青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「突~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

空地~ ~空想 空想~ ~空気 空気~ ~空虚 空虚~ ~空間 空間~ ~突
突~
~突い 突い~ 突き~ ~突然 突然~ ~窓 窓~ 窮屈~ 竈~ ~立

「突~」 3633, 39ppm, 2955位

▼ 突~ (349, 9.6%)

29 こんで 28 かけて, 立って 15 込んで 13 立った 9 ついた, ついて, 張って 8 かかって 7 走って 6 伏して 5 放して 4 きって, ついたり, 切って, 立ったまま 3 かかるよう, かけた, ついたよう, 放すよう

2 [13件] かけながら, かけ草履, こんだ質問, つくだけ, つくよう, 放すと, 立つて, 立つと, 立てて, 走った, 込んだの, 返して, 通すと

1 [129件] か, かえ, かえして, かかった, かかっては, かかり来お, かかるから, かかるの, かけかけて, かけそう, かけたの, かける, かけるに, かけるよう, かけろという, けんどん, こくる, こまなかった, こまれたり, こまれた五助, こみわれら二陣, こみガタガタ, こみキンタマ, こみ光った眼, こみ右, こみ濁して, こむぜ, こむと, こむよう, こむわけ, こめないまるでもう, こんだ, こんだなり, こんだ新聞記者, こんだ病人, たって, たッ, ついたから, ついたって, ついたと, ついた仲, ついた様, ついた箸, ついた結果, ついた跡, ついちゃ, ついても, つかなくとも, つかれますぜ, つかれるに, つきたいん, つきだすという, つき出した, つき合って, つくか, つくたび, つくので, つくほど, つくもの, つけこっち, つけまた, とおして, ぽが, 付いて, 伏しました, 切っても, 切る四ツ手駕, 尖に, 張った, 張ったが, 張ったまま, 張った裃姿, 張らせて, 張ると, 張るよう, 掛けながら, 掛けると, 掛りまして, 放しすばやく, 殺したとかいう, 立たせると, 立ちあがった, 立ちあがりました, 立ちただならぬ, 立ちながら, 立ち上って, 立ち因果先生, 立ったが, 立ったと, 立ったとき, 立ったま, 立った儘, 立った凄, 立った旅姿, 立った闇太郎, 立ってる様, 立てる方, 衝いたり, 走ったな, 走っては, 走っても, 走らしたの, 走らせること, 走らせるの, 走りました, 走り峠, 走るじゃ, 走る声, 走れるかよ, 走ッ, 転ばしでは, 込みまごまご, 込みましょう, 込みまた, 込むと, 込むとき, 込むもの, 込むよう, 込む拍子, 込め, 込めだぞ, 込んだと, 込んだに, 込んだまま身, 込んだ質疑, 返させた, 返された, 返すから, 通すか

▼ 突立っ~ (309, 8.5%)

141 ている 113 ていた 13 てい 11 ていました 5 ています, ておりました, てしまいました 2 ております, てしまった

1 [12件] たりこの, たりした, たり横, ていたで, ていなけれ, ていらっしゃらない, ているで, ておい, てきた, てくる, てくるだろう, てしまう

▼ 突込ん~ (211, 5.8%)

1210 でいる 8 でいた 4 でいった, でその, で行く 3 での, でみる, で何

2 [12件] でおい, でこの, でしまっ, でみた, でむし, で少し, で左右, で直ぐ, で立, で肩, で蜂, で行け

1 [136件] じゃあ, じゃいけません, じゃア, でい, でいけ, でいや, でうつむけ, でくれた, でくれる, でぐらぐら, でけろりと, でごしごし, でしばらく, でしまいました, でしまいます, でしまった, でしまひます, でそい, でそういう, でそこ, でそのまますぐ, でそれ, でそれで, でついで, でどう, でなんだか, でのみ込ん, でばかりいた, でばったり, でぱっと, でぶらぶら, でぼくたち, でぼろぼろ, でまるで, でみました, でみまする, でみよう, でも死ぬ, でも無駄, でやりました, でをかしく葉, でグイグイ, でグリグリ, でゴソゴソ, でソロソロ, でポン, で一心に, で一片, で下さい, で丹念, で九段, で人知れず, で人間, で今朝, で仔細, で何かしら動き, で何やら, で先程, で入用, で出来る, で別に, で前田さん, で印半纏, で参ります, で右手, で喫, で單, で嘗め, で器用, で四角い, で土, で大股, で実際, で小さい, で屍体, で幾枚, で当分商売, で後方, で志士肌, で急, で恰度警察, で手あたり, で手前, で斃死, で新しい, で方形, で机, で来る, で来るらしい, で根気, で梃, で此私, で死, で母親, で汚い, で注意, で灌木, で火, で無我夢中みたい, で焼い, で獰猛組, で留飲, で痛烈, で瘠せこけた, で白い, で窮屈, で箸, で精一杯, で縦横無尽, で肴, で背中, で胸, で腕, で色々, で蟹, で行かず, で行かなけれ, で行きたくない, で行くべき, で見, で親し, で赤い, で遂に, で道庵先生, で遠方, で隙, で雑貨店, で電車線路, で静か, で革鞄, で頸, で颯と, で體, で高い, で黙っ, で鼠

▼ 突つ立つ~ (196, 5.4%)

42 てゐる 33 てゐた 25 て居る 15 たま 9 て居た 5 て居りました 43 てゐ, て物 2 てこんな, てゐました, て居ました, て居ります, て居るで

1 [47件] たくらゐだ, たりし, てあ, ていかめしく, ていた, ていました, ている, ているらしい, てお, てさ, ての話ぢ, てばさ, てまじ, てます, てやがる, てゐない, てゐます, てゐるらしい, て一生, て上目使, て了つた, て兩手, て出しぬけ, て動かず, て動かない, て命, て声高, て大騒ぎ, て己, て息, て恰, て憎い, て斯ん, て朱羅宇, て物好きさうに, て白い, て眼, て眼前, て睨み, て稍, て葛籠, て見上げ, て頬張る, と大, と長い, のを, 所を

▼ 突立った~ (134, 3.7%)

8 ままで 3 のは, まましばらく 2 なりで, ままであった, ままシーンと, まま互いに, まま灌木の, 時は

1 [108件] からほい, から一角, から胸, が, が何とか, が南無, が愛吉, きりでありました, ぎりでは, けれどもまず, この時, その三味線, その馬, なりどうして, なりに云った, なり左右, のが, のであった, まま, ままこの, ままそんな, ままでした, ままの, ままぼんやり, ままもしくは, ままもじもじ, ままジロリながめ, ままニコニコ, ままニヤリ, ままメソメソ泣出した, まま一歩も, まま云った, まま何か, まま何と, まま何度も, まま内の, まま凭れかかっ, まま口も, まま同じ, まま向い合った, まま唖然と, まま唾液を, まま地へ, まま大いに, まま女を, まま嫣然と, まま小首を, まま居縮んだ, まま平気の, まま暫く, まま本田を, まま殆ん, まま燈明の, まま物欲しそうに, まま聞いた, まま腰の, まま苦い, まま裾を, まま見, まま見向き, まま見馴れ, まま言葉も, まま身動きも, まま軽く, まま途方に, まま電文の, まま黒い, まま黙っ, まま鼻の, ものさ, ものである, ものです, ような, ように, わ手, 三人は, 両側の, 儘狂騒な, 儘親方の, 出額の, 切りであった, 呉一郎は, 坑夫体の, 夫を, 尖塔の, 形は, 彼は, 志免警部と, 忘八の, 慎作を, 柱を, 棒の, 槍持奴は, 清三の, 物影は, 男が, 短剣の, 私は, 窄い, 立派な, 肩が, 若林博士は, 茂太郎が, 蚰蜒眉の, 裾へ, 足を, 靴の, 黒い姿

▼ 突つ込ん~ (132, 3.6%)

7 で訊く 6 であつ 54 である, でゐる, で居る 3 で行きました, で行きます, で見る, で隱 2 だり, で云, で唄, で置け, で行く, で行つたの, で見ました, で訊きました

1 [74件] だりし, だりした, だり血, ぢや, て調べ上げたら, でありました, であるだらう, でいつ, でぎゆうと, でげすな, でしまひました, でしらべた, でだらし, でなか, ではなりません, でばし, でみい, でみる, でサ, でブラ, で一, で三日, で不思議, で他, で來, で匕首, で半紙, で叔母さん, で娘, で寫す, で小銭, で山猫, で徳利, で或は, で早出, で更に, で書い, で書ける, で村, で棧俵法師, で死ぬ, で残つた夏蜜柑, で泳い, で無作法, で獣, で皆さん, で眠, で空, で縛られる, で置いた, で置きました, で舐, で良い, で蚤取り眼, で蜜柑, で血だらけ, で行つた姿, で見た, で見なかつた, で言, で訊い, で訊き, で話す, で調べ, で調べたい, で調べたら, で調べました, で調べやう, で調べる, で逃げ出した, で遠く, で閂, で養子, で首尾

▼ 突~ (99, 2.7%)

8 立て 4 張つて居る 3 かかるやう, 拍子も 2 俯し, 切つ, 突き合, 轉が

1 [73件] かつてゐる, かつて其処, きり江戸に, ぱしり, ぱつて現れた, ぱづれて厭といふほど, ぱなされてしまつたんだ, ぱなした, ぱなすやうに声を, ぱねて自分は, ぱねました, ぱねられた, ぱねられるといふ豫測が, ぱねるか, ぱねるにはどうすればよいか殆ど, ぱねるもの冷然と, ぱねるやうに言つてそれから, ぱねるように言う, ぱねる語調は, ぱらしてそして, ぱりお舟が, ぴやう子も, ぷくらせてゐる憎たらしい, ぷした, ぷして聲を, ぷし頸動脈を, ツかれぬ, 伏て, 切つた, 切つたのには, 切つてお, 切つてお茶の水の, 切つてからの, 切つてし, 切つてどこかの, 切つて二階の, 切つて垣を, 切つて途中家と, 切つて離れの, 切り, 刎ねられた, 劍呑でした, 張つたかの, 張つたのは, 張つてぐいと, 張つてしまふ, 張つてしまふだらう, 張つてそれを, 張つてる, 張つてゐる, 張つて俗に, 張つて喘いだ, 張つて坐, 張つて見た, 張つて谷中の, 張つて踏台に, 張りでも, 慳貪な, 慳貪な叱, 掛つてゐた, 掛つて来た, 掛つて来る, 掛つて行つた, 立ち乍ら云つた, 立ち風を, 立られる, 轉んだ, 込みあ, 込みには, 込みは, 込みや, 込みを, 込み度くない

▼ 突込んだ~ (85, 2.3%)

4 ように 32 かと思う, まま, ままで

1 [72件] それと, とき天国, とき果して, ところが, なりに棒, は半分夢, ままそこに, ままぞっと, ままに, ままのそのそ, ままジット私を, ままチエ子の, まま一太刀毎に, まま人々の, まま依然として, まま小僧の, まま急, まま意識を, まま殆ん, まま私の, まま見下し, まま跫音高く, まんま目の下二十五メートルの, まんま顎を, もじゃもじゃした, ような, ような凹み, ステキな, 一番原始的な, 両手で, 個人個人特有の, 僕の, 儘で, 兇器を, 剃刀は, 向う鉢巻で, 堆い巻莨, 女が, 婀娜な, 山犬に, 布袋腹に, 引緊めた, 彼女等への, 恋の, 意味で, 懐手婀娜に, 所が, 手の, 手を, 打明け話, 批評も, 拍子に, 故四方, 時大きな, 本当の, 本當, 椅子の, 検討が, 様に, 白箸に, 研究を, 私は, 糠味噌な, 紹介を, 若者と, 薪の, 言ひ, 調査を, 質問は, 質問を, 途端に, 鳥の

▼ 突~ (84, 2.3%)

4 高さ 3 球の 2 けつ, 所に, 端が, 麦酒を

1 [69件] ごとくすぽん, すぐ近く, ちらばら, ところに, はいったの, まわりを, めされたよう, めったように, キュウの, ボーイが, ムスタアグ・アー夕山は, 一峰に, 一峰を, 下から, 中にも, 低空を, 傍なる, 円を, 処に, 処の, 台が, 名手である, 土壁を以て, 大菩薩嶺を, 天上に, 如く盛ん, 山脊つく, 峠針葉樹林の, 崑崙山を, 広さ, 彼方に, 悲鳴でも, 戯れを, 指先を, 最高峰に, 椅子あり, 様に, 歴史を, 烟ぞ, 煙に, 煙木場の, 猛練習, 白岩山が, 目標と, 相手として, 素頂辺へ, 給仕の, 聖エリアス山脈を, 腕を, 茶入, 話が, 話でも, 論たるが, 赤と, 趣味は, 辺から, 近景として, 近景に, 鉄と, 鏑矢などにて, 間でしか, 間は, 附根の, 雲取山が, 音と, 高い立場, 高度を, 高頂, 鼻を

▼ 突~ (83, 2.3%)

15 伏して, 立つて 3 立つたま, 込んで 2 かかるやう, かけて, ついた, ついて, 放すやう

1 [37件] か, かかつ, かかつて, かかり氣味, かけると, かけ逃げ出すやう, こんで, たつた, ついたん, つかれて, つかれ合つて, つきぬ, て横さま, 伏しつ, 放されたら俺, 放した, 放して, 立ちつ, 立ちながら, 立ち悲しみ, 立つたが, 立つたので, 立つてからは, 立つては, 立つと, 立てる儘, 起ちて, 越して, 込みたくないの, 込みつ, 込みふんふん, 込み鉛, 込む, 込むで, 込んだ, 込んだま, 込んでる

▼ 突つ込んだ~ (72, 2.0%)

12 ことを 63 ものでした, 事を 2 のです, ものと, 話だ

1 [42件] ことに, ことは, ことまで, しかも場所がら, だけのこと, つて打捨つて置い, つもりで, ところを, とは氣, と云, のか, のさ, のだ, のであつ, のである, のでなく, のは, まま他の, まま涙で, ものから, もので, ものです, やうな, 上氣休めに, 事まで, 伊保木金太郎が, 儘彼は, 八五郎は, 刀が, 利三郎が, 匕首を, 問ひ, 徳利を, 樣子です, 爲だ, 物の, 直覚とから, 穴が, 脇差が, 話です, 調子を, 首を

▼ 突つかけ~ (65, 1.8%)

7 て外 3 て家 2 てゐた, て下, て庭, て来る, て表

1 [45件] てそれでも, ても同じ, てをります, て中庭, て側, て先, て出, て出た, て南縁, て参りました, て大急ぎ, て小走り, て履いた, て山羊小屋, て庭木戸, て悲鳴, て手拭, て押し並ん, て暫らく縁, て朝, て未見, て歩く, て氣輕, て泉石, て流し, て源次, て片手, て狹, て生垣, て自分, て裏, て裏口, て路地, て逃げ出しました, て降りる, て降り立ちました, て離屋, て飛ん, て馭者臺, て髷節, ながら黒い, 一度今にも転び, 乍ら平次, 草履切火を, 草履前

▼ 突込む~ (63, 1.7%)

10 ように 2 なよ, やうに

1 [49件] からであった, ことが, ことは, ことも, そして宿, でみた, でポツネン, と, といふ事, ときは, とさも本当に, とすくえる, とそ奴, とグシャリ, とゴシゴシ, とバタバタ, と中, と小さな, と愛用, と昨日屏風浦, と柔, と混雑, と腕白そう, と若手代, と赤黒い, と酸っぱい, と黒い, のさえ, のであります, のです, のと, のも, ほど引, もので, よ, 前に, 危険が, 容易に, 感じ皆親しい, 手練の, 様に, 目に, 筆の, 者が, 訳だ, 論争を, 資格の, 道具箱ぐざと踏み貫く, 雁首が

▼ 突つい~ (62, 1.7%)

11 ている 6 てゐた 3 ていた 2 てみ, てみた, て盛ん, て蛇

1 [34件] たりし, たりした, たりときどき, たりドンドン, たり書物, たり柿, たり銀子, て, てあやし始めた, てい, ていった, てしきりに, てしつっこく, てそっと, てその, てそれで, てでもいるらしい, ては怒らせ, てももうで, ても音, てゐる, て一角, て仕様, て刎, て取出した, て夕飯, て女, て少しごたごた, て居る, て若, て虫, て見, て見よう, て進行

▼ 突として~ (58, 1.6%)

2 彼の, 朝廷から, 眼の, 開けたり

1 [50件] いう, いっぽうの, お味方, こういう事実, こう提言, ここに, その角, ぴあの, 一つの, 一彪の, 丸の内に, 何かに, 信長自身が, 前進の, 北条家へ, 吩咐けた, 夜打が, 大坂の, 奇を, 宇治に, 実に突, 山の, 崩れみだれ相寄り相, 左右の, 張飛の, 急調に, 新田方の, 日本間が, 昨日は, 来て, 来る, 横合いから, 渡り越えて, 現われて, 立ちふさがった武家, 立った者, 第二, 紅の, 累々の, 芭蕉に, 討って, 誰か, 逝去の, 電話の, 青空の, 面出す, 鞍の, 頭の, 風を, 鼓声鉦雷の

▼ 突つ立つた~ (49, 1.3%)

7 のは 5 のです 2 跡が

1 [35件] がそのまま, が出掛け, きり暫く, きり自分の, のでした, ままいつた, ままかう, ままその, ままそれを, ままなり, まま動かなかつた, まま口を, まま私の, まま脇へ, ものが, ものの, 儘なすが, 儘訊いた, 匕首などは, 吹矢の, 吹矢は, 天滿與力の, 山ばかり, 忍び返しの, 握り太の, 楊弓の, 樣子です, 炭屋の, 玄関の, 男が, 矢が, 短刀は, 銀簪亂る, 高い木, 黒筐柳や

▼ 突~ (46, 1.3%)

3 して 2 いやが, くれんばかりに, 入れました, 食は

1 [35件] くって, くれて, とらなかったため, なすところ, なすべしとて, もって, やって, やつた, やる人, よく濡らし, 一本食は, 下って, 入れた, 入れて, 兼業し, 出入する, 初めたの, 吃ひぬ, 喰ったん, 喰わされても, 喰わす, 少しやつ, 想像し, 有して, 林の, 極めて居る, 示す高度計, 聳えしめて, 蔵へ, 要せず鍋釜, 越すかも, 過ぎし頃日, 食って, 食わされた, 食わせられる度

▼ 突つ込む~ (43, 1.2%)

5 やうに 3 のです, のは 2 ことに, と, と二人, やうな

1 [24件] すきが, で身, といふこと, とお, とかう, ところえぐし, とその, とそれ, と何やら, と兄さん, と急, と松の木, と次, と此方, と福松, と罠, のだ, のも, ほど開ける, まで棺, よりは主人, 叔父さんを, 奴が, 相談を

▼ 突立つ~ (43, 1.2%)

10 たま 2 者さながら

1 [31件] から慌て, たり, ている, ておいやす, てくるだらう, てそれ, てゐられる, てゐる, て居る, て私, て行かう, て飢饉, と不動, と出来, と目, ばかりで, やうに, ように, よと見れ, 七十余りの, 冷かな, 如くに, 時擦違う, 木強漢, 破風造りの, 膝が, 葉の, 記念碑をよけて, 身構えへの, 間に, 高山の

▼ 突~ (38, 1.0%)

2 やられて, 突いた一

1 [34件] かけてずッ, したん, し又, やったの, やったらしい, やつた, ザクリと, ズブリと, 一ツ老爺の, 一木の, 亘る鬱憂, 凝つて, 出かけた, 刺したもの, 及んで, 向ふ, 土鍋を, 小男を, 屈んで, 来るよう, 来る学生四, 淫する和田英作畫伯, 疲れて, 痛みをも, 肩の, 誘った, 走るなど, 足らぬ島嶼, 足らぬ所, 通った, 達す同, 遣つて, 銃劔を, 頼母の

▼ 突~ (36, 1.0%)

2 立って

1 [34件] その魚, なすこと勿, 下って, 入って, 入りぬ, 凍え飢えた野良, 出て, 吉次も, 墓地に, 大欠伸, 奥座敷へ, 実に突如と, 寫眞とでは, 干し酒盞, 庭に, 摺寄っ, 涙ぐまれて, 現われ出た女, 町の, 異る, 眼の, 秒刻を, 立て畳ざわりあらく, 立上っ, 立上つた, 立上つて机の, 裏の, 走り出て, 跳り込んだ, 這入れば, 間違えるよう, 顏を, 顔を, 鳴り響いて

▼ 突~ (36, 1.0%)

5 のめって 4 出て 2 のめして, のめりそう

1 [23件] がった縞, がって眼光竜鬼, ざいていたずらに長く, ぬけるよう, のめったげ, のめる, のめると, のめるの, のめる駒井能登守, 出されめ, 出して, 出すおつもり, 出す柄, 出たところ, 出たろう, 出る幕, 抜けて, 曲がった髷, 流されるよう, 流れるよう, 裂き横一揮, 裂く電光, 逃げたら蝗

▼ 突立ち~ (35, 1.0%)

2 たり, ながら

1 [31件] あるもの, うつろな, おれり, これは, しかばさしも, つつある, て足踏み, どうした, ながら中, ながら声, ながら歯切り, ながら用事, ながら腹の中, なくもがなの, もう一度ゆるゆる瞳, テレビ見, 何もかも無くなっ, 例の, 全く遠ざかっ, 半靴, 懐から, 敵方の, 新しいの, 武者ぶる, 爪先から, 石が, 細葉の, 美しき目, 背広が, 腕に, 藤作は

▼ 突つ伏し~ (28, 0.8%)

4 てゐた, てゐる 3 てし 2 てゐまし

1 [15件] お仙は, たり深い, てしまひたい, て居ります, て微動, て悩ん, て正, て正体, て死ん, て涎, て深い, て眠つて, て笑, て顔, 涙声で

▼ 突つ立てた~ (26, 0.7%)

32 んでせう

1 [21件] と白状, に相違, に違, のかい, のさ, のだ, のぢ, やうな, やうな尖つた, 上へ, 傷の, 儘と, 刀の, 大太刀, 奴が, 工合は, 拔身の, 槍が, 矢は, 竿の, 銀簪は

▼ 突張り~ (25, 0.7%)

2 ながら, 抜く

1 [21件] でないので, どうする, ながらぐたりと, ながらそろそろ, ながら向, ながら白い, ながら目, の白木, ぴたりと, キスの, ト鋏を, 刎返そう刎返そう, 咽には, 手尖, 支えて, 殊の, 狂気した, 身を, 返った鼻, 返って, 通したもの

▼ 突掛け~ (24, 0.7%)

1 [24件] て, ている, てばたばた, て何処, て出, て出た, て出よう, て十段, て十風, て危く, て危く大器氏, て参れ, て喫, て掌, て更に, て来た, て来まする, て来る, て裏木戸, て長蔵さん, て駈け出さね, ながら, の膳, 片手に

▼ 突つこん~ (21, 0.6%)

2 だま, でゐる, で來, で訊き

1 [13件] で, でくる, でこれ, でもまだ, で上体, で屍体, で掻き, で描写, で泣い, で洗, で置い, で芸能化, で鍵

▼ 突つき~ (20, 0.6%)

2 ながら, 廻した揚句金

1 [16件] ちらして, ながらつんと, ながら彼一人上機嫌, ながら快, ながら揚げ, ながら胡乱, ながら言った, ながら話す, ながら面白, の部屋, まわしその, りました, 動かされなければ, 廻されるん, 描いて, 返して

▼ 突~ (20, 0.6%)

2 のめった, のめって, 逃げた

1 [14件] がつた鼻, のめった日吉, のめりかけるそれ, のめりそう, のめりながら, のめるなり, のめるほど, のめるやう, のめるよう, 出されしか, 出してるじゃ, 出し笠, 出た唇, 出た唇奴等

▼ 突張った~ (19, 0.5%)

1 [19件] からで, のだ, のでその, ままびっこを引い, ものである, ものを, ような, 体の, 四対の, 外線は, 女から, 奴等ほど, 手を, 林立と, 牛の, 白髪の, 硝子で, 脚も, 鉋の

▼ 突つく~ (18, 0.5%)

2 と一人, ものが

1 [14件] か上野山, と直ぐ, のに, のを, ほど高く, ような, ように, 必要も, 快さ, 柔かい手, 田舎に, 真似を, 腕に, 酷い奴

▼ 突立て~ (18, 0.5%)

1 [18件] てあたかも, てある, ておこう, てがたがた, ての, てゐる, て押え, て見事, て静か, ながらちょい, ながら不平, にか, まもなく大男, もう上体, 右の, 咽笛を, 老人の, 肉を

▼ 突立てた~ (18, 0.5%)

2 死骸を

1 [16件] かまさか, けれども何, と分ります, のかい, のは, のを, ように, んだ, んでなく, 傷ぢや, 創底左肺に, 広い門, 廣い, 棒杭みた, 榜杭の, 腕の

▼ 突つ立て~ (17, 0.5%)

1 [17件] たり見物, てお, てから障子, てその, てゐる, てをりました, て死ぬ, て死ん, て浮きつ沈みつする, て無, て隱, て靜, て頸動脉, て飛出し, はツ, 丸窓の, 切つ尖

▼ 突~ (15, 0.4%)

2 寺と

1 [13件] あるが, きまったわけ, そんなにお, ついて, らした, ノロ, 三本見える, 上手に, 好きだ, 屹立し, 水けむりをあげて猛撃し, 立ち橋, 西洋の

▼ 突~ (15, 0.4%)

6 せて 2 せくるり 1 しました, せ, せたり, せた脣, せ僕, せ憤つと, せ蜂

▼ 突切る~ (15, 0.4%)

1 [15件] からそう, くらいだ, ことは, とき青年が, と国境, と爪先上り, と言いました, にちよろ, にはそう, のは, 勢いが, 川を, 早業に, 時の, 電車の

▼ 突ついた~ (13, 0.4%)

2 ような

1 [11件] が自分, きり湯も, ことが, のだらう, のである, のは, やうな, 口の, 様な, 炭団は, 痕まで

▼ 突留め~ (12, 0.3%)

1 [12件] ている, てお, てそこ, て出向い, て南条, て参った, て参ります, て帰らなけれ, て来, て来る, て知った, 外したまでの

▼ 突つ立てる~ (11, 0.3%)

1 [11件] その竹棒, と支度, などは町人, のです, のは, ま, またその, んぢや, 前でなき, 心算だ, 爲に

▼ 突~ (11, 0.3%)

1 [11件] あろうと, 一時は, 下まで, 下ると, 低い峰頭, 後退した, 御多分に, 行かないうち, 走った時, 進んだ処, 高くて

▼ 突伏す~ (11, 0.3%)

2 がごとく, ように 1 と声, のである, ばかりに火, よう引く, 一人で, 時長々, 騷ぎ

▼ 突張っ~ (11, 0.3%)

4 ている 3 ていた 1 たりする, たり指, たり考え, ております

▼ 突掛けた~ (11, 0.3%)

2 吾妻下駄を 1 から, が靴足袋, のは, ま, まま手には, もののその, 事なれ, 無雑作, 無雜作

▼ 突込まれ~ (11, 0.3%)

1 [11件] てそれ, てより, てゐる, てゴム, て亭主, て大分, て白状, やつとの, ベランは, 丹治は, 揚句例の

▼ 突つかひ~ (10, 0.3%)

5 棒に 2 棒は 1 棒が, 棒で, 棒です

▼ 突~ (10, 0.3%)

2 半破れ 1 したたかに, なされた魂, なし加減, 不得要領に, 二十五歳を, 何故身, 知らぬし, 高いであろう

▼ 突殺す~ (10, 0.3%)

1 という心根, とか或は, と云いやんした, と云う, と云うだ, と云われやんした, のに, 前に, 奴が, 時は

▼ 突つかける~ (9, 0.2%)

2 のです 1 とそれでも, と客, と背後, のも, や表, 指先き, 間もなく跣足

▼ 突つ込み~ (9, 0.2%)

1 やうが, 主任教授の, 口を, 塔の, 娘の, 床板を, 手足を, 蒲団を, 足で

▼ 突~ (9, 0.2%)

1 も造え, 女は, 宇宙が, 急所を, 息の根を, 文字などを, 林蔵は, 死んで, 聲も

▼ 突ツ立ツ~ (9, 0.2%)

2 てゐる 1 た, たの, たりまたは, た老爺, ていた, ても氣, てゐた

▼ 突張る~ (9, 0.2%)

2 や否 1 と外れ, と言つて, のを, ようだったら, んだ, 十手を, 眼が

▼ 突つかれ~ (8, 0.2%)

1 そうに, ている, てしやしやり出た, ては大, ても劇, て彼女, て慌て, 車掌から

▼ 突つこんで~ (8, 0.2%)

1 その中, もぞり, も突, やをら青い, クシャクシャの, 前へ, 漆塗りの, 熱いところ

▼ 突つつい~ (8, 0.2%)

1 てはちよ, ても血, てゐた, てゐる, て下, て搖つて, て見たら, て追

▼ 突以上~ (8, 0.2%)

2 の高山 1 という事, に及び, はある, は雑木, も抜い, 利く凄い

▼ 突懸け~ (8, 0.2%)

2 て渠, て疾風 1 せっかくで, ておい, て横押, に行っ

▼ 突留める~ (8, 0.2%)

2 事が, 分には 1 ことは, ところは, ところまで, のだ

▼ 突調子~ (8, 0.2%)

5 もない 1 なく大きく笑った, な叫声, もなく大きく

▼ 突つけ~ (7, 0.2%)

1 ている, てお父さん, てぐたりとなった, て嘗て, て結婚, ば痛い, 狂気の

▼ 突つ張らかし~ (7, 0.2%)

1 てガツガツ, てロハ, て中屋, て僅か, て見せる, て評判, て開き

▼ 突~ (7, 0.2%)

1 あやまり調子, いる脊中, お肴, 入り, 入る一人, 居る肘, 渡いた受取った

▼ 突ッつき~ (7, 0.2%)

1 ちらしたが, ながらしばらく, ながら悲しい, ながら食事, 交ぜた, 廻して, 殺されて

▼ 突上げ~ (7, 0.2%)

2 て来る 1 てくる, て來, て端麗, 顫わせた, 鷹揚に

▼ 突切っ~ (7, 0.2%)

2 て行く 1 たって言ったら, たりしよう, てみた, てゆく, て行きなさい

▼ 突留めた~ (7, 0.2%)

1 かね, といふ訳, ところがアンマリ見当外れ, ものが, ような, 上は, 奴の

▼ 突立つた~ (7, 0.2%)

2 まま 1 が何, が出掛, ままそして, ままである, ままもどかし

▼ 突込まれた~ (7, 0.2%)

1 だけでよろける, ままに, まま燃え, ような, ように, 落葉には, 騷ぎの

▼ 突退け~ (7, 0.2%)

21 てお, て向う, て眞, て釜, 刎退け

▼ 突附け~ (7, 0.2%)

1 あなたに, そうな, て, てそこ, て傘, て意見, て教

▼ 突つこむ~ (6, 0.2%)

1 ことは, ことを, とあの, のさ, ので僕, やうに

▼ 突つ伏した~ (6, 0.2%)

1 おほいな, お才さん, まま息切れを, ものも, 大人の, 顏は

▼ 突つ立ち~ (6, 0.2%)

1 ながら, ながら相対, ながら耳, ながら花, 忍び返しの, 網戸を

▼ 突ツ伏~ (6, 0.2%)

3 した 2 したの 1 したま

▼ 突転ばし~ (6, 0.2%)

2 青竹で 1 がする, てコレ, て打, て返し

▼ 突除け~ (6, 0.2%)

1 てジャズ, て土間, て小走り, て行っ, ながら澄夫, 同志の

▼ 突~ (5, 0.1%)

1 て一挙, て来た, て遊びます, にや斯く, 如くに

▼ 突~ (5, 0.1%)

1 とか大騒ぎ, と云う, などと苦, のだ, ので

▼ 突つかけた~ (5, 0.1%)

1 ま, 二十前後の, 八五郎は, 姿, 若い女

▼ 突つ放し~ (5, 0.1%)

1 ても宜, てゐる見たい, てバス, て来た, て此處

▼ 突にて~ (5, 0.1%)

1 スミス氏は, 即死せし, 深く刺, 痛を, 胸と

▼ 突合わせ~ (5, 0.1%)

1 ていた, てみた, て何もかも, て居直った, て踞んで

▼ 突掛ける~ (5, 0.1%)

1 と早く, のを, もそこそこ, や戸外, 所を

▼ 突掛る~ (5, 0.1%)

1 という, と並, ように, 事の, 八ツ口の

▼ 突留めよう~ (5, 0.1%)

1 かと奇異, として貰いたい, とする, と思っ, と骨

▼ 突着け~ (5, 0.1%)

1 てちょうど, て右, の物凄く, 突掛け, 綴附と

▼ 突立てられる~ (5, 0.1%)

2 のを 1 ことも, と主人, 筈は

▼ 突立てる~ (5, 0.1%)

2 なり 1 がい, のである, 仕打あり

▼ 突込もう~ (5, 0.1%)

3 とする 1 として衝, と誰

▼ 突つき合っ~ (4, 0.1%)

1 たりぷっと, たり会いたかった, て大笑い, て笑っ

▼ 突つこんだ~ (4, 0.1%)

1 きり滅多に, まま黙読しはじめた, 儘立ち往生した, 右手を

▼ 突つ掛け~ (4, 0.1%)

1 ては香煎, て其の, て居る, 店から

▼ 突つ立てられ~ (4, 0.1%)

1 てこと切れ, てゐる, て仰向け樣, 全身蘇芳を

▼ 突では~ (4, 0.1%)

1 じょうずな, そんなに大袈裟, ひどく不器用, 始終喧嘩相手

▼ 突という~ (4, 0.1%)

1 のだ, 抜群の, 遊戯を, 高さ

▼ 突ばかり~ (4, 0.1%)

1 投げ出され地上, 深さ六, 隔った, 離れて

▼ 突ばかりの~ (4, 0.1%)

1 深い絶壁, 薄い皮, 距離に, 近間まで

▼ 突ッ刎~ (4, 0.1%)

3 ねて 1 ねた

▼ 突ッ拍子~ (4, 0.1%)

4 もない

▼ 突ッ立ッ~ (4, 0.1%)

1 たまま, ていた, ている, てるだけ

▼ 突上げた~ (4, 0.1%)

1 が鎧, のが, ばかりで, 束髪で

▼ 突上げる~ (4, 0.1%)

1 のが, のでうむ, 勢で, 痞を

▼ 突伏せ~ (4, 0.1%)

1 てとり返す, て唯, て首, ながらジット後先

▼ 突切った~ (4, 0.1%)

1 な, のは, んです, 魚やへ

▼ 突懸けた~ (4, 0.1%)

2 が下駄 1 は間違い, 皺だらけの

▼ 突立ちたる~ (4, 0.1%)

2 まま両手を 1 奈美女は, 女神バワリアの

▼ 突立ってる~ (4, 0.1%)

1 うちは, のじゃあ, のは, ニーナが

▼ 突込まれる~ (4, 0.1%)

1 かも知れません, のが, ものが, 手の

▼ 突込め~ (4, 0.1%)

1 ばそれで, ば何, ば私, ば貴方

▼ 突返す~ (4, 0.1%)

1 ことが, ので, ほどのお, ようで

▼ 突つかれた~ (3, 0.1%)

1 って, なり生れ, はずみに

▼ 突つた~ (3, 0.1%)

1 てること, てると, のであつ

▼ 突つついた~ (3, 0.1%)

1 でもあらう, やうに, んぢや

▼ 突つて~ (3, 0.1%)

2 見て 1 も決して決して

▼ 突つ刺し~ (3, 0.1%)

1 てある, ても同一, てやんだ

▼ 突つ張らせ~ (3, 0.1%)

1 たりし, てぶつ, て置く

▼ 突つ放した~ (3, 0.1%)

1 やうに, 態で, 物の

▼ 突つ放す~ (3, 0.1%)

1 だけだつた, と下男風, やうな

▼ 突つ立つてる~ (3, 0.1%)

1 奴が, 宮崎を, 形が

▼ 突つ立てられる~ (3, 0.1%)

1 もので, 若い娘, 迄開けつ放し

▼ 突つ起つ~ (3, 0.1%)

1 たま, てはげしく, て居る

▼ 突つ返し~ (3, 0.1%)

2 て來 1 て呉れ

▼ 突とを~ (3, 0.1%)

2 暗々の 1 空中に

▼ 突ほど~ (3, 0.1%)

1 前進し, 落ちて, 隔てた岸

▼ 突まで~ (3, 0.1%)

1 押し並べられ燗鉄瓶, 深々と, 登り切ると

▼ 突~ (3, 0.1%)

1 て考え, よった, 止める

▼ 突より~ (3, 0.1%)

1 出づる數十百條, 出づる石灰抹, 火

▼ 突内外~ (3, 0.1%)

1 その向う, の同胞, の筑波

▼ 突切れ~ (3, 0.1%)

1 ば後, ば近い, ば道

▼ 突合わし~ (3, 0.1%)

1 て互に, て何らかの, て貰える

▼ 突懸り~ (3, 0.1%)

1 気味に, 猛火の, 端に

▼ 突懸る~ (3, 0.1%)

1 と畫師, ように, 四十物町が

▼ 突立ちあがり~ (3, 0.1%)

1 互いに白刃, 弓の, 椅子を

▼ 突立ち上る~ (3, 0.1%)

1 と, と彼方, 時

▼ 突立てられ~ (3, 0.1%)

2 て並んだ 1 て身動き

▼ 突羽根~ (3, 0.1%)

2 の内職 1 の袂

▼ 突走る~ (3, 0.1%)

1 か分り, んだ, 覚悟を

▼ 突走れ~ (3, 0.1%)

1 とばかりおっしゃっ, ばどう, 突走れ

▼ 突込める~ (3, 0.1%)

1 だけ極度, のだ, ものかと

▼ 突さして~ (2, 0.1%)

2 居るのに

▼ 突ついたら~ (2, 0.1%)

1 何かしら手ぐり出す, 皇帝紛失の

▼ 突つか~ (2, 0.1%)

1 かつた, かつて来る

▼ 突つかけられ~ (2, 0.1%)

1 て叶, 跣足に

▼ 突つき乍ら~ (2, 0.1%)

1 おめ, 一杯やらかし

▼ 突つき出し~ (2, 0.1%)

1 て是非, て見た

▼ 突つこ~ (2, 0.1%)

1 みギャア, むのであつた

▼ 突つこみ~ (2, 0.1%)

1 その前, ながら叫んだ

▼ 突つたつて~ (2, 0.1%)

1 ゐた, ゐたん

▼ 突つつき~ (2, 0.1%)

1 ながら面倒, 合ふ

▼ 突つ張る~ (2, 0.1%)

1 やうで, やうに

▼ 突つ込まれ~ (2, 0.1%)

1 たり此間, てひどい

▼ 突つ返せ~ (2, 0.1%)

2 といふ

▼ 突といふ~ (2, 0.1%)

1 ものは, 遊技に

▼ 突にも~ (2, 0.1%)

1 及んで, 碁や

▼ 突のけ~ (2, 0.1%)

1 つつ椽, て男

▼ 突のめる~ (2, 0.1%)

2 ように

▼ 突~ (2, 0.1%)

1 それから多く, 釣などに

▼ 突~ (2, 0.1%)

1 と何, と直ぐ

▼ 突上る~ (2, 0.1%)

1 ところへ, 處へ

▼ 突伏せられ~ (2, 0.1%)

1 て引窓, ながら尚

▼ 突倒す~ (2, 0.1%)

1 ものとばかり, 踏

▼ 突合わせた~ (2, 0.1%)

1 ような, 友達と

▼ 突張らせ~ (2, 0.1%)

1 歯を, 齒を

▼ 突張りまし~ (2, 0.1%)

1 てそれ, てな尻尾

▼ 突殺せる~ (2, 0.1%)

1 のは, 力が

▼ 突留めなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 突留められない~ (2, 0.1%)

1 とあった, と云う

▼ 突着けた~ (2, 0.1%)

1 ばさばさば, 椅子の

▼ 突立ちました~ (2, 0.1%)

1 が道庵, 小宮山は

▼ 突立ち上った~ (2, 0.1%)

1 ものです, 真黒な

▼ 突立つてる~ (2, 0.1%)

1 うちは, 大の

▼ 突立てます~ (2, 0.1%)

1 と, と恰も

▼ 突立てられた~ (2, 0.1%)

1 まま胸の, まま造りかかり

▼ 突立て女~ (2, 0.1%)

2 に酌

▼ 突羽根草~ (2, 0.1%)

1 の花, や燕子花

▼ 突裂く~ (2, 0.1%)

1 とは何, 叫び

▼ 突走っ~ (2, 0.1%)

1 ている, てゆく

▼ 突走らせる~ (2, 0.1%)

2 のは

▼ 突込まない~ (2, 0.1%)

1 じゃいけない, のか

▼ 突込まれた腹立ちまぎれ~ (2, 0.1%)

2 に私

▼ 突込まん~ (2, 0.1%)

1 と, ばかりにさして

▼ 突込むで~ (2, 0.1%)

1 こと, 停車場前の

▼ 突遣り~ (2, 0.1%)

1 て, 手早く雨戸

▼ 突開け~ (2, 0.1%)

2 てなだれ

▼ 突附ける~ (2, 0.1%)

1 かとすれ, と真黒

▼1* [343件]

あげると何で, 突あまり高過ぎるから, 突うちが手入れ, 突おとされた悲境の, 突がった鼻と, 突がねもめちゃめちゃに, 突ぐらいあって, 突ぐらいまでの北西の, 突ぐらゐな距離しかあるまい, 突ここに長, 突落とされて, 突さえもやめて, 突ささって而, 突ささるような, 突さし沁み沁み美味さ, 突さすように, 突さては碁将棋マーヂヤンの, 突ただろうかと, 突たっていた, 突たつて二, 突だしたので, 突ついたならぼろ, 突ついては前を, 突つかい棒を, 突つかけました私は, 突つかけられないことは, 突つかずに太田成子専一, 突つかせて世間, 突つかせるのよ, 突つかないとも限らない, 突つかれようと彼, 突つきあいばっかりし, 突つきあってクスクス, 突つきすぎてしまった, 突つきたくてたまらなかっ, 突つきつけられるやうな, 突つきつて逃げたん, 突つきつて庭口から洗濯物, 突つきつて街路へ出, 突つきるとたんその, 突つき乍らあれこれと話し, 突つき傷を全身一面, 突つき合いながら冷酷, 突つき廻わして幾年, 突つけたまま, 突つけると目, 突つければ誰, 突つけんどに訊ねた, 突つこかしたりし, 突つこまうとする, 突つこまれ彼女は, 突つこみかねないことを, 突つこんだら嗅煙草入の, 突つこんでしきりに, 突つたつてゐる, 突つたつたまま霧粒を, 突つたつた母の姿, 突つたのである, 突つた證據である, 突つつかれるが, 突つつかせたりなぞ, 突つつかれようと靴先, 突つめた気分で, 突つめんならンように, 突つ伏すと日本語, 突つ切らうか, 突つ切り山の根つ, 突つ切れなかつた地形で, 突つ刺したつて申し開き立つ, 突つ刺しつちあんでが, 突つ崩して榾, 突つ張らかした俺と, 突つ張らせた八五郎照れ臭, 突つ張り左の, 突つ張りますが夕風, 突つ掛かられるのであんな, 突つ掛けるのを, 突つ掛つたりする, 突つ撥ねるやうに, 突つ放さうとする, 突つ放されさう, 突つ放されたやうな, 突つ放されるにしろ, 突つ放しますがお, 突つ殺された者が, 突つ殺してしまひました, 突つ突き豆腐を, 突つ立たまま, 突つ立ち上つて居りました, 突つ立ち上つて澄みわたつた, 突つ立てられないことも, 突つ立てゐる石塔の, 突つ立てんとする, 突つ走つたのだ, 突つ走つたんだ, 突つ走るといふこと, 突つ起つた主人又, 突つ込ませて殺した, 突つ込みたくなるだらうよ, 突つ込みますが主人庄司三郎兵衞, 突つ込み更けるまで明日, 突つ込み過ぎてお, 突つ込み過ぎましたが今, 突つ込むならば責任, 突つ込め誰が, 突つ込めるのは, 突つ込んだら汝は, 突つ込んだらしい穴が, 突つ込んでしまつたのです, 突つ返されてし, 突つ附いてみた, 突つ離されると急, 突であって枝折峠, 突でもやるさ, 突とおされた時の, 突とは距たらぬ, 突とめ度いとも, 突うまみの, 突などをする場合, 突なりいっ, 突なるものは, 突にかけては甲府城の, 突ぬいて地面, 突ぬくような, 突ぬけそうな, 突ぬけるべきを此方側, 突して, 突ばかりにしても, 突ばかりを隔てて, 突ばったちょん髷を上, 突一寸頭, 突び出しおとがいが反り, 突ぴよう子もなく, 突まわすその意味, 突もどして扨, 突やら晩餐やらを, 突らしてカーキ色服, 突方が, 突てより, 突をばもてあそぶ脳, 突カレタアトノ心ノ動揺ガ, 突カレタノデ明カニ狼狽シテ照レ隠シニ, 突殺ロサレンヨーニシナサイ, 突キタル杖ヲ森岩ニ, 突キ崩サレ一町バカリ引退ク処ヘ又, 突キ止メテシマウトカエッテソウイウ快感ガ消エル, 突などというの, 突ケヤレ突ケなどというの, 突コツにそれ, 突ッきりやがて己, 突ッこまされて, 突ッこんどるが, 突ッつき言葉の合理性, 突ッぱいりゃあ碌な事, 突ッぱった田舎のお, 突ッぱってはいられないので石川数正を戦捷, 突ッぱって地にもがい, 突ッぱなすこともならない気がした, 突ッぱねたとは冥加を知らぬ, 突ッぱねつづけて来た, 突ッぱねていれば彼らは自殺, 突ッぱねればどういう手段, 突ッケンドンな早口, 突ッ付きさえすれ, 突ッ付き廻したがるんで, 突ッ俯しちまったん, 突ッ刎ねたのはま, 突ッ慳貪にそれ, 突ッ立上った大河内参事官閣下, 突ッ立ちになり, 突ッ込みの序, 突ツつき合ひながら, 突ツつき突ツつかれ合つて, 突ツ俯したま, 突ツ切つて, 突ツ切つて悲鳴を追跡, 突ツ張つて簇がつて, 突ツ張つて腕を組み足拍子, 突ツ拍子もない, 突ツ立てばそれでも, 突上げられた十坪ほどの, 突上げられる道理が, 突主峰の北, 突二突見る見るうち, 突付いて蛇, 突付いた糟糠の, 突付きこわしたよう, 突付き合ったり黄ばんだ, 突付く者が, 突以内に接, 突仲間なる或, 突伏せたので危く重囲, 突伏せ十三騎に手, 突伏せ更に刀, 突伏せ目を塞げい, 突切らうとして走, 突切らせてもらっ, 突切らない事には, 突切らなければならない, 突切り遮二無二悪, 突切りたがる男とは, 突切り丸ビルへかけ込んだ, 突切り田の小径, 突切り紅白の牡丹, 突切り足袋屋の露地, 突切れるもので, 突切れ濤にくだかれる, 突削るからそう, 突前後の大, 突割ったという, 突割ると中, 突包んで一所, 突南北二百米突の広, 突反らして胴, 突合ったまま危く倒れん, 突合わすほど狭い, 突合わずに居た, 突合わせたなら三人寄れ, 突合わせると流石, 突向けて, 突向けた先頭第, 突壁上の広, 突変説が起りました, 突外れの角あたり, 突多くなれり, 突好きのあまりに, 突寄せた時は, 突寸善尺魔闇を切っ, 突射すのだ, 突少し嶮しくなっ, 突屈まれて女房, 突延すだけで, 突張っとるがなあ, 突張つただけの両, 突張つた小倉の櫂, 突張つた脚もなよ, 突張らすのよし, 突張らせられた忌々しさ, 突張らねばならなかつた, 突張り合てズリ抜, 突張り大騒ぎ行って, 突張り退けるのだ, 突張れたし家, 突張れない羽目と, 突張ろうか, 突強く貫くと, 突従来最高峰と認められ, 突懸った石ころの, 突懸らずひょろついた揚句が, 突ひは, 突折りたり, 突据えられたように, 突捲りで薄なりに, 突掛かりたがる興世王も, 突掛けましたので, 突掛けものにし, 突掛け乍ら提灯携げて出, 突掛け勝手元の庭, 突掛け来り楯をも, 突掛け突掛けて, 突掛け草履で片手, 突掛って来る, 突掛らぬ代り獨り塞ぎ込ん, 突掛られる荒立つ心とを, 突掛りたいとこだ, 突掻き突掻き, 突掻きぐしゃりと挫げたように, 突揃えて畏まっ, 突撥ねてゐる, 突撥ねられたから云う, 突支えておい, 突支ってある, 突明けると床の間, 突来る鋩を, 突横打どの一撃, 突殺しが大概竹槍, 突殺し蛇池にて一人生, 突殺せば大野惣兵衞, 突さ五米突に, 突留めずにいられなかった, 突留めたらしい心持が, 突留めないと寝覚め, 突留めねばならぬ, 突留めましたものです, 突留めますお紺, 突留められぬだけである, 突留められる程ヘマでは, 突留め得た如く七兵衛おやじなる, 突留め得べきが単身, 突留ることの, 突百五十米突と下っ, 突着けたですだで, 突着けられても興, 突着けられた千鳥の, 突立ちたるごとく天晴立派に, 突立ち上って大手, 突立ち上つて冠をカナグリ, 突立ち上り踵を, 突立ち工事が起され, 突立ち止っての直接談判, 突立っとるのか, 突立つたるま, 突立てようとする, 突立てんとする, 突立て突立て辿, 突群峰の中央, 突羽子のよう, 突羽根草さまざまの色, 突斎の, 突若干銭と秤量, 突裂いたがやはり, 突見る見るうちに, 突計りの, 突走ったか覚え, 突走らされこうして立ちすくんだ, 突走りかねない量見, 突走りはじめるときまって, 突走りますと鷲掴み, 突足軽が三十五人, 突転ばされて身体五六ヶ所, 突転ばされるように, 突転ばすように, 突込まなかったということ, 突込まなくっては義理, 突込まなければならない, 突込まれないように, 突込まれん方が, 突込むべき問題でない, 突込めないところも, 突込んだら良さそう, 突込んだ思いますとがばと, 突近くの風力, 突返さうとした, 突返しに行く, 突返らうとした, 突退けようと向う, 突退ける隙も, 突遣られたり, 突部屋へ行こう, 突開けたと思ふ, 突附けた燈も, 突難なく扉は, 突頸動脈をひと刺し