青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「片足~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~爺 爺~ ~爺さん 爺さん~ 爾~ 片~ 片づけ~ ~片手 片手~ 片方~
片足~
~片隅 片隅~ 版~ 牙~ ~牛 牛~ 牛乳~ 牡丹~ 牢~ 牧~

「片足~」 1041, 10ppm, 10679位

▼ 片足~ (491, 47.2%)

15 かけて 11 あげて 6 かけた, 上げて 5 掛けて 4 かけながら, 出して, 宙に 3 つかんで, 前に, 水に, 膝の, 踏みかけて

2 [34件] あげた処, あげると, あそばせて, かけたとき, かけたまま, かけると, さし伸ばして, のせて, ひきながら, もちあげて, ペダルへ, 光線で, 取って, 土間に, 後ろへ, 打ち挫, 投げ出して, 抱えて, 持ちあげて, 揚げて, 揚げると, 攫んで, 敷居の, 曳いて, 異様に, 石垣の, 突込んだ, 立てて, 膝頭へ, 踏みはずして, 踏み入れた, 踏み出した時, 載せて, 雪の

1 [353件] あおりつつ, あげいい, あげた, あげたと, あげたの, あげたまま, あげちん, あげては, あげてるの, あげないで, あげながら, あげれば, あげ僅か, あげ新田先生, あげ柱, あげ長い, あげ頭, うしろへ, うんと内側, おって, おろした途端, おろすこと, かけそして, かけたそれから, かけたところ, かけたまま首, かけた一人, かけた刹那, かけた唐沢氏, かけた所, かけた時, かけようと, かけるが, かけるや, かけ伸子, かけ大きな, かけ母, かけ甲斐, かけ落ちて, かすかに, かつぎ黒い, からんで, くくって, ぐったりと, こう絡め, ここまで, さしのべて, ざぶりと水の, しっかり捕え, しゃぶって, すこし折りまげた, すっぽり入れ, すばやく鞍, すりの, ずいぶん高く, そっと降した, そと, それに, ちぢめて, ちょっとうしろ, ついたの, つかまえて, つかんだ, つかんだの, つっ込まなくても, つよく打った, とられたと, とんと地, なくした, なくして, なくしては, のばして, はね一本歯, はね上げたま, ばつさり, ばつさり切, ば墓中に, ひいた裾さばき, ひきずって, ひきずつてを, ひきずりながら, ひきずり気味, ひっ掴んだまま, ひっ込め, ひっ込めて, ふみはずした時自分, ふみ外した陥穽, ふみ込んだおいぼれを, ふみ込んで, ぶらさげた行為, ぶらぶらさしてゐた, ぶらりと垂れ, ぶら下げたるある, また上げ, まっすぐに, もぎ取った奴, もちあげると, りんごの, オズオズ棺の, タタキへ, チビ公の, チョンと, ノコギリで, バタバタやりはじめる, パッと, ヒョイと, ブランと, 一寸浮かし, 一方の, 一歩踏み出す, 一歩蹈み出し, 三ぴんの, 上げさせたり, 上げたまま, 上げた一本足, 上げる, 上へ, 下さうと, 下せるを, 下ろしかけたとき, 下ろして, 下駄の, 不安の, 与七, 乗せかけた途端, 二人とも, 井戸の, 休めるため, 伸ばす, 使えないほどの, 使って, 侮どって, 傷つけたの, 働かせて, 先に, 入れた, 入れたの, 入れたり, 入れた時, 入れて, 入れようと, 入れるのに, 共和政の, 内側へ, 出しとるもん, 出しながら, 出す, 出だして, 出入口の, 切って, 切り揃へて, 切り落したという, 切断される, 切断しなけれ, 切断す, 刎ね, 前の, 前へ, 動かした時, 半七, 半分ばかり, 危く突き出た, 反対側の, 取り寄せた, 吸ひこんでき, 啖い切られたらしい, 圧え, 地へ, 墓穴に, 夜具から, 失ったん, 失った重傷者, 失って, 失つた不自由な, 宙へ, 宙ブラリンに, 寝床の, 小さな円テーブル, 岩角にかけて, 川へ, 左側の, 巻いて, 床へ, 床下へ, 廊下に, 建物の, 式台へ, 引かれるよう, 引きずつて, 引きずりながら, 引きずり引きずり杖, 引きずること, 引きずッ, 引きつけるよう, 引き摺り引き摺り城, 引く気, 引っかけると, 引っ張った, 引込めた, 後に, 後へ, 思ひきり, 態, 手で, 打ち折って, 抄い上げられたと, 抑えて, 投げ出したま, 投出し飯茶碗, 投出すと, 折つて其の, 折り伝次たち, 折り曲げ食事, 抜こうとしても, 抱えたなり, 拾い出した, 持ち上げたが, 持ち上げたまま, 挙げたと, 挙げて, 挫いた, 挫かれた, 挫き, 捕って, 捩がれた男, 掛けた, 掛けたま, 掛けた途端, 掛けてから, 掛け小, 揚げた短い, 揚げ火, 撞木にかけて, 撫で, 擡げれば, 支えて, 敷居に, 斬られた浪人, 斬られて, 斬り取られた浪人, 斬り落とされまして, 曲げて, 曳き摺りながら, 曳き曳き明るく, 東野の, 棺桶に, 椅子に, 横へ, 残して, 段へ, 沓脱に, 洋杖の, 浅瀬の, 浮かして, 溝に, 滑らせその, 無くした代り, 無理に, 煙突の, 片一方の, 片膝, 片足の, 物の, 玄関の, 王政の, 瓔珞の, 甕に, 田の, 畑に, 畦道の, 畳の, 石にかけて, 砂に, 私の, 穴へ, 空に, 穿ちて, 突き出したが, 突っぱって, 突っ込むところ, 立て, 立膝し, 紐で, 給水タンクの, 縁へ, 縁側から, 羽根布団の, 老人の, 股から, 股まで, 脱いで, 膝に, 船板から, 落として, 袖の下に, 見付け出した, 覚束なげ, 赤土に, 跣足で, 踏まえて, 踏みあげて, 踏みかけたの, 踏みかけようと, 踏みかけると, 踏みつけた, 踏みつけて, 踏み入れたまま咄嗟, 踏み入れたまま当惑そう, 踏み入れ映画, 踏み出しかけた, 踏み外して, 踏み掛ける時, 踏み辷らせて, 踏み込み驚いて, 踏み込んだの, 踏み込んだ拍子, 踏み込んで, 踏み込んでこそ, 踏み込んでるの, 踏ん込んだ, 踏伸ば, 踏入れる, 踏出すと, 踏掛け, 踏段に, 踏込んで, 蹈み込む, 蹴上げたこと, 軽く挙げ, 載せました, 載せ一方, 近くたて, 道綸で, 遠く立て, 部屋の, 重そう, 釘づけ, 鐙から, 長く延ばし, 長鼓, 降ろそうと, 雪に, 静に, 靴ごと跳び越える, 音高く, 高くあげ, 高く上, 高く上げ, 高く上げる, 高く宙, 高く揚げ, 鱶に, 鳶に

▼ 片足~ (87, 8.4%)

4 立って 3 ぴょんぴょん跳ん 2 歩いて, 立つて, 裏門から, 飛びながら

1 [72件] いかめしく立っ, おとろへ, おどるじゃ, お前様東海道を, からだを, くるくる回っ, くるりと, けおとそうとして, しっかりと, すべった, その煙草, それを, だらりと, ちよいちよいと, つり合いを, とびながら, とまり木に, ね, ぴょんぴょん溝板, ぴよんぴよん跳ん, ぺたぺたと, ほかの, ほった欄間, よろめき止まって, グッと, ケンケンし, シッカリと, トントンと, トントン廊下を, ピョンと, ピョンピョン跳ねまわりました, 三段目から, 二十歩ばかりも, 円を, 器用に, 地を, 地面に, 床を, 床板を, 廻りあるいは, 弓を, 怪飛んだ, 振る時, 揺籃を, 新聞を, 村中を, 果物を, 柄を, 梶棒を, 楽に, 欄間の, 立たないと, 立ちっこ, 立ちつづけて, 立ちもう, 立ったの, 立上っ, 老女の, 胸の, 菊松の, 跳びあがらなければ, 跳る, 跳躍し, 踏みこたえたが, 轡を, 追いつつ, 逆釣り, 靴の, 飛び廻りながら, 飛び飛び向う, 飛んで, 黒メリンスの

▼ 片足~ (68, 6.5%)

8 吉次は 3 上に, 草履が 2 ふくら脛を, 不自由な, 拇指で, 踵が, 醜男である, 靴

1 [42件] きずぐち, ことは, つまさきで, ところに, ない人体, ない無気味, ない重傷者, ゆくえは, ズボンの, 下から, 下駄の, 下駄を, 人間が, 危なかつ, 吉次が, 吉次で, 吉次である, 夢中遊行を, 捩げた男, 殆ん, 無い者, 琉球人城間某という, 男とは, 男の, 股の, 脛や, 膝小僧が, 膝頭は, 芸当高い, 草履それが, 草履を, 草鞋を, 足の, 足駄も, 跛足と, 踵に, 醜男, 鐙浮かせた, 霜に, 靴の, 靴は, 骨を

▼ 片足~ (59, 5.7%)

3 なかったら 2 出て

1 [54件] あの火屋, お定, する通り, どこに, どすんと地, どんと彼, ないという, なかつた, なんだか吊れる, ひどくびつこを, ぶらりと下っ, またぐッ, ゆるやかに, ポンと, ムンズと, 不自由だ, 不自由だった, 不自由で, 不自由な, 不自由の, 二人の, 凧の, 利かなくな, 利かなくなってから, 取れると, 土間の, 地面に, 奔牛の, 寝台に, 寢臺に, 少し悪い, 崖を, 左足である, 床框へか, 庭下駄へ, 思はず止つて, 悪いから, 悪いん, 指の, 新で, 旧の, 框を, 機関車の, 現れ大騒ぎ, 痛みはじめたの, 発見された, 短いとは, 短いまあ, 硬直した, 膝から, 血まみれに, 裏返しに, 足首の, 跣足だ

▼ 片足~ (46, 4.4%)

2 板の

1 [44件] しきりに空, しなやかに, その鐙, ちんばの, とんだ鏡山, どうしても, なく, はだしの, びっこという奇異な, まるで材木, 下駄片足は, 不具であった, 二つに, 他の, 外へ, 大きい石, 恐らく見る, 折敷い, 持ち上げるたび, 支索と, 朽ちた床, 板草履である, 水の, 沓下だけ, 沓脱を, 滑つて水の, 無心に, 石の, 義足で, 草履で, 草履片足は, 草鞋で, 裸足の, 足袋はだしの, 跣足であった, 跣足であるき出そう, 跣足の, 逃げられるよう, 野良犬めに, 震えて, 靴で, 顔よりも, 鷺の, 鼠色に

▼ 片足~ (25, 2.4%)

2 土を

1 [23件] かじりついた, からんでる紐, きまってる, なったらその, はきまた, まきつけて, よごれた沓, ゴムの, 二ヶ所の, 他の, 力を, 巻き出した, 掛けて, 白足袋を, 穿き代えたり, 繃帯まい, 繍帯まい, 纏りついた, 赤い布, 足袋を, 蹈据え, 蹴返した, 非常な

▼ 片足ずつ~ (15, 1.4%)

1 [15件] かけた二つ, そこへ, やりちがえに, よちよち上げ, 入れて, 双方へ, 右を, 洗え, 起ちあがった, 跳んで, 躍るよう, 載せた藤吉, 運ばすの, 階段を, 駒下駄を

▼ 片足あげ~ (11, 1.1%)

3 て小便 1 てお, てちょっと, てとんと, てふんづけた, てシツ, て前, て横顔, て靴

▼ 片足かけ~ (10, 1.0%)

1 ていま, ている, て中, て仁王立ち, て体躯, て刀, て坂, て脊筋, て身, て逃げだそう

▼ 片足かけた~ (7, 0.7%)

2 なりで 1 とき早く, まま見下した, 右近, 左膳の, 浮浪人が

▼ 片足~ (6, 0.6%)

2 悪かつ 1 少しわるい, 引かば, 葎の, 踏み込む

▼ 片足立ち~ (6, 0.6%)

1 となっ, になっ, になり, に脚, に蹌, 気当を

▼ 片足だけ~ (5, 0.5%)

1 お取りあげ, 地面に, 玄関の, 納めること, 足袋を

▼ 片足づゝ~ (5, 0.5%)

1 やりちが, 探し出したが, 揚げて, 揚げまして, 跳んで

▼ 片足~ (5, 0.5%)

1 いくえにもギリギリ, むすびつけて, 全身を, 噛みついて, 腕白どもの

▼ 片足だけは~ (4, 0.4%)

1 いて, 一本齒にて, 血が, 鎖で

▼ 片足ない~ (4, 0.4%)

1 のだろう, まるで不具, もの両, 奴片腕ない

▼ 片足~ (4, 0.4%)

1 がすでに, だったとも, であるという, であるよう

▼ 片足あやしき~ (3, 0.3%)

3 風に

▼ 片足かける~ (3, 0.3%)

1 が早い, と全, と車台

▼ 片足~ (3, 0.3%)

2 ッかけ 1 ッこん

▼ 片足~ (3, 0.3%)

1 片手とで, 片眼, 空を

▼ 片足なき~ (3, 0.3%)

3 ものと

▼ 片足には~ (3, 0.3%)

1 上沓を, 草履を, 音が

▼ 片足~ (3, 0.3%)

1 つこんで, つ込んだ儘, つ込んで

▼ 片足落し~ (3, 0.3%)

1 て次いで, て行った, 呑み終りて

▼ 片足から~ (2, 0.2%)

1 刎ね, 岩風呂へ

▼ 片足ぐらい~ (2, 0.2%)

1 利かぬよう, 洗ったん

▼ 片足ずつを~ (2, 0.2%)

1 托して, 持ち上げさせるたび

▼ 片足でも~ (2, 0.2%)

1 よいの, 踏み込むこと

▼ 片足はくひと~ (2, 0.2%)

2 られて

▼ 片足上げ~ (2, 0.2%)

1 て, ドッと

▼ 片足不具~ (2, 0.2%)

1 となった, なりしため夏

▼ 片足入れた~ (2, 0.2%)

1 が最後, まま羽織の

▼ 片足~ (2, 0.2%)

1 ていなけれ, て首

▼ 片足失くなした~ (2, 0.2%)

2 寒いと

▼ 片足泥田~ (2, 0.2%)

2 へふみいれ

▼ 片足~ (2, 0.2%)

1 から寸断, の上

▼ 片足~ (2, 0.2%)

1 といふ諢名, ぬいで

▼ 片足踏み出した~ (2, 0.2%)

1 と思ふ, 時後から

▼ 片足踏出し~ (2, 0.2%)

1 て小座敷, 気合を

▼ 片足踏込ん~ (2, 0.2%)

1 でやがる, で私

▼1* [127件]

片足落しなすった, 片足おかけなすった, 片足おろしていきなり, 片足何ぞが, 片足かわりに南, 片足がち切れて, 片足ころげていた, 片足さえ満足であったら, 片足さがりになっ, 片足しかねえと云うの, 片足じゃないか, 片足すべらしてころぶ, 片足すんどらへんがな, 片足ずつはきながら, 片足だけが見えて, 片足だけしか映画の, 片足だけでけんけんを, 片足だけのところを, 片足だけを供える, 片足や, 片足つきこんでる高木君は, 片足つっこんだりとなり, 片足づついざり草とる萩, 片足づゝ盥の中, 片足であったりてんぼう, 片足という点を, 片足とに怪我を, 片足とをその縄梯子, 片足なかったという, 片足なくして, 片足なるを水風呂, 片足において目を, 片足にかぢりついた, 片足にかけてえいや, 片足にだけ庭下駄をつつ, 片足にて走らん, 片足にでも接吻する, 片足にもホータイを, 片足ぬいでいた, 片足のっけた瞬間に, 片足はしごにかけました, 片足はだしで杖, 片足きの, 片足ひいて, 片足ひきずつてござらつ, 片足ままにならぬ, 片足湯文字の, 片足よく跛曳い, 片足をば足袋の, 片足をも入れるだけの, 片足ギブスに包ん, 片足ブチ込んで, 片足上げたら其処に, 片足上半身健全にし, 片足下している, 片足下しかけたのを, 片足下駄のまま花壇, 片足不自由ながら身構えた, 片足事件といい, 片足とか何ん, 片足は入った, 片足充分美的でない, 片足入れる気にも, 片足具合が悪い, 片足出たる蚊帳かな, 片足切られたほどに思っ, 片足切断の手術, 片足へ踏み出し, 片足半分食い取られおまけ, 片足土間に降り, 片足失明オシという現代版丹下左膳, 片足奇怪な殺人事件, 片足履物をぶら下げ, 片足引きお辞儀をし, 片足懸けて半身, 片足戻る程の, 片足打返して差出した, 片足折れて横, 片足折れなば片足, 片足挙げてポーン, 片足斯くのごとく, 片足欠けている, 片足欠けた者腕の, 片足に入れ, 片足浮かせて床, 片足満足な草鞋, 片足無きが如く, 片足無くなったって彼, 片足片手だと, 片足片褄を泳がせ, 片足犠牲にした, 片足盗んで斬られた, 片足突きかけて, 片足突っこんでいる, 片足突っ込んでいる, 片足突っ込んだ儘彼は, 片足立ち上るやいなや右腕, 片足のよう, 片足細い男が, 片足義足の怪物, 片足とともに引い, 片足脱ぎて花崗石, 片足落したがそれ, 片足落ちていた, 片足落としたがそれ, 片足藁草履を片足, 片足へまい, 片足かけました甚藏, 片足踏みかけやうと, 片足踏みかけるとその, 片足踏みこんでゐる, 片足踏み出すと, 片足踏み込んで家, 片足踏ん掛けながら, 片足踏出でて, 片足踏込で躁, 片足辿りついた時で, 片足退つて身構へる, 片足退いて身, 片足退って身構える, 片足進みて片足, 片足遁構えで立っ, 片足長いあるいは短い, 片足門外へ啣, 片足飛びで耳, 片足食切られたと云, 片足高く片足低し