青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「童~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

立てた~ ~立てる 立てる~ ~立場 立場~ ~立派 立派~ ~竜 竜~ 章~
童~
童子~ ~端 端~ 競争~ ~竹 竹~ 竿~ ~笑 笑~ ~笑い

「童~」 1964, 21ppm, 5414位

▼ 童~ (358, 18.2%)

7 からだを, すがた 6 ような, ように 5 襟が 4 からだは, 鷲を 3 やつが, 口から, 心は, 手から, 顔を

2 [27件] かげは, からだから, くせに, ことは, ことを, そばを, ために, やうに, 外に, 子を, 家を, 帯を, 愛鷲, 手は, 手へ, 手もとへ, 時過ぎざる, 目は, 知ること, 肩を, 胸は, 胸を, 足に, 面あげ, 頭から, 顏を, 顔は

1 [250件] あいだで, あげた狼煙, あとに, あわい影, いうが, いうこと, いへる, いるの, おどろきの, おもちゃに, おもちゃにと, お師匠さま果心居士, かげへ, からだへ, からだまで, かんがえは, きれいな, こと, ことなれ, ことにては, ことばも, ころ, ころまだ, こんな必死, ごき, ごと, ごとく, ごとく子孫, ごとく軽捷, ごとなぐられ, したこと, しらせに, すること, するよう, する役, する通り, そのひかり, たいどを, たぐいで, たべた土鍋, たまゆら寝覚めあはれ, ためしたたか, たよりも, つかんだの, つむりにも, ところで, どよめきは, なすが, のった大鷲, はらを, ひとみへ, ひと群れ, びんたを, ふところに, ほうへ, ほうへな, まと, むかしを, もとに, やつめさぞ, やつめ鷲の, やつを, ゆくえ, ゆくえについては, ようすや, よく唄ふ, よめる歌, クロだった, 一人村の, 上に, 両の, 両腕, 中でも, 中に, 五人は, 五体も, 五種が, 今は, 体も, 体重が, 使って, 信念は, 入るを, 冬の, 前へ, 力が, 加藤次は, 勢いです, 危急を, 又歌, 口へ, 口もとへ, 叱言, 右手が, 号叫する, 名前な, 呼吸使ひ, 唇から, 唇に, 唇へ, 嘲罵に, 噂に, 圖これ等は, 境涯から, 声ぐらいは, 声で, 多なら, 大理石像あり, 女達に, 如, 如く無心に, 姿が, 姿で, 子供たちが, 害をよ, 家は, 容色に, 寄りどころ蟹の, 小手を, 山から, 左右から, 帯に, 帯びて, 幼時から, 幾集団あり, 序にて, 形も, 後から, 後影見送り, 得意お, 得意である, 得意と, 心その, 息のねを, 愛刀般若丸は, 愛鷲クロの, 感じたところ, 手に, 手には, 手より, 手を, 手出でたり, 手足を, 才に, 払ひ, 持つて, 挙動を, 接吻せん, 故智に, 故郷鞍馬山の, 教育に, 文字で, 方で, 日の, 昔に, 月の, 本望だ, 柿の, 横顔を, 歌ひける, 歌ひたる, 歌ふ, 歯に, 死顔は, 母を, 毛穴ところきらわずつき刺さ, 涙こぼせる, 父である, 父を, 病気の, 盗まれたクロ, 目, 目が, 目には, 目の玉に, 目竹童の, 眼は, 着けて, 石童丸は, 童も, 端々にまで, 端までを, 答への, 精神を, 群の, 群れが, 群れに, 群れの, 群れを, 群を, 耳に, 耳にも, 耳竹童の, 肩に, 肩にも, 肩骨を, 胆力に, 背すじを, 背なかへ, 胸が, 胸ぐらを, 胸へ, 胸板に, 脇差を, 腕を, 腰に, 腰帯を, 腹の, 自由に, 舞ふさま, 般若丸の, 般若丸を, 草の, 行く道, 言うが, 言に, 評判が, 詛ひ, 話に, 話を, 足がらみに, 足二つにて, 足跡という, 踵を, 身に, 身ばかり, 返辞は, 遊戯に, 鉄拳が, 霊前には, 非凡は, 面が, 面へ, 頃から, 頃に, 頃より, 頤を, 頬ッぺたをひっかいたが指に, 頭の, 頭上に, 顔へ, 顔筋肉は, 飲み屋では, 飼って, 首ッ玉へ, 鬚生ふる, 魁を, 鷲の, 鷲よ, 鷲乗りを

▼ 童~ (305, 15.5%)

3 あわてて, ぎょッ, ハッと, 自分の

2 [14件] かれの, かんがえた, そこで, それを, びっくりし, われを, 三輪の, 例の, 城に, 手を, 母を, 目を, 蛾次郎を, 鷲の

1 [265件] あい手が, あのまま, いきなり帯, いぜんとして, いちはやく般若丸, いつか鼻から, いつしか地, いつしか退場, いつしか雲, いつも気楽, いまや必死, いよいよクロ, えらいよ, おとといの, おどろいた, おのれの, おもわず歯, おもわず肱, およぐよう, お汝, かう云, かえって行った, かしこまって, がっかりし, きつくか, きまりが, くやし涙が, ここで, こごえて, ことさらに, この深山, さう, さかんに, さすがに, さびしかろ, したくを, しみじみうれしく, じぶん, じぶんたち, すぐに, すぐ真下, すこし慌てた, すばやく跳ね, そうして小太郎山, そう聞い, そこに, そこらに, そこを, そのとき, そのまえ, その上, その利き腕, その壮挙, その声, その意外さ, その手紙, その気配, その腕, その興奮, その道しるべ, そもそもこの, そら鼾, それが, それきりかれ, それに対して, たくみに, たれの, だまって, だれかに, だれだ, つひに, とうとう目, とうわく, とっさに, とても忘れる, とにかく蛾次郎, どうしてこういつ, どうにかし, どこへ, ない, なつかしそう, なにげなく諸国, なにもかも呑み込ん, なんだかボッ, なんにも, にわかに空, のどを, のれんを, はじめてそこ, ふいと, ふいに, ふしぎな, ふたたび鷲, へんじを, まえに, まさしく相手, まじめに, まずよかっ, また竹童, また鷲, まだ来なかった, まっくら, まったくの, むささびの, むちゃくちゃに, むろんそれ, もうそういう, もうそれ, もう打っ, もう目, もう逃げ, もう鞍馬山, もと恐らくは, やおらひと, やがて一尺二尺, やがて拝殿, やっと片手, やはり乙姫信仰, れいの, わざと仰山, アントニオおん身なりしか, キチンと, クロの, ケロリと, ニッコリ笑っ, ヒラリと, ピクリと, ブフット鬼だった, ボッと, 三木の, 下手人ぢや, 二たび身を, 二十本の, 五つ六つある, 人々の, 今夜の, 信じることば, 再び夢心地せり, 冬坡の, 初めの, 剣術なんて, 勇躍し, 口笛を, 唇を, 唖の, 啼き爆ぜる音, 四方の, 図々しい相手, 土間に, 地べたを, 多少の, 夜の, 大よろこび, 始めて, 嬉しさ, 家が, 寺住居の, 尋常に, 小さしよろこび, 小さな体, 小指の, 少女の, 居士に, 左右へ, 弓矢手ば, 弱った, 弾正どのの, 当家の, 後より, 御台所へ, 心にも, 必死に, 忍剣や, 快く手桶, 思う事, 思った, 急に, 怨むこと, 息の根絶え, 或はほ, 手桶を, 手荷物を, 拳骨を, 拾い物だろう, 数日来不眠不休の, 斯く歌, 早くも, 昔し過つ, 暗い顔, 曲り角まで, 月を, 朱砂を, 棒切れを, 棟木の, 楽しみに, 残りの, 母上の, 気絶し, 水車の, 泣かむばかりなり, 泣くなり, 洞の, 浮体の, 焔の, 狐に, 猿眼で, 生れた時, 番ふ, 百以上叩かれた, 皆わが, 皮肉な, 盥の, 真剣である, 祈りを, 神官の, 稚なか, 空へ, 突然に, 童子に, 笑った, 答へ, 純な, 素ッ頓狂な, 絶間なく, 縄を, 繭の, 習は, 聖母の, 聞くとともに, 肩を, 脱兎の, 腕の, 腰の, 自分と, 般若丸を, 草の, 莞爾として, 薔薇色薄き, 蛾次郎の, 蟹の, 血煙とともに, 袋より, 観念し, 言った, 近よる, 這ひ, 逸足出し, 運を, 遠退く, 野末に, 鉄三郎である, 銭を, 長き物語, 面の, 頑と, 頭を, 顔を, 飛ばして, 首を, 馬が, 駄々ッ子の, 髪の毛を, 鷲にたいして, 鷲を, 龍太郎の

▼ 童~ (154, 7.8%)

3 続いて 2 あたま, あった, もどって, 少女さびする, 松明を, 牧場の, 續い, 鷲の

1 [135件] あいずの, ある, いった, いっぱい行ってた, いないの, いないま, いまは, いる, いるの, おなじ幹, かの火独楽, かぶろ髪光輪, ぎょうてんし, こういった, この兎馬, こんな名刀, ごと, さっと下, しきりにかい, じゃまを, するどい気合い, その一生いちど, たずねて, ただに, ただ一息, たむろし, ちょっと一鞭, ちよこ, ついこのごろ宰相, つかまれた足, つけられて, つぶやいた向こう, とうわく, とびあがるよう, どうしてわが, どうして運, どなって, どの顔, なにげなく蔦, なにやらさわる, なやまされた蚕婆, なんの, にわか芸人の, ひきうけました, ひとり要り, ふと見おろす, ふりかえると, もたらして, よい守本尊, われを, アッという, ギョッと, ジーッと, チラと, 一か, 一つしっかり, 一人しか, 一人ぢつと, 乗って, 二三人, 二三人来, 五六人固まっ, 人穴城へ, 今夜は, 今日は, 伸び上つて, 傍から, 先生と, 内から, 出入し, 割腹し, 叉手の, 吹くラッパ, 地より, 声すなれ, 声を, 大喝した, 大鷲クロの, 奥州へ, 女で, 女と, 女の, 好きなら, 姉の, 小太郎山に, 居た, 山へ, 床へ, 庭に, 必死の, 怪しいぢ, 惰けて, 掌の, 撫でし頬, 数へ, 昨日か, 有頂天と, 朝夕二度の, 来た, 欠けて, 正気に, 気合相搏つか, 水の, 水中に, 淵の, 淵池ごとに, 溺れ死にました, 片言の, 猿臂を, 現れるであらう善童, 留守を, 眉に, 瞳を, 礼を, 締めたおされたの, 縁を, 耳に, 肝胆相照らし, 肩に, 臥返り, 艪を, 苦心さんたんし, 茶を, 虫を, 蟲を, 見えた竹童, 見事な, 試合場の, 逃げ出したの, 隠してないこと, 頭かい, 馬を, 駈け附けた, 髪に, 鷲に

▼ 童~ (98, 5.0%)

2 して, ひっかかえて, 何處へ, 如意と, 立てた事

1 [88件] あわれんでか, あんじて, あんない, うけとる, かえり見て, かかえたまま, かかえて, かつぎあげて, ここへ, このうえ, こわきに, さきに, さんざんに, すくいだそうとは, すくいに, それに, だきおこした蔦, とらへ, とり逃がして, なかに, ねめつけた, のこして, のせて, ひき出せっ, ひっ張って, ひッ, ふりおとして, ふりかえった, めざし竹童, もてあまして, よう知っ, よびて, よろしと, 一人のせ, 一日も, 乗せ馬, 乞食の, 京中に, 仇とも, 伊那丸の, 伴れ去っ, 何う, 先に, 割勢した, 助けだして, 即興詩人と, 取ッ, 吹く冬, 呼ばわった, 呼び鯉魚, 呼んで, 圧して, 大人げも, 夫婦間に, 山ワロウという, 従えて, 忌み憚, 悩ますの, 手から, 手討ち, 投げこんだの, 抱きおこして, 抱きすくめ, 抱き取りぬ, 招いて, 旅の, 明けくれ忘れて, 狙つて來た, 生捕れ, 産み育てて, 盲と, 突きあわせて, 竹童は, 襲って, 見おろして, 見て, 見なおした, 詛ひ, 賣りしなるべし, 載せつ, 近くに, 返せ, 追いまわしながら, 追い小姓とんぼ, 連れて, 遣わし玉いし事, 陷れ, 鳥縛の

▼ 童~ (74, 3.8%)

75 奴隷位しか 2 いえば, おぼすらむ, なると, 一緒に, 花, 蛾次郎を

1 [50件] あるの, いうか, いうて, いうと, いへども, いわれるも, し居る, すれば, その右足, なって, なりて, なり笊, よぶ人, 一しょに, 冬坡とは, 初対面の, 叟が, 同じである, 呼んで, 咲耶子た, 咲耶子の, 咲耶子を, 問わずみなわれ, 地上を, 女の子と, 憎む, 手を, 書きて, 書くかを, 模範に, 泣き虫の, 狗とが, 猫と, 異つた人格, 称せられる者, 蚕婆の, 蛾次郎, 蛾次郎が, 蛾次郎こんどは, 蛾次郎とが, 蛾次郎の, 装束筥をに, 親しみその後, 言ふ, 話が, 踊る波斯猫, 遊戯嬉笑する, 雑色とは, 高野川の, 鷲の

▼ 童~ (65, 3.3%)

2 そのことば, 姫が

1 [61件] あとに, ありや, いつの, いまは, いれば, おなじよう, かわすひま, きょうからは, きょうは, きょくどに, こよい, これには, そのま, その熱風, それで, ついに堪忍袋, とうとう何処, なかなかずるい, はんぱつした, ひとしく松明, ふいを, ほんとに頭脳, まじって, またあれ, また声, まッ先, やっとその, やっと屋根瓦, スワ一大事が, ニヤリと, ハッと, 不審の, 人並以上の, 力を, 同音同義である, 呂宋兵衛の, 咲耶子も, 外套の, 多い, 居りましたから, 居る, 岩の, 必死に, 思わず涙ぐましく, 憂き事, 懲りたであろう, 手が, 手引きした, 敵ながら, 歯ぎしりを, 泣きそう, 泣き虫の, 無事に, 百姓町人も, 私の, 般若丸を, 色を, 話には, 身が, 逃げに, 鞍馬いらい

▼ 童~ (54, 2.7%)

4 のよう 3 の時 2 が手押車, と雖

1 [43件] があの, がその, が一人, が口, が次, が病, であった, であったろう, であること, であるぞ, などは此雲, なり, なりとも我, には特に, にまで浸潤, に恋, に死なれ, のあ, のころ, のため, の人気者, の唄, の手習い, の持っ, の死, の群, の考案, の胸, の血, の頭, は実は, は頭, へ目, まで無意識, も心得, も持っ, も有, も遊び, をし, をちょう愛, をふり, を従え, 広い野

▼ 童~ (47, 2.4%)

2 魁たるは

1 [45件] あいぬ, あたえ蛾次郎, あづけおきぬ, あらねば, いき会った, うしろを, この大, さしたる相違, せよ何, そ, そういない, たのまれたん, たのまれて, ちがいない, とれば, なるまで, むかって, むけた, わたした, 一筆お持たせねがいたい, 与えて, 二十本の, 云いつけて, 似たるあこがれ, 似た少年, 出會, 別れ独り流れ, 手紙を, 扶けられ, 持たせて, 擔はれたる, 斬りつけて, 混って, 渡せば, 異つたところ, 知られて, 笑みかける, 終る一群, 與へ, 襖を, 見せびらかした, 角力を, 言は, 訊ふまで, 輸与す

▼ 童~ (42, 2.1%)

3 は如何

1 [39件] ありて, が民謠, だつて, であり童話, とあて字, といふ言葉, として次, とでもいはう, とに流れる, との兒童, とを區別, にある, に依, に形態上, に求める, に表現, の上, の世界, の使, の價値, の微吟, の本, の活用, は, はプロレツト・カルト, は必ずしも, めいたもの, をリズミカル, を一, を今更, を作り, を口ずさみ, を口ずさん, を如何, を清算, を與, を記し, を謠, を通じて兒童

▼ 童~ (27, 1.4%)

3 のひとり 2 の捧げた

1 [22件] が相, とは殉死者, と三人, と使部, と童女, と魅, にましける, に共, に開かせた, に鹿, のきよらさ, のやう, の傍, の方, の運ぶ, の髪, は両手, は彼, は遊び, を振り返った, を買取り, 被髪

▼ 童~ (23, 1.2%)

2 がこゑ

1 [21件] がたたく, が焼, が素足, が遊ばずなり, とよみ早, と朝な夕な, に照らふ, のゆり, の居る, の驚く, はいちいち, はかわるがわる, はひた走り, はもはや, は丸く, は何事, は何時, は思い思い, は斉, またさ, よ

▼ 童たち~ (17, 0.9%)

1 [17件] が互いに, が駈け, が鹿狩, だろう, である, と遊び, と遊ぶ, に捕まる, の中, の先触れ, の弓矢, の母親, はもう, は忍剣, へ教えた, をどの, を賑わしく

▼ 童~ (16, 0.8%)

2

1 [14件] からとつ, じゃそう, だが, だけだ, とに残つた訣, にまだ, のあと, のま, のまま, はあの, はつかっ, は近代, も古い, を為

▼ 童~ (15, 0.8%)

2 の語り物

1 [13件] か, が来た, にし, になる, に清坊, のよう, の態, の母, の顔, は柄, は母, は清坊, は舟

▼ 童という~ (13, 0.7%)

2 ものが

1 [11件] のは, やつが, わたしより, 人物だ, 名が, 小僧の, 小姓であった, 少年蛾次郎という, 童に, 者矢張り清水寺で, 青年と

▼ 童では~ (12, 0.6%)

6 ないか 2 ない 1 ありませんか, ございません, ないかとさえ, なくって

▼ 童には~ (10, 0.5%)

1 あかい火独楽, あらず, お師匠さま, そんな暇, 手ごろの, 末おそろしく, 枕もとまで, 石像の, 笛を, 野に

▼ 童~ (10, 0.5%)

1 がいだく, が砂, に媚ん, に恋愛もの, のセンティメンタリズム, の仲間, の友, の読物, は白い, 聞きて

▼ 童~ (9, 0.5%)

321 がどう, とわかる, よ, 精一杯念入

▼ 童~ (9, 0.5%)

1 だ, だつた, だな, で色つや, の光り, の大きな, の小さい, の殘, も憎めません

▼ 童さん~ (8, 0.4%)

1 が見えなくなりました, それから米屋, と言, にもおれ, はその, はどこ, はまだ, を助けたい

▼ 童でも~ (8, 0.4%)

1 あの高い, なくて, ふみあけたの, まさかお, まさか人穴城, もうここ, 家業の, 犬と

▼ 童学草舎~ (8, 0.4%)

1 という寺子屋, の先生, の村夫子, の横丁, は村, へも子供, へ持っ, を営み

▼ 童~ (8, 0.4%)

1 が果して, が流行り出した, が行われ, といえ, のよう, の群れ, や童歌, をやらせ

▼ 童~ (7, 0.4%)

1 あつた, おあり, さらに頓狂, すら敵意, 人見知りも, 他の, 才蔵に

▼ 童ども~ (7, 0.4%)

1 が出, が悪口, じゃ, の話し, は我夢, は死ん, を引き分けさせ

▼ 童~ (7, 0.4%)

1 があっ, があった, がある, が七章, が明白, として郡誌, などの関係

▼ 童として~ (6, 0.3%)

1 いつに, ただ飮, なんで生き, 出入りし, 稀有な, 記述し

▼ 童~ (6, 0.3%)

31 つけ上がって, と何, はなん

▼ 童~ (6, 0.3%)

1 そんなもの, ど知らない, 化外の, 白叟が, 老人は, 雇人たちに

▼ 童~ (6, 0.3%)

2 こは 1 ねむれ, 童の, 竹童よ, 角髪の

▼ 童武者~ (6, 0.3%)

2 の蔦王 1 から中間, だ, とよばれ, に負わせ

▼ 童殿上~ (6, 0.3%)

1 したこと, した時, して, してから, と云, をし

▼ 童男童女~ (6, 0.3%)

1 が我先, などはどこ, の上, の並ん, の稚児二人, の説教

▼ 童~ (5, 0.3%)

3 たまの 1 きたいなや, 山男に

▼ 童なれ~ (5, 0.3%)

2 ども女子 1 ばこそ五体, ば我, や響き合

▼ 童まで~ (5, 0.3%)

1 これを, みな気が, 寄って, 見えません, 醉ひしれ

▼ 童より~ (5, 0.3%)

2 四十路五十路と 1 むしろ一党の, 先に, 宮下の

▼ 童~ (5, 0.3%)

1 の寺, の心づかひでありました, はこの, は暫時, を訪う

▼ 童姿~ (5, 0.3%)

4 の供 1 であった

▼ 童子ども~ (5, 0.3%)

1 がスキー, が山, のざれごと, はころころ, も人

▼ 童~ (5, 0.3%)

1 といった跡, のどこ, の奥, を出る, を飛び出そう

▼ 童~ (5, 0.3%)

1 が着物, が騒い, と共にお, の手, は奇妙

▼ 童~ (5, 0.3%)

1 で武者人形, にした, はうしろ, をお, を撫で

▼ 童なりし~ (4, 0.2%)

2 時年は 1 となり, 頃より

▼ 童みたい~ (4, 0.2%)

1 なチビ助, な小僧, な顔つき, な駄々

▼ 童ヶ丘~ (4, 0.2%)

1 がどれ, とはその, と名づけたら, になりき

▼ 童あり~ (3, 0.2%)

1 てこなた, て一頭, 長柄の

▼ 童おまえ~ (3, 0.2%)

1 ちょっとわたし, はきょう, は大

▼ 童から~ (3, 0.2%)

1 だは, 素性を, 餞別に

▼ 童こそは~ (3, 0.2%)

3 ひたむきなれ

▼ 童ごころ~ (3, 0.2%)

2 はけだし 1 もつゆ

▼ 童さま~ (3, 0.2%)

1 お忘れ, とお, もまいられませ

▼ 童さアー~ (3, 0.2%)

21 ん竹童さア

▼ 童であった~ (3, 0.2%)

1 が, とみえ, はずである

▼ 童とは~ (3, 0.2%)

1 いえ今, 同種に, 王庭に

▼ 童とやら~ (3, 0.2%)

1 おもしろそう, はるばる使い, またいつか

▼ 童~ (3, 0.2%)

2 のである 1 のであった

▼ 童なり~ (3, 0.2%)

1 万燈に, 我は, 萬燈に

▼ 童にて~ (3, 0.2%)

2 天地の 1 遊び恍れ

▼ 童にも~ (3, 0.2%)

1 できるであろう, ハイと, 冬坡にも

▼ 童ぶり~ (3, 0.2%)

1 を見, を見る, を説く

▼ 童~ (3, 0.2%)

2 てやつ 1 あぶないッ

▼ 童~ (3, 0.2%)

1 の恰好, は髪, やものなれた

▼ 童児たち~ (3, 0.2%)

1 でなければ, に云, は有

▼ 童~ (3, 0.2%)

1 の中, の憤慨, の時

▼ 童~ (3, 0.2%)

1 にまぎれ, はもろ聲, は早く

▼ 童~ (3, 0.2%)

1 に刺激, に変化, を舞わす

▼ 童謠集~ (3, 0.2%)

1 に小さい, のため, を

▼ 童龍太郎~ (3, 0.2%)

1 から受けとった, と小, 小文治

▼ 童ぁ山男~ (2, 0.1%)

1 に手足ぃ, に手足ぃ縛ら

▼ 童いま~ (2, 0.1%)

1 の言伝, はその

▼ 童おれ~ (2, 0.1%)

1 が素性, とお

▼ 童~ (2, 0.1%)

2

▼ 童ごと~ (2, 0.1%)

1 して, にては何

▼ 童さすが~ (2, 0.1%)

1 に耻ぢ, は果心居士

▼ 童さび~ (2, 0.1%)

2 声うちあげ

▼ 童さんおまえ~ (2, 0.1%)

1 はたいそう, ははやく

▼ 童~ (2, 0.1%)

1 しんが, ッと

▼ 童~ (2, 0.1%)

1 がた, がたの

▼ 童その~ (2, 0.1%)

1 手を, 泉の

▼ 童ぞと~ (2, 0.1%)

2 まだおぼせれ

▼ 童だはん~ (2, 0.1%)

1 てなお, てなおじぃさんど

▼ 童~ (2, 0.1%)

2 ッぽ

▼ 童である~ (2, 0.1%)

1 かのよう, 彼の

▼ 童といふ~ (2, 0.1%)

1 のは, 人間は

▼ 童とが~ (2, 0.1%)

1 土の, 菊村宮内の

▼ 童とともに~ (2, 0.1%)

1 これへ, 育ちぬ

▼ 童~ (2, 0.1%)

2 ち足踏

▼ 童などが~ (2, 0.1%)

1 前話, 審判の

▼ 童なりけり~ (2, 0.1%)

2 敵は

▼ 童なる~ (2, 0.1%)

1 ことは, 密に

▼ 童な手折り~ (2, 0.1%)

2 通りすがりを

▼ 童のみ~ (2, 0.1%)

1 ゐる, 辛く立つなり

▼ 童のみは~ (2, 0.1%)

1 後振り, 陣屋を

▼ 童はじぶん~ (2, 0.1%)

1 のゆ, より三歳

▼ 童ひとり~ (2, 0.1%)

1 を連れ, 連れたきり

▼ 童ふたり~ (2, 0.1%)

2 見えつつ

▼ 童また~ (2, 0.1%)

1 しばらくそち, 大役が

▼ 童めら~ (2, 0.1%)

1 が一人, を勘当

▼ 童~ (2, 0.1%)

1 が古事, は唄い連れ

▼ 童二如~ (2, 0.1%)

1 が自分, という画家

▼ 童兒童女~ (2, 0.1%)

2 の罩衣

▼ 童~ (2, 0.1%)

1 のため, を集め

▼ 童~ (2, 0.1%)

1 が忘れられない, を恋う

▼ 童~ (2, 0.1%)

1 なんぞ百幾つ, を聞かっし

▼ 童四番目~ (2, 0.1%)

1 は御家人伊保木金十郎様, は御家人伊保木金十郎樣

▼ 童~ (2, 0.1%)

1 のうち, 或は女声合唱

▼ 童~ (2, 0.1%)

2 ばえ

▼ 童~ (2, 0.1%)

1 からその, のむかし

▼ 童~ (2, 0.1%)

2 の一書生

▼ 童師匠~ (2, 0.1%)

1 はたいした, は大した

▼ 童弟子~ (2, 0.1%)

1 でご, はお

▼ 童~ (2, 0.1%)

2 の杖とり犇

▼ 童男女~ (2, 0.1%)

1 に観する, の尿

▼ 童~ (2, 0.1%)

1 なる名刀がわり, に名刀般若丸

▼ 童般若丸~ (2, 0.1%)

1 の名刀, の太刀

▼ 童~ (2, 0.1%)

2 ふ雌鴨

▼ 童言葉~ (2, 0.1%)

1 とは本来, にぴたり

▼ 童謠詩人~ (2, 0.1%)

1 が, を思ひだす

▼ 童~ (2, 0.1%)

1 か否, を疑う

▼ 童身の丈~ (2, 0.1%)

1 きはめて, きわめて低き

▼ 童~ (2, 0.1%)

2 須佐之

▼ 童~ (2, 0.1%)

2 にとどかず

▼ 童飛ぶごとく~ (2, 0.1%)

1 に馳, に馳せ寄り

▼ 童~ (2, 0.1%)

1 の口取り, 追う男

▼1* [268件]

あかき芙蓉の, 童あまた休みゐ白き, 童あり呼びとどめ所の, 童あんまりびっくりした, 童いかにもわしは, 童いまさら気が, 童いまのは木, 童へわら, 童うたうたひ遊ばむあはれあはれ酔ひ, 童うつしにクロ, 童めえと, 童おどろきもせず, 童見えつつも, 童かえるの声, 童かく今翔る, 童かとすれば, 童きょうがはじめて, 童くさいところも, 童ぐらいな細い首, 童こういって, 童こそ災難である, 童こっちへ来い, 童この所の, 童これを掌, 童さびしつ許されぬかも, 童さび時に肩, 童さんどこへ, 童さんものはひとつそう, 童さアん, 童さーん, 童ざまをみやがれ, 童したり顔して, 童しゃど返し, 童しやど返し, 童じゃねえか, 童すがりの, 童すこしも早く逃げる, 童すなはち, 童すばやく身を, 童そこをねらっ, 童そちはクロ, 童そのままだ, 童それはほんとう, 童そッくりの大, 童たちまち叫びて, 童たち酸漿提灯かざしもしつ, 童たらしのよう, 童だうつな, 童だったが, 童っていう名が, 童であり小姓組では, 童でございますか, 童といふはその芸名, 童とかいう鼻の, 童とかいふ鼻の, 童としての自身を, 童との乱闘が, 童と共に出で, 童どこへおじゃる, 童どもいつか窖に降り行き, 童などいずれも, 童などの売色の, 童などは夜に, 童なにが生意気, 童ならばこんな, 童ならではできない, 童なりいで死人を, 童なりにし, 童なるざる汝の, 童なるべしという評判, 童なんでこんなところ, 童にかへるかな, 童にさえも聞えて, 童にたいしていま大なる, 童にでも合えばなどと, 童にとっていかなる悪日, 童はいちじの, 童はかッと, 童はつひに, 童はとくいの, 童ははッきりと, 童はほど経て, 童はむッと, 童はやぐら柱に, 童ばかりでなくほか, 童ばかりが鷲の, 童ひとり空を仰ぐ, 童ふかく嗅ぎて, 童ふしぎふしぎとあやしん, 童向かったよう, 童へも教へて, 童べに母の, 童べらの姿, 童ほとんど同時に打ちこわした所, 童ほどな少年, 童ッ二つに, 童まだなにを, 童までにくれたれば, 童みな一ツところにならん, 童みな鵲を追, 童めわしが水の手, 童めッ無礼をもうす, 童め今朝はす, 童め味をやる, 童め運のいい, 童ゃど知らないか, 童ゆきあひ, 童よく達者で, 童よと口叱, 童らおのが頭, 童らしい十四五の, 童らしき物の, 童ら構凛々しく肱, 童ら節おもしろく唄い, 童ら驚ろき怪しみたち返えり, 童をば何故, 童を以てす, 童グッとうしろへ, 童ジッとその, 童ジリジリ二寸や, 童パッと身, 童ヒョイと見うしなった, 童ヨケナイと言い, 童一人を助けた, 童一人共に乗りぬ, 童一人大なる砥, 童一人小車の裡, 童一人身に着けたる, 童一老が自動車, 童七十四名堂塔三十宇七堂の荘厳, 童上がりの郎党, 童下郎たちも辿りつい, 童にのぼり, 童中恒吉は未詳, 童往還遅, 童を作, 童予防の護符, 童二人と共に髑髏, 童二人召具シテ住狎タル玉ノ床ヲ立, 童人種と有る, 童人種ハ却テ之ヲ能ク成セリ, 童は村, 童以後生活の過半, 童伊那丸君のおん, 童に舁かせ, 童為す能わざるを, 童射って, 童えて言う, 童の定綱, 童先生のお, 童児これを愛す, 童児二人紙鳶を上げ, 童児基督を抱いた, 童児如意の宝珠, 童児水浴びるを, 童児等異口同音に, 童児青年老夫, 童出でてその, 童出生し不, 童前者即ちこの, 童剣道は知らぬ, 童劇学校劇と云, 童勝つか, 童を加え, 童は五十代, 童吉博士にお預け, 童名宇喜也嘉といふの, 童名菊一とて有, 童名金千代金と伝つて, 童喉三寸のいき, 童歌, 童四人と使女四人, 童するかたはら, 童多く住めり, 童夜盗の一味, 童女らしさも, 童と雲霞, 童鳴得口琴児, 童へに苦しむ, 童小ッぽけちッぱッぱ, 童少女は散る, 童居る山の, 童山角定吉十六歳今打ち落した氏輝, 童と岩, 童に流れる, 童よりは幼く, 童年書家の影響, 童弟子いが栗あたま, 童弟子城太郎には彼, 童強くその尾, 童待たせてある, 童徳宝等の如き, 童忙しく入り来り, 童思わず両手の, 童悪いやつでございました, 童悪童たちはひとしきり, 童或は小舎人, 童をかけた, 童ひが, 童技童心を包蔵, 童放免が各, 童あって, 童群れて, 童敵討その他の仇討物, 童は, 童於四郎という, 童早々したくを, 童時々チクリチクリと変, 童時代の古戦場, 童村梨本政次郎翁より更科源蔵氏採集, 童だったから, 童とした, 童を慕い, 童すがた, 童泣きかつくぐもり, 童泣けばこの世, 童泣すも, 童祭に, 童之, 童で大使, 童生れさせ給由承, 童男一人連れて, 童男型でありながら, 童男女三百人をつれ, 童男王という者, 童男童女いずれにもいい, 童男童女たちの上, 童男童女どもだろうと, 童男童女六百人を伴, 童がつぶれた, 童相撲などから見る, 童相撲其他を行, 童睫毛の先, 童石卷の會見, 童神たちのよう, 童穴以来一同の心, 童へのぼる, 童竹童その泉, 童筑前にくれぬ, 童系統のもの, 童組打ちならまだしも, 童を, 童聲或は女聲合唱, 童胡国人安如宝崑崙国人軍法力瞻波国人善聴その他を合わせ, 童自身も不思議そう, 童も黒い, 童を漕ぐ, 童をた, 童言語ヲ覺エテ之, 童といつた, 童調書に突合し, 童謠作家が童話, 童謠東西に湧き, 童て藁, 童輿も見え, 童遊びのま, 童曲径, 童達皆眠れり, 童追ふ, 童鞍馬山から追, 童といおう, 童だけを夜具, 童顏白髮にし, 童まできた, 童餘念なく歌ふ節, 童馬漫語類の与えた, 童驢馬に至る, 童髪かぜに立っ