青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「生んだ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

生まれ~ ~生まれた 生まれた~ ~生れ 生れ~ ~生れた 生れた~ ~生れる 生れる~ ~生んだ
生んだ~
~生命 生命~ 生存~ ~生徒 生徒~ 生死~ ~生活 生活~ ~生涯 生涯~

「生んだ~」 1071, 11ppm, 10129位

▼ 生んだ~ (116, 10.8%)

18 である 11 です 75 だと 4 を見 3 だった, でしょう, は当然 2 だから, だが, だという, だろう, であった, であって, ですから, では, は女の子, ばかりで

1 [42件] かしら, かそう, か編集者, か自分, があの, がゲエテ, が三十八歳, が四十二歳, が安宿媛, が小, が村, ださ, だそう, だとは, であったろうと, でありそこ, であります, であるが, であると, であろう, であろうか, でした, ですよ, でないからには, でも, と申す, なら, にはびっくり, はこの, はその, はまさに, はもとより, は大空, は此女, は滅多, は父母, は白色テロル, は長男, もやはり, よりもっと, を聞いた, 日を

▼ 生んだ~ (104, 9.7%)

2 があった, である, であると, より可愛い

1 [96件] がよく, がアメノフユギヌ, がウマシマヂ, がオシクロ, がオホタムサカ, がオミヅヌ, がサホ彦, がスガノモロヲ, がフカブチノミヅヤレハナ, がホトタタライススキ姫, が三人, が不良, が大國主, が女, が平均二十歳二十五歳, が産声, が相続人, が葛城, が虎, だ, だえ, だから, だけは無事, だぞ, だと, であります, でその, ではなく, でも毛, とも裔, と三腹, なので, にはその, には弘化二年十一月二十六日生, に俺, に於, のやう, の三男袁尚, の中, の名, の子, の玄正, の行動, の養育, はほんとう, はよそ, はアヂスキタカヒコネ, はアメノヒバラオホシナドミ, はウマシウチ, はオキツ彦, はオシクロ, はオホカグヤマトミ, はオホクニミタマ, はオホトシ, はオホナガタ, はオホマタ, はカグロ姫, はクシミカタ, はクニオシトミ, はコトシロヌシ, はスメイロオホナカツ彦, はタケシウチ, はタヂマモロスク, はタヒリキシマミ, はツラミカノタケサハヤヂヌミ, はトホツヤマザキタラシ, はトリナルミ, はナカツ彦, はヌノオシトミトリナルミ, はヒバス姫, はフハノモヂクヌスヌ, はミカヌシ彦, はミロナミ, はワカヤマクヒ, は丹波ノヒコタタスミチノウシ, は今, は八人, は商人, は大, は山代, は己, は幼く, は男, も成長, を, をみんな, をエクタ, を二人, を多少, を岐都禰, を己, を愛し, を捨て, を木, を當時土生蕃客, を高氏

▼ 生んだもの~ (48, 4.5%)

5 である 3 だと, であらう, であるから 2 に相違

1 [32件] が, がつくづく, が勘, その中, だが, で, であったという, であること, である事, であろうが, でしかも, ですから, でその, でそれ, では, としか思えなかった, とすれ, とによって日本人, と僕, と思はれる, と断言, と見る, にし, のうち, はこの, はまだ, はカアネギイ, は時代, は見えぬ, らしい, を取, を慕う

▼ 生んだ~ (40, 3.7%)

2 なぜだ

1 [38件] ある時, あんなの, いまから, その代り母, その代わり長者, その子ら, その容貌, その小, その形, その日記, その頃, それと, とうとうしまいに一等, ひどい馬鹿, もうその, わけが, トルストイや, 一斉に, 一番しまいに, 万吉は, 上の, 伯父は, 壬申乱後大和に, 天皇には, 好は, 子供も, 将軍足利義満の, 弥月に, 彼等は, 後天智天皇, 抱かれて, 次で, 産後にわかに, 産後の, 皆育たなかった, 眼なき, 禮を, 間もなくその

▼ 生んだ~ (29, 2.7%)

4 云ふ 2 いうので, なれば, 言ふ

1 [19件] いいますが, いって, いっても, いはれて, いふ, いふので, する, すると, 云つては, 伝えて, 告げたので, 考へる事, 聽い, 見ても, 言う, 言う事, 言えるの, 言へ, 評判を

▼ 生んだこと~ (24, 2.2%)

3 のない 2 である

1 [19件] かな, があった, さえある, で十分得意, など戦国数奇, になるであろう, には軽く, によつて, のある, の理解, はすでに, は周知, は大阪, は明かな, は決して, もある, もさして, も当然, を誇り

▼ 生んだので~ (23, 2.1%)

2 あらう, せう, 親は

1 [17件] あつた, いまさら越前, せうか, 一寸おかしく, 三枚目の, 三輪の, 今いふ, 今更我身, 他人が, 大小あわせ, 孔子に, 小宦, 日初と, 歯は, 泰平郷の, 隣家の, 雅衛の

▼ 生んだ~ (19, 1.8%)

2 が何, とは異

1 [15件] が彼, が死んだ, とはいえ, とは誰, なる人, なる性, の, のまして, の力, はウマズメ, は今どこ, は私, は色, は誰, も死ん

▼ 生んだ子供~ (18, 1.7%)

2 のよう

1 [16件] であるという, でさえ多勢, ではない, で二三年前, で誰一人, といふ物, なの, にパパ, に対する執着, に対する心掛, の取扱い, は私生子, まで彼女, をいじめる, を一人, を思う

▼ 生んだという~ (16, 1.5%)

3 話を 2 ことが

1 [11件] ことだけ, ことについてよ, ことは, ことを, ような, 事は, 事実なんかも, 噂も, 報知を, 女の, 記録が

▼ 生んだ~ (10, 0.9%)

1 たみである, ッ母さんは, 后の, 君は, 安は, 敬お, 母樣では, 糸と, 糸といふ, 袖な

▼ 生んだ~ (10, 0.9%)

2 でした 1 がそう, であっても, ですから, に違, のやう, の顏, はこんな, は泣い

▼ 生んだ~ (9, 0.8%)

1 だ, だらうとは, だツ, である, でもある, というの, の梅子, れんは, を知らなかった

▼ 生んだ~ (8, 0.7%)

1 から顔, にはもう, に女の子, の事, の光景, はお, はな実に, は生んだで

▼ 生んだ母親~ (8, 0.7%)

1 が哀れ, が生前, でさえ持てあます, に似た, はその, は女, は男, をも怨ん

▼ 生んだこの~ (7, 0.7%)

1 上州の, 不遇と, 国は, 大劇作家, 母にも, 良心と, 驚くべき才能

▼ 生んだ~ (7, 0.7%)

1 から生れる, が感受, が雷, でもいくつ, は天鵞卵, を皆自分, を重蔵

▼ 生んだその~ (6, 0.6%)

2 子に 1 子が, 業縁である, 翌年蔵前の, 赤ん坊の

▼ 生んだといふ~ (6, 0.6%)

1 あのお, この土地, んです, 事だ, 話が, 騷ぎだ

▼ 生んだ最も~ (6, 0.6%)

1 すぐれた最も, 偉大な, 有名なる, 独創と, 美しい思惟, 高徳な

▼ 生んだところ~ (5, 0.5%)

2 の大いなる 1 で数ヶ月, の一流, の文芸

▼ 生んだ御子~ (5, 0.5%)

1 がオキナガタラシ姫, はオキナガ, はカニメイカヅチ, はキノアラタ, はヌカダノオホナカツヒコ

▼ 生んだ日本~ (5, 0.5%)

1 が, に, に西鶴型, の海岸, を

▼ 生んだ粟津子~ (5, 0.5%)

5 は罪びと

▼ 生んだ一つ~ (4, 0.4%)

1 の挿話, の芸術形式, の見事, の雰囲気

▼ 生んだ一種~ (4, 0.4%)

1 の叡智, の戦場文筆家, の精神病患者, の頽廢的詩形

▼ 生んだ~ (4, 0.4%)

1 だと, ない, の血, は不思議

▼ 生んだ偉大~ (4, 0.4%)

1 なもの, なる宗教家, なる登山家, な芸術

▼ 生んだ原因~ (4, 0.4%)

1 となる, には近い, はどこ, を無視出來

▼ 生んだ土地~ (4, 0.4%)

1 である, と人々, を耕, を見

▼ 生んだ文学~ (4, 0.4%)

1 でその, でブルヂヨア文明, として値うち, の一つ

▼ 生んだ最初~ (4, 0.4%)

2 の大 1 の探偵小説家, の立派

▼ 生んだあと~ (3, 0.3%)

1 で若旦那, の気持ち, は殻

▼ 生んだかと~ (3, 0.3%)

1 いえば, いふこと, いふと

▼ 生んだそう~ (3, 0.3%)

2 です 1 で旦那様

▼ 生んだのち~ (3, 0.3%)

2 にこれ 1 も長く

▼ 生んだばかりの~ (3, 0.3%)

1 愛しい, 猫二つの, 私生児を

▼ 生んだよう~ (3, 0.3%)

1 であるが, な造化, に私

▼ 生んだわけ~ (3, 0.3%)

1 である, です, では

▼ 生んだ世界的~ (3, 0.3%)

2 な大 1 な諷刺作家ゴーゴリ

▼ 生んだ両親~ (3, 0.3%)

2 を憎んだ 1 の心理生活

▼ 生んだ人間~ (3, 0.3%)

1 が恨めしい, だった, だつた

▼ 生んだ作品~ (3, 0.3%)

3 である

▼ 生んだ唯一~ (3, 0.3%)

2 の理想主義者 1 の学者

▼ 生んだ~ (3, 0.3%)

1 から出た, だつた, で幸

▼ 生んだ~ (3, 0.3%)

1 チェリストパウ・カサルスの, 哲学者の, 彫刻家トルヴァゼンに

▼ 生んだ~ (3, 0.3%)

3 の母

▼ 生んだ~ (3, 0.3%)

1 にこれ, は全く, 見露

▼ 生んだ~ (3, 0.3%)

1 の爺猫, の男子, の第

▼ 生んだ時代~ (3, 0.3%)

1 である, で殊に, は再び

▼ 生んだ時親父~ (3, 0.3%)

1 が沁, も気, も氣

▼ 生んだ母胎~ (3, 0.3%)

1 だつたので, だろう, を知る

▼ 生んだ産物~ (3, 0.3%)

1 であるの, ではない, にすぎない

▼ 生んだ~ (3, 0.3%)

1 の作, の過去, もわるい

▼ 生んだ~ (3, 0.3%)

1 であるが, の子, はやっぱり

▼ 生んだ~ (3, 0.3%)

1 が卵, たる自然科学, ぢや

▼ 生んだあたし~ (2, 0.2%)

2 はいい

▼ 生んだある~ (2, 0.2%)

1 恐ろしいもの, 犧牲的な

▼ 生んだいま~ (2, 0.2%)

2 抱いて

▼ 生んだから~ (2, 0.2%)

2 自分の

▼ 生んだって~ (2, 0.2%)

1 いいでしょう, ブルジョアの

▼ 生んだとき~ (2, 0.2%)

1 から子供, に母

▼ 生んだところが~ (2, 0.2%)

1 右の, 犬の

▼ 生んだとしか~ (2, 0.2%)

1 思えません, 思へない

▼ 生んだとも~ (2, 0.2%)

1 いえよう, 云へる

▼ 生んだのに~ (2, 0.2%)

1 相違ない, 違いない

▼ 生んだ~ (2, 0.2%)

1 わが子生まるる, 怪からぬ

▼ 生んだばかり~ (2, 0.2%)

1 では, で勿論

▼ 生んだまま~ (2, 0.2%)

2 で少し

▼ 生んだキュウピーさん冷飯~ (2, 0.2%)

2 に味噌汁

▼ 生んだ不知哉丸~ (2, 0.2%)

1 である, の未来

▼ 生んだ~ (2, 0.2%)

1 がある, があるだろう

▼ 生んだ二つ~ (2, 0.2%)

1 の作家群, の大きな

▼ 生んだ~ (2, 0.2%)

1 の年, はわたし

▼ 生んだ古今~ (2, 0.2%)

2 に珍

▼ 生んだ嬰児~ (2, 0.2%)

1 だ, はてめえ

▼ 生んだ~ (2, 0.2%)

1 とだ, を失い

▼ 生んだ岡本先生~ (2, 0.2%)

1 の手柄, はまことに

▼ 生んだ~ (2, 0.2%)

1 に二十一歳, に当る

▼ 生んだ後これ~ (2, 0.2%)

2 を保護

▼ 生んだ怪談~ (2, 0.2%)

1 である, の一つ

▼ 生んだ~ (2, 0.2%)

1 の中, を見

▼ 生んだ文芸~ (2, 0.2%)

1 でなければ, の中

▼ 生んだ~ (2, 0.2%)

1 の子, の感慨

▼ 生んだ最大~ (2, 0.2%)

1 のプリマドンナ, の実験科学者

▼ 生んだ最大原因~ (2, 0.2%)

2 だと

▼ 生んだ次男~ (2, 0.2%)

1 である, の小栗能文

▼ 生んだ母さん~ (2, 0.2%)

1 の顏, の顔

▼ 生んだ特殊~ (2, 0.2%)

1 な芸術的傾向, な風俗

▼ 生んだ男の子~ (2, 0.2%)

1 に命名, は顔

▼ 生んだ私生児~ (2, 0.2%)

1 の名, をおぶっ

▼ 生んだ~ (2, 0.2%)

2 一の

▼ 生んだ~ (2, 0.2%)

1 である, 日本的作風を

▼ 生んだ~ (2, 0.2%)

2 では

▼ 生んだ~ (2, 0.2%)

1 に対して負うた, は母

▼ 生んだ聖霊~ (2, 0.2%)

1 はおの, は彼

▼ 生んだ赤ん坊~ (2, 0.2%)

1 が這, を真実

▼ 生んだ雌鶏~ (2, 0.2%)

2 でなくてはと

▼ 生んだ音楽家中前後~ (2, 0.2%)

2 に比類

▼1* [347件]

生んだあげくもはや考える, 生んだあらゆる施設の, 生んだいろいろの宝, 生んだおかげには, 生んだお母さんつまり先生, 生んだこれは, 生んだかという事に, 生んだからとて必ずしも直ちに達する, 生んだきり子がなかっ, 生んだくらゐの, 生んだこどもたちのあら, 生んだころの事, 生んだその間の系統, 生んだそれかも知れぬ, 生んだただ一人の男の子, 生んだつて口まがりの, 生んだつもりになる, 生んだとおりに, 生んだとか筋の, 生んだとかいふやうな, 生んだとき私の手, 生んだとてさう, 生んだとはまだ聞い, 生んだとまで云われて, 生んだなどと云ひます, 生んだしても, 生んだには違ひない, 生んだはずだと, 生んだひとは姉, 生んだひとつの原因, 生んだまこと君はさらに, 生んだものわれわれを育てる, 生んだもんだから, 生んだやうであるが, 生んだやり方や演目, 生んだだろう, 生んだアメリカの精神的骨格, 生んだアンニャが七ツ八ツ, 生んだインドの文化, 生んだガキだ俺ア, 生んだギリシアの文化, 生んだシナの文化, 生んだドイツ民族の情緒, 生んだナグレ浪人に違い, 生んだハンディキャップを克服, 生んだフランスの思想, 生んだブルヂヨア文学と対比, 生んだプリマドンナとして欧米, 生んだポーランドの生活, 生んだユダヤの文化, 生んだリズムがある, 生んだヴェネチア人は決して, 生んだ一人の偉大, 生んだ一人娘である, 生んだ一人息子のルイ, 生んだ一大道徳律である, 生んだ一子は男子, 生んだ一時的現象にすぎん, 生んだ一畫人として決して, 生んだ一異彩ギョオム・ルキュウはわずか, 生んだ一異才として佐吉, 生んだ一見健康な文学, 生んだ一見病気の文学, 生んだ三人の子たち, 生んだ三歳の乳児, 生んだ三沢初子と品, 生んだ三百年前の大, 生んだのほう, 生んだ不思議な矛盾, 生んだ不肖の長子, 生んだ世界の最も, 生んだ世界最上の染物, 生んだ世界未曾有の戯曲時代, 生んだ世界的プリマドンナとして大騒ぎ, 生んだ世界的名作であると, 生んだ世界的名歌手の一人, 生んだにも父親, 生んだな理由, 生んだ主要原因をそこ, 生んだ久光は聡明, 生んだ九条家若公, 生んだ亀千代の弟, 生んだ事実は誰, 生んだ二三人は皆相当, 生んだ二人の王子, 生んだ二大国宝である, 生んだ人々である, 生んだ人心の動揺, 生んだ人気であって, 生んだ人物である, 生んだ人間ブラームスの伝記, 生んだ今年十二になる, 生んだ仏蘭西最大の戯曲作家, 生んだ伊賀の国, 生んだ伝統的な鉄則, 生んだ体験から今度, 生んだ余分な感傷, 生んだ作家が意識, 生んだ作家たち明日に属望, 生んだあるやは, 生んだ侍従良成てふ, 生んだ信仰であらう, 生んだ信升の子, 生んだの中, 生んだが親, 生んだ元禄の人情, 生んだ先夫全安, 生んだ先秦の文化, 生んだ光明に充ちた, 生んだ八十郎は誰, 生んだ内気なもの, 生んだのその, 生んだ出来たての夫婦, 生んだ利根川は悲しい, 生んだ皇太子の, 生んだ創造の母胎, 生んだ功績は大した, 生んだ動機はなん, 生んだ北国野放しのあら, 生んだ十六の年, 生んだ十歳になる, 生んだ千菊とがつい, 生んだ協皇子を愛する, 生んだ双生児の片割れ, 生んだ叡智と六十年, 生んだ同胞たちだから, 生んだ名残りが残っ, 生んだ名物だし, 生んだ名誉ある最大, 生んだ名高い倅だ, 生んだ不韋, 生んだ哀しい私は, 生んだ器械や発動機, 生んだ四十三歳の妻常, 生んだ四子は義雄, 生んだ図柄ではない, 生んだ国際的な作家, 生んだといふやつ, 生んだ地理的環境のみからその, 生んだ場所である, 生んだの話, 生んだ大きい方の, 生んだ大げさというもの, 生んだ大理石像の一群, 生んだ大阪屈指のべっ甲問屋, 生んだ太子ワスカルは当時三十歳位, 生んだ奇怪な倅, 生んだ奇蹟だ, 生んだ女の子が育っ, 生んだ女二人の中, 生んだ女子には婿養子, 生んだ女性で日本, 生んだ女流作家中歌人與謝野晶子氏と小説家樋口一葉女史以外, 生んだ女群の存在, 生んだだと, 生んだ妄想だって云う, 生んだの死後, 生んだ姦淫を忘れ, 生んだ姫君は宮, 生んだ娘さんかね, 生んだ娘たちよりも藤典侍, 生んだ婦人作家の上, 生んだ媚薬の一つ, 生んだ子どもは一人, 生んだ子以上に可愛がっ, 生んだ子供たちまでもほか, 生んだ子玉の子, 生んだや曾孫, 生んだ守範の妻, 生んだ実験室の空気, 生んだ家系は, 生んだ寄合評定によって強大, 生んだに純, 生んだ将門という一個, 生んだ小太郎が継いだ, 生んだ小柄な体, 生んだ小殿のお, 生んだ工藝品だから, 生んだ巨匠に限られ, 生んだ巨大な老松, 生んだ常友なの, 生んだ幻影はこの, 生んだ幻視にすぎない, 生んだ庶民教育家の最高峰, 生んだよりも協, 生んだ弓太郎を附け, 生んだに家督, 生んだ当日より母馬, 生んだの, 生んだ後佐用郡の田住某, 生んだ後添乳をし, 生んだ後身の漸く, 生んだ後閑までの間, 生んだ徳川末期の民心, 生んだしも多から, 生んだ怨敵五郎次郎の胤, 生んだ息子を養子, 生んだ惨劇の中, 生んだ愛娘だというは, 生んだ懐しい故郷な, 生んだで無く, 生んだ雰囲気の, 生んだのつけられない, 生んだ手裏剣が狙い過たず, 生んだ抽斎の次男, 生んだ政治的天才たち源頼朝や徳川家康, 生んだ政治的豪傑の一人, 生んだ故に幸いに, 生んだ故人の関白, 生んだを書き上げた, 生んだ文化が一つ, 生んだ文化並に仏蘭西, 生んだ文学的逸品であること, 生んだ文晁の後妻阿佐, 生んだ料理研究であり栄養料理, 生んだ料理研究家の料理, 生んだ新しい美点を, 生んだ新作戯曲を同志会館, 生んだ新進作家中ドゥニ・アミエルとオベイ, 生んだ日本文化の一大要素, 生んだ明治十七年二月二十二日には私, 生んだ明石中宮である, 生んだ映画だつた, 生んだ時母はこんな, 生んだ時私は廿一, 生んだ晩年の子, 生んだにゃア伊之さん, 生んだ最大公約数的なもの, 生んだ有数の劇作家, 生んだ本皓の女, 生んだである, 生んだ様々の舞台表現, 生んだ模様ではなく, 生んだをお尋ね, 生んだ欧羅巴に於, 生んだ正室お玉の方, 生んだ暗い家庭, 生んだ民族とが優れた, 生んだ江戸末期的代表デカタンが丹治郎, 生んだ江戸追慕の詩人斎藤緑雨, 生んだ池田全安の女, 生んだ智恵から, 生んだ混血兒に外, 生んだ災厄の家, 生んだみやすみ, 生んだ意識的な, 生んだは奈樣, 生んだであるので, 生んだ特別な種族, 生んだ特異現象の一ツ, 生んだ現代の婦人, 生んだ現代有数の詩人, 生んだ現実と云う, 生んだ理由は重点主義, 生んだ環境そのものでディケンズ, 生んだ田舎らしい面, 生んだ申し分のない, 生んだ男児である, 生んだ男子は漁師, 生んだ父兄京の, 生んだ異色ある劇団, 生んだ皇后のほう, 生んだ皇子が次に, 生んだ直後ですらも, 生んだ矛盾の子, 生んだ示威的な奸策, 生んだ祇園囃しの, 生んだ祖人は神, 生んだ祖国の文芸, 生んだ祝福された土地, 生んだ稀有な画人, 生んだの世界, 生んだ程世界を風靡, 生んだ穏子から二人, 生んだ竜池の妻, 生んだ精気のやう, 生んだ経験がありました, 生んだ結果であって, 生んだ結論であつ, 生んだ綜合的な生活, 生んだ美しさだ, 生んだ美術にあっ, 生んだ美製品を能, 生んだ義務だよ, 生んだ聖靈はおの, 生んだ肉体的健康も暫く, 生んだ背後の自然, 生んだ背景には日本, 生んだ胎児にちがい, 生んだ自分が悪い, 生んだ自然とその, 生んだ自然的な美しい, 生んだ至言である, 生んだ芝居のトリック化, 生んだ菊池寛はその, 生んだ著名な野生動物観察者, 生んだ葛の葉という狐, 生んだ蒼白い顔色は, 生んだ虚像と現在, 生んだ虚栄は新, 生んだ虚構の事実, 生んだと肉, 生んだ規範は単に, 生んだ覚えはない, 生んだ覚一だった, 生んだ親たちも無論, 生んだ親馬が眼, 生んだ記憶の無い, 生んだりの, 生んだ評判の時代劇, 生んだも少なから, 生んだ神の, 生んだ警語である, 生んだ貧乏な女, 生んだ赤ン坊に子守歌ひとつ謠つて, 生んだ赤坊のおしめ, 生んだでこの, 生んだ近世歌劇の改革者, 生んだ近代の政治的天才, 生んだ近代人の特典, 生んだ過去の夫人たち, 生んだ郷土の特色, 生んだ醜き畸形兒なる, 生んだ鎌倉型の女子, 生んだ長女を東宮, 生んだ長女千代も既に, 生んだ長女延の亡くなった, 生んだ長男直之助が夭折, 生んだ長門の国, 生んだ阪中川口小山田中森本の五人, 生んだ阿弥一門と共に茶祖珠光, 生んだ随筆的批評の傾向, 生んだ隣邦中国ではさすが, 生んだ雌蜘蛛はそう, 生んだ難産の折, 生んだ革命的な音楽家, 生んだ音楽や演劇, 生んだの父, 生んだ頼宣のため, 生んだ風土とに及ぶべきである, 生んだ風潮を弁明, 生んだ風説にはちがい, 生んだ餓鬼道の巷, 生んだが何羽, 生んだだと, 生んだ鶴松の事, 生んだ黄歇の子