青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「窓~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~空間 空間~ ~突 突~ ~突い 突い~ 突き~ ~突然 突然~ ~窓
窓~
窮屈~ 竈~ ~立 立~ ~立ち 立ち~ ~立っ 立っ~ ~立った 立った~

「窓~」 21592, 233ppm, 426位

▼ 窓~ (6127, 28.4%)

329 外を 261 外に 216 下に 186 外の 123 下の 122 方へ 117 外へ 109 外から 101 ところへ 99 外は 97 ところに 96 外には 88 下を 86 方を 84 前に 81 戸を 69 下で 64 外で 63 下へ 61 中に 46 所へ, 方に 45 そばに 37 障子を 35 所に 34 下には 33 そとを 31 前を 30 障子に 29 前の 28 カーテンを 27 ような 26 中から, 中の 25 ほうへ, 中を 24 ところで, 上に 23 下は 22 そとの, ように, 下から 21 中へ, 向うに 20 ところから, 硝子に, 隙間から, 障子の 19 そばへ, 側に, 傍に, 外が 18 すぐ下 17 そとに, 近くに 16 雨戸を 15 そばの, 中で, 中には 14 ほうを, 上の, 下まで, 前へ 13 そとは, 戸は 12 ガラスに, 戸が, 硝子を, 縁に 11 そとには, カーテンが, カーテンの, 処へ, 前には, 敷居に 10 そばで, ところまで, ほうに, 処に, 戸に, 戸の, 敷居の, 正面に, 高さ 9 ない部屋, なかに, 上には, 前で, 向うには, 外では, 灯が, 隙から, 障子が

8 [11件] そとから, そとへ, ふちに, ガラスは, 内から, 内側に, 扉を, 方から, 灯を, 障子は, 障子へ

7 [11件] ことを, ところを, 一つが, 側で, 傍を, 内に, 向うの, 向ふ, 外まで, 硝子越しに, 鉄棒を

6 [19件] あいだから, すきま, すぐ外, もとに, ガラスが, ガラス戸を, 一つを, 側へ, 内で, 外, 女の, 扉が, 枠に, 格子に, 灯の, 玻璃に, 鎧戸を, 開く音, 際に

5 [26件] あたりを, そとで, そばを, なかで, なかには, カーテンは, ガラスの, ガラスを, ブラインドを, 一つから, 下が, 下では, 下にも, 内の, 内を, 処まで, 戸も, 所で, 明りが, 格子を, 硝子も, 硝子戸を, 近くの, 鉄格子に, 間から, 間に

4 [45件] あるところ, ある室, ある部屋, かげから, そと, そばには, なかの, ほとりに, やうに, わきの, カーテンも, 一つに, 一つの, 下なる, 中は, 側の, 傍へ, 傍まで, 前は, 前まで, 向うを, 外ばかり, 外ばかりを, 外へは, 外も, 大雪渓, 女は, 平八, 彼方に, 枠の, 柱に, 格子の, 破れから, 硝子が, 硝子の, 硝子は, 穴から, 近くへ, 遠くに, 鎧戸は, 閾に, 障子も, 雪渓を, 頭が, 顔

3 [62件] あいて, ある三畳, うち, うちに, すぐそば, すぐ向う, すぐ近く, すみに, そとが, そとでは, そばから, ついて, わきに, カアテンを, ガラスも, 一つも, 一部を, 上へ, 上を, 下だ, 他には, 傍で, 光に, 処から, 向うから, 向こうには, 外なる, 外面を, 大きさ, 奥に, 平八は, 張り出しに, 所まで, 把手には, 方の, 明りを, 格子から, 格子が, 格子には, 框に, 桟の, 氷が, 油障子に, 灯は, 真下の, 硝子戸の, 紙を, 近くで, 鉄ごうしの, 鉄ごうしを, 鉄の, 鉄格子も, 鉄棒に, 閉まる音, 隅に, 隙間からは, 障子には, 雨戸の, 雪渓に, 頭に, 頭の, 顔は

2 [206件] あかりが, あかりは, あたりから, あたりが, あたりに, あたりは, あたりへ, あたり梯子を, あるその, ある家, ある巍然, ある所, ある方, がらす, きわへ, しきい, すき間から, すぐ前, すさみ, すだれ, そばによって, そばまで, ついた部屋, ところによって, ところの, ところは, ところへも, ないかべ, ない室, ない家, なかから, なかへ, なかを, ひさしに, ひらいて, ほうは, まえに, まえを, もとで, やうだ, やうな, よろい戸が, カーテンには, ガラス戸は, ツイ側には, ブラインドが, ブラインドの, ムウルヂングの, 一つへ, 一つ一つに, 一つ一つには, 三つある, 上から, 上で, 上と下で, 上まで, 下と, 下までも, 中では, 二重枠を, 人びとは, 他に, 他の, 側には, 側まで, 傍の, 先には, 光が, 光りを, 光線に, 内は, 内へ, 内側には, 内部の, 処を, 半分は, 反射は, 口から, 口へ, 向こうに, 向に, 呉竹ふる, 四枚の, 外いちめんの, 外からは, 外にまで, 外にも, 外側に, 外側には, 奥から, 奥で, 奥の, 女に, 女も, 家へ, 小さな犬小屋, 小障子, 少い倉庫, 左寄りに, 幕を, 底に, 彼方には, 戸や, 戸をも, 戸疾く, 所から, 扉は, 折釘へ, 掛金を, 敷居を, 新刊書カバンを, 方は, 方へも, 日ざし, 日の, 日覆いを, 旦那, 明りで, 明りの, 明るさ, 明暗, 景色に, 月, 月は, 机に, 枠へ, 格子で, 横に, 横には, 横木に, 母親が, 母親は, 火光だけが, 灯に, 燈を, 爺の, 直ぐ下, 直ぐ下に, 直ぐ傍, 直下の, 真中に, 硝子から, 硝子には, 硝子はや, 硝子よりも, 硝子を通して, 硝子戸が, 硝子戸は, 硝子扉へ, 硝子扉を, 硝子画を, 硝子窓に, 磨硝子から, 磨硝子に, 竹格子に, 竹格子の, 竹格子を, 簾を, 緑に, 締りが, 締りは, 締りを, 縁にも, 色硝子の, 蔭から, 薔薇の, 虱が, 裏に, 覆いを, 角に, 許へ, 軒の, 近くには, 釘と, 鉄格子が, 鉄格子にも, 鉄格子の, 鉄格子を, 鎧戸や, 鎧扉が, 鎧扉は, 鐵格子に, 鐶に, 開いて, 間には, 間の, 間を, 限りを, 際には, 障子から, 雨戸が, 雨戸に, 雪, 雪渓と, 雪渓は, 露路までもが, 青いカーテン, 青空が, 頭と, 頭は, 頭を, 頭大, 顔が, 風が, 風景に, 鳥籠を

1 [1150件 抜粋] あいたところ, あいだに, あかりに, あけ放されて, あたりで, あなたには, ある, あること, あるはめ板, ある住居蔵, ある女, ある小, ある明るい, ある東, ある洋風, ある編笠, いちばん上の, うしろに, うす暗い明り, うちで, うちへも, うちを, おおい, おぼろ明りに, かけ金は, かげで, かなたに, かまちに, かわりにも, がわ, きわで, くもりが, こちら側から, こっちに, ことごとくが, さきに, さきを, さし釘が, しずかに, しづ機の, しまったまがい洋室, すき間は, すぐ側, すぐ内側, すばらしい眺望, すりガラスでない, すりガラスは, そとと, その光, そばは, それぞれに, それに, たくさんの, ために, ちかくに, ぢき, ついたお家, ついた一, ついた古い, ついた小さな, ついた日本座敷みたい, ついた番小屋, ついてる室, つい眼, ところからは, ところには, ところへは, ともしびに, どこにも, ないおくまった, ないくすんだ, ないこの, ないふしぎ, ないガラン, ない一坪, ない側, ない壁, ない平, ない支那風, ない木賃宿, ない灰色, ない箱, ながめの, のぞき穴, はげた灰色, ひとつに, ひび割れたガラス, ふたが, ふちから, ふちまで, へりなどに, へんを, ほうで, ほうの, ほか青葉の, まえには, まわりに, むかふに, むこうの, ゆかが, ようで, わきへ, アスパラガスの, カアテンに, カアテン壁に, カーテンにまでも, ガラスだ, ガラスには, ガラスへ, ガラス戸に, ガラス絵は, ガラス障子を, ツイ向うには, トリックも, ブラインドや, ボールトが, マネキンに, メカニズムは, ワクや, 一つ一つが, 一つ一つへ, 一件で, 一劃に, 一方へ, 一番上の, 丁度真, 三つついた, 三週の, 上が, 上四方の, 上扉が, 上方人垣の, 上梁の, 上部には, 上部をと, 下, 下だけが, 下であった, 下において, 下のかべの, 下ばかり, 下へは, 下をネ, 下乾いた, 下側に, 下方の, 下本箱を, 下生の, 下部から, 下間に, 両側から, 両側の, 並んだ形, 中, 中でしん, 中と, 中も, 中側に, 中間ちょうど, 事, 事で, 二つが, 二人も, 二階の, 五六間さきは, 人は, 付いた池, 付いた頗る, 代りに, 位置に, 側から, 側なりは, 傍によって, 先に, 先を, 光って, 光は, 光線で, 入口に, 全部に, 内すずしげ, 内と, 内には, 内まで, 内側, 内側から, 内側は, 内側を, 内疊の, 内部には, 内部を, 処で, 凧を, 凹所を, 出張に, 切り方, 刳り方, 前が, 前とか, 前妙乗の, 劃り, 北の, 北方に, 十字格子, 半分が, 卓子へ, 厚いガラス戸, 反対側ばかり, 口が, 右側の, 右手の, 向い合った処, 向うは, 向こうから, 向こうは, 向こうを, 向側に, 向方の, 品品も, 回転部を, 地面と, 壁ぎわに, 壁口からは, 夕まぐれあなたが, 夕病室の, 外かなり, 外じゃ, 外でも, 外など, 外なんか, 外のけ, 外ばかりが, 外へも, 外や, 外をなァ, 外中庭に, 外枠だ, 外部から, 外霜解けの, 多い今, 夜あけを, 夜は, 大きさ一ぱい, 大家だ, 奥からは, 奧から, 女や, 女房の, 女達は, 家賃を, 小さいの, 小さい六疊, 小さい間數, 小さな障子, 小机, 小窓, 小蔀が, 少女らに, 峰, 左の, 左側が, 左右は, 巨大な, 帷すこし, 帷を, 幅と, 平八だ, 平八も, 平八老, 幾つも, 床の間よりに, 底部からは, 廂に, 弟である, 張出しに, 形が, 彩玻璃に, 影そのまま, 彼方から, 彼方も, 彼方側を, 待合室で, 微に, 性急なる, 悲劇と, 或る, 戸さえ, 戸で, 戸との, 戸のみ, 戸袋を, 戸開け, 所を, 扉の, 扉引きぬかれた, 手すりにも, 拘束であったろう, 掛金には, 摺硝子, 擦硝子, 数厳穴の, 敷居が, 敷居は, 敷居越しに, 方が, 方にも, 方や, 方向い, 方向まで, 日お, 日よけや, 日蔽を, 日覆ひ, 日除に, 旦那お, 旦那に, 明け暮れ, 明も, 明りと, 明り障子の, 明るい机, 明るみに, 景色も, 暗い空, 暗黒の, 曇硝子をと, 月に, 月を, 木で, 机の, 板戸の, 板玻璃を, 枠を, 柱や, 校刻する, 根元に, 格子へ, 格子を通して, 框の, 桟が, 桟を, 棚から, 棧と, 棧の, 模様を, 横からは, 横幅と, 横棒に, 櫺子の, 欄干の, 死を, 残光徐々に, 氷から, 氷は, 氷を, 油障子には, 派手な, 濃麗, 灯, 灯も, 無い側, 照り返しと, 燈火の, 片蔭, 牛肉と, 玻璃, 瑠璃の, 白, 白い明り, 目の下の, 目貼りが, 直ぐそとにあった地面, 直ぐ外の, 直下に, 眞ン中の, 眞近に, 真下から, 真中めがけ, 真向きにあたる, 真紅な, 眺望は, 研究を以て, 破れて, 破れ戸を, 破処, 硝子ごし, 硝子をと, 硝子戸には, 硝子窓を, 磨り硝子, 磨硝子しどろもどろの, 磨硝子をと, 私を, 税付加税なんて, 穴, 空を, 窓じ, 窓掛は, 窓枠の, 竹を, 竹格子なぞの, 筆ずさみ, 簾の, 簾越に, 紅殻色が, 紙の, 絵や, 続くパリ, 網戸を, 縁を, 羅紗を, 群集の, 肱掛へも, 腰に, 色硝子が, 色硝子や, 花瓶には, 苦しみに, 落日を, 薄明り, 薄暗くなっ, 藤蔓も, 處へ, 蝋人形的人物たる, 行列が, 装飾の, 裡なる, 裾に, 見える度びにそっと中, 見える美しい, 見物人らは, 詩は, 警報器が, 谷とに, 赤い火影, 赤き落日, 軒まで, 辺から, 辺りから, 近くでは, 近くによって, 逆光に, 邊に, 郡上平八であった, 郡上平八老, 部屋に, 重い漆喰, 金具に, 金網撫で, 針金を, 鉄ごうしに, 鉄ごうしめがけ, 鉄格子からは, 鉄棒などを, 鉄棒へ, 鉤へ, 鍵の, 鍵を, 鎧戸の, 鐵格子の, 鐵格子も, 長さ, 開いた思い, 開かれし船室, 開かれて, 開閉する, 閾まで, 闇から, 陰に, 隙き, 隙間が, 隙間に, 際から, 障子かも, 障子それと, 障子にまで, 障子戸ばかりが, 雑巾がけを, 雨戸へ, 雪の, 雪明りにて, 雪渓が, 雪渓の, 電気に, 青空じ, 静物, 頭へ, 額縁に, 類は, 風外は, 風景の, 風景風にも, 風鈴が, 風鈴は, 首が, 高いところ, 高名存じ, 鴨居の, 黄菊しらぎく, 黝ずんだ擦

▼ 窓から~ (4153, 19.2%)

174 外を 147 首を 105 顔を 57 覗いて 47 見て 44 外へ 34 見ると 31 のぞいて 26 出て 25 入って, 半身を 24 頭を 23 眺めて 22 顏を 19 身を 17 空を 16 手を 15 覗くと 14 下を 12 外の 11 飛び出して 10 そとを, それを, 外に, 眼を 9 中を, 飛んで 8 はいって, 入つて, 射して, 庭へ, 往来を, 洩れて, 身体を 7 さしこんで, さして, 出して, 前の, 声を, 月が 6 からだを, のぞくと, 家の, 射し込んで, 投げて, 見た, 這入って, 離れた, 飛び込んで

5 [22件] そとの, とびだして, 下の, 中へ, 人の, 屋根へ, 庭を, 明りが, 月の, 流れて, 消えた, 眺めながら, 私を, 表を, 見える, 見える唯一, 見送って, 覗いた, 覗き込ん, 覗く, 雨の, 飛びこんで

4 [29件] あの女の子, さし込んで, のり出して, ぼんやり白く, みると, 下に, 下へ, 向うの, 吹き込んで, 夕日が, 夜の, 射す光線, 庭の, 彼の, 戸外を, 日が, 朝日が, 河の, 海へ, 目を, 私は, 秋の, 窓へ, 落ちて, 見えた, 見えるの, 見おろすと, 見下ろすと, 逃げて

3 [62件] こちらを, こっちを, そつと, ちらと, では, とびこんで, ながめて, ぬけだして, のぞく, ぼんやりと, チラリと, ヒラリと, 上半身を, 人間が, 伸びあがっ, 俺は, 入ったの, 入りました, 入る, 入れて, 呼んで, 外面を, 室内を, 射しこんで, 川を, 彼女の, 彼等の, 往来へ, 手紙を, 投げこんで, 投げ落して, 投身した, 抛り込んで, 日光が, 景色を, 暖かそう, 有明荘の, 朝の, 消えて, 灰色の, 燈火の, 町の, 白い手, 眺めると, 石炭の, 私の, 街の, 街道を, 裏の, 見た景色, 見下ろして, 覗いたが, 覗き出した, 覗けば, 逃げたと, 遠くの, 遥かの, 部屋の, 離れて, 雪の, 飛び出したの, 飛んだ

2 [238件] いつまでも, おりて, お月様, お絹, お隣り, きょうは, ぎら, こちらへ, これらの, さし込む陽, さす日, さす朝日, さつきの, しのびこむの, しのびこんで, すうっと, すかして, そっと覗い, その中, その光景, その影, その花, ちまたを, でも, とび出しました, のぞき出して, のぞき屋根, のぞく化け, ひとりの, ひょいと顔, ひよい, ひらひら落ち, ほんとうに, ぼんやり眺め, みれば, よく見えた, よく見えます, よく見える, グレーチヘンが, スーッと, ソッと, テニスコートの, パッと, ヒョイと, 一匹の, 一時に, 中に, 中の, 乗り出したり, 乗り出して, 乗り出すよう, 二人の, 二階に, 人形を, 人間の, 他家の, 何度も, 何気なく内側, 何気なく外, 余を, 例の, 入つたの, 入ると, 入る外, 入る青葉, 内を, 内部を, 出した, 出た, 出た女, 出入し, 半身のり出させ, 半身のり出し, 危険な, 吹きこんで, 吹き入る風, 吹込む, 呼べば, 四人の, 四本の, 堤防の, 塔の, 夕陽が, 夜目にも, 大きな声, 夫れ, 女の, 姿を, 娘の, 寂しい往来, 射し入る秋, 射し込むの, 射し込む一筋, 射し込む光線, 少し離れた, 屋根の, 屋根を, 山の, 岩さんの, 崖下まで, 左の, 差し入る, 差込む, 広い田舎, 庭に, 延び上って, 彼は, 彼を, 忍び込んだには, 息を, 戸口の, 戸外に, 戸外へ, 指して, 日の, 明るい光, 明るい光線, 春の, 時々戸外, 暁の, 書生が, 月は, 望むと, 望んで, 朧月を, 東山の, 柿の, 棒の, 機関銃の, 此方を, 河原の, 洩れる灯影, 洩れる薄い, 流れ込んで, 海を, 涼しい風, 漂って, 濠の, 火の, 狹い, 猛烈に, 男が, 男の, 白い顔, 目の下を, 眺められた, 眺められるかぎり, 眺められる南アルプス, 眺める, 眼に, 社会を, 私に, 突き出した, 窓に, 窓へと, 窓を, 立上る, 絶望に, 美しく射し込ん, 脂粉の, 脱け, 脱出し, 腕を, 自分の, 自分を, 花の, 若い娘, 荷物を, 落した手紙, 表の, 裏庭を, 西日が, 覆いの, 見えて, 見えます, 見えるもの, 見えるワ, 見える人家, 見える外, 見える空, 見える青い, 見える風景, 見た時, 見ながら, 見る風景, 見れば, 見下すと, 見下ろされる断崖, 見降ろして, 覗いたり, 覗いた時, 覗いた空, 覗き込む, 誰か, 豚の, 賑やかな, 赤, 迷ひこん, 逃げたに, 逃げたの, 逃げだしたとき, 逃げだしたり, 逃げ出したこと, 逃げ出そうと, 逃出した, 通りを, 遥に, 邸前の, 金を, 長い棒, 降した信玄袋, 陽が, 隣家の, 離れると, 雲を, 電話や, 霧の, 青いお, 青い木, 青い空, 頸を, 風が, 風の, 風景が, 飛ばせ始めると, 飛び下りて, 飛び出したよう, 飛び出そう, 飛び去って, 飛び立つて, 飛び込む, 飛び降りて, 飛下りて, 飛込んで, 飛降りて, 首だけ, 馬の背に, 黄いろな

1 [2167件 抜粋] あああすこ, あがった, あのお, あの小さな金色, あの蠅, あわてて, いくらも, いったの, いつも生徒たち, うすぐ, うらうらと, おどけなさい, おぼろに, お化けが, お月さま, お米, お饒舌, かつぎだし裏の, かれら, くぐり込むん, ここを, ことによく見られた, この感傷的, こぼれるランプ, こッち, さげたまま, さしこむ夕日, さしこむ月, さした電燈, さし込むので, さし込む朝, さす明, さっさと降り, さまざまの, しのびこむつもり, しぶきが, じっとそれ, じっと私たち, すぐにわかるやうになつてゐる, すこしあかり, すてた後, するどい口, そこの, そっとなか, そっと入っ, そっと窺いた, そっと顔, そのボーイ, その廊下, その明るい, その空気, その部屋, そんな声, ただ強, だった, だれか, ちょっと師匠さん, ちらちらと, ぢつと, であるという, ときどき文子, とびおりるに, とびだそうか, とび出すはずみ, とりのけて, どしん, どんどと, ながめますと, にげさって, にぶい午後, ぬけ出して, のぞいた, のぞいた人生, のぞかせ一階上, のぞきましょう, のぞき出しながら, のぞく顔, のび上がって, のり出した, はいった時間, はじめてながめた, はなれようと, はらはらはらはらまるで吹雪, ばったや, ひとつずつ, ひょいと出した, びゅうびゅう火花の, ふと僅か, ふるうため, ぶるぶるふるえ, ほうりこんで, ほつと, ほんの黄昏, ぼんやり光りらしい, ぼんやり空間, また合唱, まるで夜, みた者, もう一つ水, もれたランプ, やあと, やりなさい, よく人, よく足, わたしを, オバアサンと, ガラス越しに, コックの, サッと吹き流れ, サヨナラを, スポリと, ソファに, チラ, ハッチソンの, バスの, パーヴェル・パーヴロヴィチを, ブルン, ホイッと, マロニエの, ラプンツェルは, ロシア人が, 一くぎり, 一スー二スーを, 一心に西北, 一日海の, 一生懸命街の, 一道の, 万国堂を, 三十間程, 三銭の, 上半身乗り出し, 下はた, 下町辺をずつと, 不器用な, 並木道の, 中庭へ, 乗りだして, 乗り窓から, 乗出して, 乘出し, 二つ位手前の, 二間ぐらゐ離れ, 互ひ, 五尺五寸許の, 人間と, 今夜も, 仮装行列を, 伊豆の, 伯五郎の, 体格の, 何を, 何気なしに, 倉庫の, 僅ばかり, 先まわりを, 入つたのさ, 入られぬ事, 入るやう, 入る明り, 入る気まぐれ, 入れるの, 兩側を, 其光景を, 内部の, 冷たい朝風, 出したじゃ, 出し小銭, 出た人間, 出ました, 出入りする, 初夏の, 劒岳に, 北の, 十七八の, 千万無数に, 半年振りで, 半身外へ, 印度洋の, 叔父や, 古風な, 右の, 同じ様, 向うを, 向ひ, 向方を, 吹いて, 吹きだした紅蓮の炎, 吹き入る天風, 吹込ん, 呆然と外, 呼ぶの, 問題の, 四五十間上手に, 団体行進が, 地上に, 地平線の, 垂れて, 垣間みること, 墜ちて, 壁の, 夏の, 夕空が, 外界が, 大きな灰, 大学構内の, 大抵は, 大窓, 太い繩, 夾竹桃の, 好奇らしく, 威勢の, 子供を, 客間を, 室内に, 容赦なく, 富士を, 寒むい, 實見する, 射しこむ陽, 射し入る初夏, 射し入る静か, 射し込む暮, 射し込む桃色, 射す, 射す日暮時, 射す薄暗い, 射込む光線, 小さな南瓜畑, 小さな銀杏, 小學校歸, 小高い山, 少し左, 少し顏, 展望する, 山行の, 巌丈な, 差し出されたの, 差し込む空, 帝国主義の, 帶でも, 幻とも, 広い外, 床の間の, 座敷に, 建設の, 引き出したの, 引っ込み寝台の, 弟は, 影が, 彼女が, 往来に, 後方を, 微光は, 心覺え, 忍びこむと, 忍び出すという, 忍び込むよう, 忍び込んで, 思い切り首, 悪魔が, 或者, 扉の, 手まねきを, 投げこんだ紙きれ, 投げだして, 投げ出されたが, 投げ出した, 投げ出し瞬間後スイッチ, 投げ落した上, 投げ込んで, 投り込んだ, 折口と, 抛りこんで, 抜け出した, 招き寄せたもの, 持出したに, 指しました, 振りかえる時, 挿し込む烈しい, 捨てました, 採光し, 撒きながら, 放り出すぞ, 数名の, 敷石の, 斜に, 新聞に, 日暮れ前の, 早く, 明るく差し込ん, 映します月影, 春と, 時々見た, 景色でも, 暖炉へと, 暫く外, 曲者の, 月を, 望むこと, 朝子は, 木の間を, 来たか, 来る日影, 松の, 柔かな, 校庭の, 梢だけ, 森を, 樹木や, 此慘憺たる, 殺人の, 毎日加茂の, 気に, 汐留駅と, 決して開く, 河向うの, 泥を, 洩れる三味, 洩れる淡い, 洪水の, 流れこんだ春風, 流れ入る, 流れ込む暁, 流川通を, 浅い谷, 海中に, 海軍士官が, 消えた老婆, 渋沢栄一が, 渡した包, 湯煙の, 滑稽な, 漏れる人家, 漏れる燈影, 濠端の, 灯りが, 灯火が, 煉瓦の, 煙突一本, 熱心に, 爽かに, 狂風に, 甃石道を, 田端の, 町並を, 疊の, 登って, 白い二つ, 白雲が, 目に, 看護婦が, 真下を, 眩しいほどの, 眺めたら三好, 眺めた風景, 眺められる長い, 眺める時, 眺める街路, 眼の, 睨返し, 石が, 磁力砲を, 私共を, 空ばかりを, 突きだされたたくさん, 突き落し, 窓帷を, 立ち去るには, 童女が, 筧の, 約卅, 線路の, 美しい光, 聞きました, 肉の, 脂ぎつた顔の, 腹塞げ, 臭って, 舞台の, 色々な, 花が, 花見など, 苦も, 落されたもの, 落ちた, 蒼白い月, 藤鼠の, 蜂谷十吉が, 行われる食物, 裏門が, 西洋の, 見あげた, 見えたくさん, 見えた北, 見えぬ外の面, 見えるあの, 見えるところ, 見える傾いた橋, 見える塀, 見える大川, 見える庭, 見える明る, 見える樺, 見える田, 見える芝生, 見える谷, 見える鋪道, 見える青空, 見おろして, 見かけると, 見たが, 見たま, 見たり, 見た光景, 見た種々, 見てた, 見と, 見やられた, 見るだけで, 見るも, 見る名勝室戸岬, 見る様, 見る芦屋辺, 見わたすと, 見下された, 見下した時, 見下ろされる場所, 見張って, 見晴し, 見渡す風景, 見送る娘たち, 覗いたお客樣ぢ, 覗いたとて, 覗いた客, 覗かせて, 覗くこと, 覘い, 親達の, 証人達が, 讃美歌が, 買取った菓物, 赤いブラウス, 赤く差した, 赤帽に, 路に, 身軽に, 転げおちますよ, 辷り落ちた, 追わるれば, 逃げた, 逃げだしたの, 逃げること, 逃げ出すが, 逆さまに, 這い入って, 這ひ出し, 這入ったの, 這入る乏しい, 通を, 遁げ去る, 道を, 遙かの, 遠くて, 遠近の, 部屋にと, 酔った眼, 金色の, 鈍い巷, 長い腕, 開きかけて, 降りそそぐ正午, 降りはじめた, 階下へ, 隣りの, 離れたろうそう, 離れる, 雪も, 雲に, 霜げたゆずり, 青い富士額, 青桐を, 面を, 頬杖を, 顔が, 飛びおりること, 飛び下りられますよ, 飛び出されたり, 飛び出すと, 飛び込んだの, 飛び降りましてねえ, 飛べやしないと, 飛出して, 飛降りたり, 食卓へと, 餅を, 馬春堂馬春堂と, 高い大きな, 鶯の, 黄色い煙, 黒烟り

▼ 窓~ (2494, 11.6%)

138 あけて 130 開けて 52 開いて 38 開けると 33 あけると 29 開けた 28 閉めて 27 破って 25 覗いて 23 あけた, しめて 22 明けて 21 見て 20 見ると 19 閉めた 16 ひらいて, 見上げて 15 透して, 開くと 14 離れて 13 開いた 12 背に 10 とおして, 眺めて, 締めて 9 外から, 細目に, 見た, 見ながら 8 叩いて, 開け放して 7 あける, 明けると, 洩れて, 見上げた, 開けば 6 のぞいて, 指して, 掠めて, 明けた, 隔てて

5 [14件] あけました, あけること, たたいて, 打つて, 指さして, 明け放して, 見あげて, 見あげました, 見上げながら, 見上げると, 覗いた, 覗くと, 開けたの, 開けました

4 [24件] あけに, あけようと, しめお, はなれた, めがけて, 一ぱいに, 乗り越えて, 仰いだ, 叩いた, 後ろに, 抜けて, 見あげた, 見ましたとき, 見ますと, 調べて, 閉ざして, 閉める, 閉め切って, 開きました, 開けに, 開けようとして, 開ける, 開け放しに, 離れた

3 [33件] あけたとき, あけたの, あけても, あける音, しめた, しめましよう, すかして, ながめた, ながめて, のぞきこんで, のぞくと, またいで, やぶって, 仰いで, 持つて, 指さした, 指した, 敲いてと, 明るくし, 注意し, 目がけて, 見つめて, 見上げました, 覗きながら, 越えて, 通って, 鎖して, 閉じた, 開けたが, 開けたり, 開けても, 開け放すと, 開放し

2 [128件] あけそこ, あけたと, あけたので, あけたん, あけては, あけますから, あけられませんので, あけろ, あけ放して, いっぱいあけ, うつ, おしひらいて, かすめて, くぐって, しめずには, しめたり, しめました, しめる, しめること, しめると, しめ切って, しめ雨戸, しらべて, すっかり開け, そっと開け, つけて, どうしてだ, ぬけ出して, ひとつひとつたんねんに, ひらいた, ひらいたとき, ひらけば, ふさいで, みつめて, みて, よく見, ガチャーンと, 一つ設くれ, 丁度よい, 上げた, 仰いでは, 内側から, 切って, 前に, 剰した南側, 叩かれて, 叩きながら, 叩きわって, 叩くたび, 右に, 向いて, 啓け, 外して, 密閉し, 射て, 展い, 展き, 幾つも, 床を, 引きあけて, 引たつれ, 打ち破って, 打って, 打つ音, 押して, 押し開いて, 拭きながら, 持って, 指さしました, 指さすの, 指差し, 振り仰いで, 掘り出して, 推して, 撲って, 明けたこと, 明け放って, 有せず, 横ぎって紅い, 毀して, 流れすぎるとき, 流れた一つ, 灰色に, 狙って, 白く曇らせた, 眺めた, 眺めたり, 睨んで, 破壊し, 締めた, 締めに, 脱け, 蔽うて, 見たが, 見たり, 見に, 見ました, 見れば, 見上げたり, 見上げる, 見上げるの, 覗きまわったので, 覗く, 跨いで, 蹴破つて一目散, 閉じて, 閉ぢて, 閉て, 閉めきって, 閉めなかった, 閉めに, 閉めました, 閉められて, 閉めるの, 閉めれば, 開いたこと, 開いたの, 開かせたり, 開くこと, 開けさせると, 開けたに, 開けたま, 開けたまんま, 開けと, 開けようと, 開けるん, 開け放つて, 飛び越えて

1 [1097件 抜粋] あおぎ見たる時, あかるくし, あけあたり, あけそうして, あけたが, あけたまま, あけたらいい, あけたら今度, あけたら月, あけたら淡雪, あけたら黄色い, あけたるとき, あけた明るい, あけちまったん, あけっ放す, あけてよ, あけはなしました, あけはなつて, あけようかしら, あけられたよう, あけるの, あける人, あける機会, あけプラットフォーム, あけ往来, あけ放しに, あけ放ったまま足, あけ放つたり, あけ放つという, あけ枕, あけ秋, あっという間にとろとろに, いかにも締, いかに破る, いっしんに, いれた二階, うち開い, うつ年, うづめて咲, おあけよ, おおって, おしひらきて, おし開けて, お清, お開け, かがやかせて, かすかに, かすめると, かたくしめ, きしませながら, くねくねと, こえて, こしらえさ, こちこちに, こつ, このむ, こわしたり, ごらんな, さがそう, さして, さし入れて, さし覗く腰, さへ, しずかに, しつかりしめて, しめさせて, しめたの, しめてベッド, しめて寝床, しめて掛金, しめないと, しめなければ, しめましょうか, しめもう一度, しめようと, しめるには, しめる必要, しめ中央階段, しめ地球, しめ寝床, しめ論文, しめ,戸, しらべそして, じっと見まもっ, じろじろ覗き, すぎる賑わった街, すこし開い, すっかりしめてる, すっかり明け, すっかり開き, すっかり開け放し, すれすれに, そっと押し, そつと, その背景, たたいた, たたきたかった, たたき破り石少年, たたくみぞ, たたく凍りかかった雨, たつた一つ, ちょっとのぞき込ん, つうじて, つけたよう, つけた監獄馬車, つたわって, とおしロ, とざされ外, とざして, とじて, とびだすと, ながめると, なめるやう, にらんで, のぞいたおかげ, のぞいたという, のぞいてから, のぞきこんだが, のぞきこんだわね, のぞきながら, のぞきまわった, のぞくなんて, のぞく部屋, のり越えて, のり越えパイプ, はい出しその, はなれて, はめて, ばたり, ひとつひとつ閉めた, ひらいたその, ひらいたまま, ひらいても, ひらきうねうね, ひらきなむ, ひらきアッ, ひらき掃除, ひらく, ひろくあけ, びりびりと, ぴたと閉め, ふさいだ家, ふさぐという, ふりかえったらそこ, ふり仰ぎました, ほそ目, またぎ越した時, まもり暮らす, みあげた, みたとき, みながら, みな開け, むいてるたの, めぐる各, もう少し細目, もたない, もち清潔, もっとよく調べ, もつレストラン, もれる月光, やぶること, やぶるん, ゆすぶる, よぎりけり, よくしめさせ, よじのぼって, カタカタと, ガタガタと, ガラリと, コツコツ叩く, ジッと, ソッと, ハタと, ポンポンと, メチヤメチヤに, 一つあけた, 一つ一つ丁寧に, 一つ一つ覗い, 一つ開い, 一列に, 一心に見つめ, 一杯開け放した, 一枚明けた, 一線に, 三分の一も, 上手に, 下した, 下して, 中に, 中庭へ, 丹念に, 乗りこえると, 乗り超えた, 乗り越え溝川, 乘り, 二つあけ, 二つ開いた, 二十分ほども, 五つばかり, 仰ぎましたところ, 仰ぐ身, 何か, 作り空気, 使うこと, 全部しめ, 全部塞い, 全部閉めた, 内から, 出たので, 出でし時, 切った松, 切り抜いて, 切り破っ, 劃り, 十分つかっ, 半分開け, 南の, 取毀して, 口に, 叩いた何者, 叩き割ろうとして, 叩く, 叩く者, 叩く雪, 吹く風の音, 圧して, 埋める, 塞ぎ戸, 塞ぐほどの, 壊した, 壓し, 外に, 夜どおし明けは, 大きく影, 大きく開け放つ, 子供の, 射たので, 射るを, 射る稲妻, 少しあけ, 少しきしらせた, 少し大きく, 展いた, 屡々斯ん, 左右からどたりと, 広くあけた, 弁護する, 引きあけると, 引き開きて, 往く蟻, 後に, 思いッきり, 思った, 恐る恐る見上げぬ, 悉く検めた, 想った, 成して, 打ちその, 打ちます, 打つ, 打つ水滴, 打つ豪雨, 打つ霧, 打破ったと, 抜けたよう, 抜け出して, 押しあけ, 押しあけたの, 押しさえ, 押しひらき窓, 押し明け, 押し開き飛鳥, 押す, 押上げたが, 拔け, 持った一間, 持った赤い, 持つた塀, 持つ古風, 指さしながら, 指し最後, 振りあおい, 振り仰ぎました, 振り返ると, 振わ, 振返ったの, 掃ふと, 掛け持ちして, 掠める雪景色, 推しさえ, 推すと, 撫でるばかりに, 撰んで, 撲つ雨, 攀じのぼるとき, 放ち襖, 敲く音, 明けさ, 明けたが, 明けたよう, 明けたるとき, 明けは, 明けること, 明け外気, 明け得るもの, 明け放したま, 明け放ち乗客, 明るく照らし, 明放っ, 暗くす, 暫く眺めてた, 有せぬ, 朝目よく, 板で, 染めて, 検べて, 様々の, 横切った, 残して, 毛布で, 泄れ, 泥土で, 注意深く叩く, 洩れる大幅, 洩れる西日, 流れた, 流れる四角, 漏れて, 潜つた繩の, 激しく揺する, 濡らす巴黎, 照し, 照せり, 照らし出して, 熱心に, 犯して, 狭め畳, 発見し, 登るもの, 皆明けろ, 眺めつ, 眺めながら, 眺めはじめた, 眺めること, 眺め天井, 眺め暮らして, 砕いた石つぶ, 破りおどり込んで, 破り夜空, 破るかに, 破るパテ, 穿つ, 突きぬけて, 突き開けて, 窓を, 窺く, 細く細くあけ, 緑紗にて, 締めたまま紐, 締めても, 締めようと, 締められた弥次, 締めるの, 締め窓掛を, 肱で, 背景に, 脊に, 舐めて, 蔽い, 覆ふやう, 見あげると, 見たあの, 見たこと, 見たまま, 見つける, 見つめた, 見つめだした, 見つめる, 見てさえも, 見ないで, 見まわした, 見やりました, 見る, 見るくだり, 見るよう, 見ろ聲, 見上げたら灯, 見上げた時, 見上げちゃ, 見上げること, 見分けた, 見壁, 見廻したり, 見廻すと, 見止めた, 見詰めつづけいまいましい, 見詰めながら, 覗いたり, 覗かないもの, 覗きこむこと, 覗きに, 覗きましたヨ, 覗き歩い, 覗くもの, 覗く木立, 訪れました, 設けたの, 調べに, 調べ始める, 赤く染め, 越えあの, 越える時, 跨ぐとき敷居, 蹴やぶって, 蹴破ッ, 轟氏の, 迷ひ, 追ふ, 逃れて, 逃道として, 透し眸, 通して, 通し湖水, 通ったとき, 通つて行く, 通ると, 逸れて, 釘づけ, 銃眼に, 鎖じ, 鏡に, 閉ざすと, 閉した様, 閉し電燈, 閉じ元, 閉す, 閉ぢる, 閉ぢ窓掛を, 閉てる, 閉めきつてあつ, 閉めついで, 閉めゆっくり, 閉めること, 閉めると, 閉める音, 閉めリョウマチス, 閉め始めましたので, 閉め窓掛け, 閉め雨戸, 開いたかと, 開いたら直ぐ, 開いた時刻, 開かなければ, 開き, 開きつ, 開きぬ, 開きます, 開き其の, 開き垂れて, 開き眺望, 開くに, 開くよう, 開けい, 開けさせる, 開けたと, 開けたまま, 開けたら病人, 開けてから, 開けなければ, 開けましょう, 開けよう, 開けられると, 開けるようす, 開ける事, 開ける音, 開けッ, 開け尿, 開け放してから, 開け放ち山城丹波地方, 開け放ち星空, 開け放つ, 開け放つと, 開け立てするたび, 開け雪, 附け舷, 除いて, 隔てたやう, 隔てた次の間, 隠すよう, 離れた彼, 離れると, 離れるにつれて, 離れ高殿, 青葉に, 音の, 飛びこえて, 飛び抜けて, 飛び越して, 飾窓らしく, 高く取っ

▼ 窓~ (1679, 7.8%)

34 向って 30 顔を 29 凭れて 15 なって, 近づいて 12 手を 11 腰を 10 出て, 立って 9 倚って, 倚り 8 来て, 肱を, 頬杖を 7 倚りかかっ, 凭って, 凭り, 向つて, 灯が, 眼を, 立つて 6 よりかかって, 腰かけて, 身を

5 [13件] かかって, つかまって, 入る, 凭りか, 向けて, 坐って, 寄って, 映って, 目を, 近づいた, 近づくと, 顏を, 鼻を

4 [16件] あかりが, むかって, よりて, 二つの, 何か, 向いて, 明りが, 机を, 沿って, 灯影が, 置いて, 耳を, 背を, 近い卓子, 近く行った, 額を

3 [21件] かけて, かけよって, くっつけて, しがみついて, よせて, よりかかったまま, カーテンが, 並んで, 人影が, 佇んで, 倚つてゐる, 倚りかかり, 凭る, 寄せて, 灯りが, 私は, 走り寄り, 輝いて, 近い椅子, 靠れて, 面して

2 [88件] あった, あるの, うつつて, かじりついた, さくなり, さして, すがって, すだれ, そよいで, ついて, つかまったまま, とびついて, なりそこ, ぶつかって, ぶらさがって, よれば, わけも, カーテンを, カーテン薄汚, 一つの, 一列の, 並べて, 中った, 乗り出して, 倚つて眺める, 倚りか, 倚りかかった, 倚る, 倚凭つて眺める, 入り, 凭れたまま, 叩かれるたび, 向かって, 向ひ, 吹き込む風, 吹込ん, 坐して, 坐つて, 女の, 寄りかかって, 射す日, 射込み斜向, 当って, 懸け終日, 掛けて, 日の, 映じて, 映つて, 映る火影, 映る自分, 月が, 月の, 月滿ち, 櫛を, 火光が, 灯火が, 燈火の, 現はれ, 生えて, 眺めながら, 立つと, 立てかけて, 簾を, 落ちて, 蝋燭の, 行き, 衝突し, 見えた, 見えるお, 視線を, 起こった現象, 近い寝台, 近く咲き乱れた, 近づけて, 近よりながら, 近寄って, 迫って, 降る, 限られたはるか, 陣取って, 響いて, 頬を, 頬杖つい, 飛びついた, 飛びついて, 飛んでる, 飾って, 馳せ行き

1 [1036件 抜粋] あかりの, あこがれた, あったその, あてがって, あの影, あらゆる種類, あるあの, ある時, ある腕環, ある鏡, いずこ, いた人たち, いつもの, うすい灯, うす黄色くまどろん, うつして, うつったゾッ, うつっては, うつる九月, うつる明るい, うで, おおぜ, おげん, おとづれて, おふたり, お吉, お顔, かかる曇りの, かけた, かけたり, かけた肱, かけると, かじりついて, かすかな, かたくなっ, かぶさって, からんで, きて, こうした小鳥, さきたる, さしこむ星, さした物影, さしながら, さし込みつ, さす小さ, さす間もなく, さへ, さらさらと, しが, しがみつく, したら勿論, しても, しのびこんだところ, しまってる窓ガラス, しろこれこれ, すがりました時私, すぐ近い, すっかり錠, ずらりと真白, せまり室内, そこらぢゆう, その時うつ, たおれかかった, ただ色あかき, たどりつきました, ちかく無花果, ちかよると, ちらと, ついてる鉄棒, つと火影, つばめが, つるして, てりつけて, とどかなかった, とどくよう, とびついては, とびのりすぐ, ともる赤い, とりつきガラス窓, なおも覘い, なつて, なる, のせました, のせ格子, のぼりつきました, はって, はめこまれて, はめたの, はめられて, はり出せ, ぱっと明かり, ひっかかって, ひとり淋しく, ぴかりと何, ぴつたりと添う, ぴつたり顏を, ふっと私, ふるへながら, ぶっつけて, ぶつかる, ぶら下, ぶら下って, ぼんやり海, ぽー, まだ簾, めずらしく賑やか, もたれかかりながら, やったり, よくある, よじのぼりまっ暗, よじのぼり見当, よじ登って, よりかかった阿濃, よりかかってる死人, よりかかりて, よりては, よろけかかりガチャン, わたしたる, アヌンチヤタある, オデコを, カギを, シェードを, スチール写真が, チョッピリ覗い, チラリと, デワナガリー文字で, ヒロインの, ブラインドが, プツ, プロレタリアの, ボールを, メンヒと, 一人の, 一文を, 三つ四つの, 上って, 上りぬ, 下が, 下ろして, 両手で, 並んだ二段, 乗ったまま, 乾すので, 二人の, 二本の, 人が, 伝は, 伸びあが, 似たの, 似て, 低く現, 何かを, 何を, 依りて, 俯伏した, 倚った, 倚つてゐた, 倚つて老人の, 倚つて遙かに, 倚り掛っ, 傾く月, 光の, 入り大いに, 入る空, 内側から, 写真の, 凭つか, 凭つてやはり, 凭つて同じ, 凭つて外を, 凭つて爽烈な, 凭つて眺める, 凭りかかっ, 凭れかかった人形, 凭れた彼, 凭れば, 凭れるやう, 出し, 出した目玉, 出してから, 出で, 出来て, 到るまでの, 千人の, 半透明, 反れり, 反射する, 叩きつける男, 吊された白い, 吊して, 向い, 向いた机, 向うと, 向かった自分, 向き合った壁, 向き合つた壁, 向けちんまり, 向けると, 向った私, 向つてカラ, 向つて不断, 向つて応接間寄り, 向わずして, 吸いつけられる客, 吸付い, 吹きつける, 吹き入, 吹くは, 呻吟せる, 咲いたダーリア, 咲きたる, 噛みつくので, 垂れかけられて, 垂れる, 垂幕が, 声の, 売物, 夕日が, 夜の, 大きな影, 大川の, 大礼服, 女が, 姿を, 子供達の, 學びし友, 家具付き貸間という, 寄ったり, 寄った女, 寄つて外を, 寄り二人, 寄り行きて, 富三の, 寝間着姿の, 対って, 射し込む夕日, 射す月, 小さい菱型, 小説家は, 少し乱れた, 居るん, 居る駒鳥, 屆く, 届くよう, 岬を, 嵌めたり, 巣を, 差入れて, 帆あらはる, 干して, 広い水平線, 弄ぶ, 引かれ室内, 引っかかって, 張った投身者, 張り渡し, 当たる音, 当らぬ部屋, 当るもの, 当る西日, 影ある, 彼女は, 往つて釘を, 往来し, 御札が, 微笑みかけて, 心張棒は, 応じての, 恰度こんな, 慌だしげな, 手が, 打ち込み十余人, 投げかけて, 抵り, 押しつけて, 拗ねて, 拡がつて, 挂くる, 捉まつた, 据ゑて忍ぶ, 掛けられて, 掛って, 掛つて居た, 描かれたステンドグラス, 揺れるよう, 擦り寄せて, 改造した, 文人ご, 明るいので, 明神岳が, 映ず, 映ずる朝夕, 映りさうな, 映るの, 映る不夜城, 映る日影, 映る風景, 昨日までは, 曝せる假粧, 最も濃厚, 望遠鏡が, 朝の, 木の葉が, 束の間の, 来た, 桔梗色の, 梅が, 棚引いて, 此の, 歩み寄ると, 殘り, 毎日毎日映っ, 気を, 求めた白い, 沈思する, 沿うて, 泣いて, 注意を, 流る, 浪の, 涼しい風, 清々しい朝, 滑らせるの, 潰され凹んだ鼻, 火の, 灯を, 点って, 照るとき, 燃えて, 燈が, 燈り, 燈火は, 物思ひ居り, 獅噛みつき, 現る, 現れた女, 現れる例, 現われた, 甘パン, 申訳に, 當つ, 痩せこけた青年, 白い大きな, 白い洋服, 白レースの, 的中した, 直面した, 真赤に, 眺めた彼女, 瞥見を, 石でも, 石油コンロが, 秘密の, 移り庭先, 移ると, 積み弱冠, 穴し, 突出した, 窓は, 立ちつくして, 立ちます, 立つては, 立てるかな, 立寄った, 粗い滝縞, 紅葉山人の, 細工し, 続く谷底, 緑色の, 縋って, 縋りて, 置かれたカーネーシヨン, 置く, 翳さす木々, 翻え, 聞えるやう, 肩を, 肱杖突い, 腕を, 腰かけたまま, 腰かけた彼, 腰かけ黙って, 自分の, 芭蕉の, 花環若干を, 草花の, 落日が, 蓋を, 藤の, 蜂の, 蝶が, 蠅でも, 行きて, 行き黒き, 行って, 襲いかかり矢鱈, 見えなかった, 見える一室, 見える宮, 見せたいばっかりに, 見せたん, 見て, 見られなくな, 見る青空, 覗いて, 覗けて, 触れて, 誰か, 誰も, 賞金を, 赤い熱帯らん, 赤くなった, 走った, 走り寄っ, 跳ね反, 軽く当たっ, 輝きし夕日, 輾転する, 近いところ, 近い位置, 近い壁, 近い小, 近い明るい場所, 近い机, 近い蓮池, 近い針金, 近い食卓, 近きところ, 近き栗, 近くこればかりは, 近くて, 近く並ん, 近く坐っ, 近く寄っ, 近く持っ, 近く机の, 近く紅い, 近く茂っ, 近く身を, 近づいては, 近づきぬ窓, 近づくグレツチエン, 近づけ軽く, 近付いた, 近寄った, 近附き, 迫つてゐた, 透かして, 這い上ると, 連る, 達かんと, 達した時, 遮光幕を, 都会の, 重って, 金色の, 鉄の, 鉄棒を, 錠を, 鎧戸を, 鎧扉を, 開くとも, 間もなく点るであらう, 降り注いで, 降り込めて, 降灰が, 院長が, 障って, 雀の, 雨滴が, 雪の, 霰うつ声, 青い眼, 青く電燈, 面したコンクリート建, 面し輝く霧, 頬づえをついて彼は, 頭が, 額や, 顏さしつけ, 風の, 飛び上, 飛び付き障子, 飛び込む野分, 飛付いて, 飲食物の, 飾れる品, 馳け, 馳せ行き垂れし黒幕, 駆けより, 駆け寄れば, 骨を, 鬼影が, 鳥影小鳥影, 鳴って, 鸚鵡を, 黄いろな, 黄色いカーテン, 黄色い薄日, 黒い鳥影

▼ 窓~ (1083, 5.0%)

63 開いて 41 あって 29 あいて 27 ある 21 あった, ついて 15 あつて 13 一つある 12 一つも 10 あるの 9 ひらいて, 明いて 8 開いた 7 一つしか, 二つある 6 切って, 見えた 5 あいた, ありそこ, 一つあっ, 見えて, 開けて

4 [12件] ありその, あり窓, いくつも, ないの, なくて, まちに, 一つ開い, 不意に, 明るくなっ, 見える, 開かれて, 開け放たれて

3 [17件] あけて, ありました, あります, あるきり, あるので, いくつか, しまって, 一つ, 一つあった, 並んで, 二つあっ, 二つあり, 内から, 切つ, 半分開い, 閉って, 開く

2 [47件] あいたと, あったが, あつた, がらがらと, すっかり閉め, そこに, たった一つ, たつた一つ, できあが, ない, ないので, なかった, のぞいて, ひとつしか, ひどく壊れ, ひらかれた, ほんのりと, ガタリと, ロウモン街の, 一つつい, 一つ空い, 一つ見え, 一階毎に, 三つある, 二つ附い, 付いて, 内側から, 大きいから, 大変あり, 岸本の, 床に, 日光を, 暗くなっ, 暗くなる, 気に, 満月の, 私の, 見えます, 遽かに, 閉められて, 閉め切って, 開かれたよう, 開くと, 開け放して, 高いの, 高いので, 鳴つた

1 [561件 抜粋] あいたが, あいたの, あいたよ, あいた瞬間, あいてるよう, あきそこ, あき娘, あき顔, あくから, あくこと, あくと, あくの, あく音, あけはなって, あけられた, あけられたかも, あけられて, あけられサクラ号, あけられ父親, あけ放されるので, あけ放して, あったかも, あったとしても, あったもん, あつて時, あの通り, ありかすか, ありそして, ありどの, ありますが, ありますので, ありません, ありませんから, ありませんね, ありスリガラス, あり上中下, あり其処, あり右手, あり巨大, あり淡い, あり舗石, あり長持, あり障子, あるあそこ, あるかも, あるから, あるくらいに, あるけれども, あること, あるその, あるだけ, あるだけの, あるっきり, あるという, あるよ, あるん, ある丈, ある小さい, ある彼処, ある計り東の, あんまり多, いずれも, いつのまにだれ, いなずまでも, いびつに, うつって, かすかに, かたりといっただけ, がた, がたがたふるえ, がたんと, がらりと, きつてあつた, きつてあつたさうだ, きらきら華やか, こしらえて, こっちを, このわれわれ, この文, この詩, こみあったデュト, これ程の, こわれそこ, さっと開かれる, さも開き, しかも一丁, しきって, しまると, すぐに, すぐ眼, すこし高, すっかりあい, すっかり凍っ, すっかり壁, すっかり明け放し, すっかり閉, すっかり開ききっ, すっかり開け放たれ, すべて金網を, する, すれちがうとき, ずうっと, ずうつ, そうです, そこから, そこだけは, そつと, それです, それに対して, それは, それを, たしかに十九号室, ただなに, ただ一つ, だんだん小さく, ちょうど扉, ちょっと曇っ, ついては, ついてるきり, つけられてる大きな, とって, とつてあつ, どうしてあいた, どうして気, どの方角, ないため, ない故に, なくどうしても, なく段, なほ家康の, はなはだみすぼらしい, ぱあっとあい, ぱかッと, ぱたんとあいて人の, ぱっと明るく, ぱつと明るく, ひとつ, ひとつあけ, ひとつきりある, ひとつだけ, ひとつも, ひとりでに明いた, ひらいたの, ひらいたまま, ひらかれひとり, ひらかれる必要, ひらかれ気持, ひらき人, ひらき大, ひらく, ひらけ自然, ひろい空, びしやりと閉ま, びりびりと, ふいにば, ほそく開く, ほの, ほのかに, ぼんやりと, ぽかつと, ぽつと, またあい, またたきでも, また女, また開いた, まだたてず, まだ二つ三つあかり, まちの, まちを, まぶしいほど, まぶしく光っ, まるでない, みえる, みんなあい, みんなまっ, みんなまつ, みんな一杯に, みんな開い, もう一度彼, やぶれそう, やられて, よい落ちつい, よく見えた, よく見える, アーチ形の, カーテン越しに, ガラガラと, ガラス戸に, ガラリと, コツコツと, ジリジリと, スルリと, ズラリと, チカチカと, バシーンガラガラという, バタンバタンと, バランバランに, パタリと, パッと, ピンピン音, ポッカリ明い, 一つあい, 一つあったでしょう, 一つあつ, 一つあり, 一つありました, 一つあれ, 一つかたり, 一つずつ, 一つそこから, 一つづつ見える, 一つと, 一つの, 一つぺんに, 一つやられてる, 一つパッ, 一つパツと, 一つ一つ開けられる, 一つ切り開け, 一つ夜空に, 一つ宛都合三つ取付けられ, 一つ疊の, 一つ穿たれ, 一つ見える, 一つ路地の, 一ぱい開け放し, 一ツ開い, 一処二処おり, 一分ばかり, 一勢に, 一大音響と共に, 一斉に, 一時に, 一晩中ばたばた, 一枚切り破られ, 三つ, 三つそれが, 三つつい, 三つとも, 三つ見え, 三つ開け放され, 三間ほど, 上に, 上へ, 上下左右に, 下りて, 下界の, 不思議な, 両開き硝子扉であり, 並ぶ位置, 並んだ真新しい, 二つ, 二つあつ, 二つあります, 二つくらいしか, 二つその, 二つだ, 二つ三つ明い, 二つ乃至, 二つ見える, 二つ開い, 二カ所これは, 二人の, 二寸角の, 二尺ばかり, 二方に, 二月の, 五分の一しか, 五階の, 人が, 今の, 伸びあがっても, 低いので, 低い上, 低くて, 作られて, 例の, 倉庫の, 先づニコリ, 先へ, 入口の, 全部しめ切られ, 八畳の, 凄い音, 出来て, 出来ない時分, 切り抜かれて, 切り拔, 切開かれて, 前面と, 北に, 十二月の, 午後の, 半分ばかり, 南に, 取って, 取つて, 取り次ぎや, 同じよう, 向いて, 向うから, 向うの, 向ひ, 向日葵の, 啓示の, 四つあるゆがん, 四つほど, 四つも, 四方の, 在るので, 城郭の, 塞がれて, 塵除の, 壁に, 壊れたので, 壊れました, 外から, 外れ風, 多い所為, 多くて, 夜の, 大きくて, 大きくなかったら, 大きく破れ, 大きな行灯, 大きな音, 大ぜ, 奥の, 寝台を, 小さいうえ, 小さいから, 小さいし, 小さくて, 少しひらいた, 少し壊れ, 少し見える, 少なく室, 尽くふさがれ, 展い, 展かれ, 展く, 幾つも, 幾箇も, 広く開けられ, 庭に, 廣く開けられ, 引戸を, 張出しに, 彼を, 往来へ, 往来を, 後へ, 悉く鉢植, 愛嬌の, 戸は, 手懸りです, 押開けられ, 描かれ同じ, 明, 明いたり, 明るかつ, 明るくなり, 明るくなる, 明るく一つ切り, 明るく光っ, 明るく輝い, 明放され, 明放し, 晴れやかに, 暗いの, 暮れかけ, 月明りで, 有りまして, 未だ残っ, 東の, 東向きだった, 東向きの, 柔かい陽光, 横の, 歯の, 死人の, 残されたただ, 水に, 海の, 深夜に, 灯の, 灯を, 点々と, 無いから, 無かつ, 燃えるよう, 燐の, 爛々と, 狭くて, 現れた, 生垣の, 白む, 白むころ, 皆しまっ, 真四角に, 真正面に, 真赤だった, 真黒く口, 眼に, 眼には, 眼近くな, 砲弾の, 破られること, 破れたり, 破れて, 破れるほどに, 祟るの, 禅家の, 穴を, 細い格子, 細長い水平, 紺青紫紅緑の, 締って, 締め切って, 締め切つて, 自然に, 花の, 街路から, 見えなかったの, 見えましょう, 見えると, 見えるの, 見えるので, 見える横町, 見える間, 見え繁み, 見られたらどんなに, 規則正しく配列, 覗いて, 赤い, 赤くそまつ, 通りに, 適度の, 部屋の, 鈍い厭, 鈍い鉛色, 錠が, 閉じられて, 閉つてゐる, 閉まった, 閉めきって, 閉め忘れたと, 開いた床の間つき, 開いてるじゃ, 開かれたの, 開かれ鉄人, 開きそう, 開きそこ, 開きその, 開きつや子, 開きカッ, 開きポッ, 開き一本子供, 開き電灯, 開くだらう, 開くで, 開くの, 開くまで, 開くよう, 開け, 開けっ放しに, 開けられた, 開けられたの, 開けられて, 開け放されて, 開け放してあつ, 開け放しに, 開け放たれ新鮮, 開放され, 開放し, 開閉自由なら, 間を, 闇の, 附いて, 陰気に, 雪に, 雪の, 青い水族館みたい, 青白いほど, 静かに, 音も, 音を, 風の, 高い, 高いところ, 高くて, 高く小さく只一つ, 高く開い, 高過ぎ, 鳩の, 鳴つたり, 鶴子が, 黄金いろ, 黒くなっ, 黒漆の

▼ 窓~ (709, 3.3%)

12 開いて 5 一つも 4 あいて, 一列小さく赤く, 内側から, 開かれて 3 しまって, どれも, ない, なくて, みなしまっ, 内から, 西に, 閉って, 閉めて

2 [37件] ありますが, くらく祈祷, ごみで, すっかり開け放し, すぽん, たった一つ, どの窓, なかった, ぴっしゃり閉められた, まつくら, カーテンが, 一間の, 中から, 二つとも, 二人の, 僕の, 南に, 外からでも, 夜も, 宵に, 怎うでした, 急に, 恐ろしく頑丈, 明いて, 明るい, 普通の, 暗かった, 東と, 枯芝や, 格子は, 閉されて, 閉ざされて, 閉まった, 開けて, 閑かで, 雪の, 風を

1 [575件 抜粋] あか, あかあかと, あけたまま, あけて, あけられて, あけ放され部屋, あった, あったが, あつて, あとから, あの通り, いい月夜, いうまでも, いかにも明るい, いずれも, いっぱい開けひろげ, いつに, いつまで, いつもあけはなち, いつもしばらくの, いつもしめ, いつもしめきっ, いつもの, いつも閉され, いつも閉め, いつも障子, いまや貪婪, いやに, いよいよ明るく, いらない筈, うまく明け, おもて, おろかな, お前が, お勝手の, かくしきれない, かさばった寝台, かたく閉, かたく閉ぢ, かなり広い, がらんとして, きっと開け, きつと, きまつて, ここでは, ことごとく開かれ, この一つ, この家, この病院, この通りみな腰, これにも, これまで, こわれて, さいわいに, さすがに, さっきから, さびしげ, しめきったまま, しめきつて, しめきられ室内, しめて, しめてあります, すきとおったこはく, すぐレイ行, すこしずつ, すっかり白く明るく, すっかり閉じられました, すっかり閉めきっ, すっかり開かれ, すっかり陽, すべてがらす, すべてガラス戸で, すべて二重に, すべて厳重に, すべて平素の, すべて締りが, すべて閉め切っ, そこから, そこへの, そのう, そのまんま, その前, その字板, その時, それだけが, それまで, そろそろ融けはじめ, そんなにいつ, たいそう高く, たいてい午前中, たしかに閉められ, ただちに私たち, ただの, ただ一つ, ちひさ, ちゃんとしめてあります, ちゃんと閉, ちょうどゆりかさん, ちょうど明智探偵, できるだけ高く小さく, ところどころ開け放し, どうかする, どうしてもくぐれない, どうだ, どこにも, ないの, なかなかあかず, なく深夜, なし, なんにも, ひとつひとつ闇に, ひとりでに締まつ, ひとりでに落ち, ひどく打ち, ひどく高い, ひらいても, ひらかれて, ぴったりしまっ, ふたつある, ほんの光線取り, ほんの小さい, まず断わっ, またあい, また元, まだあけ, まだうす暗, まだ半ば, まだ所々, まだ睡り, まるで四角, みな目隠しを, みな閉じられ, みんなしまつてゐました, みんな小さく, みんな開放し, みんな開放つてある, むなしくとざされつ, もうよそ, もう前, もう固く, もう戸, もう閉され, もっと深かっ, もとの, やつぱり窓の, やはりまだ明る, やはり開けっ放し, やぶれ火の気, ややものたらない, ゆめな, よく分っ, よく閉まらない, わくの, わざと開け放し, わたしたちの, われわれの, アパートの, ガタンと, ガラスが, ガラスを, ガラス張りのも, ガラス戸が, キリスト教会堂の, クリスマスの, ケンシントン, ジュフレノアイ街に, スリガラスに, スレスレじゃ, スロープの, タンクの, トゥウェルスカヤ通りに, ドウォール, パッサージ, ビセートルの, ビリビリッと, ピシャンと, ワヤワヤと, 一つ一つ余等の, 一つ一つ深い, 一つ一つ眠い, 一ヶ所も, 一丈も, 一尺四方ほどの, 一層黒く, 一杯に, 一軒おきの, 一面に, 丁度向う, 丁度建築物, 三つとも, 三つ共明け放っ, 上の, 下に, 両方とも, 二つあった, 二ツ, 二人が, 五味で, 五階建ての, 人間の, 仄かな, 低くて, 何も, 何事の, 僕が, 先刻私が, 全形が, 全部いつの間にか, 全部まっ, 全部内から, 全部内側から, 全部釘付けよ, 全部閉じられ, 八畳の, 公園の, 六つとも, 六尺だ, 内に, 内部から, 再びと, 凡て密閉し, 凡て鎖され, 初めより, 到底背, 前にも, 前側の, 前室のよりも, 勿論長次郎谷, 北の, 北側に, 北風の, 半ば巨木の, 半分ほど, 半分閉じ, 半分開い, 厳重に, 取りつけの, 只一つ, 名を, 唯だ, 嚴重な, 四つある, 四畳の, 四疊の, 土蔵造りの, 地を, 地上から, 地上数千米の, 地並みの, 地面から, 地面と, 堂内を, 塞がれぜんたい, 塵が, 塵埃に, 壁と, 壊れて, 外から, 外に, 外の, 外部から, 外部では, 夜風に, 大きかった, 大きく取っ, 大きく取つ, 大きく開い, 大分高い, 大部分, 夫, 奇面城の, 好奇な, 始めから, 室と, 宵から, 家の, 密閉し, 寝室のも, 小さいが, 小さかった, 小さくて, 小さく廊下, 小さく鬱陶しくさ, 小黒部方面から, 少なくなり, 屋敷作りな, 屋根が, 山が, 岩疊な, 崖の, 左手に, 広い森, 広い牧場, 広い麦畠, 広く世界, 広く二層, 床を, 庵の, 廊下側の, 建物の, 往来に, 往来へ, 後ろだ, 後醍醐の, 急拵, 恰も此家, 悉く扉, 悉く閉め切っ, 悉く開かれ, 悉く開け放つ, 愚かな, 抽斎の, 抽斗の, 揚げ戸窓, 支柱の, 明い, 明けっ放した, 明けつ放しぢ, 明けて, 明けはなたれた, 明け放された, 明け放しに, 明日に, 時々稲, 智恵子が, 暗くて, 暗くなっ, 暗くなった, 暗く何, 暗紫色である, 暗黒の, 月の, 月夜よりも, 有益ね, 朝蜘蛛の, 未だ暗, 本当に開い, 東に, 東向きだった, 板を, 案外の, 樹木と, 次ぎ次ぎと, 次ぎ次ぎに閉ぢ, 殆ど実物大, 殊にも, 残らずカーテン, 残らず鍵, 残らず開け放たれて, 永い間締切り, 江戸から, 津田の, 流れ風, 浪で, 淡窓の, 深く格子, 湖水を, 滅多に, 漸く外光, 灯影も, 灰色であっ, 無かった, 無くそして, 無数の, 煤で, 爽かな, 犯人が, 瓢箪を, 瓦斯の, 田園の, 甲州の, 町中で, 発見されない, 白く煙り, 皆な, 皆んな塞がつ, 皆んな締って, 皆東南側ばかり, 皆水晶で, 皆牢屋の, 皆締める, 皆透明な, 皆銃弾を, 皆開かれ, 皆雨戸が, 直ぐ, 相不変, 相変わらず開かれ, 相当に, 眞赤に, 真っ暗だ, 真暗であった, 眼の, 眼を, 矢つ, 矢間の, 知らずに, 硝子が, 硝子を, 硝子戸に, 硝子戸を, 神聖な, 秀子の, 空しき眼, 窓わくを, 答える筈, 紙障子で, 細長く尖っ, 締が, 締めたまま, 締めてあつ, 考へ, 背の, 背伸びし, 腰高だ, 自然に, 芭蕉の, 若き二人, 若楓, 蔓草に, 薄明るい, 薄暗くて, 薄月夜, 蛙股の, 衣服に, 西向きで, 西洋風に, 見えない, 見えるとき, 見たこと, 譲の, 豊富に, 赤い煉瓦作り, 起きて, 路地の, 近かった, 通りに, 道に, 遠慮なくぴしゃり, 醫師の, 重げな, 鉄の, 鉄扉を, 鉄格子半, 鉤が, 銅の, 錠を, 鎖され扉, 鎧扉を, 長男の, 門から, 閉したま, 閉じられて, 閉つ, 閉つてゐた, 閉まって, 閉まりやがて, 閉めたまま, 閉め切って, 開いたの, 開いたま, 開いてるよう, 開かず, 開かなかった, 開かれた, 開かれたまま, 開けたま, 開けつぱなし, 開けても, 開けられなかったが, 開け放して, 開け放たれたまま, 開け放つたま, 開放された, 開放せられ, 防寒の, 随分細かい, 雨に, 雨戸が, 雨雲の, 雨雲色に, 雪明りで, 霰弾の, 霰弾を, 静かに, 静に, 非常に, 音を, 頑丈な, 頭の, 髑髏の, 高いので, 高いよ, 高かった, 高くて, 高く大きくそ, 高さ十尺, 鳥かごの, 黒い布, 黒く寂しい

▼ 窓~ (378, 1.8%)

30 の景色 15 を眺め 13 の風景 7 を見 5 に眼, を見た, を見れ 4 は春, へ眼, を見る 3 に目, の月, の眺め, の空, の闇

2 [17件] の光景, の名, の庭, の新緑, の方, の板, の樹, の津軽平野, の緑, の雨, の雪景色, の青葉, の風, は愁, へ目, を覗いた, を覗いてる

1 [237件] からうった, からお, からよく, からボン, から吉原, から噛みつく, から妙, から室内, から弾丸, から毛, から頻りに, がだんだん, が鉄道線路, では恰度, では見, では雪, で人声, にある, にうつりゆく, にきらめく, にさし向けた, にしのびより, にその, にそびえ, にそらした, にそれ, にちょっと, にとん, になげた, にはふり出した, にはまだ, にはもう, にはやはり, には松竹, には秋雨滝, には箒, には緩い, には蒼白い, には都会, には麻畑, にほ, にジリジリ, にスクスク, に五月, に八手, に動く, に口笛, に吐き捨てたらしい, に向, に向き, に囁き至る, に展開, に平身低頭, に往, に感じる, に懸け, に投げ出された, に投げ捨てた, に放つ, に放りだした, に日, に昔ながら, に泣き叫ぶ, に火, に眺め, に立てり, に編輯局, に老松, に落したる, に蜜柑山, に見, に見え, に見た, に見られた, に転じた, に輕, に迫った, に金粉, に雨後, に青々, に青く, に顔, に颯爽, に飛び出した, に飛び行く, に馬, のうすれ行く, のかう, のしめやか, のすばらしい, のもの, のザアザア, のチンドン屋, の一本, の七里ヶ濱, の光, の光線, の冬景色, の吹雪, の壁板, の大雪, の天, の小舎, の展望, の山, の庇, の庭あたり, の弟, の日光, の日本, の春, の暁天, の暗い, の暗闇, の暮色, の木, の木々, の木斛, の松風, の枝木, の柿若葉, の梅, の森, の植込, の池, の漂, の爽, の物, の物々しい, の田圃, の白い, の白雲, の石壁, の空模様, の築地, の索寞, の細雨, の縁日, の膚, の自然, の草木, の菩提樹, の葉桜, の薄, の躑躅, の追, の遠い, の野, の隣り, の險, の雨音, の雪, の雲, の音楽堂, の風塵春, の風物, の飄々, の飛ん, の駒, の騒音, の高杉, の鳥, の鳥声人語, はあの, はいよいよ, はす, はたしかに, はまだ, はまっ, はまるで, はもうすっかり, はやや, はようやく, は一面, は凡景, は広野, は月, は朝, は枯草, は糸杉, は茫寞, は蒼茫, は雪, ばかり気, へきた, へ伸び上がり, へ傾げる, へ散, へ聲, へ走り去った, へ飛び出すだろう, へ首, も透明, より限り, をかすめる, をしきりに, をすかし, をすぎ, をすべっ, をぢ, をながめ, をのぞいた, をのぞき見る, をのぞき返し, をみ, をみつめ, をみる, をも眺める, をゆく, をセリ, を吹きすぎ, を呼び歩く, を呼び過ぎる, を夢中, を後方, を打, を打ちながめぬ, を指し, を樂, を注視, を眺, を眺めた, を眺める, を眺め遣った, を睨む, を示した, を行く, を見まわし, を見よう, を覗き込む, を覗く, を通り, を通りすぎる, を過ぎ去っ, を過ぎ行く, を駛, ヲ見

▼ 窓硝子~ (347, 1.6%)

8 の上 6 をとおし 4 に自分, に顔, の中, の外, の破片, を透し 3 に当っ, に手, に映る, に顏, の向う, を打つ

2 [25件] がところどころ, が割れる, が跡方, ごし, ごしに, にでも映る, に当, に長く, に頬, に額, の入替え, の壊れる, の曇り, の真ン中, の破れ, の穴, は斑ら, をかすめ, をコツコツ, を割る, を寒, を指, を洩れる, を見る, を開け

1 [241件] かな, からの光, からやつ, からテーブル, から南風, から差, から赤い, から輝, から通行人, から間近い, があっ, がぎらぎら, がすっかり, がぼーっと, がめちゃめちゃ, がわれ, がガタガタ, がググーッ, がパン, がビビビーン, がビリビリ, が一どきに, が上, が二枚, が人, が仄, が光った, が割れた, が厚い, が壊れた, が壊れる, が外, が振える, が月影, が木葉微塵, が水, が水底, が波, が滅茶滅茶, が火, が無く, が照空灯, が破れた, が箝め, が見える, が軋み, が連続, が鋭い, だけをきらきら, と羽目板, などに凍りついた, なんか何, にあたって摧, にうつっ, にうつつ, にうつる, にこびりつい, にちらちら, につい, についた, につく, につもる, にはげしく, には大粒, には濤, には若い, にぼーっと, にまっ青, にも, に似た, に何, に出来る, に吹きつけられた, に四人, に寄せる, に庭, に張りつける, に当てた, に当り, に打ちつけられた, に描かれた, に日蔽, に映った, に映つた, に漂った, に照りつけ, に爪, に男, に画かれた, に疲れた, に白い, に白く, に真っ赤, に眼, に着ける, に砂ほこり, に砕けた, に粉雪, に緑, に美しく, に英霊, に見る, に赤い, に近い, に迫, に迫つて, に遮られ, に雨, に雨粒, に雪, に霧, に響く, に頭, のこわれた, のところ, のはためき, のパテ, の中央, の価値, の傍, の光った, の前, の割れる, の取替え, の向, の向こう, の夕陽, の小, の張, の怪音, の悉く, の所, の方, の焼, の白く, の真ん中, の破れた, の紫, の落ちた, の蔽物, の表面, の隅, の震動, の音, の鳴った, は, はことごとく, はさんざん, はところどころ, はひとり, はむろん, はよごれ, は一枚, は光線, は彼女, は月光, は町, は部厚, は非常, は鳴る, へぶちあて, へぶっつかった, へ人影, へ吸いつく, へ帽子, へ穴, へ透かし, へ部屋, へ重い, へ雨, も, もついてない, も壊れ, や床板, より微か, をおろし, をがらがら, をこうして, をすかし, をた, をたたい, をたたく, をつついた, をはたはた, をふい, をまぶしく, をわれ, をカーテン, をトントン拳, をビリビリ, を一枚, を入れかえる, を全身, を全部, を切っ, を匐, を去った, を古い, を叩い, を叩き割る, を叩き破った, を堅く, を壊し, を壊した, を壊す, を外, を大, を射透し, を急い, を打, を打ち抜いた, を押し破り, を拭い, を拭き, を拭きます, を持つ, を指先, を挟ん, を撫で, を映す, を曇らし, を洩り, を淨め, を破った, を破る, を破壊, を破損, を端, を裂い, を見つめ, を貫い, を越し, を透い, を通してシャンデリヤ, を通して外, を通して室内, を通して映る, を過ぎ, を離れ, を風雨, を鳴らす

▼ 窓には~ (319, 1.5%)

8 カーテンが, 鉄格子が 5 鉄ごうしが 4 内側から 3 ぜんぶ鉄格子が, 丈夫な, 灯が, 簾が, 鉄の

2 [20件] すだれ, その時, シェードが, 何の, 八つ手や, 内部から, 午後一時過, 半蔀, 厳重な, 女の, 日覆いが, 日覆ひ, 早川の, 格子も, 汚点だらけな, 細いけれども, 誰も, 近く迫つて四五本の, 障子が, 頑丈な

1 [239件] あかあかと, あついビロード, あの女, いつもの, いつ水, いろいろと, いろんな物影, い上り扉, かぎを, かすかな, かっこうの, かんかんと, きいろい明り, きりぎりすの, くらくなった, こうし, ことごとく帷, この家, これから顔, こんなにみんな鉄柵, さびた鉄ごうし, さも頑丈, しらじらと, すっかり白い, すっかり金網, すっかり鎧戸, すつかり, その菖蒲, たくさんの, たしかに板ガラス, たしかに白い, どうやら人影, なつかしい一本, にこにこしてる, のこらず鎧戸, ぱつと電氣が, ひとりでし, ひ上つて, ほとんど行かれない, また例, また黒い, まだブラインド, まだ厚い, まだ殘, まだ火影, まだ鎧戸, みな外が, みな格子が, みな白い, みんなカーテンが, みんな鉄ごうしが, みんな鉄格子が, もう冬, もう日かげ, やせた手, ゆらぐアカシヤ, よろひ戸, カレーライスの, カーテンを, ガラスが, クモの巣が, ゼラニウムの, ドアの, ポーッと, 一日日が, 一枚の, 下から, 下に, 中から, 乗客の, 亀裂が, 二三反の, 京都の, 人が, 人だかりが, 人の, 人影が, 人顔が, 低い忍返し, 何時までも, 全部格子が, 全部鉄格子が, 共鳴装置を, 其の菖蒲, 内部の, 出して, 分って, 午後五時の, 厚く蔽い, 及ばぬ直ちに, 受附と, 古畳, 囚人が, 四人の, 塵に, 売家と, 夕陽が, 多くの, 夥しい男, 大きなテッディ熊, 大きな鉄, 大きな鎧戸, 天体儀と, 太だ, 女子供新しき, 妙に, 家族中の, 寒冷紗が, 小幡氏の, 小鳥縁先には, 尽く金網, 巡査と, 巨大なる, 平和な, 庭の, 弟たちの, 強い日光, 戸が, 戸も, 戸締まりの, 手を, 指一本触れ, 掛金が, 掛金を, 採光の, 料金表が, 既に燈火, 日が, 日除が, 旨そう, 旭が, 明, 明かるい, 明るく火, 明治時代風な, 昔と, 昨夜の, 昨日の, 時々薄日, 月の, 朝日が, 朝日の, 朝顔の, 木綿更紗の, 板を, 板戸を, 柿の, 様々の, 櫺子格子が, 殺された門番, 毛氈垂れ, 淡紅色を, 深くカーテン, 瀟洒な, 火焔の, 灯がとも, 灯も, 灯影が, 灯火が, 灰白色の, 燃えるよう, 燈火が, 爽, 牢格子の, 番が, 白いカアテン, 白いカーテン, 白い布, 白い透い, 白い顔, 白と, 白地に, 百合や, 皆銅の, 監獄に, 盥が, 相變ら, 真鍮の, 眼隠しの, 硝子板なんて, 稗蒔の, 空の, 窓の, 窓を, 窓ガラスなどは, 窓帳が, 窓掛けなく, 窓掛畳には, 竹の, 竹簾が, 粗悪な, 紅い硝子, 紅い首輪, 紅葉しかかりたる, 組合に, 絹の, 背後から, 腐れかかった蓆, 艇員の, 花毛氈の, 若葉の, 薄地の, 薔薇形窓が, 蚊除けの, 蜘蛛が, 蜘蛛の, 蝶番ひ, 褐色の, 見物の, 赤い塗り, 赤い花, 赤と, 赤旗が, 踊り子が, 重いカーテン, 重り合った真白, 金糸や, 鉄格子の, 錆び捩れた鉄格子, 鍵が, 鎧戸が, 長くすんなり, 長く広い窓掛け, 隙間なく, 雨後の, 電気が, 電灯の, 霜の, 霜除けも, 靄を, 青い月, 青い空, 青や, 非常に, 風鈴が, 黄の, 黄色の, 黄金色なる, 鼠色に

▼ 窓~ (312, 1.4%)

13 顔を 11 行って 6 かけて 5 腰を 4 よって, 向って, 行った, 近づいて, 首を 3 吹きつける煤煙, 寄って, 手を, 目を, 足を, 近寄って

2 [16件] はいのぼっ, 凭れて, 出るには, 向けられた, 向つて, 廻ること, 来て, 槍を, 眼を, 石を, 立って, 綱を, 薄日の, 行つた, 額を, 飛付き死

1 [207件] あかりが, あわただしくその, いきじぶん, いけました, いざり寄って, いそぎました, いつて, うつすこと, うつすこれ, うつすこんな, おおいかぶさったよう, お廻り, お雪, かえる, かけつけましたが, かけよって, からまり朝顔, こけかかって, さしいれられた, さわやかな, すえられて, すつかり, すれすれに, その頃組織, そり身にな, たらたらと, だつる町, つかまりその, つるしとくよ, とどきません, とびあがり扉, とりつけて, とんで, のし上って, のぞいて, はり出したの, ばらばらと, ひらかれた恐怖, びちやびちやと降りかかつた, ふかく乗せた, ふきつけて, ふと眼, ぶらさ, まともに, やって来た, やっと一つ着付人形, やつと, よじのぼって, よじ登って, よると共に, スーッと, ソッと, ピントを, ボウと, ボーッと, 丁度一本の, 上げると, 上ったり, 五ツ六ツ土地の, 今朝さいしょに, 今朝最初に, 以前の, 会釈を, 伸ばした彼, 俯伏し, 倚って, 入りきる山, 入れて, 内から, 出して, 出られないで, 出ること, 出ると, 出るにも, 取付く, 右曲りの, 向けたまま, 向けて, 吸い込まれて, 吹き込むほこり, 吹出しては, 告げた, 呼びかけた, 圧し返そう, 地上に, 外を, 夥しい洗濯物, 大きな眼, 寄つて唐草模様の, 寄つて外気を, 寄りました, 寄り添うでも, 寄る, 寝衣, 射して, 射しました, 射抜くやう, 小石の, 届いたので, 差入れた, 帰ったとき, 張つて置く, 当ります, 往復しました, 後ろを, 忍び寄れないこと, 忍んで, 戻り二晩分十円先払い, 打ちつけて, 投げつけた, 投げつける, 投げて, 投げ込むので, 持ち出した時, 持帰った, 挨拶の, 掛け渡した, 探照燈, 掻きあがろうと, 散るしん, 散込んだ錦葉, 日が, 朝顔の, 来た女, 来た小鳥, 来ますと, 松の, 樂に, 横向きに, 歩み寄った, 毬投げつ, 汽車の, 注がれて, 渡ったに, 潜り込む工夫, 照, 片肩, 片足を, 物干, 物見に, 獅噛みつい, 現われた, 登るより, 白い蛾, 直接手を, 眼の, 石なんか, 突っこむと, 窓から, 立ち寄って, 竹の子竹と, 筍伸びき, 糸瓜の, 紅を, 細工を, 続く八ツ峰, 翳したの, 背中を, 落ちて, 葡萄棚の, 蜘蛛が, 行きそこ, 行く, 行けるだろうか, 行ったり, 衝と, 裏から, 視線を, 覗き込ん, 言葉を, 貼って, 赤い燈, 赤い燈火, 走り寄った, 跳びあがるその, 踏台でも, 近く行った, 近ぢ, 近づいた, 近づいた樣子, 近づくこと, 近づくと, 近よった, 近よって, 近寄り頼母, 返って, 送る, 逃げて, 逃げ帰りどう, 連れて, 進んで, 運んで, 鈎跡の, 雨が, 頭だけ, 飛びついた風船売, 飛びつき真暗, 飛び上って, 飛び上ると, 飛び付いたが, 飛んで, 飛上っ, 駆けつける, 駆け寄ると, 駈けよった, 駈け寄って, 鳴りわたつて来

▼ 窓ガラス~ (285, 1.3%)

9 に顔 5 ごし, の上 3 に額, の中, を透し

2 [17件] からはうるんだ, がドシン, が一枚, が壊れ, が破れ, にぴったり, に映っ, のよう, の向側, の外側, の青い, の面, をこわし, を一枚, を打っ, を見, を震わし

1 [223件] からじっと, からスーッ, から外, から彼, から空気, がきれい, がこわれてる, がさびしく, がす, がやぶられた, がようやく, がわれた, がわれ屋根, がガラガラ, がコトコト, がビリビリ, がメチャメチャ, が割れ, が割れた, が四五枚, が外, が大方, が日光, が滅茶苦茶, が爆音, が皆, が緑, が見え, が見る, が軋む, が輝き, が鳴る, ごしに, だったので, でした, ですか, でもこわせ, で家, で際立っ, で顔, とが食後, と向う側, と雪, などはなく, にあたっ, にあたった, にあたる, にうつる, にからだ, にくっつけ, にこの, にさしてる, にすりつけ, につきあたっ, につけ, にねじ向けた, にはまだ, にはもう, には一晩中眠り, には一筋, には大きな, には影絵, には明るく, には赤い, にぶつ, にぶつかっ, にぶつかった, にぺったり, にぼんやり, にまっすぐ, によってわたし, にパテ, にピッタリ, に三日月, に乗客, に五色, に人, に使われる, に向け, に大きい, に室内, に押し, に明るく, に映った, に映る痩せこけた, に火, に白, に穴, に絶えず, に耳, に若い, に貼っ, に釘, に雪, に音, に頬, のある, のうち, のかけら, のがたがた, のすぐ, のそ, のところ, のむこう, のやう, のわれた, のバリバリ, の亀裂, の二枚, の傍, の内側, の前, の半分, の反映, の向う, の向こう, の外, の外一枚, の影, の後ろ, の怪しい, の掃除, の方, の枠, の框, の爆風, の霜, はがらがら, はこわす, はこわれ, はするする, はつめたく, はほとんど, はまた, はみんな, は一つ, は一枚, は変, は夜空, は大きな, は時々, は殆ど, は破れ, は破れ放題, は透明, は雨, は雨つぶ, へ当て, へ指, へ近づい, もたちまち, もない, も一枚, も茶色, も道具, も電燈, やウィンゾール石鹸, やドア, をあけ, をお, をおろした, をかすめる, をかた, をがたがた, をこわす, をこわせったら, をすかし, をそっくり, をたたい, をたたきやぶっ, をたたきやぶれ, をたたく, をばたばた, をびりびり, をぶっ, をぶつ, をほ, をぽとぽと, をもと, をよく, をガタガタ, をキラキラ, をパタパタ, をビリビリ, を一つ, を全部濃藍色, を凍らせ, を切り, を切ろう, を割る, を叩い, を叩いた, を叩き, を叩き割った, を壊した, を張りつめ, を打ち破った, を打った, を打つ, を拭い, を拭き終えた, を拳銃, を指, を振動, を掠め, を掠める, を毀した, を白く, を破っ, を破り, を肱, を見せ, を見る, を誰, を調べ, を越し, を通して内, を通して射しこん, を通して影, を通して往来, を通して現われた, を閉める, を除外

▼ 窓~ (245, 1.1%)

8 雨戸も 4 ない, 戸も 3 ありません, 扉も

2 [17件] あった, ある, しまって, とざされて, ないし, なかった, 何んにも, 作ること, 入口も, 年代の, 玄関も, 皆それぞれの, 見える, 閉ざされて, 閉って, 開けて, 開け放して

1 [189件] あいたよう, あかなければ, あけず枕もと, あけたれば, あけられて, あけられぬ位, あけられますよ, あける, あって, あるね, あるのに, いつでも, うばらに, お玄関, かのま, くずれて, ぐるりに, これ以上の, ごく普通, しっかりと, しまったまま, しめきったまま, しめさ, しめさつし, しめられ賑やか, しめるの, すっかりカーテン, すっかり明けました, すっかり暗く, すっかり熟睡, すっかり釘, すっかり閉め, そこに, それからバルコン, それから出入口, だいじょうぶです, ちゃんとしまり, ついて, ない二階建, ない盲目建, ない箱, なき灰色, なき牢獄, なく, なくた, なくて, なくまさか, なく外, なく開け, なく風窓, なければ, なんにもない, はいり口, ひらかれ外, ひらきそこ, びっしりと, ふすま, ほんのちょっと, またあけひろげられ, またこの, また大きかっ, また薄暗く, まっ暗で, みなかけがね, みなそうだった, みな閉され, みな閉じられ, みな閉められ, みんなしめ, みんなしめきった, みんなまっ, もう閉めた, や, やはり木, よく合わさっ, スタンドも, スルスルと, ドアも, ピッタリ締切っ, 一つある, 一つ見える, 一つ開けた, 三階の, 仄明るかっ, 他の, 元の, 全部内側から, 全部板を, 全部閉って, 其許の, 内部から, 出入口も, 勿論みんな内側, 厳重に, 同じやう, 同じよう, 同じ色, 同様に, 四角である, 塞がりたるやう, 壁も, 多くひっそり, 大きくございません, 天窓も, 容赦なく取毀され, 密閉され, 小さいの, 屋根も, 店内の, 廂も, 引き上げて, 当時と, 彼の, 念入に, 戸口も, 押しあけて, 放たれない現代, 文化の, 明いて, 明け放したまま, 明るくかがやい, 明るくなった, 明るく点灯, 有る窓, 棚も, 楽しく明るかつ, 毀れて, 沢山持っ, 海の, 烟出しも, 無い, 無かった, 無ければ, 煙突も, 煤けた入口, 皆しまっ, 皆んな閉めき, 皆んな閉め切っ, 皆内側から, 眞中に, 眞暗に, 真中に, 真暗で, 真暗であった, 真暗に, 眼に, 硝子に, 硝子も, 硝子扉も, 窓の, 窓掛けも, 箪笥の, 締って, 締められて, 締め切って, 締りを, 芭蕉朽ち, 蔽うほど, 襖も, 西洋がかりで, 見えて, 見られないよう, 見られない状態, 赤くなっ, 赤旗である, 辛うじて開い, 釘づけ, 鉄棒が, 鎖されて, 鎧扉も, 長次郎谷も, 門も, 閉つてゐた, 閉めきって, 閉めたの, 閉めて, 閉められて, 閉め切って, 開いて, 開き夜な夜な, 開けっぱなしは, 開ける, 開け放しに, 雨戸もし, 青葉で, 面白いが, 顔も, 高い, 高く小さくし

▼ 窓からは~ (217, 1.0%)

2 [13件] いろいろな, すぐそば, はいらないの, 一人の, 井戸端の, 人の, 午後の, 宏大な, 山の, 竹藪や, 逆光線を, 雨に, 雪の

1 [191件] あかりが, あたりの, あの秋子, ありし日, いかにも浮世, いつたら, いつも漆黒, いまにも, いまも, いるから, いるなんて, いる光, いる風, うすい桃色, こどもの, さつきの, しめやかに, すぐ向, すやすやした, せまい裏通り, そのほんの少し, その美しい, そよ, ただ茫, だれも, ちょっと入れませんでした, でこでこした, なかの, なれた眠, なれて, のぼる術, はいれなかったの, ひ出しました, ほんの湖水, まだ肉体, まるで嘘, もうどうしても春以外, もう見えなくなっ, やつぱり一人の, ジャヴェリが, セメントが, チェリーの, テール, パリーの, ブリキの, モンパルナスの, ラジオの, ランビァンの, ランプの, 下の, 下ノ関の山が, 二重ガラス越しに, 云い合わせたよう, 京都の, 人々が, 仔牛が, 伸子に, 何が, 例の, 僅かに, 内部の, 冷い, 冷たい風, 初秋風, 古画の, 古畫, 喪服用の, 国境の, 国旗が, 地盤の, 地蔵鳳凰駒の, 塀越しに, 墓地の, 墓地は, 夏の, 外の, 女の子が, 好きな, 姿が, 宵っぱりな, 家族の, 崖の, 幅三尺の, 幕を, 幽暗な, 広く暗いネ, 弱い明り, 往來を, 意味の, 愛鷹山を, 成る程医師, 手入の, 折からの, 捺染更紗の, 数本の, 新しく線香, 旅客の, 既に手, 日が, 明るい午後, 明るい日, 明るい陽光, 晴れた四月, 晴れた空, 晴れやかな, 暁の, 暖かそう, 暮色の, 朝の, 朧夜の, 来て, 柔かい春, 柳の, 楡の, 武蔵野の, 死人の, 殆ど眞下, 毎日の, 毬栗頭の, 決して首, 河と, 洗うよう, 流石に, 海棠や, 涼しい風, 涼しげな, 淡い火影, 渚に, 湯上りらしい, 澄清な, 灯火が, 灰色の, 無数の, 煉瓦塀越しに, 燻つた黒い, 甲斐東部の, 男の子や, 白いカーテン, 白い光線, 白樺と, 百燭ぐらいの, 皆三の, 真白い女, 神さまの, 空樽を, 素晴しい, 素晴らしい鮭, 線路に, 線路の, 美しい木, 美しい花園, 群立した, 羽生から, 背の, 芝庭の, 花輪や, 英語を, 草の根から, 蔭に, 薫物や, 街路樹の, 表は, 見えずしたがって, 見えない, 見えないの, 誰だって, 豚の, 貧弱な, 赤あかと, 起伏した, 足柄二子が, 路地の, 近く香貫徳倉の, 逃げられさ, 運動場の, 遙かに, 遠いが, 遠く森, 閑雅な, 陽が, 随分沢山, 障子を, 霧を, 青々と, 青い服, 青い空さ, 飛ばずに, 駄目だ, 魚の目の, 黄色い落葉松, 黒く黄

▼ 窓~ (200, 0.9%)

11 の上 6 に頭 5 のなか, の中 4 に手, のところ 3 にのせ, に両手, に腰, の外, へ頭 2 に打ちかける, に靠, に頬杖, に額, の, の縁, を叩き

1 [136件] からだんだんに, からも消え, から自分, があつ, がちょうど, が古い, が少し, が折れ, その古い, でハンカチ, で日, となっ, とを痛, と一緒, などを照, なの, にある刳り, におしつけ, にかけ, にぐったり, にし, にしがみつい, にしがみついた, にしっかと, にしっかり, にすがりつい, につい, につけた, にのこっ, にのせた, にのった, にのぼっ, にはめ, には桃色, には縄梯子, にぶら下がらせ, にも窓下, によりかかっ, によりかかり, に両, に並ん, に乗, に向っ, に噛まれ, に噛りつ, に干し, に彼ら, に打ちかけた, に指先, に昇つて海辺, に横合, に気, に片, に獅, に白い, に硝子板, に突, に立ちあがつ, に置いた, に肘, に肱, に腰かけ, に腰かけた, に腰掛けた, に載っ, に靠れ, に顎, に顔, に飛びついた, に飛び付かう, に黒い, のがたがた, のほか, の一つ, の上下際, の下, の下敷き, の傷跡, の円形, の処, の前, の周囲, の四角, の埃, の奧, の左, の怠け, の方, の日当り, の木, の桃色ペンキ, の桟, の欄壁, の盆栽, の硝子, の置かれた, の西洋葵, の鋼鉄, の間, の間々, はしまっ, はなくなり, はよく, は古く, は往来, は新しく, は百合子, は近頃殆ど, は鋼鉄車, へあちら向き, へおしつけられ, へ乗っ, へ凭, へ手, へ支那提灯, へ紙, へ置いた, へ腰, へ腰かけ両手, へ飛び下り, や燕, や絨毯, をそっと, をもった, をピシリピシリ, を丁度, を上げよう, を両手, を利用, を力, を取り, を眺め, を組み込ん, を足がかり, を飛び越え, を飛び越えた

▼ 窓~ (186, 0.9%)

8 の間 6 の隙間 5 の後ろ 4 に手 3 が風, を通す

2 [12件] に女, に映つた, のない, の外, の紐, の裏, は垂れ, をおろし, を卸し, を引い, を透し, を透した

1 [133件] から滑り込ん, があつ, がすっかり, がすんなり, がどう, がなく, がスルスル, がダラリ, が上っ, が下がっ, が下げ, が下り, が人気, が人氣, が古び, が大抵, が左右, が帆, が引かれ, が引かれてる, が引き絞った, が急, が懸かっ, が緑色, が見える, さえ同じ, だ, だと, である, で飾つたそこ, と, といい, とか新しい, とその, とは調和, と一緒, につい, にでも染めたら, に凭, に半ば, に合歓, に日, に春, に正吉, に潜ませ, に色彩羅馬, に見る, に觸, に遮られ, のうち, のじとじと, のとこ, のひだ, の下, の後, の搖ぐほとりに倚子, の桃色, の深い, の総, の縁, の色, の裾, の襞, の隅, の隙間越し, はお, はすっかり, は世の常, は今日, は明, は海老茶, は緞子, は長く, は降り, まで日本, もない, も何, も椅子, をあけなどす, をあげ, をおろす, をおろせ, をかけ, をさらさら, をし, をつけさせた, をつけなけれ, をひき, をもたげ, をコツコツ, をマクリ, を一枚, を上げ, を下し, を下ろし, を両手, を件, を初め在, を卸した, を卸す, を垂れ, を天井, を少し, を引きおろした, を引きました, を引く, を後, を念入, を手, を払, を払つて朝, を押しのける, を押し開けた, を拂, を拵, を拵えました, を捲い, を掩, を掲げ, を残らず, を片寄す, を片寄せ, を眺め, を窓, を絞った, を透し視る, を透す, を透視, を開いた, を開く, を開け, を開けた, 別にレエス

▼ 窓~ (182, 0.8%)

5 の机 3 に立て, の庭, を通る 2 に待っ, に来, に達し, の流れ, の草, へ行っ, を流れ

1 [154件] から, からの声, からもその, から厭, から聞える, ががりがりごりごり, で, であるっ, でこと, では提灯, でハーモニカ, でバタバタ, でフロラ, で声高, で弦三, で流し, で番匠鹿子, で純, で純粋, で芝居, で足, で雨, で静か, で飼っ, と戸口, なんぞに座, にいる, にし, にすり寄り, にすゝ, になる, にねらい, にはクルマ, にはフライ鍋, には三人, には女, には香り, にぴたり, にも三津子君, にやつ, によって室内, にガラガラッ, にセレナド, にピン, に伏せ, に佇み忍ん, に保, に倒れ, に参ります, に寄った, に寝, に幾時間, に座りく, に座りくずれ, に彳, に彼女, に忍びよった, に戻つ, に据えられた, に据える, に捲きおこつた, に昔, に来る, に立った, に立つ, に聞えた, に蚯蚓, に見聞, に読書, に起る, に近づいた, に集まっ, に駈けつけ, に高, のあたり, のところ, のボツクス, の丁字, の中庭, の二人, の口笛, の噴水, の地べた, の大八車, の子供, の学生, の屋根, の川二間四方, の往来, の戸際, の掘割, の梧桐, の椅子, の水, の浜辺, の海, の溝川, の点滴, の狹, の画塾, の石, の石垣, の砂浜, の空気抜き, の紫檀, の緑色, の花, の荒削り, の葉蘭, の薄, の襖際, の通り, の道, の野菜畑, の青桐, の静か, は男下駄, へかけ, へどしん, へはどんな, へ参りました, へ受けとり, へ姿, へ寄りたかつ, へ忍び寄った, へ掘った, へ来, へ来かかる, へ来ます, へ石, へ身, へ近づい, までもおし, まで近づい, や此方, より径, を, をす, をすぐ, をロアイヤル橋, を往, を指した, を歩く, を淙々, を素通り, を編笠, を見る, を見降し, を覗く, を通っ, を通った, を通つて行, を通りぬけ, を離れた

▼ 窓越し~ (164, 0.8%)

8 に外 7 に見る 6 に見える 4 に往来, に見た 3 に眺め 2 にちら, に向い, に弟子, に戸外, に覗い, に顔

1 [120件] にあわて, にいかめしい高い, にうごく, にうしろ, にお, にお話, にかき出し, にこちら, にこの, にじっと, にじろじろ, にすぐ, にそこ, にその, にちらっと, にでも見覚え, にながめ, にのぞかれ, にほ, にまた, にまで聞えた, にソッ, にチラチラ, にハツラツ, にブッ, にマロニエ, にルミ, に一寸, に一種味気, に並木道, に中庭, に主人, に乱射, に事務所風, に人, に今, に仰ぐ, に内部, に初冬, に前方, に同じ, に向い合っ, に向う, に向う側, に呼びかけ, に大里町子, に太い, に太陽, に富士, に寝静まっ, に対岸, に射撃, に小判, に少し, に川, に工場, に差し出された, に庭, に彼, に快い, に息子, に手渡した, に日吉, に晴れ渡った, に暗い, に月, に月おし, に机, に東, に柳, に横目, に此方, に母, に洩れ, に淡, に深夜, に灰緑色, に熱心, に看護婦, に眼, に短銃, に私, に空, に突かれた, に立っ, に聞え, に背後, に花壇一杯, に菜園, に表, に見, に見えました, に見かえる, に見ました, に見届け, に見透かし, に覗き, に覗き込ん, に観察, に話, に話す, に赤さび, に赤錆, に辷っ, に遠く, に部屋, に鉄砲, に鉄道馬車, に隣り, に隣室, に雲, に青天, に青白い, に響い, に頼む, の大空, の歩廊, の私, の裁断機, の雨

▼ 窓~ (153, 0.7%)

6 窓との 5 窓の 4 いっても 3 いう, 一つの, 云う窓 2 その窓, 反対の, 右手の, 向い合って, 楼と, 窓とを

1 [117件] いいいかにも, いいこの, いい入口, いうよりも, いえば, いたしましょう, いふので, いふよりも, おんなじな, こちらの, すれすれに, すれすれの, そこに, その左右, なって, なりつつ, なるだけの, なるの, はだしの, びらの, シェレイとは, スレスレの, デッキとの, ドアとに, 一所に, 一緒に, 三四郎の, 三窓との, 下から, 下方腰煉瓦の, 両側の, 並行に, 中庭などを, 丸柱とが, 乘客の, 云い虚子氏, 云うが, 云うの, 云うより, 云えば, 云って, 云っても, 云ふ, 交代し, 優美な, 入口の, 反対側に, 反対側の, 反對, 号し, 同じで, 同じよう, 同様に, 名を, 向いあい, 向かい合って, 向き合うよう, 向き合った扉, 向ひ, 四国の, 垣一重隔てたる, 堅牢そうな, 塀の, 壁と, 対い合っ, 屋上の, 屋根ばかり, 崖とは, 店とで, 廂の, 廊下の, 建築に, 思はれる所, 意識した, 戸が, 戸の, 戸口と, 扉を, 批評し合った, 木造の, 東の, 東側の, 柵とを, 樣, 水平の, 煙突と, 煙筒との, 獅子の, 申します, 白竜の, 相対し, 相對, 真向ひ, 真正面に, 秘密の, 称するもの, 空が, 窓が, 窓とが, 窓下の, 窓窓を, 筋斜に, 箪笥の, 箱を, 紙や, 縁側の, 蚊帳の, 衣裳箪笥の, 言ったと, 言われる一つ, 遠く向い合う, 重い扉, 雨戸とを, 電気看板との, 題された一章, 高い三角, 高い天井

▼ 窓より~ (131, 0.6%)

4 外を, 首を 3 見て 2 入りて, 内を, 塔を, 眺むれ, 見やるに, 見ゆる, 降りしきれば

1 [106件] うれしげ, お別れ, この女, この山陰, さし入りたり, さし入る, さし覗きぬ, ながめたる町, のぞき込みあるいは, のぞけば, みたるひるが, みる日, もれて, 一斉に, 下に, 中へ, 何心なし, 余ほど, 侵入脱出は, 信長が, 入りぬ, 入り微妙, 入る, 入る女子, 公示し, 出ずる者, 剥ぎ来, 勝手に, 半身を, 君を, 垂れたる彩氈, 声を, 夏の, 外なる, 外界を, 外面を, 大窓, 家外の, 射込み, 小窓, 差し下る, 差入りで, 差覗け, 強き風が, 心面に, 惜しみけり, 我に, 戸外を, 投げ入れかの, 投落され, 新声, 望みしより, 朝の, 朦々たる, 枕屏風長火鉢箱梯子竈等に, 歓迎する, 洩るる梭, 洩るる燈光, 浅草なる, 海と, 海を, 淺間の, 溢れて, 漏るるなり, 漏れて, 王の, 異様の, 眺めて, 眼を, 窓に, 窓へ, 絶対を, 緑樹の, 聞ゆる, 落つる光, 表の, 表へ, 表を, 見えなかった, 見たり, 見ながら, 見ゆ, 見るなり, 見るを, 見る梅, 見れば, 見下すべき駿台, 見出だすに, 見晴らす初夏, 見渡せば, 見送りしが, 覗いて, 覗く, 覗けば, 貴婦人貴婦人と, 跳り, 遁げて, 道行く人, 鋸山を, 離れゆく月面上, 青々たる, 音楽堂の, 顔を, 首さしのべ, 鬼王が, 黄海の

▼ 窓~ (128, 0.6%)

4 戸の, 戸を, 扉を 3 入口の 2 ドアや, 塀の, 屋根裏の, 戸口が, 戸口に, 扉が, 扉の, 時鳥

1 [97件] そこから, そこの, そして両側, そして船, その下, その他の, つむぐらん, とおる人の, のぞき窓, むなしい部屋, よってなあ, テーブルの, ドアから, ドアが, ドアは, ポーチを, 人住まざる, 入口や, 出入口を, 台所から, 唐紙の, 四尺四方も, 四角な, 塀には, 墻根から, 壁に, 壁の, 壁は, 壁を, 壁板に, 壁間の, 寝台に, 屋根から, 屋根の, 屋根を, 屋根裏に, 屋根部屋の, 巡査の, 広々と, 床に, 店の, 庭の, 庭や, 廂から, 廊下先から, 戸じ, 戸には, 戸ぼ, 戸口から, 戸口の, 戸口は, 戸口や, 戸口を, 扉には, 扉へ, 扉や, 施設の, 明いて, 柳の, 格子戸も, 椅子の, 椅子や, 機械の, 欄間や, 潜門が, 煙突が, 疎らな, 縁が, 縁側を, 縁先から, 羽目の, 羽目板の, 自分の, 色も, 街灯の, 裏口を, 襖の, 西の, 路次の, 軒で, 軒の, 轅や, 近代的奢侈品の, 道行く人, 部屋の, 金網の, 鏡に, 門口では, 陳列棚の, 障子に, 障子を, 雑誌などの, 雨戸が, 電気スタンドの, 露台に, 風拔の, 風窓や

▼ 窓~ (122, 0.6%)

3 手巾を, 見て, 顔を 2 あつた, そこに, ちらり見かわす, わかい女

1 [105件] いたって, かうした手紙, かんて, きょうも, くしゃみを, この山栗, さえずって, しんみりと, する, そこから, そこが, そっと炊いた, そのそ, そのよう, その外, その小, それには, でも, なおした, にっこり笑う, ひとりの, ものを, わかる, カルルを, ガラス戸は, スリガラスが, 三吉夫婦に, 三枚の, 三軒一樣の, 下からは, 両方平行し, 二つに, 人の, 今日聞く, 他の, 似て, 何か, 僅か許, 入口の, 内部には, 出征軍人が, 切り取られてる光景, 勾配の, 十分だ, 南は, 厭らしい, 反対側は, 向うが, 啼く窓, 喫ふ煙り, 囲まれた小さな, 囲まれて, 埋合わせ, 外界に, 大きいワードローブ, 大したはずみ, 天井に, 女の, 好い天気, 安心し, 居睡りし, 嵌込, 左の, 彼が, 思ったよう, 想像した, 放送しました, 晴れて, 曲げられて, 月を, 気の, 気を, 灰色がかった, 無邪気に, 独り学芸に, 目ざめたと, 直した, 眞太郎の, 窓の, 細い桟, 絵を, 考へ事, 聞く鴉, 胴切に, 自分を, 荵の, 蘭を, 蝨を, 見たの, 見た虹, 見られるよう, 見る夕方, 誰かが, 讃美歌を, 谷川が, 路地が, 逢ったぎりじゃ, 野原で, 金なぞは, 間が, 防寨の, 防戦しなけれ, 静寂境の, 鳴いて, 黄

▼ 窓にも~ (110, 0.5%)

36 たれて 2 月かげさし, 灯の, 虫の

1 [68件] あるばかり, あれと, お別れ, かぎを, がんじ, この蝶, しばしば同じ, たらせて, たれ, たれた, たれたまま, たれ中庭, ついて, ぴかぴかした, まして深い, またこちら, みなそとから, カーテンが, ドアにも, ワイナハトバウムの, 一つ来た, 一様に, 中から, 人体の, 何か, 光は, 入口にも, 別状ありません, 北側の, 厚いカーテン, 向かず物思い, 問題の, 外側から, 太い鉄, 家と, 密室を, 小ネ, 幕が, 明かりが, 昼間見る, 朝の, 格子が, 植木鉢を, 欄干にも, 歩いて, 湖の, 灯りが, 煙, 現れ一丈, 睦じい, 空を, 簾戸が, 縁にも, 縁側にも, 花の, 行われたの, 街上にも, 訪れて, 踏台にも, 軒にも, 軽く灑い, 過不足なく, 錠が, 門にも, 陽が, 隅の, 電灯が, 非常梯子が

▼ 窓を通して~ (64, 0.3%)

2 入って, 流れ込みコンクリート, 渠の, 眺められるの, 聞こえて, 見る空, 音楽堂を

1 [50件] お葉, しっきり, しつきりなし, ながめやった, ながめられる空, ほとんど人影, 一弾を, 一本の, 上を, 人家の, 侘しく床, 僅に, 入り込んで, 吹き込んで, 堂内の, 夕陽の, 外の, 外を, 外人居留地と, 大きな柏, 室の, 射し込んで, 岩塩で, 彼氏の, 彼等の, 彼等は, 往来の, 斜な, 日没の, 映るイルミネーション, 春の, 暗い空, 火影が, 病室の, 真昼の, 眺めながら, 眼下に, 空の, 窓の, 落ちた月, 見える島, 見たこの, 見た個人, 認識され得べき, 部屋の, 銀色の, 陰鬱なる, 青から, 馨って, 黄昏の

▼ 窓という~ (60, 0.3%)

13 ものが 9 窓は 7 窓には 5 窓が, 窓の 4 窓に, 窓を 3 窓から 2 のは 1 ものに, ものは, 窓からは, 窓のか, 窓ガラスが, 言葉を, 趣向より, 風で

▼ 窓わく~ (50, 0.2%)

2 によりかかり, に頬杖, のここ, の上

1 [42件] からその, から手, が, がひどく, と雨樋, にあ, においた, にしがみつく, にしっかり, にすがりつい, につもった, にとどく, にとびつい, にとびつこう, にとりすがっ, にとりつけ, には白モスリン, にひじ, にまたがった, にまたがる, にもたせかけた, によじのぼった, によりかかっ, に下げ, に手, に背, に腰, に跡, に顔, に馬乗り, のところ, のブリキ, の中, の右下, の花, や手すり, や鐵格子, をトントン, を伝わっ, を持っ, を永い, 板壁ふみ板と

▼ 窓ぎは~ (47, 0.2%)

3 の客 2 に椅子, に行き, の赤

1 [38件] から子供, で少し, には妙子, には涼しい, に佇む, に倚つて外, に坐り, に幸田ゆき子, に強情, に整然と, に歩, に立つた, に立て, に竝, に置かう, に腰かけ, に製図用卓子, に走り, のボツクス, の卓子, の向, の席, の広い, の所, の方, の日だまり, の白い, の籐椅子, の紫檀, の花壺, の道, へ寄つて行, へ押しつけた, へ犇, へ行き, へ走り, へ鏡台, を離れず

▼ 窓からも~ (44, 0.2%)

2 見える

1 [42件] さし覗く, ずらりと乗室, その中, それに, どこからも, どの割れ目, なほ夕月の, やさしい手, メラメラと, 一人の, 一度その, 一本ずつ, 二三の, 何も, 前橋公園の, 号外売り, 寝ながらに, 小銭を, 廊下からも, 彼の, 扉の, 折々う, 折々うかがわれる, 旗が, 明あかと, 晴々しく覗い, 望み香住, 殆ん, 濃紅姫, 煙が, 皆が, 目前五六十米突の, 真向いに, 石の, 練習曲が, 縁側からも, 自動車の, 見えその, 見える遠い, 見物人の, 電燈の, 鮮やかな

▼ 窓~ (36, 0.2%)

21 しに 3 しにその

1 [12件] しにあか, しにおかあさん, しにぺちゃぺちゃという彼ら癩病人たち, しにぺちやぺちやといふ彼ら癩病人達, しに中, しに外, しに家, しに庭, しに廊下, しに彼, しに通り, しの青葉の

▼ 窓~ (36, 0.2%)

2 につつましく, にも昆虫, に腰掛け

1 [30件] から飛び下り, であったやれうれし, である, でち, とは二間, にしがみついた, につかまった, にのせ, には一鉢, にもたれ, に両, に両手, に何事, に当った, に打ち込んだ, に止められた, に淋し, に腰, に腰かけ, に金, に頬杖, の上, の壁, へ移し, へ足, もなく, をすべりおち, をたたい, をまたぎ, を力

▼ 窓国師~ (35, 0.2%)

2 より上等

1 [33件] がおれ, がこの, が中興, が建てた, だと, とどっち, と大, なぞは庭, なの, になる, に似, に関係, のいわれる, のもと, の何人, の原案, の和解, の斡旋, の許, の話, の遺誡, の開山, は, はそんな, は吉野方, は尊氏公, は自分, も家根, も少し, も言った, や大, よりこっち, を訪ね

▼ 窓かけ~ (33, 0.2%)

2 の上, の下, の垂れた

1 [27件] がさがっ, がし, がぱらりと, にでもしたら, に作り, のれいす, の前, の後, の窓, の蔭, の陰, はどれ, はぼってり, はもちろん, は下され, は日, も何もかも, も最早, も椅子, や家具, を下した, を垂らし, を挙げ, を排, を映し, を洩れる, 絨毯などの

▼ 窓まで~ (32, 0.1%)

2 水が

1 [30件] おりると, とどいて, 二時間半三窓より, 二時間小, 來て, 六時間合せ, 吹き上げて, 届かないもの, 引いて, 愛馬を, 明治初年の, 来て, 歩いて, 物すごく響け, 皆んな釘付けに, 約十メートル, 群を, 芽ぶいたか, 行くこと, 行ったとは, 走ったが, 走るや, 身を, 近づいて, 釣って, 閉めて, 雪に, 飛付いた, 駈け寄ると, 高く這い上った

▼ 窓~ (32, 0.1%)

1 [32件] から, からいろんな, から一個, から古, か縁先, きに, きを, だの, で見た, とすれ, なの, にある, にいつも, には机, には楓, に取り縋らう, に向, に坐り込ん, に実っ, に赤子, の山茶花, の明るい, の無, の空地, の縁側, の青桐, は一面, へ忍び寄つ, をかすめたらう, を寄, を白い, を群がり過ぎる

▼ 窓からの~ (29, 0.1%)

2 眺めは, 薄暗い光線

1 [25件] ランプの, 光の, 光線が, 光線に, 声は, 少し澱んだ, 山風に, 日かげが, 明りで, 景色が, 景色なりとも, 景色は, 月光も, 朝日が, 熱の, 白い光線, 眺望は, 眺望や, 脱出が, 見物なんかも, 走りながら, 陽が, 電灯の, 風に, 風景は

▼ 窓~ (28, 0.1%)

2 のかげ

1 [26件] がどう, がなんだかごそごそ, がひつそり, がふい, が懸け, が絞っ, で覆はれた, とそうして, と云つた工合, には二時ごろ, のへり, の吐息, の工夫, は引かれ, も取りかえ, をあけ, をひいた, をもたげ, をゆすっ, を動かし, を引きたる, を掛け, を掛けた, を時々, を開け, を開けた

▼ 窓格子~ (24, 0.1%)

2 にし, に生首, の外

1 [18件] から貧しい, がわけ, でも叩き, に帯, に括, に括り付けられ, に美しい, に背, のあいだ, の向う, の眞ン中, は外され, は框ごと, まで寄っ, を丁寧, を五, を蹴つ, を蹴飛ばす

▼ 窓~ (24, 0.1%)

2 に腰, の内側

1 [20件] と窓, にも仕切, に両手, に手, に掛けた, に数人, に片手, に立たせ, に釘, に頬杖, の上, の到る, の所, の高, へ張る, へ手, へ肘, をバサバサバサ, を叩き, を捲い

▼ 窓近く~ (23, 0.1%)

2 飛んで

1 [21件] この愛すべき, さし出, でもある, にいた, に幾株, に母衣蚊帳, に添える, に這い寄っ, に鹿, の土, の壁, の机, まで忍ん, を覆い茂った, プラタナスの, 下り立ちて, 大きな花, 差し出したる時, 感じられる河沿い, 植えたの, 草に

▼ 窓~ (22, 0.1%)

1 [22件] にそびゆるガスアンシュタルト, に柚, に紅い, に踞し, のプラタナス, の大鳥籠, の木, の柳松翠色, の油布, の流水, の空地, の竹, の細い, の虫, を多数, を打つ, を走っ, 一樹染むるがごとく紅なる, 今まさに, 坐知吾, 流水枕前書, 花

▼ 窓さき~ (21, 0.1%)

2 に濡れ, の暗く

1 [17件] から白い, でおっ始められる, にいる, にそ, には林檎, にふれ, に置かれた, に習字机, に行つて電柱, に近寄っ, に隣, の堤, の木立, の桐, の樹木, へとても, へ立つた

▼ 窓~ (20, 0.1%)

2 ね, 窓だ

1 [16件] からちょっと, から長年, が, そうだ, という諺, といわれ, とか縁側, とはわれ, なと思った, な店, のと, のに, のを, ッ, 曲者は, 私自身の

▼ 窓との~ (20, 0.1%)

4 間の, 間は 2 あいだの, 間に 1 あいだで, すき間住居と, 中ほどの, 二つの, 狭い間, 見分けが, 間には, 間を

▼ 窓べり~ (20, 0.1%)

1 [20件] からのぞい, がもうろう, で待っ, で朝子, におき, には黄色, にゆき, によって行った, によりかかり, により添い, に凭れ, に寝床, に立った, に置き, に頬杖, の柱, の籐椅子, はそ, をはなれた, を手

▼ 窓障子~ (20, 0.1%)

1 [20件] が見えた, に浮ん, の一室, の下, の破れ, の磨り, の紙, の蔭, の間, の隙, へ光, ほそめに, をあける, をすつかり, をガタピシ, を押し開きます, を明け放った, を閉め, を開けひろげた, を開け放した

▼ 窓では~ (18, 0.1%)

2 ない

1 [16件] ありますが, ありません, ありませんでした, ないテレビジョン, ない一種, なくて, レシーヴァを, 一人の, 外側の, 手ぬるい, 格子の, 此の間の, 眼科医の, 私達が, 腫れ上った首, 運動シャツを

▼ 窓一つ~ (18, 0.1%)

2 ちらりと燈火

1 [16件] あるその, しかない, しかない暗い, だけある, でも後, で外, ないと, ないなんて, ないらしい, ない洞内, なかった, に向った, ねえっていう変, の寝台, 芽ぶいた, 開いて

▼ 窓といふ~ (16, 0.1%)

2 男が, 窓には, 窓は, 窓よりは, 窓を 1 ものなく, 事が, 窓から, 窓が, 窓屋根といふ, 窓悉く

▼ 窓~ (15, 0.1%)

1 [15件] からまた, がきらきら, がすべて金網, がひらかれた, と窓窓, にも現れ, にカーテン, に好奇, の傍, の硝子, の障子戸, はいつも, も文化, より淺間, をさし覗く

▼ 窓いっぱい~ (14, 0.1%)

1 [14件] にあたたかい, にさし, になった, にひろがった, にひろげ, にデスク, に上っ, に傾斜, に拡がり近づく, に散っ, に灯, に覗い, に銀河, を赤く

▼ 窓によって~ (14, 0.1%)

1 [14件] いたお, いた太刀川時夫, いるお, はじめて見る, ぽかり, みると, 中庭を, 外を, 大きな男, 強調せられる, 眺むれ, 空に, 赤い船, 限られた四角

▼ 窓でも~ (13, 0.1%)

1 [13件] あいて, あけて, あけましょう, つけたら侍, ない, 地面からは, 夏の, 幾度か, 悲しそう, 締めねえって, 門でも, 閉められて, 開けて

▼ 窓ガラス越し~ (13, 0.1%)

1 [13件] にずっと, にその, にふる, にカメラ, に佃, に外, に家, に煙害騒ぎ, に目の下, に秋晴れ, に見かける, に鉄砲, の蝋燭

▼ 窓あけ~ (12, 0.1%)

2 て耳, て青葉 1 し家, て, ておく, てをく, て下さいません, て窓, て虻, て見

▼ 窓からでも~ (12, 0.1%)

2 入って 1 さし入る, しのびこんだの, はいって, 入つて來, 幾らも, 彼の, 投込まん, 眺められる遠景, 覗くよう, 飛び出しかねない樣子

▼ 窓ぶち~ (12, 0.1%)

2 にのぼっ, に腰 1 につれ, に手, に直角, に置い, に足, に載せ, へ立つ, へ腰

▼ 窓へと~ (12, 0.1%)

2 歩いて 1 それぞれに, プラカートが, 幾囘か, 幾回か, 昇って, 歩き始めて, 走りよって, 転げて, 静かな, 飛びついて

▼ 窓~ (11, 0.1%)

5 お前は 2 月に 1 なにしかも, われわれの, 私に, 私は

▼ 窓~ (11, 0.1%)

1 [11件] から一町, から先, でした, で考えつづけ, というの, という茶室, に帰った, の空気, は山門, は庭, へ帰っ

▼ 窓硝子越し~ (11, 0.1%)

1 [11件] に, にさよ子, にほんのり, に御殿場, に戸外, に楓, に見, に見える, に遙, に遠景, に雨

▼ 窓だけが~ (9, 0.0%)

1 あいて, ぼんやり明るん, まるで巨大, 大提灯, 映画の, 月光の, 濛つと, 細目に, 開いて

▼ 窓である~ (9, 0.0%)

2 と同時に 1 かは解らなかった, ことを, といふ, と云う, と言い, と言う, 眼の

▼ 窓によ~ (9, 0.0%)

2 つて月を 1 ぢの, つてその, つて一人の, つて大きな, つて森や, つて洋書を, つて脊の

▼ 窓みたい~ (9, 0.0%)

3 なもの 2 に横 1 だね, なところ, な三角, な所

▼ 窓寄り~ (9, 0.0%)

1 にムキ出し, に倒れ, に梁, のその, のベット, の方, の暖炉, の煖爐, の辺

▼ 窓ちかく~ (8, 0.0%)

1 がちやがち, きて, きてたえ, の三本, へ来, やつて, 卓に, 啼くなつめ

▼ 窓~ (8, 0.0%)

3 のである 1 のだ, ので日の出, ので明るい, んだ, んです

▼ 窓ばかり~ (8, 0.0%)

2 だが, 見て 1 この家, ですし, で何一ツ彫刻, 眺めて

▼ 窓~ (8, 0.0%)

3 の雪渓 2 の大 1 の小, の狭い, の雪渓合流点

▼ 窓その~ (7, 0.0%)

1 うるわしい日, 小障子, 屋根その, 川を, 窓に, 窓を, 窓縁にも

▼ 窓~ (7, 0.0%)

2 の上 1 から降り, へ鰻, を四十五度右, を回転, を閉ぢ

▼ 窓~ (7, 0.0%)

2 にふと, に見える 1 に手, の森, の裏

▼ 窓さえ~ (6, 0.0%)

1 あらじ, もろくに, 一つも, 半分以上もう, 注意し, 見えない

▼ 窓だけ~ (6, 0.0%)

1 しめてすぐ外, だ, ですが, で外, 明るくなった, 開けて

▼ 窓だった~ (6, 0.0%)

21 が中, ことだけは, ね, のである

▼ 窓です~ (6, 0.0%)

2 か, って 1 からもしや, がその

▼ 窓とが~ (6, 0.0%)

1 かく同じ, こびりついて, 互に見えない, 残って, 見えるきり, 見下ろせた

▼ 窓とは~ (6, 0.0%)

1 あべこべの, べつな, 反対の, 反對, 反對側, 同じ高

▼ 窓とを~ (6, 0.0%)

1 あけ放しました, 向いあわせて, 君自身が, 眺めた, 見調べそして, 貫通した

▼ 窓にまで~ (6, 0.0%)

2 とどく桐 1 しなくっても, もれてから, 蔦蔓が, 這入って

▼ 窓よりも~ (6, 0.0%)

1 よく暖か, 人の, 小銃拳銃などの, 淺ましい, 知らぬ人面, 高い塀

▼ 窓らしい~ (6, 0.0%)

2 ものが 1 ものの, ものは, ものを, 薄明り

▼ 窓一ぱい~ (6, 0.0%)

1 にあんなに, にひろがった, に照っ, に立ちはだかっ, に遠く, に黒く

▼ 窓一杯~ (6, 0.0%)

1 にひろがり, に向っ, に張つた女郎蜘蛛, のローリング, の広, の日光

▼ 窓一面~ (6, 0.0%)

1 にさし, にさして, にキラキラ, に夕陽, に輝く, に陽

▼ 窓~ (6, 0.0%)

2 とすれ, の釘 1 を掠め, を踏む

▼ 窓~ (6, 0.0%)

1 に, にいづる, にゆき, に向け, に立つ, に行き

▼ 窓あかり~ (5, 0.0%)

1 に, に暗く, に浮き, に透かし, を樹木の間

▼ 窓あり~ (5, 0.0%)

1 てその, て異国, て許多, とも知らず, 友と

▼ 窓がらす~ (5, 0.0%)

1 がキラキラ, にシャンデリー, のおぼろ, の上, はいつか透明

▼ 窓ごと~ (5, 0.0%)

2 に火かげ 1 に, に床, り

▼ 窓だけは~ (5, 0.0%)

2 開いて 1 のぞくまいと, 煌々として, 開かれて

▼ 窓だの~ (5, 0.0%)

1 噴水だの, 囲いものの, 夢窓だ, 昔その, 硝子張りの

▼ 窓などから~ (5, 0.0%)

1 下界を, 田舎の, 眺むれ, 秋草や, 見られる東京市

▼ 窓などが~ (5, 0.0%)

1 あり茶屋町, 悲惨な, 見えるところ, 見られます, 開いて

▼ 窓により~ (5, 0.0%)

1 かかるよう, わたくしは, 外な, 添つてひやかし, 眼を

▼ 窓へも~ (5, 0.0%)

1 いろ, からんで, つたわった, つたわって, 漸く底

▼ 窓をも~ (5, 0.0%)

2 射るから 1 捨て, 見て, 開けて

▼ 窓敷居~ (5, 0.0%)

2 に凭 1 にパンジイ, に凭掛, に置き忘れ

▼ 窓~ (5, 0.0%)

1 といふ, の土瓶, は, をのこした, を描く

▼ 窓しか~ (4, 0.0%)

1 ついて, ない低い二階家, ない石室, 明けなかったの

▼ 窓した~ (4, 0.0%)

1 の土, の壁, の疎林, をぞろぞろ

▼ 窓とに~ (4, 0.0%)

1 おそらく漠然と思い, つみ上げなければ, 囲まれた伽藍, 近づくとき

▼ 窓など~ (4, 0.0%)

1 かなりつくろっ, つけて, 塞ぎ赫, 心斎橋商人の

▼ 窓などの~ (4, 0.0%)

1 ありさ, できない時分, 前を, 水面に

▼ 窓などは~ (4, 0.0%)

1 ひとつも, ぶち壞, 私には, 茶室か

▼ 窓なる~ (4, 0.0%)

1 ものは, ものを, 人々は, 峰に

▼ 窓よりの~ (4, 0.0%)

1 場所との, 壁の, 廊下の, 椅子に

▼ 窓よりは~ (4, 0.0%)

1 大なる, 彩氈を, 燈火の, 遥かに

▼ 窓をと~ (4, 0.0%)

1 ぢて, ぢてと, ぢよ, ほして

▼ 窓をば~ (4, 0.0%)

1 しめて, そつと, 幅廣き, 開けて

▼ 窓を通じて~ (4, 0.0%)

1 この建物, はても, 入るもの丈, 内外に

▼ 窓ワク~ (4, 0.0%)

1 がひどく, に手, の上, へかけ

▼ 窓~ (4, 0.0%)

1 の個々, へ置かれ, を覗うたとき, を覗きこん

▼ 窓小窓~ (4, 0.0%)

2 でわかい, の女

▼ 窓~ (4, 0.0%)

2 を透し 1 ひが, ひにも

▼ 窓浄几~ (4, 0.0%)

2 の下 1 とはいかなく, の御

▼ 窓近き~ (4, 0.0%)

1 山の, 竹の, 陰鬱に, 隣の

▼ 窓~ (4, 0.0%)

1 の向, の拾桜, の観音, の近く

▼ 窓~ (4, 0.0%)

1 に古代人形, の中, の前, や卓子

▼ 窓飾り~ (4, 0.0%)

2 は金 1 になります, にもポスタア

▼ 窓~ (4, 0.0%)

1 にかくれし, に躱, の中, の前

▼ 窓いつ~ (3, 0.0%)

2 ぱいの 1 ぱい飛行機の

▼ 窓~ (3, 0.0%)

1 とにかくあれ, なるほどこれ, まちに

▼ 窓かざり~ (3, 0.0%)

1 でした, は市長さん, をながめました

▼ 窓からと~ (3, 0.0%)

1 いうと, いわず息づまるよう, 向うの

▼ 窓ぐち~ (3, 0.0%)

1 でほそ, にこびりつい, に座つて

▼ 窓そこ~ (3, 0.0%)

1 にある, には格子, にチラリ

▼ 窓として~ (3, 0.0%)

1 そこからは, 山上の, 溌剌として

▼ 窓とも~ (3, 0.0%)

1 いうべきもの, なり小, 云うべき眼

▼ 窓などに~ (3, 0.0%)

1 あるよう, 水蒸気が, 載せて

▼ 窓なども~ (3, 0.0%)

1 定かに, 有ろう昼間茲, 設らえ

▼ 窓にあたる~ (3, 0.0%)

2 風の音が 1 しや

▼ 窓にかけて~ (3, 0.0%)

1 ゐる両手, 庭先へ, 部屋いっぱいに

▼ 窓にて~ (3, 0.0%)

1 占領せられおる, 夢の, 窓の

▼ 窓に対する~ (3, 0.0%)

2 恐怖を 1 壁は

▼ 窓までの~ (3, 0.0%)

2 高さ 1 最短距離は

▼ 窓~ (3, 0.0%)

1 が殺されよう, と追いつ追われつし, は俺

▼ 窓よりに~ (3, 0.0%)

1 この寝台, 左光線に, 置いたテーブル

▼ 窓~ (3, 0.0%)

1 撲ツノ声, 閉メ椅子, 隔ツ

▼ 窓~ (3, 0.0%)

1 に倚, に鳥籠, の上

▼ 窓向う~ (3, 0.0%)

1 ながらそれほど, にどなった, の壁

▼ 窓打つ~ (3, 0.0%)

1 落葉の, 音さへ, 音せし

▼ 窓~ (3, 0.0%)

1 の下, を侵す, を排

▼ 窓~ (3, 0.0%)

1 に凭せ掛け, に頸, の上

▼ 窓あき~ (2, 0.0%)

1 紙の, 紙を

▼ 窓おし~ (2, 0.0%)

2 あくれ

▼ 窓がば~ (2, 0.0%)

1 たんとあい, たんと開け放され

▼ 窓ぎはの~ (2, 0.0%)

1 涼しい場所, 白き皿

▼ 窓ぐらい~ (2, 0.0%)

1 明けといたらどう, 無くたって

▼ 窓こっち~ (2, 0.0%)

1 の戸口, の窓

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 きりにも, きりの

▼ 窓じきい~ (2, 0.0%)

1 にのこった, には酸化牛乳

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 とに突き出す, とは日かげ

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 ひに, ひらかるる

▼ 窓ただひとところあけ~ (2, 0.0%)

2 おきて

▼ 窓だけで~ (2, 0.0%)

1 あつた, すまそうと

▼ 窓だけの~ (2, 0.0%)

1 うす暗いコンクリート, 薄暗い室

▼ 窓ちかき~ (2, 0.0%)

1 幹立の, 机に

▼ 窓であっ~ (2, 0.0%)

1 て外側, て明かり

▼ 窓であり~ (2, 0.0%)

1 それは, 家の

▼ 窓でありまし~ (2, 0.0%)

2 て其の

▼ 窓としての~ (2, 0.0%)

2 眼の

▼ 窓と共に~ (2, 0.0%)

1 朝靄深く, 遠くなり

▼ 窓などを~ (2, 0.0%)

1 歌つてゐる, 眺めて

▼ 窓なら~ (2, 0.0%)

1 だいじょうぶです, ばそれ

▼ 窓なんか~ (2, 0.0%)

1 なかった, 間違つても

▼ 窓なんかも~ (2, 0.0%)

1 毎朝締りを, 締りが

▼ 窓について~ (2, 0.0%)

1 伸子は, 角を

▼ 窓にな~ (2, 0.0%)

1 つてゐ, ツて

▼ 窓にのみ~ (2, 0.0%)

1 こもり暮らして, 籠り暮した昔

▼ 窓のうは~ (2, 0.0%)

2 白み日

▼ 窓のべ~ (2, 0.0%)

2

▼ 窓のむ~ (2, 0.0%)

2 こうに

▼ 窓のよ~ (2, 0.0%)

1 こに, この岩

▼ 窓はと~ (2, 0.0%)

2 ぢられ

▼ 窓ばかりが~ (2, 0.0%)

1 はじめから, わずかに

▼ 窓ばかりを~ (2, 0.0%)

1 眺めて, 視詰めて

▼ 窓ひとつ~ (2, 0.0%)

1 もない, 大きくは

▼ 窓ぶた~ (2, 0.0%)

1 に語尾, をしめる

▼ 窓へは~ (2, 0.0%)

1 かすかに, 寄ッて

▼ 窓または~ (2, 0.0%)

1 屋根に, 隙間が

▼ 窓までも~ (2, 0.0%)

1 聞こえて, 開けて

▼ 窓ガラス一面~ (2, 0.0%)

1 に浮んだ, に紋様

▼ 窓一つ一つ~ (2, 0.0%)

1 が立派, に気

▼ 窓一パイ~ (2, 0.0%)

1 に乱れかかっ, の松

▼ 窓一重~ (2, 0.0%)

1 のすぐ, の往来

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 が暗い, 鎖して

▼ 窓三窓~ (2, 0.0%)

1 は勿論, 両渓

▼ 窓上の空~ (2, 0.0%)

1 で, でで

▼ 窓~ (2, 0.0%)

2 巌義堂そして

▼ 窓以外~ (2, 0.0%)

1 には出入口, の何もの

▼ 窓國師~ (2, 0.0%)

1 の三等, の樣

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 がどこ, の書斎

▼ 窓外春気~ (2, 0.0%)

1 満ちたり, 満てり

▼ 窓外風景~ (2, 0.0%)

1 もこの, を今一度

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 窓三窓は, 窓大

▼ 窓屋根~ (2, 0.0%)

1 といふ屋根, の上

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 のすき, の方

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 が引い, を引き

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 である, になっ

▼ 窓悉く~ (2, 0.0%)

1 あけ放ちは, 開け放たれたり

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 の絹, を半ば

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 の開閉, を滲透

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の上

▼ 窓撲つ~ (2, 0.0%)

2 音を

▼ 窓新築~ (2, 0.0%)

2 した許

▼ 窓明かり~ (2, 0.0%)

1 がそこここ, で庭

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 に光, に裸

▼ 窓洩る~ (2, 0.0%)

1 光ほの暗く, 夕日を

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 が水道, へ辿りつく

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 では黄色い, に流れる

▼ 窓通い~ (2, 0.0%)

1 の現場, をやってる

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 に風月, の竹数十竿

▼ 窓院通り~ (2, 0.0%)

1 から百人町, の伊吹屋

▼ 窓~ (2, 0.0%)

1 に靡く, 軽暖

▼1* [394件]

ああこの窓, 窓あかるく白き埃見えたる, 窓あける音, 窓あたりへかけ, 窓あたりなんの苦, 窓あらゆる雨戸すべてが, 窓あるをもわれ, 窓あるいは高い赤い煉瓦, 窓あれども, 窓ッぱいにさしこんで蒲団の, 窓いっぱい紅葉だ, 窓ぐひすの音に, 窓うしろは機関部, 窓うち見るほどに, 窓うつらうつらの, 窓おとづるゝ初時雨, 窓おのずから明るくなれ, 窓かくしの前, 窓かけ引き退くれば今, 窓かと思はれる明り, 窓かははっきり覚え, 窓からか勝手口から, 窓からしか入って, 窓からずつと後へ, 窓からそよ, 窓からだけ明りを, 窓からだって飛降りられるでしょう, 窓からなど脱け, 窓からなんかながめて, 窓からなんぞ覗くん, 窓からのみ見える絵, 窓からはわづかに, 窓からばかりカチカチカカチなんて, 窓からへどを吐いた方角, 窓からもかべからも, 窓からわづかに, 窓がとぢ壁は, 窓ぎはにからだをすくめてゐる藤岡の背, 窓ぎははもう徐々に明るみ出し, 窓ぎはへもたせかけて云ふ, 窓ぎはや店のなか, 窓ぎはをぶらぶら歩きながら, 窓ぐらいにして, 窓ぐらいの大きさ, 窓よいは, 窓ことり, 窓こよひは, 窓ごとき者に, 窓へ, 窓さえが外から, 窓さえも掛け金を, 窓さては屋根の, 窓しめた窓暖炉の, 窓じゃという俺の, 窓だれも, 窓すっかり日覆を, 窓そいつが江戸, 窓そして時々耳, 窓そのものに憎しみ, 窓その他人間の出入り, 窓そんなものが, 窓ただし地上三階以上の, 窓たるや非常, 窓だけになる, 窓だけを改めたの, 窓だってこの暑, 窓だってもちょうどあの, 窓だろうと思う, 窓かに偸, 窓ぢかくにおいて突然, 窓って窓は, 窓つきの全く, 窓つゆにぬれ, 窓づくりのところ, 窓であったが内部, 窓でさえ大きな鉄, 窓でしかなくこれ, 窓でしたからそれ丈, 窓でないと云, 窓といったのは, 窓とうしろの羽目, 窓とおもはれる, 窓とか壁とか, 窓としか思えなかった, 窓としても恥ずかしからぬ, 窓とによってそれを, 窓とも号したと, 窓どうかすると, 窓なおよく言え, 窓なくただ入り口, 窓なしだから板戸, 窓なぞで湿って, 窓なぞが見える, 窓なぞも細かに, 窓などでそれと, 窓などについて自身の, 窓などへばし, 窓なれど哀れ, 窓なんかがあるが, 窓なんかを切つた恐ろしく, 窓にあたりまさあ, 窓にかぢりつい, 窓にすらもフタを, 窓にぞ来よわが, 窓にだけ燈光が, 窓にだって出来るもの, 窓にとまつたり, 窓にねざめの, 窓にはでつかい蜘蛛, 窓にばかり降って, 窓にもがい骨, 窓によりかかつてどうだ, 窓による夢を, 窓にわづかに, 窓に対して一台の, 窓のうへへあげて, 窓のきはで機を, 窓のまん前に, 窓のみ開きありき, 窓のみが四角に, 窓のみを通してその内側, 窓はいちめん蘭か何, 窓はなその鼓賊, 窓はにほひすずしき, 窓はるかに帆影, 窓ばかりの室内は, 窓ややかに愁, 窓ひとつ玻璃の遠見, 窓ひろく波より, 窓びさしに夜露の音, 窓ふき作業ぶりを観察, 窓ふりあふぐ, 窓ふり袖ふれて, 窓への距離は, 窓へやえんこらさ, 窓のにあ, 窓ほそく開らけば, 窓ほど長くは, 窓までは同じ高, 窓みたような, 窓みどり色のカアテン, 窓めいた低い障子, 窓めがけて突進, 窓もからと深呼吸, 窓ようやく明らかなる, 窓らしく意匠を, 窓らしく扱っている, 窓わきに椅子, 窓をはたりと, 窓を通してもかまわない, 窓ところへ, 窓アリテ金網ヲ張ル, 窓カラ見ル野末ニ喚イテル人ガアリ, 窓カラ路ヲ歩イテ行ク二人, 窓カーテン天井天井からぶら下がっ, 窓ガラス一つ壊れただけで, 窓ガラス位は割れたでしょう, 窓ガラス戸にはネジ込み錠, 窓ガラス窓わく板壁, 窓コトリと開い, 窓と開き, 窓ッぷちへ腰, 窓ヨリ予ヲ窺ウ, 窓ヨリ窓外ヲ見, 窓レースを眺め廻した, 窓一ツしか無く, 窓一方は小さい, 窓一朗両君と倫敦市中一見, 窓丁度その窓一杯, 窓七部集が読みたい, 窓丈けが広く開い, 窓の崖, 窓下当年燭照到天人造化心, 窓下把書看, 窓渓の, 窓並びに唐戸の, 窓二人の少年, 窓二方壁の十坪, 窓五つなる学校, 窓五頃の庭以, 窓の足, 窓付きの廊下, 窓以上の窓, 窓以下粉砕せざるなく, 窓何もかも眼に, 窓偶筆と名づけ, 窓先きの地平線が幕, 窓先生申されき, 窓には五月, 窓娘透き徹る, 窓全体の締め釘, 窓八田一朗松本覚人槙原覚河西満薫有吉義弥高橋長春常盤の主人岩崎盛太郎, 窓其處を開ける, 窓内窓外を樂, 窓凍りてよく, 窓凡ての露台, 窓半ば開きて, 窓半開または隙間, 窓卓子戸棚の在所, 窓及び池の平, 窓友次郎と協議, 窓只一つのくら, 窓から時折談笑, 窓向きにクッション, 窓四つ硝子は全部, 窓四方から真っ赤, 窓四方八方よりひそひそ, 窓四面山影を見ず, 窓囲いにされ, 窓国師像では案外, 窓国師夢中問答集を読む, 窓國師等であるが, 窓地震や火事, 窓の窓, 窓垣池などに咲く, 窓のまわり, 窓墓穴のよう, 窓を燃え, 窓外史だった, 窓外四時頃から青く, 窓外庭の黒土, 窓外往来の知人, 窓外薄暮の風景, 窓外雨やみ, 窓外雨声を聞く, 窓夜話にも中国, 窓夜静にし, 窓窓と, 窓天氣さへよけれ, 窓太夫をモルガン, 窓で女, 窓如夢到西湖, 窓安硯池常沢, 窓の鏡, 窓密閉された部屋, 窓小さくびっしりつまっ, 窓小庭纔二坪餘頃日青苔殆覆盡余愛其如天鵞絨毎倦書, 窓小雨のなか, 窓少し開きたり, 窓屋上銀座からあらゆる, 窓を枕, 窓から飛び降り, 窓帷幄に包ま, 窓帷越しに樺色, 窓庇庭一面に雀, 窓に枕, 窓迷庵と, 窓必要だけの家具, 窓忍返し竹の濡縁船板, 窓の知れない, 窓懸けになるだらう, 窓戸ハ玲瓏トシテ紫烟ヲ圧ス, 窓打ち見上げて, 窓打見るほどに開き, 窓掃除のゆきとどいた, 窓掛なぞは部屋, 窓掛みたいな具合, 窓掛ギヤマンの窓, 窓掛三隅に金箔, 窓掛其他さまざまのもの, 窓掛果樹の茂り, 窓掛棒を支える, 窓掛畳には敷物, 窓掛絨毯を飾っ, 窓掛絨氈ピアノ油絵などで甚, 窓掩いにもピアノ, 窓掩いが如何にも清々しく, 窓掩いも水色だった, 窓掩ひも水色だつた, 窓の上, 窓の明るみ, 窓既にカーテンもさが, 窓漸没, 窓に錦葉, 窓明軒爽対山望田甚瀟灑矣先生有詩次韻賦呈, 窓春寒料峭を覚ゆ, 窓昨夜の生暖か, 窓る, 窓暖炉のすみ, 窓本来の意味, 窓東道の下, 窓板法もある, 窓枠いっぱい叩き破ったの, 窓枠全体がそのまま, 窓枠濡れ濡れて, 窓栗本鋤雲等を集えた, 窓格子のはづれと, 窓格子越しに首筋, 窓を通り, 窓樹木までが銅版画, 窓の下, 窓欄干を覗く, 窓欄間の格子, 窓がヒサシ, 窓次に窓の, 窓此向うより鳥居, 窓残月の記, 窓と小国露堂氏, 窓氏機関長なり, 窓浄几筆硯紙墨皆極精良, 窓浄几香炉詩巻吟詠翰墨の遊び, 窓浄机を装っ, 窓浄机われこそ秀才, 窓浄記を敢, 窓浪天に接す, 窓海景を盛り, 窓淨几の人, 窓淨几側には俳書, 窓深くたれこめて, 窓湿気を防ぐ, 窓潜りの軽, 窓背坐, 窓無き部屋に, 窓無聊たまたま内子, 窓無聊偶念及之即和韻一律, 窓特に車室の, 窓独坐昼凄凄濠南秋色, 窓玻璃に, 窓生活は僕, 窓町田一等機関士章子友次郎等とサンフリート村, 窓白い土蔵それらは, 窓白く雪の, 窓百姓家の万年床, 窓カーテンを, 窓目がけて投げつけた, 窓破壊係をつとめて, 窓硝子うつ落葉の二片三片, 窓硝子さへ越え, 窓硝子一パイになっ, 窓硝子一枚を毀した, 窓硝子外面より呪, 窓硝子姿見鏡壁板額その他の器具, 窓硝子扉壁屋根すべてが滅茶苦茶, 窓窓風に靡く, 窓竃井戸便所土蔵馬屋等に至る, 窓竹窓などから秋草, 窓竹翻風月満房, 窓に紹介, 窓箱詰め器械それかち貨物駅, 窓築くに従って水, 窓を捲く, 窓紙明還晦, 窓紫檀黒檀に玉, 窓続きの更, 窓縁側柴折戸等に対しいふべからざる, 窓繪土瓶は益子, 窓を抱きし, 窓語, 窓若くは三窓, 窓若しくは三窓の, 窓茶室というよう, 窓茶煙一室を罩め, 窓を設, 窓行きづまる, 窓に呻吟, 窓襖それを辷らせる, 窓ても萩すゝ, 窓見れば冴, 窓目なく, 窓と李義山, 窓が家, 窓近い樫の, 窓近くさし出でたる一枝, 窓近く婦の逝きぬ, 窓近く日光に輝い, 窓近く椅子を寄せ, 窓近く紀南の諸山, 窓近く羽を休めました, 窓造りの座敷牢, 窓ぐる黒き, 窓鎧戸屋根窓あらゆる雨戸, 窓閉されて朝夕, 窓開いた石箱なんぞが, 窓開きて白髪, 窓開けて喚い, 窓開らけて公子, 窓間取りのぐあい, 窓間壁に色, 窓閣皆馬厩に直す, 窓の上, 窓の一室, 窓附近にも及んだ, 窓随筆も社会科学者, 窓隠しを開閉, 窓雪三冬具共研鑽自此之後離合, 窓青き建築を, 窓に降り, 窓風雨夕と題された, 窓の蹄, 窓新面目, 窓鬼談や月耕漫画, 窓黄昏の紫陽花色, 窓黒くすゝけた天井太い, 窓黒布に皆