青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「立場~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

立つ~ ~立つた 立つた~ ~立て 立て~ ~立てた 立てた~ ~立てる 立てる~ ~立場
立場~
~立派 立派~ ~竜 竜~ 章~ 童~ 童子~ ~端 端~ 競争~

「立場~」 5183, 56ppm, 2071位

▼ 立場~ (1149, 22.2%)

103 立って 31 なって 27 立つて 25 ある, 於て 24 置かれて 18 おかれて 17 あるもの 16 あるの 15 立つこと, 立つもの, 立てば 12 あった 10 於ては 8 あつた, ある人, 身を 7 いて, たって, 立つの 6 あって, いること 5 あります, あると, いる, 立つ, 立つと 4 あったと, ありながら, なる, なると, 同情し, 立つ時, 立つ者, 自分を

3 [24件] あったの, あるという, あるので, ある人々, ある彼, ある者, あれば, いるの, いる女, なりました, 就いて, 居るの, 於ても, 止まって, 立たされて, 立たねば, 立った, 立った時, 立っての, 立っても, 立つよう, 置かれたこと, 返って, 陥って

2 [48件] あったこと, あっては, あつて, あること, あるにも, あるゆえ, いた, いたが, いると, いるん, いる事, たつとき, なった, なったの, なつた, なるですから, 不安と, 先行する, 同情した, 困って, 在る, 在ること, 外ならない, 対立させ, 居りながら, 理解を, 生きて, 移して, 立たせて, 立たせられた, 立たない限り, 立たなければ, 立ちつつ, 立ちながら, 立ち即ち, 立ち又は, 立ったこと, 立ったに, 立つかぎり, 立つから, 立つため, 立つという, 立つ一つ, 立つ作家, 置いて, 置いてか, 置くこと, 自分が

1 [514件 抜粋] あきたり, あくまでも挑戦, あったが, あったため, あったならそして, あったならば, あったので, あったらほか, あったら何, あったろう, あった人, あった信州, あった信長, あった場合, あった検事団, あっても, あつたら, あつて時代, ありそう, ありその, ありと, ありました結婚, ありますから, ありますが, ありまた, あり而, あり領地, あるか, あるかという, あるかの, あるけれども, あること等, あるだけ, あるだけれども, あるといふ, あるに, あるのに, あるばかり, あるべきこと, あるべき彼等, あるわけ, あるん, あるアナタ方, あるロングウェル氏, ある一人, ある三谷, ある事, ある人物, ある会社側, ある作者, ある単独登行者, ある史家, ある土牛氏, ある女, ある安価本, ある宮本さん, ある弁護人, ある役目, ある心理學者, ある故, ある最も, ある独逸, ある私, ある自分, ある花柳界, ある邦夷, ある重大, ある静, ある革命者, いたく同情, いたこと, いたと, いたの, いたら, いたらきっと, いたらこの, いたら事業, いたら労働者, いた人, いながら, いるか, いるつや子, いるという, いるとは, いるので, いるひと, いるもの, いるより, いるらしいから, いるらしいの, いる人たち, いる人間, いる大谷, いる娘さんたち自身, いる男, いる白鷹氏, いる私, いる若林君, うつるか, おかせたら道誉, おかれたいま, おかれたとき, おかれたとさえ, おかれたの, おかれた人間, おかれた作家たち, おかれた自分, おかれてさえ, おかれますが, おかれること, おかれるとしても, おかれるの, おかれるよう, おかれるわけ, おかれる人間, おかれる婦人, おかれる有様, おく, おくこと, おくつもり, おくよりも, おしやられた彼ら, おちいった作家たち, おったが, おって, おりましたらこんな, おるの, かかわらず秋山宇一, かき消された, かわりは, くぎづけされ, させたくない, さらされて, したがえば, しっかりと, しろ鎌倉, するだろうしなあ, せよ娘, その鍵, た, たいしさ, たたされるそれ, たたねば, たつか, たつこと, たつ婦人作家, たつ政治家, つかず表現自体, つき何, であるか, とくべつ感心, とどまる旅行記, どれだけの, なったこの, なったと, なったという, なったとき, なったらこれ, なったらしい, なったわけ, なった人, なっては, なっても, なつて, ならねば, なられたの, なりこれから, なりましたが, なります, なり信長, なること, なるの, なる損, なれば, なれるわけ, はっきり立っ, ひとま, ひるみも, ふさは, ほかならない, むしろ歓喜, よりて, ゐたかつた, ゐたが, ゐたので, ゐた青年, ゐて, ゐないこと, ゐるの, ゐるやう, ゐる水島, 一先ず立つ, 一日でも, 不可が, 不安を, 不思議な, 与するもの, 人格に, 他ならぬ, 代わりなんと, 休ませて, 休んで, 似た扱, 依って, 依頼し, 優越する, 先行し, 入る, 入る場合, 出でたかも, 分れる, 分解する, 到らなかったとも, 到着する, 到達せざる, 制約せられ, 励まされて, 原因し, 取上げられた後, 同情された, 同情する, 同情も, 同情を, 向けられると, 向って, 呑み込まれて, 味方する, 哲学が, 困つた, 困つて投身, 困るの, 固定され, 在ったとき, 在る者, 基いた, 基く所以, 基く理論, 堪えがたくて, 変ったこと, 変って, 大へん同情, 安心し, 客観的な, 宿を, 対応する, 対立する, 對し, 就いては, 就いてばかり, 就くよう, 居たとして, 居た関係上, 居り詩学上, 居ると, 居るもの, 居るわけ, 居る人物, 居る吾輩, 嵌つた經驗, 帰ったこと, 帰って, 帰ること, 帰る謂, 帰着すれ, 帰着せしめる, 廻ったの, 廻る, 廻るもの, 引き戻すだけ, 当てはめて, 影響し, 彼を, 彼等を, 往った, 往生できず, 従つて或, 御同情, 徹底し行く, 応じ分, 忠実である, 思いやりを, 思いを, 思ひやりを, 思ひ至ると, 恵まれながら, 我身を, 投り込まれ, 押し込まれました, 捉は, 据りきって, 接近し, 推しすすめられたの, 據つて人間の, 教育され, 新しく重大視, 於いて, 於ける個人的, 於ける対立, 於ける抽象的, 於ける本質, 於ける武士, 於ける爭論, 於ける特殊, 於ける相互, 於てのみ, 既に久しく, 易々と, 根拠地を, 止まらないで, 止まる, 止まること, 止まる限り, 止まる限り環境, 止まろうと, 止ること, 気がつかないよう, 気付きながら, 注意する, 深くなる, 照し, 特殊な, 現在タッタ今置かれ, 甘んじて, 生かせること, 生きる婦人, 直接連絡し, 相応ずる, 着いた時, 着けば, 破壊的創造的及観照的の, 私を, 移されるから, 移った, 移つてゐる, 移つて心ゆく, 移る, 移ること, 窮した, 立たうと, 立たされたとき, 立たされた女性, 立たされた時, 立たされた若い, 立たしめたの, 立たせるやう, 立たない限り正当, 立たれたこと, 立たれました, 立たれましたらあなた, 立たれること, 立たれると, 立ちかつまた, 立ちしかも, 立ちたたかう外, 立ちて, 立ちまた, 立ちみんな, 立ち到つて, 立ち必要, 立ち戦闘的マルキシスト, 立ち直らなくては, 立ち真実, 立ち自ら土, 立ち若き者, 立ち難い, 立ち體驗, 立ったとして, 立ったの, 立ったので, 立ったもの, 立ったらあなた, 立ったわけ, 立ったコンミュニスト, 立ったジャーナリズム, 立った人, 立った何等, 立った十九歳, 立った夫婦, 立った小夜子, 立った彼, 立った感情, 立った文芸批評, 立った方, 立った既成, 立った機械論的合理主義, 立った総理, 立った見解, 立った親子, 立っては, 立つかといふ, 立つかは, 立つが, 立つそして, 立つたとき, 立つたの, 立つたゆ, 立つだらう, 立つだろうかと, 立つであろう, 立つとは, 立つならば, 立つべきのみ, 立つプロレタリア作家, 立つヘーゲル, 立つ主, 立つ人々, 立つ以上, 立つ以上現実批判, 立つ倫理学, 立つ労働者, 立つ協調主義, 立つ夫, 立つ実用主義, 立つ宿老たち, 立つ文学, 立つ文学者, 立つ文部省, 立つ日本人, 立つ智識階級, 立つ特定, 立つ理論, 立つ考えかた, 立つ若い, 立つ認識論, 立つ譯, 立つ限り, 立とうという, 立到っ, 立脚した, 立脚しなく, 細君を, 終始し, 置いたら好い, 置かないため, 置かれしかも, 置かれた, 置かれたと, 置かれたとき, 置かれたの, 置かれたので, 置かれたらどう, 置かれたら動転, 置かれた女, 置かれた私, 置かれなかつたこと, 置かれましたが, 置かれまして, 置かれること, 置かれるであろう, 置かれるの, 置かれるもの, 置かれるよう, 置かれるよりは, 置かれ風呂場, 置きますこと, 置き得るの, 置き換えられたら, 義経は, 自分たちを, 自己を, 自身を, 至って, 至らなかった, 與する, 苦しむの, 苦しむ同氏, 落ちたわけ, 行ったの, 行つて見, 解決し, 變る, 賛意を, 踏み止まって, 輪を, 迷うと, 迷う姿, 追いこまれて, 追いつめて, 追いつめられて, 追い詰められつつ, 追ひ込まれ, 追われるよう, 進むに, 過ぎないの, 過ぎぬと, 遠いから, 還って, 還元される, 還元し, 陥ったとき馬一匹, 陥ったの, 陥った一八〇七年六月二十五日, 陥りそう, 陥れて, 陥れられて, 陥入れて, 陥入れるの, 陷つてゐる, 驕らずたとえ, 驕り旧

▼ 立場から~ (940, 18.1%)

33 見れば 27 見て 25 いえば 16 見ると 15 すれば 14 して 13 云えば 12 見ても 10 言えば 9 では 6 いうと, 云って, 自分の 5 それを, みて, 云つても, 私は, 考えて 4 みれば, 云っても, 捉えられねば, 申しますと

3 [12件] いって, いへば, この問題, すると, 云うと, 云へば, 俳優の, 書かれたもの, 物を, 考へて, 觀る, 言へば

2 [41件] いっても, いつても, これを, するの, それが, であって, 之を, 人に, 今度の, 何か, 作られたもの, 凡ての, 出て, 出発し, 出立する, 反逆的な, 婦人の, 小説を, 成立する, 我々の, 把握せられる, 提出し, 文学に, 書いたもの, 眺めて, 研究する, 社会を, 絶叫した, 考えられねば, 肯定し得る, 自己の, 芸術を, 見たならば, 見ますと, 見るならば, 見るの, 観察した, 言っても, 非難し, 非難しよう, 鮭お

1 [589件 抜粋] あつかわれたもの, あのよう, あらゆる出版物, いい得ること, いうたら目上, いうならば, いおう, いかに傍観, いつて, いろいろの, おそらく人間全体, おのずから明白, お聴き, かくかくに, きのうまで, この, この戦争, この現状, これと, これまでの, ごく通俗的, さういふの, さうなの, さう云, さほど高く, したがってまた自由, しっかりつかまえられ, しっかり把握, しては, しても, すべてを, するならば, するもの, する嘆き, する夫, する批評, する政党存在, する文學批評, する文芸批評, する特別, する皇室論, する関心, ぜいたくと, その他医者神職和学者僧侶なぞの, その代弁, その作品, その便宜, その個人, その千寿王, その学芸欄, その弁明, その強力, その必要, その意志, その用向, その自尊心, それぞれに, それぞれの, それぞれ当面の, それぞれ解釈を, それに, それらが, それらの, たえがたいほどの, ただに, ただ一言, たゆまず積極的, だいたいにおいて, だと, つぎから, つねに哲學史的教養, であつ, であり小, であるに, でないこと, でなく制作, でなく自然, でなければ, とりあげる必要, とりあつかおうと, とりしまること, とりわけ純潔, どうして貴方, どうもこうしなけれ, どんな風, ながめること, なされた堂々たる, なされた試み, なにか言つて, はじめて振り返っ, はっきり知る, ひかえめ, ひと通り相手の, ほんた, まずもっ, また一種, また単なる, また少しちがった, また社会改善, みたの, みた波紋, みても, みると, もう一つ, もう一度兄弟, もたらされ導かれたもの, もっと明らか, ものを, やんやと, よくその, より低い, われわれは, アンクション宗儀上は, インテリゲンチャは, カントによって, キリスト教に, バルザックを, フランス思想を, プロレタリア, プロレタリア運動には, 一つは, 一心にそれ, 一応軍部, 三枝子は, 下つて, 下の, 不孝の, 世界と, 世界を, 両性問題を, 中途半端を, 丹を, 主張する, 乗せた侍, 事物を, 二三挙げ, 二人の, 云うの, 云ひかへれ, 云ふと, 人間の, 人間らしき知慧, 人間を, 今一つ断言し, 他の, 他人に, 何かの, 何よりも, 佛教を, 信じ直さなければ, 俳優という, 俳優並に, 個人を, 備前佐々木党の, 働くとして, 先づ準備説明を, 先は, 先決問題だ, 先生を, 全く別物, 全世界, 具体的論理的に, 円満に, 再批判, 冷遇しなかった, 准后の, 出たの, 出來, 出来上った作物, 出発する, 出立した, 出立しよう, 分離する, 切に諫め, 初めて正当, 判断し, 判断する, 刺青に関する, 前へ, 前者の, 割りだした都合, 創作家の, 功利主義を, 動きたいもの, 動けない四十代, 動機づけられる, 勝手に, 勞働黨に, 勧め諭して, 即ち私, 反対した, 反駁した, 取り上げねば, 取り上げること, 取り扱おうと, 取り扱った, 取り扱われて, 取扱おうと, 古代の, 右の, 吉原まで, 同じ題目, 同情される, 同情的に, 名づけられた名称, 名づけるなら, 唯物弁証法的立場を, 問いを, 囘顧する, 固より, 国家をも, 国語教育について, 執筆され, 塾風樹立の, 多少なりとも国事, 多少考へられ, 大いに研究, 大衆性を, 夫, 奨められて, 女子にも, 如何にという, 姉の, 始終奢侈, 婦人が, 孤児に, 実地について, 実践的に, 客観的に, 対処する, 少くとも, 少女たちの, 屠殺を以て, 山を, 嶮岨を, 左の, 市場の, 常に何人, 常に犯罪, 平安朝の, 平素医薬分業を, 幾人であろう, 広汎多岐な, 序でに, 引き出されたデカルト, 強くこの, 強く裏書き, 当局と, 当時印度に, 彼女の, 後者は, 心配し, 必要な, 意識的に, 愛を, 愛撫され, 感想が, 懇意に, 成されて, 或は軍事思想, 或る, 戦争の, 戯曲の, 所謂減刑運動に対して, 扱った点, 批判する, 批評し, 批評を, 批評的に, 技術の, 把握さるべき, 把握し, 把握しなかった, 捉えられた, 捉えること, 捉へ, 探偵小説に対する, 探偵小説全般の, 描かれるとき, 支那の, 支那を, 政党を, 政治の, 政治的な, 文化を, 文化部門と, 文学活動を, 文学論から, 文學論から, 文芸を, 新たに, 新田足利両家の, 新進の, 日支問題を, 日本における, 日本人の, 日本文学を, 日本絵具を, 日頃小学校や, 時代を, 暫く離れ, 書いたらどう, 書かれた少年文学, 書かれた歴史, 書かれた生, 書かれなければ, 書きはじめて, 最近の, 望ましいこと, 木曾地方の, 村と, 来る愛情, 根本的徹底的に, 極く, 極めて主観的, 極めて掛らなく, 権威ある, 機に, 欧米の, 此を, 武士剣客は, 歴史的に, 殊に大隈重信侯, 比較吟味し, 気を, 決め直さねば, 活動する, 深く作品, 清算消去されるべき, 演出しよう, 演劇の, 演劇を, 演劇芸術の, 為されて, 無限の, 片山氏は, 物理学を, 特に文化, 犯人が, 独特の, 率先し, 現代に, 現代劇といふ, 現代若い, 現在において, 現在の, 理解され得る, 理解し, 理解出来ない, 生れる現, 生れる現実, 申したので, 男の, 男を, 畷道を, 疑問の, 発展し, 発生する, 直ちに新しい, 直接に, 直観的に, 相當重大, 真に敵視, 眺めた津田, 眺めると, 眺め無理, 眼の, 眼を, 石を, 研究され, 研究した, 研究しなけれ, 社会や, 祈ります, 私としては, 私を, 科学を, 種々なる, 空間的次元を, 立派に, 筆を, 筆者は, 答へを, 篠原の, 米の, 終戦後の, 経営法を, 経営至難の, 結婚の, 統一点を, 絶対的インディフェレンツまたは, 総てに, 翻訳を, 考えさせる余裕, 考えたが, 考えたなら無名, 考えても, 考えまして, 考えますと, 考えられなければ, 考えられること, 考えられる相互否定的対立以上, 考える習慣, 考へ, 考へても, 考へられた, 考へる人, 考察される, 自分にも, 自然弁証法という, 自由思想家として, 興味を, 舞台の, 色々な, 芸談風に, 若林の, 苦の, 茶器を, 蜜蜂に, 術を, 表現作用的に, 裁判長の, 補うならば, 要するに自分, 見ただけの, 見たら誰, 見た元禄, 見た和算, 見た地震, 見た時, 見た科学以外, 見た答解, 見た職能, 見ては, 見ない抽象的, 見まして, 見ようと, 見られた, 見られて, 見られねば, 見ること, 見る事, 親しく語る, 観て, 観る時, 観察されたら, 観察し, 観察すれ, 観照的に, 觀て, 解かれて, 解放されきっ, 解明され, 解決し, 解決する, 解説する, 解釋しなけれ, 言うと, 言へ, 計算を, 訊問を, 試験を, 話した, 話し示し盛りこんで, 認めて, 説明さるべき, 説明を, 読まれんこと, 調査が, 論じて, 論じること, 論ずれば, 諸々の, 諸君に, 識者の, 豊永真理は, 起つて, 起るもの, 農村に, 述べた意見, 述べて, 逃れようと, 連句を, 進められなければ, 道徳の, 遠慮なく申せ, 酔興に, 野犬狩りを, 鑑賞者の, 長い眼, 附加えた, 雑草を, 雲仙公園は, 青果のは, 非常に, 非難され, 音楽と, 音楽家自身の, 顧みられるとき, 驅逐される

▼ 立場~ (732, 14.1%)

12 明らかに 10 明かに 9 考えて 8 察して 7 離れて 6 かえて 5 とって, もつて, 持って, 有利に, 理解し, 異にする, 説明し 4 否定する, 守って, 気の毒に, 経ない問題

3 [15件] あきらかに, すてて, とれば, もって, 主張する, 利用し, 固執し, 擁護する, 明瞭に, 異にし, 異にした, 経た問題, 考えた, 要求する, 説明する

2 [50件] きめて, とった, とるに, はっきりさせ, まもって, もちながら, もつ文学者, やがて諦らめ, よく承知, 代表する, 保って, 優越する, 去って, 取つて, 否定し, 固執する, 固守しなけれ, 変えて, 失って, 失ひたるに, 守り小説, 彼は, 得て, 忘れて, 思いやって, 意味する, 持つて, 採るもの, 換えて, 擁護しよう, 支持する, 易え, 是認する, 決定する, 混同し, 無視し, 無視する, 獲得した, 理由に, 私が, 私は, 立場として, 経るか, 考慮に, 誤解したる, 説明した, 諒解し, 踏み越えて, 述べて, 逆に

1 [484件] あぶなくした, あらかじめ取る, あらためて人々, あるいは科学的立場, いいこと, いささかも, いふの, いよいよ不快, うちあけて, おいて, おき直し芸術活動, おとりなさい, おのずから反映, おびやかされやしないかという, お困らせし, お捨て, かえ臼井, かくすため, かなり露骨, こう考え尽した, ことさらあ, この時, さえ知らず識ら, さきに, しめして, すっかり振い落し, すて, そのまます, そのままとる, そのまま取っ, その時僕, その表情, つくること, つくる一つ, つぶさに話した, できるだけ, とうに脱却, ときどき思い出し, とっくり考え, とった場合, とつて, とらうと, とらしむるにいたつた原因, とらないわけ, とり内々, とり浪曼主義, とること, とるであろう, とると, とるの, とる以外, とる若い, どういう順序, どう解決, どっちかに, どの点, ないよう, なくして, はっきりしすぎる, はっきり思い起し, はっきり持つ, はっきり露出, はつきりさせる, はつきりと, はなれた一種, はなれて, はなれ全く, ひけらかすに, ひどく気, ふみ出さなかった野上彌生子, ほとんど第三者的, またくどくど, みつけだすこと, むしろ是認, むずかしくは, もった女, もつこと, もつ作家, もつ歴史家羽仁五郎, もつ男, もてるもの, もとるわけ, やりきれなくし, よかれあしかれ楽しかれ苦しかれ客観的, よく了解, よく呑み込ん, よく弁別, よく御存じ, よく理解, よく説明, より希望, わたしに, わるくする, カムフラジュする, コミ入らせる, ジャスティファイする, ハッキリと, ブルジョア階級に, モーラリチーの, 一つに, 一人の, 一同に, 一層拡大, 一層極端, 一転し, 不利に, 不当に, 与えたに, 与えら, 与えられるに, 与えるであろう, 中心と, 中間の, 主張し, 了解し, 予め持ち込ん, 予想する, 二つ並べ, 云い表わしては, 云い表わす, 云ひ, 云ふ, 今日の, 他からも, 代えて, 代表し, 以って, 仮定しなけれ, 余儀なくされ, 作らんけりゃ成らん, 作るの, 便利上逐条的に, 便利上逐條的に, 保ち戦争反対, 保つといふ, 保つ立派, 保護し, 信ずる氣持, 偏重する, 傷け, 傷つけるだけの, 出て, 出立しました, 切抜けて, 効用化してる, 動かして, 動かずその, 動機づける, 北村は, 卑下した, 占める, 危なくする, 即ち立場, 厭がる, 厳守し, 厳守する, 及ばずながら, 反対に, 反駁した, 取った, 取って, 取らないので, 取り一九一七年, 取り戻した, 取るが, 取るべきでこの, 取る人間, 取る諸, 取れと, 取ろうと, 取ろうとも, 合理化し, 同じくする, 同時に採る, 同時に選ぶ, 名附けた, 含むもの, 味わって, 問題に, 喝破した, 困難に, 固める, 固守し, 国際連盟に, 堅持し, 声明した, 変えないからと, 変えねば, 変える事, 変へて, 大衆によって, 夫, 失い堂, 失い窮, 失うもの, 失った, 失ったピグミー, 失った形, 失った様子, 失はなかつた, 失ひたる自由党, 失ひたる自由黨, 失ひは, 失ひ人, 失ひ徒ら, 失わせたが, 失わせたら痛快, 失わせ今後, 奉じて, 女に, 媒介する, 嫁の, 子ども管理の, 守つてゐる, 守らんと, 守りたいが, 守りたいに, 守りつづけた民主主義作家, 守りながら, 守り又, 守り続け透徹, 守り通した, 守ること, 守るため, 守るよう, 守護する, 完くなく, 完全無欠と, 客観的に, 家来と, 尋ねて, 尤もな, 巧みに, 庇った, 弁明し, 弁解する, 弁護する, 引合いに, 強調しよう, 当然認め, 後者の, 従来通り厳守出来なくなった, 得られること, 得るの, 徹底させうる, 心に, 心得ない何, 忘れさせる, 思いあわせると, 思いまして, 思いむしろ, 思い飯田藩, 思うと, 恰も自分, 悉く抱擁, 悪くする, 想像し, 意味し, 意味した, 意識しつ, 感じ謂わば, 憐んで, 所謂經驗論と, 打ち明ける気, 把握しなけれ, 投票に, 招いたの, 拡大し, 括弧に, 持たないもの, 持ち直すこれ, 持ち込むこと, 持った哲学者, 持つた劇団, 持つた祖述者, 持つもの, 指すので, 振りか, 挿入し, 据える事, 採らしめた真, 採る時, 描き出して, 擁護したい, 擁護せん, 擬装する, 擬装的にでも, 支持し, 改めようという, 改める前, 改善されるであろう, 改善し, 放棄する, 救い出して, 救ふためだつた, 敢て, 文章によって, 明白に, 是々非々主義と, 是認し, 暗示する, 暴露する, 曝露し, 書くと, 最も端的, 有する芸術家, 根本的には, 棄てえない筈, 棄てて, 棄てなかった, 棄てねば, 棄てること, 様々に, 止揚し, 正しいとして, 正当化したがる, 正視し, 正邪によ, 殆どみな, 気の毒が, 気の毒がった, 永いこと, 求めた時, 求めて, 求めよと, 求めるの覚悟, 求め次に, 決めるため, 決定的に, 浮出さした, 淡彩で, 深く自覚, 為兼が, 特に, 特殊な, 独立させる, 率直に, 現わし, 理念的に, 理解し得たら, 理解する, 甚だ不利, 甚だ適切, 生み出した最大, 産んだ社会的, 痛々しいもの, 発展させた, 発見した, 発見し得る, 發見し得る, 發見する, 盛り返して, 盛り返しました, 省みて, 真ッ, 眺めてから, 眼に, 知らないもの, 知りも, 知り亡き, 知るには, 知るの, 知るサチ子, 知る事, 知る必要, 研究し, 破棄しなけれ, 確保し, 確實に, 確然と, 確立し, 示した, 示して, 突っ切り松尾村, 窺わせる窓口, 立場としての, 立派に, 納得し, 純粋に, 終局的な, 終極的の, 経て, 経ること, 経又は, 経験し, 結びつけて, 結び合せる何, 絶した, 継いで, 網羅し, 置かざるを, 置き替えたらあるいは, 考えただけに, 考えないでは, 考えると, 考え出したこと, 考え直すという, 考へその, 考へた, 考へて, 考へますと, 考慮したら, 職能と, 脱しきれないため, 脱して, 脱するもの, 自分たちの, 自分に, 自分にとって, 自分の, 自然の, 自由に, 自覚させる, 興した, 苛, 苦しくない, 苦しんで, 行って, 表明され, 表明し, 覆えさ, 見いだし得ると, 見いだそうという, 見かねて, 見せて, 見て, 見るに, 見れば, 見出しそれぞれ, 見廻して, 見込んだこの, 解決すべき, 言つてゐた, 言葉巧みに, 計量し, 許すこと, 訴え近衛家, 証か, 話して, 誇って, 認めたら下らない, 認められなかつた, 認めるより, 認める以上, 認容する, 語って, 語る, 語ること, 説いた精神, 説き兄, 説明しよう, 諒解する, 超えること, 越えた, 越えたもの, 越えた立場, 越えて, 越えねば, 越える自由, 踏みしめながら, 辛辣な, 述べたてて, 遊離し, 道誉は, 選ばねば, 選ぶ, 選挙運動の, 釈明し, 釈明した, 重く見, 闡明し, 離れたもの, 離れた絶対的, 離れない, 離れないもの, 離れないゲーテ, 離れなければ, 離れること, 離れるもの, 離れ同, 離れ寧ろ, 非常に, 非難する, 高き處

▼ 立場~ (320, 6.2%)

5 ものが, 上に 4 堅実を, 相違が 3 上から, 整合を, 概念は, 概念を, 相違は

2 [20件] はっきりした, 人たちの, 人の, 代表的な, 分裂, 前で, 実情を, 必然から, 本質は, 概念に, 異る, 相異, 相違である, 相違に, 相違も, 第二歩, 者が, 苦しさ, 茶屋で, 辛さ

1 [247件] いずれか, いずれかに, いずれを, うえで, うちの, お米, きまって, くるしみを, ことで, ことなど, ことや, ことを, この, この独断的拡大, この社会民主主義, この種, すべての, その奇妙, それを, ために, ちがいが, ちがう妹夫婦, つらかった, とり方によって, ひとを, へだたりを, ほうが, ますます苦しい, ままで, まま無碍に, むずかしさ, もとに, ものから, ものと, ものは, ように, よしあしに, 一致しない, 一般性に, 上で, 上乗に, 下に, 不利であった, 不完全は, 不完全を, 主張と, 事だけで, 事ばかり, 二重性が, 五条源治へ, 人々から, 人々だ, 人々と, 人々としての, 人々を, 人々自身の, 人たちは, 人である, 人でない, 人は, 人間として, 代表者某だ, 令嬢らしい, 仲間に, 位置及び, 低いもの, 何よりの, 作家から, 作家である, 作家の, 作家同志は, 保鞏に, 優れた特色, 優劣を, 優越を, 全体では, 内で, 内在論を, 内部から, 出現である, 分化知識人の, 初世, 利害から, 利益を, 前へ, 勝敗に, 区別と, 単なる面積拡大, 危険さにも, 危難を, 反映であった, 取締りらしい, 可能を, 可能不可能を, 哀れさを, 問題な, 問題は, 問題や, 困ること, 困難や, 国民として, 堅固なる, 場は, 場合と, 変化について, 外から, 天鬼を, 太平次で, 太平次を, 奇怪な, 女です, 如何に, 如何を, 婆さんが, 婆さんは, 婦人が, 婦人たちが, 孤立した, 完全無欠の, 対立である, 居酒屋で, 展望を, 差異とは, 弁解は, 弱さ, 微妙な, 悠々たるおもむき, 悪いもの, 意味である, 意識から, 成立不成立を, 所謂, 批判である, 批判としての, 批評なる, 批評を, 支柱に, 政党の, 整合, 整合であった, 整合では, 整合のみに, 整合は, 方が, 方に, 方へ, 方を, 明かなもの, 明かに, 是非は, 最も健全, 最も完全, 最大を, 最小でなく, 本質を, 村落で, 板ばさみ理性的に, 根柢に, 概念そのものと, 概念との, 概念な, 概念よりも, 概念立場としての, 樣な, 横には, 欠陥を, 止み難し, 正しさ, 此方に, 殆ん, 民衆を, 気の毒である, 決定である, 決定を, 決戦によって, 深浅, 滑稽な, 無政府的乱立, 焼跡へ, 特異性貧弱さは, 特色である, 独断的拡大を, 現実的な, 男性でも, 留守の, 相違ある, 相違かも, 相違だ, 相違という, 相違な, 相違によって, 相違より, 相違以外なほ通俗的意義の, 矛盾では, 矛盾を, 私達夫妻だけで, 移転は, 移転を, 積極性が, 究明である, 立場, 立証とも, 第一歩であった, 純化, 絶対化な, 者から, 者です, 者と, 者に, 者は, 者も, 自分からは, 自由を, 若い娘たち, 若者が, 苦しいこと, 茶屋の, 茶屋へ, 茶屋茶屋へ, 茶店から, 衆, 衣を, 規定には, 詳しい説明, 調和について, 論者は, 變な, 軍人が, 転回が, 辯護を, 近い所, 逆に, 進歩や, 違いで, 違いの, 違いも, 違う苦しみ, 違つた日本人観を, 選定について, 選択を, 釈明や, 重大なる, 銘々の, 間に, 関係上から, 首尾わる, 高低によって

▼ 立場~ (301, 5.8%)

7 非常に 4 ない 3 どうなる, 彼女の 2 これは, それ故, 一種の, 世界史的立場である, 何処までも, 危い, 明かに, 気が, 非歴史的概念

1 [266件] あくまで女, あくまで正しき, あまり兄, あやうくなる, ありません, ある者, いかにも異常, いけなくなるばかり, いずれに, いっそう辛い, いつも双方, いよいよまずい, いよいよむずかしく, いろいろである, おのおの異, お綱, かりにそれ, ぎゃくに, こうした弁証法, ここな, ここに, この何れ, この場合, この意味, この文学的自由主義, この点, この絶対的出発, この際, これだ, これを, ご不安, さう, さぞ苦しい, すっぱぬかれて, すでに武蔵, すでに現在, すでに袋, そうで, そこに, そこまで, そのとき, そのにせもの, そのよう, その根柢, その概念, それから, それでおしまひ, それ以上大切です, それ自身すでに, たいへん不運, ただそこ, ただ他, たまらない, だんだんと, だんだんに, ちょうど新, であるから, とにかくとして, ともあれ信長公, とりも, どういう複雑, どうかと, どうであろう, どうにでも, どうにもこうにも, どうも容認, どのよう, ないと, ないという, ないまで, なくなるが, なる程消滅, なんら法律的, はっきりし, ひとり我のみが, ひどくむずかしいもの, ますます困難, ますます安全, ますます苦しく, また別, また違, まだ少しも, まだ抽象的, まったく困難, まつたく四面, まるで孤独, むずかしい, むろんその, もう訴訟, もし今, もとより単に民族的, もとより抽象的, もはやいつ, やはり一般, やはり敗者, よくあらわれ, よくわかっ, よほど不利, わかつて, わかるが, アロハ氏なるべし, イヤな, ガン人よりも, ケネディ博士の, ドイツの, ナカナカつらい, ムザン, ライプニツの, 一応領, 一日も, 一番いけなく, 不思議だつた, 主体を, 了解された, 予想からの, 二つより, 云々と, 云うまでも, 云わば, 互の, 人生の, 人間を, 今や極度, 他ならぬ, 以前と, 何うなりましょう, 何である, 何と, 何の, 何処に, 何物である, 余に, 先刻よりも, 先輩に対して, 全く痛々しい, 全人民経済生活, 全然失はれるであらう, 全然関心, 分るが, 分るの, 切なく生き, 別と, 劇団としては, 加藤明成と, 十二名の, 十分に, 十分みなさんに, 十分尊重し, 単に整合, 即ち第, 又, 反対に, 可なり, 各々違ってる, 同じだ, 同じであっ, 周さんと, 四千人の, 困難です, 困難に, 困難を, 堂々たるもの, 多く皆, 多端な, 大変妙な, 女として, 奴隷に, 妨げられなかつた, 完全に, 宗教によって, 定めて, 実に危, 実に荒涼落莫, 実は高橋哲学, 実際あった, 実際上改善, 実際同情, 察し入る, 實に, 寧ろ客観的, 対頼朝との, 少しも, 布教師に, 度外し, 弁証法の, 弁護人としては, 当然苦境, 形式論理学という, 形成的人間の, 彼の, 彼を, 御子左一門の, 必らずしも, 必然に, 必然の, 恐怖を, 悪くなった, 情けないほど, 我々の, 或る, 所謂芸術至上主義でない, 批判論と, 政治的である, 整合を, 敵討という, 新カント派, 日本婦人自身にとって, 明らかである, 時潮の, 普通の, 更に高い, 本来行為の, 札つきの, 根柢から, 極小の, 正にそれ, 武門上非常に, 歴史的立場であり, 決して困難, 決して所謂個人主義, 決して軽々しく, 泰造の, 流石の, 無いね, 無視し, 無論故, 狹いと, 現象と, 理論の, 甚だ微妙, 生やさしい, 生物學的な, 男の, 病気という, 知られて, 知識および, 科学においては, 立場と, 立場としての, 第二義に, 等しい資格, 経験論と, 絶対的である, 自己犠牲を, 自身が, 苦しい訳, 苦しかった, 苦しくなつた, 衆人の, 行為の, 複雑に, 西田博士の, 見るも, 見るもの, 逆転し, 進んでも, 進歩的であり, 運命とは, 道徳的立場では, 違うかも, 違っても, 重大な, 青葉に, 頗危殆に, 駄目と, 高々同

▼ 立場~ (268, 5.2%)

8 あるの 5 ある 4 なければ 3 あること, 反対に

2 [11件] あまり有利, ない, ないと, 不利に, 世界史的立場と, 危険に, 可能である, 極端に, 立場として, 要求される, 違う

1 [223件] あった, あって, あつて, あぶない, あぶなくなる, ありそうして, ありそれ, あります, あり普遍的, あり理由, あるため, あるだけ, あるだろうか, あると, あるならば, あるまい, あるまいと, あろうか, いい現, いかにあろう, いま非常に, いよいよ危な, おあり, がらりと, きわめて不安定, ぐるりと, こういうところ, こうやっ, ここで, ここに, このため, この三河万歳, この上なくみじめ, この巨人, この書物, ござらぬ, ごまかせれば, そのため, その哲学的体系, その後の, それだ, それであった, それである, それとなく問わず語り, それを, つらくなっ, とりも, どうあろう, どういう風, どうである, どうであろう, どうなる, どちらに, どっちの, どのよう, ないの, ない大いに, なくなって, なくなります, なくなるが, なくなると, なくなるという, なくなるはず, なくなるよう, なくなるんで, はっきり出来上った, ひどい破滅, ひどく不利, ほぼ明瞭, またと, まったく違っ, やがて自分, よくわかつ, より古く, より多い, わかった, わからないどう, わからないん, わからなかった, わるくなっ, わるくなつ, アプリオリが, アン女王の, ハッキリ分っ, ヒューマニズムという, ペーターの, モーラリストの, ローマ字論者の, 一つに, 一層いとほしい, 一層ハッキリと, 一応は, 不満足な, 主張され, 之れによつ, 二人の, 云わば, 今まで, 今日に, 他の, 何であろう, 何と, 個人の, 傷, 優れて, 優越し, 公平でなく, 出て, 出てを, 分らなくなるだけ, 切ないもの, 初めて所謂形式論理, 判りました, 別な, 到る処, 危っ, 取返しの, 可哀, 可愛くて, 問題の, 困ること, 困るだろうとの, 変って, 変らないから, 多少の, 失われて, 失われないであろう, 女に, 如何に, 宇治川や, 完全に, 宙ぶらりんな, 定まる, 実は昔, 実際ある, 実際問題, 容易でない, 察しられて, 少し違っ, 崩れたとか, 常に第, 強調される, 彼等に, 従来何故, 微塵も, 必ずある, 必要だ, 必要であるだろう, 必要と, 思いやらるる深憂, 急に, 悉く幻, 悉く征服, 悪い, 悪くなり, 悪化する, 憫れな, 抉り出したやう, 採用され, 推移すれ, 文章の, 明かでない以上, 明白に, 明瞭し, 昨年長州その他離反以来相当, 最大な, 有る, 案外に, 楽な, 欲しいと, 正に立場, 歯がゆく物足りなかった, 歴史的に, 混線し, 無くなる, 無くなるでは, 無くなるん, 無く成る, 独立し, 理論の, 生じて, 生んだ蒼白い, 男と, 異つて, 異る, 異様に, 直接的である, 直接石炭の, 社会に, 積極的に, 等しい資格, 純粋工藝に対する, 絶対的である, 縷々として, 繁昌した, 自然に, 至難である, 色々誤解, 苦しくなる, 苦しゅうございます, 荒廃れ, 要するに一応の, 要求され, 許さない, 訴えて, 誤って, 説明された, 転倒し, 辛抱しきれ, 逆さに, 違うから, 違うの, 違って, 違っては, 違ってよ, 違つても, 違つてゐる, 違つてゐるせゐ, 違ふんだ, 選ばれたの, 難しくて, 順吉にも, 顧みられて

▼ 立場~ (155, 3.0%)

5 見れば 3 あつた 2 それを, ものを, 日本の, 物を

1 [139件] あつて, あとでは, あらしめた動機, あるいは国家, あれと, あゝいふ形, いてさえ, いろいろの, おいこまれて, こう変化, この善良, この巻, この戯曲, こんな計画, さえなかったらおそらくは, さへ, しなくては, すべての, すべてを, そうあらね, そのよう, その感情, その美, それで自分達, そんな風, だな, つかんで, つまり都会人, なされるべきこと, なんとで, ほ, もし注文, やって, やつて, ゆるゆると, われわれの, イギリスへ, 一席共産主義批判の, 不安を, 主張されました, 云うと, 云う慎一, 仕事を, 休んで, 何かを, 何処に, 作品の, 作品を, 作家並に, 例の, 働き生きる人々, 克明に, 全力を, 典型に, 凝然と, 処理した, 出来るだけの, 切に祈る, 利用し, 勿論この, 古典の, 古風な, 同等の, 和算を, 唯心論と, 国家は, 執筆し, 報告する, 多少の, 大いに発展, 大丈夫ロッパを, 娘たちの, 客観や, 小説に, 待ったが, 忘れること, 応戦しなけれ, 念入りに, 愛情と, 憎くさうに云, 持ち出されて, 描き得て, 政党に, 敵の, 文学的作品の, 日々の, 書いてるなくらいは, 書かれた作品, 書かれて, 書かれるべきもの, 極く, 歳子を, 比較的に, 比較的確か, 測定し, 無く全く, 独立した, 現実の, 男女の, 発展させる, 真実を, 眺めるから, 研究する, 研究を, 社会的に, 私に, 経済学なんかを, 経済論を, 統合する, 考えなくなった, 考えられる, 考えれば, 考へられ道徳的, 聴いたら一, 腹は, 自分を, 自動車の, 自由に, 若い女, 苦しむこと, 茶受けに, 見る時, 見出されなければ, 見学し, 見張っては, 観察する, 試みた, 認められること, 語るといふ, 論じたり, 車を, 農村問題が, 運動を, 過去の, 非人間, 顧客を, 飲んで, 馬を, 馬車を

▼ 立場~ (109, 2.1%)

2 して, なった, 問題との

1 [103件] いうならば, いうほど, いえども, いっても, いふべきだらう, うごきと, この寂しい, この絶対無, したらどう, しましても, するという, すれば, せらるる社会主義, その胸中, それが, それと, それに, それを, つねに結びつく, どう折り合える, なしその, なすべきこと, なって, なりました, なりカフェ, なり名分, なり変っ, なること, なると, なるならば, なるに, はっきりした, よく一致, カントの, ドコか, マルクス主義経済学の, 云うもの, 云ったが, 云った処, 云って, 云われるもの, 任務とを, 似たもの, 位置に, 個人の, 僕の, 入れ変えること, 全然関係, 具体的な, 別の, 利益を, 呼ばれるもの, 呼ぶならば, 呼んで, 坂本の, 境遇とを, 子孫の, 学的解釈方法とをば, 宗教人としての, 密接な, 察せられる, 対立する, 常識の, 建前との, 当時の, 心もちが, 思いつめた, 性格から, 悩みは, 意味とからで, 態度とで, 慾望を, 我々が, 才覚に, 批判が, 抵触する, 撞着する, 文化の, 文学の, 方法とでは, 最近の, 本心の, 此の, 無産者の, 特有な, 申しますもの, 相手方の, 社会上の, 称し得るならその, 立場とを, 立場の, 考えられるべきである, 腹の中が, 自らの, 自分としての, 致しましては, 致しましても, 見えて, 認めるならば, 雖も, 需要者の, 音楽家の, 駅の

▼ 立場~ (98, 1.9%)

2 あるの, お察し, 困ること, 容易で

1 [90件] あります, ある, あるし, あるので, ある程度までは, ある筈, あろうじゃ, おわかりくださいませう, けっして楽, この点, これで, さること, すこぶる不安定, そこで初めて, ないし, なかなか複雑, なきほど, なく, なくなるわけ, はっきりし, またいま, またそれ, また変化, やがては, よく分りました, よく判ります, よく考へられる, わからないし, わすれ, わすれ熱烈, 一応よく判る, 一様の, 亦前, 亦実に, 亦自然明瞭, 今の, 全くその, 全くちがい, 凡て不安定と, 分りますが, 十分お, 危うくなる, 同様で, 困るからと, 国恥も, 地位も, 地理的には, 存在し得ない, 察して, 少しは, 少し察し, 弱かった, 彼れ, 心もちも, 心境も, 思想も, 感じられる題, 日本の, 明かに, 末始終まで, 歴史的社会的に, 歴史的社会的立場に, 決して秀吉一箇, 無え下沢渡, 理解が, 異なって, 発揮したい, 私の, 種々批判された, 空疎な, 立つ, 立つの, 立場である, 素通りを, 考えて, 考えなくちゃ, 考えなくちゃね, 考えられ終, 考慮し, 自然科学そのものの, 苦しいが, 苦しかろう, 苦しくなります, 苦肉策も, 解つてゐた, 認めて, 起こって, 違うところ, 青木同様スラリ, 香しいもの

▼ 立場として~ (66, 1.3%)

2 理解する

1 [64件] あんたは, いっぺん経験し, この問題, ご対面, そうした要求, そこに, それによって, たとえばチエホフ, では, とりあげるよう, とんでもない, どの方面, はた, はつきり申し上げ, まことに困る, まさかこの, まだまだゆるす, まったく彼ひとり, むしろ妥当, フランスの, 一刻も, 一応田舎, 云い度, 今日に, 代弁せず, 僕が, 共通な, 兵道守護の, 厄介だ, 喜ばれること, 実際の, 家庭的に, 対立せしめれ, 幾たびも, 御依頼, 成り立つか, 批判し, 把握する, 押しつめて, 支那民族發展の, 攻撃の, 最も完全, 楚国で, 歌わせて, 求められたの, 深い歴史的根拠, 現実内容に対する, 生活し, 由起しげ子の, 申譯が, 皆おとなしく, 立場の, 純化すれ, 考察される, 聞いて, 自他不二の, 被告に, 要求する, 見て, 見れば, 語って, 諸君の, 運動会を, 頗る迷惑

▼ 立場において~ (62, 1.2%)

2 である, 捉えられねば, 知識の

1 [56件] かかれて, その精根, であり主体的, であり知性, でなければ, なされるもの, イデヤ的形成作用たる, 一段の, 与えられたもの, 世界が, 主体と, 主體, 今日まで, 体面を, 個物的多を, 全体的に, 卑しさそのもの, 可能である, 可能に, 国家の, 始まりかかる, 始まり自己自身, 客體が, 形作られて, 形作られる主体, 徹底され得るであらう, 我々の, 把握せられた, 時間性の, 書かれて, 歌うので, 歴史的過去として, 殺しより, 決して, 物を, 異境の, 発展し行く, 相提携, 真に孔子, 神妙に, 築かれた, 結ばれた男女, 自己の, 自己認識の, 自身の, 虚栄を, 虚榮を, 行はれる, 要求される, 見ら, 見ること, 見るという, 見るとき, 解決し, 認識する, 連盟を

▼ 立場からは~ (61, 1.2%)

2 何処までも, 当然の

1 [57件] いい得ないの, いろいろの, かくの, この真理, さういふ, さうは, そういう解, そんなこと, たいした意義, できるわけ, どうしても滿足, なかなか如才, むしろ効能, むしろ当然かも, もっともな, もつと, スペクトルの, ドウでも, リッケルトが, 一切の, 一木一石も, 与えられたもの, 世界を, 些の, 元来大した, 全く無用, 判らぬその, 各代, 回想する, 多分哲学的, 如何なる問題, 妥当で, 実を, 幾多の, 当然であろう, 形態構造が, 必ずしも喜ぶべき, 忍ぶこと, 我々の, 批評し得ない, 是認したく, 楽しみに, 無意味である, 現代語の, 異論が, 直観と, 矛盾する, 禁止したく, 私の, 自縄自縛の, 芸術的直観も, 複雜の, 許されないこと, 農業の, 逆に, 通例次の, 音楽とは

▼ 立場では~ (40, 0.8%)

6 ない 3 なくて 2 国家の

1 [29件] ありませぬか, あり得ない, ある, いかにお, ござるまいか, そのこと, その傾向, とにかく非常, どうしても満足, ないか, ないと, ないよう, なく, なくして, なくなって, なんでも, 何も, 僅かに, 全く自信, 全然うかがいしられなかった, 国際平和や, 婦人も, 存在自体が, 日本人の, 模範と, 自分が, 認めること, 認識の, 飽くまで媒介

▼ 立場という~ (37, 0.7%)

9 ものが 5 ものは, ものを 3 のは, ものも

1 [12件] ことが, ことでなく, ことに, ことについての, ことも, のだろう, のも, ものに, ものの, もの公の, 概念の, 要塞の

▼ 立場より~ (36, 0.7%)

3 見て 2 して, 考えて, 見れば

1 [27件] この世の, この危機一髪, さらに徹底, する聴衆, みれば, ミクロスコピックの, 先に, 卑近なる, 即ちソクラテス, 地質地理を, 外に, 客觀的に, 対人関係の, 春秋の, 消極的な, 現代の, 眺め考え究めんと, 研究の, 罪悪を, 脚本を, 見做, 見得るに, 覗くこと, 解決すべき, 言うならば, 論ずるよりも, 諸氏の

▼ 立場においては~ (34, 0.7%)

2 解決されない

1 [32件] あれだけの, いかなる愛, これこそ, さらに移行, それが, まことに尊い, 一つの, 不可能である, 主體, 人間的主, 働くもの, 全く不可能, 前者は, 勿論さうでなけれ, 哲學における, 嚴密の, 必然的な, 我々は, 明瞭である, 本來, 永遠の, 決定し, 物は, 現に生き, 知識は, 経験の, 絶對者は, 行為という, 表現的に, 評価は, 遂に捉えられない, 過去と

▼ 立場~ (31, 0.6%)

6 移行する 2 自分を

1 [23件] かかると, どんな恐ろしい, 一休みは, 下って, 入ると, 引込んだので, 往って, 有利に, 来て, 来ても, 来ると, 止つて馬車は, 着いた長, 移り行く, 立ち還って, 立寄ったもの, 行けば, 近づいたころ, 返って, 進むので, 還元し得る, 還元すれ, 頼んで

▼ 立場茶屋~ (31, 0.6%)

2

1 [29件] から半, から笠, が山ふところ, だった, で半紙, で提灯, で逢い, にでも腰, には国蔵, に二三時間, に休む, に入っ, に猪嚇し, のこと, の人, の前, の変事, の奥座敷, の婆さん, の葦簾, の裏, の近, へ島田, へ熊, もござりますが, やこの, や土佐堀, を出た, を離れ

▼ 立場からの~ (28, 0.5%)

1 [28件] ことである, ものだった, カフカ解釈は, ヤキモチを, 一般的戦争反対である, 世界の, 企画を, 反省だ, 嘆きに, 対立観で, 弁解としては, 怒りだけを, 批判という, 批判を, 文学理論が, 最も重要, 照明を, 研究よりは, 科学的な, 種々な, 種々の, 要請であっ, 見解をも, 解決を, 解義によって, 言分が, 非弁証法的見方, 面を

▼ 立場である~ (27, 0.5%)

2 がこの, ということ, と云う

1 [21件] かは全く, から, からには常に, がそれ, がそれほど, がもしも, がカンヴァス, が世界, が人間, ことを, だけに少し, という道理, といっ, とも云われよう, と思います, なしにか, にし, にも拘らず, のか, のである, 以上は

▼ 立場としては~ (26, 0.5%)

1 [26件] あの山荘, あまりに申し訳, けろんとして, これが, た, なるべくなら, まだお, もう少し安静, 一切の, 一応薄弱, 之に, 今後平和国家の, 今直ぐに, 何も, 全てを, 其固有の, 北方に, 吉本は, 否でも, 外に, 旅芝居とか, 村の, 現在の, 第一, 舞台が, 言語の

▼ 立場~ (22, 0.4%)

1 [22件] からこういう, からこれ, からそんな, からである, からな, からなんとか, から公式, から失礼, から工場づとめでも, から独自, が, そうで, ということ, というなら, といふ自覚, とさえ云っ, と云われる, と思ふ, の行き交う, ものね, よ, 立場だ

▼ 立場~ (22, 0.4%)

2 体系や, 本質を, 角度から

1 [16件] 主張である, 乱歩氏との, 作法まで, 古風な, 地位が, 境遇に, 彼等が, 心持ちが, 方法やの, 格別な, 気分とが, 純粋の, 義平太の, 自他の, 自分自身の, 苦衷は

▼ 立場でも~ (19, 0.4%)

3 あった 2 ある

1 [14件] あったの, ありそれ, ありません, ありまた, ある人生, ないし, ないその, なく又, なければ, また並木, 一応の, 又並木, 大きにそれ, 日本精神を

▼ 立場には~ (19, 0.4%)

2 同情し, 同情する

1 [15件] あまり興味, あるが, いかな, いないので, いるが, 一応同情, 一臺も, 何の, 勿論同感, 千鈞の, 同情される, 寧ろ痛まし, 根柢的に, 無かった, 細川家の

▼ 立場にも~ (19, 0.4%)

3 なって 2 置かれて

1 [14件] あった, あったし, いますので, おかれて, ないだろう, もう失われ, 又所謂ジャーナリズム自身, 同情した, 幾ぶん恕すべき, 拘はらず期せずし, 拘はらず私, 拘らず急, 立たない処, 立って

▼ 立場~ (18, 0.3%)

4 のだ 3 のである 2 んだ 1 の, のだろう, のです, のにそう, のにそれでいて, のね, のよ, んです, 筈であり

▼ 立場としての~ (16, 0.3%)

2 立場, 立場の

1 [12件] 問題は, 当然の, 所謂相対主義は, 相対主義の, 立場である, 立場とは, 立場は, 立場を, 立場整合, 認識論として, 認識論との, 資格を

▼ 立場とは~ (16, 0.3%)

2 本来交渉の

1 [14件] たいへんその, とりも, なられましたものの, 主客の, 何か, 何を, 向の, 少し違, 成りがたい, 最初の, 物理的に, 異って, 行為の, 要するに相対的

▼ 立場からのみ~ (14, 0.3%)

1 [14件] くみとること, すれば, でなく都会人, なされて, 出発出来る, 割り出して, 存在と, 歴史的生命の, 考えれば, 考察され, 見たならば, 見た偏, 見ようと, 進めて

▼ 立場とを~ (14, 0.3%)

1 [14件] このよう, その本質, だまって, もつて, 作家的稟質社会所属の, 双方が, 守る笑い, 心から会得, 明らかに, 確立し, 私は, 考へながら, 自己に, 較べて

▼ 立場からも~ (13, 0.3%)

1 [13件] あまり重要視, この一言, この戦争, なんとか真剣, また世界人, 一つ云ひたい, 動かしたろうと, 弦之, 強調し, 批評し得る, 断種の, 極めて眞面目, 考へて

▼ 立場まで~ (13, 0.3%)

1 [13件] くると, こぎつけること, 喪心し, 往こうじゃ, 捗を, 来た, 来て, 来ると, 歩み出して, 突きつめられたので, 行きその, 走りついた, 送ったと

▼ 立場なき~ (12, 0.2%)

4 立場 2 沙漠の, 立場に, 見方と 1 立場として, 立場の

▼ 立場であっ~ (10, 0.2%)

1 てこれ, てその, てそれ, てもともと, てもはや, ても批評, て乙, て医療, て決して, て素朴的実在論

▼ 立場であり~ (10, 0.2%)

1 かよう, しかもそれ, そういう際, その立場, またそこ, 世界史的立場でなけれ, 世界的立場を, 他の, 根柢において, 窮極の

▼ 立場における~ (10, 0.2%)

1 それは, エロースとしての, 主体的知識である, 作家が, 東は, 模写説は, 浪漫主義と, 知識であった, 知識であり, 選択過程である

▼ 立場について~ (9, 0.2%)

1 とつおいつ空しき, のより, むしろ積極的, 全く正しい, 多少の, 媒介人の, 少しく話し, 言明し, 非常に

▼ 立場によ~ (9, 0.2%)

1 つてその, つてのみ, つて下層の, つて必ずしも, つて意圖し, つて意見も, つて特色の, つて異, つて益

▼ 立場でなく~ (8, 0.2%)

1 おそらく為家, てもいい, 却って主体, 却て, 新しい文化, 社会的立場であり, 芸術的生産の, 諸君に

▼ 立場によって~ (8, 0.2%)

1 いろいろに, であるかは, 可能に, 岐れ, 生じる主観的, 発言する, 組織された, 解釈され

▼ 立場なり~ (7, 0.1%)

2 心持とな 1 境遇なりを, 心持なりが, 性格を, 或る, 考へには

▼ 立場にな~ (7, 0.1%)

1 つた, つた封建性の, つてかう, つてゐ, つてゐたせゐ, つて自分の, つて見

▼ 立場をも~ (7, 0.1%)

1 いふの, 否定し, 括弧に, 考えた, 考え描き自然, 著しく動揺, 許さぬ境地

▼ 立場立場~ (7, 0.1%)

1 で多少, で比較的, によっていろいろ, に依っ, の仲間, の茶屋, へかかる

▼ 立場からでも~ (6, 0.1%)

1 一応は, 夫, 好んで択ぶ, 満蒙の, 相当に, 解釈し直せ

▼ 立場であった~ (6, 0.1%)

1 から兵卒, けれどその, し秀吉光秀, に拘らず, のかも, のである

▼ 立場での~ (6, 0.1%)

1 主張を, 人を, 人民的な, 内容の, 心理穿鑿に, 政治的統合手段は

▼ 立場といふ~ (6, 0.1%)

2 のは, ものを 1 ことで, ものが

▼ 立場としても~ (6, 0.1%)

2 なにかモラル 1 お上より, 余り不自然, 同情される, 相当記憶

▼ 立場にまで~ (6, 0.1%)

1 そのままで, 動機づけた, 洗練され, 自分の, 転化せしめる, 遡る外

▼ 立場による~ (6, 0.1%)

1 ありふれたもの, ものである, 会合は, 心理学, 科学と, 若い劇作家たち

▼ 立場に対する~ (6, 0.1%)

1 何等の, 反省であり, 反駁であります, 客観を, 批難で, 省察自我我慾罪への

▼ 立場こそ~ (5, 0.1%)

1 何ものにも, 実は進退, 氏が, 異なれ敢, 違え彼ら

▼ 立場との~ (5, 0.1%)

1 中間に, 巧妙な, 水掛論を, 関係が, 関係を

▼ 立場そのもの~ (4, 0.1%)

1 が再び, である, はカント, は之

▼ 立場だけを~ (4, 0.1%)

1 固執し, 押出して, 抽象し, 振り廻し

▼ 立場でなけれ~ (4, 0.1%)

2 ばならない 1 ばならなかった, ばならぬ

▼ 立場とも~ (4, 0.1%)

1 いうこと, なるべきもの, 差当り無関係である, 関連し

▼ 立場なる~ (4, 0.1%)

1 ものが, ものと, ものは, 概念が

▼ 立場に対して~ (4, 0.1%)

2 観念の 1 そのどれ, 水掛論を

▼ 立場以外~ (4, 0.1%)

1 にどう, のこの, のもの, の概念

▼ 立場自身~ (4, 0.1%)

1 がこの, が何故, にも加担, は没実践的

▼ 立場からしか~ (3, 0.1%)

2 課長の 1 口の

▼ 立場からだけ~ (3, 0.1%)

1 いふの, でなく時代精神, 云って

▼ 立場からばかり~ (3, 0.1%)

1 では, 人を, 見た歪んだ事実

▼ 立場その~ (3, 0.1%)

1 人の, 問題によって, 立場に

▼ 立場だったら~ (3, 0.1%)

1 その明晰, 何を, 何日も

▼ 立場とか~ (3, 0.1%)

1 位置という, 史觀とかいふ, 現象学的立場とかいう

▼ 立場とが~ (3, 0.1%)

1 二つの, 交叉する, 相対的に

▼ 立場などを~ (3, 0.1%)

1 細々と, 話しそれとなく, 説立て

▼ 立場についての~ (3, 0.1%)

1 はっきりした, 反省省察と, 抗議や

▼ 立場にと~ (3, 0.1%)

2 つては 1 つても

▼ 立場への~ (3, 0.1%)

1 移行が, 移行は, 還元は

▼ 立場~ (3, 0.1%)

1 くわしい事情, ごむりかとは, さう

▼ 立場乃至~ (3, 0.1%)

1 方法, 方法で, 方法と

▼ 立場以前~ (3, 0.1%)

1 のこの或, のもの, の或

▼ 立場あたり~ (2, 0.0%)

1 に食い止められ, まで遂に

▼ 立場~ (2, 0.0%)

1 察しいたします, 看取する

▼ 立場がわり~ (2, 0.0%)

1 に浅い, に駒止め

▼ 立場そのまま~ (2, 0.0%)

1 なの, を説明

▼ 立場それ~ (2, 0.0%)

1 に要求, は第

▼ 立場だった~ (2, 0.0%)

1 がなお, と見

▼ 立場だって~ (2, 0.0%)

1 別に悪く, 決して普通

▼ 立場だつたら~ (2, 0.0%)

1 あるひ, 何か

▼ 立場であろう~ (2, 0.0%)

1 かどう, とかまわなかった

▼ 立場でしょう~ (2, 0.0%)

2

▼ 立場です~ (2, 0.0%)

1 からな, からね

▼ 立場とかいう~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものだけを

▼ 立場とでも~ (2, 0.0%)

1 いうべき立場, いうよう

▼ 立場とに~ (2, 0.0%)

1 一章を, 苦しんだ

▼ 立場などから~ (2, 0.0%)

1 フッツリ縁を, 何でもかでも女房

▼ 立場なども~ (2, 0.0%)

1 四隣に, 考へやう

▼ 立場なんか~ (2, 0.0%)

2 全くそれ

▼ 立場においての~ (2, 0.0%)

1 無といふ, 論理は

▼ 立場にとっては~ (2, 0.0%)

1 主観から, 往々ナンセンス

▼ 立場にばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく蘇州民衆, 固執する

▼ 立場により~ (2, 0.0%)

2 たって

▼ 立場ばかりを~ (2, 0.0%)

1 計算し, 野卑に

▼ 立場をば~ (2, 0.0%)

1 常に普遍的, 適当に

▼ 立場を以て~ (2, 0.0%)

1 望むか, 移は

▼ 立場其儘~ (2, 0.0%)

1 に是認, に肯定

▼ 立場即ち~ (2, 0.0%)

1 現實的生, 絶対否定的自覚の

▼ 立場~ (2, 0.0%)

1 が幸福, の心持

▼ 立場自分~ (2, 0.0%)

1 が取り得た, の受け

▼ 立場迄をも~ (2, 0.0%)

2 全く失はしめ

▼1* [133件]

立場あるいは深き学理, 立場いったい私の, 立場お前の考, 立場かということが, 立場からがたくり馬車, 立場からというよりは, 立場からといったような, 立場からといふ意味は, 立場からとかいふことで, 立場からに違いないだろう, 立場がさつぱり判らない, 立場こういったこと, 立場この上不利を, 立場へ知らぬ, 立場さえはっきりいっ, 立場しかないん, 立場しきたりが心, 立場じゃないし, 立場すなわち主観ないし, 立場その他を参考, 立場それから自分の, 立場それに私は, 立場だけからものを, 立場だけからはそういう一般的, 立場だけで貫かれて, 立場だけに立って, 立場だけは充分御, 立場だらう仏に対して, 立場やアこれ, 立場つづきの人家, 立場そんなこと, 立場でありますから問題, 立場であるならふえる白髪も, 立場でさえあれば, 立場でしつかり身に, 立場でないことを, 立場でなくって模傚, 立場でのみこの運動, 立場とかにはまったく無, 立場とより俎上に, 立場どころでは, 立場など語るよりも, 立場などで古新聞, 立場などにとって女が, 立場などには到底立ち得る, 立場などにも一応通じ, 立場なら諒解できる, 立場ならいつそ全てを, 立場においてのみ許される, 立場にさえ反撥し, 立場にすらある, 立場については正しく慎重, 立場についても立つべき所, 立場にのみ止まり之, 立場に対しては或はそれ, 立場に対してもただの, 立場に従ってそれぞれソクラテスの, 立場のみでは, 立場のみが見窄, 立場のみに籠城し, 立場はといへば, 立場ばかり主張なさいます, 立場ばかりの時だ, 立場へと主張する, 立場へは休まずに, 立場へまで移行する, 立場まして母が, 立場までがどうやらあやしく, 立場までやッて, 立場もちつもたれつ, 立場やら長所やらを, 立場よりは軽蔑し, 立場らしくぐつと, 立場らしい立場にまで, 立場明らかに, 立場をかへたなら, 立場をかへて西洋化した, 立場をさえ除外したなら, 立場をと選ぶ, 立場ニ於テ其ノ生, 立場ハ英國ノ自, 立場ヨリ見ルモ絶対不可能, 立場一つの史觀, 立場一般が批判, 立場三ヶ所あり, 立場上自重して, 立場上誰も卑怯, 立場世界が自己自身, 立場主婦としての経験, 立場云々をかざし, 立場五条源治の茶屋, 立場人足とおぼしく, 立場今さら斯, 立場以上のもの, 立場倫理的原理の上, 立場働くものの, 立場には僕, 立場厚木の町, 立場又は或る, 立場及び態度は, 立場反省の立場, 立場問屋で出立, 立場婦人の文学, 立場属している, 立場島内のあり, 立場川高原療養所近く流れて, 立場広い立場, 立場性格仕事を認め, 立場文化の段階, 立場日々のおもい, 立場本郷森川宿なぞを通り過ぎ, 立場柏木村から野, 立場概念のこの, 立場概念それが立場, 立場深い立場, 立場の船問屋, 立場理解して, 立場生死的自己の立場, 立場用意が相, 立場疑懼愁訴である, 立場相互間の放恣, 立場稼ぎの冥利, 立場等々は稍, 立場純粋立場ともいう, 立場経歴においては却って, 立場縁起の意味, 立場考えるものなく, 立場自然と穏やか, 立場自覚的分析の立場, 立場色調でプロレタリア文化, 立場というかあれ, 立場近畿のうごき, 立場階級的な気持