青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「竈~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~突 突~ ~突い 突い~ 突き~ ~突然 突然~ ~窓 窓~ 窮屈~
竈~
~立 立~ ~立ち 立ち~ ~立っ 立っ~ ~立った 立った~ ~立つ 立つ~

「竈~」 1011, 11ppm, 9898位

▼ 竈~ (501, 49.6%)

45 前に 28 下を 17 下の 14 中で, 前で 12 上に 11 下へ, 前へ 10 下に, 火を 8 中に 7 上の, 前を, 火焚き 6 火の 5 下から, 中の, 中へ, 傍に 4 まえに, 中から, 前の, 方へ, 火が, 火に, 灰を 3 そばに, 下と, 下には, 中を, 側に, 口から, 灰の

2 [35件] あること, うしろに, ところへ, なかの, ように, 上で, 上へ, 下でも, 下にも, 側なる, 凹みに, 口に, 口へ, 土の, 土は, 奥から, 底に, 数を, 横に, 火で, 火は, 火も, 灰や, 烟が, 煙が, 煙たちつづけ, 神なり, 神の, 神を, 肩に, 蓋を, 観音開きに, 跡, 辺へ, 隅に

1 [155件] あたりに, あたりを, うしろかどこかから, うちが, かげで, けむりが, ことさ, ことを, さきへ, そばで, そばへ, ところから, ところに, なかに, なかへ, まわりに, めしが, やうで, やうな, ようで, ような, クドも, パットせし, ポッカリと, 上には, 上端に, 下か, 下せ, 下で, 下であろう, 下など, 下も, 下床板を, 中ぢや, 中などで, 中へでも, 中も, 事は, 仕掛けも, 仕掛の, 作り方の, 側では, 側には, 側の, 側やら, 側を, 傍なる, 傍にて, 傍へ, 列, 前では, 前には, 前まで, 前荒神柱の, 反映に, 口では, 口の, 口は, 口を, 名に, 向うに, 周囲で, 埃を, 塗替, 大鍋, 尻の, 屋の, 屋根に, 屋根へ, 崩れたの, 工合から, 広さ, 影は, 後の, 急いだ写生, 戸を, 所へ, 据えて, 数が, 新設とともに, 方を, 暖気で, 柱に, 横を, 横腹から, 殖える様子, 油虫, 火か, 火のみが, 火もとを, 火口へ, 火口を, 火吹き, 灯が, 灰から, 灰は, 灰まで, 烟を, 焔に, 焚き残しへ, 煙を, 熱気に, 熱灰の, 生木の, 目塗りを, 神, 神いわゆる, 神が, 神で, 神であった, 神であります, 神は, 神不浄場の, 神伊勢の, 神様に, 神様へ, 秘密が, 穴へ, 粗末な, 素燒が, 組が, 繕い直しを, 肌へ, 肌や, 胎内へ, 胎内を, 脇の, 脇へ, 自在鉤に, 蔭から, 蔭で, 薪木その, 蟹が, 行事を, 裏の, 裏問題の, 角から, 角に, 角を, 話と, 賑わ, 跡の, 跡や, 金を, 釜の, 釜は, 釜口の, 銅壺まで, 長い鉄火箸, 闇を, 陰に, 際, 類が, 飯を, 飯釜の

▼ 竈~ (85, 8.4%)

18 火を 2 かけて, かけられて, 入れて, 向ふ, 媚びよ, 破れ鍋かけ

1 [55件] かけそれ, かけた, かけたる羽虧, かけ火, くべたところが, くべた生, して, しろ釜, せいろう, 仕かけて, 何か, 何にか, 入るは, 入れそれから, 入れられて, 入れられ鉄扉, 入れんとて, 到るまで, 友も, 媚びないばかり, 媚びよという, 媚びよとは, 媚びること, 媚びるという, 寢棺が, 封印した, 投じた, 投じ早速, 押附ける, 持込んで, 掛けて, 掛って, 木が, 木の葉を, 楢の, 残り火が, 火が, 火は, 焚きつけ朝食, 焚くけぶり糸瓜, 煙草盆に, 立つべき煙, 立つ烟, 納った, 茶釜を, 薪さしくべ, 薪を, 蛭這い, 蹲んで顔, 転用せられた, 鍋という, 隱し, 隱す, 靜歌を, 香炉を

▼ 竈~ (81, 8.0%)

4 別に 3 据えて, 連想した 2 二ツ並べ, 廻って, 焚いて, 築いて

1 [63件] こしら, こだてに, さして籬, どけて, カマダン上州邑楽郡では, ヒノボトという, 並べつ, 丸太の, 二包, 人間の, 作って, 作つてそこで, 作り毎日陶器, 作り焚火, 使えと, 出た小舟, 分けなければ, 分ける, 力任せに, 塗るとき, 壊されて, 壊して, 専用する, 廻ったらまだ, 打ちこわして, 打ち破りました, 拵えて, 持ちたいと, 持った人, 持った孫娘, 持つて, 持出して, 挙げて, 据えたひと間, 据えた台所, 据ゑた場所が, 搜し, 消毒も, 炊く犬, 焚付けて, 燻して, 用いて, 眺めながら, 祠し, 祠る, 突き崩し, 立る, 築くにも, 築く風習, 粘土と, 素通りし, 置いたところ, 背負って, 自覚し, 薄気味悪く左右, 見た事, 設けて, 買つて來たり, 跡に, 通りぬけ, 造つて其日一日は, 造つて物を, 過ぎて

▼ 竈~ (53, 5.2%)

2 あって, あつて, ある, 築いて, 見えつい

1 [43件] あつた, あります, あり不完全, あり胃, あり荒壁, あるので, あるわけ, ある三世紀以前, できて, どれも, なければ, のこって, 一つその, 一角を, 三つあっ, 三つあつ, 三つも, 両提, 二つ並ん, 今しがたの, 充分熱せられる, 入口の, 崩れその, 巨人の, 幅を, 幾つか, 所々に, 拡がって, 拵えて, 散生して, 数多くでき, 毛を, 深夜に, 盛に, 真中に, 竈神と, 築かれて, 自分の, 薪の, 見える, 見えるやう, 赤くなっ, 隠見された

▼ 竈~ (29, 2.9%)

1 [29件] かつて大村父子, するよう, ボッカリ膝を, 人間の, 働いて, 刎ねる, 割木の, 家来に, 小さな釜, 料理を, 書いたもの, 火を, 灰に, 炊事する, 焚く火, 焚く煙, 焼いて, 焼き払った, 焼くこと, 焼く炭, 煮たり, 燃えて, 燒いた, 燒かう, 茶碗や, 蒸しましたから, 蒸し始めた, 釜と, 食うの

▼ 竈~ (28, 2.8%)

2 幾つも

1 [26件] あったが, ありやせんが, ここでは, なくただ, ひとりでに綺麗, みな火が, 一端で, 三つとも, 三百から, 上等の, 不明だ, 丘の, 人殺しの, 大きなの, 大分煤け, 家の, 巨大な, 布子き, 年代ものらしい, 戸の, 本式の, 湯気を, 満員に, 自分に, 閉された, 黒

▼ 竈から~ (20, 2.0%)

1 [20件] でる煙, ゾロゾロと, 上ったところ, 今取り出した, 出して, 出たの, 出た人相書, 取り出して, 取出した金, 取出して, 戸棚へ, 昇る熱気, 火の, 焔が, 燃え殻を, 目を, 迸る火花, 逐うよう, 陽炎が, 飯の

▼ 竈~ (13, 1.3%)

1 [13件] かかった, くべそれ, 入れて, 入れられるばかりに, 廻された, 手を, 抛り込むの, 火が, 火を, 眼を, 落葉を, 薪として, 這い込んで

▼ 竈~ (11, 1.1%)

1 [11件] いいもしくは, いうよりも, しその, その傍, 七輪と, 同じく燻る, 呼ぶよう, 成りし始末, 燒火の, 糞壺の, 風呂場を

▼ 竈には~ (11, 1.1%)

2 火が 1 いって, さまざまの, その窯変, どこのも, ふり込んで, 小さな鍋, 火燃え, 焚かず庭, 藤蔓で

▼ 竈~ (11, 1.1%)

2 のほう, の方 1 から答える, の上り鼻, の仕事, の庇, の裏口, へゆく, へ這入つた

▼ 竈~ (10, 1.0%)

1 かわいた水溜, 七厘は, 七厘炮烙または, 佛壇に, 炉の, 胃下垂を, 華奢な, 貝多, 鍋を, 鍋釜が

▼ 竈~ (10, 1.0%)

1 なり, の中, の前, の周囲, の屋根, の火, の竈, の者, の裏, へ運ん

▼ 竈河岸~ (10, 1.0%)

3 の八新 1 の八, の方, の毛抜鮨, の竃屋, の義太夫, へかけ, を渡れ

▼ 竈~ (10, 1.0%)

1 とかいうもの, とて粘土, となつ, とも竈地蔵, のヒオトコ, の札, の由来譚, の話, の起原, 之由来

▼ 竈~ (9, 0.9%)

1 あるお, その方, 伊八が, 冷えて, 出来たし, 板の間も, 添わって, 見えなくなって, 風呂も

▼ 竈~ (6, 0.6%)

1 が一生懸命, であり火男, でそう, という柱, と呼ばれ, と言い

▼ 竈~ (5, 0.5%)

1 とは全然, と同じ, の古い, の式, の起り

▼ 竈~ (4, 0.4%)

1 が実は, のふつ, の啼く, の果敢

▼ 竈~ (3, 0.3%)

1 あるいはストーブ, 風呂の, 風呂場の

▼ 竈~ (3, 0.3%)

1 とか古い, の火, を閉じ

▼ 竈~ (3, 0.3%)

1 に安居, に踞し, の木炭片

▼ 竈からは~ (2, 0.2%)

1 さかんに, 塩を

▼ 竈その~ (2, 0.2%)

1 一隅の, 傍の

▼ 竈~ (2, 0.2%)

1 というもの, よ

▼ 竈である~ (2, 0.2%)

1 からである, よりも却

▼ 竈です~ (2, 0.2%)

1 よ, よ此方寄り

▼ 竈でも~ (2, 0.2%)

1 七厘でも, 炭斗火鉢すべて取寄せまし

▼ 竈にも~ (2, 0.2%)

1 たれるやう, 瓦斯を

▼ 竈~ (2, 0.2%)

2 と云

▼1* [79件]

ありて消えかかりたる, 竈かもしれない変, 竈からもいぶり出て, 竈くらゐは, 竈くらいの熔鉱炉も, 竈ぐらいは現在の, 竈へわからない, 竈だけを借りて, 竈だって堅炭だって, 竈であったが井上, 竈というものから, 竈とやらに前を, 竈などの高山植物が, 竈などはこれを, 竈なり七輪なりに, 竈なる灰とりかけ, 竈において漸く消, 竈にかけて蒸して, 竈のみに限って, 竈へは誰も, 竈までが令法や, 竈まわりまで鰯, 竈こわれるの, 竈バケツ焚物用の枯枝, 竈三基を置く, 竈下炭焼であるが, 竈で種々, 竈へ修繕, 竈でむか, 竈の柱, 竈台の下の空籠, 竈君家術理取嫦娥病裏顔, 竈君崇祠の妄信, 竈地蔵ともまた, 竈を降りる, 竈場男は皆, 竈は門, 竈大きくしたもん, 竈の祠, 竈将軍が押, 竈許せ, 竈戸殿に安置, 竈払いと称し, 竈で言, 竈文化タワシ文化丼文化饅頭文化煎餅文化まめとなっ, 竈ダ炊ガズ将, 竈忘れたつけ, 竈横町の上總屋, 竈殆どその全幅, 竈河岸八新亭, 竈流し場水桶あり, 竈深山榛などが灌木状, 竈さして, 竈の揺れ, 竈を袂, 竈などを塗, 竈由良度美かれ上, 竈白樺などの生えた, 竈白花石楠などが主, 竈冷, 竈禿の針白髪, 竈に土鍋, 竈に至る, 竈の柄, 竈は赤土, 竈のない, 竈のぞろぞろ, 竈製造道具配達小車職人小僧女中といっさい, 竈を掘り残し, 竈辻飯等の名, 竈近く埋めた時代, 竈部屋の横, 竈開けをする, 竈障壁下水などの設計, 竈雪隠土蔵井戸築山泉水茶室納屋隠居所風呂牛部屋厩窓口裏口等いずれも建方, 竈に煉瓦, 竈風呂を見る, 竈風呂いま焚かば, 竈を武帝