青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「直し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~目標 目標~ ~目的 目的~ 目録~ 盲目~ 直~ ~直ぐ 直ぐ~ ~直し
直し~
~直ちに 直ちに~ ~直に 直に~ ~直接 直接~ 直観~ ~相 相~ 相互~

「直し~」 3015, 31ppm, 3747位

▼ 直し~ (1810, 60.0%)

39 いた 24 見ると 19 いるの 16 いる 12 いると, やる 11 下さい 10 やって 9 やった 8 あった, やろうと 7 いたが, くれた, みると, 自分の 6 くれ, やつた, やりながら, 出て, 見た, 言った, 貰は 5 ある, くれと, みた, やるの, 云った, 挨拶を, 来い, 見ても, 貰って

4 [16件] いった, いるところ, おくれ, くれるの, それを, みても, やったり, やつたり, やると, ゐた, ゐるの, 来いと, 見たいと, 見ること, 見れば, 貰ふ

3 [22件] いただいて, いたの, いるうち, いる様子, おいて, お給仕, くだされ, くれる, そこに, その上, みなければ, みよう, やりました, やろう, ゐる, 二年も, 幾度も, 来て, 眼を, 置くと, 見たが, 見なければ

2 [113件] あげて, あげませんよ, いう, いそいそと, いない, いました, います, いるから, いるが, いるだよ, いるもの, いる時, おいで, おくん, お文倉, ください, くる, くれという, くれないか, くれました, くれること, しまいました, しまうの, しまった, そこへ, みたいと, みたが, みたり, みて, みようと, みる必要, もらいたいと, もらうこと, もらった, もらったり, もらって, やつて, やり乍ら, ゆくところ, わはは, ゐると, ゐるので, ゐる間, 上げましょう, 下から, 両手を, 丸めた着物, 了う, 二人の, 云いました, 云うならば, 今は, 何か, 厳かな, 呉れないか, 呉れ植村, 嚴かな, 四つに, 土佐守の, 外へ, 家に, 居ります, 居る, 庄兵衞の, 弟を, 彼は, 彼等の, 急いで, 急に, 愈, 慎重に, 戻って, 扇子で, 持って, 新聞を, 明さんを, 明日は, 来るの, 格子を, 橋の, 欲しいと, 正氣, 深呼吸を, 煙管を, 煙草を, 片手を, 男の, 皆さんへ, 目を, 私の, 立ち上がった, 立ち上った, 筆を, 置いたか, 肩から, 葬つて了ふと, 行く, 行くこと, 表から, 襟を, 見て, 見ねば, 親方様の, 貰うよう, 進ぜます, 進ぜようと, 遣った, 遣つて, 長火鉢の, 頭を, 顔を, 飽かずに, 鼻だけ

1 [1171件 抜粋] あいづち, あげながら, あげよう, あげると, あったこと, あった下駄, あの時分精一杯, あるく, あれば, あれ性の, いいこと, いい音, いきなりがん, いざという, いただいたの, いただきました, いただくと, いたもの, いたわけ, いた国吉, いた所有財産, いた時子, いた菊慈童, いって, いふと, いますので, いや人, いらっしゃい, いられない, いるここら, いるという, いるよう, いる伸子, いる処, いる娘, いる琴, いる若者, いる銀子, いる音, うしろ手を, おいた, おいたの, おかないと, おかなけア, おきませう, おけ, おしまひごろは, おどすよう, おやり, おります, お別れ, お師匠様, お杉, お母, お目, お置きなさい, お茶を, お話しなさい, お雪, かなしく微笑んだ, からっと笑っ, きげん, きっとそれ, きゅっと帯, くださいと, ください逃げては, くれずもう, くれそれ, くれたの, くれたり, くれた古, くれた男, くれてから, くれなければ, くれぬかと, くれまして, くれよ, くれようと, くれるから, くれるため, くれるひと, くれる病院, くれん, くれ約束, ぐいと右, こういった, こうしてつぐん, こう考え直した, ここを, こっそり退出所, この時, これからの, これを, ごらんに, さう, さて一読, さて考えた, しかもてんで, しまう, しまうつもり, しまうらしい, しまったもの, しまって, しまふ積り, じぶん, ずっしりと, せめて一日半夜, そう考える, そこから, そこな, そちらを, そのふっくり, その中, その前, その者, その説, それからお, それから大事, それから横, それぞれの, それにて, そんなこと, ちょこなんとすわった, ちょっとハンケチ, ついて, つくろって, とどこおって, ともかくも, どうぞこれ, なにいたずらだ, にっこりとも, にやにや笑い, ねむるため, はみましたが, ふところから, ふんふん, ほおけかかった髪, ほがらかな声, ほとんどまっすぐに, まあ, まいりましょう, またそれでも間, また出かけよう, また毀れた, また筆, また部屋, また隅, まだ脅え, みせるぞと, みたこと, みたりの, みましょうか, みますならば, みやう, みるそしてまた, みれば, もうお, もう一戦, もう戯れ, もと来た, もらいに, もらい度, もらう間, もらえますかな, もらおうと, もらったの, もらってたの, もらひまるで, やがてやって来る, やったところが, やった新体詩, やっても, やはりお, やらう, やらねば, やりそして, やりましたが, やり手, やり毛, やるから, やるため, やるという, やるん, やる平次, やれ, やれば, やろうもの, ゆうべ勝頼が, ゆくの, ゆくよう, ゆすぶり始めた, ようやく行燈, わなないた, ゐたので, ゐて, ゐるところ, ゐる奴, ゐる英國, キチンと, コッソリと, テーブルに, ニコニコし, ネクタイを, ハンケチで, ピカピカ光る, ヤヤヤと, ワーニカのに, 一そう勢ひよくそつち, 一喝する, 一層身体, 一枚ずつ, 丁寧に, 三味線堀へ, 上げたいもの, 上げたら何, 上げようか, 上の, 下さいませ, 下さった, 下さって, 下さるだらう阿爺さん, 下座に, 下褄, 不意に, 両腕, 久子の, 了つた, 二絃琴に, 云うと, 云ひました, 亭主の, 人の, 人足たちは, 今夜の, 今度は, 今更の, 仕立てた縫紋, 伸上っ, 何かと鎌倉, 何十とか, 何遍繰り返し, 佳人淑女の, 來い, 來て, 傷痕を, 元気に, 入つて, 兩腕を, 八畳の, 兵を, 内ポケット, 再び三たび身体ごと, 写真二三枚とる, 出口を, 出直して, 別の, 前よりは, 加藤八弥太の, 十手を, 参りました, 参れ, 又知人, 叔父に, 取り繕ったよう, 口の, 古文に, 台所へこそ, 同じこと, 吐き出すよう, 吠えたける犬, 呉れいと, 呉れたので, 呉れたり, 呉れなどと, 呉れろとの, 味わい愉し, 哲学に, 問題に, 四つ目垣を, 四目垣を, 坐った, 坐って, 坐る, 城門に, 境の, 壁辰に, 売る, 大きいしみ, 大きな状袋, 大声を, 大根おろしを, 夫から, 奧に, 女房は, 子供を, 客を, 容姿を, 寄越されたので, 寝に, 封を, 小供, 小癪だ, 少し擲, 少女の, 居た, 居ったです, 居ると, 屋根を, 展して, 巡査は, 差出したと, 帰して, 帰る積り, 帽子に, 平次の, 幾ら掛けたら, 庄兵衛の, 床の, 庭石傳ひ, 引返すと, 張遼を, 彼女の, 彼女も, 往来を, 後戻りを, 御座るの, 微笑んだ, 必死に, 急場の, 悉く模写, 態勢を, 戻つて來, 扉の, 手を, 手早く身繕い, 打って, 押入の, 持ち廻って, 挿帯を, 摧け, 改めて飮, 新らしい, 新十郎, 旦那に, 明るいホール, 明日の, 明治維新の, 晩に, 暫らくし, 暮そうという, 更まっ, 書いて, 書きもの, 最後の, 朝食の, 机に, 杖を, 来たこまか, 来たらしく今度, 来ますからね, 来ようという, 来るたび, 枕橋の, 案内に, 椅子の, 槍の, 横に, 欲しいやう, 正気に, 正面に, 此處に, 武蔵は, 死にもの狂い, 殺すこと, 母親の, 比べて, 海軍水路部という, 清一の, 済まして, 激しくか, 焚火へ, 煙草盆を, 物音の, 犬も, 狸の, 現在残つてゐる, 用いますよ, 畳に, 百二十萬圓と, 皸の, 盛大な, 盲腸の, 相好を, 眞つ, 真面目に, 眼ばかりを, 着せた滝縞お召, 着て, 短い着物, 礼儀を, 私を, 突き詰めた顏, 窓の, 立ち去った, 立上る, 笑つたが, 答えた, 約四十四, 素知らぬ顔, 続けた, 縫助と, 置いて, 置かなければ, 置くこと, 置け, 羽織の, 考える必要, 考へられたの, 聞いて, 聞けば, 背の, 胴着に, 脳髄局の, 自分が, 自習に, 良人を, 苦笑ひ, 華やいで, 蓬, 蛇を, 行かなけア, 行きたいという, 行きながら, 行くと, 行けば, 行つた, 行火に, 袂から, 裏路の, 襞の, 見えへん, 見せようわね, 見せるさ, 見たらば, 見ないでは, 見ませう, 見る, 見るしか, 見るならそこ, 見るやう, 見れども, 見直した, 観察する, 言いました, 訊いた, 話しを, 語って, 読みあげた, 誰か外の, 調子を, 豌豆を, 貰いに, 貰うか, 貰うと, 貰ったの, 貰つた人の, 貰ひました, 貰へる, 質ね, 起ちました, 蹙めた, 身構へ, 農夫に, 逃げて, 通路として, 進ぜましたやと, 道庵先生の, 遣って, 遣りましたから, 量って, 銚子を, 長ん, 門人たちの, 降りて, 階段の, 離屋の, 雪枝に, 非常な, 鞄から, 頂いて, 頸を, 顔の, 顫へながら, 食べて, 飲み出したので, 馬春堂の, 驢馬で, 鮎を, 鳥や, 默つて引揚げ

▼ 直したり~ (180, 6.0%)

37 して 12 した 6 する 5 しながら 4 するの 3 着物を 2 お茶を, すること, するので, それよりも, 圏点を, 帶を, 白粉を, 莨を, 顔を, 鬢の

1 [93件] あるいは立っ, いつのまにか衣裳, いろいろと, さんざんに, したが, したところ, したの, したので, したらしく手, した幾色, してから, しはじめた, し三人, するため, するだけの, すると, するという, するほどの, する程, せず今, そちらこちらの, それから, それを, たっぷり夕食ごろ, つくづく手の甲, とんだ生, なさりながら, ほぐ, まことにいそ, まごついたり, またお, またその, また女中, また鳴動, やや進んだ, カマドの, スイッチを, ボタンを, モヂモヂし, レッテルを, 一寸襟, 一月の, 入直し, 具足を, 十手を, 又た取出し, 口籠っ, 変えたり, 夫の, 宏子も, 容を, 庭の, 忘れた持物, 急いで, 或いは逆, 手を, 手帳へ, 手数かけ, 手数を, 手袋を, 撫でつけたり, 替弓, 會釋の, 木を, 未完成, 机の, 橋を, 火を, 用事を, 白い胸板, 盃を, 短刀を, 立上っ, 継ぎを, 縁側の, 聞き直したり, 衣紋を, 袂へ, 補ったり, 見直したり, 賄所の, 身体の, 速水輪太郎から, 酒や, 陶冶し, 障子を, 音楽を, 額を, 飛んだ生, 飯を, 髪を, 髮を, 鬢を

▼ 直しながら~ (110, 3.6%)

5 云った 2 声を, 私は, 言った

1 [99件] あたかもそれ, あぶなっかしい手付き, いつもの, うなずきました, おずおずと, おとなしく挨拶, かう言, きっぱり言った, こっちを, ささやいた, しきりにコワイロ, しきりに逃げ, すっぱそう, そういう, そこに, そこら中, そのまま頓死, その女, その男, その蒼白, ちよいと, ぼつり, もう一度そこ, もう昨日, わたくしの, タッタ今通り抜け, ドアーから, ネチネチと, ヒョロヒョロと, 一ツくるり, 一応皆, 三好は, 上目で, 下りて, 不平そうに, 二階へ, 今や本論, 仰山に, 低声, 何の, 再び綱, 前足の, 力強く慰める, 卓の, 叫んだ, 唄ふ, 執事を, 大して気, 太い聲, 夫が, 夫人の, 始めてなつかし, 婚約指環を, 家路を, 少年僧を, 年寄の, 彼は, 応えた, 怯づ怯づあたりを, 恐縮の, 恰もそれ, 手を, 挨拶に, 探るよう, 斜交いに, 新七, 旅の, 旦那様は, 来たの, 梯子段の, 歌を, 涙ぐんだ声, 溜息を, 玄関に, 甲斐は, 眩暈心地の, 矢代に, 笑い顔を, 答えた, 細い鉄縁, 続いて, 耳を, 聴いて, 藤吉が, 蚊帳ご, 言つた, 訊いた, 質問した, 起ちあ, 軽い溜息, 軽く頭, 道庵の, 長い刀, 障子の, 青木の, 青色の, 頭を, 食堂の, 首を

▼ 直し~ (94, 3.1%)

4 かかった 3 なって 2 かかると, なりながら, やって

1 [81件] かかったところ, かかって, かかりながら, かかりましたが, かかるの, させると, しましょう, する心, なった話, なってから, ならないで, なりお召し物, なるの, なるよう, ほかの, またひと口, やったが, やらうと, やらなけりゃア, やらなければ, やると, テーブルに, 一口やっ, 一杯やろう, 一杯飲もう, 三円持っ, 乃武江でも, 他ならぬ, 來た, 全力を, 出かけて, 出して, 出し次に, 出た, 出て, 努力する, 化粧室に, 参った然, 取りかかった, 叡山登山の, 台十能を, 売って, 変装した, 大いに飲ん, 大きな釜, 大山へ, 大黒さんを, 寄って, 当面御, 懸って, 戻って, 掛かるが, 朱墨の, 来たの, 来たもの, 来た意味, 来ます, 来ると, 来るの, 次の, 玄関わきの, 百日間の, 私に, 行くもの, 行こうと, 行ったが, 行っただけ, 行ったの, 行って, 行ってる, 裏の, 裏梯子を, 起った隙, 身を, 遣った, 遣って, 遣つた, 遣つてあつ, 遣らなければ, 階下へ, 騒がしく世話役

▼ 直し~ (89, 3.0%)

4 巳之 3 つもりで 2 だう, 仁田彦十は, 源さんの

1 [76件] お手土産, お湯を, お湯をとの, きかない程, きれ丁寧, ことお話しいたしました, この大騒ぎ, その顔, ための, つもりでした, ない, まっ最中, やうに, コートなどを, デイ, マギイ婆さんが, モンペ姿も, 一腰を, 仕事でも, 仕事場で, 仲間に, 件も, 体です, 作爺さんの, 出来ぬの, 出来ぬもの, 出来るもの, 半帶, 叔母の, 古刀を, 合間, 困難は, 声, 声も, 大善業に, 夫婦の, 娘と, 安蔵が, 安蔵と, 安蔵と共に, 安蔵の, 安蔵道具を, 安蔵針屋の, 家の, 店を, 彦十が, 必要に, 必要も, 手に, 折西日さへよ, 探偵に, 日は, 時着いた, 晩酌に, 普請の, 望みが, 構想を, 様子だった, 機會が, 法という, 湯呑の, 片手間に, 狡計を, 理論で, 神様武芸には, 稼業に, 細い煙, 職人の, 袂の, 親戚の, 角らっぱ, 言ふ, 酌を, 長吉という, 長吉といふ, 関頭に

▼ 直し~ (83, 2.8%)

10 して 5 しなければ 2 父が, 頼まれたと

1 [64件] おわって, させるの, される時, したの, した蝶子, しましょう, しようおその, しようと, すべきだ, すませて, する, するこれ, するよう, する家, する時, せぬ中, たのむ者, つ, なさるの, なさんが, はじめるとしても, やって, やってる, やつて, やらかす陽気, やりました, やる, やる今日の, やろうと, よくすれ, 一人残らず当っ, 一人殘らず, 一枚仕立て, 交渉に, 仰せつけあるが, 命じた, 命じました, 命ず, 命ぜられるから, 唱道した, 喰ったが, 喰って, 女中に, 始める, 思いつかれたの, 成就しよう, 承知で, 持つて, 捜して, 捜す間, 搜し, 搜す間に, 要するの, 要求し, 見たよう, 請はんとて, 諸君に, 買って, 頼みたいとの, 頼みに, 頼んで, 願いたいこと, 願われぬであろうか, 飲って

▼ 直しても~ (40, 1.3%)

2 いい, いいの

1 [36件] あの時, い, いいくらいの, いいと, いい問題, いい時分, おそくは, かの華陽夫人, くれました, それが, つまらん, ないのでさ, みたい興味も, やらなかつたやう, ラブ, 八幡の, 別に差支, 同し, 国民にとっては, 少しも, 差支へは, 恐しいもの, 手答えが, 掴めなかつたとんでも, 構わないし, 毎年梅雨に, 氣乘り, 直しきれないもの, 結局ここへ, 絵絹の, 苔の, 薬局に, 見出されなかった, 遅くは, 離れて, 飯盛さえ

▼ 直し~ (26, 0.9%)

2 したが, 無いか

1 [22件] いきなり高く, いやだ, きく, しないよ, しばらくその, するが, それを, どうした, もう仕ない, ポタポタ汗を, 剃刀を, 山の, 山谷の, 帽子を, 引き出しから, 石を, 立ち止って, 缶の, 荷物の, 荷物へ, 農園の, 饅頭形の

▼ 直してから~ (24, 0.8%)

2 自分の

1 [22件] その後は, ちょっと庸三, みんなが, ゆきます月曜日, 出て, 初めて襖, 吾, 唐戸を, 巌流は, 廊下へ, 従いて, 微笑んだ, 急に, 接待, 支度に, 暇を, 暖簾の, 疵口を, 答えた, 蒲団を, 身動きも, 迎えに

▼ 直し~ (22, 0.7%)

1 [22件] ありあるいは, ある, お店者や, できあがるの, できようという, もう地べた, やっつけられたこと, やりたくなるの, わが伝統, 入れて, 厳格で, 始まり質屋さん, 店を, 廻って, 悲劇を, 手に, 来て, 荷物を, 薄い秋, 行はれ, 見つからないで, 願えたなら八方

▼ 直し~ (15, 0.5%)

1 [15件] いうか, いうて, いっても, いふを, なった, 出掛けなくツちやア, 園丁とは, 夫婦に, 市中を, 改刷とを, 来て, 洒落こんだ, 町を, 発表する, 間違えられた事

▼ 直しては~ (11, 0.4%)

1 [11件] いけないとも, いるが, またじいじい, 尊氏を, 御披露, 復た, 用人の, 眼を, 着合せようと, 研究し, 面を

▼ 直し~ (9, 0.3%)

2 する 1 した, しないと, なさらないでしょうし, やつた, 又八日, 済みて, 通る

▼ 直しなど~ (8, 0.3%)

6 して 1 しながら, 限られたる職業

▼ 直しその~ (7, 0.2%)

1 ほか人の, まに, ような, 二つの, 我欲を, 蚊帳の, 裸の

▼ 直しそれ~ (7, 0.2%)

1 から暗い, がビクター, に心根さ, をすつかり, を原型, を選択器, を鍵

▼ 直し~ (7, 0.2%)

1 げす, せう, やって, やるつもり, 外から, 夜泊の, 足場が

▼ 直しまた~ (7, 0.2%)

1 そっと銀子何枚, それを, 乱れては, 元の, 地上へ, 裾を, 部屋に

▼ 直しもの~ (7, 0.2%)

1 が偶, でもけっして, の客, や繕い, をひろげ, を受け, を受取った

▼ 直し~ (7, 0.2%)

1 はったわなあ, 一般の, 何か, 具足の, 新調に, 焼酎よりも, 鳥さしなどを

▼ 直しそれから~ (6, 0.2%)

1 久慈の, 先へ, 双の, 師範教育を, 畦に, 速歩で

▼ 直し~ (5, 0.2%)

2 ている 1 たり小説, て, て差しあげよう

▼ 直し~ (5, 0.2%)

1 のほつれ, の根高, も手がる, を掻き上げた, を撫で

▼ 直し~ (4, 0.1%)

1 です, などとは知らず, の髮飾道具一式, も修繕

▼ 直し~ (4, 0.1%)

1 をそろえ, をつくろい, を合せ, を正し

▼ 直しそして~ (3, 0.1%)

1 家を, 帰って, 父に

▼ 直しつつ~ (3, 0.1%)

1 他の, 娘の, 近着いた

▼ 直しという~ (3, 0.1%)

1 ことが, 名の, 心で

▼ 直しには~ (3, 0.1%)

1 冬が, 味噌気の, 誤字誤

▼ 直しよう~ (3, 0.1%)

2 のない 1 もない

▼ 直し~ (3, 0.1%)

1 か咎めだて, か書き物, か紐片

▼ 直し~ (3, 0.1%)

1 の下, を取り直し, を持っ

▼ 直し~ (3, 0.1%)

2 から戻っ 1 からは一向

▼ 直し洋傘~ (3, 0.1%)

2 直しなぜ 1 直しなぜそうちらちら

▼ 直し雪駄~ (3, 0.1%)

1 をはき, を穿い, を脱い

▼ 直し~ (3, 0.1%)

1 をさげる, をふかく, を垂れ

▼ 直し~ (3, 0.1%)

1 にかかる, や耳, を赧らめ

▼ 直しいつも~ (2, 0.1%)

1 のよう, 病室に

▼ 直し~ (2, 0.1%)

1 みつの, 國と

▼ 直しこう~ (2, 0.1%)

1 僕に, 巡査に

▼ 直しこれ~ (2, 0.1%)

1 でやっと, は丘

▼ 直しさえ~ (2, 0.1%)

2 すれば

▼ 直しそう~ (2, 0.1%)

1 して, 言った

▼ 直したりなど~ (2, 0.1%)

1 して, 大臣は

▼ 直したりなんぞ~ (2, 0.1%)

2 せぬ方

▼ 直し~ (2, 0.1%)

1 や, や不足

▼ 直してさ~ (2, 0.1%)

1 うして, う言

▼ 直してばかり~ (2, 0.1%)

1 いた, いる仕事

▼ 直しでも~ (2, 0.1%)

1 したの, やりたくなった

▼ 直しといふ~ (2, 0.1%)

1 ところから, のは

▼ 直しとは~ (2, 0.1%)

1 どういふ, 思われません

▼ 直しなぜ~ (2, 0.1%)

1 その石, 農園の

▼ 直しなどを~ (2, 0.1%)

1 請け負って, 頼まれて

▼ 直しなんか~ (2, 0.1%)

1 おいそれと引受ける, して

▼ 直しにか~ (2, 0.1%)

2 かつた

▼ 直しにたにた~ (2, 0.1%)

1 笑いながら, 笑ひ

▼ 直しひどく~ (2, 0.1%)

2 疲れたよう

▼ 直しみたい~ (2, 0.1%)

1 なもの, に酔っぱらってる

▼ 直しやがて~ (2, 0.1%)

1 のこと, 勘定を

▼ 直しタバコ~ (2, 0.1%)

2 を出し

▼ 直し一歩~ (2, 0.1%)

1 踏み出さうと, 踏み出そうと

▼ 直し~ (2, 0.1%)

1 けぢ, なす黒髪

▼ 直し両手~ (2, 0.1%)

1 をふところ, を垂らした

▼ 直し初め~ (2, 0.1%)

2

▼ 直し十七歳~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ 直し十二時~ (2, 0.1%)

1 が来, すぎて

▼ 直し~ (2, 0.1%)

1 八の, 話の

▼ 直し大尉~ (2, 0.1%)

2 の居る

▼ 直し~ (2, 0.1%)

1 に見つ, に見つかっ

▼ 直し子供~ (2, 0.1%)

1 に留守, のため

▼ 直し~ (2, 0.1%)

1 があり, をし

▼ 直し手早く~ (2, 0.1%)

1 あの死亡承諾書, 外しとった玉槍

▼ 直し~ (2, 0.1%)

1 に不穏当, は極めて

▼ 直し用意~ (2, 0.1%)

2 の熨斗紙

▼ 直し着物~ (2, 0.1%)

1 をきかえ, を着かえ

▼ 直し草鞋~ (2, 0.1%)

1 の紐, の緒

▼ 直し~ (2, 0.1%)

1 下候様奉, 成下

▼ 直し親類~ (2, 0.1%)

1 から適当, から適當

▼1* [310件]

直しあるを見, 直しあるいは書足した, 直しいつ染めて, 直しいろいろ興味ある, 直しおのれも元, 直しお茶を汲ん, 直しかたにしろ, 直しかなんぞにでも言うよう, 直しから始まる, 直しからくも武蔵守, 直しがっくりと仰向い, 直しきっとなって, 直しきのふ丸善から買つて來, 直しくださいますよう, 直しこちらをいじっ, 直しこの筆者の, 直しこれから協議に, 直しこんな姿は, 直しうである, 直しさっきからそこ, 直しさっさと行って, 直しさて落した槍, 直しさてまた最後には, 直しさらばとその, 直しさんや畳屋さん, 直ししばらく静観と, 直しじわじわ敵を, 直しするの覚悟が, 直しするどい眼で, 直しそうして望み通りの, 直しそこにかけ, 直しそつと出, 直しそのまま閉ってる, 直したまへどもなほ, 直したりなんかして, 直したりばかりして, 直したるに過ぎない, 直しか唖, 直しだったり, 直しだったが芝居気違い, 直しだのつまらない物, 直しちやつたよ, 直しつくり変えてしまふ, 直しつつも心引かるる, 直しつまり生きて, 直してあつたの, 直してと思ったん, 直してながむれば, 直してなんぞ貰いたくは, 直してはと遠慮なき勧, 直してよお母, 直してをります, 直しできるだけおちついた口ぶり, 直しですが何, 直しでは寸が, 直しとして言った, 直し盃だけでも, 直しなお続けて, 直しながらも左右の, 直しなさい皆が, 直しなさつて下さい, 直しなさらないの, 直しなさるがよろしい, 直しなされては, 直しなぜそうちらちらかきねの, 直しなぞはしない, 直しにも行かなかつた, 直しにより財源を, 直しばかりをつ, 直しまず劉岱を, 直しまっすぐに相手, 直しまで彼女は, 直しもしくは韻文を, 直しもよ五つき六つき, 直しやうがない, 直しやおらそこを, 直しやや躊ふ, 直し起きなさいな, 直しよう煙草盆の火, 直しイグナイターをやりかえね, 直しトラホームの目, 直しハメ直し鼻汁と涙, 直しピストルを拾い上げ, 直しブラシもて丁寧, 直しペンチを使っ, 直しポンポンポンと続け打っ, 直しマチを摺つて火, 直し一人は針売, 直し一寸近くも, 直し一時に文ビル, 直し一面正誤表を印刷, 直し万が一にも手ぬかり, 直し万太郎主従もそれ, 直しのむし食い, 直し上衣を着, 直しに向い, 直し下さい夫人, 直し下さる御思召, 直し下されまして, 直し下駄直しなど限られたる, 直し力士に対しては, 直しに対する一応, 直し乍ら呉れたの, 直し乍ら八五郎に訊ねました, 直し乍ら木戸を押, 直し乍ら池内操縦士が折, 直し乳養して, 直しったお初, 直しを, 直し二千六百年間一歩も外, 直し二度目のねらひ, 直し二百五十石の高祿, 直し二重から平, 直し井河くんは湯豆腐, 直し京伝の顔色, 直し今夜は手, 直し候へ, 直し仕度をし, 直し仮名をふった, 直し伊達巻をしめ, 直し作法を正し, 直した處, 直し候上漸然ら, 直し傅人の長谷川丹波守, 直しの茂平, 直し元禄袖のかげ, 直し充分に手入れ, 直し全く日本的の, 直し全部を塗りかえる, 直し兵児帯をまとめ, 直し其の下に, 直し再び感じ自分自身, 直し再度曹操の, 直しな姿, 直しを入れ, 直し勉強もしましょう, 直し医者の方, 直し十日毎に一度頭髮, 直し千両箱一つ叩き破って, 直し原作とは似, 直しを切ろう, 直し古着買いかものの錺職, 直し右手には階段, 直しのオーバア, 直し呉れたり, 直し四時半迄か, 直し地上へ下りた, 直し地球人類のため, 直し型どおりの, 直しを吹き払っ, 直し塗り直しして, 直しをはらっ, 直し遅く帰っ, 直し大騒ぎいやって小, 直し天の橋立風車売り猿廻し, 直し天神髯を撫し, 直し太刀取りのべて, 直し威厳をつけ, 直しを肘, 直し安心して, 直し安蔵が, 直し宗六を唐竹割, 直しの中, 直し寒くもない, 直しも先, 直し屋裁縫師理髪など生産手段, 直し巨石を洗っ, 直しをしめ直した, 直し常に新しい印象, 直し幸福をとり戻す, 直し店子には一文, 直し度胸を据え, 直し庭づたいに中門のほう, 直し直しては, 直し弱よわしくうなだれながら, 直しの口述, 直し主人樣には, 直しのゆたかさ, 直し心直しもよ五つき六, 直し恐らく英国中に, 直し恭謙そのものを形, 直し意訳的にぼつぼつ, 直し慇懃に両手, 直し慎重の上, 直し或いは竹細工などと, 直しで額, 直し手袋をはめ始めた, 直し打物把って持場持場, 直し持参の割籠, 直し按摩賃市公の日傭賃, 直し改めて艶めかしく横坐りし, 直し数馬にとっては父, 直し整理して, 直し斎藤老人の死骸, 直しの構え, 直しに工夫, 直し新聞などに眼, 直し日向の一本道, 直し更にその量, 直し木地のまま, 直し正誤本には, 直しの子, 直し末森城への再, 直し本名の春子, 直しの包, 直しより連れ来れ, 直しもない, 直し横縁の障子, 直しの踊り場, 直し次に城門の, 直し正座の姿, 直し武装を凝らし, 直しんど, 直し殘つたのを二つ三つ首, 直し殿が御, 直しの顏, 直しを革め, 直し気持を強, 直しを變, 直し水路をひい, 直し決して私共に, 直しの対岸, 直しは天聲, 直しをみ, 直し焚火して, 直し焼直しもそうそう, 直しにむせ, 直し煙突形の円筒, 直しも灯し, 直しして, 直し玄関の戸, 直し現象の追随, 直し用心に恭子, 直しの濡れた, 直しと別れ, 直し皇帝を肩, 直しに入れ, 直しを白, 直し直しして, 直しを変え, 直しの日本人, 直し着替えをし, 直し礼儀の心, 直し禁門のほう, 直し童話や片岡鉄兵氏ばり, 直し等々である, 直しの中, 直し粛然とした, 直し素足に引, 直しへ, 直し縁側に出, 直し羽扇を膝, 直し癪を, 直し肩衣を着けた, 直し背嚢を肩, 直し胸元に掌, 直し胸襟を整, 直し腕章を上, 直しを浮かせ, 直しからの声, 直しを正し, 直し自分の洋服の, 直し舞台の電灯, 直しの小, 直しを押し, 直し芝居が楽, 直し芸術活動を始める, 直し若い叔父さま二人に, 直しなどもよく, 直しの花枝, 直し菖蒲をたくさん, 直し落葉まじりの, 直し薄化粧して, 直しの脂, 直し行燈をかき立て, 直し衣裳を着換え, 直しに糊, 直しを借り, 直し裏地を撤去, 直し裕佐が縁, 直しをひっぱっ, 直し襤褸ッ買い屑屋, 直し覚悟は充分, 直しを歌, 直し謹聴して, 直しを舷側, 直しが駐, 直し軸受のところ, 直し進める第一, 直し運転しなければ, 直しにスッカリ, 直し野槍を杖, 直しを打ち, 直し鉢巻を巻き直し, 直し銀子も自分, 直しへあげる, 直し長いことかかっ, 直し長松は傍, 直し随所に和洋楽, 直し隧道の中, 直し難癖をつけ, 直し雪洞を暗く, 直し静かに検める, 直しの化粧, 直し願わしゅう存じまするが, 直し風呂敷包みをほどい, 直し風車売りぐらいの, 直し高い空を, 直しの描き直し, 直し鼻汁と涙