青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「笑い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

童子~ ~端 端~ 競争~ ~竹 竹~ 竿~ ~笑 笑~ ~笑い
笑い~
笑い声~ ~笑う 笑う~ ~笑っ 笑っ~ ~笑った 笑った~ ~笑つた ~笑顔 笑顔~

「笑い~」 7518, 81ppm, 1370位

▼ 笑いながら~ (2648, 35.2%)

102 言った 89 云った 47 答えた 39 いった 27 立って, 訊いた 21 言って 19 出て 18 自分の 16 それを 15 手を 14 いいました, 私の, 話して, 首を 13 声を, 言う 11 うなずいた, 彼を 10 云う, 答えました, 聞いて, 頭を 9 帰って 8 二人の, 見て, 言いました, 話した, 話を 7 いって, 叫んだ, 彼の, 挨拶した, 顔を 6 云い出した, 何か, 入って, 彼は, 食った 5 こう云った, こんなこと, 云って

4 [21件] いうの, きいた, そんなこと, たずねた, ながめて, やって来た, 云いました, 会釈した, 先に, 口を, 帽子を, 彼女の, 後を, 教えて, 母に, 涙を, 相手の, 眺めて, 聴いて, 言い出した, 説明した

3 [48件] いったが, いつまでも, いわれました, うなずいて, きいて, これは, こんな事, そう言っ, そんな事, だが, では, テーブルの, 並んで, 二人を, 厳粛の, 子供の, 家の, 尋ねる, 彼に, 彼女は, 急に, 悠々と, 懐中から, 手に, 手紙を, 打ち消した, 次の, 正吉の, 申しました, 男の子を, 眼を, 私に, 立ち上った, 答える, 細君を, 聞いた, 腰を, 膝を, 茶の間へ, 荷物を, 行って, 言うと, 言うの, 話しあって, 読んで, 調子を, 頷いた, 黙って

2 [117件] いう, いうと, いったの, うしろから, おっしゃいました, かがみ込んで, こう言いました, こう言う, こう言っ, こちらを, こっちへ, こっちを, この前, これを, さけんだ, しずかに, しゃべって, そう云いました, そう云っ, そう云った, そこに, そのあと, ついて, つけ加えた, つっ立って, はいって, ぼくの, また訊いた, もとの, やって, やってきて, やって来て, わたくしに, ハンケチで, ポケットから, 一同の, 上へ, 下から, 下の, 久慈に, 云うと, 人を, 今度は, 仰しゃっていた, 例の, 冗談に, 別れた, 勝手に, 千鶴子の, 叫びました, 右の, 奥へ, 女が, 女の, 妹の, 姫買いを, 娘の, 寄って, 尋ねた, 席を, 座敷へ, 引返して, 徐かに, 微かに, 徳利を, 心の, 戸を, 戻って, 教えた, 机の, 杖を, 梯子段を, 次郎を, 此方を, 歩いて, 沈黙って, 点頭いた, 無言で, 煙草を, 父の, 睨んだ, 私を, 立ち去った, 立った, 立上っ, 笹村に, 縁側の, 老人は, 耳を, 自分も, 舞台の, 薄を, 行き過ぎた, 見せた, 見物し, 言い, 言ったが, 言ったの, 言ったら, 訊きました, 訊ねた, 話しそれ, 話したこと, 話したり, 話しつづけた, 話し出した, 話し合って, 話すの, 走って, 身を, 逃げて, 這入って, 部屋の, 電話を, 頭の, 額越しに, 鬢窓に

1 [1493件 抜粋] あいての, あたしに, あとの, あの金剛石, ありのままを, いいにくそう, いうこと, いかにもミレン, いくども, いたわった, いつに, いま湯殿から, いや今日, いろいろ話された, うながすよう, えへへと, おどりはねて, おもむろに仄, お光, お延, お母さんは, お絹, お角, お酒, かたご, かの女, からかって, きくと, くりかえし考えました, けれどあたたかい, こういう教え, こう云い, こう保吉, ここの, このふしぎ, この光景, この大, こわきに, こんな風, さがすの, さっさと店, さっさと行きます, さて説明, しかし原田さん, しかし拵えた, しかも酒, しきりに眼下, して, じっと見入っ, じりじりと, すぐ自分, すすめられるまま, すっと立った, ぜひその, そういった, そうだ, そう言い足した, そして自分, そのあり, そのそば, そのまま顔, そのマッチ, その事実, その前, その婦人, その室, その後姿を, その汚れた, その男たち, その砂糖, その薬品, その鉢, その非, そばから, そら今口紅, それでも役目, それについて, そろって, そんな返事, たずねるの, たどった, だん, だんだんはげしく, ちょこちょこ走り, つけて, つづけました, つぶやくよう, でたらめな, とうとう出, とど助, どういうもの, どことも, なおも人々, なんにも言わず, ぬっと室内, のぞいて, はぐらかして, ひきちぎれたよう, ひとまわりし, ひどく黒く, ふいに, ふと甲谷, ほめあげる調子, ほんのちょっと, ぽっちり残っ, まあまあなどと, ますます伝法, またお, またし, またひと, また何, また同じ, また綱雄, また連立て登っ, まだ知らぬらしい, まるで幼い, みんなと, むずと蚊帳, もっともこれ, もどって, やおら尻, やっぱりじき, やはりその, ゆっくりと, ようやく能登守一行, よし子さんの, よろしいいつ, わざと同一よう, わざと茶碗, わたしの, ウイスキーの, クリクリに, グビつい, ザビーネに, ジャンケンを, スーツの, ソオスの, チョット後姿, デモ演説の, ニキーチナ夫人は, ネクタイを, パチパチと, ヒゲを, ピストルの, フハンに, ブルメナウ大尉の, ボーイは, ポケットに, ミンナの, ユリの, 一っかたまり, 一万人だって, 一切の, 一坪ほどの, 一尺ばかり, 一散に, 一本取った, 一発痛い, 一粒残らず, 一馬に, 三人の, 三原橋の, 上品な, 下へ, 下知した, 世間話を, 両手を, 中腰を, 乾に, 予が, 二階に, 云い返した, 云うん, 云ったん, 五千円を, 京子は, 人々に, 今二人の, 今眼, 仕事に, 仕方の, 代助, 仰云った, 仲裁顔に, 会釈し, 伴れ, 体温を, 何とも言えない, 何本か, 併し怒った, 倉地の, 傍へ, 僕と, 僕は, 元豊の, 先ずアラスカ探険記, 先生の, 光るの, 兵馬を, 内へ, 再び焚火, 再び草むら, 出されます, 出しました, 出鱈目の, 刀身を, 切火を, 別れて, 剣を, 力強く私, 勝手を, 勧めた, 千世子の, 千度も, 半截の, 卓上の, 原が, 去る, 又きいた, 又訊いた, 反問しました, 取り合おうとも, 受け流した, 受取り同時に, 口の, 叫び手, 台所の, 叱る真似, 右足の, 同時にまた, 向うの, 君江の, 吾が名, 呼び止めたの, 呼んでるの, 問いつめても, 問懸けた, 嘲弄する, 四ツの, 固めて, 地上や, 坐って, 壁に, 声高く, 外套の, 大きいコップ, 大きなハンカチーフ, 大きな眼, 大丈夫よと, 大分元気です, 大方お, 大矢主任を, 太刀川の, 奥さんに, 女御の, 好奇の, 妹娘と, 妾を, 姿を, 娘と, 婦人を, 孫策は, 定夫に, 宵から, 宿屋の, 寝室の, 寿女の, 尋ねると, 小さな手, 小走りに, 少し顔, 尻を, 居士が, 山吹の, 岩の, 工合を, 師匠に, 平気な, 幾人も, 床の間を, 店先へ, 座敷に, 庭の, 引きあげた, 弱々しい咳, 彳み, 彼には, 往って, 待って, 後向, 御化粧, 御父さん, 心は, 応えた, 忠告を, 怒鳴った, 怪塔を, 恐らくは君自身, 息子は, 悪びれた様子, 應酬した, 懐時計を, 戸口を, 扉を, 手文庫を, 打振っ, 抗議した, 押し默, 拾って, 指さす我が, 指図し, 振向いて, 接吻を, 提議する, 撥音を, 散って, 斯う, 新之助の, 旗男の, 日本流の, 明日は, 明石の, 時計の, 暗い町, 曲り折れる急坂, 更に話, 朋輩に, 朝の, 木崎が, 木魚に, 村境いの, 来るでしょう, 来る者, 枕もとの, 柳を, 案外まじめ, 椅子の, 楽翁は, 横を, 樹蔭を, 歌い終わったあと, 武ちゃんの, 武者振りつい, 歩行い, 残狼の, 段梯子を, 毎日を, 気違いの, 決死隊員という, 沢山の, 泣くよう, 洞穴の, 派出婦は, 浅井の, 涙で, 渡しますと, 滅茶, 澄まし込んで, 火傷の, 無理も, 無邪気らしく, 牛の, 物入れから, 狼の, 猶も耳, 王子に, 現われた, 生きて, 男に, 町の, 番小屋の, 百姓の, 皮を, 盛に, 目に, 相談を, 眠った, 眺めた, 着席し, 磯崎が, 社員たちが, 秀吉の, 私たちは, 私は, 種あかしを, 突っ立っ, 竃の, 立ちあがるの, 立ちました, 立ち去って, 立上る, 竜子の, 竿を, 笹村の, 答えてから, 答え私, 米兵は, 約束した, 紙片を, 細い声, 続けた, 線描きの, 縁先に, 繰り返した, 群集も, 聞きますから, 聞くと, 背中を, 脂汗を, 脇扉を, 腕相撲を, 腰の, 自分は, 興味的な, 船を, 花林の, 茶屋とは, 草鞋の, 落ちつき払っ, 葵の, 蓋を, 蜂谷を, 血の気の, 行く, 行進の, 表だ, 袖の, 裁判の, 裾を, 西洋間に, 見るので, 見渡しそしてまた, 観て, 言います, 言うつもり, 言う町会議員, 言ったので, 言ったら君, 言っては, 言下に, 言葉だけは, 訊くと, 話しかけた, 話したの, 話し出したの, 話し始めた, 話すよう, 語った, 語らって, 読んだ, 諏訪の, 警官隊の, 貴婦人の, 赤い服, 越前守忠相は, 足尾の, 足許ふらふら, 車に, 軽い御, 軽く言う, 輪を, 近くまで, 近よっ, 近所の, 返事も, 返辞を, 追い駈けっこ, 送り出した, 逃げ去った, 通りぬけ, 進み出た, 道を, 違いだ, 部屋を, 金もっ, 金五郎は, 金貨を, 銭を, 長椅子にかけて, 開けて, 院は, 階段を, 集まった少女たち, 青年の, 静岡には, 頬を, 額に, 風流べに, 食って, 馬車の, 駆け上がって, 駈け降りて, 駕籠を, 高話を, 魔法博士の, 鶴雄の, 麦こき, 黒ビロウドの, 黙り込んで, 鼻は

▼ 笑い~ (1343, 17.9%)

96 して 60 した 54 しながら 47 浮べて 24 うかべて 21 浮べながら 20 含んで 18 浮かべて 13 笑って, 見せて, 顔に 12 うかべながら, たたえて, もらした, 浮かべながら, 浮べた 11 ふくんで 10 こらえて 9 うかべた, もらして, 洩らした 8 残して 7 しました, する, もって, 泛べて 6 噛み殺して, 湛えて, 見せた, 見せながら 5 したが, したり, 口辺に, 洩らして, 笑った 4 すると, もらしながら, 含みながら, 含んだ声, 止めて, 殺して, 浮かべたが, 頬に

3 [22件] うかべたが, こらえながら, するの, のせて, ふくんだ切れ長, もらすの, 停めて, 収めて, 引っこめて, 洩した, 洩らしたが, 浮かべた, 浮べたが, 浮べたまま, 爆発させ, 発して, 立てながら, 笑いながら, 笑う, 笑ったが, 見ると, 頬の

2 [61件] うかべ, うかべると, かくして, かみころして, しては, しながらも, するよう, たてるの, つづけながら, なさるでしょう, みせながら, みせると, もらしました, やって, やめて, チラリと, ニヤリと, 一つし, 作って, 動かした, 含めて, 唇に, 唇の, 唇辺に, 噛みしめて, 噛み殺しながら, 噛み殺すの, 堪えて, 失ったか, 引っ込ませた, 引っ込めて, 忍んで, 忘れた顔, 急に, 怺え, 怺える, 感じながら, 感受しあっ, 手で, 押えること, 招いた, 楽しむ事, 止めた, 止めること, 洩しながら, 洩らしながら, 浮かべました, 浮かべる, 浮べると, 漂わせて, 漲らして, 無理に, 爆発させる, 立てた, 笑いました, 絶たなかった, 落とした, 見せました, 響かせたが, 顔いっぱいに, 顔一杯に

1 [551件 抜粋] あとから, あは, あびせかけて, あわせた, いたしました, いつ迄, うかばせなるべく, うかべことさら, うかべそして, うかべで, うかべなすって, うかべました, うんと笑った, おうかべ, おさえながら, おさえること, おさえるの, おさえる世, おしかくしながら, おしかくすの, お駒ちゃん, かえした, かえして, かけること, かったの, かみころしながら, かみ殺して, かみ殺しながら, かわしながら, くすぐるため, くれられた, げらげらと, こじらして, こぼした, こみあげて, こらえたが, こらえる声, ころすとき, ごまかして, ごらんに, させようと, さそい出す味, されまして, し, しいしい入口, しお, しそっと, したかお, したそして, したたか鼻, しただけ, したって, したところ, したぶん, したらしい, したりと, した上, しだして, してから, しても, してるの, しなさるん, しのばせながら, しのんだ, しますと, し合って, し送りキッス, すること, するとき, するので, するコカール, する人, する奴, する用意, する癖, する者, する而已, せきとめかね遂に, その口端, その顔, たたえせめて, たたえた, たたえながら, たたえ両手, たて, たてた, ためらうこと, ちょっと片付け椅子, ちょっと見せた, ちらりと浮べた, ちらりと見せ, つづけた, つづけて, とばす, とめようとして, とりもどした, どうしても押える, なげて, なさったの, なされ事, にじみ出しながら, ねらったばかりと, のこして, のこせと, のせながら, のみこむとともに, はじめたが, はたと留める, ひっこめしらじらしい, ひっこめたが, ひびかせるの, ぴたりと, ふき消す, ふくんだ, ふくんだ声, ふくんだ女, ふくんだ気合い, ふくんだ目, ふくんだ眼, ふくんだ聲, ふくんだ舌打ち, ふくんだ調子, ふともらす, ぼんやり頬, まだつづけ, みせました, みせるだけ, みたこと, むけながら, むりに, もたないと, もたらすこと, もってる民衆, もらしさえ, もらしたお, もらしたが, もらしたり, もらした声音, もらしましたが, もらすのみ, やってる, やめなかった, やめようとも, やめ眼, やりながら, やり出したの, やり夢中, やんで, ゆすりあげた, よそに, クックッと, ニッコリと, ヒステリックに, ボクメツし, 一つ見せ, 一寸口辺, 一層はなやか, 下まぶた, 世辞に, 久し振りに, 交しました, 交ぜて, 今度は, 今日に, 他の, 伴わずに, 伴わずには, 何に対して, 作りて, 作りながら, 作者は, 例の, 停めると, 催され何, 催した様子, 催して, 催し来れど, 催すの, 僕らに, 光らせて, 全国の, 円く跪坐, 冷, 凝固させ, 出そうと, 切なそう, 初める, 制する事, 刺戟された, 刻んだまま, 前歯で, 博し午後三時ごろ帰宅, 収め, 収めた, 収めると, 収め澄んだ眼, 取扱わない蕉門, 口に, 口の, 口びるの所に, 口元に, 口許に, 合わせました, 合唱し, 向けた, 含ませ紳士, 含まぬ質, 含み, 含みつつ, 含めるあり六ヶ, 含んだ光, 含んだ父, 含んだ目, 含んだ眼, 含んだ輝いた眼, 含んだ顔, 吸い取って, 吹いた, 吹きあげて, 吹き出して, 呑んだ冷, 唆られる, 噛み殺すため, 噛み殺そうとしても, 噛んで, 嚥み, 圧し殺して, 圧し殺すよう, 圧倒する, 堪えるよう, 報いて, 夫婦が, 失い眼, 失うもの, 失った者, 奥歯で, 好む英米人, 始めた, 宿したと, 宿した顔, 少しも, 帯びた大きな, 帯びて, 引き出す, 引っこめた, 引っこめる, 引っ込めると, 引つこめて, 引起し, 引込めた, 彼は, 彼女は, 待ち構えるよう, 微かに, 心に, 心の, 忍び, 忍び外, 忍び得なかったの, 忘れたまま, 忘れた女, 忘れて, 思い出して, 思うと, 怺えきれず, 怺えた, 恨まなかった, 恵まれました, 感じた, 感じて, 我慢する, 扶けた, 抑えられない風, 抑えるのに, 抑さえ, 投げかけながら, 投げて, 投げました, 投げ返して, 押えて, 押えるの, 押えるべくハンカチ, 押え付けるストーン氏, 押さえたよう, 押しもどすよう, 押し殺すのに, 担ぎ出すの, 招いた事, 招かねば, 招く, 招くこと, 招くの危険, 招くばかり, 招く人々, 招致し, 拡げるにつれて, 持たぬ顔, 持ったまま, 持って, 挨拶の, 揺すり上げた, 揺すり上げて, 放った, 放つよう, 新に, 時々もらした, 最後に, 杯に, 楽しむの, 止め五尺三寸, 止め背, 正成の, 歪めながら, 歯で, 残しお, 殺しあたり, 殺してから, 殺すこと, 殺そうと, 泛かべながら, 泛べ, 泛べたので, 波立たせながら, 波立てながら, 波立てる, 注ぎこんで, 洩したかと, 洩したの, 洩して, 洩すこと, 洩すの, 洩そう, 洩らさないでは, 洩らし, 洩らしたきり, 洩らしただけ, 洩らしたものの, 洩らしたろうが, 洩らしはじめて, 派手に, 浮かばせようと, 浮かべたと, 浮かべたの, 浮かべたまま, 浮かべつつも, 浮かべ人, 浮かべ湯呑茶碗, 浮き上らせながら, 浮ばせながら, 浮べお, 浮べたきり, 浮べたなり, 浮べたの, 浮べた彼, 浮べた署長, 浮べつつ, 浮べては, 浮べてる戸村直治, 浮べました, 浮べゆっくり, 浮べるが, 浮べ乍ら次, 浮べ佐吉さん, 浮べ出して, 浮べ口さき, 浮べ変, 浮べ心持ち体, 浴びせかけた, 浴びせた, 浴びて, 浴びるだけ, 消した先生, 湛えた, 湛えつつ, 湛えてるの, 湛えながら, 湛えるのみ, 満面に, 溢し, 漂わして, 漏して, 漏らした, 漏らして, 漲らしながら, 漲らせ不自由, 照りかえしたが, 爆発させた, 爆発せしめる, 狂わそうと, 用意し, 留めて, 発した, 発したので, 発しました, 発散開拓し得ぬ, 白い歯, 監視し, 目だけに, 目元に, 眼に, 瞳の, 知って, 知らず, 破裂させました, 禁じられた人, 禁じ得なかったが, 私に, 立てて, 立てるの, 立てる源, 笑いつ, 笑いつづけるの, 笑いまして, 笑い合った, 笑い得るもの, 笑うと, 笑おうと, 笑ったよう, 笑った丹下左膳, 笑った老婆, 笑った証拠, 笑わせて, 納めたストーン氏, 絞り出したの, 続けた, 続けて, 締め出して, 耐えて, 耳に, 聞いたの, 聞いて, 聞くに, 肯定する, 脣に, 腕に, 船長に, 花やかに, 見あわせた, 見せあった, 見せてから, 見せられたこと, 見せる, 見せるため, 見せる筒井, 見せ口, 見せ片方, 見た, 見交わして, 見合し, 見逃して, 視凝め, 観者, 試みた時, 誇張し過ぎ, 誘い出した, 誘い出して, 誘うと, 誘うもの, 誘うよう, 誘うわけ, 誘う位, 誘う軽い, 誘う軽佻浮薄, 誘われるところ, 誘発した, 買いました, 買って, 贈った, 起させる, 車内の, 転がし出して, 載せて, 辛うじて飲み込み, 追いつづけた, 送った, 送って, 遏めようと, 避くる, 邪淫の, 重ねるのみか, 釘づけ, 鋭く聰明, 鎮めて, 長い事, 長びかせながら, 隠して, 隠すの, 隠すよう, 震わせて, 露骨に, 面に, 響かせながら, 響かせました, 頬から, 頭から, 顔の, 顔面に, 黄い, 黄色い顔, 鼻の

▼ 笑い~ (359, 4.8%)

10 こみ上げて 7 とまらなかった 5 彼の, 浮かんで, 浮んで, 爆発した 4 おを, こみあげて, とまらない, 急に, 消えて 3 上って, 浮んだ, 飛び出して

2 [16件] かれの, ただよって, なかったら, のぼりました, ふくまれて, 二人の, 何処からとも, 停ま, 変に, 止め度, 流れた, 浮かんだ, 聞えて, 起った, 込み上げて, 顔に

1 [261件] あったはず, あっちこっちに, あつて, あり得ること, あるでしょうか, いかにも罪, いけません, いつのまにか深い, いつまで, いつまでも, うかびました, うかんだ, うかんだの, うかんで, うつって, おこった, おこり傍聴席, おさえられないふう, おのずから顔, おのずと圓太郎, おをもって, お藤, お蝶, かくされて, きえました, きこえたよう, くると, こたえた, こぼれたの, こみあげる, こみあげるところ, こもった, こんどは, さッ, しずまると, しばらく続く, しゃっくりの, そこらで, そのまま宇治, その底, だんだんはっきりし, だんだん泣き声, ついつい頬, ついて, つきない, つめたくたま, とまらずに, とまらないで, とまらないでしょう, とまらないという, とまらないの, とまらない風, とまらなかったが, とまらなくなったが, とまらなくなって, とまらぬ男, とまりました, とまりませんでした, とまると, とまるまでには, どよめいて, どれ程, なかなかとまらず, のぼった, はじまりだんだんこんなに, はぜて, はねかえる, ひそんで, ひとすじのぼった, ひろがった, びっくりし, ふしぎな, ふと私, ふるえて, べそを, ほとばしるならそれ, ほのめいて, まじって, まじる, またおこった, またこみ上げ, また爆発, また特に, また私, まだはりつい, やっととまった, やまない, やみそう, やむと, カミンの, カンドコロを, クリストフを, コビリ付い, チャンと, ネオンの, 一度彼, 一斉に, 一時に, 一種の, 一面に, 丁度自分, 三階の, 二百二十四号の, 人類に, 今あらい, 仮面の, 伴うの, 伸子に, 何となく寂しい, 余り耳触り, 余り陰惨, 修羅の, 全く消えた, 冷たく彼, 凄い, 凍った, 凍ったよう, 出る位, 北川氏の, 半減し, 単なる風, 又笑い, 反って, 口の, 口へ, 口中へ, 右門の, 号泣と, 含んで, 呼び出される, 咽喉を, 哀調に, 変り果てた現在, 夕闇迫る, 多分の, 如何にも朗, 始まって, 始終口元, 室内の, 宿って, 尋常でない, 尾を, 崩れた, 巨大な, 平一郎が, 引き劈くよう, 彼を, 彼女の, 復活した, 心の, 怯えたの, 感染し, 感染した, 憎悪と, 手に, 手向の, 掠めたの, 横から, 止まって, 止まらない, 止まらないそう, 止まらないといった, 止まらないの, 止まらないほど, 止まらないよう, 止まらない癖, 止まらなかった, 止まらなかったが, 止まらなくなった様子, 止まらなくなって, 止まりませんよ, 止まると, 止めどなく, 止らず苦し, 止らないで, 止らなかった, 止らなかったが, 止度も, 死貌の, 残って, 段々顔中に, 毒々しい笑い, 気にいらなかったの, 氣味が, 洞窟の, 浮かびました, 浮びその, 浮び上って, 浮べられるか, 消えその, 消えたかと, 消えないうち, 消え額, 消し飛んで, 深夜の, 渦まいた, 渦を, 湛えられて, 漂うて, 漂うよう, 漂って, 煙草の, 爆発し, 爆発します, 片頬, 特別に, 現われもはや, 甲野氏への, 病気を, 皆を, 目に, 短く籠っ, 破れて, 破裂した, 磯五の, 社会的な, 私に, 私には, 私にも, 私の, 私を, 突然ぼんやり, 突発する, 立った, 立ったが, 竜之, 笑いに, 笑いの, 笑う人間, 絶対に, 続いた, 続いて, 続く, 聞えた, 聞こえた, 胸に, 胸底から, 腹の, 腹の中から, 自分自身の, 表面へ, 見て取られるもの, 貼りついて, 起きたり, 辛抱し切れなくなり, 込みあげて, 込上げて, 途中で, 重なって, 鉄拳以上の, 鋭いもの, 難儀を, 静まって, 響いたよう, 響いて, 響き渡りました, 頬に, 頬へ, 顔いちめんに, 鳩尾から, LMN

▼ 笑い~ (356, 4.7%)

112 をした 90 をし 27 をする 13 をしました 8 だった 7 であった 32 が気, である, を見

1 [90件] いちいちそれ, があまり, がからかい気味, がさげすむ, がだんだん, がまた, が一種特別, が何とも, が僕, が変, が妙, が彼女, が津田, が父, しかしなかった, だけれども, だったろう, だな, だなあ, で, であったか, であります, でした, です, です事ネエ, でそういう, でそれにまた, でついに, ではありません, ではない, でやがて, で僕, で凜, で山崎, で思わず笑った, で激しく, というもの, といったら, とはたしかに, と云い, と女学生, などは何だか, なども優しい, になった, にぴたり, にも浄瑠璃語り, に恐ろしい, に昔, に目, に黒豆, の真似, はすこし, はそういう, はなん, はぴりッ, はやや, は他人, は尋常, は怖, は握, は爽やか, は異, は白痴的, までが乾燥, までが似, までが寒月君, もしなけれ, や未知, をいたしました, をされた, をしたら, をします, をしる, をす, をなさいました, をなさっ, をなさる, をやっ, を公卿, を印度人, を屡々, を彼一流, を持っ, を聞く, を臆面, を致しました, を見せ, を見る, を見合っ, を顔一杯

▼ 笑い~ (332, 4.4%)

15 ような 9 影が, 海 8 中に 7 うちに 5 ために, ように, 中には, 種に 4 種を 3 かげが, なかに, 中から, 中で, 声が, 底に, 波を, 現象を, 発作が, 種と

2 [16件] しずまるの, なかには, 問題に, 声と, 声の, 影は, 性格は, 意味が, 本質から, 波が, 海に, 衝動そのものは, 表情が, 裡に, 電流, 顔を

1 [198件] あいだから, あいまに, あとかれ, あとに, あとの, ある眼差し, ある美しい, うしろで, か, かげさえ, かげに, かげも, かげを, この論理的構造, こみあげて, さざ波の, しぶきが, しわが, じゃが, たねとも, たねに, だよ, つばを, であろうと, で御座いますけれど, とまらないうち, とまらない二人, とまらぬにこにこ顔, どよめきが, ないまっとう, ない人生, なかで, のぼって, は私たち, ひまから, ほかには, まだ消えない, もつ, も上せ, コミあげ, コーラスだった, ダフウト死の, 一番に, 中の, 中枢が, 中枢を, 事務長を, 停らぬ間, 元子, 充分な, 内容で, 出どころが, 出現する, 分子が, 分析的の, 切片を, 前兆の, 功徳を, 原因だ, 原因では, 原因によって, 原因は, 去るの, 友人は, 反響に, 収まりかけに, 口には, 口元に, 句の, 合唱は, 合理性を, 哲学とは, 国では, 国の, 場合で, 声を, 声高く, 多い, 多い噺, 大口を, 大合唱, 大波小波は, 客観的な, 対象と, 対象に, 小爆発, 小皺が, 尻声が, 尾は, 嵐が, 底で, 底には, 強制労働であり, 強制労働である, 影など, 影にさえ, 影には, 影を, 後に, 怪しく胸, 恐ろしさ, 意味の, 拠って, 持ち主その, 持ち主だ, 文学には, 断続の, 方には, 最も夙く芸術化, 最も大事, 末には, 本質は, 材料に, 材料には, 果いは, 様な, 欲望に, 止まらない様子, 正体という, 正体を, 波だった, 波は, 波も, 波動の, 洩れぬ門, 洪水, 浪が, 海という, 消えたあと, 消えた顔, 漂う口元, 爆発, 爆発が, 爆発では, 現象が, 現象について, 生理と, 痛さ, 癖の, 発作を, 的と, 皺が, 皺を, 直前まで, 真似を, 眼を, 瞬間に, 研究で, 社会道徳的意義を, 神や, 秘められて, 種が, 種だ, 種です, 種類について, 空ろさが, 筋一本も, 筋肉の, 答弁が, 精神は, 精神を, 結末にも, 綻ろんで, 線を, 織手, 習慣も, 苦しさ, 蔭にも, 虫は, 虹を, 衝動の, 衝動を, 表情だった, 表情に, 表情は, 表情も, 裏と, 裏に, 裏側に, 言葉も, 論理に, 論理は, 論理的構造から, 論理的構造と, 豪華さに, 豪華さも, 輝やい, 途中で, 長い長い系統, 間にさえ, 電報などを, 電流を, 面その, 響きが, 響く両, 顔の, 風刺喜劇は, 高さ

▼ 笑い~ (252, 3.4%)

11 なって 10 まぎらして 8 まぎらせて 6 なりながら 4 なりました, 紛らして 3 なった, まぎらした, まぎらしながら, まぎらせた, 紛らした

2 [12件] して, まぎらそうと, 乗って, 似たもの, 似て, 必ずしも無縁, 気がついて, 眼を, 紛らしながら, 紛らせて, 紛らそうと, 親しむにつれて

1 [170件] あるから, うつつを, うるんだよう, かかわらず僕, かくされて, かすれたので, こみあげて, こめて, ごまかされるあっし, ごまかしたが, ごまかして, さえぎられて, した, したくなる浸潤性, してやろうと, たたわし, つられて, つりこまれて, つりこまれるくらい, つりこまれるよう, つり込まれて, とかし出して, どこか, なったおじさま, なっては, なっても, なってよ, なにかぞっとする, ならず哀し, ならない, ならない幸福, ならぬ, なりかけて, なりたるとき, なりて, なりましたが, なるかも, なるであろうし, なると, なるところ, なるな, はぐらかしたり, ひきつった, ひき込まれて, ふけって, ほころばしたただ声, ほころばせながら, まき込まれそう, まぎらしたりしてしまってよういに, まぎらした中, まぎらすか, まぎらすその, まぎらすと, まぎらせたついで, まぎらせてことばじりを, まぎらせながらも, まぎらわして, まぎらわせた, また首, みちた顔, みちて, むせて, ゆがみ隻眼, ゆがんだの, ゆがんで, よく似た, ゴマ化し, 一そう脅かされた, 一家は, 一家眷族みな出, 交って, 代えて, 伊吹大作も, 伴う恐ろしき, 似ず急, 似た影, 似た苦笑, 似た表情, 傷つけられた, 全身を, 凄味という, 出たの, 加わらない, 加わらなかった, 口を, 合せて, 合せようと, 同じた, 同調せず, 和そう, 変って, 大きく揺れる, 威勢の, 崩れて, 巻き締められるよう, 座が, 引きつらせて, 引っつる, 引入れられたよう, 彼は, 応ずるかの, 忠相も, 愚楽老人も, 感染し, 手を, 換えた, 揺ぐの, 揺すぶられて, 揺れて, 於ける肯定, 時ならぬ, 曳き入れられそう, 来たの, 歪めて, 歯を, 気がつく余裕, 気を, 消されがち, 涙が, 混って, 満ちた, 満ちて, 無気味さを, 異状を, 目顔を, 相なろう, 私は, 空しく突離, 窒息しかけ, 笑いを, 笑い呆け, 笑い狂う美女, 笑い飛ばされて, 笑う女, 笑った女, 笑って, 紛らしそう, 紛らしたが, 紛らすと, 紛らす声, 紛らせた, 紛らせながら, 紛らせるの, 紛らわそうと, 紛れて, 紛わして, 耳を, 自己を, 落ちる, 落ちること, 落つるだけの, 表現された, 襲われるという, 誘いこまれたの, 誘われた, 誘われて, 誘われながら, 誘惑られ, 語尾を, 赭い, 身を, 転置する, 輝きあらしめる力, 近いもの, 送られて, 過ぎないその, 隠して, 頬の, 食いつくよう, 鼻も

▼ 笑い~ (225, 3.0%)

16 をし 9 をした 7 になっ 6 して 5 を見る 4 を見 3 は実に, をつくっ, を向けた, を見せ, を見せた 2 が眼, だ, であった, をする, をつくった, を思い出した, を想った, を見せなくなった

1 [147件] がある, がしつこく, がそこここ, がその, がふと, がまた, がまだ, がパッ, がポンチ絵風, が五寸四方位, が今, が小さく, が幾重にも, が徐々に, が急, が恐ろしかっ, が戸口, が挨拶, が振り向いた, が沈ん, が見たく, が見送っ, が集まった, ぐらいし, その何処, だけで, だけはハッキリ, だった, だったか, だの長い, ちゆうもん, っちゃ, で, である, でこっち, でこんなに, でしか現, でその, でふと, でもない, でわたし, でウン, で伸子, で寄っ, で帽子, で注意, で答えました, で鄭重, とかその間, とは思えない, とまるまる, とソックリ, と白く, と真直, と眼つき, なぞを思い出し, などあなた, などみじめ, なん, なんかが眼, にきりかえ, にこたえる, になった, にならなかった, になり, にはどこ, にはミジン, には何, には拭き消す, には特徴, によってのみ答え, によって答え得る, にトロケ, に一種, に優しみ, に溢れ, に見入った, に見惚れる, に返っ, に送った, に震い, のうち, のところ, の一つ一つ, の写真, の前, の寂しい, の持ち主, の插画, の月, の頬, はどう, はまったく, は俄, は出来ません, は次第に, は私, は鬼, も見せない, よりも却って, をうっかり, をこの, をされました, をしてるでしょう, をしました, をしろ, をそれから, をながめ, をながめ合っ, をなさる, をなつかしみます, をみ, をみあげた, をみせ, をみせた, をむり, をもっ, をも泣き笑い, をも見せ合いし, をやめ, をニッコリ, をホノボノ, を一寸, を何事, を冴え返らした, を初めて, を半ば天鵞絨, を収めず, を取りもどし, を崩さず, を御覧, を思い出し, を想像, を感じ, を憎む, を振り向け, を眼, を睨んだ, を穴, を自分, を見せる, を見た, を見つけた, を見よ, 何とも云え, 見たきなり, 見合せると

▼ 笑い~ (182, 2.4%)

17 せずに 11 しないで 8 しなかった 7 しなければ 6 しない 4 して 3 しながら, しませんでした, する 2 するし, すれば, せず, せず唯, せず怒り, せず答えた, 何も, 怒りも, 泣きも

1 [102件] あった, あるわけ, こうなる, されるの, しずに, したが, したり, しないが, しないと, しないねこ, しないまた, しない伯母, しない女, しない女房, しない木, しない様, しない源十郎, しない真面目, しなかったから, しなかったかわり, しなかったが, しなかったし, しなくては, しなくなる, しません, しまた, し得ないいわば, し私語, し階段, すぐに, するが, するだろう殺されたに, するの, する芳浜, せずあいかわらず, せずしかつめらしゅう, せずじっと, せずすぐ, せずそう, せずはじめ, せずぼんやり, せずぽつり, せずまた, せずむっつり, せずもう, せずわたし, せず云って, せず伏し目がち, せず全く, せず内, せず処置, せず反って, せず口, せず声, せず夢見るよう, せず大平, せず宏子, せず木菟, せず杉, せず泣き, せず物, せず答えて, せず襟, せず見返る久慈, せず貴公子, せず黒目, せなん, せぬ真面目, せねば, たえて, できなかった, なくありません, なく毎日, なさらなければ, ならずそれにしても, ほとんどおとよ, やまず, やんだ, カラカラと, ドウも, 井戸へ, 亦合理的, 作れないよう, 出来ず矢代, 出来ない, 出来ないとは, 出来ない脳髄, 出来なかった, 出来ぬ人, 喜びも, 売る正月, 悉く人生, 感動も, 楽しみも, 止し給え, 残されては, 消えて, 消える時, 無知の, 耳に, 致しません, 顔の

▼ 笑い~ (167, 2.2%)

4 しなかった 3 俊夫君が, 私の 2 しなかったが, なかなかとまらなかった, よくゴーゴリ, 何か, 彼の, 消えた, 若年に, 青年期の

1 [141件] あった, あのパンドラ, ある狡猾, いかにも確信, いっぺんに, いつのまにかまた, いつの間にか淋しい, いつもの, いわば不自然, おかしさ, かすかながら, ここで, こみあげて, しかし所謂民衆, しないこと, しませんでしたが, すぐ消え, すぐ髭, すべての, すべて自分だけに, するが, せぬかと, そう長く, そのとき, それを, そんなにも, つまり喜劇, とまったけれど, とまらない, どうであろう, どうも意味, どことなく悲し, ないと, なかった, なかりしなり, なくなった, なんとなく未練がましく, にこにこし, ふと虚ろ, まえほど, まだやまない, むしろ悪魔, もうまるで怪鳥, もう取り返せなかった, もちろん頭目, やした, やしつつ, やすであろう, やめろ, よして, シュルツや, 一たい, 一つの, 一層高く, 一番曲者でありまし, 一種の, 一般の, 不合理, 中途で, 人に, 伝染的に, 信じきった率直, 信頼と, 共同生活の, 再び他, 冷ややかで, 冷笑でない, 刀を, 前にも, 喉に, 嘲笑的であった, 多くの, 太陽の, 妙な, 妙に, 少くとも, 少しも, 少年の, 常に夜, 底深く, 彼女が, 彼女の, 徒らに, 快かった, 忽ち身近, 怒りに, 急に, 恐ろしく薄い脣, 意表に, 成程, 掠れて, 教室を, 敵魔懾伏の, 明瞭に, 時と, 時としては, 暗にこう含ん, 木下に, 本当の, 機智に, 次々湧い, 止るところ, 段々と, 決して強者, 決して感動, 決して諷刺, 消えて, 消えては, 消えると, 消すまいと, 涕泣き, 涙の, 深い敬意, 無制限, 理知的であり, 男にも, 社会の, 私には, 私は, 私を, 笑いとして, 笑いどよめく, 罪だ, 肺なし, 胸や, 自嘲とも, 致しません, 芭蕉の, 苦行であった, 見ようによっては, 誰の, 謎だ, 豹一の, 軽蔑する, 長平に, 雀の, 電車の, 馬鹿の, 騒がしいもの, 高々と, 高い抒情的

▼ 笑いかた~ (96, 1.3%)

25 をした 18 をし 9 をする 5 をしました 3 で, である 2 だ, だった, であった, です, をなさっ

1 [23件] すると, でお笑い, でした, ではなく, でへえ, で口, で太い, で笑った, で縫子, で解決, で高く, と言葉, なん, には隣り, にも身, の中, はお, も一日まし, も明るく, も目撃, をなさいました, を為る, を頬杖

▼ 笑い~ (65, 0.9%)

2 なって, 一緒に, 喜劇と, 涙の, 言うか

1 [55件] いうべきもの, いえるかな, いっしょに, いつて, いつも二つ, それから音楽, どこやら, なると共に, なる機会, なろう, ひそめられた憤の, 二つしか, 云うの, 云わなければ, 人から, 共に高まる, 名づけて, 咳とで, 唄とを, 喜びが, 嘆きとを, 嘘比べに, 嘲弄する, 大声で, 威が, 子供には, 当時の, 御尤さま, 快活さとを, 怒りとが, 怒りを, 思うくらい, 思うだろうが, 思つたで, 思つて窓を, 思わせぶりと, 情とを, 感嘆と, 拍手の, 揶揄の, 比較される, 泣きの, 涙, 涙とを, 涙を, 真摯な物語り, 眼に, 確信とを, 精神的の, 結び付けて, 華やかな, 葡萄酒, 軽いよろこび, 軽蔑と, 鬼火の

▼ 笑い~ (50, 0.7%)

2 ごまかしか, 云った, 打ち消した

1 [44件] いった, うち消した, お叩頭, かがやかしくなった, こちらから, ごまかした警視総監, さえぎった, さすが豪勇, すさまじく顔, すっかり定着, せうか, その場, それに, どよめいた, なるべくなら, ね, へとへとに, ほころびて, まぎらして, やや尻下り, ケラケラケラと, 一杯に, 一気に終り, 一蹴するだろう, 中間性の, 仕事が, 受けた, 口元を, 唇を, 弟の, 微笑した, 書きある, 洗い落として, 私の, 答える, 終りました, 総身を, 落に, 観られて, 語りながら, 長い眉毛, 間切らすよう, 面付が, 頼み手を

▼ 笑い興じ~ (46, 0.6%)

15 ている 7 ていた 3 て居る

1 [21件] ぐったりし, て, てやまなかった, て傘風呂, て只一人, て居たけれ, て廻っ, て田舎道, て遊ん, ながら, ながらお湯, ながらかれ, ながらちょうど, ながら兵, ながら島原口, ながら漕い, ながら行き過ぎます, ながら見物, ながら通りすぎた, 升て, 手を

▼ 笑いつつ~ (35, 0.5%)

2 語らいつつ

1 [33件] いかに面白, うたうことば, きまり悪, そしてずいと, その仕事, その顔, それを, ハロウと, パッと, 中将は, 乞食よりも, 何だか手のひら, 余は, 作るの, 出て, 刻々に, 同情し, 嘲笑いつつ, 坤竜丸を, 外へ, 天災地変に, 描きある, 死なしめよ, 毛肌に, 泰助は, 消え失せた, 煙管を, 片腕で, 猶もむしり立てる, 畏まって, 立ち去りたれば, 面白そう, 頻りにもの

▼ 笑い~ (28, 0.4%)

2 て, ていた

1 [24件] がいや, つつ, ていくら, ている, てから上原, てから食っ, てそんな, て形, て暫く, て言いだした, て路, て軽く, て遊びたい, て飲まない, ながら, ながらきい, ながらその, ながらとって返す, ながら又, ながら弾きはじめました, ながら教えた, ながら言う, ながら言った, ながら黙っ

▼ 笑い笑い~ (27, 0.4%)

5 云った 2 いう, 出て

1 [18件] いいました, いって, きいて, こう云った, して, つぶやいた, のどよめき, やがて子供, 云えば, 入って, 去る, 戻って, 擦れ違って, 物語るの, 終った時, 老妻, 言って, 言ってから

▼ 笑いごえ~ (26, 0.3%)

2 がひびい

1 [24件] がきこえました, がきこえる, がし, が二三ヵ所, が交っ, が伝わっ, が出, が絶えなかった, が聞こえ, だ, だった, である, でもあった, で云い足す, で笑いこけた, にも似た, にも言葉, のした, の底, はあまり, は高かっ, をあげた, をきけ, を立てた

▼ 笑いながらも~ (25, 0.3%)

1 [25件] こう言い残した, この調子, しつこく言いつづけた, その教え, だんだん頭, ちょっと驚いた, めずらしそう, フッと, 一度, 一度ひどく, 久慈を, 勘十郎は, 危機一髪は, 妙に, 彼を, 悔んで, 放れなかった, 本気まじり, 汚れた羽織, 目には, 稍面映ゆ, 絶えずそれとなく四辺, 近いうち, 鋭かった, 食後他出し

▼ 笑い~ (22, 0.3%)

1 [22件] おかしさ, がった, がったろうな, がる, がるとは, がるん, がんのさ, しない, それから, ため息ばかり, テボの, ユーモアの, 上機嫌ほど, 優越感を, 大どかな風貌, 幸福の, 悲しみや, 抱擁の, 無愛想な, 秋の, 罪な, 色や

▼ 笑いには~ (21, 0.3%)

3 ならなかった

1 [18件] すべて対象が, どこか, ならずに, 何だか呆け, 何ともいえない, 力が, 却って言い, 周さん自ら称し, 声は, 寒白い, 彼らから, 必ず一定, 怪しげな, 時としてまるで声, 気心を, 私に対する, 触れて, 野暮な

▼ 笑いさざめき~ (18, 0.2%)

1 [18件] がここ, が流れ, ながらぐるり, ながら互に, ながら冗談, ながら向う岸, ながら幾組, ながら数歩あと, ながら水共, ながら現われた, ながら駈け下りる, などがごっちゃ, などが洩れ, は止まない, を止めた, 乍ら或は, 歌を, 酒を

▼ 笑い~ (17, 0.2%)

1 [17件] あり, ちょっと頭, わが顔, 二十五文を, 他の, 声太く, 山色を, 左右より, 徐に坐, 悵然と, 損を, 機に, 町の, 答うる, 聞き流し, 観ぜよ, 驚くところ

▼ 笑いさえ~ (16, 0.2%)

3 浮べて 2 すれば, 浮んで 1 うかべて, しなければ, もらした, 浮かんだ, 浮かんで, 浮べた, 聞えれば, 見せて, 顔に

▼ 笑い乍ら~ (16, 0.2%)

2 云った

1 [14件] あっさり至極あたり前, どうせそんな, 云ったの, 出て, 坐って, 来た, 直助, 答えた, 訊いた, 訊いて, 試して, 話して, 近路, 飛びはねるよう

▼ 笑いさざめい~ (15, 0.2%)

6 ている 1 たりし, てくる, てたあい, て帰った, て来ました, て来る, て聞こえ, て行き交う, て通っ

▼ 笑いさざめく~ (14, 0.2%)

3

1 [11件] うちに, のである, 声々を, 声が, 声とともに, 声石門の, 座敷の, 彼等男の, 御声, 時高座では, 華かさが

▼ 笑いでも~ (14, 0.2%)

3 あった 2 ない, なかった 1 あったよう, あります, ありません, したの, する気勢, なく人, 極りが

▼ 笑いよう~ (13, 0.2%)

5 をし 3 をした 2 だな 1 はホホ, を, を為っ

▼ 笑い上戸~ (13, 0.2%)

1 [13件] おこり上戸泣き上戸三幅対, だった, でつまらぬ, ではあった, で泣い, になった, になる, に後引き上戸, のマア坊, の二, の狂人, の猛獣共, やフォン・コーレン

▼ 笑いそう~ (12, 0.2%)

1 [12件] だ, だった, だなと, である, で自分, な想像, な気持, な顔付, になった, になり, に頬, 云ってから

▼ 笑いでは~ (12, 0.2%)

4 ない 2 なかった 1 ありません, あるまい, なくすなわち, なくて, 応じきれぬ激しい, 無い

▼ 笑いという~ (12, 0.2%)

2 ものを 1 あの笑いかた, のが, のである, のは, ものが, ものの, ものは, やつ, 現象が, 豪華な

▼ 笑い~ (12, 0.2%)

3 のだ 2 のである 1 から, がち冗談を, がち東野を, がら, のであった, よ, んな

▼ 笑い~ (12, 0.2%)

1 [12件] がひびきわたり, が入り, が聞え, で一遍靜まつ, とは調子, はぱったり, は聞えない, は骨身, もきこえ, もたてない, やざわめき, を立て

▼ 笑い出し~ (11, 0.1%)

3 たりした 1 そうでも, そうな, そうに, たりお茶, たりする, たり家, はしなかった, もすまいし

▼ 笑いごっちゃ~ (10, 0.1%)

4 ねえん 1 あねえぞ, ないじゃ, ねいじゃね, ねえぜ, ねえですよ, ねえ間抜め

▼ 笑いそれ~ (10, 0.1%)

1 から二人, がだんだん, で約束, につけ, につれてゲーッ, はどう, は本当, は自分, を止め, 見たこと

▼ 笑い~ (10, 0.1%)

21 が, が私, しすっかり, そうと, ぞ世間, と思います, と思った, な

▼ 笑いとも~ (9, 0.1%)

1 つかぬもの, つかぬ賑, 受け取られ笑止, 名状し, 咳嗽とも, 恐怖とも, 泣いて, 溜息とも, 聞えなかった

▼ 笑いとを~ (9, 0.1%)

1 あるが, かもし出しやがて, ふりまく, やめて, 向けて, 売りつけること, 射撃した, 浴びせた, 華やかに

▼ 笑い消し~ (9, 0.1%)

81 て庄次郎

▼ 笑い~ (9, 0.1%)

2 にし 1 にされる, になっ, になった, になります, になる, になるだろう, に御座候

▼ 笑いその~ (8, 0.1%)

1 不服を, 人は, 快活などを, 日の, 癖, 目と目との, 系列が, 罵りに

▼ 笑いとともに~ (8, 0.1%)

1 うすうす判る, つぶやきながら, 一度に, 咳き込みそして, 左へ, 捨て流せぬ俳句以外, 文次は, 板に

▼ 笑い崩れ~ (8, 0.1%)

2 ている 1 たりし, ていました, てしまった, てとまらなかった, てまた, ながら

▼ 笑い興ずる~ (8, 0.1%)

2 ことも 1 ような, ように, 声が, 声は, 縁側の, 群集にまで

▼ 笑いくずれた~ (7, 0.1%)

1 が, がすぐ, が主, ということ, に相違, のは, 口を

▼ 笑いそして~ (7, 0.1%)

2 あたりを 1 ある珍しい, 列座の, 少年の, 笑われること, 自分の

▼ 笑いとは~ (7, 0.1%)

1 まったく質, もうほか, 云えなかつた, 対立する, 穏やかな, 見えない, 遠い気持

▼ 笑いどよめい~ (7, 0.1%)

2 ていた, ている 1 てストリップ, て居たけれ, て馬

▼ 笑いまた~ (7, 0.1%)

1 さも嬉し, ひとりひそかに, 人を, 月を, 泣いてる善良, 眼を, 笑っては

▼ 笑いをさえ~ (7, 0.1%)

2 浮べて 1 含むので, 含めて, 含んだ調子, 含んで, 起させた

▼ 笑い~ (7, 0.1%)

2 ですよ 1 だよ, です, ですが, ですの, ぼらしいけれど

▼ 笑いする~ (6, 0.1%)

1 かのごとく, と, とその, のが, もんね, 口元なんかが

▼ 笑いたて~ (6, 0.1%)

31 ていた, て真顔, ながら両手

▼ 笑いである~ (6, 0.1%)

1 かと思え, ことも, という, としても, と共に吸血鬼的, よりは多分

▼ 笑いばかり~ (6, 0.1%)

1 して, する, だ, であった, でなくすべて, では

▼ 笑い好き~ (6, 0.1%)

1 だった, で権力, で酒好き, な大, な彼女, な気

▼ 笑い~ (6, 0.1%)

2 な顔, をし 1 をした, をする

▼ 笑い~ (6, 0.1%)

1 がなに, が卸した, と御, の関心, もつられ, も苦笑

▼ 笑いくずれ~ (5, 0.1%)

1 てい, ていた, ている, てかたわら, ながら長い

▼ 笑いした~ (5, 0.1%)

2 そうである 1 が彼女, だけだった, 人相の

▼ 笑い~ (5, 0.1%)

4 やありません 1 やない

▼ 笑いどよめき~ (5, 0.1%)

1 ながら貝合せ, のうち, の波, 大納言を, 舞台の

▼ 笑いながらの~ (5, 0.1%)

1 品評が, 問いであった, 声が, 話だ, 述懐だ

▼ 笑いにも~ (5, 0.1%)

1 こういうふう, なりましょう, なる, 愛嬌を, 適し三流

▼ 笑いわらい~ (5, 0.1%)

1 かたわらを, そこの, のっそりとそ, 伝六へ, 濠ばた

▼ 笑い崩れた~ (5, 0.1%)

1 お蓮様, が庄次郎, 姿態の, 時に, 長椅子から

▼ 笑いじゃ~ (4, 0.1%)

2 ないか 1 ないかねえ, 無いか

▼ 笑いと共に~ (4, 0.1%)

1 いった, ずいと進みよった, 入身, 異様な

▼ 笑いほど~ (4, 0.1%)

1 世の, 僕を, 尊い笑い, 気に

▼ 笑いやむ~ (4, 0.1%)

1 としばらく, と佐助, と涙, のを

▼ 笑いを以て~ (4, 0.1%)

1 それからそれ, 御挨拶申上げ, 竜之, 答えるの

▼ 笑い仮面~ (4, 0.1%)

1 が伸びた, を両手, を眺め, を顔

▼ 笑い~ (4, 0.1%)

2 るる声 1 るるの, るる音

▼ 笑い流し~ (4, 0.1%)

1 て, てここ, てしまった, て手套

▼ 笑いあるいは~ (3, 0.0%)

2 ユーモア 1 説明し

▼ 笑い~ (3, 0.0%)

1 かっぱの, 政府に, 馬鹿さんの

▼ 笑いかえし~ (3, 0.0%)

1 て, てその間, て居た

▼ 笑いから~ (3, 0.0%)

1 いつしかゾシチェンコ, すぐ渋い, 最後には

▼ 笑いくずれる~ (3, 0.0%)

2 声が 1 の大騒ぎであった

▼ 笑いこそ~ (3, 0.0%)

1 すれ別に, 人生を, 生涯忘れる

▼ 笑いこぼれ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ながら, ながらテーブル

▼ 笑いそのもの~ (3, 0.0%)

1 が伸子, には男, のうつろ

▼ 笑いであった~ (3, 0.0%)

1 がその, この上, のだろう

▼ 笑いであり~ (3, 0.0%)

1 偉大を, 無益な, 若いカフカ

▼ 笑いとが~ (3, 0.0%)

1 あるのに, 全く調和, 欠けて

▼ 笑いどよめいた~ (3, 0.0%)

1 が死, と書い, 声に

▼ 笑いどよめく~ (3, 0.0%)

1 という風, 声が, 声は

▼ 笑いなど~ (3, 0.0%)

2 して 1 した

▼ 笑いなんか~ (3, 0.0%)

1 いう矛盾, してさ, 持ち合わせて

▼ 笑いやがて~ (3, 0.0%)

1 子供を, 笑いを, 職員室には

▼ 笑い~ (3, 0.0%)

1 ウンという, 最初から, 気障だ

▼ 笑い一つ~ (3, 0.0%)

1 しないのよ, するじゃ, 見せないで

▼ 笑い~ (3, 0.0%)

1 か云いかけよう, が汝, を問い

▼ 笑い~ (3, 0.0%)

1 だせる気味悪, て往, て来た

▼ 笑い初め~ (3, 0.0%)

21 たので

▼ 笑い合い~ (3, 0.0%)

1 ながらお, ながら先, ながら夕食

▼ 笑い怒り~ (3, 0.0%)

1 わめく形相さまざま, 怨み拗ね甘ったれしなだれかかり威し, 歌って

▼ 笑い捨て~ (3, 0.0%)

1 てしまう, て早, て藤吉郎

▼ 笑い歌い~ (3, 0.0%)

1 又泣き, 走り踊ってる, 駄洒落を

▼ 笑い~ (3, 0.0%)

1 をかがやかせ, を拭い, を溜め

▼ 笑い~ (3, 0.0%)

2 泣き薬 1 なども出

▼ 笑い~ (3, 0.0%)

1 のよう, は歌う, 歌う

▼ 笑いかつ~ (2, 0.0%)

1 咳を, 生きんと

▼ 笑いからも~ (2, 0.0%)

1 ひとしく顔, 顔を

▼ 笑いここ~ (2, 0.0%)

1 でまた, を開けよ

▼ 笑いこと~ (2, 0.0%)

1 でも, で御座いませう

▼ 笑いこの~ (2, 0.0%)

1 世話のか, 頃は

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

2 ッちゃ

▼ 笑いさえも~ (2, 0.0%)

1 人びとは, 忘れようと

▼ 笑いざわめき~ (2, 0.0%)

1 ながらぼく, 陽気な

▼ 笑いしかし~ (2, 0.0%)

1 まだまだ安心, 風景の

▼ 笑いそれから~ (2, 0.0%)

1 こんな時, マサ子と

▼ 笑いたちまち~ (2, 0.0%)

1 にし, 矢崎の

▼ 笑いたまい~ (2, 0.0%)

1 婦女の, 宝丹飲むがさまでつらきかと宣い

▼ 笑いだけ~ (2, 0.0%)

1 した, だったのに

▼ 笑いだった~ (2, 0.0%)

1 にちがい, よ

▼ 笑いちょっと~ (2, 0.0%)

1 列から, 考え込み一言

▼ 笑いです~ (2, 0.0%)

2

▼ 笑いでなく~ (2, 0.0%)

1 かなり巧み, て弱者

▼ 笑いとか~ (2, 0.0%)

1 それから遊び, 遊びの

▼ 笑いとして~ (2, 0.0%)

1 独立に, 現れたり

▼ 笑いながらでも~ (2, 0.0%)

1 あの時, いいから

▼ 笑いなさり~ (2, 0.0%)

1 ながらこう, ながらどちら

▼ 笑いなどは~ (2, 0.0%)

1 必ずしもこれ, 致しませぬが

▼ 笑いについて~ (2, 0.0%)

1 まずお話, 憂鬱が

▼ 笑いののしり~ (2, 0.0%)

1 または酔い, また喝采

▼ 笑いぶり~ (2, 0.0%)

1 ではない, は人間並み

▼ 笑いまじり~ (2, 0.0%)

1 に信長, に寄っ

▼ 笑いまで~ (2, 0.0%)

1 したイエニー, するの

▼ 笑いまるで~ (2, 0.0%)

2 猫に

▼ 笑いもう~ (2, 0.0%)

1 一つの, 陽子を

▼ 笑いやすい~ (2, 0.0%)

1 ふうで, 人と

▼ 笑いやめ~ (2, 0.0%)

1 て法螺, て締り

▼ 笑いやん~ (2, 0.0%)

1 でみる, で五代

▼ 笑いよる~ (2, 0.0%)

1 わいの, んじゃ

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 の姿, 水の

▼ 笑い乍ら繁~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 笑い以外~ (2, 0.0%)

1 にない, に物

▼ 笑い位自慢~ (2, 0.0%)

1 してるだけ, にしてる

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 に語, 力するだろう

▼ 笑い共に~ (2, 0.0%)

1 泣き共に, 語るに

▼ 笑い出す~ (2, 0.0%)

1 声の, 子も

▼ 笑い動揺~ (2, 0.0%)

2 めく声

▼ 笑い去る~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 から誘われ, も笑い

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 厭だ, 被下候

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 しに, のよう

▼ 笑い喋る~ (2, 0.0%)

1 にはよい, 姿を

▼ 笑い囃し~ (2, 0.0%)

1 ている, て鳴り

▼ 笑い太陽~ (2, 0.0%)

1 どの太陽, の輝き

▼ 笑い女の子~ (2, 0.0%)

2 はきまり

▼ 笑い崩れる~ (2, 0.0%)

1 のであった, ロシヤ人の

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 いの, くなる

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 のうち, の底

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 である, ではない

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 が無い, のなか

▼ 笑い掛けた~ (2, 0.0%)

1 がそれ, のは

▼ 笑い更に~ (2, 0.0%)

1 何か, 言葉を

▼ 笑い本来~ (2, 0.0%)

1 の嬉々, の面目

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 をむい, を向き

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 は真白, をむき出した

▼ 笑い残忍~ (2, 0.0%)

1 な指, な眼付

▼ 笑い疲れ~ (2, 0.0%)

1 てぐったり, て死ん

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 も鼻, を天井

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 でにらん, をぎらぎら

▼ 笑い納め~ (2, 0.0%)

1 て飲み直す, の泣き納め

▼ 笑い給う~ (2, 0.0%)

1 かと魯粛, な

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 く語ります, く談

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 づけを, をちょっと

▼ 笑い自分~ (2, 0.0%)

1 には興味, も笑った

▼ 笑い言っ~ (2, 0.0%)

1 てからくるり, てきかせた

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 に誘い出され, の中

▼ 笑い轉げ~ (2, 0.0%)

1 ている, てるん

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 をさげた, を左右

▼ 笑い~ (2, 0.0%)

1 ねっこを, を振り

▼ 笑い騒ぐ~ (2, 0.0%)

1 事で, 声が

▼1* [513件]

笑いひつ, 笑いあきたか急, 笑いあったがどの, 笑いあの昼日中エプロンの, 笑いありさまを, 笑いあるものは, 笑いいってまた, 笑いいや笑うの, 笑いいよいよ高くなっ, 笑いいろいろな感情, 笑いうしろから少女, 笑いおえると云った, 笑いおさめに鶏小屋, 笑いおさめると目, 笑いおったな, 笑いおるなそろそろ, 笑いおわると若い, 笑いお上さんに頼ん, 笑いお話があります, 笑いいずれその, 笑いかがやいて, 笑いかと思われるよう, 笑いかまけたように, 笑いからだを前, 笑いかわいらしい小窪, 笑いがやまってから, 笑いきいている, 笑いきつい眼付を, 笑いくずしたり, 笑いくずれやしないのだ, 笑いくだけて, 笑いくらゐでした, 笑いくらい先生が, 笑いくらして別れる, 笑いこう云った, 笑いこそは言葉による, 笑いこぼして, 笑いこぼすと, 笑いこれも無理, 笑いこんなことは, 笑いごえと拍手を, 笑いごくさりげなく, 笑いごつちやねえ, 笑いさいぜん私は, 笑いさざめいたあげくともかく学校, 笑いさざめいてゆく町の娘, 笑いさざめきあって散会したの, 笑いさざめきながら室を出, 笑いさざめき歌いどよめいていた, 笑いさざめき興ずる体で, 笑いさざめくの他はなかっ, 笑いさざめけるなどは幸福の一つ, 笑いさざめて暮して, 笑いさざめてさきを争っ, 笑いさっそく喋りだした, 笑いさておもむろに腰, 笑いさながら一大家族の, 笑いさらぬは袖几帳, 笑いさわいで居る, 笑いさんざめいていた, 笑いざかりの妙齢, 笑いしか笑わなかった, 笑いしかも快い自由さ, 笑いしたい気持で, 笑いしゃべり叫んでいた, 笑いすぎ足許がふらつい, 笑いすぐにまた, 笑いすこし顔を, 笑いすてきれないかげ, 笑いすてた山口仁一の, 笑いすら泛べて, 笑いぜひやろうという, 笑いそうして事も, 笑いそしてまたこう附け加え, 笑いそっぽを向き, 笑いそのまま頭を, 笑いそれ以上突っ込んだ事, 笑いそんなにびくびくするなんて, 笑いたい者には笑わし, 笑いただ一人根本中堂の, 笑いたまえ僕を嘲りたまえ, 笑いたりという類なり, 笑いたわむれている, 笑いたわむれ歌ってい, 笑いだが何にも, 笑いだけが虚に, 笑いだけはよしに, 笑いだしもせず, 笑いだろうな, 笑いちょいと巫山戯, 笑いつぎに悲し, 笑いつつも微妙な, 笑いてやあらん, 笑いでありますがこの, 笑いでなかったことは, 笑いでなければならない, 笑いといふことは, 笑いとかで盛に, 笑いときたら不愉快な, 笑いとこそなりたれわがその, 笑いとて店に, 笑いとでも言えるよう, 笑いとに答えるゆとり, 笑いとの間には, 笑いとびとびして, 笑いとぼけて常吉, 笑いどこか一徹, 笑いなかんずく論敵を, 笑いながらかの蛇を, 笑いながらかべにはめて, 笑いながらかべの方を, 笑いながらからの徳利を, 笑いながらというように, 笑いながらとはなんだ, 笑いながらにしても, 笑いながらはぐきで, 笑いながらやしかし綱雄, 笑いながらわきみも, 笑いなすっちゃいけません, 笑いなすったじゃありません, 笑いなどと云う失敬, 笑いなどというのは, 笑いなどには道徳的の, 笑いなどをして, 笑いなる以上は, 笑いなんかじゃなくてよ, 笑いなんぞおよし, 笑いにおいて恵まれて, 笑いにくい人などの, 笑いにたいしてニベも, 笑いにとって必要な, 笑いによって侮辱され, 笑いに対しては生きて, 笑いに対する我々の, 笑いのう玄斎と, 笑いので憎気, 笑いのよあのね, 笑いひとも笑い, 笑いひとつの意見交換, 笑いひどく陽気で, 笑いひろげた口元が, 笑いへの共感以上に, 笑いっかっこ, 笑いほかの者たち, 笑いほぐしてしまう, 笑いほごそうとする, 笑いほどに世の, 笑いまぎらして義平太, 笑いまくるぞ, 笑いますます私を, 笑いまたは天狗倒し, 笑いみたいにカラカラ, 笑いむせぶのだ, 笑いもっともらしくやがて, 笑いもんになっ, 笑いやめたお京, 笑いやめようとする, 笑いやら見事やら, 笑いゆえにこそついに, 笑いゆっくりお上りなさい, 笑いより貴下ひょんな, 笑いらしいものを, 笑いわけを訊ねたら, 笑いわけ撒きちらして皆, 笑いわね蛙の, 笑いわらいいたってあっさり, 笑いわらい聞き流しながら黙, 笑いわらい荒れ狂っている, 笑いをのみ下しながら, 笑いキサマのよう, 笑いキャッキャッと図, 笑いコップに口, 笑いサッカアと蹴る, 笑いジャックリーヌをながめ, 笑いスパスパとおおいそぎ, 笑いツルツルと懐中, 笑いニーナも笑いだした, 笑いパイプの灰, 笑いヒタヒタと絶壁, 笑いヒヒヒヒ笑いに誘いこまれた, 笑いファンティーヌはほほえん, 笑いフイと武士, 笑いボックスの奥, 笑いポンペイウスは泣く, 笑いマア坊がつかつか, 笑いマダムもクスクス, 笑いメグはこまった, 笑い一二歩ゆきかけたが, 笑い一人が, 笑い一座を見渡した, 笑い一彦をそば, 笑い一番激しく笑った, 笑い一銭に殴られた, 笑い七兵衛が思わず, 笑い万事を空, 笑い三人の木挽たち, 笑い上眼を使っ, 笑い唇を, 笑い歌った, 笑い腕を, 笑い両手を差しのべ, 笑い中気夢中遊行朦朧状態なぞいう, 笑い主人もお, 笑い乍らニコライちょいと, 笑い乍ら二人で又, 笑い乍ら何とも云われない, 笑い乍ら弟の様子, 笑い乍ら此方を眺め, 笑い乍ら水道の水, 笑い乍ら生月駿三は井戸, 笑い乍ら相変らず大口, 笑い乍ら胆をつぶしました, 笑い乍ら茶箪笥の横, 笑い乍ら見物をジロジロ, 笑い乍ら諾なった, 笑い二三度頷いて, 笑い二人で話してる, 笑い云えば私, 笑い互いに語り合うて, 笑い五千両の値, 笑いりに, 笑い交してバック台, 笑い交わしたりし, 笑い京野等志は思わず, 笑い人数ならば, 笑いの先生, 笑い他愛ない楽しみ, 笑い仙台には美人, 笑いであったろうと, 笑い佐竹は顔, 笑いを丸めた, 笑い何やら言いたげなふり, 笑い何んだッ, 笑い何事をか歌っ, 笑い作りながら, 笑いの口, 笑い係り見係り聞係り, 笑い倒している, 笑い倦んでようやくすやすや, 笑い傍聴人まで笑いました, 笑い傾けながら荘厳, 笑いは走れ, 笑い入って来た, 笑い入り混り, 笑い全くおかしい話, 笑い其の住むこと幾時, 笑い其側へ行っ, 笑いへ自分主人, 笑い出しそれは詰らない, 笑い出し相な気, 笑い利家も笑った, 笑い前途のまばゆき, 笑いが尽きた, 笑い半ば怒って, 笑い半ば気にし, 笑い半分試して, 笑い半分本気半分で叱っ, 笑い卑め罵りはた, 笑い去ってしまう, 笑い又野の前, 笑いッて, 笑い叫んでいる, 笑い合う声までが, 笑い同じように, 笑い同所に浴, 笑い同時に胸が, 笑い向うの栗, 笑い向こうの栗, 笑い呆けて居る, 笑い咽んでいる, 笑いがもの, 笑い商人にはうんと, 笑い喋りながら六七人, 笑い嘲ける人ばかり, 笑いがある, 笑い場所だと, 笑い多く働いて, 笑い大丈夫なこと, 笑い大仏でお喋り, 笑い天帝を嘲り, 笑いに引っ込ん, 笑いは平然と, 笑いだ今度, 笑いに満足, 笑いと云う, 笑いが怒れ, 笑い寝むころ馬車は, 笑い小声にこう, 笑い小走りに別館, 笑い少しあなたの, 笑い少年は勝った, 笑い居候天長節より時雨, 笑い屋島の宗盛, 笑い山田は溜息, 笑い崩したところは, 笑い崩れ乍ら胸一杯に痞, 笑い巧言令色太鼓持ちの媚, 笑いれの, 笑い引きにすっと, 笑いの快活, 笑い彼女らはその, 笑いには眉, 笑い帰んなさいと, 笑い御飯ですと, 笑い微笑いいった, 笑い徳兵衛さんここに百両, 笑い心から語れる幸福, 笑い心地になっ, 笑い快活に話, 笑い思いつきのいい, 笑いの投げ, 笑い恐縮いたします, 笑い悠々とし, 笑い悪者と言われれ, 笑い悲しければ泣い, 笑い悲しんでいる, 笑い愉しそうに, 笑い愚者はそれ, 笑い愛嬌のある, 笑い愛憎二つの目, 笑い憚りもなく, 笑い憤りしていた, 笑い懐しそうに, 笑い我が国の古来, 笑い或いは闘いそれが, 笑い或は感じて, 笑い戦勝国から敗戦国, 笑い戯れながらさっき, 笑い戯れてるうちに, 笑い戯れる声が, 笑い戯れ歌っていた, 笑い戻って来た, 笑い扇子を鳴らし, 笑い手がかりなきかと, 笑い手帳と鉛筆, 笑い批評し喝采, 笑い拍手の形, 笑いもて卓, 笑い挨拶の手, 笑いつべき事, 笑い捨てるように, 笑い揶揄口調で云う, 笑い擦れ違って歩いた, 笑い擧句の果て, 笑い放って, 笑いて否定, 笑い散らして死中, 笑い方眼のつけ方, 笑い方竜之助, 笑い方苦笑にあらず, 笑い日本語で喋舌, 笑い易かった, 笑いは昔, 笑いの三月, 笑いとする, 笑い時々はそっと, 笑い時には怒っ, 笑い時代を包む, 笑い普通ならば, 笑い最後には, 笑い有頂天になっ, 笑いかに語り, 笑い朝子が, 笑いの一所, 笑い案外もろく候, 笑い植木鉢の作りもの, 笑い楽しい涙おう, 笑い楽しく語り合った, 笑い楽しむ声が, 笑い楽しんでいたで, 笑い機械のよう, 笑い歇むのを待っ, 笑いであったろうが, 笑い歌い踊り疲れて倒れる, 笑い歌うのを, 笑い歌っていた, 笑い止んでふと, 笑い武士に命じ, 笑い歪めて, 笑い死にに死んだ, 笑い死人の部屋, 笑いは呆気, 笑い母親のお, 笑い沈黙しそれから, 笑い泣き怒りし, 笑い浮べながら光子さん, 笑い消したがふと, 笑い清吉昨夜はどう, 笑い溜め息を吐いた, 笑い溶かしたり笑いくず, 笑い演説したい時, 笑い無遠慮に側ら, 笑い煙草入れをしまい込み, 笑い燈火を高く, 笑い爽やかに別れ, 笑い片手を上げた, 笑い物語るのであった, 笑い狭い台所に, 笑い狼狽てて, 笑い猪右衛門は得意, 笑いという十四五歳, 笑いになった, 笑い疲れたものか, 笑いけ初めた, 笑いは市十郎, 笑いが澄まし, 笑いをよせ, 笑いを取っ, 笑い盲目になった, 笑い直せたのです, 笑いになる, 笑い真赤になり, 笑い眠ることだけを, 笑い眺めていた, 笑い着物のまま寝床, 笑い瞰下して, 笑い矢代から顔, 笑い石橋が鼻目鏡, 笑い神経の過敏, 笑い私共歩きながらも, 笑い私語く声, 笑い種々な綽名, 笑い突如耳の, 笑い突撃した, 笑い窓ガラスに映った, 笑い立てたかと思う, 笑い笑いそれを止め, 笑い笑い割って這入った, 笑い笑い又野の前, 笑い笑い帰って行った, 笑い笑い彼女らはその, 笑い笑い恐縮いたします, 笑い笑い憚りもなく, 笑い笑い手帳と鉛筆, 笑い笑い拍手の形, 笑い笑い日本語で喋舌, 笑い笑い歌ったのだず, 笑い笑い瞰下して, 笑い笑い老人に別れ, 笑い笑い茉莉花の匂, 笑い笑い話の相槌, 笑い笑い近よると, 笑い笑い頭をさげた, 笑いを傾けた, 笑いが引っ, 笑い米友を驚かせました, 笑い紙片を二つ, 笑い終った時に, 笑い絵本をかかえ, 笑い絶えてから言った, 笑い罵る様子なぞは, 笑いむを, 笑い羞恥する目, 笑いる日, 笑い妻と, 笑い老人に別れ, 笑いをたてれ, 笑い自他の重荷, 笑い自動車のもたれ, 笑い興じたいかの, 笑い興じ努めて平常, 笑い興ずるぞめきに交っ, 笑い茉莉花の匂, 笑い草履の裏, 笑い荘夫人は感心, 笑いの火, 笑い菅原も笑った, 笑い袖口からのぞく, 笑いをぐいと, 笑い親しげに余, 笑い観衆と共に泣く, 笑いが清女, 笑いの相槌, 笑い語り戯れて世の常, 笑い調子高にものいい, 笑い謹厳な顔, 笑い議論をし, 笑い豁然と眼, 笑い貞時もなんとなく, 笑い趙高王莽の計, 笑い踊り社交する, 笑い振を, 笑い身悶えして, 笑い転けてとめど, 笑い転けたが, 笑い転ける私を, 笑いよると, 笑い近代の貧乏, 笑い退屈なまま色々, 笑い連れてあと, 笑い遅れてうつろ, 笑い遠方へ迯げ, 笑い郭巨はその, 笑い睡は, 笑い鉢巻の結び目, 笑い長谷川も頬, 笑い閑雪という側坊主, 笑い闊歩するもの, 笑い難く李と共に, 笑いでホーム, 笑いも笑い, 笑いれて, 笑いであつ, 笑い顔どころでなく真剣, 笑い顔ひとつ見せない, 笑い顔一つせずに, 笑い顔慈悲と憐れみ, 笑い顔浮上った乳房, 笑い騒いで大急ぎ, 笑い騒ごうと云う, 笑い高調子で饒舌, 笑い鳩首の彫刻, 笑い黒子を忘れる