青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「竿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~竜 竜~ 章~ 童~ 童子~ ~端 端~ 競争~ ~竹 竹~
竿~
~笑 笑~ ~笑い 笑い~ 笑い声~ ~笑う 笑う~ ~笑っ 笑っ~ ~笑った

「竿~」 1384, 15ppm, 7496位

▼ 竿~ (434, 31.4%)

19 持って 7 かついで 6 肩に 5 手に, 持つて 4 あげて, 出して, 動かして, 取って 3 あげると, 外して, 弓の, 握って, 片手に, 立てて

2 [28件] おろして, かりて, すてて, のばして, のべて, もって, 上げた, 上下する, 下ろして, 使って, 使用し, 入れず小, 取った, 取出して, 巧みに, 幾本も, 持ち出して, 持った人, 持った子供, 持つ手, 挙げて, 振り廻して, 捨てて, 操縦し, 渡して, 突きだして, 突っ込んで, 自分の

1 [302件] あげた, あげなさる, あげようと, いたわって, うごかして, うちふつ, うつて, うめき声を, おしたおした, おっ立てた, おろしたで, おろしてから, おろすと, かける棒, かけ代えようと, かして, かついだまま塀, かつぎだした, かつぎだして, かまへて, くぐり抜けて, ぐっと上げ, さして, さして現われ, さしのべ青味, さす, さすの, しかと握る, しごいたの, しつかりと, それで, そんな場所, たたんで, たづさへて路上, つきだして, つきだすと, つらねて, とりだし二本, とりちょうど, とりに, とりよせて, とんと地面, どうした, ならべながら, はねると, ば石の, ぱっと抜き放つ, ぴんと刎, ふつて, ふりかぶって, ふりかぶり武蔵, ふりまわして, ふるったところ, ぶらさげて, ぶんと, また元, まは, もたせその, もたせると, もちすぎて, もち口々, もった子供, もつて, もてあつかって, もてあまして, わたして, シャクって, ビシビシと, ヘシ折っ, ラリに, 一本借り, 上ぐること, 上げて, 上げようか, 上げ下げした, 上りて, 両手で, 両手に, 並べて, 並べても, 中心に, 久しぶりに, 二ツに, 伐る人, 伝つて手迄, 何十本も, 使いながら, 使い乗組, 使うこと, 使うと, 使つて金兵衞の, 倒さに, 借りて, 入れる, 入口の, 出し得る丈, 動かし蚊針, 動かす, 半分程, 収めて, 収めはじめた, 収め今一つ, 収め日, 取ったが, 取ったの, 取つて釣, 取り上げて, 取り直す隙, 取ろうと, 叩き落した奴, 召し上げられちゃった, 合せる前, 地に, 垂れて, 執らざるに, 塩梅し, 売りに, 大事に, 奪いとると, 好むの, 娘に, 娘の, 宙に, 届けるの, 岸の, 巖上に, 左に, 左まわりに, 差して, 差しのべて, 差し出した, 幡桙という, 弄し, 引きぬき倒鉤, 引き折って, 引き抜きそのまま, 引き抜くと, 引き摺りながら, 引き絞るよう, 引く, 強引に, 当てて, 当てる襦袢, 得たがったの, 得たしと, 我が手, 戦の, 手元に, 手許に, 打振っ, 投げうち, 投げすてながら, 投げだし四つん這い, 投げ捨てた, 投げ捨てて, 折った, 折るほどの, 抜いて, 抜きにか, 抜身で, 担いで, 担ぎ出して, 担ぎ出づ, 担ぐよう, 担ついで籠を, 拵へて, 持たして, 持たせその, 持たせた二本, 持たせてこそ, 持たせる前, 持たねえと, 持ちあげる, 持ち去られそう, 持ち扱, 持ち来, 持ち直して, 持ったまま, 持った人形, 持つこと, 持つた蜻蜒釣り, 持つよう, 持つ手首, 持て出掛けた, 持出し長門, 持込めない, 指を, 挙げては, 挙げ自分, 振って, 振りまわして, 振り上げたり, 振り回して, 振り餌, 振る, 振る人々, 振れば, 据ゑて精一杯, 捲きはじむる, 掛けて, 控え彼方此方, 掲げ後, 揃え山越え, 握ったまま, 握つて, 握りなお, 握りました, 揮って, 携えて, 携へて, 撓ませて, 撓ません, 撓めて, 撥ね落す奴, 撥ね返した兵馬, 操った, 操ったから, 操つてゐた, 操りからだ, 操り右, 操る, 操ると, 支えきれない, 放そうとして, 放たず, 放り出した, 束ねて, 棄てて, 構えて, 構へ, 横えた, 横たえて, 横へて, 檣に, 水に, 水車の, 求めよかし, 河原に, 河原へ, 洗ふ, 流して, 流すため, 渡る事, 満月に, 瀬の, 片付けて, 犬の, 用いたり, 用いなかったの, 畳み子供たち, 直角に, 眞つ, 眼に, 石の, 神官の, 秋草の, 空に, 突かして, 突きつけると, 突きながら, 突き出したので, 突っぱりながら, 突つこん, 立て, 立てかけて, 立てに, 立てる, 立て徐に, 立て直すと, 立て袖幕, 竪てながら, 継いで, 繰延べて, 繼いで, 置いたよう, 置くか, 美津子さんは, 舁いで, 舟板の, 良しと, 落ち込みの, 見ま, 見ますと, 見ますると, 見るが, 見るがい, 見定めて, 誤魔化すため, 諸手に, 貰いか, 買って, 貸して, 購ひ, 購ひし, 起し自分, 近か, 針と, 鉾立に, 附けたの, 離れて, 風上に, 高く上げ

▼ 竿~ (266, 19.2%)

26 先に 14 さきに 7 先が, 先で, 先を 6 尖に, 長さ 5 先の 4 ような, ように, 上に, 先から 3 やうに, 元の, 先へ, 尖端が, 端に

2 [11件] さきで, さきへ, やうな, 中から, 先には, 切っ先は, 方を, 柄を, 袋を, 長いの, 長剣は

1 [135件] あちらの, あるところ, あるを, うえの, さきか, さきが, さきには, さきを, さびしく高く立っ, ついた奇妙, てっぺん迄, てんぺんに, はづれや天の川, まま落ち, 一本が, 一条件です, 一端に, 一閃, 上から, 上げ下げにも, 上で, 上の, 上へ, 下の, 代りに, 位置を, 元について, 先き, 先と, 先にも, 先は, 先端に, 先端を, 光が, 切り口に, 切先一尺ほどに, 列伍は, 前を, 前進は, 剛から, 割に, 割れ目に, 力で, 力装置の, 勢いで, 味も, 大剣, 大概の, 小口を, 尖きに, 尖へ, 幟が, 弾力も, 彎, 影や, 影を, 手を, 手元一寸挙げれ, 手拭いで, 手拭を, 折れそう, 持ち方, 振動が, 掛る様, 揺れ, 操りが, 操り方, 操作を, 数は, 数乏しき, 斬れ味, 方へ, 方向は, 旗ざをが, 末端に, 柄に, 根の, 根元まで, 樣な, 欲し, 歌松と, 流れ方である, 濡れて, 犠牲に, 白旗が, 着物を, 短かいの, 研究餌の, 神聖を, 穂先に, 穂先は, 穂先ほど, 空, 端が, 竹あり, 竹の, 糸で, 継竿とは, 網を, 脈が, 脈の, 脱れた, 自宅に, 蛇口に, 血を, 観念化でなけれ, 角度は, 話は, 調子に, 調子綸の, 釣竿の, 銘刀を, 鍵へ, 長い影, 長刀が, 長剣が, 長短に対する, 長足らで, 間に, 間を, 陣を, 雫も, 青を, 青天白日旗が, 鞘を, 音が, 頭から, 頭に, 頭にも, 頭へ, 風月に, 風月の, 風月は, 高さ, 高さ十餘丈

▼ 竿~ (123, 8.9%)

7 かけて 2 かかって, ついた提灯, つけて, なって, ひろげて, 掛けて

1 [104件] いたるまで, かかったまま雨, かからんもん, かけた, かけたシート, かけた一枚, かけてから, かけでも, かけながら, かけました, かける, かけること, かけるとき, かけるのに, かけろと, かけ渡して, するから, たくさんの, ついた提灯二, つかまって, つける, つける方法, つないで, とおして, とまった蜻蛉, なれ棒, ぶら下って, ほした細布, ほして, 一服すひ, 上る頃, 中る水面, 乾して, 二尺の, 五色の, 仕かけた槍, 何か, 具ふべき, 匕首を, 及びて, 取っては, 取りすがって, 取りすがること, 取りつけて, 垂れ理想, 夕陽が, 太い縄, 干されるため, 干した洗濯物, 干しつらね, 干す, 引かかつて, 引っかけて, 引つ掛つたの, 当たりが, 当時の, 懸けて, 懸けてから, 手を, 手答えが, 投網に, 持って, 掛かった, 掛けさせければ, 掛け上部, 掛け水気, 斬け, 最初の, 梟けられ, 梯子を, 横たへ, 残月の, 気が付かなかったの, 注意しました, 洗ひかけほす, 洗濯物を通して, 浮子下も, 生血の, 着いた小鳥, 着けたる堤燈, 着けられしこと, 石鹸を, 糸に, 結びつけた破れた曳網, 結びつけて, 縛りつけたまま, 至っても, 草を, 菱が, 落して, 蝋燭幾本か, 襁褓が, 見えずに, 見入って, 貫きて, 通して, 通しも, 通す葛子, 通って, 釣りて, 附いた壁土, 高尾小, 魚が, 鶏の

▼ 竿~ (70, 5.1%)

2 その中, ハタキ落とされた, 倫糸も, 弁信の, 水を

1 [60件] うち落し, その頭, その鶏, たたかれる時, つきかけて, つつく音, はっしと打つ, ぶっ込み, めった打ちに, 丁度釣れます, 下の, 何百円何千円という, 作つた鍵の, 先がかりで, 割合に, 叩き落さうとして, 叩き落し, 吊し四十九日, 嚇か, 囮鮎を, 地上へた, 地面を, 夜釣りを, 大きな鮎, 大魚, 孔雀を, 實を, 岸へ, 川底を, 憐れな, 打ち落したり, 打つか, 押したり, 押して, 押し戻そうと, 掻き回して, 星を, 木綿糸一銭に, 欄干を, 水面を, 浮子下も, 潮の, 眼を, 突いたやう, 突く鉤, 突っぱれえっ, 組立てたもの, 結構である, 老女の, 舟を, 落しました, 蜻蛉を, 蠅を, 西陽に, 追いかけられるその, 追い廻された猫, 連ねて, 釣りを, 鰹を, 鱚を

▼ 竿~ (70, 5.1%)

2 こっちに, ハア古い

1 [66件] ありませんと, お前が, こちらに, どこへ, ぽたりと, まだまだキリ, もとよりそこ, ズイと, 一丈一尺が, 一本に, 七八尺, 七八尺から, 三間でも, 二本継の, 二間か, 二間の, 二間半か, 二間半から, 二間半七尺の, 何様な, 六間半以上でない, 兵馬の, 半ばより, 取り直されて, 右向き左向き縦隊横隊を, 夏祭りの, 大いに彎曲, 宙を, 家臣の, 寸一寸と, 幅五六寸も, 幾百といふ, 弓なし, 弓状に, 忠明の, 恐ろしい死物狂い, 愉快でない, 折りたたむと, 折れずに, 持たせなかったが, 持って, 日本の, 月の, 極めてやわらかい, 水の上に, 浮子の, 瀬の, 瀬頭へ, 物凄いもの, 用いません糸, 短いもの, 穂先だけ, 空に, 突進し, 竿に, 簡單に, 米友の, 絲が, 若鮎竿として, 苫裏に, 薮から, 重みで, 釣人が, 長くても, 間という, 鮎を

▼ 竿~ (64, 4.6%)

2 手に, 立って

1 [60件] あって, あの草色, ありましたから, あるか, あるん, いちばんい, おまえの, かかって, からからと, これまでのは, その屋根屋根, それと共に, たまらない, どっしりと, どツ, ひどく汚れ, ひょいひょい行く, まだまだと, もう一本, やつと, よろしい, わたして, スルスルと, 一本立つ, 三木とも, 三本濡れた, 二本, 傘と, 出せれば, 出て, 出来ました, 動いて, 動き糸, 却, 夜泣きを, 大きく空中, 届かず手, 幾列び, 幾日も, 庭から, 折れた, 束ねて, 水の, 汚れて, 洗濯物で, 浮子と, 満月だ, 満月に, 畑の, 目の, 短か, 短かい, 研に, 突然強い, 立てかけて, 見えだした, 通つてゐ, 長かろう, 長過ぎは, 駄目に

▼ 竿~ (38, 2.7%)

3 が重く

1 [35件] から二十間, から微妙, から竿, から道編, が一尺, が八本, が折れる, が水, が流れ, が達し得ぬ, だけが虚空, で軽く, に感ずる, に縛り, に見入る, に魚, の位置, の動いた, は強く, へ力, へ煽り, へ見入る, をあげ, をあげる, をさらに, をにらみ始める, を動かし, を少し, を弓なり, を引っ張り込む, を抜きあげる, を水中, を流し, を見, を見守った

▼ 竿~ (29, 2.1%)

4 ビクを 2 よぶ大, 糸とを

1 [21件] よぶほど, ビクと, ビクとを, 一しょに, 一緒に, 名づけたる備前鍛冶長光, 女囚のとを, 心中した, 毛鈎を, 称んで, 笠と, 糸が, 糸と, 糸とに, 糸鈎などの, 装置とだに, 道糸と, 針の, 釣り道具も, 錨を, 間違へ

▼ 竿立ち~ (21, 1.5%)

6 になっ 5 になった 2 になる 1 となっ, となった, になつて, になり, に狂い, に脚, の姿勢, 笑止にも

▼ 竿~ (20, 1.4%)

2 餌も

1 [18件] とどきませんでしたが, ぶる, めちゃくちゃだ, もう大分永い, 二間ばかりしか, 仕掛けも, 仕掛も, 使わねば, 届かない梢, 悉く改, 折れよとばかりの, 折れよ旗, 折れるばかり, 此方で, 泣くだろう, 流れて, 糸掛も, 静にて

▼ 竿~ (15, 1.1%)

1 [15件] その他が, ステッキで, 小町糸で, 棒, 櫂で, 竿竹の, 箒を, 紙袋を, 綱に, 網を, 綸鈎の, 背負袋などの, 道具の, 道具を, 馬具や

▼ 竿~ (11, 0.8%)

1 [11件] かけたよう, かけて, かけといて, きた, まわる時, 友釣りの, 手を, 掛けながら, 提灯を, 毛鈎の, 附けて

▼ 竿から~ (9, 0.7%)

1 ぶら下って, 下した青木さん, 下って, 仕掛け餌, 元竿二本, 外された片腕, 手拭を, 腕に, 長くて

▼ 竿~ (7, 0.5%)

1 から目だたない, かわからない, しかし私, つてとどき, なそして, よ, 大分金目の

▼ 竿~ (7, 0.5%)

1 にかけて次, は鋭く, より上, をちょっと何とか, を取っ, を掴ん, を握っ

▼ 竿にかけて~ (6, 0.4%)

1 ひろげながら, 乾したり, 干す, 干す洗濯物, 紡ぐもの, 置くと

▼ 竿入れ~ (6, 0.4%)

2 をした 1 だけでも, に役人衆, やらかそうてん, 仰せつけられる段

▼ 竿では~ (5, 0.4%)

1 わんどの, 其処に, 此処では, 真白な, 赤い鯛

▼ 竿にも~ (5, 0.4%)

1 たれて, なって, 伜の, 同じこと, 大きな鮎

▼ 竿だけ~ (4, 0.3%)

1 でこれ, 持って, 窓から, 貸して

▼ 竿という~ (4, 0.3%)

1 ものの, ものは, 名が, 名称の

▼ 竿持ち~ (4, 0.3%)

2 空に 1 が中, 盆踊りの

▼ 竿~ (3, 0.2%)

1 なんかある, 丸太を, 見極めの

▼ 竿でも~ (3, 0.2%)

1 担ぎ出して, 振るよう, 馬鹿に

▼ 竿とは~ (3, 0.2%)

1 しがたし, よく銘, 竹で

▼ 竿など~ (3, 0.2%)

1 いふやう, 余り感心出来ぬ, 小さな物

▼ 竿にて~ (3, 0.2%)

1 しかも玉網, 押すべし, 水面を

▼ 竿には~ (3, 0.2%)

1 洗濯した, 短いし, 針と

▼ 竿より~ (3, 0.2%)

1 たくさんの, 五寸乃至, 勝りましょう

▼ 竿二本~ (3, 0.2%)

1 と仕掛け, を抜き去っ, を返す

▼ 竿先三尺~ (3, 0.2%)

1 の附き, の附合ひで, の附合ひといふ奴

▼ 竿~ (3, 0.2%)

1 などという飾り物, などはすでに, を點

▼ 竿ごと引~ (2, 0.1%)

2 寄せられて

▼ 竿さし~ (2, 0.1%)

1 ている, や届く

▼ 竿だけは~ (2, 0.1%)

1 上から, 貰ふよ

▼ 竿とが~ (2, 0.1%)

1 置いて, 轉がり

▼ 竿とり~ (2, 0.1%)

1 に探りみるべく, を頼む

▼ 竿なんぞ~ (2, 0.1%)

1 持つて, 持ツて

▼ 竿よりも~ (2, 0.1%)

1 三四尺短く, 太いぐらい

▼ 竿~ (2, 0.1%)

1 が扱い, より一尺

▼ 竿以外~ (2, 0.1%)

1 に八日塔, の綸その他

▼ 竿入れ中止~ (2, 0.1%)

2 の運動

▼ 竿~ (2, 0.1%)

1 につく, は

▼ 竿~ (2, 0.1%)

2 にでもなり

▼ 竿持つ~ (2, 0.1%)

2 て來

▼ 竿持てる~ (2, 0.1%)

1 人々, 者には

▼ 竿持ツ~ (2, 0.1%)

1 て来, て来る

▼ 竿架棚~ (2, 0.1%)

1 の上, を指し

▼ 竿納め~ (2, 0.1%)

2 としよう

▼ 竿~ (2, 0.1%)

2 もやがて

▼1* [100件]

竿あり我が拙き, 竿あるか, 竿あれば我, 竿おし舵とりて, 竿かけわたし, 竿かの幟が, 竿がまん圓くたわん, 竿ぐるみ磧の若草, 竿さえひっかついで, 竿さきを立て, 竿さばきを眺めた, 竿さばき鮮やかな父, 竿すでに翌日の, 竿すなわち乗り合い馬車の, 竿それを身, 竿たかく錦の, 竿だけに溺死ぬ, 竿だけをつかんで, 竿だの木銃だ, 竿つっぱって倉皇, 竿であるがその, 竿ですぜ, 竿でなければ届かない, 竿とか鍋敷板とかいう, 竿として我が意, 竿とて呉竹の, 竿とを引離して, 竿なしの花, 竿なし好し捉ふる, 竿などは携えては, 竿などを振廻して, 竿なら右の, 竿なりの先の, 竿なんかでは, 竿なんぞも本当はいけない, 竿なんぞを持って, 竿になつて立ちの, 竿によって整枝された, 竿に対して油然として, 竿ばかりちょろちょろと, 竿ばかりの繊竹の, 竿をにぎつている, 竿を以て墨坂の, 竿ビクそして手ヌグイ包み, 竿擁シテ以テ己レガ任トナスと, 竿一パイに掛け連ね, 竿一本を抽, 竿一本肩にかけ安土, 竿一杯鈎素は四寸五分, 竿三四尺短くつける, 竿三四本を用意, 竿三本を縛りつけ, 竿三竿ばかりちょろちょろ, 竿に掲ぐ, 竿上りの芸人, 竿丞相府の各, 竿二間半ほどある, 竿使ふ身振り, 竿先竿先から竿, 竿全体が円く, 竿全部がそれ, 竿六繩鎖鉤長い竿, 竿其のま, 竿剥き出しにし, 竿台ふきのため, 竿を忘れかねる, 竿多く最太い, 竿ニシテ葉小ク図画ニ宜, 竿子忠綱を突き出す, 竿子忠綱月光を突, 竿だとて, 竿川幅はおよそ, 竿の方, 竿引張釣浮釣船に, 竿にした, 竿手荒につかう, 竿明神樣の森, 竿を五本, 竿横ざまに携え, 竿止めに菊綴ぢ風, 竿に船, 竿汚しの名人, 竿摩戞し, 竿短い竿三四本を, 竿石筆架石などという名前, 竿になり, 竿競漕新聞紙の袋, 竿竸漕では一着, 竿竿の先, 竿が恰も, 竿をのばし, 竿で沢山, 竿が部将たち, 竿にさげる, 竿薄皮餅三十茶十九杯をあおっ, 竿蜻蛉釣りの竿, 竿道糸を竿丈, 竿ともよぶ, 竿釣りの焦点, 竿は一丈三尺