青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「空間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

空中~ ~空地 空地~ ~空想 空想~ ~空気 空気~ ~空虚 空虚~ ~空間
空間~
~突 突~ ~突い 突い~ 突き~ ~突然 突然~ ~窓 窓~ 窮屈~

「空間~」 4614, 50ppm, 2328位

▼ 空間~ (711, 15.4%)

21 問題は 19 中に 14 問題に 11 内に, 問題を 10 性格は, 性格を 8 うちに, 直観は 7 概念を 6 中で, 問題が 5 一つの, 問題, 根源性を, 概念は, 直観が 4 一点を, 中を, 問題の, 性格である, 方から, 概念の, 直観に, 結合なる, 観念性の, 闇に

3 [12件] うちには, ことで, 名に, 実在性を, 導入によって, 彼方に, 意識を, 概念に, 直観の, 美しさ, 規範に, 諸現象形態

2 [45件] あなたに, ことである, アプリオリ的構造, 一点に, 一生, 三次元性の, 三次元性は, 三次元性を, 中こまごま, 中では, 中には, 中へ, 充実は, 充実を, 内容規定の, 出現は, 可能を, 問題さ, 外へ, 如きもの, 存在性を, 性格, 性格が, 或る, 数が, 最勝義, 本質の, 概念が, 構成の, 永遠の, 波が, 波間に, 深さ, 無限可分割性を, 現象諸, 理論は, 直観である, 直観と, 直観を, 相対性を, 表象の, 表象は, 表象を, 規範そのものでは, 運動を以て

1 [389件] あかりが, あらゆる方向, あらゆる空所, あらゆる隅々, あらん限り, あるという, ある有限, ある範囲内, うす桃色, こういう弁証法的, ことであった, ことを, この, このよう, この内容, この存在性, この相対性, この種, これを, そのまた, その幌, それであっ, それでのみ, それでは, それは, たるみ, できた今日, ところどころに, どこかに, なかに, ながれを, なんたる, ぬけ目, ひろがりが, ひろがりだから, ひろさ, ほうへ, ほかには, ほんとうの, ままである, めざましさ, アナロギーに, アナロギーを以て, アナロジーとの, エエテル全部を, エーテルを, ユークリッド性を, ユークリッド的性質とは, ユークリッド的性質即ち, リズム音響そういう, 一ところを, 一ヶ所を, 一元的に, 一所に, 一次元を, 一点と, 一現象形態に, 一瞬と, 三次元を, 三次元性に, 上に, 下に, 下方へ, 不足に, 世界です, 世界に, 中である, 中でと, 中において, 中の, 主人で, 主観性が, 主観性に, 主観性は, 主観性主観的ならぬ, 事情そのものを, 事態の, 人に, 今の, 他の, 代りに, 代理を, 代表的名辞である, 任意の, 体系を, 何かの, 何処であり, 何物かを, 個物という, 傳播, 優れた解釈, 元の, 充実, 充実に, 充実にも, 先験性, 光の, 全体を, 公理は, 具体的なる, 内面を, 凡てでは, 凡ての, 分割の, 分割は, 分析の, 切断面の, 判定であっ, 制約を, 制限によりて, 制限を, 前後は, 助けによ, 勝手な, 区切り方, 区別に, 区別には, 半分から, 単なる内容規定, 単調な, 占有量は, 危機とは, 原理の, 又運動, 反対の, 可能性を, 各種の, 各部分, 唯一の, 問題そのものを, 問題と, 問題に対して, 問題に関する, 喰い違い, 四点の, 図式を, 図書館概念を, 地球も, 基礎的概念である, 場合と, 場合どう, 増加と, 壁絨を, 壮厳さ, 声, 変化この, 変転性という, 外にも, 多いビルヂング經營者, 多い絵, 大きなカーブ, 大きな大きな虚無, 大さ, 大小時間の, 大戦慄, 太陽日本, 夫, 夫とを, 夫は, 夫又は, 好きな, 如きも, 威勢に, 存在を, 存在即ち, 存在物を, 学, 定理に, 定義とすら, 実在に, 実在性, 実在性に, 実在認識の, 実現, 密度も, 小さな夢, 尺度が, 尺度で, 崩壊より, 川幽, 巧みな, 平面そのものでは, 平面として, 平面性が, 平面性は, 平面性を, 幾何学に, 延長と, 形式という, 形式に, 形式は, 形式を, 形式一は, 形態を, 影と, 彼岸において, 彼方恐らく, 征服は, 征服や, 微妙な, 性格では, 性格も, 性質から, 性質な, 性質を, 意味であった, 意味でも, 意識が, 意識に, 意識は, 意識自己の, 感じかたを, 感じに, 成立まで, 或一点, 所在に, 所謂ユークリッド性の, 所謂先験性から, 所謂無限性を, 所謂観念性に, 拡り, 持って, 支配下に, 方に, 方へ, 方向では, 方法的な, 映写幕と, 智識を, 曲率とは, 曲率に, 曲率は, 有限無限とは, 有限無限は, 本質に, 本質は, 果てから, 根本的な, 根本的規定として, 根柢的な, 根源性, 根源性という, 根源性に, 根源性は, 概念こそ, 概念であり, 概念である, 概念も, 概念夫は, 概略な, 構造と, 標示として, 次元が, 次元性を, 正当なる, 正面に, 歪みに, 氣海に, 流れるもの, 浮彫りされた, 消滅と, 消滅を, 深淵は, 測定は, 測定を, 無限という, 無限なる, 無限の, 無限性に関して, 物塊を, 物質化でなけれ, 特別な, 特性を, 特異性は, 特質を, 独立を, 現象を, 現象形態に, 現象界から, 球面の, 理法であり, 理論でしか, 理論では, 理論の, 生具的, 発生の, 発生を, 的を, 直線性, 直線性として, 直覚に, 直観される, 直観そのものが, 直観そのものとしては, 直観そのものの, 直観としての, 直観とに, 直観によってのみ, 直観に対する, 直観へ, 直観内容を, 相対性に, 相対性の, 相対性ばかり, 真の, 真理は, 矛盾が, 知覚においても, 知覚の, 知認には, 破壊が, 確立を, 科學である, 種的媒介による, 空漠たる, 空間たる, 空間らしい, 立体的な, 立場を, 算式だけ, 算式な, 精密なる, 系列は, 約束を, 素朴な, 結合, 結合そのものでは, 絶対的な, 総てを, 総量と, 背後に, 能率化は, 芸術と, 芸術的性格を, 荘厳さ, 表現その, 表現である, 表示である, 表象に, 表象内容は, 表象自身を, 複数は, 要素に, 規制を, 規定によって, 規定による, 規範そのものであるなら, 規範性であっ, 規範性と, 規範性は, 観念, 観念性, 観念性これこそ, 観念性だけ, 観念性も, 観念無視のみ, 觀念が, 計量と, 認識が, 認識でも, 認識は, 認識を, 諸次元, 諸物が, 象徴で, 距たりの, 距離には, 輝きわたる, 近くです, 通路じゃ, 通路とは, 通過だった, 連続で, 連続である, 運動に, 運動には, 遠近等夢中に, 重大な, 関係に, 関係のみを, 闇が, 限定された, 隔たるに従って, 隔りに, 際限が, 静けさを, 静寂が, 骨骼は, 高度の

▼ 空間~ (543, 11.8%)

10 見つめて 9 凝視し 6 占めて 4 自然の, 超越した

3 [12件] もって, 一直線に, 充たして, 充実する, 凝視した, 斜に, 構成する, 残して, 満たして, 眺めて, 見詰めて, 超越する

2 [38件] おいて, しずかに, その内, まっしぐらに, みつめて, 何か, 何かの, 充たすところ, 写すは, 凝視めた, 利用し, 吾, 埋めて, 填塞, 想像し, 意味せね, 持って, 探りながら, 撲りつける眼, 斜めに, 暗示する, 横切る新しい, 物そのものの, 目がけて, 直観と, 直観として, 眺めた, 研究し, 究め空間, 範疇と, 経験の, 見つめた, 見つめながら, 認識する, 走って, 超越し, 通過する, 電光の

1 [398件] あけて, あても, あました面積, いかに電子, うずめて, うめて, かきまわして, かきむしり眼, かけま, かつての, きって, きらめいて, きわめて限界, こえて, この二つ, さしはさんで, さまよ, して, すうーッ, すくわせ, すっとんだ, すーいすー, そう呼んだ, そのまま受け入れ, そのまま幾何学, そのまま表象, その一項, その対象, その規定, その諸, たたきつけながら, ただぐるぐる, ただよって, ただ一種, ただ部分的, たち切って, ちょうど燃え, ちらりと奇麗, つき貫いて, つくった, つくつて, つくり, つくりそこで, つよく覚えた, とおして, とびこえて, とり出し之, どう取り扱っ, どこまで, どこまでも, どんどん速度, なおいっそう, なお感覚, なお素朴的, ながめて, ながめ唇, なぐりつけた, なぐりつけるばかり, なすの, にらんで, のぞいて, のぞかせて, はからんと, はしりゆくとき, ば制約という, ば存在論的範疇として, ば物そのものの, ひたむきに, ひとまとめに, ふさぐの, ふわついて, ぷろぺらで掻きみだ, まるで動き, みずからの, みたすいろいろ, みて, みやって, みると, ゆうゆうと, ゆるゆると, よく見, よこぎって, グッと, ス, チラチラと, ドイツ美学は, ボンヤリ見, ユラリユラリと, ユークリッド的であった, ユークリッド的と, 一人の, 一度に, 一枚の, 一般に範疇, 一般的に, 三つの, 三四尺奥へ, 下りなければ, 与えた, 中心として, 主観と, 主観的と, 之等の, 乗越えて, 乱れ飛ぶよう, 予想しなけれ, 二つ持った, 二三度スーッ, 二尺ばかり, 二度と見なかつた, 人間生活を, 仕切りそこ, 他の, 代表する, 仮定しなけれ, 仮定する, 任意に, 伝わる振動, 佗し, 作って, 作りつつ, 例に, 侘びしげな空気が, 借りる他, 充たさねば, 充填し, 充実し得る, 充実せしめる, 光ったちり, 全部埋めつくす, 写しとるはたらき, 凝っと, 凝視する, 凝視た, 分析し, 切って, 切りながら, 制御する, 制約と, 刻んで, 前に, 創造する, 動いて, 勝手次第に, 包んで, 区切って, 単なる言葉, 単に客観的, 占める事, 占める或, 占有する, 占領し, 取って, 取り扱い得るかの, 取り扱う二つ, 取り扱う時, 可能性として, 同一の, 唯一の, 唸って, 回つて来る, 回転する, 図式と, 圧し拡げて, 埋める退屈, 基調として, 填充, 墮ち, 夢の, 如何に, 如実に, 安置した, 実在構成の, 客観と, 客観的である, 専ら正面, 小鬼, 平面に, 平面的である, 幾つかに, 幾何学的空間と, 廻って, 引き出すこと, 引摺られ, 形づくり空間, 形作って, 彼女の, 征服し, 忘れては, 忘れ別々, 意味し, 意味する, 意識し, 意識しはじめ, 感じさせる画面, 成立させる, 扇いだ彼女, 打つよう, 批難し, 押しつけるよう, 持ち出すこと, 挙げること, 捏造し, 探しに, 探って, 探り探り, 探り歩く運動, 探るほか, 掴まうとして, 掴むこと, 掴んで, 掻亂し, 描き出し距離, 描き出すの, 描き出す効果, 描写した, 支配し, 支配する, 攻めるといふ, 放逐した, 斬った, 斬り下げて, 方法と, 旅行し廻った, 日常的概念に, 是非とも, 晦冥に, 暗示的に, 最も精密, 最大根, 有意義なら, 本来の, 本質と, 析出した, 枕に, 植えるの, 極め時間を, 楽しむ術, 構は, 模索的に, 横ぎつて先づ第, 横ぎつて没落した, 横ぎるこれらの黒い, 横に, 横へ, 横切って, 歪み曲った, 殴打し, 求めて, 泳ぐよう, 流転し, 測る目安, 測定し, 測量する, 満たすの, 満たすべく決心, 演繹し, 灰色に, 無視し, 無視した, 無辺際に, 無駄に, 煎じつめて, 照らして, 父が, 物体性として, 物置に, 特色づける, 獲得し, 理解し従っ, 理論する, 生物が, 略取しよう, 病葉が, 発見した, 白紙の, 直滑降で, 直観する, 直観形式と, 相前後, 看破する, 眺めながら, 眼の, 睨みつつ, 睨み付けて, 睨んだ玄白斎, 睨んで, 瞶めて, 私が, 空撫でし, 空間内の, 空間表象と, 空間表象として, 突きながら, 立ち入って, 米の, 終局に, 組み立てて, 経験によって, 経験的に, 絶対的空間と, 縮めて, 置いた事, 置いて, 考えその, 考えるだろう, 考えるには, 考えるの, 考える立場, 考え得るかが, 脱したれば, 自分と, 自然に, 至の, 航行する, 航行ち, 虚とは, 蝙蝠の, 行き尽した靴, 衝く自分, 表は, 表象し得た, 表象する, 表象として, 襲撃する, 見た, 見たけれど, 見つけて, 見つめたまま, 見つめるごとく半ば本尊, 見つめるよう, 見て, 見まわした, 見入って, 見出して, 見廻わすと, 見据えて, 見据ゑてゐる, 規則正しく塞いだ, 視つめて, 視覚の, 覘つた, 触って, 触覚の, 言い難き, 計る数, 記して, 設けたる事, 認むるよりも, 認めませんたとい, 説明する, 論ずるにあたって, 貫き大地, 貸した迄, 走らせやがて, 走るの, 超えて, 超える, 越え時, 距てた, 跨いで, 跳ねまわる, 蹴りつけ裏庭, 辟易させ, 辷って, 逃れようとして, 透んだ蒼白い, 通ったり, 通った時, 通る際, 通過すれ, 造って, 連れだつて, 遊離し, 部屋の, 針の, 鋏み刻んで, 鍵の, 阻み星, 隔てて, 隙見し, 静に, 静めてるかの, 靜けさを, 音よりも, 顫動させ, 飛びそして, 飛びも, 飛び大きな, 飛び相手, 飛び行く聖者, 飛ぶよう, 飛んで, 飛翔し, 飽くまで形式的直観, 駆使し, 駈けながら, 鴉が

▼ 空間~ (492, 10.7%)

24 於て 9 就いて, 就いての 7 浮いて 5 干与し, 於ては 4 於ける運動, 眼を 3 一つの, 描いて, 消えて, 相当する

2 [33件] ある, ただよって, なったよう, なって, ぽっかりと, 一筋の, 不思議な, 他ならない, 何か, 固有な, 基く, 存在する, 定めて, 客観的存在を, 就いては, 就いても, 放散し, 於ける傳播, 於ける場所, 於ける測定, 於ける関係, 於てのみ, 星が, 死す, 浮かんで, 浮動し, 特有な, 生れ空間, 白堊の, 視線を, 触れる部分, 足を, 飛散する

1 [347件] あちこちと, あった, あっても, あへ, あると, あるの, あるよう, ある不死, ある媒介物, ある宇宙採取艇ギンネコ号, おいてと, おいでおいでを, かえって, かくも, くっきりと, くらべて, これを, ころばし棍棒, させて, してからが, しばりからげられて, じっとし, すでに含まれ, すべりこんで, すれば, せぐくまる, その個体発生論的, ぞくしたもの, ぞくし人々, ぞくする, ただ一人いる, ただ有限, たった一つ, だよ, つっかえ棒, とつぜんあらわれた, とびこむの, とりかこまれて, どう関係, なった壁, なつた, なると, なれない, にゅっと片手, のぞんで, ひっかかって, ひらめいた彼女, ぴったり停止, ふらついて, ぶつかると, ほうりだされたといった, ほうりだされるでしょう, ぼくは, ぼんやりした, またあの, もし客観, やつて, ゆらぐ幽か, エンジンだの, ダイヤモンドの, フワつい, 一つを, 一切の, 一層歓ばし, 一線を, 上昇する, 下つて, 与えたアプリオリ, 二個の, 二本泳い, 亙って, 代えること, 代って, 代ること, 任意の, 低いこえ, 住まないと共に, 何かが, 依って, 保って, 傾き倒れて, 充ちて, 光に, 入ったの, 入つたの, 入乱れる, 全身の, 凝縮され, 出来得る限り最少, 刀身ばかりが, 力づよく反発する, 区切りを, 単にそれ, 博士の, 取り圍まれ, 向いて, 向い疑いそのもの, 向かって, 含まれて, 吹き散らして, 呑み込まれて, 喰つ附けられ, 噴いた, 回転し, 固着し, 固立, 地球を, 埋もれた星, 基くこと, 壓迫され, 外ならない, 夢の, 大きく燃えた, 天地の, 太陽が, 如何いう, 存すると, 存在し, 孤独を, 宙ぶらりんに, 定めた, 定めてるよう, 実在し, 実在した, 対して, 射る物, 小さな円周, 尽くる, 展開せし, 属して, 属する考え, 峯吉が, 席を, 帰属させる, 干与する, 幾千万かの, 引っかかって, 引立てられて, 張りひろがり, 形づくると, 形を, 彼は, 徹したよう, 怖ろ, 感じられ三尺, 感覚的内容が, 懸かって, 扉の, 手を, 打ち掛けて, 打ち鳴らした, 投げ出されて, 投射する, 投影し, 拡って, 拡つた一つの, 拡散され, 振つた, 挿入すべき, 据った, 接吻を, 推移を, 描かれて, 描きたる獣王, 描きだされた複雑, 描きつつ, 描く光, 描こうと, 揚がった, 揺いた, 揺れて, 撒き散らされて, 撓った, 擡げたまま, 支那茶の, 支配せられた, 放たれると, 放たれ物, 放りだされて, 放写されて, 放出される, 放出し, 放射し, 数学的思惟, 於いては, 於ける, 於けるこの, 於ける位置, 於ける別個, 於ける四次元, 於ける場処, 於ける変化, 於ける対象, 於ける彫刻的, 於ける所産, 於ける時間軸, 於ける球面, 於ける表現, 於ける静止, 於てとは, 於ての, 於てばかり, 於ても, 明暗を, 星の, 時間が, 暫くは, 曖昧な, 最も少い, 有らむ限り, 有るわけ, 有則螺線, 木の, 束縛されたる, 果してそれ, 極めて近い, 横に, 残って, 残つてゐた, 殿堂を, 気合を, 求められて, 没し去る, 注いだ眼, 注がれて, 注ぐと, 流れ出しそこで, 流れ罩め, 流星の, 浮いた, 浮いたかと, 浮かび桟橋, 浮きあがって, 浮き上る, 浮き出す仕掛け, 浮び上りそれ, 浮ぶ方, 浮んで, 満ちた, 満ちて, 満ちる, 満ちわたりおの, 漂い始めたん, 漂うそんな, 漂ひ消え, 漲って, 澄んだ青白い, 灯で, 燃えて, 物質を, 独処し, 現した, 現われたの, 現出する, 生息する, 甲野さんの, 画いて, 画かれた模様, 畏怖し, 発生する, 発生せられた, 白くこまか, 相当させるなら, 相当な, 真紅の, 真逆様に, 禁められ, 私かに, 移して, 移行する, 空しく泳い, 空色の, 突っ立っ, 突入した, 立つ山, 組み立てられた俳諧, 結び付くという, 結合した, 絢爛な, 縛られて, 繋いだよう, 繋がって, 織り出したいという, 置かれて, 羽撃き始めた, 翻訳し, 肌を, 胸苦しくなっ, 腕を, 腰の, 自分の, 艶麗な, 花火の, 荘重な, 落ち合わせるよう, 落ち合わぬと, 落ち合わねば, 蒲団を, 螺旋し, 蟆子や, 複雑なる, 見たの, 解消され, 触る蹠, 認めたアプリオリ, 赤い線, 起ったこと, 超越す, 足の, 跳ねながら, 躍り鱗, 輝いて, 輻射され, 迷い込んで, 迷ったという, 迷ひ込ん, 送つて, 通ずる扉, 遊ばせて, 運動し, 過ぎないこと, 過ぎなかった, 適用すれ, 還元し, 配して, 釘づけ, 鐵材の, 関係づけ, 關する, 限られた世間, 陥って, 隙間が, 隠れて, 電場の, 静かに, 静座し, 静止し, 順序立てる, 飄る, 飛び去ろうと, 飛行機の, 飛行船を, 高い低いの, 高時の, 魂が, 魂の, 鳴った

▼ 空間~ (426, 9.2%)

8 一つの 5 他の, 明りの, 直観である 4 或る, 自然の 3 この場合, そのよう, 吾, 実在では, 第一, 範疇である, 質的に

2 [29件] ここも, この点, その意味, それ故, どろんと, カントの, 三次元に, 何にも, 何の, 何故に, 判断に, 始めから, 存在に, 存在の, 客観的で, 対象論的, 平面的である, 感覚を, 揺れて, 時間, 曲率と, 概念では, 物質, 独立の, 現象の, 直観空間と, 空虚な, 経験に, 鏡の

1 [316件] あくまで二つ, あくまで幾何学的空間, あくまで方法, あくまで虚空間, あまりに大き, あらゆる他, ありませんか, あり得るわけ, あるであろう, かかる外延量, かかる存在, かかる存在判断, かかる常識的概念, かくして一つ, かくして事実上, かくして実在, かの内容, けさ全く, このよう, この哲学的物質, この存在, この測定, この第, この等質空間, これまで, さしわたし, すでに吾, そうしない, そのまま幾何学的空間, そのまま有限, その場合, その概念, その橋, それが, それぞれ特有な, それ以前の, それ等にも, それ自身に, それ自身一つの, それ自身独立な, たしかにこの, ただこの, ただ相対空間, ただ自分, ただ運動, だから感覚, であればこそ, できるだけ利用, どこにも, どこへ, どのよう, ない, ないの, なかなか大きな, なければ, なにか神秘, なにひとつ物音も, ひっきりなしに揺れ返った, ひつきりなしに, ひろがり延びるところ, まず, まずそっくりと, まだ全く認識, まやかしだ, もう不可避, もとより直観空間, もはや単に方法, もはや幾何学的空間, アプリオリな, カントなどにも, カントによって, カントも, カント自身の, カント自身特に, シュトゥンプフ自身の, ユークリッド的である, ユークリッド的でなけれ, ユークリッド的と, リーマン幾何学平面に, 一つである, 一つも, 丁度地球, 三次元である, 三次元と, 三次元的でなけれ, 主観では, 主観でも, 主観に, 主観を, 主観的でなけれ, 主観的と, 之を, 二物によって, 云わば, 人間を, 今やかかる, 今や巨大, 今や経験的, 今日の, 任意に, 体系の, 何か, 何処に, 何等かの, 例えば幾何学的空間, 例えば論理的範疇, 僕に, 僕にとって, 元来先に, 元来方法概念として, 全く暗黒, 全く見当違い, 其の色調, 内から, 内容として, 内容的には, 内感と, 再び空間概念, 出来得べき同在, 判断から, 判断と, 別である, 到底今, 制約であった, 力の, 力を, 勘定の, 単なるそれでは, 単なる範疇, 単なる経験的直観, 単にこの, 単にアプリオリ, 単に先天的直観, 単に実在, 単に感性, 単に普通, 単に空気, 単に空間, 即ち空間的, 即ち虚空間, 又同時に, 又専門的概念, 古代ギリシアの, 只の, 合同な, 同格で, 含まれて, 吾人の, 哲学に, 唯一でなけれ, 唯物論的世界観乃至, 地上で, 場処, 場合によって, 外的な, 外的直観外観, 外観の, 夢の, 夫が, 夫だけ, 如何に, 存在論的であった, 存在論的制約である, 完全に, 実は空間概念, 実在的である, 実空間, 客観そのもの, 客観的である, 客観的でなけれ, 客観的に, 寝しずまったよう, 實に, 實體では, 寧ろ主観的, 対象として, 対象論の, 対象論的なる, 対象論的可能性を, 少くとも, 少なくとも幾何学的空間, 崩壊した, 常に一つ, 幾何学に, 幾何学の, 幾何学へ, 幾何学を, 幾何学的空間と, 幾何学的空間とは, 延長と, 延長な, 廻らぬの, 張り裂けさうに, 張り裂けそう, 彼我を, 心理学の, 思うに, 性格に, 恰もこの, 恰も特にその, 意識という, 感覚的に, 捉え難い, 擴大する, 明らかに, 最後まで, 有限とも, 本来の, 本質では, 果して判断, 根源的な, 極度に, 樹木も, 正に之, 殆ん, 永遠に, 消滅し, 液状にな, 測定の, 演繹も, 潰え去るの, 無かつ, 無であり, 無論事実, 無限で, 無限であり, 無限な, 物それ自身に, 物の, 物理学乃至, 物理学的物質である, 物理学的物質と, 物理的な, 物理的世界形象の, 物理的時間や, 物理的空間と, 物質と, 物質に, 物質を, 物質乃至, 物質的, 特に直観空間, 独り質的結合の, 生きて, 生命の, 畏れでは, 皆無である, 直覚上是非とも, 直観であった, 直観空間であっ, 直観空間の, 相対的である, 相対的でなけれ, 眞空である, 真の, 真空であっ, 真空である, 眼に, 知覚し得ず, 知覚し得る, 知覚の, 神によって, 私の, 種々なる, 空間だけとして, 空間でなくなっ, 空間と, 空間として, 空間に関する, 空間の, 空間性から, 空間性を, 空間自体な, 空間自体の, 空間表象成立の, 第三, 等質的で, 等質的である, 範疇へ, 純粋直観である, 細田氏の, 経験的で, 経験的概念でも, 絶えず何, 絶えず日本, 絶対的と, 絶対空間である, 絶対空間として, 自分を, 自然を, 自然哲学にとって, 自然科学に対して, 自然科学的世界, 自然科学的世界を, 自然科学的世界形象を, 色を, 色其の, 薄紅い, 虚と, 要するに幾何学的空間, 規範である, 規範性を, 言葉の, 計量的空間と, 証明する, 論理との, 論理的である, 近いの, 述べて, 運動し得る, 運動系と, 部分的内容である, 電球の, 静的な, 非ユークリッド的, 飽くまで現象

▼ 空間~ (331, 7.2%)

4 如何に, 直観である 3 あって, あると, あるの, このよう, なければ, 他の, 何かの, 吾, 存在論的範疇である, 無いと

2 [33件] あった, あつて, ありました, あり之, あるきり, あるばかり, いるもの, ないという, パチン, ユークリッド的である, 三次元である, 主観的である, 仕切られて, 何故に, 判断に, 問題と, 大きくなっ, 始めから, 存在し, 実在性を, 小刻みに, 形式である, 殆ど絶え間なく, 流れた, 無限である, 無限に, 純粋直観, 自分の, 表象である, 見えつづいて, 見えて, 足りない, 足りなかった

1 [227件] あいて, あかるく光っ, あっても, ありずらりと, ありその, ありのみならずイルマタール, あり得るかを, ある, あるかも, あるからと, あること, あるだけ, あるという, あるなどという, あるので, あれば, いよいよ充實, いる, いわば一つ, かかる対象, きらめく, くずれ墜ちるよう, この対立, この対象, この時, そのまま, そのよう, その何れ, その電流, それの, それ自身に, ただ一種でなけれ, ただ感覚, ただ暗く細長く, たとい原始的, たとえ射影幾何学, つねに物體, できたり, できて, でき時間, どのくらい, ないから, ないの, ないやう, なかった, なくしては, なくなって, なさ, なんとなく物侘び, にわかに一揺れ, ねじれゆがん, ばかげた哄笑, ひどく気, ひらけて, ひろいという, ひろがりだして, もつ今, やみ夜の, カント自身の, ユークリッド的であった, 一つの, 一方に, 一般に, 一般に或, 与えられて, 与へられれば, 主客の, 主観と, 主観的と, 主観的とも, 乙運動と, 二つも, 二次の, 二次元性と, 二重に, 亦対象そのもの, 人形の, 他に, 任意の, 何か, 何を, 何故空間概念, 元来人間に, 先験的に, 全く問題, 凡ゆる, 出来るわけ, 分析され得, 判断の, 利用できる, 制約である, 前方に, 又方法, 反対の, 可なり, 可能である, 固定し, 坦々として, 基礎と, 場処として, 外界成立の, 多くの, 大きいせい, 大きくな, 大きな口, 存在しなけれ, 存在する, 存在論的である, 存在論的範疇として, 実である, 実は虚空間, 実在であり, 実在に, 客観である, 客観を, 客観的である, 少年たちの, 常に空間意識, 幾らでも, 幾何学の, 幾何学者にとっては, 建物の, 廻轉する, 形式的には, 形式的直観であったれ, 彫刻と, 彼を, 彼女の, 後の, 徳川文芸の, 必然的に, 必要であっ, 忽然とし, 恰も物理的空間, 意識に, 懐しく見える, 成り立つと, 成り立つの, 我々の, 拡がった, 挙げられねば, 数として, 新しい恒星, 新しくなった, 方法でなくなった, 時間と, 時間に, 最も実証的, 最も直接, 有限である, 本質である, 本質として, 柿色に, 根源的である, 構成され, 横手から, 次第に黄色く明るく, 求められたが, 津田の, 涵る, 淡紅色に, 父の, 物の, 物体的で, 物体的である, 物理学的世界形象の, 物理学的規定の, 物自体の, 物質の, 特殊の, 独立し, 現われて, 現象の, 生きものの, 生れる, 田園ふうの, 畏ろ, 異る, 直接に, 直観される, 直観と, 直観として, 直観に, 真に構成, 矢の, 知覚である, 空間である, 空間として, 空間の, 空間概念という, 空間概念として, 空間自体の, 空間表象として, 等質的であっ, 範疇である, 範疇と, 範疇へ, 経験の, 結局ある, 続いて, 罅割れた観念, 考えられましょうか, 自然に, 自然概念構成の, 自由に, 至る所低温, 色と, 茫と, 虚と, 表象される, 要請される, 観念的である, 計量を, 認められる理由, 論理的な, 質的に, 足りず今, 足りなかったと, 軽い脳貧血, 輝いた, 輝くと, 速度と, 造形ある, 部分から, 開いて, 静止し, 風が

▼ 空間~ (179, 3.9%)

8 なもの, に表象 6 な形 5 に存在 4 なるもの, な大き 3 ということ

2 [13件] であり一面, である, であると, な形式, な規定, な關係, な順序, にある, にもやはり, に限定, のもの, の変化, 或ひ

1 [115件] だ, だと, であったという, であって, であっても, であり生成, であり逆, であるかの, であるが, であること, であるとを, であるに, であるの, であるのみ, である処, でない, でない処, でなければ, では, で同時に, というもの, と云う, と呼ばれる, と考えられる, な, なの, なる所, なる絵画上, なイメーヂ, な一点, な区別, な単なる, な大, な心理要素, な感覚, な抑揚, な本質, な梯, な物, な特殊, な現象, な知覚, な秩序, な系列, な表象, な距離, な量, な関係, な雑多, に, にきわめて, にしか通用性, にはいかに, には何処, には問題, にもことごとく, にもしくは, にもそれ, にも完全, にも時間的, にも激しい, にも複雑, にも遠隔者, にも非常, に一定場所, に互いに, に伸び, に何処, に分布, に分離, に区別, に固定, に地球上, に形式表現化, に恐ろしく, に成功, に或, に拡がっ, に描かれ, に景物, に書く, に最も, に止まっ, に止まつ, に求めた, に温度, に無限, に特殊, に画面的, に結合, に置き替, に翻訳, に考, に考える, に考えれ, に考へ, に行なわれる, に説明, に週期的, に適用, に隔たる, に集っ, のこれら, のリズム, の分布, の右左, の尺度, の形式美, の或, の無限, の積分, の繪畫美, の者, の観念, 即時間的

▼ 空間表象~ (177, 3.8%)

13 の発生 8 の根源性 4 である, という特別, に就い, に於, のこの, はこの, は根源的 3 が根源的, は他, を説明 2 であるという, という概念, に来る, の表象内容, は客観的, も亦

1 [107件] がいくら色, がこう, がそれ自身, がシュトゥンプフ, が何等, が唯一, が外界, が客観, が客観的, が導き出される, が感覚的内容, が本来, が消えた, が無くなった, が特別, が独自, が生じる, が発生, が聴覚, が表象, が表象内容, が視覚, が説明, が部分的, であるの, である以上, でなければ, という何, という概念内容, という状態, とが同一, としてすら心理学, として問う, として性格, となるであろう, とはどう, と云い慣わし, と云っ, と区別, と同じく, と呼ばれ, と考えられる, と考える, と見, なの, なるもの, に他, に外, に当て嵌めれ, に於ける, に結び付け, に連関, に関する論争, の, のそれ, のアプリオリテート, の一般的, の両面性, の云わ, の他, の内, の原因, の心理的性質, の性質そのもの, の感覚内容, の構成, の発生そのもの, の空間, の近似値的, の遊離性, はどう, はどういう, はどの, は一つ, は一種, は云わ, は任意, は前, は夫, は始め, は感覚的内容, は特有, は空間感覚, は空間直観, は第, は純粋直観, は絶対的, は視覚, や又は, をし, をば, をば無条件, を与えられた, を予想, を仮定, を区別, を又, を含む, を基礎, を外的直観, を客観, を客観的, を持つなら, を根源的, を知覚, を空間知覚, を範疇

▼ 空間~ (166, 3.6%)

8 時間との 6 時間の, 触空間 4 なる, 時間とが, 時間とは 3 呼ばれて

2 [17件] 他の, 何の, 区別される, 呼んで, 実空間, 後の, 思つても, 時間, 時間という, 時間を, 物とは, 物理的空間とは, 物質との, 物質とは, 空間という, 空間なる, 空間の

1 [97件] いうべきもの, いう如きもの, いえども, この内容, その内, それだけ, なり得るかの, なり空間, なるかの, なるの, よりひろい, より組成, エーテルの, 一つの, 一緒に, 云うの, 云う怪しい, 云っても, 以上の, 例えば触, 公孫樹の, 判断との, 区別されなけれ, 同じに, 同じ意味, 同一と, 同様である, 同様に, 名づけよう, 名づけられた形, 呼ばれるの, 呼ぶこと, 呼ぶならば, 呼ぶよりも, 大地です, 大暗黒, 客観的な, 対立させる, 山岳の, 幾何学の, 幾何学的空間との, 幾何学的空間とを, 底知れぬ, 影とが, 影ばかり, 往来が, 思わせたの, 想像し, 感覚乃至, 感覚内容との, 数とが, 時が, 時とに, 時間とにおける, 時間とを, 時間は, 普通呼ばれ, 暗黒によって, 永遠の, 無関係である, 焼け残った空間, 物とが, 物との, 物理的時間という, 物理的空間との, 物質とが, 物質とに, 甲軍の, 申します, 異って, 直観空間とから, 直観空間との, 相対的空間とを, 矛盾する, 空間内の, 結び付いた処, 統一される, 絶対的に, 考えた, 考えられた始め, 考えられた直観空間, 考えられるという, 考えられるもの, 考え得るもの, 考え心理学者, 聴覚空間との, 自己自らの, 自然科学的世界の, 虚空間との, 蜜蝋との, 見做, 解釈する, 論理との, 質量との, 関係させられる, 階級との, 雖も

▼ 空間概念~ (148, 3.2%)

8 の分析, の性格 7 の事態 4 である, でなければ, に於 3 なの, はこの, を理解 2 であった, ではない, と呼ぶ, の理解, は, はその, は存在性, は常に, を正当, を知っ

1 [84件] がそこ, がその, が一つ, が不可能, が取り扱われる, が意識, が有, が要求, だけを前景, であり何処, であるから, であるかを, であること, であるその他, であるであろうから, である必要, ではなく, という他者, という同一, という言葉, として取り扱われる優れた, とはこの, とは全く, とは区別, とは無論決して, とを結ぶ, と分析, と混同, にぞくする, にとってはこの, によって質, に制約, に含まれた, に基い, に外, に対する真剣, に対抗, に於ける, に関するもの, に関係, のかの, の先験的吟味, の動機, の向, の夫, の存在性, の形而上学的吟味, の性格それ自身, の或, の最も, の有, の検討, の解釈, の非, はアナロギー, は以上, は位置, は何れ, は先ず, は凡て, は場処, は夫, は始め, は常識的空間概念, は日常生活, は空間, は自然概念, は通路, へと過程, をば或, を与える, を之, を云い表わす, を云わ, を代表, を基礎概念, を工夫, を持っ, を持とう, を有っ, を有った, を略し, を要求, を見出す

▼ 空間直観~ (86, 1.9%)

7 に於 5 に基く 3 の三次元性, はこの 2 と射影幾何学並び, と幾何学, と幾何学的直観, に現われる, に結び付く, のこの, の概念, の次元

1 [52件] がユークリッド的, が始め, が感覚, であった, である, であること, と, というよう, という概念, という言葉, として, として取り扱われる, として従って, とに共通, との区別, との間, との関係, とは云う, と同一, と呼ばね, と思惟, と質的幾何学, と量的幾何学, なの, には客観化, にまで到着, によって予定, に対して持つ, に於ける, に現われない, に規範性, の三次元, の内容, の対象, の性質, の未だ, の点, の面目, はカント, は一種, は三次元性, は他, は原理上一般, は定義, は悟性概念, は直観, は空間直観, は第, は純粋直観, をば之, を先天的, を成り立たせる

▼ 空間という~ (64, 1.4%)

4 概念の 3 概念, 概念を 2 ものが, 性格は, 性格を, 概念である, 概念とを, 概念は

1 [42件] ことが, ことである, のは, ものと, ものの, ものも, ものを, もの又は, 仮定された, 何ものかへ, 名に, 唯一本質の, 問題は, 問題を, 存在論的範疇の, 対象, 常識的概念が, 形式的直観は, 既成の, 時又は, 本質が, 根本性質を, 概念が, 概念との, 概念とは, 標準を, 無に, 特別な, 特殊な, 特殊の, 独立した, 独自の, 直観と, 直観の, 直観は, 直観形式に, 着物を, 範疇, 範疇が, 言葉は, 言葉を, 認識形式による

▼ 空間とは~ (49, 1.1%)

3 何である 2 如何なるもの, 運動という

1 [42件] かかる階級, こういう測定, こうした諸, この一性格, この変化, この直観空間, この触覚, その材料, それから時間, どんな世界, 他の, 何にも, 何よりも, 充実せる, 別である, 区分する, 単に区別, 同じで, 同時存在の, 少くとも, 平面的とも, 形而上学に, 彼に, 恐ろしくかけ離れた, 明らかに, 決して同格, 物の, 物理学的物質に, 物理的物質の, 物質の, 特別の, 独立な, 現実意識に, 異った, 異って, 直ちに一, 空間する, 空間的順序の, 空間自体の, 第二, 考えられない物質, 自然と

▼ 空間~ (49, 1.1%)

5 時間も 2 触空間

1 [42件] あるその, およそ妙, すべて一つの, その資格, それに, それを, それ自身では, ない, ないから, ないこと, ないと, なくただ, なければ, 一つの, 一定不変な, 一心より, 不分明, 亦, 亦この, 亦三次元, 亦内容, 亦物理的空間以外, 亦空間, 亦経験, 写されて, 各々独立, 呉一郎も, 因果の, 失なわれ, 孤独も, 或る, 放縦自在と, 根本的には, 氷に, 浸み込めない緻密, 滅茶, 物理的時間も, 相対空間でなけれ, 祝詞一つで, 結局同一の, 視空間, 超越した

▼ 空間~ (45, 1.0%)

2 である, の支配, は根源的體驗

1 [39件] から訣別, がそれ, こそ一切, しかし, というよう, という概念, としてで, として説明, との根本的相違, とはそれ, なの, には三次元, にまだ, によって空間, に過ぎない, の上, の中, の像, の徹底的克服, の概念, の殘, の覊絆, の餘威, はすでに, はそれ, はもはや, は一應克服, は客觀的實, は根源的, は根源的生, は空間, をここ, をもち処, をも克服, を以て空間, を獲得, を用い, を見究めね, 即ち自

▼ 空間との~ (44, 1.0%)

5 区別を 3 関係を 2 区別は, 対応を, 関係は

1 [30件] かの承認, この区別, ひろがった想像, 中から, 中に, 云い換えれば, 先天的な, 克服の, 内に, 制約の, 区別が, 区別である, 区別に, 対応は, 必要なる, 無限なる, 相互関係で, 相違によって, 経緯に, 結合である, 結合を, 統一物に, 融合を, 複雑に, 連絡同格化の, 量子説, 間に, 間の, 間を, 関係であった

▼ 空間から~ (38, 0.8%)

2 再びふと浮び出し, 区別された, 消えて, 由来する

1 [30件] して, なる処, ねずみが, 一物体が, 下駄の, 不意に, 云っても, 人間の, 切りぬき一つ, 区別されね, 区別される, 地球上へ, 大きな岩, 天の, 完全に, 抜け出して, 抽象された, 敵を, 死者の, 浮かんで, 消え去った, 独立した, 眩しく丸の内街, 空間へ, 空間へと, 空間自体へ, 視野を, 輻射を, 迷い込んで, 運動系の

▼ 空間そのもの~ (36, 0.8%)

4 の結合 2 ではなくし, に固有, の下

1 [26件] が意識, でなければ, ではない, と空間, と見誤っ, にある, に関係, の事情, の性格, の根本的, の理解ゆえ, の直接態, の研究, の純粋, の規定, はあくまで, は主客, は使用, は無論, も亦, をこの, を予想, を云い表わし尽す, を分析, を空間内, を空間性

▼ 空間~ (34, 0.7%)

1 [34件] あつて, あつて時間, ござります, そこに, たえずめいめい, つい離れ, つつんで, ならば, もって, ようやく我が身, 一定の, 一瞬から, 交錯し, 何か, 前後左右に, 喧かましく鳴らされる, 屈折する, 感覚乃至, 持って, 支へる, 明滅する, 渦を, 満され, 物干しから, 石の, 空舞いし, 考えるので, 触れたの, 試みに, 躍った, 邂逅った, 閃き合, 隔てた次の間, 鳴った

▼ 空間~ (34, 0.7%)

2 印を, 根を

1 [30件] ただ徒ら, ちょいと, ひるがえして, ふっとまぎれこんだ, 一歩踏み出した, 失われて, 将棋倒しに, 少しも, 差し出された時, 彼が, 心の, 手習いする, 打ち建てら, 抛りつけたはずみ, 抛り出された時, 消えさって, 溶けあって, 溶けあつて, 漂せ, 白光り, 移つて行く, 置いて, 行くため, 視線を, 躍ったが, 通達する, 運んで, 電波として, 電波を, 革の

▼ 空間~ (30, 0.7%)

4 の形像 3 に於ける 2 の任意, の図形, の運動

1 [17件] に存在, に引き入れ, に於, に漂浪, に物, に認識, に跼蹐, のリーマン空間, の事実, の位置, の定位, の対象, の形, の形象, の物体, の球, を自由

▼ 空間~ (29, 0.6%)

2 にある

1 [27件] から太陽系, で視線, においてある, における恒星, にはある, には冷却, にばく大, に分布, に拡散, に放出, に新, に時間, に瀰散, に突進, に送出, に静止, のすべて, のどこ, の一点, の他, の旅, の温度, の特定, の諸, を移動, を輸送, を飛ん

▼ 空間である~ (26, 0.6%)

2 ことを

1 [24件] かである, からすぐ, からである, から物質, から等質的, がため, ことに, ことは, という, という不当, という命題, ところの, と叫ん, と同じ, と私, と考え, ので, のである, のを, ものと, よりも先, カントの, 必要は, 所以の

▼ 空間的存在~ (24, 0.5%)

2 に於, に限定, を保つ

1 [18件] が判断, であるにも, である一つ, ではない, となっ, と一つ, と考える, にとって是非, に限られ, の問題, の外, の有, はかく, は物理学的構成, は空間的, を保ち, を定立, を有

▼ 空間知覚~ (24, 0.5%)

3 の概念 2 という概念, の発展

1 [17件] とか空間感覚, としてで, として取り扱われる, と空間概念, と考えられる, と見る, と雖, には種々, に就い, に於い, のため, の分析, の外, の齟齬, も規範, を内, 乃至空間感覚

▼ 空間~ (23, 0.5%)

2 された一つ, された時, されて, 乃至幾何学化

1 [15件] されし実在, された, されたもの, されたる一つ, された線的時間, され殊に, され而, したる時間, して, すと, すること, するため, とを仕事, なるもの, は空間

▼ 空間自体~ (23, 0.5%)

3 の性格

1 [20件] が主観, が横たわっ, そういう空間, ではあり得ない, とはこの, と今, などというもの, なの, のそれ, の一現象形態, の全般的現象形態, の有, の特色, の直接的抽象, の観念論, の部分的現象形態, の間接的抽象, は処, は時間, へ推理

▼ 空間関係~ (23, 0.5%)

3 である 2 の原理

1 [18件] から直接, が, が実際, であるから, であるという, という状態, という領域的, とが並べられたであろう, に於, に止まらず, の変化, の知覚, の連続的変化, は, や空間内, を意識, を簡単, を解し

▼ 空間では~ (22, 0.5%)

5 ない, なくして 2 なくて 1 あるが, ないが, ないそれ, ないという, なくなる時, なく色彩, 仰向きの, 女が, 平行線も, 身体が

▼ 空間には~ (20, 0.4%)

1 [20件] いろいろち, おっことして, このよう, さまざまの, 一種の, 君臨する, 地球より, 彼の, 温熱の, 無数の, 無類の, 異様に, 盛り切れないもの, 空間に, 細い四本, 脚を, 限らないであろう, 際限が, 馭者の, 驢馬が

▼ 空間とを~ (19, 0.4%)

3 区別する

1 [16件] ぼかして, 充ち足りたよう, 区別し得るであろう, 同一の, 同一視しなけれ, 含むもの, 埋めるため, 対応させる, 忘却れる, 抱擁した, 無視した, 脱却し, 見せて, 許容する, 超越した, 飛躍した

▼ 空間~ (16, 0.3%)

3 時間の 2 時間を

1 [11件] 因果関係は, 妹で, 時間, 時間に, 時間も, 時間や, 時間内では, 無限の, 物質に対する, 触空間, 長い時間

▼ 空間する~ (15, 0.3%)

2 という言葉

1 [13件] か否, ことが, ことである, ことと, ことの, とは実は, と云い, と云う, のである, のと, のとは, ばかりで, 処の

▼ 空間として~ (15, 0.3%)

2 把握する

1 [13件] あらわれる, あり吾, そこに, 与えられ得たこと, 性格づける, 成立する, 持つ性格, 検証される, 概念する, 現在から, 理解されない, 理解されね, 運動に関する

▼ 空間なる~ (15, 0.3%)

3 ものが 2 ものは 1 ものの最も, ものを, 同一なる, 同一の, 概念では, 概念との, 概念とを, 概念を, 直観空間は, 範疇の

▼ 空間~ (15, 0.3%)

1 [15件] が結局空間表象, こそ後, で大切, と云う, と非, に対する反駁, に於ける, に用いられる, に移る, に這入っ, の前身, は今後, は物質論, も大分難物, を構成

▼ 空間~ (14, 0.3%)

7 の偶合 1 に占める, に考え得られる, の定位, の接近, の表現, の角度, の限られたる

▼ 空間とが~ (13, 0.3%)

1 [13件] ある, たち切られて, 全く別, 分離, 同一であるなら, 同一と, 対応する, 必ず結びつい, 物質的でない, 直ちに同一, 直ちに結び付い, 純粋直観, 関係が

▼ 空間感覚~ (12, 0.3%)

2 或いは空間知覚 1 とかいうこの, の主張, の概念, は他, は併, は彼, は特殊, は色彩感覚, 又は空間知覚, 及び空間知覚

▼ 空間に対して~ (11, 0.2%)

1 [11件] このよう, ただひたすら, 不変な, 仮構である, 単に部分的一問題, 常に一定, 持つと, 無限である, 特殊な, 私が, 自らの

▼ 空間とか~ (10, 0.2%)

1 でなければ, 判断とか, 幾何学的空間とか, 数とか, 時間とか, 時間とかいう, 時間とかという, 法則とか, 物理的空間とかが, 触空間

▼ 空間に関する~ (10, 0.2%)

1 われわれの, 一定の, 代表的な, 伝習的の, 吾人の, 客観説, 数学である, 整合が, 認識の, 錯覚の

▼ 空間をば~ (10, 0.2%)

1 そのままで, その結合, 一応この, 主客関係によって, 常識的に, 或る, 日常的概念によって, 物から, 直観という, 空間の

▼ 空間時間~ (10, 0.2%)

1 であるが, との関係, などである, の値, の問題, の如き, の建立, の曲率, をこの, を考え

▼ 空間曲率~ (10, 0.2%)

1 が無い, が考えられてない, が計量幾何学, という数体系, という概念, との関係, によって代表, に関してアインシュタイン, の値, はある

▼ 空間における~ (9, 0.2%)

1 われわれの, 光線の, 同一事物, 屈曲の, 建築の, 旺盛な, 等速運動を, 質点の, 配置と

▼ 空間浮標~ (9, 0.2%)

1 がギンネコ号, が見えた, です, にちがい, の一件, の件, は宇宙, をひろっ, を見つけ

▼ 空間自身~ (9, 0.2%)

1 から来る, が表象, でなければ, ではない, には右, のため, の問題, の概念, の要求

▼ 空間~ (8, 0.2%)

4 のである 1 のだ, ので, のです, んです

▼ 空間乃至~ (8, 0.2%)

3 時間の 1 事実的空間, 幾何学的関係という, 時間である, 時間的な, 空間表象

▼ 空間及び~ (8, 0.2%)

3 時間の 1 時間と, 時間は, 時間を, 時間中に, 物理的空間に関しては

▼ 空間表象そのもの~ (8, 0.2%)

2 の内 1 とはならぬであろう, に固有, に結び付けられ, の内容, を予想, を仮定

▼ 空間であり~ (7, 0.2%)

1 その故, どこからが, ながらそのまま, 之に, 他は, 又運動, 物理学者にとっては

▼ 空間にも~ (7, 0.2%)

1 何処かに, 使うの, 例の, 各種の, 時間にも, 漲って, 直接の

▼ 空間座標~ (7, 0.2%)

1 が一定, と同様, と時間軸, に変換, に干与, のほか, を意味

▼ 空間漂流器~ (7, 0.2%)

1 が明, だったから, に身体, は, をおろし, をすばやく, を身体

▼ 空間的関係~ (7, 0.2%)

1 が如是, というもの, の名, の変化, の差別, の特殊, を示す

▼ 空間~ (7, 0.2%)

1 に外, に始め, に対しても彼特有, に於, に見出し得る, は空間表象, を困難

▼ 空間~ (7, 0.2%)

1 として測定, の内部, の完全, は剛体, は座標, は種々, を

▼ 空間それ自身~ (6, 0.1%)

1 が, がかかる, が崩壊, に淵源, の危機, は虚

▼ 空間であっ~ (6, 0.1%)

1 てその, てただ, ても好, て使った, て存在, て見ゆる

▼ 空間とに~ (6, 0.1%)

1 なって, 分解した, 拘束され, 於ける一般, 於ける別に, 縛られて

▼ 空間によって~ (6, 0.1%)

1 世人は, 保証されね, 成り立つと, 最後には, 構成される, 規定される

▼ 空間以外~ (6, 0.1%)

1 に多く, に客観, のところ, の世界, の問題, の或

▼ 空間問題~ (6, 0.1%)

1 と並ん, の冷遇, の尊重, の形態, の軽視, は数年来理論的材料

▼ 空間意識~ (6, 0.1%)

1 であること, なの, の分析, はかかる, は如何なる, を決定

▼ 空間理論~ (6, 0.1%)

1 に於, のテーゼ, の大綱, の根柢, をかく, を放擲

▼ 空間にまで~ (5, 0.1%)

1 徹底させる, 拡張すれ, 消滅する, 滲みて, 行くため

▼ 空間に対する~ (5, 0.1%)

1 優越性を, 思想には, 感官を, 感覚が, 畏れであると

▼ 空間への~ (5, 0.1%)

2 畏れ 1 通路である, 通路の, 関係なく

▼ 空間全体~ (5, 0.1%)

1 となる, にも適用, に立ちこめ, の部分, への関係

▼ 空間的時間的~ (5, 0.1%)

1 な座標軸, な橋, な表象, に不, に規定

▼ 空間~ (4, 0.1%)

1 であるが, どこかに, 何か, 物質内の

▼ 空間こそ~ (4, 0.1%)

1 おもしろいし, 時間と, 正に先, 物理的空間の

▼ 空間だけ~ (4, 0.1%)

1 だつた, であるであろう, であるならば, では

▼ 空間でなけれ~ (4, 0.1%)

2 ばならない, ばならぬ

▼ 空間形態~ (4, 0.1%)

1 と考えさせた, の存在, を同じ, を次々

▼ 空間的位置~ (4, 0.1%)

1 がちゃんと, が誠に, の測定, を充分

▼ 空間~ (4, 0.1%)

2 とは区別 1 の択び, を現

▼ 空間からは~ (3, 0.1%)

1 区別する, 日も, 銀色の

▼ 空間~ (3, 0.1%)

1 という, と考える, と遠い

▼ 空間だけが~ (3, 0.1%)

1 あった, あったの, 空間な

▼ 空間とも~ (3, 0.1%)

1 いっても, 亦平行, 区別されね

▼ 空間において~ (3, 0.1%)

1 いん石は, 相働く, 見ること

▼ 空間においては~ (3, 0.1%)

1 この実験, たかが一微小線分, 相交わる

▼ 空間にでも~ (3, 0.1%)

1 勇んで, 収容する, 漂つてゐる

▼ 空間による~ (3, 0.1%)

1 変化, 測定である, 現象界だけが

▼ 空間のみが~ (3, 0.1%)

1 外界を, 有つ, 空間である

▼ 空間を通じて~ (3, 0.1%)

1 作用し得る, 固定した, 至る所

▼ 空間化す~ (3, 0.1%)

1 ことである, ことと, 他は

▼ 空間又は~ (3, 0.1%)

2 空間的存在と 1 物理的空間に

▼ 空間的モンタージュ~ (3, 0.1%)

1 によってこれら, のリズム, を受ける

▼ 空間的世界~ (3, 0.1%)

1 がこの, が客觀, は客観

▼ 空間的分布~ (3, 0.1%)

1 が同時に, の片影, を験する

▼ 空間的変化~ (3, 0.1%)

1 がこの, が感ぜられた, に対して時間的変化

▼ 空間的形像~ (3, 0.1%)

1 であるに対して, の面, はただ

▼ 空間的性格~ (3, 0.1%)

1 がある, における人間, は芸術的素材

▼ 空間的感覚~ (3, 0.1%)

1 ではない, にしよう, の生活的理解

▼ 空間的運動~ (3, 0.1%)

1 については後, に於, はより

▼ 空間表象自身~ (3, 0.1%)

1 が感覚, の仮定, を説明

▼ 空間この~ (2, 0.0%)

1 断崖この, 木ここに

▼ 空間でない~ (2, 0.0%)

1 ものである, ものとの

▼ 空間でも~ (2, 0.0%)

1 あった, ない

▼ 空間としての~ (2, 0.0%)

1 延長後者を, 性格を

▼ 空間としては~ (2, 0.0%)

1 ナンセンスに, 正当な

▼ 空間とを通じて~ (2, 0.0%)

1 第三, 結び付け又

▼ 空間ならぬ~ (2, 0.0%)

1 ものとの, 他の

▼ 空間なんて~ (2, 0.0%)

1 はじめて見知った, 貸して

▼ 空間については~ (2, 0.0%)

1 あるカント主義者, われわれは

▼ 空間のみ~ (2, 0.0%)

1 がたが, である

▼ 空間へは~ (2, 0.0%)

1 ひる刹那, 届いて

▼ 空間まで~ (2, 0.0%)

1 拡散させる, 昇って

▼ 空間より~ (2, 0.0%)

1 實在, 根源的體驗へと

▼ 空間よりも~ (2, 0.0%)

1 運動が, 高次の

▼ 空間をも~ (2, 0.0%)

1 楽しんで, 表象し得る

▼ 空間を通して~ (2, 0.0%)

1 圧迫し, 幽霊の

▼ 空間一般~ (2, 0.0%)

2 の関係

▼ 空間上人心~ (2, 0.0%)

2 を結合

▼ 空間固有~ (2, 0.0%)

1 な制限, の幾何学的性質

▼ 空間曲率一般~ (2, 0.0%)

1 ではなくし, は純粋

▼ 空間曲線~ (2, 0.0%)

1 として表わされる, を作る

▼ 空間本質~ (2, 0.0%)

1 の或, の賜

▼ 空間構成~ (2, 0.0%)

1 は空間的性格, もまた

▼ 空間現象~ (2, 0.0%)

2 を透視

▼ 空間的定位~ (2, 0.0%)

1 ではなく, を与えね

▼ 空間的排列~ (2, 0.0%)

1 とその, の方式

▼ 空間的規定~ (2, 0.0%)

1 なの, の制約

▼ 空間的角度~ (2, 0.0%)

2 からあらゆる

▼ 空間的順序~ (2, 0.0%)

1 が表象作用, の根柢

▼ 空間的順序そのもの~ (2, 0.0%)

1 が空間, の根柢

▼ 空間~ (2, 0.0%)

1 空間という, 空間などが

▼ 空間部分~ (2, 0.0%)

1 の平均温度, の表象

▼1* [187件]

空間ありませんか, 空間いいかえれば自分自身, 空間いずれかあるいは, 空間および原子で, 空間からも亦同じ, 空間かを目にも, 空間こそが生であり, 空間ながら空間, 空間しか残らない, 空間すなわち地球よりも, 空間その者の, 空間そのもの空間自体ではあり得ない, 空間その他任意の何, 空間それは今, 空間それ自らが本質, 空間たる構成的な, 空間だけとして時間から, 空間だったのである, 空間だに猶濶, 空間だらけムダだらけの床の間, 空間だれにでも与えられ, 空間だろうが光, 空間つまり非ユークリッド空間, 空間であったから, 空間であろうか, 空間ですわねえ, 空間でなくてはならぬ, 空間でなくなって了, 空間といった方が, 空間とかが何れも, 空間とからどう区別, 空間とさえ云う時, 空間とともに変化し, 空間とにも素量が, 空間どこからか聞え, 空間などありさ, 空間などが根源的に, 空間などへは到底行く, 空間ならば物質, 空間においても時間においても, 空間にだけ取り圍まれ, 空間にはわーんといふ, 空間によつて時間が, 空間にわたって錫箔のかべが, 空間に対してのみでは, 空間ばかりが生きて, 空間へでも飛びこんだの, 空間へと反響する, 空間または延長を, 空間らしさが, 空間らしい処が, 空間をさえ撥無する, 空間をしか知らないだろう, 空間をつつーっと, 空間をめぐっているの, 空間を以て他の, 空間を通じての直接なる, 空間ニハ現ニ多種多様, 空間ニ唇ガ二ツトイウ風ニシカモ極メテ鮮カナ色彩, 空間往来シテイル電波, 空間三次元の観念, 空間上何処かに位置, 空間上距離の遠近, 空間上離散せる人心, 空間世界を意味, 空間人々が好ん, 空間例えば幾何学的空間物理的空間を, 空間停止の謎, 空間内容の自由, 空間判断こそ又, 空間利用法によって七階, 空間空間表象と, 空間即ち我国に, 空間原因と結果, 空間点の, 空間同様で誰, 空間地位がすっかり, 空間と見, 空間存在としての人間, 空間とでも云う, 空間だった, 空間幾何学的空間となる, 空間座標三つと時間座標一つ, 空間形象はこの, 空間の楚囚, 空間故に空間が, 空間と時間, 空間星辰花小児その中, 空間時間それ自身に非, 空間時間因果律もやはり, 空間時間抔に就, 空間時間連続存在の問題, 空間概念自身を支点, 空間構造の幾何学理論, 空間次元を取り去った, 空間しない世界, 空間深淵が暗黒, 空間渺々たる海上, 空間漂流器全体が照明, 空間漂流者たちは爆発, 空間ではない, 空間物理的空間を忘れ, 空間物質やエネルギー, 空間物質運動力の四つ, 空間的たるを脱せない, 空間的アプリオリティから, 空間的世界形象から抽象的, 空間的並びに時間的, 空間的並置の關係, 空間的事実としては知る, 空間的事物を時間的, 空間的人事的である, 空間的像を借りず, 空間的内に於, 空間的円環即直線, 空間的分類であって, 空間的制約を受ける, 空間的制限と俳優, 空間的区別のよう, 空間的図形はミンコーフスキー, 空間的多様性のほか, 空間的存在性でなければ, 空間的対立の場面, 空間的幾何学的構成美の鋭敏, 空間的延長を占め, 空間的微分係数が小, 空間的拡りを, 空間的排列様式の類似, 空間的時間であるであろうその, 空間的時間的分布が規則正しき, 空間的時間的分布等についてはなかなか, 空間的時間的本質について, 空間的時間的環境だ, 空間的時間的綜合が悟性, 空間的時間的綜合態はこの, 空間的時間的關係が個人, 空間的本質を有った, 空間的条件を以て結合, 空間的構成においてもまた, 空間的次元を, 空間的比喩を遮断, 空間的物質的数量的の考え方, 空間的生活という特徴, 空間的秩序は直接的, 空間的総合のこの, 空間的繪畫的の美, 空間的背景を暗示, 空間的芸術とはかく, 空間的行動人類が二十世紀以後, 空間的表象はすでに, 空間的要素が少く, 空間的認識の差違, 空間的説明がつい, 空間的距離感に基く, 空間的週期をもって交代, 空間的領域にも融通, 空間知覚そのものには規範性, 空間知覚性の差別, 空間を採用, 空間組成と鋭敏豊潤, 空間経過する時間, 空間ではない, 空間に呀ッ, 空間自らが説明, 空間自存の概念, 空間自由自在な空虚, 空間至るところ均等で, 空間花火吹散らして, 空間行動と知覺, 空間表象成立の単なる, 空間規定と時間規定, 空間視野の遠近, 空間がどんな, 空間観衆との距離, 空間調子遠近奥行き容積重さ, 空間論的な存在論, 空間論者達の間, 空間概念の, 空間迷彩を施し, 空間通過に要した, 空間運動へと無窮, 空間関係そのものは飽くまで, 空間関係それ自身としてユークリッド, 空間関係一般が特殊, 空間の研究, 空間階調構図色彩等の相, 空間風景動物静物はどんな