりの子供, 科学などに

1 [33件] けれどあまり, けれど朝寝, すっぽんは, そういうこと, ときかたわらには, とき彼女の, とき愕然と, とき憂鬱な, とき浜辺の, のか, のが, のだ, のだった, のである, のを, ばかりの汚点, ように, 主水, 人が, 今と, 姫君に, 支那青年を, 文学者は, 日本近代文学の, 時には, 時地獄に, 時自分が, 瞬間や, 私は, 科学などを, 老祖母, 農村を, 鳥が

▼ 眼という~ (39, 0.0%)

12 ものは 4 のは, ものが 3 ものの

1 [16件] のか, のが, のであろう, もので, ものでございます, ものも, ものを, 器官だけの, 張りの, 怪物が, 文字は, 眼が, 習いだ, 術士が, 表現で, 魔術使いが

▼ 眼さき~ (38, 0.0%)

2 にちらつい, へ突きつけた

1 [34件] から直ぐ, がかすんだ, がきらきら, がくらく, がまつ, が暗んだ, すがめて, にちらちら, にちらつく, につきまとう, には依然, に列べられ, に浮かんだ, に浮んだ, に片手さし, に突きつけた, に突き付けられた, に見えた, に詰, の二三人, の変った, の敵, の早い, は広く, へ突き出した, まで昏, も利い, も見えず, も見えない, をくらました, をよぎる, を掠め, を明らか, を稲妻

▼ 眼くばせし~ (35, 0.0%)

2 て, て障子

1 [31件] たり湯, ていた, ていづれ, てから船長, てその, てぢ, てとたんに, てもう一度, て丹波, て二人, て何, て外, て室, て幾らか, て扉, て携え, て早く, て次, て歩, て死ん, て立ち上がり, て立ち上った, て退がりかけた, て針助, て陸, て雨戸, て面布, て頼朝, て齋藤, ながらひらり, ながら一二度辞退

▼ 眼~ (35, 0.0%)

2 に見える

1 [33件] かでは私, かで視, かにあつ, かにし, かにでも, かに冬子の, かに吹き寄せ, かに見た, かに覗き込む, かに近, かに迫つた幸福な, かに迫つて今夜から, かのこれ等, かの火, かの鎮守, な相手, にあ, にあった, にそれ, にぼんやり, にみる, にオリオン, に切りそいだ, に戦争現地, に控え, に白く, に見え, に見る, に迫っ, にA子, の帷, の道芝, へ來

▼ 眼~ (34, 0.0%)

8 に冠 7 にかぶっ 3 にかぶつ, にかぶり 2 に引き下げ, に被った 1 か, かにかむ, かに冠, にかむっ, にした, に冠つた帽子, に被, に被り, に覆つ

▼ 眼使い~ (33, 0.0%)

3 に相手, をし

1 [27件] が変, でオズオズ, でオドオド, でチョコレート, で地図, とさえ間違えられる, にじっと, ににらみあげる, にぴたり, にジロリ, にチラ, に二人, に向う, に夫, に妙, に媚び, に平次, に指, に盗む, に能登守, に若者, に遠方, に顎, はその, は彼, をした, を一人

▼ 眼いろ~ (32, 0.0%)

8 を変え 2 をし

1 [22件] がそれ, で見, になった, になる, にも自負, に出た, まで無, もそれ, も猛々しゅう, をう, をもって何事, をもって頷いた, を変えだした, を察し, を持っ, を研いだ, を緊張, を見あげた, を見合せた, を見直した, を閃かせた, 足どりまでが

▼ 眼からも~ (32, 0.0%)

3 涙が 2 口からも

1 [27件] ずっと兄, その船上, たらたらと, べつな, ぽろぽろと, わすれられない, マンの, 今夜の, 光るもの, 噴出する, 大きな涙, 巨細に, 彼女の, 惚れ惚れと, 明らかに, 熱い涙, 玉の, 白いすじ, 秀勝は, 立派な, 耳からも, 親しみ敬はれる, 親切な, 防いで, 隠れて, 青い火, 鼻からも

▼ 眼さえ~ (30, 0.0%)

2 動かさない

1 [28件] あくならば, ある, これには, して, てかならず, はっきりと, みえたら陣中, よければ, パッチリ闇, 不自由な, 伏せて, 光らせて, 利いて, 彼は, 恐い, 打ったら唐寺, 持った上, 挙げようと, 是を, 氷りて, 濡らして, 眩み出した, 肴から, 藤尾の, 見えたら自分, 見えぬよう, 見えねば, 閉じ呼吸

▼ 眼ざま~ (30, 0.0%)

5 し時計 2 しさ, しに, せた

1 [19件] させる力, し, しいお, しいと, しいほどに, しいもの, しい二つ, しい傾向, しい御馳走, しい物, しい生長, しい頂点, しく働いて, しく栄える, しく活動, しく頼もしい, しには, しの, し彼

▼ 眼覚める~ (30, 0.0%)

3 ような 2 とすぐ

1 [25件] ことによ, ことを, とそこ, とぞっと, とよい, と傍, と同時に, と自室, と隣室, と雨, のが, のを, ばかりにその, ばかりの美男, ばかり美しかっ, また早, や乾児たち, より起きた, 快い日, 思いが, 想いで, 昨夜は, 時, 程緊張したなら, 良い月夜

▼ 眼~ (30, 0.0%)

3 で押 2 で八五郎, で追

1 [23件] であい, でしきりに, でその, でとめた, で人, で何やら, で合圖, で向う, で妾, で愬, で晝飯, で知らせ, で訊ねる, で話し, で誘つて, で誘ひ, で隣り, にもの, に案内, に物, の合圖, の色艷, を働かせます

▼ 眼~ (29, 0.0%)

2 を裂い

1 [27件] が熱く, が薄ら, でもさげ, で凝, なども恐ろしい, には涙, に滲むだ, に滲ん, に目ヤニ, に隠れ, の具合, の熱く, の鋭い, は桃色, も鼻, やらを夫, をお, をかすめ, をさげまい, を吊りあげる, を少し, を突く, を裂き, を裂きました, を逆立て, を逆立てた, を鋭く

▼ 眼立つ~ (29, 0.0%)

4 のは, ように

1 [21件] が色白, きつぱりした鼻, ことも, てゐた, て周子, て居た, て愛くるしい, て粗末, て面, に違い, のだった, のであった, ほどの皺, ほど影, ものは, 一搆え, 一軒の, 品だ, 服装を, 社会現象と, 背広夫人は

▼ 眼~ (29, 0.0%)

2 てこよう, 得に, 得の

1 [23件] すゑし, てここ, てこれ, てすぐ, ても懐かし, てわかる, てサッと, て二つ, て四つ, て四つん這い, て妹, て思わず, て置け, て置こう, て貰っ, に訴え, ゆ, 奇容, 据ゑき, 損え, 損へば, 耳聞心識等に, 若為憐

▼ 眼医者~ (28, 0.0%)

1 [28件] がある, がたいへん, が住ん, とは安い, にか, にし, に払う, に行く, に通, に通う, に通っ, のいる, のよう, の上手, の家, の納札気狂い, の薬籠, は, は焼, へつれ, へゆく, へ向, へ行き, へ行く, へ行ったら, へ通っ, へ通わね, を開業

▼ 眼通り~ (28, 0.0%)

3 を願 2 して, を願っ

1 [21件] かないませんでしたが, するの, だナと, であるぞ, で何とも, にながめ, にもならない, に斬り, に置く, の儀, ほど幕, をいただけましょう, をおおせつける, をお許し, をゆるした, を与え, を得た, を願い出, を願い出ました, を願った, 仕り許すとの

▼ 眼配せ~ (26, 0.0%)

10 をした 4 をし 3 をされ 2 を交し 1 が交された, で外, をしました, をし合った, をする, を讀ん, 一つで

▼ 眼~ (25, 0.0%)

7 んだ 3 のだ 2 のか, のであった, 日本左衛門に 1 のであっ, のである, のであろう, のでございます, のです, のよ, のを, 実業家で, 瞼の

▼ 眼~ (25, 0.0%)

3 にうるさき, の配置 2 を撲つ

1 [17件] が開かない, に打ち込まれ, に苦い, の穴, まで墨, もあけられない, も手足, をひっ叩く, をふさい, を塞ぐ, を打ち, を打っ, を描い, を明け, を突き出しました, を閉じた, 迄墨

▼ 眼だけで~ (24, 0.0%)

3 笑って 2 彼にとり, 笑いながら, 笑ひ, 見て

1 [13件] あつた, きっと睥, 中を, 便所の, 塩野を, 彼にも, 挨拶を, 父を, 笑つて, 美味いもの, 老師を, 部屋に, 隅の

▼ 眼ばかりが~ (24, 0.0%)

2 爛々と

1 [22件] いらいらと, きらつくな, たとえ千人, らんらんと, ギョロギョロと, ギヨロリと, 二つの, 光って, 光つてその, 光り合う, 大きく大きくなっ, 大きく月代, 大きく異様, 妙に, 星の, 白かった, 草隠れの, 薄暗く光っ, 見えて, 陰影の, 飛びつくよう, 馬鹿に

▼ 眼まい~ (24, 0.0%)

6 がする 3 のし 2 がし, をおぼえ, をおぼえた, を感じ出した 1 がこみあげ, も停り, をし, をする, を感じ, を感じるらしく, を覚え

▼ 眼よりも~ (24, 0.0%)

3 高く差し上げ

1 [21件] おそれたの, お駒, この夫人, はるかに, ぴったりと, むしろ耳, 一層とがっ, 上に, 二十二パアセントだけ, 口の, 口よりも, 寧ろ頬辺, 心に, 心を, 物が, 相手の, 着た当人, 確かで, 赤くただれ, 閉じた眼, 高くさし

▼ 眼~ (23, 0.0%)

2 へあれ

1 [21件] ういふ, へさませ, へつぶる, へなかつたら, へに眩くなれり, へまだ, へもの, へ上げれ, へ不自由, へ感じない, へ持つ, へ瞑, へ細め出した, へ肴, へ血, へ見えぬ, へ見えれ, へ鄙, へ閉ぢ, へ開い, へ除け

▼ 眼~ (23, 0.0%)

9

1 [14件] てあはれ, ている, てにらんだ, て云, て何れ, て姉, て睨みぬ, て睨んだ, て私, て私たち, て視, て部屋, て釣談泉, て鎮座

▼ 眼立っ~ (23, 0.0%)

3 ていた, て来る 2 て来た

1 [15件] てきた, てみえる, て出, て増加, て多く, て少なく, て御, て悪く, て立っ, て肥った, て行なわれる, て見えた, て進出, て酷い, て顕れ

▼ 眼にかけて~ (22, 0.0%)

2 綿密に

1 [20件] えもん, もう泉, 一米突, 三人は, 出て, 口を, 図々しく右, 夕立の, 室内に, 帝国ホテルを, 怪青年矢部は, 悠々と, 悠然とその, 法水は, 疾駆し去る, 私は, 空嘯いた, 立ち上り書棚, 背後の, 逸早く都門

▼ 眼障り~ (22, 0.0%)

3 だから 2 だ, になる

1 [15件] かと存じ, ださがれ, だろう, だ帰れ, でしかた, でしたが, でしたろう, でならぬ, で仕様, ということ, にする, になっ, にはなら, にもならなかった, のよう

▼ 眼づかひ~ (21, 0.0%)

3 に彼, をする

1 [15件] がまだ, に, にいつた, にこつち, に人, に他人, に十吉, に四邊, に少年, に憎々し, に梨枝子, に盥, に相手, に考へ込む, に見あげた

▼ 眼とも~ (21, 0.0%)

2 明を

1 [19件] いい目籠, が半分盲, すっかり見えなくなっ, つぶれたと, つぶれ乞食, よく見えなかったらしい, 云わず鼻, 全く盲目, 双児とも, 失明する, 思はれない, 思われない, 明かに, 私の, 見えなくなって, 言えるもの, 違う, 駄目に, 鼻とも

▼ 眼をも~ (21, 0.0%)

1 [21件] あげなかった, おおうて, それへ, てって, また閉ぢ, よろこばすで, 備えて, 十分楽しませる, 忘れず, 想ふた, 抜くといった, 洗った, 洩れたこの, 瞑つて宛, 見たの, 見合せ, 逃れないと, 鋭敏な, 驚かさないわけ, 驚かします, 驚かすほどの

▼ 眼~ (21, 0.0%)

2 の広告, をさして

1 [17件] だの煙草, とすべく, になる, のお爺さん, の壜, の看板, の眼鏡, の精, をさし, をさす, を一滴, を出し, を売った, を注し込まず, を貰, を貰っ, を買う

▼ 眼かくし~ (20, 0.0%)

4 されて 3 の布 2 でもする

1 [11件] がし, が楽, さえし, された早苗さん, である, とをはずされました, にされた, に押さえつけられ, のハンカチ, の革, までされ

▼ 眼その~ (20, 0.0%)

2 姿を

1 [18件] はなやかな, ま, もつ性格, 口どこにも, 唇, 女の, 島を, 強記に, 心で, 林檎の, 歪める頭脳, 洞察力の, 眼, 眼から, 穴の, 身にも, 陰鬱な, 顔を

▼ 眼です~ (20, 0.0%)

1121 かい, がいま, これが, ずばりと, つて, ねと突然, ものね

▼ 眼~ (20, 0.0%)

4 をつけ 2 は, をつけた, を付け 1 がつい, がつきました, しい人物, しい手がかり, の如く, の幻像, もつい, を, をつけさせた, を付けた

▼ 眼見た~ (20, 0.0%)

2 だけで, だけで全く, ばかりで, 平次が, 重吉は 1 お蓮様, が直に, ことは, さに, ときは, とき矢代は, 作阿弥は, 対馬守は, 時から, 男は

▼ 眼醒め~ (20, 0.0%)

2 ている

1 [18件] がぼんやり, ておる, てくるんだ, てじっと, てゐる, て同時に, て見れ, て言, て鼠色, になった, になりません, になる, のよう, の第一歩, まことに不覚, を主題, を美しく, 地上における

▼ 眼であり~ (19, 0.0%)

2 唇かと, 耳であった, 耳であり

1 [13件] そして生きる, その眼, ながら両, ながら普通, まあそんな, また天下, ヒルダの, モラルの, 唐金眼である, 文学の, 眼の, 耳朶は, 鼻であり

▼ 眼である~ (19, 0.0%)

4 限りは 3 ことを

1 [12件] からそれ, から己, か私, がこの, といえた, とかいう事, とか唐金眼, に違い, よりもむしろ, 以上自己本来のす, 余は, 場合が

▼ 眼なざし~ (19, 0.0%)

2 で, にわたし, の男

1 [13件] がいかに, で二三度じいさん達, とに心, にはいつも, に極度, のあでやか, ほどに今, をした, をもっ, を恐る恐る, を感ぜしめる, を送った, を送り

▼ 眼にて~ (19, 0.0%)

2 言ふ

1 [17件] きっと見, さっき方見申し, じろじろと, ずらりとこの, 云ふ, 仰ぎ見る, 余を, 泣き涙, 瞥見し, 私を, 窺う, 翁が, 見る形, 見れば, 見わが, 観るの楽, 黒羅紗の

▼ 眼見る~ (19, 0.0%)

2

1 [17件] ために, とその, とそんな, とたちまち, とひどく, とサツ, と一ぺん, と旦那, と森川夫人, と驚い, なり大根, なり竜太郎, なり自分, より儀作, より従男爵, 可から, 可く

▼ 眼ざめ~ (18, 0.0%)

1 [18件] がやがて, さめての, であります, ですか, どんな小さな刺戟, にお, に見たかった, の姿, の虱, の雀, は常, まで待っ, を待ちかね, を思ひ, 切って, 始めて, 来れば, 楽しく空

▼ 眼にさえ~ (17, 0.0%)

1 [17件] あまる程, あわれむべき者, その姿, もう上, わかって, 丹波丹六の, 別人の, 彼の, 心が, 急に, 恐ろしくも, 明らかであった, 浅ましいもの, 見せない, 覚束な, 触れたこと, 誇張的だ

▼ 眼~ (17, 0.0%)

1 [17件] 半眼ニ見, 喰イアラスコト猶, 圓クシテイル, 害スルノデ夜ハ読書セズテレビモ殆ド見, 擦ッテミタガ, 東方ニ注, 洗ウ, 白黒サセテイタ五子ハコヽデ辛ウジテ嘴ヲ, 蔽ヒテ何ノ所謂科學的ゾ, 見張ッタ, 覗イタ, 覚マサセルノモ可, 覚マシタ, 覚マシタラシイ, 覚マシタラシク瞬イタ, 開ケテイタ時突然, 開ケテイル時突然

▼ 眼新しい~ (17, 0.0%)

2 もので, ものばかりの

1 [13件] ですな, のと, ものの, ものばかり, 世界に, 主題で御座います, 刺激の, 感じで, 方法でもな, 珍らしい, 謎に, 趣向を, 餌を

▼ 眼とで~ (16, 0.0%)

1 [16件] あらゆる真実, いつも微笑, うなずきあい, それを, ちょっとやさしい, 一寸挨拶した, 出て, 別れの, 本を, 深い微笑, 相談を, 睨み合った, 私は, 純に, 美しさ, 視た

▼ 眼なんか~ (16, 0.0%)

1 [16件] ぎょろぎょろさせ, すぐきらきらし, ぢや, ぴちぴちし, まるで夢, 悪いん, 据えて, 無くとも, 突かなくたって, 突かなくたつて, 見えないといふ, 見て, 見ないで, 覚めは, 覺めは, 開いて

▼ 眼遣い~ (16, 0.0%)

4 をし

1 [12件] にぼく, にまじまじ, に人, に伝七, に考える, に覗く, に顔, の時, をした, をする, をただ, を参考

▼ 眼にと~ (15, 0.0%)

10 まつた 2 まつたの, まつて 1 まつただけ

▼ 眼まで~ (15, 0.0%)

1 [15件] かぶりその, そのよう, つぶって, もぐり込んだ, チラチラと, 上げたり, 今日は, 塗り付け虎, 昏まし, 来て, 泣き脹らして, 活き活きと, 熱いもの, 考えて, 診察し

▼ 眼~ (15, 0.0%)

1 [15件] と折り, にさ, に外, に枯木, に示し, に組ん, に翼, のもの, の前, の年老, の挫傷, の瘤, の肉瘤, の赤い, まで迫つて

▼ 眼立たぬ~ (15, 0.0%)

4 ように 2 やうに, 紬の 1 つもりで, ものに, ようにと, よう眼立たぬ, 態度で, 身なりし, 風を

▼ 眼~ (15, 0.0%)

1 [15件] だと, では決して, でも角三郎, で京都所司代, で見, とばかりは申しません, にかなう, にこたえ奉らん, にたがわぬ, にのぼる, による織田軍中, に私, に見られ, のほう, を身

▼ 眼あき~ (14, 0.0%)

1 [14件] であ, であって, でありながら, では, にしてやる, にだけはなりたくない, に読ませよう, の時, の時分, の朝顔, の松, はいる, はめくらに, よりよく

▼ 眼つぶし~ (14, 0.0%)

2 を食っ

1 [12件] が効, になる, に使った, に投げつけ, のよう, をかけ, をくらった, を食, を食う, を食った, を食らわせる, を食わされ

▼ 眼によ~ (14, 0.0%)

1 [14件] つてち, つての, つてはじめて, つて不動の, つて出來た, つて描い, つて描き出された, つて明かに, つて映しだされた, つて昨夜の, つて書かれ, つて爲された, つて達成された, つて鬼の

▼ 眼~ (14, 0.0%)

6 押しに 1 あんなに啼き, がしきりに, がすばらしくうまい, が啼い, が此頃興奮, が癇, でも飼, や頬白

▼ 眼配せし~ (14, 0.0%)

2 て一度

1 [12件] ていきなり, ている, てそれ, て一同, て傍ら, て八五郎, て宜, て止める, て蕎麥屋, て退路, ながら, ながら小

▼ 眼鼻口~ (14, 0.0%)

1 [14件] から入る, だけを描い, と明, と次第に, に現, のいずれ, の美し, はもとより, は除い, をお, をつけ, を悩ますべく, を描いた, 特に眼

▼ 眼それ~ (13, 0.0%)

2 が魂, には情熱 1 から御沢, がたとい, がまた, が彼女, でゐ, と同じ, には異性, は或いは, を斜め横

▼ 眼であった~ (13, 0.0%)

1 [13件] かもしれない, がこっち, がさりとて, が悪魔, が眼, けれど九太, ことを, という, としてもいや, とも伝えられ, とわかった, はずだ, 神像の

▼ 眼といふ~ (13, 0.0%)

3 ものは 2 もので 1 お話で, その眼, のが, ので, のは, ものが, 怖いもの, 眼を

▼ 眼はし~ (13, 0.0%)

3 の利く 2 のきく 1 がきい, がきいた, が利く, のきいた, のききます, の問題, の速, の鋭い

▼ 眼もて~ (13, 0.0%)

2 僕を, 見よ 1 きみに, すべての, 人の, 制し, 我を, 見るに, 見耳, 視るとき, 観れば

▼ 眼~ (13, 0.0%)

2 も涼しい

1 [11件] すずしくいかにも, にかけて見覚え, にはすぎる, にはほのか, に不思議, に少し, に湛, のいくら, より雫, りパチ, りパチパチさして

▼ 眼醒める~ (13, 0.0%)

2 ような, ように 1 ことが, ために, とか成長, と朝まだき, ばかりに縹緻, ばかりに美しい, ばかりの広闊, ばかり鮮やか, 今更の

▼ 眼ある~ (12, 0.0%)

3 ものは 1 の士, はこれ, もの, ものなら, ものの, を知らざる, 敵将に, 者の, 者は

▼ 眼がち~ (12, 0.0%)

2 な眼 1 だったが, なたどたどし, なる二重瞼, にそれでも, にますます, に市十郎, の大きい, の眼, の瞳, 人なつかしげ

▼ 眼こそ~ (12, 0.0%)

2 見えないが 1 まだ明かぬ, キラキラし, ボンヤリ開け, 伏せては, 俄然あやしき, 熱くなりかけ, 第三, 翅うるめる, 見えね, 進歩の

▼ 眼だま~ (12, 0.0%)

2 から虎, の大きい 1 か何, と口, をくるくる, をつぶし, をほじらせ, を剥き直した, を突きつぶされる, を突き破られた

▼ 眼にもの~ (12, 0.0%)

10 見せて 1 みせて, 見せねば

▼ 眼~ (12, 0.0%)

3 をした 2 の材料 1 ができあがった, とれという, のよう, の糊, をし, をはじめた, をほどこした

▼ 眼当て~ (12, 0.0%)

1 [12件] でお, でございますからねえ, で入りこんだ, で後家さん, で結婚, にいま江戸中, になりませんでございます, に与惣次, に汽車, に辿っ, の演技, の磯五

▼ 眼明き~ (12, 0.0%)

1 [12件] でありながら, では勤まらない, と同じ, と同等, に出来ない, の家, の御, の方, の紳士風, の言う, は眼, も盲人

▼ 眼~ (12, 0.0%)

1 [12件] から燃やし, がキラ, その息づかい, たるや, というもの, には長く, に隙, の底, も帝, も示し, を対手, を感知

▼ 眼立たない~ (12, 0.0%)

6 ように 2 服装を 1 が贅沢至極, のである, のを, 女に

▼ 眼近く~ (12, 0.0%)

2 なつて 1 あらわれたり, お目, に杜鵑, の堀, 取りあげて, 引き下して, 現れて, 眺めたり, 観ること, 遠い不思議

▼ 眼~ (12, 0.0%)

5 をし 2 を見た 1 に対して少し, の底, ひで眺めま, やら言葉つき, をした

▼ 眼附き~ (12, 0.0%)

2 を見せ, を踊り子 1 で棚, に敢為, は確か, をし, をした, をしよう, をする, を忘れ

▼ 眼高手~ (12, 0.0%)

3 低の, 低は 2 低宿命的 1 低, 低が, 低と, 低を

▼ 眼くばり~ (11, 0.0%)

1 [11件] がない, になっ, に漂い流し, のみで, の中, は時折, や指角力, をおとす, を変え, を持っ, を表

▼ 眼だった~ (11, 0.0%)

2 のか, のです 1 が, が白眼, そうだ, ということ, に相違, のよ, 男であった

▼ 眼にか~ (11, 0.0%)

3 どたて 2 かつた 1 かつて僕, かつて想像, かつて来る, どの立つ, ど立て, 鼻にか

▼ 眼ぼしい~ (11, 0.0%)

1 [11件] のが, 人の, 人例えば, 品が, 品は, 少女を, 店なら, 物の, 美女と, 衣類全部を, 進歩は

▼ 眼付し~ (11, 0.0%)

21 ていやがる, ている, てじっと, てそんな, て一緒, て二人, て弟, て祈り, て自分

▼ 眼~ (11, 0.0%)

2 の名 1 とある, などは一向, の一流, の指南, の極意, の看板, の道場, も要するに, をお

▼ 眼~ (11, 0.0%)

1 [11件] が一杯, が出, が流れた, が溜っ, が溜つて, で眼蓋, に塊, の出た, も拭かず, をふい, を夥しく

▼ 眼~ (11, 0.0%)

2 けて拳銃 1 けてさらに, けてまた, けてブチ, けて悪魔, けて投げ付けた, けて撃ち込んだ, けて放ち, けて発射, けて続けざま

▼ 眼覺め~ (11, 0.0%)

1 [11件] たの, たり, た時, た眼, た荷風君, ていろいろ, てゐた, て來, て首筋, るやう, を心

▼ 眼違い~ (11, 0.0%)

2 かな 1 かも知れない, だお, であったの, であろうか, でしょう, です, でもある, で金, をする

▼ 眼ざす~ (10, 0.0%)

1 ただ一人の, のは, もので, カフェーに, 二階家は, 人間を, 医者は, 祖父江出羽守とは, 私の, 鯖の

▼ 眼ざめて~ (10, 0.0%)

1 あっけない夢, つくづく足立夫婦, 動く, 参ります, 宥めても, 恐ろしさ, 来た, 来たみんな, 来たよう, 騒ぎ出した

▼ 眼しか~ (10, 0.0%)

1 ないという, ないので, 御見え, 持たないか, 持たないので, 持たない農民, 有つて, 用を, 見えないと, 見せて

▼ 眼にだけ~ (10, 0.0%)

1 そう見える, そんなもの, だと, なお昔ながら, 媚の, 映って, 異状な, 見えたの, 見えるの, 見える火玉

▼ 眼にな~ (10, 0.0%)

2 つてゐた 1 つて, つてそのまま, つて何やら, つて來た, つて文學に, つて血の, つて魚を, つて鼻と

▼ 眼ばかりを~ (10, 0.0%)

3 光らせて 1 上のぞかせ, 大きく見開い, 恐れて, 据えて, 残して, 爛々と, 現わし

▼ 眼まぜ~ (10, 0.0%)

2 をし 1 で引き寄せる, で知らせた, で知らせ合い, で誘っ, とともに裃, と共にむずかしい, をした, を交わし

▼ 眼利き~ (10, 0.0%)

1 が肝心, さえ見出し, にまで到らなけれ, のところ, の欲望, は, はむずかしい, は出来ねえ, をさせた, を誇つた

▼ 眼敏く~ (10, 0.0%)

1 お母さんの, ていらるる, なった, も, も直ぐ, 殿下が, 気がついて, 私たちの, 見つけお, 見付けて

▼ 眼~ (10, 0.0%)

1 うれしかつ, づきの, などというぜいたく, の羮, の落ち, の食べ, やバナナ, をセセ, を咬み, 少々

▼ 眼~ (10, 0.0%)

1 とそれ, に添える, に肌, の似合う, の出来, の様, の濃い, の辺, の黝ずみ, を黒

▼ 眼くばせする~ (9, 0.0%)

1 といきなり, とほか, とガラッ, と乗出し, と二人, と何時も, と半蔵, と同時に, ように

▼ 眼とか~ (9, 0.0%)

3 鼻とか 2 唇とかに 1 手足とかに, 眉間とかいう, 耳とかいう, 脚とか

▼ 眼とに~ (9, 0.0%)

1 それが, 不審を, 力を, 同じやう, 圧せられ主, 圧倒され, 存し, 無限の, 特長が

▼ 眼など~ (9, 0.0%)

2 平次は 1 ある可, どう變ら, まだまだ弱い, まるっきり活き, 何樣一と, 生きてるよう, 真赤に

▼ 眼にでも~ (9, 0.0%)

1 かかったら眼, して, つけば, とまるよう, 止まったが, 止まつたが, 気がつかずに, 触れたらまた, 触れようもの

▼ 眼によって~ (9, 0.0%)

1 そしてその, 彼女の, 抱きとること, 為し遂げて, 見た人, 見ようと, 見る光, 見れば, 非凡なる

▼ 眼~ (9, 0.0%)

4 かちが 2 かちの 1 かちと, かちも, かち鼻

▼ 眼一つ~ (9, 0.0%)

2 でとぼとぼと 1 であったの, であつ, で見, で遠近, というよう, の恐ろしい, 潰された怨み

▼ 眼一杯~ (9, 0.0%)

2 にみひらい 1 にためました, にオフェリヤ, に涙, に涙ぐん, に湛, に立ち拡がり, に輝かせた

▼ 眼使~ (9, 0.0%)

8 ひに 1 をし

▼ 眼少し~ (9, 0.0%)

3 高い鼻 2 綻びた唇 1 ゆがんだ口, 公卿眉で, 開いた口, 間延びを

▼ 眼~ (9, 0.0%)

2 とある 1 が弱り和らぎ, が強く, が鏡, に中らるる, もて悪人凶魅ども, を打ち破る, を種々

▼ 眼~ (9, 0.0%)

3 のよう 1 から黒曜石, との嵌め込み, に敷きつめられた, の平原, の釘みたい, ノ魔力

▼ 眼~ (9, 0.0%)

1 から外面, から目, から見やられた, から顔, に映じたる, のカーテン, の外, は残らず, を長い

▼ 眼~ (9, 0.0%)

2 がみるみる 1 が見る見るうるみ出した, と鼻, などでひどく, にぼかしたらしい, に暗い, のため, のまぶた

▼ 眼醒時計~ (9, 0.0%)

1 が鳴, が鳴りだした, に武者振り, の快音, の音, はどう, を書棚, を歌, を見れ

▼ 眼あて~ (8, 0.0%)

1 がつい, であつ, でなし, にお, にし, に女, に彼, に懸命

▼ 眼あの~ (8, 0.0%)

21 切迫詰つた眼の, 単純そうだ, 眼あの, 瞼に, 細い手, 胸で

▼ 眼じゃ~ (8, 0.0%)

3 ないか 2 ない 1 ないこッちの眼, ない俊彦, アない

▼ 眼だけでも~ (8, 0.0%)

1 会いたい思い, 何となくひやりとした, 其の方, 動けば, 命を, 峯の, 瞑って, 見送りたいもの

▼ 眼だけに~ (8, 0.0%)

1 そう見える, ちらりと微笑, つこり笑, らんらんと, 凄みを, 意識の, 愛嬌を, 黄色い彩具

▼ 眼だって~ (8, 0.0%)

2 鼻だって 1 いた, そうだ, 変な, 巧く, 灰色でなく, 眩むさ

▼ 眼~ (8, 0.0%)

4 やない 1 かく花嫁, かとなつ, かにはつ, かに殺された

▼ 眼にこそ~ (8, 0.0%)

2 見えないが, 見えませんが 1 あざやか, 見えね, 見えね迫りおるに, 驚嘆され

▼ 眼のみ~ (8, 0.0%)

2 うかが 1 いと大, 光りぬ, 夜禽の, 大きくみひらい, 大きな娘, 太陽を

▼ 眼ほど~ (8, 0.0%)

1 たしかな, では, 人間が, 大切な, 性慾を, 活きて, 耳が, 謂わば

▼ 眼~ (8, 0.0%)

1 な美しい, に澄んだ, に遠く, の大きな, の柔, の深い, の眼, の睫

▼ 眼~ (8, 0.0%)

1 がし, ましだ, めき耳聾, めくという, めくばかりに, めくモダーン文化, ゆき舗石, デ苦シンダ時ニ治癒シテ貰ッタ経験ガアル

▼ 眼配せする~ (8, 0.0%)

2 と二人がかり, と八五郎 1 と壁, と心得た, と隣, 迄もなく

▼ 眼からの~ (7, 0.0%)

1 効果, 反応として, 涙であった, 疲労と, 苦しさ, 距離を, 隔離それは

▼ 眼がねを~ (7, 0.0%)

2 かけたせい 1 かけたる女, かけた方, かけて, かけスナップ三つ, 出して

▼ 眼こぼし~ (7, 0.0%)

2 を願います 1 が叶いました, でお, にしてやる, の程, 料を

▼ 眼ざとく~ (7, 0.0%)

1 その顔, 気がついたフランソア, 見つけたらしいの, 見つけて, 見つけるなど, 認めたの, 認めて

▼ 眼~ (7, 0.0%)

1 ろぎも, ろぎもせずにこちらを見あげ, ろぎもせずに何か, ろぎもせず見とどけ, ろぎもせず註文を, ろぎもせぬ七体の, アあるまい

▼ 眼すら~ (7, 0.0%)

2 はつきりと 1 ない大将, ぽつねんと雲, 仰げないで, 持たなかつたこと, 涙の

▼ 眼それから~ (7, 0.0%)

1 あのいくらか, 人生に対する, 室の, 無遠慮に, 癩を, 誰かが, 近所界隈の

▼ 眼などを~ (7, 0.0%)

1 こすつて, しばた, そばだてるので, 人知れず胸, 使ったこと, 思ひながら, 据ゑてゐた僕は

▼ 眼にまで~ (7, 0.0%)

2 拡がって, 残して 1 そう見える, つくよう, 見ゆる

▼ 眼ぶた~ (7, 0.0%)

1 がかっと, は下っ, をちょっと, をちよ, を伏せぬ, を伏せる, を開い

▼ 眼よりは~ (7, 0.0%)

1 むしろ心憎き, 上等さ, 冷ややかなる, 寧ろ心憎き, 怪しき光, 耳の, 身分相応の

▼ 眼~ (7, 0.0%)

2 は平素, は益 1 が体, を其間, を台

▼ 眼八分~ (7, 0.0%)

2 に持っ 1 からそろり, にささげ, に往来, に見渡し, に高坏

▼ 眼嗅ぐ~ (7, 0.0%)

31 鼻で, 鼻とも, 鼻の, 鼻閻魔の

▼ 眼子菜~ (7, 0.0%)

31 である事, とあった, のやう, の茎

▼ 眼~ (7, 0.0%)

1 なるが, にある, の仁照阿闍梨, の品, の墓, の書院, の門前

▼ 眼掛け~ (7, 0.0%)

2 て突進 1 て己, て投げ付ける, て釣瓶打ち, 富士甚内は, 螺旋形に

▼ 眼早く~ (7, 0.0%)

1 それを, 彼の, 見つけた, 見つけて, 見て, 見まわした, 青切符を

▼ 眼~ (7, 0.0%)

1 で, に薄笑い, のなか, の中, の寄った, をたたえ, を描い

▼ 眼~ (7, 0.0%)

1 が, と痛い, ならざるは, の上, の真ん中, をむり, を造

▼ 眼瞬き~ (7, 0.0%)

3 をした 1 の出来ない, の合図, は迅, ほど美しい

▼ 眼~ (7, 0.0%)

2 むれば 1 が無い, にはならぬ, のどよめき, の修繕, の窓

▼ 眼遣ひ~ (7, 0.0%)

2 をし 1 に二つ三つ, に平次, に彼女, に私, に見送つた

▼ 眼鋭く~ (7, 0.0%)

1 ハッシ, 大妻籠, 怒りを, 怒を, 眉嶮しく, 老鷲, 鼻の

▼ 眼~ (7, 0.0%)

2 しの 1 された奔馬, した男, しに, しを, し遊び

▼ 眼~ (6, 0.0%)

1 廻すべし, 泣きはらさねえ用心, 瞑ったん, 覚せや, 覚めた申子, 釣り上げて

▼ 眼がま~ (6, 0.0%)

1 がつて, はつ, はつた, はらないだらうか, はるほど, はるやう

▼ 眼じる~ (6, 0.0%)

1 しがないとは, しがないの, しの旗, しの渓流, しを失った, しを立て

▼ 眼じるし~ (6, 0.0%)

2 のある 1 にされ, にとこれ, になる, に御

▼ 眼そして~ (6, 0.0%)

1 この言葉, その言葉, ひきむすんだ口つき, 何も, 口を, 皆青味

▼ 眼だろう~ (6, 0.0%)

31 か彼, と思う, 強い魅惑

▼ 眼ちがい~ (6, 0.0%)

1 だったよう, でありまた, でございましょうが, では大事, とも思っ, をし

▼ 眼~ (6, 0.0%)

1 かちか, かちの, かちのブイノス・アイレス, かちの大男, かちの子, かちの男

▼ 眼でじ~ (6, 0.0%)

2 ろっと 1 つと私, つと芍薬, つと見つめる, ろと

▼ 眼でなく~ (6, 0.0%)

1 て何, て幸せ, 不思議な, 人間の, 悪魔の, 胆力で

▼ 眼なら~ (6, 0.0%)

1 いくらかいい, こっちも, ば見損じ, ショパンの, 全で, 眼だけが

▼ 眼につき~ (6, 0.0%)

1 ひとびと, 易い, 易いところ, 易い大, 次第誰彼かまわず, 耳について

▼ 眼にのみ~ (6, 0.0%)

2 聊かの 1 見せようと, 見過し得ようや, 訴へて, 訴へる

▼ 眼のくぼ~ (6, 0.0%)

1 が凹ん, に青, の眸, の肉, をぎら, をこすり

▼ 眼みたい~ (6, 0.0%)

1 なもの, な大きな, な誘惑線, においてある, に内閣, に見える

▼ 眼やにを~ (6, 0.0%)

1 つけて, つけてるだろう顔, 拭いた, 拭きながら, 泛かべて, 除って

▼ 眼~ (6, 0.0%)

2 眼よ 1 不思議な, 見よこの, 見よこれ, 金髪の

▼ 眼らしい~ (6, 0.0%)

2 ものが, 光を 1 ものは, 所さえ

▼ 眼をば~ (6, 0.0%)

1 なお見たい, 廻されな, 決して疲らせる, 稻妻の, 見開ける静, 飛び込んで

▼ 眼~ (6, 0.0%)

2 の上 1 の特長, の緩やか, の色, は薄く

▼ 眼小鼻~ (6, 0.0%)

1 がふくれ, のぴくぴく, の小さな, の広い平たい, の廣い, の開いた

▼ 眼新しく~ (6, 0.0%)

1 てまた, て面白かろ, なんだか彫像, 市中の, 感じられるであろう, 殊に都

▼ 眼深く~ (6, 0.0%)

1 かむつた藤吉, した帽子, 被つた私, 被つて, 降したマッキンレイ候補, 額広く

▼ 眼~ (6, 0.0%)

1 が乱れ散った, が暗く, となっ, となり, の光彩, をじっと

▼ 眼覚しい~ (6, 0.0%)

2 活躍を 1 ものであっ, ものであった, 早技, 風景に

▼ 眼覚時計~ (6, 0.0%)

1 だが, に螺旋, の代り, の方, を据え, を直す

▼ 眼~ (6, 0.0%)

2 は深夜時計 1 せですませながら, せですませ乍ら, でもする, をした

▼ 眼醒めた~ (6, 0.0%)

1 ときは, ところであった, ばかりの彼ら, やうな, 午睡の, 験としても

▼ 眼~ (6, 0.0%)

4 の眼 1 の如き, の眼リンクス

▼ 眼がね~ (5, 0.0%)

1 かけて, でこの, ひとつで, 眼に, 羨ましく思ふ

▼ 眼くら~ (5, 0.0%)

2 の垣覗き 1 の真似, やむなか, ゐは

▼ 眼この~ (5, 0.0%)

1 お唇, 不思議な, 声に, 左の, 清らかな

▼ 眼だけには~ (5, 0.0%)

1 それは, 世の中に, 何か, 実に異様, 怯えた幼児

▼ 眼だけの~ (5, 0.0%)

1 ことじゃ, ものに, 事だ, 表情かならずそう, 観念を

▼ 眼だの~ (5, 0.0%)

1 アブナッカシイ眼に, 手だの, 耳だ, 能く, 言葉だの

▼ 眼づかいで~ (5, 0.0%)

1 のろのろと, ひとりひとりジロジロ, ジロジロと, チラと, 低く何

▼ 眼でない~ (5, 0.0%)

2 事も 1 今まで, 普通の, 鼻を

▼ 眼でなけれ~ (5, 0.0%)

3 ばならない 2 ば決して

▼ 眼どおり~ (5, 0.0%)

1 かないませぬぞ, を許し, を願っ, 許す, 願って

▼ 眼などは~ (5, 0.0%)

1 すっかり姿, もうどうでも, 中に, 何うで, 殆ん

▼ 眼なる~ (5, 0.0%)

2 ものから 1 ものが, ものは, 日の

▼ 眼にばかり~ (5, 0.0%)

1 あり, ありあり見える, では, 心が, 頼る時

▼ 眼ばかりは~ (5, 0.0%)

1 カッと, 火が, 窺うべからず, 絶対に, 見るもの

▼ 眼ひらけ~ (5, 0.0%)

21 ばどん底, ばわがま, ば小春

▼ 眼までも~ (5, 0.0%)

2 潰れて 1 取り換えること, 奪はう, 閉じて

▼ 眼をさえ~ (5, 0.0%)

1 くらくらと, 動かさ, 動かさず下, 養われた, 驚かすくらいの

▼ 眼をや~ (5, 0.0%)

3 つてから 2 おさむとまたつくづくと打まもり

▼ 眼レンズ~ (5, 0.0%)

1 から眼, で見た, に目, に眼, の度

▼ 眼光る~ (5, 0.0%)

1 アカイア人の, アカイア人を, アカイア族に, アテーナイエーもろともに, アテーナイエー群神の

▼ 眼全体~ (5, 0.0%)

2 が斜め 1 が瞳, が青み, を照

▼ 眼~ (5, 0.0%)

1 が決して, と人, の会, をし, をする

▼ 眼勝ち~ (5, 0.0%)

2 の眼, の瞳 1 の煙

▼ 眼合図~ (5, 0.0%)

1 であった, でおすすめ, をし, をする, を左右

▼ 眼失明~ (5, 0.0%)

1 した母, して, せる二十六, なら遠路, の上

▼ 眼~ (5, 0.0%)

1 したる女, にこそありけれ, は却, は落ちぬ, は触るる

▼ 眼~ (5, 0.0%)

2 をあげ 1 しを, に怯え切った, に怯え切つた

▼ 眼抜き~ (5, 0.0%)

2 の場所 1 の地, の場処, の大通り

▼ 眼指し~ (5, 0.0%)

1 つつ蹌踉, てぶらぶら, て止まざる, て進路, 指さしするの

▼ 眼~ (5, 0.0%)

1 らしいし, らしいその, らしい現象, らしい編集, らしきもの

▼ 眼潰し~ (5, 0.0%)

1 だ侍, である, とは卑怯, の球, を食っ

▼ 眼病平癒~ (5, 0.0%)

1 された故に, すれば, の祈り, を祈願, を記念

▼ 眼白籠~ (5, 0.0%)

2 抱いて 1 が懸け, が路ば, を提げ

▼ 眼眩み~ (5, 0.0%)

1 ながらもそこここ, ながら薮, 口咄し, 心消え, 心酔っ

▼ 眼~ (5, 0.0%)

3 は腫れ 1 に向う, の腫れ

▼ 眼血走り~ (5, 0.0%)

2 歯が 1 全身の, 白汗を, 髪逆立ち

▼ 眼覚し~ (5, 0.0%)

2 時計が 1 女の, 時計の, 時計を

▼ 眼配り~ (5, 0.0%)

1 と眼, も度, を忘れ, を撒い, 大方ならね

▼ 眼あり~ (4, 0.0%)

1 かならずよそ, この者ヘルメス, 其特異なる, 耳あり

▼ 眼いっぱい~ (4, 0.0%)

1 にみなぎらす, に漲っ, に見えた, の涙

▼ 眼かづら~ (4, 0.0%)

3 をかけ 1 を取る

▼ 眼くばせした~ (4, 0.0%)

1 が玄徳, ので, ので帝, 門弟達は

▼ 眼くるめく~ (4, 0.0%)

2 や背後 1 ばかり頭痛, 月の

▼ 眼ざとくそれを~ (4, 0.0%)

3 見つけて 1 見て取りましたが

▼ 眼~ (4, 0.0%)

2 がす 1 がしく, がしく開きましし

▼ 眼たたき~ (4, 0.0%)

1 もしない, もしません, をし, をした

▼ 眼ちげ~ (4, 0.0%)

1 えかな, えだ, えであっ, えを

▼ 眼つぶれ~ (4, 0.0%)

2 ば今 1 ている, どはた

▼ 眼とともに~ (4, 0.0%)

1 そこらの, 消えて, 濡れ縁の, 私の

▼ 眼なし~ (4, 0.0%)

1 に正直, 達磨これも, 魚が, 鰻の

▼ 眼なんぞ~ (4, 0.0%)

1 つぶれるべし, 使や, 考えにも, 附いては

▼ 眼なんて~ (4, 0.0%)

1 あいて, おおよそ世間, そんなにかんた, ちっとも残っ

▼ 眼にかどを~ (4, 0.0%)

1 立て, 立てた, 立てたが, 立てて

▼ 眼にさえも~ (4, 0.0%)

1 それは, 地獄の, 既に古く, 気の毒なる

▼ 眼にとっては~ (4, 0.0%)

1 いかに信じ, その仕事, 天が下に, 色である

▼ 眼ばかりの~ (4, 0.0%)

2 ように 1 もの蝙蝠傘ハンチング誰誰誰誰いつも, 女の

▼ 眼ひらく~ (4, 0.0%)

1 あはれ, ただち, 時も, 木菟か

▼ 眼まだ~ (4, 0.0%)

1 その上, 真ッ赤, 見ず帝王, 赤いが

▼ 眼まひ~ (4, 0.0%)

2 がする 1 がした, のしさう

▼ 眼~ (4, 0.0%)

2 が無い, を

▼ 眼~ (4, 0.0%)

2 玉が 1 玉なんか, 眼も

▼ 眼~ (4, 0.0%)

1 アル, 僕ノ, 見タ證據, 視ル

▼ 眼~ (4, 0.0%)

1 で取り合わぬ, にし, にもと, を掠めた

▼ 眼以外~ (4, 0.0%)

1 に学生, のもの, の眼, の部分

▼ 眼~ (4, 0.0%)

1 な円い, は廻す, は胡魔化, ゐ冷酷

▼ 眼光り~ (4, 0.0%)

1 が変った, て浄玻璃, と気配り, にそう

▼ 眼~ (4, 0.0%)

1 がある, なん, にするだろう, のやう

▼ 眼又は~ (4, 0.0%)

3 指を 1 演者の

▼ 眼~ (4, 0.0%)

1 が三十三, といひ, は今生, へは

▼ 眼平次~ (4, 0.0%)

1 がかう, は何もかも, もこの, もさすが

▼ 眼~ (4, 0.0%)

3 の施恩 1 と綽名

▼ 眼~ (4, 0.0%)

2 であと 1 かにし, かに相成りまし

▼ 眼~ (4, 0.0%)

1 いするみたい, がし, ひの, を催させる

▼ 眼~ (4, 0.0%)

1 の人, の瞳, よりし, を高く

▼ 眼爛々~ (4, 0.0%)

2 たりき 1 とさながら, として西洋婦人

▼ 眼白鳥~ (4, 0.0%)

1 が幾つ, が籠中, が非常, の聲

▼ 眼~ (4, 0.0%)

1 だ, と名づけた, と違, のもの

▼ 眼~ (4, 0.0%)

1 いたるに, させ給, ひたる乎, ひむか

▼ 眼眩しい~ (4, 0.0%)

1 ところから, ばかりの速, ほどギラギラ, 程咲き乱れ

▼ 眼~ (4, 0.0%)

2 の奥 1 の中, を見た

▼ 眼~ (4, 0.0%)

1 の心, の描いた, はそおつ, は旅

▼ 眼立った~ (4, 0.0%)

1 と見え, 批評は, 時期を, 辻斬が

▼ 眼~ (4, 0.0%)

2 の利く 1 が利き過ぎる, の鋭い

▼ 眼耳抔~ (4, 0.0%)

1 の具, の出來, の如き, の生じた

▼ 眼~ (4, 0.0%)

1 の爲, ました, めさせたの, れば

▼ 眼~ (4, 0.0%)

1 のきびし, は稜々, へ送り, をたて

▼ 眼醒し~ (4, 0.0%)

2 さを 1 になる, 時計が

▼ 眼~ (4, 0.0%)

1 ぶちの, をかけた, を外し, を直し

▼ 眼隠し鬼~ (4, 0.0%)

1 が始まった, は手, を二人, を始めた

▼ 眼いつ~ (3, 0.0%)

1 ぱいに, ぱいにあふれ落ちるであらう, ぱいにためていた涙を

▼ 眼うるみ~ (3, 0.0%)

2 て泣きぬれぬ 1 てわが

▼ 眼がと~ (3, 0.0%)

2 まつた 1 びだしてゐるのであつた

▼ 眼くばせで~ (3, 0.0%)

1 まづ妹, 上の, 各

▼ 眼こそは~ (3, 0.0%)

1 ついに世, 人間という, 何より特色的

▼ 眼これ~ (3, 0.0%)

1 がちゃんと, は自分, を見ざる

▼ 眼さえも~ (3, 0.0%)

1 庭の, 挙げる者, 黒く動かさない

▼ 眼さむ~ (3, 0.0%)

1 るとともに, るばかり, る眸め

▼ 眼ざめつ~ (3, 0.0%)

1 つあった, つある, つ在る

▼ 眼した~ (3, 0.0%)

1 に街, のが, 三間の

▼ 眼じゃあ~ (3, 0.0%)

1 ないか, ねえぜ, 八町堀じゃあねえと

▼ 眼すず~ (3, 0.0%)

2 やか 1 やかな底

▼ 眼そのもの~ (3, 0.0%)

1 が涯, にさえつや, までがつめたく

▼ 眼だた~ (3, 0.0%)

2 ないよう 1 ないところ

▼ 眼だつ~ (3, 0.0%)

1 ものは, 武芸者は, 顔を

▼ 眼だらう~ (3, 0.0%)

1 か彼, と思, と私

▼ 眼であっ~ (3, 0.0%)

1 てそれ, て上瞼, て冷たい

▼ 眼でございます~ (3, 0.0%)

1 がその, が帰, けれどその

▼ 眼でしか~ (3, 0.0%)

1 眺めなかつた, 見て, 見ること

▼ 眼でばかり~ (3, 0.0%)

1 見たがる人間, 見られて, 見られるそんな

▼ 眼とから~ (3, 0.0%)

1 来る幻想, 流し乍ら, 遁れ

▼ 眼と共に~ (3, 0.0%)

1 あつて, 口まで, 直義も

▼ 眼どう~ (3, 0.0%)

1 かしら, した, でしょう些

▼ 眼なき~ (3, 0.0%)

1 乎, 幻視の, 方へ

▼ 眼なく~ (3, 0.0%)

2 して 1 一心お

▼ 眼などが~ (3, 0.0%)

1 一つ一つ恐ろしい, 入れて, 開いて

▼ 眼にすら~ (3, 0.0%)

1 ふれずに, 光秀の, 逞しいまで

▼ 眼にだけは~ (3, 0.0%)

1 その姿, その無い, 五位が

▼ 眼にとって~ (3, 0.0%)

1 何者でも, 平凡陳腐な, 是認される

▼ 眼になど~ (3, 0.0%)

2 触れること 1 ついた

▼ 眼にぶ~ (3, 0.0%)

2 ッつかる 1 ッつかっ

▼ 眼のみが~ (3, 0.0%)

1 空しく其辺, 続いて, 見える

▼ 眼はつ~ (3, 0.0%)

2 むれて 1 たりと

▼ 眼はと~ (3, 0.0%)

2 いへば 1 ぢその

▼ 眼はまん~ (3, 0.0%)

2 円で 1 まるくぎよろりとしてゐるのに片々

▼ 眼ばかりに~ (3, 0.0%)

1 して, なったよう, 見える

▼ 眼ひとつ~ (3, 0.0%)

1 であった, でいろいろ, で安

▼ 眼ふた~ (3, 0.0%)

2 ぎて赦るされ 1 ぎしこと

▼ 眼へは~ (3, 0.0%)

1 映ったの, 泥が, 涙が

▼ 眼まぐろ~ (3, 0.0%)

1 しい変遷, しく水車, しく自分

▼ 眼やに~ (3, 0.0%)

1 だらけ, だらけで, だらけにな

▼ 眼やにの~ (3, 0.0%)

1 たまつた光の, 出る片方, 溜つたのを

▼ 眼をか~ (3, 0.0%)

2 ッと 1 はるが

▼ 眼をこそ~ (3, 0.0%)

1 向くれその, 愛されて, 慕ひ咲け

▼ 眼をわ~ (3, 0.0%)

1 ざとじゃけんにふいてやって耳もとで, ざとらしくしばたゝいて障子の, づらひ

▼ 眼を通じて~ (3, 0.0%)

1 定着する, 想像の, 観測員に

▼ 眼~ (3, 0.0%)

1 がまう, まわすな, むいて

▼ 眼カッ~ (3, 0.0%)

3 と見開い

▼ 眼~ (3, 0.0%)

2 前デ 1 前イッパイニ

▼ 眼~ (3, 0.0%)

1 が立っ, をさされる, を刺し

▼ 眼~ (3, 0.0%)

1 に確か, に視力, まっ赤

▼ 眼~ (3, 0.0%)

1 にし, に頬骨, に鼻隆うし

▼ 眼分量~ (3, 0.0%)

1 できめた, にし, に見積ッ

▼ 眼和尚~ (3, 0.0%)

1 からこれ, といふの, の一切経

▼ 眼~ (3, 0.0%)

1 なる鼻, にし, の玉

▼ 眼大きく~ (3, 0.0%)

1 色浅黒き, 面長な, 鼻高く

▼ 眼大きな~ (3, 0.0%)

1 口その, 口下, 心から

▼ 眼~ (3, 0.0%)

2 仰ぎ 1 に向かっ

▼ 眼太い~ (3, 0.0%)

1 含み声だ, 鼻しかも, 鼻太い

▼ 眼差す~ (3, 0.0%)

1 加利福尼亜へ, 苫小牧へと, 讐敵とは

▼ 眼張り~ (3, 0.0%)

1 の強い, まで入れ, をし

▼ 眼~ (3, 0.0%)

1 の全部, の耳, を見奉らん

▼ 眼指す~ (3, 0.0%)

1 ことによって, 赤い鳥, 車では

▼ 眼敏い~ (3, 0.0%)

1 のが, のを, 男な

▼ 眼既に~ (3, 0.0%)

1 おぼろに, 青く雨中, 青し

▼ 眼~ (3, 0.0%)

1 かつた, さで, やあやし

▼ 眼~ (3, 0.0%)

1 があたっ, というやつ, の眼力

▼ 眼~ (3, 0.0%)

1 は, はば, はむ朝

▼ 眼無し~ (3, 0.0%)

2 の牛 1 の大きな

▼ 眼片足~ (3, 0.0%)

3 なきもの

▼ 眼病患者~ (3, 0.0%)

1 のやう, を惹きつけ, を装いました

▼ 眼~ (3, 0.0%)

1 の鋭く, はよく, を備え

▼ 眼眩い~ (3, 0.0%)

1 なかに, を感ずる, 金貨であった

▼ 眼~ (3, 0.0%)

1 が働き, をとおし, 及び触

▼ 眼耳鼻舌身~ (3, 0.0%)

1 の, の五官, の五識

▼ 眼~ (3, 0.0%)

1 から異常, も赤く, をじっと

▼ 眼自分~ (3, 0.0%)

2 で自分 1 の生活

▼ 眼色毛色~ (3, 0.0%)

2 の変った 1 まで変っ

▼ 眼~ (3, 0.0%)

1 が出, をさして, を差す

▼ 眼~ (3, 0.0%)

2 にまみれた 1 を見た

▼ 眼覆し~ (3, 0.0%)

1 て母, を脱, を除

▼ 眼覚ましい~ (3, 0.0%)

1 ほど快活, ものであった, 働きについては

▼ 眼覚めかけた~ (3, 0.0%)

1 ころでさえ, のである, 私の

▼ 眼覚めさせ~ (3, 0.0%)

1 てほしい, んが, 猟奇的な

▼ 眼親しく~ (3, 0.0%)

1 之を, 眺め知りつら, 見なん

▼ 眼遣で~ (3, 0.0%)

1 ヂロリ, 妻の, 時々見た

▼ 眼配せされ~ (3, 0.0%)

1 て八五郎, て松吉, て飛ん

▼ 眼~ (3, 0.0%)

1 つつある, て来る, むれば

▼ 眼醒しい~ (3, 0.0%)

1 上達を, 反抗を, 気持にな

▼ 眼醒めん~ (3, 0.0%)

1 ばかりあざやか, ばかりの常磐樹, ばかりの薄

▼ 眼閉じ~ (3, 0.0%)

1 て歩み我家, て聴きぬ, 嘆息せり

▼ 眼開き~ (3, 0.0%)

2 の世界 1 の国

▼ 眼高い~ (3, 0.0%)

1 鼻, 鼻濃い赤い, 鼻田舎者らしくない

▼ 眼あたらしい~ (2, 0.0%)

2 ものが

▼ 眼あれ~ (2, 0.0%)

1 ども眼, もよい

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 ッぱいな愛嬌と, 目とは

▼ 眼いたく~ (2, 0.0%)

1 あらずもがなと, 凹みその

▼ 眼いつも~ (2, 0.0%)

1 微笑んでる大きな, 潤おっ

▼ 眼いと~ (2, 0.0%)

1 おかし, 恐ろしかりき

▼ 眼うつり~ (2, 0.0%)

1 がする, になっ

▼ 眼おどろき見~ (2, 0.0%)

2 てを居り

▼ 眼かがやけ~ (2, 0.0%)

2 ば春ふかむなり

▼ 眼かけ~ (2, 0.0%)

1 ていただきました, て突き刺した

▼ 眼かと~ (2, 0.0%)

1 市郎は, 見えて

▼ 眼からだけ~ (2, 0.0%)

1 でなく頭全部, 涙を

▼ 眼がまん~ (2, 0.0%)

1 まるくはれあがっ, 丸くなる

▼ 眼きき~ (2, 0.0%)

1 のよう, の不馴れ

▼ 眼きらめかし~ (2, 0.0%)

1 悽惨として, 悽慘として

▼ 眼くじら~ (2, 0.0%)

1 を立て, 立てて

▼ 眼くばせし合っ~ (2, 0.0%)

1 てまず, て私これ

▼ 眼くらむ~ (2, 0.0%)

1 ばかりの流れ, ほど深い

▼ 眼ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 使ったこと, 廻すでしょう

▼ 眼さとき~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 眼さとく~ (2, 0.0%)

1 生れたるもの, 起き出

▼ 眼さながら~ (2, 0.0%)

1 天来の, 見えるかの

▼ 眼ざしな~ (2, 0.0%)

1 のだ, のである

▼ 眼ざし定まり~ (2, 0.0%)

2 て口元

▼ 眼ざとい方~ (2, 0.0%)

1 か, じゃありません

▼ 眼ざめたとき~ (2, 0.0%)

1 あるいは父, まず自分

▼ 眼ざめたときには誰~ (2, 0.0%)

2 か男

▼ 眼ざめた瞬間~ (2, 0.0%)

1 におち, に空

▼ 眼ざめた結果~ (2, 0.0%)

1 こんな趣味, でありそれ

▼ 眼ざめにどんなことを~ (2, 0.0%)

2 思うかは

▼ 眼しい~ (2, 0.0%)

1 になっ, も結構

▼ 眼じらせ~ (2, 0.0%)

1 が何, で関羽

▼ 眼すべて~ (2, 0.0%)

1 が清らか, の思想

▼ 眼する~ (2, 0.0%)

1 ことが, なりひとり

▼ 眼すゞ~ (2, 0.0%)

1 しく惑, やかで

▼ 眼そういう~ (2, 0.0%)

1 姿の, 顔の

▼ 眼そっくり~ (2, 0.0%)

1 だった, であった

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 こに, 眩む

▼ 眼だけしか~ (2, 0.0%)

1 もたぬと, 見えないそんな

▼ 眼だったろう~ (2, 0.0%)

1 か, それが

▼ 眼だらけ~ (2, 0.0%)

1 であった, ですよ

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 かつて見, むりてやはらかき天つ

▼ 眼つきそれ~ (2, 0.0%)

1 からすぐ, がきわめて

▼ 眼つき面つき~ (2, 0.0%)

1 が変, にもいつも

▼ 眼つまり~ (2, 0.0%)

1 普通の, 視覚上の

▼ 眼つゆ~ (2, 0.0%)

1 を帯び, を帶び

▼ 眼づか~ (2, 0.0%)

1 いや身ごなし, ひで猫柳の

▼ 眼であろう~ (2, 0.0%)

1 と彼, と私

▼ 眼でした~ (2, 0.0%)

1 がずっと, 確かに

▼ 眼でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, な

▼ 眼でもの~ (2, 0.0%)

1 やさしげ, 言へば

▼ 眼として~ (2, 0.0%)

1 猪の, 紹介されなかった

▼ 眼とでも~ (2, 0.0%)

1 いうべきもの, 云ひませう

▼ 眼とな~ (2, 0.0%)

2 つてから

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 おし下さりまする, つしり

▼ 眼ながら~ (2, 0.0%)

1 ほ, 容易ならぬ

▼ 眼なぞが~ (2, 0.0%)

1 あると, 一時に

▼ 眼などといふ~ (2, 0.0%)

1 ものは, 冷厳な

▼ 眼なども~ (2, 0.0%)

1 おちつかないで, 西洋人の

▼ 眼なりと~ (2, 0.0%)

1 あり, この世の

▼ 眼にかけ~ (2, 0.0%)

1 とう存ずる, 茶褐色の

▼ 眼にかけては~ (2, 0.0%)

1 おりません, 自分と

▼ 眼にかけても~ (2, 0.0%)

2

▼ 眼にかけまして~ (2, 0.0%)

1 それによって, 嘸かしお

▼ 眼にぞ~ (2, 0.0%)

1 堪へゐむ, 走る鼠

▼ 眼についての~ (2, 0.0%)

1 記載では, 速達どうも

▼ 眼については~ (2, 0.0%)

1 なれない, なれません

▼ 眼にゃ~ (2, 0.0%)

1 あお上, 涙を

▼ 眼にや~ (2, 0.0%)

1 そうと, はつきりよめる

▼ 眼のさえ~ (2, 0.0%)

2 でした

▼ 眼のよ~ (2, 0.0%)

1 こから, ふに

▼ 眼はなみ~ (2, 0.0%)

1 だで, だにきずつい

▼ 眼はや~ (2, 0.0%)

1 ッぱり上ずっ, 今は

▼ 眼ばかりと~ (2, 0.0%)

1 思う顔, 思ふ顔

▼ 眼ばり~ (2, 0.0%)

1 もくるくる, をされ

▼ 眼ひき袖引き~ (2, 0.0%)

1 して, する者

▼ 眼ひらき~ (2, 0.0%)

1 て, てながめ入り

▼ 眼ふくよか~ (2, 0.0%)

1 な頬, な顎

▼ 眼ふたげ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば鳥

▼ 眼ぶしい~ (2, 0.0%)

1 やうで, 金色に

▼ 眼ぶしく~ (2, 0.0%)

1 またテレ臭, 明る過ぎ

▼ 眼へと~ (2, 0.0%)

1 いうよりは, 自分の

▼ 眼へも~ (2, 0.0%)

1 這入った, 鼻へも

▼ 眼または~ (2, 0.0%)

1 苦悶の, 趣味または

▼ 眼まっ~ (2, 0.0%)

1 赤ヌル, 赤充血し

▼ 眼までを~ (2, 0.0%)

1 生き生きさせ, 輝かして

▼ 眼まばゆき~ (2, 0.0%)

2 冬は

▼ 眼むきだし~ (2, 0.0%)

1 思案顏, 思案顔

▼ 眼もと口もと~ (2, 0.0%)

1 にあらはれ, を見る

▼ 眼よく~ (2, 0.0%)

1 太陽を, 縁取られた

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 ず凡そ人, ない

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 というよう, ものと

▼ 眼わな~ (2, 0.0%)

1 なく唇, なく魂

▼ 眼をかへ~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 眼をしか~ (2, 0.0%)

1 持って, 見なかった

▼ 眼をのみ~ (2, 0.0%)

1 対象と, 美しいと

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 血走ッテイル時ハ脈搏モ, 血走ッテ血壓ガ二〇〇

▼ 眼ツキ~ (2, 0.0%)

1 がギラギラ, は私たち

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 触レヤスイ所ニ置ケバ, 触レンコト

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 大キクハナイガ非常, 鋭イケド

▼ 眼ハッ~ (2, 0.0%)

1 と気, と首

▼ 眼バタキ~ (2, 0.0%)

1 をした, をしない

▼ 眼ン中~ (2, 0.0%)

1 にある, へ入っちゃった

▼ 眼一文字口怒り鼻渦巻~ (2, 0.0%)

2 縮れの

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 人, 眤悲涙難禁云々

▼ 眼交ぜ~ (2, 0.0%)

1 を苦, を見まわし

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 の苦しむ, を軽んずる

▼ 眼付け~ (2, 0.0%)

2 て見せる

▼ 眼付それ~ (2, 0.0%)

1 に綺麗, は一同

▼ 眼何ん~ (2, 0.0%)

1 となく, とも言

▼ 眼先きが~ (2, 0.0%)

1 クラクラと, 明るくなつた

▼ 眼光らす~ (2, 0.0%)

2 田の

▼ 眼凹み~ (2, 0.0%)

2 皮膚の

▼ 眼加減~ (2, 0.0%)

1 に人眼, に曙館

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 しされた馬, しの

▼ 眼千両~ (2, 0.0%)

1 と言われた, と謂われた

▼ 眼印し~ (2, 0.0%)

1 となっ, にし

▼ 眼危き~ (2, 0.0%)

1 ただ単身, 唯単身

▼ 眼反抗~ (2, 0.0%)

2 と敵意

▼ 眼口耳~ (2, 0.0%)

1 をおおう, を作り

▼ 眼口鼻~ (2, 0.0%)

1 に入る, のあたり

▼ 眼叩き~ (2, 0.0%)

1 もせず, を繰り返した

▼ 眼多い~ (2, 0.0%)

2 毛などが

▼ 眼定め~ (2, 0.0%)

1 て見, て見た

▼ 眼寒し~ (2, 0.0%)

2 観魚亭

▼ 眼小さ~ (2, 0.0%)

1 すぎるほど, すぎる唇

▼ 眼小さく~ (2, 0.0%)

1 体俵の, 瞳輝き

▼ 眼小さな~ (2, 0.0%)

1 口鼻だけが, 耳大きな

▼ 眼小僧~ (2, 0.0%)

1 か, にでもあった

▼ 眼張っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て待っとる

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 に生き, もなく

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 のいい, は幾分

▼ 眼微塵~ (2, 0.0%)

2 ゆるがぬ脚爪

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 と心, の目

▼ 眼心手~ (2, 0.0%)

2 の一致

▼ 眼心抄~ (2, 0.0%)

1 とも校合, と云

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 のよ, の悪い細い

▼ 眼慰み~ (2, 0.0%)

1 かそれとも, になる

▼ 眼指され~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 眼~ (2, 0.0%)

2 く人

▼ 眼放ち~ (2, 0.0%)

2 て幽遠

▼ 眼明し~ (2, 0.0%)

1 とほか五, の金山寺屋

▼ 眼明ら~ (2, 0.0%)

2 けく

▼ 眼明らか~ (2, 0.0%)

2

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 が心, を罪

▼ 眼浅黒い~ (2, 0.0%)

1 顔の, 顔何となく

▼ 眼清く~ (2, 0.0%)

2 切長く

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 と称し, を発し

▼ 眼猫眼~ (2, 0.0%)

1 といっ, はとにかく

▼ 眼玉みたい~ (2, 0.0%)

1 なもん, にみえる

▼ 眼白押し~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 眼真暗~ (2, 0.0%)

1 だから, で飛び込ん

▼ 眼真直~ (2, 0.0%)

2 な鼻

▼ 眼眩まん~ (2, 0.0%)

2 とす

▼ 眼眩む~ (2, 0.0%)

1 ばかりに明るかっ, ほどにかつ

▼ 眼眼尻~ (2, 0.0%)

2 に優しい

▼ 眼眼眼~ (2, 0.0%)

1 と痛い, ならざるは

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 づれば, づれば氷の

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 には, も黒く

▼ 眼移り~ (2, 0.0%)

1 がし, がするだろう

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 が押し上げられた, までもクシャクシャ

▼ 眼立たしい~ (2, 0.0%)

1 のは, 時代の

▼ 眼立ち~ (2, 0.0%)

1 もした, 反感と

▼ 眼立つた~ (2, 0.0%)

1 のさ, 批評は

▼ 眼立派~ (2, 0.0%)

1 な口髭, な建築物

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 の根, は何れ

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 だァ, をつけ

▼ 眼細く~ (2, 0.0%)

1 天井を, 豺智の

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 たる不具, の強味

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 そして知識, に感じた

▼ 眼耳鼻舌身意~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 眼聖母~ (2, 0.0%)

2 の乳房

▼ 眼腐れ金~ (2, 0.0%)

1 と見かえる, をくれ

▼ 眼荒い~ (2, 0.0%)

1 まっ黒な, 眉狭い

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 の哲学私観, 現成公案

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 などの出来, の出来

▼ 眼見え~ (2, 0.0%)

1 て, てというの

▼ 眼見える~ (2, 0.0%)

1 んぢや, 様に

▼ 眼見よ~ (2, 0.0%)

2

▼ 眼見渡す~ (2, 0.0%)

2 と時代蒔絵

▼ 眼覚むる様~ (2, 0.0%)

1 なその, な色

▼ 眼覚めくる~ (2, 0.0%)

1 春, 田野の

▼ 眼覚めさす~ (2, 0.0%)

1 すべての, ほどの南欧式

▼ 眼覚めたる~ (2, 0.0%)

1 医学などという, 呉一郎が

▼ 眼覚めだ~ (2, 0.0%)

1 つた, つたの

▼ 眼覚めてる~ (2, 0.0%)

1 ことを, のか

▼ 眼覚めない~ (2, 0.0%)

1 ので, ような

▼ 眼覚めよう~ (2, 0.0%)

1 と努め, と欲する

▼ 眼触り~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ 眼試し~ (2, 0.0%)

1 とはなん, のため

▼ 眼赤い~ (2, 0.0%)

1 唇など, 唇の

▼ 眼赤らんだ~ (2, 0.0%)

1 頬, 頬が

▼ 眼輝きぬ~ (2, 0.0%)

2 穂薄の

▼ 眼近い~ (2, 0.0%)

1 処に, 夾竹桃は

▼ 眼通り四抱え~ (2, 0.0%)

1 ほどの大木, ほどもある

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 はし, はせること

▼ 眼逢い~ (2, 0.0%)

1 度い, 度いんだ

▼ 眼達識~ (2, 0.0%)

1 の士, の女性

▼ 眼配せした~ (2, 0.0%)

1 けれど利一郎, に違い

▼ 眼醒まし~ (2, 0.0%)

1 てくれました, の音

▼ 眼醒め初めた~ (2, 0.0%)

2 ので御座います

▼ 眼野狐うしろ向き~ (2, 0.0%)

2 尖り口

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 るどの, 牙すこぶる

▼ 眼閉ぢ給~ (2, 0.0%)

2 へいざ

▼ 眼開いた~ (2, 0.0%)

1 きりの, 手元気の

▼ 眼間伸び~ (2, 0.0%)

2 のした

▼ 眼附し~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 眼隆鼻~ (2, 0.0%)

1 で少し, まことに神々しい

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 がし, をし

▼ 眼青み~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 で知らせた, にお

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 に無数, はふっくり

▼ 眼頭手~ (2, 0.0%)

2 また全部

▼ 眼頭手その他これ~ (2, 0.0%)

2 に類する

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 の二本, はよく

▼ 眼食いしばった~ (2, 0.0%)

1 ような, 口蒼白の

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 といふこと, 薄い鼻

▼ 眼高き~ (2, 0.0%)

1 ことかくの, こと此の

▼ 眼黒い~ (2, 0.0%)

1 髪が, 髪の

▼ 眼黒く~ (2, 0.0%)

1 濡れ光って, 窓

▼ 眼~ (2, 0.0%)

1 から藝術, から評價

▼1* [1248件]

つげならざる, 眼ああ口よ, 眼あい私は, 眼あかし岡っ引, 眼あきの知らない幸福, 眼あけて居る, 眼あたらしく思えるの, 眼あたりかかること, 眼あって触手, 眼あはれ君が名, 眼あふれながれて, 眼あまりに子供らしい, 眼あらば見よ, 眼あらん人は, 眼ありでな, 眼いかにも繪に, 眼いまだ瞑せずして, 眼いや三つの, 眼いろしてやがて, 眼いろでわからあね, 眼いろは急にあらたまっ, 眼うち仰ぎ得, 眼うっとりした眼, 眼うつす外の, 眼うつせば紗, 眼うつろに居る, 眼うるさくなる場合, 眼うるんだような, 眼うれしく狂おしき眼ああ, 眼うれひてかげ, 眼えさましたかよ, 眼えたいの知れない, 眼鮒の, 眼おどおどした落着き, 眼おもほゆ, 眼お通し下され候こと, 眼かくあり, 眼かくしして突然, 眼かぐ鼻が, 眼かけられて御不, 眼かしらんと, 眼かすむ六七十を, 眼かどを硬めて, 眼かなしむ日の, 眼かは存じませぬが, 眼かも蔓には, 眼からかそれともそっち, 眼からきゃつの, 眼からでもこんなに涙, 眼からより容易に, 眼がさつぱり薄らいで, 眼がちくつとしました, 眼がちまじめそうな細面, 眼がっしりした鼻, 眼がというのは, 眼がにやっと笑う, 眼がねによってか破格なる, 眼がねのことだけを, 眼がねはかけないつて決心, 眼がねをとほして, 眼がのうて戦, 眼がもの珍らし, 眼がをぢさんの, 眼きき一つであちこち, 眼きつい相きつ, 眼きらめき長き唇そり, 眼きらりとかがやい, 眼くされ金で, 眼くちびるに至る, 眼くつろいだ部屋着の, 眼くばせくれると端公ら, 眼くばせされてもまだ, 眼くばせし合い雨の, 眼くばせ交すと楠平, 眼くばせ交わしたごろつき連は, 眼くばせ交わすとその, 眼くばりですぐ銀五郎, 眼くばりなのだ, 眼くまの紅, 眼くらきに聴きほくる, 眼くらしとかなしむ, 眼くらみ槍もつ, 眼くらんで後, 眼くるめき飛び退き様横に, 眼くれたとたんにパチリ, 眼ぐしもなし, 眼ぐすり貰って文ビル, 眼ぐらいのものでしょう, 眼ぐらゐは誤魔化せるよ, 眼こおかなく, 眼さかしう父, 眼さし腹を, 眼さすがにハッ, 眼さましと午後, 眼さむるを常, 眼さむるや否や一瞬時の猶予, 眼さめた時は, 眼さめたるは五時頃, 眼さめるとすぐ, 眼さらずも, 眼さ一杯涙ばため, 眼さ汗は入, 眼ざしされております, 眼ざしして門内, 眼ざしたところへ, 眼ざしだったことを, 眼ざしでじつと山田, 眼ざしらしいものを, 眼ざし笑うこと怒る, 眼ざといときまつたもので御座います, 眼ざといと言はれて, 眼ざといのがいてはうっかり話も交わされまい, 眼ざといのでいつも六時前, 眼ざといものでわしをこわがっ, 眼ざといもんですから何事かと思っ, 眼ざとい七兵衛はすぐ, 眼ざとい事を賞め, 眼ざとい伝六が二階, 眼ざとい傳六が二階, 眼ざとい妻が寝返り, 眼ざとい年寄りが物音, 眼ざとい由三が見つける, 眼ざとい白川はこの, 眼ざとい秀和は其角, 眼ざとい鶴子が昼寝, 眼ざとくも見付けて, 眼ざとく久慈を見つける, 眼ざとく兄の表情, 眼ざとく彼の顔, 眼ざとく徳三郎を見つけ, 眼ざとく目付けギョッとした, 眼ざとく眼のすみ, 眼ざとく私を見つけ, 眼ざとく路地の泰軒先生, 眼ざはりで醜く見える, 眼ざはりになつたと見えて, 眼ざはりになるほど飛び出して, 眼ざはり耳ざはりになる箇所ができ, 眼ざましきばかりなり, 眼ざむるばかりに明るく活気, 眼ざむる様な赤, 眼ざめかけた気配が感じられる, 眼ざめかけて来ました貴方, 眼ざめかなわっはっはっ, 眼ざめさすのは残酷だ, 眼ざめさせていただいた大キミオヤ, 眼ざめしめようと人人の心, 眼ざめし軟風払手柑の花, 眼ざめそれぞれ専門の知能, 眼ざめたお蓮様には何もの, 眼ざめたときには療養院のなか, 眼ざめためつきり, 眼ざめたように大きく眼, 眼ざめたらしい容子でもある, 眼ざめたる興味を感じ, 眼ざめた主人公はしののめ, 眼ざめた二人はどうにか, 眼ざめた僕の心, 眼ざめた天正の文化, 眼ざめた客はそこ, 眼ざめた小侍が, 眼ざめた幼児の輝かし, 眼ざめた後に訴える, 眼ざめた息の音, 眼ざめた時すでに遠慮, 眼ざめた龍子が灯り, 眼ざめだつた飲み足り話し足り眠り足つたの, 眼ざめているものにとってこの異常, 眼ざめている間はけっして, 眼ざめてから四季がまるまる, 眼ざめてきて日の暮れる, 眼ざめてしくしく泣いた, 眼ざめてそれから程なく聞いた, 眼ざめてよりそふ犬の表情, 眼ざめて了ふ, 眼ざめて夢判断をし, 眼ざめて山ほと, 眼ざめて無数の鳥, 眼ざめて読書した, 眼ざめて路上に停, 眼ざめて面を出した, 眼ざめて顔を洗った, 眼ざめであつたしづかなよろこび, 眼ざめですか親愛な女史, 眼ざめではないでしょうけれどちょっといっ, 眼ざめなくてはならぬ事である, 眼ざめなされませ浮橋さまのお, 眼ざめになるまでしばしお待ちしよう, 眼ざめぬうちに使いを走らせ, 眼ざめのかなしみふき消す如く, 眼ざめようとしないのは泣き疲れて, 眼ざめるときがなければよいと思いましてよ, 眼ざめると無惨に開封, 眼ざめるのが百六十九日もおそかっ, 眼ざめるのを自分でもはつ, 眼ざめるばかりに妖艶な二十歳, 眼ざめるばかりの若い麗人, 眼ざめるばかりの凜乎たる御, 眼ざめるばかり鮮やかであった, 眼ざめるまで早苗さんの心, 眼ざめる万灯の巷, 眼ざめる力を持っ, 眼ざめ何事やらんと, 眼ざめ殆んど, 眼ざわりになっ, 眼ざわりだ立ち去れ, 眼ざわりだからここの荻江お里, 眼ざわりであるが故に斬っ, 眼ざわりでしようがないから支配人にかけあっ, 眼ざわりで不潔で気, 眼ざわりとして船長を難詰, 眼ざわりな立ち方, 眼ざわりなどてらを叱りつける, 眼ざわりな者でも追う, 眼ざわりにならぬよう遠く離れ, 眼ざわりの個所を指摘, 眼しかも左の, 眼しっかりと結ん, 眼しばだたきて, 眼じつに高貴な, 眼すじをなお, 眼すっくと突き出された二本, 眼すなわち心の, 眼すべないた, 眼すべきは遺言, 眼すらも暗い影, 眼するどくおまけに, 眼するどく濃いおん眉意志の, 眼すんなりとした, 眼せずして人格, 眼そう双つ, 眼そうしたようすは, 眼そうして顔全体の, 眼そのままであった, 眼それでいて非常に, 眼それらが静子, 眼それ自身は磁石, 眼そんなものを, 眼ただ世渡りを, 眼たるやちょっと, 眼だいいちあの児, 眼だけぐらいは開くの, 眼だたぬ廊下の, 眼だちますからね, 眼だってもこうなり, 眼だつたので明日, 眼だつふくらみとで妊娠の, 眼っかちに比べれ, 眼っかちだしきのうの, 眼ったらまさに非常時そのもの, 眼つかいでお雪ちゃん, 眼つかち鴉, 眼つきそのものでその, 眼つきよれよれのフロック, 眼つき一つも見せ得なかった, 眼つき声の調子, 眼つき悪戯つぽ, 眼つき気味の悪い, 眼つき燦然たる知力, 眼つき片時も外らさん, 眼つき獅子鼻ではない, 眼つき絶間ない唇辺, 眼つき話しぶりで大, 眼つき馳けてゆく, 眼つき髪のこぼれ, 眼つけ所がある, 眼つどへもの, 眼つぶつて狙つて眺めた, 眼つぶらにて頤, 眼つぶりてのみ込, 眼つぶりもつてでも楽, 眼つぶれる思ひにていかなる, 眼つむりてすみやか, 眼つむれば若き, 眼つややかな色, 眼つるぎのよう, 眼づもりを絵図に写っ, 眼であるせゐか稍, 眼であればある, 眼できたときとった, 眼できつと睨み見, 眼できられた繩を, 眼でこそ色即是空という, 眼でござると出よう, 眼でしきりと, 眼でだけ見る事, 眼でとつくに, 眼でなきや御, 眼でなくなっていた, 眼でなりと彼, 眼でのみ見るの, 眼で乞うように, 眼で無ければ経済眼, 眼とかいうものは, 眼とかがそのまま今, 眼とかく曇らへ, 眼とかはいい唇, 眼とがり気味の, 眼ところどころに破れ, 眼としての世界観史的唯物論に, 眼としては存在しない, 眼とじおもむろに津軽なまり, 眼とてもそう威厳の, 眼とでは各イメージ, 眼とのみありて, 眼とめてご覧, 眼ともいはず鼻ともい, 眼とやら神通力とやら, 眼とをかはるが, 眼と共にもいちど日吉の, 眼どうかして, 眼どおりさし許して, 眼どころでは, 眼どすよつて, 眼どちらも金褐色, 眼どっしりと胡座, 眼どろんとさせる, 眼なければ呼び合う, 眼なざしして我, 眼なぞは男の, 眼などと云うもの, 眼などとは比較に, 眼などによく似合つて, 眼などへ沁み込んで, 眼なほ瞑せずして, 眼ならざるは無し, 眼なり口許なり, 眼なりの感覚に, 眼なりを基礎としてしか, 眼なれている, 眼なれぬ雲などの, 眼なんかはもっと見事, 眼なんじを罪, 眼なんぞは隱れ, 眼なんと山女魚は, 眼にかけましても後へは, 眼にけものめいた色, 眼にこやかな若々しい, 眼にたいして前日と, 眼にだけでも見てるもの, 眼にては唯官能上, 眼にながむれば, 眼になんぞついて, 眼にはにもう涙, 眼にははひりません, 眼にまつわるのは, 眼にまでもありありと, 眼によってのみ剣道の, 眼によっても見たいの, 眼により指を, 眼による違ひ, 眼によるに拘らず少年, 眼に対して人々が, 眼に対する刺戟を, 眼に従って連名を, 眼に関して余程不道徳的, 眼ぬち哀しと, 眼ねむっておもい, 眼のうへに美しい眉, 眼のうへの傷について, 眼のしをらし, 眼のせゐではある, 眼のせゐだつた, 眼のつつた唇, 眼のでっけえ海ん中, 眼のべっかんこな, 眼のまん前に, 眼のみで観る人, 眼のみに全神経, 眼のみを過度に, 眼のんきなかわいい, 眼はかういつて, 眼はかなくなりまして, 眼はきとあき, 眼はけだもの, 眼はしもきくの, 眼はじつと父親, 眼はねつつこく, 眼はもンどり打っ, 眼ばかりしか出さないよう, 眼ばかりじゃねえ宝冠の, 眼ばかりで働くやう, 眼ばっかりが生きて, 眼ばなしのならぬ, 眼ぱつちりとしたるさま何となくイスパニヤ, 眼ひきあけ驚くと, 眼ひき袖引きゃ妾, 眼ひしゃげた鼻厚い, 眼ひっつれた唇, 眼ぴかと光りて, 眼ふきふき一通の手紙, 眼ふくらみ加減の, 眼ふくれ上った唇額に, 眼ふさふさしたみごと, 眼かにかぶっ, 眼ぶしさうにし, 眼ぶちを赤く, 眼への直射を, 眼の白い, 眼ほそめる未明の, 眼ほのかなエクボ, 眼しもない, 眼まいするほど長湯, 眼まことの教養, 眼まされり楽しみと, 眼まぜして帰り仕度, 眼まぜでしめし合わす, 眼また明を, 眼まっかな唇, 眼まつ毛のこ, 眼までが梟の, 眼まではつぶれん, 眼までをも請うが, 眼みたときから, 眼みひらいたのは, 眼みるのも, 眼むっと結んだ厚手, 眼めしひた乞食, 眼もこそ二つあれ, 眼もさむるばかりに美しい, 眼もしよぼし, 眼もしくは正義観に, 眼もじ致しませぬうちから, 眼もつ神女アテーネー, 眼もて見送るより外, 眼もて語れば大助, 眼もとぢて立ちすくまね, 眼もと彼に銚子, 眼ものもらひ腫れ, 眼やがてそれぞれの, 眼やさしそうな, 眼やせた頬, 眼やにが溜り前歯, 眼やにでも取って, 眼ややとげとげしい横顔, 眼やら藩の, 眼ゆっくりとつくろわず, 眼ように自然, 眼よじれ果てた服痙攣し, 眼よりしか見えない穴窓, 眼よろしも妻, 眼らしい凹みもあり, 眼らしきものが, 眼らんらんとして全く, 眼わが耳の, 眼わななく紅い唇, 眼をかはし, 眼をね今日は, 眼をのぞぎこんだ, 眼をもかへさせるだらうと, 眼をよけて頬へ, 眼ををさへた, 眼ををののか, 眼を通してしか世界を, 眼を通しても自分の, 眼エ埃入らはつたん, 眼エ耀やかして, 眼エ開きながらそう, 眼カサカサに乾いた, 眼カスベか鰈, 眼カメレオン同前別々に動く, 眼カラ見ルト, 眼ガ僅カ一度傾ケバタチマチ醜人ト化シ, 眼ガ四ツソノ眼ト並ンデ鼻ガ二ツ, 眼ガ晦ンデ倒レソウニナッタ, 眼ガ覚メルコトモタマニハアルガ大概半分ハ寝惚ケテイテ, 眼ガ覚メ耐エ難イノデ佐々木, 眼ガ霞ムヨウニナッタノカト思ッテ一生懸命眼ヲ擦, 眼ギリシャ型の高い, 眼ギリシャ式の多少, 眼グスリだけで, 眼グロテスクな鼻, 眼見デ, 眼ジリ長く切れ, 眼ダケノ故障デナクモット致命的ナトコロニ病源ガアルヨウナ気ガシテ行クノガ恐クモアル, 眼チンマリした鼻, 眼ッぱの眼, 眼ツパ跛蹇または藝者, 眼ト並ンデ鼻ガ二ツ, 眼ニテ之ヲ観レバ, 眼ニ止マッテコンナ不孝ナ恥, 眼ニ義眼ヲ入, 眼ノスルドイノハボクノ責任デハナク, 眼ハヤリ目といふ, 眼ハ朱ヲ解テ, 眼パチパチも仕無かったろう, 眼ミルク色のやや, 眼ムラムラと紅線走り手巾, 眼メロンまたは肉豆, 眼モツァルトの耳プラトン, 眼ヤニにまみれた, 眼ヨリ見テ許ス可カラザル, 眼リンクスの眼, 眼ルイニ流の微笑, 眼ヲカケタト云フ訳デモナイノニ士官学校又ハ兵学校ニ入学シテカラモズツト遊ビニ来ルシ, 眼ヲモッテソノ姿態ヲ貪, 眼ンクリ玉はチイット計り, 眼ヴェルサイユを観ん, 眼ヴォルテールや百科全書派ら, 眼を失っ, 眼一せいに彼, 眼一つ足一つだなどといった, 眼一ぱいに否, 眼一ぱい心一ぱいで見, 眼一ツへ集つた心地, 眼一パイに溢れた, 眼一刹那の情感, 眼一双び眦に紫, 眼一口に苦味, 眼一應若旦那型の良い, 眼一族の人々, 眼一滴の涙, 眼一点の白, 眼一隻破たり, 眼七分目に捧げたら, 眼三ヶ月形の優しい, 眼三千年前のエジプト, 眼三日月型の黒い, 眼上三点の法則, 眼ぶくれの, 眼下宿代の仕, 眼不動弱法師, 眼不安そうな眼, 眼与へる眼愛する, 眼世界観等というもの, 眼両端が深く, 眼中だるみのない高い, 眼丸ぽちやで, 眼丸クシテ鼻高ク傍ヲ見, 眼丸味を帯び, 眼二つになる, 眼二三度撲りはずして, 眼二重顎大町人, 眼云々の句, 眼互いに顔を, 眼交して, 眼交せして左右, 眼已甚矣, 眼人形そっくりでございました, 眼人種其他不可思議のもの, 眼人間を識, 眼我がもの, 眼付お前の顔色, 眼付かすかにふるへる, 眼付きそれと御霊神社, 眼付き厭な眼付, 眼付き尋常ならざる, 眼付き手付き口つき言葉つきの端々, 眼付き横一文字にピッタリ, 眼付き気に食わない, 眼付き獅子鼻ではない, 眼付き誘惑的になった, 眼付き風付き何やらおかしい, 眼付したものも, 眼付些と見る, 眼付何物かを触感, 眼付口もとして, 眼付唇の間, 眼付如来を色情, 眼付意志の頑強そう, 眼付挙動をじろじろ, 眼付次第で玄関, 眼付自体が特殊, 眼付響のまま鮮明, 眼付頑丈な鼻, 眼付高貴の血統, 眼付髪の色, 眼て答え, 眼以上に見える, 眼会いたがっている, 眼会ってやりたい, 眼会心の研究, 眼伸び放題の不精髯, 眼低くて少し, 眼も彼, 眼何とスマートな, 眼何種と大勢, 眼何處までも知的, 眼使いで額を睨み上げ, 眼使い古した鞣し革の, 眼保養の遣らずぶったくりだ, 眼の手, 眼を紅く, 眼優しい汝が, 眼元お口もと, 眼元チョイと物, 眼元口元豊よかな頬, 眼充血させて, 眼先きのことに就い, 眼先さへた, 眼先生のお, 眼先貴なる杯, 眼先鋒鋩の蒼, 眼光りうかがふ, 眼入道となり, 眼入道め荷馬車にでも轢き殺され, 眼全く潰れた見る蔭, 眼八そちはこの, 眼八のみの平首, 眼八一分銀を握らせた, 眼八咫の鏡, 眼八咫鏡のご, 眼八大事そうにソッ, 眼八捕縄の端, 眼八旅職人の風つき, 眼八様が助, 眼八汗の乾く, 眼八海部側の者, 眼八自分の見込み, 眼八足を抜い, 眼八足業にかけて相手, 眼其様な眼, 眼を見るあたわず, 眼円い滑らかな, 眼円かに面, 眼円く鼻ひしげ, 眼冬子にはその, 眼冷淡な素振り, 眼凄まじい青髯, 眼凡ての夫等, 眼出帽をかぶり, 眼切れ上り猛鳥の相, 眼に出来上った, 眼利きなのだ, 眼利く地下に, 眼刳りの小, 眼か煮, 眼前空シク旧山川ニ対ス, 眼十手の光り, 眼千古を曠, 眼千尋の海, 眼半ば開いた口, 眼即ち物を, 眼厚ぼったい瞼ふくよかな, 眼はしからず, 眼厭わしからず瑞西あたり, 眼先歿, 眼に赤き, 眼口その他の諸, 眼口つきその声, 眼口元などを一わたりズー, 眼口尻に小さい, 眼口許に女, 眼口鼻消化排泄生殖器官なんどの色々, 眼口鼻眉如何で見分, 眼可愛い涙を, 眼可愛らしい唇, 眼などいう, 眼同じような, 眼しい真昼, 眼周助に逢わせ, 眼周囲の口, 眼呼吸をする, 眼哀憐悔恨の凄, 眼問いして, 眼喘ぐ呼吸顫える, 眼嘴脚爪の鋭さ, 眼四つは彼, 眼に向, 眼固く結んだ唇, 眼坐しにき, 眼をアノせつ, 眼城山の権現, 眼大主典, 眼堅く結んだ可愛らしい, 眼の, 眼に閉じ, 眼外れな例, 眼多少太い鼻, 眼多量の出血, 眼とやら名, 眼夢かくの如く, 眼大きい反くり, 眼大事は路傍, 眼天鵞絨のよう, 眼太くて偏平, 眼の口調, 眼蔵人右中辨兼左衛門権佐藤原豊房, 眼女等の声, 眼如何なる理論が, 眼のよう, 眼婀娜っぽくはない, 眼婆さんのあばら家, 眼子たちの眼, 眼存生中に完成, 眼学問の道, 眼学問耳学問を長, 眼のみにて他, 眼も二個, 眼宛然血の湖, 眼実際性を, 眼家鴨の嘴, 眼に壓, 眼寒げにすむ, 眼で四辺, 眼射しでこちら, 眼射たれて聴き, 眼射たれけり両つの, 眼小さい鼻小さい, 眼小さく鋭く口一倍大きく, 眼小柄な身体, 眼小男であった安井仲平, 眼尖った頬骨大きな, 眼尻キリリと上り, 眼尻口元どこともなく, 眼尻天井を向いた, 眼屋敷で今日, 眼山田麦漸青, 眼なる藤田東湖, 眼巨眼痩躯肥大おのおの異色, 眼差アドリア海やロンバルディア平原, 眼差微笑して, 眼されて, 眼の狭い, 眼平らにこっち, 眼はまだ, 眼広い額に, 眼広い蒼白い頬太い, 眼広やかに白大理石, 眼延々とした高い, 眼廻して引っ繰り返っ, 眼引きしまってる太い唇, 眼引き袖引きひそかに笑う, 眼引き袖引き後指さす人々, 眼引締つた唇など少し, 眼弱々しい身體智的で, 眼張ってればびく, 眼張つて待つ居るに, 眼張作業が始まった, 眼張白すに里芋, 眼張飛がそう, 眼張魚は蟇, 眼強く結むだ一の, 眼弾力のある, 眼彩爛々として不屈, 眼彪施恩さんか, 眼彫りのふかい, 眼彫刻に見る, 眼彼女のシェークスピア劇, 眼徒らに空, 眼得三の死体, 眼微笑の中心, 眼心もち紅潮させた蒼, 眼必ず之に, 眼忙しく心ひまなく, 眼ならざるに, 眼忽ち風船玉に, 眼ろしい, 眼怜悧そうな長い, 眼思いつめた様を, 眼思惟や感情, 眼敷見出し, 眼恐しく云々如何にも, 眼恐怖と疑惑, 眼恥じざる清潔の, 眼悪い人間の, 眼悪くて旅按摩, 眼悪くって日暮方, 眼惑いにふと, 眼惹き袖引き聴耳立て, 眼愁胡のご, 眼愛する眼しか, 眼愛情がその, 眼慈眼視衆生という慈眼, 眼慌しい而も, 眼慘憺たる死體, 眼慣れるに從つて, 眼い祖母, 眼慶子を見た, 眼懸けて立つ, 眼懸りて稲妻, 眼我耳の初めて, 眼所能見之物論, 眼扁平の鼻, 眼手上品な痩せ方, 眼打たれた犬の, 眼抉られたる松島は, 眼の場所, 眼抜けあがった額部, 眼拈華微笑だ, 眼まぬ, 眼拝観したいもの, 眼でみつめた, 眼指さるるべき理由の, 眼振り向いて見られよう, 眼捕へる眼犯す, 眼って唇, 眼授児の作用, 眼掛けたる人群を, 眼掛け駈け寄ろうとした, 眼掠め閨房の, 眼探って忍びやか, 眼擦るは, 眼放散した瞳孔, 眼敏き松之, 眼になつ, 眼の如く, 眼新しい広い景色を, 眼新しい耳新しいもの許りである, 眼新聞記者の眼, 眼新選廣く大, 眼明かしまで赤い, 眼明かなりと謂, 眼明色の髪, 眼映しいやうに, 眼映しくツて, 眼春昏くして薬, 眼是等の三要素, 眼時勢を観る, 眼があやしく, 眼く発見けた海老床甚八, 眼暈いがする, 眼暗からざるを, 眼暗夜に水銀, 眼暗黒となりぬ, 眼れるか, 眼曇るまたは小, 眼朗らかに眉, 眼朧ろに仰, 眼未だ瞑せずして, 眼は鐵眼存生中, 眼果して物を, 眼柔かい鼻筋唇の, 眼栄養不良の体躯, 眼の枝, 眼梟眼というの, 眼楔形をした, 眼樂女神の, 眼しむ, 眼之助, 眼横柄にそりくり返ってる, 眼の盆栽, 眼歌舞伎役者のよう, 眼止まりましたならばよろしく, 眼止めてご覧, 眼止めあらむ事を希望, 眼止りました通り身長は, 眼此姿を見せたら, 眼歩き方さえ, 眼歪んだ脣曲った, 眼には歯, 眼死骸のグロテスク, 眼死體のゆがみ, 眼んど, 眼殆ど潰れたも, 眼比較的大, 眼気味の眼元, 眼気短かさうな, 眼の中, 眼汚点だらけの肌, 眼決して険しくない, 眼決死の眼, 眼油断がならない, 眼の中, 眼注ぎたる使アルゲープォンテース, 眼泰助を迎え, 眼洗地蔵というの, 眼と見開い, 眼流指南の表札, 眼浅ましい御様子, 眼を溢らさん, 眼たらして, 眼涼しき優男少し, 眼涼しく美少年であっ, 眼黒い顏, 眼しく左, 眼湿んだ光を, 眼源女に相違, 眼溢れようとする, 眼滑らかに丸い, 眼漿が空間, 眼潤み居り候, 眼るるの, 眼潰れている, 眼潰れたるは我が, 眼潰れましたがだ, 眼潰球と同じ, 眼濃き暗き空を, 眼の如く燃え盛り, 眼灰色の毛, 眼達磨を, 眼無きが如く, 眼無く鼓膜無く, 眼無ければ則, 眼無情をうらみつめた, 眼無類の記者, 眼焼酎火のよう, 眼燃え立つやうな, 眼のやたら, 眼に形, 眼を礙, 眼のよう, 眼牝鹿のもの, 眼に脅え, 眼物凄く右と, 眼物別れた平次, 眼特色のある縮れ, 眼犯す眼を, 眼玉がちやんと, 眼玉そのものまで溶け, 眼玉それよりももっと, 眼玉はちよと彈, 眼玉ひとつを買ふため, 眼玉ほととぎすの吐出, 眼玉ものやがな, 眼玉キョロキョロをあらわし, 眼玉グルリグルリでそれでも, 眼玉中にひろ, 眼玉小枝に漆, 眼玉幾つにも係, 眼玉棕櫚の頭髪, 眼玉眼玉が二つ, 眼玉落ち込み歯は総, 眼玉陰影の無い, 眼玉頑丈な鼻, 眼玉鼻角髭と順々, 眼現実を感じる, 眼理知的に尖った, 眼甚だ美なる, 眼生気と血色, 眼生活感覚が環境的, 眼だ, 眼の高い, 眼が一度, 眼男らしい鼻, 眼番台の眼, 眼った心, 眼病そこひのたぐい, 眼病人や阿片患者, 眼病以来の癖, 眼病平癒祈願のため, 眼病後の人, 眼病院でも欹目, 眼白銀の牙, 眼百千は地, 眼か, 眼皮肉な口, 眼皷動する心臓, 眼目だつたのだ, 眼な鼻, 眼眉口等が無量, 眼眉脣皆意味, 眼黄色な, 眼真赤な厚い, 眼真青な楓, 眼から忽ちコロコロ, 眼眩きばかりに美しく, 眼眩くような, 眼眩しさ, 眼眩み倒れようとした, 眼眩めかしく一杯に, 眼眩んだか水品陣十郎, 眼眸茶色めく影, 眼眼瞼の周囲, 眼睛耀射て, 眼睫毛が抜け落ちた, 眼瞑ると感覚, 眼瞬きかたをした, 眼瞳孔は空虚, 眼砂糖のよう, 眼いビイドロ, 眼磊石填路, 眼磊落に笑う, 眼禅師という坊さん, 眼禅師法語はありがたい, 眼科学の精髄, 眼強く主人, 眼に生えた, 眼空洞な動かない片, 眼突き出した首の, 眼突き出た頬骨主人は, 眼窪みて光, 眼しく感じられる程度, 眼立たしくはある, 眼立たせたいためばかりに, 眼立たなかったがお玉杓子, 眼立たなくなってしまう, 眼立ちしやといふ, 眼立ちましたが千代, 眼立つべき内証にも, 眼端正な鼻, 眼一に, 眼筋痲痺を起してる, 眼の意, 眼節穴かそれとも, 眼には素より, 眼糞鼻糞を笑う, 眼に光, 眼紅い頬の, 眼素直な鼻, 眼細い鼻小さな, 眼細うして, 眼細かった頸, 眼のよう, 眼かにし, 眼羅馬型ではない, 眼美しい手美しい, 眼羚羊を思はせる, 眼老婆のお, 眼考へる心それに, 眼者流ぞ徒ら, 眼して, 眼耳口を塞い, 眼耳手足を各, 眼耳鼻なども腐り落ち, 眼耳鼻口尻尾脚等の形態, 眼耳鼻口等の五官, 眼耳鼻口舌齒であると, 眼耳鼻舌と分業, 眼耳鼻舌身意色聲香味觸法の十二, 眼さ, 眼聡く眼を, 眼さ, 眼聰い方な, 眼聰くも見付けた, 眼聴く耳の, 眼肉厚で高い, 眼肉感的のところ, 眼肉栗人参などを買っ, 眼肌理こまかな婀娜, 眼肢胃袋やその他, 眼の高い, 眼脂ぎりて黒き, 眼脂だらけの眼, 眼に燃えあがっ, 眼に無比, 眼腰足の先, 眼膏汗の浮いた, 眼膜剥落は法水, 眼せず伊豆守, 眼に塗ら, 眼臓腑をぬき出された, 眼自ら見えずなりたれば, 眼自慢の老人, 眼自暴に髪, 眼自若としてそういう, 眼自身が赤く, 眼元七年, 眼至って小さく両, 眼船口形の怪奇, 眼色のちがつた, 眼色彼の血相, 眼色抔を酷く, 眼色素の薄く, 眼色顔いろを, 眼色顔色がよく, 眼芸術家としての勘, 眼苦しく電話線を, 眼茶色がかった虹彩, 眼落ち凹み歯, 眼の赤く, 眼蒼白の顔色, 眼蓋さへも動かす, 眼蓋一杯に泛べたの, 眼蓬髪の上, 眼蔓樣のもの, 眼蔵啓迪を借り, 眼蔵拝誦道元禅師はほん, 眼蔵摩訶般若波羅蜜, 眼蔵涅槃妙心を正伝, 眼へり, 眼赤い眼瞼, 眼薄い髪先を, 眼薄き鳶いろ, 眼薄らに駱駝, 眼薬式の形態, 眼薬福助足袋稲こき親玉号, 眼の, 眼行儀の悪い, 眼衣裳の裾, 眼表情のない, 眼衰え退化した, 眼の好, 眼裏塵あれば, 眼をのがれる, 眼見えずして無心, 眼見えなくなったの, 眼見しが身体, 眼見せて貰, 眼見たいという大, 眼見ようと熱望, 眼見れば花押, 眼見ろカチヤって, 眼見んとて所々, 眼見張りて両手, 眼覗いただけで, 眼覚しき活動に, 眼覚すであらう, 眼覚すまいとそつ, 眼覚まさないと言い切れよう, 眼覚まして叭, 眼覚ましかったと言っ, 眼覚むることのなんぞ遅きやと, 眼覚むるばかりに紅葉した楓, 眼覚めかけて来た, 眼覚めかけてる寒そう, 眼覚めさせられたいがみあひつ, 眼覚めさせるものは, 眼覚めずに居つたなら, 眼覚めたらすぐ起きる, 眼覚めでございますか, 眼覚めでござるかな, 眼覚めでしたえ, 眼覚めでしょうか, 眼覚めですか, 眼覚めといきいきした, 眼覚めなすったの, 眼覚めならば御, 眼覚めにござりまするかもし, 眼覚めよ憐れなる, 眼覚めんとする, 眼覚め叫びましたのう, 眼覚め居りますでご, 眼観自在菩薩の画像, 眼覺むるばかりに紅葉した楓, 眼覺め振盪して, 眼言葉つきを考え出す, 眼言葉態度であった, 眼計り物凄く光る, 眼許口許を覗かせ, 眼証人でもある, 眼話題生活の仕様, 眼に本, 眼魔を, 眼の如く, 眼豊かな金髪, 眼豊満な鱗, 眼象牙彫の, 眼赤きを見れ, 眼赤十字星のまたたき, 眼越しにチラチラ, 眼身なりのそまつ, 眼身長と云え, 眼けり穂薄, 眼輝かせしかど例, 眼輝く眼決死の, 眼輪匝筋は豊か, 眼近く崇大なオーケストラ, 眼近く彼の顔, 眼近く相対する伊豆東海岸, 眼透き徹るやう, 眼通りいたし汝, 眼通りいたしたく存じながら日夜, 眼通り一尺下のあたり, 眼通り中だと, 眼通り正座に控えた, 眼速く紙幣検し, 眼逢えもしよう, 眼過ぎぬる, 眼違えという, 眼遠眼には赤い, 眼遠眼凡を過つ, 眼遣い一トつせずおの, 眼遥かな七, 眼配しながら玄関口, 眼配したんです, 眼配りして, 眼酷薄らしい口, 眼醒しい働き振りを, 眼醒むるばかりに美しい匂う, 眼醒むる人は一人, 眼醒むる彼等の苦痛, 眼醒めあそばせど, 眼醒めかかった意識が, 眼醒めかけている, 眼醒めさせられたものである, 眼醒めたいような, 眼醒めたら改めてもう一度技, 眼醒めてるものが, 眼醒めぬ藝術家が, 眼醒めました私は, 眼醒め初めるのである, 眼醒め得る理智的の, 眼醫者に話, 眼重しされどやっぱり, 眼野心の眼, 眼金輪五壇の法, 眼にも喩えつべし, 眼釣り上った眉, 眼鈍きものは, 眼鉤鼻と云われる, 眼銭形の平次, 眼鋭い眼つき曲がった, 眼鋭意時に厳酷でも, 眼の殿様, 眼錢形の平次, 眼錢形平次もハツ, 眼鑑どおり唖のやつ, 眼長い細やかな, 眼長く唇薄く, 眼長押からブラ下, 眼長髯胆量人にこえ, 眼めき頽, 眼閉ぢ眼を開け, 眼閉づれば速く近く, 眼がひろく, 眼開いて生まれ, 眼開く蛇の, 眼附大嫌ひだわ, 眼附次第でどう, 眼険しい鼻兇悪な, 眼に焼けた, 眼い鼻, 眼隆準といふ形容詞, 眼隆鼻高雅であった, 眼にならない, 眼隠し越しの三日月様, 眼よりも鋭い, 眼雖不見, 眼霜焼けのした, 眼霜燒けのした, 眼霞む眉象牙を, 眼霧らひ泣かゆ, 眼青々と剃り落した, 眼青い髪の, 眼青じろく針の, 眼青白い頬力ない, 眼頑丈そうな歯並, 眼頬骨が高く, 眼のよう, 眼顔胴を擦り, 眼顰む眉豊な頬, 眼がもたらす, 眼颯と血走れり, 眼馴れた物を, 眼馴れぬものは, 眼駒鳥の紅い, 眼駱駝はみ, 眼高い広い額等には, 眼高くて細い長い, 眼は櫛巻き, 眼の中, 眼賣六助, 眼に似る, 眼鬼ポリフェムス嫉み甚だしく, 眼魅力と利かん, 眼のよう, 眼の口嘴, 眼はしい, 眼黄金色の髪, 眼鼻口耳皆立派で眉, 眼鼻口頬顎眉額耳など一通り道具, 眼鼻唇などを刻み出す, 眼鼻立健康さうな皮膚, 眼鼻等の造作, 眼鼻筋の柔か, 眼鼻耳よりも出さず, 眼鼻頭常に冷たく