青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「熱心~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~煮 煮~ ~熊 熊~ 熟~ ~熱 熱~ ~熱い 熱い~ ~熱心
熱心~
熱情~ ~燃え 燃え~ 燃える~ 燈~ ~燈火 燈火~ 燈籠~ 燒~ 燕~

「熱心~」 5262, 51ppm, 2288位

▼ 熱心~ (2839, 54.0%)

57 聞いて 47 耳を 36 なって 26 見て 24 やって 23 それを 19 なつて 15 研究し, 話して 13 自分の, 見つめて 12 して, 書いて 11 云った, 彼の, 聴いて 10 きいて 8 勉強し, 読んで 7 いった, それに, 希望し, 目を, 考えて, 聞き入って, 舞台を, 訊いた, 話した, 話を 6 ながめて, やつて, 仕事を, 働いて, 手を, 研究を, 祈祷を, 聞いた, 見詰めて, 頼んだ

5 [13件] きいた, これを, さがして, なった, なると, のぞいて, 主張し, 何か, 何かを, 傾聴し, 努めて, 稽古を, 話し合って

4 [25件] お祈りを, すすめて, 云つた, 免じて, 待って, 書いた, 本を, 眺めた, 眺めて, 研究された, 研究する, 祈って, 私に, 続けて, 聽い, 自説を, 見入って, 見守って, 見物し, 言葉を, 語つた, 説いた, 読んだ, 調べて, 運動し

3 [52件] すすめた, その研究, なる, なること, なるの, なれたの, のぞき込んで, 下の, 主張した, 何事か, 努力し, 勉強した, 変りは, 希望した, 弁護した, 彼は, 彼を, 心の, 忍耐を, 搜し, 柔道を, 気を, 男の, 真面目に, 眺めやった, 眼を, 研究しました, 祈りを, 笛を, 絵を, 考えた, 考へて, 聞く, 要求した, 見くらべて, 見つめた, 見詰めた, 覗いて, 言った, 詩を, 語った, 説いて, 説明し, 説明した, 説明する, 読んだの, 賛成した, 追求した, 通った, 鍬を, 頼んで, 首を

2 [159件] いいました, いうので, いつた, おきき, お定, お神楽, お願いする, ききました, この記事, これに, こんなこと, さとした, じっと見つめ, その詩稿, その話, その説明, そんなこと, なつた, なりて, なれるもの, のべた, ほだされて, やりながら, わたしに, カンバスに, キリスト教の, ドストエフスキイを, バイオリンの, マンドリンを, メモを, 下を, 且つ快活, 中を, 主張する, 云いました, 云って, 云ひました, 仕事し, 仕事に, 何物かを, 作って, 侯の, 僕が, 僕の, 先生の, 内容を, 判然した, 前方を, 助けられたの, 努力した, 勤めて, 勧めて, 勧告した, 十字架に, 反対した, 口説いて, 呼びかけると, 喋って, 喋つてゐた, 嗅ぎ始めました, 囁いた, 四辺の, 地面を, 多くの, 夫の, 奔走し, 奔走した, 学びました, 宣傳し, 尋ねて, 川面を, 布教し, 布教に, 平次を, 弁じ立てて, 彼に, 彼女に, 彼女の, 忠実に, 念仏を, 患者を, 愛を, 懇に, 成瀬君の, 或る, 打ち合った, 拾ひ集める, 揉みはじめた, 支持し, 新聞を, 日本語を, 望んで, 検べ, 検査し, 求めて, 注意し, 注意する, 注意を, 注目し, 物語るの, 独学を, 盾を, 眺め入, 研究され, 研究した, 祈った, 私が, 私の, 稽古した, 立ち聞きし, 筆を, 精進し, 繰って, 美奈子に, 聞き耳を, 聞き返しました, 聴き入って, 膝を, 自分に, 舞台の, 行われた, 見まもって, 見る, 見上げて, 見入りながら, 見学し, 見物する, 覗き込んだ, 覗き込んで, 観察し, 観察する, 言ふ, 討論し合っ, 詞を, 話しあって, 話しかけた, 話しこんで, 語って, 語つた美しい, 説けば, 説教を, 説明を, 読まねば, 読みはじめた, 読み始めた, 読み返した蘆花, 読むふり, 読んだもの, 読書し, 読書を, 論じつ, 讀んで, 負けて, 身を, 述べるの, 退引, 鑑賞され, 願つた, 駒を

1 [1699件 抜粋] あいづち, あちらこちらの, あの土地, あるもの, いいましたので, いかにし, いじられて, いつまでも, いやそう, いろいろ質問, うけ答え, うなずいて, おすすめくだすった, おねがいする, お働き, お勧めし, お弾きあそばされた, お望み, お申し込み, お考え下さい, お見上げする, お話に, お願, かいて, かきま, かつ自発的, かんの, くりかえされて, けいこを, こう祈りました, こだわってる神様, こっちを, この子, この新, この遊戯, こまの, ご写生, さがし求めた, させる効果, さ迷ひま, しかも最も, しゃべりつづけて, しや, し乏しく, すすめられて, すすめる, すすめるので, するの, する日, そういうお話, そうして勿論, そう云っ, そしてマジメ, そっちを, そのウンチク, その事務, その兄, その報道, その家, その様子, その用材, その石盤, その継続実行, その船, その言語挙動, その道の, それが, そんなもの, たずねましたけれど, たった一人, たのみて, だれを, つとめた, つり込まれ, どっとどよみ, ながめた双眸, なされ学生, なったの, なつちやいけない, ならったまた, なられたの, なりすぎるの, なりつかれては, なり仲間, なり始めて, なり過ぎるから, なるはず, なる以上, なれないの, ねがった, のぞきこんだ, はげますよう, はなして, ぱちんぱちんと剪み取っ, ふり仰い, ぼくたちの, またつづける, また思う, みえた, みて, もとめる閑暇, やってるよう, やらない, やる人, よく上がっ, よみ且つ, よみ進んで, わしの, ウォーズウォルスを, ガラス箱の, ギリシアローマ等の, ゴオグとか, セミナリヨへの, ソヴェト同盟の, ダイヤモンドを, トムちやんの, ノートに, パーシウスの, フロイスに, マアミオンの, メーデーの, ラジオを, 一つ一つ石を, 一人一人の, 一生けんめいしゃべり始めた, 三日も, 世話も, 主人が, 乗じたるもの, 九時の, 二ヶ年の, 云い含めた, 云えば, 云つて聞かせ, 云われるので, 人体に, 人形芝居を, 今なお, 介抱し, 他ならぬ, 仰せられること, 伊貝に, 休んで, 伝導説教に, 佃を, 何時間でも, 作られる事, 保護し, 信仰の, 俺の, 借金の, 傾聴しました, 働いた, 働きかけて, 働き自ら, 働く人, 僕を, 先を, 入内を, 全くすがりつく, 其の傷, 其等新らしい, 内科の, 写実的に, 冷血を, 到達したがっ, 前からの, 力瘤を, 努めたが, 努力なさる, 勉強しだし, 勉強しました, 勉強し出した, 動いて, 動かされた, 動物を, 勤行する, 勧めたこと, 勧めるの, 勸められた, 千世子の, 南方を, 参列した, 又樂, 反覆翫味し, 取扱つてゐた, 口の, 古い客間, 叩いた諸侯, 右手で, 合唱し, 同じく警戒, 同僚の, 向うを, 君達は, 吹いて, 周囲の, 味方し, 呼留め, 唱和した, 問い質した, 善意を, 喋り続けて, 喋舌らせ, 喫茶部開設の, 囁くの, 国境沿線の, 地平線を, 執筆し, 堀の, 壁の, 夕刊を, 大理石を, 奇言奇行に, 女の, 始め出した語学, 字を, 学ぶ女たち, 宗教書を, 宣教師の, 家々を, 家庭訪問し, 尋ねかけた, 小光, 小説の, 尽して, 岩形氏の, 工夫を, 希ひはじめ, 師父ブラウンの, 幕へ, 度々切実, 弁ずるが, 弁論を, 引きとめトルレス, 弾いて, 役者の, 彼女を, 待ち受けて, 御教授, 御運動, 心が, 心当りを, 心靈研究會へ, 応えたり, 思いつづけた, 思うの, 思ひ描いた, 怠りなく, 情に, 愉快そうに, 愛すること, 愛でたもの, 感じ入りました, 感心する, 懇望した, 成るたけ, 我を, 手伝って, 手紙を, 承って, 抹香臭い本, 招いて, 拾い集める, 指導し, 捜しまわった, 捜し歩いた, 捜索しはじめました, 掘り出した, 採集し, 探しだした, 探し回つて, 探し求めて, 探ったところ, 探偵に, 探求心を, 掻き口説く, 描きつづけて, 握りつづけて, 支那人に, 攻撃する, 教えられるその, 教わって, 数えて, 文學を, 新しい日本, 日夜に, 日本語の, 是非いちど自分の, 智恵子の, 暗誦し, 書かれて, 書き入れて, 書物を, 最初の, 望むの, 期待に, 村生活の, 果しながら, 棚の, 検べて, 検証し, 機械の, 歌うインターナショナル, 歌道に, 止めた方, 正しい行, 歩き, 比較研究し, 水を, 永い時間議論, 求婚され, 江戸なる, 河上家代々の, 注意深く働いた, 洋画を, 浄瑠璃を, 浪子を, 海を, 涙を, 深くへと, 漁った, 演壇の, 燃えて, 牛の, 物固い, 献策した, 現代の, 生きこの世, 生きようと, 田植を, 申入れ, 画面を, 病院を, 皿を, 相づちを, 相談し, 看視, 真面目切っ, 眺め入った, 眼が, 瞑想を, 知って, 砂山つくりの, 研究しなけれ, 研究中と, 社会国家の, 祈り出した, 祖母の, 神様に, 私よりも, 稼いで, 空を, 立ち働いて, 竹の, 第三巻, 答へて, 範覚の, 糸の, 紙を, 紙鳶を, 結婚が, 絵筆を, 続けよと, 練習された, 練習せざれ, 繙いたものの, 續けられました, 美しい絵の具箱, 習ったとも, 老子の, 考えては, 考え初め, 考へ, 耽読しました, 聞いてからも, 聞き, 聞きかえす, 聞き了, 聞き六兵衛, 聞き惚れて, 聞き覚え, 聞く上, 聞く者, 聞入る, 聴いた, 聴き入るよう, 聴く, 聴講した, 育てた娘, 自分でも, 自然淘汰説に, 舞台に, 芝生の, 芸術に, 英語に, 草花を, 葉子の, 薫香の, 藻西太郎が, 行われまた, 要求する, 見えたが, 見たが, 見つめながら, 見ながら, 見まもり時々, 見入った, 見入るの, 見恍, 見詰めたり, 視つめました, 覗きこんだ, 覗き始めた, 親切を, 覺え, 言い立てました, 言うので, 言出した, 計画し, 訊いた三本, 訊ねました, 討論された, 訓まれた, 試験すれ, 詩や, 話しこんだこと, 話したの, 話しながら, 話し時々, 話し込んで, 話す顔, 詳しく二度, 誘われても, 語りあった連中, 語り合, 語り続ける, 誠実に, 説いた後, 説きまわった, 説き囘つて, 説く所, 説教する, 説法し出した, 読みあさった, 読みはじめたが, 読みふけって, 読み入った, 読み合せを, 読み自分, 読み返しながら, 読んだこと, 読んだ本, 読下した, 調べたあげく, 調べた彼, 調べ始めました, 調査され, 調査を, 論じ合った, 諸君が, 議論する, 讀んだ, 讃美し, 貪るやう, 買手を, 賛成せない, 走らせて, 跟け, 軌道の, 輝元へ, 近づく顔, 追つかけた, 追求される, 這ひ, 通って, 通わなかったこと, 遂行された, 運んで, 適合した, 釣りはじめたが, 銀の, 長時間機械の, 降を, 集めた動植物, 電車の, 静粛に, 頓て, 頼みました, 頼むの, 頼むん, 顔を, 願い立てて, 風の, 食つてゐた, 食器洗い等に, 餌じきを, 饗応める, 骨牌を, 鹿の

▼ 熱心~ (921, 17.5%)

12 眼を 11 のは 8 調子で 6 信者が, 口調で, 態度で, 態度を, 注意を 5 ことは, 人が, 信者の, 眼で, 祈祷を, 興味を 4 のに, んだ, 者は, 顔を

3 [11件] のと, 信仰の, 信者で, 方が, 求婚者に, 眸を, 祈りを, 聴衆を, 語調で, 調子は, 質問を

2 [72件] ことも, ことや, このお, ところだ, のが, のです, ので主人, のに感心, ふうに, ものが, もので, ものです, わけで, んです, クリスチャンで, クリスチャンであった, シャクの, 上伯父の, 事を, 人々について, 人たちが, 人だ, 人で, 人の, 仏教の, 余り, 信者であった, 信者である, 信者にな, 努力を, 勉強家で, 勸告と, 協力が, 口調を, 問ひ, 好奇心を, 守護者を, 希望を, 彼は, 愛読者な, 態度も, 支持者を, 有様で, 村の, 母の, 求婚者であった, 無能な, 男だ, 男で, 男な, 真面目な, 眼つきで, 眼付で, 研究が, 研究の, 研究を, 者が, 者で, 耳を, 聴衆が, 職業意識の, 色を, 視線が, 読者であった, 読者の, 調子に, 賛成を, 遊説を, 過去の, 面持で, 面持を, 頼みを

1 [637件 抜粋] あの人, あまりとは, おいでおいでを, おとり, おのぞみ, お手伝, お方だ, お方は, お顔色, かたである, きつと, ことが, ことだ, ことであった, こと普通の, この俗物達, この少女, すすめかたには, すすめによって, すすめにより, すすめ通り兼ね, そして倦む, そして誠実, その投書家, だけで, だけで考え, ていに, ところだけへ, とりなし, のだ, のだろう, ので, のでちょっと, のでもう少し, ので思はず, ので絵, のとで, のには, のに打たれ, のも, のを, ひとは, ものだ, ものだった, ものであった, ものである, もんだ, もんです, ようすに, アテナイ保護者であった, アマチユアの, アーメンの, インド教の, カタブツは, カトリック信者が, カトリック教徒, キス初めて, キリシタンを, キリシタン信者, キリシタン排撃者であっ, キリスト教の, キリスト教信者でした, キリスト教徒が, キリスト教徒の, クリスチアンで, クリスチャンに, クリスト教信者で, クリスト教信者と, シオニズムの, セラピオン師の, ダンサーか, ピサロ派であった, ファンだった, ブリウスタア氏に, プラーグの, 一人が, 一例と, 一筋な, 丈けに, 上に, 上方人に, 下婢の, 世界の, 主人の, 主僧, 主唱者の, 争いは, 事だ, 事で御座る, 二人が, 井伏君の, 交渉を, 享楽心と, 人々, 人その他の, 人たちです, 人たちの, 人でない, 人は, 人を, 人一倍家庭, 人故, 人達から, 介抱により, 仏教信者で, 仏教排撃者であっ, 仕事ぶりと, 代りに, 仲介に, 伊留滿たちの, 会員でも, 会話を, 佐川は, 何もかも同じ, 作曲生活に, 信仰を, 信仰家の, 信奉者ジョルダノ・ブルノ, 信女は, 信心家だった, 信心家であった, 信者だった, 信者と, 信者三人は, 俳句宗となった, 傍観者が, 働きかけによっても, 働きには, 元気な, 先輩を, 共産党員や, 凧上げを, 切支丹の, 制作の, 前記斎田惟成氏は, 加藤泰秋子爵が, 助力を, 努力, 努力が, 努力で, 努力に, 努力の, 努力は, 努力も, 労働に対しては, 労働運動者だった, 勉強には, 勉強家でない, 勤めに, 勧めを, 勧告に, 勧誘が, 勧進者であった, 協力によって, 博士だけ, 占ない, 又何と, 友を, 受け答えを, 口元で, 口説きは, 口調では, 口調に, 司法主任は, 同情を, 同情者で, 同時にだらけた, 同門の, 君に, 味方であっ, 味方を, 問いに, 善の, 喝采を, 団長だった, 国学の, 国家主義者だ, 国民は, 園芸家により, 基督信者である, 基督信者でした, 基督教信者で, 基督教信者と, 壮年者で, 声で, 外交交渉によって, 外出家に, 外村が, 夜警団の, 天主教の, 天主教徒だった, 天理教信者である, 奔走の, 女が, 女などは, 女権論者だ, 奴等だ, 好奇の, 好奇心で, 委員に, 委員会が, 姿が, 子だ, 子の, 子供が, 子供たちが, 子女の, 子路が, 学生が, 学生に, 学究や, 学者が, 学者としての, 学術的研究に, 実践と, 実験家で, 宣伝を, 宣教師である, 審議により, 小村の, 小鳥も, 少年は, 就学志願の, 尽力によって, 山党仲間には, 崇拝家が, 工夫を, 希望が, 常連と, 平戸の, 平田篤胤没後の, 弟子だ, 弟子に, 弟子を, 当時の, 当業者, 彼の, 彼女の, 後援者であった, 御治療, 御研究, 心に, 心の, 心霊研究者と, 忍耐的な, 志とで, 忠君愛国主義者に, 念仏の, 思いを, 性急な, 怪談の, 悪徳ある, 情けない恥, 情の, 意図に, 意図を, 愛の, 愛国心を, 愛校者と, 愛着の, 愛読者で, 愛読者として, 愛読者に, 感謝と, 慈悲の, 態度に, 慫慂に, 懇望が, 懇請によって, 或は熱心, 所は, 手兒名信者と, 手紙を, 手芸の, 技術者及び, 投書, 拍子木に, 拍手, 拍手が, 拍手を, 指導には, 指導を, 挨拶を, 探偵ぶりが, 探求は, 探究の, 探索によりまして, 提議が, 援助が, 搜査は, 支持者たちが, 支持者達は, 政府に対して, 政治的の, 教師は, 教育の, 教育を, 教育者で, 教育者でした, 敬神家で, 文化生活の, 文学好きで, 斡旋で, 新青年, 方々と, 方で, 方である, 方ね, 旅行記の, 日本語研究生で, 早口で, 書を, 有様が, 期待を, 木村毅君が, 本然の, 様子で, 様子を, 樣子に, 檀家の, 歓迎を, 正統派の, 殿様な, 氣持である, 氷河の, 求婚に, 求婚に対して, 求婚者である, 求婚者として, 求婚運動は, 法華信者で, 注意とを, 注意の, 注意は, 注視を, 活動的な, 流星観測者が, 浮き浮きし, 滑稽的口調や, 灌水と, 熱心な, 父親からの, 物語は, 狂訓亭崇拝者に, 王党員である, 理論闘争を, 琴の, 環視の, 申し入れに, 男が, 男の子や, 男も, 男女の, 男性の, 画学生の, 疑いを, 癖に, 発明慾が, 皆さんの, 皆様方の, 目つきで, 目で, 目を, 目標であった, 看病人でした, 看護によって, 看護に対して, 眞面目な, 真宗の, 眸で, 眼ざし, 瞳を, 知事文彬が, 研究それが, 研究と, 研究ぶりに, 研究家だ, 研究家だろう, 研究家に, 研究態度には, 研究材料が, 研究生と, 祈りが, 祈り方に, 祈祷の, 祈願に, 秀吉が, 科学の, 科学的研究心に対して, 科学者としての, 空気を, 答えぶりだった, 答案を, 篤胤の, 素人天文家が, 素人探偵でも, 紹介者と, 結婚申込者らしい, 給仕たちに, 絵葉書の, 編輯者だった, 練習生達に, 罪深い信者, 羅馬字普及論者として, 義兄の, 考えは, 考古学者であった, 者も, 耳で, 耶蘇教徒である, 聞き手の, 聴衆の, 聴衆は, 聽手だ, 自己批判を, 自然科学者であるなら, 自由党の, 自由画家に, 若い婦人たち, 若い画家, 若者だった, 苦しい摸索, 英語の, 蒐集家では, 行動が, 製作者と, 要求は, 見物が, 見物だつた, 見物人たちは, 視線をも, 観劇の, 観客で, 観客の, 観察を, 言い方に, 言ひ, 計画や, 討論を, 訓練ぶりが, 訴えを, 証明として, 詮索や, 詮議に, 話しぶりで, 話しぶりには, 話しぶりを, 話は, 語調に, 誦経の, 説教そして, 説明には, 説諭を, 読者では, 読者も, 調子の, 調査の, 論議が, 諸先生方, 警察官とは, 議論の, 議論を, 讃嘆者の, 賛嘆者たちを, 質問の, 贔屓であった, 足どりで, 足どりを, 追求を, 運動を, 運動者が, 道教信者が, 郷土研究者が, 野球ファンに, 野蛮人とに, 野鳥研究家の, 金沢研究家で, 銃猟家で, 鋭い眼, 長六閣下, 門人は, 関心である, 関心を, 階級的な, 電波アマチュアだった, 青年で, 青年の, 青年教師として, 面付を, 面差しを, 音楽愛好者ビルロートが, 頼みであった, 頼みでした, 頼みに, 顔が, 顔つきの, 顔色に, 顔黒味の, 風雅擁護者で, 鳥の

▼ 熱心~ (246, 4.7%)

7 をもっ 3 であった, であつ

2 [20件] があった, だ, でこの, でした, です, ですが, でそれ, でよく, で娘, で瞳, で職務, で調べ始めます, と同じ, と敬虔さ, には何, に打たれ, は一, を以て毎日毎日探索, を持つ, を顔

1 [193件] うで平次, から見る, があつ, があらわれ, がある, があんまり, がこういう, がさせる, がつよい, が一党, が一種, が充ち満ち, が可愛く, が坪内博士, が大いに, が大胆不敵, が妻, が尋常, が感じられた, が感じられる, が溢れます, が設計者, で, でああ, であったという, でありました, である, でいい加減, でいろいろ, でかかり合い, でき, でございました, でさる, でじっと, でそこ, でその, ででも, でまた, でも物理, でアンナ, でギラギラ, でベルリン行, でベートーヴェン, でリザ・セミョンノヴナ, で乗手, で事, で二つ, で云, で何とも, で傾聴, で同じ, で喰, で妾, で婚礼, で床下, で彼女, で手帳, で振り, で振子, で掘り始めた, で時々, で林檎, で氣狂, で猥談, で相手, で眞劍, で眺め, で私, で筆, で細かく細かく, で綾子, で美しい, で聖書, で自分, で自然, で色々, で茂み, で草地, で血, で見守っ, で話し, で話した, で話しつづける, で読ん, で貴女, で運動, で長い, で際限, で露台, というもの, とがあらわれ, とそして, とその, とたくらみ, との比較, との為, とを失った, と信仰, と冷静さ, と比例, と私, と素直さ, と親切, と誠意, なの, ならきっと, に, にうたれた, にうながされ, において到底, にかぶれ, にだんだん, についてのほか, につられ, にはいつも, には実に, には打たれ, には逆らう, には随分, には頭, にひかされ, にも似ず, にも心, によって大きな, に加え, に対し第, に對, に感心, に感激, に於い, に欠け, に気がついた, に燃える, に疑念, に百, に絆された, に負けた, に釣りこまれた, に釣込まれ, に駭, のおかげ, のため, のつ, のなか, の出どころ, はあの, はじっさい, はその, はメルキオル, は世界, は変る, は大変, は平次, は店, は彼等, は想像以上, は手, は教師, は日毎, は梁, は次第に, は珍しい, は目覺め, は純然, は見られなかつた, は話し手, までが違った, も私, も薄らいだ, や他意, をあらわし, をまた, を以てそれ, を以てで, を以て之, を以て働いた, を以て僕, を以て夜, を加え, を大阪第一流, を如何, を持っ, を教務主任, を極, を煽り立てよう, を相棒, を知るべきである, を示さなかった, を示した, を見せなかった, を見る, 又良い, 若々しさ

▼ 熱心~ (174, 3.3%)

14 あつた 4 はない 3 はある, 調製た 2 あつて, はあつ, 一番輝い, 勤倹力行大に, 地味で, 私の, 話も

1 [136件] あくまで喰い下がり, あつたの, あつた如く, あとさき關はずに, あの男, ありすぎた, ありすぎたよう, いつも自分, いられますな, いられるから, いわゆる, かつ相当, げすな, こちらが, さっそく主人役, さへ, すらりと, そうして機敏, そこでも, そのため, その一員, その有様, その次, その趣, その追究, その遺著, ぢつと, という, とかくムキになり, どういうふう, なかなか上手, ね旅行中, はあった, はありません, はなかっ, はなかつた, ほかの, ほとんど三日おき, もなかっ, よく当った, よく当る, イギリス人が, セミナリヨの, マジメで, モンロヴィアあたりまでの, 一寸と, 不機嫌で, 且愉快で, 主人を, 今までに, 何でも, 何の, 例の, 修得し, 元気な, 其爲め財産を, 助りました, 勉強家で, 又明るい, 古人の, 向上心に, 含蓄が, 吾妻橋へ, 四年も, 図書館の, 地位も, 城下には, 壁柱へでも, 外国貿易という, 女で, 女の, 始終ローマ字世界, 宋船との, 小学教員の, 小學教員, 小鳥を, 少しの, 帝國圖書館で, 常に同人, 府内の, 後には, 御寵愛, 愛嬌も, 戯曲には, 技量の, 支持的な, 教会の, 日曜と, 時々教壇, 時と, 望を, 歌に, 正直であれ, 正直でなけれ, 正直な, 此方が, 殊に俳優, 殊に最後, 毎日の, 比較させた, 活動的で, 深夜でも, 滝田さん自身話された, 漕法は, 無慾恬淡な, 牧野の, 特にロレンソ, 現代には, 理屈ばかり, 生徒に, 生活にも, 相場なんかに, 相当古い, 看護婦対手に, 真理慾が, 真面目だった, 研究の, 私などを, 立派な, 純文学批判を, 素直な, 素質の, 要所々々の, 親切な, 親子とも, 言った, 責任感の, 軽症者は, 近所の, 進みまして, 遂にエルサレム, 野心を, 金五郎とは, 陸地上に, 隨分反古紙を, 面喰は

▼ 熱心なる~ (130, 2.5%)

3 注意を

2 [11件] ことは, 世話人たり, 主張を, 人の, 仁は, 味方を, 者も, 自由派たるを, 自由派と, 華族改革論者たる, 非和親論者

1 [105件] あまり自己および, こと子爵の, こと比, その言葉, のあまり, のあまり学生, は少, ものは, を見, アドマヤラーの, アーメンでしょう, エホバの, キリスト教徒も, キリスト者として, 一員で, 事, 事には, 事業は, 交渉を, 人々に, 人は, 伯の, 余り自己及び, 作家で, 信仰者なりしも, 信者と, 信者に, 儒教者に, 先生の, 出願人等は, 切支丹信者と, 努力に, 努力によ, 努力の, 勧誘の, 参与が, 合掌を, 同好諸君余輩の, 喝采者の, 団十郎崇拝者で, 基督教信者で, 天然研究に, 女子登山希望者である, 学問好きに, 宗教家よりも, 容子を, 山浦清麿研究家藤代義雄氏岩崎航介氏などの, 崇拜者なり, 崇拝者として, 崇拝者なり, 希望と, 希望を, 平和主義者である, 弁護者として, 後援の, 御審査振り, 忠君愛国の, 念仏者なれ, 想像から, 愛好という, 所丁度, 手紙を, 投書家では, 支持者で, 料理人を, 東露の, 柳浪先生の, 歐亞諸, 求道者の, 渓谷の, 為と, 由は, 真理の, 研究によ, 研究の, 研究者が, 研究者であり, 研究者に, 研究者の, 社會主義者と, 答辯を, 習字が, 者ある, 聴講生を, 自信を, 自由党員なりし, 観察者である, 読者は, 読者諸君から, 調停に, 談話が, 諸君が, 諸君の, 賛成演説を, 辯護者として, 追随者等の, 連中とて, 道庁の, 非和親論, 非政党内閣論者, 非政黨内閣論者, 願を以て, 風景の, 馬鈴薯党でした, 駁論あり

▼ 熱心~ (122, 2.3%)

3 ようでした, 度が, 度を 2 ために, ようだ, ようです, 一大原因で, 凝視には, 点においては

1 [101件] あまりすこし, あまりで, あまりです, あまりにお互い, あまりに男たち, あまりに絞り出したる, あまりに自分, あまりわが子を, あまり今日殉職に, あまり免職される, あまり失敗し, あまり忍び包ん, あまり時には, あまり馬鹿げた, あらん限り, あるない, お稽古, かたと, さまが, ためか, ところやや, なかった, ほどが, ほども, ものは, やうです, やうに, ゆえと, ようで, ように, ソシリを, 一刻も, 一斑を, 上に, 不足からと, 九太夫は, 人々と, 人たちが, 人であっ, 人は, 余りいいすぎた, 余りに, 余り上人を, 余り乗り試み, 例, 例及び, 兄の, 先生に, 光に, 功果は, 口調にて, 大なる, 奴が, 嫌なき, 尽力なく, 差等が, 度に, 度は, 強さ, 彼には, 徒であり, 御仁と, 微衷をだに, 性分が, 態度だ, 態度を, 所その, 手合に, 故に自然, 方も, 極まりには, 治療に対して, 点だけは, 為です, 然らし, 熱度は, 爲めに, 牧師先生に, 現れには, 甚しきより, 盡力なく, 相違が, 看護人を, 程度によ, 程度を, 紅味を, 者を, 聟撰み, 色を, 裏に, 裏には, 讀者から, 足らざりしが, 足らざるが, 足らざるなり怖, 足らざるを以て, 迸しり, 遊ぶ方, 長岡中将が, 際は, 顏で

▼ 熱心~ (89, 1.7%)

14 もって 11 面に 3 示して, 顔に 2 こめて, もつて, 取り戻した頃, 戒しめ出した, 示さなかった, 示した, 籠めて

1 [44件] あらわししかも, さんざんに, そこなわれるの, そそったの, もたなければ, 他の, 冷まさないの, 刺戟される, 加えたという, 取り余, 呼び醒したの, 嘉するよう, 増したかに, 増した様, 失った状態, 工場新聞壁新聞を, 得意が, 感嘆し, 抱いて, 抱かず目的, 持たない, 持って, 推さねば, 有しさ, 有しそうして, 有するの, 有せざる, 欠きいまだ, 気に, 注いで, 深く感謝, 湧き立たせた, 示されること, 示しは, 示そうとの, 聞かせたらいか, 表して, 見せては, 見せませんと, 認めないもの, 賞揚する, 軽蔑した, 頼母しく考へ, 顕わし人を

▼ 熱心~ (73, 1.4%)

2 勇気と, 勉強とを以て, 彼の, 忍耐と

1 [65件] いうだけ, いうよりは, いえば, いかにこの, いつも両極, その商業, その外國, なって, なつて, 不安の, 云うこと, 仕方です, 伴って, 伺って, 初めて犯人, 剛さとを, 努力を, 勇気とを, 勇気とを以て, 友愛の, 同氏が, 執拗さで, 変つた工夫とを以て, 多年の, 寛度も, 專念とに, 忍耐とで, 忠実とを以て, 思われないでも, 愛情とを, 探究とは, 探究心とを, 放心との, 時間とを, 気力を, 気違い染みた, 決心とで, 深い学識, 炯眼とは, 熟練にも, 献身的な, 眞實に, 眞面目と, 眞面目とが, 真実との, 真理とを以て, 真面目と, 知力とは, 粘り気とを, 精力の, 精励と, 聡明とを, 興味とから, 苦心が, 親切とが, 親切な, 言えないこと, 言えば, 話とを, 誠実なる, 誠意とで, 諸君の, 謙譲とで, 雄弁と, 頭の

▼ 熱心~ (69, 1.3%)

4 欠けて 3 大切です 2 あつた, あるため, ない, 多分は, 足りないから

1 [52件] あったから, あらはれた, あり弘法大師, あるから, あること, あるとか, あるとは, あるならば, いかに強く, いると, うすれて, お前には, こもって, させる業, つよいこと, どうやらこうやら, ないので, なかったなら, なければ, まだ松村, まるでがけ, やや買われた, わたしどもには, グングンと, 一層好感, 世界を, 出て, 半年後には, 各々の, 天に, 彼の, 拍車を, 摩利支天にも, 文章の, 段々冷え, 段々加つて來, 激して, 病者を, 目の玉から, 窺はれる, 籠って, 結局勝利を, 胸に, 自分の, 見えないでは, 足りない, 足りないで, 足りないの, 遙に, 非常に, 駿介を, 高まって

▼ 熱心~ (50, 1.0%)

2 如何に

1 [48件] いつと, お登和嬢, これが, そうした言い諭し, その一言, その後私の, ついに臥龍半兵衛, とにかく千数百年, ないん, なおさら不謹慎, なかった, なかつただらう, もしそれ, やがてトルレス, よいが, よくわかりました, 万, 会友部設置の, 半分以上も, 固より, 外國人を, 外面に, 実に何, 実に驚くべき, 尊い, 彼を, 成効の, 政治の, 敬服すべきである, 早くから山口, 果して如何, 様々に, 次第に烈しく, 漸く三回目, 煽られこの, 熄ま, 熱心で, 禁物だ, 聞こえても, 自から, 萬, 見あげたもん, 買って, 進撃的に, 遂に小山, 遂に張昭, 非常な, 驚くばかり

▼ 熱心~ (47, 0.9%)

2 がある, が出, が沢山, だから, であった

1 [37件] が, があっ, がい, が五人, が五年前, が御, が来, が現, だそう, でありながら, であるか, であるばかり, である諸君, でその, でもない, で俗, で朝, で殊に, で私, で見, で連夜殆ど出席, とて中川, とは限らない, なきか, なれど, にかぎられ, にし, にその, になつ, のある, の為め, の間, は別, は喜ぶだろう, は芝居茶屋, も無し, を見受けない

▼ 熱心~ (45, 0.9%)

3 な, ね, よ 2 からな

1 [34件] からこんな, からせめて, からである, からです, からといっ, からねその, から仕事, から少し, から忌, から此方, から随分沢山, がまた, がセリフ, が下手, が不器用, が直接, が買い, が非力, し, し周囲, し骨身, つたから, つた父親の, といっ, といふ, と云う, と言, なあ, などと無闇, ねえ, ねなんてやられ, の, わ, キット出世する

▼ 熱心である~ (26, 0.5%)

2 ということ

1 [24件] かは家々, からうっかり, からだ, から早速, かを示す, がしたがってまた, ことを, ために, だけに弁者, という, といふこと, ところの, として姑, とも見えなかった, と云う, にかかわらず, にも係, のだ, ので市郎, のは, ように, 故を以て, 方です, 自慢ばなしや

▼ 熱心だった~ (22, 0.4%)

2 のは

1 [20件] かも知れません, かを波多野牧師, がせりふ, がその, ころ無難な, し叔母, っていうの少く, って金, と思う, と言います, のが, ので一年, ので教会, のを, ひとで, ように, 御噂, 手代の, 秀麗な, 頃の

▼ 熱心~ (21, 0.4%)

3 希望も 2 あるん

1 [16件] いいが, おさえかねる風, ない, ないの, ない人々, なきに, なく垣, なし事実, また自信, 勇気も, 原因した, 口弁も, 堅い金五郎, 宜いが, 害あり, 遂に多く

▼ 熱心を以て~ (18, 0.3%)

2 詳しく話せ

1 [16件] それを, 不治の病者を, 人の, 例の, 其の爲, 同じ祈祷, 夫人が, 提唱される, 机に, 畳を, 祈れりしかして, 突きの, 考え続けた, 言い切った余, 計畫, 道中ことに

▼ 熱心には~ (17, 0.3%)

2 力を

1 [15件] したつもり, ならなかったでしょう, ならなかったの, ならなかつた, なるまいと, 何んか, 勤められなくなって, 執拗な, 專門の, 感服せざる, 教えて, 敬服する, 流石の, 耳を, 衝たれ

▼ 熱心でも~ (16, 0.3%)

2 あるし

1 [14件] あつた, ありごく, ありませんでした, ある言葉, なかつたやう, なくさりとて, なくそれ, 千と, 専門的でなかつた, 御姫様, 斯んな, 無制限, 無関心, 貴君の

▼ 熱心であった~ (15, 0.3%)

1 [15件] お内儀さん, からその, から美人連, がこれ, が一策, が愈々, ことに, ために, のに刺戟, ばかりでなく, 事などを, 事に, 事は, 心は, 駒井は

▼ 熱心です~ (14, 0.3%)

321 か, がこの, がその, ことね, なあドウモ, なという, のね, よ, 熱心に

▼ 熱心なら~ (11, 0.2%)

1 [11件] きっと見つかる, こちらでも, ざるを, と折れ, なにも, ば僕, んや, モッケの, 一度よく酒井先生, 思う存分の, 爲方が

▼ 熱心とを以て~ (10, 0.2%)

2 亨一に 1 余を, 力を, 帝国議会に, 帝國議會に, 懐古と, 橋上の, 盛に, 西洋の

▼ 熱心~ (8, 0.2%)

2 て常人 1 ている, てこれ, てその, て居られた, て朝野とも, て相

▼ 熱心そう~ (8, 0.2%)

1 で平次, な表情, な顔, にみせかけ, に云った, に喋り立てはじめた, に書き, に見える

▼ 熱心らしい~ (8, 0.2%)

1 からまあ, が, じゃない, わね, 信者で, 態度で, 聲で, 調子が

▼ 熱心でない~ (7, 0.1%)

1 から集まっ, ためとで, という点, といふの, のが, のは, 大人よりは

▼ 熱心とを~ (7, 0.1%)

1 これに, もって, 尊敬する, 忘れないが, 欠いて, 被圧制者, 認めて

▼ 熱心ぶり~ (7, 0.1%)

2 で窓 1 であつ, にこそ興, に感心, は心, を見せれ

▼ 熱心から~ (5, 0.1%)

1 だと, でございます, では, 今や頭, 独逸語を

▼ 熱心であり~ (5, 0.1%)

1 また大いに, 勉強され, 小さな研究, 時たま失念, 茶道具の

▼ 熱心にも~ (5, 0.1%)

1 お習い, ならう, ならず薫, なろうし, 程が

▼ 熱心をもって~ (5, 0.1%)

2 話を 1 傾聴した, 検べ, 突進し

▼ 熱心忠実~ (5, 0.1%)

1 であった, なる人, に傾聴, に従った, に洗濯

▼ 熱心あり~ (4, 0.1%)

2 て而 1 この時, 気象の

▼ 熱心すぎる~ (4, 0.1%)

1 ために, 伯父の, 家庭の, 真面目すぎる

▼ 熱心する~ (4, 0.1%)

1 のを, ものが, も単に, 者あり

▼ 熱心であっ~ (4, 0.1%)

1 てこういう, てどんな, ても展覧会ナゾ, て自国内

▼ 熱心という~ (4, 0.1%)

1 ことは, の面白い, ものは, 点で

▼ 熱心との~ (4, 0.1%)

1 ために, 力のみ, 加はつて, 色を

▼ 熱心によって~ (4, 0.1%)

1 とにかく暗号, ようやく水産, 一応信長, 遂に信者

▼ 熱心~ (4, 0.1%)

1 まずしかるにどうもダナエ, 愛の, 深い興味, 能力に対して

▼ 熱心じゃ~ (3, 0.1%)

2 ないか 1 ないし

▼ 熱心でいらっしゃいます~ (3, 0.1%)

1 の, のね, のねあれ

▼ 熱心でした~ (3, 0.1%)

1 から試験前, がさて, がその

▼ 熱心でなかった~ (3, 0.1%)

1 がそれだけ, ことも, 場合には

▼ 熱心でなかつた~ (3, 0.1%)

2 やうで 1 といふの

▼ 熱心といふ~ (3, 0.1%)

1 のは, 物が, 程では

▼ 熱心とで~ (3, 0.1%)

1 数か月の, 根気よく, 訊ねて

▼ 熱心とは~ (3, 0.1%)

1 尊い, 深く党員, 深く黨員

▼ 熱心な聴き~ (3, 0.1%)

1 手と, 手に, 手を

▼ 熱心より~ (3, 0.1%)

1 して, 之も, 外には

▼ 熱心さ加減~ (2, 0.0%)

1 というもの, はとても

▼ 熱心そのもの~ (2, 0.0%)

1 が周囲, のよう

▼ 熱心だつた~ (2, 0.0%)

1 し雪子, せいで

▼ 熱心であります~ (2, 0.0%)

2 から

▼ 熱心であれ~ (2, 0.0%)

1 ばある, ば人間

▼ 熱心でし~ (2, 0.0%)

1 てね今夜, て庭球

▼ 熱心でなく~ (2, 0.0%)

1 ては駄目, なつて

▼ 熱心とか~ (2, 0.0%)

1 真理を, 車輪とか

▼ 熱心とて~ (2, 0.0%)

1 再び語, 容易に

▼ 熱心なき~ (2, 0.0%)

2 所ピール然

▼ 熱心ならざる~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 熱心なり~ (2, 0.0%)

1 勇気なり, 好奇心なりは

▼ 熱心なりし~ (2, 0.0%)

1 ことである, 醫學の

▼ 熱心にて~ (2, 0.0%)

1 和流は, 自ら七寺

▼ 熱心に従い~ (2, 0.0%)

1 宮廷における, 産業の

▼ 熱心~ (2, 0.0%)

1 持って, 持つて

▼ 熱心らしく~ (2, 0.0%)

1 あつて, 愛情を

▼ 熱心且つ~ (2, 0.0%)

1 親切な, 過激なる

▼ 熱心伯父~ (2, 0.0%)

2 の代理

▼ 熱心到らざる~ (2, 0.0%)

2 なきを

▼ 熱心実に~ (2, 0.0%)

1 感ずべし, 感ずるに

▼ 熱心振り~ (2, 0.0%)

1 が異様, で間拍子

▼ 熱心~ (2, 0.0%)

2 から禁ずる

▼ 熱心過ぎ~ (2, 0.0%)

1 たり, て家

▼1* [107件]

熱心あわれ毘首竭摩の, 熱心いや誠意です, 熱心職人衆は, 熱心かつ熱烈に, 熱心がをさまらない, 熱心こめて話し聞かせ, 熱心こめた約束にも, 熱心さあなたの眼, 熱心さうにこんな窮, 熱心さそれを欲, 熱心さのちがふ, 熱心さ心くばり感覚, 熱心さ情愛というもの, 熱心しおる如きに拘わらず, 熱心したる所以なり, 熱心じみたが主人, 熱心じゃがそれも, 熱心すぎてかえって, 熱心せる理由は, 熱心そういうものが, 熱心そうしたものとともに, 熱心たれ退け何事にも, 熱心だけから言うと, 熱心だけがある内部, 熱心だけしか知らない, 熱心だけでも売れ出す, 熱心だけは再びここ, 熱心だってほめて, 熱心だつたさうでもつともこの, 熱心だらうが自分, 熱心だろうが自分, 熱心つみのない, 熱心であったでございますが笛, 熱心でありたいと思う, 熱心であるべき小説家星田が, 熱心でいらっしゃることは, 熱心でいられたのに, 熱心でございますな, 熱心でしつっこくできるだけ, 熱心でぬけめが, 熱心で困る三益, 熱心で生きている, 熱心といふだけで人, 熱心とだけは変りませんよ, 熱心となかりしならん, 熱心とに打たれるの, 熱心とばかりでは, 熱心とをもって陳述し, 熱心などと称するから, 熱心などの理由が, 熱心などを狡猾に, 熱心ならじとすれ, 熱心ならぬ訳には, 熱心な勧め方, 熱心な呼びかけをもってる, 熱心な憧れとを私, 熱心な活きいきとした, 熱心な疲れても疲れ, 熱心な聞き込み調査を, 熱心な走り方を, 熱心においては何人にも, 熱心にと見こう, 熱心により自由な, 熱心に対しあらためて感謝, 熱心に対して茲に, 熱心直き, 熱心はばかりながら感佩いたしました, 熱心ばかりです, 熱心ほど己れ, 熱心もて伏侍するあり, 熱心ものであります, 熱心よりも畢竟彼, 熱心らしかったけれど渋皮, 熱心らしく見えるのである, 熱心アル, 熱心一途で仕上げ, 熱心不羈の研究心, 熱心を排し, 熱心乍らも研究, 熱心先ず当時に, 熱心勇敢の気象, 熱心勉強のハリアイ, 熱心勧告したが, 熱心れから, 熱心奔走して, 熱心家さへゐる, 熱心平生に異, 熱心早く云えば, 熱心れば, 熱心に訊き返し, 熱心の如き, 熱心無二のもの, 熱心熾んなれど写した, 熱心碁客が碁, 熱心は何, 熱心もった唱名, 熱心綿密を極め, 熱心は遠ざけ, 熱心誠実にくり返し, 熱心謙遜従順な態度, 熱心足らざりしか或は, 熱心足らざりしが故, 熱心遂に功立ち名成る, 熱心ぎてかへつてうるさしと思はるる, 熱心過ぎる位熱心で, 熱心鋭意して, 熱心に顕れ