青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「立て~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

立ち~ ~立っ 立っ~ ~立った 立った~ ~立つ 立つ~ ~立つた 立つた~ ~立て
立て~
~立てた 立てた~ ~立てる 立てる~ ~立場 立場~ ~立派 立派~ ~竜 竜~

「立て~」 10284, 111ppm, 959位

▼ 立て~ (6170, 60.0%)

228 いた 179 いる 87 いるの 59 ある 40 笑った 37 いたが 31 ゐた 29 あった, いたの 27 笑つた 23 いるよう 22 ゐる 20 いました, 流れて 19 話して 17 居る 16 あって 15 ゐるの, 飛んで 14 いるところ, しまった, それに, それを 13 いて, いるが, いると, おいて, その上, 泣き出した 11 あるの, います 10 いること, 下さい, 居るの, 泣いて, 置いて, 行った 9 いたので, みると, 手を, 泣いた, 私の, 落ちて, 見ると, 顔を 8 いるという, いるん, きた, やって, 出て, 床の, 燃えて 7 これを, 人を, 居た, 居ります, 来たの, 自分の, 言った, 走って

6 [12件] あります, いたから, おります, くれ, しまいました, そこに, みた, みたが, 来て, 来る, 歩いて, 笑いながら

5 [18件] いたもの, いるその, いるばかり, いる間, しまったの, ゐるん, 二人を, 動いて, 居りました, 彼の, 泣き出しました, 私を, 笑い出した, 行くの, 見て, 進んで, 降って, 鳴った

4 [36件] ありました, いたん, いても, いるうち, いるに, いるもの, いるらしい, おいたの, くる, その下, その中, もらって, やろうと, ゐたが, 二人の, 云った, 唇を, 坐った, 居ると, 来た, 死んで, 泣き出して, 眠って, 笑ったが, 笑って, 笑ひ, 置いた, 自分を, 行くと, 見た, 読んで, 走つて, 這入って, 通って, 階段を, 鳴る

3 [94件] あったが, あるから, ある小さな, いうほどの, いたよう, いながら, いなければ, いますから, いますと, いるから, いる人, いる最中, おく, おけば, おりました, おりましたが, からからと, くれる, こっちを, これに, しまって, しまつ, しまひました, そこへ, その先, それへ, どうと, みても, みる, ものを, やる, ゆこうと, ゐました, 一種の, 両手を, 二階へ, 今度は, 仕事を, 來ました, 例の, 入って, 内側へ, 原の, 叫びました, 叫んだ, 地に, 地上に, 坐って, 外へ, 夜の, 女は, 家を, 床に, 廻って, 後に, 揺れて, 救いを, 歩きながら, 歩き出した, 水の, 泣きだした, 深夜の, 父の, 畳の, 盛んに, 私は, 笑う, 笑うの, 笑ふ, 答えた, 置かねば, 置くこと, 置けば, 考えて, 聞くと, 肩を, 自分は, 行く, 行けば, 襲って, 見せる, 見ても, 走った, 身体を, 通った, 長火鉢の, 開いた, 雨が, 雪が, 電車が, 静かに, 風が, 飛びのいた, 驚いた

2 [270件] あたりを, あったの, あった高札, あつた, ありそれ, あり上, あるし, あるその, あると, あるばかり, あるもの, あるよう, あるん, ある几帳, ある古い, ある建物, ある様, いいました, いこうと, いたこと, いたし, いたって, いたという, いたひには, いた時, いた槍, いた頃, いつまでも, いては, いない, いましたが, いますが, いよいよ寂し, いらっしゃるの, いるか, いるかという, いるかも, いるだけ, いる事, いる光景, いる大釜, いる家, いる様子, いる自分, いる車, おいたもの, おりますが, お文, お目, お笑, お花, きたので, ください, くれては, こちらを, この家, こんどは, さまざまの, しずかに, しまうの, じっとその, すが, すっかりその, そうしてその, そこから, そこの, そのお, その側面, その前, その場, その日, その男, それが, ついに平四郎, てんでにこつてりした, どうする, みたり, みて, やらう, やらなければ, やると, やろう, ゆくため, わたしを, ゐたの, ゐたので, ゐたり, ゐるよ, ゐるらしい, ゐるらしいの, ガラスの, ドアを, ブルブル慄, 一切の, 一同は, 一年に, 一歩一歩と, 一緒に, 上の, 並べて, 二重に, 二階の, 云うの, 人の, 仏蘭西戦場の, 仰向けに, 何か, 何に, 個々の, 倒れた, 僕の, 元の, 兄を, 全身を, 出されるの, 割れた, 助けを, 口の, 右と, 吹いて, 吹き過, 呶鳴った, 啼いた, 噛んで, 塩を, 大勢が, 大通りを, 子供の, 子供を, 客に, 室の, 家へ, 寄りつけないので, 小口を, 居たの, 居ない積雪, 居りましたが, 居りますが, 居るので, 居るらしい, 居るん, 山の, 崩れて, 帰った, 帰って, 帽子を, 庭の, 廊下を, 彼は, 彼らの, 彼方の, 往来を, 往返りし, 後の, 後を, 恋を, 息を, 患者の, 手向ふ, 揺れはじめた, 斜に, 斬る真似, 日本に, 書く事, 最後の, 来たが, 来るの, 東京へ, 枝から, 梯子段を, 横に, 機関銃が, 歯を, 母を, 気違いの, 水に, 汽車が, 沛然と, 泣きました, 泣き出すので, 泣く外, 流れる水, 湧いて, 源太郎は, 火を, 無数の, 煙草を, 燃えると, 燃える松明, 物を, 生徒を, 申しましょう, 町の, 町を, 疾走し, 盥の, 目を, 目塗を, 相手の, 真っ赤に, 眼の, 私に, 笑いだした, 笑う者, 笑ひ出した, 紫冷やき, 続いて, 締って, 縄を, 繰り返すの, 置くと, 置くの, 考えたの, 考へるの, 耳が, 聞いて, 自分で, 舷に, 花を, 落ちる, 行かうと, 行かなくちゃ, 行かなければ, 行くうち, 行くこと, 行くところ, 行く暮し, 行こうと, 行ったよう, 行って, 見せた, 見たって, 見たところ, 見たの, 見たらその, 見たり, 見ましたが, 見よう, 見ること, 覗いて, 詳しく話し, 説明し, 貰ふ, 走り出て, 走る水, 足を, 身構えた, 追っかけて, 通つて行く, 進ぜましょうかな, 過ぎて, 闇の, 降つて, 降りしきって, 降りて, 降るこころよ, 集まって, 雨は, 雪の, 頤を, 頭を, 頸を, 風の, 食うこと, 食って, 首を, 香は, 騒ぎ出した, 鳴いて, 鼻を

1 [3729件 抜粋] ああいう, あげて, あちこちの, あったはず, あった例, あった屏風, あった赤地, あの森, ありゃしなかったじゃ, あるきり, あるに, ある二本, ある娘, ある火箸, ある研究ノート, ある金屏風, あれだけの, いうに, いきなり今, いさっし, いたぜ, いたらおそらく, いた上方方面, いた周囲, いた旗二郎, いた私, いた野次馬ども, いつて, いない人間, いなないて, いまなお, いようといった, いるかたわら, いるさびた鉄ストーヴ, いるといった, いるのに, いるらしいが, いるわけ, いるランプ, いる人たち, いる何百人, いる劒岳, いる家臣, いる当の, いる政治, いる木村, いる湯, いる癖, いる繃帯, いる若い, いる阿賀妻, いる鮨屋, い味噌, うたうこと, うんうんいっ, おいたはうが, おかないと, おきたいと, おくべきであつ, おく竹切, おっしゃって, おどろいた, おられながら, おります初, おんおば上の, お君, お怒り, お祭り式, お角, お高, かきむしりかきむしるの, かみ合って, がたがたと, きた人, きれいに, くだされ切腹, くれたさ, くれて, くれること, くれろという, けり山風は, こする仕事, このたび, この命令, この犬, こほろぎあゆむ疊, ころげて, ご都合, さておのおの, さわぐこと, しきりと, しっぽを, しまう, しまっては, じっとし, すすつた, すわり直した, そいつの, そっとこちら, そのこと, その体系, その可憐, その心, その柱, その肩, その錐, その頭分, それで君, それらの, たおれて, だが自分, ついて, つまりあの, とろりと, どきん, どんどん高空, なぜ僕, ねむって, はいって, はらばいかたわら, ひしめき合って, ひととおり今度の, ふたは, ほおづえをつきじっと, ぼうぼうと, また虚空遥, まぶたの, まん, みせる学, みたらどう, みようと, みれば, むしゃぶりついて, もう一声, もがく娘, もらいたい, もらおう, やったもの, やや食い疲れ, やりたいや, やること, ゆかなくちゃ, ゆくこと, ゆく暮らし, よく国家, より二十年, わざわざおまえ方, わらふこ, ゐた叉手, ゐますけれど, ゐるし, ゐるジヤツカル, ゐる木馬館, ゐる私, ウスと, ガタピシする, クカラチャクカラチャと, サヤサヤと, スケッチ帳を, ツイあんな, ハラハラと, ピシャピシャと, プラットフォームに, マンに, 一々それ, 一人の, 一列に, 一度に, 一日から, 一歩ごとに, 一瞬に, 一銭活動の, 七輪か, 三原橋の, 上つ, 上衣は, 下さろうという, 下僕を, 与惣次を, 両手で, 中折帽を, 主義主張の, 了って, 二回までも, 云えば, 五郎を, 人へ, 今にも東海道, 今行った, 仙波に, 仲たがいした, 伝馬船は, 低級神話の, 体系化し, 何とも知れぬ, 何山の, 來た, 侵入し, 俯向い, 倒れ白い, 働くかと, 先に, 入つた, 全軍, 兵は, 内は, 写経を, 出した, 出馬した, 切り始めたが, 別に家光公直々, 前にも, 剣付き鉄砲を, 勃然と, 勝手な, 匂いすいこみつつ, 千世子の, 半身を, 厳重に, 参りまするが, 収入の, 取捨選択を, 叩きつけられるの, 右手に, 同情を, 吸い立てながら, 吹き付ける焔, 呉れるから, 周瑜の, 呼び求めます, 唸り出した, 啜りながら, 喚び合った, 喰つてか, 囚人の, 四谷見附の, 固く殻, 在り対, 地方巡業を, 坐り両, 報知し, 壁を, 売り出したの, 外国風に, 大いに力ん, 大した有閑マダムぶり, 大御食獻らむとする時, 天下の, 奥の, 妻木君を, 嫁に, 學んだ事, 宗太郎は, 家ン中へ, 寝る用意, 寝込んで, 小女郎, 小言を, 少年を, 居たが, 居ます, 居るばかり, 居る大剛, 居る道理, 屍體の, 崖とは, 川を, 左手で, 席を, 帰り去りぬ, 干割れるの, 幽かに, 床を, 庭へ, 廊下の, 弁信に, 引き開けられかねないドア, 弦之, 当った, 彼との, 彼等の, 後ろへ, 御切手町, 御隠居, 微笑む鹿之助, 忠実に, 怒り出したが, 思い出して, 恐ろしい眼, 悩まし気, 憂いを, 戴きたいという, 所長が, 打ちなど, 打込んだ, 押えながら, 拝んだり, 指揮に, 捕手が, 掛けて, 揺って, 攻め競う味方, 散る秋, 整理の, 斬ったよろこびを, 新参の, 日下部が, 日頃にも, 明らかに, 景色を, 暗やみに, 曳いて, 曹操は, 朝倉義景と, 本郷追分の, 村から, 来たもの, 来た馬印, 来るほどの, 東洋を, 枯らしたり, 栗の, 検事の, 横わっ, 檻に, 歌よむ, 歩いた, 歩くの, 死したり, 殆ど絶間, 毒矢毒槍を, 氣違ひのやうにな, 水柱が, 汚ない哄笑, 沈んで, 油障子を, 泡立ち微か, 泣いたん, 泣きだして, 泣き伏すの, 泣き狂った, 泥濘って, 活動し, 流れはじめたは, 流れ込んで, 海から, 消去を, 渡ったかと, 湧き出で, 源氏は, 滝太郎の, 瀧の, 火箸で, 点火したる, 無限の, 焼け跡へ, 煮えこぼれた, 熱さ, 燃え上って, 父子別居についての, 物が, 特別の, 独身通し, 猫の, 王と, 生きずには, 田圃の, 申し上げません, 町中の, 異様に, 病気本復を, 白く染め, 白雲に, 皇太子と, 目かくし, 直ぐその, 相手と, 眠り続けた, 眼を, 矢代の, 砂を, 砕け散った, 祖先は, 福松に, 空中に, 突き進んで, 窓から, 立ち上ろうと, 立案すれ, 笑いくずれました, 笑い出して, 笑う用意, 笑ひたく, 答えました, 箱の, 紆濤は, 終には, 綿帽子の, 置いたの, 置かうかな, 置き時々, 美味そう, 習得し, 考えを, 聖堂に, 聽い, 胸を, 腕組みを, 自分たちの, 自動車用鳥打帽子の, 舌を, 舵を, 色々やっ, 苦しませたとは, 草を, 菫の, 落ち込んで, 薄の, 蜀軍と, 蠢動し, 行かれる気, 行くため, 行くよう, 行く女, 行けないので, 行つたお, 行進するだろう, 袴の, 裸にな, 襤褸を, 見せられぬの, 見たくなるん, 見ますから, 見る見るうち, 見送人, 観抜いて, 言えば, 訊きたいさうだ, 試合の, 話すから, 説明する, 読むと, 講ずるの, 谷底へ, 負けぬ気, 貰うそれだけ, 貰は, 賜わった, 赤褐色の, 走る自動車, 足の, 跳びながら, 踵で, 身を, 軋み出る気配, 軒の, 轟きわたって, 近づいて, 述べないと, 追い越して, 逃避する, 通過する, 進ぜるん, 進めば, 運転し, 道糸に, 選択する, 部屋中をの, 都までを, 釜に, 銭形平次の, 鎌倉の, 長いあいだ, 長秀の, 閉まると, 開く音, 降つて來, 陸に, 隣り近, 雨戸の, 霰と, 静かなる, 靴の, 順序立てた, 頸動脉を, 風外を, 飛び上がった, 飛び去って, 飛ぶと, 食う, 飲み乾した, 馬の, 駆け出した, 駒を, 驚いたの, 魚屋の, 鳴きます, 鳴り出した, 麗姫が, 黙って

▼ 立てながら~ (426, 4.1%)

4 え果さい, 眼を, 自分の 3 いつまでも, 右往左往し, 歩いて, 雨は

2 [21件] それこそ, つかつかと, まだ燃え, ゆっくりと, 動いて, 口を, 尾を, 床の, 廻って, 水の, 燃え出したばかり, 燃え沸つて, 父は, 玄関へ, 神山富江が, 私の, 絶えず私, 走って, 部屋中を, 門前に, 頭を

1 [360件] あがって, あちこちと, あんなにも, いいました, いかにもひもじ, いざ走ろう, いふ, うち消した, うつとりと, え果たさいで, おつかな, おどけた連舞, おのが, おのれの, おりんが, お妃, お米, お縁, お静, かえってゆく, くだけるの, ぐいと開けた, ぐっすりねこん, ぐんぐんやって来る, ぐんぐん走っ, こうして笑い合った, ここに, こちらへ, この, このあと, この金切声, これには, こんな事, さうし, ささやいた, さっさと支度, ざざざざと寄せ, しかし彼, しきりにコップ, しずしずと, すぐ自動車, せっぱから, そう呟いた, そこでスパリ, そこに, そこへ, そのか細い, そのまま向う, その口, その場, その広い, その渦, その男, それと, それも, ぞろぞろ歩い, たちまち鉢一杯, ためて, ちょいと, ちよこまかと, つつましく食事, とうとう三匹, どうもこの, どこかで, なおも必死, なぐりつけ蹴りつけて, にごった水, はあはあはあはあふい, はぐれた伴侶, ばたり, ひどく長い, ひょいと顔, ふと死体, ぶつかって, ぼんやり頬杖, また元, また独言, まだ五六里先, まだ靄, まっさ, まるで風, みんなが, むしや, もう一度階下, もう一本, もう約束, やがて明け方, やって, やってくるところ, わが第, ウーウーと, カーヴを, キュッと, クレーヴン探偵の, グッタリと, コップに, セエラの, セカセカやってくる, ドンナに, バッタリと, バルタザアルの, ヒョロヒョロ逃げ廻る, 一刻一刻徐々として, 一息に, 一散に, 一方では, 一生懸命に, 一道の, 丁寧に, 不安の, 不平なる, 中から, 乞食の, 二つに, 二度三度躍り上っ, 二階へ, 云った, 京を, 人波を, 今の, 他方へ, 何かを, 何時もの, 俺に, 停まって, 傍に, 傾斜し, 僕たちの, 僕に, 僕の, 先を, 全速力で, 六尺入道玄長法師が, 其下を, 出て, 刀の, 切通しの, 前川邸近い, 勾配の, 十一時にも, 叫んだ, 合わせ敬礼, 同時に勉強, 同時に古びた, 周圍の, 咳を, 噛んで, 四方を, 地上を, 地響打っ, 堂々たる姿, 場を, 塒に, 塞がれて, 声を, 売って, 夕闇の, 外から, 夜目にも, 大まわり, 大川の, 大役に, 大玄関, 大理石の, 女の, 孟獲, 学資の, 安らかに, 完全に, 宙を, 宮古の, 家の, 容易に, 富士の, 寒いので, 寝台の, 寝室を, 寢室を, 小流れ, 小鳥の, 嵐の, 左程の, 市場町の, 帰つてゆきました, 帰つて来た, 引き上げました, 引金へ, 当然の, 彼女は, 彼等は, 往来に, 後へ, 後退って, 後退りし, 徐行を, 得たる祕法, 得意そうに, 必死の, 応答した, 息子の, 悠々と, 悠くり十時を, 悠然と舞っ, 悲しげ, 我鳴りこん, 手押車を, 押し寄せて, 拍手を, 拒むの, 振返った, 教室を, 文に, 文字通り千仭の, 日ね, 日比谷から, 日記を, 明け放れた, 時折呟い, 暖かい家庭, 暮して, 最も冷静正確, 服叩きで, 木と, 村を, 横に, 橋を, 次第次第に, 次郎の, 歩み始めた, 死にもの狂い, 毬を, 水島君は, 水掻で, 水煙を, 江戸じゅうを, 池上は, 沖の, 流れて, 流れてを, 涙も, 涙を, 渡舟の, 渦巻き流れ, 溶け始めた, 滑降し, 潮は, 点して, 焔と, 無断引用を, 無暗に, 焼けて, 燃えるの, 燃える時, 燃え落ちた, 父の, 片足を, 牢の, 狼の, 猫を, 玄関の, 生き抜こうと, 疎い歯, 疾駆し, 登って, 登壇した, 盛んに, 真蒼, 眠って, 眠るので, 眼にも, 着物を, 矢の, 知り合いの, 砂地を, 祖母が, 私から, 私たちは, 私を, 移して, 空を, 笑い入った, 笹村の, 答えた, 素早い手付き, 細かく震動, 組合で, 絵画的な, 絶えず廻っ, 絶えず涌い, 絶えず落下, 緩やかに, 縞目の, 織って, 繻子の, 老獪そうに, 胸の, 自国内に, 舷側へ, 船が, 船体を, 芳太郎の, 草の, 草鞋の, 薄氷の, 行く手に, 行った, 街燈の, 街路に, 見て, 見送って, 言うの, 言ったり, 誰とは, 谷底へ, 豆でも, 走った, 走つた, 走りだすそうして, 走り去った, 起き上って, 起ち上つた時, 足もとの, 足もとへ, 辷り込んで, 近よって, 逃げ出して, 逆巻く流れ, 這入って, 通つてゐる, 通り過ぎて, 通用口から, 逸走し, 部屋へ, 酒を, 銀の, 銭を, 長い廊下, 閉まつて, 降って, 降りた, 隅の, 階段を, 階段をの, 雪崩れ落ちた, 静かに, 靜に, 風が, 風の, 飲んだ口元, 飽くまでも相手, 馬の脚もとへ, 馳け, 駈け廻って, 駕を, 骨の, 麦打ち場から, 黒, 黒黄斑の, 鼠色の, 鼻先を

▼ 立て~ (377, 3.7%)

6 桃の 5 小判が 4 ように, 頭を, 顔を, 馬車が 3 靴を, 餅の, 馬の, 馬車を

2 [24件] い, ご飯の, ために, やうに, ホヤホヤの, 中に, 品の, 墨を, 居合いの, 手拭です, 木連格子に, 板には, 犢鼻褌を, 玉蜀黍を, 畳の, 白い馬, 白木綿の, 雪位軽い, 青葉の, 馬車に, 馬車や, 髪に, 髪を, 麻裏の

1 [290件] いい女房, いっさいを, いも位にゃ, うえにも, うわさに, おいしさうなの, お供えの, お餅, かまえなので, から三十歳前後, きれいな, ころだった, ごときもの, しゃれた馬車, そりが, ためその, ない方, なかで, はだし足袋切り立ての, ほやほやだ, ほやほやな, ぽかぽかした, まま筵が, みずみずしさ, ものが, ものを, やうである, やうな, やさしいつつましさ, ような, わたしに, を歯, を而, アツプルパイを, カステーラみたいに, コールタールだ, ドキドキする, バケツを, バナナの, パリツと, フェルト草履の, フロックを, プチ・パンなどを, ホヤホヤ, ホヤホヤだった, ホヤホヤで, 一芸が, 上がりばな, 上にまで, 上等の, 下駄に, 丸太が, 丸髷頭で, 事柄は, 件で, 件を, 伸し餅を, 体を, 信号です, 側に, 優しいあの, 優しい良い娘, 兵たちも, 典型と, 冷たい水, 分が, 切炭の, 前に, 前へ, 単純さに, 古玩, 合掌式の, 合理的変化である, 味噌汁の, 品とは, 四つばかりの, 土方を, 坊主頭の, 墨の, 墨跡が, 外套を, 大きなあんぱん, 大きな橇, 大円髷水の, 大部分, 天神髷を, 女だ, 妻君を, 子に, 子供の, 季節であった, 学生で, 寸劇を, 小判ばかり, 小判を, 小笠原流で, 小謡を, 山羊の, 山高帽を, 島田が, 島田や, 島田を, 島田髷が, 島田髷も, 島田髷背高く, 崖で, 崖である, 巌の, 巌一枚一方は, 帽子が, 帽子や, 平家の, 広告は, 庖丁を, 後で, 後藤小判が, 御守殿髷, 御飯の, 感じは, 成上りであった, 手帛の, 手拭が, 手拭とを, 手拭を, 提灯を, 支度を, 新身じゃあ, 方が, 方へ, 日の, 日は, 早駈け, 春の, 時も, 晴れて, 暖かい御飯, 曖昧な, 木の, 木柱を, 林檎を, 果物の, 柔し, 栗も, 桃は, 案を, 桜ん, 樹の, 橋本関雪さんが, 歌が, 正確な, 歴史, 汚ない, 沙汰が, 泥壁を, 洋品屋で, 浴衣に, 湯氣の, 濃い墨, 灰を, 炉の, 為に, 焜爐や, 熬しが, 熬しの, 熱飯に, 牘鼻褌に, 牛乳に, 牛乳の, 牛乳を, 牡丹の, 物である, 物なら, 玉子の, 珍らしい, 甘藷を, 生壁で, 生花を, 町の, 番傘でありました, 白い湯気, 白い胸布, 白木の, 白襟を, 白足袋が, 白足袋それを, 白足袋を, 白馬と, 眞鍮の, 真新しいもの, 真蒼, 真青で, 筆を, 米庫の, 粟餅に, 系図には, 純情を, 紗で, 細根大根を, 絹帽と, 羅漢豆が, 美男であっ, 羚羊亭主の, 羽二重餅の, 職業婦人たちの, 胴巻きに, 脊廣に, 自分を, 舷側の, 良い女, 良い娘, 艶や, 芋の, 芙蓉を, 花で, 花の, 花を, 若衆が, 苺を, 茶を, 草履が, 菊の, 葉子の, 蒼みがかった, 蓮の, 蔭に, 薫りの, 藁家の, 虎斑頭と, 術が, 衣裳が, 詞章から, 謡と, 豌豆の, 赤ん坊を, 赤ン坊は, 赤子の, 足袋を, 軽馬車, 銀杏が, 銀杏返しが, 銀杏返しに, 銀杏返しの, 鋏穴の, 鎌で, 長靴腰の, 障子を, 雁皮を, 雪が, 雪は, 露西亜パンを, 青年浪曲師だった, 青草を, 青表紙, 青鬚, 靴に, 靴下の, 頤を, 頭が, 頭では, 頭へ, 頭目鼻立ちも, 頭髪や, 額を, 顎も, 顔で, 風を, 飯ごとを, 飯の, 餅, 餅だ, 餅でした, 餅も, 餅菓子と, 饅頭に, 饅頭の, 馬が, 馬に, 馬鈴薯が, 驢車に, 高等商業の, 髪と, 髪剃り, 髯を, 髷や, 髷節に, 鬚の, 魚, 鮪の, 鯛を, 麦飯の

▼ 立て~ (259, 2.5%)

3 家内には, 立つほど 2 二階も, 信雄が, 川上に, 正午の, 此處をば, 眼に, 秋の, 腰が, 頭の

1 [235件] あさ朝顏, あんまりなり, いいと, いいの, いうまでも, いかづちすなり義州, うしろには, おのれを, お前の, お邸内自然不用心, お銀様, お隣り, お靜, かかる願い, かくいひ, かけひの, があ, ここには, こなたにも, このこと, この山, この本原的, これらの, さてはいづれ, さながら深山, すでに述べた, すでに関中, ずくしも, そうでない, そこには, その悲しみ, その時, その顔, それで, それでもう, それでシヨフアージユ・サントラル, それで好い, それは, それらの, それわ, たつゐれば, どちらの, なおるだろうから, なつかし白芥子, なみ立てる, はるかに, ひそやかに, ふるさとの, ほとんど瞬間, またどう, みんな実行する, もう方向, もっと色々異, やがて早, やすい事, やはりあなた, やはり我身, やはり遊子, ゆがんだ音, よいがと, よく大刀, わしの, イヤでも, ナスタシヤムの, フイに, 一丁あまりも, 一列横隊に, 一厘二厘の, 一対二・九分の二と, 一目直に瞭然, 一老人ひよこ, 三山を, 三時には, 不完全な, 不滅を, 二方へ, 二日, 些細な, 何を, 何人と, 何処までも, 何千何万の, 何故に, 余吾琵琶は, 先覚者にも, 全宿, 八十三郎も, 公子と, 冬枯れの, 処士横議は, 十方望みえぬ, 十矢百矢も, 午後より, 同時にまた, 咽喉の, 喜んで, 喧嘩の, 喬木に, 国許に, 夕には, 大ビラ, 大丈夫じゃ, 大阪は, 大雪山の, 天外の, 天津北京の, 夫で, 女性同士で, 子には, 孫呉の, 宜い, 家が, 將來の, 小牧山は, 小雨ふりきぬ梅かをる朝, 届く低い, 市民と, 常磐線の, 幕府を, 座ったもの, 建築美術口碑文書一くれ, 引撲かれる, 弥陀仏の, 張番に, 影なき, 心配でも, 必ず頭, 忘れも, 忽ち頭, 怒りたうなるわい, 恐怖を, 懶げ, 我々は, 我幽, 或いは操, 手に, 捕えようと, 救いの, 敵の, 敷島を, 旅人も, 日ごろの, 旨がって, 春水我に, 昼は, 時も, 最早推敲, 月かげや, 月は, 木々の, 柵寒し, 校当局や, 棄てられて, 極めて辻褄, 槍烏賊坐れ, 此処をば, 歩めと, 水にも, 水ぬるみけり, 氷は, 永遠性と, 沖が, 沼澤ために, 法と, 海と, 温度や, 焦立つほど, 父さんの, 父祖の, 牡猫と, 玉の, 痛いだらう, 白川へは, 白頭鬼と, 百や, 目の, 真理は, 眺めて, 眼の, 瞼の, 破れ塀の, 社会の, 神速の, 科学を, 穂波も, 空間は, 立った処, 立つ程, 立つ程後妻, 竹の, 箒を, 精, 紫禁城の, 群山を, 翌日は, 背丈も, 腰から, 臥すを, 自ら威も, 自分の, 自然も, 良いと, 良え, 菊池寛は, 薩摩が, 虚栄の, 衣濕ふうべし, 裏の, 西伯利亜の, 誰か, 誰とて, 貰い物多く, 貴方と, 貸して, 跡から, 身の, 身ぶるいが, 身体の, 遠く其姿, 遠く東春日井平野, 郭外の, 都合が, 酒位飲まし, 銀河は, 銭を, 錦の, 阿呆の, 随分危険, 頭が, 頭を, 驍名敵を, 髯の, 鴨居に, 麗かな, 黒き水

▼ 立てたり~ (199, 1.9%)

31 して 11 した 6 する 4 すると 3 しちゃ, しては, するの 2 ける喧轟名状, したの, してね, すねたり, するよう, する滑稽小説, その日, 悲しんだり, 泣いたり, 騒いだり

1 [118件] あざ笑ったり, このよう, しが, したが, したとは, したほどの, したやう, した刊行物, した所, した飛将軍李広, した黒田先生, してるという, しないよう, しながら, しながらも, しに, しようもの, し歯, するが, すること, するので, する時, その中, つけ届けし, つめを, なさらないで, なさるぢ, ねかしたり, キョロキョロと, キヨロ, 下ろしたり, 与平治茶屋附近虫取撫子の, 人が, 人の, 何か, 佛像を, 俳句を, 倒したり, 力に, 動いたり, 匕首を, 十字架を, 口笛を, 古風な, 叫んだり, 嘆いたり, 声を, 大鼓, 天下の, 夫伝馬宿送りも, 女と, 妙な, 始末に, 媒人を, 嬉しがつ, 子供の, 寝かしたり, 寝衣, 将校いふ, 少なくも謝礼, 崖を, 工芸の, 左様な, 左脚で, 平生なら, 引っかき回したり, 悲しんだりは, 憤慨し, 手紙を, 手習いを, 抵抗し, 捲髪, 揺りおこさうなどとしては, 旅順の, 日々工夫し, 昔の, 時々は, 暗い奥, 栗鼠が, 樒に, 横柄な, 歌舞伎座から, 此類の, 水音を, 汗を, 泳いだり, 渦に, 滑稽な, 演壇の, 物の本を, 癪に, 眼を, 私は, 種々な, 突然固苦しい, 窓から, 自我を, 花を, 萱草は, 蘆間近く, 血を, 見物の, 跳び上ったり, 身動きが, 軽蔑し, 近隣の, 追ひまくつ, 逃げ出そうと, 逃腰に, 遊戯を, 金を, 鈴を, 鉄砲を, 餅を, 香りを, 駈け出したり, 鬢の, 鬱ぎ込んだり

▼ 立て~ (154, 1.5%)

12 なって 9 なりました 8 よると 5 して 4 ちつと, なった 3 けり, ける, なったの, なるの 2 ならないよう, なること, 一日延ばし, 乗って, 取ったの, 坐って, 来たから, 来るの

1 [84件] いぎやしてなあ, おく, かかった, かかりました, かかる, けり夏, ごッ, したがえば, した写真機, しに, するの, せつかれた, そんな口, つかみか, てっきり附け加えた, なったは, なったもの, なったら妾, なったり, なった断崖, なった願, なってるから, なつて, ならないの, ならぬの, なりながらも, なりましたが, なりましたら活きました, なります, なりませんが, なるかも, なるそう, なるだろうと, なるでしょう, なるとか, なるところ, なるに, なるので, なる前, なる美しい, なろうと, はいり私, ゃあならぬ, 一点の, 両手を, 中世紀, 入つて次の間, 参上致した, 吃驚した, 和らげて, 因って, 多年尽力した, 奉公に, 女房の, 婦女童子に, 小間使は, 就いては, 御奉公, 忙殺され, 悪鬼以上の, 掛ったが, 散って, 於て, 有り金を, 本郷追分の, 来た奴, 来やがったな, 注文の, 渋々ながら, 火を, 片っ, 直ぐ来られた, 相違ない, 結んだもの, 義雄の, 行くこと, 行くところ, 行ったと, 行ったという, 諸国を, 辞職し, 雷鳥の, 飼いつけて, 齒の

▼ 立て~ (149, 1.4%)

23 して 3 しては, しても 2 したもの, すると, するわけ, する者, せずに, 持って, 腰に

1 [106件] いたしたな, いたしません, いたそうと, かえること, されて, した, したいと, したこと, したって, したの, したら彼, したり, した児太郎, した室, した者, してるところ, しない, しないこと, しないでも, しない開け放したもの, しなくても, しなさるが, しに, しました, しますから, しますもの, するその, するという, するもの, するよう, する丈, する何となく, する心, する必要, する立場, する筈, ちぎったま, つかんだならそれ, つかんで, とりて, とると, なし剰え, なし此場, なすにも, ほうろく煎りに, やるそう, ること, るその, テーブルの, 一途に, 三部分に, 両替し, 主と, 仰せつかること, 伝って, 信用し, 勘弁し, 取り出した, 否定し, 喰うの, 喰って, 喰つた, 喰つた家が, 喰ふ, 変更し, 天ぷらに, 差して, 幾十と, 引き寄せて, 應援し, 持ちながら, 据えた座禅場, 摘んだつみ, 為た, 現実化した, 申し上げますが, 相手に, 盾に, 真実と, 禁じありしとかにて, 考えはじめたの, 聞いた時, 聞いて, 聞くほう, 背中に, 致すと, 致せば, 裏書きした, 見つけて, 見出しました, 許さなかつたせゐも, 証明した, 試みるつもり, 請求する, 走らせたらしい墨, 軽蔑し, 造りかえたよう, 開き直って, 頼んで, 食う, 食う始末, 食って, 食つ, 食つた, 食は, 饒舌つてゐる

▼ 立てても~ (70, 0.7%)

2 それを, もう上役人, 他の, 際限が

1 [62件] あとで, いいん, いっかと, いられないから, いるが, いるの, ええじゃろ, すぐに, その儘, その教科目, その間夫, それは, とうに工場, どつた, なかった, なめさせて, なんにもし, まだ心, やっぱり帰, よくてよ, わたしを, ゐるの, コトリとも, 三法師君で, 人なんか, 仕方が, 僕を, 其方の, 力の, 取れません, 呼吸も, 夜間には, 大丈夫だ, 大概差支えは, 奥から, 姉さんには, 始まらない, 子供の, 完全に, 差支えない, 差支えないとは, 当の鳰鳥, 悪い癖, 意味が, 文句の, 時松と, 皆んなの, 石炭商と, 納得せず, 結局娘想いの, 聞えるもの, 聞える気づかいは, 聴かざれば, 苦しゅうござらぬ, 蜻蛉も, 行列が, 言語を, 追附く, 通用しない, 遅くは, 金椎の, 音の

▼ 立てては~ (61, 0.6%)

4 いけない, いなかった, ならぬ 2 いけないと, いるものの, 困る

1 [43件] ある, あるが, いかん, いかん敵, いけないよ, いけません相手, いないか, いないの, いるが, お家の, きりの, さっきから, しなかった仕事, ならないと, ならないとは, ならないん, ならんもし, なりませんぞ, みんなを, やがて力, ゆけない, ゐたが, サイコロみたいな, ベランダの, 不可ない, 二日ぐらい, 云えまい, 善くない, 居るが, 崩れ崩れしたむなしい, 敵も, 方角の, 決して笑, 湿っぽい顔, 滲み入, 物が, 独りで, 立ち去つて, 笑へ, 笑わぬであろうと, 自分を, 苛立つので, 軒冕誘う能わず

▼ 立てその~ (48, 0.5%)

4 上に

1 [44件] かわりに, てっぺんに, てっぺんを, ような, 上で, 下で, 下に, 中に, 中の, 中央に, 仕組もとより, 先頭には, 劒の, 勢で, 勢百人にも, 囲りで, 塔の, 実現の, 嵩だ, 度毎に, 応援の, 息を, 投影と, 晩ひそかに, 棒の, 業を, 水音が, 測量に関する, 熱いやつ, 爲に, 理想を, 発表を, 眼を, 石を, 立てたる我, 統治を, 肥満した, 脚の, 評判を, 説は, 走力, 遺志を, 閑人の, 馬鹿に

▼ 立て~ (47, 0.5%)

2 しまいかと

1 [45件] いうなと, いたしません何, こうであった, しないつもり, しなかった, しなかったのに, しなかつた, しません, すっかり速記, せぬ, せぬが, その日, たかの, ちがったもの, ちつと, ぢめたんだ, どうかしら, まんざら色気, もう必要, やめとして, シッカリし, ダメで, ツと, 人間の, 出来ないが, 喧嘩の, 壓しつけられる, 大体この, 居るが, 悪か, 日本の, 木目の, 本当らしい, 此の, 殺生だ, 法廷を, 無益の, 父母を, 矢も, 竪の, 結局こんな, 致しません, 致すまいよ, 遅れて, 随分幼稚

▼ 立て~ (45, 0.4%)

2 であった, をし

1 [41件] がまず, が余りに, が大, が小, が時好, であったの, でありました, であります, である, でどちら, では矛盾, で古今未曾有, で行け, というの, というよう, にはウソ, によって正邪, に何らかの, に於, に迷った, に長, の全貌そのもの, の形, の流行, の点, は, はわずか, は人びと, は人民, は真如, は自慢, まで癪, もある, もあろう, も一とおり, も結構, や端役, をしてる, を明, を根本, を究めなけれ

▼ 立て~ (45, 0.4%)

16 をし 2 になり, をした

1 [25件] した裾, して, し乍ら, で坐り, で坐りこんだ, で松岡長吉, で酒, にし, に朱羅宇, に直った, に置かれ, のお, のま, のまま, のまま口, のまま片手, の蹴出し, の鏡立て, はきちんと, をつく, をなすっ, を上げ, を兩手, を抱, を抱き

▼ 立て~ (38, 0.4%)

3 言うん 2 命じました, 言えば

1 [31件] ある, いう, いうのに, いえば, いわれれば, しきみ, それの, なって, ソッケットを, 一緒に, 云い被害者, 云うに, 促すと, 医師の, 命じ怒り, 地頭から, 思ったが, 懐の, 政宗に, 日ごろ下の, 曰ふ, 来る, 申しますので, 申すに, 筆の, 縮図帖とは, 自ら大いに, 見える高島田, 言うに, 言つても, 言つて居り

▼ 立て~ (34, 0.3%)

2 あれば, 紙絹の

1 [30件] あったとしても, あつて, ありましてね, ありますから, あるとか, あるに, いいので, いるもの, ちがって, どことなく厭味, やさしく気立て, 不成立に, 並んで, 並歩で, 事実なら, 今にもばれ, 十ばかり, 大家久兵衛である, 好きらしい, 常識と, 攫徒の, 早打, 流行るに, 浅薄な, 猛烈に, 皆一致, 私達の, 自分ながら, 落ちきたり, 遂に十一段

▼ 立てそう~ (28, 0.3%)

4 にする 3 になっ, もなかっ 2 なもの, もない

1 [14件] して, だった, な体毛, な所, な爽, な程, な粗末, になった, になり, になりました, になる, に照らされ, に輝き, も

▼ 立て~ (25, 0.2%)

1 [25件] いつも帰り, かえって土地, この種, まだ新, まるでし, マリヤ, 一擧に, 一服の, 十四歳の, 危いから, 塙代, 大きくどこ, 年が, 強制的に, 征野を, 思いも, 未来の, 温くまつ, 粗末に, 翼打も, 衝突事故が, 酒宴に, 餘計大きく, 黒くて, 黒縮緬の

▼ 立て~ (25, 0.2%)

2 した

1 [23件] あったし, あらば, ある, いたし, いられず坐ても, きりやうも, したらん, して, しないで, しなかったので, たった一つ, なく厭, ならぬ樣子, まくらの, み候儀無用, 云いかねるまま, 元は, 形式に, 此と, 申分は, 素直で, 見たり, 面白い

▼ 立てつつ~ (23, 0.2%)

2 離叛し

1 [21件] あるの, ある奴, ある音, いみじき占, こぼれて, 全速力で, 切れ切れに, 大崩壊, 孤独に, 安き心, 崩れて, 搗きて, 暦術星学の, 棟瓦を, 此方を, 気軽い調子, 浮かび上がって, 静かに, 韮崎甲府へ, 頭の, 颯と引攫

▼ 立て~ (23, 0.2%)

3 けにお

1 [20件] く, けにこんな, けにつぎ, けにまくし立てます, けに三四杯, けに三軒, けに二三服喫, けに吸, けに呑みほす, けに呑ん, けに問, けに喫, けに早口, けに欠伸, けに煙管, けに煙草, けに燻し, けに燻らし, けに讀んだ, けに部屋中

▼ 立てよう~ (22, 0.2%)

6 がない 2 がなかっ, もない

1 [12件] がある, ががん, がため, がビク, ではない, で今にも, などとは考え, に依っ, のない, もなかっ, も無い, を見習い候え

▼ 立て~ (21, 0.2%)

2 ていた

1 [19件] たり, ていきたかった, てすまない, てつまらねえ, てみ, てもいい, て反, て差し, て幾人, て庫裡, て御, て必死, て恐縮, て敵, て罪, て見た, 一郎の, 四五艘の, 果ては幾

▼ 立てそれ~ (20, 0.2%)

2 を両手, を誰

1 [16件] が男, が立派, によりかかる, に伝わっ, に対する責任者, に肉, に葦簀, に藤蔓, に餅, は怖, は長靴の, へ水, を, を荒縄, を見, を駒井船長

▼ 立ててから~ (19, 0.2%)

1 [19件] あがって, かくして十年, こっそり返, そっと戸口, その志, その村, だぞ, でした, また五分間, やがて起きだす, 仕事に, 初めからの, 十時を, 未練だ, 来ようと, 淵に, 立派に, 言出した, 障子を

▼ 立てやう~ (18, 0.2%)

1 [18件] か乃至それでも, が尋常ぢ, だが, といふ僕, といふ弟子, としてゐる, とする, とせず, とは思はない, と千八百六十三年, と決心, はありません, はない, もない, もなかつたらう, もなけれ, やく学校当局, をする

▼ 立て~ (18, 0.2%)

1 [18件] があっ, であるらしい, でないこと, で一応, で設けられ, としてあの, として文学, とする, となっ, においてさて, になる, による憲法, に立ち, に立てられた, のボタン, の方, の由, をとっ

▼ 立て~ (18, 0.2%)

1 [18件] がある, がつまりすぎ, だった, ではない, と戴き, と比べ, などを川, にある, に宮廷, に木炭, の末, の竿頭, は大阪, らしい, をなんと, をののしるべき, を商, を見抜く

▼ 立てつけ~ (16, 0.2%)

8 の悪い 2 のわるい 1 がはなはだ, が悪い, に鳴らし, のひどく, の悪い古い, の雨戸

▼ 立て~ (16, 0.2%)

2 アが

1 [14件] うれ, がったに, また竹子さん, 妻呼び立て, 強がりは, 当年の, 手束弓の, 解釈が, 語りが, 跛行の, 輪燈やが, 階段の, 香炉や, 鶯

▼ 立てまた~ (15, 0.1%)

1 [15件] ボルドーへ, 一つには, 二重目には, 勢多の, 岐阜の, 或る, 支配し, 政府を, 竹中半兵衛に, 笑って, 自身は, 螺手に, 蹌踉たる, 門を, 高氏へも

▼ 立て~ (15, 0.1%)

2

1 [13件] あ, された, した, るべきならそれ, るべき無形, るる, るるか, るると, るるの, るるばかり, るる忙し, るる棟梁株, る可

▼ 立て~ (14, 0.1%)

1 [14件] があっ, があった, が一つ, で馬車, にすぎない, のあつ, のない, のものら, の人, は往年筑波山, まで迎え, もない, もなく, もなく散らかり

▼ 立て~ (12, 0.1%)

3 もって 2 もること 1 つた, つて, もり日本文, もり禁断, もるの, もるよう, もろう

▼ 立てこれ~ (11, 0.1%)

1 [11件] も一種, を伏し, を動かすべからざる, を同, を君, を埋めた, を施し行なう, を梅櫻, を祭る, を自分自身, を遠く

▼ 立て~ (11, 0.1%)

3 へすれ 1 うして, うな, した, したい盗んだ書類, するじゃ, せまいとして, っしゃるものでねえ, っしゃる事

▼ 立てした~ (10, 0.1%)

1 お濱, がそれにしても, が悪い, ことが, って何, とこで, のが, 江戸の, 結果が, 脚を

▼ 立てする~ (10, 0.1%)

1 がおのれ, ことを, とただ, と人殺し, どんな正義, 必要の, 必要は, 愚か者少しく, 資格も, 馬鹿

▼ 立てちゃ~ (10, 0.1%)

1 いけないよ, いけない眼, いけません, すぐ眼, ならねえ, アいけない, ッたんです, 損だ, 駄目だ, 駄目です

▼ 立て~ (10, 0.1%)

9 やも 1 えよ

▼ 立て罩め~ (10, 0.1%)

2 ている 1 たよう, ていた, てどこ, てるよう, て一行, て來, て向う, て来る

▼ 立てそして~ (9, 0.1%)

1 その臣民, その返す, われらの, 二人で, 女中も, 御殿を, 物は, 足音高く, 車に

▼ 立てでも~ (9, 0.1%)

2 しなければ, するよう 1 したよう, しない限り, すると, 行かなかった, 追い越しちまえ

▼ 立てながらも~ (9, 0.1%)

1 あとで, さすがに, それでもたぶん, もう唯, 以前よりは, 其説の, 取り出すすべ, 我慢を, 猫を

▼ 立て~ (8, 0.1%)

1 さらん, ので声, ばあと, ば粋, ほさうと, ほさうとしてを, ほしたかに, ほしに

▼ 立て~ (8, 0.1%)

3 はし 2 はされ 1 はした, はし縁側の, はす

▼ 立て乍ら~ (8, 0.1%)

1 お靜, せっせとお, もよく, も與, も襟元, 乗り入れたとき, 掻いたり, 逃れ去つた

▼ 立て~ (8, 0.1%)

2 になつて 1 になつ, にならなけれ, になる, をし, をしかけた, をまくっ

▼ 立て~ (8, 0.1%)

1 へがあります, へてやつ, へてやりたい, へて呉れい, へて置いた分と, へるとき, へをし, へを頼む

▼ 立て籠め~ (8, 0.1%)

21 た, た莨, ている, て来, て遠く, られた湯気

▼ 立て自分~ (8, 0.1%)

1 が鶴, でも合理, で二十六, の創作, の成功, は例, は後, は蔭

▼ 立て~ (7, 0.1%)

2 えを 1 えさして, えとい, くる人ひとり, くる竹白木蓮, ぬるやう

▼ 立てかた~ (7, 0.1%)

2 がある 1 があります, とは少々, は一度, も知らぬ, をとみかうみる

▼ 立てから~ (7, 0.1%)

1 この細君, ステッキを, 一本の, 刷毛ゆがめ, 十五六迄の, 同じ人, 襤褸が

▼ 立てしよう~ (7, 0.1%)

1 というなら, とした, とは思わな, とは思わない, ともその, とも僕, と主張

▼ 立てそれから~ (7, 0.1%)

1 お幾, がくり, その上, その手段, 田に, 私の, 非常に

▼ 立て~ (7, 0.1%)

2 を閉じ 1 をらんらん, を怒らせ, を瞋, を瞋ら, を見張っ

▼ 立てさえ~ (6, 0.1%)

4 すれば 1 いたしました, するん

▼ 立てそこ~ (6, 0.1%)

1 から改めて, から鼠, に冥想, に属した, に預け, に高く

▼ 立ててを~ (6, 0.1%)

2 どり何 1 りました, ります, り遠, るといふ

▼ 立て初めて~ (6, 0.1%)

4 ゐる 1 いる, 主人と

▼ 立て廻し~ (6, 0.1%)

2 てあつたさうでございます 1 から抜け, てある, てくれました, て其処

▼ 立て申し~ (6, 0.1%)

2 て済みません 1 て上げます, て上げよう, て失礼, て甚だ

▼ 立て~ (6, 0.1%)

1 があり, などにはをり, の陰, より小さい, をひっくりかえし, を見

▼ 立て~ (6, 0.1%)

2 ふ目的 1 ひし契約, ふ秩序, へり, へる子代

▼ 立て~ (5, 0.0%)

1 ゆるしおき下されたい, 品は, 国の, 艶の, 誂え通り

▼ 立てこの~ (5, 0.0%)

1 人に, 戦国の, 樹林の, 機に, 野郎

▼ 立て~ (5, 0.0%)

1 からさ, からなるべくすぐ, が宝塚シチュウ, とか這入っ, ものだ

▼ 立てという~ (5, 0.0%)

1 ことを, のである, んです, 合い図, 響を

▼ 立て~ (5, 0.0%)

2 何の 1 おしに, これも, ほしの

▼ 立てども~ (5, 0.0%)

1 わが爲めいま, 一朝の, 消えずも, 生けるもの杉, 食いまだ

▼ 立て~ (5, 0.0%)

2 はそのまま 1 のつ, を納めた, を逆

▼ 立て~ (5, 0.0%)

1 に髮, の端, を尖らし, を尖らせ, を開き

▼ 立て~ (5, 0.0%)

1 の中, を成す, を揺がし, を新しく, を興さん

▼ 立て~ (5, 0.0%)

1 の手, の身体, はぬ, を遊廓, を鼓舞

▼ 立て案内~ (5, 0.0%)

3 をすれ 1 して, を乞う

▼ 立て~ (5, 0.0%)

1 に出す, をいからし, をむき出し, をやる, を皿

▼ 立て~ (5, 0.0%)

2 をひねり 1 で目, に虎, をまげ

▼ 立てての~ (4, 0.0%)

1 ことであった, ことや, たって, れッ

▼ 立てである~ (4, 0.0%)

1 からどう, ことが, のでうまい, 事であった

▼ 立てとは~ (4, 0.0%)

1 何だ, 何を, 異なると, 較べもの

▼ 立てなんか~ (4, 0.0%)

2 して 1 すると, せずに

▼ 立てにも~ (4, 0.0%)

1 なりませんがね, 一面の, 別に永井さん, 耳を

▼ 立て両手~ (4, 0.0%)

1 を両, を前方肩, を廻し, を袖口

▼ 立て~ (4, 0.0%)

1 に依り, を想見, を日本民衆, を来年度

▼ 立て~ (4, 0.0%)

1 か今度, か支度, の臭い, を恋々

▼ 立て小屋~ (4, 0.0%)

1 がある, で芦, にすぎませんでした, に住む

▼ 立て~ (4, 0.0%)

1 いといふ, い不思議, くなるん, く中

▼ 立て替え~ (4, 0.0%)

21 をせず, をどうぞ

▼ 立て申す~ (4, 0.0%)

1 ことにな, ぞ, というわけ, につきササ

▼ 立て看板~ (4, 0.0%)

1 が夜目, が懸っ, には白墨, の文字

▼ 立て行政~ (4, 0.0%)

4 の紀律

▼ 立て~ (4, 0.0%)

1 が吹く, と雪, にしぶき, の向

▼ 立ていや~ (3, 0.0%)

1 なつら, な心持, な日

▼ 立てさて~ (3, 0.0%)

1 そこに, その結果, 獅子吼を

▼ 立てしばらく~ (3, 0.0%)

3 泣いて

▼ 立てしも~ (3, 0.0%)

1 おれが, その役務, その頃

▼ 立てそうして~ (3, 0.0%)

1 時は, 次に自分, 肩に

▼ 立てその他~ (3, 0.0%)

1 に花, の時間, の諸

▼ 立ててね~ (3, 0.0%)

1 あの白木, 勉強し, 道の

▼ 立ててや~ (3, 0.0%)

1 がる, がるん, しないわ

▼ 立てでは~ (3, 0.0%)

1 ある, なくじゃらじゃら, なくて

▼ 立てとか~ (3, 0.0%)

1 すわれとか, その場, 一種の

▼ 立てなど~ (3, 0.0%)

2 して 1 したので

▼ 立てにな~ (3, 0.0%)

1 つた所の, つて大, つて帰つた

▼ 立てには~ (3, 0.0%)

1 何の, 相変らず, 隨分嫉妬的注意を

▼ 立てによって~ (3, 0.0%)

1 あの胴切り, 奉行所の, 神の

▼ 立てばこそ~ (3, 0.0%)

1 こんな方式, 抽象美, 芝居は

▼ 立てまえ~ (3, 0.0%)

1 から見れ, によって一箇, をほか

▼ 立てらく~ (3, 0.0%)

2 がもと 1 は夜

▼ 立て一方~ (3, 0.0%)

1 が勝つ, には杭, に自由論派

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 の隠し, 眼に, 腕で

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 し望み, のお客, の細流

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 とも御用済, ひしが, へども一向に

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 を実行, 及ぶ限, 長き舌

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 はせて, ひわが, をする

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 を園絵, を揚げ, を立て

▼ 立て大きな~ (3, 0.0%)

1 御殿を, 殻を, 車の

▼ 立て~ (3, 0.0%)

2 に酌 1 でした

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 から表面, の小石, 知れぬ重み

▼ 立て廊下~ (3, 0.0%)

1 の扉, の様子, へ出た

▼ 立て引き~ (3, 0.0%)

1 がない, をする, をやっ

▼ 立て彼女~ (3, 0.0%)

2 の出来 1 は義貞

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 には太刀, 又これ, 脚を

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 で頭, に, をうち振る

▼ 立て日本~ (3, 0.0%)

1 の封建時代, の政治, 第一

▼ 立て易い~ (3, 0.0%)

1 し被害, よ, 世間には

▼ 立て次に~ (3, 0.0%)

1 そのヴェリフィケーション, 丹三郎を, 実朝

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 をくいしばっ, をむき出し, を喰いし

▼ 立て清水~ (3, 0.0%)

1 とよく, に似, をもって百姓

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 えの, えばかりに, 數に

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 と視た, に祀っ, を招ぎ

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 がその, の前, の返事

▼ 立て立て~ (3, 0.0%)

2 青い槍 1 這い登り月の輪

▼ 立て籠つて~ (3, 0.0%)

1 ゐる, ゐるうち, ゐるところ

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 を奮, を奮う, を拡げた

▼ 立て自ら~ (3, 0.0%)

2 は皇太子 1 其の底

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 の上, を行い, を論ずる

▼ 立て~ (3, 0.0%)

3 を鳴らし

▼ 立て難く~ (3, 0.0%)

2 て一昨年 1

▼ 立て青い~ (3, 0.0%)

2 槍の 1 着物を

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 に血脈, に頭巾, を振っ

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 や手, や手足, をしかめた

▼ 立て馬車~ (3, 0.0%)

2 で道幅 1 のところ

▼ 立て~ (3, 0.0%)

1 かけ卜斎, をつまらせ, を動かし

▼ 立ていざ~ (2, 0.0%)

1 といえ, や美し

▼ 立てお前~ (2, 0.0%)

1 が手, は何者

▼ 立てかねて~ (2, 0.0%)

2 好事で

▼ 立てこちら~ (2, 0.0%)

1 に横顔, を狙っ

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 かしに, 軍勢の

▼ 立てさうに~ (2, 0.0%)

1 なつて, もなつ

▼ 立てされ~ (2, 0.0%)

1 ているらしかった, て辛抱

▼ 立てしたら~ (2, 0.0%)

1 どんな奴, 今夜は

▼ 立て~ (2, 0.0%)

2

▼ 立てすぐ~ (2, 0.0%)

1 に燃えつき, 衝突し

▼ 立てすでに~ (2, 0.0%)

1 その信孝, 遠くから

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 ないに, へる

▼ 立てその間~ (2, 0.0%)

1 から稲穂, の交渉

▼ 立てそれで~ (2, 0.0%)

1 いろいろやっ, だんだんに

▼ 立てたる~ (2, 0.0%)

1 が如し, きを

▼ 立てていう~ (2, 0.0%)

1 ような, 段に

▼ 立ててからの~ (2, 0.0%)

1 彼の, 肌ざはりが何とも

▼ 立ててこそ~ (2, 0.0%)

1 はじめて万物, 人と

▼ 立ててぞ~ (2, 0.0%)

1 ゐたり, 啼き恍

▼ 立ててでも~ (2, 0.0%)

1 いるかの, ゐるかの

▼ 立てなどは~ (2, 0.0%)

1 しませんきっと, 白と

▼ 立てなども~ (2, 0.0%)

1 喰い荒し沢山, 面白かった

▼ 立てにくかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たこと

▼ 立てについて~ (2, 0.0%)

1 である, 尾張藩から

▼ 立てばかり~ (2, 0.0%)

1 して, なさるじゃ

▼ 立てばと~ (2, 0.0%)

1 いって, 書いて

▼ 立てばとて~ (2, 0.0%)

1 相手は, 駒井能登守とも

▼ 立てひざ~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ 立てひとり~ (2, 0.0%)

1 で踊り足, で部屋

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 供えた, 戻し得たの

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 いとは, いと思っ

▼ 立てまず~ (2, 0.0%)

1 双方の, 味方を

▼ 立てみたい~ (2, 0.0%)

1 にぽっと, に青々

▼ 立てもう~ (2, 0.0%)

1 一人の, 上体を

▼ 立てもし~ (2, 0.0%)

1 御取用い, 荊州を

▼ 立てもの~ (2, 0.0%)

1 で秋, にて鍋

▼ 立てやが~ (2, 0.0%)

1 つて, ッて

▼ 立てやがて~ (2, 0.0%)

1 小川の, 霹靂一声世を

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 立てよ, 鳴呼関東

▼ 立てよと~ (2, 0.0%)

1 窃に, 連呼し

▼ 立てより~ (2, 0.0%)

1 三日目か, 現はれ

▼ 立てよりは~ (2, 0.0%)

2 仲人の

▼ 立て~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 立てソフト~ (2, 0.0%)

1 のひさし, を目深

▼ 立てポケット~ (2, 0.0%)

1 に両手, へ両手

▼ 立て一人~ (2, 0.0%)

1 の修行者風情, を後

▼ 立て一団~ (2, 0.0%)

1 となっ, の人数

▼ 立て三間~ (2, 0.0%)

2 ほどの垣

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 から両手, から新聞紙

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 から順々, を見る

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 でお湯, にあつ

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 のたて, の使い

▼ 立て二人~ (2, 0.0%)

1 とちよ, は暗い

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 を付近, を呼ぼう

▼ 立て人民~ (2, 0.0%)

1 をし, を保護

▼ 立て~ (2, 0.0%)

2 が寄っ

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 までの町割り, 散ろうと

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 の場処, の岸

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 に失敬, に高言

▼ 立て先生~ (2, 0.0%)

1 の言葉, を警察

▼ 立て其の~ (2, 0.0%)

1 前に, 次は

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 元の, 其次は

▼ 立て周囲~ (2, 0.0%)

1 に数多, を悪罵

▼ 立て~ (2, 0.0%)

2 たつる

▼ 立て地面~ (2, 0.0%)

1 をのたうっ, を打っ

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 は七盞, は夜警

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 作為を, 喧嘩に

▼ 立て大空~ (2, 0.0%)

1 に棟木, に高く

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 というの, れを

▼ 立て少しく~ (2, 0.0%)

1 もたれかかるよう, 沈滞の

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 のひとり, の手

▼ 立て布団~ (2, 0.0%)

1 を体, を頭

▼ 立て帽子~ (2, 0.0%)

1 を目深, を真

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 の上, を張りし

▼ 立て廻した~ (2, 0.0%)

1 屏風の, 屏風を

▼ 立て~ (2, 0.0%)

2 ばかりの中陰

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 変革以来の, 自身は

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 の中, ぼそく打

▼ 立て怪む~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ 立て押し~ (2, 0.0%)

1 こくり, 立て二百余貫

▼ 立て換え~ (2, 0.0%)

1 をせね, を頼む

▼ 立て施行~ (2, 0.0%)

1 をおこ, をおこなわれました

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 は近き, れ見よが

▼ 立て時々~ (2, 0.0%)

1 それを, 蠢めいた

▼ 立て暴れ立て~ (2, 0.0%)

1 進め進め神, 進め進め神とも戦

▼ 立て~ (2, 0.0%)

2 が読みたい

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 がどこ, のよう

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 も亦, を集め

▼ 立て正式~ (2, 0.0%)

1 に申し込ん, に離婚

▼ 立て此方~ (2, 0.0%)

1 から被, を見た

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 がにぶく, へ落ちた

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 の水, の縁

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 や小, を支

▼ 立て~ (2, 0.0%)

2 を垂れ

▼ 立て混ん~ (2, 0.0%)

1 でいない, で居ります

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 へたり, へてそれで

▼ 立て無帽~ (2, 0.0%)

2 で煙草

▼ 立て~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 立て申します~ (2, 0.0%)

1 と言う, わけで

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 をガンギ, を二畳

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 が眉, をよせる

▼ 立て罪人~ (2, 0.0%)

1 と同席, を引

▼ 立て群集~ (2, 0.0%)

1 の注意, は四方

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 で御座る, の山県大弐

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 から堕ちた, を竦め

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 を前, を高く

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 が立て堪らな, をこわし

▼ 立て自身~ (2, 0.0%)

1 でも二条, も人

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 にも緋, は岸

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 の出入り, の形

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 は天竺, は狼藉

▼ 立て蛸樹~ (2, 0.0%)

2 の葉

▼ 立て訓練~ (2, 0.0%)

2 し動かして

▼ 立て議論~ (2, 0.0%)

1 し討論, を闘わす

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 に力, を休め

▼ 立て連ら~ (2, 0.0%)

1 ねられた, ねる事

▼ 立て進め進め~ (2, 0.0%)

1 神とも, 神とも戦へ

▼ 立て遂に~ (2, 0.0%)

2 此に

▼ 立て遊ばす~ (2, 0.0%)

1 も決して, ように

▼ 立て違い~ (2, 0.0%)

1 が何だか, ということ

▼ 立て部屋~ (2, 0.0%)

1 のなか, の壁

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 でお, をカラー

▼ 立て~ (2, 0.0%)

1 がない, を撫で付け

▼1* [1042件]

立てあおり立て横ざまに舞い飛ばした, 立てあごをかくし, 立てあたりを睥睨, 立てあつた薬瓶, 立てあの附近を, 立てある者は, 立てあるいは炎天を, 立てあれほどの血潮, 立てあわただしく煙管へ, 立ていきなり巡査を, 立ていっぱし高座の, 立ていつかとっちめて, 立ていつの間にやらそれ, 立ていまにも斬りつける, 立ていろいろな実験, 立ていろいろ室を片づけた, 立ていろんなものを, 立ていわゆる車掛りと, 立てうしろ足をまげ, 立てうつろな音, 立て銃, 立てええ立たないか, 立ておちにける, 立ておったところでござる, 立ておのれその幕府, 立ておよそ諸国へ, 立てお出でな, 立てお家万代の礎石, 立てお辞儀しました, 立てかえておい, 立てかえって彼らを, 立てかえられた処の, 立てかがり火を焚い, 立てかくて門鈴, 立てかししら蓮の池, 立てかつこれに, 立てかの女を, 立てかぶらめせ大根は, 立てかへたの, 立てかへてやつた, 立てからだじゅうを掻き, 立てがきに書かれ, 立てがたい毎日に, 立てがたかろう, 立てがたきもの動植物の, 立てがちのもの, 立てがらを取り, 立てきっと勤め先に, 立てきつた儘, 立てきつてあつてアカシア, 立てきみと, 立てきょろきょろ周囲を, 立てくださりますよう, 立てけけた真白, 立てけわしく眼を, 立てこう思って, 立てこっち岸ではとある, 立てこの世を歪ん, 立てこぶしで顎, 立てこめた深い霧, 立てこめられたる空気の, 立てこれから綱を, 立てこんで来た, 立てこん畜生太いやつ, 立てさうだつた, 立てさしもの大家, 立てさらに町方にも, 立てさる戯作者の, 立てざま祭司の息子, 立てしかして首尾不同前後撞着の, 立てしかも世界最新の, 立てしたくはない, 立てしまいには喧嘩, 立てしましょうかね, 立てしゅくしゅくと繰り出し, 立てじゃがこの木の芽, 立てすなわちその学名, 立てすみれを保護, 立てずらりと主水, 立てせんとした, 立てそういうどうにも出来ない, 立てそうっと傍へ, 立てそっと兵を, 立てそのうえに台, 立てそのうえで丞相の, 立てそのうち実際には八百億円, 立てそのまま奥の, 立てそのものの生活, 立てその他三角形の小, 立てその他多端の費用, 立てその後から老人, 立てその後刑場へつれ, 立てそれに燈籠と, 立てそれ以外のもの, 立てそろそろ腰を, 立てそトロイアの軍勢之, 立てそ月夜には, 立てただちに宕渠の, 立てたとえ肌を, 立てたまへば唯唯, 立てたりと聞えれば, 立てたりはする, 立てたる木卓あまたあり, 立てたれ竹の, 立てだけだわし, 立てだったそうだ, 立てだったら宗吉は, 立てだの手あたり次第に, 立てちっとも世間に, 立てちゃあいけませんよ, 立てちや見つとも, 立てちやつてねそり, 立てちやほやいうの, 立てちょうどガンドウの, 立てちょっと行って, 立てっぱなしではいられない, 立てついに趙雲を, 立てつくづくと険しく, 立てつらねてある, 立てていうほどのことは, 立ててからは一命は, 立ててがなるので, 立ててさえゆけば, 立ててな草鞋の, 立ててなどいうこと, 立ててはをりません, 立ててほど離れた木戸口, 立ててまで力走した, 立ててものごとを, 立ててよお神樂, 立ててわッと, 立てでござると云わぬ, 立てでないんです, 立てとから出て, 立てとも言わなかった, 立てともしにし, 立てとを見比べながら, 立てと共に帯の, 立てどんなことを, 立てなおそれぞれ役人から, 立てなかツた, 立てなされたお心持ち, 立てなし殺さぬ者, 立てなすつてどうぞ, 立てなすったものだ, 立てなぜ早く注文, 立てなぞに到るまで, 立てなと詔給いき, 立てなどが更紗の, 立てなどをするしを, 立てなむ頃は, 立てなをさぬうち, 立てなんかにして, 立てなんぞ芝居のは, 立てにくいように, 立てにくく勢いその, 立てにしかなりませんでした, 立てにつき頼母子講御, 立てによる用兵の, 立てに対して三浦左衛門尉さまは, 立てちろちろと, 立てねエもんだぞ, 立てはては膝から, 立てはなはだしきは娼妓屋, 立てばあやに, 立てばいいんだそう, 立てひたすら中央の, 立てひと塊り, 立てひろげやがって, 立てぶつぶつといったという話, 立てへとへととなっ, 立てほかの組, 立てほとんど駈け出さん, 立てまするのみならず, 立てまもなく大男の, 立てまるでばね仕掛の, 立てまわしてある, 立てまわした障子に, 立てまわりの灯火, 立てまんなかに金, 立てまん中にはギリシャ風, 立てみんながその, 立てむずかしい眼を, 立てむつくり半身をおこした, 立てむとしつればこそ逍遙子は星川子, 立てむんむんと臭い, 立てもうもうと瓦斯を, 立てもにはかに, 立てもはや遠くより, 立てやすい代りに, 立てやすくおこりながらに, 立てやっと司馬道場の, 立てやにわにステッキを, 立てやはり遠藤翁を, 立てやら硯やら, 立てゆかしう覚えぬ, 立てよい家臣と, 立てよしずで, 立てよその人, 立てらさた, 立てらしてつぎ, 立てりけりほろびつつある, 立てり立てりも, 立てーっと, 立てわいわいとわめき, 立てわが手に, 立てわきに坐る, 立てわれにつき來, 立てゐるのが, 立てをも敢て, 立てアカイア人の悲め, 立てアキルリュウスを逐, 立てアスフアルトの路, 立てアリュウシャン群島近い高緯度, 立てカタログは数年前わたくし, 立てカーキ色の散歩帽, 立てゲキリン復讐復讐もしなかった, 立てコティーの色おしろい, 立てシカメッツラをし, 立てシロホンに合せ, 立てジッと刀身, 立てジツとして居る, 立てジードらを背後, 立てスケジュールによる投降, 立てスッと立っ, 立てソラ菓子だの茶, 立てその舟, 立てツ續けに燻し, 立てトキをつくらせる, 立てドカドカと近づい, 立てナースチャの顔, 立てバツと梢, 立てパナマ丸に向かっ, 立てヒザにのせた, 立てファウルはタマ貰い小僧, 立てブケファラと名づけた, 立てベッドの上, 立てマントは短, 立てメリンス友仙の単, 立てヨーロッパ大戦争, 立てランドセルは上等, 立て一つは反対, 立て一つ一つと実行, 立て一つ場所にうずくまっ, 立て一切の經文, 立て一刻も早く, 立て一同気色ばんで, 立て一嚢の米, 立て一回二三百もうなり, 立て一国中の悪人, 立て一定の距離, 立て一寸の猶, 立て一年のうち, 立て一度は弟もろ, 立て一時間も船, 立て一生懸命に駈け戻る, 立て一足跳びに, 立て一部分ずつ, 立て万年ペンのクリップ, 立て万端お手配, 立て三世十方一切仏教を判, 立て三人そっちへ歩い, 立て三十五日を費し, 立て三段に別れた, 立て三脚を立てた, 立て三蓋菱の馬印, 立て三軍の指揮, 立て三階四階の高楼, 立て上り口に向いた, 立て下されまして, 立て下駄でぶっ, 立て不平不逞の浪人共, 立て不行き届きにつき, 立て与八が実行, 立て且つ其の結論, 立ての医家, 立て世に再びかくの, 立て世界に雄視, 立て世過ぎの姿, 立て両々相譲らず永い, 立て両脚を組み合わせ, 立て両足の間, 立て並びアノ赫灼たる真紅, 立て並べられている, 立て並べられた板の, 立て中央の室, 立て中腰になり, 立て中軍をまん中, 立て丸窓の障子, 立て丹前姿にオーバア, 立て丹後守様のお, 立てとして畏く, 立て乍ら云ひ切つた, 立て乍ら内儀の云う, 立て乍ら四方の硝子, 立て乍ら帝の行幸, 立て乍ら平次のところ, 立て乍ら敷居から二枚もろ, 立て乍ら蟒は後, 立て乍ら言つた, 立て九人の徒士, 立て乱鴻を仰い, 立て予て捕虜として, 立て争論なぞいたし, 立てを成さし, 立て事態の重大, 立て二三歩あとからつい, 立て二度取りをしおる, 立て二心なく奉公, 立て二本の蕊, 立て二百人に近い, 立て二百余貫の巨牛, 立て二陣に和田五郎正隆, 立て二頭の騎馬, 立て云分つくる気, 立て五回目に例, 立て五年經つた後で二人, 立て五本金のふき, 立て五色の糸, 立て京都奈良の古, 立て人々また宴, 立て人並みすぐれて, 立て人形の家族, 立て人間は一切, 立て今にも先生が, 立て今一つをば漢江, 立て今夜にも, 立て今日ぞ娘, 立て仏頂づらを, 立て仕ろうぞ, 立て仕事もさせれ, 立て他人に自分, 立て他日の極東, 立て以前の好色, 立て仮睡して, 立て伏見通いのは大きい, 立て伸子たちの生活, 立て但し余は, 立てに即, 立て島田に, 立て低能児をやたら, 立て佐久間象山の弟子, 立て佐倉佐藤泰然の門, 立て何度か往来, 立て何故御自害, 立て余波はめぐ, 立て余生を安楽, 立て作者の知的追求, 立て使いに使い, 立てりたる審美學, 立ての腕, 立てとして名乗り, 立て供物並に燈火, 立て便所へ通う, 立て信天翁の一群, 立て修業に就いたら, 立て俳優を知己, 立て個人の苦悩, 立て候やう夫をたのしみ, 立て候よう仕りたき事, 立て停戦勧告の一文, 立て傘蓋を開い, 立ては妹, 立て僧徒にこの, 立て元和以来の古式, 立て元気盛んなピアニスト, 立て先ず名主へも, 立てを放ち, 立て全速力で走っ, 立て兩手をポケツト, 立て八足の机, 立て共に猛烈の, 立て兵五百に先頭, 立て其前に火, 立て其後此莊園が次第に, 立て其男を引摺り, 立て其細君を誘かし, 立てぬる新, 立てをのぞき, 立て籠りの, 立て几張の局, 立て凡ての神話, 立てつ尖を, 立て切支丹を奉じる, 立てをつくっ, 立て初めたこと, 立て初めマダムはスタンド, 立て判断を下す, 立て別に一番から, 立て別山真砂岳から富士, 立て到頭荻野家にも, 立てち千曳神, 立て前上些かほこる, 立て前後の筋途, 立て前面の杉林, 立て創業の元勲, 立て力一ぱいに毛, 立てを成し, 立てふるは, 立て加賀之助, 立て労働者よ, 立て勅命にこたえ奉る, 立て勇ましい行進曲とともに, 立て勇敢の力持, 立て動悸を早めてる, 立て勝利の旨, 立てを込め, 立て勧善懲悪の法, 立て十二時甲子郎おでんへ行き, 立て十五の年, 立て十人十五人と塊, 立て十兵衛を先, 立て十姉妹と自称, 立て十手刺股槍陣太刀半弓袖搦み鉢ワリ鉄棒六尺棒ありとあらゆる得物, 立て十本の指, 立て千百年来地方人心の中点, 立て丁ほど, 立て卓子の上, 立て占領の証, 立て即ちその頃, 立て即位式に先導, 立て即座に噛みつく, 立て却つて反抗的に用, 立ての尻, 立て圖を, 立て原稿紙の音, 立て又は語りの, 立て又蔵がうつむい, 立て反対をとなえ, 立て反身になっ, 立て叔父が痛く, 立て口先を水道, 立て台省官府の制, 立て史論の如き, 立ての手, 立て右翼は砲隊, 立て号令をかけ, 立て船の, 立て各々の武器, 立て各自に其精微, 立て合せから条, 立て合わせからひろ子, 立て合掌して, 立て同じ恰好に, 立て同時に自身も, 立て名利を得る, 立て名誉を回復, 立てはいかん, 立て出すと, 立てが荊州, 立て味方の勢い, 立て呼吸をも忘れ居, 立て咽笛を刎, 立ての数々, 立て啄木鳥はマロニエ, 立て善人保護の職分, 立てめき立てて, 立て喰わせもならず, 立て四挺の剣付き鉄砲, 立て回教弘通に努力, 立て回転計の指針, 立て国会を開かざる, 立て国家の為, 立て国旗をかかげ, 立て国策の方向決定, 立て国防力の統一, 立て國家人民を利したる, 立てをはね, 立て土俵を築き上げ, 立て土手下へ来, 立て土蔵から走り出し, 立て在来の観測所, 立て地なぞへうつし, 立て地声で自分, 立て地方の有志, 立て坊主が三人, 立てばかりの木戸, 立て城内所々に火, 立て城門の方, 立て堅苦しい程に, 立て堆肥を置い, 立て堪忍袋の緒, 立て場所に就, 立てを負い, 立ても無し, 立てなインネン, 立て外套は釘, 立て多くは若干, 立て多助にくっ, 立て多年お世話になった, 立て夜昼泣いて, 立て大いに個性を, 立て大作爲を試みん, 立て大化元年とされた, 立て大声に語り, 立て大変厳格になりました, 立て大将に頼み, 立て大将田豊と駒, 立て大層な身振り, 立て大木大石を落としかけたら, 立て大火となった, 立て大腿骨ギシギシ軋らす, 立て天上に千木, 立て天理にした, 立て太刀をつかん, 立て奉公を致す, 立て奏疏を上る, 立て奮迅の勢い, 立て女優としてチュウリン, 立て女形になっ, 立てて蘭軒, 立て委員長閣下のお呼び, 立て姥さんにその, 立て猛高, 立て御の, 立て存分に極意, 立て孝助が主人, 立て宇宙秩序を以て, 立て守備兵や役人, 立て宗家の安泰, 立て定刻に役場, 立て客人の足, 立て宮城門の左, 立て家中の面々, 立て家内の様子, 立て家来を連れ, 立て寄せた障子に, 立て富有な町人, 立てさに, 立て寒気を送る, 立て将来大いに家名, 立て尊氏の意, 立て小さい右の, 立て小方の驗, 立て小智に任じ, 立て尖塔下の鐘楼, 立てなくも, 立て居き候処念願に, 立て居た処は, 立て屋内の音, 立て屋根を覆い, 立て山支度して, 立て山麓まぢかへ迫っ, 立て岩箭渓の動ぎ石, 立て左大臣永手兄の参議良継, 立て左手を障子, 立ての噂, 立て巻煙草を口, 立てにでも出る, 立て市井の雑聞, 立てにも愕然, 立て帝位を交代, 立て帰りし船ぞ, 立て覚は, 立て幅跳びは人, 立て幔幕を張っ, 立て年二十五の時位, 立て年貢御猶予, 立てが堪りかね, 立て幾つの馬, 立て広告を出し, 立て広重の描いた, 立て床几をすえ, 立てには緋, 立て店臺から自分, 立て廻し緋毛氈を敷き, 立て廻し胸襟を開い, 立て廻つてゐる矢車, 立て弓方鎗方を段々, 立て弔歌を奏で, 立て引き祝もさせ, 立て弟猾に箕, 立て弩千張と黄鉞銀鎗, 立て強く洟汁を, 立て弾丸の下, 立て当日は自宅, 立て彩華をめぐらし, 立てになったら, 立て彼方にも此方, 立て後主劉禅へ, 立て後足で蹲, 立て後進のため, 立て後頭部なぞは他人, 立て徐にあしらいつつ, 立てに心配苦労, 立て得らるるであろう, 立て御堂や庫裡, 立て徳川どのという大敵, 立て応援したから, 立て忠勤を抽んでた, 立て忠実に仕え, 立て怒号する真似, 立て思わず母の, 立てにまた, 立て急速に膨張, 立て怨めしそうに, 立て悉く当選した, 立て悠々写生を, 立て悩ましい惑乱の, 立て悪事を行う, 立て悲鳴を揚げ, 立て想像力に驅, 立て愛兒而して, 立て愛国銀行から百五十万円, 立て懸けてある, 立て成都から白水, 立て成長後殆ど神の妻, 立て或いは偽物を, 立て或は車なんどを, 立てじゃない, 立て所々に血, 立て手下共は何かしらやけくそ, 立て手古奈に異, 立て手拭をぬるま湯, 立て手燭を持たせ, 立て手鍋をたたき, 立て担ぎ上げて騒ぐ, 立て拍子木の廻る, 立てしますので, 立てけやう, 立て提灯を列ね, 立て換えとくが, 立ての寝かし, 立て擴げて細い, 立て支倉のカナイ, 立て放す気色も, 立て政吉に一応, 立て政法上道理に合う, 立てを布かれた, 立て数人の供, 立て数百羽の小鳥群, 立て整然とした, 立てにその, 立て斎串を插, 立て断固として西軍, 立てうと, 立て新しい土の, 立て新八まだ稽古, 立て新式製紙術の研究, 立て新旧貨幣の交換引, 立て方以来の事, 立て方概念の構成法, 立て方見方によっていろいろ, 立て方論理の運び, 立て日避の布片, 立て旧暦の二月, 立て早くくれとでも, 立て早速次の, 立て明征伐の大軍, 立て易かった, 立ての館長, 立て時計をつや子, 立て時間は後先, 立て景気を附け, 立て曳立て裏手なる槐, 立て曳馬一頭を引かせ, 立て更に太刀を, 立て書状をもっ, 立て月丸の武士, 立て有刺鉄線をはり, 立て有料演芸会開催に物価庁, 立てと仮面, 立て木戸には木戸番, 立て末代天下泰平ならば, 立て本気にし, 立て本陣の主人, 立て杉林にひとしきり, 立てを排する, 立て来たような, 立て東洋に新, 立て東西の方角, 立て東西南北に池, 立てを根, 立て松明も捨て, 立て松火を振, 立て果して死ぬほどの, 立ての心棒, 立て枠板が跳ね返った, 立て枯草の中, 立てとした, 立て柱時計は一隅, 立てした事, 立て栄すが小さな, 立て案内者として共に, 立ては面目, 立ての看板, 立てを成さん, 立て極力一方の, 立て楽就の駒, 立てえの, 立ての旗本連, 立て槍隊をすぐ, 立ての型, 立て標題のよう, 立ても無い, 立て横ざまに舞い飛ばした, 立て横文字を習, 立てを廻り行く, 立て樹木の葉, 立てと並べて, 立て機嫌がわるい, 立てを押出し, 立て歌界の覇, 立て正札通りの金, 立て正義を行い, 立ての様, 立て此家の亭主, 立て此騷ぎを笑つて見て, 立て武名を轟かせし, 立て歴朝東征西伐の, 立て死者が冥界, 立て残忍とも見える, 立て母様痛いよ, 立て毎夜城下の街, 立て毛利への固め, 立て民衆の眼前, 立て水口の柱, 立てを流し, 立て汚名の一端, 立て江戸表では長沢町, 立て決して利禄名声の, 立て決死の壮士, 立て沙俵を沈め, 立て沢山の不幸人, 立て河原には砂利, 立て河底に沈ん, 立て法会を行, 立て波紋と渦, 立て注意深い眼を, 立て注連縄が張っ, 立て泰一なり青帝, 立て洋服や白い, 立て活動し得るの, 立て流勢が勝っ, 立て海上へ浮, 立ていた気持, 立て深い眠りには, 立て混みレコードがが, 立て済んでから大人たち, 立ての内輪, 立て湯気をたて, 立て滑車で木寄せ, 立て滝本等三人はまた, 立て漕ぎ立て飛ぶ, 立て漸くの事, 立て潜入後は潜伏, 立て濛々たる殺気, 立て瀬戸内海に平家, 立て瀬踏みをさせます, 立て火花を散らさん, 立て火鉢の炭, 立て灰汁やうのもの, 立て無えやうな凍て, 立て立てて, 立てを吐い, 立て煙草に火, 立て熊楠はともあれ, 立て熊軍をこれ, 立て熱心な給仕たち, 立て燃殻のよう, 立て燈火に気, 立ての名, 立て膝を, 立て片々を斜, 立て片手を膝, 立て片足を近く, 立てには火, 立て牧仙波八郎太の倅, 立て物力の實, 立て物音を聞い, 立て猟士や宿, 立て玄徳を荊州, 立て理想を追, 立て甚だ騒々しい, 立て生家へ戻つた, 立て生涯尼になっ, 立てたしに, 立てから田, 立て田畑をひらい, 立て申しまして済みません, 立て申しましたのは, 立て申しましょうと答え, 立て申すべく其節に, 立て男子を捕え, 立ての方, 立て心なき, 立て畳ざわりあらく馴し破屋, 立て當人の娘, 立て発病の原因, 立て白い蒸気を, 立て白く渦巻き荒れ狂い, 立て白雪の山, 立て百人ほどの銃隊士, 立て皆此いはひ, 立てをチビチビ, 立て盛んに論争, 立て目印が水上一寸, 立て直ちに出で, 立て府の, 立て省察を推進, 立て真剣になっ, 立て真赤になった, 立て眠たそうな, 立て眼玉をぎょ, 立ては獰猛, 立ての字, 立て石鹸の泡, 立ては祭礼, 立て硫黄であって, 立てを築き, 立てめいた造り, 立て社会を改造, 立て祈祷に大声, 立て神これを嘉し, 立て祠堂料として銀七十目, 立て祭れるところ, 立て祭礼身にもとづき, 立て禮記の外, 立て私たちの用意, 立ての月, 立て秋風落莫たる面持, 立てを蒔き, 立て種々のそ, 立て穏便に済まし, 立て空気に縮緬皺, 立て立て辿, 立て立いでしま, 立て立法行政の両, 立て立派なこと, 立て競り合い揺れ合い鵜飼, 立てはまた, 立てをもつ, 立てふの, 立て一策によ, 立て筆太に元祖計り炭鹽原多助, 立ての曲, 立てを折つて書, 立て篇目を附けた, 立て籠って妄想, 立て籠つた所は仕方, 立て籠つた時にも古今傳授, 立て籠つてクリストフア・ノウスといふ雅号, 立て籠つて最後まで戦ふ, 立て籠つて本能の無, 立て籠むと見えて, 立て籠め急に煙ったく, 立ての眦, 立て紅白の幕, 立て紛擾の中, 立て紫色の振袖, 立て細い眼の, 立て結合部から綱, 立て結婚式を挙る, 立て結納を取り交し, 立て給いし日本第, 立てを張りました, 立て軍の, 立て総員十六人の村中, 立て締りをつけた, 立て縮毛の大男, 立て總延長千六百間の餘, 立て織田倒るるか, 立て美化する一つ, 立て義人ぶった日本人, 立て義憤のあまり, 立て義智自身は副使, 立て義貞ここにあり, 立て老人の畠打, 立て者垂加流の神道, 立て耕地の上, 立てを傾ける, 立て職工が振り上げる, 立てを抉り取った, 立てを曲げた, 立て背中をぽん, 立て背水の陣, 立てがぎろぎろ, 立て膝頭を両手, 立て臣下の上奏, 立てから嚢雲髮塚銘, 立て自ら保守中正論派と称し, 立て自己のみ奢り, 立て自然に塞がされ, 立て臭いともつかぬ, 立て舊藩にも憚つて, 立て船全体はぎいぎい, 立てを押し, 立て花立てに刻, 立て苦しげに, 立てをもっ, 立て草原には若い, 立て草履を持ち, 立て荒々しい呼吸を, 立て荒野をズンズン, 立てをめぐらした, 立て落下する, 立て著述者の批判, 立ての紋服, 立てずんだ尻尾, 立て立て切伏せると, 立て薙立て驅出した, 立て虫式の一種, 立て蚕棚から身体, 立てたので, 立て行くことの, 立て行こうじゃない, 立て衝突の危険, 立て表門があり, 立て袖幕を張り, 立て装飾り上げたる髪容, 立て裏手なる槐, 立て襖紙がふるえる, 立てのホック, 立て襟巻をぐるぐる, 立て親子駕をならべ, 立て解釋に勉め, 立て言つても立つ, 立て言葉もなく, 立て言論界へ多く, 立て訊望に備えた, 立て記者が帰っ, 立て証拠の脇差, 立て詳しく話して, 立て誠実な方法, 立て説得し惹きつけ定めた方針, 立て説明の組織, 立てが言い出した, 立て調和して, 立て調子を取っ, 立て謀事をしめしあわせ, 立てを解い, 立てであっても, 立て講説文章藝術暴力等あると, 立てを林藪, 立てを売っ, 立て財産を分ける, 立て貧民への施米, 立てぬくべき自分, 立て資金百五十両を強盗, 立て赤い舌を, 立て赤恥をかかせ, 立て赤松は赭, 立てと憤つ, 立て趙雲一名を側, 立て跳ね起きて, 立てを藻, 立て軈て咳払ひし, 立て車輻の様, 立てに趨, 立て軍服のボタン, 立て軍略家のよう, 立て軽々しくこの下宿屋, 立て輪廻報応の科, 立て轆轤は廻転, 立て込みの工合, 立て近在の壮年, 立て近郷に続く, 立て這い登り月の輪の, 立て通せり君の如き, 立て通りを駅, 立て通行の許し, 立て遊ばされ住吉の, 立て遊ばし玄徳を, 立て遊女を侍らせ, 立て運動ではなく, 立て運転を始めた, 立てさして上げる, 立て道徳を矯正, 立て道端にあ, 立て違ひなら此坊主首, 立て選挙運動を組織, 立て邪鬼凶人の邪視, 立て郡吏の先立, 立て都新聞への情誼, 立て配備をなし, 立て重い靴の, 立て金切声をあげ, 立て針金を引廻, 立て釣瓶の縁, 立て鉄吹術を始むべ, 立て銃床を肩, 立て鋭い眼で, 立て鋭く視線を, 立て鋼鉄の胴体, 立て鎗鉄砲を携える, 立てだの大きな, 立て鑑賞上の錯誤, 立て長田氏に見す, 立ての外, 立て開墾させた, 立て間口二十間奥行十七間それを十二畳, 立て間者牢の山, 立てって, 立て陣容を作っ, 立て子文, 立て陳ねた事のある, 立てに輝い, 立て陽気に気持ち, 立て隊伍を乱さず上っ, 立て階段から上りたて, 立てを通して斜, 立て隠りにけら, 立て近な, 立て難きの功, 立ての中, 立て電光で照明, 立て青空はすでに, 立てに導き, 立て静穏であるべきなの, 立て面白くない, 立てのしない, 立て頃合をはかっ, 立て頬杖をつく, 立て頭陀袋を置い, 立てに軽く, 立て飛ぶように, 立て飼蚕も怠るまい, 立て飾り棚二階棚なども気持ち, 立て飾鉄砲に弓矢, 立てを揚げ, 立て首巻きを耳, 立てを焚き, 立てにまたがった, 立て馬並めて御, 立て馬寄せにはいつ, 立て駿河台の元, 立て騎馬の人々, 立て騒がしき鳥羽伏見の, 立て騒ぎががたがた, 立て驅出した, 立てさ一寸許細葉多く, 立て高い足駄を, 立て高く号びどこが, 立て高師直師泰を総帥, 立てを振っ, 立て鳥打帽をま, 立て黄色の地, 立て黍生谷では黍生殿, 立てのソフト帽, 立て黒い山高帽を, 立て黒白段々の馬印, 立て鼎坐して