青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「端~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~立場 立場~ ~立派 立派~ ~竜 竜~ 章~ 童~ 童子~ ~端
端~
競争~ ~竹 竹~ 竿~ ~笑 笑~ ~笑い 笑い~ 笑い声~ ~笑う

「端~」 6989, 76ppm, 1492位

▼ 端~ (1517, 21.7%)

64 腰を 23 立って 18 出て 12 手を 11 腰かけて 10 立つて 8 坐って, 腰掛けて 7 置いて 6 あった, いたるまで, かかって, 両手を 5 なって, 出た, 書いて, 足を 4 あって, ある, 上って, 並んで, 出で, 旋風を, 来て, 着いて, 至るまで, 近いところ

3 [15件] あるの, あるもの, おいた, して, すわって, ついたが, のぼって, 上るの, 佇んで, 何か, 出る, 出ると, 添ふ, 立った, 載せて

2 [78件] あったの, あらわれた, ありました, ある二階, いた, いるの, いる女, しゃがんで, しや, その盆, ちよつと, ちよんと, ちらと, ついて, つかまって, つまずいて, ねむる人, のせた, のって, のぼった, ソッと, 一つの, 一人の, 一本の, 上るよう, 世話を, 両肱, 乗せて, 二人の, 伊豆の, 住んで, 倒れて, 加えて, 向って, 坊主頭が, 坐りながら, 女の, 弁ず, 当たる, 当って, 当る長椅子, 彼は, 微笑を, 日ざし頼め, 椅子を, 横に, 次の, 残って, 沿うて, 消えたとき, 添う鋪道, 澄み切つて, 火を, 生えて, 番頭らしい, 白い何物, 白い泡, 着きまして, 突き離されること, 立つと, 紙片を, 縛つてある, 置かれて, 置く, 腰かけた, 腰かけました, 臨みつつ, 行って, 袖も, 親の, 触るよう, 質屋渡世で, 越して, 身を, 載せた, 迫れる也, 進み過ぎて, 額を

1 [1071件 抜粋] あぐらを, あったお, あったならこの, あった道六神, あつて, あてがったところが, あらわれて, あり, あり学校, あるこ, あるグラディアトゥール, あるホテル, ある一つ, ある下駄箱, ある共同井戸, ある剣崎灯台, ある叔母, ある古ぼけた浮桟橋, ある大きい, ある小さい, ある日本間, ある此, ある港, ある猟人, ある篠竹, ある赤城, ある金剛寺, ある雑貨店, ある青薙山, あわよくば栄三郎, いたが, いたり, いた一人, いた左官頭, いた浴衣がけ, いた稲田大炊助, いた老人, いちばん近い, いまの, いるその, いる会員, いる柳, いる編笠, うずくまって, うづく, うるさくのぼっ, おじぎを, おとなしやかな, お加え下さい, お岩, かかったであろうし, かかるあるいは, かかるのみ, かけたかと, かけ肩, かたまりあった, くくりつけ歩きながら, くっ付いて, ぐつしよりとつけて凭れた, ことり, この道誉, こんなに強い, こんな穴, さし俯向, さし加, しがみついて, しっかり縋った, しゃがみこんで, すこうし, すでに柱場, ずらっと, そって, そのこと, その他の, その背中, それが, それだけ鮮, たたずんで, ただ一脚だけ, たつ行跡, だっこされ, ちょこなんと平, ついた太い, ついてる毛糸, つかまると, つくには, つくらんで, つけた真珠, つつましく立つ, つるした色鮮, でんと, とどまるものこれ, とびだして, とりついて, なった所, なつた, ならんで, なりとも, なると, のこして, のこのこと, のせる, のぼせられるよう, のぼった悪, のぼりだすと, のぼり退屈, のぼるという, のり出して, はっとした, ひき上げて, ひょっこり百姓男, ぴたりと, ふるえて, ぶつけて, ぶらさげたかったの, ぶらんこの, ぶら下げられた奴, べったりインク, ぼんやりと, ぽッつり, また高い, もと夜を, よう名の, よろめき出て, わらひ, ゐる小さい, アカイアの, アラビヤ護謨で, カトリックの, キラキラと, スラスラと, トントンと, ニジリ出した, ハンケチを, ハンモックを, バッタリ両手を, ピタリと, ヘクトール, マンサルドの, ヤクあるいは, ルブラン氏と, 一つかけ離れ, 一人前の, 一寸した, 一息し, 一条の, 一筋キラキラ, 一軒の, 七八つ位の, 上せたが, 上った, 上ったの, 上らないで, 上らなければ, 上りしこの, 上り世, 上るばかり, 下って, 不思議にも, 両足を, 並べて, 乗りあげて, 乗り出すと, 乳が, 二三滴の, 二時間ばかり, 五色の, 亘る弧線, 人跡絶えし, 仁王立と, 付いた瓢箪, 付けたボタン, 仮御所, 伏せた, 伏せる鰐, 会したという, 伸ばすと, 位する鳳凰山塊, 低いが, 住みあまり, 体を, 侍坐し, 便器が, 信吉と, 偶遭うた, 僻在し, 入れるかも, 内側の, 凭りかかっ, 出しては, 出たもの, 出ては, 出ること, 出る花穂, 到るまで, 刺した一本, 剃刀を, 割りこんだの, 加えられましたから, 加へて, 加わって, 加わる以上, 包みて, 十一二の, 十字架を, 千兩箱を, 半分海の, 卵形の, 叔父さんという, 取るに, 口を, 古釘, 可愛らしい足, 吉里は, 吊り下げて, 名も, 向うむき, 向ひました, 吸いつけて, 吹きながら, 吾が, 品よく, 喧しく取上げられ始めた, 喰い付いて, 因て, 固くなった, 圓い, 在って, 在り, 坐して, 坐った於通, 坐つた時, 坐りなおして, 坐る, 坐わり醉つて, 埋めて, 声を, 多分装飾, 大きな毛, 大きな石造二階建, 大きな紡ぎ, 大向ふから, 大層な, 大胡坐, 好きな, 子供帽子が, 孤立し, 宏壮な, 家を, 寄った所, 富士を, 寝て, 小さい雑木, 小さく南, 小さな滴, 小さな足型, 小刀を, 小高く堆積, 少女の, 尾い, 居た中年, 居た小豆色, 居るから, 居る女, 川から, 巨大な, 師事した, 幅廣く, 平伏したる齋藤茂頼, 広まらぬよう, 序文の, 座って, 廻って, 引つ掛けた妙, 引ッ掛っ, 当った, 影の, 往くやいなや, 待構へ, 微な, 必要あっ, 想像さ, 感じて, 懸かって, 懸けられて, 扇風機の, 打解けたよう, 投げ出された毛脛, 押しつけられて, 括り付けられし事, 持ちかえた, 持って, 持行け, 据えて, 据わって, 掛からせるに, 掛かる様, 掛けた新吉, 掛け綴り, 掛って, 接吻した, 掻込ん, 描いて, 提げて, 摘み上げて, 支いて, 文人バルザツクの, 斯く詠じ, 於ても, 旗を, 星一つ水に, 時によ, 曲尺を, 書いたの, 書きとめたの, 書き止めて, 書き送った歌, 書留めた腹案, 本國, 杖を, 松平元康も, 校長が, 梁が, 構えて, 横はり, 止まったり, 歩み寄って, 歪んで, 水仙の, 汚れた風呂敷, 沿い桜田門, 沿い行き, 沿つて空と, 泡を, 泣きに, 洩らすこと, 浅く掛け, 浮べながら, 涼んで, 添う道, 湯が, 漂わせた, 漫歩遊観を, 点けた, 焦り焦り, 燈火が, 片よせ, 片膝, 現わ, 生ひたる, 生物の, 町道場を, 畏まった, 當り, 病院の, 登場, 百姓家の, 皿を, 相集り, 真珠を, 眼鏡を, 着かんと, 着きましたけれども, 石地蔵が, 破硝子, 磯節で, 神代杉の, 私たちを, 種々の, 積んだ, 突っ立ち, 突つ立つた, 突然現われ, 窮つてゐた, 立たねば, 立ち, 立ちて, 立ち出, 立ち留りただ, 立ったレヴェズ, 立った感じ, 立っては, 立ってるあの大きな, 立ってる一人, 立つた街燈, 立つ煙, 立て, 立停, 竦りつ, 端然と腰, 簇集し, 糸杉の, 紐を, 紫色の, 細さ, 終って, 結いつけて, 結びつけて, 続がりました, 縋って, 繋がれたお, 織出した, 置いた木製, 置かれたん, 置かれ麾下, 置き列べさせて, 置き手巾, 置くよう, 罷來, 群集し, 羽を, 聖者風の, 聞こえ始めると, 聳えてるサラディン, 胡弓月琴銅鑼などを, 脱ぎ棄ててなかった, 腰か, 腰かければ, 腰も, 腰掛けると, 膝を, 至つて一行は, 至るまでが, 花筵の, 茨の, 草刈り鎌を, 落ちて, 薄気味悪いワラヒ, 藁で, 螫が, 螯を, 行き, 行くにつれ, 行つてそこの, 衝立つて大きな, 袖を, 裸火の, 見えたとは, 見えるシベリヤ, 見積つても, 視線を, 角板が, 触れただけ, 触れたので, 触れました, 触角の, 觸れさせる, 認めて, 負えねえやつ, 赤い布, 走り寄っ, 足音が, 跫然たる, 踏み込んで, 躊ゆたう, 載って, 辿りついて, 近い或, 近い旗亭, 近い浜町, 近くほんの, 近く居た, 近づくに, 近頃新開, 迫るを, 迷いました, 這い寄るもの, 通用門, 進み過ぎた背, 運び出しあの, 過ぎないの, 達して, 遠慮し, 酒を, 重たく感じる, 重曹の, 金額が, 鈴を, 鉤の, 銛を, 長屋住居を, 閃いて, 附いて, 随身し, 障子腰から, 集った, 集まるん, 雲が, 霾る, 鞄を, 顔の, 飛んで, 馬と, 駅長か, 高いびきで, 高く聳え立っ, 鶴の, 黐を, 黒い紗, 黙然と疲れる

▼ 端~ (1027, 14.7%)

21 発して 16 持って 11 歩いて 10 口に 6 つかんで, 持つて, 見せて 5 もって, グイと, 掴んで 4 つまんで, 左の, 発したの, 発しましたの

3 [18件] だらりと, ギュッと, 借りて, 割るべきか, 向うから, 啓き, 垂らして, 手で, 手に, 折って, 指で, 掴んだ, 握って, 散歩し, 窓の, 自分の, 認む, 通って

2 [54件] かりて, くつつける, しっかりと, ちょいと, つかまえて, つかんだ, にぎって, ひっぱりながら, ひねって, ソッと, チラと, 上げて, 下に, 両手で, 切って, 力委せ, 取って, 右の, 唇に, 啓かしめたり, 啓けり, 圧えた, 塀の, 女の, 孔に, 客の, 少し圍つて青紫蘇, 急いで, 折つてこれは, 折れば, 折返して, 持ち上げる, 持上げて, 捲つて, 掴む二本, 揃えて, 握つて, 摘まんで, 梁の, 歩む, 発したと, 発したもの, 発し二人, 發した, 皺めて, 胸に, 蜈蚣か, 見つけました, 足で, 迷つて居た, 通った, 邪慳に, 開いたの, 開いて

1 [758件 抜粋] あけて, あの塔, あらは, あるく時, いじったり, いたさんか, いばらの, うしなって, おさえ右手, かじった鼠官, かまえ秀吉, からめつけた, かわして, きわめようとして, ぎゅうと撫で, ぎゅっと締め, く, くじいて, くるつと, ぐいと引きさげる, ぐいと引張っ, ぐいと捉えた, こつ, この火鉢, こまかく震わせ, さがさなければ, さぐると, さしていそぐ, さし入れて, さっと捲くられた, さまよ, しきりに気, しっかと圧, しばりつけるの, すごすごと, すすめた, そこに, そっと上げ, そつと, その上, それで, そろえて, たどって, ちぎって, ちょっとゆがめた, ちょっと引い, ちらちら白帆, ちらりと見, つかまへること, つかみできるだけ, つけた, つたって, つねられ, つまぐつた, つまみ上げ函, つまんだまま, とって, とびとびし, どうする, どこか, ながめやると, なして, なすの, のけて, のけると, のぞかせたかと, はじき出してるところ, ばさり, ば下の, ひきさいて, ひきさげて, ひらいた, ひらくに, ひろって, ぴしょぴしょ濡し, ぶらついて, ぶらぶらと, ほおり投げた, ほごすと, ぼくに, まくって, まだ話, むしって, むしり取って, むすんだ, めくって, めくつた, めんどうな, もたげて, もみくしゃに, やさしく髻, やつて, やり直しで, ゆくこと十歩, よごしたよう, わずか拝借, ガンと, キウと, ギュと, グッと, ダラリと, トントンと, バラ撒く, ピシリ, ポンと, 一々あけ, 一つ目橋の, 一ふきし, 一四歩と, 一寸ゆがめた, 一寸跳ね返し, 一尋手繰っ, 一揺り揺り動かせ, 一目見れ, 三尺ばかり, 三度繕い, 上げると, 上で, 上下に, 上被り, 不揃いに, 世相の, 両手に, 両方の, 九四歩と, 二三回あつ, 二三本コッソリと, 付けさせるもの, 仰いだ, 伝って, 伝わり伝わりして, 來て, 俯目に, 入口に, 八葉の, 具えぬから, 内へ, 再び探り得たる, 写生した, 出しやが, 出て, 出窓の, 出立し, 切つては, 切つて拵へて, 切つ放し, 切りこまざいて, 切り出した時, 切り取ったの, 切り放した腰掛, 切り落としたのち, 削つて, 前歯で, 割いて, 割って, 割るぐらい, 割るの, 力の, 動かしたが, 勸化し, 包んで, 半纒ひとりペンキ壺, 占め, 占めしかも, 取つた, 取つて, 口へ, 叩いて, 叩くので, 台所の, 右へ, 右手に, 向ふ, 向側の, 周囲に, 咥え, 咬み裂き濡れ髪, 咬んだまま, 咽喉に, 咽喉へ, 唇へ, 喰ひしめ, 噛みしめながら, 噛みながら, 噛み割かれて, 噛み取ること, 噛んで, 嚴重な, 四ツ谷目ざし, 囲炉裡に, 図書館の, 固く掴ん, 固く結え, 圧へて, 地中に, 執つて馬, 堅く握った, 壓迫する, 外へ, 天空高く, 失い酒, 失ったから, 失ったよう, 寛めた, 寝台の, 少しちぎっ, 少し剥, 少し折っ, 少し持ち添え, 尖らせて, 左右に, 左手で, 左手に, 帯に, 平手で, 廻った処, 廻って, 廻り上野島, 廻ると, 弄し, 弄んで, 弓として, 引いたの, 引いたふう, 引いても, 引きあてて, 引き上げながら, 引き歪めて, 引き裂いて, 引っぱりひっぱりして, 引つかけると, 引つ張つたの, 引上げざまに, 引伏せられた, 引掻き廻すのに, 引掻くよう, 強く引く, 強く引張りました, 影の, 影絵の, 彼は, 往きつ戻りつした, 後ろに, 後生大事に, 心得寛政度触出し, 思ひ切り, 思わず落そう, 急ぎ足で, 手ぐってドンドン, 手にとって, 手繰つて, 承塵, 抑えて, 抓られるばかりが, 投げて, 折った児, 折りながら, 折り腰, 抜けて, 押え付けて, 押え膨らんだ事務服, 押へたり, 拍子木の, 拭き, 拭きながら, 拳で, 拾い上げて, 持ちやや, 持ち他, 持ち右, 持ったか, 持つ鈍器, 指へ, 挟み入れる, 振りて, 捲いて, 捲くつた儘, 捲って, 捲つた夜具, 掃きながら, 掌で, 掠めて, 探りて, 探り出し私, 控鈕の, 推つけた, 掴み新派, 描いた清親, 握りて, 握り袖子, 揺がぬやう確, 揺がぬよう, 摩せる, 撞いて, 撥ね上げて, 撫で廻して, 攀じって, 攫んだと, 支えながら, 支えなければ, 改めて叙述, 放さなかった, 散歩した, 散歩する, 早稲田まで, 明るくする, 景気よく, 曲った男, 本郷に, 杭に, 染める暇, 柔かに, 栄蔵の, 極めたいと, 極めようとて, 横切って, 横撫し, 欠いて, 此に, 歩くかの, 歩くの, 歩く事, 歩く癖, 歩行きましょう, 歪めどうやら, 残されたまま, 氣に, 水中から, 沈没させ, 済ませて, 渡して, 漸く齒, 点々と, 牆の, 牝牛の首に, 王に, 用い召仕, 発きたるもの, 発しがち, 発した, 発したかも, 発したこと, 発したこの, 発したとき, 発したるもの, 発したインテリゲンチャ論, 発した刃風血雨, 発した去年, 発した当日なぞ, 発した日支事変, 発した生産能率, 発した科学, 発してるの, 発しはては, 発しネルソン, 発し今なほ, 発し印度洋太平洋, 発し支那事変, 発し須田房吉, 発すと, 発すると, 発するので, 発するエドモンド・バアク対ラディカルズ, 発する模範的アッパー, 登志子に, 發し, 白い頬, 白きリボン, 皺めながら, 皺めに, 真白に, 真青に, 眼障, 知ること, 確かと, 確と, 示して, 神田橋の, 神経質に, 空に, 突いたこと, 突き抜けて, 立木の, 節穴から, 糸切歯の, 紙の, 結びつけそして, 結わえて, 結んで, 緊めた, 縛つた, 縦に, 繩の, 耳に, 肩から, 膝の, 自ら枝に, 舐めながら, 舐めるよう, 若いお巡り, 莟むようにちょっと啣えて, 薬王師道へ, 藁で, 藤色の, 蘆の, 行こうと, 行ったり, 袋町の, 裂いた, 裂いて, 裂き取りました, 見ずまた, 見せた着物, 見せるよう, 見つけ出した, 見つめて, 見て, 見よ, 見ると, 見る時, 見付けて, 見出して, 見遣ると, 規則正しく噛み取った, 覗いたら見事, 覗かせながら, 解いて, 訪ひ, 語りあったの, 読みかじッ, 貴郎, 貸して, 赤く見せ, 走って, 起されたので, 起しやがって, 踏みながら, 踏み損, 踏んだ, 踏止められ, 車の, 軽く押える, 軽く痙攣, 辿って, 辿り行く骨格, 通し初め, 通ったころ, 通ったん, 通った方, 通つて手に, 通り過ぎると, 通ると, 通るとき, 通るので, 通るよう, 通る人影, 通る時, 進んで, 道を, 違い手へ, 遠くより, 遺したらうと, 重ねて, 銜えて, 銜へて, 鍬の, 長くし, 長く垂らします, 長く腰, 開いたという, 開いた姿, 開きしも, 開きアメリカ, 開き帝国, 開き愚民, 開き終, 開くの, 開くべきか, 開けば, 降り昇り, 隠身寂滅, 隣りの, 離れた, 離れて, 雲が, 雲の, 鞍に, 鞭に, 順にひろげ, 頭で, 頼りない, 顎で, 風鈴草の, 馬に, 駛った, 高々と, 高くお, 高く持ち上げ, 髷の, 鳩時計の

▼ 端~ (956, 13.7%)

44 方に 35 方へ 17 方から 14 ほうに 13 歩を 10 ところに, ほうへ 9 方の 8 方で 7 ように, 方を 5 方は, 柳の, 者が 4 ほうから, 丸屋で, 所に, 方が, 部屋の, 闇を

3 [15件] ところで, ところへ, ほうが, ほうを, ような, 固い処, 家を, 座敷に, 座敷の, 弁天様へ, 方には, 方へは, 方角へ, 歩が, 石の

2 [62件] かたより, さいかちの, ない絲, ほう, ほうの, ほうは, ほのかに, ものは, ロマネスクの, ロープを, 上に, 下邸で, 世話を, 丸屋から, 処に, 切口から, 又五郎は, 土蔵の, 夜景を, 女は, 子供の, 室である, 小屋の, 待合で, 或る, 戸にも, 掛樋へ, 料理屋なんどの, 方だけを, 方へと, 方三本許り, 春の, 春日重蔵の, 景色を, 暗い部屋, 椅子に, 樋の口といふ, 歩に, 歩突きは, 水練場に, 泥田に, 漁師原には, 父親の, 町は, 白薔薇お, 真中に, 端まで, 緊合せる, 者は, 肱掛椅子から, 肱掛椅子に, 草の, 蔭に, 藍を, 虫も, 近くに, 道には, 酒の, 長椅子に, 障子には, 鹹川に, 鹿野屋の

1 [574件 抜粋] あき茶屋の, あさあけ, あずまや, あまった部分, いちばん大き, おとなしい考, お月様, お月見団子, お杉姐, お鳥目, かけた茶碗, かわいた砂, がゼフリズ, きんたい, くせに, この道, こわれた花柳病, さびしい小家, しるこ屋, すこし離れた, そそけたの, そったもの, そばや, ちらちらする, ですけれど, とこも, ところだ, ところだけ, ところであった, ところは, ところまで, ないよう, ない会釈, ない円, ない感じ, ない態度, はし, は止り木, ふわりと, ほうだけ, ほうまで, まわりを, めくれた古手帳, もあ, ものが, もので, ものには, も一つ, やうな, やう遠い, ゆらげる長き, ゑびす屋で, カッフェーに, カリカチユーリストにな, コップを, サロンラックで, サロンラックという, ジャガいも畑は, テーブルについて, トンネルを, ネオンの, プラグを, ボタンとより, ミルクホールで, メクレ上った, ヴエランダで, ヴォーの, 一つだけは, 一人が, 一人は, 一例を, 一団の, 一団は, 一地點に, 一方は, 一本を, 一本道で, 一枚が, 一畳分の, 一螢よしや, 一軒だけ, 一軒家, 一風景であった, 万盛庵は, 万盛庵万屋山吹藪が, 三宅の, 三宅侯の, 三宅様と, 三帖の, 三畳の, 三県で, 上がった御簾, 上下に, 上座に, 上戰車を, 下に, 下の, 下へ, 下宿で, 下邸に, 下邸跡である, 不思議な, 丘に, 両替屋の, 中に, 串戯だけでも, 事實が, 事物は, 二つ目の, 二州楼へ, 五六人, 交番で, 人は, 人家の, 人家を, 人通り夕暮を, 人間嫌ひと自覚し, 仕度を, 伏見屋で, 住居から, 何とかいう, 倒り, 倒りか, 僅かな, 元柳橋, 入口を, 六畳へ, 写真を, 凖備を, 処々に, 処へ, 処を, 出逢い茶屋, 切つ放し, 切りそろえに, 利くお, 利く女, 前に, 前の, 千鳥ガ淵へ, 卑猥な, 厚い髪, 厭がらせ, 又五郎って, 又五郎つて親仁にも, 反り同じ, 口へ, 古い柳, 古い石碑, 右側の, 名にのみ, 吹雪の, 嘘言一時の, 四畳の, 四畳半へ, 国で, 國, 土手の, 土手際にまで, 地名, 地底より, 埃だらけな, 堀立小屋の, 場棒縞の, 壁の, 変貌, 大きな島, 大きな病院, 大木の, 天井の, 女形を, 女日照り, 妙月庵へ, 孫を, 守田宝丹にも, 客の, 室へ, 室を, 宵暗, 宵闇を, 家は, 家へ, 宿屋川岸屋と, 寂しいしも, 富井の, 寝台から, 小屋者が, 小抽斗, 小料理屋へ, 小板の, 小枝音, 小箪笥, 小耳に, 少しずつ, 尖った, 尖った葉, 居酒屋で, 屋敷へ, 山々が, 岬, 峯, 島に, 崕の, 崖の, 崖下は, 崖路を, 巌の, 川縁に, 川風に, 布を, 師匠の, 席が, 帳場机の, 平地には, 平蕪, 年と, 広い分派瀑, 広い土間, 広漠たる, 度胸あり, 座布団に, 座布団へ, 座敷を, 廊を, 建札に, 建物の, 弁天前を, 張飛だ, 強い江戸ッ子, 往来に, 往来を, 待合にて, 待合の, 御前, 御用聞には, 御自分, 心術, 或国, 所が, 所は, 扉の, 手洗石の, 手配を, 折れ返った表, 括弧を, 拵へを, 捨石の, 掘立小屋, 敷居に, 敷石の, 料理屋の, 料理屋へ, 斜に, 斷れたる, 方だけ, 方だけに, 方だけは, 方である, 方と, 方にだけ, 方にべ, 方まで, 方や, 方他の, 明るい處, 明治座の, 映画場の, 景色などを, 暗い並木道, 暗い寂しい道, 暗い道, 暗礁へ, 最も高い, 有様から, 木平, 木蔭に, 末座まで, 本屋で, 村, 村で, 村田銃其頃流行つた赤い, 東南に, 松が枝曙光を, 松まで, 板羽目の, 果穂に, 枝を, 枯れ柳, 柏島沖の島へも, 柔かい泥, 柳かげを, 柳が, 柳に, 栗の, 桜あぶなし, 桜が, 梅の, 梨の, 業が, 模倣と, 樣子を, 止木の, 歩だった, 歩では, 歩には, 歩は, 歩突きが, 歩突きという, 歩突きを, 歩道では, 歯が, 歳人気取りにな, 残り陽に, 残れるなど, 毒を, 水天髣髴と, 水道の, 水面に, 氷川明神へ, 氷河が, 氷河を, 江島屋といふ, 江島屋の, 江島屋へ, 池の, 洗面が, 流元から, 浮嚢を, 混雑から, 清水の, 温泉も, 港に, 準備を, 溝に, 滝亭鯉丈が, 漆喰の, 漏斗に, 火の, 火打石です, 灯に, 灯を, 為に, 爪を, 父親を, 牛胡頽子の, 牛飼童に, 牡丹が, 独房に, 獨房に, 珈琲の, 琳琅閣本郷の, 環に, 生薬屋丸屋吉兵衛の, 生藥屋, 田畝に, 町に, 町へ, 町まで, 町並の, 番小屋に, 畳に, 畳の, 痛みを, 白く頽, 白土は, 白鷹正宗の, 皮を, 皮膚が, 直真蔭流春日重蔵, 相川のう, 相川へ, 相川新五兵衞の, 相川新五兵衞様の, 相談を, 石が, 石に, 石置場には, 石道を, 砂浜を, 祠が, 福地先生が, 秋の, 穴に, 突角の, 窓際に, 端までは, 端までも, 竹の子で, 箪笥の, 糊を, 素人芝居から, 綴じが, 緑草の, 縁台で, 縁台に, 縫い取りの, 者として, 者に, 者には, 聞込みとが, 胸の, 脳病院に, 自分の, 舗道まで, 舞手は, 船守る, 芋大根の, 芒の, 芝生に, 芥子の, 花, 花入台に, 花園町に, 花屋へ, 花活に, 芸妓かなんかを, 茶店に, 茶店へ, 草に, 草もみじに, 草を, 草叢に, 荒木坂に, 萩の, 葉茶屋に, 葛布を, 蓮の, 蓮玉庵といった, 蓮玉庵も, 蔭から, 藁の, 處に, 螫で, 蟒から, 行かぬ世間知らず, 行き違い, 街は, 裂けた白い, 裏屋は, 裸電灯の, 褄を, 襖を, 西光寺に, 見る目, 言を以て, 話し声は, 調, 調と, 調女の, 調辨等にも, 費用の, 赤い標識柱, 越後に, 路, 軍師が, 輝く銀, 輪に, 辺に, 辺まで, 近所に, 通は, 連中は, 連続だ, 部屋が, 部屋へ, 部屋を, 都電に, 配置に, 酒飲みらしく, 金襴の, 鉛玉が, 鋪道に, 鋭いお前さん, 長四畳, 長男だ, 闇黒に, 防ぎに, 階段を, 障子が, 障子の, 障子を, 隠れ家から, 雨戸の, 雨戸を, 電柱を, 電車に, 電車の, 青森の, 青海小学校に, 青海小学校へ, 頃から, 顏役名取屋の, 顕われた, 顫え, 風景は, 駅に, 髮結の, 鴨居に, 黄鶴楼で, 點滴人の

▼ 端から~ (513, 7.3%)

49 端まで 15 端へ 6 端へと 3 他の, 端までを, 端を, 自分の, 見て, 順々に

2 [23件] それを, のぞいて, 中を, 他方の, 千駄木町に, 口に, 右の, 塀の, 小石が, 数えて, 東に, 此方の, 殴り付けて, 殺して, 端と, 端に, 腰を, 虱潰しに, 見送って, 調べて, 讀んで, 順番に, 顎にかけて

1 [379件] いろいろな, うす青い海面, おれにか, お仰し, お山の, お清, お照, かえると, かれは, ぐるりと, ここまで, こちらへ, こちらまで, こっちの, こっちへ, この寺, こぼれかかる目覚しい, ころりころり日の下開山, こんこんと, しずくを, しぶきが, じっくりと, そのくらいに, その態, その葉, その詰襟, たずねあるきまわりましたが, たずねようと, たれ下がって, だん, ちらちらと, てめえたちの, であつ, とけ吊り下げられて, とって, なぐり倒して, のぞき出した, はいって, はしへ, はじまで, はみ出しずるずる, ひと目を, ぶら下って, へんに, また曲つて四五間, また随意, まっすぐに, まっ蒼, みたらそう, みても, みな干し, やって, れんを, キチキチむすん, グリゴリイ・グリゴーリエ, グルグルと, グルグル巻き付けた, スパナーで, スーツ, ズリ落ち, ソッと, タラタラと, トロトロと, ドンドン縫い合わされ, パツと, ファシズムの, フウと, ポトンポトンと, ポンポンと, マンノー揃え, 一とわたり, 一八郎の, 一冊分丸諳記さ, 一切を, 一尺ばかり, 一尺許り, 一足踏み出す, 一軒ごとに, 丁と打ち, 三四町の, 三四里手前に, 下へ, 下りて, 下を, 下谷の, 下谷方面へ, 不斉, 丘に, 両足を, 中へ, 丹念に, 久慈の, 乗り出しました, 二たび斗満, 二人の, 二番目に, 云うが, 五人目の, 五軒めの, 人が, 仄白く, 今にもぴゅっと水, 今まで, 仕上げて, 付けて, 以前の, 伝わって, 何と, 余して, 余滴が, 來た, 借金だらけなんぢや, 入れはじめました, 八丁堀は, 六フィートほどの, 六ヤード以内の, 其は, 其号令を, 凝結する, 几帳の, 出して, 出た微か, 出て, 出る小さな, 出発した, 出発する, 切通し下へ, 刈りとられる麥麥, 刈り込んで, 刎付け, 刺し殺して, 化け物屋敷の, 半分のぞいた, 半身を, 南は, 南瓜の, 即答さ, 原口さんが, 双つ, 取ってよ, 取つて, 取壊しに, 口の, 古風な, 叩きあげるん, 叩き壞した, 叩っ切っ, 叩っ斬る, 叩落し, 叫んだもの, 台所に, 台湾まで, 名を, 名前を, 向うの, 向こうの, 向ふ, 否定し, 呪い殺そうと, 呼吸しつくす, 品川へ, 品物を, 垂らすよう, 多右衛門, 大きい足, 大工さんが, 奥まで, 奥を, 姿を, 容赦なし, 富士見坂の, 寝台の, 尋ね歩く, 小さな足, 小日向臺へ, 山裾の, 崩して, 川を, 左の, 左京之, 巻いて, 帝大の, 幹と, 店の, 弁天島の, 引き返す途すがら, 引つくく, 怪訝そうに, 慘く, 成仏さし, 手が, 手紙に, 打ちのめして, 投げ込んだ, 投身自殺, 投身自殺を, 押しかけて, 押へて, 抽斗を, 拍子に, 拘引される, 拘束しなく, 振り顧った, 振向いたの, 捜しはじめた, 捨てて, 探偵の, 擧げて, 擬した指, 整理した, 文字が, 新堀を, 新宿下谷本郷の, 新次, 明るみ帆, 映して, 暗い庭先, 更に一里半, 書いちゃ, 書き始めるの, 書き抜くと, 書類を, 最もあでやか, 本郷台へ, 来た客, 東京駅京橋へ, 松の, 枝端へと, 根津の, 機関車が, 此方まで, 武田が, 死刑に, 殺させたけれど, 殺された多く, 殺されなければ, 殺したので, 殺しましたが, 泡を, 泣いて, 洗つて見る, 洩らしました, 洩れるの, 流し出さして, 流れた白い, 涎を, 渋江抽斎の, 減されるやう, 滴る液体, 澗に, 濡れて, 火を, 無限の, 無駄に, 熱心に, 片づけて, 現われて, 生えて, 當つて見てくれ, 當つて見ました, 疊の, 登っては, 登る幾筋, 白い煙, 白い紙, 白蛇の, 盜ま, 直線を, 眞直に, 真っ直ぐに, 真直に, 石段を, 砕けて, 窒息させ, 立つ埃, 端で, 端にかけて, 端にまで, 端までか, 端までが, 端までずつと, 端までで, 端までの, 端までのが, 端までも, 端迄, 築地迄, 簡単な, 籠に, 粘液と, 糸の, 紙片へ, 細いゴム管, 細かく刻む, 細君持ちを, 絶端へ, 続々沖, 続目, 考へて, 聴くの, 胸先上りの, 腐肉を, 良人の, 色を, 芳秋蘭の, 芽を, 茎と, 茶化して, 草地に, 荷の, 落したらよい, 落して, 落ちて, 薄く腰, 虚空に, 血の, 血祭りに, 裁判し, 裏の, 裸体に, 褒めた, 西は, 見えた, 見えて, 見たならば, 見ては, 見まもった, 見ると, 見渡すと, 見附の, 覗かしたが, 覗くと, 解いて, 訊かせるん, 訊きかえした, 訊ねて, 記憶の, 誤譯, 読みあげられて, 調べるわけ, 調べ上げ, 調所の, 調査に, 諭した, 貴女の, 起こった, 起ちかけた, 踏んで, 蹴ちらして, 身の上を, 車止の, 辷らせるよう, 辷り出して, 迷宮に, 逃がして, 逐い出そうと, 通り抜けながら, 遠く沖, 遠のいた, 部分的に, 醤油を, 鉄砲の, 鎌を, 長い裾, 開けて, 陰々たる, 集める事, 雇人を, 離家と, 雲と, 電車へ, 順々の, 順に戸毎, 頭近く, 飛びだして, 首を, 駆け出して, 骨を, 鼠色の

▼ 端~ (314, 4.5%)

27 出て 12 腰を 11 出た 6 来て 5 出ると, 寄って, 来た, 行って 4 持って 3 口を, 手を

2 [11件] おりて, かけて, さうし, 上って, 來た, 往って, 指を, 歩いて, 窮屈に, 行くと, 身を

1 [206件] あがった, いくども, いつて, おいた編笠, おいて, お加え下されよう, かかるグーッ, かかろうと, かけた手, かけては, かけると, きて, ごろ寝し, さし置いた, せせこましく追いこまれ, そのしごき, それを, たという, ちょいちょいと, つけ蝋細工, つなぎ合わし, でたが, とぶよう, どぶん, なすって, にじり入って, のせ悠くり一杯, のぞき四十九本, はいだして, はって, はらりと溢れた, ぶら下げてや, ぽんと, まるめ込んで, むすびつけられたの, もう一個, もう一歩, よぢ, よると, よろけて, ゴロリと, ブラリと, 一人づつつ張り込ませ, 一寸手を, 一寸書きつけ, 一直線に, 一足飛びあの, 上がった人影, 上った時, 上らずに, 下る, 両手を, 乗りかかるよう, 二人は, 仰向いた顔, 何やら書, 倒れる処, 僅かに, 出すこと, 出たが, 出たころ, 出たとき, 出たの, 出た頃, 出でぬ, 出ました, 出ようそして, 出ようと, 出ようとも, 出るの, 出るまでの, 出るまでを, 出る近, 出掛けて, 包んで, 十円札を, 千鳥と, 去った, 参りまするが, 参るだろう参る時, 向けて, 向った, 吹通す, 坐って, 大番頭, 天斧の, 宿りました, 寄せ掛けて, 寄せ間, 寄ったあたり, 寄り合って, 寄れっ, 寐たり, 小さくた, 小次郎は, 川辺みさ子という, 差しか, 差押く, 引きあげた, 引き返した, 引っ越されました, 引返して, 忍び出た, 急いで, 戻ってから, 投げ出すぞ, 括つて來, 括つて兵兒帶, 括れる丈, 斬りつけた, 暗号の, 書きとどめた偶詠, 書留め, 木柵を, 杖を, 来たの, 来た草心尼, 来るので, 杯が, 松五郎が, 松五郎を, 歩いた, 歩み寄って, 歴々と, 段々と, 水を, 水をのみに, 沫を, 火を, 煙草盆を, 片手を, 眼を, 着いたやう, 着きました, 着けた, 着して, 移した, 突出された, 突込んで, 立ち上って, 立った, 立って, 立つと, 立上っ, 立帰りました, 笑くぼ, 簡単に, 納戸から, 絡んで, 続けさま, 縛り他, 置いた, 置いて, 肱を, 胡坐を, 胡座を, 腰かけた, 膝から, 臀を, 自分も, 船は, 薦を, 藁を, 行きついた警官, 行き手足, 行く事, 行った, 行ったが, 行つて縮毛の, 行つて見よう, 行つて覗いた, 衛門督の, 袖摺れ, 訪ねて, 貫ぬい, 走りだして, 越した爺, 越して, 越してから, 越すまでは, 身内の, 転げ出た, 辷ると, 近ぢ, 近づくと, 退いた, 逃げ駕籠, 連る, 連れて, 達するため, 避って, 降りて, 集まった屋根, 頤を, 顔を, 顕われる, 飛びの, 飛びます, 飛び出して, 飛んだ, 飛んだの, 馬なれ, 駆けて, 駆つけたは, 駈込むと, 鴉が

▼ 端~ (261, 3.7%)

5 ない 3 ある, 下に, 見えて, 見える, 覗いて 2 きつと, のぞいて, みえた, 天に, 渠の, 私の

1 [229件] いまだにしっとりと, いよいよ尖り出し, いんこう, お縒れ, きに, こわばって, こッそり夜遊びに, ございません此処, ござらんからねえ, ささくれたよう, ささくれ始めた第, しっかりと, しわ一つなく, すこしきれた, すこし動いた, すこし動き, すじかいに, すりきれて, その右, その時, その目的, それである, それを, だらだらと, だんだん濃く, ちらりと光っ, ちらりと見えた, ないから, ないの, ないよう, なかった, なかつた, なくて, なぜな, ねえので, のぞきだして, ぴゅっと水面を, ふうわりと, ふさ, ぶらぶら揺れ, ぺろ, ほんのすこし, まとまる時, ゴトリと, ゴム紐で, スルリと, タラリと, チラチラと, チラッと, ヒラヒラと, ベッドに, ポッケットに, ワナワナと, 一つたたまれ, 一二本ポロリ, 一人として, 一所に, 一片か, 一番磁力が, 一畳板敷に, 三分五分欠けたら, 三枚見え, 上りはじめて, 下が, 下がってる釘, 与惣次の, 乾かないうち, 二寸許り, 二本並ん, 五六寸ばかり, 人間の, 伸子の, 側の, 僅か内側, 光った, 全く地平線, 共通した, 其処に, 円形の, 冷たく触れた, 出て, 出る, 切り落して, 利き過ぎるやう, 劉家の, 動いた, 半分ほど, 危うくサドル, 口火を, 右の, 右手に, 右手の, 向ふ, 吹き散らされると, 咽喉に, 地の, 地平線に, 坐って, 垂れ下って, 垂れ見えて, 夕陽に, 外の, 外輪に, 大西氏の, 太陽の, 小さく破られ, 少しずつ, 少しめくれ, 少し倒れた, 少し白く, 少し縊れ, 少し縒れた, 少し開い, 居さ, 届きそう, 巨木の, 巻きくずれて, 席を, 広い尾根, 広く成っ, 引けるわけ, 引掛かり, 強く相手, 彼の, 径十一インチ広い, 思うほど, 思わず頸, 手垢と, 手洗場に, 折れたので, 押し寄せて, 拔け, 指輪の, 揺れたの, 摩れ損じて, 擦れ合っては, 敵に, 有るか, 村の, 杓子の, 来る位置, 格子の, 棒頭の, 棘の, 横ざまに, 横手の, 欠けて, 欠けると, 止つてゐる, 歯車の, 水について, 水の, 沢山残っ, 洗濯した, 海に, 渓流に, 濡れる位, 無いので, 無いまで, 無いやう, 無である, 現われたが, 畳を, 痙攣し, 発達し, 白い飛沫, 白くな, 白く流れ出し, 皆外の, 直ちにばったりと, 真っ赤に, 真珠の, 真白に, 眼を, 眼瞼の, 眼近に, 突き出て, 竜の, 細い絲, 緑盤へ, 縁を, 耳の, 胸の, 蛍火の, 行っても, 行詰りに, 裾に, 襟に, 見えかねる, 見えそれから, 見えた, 見えた手紙, 見えてを, 見えない, 見えなくなったところ, 見えるで, 見えるもん, 見える外, 見え出した, 解けたしどけない, 触れた, 触れた痕, 触れると, 谷の, 赤い切, 踏みにじられて, 載って, 輪に, 辛うじて四つ, 遊離端の, 道より, 野馬の, 釣上った, 釣上つた, 鋳型彫, 錻力で, 青いカシミヤ, 靡いて, 頭巾に, 顕れた其処, 飛びました, 飛び出して, 飜へ, 飾りの, 骨の, 高くなっ, 麻の, 黒くふち, 黒髪の

▼ 端~ (258, 3.7%)

5 にある 3 にあ, の, の家, の橋, の水汲場, の街道, まで出

2 [16件] から舟綱橋, に, には空屋, に向い, に当る, の一軒, の並木, の土橋, の小, の小高い, の居酒屋, の方, の第, の飾屋, まで走っ, 下の

1 [200件] あたりからの, からすぐ, からは燈火一つ, から一二丁, から三四町, から伝わっ, から再, から又, から山蔭, から狭い, から荒川, から西, から農園, から野, から青い, がその, だの遠く, て横井, でチベット, で待っ, どぶ, にあたる下屋廂, にあっ, にあつ, にあり, にこの, になった, になる, には他, には八つ手, には各, には柳, には父親, には由良, には荷馬車, にひかえ, にひらひら, にガアド, にグラント将軍, にチョーセン, に人力車屋, に六畳, に出, に客待ち, に宿ったです, に寄つて, に屯, に川, に庄屋, に当っ, に忽然吉原遊廓, に怪しき, に旅, に暮らし, に月光, に来かかります, に桜, に橋, に消え, に涯, に無惨, に現われた, に白い, に祥雲寺, に立っ, に立て, に若様, に藍色, に行っ, に見える, に見出された, に近い, に近かっ, に雑木林, に馬立ち, のいず, のうらぶれた, のその, のつまらない, のなまず橋, のわびしい安, のカフエー, のガード, の一つ, の一箇処, の三つ, の仕立屋タマーラ, の休み茶屋, の低地帯, の佗びしい浪宅へ, の停車場, の僻村, の十三号, の塩屋, の大川, の字地蔵, の小さな, の屋台, の山峡, の山際, の岬, の広間, の撞木橋, の断崖, の昂奮, の時折, の景色, の智恵子, の智惠子, の月見ヶ丘, の月見草, の月輪, の有名, の材木, の松並木, の松山, の柏, の柱, の植木屋, の民家, の河ば, の河堤, の河添い, の沼岸, の泡盛屋, の海岸, の溝, の煮, の畑, の監獄, の社殿, の神楽堂, の空屋, の自動車, の花田橋, の茶店, の街道筋, の親, の蹴, の辻, の辻堂, の道ばた, の部屋, の里方, の野原, の鎮守, の陶器工場, の静か, の音田, の駅, の高台, の黒い, の黒っぽい, はそれでもなお, はもう, は堤防, は大抵, は広い, へなんか来ない, へ出ます, へ出る, へ向っ, へ宮, へ息, へ走り行く, までかかっ, までそうして, までのろ, まで参ります, まで引ッ, まで彼, まで新九郎, まで来た, まで来る, まで歩い, まで母, まで氷河, まで行く, まで行つて月, まで追, まで送っ, まで馬, まで駒, まで駕輿, や問屋場, や河原, をすぎ, をのそのそ, を三角, を何, を歩い, を流れる, を至って, 天満の, 荒川べりの, 西の, 近い権作, 近い權作, 近くな, 頃から

▼ 端~ (232, 3.3%)

6 急に

2 [16件] あつた, 三人の, 人の, 俯向き勝で, 別れた, 居眠りを, 彼は, 散歩し, 日が, 東面すれ, 欲しい雪, 涙を, 目を, 自分の, 話して, 足を

1 [194件] あちこちし, あの無口, あふぐやう, いくら振, おしめを, お京, お便, きいたふう, きつく噛み, ここには, こずりながら, こちらを, こっちは, この辺, ころがしては, こんどは, さぐりさぐりおりて往, しばって, じっとお祈り, すむと, そのかまれた, それが, ちょっと手入れ, できた繊弱, どなって, どんなに蒙, なかなか早速には, はじけて, はじめて露月, ひっくり返ったか, ぼんやり日向ぼつこ, めぐり逢った時, ものを, や文字, ゆるい輪, ようすを, わざと娘, オヤマの, セルゲイの, テントの, テーブルの, ナ, ビシビシ打っ叩い, ピシリピシリと, ピンピン跳ねまわっ, ムク犬の, ローマ民族の, 一人の, 一大事が, 一家にぎやかな, 一寸髑髏, 一日がかりで, 両方に, 乗換え更に, 二つの, 二人の, 互いにかみ合っ, 人が, 人に, 人立ちを, 仕事着の, 会った女, 何んの, 偶然に, 写真を, 凉んで, 出逢ったこと, 出逢った若い, 切断される, 刺されました, 動く者, 口の, 口を, 向うの, 囁けば, 土地の, 埃でも, 大いそぎ, 女を, 女一人に, 如何に, 宙に, 家構への, 寒い外気, 寺に, 小さい藁履, 小指を, 少し反り返っ, 展げたとこを, 幕を, 弥平が, 彫物を, 彼らは, 待って, 御安直, 御食, 息を, 懐中煙草入を, 手を, 扮装に, 押え押えした, 押さえられて, 押さえ寝室, 押さへて, 拭く, 指尖, 掃き散らしながら, 掻きながら, 撥ねられた寝床人形, 整然と受けた, 旅人の, 日くれ, 日光浴を, 明治元年には, 昼寝し, 暁子が, 末の, 杯を, 板が, 柱の, 標準国語を, 欅の, 次が, 止まったと, 止まって, 正に尽ん, 汗を, 沼で, 洗濯を, 浪人者の, 涼んで, 深沢に, 温順く, 牛を, 犬を, 異様な, 百石とか, 真赤に, 眼の, 眼を, 石に, 石見銀山鼠捕り, 神の, 私の, 窓の, 窓掛が, 立話を, 紫蘇飯を, 終るか, 編みかご, 縫物を, 美しくない, 翁は, 老爺と, 肩を, 肩揚げを, 胸と, 腕組を, 自分に, 芋燒え, 茶を, 草鞋を, 荷馬の, 萼花弁雄蕊雌蕊の, 行われる花火, 覆面の, 見るほど, 見事に, 見張りを, 訊かれた, 訊問を, 訣別させた, 話すよう, 誰か, 踊りだす, 踏みとどまって, 軽く笑つて, 軽く鼻, 逢いましたから, 遊んで, 郁子と, 重荷に, 鏡の, 降りて, 青島から, 青年が, 頸ねっこ, 額の, 顔を, 食べて, 髯を, 鳴って, 鳴りはためくの, 鼻の

▼ 端まで~ (193, 2.8%)

8 来て, 行って 5 出て 4 歩いて 3 来ると, 行くと

2 [12件] くると, ごろごろところが, たんねんに, 一列に, 乗り出して, 持って, 行きそれ, 行った, 見通しの, 走り廻りました, 送って, 這い出して

1 [138件] あたしは, あるいて, いくらも, いざり出て, いって, かけ廻って, きたの, そっくり同じ, その上, その生国, それを, たとえば労働者新聞, つらなり四月, でると, とどくはず, のびて, のり出して, ひろがって, ほっつき歩いた, みな励み合っ, めくって, もつれて, もとは, やって来た, ゆっくり旅行, ゆっくり行きつくし, よろけて, ゐざり出でて, ザツと, 一望に, 一杯だ, 一緒に, 一足飛に, 一足飛びに, 上がって, 上した, 下りこれから少し, 下駄という, 二列の, 五千ブラストラグにわたり, 五回走れ, 人類統一の, 全部の, 出かかったが, 出かかった言葉, 出かける家, 出来たり, 割込んで, 加えれば, 十フィート六インチなる, 十二時間見え, 同行し, 吟味し, 哭き悲しんで, 埋めて, 大, 家並を, 寄って, 小児の, 山椒魚は, 平家を, 幾度でも, 引き退って, 引く位, 引張るよう, 弘く, 彼の, 彼らの, 戻りそれからまた, 戻ると, 手ぎれいにされているということを理解した, 押し出された様, 持つて, 掘ること, 探して, 斬り裂かれた傷, 明るく街灯, 来た時, 来ても, 来る, 来る頃, 歩いても, 歩きました, 歩くと, 水を通して, 測つて, 満たして, 溢れるよう, 火ぶくれ, 照らしだされた, 熱心に, 狩りあつめ手勢百七, 画の, 登って, 皆同一, 目を, 直っすぐ, 真白く氷花, 眺めて, 突き刺すよう, 突っ切ると, 笑いさざめいて, 紅殻を, 総計二百何十人という, 聞えた, 背なかを, 蘆が, 行かなかったこと, 行きそこ, 行きルブラン氏, 行き倒れました翌朝我, 行き渡った輪廓, 行くの, 行けるものぢ, 行ったが, 行ったり, 行っても, 行つてそこから, 行つてゐる, 行つて獲る, 行つて見, 見える望遠鏡, 見送って, 見通された, 言葉が, 走って, 走り切って, 転がって, 逃げて, 逃げのびること, 逃げ出して, 連れて, 連続し, 進み出で, 進んで, 金色に, 降りて, 駆け出したので

▼ 端なく~ (137, 2.0%)

4 私は

2 [13件] このひ, もこの, もその, も今日, も彼, 一の, 三個の, 佶屈, 我胸に, 破られた, 私の, 胸に, 超然内閣を

1 [107件] この場, この政事家ら, この文字, この時節, これを, こんな事態, その晩, は進まず, また斯, も, もここ, もこれから, もこんな, もそれ, もわが, も一つ, も一致, も世に, も両人, も中川清秀, も主, も二三ヶ月前, も二十年, も五年前, も今, も今宵成就, も依然として, も南宋, も古, も各, も喰い違った, も土蜘蛛, も大, も天, も奥様, も妾, も彼ら, も彼女, も後日妾, も意外, も意見, も政治家, も昨夜ローマ府, も智恵子, も智惠子, も曝露, も村, も検事, も欧洲大戦, も母, も汽車, も法水, も私, も篠田さん, も英仏その他文明国, も蜀, も衝突, も見え, も見出され, も見出でた, も覚醒, も軍隊, ディグスビイの, ペルリは, 上気した, 世人の, 云ッた, 井戸の, 京都の, 会人無, 其の旧, 其の舊勢力, 其名籍の, 四十年の, 団扇を, 国民と, 声を, 大風の, 彼を, 彼君の, 御邊, 思い出した, 思い起こした事, 思い起こすは, 思ひ出されたの, 思ひ出したの, 想い出した, 憶ひ出されぬ, 我が頭脳, 我頭腦の, 月丸, 東京の, 次の, 江湖の, 漸く江戸, 火鉢に, 独歩花袋両君の, 目礼を, 眼に, 眼を, 自分の, 草鞋の, 藤沢東, 試験といふ, 近藤俊吾さんの, 遥かな, 重箪笥

▼ 端~ (119, 1.7%)

2 無いと

1 [117件] いつのまにかとっぷりと, いま登っ, うるそう, きりりとし, こ, しっとりと, しにも, しまって, すぐ通り, すなわち目前, ずっと湖, その手, その間たえずひらひら, たびたびぴりぴりと, ちょうど兵馬, つい眼, どなたが, な女, また三叉, まつすぐ, もっぱら水主, もはや若葉, やがて十七, やはり地面, わかって, ウーゴモンで, クルディと, サチユーロス祭の, ピンと, ラ・ベル・アリアンスで, 一に, 主人の, 久世山とて, 二十尺ほどの, 仮面に, 倅の, 元々生活, 其の翌朝各自, 円くなり, 刄物で, 刎上り, 前には, 勿論親, 即ち天, 及んで, 口に, 向ふ, 地に, 塞がつて, 大変な, 妙な, 子供の, 寝台の, 山丹に, 島の, 幼い頃, 幾らに, 引っこんどれ, 彼女の, 怪塔から, 才智に, 方向を, 昨夜十二時過, 暗い底, 木の, 材木の, 松林で, 格子の, 桑畑にな, 泉水を, 涼味肌に, 濡れると, 火中に, 特に鮮明, 玄療院の, 疲れた足, 白くなり, 白隱を, 皆な, 皆んな夢中です, 皆一寸一箇所を, 真赤であった, 真赤な, 眼じり, 石を, 石上という, 秩父の, 米六石五斗にしか, 納戸, 紙が, 縁の, 美しい瑠璃色, 腰の, 腰掛に, 舞臺の, 舟に, 舷側に, 茂ったか, 茂った楓, 裾を, 見えても, 見付かりません, 親分の, 賑やかな霞んだ, 越中滑川の, 軍艦に, 近寄ろうと, 遠い火光, 鋏で, 開き一方, 雪が, 雲の, 青々と, 青竜刀で, 顫へ, 黒く濡れ羽色, 黒部の

▼ 端には~ (117, 1.7%)

2 彼の, 物語めいた, 白く泡, 相違ない

1 [109件] いつの間にかシットリ, お書き込み, かような, この貴婦人, して, そんな落書, たいがいある, たいてい模樣, たくさんな, ちょっとした灌木林, なく却って, はくうん, ぶんと, まま真実, もう彌次馬, アーク燈が, オホーツク海の, クリップが, ゴムの, ナイフを, 一塊の, 一羽の, 一軒も, 上らず丹沢山塊, 之を, 人間の, 何物か, 円盤に, 別の, 労働通信員村落通信員が, 十二三戸しか, 危ふく懸れる, 古そう, 古渡り, 夏引今まいり, 大きな塘松, 大抵きまった, 大抵きまつた, 孤格子の, 小さい穴, 小さな硝子, 尠から, 左右ともに, 帽子掛までが, 強い意志, 彌次馬が, 彼が, 得て, 御ていねい, 必ず一人, 性欲が, 怪猫を, 悪縁だ, 手ごろの, 政府の, 最後の, 木の葉などが, 未曾有の, 松の木ばかりが, 柱が, 柵が, 模造の, 残暑の, 母が, 気附かぬ, 氷が, 涼しい夕風, 火熨斗ぐらいの, 焔と, 無恥な, 煉瓦工場が, 猪口や, 環が, 男が, 白いエゴ, 百戦の, 眼の, 神聖な, 穴くらゐあいた, 竜の, 篠田が, 紅で, 線と, 美しい女, 自から, 船で, 花なり, 菅の, 萠黄の, 葉桜ばかりが, 蒼味が, 蓮華の, 蕃書取調所の, 血が, 誰に, 走書, 車百合の, 逃げ去ったはず, 途方も, 違いない, 鉄の, 銅製の, 階段が, 雲を, 青き封蝋, 青桐右の, 馬賊チャップリンかまきりあざらしおでん花王石けん長, 駄菓子の, 黄色い小犬

▼ 端~ (86, 1.2%)

6 を高く 5 して 4 をし 3 揚げて 2 になった, の男, の股引, をした

1 [60件] か何, が一層, し上, し袖, だが, で, でいま逃出, でさ, でてすけとく, でぴたぴた, でリボン, で下駄, で二人, で人, で働い, で出会頭, で出掛け, で吉植, で啣楊枝, で喞筒, で夜逃, で大股, で威勢, で庭, で歩く, で畠, で読本, で駈け, という面白い, という風, にし, にしく, にて向, になつて, に乾物屋, に新しい, に福草履, に頬冠, のまま, のまんま, のメリヤス, の古, の植木, の然, の男一人片手, の腰手拭, の色氣, の褄, の身軽, は丸帯, をおろさず, をおろした, をおろす, をぐるり, を下し, を直し, を致しまし, 上げた着物, 上げて, 薄いノメリ

▼ 端~ (54, 0.8%)

2 なって, なる, 端へ

1 [48件] いえど, いえば, いつしよ, いふでなく其處, いふ所は, くつ, こちらとを, こちらの, こっちの, すると, せし, つなぎあわせた, なす, なりしなるべし, なりました, なる人, なる處, まあいう, コスモスの, ハムを, ベルギーの, 一所に, 云っても, 云ふ, 他の, 南の, 向岡との, 呼んで, 唄うて, 思うて, 思ふに, 手に, 柔らかな, 洗面器の, 生れて, 申すうるさい, 端お, 端で, 端と, 端へは, 端より, 端を, 膝蓋骨の, 茶の間との, 西の, 見くびって, 軸とから, 頬の

▼ 端にも~ (51, 0.7%)

2 正三は, 觸れずし

1 [47件] いわるる程, おのずから其意, お見せ, これを, こんな暗, さわらなかったそう, すぐ小牧以上, その必要, そんな激色, のぼらない先, ふれて, 上ったの, 上らなかった, 上ること, 不愍などは, 乗せずおまけ, 乗って, 人の, 伝わりあそこ, 出る, 判らなくなった, 十分現われ, 及び琉球, 可傷, 同じあかり, 在り, 寄せられなん, 彼には, 心は, 慧鶴の, 掛るアバタ面, 棲んで, 気どられぬこと, 河原の, 注意ぶ, 深い様子, 現われそう, 知られて, 私は, 笑われぐさ, 興味は, 見えなかった, 觸れ, 負えねえ, 顎にも, 顕れて, 驚くほど

▼ 端つこ~ (42, 0.6%)

2 を結ん

1 [40件] からかぞへ始めた, から粗末, が裏側, だけ, に, にある, には不, にほんの, にむすびつけました, に主任, に入れ, に八五郎, に印, に坐, に手代, に相生町坂田屋伜柳吉, に穴, に立つ, に踞んだ, に除け, に麻糸, は俺, は殺された, へ出, まで乘, も掴めません, をちよい, をつまみ上げました, を包んだ, を噛ませ, を引い, を引出した, を持つ, を立木, を絡む, を自分, を見せました, を輪鍵, を鋏, 雜草の

▼ 端近く~ (40, 0.6%)

4 に出 3 ゐざり出て 2 かけて, 出て

1 [29件] いざり出て, でいつ, でも構いませんでしたら, なつた辺, なると, にある, にいた, にじり出, にじり出る, にてはかよう, には円い, には長い, に住む, に出かけまし, に抜かれた, に真っ黒, の沓脱石, へ出まし, へ移した, 一高の, 出でて, 呼んで, 坐して, 坐った呉羽, 学校は, 座って, 座りながら, 来て, 羽毛の

▼ 端~ (35, 0.5%)

2 ない陰口, なさ, のお, 金に, 金を

1 [25件] が些, ないと, ない代り, ない振舞, ない樣子, ない言葉, ない足取り, なき限り, なくも, なしや, のお銭, はつい, も呼びあげ, 勘定, 無い行為, 資本に, 金が, 金じゃ, 金だろう, 金で, 金でも, 金なら, 金の, 金や, 銭の

▼ 端~ (32, 0.5%)

4 の, の母 3 の神女 2 のテチス, のヘーレー

1 [17件] なもの, な姿, な理智, のアテーネー, のヘーレーおの, のヘーレー其時彼, のヘーレー其歩, のヘーレー我, のヘーレー歸, のヘーレー答, の女性, の女神, の息女, の神女ヘーレー勵, の神女ヘーレー高らか, の神妃ヘーレー, の神母近

▼ 端~ (27, 0.4%)

2 ほの

1 [25件] あたらなかった, あったこと, きれいに, ないの, ない心細さ, ない此尖塔, ない階段, なくわ, なく機械的, のぞかぬやつ, ひびかず, 口には, 嘗むる脣, 思ったより, 捜し度いし, 書いては, 残って, 汝よりは, 甘えも, 知らないで, 聞いて, 聞えなかった, 見えなかった, 見えなくなった, 見え初

▼ 端~ (20, 0.3%)

2 生木の, 蝋燭の, 足一騰, 青き瓢

1 [12件] お前先生に, お茶がら, 古俵, 土手の, 大儒元成を, 忙しそう, 真鍮板の, 窓枠や, 菖蒲の, 裾に, 軒下に, 餘分の

▼ 端より~ (19, 0.3%)

2 お供せし

1 [17件] かなたの, これを, 不逞団の, 二行目の, 佐渡ヶ島特に, 参謀本部に, 拔き去り, 来るとも, 焼金の, 白き線, 端に, 端へと, 端を, 起る, 起る角笛, 連に, 離れて

▼ 端れで~ (18, 0.3%)

1 [18件] あが, ただ一軒, は作者, は出, もう叡山, 三四人印バンテンが, 二枚の, 何も, 庭の, 彼は, 最後尾, 桃の, 特別の, 由良の, 秩父境に, 稚内築港の, 西と, 門前の

▼ 端~ (17, 0.2%)

1 [17件] お鳥目, くも, くも人に, しめやかな, のだ, のである, のでした, のでそこ, んじ, んで, 中に, 光の, 声, 女の, 女心の, 白足袋の, 足取り裳を

▼ 端~ (16, 0.2%)

2 から盛ん, 端し

1 [12件] からペスト, から撃ち殺ろせ, から明るん, で獨, に病める, に表した, の並びに, や華やいだ, をお, 事も, 折つて, 折つて解決し

▼ 端でも~ (16, 0.2%)

1 [16件] あたったろうよ, あったらしく請負工事, いい立派, この人, そろ, みんな養っ, わからなかったか, チャンと, ドライヴ, 何か, 平家の, 接吻しよう, 洩らしたの, 裂いたよう, 間違うと, 馬の

▼ 端にまで~ (16, 0.2%)

2 分って

1 [14件] あふれて, その意気, たゆって, のぼるよう, ひろまりました, よく分っ, よく分つ, よく届いた, よく御, わたって, 不幸な, 満ちた, 自分の, 褒美の

▼ 端~ (16, 0.2%)

2 と楽隊

1 [14件] が操作, が櫓, で二三里, に乗る, に曳かれ, に這い上っ, のおそい, の便, の船頭, の釣綱, はセイゼイ廿人, も斧, も海中, を漕い

▼ 端~ (15, 0.2%)

1 [15件] だった, でもさびしい, と云, にいる, のこと, の不入り, の真打, の芸人, の高座, へと落ち込ん, へ出, へ独演会, を取る, を打っ, を打つ

▼ 端~ (14, 0.2%)

5 この方 2 ぽの 1 この二ヶ所, この六疊, この大事, この臍, この雨戸, ぽを, 子が

▼ 端では~ (14, 0.2%)

1 [14件] ありますが, あるが, お目, この前後, まざまざと, 僅に, 子売ろ, 我等の, 新しく建築, 植木で, 気候が, 燃えるよう, 触角を, 誰か

▼ 端へと~ (11, 0.2%)

1 [11件] おのがじし見る, その糸, 上って, 同じ広, 横走り, 歩いた, 滑りました, 物を, 糸の, 見渡した, 飛来飛去し

▼ 端なる~ (10, 0.1%)

1 は栗色, を覚りぬ, シベリアへ, 元柳橋, 往来の, 死人の, 相川の, 相川新五兵衞方へ, 芝辻, 鳥居崎十三州は

▼ 端~ (9, 0.1%)

2 妹の 1 こつちの, 向うの, 塚原の, 彼女らの, 扉口へ, 竹の, 麻を

▼ 端~ (9, 0.1%)

1 から毎日, から風, がその, がゴルフ, が二十歳, つてまさか, という断崖, といふ説, とか斷崖

▼ 端からは~ (8, 0.1%)

2 十丈に 1 ほとんど舞台, 再び大きな, 涎が, 真正面に, 美しい襦袢, 銅管が

▼ 端にでも~ (8, 0.1%)

1 おあやかり申したい, おりおり坐らせて, ぶつつかると, 接吻しよう, 控えて, 書いて, 浴するやう, 針ほどな

▼ 端までが~ (8, 0.1%)

1 あまりに勝ち, その雄弁, どうぞいくさ, 口々に, 小費を, 平均三四円程度であろう, 思いきりな, 急に

▼ 端までも~ (8, 0.1%)

1 射透しぬ, 整然として, 聞えるやう, 見えさ, 送り届け得させたまえ, 通って, 間断なく, 鼻つまみに

▼ 端あたり~ (7, 0.1%)

1 であらう, にはふらふら, に中間奉公, の貸席, は暗し, は矢張り, まで行った

▼ 端という~ (7, 0.1%)

1 こと丈は, ものが, ものは, 奴が, 家の, 所の, 端尖

▼ 端~ (7, 0.1%)

2 なく囀 1 かも知れません, でもなく, なくガラリ, なくバタバタ, に

▼ 端~ (7, 0.1%)

6 の文獻通考 1 の前

▼ 端だけ~ (6, 0.1%)

1 でもの凄く, 出して, 客が, 広いの, 樺色に, 見えて

▼ 端っぽ~ (6, 0.1%)

1 がここ, が開いた, さえ見あたらなかった, で早川氏, を掠め, を覗い

▼ 端づれ~ (6, 0.1%)

2 の広, の広い 1 が高い, の裏道

▼ 端などに~ (6, 0.1%)

1 できるだけ海, ぽつさり, 乗せられて, 余りとらわれるな, 咲いて, 穴を

▼ 端ずれ~ (5, 0.1%)

1 でも, になっ, に白い, は端ずれ, を感ぜしめる

▼ 端~ (5, 0.1%)

1 か, かも端ぢ, か余りに, やお前様, ゆうを

▼ 端とも~ (5, 0.1%)

1 一方の, 思つ, 思はないから, 片の, 申すべき俗世界

▼ 端なら~ (5, 0.1%)

2 誰でも 1 あんたも, その財布, 弁天様の

▼ 端~ (5, 0.1%)

1 ないの, ない声, ない風情, なく顔色, の六銭

▼ 端仲町~ (5, 0.1%)

1 の光明堂, の山城屋, の江島屋, の池, の蛤鍋

▼ 端~ (5, 0.1%)

1 さえあれ, のつい, を中, を示し, を縫い合せる

▼ 端正し~ (5, 0.1%)

4 さを 1 と聞こしめし

▼ 端睨すべ~ (5, 0.1%)

2 からざる中 1 からざる, からざるもの, からざる多様性

▼ 端近く膝行~ (5, 0.1%)

5 り出て

▼ 端した~ (4, 0.1%)

1 天狗で, 金だ, 金で, 金では

▼ 端だけを~ (4, 0.1%)

1 切らせ筑前の, 口笛で, 目当に, 見せて

▼ 端っくれ~ (4, 0.1%)

1 だけあっ, にははいり得よう, の子爵, を而

▼ 端ながら~ (4, 0.1%)

1 二ツ三ツ杖を, 余りな, 判然と, 媚めかしい

▼ 端について~ (4, 0.1%)

1 ずんずんと, ゐる, 槍の, 震えるよう

▼ 端にて~ (4, 0.1%)

1 これより, しとやかに, 吝嗇を, 馬を

▼ 端ばかり~ (4, 0.1%)

1 では, 袖を, 選んで, 黄に

▼ 端へも~ (4, 0.1%)

1 いらっしゃいませんが, たれの, まかり出て, 寄り附きません

▼ 端までを~ (4, 0.1%)

1 いれた大, 一気に読み通し, 暖く, 照らして

▼ 端~ (4, 0.1%)

1 にすぎない, に来, に立っ, をのぞかせた

▼ 端書き~ (4, 0.1%)

1 があまりに, がある, も作者, も添え

▼ 端~ (4, 0.1%)

2 の文句 1 の如き, を教

▼ 端~ (4, 0.1%)

2 になった 1 におかれた, に陥った

▼ 端~ (4, 0.1%)

1 ひすること, わっしゃれ, をし, をした

▼ 端近い~ (4, 0.1%)

1 あたりへ, 女部屋から, 近壁, 革張の

▼ 端からでも~ (3, 0.0%)

1 化けの皮が, 嗅ぎ取って, 新しい人名

▼ 端からも~ (3, 0.0%)

1 一方の, 本山参り, 源氏は

▼ 端とに~ (3, 0.0%)

1 あるという, つかまつて, 一つづ

▼ 端なき~ (3, 0.0%)

1 が如く, ものである, 風情は

▼ 端などを~ (3, 0.0%)

1 我は, 散歩した, 読んで

▼ 端を以て~ (3, 0.0%)

1 惡い, 飮食する, 飮食するあら

▼ 端~ (3, 0.0%)

1 いみじき八角円堂, うつくしき春昼, うつくしき春晝

▼ 端~ (3, 0.0%)

1 に過ぎず, や木戸, を毀たれた

▼ 端妙月庵~ (3, 0.0%)

1 に入った, を襲っ, を襲った

▼ 端微塵~ (3, 0.0%)

1 だぞ, とする, な大敗

▼ 端或は~ (3, 0.0%)

2 此の間に 1 他界への

▼ 端~ (3, 0.0%)

1 にもたれかかっ, へ斬り込んだ, を失

▼ 端~ (3, 0.0%)

2 する能 1 を許さない

▼ 端~ (3, 0.0%)

1 とは人間, の二字, の態

▼ 端~ (3, 0.0%)

2 する勇氣 1 するに

▼ 端近う~ (3, 0.0%)

1 出て, 据ゆる, 控ふれ

▼ 端かけ~ (2, 0.0%)

1 てかえり, て城跡

▼ 端さえ~ (2, 0.0%)

1 めくれあがったり, 片袖

▼ 端しなく~ (2, 0.0%)

1 も宿りし, も東京

▼ 端しも~ (2, 0.0%)

1 なくごたごた, なく劇評

▼ 端たち~ (2, 0.0%)

1 つ, でそれぞれ

▼ 端だけに~ (2, 0.0%)

1 学問には, 觸れる

▼ 端ちかく~ (2, 0.0%)

1 さす月, 耳を

▼ 端~ (2, 0.0%)

1 ぱであった, 葉は

▼ 端っくれだ~ (2, 0.0%)

1 からお, からこれ

▼ 端づれにちかい家~ (2, 0.0%)

2 を二三十軒

▼ 端であった~ (2, 0.0%)

1 からあらわ, けれど古着屋

▼ 端である~ (2, 0.0%)

1 から其処, 公達が

▼ 端での~ (2, 0.0%)

1 挨拶らしかった, 食事という

▼ 端とで~ (2, 0.0%)

1 狹められ, 考えて

▼ 端とは~ (2, 0.0%)

1 ちがって, 可なり

▼ 端ども~ (2, 0.0%)

1 は一兵, を蹴ちらし

▼ 端など~ (2, 0.0%)

1 お気づかい, 注意し

▼ 端などへ~ (2, 0.0%)

1 思いつくまま, 書いて

▼ 端なり~ (2, 0.0%)

1 その, 戦陣を

▼ 端において~ (2, 0.0%)

1 上着の, 如何にもなれた

▼ 端にかけ~ (2, 0.0%)

1 櫓に, 静に

▼ 端にかけて~ (2, 0.0%)

1 一町隔き, 暖簾の

▼ 端にさえ~ (2, 0.0%)

1 いうばかり, 義経の

▼ 端にな~ (2, 0.0%)

1 つてこの, つて居ります

▼ 端のみ~ (2, 0.0%)

1 お責め, 賢き人々

▼ 端~ (2, 0.0%)

1 しにも, しの

▼ 端へは~ (2, 0.0%)

1 なれて, 其うち逢は

▼ 端ほど~ (2, 0.0%)

2 噛んで

▼ 端までは~ (2, 0.0%)

1 分りきって, 見えない

▼ 端みじん~ (2, 0.0%)

1 に敗れ, に破れ

▼ 端~ (2, 0.0%)

2 の午

▼ 端れなる~ (2, 0.0%)

1 七代将軍の, 氏の

▼ 端をは~ (2, 0.0%)

1 っした馬糧小屋, づかに

▼ 端をば~ (2, 0.0%)

1 其儘おけ, 辷らして

▼ 端ショッ~ (2, 0.0%)

2 て現れる

▼ 端~ (2, 0.0%)

1 くれだア, くれにでも

▼ 端ッこ~ (2, 0.0%)

1 に立たされる, を床

▼ 端ッコ~ (2, 0.0%)

1 がちょうど, が痛み出す

▼ 端一本~ (2, 0.0%)

1 でも盗んだ, 散らかって

▼ 端一番町~ (2, 0.0%)

1 の一部, を含み

▼ 端七軒町~ (2, 0.0%)

1 から團子坂, の住家

▼ 端~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ 端即ち~ (2, 0.0%)

1 イスパニアの, 世界の

▼ 端周軒~ (2, 0.0%)

1 なり, の首

▼ 端嚴微妙~ (2, 0.0%)

2 な姿

▼ 端~ (2, 0.0%)

1 で踏みとどまった, ノ息子熊トイウ者ト

▼ 端寄り~ (2, 0.0%)

1 に数人, の一枚

▼ 端~ (2, 0.0%)

1 から尾, という尖

▼ 端~ (2, 0.0%)

1 なところ, の間

▼ 端~ (2, 0.0%)

1 は言い合せた, を貰い

▼ 端~ (2, 0.0%)

2 なる貴公子

▼ 端折つて~ (2, 0.0%)

1 もらふこと, 居る

▼ 端折下~ (2, 0.0%)

1 には長い, の水紅色

▼ 端~ (2, 0.0%)

1 になる, を勤め

▼ 端月明らけし~ (2, 0.0%)

2 ひらら

▼ 端添い~ (2, 0.0%)

1 に一切, を真っ直ぐ

▼ 端睨す可~ (2, 0.0%)

2 からざる

▼ 端禅師~ (2, 0.0%)

1 といふ高僧, の許

▼ 端~ (2, 0.0%)

1 の義, へのぼっ

▼ 端茅町~ (2, 0.0%)

1 で山高さん, の声

▼ 端~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 端~ (2, 0.0%)

1 などの衛星的, を直下

▼ 端~ (2, 0.0%)

1 の焦土, までの間

▼ 端~ (2, 0.0%)

1 押し出された様, 順々に

▼ 端近く褥~ (2, 0.0%)

1 を移させた, を進めた

▼ 端~ (2, 0.0%)

1 がこの, をよろめき歩い

▼ 端郡王~ (2, 0.0%)

1 はその, までがはるばる

▼ 端~ (2, 0.0%)

1 をうかべ, を投げ

▼ 端長く~ (2, 0.0%)

2 背に

▼1* [378件]

御免だ, 端あり飛びて行く, 端いと近く立いで, 端辻と, 端および娘の, 端かと思もや, 端かのように, 端からかその空, 端からさえも追い払われます, 端からと黄いろを, 端かを見せられ, 端がへの字なりに, 端きれに突き刺し, 端ぎれを持っ, 端こんにちの二丁目, 端しに, 端ような, 端さがりにうんと, 端しか見えないから, 端しく清らかである, 端しくれだからこの, 端しの室に彼, 端しょってな素, 端しょって墓, 端しょッて教えた, 端じゃあったけれども, 端じゃあねえか知己だろう, 端じゃからわたしの, 端すっかり私どもの, 端すべてが唯, 端ぜひものう北山殿, 端その他すぐれた宗教家, 端そんなものが, 端珍らしき, 端ただろうが飲む, 端たなく口走る自分に, 端たるわれらも, 端だけが際限なく長い, 端だけはここに, 端だったが彼女, 端だって見えっこありは, 端だつたんだ, 端だのいい匂い, 端だ知るわけはねえ, 端っくれであるならばこういう, 端つこで雨戸を, 端つこで拭きながら枝折戸, 端づくろいに, 端づたいの道すがら行手, 端であって洲崎, 端でありそのうえに伊勢, 端でありまして気候, 端でありますがもちろん, 端ですから真に, 端でへの字に, 端で御座ったの, 端といへると, 端というもその為, 端といふ名が, 端とか後ろ向きの, 端として無遠慮に, 端とではその日, 端との間が, 端とのみ嘲りし世捨人, 端とばかり感じられない親密さ, 端どうか阿闍利さま, 端なくなってしまえ, 端などがちょっと見える, 端などで突かれなければ, 端などにはいっこう頓着, 端などは生きて, 端なりし婢を, 端なりとお見せください, 端にては突堤を, 端にとまッ, 端になとして, 端にね孔子様が, 端にのぼつた, 端によけて通った, 端ばかりを見るやう, 端ぱたへ寄っ, 端ひかり碧よどみ, 端ひとつ見えない, 端へたの字, 端へでも上ったの, 端へなと置かれて, 端がぬけ, 端までかあん, 端までしか生えて, 端までずつと見渡すと, 端までで一千フィートを, 端までなどと云うに, 端までの内容を, 端までのがみんな見えた, 端みたいなもの, 端ものを解いた, 端ややずり下った, 端やらガラスの, 端どうして聞える, 端ようお助け, 端よりは怪しげなる, 端らしい休茶屋や, 端れじゃねえ東京, 端れだからロク, 端れであったならわれわれは, 端れでありましたがそこ, 端れなの, 端れよの, 端をかはるが, 端をとぼとぼと拾い歩き, 端處から, 端カラ覗イテイル支那履ノ小, 端クレばかりくれくさる, 端サン・ドゥニ街を銃, 端ゼレーアの地, 端ッこまで眼, 端ッこ位は経験, 端ッ葉者じゃどうにも, 端ッ辺へも寄付け, 端ツこに黒く, 端ツコの八百八町, 端ナクモ過グル頃ヨリ敵味方トワカレ, 端ニ数黄苞ヲ発ス苞中ノ細子ハ列ヲ成ス, 端ノールカップに着す, 端ヒュルミネー又ミュルシノス, 端以テ全, 端一つ触れずに, 端一個処わずかに, 端一子覚一と草心尼, 端一帯を見渡した, 端一段低くなっ, 端一番といふあの, 端一番町方面に住ん, 端三先生の賜, 端三分の一ばかりのところ, 端三博士は私, 端三四十の家, 端三軒長屋の申松, 端下仕事をし, 端下四十七人という女, 端下者が何で, 端下金で大事, 端へ姉, 端中洲の三叉, 端乱階となり, 端二三尺のところ, 端京洛の郊外, 端亮方正の君子, 端の語, 端仇専門の役どころ, 端仕えの人々, 端何処へちょっと, 端作りした痘瘡, 端侍共ッ直参旗本早乙女主水之介, 端さう, 端ひに, 端働き出そうと, 端へ出, 端なくな, 端兩家の關係者, 端八戸市の附近, 端六尺くらゐも, 端兵部が指図, 端其夜汝の家, 端典旅客機を, 端円ニシテ首尾同ジ, 端円盾のごとく, 端出して見せ, 端切りつ放しの第, 端切り中をつん, 端切ッ屑お鼻紙, 端別紙福田氏より申上候, 端利刄に刺し, 端利章一成内藏允, 端動いて止まざる, 端千差万別十人に十人, 端千緒であるが, 端千般のこと, 端白し, 端危き處迄進み下, 端反り夕凪にある, 端取仕切つてゐる, 端である, 端同士で話, 端同然のもの, 端同町の会所是, 端もなまめかしき, 端周軒黒坂備中守などの錚, 端和尚をこの, 端帝之, 端を与えたる, 端善照寺隠居所に住んだ, 端を附ける, 端器用なり以上, 端城ヶ島を目がけ, 端城六箇所の内, 端の中, 端の文, 端月給でも, 端多く一去, 端ならずして, 端大いに膨れ起り最も, 端大輪の菊, 端が出る, 端妙絶世の四個, 端姫樣といはれる, 端かしき, 端が玄瑞, 端宇田川興齋木村軍太郎大鳥圭介松本弘庵など俊秀, 端の性格, 端するに, 端の性格, 端の意, 端のよう, 端山川の港, 端山陰にある, 端岩手県の九戸郡, 端をねだ, 端布片で買, 端席歩きをし, 端庸布三百六十常より従五位, 端庸布百八十常までの特別給与, 端廂往来の人, 端弁天通りから穴, 端役立つもので, 端は家, 端後ろへ兄, 端忙しい用事でも, 端情緒を名, 端惡評を, 端を盡, 端手落なく致させます, 端という出立, 端を散歩, 端折げまして梯子, 端折つたかも知れない, 端折つた千代松の腿引, 端折つた單衣の縮んだ, 端折つた裾を下し, 端折つてお花の水仕事, 端折つて箒を持つた, 端折つて緋縮緬の湯, 端折下駄をつまんだ, 端折前垂で膝, 端折懐手の珍妙, 端折目に散りかかった, 端折紺足袋に雪駄, 端折脚絆草鞋穿という異様, 端折跣足でちょびちょび, 端折長刀になつ, 端折雨傘打並べて歩み行く, 端拂へ, 端捕物の場, 端揆居京師悦里中少婦流眄寄情, 端の甚, 端敵役の善良さ加減, 端敵御嶽悪五郎, 端う齒, 端旗本や安, 端日本橋それらはどれ, 端日本海方面の古称, 端旦那樣の持ち, 端にエキスプレス, 端明殿学士となっ, 端明治以後は水道端町一丁目二丁目, 端更けて往来, 端最も暗いところ, 端月給を取っ, 端朝出暮改政刑情実に成り, 端が云, 端木片などが散らばり, 端未だ世間に, 端板一つで母屋, 端板壁へまで追い詰められ, 端根津方面を眺望, 端桑畑の中, 端の上, 端の左右, 端毅欽安宏文定業高皇帝と三十字, 端の里南関, 端あり一跳数足, 端にうつってる, 端は淋漓, 端沖縄県これで四ヶ国, 端沖繩の島, 端浜町河岸の淋しい, 端渡島の海岸地方, 端湯嶋天神境内また京橋築地あたり, 端んでしまつて, 端濟んだ後, 端無い出過ぎたお, 端は玄瑞, 端片ビールの空壜, 端玉暦入青春, 端玉脇の門, 端を屋梁, 端だと, 端町一丁目二丁目に分かれました, 端町入江和作ヲ尋, 端に相場, 端痒いところに, 端白眼鴾毛馬一匹白鵠二翼造顔師一人御贄五十舁, 端に再現, 端皮膚を破れ, 端睨揣摩し得る者, 端せむと欲, 端得胸中悪, 端礼門に殺到, 端礼門等の路, 端神田辺を散歩, 端が立換, 端立ってぼやけ, 端立働いてゐ, 端章甫や宗廟, 端の片, 端八枚の, 端等十余人各途, 端納戸のあたり, 端細工で好個焚付, 端を投げ掛けた, 端羽織の裏, 端のよう, 端臺灣や南洋, 端船覆没して, 端芸人としての長い, 端芽町の江島屋良助, 端眠不, 端荘魏郡の生れ, 端華如等をし, 端薄くそれを, 端薔薇の花壇, 端薩摩の開聞岳, 端行かずとももう, 端衣服の裾, 端へ刻印, 端の裏, 端西の地に入り, 端西福寺に葬られた, 端てえ, 端れの, 端谷城を奪, 端谷城野口城志方の城, 端貫き外に, 端足峠の道, 端の後, 端に引, 端近く侘住んで, 端近く姿を見せ, 端近く小膝をつく, 端近く岸につかしむ, 端近く座をしめ, 端近く水面を覗き込む, 端近く燭台を立てつらね, 端近く端座して, 端近く絣の前, 端近く脇息をすすめ, 端近く顔を並べ, 端迷惑だ, 端の成れ, 端連知是大英南海辺, 端遭逢纏綿の限り, 端が細川邸, 端部屋である, 端の蔭言, 端錦袋円の裏路地, 端長崎の若田, 端隠しのよう, 端雨後春夜の眺望方, 端雲見の御嶽山, 端と思う, 端で吹き飛ばされ, 端驚けば皆騒めきぬ, 端高く消ぬが, 端高畑五郎その三人, 端髪の毛一すじまでも云う, 端鴨川の流近く瀬, 端鷲崎という静か, 端な顏