青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「竜~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

立て~ ~立てた 立てた~ ~立てる 立てる~ ~立場 立場~ ~立派 立派~ ~竜
竜~
章~ 童~ 童子~ ~端 端~ 競争~ ~竹 竹~ 竿~ ~笑

「竜~」 4643, 50ppm, 2314位

▼ 竜~ (2216, 47.7%)

830 助は 529 助の 266 助が 100 助を 81 助に 79 助も 48 助と 3019 助には 18 助でありました 14 助という 9 助殿 8 助なる 7 助から, 助であります 6 助とは 5 助さんの, 助で, 助です, 助とが, 助にとっては 4 助では, 助と共に, 助にも, 助様の 3 助さんが, 助だ, 助でした, 助としては, 助にとって, 助一人, 助様に, 助相馬宗芳

2 [17件] 助お, 助さんも, 助だけが, 助であっ, 助であった, 助であり, 助である, 助であろう, 助とても, 助とやらは, 助はか, 助よりは, 助らしい, 助様, 助様あなたは, 助様を, 助自身

1 [66件] 助か, 助こそ, 助さん, 助さんという, 助さんに, 助さんは, 助その, 助そのもの, 助それで, 助たとえ, 助だけ, 助だけは, 助って, 助であったなら, 助でなく, 助とか, 助として, 助に対しては, 助のみ, 助のみが, 助はさ, 助ばかりは, 助ふらふら, 助ほどの, 助また, 助め, 助もも, 助より, 助トボトボとして, 助パッ, 助一行, 助丹下左膳, 助久しぶりで, 助之, 助以外, 助体を, 助何心なく, 助僅か, 助兵馬お松お, 助刀を, 助前途を, 助在らず, 助夫婦, 助帰元, 助怒気を, 助思う, 助様おっしゃる, 助様か, 助様が, 助様で, 助様です, 助様と, 助様という, 助様どうぞ, 助様なんとか, 助様は, 助様わたしを, 助様忽ちに, 助歯痒い歯痒い, 助殿に, 助氏で, 助田原本の, 助相馬なにがし, 助竜之, 助霊位, 助非美男論者

▼ 竜~ (409, 8.8%)

10 ような 9 ように 4 手, 髭の, 髯の 3 事を, 口から, 口と, 口は, 天上する, 駒

2 [26件] 中に, 口とか, 口の, 口を, 名を, 噂が, 天上を, 太い尾, 如し, 姿が, 姿は, 姿を, 巻象の, 形の, 形状は, 彫物の, 所為と, 技の, 目を, 眼を, 蟠れる角, 話に, 起原と, 顔が, 飾の, 髭に

1 [308件] いはやだね, おとし児, かげは, ことが, ことである, ことを, ころも, ごときか, ごとき否, ごとき怪物, ごとく, ごとくこれぞ, ごとくその, ごとくだろうと, ごとく人生, ごとく嫌う方, ごとく性, ごとく湧いて, ごとく百, ごとく素直, ごとく顔光, ごとく駛, ごとく黄海, ごとしあるいは, しっぽの, それと, それの, ついた冑, とまった, なかにも, ぬいとり, はちきれるよう, ふく焔の, ふたつの, ふてぶてしさ, ほうへ, やうな, やうに, やつが, 一字を, 一畝り, 一種だった, 三患というは, 不思議な, 世界その, 中から, 中には, 中入前を, 丸に, 乞によって, 事この, 事は, 二刀まことに, 二刀を, 二剣再び, 二条の, 仕掛け花火です, 仕掛け花火を, 住みさ, 住所は, 作, 作りものを, 信念は, 傍へ, 像は, 像を, 入れ墨の, 出家を, 切願をも, 前は, 勁敵と, 動きを, 動静を, 勢いと, 化石, 十本の, 双剣, 受け寺な, 口, 口かと, 口が, 口させ, 口なる, 口や, 口より, 口八代洲河岸にかけて, 口堀通り角の, 口饅頭を, 古代更紗模様を, 名が, 名の, 名は, 吟ずるが, 命を, 命令次第人を, 喚き声, 嘯くが, 噂を, 士諏訪栄三郎と, 士諏訪栄三郎の, 夢で, 大小おのおの, 大物が, 天へ, 奥の, 如きもの歟, 如き動物, 如く人, 如く湧いて, 如く遽, 威を, 子, 子と, 子を, 子孫に, 実なく, 実在の, 宮居に, 将軍は, 小さな肩, 尾について, 尾を, 尾頭その, 居そう, 属, 属の, 属も, 山, 崇拝至っ, 幕を, 幻覚においては, 幼稚な, 形に, 形を, 彫りも, 彫りものの, 彫り物が, 彫刻が, 彫刻の, 影に, 後身に, 心も, 心如何もっとも, 怒るの, 性を, 性卒暴瞋恚常なし, 性睡り, 性粗, 性質形体を, 怪を, 恐ろしき怒り, 悪名は, 或る, 所が, 手か, 手から, 手が, 手さ, 手じゃ, 手だ, 手って, 手でござる, 手という, 手とは, 手な, 手などと, 手に, 手を, 指の, 断末魔の, 方に, 族棲む, 旗, 昇天という, 昇天を, 昔は, 昔を, 望みかと, 条で, 条に, 柄を, 森へ, 正体を, 此舟を, 歿年である, 水を, 油を以て, 油絵が, 滑稽に, 炎でない, 炎の, 炯眼を, 爪なり, 爪の, 爪は, 牢に, 玉, 現物と, 瑞あり, 用うる, 画の, 疑惑から, 登りと, 百の, 百も, 眼が, 眼に, 眼の, 睛の, 睛を, 私生児でも, 精を, 絵は, 絵を, 練り行く, 群の, 翼が, 考えたよう, 耳と, 背を, 腹から, 腹に, 腹の中で, 舌が, 舟渡も, 若造に, 英仏名ドラゴンは, 蠅て, 血骨筋髄一切食う, 行くが, 術中に, 角と, 角なく, 角の, 話で, 話の, 話は, 話を, 話中に, 説に, 誰なる, 諏訪栄三郎に, 諸譚, 講釈が, 講釈の, 譚を, 譚全体を, 豆自動車が, 豆自動車に, 豆自動車は, 象を, 象嵌を, 責任である, 起原論は, 趾の, 跡ある, 躍るが, 身を, 身体が, 身体は, 車が, 車の, 車を, 辺からは, 近侍が, 都から, 都の, 金色の, 長広舌, 長鯨, 間で, 間に, 間の, 雌雄状同じ, 雛が, 雷が, 頭だの, 頭にな, 頭は, 頭上めがけ, 頸の, 顋の, 顔には, 顔の, 顔を, 顔附に, 類いも神の, 類を, 餌食に, 首が, 首に, 首にな, 首めきたる, 首半ば開いた, 馬とも, 駒から, 駒がを, 駒に, 駒の, 駒蛟の, 骨灰を, 骸を, 髭が, 髭草の, 鱗の, 鱗を, 鱗生れ, 鼻の

▼ 竜~ (189, 4.1%)

6 雲を 5 急に 2 あんまりひどい, 彼の

1 [174件] あるいは無, あるとき, いかにも好奇心, いかにも得意そう, いきなり火焔, いざ知らず, いつも田中, いない, いまは, いま自分の, いよいよ雄弁, お藤, ぎくりとし, くきくきと, くるしさ, けらけら笑い, こういう人々, こういう絶望的, この時, これらの, じいっと彼女, じっと聞き耳, すっかりうろたえ, そこで, そこまで, そのため, その両, その命令, その時体, その時急, その煙, その真中, その谷底, それに, それを, たしかにここ, ちよつと, てんてんと, とっくの, どんな物, ない因っ, はっと耳, ばつ悪, びっくりし, ぶるっと, へべれけに, もう大村, もう死ん, もう自分, ようやく三叉, わけも, ジュラ紀と, 一人一人の, 一寸覗く, 一時に, 之を, 云いつつ, 互いにひきあう, 仁斎学派より, 今日も, 以前の, 仮作動物で, 住田に, 体よく, 何故人間, 何時も, 依然多淫, 全く想像, 再びどこ, 再校, 前半水法の, 劉氏で, 卵生に, 又急, 又自分, 叫びつつ, 合うて, 吉原へ, 声に, 壱万円で, 多頭, 夜な夜な水, 大に, 大事の, 天上に, 天性慳吝で, 如何にも意外, 妙法院堯恭法親王の, 小心ヨクヨクたる, 巨蛇に, 廻顧て, 弘治二年の, 強く前, 形容種々なれ, 彭城彦二郎と, 彼を, 彼女の, 待って, 忽ち活き, 悄然と, 慌てふためきつつ, 懐手を, 或る, 打ち砕かれたよう, 描かれて, 支那の, 支那人のみ, 早々と, 明和三年に, 朴鳳錫と, 林檎や, 某々の, 栄三郎へと, 桃の, 極度の, 横合いの, 殊にこういう, 毒竜仲間で, 気がついて, 気でも, 気に, 気味よ, 池谷医師と, 法華寺の, 洋服の, 涙に, 潜んだの, 火の, 火を, 無言で, 爾の, 田中に, 痴者の, 目を, 目貫を, 相変らず, 眼に, 瞋恚熾盛の, 瞑目口誦し, 神辺に, 空中を, 突然ききき, 竜でも, 竜の, 竜巻と, 素早く飛びのき, 続け出した, 続長崎画人伝, 纏わりつき, 美しい科, 考えた, 肩を, 腰を, 腹の中の, 蛇ばかりから, 行列の, 触るに, 詰まらぬ河童様, 諸鱗虫, 警戒する, 越中越後の, 遠在, 門人か, 闇の, 雲が, 雲なく, 雲雨暴風を, 電光に, 電車路の, 頬の, 頭髪を, 鱗虫の, 黙ったまま桃, 黙って

▼ 竜~ (160, 3.4%)

3 呼び竜, 手に 2 刺し殺して, 助けて, 慕って, 見

1 [146件] かかる愚鈍, この上, こわがって, して, せしめて, そのまま用いる, つかんで, とりあげて, なだめる二行, ねらう輩, ひきよせるいかなる, ふみ小栗判官, ほった脇差, まきあげたからにゃ, まきあげるか, もって, アジアの, グルッと, タツと, 中に, 乗せて, 二脚として, 二足と, 佩いて, 佩し, 佩する, 兜に, 入手せね, 内心の, 助けた話, 取り逃がしたので, 取ると, 召し火天焔魔王, 呪せしむ, 呼び込むと, 呼ぶこと, 呼んで, 堪能する, 奪うと, 奪って, 奪ろう, 奪取すべき, 好むこと, 封じ込んで, 帯し, 帯びて, 常食と, 引っつかんで, 彫った真鍮, 彫った赤銅, 彫って, 待って, 待つとは, 待つ江戸, 御覧じられた, 悪の, 招き竜, 指し喜びて, 指差した, 捉らへ, 捕り食うが, 描いた丸帯, 描いた新しい, 描いて, 握ったまま身体, 撫しながら, 擬た, 改心さした, 有角大蛇と, 朝鮮の, 栄三郎の, 死と, 残らず伴, 殪し, 殺さば, 殺して, 殺しに, 殺し以, 殺し自分, 殺すを, 殺す者, 毎日見, 氏と, 気に, 混同し, 渡すはず, 渡ると, 父と, 片はし, 狙って, 産し鷲, 用いたり, 画きローマ, 画き日常竜, 画く者, 畜い馴らせし, 皇太子の, 皇旗と, 盗み出したの, 相手に, 盾に, 睨み附ける目, 睨んだ, 知りがたき, 神視し, 竜宮から, 経て, 総べて, 繋げり商人, 罪悪の, 置いたり, 罵って, 脱す, 自分の, 見たなど, 見たの, 見たり, 見た人間, 見に, 見る事, 覚えて, 記する, 訪ね洋次郎, 誅した譚, 誘い去ろうと, 調す法を, 調伏せしめた, 識らざるのみ, 責む, 躍らせ長駆, 載せたるにて, 返納した, 退治した, 退治しよう, 退治て, 退治る, 逸した栄三郎, 長と, 隆起させ, 雕った, 雕り, 食う, 飾りと, 骨抜きに, 鷲の, 黙想し

▼ 竜~ (149, 3.2%)

3 天上する 2 いて, 化けこんで, 天に, 居て, 火を, 雲を

1 [134件] あって, あの恐ろしい, あの金, ある, いたところ, いては, いなかった, いるの, いるよう, おどってるの, けらけら笑い立てた, この上, ごみごみした, すんで, その鉄, それしきの, ちょと, でて, ところを, ない, のたうちまわって, のっそり現われ出た, はいって, よかったろう, ゐても, ッ, 一つ海の, 一ぱいい, 一時の, 一条白浪の, 三月三日に, 下手の, 不思議に, 二ひきづゝ番を, 二三流の, 二疋で, 人身に, 今にもあの, 仏を, 仙人の, 住むと, 住む城, 八道を, 円い口, 再び生, 出て, 制御した, 劉梅泉だ, 動く, 勝つか, 千差万別なるごとく, 叫んだとき, 吐きだすよう, 噛み合う姿, 壁に, 夜な夜な水, 夜泣きを, 夢枕に, 大村を, 天上致した, 天女の, 奔る, 妙に, 守護神たり, 居たならまして, 居なかった, 居ると, 崇拝さるる, 得意らしかった, 感ぜられ第, 慕うて, 憑い, 戦いに, 戦うた跡, 所を, 手を, 持って, 持つとは, 振り返って, 描いて, 撃ちあってる最中, 昇って, 昇りそう, 最後の, 朦朧として, 来たの, 来て, 来ましたから, 桃の, 棲んで, 波を, 海より, 湧いても, 無翼有翼, 爪で, 爪に, 珠を, 現れて, 現われたので, 現われ美しい, 白堊を, 白銅貨を, 盃を, 直しに, 秀郷の, 立ち上ったといった, 立って, 絡い, 絡んだもの, 編纂した, 美しく刺繍, 翼を, 肚裡で, 背中一杯に, 能く, 腰を, 蜻, 蟠って, 蟠つて, 見え次第大声で, 言うこと, 豊作に, 跳ねたの, 躍ろうと, 身を, 開陳した, 隊長に, 雨を, 雲の, 雲雨を, 雷を, 霹靂せし, 頭から, 骨を

▼ 竜~ (103, 2.2%)

3 似て, 近いもの 2 さらはれ, なって, なりたいと, ひかせた車, 手が

1 [87件] あやまりながら, いき悩んで, こがれて, して, しては, しても, その珠, たとえられる林田, ちがいありません, ちがいない, なったという, なったらしいと, なりたいという, なりたい竜, なる, なるの, なるを, ひかせた火の車, ひけを, ひょっくり再び会った, もたらしたこと, 一層魂消, 一泊, 七巾では, 乗りて, 乗り雲, 乗れる者, 乞われて, 事うる, 二足のみ, 五事の, 会い大変, 会ったので, 会って, 似たもの, 似たり, 似た百尺程度, 似た者, 出会ったの, 分かれて, 勝って, 化した仏説, 化し得また, 化する, 化って, 化りあった, 卵生, 反抗ふ, 取らるべきに, 向い拝, 向けて, 呑まるるを, 呑まれて, 命じて, 咬まれて, 善性と, 変ずるて, 変って, 大神力あり, 射中, 感じて, 比しシギスモンド帝, 気が, 玉の, 生まるるは, 生まれて, 生まれる, 異ならず四十二, 示した, 経を, 縁あり, 縁ある, 翼だ, 翼なし, 翼を, 至って, 至っては, 蒸汽喞筒を, 角を, 近づくなんて, 逢って, 違いござらぬと, 遭えば, 酷似た, 類する鰐魚, 食わるるを, 髪あり

▼ 竜~ (96, 2.1%)

2 なって, 化して, 化った, 名づく, 蛇が, 蛞蝓ほど, 闘うよう

1 [82件] いい麒麟, いえるは, いったと, した, し尊んだ者, し祠, し竜, するに, するインド説, せる記事, ともどもに, どういう関係, なりて, なり五百牡竜, なり共に, なり諸多, なる, なると, なるの, なる説, ぼうふら, グリフォンとの, 下り竜, 中の, 争ひける, 云う言葉, 云って, 云ふ, 交わると, 化し寸分油断, 化する, 化る, 叫び更に, 号した, 号づけた, 同じもの, 同根, 名づけた, 名づけたり, 呼ばれたその, 呼ばれる彼, 呼びインド, 呼ぶこと, 呼ぶなど, 呼んだも, 唱えて, 少しも, 崇めたの, 思しき女, 昔関係の, 為すは, 為る, 現じ, 現われた他, 生まる七宝, 申します, 番に, 異名した, 白い虎, 白う狗声, 相通ずる, 脇差と, 虎が, 虎の, 虎を, 蛇の, 蛇を, 蝮と, 蝮の, 行動を, 言い大きな, 訳したが, 訳したらしい, 訳し不動明王, 識る, 違い蜥蜴, 関係ある, 阿修羅と, 降り竜, 鬼とは, 鮫の, 鳳凰とが

▼ 竜~ (65, 1.4%)

2 を取りあげた, を帯

1 [61件] が, が姿, が孤愁, が家, が手, が来, すなわち夜泣き, ただ一つ, ですよ, という, という二百トン, とが家, とともに水ぐあいの説, とわかっ, と丹下, と呼ん, と左膳, と得心, と所, どうしてそこら, にひかれ, に味方, に持ち込んだ, のうえ, の側, の冷刃, の刀魂, の剣身, の引力, の救援, の気魂, の脇差, の若者, の鞘, はこれ, は森徹馬, は諏訪栄三郎, へあてた, よ, を, をおさめる, をさらっ, をひっつかん, をぶっ, を事もなげ, を何者, を佩, を入手, を収め得た, を取りあげん, を奪い去られた, を奪おう, を守っ, を左膳, を差した, を帯びた, を狙っ, を申し受ける, を眼, を秘し, を納め

▼ 竜ちゃん~ (64, 1.4%)

3 は私 2 の方, は, はそんな, やたかちゃん

1 [53件] があんまり, がいかにも, がいない, がはいっ, が一人きり, が真面目そう, が私, が負け, だった, だったの, だったら何, といった, と一緒, と約束, にちがい, にはほんの, には計算, に嫌われ, に対してもすべて控え目, に逢えた, のいる, のこと, のする, のため, の一家, の味方, の家, の数字みたい, の来ない, の来る, の様子, の機嫌, はしかし, はそういう, はそれ, はときどき, はますます, はみんな, は他, は佐吉, は何, は大きな, は本気, は母, は無頓着そう, もう喋った, も覚え, も遊び, よせそんな, らしい気, を呼ん, 帰ろう, 早くいらっしゃい

▼ 竜次郎~ (59, 1.3%)

2 と小, は云った, は先

1 [53件] が小刀, が腹痛, が陣風斎, とて佐野, に縛られ, の廻国, の心, の手, の男振り, の眼, の祖先, の縛め, の脱走, の腹痛, の苦心, の見込み, の驚き, はお, はぎょっと, はそう, はそれ, はつくづく, は不, は全部魂, は其捕縄, は叫び, は咄嗟, は唯只, は問うた, は声, は声高, は始終, は安心, は弁解, は心, は恍惚, は手早く, は手繰り始めた, は手足, は捕っ, は斯, は歯軋り, は気味, は漸く, は真底, は着衣類, は答え, は素気, は自分, は警戒, より他, を縛り, 如何し

▼ 竜~ (55, 1.2%)

11 の父 7 の家 4 の方, の顔 2 に会っ, の姉

1 [25件] からある, とは学用品, とは毎日学校, ともほとんど, とよく, にあっ, にくっつい, にならっ, には学資, に今度, に知れなけれ, に親しみ, のあと, のうち, の存在, の肩, の親たち, の言いなり, の言った, までが立ち上った, もまるで, も不, も幸い, や昌平, や春子

▼ 竜~ (39, 0.8%)

2 の姫神

1 [37件] が人, が殺さるる, その夫, とやらじゃ, と夫婦, と称, に似, に遇っ, のごとき, の不思議, の家系, の深甚微妙, の父竜王, の祠, の美貌, の血筋, の血筋云々, の話, の郷方, の髪, は婉妍人間婦女, も我, も色, より取り, を取る, を守る, を弔う, を後, を捕えた, を放った, を放て, を救う, を苦しめ, 仏の, 当下, 来って, 来り見て

▼ 竜~ (35, 0.8%)

2 だから, のよう, の頭, を走らす

1 [27件] が伏蔵, が如意宝珠, が飛出し, である, というの, と見立てた, になっ, に似たる, に変っ, の主として, の区別, の如き, の如く交叉, の婚姻, の婿入, の子孫, の属, の格天井, の神, の話, の面影, は大蛇, を兇物, を憑神, を戴く, を殺す, を魚虫

▼ 竜手様~ (28, 0.6%)

3 のこと 2 をお

1 [23件] が動いた, が即座, という竜, とかあれ, に呼ばれ, の一件, は畳, は竜, は部屋, は金, へお願い, へなにとぞ, へ眼, へ視線, を, をかざし, を右手, を投げ捨て, を持った, を捜し, を汚な, を眺め, を見較べ

▼ 竜~ (25, 0.5%)

1 [25件] あの函, おのずから天地, さる者それには, そこから, またシャーマン, 人間も, 他ならぬ, 其処から, 単に大蛇, 坤竜だ, 容易に, 往々有, 日中一ばん暑い, 此方面は, 海に, 淑雅な, 潰れ死すと, 睡って, 色さみしく, 薯蔓わ, 虎も, 記載一定せぬ, 豪いが, 身を, 雲を

▼ 竜宮城~ (24, 0.5%)

2 が現出, のよう

1 [20件] かそれとも, かなにか, とは違う, にも居, に向っ, に擬したる, に至れ, の全景, の全貌, の廃墟, の暮し, の本丸, へいっ, へはひつ, へ御, へ泊った, へ渡らん, もよそ, より伝, を指し

▼ 竜~ (24, 0.5%)

1 [24件] ありと, がいう, がかりに, が円い, が南天竺, にも会った, によって代表, によって基督, の伝説, の再, の化身, の御, の成立, の法嗣, の道, はじっと, はそこ, はその, は元, は座上, や観音, や馬, 世にいで, 答えて

▼ 竜~ (24, 0.5%)

2 という尼寺, にいる

1 [20件] が苦笑, で小手調べ, と呼び, なるもの, に向い, に挨拶, に立, の手の内, の曰く, の美惠比丘尼, はたしかに, はもう, は竹刀, は頭, は首, へ忍び込ん, へ躡, もばかばかしい, を出, を連れ出し

▼ 竜濤寺~ (20, 0.4%)

2 の一件

1 [18件] であった, というの, という古寺, に同居, に埋め, に行き着い, に隠し, の仲間入り, の住職, の古, の坊主共, の空寺, の門前, へ帰っ, へ来, へ葬っ, へ連れ込んだ, までは少し

▼ 竜~ (20, 0.4%)

8 の松 2 はその 1 がどうも, が上る, である, のごとく, のよう, の事, の影, の露, は赤く, や造花

▼ 竜~ (18, 0.4%)

2 である, の部落

1 [14件] だ, でお, などに較べる, に到着, に向, に着く, の一つ手前, の宿, へお, へ持つ, へ行, まで海岸伝, まで行き, まで行きたい

▼ 竜~ (13, 0.3%)

2 ふ名号, ふ想像動物 1 ふ位階, ふ巨人, ふ想像, ふ想像物, ふ想念, ふ物, ふ蜥蜴, ふ霊怪, ふ黒犬

▼ 竜二郎~ (13, 0.3%)

2 のため

1 [11件] が進み出た, である, とこの, とで芳江姫, の太刀, は, はこう, は云い渋る, は呟き, は断絶, を呼ぶ

▼ 竜~ (13, 0.3%)

1 [13件] に向かい, に在る, に学ばしめぬ, に居る, に巍々, に旅, に逗留中, に遊ぶ, の市街, の月, の繁栄, や紐育, を闊歩

▼ 竜~ (12, 0.3%)

21 からだれ, から仕方, から聢, といわれ, と云い放った, と述べ, わ, 玄竜だ, 竜だ, 鄭祥遠

▼ 竜~ (11, 0.2%)

2 雲取 1 そのほか彼, 一部の, 九頭蛇の, 棲みしと, 狐狸の, 蛇が, 蛟の, 類人猿なぞが, 鬼の

▼ 竜~ (10, 0.2%)

2 の浮き彫り, の琴 1 に上りたる, の峡谷, の暴風雨, の滝, の狩, の鯉

▼ 竜~ (10, 0.2%)

3 の玄関 1 という古ぼけた, となった, にかけて天願氏, に七八年, のどこ, の違った, は家

▼ 竜という~ (9, 0.2%)

1 のは, ものが, ものにも, ものは, 不可思議な, 人と, 僧伊勢詣し, 字が, 文字

▼ 竜土町~ (9, 0.2%)

2 にある 1 に甲州出, の中屋敷, の今, の家, の沼間家, の脇田医院, の閑静

▼ 竜~ (7, 0.2%)

2 の家 1 と呼ばれ, に住ん, の兼松, の宇和島, の辺

▼ 竜樹菩薩~ (7, 0.2%)

1 が現われ, の, の化影, の大論, は, は寛平, も在俗

▼ 竜紋賞~ (7, 0.2%)

2 というの 1 が好い, であった, で二番目, を得, を得た

▼ 竜あり~ (6, 0.1%)

1 すなわち持ち, てふ, て倉中, 全身あまねく, 旃遮羅と, 毎に

▼ 竜~ (6, 0.1%)

1 ではちと, に戻った, に戻らぬ, のよう, の一種, を目撃

▼ 竜~ (6, 0.1%)

1 が活躍, に浮揚, に関してはぜひ, の客員, はおどろくべき, は大陸

▼ 竜土会~ (6, 0.1%)

1 であったか, では酒, というもの, という会合, の時, はすべて

▼ 竜太夫~ (6, 0.1%)

1 という御, のうち, は狩衣, へ申し聞かす, を教え, を教えた

▼ 竜~ (6, 0.1%)

1 だった, で截, なり君, の池, は美事, を放った

▼ 竜ちゃんと~ (5, 0.1%)

1 うちの, おもいがけず再会, 二人で, 仲の, 私とは

▼ 竜~ (5, 0.1%)

1 はなから, 丸い輪廓, 我と釣り処, 毎も, 見たと

▼ 竜とは~ (5, 0.1%)

1 もういつの間にかこの, 何ぞ, 何物ぞという, 即ち, 指呼の

▼ 竜バミ山~ (5, 0.1%)

1 から山稜, が大洞山, の最高点二千十二米, へ出られる, までも含ん

▼ 竜土軒~ (5, 0.1%)

1 のこと, の主人, の最初, は先代夫婦, へ行き

▼ 竜手さま~ (5, 0.1%)

1 が, ですかい, とか, を取り出し, を持っ

▼ 竜~ (5, 0.1%)

21 の高評, は商用, も出版

▼ 竜~ (5, 0.1%)

1 と漢訳, と為す, の酋長, を求め, を眼

▼ 竜閑町~ (5, 0.1%)

1 のあいつ, の裏長屋, の駄菓子屋, まで行け, を差し

▼ 竜さん~ (4, 0.1%)

1 があんまり, この先生, とやら, の馬鹿

▼ 竜に関する~ (4, 0.1%)

1 レクチュアー, 信念は, 怪異を, 限り司直当局に対する

▼ 竜~ (4, 0.1%)

1 ウイを, 牛肉を, 西条氏の, 近衛文隆の

▼ 竜より~ (4, 0.1%)

1 人魂を, 生じたという, 自分一人坐るべき, 霊なる

▼ 竜バミ谷~ (4, 0.1%)

1 に向っ, の方面, へけし飛ん, を甲州方面

▼ 竜~ (4, 0.1%)

1 とて二人, の二子孫, はこの, は今

▼ 竜~ (4, 0.1%)

1 に属する, の廃墟, の道, を訪れた

▼ 竜巻き~ (4, 0.1%)

1 が銀色, などともいう, にまくしたてられる, 騰る幾

▼ 竜昇らん~ (4, 0.1%)

4 ずるなり

▼ 竜~ (4, 0.1%)

1 が死ん, である, の歿, はこれ

▼ 竜~ (4, 0.1%)

1 というの, にした, の所, の袷

▼ 竜~ (4, 0.1%)

2 が多く 1 に関する分, の発達

▼ 竜~ (4, 0.1%)

1 に刃, に刄向う, の横ッ面, を駆

▼ 竜~ (4, 0.1%)

1 などいった, の子, を生, を生む

▼ 竜~ (4, 0.1%)

1 それから火, で来たら, を化作, を批

▼ 竜との~ (3, 0.1%)

1 あいだには, 相ひく, 関係について

▼ 竜などが~ (3, 0.1%)

1 ほんとうに, 居りましょうかいな, 目に

▼ 竜なら~ (3, 0.1%)

2 竜虎なら 1 ん帝銭十万貫を以て

▼ 竜また~ (3, 0.1%)

1 ついに神, 会おうぜ, 来ると

▼ 竜をも~ (3, 0.1%)

1 化して, 横どりしよう, 走しらす記者諸君

▼ 竜一たち~ (3, 0.1%)

1 とほのか, を四年, を遊び仲間

▼ 竜二郎竜八~ (3, 0.1%)

1 とて二人, の二子孫, はこの

▼ 竜~ (3, 0.1%)

1 そして私, なりと, はこの

▼ 竜~ (3, 0.1%)

2 の旗 1 は子群

▼ 竜安石~ (3, 0.1%)

1 のよう, の下, を置いた

▼ 竜~ (3, 0.1%)

1 のよう, を掲げた, を翻せる

▼ 竜~ (3, 0.1%)

1 であろう, の臥竜橋, は病

▼ 竜~ (3, 0.1%)

1 と云, の水, の静寂

▼ 竜潭山~ (3, 0.1%)

1 に蓬, の半, の名勝

▼ 竜~ (3, 0.1%)

1 しアフガン, し一百二十万石, し大いに

▼ 竜~ (3, 0.1%)

1 と見え兎神, に比した, を始め蕪村

▼ 竜閑橋~ (3, 0.1%)

1 ってえ, っての, てえ

▼ 竜飛岬~ (3, 0.1%)

1 の燈台, まで行つたの, まで走

▼ 竜~ (3, 0.1%)

1 を擁し, 已に赤旗, 騰仙

▼ 竜~ (3, 0.1%)

1 の碧, の葉, を取除い

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 うむ栄三郎, みみずか

▼ 竜その~ (2, 0.0%)

1 ほか人間が, 中に

▼ 竜その他~ (2, 0.0%)

1 の神話, の神話的

▼ 竜だの~ (2, 0.0%)

1 怪獣だ, 草や

▼ 竜ちやん~ (2, 0.0%)

1 が起きない, のお守り

▼ 竜ついに~ (2, 0.0%)

1 天に, 負けたて

▼ 竜である~ (2, 0.0%)

1 ことを, という説

▼ 竜では~ (2, 0.0%)

1 ない土中, なかった

▼ 竜とか~ (2, 0.0%)

1 あるいはそれ, 観音神様などをば

▼ 竜ども~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ 竜など~ (2, 0.0%)

1 もっとも高名, 云う生物

▼ 竜などの~ (2, 0.0%)

1 ほかにも, 云ひつたへが

▼ 竜なる~ (2, 0.0%)

1 想像動物の, 由は

▼ 竜にも~ (2, 0.0%)

1 酷似る, 附存す

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 たん, たんなど

▼ 竜みたい~ (2, 0.0%)

1 な怪物, な生臭い

▼ 竜よりも~ (2, 0.0%)

1 もっとおそろしい, 生きたお

▼ 竜を以て~ (2, 0.0%)

1 地下また, 官に

▼ 竜仙寺~ (2, 0.0%)

1 で土地, の法印一人

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 はその, は其月

▼ 竜~ (2, 0.0%)

2 の壮士

▼ 竜体獅子~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の変身

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 の頭, の顔

▼ 竜僧正~ (2, 0.0%)

1 から, から承った

▼ 竜兄さん~ (2, 0.0%)

1 が今, の方

▼ 竜出版~ (2, 0.0%)

2 へ戻っ

▼ 竜~ (2, 0.0%)

2 という

▼ 竜哭言~ (2, 0.0%)

2 探湖底

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 のもの, の習い

▼ 竜大いに~ (2, 0.0%)

1 周章て袋, 猛威を

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 に上り, に升

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 という, は野猪

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 重根, 重根柳麗玉第

▼ 竜巌寺~ (2, 0.0%)

1 の松, の笠松

▼ 竜川守膳~ (2, 0.0%)

1 が顔, という漢学者

▼ 竜市兵衛~ (2, 0.0%)

1 の妻, の後

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 に分らぬ, の依頼

▼ 竜~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ 竜棲む~ (2, 0.0%)

1 てふなる, とし

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 と呼ん, の下

▼ 竜潭駅~ (2, 0.0%)

1 に下りた, へ急い

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 は雲, 湿を

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 だ, はすでに已に

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 あるもの, のごとく

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 にその, 生きいる内

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 がある, が壬申八月二十八日

▼ 竜玄武朱雀~ (2, 0.0%)

1 の四天王もろ, の紋

▼ 竜田丸~ (2, 0.0%)

1 でさっさと, に乗り後れたなら

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 を念ずる, を誦する

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 の兵, の総督

▼ 竜老師~ (2, 0.0%)

1 が臥竜梅, を訪れた

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 を啖, を食い

▼ 竜興院~ (2, 0.0%)

1 には位牌, の墓地

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 が一艘, の音楽

▼ 竜~ (2, 0.0%)

2 なら虎

▼ 竜蛇さまざま~ (2, 0.0%)

2 の形

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 すなわち帽蛇, に施す

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 あるなし, なきを

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 を現, 至って重し

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 怪しみ何事, 来て

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 として垂死, として空く

▼ 竜~ (2, 0.0%)

1 すなわち蜥蜴群, は瓢

▼1* [375件]

いわくそれを俟, 竜かの刀銘を, 竜から雲取, 竜こそ彼の, 竜こそはさすがに, 竜この洲において, 竜これを畏, 竜ごとき尾ある, 竜さては狐と, 竜さまなの, 竜さん今日は又, 竜て守らしむ, 竜しっかり圧え, 竜じゃないん, 竜すなわち化し, 竜そのままに背中, 竜それを無念, 竜それから下谷竹町の, 竜たちだ, 竜たちまち悪病を, 竜だけは電話の, 竜だったのだ, 竜だってどこかで, 竜だろうと止香, 竜ゅう蜥蜴を, 竜ちゃんとこに沢山, 竜ちゃんとこうやって, 竜ちゃん僕もう八疋, 竜ちゃん嘘言ってらあ, 竜ちやん, 竜であって小太刀, 竜であったといい, 竜であり象である, 竜でさえもっと大きな, 竜でも木に, 竜とだけは二人同志が, 竜とてもローマの, 竜とともにここに, 竜とに乗りネプツウヌス, 竜ともいうべき存在, 竜どころか蚤の, 竜んだ, 竜などというところが, 竜などを天上させる, 竜なりついに急ぎ帰り, 竜なんかにあなたを, 竜における類である, 竜について一言も, 竜にとってともに同じ, 竜にとっては単なる女流詩人, 竜には百も, 竜にやならんと, 竜に対するおかみ罔象に, 竜はやいば渡し, 竜ひそかに天角, 竜ふたたび糸を, 竜ふたつ巴の件, 竜へは二時間あれ, 竜まきなるもの, 竜までもなく電燈, 竜戦わずして, 竜らしき物実在せぬ, 竜ら一同博徒, 竜われこの宝, 竜をなどと門弟一同は, 竜彫刻モ, 竜バシリスクは蛇, 竜バミの名, 竜バミ大洞雲取の, 竜バミ山牛王院山唐松尾などという名, 竜ヒドラに化, 竜先頭トスルす, 竜ヲ制スの概, 竜ヶ馬場と称する, 竜ヶ馬場方面も脆く, 竜一人従して, 竜一宛のを書き終った, 竜一年少梵志に化し, 竜一派の言説, 竜三停九似の説, 竜三等宿で待ってる, 竜与えず倉中米尽く, 竜において易く, 竜丸夜泣きの脇差, 竜丸雲は竜, 竜と社長, 竜二疋繋がれあったが, 竜二郎玄武三郎に朱雀四郎, 竜二郎葉末はツッ, 竜五郎とかいえる, 竜の中, 竜仙寺さんと謂つて, 竜仲間で, 竜会愛国社その他の系統, 竜住むべし而し, 竜の通り, 竜停車場から汽車, 竜の年三月日, 竜の力, 竜公紀州頼宣が虫, 竜公貴様は, 竜じき頭と, 竜といふの, 竜て馬場下, 竜出版社へ戻っ, 竜が刀, 竜の名, 竜飛竜が, 竜勒水の辺, 竜動客中の作, 竜動巴里等に在留中, 竜動府市街の繁昌, 竜動街頭に駆る, 竜動郊外の地, 竜千代田三艦を以て迎, 竜千年すなわち山中, 竜馬の, 竜半島を控, 竜却後む奴もし長く, 竜口演の, 竜古き蛇等である, 竜史進左団次の花和尚魯智, 竜右衛門以下手負死人二百余に及ん, 竜右衛門赤鶴重政日氷忠宗越智吉舟小牛清光徳若忠政, 竜右衛門進出で我日本, 竜同様変遷したもの, 竜同然なるより, 竜同然斜めに寛, 竜と云う, 竜などと云っ, 竜喰小金沢雲取和名倉, 竜回天の二艦, 竜だなどと, 竜土水の水管車, 竜土烟霞連海気神田草樹映城雲, 竜土町辺に住ん, 竜地区である, 竜城鳳翔の両, 竜堂樫村博士も青山博士, 竜あり竜皮骨, 竜変じて人, 竜多く頭に, 竜夜叉乾闥婆阿修羅金翅鳥緊那羅の最後, 竜を契り, 竜大僧正など汝出家, 竜大蛇がうようよ, 竜太郎ともたずね, 竜太郎さんの姉さん, 竜夫婦はどこ, 竜女いわくわが力能, 竜女半月中三日斎法を受, 竜女布薩法を受けたれ, 竜女彼に八餅金, 竜女新たに寡, 竜女王住処を蛇, 竜女種々の珍饌, 竜女等の事, 竜おこって, 竜姿をお現, 竜ともいい, 竜宝山の水車風景, 竜実に世に, 竜宮入譚の幾分, 竜宮城つていふやつは, 竜宮城みたいなもの, 竜宿なるは, 竜であった, 竜寺の前を過ぎ, 竜寺万祷寺知光院などとやたら, 竜寿鐘殿と下し, 竜をそなえ, 竜尾石希代の名品, 竜居る所を, 竜居秘書だつた, 竜として尊んだ, 竜属翼ある記事, 竜岩寺へ悪, 竜岩浦の如く, 竜巌寺青山穏田水車神田駿河台日本橋橋上駿河町越後屋店頭浅草本願寺品川御殿山及び小石川, 竜に産す, 竜工夫して, 竜巻山雉子ヶ淵怒田ヤグラ沢狐塚吹雪川そして漸く, 竜常にこの処, 竜が二流ハタハタ, 竜平壌の地図, 竜強奪の秘策, 竜を易, 竜形九似あり頭駝, 竜と名づけた, 竜手様さまと来ら, 竜打つて取つたる, 竜搏虎の手, 竜敗走した面白く, 竜数種で第, 竜斎膝丸の, 竜斎貞丈と今, 竜は常に, 竜既に翼ある, 竜春分に天, 竜に会う, 竜時門の外, 竜来って共に常に, 竜来り救うたとある, 竜来る患なけれ, 竜が京都, 竜栄三郎は思った, 竜の泉, 竜過五渓, 竜模様がある, 竜権現の社, 竜権現社のある, 竜樹天親支那の曇鸞, 竜樹天親曇鸞道綽善導源信源空の七祖, 竜樹身を斂め, 竜樹香を聞ぎてすなわち便, 竜というも因縁, 竜次郎下帯に小刀, 竜次郎憤激しても, 竜比丘を召し, 竜毛水白毛水の清泉, 竜を稟, 竜を以て居, 竜池香以の父子, 竜洞見ゆれ岩山, 竜を有, 竜活きた虎の, 竜を攪, 竜海竜と戦い敗死, 竜の香り, 竜涎蘆薈留奇の名香, 竜沙竜王竜宮の, 竜清冷の淵, 竜という諸, 竜滝天狗の御, 竜潜み躍りて水文, 竜潭鳳潭の七世, 竜の舌, 竜点晴の妙, 竜を吐く, 竜照近江お鯉, 竜燈今に上る, 竜燈旗天蓋笙篳篥女たちは白無垢, 竜と呼ん, 竜猛烈にし, 竜と戦う, 竜玄嘗有約, 竜玄昨夜物故今日葬送徳代参遣す, 竜王宮なり而, 竜といい, 竜珠頷にあり, 竜現われ青赤, 竜を降した, 竜を忌む, 竜田の神奈備で飛鳥, 竜とも竜孫, 竜を観た, 竜の一竜女, 竜白竜相闘って, 竜皇帝が倫敦仕立て, 竜皮骨あり山阜, 竜会して, 竜の婦人, 竜眠るにその, 竜神山トモ唱フ薄村ニテハ両神山ト唱フ皆文字異ニシテ唱ヘハ, 竜神村大字竜神は古来温泉, 竜称寺という寺, 竜種人など竜蛇, 竜種改良と来る, 竜ありといふ, 竜に蟠, 竜窟鮫室の中, 竜は雲, 竜竜神さまの, 竜のごとし, 竜等百余人に護られ, 竜筑房神之沢, 竜に押立, 竜紫竜黄竜などというところ, 竜縛虎の雄文一世, 竜背中にと金糸銀糸, 竜く身, 竜自ら濃州, 竜自身の大, 竜を起す, 竜舟錦帆八島を発し, 竜落ちて焼けた, 竜葢帳中に据ゑて, 竜の洲, 竜葬洲は今日, 竜蓋寺の仏事, 竜蔬菜図等が描かれ, 竜蔵版とかれこれ, 竜蛇その他蛇の画符, 竜蛟蜃など蛇, 竜蜥蜴のご, 竜蟠せる千葉氏の, 竜とは何, 竜見え候時不快に而其宿, 竜見長庵と云う, 竜視るところことごとく, 竜角人頭に著き, 竜角峯とか何, 竜角峰よりは遥, 竜は一向, 竜の根本, 竜警官の自動車, 竜護寺があり, 竜象数を知らず並み居られる, 竜象獅鷲の頭, 竜負けて逃ぐ, 竜に横, 竜軒ここまで聞い, 竜軒先生極めて無邪気正直, 竜軒先生それを聞い, 竜軒首を振っ, 竜輩凍死すべければ, 竜輩評議して, 竜退治で名高い, 竜造りだ, 竜造君の, 竜造氏の, 竜進み出で大立廻り, 竜遂に仆る, 竜に生ず, 竜の形, 竜と立, 竜さ丈余を, 竜門ゆきたけの不揃い, 竜門司というところ, 竜門寺に居た, 竜門寺黒坂備中守等大将分多く討死した, 竜門浮き彫りの拓本, 竜閑橋その他諸橋の下, 竜閑橋ゃ名代な橋, 竜闘って雹, 竜という寺, 竜の交わり分桃, 竜陽みな凶終するよう, 竜陽君の祖先, 竜雄名海内を風摩, 竜を起す, 竜雲雨を興す, 竜を巻き, 竜を探る, 竜をしかめ, 竜顛虎倒の分子, 竜飛びきたりて巻き付き, 竜飛間の荒涼索莫, 竜飛鰐立と讃め, 竜館下宿人一同という札, 竜を俯, 竜首山の上の慈清寺, 竜馬槽櫪の間, 竜馭乗に感ず, 竜駒海蛇有るには, 竜駒鳳雛として望, 竜駿はいない, 竜騎士の綽名, 竜虎闘の, 竜が第, 竜驤将軍を賜うた, 竜驤虎変手を大沢, 竜驤虎視各国たがい, 竜鬚菜をとる, 竜の如し, 竜諸鬼難, 竜鱗菴義端に依頼, 竜鳳寺と云, 竜を聞こう, 竜黄成鎬は渦中, 竜黄成鎬ら台所のドア, 竜黄成鎬同志一二および前場, 竜黄成鎬夫妻柳麗玉を残し, 竜黄成鎬黄瑞露らは安, 竜黄竜などというところ