青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「笛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~笑う 笑う~ ~笑っ 笑っ~ ~笑った 笑った~ ~笑つた ~笑顔 笑顔~ ~笛
笛~
笠~ 笹~ ~筆 筆~ ~筈 筈~ 等~ ~筋 筋~ 筒~

「笛~」 3139, 34ppm, 3468位

▼ 笛~ (952, 30.3%)

130 吹いて 23 吹く 18 吹きながら 16 吹いたり 15 吹いた 11 ふいて, 吹くの 10 吹くこと, 吹くと, 持って 9 鳴らして 7 やめて, 吹くよう, 鳴らした 6 出して 5 こしらえました, 吹きました, 吹く者, 鳴らしながら 4 吹いてるの, 吹き太鼓, 鳴らす

3 [17件] とり出して, ふくこと, 口に, 吹き, 吹き鳴らしました, 吹くか, 吹くから, 吹くな, 大事に, 弄し, 手に, 携えて, 添えて, 渡して, 私に, 聞いて, 鳴らしました

2 [53件] かかえて, かみとられ腹, きいた小, きいて, ききに, すさびながら, つくりました, とって, とりだして, とりだすと, とる手, ふいたり, ふいても, ふきながら, ふくと, ふく気, もって, 上手に, 作りひたすら, 切つた, 切つたら, 取って, 取りだして, 取り出して, 取出して, 吹いたの, 吹いてや, 吹きさえ, 吹きつつ, 吹きに, 吹きぬいた, 吹きはじめました, 吹きますと, 吹きやめて, 吹き出しました, 吹き唄, 吹き歌, 吹くやう, 吹く人, 吹く音さ, 吹けわれ, 吹こうと, 唇から, 唇に, 奏して, 尋ぬる, 引っ切り, 待って, 待つて, 聞くと, 見ると, 返して, 遠方から

1 [473件] あげるから, あげれば, あしらい初める, あてた, あのひと, あの少年, あはれと, あはれよそにや, あれほど, あわせて, あわれみ詰まらせ神木, うちふり, うまくふかなきゃならない, おそうじして, おっぽ, おとしたの, おまえが, おまえに, おもしろく吹き出した, お吹かせ, お吹き遊ばし, お返しなされ, お返し致す, かかえ故郷, かみきった傷, かみきって, かみ殺されたかの, きいた, ききて, ききながら, きくそして, きくと, きりイノチ, くいきられ帯, くだいて, くちびるに, くふう, くれました, くれるなら君, こしらえたら, こしらえても, この私め, さげたれい, して, しまいますと, しめして, すっかり忘れました, すっとぬい, すてて, そっと腰, そっと袂, そつと, たずさえて, たよりに, つかんだ, つかんで, つぎあわせて, つくったの, つくつて, つくりそれ, つけた喇叭, つけた小さい, とめて, とられました, とりあげて, とりぴいぴい, とりました, とり出した, とり落した, とり返さねば, とり返して, とり返そうと, とると, どうかした, ながめたの, なくして, なげすてた呂宋兵衛, ならしたり, ならしては, のせた, はげしく斜め, はさみながら, はさんだその, はやし白丁狩衣, ひき抜いて, ひったくり返す手, ひねくりまわして, ひょうひょうと吹いた, ひろってからは, ひろめた人, ぴいぴい吹いた, ぴたりと, ふいた, ふかして, ふかせ資盛, ふき, ふきたま, ふきだすと, ふきならすはず, ふきはじめました, ふきました, ふきますから, ふきやめて, ふきやめる, ふき始めた, ふき鼓, ふくの, ふくまで, ふくんだよ, ふく男, ふく白い, ふく白衣, ふく盲目, ふく者も, ふって, ふり上げて, まなびたいの, まねした, まもって, みせて, み手, もち大口, もらいました, もらって, やめた, やめた茂太郎, やめても, やるか, やるから, やるこの, やろうと, ゆずった四国遍路, よくする, わきに, わる者仲間の, ゑぐつた傷の, グッと, ヒャラヒャラ鳴らし, ヒューッと, ピイと, ピイは, ピリ, ピリピリと, ピリピリピリ, ポケットに, ポンちゃんに, 一つ置い, 一と, 丁寧に, 三四年も, 下に, 二三度吹き, 二声吹く, 今は, 仕込んだオモチャ, 仰いで, 低く呻吟ら, 作って, 作つたのが, 作るには, 作るのに, 例の, 借りて, 僕に, 光治に, 入る, 出した, 出す, 切ったが, 切ったらすぐ, 刎ね, 削りあげぴゅうぴゅう, 割って, 力い, 力蔵に, 勤めるの, 取った男, 取りあげて, 取りかえ夜もすがら, 取り上げそして, 取り上げて, 取り出した, 取り出しました, 取り出し構えましたが, 取り替えねば, 取り直して, 取る心もち, 取上げた, 取上げて, 取返すこと, 受け取ると, 受取って, 受取られたという, 口から, 合せるの, 合調す者が, 含んだらしい, 吹いたか, 吹いたが, 吹いたこと, 吹いたところ, 吹いたまま, 吹いたもの, 吹いたらたしかに, 吹いたら踊れ何, 吹いたトム公, 吹いた可, 吹いた子, 吹いた男, 吹いた神, 吹いてた乞食, 吹いてた方, 吹いては, 吹いても, 吹いとるだ, 吹かせたり, 吹かせて, 吹かせてから, 吹かせる, 吹かせ給, 吹かないでも, 吹かないとは, 吹かないの, 吹かない申しわけ, 吹かれた玉奴, 吹きかけた, 吹きけり, 吹きすさびながら, 吹きすます詩人, 吹きそれ, 吹きだした, 吹きつ, 吹きつづけて, 吹きつづけました, 吹きて, 吹きならし, 吹きならした, 吹きならしたり, 吹きならしました, 吹きならすの, 吹きなれて, 吹きはじめる, 吹きます, 吹きまするが, 吹きもがいては, 吹きやめた, 吹きやめたれば, 吹き一人, 吹き出すの, 吹き十, 吹き合いながら, 吹き吹きその, 吹き得るの, 吹き或, 吹き時に, 吹き楽器, 吹き止めなかった, 吹き燈火, 吹き立てたが, 吹き立てる野蛮さ, 吹き終えると, 吹き続けるよう, 吹き續, 吹き羊, 吹き習って, 吹き老人, 吹き興, 吹き落すと, 吹き行く後, 吹き試みて, 吹き詩, 吹き鉦, 吹き鳴らし, 吹き鳴らした, 吹き鳴らし散って, 吹き鳴らすこと, 吹き鳴らすので, 吹き鳴らそうと, 吹き鼓, 吹くが, 吹くだけ, 吹くというは, 吹くない, 吹くもの, 吹くん, 吹く人々, 吹く人たち, 吹く場面, 吹く少年, 吹く心境, 吹く時, 吹く様, 吹く私, 吹く紫蘇, 吹く鉢, 吹く銀, 吹け, 吹けよ若者ら, 吹け吹けとんぼ, 吹立て, 吹鳴らした, 呼びさらに, 呼び次々, 噛みきられ腹, 圧伏せる, 坊やに, 売って, 売放すか, 大切に, 大変恐がった, 天から, 奏したという, 奪いとられた悲し, 奪った者, 奪った覚え, 奪って, 奪ひ取つた, 奪われたその, 始め金, 少し吹け, 差出すと, 巻きあげて, 帯に, 帯びて, 帯へ, 弄ぶと, 弄ぶところ, 弄ぶ風流, 引きよせる高峰, 強請り取り, 当てて, 彼は, 待ちながら, 待て居る處, 御教授, 恋の, 愛するの, 懐しい音, 懐中し, 戻しながら, 所持いたし, 所持した, 所望, 所望される, 所望した, 手から, 手放すの, 打ちおとすと, 抜いて, 抜くより, 押しいただいて, 拵えて, 拵らへて, 拾ったあの, 拾ったので, 拾った場所, 拾って, 拾ひ, 持ちなおして, 持ちながら, 持ち右手, 持ち込んで, 持ったまま, 持ったまま仰向け, 持つこと, 持つ手, 指南した, 捨子に, 探り出して, 掻き切って, 握って, 握つて, 携えた茂太郎, 摘まみ上げたが, 替る替る吹き変えては, 机の, 棄てても, 構えた, 構えて, 構え撥, 歇めて, 止めた, 止めたっ, 止めて, 歯で, 歴史的価値の, 流して, 流しながら, 流儀の, 添えまた, 炉中に, 物しずかに, 生かせるほどには, 用ひる, 盗んだ鬼, 直させるならわかるが, 砕いて, 私が, 突きぬいて, 笛嚢に, 糧に, 置いた, 置いた若衆, 置いて, 習いに, 習うつもり, 習つ, 聞いたもの, 聞きつけて, 聞きながら, 聞くこと, 聞くの, 聞けば, 聴いて, 聴くたび, 胸に, 腰から, 腰に, 腰の, 腰へ, 自分らの, 若君へ, 草の, 落しそれ, 落したあなた, 落したまあ, 落して, 袋へ, 袖へ, 見たこと, 見よ, 見られること, 証拠に, 買いいたる所, 追ひ, 造って, 造りながら, 銜えて, 鑑て, 隱したら, 離さずのち, 離さず後, 離して, 離れずに, 青年の, 非常に, 響かせながら, 頭上に, 食いとられ腹, 食いとり腹, 騙り取ろうと, 高くあげ, 高らかに, 鳴き交せて, 鳴して, 鳴す, 鳴らさぬ前, 鳴らし, 鳴らしさえ, 鳴らしたの, 鳴らしたら万事休焉, 鳴らしたり, 鳴らします其の, 鳴らし乍ら按摩, 鳴らし危難, 鳴らし榊, 鳴らし歓呼, 鳴らすおまわりさん, 鳴らすこと, 鳴らすと, 鳴らすという, 鳴らす者, 默つて刺され

▼ 笛~ (925, 29.5%)

150 音が 65 音を 51 音に 49 音は 29 ような, 音の 22 音も 2018 やうな 17 やうに, ように 9 音で 8 音と 7 音いろ, 音色を 6 声が, 音色が 5 音だ, 音では 4 お菊ちゃん, ひびきの, 役を, 音だけは, 音にも, 音ばかり 3 ために, 上手な, 吹奏者は, 女の子は, 歌口に, 音うら

2 [44件] ありかを, 中から, 中に, 主が, 名人で, 名人である, 名人にて, 名人の, 名人を, 声か, 声に, 夢路の, 孔を, 小竹や, 役に, 心は, 曲, 様な, 歌に, 玉吉といふ, 稽古は, 管の, 節と, 節の, 胴の, 舞を, 調子に, 譜と, 譜を, 遠くひ, 長きこだま, 面白さ, 音きこ, 音こそは, 音ふと, 音また, 音や, 音らしい, 音太鼓の, 音絶えぬ, 音色に, 音色は, 音裏道来い, 音起り

1 [275件] あとで, あはれである, あるあたり, あわれさ, うたぐちは, うちには, うまい人, おかげで, ことは, ことも, こひしい, ごときであっても, ごとくうた, ごとし, さけばれ, しらべはい, せいで, せいも, その大いなる胸, ためにも, ついた小さな, つんざき, つンざきが, ところは, ないの, なかには, なって, ねいろを, ねとりも, ひ, ひとつの, ふきかたに, ほうは, もとより, やう, やうだ, やうな噎び, やう二人の, ようで, ようでした, ようなあり, ようなうなり, イロエで, ピパに対して, リズムに, 一声長く, 一尺四寸は, 一曲が, 一曲でしょう, 一曲をと, 一種奇しき, 上に, 上手いこと, 上手いの, 上手が, 上手で, 上手にて, 下へ, 不思議などを, 中からは, 中には, 中の, 中は, 中へ, 主の, 主は, 事だけを, 事です, 事なぞは, 代りに, 伊兵衛と, 伝説を, 先から, 先生が, 先生みたいです, 先生も, 冴えた音, 冴えは, 匂を, 単調な, 又七でございます, 反響を, 取持, 口が, 口を, 右大将は, 合奏してる, 合奏を, 名で, 名でも, 名人が, 名人だ, 名人だった, 名人に, 名人は, 名人春日藤左衞門は, 名人豊住又七が, 名人豊住又七は, 名手で, 名手である, 名手三好清海入道が, 名手踊りの, 吠えさけぶ響, 吹きじまい, 吹奏を, 哀れさも, 喇叭の, 嘆きの, 囃子と, 四ツに, 地へ, 壊れるほど, 声たいまつの, 声また, 声枕に, 声遠く, 夜の, 奇妙な, 奇蹟を, 如き形, 如く調子外れ, 如く金紙, 如く風に, 妙音風に, 孔が, 孔に, 字を, 寂しい音色, 小さな旋律, 巧いという, 師匠が, 座に, 彦七と, 役には, 御手, 悲しさ, 悲鳴そして, 手に, 手ほどきを, 手を, 手何か, 持主は, 持主を, 持主郁次郎という, 指南だ, 指南は, 指南を, 掃除を, 提げられてないのに, 方に, 方は, 方へ, 旋律が, 日記を, 春日藤左衞門一家に, 杜鵑に, 様に, 横笛な, 歌のみが, 清興を, 物語を, 玉吉だけ, 神楽風な, 稽古でも, 稽古に, 稽古を, 穴に, 穴の, 穴を, 竹の, 笙歌を, 管弦の, 節を, 精が, 紛失が, 細きも, 美しい節, 聞えた時, 聞えるところ, 聞こえた方角, 聲, 聲遠く, 胴には, 腕前は, 舞が, 舞という, 舞に, 舞の, 舞は, 舞切りという, 艶を, 若者とに, 表なら, 袋に, 袋を, 調べ, 調べが, 調子で, 調子は, 調子高く, 譜に, 譜の, 遠音も, 遠音を, 遠音舗石の, 銘だった, 銘を, 間笛の, 音あり, 音いや, 音いろは一色に, 音きき, 音こそ, 音さえ, 音さえも, 音そこから, 音だけが, 音だけを, 音だった, 音だらう, 音だろう, 音であった, 音であります, 音である, 音です, 音でも, 音とともに, 音とを, 音な, 音などが, 音などの, 音なども, 音について, 音につけ, 音によって, 音ひ, 音よ, 音一つが, 音三味線の, 音人の, 音人聲と, 音以外の, 音何という, 音太皷の, 音律と, 音楽を, 音聞ゆ, 音胡弓の, 音色だけを, 音色と, 音色とは, 音色の, 音色も, 音色や, 音起れり, 音高い, 響いたぎり今, 響が, 響きを, 響それは, 響などが, 響に, 響凄, 類, 顫音ヴァイオリンの, 騒々しい響き, 高音を, 鳩, 鳴って, 鳴るよう, 鳴る方, 鳴る時, 鳴る音, 麦藁です, 黒塗の

▼ 笛~ (242, 7.7%)

9 鳴る 7 ピーと, 鳴った, 鳴つて 6 鳴って 4 鳴つた, 鳴りました

2 [19件] あつて, ある, うまいん, なければ, なる, ひびいて, ヒューと, 上手に, 円く響きました, 大道を, 好きで, 幾つか, 待遠しかつ, 欲しかつ, 止んで, 物悲しく月, 響き出した, 鳴りわたる, 麓に

1 [160件] あったが, あつた, あの儘, あり, あり笙, あれば, いいん, いつも赤児, うまいし, うまいで, うまいな, うまかった, おいて, おもしろいため, お上手, お上手ね, かえると, きこえて, きこえないかなあ, きこえる御飯, きこゆる, ぐうぜんしばらく行方, けたたましく鳴り響いた, ことによくできた, さけび鈴, する, そのとき, たくさんあった, たばさまれて, ちかづく, ついて, できたらば, とぎれた時, どうしても又, ならなければ, なりつ, なると, ひどく石舟斎, ひびきわたりました, ふくひと, ふけましょう, ふもとに, ふるえた余音, ほしい, また何処, また鳴つた, もうお, もう郵便, やんで, よく聞えた, よく鳴る, よぶ, よほどの, パッタリ鳴らなくなった, ピピーッと, 一つそれから, 一つであった, 上手, 上手で, 上手でした, 世の常の, 両舷, 二度ばかり, 二管, 人混みの, 何所か, 作って, 入ると, 出た, 加はる, 動いて, 北の方の, 十三絃の, 古代錦の, 吹かれた, 吹かれて, 地上から, 坂の, 変わったの, 太鼓に, 女の, 如何に彼女, 姿を, 家の, 寂しく聞える, 尾を, 山の, 岸本の, 差して, 帰らぬ今, 彼女か, 得意で, 得意であった, 思ひ出されたり, 恰も彼, 懐かしい恋しい何, 手に, 折れて, 拔けたわけで, 方々で, 星月夜の, 架けて, 森林に, 欲しくて, 欲しくなりました, 水に, 沈黙と, 泣くの, 澄んだ空気, 烈しく聞こえた, 無いと, 疳高く鳴る, 直ぐ耳もと, 私を, 窓の, 紫絹を, 細く尾, 維新後赤坂辺に, 縁に, 置かれて, 美音を, 耳に, 聞えたって, 聞えたんで, 聞えて, 聞えなくなってから, 聞えますよ, 聞えるあれ, 聞えると, 聞える鼓, 聞こえないはず, 聞こえました, 聞こえる, 舞い上った, 落ちて, 蒐めて, 見つからなかつたらお前さん, 身体に, 通ったり, 遠くに, 郵便も, 降るよう, 雲の, 響く, 風に, 高く低く夜風, 高く吹かれた, 高札場から, 鳴ったぞ, 鳴ったので, 鳴ってから, 鳴りはじめてから, 鳴りひ, 鳴ります, 鳴りますと, 鳴り汽車, 鳴り渡つて, 鳴るから, 鳴ると, 鳴る短

▼ 笛~ (121, 3.9%)

2 この頃一人, 一斉に, 上手に, 他の, 天に

1 [111件] いい笛, いい音, いつもそういっ, いらぬから, うるみて, おぼろに, お吹き, かなしかりし, きっとお, ここへ, さけびつづみや太鼓, さながら風, しばらく聞かない, じつに不思議, そこい, そとで, その影, その頃, そらに, それからそれ, そんな陽気, たんぼの, ちょうど秋風, つまらないから, とおき砦, どうした, なおも執念深く, なか, ひびが, ぶうぶうと, ますます, まずいが, またこの世, またさらに, またほか, まだ忍びやか, まだ鳴らない, まったく世, みなお, もうなん, ホンの, 七年間の, 二本の, 五声八音の, 人々の, 何処に, 僕の, 先おととしの, 出から, 単調な, 右大将兼季拍子は, 名人とは, 名誉の, 吹くまいよ, 吹く続いて, 吹けなかったはず, 吹けば, 吹ける道理, 咲耶子が, 喨々と, 大切くれぐれ, 大部分定型的, 孤独でたのしめる, 容易の, 尻を, 尾を, 山越えて, 嵐山と, 差上げられぬ, 幾らか寸, 彼の, 彼女に, 御名誉, 怪しい音, 攻太鼓だ, 早く早く, 昔の, 昔聞きました, 木から, 柏木の, 止せ止せ止さないか, 止せ笛, 武蔵様にも, 毎朝きまって, 河しもに, 渡されない, 町を, 盗まれたの, 短い赤, 石見弥次, 私の, 秘蔵の, 竹で, 笛を, 肌身を, 肛門の, 胡桃を, 蘆の, 袋に, 規則正しい孔, 谺す, 貴様に, 足ずりを, 長五郎以上に, 闇の, 高天井, 鳴りはじめた, 鳴り響いた, 鳴る, 鳴る夜, 鳴る酔

▼ 笛~ (90, 2.9%)

7 つれて 2 あはせ, うかれて, 似て

1 [77件] あいて, あは, あらわれる, おどらされるなどという, お馬, かえ得るもの, かくれて, かみついたの, かみついたり, かみついた以上, かみつかれたり, かみつく, かみつくよう, からかわれるよう, ききいって, こしらえ吹き鳴らすその, して, しのびては, しめりを, しろ鷹, すぎないが, そ, たましい, つられて, てりかへ, なって, シャクという, ププホルと, 乗って, 乗り移ったかと, 京極殿の, 似た口笛, 似た呼び声, 似た声, 似た楽器, 似た歔欷, 似た泣くやう, 似つこらしゅうて, 何の, 余生を, 初めて人間, 反射する, 合して, 合せて, 合せ撥調べ, 合わせて, 向って, 寄せて, 寄せては, 就いて, 就いての, 強ひ, 御執心, 心を, 思われました, 急いて, 息を, 悲痛な, 打振っ, 気を, 浜主の, 熱しきッ, 眼を, 祟られて, 答へる, 結びつけた, 見入って, 調子を, 踊らされたという, 踊らない, 近いところ, 造り吹き鳴す御, 過ぎなかつた, 酔うかの, 釣られて, 驚かされて, 魅せられて

▼ 笛~ (67, 2.1%)

11 太鼓の 7 太鼓や 3 鼓の 2 らっぱや, 琴を

1 [42件] すが, たいこや, ササラの, シンバルを, ラッパの, 三味線の, 三味線までも, 三味線や, 佐々良, 八絃琴の, 六絃琴や, 喇叭を, 太鼓かしら, 太鼓が, 太鼓そして, 太鼓なんぞに, 太鼓は, 太鼓も, 太鼓を, 太鼓奥の, 妙なる, 庭いじりなどと, 歌の, 琴の, 目の玉を, 目玉を, 笙を, 笙篳篥を, 簫の, 羯鼓の, 羯鼓や, 胡弓に, 舞扇でも, 蛇味線を, 辻占賣, 酒宴, 鉦の, 鉦や, 鉦鼓などの, 銅, 鐘の, 鼓が

▼ 笛~ (52, 1.7%)

7 太鼓の 3 太鼓と 2 太鼓は, 小刀とを

1 [38件] いうか, ささら, すりがねの, その妻, それを, なる, なること, ガラスの, 三味線を, 仰っしゃいますか, 其処に, 化して, 合わして, 合唱が, 名づくる, 名を, 大拍子, 太鼓よ, 思えば, 木魚で, 法螺とが, 法螺なら, 猫目石で, 琴との, 琴の, 竪笛と, 締太鼓に, 聴くの, 蚯蚓と, 言う毒婦, 跫音と, 運命を, 釣りと, 鉦, 風船の, 黒檀の, 鼓とは, 鼓とを

▼ 笛吹き~ (40, 1.3%)

3 は笛, 男 2 洗ふわ

1 [32件] たちが, て, て遊べり, て鳴る, といえ, とが入っ, とプカ, どもが, ながら, にまで身, に与えました, に命じました, に注文, に礼, に適し, は, はプカ, は云う, は云われる, は他, は嬉し, は教父, は皆, は確か, は舞踏, もみな, をはじめ, を始め, を肩車, を背負った, 上ぐるや, 男も

▼ 笛~ (37, 1.2%)

3 吹けば 2 三人許り, 太鼓も

1 [30件] ある限り悲哀, さして, つかう, ない, なつかしく, ならし朝鮮太鼓, また九百九十年, もちろん相当, やはり姫さま, よく吹いた, 上手だ, 下流へ, 亦能楽独特, 吹かずに, 吹きませう, 吹くワア, 吹ける上, 吹ける何, 実はその, 探偵七つ道具の, 源氏は, 濟んだ, 燃ゆる, 琴も, 窟の, 節が, 聞えないね, 裂けるほど, 鳴つた, 鳴らし

▼ 笛~ (35, 1.1%)

7 のお 2 お雪, の死骸, の群, の雪女

1 [20件] かと知った, があっ, がこの, とよほど, と郁次郎, などとある, の家, の弟子, の方, の見えない, の鷺江, の鷺江雪女, はおどろき, はそっと, や巫女, らしい住居, を殺した, を殺害, 殺し巫女殺し, 殺し江の島

▼ 笛~ (31, 1.0%)

1 [31件] いろいろな, すこしか, すら三つ位, たてたる, なし鼓, まだ少しも, ピシリと, 事足りぬ, 今度は, 何が, 元気が, 先殿飛騨守さまへ, 吹き出したの, 吹くん, 吹けぬもの, 呼んで, 夕餉に, 夢中に, 山の, 岸本は, 手向は, 源氏が, 無数の, 第一木製, 者共逃す, 調子を, 踊る者, 軽くわたし, 馬鹿囃子そっくり, 馬鹿囃子そつくりです, 馬鹿野郎ヤイと

▼ 笛太鼓~ (29, 0.9%)

4 の囃子 2 の音, の鳴り物入り

1 [21件] がしきりに, が景気, が遠く, だった, につれ, にてこれ, に鉦, のゆるやか, の囃し, の庭, の異様, はもちろん, も入れ, も入乱れ, をおれ, を蔭, を鳴らした, 大きな時計, 擂鉦, 擂鐘, 鳴らしてと

▼ 笛~ (21, 0.7%)

2 そうです, のが, よ

1 [15件] かで解放, か口笛, が, がこいつ, がとても, が笛, といったら, とわかつた, のを, よと言い捨てた, 三味線だ, 俺のだ, 太鼓だ, 笛だ, 長く二声

▼ 笛吹く~ (20, 0.6%)

7 人は 2 人の

1 [11件] あるじの, あるじは, かとぞ思わるる, ことが, の, 人にとって, 少女, 牧羊神, 狸が, 男の, 笛を

▼ 笛~ (17, 0.5%)

1 [17件] から義雄, が, がし, がゐる, が現代小説社, にからかはれ, にさう, にも頼ん, に放ち, のいつも, の學僕, の方, の處, は太, をさし置い, を訪, を訪回

▼ 笛でも~ (13, 0.4%)

2 吹いて

1 [11件] あるし, ふかれるところ, ふくか, よし舞, 吹きそう, 吹くよう, 吹けたらなあ, 吹けたらなあと, 稽古しなきや, 聞えて, 鳴らして

▼ 笛ふき~ (11, 0.4%)

4 の滝 2 やま 1 が笛, とほる, な, のむすこ, 佐々良といふ

▼ 笛~ (9, 0.3%)

1 がやや, の妻君, の平凡, の生活, の襲撃, の訪問, は常に, は怒りだす, は決して

▼ 笛~ (8, 0.3%)

1 あなるほど, さびしい笛, それは, それを, よく知りません, 知ら重さんお前, 笛が, 鼓を

▼ 笛には~ (8, 0.3%)

1 いくつかの, 人の, 仔細が, 何かの, 手を, 秋の, 縁の, 複雑すぎ

▼ 笛みたい~ (8, 0.3%)

1 だな, でした, なもの, な声, な音, にぴくともしなかった, に嗄れた, に環

▼ 笛~ (8, 0.3%)

2 とその, と三吉, の家, は夕方

▼ 笛という~ (7, 0.2%)

2 のを, ものを 1 ものに, 一欄には, 笛の

▼ 笛~ (6, 0.2%)

1 から抜い, におさめ, にも生絹, に入れ, へおさめ, をさし

▼ 笛なんか~ (5, 0.2%)

1 上手だって, 吹いて, 吹かなくたって, 吹くの, 帯に

▼ 笛塚山~ (5, 0.2%)

1 が楯, などへもよく, に登つて觀測, は後三年, または稍

▼ 笛~ (5, 0.2%)

2 に輯め 1 で, では尼, を出版

▼ 笛鳴り~ (5, 0.2%)

1 て, てボオイ, はたちまち, 中にも, 信号手は

▼ 笛だの~ (4, 0.1%)

1 大鼓, 牛の, 胡弓だの, 血みどろな

▼ 笛です~ (4, 0.1%)

1 か, な, ね, 例の

▼ 笛では~ (4, 0.1%)

1 ない, ないか, なく小石, なさそう

▼ 笛とか~ (4, 0.1%)

1 ずいぶんの, 尺八とかいう, 抱琴が, 言った奴

▼ 笛とが~ (4, 0.1%)

1 入つて, 制音器を, 面白そう, 鳴らされそれ

▼ 笛なら~ (4, 0.1%)

1 ば, ふさま, 言い訳は, 駄目だ

▼ 笛~ (4, 0.1%)

1 くろからかれ, くろから八寒嘯, くろが, くろを

▼ 笛~ (4, 0.1%)

1 かみついたり, プツーリ突通す, 礼儀を, 食いつくよう

▼ 笛吹い~ (4, 0.1%)

31 て飛び切り

▼ 笛~ (4, 0.1%)

1 が風, を聞き, を聴く, 寒し誰

▼ 笛~ (4, 0.1%)

1 と中学生, と杉江, と母, の一行四人

▼ 笛師殺し~ (4, 0.1%)

1 と同, の捕物, の用意, も巫女殺し

▼ 笛~ (3, 0.1%)

1 へ凝り, へ凝り霜, ような

▼ 笛だけは~ (3, 0.1%)

1 もういつも帯, 忘れなかったの, 手放そうとは

▼ 笛であっ~ (3, 0.1%)

1 てどの, てみれ, て忽ち

▼ 笛とを~ (3, 0.1%)

1 取るため, 合奏せた, 持てる

▼ 笛ない~ (3, 0.1%)

3

▼ 笛なぞを~ (3, 0.1%)

1 取り出した時, 合せて, 持って

▼ 笛など~ (3, 0.1%)

1 いろいろ楽器類, 聞かして, 聴いて

▼ 笛なども~ (3, 0.1%)

1 おもしろく吹き立て, やった人, 巧みに

▼ 笛にも~ (3, 0.1%)

1 ならない拗者, やはり田舎, 姿が

▼ 笛ふい~ (3, 0.1%)

1 て, て上, て暮らす

▼ 笛まで~ (3, 0.1%)

2 入るの 1 出来る

▼ 笛より~ (3, 0.1%)

1 いでさながら, ほかに, 昼の

▼ 笛吹け~ (3, 0.1%)

1 どもを, ば笛, 鉦うてよ

▼ 笛~ (3, 0.1%)

1 に納め, の紐, を抜いた

▼ 笛太鼓鼓~ (3, 0.1%)

1 などの舞囃子, の音, を備

▼ 笛~ (3, 0.1%)

3 はそもじ

▼ 笛~ (3, 0.1%)

1 と云う, には大きい, を親しむ

▼ 笛ありし~ (2, 0.1%)

1 を与え, を与へ

▼ 笛から~ (2, 0.1%)

1 出た立派, 湧き出たお爺さん

▼ 笛きこ~ (2, 0.1%)

2

▼ 笛こそ~ (2, 0.1%)

2 親の

▼ 笛じゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, アなし

▼ 笛だけでも~ (2, 0.1%)

1 所望いたしたい, 田舎者の

▼ 笛つづ~ (2, 0.1%)

1 みで, み太鼓

▼ 笛である~ (2, 0.1%)

1 がこの, という抒情的評価

▼ 笛でなく~ (2, 0.1%)

1 てハーモニカ, ッてさ

▼ 笛といふ~ (2, 0.1%)

1 ものは, 題は

▼ 笛とに~ (2, 0.1%)

1 つれて, 合わせながら

▼ 笛とも~ (2, 0.1%)

1 聞きました, 調子を

▼ 笛~ (2, 0.1%)

1 んざもう, んだ

▼ 笛なぞ~ (2, 0.1%)

2 吹いて

▼ 笛などが~ (2, 0.1%)

1 でる, 無限の

▼ 笛などの~ (2, 0.1%)

1 囃子が, 散楽譜が

▼ 笛などを~ (2, 0.1%)

1 吹いて, 売って

▼ 笛なんぞ~ (2, 0.1%)

1 噛みきらなきゃア, 携って

▼ 笛に対する~ (2, 0.1%)

1 何かの, 執着の

▼ 笛のみ~ (2, 0.1%)

2 なりきと

▼ 笛はも~ (2, 0.1%)

2 うならない

▼ 笛ばかり~ (2, 0.1%)

1 で舞台気分, 吹いて

▼ 笛ひゆう~ (2, 0.1%)

1 と鳴り, と鳴り深山

▼ 笛ふけ~ (2, 0.1%)

1 ど, ば

▼ 笛をか~ (2, 0.1%)

1 みきられたの, みきられるという

▼ 笛~ (2, 0.1%)

2 にあて

▼ 笛~ (2, 0.1%)

1 といはれ, の二字

▼ 笛師平六~ (2, 0.1%)

1 の肩入れ, はうなずい

▼ 笛本来~ (2, 0.1%)

1 の幽か, の音

▼ 笛赤い~ (2, 0.1%)

2 鼻緒の

▼ 笛蹴鞠~ (2, 0.1%)

1 のこと, の事

▼ 笛~ (2, 0.1%)

1 にのっ, 退口

▼ 笛鳴る~ (2, 0.1%)

1 に太鼓, よ

▼ 笛~ (2, 0.1%)

1 など四五人声, をうち

▼ 笛鼓太鼓~ (2, 0.1%)

1 の音, は芝居

▼1* [193件]

あらばと思ふ, 笛あんまの笛, 笛おかしいかさみしい, 笛おもしろく子ら吹き立てぬ, 笛かという恍惚を, 笛かなしい笛か, 笛かなしみの笛, 笛からは雌雄鵞鳥の, 笛がへえつて, 笛きこゆいざさらば, 笛くらいの大きさ, 笛ぐらいに纏まろうという, 笛ぐらいは吹くさ, 笛こっちあ小児, 笛さては何とも知れず遠き, 笛てうかび, 笛そのあるものは, 笛その他の楽器, 笛その他ツァンデンシクホレホツェリニン等珍奇な楽器, 笛だけでございましたせめて, 笛だけが所望な, 笛だけにはかぎりませんよ, 笛だったのよ, 笛だって古い歴史, 笛づみあやに囃せ, 笛てな子守唄う, 笛てんかんというの, 笛であり太鼓であった, 笛でありますか, 笛であるらしいことを, 笛でない響きが, 笛といったのは, 笛とでにぎやかにうちまわっていたことだろう, 笛との音色の, 笛とは違うのでな, 笛とりあげて, 笛どうしてあゝし, 笛ながながとひびかせ, 笛なげうちて, 笛などで打囃し, 笛などという手ぬるいこと, 笛などに憂き身を, 笛ならして過, 笛なるものが, 笛なんぞを友達に, 笛について実に七年, 笛についてもこんな不思議, 笛にのみ耳を, 笛によって猟人の, 笛による音の, 笛に関する過去の, 笛はけものの聲, 笛はとその響きゆく, 笛やうへ, 笛ひびき花の, 笛ふかす隣は, 笛ふかず太鼓た, 笛ふきとわを召す, 笛ふきカルム・ダルの笛, 笛ふくは, 笛ふくましろなる人, 笛ふく人をとりまきぬ, 笛ふく家と琴, 笛ふけども人躍らず歌えども, 笛ほとんど名状すべからざる, 笛ほど嘘を, 笛まじり風もに, 笛また真鍮の, 笛までがゆかしく偲ばれる, 笛までも牢屋で, 笛みたように, 笛めがけて戻っ, 笛もう少し高く, 笛もこそ行け, 笛太鼓よ, 笛らしいのが, 笛をとつて口に, 笛をめぐって一日まどい苦しんだ, 笛サーベルの音, 笛暗ニ声, 笛デモ吹イテイルヨウニピイピイト鳴ル, 笛トヒヨの如き, 笛トロンボーンギターバラライカなどが片づけ, 笛ドンドンと打ち込む, 笛ブリキ鑵まで出る, 笛遠ケレバ, 笛一二聲波を蹴立て, 笛一人は羯鼓, 笛三味線などのひねこびた, 笛上山草人松井須磨子よりも市村羽左衞門, 笛の主題, 笛事件でもよく, 笛二人太鼓二人踊る者, 笛五郎の鼓, 笛以外何ものも知らない, 笛の相方, 笛入りの合方, 笛出づとて鳴らば, 笛勝れりと答えた, 笛などはどこ, 笛又は絃樂器に, 笛古色なり, 笛合図と小, 笛同国北高来郡の古賀人形, 笛吹いた笛が, 笛吹きで主に, 笛吹きであるが初め, 笛吹きでしょうね, 笛吹きならしとある, 笛吹奏軍楽大軍の行進通過, 笛吹雪がどんどん, 笛喇叭の声, 笛囃子がいと, 笛の方, 笛塚山蓬莱山にかけて見る, 笛塚山鷹巣山は次第に, 笛夜鳴きうどんに支那蕎麦, 笛飛出小, 笛太刀衣等を奪われた, 笛太皷も聞える, 笛太鼓三味線の囃子, 笛太鼓囃子が聞えた, 笛太鼓座などのしたく, 笛太鼓歌ごえが, 笛太鼓法螺鐘などを鳴らし, 笛太鼓鉦の音, 笛寒き夕の, 笛小鼓大鼓, 笛尺八で夜, 笛の中, 笛工五人合せて, 笛師太鼓打ち仏師, 笛師春日平六という人品, 笛師鷺江お雪の死体, 笛幸山君山千秋庵白雲房あたりの名, 笛引き續いて, 笛御指南という看板, 笛懐ろにウィスキイ, 笛我等も哀しき, 笛或いは爆竹の, 笛手二人の曲, 笛捕縄を取出した, 笛のところ, 笛掛けに架け, 笛擂り鐘銅羅等の, 笛に対しては, 笛方小鼓方大鼓方, 笛や終り, 笛村君の方, 笛村樂塾の主人, 笛につけたる, 笛歌手を勤めた, 笛のお, 笛沁みはわたれ, 笛泉鏡花作婦系図の芝居, 笛浦先生は浮気, 笛源中納言具行の笙, 笛の中, 笛熊さんというの, 笛の聲小路一つ隔て, 笛の眼, 笛の五器, 笛もう少し高く, 笛笛我等も哀しき, 笛笛笛我等も哀しき, 笛笛笛笛我等も哀しき, 笛笛袋にも生絹, 笛は間違い, 笛を供える, 笛が一本, 笛紫宸殿に充つ, 笛聞いて鳴い, 笛聞きしより山峡, 笛聞こえもくれ, 笛遠く響きわたり, 笛の笙, 笛起上り小法師に風車, 笛足取りを揃え, 笛の音, 笛が聞える, 笛鎖鉢巻合印の布, 笛離亭晩君向瀟湘我, 笛の音, 笛や袋, 笛はすべて調子, 笛飴屋の幼い, 笛駿河台の方, 笛高麗笛という笛, 笛高麗笛古色なり, 笛鳴らなぃに, 笛鳴りつ昔は, 笛鳴る思ひいづるはパノラマ, 笛鳴れるひまさへや