青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「立てた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

立っ~ ~立った 立った~ ~立つ 立つ~ ~立つた 立つた~ ~立て 立て~ ~立てた
立てた~
~立てる 立てる~ ~立場 立場~ ~立派 立派~ ~竜 竜~ 章~ 童~

「立てた~」 1751, 19ppm, 6070位

▼ 立てた~ (258, 14.7%)

28 である 1611 であった 10 です 5 であるが, も無理 4 さ, だが, では 3 だから, だそう, であります, でございます, はこの

2 [14件] か, かい, かそれとも, かマリヤン, だった, だと, だという, であるから, であろう, ですか, でも, と兵藤, はその, は母

1 [128件] かそういう, かただ, かとおどろい, かどうして, かな, かもし, か流行, か私, か馬鹿, があの, がいけなかった, がおりおり見当たる, がこのごろ, がこの世, がその後, がアリストテレス, がスルスル, が一度切り, が三月十八日, が二つ, が件, が初め, が化生, が即ち, が喜多屋, が多く, が失敗, が小石, が恒例, が折れ, が發見, が石切り, が端緒, が置い, が鞍馬寺, じゃ, だよ, だろうと, ぢや, であったが, でありますが, であると, であろうか, であろうが, でございますよ, でした当然, でしょうだまって, ですから, ですが, です貴方, でないの, で御座います, とその, とは全く, と同様, には胆, に対して初め, に対して嫌気, は, はお, はおおかた, はここ, はそれ, はそんな, はたいへん, はひとつ, はみんな浜, はもっとも, はよい, はガラツ八, はソネートカ, はムリ, は一つ, は一人, は一緒, は上帝, は世論, は二枚折, は今, は代官松, は偶然, は変, は夫人, は好かつた, は床, は心, は心外, は救民, は明治十二, は昨, は昨日今日, は有名, は無理, は生まれ, は當, は相手, は神代, は私, は船頭, は若い, は落下率, は西山, は誠に, は誰, は變ぢ, は鈴川, は長政, もあの, もその, もまた, も動機, も当時, も彼, も私, をかむ, を下, を倒し合う, を倒す, を僕, を法然, を私, を聞い, を聞いた, を見る, を角山, を責める, を隱, 立て無

▼ 立てたよう~ (106, 6.1%)

4 な声 3 であったが, な形, に 2 だった, だと, である, なクラハシ山, な巌石, な気, な顔, に見える, に鼻

1 [75件] だ, だから, だ風呂場, であるが, で拝殿, で桂川, なあの, ないくつ, なところ, なの, なもの, なや, なアスファルト道路, なトゲトゲし, なポプラ, なマロニエ, な内心, な千住, な厚い, な始末, な山, な岩, な崖, な巨巌, な彼女, な怪奇, な感じ, な有様, な様子, な機械, な江戸前, な白い, な窪, な蔑んだよう, な角閃安山岩, な鋪装, な長い長い, な青い, な顔付, にあと, にいつ, にお, になっ, にプイ, に並ん, に久慈, に二人, に云っ, に云った, に傾く, に入れ, に安静あけ, に寄っ, に小さく低く, に怒鳴った, に抉れ落ちた, に梢, に満足, に滑らか, に燃える, に畳まれ, に石坂, に碧, に私, に突然, に立っ, に羽, に聳, に聳えた, に薄紫, に言い, に記憶, に降りしきる, に青年, に静まり閉す

▼ 立てた~ (95, 5.4%)

2 これは, その時, その音, それは, 仕方が, 琵琶は

1 [83件] あいにく腹, あとは, いきなり前足, このごろでは, この世の, この国境, しかしそれ以上, しかしそんな, しかしふと, しかし香櫨園, しまいには, しまひ, すぐに, そこは, そのたび, そのままとんとん, そのまま体, その声, その頃, それでも彼, それ以前に, たちまち垣, たつた一つ, つて感応寺の, とうとう鳴らない, なお高氏, まだ確定, やがて手早く, やがて給仕, よござんせう, スーッと, パラ一丁あれ, 五郎は, 伊兵衛を, 僕自身祖母に対して, 兼隆の, 再び電気蓄音機, 切られた武士, 危さと, 吾声の, 夜は, 妙な, 嬉しそう, 実はわが, 彼の, 心では, 忠兵衛の, 急に, 悄然卓子に, 意味は, 憎む気持, 戸部近江は, 戸部近江之, 手に, 抜き討ち, 改めて娘, 故に攻められた, 春三郎も, 枝折戸の, 検査官は, 殺気立てる, 母には, 海軍の, 漁師たちにも, 漸く私達, 父は, 私も, 結局法律上ベシイの, 綿を, 背負って, 若い中, 茶よりも, 行賞の, 誰ひとり, 誰も, 路が, 跳び退いた機, 軈て葉巻, 追っつかない, 隅つこ, 離しません, 顔色は, 風谷は

▼ 立てたもの~ (74, 4.2%)

7 です 6 である, ですから 53 だから, では, らしい 2 だな, だろう

1 [37件] かはっきり, かも知れぬ, か八五郎, がある, がハドルスキー, が即ち, が所謂余戸, が本物, ごしの, ださうです, だそう, だったが, だわ, であった, でありましょう, であろうか, であろうと, でくどく, でない事, でなければ, で千人, で御座います, で無論, で非常, とは言, とみえます, と見える, ならば, にせね, に比する, はおそらく, はお前, は吉川元春, ゆえどことなく, を絶対, を誰, 或はゲエテ

▼ 立てたこと~ (56, 3.2%)

3 だった 2 があつ, がある, だらう, のない, はない, もあった, もある

1 [39件] があった, がありました, がありません, がない, がまだ, が無い, そのこと, だらうが, だろう, であったろう, である, であろう, でも, で四日, と何, などもありました, になった, になります, になる, に始まる, はござりませぬ, は今, は珍しい, は言, もあり, もありました, もなけれ, も一度, も彼, も思い出せるだろう, も稀, をやっ, を恥ずかしく, を愉快, を物語った, を痛憤, を知った, を示唆, を誰

▼ 立てた~ (40, 2.3%)

4 云ふ 2 すると, 思うと, 見えて

1 [30件] あった, いう, いうから, いうだけか, いうので, いうほどの, いって, いはれて, おおもいなさる, おっしゃるので, おもうと, したところ, したら現在, して, すれば, 云うから, 云うでも, 分りますが, 同じこと, 同時の, 思ふと, 想像し, 琉球国諸事由来記その他に, 申されたな, 白状し, 聽きました, 見ゆ, 言ふ, 記憶し, 述べて

▼ 立てたので~ (36, 2.1%)

3 あつた 2 婦人は

1 [31件] あわてて, せう, その名望, たしかにのろのろと, ひょいと振り向いた, カモシシといった, 一家中の, 一時は, 世子の, 今おさえ, 仕事の, 他の, 僕は, 其の家, 卓を, 善とは, 大騒ぎに, 安兵衛悪い, 家中の, 幕の, 待ち設けて, 急がねば, 手元が, 捕り方, 方技の, 母親が, 私は, 論議とは, 酔が, 針の, 霊神警衛し

▼ 立てたやう~ (31, 1.8%)

2 な建物, な鼻髭, に真

1 [25件] だ風呂場, であつ, ですが, で拝殿, な壁, な声, な尖つた屋根, な山, な恰好, な横, な皺, な目的, な穴, な高い, な鼻髭さ, につう, につる, にぱらりと, にみえ, に物置, に畳まれ, に真直, に調子, に青年, に餘計

▼ 立てた~ (29, 1.7%)

3 もなけれ 2 のない, もあつ, もございます

1 [20件] がありました, がいよ, がない, である, なくおだやか, なぞもあった, などをことごとく, のある, はありません, はなかっ, はなかつた, は全く, もあった, もあろう, も一再, も稀, をもう一度, を中途, を指す, 多きは

▼ 立てたところ~ (26, 1.5%)

2 でそれ, でどうにも, で御

1 [20件] から滝, が精進料理, だけ勇気, だったかも, であった, でその, でどうせ, で二十年, で何ん, で喧嘩, で後, で聞きつけ, による, に其背景, に異, の裏切り者, は俯伏, へ今宵, へ手間どった, もある

▼ 立てた~ (23, 1.3%)

72 じゃない, だが, だそう, だね, です 1 ださうですの, だな, ですか, ですが, ですよ, でなくて

▼ 立てたかと~ (19, 1.1%)

9 思うと 3 思ふと 1 いうに, いえば, おもわれた, 云う事, 思えば, 聞いたから, 聴くと

▼ 立てたまま~ (16, 0.9%)

1 [16件] きめつけるよう, この頃先生, じっともだえ暮し, ずっと自分, で, でも船, で丸火鉢, で低く, の十七, まる一日, 並べて居た, 動こうとも, 寝ちゃ, 暫く休息, 笑って, 見向きも

▼ 立てた~ (16, 0.9%)

1 [16件] があった, がある, が先ず, であらう, である, なるを, に対する徳義, のため, の世, の形容, の心持, の袖口, は大いに, もあった, もあります, 後義満

▼ 立てた~ (15, 0.9%)

3 相違ない 2 違いない 1 しても, しろそれで, ちが, ちがいありません, ちがい無い, 相違ありません, 相違無く, 等しい, 過ぎません, 違ひない

▼ 立てた~ (14, 0.8%)

1 [14件] で, ですよ, で家事, で彼, で是方, にこんな, に人形, に覗かせ, に載せた, に門火, に馬, へ掌, へ顔, 向かって

▼ 立てたという~ (13, 0.7%)

1 [13件] ことであっ, ことであります, ことです, ことなどを, これも, のか, のである, 人の, 伝説を, 寺である, 様子も, 話が, 責任を

▼ 立てた~ (13, 0.7%)

2 に五万両

1 [11件] でも決して, などには実際, にはどっち, に大工, のやう, の様子, の英語, はその, は夜, は無惨, 初めて小

▼ 立てた~ (13, 0.7%)

2 の上, をく 1 にまきつけ, に画板, に畫板, のあたり, へ兩手, もすべて白飛白, をば, を両手, を容れる

▼ 立てた~ (10, 0.6%)

1 だ松谷嬢, な岩壁, な急坂, な椰子類, な殆ど垂直, な雑木山, に太い, に聳え, に言, に説く

▼ 立てた~ (9, 0.5%)

1 あまり口を, いきなり起上つてガラツ八, どうか, どんな戰爭, なかなか以, まさか雪, 一匹の, 立てなかったか, 聞きたいわ

▼ 立てたそう~ (8, 0.5%)

6 です 1 である, であるが

▼ 立てたその~ (8, 0.5%)

1 上に, 力の, 勢いが, 口を, 方向や, 痕跡さえ, 若い漁夫, 証しには

▼ 立てたわけ~ (8, 0.5%)

2 では 1 であって, である, でなく, でも, なの, になる

▼ 立てた~ (8, 0.5%)

1 があった, こそ平野, さえありました, などは起こり, なので, の靈, は一人, もありません

▼ 立てたから~ (7, 0.4%)

1 いけねえん, だった, であつ, でも, 堪りません, 楠は, 率直な

▼ 立てたといふ~ (7, 0.4%)

1 ことである, ことです, ことを, のも, はなしは, わけか, 點に

▼ 立てた~ (7, 0.4%)

1 があった, が並ん, である, で今, はございません, もちらほら, も多い

▼ 立てた~ (6, 0.3%)

2 に私 1 でこの, でふと, に之, に彼

▼ 立てた屏風~ (5, 0.3%)

1 のこちら, の上, の銀, はあれ, も端

▼ 立てた~ (5, 0.3%)

1 がいい, がよい, が将来, が説明, ですが

▼ 立てた~ (5, 0.3%)

3 膝を 1 膝と, 膝に

▼ 立てた蝋燭~ (5, 0.3%)

1 の揺らぎ, の明り, の火, をそれ, を取つ

▼ 立てた~ (4, 0.2%)

1 地蔵様は, 地蔵様を, 粂の, 美夜ちゃんふしぎそうな

▼ 立てたかも~ (4, 0.2%)

1 知れないが, 知れぬ, 知れません, 知れませんが

▼ 立てたけれども~ (4, 0.2%)

1 この陰欝, どうしても補助機関, 何それは, 当時に

▼ 立てたとき~ (4, 0.2%)

1 から勝家, の具体的境遇, はこの, もしもの

▼ 立てたほど~ (4, 0.2%)

2 である 1 だったが, であつ

▼ 立てた~ (4, 0.2%)

1 がそれ, が云い辷らした, が突然, は最後

▼ 立てた板屋~ (4, 0.2%)

3 にかう長びく 1 にこう

▼ 立てた様子~ (4, 0.2%)

1 で逃げ出す, もない, も見えなかった, も見えなかつた

▼ 立てた樣子~ (4, 0.2%)

2 です 1 ですが, で平次

▼ 立てた~ (4, 0.2%)

3 なれど 1 は倒れる

▼ 立てた~ (4, 0.2%)

1 けで, である, では, でも

▼ 立てた~ (4, 0.2%)

1 でちょっと, で私, の色, を見せる

▼ 立てたかの~ (3, 0.2%)

1 やうに, ように, よう絢や

▼ 立てたそれ~ (3, 0.2%)

2 が甲府 1 を年

▼ 立てただけ~ (3, 0.2%)

1 だった, です, では

▼ 立てたつもり~ (3, 0.2%)

1 でいる, で云った, で説明

▼ 立てたばかり~ (3, 0.2%)

1 でこれ, で落城, 屋根は

▼ 立てた~ (3, 0.2%)

2 膝を 1 脛を

▼ 立てた~ (3, 0.2%)

1 いつた, とまつ, まじまじ相手

▼ 立てた大きい~ (3, 0.2%)

2 花瓶が 1 象牙の

▼ 立てた大きな~ (3, 0.2%)

1 兵営が, 薬戸棚油布張りの, 門の

▼ 立てた~ (3, 0.2%)

1 が麦, に花, は見事

▼ 立てた本人~ (3, 0.2%)

1 が負う, は分っ, も分っ

▼ 立てた~ (3, 0.2%)

1 から棒, の上, の先

▼ 立てた~ (3, 0.2%)

1 な急坂, に森, に聳え

▼ 立てた目的~ (3, 0.2%)

1 であるから, の一半, を自分

▼ 立てた~ (3, 0.2%)

1 が石竹, の真ん中, は唯

▼ 立てた~ (3, 0.2%)

1 の議論, は肩掛, は表

▼ 立てた美しい~ (3, 0.2%)

2 小柄な 1 遊歩道が

▼ 立てた膝頭~ (3, 0.2%)

1 から脛, へ肘, へ額

▼ 立てた~ (3, 0.2%)

1 ありて, がある, をする

▼ 立てた~ (3, 0.2%)

1 が本当に, であるが, を崩そう

▼ 立てた長い~ (3, 0.2%)

1 両膝, 叫びに, 行列が

▼ 立てたきり~ (2, 0.1%)

1 動いて, 曲がらぬよう

▼ 立てたくらい~ (2, 0.1%)

2 であった

▼ 立てただけの~ (2, 0.1%)

1 ことです, 店で

▼ 立てたとも~ (2, 0.1%)

1 いって, なく非常

▼ 立てたのに~ (2, 0.1%)

1 先輩たる, 芽の

▼ 立てたのみ~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 立てた~ (2, 0.1%)

1 嬉しい, 寂しいが

▼ 立てたばかりと~ (2, 0.1%)

1 いうところ, いふところ

▼ 立てたばかりの~ (2, 0.1%)

1 ところぢや, 敵の

▼ 立てたほう~ (2, 0.1%)

1 が, が敗け

▼ 立てたほどの~ (2, 0.1%)

1 気象の, 者で

▼ 立てた~ (2, 0.1%)

1 ふは, へり

▼ 立てたまひ~ (2, 0.1%)

1 し世, ての御

▼ 立てたわけぢ~ (2, 0.1%)

2 やありません

▼ 立てたんで~ (2, 0.1%)

2 せう

▼ 立てた一種~ (2, 0.1%)

1 の籠, の行列

▼ 立てた人間~ (2, 0.1%)

1 がなけれ, というの

▼ 立てた仕事~ (2, 0.1%)

1 である以上, ではない

▼ 立てた以上~ (2, 0.1%)

1 はかならず, は自分

▼ 立てた~ (2, 0.1%)

1 なんざ, の浄土

▼ 立てた出刃庖丁~ (2, 0.1%)

1 が刃, が刃先

▼ 立てた~ (2, 0.1%)

1 の跡, を上げ

▼ 立てた印刷物~ (2, 0.1%)

2 を二千枚

▼ 立てた叫び~ (2, 0.1%)

1 と悲鳴, に応じる

▼ 立てた大船~ (2, 0.1%)

1 の一つ, も急ぎ

▼ 立てた子供~ (2, 0.1%)

1 のやう, もやがて

▼ 立てた小舟~ (2, 0.1%)

1 に乗った, に乘

▼ 立てた~ (2, 0.1%)

1 でこの, のよう

▼ 立てた広い~ (2, 0.1%)

1 草原が, 門の

▼ 立てた~ (2, 0.1%)

1 で懇談, は恰も

▼ 立てた形跡~ (2, 0.1%)

1 がない, はミジン

▼ 立てた方針~ (2, 0.1%)

1 では完成文化魚, として自動車

▼ 立てた~ (2, 0.1%)

1 がさんざん, をぬい

▼ 立てた時分~ (2, 0.1%)

1 には神尾, に新撰組

▼ 立てた時晝間~ (2, 0.1%)

2 仕上げた工事

▼ 立てた書割~ (2, 0.1%)

2 の一部

▼ 立てた本堂~ (2, 0.1%)

1 はバラック, はバラツク

▼ 立てた東人~ (2, 0.1%)

2 とは別

▼ 立てた~ (2, 0.1%)

1 の上, の下

▼ 立てた死骸~ (2, 0.1%)

2 を見せられ

▼ 立てた河原~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ 立てた漁夫~ (2, 0.1%)

1 がなまぼし, が目

▼ 立てた物音~ (2, 0.1%)

1 にはいっこうに, に驚い

▼ 立てた立派~ (2, 0.1%)

1 な宿館, な皿小鉢

▼ 立てた竿~ (2, 0.1%)

1 のさき, の尖端

▼ 立てた紫玉~ (2, 0.1%)

2 をちらりと

▼ 立てた縁側~ (2, 0.1%)

2 の外

▼ 立てた自動車~ (2, 0.1%)

1 やはあれ, や往来人

▼ 立てた~ (2, 0.1%)

1 が江, もある

▼ 立てた~ (2, 0.1%)

1 が幾艘, も眼

▼ 立てた~ (2, 0.1%)

1 は温和, も帛紗

▼ 立てた衝立~ (2, 0.1%)

2 の横

▼ 立てた~ (2, 0.1%)

1 である, なの

▼ 立てた議論~ (2, 0.1%)

1 です, を吐く

▼ 立てた責任~ (2, 0.1%)

1 をすべて自分, を何処

▼ 立てた趣向~ (2, 0.1%)

1 だから, である

▼ 立てた途端~ (2, 0.1%)

1 にわれ, に杖

▼ 立てた連中~ (2, 0.1%)

1 もい, も両手

▼ 立てた遠藤~ (2, 0.1%)

1 という中将, といふ中将

▼ 立てた高い~ (2, 0.1%)

1 柱には, 見地から

▼ 立てた高張~ (2, 0.1%)

1 の明, も人

▼ 立てた~ (2, 0.1%)

1 の切身, を持ち来い

▼ 立てた黒塗~ (2, 0.1%)

1 に台附, の二輪車

▼ 立てた鼠色~ (2, 0.1%)

2 の塀

▼1* [521件]

立てたあげく娘をかつい, 立てたあげく客の前, 立てたあっぱれな忠相, 立てたあとさらにあの, 立てたあゝ嫌だ, 立てたいろいろの小, 立てたいわゆる古代穴居族の, 立てたうす暗い部屋の, 立てたうら若い労働婦人が, 立てたおもな理由, 立てたおれもまた, 立てたお方でございますし, 立てたお湯に入, 立てたお茶なぞ飲ん, 立てたかっていうこと, 立てたかて勝つ見込み, 立てたかに聞いて, 立てたからとて少しも, 立てたがって感応寺の, 立てたきり此座敷に雨戸, 立てたきり空を掴ん, 立てたきれいなお, 立てたけれどわたしは, 立てたこれ等の船, 立てたうである, 立てた為憲は, 立てたしといふ浅木様の, 立てたじだらくな姿, 立てたすなわち日英の, 立てたすると又一疋, 立てたその間にもぐっ, 立てたそれらのこと, 立てたため李典の陣形, 立てただけで天井の, 立てたやない, 立てたってしようがない, 立てた開墾が, 立てたといったところで, 立てたとおりに狂, 立てたとか左衛門尉義盛さまは, 立てたときうしろのベンチ, 立てたとき卑弥呼は反, 立てたとき壁の自分, 立てたとき用人の伊吹大作, 立てたところ流石は後, 立てたところ翁は言下, 立てたとしてもそれらの, 立てたとたん蛾次郎はその, 立てたとてそれが, 立てたなあわしが, 立てたなどと云いまして, 立てたなりで, 立てたなりにすぽん, 立てたのこらずの衣裳, 立てたひざをおろしました, 立てたほの暗い蝋燭の, 立てたぼくの創意, 立てたまたま東京, 立てたまでのことこれで, 立てたまひすなは, 立てたままうしろの人々, 立てたまま一礼もせず, 立てたまま上の方, 立てたまま下を向い, 立てたまま何か黙想, 立てたまま冷然とし, 立てたまま劇場の入口, 立てたまま動きもしなかった, 立てたまま吉之助の顔, 立てたまま平茂のことば, 立てたまま座敷に入っ, 立てたまま知らぬ顔ですまし, 立てたまま窓から外, 立てたまま藤尾を見下した, 立てたまま藤蔓と擦れ, 立てたみこが聖格, 立てた考えが, 立てたもとの新, 立てたものぢや, 立てたもの思い附いたもの, 立てたやつではある, 立てたよりも喜ぶであろうし, 立てたろうそくと古風, 立てた見出した, 立てたエリザベス女皇, 立てたガチリと云う, 立てたクリームを少し, 立てたコン吉とタヌ, 立てたズボンと新しい, 立てたデストゥパーゴが三四人, 立てたドイツ社會主義も暫く, 立てたドクトルみたいなかっこう, 立てたバルコン式の台上, 立てたプラターンの幹, 立てたプランは備中, 立てたペンキ画の背景, 立てたポスターなぞは最も, 立てたマリア聖月の御堂, 立てたミウーソフさんですよ, 立てたヨロヨロのバラック, 立てたランチが来, 立てたレインコートのまんま, 立てたローソクがもえ, 立てたヴェリチャーニノフの姿, 立てた一か月分の予算, 立てた一ツ橋家の新手, 立てた一台の自動車, 立てた一団が花壇, 立てた一国の使者, 立てた一城の主人, 立てた一文も誰か, 立てた一流だが, 立てた一群の息子たち, 立てた一艘が秀吉殿, 立てた一隊が入っ, 立てた一頭が耳, 立てたの間, 立てた三四隻の速, 立てた三尺四方ほどの堂, 立てた上千年杉の梢, 立てた上句お勢, 立てた上妻から夫, 立てたに座, 立てた両側の民家, 立てた両方の膝, 立てた並みはずれ, 立てたで喚き罵つた, 立てた中仕切へ鈴, 立てた丸太のてっぺん, 立てたの素性, 立てた主人公がこの, 立てた主義かねえ, 立てた予定のこ, 立てた予算は当局者以外, 立てた事件の簡単, 立てた事情を展開, 立てた二十三日の日, 立てた二挺の乗物, 立てた二本のろうそく, 立てた二枚屏風を押しやる, 立てた二階に上がり込む, 立てた五六本は一点, 立てた亜刺比亜煙管を通して外部, 立てた人たちと同じ, 立てた人猿どもが私達, 立てた人生観などそのまま, 立てた人達だけで, 立てた仏教の組織, 立てた仏蘭西歩兵の一隊, 立てた仔細を胡散臭く, 立てた仙鶴という舞妓, 立てた仮説ならその, 立てたは第, 立てた会社の所有, 立てたであった, 立てたの文句, 立てた俄作りの掘, 立てたに乘揃つて, 立てたがこんな, 立てた偉功あるに, 立てた偉勲さえなんだか, 立てたに向日葵, 立てたがパサリ, 立てたの周圍, 立てた傷ぢやねえ, 立てたの特徴, 立てたである, 立てた允子の姿, 立てた先生等の中, 立てた先端にニッケル製, 立てた先頭の自動車, 立てた光明院の朝廷, 立てた兩手をそこ, 立てた八人の壮士, 立てた六七吋ばかりの高, 立てた六本の蝋燭等, 立てた六枚屏風の裾, 立てた其上は手, 立てた其処には一幅, 立てた写真師が日本, 立てた几帳の前, 立てた出先の用事, 立てた制度が久しく, 立てた創底左肺に達する, 立てた勢いでブーン, 立てた北朝の天子, 立てた医学校で寛政三年, 立てた医者も後, 立てた十隻の日本, 立てた卓子を囲ん, 立てた南米エクアドルにはその, 立てた危げな恰好, 立てたは四日, 立てた厳重な二本, 立てた反動運動もこれ, 立てた口調になつて, 立てた同勢五十七名瘤でら裏, 立てたを取り消す, 立てた和洋人の黒服, 立てた和田呂宋兵衛はいか, 立てた和算家の間, 立てた和船が静か, 立てた品ぢや, 立てた哲學者はある, 立てた商会がインド, 立てた問題は単に, 立てた喧嘩鶏のよう, 立てた四五人が馳, 立てた四人の一行, 立てた四十人余りの白衣, 立てた四角い地面を, 立てたで, 立てた地面の中, 立てた坊さんが物々しく, 立てた堀堤が崩れまし, 立てた堅い決心を, 立てたの舎監, 立てた外套にくるまっ, 立てた太刀が, 立てた大型のバス, 立てた大声が耳, 立てた大胆な仮説, 立てた奥山の榊, 立てた奥州船ばかりで, 立てた女児の群, 立てた女竹の一本, 立てたが居る, 立てた奴国の軍隊, 立てた如くに直立, 立てた委員総代候補者連のあと, 立てた姿が雨, 立てた姿勢で坐り, 立てた姿見に頬, 立てた娘たちの父親, 立てた子供連にまじっ, 立てた学問の概念生活, 立てた学界の定説, 立てた宗八が帰っ, 立てた家人景久とやらいう, 立てた寂しい兵列が, 立てたに眞理, 立てた寧夏城は鐵石, 立てた寺院すらあるなり, 立てた対市競技だから, 立てた旗が, 立てた小家の一間, 立てた少壮な学者, 立てた少女みたいな口ぶり, 立てた尻尾短い脚, 立てた尾張の家中, 立てた山桜の美しく, 立てた岳樺の小, 立てたから見る見る, 立てた工合は曲者, 立てた左文がただ, 立てた帆船のマスト, 立てた師匠のお, 立てたも引っこ抜い, 立てた平次七平の頑固, 立てた床屋の耳掃除, 立てたに鎮座, 立てたい門, 立てた建物が混み合っ, 立てた弁信が首, 立てた弓隊が一斉, 立てた当局者を始め, 立てた彼等の出立当時, 立てた後利己心の一見道理, 立てた従者が佇ん, 立てた嫡子では, 立てた微かな干割れ, 立てた忠利の身の上, 立てた恩賞には殿, 立てた恰好でゆっくり, 立てた悟空はいきなり, 立てた悲鳴だつた, 立てたとも憎しみ, 立てた慶長年代以来の古い, 立てた懐中電燈の光り, 立てた懐鏡の蓋, 立てた成算を打壊され, 立てたえらい人, 立てた戦功を吹聴, 立てたで長き, 立てた所謂かけづくり, 立てた手柄まで上, 立てた手燭を売る, 立てた折確とわし, 立てた抽斗つきの箱, 立てた拔身の脇差, 立てた持明院統の光厳天皇, 立てた挙動の跡, 立てた挙句水原紀代子に関する二, 立てた振舞いは大胆, 立てた挿花や壁間, 立てた掲示板の文字, 立てた揚句歩いて, 立てた揚句水原紀代子に関する二三, 立てた支那の旗, 立てた政府の官吏減俸案, 立てた政治の根本方策, 立てた故に性惡論と, 立てた故智に習うべし, 立てた救護隊も交じっ, 立てた敬義学校の後身, 立てた数多い叉木で, 立てた料理の鉢, 立てた聞貼の, 立てた新鮮な飛鳥, 立てた方程式は生産, 立てた旌旗が午, 立てたの晩方, 立てた明るい広間の, 立てた時大阪も父, 立てた時居士女極めて渇仰, 立てた時彼は玄関, 立てた時後ろから与八, 立てた時梵種一人とヅサード族, 立てた時署長は思った, 立てた時聖貧の徳, 立てた時鈴江は居間, 立てた普通の場合, 立てた暫時は空, 立てた曲事だろう, 立てた最初の生活記録, 立てた木立が置い, 立てたの杖, 立てたの心, 立てた板敷の床, 立てた柳屋のも難, 立てた根本仮定から出発, 立てた格子戸二枚は新しい, 立てたは数千人, 立てた棍棒のよう, 立てた棒杭みたよう, 立てた楽音に誘われ, 立てた榜杭のこと, 立てたがある, 立てた標準に法っ, 立てた橿原の高御座, 立てた次第です, 立てたの家, 立てた此小家は只二間, 立てた段鹿の子の浅黄, 立てた気色もなく, 立てた気配もない, 立てた汚物をでも, 立てた江戸幕府はその, 立てた汽船会社の待合所, 立てたである, 立てた法然は押し返し, 立てたが消え, 立てた洋装の女, 立てた洗濯屋の店, 立てたが一面, 立てたに眞先, 立てた漁船みたいな潜航艇, 立てた潮流が小さな, 立てた激流を見る, 立てた瀟洒とした, 立てた然し昔の, 立てた煉瓦色の市街, 立てた燭台には真白, 立てた爲めに天南, 立てた牡鶏のよう, 立てた見れば, 立てたのよう, 立てた獰猛な西蔵犬, 立てた固の, 立てた理論であつ, 立てた理髪店がある, 立てた若い坊さん, 立てた生活をする, 立てた田中君が洋銀, 立てただ, 立てたのこえ, 立てたつた者を, 立てた発起人たちの生活, 立てた白い夕靄から, 立てた白馬は棹立ち, 立てた百人ばかりの騎兵隊, 立てた皮つきのま, 立てた目印のあたり, 立てた目標がある, 立てたですが, 立てた省三がベッド, 立てた真実の目的, 立てた砂煙の中, 立てたの旅館, 立てたに泰, 立てた碑文に或は, 立てた社稷を毀し, 立てた祖先がなる, 立てた祖父は怖, 立てた禁呪ぢやない, 立てた秋蚕を棄てた, 立てた世にも雄大, 立てた程度の装飾, 立てたなん, 立てた笑いがいつ, 立てた一の, 立てたがうごい, 立てたであった, 立てたは先づ間違, 立てた策戦は第, 立てた策戦計画を見, 立てた範疇のつもり, 立てたはお, 立てた精神は官吏, 立てたは大変, 立てた結果札付きの不良少年三十名, 立てた絶壁は世, 立てた緑色の汁, 立てた線香はまだ, 立てたのひだ, 立てた翌朝なので, 立てた老女のある, 立てた老松を思い浮べます, 立てた考え深いところ, 立てたへ不意, 立てた肉置もむつちり, 立てたとで彼女, 立てた胡弓を弾い, 立てた胴巻を出し, 立てたの肘, 立てた自然石の大きな, 立てたに廊下, 立てた船頭の声, 立てた芝居小屋の前, 立てた花嫁の初, 立てた花竿が傘, 立てた若い後家でも, 立てたも舷, 立てた英国の文化史上, 立てた茶の湯の流行, 立てた菓子屋の店, 立てた葬列は長々, 立てた白んだ顔, 立てた薄暗い蝋燭の, 立てた薄茶を飮, 立てた薄茶捨るなどとは, 立てたで無益, 立てた蛇形の陣, 立てたの居る, 立てた蝙蝠傘を支え, 立てたもあり, 立てた血気盛んなる数千, 立てた行燈の灯, 立てた表紙のぼろぼろ, 立てた裸蝋燭を入口, 立てたが軟かく, 立てた西洋人がいた, 立てた西洋泥棒みたいな風体, 立てたとおし, 立てた見積りが反抗的, 立てた見解だが, 立てた計画はいつ, 立てた計略に従った, 立てた計算のもと, 立てたりの, 立てた評判は折助以上, 立てたを考えれ, 立てたを力, 立てたで両ながら, 立てたはその, 立てた芸術概念天才の, 立てた諸家の云, 立てた警察隊がこの, 立てた貸元もありました, 立てた赤地に白く, 立てた起重機が鉄, 立てたが大股, 立てた路標の石, 立てたも幾台, 立てたぜい, 立てた軍艦が来た, 立てた舸が, 立てた近衛兵の一隊, 立てた遂に係の, 立てた部屋の内, 立てた酔眼の棟梁, 立てた重要な三点, 立てた金兵衛半蔵の父吉左衛門, 立てた金壁に気, 立てた釣台も来, 立てた鈍い水音を, 立てた鈴木重成の人物, 立てた銀簪は鷹, 立てたの金具, 立てた銅盥の輝き, 立てた鋸岳や黒岳, 立てた錦木はもう, 立てたに映っ, 立てた鏡台に鬘下地, 立てた門弟三千人と註, 立てた門松も外し, 立てた関係式ができ, 立てた関所であるはず, 立てたに燈台, 立てたの中, 立てた雲雀がちょろちょろ, 立てた非常に気味, 立てたは巨大, 立てた音声の最後, 立てたには短, 立てた頗る無恰好, 立てたが円い, 立てた頭髪や人工的, 立てたのあたり, 立てたを八五郎, 立てたを神, 立てたは死者, 立てた風呂に氣, 立てた饂飩の鉢, 立てた騎馬の市民, 立てたの跡, 立てたの群, 立てたのよう, 立てた黒い人の, 立てた黒猫のよう, 立てた黒蟻それに最初