青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「相違~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

相互~ 相対~ ~相当 相当~ 相応~ ~相手 相手~ ~相談 相談~ ~相違
相違~
省~ ~眉 眉~ ~看板 看板~ 看護~ ~看護婦 県~ ~眞 眞~

「相違~」 7254, 75ppm, 1498位

▼ 相違ない~ (2897, 39.9%)

160 のだ 115 のです 98 のである 54 と思った 44 がそれ 40 がその 39 か, と思う 33 が, ということ 32 がしかし 29 ことを 2221 と思われる 19 んです 18 と云う, と思っ, んだ 17 からである, のであります 15 がこの, ことが 14 から, がこれ, と信じ, と思, と私 13 という 12 ことは 119 がそれでも, と思います, と思ふ, な 8 というの, といふこと, と考えた, ね, ように 7 がそう, さ, です, とお, と信ずる, と半, と思いました, のか, 事が, 事を

6 [12件] からその, からであった, があの, がそれにしても, がもう, それを, でしょう, といっ, と断定, と鑑定, のであった, のは

5 [14件] がそんな, が私, ぞ, でしょうが, では, という事, とこう, と僕, と思い, と思われます, と言う, のでございます, のでわたし, のを

4 [33件] がここ, がさて, がさりとて, がしかも, がそういう, がそこ, がともかく, がまさか, がまた, がまだ, が併, が決して, が自分, けれども, ことも, だろう, であろうが, という結論, とすれ, とわたくし, と云, と云っ, と云った, と存じます, と彼, と思われた, と申, と考え, と考えられる, と自分, にし, ような, 旨を

3 [36件] からな, がいずれ, がこんな, がどう, がどうも, がなぜ, がわたし, が世間, が人間, が然しながら, けれど, けれどもその, その時, それが, でせう, という考え, といふ, といふ事, とする, とそれ, と云い切った, と思つたの, と思つて, と想像, と睨ん, と睨んだ, と矢代, と考へた, と見, と見た, と言, のだった, のでした, ので御座います, 色々の, 証拠には

2 [131件] かと念, からこれ, からだ, からです, からどうしても, から何, から占師, がいつか, がお, がかつて, がこう, がされ, がその後, がそれほど, がた, がただ, がだって, がでも, がとにかく, がどこ, がね, がもつ, が一代, が一度, が一方, が今, が伯自身, が何, が余りに, が出, が前, が同, が君, が夜, が奈良朝, が実は, が実際, が山, が年, が彼, が悔いる, が是, が果たして, が此, が過ち, が酒盃片手, が電子, けれどこの, けれ共, ことだけは, しその, しまた, し又, ぜ, って, て, であろう, ですが, とあっ, という一種, という見込み, という話, といふの, といふ氣, といふ結論, といふ説, といや, ときめ, とこの, ところで, とそう, とにらん, とのこと, との見込み, とは誰, と主張, と佐山君, と合点, と存八, と思い込ん, と思い込んだ, と思ったらしく, と思はれる, と思ひ, と思ひました, と早く, と決められ, と決定, と泣き, と申し, と申します, と白状, と目星, と綿密, と考えます, と考える, と考へ, と見込み, と言っ, と言った, と認めた, と認める, と誰, ねへ正太さん左樣, のが, ので, ので僕, ので私, はずでした, までもお, ものである, ものと, ゆえに, らしいが, らしく思われて, わ, わい, ッ, テ, 事は, 何うかし, 其時は, 前記の, 孤踏夫人の, 引かへて, 彼女が, 怪人物の, 筈の, 薄気味の, 訴人が, 青年が

1 [1105件 抜粋] ああいふ, あれが, いま読ん, お代官, お前も, お延, かたがた三之助を, かといふ事, かどう, からいちいち, からうまく, からおれ, からそっち, からそれで, からだった, からとたのんだ, からふたり, からマタ・アリ, からレース, から七兵衛, から今度, から信用, から兎, から其処, から切り倒せ, から地心, から孫, から廊下, から彼等, から恐, から成る, から早速, から殿様, から父, から猴, から申す, から約束通り信用, から酒宴, か何, か否, か面体, があたり, がありゃ, がいう, がいかんせん, がいくら, がいつも, がいやしくも, がおれ, がお年, がきゃつめ, がこれら, がさうかと, がすると, がそち, がそれら, がつくろった, がとする, がどうぞ, がどうやら, がなあ伴, がなにか, がなんだい, がなんぼ, がひとり, がまことに, がまったく, がやみやみ, がよしや, がわれわれ貧乏人, がエドワアド七世, がトテモ病院, がフオツシユ将軍の, がムザムザ手籠, が一, が一体全体, が一旦, が一般人, が下手, が主人, が予, が人, が人命, が人殺し, が他方, が仮に, が件, が何だか, が何となく, が余り, が假令, が元々, が兄, が其の, が内藤家, が出頭, が別段, が前者, が勿論, が危険性, が原始的, が只, が可笑しい, が同時に, が商売, が善人, が地蔵様, が城下, が売れない, が多数, が天保年間, が女骨プラス慾念, が妾狂い, が嬶, が子規居士, が守屋さん, が宗教, が宮方, が少く, が屋敷, が島, が帰っ, が当時, が彼一石我一石, が往時, が後半, が徒爾, が恐らく, が情緒, が我が, が或, が支那, が斬られ, が新作, が日常, が日附, が普通, が更に, が李, が松田, が案ずる, が正面, が死ん, が殺せ, が江戸, が泣き止まらない, が淡い, が物, が猫, が生きる, が生命, が生産, が疑問, が病氣, が益々, が目ざすこけ, が目録, が知識そのもの, が積極的, が紳士, が而, が肌, が自殺, が舞曲, が苦力, が血, が被害, が裸体, が見え透いた, が言葉つき, が諸, が赤黒, が輪, が迷信, が鄭樵, が金太, が長時間, が関係, が陸尺, が顯, が高尚, が魂, きっときっとそれに, けれどその, けれどもいいかげん, けれどもさすが, けれどもしかも, けれどもなにしろ, けれども一方, けれども不思議, けれども人見, けれども初め目的, けれども宇宙, けれども持っ, けれども昔善財童子, けれども水, けれども私, けれど作品, けれど彼, けれど花前, けれど苦しい, けれど要するに, けれど醜態, こと, ことそして, ことで, ことであります, ことな, こと昨日までは, この一番最初, この正月, この重病人, これじゃ, これは, これ自業自得天の, さもなければ, さりとて娯楽, しかしその, しかし俺, しそれ, して, し小林紋三, そういえ, そうして今, そうだ, そうなく, そこで東京, そして誰, その御, その無心, それでなけれ, それにしても独り, それ故, たしかに手前, ただし自己, たぶんあした, だらうがね, だらうな, だろうが, だろうと, ちやうど, つて, ですからねえ, ですけれども, ですよ, での, というじつに, というん, という予覚, という何, という動かぬ, という想像, という意見, という断定, という点, という結果, という自分, という説, といずれ, といった, といふ予感, といふ確信, といふ證據, といましめ, とうつかり, とおっかさん, とおもう, とお松, とかたく, とかれ, とこうようやく, ところでデモクリトス, ところを, とさえ思っ, としてこの, としてもそれ, としても棠陰比事, とするなら, とそこら, とてその, とにらんだ, との評, との説, とはもっぱら, とは思い, とは思っ, とは思つて, とは知りつ, とひとりぎめ, とほ, とも, とも思わせた, とも考えられた, とようやく, とわし, とオレ, とジュッド医師, と一同, と一部, と世間, と云つて, と人見, と今に, と保証, と信じきっ, と信じられた, と信じ込み, と俺ら, と分り, と判った, と判断, と前, と動き, と勘十郎, と十分, と半信半疑, と同時に, と堀井, と大次郎, と夫人, と孝助, と定め, と左膳, と平生, と廓育ち, と彼女, と忠一, と思い定めた, と思うた, と思つた事, と思はれた, と思わない, と思われました, と恐れられた, と想う, と想った, と感づいた, と感謝, と成瀬, と政党人, と断言, と新八, と春三郎, と更に, と期待, と柴井町, と極めて, と気つけ, と江戸中, と決め, と濡れた, と狙い, と理窟, と申しまし, と申し立てた, と町中, と疑われ, と病体, と直感, と相手, と睨む, と知らせる, と窃か, と米友, と結論, と考へました, と自白, と被害者, と見られ, と見極めた, と観た, と言い張っ, と言つた親分, と言われた, と論じた, と諸人, と近所, と部落, と金三の, と頭, と駄夫, どこまでも, どころで, なぜなれ, などとなぜ, などと思ふ, に, にも拘らず, に拘らず, のかね余, のさ, のじゃが, のだろう, のであつ, のでいつ, のでこれ, のでそれ以上, のでつまり, ので今度, ので初め, ので只今, ので堀井, ので奈良原, ので敬四郎, ので梅沢君, ので祭礼, ので行き止まり, ので附き添い, のと, のにすらり, のに今日, のよ, ほとんど最大遺物, ぼんのう, ままよ, もしそうだ, ものです, ものを, やうに, ゆえ伝六ッ雪を, ゆるやかに, ようである, らしく思われた, んで, トカイ葡萄酒の, 一つの, 一方は, 三十五六の, 上に, 不幸に, 中婆さんを, 事に, 五羽の, 人々であります, 人物が, 人物を, 今宵限りの, 以上は, 伝説の, 何かの, 何と云つて, 併し, 俳優的感性の, 先方の, 六枚連作の, 其の方, 判ったと, 前にも, 勿論それ, 十一時の, 印度にては, 又惠果自身, 叔父の, 名を, 善悪正邪を, 大将が, 大菩薩岳, 如何にもそれ, 少々血迷ってる, 峰越しの, 平素殺生戒を, 平馬窮鼠猫を, 彼らの, 悲鳴を, 我輩は, 折角此處, 持つ男, 敵を, 文章の, 映画パストゥールを, 様だ, 様です, 此皿は, 殺気である, 毎晩合圖を, 満足も, 無記名, 然るにこれ, 煙草の, 玄関の, 理由を, 生かして, 眼に, 神尾の, 私は, 糸を, 腕も, 至極の, 茄子汁の, 虫は, 言葉でも, 証拠だ, 話だ, 豆人形程の, 越智の, 逃げたと, 道理が, 金之助最初は, 香水の, 魔の

▼ 相違~ (632, 8.7%)

102 ある 36 あるの 14 あった 13 あります 12 あって 11 ない 10 あるだけ, あると 9 あつて, あること, あるもの 8 あつた 7 あるから 6 あるが, あるという, あるので, あるよう 5 あるか, あるのみ, ないの 4 あっても, あろう, なければ 3 あったこと, あるかを, あるであろう, あるばかり, あるやう, ある上, 出て, 現れて, 現われて, 甚しい

2 [24件] あったとは, ありました, あり又, あるけれども, あるとは, あるに, あるよ, あるわけ, あろうと, ござろう, ないと, なかった, はっきりと, 何よりの, 其処に, 出来て, 生じます, 目に, 目について, 知られる, 見えます, 認められません, 起るの, 非常に

1 [253件] あせんが, あったため, あったであろう, あったと, あったらしいが, あった為, あまり極端, あまり激し, あらう, ありかかる, ありこちら, ありしかも, ありしたがって, ありそう, ありそこ, ありどこ, ありは, ありまして, ありましょう, ありますか, ありますが, ありません, あり二本の, あり内部, あり同一, あり好み, あり引例考証, あり支那, あり時に, あり海, あり焼夷弾, あり華やか, あり表現, あり遊女, あり過ぎる, あり鎌倉時代, あり関西地方, あり閨門, あり黄塵万丈, あるかと, あるかという, あるかに, あるからは, あるけれど, あるされば, あるし, あるそういう, あるだけで, あるだらう, あるであらう, あるであろうが, あるでしょう, あるでしょうね, あるでしょう温められた河, あるというばかり, あるとしても, あるとも, あるには, あるのに, あるのみで, あるべきであるが, あるべき筈, あるべくも, あるまで, あるらしいが, あるらしいこと, あるん, ある以上, ある場合, ある所以, ある様, ある筈, ある而, ある許, ある訳, ある譯, あれば, あろうとも, いちじるしい, おのずからわかる, かえって彼, かなり具体的, きわめて巧み, このせつ, この体系, この結果, こんなに違った, ございましょうや, ございます場合, ござります, すでに洋画, そういうギャップ, そうさせる, できます, できるから, どういうところ, どういう風, どこに, ないから, ないが, ないこと, ないという, ないとしても, ないので, ないのに, ないもの, ない一行禪師, ない見事, なくては, なくな, なく出る, なく片, なんであろう, はげしかった, はげしくて, はっきりし, はなはだしかった, はなはだしく正面, ふたりには, もとだった, よくわかつ, よくわかる, わから, わかる, ハッキリする, ハッキリ分る, モナリザの, 一つの, 一ツだけ, 一方では, 一方には, 一杯ある, 中枢的な, 主として上記, 主張される, 争は, 二つの, 二人の, 五十の, 亦甚, 今は, 他面において, 佐々木小次郎と, 余りに甚, 僕には, 凡そその, 出るの, 出來, 出来たこと, 出来ましょう, 出来るもの, 出来幕府, 分かる, 判然するで, 劇しい, 原因だ, 原因に, 反感嫉妬軽侮憎悪を, 可なり, 右の, 同一の, 同族どうしの, 吾, 国民の, 在ると, 大変に, 孔, 存し, 存する, 存すること, 存すると, 存在する, 学問分類の, 学問性に, 実にはなはだしい, 実際音波, 少々ある, 当時も, 彼を, 後に, 御座らぬ, 微妙に, 悟られずに, 想はれた, 感じられるでは, 感ぜられる, 感づける, 我々父子の, 散逸を, 新しいおどろきで, 日の, 日本の, 明かに, 明に, 明らかに, 明白に, 有つ, 有ると, 有るの, 有る正しく, 末梢的な, 案外はつきり, 横たわって, 横たわること, 次第次第に, 此処に, 炭の, 無いでも, 無いと, 無いの, 無かつ, 然らし, 片手落ちならぬ, 現われ先祖, 現代という, 生じたの, 生じて, 生じるの, 生じるわけ, 生じ争論, 生ずるからと, 生れること, 生物の, 病める弟, 益, 目立つよう, 目立つ場合, 直ちに仏教文化, 眼に, 禄高から, 私を, 科学と, 緩和される, 自覚され, 芸能としての, 著る, 見いだされた, 見えた, 見えました, 見はれて, 見られるの, 詩人と, 認められなくては, 認められる, 認められるので, 認められ全, 誤解を, 起こるに, 起ったという, 起るかという, 起ること, 起る源泉, 這入って

▼ 相違~ (476, 6.6%)

36 ない 22 あるが 10 ないの 9 ないと 8 あっても, ないが 7 あるまい 6 なかった 5 あつて, ありません, ある, あるの, ございません 4 あるけれども, あるやう, 前者が, 後者が 3 あるまいな, ないであろう, ないので, ねえの, 仕方が, 無い

2 [25件] ありながら, ありますが, あるかも, あるに, ここに, どこから, ないか, ないから, ないよ, ないよう, ない訳, なかろうが, なけれども, 何処から, 作者の, 別としても, 別に, 前者は, 奈何で, 実に重大, 某若輩, 無いが, 無い何, 詩に, 謂はば

1 [261件] あたかもよく建部, あたかも潰, あったが, あったろうけれども, あまり優れた, あらず, あらゆる意味, あらゆる樹木, ありその, あります, ありますけれども, ありますまた, ありませうが, あるか, あるけれど, あるだが, あるとしても, あるまいが, あるまじく存候, あるも, あるもの, あるよう, あるわけ, あれども, あれ俺, あれ支那, あろう, いかに親しい, いちじるしいが, いつそう, いやでも, いわば十露盤, おそらく針自身, かなり重大, きわめて明白, きわめて明瞭, く, こういう点, この両者, この熱, この物質, この発掘, この範疇組織, これに, これらの, ござらぬよ, さらにその, さる事, ざらざらに, しかし近世, しばしば日本, ずいぶんはなはだしい, ぜひも, そう簡単, そこにも, その体系, その動機, その後も, その等しい, その肉体, その認定, その調製, たしかにおっしゃる, ただこちら, だいたい何事, ちやうど, つくり勝りの, とうていくまなく, ときと, ともかく, ともかくとして, どうして起こっ, どうだ, どうだったろう, どこに, どの位違ふか, ないし, ないだろう, ないとして, ないとしても, ないのに, ないツ, ない事, ない俺, ない秀子, なかつた筈, なからう, なかろう, なかろうけれど, なくと, なくまた, なく和田峠, なく腐った麻縄, なく腐つた麻繩, なく長持, なさ, なさそう, なし兎, なし是非人形, なんだ, ふと私, また東西, まだほか, みえないが, むしろ, もとより自, やがてキリスト教, やがて事業, やがて歌舞伎劇, やがて歴史, やむを得ませんが, わずかであり, わずかである, アカデミーに, アルハーゼンの, ハッキリ勝負, マニュファクチュアーと, ロックヒューム及び, 一つの, 一国の, 一天と, 一方が, 一目見れ, 丁度ランケ, 三吉と, 三郎兵衛も, 不思議な, 両者の, 主として茲, 主として銀行制限令施行以来, 乱世において, 二た, 五十歩百歩といふ, 人生の, 人間の, 今かうし, 今はじまつた, 今云った, 今日大きな, 他の, 何と, 何に, 何も, 何らか, 何を, 傳へ, 儒家と, 優劣は, 免れぬとは, 全く自然科学者, 全く驚くべき, 出て, 到達点に, 前者においては, 十七年の, 単にその, 即ちこれ, 双方の, 叙事詩が, 各部その, 同じよう, 吾, 唯, 單に, 固より, 在ったけれども, 大いにあります, 夫が, 奇態な, 女を, 如何とも, 実に根本的, 実に致命的, 実際よりも, 客観形式の, 専ら歴史的時代区画, 山脈の, 常識に, 当然出, 彼に, 後章, 後者特に, 徳川時代を通じて, 心得さえ, 必ずや地形, 必然に, 感ぜられるだろう, 手と, 技術の, 持って, 描き手, 政略的商人は, 数を, 文字に, 料亭待合の, 斯様な, 明かに, 明らかだろう, 明らかに, 昔と, 時代の, 景色からも, 智慧が, 更に次, 有るまい, 本より, 根本において, 根本問題の, 根本的に, 様式の, 次の, 歌が, 殆ど同じ, 殆ん, 水は, 決して同, 決して同じ, 注意に, 消えて, 無いどうして, 無いん, 無かった, 無かったらしい, 無くただし, 無けれど, 無さそう, 無論取り換え, 現れて, 現われた, 琵琶歌と, 甚しい, 甚だ著しい, 生理学と, 男を, 畢竟民族, 盛衰記の, 目に, 相當, 相違でなかつた, 知れたもの, 神秘を, 私の, 穀物果樹家畜を, 第一, 經驗判斷においては, 自然の, 芸術自体の, 英国において, 蓋し此点, 装飾恋愛の, 見出せないかも, 詰まるところ, 認めざるを, 認められぬであらう, 誰が, 資本が, 近年に, 通常身體を, 運命学が, 重に, 非常な

▼ 相違なかっ~ (404, 5.6%)

28857 たが 27 たの 6 たから 4 たけれど, たん 3 たけれども, たと 2 たか, たので, たよ 1 ただろう, たであろう, たですよ, たどうして, たにも, たもの

▼ 相違なく~ (250, 3.4%)

3 それに, それを, 人の, 御同僚

2 [13件] そのよう, その怒り, 下されること, 五十銭寄附した, 又純潔, 小脚本, 少しの, 徳太郎を, 此の, 決勝線へ, 渡して, 相嗣ぐべき, 私は

1 [212件] いま發見される, いわゆる細民部落中, およそ淫奔, お前さん達に, お届け, お支度おき, かくては, かつ国, こういう患者, この書物, これから送り行く, これが, これに, これには, これは, しかして見張, しかもこれら, しかも両, しかも女, したがってどこ, したがって屍体, して, そうしてあの, そう思った, そこの, そして労働, そっくりある, そのあたり, そのぶん, そのタクラミ, その与うる, その事実, その任務, その奥書き, その容貌, その念仏, その意気, その探りかた, その時刻, その蓋, その足, その退却ぶり, その邊一帶, その隣, その雰囲気, その面影, それから比丘尼, それ故, そんなこと, ただ吹込み, つまりは, ても月日はさ, でそれ, とにかく跣足, ともかく一ツ, ともその, どうやら旋風, なぜなら, ばあなた, ばこれ, ば祖先, ほかに, ほとんど穴だらけ, またいくぶん, また作者, また蓄積, まだつやつやしい, もしまた, もし前時, もとより気づい, もどって, やはり一つ, わが国伝来の, わたしも, んば, ウィレムとは, ドチラにも, ハゲを, マリイである, 三百年の, 不意を, 主君は, 主婦は, 事を, 人を, 人間の, 今この, 今日でも, 今日は, 他の, 他日これらを, 仮え生命, 会同する, 何事も, 信長へ, 候, 優雅で, 其辺一帯は, 内裏の, 再会の, 出社する, 助かりましょうか, 勿論文体, 北京城頭の, 十一時の, 千本家は, 即ち富士, 参りますと, 又この, 又その, 又兇行, 各所に, 同じ普化僧, 同日徳川家康も, 多分は, 大勢らしい, 大衆雑誌に, 大陸で, 嫡子小平太, 子ノ, 家督相続さしゆるされる, 富子が, 尋ねあて, 尋ねあてて, 局外ものには, 届けて, 巡邏した, 差上ぐべく候也, 差上げますが, 帰るじゃろう, 幕命が, 年の, 当事者は, 彼は, 彼らは, 彼女にも, 彼女達は, 後から, 従って, 従ってもし, 従って参考書, 従つてある程度, 御味方, 御手元に, 御直筆, 御着府, 御認め下さるであろう, 徳川どのの, 思われたが, 思われまた, 或は梵語, 手振, 拙者と, 支那人の, 放浪者に, 文学的な, 斷じ, 明夜は, 時次は, 書けば, 木村が, 未婚者または, 来たること, 果すよう, 毒竜の, 決して最初想像, 浮世風呂が, 渡って, 然しその, 猶余, 現にある, 生年月日原籍等も, 町方の, 発火する, 白石は, 硯友社の, 社会の, 私が, 私も, 秩序整然みだすべからず, 種々な, 第三, 筆には, 約言すれ, 縁が, 翻訳劇から, 背徳違倫の, 舊家だけに, 華南で, 行く先々, 西北の, 見つけて, 見付けて, 計らいました, 諸方の, 貝殻を, 貴方へ, 貴殿方へ, 農民個人という, 農民個人といふ, 返し遣わすのみ, 返済いたすべく, 迷いも, 送るであろう, 速記によ, 速記によってのみ, 遂に一度, 適合せり, 遺恨と, 部屋の, 間に合いますから, 集合の

▼ 相違~ (242, 3.3%)

3 忘れて, 示して, 見せて

2 [18件] もって, 心の, 意味する, 挙げて, 明かに, 明らかに, 有して, 比較し, 生ずる, 発見し, 示すの, 見つけること, 見ると, 見るので, 見るべし, 見出す事, 認めた上, 認めるの

1 [197件] あげると, あまりに深刻, いうの, いかんとも, いへりと, かき分ける事, かなり本質的, きたして, この事以外, しいて求め, つくるので, つけ智識人, なして, なすの, なすもの, のべて, はっきりさせ, はっきりと, はっきり区別, はっきり自分, はっきり見せ, はっきり見た, はつきり示した, ひとりひとり即ち, ひと口に, ひどくせしめられた, もたらして, もちど, もった本, ハッキリさせる, 一言で, 与えるの, 乘じ, 事実上意味する, 今漸く, 伝え公表, 何か, 作風の, 來し, 來す, 備へて, 免れないであろうけれども, 其処に, 出来る限り明瞭, 初めから, 削減された, 勘定に, 区別する, 原理として, 合せ考えて, 同じくミウレ氏, 吾, 呈したの, 問わず大層, 問題に, 圖示する, 宣明せざる, 宣言し, 常に一定量, 彼の, 忘れたのに, 忘れては, 忘れるほど, 忘れる結果, 思い比べながら, 思はせて, 怪しまず当然, 意味せない, 意識する, 感じた, 感じた上, 感じなかったわけ, 感じます, 感ずる, 感ずるもの, 感ずるよう, 感ぜしめるほど, 抽き出し, 持ち合って, 持つ眩惑的, 持来した, 指摘する, 揉み込むこと, 敏感に, 文学的本質に, 斟酌する, 明に, 明快に, 明確に, 時計の, 更にかつ, 書いて, 最もよく説明, 最も良く, 有する内的生活, 材料が, 来した, 来して, 来します, 来すかと, 来すにゃ, 来すの, 来たし私個人, 来たす, 来たすぐらい, 次の, 比べて, 比べ始めました, 気に, 求めると, 決定し, 注意する, 深く覚える, 漢字音における, 無視しなかった, 無視する, 爭ふ, 現します, 現はし, 現わ, 生じた, 生じたから, 生じる事, 生じ幾百千人中摂津一人, 生ずと, 生ずべきそれ相応, 生ずべきは, 生ずるには, 生ずるのみ, 生ずる上, 生ずる故, 生ずる筈, 生ずる譯, 生ずれば, 申したいと, 痛切に, 発見した, 看取せざる, 知らざる人, 知らずに, 知りこれ, 示した, 示したため, 示すこと, 示すこと左, 示すと, 示すに, 示すもの, 考えずには, 考えると, 考えるとき, 考え合わして, 考へなくなった事, 考へる時, 自然史の, 自覚し, 自覚しない, 興味深く目, 著るしく感じた, 表は, 見ざるに, 見ざるもの, 見ず, 見て, 見る, 見わける, 見出しませんが, 見出すも, 見出そうと, 見極める必要, 規準として, 覺らず, 言い現, 訂正する, 詳しく分析, 認めざるを, 認めた, 認めたよう, 認めて, 認めまた, 認める, 認める人, 説き明し, 説明しろ, 説明する, 読み知ること, 論じかつグイード, 論じその他, 論ずるに, 貫ぬい, 起さないであろう, 超越した, 越前守は, 述べたいと, 造り出したの, 除けば, 風土の

▼ 相違~ (220, 3.0%)

57 ている 16 て居る 13 てゐる 9 ていた 4 てその 3 て, て来る 2 ていました, ていや, てお, ております, てくる, てこの, て彼

1 [101件] あまねく一切衆生, こんな平和, てあなた, てい, ていつも, ていない, ています, ているで, ているなら, ておりまし, ておる, ておろう, てかく, てこ, てことごとく, てしばらく, てすごすご, てすべて, てそこ, てその間, てただ, てちやん, てどういう, てどこ, てなかなか, てはいない, てひどく, てひるも, てまだ, てまるで, てむしろ, ても宜しい, てゐた, てゐない, てドイツ方, てペテルブルグ, て一時, て中, て九死一生, て今, て何, て何様, て使者, て來, て健三, て剣, て却って, て唖然, て大, て寝床, て少し, て居, て居つた, て居り, て居ります, て平凡, て弁信, て張飛, て忍剣, て忽ち, て悪人, て惣兵衛ちやん, て損亡, て林田, て案外, て極めて, て洋服, て滔々, て火, て玄内, て現今, て甚吉, て眼, て碌, て神保町, て突っ, て紋太郎, て自分, て蔡倫以後, て行く, て見える, て談判, て諸方, て関羽, て雑人共, て震え上った, て顔, て黄金十斤, また補助詞, もし一つ, 世には, 今は, 全く田舎, 単に原作, 又無関係, 各人に, 各部隊, 宗教とも, 焼失せし, 百分の一は, 隨つて之に

▼ 相違ありません~ (182, 2.5%)

138 がその 5 がお 4 がそれ, わ 3 がこの, が自分

2 [20件] から, があんな, がこれ, がしかし, がその他, がそんな, が刀, が十七娘, が平次, が曲者, が決して, が物, が物事, が町内, が異常, が眼, が縁, が誰, が近頃, ね

1 [102件] からあなた, からいくら, からそこで, からだまっ, からね, からむやみ, から不貞, から天気, から泰さん, から白雲, から行っ, が, があれ, がかう, がこれら, がさ, がしかも, がす, がそれにしても, がた, がどう, がなぜ, がなにしろ, がなにぶん, がなるほど, がね, がはっきり, がまったく, がわたくし, がナニ近年神経, が一, が乞食, が人々, が今日, が今日世界, が他, が何百年續, が併, が僅か, が僕の, が刑罰, が別に, が南向, が各人, が喧嘩, が單, が四十五六, が女, が女隠居, が女隱居, が実は, が實, が屑屋, が年上, が心, が急病, が改めて, が數代傳はる暮し, が文句, が新劇, が新聞, が日頃, が早く, が未だ, が本, が正直, が此時, が武士, が殘, が滝三郎, が特許, が白粉気, が肝心, が自負心, が花色絹, が蝋, が軍鶏, が顔, が飛降りる, が馴れた, けれどもそれ, けれど僕, さもなく, し美保子, ぜ, ですから登山界, ではどうして, と, とも, とツイ先刻申, と五兵衛, と極力, と白状, な, のでこの, よく練れ, わ貴, ボルネオは, 上方見物は, 光子さんは, 谷間田は, 髪を

▼ 相違~ (164, 2.3%)

23 あること 12 あるの 6 ある事 4 あるもの 3 ために, ないもの, 点は

2 [13件] あまりにも, あるところ, あるべき筈, ある此, ある点, ある筈, ないこと, ない事, 内に, 点より, 点を, 生じて, 面持で

1 [84件] あるこの, あるという, あるといふ, あるに, あるはず, あるべきもの, あるらしいのに, ある低能率, ある原因, ある物, ある連中, いかんに, うしろには, うちに, ことを, ごときも, しからしむるところであろう, ぜひない, ため何時も, ないその, ないほど, ない形, ない旨, ない時代, ない程度, なかった, ものだ, やうに, ような, 一つであります, 一つは, 上に, 不都合あるべき, 他には, 個所を, 全部を, 原因が, 原因を, 問題だけは, 固陋と, 失敗心憎い, 失望なるべし, 如きは, 如きもの, 如く著明に, 存すること, 存する事, 廉は, 態にて, 指摘に, 故であっ, 故では, 様子であった, 点が, 点なり, 点も, 無いこと, 無いの, 無いもの, 無いよう, 無い人達, 現はれる, 現われに, 現象を, 甚だしいかを, 甚だしかった, 生じること, 程度が, 箇所が, 結果が, 絶体絶命だ, 者ばかり, 著しいこと, 著しい為, 著しさ, 著る, 証左に, 起こるもの, 過に, 重要なる, 量は, 間の, 點が, 點より

▼ 相違~ (109, 1.5%)

11 ない 5 なかった 4 ないの, ないよう 3 ある事 2 あって, ある, ないが, 今は, 起さないであろう

1 [72件] あつた, あらず, ありましたが, ありませぬ, ありませぬが, あり一般, あるが, あること, あるには, あるの, あるので, あるべく賄賂, あるまいが, ある爲め, あろうか, あろうが, ここに, これ無き, ございますまい, ございませぬが, さながら忘れた, すべては, そこに, その因, できしこと, できたるのみにて, ないかも, ないこと, ないし, ないで, ないであろう, ないでしょうが, ないところ, ないので, ないやろ, ないゆえ, ないらしい, ない人, ない出来事, ない図, ない扇, ない白色人種, なき事, なく両方, なく従って, なく脳出血, なく自分, またそれ, また深刻, やはり盛衰記, よく心得, 予見し, 何も, 全く性格, 同様である, 多分に, 大抵の, 察せられるかと, 技巧の, 持つて, 最初の, 気付かぬだろうが, 無いので, 無く其室, 畢竟は, 聴き分けられるほど, 見られません, 見出されますが, 見出せまい飛びつけば, 認められる, 重大さを, 重大である

▼ 相違あるまい~ (103, 1.4%)

155 と思った 3 が, がな, と断定, ね 2 と思う, と思ふ, と思われる, と睨んだ, なお

1 [61件] あれあの通り, からあるなら, から自分, があちら, がいったいなんと, がさて, がさては, がそれ, がそれにしても, がでは, がとにかく, がどこ, がどこ一つ, がなッ, が事情, が多く, が寒, が念, が恐ろしく, が恐ろしく沢山, が自分, けれどこれ, けれど其の, しなやかに, その仏, それは, それを, て, という, ということ, という事, という考え, といふ, とお, とそれ, とは思われる, とめぼし, とも考えた, とわたくし, と僕, と叱っ, と察した, と左内, と思, と思いまする, と思っ, と思はず, と思ひ直す, と思われます, と江戸屋敷, と知る, と考えられる, なと念, ひと詮議, ッ, 凡太は, 処の, 当人の, 従って更に, 真直に, 花嫁を

▼ 相違~ (91, 1.3%)

3 候, 有之, 相当する, 過ぎない, 過ぎぬ 2 あると, すぎない, 気がつきだした, 過きす

1 [68件] あらずや, あらゆる議論, あり, ある, あること, あるの, あるべし, して, すぎずその, すぎないので, すぎなかった, すぎまい, すべての, その方法, その論理, その辺, ちが, とどまって, なりは, なりますから, なりませんでそして, もとづくもの, よると, よるの, 他ならぬ, 伴の, 余り大きい, 依って, 充ちて, 全然依存, 動機の, 原因し, 原因する, 只吃驚, 基く学問性, 基づくもの, 基因する, 外ならない, 學者が, 就いて, 就て, 帰したが, 帰する, 帰すれ, 帰着し得る, 帰着する, 心づかずに, 成育し, 本づく, 歸すべき, 気がついた, 気づいて, 気の, 由つて簡單に, 由る礼儀, 留意する, 等しい, 言及する, 較べて, 過ぎず, 過ぎないかも, 過ぎないの, 過ぎぬであらう, 還元される, 驚いた, 驚かないわけ, 驚かれる, 驚ろいた

▼ 相違する~ (78, 1.1%)

5 ところが 4 のである 2 が, ものが, 事珍しから, 所が, 點を

1 [59件] かという問題, かは一層, からある, からである, から一樣一率, から甚だ, かを聞かされた, がとにかく, ことは, ことや, ことを, ことをも, こと珍しから, こと言うまでもない, し黒光黄光, ためでも, ところある, ところは, としても少なくとも, と思ふ, と答えた, にかかわらず, にすぎない, にせよ, のであろう, ので役人, のと, のは, のみで, のを, は文三, ほどには相違, ものある, ものである, ものと, ものは, やうであり, やうな, やうに, ゆえんである, 主要の, 事は, 事ばかり, 大曲近辺の, 悲しい恋, 所は, 点から, 点が, 点で, 点に, 点は, 点を, 点をも, 点及び, 爲に, 説話も, 諸点が, 點である, 點は

▼ 相違~ (69, 1.0%)

40 ざりませぬ 5 ざりますまい, ざりません 2 ざりませぬか, ざりませぬと, ざりませぬゆえ

1 [13件] ざなく候と, ざりますまいが, ざりませぬかな, ざりませぬが, ざりませぬこれ, ざりませぬさき, ざりませぬぞ, ざりませぬよ, ざりませぬ屹度, ざりませねど, ざりませんが, ざりませんさ, ざりませんわたくし

▼ 相違~ (67, 0.9%)

5 あつた 3 あつて 2 あらう, 描いても

1 [55件] あとの, あらう郊外, うれしかった, これほどに, ござりましょう, ぜひも, そしてその, そして大阪, その出来, たまらなく退屈, つまり水, どことなく娘, なくして, まるつ, エネルギーが, 三丁五丁の, 主観小説が, 事実上ある, 人物の, 仕方が, 以て, 仲違いを, 何十年来毎日見馴れた, 内容も, 分れたらし, 勝つたもの, 博士と, 同じ狆, 名物の, 名称を, 品が, 喧嘩を, 圧迫され, 夏は, 大塔宮ご, 幸福にも, 彼は, 後れた麥, 敗れて, 昔から, 昔の, 東部北部の, 死絶える, 母を, 穏健周到着実どこに, 第一土橋, 縄は, 自分は, 蒸気機関の, 見る影, 豫, 軍紀等でも, 運命の, 部屋の, 電気さえ

▼ 相違から~ (60, 0.8%)

3 来るの 2 来る世間, 絶えず戦争, 自然に, 起って

1 [49件] うわべは, きたので, くるもの, この両, ついに, ついには, であった, です, でも, なの, もいで, 一方は, 一時この, 三十年三十一年の, 二人の, 出て, 分立の, 動詞の, 君江は, 実にプラトン, 屋敷において, 当然出, 慊らず思ふ, 来て, 来ること, 来ると, 来るもの, 来る事, 来る制限, 来る場合, 来る忌避, 来る悲しい, 来る方言, 来る根本的, 来る男女, 来る観照, 死後の, 激論に, 生き方の, 生じたもの, 生じた同じ, 生じた離婚, 生ずる住民数, 考えると, 自然派が, 菰田源三郎を, 起ったもの, 起るもの, 離婚する

▼ 相違なかろ~ (60, 0.8%)

3013 うが 10 うと 2 うな 1 うから, うけれど, うでは, うとて, が一つ其婦人

▼ 相違無い~ (57, 0.8%)

2 です, のです, 事を

1 [51件] かな, から, からネ, から聖賢, がいずれ, がこれ, がそれ, が一ツ, が他人交際, が個人, が内々, が匡衡, が単に, が又, が大, が少し, が幺蟲殘骸, が当時, が感情亢昇, が懐中, が木彫その他, が此時, が氣, が温熱, が自己, が若, が見す見す, が過大視, けれども古, さ, という事, という犯人, といふこと, とどうしても, とね, と云, と思った, と答, と考え, な, のだ, のである, ので取る, ので御座います, のに西鶴ばり, んだ, 一族朋友に, 上は, 事が, 政府の, 証拠には

▼ 相違ある~ (53, 0.7%)

12 めえ 6 ことを 4 ことなし 2 を見る, 素より

1 [27件] かと問わ, がごとく, が同一, ことが, ことは, こと一は, こと等なり, に似たる, に非, のみ, のみである, はすこぶる, は即ち, めえな, もない, もので, ものなり, ものなれ, ものに, も或, を見ず, 也, 二つの, 巧妙な, 時は, 結果である, 者多き

▼ 相違なし~ (46, 0.6%)

7 といえ 3 と思い 2 た, と存じられ, と断定, 然れ, 特に政府

1 [26件] お国表, ということ, という復命, といへ, といろ, とて神前, とにかくその, と上様, と信じ, と判明, と思ふ, と立ちふさがっ, と見当, と青く, プラトは, 一点の, 何しろ余程の, 併し, 併し打たれ, 先立つ不孝, 唯の, 左すれ, 彼が, 欧米人を, 此の, 系図こそは

▼ 相違した~ (45, 0.6%)

4 点が 2 のは, ものである, 偏狭な, 環境が, 美しい名

1 [31件] が廿四錢, ことよ, ずつと我々, といふ意味, とはちっとも, のであった, のですぐ, ので大いに, ので辛くも, ので逃げ場, ので非常, のを, ものが, ものだった, ように, 信長の, 性格の, 感情の, 時の, 根岸氏は, 楽器を, 点は, 相手の, 立場である, 結論を, 落ちつき方である, 行動に, 説を, 部分を, 顔で, 顔を

▼ 相違~ (45, 0.6%)

6 かる可, のである 5 のだ 3 けれどもこれ, さそうだ, のです 2 けれど, けれどさりとて

1 [15件] けれどその, けれどもいまさら, けれどもその, けれどもドクトル・オブ・メディシン, けれども訳, けれども霊魂論, けれど倉子, けれど或は, けれど是, けれど行, けれど言葉, さそうであった, ので, のに過ぎません, んです

▼ 相違ねえ~ (41, 0.6%)

3 んです 2 があの, ことに, のだ

1 [32件] からお, からそ, からそこで, からどうぞ, からもっと, から多助さん辛かん, から大急ぎ, から盗ん, から開墾地, が, がおれ, がお前, がそいつ, がその, がそれでも, が主人, が深く, が証拠, けれどこれ, ことは, ぜ, そうなる, それじゃ, そんな奴, ぞこっそり, な, ので思わず, べぞ, わ, んだ, んで, 方々の

▼ 相違~ (40, 0.6%)

2 なる, 年寄じみた

1 [36件] いうと, いっては, いふべし, いふよりは, いふよりも, いへば, その優劣, その公算的, なったの, なって, なつて, なり破局, なり言葉, 主観形式の, 云うこと, 云うよう, 云う程, 云っても, 仕事の, 同じき進展, 密接な, 思われると, 本質に, 本質的に, 根本的な, 物を, 用語とにも, 申して, 相互の, 聯関し, 見なすこと, 見るべきかも, 言ッては, 言葉自体の, 謂は, 開きが

▼ 相違ございません~ (37, 0.5%)

2 か, が木戸, な, わ

1 [29件] から何, から姉, が, がこれ, がその, がそれ, がちょうはん, がまだ, が中味, が何, が何となく, が十七年, が城中, が昔日, が絵そのもの, けれども玄奘三蔵渡天, このとおり, この通り金無垢, ぜ, どうも眼, のです, ものきっと, 今日親類方に, 何とかし, 委しい事, 小川様の, 悪い地主, 文銭は, 私たちを

▼ 相違~ (37, 0.5%)

5 がある 2 はここ

1 [30件] かも知れませぬ, があっ, が問題, が在っ, が漸く, が股, が見られる, だけを纏め, であった, である, でございますが, ということ, といふこと, と思はれた, について注意, によって強められる, に拠つて決定, の若干, は, は何, は次, は認められぬ, もまた, を列挙, を大体三点, を思ふ, を明, を明らか, を有っ, を発見

▼ 相違なき~ (35, 0.5%)

3 もその 2 もこれ, も其の

1 [28件] かと頻, か否, がごとく, ことと, なり, なり但し, もそ, もまた, もわが, もわが国, も主として, も之, も人情自然, も人相, も其舞台, も危惧, も夢中, も子, も強, も彼, も我人, も明治, も物, も病者, も真実愁い, も老僕, 事と, 物語半は

▼ 相違なかつた~ (26, 0.4%)

4 のである 3 のだ, のです

1 [16件] からである, から俺, がこの, がこんなに, がその, がキプリング, が博士, が娘, が払つた金, が細字, が覺め, が進ん, でせう, とか開基, やうである, んだ

▼ 相違という~ (23, 0.3%)

3 ことを 2 ことは, ことも, ものは

1 [14件] ことが, ことについては, のも, ものが, もので, ものに, ものも, ものを, ような, 事が, 人間の, 当らず障らずの, 点で, 立場から

▼ 相違なから~ (23, 0.3%)

104 うが, うと 2 ん, んも 1 うとの

▼ 相違である~ (22, 0.3%)

2 ことを

1 [20件] か, かも知れません, から我々, から毎々, が, がこの, がそう, が新, が時事性, ことが, ことをも, ぞ, ということ, と言わね, はずである, やむを得ない精力, ような, 乎と, 実は人格, 愛を

▼ 相違によって~ (20, 0.3%)

2 区別される

1 [18件] あたり前の, いかにはなはだしく, いろいろ話す, たちまち俸給, 与えられて, 写したと, 四つの, 大層持ちが, 学問の, 東京のは, 構成を, 歴史記述の, 物理学は, 物理的化学的作用には, 著しく強さ, 論理の, 離婚する, 青くも

▼ 相違では~ (17, 0.2%)

5 ない 2 ないか 1 ありませぬか, あるが, あるまい, ないが, ない相, なかったろうか, なくその, なくて, なく単に, なく最後

▼ 相違~ (15, 0.2%)

8 之候 1 かつた, かりしと, シ抔ト断决スルハ痴人, 之ニ付, 之後日, 之誓言, 返納可被

▼ 相違あり~ (14, 0.2%)

2 と雖

1 [12件] その実行, とする, とは鷸, ともだいたい, と信じ, と言う, また全く, や, 人に, 今文派, 動搖餘り, 決して絶対的

▼ 相違~ (14, 0.2%)

2 から仕方, と云っ 1 いわば玄人, からしかた, から勝っ, がいずれ, けれどもしかし, と思い, と思う, どのみち自分, ねエ, 手練と

▼ 相違ありませぬ~ (12, 0.2%)

1 [12件] がその, がどう, がはだし, がまだ, がネ, が一生, が如何なる, が祕かに作つた, が秘か, と報告, 事は, 併し

▼ 相違なけれ~ (12, 0.2%)

3 ば人並 2 ば大切 1 ば, ばいよいよ, ばそのうち, ば其仁, ば取る, ば従, ば拝みし

▼ 相違~ (12, 0.2%)

2 単語を 1 そこを, その実質的, また時代的, パリ以来久慈と, 作者の, 前後した, 時代の, 私の, 立場を, 雪の

▼ 相違ござらぬ~ (11, 0.2%)

1 [11件] か, からな, が, があやつめ, がお, がその, がもとより, わ, を押し通し, 拙者が, 絵を

▼ 相違御座いません~ (11, 0.2%)

1 [11件] が中味, が材料, けれども, これを, 事は, 事を, 今夜の, 何とかし, 御掛り合い遊ばさぬ, 文錢は, 而し

▼ 相違せる~ (10, 0.1%)

1 ことも, は忘, を珍しく, 一斑を, 事雲泥も, 二種の, 人の, 古き法被, 大要に, 色調に

▼ 相違こそ~ (9, 0.1%)

1 あれ二人, あれ何, あれ共に, あれ同じ, あれ従来, あれ所詮, あれ皆この, あれ紙, 開國の

▼ 相違ございませぬ~ (9, 0.1%)

1 が, がしかし, が年齢, けれどもただ今, で, と答, のでこれ, ゆえ, よ

▼ 相違による~ (9, 0.1%)

2 ものだらう 1 ことは, ところの, のかも, ものと, 事で, 二次的原因からも, 刺客も

▼ 相違~ (9, 0.1%)

2 坐いませんが, 座りませぬ 1 ぜいません, 出合申可貴殿にも, 座りませぬが, 座りませぬな, 座りません

▼ 相違です~ (8, 0.1%)

21 からあまり, から致し方, がそれでも, がでも, ね, 弁信さんは

▼ 相違について~ (8, 0.1%)

1 あなたの, 一言しよう, 少しく説明, 屡々考えた, 種々なる, 興味ある, 観察する, 誰も

▼ 相違~ (8, 0.1%)

1 えつちんで, えとあっし, えとおっしゃる, えとおれあいい暮らした, えとこう, えと育て, えと駕籠屋, え野郎共

▼ 相違といふ~ (7, 0.1%)

1 ことだけは, ことの, ものが, 下らないこと, 事の, 屏, 過失に

▼ 相違によ~ (7, 0.1%)

1 つて全然, つて寒, つて局限せられざる, つて気流に, つて河の, つて非常な, つて音声言語文字言語の

▼ 相違より~ (7, 0.1%)

1 して, 來る, 大きい, 来た堂々たる, 生ずる物議, 生ぜし異論, 起るの

▼ 相違だけ~ (6, 0.1%)

1 じゃ, だと, である, であるらしい, です, では

▼ 相違にて~ (6, 0.1%)

1 この相違, さしたる贅沢, 上等と, 世間に, 実は両雄, 粗密に

▼ 相違にも~ (6, 0.1%)

1 かかわらずたくさん有力, かかわらず今日, よるが, よるであろうが, よるの, 拘らず之

▼ 相違ねえと~ (6, 0.1%)

1 いうんで, 云う, 思いますよ, 思う, 思うん, 思って

▼ 相違有るまい~ (6, 0.1%)

2 何うじゃ 1 が是, それのみ, な, なさけない事

▼ 相違無く~ (6, 0.1%)

1 さうし, そしてそれ, 候処丁度, 旦那も, 旦那樣の, 黒の

▼ 相違のみ~ (5, 0.1%)

2 なりしが 1 である, ならずバルザック, ならず心情全体

▼ 相違有りません~ (5, 0.1%)

1 か, から私, と答えた, 実に面目次第, 私の

▼ 相違ござるまい~ (4, 0.1%)

1 が門外不出, と存ずる, な, テ

▼ 相違ござんせん~ (4, 0.1%)

21 けどそれ, よ

▼ 相違であっ~ (4, 0.1%)

1 て本来俗法師, て様式, て税率, て魂

▼ 相違なかるべく~ (4, 0.1%)

1 その結果, 埋立地で, 從つて魏の, 活平等相の

▼ 相違ばかり~ (4, 0.1%)

4 では

▼ 相違をも~ (4, 0.1%)

1 よく説明, 考えるよう, 見分けること, 認めたい

▼ 相違無かっ~ (4, 0.1%)

21 たので, た事

▼ 相違~ (4, 0.1%)

1 とを示す, の一つ, は, を全然

▼ 相違あるべく~ (3, 0.0%)

3 も無

▼ 相違ござん~ (3, 0.0%)

2 せんが 1 せんから

▼ 相違ござんせぬ~ (3, 0.0%)

2 けれどそれ 1 けれど夫

▼ 相違しか~ (3, 0.0%)

2 ないの 1 ないん

▼ 相違だろう~ (3, 0.0%)

1 あの頃, から一概に, と思った

▼ 相違であろう~ (3, 0.0%)

21 と私

▼ 相違でも~ (3, 0.0%)

2 あろうか 1 あり自由主義者

▼ 相違として~ (3, 0.0%)

1 これまで, 漠然言い, 軽い興味

▼ 相違なかつたらう~ (3, 0.0%)

2 が終 1 富之助の

▼ 相違なかるべき~ (3, 0.0%)

1 もかく, も唇舌これ, 事広

▼ 相違なかるべし~ (3, 0.0%)

1 といい, といえ, よろしく早く

▼ 相違などは~ (3, 0.0%)

1 そこに, たぶんそこ, ないもの

▼ 相違については~ (3, 0.0%)

1 すでに十分, 今まで, 格調律動の

▼ 相違には~ (3, 0.0%)

1 なって, 甚大な, 童貞と

▼ 相違により~ (3, 0.0%)

2 ある時 1 二三時間の

▼ 相違~ (3, 0.0%)

3 りませぬ

▼ 相違及び~ (3, 0.0%)

1 この問題, 二種類の, 時代による

▼ 相違如何~ (3, 0.0%)

1 などという中学試験問題みたい, に拘らず, を調査

▼ 相違無から~ (3, 0.0%)

2 うが 1 うと

▼ 相違無けれ~ (3, 0.0%)

1 ど如何なる, ば従, ば道連れ

▼ 相違ありますまい~ (2, 0.0%)

1 な, ハヽヽヽヽ

▼ 相違ありませんでした~ (2, 0.0%)

1 から愛ちやん, が唯一人

▼ 相違いつも~ (2, 0.0%)

2 負けて

▼ 相違おま~ (2, 0.0%)

1 へん, へんて

▼ 相違~ (2, 0.0%)

1 さもなければ直音, または初

▼ 相違かと~ (2, 0.0%)

1 思う, 思って

▼ 相違かも~ (2, 0.0%)

1 しれません, 知れない

▼ 相違この~ (2, 0.0%)

1 区別は, 変テコな

▼ 相違これ~ (2, 0.0%)

1 なく候, を名

▼ 相違したる~ (2, 0.0%)

1 ことも, のみにとどまらず

▼ 相違すなわち~ (2, 0.0%)

1 五十音なら, 五十音の

▼ 相違すれ~ (2, 0.0%)

1 ば先ず, 共軍ハ別而然り

▼ 相違せり~ (2, 0.0%)

2 一国一城を

▼ 相違だけで~ (2, 0.0%)

1 イヤに, 物の

▼ 相違~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ 相違であった~ (2, 0.0%)

1 から, のだ

▼ 相違であり~ (2, 0.0%)

1 哲学の, 芸術を

▼ 相違であります~ (2, 0.0%)

1 がその, が書名

▼ 相違でしか~ (2, 0.0%)

1 あり得ない, ない

▼ 相違でした~ (2, 0.0%)

1 からまだ, が

▼ 相違でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, かしら

▼ 相違でない~ (2, 0.0%)

1 か, ことが

▼ 相違でなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ 相違とか~ (2, 0.0%)

1 地位の, 意見の

▼ 相違とは~ (2, 0.0%)

1 両者の, 比較に

▼ 相違ないとお~ (2, 0.0%)

1 ころを, 通は

▼ 相違など~ (2, 0.0%)

1 あれこれに, ないはず

▼ 相違などが~ (2, 0.0%)

2 話の

▼ 相違なる~ (2, 0.0%)

1 が如し, に怪しき

▼ 相違なれ~ (2, 0.0%)

1 どもまた, ども戸口

▼ 相違なんか~ (2, 0.0%)

1 それほど大した, 非常な

▼ 相違にしか~ (2, 0.0%)

1 過ぎない, 過ぎぬ

▼ 相違にまで~ (2, 0.0%)

1 説明の, 還元する

▼ 相違によつ~ (2, 0.0%)

1 て忽ち, て直した

▼ 相違はと~ (2, 0.0%)

1 お二人ともども, 言えば

▼ 相違ほど~ (2, 0.0%)

1 大きくは, 異っ

▼ 相違まで~ (2, 0.0%)

1 一々丁寧, 必ず他書

▼ 相違よりも~ (2, 0.0%)

1 実にもっと大きな, 発音位置が

▼ 相違~ (2, 0.0%)

2 之まじく

▼ 相違無き~ (2, 0.0%)

1 圓錐形の, 孔の

▼ 相違無し~ (2, 0.0%)

1 とする, と見究められ

▼ 相違節廻し~ (2, 0.0%)

2 あげさげ

▼ 相違致せ~ (2, 0.0%)

1 ば番頭, ば首

▼ 相違~ (2, 0.0%)

1 下置, 成下御

▼1* [165件]

相違あなたは澄まう, 相違ありあんせん彼等が, 相違ありませんでしょうか小林さだ子, 相違ありませんですね, 相違ありやせんが先生, 相違あるべきは勢い, 相違あるまじと云, 相違あるまじき誓紙を, 相違あるまじく候菊園一家の, 相違ある如く儒家の, 相違あれども帰, 相違いたしましてすこしも, 相違いないがどこ, 相違なきを, 相違ざらぬ, 相違および倫理と, 相違かな作家としてのね, 相違かなりデリケートな, 相違からとか趣味の, 相違からに過ぎなかった, 相違からのみ起って, 相違からばかり来た一種, 相違からも来ようが, 相違くらい懸隔し, 相違ぐらいしか目に, 相違ございませぬなれば, 相違ござらん然るに彼, 相違ござんすまいが今様, 相違ごぜえません, 相違へ除け, 相違さえ除けば, 相違させる原因の, 相違しかして又前者, 相違したがって細かい気持, 相違した叱言を, 相違した誤を伝える, 相違しなければならない, 相違じゃくどく申せ, 相違すら考えなかった, 相違するだらうにも係, 相違するだろうにもかかわらず, 相違するならばそして, 相違するらしいもの, 相違せざるの由, 相違せしことを, 相違それらのもの, 相違や, 相違ぞやよもや忘れ, 相違だけでも甚だしい, 相違だけと見られるので, 相違だけには片づけられないもの, 相違だけにも驚くであろう, 相違だけのことであろう, 相違だったのであります, 相違だらう玖珠町では, 相違って居るもの, 相違柴田と, 相違でありまして大げさ, 相違でありませうが牧野信一, 相違であり生まれついた人種の, 相違でさえが問題と, 相違でなかつたのである, 相違といった方が, 相違とかを超越した, 相違とともにいよいよ注意, 相違とによって独特の, 相違とばかりには思えない, 相違ともなる, 相違ないともいへよう, 相違ない低い笹が, 相違ない偉なる哉, 相違ない良いものは, 相違ない血なまぐさい叫びが, 相違ない青いメリンスの, 相違なかりしといえ, 相違なかッた, 相違なくっても暑い, 相違なく少くも大同小異, 相違などでこういう外部, 相違などというものも, 相違などといふものも, 相違などに依って, 相違などもその一つ, 相違ならめ, 相違ならむかとも被, 相違なんてことも, 相違についてなどいびつな, 相違についての疑問とによって, 相違についても言えると, 相違によってこそ様々の, 相違によりてなお一段と, 相違によるかそれともガラス, 相違によるかという問題が, 相違に対しても自分の, 相違に従ってアリストテレス的論理と, 相違に従ってのみ特色づけられる, 相違に関して正しい自覚, 相違ねえですよ, 相違ねえというのです, 相違ねえといふ証拠は, 相違ねえよ舌を, 相違ねえよと声を, 相違ねエと睨んだが, 相違昨年中ご, 相違までをも云い表わすもの, 相違もとより大, 相違よりか薩摩の, 相違よりは最初から, 相違らしいものを, 相違を以て優勢を, 相違を通じて現われた心, 相違アル可カラズ, 相違トットと通り, 相違ナシト考フ昨年学友某亦, 相違一度に出, 相違けはあります, 相違下女ではあら, 相違のただ, 相違廉並に, 相違以上には等しく, 相違以外なほ通俗的意義の影響, 相違伎倆の差違, 相違ひの, 相違体力の相違, 相違の相違, 相違地位の相違, 相違変化のある, 相違大御目付触, 相違天分とか才能, 相違奥の院の一室, 相違好人物の中年男, 相違家風の相違, 相違平時と非常時, 相違の低, 相違御座なきやと, 相違御座いませぬがここ, 相違心配不平などがあった, 相違恋愛の自然, 相違想像は決して, 相違是非に及ばぬ, 相違智識の相違, 相違有無の世話, 相違権力の相違, 相違のした, 相違気力の差, 相違無いわびしいものであった, 相違生活の相違, 相違畝織の手堅い, 相違相聞え申候, 相違知行の高下, 相違二に, 相違等々によつて自然, 相違簡単に承知, 相違といと, 相違自家衝突の中, 相違自身をも亦, 相違致すと余儀なく, 相違見るわけには, 相違すなわち伊勢, 相違れが, 相違諸国の風俗, 相違道徳の相違, 相違酌量の余地, 相違長居をし, 相違風俗習慣の相違