青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「立~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~突い 突い~ 突き~ ~突然 突然~ ~窓 窓~ 窮屈~ 竈~ ~立
立~
~立ち 立ち~ ~立っ 立っ~ ~立った 立った~ ~立つ 立つ~ ~立つた 立つた~

「立~」 7756, 84ppm, 1336位

▼ 立~ (417, 5.4%)

8 中に 7 馬車が 5 立派な 4 馬車を 3 支度を, 神, 頭を, 馬を, 馬車で, 馬車に

2 [32件] いい女, とりどりの, ぼつて, ま, やうに, やさしい男, ように, 中を, 事には, 兜を, 可い, 好い男, 姿にて, 學術を以て, 岩崖が, 愛くるしい罪, 法学士様の, 洋館に, 演出の, 王, 王に, 白堊館我が, 空を, 細道なり, 良いの, 菓子が, 見事な, 豪奢な, 軽馬車, 間から, 顔を, 馬に

1 [311件] ありやと, ある上杉謙信公, いい門附, いかついところが, うしろに, うちに, お玉に, お若さん, お話しでございます, きっぱりした, きらきらする, きりっと, きりりとした, ことと, ごとき趣味, さまを, しかかるに, して, すぐれたおおらか, その老婆, その障子, ために, ため奈良へ, とだえたこと, ない処, はっきりした, はっきりと, ぼりて, ぼりはじめたばかり, ぼるという, ぼる雲, まこと直なる, まばらな, まま, まん中に, もある, やうな, やさしい人, やさしい子, やさしい正直, やさしい膚, やさしい鶴さん, やさしかった, やや整った, よい人間, よい女, よい奴, よい娘, よい明るい人, よくととのった, よく整った, よく整つた, を注い, アカデ, カバ色に, キリツと, チグハグな, ニも, パラリと, フライの, ホヤホヤで, 一筋も, 一部隊では, 上に, 上品に, 上品向きに, 上手なる, 世間話から, 中から, 中には, 中の, 中学校が, 中年増, 中等学校だって, 丸髷を, 事から, 事その, 事此師大概よし, 人だ, 人師の, 仕度に, 件で, 似た気, 余に, 供二三十人を, 傘に, 傳統的デモクラシーの, 價値を, 優しいお, 優しい姉, 優しい狂人, 兜が, 兜のみは, 円髷涼しげに, 凜, 処は, 処御, 出来て, 前では, 剣が, 勢は, 南の, 印象と, 卵の, 口で, 可愛い娘, 可愛らしい何處, 可愛らしさ, 合は, 吉凶花魁の, 名ある, 問題という, 問題は, 問題を, 善いおかみさん, 図と, 夏枯草と, 多かった, 夢を, 大きい赤ん坊, 大どよめき, 大博物館, 女だ, 女で, 女の, 好い生徒, 好い白い顔, 好い者, 好い顏, 如何にも, 姉のみ, 姿では, 子もつれ, 子別に, 字の, 學術を, 學術内に, 安ぶし, 宗教を, 客達は, 家には, 尋常な, 小路を, 少年で, 少年に, 山の芋を, 岩峰に, 島田の, 崖に, 平面, 年齢は, 底で, 底に, 建物とに, 弊が, 式に, 形も, 役人十数騎の, 御飯を, 悪い女, 悪い親, 悪く無い, 惡く, 愛らしい元気, 我を, 拍手の, 控室林長二郎の, 支度でも, 整ったそして, 整ったやさし, 整った一寸, 整った利発, 整った好男子, 整った島民, 整つたどちらかと, 整つたなか, 整つた年齡を, 整つた申分の, 整つた男で, 文字に, 方も, 日を, 星と, 時でも, 書後, 林見にと, 柔しい, 柔和な, 柱, 柱や, 楽しみ酒そうっと, 標準で, 橇, 權勢に, 欠点を, 止ルと, 正しい印度人, 殊勝なる, 殘つてゐる, 段は, 母房氏を, 母親に, 気色あり, 沒理想は, 渋いむつつり, 準備を, 演能, 演能の, 濃きあ, 為めにか, 牡蠣の, 物置小屋, 猪頭と, 王といふ, 王は, 王菟上の, 用意いろ, 用意に, 用意を, 男だけ, 町続きの, 癇の, 癒ゆる, 癩療院長島愛生園を, 白い胸掛, 目腐れ阿, 眼の, 瞬間に, 確りした, 神より, 神事が, 神事という, 神道教育施設は, 立つ同様下, 立場に, 端正な, 端麗な, 箱馬車が, 箱馬車に, 粗い恐らくは, 素直さから, 細かい可憐そのもの, 細竹を, 紳士に, 絵や, 綺麗な, 線を, 美しい小姓, 美しい小母さん, 美しい表情, 美実に, 美少年が, 美少年と, 美少年曙染の, 脇腹を, 脚絆を, 膝の, 良い嫁, 良さ, 若い武家, 若衆であった, 茶を, 草の, 萌黄かを, 蓙掛馬車でも, 薄さ, 藪が, 蝉が, 装飾についても, 襖の, 襖を, 西北側から, 諸大学, 議を, 貝鍋は, 赤ン坊が, 走り添ひのぼり, 辻馬車で, 迅さ浅, 逞まし, 遅いところ, 道を, 銅の, 間に, 間を, 関係から, 障子へ, 雛鳥が, 青年であっ, 青年であった, 音を, 頭に, 頭の, 顔が, 顔としては, 飯を, 餘り, 馬が, 馬車, 馬車だの, 馬車の, 馬車は, 馬車や, 駕が, 駕を, 髷に, 鮮な, 鮮やかな, 鶴の, 鷹, 鹿角を

▼ 立上っ~ (365, 4.7%)

218 ていた 6 て来, て来た 5 て彼女 4 てその, て二人, て叫んだ

3 [13件] ていっ, ている, てしまった, てそれ, て出, て卓子, て室, て少し, て彼, て手, て挨拶, て私, て窓

2 [27件] ていった, てお, てき, てすぐ, てゆく, てフラフラ, て両, て二階, て云った, て何, て入口, て其処, て刀, て叫びました, て壺, て奥, て廊下, て押入, て更に, て棚, て次の間, て膝, て自分, て表, て足音, て逃げよう, て電燈

1 [214件] たりし, たりした, たりしました, たりどうも, たりまた, たり一二歩, たり切り, たり寝転ん, てあすこ, てあたふた, てあたり, てあっけ, ていきなり, ていく, ていない, ていや, ていれ, てうやうやしく, ておまえ, てお歌, てかたわら, てから, てくる, てこの, てこれ, てさよう, てしとやか, てす, てずかずか, てそうして, てそして, てそのまま, てぞろぞろ, てただ, てだまっ, てつい, てつかつか, てどう, てどこ, てふらふら, てまた, てまだ, てもう一度, てもまだ, てやがて, てやはり, てゆっくり, てよろめく, てよろよろ, てわざと, てオイデ, てガリガリ, てギシギシ, てクッション, てゲラゲラ, てサッサ, てションボリ座敷, てスタンド, てスラスラ, てスルスル, てツリ竿, てバッタリ, てバラバラ, てメヅサ, てラウペパ, て一寸法師, て一足, て三・四歩位, て不安そう, て並ん, て中央, て二三歩, て二三歩窓, て人々, て今にも, て仏壇, て何だか, て何物, て例, て傍, て僕, て元, て先生, て入っ, て内務省, て初め, て前, て勝手許, て勿論, て南玉の側, て博士, て厚い, て又, て受取った, て台所, て向う, て吾輩, て和田, て喫煙所, て図太く, て土, て土間, て夕明り, て外, て大きく, て大きな, て大体要領, て大股, て天井, て子供達, て尋常, て小便, て小太郎, て小走り, て尺八, て居た, て居りました, て居る, て履脱, て帰る, て幸田, て座敷, て庭, て彼一流, て怒鳴った, て感心, て憤った, て扉, て手品, て手早く, て振り返り, て春子, て暗く, て暫く, て書斎, て朝倉先生, て来る, て梅野, て棒, て次, て次々, て歩み去る, て殴り合おう, て毛束, て気, て水際, て深沢深, て混血児め, て炊事場, て無表情, て然し, て燐寸, て爪, て玄関, て玄関横, て甘い, て用, て皆, て眉, て着, て石子, て硝子戸, て碇健二, て神棚, て箸, て縁側, て纜, て考え, て背中, て脇差, て脣, て若旦那, て茶店, て草, て草川巡査, て蓄音器, て行く, て衣紋竹, て見, て見えた, て見ました, て見る, て見届け, て見調べ, て言うた, て記代子, て話, て誰, て課長, て資料, て足早, て跣足, て踊り出す, て身, て車, て軒先, て近く, て追っ駆け廻る, て逃げだす, て逃げ出し, て逃げ出す, て連れ, て部屋, て鏡, て長い, て開いた, て降りた, て隅, て階下, て障子, て頓狂, て頻りに, て高慢ちき, て黙っ

▼ 立~ (261, 3.4%)

89 つた 9 つたが 6 って室 4 って窓, つたと 3 ってその, って同じ, って廊下, って歩きだした, って歩き出した, って空, つて 2 ってお, って向う, って土間, って奥, って孔子, って客間, って扉, って手, つたところ

1 [110件] がつて, がつて懷, ったらしい気配, って, ってあたり, ってお出で, ってそこら, ってはいけない, ってはいっ, ってズボン, ってソソクサ, ってハイ, ってフラ, ってフロシキ, って一つ, って一声, って中, って了, って二三歩, って二人, って仕度, って体, って入口, って出勤, って別, って加奈江, って勝負, って博士, って口, って台所, って呶, って喧嘩, って四方, って外, って大, って太陽, って奮戦, って女, って始末, って家, って少佐, って山高帽, って工場, って席, って座席, って座敷, って庫裡, って彦太, って復讐, って戸, って扉口, って手招ぎ, って押入, って抽斗, って掃除, って来ました, って来島, って柱, って柱時計, って校正刷, って此方, って歩き出す, って水, って火消一同, って煙管, って熱狂的, って物, って玄関, って砂ほこり, って秋子さん, って秘書官, って秤, って穴, って窓ぎわ, って窓辺, って縁側, って羽織, って自分, って舞おう, って蔦葛, って蛍籠, って衣服, って襖, って覚束, って警官, って谷警部, って身支度, って車, って込合う, って部屋, って金, って金網, って隅, って障子, って雀躍, って雨戸, って電燈, って電話, って頭上, って食堂, つたかと, つたとき, つたま, つたもの, つたらちようど四尺七八寸, つた内田, つた富山七之助, つた秀次, つた芥川, のやつ

▼ 立上る~ (245, 3.2%)

177 のを 6 ことが 3 とその, と彼

2 [17件] ことも, ことを, とお, とそれ, とマダム, と二人, と其の, と同時に, と大, と妙, と廊下, と手, と道路, や否, 信如小, 袖を, 途端に

1 [175件] うかうかしちゃいられない, かと思い, から女房, ことは, その足許, ために, つもりである, という場面, といわれる, とこそこそ, とこの, とこれ, ところだつた, とさっさと, とすぐ, とそそくさ, とそのまま, とつづい, とともづな, とどう, となるべく, とまるで, とめまひ, とよろめいた, とウエーランド, とサロン, とショートオオダァ, とストーヴ, とズイ, とリー・シー・ツワン, と一二合突合つてカツキ, と一人, と一言, と三畳, と両手, と中津, と今しがた部下, と低い, と何, と侍, と僕, と兄, と入口, と八畳, と共に人々, と冷蔵庫, と出, と制服, と南玉, と博士, と参考人, と台地, と右手, と吉良, と向う, と土間, と埠頭, と報知機, と壁, と奥, と奧, と女房, と子, と容赦, と寝台, と小袖, と少し, と山内, と屹度私, と帽子, と幻覚, と庫裡, と彼女, と急, と恐ろしい, と愛一郎, と扉, と押入, と押入れ, と支店長, と敏子, と文案, と新, と書院, と服, と本棚, と村尾, と柱, と検事, と檻, と次の間, と気味悪い, と片手, と狂暴, と狂気, と狭い, と益満, と真名古, と私, と窓, と窓枠, と縋りつく, と義男, と舞台, と華, と襖, と見る, と見送り, と誰, と課長, と走り出し, と踊, と輪廓, と達子, と重い, と金六, と鍵穴, と隣室, と雨, と電話室, と青年, と音, と飲ん, と鶴, などはそう, なんていふ, にお, に使え, のかと, のであつ, のでした, のに, のにさえ, のに眼, のは, のも, の意, ほどの技術力, や老人, ような, より外, を引き止め, を得, 伴ふも, 元気も, 力の, 力も, 勇気も, 半三郎, 多人数の, 大原は, 時あまり, 時には, 時刻に, 時興奮の, 様を, 機会が, 機勢に, 気力も, 気色も, 気配を, 決心を, 湯気が, 湯煙と, 澄を, 燒刃の, 真に迫った, 胖響に, 薄紫の, 裙を, 観客の, 迄も, 途端も, 音す, 骸骨

▼ 立止っ~ (205, 2.6%)

10 ている 65 ていた, てしまった, てその, て見 3 てじっと, て振返る, て暫く, て眺め, て私, て耳 2 て何, て内, て向う, て振向いた, て眺めた, て話, て道

1 [137件] たりあと, たりし, ていいました, てうなずきあった, てお婆さん, てかざす, てきいた, てきっと, てこっち, てこんど, てこんな, てしげしげ, てしばらく, てしまいました, てしまう, てそこ, てそっと, てちょっと, てどこ, てどちら, てにこ, てはこれ, てはならない, ては一, ては仔細, ては休ん, ては巡査, ては熱い, ては要, ては銭, ては長い, ては馬, てぶらりと, てぼんやり, てめずらし, てよく, てわずか, てオタケサン, てキチン, てサロン, てザビーネ, てジロジロ, て一度価, て一息, て並ん, て中, て中津, て了, て二人, て人々, て仕事着, て仕方, て仕舞った, て低く, て佐野, て何やら, て何処, て係長, て僕, て其の, て出来, て動かない, て向側, て固く, て墓地, て声, て大きく新しい, て女, て家, て小さな, て小便, て小林寓, て小首, て居りました, て居る, て川上, て左右, て店飾, て庭, て彼, て待っ, て待った, て怒鳴り付けた, て怖, て懐, て拾い取っ, て指した, て振向い, て探る, て改まった, て木村さん, て橋, て此方, て気, て河野, て海, て溜息, て無意識, て猿, て珍, て珠, て番頭, て相手, て眉根, て眺めたい, て眺める, て秋風, て秘書官, て突然, て窓, て立話, て笑顔, て老婆, て考え, て考えます, て聴い, て脳髄, て腕組, て臆病そう, て自分, て苦悩, て薄暗がり, て蜂谷良作, て蟻, て衣裳, て見ました, て見上ぐる, て見下し, て親しく, て足許, て身構え, て野営, て面帛, て顔, て飛行機, て首, て鴉

▼ 立~ (196, 2.5%)

34 して 5 するの 4 すると 3 した, 見て 2 さまざまに, する, もつて, 持つて, 見ると, 遮るため

1 [135件] いたしては, いたし大藏, いつのまに覚え, うつ向けがち, うぬ, かつかつ射落とし, くく立, こわばらせる塩, させた事, させて, したといふ, したやう, したり, したりなど, したん, した丈助, した大きい, した所, した美男子, した薄命そのもの, した試験, してやるの, しながら, しなくっても, しなければ, しようと, しようとは, し思ったほど, し灰色, すっかり見て取りたい, するかと, するさ, するなと, するなんて, するは, する事, する友人, する客, する程, する音, すれば, それでも昔, っ, ついむら, つけた短い, とるな, ながめて, なさると, なされるによ, なし烈しゅう, なすと, なだめ, ねがふ時, はっきり覚え, みれば, ゆるして, ゴリウと, タッタ一目見た, 下細り, 中程から, 二つ許り並べた, 出ないと, 前に, 割って, 原則と, 取ったため, 可忌くも巡査, 和らげその, 哀れが, 唄う, 喰は, 娘の, 安房守に, 完全に, 宥める事, 島の, 巻いて, 強くつかん, 彼女は, 微笑みながら, 思はせるには, 思はせるやう, 恥しくない, 手伝つてそこで, 拝送しよう, 持ち白木, 持って, 挙げる智慧, 捕獲し, 掻乱し, 満枝, 片よせ, 生々と, 生んで, 用ゐざる, 申してもな, 盡され, 相模守に, 眺めて, 眺めるとか, 知つてるだらう, 確かめる必要, 示す白い, 筋違に, 聞いたやう, 聞き失望, 聞けば, 肩に, 能, 致しましてと, 致そうか, 荒らされるを, 蔭ながら, 行っても, 裏切らないところ, 見せて, 見分けること, 見分けるだけの, 見合せる, 見送らうと, 見送るため, 話して, 認識し, 謝せし, 買いましたら別, 踏分け渓水, 送るかの, 遊ばして, 長持の, 間接にでも, 音読し, 食は, 食わして, 食わないうち, 高くし

▼ 立~ (127, 1.6%)

16 なって 7 なった 4 なつた 3 して, 立って 2 そよぐなるこびえ日, なつて, なりました, 口笛鳴らし, 立つて

1 [84件] あるもの, ある男らし, おなり遊ばした, お炬燵, きれいな, したがって, しても, たて, でき上って, なったきり, なったその, なったまま, なった多磨太, ならないやう, ならる, なり, なりある, なりそう, なりタッタタッタ, なり約, なるかも, なると, なるので, なるまでは, なるやう, なるよう, ぬこと, のぼろうと, ひかされて, ふとい蝋燭, みっともない形, よく調和, カチと, 一味の, 一本さし, 一纏り, 与え自分, 伸し上つた, 伸び上がりながら, 似合うもの, 何とも言えない, 便利な, 優しい可愛らしいところ, 入て, 全く奥底, 出て, 向って, 噎せる, 寄懸っ, 帰るを, 成つてある, 截ち切って, 戻るの, 挿したりなんか, 挿す, 据えて, 捲き込まれたか, 散り行くおもしろ, 旗印に, 日月が, 明朗率直で, 火の, 無遠慮に, 相成ったるかは, 突立つてそれが, 立ちすくんで, 立ち上がった, 立った, 絵筆を, 脇腹を, 自信を, 蝋燭が, 行くと, 見えた, 覚えの, 話し合う遠慮, 誕生する, 逢つたと, 連なる国境山脈, 遅れては, 随ふなら, 飾つて樂しむ, 馬蹄の, 黒革の

▼ 立~ (118, 1.5%)

15 でて 147 でました 4 でしが, でたる 3 でたの 2 でますと, でると, で大, で玉

1 [63件] か, たり先, った, て, てもう, て来る, でけり, でしまま不在, でそっと, でそれ, でたり, でたる小山, でた休屋, でた時, でた釘抜藤吉, でた青年, でつ, でつ欄, でていざ, でないよう, でになった, でぬ, でまして, でます時男子出産, でまず, でられし, でんあり, でホッ, で三崎, で三里先きの海上, で主人, で二三歩, で人力車, で僮僕ども此狂漢, で切支丹坂, で別墅, で吾妻橋, で大手, で待構え, で散歩, で本郷通り, で来たら, で来れる, で根津, で梯子段, で楠窓, で泰助, で疾足, で秋元, で秦, で笹屋, で給, で腕, で行きし, で見え隠れ, で見なれぬ, で路傍, で辿り行く, で顔, で願わしゅう, で鶴屋, に成る, 行衛遥カニ忍ビ給フ後見

▼ 立~ (116, 1.5%)

12 ている 10 そうに 4 さも, さを 3 さと, そうな 2 さが, さとに, てゐた, てゐる

1 [72件] いくらゐである, がたき事, さ, さとで, さに, さの, すこぶる風致, その末, たり悪口, て, てああ, てい, ていた, てお, てからまだ, てけんどん, てすみません, てのさ, ては大変, てゐ, て凝, て原生樹林帯, て只, て呉れる, て大, て女王, て安んずる, て居る, て山陰, て崖上, て崩石人, て巌, て左舷, て帝, て引包ん, て手, て描ける, て数里, て最後, て欲しい, て水先, て網, て置く, て能, て自己, て自然, て血, て針, て間, て霊肉, て非難, は思ふ, 五竜側に, 人跡到る, 儘なる, 其五色を, 北方には, 四面援声を, 帽を, 念仏の, 思考し, 我最早すっきり, 或は数峰岐峙, 或は飜筋斗, 手に, 時, 気に, 男齢は, 秋の, 者あり, 足の, 逢ひだ夜は

▼ 立~ (113, 1.5%)

3 だかつて 2 なれては, ひびやく, 全く御, 母親に, 立派で, 立派です

1 [98件] あまり良く, いい方, いい男らしいがな, いかにも田舎, お萩の, これは, さつきの, さる事, しますから, せぬ, そんなに惡, たしかに何処, だかつたの, つきり, できたと, どう見, ないよう, なかなかやさしい, なれにく, なれにくく, はっきり分らない, はっきり分らなかった, はっきり判別, ぶち撒ける, また一倍, むしろ端麗, やつれて, よく人, わるくありません, ウシロタテと, ドチラかと, フラリと, プログラム片手に, 一向夫婦, 一寸整っ, 一層神経質, 両親に, 伯爵夫人の, 似て, 何んである, 佛法には, 儂が, 出来ない, 分らなかったが, 剣であろう, 勢の, 十人並, 十人並勝れ, 可憐な, 固有の, 大人いや, 好いの, 學問と, 尤もだ, 御尤も, 必ず御, 恐しきもの, 恐らくは私, 恐ろしきもの, 成程, 押入の, 教育の, 整って, 春の, 普通痩せ, 更に一層素直, 木片の, 横から, 止めちゃあ, 気狂いの, 決して美しく, 津の, 派手で, 浮彫した, 獅子舞系の, 町娘の, 略式の, 私の, 立派な, 端正である, 罷めること, 美しい, 美しくなかった, 美男子型だ, 自分で, 舶来の, 芸術ださうだ, 西洋人形みたいだった, 見違える程, 解りませぬが, 負傷した, 重々御, 鋭く知的, 陸に, 面長の, 飛散す, 髪は, 鹿舞踊の

▼ 立小屋~ (102, 1.3%)

4 のやう, のよう 3 の中 2 だ, なの, のなか, をつくっ, を建てる, 同樣

1 [79件] あり炭燒釜, あるいは蒲鉾小屋, かなん, から瘠せ細った, があった, があつ, があります, がある, がその, がテンデンバラバラ, が一塊, が三つ, が作られた, が出, が建つ, が空しく, が血眼, だろう, だろうが, であつ, ですよ, では小屋, でも一晩, で何時, で居酒屋, で柱, で魚, という体, という柄, と違っ, なので, なん, なんかで満足, にある, にひっ込ん, にも近く, に住, に住ん, に何気なく, に全く, に引っ込んだ, に毛, に泊まった, に酔う, のほか, のアトリヱ, のマーケット街, の並んだ, の主, の住人, の入り口, の娘, の揺らぐ, の高, はそれ, は労働者相手, は彼, ばかりが色, へ夜, もなかつた, も唐黍, や朽葉色, よりはいくら, より破れ鍋, をお, をたて, を借り受け, を営ん, を建て, を建てはじめた, を建てやした, を拵, を自分ひとり, を見張っ, を訪ね, ヲ作ツテヰタガ, ヲ作リテ, 又はそれ以下, 見たいなもの

▼ 立廻り~ (97, 1.3%)

6 の稽古 5 をし 3 を演じ 2 が始まる, の手

1 [79件] あるくばかり, かせめて, がある, がどうも, が得意, が猛烈, が評判, が面白い, たる形跡これ, だ, だった, て適宜, であったと, である, でこれ, ですもの, で何, で右眼, で打, で気分, で牛, とは稍趣き, ながら, ながら小兼, ながら読みつづける, などが呼びもの, などは猿之助, など少々, になられる, になる, には馴れ, にまた, に使っ, に及び, に及ん, に変っ, に就, に置かれ, に耽っ, のあげく, のあざやかさ, のほかやつ, のやう, のキビキビ, の他, の型, の始まる, の実況, の心得二三, の描写, の最中, の竹光, の練習, の見得, の達人, の都合, はいくつ, はしなく, はしやがる, は今, は益々, は確か, へと移行, までさせや, も無茶苦茶, や唯ぢ, よろしく一刀, をする, をやっ, を中止, を初めた, を演じた, を演じる, を演ずる, を見せ, を見せた, を見せよう, 肩に, 致しますると

▼ 立~ (96, 1.2%)

6 して 2 ある, ましいこと, 出来て, 大きい目玉, 思わしくなく床, 惡い, 違う, 非常に

1 [74件] あった, いいので, いけなかったらしい, おとなしいとか, お優しくっ, くつきりし, しては, しますから, すっかりその, することぢ, ないの, なかつた, はっきりし, はっきり浮彫, はつきりし, ひねて, ふえて, ふえました, よくな, よく分らなかった, れり, マントルピースの, 不良い, 主で, 乗る訳, 二本ある, 云った, 人混みに, 何おのれで, 何んと, 何如にも, 備えられて, 優しくその, 優しくて, 優しくッ, 全然ちがっ, 出来ると, 分らないよう, 又ステキ, 及落の, 変に, 奇怪な, 好いの, 宜しいのう, 尋常な, 尤もらしく, 悪かった, 悪くて, 悪く漸, 惡く, 成功する, 拍子に, 描かれて, 整い箸, 整うまでは, 整って, 整つてゐれ, 整つて居る, 有りますから, 杙の, 来るぞという, 楠公の, 次第に多く, 置いて, 良いから, 良いとか, 良くねえ, 見物には, 訊かせると, 調って, 載って, 逆語序, 違って, 附いて

▼ 立上った~ (91, 1.2%)

6 のは 5 のである 4 かと思う 2 おせんは, とたんに, のを, ものです, ように, 女の, 時

1 [62件] が, がぎごち, がその, が一寸, が不安, が僕, が奥, が巡, が忠吉, が忽ちキリキリ, が爪立っ, が直ぐ, が觚, が靴音, が顔色, けれども看護婦, ことは, そして夜気, そして書架, それで泣出, とき下へ, とき当, とラジオ, と思う, のが, のだった, のでした, のでその, ので両側, ままに, もう一人, ものだ, もんだ, よ, ようだ, フランスの, 一方他, 事さえ, 事であった, 二つの, 二人の, 仲間と, 勢が, 博士が, 和尚の, 坪井の, 大河内参事官閣下が, 女は, 娘の, 富山七之助物も, 彼は, 手や, 拍子に, 時には, 時駕は, 男が, 瞬間とか, 者が, 若い巡査, 途端に, 途端ホテルの, 顔を

▼ 立戻っ~ (75, 1.0%)

13 て来 11 て来た 4 て来ました 3 て再び, て来る 2 てこの, て参りました, て自分, て見る

1 [33件] たりわたくし, て, ていま箱提灯, ている, てきた, てこういう, てしまいました, てそれで, てでも来よう, てどこそこ, てみる, てもう一度, て今度, て便船, て円通, て再三, て右, て坂, て女役者ども, て好き, て子規氏, て岩村県令, て悶え苦しむ, て来ない, て来なかった, て格子戸, て笑わるべき, て篤と, て腹, て藪, て述べるなら, て雨戸, て頼みます

▼ 立~ (70, 0.9%)

2 キリリとして, 季ことごとく, 服装も

1 [64件] あまり悪く, あり騎馬, い, おなじよう, かれこれ一斉, この不健康, ございましょうが, されず此, しないが, し玉, すっかり出来た, するいじらしい, する合乗, せず坐り, せぬもの, ととのい身ぎれい, ととのって, なかつたから, なく留守居, なさらないの, まだ存命, まんざらで, まんざら悪く, よいとは, よく整っ, よく身寄, 何も, 勿論だ, 十人並という, 千萬圓の, 可愛くこぎれい, 名の, 善いし, 大きくその, 好い感心, 姉なんかより, 尋常たぶん, 尋常で, 尋常な, 御出なく, 心靈又は, 惡く, 教養も, 正夫は, 江戸の, 理化學者に, 甲板に, 直らうかと, 相当ととのった, 眼も, 知って, 立派な, 綺麗なら, 罪ある, 老主人, 肩が, 至極宜しく, 華奢で, 薄くすき, 見事小鼻の, 退きある, 非運な, 風采も, 飛鳥の

▼ 立看板~ (61, 0.8%)

3 が出 2 があり, がある, が立っ, の紙

1 [50件] か何, がたてかけられ, がクラクラ, が未だに, が気, が湯客, が立てられたで, だつた, で承知, と一緒, と並べて, と隧道, などが吹き飛ばされ, に, にじつにいろいろ, に散りかかっ, に筆, に美々しく, に集まった, の, のかげ, の出, の名前, の方, の林, の白く, の連名, へすこぶる, もある, もあんなに, も出, や紅い, や色垂簾, をよん, を仰向い, を倒し, を出した, を取り囲ん, を叩き, を抱えた, を白い, を立て, を立てさせ, を立て直した, を舞台中央, を見, を見る, を見詰め, を軒, を麗々しく

▼ 立止まっ~ (59, 0.8%)

4 て, て二人 3 て見 2 てその, て待っ, て暫く, て耳

1 [40件] たり消える, ている, てこれこれ, てしまう, てすぐ, てそこ, てそれ, てはっと, てはハアー, ては指, てまで六人, てニッコリ, て七瀬, て不思議そう, て凝っ, て大きく, て少々, て引金, て彼, て彼等, て思案, て息, て我慢, て晴れ上った, て水, て独り言, て眺める, て眼, て空, て考える, て背後, て行手, て見たい, て見る, て谷間, て足, て遣り過す, て顔, て顧, て馬上

▼ 立~ (58, 0.7%)

3 あつた 2 いる, 恐らく内地人, 痩せこけたいかにも

1 [49件] いたが, いた書生体, いた洋装紳士, いて, いながら, お化粧, お孝, お帰り, お貰い受けに, こいつあ, してネ, その上, それに, ふさは, まあ十人並以上, みがき上げれば, もさうだ, やや美しい, よいから, モジモジし, 仕事を, 以前は, 円いくるくる, 別けると, 古河市兵衞から, 同じく小, 地を, 小杉長五郎という, 山坂を, 張つた羅紗の, 愛想一つ云は, 手酌でくびり, 撮った写真, 新らしい, 昇り降りするほくら, 末始終阿, 研究を, 緋鹿子の, 美人とは, 聞えた坊さんだつ, 色が, 若旦那樣の, 誰も, 身体も, 車台は, 途中で, 額に, 顔の, 駈けつけた

▼ 立帰っ~ (57, 0.7%)

5 て来た 3 てこの, て参ります 2 て, てくる, てしまった, てまいりました, て来る, て行った

1 [34件] たりする, てありのまま, ていかなる, ていなかった, てくるであろう, てしまう, てその, てまいった, てよく, てホッ, て主人, て仙太郎, て出直し, て参りました, て富川町, て後, て御, て急, て意味, て敵, て料理場, て早速, て明日, て来, て来たそうです, て来ました, て相当, て石舟斎, て穴入り, て考えれ, て芝, て董卓, て見た, て静か

▼ 立~ (56, 0.7%)

7 ていた 65 ている 3 たまま, てい 2 て映

1 [30件] たので, たまま上, たまま復命, たもっともわざと, たもの, たよう, た体, た影, た襟, た面もち, た頭脳, ていたずら, てかれ, てくる, てごらん, てって, てもう, てるだけ, て一人, て二人, て威勢, て帯, て平田, て廊下, て御, て来る, て海ばら, て自分, て見える, て駆け

▼ 立停っ~ (53, 0.7%)

3 ていた, てしばらく 2 て, ている, てその

1 [41件] たりし, たりメルズリャコーフ, てしきりに, てしばらくじっと, てしまう, てしまった, てじろじろ, てすかす, てそこ, てなぜだか顔, てはまた, ては俺, てみ, ても見なかった, てニヤニヤ, て一目ずらりと, て二人, て内, て前後, て前途, て四辺, て女, て小声, て小首, て弱腰, て彼女たち, て待つ, て待て, て思案, て指した, て指す, て振り返った, て正面, て此方, て汗だらけ, て立聞き, て芸者, て薄闇, て見, て見透し, て黙っ

▼ 立~ (53, 0.7%)

32 に氷解, に神罰

1 [46件] にこれ, にさえ迷惑, にその, にそれ, にケロリ, に一掃, に云, に出来, に制禦, に十余頭, に叙情的, に命, に噛みつい, に墓場, に奇妙, に山, に彼, に悔悟自白, に打消し, に拵, に揃うであろう, に暴露, に止む, に殺され, に気絶, に決する, に消, に湧い, に滅亡, に答, に聞き返した, に至る, に血痕, に行き, に裂傷, に解る, に証明, に識別, に賛同, に身, に迷惑, に道子, に銀座, の洋活字, もわかりませず, を持っ

▼ 立~ (53, 0.7%)

4 の間 3 の幹 2 に凭れ, のところ, の影, の根, の蔭

1 [36件] がゴウッ, が沢山, だ森々, と立樹, にすがる, に匕首, に吊し, に囲まれた, に寄っ, に打, に結えられ, の, の所在, の枝, の桃, の洞, の真黒, の背景, の色, の茂った, はいかに, は可哀想, もあり, もなし, も多く, も建物, や廂, をい, を五本, を全部, を動かす, を囲む, を廂, を枯らし, を相手, を通してはるか眼下

▼ 立~ (51, 0.7%)

32 である, とする, なの

1 [42件] およびそれ, から, からこの間, からということ, からもの, から始まつ, から是非, から自由主義, から虚飾, から言っ, が狂っ, だから, だが, でけれども, ではあった, でも裏面, で三国, で書かれ, という晩, としては外出後, として無, とすべきだ, と照らし合わせ, と結合, なん, においては精神, にかかりました, になっ, になった, になりません, になる, にはなつ, に手紙, はある, は彼, は戴きます, をとる, を厳格, を口実, を引い, を顧慮, 出来ましょうか

▼ 立~ (48, 0.6%)

4 ツて 3 まると 2 つてあたりを, まりて, ツた

1 [35件] つた儘, つた色の, つてじつ, つては, つてぼんやりと, つても, つてゐ, つてゐた, つて佐々を, つて利根子の, つて前途を, つて呟いた, つて唄声の, つて声の, つて居た, つて振向く, つて提議した, つて灰汁の, つて疲れた, つて空を, つて見たい, つて足を, つて頻, つて黙, まったりゆっくり歩行, まら, まりぬ, まりました, まり振返る, まり釣竿を, まり長谷川町を, まる, まる処, まる間, ツたり

▼ 立~ (47, 0.6%)

2 に, にその

1 [43件] にこの, にしよう, にぱッ, にまた, にコバルト, に五体, に余行, に作品, に六道, に出発, に勘当, に去りました, に坊主, に巽, に年, に店だて, に影, に心, に懐中, に手, に損料, に杓, に汝, に消え去, に滅し, に無熱池, に癒, に私, に絶, に縄, に羽, に自殺, に落ちた, に裂い, に解決, に賛成, に身体, に返し得, に響いた, に飛込む, に高く, に鯉, は偉い

▼ 立上つて~ (46, 0.6%)

2 しまつ, ゐた, 居る, 駈けつけて

1 [38件] あるき出しそれ, さつ, ずか, その原稿, それでもオヤスミ, ぞろぞろ動く, た戀人, つんとして, はいく, はいつ, ぼんやり庭, もう山田, も貧血, よろめきながら, ゐたの, ゐたので, ゐる, ゐる葡萄, 並んで, 其の夕靄, 其の松, 去る, 固まつた感じ, 始めて眼, 小さな寝床, 居ります, 帰る所, 戦ふべき日, 振返つて, 早速遠来, 暫く踊子, 歩いて, 歩き出す, 突然殴り, 走り出す, 近いうち, 逃げだすと, 面白くねえ

▼ 立小便~ (46, 0.6%)

8 をし 5 して, をした 4 をする

1 [24件] しても, してや, すべからずの, する人, でもし, で消す, と蹲踞小便, などをし, なんかじゃありません, にでもゆく, に悩まされ, に結ん, の癖, の老人, の際, はお寺, は気に入らない, は罰金, もやる, をさせた, をしはじめた, をし始めた, を始めた, を始めました

▼ 立退~ (45, 0.6%)

2 を命ぜられた, 候を, 先が, 料を

1 [37件] が何となく, に, になっ, の中, の仕儀, の合図, の請求, を命じ, を命じられ, を命じられる, を諭した, を迫る, イタト見, 中ざま, 中だって, 中の, 中ゆえ万事届きませ, 中稼がせ, 候をて, 候故, 先と, 先に, 先の, 先を, 命令を, 恭順可罷, 所から, 所が, 所を, 料から, 料が, 料で, 料とも, 料三百両という, 明渡, 用意を, 科を

▼ 立~ (43, 0.6%)

8 てゐる 4 てゐた 2 た, て居る

1 [27件] たかね, たが, たの, たりまたは, た儘凍ツ, た杉, た老爺, ていた, ても氣, ても調子, てわい, てゐ, て一段と, て二人, て來, て映, て来る, て洗濯, て熟, て綾さん, て縁側, て自分, て自己, て近所, て頑として, て顏, ヲ要

▼ 立続け~ (43, 0.6%)

2 に, に呷, に煽っ

1 [37件] て, て乳, て巻莨, て開ける, て飲まし, て饒舌, にこんがらかった, にす, にそれ, にふかふか, にもう, にやられ, に三つ, に二度, に五ツ六ツ, に五十幾回, に今一つ, に及第, に口小言, に口汚く, に叩頭, に喋舌, に巻煙草, に引, に死霊, に煙草, に盃, に目の玉, に紅茶, に行者, に講義, に踊, に電話, に飲む, に飲ん, に飲んだ, に饒舌

▼ 立止つて~ (42, 0.5%)

2 ゐる, 振返つた, 聞いて

1 [36件] いひました, お辻, から売場, さア, しまつ, じつと, そのぶ, その過ぎ行く, は凝, は溜息, は立つ, は花壇, もし狼籍者, もし狼藉者, ゐること, キチンと, ジロジロと, 並んで, 再び手, 唸つて, 少し微笑, 居た人, 恐ろしく泉石, 悲しい聲, 施しを, 暗の, 淋しく笑, 眺めるま, 祈る人, 聞いた, 胡散臭く対手, 胡散臭く對手, 行く者, 見て, 話し会, 黙つて

▼ 立する~ (39, 0.5%)

2 時には

1 [37件] からお前仏様, ことが, ことは, ことを, さまを, ために, といっこう, とき其處には, とき對象の, ところは, ところも, なあ愚劣千万, なツ, には好き折, にも中, に至った, に至る, のあり, ので, のである, のに, のみ, ほどで, ほどの価値, ものあり, ものは, もんじゃ, ような, を知り, 主軸と, 大樹の, 柔い, 槍ヶ岳穂高山以下の, 立場を, 老鉄山, 者が, 訳には

▼ 立~ (39, 0.5%)

3 に大層, 都合も 2 のに暇, ほかには, 訳で, 譯では

1 [25件] かまた, かよし, ことは, ことも, と直に, どこかの, なかれ, に何, に到らず, に巡査, に至れり, のが, の勇気, の資本, は兎, 事, 其中には, 基道中にも, 工夫も, 志の, 時には, 虐政パレルモを, 身に, 雪に, 風流仏見る

▼ 立~ (39, 0.5%)

13 の上 4 の衆, ひの 2 の看守

1 [16件] しての, せた驛員, って頂きたい, として井伊掃部頭直孝, には利勝, の上墓, の上目, の人人, の役人, の看守部長, の通詞たち, はう, はせ, はせませぬ, ふこと, ふの

▼ 立止った~ (39, 0.5%)

32 ので私

1 [34件] がすぐ, がまた, が信号, が後方, が此, が直ぐ, が相手, けはい, そうです, だけでも大きな, ついで猫塚の, とき私は, とたんに, のである, ので手燭, ので自分, のに, のへ, まま埃風に, まま挨拶の, まま考え, ものだった, んです, ツモリでも, 今頃この, 信造の, 儘ジッと, 如来座像に, 後, 後山谷堀の, 拍子に, 時は, 様子で, 途端ふと

▼ 立留っ~ (38, 0.5%)

3 て, ている, て見

1 [29件] たりショウウインドウ, たり考え, てあたり, てささやき合っ, てじっと, てその, ては眺め入った, ては興がっ, て人, て大きな, て室内, て少時猶予, て廂睨み, て振向いた, て文鳥, て此方, て浮雲, て白衣, て眺め, て空, て考え, て考えよう, て肩, て膝, て見る見る, て見送る, て視る, て顔, て黙っ

▼ 立止る~ (37, 0.5%)

3 ことも 2 が大概, ともなく, と共にハンケチ

1 [28件] お妙等, から其処, この畜生め, し寄っ, と, とあの, といつか潮, ともう, と上, と共に, と厚い, と向う, と屈み込ん, と新蔵, と白豚, と相, と裾, と警部補, と赤井, ほどでした, を許さない, トタンに, 人々の, 岩村田通の, 性格であった, 砂利の, 通行人は, 頃だ

▼ 立上ろう~ (35, 0.5%)

15 とした 6 とする 2 としなかった, となさる 1 かどう, とし, としてふと, としてよろける, としました, とするで, とはしない, とはしなかった, ともしませんでした, と壇

▼ 立昇る~ (35, 0.5%)

4 湯気の

1 [31件] あたりには, お湯の, それ等の, とお, のである, ので僕, のを, やうな, を見る, フィガロの, 一筋の, 光景は, 其黒烟の, 処は, 別の, 呼吸が, 土煙り, 地獄穴溶岩を, 死体の, 河霧に, 湯気を, 湯氣を, 烟の, 煙を, 白い湯気, 白い煙, 真黒な, 縷々と, 藻の, 遠近の, 香の

▼ 立罩め~ (34, 0.4%)

6 ていた 4 ている 3 た中, てゐる 2 た薄暗い

1 [16件] その中, た雰囲気, て, てあたり, ておった, てくる, てこみ入った, てややもすれば, てる階下, て太陽, て空気, て馬鹿馬鹿しい, る, る名, る名声, る松

▼ 立~ (33, 0.4%)

9 の木 5 の楢 3 になつ 2 になる, の木々, る 1 がぼう, となっ, になった, のそれ, のま, の姿, の林, の枝, の白檜, も草立

▼ 立~ (33, 0.4%)

19 つた 5 まつて 2 つたり 1 って二郎, つたかと, つたまま, つて, まつたか, まつてた, まつて後

▼ 立~ (32, 0.4%)

2 云ふ, 彼の, 達成に

1 [26件] いうと, いったら口, いっても, されて, なりて, やや黄味, よく似合っ, 上むきの, 云い顔かたち, 云うこと, 云ひ, 全身の, 呼んで, 曰ふ, 来ては, 板塀越しに, 申し卜伝流, 白団子が, 皮膚, 耳盥や, 見たの, 言ふ, 讃めて, 針箱とを, 集合との, 騎馬とに

▼ 立竦ん~ (32, 0.4%)

10 でいた, でしまった 2 でいる 1 でしまいました, でしまうだろう, でしまつたの, でしまふ, でしまわね, でゐた, でゐる, で居る, で息, で終った

▼ 立~ (30, 0.4%)

4 坊の 3 とする, 坊か, 坊でも 2 坊だ

1 [15件] ことを, という考え, 坊かと, 坊が, 坊さ, 坊と, 坊な, 坊などは, 坊に, 坊は, 坊を, 坊君が, 坊襲が, 棒でございます, 間違ても

▼ 立戻る~ (30, 0.4%)

2 ことが, と間もなく

1 [26件] が世子, が木下君, ことは, ことを, ために, ための, だけのこと, と, というわけ, という主張, という卦, とお松, とこ, とすれ, とハッチソン, と古市加十, と早々, と行列, のが, のであらう, のでご, ものと, んだ, 事が, 事に, 十間ばかり

▼ 立烏帽子~ (27, 0.3%)

2 のひたい

1 [25件] があった, が笑声, せる若殿原, という粧い, に卯の花色, に布衣着, に平, に改め, に改めて, に沓, に狩衣着, に綾長, に緑色, に鬢, の侍, の前立, の大, ものめずらしいその, も意気地, やらあるいはまた, をかけた, をかぶっ, を着た, を被っ, 白いさ

▼ 立つる~ (26, 0.3%)

2 に記憶

1 [24件] かもしれぬ, から校長, が囁く如く, が如き, ことに, などもやや, なり, においてはそのまま, にぞ人々, にぞ客, にもあらで, に少年, に得右衛門, に心, に足る, の例, はさて, は何, ももと, も一向に, をなに, を何, を変, を見

▼ 立籠っ~ (26, 0.3%)

7 ている 3 ていた 2 て, てい

1 [12件] ていられるだろう, て即刻調査, て天下, て実戦, て容易, て戦った, て採集, て気楽, て脅威, て見, て辰公, て風速

▼ 立紛れ~ (26, 0.3%)

2 に乱暴, に小僧, に打った

1 [20件] じゃ無, に, にこんな, にした, にその, に人, に何, に寺, に懐, に敲きつける, に文次, に汝, に突然, に箒, に粂之助, に美代吉, に贋物, に鰻, の傷害殺人, の殆ど無意識

▼ 立~ (26, 0.3%)

3 する 2 されて, して, するため, するもの

1 [15件] された一事, されること, される譯, した, したもの, しようとして, しようとも, すべき確か, すること, すると, するやう, する唯一, せられる時代, の一つ, は不十分

▼ 立停まっ~ (24, 0.3%)

3

1 [21件] ていた, てうっかり, てお, てしばらく, てそこ, てぼんやり, てチョッ可哀相, て一言二言, て三傘夫人, て伸び, て巻煙草, て待っ, て拾っ, て振向いた, て無言, て畳んだ, て耳, て聞い, て聞く, て見る, て馴れなれしく

▼ 立した~ (22, 0.3%)

5 立ち枯れの

1 [17件] あっしが, がいずれ, が真中, ところを, と聞い, のが, ものは, やうに, ような, 壁面と, 姿を, 山頂を, 岩峰の, 峭壁で, 心持ちに, 松林校長の, 百尺の

▼ 立籠め~ (22, 0.3%)

2 て豆腐

1 [20件] たの, た中, た戸障子, た水蒸気, た泥水, た狭霧, てある, ていた, ている, て一際, て室, て昼, て来, て行手, ながら話声, られたうえ, る夕靄, る家, る灰色, る魂

▼ 立騒ぐ~ (22, 0.3%)

2 のを, 声が

1 [18件] とこの, には及ばぬ, のに, ほどに大久保, 先刻から, 召つか, 召つかい, 周囲を, 声にも, 大波に, 女の, 気勢あり, 物音が, 真上を, 群集の, 者は, 観衆を, 黄昏れどき

▼ 立から~ (21, 0.3%)

2 して, 死に

1 [17件] いうと, きっと朝鮮人, そこらの, 二十歳前後を, 云って, 來て, 出世まで, 帰って, 年頃まで, 彼女は, 来る調和的, 浸, 眼も, 筆を, 綺麗な, 肉付から, 首や

▼ 立~ (21, 0.3%)

1 [21件] げに退く, イスなどに, 境遇から, 墨汁壷に, 女の, 姿などは, 性質までが, 手や, 棒上りや, 様子が, 焼香台も, 特徴は, 王室の, 硯の, 算盤が, 紳士用の, 肢体にも, 衣類の, 表情の, 表情は, 路ばた

▼ 立停つ~ (21, 0.3%)

1 [21件] て, てはて, てぼんやり, てニヤ, て不思議, て低い, て何, て動かない, て又, て叱りつける, て少し, て情ない, て損, て時間, て普通着, て暫く, て殆ど, て皆, て眺める, て纒, て見渡し

▼ 立廻っ~ (20, 0.3%)

6 ている 2 て来

1 [12件] ていない, ています, てさえ早, てその, ての肝煎役, てはしない, てチョコレート, て小金, て手, て来る, て漸く, て飲物

▼ 立上らう~ (19, 0.2%)

12 とする 3 とした 2 ともしなかつた 1 としなかつた, と焦り

▼ 立停り~ (19, 0.2%)

1 [19件] ぐあいが悪, そのままの, ちょっと雨戸, てやがて, て見送る, ながらぼやきはじめた, もしない, やおら踵, ジツと, 今自分, 右の, 向うで, 屋内の, 暫く黙っ, 様子を, 水の, 甲斐も, 誰にと, 足元の

▼ 立帰り~ (19, 0.2%)

1 [19件] さア, しが, て我, て近隣, なさいますか, の上, の後, まする事, 一旦潰れたる, 予て設け置きたる, 候わば, 其の者, 得る様, 御法事, 急ぎお, 慌しく拳, 新しい生活, 目出度く婚礼, 行くを

▼ 立止り~ (19, 0.2%)

1 [19件] しが, じっと睥めくら, そしていや, そのままずるずると, ちょっと様子, てこれ, て四辺, て後方, はしないだろう, もした, もしませんかった, もせず, やっぱり目丈, ゆっくり水, 一寸樣子, 右手花売の, 或は静か, 振り向くが, 覗いて

▼ 立留つて~ (19, 0.2%)

2 ゐるの

1 [17件] ぐいと見込む, その蝋燭, は振返つ, ゐる, ゐる何故, 唸つたの, 喘いで, 振向いて, 振廻つて, 振返つた, 眺め入, 聞くと, 見たが, 見る, 視ると, 話す人々, 長くお

▼ 立~ (19, 0.2%)

7 をし 4 をした 1 でもされる, などに神経, の森, はしません, はせん, をしましたろう, をする, をでも気づかう

▼ 立~ (19, 0.2%)

3 のついた, の洋服

1 [13件] である, で頸, にくぎられ, に水兵服, に黒, のもの, のカラー, の中, の制服, の制服目, の白服, や佩剣, をきちんと

▼ 立~ (18, 0.2%)

2 つてゐる, はう, ひて

1 [12件] つて大音に, つて底の, つて考へ, ひお, ひたいと, ひ方, ひ燕角, ふこと, ふとメルリン叮嚀, ふにも, ふ温泉, ふ覺悟

▼ 立戻った~ (18, 0.2%)

1 [18件] お雪ちゃんは, か, がんりき, が残念, が鏡台, ことの, だけのこと, なり返っ, のか, ものか, ような, わけで, 川上を, 平次は, 方が, 時に, 時は, 神尾主膳

▼ 立騒い~ (18, 0.2%)

5 でいた 4 でいる 1 でおります, ではと控えた, でもする, でよう, で右往左往, で来た, で直ちに, で邪魔, で防ぎ止めた

▼ 立出る~ (17, 0.2%)

2 美登利の, 風説をも

1 [13件] というお話, とお, と傍, のを, ものあり, ものありけり, ものには, やと思はる, やと思はるる, 二タ足三足め又, 時は, 田舎の, 鹿子の

▼ 立帰る~ (17, 0.2%)

2 ことに

1 [15件] かとおもわれます, ことは, という法, ところでございます, と事, はずだ, ほどの元気, ような, ようにと, わけにも, 了簡も, 侍が, 地方武者が, 期なし, 珠運に

▼ 立昇っ~ (17, 0.2%)

4 ている 3 ていた 2 てい 1 たり眼前, ていった, ては声, てゆらゆら, て南向き, て居た, て来る, て部屋

▼ 立~ (16, 0.2%)

2 の人

1 [14件] すること, するその, するもの, でござる, でもあった, というもの, とかいう境地, のため, の地, の基礎, の境地, の法, は知性, 出来るという

▼ 立帰った~ (16, 0.2%)

2 跡は

1 [14件] か, ことを, という証拠, ところでありました, とでも判断, のである, のは, ほうが, までのこと, 使者どもの, 後で, 景季は, 私は, 身の上でございます

▼ 立現われ~ (16, 0.2%)

3 て来た

1 [13件] さすがの, てき, てきた, てくる, てこない, てひどく, て執念深く, て来る, て貫一, ふらふらと, 一隅に, 朱の, 武蔵の

▼ 立留まつ~ (16, 0.2%)

4

1 [12件] たが, たと, たの, た坂, て, てこちら, てまるで, てゐた, て六本め, て待つた, て舌, て見

▼ 立しく~ (15, 0.2%)

2 なつて

1 [13件] さえ思った, さへ, それから無性に, てならなかった, なつた, は考えない, も感じた, 四方八方何所から, 引窓の, 想い出した, 目に, 耻しくもなっ, 足駄の

▼ 立~ (15, 0.2%)

2 しい

1 [13件] お供に, からお, からむろん, がなにか, が二人, が幕末, が根, し見よう, つたから, とか執行, とか鎧, と云う, 飯島は

▼ 立停る~ (15, 0.2%)

1 [15件] お妙等, が又, と, という工合, といふ, とき, と上着, と何, と刀, と劇, と慌しく, と手, と振返っ, と生薑, と見えける

▼ 立~ (15, 0.2%)

2 つて来た, つて駈け入る, ッて 1 つたあなたは, つたと, つたのだ, つては, つて來て, つて雨戸の, て独り静, ッた, 候

▼ 立せる~ (14, 0.2%)

1 [14件] と流石, ような, 一道の, 劇場は, 大廈は, 岩壁が, 岩壁の, 所を, 火鉢の, 絶対の, 躯體に, 重い圧迫, 間を, 面影に

▼ 立停った~ (14, 0.2%)

3 のを

1 [11件] ことが, しばらく待って, のである, ばかり形, ふうに, まま動けなくなった, 孫権を, 山の, 彼は, 恰好に, 美人が

▼ 立留った~ (14, 0.2%)

2 のよ

1 [12件] からわたし, がそのまま, がまた, がよしや, が差当り, ぎり動かない, と云います, ので彼, のと, のを, 奴は, 時女給らしい

▼ 立~ (14, 0.2%)

3 をよせ, を寄せ 2 を刻ん 1 がきざまれ, の寄る, の痕がち, は思慮, を彫んで, を見る

▼ 立~ (14, 0.2%)

5 をし 1 して, するが, に耳, のあいだ, の際, もそこそこ, をした, を二言三言取り, を聞き

▼ 立向う~ (13, 0.2%)

1 [13件] ことが, ためには, つもりかい, ても見送っ, て早, というもの, ときその, とたちまち, とまだ, と大変, と病魔辟易, 山の, 雲の

▼ 立慶河岸~ (13, 0.2%)

1 [13件] からお, で初めて, にいた, のお, のお家, のお母さん, のお茶屋, の埋立辺, の水, へやっ, へ屋根舟, をよく, を流し

▼ 立斎広重~ (13, 0.2%)

2 の, の板画 1 が死, の二大家, の名所絵, の山水画, の描いた, は六十余年, は北斎, をつぐ, を挙げ

▼ 立止まり~ (13, 0.2%)

1 [13件] しま, つつ, てうちつけ, てさめざめ, て見返る, て近く, また考え, もしない, もせず, 一斉に, 些し, 何か, 聴水の

▼ 立~ (13, 0.2%)

2 りて

1 [11件] へるの, り, りおのれ, りに, り何やら, り出發, り際, る, ること, ると, るもの

▼ 立籠る~ (13, 0.2%)

2 ばかりでございます

1 [11件] ことを, と思う, のは, んだ, 事に, 事を, 寂しさ, 敵方と, 湯気が, 積りだろう, 閨を

▼ 立騰る~ (13, 0.2%)

2 ばかりで

1 [11件] あたりに, というよう, とこれ, のが, ものであります, 地獄の, 明るい感じ, 水蒸気が, 水蒸氣と, 砂塵を, 金盥を

▼ 立まぎれ~ (12, 0.2%)

1 [12件] かかる地名, ではいけない, にお, にズッ, に乱暴, に二つ三つ頭, に五十余句作つた, に独語, に留守宅, に詰らない, に警察, 斯る

▼ 立三味線~ (12, 0.2%)

5 を弾い 1 が勝秀, のかけ声, はさき, は勝三郎, は私, をお, を弾かせ

▼ 立戻り~ (12, 0.2%)

2 次の 1 いまごろは, て衣服, て見る, の弁慶, ひょっこりと, 何を, 徳川大納言の, 本來, 秋草で, 魚屋の

▼ 立~ (12, 0.2%)

9 の字 1 にしめ, に結び, の帯

▼ 立~ (12, 0.2%)

2 になった, の羽織 1 のお召, のやう, の木綿, の水着, の短い, の縞目, の雨, をよろけさせた

▼ 立~ (12, 0.2%)

3 の声 2 という文字, のあの 1 といふ虫, とも聞えれ, と書い, は静か, を書い

▼ 立しい~ (11, 0.1%)

2 心持に 1 とで震えました, とも何とも, のか, もので, ような, 三世相何の, 事でございます, 変な, 忌々しい気持

▼ 立どころ~ (11, 0.1%)

1 [11件] に一決, に三椀, に分る, に否定, に希覯, に応え, に成つて一首, に死ぬ, に真偽, に討ち, に雨

▼ 立ない~ (11, 0.1%)

1 [11件] うちに, がどうも, さうだ, とか何とか, のネ, ように, ッて, 一向うれしく, 様に, 澁い, 限りは

▼ 立~ (11, 0.1%)

3 りて 21 りるす, り説來, るだけ, るよう, る時, る舞台

▼ 立廻る~ (11, 0.1%)

1 [11件] か何事, ことの, ことを, と許さぬ, ので木札, のも, はお, 万歳, 奴だ, 奴の, 彼アいう

▼ 立止まつ~ (11, 0.1%)

42 てゐた 1 たその, たり後ろ, てここ, てどちら, て店晒し

▼ 立止まる~ (11, 0.1%)

2 とその 1 か静か, と, とぎょっと, と後方, と流れる, と蕗, を見る, 人々も, 處で

▼ 立殿~ (11, 0.1%)

1 [11件] から大, が造られる, で行, といふの, とよばれる, の御, の湯, は東西五間, への出御, へ出御, をお

▼ 立現れ~ (11, 0.1%)

2 てくる, ふらふらと 1 たりふらふら, て人, て叫んだ, て打っ, て打つ, て神明館, 体格は

▼ 立留まっ~ (11, 0.1%)

1 [11件] ている, ておとなしく, てこの, てその, て一行, て三羽, て六本め, て出雲守頼門, て繁った, て見, て覗く

▼ 立~ (11, 0.1%)

1 [11件] にむかふ, に一國一城, に下り, に床, に暗夜, に枯れ, に罪, に花片, に驗, より我, をかこみめぐる

▼ 立しげ~ (10, 0.1%)

31 にかう, についと, に叫んだ, に呟い, に睨む, に舌鼓, に言捨て

▼ 立では~ (10, 0.1%)

3 なかった 1 あったが, ない, ないけれど, なく頬, 御座いましょうけれども, 恐れいるが, 無いが

▼ 立ン坊~ (10, 0.1%)

1 が船, じゃあるまい, だの屑屋, と云う, と称する, に会うた, に向い, は無い, も彼女, を連れ

▼ 立向っ~ (10, 0.1%)

2 て行く 1 ている, てくれる, てみ, てト頭, て来た, て来る, て英臣, て赴く

▼ 立塞がっ~ (10, 0.1%)

4 ている 1 たりする, てあの, ていた, て二人, て吾, て物

▼ 立~ (10, 0.1%)

2 が陵 1 がふたたび, さう, などは少く, の諸, はさりげ, は衛律, は陵, を熟視

▼ 立~ (10, 0.1%)

4 になった 2 になっ 1 だ, なく, のしない, をし

▼ 立~ (10, 0.1%)

2 のよう 1 が風, となせ, とを呉れた, と鷲, の音, も歌, や笛, を合方

▼ 立留る~ (10, 0.1%)

2 ことを 1 お勢, ことが, とかうしろ, と丁度, と丁度こう, 位の, 早瀬ハッ, 気も

▼ 立~ (10, 0.1%)

5 した 2 して 1 したりなど, した時, し其翌日

▼ 立~ (10, 0.1%)

1 が揃っ, が自, たるロベスピエール, であるロベスピエール, とはかね, と好ん, に讓, の似, の再現, 早速御

▼ 立聴き~ (10, 0.1%)

3 をする 2 をし 1 でもされない, でもされる, でもしよう, と出掛ける, をしまい

▼ 立~ (10, 0.1%)

2 ふ中, ふ夕靄 1 にも十度, ふやう, ふ旅商人, ふ春, ふ香煙一縷, へり

▼ 立あがる~ (9, 0.1%)

3 時表を 2 を怪我 1 といらいら, とどこ, と月子, と藍色

▼ 立~ (9, 0.1%)

2 へりゆくべき御, へり蹈 1 はり水中に, へり春, へる春, 彼は, 知りやせんが

▼ 立でも~ (9, 0.1%)

1 ありませうが, ございましょうが, したやう, して, しなければ, すると, するには, するやう, 大概は

▼ 立には~ (9, 0.1%)

2 巡洋艦 1 ついぞ見当らぬ, 二三本毛筆が, 及ぶまい, 山村甚兵衛馬場半, 生活の, 白い灰, 短かき筮竹

▼ 立~ (9, 0.1%)

3 やうに 1 これな, と云う, までの渦, 咒文を, 此眼の, 者に

▼ 立~ (9, 0.1%)

2 った, る 1 ったという, ってあなた, ってい, っていました, りました

▼ 立尽し~ (9, 0.1%)

3 ていた 1 その翌日, てい, ている, てゐた, て見る, て降雨袖

▼ 立~ (9, 0.1%)

1 から奥, にかけて一本, の如き, の建築物, の根, の根方, の物, はおろか, は三尺

▼ 立登る~ (9, 0.1%)

2 のも 1 けむりか海草, のは, 一条の, 新しき烟, 焔二に, 煙は, 赤瓦の

▼ 立竦んだ~ (9, 0.1%)

21 お島, が靴音, ところを, のだった, 八郎が, 足が, 顏は

▼ 立~ (9, 0.1%)

2 に雷, の怪しく, よ野外教練, 思へば 1 の遠方

▼ 立體的~ (9, 0.1%)

2 な感じ 1 なの, な情調, にみた, に奧行き, に浮き上つて構圖, に現, の舞臺藝術

▼ 立~ (8, 0.1%)

3 ほふて 2 びたゞしき夫婦あらそひ, 園の 1 犬の

▼ 立だった~ (8, 0.1%)

1 がその, がそれ, が大きな, が眉, し彼, だけによけい, のよ, んです

▼ 立にな~ (8, 0.1%)

2 つた話を 1 つた感が, つて, つてからだを, つてゐた, つて喚いた, つて書斎からの

▼ 立上氏~ (8, 0.1%)

1 からミヨウゴニチアサユク, が来, という若い, にこんなふうに, にたいするそれ, に診させたい, の力, を呼んだ

▼ 立~ (8, 0.1%)

2 字は 1 並に, 主曰帝の, 再拝, 妻, 而, 養真約

▼ 立佇ま~ (8, 0.1%)

1 ってそこ, ってチン, って仰ぎ見る, って四方, って振り返った, って眺め, って考え, って高笑い

▼ 立作者~ (8, 0.1%)

1 が読ん, たる鶴屋南北, として傍ら, として専ら, となっ, の寺内, の役, の役目

▼ 立図書館~ (8, 0.1%)

1 に各, の設備, の設立, は巡回文庫, まえの, を補充, を設け, を郡内

▼ 立帰りました~ (8, 0.1%)

1 が未だ, が本, が法事, が爰, が荷足, と, のを, 事ゆえ少し

▼ 立~ (8, 0.1%)

2 へよう 1 って賑, へ, へて, へてやつ, へてゐた, へて頂戴

▼ 立~ (8, 0.1%)

2 は無い, を失った 1 がございません, がござらん, もなく, をうしなっ

▼ 立聞く~ (8, 0.1%)

1 つもりでなくっ, ところまで, とも知らず, と奧州屋, 主人は, 必要が, 気はい, 身の

▼ 立~ (8, 0.1%)

3 をする 1 されるの, したいもの, して, でもされる, をし

▼ 立~ (8, 0.1%)

1 ながら御, にお茶, になる, に一所, に打, に渡し, に私, に置い

▼ 立騰っ~ (8, 0.1%)

3 ていた 1 てい, てはかつ, ては逸作, て城, て空

▼ 立~ (7, 0.1%)

2 てゐる 1 えよ, ています, て加えた, て置く, ながら旧

▼ 立~ (7, 0.1%)

2 のだ 1 おりて, んだろう, んでし, んでしょう, んです

▼ 立ながら~ (7, 0.1%)

1 いつた, 休み或は, 号令致し, 尚能, 数椀喫せられ, 腮に, 読み読み坐舗

▼ 立交っ~ (7, 0.1%)

3 ている 2 ていた 1 ていない, てニタニタ

▼ 立~ (7, 0.1%)

1 との事, に付, ひしに, もの面会せり, よりの事, 得ば, 程なれ

▼ 立塞がつ~ (7, 0.1%)

2 てゐる, て大手 1 て, てそれ, て居た

▼ 立本寺~ (7, 0.1%)

2 の門, の門前 1 の築, の辻, は賀茂川西

▼ 立~ (7, 0.1%)

2 の影, の楚さ青 1 の獨活, の芽ぶき, はなつかし

▼ 立枯並木~ (7, 0.1%)

5 の歌 2 いよいよに

▼ 立止ッ~ (7, 0.1%)

41 て, て不思議そう, て暫らく文三

▼ 立~ (7, 0.1%)

1 ある二谷, となっ, に火, の師匠, やらいたします, をさせる, を日

▼ 立稽古~ (7, 0.1%)

2 をやる 1 あり, だ渡辺, と, はのび, までお父さん

▼ 立~ (6, 0.1%)

2 がつて 1 がつ, がつた, ひは, りくにも

▼ 立たる~ (6, 0.1%)

2 十人あまりの 1 光の, 左の, 所に, 穴毎に

▼ 立つれ~ (6, 0.1%)

1 ば, ばコチラ, ば兎難, ば得三, ば波, ば身

▼ 立という~ (6, 0.1%)

1 一種の, 人の, 山に, 牢人である, 猛悪な, 胆勇の

▼ 立にも~ (6, 0.1%)

1 お天気, その旗さし物, 出会しますが, 此事件の, 見られる, 身形にも

▼ 立代り~ (6, 0.1%)

1 お世話に, して, 撃ち上げられて, 近附い, 開く大, 間が

▼ 立佇まっ~ (6, 0.1%)

4 ている 2 ていた

▼ 立出た~ (6, 0.1%)

1 がその, が今の, が翌日, つる, は荷足, 時羽織の

▼ 立到った~ (6, 0.1%)

1 のを, ほどそれほど, ものと, 以上その, 時は, 米友の

▼ 立向った~ (6, 0.1%)

1 あの輝かしい, が相手, ので金太郎, ものと, 力士は, 火よりも

▼ 立~ (6, 0.1%)

2 の國是 1 の國, の要素, を國是, 第一

▼ 立塞がる~ (6, 0.1%)

1 とむしろ気味, ように, 体に, 土藏が, 海鼠塀の, 神聖者の

▼ 立小舎~ (6, 0.1%)

1 から弓矢, があっ, がある, が三棟, と官舎, をたて

▼ 立~ (6, 0.1%)

1 なんか眞, の如き, の間, わった形跡, を始めた, を賣

▼ 立構え~ (6, 0.1%)

2 をし 1 ている, で夫人, で縁, で話

▼ 立~ (6, 0.1%)

1 という方, と兎上王, にお, の祈り, は天皇, や兎上王たち

▼ 立現われた~ (6, 0.1%)

1 ところを, のである, のは, 前田の, 時には, 時の

▼ 立竦み~ (6, 0.1%)

1 て声, にしびれ, になった, になり, に日吉, 幹竹割に

▼ 立~ (6, 0.1%)

1 き, けにいろ, けにざぶ, けに一人, けに云つて, ける

▼ 立聴きし~ (6, 0.1%)

2 ている, てゐた 1 て開け, て露見

▼ 立聽きし~ (6, 0.1%)

2 たの 1 たとき, てみる, て居ない, て開け

▼ 立~ (6, 0.1%)

1 と杵, のよう, の一撃, の權六, を据え, を目

▼ 立読み~ (6, 0.1%)

1 などをし, なんて図々しい, をし, をする, をつづけ, を黙許

▼ 立~ (6, 0.1%)

1 に会談, に逢, の如き, は榛軒門人録, は竹内氏, も維新後

▼ 立起ツ~ (6, 0.1%)

1 たかと, てあたふた, てぽ, て二階, て店, て引ツ摺

▼ 立~ (6, 0.1%)

4 つて來た 1 つたと, て復

▼ 立~ (6, 0.1%)

41 はれたの, われるのに

▼ 立あがり~ (5, 0.1%)

2 てゆく, 沓ぬぎ 1 沓ぬきの

▼ 立など~ (5, 0.1%)

2 あるこの 1 しないで, しないやう, 言ふと

▼ 立なら~ (5, 0.1%)

1 ばその, びしが未だ, むのみ, 映画には, 體格なら

▼ 立より~ (5, 0.1%)

1 たいさうです, つ用意, 下さいまし, 申候, 申候所京師の

▼ 立~ (5, 0.1%)

1 に三つ, に尽すべし, に幸福, に抜くべき, に消散

▼ 立~ (5, 0.1%)

1 入ッタ, 入ッタ意見, 出るも, 去ッテシマイ, 遠ク視テ幸ヒヲ望ム

▼ 立~ (5, 0.1%)

1 として密接, となつ, にこそ必然的, の昌造, を任命

▼ 立働ら~ (5, 0.1%)

2 いて 1 いたので, きつ, き初め

▼ 立到っ~ (5, 0.1%)

1 ていた, ている, ても前途, ても決して, て居ない

▼ 立劇場~ (5, 0.1%)

1 がどう, が出, といふの, といふもの, の如く

▼ 立勝っ~ (5, 0.1%)

1 て目覚し, て薙, て見えた, て見えたでしょう, て見ゆる

▼ 立~ (5, 0.1%)

2 ひを 1 したらこいつ, して, ひしたが

▼ 立~ (5, 0.1%)

1 とみえ, をうながし, をうながした, をご, を促した

▼ 立廻し~ (5, 0.1%)

1 あり此, てあげましょう, てくれ, て恥かしく, て自然

▼ 立~ (5, 0.1%)

1 儀と, 卒去遊ばされ, 尤もの, 犬の, 耳に

▼ 立戻つ~ (5, 0.1%)

2 て来 1 て, てくる, て其繩

▼ 立~ (5, 0.1%)

1 であった, にし, のほう, の形, の手紙

▼ 立昇つて~ (5, 0.1%)

1 ゐたが, ゐます, ゐる, ゐるの, ゐる台

▼ 立昇り~ (5, 0.1%)

1 さうし, たり, てふた, て半, て折しも

▼ 立會つて~ (5, 0.1%)

1 お屆, ゐる, 見ると, 見るん, 診て

▼ 立止まった~ (5, 0.1%)

1 かと見える, がそれでも, のでございます, 良助は, 途端ふと

▼ 立正安国論~ (5, 0.1%)

1 すこしも違はず符合, と号す, において他国侵逼難, はこの, を前

▼ 立~ (5, 0.1%)

1 つた, むれば, もって, もること, らしむる牙城

▼ 立籠った~ (5, 0.1%)

1 と聞く, ので素, 中で, 時の, 武田耕雲斎の

▼ 立続く~ (5, 0.1%)

3 人家の 1 倉の, 長屋は

▼ 立~ (5, 0.1%)

2 して 1 きなんか, きを, のできない

▼ 立~ (5, 0.1%)

1 が出来ん, して, すること, というの, 寝より

▼ 立~ (5, 0.1%)

2 の紐 1 が悪く, の悪い, を着用

▼ 立かけ~ (4, 0.1%)

1 たりぶら下げ, てある, て呆乎鉄柵, て有った

▼ 立したる~ (4, 0.1%)

1 さま天台一萬八千尺碧林瑤草瓊樓玉闕烟霧の, まま静止し, 時吾人は, 老馬

▼ 立~ (4, 0.1%)

1 がた, がたの, ゐの, 羞愧の

▼ 立である~ (4, 0.1%)

1 かが充分以上, かよく, ことを, 手の

▼ 立上れる~ (4, 0.1%)

1 お通, か, かどう, ように

▼ 立交つて~ (4, 0.1%)

2 居たが 1 居た幇間, 居ないといふ

▼ 立交ら~ (4, 0.1%)

1 で法, ひて, ひては, ふお糸

▼ 立優った~ (4, 0.1%)

1 強みである, 朝顔だ, 気持に, 美しい猪口

▼ 立出し~ (4, 0.1%)

1 がこの, が余, が屋敷, が折角

▼ 立別れ~ (4, 0.1%)

1 ておもむろに, てしまいました, てやがて, やがて半

▼ 立到り~ (4, 0.1%)

1 そしてその, ながら猶, 張飛も, 表記の

▼ 立到りました~ (4, 0.1%)

1 が勿論, 故にどう, 時は, 遠い原因

▼ 立~ (4, 0.1%)

2 でいた 1 での談話, に息の根

▼ 立~ (4, 0.1%)

1 から出立, に往, に葬られた, を旅支度

▼ 立小屋同様~ (4, 0.1%)

1 のもの, の所, の移住民, の門前

▼ 立尾根~ (4, 0.1%)

1 の下り, の登り, も上, を下った

▼ 立廻った~ (4, 0.1%)

1 から監獄, ところを, 形跡は, 様子は

▼ 立~ (4, 0.1%)

1 に父, は惟長, は適斎, を以てした

▼ 立~ (4, 0.1%)

1 からいろ, でも戒師たる, と呼ぶ, の壺

▼ 立~ (4, 0.1%)

1 の和服, の小, の模様, の羽織

▼ 立~ (4, 0.1%)

1 こそ安国, を馘, 寺で, 寺を

▼ 立~ (4, 0.1%)

2 が無くなる 1 がない, が無く

▼ 立物師~ (4, 0.1%)

2 の家 1 の隣, も己

▼ 立~ (4, 0.1%)

1 はれくつきり, はれたとしても, はれる, る

▼ 立現れた~ (4, 0.1%)

2 化生の 1 ので主人, やうな在り得べく

▼ 立~ (4, 0.1%)

1 つたり, て之, て待て居, になれ

▼ 立籠り~ (4, 0.1%)

1 そして内側, という順序, 一方は, 古書に

▼ 立~ (4, 0.1%)

2 ひし所 1 ひし金銅十六丈, ふ事有共

▼ 立縮ん~ (4, 0.1%)

2 で了 1 でいました, で口

▼ 立聞し~ (4, 0.1%)

1 たりなどする, て居られた, て臨機応変, て魂魄

▼ 立聴きした~ (4, 0.1%)

1 ことが, のを, ような, 山木と

▼ 立聴きする~ (4, 0.1%)

1 と, とも知らず, のが, を怠らなかった

▼ 立~ (4, 0.1%)

1 という, とか透垣, の前, を立て

▼ 立~ (4, 0.1%)

1 からイワン・フョードロ, から首, に桜, の中

▼ 立越え~ (4, 0.1%)

1 ていた, てとやがて, てみますれ, 稲葉伊予守に

▼ 立~ (4, 0.1%)

1 うと, ふる山, へて鼻眼鏡, へ大層

▼ 立退場~ (4, 0.1%)

2 のよう 1 の中, を頼む

▼ 立還り~ (4, 0.1%)

1 て尚, て積みたる, ぺちゃくちゃと, 改めて家督相續

▼ 立~ (4, 0.1%)

1 にうつる, を片, を贈られ, を足

▼ 立~ (4, 0.1%)

1 いだ後, いで居る多, いで居る海面, いで居る邊

▼ 立あがれ~ (3, 0.0%)

3 ば母親

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 は思へ, 云った, 肩相摩し

▼ 立こそ~ (3, 0.0%)

2 こまかなれ 1 美しいが

▼ 立こめ~ (3, 0.0%)

2 てゐた 1 てまだ

▼ 立~ (3, 0.0%)

2 らん後はと 1 はぎ天井

▼ 立しくなっ~ (3, 0.0%)

1 て思うた, て来た, て真紀子

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 と云, に居る, に決つて

▼ 立つる者~ (3, 0.0%)

1 があったら, が出る, なくば

▼ 立です~ (3, 0.0%)

1 がその, がなか, よと婢

▼ 立とは~ (3, 0.0%)

1 実子と, 小さい宝, 酔漢の

▼ 立などを~ (3, 0.0%)

1 する場所, 考へる勇気, 見ると

▼ 立はだかっ~ (3, 0.0%)

2 ている 1

▼ 立ばなし~ (3, 0.0%)

2 をし 1 より耳ざとく

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 かけて, 竪坑へ, 納めて

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 ねば, る, 働いて

▼ 立ッテ~ (3, 0.0%)

1 段々帰ルウチ, 真ッ白イ, 這入ッテ

▼ 立デデ~ (3, 0.0%)

1 この上なに辛口, せ他, 彼方の

▼ 立上つたの~ (3, 0.0%)

1 とが殆, はいい, は大黒頭巾

▼ 立上つて隣~ (3, 0.0%)

1 に行, の室, の庵

▼ 立上らん~ (3, 0.0%)

2 とする 1 として矢田平が

▼ 立佇っ~ (3, 0.0%)

1 てという気, て考え, て遠慮

▼ 立停まった~ (3, 0.0%)

1 のは, 渠は, 短くさし

▼ 立優っ~ (3, 0.0%)

1 ている, て見えた, て見えました

▼ 立優り~ (3, 0.0%)

1 て蔵, て麗しく, 度い

▼ 立~ (3, 0.0%)

2 つた迄の 1 つたのは

▼ 立到らない~ (3, 0.0%)

2 事を 1 空理空文である

▼ 立名さん~ (3, 0.0%)

1 が四平街, とお話, を加

▼ 立向い~ (3, 0.0%)

1 かく誓っ, つつある, て

▼ 立向はん~ (3, 0.0%)

1 とする, と城門, と駈け

▼ 立向わね~ (3, 0.0%)

2 ばならない 1 ばならぬ

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 にし, のキミ, の国

▼ 立命館~ (3, 0.0%)

2 の予科 1 の先生福本君

▼ 立塞がりました~ (3, 0.0%)

2 が相手 1

▼ 立實論~ (3, 0.0%)

1 と偏りたる, は法華涅槃, は阿

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 い居る日本国, えまい, って巌流

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 の様子, をし, を浮かし

▼ 立尽せる~ (3, 0.0%)

1 はあらざりき, 二人の, 貫一が

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 えるの, 之振, 若又

▼ 立帰ったら~ (3, 0.0%)

1 すぐにも, よろしくいう, 道誉に

▼ 立廻らない~ (3, 0.0%)

1 か見せる, と損, と馬鹿

▼ 立廻らなけれ~ (3, 0.0%)

3 ばならない

▼ 立懸り~ (3, 0.0%)

1 て李花, 小稲, 押取巻く

▼ 立戻ろう~ (3, 0.0%)

1 とした, として塩釜神社, とする

▼ 立旅館~ (3, 0.0%)

1 がそう, という物々しい, の老

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 が此, に照射, の激しい

▼ 立替り~ (3, 0.0%)

1 して, やつて來, 訪ねて

▼ 立~ (3, 0.0%)

2 の披露 1 を許され

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 へて居る, へで四邊, をした

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 の節, の色音, やがてここ

▼ 立止つた~ (3, 0.0%)

1 ああ御身, だけでも大きな, だけで引

▼ 立止つてそれ~ (3, 0.0%)

1 を拾, を眺め, を見

▼ 立止つて後~ (3, 0.0%)

2 を振 1 を振返つた

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 とも稱, と云, をやります

▼ 立淀ん~ (3, 0.0%)

1 でお, でこなた, でやがて

▼ 立留まった~ (3, 0.0%)

1 その一団, のも, 清葉たちを

▼ 立留り~ (3, 0.0%)

1 て悲し, て暫し, ぬ

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 という運送店, の尻, を通じて多量

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 と思ふいろ, の稚き, の薄

▼ 立窘ん~ (3, 0.0%)

21 だ客人

▼ 立竦む~ (3, 0.0%)

1 ことが, と涼し, ように

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 あかき梅, のしろく, の柵

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 あかき梅, のしろく, の柵

▼ 立読みし~ (3, 0.0%)

2 て牧野信一 1 やがて卒然感興

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 なんか使ってる, はハア, を使わない

▼ 立離れ~ (3, 0.0%)

1 てから思う, て目, ながら

▼ 立顕れた~ (3, 0.0%)

1 のは, 世にも凄い, 婦人の

▼ 立~ (3, 0.0%)

2 をし 1 する亜米利加風

▼ 立飲み~ (3, 0.0%)

1 の方, をする, をやっ

▼ 立馬左内~ (3, 0.0%)

1 がきょう, というの, のせがれ

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 ぶ老松奇檜, んでいた, んで時雨

▼ 立騰り~ (3, 0.0%)

1 て, 立騰っ, 若くは

▼ 立~ (3, 0.0%)

1 といふもの, のす, の容姿

▼ 立體感~ (3, 0.0%)

2 を強 1 がある

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 でしま, 振舞程の

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 が仕方, とする

▼ 立おとなしく~ (2, 0.0%)

2 女に

▼ 立おやま~ (2, 0.0%)

1 さね, に成り済ました

▼ 立かけし~ (2, 0.0%)

2 傘の

▼ 立かけた~ (2, 0.0%)

1 老人も, 蝙蝠傘を

▼ 立かを~ (2, 0.0%)

2 す雨間

▼ 立きり~ (2, 0.0%)

2 て烟草輪

▼ 立こと~ (2, 0.0%)

1 が其の, 多して

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 かしだ, かしの

▼ 立さん~ (2, 0.0%)

1 が先刻葬式, そんなに吃驚

▼ 立しかった~ (2, 0.0%)

1 がそれ, が小野田

▼ 立しくなる~ (2, 0.0%)

2 まで無理

▼ 立しく思っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て私

▼ 立しさう~ (2, 0.0%)

2 な容子

▼ 立したい~ (2, 0.0%)

1 と思う, のです

▼ 立しづか~ (2, 0.0%)

2 よと見れ

▼ 立してる~ (2, 0.0%)

1 のが, 二本の

▼ 立しよう~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 立~ (2, 0.0%)

2 の親

▼ 立せず~ (2, 0.0%)

1 とも本自, 孤高独歩の

▼ 立せられたる~ (2, 0.0%)

2 首領は

▼ 立たり~ (2, 0.0%)

2

▼ 立だつた~ (2, 0.0%)

1 ので一層, んです

▼ 立だの~ (2, 0.0%)

1 厳めしい, 白玉焼の

▼ 立~ (2, 0.0%)

2 あがる

▼ 立つき~ (2, 0.0%)

2 はみ

▼ 立つる中~ (2, 0.0%)

2 を我

▼ 立つる事~ (2, 0.0%)

1 がある, は耳

▼ 立つる竹~ (2, 0.0%)

2 の縁

▼ 立であろう~ (2, 0.0%)

1 がその, 甘そう

▼ 立とも~ (2, 0.0%)

1 いうべき年ごろ, 見えた

▼ 立なく~ (2, 0.0%)

1 とも左, 君立も

▼ 立なし~ (2, 0.0%)

2 柳は

▼ 立などの~ (2, 0.0%)

1 細かい絵, 遊戯が

▼ 立なども~ (2, 0.0%)

1 一番円顔で, 分るよう

▼ 立ならしたる~ (2, 0.0%)

1 処なれ, 處なれ

▼ 立ならび~ (2, 0.0%)

2 声の

▼ 立ならぶ~ (2, 0.0%)

1 大きなあの榎, 落葉樹の

▼ 立なれ~ (2, 0.0%)

1 ば帰る, ば明朝

▼ 立にて~ (2, 0.0%)

1 斉彬様を, 馳せちが

▼ 立ぬで~ (2, 0.0%)

1 はない, は無い

▼ 立のぼった~ (2, 0.0%)

1 がそれ, 夕茜の

▼ 立はだかり~ (2, 0.0%)

1 つつ, て此方

▼ 立ひざ~ (2, 0.0%)

1 で, をし

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 ぢきんせんひ, ぢは

▼ 立ほそき~ (2, 0.0%)

2 その赤松

▼ 立ます~ (2, 0.0%)

1 からこれ, ため病人は

▼ 立まで~ (2, 0.0%)

1 がっちりした, 申分の

▼ 立やの字~ (2, 0.0%)

1 の帯, の扮装

▼ 立よりも~ (2, 0.0%)

2 顔全体に

▼ 立らしい~ (2, 0.0%)

1 寒菊の, 思いを

▼ 立られ~ (2, 0.0%)

1 ている, 高輪田は

▼ 立られる~ (2, 0.0%)

1 まで安心, ように

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 ば見, 孀婦と

▼ 立わけても~ (2, 0.0%)

2 少し大きい

▼ 立をも~ (2, 0.0%)

1 問われないまま, 申解か

▼ 立ッこ~ (2, 0.0%)

2 は無い

▼ 立上つた~ (2, 0.0%)

1 ですよ, もの

▼ 立上つてダンス~ (2, 0.0%)

1 もする, をやりだした

▼ 立上つて一拝~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 立上つて外~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ出た

▼ 立上つて奧~ (2, 0.0%)

1 から木皿, へ行

▼ 立上つて次の間~ (2, 0.0%)

1 から泥棒, へ行かう

▼ 立上つて部屋~ (2, 0.0%)

1 の内, を出

▼ 立上らせ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, 縁へ

▼ 立上らせよう~ (2, 0.0%)

1 とした, としてもきょとん

▼ 立上らなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならなかった

▼ 立上れ~ (2, 0.0%)

1 ばいきなり, ば低い

▼ 立之の~ (2, 0.0%)

1 子約, 父恭忠が

▼ 立之は~ (2, 0.0%)

1 此年二十二歳稍頭角を, 通称養竹徳瑛は

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 なければ, のけし

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 とも我が, は焼

▼ 立介次~ (2, 0.0%)

1 と肩, の掌

▼ 立代る~ (2, 0.0%)

1 人の, 門弟を

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 の資料, 当収先生此詩於賛中

▼ 立~ (2, 0.0%)

2

▼ 立係時代~ (2, 0.0%)

1 に三つ, に活版技師インデル・モウル

▼ 立偏に~ (2, 0.0%)

2 御蔭と

▼ 立停つた~ (2, 0.0%)

1 房一の, 駒下駄の

▼ 立停まつ~ (2, 0.0%)

1 てみる, て而

▼ 立停りました~ (2, 0.0%)

1 ので, よまた

▼ 立優る~ (2, 0.0%)

1 火勢黒烟焔, 顔は

▼ 立出づるこの常~ (2, 0.0%)

1 ならず軽き, ならず輕

▼ 立出で~ (2, 0.0%)

1 て南, て格子戸

▼ 立出れ~ (2, 0.0%)

2 ばうしろ

▼ 立出ん~ (2, 0.0%)

1 という, とせし

▼ 立刑務所~ (2, 0.0%)

1 へ送っ, へ送られる

▼ 立列んだ~ (2, 0.0%)

2 強い色彩

▼ 立初め~ (2, 0.0%)

2 た頃

▼ 立到る~ (2, 0.0%)

1 と君江, に及び

▼ 立勝つ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て見えた

▼ 立千仭~ (2, 0.0%)

1 といふ有, 遥か真下

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 た, と母

▼ 立~ (2, 0.0%)

2 にかゆき

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 にかけた, を三個

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 が勝久, は坂田仙八

▼ 立商売~ (2, 0.0%)

1 を始め, を始めた

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 したばかり, をし始めた

▼ 立圖書館~ (2, 0.0%)

1 の古文書中, へ行かう

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 を待っ, 両式

▼ 立塞がぬ~ (2, 0.0%)

2 間にと

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 から次, に繋げ

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 に, を銘々

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 せられて, の命

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 では妙心寺, をし

▼ 立寒し~ (2, 0.0%)

2 未し

▼ 立小屋みたい~ (2, 0.0%)

1 だ, な家

▼ 立尽した~ (2, 0.0%)

1 ことを, 時雄は

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 の為事, は縫っ

▼ 立帰りまし~ (2, 0.0%)

1 て出家, て承わりました

▼ 立帰ろう~ (2, 0.0%)

1 と思った, もし大野惣兵衞

▼ 立廻した~ (2, 0.0%)

1 やうに, 銀屏風の

▼ 立廻ったらしい~ (2, 0.0%)

1 から何れ, 形跡を

▼ 立廻つて~ (2, 0.0%)

1 うんと取込ん, ゐる

▼ 立廻らね~ (2, 0.0%)

1 ばならず, ば駄目

▼ 立廻ろう~ (2, 0.0%)

1 というズル, とし

▼ 立式天星色星多願~ (2, 0.0%)

2 の玉女三神

▼ 立式昨日~ (2, 0.0%)

2 済みしと

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 といっ, と称し

▼ 立~ (2, 0.0%)

2 みました

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 したもの, は新鮮

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 に過ぎざる, の似

▼ 立戻れ~ (2, 0.0%)

1 ばハイ, ば身

▼ 立打ったる~ (2, 0.0%)

1 兜を, 冑を

▼ 立披つて~ (2, 0.0%)

2 見て

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 し者, てあつて

▼ 立掛った~ (2, 0.0%)

1 のは, 処は

▼ 立政篇~ (2, 0.0%)

1 でありますが, にかう

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 の役, を見る

▼ 立昇った~ (2, 0.0%)

1 深い水蒸気, 煙が

▼ 立易い~ (2, 0.0%)

2 男で

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 と云, をも添え

▼ 立會人~ (2, 0.0%)

1 に正式以上, の介抱

▼ 立會診斷~ (2, 0.0%)

1 は患者, をやっ

▼ 立枯並木下~ (2, 0.0%)

2 見れば

▼ 立枯草~ (2, 0.0%)

2 の叢根

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 は茂れ, をまじ

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 では, 御分別

▼ 立止つてガラス~ (2, 0.0%)

2 の箱

▼ 立止つて凝然~ (2, 0.0%)

2 と此方

▼ 立止つて彼女~ (2, 0.0%)

1 の後姿, の追

▼ 立止つて枕頭~ (2, 0.0%)

1 を見, を見廻した

▼ 立止つて首~ (2, 0.0%)

1 をひねつた, を曲げ

▼ 立止まりし~ (2, 0.0%)

1 その気配, まま例の

▼ 立止らず~ (2, 0.0%)

1 にはいられなくなった, にはゐられなく

▼ 立止りました~ (2, 0.0%)

1 ので市郎, 武士は

▼ 立止り舞台~ (2, 0.0%)

2 をすかし

▼ 立止れ~ (2, 0.0%)

1 ば, ばかの

▼ 立武者~ (2, 0.0%)

1 して, のうち

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 でございます, と申します

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 な口鬚, な才能

▼ 立淀む~ (2, 0.0%)

1 まで歩, 一団の

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 っている, って毎日

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 にちょっと, に一寸

▼ 立留つて後~ (2, 0.0%)

2 の二人

▼ 立留つて汗~ (2, 0.0%)

2 を拭い

▼ 立留つて読経~ (2, 0.0%)

1 した, しなければ

▼ 立留まり~ (2, 0.0%)

1 共同への, 叢に

▼ 立留りし~ (2, 0.0%)

2 折から

▼ 立病院~ (2, 0.0%)

1 に長年看護婦長, へ林長二郎

▼ 立登っ~ (2, 0.0%)

1 てむらむら, て来る

▼ 立~ (2, 0.0%)

2 の麦酒

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 みにも, みました

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 となり, のいきり立つ

▼ 立籠つて~ (2, 0.0%)

1 ゐるやう, 余り明から

▼ 立籠らね~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならなくなった

▼ 立籠らん~ (2, 0.0%)

1 か美術, とする

▼ 立籠ろう~ (2, 0.0%)

1 かと思い, とし

▼ 立籠ん~ (2, 0.0%)

1 だから, だ時分

▼ 立続いた~ (2, 0.0%)

1 はずれに, 芝桜川町の

▼ 立置き~ (2, 0.0%)

1 持口々, 立帰りさ

▼ 立耳巻尾~ (2, 0.0%)

1 で形, の柴犬

▼ 立聞い~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 立聞かね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 立聞した~ (2, 0.0%)

1 に違い, 頃から

▼ 立聞致~ (2, 0.0%)

1 しまして, し驚き入り候

▼ 立聳え~ (2, 0.0%)

2 て忽ち

▼ 立~ (2, 0.0%)

2 見えて

▼ 立華やぐ~ (2, 0.0%)

2 かたへには

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 つた, ふ旱雲

▼ 立蔽う~ (2, 0.0%)

1 青い霧, 黒漆の

▼ 立~ (2, 0.0%)

2 は金泥

▼ 立襖もみぢ~ (2, 0.0%)

2 にあかる

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 して, に遊ばし

▼ 立起り~ (2, 0.0%)

1 て一歩, ながらドシン

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 った有様, りトラック

▼ 立違う~ (2, 0.0%)

1 ている, てちょっと

▼ 立附け~ (2, 0.0%)

1 が非常, の悪い

▼ 立集う~ (2, 0.0%)

1 人は, 所に

▼ 立青眼~ (2, 0.0%)

1 に取っ, はそそり立つ

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 に嵌った, を説明

▼ 立顕れ~ (2, 0.0%)

1 たちまち真暗, ものにも

▼ 立飲台~ (2, 0.0%)

1 に凭れ, の向う

▼ 立飲屋~ (2, 0.0%)

1 でアタピン, へ潜り込んだ

▼ 立馬呉山~ (2, 0.0%)

2 第一峰

▼ 立騒いだ~ (2, 0.0%)

1 とき町の, 挙句やっと

▼ 立騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 はしなかった, を見せる

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて軒先を

▼ 立~ (2, 0.0%)

1 に金, を振る

▼ 立麝香草~ (2, 0.0%)

1 の香り, をむしっ

▼1* [1131件]

あがった一人が, 立あしからず粧り, 立ありこれを, 立いたるべきか思へ, 立い騒いでいるだろう, 立して, 立おくれを急速, 立おびただしき夫婦あらそひ, 立おやまたるの位地, 立かえりて, 立かえるとしても悠暢, 立かけようとする, 立かけるように, 立かし御おも, 立かと頼母しく見えた, 立かなんかのように, 立かは知らねえが, 立かへし分, 立かわり十日ばかり続い, 立がけの廊下, 立くらいやり兼ねないわ, 立けん夢ばかり, 立げいこ又フィナーレ, 立こがしに七草考, 立この狐が, 立これはああ, 立こんだ中に, 立さえ判明し, 立さえもよくは, 立さしさに, 立さすとは他, 立されてぶつ, 立ざりしかど彼, 立ざりしなるべけれど世間, 立ざる事と覚ゆ, 立しいとで叱るように, 立しうるのである, 立しかつた, 立しくなりて人, 立しくもあったが斯, 立しくもあり気の毒にも, 立しく思ったが別に, 立しく思はれるときさへ, 立しく思わないのか, 立しく感じられる程度に, 立しく感ぜられた強いても, 立しく感ぜられる場合が, 立しく聴きながら隅, 立しなかつたところに, 立しなけりゃ今度は, 立しぶる宿の, 立しぼの犠牲, 立しますこまる味は, 立しめ給ふ時蛭兒尊, 立しやと門辺, 立しろくなりにけり, 立し分け隔ては, 立し如くきれいなり, 立し得たのも, 立し怒濤に, 立じゃないか, 立じゃなぞとお尋ね御, 立すごしにした, 立すらめ, 立するありてすこぶる, 立す事が出来ねい, 立ずくみ, 立ずして熨したる如く, 立ずつ扉の, 立ずみし袂, 立せざるべからざらしめたり, 立せざるべからずといえ, 立せしめて其処, 立せずして弘教, 立せたく希は, 立せないように, 立せぬのを, 立せられて答案, 立せるありこれを, 立せんとか但, 立せ給うを見, 立そい称名の, 立そうに見える, 立それに薄紅色, 立たっていた, 立たりとて不運に, 立たりとも及ぶまじきを, 立たる業をもし, 立だけに水が, 立だけには理窟を, 立だけは暫くゆるし, 立だしさの, 立だしくなつて勢, 立だしくもあれど取, 立だそうな, 立だってよく見, 立だらうが女房, 立だ調って正確, 立ちくやさば瓢, 立ちっこねえ処だった, 立つめる袖の, 立つること矢叫び, 立つるめり赤き煙突屋根, 立つる声であった, 立つる所より森, 立つる水車の音, 立つる論を哲学上, 立つる軍馬汝をイ, 立であったところから, 立であり音楽に, 立でありますから村方一同, 立でございましょう御気性, 立でございますから遺恨, 立といふ謹んで其の, 立とかいった, 立として謀叛人十二名を, 立とに気を, 立とのわきに, 立と共に信仰の, 立さすが襟, 立ない渋いつくりで, 立なかった, 立なく成たのです, 立なければならなくなった, 立なされましたのも, 立なすつては, 立などが納つてある, 立などであつたら, 立などはすっかり忘れ, 立などへ出かけたり, 立なほさんのみ, 立なり姿なり, 立なる言葉の, 立にすら親方を, 立につき赴き見る, 立によっていくらか夫人, 立ぬなれど主人, 立ぬべしために, 立ぬる恋の, 立ねえ金の, 立ねエ父が, 立のぼって中空, 立のぼれるに身, 立のみしながら, 立はだかった様な, 立はだかると縄, 立はっきりとした, 立ばかりでなくその, 立けんや, 立ぼっ立, 立まさつたきりやうで, 立ましたからケンモホロロ, 立まっしぐらにいそぐ, 立までがつちり, 立めづらしと見し, 立もがなとおも, 立もしつかりした女, 立もととのつた娘, 立ものの娘, 立もみなりも整ってる, 立やさしきに似ず, 立やなんぞに日を, 立ゆかないという事情, 立よからぬに, 立よとすゝめた, 立られたる事も, 立られ罷越候其以来書生の, 立上り, 立りける杉の, 立る有り又曰く柳下恵, 立わかり鳴くや蛙, 立んで居ると, 立てというところ, 立ガ貴族的デ一種ノーブルナ感ジガスル, 立シ樹皆蒼古, 立スミレ源氏スミレ円葉スミレあるいは黄スミレ, 立タシイ重量ヲ負, 立タシソウニ拂イ退ケル, 立タセラレ愛鷹山ヲ左ニ御覧ジ, 立タセルヨウニ仕向ケタト云ウノハ全ク根モ葉モナイ冤罪, 立タヌト遠流又ハ断絶ニナルカラ, 立タレズイロイロト支度ヲシタラ, 立チシガ故ナリ, 立チテ在リ, 立チテ史ヲ繙キツツ当時, 立チテ君ガタメマコト乾杯痛イッ, 立チテ此等ニ尚武的價値ヲ求ムルニ及バズ, 立チドオシだつてさ, 立チマスノデツイツイ遠クカラ拝見シテイルトイウヨウナコトデ, 立チマスノデ書直スヒマガアリマセヌ, 立チ上ッテ彼女ノ前, 立チ上ル又は起キ上ル, 立チ上ルマデニ数分ヲ要, 立チ午マデニ東大寺見物ヲ終エテ大佛前, 立チ厳シク軍律ヨク行ハレテ遠ク大坂ト海, 立チ夕焼ノ雲, 立チ寄ッタ日ノ朝デアッタ, 立チ寄ッテ線香ノ一本モ手向ケテクレル, 立チ寄ルニハ遠過, 立チ彼岸の新, 立チ所ニ斬リ, 立チ所ニ答ヘ我等ガ, 立チ角ノ生, 立ッタソレト云ウノガソノ手袋ガ恐ラク佛蘭西製, 立ッタママ男ハキマッテ頭ヲマエニウナダレ女ハコレモキマッテ胸ヲ張リ, 立ッテイテ庭カラスグニ離レ座敷ヘ案内シ, 立ッテイテ面白クモナイ絵馬眺メナガラドウシヨウカナアト心定マラズ, 立ッテイルソウデス川ノ流, 立ッテイルト云ウ證拠ハナイシソンナコトヲ信ジル者ハ一人モイナイヨトソウ云ウト本当ニ一人モイナイデショウカト五子ハ妙ナ笑イ方, 立ッテジタバタシオルカラオレガイウニハ大竹ハ気ガ違ウタソウダ雑人ノ喧嘩ヲミタヨウニ, 立ッテ二時ニハ羽田ニ着イタノヨ, 立ッテ拓本ヲ製作シテイルトコロヲ, 立ッテ椅子ニ掛ケサセテ予ハソノ下ニ仰向, 立ッテ注射針ヲ外, 立ッテ行ッタノハ外ニ何カ早ク東京ニ帰リタイ理由ガアッタノデハナカロウカ, 立ッテ行ッタ留守ニ妙ナ話ヲシタ, 立ッテ行ッテシバラク戻ッテ, 立ッテ身支度ヲ始メタ様子デアルノガ, 立ツちやあ處, 立ツコトハ立テタンデスガサア今デモ立テルカ知ラ, 立ツタママ死ンデ居, 立ツルハ笑フ可キコトニテ, 立ツンデ或, 立ツ時モワザトコヽヘ寄ラナイデ上野駅デ落チ合ッタ, 立ツ筈もなく, 立ツ者ノ挙動ナランヤ, 立ツ能ハズシテ彼ノ從屬的現状, 立御受取申, 立テキノウノシマツヲ宮川ヲダマシテ聞キオリ小吉ハイラヌ世話ヲ焼, 立テタガ今ハ三十俵三人扶持ダカラ, 立テタモノデスガソレガ記者様ノオ眼ニ止マッテコンナ不孝ナ恥, 立テタンデスガサア今デモ立テルカ知ラ, 立テタ後デアッタシ異常ナ興奮ニフルイ立ッテイタ際デアッタカラ, 立テテイヤイヤ彼女ノ要求ニ応ジテイルノデハ断ジテナイ, 立テテヤリマシタガ手ヲハナスト, 立テテ外宅ヲシテ割下水天野右京トイッタ人ノ地面, 立テテ拳固ヲ握, 立テテ町ヲ走, 立テテ置イテ力ンダラ息子ガ少シモ泣カナカッタ, 立テノ穴ト手向ケノ水ヲ供エル穴トヲ穿ッテアルアノ形式, 立テル法律ヲ制定スベシ, 立テント欲ス汝百官有司厚ク朕カ意, 立テヽ先ズキャッツ・アイノ件ヲ白状サセテ予ヲグウノ音モ出ナイヨウニサセ, 立テ悲鳴ヲ上ゲテ, 立テ秀世又ハ細川主税正義, 立テ葉山孫三郎トイウ手代ト相談ヲシテオレヲ地面カラ, 立テ飛閣ヲ西城ニ連ヌ, 立トスベシ第五ハ, 立ナリ此ニ説ク形状ハ高野ノ万年グサ物理小識, 立ナリ蛮産ナレドモ今ハ, 立要求トナリテ現, 立ルモ亦人民, 立ル所以ハ此通義ヲ固, 立取ッテ飛ビ出シテ叩キ合ッタガ, 立ントスルモ英国王之ヲ禁ジテ, 立ン坊べら坊にまで好ん, 立ン坊君に五文銭一枚, 立ン坊君正直に働い, 立ン棒じゃア, 立一個に歯磨, 立一層強く私, 立万仭の高, 立三人立などの細かい, 立三人立等となり, 立三味線高座にずらりと, 立三斎殿御事松向寺殿を始, 立上ったら目を, 立上つた三田の側, 立上つた八五郎何んの氣, 立上つた姿はたつ, 立上つた影法師が女, 立上つた時には小屋, 立上つた気色でございましたが, 立上つた氣色でございましたが, 立上つた男がある, 立上つた身体の動揺, 立上つていつになく, 立上つてはるかな空, 立上つてもと来た道, 立上つてアンヌの方, 立上つてオルガンに近づいた, 立上つてカーテンと押入れ, 立上つてノッソリ伺ひの, 立上つてハイと云つて奥, 立上つてバケツを握, 立上つてホームの端, 立上つて一九三一年の冬, 立上つて一人で部屋, 立上つて一文字に梯子段, 立上つて一歩廊下へ踏み出した, 立上つて三氏のあと, 立上つて三畳の左隅, 立上つて人に会, 立上つて今度は三等待合室, 立上つて仏壇の前, 立上つて伸びをしました, 立上つて何事だらうと, 立上つて來ていくつ, 立上つて修吉が彼女, 立上つて僕の腕, 立上つて兄を見送, 立上つて其原稿を主任, 立上つて其處から二, 立上つて其邊を歩いた, 立上つて勘定書を取, 立上つて勢ひよく歩き出したが, 立上つて唐紙明けにか, 立上つて土間に降り, 立上つて外套をぬいだ, 立上つて大声を張り挙げ, 立上つて大貫の呼, 立上つて太田は再び, 立上つて奥の間, 立上つて女を殴り, 立上つて宣言するやう, 立上つて室内を散歩, 立上つて小手をかざしました, 立上つて山の方, 立上つて工場の方, 立上つて庫裏の方, 立上つて戸を押, 立上つて戸外へ出た, 立上つて房のなか, 立上つて所用に行, 立上つて扉を閉める, 立上つて押入から一封度, 立上つて支配人のところ, 立上つて會社に出かけた, 立上つて机の前, 立上つて松を目掛け, 立上つて柵に倚, 立上つて案内に立つた, 立上つて椽に出る, 立上つて次の部屋, 立上つて歸り仕度, 立上つて母と服装, 立上つて湯ぶねをまたい, 立上つて灯りをつけよう, 立上つて無意識に比企, 立上つて煙管で方角, 立上つて爐の方, 立上つて牧師に訊いた, 立上つて玄関からドンドン, 立上つて甲板へ出た, 立上つて界の襖, 立上つて着物を脱い, 立上つて秤を持つ, 立上つて窓ぎはへ寄つて行, 立上つて立上るや, 立上つて結局仏像の前, 立上つて網棚に荷, 立上つて自ら太平にすゝめ, 立上つて自分の顔, 立上つて行列の仕, 立上つて裏戸をくぐつ, 立上つて褌一つのまま, 立上つて言つた時のあの, 立上つて資料に就, 立上つて蹌踉と二三歩前, 立上つて身じまひ, 立上つて身體を洗, 立上つて近くへ行つて, 立上つて鏡臺を片づける, 立上つて間の襖, 立上つて階段を降り, 立上つて障子に手, 立上つて隣室へでかけた, 立上つて雛妓と一処, 立上つて電燈を探し求めた, 立上つて静かに僕, 立上つて頭を掻き, 立上つて馬右エ門に近づいた, 立上らしめるきっかけを, 立上らずにゐられませんでした, 立上らないのでその, 立上らねばならない, 立上られた様子で, 立上られなくなることを, 立上られまして今, 立上るなら北条の, 立上るべき秋が, 立上れなかった事を, 立上れなくなつた, 立上れり目科が, 立上リ契約ヲ違エテ, 立上秀二を訪ね, 立下さらんが宜しい, 立下条黒田なぞの山村, 立申候, 立不動で山, 立不断のこと, 立阿毘曇論, 立両刀をおび, 立でもその他, 立之を以て行われて, 立乗りをし, 立乱れ初めましたので, 立乱れ騒ぎ狂う, 立れ或は, 立事言てより, 立二囘戰の状況, 立云云被仰, 立交じって相変わらず, 立交つて此目醒ましき光景, 立交りする人, 立交わって人, 立人禁止といふ札, 立介タチカイ一名鳥介同名多し玉, 立みたよう, 立付揃いの笠, 立代りお伽に使っ, 立代り一パイ屋の門口, 立代り事情を述べる, 立代り出はいりし, 立代り客が来る, 立代り寄り集まって, 立代り来る頭山翁の, 立代り訊問する連中, 立代り飯を喰う, 立以推進一態嬋娟而上躋乍龍伸而蠖屈將欲上而復低と, 立以来無銭旅行的テムポであるという, 立云云, 立休らはう, 立休らいいささか芝居, 立休らおうという一本, 立休ろうていた, 立佇っただけでした, 立佇つて伊三郎, 立佇まった正木博士は, 立佇まり四方より, 立佇まれば慌しく, 立住まれる少年は, 立何となく泉鏡花氏に, 立作者出頭の折, 立作者柴晋助となった, 立併びていずれも面, 立侯補をあきらめた, 立係任命がよしんば, 立がお金, 立候ニ付不届ナガラ訴人, 立候儀猶豫無, 立候処を又, 立候向は無, 立候方もよた, 立候旨被仰, 立候時は必ず, 立候様御すすめ可, 立候様御前様より被, 立候樣御受可, 立候義肝要に御座候, 立候訳にて更に, 立候間追て, 立停するは職務, 立停りかけるが貴様達, 立停ろうと云うらしかった, 立健康さうな皮膚, 立傘市女笠持ちの人足, 立傘恋風に, 立傘挟箱用長持引馬までが動揺, 立働らきが出来る筈, 立に付, 立つたもの, 立優しとまでにはあらね, 立優つた出来で聴衆, 立優つた成績と評判, 立優つた方法を考, 立優つた立派なもの, 立優つて居たと, 立優らせてある, 立優り過ぎ模範的過ぎ, 立なるもの, 立先生南宗は巨勢小石先生, 立全体が晴れ, 立公園の豫定區域, 立兵庫お妙, 立も何, 立出しあとを追, 立出ずる時お登和嬢送り, 立出づるがその油差, 立出づるは精米を買い, 立出づる吹晒しの東海道, 立出づる廊下の摩れ, 立出づる門口から早, 立出づればロオザとマリア, 立出づれば得右衛門待受けて, 立出掛けお吉, 立出来ないとは如何にも, 立出来ぬと仰せあるなら, 立出来ませんから悪しからず, 立れて, 立分れ反りかえらぬ, 立切って終, 立切った日には, 立切つた三畳は矢張, 立切りに待っ, 立切り疊觸りはも, 立切れないよ, 立った間, 立列んでゐる, 立メシカ其後時トシテ鳴動シ追, 立初め榧寺の高, 立別れたわけだった, 立別れ米友は蹴, 立到ってるがよう, 立到つたのです, 立到らしめたのは, 立到らなかったもののそれ, 立割拠して, 立劇場建築費が保存, 立劇場設立地は丸の内, 立勝ったものが, 立勝りて在り, 立匠作之鎧草摺之間, 立千仭遙か眞下, 立千尺の大, 立千尺空を摩, 立卓笥がある, 立博士や美学, 立卵説を軽く, 立卿予である, 立口上壇ふちつきの床, 立向い仁右衛門はただ, 立向い古武士的な闘牛士, 立向い戸を推し, 立向い燕角の弧, 立向う性癖を持っ, 立向う敵手の無い, 立向う癖が彼, 立向う立場に立つ, 立向つたが神代鎌, 立向つた様子があつ, 立君専政あり君主立憲, 立否定の動き, 立命たるやそういう, 立命館中学に転校, 立どうして, 立唄いの人, 立唄立三味線高座にずらりと, 立善寺村の棟付帳, 立喰いをし, 立をまだ, 立器古本屋の赤い, 立四軒目で一番, 立囲った幾千の, 立図書館建設のため, 立國殖産興業文明開化というよう, 立在んだままで, 立の如く立つ, 立坊抔の類, 立型ピアノの前, 立塞がったのである, 立塞がつたのは, 立塞がらうとしました, 立塞がりながら, 立塞がり通しません茲を, 立塞つたのは錢形平次, 立塞ツて, 立変らなければならないだらう, 立変り立たり, 立多き五箇所へ, 立夫婦の孝貞, 立女役がすべて女寅, 立子弟之教育, 立が書き綴られ, 立孝公の御, 立学士院という文字, 立学校の教師, 立学校視学官市役所員それにドクトル, 立學校の教師, 立學校視學官市役所員それにドクトル, 立宇自加支興等によつて齎ら, 立したの, 立宗以来五十三歳までの二十二年間, 立宗開宣の題目, 立定火定などといつ, 立の如き, 立尊国狭槌尊, 立尊國狹槌尊豐斟渟尊大苫邊尊, 立尋常髭はなく, 立小便位なら覚えは, 立小唄その他御迷惑, 立小学校へかよつて, 立小屋これは伴某, 立小屋一つ建てるの, 立小屋以上の家, 立小舎芝土を置いた, 立少し淺黒い, 立も手伝い, 立尽くゐた, 立尽くしていました, 立尾羽のしみら, 立屏風の絵, 立山谷落合東岸よりは餓鬼谷落合, 立峠旅の若衆, 立巳時頃大井川無滞一統相済候, 立となり, 立帰つて遺偈, 立帰らにゃならぬ, 立帰らせましたしとの願, 立帰らないのが, 立帰らなければならぬ, 立帰らんと思い立ち, 立帰りお母様に御覧, 立帰りしところ裏の, 立帰りなさるかな, 立帰りましたればよく, 立帰ります時分に, 立帰り一同も始め, 立帰り一族の中, 立帰り主の敵, 立帰り主家は半地, 立帰り主家再興の上私, 立帰り候がいかに, 立帰り元の棚, 立帰り右の次第, 立帰り同類の者, 立帰り呼子にて同僚, 立帰り天鬼様のご, 立帰り家に至り, 立帰り得たならば必ずや, 立帰り此の話, 立帰り白翁堂に其の, 立帰り誓状をつく, 立帰り近藤に話す, 立帰り逢坂山の大谷風呂, 立帰り際にもう, 立帰り髪をおろし, 立帰り、そのまま縁付いた, 立帰るごとくに見えた, 立帰るべき力は, 立帰れとの極秘, 立帰ッた跡, 立に景気, 立幟中にも鍾馗, 立をやつ, 立幾何學を唱, 立幾層なるを, 立幾峰峰七月猶看, 立くご, 立座して廊, 立座行装触れ潮, 立延期を詫びる, 立廻し山風で寒い, 立廻し馳走を致し, 立廻つたことは當然, 立廻つた結果が今, 立廻つた跡もない, 立廻つて柄にもない, 立廻らなかったろうか, 立廻られたと思う, 立廻らんとせし, 立廻りぶりであります, 立廻りません様子, 立廻りやった言うことや, 立廻り劇となる, 立廻り劇可なり翻訳劇可, 立廻り役者の出鱈目, 立廻り方がまずくっ, 立廻り模様になつ, 立廻り派ばかりそういう, 立廻り熊吉はとうとう, 立廻り相ならぬ, 立廻れば矢張り人間, 立廻れないわけな, 立廻わり方が早, 立廻ツてそり, 立張り来る木々, 立張り來る木々, 立往かないと云う, 立御用係の命, 立をよめる, 立心扁に去る, 立忍んで密, 立時は, 立悚むようであった, 立悽愴と来, 立ひて, 立惑うている, 立意誠実にし, 立憤ることなく, 立懸け杖つきつつ, 立懸けたやうに, 立懸られて, 立懸るいずれも, 立懸れば, 立戻おり居るに往来, 立戻らうとする, 立戻らせてしまつて, 立戻らないようにも, 立戻らねばならぬであらう, 立戻りまして御, 立戻り一伍一什を物語らう, 立戻り度いと思ふ, 立戻り思ひ出したる懐中物, 立戻るべき筈であった, 立戻れる愉快, 立所平すも, 立所發行の限り, 立所製と判斷, 立所願と解釋, 立にしつ, 立抜かんとせ, 立抜く事を, 立掛られてある, 立揃いてつとめられし, 立揃わないうちは, 立揚ったのである, 立揚ったごとく風采四辺を, 立揚つた大漢子, 立揚る膝が, 立換えてもらった, 立換えるによってこれ, 立放れて抜足, 立政らが胡地, 立政ら三人であった, 立政一つである, 立政府の公道, 立也, 立教授でありこの, 立文字の極端, 立である, 立斎広重らの古, 立斎広重武者絵の一勇斎国芳, 立斎文車の, 立斎通称は常, 立の野, 立うへ, 立の役, 立旦形が一人, 立旧冬より直, 立被仰, 立依而文政十一年十一月十四日騎西熊次郎依願祭之, 立昇つたことを夢, 立昇つてばち, 立昇つて罪もない, 立昇りひとみを凝せ, 立昇り水田の水, 立昇り火の粉は見物共, 立昇り立昇っては, 立昇る煙りの上, 立す, 立明し狭い鉄門の, 立普請の斎, 立書序曰皐陶矢厥謨禹成厥功帝舜申之作, 立替り仕事を頼ん, 立替り目の前, 立會いのもと, 立會つた上で罪, 立會つた上一と通り家, 立會つた人數だけで封印, 立會つた同心長谷部彌三郎, 立會つた教誨師もこれ, 立會つた町役人が言, 立會つた親類方も何ん, 立會つて何の事, 立會つて創所の模樣, 立會つて奉公人達の荷物, 立會つて檢屍を受け, 立會つて監視して, 立會はずにはゐられない, 立會ひたいと思つて, 立有而言ふ, 立服致候ほどの事, 立は登州黄県, 立本寺裏に住ん, 立本寺裏町治右衛門屋敷というの, 立れしてるの, 立来りて丁寧, 立来るを目科, 立が備わっ, 立枠模様の水浅葱, 立枯病であること, 立架けたる錫杖取る, 立を外し, 立を作つて屍, 立仁孝睿武端毅欽安宏文定業高皇帝と, 立極大聖至神仁文義武俊徳成功高皇帝, 立極大聖至神仁文義武俊徳成功高皇帝の諡号, 立すなる伶人, 立樹二三その前, 立樹五六本その一つ, 立樹河沼小独立家屋, 立で出かけた, 立次第實家へ歸つて仕舞, 立止ったではありません, 立止つたのは乞食坊主, 立止つた後山谷堀の岸辺, 立止つた時に彼, 立止つてあたりを見廻し, 立止つてそれらの橋, 立止つてヒヨイとお, 立止つて不安さうに振返つた, 立止つて値段の高い, 立止つて内なる稽古, 立止つて向うを見れ, 立止つて嘆息した, 立止つて女に話しかけた, 立止つて平次は妙, 立止つて彼を待たう, 立止つて後ろの方, 立止つて思索にふけつ, 立止つて懷中提灯を突き付けました, 立止つて指先で二度, 立止つて挨拶をした, 立止つて様子を窺, 立止つて浮腰になつて迷つて, 立止つて煙草に火, 立止つて物を見詰め, 立止つて稍暫し妙, 立止つて空を仰いだ, 立止つて端折つた裾を下し, 立止つて繪看板を見, 立止つて耳を濟, 立止つて身動きもせぬ, 立止つて車上を顧み, 立止つて部屋の物, 立止つて門内を見, 立止つて階下の灯, 立止まらないで歩い, 立止まらないではいられなかった, 立止まりたる足の, 立止まり翳していた, 立止まり落ちてゐた, 立止まり見れば何ぞ, 立止まれば, 立止らせてしまった, 立止らねばならなかつた, 立止りかねて行き過ぎた, 立止りカフス釦を欲し, 立止り上を窺, 立止り地面の上, 立止り壁の方, 立止り彼の猛烈, 立止り懐中から鍵, 立止り村から人, 立止り林助手の肩, 立止り椅子の凭れ, 立止り欄干に倚, 立止り歩いている, 立止り瓜を一つ, 立止り相にした, 立止り立止り歩いて, 立止り足元の雪, 立止り道路の崖, 立止り鷹揚に物品, 立歩く気配が, 立歸つたからだ, 立歸つて主人主計樣に御, 立歸らむとする思慕である, 立は福建, 立水産試験場でまる, 立に取り成し, 立に泣きし, 立泰字は子新, 立をつづけ, 立流れてなお, 立浴臥浴洒浴針浴按浴湿浴, 立へ野山, 立海牙城市中身起賤民成碩学応知翁亦一英雄, 立淀んだけれどもさる, 立淀んだ織次の, 立淫売が出没, 立奉恐, 立混つてゐるので, 立渡りける, 立渡る初冬の, 立温かい情, 立のやう, 立溢れて石, 立條約, 立濡れて向, 立濡れた僕の, 立の小泊, 立為兼五可新何本, 立烏帽子白妙の練絹, 立烏帽子衣紋をつくろい, 立烏帽子袴長引き小さ, 立烏帽子鈍色に黄, 立版子を買っ, 立物腰寡黙の中, 立物腰言葉使から着物, 立物言ふ時代, 立う離別, 立現れましていかなる, 立現われぬからといっ, 立現われる蒼白い若い男たち, 立べしとの, 立申候段重々不相済, 立申儀にて無, 立申趣大慶に奉, 立留つたがすぐ, 立留つたきりで練習突き, 立留つた袖子の顔, 立留つてそれを見た, 立留つて一つ一つその墓, 立留つて一様に上, 立留つて一目眺めただけ, 立留つて人目の無い, 立留つて四辺を憚, 立留つて四邊を憚, 立留つて室内の人々, 立留つて星明りに周囲, 立留つて蝋燭の火, 立留つて陽を仰いだ, 立留まると頸, 立留りそれじゃアあなた, 立留りましたがそれ, 立留り叢に腰, 立留り男一人の客, 立留ッた光景, 立奇を, 立癩療院その他復生病院の如き, 立発んですッ, 立登らせていた, 立白老土人病院は閉鎖, 立白老土人病院長として白老, 立白老病院の院長, 立で同類反撥的, 立同じ事, 立盤子を飾っ, 立の俎板, 立の浄土, 立相剋せんと, 立相成諸大名, 立看板ポスターなどが張りだされ, 立睡りで居た頬被りで, 立の道, 立碇関等を隈, 立碧雲間鎮圧閻浮幾万関鶴林一夜煙散後, 立祝いをしたい, 立と来る, 立禅寺に法然上人, 立の上, 立程の寒さ, 立稲神社と称せしめ, 立稽古それが済む, 立稽古作曲も入れ, 立稽古渡辺と島, 立稽古藤田房子が三益, 立と面積, 立の稚き, 立窘むと涼しさ, 立窘むや否や狼狽加減, 立の下, 立んでこ香烟, 立竝んだ麥, 立になりける, 立竦ましてしまった, 立竦みつ四辺の, 立竦み合う逆コース, 立竦める咽喉を, 立竦んでる兵隊が, 立竦んどったが, 立遅, 立箪笥が載せられた, 立籠つたと聞く, 立籠つた一揆軍が矢狭間, 立籠つて外界とのいつさい, 立籠つて官軍を悩ました, 立籠つて毎日文学の話, 立籠つて近松研究をし, 立籠つて餘り明から, 立籠む霧が艶, 立籠めもの皆は水, 立籠られ御運, 立籠られた所が, 立籠られるがよかろ, 立籠ツて頑張, 立をふくみ, 立に飛びだし, 立紛れぢや無, 立る山, 立細鍬形の兜, 立の浴衣, 立続いている, 立続けし人も, 立縛りに立たせ, 立縞帶黄八丈脚半紺足袋白羽二重下帶白縮緬鉢卷太刀拵熊毛尻鞘かけ短刀, 立縮れた髯まったく, 立縮んだが座頭, 立縵磐木縵の名, 立罩め不吉な予感, 立罩め候ふが, 立罩め各自の携帯燈, 立罩め太陽はその, 立置きたる家法を, 立置く様に, 立置日の吉凶, 立群れていた, 立だの小, 立羽烏羽揚羽黄と白, 立者多くは墓, 立耳左巻尾肩の高, 立聞いしてえた, 立聞かれましたからどう, 立聞かれるような, 立聞けば何処, 立聞ける人あり, 立聞されしもつゆ, 立聞しましたゆえ源次郎お, 立聞するかも知れない, 立聞せしかおん身, 立聞仕候て如何にも, 立聴いていた, 立聴きされない用心などを, 立聴きしようと思っ, 立聴くアイヌ幕の内には, 立に頭, 立脱帽して, 立になつ, 立腐りの長屋建て, 立稱使持節都督倭, 立った, 立致しております, 立を見, 立舞う風情に, 立色布で結いた, 立苦しくなったよう, 立茶番も此頃, 立草臥れて横, 立菅笠金剛杖など散らばっ, 立をあざやか, 立蔵人に押被さる, 立蔽いて回生剤, 立處其の手足, 立蜘蛛の有様, 立のよう, 立衆いずれも見, 立行カザルの御, 立行寺の大久保彦左衞門, 立袈裟は黒, 立見えぬまでをの, 立評議をつづけ, 立誓伝来有奸忠, 立した譯, 立證セラルルノ日ハ則チ日英兩國ガ海上ニ見ユルノ日ナリ, 立證セラレタルモノニ非ズ, 立や柔, 立賢安石良栄を携, 立賢敬順安策常庵様, 立賢等は先生, 立叫袖振, 立起れば宮, 立超えたる叙情詩の, 立る積り, 立越えます心得である, 立越えると誓った, 立越し候えども, 立越すべしとの遺書, 立にはたと, 立んでいる, 立辣んだ, 立迎えて, 立迎えた小待合, 立迎えるとこちら, 立迷つた化粧の匂, 立迷つてものを搜, 立迷つて眞正に心, 立退た忠臣が, 立連峰を前後, 立過してそんな, 立つたもの, 立違いますとあちら, 立違ってまた, 立使貢獻自, 立還ってみる, 立還つて見る, 立還へることにのみ, 立還らば彼, 立還らうとした, 立還らしてしまった, 立還るという信念, 立還るべき道しるべを, 立還るべく余儀なくされ, 立と熊手, 立鏡台があり, 立鐵次郎氏の奥さん, 立長いので, 立を出, 立がりつつ, 立院花橘日松信士である, 立隠れをした, 立の中, 立集ってき, 立るる時, 立難いに依っ, 立電燈の笠, 立れて, 立靡いて中, 立靡き參籠者は, 立面図をパノラマ式, 立韆鞦令宮嬪笑爲宴樂明皇呼爲半仙戯とある, 立から近年, 立に, 立顧みる旅人同士とは, 立れ莞爾, 立みし出す, 立飲屋おでん屋麻雀屋周旋屋飲食店旅館等が目, 立飲店がある, 立ひを, 立餓鬼赤鬼等の名, 立に罪, 立馬車で市はずれ, 立つた, 立駢んだ樹立, 立騒がずともすむ, 立騒がぬところを, 立騒ぎ悲鳴をあげ, 立騒げど女, 立騒げる折しも, 立騒ごうともせず助けよう, 立騰ってるように, 立騷ぎ前庭の大樹, 立騷ぎ數萬の白龍, 立騷ぐところもいゝが就中先生の印象的筆致, 立騷ぐのを見よう, 立騷ぐ中を蟒, 立騷ぐ人々の話, 立騷ぐ邊海鳥二三羽夢に鳴い, 立騷ぐ音がつ, 立體圖をその, 立體幾何學といふもの, 立體心理學なの, 立體的研究を必要, 立髮浪こえに, 立まで掬おう, 立散滅則菟, 立とまりて, 立鹿島槍同山説を主張, 立鹿島槍大黒の山々, 立を打取る