青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「立てる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

立った~ ~立つ 立つ~ ~立つた 立つた~ ~立て 立て~ ~立てた 立てた~ ~立てる
立てる~
~立場 立場~ ~立派 立派~ ~竜 竜~ 章~ 童~ 童子~ ~端

「立てる~」 2589, 28ppm, 4171位

▼ 立てる~ (285, 11.0%)

28 です 17 であった 16 である 10 だった 9 だ, でした 6 だから, では, も無理 3 だが, だという

2 [11件] かい, であるから, でございます, と同じ, は丁, は如何にも, も尤も, を聞い, を聞き, を聞く, を見

1 [150件] か, かしら, かと言, か知れない, があります, がある, がいい, がはっきり, が一番大義名分, が世襲伝来, が今日, が仲裁, が伊勢屋源兵衛, が何とも, が兵馬, が好い, が常, が強く, が当然, が後めたく, が慣例, が本意, が特に, が理想, が癖, が皆, が目的, が耳, が耳障り, が聞えた, が苦しかっ, が順序, さえ恐ろしく, じゃ, じゃなく, じゃア, だぞ, だつた, だほんとに, であったしかも, であったろうが, であって, であります, であるが, であろう, でしょうが, ですから, ですが, ですもの, でも, とでさ, とはよほど, と二条, と似, と作そのもの, と全く, と同じく, と時計, と良正, につぶした, にも武士, に困った, に愚図, は, はいっそ, はけだし, はこういう, はことごとしい, はその, はどの, はどんな, はなかなか, はなんと, ははなはだ, はまた, はみんな平面国, はよく, は一段と, は中身, は仁者, は何, は例, は先ず, は厄介, は大晦日, は大袈裟, は天一天勝, は娘, は寝惚けた, は小流, は少し, は屋根板, は当然, は彼, は得意, は悪い, は愚か, は曲った, は枯草, は止しましょう, は止す, は此記憶, は気味, は滅多, は独善的, は現時, は禁物, は米友, は自然, は道理, は間違っ, は除魔, は馬鹿, もあった, も一さい, も一興, も人前, も佐吉, も余り, も全く, も失礼, も必要, も愉快, も構はず, も気の毒, も気持, も無理ぢ, も聞えた, も覚, をお, をきき, をどう, をぶっ, をシデカジメ, を好かない, を役人, を待っ, を横目, を止めた, を目的, を耳, を見る, を長崎屋, を防ぐ, を面白, を面白く, 一事は, 余地も, 好みに, 見ませんかと

▼ 立てること~ (262, 10.1%)

18 が出来る 8 にし, にした 7 ができる 6 がある 5 が出, になった 4 も出来なかった 3 ができない, が出来た, が出来なかった, になっ, になつ, は出

2 [13件] が出来ない, だ, でしょう, にしたい, の稀薄, はできない, はできなかった, は出来ない, は出来なかったであろう, ばかり考え, もできない, もならず, もなりません

1 [157件] あって, か桂庵, がいよいよ, がございます, がずつと詳細, ができず, ができた, ができないでし, ができます, ができません, ができるであろう, ができれ, がなく, が偉大, が儒教, が出来なくなった, が出来なけれ, が出来ぬ, が出来ません, が多い, が嫌い, が常に, が必要, が治安上, が流行っ, が生存, が行われ, が非常, さえ出来ない, しか出来ない, すらあつ, すらできず, すらもなんら, すら不十分, だけは出来た, だけを幸福, だけ知られ, だろう, ちょっと手, であった, でありました, である, であるという, でした, でせう, でグレゴール, なしに, なしには, などは一向に, ならべ立てること, なんか何一つ, になつたん, になり, になりました, になります, になる, になるだろう, になるであろう, になれ, にもなった, にもならない, にもなる, によってその, によって少し, によつて贖罪, に反対, に対してもまったく, に役立たぬ食う, に懸命, に決心, に立, に談判, のクリスト, の出来ない, の出来なかつた, の意識, はありません, はあるいは, はいらない, はお前自身, はかなり, はできなかつた, はできません, はできる, はない, はほとんど, はむづかしいといふより外, はもはや, は不可能, は不都合, は人間, は傲慢, は僕等, は出来まい, は専門, は少い, は心苦しい, は必ずしも, は思い, は慎みたい, は断じて, は易しい, は時間潰し, は本心, は決まっ, は沢庵, は無, は珍, は甚だ, は禁物, は苦しく, は要らない, は許され, は非常, もあった, もある, もあろう, もこの, もできず, もできた, もできなかった, もできなくなっ, もなかっ, もなく, もなくなっ, も出来ない, も出来ねえ, も出来る, も動く, も忘れ, も息, も憎む, も抱擁, も新九郎, も無く, も無理, も躊らいがち, よりも蓆, をひどく, をやめ, をやらない, を主張, を免, を勧めます, を好まない, を忘れ, を忘れませんでした, を慣, を目的, を知らし, を禁ぜられた, を考えさせたい, を考える, を考へた, を許された, を魯君, 但しこれ

▼ 立てる~ (237, 9.2%)

6 云ふ 4 それを 3 いふこと, それが, 言ふ 2 いう, その飛ぶ, タヌは, 下唇, 今度は, 彼は, 概ね予定通り, 殆ん, 聞いた蝋燭, 起きては

1 [198件] いうだけは, いうので, いえども, いかめしい顔つき, いけないから, いっても, いふが, いふ事, おいこれ, おせい様, お前の, お前後, お母様が, お霜婆さん, かれは, かれら, きっと子ども, この懊悩, この酷い寒, ごう, さすがに, さも海, したならば, したらこの, したらまず, したら此場合, しましょう, しよう, すぐあと, すぐに, すつと, すると, その中, その中の間, その候補者, その儘案内, その垂直線, その水田, それで興, それに, それに彼, それも, た, たちまち真っ黒, つまみ出すから, どうして天, なにに, なると, なんの, また一方, また笑った, まもなく汚し, みんなチヨンまげ, むし笑いに, テントの, ドアの, ノッペラボー, プストヴァーロフが, ポッチリと, 一も, 一本の, 万千代はじめとんぼ組パチパチ, 丞相は, 丸ビルの, 久助も, 久米之, 乗上つた, 事務室に, 云いました, 云うこと, 云うならば, 云う事, 云う風, 云えば, 人道を, 今しがた見, 仔細なく, 何故か先, 俄かに, 先づ田原町の, 先方の, 先生の, 其日も, 其間に, 前国会議員, 危険である, 厭でも, 口には, 吉兵衛も, 同時に一方, 同時に塔上, 同時に極めて簡単, 同時に目, 同時に足もと, 同様意味なく, 呆然となっ, 和太郎さんは, 唾を, 喜悦と, 圭介は, 執拗な, 大きな島影, 大してよい, 大人気ない, 大佐は, 大抵の, 奥平も, 女は, 好い男, 学者方は, 定明は, 室中の, 寝床から, 将軍は, 小金の, 居合い腰大刀の, 山に, 巧く, 帰途の, 平次は, 床を, 店の, 建て物, 張り肱の, 彼等は, 後が, 必ずしも最初, 思つて, 思わず熟, 急に, 怪物は, 悠々と, 悪いわや, 慎吾は, 打斬っ, 損を, 支度も, 族長は, 昼すぎの, 時として大いにうるさい, 景気が, 最初は, 朝から, 未熟ながら, 案の, 武士は, 毀れると, 法王の, 泰さんは, 灰が, 烏ウ三羽死ぬ, 煙草を, 熱風が, 狙ひ, 王妃の, 男の, 町馴れた, 白雲が, 直ぐあなた, 直ちに有難い, 県令は, 神君が, 竜眼を, 笑い者に, 答えた, 管の, 組が, 罪に, 聞いた声, 聴える, 肉の, 蒸籠から, 薄月, 衆は, 表裏にて, 見える宇宙, 見つかるぜ, 見ると, 言われるとおり, 言われるん, 誓ったの, 跳ね上りました, 身体は, 近所に, 邪悪な, 金十郎が, 長いあいだ, 関守氏は, 限らなかつたこと, 陥って, 雁の, 難なくブツリ, 露が, 頭ごなしに, 飛んでも, 食事を, 駱駝は, 鳶七は

▼ 立てるよう~ (111, 4.3%)

10 にし 5 なこと, にした 4 なもの, になった 2 な勢, な声

1 [79件] であったらその, では, なある, なくだらぬ客, なそんな, なの, なチャイコフスキー, なリズム, なヴァイオリン, な不, な事, な人達, な倉地特有, な制度, な始末, な心, な怪しい, な気, な気もち, な深刻, な激情, な男, な石, な種々, な見物, な視線, な訓練, な記録, な豆がら, な身上, な音声, な馬鹿, な騒々しい, な騒ぎ, な黄昏時, に, にさせた, にしたい, にします, にすっかり, にする, にちょうど, にでき, にとなど話した, にとまことに, にと猛, にと言いつけました, になさい, になったおこり, になり, になるであろう, にみんな, にパアッ, に一つ, に何, に僕, に其処等, に升屋, に口説き出した, に君江, に命じた, に外, に思わず, に思われた, に感じない, に抱かれ, に掴みかかった, に旅, に時々, に水道端, に泣き, に表情, に言う, に警告, に赤児, に赫, に野口, に響いた, 頼んだの

▼ 立てるもの~ (53, 2.0%)

5 がある 3 だから 2 か, である, は, もある

1 [37件] あり, かそれ, があっ, があった, があらわれ, がない, が多い, が続いた, すらなかっ, だ, だったらこの, であった, であるとかく, でない, でなければ, では, なら立って, なら立つて, にて候う, のない, の三種類, の心, はありますまい, はない, はなかっ, はまた, は先づない, は加賀見忍剣, は寝床, は寺, は立て, は立て押える, は興奮, もあった, もあろう, よ馬, を憎む

▼ 立てるやう~ (52, 2.0%)

8 にし 3 なこと 2 になつ

1 [39件] であります, な不, な不心得, な事, な口, な同情, な殺生, な気持, な氣, な物凄い, な男, な赤ん坊, にいつぞや, にと姉夫婦, になる, にはげまし, にザーツ, に七月, に呼ばれた, に宵, に小川町, に平次, に店, に店中, に強か者, に心, に思はれる, に手, に此方, に水道端, に永代橋, に準備, に薄暗く, に言, に談話, に警告, に連れ, に連れ出し, に飛出しました

▼ 立てる~ (46, 1.8%)

2 いい, そうでない

1 [42件] いいさ, いいよ, いずれを, うまい考, きらいには, この門, その實, その枝, それではその, ただそれ, つひに, まだ年端, ままに, よかろう, われ, 中に, 八重山では, 可い, 四角な, 失業者は, 如きも, 如き心地, 如くまた譬へば, 如く侘し, 如く記紀の, 定めその, 常である, 怪しげなる, 戸の, 日本のは, 早いか, 朋友ずくそれも, 朋友づく, 木蔭の, 直に又, 素顔では, 訪問する, 費用や, 返事は, 酒の, 酒井侯の, 鶏の

▼ 立てる~ (42, 1.6%)

4 向ひ 3 しても 2 似たりけり, 違いない

1 [31件] しては, ちがいない, ひとりの, ひ嶋, 人民其下に, 何か, 利用するだろう, 到つたと, 及ばないさ, 向ひ説き, 土臺固まらず, 堪えない, 奉公人たちは, 如くは, 就て, 心付く, 必要な, 必要已むを, 忍びない, 忍びぬが, 汲々たる, 決しオヒヂ, 相違ない, 缺けた所を, 至つた次第であります, 至りました, 足る広い, 過ぎない, 違ひない, 驚いて, 髪を

▼ 立てるところ~ (40, 1.5%)

14 でした 3 だった 2 であった, を見る

1 [19件] か, が即ち, だったわ, であったかも, であつ, でしたが, です, などミジン, なり, には立派, に一編, に馬, はちゃ, は立派, よりは三十間, よりや, を去る, を急い, 見て

▼ 立てる~ (40, 1.5%)

3 が出来ない 2 が出来る, を比喩

1 [33件] あり, がある, が出来ず, が出来た, が出来なかった, が行, さえ一つ上手, すら出来なくなっ, だけは止し, である, にしよう, になった, になりました, になる, にもなつ, に致しました, の出来ない, はねえ, はひそか, は一般, は今, は出来ません, は即, は知らぬ, は致しません, もある, もできる, もはばかられた, も出来ない, も早い, わずかに, をせぬ, を欠かさなかった

▼ 立てるので~ (38, 1.5%)

3 あつた 2 馬子の

1 [33件] あらう, いつも私達, うつかりする, お勝手, この加藤氏, この臭気, そのため, それを, ちかごろは, ちっともおかしく, 一時は, 三時すぎ迄, 側に, 吾等は, 唯神, 小勢な, 年増も, 弱らせられる, 彼は, 愈々酒, 愛子さえも, 斯る, 本人も, 父は, 独鈷の, 笹神祭と, 葉子は, 薫は, 虎猫も, 豪気な, 近頃出席者, 頭を, 驚いて

▼ 立てるため~ (35, 1.4%)

1 [35件] だ, だから, でそれ, でなく道, ならどんなに, に, にこの, にどうしても, にはこの, にはそち, にはやはり, には生徒, には自分, に一度, に入水, に国家, に天井, に女, に女房, に崇徳天皇, に心, に忠勇, に日記, に本, に毎年半之丞出奔, に生かし, に生まれた, に用いた, に腹ン, に降参, に香港, の差し当り, の柱, の用具, の行動

▼ 立てる~ (32, 1.2%)

3 がない, もあった, もなかっ 2 もあるらしい, もなく

1 [19件] ありまた, があります, がある, が沢山, では, はこの, はたとえ, はなかっ, はなんら, は一人, は人, は余り人, ばかりで, ほどすぐれた, もあり, もありました, もある, もあるです, 最も戦慄

▼ 立てるという~ (29, 1.1%)

4 ことは 3 ような

1 [22件] ことが, ことならわかっ, ことに, ことを, ところまで, のである, のは, ふうである, 事だ, 動作を, 口実であった, 名目で, 周囲の, 場合に, 場合には, 声を, 慣習の, 未曾有の, 決心を, 滑稽な, 約束を, 話で

▼ 立てるわけ~ (26, 1.0%)

4 では

1 [22件] じゃなし, じゃ無い, だ, でも, なの, にはいかん, にはいきません, には行かなかった, には行きません, には行くまい, にもゆかず, にもゆかん, にもゆく, にも参りませな, にも行かず, にも行かない, にも行かなかったろう, にゆかなかった, に行かない, のもの, はありません, はない

▼ 立てる~ (24, 0.9%)

2 がある, もありません

1 [20件] があつ, が出, が我輩, である, のこと, の心, の殘, はたいてい, はねえ, は恐らく, もあった, もあらう, もありました, もあります, もない, もなく, も居ない, をその, を選ぶ, 皆陰影

▼ 立てる~ (23, 0.9%)

2 見つ, 見る

1 [19件] やうやう辿り着き, やをら仰ぎ見たる, 唯継, 得た, 打ちて, 望むのみ, 見, 見たり, 見つけたれば, 見て, 見るのみ, 見出しなど, 見出すなり, 視しは, 覚えざるあたわざりき, 訪へば, 認めプリアモス王, 顧みて, 鶏の

▼ 立てる~ (23, 0.9%)

73 です 2 だから, だからね 1 じゃあねえお, じゃない, だと, だね, だらう, だろう, だろう頭, でしょう, ですもの

▼ 立てるつもり~ (21, 0.8%)

2

1 [19件] か, じゃろうが, だから, だった, だったもしくは, だよ, であつ, では, でやつ, で來, で堺屋, で建てた, で貯え, なの, なら白晝, なん, にならなけれ, の計画, はない

▼ 立てるには~ (19, 0.7%)

2 及ばない

1 [17件] いつでも, いつも遠い, そのほか, まずいかにし, まづ我々, もってこいの, 何が, 千枝子は, 及ばないじゃ, 多少の, 少し弱った, 故先生, 示すに, 誰でも, 適せぬ, 都合が, 静かな

▼ 立てる~ (19, 0.7%)

1 [19件] これ正に, その怪き, オオその, 三次中学校, 今も, 勿論町中, 医師である, 小使い, 山の, 彼野宮光太郎で, 必定それこそ, 此方を, 漢時代の, 珍らしや, 眞黒に, 胸の, 誰ぞ, 貫一なり, 高宕山なり

▼ 立てるほどの~ (17, 0.7%)

3 ことは 2 ことで

1 [12件] ことも, 事で, 人であっ, 広さ, 気力が, 眞新しい, 腕は, 芸が, 證據が, 證據も, 降りかたでも, 隙も

▼ 立てる~ (14, 0.5%)

2 汝は

1 [12件] したくなった, して, しれない由, その覚悟, それについても, どのよう, ウム, 何う, 噴き出した筈, 外から, 立てぬかの, 解りやしないじゃ

▼ 立てる~ (14, 0.5%)

1 [14件] がいさましく, がしました, がする, がやがて, が嵐, が深夜, が湧き起こった, が起こった, に紛れ, の下, の中, も揚げられず, も聞えます, を聞いた

▼ 立てるから~ (13, 0.5%)

2 曲者は

1 [11件] である, 下で, 儒教では, 寝る時, 左様心得ろ, 手の, 狼狽て, 立身出世が, 腹に, 苗忌竹との, 赤ン坊は

▼ 立てる必要~ (13, 0.5%)

3 がある, もなく 1 に迫られ, のない, の無い, はあるまい, は毛頭ない, もあるまい, もない

▼ 立てる~ (13, 0.5%)

2 などは滔々

1 [11件] お龜, が来たらしい, には必ず, には甲斐, に天, に抜け落ち, に最も, に用いる, の熱心さ, は必ずやすでに, も又

▼ 立てる~ (13, 0.5%)

3 になつ 2 な詞, になった 1 な傾向, な見っとも, にし, になりました, に先生, 仰せられたから

▼ 立てる~ (13, 0.5%)

1 [13件] がいつも, だったの, だという, で時間, に気, のすさまじい, の中, の奇妙さ, はどこ, はますます, は不吉, は以前, は或

▼ 立てるばかり~ (11, 0.4%)

21 だった, であった, である, で他, で春ちゃん, で水鉄砲一つ, で邪魔, まるで手術室, 仲店前を

▼ 立てるほど~ (10, 0.4%)

2 私は 1 おびただしく横行, 凍り果てた仕事着, 同じよう, 地主たちは, 没常識で, 漲って, 集まって, 驚いたこと

▼ 立てるまでも~ (10, 0.4%)

3 ないこと 2 ない 1 ない彼, なくあの, なくいやしくも, なく国家百年, なく政府

▼ 立てるかと~ (9, 0.3%)

3 思うと 1 いふと, 思うほど, 思はれる, 思はれ白雲身, 思ふと, 考えても

▼ 立てるよりも~ (9, 0.3%)

1 ただ驚い, むしろ自分, 一層家, 効果の, 笑いながら, 自分は, 苦笑すべきだらう, 谷川の, 遥かに

▼ 立てる~ (8, 0.3%)

1 この卑劣漢ども, みつとも, ッ, 人が, 八江戸ツ子は, 女の, 心にも, 頭髪に

▼ 立てる~ (8, 0.3%)

1 あり, あり砂, いい, いいだろう, 主として盗難, 淋し花, 珍らかに, 立てぬも

▼ 立てる場合~ (8, 0.3%)

1 がない, が多い, にはこの, には猟人たる者, の如く, はこの, は神宮, もある

▼ 立てる~ (8, 0.3%)

1 だと, ならおれ, にはなれなかった, にもなれない, にもなれませんでした, はしなかつた, もない, も失せた

▼ 立てる~ (8, 0.3%)

1 だ, で, であるのに, です, ですね, のもの, はない, もない

▼ 立てるだけの~ (7, 0.3%)

1 もので, 力も, 勇気は, 実戦の, 根拠を, 目的でした, 腕を

▼ 立てるにも~ (7, 0.3%)

1 あたらねえとも, たてられず前, どんなに張合い, 及ばないじゃあ, 相手にこそ, 立てられぬ, 雪取りの

▼ 立てるのに~ (7, 0.3%)

1 かつ, だいぶ苦心, やや暇, よいきっかけ, 使ふ, 暇が, 自分から

▼ 立てるまで~ (7, 0.3%)

2 厩の 1 お達者, せめて四, そうし, だ, 娘を

▼ 立てる~ (7, 0.3%)

1 だった, だらうが, に選んだ, は流石, までは好い, より僅か, をそう

▼ 立てる~ (7, 0.3%)

2 に世 1 がなかっ, はねえ, もありません, もなし, も無ささうだ

▼ 立てる~ (7, 0.3%)

2 があった 1 が延長, が昔, と逆, などはあるいは, に飛ん

▼ 立てる~ (6, 0.2%)

1 こつそり恋, 今夜は, 殆ど命がけ, 泣いたり, 狗が, 都合によっては

▼ 立てるその~ (6, 0.2%)

1 側には, 勲功の, 沸騰する, 竹棒の, 観客の, 豪快な

▼ 立てるだけ~ (6, 0.2%)

1 だ, だった, です, では, で妻, 強くない

▼ 立てるとか~ (6, 0.2%)

1 一つの, 云うの, 物音を, 立てぬとか, 証拠物件を, 願書を

▼ 立てるとは~ (6, 0.2%)

1 お引き, それゆゑ国民の, 何事か, 思はなかつたらしい, 私も, 頭の

▼ 立てる~ (6, 0.2%)

1 でなきや, に予め, に僕たち自身, に感覚的, に抵当, を閃過

▼ 立てるなんて~ (5, 0.2%)

1 あなたに, いふ智惠, およそ考へられない, 妙です, 怪しからぬ

▼ 立てるより~ (5, 0.2%)

2 外に 1 ほかに, 優ります, 腹の中に

▼ 立てる~ (5, 0.2%)

1 からも私, での網, にもならなかった, に於い, に致命的

▼ 立てる~ (5, 0.2%)

1 であった, のない, は理, もまた, を一歩

▼ 立てる~ (5, 0.2%)

3 がある 1 あ人権, もあれ

▼ 立てる~ (5, 0.2%)

1 がまだしも, が利巧, が悪い, に働い, の人々

▼ 立てる~ (5, 0.2%)

3 もなく 1 があったら, がない

▼ 立てる~ (5, 0.2%)

1 だから, な方法, にはね, に二人, に打ちおろします

▼ 立てる~ (5, 0.2%)

1 で内心, と思つて, に宗方善五郎, に棺, に舊臣

▼ 立てる理由~ (5, 0.2%)

1 があった, が立派, なんかどこ, はない, はもう

▼ 立てるかも~ (4, 0.2%)

1 しれないよ, 知れないから, 知れないが, 知れないそれ

▼ 立てるどころか~ (4, 0.2%)

1 かえってベッキイ, 何だかその, 却つてその, 息をも

▼ 立てるなよ~ (4, 0.2%)

21 今朝十手で, 吉五郎も

▼ 立てるのみ~ (4, 0.2%)

2 なる榧 1 であつ, で一度

▼ 立てる~ (4, 0.2%)

2 な早, の事

▼ 立てる~ (4, 0.2%)

1 か, というもの, の図, を描い

▼ 立てる張合~ (4, 0.2%)

2 もありません 1 もない, もなかつた

▼ 立てる~ (4, 0.2%)

1 が少なく, が来た, になる, は

▼ 立てる~ (4, 0.2%)

1 の並木, の姿, の梢, や竹

▼ 立てる~ (4, 0.2%)

1 がとこ, へ進出, もありましょう, もある

▼ 立てる~ (4, 0.2%)

1 ではなかっ, と視線, の胸, を見た

▼ 立てる~ (4, 0.2%)

1 じゃありません, の家, の心, の胸

▼ 立てる~ (4, 0.2%)

1 の事, の材料, の激しい, の贅澤

▼ 立てる積り~ (4, 0.2%)

1 だ, だろうが, でがんす, なの

▼ 立てる~ (4, 0.2%)

1 にもいけねえ, にも行かぬ, に行かなかった, に行かん

▼ 立てる~ (4, 0.2%)

1 がなく, にお前, もなく, も無い

▼ 立てるあの~ (3, 0.1%)

1 良心の, 色の, 陰鬱な

▼ 立てるからには~ (3, 0.1%)

1 もっと確か, 何か, 必ずしも拠る

▼ 立てるなどと~ (3, 0.1%)

2 話した 1 いったい考える

▼ 立てるほどに~ (3, 0.1%)

1 さあ, さあさあ清く, 漲って

▼ 立てるもん~ (3, 0.1%)

3 だから

▼ 立てる~ (3, 0.1%)

2 にも烈しい 1 を歩い

▼ 立てる人々~ (3, 0.1%)

1 にとっては沖縄, には其, の蹄

▼ 立てる余裕~ (3, 0.1%)

1 がありません, などは無かっ, もなかっ

▼ 立てる~ (3, 0.1%)

1 がなかつた, の婦人, も多い

▼ 立てる元気~ (3, 0.1%)

2 もなかっ 1 もなく

▼ 立てる其の~ (3, 0.1%)

1 勲功の, 声尻が, 間に

▼ 立てる~ (3, 0.1%)

1 さえもなかっ, となった, はすぐ

▼ 立てる~ (3, 0.1%)

1 寺院なれ, 気焔に, 面積は

▼ 立てる大きな~ (3, 0.1%)

1 一階級を, 牛であり, 石の

▼ 立てる女房~ (3, 0.1%)

3 の詞

▼ 立てる~ (3, 0.1%)

1 供の, 徑を, 親の

▼ 立てる~ (3, 0.1%)

1 の声, の容華, の心

▼ 立てる~ (3, 0.1%)

1 でがんす, はいかに, よ

▼ 立てる方法~ (3, 0.1%)

1 でもない, は興味, を考へる

▼ 立てる~ (3, 0.1%)

2 も富家 1 の如く

▼ 立てる~ (3, 0.1%)

2 になる 1 になっ

▼ 立てる~ (3, 0.1%)

1 が旺, だ, の前

▼ 立てる習慣~ (3, 0.1%)

1 があっ, ですからね, を持っ

▼ 立てる~ (3, 0.1%)

1 の短, は荻原, まで大切

▼ 立てる連中~ (3, 0.1%)

1 がある, もあった, よりは武蔵

▼ 立てる~ (3, 0.1%)

2 もなく 1 も無い

▼ 立てる間もなく~ (3, 0.1%)

1 またたくひま, 八方から, 髪を

▼ 立てる響き~ (3, 0.1%)

2 なの 1 は雑音

▼ 立てるあたり~ (2, 0.1%)

1 など満座抱腹絶倒, に歩み寄れ

▼ 立てるいと~ (2, 0.1%)

2 まも

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 取持, 心か

▼ 立てるかの~ (2, 0.1%)

1 如くに, 如く横合

▼ 立てるからにゃ~ (2, 0.1%)

1 アゾッと, 唯事じゃ

▼ 立てるかわり~ (2, 0.1%)

1 に中二階, に農

▼ 立てるけれども~ (2, 0.1%)

1 所謂情理を, 要するに人間

▼ 立てるそば~ (2, 0.1%)

1 から炭, 近づき寄りて

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 素直に, 遊佐が

▼ 立てるたんび~ (2, 0.1%)

1 によけい, に十字

▼ 立てるだけは~ (2, 0.1%)

1 差支ない, 立てて

▼ 立てるといふ~ (2, 0.1%)

1 ことにな, 風習は

▼ 立てるとも~ (2, 0.1%)

2 知れぬ弓弦

▼ 立てるなどは~ (2, 0.1%)

1 早計な馬鹿げた, 町人の

▼ 立てるなども~ (2, 0.1%)

1 もちろん仏者, 山の神と

▼ 立てるなり~ (2, 0.1%)

1 グリゴリイに, 三角内角の

▼ 立てるなんか~ (2, 0.1%)

1 ますますばか, 柄でも

▼ 立てるについては~ (2, 0.1%)

1 すっかり貴僧, 父が

▼ 立てるばかりに~ (2, 0.1%)

2 駭いた

▼ 立てるばかりの~ (2, 0.1%)

1 ようでございます, 格構で

▼ 立てるほか~ (2, 0.1%)

1 には何, はない

▼ 立てるまもなく~ (2, 0.1%)

1 そこへ, 岩角に

▼ 立てるやら~ (2, 0.1%)

1 した, 御祈祷

▼ 立てるわけぢ~ (2, 0.1%)

1 やない, やね

▼ 立てるわれ~ (2, 0.1%)

2 には怯ぢ

▼ 立てるんぢ~ (2, 0.1%)

2 やない

▼ 立てる一つ~ (2, 0.1%)

1 の有力, の目

▼ 立てる人影~ (2, 0.1%)

1 あり, もなく

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

2 にする

▼ 立てる代り~ (2, 0.1%)

1 に相, に馬鹿野郎

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 山の, 山は

▼ 立てる余地~ (2, 0.1%)

1 が無い, も無い

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 なるフランチスクス派, なる岩

▼ 立てる光景~ (2, 0.1%)

2 を眺めたら

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 はすなわち, も田子浦

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 はいろり, はし

▼ 立てる大岩~ (2, 0.1%)

1 か, かけて

▼ 立てる大隈板垣等~ (2, 0.1%)

1 の政党首領, の政黨首領

▼ 立てる奇妙~ (2, 0.1%)

1 な啜るよう, な物音

▼ 立てる女中達~ (2, 0.1%)

2 の声

▼ 立てる姿~ (2, 0.1%)

1 なりといへる, は潟

▼ 立てる屋根~ (2, 0.1%)

1 の下, の草

▼ 立てる心算~ (2, 0.1%)

1 だつた, のよう

▼ 立てる恰好~ (2, 0.1%)

2 はわれ

▼ 立てる明治政庁初期~ (2, 0.1%)

2 の官吏某

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

2 の一もと

▼ 立てる枯木~ (2, 0.1%)

1 の, は肌

▼ 立てる榧の木冬~ (2, 0.1%)

2 の日

▼ 立てる気力~ (2, 0.1%)

1 もない, もなく

▼ 立てる気持~ (2, 0.1%)

1 になれない, は微塵

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 がザザザジャブンジャブン, ではある

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 の, を隔て

▼ 立てる湯気~ (2, 0.1%)

1 がそれ, にむれ

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 にあらゆる, には今後何処

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 の一すじ, を吐いた

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 がいた, をたった

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

2 があった

▼ 立てる程自分~ (2, 0.1%)

2 を馬鹿

▼ 立てる結び松心~ (2, 0.1%)

1 もとけず, も解けず

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 はこよ, を見

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 がやがて, が聞え

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 より大約二百ヤード許, をはなれ

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 にも行かなかった, を記憶

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 はなく, をつかむ

▼ 立てる銅像~ (2, 0.1%)

1 の製作西洋, の類

▼ 立てる限り~ (2, 0.1%)

1 の自己, の長上

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 に昔, に材料

▼ 立てる雑木~ (2, 0.1%)

2 の岨路

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

2 かも

▼ 立てる風習~ (2, 0.1%)

1 はなぜ, もはじまった

▼ 立てる~ (2, 0.1%)

1 のそば, はふりかぶる

▼ 立てる騒音~ (2, 0.1%)

1 が第, の差

▼ 立てる高張~ (2, 0.1%)

2 は御存じ

▼1* [502件]

立てるはひ, 立てるあいだに花前, 立てるあれをやつ, 立てるいわば自分の, 立てるいわれは多分, 立てるうえにお, 立てるうちにうかうか, 立てるうつろなひびき, 立てるおそろしいおばあさんが, 立てるお代嬢今日は前日, 立てるお前たちばかりに働かし, 立てるかさかさいう音, 立てるかとも思われ盗賊, 立てるからねいいかえ, 立てるからばかりでは, 立てるかんがえ, 立てるくらいキツクゆすぶった, 立てるくらいの数に, 立てるぐらいなこと, 立てるぐらいのことは, 立てるぐらゐでみんな口数少く箸, 立てるふかも, 立てるけつしんをなさい, 立てることこれを盆花, 立てること鳴子のよう, 立てるこの笹を, 立てるこらえ性のない, 立てるころになる, 立てるごとに指, 立てるさえ憚る如く, 立てるさまは重き罪, 立てるじゃないか, 立てるすじは毛頭, 立てるすべての物, 立てるそうすれば, 立てるそれもかえって, 立てるたてないも, 立てるたびごとに例, 立てるため俗に云, 立てるため名前も出さず, 立てるだけで多くの, 立てるちりは古本屋, 立てるやない, 立てるってなあこんなもん, 立てるえの, 立てるせう, 立てるというのみである, 立てるというのも実際は, 立てるといったお前は, 立てるとかいうことな, 立てるとかいふことは, 立てるときにはわたし, 立てるとしてもかれ等, 立てるとても大きな鼻息, 立てるとともに愴惶と, 立てると共に駒井能登守に, 立てるどんな小さな物音でも, 立てるなといふの, 立てるなど余りに人気, 立てるなどとは言は, 立てるにすらあたひしない, 立てるについてその文字, 立てるについても今は, 立てるのぞみがあり, 立てるのみか何事をか, 立てるのみが彼の, 立てるはずがない, 立てるあいとにかく, 立てるばかしでも, 立てるひとりの者, 立てるひまもない, 立てるほうが若い, 立てるまたその次の, 立てるまでに母娘も, 立てるまでには到らなかった, 立てるまではよかつた, 立てるままに目, 立てるたりの淑女, 立てるみずからを発見, 立てるめざましさことに, 立てるものさへ出, 立てるものカパニユウスの子, 立てるもの八十余人の名, 立てるもの前で立てる, 立てるもの各自一個の新人間, 立てるもの狂言に出る, 立てるもをかし, 立てる剽悍な, 立てるやつがある, 立てる八, 立てるよう勸説せんこと, 立てるよりはこれを, 立てるわかうどが, 立てるわが身のなせし, 立てるんで御広間, 立てるウーロン茶とがお, 立てるカヲの山, 立てるグラッフィアカーネ脂にまみれし, 立てるサラリーマンの肖像, 立てるスカートの広い, 立てるソヴェト同盟の労働者, 立てるて言わ, 立てるト両側を詰めた, 立てるニライの力, 立てるハリアヒもない, 立てるバルトリ君を先登, 立てるファーリナータを見よ, 立てるマジナイのごとき, 立てるラシャメン立国論というの, 立てるラヴィニアの前, 立てるロッティのそば, 立てるの梯子, 立てる一人の乙女, 立てる一人是が世に, 立てる一宇の古, 立てる一少年あり, 立てる一峰標高三千七十米突主峰の北, 立てる一本の指, 立てる一株の銀杏樹, 立てる一種の短い, 立てる一種歓喜の声, 立てる一群の舞姫皆舞, 立てる七つ森のその, 立てる三人の姿, 立てる三公の下, 立てる三四名の水兵, 立てる三毛の声, 立てる三銃士の叫び声, 立てる不思議な焔, 立てる不良さえある, 立てる与太者は生駒, 立てるのうへ人, 立てる箇は, 立てる中籤によつてテラモニデース, 立てる主人夫妻は温情, 立てる主意を立てるなれ, 立てる乙女の方, 立てる九人の傳令使, 立てる呑み児, 立てる事三日でやむ, 立てる二三歩の前, 立てる二本の, 立てる交渉器なり, 立てる人たちだけの職業, 立てる人払いの声, 立てる人種が介在, 立てる仕打あり, 立てる仕掛けになっ, 立てる以上にまだ, 立てる以上無理押し付けにそれ, 立てる以前に日本, 立てる仲間たちを彼, 立てる伊勢平氏の健児, 立てる伝統墨守派だから, 立てる位置をまちがえた, 立てる作業をはじめた, 立てる修法を妨げる, 立てる値打ちもなくなっ, 立てる儀式をし, 立てる鋭き眼, 立てる先生の有様, 立てる八ヶ嶽の山, 立てる其從者乳のほとり, 立てる其綾子さんの監督, 立てる写実は好美, 立てる処もちやんと, 立てる分水嶺をなす, 立てる利根の砂山, 立てる刺繍した小さな, 立てる割り竹の類, 立てる劒ヶ峰より一歩, 立てる勇気はない, 立てる勘兵衞の聲, 立てる医師はふと, 立てる半以上水に浸った, 立てる即ち著述を, 立てると宰, 立てるの側, 立てる参天の巨樹, 立てる佛の, 立てる對の, 立てる取巻きの非, 立てる口上をにこにこ, 立てると此処, 立てる品物は次ぎ, 立てるで靈岸島, 立てる喇叭や打込む, 立てる喜ばしさのみを, 立てる喧騷や話聲, 立てる四つ脚の, 立てる回教料理もある, 立てる団扇で煽い, 立てるき岩, 立てる土台の凝固土, 立てるの上, 立てるの掛る, 立てるをこゆれ, 立てるに着く, 立てる場合パラドックスが之, 立てる墓標は池辺三山, 立てるの下, 立てる夕ぐれの庭, 立てるに小正月, 立てる大志を早くから, 立てる大木小木を本末, 立てる大根の煮える, 立てる大楠の木, 立てる大波のうねり, 立てる天雲の奥, 立てる女どもの声々, 立てる女中と猫背, 立てる女権拡張に努力, 立てる女神であつ, 立てる好い材料の, 立てるの声, 立てる子供の厄介物, 立てる子供達の当て擦り, 立てる季節にはなったろう, 立てる学者が悪, 立てる學者もあります, 立てる宇治川が姫君, 立てる宗教なれば, 立てる宗教家思想家の中, 立てる宣命に代, 立てる室内には男性的, 立てるもある, 立てる家中のもの, 立てる家数三十戸ばかり宿屋, 立てるこそ風, 立てる小さい妹の, 立てる小さな泡が, 立てる小男はもう, 立てる少女の, 立てる屍体蝋燭には一々, 立てる山吹の崎, 立てる山田春雄の場合, 立てる山稜の頂, 立てるの下, 立てる峰々は残り, 立てる峻峯なり, 立てるの前, 立てるは私, 立てる工夫を付けた, 立てるの声, 立てる希望です, 立てる常盤木の, 立てる年頃ではない, 立てるの格好, 立てる広次の重み, 立てるに番太, 立てるをおさえつけ, 立てる張りあいもない, 立てる張合ひもありません, 立てる強者もあった, 立てる当局者と森林, 立てるかな, 立てる影さへ我脚下, 立てるを引受けた, 立てる後者の裕容, 立てる後談がなかっ, 立てる御嶽冠者と申す, 立てる微かな音, 立てる心地して, 立てる快い音だ, 立てる快感のよう, 立てるらしい人, 立てる瀬とを, 立てる性分だつたが, 立てる怨聲を何處, 立てるの音, 立てる息栖のとり居みる, 立てる謀を, 立てる悲惨などに出会っ, 立てる情景は感動, 立てるで倉, 立てる意図も自覚, 立てる意志はない, 立てる意氣組で引, 立てる所存だ, 立てる手つきを謂, 立てる手力男の神, 立てる手段が多様, 立てる手紙とか日記, 立てる手際のむずかし, 立てるがない, 立てるは操, 立てる支倉を尻目, 立てる政友会も亦, 立てる政友會も亦, 立てる故人心はた, 立てる故気を落着け, 立てる教理の三徳, 立てるでもなし, 立てる文言を書い, 立てる方々の間, 立てる方策を講じない, 立てる方面の仕事, 立てる旗竿には是, 立てるを宣らせ, 立てる旨宣誓した証人, 立てる早瀬の袂, 立てる昌作の顔, 立てるのまま, 立てる春霞おほ, 立てる時わが視る, 立てる時代になりました, 立てる時分には冷え切った, 立てる時彼は得, 立てる時機ではない, 立てる時節でもなく, 立てる有様である, 立てるの少き, 立てる本能の慾望, 立てる材料になる, 立てるの評判, 立てる枚数をいきなり, 立てるは一本, 立てるの萩, 立てる根締のよう, 立てる案内人のあと, 立てるのしげ, 立てる梅子を思ふ, 立てるの数, 立てる森下路をしばし, 立てる植物がちがい, 立てるの木, 立てる樣子もなく, 立てる権利もなく, 立てる樹木の如く, 立てる樹木家石垣等が殆, 立てるに程, 立てる機会がない, 立てるであらう, 立てる歓喜の声, 立てる正午近くなり, 立てるの瞬間, 立てる此胸の淺瀬, 立てる武村兵曹は右鬢, 立てる母親とならない, 立てる気狂いをそこ, 立てる気象だが, 立てる氣力もなく, 立てる水兵を顧み, 立てる水音波が小舟の, 立てるの菖蒲今日, 立てる決心を固めた, 立てる治兵衛だから, 立てる法師に借れる, 立てる法螺の貝, 立てる法螺貝の音, 立てる波紋が絶えず, 立てる浪子はただ, 立てる淋しさである, 立てる深き池沼に, 立てる満枝は闥, 立てるともなり, 立てる源吉のいう, 立てる準備をした, 立てる漁師とは異う, 立てる激しい響きが, 立てる火光がぼっと, 立てる烏草樹を, 立てる爲めの著述, 立てる父親がこの, 立てる片手間に彼女, 立てる犯行当日に於ける, 立てるはかかる, 立てるの踊り, 立てる王羲之は大層, 立てる瓦屋は油画, 立てる生き物を残さなかった, 立てる用意ができてる, 立てる甲斐の山, 立てる画工の中, 立てるに, 立てる疳高い鳴声, 立てる白刃を僅か, 立てる白玉椿それもがとまし, 立てる白雲岳が第, 立てるの音, 立てる目的もなし, 立てる相手を互いに, 立てる看護婦が手中, 立てるの区別, 立てる知識が足りなかった, 立てる短刀を引きぬき, 立てるですね, 立てる石仏の前, 立てる石地蔵の前, 立てる石碑のうち, 立てる石馬の脊, 立てる砂ぼこりを浴び, 立てる神殿いと広く, 立てるの夕暮, 立てる稽古をする, 立てる穢多の子, 立てるが穿つ, 立てるな計画, 立てるひは, 立てるがおもしろい, 立てると云う, 立てる筋合のもの, 立てる素質はな, 立てる結局僕の, 立てる絶壁の下, 立てる絶對專制主義を保護, 立てる繰り言である, 立てる美術家はない, 立てる群鳥が食物, 立てる習癖を持つ, 立てる老若男女に伍, 立てるのあつ, 立てる者さへありませんでした, 立てる聴衆は却って大いに, 立てるにもあるべし, 立てる背中の子, 立てる脚下に褥, 立てる腕木を刳り抜い, 立てる腰骨を一生懸命, 立てるらしいが, 立てる自然の楽, 立てるを持っ, 立てる船客等の恐怖心, 立てる船橋に衝つて, 立てる船長は帽, 立てる船頭はその, 立てるのうたれ, 立てる花傘の紙花, 立てる若い女が, 立てる若水沼のいや, 立てるの舍大人落合直文先生, 立てる落ち付いた学者たち, 立てる広五百, 立てる葉子の声, 立てる蓋然は我々, 立てるがあれ, 立てる處二三の飮食店, 立てるが体中, 立てる行事があった, 立てる表情になる, 立てるでお, 立てる裸身と空間, 立てる西班牙人があり, 立てる要はある, 立てる見ゆ麦刈る秋, 立てる覚悟でおおむね, 立てるりなの, 立てると他郷, 立てる諸侯の次に, 立てる警蹕の声, 立てる谿の鉾杉白雪つもり, 立てる堂々と, 立てるかな気配, 立てる赤き岩, 立てる赤ん坊をすかし, 立てる赤児を抱きそやし, 立てる赤坊はオギャア, 立てる足許広き岩原, 立てるではありませんでした, 立てる迄もなくあの, 立てる途方もない, 立てる道理がある, 立てる達弁ではなかっ, 立てる遠山の裾, 立てる遺言状を残し, 立てる部分には特に, 立てる野心もなかつた, 立てる野犬の声, 立てる野蛮さは只, 立てる鈍いひびきだった, 立てるの鎖, 立てる銃丸の中, 立てる錦木の千束, 立てる槍は, 立てる長いまっかな糸, 立てるは一様, 立てる閂様の白く, 立てる間もなくドンと足下, 立てる間奥の一間, 立てる隣どうしであつ, 立てる雨戸のきしみ, 立てるのよう, 立てる電燈局の煙筒, 立てる青年の服装, 立てるをお, 立てる音楽堂を指す, 立てるに誘はれ, 立てるになりました, 立てるをつぶす, 立てる風俗を聞い, 立てる食物の量, 立てるなどさえ美しい, 立てる馬鹿者になっ, 立てる駒形の札, 立てるは頭, 立てる髯籠系統の柱, 立てる髯面の男, 立てる魔薬のよう, 立てるといつ, 立てるの鋭, 立てるがあつ, 立てるの畠