青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「笑~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

章~ 童~ 童子~ ~端 端~ 競争~ ~竹 竹~ 竿~ ~笑
笑~
~笑い 笑い~ 笑い声~ ~笑う 笑う~ ~笑っ 笑っ~ ~笑った 笑った~ ~笑つた

「笑~」 10578, 114ppm, 921位

▼ 笑~ (3016, 28.5%)

129 ながら 86 を浮べ 62 声を 55 声が 54 をし 53 方を 47 を浮べた 41 ながら言 40 をした 29 ながら云, 顔を 23 聲を 19 になり 18 をする 17 ながら答 15 になつて 14 になる, の種, やうを, 声の, 聲が 13 を浮かべ, 笑ひ 12 声, 声に 11 て, ながらさ, ながら立つ, 合つた, 話の 10 ながらそれ, になつ, のやう, を含ん, 声や 9 ながらお, を噛み殺し, を浮べる 8 ながらその, を洩した, を浮かべた, を見せ, 顏を

7 [15件] が少い, ながら出, ながら彼, ながら手, ながら見, になりました, にまぎらし, に笑, の声, を見せた, を誘ふ, 合ふ, 声で, 声は, 話に

6 かたを, さへ, ながら自分, の中, を含んだ, を洩らし, 乍ら, 方で

5 [15件] あつた, ながらいつた, のため, を含み, を殘, を泛, を洩らした, を漂, 声と, 給ふ, 者に, 聲は, 言つた, 話を, 顔が

4 [27件] がこみあげ, が浮びました, てそ, ながら何, ながら少し, ながら彼女, ながら御, ながら私, ながら聞く, になります, に笑つて, の波, やうだ, をうかべた, をお, をさ, をぴたり, を止め, を洩らす, を湛, を笑, 乍ら入, 咄の, 声である, 度い, 草に, 顔で

3 [51件] が漂, さ, ぢや, ながらこんな, ながらどこ, ながらやつ, ながら二人, ながら口, ながら娘, ながら片手, ながら眼, ながら空, ながら立つた, ながら言つて, ながら訊いた, ながら話し, ながら頭, ながら顔, ながら首, ながら高ちや, に今, に似た, に紛らし, のにほひ, の翳, はしない, をうかべ, をこらへ, をしました, を投げ, を招く, を洩し, を漏らし, を顔, 乍ら云つた, 事では, 可被下候, 合つてゐる, 声などが, 声も, 物に, 物にな, 玉ふ, 聲だ, 聲で, 聲に, 茸の, 話が, 顔に, 顔の, 顔は

2 [158件] あつて, がだらし, がない, が変, が止まる, が浮ん, が浮んだ, が漂つて, が起つた, が頬, その度毎, それからほ, たまへど, つつあり, てさて, てし, て何負傷, ながらいひました, ながらかう, ながらしかも, ながらそれでも, ながらちらりと, ながらもはや, ながら両手, ながら云つて, ながら仰る, ながら來, ながら僕, ながら入, ながら厭, ながら去る, ながら叫んだ, ながら否定, ながら声, ながら大きい, ながら奥, ながら女, ながら子供, ながら帰つて, ながら座, ながら志田君, ながら打ち消した, ながら握手, ながら斯, ながら栓, ながら校長, ながら歩い, ながら歩く, ながら水島, ながら涙, ながら火鉢, ながら男の子, ながら聞い, ながら背, ながら覗い, ながら訊ねた, ながら話した, ながら話す, ながら近づいた, ながら馳, ながら駈け出しました, につり込まれ, にならない, になるでせう, にま, にまぎらした, に見る, に近い, に顔, のほか, の国, の如く, の影, の方, の的, の精神, の美音, の聲, の表情, の裏, の要素, の豪華さ, の酒, の顔, はしません, は不, は今, は充分, まあ, または立ち上つて矢鱈, よく受ける, を, をその, をふくんだ, をもらした, をもらす, を口もと, を含む, を噛み殺さず, を噛み殺した, を噛み殺す, を圓, を引き出す, を意識, を残し, を私, を笑つた, を笑つて, を繰返し, を行, を見せます, を頬, 上戸の, 下だ, 乍らいふ, 乍ら何が, 乍ら入口に, 乍ら富江は, 乍ら川崎の, 乍ら斯う, 乍ら言葉を, 事ぢや, 人道を, 共に, 力なかり, 合ひ, 声だ, 声だつた, 声とも, 声と共に, 大げさに, 女の子は, 或は彼, 戲れ, 方だ, 方だつた, 方は, 玉はんが, 玉ひき, 種だ, 給ひぬ, 續けた, 續けて, 聲がど, 聲の, 草で, 草にも, 草の, 西は, 話では, 話にも, 轉げた, 返しながら, 電車に, 顏が, 顏で, 顔によ, 顔も

1 [1202件 抜粋] あらためて又, あんまり未練, いふには, おしまひまで, お兼, お富, かけ声なども, から免れる, があ, がある, がうかん, がすでに, がちら, がとまらず, がとめど, がとれない, がふくまれ, がまだ, がケラケラ, が丁度, が不意, が二人, が何, が傳染, が出た, が動きました, が又, が口, が哄然, が大した, が小日向, が心持, が必ずしも, が散, が止まらず, が止らなかつた, が残つて, が水, が泛ん, が消えない, が涙以上, が減っ, が熱, が現れます, が空き腹, が続いた, が自分, が蘇, が行列全体, が足りない, が静か, くらゐ, こそ今, これ罵る, さて我, さわが, すら浮ん, そしてさざめき, そして私, その女, それから漸く如何にも, それを, だけなんとか, つつその, つつ面白, ていづ, てまだ, てやむべき, て云, て冠, て又, て声, て擁, て泣か, て綱, て聞, て身, て速き, ながらあたし, ながらいいかげん, ながらいや, ながらおとなしく, ながらお客さま, ながらかう聞いた, ながらかぶり, ながらぐつと杯, ながらし, ながらしばらく黙々, ながらする, ながらそんな, ながらちよい, ながらつぶやきました, ながらどうしても, ながらねだる, ながらひとりごと, ながらほんとに, ながらまた, ながらもと, ながらやる, ながらガチャガチャ, ながらジロリ, ながらバシヤバシヤ水, ながらビール壜, ながらレコード, ながら一人, ながら一日二日, ながら三輪, ながら下, ながら二三度弟, ながら二階, ながら云った, ながら今, ながら代, ながら何度, ながら値段, ながら傳, ながら先づアラスカ探検記, ながら其処辺, ながら冷酷, ながら別れ去つた, ながら動かす, ながら千代子, ながら千代松, ながら叔父, ながら古, ながら右手, ながら向う, ながら吸, ながら喋舌, ながら嘲る, ながら固め, ながら坐つ, ながら塵, ながら多吉, ながら大急ぎ, ながら女児等, ながら好い加減, ながら客, ながら尋ねたら, ながら小さな, ながら山崎, ながら左様, ながら差出した, ながら店先, ながら延子, ながら徐, ながら心配, ながら応じる, ながら悪魔, ながら慄然, ながら成瀬, ながら房一, ながら手招き, ながら押し戻した, ながら押問答, ながら指さし示す, ながら振り向かう, ながら提案, ながら数子, ながら斯ん, ながら明るく, ながら時々, ながら時計, ながら曰くさ, ながら本音, ながら梨枝子, ながら横, ながら此, ながら歩き出した, ながら歸つて行, ながら母屋, ながら毛布, ながら洋品屋, ながら為さん, ながら煙管, ながら照れかくし, ながら爺さん, ながら犬, ながら獲物, ながら生活, ながら百姓, ながら盃, ながら着, ながら石段, ながら税金, ながら立ちあがつ, ながら立ち上がつた, ながら答えた, ながら純, ながら縁, ながら老, ながら聴い, ながら膳, ながら臺, ながら舞, ながら良寛さん, ながら茶碗, ながら行きすぎる, ながら袂, ながら見送, ながら訪れた, ながら話, ながら読める, ながら讀める, ながら谷村, ながら赤い, ながら走, ながら起き, ながら路傍, ながら踵, ながら近くやう, ながら退場, ながら這入, ながら遁げ, ながら野呂, ながら附け足した, ながら附添, ながら隣座敷, ながら青年, ながら頤, ながら食物, ながら饗応, ながら馬鹿話, ながら鸚鵡返し, ながら默つて, などする, などを浴せられた, にち, になつちや, にならね, になられました, になるだらう, には得意, にほころびる, にまぎらせ, にやにやと, によりてなりき, に加はり乍ら, に噎せ, に就い, に憑かれ, に捩, に疲れ, に皮肉味, に笑ひだ, に紛らせ, に胸, に融けた, に見え, に開く, に陥れた, に頽, に鼻, のうち, のこの, のしわ, のひとつ, のみにあらず, のコミ, の下, の交響楽, の内, の動き, の合づち, の名ごり, の哲学, の大木, の客, の引つる, の持主, の日, の止まない, の止らない, の煽り, の直前, の神秘, の笛, の美し, の裏側, の面, の高, はいかに, はこの, はた傲, はとまらない, はまだ, は二人, は俺, は先づ百パーセント, は単なる, は呼吸, は少い, は徒ら, は愛情, は杜切れ, は止まらなかつた, は泪, は涙, は爆発, は美し, は誰, は開け放された, は面, は馬耳, ばなしと, またある, や, やうが, やおし, や何, や喜び, わたしの, われ先陣の, をいたしました, をかくして, をこらへる, をし出した, をそ, をつ, をである, をなさる, をふくん, をやめ, をやめない, ををさめる, をパタリ, を一瞬, を中途, を交ぜた, を以つて, を作り, を光らせ, を出した, を刻ませた, を収めた, を取戻しました, を合, を吐き, を唐突, を噛みしめます, を堪へ, を失つた, を寫したら, を彼, を待つ, を心, を思ひ, を愛する, を抜き, を招い, を招かん, を早春, を楚々たる, を歌, を殺し, を沢山湛へた者, を洩, を洩らしました, を浴びせ, を添, を漏した, を為, を照子, を禁ずる, を立て, を絞り出し, を續, を耐, を聞く, を自然, を蒼白い, を見る, を覚えず, を誘ひます, を軋ませ, を追, を随所, を顏一ぱい, イヤさ, ハハハハでは, 三人の, 中にも, 乍らかう, 乍らも, 乍らパチンと, 乍ら云ふた, 乍ら俊坊の, 乍ら冗談見たい, 乍ら各々, 乍ら大根を, 乍ら彼等の, 乍ら懷紙を, 乍ら手伝つた, 乍ら會釋を, 乍ら潜り込んだ, 乍ら真面に, 乍ら私の, 乍ら米国流に, 乍ら考へる, 乍ら聽い, 乍ら言出した, 乍ら読む, 乍ら飛びゆく, 乙応じ, 事じゃ, 事に, 交り, 人歌ひ, 余は, 僕も, 冗談言つては, 出しも, 動揺めきしが, 又能, 只管我が, 合つてやり直せ, 合ふと, 同時に彼, 唾せん, 壜を, 声きこえ, 声さへ, 声といふ, 声などを, 声にも, 声ひとつ立てず, 声ひとつ聞く, 声森閑と, 声話し声までが, 多し, 女が, 女房の, 子供と, 客は, 家中の, 少く, 少くなった, 崩る, 崩れ乍ら倒れ, 度いと, 度く, 影の, 心地にな, 悪落ち, 愛嬌の, 我首を, 拍手する, 方などは, 春枝夫人は, 更に一旦與, 来爺さ, 様を, 段々大きく, 氣, 水兵等は, 深く心, 清吉昨夜は, 父親の, 狂ふ, 玉ひ, 皺と, 私と, 私語きつ, 種さ, 立ち上つて, 笑ひ立つ, 笑ひ飛ん, 紛し, 給ひしと, 絵, 者にな, 聲それも, 聲とともに, 聲も, 聲低く, 自らを, 自分の, 茸, 茸なんて, 草だらう, 草と, 草を, 被成候, 言つてきかせた, 話でも, 話としか, 話にな, 轉げ單に, 道徳律義の, 隅つ, 音楽の, 顏ばかりが, 顔し, 顔だつた, 顔などが, 顔一つ見せ, 風凌ぎ猟男の, 馬鹿笑ひ, 高笑ひ, 鳥歌ふ

▼ 笑つて~ (1178, 11.1%)

151 ゐた 129 ゐる 37 ゐるの 22 ゐたが 20 見せた 18 ゐました, 居た 17 しまつ 16 ゐるやう 14 みせた, 居ります, 見て 12 居る 9 ゐて 7 いらつし 6 ゐます, ゐるので, ゐるばかり, 居るに 5 いひました, やらうと

4 [13件] たよ, ばかりゐ, ゐたの, ゐない, ゐると, ゐるのに, ゐるもの, ゐるん, をる, 居りました, 居るの, 立つて, 見せる

3 [28件] いつた, いました, おつ, しまつて, はゐる, は可, ばかりゐた, ばかりゐる, みせて, やがる, るぜ, るぢ, ゐても, ゐますよ, ゐるが, ゐるだけ, ゐるに, ゐる女, をられた, 居て, 居ましたよ, 居りましたが, 居るぜ, 居ると, 点頭いた, 眺めて, 見せて, 見た

2 [60件] いいの, おしまひ, お幸ちやん, かう云, かぶり, きいて, くれ給, でもゐる, はいけない, はしやい, ましたよ, みせたが, も決して, やりたいやう, やれ, るやう, る樣, る男, る眼, る顏, ゐたけれど, ゐたさ, ゐたぢ, ゐたと, ゐたやう, ゐたわ, ゐたん, ゐますね, ゐられるの, ゐること, ゐるぜ, ゐるといふ, ゐるらしかつ, ゐるわ, ゐるン, ゐる娘, ゐる男, ゐる花, ゐる間, 別れた, 別れて, 呉れ, 告げざりしが, 大きいお, 居たの, 居ること, 居るので, 居れば, 投げ棄てて, 暮して, 歩いて, 済まして, 済ます事, 答えた, 聞いて, 薄く雪明, 行く, 見せたり, 見る, 首肯く

1 [390件] あらそひも, いかず眞顏, いつて, いふ, いふと, いれば, うなづき合, うれしさうに答, おわかれ, お園, お芳, お見せ, かう答, かう言, かう言つて, かぶりを, からかう, から心当り, ききながされたが, くれた私, くれて, くれ私, くれ笑, この収拾, こんなこと, ごさらア, ござるその, ごまかした, ごまかして, さ, さう, さうし, さう言つて, さつと顏, さて一膝, さて丁寧, さて少し, すました, すますこと, すますとは, すますほど, すますわけ, すませて, すませばい, すませるか, すませるほど, そのこと, そのは, そのま, その丸い, その儘部屋, その女, その手, その手の甲, その格構, それから声, それでも恥, そんな事, そんな出たら, た, たが, たつて, たとき後ろ, たわよ, たん, だが決して, ちヤ, つい文学, つと起ち, てんで身, とりあげません, とりあは, ないでさ, ながめて, なぐられた, など居ない, なにかたくらんでるらしい, なんかいない, なんかゐません, なんぞゐる, のけた, のけながら, のみ居た, はいけません, はち切れさうな嬉し, はならない, はならぬ, はまた, はやす, はゐない, はゐなかつた, は変, は大変, は居た, は居られない, は惡, は済まない, は笑, は聞き流せない, は行けない, ばかしで, ばかしゐました, ばかりは居ない, ばかりもゐられなかつた, ばかりゐらし, ばかり居, ばかり居た, ばかり居られる, ばかり居る, ばかり居れ, ばかり済ます, ふむふむと, ぶちこ, ぽつくり, まつたく溜飲, みせたので, みせたり, みせても, みた, みたうございます, もそれ, もらふこと, もゐたれない, もゐない, もゐなかつた, も一日, も一通り, も両方共頭, も冷然, も好い, も心, も憤, も構, も泣い, も濟むが, も物, も笑つて, も罷めなかつた, も自分, も苦味, も間違, も降, も頭, やらうなどといふ, やりたいの, やりたかつたの, やりだすので, やる, やるもの, やる私, よいか, よかつ, られる間, ると, るね, るの, るわ, る天, る女, わからないと, ゐさうな, ゐたかと, ゐたかも, ゐたから, ゐたくは, ゐたけど, ゐたけれども, ゐたし, ゐたつけ, ゐたといふ, ゐたのに, ゐたら発狂, ゐた事, ゐた佐佐木, ゐた娘, ゐた山, ゐた彼, ゐた淺野, ゐた男, ゐた阪井さん, ゐた顔, ゐないが, ゐなくちや, ゐなければ, ゐなすつたよ, ゐましたぜ, ゐましたよ, ゐやう, ゐやが, ゐら, ゐられなかつたの, ゐられぬこと, ゐられるもの, ゐられる気, ゐるうち, ゐるかも, ゐるだけの, ゐるだらう, ゐるぢ, ゐるでは, ゐるところ, ゐるばかし, ゐるゆき子, ゐるよ, ゐるより, ゐるオクサーナ, ゐる事, ゐる六助, ゐる写真, ゐる唯, ゐる声, ゐる大きな, ゐる大村西崖, ゐる夫人, ゐる奴, ゐる子供, ゐる彌生, ゐる時, ゐる最中, ゐる泣いて, ゐる目, ゐる石榴, ゐる者, ゐる若い, ゐる赤ん坊, ゐる顔, をられる, をりました, をります, バタバタと, パチパチと, ポリポリと, 代助, 何とも答, 出て, 別れたところ, 別れること, 又痘痕, 受けて, 受けなかつた, 受けながし, 受けられよ, 受け流す修業, 受け附けなかつた, 叫びました, 呉れうんと, 喚きながら, 嘲つたやう, 噎せた, 堪へ, 壊れた, 大きな舌, 好いか, 嫌がらせること, 寒さうに肩, 少し伸びあがる, 少し元, 尚ほそ, 居たから, 居たが, 居たこと, 居たさ, 居たつけ, 居たなんて, 居たに, 居ました, 居ましたが, 居ますが, 居ますよ, 居ませうけれ共, 居らず眼光, 居らつし, 居られた, 居られたが, 居られた固い, 居られます, 居るお, 居るか, 居るこの, 居るぞ, 居るもの, 居るやう, 居る中, 居る何, 居る全く, 居る女, 居る方, 居る春枝夫人, 居る様子, 居る樣, 居る樣子, 居る濱島武文, 居る直に, 居る秋山, 帰らうと, 帰るより, 御話, 恕すほか, 愉しむこ, 打解けた言葉, 抱いて, 振向いたり, 早い三, 暗い土間, 暮すこと, 更に力, 本当は負ける, 来る, 枯れた手つき, 死にたいと, 死んで, 注がれた盃, 涙ぐむ今, 済まされるもの, 済まされる事, 済ました, 済ますには, 済ますほか, 済ますもの, 済ます訳, 済ませるといふ, 済ませる余裕, 然して恁, 直ぐに彼, 直白, 真蒼, 眠て, 着なかつた, 瞑するの, 短いスカート, 立ちあがつた, 立ち停つて, 立ち去りました, 立去つた, 笑えないこと, 答えたの, 置いた, 置いたが, 置かうと, 聞かせてた, 聞きしが, 聞き流したのみ, 行き過ぎるの, 見えるの, 見おろして, 見せその, 見せました, 見せること, 見せると, 見せるの, 見せるもの, 見たくなるやう, 見たところ, 見たり, 見のがして, 見やう, 見送つた, 見逃すより, 観て, 訊いた, 訊かれる, 訊ねた, 許せるしかし, 話して, 話しました, 話し合, 語りながら, 誤魔化して, 読み捨てられたい, 赤いカーテン, 跳んで, 蹴落すの, 軈て校長, 軈て気, 軈て私, 軈て膝, 軽く一蹴, 送つて, 送り出した, 逃げたり, 逃げるですよ, 逃げるやう, 逃げ出すやう, 通りすぎます, 通りすぎるだらう, 頷きながら, 飛んで, 飲んで, 黙つて了つて, 黙り清吉

▼ 笑~ (663, 6.3%)

56 のです 19 のであつ 17 のである, のでした, のを 14 やうな, 声が 13 のは 12 ことが, のだ 9 のが, やうに 8 のも 6 にも笑, のか, ばかりで, 時は 5 ことを, でせう, のだつた, 事が, 声, 者も 4 であらう, は, 聲が

3 [19件] あの時貴君, ことの, ぢや, にお, にこれ, に亥, に少し, のにも, のみ, は無心, 人は, 可き, 巴里, 毎に, 男の, 男は, 癖が, 聲も, 聲を

2 [29件] がいい, が如く, こっちも, ことで, どころで, なかれ, なよ, には笑つた, に堪へ, のよ, の何, ばかりなら, わが隊, わけには, を左樣, 事の, 人も, 勿れ, 口元目もと, 可きもの, 声を, 度に, 時の, 時目尻の, 点にかけては, 程の, 程何, 門には, 顔を

1 [265件] あれは, がその, がそんなに, がでも, がもの, が中日以前, が京都, が好い, が常, が気, が活気不足, が真実絶望, が私, こは, さう, されど侍臣, そして泊る, その恰好, その眼, ぞと知らぬ, たんびに, だけが能, だけだろ, だけ無道軒さん, だけ笑つた, だけ馬鹿, とかくする, と見る, どころか, どころか慌て, なんてあんまり, に, にあらずや, にそれでも, には余りに, には少々, には笑, にも, にもあらず, にもまだ, にも当るまい, に似, に似た, に堪へた, に夫, に異ならん, に笑, に耐, に過ぎざる, に違, ね, の, のかね, のさ, ので, のであ, のであらう, のでこれ, のでその, のでやっ, のでセリフ, ので人, ので元気, ので其の, ので又, ので女中, ので小犬等, ので恥しく, ので母, ので泣き, ので笑, ので義太夫, ので驚いた, ので驚く, のみなり, のみなりき, のみなりし, のみ也, は御, は春, は痩, ばかりだ, ばかりだつた, ばかりでさつ, ばかりで飛び越さう, ひまも, ほど可笑しく, またこれ, やうなり, やうにも, よりも先づ, よりも考へたかつた, わけに, わけにも, をえざりき, をき, をさ, をよそ, を山木剛造, を心, を手向哉, を聞かず, を聞き, を見る, ゴシップ神経て, パルラス・アテーネー, 万兩さんです, 丈の, 三谷色気が, 予期しない, 事である, 事は, 事も, 事を, 二十日月が, 人々, 人々が, 人が, 人であった, 人の, 人を, 人間が, 人間で, 他の, 位の, 何が, 俗人どもは, 光を, 八九分だ, 八五郎です, 分には, 剃刀が, 前に, 力の, 力を, 勿れだ, 匂ひ, 南へ, 口から, 口元に, 可きなり, 君達を, 喜三郎平次は, 国民は, 声す, 声に, 声は, 声や, 声唄ふ, 声富士筑波に, 声木の, 声泣く, 声私語く, 声聞ゆ, 声語る, 大分インテリ客に, 女だ, 女子は, 女童この, 奴は, 奴も, 奴負けた, 妹は, 娘盛りの, 子だつた, 子です, 子ゆゑ, 子供たちの, 客, 客である, 客なり, 客は, 客女が, 小豆澤小六郎, 市長さん, 平次, 平次です, 平次は, 弥次喜多, 彼だつた, 意味が, 手前が, 新三郎, 方が, 方だらう, 日の, 時が, 時こつち, 時さへ, 時などに, 時に, 時には, 時も, 時われは, 時怒る, 時淋しく, 時私達は, 月の, 材料に, 来年の, 様で, 樣でも, 樣な, 樣二十三の, 樣子は, 樣見苦しき, 機會が, 正覚坊, 武士と, 段々と, 気にも, 気持で, 氣などには, 泡鳴氏は, 浪の, 浪人長谷倉甚六郎まことに, 涼い, 漣の, 然し今回, 煙草を, 用意を, 由, 男で, 男子が, 番に, 癖の, 皓い, 相手も, 科には, 程秀ちやん, 筈が, 総じて迷, 老女の, 者が, 者の, 者よ, 聲, 聲し, 聲に, 聲の, 聲は, 聲喝采する, 聲忽ち, 若き男, 術は, 表情を, 言葉である, 訳にも, 豈蟷螂, 近代マニヤ連中の, 逞ましき, 酔ふ, 門, 間に, 雪之, 電灯の, 面を, 面影さへ, 顏でした, 風だった, 養命保身と, 馬が, 黒奴, 黒岩万五の, 鼻髭を

▼ 笑~ (608, 5.7%)

34 含んで 24 浮べて 21 して 17 した 16 含みて 12 見せて 10 含み, 湛えて 9 たたえて, 洩らした 8 浮べながら 7 うかべて, 含んだ, 洩して, 浮べた, 湛へて 6 したが 5 しながら, 含む 4 する, ふくんで, もらした, 含みながら, 帯びて, 浮かべて, 片頬 3 た, もらしながら, 作って, 口元に, 含みつ, 失って, 洩らして, 見せた, 頬に, 顔に

2 [23件] あらは, うかべながら, うかべました, こらえて, したり, のぼせて, 口の, 口辺に, 含みつつ, 含みまして, 唇に, 噛み殺しながら, 堪へながら, 失った, 泛べ, 泛べて, 洩した, 洩らしたが, 浮べたが, 浮べました, 湛えながら, 漏した, 顏に

1 [283件] あげた, あふれるほど, いた, いっぱいに, いつまでも, うかべ貼り紙, うけ鞭打, お含み, かお一っ, かくして, かたい口元, かみころしました, くらべると, この世に, こぼして, こぼしながら, こぼし艶, さえお洩しに, さして漫談屋, さへ, し, しぞ, したかと, したから, したといふ, したの, したばかり, した野呂, し乍ら, し乍ら押入, するその, するため, するところ, するの, するので, する声, する女, する時, する村, する様子, する歯, その少し, その顔, たたえた源十郎, たたえながら, ただよわせながら, ちょと, つくったり, つと浮べ, つまみ出された様, とること, なげ合って, なし貴, なす其顏, ば, ふくまれる, ふくみ, ふくみいわゆる, ふくみながら, ふくんだ顔, ふととめた, まじえた美くし, また若者, まだ大塚さん, まねく許, みせその, もらしたあと, もらしたの, もらしつ, もらして, やつとの, やりました, わが唇, 一っ, 一時に, 与えた, 世に送り出した, 中途で, 乗せて, 二三段に, 交えたりなんぞ, 交ぜ好, 交へ, 今夜何だか, 仰向けて, 何と聞いた, 作った, 作りて, 作るの, 做出した, 傍倫に, 催おし, 催され何, 催したこと, 催すこと, 出さんか, 制えかねる, 包めるなり, 半引込ませた, 博した事, 博すること, 受けたので, 受けた事, 受けた演劇, 口許に, 含ませ, 含ませて, 含みかく, 含みさながら, 含みぬ, 含み御苦労, 含むだお, 含むで堪らないと, 含むやう, 含む口許, 含む聲, 含めて, 含めば, 含めり此笑, 含んだお, 含んだの, 含んだめ組, 含んだやう, 含んだよう, 含んだ切れ長, 含んだ好奇, 含んだ小声, 含んだ燃, 含んだ目, 含んだ顔色, 呑んだ, 唐突に, 噛みしめ噛みしめ明神下, 噛み殺した, 噛み殺した容子, 噛み殺すよう, 噛んで, 嚥んで, 堪える声, 堪へつ, 報いながら, 売る婦人, 失したもの, 失った家, 女に, 帯びざる無き目, 帯びたの, 帯べ, 帶びたる容貌の, 帶びてそは, 帶びて我顏を, 引き戻す訳, 引込ませて, 後世に, 得んが, 忍び, 忍びつ, 忍びて, 忍んで, 恐れ, 惹いた, 抑ふる, 投げただけ, 投げる, 投げ乍ら, 押えて, 押へ, 拒けた, 招くに, 招くばかり, 持たないカミシモ姿, 持ち來, 持ち來す人, 持って, 振り撒く二人組, 揺り出して, 揺る, 撒きちらして, 撒き散らす, 断たない, 止めた, 此方に, 歯に, 歯の, 殘し, 殺した, 泛かべて, 泛べたとき入口の, 泛べながら, 洩し, 洩す, 洩すの, 洩せば, 洩せり, 洩らし, 洩らしたという, 洩らした時, 洩らしながら, 洩らしますと, 洩らす, 洩らすの, 洩らすん, 洩らす丹後守, 洩らす父, 流した, 浮かべ, 浮かべたが, 浮かべつつ, 浮かめ, 浮べ, 浮べたまま, 浮べた閑枝, 浮べつつ, 浮べ乍ら云, 浮めしとも, 浴びせられるばかり, 湛え, 湛えくつくつ忍笑い, 湛えたが, 湛え首, 湛へたり, 湛へながら, 満たしながら, 満面に, 溢し, 滴らす, 滿面に, 漂わせながら, 漏して, 漏しながら, 漏らしさ, 漏らした, 漏らした事, 漏らして, 漏らしながら, 漾ふる, 現わし, 発した, 発したので, 発して, 発せり, 目元で, 真斎, 眺めて, 眼の, 示して, 禁じ得なかつた, 笑うの, 笑った, 籠めて, 納めやっぱり, 紛せる, 続けさせて, 繰返へ, 續けさせ, 聞かしたの, 肥った腹, 脣へ, 致したか, 致しました, 装いつ, 見せながら, 見せる, 見んと, 見合ったが, 見逃さなかつた, 解さないどころか, 解さない人達, 誘ふらしいとてもよく, 買うべく余りに, 辷らせ, 送った, 送つて, 遣つた, 遣る, 酬いて, 閃めかせた, 隠して, 隠す人, 顔中に, 高々と, 鼻に, 鼻皺に

▼ 笑~ (370, 3.5%)

29 せた 18 うと 15 ない 12 せたり, なかつた 11 して, ないで 5 れもの 4 せながら, ないと, ないの, ぬ 3 ざるを, した, す, せたが, せ玉, せ給, ないもの, ないよ, ない顏, なければ

2 [22件] うし自分, されるの, したり, してばかり, すため, せたこと, せたの, せました, せましたが, せや, せられた, せ怒らせ眠らせ安らか, ないが, ない客, なか, なくても, なけれあ, ぬもの, ぬ乳母たちさ, るれど, 一寸顔を, 動物には

1 [167件] あな, あまりに古く, いかに鋭敏, うか, うかと顔色, うとも, えしれざる, おもしろいが, かしちやいけません, さうと, させるに, されたが, されて, されてばかり, されること数回, ざらんや, ざりき, ざりし事, ざる処, ざる處, ざれ日本, ざゐられぬか実, しい言葉, しきた, したから, しては, してやりたくなる, してやる, しむべし俗世, しむる者, しむれば, しめざり, しめむと言ふ, しめ我素性, しめ樂しましめたらう, しやつ, すぐ止った, すこと, すつひフイ, すつもり, すと, すない, すには, すの, すので, すほどにな, すやう, す事だけは, す為, す者も, せそして, せたあと, せたがるの, せたき詞, せたといふ, せたところ, せたま, せたりばかり, せた事等, せた旅籠, せた由, せないさ, せないの, せなさいます, せなど, せの, せふいと, せまいとして, せます, せますが, せやう, せやがらあ, せやがる, せらあ, せられたり, せられた歴史, せ唸らせる, せ気分, せ申しましよう, せ真面目, せ笑, せ馴れて, せ鬱気, たま, ないあなた, ないこと, ないたち, ないたつ, ないだから, ないでち, ないでね, ないとおつ, ないとても, ないとも, ないに, ないね, ないので, ないのに, ないふり, ない人, ない何, ない作者, ない叔父さん, ない夏, ない女の子, ない奴, ない子, ない小鼻, ない時, ない樣, ない神, なかつたし, なかつたたつ, なかつたぢ, なかつたといふ, なかつたばかり, なかつた人, なきや, なくなる, なくなるだらう, ぬその, ぬと, ぬとこ, ぬの, ぬやつ, ぬ乳母さ, ぬ人, ぬ妻, ぬ彼, ぬ目, ぬ者, ふに, るるも, るる方, れう, れずに, れず怒るに, れなむ, れもん, れん, ケタ違いに, コビリ付いた, 一家中皆笑わせる, 上品でない, 二人の, 哄笑であり, 嬉笑嘲, 微かなり, 必ず倫理的, 思はせぶり, 映画に, 暖かい冬, 水の, 洗錬され, 浪子の, 溢れ生, 真面目な, 窓外の, 端なく, 罌粟の, 罰する振り, 薄く柔らか, 見せたが, 醜男を, 量的に, 金語楼程度に, 高く響いた

▼ 笑~ (239, 2.3%)

23 たりし 16 たりした, たりする 9 たり泣い, てしまひました 7 ている 6 ちやいけません 5 たり, てくれ, てしまふ, て下さい 4 ていた, てしまへ, てみせる 3 たり怒つ, てる

2 [17件] たりお辞儀, たりしました, たり不意, たり喋舌, たり喧嘩, たり怒, たり悔ん, たり憤つ, たり歌, たり話し, たり退屈, ちや不可ません, ちや氣の, ています, てしまはう, てます, てみる

1 [81件] たま, たままで, たりう, たりうるさく, たりおし, たりお喋り, たりしたい, たりしよう, たりすれ, たりせき, たりそれ, たりなどした, たりの表情, たりはします, たりひやかし, たりもした, たりよろこん, たりをする, たりオホヽ, たり人, たり仕たさう, たり余計, たり分け, たり又, たり口説き立て, たり呶鳴, たり嘆息, たり夜, たり夜半, たり妙, たり憐ん, たり或, たり新しい, たり欝, たり独言, たり目配せ, たり相手, たり立ち振舞, たり笑談, たり肯い, たり舌, たり苦, たり蟒, たり袖, たり説諭, たり通俗小説みたい, たり長唄, たり騒い, たり鼻, ちやあ, ちやあぶない, ちやいかねえつち, ちやいけない, ちやえ, ちやすまない, ちやつたのです, ちや不可ない, ちや不可ねえ, ちや厭です, ちや厭よ, ちや可, ちや嫌で御座います, てあげる, てい, ていない, ているずら, ているらしい, ておい, ておく, てくれました, てくれる, てくれるだらう, てしまふであらふ, てやりました, てるで, てるに, てるの, てるより, てる人も, てる様な, てる目を

▼ 笑~ (193, 1.8%)

26 王国 9 影が, 王国の 5 王国へ, 王国祭 4 王国ニュースレヴィウ 3 中に

2 [15件] うちに, 事を, 声が, 外には, 影を, 方に, 波に, 波を, 渦が, 王国で, 王国は, 王国も, 王国を, 研究, 積りでは

1 [102件] あること, うちにも, うちの, えらる, おのこり, しずまるの, したに, ためには, もとに, ような, デパート, 一とな, 一手を, 上へ, 中で, 中には, 人を, 人気は, 代にとて, 何だか空虚さ, 光が, 前に, 勝, 原因と, 唇に, 唇を, 團隊の, 塾にでも, 声, 声あり, 外に, 大爆発, 奥には, 奧に, 家の, 対象に, 小ばなし, 嵐である, 底に, 座談会で, 強いて, 強味であった, 形を, 影の, 後からは, 御声, 心置きない, 性質によって, 意味を, 感覺を, 文字を, 料に, 方が, 日も, 曰くそれは, 歯を, 残って, 波, 波が, 波だ, 波である, 波の, 波土曜の, 波寄せつ, 浮ぼう筈万, 浮みし, 王国からも, 王国が, 王国でも, 王国と, 王国という, 王国への, 王国エノケンの, 王国ニュース, 王国分裂何とか, 王国初日を, 王国劇然し, 王国楽屋で, 王国楽屋に, 王国脱退の, 的たらしめるべき, 的と, 的に, 真似を, 眼を, 破裂する, 神だ, 笑声に, 美しさ, 聲が, 舞踏病にでも, 花も, 落語が, 落語の, 虹が, 衣に, 裡に, 要素の, 閃を, 間に, 隈が, 顔は

▼ 笑つた~ (160, 1.5%)

228 がその 4 がお 3 かと思ふ

2 [16件] がそれ, がそれでも, がモウ安心, が何時, が急, が桶, が然し, が自分, が風呂敷包, では, といふ, といふ事, といふ談話, に相違, のであつ, ので流石

1 [91件] かとお, かと見る, かもしれぬ, かも知れん, かも覚え, から生れ変つた, か泣いた, がいつ, がこれ, がさ, がじつ, がす, がすぐ, がそれから, がなんだか, がば, がみんな, がもう, がルイザめ, が三木, が三田, が何, が其実渠, が其實渠, が其癖, が内心, が別に, が別段, が利かぬ, が又, が周一, が喉, が大, が如水, が心, が心々, が忙しい, が斯ん, が来る, が此方面, が直ぐ, が矢ツ張り, が笑, が納戸, が義直, が船中, が返事, が間, くすツ, さあ今一度笑つて, さうし, そしてこん, そのうち, ぞ, たつた一人, だけあと, だけだつた, だけで, だけでした, であらう, です, といふで, とかその, とか彼, ところが, ところで上体, と云, と云つて, など苦しい, なら當局, には弱, に違, のぢ, のでその, のでつい, のでみんなムクムク, ので今度, ので富岡, ので彼, ので飛騨, ばかしで, ほどだつた, ものの後, も無理, よ, んだい, んぢ, んで涙, 一杯ひつ, 如く何れ, 少々嫌味

▼ 笑~ (152, 1.4%)

13 のよう 12 じゃない 6 でしょう 4 だと 3 のやう 2 で, ではない, とも真面目, にし, ばっかり, まじりに, らしく笑って, をいう, 言っちゃ

1 [96件] あまたある, いっちゃ, お言いでない, が肝心, さ, した, じゃ, じゃござんせぬ, じゃござんせん, じゃねえ, す, だ, だが, だろう, だろうか, だ笑談, であるが, です, ですが, ですよ, でせう, でないこと, では, ではございません, ではなかっ, でも云い合わなけれ, としか思っ, として姉, として記し, とも付かず, とも訓戒, と同意, なども云, などを云, なの, なり, に, にいふ, にくすぐり, にさう呼んだ, にもそう, に僕自身, に取りなす, に声, に押す, に足, に過ぎなかった, のうち, のすき, のつき合い, のつもり, の一つ, の口調, の後, の続き, はけっして, は僕, は己, は廃, は措い, ばかし仰, ばかり, ばっかりおいた, ばッ, までのこと, やお, らしい態度, らしい軽い, らしく, らしくこう, らしく云って, らしく妹, らしく妾, らしく言, らしく言うの, らしく言って, をし, をただ, を云, を云う, を云っ, を云った, を交し, を仰, を仰やる, を口, を少し, を為さる, を申さるる, を粧っ, を聞い, を言, を言っ, を言った, を言つて笑つた, 言って

▼ 笑~ (144, 1.4%)

7 をし, を見せ 5 を作つて, を見せる 3 になつ, を作つた, を見せた, を見る

2 [13件] して, になつて, は作り, も見せない, をした, をすれ, をもつ, を向け, を向けた, を持つ, を見せました, を見せます, を見合せた

1 [82件] うら淋しくいざと促せ, がそれ, が底, が現, が私, すら見せた, その嘘つき, だけは妻, だと, だらう, で, でいふ, でへだて, で八五郎, で受けた, で引き摺る, で會釋, で歸つて來, で聞き, で言, で迎, などは恥ぢ, などを人, になり, にまた, に人, に引換, に相違, に迎, に釣られ, のうち, のきれい, のせゐで, のやう, の乳母, の二三人, の儘, の光, の外, の涙, の滅法, ははつきり, は作れなく, は却つて, は天女, は胸, みたしとても, も女性, も見せなかつた, よく, をあら, をお, をこちら, をしめした, をする, をちら, をつく, をつくつた, をつくる, をま, を一層, を作った, を作つて照ちやん, を傾け, を出した, を向ける, を失つたの, を崩した, を引つこめ, を想像, を毎日一ぺんづつ服用, を私, を續けた, を蔽ふた, を見, を見せられる, を見た, を見たい, を見送りぬ, 愛らしく今日もと, 見せて, 見る毎

▼ 笑~ (110, 1.0%)

4 浮んで 3 おを, 浮んだ 2 ほに, ほを, もちたい, 見えた, 静まるの

1 [90件] ある, いよいよ不自然, うかんだ, おが, おとしか, おと長崎屋の, おに, おもすぐ, かすめます, こぼれました, さしこんで, さながら猿, じんと来た, すっと崩れた, すること, するよう, その顔, ないので, のぼって, ほして, ほで, ようやく下火, わき上がると, 一同の, 上った, 不足だ, 中, 二人の, 何も, 催されるでは, 其顏に, 其顔に, 冷たいもの, 冷たくなつた, 出た, 出ますし, 刻まれた, 刻んで, 動いた, 咽喉の, 唇を, 喉元に, 少く皆, 帰って, 当家の, 彼の, 微かに, 怪量の, 掛け雄, 日南に, 時々彼等, 更にがらがらがら, 歯茎を, 殘つてゐる, 沈まって, 泛び上がっ, 泛ん, 浮かんで, 浮びます, 浮んだやう, 消え切らないうち, 湧いた, 満ちて, 溢れた, 犬の, 男には, 痛哭であろう, 相変らず, 瞬間の, 私の, 空に, 突然に, 聞こえた, 自から, 萌して, 落語界で, 起った, 込み上げて, 連れて, 郷太郎の, 隱れ, 静った, 響いて, 頬に, 顏に, 顔から, 顔と共に, 顔に, 高すぎたり, 鮮な

▼ 笑ひだ~ (100, 0.9%)

44 した 18 して 10 しました 4 したり 3 つた 2 しさうに, したくなるので, したくなるやう

1 [15件] が意見, させたり, し, しいつせい, したいやう, したが, したくなるばかり, したとき, したの, したもの, した露路, しながら, つたが, と判断, 尤もあの

▼ 笑~ (100, 0.9%)

40 起る 6 を立てた 4 が起つた 2 が聞えた

1 [48件] があたり, がし, がした, がする, がわつと, がドッ, が室, が屋外, が毎日, が洩れ, が洩れた, が皆, が立つ, が聞え, が聞かれる, が起る, が身體, が雜然, が響く, であつ, で申しました, とが森, とが洩れた, とともに不意, どよむ天人, に交つて, に驚い, の惑, の海, の爆發, はますます, は殆ど樂聲, は絶え間, は絶間, は馬車, もまじつた, も聞えた, を伴つて, を出した, を圍, を後, を殘, を發, を立て, を立てる, を絶たない, を絶たぬ, を聞いた

▼ 笑~ (99, 0.9%)

239 ない 6 なかつた 5 なくなつた 3 だ, なくな, ば笑ふ 2 たもの, ないの, ない喜劇, ば怒られ, ませんでした, 敢て

1 [35件] さうに, ざりけりひたぶる, ず, ず安里, そしるもの, た, たのに, だ狂つた女子, ないが, ないくら, ないなら, ないもの, ないや, ない光景, ない出来事, ない気持, ない泣く, ない自分, なかった, なくなつたわ, なくなりひと, なくなりました, なくなるの, なく成りました, ば大きく, ば安い, ば玉枝の, ば目煌めく, 人道の, 妄執を, 嬲らる, 恥も, 笑へ, 笑へとを, 罵れば

▼ 笑はれ~ (89, 0.8%)

4 ても仕方, てゐる 3 てゐた, て私 2 たりする, てし, てケロリ, て何, て懲, 八つ口を

1 [63件] さうだ, さうなこと, さうにな, そ, たりさうかと, たりした, たりしなり, たり不快, たり蔑まれ, ちやつた, ちやアと, てしまつて, てしまはう, てその, ては口惜しい, ては堪らない, ては奥様, ては成らない, てもかめしめへん, てもけなされ, てもしかた, てもほめられる, てもわたし, ても到底, ても実際, ても搆, ても構, ても私, てよ, てよい, てゐ, て來, て半ば同情, て多少, て始め, て姑, て嬉し, て居る, て後ろ指, て慰, て我慢, て母, て茶, て見たい, て見る, な, ながらとんと, ながら一泊, ながら御馳走, な進め, むと自分で, もする, もせず, もの, やうと, 乍らも, 人種, 左様ぢ, 森の, 給ひけ, 者に, 若樣, 通しで

▼ 笑~ (86, 0.8%)

104 ている, てしまった 3 ながら 2 ていました, て政治, て親仁

1 [59件] さハじつに, そうな, たりする, たりなんか, たるが, つつ, つつもその, つつ扉, ていた, ているで, ていわく, ておえられた, てしまいました, てしまう, てそれ, てばかりいる, てまたも, てやがて, てやにわに, てやまなかった, てようやく, てシュルツ, てフロツク着, て以, て入れ, て其, て其いざこざ, て再び, て出, て口吟, て声, て女中, て彼, て曰く, て村長, て猫, て盃, て聞い, て聴い, て興がった, て起き上り, て銃剣, ときとしては, ながらしかも, ながらそれ, ながら上, ながら吐き出す, ながら箸, ながら聞い, ながら膝, ながら膳, ながら飄然, に赴く, まず彼ら, ジーエフとは, 三度また, 冗談を, 合つて笑ふ, 気に

▼ 笑~ (85, 0.8%)

7 のある 3 が泛, の寄る, をつくっ 2 が出, をこしらえ, をつくる, を寄せ, を泛

1 [59件] が, があつたらしく, がある, がちりばめ, が二つ, が出来, が有った, が浮いた, が深かっ, が現, が現われた, さえ電気針, でうけ, でうなずく, でそう, でそれ, でどこ, で睨めつけ, にし, には複雑, に勝ち誇った, に指, に見せ, に見劣り, に颯と, のわずか, の位置, はだんだん, は決して, は笑っ, は頬, へかけ, へ武蔵, へ風, までが知性, までが高慢, も何, も皮膚, やその, よりは口, より尚, をうごかす, をつくった, をなくし, をまた, を下, を作っ, を作りました, を俯, を拵え, を持っ, を持った, を浮べ, を海月, を消し, を経験, を見せ, を見まもっ, を連想

▼ 笑~ (70, 0.7%)

2 なる, 値するもの, 満てる物語, 眼は, 紛らした, 紛らして, 非ずして

1 [56件] あしらつて岩根半, あらず全く, くらべると, しろその, てかへり, なった, なる御方, のぞむこと, まぎらせる, みちた私, わが命, 一つの, 一驚するであらう, 云く, 付し去られたかも, 代へ, 伴い笑, 伴なった, 似た薄笑, 包まれて, 堪かねて, 堪たり, 報いるべくニヤリ, 崩れたとろんこの, 往き附いた, 応え奉りしさま, 惚れ込んで, 惹き寄せられた恋, 挑まれて, 接して, 是れ, 気がついた一人, 氣壓され, 混つて弟の, 湛は, 現はる, 笑い出した, 笑い出す, 笑つた, 笑つたのである, 笑ッて, 紛し, 紛らい, 紛らした彼女, 老女は, 聴くやう, 腕を, 訝しな, 調子を, 運動させる, 過ぎなかったの, 附した東造爺, 附して, 附し去る, 附せられて, 類するもの

▼ 笑ひ出し~ (69, 0.7%)

129 てし 4 さうに 3 さうになつ, ながら 2 たるには, てしまふ

1 [34件] さうな妙, さうな気持, そして口早, そして店, たりし, たりした, たりする, たり一寸, たり爲, ちやつたの, てさ, てしまひました, てその, てみた, てゐる, て了つた, て今日, て坐り直し, て小皿, て急, て止め度, て笑, て見, て賛成, て黙つ, ながら彼, ながら森, ながら突然, ながら隣り, 候へば, 奥さんも, 度い, 度くもなり, 藤井と

▼ 笑ふと~ (65, 0.6%)

3 も再度, 云ふ 2 は何, 女の, 雖も

1 [53件] いふこと, いふほどの, いふ事, いふ始末, いふ客, いふ気, いふ状態, いふ程, かねて, か不意, こが, この時, そのふつ, そりや, ちよつと, はなん, は何事, は更に, ひたひに, ひとつ風景でも, も, も猫かぶり, も解らぬ, スツポンが, 両方の, 云つた風に, 僅かに, 八五郎はで, 八重齒が, 凭りか, 前歯は, 大きな八重齒, 娘さんは, 弟は, 恵比須樣に, 愛嬌が, 愛嬌の, 斉しく, 本気に, 片手の, 片面が, 眞白な, 眼が, 眼の, 笑窪が, 絲切り齒が, 老人とも, 耳の, 落ちて, 赤い唇, 醉つ, 金齒が, 飛んだ可愛らしい

▼ 笑はれる~ (57, 0.5%)

63 かも知れない, に男 2 かも知れません, ぜ, と私, のは, やうな

1 [35件] あたしの, かもしれない, かもしれません, からといふ, か卑し, くらゐ, し世間, ぜお, そのうち, ぢや, といふ, とは知りつ, とも知らない, と思つて默つて, と覺悟, にすぎない, にち, に過ぎない, ので客, のも, のを, ばかりだ, ほど恐ろしい, もうこんな, やうに, よさ, んだらう, 他に, 位置に, 全体樺太から, 様な, 程むき, 織田は, 話など, 鶸にも

▼ 笑つたの~ (54, 0.5%)

14 である 3 です 2 かわからなかつた, だと, では, は

1 [29件] かあまり, かさあ, かと村瀬, かと誤解, か怒, か自分達, が厭, が掻, が自分, が見える, だ, だろうか, ですよ, でも, でもなく, と此三枚, はお前, はその, は云, は何, は利仁自身, は實, は尚, は木村, も憶え, を私, を見た, を覚え, 覚えてない

▼ 笑くぼ~ (51, 0.5%)

2 が寄つて, が淀ん, のある, の出る, の愛敬, をつくっ, をみせ, を作っ, を頬

1 [33件] があり, がうい, がかれ, がこないだ, がその, ができ, がなぶる, がのぼった, が寄っ, が淀みます, が渦, すらたたえ, でいった, でうなずいた, に笑っ, のせい, のふかい, の淀む, の裏, はもう, へぶっつけました, をかすか, をたたえ, を作った, を作る, を失おう, を指さし, を泛, を見せた, を見せる, を送っ, を顔, を高

▼ 笑ひも~ (46, 0.4%)

3 しない, しなかつた, せずに 2 しないで, ながめて

1 [33件] あつた, あり泣きたくも, いかなる華車, きこえる, ございませう, したが, しつ, して, しません, しよう, し遊び, すつかりなくな, する, する斯様自由自在, せず, せず物, せず稍蒼ざめた面持, せず義雄, せず蜜柑, せず返事, せず顔, せぬといふ, その口, それと好, ならず苦り切り乍ら額, ならない, のの道具, 亦合理的, 出来ないぢ, 多い, 大きい, 少い, 決して浄きもの

▼ 笑~ (45, 0.4%)

4 顔を 3 ことを 2 もんでした, 事は, 人だ, 奴で, 方ね, 話が

1 [26件] あわて, いいぐさだが, お話を, ことに, ものである, ものです, ものねえ, やあ, を二ツ三ツ昨日, 三だ, 事には, 人, 人にも, 位よ, 例証を, 内儀さんだ, 処ばかしを, 土地訛で, 形の, 態を, 洒落と, 生理学なんか, 箱の, 話だ, 調子, 顔付を

▼ 笑ひし~ (44, 0.4%)

32 が兎, てゐた

1 [37件] か, かが分らざりし, がともかく, が忽ち, が色, てお, てひとり物言, てゐ, てゐさした, てゐる, てイ, て一つ, て心配, て打ち興ずる, て言ひだ, て遊びたい, て遊びました, ながらお婆さん, ながらビイル, ながら恐ろしく, ながら聞い, ながら聲, ながら茶, ながら賛成, ながら酒, など思ひ出す, にや似るべき, に因, に思ひ, は其身, も, も幾たび, を戒め, 何を, 後の, 腹加減も, 顔何となく

▼ 笑ふこ~ (44, 0.4%)

4 と勿 3 との出來 2 とは出, ともなかつた, とも出来ない, とも泣く

1 [29件] と, とあり, とだけはある, となぞ, とになつて, とには飽き, とによつ, とに類するであらう, とはげらげら, とはできない, とは出来ない, とは出来なかった, とは尚更, とは止み申すべく, ともあり, ともできなかつた, ともどつ, ともない, ともなく, とも忘れ, とも怒る, とも憤る, とも殺す, とよ, と三度, と全く, と能はず, と驚くべし, ゑを

▼ 笑~ (42, 0.4%)

4 を含ん 3 がある 2 を感じ

1 [33件] あり, がありました, があります, がございます, が自ら, きわどさ, でガラツ八, で互いに, として取扱い得る, とを混ぜた, のある, のもの, の三味線, の出る, の振り, は深, もあり, も可愛, も有り, をなる, を加え, を叙べた, を帯びた, を感じた, を浮べ, を深く, を添え, を湛えた, を真顔, を見せ, を隠し得なかった, 多き空想, 奉願上候

▼ 笑~ (41, 0.4%)

5 なって 4 なつた 2 てたまらない, なった, なつて, なつて了つて, 思つた

1 [22件] こっちも, て, ていい, ておかしく, ても宜, て堪らな, て堪らない, て堪りませぬ, て立つ, て笑つたやうに, なったよう, なつて笑ひだ, なりましたが, ねえや何てっ, ぼや眼の, まあ何, 二人の, 唄も, 幻に, 思った, 暮して, 遊んで

▼ 笑はず~ (41, 0.4%)

7 には居られない 6 には居られなかつた 5 にはゐられない 2 にはゐられなかつた, に居られなかつた, 怒らずよろこばずただ

1 [17件] といふこと, なりにけり, にはゐられまい, には居られまい, には居られません, にゐた, にゐられない, にゐられなかつた, にをられ, に口, に喫茶店, に居られない, に居られる, に控, に置い, に聞き, ば後

▼ 笑はれた~ (40, 0.4%)

4 のは 3 ものである 2 ことも, 事も

1 [29件] かのやう, か知つて, が, が勉強家, が清一, が臆病, ことが, ことなど, つて構は, と, ときは, と思, と言つて, などと韜晦, に違, ので, のですこぶる, ので自分, のに腹, のも, のを, ほどに敷藁, わい, ツて, 事を, 時の, 洋燈の, 程の, 芥川に

▼ 笑ふも~ (40, 0.4%)

6 のか 3 のあれ, のが, のは 2 のと, のも, 無理ならず

1 [19件] この日頃, のあり, のあり怒る, のある, ので, のです, のでなく, のに呪, のの, のはさ, のやら, のより, のらしい, の舞, ろ聲も, われらも, ンか, 人間は, 面白い事

▼ 笑~ (40, 0.4%)

843 たッ, てしまおう 2 てい, ている, て済まし

1 [16件] たが, たって, たばかり, たもん, たり誰, たり諛言, たアリャ, ちゃあ, ていた, ておくれ, てしまう, てよそ, て何, て梅, て起ち上ろう, て銚子

▼ 笑はせる~ (37, 0.3%)

2 ぢや, な, のだ

1 [31件] がさて, ことが, ことだ, ことの, さ, ぜ泥棒猫, そしてグイ, ために, つもりだつた, といふくら, と又, どころか私たち, のが, のである, のでめちゃくちゃ, のを, ものでなく, ものも, やうな, やうに, んだ, 個所が, 動機が, 幕切れは, 心算らしい, 手しか, 技量は, 様な, 爲に, 狐みたいな, 程多量に

▼ 笑ふべき~ (36, 0.3%)

4 ものか 2 かな

1 [30件] お前の, ことであり, ことである, ことを, こと多し, どんな些細, は当今, は自然, ものが, ものとは, ものは, インテロゲエションマークである, 也, 事には, 出来事ぢや, 妥協, 幕を, 幼稚な, 形を, 役割を, 撞著に, 時には, 来歴が, 格巧で, 物語を, 理由も, 苦行を, 謬見なり, 迷信で, 迷信的行爲は

▼ 笑ひと~ (35, 0.3%)

2 も違, 云ふ, 悲しみの, 涙の

1 [27件] いつしよ, いふだけの, いふ豪華な, いへば, か涙, が一緒, が宿命的, なつた, なつて, なる, ばし, もつかず, もつかない, もつかぬ, もなんとも, も云, を失つた青少年, を浴びせ, 一処に, 云はれる, 嬉しさ, 憎しみとには, 断定する, 涙を, 言葉とを, 闊達な, 麗は

▼ 笑ひ出す~ (33, 0.3%)

3 に人, のであつ, のです 2 ところでした, のだ, のである

1 [18件] かも知れない, ことが, ところだつた, とその, とてれくさ, と何, と止めよう, と氏, と独り, なり娘たち, なんて, に違, ばかりである, わけにも, んだ, 声お, 声を, 調子も

▼ 笑する~ (26, 0.2%)

2 多しと

1 [24件] がごとく, が聞えぬ, が面白き, と両, と光風霽月, と山城守, など些, に相違, に限る, のだ, のです, ものは, もの多くは, わけに, を妻, を見, 事です, 孔明の, 心の, 我よめ, 童戯が, 若やぎ, 迄には段々, 顏や

▼ 笑~ (26, 0.2%)

2 仰山な

1 [24件] いえど, ささやきとの, なったこと, なりぬ, なり政府, なる毋, 二人静と, 云うん, 云ってね, 今飲んだ, 力づよさをうかべて一生懸命に, 名づける由, 怒とが人, 懇情とを以て, 指弾とを, 涙が, 涙とでも, 涙とは, 皆は, 相前後, 看做される表情, 競うよう, 誹りの, 酒は

▼ 笑ひで~ (26, 0.2%)

7 あつた 2 はなかつた

1 [17件] ごまかす, せう, その場, ただただ真, は更に, へツ, もありません, もしたら, もしなけれ, もない, もなかつた, もはぐらかす, もまたは, も投げつけなく, も浮べたかつた, 受け振離す手, 打ち消した

▼ 笑~ (26, 0.2%)

2 しないよ, しませんどんな, アが, 濃青

1 [18件] あがったな, あがるん, がった, がった笑, がる, がること, がるん, しないから, しないけれど, しないぜ, しません, ひと笑い五千両, アがって, ストリップや, 世の, 憫れ, 滅理絶義の, 珠運自ら為たる業を

▼ 笑へる~ (25, 0.2%)

1 [25件] うちはよ, かお前, かどう, かの, が如くなりき, が如し, くらゐなら, ことで, ことも, さう, どころか真実自分, にや, ものぞ, ものには, イブセン, ロマンチツシユの, 事ありき, 場合でも, 場面や, 奴が, 悲劇か, 意の, 気が, 筈だ, 餘裕を

▼ 笑へば~ (24, 0.2%)

2 お吉, 夫れだ

1 [20件] お妻, お志保, お辰眞面目, これが, そこへ, それだ, それ處の, にやにやと, チラホラ見える, 丑松も, 世帶じみた, 夫なら, 彼笑ふ, 必ず故意, 我も, 老婆は, 金歯が, 靜かに, 馬鹿な, 鼻ひ

▼ 笑ひ出した~ (22, 0.2%)

2 ものだ

1 [20件] うとうみんなドツ, か, が, がその, がやがて, が流石, が胸, とき信夫は, のが, のでせう, ので私, のに和, のに気, のを, やうな泣き, やうに, わ, 傍觀者の, 固より, 東作の

▼ 笑つて云~ (21, 0.2%)

11 つた 5 ひました 1 つたつて, つたり, はれたが, はれました, ふには

▼ 笑~ (20, 0.2%)

1 [20件] て, なさるの, ましてん, 分れたこと, 取合わぬ, 受け流, 居たから, 居ました, 居ます, 居る, 居る位, 居る何, 居る計り, 暮らそよ, 曰, 朋友と, 神澤子の, 胡麻化し, 茶を, 迂闊千万

▼ 笑つたこと~ (19, 0.2%)

4 がない 3 のない 2 を思ひだした 1 があつ, がありました, がある, があるだらう, である, にまるで, のなかつた, もない, も忘れる, 泣いたこと

▼ 笑ひな~ (19, 0.2%)

2 がらち, さりながら, んかし

1 [13件] がし, がらいつた, さるの, さるん, さる御方, されいや, されしかども, されたの, されて, したまひそ, すつた事, どして, のねえ

▼ 笑ふて~ (19, 0.2%)

2 お父樣私, 參り, 笑ふて, 隣の

1 [11件] お園, お父様私, も腹, 右手に, 姫路の, 家をも, 暮さむ, 曰くかの, 笑ひ, 笑ひ抜い, 答へる

▼ 笑つたもの~ (18, 0.2%)

112 である 1 か気分, が損, ださうだが, であらう, でも

▼ 笑ひたい~ (18, 0.2%)

8 のを 1 ことな, ことも, でもなし, といふ心, のだ, のです, のでせう, のに, んだ, んです

▼ 笑ひ興じ~ (18, 0.2%)

5 てゐた 3 てゐる 2 て追 1 たり, てわが, てゐなかつたなら, て俄, て遲くま, ながら, ながら岸, ながら村境

▼ 笑はせ~ (17, 0.2%)

2 てゐる

1 [15件] ていた, ていらつ, ておい, てし, てしまはない, てなど仕舞つたの, てやろう泣かせ, てゐました, て居りました, て居る, て居るらしい, て生まれた, て置い, て花, ようも

▼ 笑ふか~ (17, 0.2%)

6 も知れない 2 のやう 1 つんと横, ですつて, と思ふ, と見れ, もしれん, も知, も知れません, 忘れるか, 泣くか

▼ 笑~ (16, 0.2%)

1 [16件] そしり草, だ, だわ, だ子, でもあらう, なぞには成らない, に, にした, になさった, になってる, になり, になる, にもならぬ, に御, の所, ほど増刷

▼ 笑~ (16, 0.2%)

1 [16件] が出来た, でなさった, で奥, で御飯, で芥川龍之介, という茶料理, といふ古い, の, のあるじ, の前, の歸, の茶室, は俳人岡野知十氏, へでも行きましょう, へ行った, へ飯

▼ 笑~ (15, 0.1%)

2 がこみあげ, よ

1 [11件] が未来, とのごっちゃ, にまた, に莞爾, に道端, へ浮べます, をこらえ, をわざとこちから, を思い出した, を無理, 又その

▼ 笑した~ (15, 0.1%)

1 [15件] が三好達治, が帰る, が気がつい, が私, が途中, ことが, ことである, という, のである, ものである, よ, 事が, 春枝夫人は, 武さんの, 處が

▼ 笑ひご~ (15, 0.1%)

6 とぢ 2 とではない 1 つちや, とでない, とではありません, とではありませんでした, とではすまなかつた, とではなく, とどころ

▼ 笑ひたく~ (15, 0.1%)

5 なつた 2 ても笑, て堪 1 てたまらない, て噴き出したく, て笑, なつて, もあり, もなかつた

▼ 笑ひました~ (15, 0.1%)

2 のでございます, よ, ツけ 1 か, がその, が今に, が其時, が平次, が私, そしてそれ, の, ホホホヽヽヽヽヽ

▼ 笑つてそれ~ (14, 0.1%)

2 を打消した

1 [12件] から二人, で済まし, に代, は聊城, は西洋風, をあたし, をよけよう, を奧, を平然, を眺め, を聞流す, を言

▼ 笑つて言~ (14, 0.1%)

5 つた 3 ひました, ふ 1 はれた, ひは, ふので

▼ 笑~ (14, 0.1%)

5 をし 4 をした 2 をする 1 からし, ではない, で一つ

▼ 笑~ (13, 0.1%)

1 [13件] あつた, ごまかして, はない, はなく, 今までの, 動搖させ, 双方とも, 塗りつぶした, 女中までが, 思ひ出す, 砲車雲は, 笑った, 顏中いつ

▼ 笑ひかけ~ (13, 0.1%)

4 てゐた 1 たり机, てくる, てそのまま, てゐる, て済まし, ながら尚, ながら彼女, ながら文句, 走り廻りたい

▼ 笑~ (13, 0.1%)

2 我々の

1 [11件] せず聲, その張本人, まじるを, 先日の, 時々聞える, 消えんと, 無くそのまま, 理に, 知らじな, 頼もしい, 顰め顏

▼ 笑つて答~ (12, 0.1%)

3 へなかつた, へる 2 へた, へない 1 へず, へてやつ

▼ 笑ひこける~ (12, 0.1%)

2 に己ら, やうな 1 のだ, のである, のでした, やうに, 太七の, 妻の, 押へ, 潔も

▼ 笑ひます~ (12, 0.1%)

421 かこんな, か今, が又, が平次, が盜, と子供

▼ 笑つて私~ (11, 0.1%)

2 は室 1 の方, の竹林生活, の肩, の言, の顔, は質屋, を眺めました, を見あげました, を見つめ

▼ 笑ひながら~ (11, 0.1%)

1 [11件] だつたが, であるけれども, ではあつ, に仰せられし, もしつこく, も何, も内, も繼母, も馬越家, やつて來, よりか

▼ 笑~ (11, 0.1%)

1 [11件] がおさまっ, がかたまりついてし, が刻まれた, というもの, と一緒, のみが唯一, の中, をよせ, を刻み, を口べり, を泥色

▼ 笑~ (11, 0.1%)

3 の声 1 がある, く時, しながら, すべしと, するを, もある, 覚えず夜半, 高く食

▼ 笑談半分~ (11, 0.1%)

2 に妙, に私 1 にそんなに, には話されない, に云った, に何度, に聴い, に豪語, に踊っ

▼ 笑つたら~ (10, 0.1%)

1 いいと, いいん, これへ, それは, 三助君が, 兄は, 國を, 庵主が, 惡いのけい, 所得税でも

▼ 笑つてる~ (10, 0.1%)

2 んだ 1 ところを, と同じ, と母, のです, ので自分, のも, んぢや, 奴も

▼ 笑つて相手~ (10, 0.1%)

5 にしなかつた 1 にし, にならなかつた, にもしなかつた, にもしません, にもなりませんでした

▼ 笑はん~ (10, 0.1%)

3 とす 1 か惡漢, とて大, のか馬鹿, のみ, も知らね, や, よ

▼ 笑ひく~ (10, 0.1%)

1 づるゝ純真, づれき, づれた, づれたのであつた, づれたのである, づれたり, づれつ, づれてゐるらしく見える, づれながらもおのれの, づれやしないのだ

▼ 笑ひこけ~ (10, 0.1%)

2 てゐた, てゐる 1 たりした, てし, てやつ, てわけ, て涙, て臍

▼ 笑つたやう~ (9, 0.1%)

2 な気 1 である, な顏, な顔, に写る, に口もと, に思はれた, に見えた

▼ 笑ひさざめく~ (9, 0.1%)

1 その放縦さ, 一家内, 噴水だつた, 声石門の, 声聞ゆる, 夜にだけしか, 女部屋, 男達の, 音にも

▼ 笑ふた~ (9, 0.1%)

2 びに 1 から何故, その顔, とある, ので仔細, びに顔が, びの, 柔かい重み

▼ 笑出し~ (9, 0.1%)

42 ながら坐る 1 て君, ともニ楽ミ申候, もしなかつた

▼ 笑そう~ (8, 0.1%)

2 とした 1 な微笑, に不, に云った, に笑っ, に言った, に訊ねた

▼ 笑ながら~ (8, 0.1%)

1 御辞儀, 査公が, 気を, 甲野さんの, 答えた, 聞いて, 言った, 首を

▼ 笑ひした~ (8, 0.1%)

1 ことが, ことだつた, ことでした, のでも, のは, ものだつた, 事を, 者が

▼ 笑ひた~ (8, 0.1%)

2 きものとて, まふ 1 かない, くさ, はぶれ, まひ婦女の

▼ 笑~ (8, 0.1%)

3 た, て 1 てもゐない, て女

▼ 笑~ (8, 0.1%)

3 ではない 1 じゃありません, ではありませんでした, ではござらぬ, ながら又, に御座候

▼ 笑~ (8, 0.1%)

1 と号, と神楽坂路考, に札, の名, はその, は商売, は女運, も美人

▼ 笑~ (8, 0.1%)

2 に入り, に入る 1 にいっ, に入, に入っ, に入りたる

▼ 笑くも~ (7, 0.1%)

2 なって 1 あり何となく, あるが, ない歴代, なり, 無いこと

▼ 笑つた顏~ (7, 0.1%)

2 をし 1 が大空, は一つ, を一度, を振り向け, を見せた

▼ 笑はせよう~ (7, 0.1%)

1 といふ, としました, とする, とわざと, と企てられ, と言, など

▼ 笑はれます~ (7, 0.1%)

1 からもう, ぜほんとに, の, のが, のでどんなに, よ, 此頃は

▼ 笑ひかけた~ (7, 0.1%)

2 口もとまで 1 が少年達, それで僕, 口を, 彼の, 微笑の

▼ 笑ひたいやう~ (7, 0.1%)

2 な気持 1 で笑, なを, な気, な泣き出したいやう, な表情

▼ 笑ひもの~ (7, 0.1%)

3 になる 1 だつた, ですけれど, にされな, にし

▼ 笑ひ崩れ~ (7, 0.1%)

2 てし, てゐる 1 てしまひました, て三谷, ながら

▼ 笑かった~ (6, 0.1%)

1 かくすくす, くらいだった, せいな, のでございましょう, のは, ばかりじゃない

▼ 笑つたさ~ (6, 0.1%)

3 うだ 1 うだが, うで, うである

▼ 笑はば~ (6, 0.1%)

6 笑へ

▼ 笑ひする~ (6, 0.1%)

1 に誰, のを, やうな, 外ない, 必要が, 愉快だつた

▼ 笑ひたくなる~ (6, 0.1%)

2 のを 1 のであつ, は無理, よりも腹, 位ひ

▼ 笑ひ興ずる~ (6, 0.1%)

1 ことを, そのこと, 元気溌剌たる, 声々も, 様に, 聲は

▼ 笑ひ転げ~ (6, 0.1%)

1 てし, てたり荒々しく, て中, て了つたの, て椅子, 可憐な

▼ 笑ふところ~ (6, 0.1%)

1 が描かれ, ではない, など梨枝子, へイイダ姫メエルハイム, へ襖, を第

▼ 笑クボ~ (6, 0.1%)

3 にし 1 などをもう, をそろえ, を大幅

▼ 笑~ (6, 0.1%)

1 なの, に一脈, に賣る, の群れ, の話, も脚

▼ 笑左衛門~ (6, 0.1%)

1 が一人, と改名, のこと, は十年, は年一度, を訪い

▼ 笑~ (5, 0.0%)

1 にわれ, 上戸の, 假粧舞の, 再會, 響あらむこ

▼ 笑くなる~ (5, 0.0%)

2 ことも, 様な 1 と見え

▼ 笑つた時~ (5, 0.0%)

1 には寧ろ案外, には気まり, に見える, はまだ, は思はず

▼ 笑つて了~ (5, 0.0%)

2 へば 1 つたら何だ, ひます, ふことの

▼ 笑つぼ~ (5, 0.0%)

2 に入っ 1 に入った, に入り, に入る

▼ 笑はう~ (5, 0.0%)

1 としてゐる, として其の, として口, と何ん, と其様

▼ 笑はれし~ (5, 0.0%)

3 を口惜し 1 は誰, よしに

▼ 笑はれない~ (5, 0.0%)

1 うちに, くらゐ, やうにと, 何といふ, 爲め渠は

▼ 笑はれまい~ (5, 0.0%)

1 かつておど, か笑, ための, といふ無言, とする

▼ 笑ひかける~ (5, 0.0%)

1 が喰いし, と彼, のです, のを, 眼を

▼ 笑ひこ~ (5, 0.0%)

2 け馬鹿野郎 1 けそれ, け同じ, け指さし

▼ 笑ひころげ~ (5, 0.0%)

1 てそれ, てゐる, てゐるだらう, て了つた, て帰つて行

▼ 笑ひだす~ (5, 0.0%)

2 のだ 1 とピッコロミリ夫人, のぢ, ほかに

▼ 笑ひつ~ (5, 0.0%)

2 し乍ら踊 1 づけた, づけて, づけながら

▼ 笑ひ出さず~ (5, 0.0%)

4 にやゐられない 1 にやゐられなかつた

▼ 笑ふだらう~ (5, 0.0%)

1 しと云つて, つていふ, と思, と思ふ, な

▼ 笑ふとき~ (5, 0.0%)

2 でも泣く 1 には袖ぐち, われ逢状と, 生血の

▼ 笑ふよ~ (5, 0.0%)

2 しなし 1 り他, り処置, り外

▼ 笑へぬ~ (5, 0.0%)

2 といふ風 1 寒さ, 性質と, 男で

▼ 笑~ (5, 0.0%)

1 か七変人, でもお, といふやう, の類, や浮世床

▼ 笑~ (5, 0.0%)

2 である 1 に上っ, のみです, のみなりしか

▼ 笑かし~ (4, 0.0%)

3 やがら 1 やがらい

▼ 笑つたあと~ (4, 0.0%)

2 の眼 1 でさういふ, ですぐ

▼ 笑つた事~ (4, 0.0%)

1 がある, であつ, のない, を記憶

▼ 笑つた顔~ (4, 0.0%)

2 も見せられない 1 と仮り, を見た

▼ 笑つておいで~ (4, 0.0%)

1 でした, でしたよ, なの, になりました

▼ 笑つて僕~ (4, 0.0%)

1 が螫, に話してた, の前, の臆病

▼ 笑つて彼~ (4, 0.0%)

1 に云, の機嫌, の肩, を許した

▼ 笑という~ (4, 0.0%)

1 ものを, 奴さ, 弟子が, 男で

▼ 笑とを~ (4, 0.0%)

1 催させるであらう, 分かつ可, 振撒きながら, 買うに

▼ 笑はれぬ~ (4, 0.0%)

1 まことの, 様にと, 樣にと, 氣が

▼ 笑ひあふ~ (4, 0.0%)

1 のである, のも, やうな, 日を

▼ 笑ひさざめき~ (4, 0.0%)

1 ながら袋, 座中自ら春を, 座敷に, 才子よ

▼ 笑ひなの~ (4, 0.0%)

2 である 1 か憤りな, だつた

▼ 笑ひぬ~ (4, 0.0%)

1 其身の, 殿我良人我子これや, 汝等彼等の, 目の

▼ 笑ひ下さいます~ (4, 0.0%)

31 な愚か

▼ 笑ふけれ~ (4, 0.0%)

1 ども自分, ど実際, ど確か, ど遊佐

▼ 笑ふまい~ (4, 0.0%)

1 とし, とした, と思つて, 位の

▼ 笑ふんだ~ (4, 0.0%)

1 もん, よ, ネ, 煩い

▼ 笑へも~ (4, 0.0%)

3 しなかつた 1 しなかつたが

▼ 笑~ (4, 0.0%)

2 ひながら 1 あこと, あれたつけ

▼ 笑らい~ (4, 0.0%)

1 たければ, ながら, をうなった, を罷め

▼ 笑~ (4, 0.0%)

1 に訊い, の建築, は今や, も永久

▼ 笑嶺和尚~ (4, 0.0%)

1 に導かれた, の偈, の偈辞, の喝

▼ 笑談口~ (4, 0.0%)

1 などきい, も自由, をきき, を利いた

▼ 笑~ (4, 0.0%)

4 の術

▼ 笑いたもう~ (3, 0.0%)

21 とも泣きた

▼ 笑~ (3, 0.0%)

2 あんすべアすか 1 ゑは中より

▼ 笑さえ~ (3, 0.0%)

1 洩した, 湛えて, 面に

▼ 笑つたわ~ (3, 0.0%)

21 けどもなかつた

▼ 笑つたん~ (3, 0.0%)

21 ですが

▼ 笑つた眼~ (3, 0.0%)

2 で相手 1 が其処

▼ 笑つてお前~ (3, 0.0%)

1 なぞは其我, などはその, などは其我

▼ 笑つてしま~ (3, 0.0%)

1 はない, へ, へない

▼ 笑つて今~ (3, 0.0%)

3 あけるよ

▼ 笑つて手~ (3, 0.0%)

1 に一ぱい, をにぎりました, を拍つて

▼ 笑つて濟~ (3, 0.0%)

1 した, ませる, むことさ

▼ 笑つて笑~ (3, 0.0%)

1 つて, ひぬいた, ひます

▼ 笑つて笑つて笑~ (3, 0.0%)

1 つて, ひぬいた, ひます

▼ 笑つて肩~ (3, 0.0%)

1 をすくめた, をち, を落す

▼ 笑つて返事~ (3, 0.0%)

1 がない, をした, をなさつ

▼ 笑つて顧ざる~ (3, 0.0%)

3 なり

▼ 笑てる~ (3, 0.0%)

2 のん 1 さかいそ

▼ 笑でも~ (3, 0.0%)

2 質が 1 するの

▼ 笑といふ~ (3, 0.0%)

1 ものを, 形容が, 笑は

▼ 笑とは~ (3, 0.0%)

1 この事, ただその, 汝を

▼ 笑とも~ (3, 0.0%)

1 なる, 泣きべそ, 見えるで有ろうが

▼ 笑はし~ (3, 0.0%)

2 やあがる 1 やがら

▼ 笑はれました~ (3, 0.0%)

1 けれど, ぜ, わ

▼ 笑ひころげる~ (3, 0.0%)

2 のである 1 のだつた

▼ 笑ひたくない~ (3, 0.0%)

1 実感も, 笑ひもあり, 藤村が

▼ 笑ひでした~ (3, 0.0%)

3

▼ 笑ひと共~ (3, 0.0%)

1 に, にギラリ, に彼等

▼ 笑ひ下さる~ (3, 0.0%)

21 可く

▼ 笑ひ崩れる~ (3, 0.0%)

1 のを, 事も, 聲が

▼ 笑ひ止ん~ (3, 0.0%)

1 でふと, で揶揄, で眸

▼ 笑ひ泣き~ (3, 0.0%)

1 そして互, 悲しみ怒り, 生き生きと

▼ 笑ひ続け~ (3, 0.0%)

1 てゐた, てゐる, て居る

▼ 笑ひ聞く~ (3, 0.0%)

3 者なく

▼ 笑ふさ~ (3, 0.0%)

1 へいと, へ人聞き, ま山家

▼ 笑ふなら~ (3, 0.0%)

2 腸まで 1

▼ 笑ふもん~ (3, 0.0%)

3 ぢや

▼ 笑ふん~ (3, 0.0%)

2 だもの 1 ですつて

▼ 笑~ (3, 0.0%)

1 た, て暮せ, て見せい

▼ 笑わかす~ (3, 0.0%)

1 なこの, なよ, な何だ

▼ 笑~ (3, 0.0%)

1 がルビー, が出来た, はダイヤモンド

▼ 笑~ (3, 0.0%)

1 なりの立直したる, の密貿易, 改めて礼

▼ 笑~ (3, 0.0%)

2 に眼 1 にし

▼ 笑~ (3, 0.0%)

2 のおやじ 1 といふ何だか

▼ 笑~ (3, 0.0%)

2 好風景 1 にこう

▼ 笑~ (3, 0.0%)

1 な目付, な目附, 見

▼ 笑福亭~ (3, 0.0%)

1 という落語, に会す, の方

▼ 笑笑談~ (3, 0.0%)

1 じゃござんせぬ, じゃござんせん, 言って

▼ 笑~ (3, 0.0%)

1 の花嫁, を少し, を見せ

▼ 笑あせ~ (2, 0.0%)

2 やがら

▼ 笑かすか~ (2, 0.0%)

2 にお

▼ 笑かつ~ (2, 0.0%)

1 た, たらう此時

▼ 笑かるべき~ (2, 0.0%)

2 自ぼれ

▼ 笑がって~ (2, 0.0%)

1 笑うと, 見て

▼ 笑がり~ (2, 0.0%)

1 て近づき視れ, ながら泪

▼ 笑くつ~ (2, 0.0%)

1 てたまらず, てなんねえだ

▼ 笑く思う~ (2, 0.0%)

1 ばかりである, 事が

▼ 笑しげ~ (2, 0.0%)

1 に, に傍聴

▼ 笑~ (2, 0.0%)

1 ざらん, たり妙

▼ 笑~ (2, 0.0%)

1 ねえ, 余は

▼ 笑つたぎり~ (2, 0.0%)

1 何ともその, 何も

▼ 笑つた事菊池君~ (2, 0.0%)

2 が盃

▼ 笑つた先輩~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ 笑つた娘~ (2, 0.0%)

1 は不意, もある

▼ 笑つた時繁~ (2, 0.0%)

1 は三度声, は三度聲

▼ 笑つてあと~ (2, 0.0%)

1 からついて行く, に立つた

▼ 笑つてうち~ (2, 0.0%)

1 へ帰りました, 消そうと

▼ 笑つてこれ~ (2, 0.0%)

1 は御馳走, も座

▼ 笑つてまとも~ (2, 0.0%)

1 な返事, に兄

▼ 笑つてみたい~ (2, 0.0%)

1 といふ, の

▼ 笑つてやつ~ (2, 0.0%)

2

▼ 笑つてるだらう~ (2, 0.0%)

2 と思ひまし

▼ 笑つて両方~ (2, 0.0%)

2 から左右

▼ 笑つて主筆~ (2, 0.0%)

2 は立上

▼ 笑つて仕舞~ (2, 0.0%)

1 たかも, ふ

▼ 笑つて何~ (2, 0.0%)

1 が何やら, も云

▼ 笑つて信吾~ (2, 0.0%)

2 は杖

▼ 笑つて叔父~ (2, 0.0%)

2 の袂

▼ 笑つて口~ (2, 0.0%)

1 に手, を切

▼ 笑つて垢だらけ~ (2, 0.0%)

2 の首

▼ 笑つて子供~ (2, 0.0%)

1 を抱きあげた, を振り返つた

▼ 笑つて居~ (2, 0.0%)

1 やがる, らしやる

▼ 笑つて座敷~ (2, 0.0%)

1 の隅, へ来た

▼ 笑つて曰く事~ (2, 0.0%)

2 の公徳

▼ 笑つて狸~ (2, 0.0%)

2 の泥舟

▼ 笑つて琴~ (2, 0.0%)

2 をかき鳴らし

▼ 笑つて立~ (2, 0.0%)

1 戻つて, 戻つて來

▼ 笑つて菊池君~ (2, 0.0%)

2 は大

▼ 笑つて蒲団~ (2, 0.0%)

1 にもぐり込んだ, の上

▼ 笑つて話~ (2, 0.0%)

1 される, は済む

▼ 笑つて輕~ (2, 0.0%)

1 く受けた, く會釋

▼ 笑つて運~ (2, 0.0%)

1 が惡, のよしあし

▼ 笑つて酒~ (2, 0.0%)

1 を注いだ, を飲んだ

▼ 笑つて野村~ (2, 0.0%)

2 を見た

▼ 笑つて首~ (2, 0.0%)

1 を振り, を掴ん

▼ 笑とで~ (2, 0.0%)

1 女の, 扱って

▼ 笑との~ (2, 0.0%)

2 間に

▼ 笑なすっ~ (2, 0.0%)

1 ても深い, て湧

▼ 笑など~ (2, 0.0%)

1 致して, 致します

▼ 笑なり~ (2, 0.0%)

1 この依, 人から

▼ 笑なる~ (2, 0.0%)

2 かも片

▼ 笑には~ (2, 0.0%)

1 そのよう, 涙が

▼ 笑にも~ (2, 0.0%)

1 特別の, 相感じ怒罵

▼ 笑はる~ (2, 0.0%)

1 けどな, 日には

▼ 笑はれたる~ (2, 0.0%)

1 事も, 記憶あり

▼ 笑はれるだらう~ (2, 0.0%)

1 と考へた, 厭味に

▼ 笑ひうる~ (2, 0.0%)

2 のか

▼ 笑ひかけたら~ (2, 0.0%)

1 娘さんは, 洋ちやんは

▼ 笑ひかけよう~ (2, 0.0%)

1 とした, として笑

▼ 笑ひかた~ (2, 0.0%)

1 がしたく, が路易

▼ 笑ひきれる~ (2, 0.0%)

1 ものでない, 訳の

▼ 笑ひけら~ (2, 0.0%)

2 しも

▼ 笑ひける~ (2, 0.0%)

1 ほどこそあれ, を彼

▼ 笑ひころげた~ (2, 0.0%)

1 かわからない, ものぢや

▼ 笑ひさう~ (2, 0.0%)

1 にし, になる

▼ 笑ひさせ~ (2, 0.0%)

1 てさその, て居られました

▼ 笑ひすて~ (2, 0.0%)

1 て上る, て黙つ

▼ 笑ひたい人~ (2, 0.0%)

1 は確, は笑

▼ 笑ひたる~ (2, 0.0%)

2 ことなく

▼ 笑ひである~ (2, 0.0%)

1 からにほかならぬ, ことか

▼ 笑ひです~ (2, 0.0%)

1 がそれ, んだ

▼ 笑ひどよめく~ (2, 0.0%)

1 聲は, 音にも

▼ 笑ひなさる~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, が祖父たち

▼ 笑ひひ~ (2, 0.0%)

1 しめく盲ら, たせまる大き

▼ 笑ひま~ (2, 0.0%)

1 せぬ咎めるだけの, でが無表情

▼ 笑ひらしい~ (2, 0.0%)

1 のも, ものを

▼ 笑ひ交し~ (2, 0.0%)

2 てゆく

▼ 笑ひ出さう~ (2, 0.0%)

1 としました, とでもする

▼ 笑ひ出さない~ (2, 0.0%)

1 のが, 僧侶が

▼ 笑ひ出したい~ (2, 0.0%)

2 やうな

▼ 笑ひ出したく~ (2, 0.0%)

1 なつた, 思つた

▼ 笑ひ思へ~ (2, 0.0%)

2 ば朝ぼらけ日

▼ 笑ひ止まぬ~ (2, 0.0%)

2 のを

▼ 笑ひ止む~ (2, 0.0%)

1 と二人, と四辺

▼ 笑ひ痴れ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, てゐるだらう

▼ 笑ひ興じた~ (2, 0.0%)

1 がやがて, ことを

▼ 笑ひ込む~ (2, 0.0%)

1 のです, 奴も

▼ 笑ひ過ぎ~ (2, 0.0%)

1 たりする, 饒舌り

▼ 笑ひ飛ばす~ (2, 0.0%)

1 と刻み, に違

▼ 笑ふかしら笑~ (2, 0.0%)

2 はれても

▼ 笑ふため~ (2, 0.0%)

1 には, にも歌ふため

▼ 笑ふて頂き~ (2, 0.0%)

2 度今夜は

▼ 笑ふとい~ (2, 0.0%)

1 つたやう, へり

▼ 笑ふべく~ (2, 0.0%)

1 また悲しむべき, 鳥は

▼ 笑ふもあり~ (2, 0.0%)

1 又は, 甚しきに

▼ 笑へて~ (2, 0.0%)

1 仕方ない, 來る

▼ 笑へど~ (2, 0.0%)

1 書くや, 軽からず

▼ 笑へり~ (2, 0.0%)

1 あゝ無慙, 麗らかに

▼ 笑ほう~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 笑ます~ (2, 0.0%)

2 とふ

▼ 笑むら~ (2, 0.0%)

1 むかはた, むさま

▼ 笑やが~ (2, 0.0%)

1 つた, つたが

▼ 笑らぎ~ (2, 0.0%)

1 にやれ, 浮かると

▼ 笑~ (2, 0.0%)

1 たりざま, ンな

▼ 笑わかし~ (2, 0.0%)

1 やあがる, やがらア

▼ 笑をば~ (2, 0.0%)

2 含みたる

▼ 笑を以て~ (2, 0.0%)

1 この世に, 応えて

▼ 笑~ (2, 0.0%)

1 免レズ, 皷シ一人

▼ 笑一番~ (2, 0.0%)

1 しなければ, ふと私

▼ 笑人和合人~ (2, 0.0%)

1 の文明, の精神

▼ 笑以上~ (2, 0.0%)

2 の新人

▼ 笑傾け~ (2, 0.0%)

1 ては打, て従

▼ 笑~ (2, 0.0%)

1 と云, は笑癖

▼ 笑出したら~ (2, 0.0%)

1 どうだろう, 何うだらう

▼ 笑出す~ (2, 0.0%)

1 と角面, ように

▼ 笑~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 笑味面白味~ (2, 0.0%)

1 を発見, を見出し

▼ 笑~ (2, 0.0%)

1 に入った, に入り

▼ 笑~ (2, 0.0%)

1 に徃, に赴く

▼ 笑~ (2, 0.0%)

1 をされる, をする

▼ 笑~ (2, 0.0%)

2 頬に

▼ 笑~ (2, 0.0%)

1 に襲, は化学読本

▼ 笑~ (2, 0.0%)

1 が前年駿州田代川, とも號

▼ 笑聲さ~ (2, 0.0%)

1 へ立てない, へ聞えぬ

▼ 笑談ぢ~ (2, 0.0%)

1 やあんな, やない

▼ 笑~ (2, 0.0%)

1 の歓談, を以てす

▼ 笑~ (2, 0.0%)

1 は諸国, を出す

▼ 笑道人~ (2, 0.0%)

2 といふ印刻家

▼ 笑~ (2, 0.0%)

1 の趣味, を信奉

▼1* [725件]

あえかに寄る, 笑あかるを, 笑うこたアね, 笑うた化ものがご, 笑うつくしき梅の, 笑お喋り心の変った, 笑かしいことが, 笑かしゃあがらヘッ旦的めえ汝, 笑かすぜ, 笑から漸く脱し, 笑かんべい, 笑がはぢぎれるとまた, 笑がやがややって, 笑がるものです, 笑き出してしまった, 笑くあるまい礫の, 笑くさえなっ, 笑くばが出来る, 笑くぼで眺めて, 笑くも墨染の法衣, 笑く思ふとも知らず, 笑く思われたかも知れなかった, 笑く感じたが併, 笑こそあれ苦みの, 笑ころげとうとう手紙, 笑さうにクツクツと笑, 笑さずにはおれない, 笑させあるとき, 笑されたことなど, 笑されましたので流石, 笑さん襟がはだけ, 笑したくてたまらな, 笑したれども今, 笑しましたね, 笑しようとは思わぬ, 笑し合っていた, 笑というところ, 笑すまいと一生懸命, 笑するふとった酒神習慣的に, 笑すれば美しき, 笑せしこと, 笑せしめ爾後その, 笑せたが今, 笑せぬはなく, 笑せました爾でしょう, 笑せられたり, 笑せられたという, 笑その素晴らしい六枚, 笑ことが, 笑たち所に, 笑だけで頷いて, 笑つやいけない, 笑ちゃん止しなよ, 笑つたきりである, 笑つたきりぢつと見つめ, 笑つたきり答へるやう, 笑つたくらゐです, 笑つたつて驚くやう, 笑つたつて間に合, 笑つたとき日本が泣い, 笑つたとき自分はどうにか, 笑つたとき遉に瑠璃子, 笑つたひとりで, 笑つたまま急に咳き出した, 笑つたみたいな音, 笑つたやうだつた, 笑つたやうにも聞えなかつた, 笑つたら阿母の, 笑つたりからかつ, 笑つたりじようだ, 笑つたわけではなかつた, 笑つたッけなァ, 笑つたツけ, 笑つた丈で何とも, 笑つた例の通り船頭, 笑つた切りだ, 笑つた口のやう, 笑つた垢拔けのした, 笑つた場合でも声, 笑つた女房と私, 笑つた奴は擲, 笑つた彼女の客, 笑つた後だけに殊更, 笑つた慎深さうな打見, 笑つた憐んだ悔ん, 笑つた拍子に草, 笑つた昔の日, 笑つた時傍の老人, 笑つた時龍馬が役者, 笑つた染子はそれ, 笑つた樣子ですが, 笑つた相だ, 笑つた私を後で, 笑つた笑ひ声, 笑つた結果は単に, 笑つた續いて, 笑つた者もあつ, 笑つた胸の透く, 笑つた話が余り緊張, 笑つた赤方はまた, 笑つた踊つた歌つたそして消滅, 笑つた踊りの夜, 笑つた通りの顔ぢ, 笑つつた, 笑つていふでせう, 笑つていやいやをした, 笑つてお出でになる, 笑つてお前たちはさ, 笑つてお許しもなさいました, 笑つてぐつと酒を飲む, 笑つてけつから, 笑つてこちらを見送つ, 笑つてさへ居れ, 笑つてしまつてね, 笑つてそつと見上げ, 笑つてそれぢや薪雜ツ棒, 笑つてだめだめと手, 笑つてちよつと船乗り, 笑つてぢやア, 笑つてどら貸して, 笑つてなじみの日, 笑つてなにあの策師, 笑つてのり氣になつて來, 笑つてはしやぎまはつて, 笑つてふりかへる, 笑つてみたいんですもの, 笑つてもみくちやに, 笑つてらつし, 笑つてんの, 笑つてソフアへ坐つた, 笑つて一人づつの仕切, 笑つて一人其近間に遊ん, 笑つて一昨日餘り何, 笑つて下酒の料, 笑つて丑松と一緒, 笑つて且歌ひ枯草花, 笑つて之に応, 笑つて了つてから斯, 笑つて了つてコンニチハイイコダネといふ, 笑つて事実を告げなかつた, 笑つて二人の話, 笑つて今日の邂逅, 笑つて仕事の手, 笑つて何氣なく見せかけた, 笑つて例の通り, 笑つて俳句ですと, 笑つて僅かに鬱憤, 笑つて先方から話, 笑つて六つの鍵, 笑つて其高い声, 笑つて其本を受取, 笑つて勃凸と話した, 笑つて勘次の容子, 笑つて勢ひ好く寝床, 笑つて匕首を返し, 笑つて十五の娘さん, 笑つて千に一つ, 笑つて卑怯な奴, 笑つて卷を閉ぢ, 笑つて双方の言分, 笑つて台所の方, 笑つて名を言はず, 笑つて否定しながら, 笑つて命が助, 笑つて喝采した, 笑つて囚人が死んだ, 笑つて声をかけたら, 笑つて大森氏の顔, 笑つて天守の方, 笑つて太政官は杖, 笑つて如水を召寄せた, 笑つて妻を愛撫, 笑つて姙娠を假定, 笑つて学士は問, 笑つて定吉の顏, 笑つて客間にちやん, 笑つて小菅の鼻, 笑つて少年の顔, 笑つて尻ごみする, 笑つて居間の方, 笑つて帰途についた, 笑つて帽子をとつ, 笑つて平手で顔, 笑つて彼女の問, 笑つて後ろにそつ, 笑つて復た二階, 笑つて復言はなかつた, 笑つて応酬した, 笑つて急に得意, 笑つて息が絶え絶え, 笑つて悠容とギター, 笑つて感情で判断, 笑つて慎ましやかに眼, 笑つて懷中電燈を照, 笑つて手袋を嵌めた, 笑つて拔刄を投出す, 笑つて指で接吻, 笑つて握手しながら, 笑つて揶揄ふの, 笑つて收ると, 笑つて文平は校長, 笑つて斯う云, 笑つて新聞を横, 笑つて明日へ立ち, 笑つて是をすかさん, 笑つて暮せる日, 笑つて曰く仔細なしと, 笑つて曰く君近日頻りに法廷, 笑つて曰く大丈夫なればこそ, 笑つて曰く是れ即ち, 笑つて梃でも動かねえ, 笑つて椀を膳, 笑つて樽野の前, 笑つて歸つた, 笑つて歸つて來ますよ, 笑つて死を旦夕, 笑つて死生の間, 笑つて氣の毒, 笑つて氣味の惡い, 笑つて汗を拭き, 笑つて浴槽のふち, 笑つて涙を飜, 笑つて満足して, 笑つて滝の顔, 笑つて激励した, 笑つて濟むが御時計師廣田利右衞門, 笑つて父はそんな, 笑つて片足を高く, 笑つて牧瀬はすこし, 笑つて犀星は大いに, 笑つて独語した, 笑つて猛火を雨, 笑つて理由は言わず, 笑つて生返事をし, 笑つて男の心, 笑つて當人が私, 笑つて病人あしらひに, 笑つて痴川の胸, 笑つて百の宗教, 笑つて皆私共の方, 笑つて盃を重ねた, 笑つて目でにらみます, 笑つて相槌でも打つ, 笑つて眉を寄せる, 笑つて矢庭に暴徒, 笑つて私たちに見せ, 笑つて私のはその, 笑つて空目を使つて, 笑つて突つ立つて, 笑つて立ち上がつて, 笑つて立上つてハイと云つて奥, 笑つて笑つてゐるうち, 笑つて笑つて息が絶え絶え, 笑つて笑つて笑つてゐるうち, 笑つて笞を受けた, 笑つて粟もちをこし, 笑つて紙に何, 笑つて縁に腰掛け, 笑つて翁に言, 笑つて耳垢をほじく, 笑つて聽き流して, 笑つて背後の押入れ, 笑つて自分の前, 笑つて自白する, 笑つて興に乘つて, 笑つて舌をだした, 笑つて荷造りした小さい, 笑つて落着いた口振り, 笑つて蓮太郎は話し, 笑つて藤村を見, 笑つて蟹のかたち, 笑つて行者のニタニタ, 笑つて袖を以つて, 笑つて観客席へ向, 笑つて觀てゐる, 笑つて許りゐた, 笑つて説明した, 笑つて誰に憚, 笑つて貞子に, 笑つて貰つてよい, 笑つて貴様も久しく, 笑つて足早に走り出す, 笑つて踊つたり, 笑つて輕蔑したやう, 笑つて迎へるの, 笑つて返却した義雄, 笑つて道臣の方, 笑つて金の拍車, 笑つて闇に憩, 笑つて静かに聞き返しました, 笑つて頭をさげた, 笑つて顎をし, 笑つて顏を見合せた, 笑つて馬にむちをあてながら, 笑つて馬鹿めおどかしたまで, 笑つて麦畑を去る, 笑つて黄檗の禅坊主, 笑つて點頭いた, 笑つて鼻を動かした, 笑つとりまうがな, 笑ては悪いと, 笑とが刹那の, 笑ところから附けられた, 笑とてしばしば血, 笑とともに煙を, 笑とまで片づかぬもの, 笑とを通じて歩む可, 笑なかなかに賑, 笑なさる事でしょう, 笑などは金魚と, 笑にかへす時, 笑について学んだこと, 笑にて幕と, 笑になつてを, 笑によって批判される, 笑によつて引き起される, 笑はずまじめな顔, 笑はずんばあらざるなり, 笑はず天地に敵, 笑はず正直に淋し, 笑はず雉を射取つ, 笑はせようたつてだめさ, 笑はてなかるらし, 笑はるべき事ばかりの, 笑はるべきで寧ろ重々, 笑はれければ, 笑はれたらどうだらう, 笑はれたらしい私へは, 笑はれなきやいけない, 笑はれなければならない, 笑はれんかく振舞, 笑はれ叱れば口, 笑はれ嘲られても汝, 笑はれ蔑すまれた, 笑はん我は到底, 笑はん痴とも見ん, 笑ひあつてゐた, 笑ひあひながら芝居, 笑ひいたすのでございます, 笑ひかけしが, 笑ひかからうとしてただ機み, 笑ひかけましたがさつき, 笑ひかける見知つたウエイトレスの, 笑ひかたりて腹, 笑ひがした, 笑ひきれたりする, 笑ひきれない真実が, 笑ひくたびれて何と, 笑ひこごむと玉, 笑ひこむやうな, 笑ひころがるといふ始末, 笑ひごゑ立てて, 笑ひごゑをお立てになる, 笑ひごゑ夜の木霊, 笑ひさあの娘, 笑ひさざめいていた, 笑ひさざめいてゐた地の上, 笑ひさざめいてゐるうちに行き着かうと, 笑ひさざめいてゐる旅客たちをぢ, 笑ひさざめいてゐる聲は明らか, 笑ひさしをり, 笑ひさわぐのでお父さん, 笑ひさんざめいたらさぞさぞ面白い, 笑ひしてるのよ, 笑ひしとかや, 笑ひすて, 笑ひすぎて具合, 笑ひすぎる程よく笑, 笑ひすまして私, 笑ひすませば足る, 笑ひぞめきぬ神楽囃子に, 笑ひたい衝動を感じ, 笑ひたくなります何でもい, 笑ひたければたんと, 笑ひたさうにした, 笑ひたりしが, 笑ひださずにゐられなくなる, 笑ひだ盆栽に毛虫, 笑ひつけて先づ乗, 笑ひつけた何とも頼, 笑ひつ何処やらの人, 笑ひつ何處やらの人, 笑ひつ心をたのしませ, 笑ひであるいつたい商人が, 笑ひでかけすの擬声, 笑ひでなく寧ろ悲し, 笑ひで下の流, 笑ひで二人の間, 笑ひで仕事がすんだら, 笑ひで夕方井戸端へ忘れ, 笑ひで彼女の顔, 笑ひで散々に冷かしつける, 笑ひで濟みましたが, 笑ひで照子の眼, 笑ひで私を見た, 笑ひで連想したので, 笑ひと僞りと, 笑ひと女の笑, 笑ひと歌声とがだんだん, 笑ひと言つた, 笑ひと譯の解らぬ, 笑ひどころでは, 笑ひながら側を向いた, 笑ひながら唄をうたつ, 笑ひながら後からつい, 笑ひなさるる時, 笑ひなさつて居られた事, 笑ひのめしますが平次, 笑ひのめす花, 笑ひまくつて白熱的, 笑ひみたいな妙, 笑ひもことにこそよれ, 笑ひもしやう, 笑ひもそれは複雜, 笑ひも今日は聞えない, 笑ひも何うもしやしません, 笑ひも品質が違つて, 笑ひも恨みもはた, 笑ひも感嘆の色, 笑ひも手にとる, 笑ひも泪もある, 笑ひも真柴大領の腹, 笑ひも繼母の聲, 笑ひや楽しさ, 笑ひやしませんか, 笑ひやめていひました, 笑ひゆく彼等に, 笑ひよりはまだ, 笑ひより出づ彼は天堂, 笑ひ下され度く, 笑ひ出て行, 笑ひ出したかつたが彼, 笑ひ出したら慶祝である, 笑ひ出しちまふ, 笑ひ出しましたが麻布中, 笑ひ出しまつたく氣狂ひ, 笑ひ出しやがつて, 笑ひ切れない人間苦の, 笑ひ受けた程の, 笑ひ合うてぞゐ, 笑ひ咽ばれたのも, 笑ひ喚き度い, 笑ひ囁いて居る, 笑ひ囃すのが, 笑ひ如きは誘はれぬ, 笑ひ居たる姫に, 笑ひ居りしが, 笑ひ崩して快活, 笑ひ得た様子で, 笑ひ得ようか, 笑ひ得るの機會, 笑ひ怠るものは, 笑ひ悦びて帰りぬ, 笑ひ懸けて, 笑ひ戯れることは, 笑ひ戯れ飛びはね又抱き, 笑ひ抜いて言, 笑ひ指さすめる邦も, 笑ひ捨てて縁側伝, 笑ひ止まない朋輩に, 笑ひ止らずこっちは, 笑ひ止んだおつぎ, 笑ひ残して縁側, 笑ひ泣いてゐる, 笑ひ泣きしながら演じた, 笑ひ泣き怒つてゐ, 笑ひ泣く鼻の, 笑ひ流してゐられ, 笑ひ流せる一, 笑ひ消しつつ, 笑ひ消す詞何と, 笑ひ照る日に, 笑ひ申し候, 笑ひ申すべく誰一人事実の, 笑ひ疲れて眼, 笑ひ痺れつつ女, 笑ひ立つたり歩い, 笑ひ続けたであらう, 笑ひ罵りまた歌ひな, 笑ひ罵りもやせんと想, 笑ひ罵りわめくこゑ, 笑ひ罵るのみ誰一人醫者, 笑ひ腐つた, 笑ひ興じければ, 笑ひ興じる親子夫婦の, 笑ひ話しに, 笑ひ語り興ぜし人々よ, 笑ひ譏る人も, 笑ひ足りないと思ふ, 笑ひ転けたあの時, 笑ひ転げるのであつ, 笑ひ込んで來, 笑ひ這入つて来た, 笑ひ通しながら片, 笑ひ遊ばしてネ先生, 笑ひ遊ばすかも知れませぬ, 笑ひ過ぎたやうに, 笑ひ過ごさせ母の, 笑ひ飛ばさうつていふ, 笑ひ飛ばされて平次, 笑ひ飛ばしたことを, 笑ひ飛んで行つて了つた, 笑ひ騒ぎそのため, 笑ふうつくしさ, 笑ふお鶴です, 笑ふかつて言ふの, 笑ふからその腰紐, 笑ふから僕も笑, 笑ふから私はだんだん, 笑ふか一つ大聲, 笑ふか人目はなけれ, 笑ふきもちがしなかつた, 笑ふさまいと憎し, 笑ふしより子は泣く, 笑ふその笑, 笑ふたらあかんし, 笑ふた今の内大臣, 笑ふちひさき歯, 笑ふつもり, 笑ふてゐやはりまんが, 笑ふてゐるのである, 笑ふてゐれど, 笑ふて参りまするとて是非, 笑ふて暮らす春の, 笑ふて済まさうとは太い, 笑ふて聞く胸ぐるしさ, 笑ふて頂きたく今夜は, 笑ふでがす, 笑ふであらうか, 笑ふとしたところで, 笑ふとまるで別の, 笑ふと共に獲物をば, 笑ふと同時に私も, 笑ふと直ぐ表から, 笑ふどよもしや, 笑ふなンて, 笑ふべく信ずべからざる者なら, 笑ふべければ西, 笑ふみ声聞かまし, 笑ふもあめりしをかう, 笑ふも泣くももう, 笑ふやらで自分は, 笑ふわきつと, 笑ふんぢやない, 笑ふ叫ぶ唸る泣きは, 笑ふ如き面持し, 笑ふ如しといひ, 笑ふ愛すべき異類異形である, 笑ふ慣れきつた返しの, 笑ふ泣く歌ふ, 笑へた義理でもない, 笑へとをどりを, 笑へになるなどといふ, 笑へにも生きま, 笑へやしないよ, 笑へよ酔つて暴れ, 笑へるならさう, 笑へればいい, 笑まいをわたし, 笑また大笑, 笑まっすぐに人, 笑まんずる気は, 笑もらす春ぞ, 笑やあしねえよ, 笑やってその, 笑やるぞ, 笑より顰め面, 笑らぎ何すとすら, 笑らぎ照り恍けはて, 笑らぎ遊び廻れる, 笑らぐ冬ちかづきぬ, 笑らぐ命とをあれ, 笑らぐ赤ら頬夕餉盛る主婦, 笑らしい心もち起らず, 笑らつて座敷へあ, 笑らんに入, 笑れた後に, 笑ろうたの, 笑わかしゃがらア, 笑わかせやがる, 笑わるべき身の上に, 笑て, 笑イ合イ謡イ合イ軋ミ合ウ音サエモ聞ク, 笑イ方ヲシタ, 笑イ楽シンデ溯江数百里, 笑キバカリ事違ヒテ上方勢トハ似ルベクモナシ, 笑スルトキハ頭ヲ几ニ没スルマデニ至リ, 笑ッタ怒ッタ, 笑ッテ答エズ心自ラ閑ナリ, 笑ツちや不可ません, 笑ハざるなく是必近日, 笑ヒナド泛ベタルハ, 笑ヒナガラ見テヰル河井ノオヂサンニハ, 笑ヒ忽チ泣クニ至ラシムルモノ其レ幾許有, 笑可キコトニテ, 笑フカナ, 笑フベシ性水ヲ澆ゲバ能ク活スルコトヲ知ラザレバナリ, 笑りに, 笑亭可楽と角舘町, 笑亭可楽三遊亭圓生もっぱらこれ, 笑亭由来記でもあり, 笑と号, 笑仮面をこんど, 笑何やら甘い幅, 笑ノ沙汰, 笑倒させてやろう, 笑傾けつ框に, 笑冷罵する, 笑凹彼女の歯, 笑出さうとして, 笑出したが兎, 笑古氏の注意, 笑可被下候, 笑合ったがそれ, 笑柳絮度千里, 笑含みてクロニオーン彼, 笑故態終, 笑吾身亦似, 笑味たくさんの身, 笑喜びたのしみと, 笑苦笑と, 笑嘲笑苦笑の三種, 笑大言を諸, 笑笑, 笑嬉々たるアプロヂ, 笑で有る, 笑を去つ, 笑尾上多見, 笑眠など, 笑と松井友閑, 笑岩入道とか遠く, 笑る, 笑が満身, 笑嶺様も与四郎, 笑左伊勢へ密告, 笑左本当か真実露見, 笑とかは畢竟, 笑語酒と, 笑怒罵の天地, 笑怪魚の眼, 笑恍惚して, 笑ねがいたい, 笑を調所笑左衛門, 笑意軒と銘, 笑懸けて, 笑我閑中却多忙或説礦業, 笑撃怨撃は容易, 笑於広陵大桂樹, 笑暫しは鳴り, 笑曰三郎彼如意影耳即擧手中如意示之, 笑の文句似寄り, 笑林廣記一に, 笑柄美貌が仇, 笑棄てたが底, 笑満人, 笑楽軒というの, 笑をされる, 笑する, 笑歌不断の陶酔, 笑希い奉り候, 笑をした, 笑を湛, 笑消して, 笑の小間物屋番頭忠八みたい, 笑被下度, 笑あるが, 笑発して午餐, 笑的気分は消失, 笑的趣向は別, 笑愚樸, 笑ひらけて, 笑半点暁燈油, 笑神経の箍, 笑福亭松鶴が五十号近く発行, 笑福亭松鶴君を招い, 笑にされ, 笑のうち, 笑の企て, 笑をさえ描いた, 笑聲ひとつ聞えないやう, 笑聲子供の泣く, 笑聲常寄白雲邊と云, 笑聲拍手起る, 笑致し候事ニて, 笑であつ, 笑といふの, 笑落しつかきかぞへ, 笑の段, 笑虚日あるなし, 笑の接吻, 笑むとて門に, 笑計り残る睦じき中, 笑の事, 笑なんて言葉, 笑語いた, 笑語くもの, 笑談どころでは, 笑談みたいなもの, 笑談もんですよ, 笑談云つてらあね, 笑談交り真面目半分, 笑談仰せでご, 笑談同様の暇潰し, 笑談学の大家, 笑談時の移る, 笑談言つちや, 笑譚祭儀伝説等あり, 笑起すを喜べる, 笑と云, 笑都々逸の素, 笑青じろに, 笑を以てこれ, 笑面作りつまた, 笑面等であること, 笑面黄白色の身相, 笑靨それらが如何にも, 笑靨傾くる少年, 笑をぱかぱかと傍, 笑頷之不敢辞, 笑るる声, 笑を向け, 笑顏のがある, 笑顏ひとつ心をこめ, 笑顏一つ見せて, 笑顏三之助に雜煮