青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「眞~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

相違~ 省~ ~眉 眉~ ~看板 看板~ 看護~ ~看護婦 県~ ~眞
眞~
~真 真~ ~真に 真に~ ~真中 真中~ ~真似 真似~ ~真剣 真剣~

「眞~」 8410, 87ppm, 1276位

▼ 眞面目~ (581, 6.9%)

64 な顏 10 になつて 9 になり 7 なもの 6 になつ, に言 5 くさつて, な態度, な話, に, に聽 4 なの, なりと, な人, にお, に働い, に問

3 [17件] くさつた顏, である, でそして, な, なこと, なのに, なん, な人間, になりました, にやつ, に相手, に私, に答, に考へる, に聞い, に話し, 腐つた顏

2 [41件] だ, だから, だが, であ, であると, であるなら, であれば, でございますから, でゐ, で云, で居る, で言, なるを, な事, な劇, な方, な要素, な調子, な青年, な顏つき, な顏付, な風格, にいふ, にこの, にこんな, につと, になる, に勉強, に受け, に成り, に眉, に眞實, に老成, に考へ, に考へた, に考慮, に耳, に謙遜, の趣, 腐つた微笑, 腐つて

1 [297件] あり彼, かのやう, があり過ぎる, がある, がつて, がほ, がる興味, くさつたお, くさつた微笑, くさつてる, くさつて云, くさつて云つた, くさつて微笑, くさつて愛相, くさつて考, くさつて顎, さうな表情, さうな顏つき, だと, だよ, だ少し, であつ, でありたい要求, であるか, であること, であるに, であるほど, である程度, でいつた, ですが, でそんな, でない人, でない所, でない樣相, でなかりし間, ではなかつた, でひどく, でみんな嚴肅, でもなかつた, でやれ, で仰, で少し, で持ち込んだ, で暗誦, で書く, で氣, で演じられる, で答, で聞く, で見た, で親切, で言っ, とが物質的, と冗談, と呼ぶ, と巫山戲, と親切, なお前, なお百姓, なしつかりしたスタデイ, なので, ならざるを, ならしめ今, ならしめ又, ならん事, なりや, なるおも, なる一家, なる人々, なる作品, なる努力, なる思慮, なる憂慮, なる最, なる極めて, なる榮譽, なる處, なる詞, なる語, な上面, な不, な不思議, な事件, な事實, な仕事, な作, な修養, な儒者, な兩, な共同仕事, な動機, な勤め振り, な反省, な口, な口調, な喫茶店, な外觀, な如何にも, な婦人, な子供, な家業, な心, な心持, な忙しい, な性分, な性格, な意味, な意義, な意見, な愛, な憤怒, な手際, な文體, な時, な書物, な樣子, な樣相, な氣, な氣持, な注意, な活動, な熊度, な物憂い, な物狂ほしさ, な生活, な男, な男らし, な町人, な眞劍, な眼, な積極的, な究理心, な笑顏, な者, な者達, な職人, な興味, な藝術家, な行書, な表情, な試み, な詩人ら, な讀者, な軌道, な輕佻, な邦人, な險, な靜, にいきり立つた, にかういはれる, にこれ, にさせられる, にした, にしつ, にする, にその, にそれ, にたしなめた, につき種々, にです, にとり, になつた, になつて其光, になつて愛ちやん, になつて憤慨, になつて氷峰, になつて當時, になつて答, になつて行, になつて言つた事, にならず, になります, になり得ざる, になれ, にはなれる, には出, にも自分, にやらう, にやります, にやる, にピアノ, に不足, に之, に云, に云つて, に他人, に信ぜられた, に修養, に僕, に其の, に出られる, に勸め, に反, に反駁, に取次い, に取消す, に受答, に受驗, に叱り付けたかつた, に向き合せる, に呟いた, に問題, に回顧, に天子, に夫婦, に女性, に學問, に學校, に宗助, に寢よう, に尋ねた, に對質, に幾多, に引緊つて, に引締つて, に弟子, に張る, に彼, に微笑, に心配, に忠告, に怒つ, に思, に思ひ出した, に悦, に憤慨, に政黨, に文學, に書道, に構, に此, に治療, に滿洲, に熟考, に熱心, に申開き, に相談, に眞言, に確かめよう, に私たち, に細君, に結婚生活, に繰り返し繰り返し, に考, に考える, に考へなけれ, に考へよう, に考へられ, に考へられた, に腑, に腹, に色, に芝居, に藝術, に表面, に言った, に言つて, に訊いた, に話さう, に認め, に認められ, に論ずべき, に論ずる, に謂ツ, に議論, に踊り出す, に返つ, に道教, に震慄, に頼み事, に顏, に黄禍, のかげ, のそば, の人物, の僧侶, の問題, の學者, の氣取つた熊度, の涙, の語, の論説, の返電, は今, は危急, よ, らしく人, らしく取りつぐを, を以てこの, を叫ん, 腐つて田舍, 腐つて眉毛, 腐つて答, 臭くなり, 過ぎたくらゐで, 過ぎるやう, 過ぎる位

▼ 眞~ (579, 6.9%)

7 姿を 5 愛の 4 原因は, 意味の, 政府黨を 3 人間に, 人間の, 姿は, 局面展開を, 幸を, 幸福で, 意味は, 懷疑は, 都の

2 [40件] インテリとしての, デモクラシーを, 信仰, 信仰を, 光より, 力は, 原因を, 天才である, 姿と, 完全に, 局面展開未だ, 希望を, 幸と, 幸に, 幸福を, 懷疑では, 懷疑家は, 批評は, 教育の, 昏睡時の, 有限性を, 比丘と, 永遠の, 永遠性は, 消息を, 深さ, 爲の, 父は, 現實, 生活に, 生活も, 知識は, 腕ッこで, 自由, 自由と, 藝術は, 處何とも, 認識は, 闇に, 靈の

1 [448件] えらい人間, おとづれ人は, ながめ漸く, ますらを, ものそして, よいもの, キリスト教として, デモクラシーの, ベルナルドオなりや, リアリズムの, リアリズムは, リアリズムを, レアリスムが, レアリティは, ロマンチツクの, ローマ人の, 一時の, 一轉瞬の, 上品といふ, 上品の, 下手人でない, 下手人なら, 不死性は, 世界性を, 中に, 中の, 中心に, 中心を, 主人公と, 主張に, 主權者, 主觀性, 事を, 事實を, 二字で, 些と, 享受は, 人か, 人なり, 人を, 人倫的共同へと, 人生や, 人生味が, 人生味は, 人間である, 人間を, 作者, 作者即ち, 使命は, 信仰である, 信仰によるが, 信仰の, 信仰は, 個人と, 個想を, 偉人である, 傑作を, 像の, 價は, 價値が, 價値で, 兄弟も, 光は, 光を, 光眞の, 全貌は, 共同に, 共同へと, 共同從つて眞の, 共榮圈, 其の時, 其徒でない, 冒險は, 利劔を以て, 利益と, 劔を, 力に, 力の, 努力勇氣奮鬪誠實戀と, 勇氣と, 勇氣眞の, 勝つに, 勢が, 化物と, 化物といふ, 千分一にも, 卓見なり, 博物館の, 原因とお, 原因としては, 原因に, 原因また, 友達に, 名は, 名歌, 君主が, 味を, 哺乳類で, 喜劇家である, 四足類で, 困難は, 國家と, 地, 地の, 外に, 大乘思想, 大詩人, 天堂にて, 天才といふ, 奧底から, 好いもの, 好人物で, 如くならず, 如意を, 妙相を, 姿それの, 姿つまり, 孔墨と, 存在, 存在それの, 存在の, 存在を, 存在存在の, 學問の, 學習が, 學者とか, 學術の, 學風を, 安心は, 安穩, 宗教が, 宣明のみ, 寂默なれ, 實, 實あらむ, 實在者の, 實費で, 實際に, 實際主義を, 審判官で, 專制者であれ, 專門學者が, 導者の, 小説といふ, 小説を, 展開は, 希望と, 希望は, 平分は, 平和が, 平和と, 平和的理想に, 平和的理想を, 平民即ち, 幸の, 幸福が, 幸福である, 幸福な, 幸福の, 幸福は, 弟の, 弟子であるだらう, 張る氣, 強味では, 心を, 心をば, 思惟の, 思想は, 思想も, 思想家は, 性質を, 悔, 悔に, 悟りを, 悲劇家は, 意味が, 意味だ, 意味での, 意味に, 意味における, 意味を, 意義それの, 意義を, 愚である, 愛これより, 愛でこの, 愛とは, 愛なき, 愛を, 愛光を, 愛情などを, 愛情より, 感情は, 慈善家は, 懷疑でなく, 成女と, 成年式によ, 我身と, 批評と, 批評家は, 批評的精神は, 政府黨たる, 政府黨なき, 政府黨に, 政治家は, 故郷をも, 效力は, 教育は, 教育を, 教育者といふ, 文化の, 文化的思想的に, 文學的本質によ, 文明ぢや, 文明といふ, 文章家の, 方法, 方法では, 日本の, 日本を, 日本人が, 日本人に, 日本文化が, 日本流は, 日本的な, 星宿, 星宿と, 春と, 時間そのものを, 智な, 智の, 智は, 智はた, 智者は, 智識と, 暗になりました, 暴とは, 暴に, 最上士, 有限性であり, 有限性と, 有限性において, 有限性の, 有限性へ, 有限性本質において, 望みに, 未來では, 李惡しき實に, 橋立が, 歌である, 此國根生ひと所謂高天原傳來との, 武士の, 武者修業では, 歴史つまり, 歴史との, 歴史の, 民, 民主生活が, 民己が, 氣品を, 水上瀧太郎の, 水上瀧太郎は, 永遠は, 江戸氣質などは, 法廷, 法廷願はくは, 活, 流通活溌であるべき, 深い藝術家, 源なる, 潮の, 無限性が, 無限性に, 爲に, 父である, 父とも, 父親, 牧者に, 物に, 物を, 犯罪者は, 状態といふ, 状態を, 猫の, 獨立と, 王國の, 理に, 理由で, 理解に, 生きが, 生に, 生命である, 生命なる, 生命の, 生命を, 生活ある, 生活が, 生活を, 生活力とは, 用なら, 田舍者な, 男と, 病原たる, 發露で, 目的が, 目的は, 目録である, 目録學即ち, 相が, 相貌を, 相連, 眞劍さを, 眠を, 知識である, 知識を, 知識欲とは, 研究心眞の, 礎, 礎を, 社會主義および, 社會主義者, 祖宗では, 神の, 神を, 福の, 福を, 科學者は, 秩序では, 童話精神を, 筆に, 筆の, 精神病者と, 精神的愉悦を, 糧なれ, 素肌は, 細い乏しい提灯, 細胞では, 絶筆である, 經過である, 緞子は, 羊の, 美の, 美人よりも, 美術家の, 老年に, 聖意は, 肉とともに, 肉なり, 背光が, 胎盤類である, 自分を, 自我が, 自治が, 自然が, 自由が, 自由で, 自由は, 自由を, 自由眞の, 良友あり, 花の, 苦しみを, 苦勞を, 著述で, 藝術と, 藝術との, 藝術家である, 處は, 處を, 處女作と, 親も, 親切よりの, 親馬鹿といふ, 觀念との, 解決を, 言に, 言善き, 言明だけ, 言葉か, 評價は, 詞に, 詩は, 詩人たら, 詩人でない如く, 詩人の, 詩人出づることあらん, 語原でも, 誤謬である, 説明者と, 謀叛者に, 證人に, 讀書においては, 讚美, 讚美よ, 豪傑とは, 豪傑也, 豪族數千家を, 貞操だ, 貧乏の, 貴人の, 賓客と, 起原を, 超現實主義, 路を, 蹂躙に, 身體骨肉に, 軍監として, 辮髮の, 返りこと, 逆境とは, 途も, 遊戲文學でない, 道たるに, 道と, 道として, 道に, 道家の, 道徳眞の, 道理を, 道眞の, 遺書と, 郷土なる, 都, 金でも, 鏡, 閃よ, 闇, 闇で, 闇兩手を, 闇暗, 靈なり, 青鷹, 靜なる, 非存在, 面影では, 面白さ, 音樂を, 顏を, 類型とは, 飛鳥の, 食味を, 驚きでは, 骨子たる, 骨組だけを, 高翔せる, 鬼が, 黄金期が, 黨紀振

▼ 眞~ (520, 6.2%)

132 直ぐに 39 暗な 35 黒な 28 先に 18 暗で, 赤に 16 逆樣 12 白な 11 赤な 10 蒼にな 9 蒼に, 黒に 8 向から, 最中でした 7 暗だ 6 暗です, 黒にな 5 先き, 平御免, 蒼な 4 暗, 最中に, 正面から, 蒼です, 赤にな 3 すぐに, 向に, 暗にな, 暗になる, 最中です, 白に, 直ぐか, 紅な, 裸の, 黒で

2 [11件] 二つ, 暗でした, 暗なん, 最中で, 白だ, 盛りだ, 直ぐな, 紅に, 蒼, 闇な, 黒だ

1 [61件] 下に, 倒樣に, 只中に, 向からの, 向微塵, 唯中, 唯中に, 唯中を, 唯中家の, 四角な, 平だ, 平御面, 晝間で, 晝間の, 暗いつも, 暗ぢ, 暗でございます, 暗になつ, 暗になります, 暗平次, 暗闇の, 最中, 最中いきなりドカン, 最中だ, 最中ぢや, 最中といつても, 最中下座の, 最中忘れ, 最中昨夜若旦那の, 最中至つて粗末な, 最中血潮と, 正直な, 正直らし, 當な, 當に, 白, 白だつた, 白にな, 盛りだつた, 盛りの, 直ぐお, 直ぐだつたか, 直ぐでなく, 直ぐの, 直ぐ歸つた, 直ぐ白状, 直ぐ突, 直に横, 直に降る, 紅で, 蒼い苦しさ, 裸を, 赤さ, 赤だ, 赧にな, 青い雨上り, 青で, 黒, 黒です, 黒なら, 黒焦げに

▼ 眞~ (453, 5.4%)

9 である 7 なもの 6 です 5 だ, だと 4 に, に近い, の下手人, の事, の愛, の處, を言 3 がある, であつ, であること, なの, なるもの, のこと, の存在, の目的, の親, を語る

2 [32件] であらう, であると, であるならば, では, といふもの, とをわたし, なる材料, にある, により, に生きよ, に生きよう, に私, に近けれ, のある, のお母さん, のため, のなる, のやう, の他者, の共同, の娘, の子, の幸福, の愛情, の手, の道, やり切れぬ孃さま, を云, を感じ, を捉, を書かう, を視る

1 [299件] あらしめんため, あるが, かさて, かと見上ぐる, から愛した, から生れ, か嘘, か狷之介殿, か知らない, か間違, がありのまま, がいかに, がお前, がこもつ, がない, がひとつ, がほ, が何樣, が愛, しかも赤裸々無遠慮, しや, すぎるほど, そんな人, ただ一つ, だつたの, だつた言葉, だとは, だらうか, だらうな, で, であなた, であり神, であるか, であるとは, であるの, である光, である其代り古人, である廉, である限り, でご, でした, ですか, ですとは, ですよ, でせう, ででも, でないといふ, でなく現, で幾何學, で溺愛, で無い心持, で物理學, で甘美, というもの, といふ屬性, として私, として請取, とそして, となつ, とは大分距離, とを以て建設的, とを具, とを立證, とを缺, と悲壯, と熱情, と見ゆる, と言う, と違い, なこと, なところが, などは彼女, なのに, ならざる色彩, ならざる面, ならずと, ならば, ならんこと, なら私, なり公明, なる事實, なる子供, なる思想, なる猫, なる生ける走るところ, なる藝術, なライフ, な先生, な天性, な寛大, な彼藥種屋, な愛, な愛惜, な憐, な批評, な最も, な本性, な活, な産聲, な聲, な通譯者, な顏, な飛びつくやう, にあの, にあらず, にかつて, にきり, にこの, にさう, にし, にしない, にその, にそんな, につかう, にはなさるまい, には人間, には働かず, によるの, に何年ぶり, に信ずるなら, に克服, に到達, に劣り優り, に吾人, に善い, に困つち, に坊樣, に基づく, に外聞, に子ども, に存在, に幸福, に心, に心配, に思ふなら, に惡, に感知, に成つて來, に方々, に歸, に母, に求むる, に汝ア, に泉先生, に滿, に生きる, に神, に笑, に答, に純, に美くし, に聞える, に薄情, に觸, に起つた, に適應, に酒好き, に醉, に面する, に響く, に頭, に餘, に體驗, のこもる, のす, のところ, のない, のもう, の一片, の上, の人生, の人間, の他者性, の兄弟, の前, の創作, の力倆, の努力, の千之助, の原因, の問題, の喜びにまでなつてゐないと云, の太陽, の姉妹, の姉妹ぢ, の姉樣, の思想, の意味, の感謝, の手本, の放逸, の旅行, の書類, の核, の梅子さん, の母, の父, の玉座, の生命, の生活, の直視, の祈, の祖母樣, の神, の聟, の自分, の自白, の藝術, の處一日, の血筋, の行爲, の親子兄弟, の覺醒, の記述, の證據, の通讀, の連枝, の道徳, の酒, の青春, の革命階級, は, はこれ, はない, は不義, は今, は保證, は凡て, は實體, は死, は永劫, は汚れない, は深く, は燐, は私, は金, まだ本, も僞, も思ひ, やら何やら, らしい, らしい姿, らしく思はれる程無理, らしく相手, をいへ, をこめた, をそこ, をつくりだす, をば彼自身, をば未だ, をもつ, をもつた, を今日, を以て彼女, を信じ, を信じさせられ, を信じない, を信ずる, を否む, を含んだ, を味, を嘲笑, を妻, を委細, を學び得る, を守らう, を害する, を引き出す, を愛する, を承認, を探り, を描かう, を書き込む, を正しく, を正確, を求める, を理解, を疑ひ, を知らせる, を知る, を缺, を表現, を裏切る, を見よう, を見る, を語つたの, を語らう, を語りたる, を追求, を離れた, 全く陰謀, 即ち正しく, 困るところ, 嬉しくて, 情ない事, 死ぬの, 純粹, 若しくは虚僞, 見て

▼ 眞~ (434, 5.2%)

104 をし 49 をする 35 をした 8 は出 7 が出 5 をしよう, をやつ, 事を 4 なんかし, も出 3 が上手, てゐる, はし, までし, 事で

2 [18件] が入ります, だけは決して, て, て作つた, て見ろ, なんかした, の出來, は到底, ばかりし, を, をしたく, をしたら, をしてる, をしました, をもつ, 事が, 事に, 榮喜が

1 [157件] か温順, があたし, がしきれなかつた, がしたい, ができない, くらゐ, たりした, だい, だけ, だけで, だけでもさせ, だけの理解, つきで, ておん身, てから土佐日記等, てそれ, てはとぼ, てもそれ, てもでき, てもよい, ても朝がけ, てわれ, てゐ, てキヨロ, て其以外, て内容, て右, て大, て子供, て寫眞, て居た, て居る, て笑, て聞かせた, て自分, て興じた, て見, て見た, て見る, て賑, て銀座, ではなかつた, でもし, で其處, で字, で揶揄, で窓, で竹, で見せた, で通ずる, で遊び, で食, とも受け取れた, と何方, と聾, ながらくっ, ながらげらげら, などの意味, などは堂, などは思ひ, などをし, などをした, などを主として, なんかしあがつ, なんかしよう, なんかする, なんかやり付け, にいつた, になる, に堪能, に就い, に猿, に精, の, のやう, の如き, の流行沙汰, の烏, の造り聲, の道化, はあの, はありません, はさせたくなかつた, はしない, はしないだらう, はする, はよせ, は一寸出來, は大, は得手ぢ, は案山子, は止めろ, は氣, は眼, は簡易, は結局眞, は致しません, は若い, は誰, は迚, ばかりする, ばかりもし, ばなしに, びは, までした, もした, もしたくない, もするだらう, もやりかねない, も働いた, も手傳, も非人, やたわけ, や三河屋, をされた, をしたがる, をしだした, をしてやらう, をしとる, をしない, をしないだらう, をしなけれ, をし得る, をすり, をするで, をすれ, をせざる, をなさる, をなし, をなした, をなす, をやり, を何, を加, を奴, を子供, を悔いなかつた, を止し, を爲, を看板, を致しました, 事さ, 事でも, 事の, 事も, 出來る, 女房も, 小唄一人芝居から, 師だ, 法言は, 演てら, 無教育, 糞は, 聲色の, 言を, 許り, 足眞似

▼ 眞~ (430, 5.1%)

11 して 7 存在する 3 うけて, 受けて, 幸福に, 愛するもの, 是れ, 考へたこと, 自己の, 自由な

2 [20件] われ汝等に, 人を, 危機一髮の, 受ける奴, 孤獨な, 學問として, 張る氣, 成つて聞かれる, 政黨を, 旅を, 日本の, 氣の, 然り, 生活を, 福を, 罪ある, 能く, 自分の, 與かる, 迫って

1 [348件] あらざること, あらずして, いきいきした, いそ, いは, うらやましい, せえ, せよ僞, その土地, その爲人, その罪惡, その自由, それに, それの, むかひて, めざましいもの, もとづき眞, よい思ひ, イギリスに, イギリス人らしく, イソイソと, コロポックルが, ジョヴァンナ, トボトボと, トボトボ家路へ, ドイツの, フェリーチェかれ, 一個の, 一夢の, 一片の, 一瑣事で, 一瞬の, 一足飛びに, 一陣の, 上を, 不快な, 不思議な, 不自然な, 世を, 世界の, 世話し, 世道人心の, 主義政見を, 主觀的, 之れ, 乘り越える, 京都的の, 人をわ, 人間が, 仁心を以て, 伎倆ある, 伴れ, 侮蔑に, 便宜上の, 信ずること, 信仰ある, 個想なかりし, 偉人を, 偉大なる, 傳へんと, 價値の, 克服し得る, 兒童の, 兩, 其人の, 其罪あり, 内在的に, 凛たる, 刮目に, 創造的な, 創造的貢獻を, 力一ぱいに, 努めつづけた, 勇敢に, 北方に, 危險な, 即く, 又嚴密, 又完, 受くべき, 受けたらしい樣子, 受けちゃ, 受けては, 受けないで, 受けられないから, 受けられると, 受けるな, 受けるやう, 受ける樣子, 可憐である, 右から, 合理的に, 同心一體肝, 同情を, 名人たる, 名譽心, 味はれる, 味得する, 咄, 哲學的な, 唐の, 啓蒙的である, 善し, 嘗めるやう, 嚴肅なる, 四民平等の, 困つちま, 國民の, 在るところ, 大ならしめ, 大事で, 大師の, 大衆の, 大阪で, 天に, 天下の, 天下を, 天下劃一の, 奇遇さ, 妄人癡物と, 妙な, 妙作用ある張る, 存する所, 孤獨に, 學問的な, 學思を, 完全な, 宙を, 寄す, 實在者であるなら, 實在者として, 實現すべき, 寺院の, 尼御前に, 左樣である, 己が, 希代の, 平和な, 幸福で, 幸福な, 彼は, 彼れ, 彼を, 彼自身にな, 待つもの, 後悔致しまする, 徐々として, 御自身, 微妙な, 徳川氏の, 徹底した, 徹底せる, 心からなる, 必死の, 忘れたるを, 忠實なる, 怒ること, 思ひおくところ, 悉く濫造, 悔悟し, 患者を, 悲哀の, 情の, 惡魔を, 想見に, 愛すべきもの, 愛すること, 感じたこと, 感服せし, 感激の, 憂ふべきこと, 憐むべきものが, 懷疑の, 成つて眞顏で, 成功し, 我々の, 我國の, 我心の, 所謂運命と, 手嚴しく, 批評的に, 技術である, 拔足差足といふ, 支那人が, 效能が, 救國の, 敬愛すべき, 文化の, 文學を, 新しい創作劇, 新しい生活, 新しと, 新時代, 斷腸の, 於ける熟女眞, 既に死したる, 日支の, 時そのものに, 更に明證的, 書籍の, 最上の, 有効な, 有難いこと, 朝から, 本質的に, 松島を, 根本的に, 歌なり, 歌は, 歎くべく憾むべき, 正しいもの, 正氣, 死せずして, 死に得た時, 氣に, 求めるもの, 決する爲, 法則と, 泣くと, 深いとは, 深いの, 深く眠つ, 渇くん, 滑稽で, 滿足させ, 無智, 無限な, 然う, 然るべきこと, 爆發する, 爲樣が, 父子同, 物を, 物體そのものの, 狂する, 狗尾を, 猿の, 獨立濶歩の, 王樣が, 現實的, 理解しよう, 理解し始め, 理解せらる, 生かし得なかつたの, 生きたりと, 生くる, 生命の, 生死を, 生甲斐の, 用が, 男を, 町人の, 畫を, 痛快極, 百世稀に, 皇室の, 目ざましい發展, 相濟, 眞摯である, 眞理を, 眞面目である, 眠つてる, 知つ, 知つてゐる, 知り得ざるもの, 社會的な, 祈祷する, 祖國の, 神を, 私に, 秋だ, 穩健な, 精神的な, 純粹, 紙一重の, 素晴らしく態度, 經驗する, 縛を, 美しい部分, 考證の, 耐震家屋について, 聞き甲斐, 肝膽, 自ら招かざる, 自分を, 自己自身を, 自然の, 自由なる, 自由に, 自由黨の, 自覺, 興味ある, 華族を, 落葉を, 藝術たらしめる, 虫の, 行はれ, 表現的な, 親しむところ, 觀天喜地の, 觸れ, 言文一致の, 言語に, 詩を, 話の, 誇るに, 認識主觀と, 赤裸々そのものである, 趣味生活の, 身に, 身を以て, 辛らき, 農民の, 迂闊なりや, 近いもの, 近いよく, 近い贋物, 近くと, 迫ったありあり, 迫った聲, 迫つたものが, 迫つてゐる, 迫つて偶然事實と, 進みて, 逼つた支那の, 逼り, 逼れ, 過去の, 達すれば, 遙かに, 遠い所, 遠ざかるやを, 醫者にか, 開化の, 闇である, 關する, 階級的教化用具としての, 非ず, 革命的な, 飛鳥の, 餘儀ない, 馬を, 驚いた, 驚くべきこと, 驚くべき事實, 鳥の, 黨勢を, 鼠賊が

▼ 眞~ (229, 2.7%)

7 に立つ 5 に穴 4 に一人 3 であつ, につっ立っ

2 [16件] にあたれる, にあり, にある, における永遠, にそんな, に位置, に坐つ, に寢, に旅笠, に現, に立ち, に立ちはだかつ, に自分, のところ, の方, へ指

1 [175件] からは鳥, から分ける, から梨子割り, から聲, から裂けた, から鋭利, が, が掌, が朱雀通り, だから, である, では, でやる, でポカン, で声, で夜, で夜なか, で彼, で恐る, で汽車, で眼界, で立派, で輝かしい, で途方, なるを, に, にい, において無限者, において達せられ得る, におの, にかたまり, にこの, にこま結び, にさ, にし, にじいっと, にその, にたつ, にたつた, にとびこんだ, にどう, にはさまれ, にはすばらしく大きい, にはまだ, には一脚, には一降り來, には圓座が一つ, には庭園, には男騎, には質, にゐた, にパーヴェル・パーヴロヴィチ, にロチスター氏, に一つ, に仰向け, に住ん, に光り, に入れた, に咽び, に坐, に坐つた, に大きく, に大きな, に存在, に射, に小さな, に少時佇, に居, に居れ, に崩れかかった, に彈藥製造所, に感冒, に投ずる, に拵, に据ゑて, に散り, に於, に書い, に机, に歸, に沈めうかぶ, に泡立つ, に活動, に澄みわたつ, に生き, に生きる, に田原, に田圃, に白髮, に相, に相向, に眞四角, に眠る, に睨めつ, に硯箱, に突, に立ちどまつた, に立つた, に立止つて, に築いた, に紫檀, に置い, に置かれた, に置き放し, に置く, に脱いだ, に落ち, に落つる, に設けある, に走り出, に躍り入る, に車, に車兵, に銅, に陣, に雪, に顯, に飛び入る, に飾られ, に黄色い, のその, の一區劃, の冷たく, の卓子, の卓子臺, の圍爐裡, の抽斗, の枝, の毛, の茶, は強き, へこぼれ, へとどく, へぶちまけた, へまつ, へ一大沙漠地, へ其紀念塔, へ出し, へ坐らせた, へ埋た, へ大きな, へ米, へ胡坐, へ行つて, へ飛ん, へ高く, ほどに金泥, まで押出し, まで盛りあがり, まで運ん, ゆも, より新た, をあの, をいつ, をお, をやつ, を中心, を乘馬, を二つ, を人工的水路, を分け, を大手, を憚, を打て, を洋傘, を犬, を結, を見る, を通り拔けた, を過, を鋭, を鋭い, を默つて瞶め, 丁度甲信, 通れば

▼ 眞~ (223, 2.7%)

5 である 4 な寢臺, な手, な髯, になつ, に雪

3 [11件] だつた, な布, な瀬, な腕, な花, な雲, な顏, な齒, になつて, に白粉, に見え

2 [14件] であつ, な, なの, なる, な大きな, な姿, な帆, な板, な絲, な薔薇, に, になる, に咲き, に流れ込ん

1 [137件] さ, だ, だよ, であった, であるが, である二三日此方, でこの, ではありません, でやや, で何, で眼, で細い, で綺麗, で美くし, で額, なあの, なお腹, なその, なばかり, なまま, なもの, なやつ, なるかも, なるに, なる神女ヘーレー, なる翼, なる齒, なんで, なオールバック, なキャラコ, なクツシヨン, なハンケチ, なホテル, なワンピイス, な一條, な一羽, な三層樓, な上, な串團子, な乳, な俵詰, な傘, な冷, な十七人, な地上, な大, な大軍艦, な太い, な密雲, な富士, な小家, な山, な山々, な岩, な左, な廊下, な建物, な御衣, な手巾, な捲上げカーテン, な教會, な杉, な櫻木立, な波, な洋燈, な洋裝, な濃い, な濱邊, な白い, な眼, な種牛, な端麓, な米, な紐, な羽, な肌, な肥つた脛, な胡粉, な脛, な花ざかり, な花珊瑚, な葉裏, な藥, な蝙蝠傘, な蝶, な衣, な部屋, な野羊, な長, な隧道, な雪, な雪溪, な霜, な霧, な頂, な頭, な髮, な黒羽二重, にうつつ, にきらきら, にさいた, にさして, にし, にぞだ, になつて岩, になつて洗, になり, になれ, にひたと, にペンキ, に乾い, に乾いた, に倚, に凍つた, に卷い, に咲いた, に塗り, に廣, に成ります, に洗, に浮いた, に濁つ, に濡髮, に積つて, に米, に見えた, に見えなく, に見える, に變, に赫, に輝い, に霧, のま, の十字胸, の實, の灰, の雪

▼ 眞~ (180, 2.1%)

17 になつて 11 にし, になつ 9 な顏 6 になる 5 な痣, な電車 4 になり 2 であつ, な僞物, な嘘, な火, な舌, にした, に充血, に燃え, に燒

1 [94件] だ, だつた, である, でした, ですわ, でほんと, で上, で身體一つ, なうち, なくちびる, なその, なの, なもの, なダリヤ, なメリンス, な何だ, な光, な南天, な合, な嘴口, な土, な夕日, な大川, な大桃, な太陽, な實, な小鳥, な幼兒, な揃, な木, な本, な朱, な枸杞, な柿, な炭, な炭火, な眞赤, な砂煙, な肉, な花, な蕃椒, な薄い, な蜻蛉, な血潮, な褌一つ, な襷, な貨物船, な贋物, な頬, な麻の葉模樣, な龍膽, にいこつた, にする, にた, になつてエンヤ, になつて仁王, になつて俯, になつて只管, になつて女王樣, になつて此方, になつて眼, になつて騷, になりだした, になりました, にふくれ, にみえた, に光つて, に喰, に塗, に塗り付けた, に小鼻, に怒, に怒つ, に成つて, に散る, に映つ, に映つた, に染まつ, に染め, に泣きはらした, に溶けた, に澁, に火照, に焦げ, に熟れ切つた, に燃えた, に燃える, に燒けたストーヴ, に燒けた火箸, に色, に豐, に跳ね, に開け, よ

▼ 眞~ (142, 1.7%)

7 になつ 5 な水 4 な顏, になつて, に煤けた 3 な雲, になつて其後 2 なもの, な房, な檣, な鐵, な顋鬚, にした, に人, に立ちつ

1 [96件] だ, だが, だつて, で, であつ, であるどうしても, で筋張, なうねり, なの, な人だかり, な人影, な十字架, な土, な土人, な坊さん, な天井, な小男, な尾, な屋根, な川, な幾本, な建物, な捲毛, な握り飯, な暗夜, な杭, な板, な柱, な水面, な汗, な泥, な海水, な海鼠, な煙, な燃え殘, な猫, な穴, な管, な群衆, な翼, な肌, な背なか, な船, な色, な艷, な茸, な蚊帳, な衣, な覆面, な配達夫, な錦襴, な鬚面, な鳥, な齒, にお, にくすぶつた, にたかつ, にたかる, にとつぷりと日, になつた口, になつて其上, になつて日, になつて自動鐵檻車, になつて虻, になられた, になり, になる, にひつ, に吐出す, に埋めた, に塗ります, に嶺, に日焦け, に染み込ん, に染め, に染めた, に波うつた, に浮き出, に焦げた, に煤け, に煮られた, に燻つて, に痩せこけた, に目, に立つ, に縮れ, に繁つた枝, に茂つた山, に茂り, に見える, に躍り, の大きな, の島, の石炭がら, の船, の鰭

▼ 眞~ (119, 1.4%)

8 になつ 6 な顏 4 になつて, になりました 3 だつた, でした 2 さうな顏つき, なので, なもの, な心持ち, にそんな, になります, に生命財産

1 [77件] さ, すぎますしね, だなぞ, であつ, である, であれば, です, でそして, でツイ, で勝負, で嘘, で正直, で涙, で深く, で青白い, で鬪, といふ言葉, なおごそか, なこと, なの, なん, な事, な人々, な同情, な吸收, な問題, な声, な態度, な戀, な批評, な文學者, な方向, な最も, な泣き顏, な祷り, な興味, な蕩盡, な話さね, な顏付, にあら, におびえた, にする, にとりあげる, になつて來, にならざる, になれない, ににらみ, にやり出し, にやるべき, に仲間割, に働く, に受け, に善八, に娘, に子供, に心配, に怒り出し, に渡る, に爭, に突き詰め, に純, に考へ, に考へ始め, に耐震的建築, に聞い, に聽, に膝, に花, に英語, に言, に言つて, に語らう, に貯蓄, の一票, の勝負, の程度, の迷はし

▼ 眞ん中~ (113, 1.3%)

4 にし 3 に穴, に立つ

2 [11件] にある, に俯向, に床, に座布團, に敷いた, に狼, に立ち, のあたり, の一字, の家, へ

1 [81件] だ, だからな, である, ですもの, といふやう, に, にしやれた, にどうにも, には善盡, には美しい, には若い, にドツカ, に一人, に倒れ, に冷たく, に十坪あまり, に向け, に坐つ, に家, に床几, に引, に投, に押しだした, に押し出し, に拵, に捨て, に据ゑ, に据ゑたのです, に据ゑた白木, に据ゑられ, に橘, に次第に, に止めた, に油紙, に浮彫, に渾天儀, に爐, に男, に皿, に着座, に祭壇, に突ツ立て, に立, に立ち止りました, に立つた, に置いた, に落ち, に葛籠, に血だらけ, に血相變, に誘ひ込む, に貼つ, に贅澤, に身構, に轉げ, に通せん坊, に重詰, に飛込ませた, に飛込み, のわ, の一枚, の床, の所, の枝, の深い, の眞圓, の礎, の空家, ばかりだつた, へヌツ, へノコノコ, へ出, へ槍, へ立ち止つ, へ運び入れた, へ頼る, を, を一文字, を存分, を突き切らね, を藁

▼ 眞~ (110, 1.3%)

24 きに 5 に彼 3 に盟, に驅 2 に口, に立ち, に襷, に誰

1 [67件] き譽, なの, に, にうめる, にし, にする, にその, になつ, にまのあたり, にゐる, にイプィチオーン, にエラソス, にグローコス, にハヾトフ, にボーイさん, に一人殘つた姉, に並べしむ, に他, に使筆法, に傷む, に僕, に入, に入れ, に取, に命令, に垣, に壇, に大喝, に宣んし, に帶, に平野, に彼ら, に恐怖, に我, に戰, に戰場, に敗北, に敵人, に敵陣, に斃, に書かう, に梟, に溝, に燒, に王者プリアモス其目, に祈うけたれ, に神女アテーネー, に立ち上る, に立つた, に約, に行つてそれ, に視線, に這入, に逝きたる, に進み, に進みぬ, に醒ます, に風, に飛出し, に馬, に馳, のお, の一人, の書き出し, の肉, の車, へ素

▼ 眞~ (103, 1.2%)

10 の小判 6 たること 4 の聟, の虚無僧 3 と僞物, の下手人 2 の千兩箱, の夜光石, を見る

1 [67件] かわかれ, か僞, さ, ぞと呼びつ, だと, であと, であり此處, であるべき一, ですが, ですね, で贋物, とは似, と云, と入れ, と掏, と摺り變, と紛, と變, と鑑定, なら一つ, に似ず, に似た, に御, の, のゐざり, のヨイヨイ, の一萬兩, の五萬五千兩, の井戸, の傳次, の八五郎, の唐紙, の小判三十二枚, の左近太夫樣, の平次, の彦四郎貞宗, の御朱印, の御用聞, の敵持, の木枯, の濱路, の疊紙, の病人, の繪圖面, の血糊, の行方, の貞宗, の辻斬野郎, の遺言状, の銀, の銀簪, の鍵, の鐵砲, の駈, の高力左近太夫高長, の髭, の髷, はこの, もわからない, らしいぞといふ, をさらつて, を似せ, を何處, を掻, を盜, を返すなら, を隱

▼ 眞~ (98, 1.2%)

4 の陽 3 の日光 2 かと疑ふ, どき, なりき, の大, を玉敷

1 [81件] かがやける, かがよ, がた, ぞただ, ぞ知, だ, だつた, だらう, つぶさに觀, であつ, とどろ閃, に, にきこ, になる, に一人, に到り, に夢, に寢部屋, に漂, のあぶ, のうすい, のその, のむし暑, のやう, の人通り, の人雪崩, の光, の光景, の同人, の同人達, の夢, の天道樣, の太陽, の干潮時, の庭, の引汐, の往來, の扇, の明り, の明るい, の時分, の柳, の樣, の横山町, の淋し, の燒, の盛り場, の眩しい, の空, の空氣, の納戸, の緋葉, の色香朧, の芍藥, の蜜, の街, の部屋, の醜, の鐘, の雲, の靜けさ, の風, は, はこもる, は底拔, は明し, は滿, は脚, もやがて, も薄暗い, も要りやしない, や穗, よ, らしい頃, を孤, を少し, を弗拉曼, を選ん, を選んだ, 近く地上, 近く私

▼ 眞~ (95, 1.1%)

8 な中 6 だつた 54 な夜 2 ぢや, で, であつ, である, でした, な畑, な闇

1 [58件] さで, だから分らない, だから遠慮, だった, だつたの, だつたわ, であった, であるが, ですから, では花見, でよく, で何, で何となく, で何一つ, で私, で見たところ誰, で誰の, で雨, で霜柱, で馴れない者, なうち, なため, なところが, なの, なのにも, なんだ, なんです, なサツポロビイル會牡, な上, な世界, な前途, な坂道, な外, な奧在所, な崖, な心, な恐怖, な時間, な晩, な曠野, な村, な氣, な洞穴, な溪谷, な燒跡, な物置, な獨房, な町, な穴, な茶の間, な處, な蚊帳, な螺旋階段, な道, な野ツ原, な階子段, 三寶に, 三寶黒白も

▼ 眞~ (95, 1.1%)

2 に對, を盡, を看破, を誤解

1 [87件] がどんな, がわからない, がわからぬ, が判, が判る, が次第に, が窺, が解, が解つて, が誤, が誤られ, が顯, であらね, であり實際, である, といふもの, と其動機, と正, に味到, に徹する, に背馳, に至, に至つて, に近い, に透徹, に通ぜず, の怪奇さ, の研究, の觀察, の象徴, の隱蔽, はどう, は到底, は十分, は唯, は掴めません, は支那, は明, は次第に, らしい, をたしかめ疑ひ, をつかむ, をも亦, を了解, を傅, を嗅ぎ出す, を得たる, を悉く, を感發, を探り究める, を握る, を摘抉, を明, を明るみ, を暗示, を正視, を洞察, を洞見, を現す, を知ら, を知らざる, を知らない, を知り, を知り得た, を知る, を知れる, を究め, を穿つた, を突きとめる, を突止め, を窮め, を聽, を蔽, を覆ふ, を見る, を見窮める, を觀, を訊ねました, を認め, を語る, を説明, を識別, を過つなり, を闡明, を隱蔽, を靈感, 未だ判然

▼ 眞直に~ (87, 1.0%)

3 通つてゐる 2 入りて, 北に, 南へ, 彼の, 拔かう, 筋を, 走つて, 進んで

1 [68件] ずうつ, そして正確, それから鼻, ぢつと, つけられた大路, と答, なつて, ならうとして, なり居るま, なり鋼線, なる, のばして, 一叢の, 上を, 上野迄, 乘込んだ, 云へ, 伸し出させ其の, 伸ばしたりなど, 來る, 倫敦へ, 内務大臣の, 出して, 前の, 前を, 參ります, 合は, 向かつて, 坐つて, 坐りな, 壁の, 大きな厨房, 寢か, 寶徳寺の, 射し掛ける日光, 小兒, 局長の, 山の, 延ばして, 此方へ, 歩けば, 歩るき出した, 深入, 皆んなの, 眞四角に, 石狩の, 私に, 私の, 私を, 突き當る, 突當つてと, 突立つた目の, 突立つて彼は, 立つた, 立つて, 立つと, 線を, 自分の, 臺所に, 臺所迄, 行つた, 行て, 衝騰る, 裏迄, 迷は, 追分を, 這入れるのに, 顏を

▼ 眞夜中~ (83, 1.0%)

63 である, のこと 2 の時計

1 [69件] うつくしき灯, から出かける, がちかづいた, だ, だつた, だらうと, であった, でしたからねえ, で四方, で御座らう, といふの, といよよ, ならそんな, ならとにかく, にごろ, には, にも筆, にも聞こえる, にも近, にプルウスト, に何, に來, に俺, に出た, に及ん, に吸込んだ, に坐り直し, に嫁入り, に提灯, に江戸, に濠, に目, に納戸, に臺所, に若い, に裝, に見えた, に見る, に錠前, に雨戸, の事, の二時, の子, の宴會, の幾時, の潮, の笹野新三郎, の聲, の街, の路地口, の道中, の靜けさ, の風情さ, は寂寞, ふと目ざめ, まで粘, まで身體, より, を報じ, を過ぎる, 近い刻限, 近い時分, 近い町, 近い道, 近い頃, 近かつ, 追ふ, 過ぎても, 過ぎのたゝずまひは

▼ 眞~ (83, 1.0%)

6 の意味 4 に生かす, に生きる 3 なる内省, の, の内省, の幸福, の生活, の謙遜, 社會主義 2 なる學者, なる自己, な生活, に碎かれざる, の建築, の生, の進歩

1 [34件] なる孤獨, なる崇高, なる幸福, なる葛藤, なる融和包攝, なる謙遜, なる進歩, な意味, な愛, に愛し, に殺され, に活かす, に生きたる, に碎かる, に碎かれ, に許すべからざる, のもの, のドン, の人, の偉大, の僞善, の具象性, の哲學, の孤獨, の希望, の強, の愛, の文學, の條件, の發展, の行者, の運動者, の飛躍, 社會主義社會主義の

▼ 眞~ (79, 0.9%)

11 のやう 3 の光, の山, の頸飾 2 の中, の飾, を, を見る

1 [51件] あり, かね, だ, で拵, で眞奈, で詰められ, とが搭載, とが波, とが積, となる, とは止利, とを搭載, と黄金, にも比すべき, に押し包んだ, に比, に美人像, に近い, に露草, の, のうち, のこと, のた, の光澤, の夢, の大き, の小, の捨場, の數, の波, の流雫, の祟りだ, の色, の衿留, の透影, の露, の頸飾り, の類, の首筋, はあたかも, は捨てられ, や香料, や黒耀石, をさぐる, をはらむ, を一粒二粒, を十萬粒二十萬粒, を嘗めさせる, を床, を豚, を鏤めたる

▼ 眞正に~ (66, 0.8%)

5 自己の 2 人間に, 新しきもの, 求むる者

1 [55件] この人, これによ, 他人と, 他人との, 他人や, 余とは, 修業を, 具體の, 具體的の, 内面的の, 厭です, 厭な, 存在の, 孤獨を, 安心だ, 宗教的な, 崇高を, 強さ, 征服する, 征服せず, 心の, 意識する, 愛すること, 愛を, 我等の, 或る, 新學, 死を, 滲透する, 無價値, 獲得した, 理解し, 眼醒めぬ, 神に, 神を, 自らの, 自ら富ます, 自分の, 自分を, 自然の, 自覺, 藝術を, 西洋の, 認識する, 謙遜を, 豐富なる, 豐富に, 貴方御, 身に, 輕蔑し, 進化する, 過去を, 隣人に, 非道い, 體得する

▼ 眞志屋~ (64, 0.8%)

9 の祖先 4 と云 2 と號, の屋號, の菓子店, の西村氏, の親戚, の遺物, の遺物中

1 [37件] が少く, が文政, が既に, が金澤氏, でなかつたが, と倶, と金澤氏, のなりゆき, の一族長島氏, の七代, の丸燒, の先祖, の出入, の十一代目, の名前人, の墓地, の家説, の後繼者, の扶持, の末裔, の歴史, の火災, の相, の祖先數代, の紋, の自立, の菓子商たる, の遺業, の遺物寫本西山, の鑑札, は數世續, は數代菓子商, は既に, は水戸家, は自ら支, は衰, を繼承

▼ 眞~ (64, 0.8%)

8 の煙管 7 の迷子札 5 の火箸 3 の札 2 の火鉢, の皿

1 [37件] が宜, でも叩く, とも思ふ, と悟つたとき, と知りつ, のびぢやう止, のやう, のよう, の十字架, の大, の大きな, の手形, の折釘丈, の燈, の燈二つ据ゑて, の版, の痰吐き, の矢立, の箆, の簪二本, の花形, の茶釜, の薄, の藥鑵, の蝋燭臺, の表札, の角, の金具, の鈴, の鉤, の鋏, は眞鍮, も銅, やニツケル, を併せた, を梅酢, を用

▼ 眞砂町~ (62, 0.7%)

28 の喜三郎 9 の親分 5 の兄哥 2 の, の喜三郎兄哥

1 [16件] が聞い, のト, の喜三郎親分, の大, の崖崩れ, の或, の濟, の素人屋, の親分さん, の賣出し, の通り, の通衢, へ來, まで引返した, を拔, を突切つて

▼ 眞~ (55, 0.7%)

1 [55件] からは二間以上, から正面, から鐵砲丸, つんざきて, である, ですから, でとつくり, で仰いだ, にある, にそれ, には石, には糸瓜, にひろがり, にゐる, に世界中, に出た, に利根, に小さく, に幅二分, に床, に樹木の間, に流す, に海, に溪川, に白, に相, に立つ, に糸, に薄い, に見え, に見える, に見れ, に迫つて, に長い, に魚屋, の喜八郎, の山, の岩, の川原, の森, の海, の淵, の石垣, の窓, の部屋, は柔か, は白波, へ, へ下りる, へ瀑布, へ眞下, へ行つて, へ降, を見下す, 丁度梯子

▼ 眞~ (54, 0.6%)

74 かな 32 でせう, ともさ, に私

1 [34件] か, だぞ, だつたら實, だよ, だ可, ですか, ですよ, で御座いませうかね, なん, にあんなに, にせ, にそんな, には眞箇, に人, に何時も, に俺, に先生, に千早先生, に奇態, に小川さん, に巧, に樂, に知る, に腹立ッ, に通知書, に靜, に餘程, ね, ねえ, の乞食, の姉妹, よ奧樣, よ明日, よ靜子さん

▼ 眞~ (53, 0.6%)

2 得て, 知るを

1 [49件] いふと, つくすこと, 保つて, 倒したの, 傳ふる, 判斷する, 含めりでどの, 告ぐるや, 告ぐるを, 告ぐれども, 問はれし, 嬉しと, 定かに, 平易に, 得たらずや, 得たるに, 得ないもの, 得るを以て, 愛するもの, 愛するやう, 我に, 打ち明けハツバス・ダアダア, 振翳すの, 掴みにくい, 教ふる, 書現は, 求むるがゆゑに一知は, 求めて, 求め善, 汝に, 知らしむそ, 知らんと, 知ること可能, 知るといふ, 缺ける, 聞きて, 裏切り蒙古, 見よそ, 見ること天, 見るを, 見出すで, 言はず, 誓へるなら, 語りて, 證せらる, 追求する, 遙かに, 防禦する, 離れる危險

▼ 眞~ (53, 0.6%)

2 から落ち, に迫つた, の高

1 [47件] あたり忍び返し, いつぱい, から初夏, から彼女ら, から肩口, でもつ, で掌, なる青い, にあたる蒼空, にあつ, にありし, には富士, には鱗, にまたは, にランプ, に一筋, に冠, に垂直, に外, に大きな, に姿, に富士, に富士山, に居た, に居たら, に徑二尺, に流れ, に淺間山, に照つて, に現, に當, に相生橋, に瞬い, に突出, に聞えた, に落ちた, に部屋, に金色, のへん, の寢臺, の岩山, の樂屋裏, の磽, の紅葉, の蚊帳, の隙間, を過ぎ

▼ 眞正面~ (53, 0.6%)

3 に見 2 に吹きおろした

1 [48件] からをど, からヒタ, から來, から冠, から嬌瞋, から專三郎, から小, から打ちつけ, から突進, から見入つた, にいとけない, にした, にながめ, には得, に一叢茂つた木立, に二人, に仰がる, に信吾, に凹字形, に受け, に向, に向けられ, に展, に峙つた, に愛鷹山, に据ゑてあつた, に据ゑてある八足臺, に浴び, に照りつける, に眺められる, に眼, に私, に立たせた, に立つ, に西日, に見えた, に見え出し, に見られる, に近々と, に返す, に雄大, の坂, の塔, の寢像, はひろびろ, へ來, をずうつ, を向いた

▼ 眞~ (52, 0.6%)

5 を盡

1 [47件] ある妻, からお, からこ, からの國民外交, から幸福, から彼, から湧いた, から私, から翁, から聽, から赦せる, があつ, があれ, がおの, がなく, が通つて, こめし感謝, こめて, とをもつ, と博愛, と申す, なるか, なるを, には暖, に神, のある, のこもった, のこもらぬ, の人, の籠つた金, は世, もて愛す, もて我, より詠み出でたら, らしく聽, を, をこめ, をつくしまつる, をもて, を以て盡, を分つ, を持つ, を持つた, を殿, を現し, を疑, を示した

▼ 眞~ (51, 0.6%)

3 の坊さん, の寺 2 に屬

1 [43件] から始め, が三十箇年許, が之, が京師以西, が全く, が殆ど, が西, だけに掃除, でありながら, では危險思想, では同一, にあり, にたいする惜, になつたこ, には珍, に對立, に於, に至, の傳播, の僧, の僧侶, の入, の多い, の大中祥符四年, の學者, の宗教家, の宣教, の弘布, の慧海潮音, の教化, の教義, の時, の東方, の氾濫的布教, の波動, の發剏線, の鐘, の開祖親鸞, は新, は潮, は禪宗, を流布, を町

▼ 眞直ぐ~ (51, 0.6%)

2 な道, にし, に延びたつ, に突, に行く

1 [41件] でないから, な幅, な幹, な誘ふやう, にお, にこの間, にしやん, にする, にどこ, にトルーソツキイ, にポクローフスキイ・ホテル, にリュクサンブール公園, に云, に伸びた, に停車場, に入, に前方, に向け, に垣, に夫人, に彼, に往復, に斬り下げ, に歩い, に申, に白状, に目, に眺め, に立ちのぼる, に立つ, に見える, に言つたの, に起し, に足下, に門口, に降り, に降る, に高く, の坦道, 向ひ, 空に

▼ 眞なる~ (50, 0.6%)

6 ものは 3 ものとして, ものを, を證 2 ものと, を疑, 觀念主義の

1 [29件] が故に, ことを, に同じ, はわが, ものである, ものでなけれ, もの僞でない, をいへる, をかたく, をこ, をさとれり, を知る, を表, を豫め, 事を, 事柄を, 喜悦の, 姿に, 悔いは, 愛の, 愛は, 憧憬を, 最も本, 物一だになし, 神の, 色でも, 觀念によ, 觀念主義者の, 認識の

▼ 眞新しい~ (50, 0.6%)

2 言葉で

1 [48件] のが, のです, ので百五十圓, のは, のを, ものと, タオルで, 備後表縛つた繩は, 別莊, 土が, 土の, 墓地の, 小判ざつと小千兩も, 山吹色が, 山吹色に, 布團縮緬の, 忍び返しが, 手拭と, 手拭顏は, 文錢, 月が, 木の, 本を, 杉板で, 柄杓の, 油も, 疊の, 看板に, 眞物です, 穴が, 空色の, 竹刀が, 竹竿を, 紅白の, 茣蓙と, 菰に, 落葉が, 落葉のから, 落葉も, 落葉を, 蕾を, 被覆鏡化粧臺用の, 買つたばかり, 野菜も, 金殿朱樓は, 階子段から, 電柱の, 麻裏だ

▼ 眞~ (50, 0.6%)

5 な顏 3 になつて, に成つて 2 な夏草, な海, な空, な葉, になつ

1 [29件] でした, なもの, なりうし, なる水, な中, な單色, な堤, な夏, な小松, な榛の木, な海面, な白茅, な石, な稻田, な紋章, な苔, な落葉松, に, になっ, になつてコツプ酒, になつて便所, になつて家, になり, に晴れ, に麻, のばら, の水, の海, の葱

▼ 眞~ (47, 0.6%)

5 の家, ひに 42 に見え, ひには

1 [29件] からステパン・ミハイロヴィチ, から人, から助役, から叩きつける, から向, から吹きつける, から大きな, から押しかぶさつ, から相手取, から私, から自分, から飛込みました, にし, になつ, になりたる, にアカイア軍, に健か, に光, に切出します, に寢, に沙塵, に見入つて, に跪い, に跳りか, に釣る, に骨打ち, ひの, よりの母, 高飛車に

▼ 眞珠太夫~ (47, 0.6%)

5 の人氣 3 のお玉 2 と懇意, に夢中

1 [35件] が引つ込ん, が怪しい, が逃げ出す, だ, といふの, とはよく, と名, に化け, に焦れた, に目, に見えた, に訊きました, に逢, のつもり, の出る, の噂, の崇拜者, の手踊り, の父親, の踊り衣裳, はあの, はうは, はお前, はその, は確か, は立ちすくんだ, もさすが, もまた, も係り, も死骸, をつれ, を呼ん, を引つ張り出し, を引つ張り出す, を見る

▼ 眞~ (46, 0.5%)

3 の夜 2 の夕方, の女神筒姫, の晝, の頃

1 [35件] が英吉利中, さらずあはれ, であるのに, でもあなた, で日, で罐, にならぬ, になる, に股火鉢, に降り, のやう, の事ゆゑ, の初, の太陽, の家中, の帆, の強い, の微風, の日, の日々, の日中, の日盛, の暑, の柳, の空, の臺, の花, の西日, の陽, の青空, の風, は兎, よりも烈しく, を白鵠, を迎

▼ 眞~ (46, 0.5%)

3 な花 2 な顏, になつ, のデコルテ

1 [37件] となりし, なしど, なの, なるが, なブラウス, な唇, な大きな, な奴, な布, な帆, な帶, な楓, な毛氈, な煉瓦色, な眞紅, な粘, な莟, な赤い, な造花, にし, にぬれぬれぬ, に染まつた, に染まる, に染め, に燃え立たせた, のバラ, の天鵞絨, の布, の底, の梢, の火, の紐, の絲, の色, の薔薇, の蛇, の表紙

▼ 眞である~ (41, 0.5%)

2 ことを, といふこと, と信ぜざる, と判斷, と私, と肯定

1 [29件] かが示される, かどう, かもしれない, から, からである, からには私, かを十分, かを單, がしかし, ためには, とある, といふ, として立てられね, とすれ, と理解, と答, と言, と論結, にし, のか, のである, のは, のみでなく, ものの, ものは, もの認識せられ, やうに, 太上, 從つてまた

▼ 眞~ (41, 0.5%)

2 する思想, 同樣, 悦びに

1 [35件] されること, し卓絶, す, すべきもの, せば, なすなかれ, なる, なるの, みなすところ, 信ずまじき, 信ず咎, 信ぜずして, 僞とについて, 同じ種族, 善と, 善とから, 善との, 思つた, 成る, 成る諸, 明す, 智, 智の, 爲される, 玻, 生女眞, 看破する, 知るもの, 稱する, 認むるもの生得の, 認むる深遠微妙の, 認めたもの, 誠とを, 贋との, 高とを

▼ 眞~ (41, 0.5%)

42 の事

1 [35件] か知らん, だつたの, だと, だ串戲ぢ, ですな, ではない, にお, にお前, にさ, に其の, に善い, に奇態, に妙, に此世, に殿方, に無作法, に物凄う, に眩暈, に知らず, に私, に結構, に肴ツ氣, に莫迦げ, に行つて來, に言, の力量, の奈落, の學者, の海軍, の目的, の陸軍, の難破信號, 到來スベキ世界聯邦, 難しい問題, 驚くべき入神

▼ 眞~ (41, 0.5%)

3 にし

1 [38件] であるかを, ではあつ, で無い眞面目, で誠實, と敬虔, なしつかりした, なそして, なもの, なる主張, なる前, なる努力, なる又, なる考慮, なる鳶色, なクリスチァン, な二十二, な作風, な信仰, な冐險心, な役者, な快, な性格, な時, な涙, な眞面目, な考, な藝術的熱情, な面もち, にもの, にわが, に且つ, に孕み, に生きなけれ, に考へ, に言, の延長, の趣, を缺

▼ 眞~ (40, 0.5%)

2 は一體何

1 [38件] がそれら, が分つ, が和蘭, が某, である其の, ではない, といふの, にはもはや, に誇らしい安, はつひ, は其處, は外, は日本, は汲み取, は現在, は結局彼, は藝術家, をお話し, を了解, を今日, を傳, を得, を得たる, を得る, を把握, を捉, を捕捉, を汲み取り得なかつた, を測り, を測り兼ね, を測り兼ねました, を測り兼ねる, を發揮, を發露, を盡す人, を覺つて, 明かならず古, 知りがたし

▼ 眞~ (40, 0.5%)

7 な顏 3 な空 2 な顔, になった, になつて, になり

1 [22件] だ, だった, であった, であつ, である, なる顏, な光, な前肢, な小, な流, な潮, な腹, な銀杏, な靜, な頬, になつ, になつて母, になつて籠, になりました, に上, に炎上, に色づく

▼ 眞~ (39, 0.5%)

3 に歩い 2 な街道, にし

1 [32件] か自分たち, が福島橋, ぐこつちに顏を, ぐになつたので視線の, だ, だつた, だとの, で高, なり, なる牛王, な國道, な廣, な性質, な眉, な竹, な良心, にとはいわない, にはなるまい, に伸び, に向い, に導い, に引き伸ばされ, に立ち, に落ち, に行きなさい, に行け, に貫いた, に通じ, の一群, の玄關, の舟, 立て

▼ 眞~ (39, 0.5%)

3 になつて 2 になつ, になる, をし

1 [30件] だが, であつ, である, でいった, でした, で云つて, で冷かされる, で凝, で尋ねた, で彼女, で打消した, で教, で斯ん, で母, で目, で眼, で言, で言つて, で訊き, にて, にて答, になつちや, になつて下, になつて來, になつて目, に直した, に辭退, のなつ, のまま, の碑

▼ 眞~ (38, 0.5%)

21 中で 3 中ぢ 2 中と, 圓い 1 とのの, の少し, 中だけ, 中だけの, 中ほどに, 中頃へ, 前に, 前にとり, 圓く, 圓く赤い

▼ 眞~ (38, 0.5%)

6 の歌 32 の家集, は萬葉, 本居宣長

1 [23件] が居た, が惡, が萬葉, この歌, であります, には一首, のほめ, の孫弟子, の弟子, の萬葉, の言葉, は僅, は力, は口, は存外, は實朝, は歌, は田安家, は趣向, は雄々しく, をけなす, を以て萬葉, 既に然り

▼ 眞太郎~ (37, 0.4%)

4 の姉 2 の來, はその

1 [29件] がお, がフラフラ, が町内, が飛鳥山, でした, でせう, と同じ, にへばり, のやう, の場合, の態度, の話, はどんな, はオドオド, は堅い, は少し, は弱, は思ひ, は昨夜自身番, は死んだ, は泣き出し, は澁, は町内, は空, は言, を始め, を此處, を深く, を自分

▼ 眞~ (37, 0.4%)

1 [37件] がマルタプウラ, が放心, と二人, にとつ, にはずつと愉しい, にはそこ, には將來, には明るい, には氣持ち, のかうした, のベッド, の右, の場合, の官舍, の胴, の胸, の首, はかうした, はそれ, はもう, はもてあまし, は一寸, は大粒, は妻, は學生, は思ひき, は民政部, は氣, は球江, は默つて, も卓子, も始め, も煙草, を好き, を悠々, を燒, を見送

▼ 眞~ (33, 0.4%)

5 の入江 3 の井 2 のもみぢ, の混堂, の繼橋, へ行き

1 [17件] から見れ, と飯, にゆかり, に誤, のあたり駒, の家, の岡, の江, の漁師三人, の狼藉, の紅葉, の者, の近く, の里人, の雜誌店, へ來, へ行つて

▼ 眞~ (32, 0.4%)

3 に就い

1 [29件] が判定, さてはその, などは最早, について, に就き, の判別, の別, の差別, の議論, の限界, はさて, はともかく, は保證出來, は兔, は分らぬ, は勿論, は明, は疑, は知らず, は知りませぬ, は鐵幹, も分らぬ, を判ずる如く, を實際, を對決, を正された, を疑わざる, を知らない, を論定

▼ 眞白い~ (30, 0.4%)

2 花を

1 [28件] ところに, ジャケットを, 作業服を, 兩腕が, 半紙を, 壁と, 夏服を, 大きな幕, 小石原の, 後姿を, 服裝を, 猫を, 白布を, 眞夏の, 石けん持つてた, 砂と, 砂丘が, 米の, 肌が, 肌に, 脛の, 花が, 衣を, 躯を, 鍋の, 閃めき, 雨で, 齒列が

▼ 眞言宗~ (30, 0.4%)

1 [30件] がおも, である, ではこれ, では權田雷斧大僧正, では碩學長谷寶秀大僧正等, で住職, なるが, にも新, に就い, に獨得, の一派, の二大寺也, の信者, の坊主上り, の大, の宗徒, の庵室, の御方, の方, の方々, の檀徒, の煩惱即菩提, の碩學, の規則, の青年僧侶, やらが興, を傳, を傳授さ, 大學, 新義派

▼ 眞~ (27, 0.3%)

2 の存する

1 [25件] がわからぬ, が未だ, が發, が認められる, といふもの, に就, の發揮, の知られざる, はある, は倍する, は容易, は實, は年月, を世界, を疑ひ出した, を發揮, を知り, を秤らむ, を見るべき, を見誤, を解する, を認めさすだらう, を認められず, を語りたる, を證明

▼ 眞~ (25, 0.3%)

2 と云う, を連れ

1 [21件] が檀家, が浮かり, で旦那, という弟子坊主, と何処, と申す, なんてそれ, の持っ, の着物, の親父, はすっとこ, はまだ, は一生懸命, は少し, は帰りません, は死人, も其の, も庄吉, も往く, を途中, 悪い事

▼ 眞~ (24, 0.3%)

2 が直, を思へ

1 [20件] がうち, が龍つて, こめて, さながら聲, であつ, であらう, に動く, のこもつた, のさけび, の囘向, の涙, の籠つた手紙, の表現, は飽くまで, より結晶, をこめ, を嬉しく, を察する, を思は, を掴んだ

▼ 眞四角~ (23, 0.3%)

3 にお

1 [20件] で眼, な先生, な廣場, な懸物, な水槽, な肩, な苦りきつた顏, な顏, な食卓, な黒い, にそれ, にバタリ, に一禮, に切, に取, に坐つ, に坐りました, に坐る, に挨拶, に浮き

▼ 眞珠色~ (23, 0.3%)

2 に光つて, の霞

1 [19件] ですが, で眼, で膝, に見える, の世にも, の大理石模樣, の小さい, の早春, の春霞, の服, の涙, の灰色絹, の白い, の皮膚, の素顏, の肌, の首筋, も此世, をした

▼ 眞ン中~ (22, 0.3%)

1 [22件] からあけた, からその, でだらり, で奇麗, に一尺四方, に一本, に低い, に停つ, に居つ, に沈めた, に焚い, に狐, に立つ, に針葉樹, の大きな, の柱, の縱, の草, は禿げ, へつれ, へ或, をさして

▼ 眞~ (21, 0.2%)

5 と稱 3 とある

1 [13件] お馬, ではない, とあり, と共に文字, と同型, と題し, にも重ね, に現, の文, は明治末期, は明治末期後, 及び平群眞鳥, 及び長慶皇

▼ 眞實性~ (20, 0.2%)

3 があり

1 [17件] があつ, が八五郎, が紙面, とがない, となつ, と人生, に引, は決して, は疑ひ, は萬七, は顏, を感じない, を感ずる, を確信, を認め, を認めた, を體驗

▼ 眞白き~ (20, 0.2%)

3 石に

1 [17件] 双翼は, 富士の, 彼の, 手に, 汝の, 照妙魂の, 牙をと, 石ごとに, 篠の, 翅とらば, 胸の, 脛に, 腕を, 野猪の, 霜の, 髯を, 齒を

▼ 眞~ (20, 0.2%)

2 を突

1 [18件] がズブリ, が一本, が一本突, が弓, が恐ろしい, ですぜ, で射られ, で白磨き二寸あまり, の仕掛, を一本, を一本拔, を傷口, を刺し, を取つ, を射た, を射込ん, を射込んだ, を飛ばした

▼ 眞~ (20, 0.2%)

2 のなか, のみだれ, の中

1 [14件] うら葉, が青々, だか, なすまばら, に浪, の, の枯れた, の根, の茂み, は繁り, やや黒味, や供物, や蒲, 臭い瀦水

▼ 眞~ (20, 0.2%)

2 とか天台, の密教, の教義

1 [14件] では吽, で天台, とはいくらか, などは七つ八つ, などよりも平民的, の七十三, の二宗亦出羽奧州, の學問, の秘密, は之, よりは少い, を引用, を持, を見る

▼ 眞似し~ (19, 0.2%)

2 てゐた

1 [17件] たり, たるあり, ちやいけません, て, てお, てゐやがる, てゐる, て名刺, て囁いた, て大人, て子供, て居る, て毛布, て水, て眞赤, て見なさい, ながら小

▼ 眞~ (17, 0.2%)

3 暗な 2 すぐに, 暗で 1 すぐにつながらうといふものだ, 暗なので, 暗にな, 暗になる, 直ぐなからだをそと輪, 直ぐにかしこまつたのをじろりと一瞥, 直にず, 直に壱岐殿坂, 直に進むだら, 膨れに

▼ 眞暗に~ (17, 0.2%)

11 なつて 1 して, なつた, なる, 代ると, 凄くなつた, 成つて躍込んだ

▼ 眞~ (17, 0.2%)

6 の風呂 2 と潮水, のタンク 1 と合, と鹽水, に限る, の使, の入, の方, を使つて

▼ 眞~ (17, 0.2%)

1 [17件] だから, である, で無, とその, なひびき, なる心, なる滑稽, な實行, な心, な態度, な歌調, な演者, な無, にし, に考へ, に言ひな, の氣

▼ 眞~ (17, 0.2%)

11 の王 3 の命 2 中つ 1 中比賣

▼ 眞~ (16, 0.2%)

3 のである

1 [13件] ので, のであ, ものが, 人間とを, 味ひ, 喜ばしい愛情, 子供の, 學生こそ, 小學校, 心持で, 款待の, 温い御, 發露である

▼ 眞~ (16, 0.2%)

1 [16件] い節穴だらけ, らしいお, らしいま, らしいもの, らしい下着, らしい半, らしい土, らしい天郡上, らしい小判, らしい手袋, らしい普請, らしい赤樫, らしくつて, らしくて, らしく成, らしさ

▼ 眞ツ赤~ (15, 0.2%)

2 にし

1 [13件] なうそ, なハギ, な人體, な口, な顏, になつて, になつて形, にのぼせ, に怒, に燃えた, に紅葉, の嘘, の御所柿

▼ 眞ツ黒~ (15, 0.2%)

1 [15件] けになつて, でもいい, なおほ, な古ぼけた家, な森, な砲車, な穴, にし, になつたの, になつて, になる, になツ, に噴出, に見え, に集まつ

▼ 眞~ (15, 0.2%)

32 だよ, 御免だ, 御免なさい 1 だといふ, ですわ, と根, 御免, 御免さ, 御免を

▼ 眞志屋文書~ (15, 0.2%)

3 を見る 2 に徴 1 と名づける, に, に二種, に併せ, に據つて, に文化以後, に載する, の過去帳, はこれ, より獲た

▼ 眞正銘~ (15, 0.2%)

1 [15件] のマッソン, の交りつ氣, の刹帝利種, の印度アーリヤ, の夜光石, の安, の宗教, の山吹色の, の巫女, の息子, の憎, の煙草, の獨身老人, の石鏃, の鍛冶屋

▼ 眞ツ直ぐ~ (14, 0.2%)

1 [14件] な道, にふう, に天滿宮, に少し, に東京, に燃え, に白い, に直し, に置かれた, に胡坐, に行かう, に行きます, に飛べ, に駆け

▼ 眞綿~ (14, 0.2%)

1 [14件] が十五六枚, で詰め, で鼻, なん, の如き, の密精, の松葉, の隧道, は三日, を, をかけ, を挫, を捲い, を背負

▼ 眞葛周玄~ (14, 0.2%)

2 という医者, と申す 1 が側, が知っ, が駈け, という無骨者, と云う, に長治, の調合, は恭しく, は駈付け, までも実に

▼ 眞~ (14, 0.2%)

1 [14件] おくつき, から起つた, だ, であたり, で一寸, となり, なところ, なり鷺, な夜, な廊下, に星, に知らるる, に繁つた森, の墓

▼ 眞~ (13, 0.2%)

1 [13件] からうれし, からさ, からの問題, から不平さうに云, から出る, から小室, から思ふ, から流れ, にはやはり, に陷, の覺悟, は情合, を見る

▼ 眞營道~ (13, 0.2%)

1 [13件] とも稱, と題する, なり統道眞傳, には事物, に在, に就き, の中, の内容, の原稿, の原稿本, の序跋, を公表, を讀んだ

▼ 眞~ (12, 0.1%)

1 [12件] この光, その南方, だかの, 唯一である, 安藤の, 實なり, 悧巧な, 支那の, 聖靈を, 辮髮種族で, 進退に, 騎射が

▼ 眞似た~ (12, 0.1%)

2 のである 1 くせに, ところが, のが, のであらう, もので, ものである, やうに, 人間が, 大理石の, 洋風建物よりも

▼ 眞~ (12, 0.1%)

1 [12件] だつた, だつたの, であるだけ, で考, なもの, なれもつと, な卒直, な而, な覺悟, になつて, になつて牛, に仰し

▼ 眞夜中過ぎ~ (12, 0.1%)

1 [12件] たるなるべし, でした, になります, のその, のやう, の丑刻, の劇, の往來, の明神下, まで何, まで机, まで追

▼ 眞白く~ (12, 0.1%)

1 [12件] ぞ富士, なつた唇, なつて, 咲きて, 塗つた外壁がかへ, 山に, 川口が, 成るのに, 手に, 柔らかなる, 死の, 清められて

▼ 眞~ (12, 0.1%)

2 樣に 1 か合, そんな新造, に戰車, に滑, に落ちた, に跳ね落された, やりは, 左うで, 自分獨り, 逃出す

▼ 眞劍さ~ (11, 0.1%)

1 [11件] がその, が溢れ, が見え, とはとうてい, などから考へ, に引ずられた, に打たれ, に釣り込まれ, は疑ふ, を感じさせられる, を街

▼ 眞只中~ (11, 0.1%)

2 にゐる 1 から自分, から飛躍, で燃えだし, に働く, に於, に行, に身, に飛び込ん, へ自分

▼ 眞盛り~ (11, 0.1%)

2 であつ 1 であるらしく見受けられた, です, で御室, となる, に村, に燃える, のなか, の今, の札幌

▼ 眞~ (11, 0.1%)

2 の文書, の記録 1 が三百年, にも出, の場合, の悲しき, の筆, の飜譯, は詔

▼ 眞黒い~ (11, 0.1%)

1 [11件] のが, 代用パンを, 山の, 樣に, 煤煙と, 熔岩に, 鍋な, 顏に, 顏を, 髯のも, 麥飯を

▼ 眞~ (10, 0.1%)

1 であると, といふ光, な律動, にあり, の一瞬時, の中, の内, の恐怖, へと伸び擴, へ更に

▼ 眞面目さ~ (10, 0.1%)

2 うな 1 がいつ, でそれ, とがあたり, とこの, に返つ, のかげ, もない, や思慮

▼ 眞~ (9, 0.1%)

2 あつて 1 ほにな, もとに, やどに, 分らない, 女の子を, 寇を, 幾多の

▼ 眞~ (9, 0.1%)

1 あつて, はある, はない, はなく, また最も, も無けれ, 主に, 今一つは, 堅固な

▼ 眞ツ白~ (9, 0.1%)

1 で滑, な肌, な肌の, な雲, になつ, になつたの, に引ツ, に晒された, に雪

▼ 眞二つ~ (9, 0.1%)

1 にした, になる, になれ, に割らう, に割れた, に割れます, に折れ, に破れ, に裂けた

▼ 眞~ (9, 0.1%)

3 の下手人 2 のこと 1 で御座いますが, になつて, の代人, の裸體

▼ 眞~ (9, 0.1%)

2 な骨 1 かだつた, で汚い, な柳, に, にし, になつて海中, の子供

▼ 眞~ (9, 0.1%)

1 があつ, がなかつた, が發掘, が表, と云, によつて書, に向, に赴く, を下る

▼ 眞~ (9, 0.1%)

1 かに迫つてさへ, な空, にきこえる, にゐる, に彼, に見下された, に響い, の菜園, へ出ました

▼ 眞~ (9, 0.1%)

2 目だつて 1 から打ち降された, になる, にびしりと何, に向け掛け, に對合, に見詰めた, 目だつた

▼ 眞~ (9, 0.1%)

1 たり得る, となる, に徹し, に於, に觸, に達した, は何處, を捉, を見なけれ

▼ 眞から~ (8, 0.1%)

2 改心し, 盡す 1 分離した, 卑しくは, 哀れつ, 嬉しさ

▼ 眞なり~ (8, 0.1%)

1 されどトロイア, せば, と云, や否, や否やそ, 僞や, 然るにピッカルダ, 美なり

▼ 眞ツ平~ (8, 0.1%)

2 だぜ 1 だ, だが, ですわ, で何, で少し, なり

▼ 眞似る~ (8, 0.1%)

1 といふ, とか久保田万太郎, のである, をのみ藝, んです, 寛政以後の, 東京振りは, 樣に

▼ 眞~ (8, 0.1%)

1 な努力, な苦笑, にそれ, になつて蟻, に一層, に取組む, に經驗, に考へはじめた

▼ 眞晝間~ (8, 0.1%)

1 でその, でも夢, に使, に日蝕, の事, の幕, の死, の白粉はげ

▼ 眞熊野~ (8, 0.1%)

2 の熊野 1 のすゞしき海, の山, の浦囘, の海かぎろひ, の羊齒, や那智

▼ 眞~ (8, 0.1%)

2 の筆意 1 が見られない, でありどれ, とすれ, と云, にある, を見る

▼ 眞~ (7, 0.1%)

2 と木刀 1 が仕込ん, だつた, で斬り殺し, は物々しい, を仕込んだ

▼ 眞~ (7, 0.1%)

2 井の 1 で豆腐, にし, 井, 井に, 井も

▼ 眞~ (7, 0.1%)

1 に徹せ, はこれ以外, を知らない, を解し, を解し得ない, を領, を飾る

▼ 眞和尚~ (7, 0.1%)

2 の像 1 と特別, のこと, の事, の傳記, は唐

▼ 眞太郎さん~ (7, 0.1%)

1 が入, だ, とは, に氣, の姉さん, は好い, を呼ん

▼ 眞~ (7, 0.1%)

1 といはれ, といひ, と無明, のうな, の月, の月影, を見る

▼ 眞~ (7, 0.1%)

1 いさご, つ原, であつ, と共に流れ出, に文, の乾, は穢れず

▼ 眞なら~ (6, 0.1%)

1 ば, ばこの, ばこれら, ばひとり, ば智, ば物皆すべて續

▼ 眞~ (6, 0.1%)

2 でなくとも, の存, の山越し圖

▼ 眞向う~ (6, 0.1%)

1 に一つ, に小さな, に見える, の大, の石垣, の表

▼ 眞志屋五郎兵衞~ (6, 0.1%)

1 が此, たること, と共に世水戸家, の名, の名義, は病

▼ 眞新しく~ (6, 0.1%)

1 さへ, その上, 土を, 新聞紙など, 格子は, 轉げ落ち

▼ 眞最中~ (6, 0.1%)

1 だつたの, でした, になつて堤防, に澁, の犯罪, や

▼ 眞近く~ (6, 0.1%)

1 て彼自身, に互に, に繋ぎし, に輝く, の家, 頸と

▼ 眞達さん~ (6, 0.1%)

1 が帰る, と云う, の事, までも悪, も誰, を殺すなら殺す

▼ 眞すぐ~ (5, 0.1%)

1 で後, にとぶ, に筒形, に自分, に進ん

▼ 眞とも~ (5, 0.1%)

1 おも, にアカイア, に母, 解らず唯, 離れ過去

▼ 眞~ (5, 0.1%)

1 とに, とに思遣, の六畳一, の小, の少時

▼ 眞中頃~ (5, 0.1%)

2 に日祀り 1 でどうにも, で向, にゐ

▼ 眞似する~ (5, 0.1%)

1 ともなく, のに, 事が, 者が, 譯には

▼ 眞俯向け~ (5, 0.1%)

1 に取り縋つた, に成つて, に流れ, に睨んだ, に行く

▼ 眞價以上~ (5, 0.1%)

2 によき 1 に見せ, に見せかける, に見積られる

▼ 眞~ (5, 0.1%)

1 だつたが, でも零下二十數度止り, の寒, の稻, を超え

▼ 眞名子~ (5, 0.1%)

1 の千鳥返し, の胸, の裾, をか, 小眞名子

▼ 眞實さ~ (5, 0.1%)

1 ういふ, がこの, が見られなく, に共鳴, を信じ始め

▼ 眞寺碑記~ (5, 0.1%)

1 があつ, が果して, に據, は明, を論評

▼ 眞~ (5, 0.1%)

1 から此處, で伊三郎, に繋い, の船頭權七親子, の船頭衆

▼ 眞意義~ (5, 0.1%)

1 が理解, と眞作用, に悟入, を咀嚼, を知らない

▼ 眞~ (5, 0.1%)

1 で何處, で言, などといふ語, になつ, になつて搜

▼ 眞精神~ (5, 0.1%)

2 を捕捉 1 に觸, に透徹, は他

▼ 眞~ (5, 0.1%)

1 とを檢査, に關, の見, を判斷, を辨別

▼ 眞~ (5, 0.1%)

1 なり, のやう, は自然, を失, を産んだ

▼ 眞黄色~ (5, 0.1%)

2 になつて 1 な公孫樹, な目, に熟した

▼ 眞なれ~ (4, 0.0%)

1 どもこれ, ば, ば否定僞, ば肯定僞

▼ 眞ツ先~ (4, 0.0%)

4 きに

▼ 眞ツ青~ (4, 0.0%)

1 でもいい, な色, になつ, に見え

▼ 眞~ (4, 0.0%)

2 にし 1 な月, な縁

▼ 眞~ (4, 0.0%)

1 にひ, に成つて沼, に落ちた, に落ちつ

▼ 眞~ (4, 0.0%)

1 だから, の和歌, の御家來白太夫樣, の臣

▼ 眞~ (4, 0.0%)

2 の山 1 から吹いた, の廣野

▼ 眞向き~ (4, 0.0%)

1 から照, な學問, な精進, の椅子

▼ 眞~ (4, 0.0%)

1 い農夫, だつたので, の凹み, の鑄型

▼ 眞~ (4, 0.0%)

1 ならねば, に, の關, や追

▼ 眞寺碑~ (4, 0.0%)

1 が現存, であるが, の所在, は支那

▼ 眞~ (4, 0.0%)

1 であつ, で横, のネツトリ, は追

▼ 眞~ (4, 0.0%)

1 の同, の如き, の祖先, は或

▼ 眞~ (4, 0.0%)

2 の光 1 の照り日, 明うし

▼ 眞暗闇~ (4, 0.0%)

1 でした, ではなかっ, の中, の廣漠々

▼ 眞桑瓜~ (4, 0.0%)

1 だのやたら, を剥いた, を買う, を食

▼ 眞正直~ (4, 0.0%)

2 をいふ 1 な人間, らしい先生

▼ 眞~ (4, 0.0%)

2 にかぶり 1 かにかぶり, なりからかさもみ

▼ 眞清水~ (4, 0.0%)

1 の, の常井, の水, やいつも

▼ 眞~ (4, 0.0%)

1 をあら, を知る, を見, を豫め

▼ 眞~ (4, 0.0%)

1 とさ, なす, もりぐすく, をのべたる

▼ 眞~ (4, 0.0%)

1 に關係, をさとりうべき, をさとる, を論じ

▼ 眞~ (4, 0.0%)

2 の懷疑論 1 の原因, の懷疑論者

▼ 眞~ (4, 0.0%)

1 であり醍醐味, に徹し, は古今同一, は恰も

▼ 眞逆さま~ (4, 0.0%)

1 にころがり込んだ, に落ちこん, に落ちた, に轉げ

▼ 眞間の手兒名~ (4, 0.0%)

1 のアツパツパ, の奧津城所, の汲んだ, は劇

▼ 眞間山~ (4, 0.0%)

1 と江戸川, の下, へ遠足, や龜井院此邊

▼ 眞~ (4, 0.0%)

2 の巡査 1 で下車, の濱

▼ 眞つ盛り~ (3, 0.0%)

1 日和は, 晝前だ, 菜の花畠の

▼ 眞であり~ (3, 0.0%)

2 善である 1 また神的

▼ 眞であるなら~ (3, 0.0%)

1 ばそれ, ばそれら, ば寒

▼ 眞でない~ (3, 0.0%)

1 と私, にし, ものは

▼ 眞といふ~ (3, 0.0%)

2 のは 1 ことは

▼ 眞ならざる~ (3, 0.0%)

1 三十七歳の, 苦しみを, 路に

▼ 眞みどり~ (3, 0.0%)

1 なの, の着物, の魚

▼ 眞中あたり~ (3, 0.0%)

1 にまことに, に四五人, を頬

▼ 眞似した~ (3, 0.0%)

1 て何ん, のが, 證據と

▼ 眞似すれ~ (3, 0.0%)

2 ば甲子 1 や小

▼ 眞似だ~ (3, 0.0%)

1 かあの, かガツタン, 正統といふ

▼ 眞~ (3, 0.0%)

1 と云, なりを讀ん, の智

▼ 眞僞善惡~ (3, 0.0%)

1 に關, の哲學上倫理上, の見

▼ 眞僞如何~ (3, 0.0%)

1 に關係, は斷言, を考へる

▼ 眞價値~ (3, 0.0%)

1 が疑はれた, に參, に從つて他人

▼ 眞~ (3, 0.0%)

1 に, に遊郭, の岸近く寄つて來

▼ 眞劍勝負~ (3, 0.0%)

1 である, でも申込ん, なる文藝

▼ 眞劍味~ (3, 0.0%)

1 がありました, が籠ります, もあり

▼ 眞~ (3, 0.0%)

1 には此, の友人, むく公孫樹

▼ 眞~ (3, 0.0%)

1 まだ知れざる, を疑つ, を論ずる

▼ 眞夜中頃~ (3, 0.0%)

1 になる, に暫らく, に枕頭

▼ 眞夜半~ (3, 0.0%)

1 の囁聲, まで私, 過ぎる頃

▼ 眞實味~ (3, 0.0%)

1 がありました, のある, をばよく

▼ 眞~ (3, 0.0%)

2 な顏 1 な色文

▼ 眞~ (3, 0.0%)

1 に別に, の記事, を訪ふた

▼ 眞岡木綿~ (3, 0.0%)

2 に町名 1 の紋付き

▼ 眞~ (3, 0.0%)

1 がある, はあらゆる, は人間

▼ 眞~ (3, 0.0%)

3 の王

▼ 眞~ (3, 0.0%)

1 が備後, も磐城殊, 及び同じく

▼ 眞日中~ (3, 0.0%)

1 で丁, とも言はず, の忍返し

▼ 眞暗い~ (3, 0.0%)

1 帳場の, 海に, 道を

▼ 眞津日子訶惠志泥~ (3, 0.0%)

3 の命

▼ 眞津比~ (3, 0.0%)

3 賣の

▼ 眞~ (3, 0.0%)

1 と稱, なり, の進退

▼ 眞爛漫~ (3, 0.0%)

1 といふこと, といふ奴, に現

▼ 眞物ぢ~ (3, 0.0%)

1 やありません, やない, やねえ

▼ 眞珠庵~ (3, 0.0%)

1 だつたか, も改築, を訪ね

▼ 眞生命~ (3, 0.0%)

1 に徹底, の流動, を遮蔽

▼ 眞白帆~ (3, 0.0%)

1 にいな, のはら, を掛け

▼ 眞白手~ (3, 0.0%)

1 しかと擁, に, もてともなひゆけ

▼ 眞~ (3, 0.0%)

1 で川水, なり, なりき

▼ 眞~ (3, 0.0%)

21 の雅號

▼ 眞~ (3, 0.0%)

1 が下, はも風, や山吹

▼ 眞~ (3, 0.0%)

2 が原 1 の外

▼ 眞~ (3, 0.0%)

1 に噛まれ, は横長, よりもず

▼ 眞言宗全體~ (3, 0.0%)

1 の上, の碩學, の青年諸子

▼ 眞言密教~ (3, 0.0%)

1 となり, は完全, を金剛智三藏

▼ 眞~ (3, 0.0%)

2 の姉さん 1 に彼

▼ 眞~ (3, 0.0%)

1 でした, に芥川夫人, の新しき

▼ 眞黒比~ (3, 0.0%)

1 賣, 賣に, 賣の

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 否かわき, 本所の

▼ 眞からの~ (2, 0.0%)

2 涙を

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 というの, なんて言つて垂涎

▼ 眞つくらで~ (2, 0.0%)

1 あつた, ただただ親分

▼ 眞でなく~ (2, 0.0%)

1 はない, 私が

▼ 眞とに~ (2, 0.0%)

1 毒です, 養生深い

▼ 眞には~ (2, 0.0%)

1 慥に, 關係は

▼ 眞~ (2, 0.0%)

2 止めずは

▼ 眞もし~ (2, 0.0%)

2 眞なら

▼ 眞より~ (2, 0.0%)

1 封書狂体十首を, 眞に

▼ 眞をば~ (2, 0.0%)

1 かれら, 世に

▼ 眞ッ直ぐ~ (2, 0.0%)

1 にまた, に白い

▼ 眞ツ最中~ (2, 0.0%)

1 にあちら, に平野屋

▼ 眞ツ蒼~ (2, 0.0%)

1 になツ, に苔

▼ 眞上の空~ (2, 0.0%)

1 は青み, を擘ざいて

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 が出, て奇怪

▼ 眞似よう~ (2, 0.0%)

1 としても餘程落着, と何人

▼ 眞似られる~ (2, 0.0%)

1 もので, よ

▼ 眞似れ~ (2, 0.0%)

2 ばお

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 の一派, 及び其派

▼ 眞僞混淆~ (2, 0.0%)

1 したもの, した材料

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 の一刀, の短刀

▼ 眞即ち~ (2, 0.0%)

1 己が, 肖像畫を

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 もなに, を掴む

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 がもと, なる棕櫚

▼ 眞境名翁~ (2, 0.0%)

1 の部屋, 初對面

▼ 眞~ (2, 0.0%)

2 に等しい

▼ 眞夜なか~ (2, 0.0%)

1 などに彼, に異

▼ 眞夜半近く~ (2, 0.0%)

1 だつたの, である

▼ 眞如實相~ (2, 0.0%)

1 といふ類, と云

▼ 眞宗と~ (2, 0.0%)

1 に於, は全く

▼ 眞宗寺~ (2, 0.0%)

1 で天台, で檀家

▼ 眞宗豐祖父尊樣~ (2, 0.0%)

2 がお

▼ 眞實感~ (2, 0.0%)

1 がある, を與

▼ 眞寺内~ (2, 0.0%)

1 に在る, に玄宗

▼ 眞廣げ~ (2, 0.0%)

1 にひき張り, の退

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 にぶつ, へ

▼ 眞志屋五郎作~ (2, 0.0%)

1 が金澤方, と云つて

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 の蔓, を鬘

▼ 眞日照り~ (2, 0.0%)

1 は諸, を歩く

▼ 眞晝時~ (2, 0.0%)

1 とぞなり, に起つた

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 か, こり松

▼ 眞正直さ~ (2, 0.0%)

1 の調子, を十分

▼ 眞流露~ (2, 0.0%)

1 の叫聲, の少年

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 が父王, の一族九人

▼ 眞珠小百合~ (2, 0.0%)

1 の唇, の花びら

▼ 眞琴君~ (2, 0.0%)

1 の, は昨年一月

▼ 眞痛み~ (2, 0.0%)

1 にいたむ, に泣き

▼ 眞白妙~ (2, 0.0%)

1 なり, に輝いた

▼ 眞白羽~ (2, 0.0%)

1 の, の君

▼ 眞白羽ゆら~ (2, 0.0%)

2 に飄

▼ 眞直ぐに~ (2, 0.0%)

1 取つて, 降つて

▼ 眞砂地~ (2, 0.0%)

1 に, や

▼ 眞砂路~ (2, 0.0%)

2

▼ 眞砥野比~ (2, 0.0%)

2 賣の

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 の事業, よさて

▼ 眞福寺本~ (2, 0.0%)

1 が最古, には淡海

▼ 眞種族~ (2, 0.0%)

1 の金, を大

▼ 眞空内~ (2, 0.0%)

2 の光

▼ 眞籬根~ (2, 0.0%)

2

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 であ, の部分

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 などと稱, を識ら

▼ 眞綱宛~ (2, 0.0%)

1 のハガキ, の先生

▼ 眞若比~ (2, 0.0%)

2 賣の

▼ 眞茂る~ (2, 0.0%)

1 木の葉に, 葉から

▼ 眞裸體~ (2, 0.0%)

1 になる, の富士山

▼ 眞西~ (2, 0.0%)

1 にあ, の朱

▼ 眞言之~ (2, 0.0%)

1 に次ぎ, に次ぐ

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 で上表, に直

▼ 眞蹟書訣~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 眞道哲論~ (2, 0.0%)

1 の中, 第二十七册以下

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 は元始天尊, は大

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 のつや, 吹く吉備

▼ 眞鍮磨き~ (2, 0.0%)

1 の逞, の釜

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 なす腕, の鏡

▼ 眞門村~ (2, 0.0%)

1 で今, で由緒

▼ 眞間山弘法寺~ (2, 0.0%)

1 は元眞言宗, を信仰

▼ 眞~ (2, 0.0%)

2 の背

▼ 眞鳥宿禰書寫眞筆~ (2, 0.0%)

1 とあり, は明治時代

▼ 眞鹿兒矢~ (2, 0.0%)

1 の, を手

▼ 眞~ (2, 0.0%)

1 な花, に染まつた

▼ 眞黒き~ (2, 0.0%)

1 珠の, 鋼鐵と

▼ 眞黒く~ (2, 0.0%)

1 なつて, 焦げたやう

▼1* [489件]

うつむけに寢, 眞かうにかざす, 眞くだりに, 眞落つこ, 眞もの上, 眞さやけき御裳濯川, 眞さんの境, 眞やかに日ごろ, 眞その物なる, 眞そのものにまします, 眞たるもの果して, 眞二つに, 眞つくらにて千葉, 眞つくろに日やけ, 眞つくろな空から, 眞でありますしまた, 眞でなかつたにし, 眞でなくいなまた, 眞でなければならぬ, 眞で疑はれないものとして, 眞として數學の, 眞とともにこれを, 眞とは生きるの, 眞ともに之を, 眞とを求めんと, 眞なか漕げる舟見ゆ, 眞などの隱者を, 眞なべ丸やけまつかん, 眞ならじ是故に, 眞ならずとしてこれ, 眞なりといふ咎惡意に, 眞なるごとくかの雙兒宮, 眞については人つとめて口を, 眞にもの靜かな, 眞はつらつたる童心, 眞ひるは人め, 眞まぎれもない, 眞美の, 眞よりも評をか, 眞に依頼, 眞らしくないことを, 眞らんまんだ, 眞ん中あたりは廣, 眞ん中のは佛事法事, 眞ん中五つづつ並べて, 眞ん中夕景近いと, 眞ん中神田向柳原, 眞ッ下の崖, 眞ッ先に飛ん, 眞ッ蒼になつて顫, 眞ツぱだかに投げ出して, 眞ツぴるまに突然發狂, 眞ツ紅にし, 眞ツ闇で, 眞ツ黄色に熟し, 眞ニ世界大戰, 眞ニ再建セラルベキ十年後ノ將來ニ存ス, 眞ニ東海粟島ノ孤立, 眞ニ融合統一シタル全世界史, 眞ン中ごろで通り道, 眞一つは熟女眞, 眞上地上からざつと九尺, 眞上空の極めて, 眞下あたりであつ, 眞下りに, 眞眞, 眞中どころに鎹, 眞中の瀬に下り, 眞中一ヶ所で止め, 眞中所の窓際, 眞中手に取れ, 眞中程に知覺, 眞靈性理證述友篇など, 眞事實と眞感想, 眞人々の心やり, 眞となつ, 眞以事にもなつて, 眞似こまねの風流, 眞似じやない, 眞似すぎたところも, 眞似すべきにはあらね, 眞似たるものならざるべからず, 眞似でなか, 眞似でないもつといい, 眞似なるを白状, 眞似ましたよ, 眞似やないか, 眞似ようたつて眞, 眞似られちや大, 眞似られない匂が, 眞似切れなくなつて, 眞佐アちやんの繪具, 眞佛了智教名明光親鸞の孫唯善, 眞作家と僞作家, 眞作用とを融會, 眞保良の奧, 眞個人臭い, 眞個其ノ自由, 眞個唯今行違ひましたばかり, 眞個天稟で誰, 眞個家庭を離れ, 眞個樂園ノ根基, 眞個決論ヲ英國ニ對シテ求ムベシト云フコト是レナリ, 眞個爲方が無い, 眞個父兄的愛情ヲ以テ, 眞個至情の文, 眞倒樣に落ちつ, 眞の間, 眞傳佛失を糺す, 眞傳卷首に聖人自然, 眞僞不明である, 眞僞之後有其沙汰, 眞僞善惡美醜の普遍的標凖, 眞僞明らかならず, 眞僞竄亂を調べ, 眞僞良否を識別, 眞僞論は南北朝, 眞先生の画いた, 眞の寒蘭, 眞入りの記事, 眞冬時であれば, 眞初めのもの, 眞になつて, 眞劍さうに聲をひそめ, 眞南風で車内, 眞古文の出現, 眞古文派との間, 眞可憐の話, 眞向いにあたる人氣, 眞向う山の端の空, 眞君木戸孝允公と深い, 眞和尚來朝の時, 眞和志村の安里, 眞に與へた作, 眞咲翁は井出曙覽, 眞唯中へ落込ん, 眞善美を創造, 眞善美三つの者, 眞え御暇, 眞とりはじめて, 眞と題し, 眞境名安興君などが尋ね, 眞墨田神社といふもの, 眞壁兩家の合戰, 眞でも高, 眞壽七十三歳の神靈竹内信治五十七歳神靈竹内日座定介改め, 眞夏三宅坂をぐん, 眞夏乍ら逞しい大, 眞夏來れり出, 眞夏女優村井紫玉を主, 眞夏日盛りの炎天, 眞夏火の天, 眞夏眞晝の醜, 眞夏祭太鼓の遠音, 眞夏私は輕井澤, 眞夏秋も鳴く, 眞夏過ぎ簾うごかす廂合, 眞夜ふけにけり, 眞夜中しんとして鼠一匹騷, 眞夜中二時だと, 眞夜中折からと申し, 眞夜中時刻も丁, 眞夜中死の床, 眞夜中近いでせう, 眞夜中近くですのね, 眞夜中近く彼のアパアトメント, 眞夜中過ぎ何者とも知れぬ, 眞夜中過ぎ鐵砲を撃たれ, 眞夜中頃往生院の門下, 眞夜半時分にある, 眞大師も錫, 眞太郎夫婦の部屋, 眞太郎眞太郎の姉, 眞如堂若王寺永觀堂南禪寺と伴, 眞如法親王が佛蹟禮拜, 眞如親王の師惠果阿闍梨, 眞れか, 眞宗と云ふもの, 眞宗僧には陸奧, 眞宗崩壞の音, 眞宗時宗それに教外別傳, 眞宗歸依者多ければ, 眞宗西漸の始, 眞の親, 眞の實, 眞の眞家源左衛門, 眞家源左衛門に先, 眞實いやといふ, 眞實げに表さう, 眞實らしからず, 眞實われに打明けよ, 眞實世界に對, 眞實何ものにも打勝ち, 眞實君には感服, 眞實吸ひとるかの, 眞實大衆を愛し, 眞實形に出し, 眞實彼の偉大, 眞實愛の主, 眞實懇ろにし, 眞實我身は獨, 眞實持誦然後彼金剛及彼蓮華二事相撃, 眞實歸りたくない, 眞實永遠なる改造, 眞實生活の虚僞, 眞實男うらわかき, 眞實私はこの, 眞實至聖の詩篇, 眞實菓子好の人, 眞實變ること, 眞實隱岐が何, 眞實顏色を變, 眞實風に感じる, 眞少女よ笑みかた, 眞に, 眞の布, 眞庭流の劍客, 眞などといふ字, 眞律師の來朝, 眞心はつひに, 眞心一つなれば, 眞心籠めて話し, 眞の二字, 眞志屋九代の五郎作, 眞志屋五郎兵衞二本傳次の二人, 眞志屋五郎兵衞清常藏西山遺事一部, 眞志屋十一代の壽, 眞志屋十二代の五郎兵衞清常, 眞志屋十二代清常であつ, 眞志屋十餘代の繼承次第, 眞志屋名前人五郎作が五郎右衞門, 眞志屋文書中の, 眞志屋最後の名前人五郎作, 眞志屋祖先の許, 眞志屋號拜領高三百石, 眞な崖, 眞性其理間不容髮乎, 眞性質および氏, 眞悲しみ思ひ定めて, 眞がわからなかつた, 眞意分明ならず異説, 眞感想とを語つて, 眞感神の靈活, 眞にベルナルドオ, 眞技倆を示す, 眞持阿良心及び良曉等, 眞探りて, 眞摯一點張で通し, 眞摯其物の如く, 眞摯敬虔の態度, 眞教等の微, 眞文字女眞語で上表, 眞新しかつた, 眞新しい長い丸太に, 眞日實信女文化十二年乙亥正月十七日と書し, 眞に於ける, 眞晝がた葬禮の鐘, 眞晝ひとり歩み來にける, 眞晝ものの靜, 眞晝ゑぐき埃に食い, 眞晝三人も附添つて行つた三千兩, 眞晝乍らなんとなく薄暗い, 眞晝何も彼, 眞晝斷崖の草むら, 眞晝時恰度課業が濟, 眞晝時椰子はあまり, 眞晝眼前の瀬, 眞晝私達が自動車, 眞晝經ちたる, 眞晝葡萄園山繭驢馬等目星しい同人雜誌, 眞晝郊外の廣, 眞晝間大勢の藝者, 眞晝間憑ものがした, 眞晝間露店の白い, 眞晝雨はげしけれど, 眞晝青岸ひたぶるに, 眞晝頃梅は咲いた, 眞の秋山雨後, 眞智識を積む, 眞最中往來には人, 眞最中拜みまする神さま佛さま, 眞最中男の眼, 眞最中飛電は帝都, 眞を着け, 眞なりや, 眞やただ, 眞は伸び放題, 眞と聳えし, 眞を美濃瓜, 眞の往き, 眞棍繁ぬき, 眞しじ貫きこの, 眞を持ち出した, 眞にいろ, 眞次氏の説, 眞正しくひと日も, 眞正一眞人とも云, 眞正銘紛れもない, 眞の通り, 眞である, 眞歸國之上同年十月朝鮮之譯官使對話仕候刻, 眞の消息, 眞氣日に衰, 眞水のか, 眞池洞から龍岡, 眞におも, 眞洞やみの世, 眞洞元洞神の三部, 眞洞覓めて行きぬら, 眞深い中に, 眞淵うしの縣居, 眞淵以下の歌よみ, 眞淵以後萬葉を貴ぶ, 眞淵服部南郭の墓, 眞淵自身もそれら, 眞淵集中の佳什, 眞演劇的なる藝術, 眞澄みわたる一の, 眞には當, 眞火宇宙の命根, 眞照云々楚忽之儀人怪之, 眞熊手に掻く, 眞營道三册とが掲載, 眞片隅ほとんど鋭角, 眞物そつくり裏, 眞物僞物の論, 眞率さを美津江, 眞率不二の場合, 眞率慘澹之を貫, 眞率憂思のひびき, 眞率直で自己, 眞率直截の書き方, 眞率眞劍な最も, 眞玉橋に出る, 眞玉橋南は世持橋, 眞玉花瓶手もろに, 眞珠太夫一人のため, 眞珠母色の空, 眞珠灣攻撃の報知, 眞珠珊瑚の玉, 眞珠等少なからざる, 眞珠船ついその, 眞珠貝を拾つて來, 眞珠青玉の色, 眞珠頸飾りのいりゆじ, 眞琴氏等その他澤山の友人知人, 眞の豫想, 眞生活に躍, 眞生目な表情, 眞男鹿の肩, 眞畫間にさらけ出された, 眞を探つた, 眞白げの眠り, 眞白川原にわれ等, 眞白毛や雪深谷, 眞白片帆の舟歸, 眞白百合君に添, 眞白雲わびしきかなやとびとびに, 眞白雲峰に垂, 眞白髯かき垂る老, 眞皇人に授け, 眞皇帝となつ, 眞盛り時房州海岸を半月あまり旅, 眞な顏, 眞目面で思ひ込ん, 眞相ニ通ズル者ヲ以テ直接ニ法官ト對セシムル能ハズ, 眞相一たび世間に暴露, 眞相果シテ如何ナリシカ未ダ明言スル事能ハズト雖モ, 眞着手の處, 眞砂年は十九歳, 眞砂座に立籠つて, 眞砂町田町川勝前から柳町, 眞の堅石, 眞神社は, 眞福寺本サに當, 眞秀ろの隱らく, 眞秀處にぞ國, 眞空中における, 眞空等に入れ, 眞空管との入, 眞の細い, 眞箇シヤイロツク的人物となツ, 眞箇何も彼, 眞箇偶然に得られた, 眞の氣, 眞紅眉墨はとけ, 眞紅色をした, 眞紅赤薄樺, 眞素木にワク, 眞素膚に飜, 眞の菖蒲, 眞經冲虚眞經などと稱, 眞綱君が持つ, 眞綱皆川正禧野上豐一郎森田草平内田百間みんな大男と言つて, 眞の翼, 眞義先生でなかなか, 眞破には, 眞能立ならば, 眞至聖のもの, 眞でも有る, 眞臺灣に於ける, 眞し, 眞菰河骨或は赤褐黄緑その他樣, 眞葛周玄先生という斯, 眞葛周玄黄八丈に黒縮緬, 眞葛川に加茂, 眞なす浪, 眞が其, 眞の納戸代り, 眞裏庭續きの, 眞裸足に先生, 眞解感興の旺溢, 眞言七祖像の中, 眞言中の眞言, 眞言五祖像によりても想像, 眞言亡國禪天魔を叫んだ, 眞言其他の諸宗, 眞言宗と見えて, 眞言宗中學林の校舎, 眞言宗各派の管長, 眞言宗豐山派の豐山, 眞言密語中の密語, 眞言律で魚, 眞言律宗の僧, 眞言祕密の靈跡, 眞言藏下卷參照, 眞諦三藏が南北印度交通, 眞諦三藏等が實利一點張り, 眞賢木を根, 眞になつ, 眞蹟書訣一卷の研究, 眞近い所に, 眞近く來て, 眞近く側に來, 眞近く寄せ來り, 眞道等の上表, 眞達さん一寸聞きねえ, 眞達さん何の御用, 眞達さん冗談じゃねえおいお, 眞達どんも一緒, 眞達はんが来ました, 眞達手前はな, 眞那加のやう, 眞部洞元部洞神部の名目, 眞重通稱は何と, 眞鍋嘉一郎教授が當時, 眞鍋氏がその, 眞鍮札さ中に彫つ, 眞鍮板で形, 眞鍮煙管を吸口, 眞鍮簪に銀流し, 眞鍮臺に銀流し, 眞鍮鑄鋲石絨衞帶彈心衞帶等に至る, 眞鍮鮫も新, 眞か, 眞でも重い, 眞鑄時計だと, 眞間の手古奈が昔, 眞間下に鈴木院, 眞間京成線路側の賣, 眞間山弘法寺の下にある, 眞間山日蓮宗弘法寺の支配, 眞間田へ運搬, 眞間近くへ送り就け, 眞闇がりのなか, 眞闇ゆ蟲のまひ寄り, 眞階下に休ん, 眞面目さうだつた, 眞面目さ今夜こそ命, 眞面目ぢやない, 眞面目切つた顏つき, 眞面目此等が萬葉, 眞面目派もある, 眞面目腐らんでも遠藤さん, 眞面目臭つたやう, 眞面目臭つた顏をし, 眞面目顏じつと, 眞頼横山由清小中村清矩榊原芳野佐藤誠實等諸君, 眞にふりかざし, 眞になつて, 眞に物, 眞骨頭ナポレオン・ボナパルトの颯爽, 眞やあはれ, 眞鳥竹内宗義等の眞筆, 眞鶴近海の魚漁談等, 眞鶴駐在所に勤務, 眞黒ぢやない, 眞黒清水谷の常吉, 眞黨與と目す