青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「笠~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

笑う~ ~笑っ 笑っ~ ~笑った 笑った~ ~笑つた ~笑顔 笑顔~ ~笛 笛~
笠~
笹~ ~筆 筆~ ~筈 筈~ 等~ ~筋 筋~ 筒~ ~答

「笠~」 2366, 26ppm, 4565位

▼ 笠~ (764, 32.3%)

47 かぶって 26 被って 17 冠って 13 傾けて, 取って 12 持って 10 ぬいで 9 着て 7 眉深, 脱いで 5 冠った, 深くし, 片手に, 脱って 4 かぶりて, 伏せたやう, 冠り, 手に, 深々とか, 深く被っ 3 とって, 仰向けに, 伏せたよう, 傾げて, 振って, 脱いだ, 被つて

2 [42件] いただいて, かけた電燈, かたむけて, かなぐり捨てて, かぶった, かぶり純然, かむって, とつて, ならべて, ぬぎ, ぬぎながら, ぬぎ頬かむり, ぬぐ, もって, 下げて, 両手に, 俯向け, 借りて, 取ったその, 取つて引被つて, 召せ, 小脇に, 戴いて, 拂つてむつくりと, 拭いてをか, 持ち直して, 振った, 振り振り, 深くした, 脱ぎ草鞋, 著け, 著て, 被た, 被ると, 見つめつつ, 見て, 買って, 買ふなら, 針金の, 雨落に, 頭に, 飛ばして

1 [454件] あげて, あずけ衣服, あたりへ, あてて, いただいた小坊主, いただきながら, いただき太い, いただき左, うつ向けた, おいて, おさえて, おさめてから, お京さん, お被りじゃ, かかえて, かかつた私, かけた朦朧, かけた背, かけた脊, かけて, かけてから, かざした仲間, かしげて, かたげて, かたげる気分, かたむけおきたを, かつぐの, かなぐり捨て大刀, かぶせあたり, かぶせ草, かぶったせい, かぶったの, かぶったまま, かぶった三人, かぶった乙女, かぶった二三人連れ, かぶった人, かぶった僧, かぶった妻, かぶった歩兵, かぶった母, かぶった浪人, かぶった舟子, かぶった藤吉, かぶった藤娘, かぶった電灯, かぶった首, かぶつたの, かぶらず, かぶらず笠, かぶらないで, かぶらなかった坊主, かぶり, かぶりおるわい, かぶりつけても, かぶりな, かぶりひとり, かぶり例, かぶり其の, かぶり出して, かぶり尋常, かぶり帯刀, かぶり従者, かぶり杖, かぶり田山白雲, かぶり白木, かぶり笠, かぶり脚絆, かぶり腰, かぶり草鞋, かぶり菊亭晴季, かぶり蓑, かぶり袈裟衣, かぶり首根ッ子, かぶると, かぶるとか, かぶるに, かぶるよりも, かぶる必要, かぶッ, かむったよう, かむった彼女, かむつて, かむりながら, かむり綿服, かむり足, かむり陣刀, がちゃーん, くずして, くれい, こうやっ, さげ, さげ足早, さして, さし上げて, さし上げましょう峠, さし足駄, したスタンド, そっくりひとつ, そのままに, それへ, そろえて, たたく冷たい, つかまえて, つかまえ腕, つけたの, つけた小, つけた本陣, つけた燭台, つけた被害民, つけて, つけ少し, とめた螺旋, とらへ, とりながら, とりも, とりよったの, とり風呂敷包, とる, とれ, どこへな, ぬいだ, ぬぎしつとり, ぬぎしみじみ, ぬぐと, はずして, はらって, ひつくりかへ, ひろいとる, ひろげた, ぶっつけ驚いて, ぽんと, ぽんとうしろ, まぶ, めぐらしながら, もった旅, やって, ゆすぶりながら, ハタハタと, 一文字に, 一目見る, 上げて, 上に, 下から, 下に, 下へ, 両袖, 主な, 仄めかせながら, 伏せて, 何処へ, 何枚か, 作る公役, 修繕する, 借りること, 傘の, 傾けこっち, 傾けこれ, 傾けた旅人, 傾けながら, 傾けるもの, 傾け人馬, 傾け日没余光燦然, 傾け道中合羽, 傾げ弥助, 六体の, 其上に, 冠つた, 冠つてる, 冠つてゐる, 冠つて六歩を, 冠つて稍, 冠として, 冠ぶった, 冠ります, 冠る, 出したばかり, 出して, 切ったこと, 刎ね, 割つたりなど, 十太夫に, 反除けまする, 取った, 取ったが, 取ったまま, 取ったり, 取った七兵衛, 取つた, 取りいと, 取りご, 取りました, 取り寄せましたので, 取り寄せる間, 取り直しました, 取るまでは, 取る方, 取れ, 取卸しました, 受け取った, 受け取って, 受け取りながら, 受け取ると, 叩かれつ, 召して, 召すやら, 召せ笠, 向けて, 吹きとばされ眼鏡, 吹きとばすほど, 吹き見て, 吹き飛ばして, 団扇に, 土間から, 地に, 壓し, 外し何, 外し自分, 夫婦で, 届けて, 左に, 差しだして, 師として, 廻して, 引きつけて, 引きよせて, 引っ張って, 当てて, 戴き人, 戴き南無, 戴く旅人, 手づくりし, 手強く振っ, 手近の, 払い落した途端, 払った, 抑えたまま, 抑えたらしい時, 抑えて, 投げて, 投げ上げました, 投げ捨てた兵馬, 投出すと, 抛って, 抱えて, 抱きました, 押えて, 押え残る片手, 押さえて, 拾ったが, 拾って, 持たずに, 持ち, 持ちて, 持ち左, 持ち斜, 持ち杖, 持った兼輔, 持った旅, 持つ, 持つて, 持出したの, 指に, 振りかたげて, 振りさらばさらば, 振りたがいに, 振りながら, 振り振り妻恋坂, 振る七兵衛, 挾んで, 捧げて, 捨てたまま, 捨てる, 捨てるまで, 掛けたの, 掛けて, 掴もうと, 掻いこんで, 揃えて, 提げ早足, 換えて, 揺り直し草鞋, 揺るがせる, 携え片手, 撥ね上げて, 撥ね除け脇差, 敷いた, 敷き枝, 日に, 書きふさげた, 案内の, 棄て, 棄てて, 横ちよに, 横に, 歌うた小唄, 止めると, 歩行に, 求めて, 求める店, 洗足水をと, 浮かして, 深々と, 深うし, 深くかぶっ, 深くかぶった, 深くかむ, 用いる風習, 用意せず, 申訳に, 盗んだ, 盗んで, 目じるし, 目の下の, 目ぶ, 目当に, 眉ぶ, 真直に, 眼深, 着けて, 着け草鞋, 着け荷物, 着せたものの, 着たおとづれ人, 着たるやう, 着たを, 着た姿, 着た旅人, 着た黒い, 着腰, 着顔, 破り, 神の, 神妙に, 突いて, 立てかけて, 紅緒で, 紐を, 縁が, 置いて, 置き忘れて, 置き脇差, 置くこと, 背負いこんで, 背負い八百目, 背負って, 胸に, 胸へ, 脱いだまま, 脱いだり, 脱いだ代り, 脱いだ儘, 脱がなかった, 脱ぎ若き, 脱ぎ鈎匙, 脱ぐ相手, 脱つて雪, 腰に, 自分で, 舁ぐ事, 茶の間の, 落して, 落す, 落すと, 落とすこと, 著けた神農作の, 著せて, 著たま, 著る, 著連れた, 被ぎ, 被く, 被せその, 被せて, 被せ其紐, 被たる灯火の見, 被った一人, 被った人品, 被った小僧, 被った小柄, 被った田舎娘, 被った笠, 被った草鞋, 被った黒い, 被ってる姿, 被つた半島, 被つた異形神, 被つて竹杖, 被つて紺看板, 被つて釣り, 被つて銜, 被らなければ, 被ります, 被り壺装束, 被り大きな, 被り泥まびれ, 被り短い, 被る, 被るわけ, 裏返しに, 西日へ, 見あげた, 見おくって, 見かけたんで, 見た, 見つけて, 見つめて, 見に, 見ますと, 見まもりながら, 見れば, 見物し, 見送って, 覗き見て, 覗込ん, 言ふ, 証拠に, 認めた前, 誰かに, 誰が, 貫いた棒, 貰って, 買うて, 買え笠, 買おうこれこれ, 買わせた, 貸して, 貸せと, 贈って, 路傍へ, 追ッ, 逆に, 透かして, 透して, 遠くから, 銀杏なりの, 開かない若い, 阿弥陀に, 除って, 除る, 離さず片手, 頂き簑, 頂き腰, 頂くの, 預けて, 預け買物, 頬に, 頸窪に, 飛ばされて, 首に, 首にかけて, 高浪が, 鳴らす, 黒髪に

▼ 笠~ (473, 20.0%)

25 紐を 17 下から 11 上に 8 つばを, 中から, 台が, 緒を 6 ように 5 うちを, 上へ, 中に, 中を 4 下に, 下を, 山の, 蔭から, 裡を 3 ふちを, ような, 上から, 中で, 代りに, 前つば, 女は, 形を, 裏を

2 [44件] いたん, うちで, うちに, うちの, ことを, しづくで, ために, つばに, ひもを, やうな, 三分心の, 上には, 上の, 下で, 下の, 中, 中は, 中へ, 主の, 内から, 内を, 内側に, 台だけを, 台と, 台という, 山の上に, 山を, 影は, 松たゆら, 檐に, 男が, 真白きに, 破れた三分心, 端を, 紐が, 縁に, 臺が, 蔭に, 裏に, 裏へ, 裡から, 裡で, 赤い紐, 趣が

1 [227件] あったの, あつた, ありがたさ, ある電気スタンド, うえに, うす赤いふち, うち, うちから, うちからも, うちこそ, うちなる, うち一目見せ, うら, うらから, うるしが, お祭り, かかったラムプ, かかった背, かかった電灯, かげで, かこみ一尺, かわりに, きちんが, きのこを, くるくる廻った, くるくる廻つた, こしらえで, ことや, さむらい, すがた, そばへ, ついた客室用ランプ, ついた電燈, つば越しに, ところあたりに, ないほこりだらけ, ないスタンド, ない白い電気, なかから, なかより, ぬしは, ひさしに, ひさしを, ひもに, ふちから, ふちに, ままで, ままふところから, まま渓流の, むれ, ものである, やうに, オヤジの, スタンドの, ツバを, ラムプの, 一仕事を, 一塊を, 一隊は, 上にく, 上方の, 下には, 下へ, 下へも, 下涼み, 中からは, 中しずかに, 中ながら, 中の, 中央に, 予言した, 事だ, 二山右に, 人, 代として, 代用を, 仲間と, 伊勢詣り, 位置を, 信仰, 傾く様子, 公達と, 六部で, 内が, 内に, 内よし, 内側の, 判断も, 別称である, 前を, 前半を, 前半面, 前縁, 動く五月, 匂いと, 句ほど, 台, 台だって, 台は, 台を, 地に, 塵を, 境界という, 外面を, 大きな色, 大月玄蕃が, 太い担, 奥に, 奥ふかく, 女, 女侍百姓町人, 女房六人それから, 女指抜の, 如き帽子, 姿は, 小さいの, 小まといで見, 展望岩から, 山, 山に, 山脚が, 山脚と, 峰ちかく, 庇の, 庇を, 影も, 影を, 後には, 怪は, 意匠を, 手入れを, 持ち主を, 掛つた柱の, 新しいの, 方は, 旅姿と, 旗じる, 様な, 模型の, 樣な, 横には, 檐も, 段が, 洋燈は, 無いのに, 焦げて, 煤けた洋燈, 燕作が, 生国名, 田植は, 男, 男は, 百姓が, 百姓の, 目堰から, 目堰を, 目録も, 真偽でなく, 石塔が, 破れた洋灯, 稚児流れの, 端早苗すり, 竹骨が, 笠揺り, 紅い緒, 紅紐が, 紅緒が, 紋が, 紋じる, 紋を, 紐ぞも, 紐に, 紐の, 紐は, 紐へ, 紐二条しなやかに, 紐弛く, 紐癖で, 紫布垂れ朝寝かな, 緒が, 緒で, 緒の, 編目を, 縁が, 縁にかけて, 美少年は, 翁, 翳から, 臣, 臣が, 臣の, 臺の, 色も, 苔が, 若者も, 蜘蛛, 蝗の, 装を, 裡の, 褄を, 観念は, 読書用電燈が, 越後娘だった, 農夫が, 通りかかるの, 遍路いやに, 重さ, 開かない肉, 間に, 陰に, 陰影で, 雪を, 雫を, 電気を, 電燈が, 電燈を, 電球, 面を, 頭を, 顎を, 顔も, 飾り物も, 飾り物乃至, 首, 馬幟を, 麗人城太郎と, 黄色いの

▼ 笠~ (230, 9.7%)

23 着て 8 被て 6 かかって, 面を, 顔を 5 きて 4 木の葉が 3 書いて, 自分の

2 [12件] かくれぬ床し, ついて, 何か, 凌いで, 合羽の, 喧嘩を, 巣喰う, 手を, 挿すべき枝, 毛虫を, 著て, 黒く粒だつ

1 [142件] あだめかしい緋色, あるべき歌, いくらでもその, うつ向き圓光, お顔, かかってる凉, かからずとも, かかりながら, かかり思わせ振り, かかること, かくされて, かくし浮織琥珀, かならずしるされる, かぶるもの, きたり, きての, きること, さいたも, さすべき枝, さっぱりと, しぶく雨, します菅, すがた, それから, つく蝶, つつまれて, つつみ手, つつみ野袴, てっこう, とんぼを, なって, なる, なるには, ぶっつけたこと, ナアー, ボヤケた, モール織, 七区の, 下駄, 不法を, 二本差した, 二箇所ほど, 云ひ, 五三の, 京都市中を, 仕事を, 似たの, 似た恰好, 供へる, 割り羽織の, 古い傷, 合羽を, 名筆が, 名高い博多, 垂れ衣, 墨染めの, 夏の, 夕日を, 夕陽が, 小紋の, 川越次郎兵衛と, 巣くうたる蜘蛛, 張つて目隱し, 恐るべく光って, 成りてよ, 戴く聖霊, 打ちつけるので, 承けしむ, 振袖まぎれ, 挿し二本, 描いたの, 旅合羽長脇差を, 日をよけて, 書きつけた, 書きつけたるやう, 書きつけて, 書して, 杖を, 来ての, 柄袋といった, 模様布を, 止まった, 泥を, 注ぎかけられた, 淋しい音, 深いわけ, 漆を, 漉されて, 用あり, 画いた墨絵, 白い紙片, 白き光り, 直して, 着たとて, 着た横柄, 着てや, 破られて, 突付けて, 約束的の, 純白の, 素草鞋合羽の, 累なり, 紺無地の, 編んで, 脚絆甲掛背に, 艸花さしたる, 草花插し, 草鞋が, 落ちつづきたる木の実, 行縢で, 被ても, 被ぬ面, 被れたもの, 被われたもの, 被衣を, 見立てたの, 触れて, 身を, 近づいて, 這つてゐる, 這ひ, 過ぎないこと, 道中合羽わらじ脚絆という, 道中合羽を, 酔ったその, 重ねて, 銀の, 銀波を, 關する, 陽を, 隠した横目, 隠して, 隠れて, 雨急なり, 霙が, 霜ふるらしい, 面体は, 音たて, 頭を, 頭陀袋のみ, 黒布子の, 黒色鮮かに

▼ 笠~ (103, 4.4%)

2 [12件] あつて, なんにもなかつ, よう似た, よく似た, 地球儀の, 掛けて, 水の, 漏りだしたの, 突っかけ, 竪に, 針金の, 飛んで

1 [79件] ありその, あります, ありやす, あるので, ある以上, いくつも, うちの, おたく, お座所近くに, かくして, ここで, こころもち揺ぎます, こはれ, その瞬間, それ自体ひとつの, ちらりと光つて, ない, はたと草鞋, はっきりと, ひとつそぼ降る, ひらひらと, ふっくりと, やぶれた, ゆさゆさはげしく, わずかに, コナゴナに, 一つとは, 一つ二つ持ち上っ, 下がって, 二つ何かの, 他の, 作られて, 出来た, 動きも, 古いのに, 叩き落されて, 向うで, 地上に, 坂に, 大きく少し, 大風に, 天井から, 小さいの, 少し動いた, 心得て, 必須條件にな, 忙しげ, 投げてる影, 投げ出して, 捨てて, 揃って, 数限りなく散らばっ, 晴季に, 暗くなった, 最後に, 来ると, 決して広く, 現われ出して, 皆傾い, 目立って, 眼に, 私の, 笠が, 練り歩く, 自斎, 舶来種と, 落ちて, 落ちは, 見えた, 見えたかと, 迎えられた小さな, 途中に, 造れるの, 開いたの, 間近くその, 降りる, 降り其附近, 風に, 黄色い点

▼ 笠~ (75, 3.2%)

3 浅い縁 2 淺い, 神に, 飛んで

1 [66件] あみだ, あらざりき二百里, お山へ, かなり深い, かぶらないで, きのうの, この二人, そういう風, そのま, ちょいと, つきものな, ときどきワッショ, ないよ, はね飛ばされて, ほどなく米友, みな哥に, よけい物と, クルルッと, 一層絢爛, 両側の, 二つともに, 他人の, 何の, 先へ, 前のより, 危うく横, 取らず細く, 取りたくは, 吹き攫, 吹き攫われるずぶ濡れ, 四つしか, 外して, 多少自分, 天蓋では, 奉納せり, 孔子の, 巨大で, 後世農人の, 御免を, 必旅行毎に, 持たず浪人, 旅に, 月に, 果てなくころころ, 次郎兵衛の, 正確には, 此処に, 水盤に, 滑石の, 目深に, 着ず手拭, 破れて, 網代で, 編笠菅笠陣笠の, 落ちて, 衝く, 被らずその, 見えるの, 誰かの, 誰に, 通常の, 長途の, 限りなく, 顔を, 馬の背から, 鴨居の

▼ 笠~ (75, 3.2%)

4 合羽も 3 漏りだしたか, 被らないで 2 笠いつき, 草鞋も, 蓙も, 被らずに, 頬かぶりも

1 [55件] あるし, あるでは, あれば, あろう, うるさい, おちつかせて, かけたまま, かぶらずに, かぶらず例, かぶらず合羽, かぶらず頭, この時, そのまま顔, そばへ, とばさな, とらず床几, ない, ないそう, ないの, ないのに, ない覆面, なくじ, なく手荷物, なにも, ほうり投げて, わらじも, 不相当, 今その, 兜も, 台石も, 少し見えました, 帽子も, 手拭も, 投げ捨て, 持たずに, 揺れるの, 新しいの, 新しく買, 日向に, 柄杓も, 煤と, 球も, 用意を, 真黒な, 荒っぽくなる, 菌である, 袋も, 被って, 被らず一本杖, 被らず口, 被らず大木, 軽くこの, 載せられずと, 金線サイダアの, 錫も

▼ 笠~ (69, 2.9%)

2 合羽と, 合羽を, 杖とが, 杖とを, 草鞋が

1 [59件] いい袴, いっても, いつた姿, こちらの, この凶精, しろい面貌, し手, だしとの, つて, なって, ふり分けの, ほやとが, やがて肩, よく土地名, よぶ荒編, よぶ荒編み, わらじと, 一所に, 一本の, 一緒に, 三ヶ峰との, 云ふ, 何そちが, 僕の, 前髪の, 半合羽, 取換えて, 合羽で, 合羽の, 合羽は, 名付けたの, 壁に, 女草履, 振分, 数度すれちがった, 旅合羽は, 杖まで, 杖を, 柿を, 河出から, 法衣と, 火屋が, 片手を, 申せ, 申せ宮城野, 白手ぬぐいは, 白箸とは, 竹杖とを, 笠の, 草鞋それに, 草鞋とを, 草鞋を, 蓆を, 蓑とに, 蓑とを, 蓑にあたる, 見ると, 鞭を, 首根ッ子へ

▼ 笠~ (38, 1.6%)

2 古釜, 揉烏帽子が, 蓑を

1 [32件] あのく, わらじを, 何かの, 僧形に, 六尺棒なぞで, 其他の, 塔や, 履き物の, 市女笠などが, 手ぬぐいを, 手拭が, 手拭を, 早苗取, 机や, 朽ちぬらん, 杖も, 杖を, 枯芒, 椅子の, 毛布を, 燕や, 着物は, 腰蓑などを, 茎から, 草鞋, 草鞋を, 荷物を, 衣を, 袈裟を, 電気アイロンや, 頭巾や, 頭巾を

▼ 笠~ (36, 1.5%)

4 顔を 2 樹下石上を, 隠して, 顔隠した

1 [26件] かくして彼, ぐっしょり濡れ, さしまねいて, まるきり知れない, 働いて, 凌いだくらい, 分らない, 制して, 半面を, 喧嘩を, 対向って, 拂ひ, 生れて, 田も, 稍, 肥車を, 自分の, 表された神, 襷を, 身を, 隠すよう, 隱し, 雨露お, 面を, 顏姿を, 髪を

▼ 笠支配人~ (28, 1.2%)

2 と呉羽嬢, は思わず

1 [24件] が台所女中, とが向い合っ, にも突, に頼まれ, の態度, の様子, の真正面, の話, はいつも, はかなり, はその, は何, は到っ, は太い, は度, は忽ち, は急, は満足, は誰, は青く, は鬼気, も一つゴックリ, を先, を片手

▼ 笠~ (17, 0.7%)

2 ぽつとり, 手を, 指を

1 [11件] あたった, みなで, 一筆書きます, 仮名で, 入れて, 崩れかかった束髪, 目を, 落葉の, 障って, 電話かけ, 顔を

▼ 笠には~ (15, 0.6%)

1 [15件] あたらない, どれにも, ならない, もう夜, チャンと, 一匹の, 一目に, 勝則の, 同行二人と, 墨で, 富士の, 彼女の, 武州川越次郎兵衛と, 眩しいと, 雪が

▼ 笠太郎~ (14, 0.6%)

1 [14件] がガツカリ, が手紙, のオヤジ, の体面, の小父, はさ, はどつち, はクミ, はビツクリ, は事情, は口, もこれ, もとうとう, ケロリと

▼ 笠をか~ (10, 0.4%)

7 ぶつて 2 ぶつた 1 ぶつたり

▼ 笠~ (9, 0.4%)

3 ぶつた 1 つぎも, ぶりや, 何かで, 傘か, 尾の, 帽子の

▼ 笠~ (9, 0.4%)

1 とした紛れない, としておる, に付け, に挿した, もない, やら旅道具, をみな脱, を取り除けさせ, を見

▼ 笠~ (9, 0.4%)

7 之介 1 之介さん, 之介氏

▼ 笠から~ (7, 0.3%)

1 外へ, 始めて, 洩れる背丈, 草鞋まで, 落ちる電燈, 蜘蛛が, 透きとおって

▼ 笠~ (6, 0.3%)

2 て簑, て行かぬ 1 て立ちつくす, て草鞋

▼ 笠という~ (6, 0.3%)

2 男は 1 ことは, のか, 一様な, 縁の

▼ 笠一つ~ (6, 0.3%)

1 が沈ん, に就, も独創, を持っ, 被らず定斎, 見えぬ

▼ 笠越し~ (6, 0.3%)

1 にじっと, に七兵衛, に屹, に浅黒い, に空, に見下ろす

▼ 笠~ (6, 0.3%)

2 の場合 1 などの生じた, の昨夕, の浅, はもう

▼ 笠とが~ (5, 0.2%)

1 僅かに, 充分に, 忍んで, 時を, 獄門と

▼ 笠なし~ (5, 0.2%)

1 お十夜, では, と, に山寺, はやりきれん

▼ 笠売り~ (5, 0.2%)

1 か何, がおる, の隣, は法師, 鏡研ぎ

▼ 笠~ (5, 0.2%)

1 で笠鉾, などに鶏, の上, の下, の間

▼ 笠つけ~ (4, 0.2%)

1 てとほる, て人, て愛着, て早

▼ 笠など~ (4, 0.2%)

1 おかぶり, 両手にか, 汗に, 見ゆ

▼ 笠作り~ (4, 0.2%)

2 に, の六助

▼ 笠~ (4, 0.2%)

4 の御前

▼ 笠草鞋~ (4, 0.2%)

1 などを宿, など旅装, のしたく, を背負わせ

▼ 笠~ (3, 0.1%)

2 そり笠じ 1 かめの

▼ 笠さん~ (3, 0.1%)

1 じゃいけない, と大森, は今

▼ 笠じる~ (3, 0.1%)

21 しも荷駄

▼ 笠との~ (3, 0.1%)

2 舟人に 1 關係は

▼ 笠とは~ (3, 0.1%)

2 限らない古 1 どんな笠

▼ 笠などが~ (3, 0.1%)

1 かけて, 流れに, 見えて

▼ 笠にも~ (3, 0.1%)

1 さして通る, 簑にも, 障子の

▼ 笠ばかりを~ (3, 0.1%)

2 取って 1 使います

▼ 笠まで~ (3, 0.1%)

1 何一つとして, 公式を, 用意し

▼ 笠一杖~ (3, 0.1%)

2 に身 1 の気軽

▼ 笠代り~ (3, 0.1%)

2 に狸囃子 1 に小さい

▼ 笠姿~ (3, 0.1%)

1 で車, は守護, を原則

▼ 笠懸け~ (3, 0.1%)

1 の森, 十番, 松の

▼ 笠~ (3, 0.1%)

1 の山容, の峰頂, の頭

▼ 笠~ (3, 0.1%)

1 たる姿, てただ, て来る

▼ 笠着た~ (3, 0.1%)

1 巨人及び, 旅人が, 順礼に

▼ 笠いつき~ (2, 0.1%)

2 ようと

▼ 笠こそ~ (2, 0.1%)

1 つけない竹槍, 変って

▼ 笠~ (2, 0.1%)

1 ている, て遠音

▼ 笠~ (2, 0.1%)

2 ょに

▼ 笠~ (2, 0.1%)

1 とかあるいは, のの

▼ 笠だけが~ (2, 0.1%)

1 微かに, 茸の

▼ 笠だの~ (2, 0.1%)

1 そして荷駄, 合羽だの

▼ 笠です~ (2, 0.1%)

1 のよ, わい

▼ 笠では~ (2, 0.1%)

1 ない, なくて

▼ 笠でも~ (2, 0.1%)

1 ある, 抛つてゐるやう

▼ 笠とを~ (2, 0.1%)

1 借りて, 負って

▼ 笠どれ~ (2, 0.1%)

2 が様

▼ 笠ながら~ (2, 0.1%)

1 会釈し, 差覗く

▼ 笠などの~ (2, 0.1%)

1 下った二階, 当時に

▼ 笠などを~ (2, 0.1%)

1 かけその, まず縁

▼ 笠ふりむけ~ (2, 0.1%)

2 て誰

▼ 笠べり~ (2, 0.1%)

1 にかけて, をバリッ

▼ 笠めき和め~ (2, 0.1%)

2 上畑は

▼ 笠~ (2, 0.1%)

1 どこへ, 脚絆よと

▼ 笠よりも~ (2, 0.1%)

1 大きい, 掌に

▼ 笠三蓋~ (2, 0.1%)

1 とても夏, と諺

▼ 笠信太郎氏~ (2, 0.1%)

1 の, の近著

▼ 笠地蔵~ (2, 0.1%)

1 といっ, と七人山伏

▼ 笠~ (2, 0.1%)

2 です

▼ 笠~ (2, 0.1%)

1 深な, 深に

▼ 笠科山~ (2, 0.1%)

1 であること, 又は笠品山

▼ 笠~ (2, 0.1%)

1 といふ人, は昔詳細

▼ 笠蒲團~ (2, 0.1%)

1 の赤い, は赤

▼ 笠~ (2, 0.1%)

1 など掛け, 探興滌心胸

▼ 笠~ (2, 0.1%)

1 た女, た馬士

▼ 笠西笠~ (2, 0.1%)

1 の別称, 両山

▼ 笠阿弥陀堂~ (2, 0.1%)

1 から右, の横手

▼ 笠~ (2, 0.1%)

1 というもの, に濡れ

▼ 笠電灯~ (2, 0.1%)

1 と休憩椅子, は王冠形

▼ 笠~ (2, 0.1%)

2 で一泊二十銭

▼1* [197件]

だかも, 笠あの色の, 笠ある案山子の, 笠いいえ今夜これから, 笠いずれも丸, 笠うちでの小づち, 笠うちき足ひきつ, 笠かけて笠, 笠かたぶけてうた, 笠かぶせた電気スタンドを, 笠かぶろうかい, 笠かもしれない, 笠からも蓆からも, 笠きた白い女, 笠くらいのものに, 笠ぐらいと存じまして, 笠ぐるみ油売の首, 笠ぐるみ頭を下げ, 笠これとてもありき, 笠へ振向け, 笠さえ破れて, 笠しか飾って, 笠しかも背の, 笠しずかに自然, 笠じるしにただ太く, 笠ッく, 笠ずんぐりと肥えた, 笠その面影な, 笠そのものはあばれ, 笠だけの事らしい, 笠だけを届ければ, 笠っていうお爺さんね, 笠つきのランプ, 笠である尻切れ草履を, 笠でかくし着物, 笠といふ金文字が, 笠とか杖とか, 笠として宿を, 笠とだけで一幅の, 笠とで田圃の, 笠ともに今, 笠とりに通, 笠どころかからだまで, 笠なぞに見とれて, 笠などはその儘, 笠なども掛けて, 笠なりの雲も, 笠なんかかぶって, 笠にあたって割れた, 笠にかかつて話し, 笠にかけあが, 笠にて覆ひ, 笠に対する興味と, 笠ぬぐ別れ哉, 笠ぬげば松, 笠ばかりで姿, 笠ひとつに三味線一丁, 笠ふり向けよ早少女, 笠へと兀, 笠ほどの大きさ, 笠ほどのが三つばかり, 笠みたいである, 笠もとつて捨てた所, 笠もろとも粉々, 笠やら杖やら, 笠やらが数に, 笠をもかぶって, 笠を通して捺塗って, 笠ア冠っている, 笠ガ岳が胸, 笠ツケテ一本アシノカヽシ朝カラ晩マデターダ立チドオシだつてさ, 笠ヒラヒラするの, 笠一つ剣一腰で時雨, 笠一ツずつを持たせ, 笠一杖全国の名所寺社, 笠一鉢施主の供養, 笠上京したる, 笠山の, 笠にかすみ, 笠二つうなづき合, 笠亭仙果とかいう人, 笠人形のよう, 笠仕度で, 笠以上に恰好, 笠伊達正宗の額, 笠の形, 笠何笠とよく, 笠信太郎氏浦松佐美太郎氏などがみえた, 笠借りませうか, 笠優しゅう細太刀佩い, 笠其他農具の市立, 笠其外の物, 笠りし, 笠勝則の肩, 笠半ば面を蔽いたる, 笠又は剣ヶ倉など, 笠取るひまも, 笠脚袢で, 笠の飛んだ, 笠品及武尊の三山, 笠品山として記載, 笠や達摩, 笠天秤棒まで用意, 笠太公お前あんまり慾, 笠太郎ぢやが, 笠太郎クミ六郎の四人, 笠の神, 笠守様の手前, 笠守稲荷様に凝っ, 笠守稻荷樣に凝, 笠寒い素わらじの, 笠小笠と唱える, 笠尺八は持っ, 笠被り鳶子合羽, 笠引き被り鳶子合羽, 笠の冠, 笠茶道衆に, 笠思いはいつか, 笠憂き雲水の, 笠にささげ, 笠手甲脚絆の一切, 笠敷きて, 笠打ち振る手, 笠打敷て時, 笠折れたる台傘飛, 笠持ちの人足, 笠持って附い, 笠按司北山は阿, 笠提灯箱法被などが雑然と, 笠揺り畳ね, 笠撥ねの居合, 笠既に落ちたり, 笠やおもしろし, 笠朝臣金村のいわゆる, 笠朝臣麻呂で出家, 笠なども離し, 笠杭州仁和県の人, 笠松本蒸治東畑精一等の諸氏, 笠柄袋をかけた, 笠檜笠竹子笠菅の笠, 笠檜笠菅笠坊主笠を被, 笠欲ししと念じた, 笠の舟中, 笠法衣を着, 笠法衣姿の馬の背, 笠無しの創, 笠と卯つぎ, 笠大略記, 笠白たへに雪, 笠着連歌の戻り, 笠だけは奈良, 笠の転訛, 笠立傘挟箱用長持引馬までが動揺, 笠竹子笠菅の笠, 笠をかけならべ, 笠の原, 笠に掛けた, 笠脚絆などまで請いうけ, 笠脱ぐ光かな, 笠には夏毛, 笠膝行袴の旅, 笠舁きは電信柱, 笠を見物, 笠はぬるれ, 笠の笠, 笠菅笠坊主笠を被, 笠著連歌の戻り, 笠樺に, 笠藁尻切などで押し出す, 笠行李包を背, 笠衣類合財袋煙草入れ旅, 笠袋下駄袋の類, 笠被りたるが跣足, 笠被衣頭巾など忍び, 笠親し童話読みつぐ, 笠の皮, 笠貞之進というの, 笠赭顔総髪の武家体, 笠を雲水, 笠を動かす, 笠野富田を打, 笠野岳等を一括, 笠金剛杖白い着物, 笠から筋, 笠の諸, 笠門鑑の三つ, 笠阿弥陀を横, 笠面隠しまでが同じ, 笠に風ふくあけぼの染, 笠頭巾味噌麹一丸を携, 笠には薄, 笠風呂敷包を腰, 笠馬糞などが踏みにじった, 笠高岩野岳と数え, 笠とも茶せん子, 笠鷺鉾の誤り, 笠黒部五郎薬師等は真白