青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「直ぐ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

目下~ 目前~ ~目標 目標~ ~目的 目的~ 目録~ 盲目~ 直~ ~直ぐ
直ぐ~
~直し 直し~ ~直ちに 直ちに~ ~直に 直に~ ~直接 直接~ 直観~ ~相

「直ぐ~」 8392, 87ppm, 1283位

▼ 直ぐ~ (2789, 33.2%)

21 出て 11 忘れて 10 消えて, 自分の 8 先生の, 来て 7 して, それを, 帰って, 行って, 解つた, 飛んで 6 わかった, わかる, 手を, 此の, 目を, 眼を, 立つて, 返事を, 連れて, 降りて 5 二階へ, 判つた, 斯う, 私は

4 [18件] お帰り, それが, それと, わかること, 今の, 倫敦へ, 分るの, 呼んで, 寝て, 彼の, 彼は, 支度を, 死んで, 気を, 私の, 立って, 答へ, 調子を

3 [42件] あとから, あとを, お暇, この場, それだ, わかる事, 二階に, 云った, 他の, 傍の, 其の場, 前の, 取って, 呑み込んで, 外へ, 夫れ, 家へ, 引き返した, 引返して, 後から, 応じて, 承知を, 次の, 歩いて, 気が, 気がついて, 気持を, 消えた, 目の, 眼に, 眼の, 私が, 腰を, 自分を, 行くから, 行くと, 訊いた, 話題を, 起きて, 迎えに, 近所の, 電話を

2 [168件] いつもの, お届け, お浦, お腹が, お許しに, この次, その日, その気合, その真似, その言葉, それに, それは, そんなこと, どうと, また引き起し, わかりました, 一す, 三番の, 上衣を, 下に, 下りて, 云ひ, 人を, 仕事にか, 何有今, 余を, 使って, 來て, 停車場へ, 元の, 其の音, 出かけて, 出かけよう, 出すの, 出来る, 分りますから, 分る, 分るが, 分ること, 判かる, 判った, 判るが, 別の, 医者を, 又来られた, 口を, 台所から, 合点が, 合点し, 向うの, 垣の, 女の, 女を, 妙な, 家を, 寐入った, 寝室に, 寿美屋の, 小猿, 崩れて, 帰つ, 帰りましょう, 帰るから, 帰ると, 帰る気, 店を, 座を, 延びたつ事人間わざ, 弾出す, 彼が, 彼を, 心を, 感じた, 感づいた, 感づきました, 手の, 手紙を, 打ち消した, 打電し, 承知した, 持つて, 探しに, 支度に, 故郷の, 明智の, 書斎に, 村中に, 次興行, 歌の, 歩を, 歸つて來る, 歸る, 死を, 母の, 気に, 氣が, 水に, 水の, 水を, 氷解し, 江戸へ, 治つて了ふ, 消え失せる, 溶けて, 燃えて, 用が, 男の, 男を, 男女の, 町へ, 白状し, 白状しろ, 眼が, 着て, 着物を, 知らして, 知ること, 知れた, 破れて, 突つ立つ, 突ん, 第二, 答えた, 答えました, 納屋へ, 聞いた, 胡坐を, 胸が, 腕を, 自動車を, 落ちて, 行きます, 行くの, 行け, 行こう, 行つ, 行つてし, 表へ, 被衣を, 裏口へ, 視線を, 覚った, 親密に, 解った, 言った, 言葉を, 訊ねた, 記憶する, 許して, 賛成した, 賛成しました, 身支度を, 車で, 返事が, 開きました, 院長に, 電話で, 頭が, 頭を, 顔を, 風呂場に, 飛び出して, 飛び込んで, 馬を, 駈けつけたが, 駈けて, 驅け, 鼾を

1 [2065件 抜粋] あけて, あの人, あの奇怪, あやまって, いやらしい真似, うちの, うなずかれる, おいで, おれの, お上へ, お出でください, お前を, お夏, お役人, お渡しください, お父様, お答えしました, お舟, お起ち下され, かけられて, こ, こちらの, このこと, この女の子, この戸棚, この話, これから, これを, ご成敗, さう感じた, さとること, じゃ汝, すると, そこに, そのこと, そのまま現金, その側, その場, その小切手, その意味, その提議, その晩, その板, その母, その火の見, その發見, その筋, その考, その蔦葛, その門内, それだけの, そんなすばらしい, たおれて, ちびを, つかまって, つけ込んで, どうする, どしりと, なるほどとは, はじけるだらう, ひっ捕えるよう, へたへたと, またその, また彼, また自動車みち, むうッと, もうキ, もう私, やって来た, やれるから, わかって, わかりますのよ, わたくしの, アノ桜の, エタイが, クレエルを, シナ沿岸から, スッと, タタキ出し, トルーソツキイの, ヌビアの, ヒョロヒョロの, ピンときます, ペタンと, ポケットから, リュクサンブール公園と, 一つうなずい, 一抱えも, 一輪向日葵の, 三行半を, 上京を, 下へ, 不景気に, 両国から, 中仙道から, 久保町の, 乳が, 事件の, 事態の, 二穗とも, 云ふ, 京都まで, 人類の, 今までの, 仕度に, 付けかえる首, 仲宜, 会って, 伸びきって, 伺いましょう, 佐太郎は, 何もかも包ん, 來た, 信州路へ, 俥で, 俸給泥棒と, 停車場に, 傍によけ, 元吉の, 先祖の, 入つて, 全市に, 公の, 六畳の, 兵隊を, 其の戸, 其の筋, 其方へ, 其赤い, 再び三田, 再び繃帶, 凪いで, 出すため, 出なかったん, 出奔したなら, 出掛ける位, 出来るが, 出発したい, 刀を, 分った, 分るよ, 切っ立ったよう, 切斷し, 判ったが, 判りますが, 判る筈, 判決の, 別荘に, 前方を, 力な, 勝手へ, 千枝太郎の, 南側の, 厭な思ひ, 参禅を, 又静まった, 反対する, 叔父様が, 取り消さずには, 取引きが濟むか, 受話器を, 古くなる, 台所へ, 合點した, 同じ方角, 向うこと, 向ふ, 吹きつける烈風, 呼びますからね, 呼鈴を, 咎められるに, 商会内の, 喋り出した, 喧嘩を, 噛み砕くであらう次, 囲いの, 土間へ, 坂にな, 城下の, 壬生へ, 声を, 夕暮れであった, 大きな声, 大坂, 大森へ, 大袈裟に, 天井裏へ, 夫と, 失踪し, 奧に, 女王の, 妊娠し, 姉に, 娘は, 嫁を, 宇治へ, 客間へ, 寄りそ, 寝ようとは, 察しましたので, 尋ね当てて, 小包郵便で, 少し行く, 尻を, 山三郎を, 崩壊する, 巡礼の, 左手の, 差留められた, 布巾で, 帰されるよ, 帰っても, 帰らなくては, 帰る, 帰れと, 帶の, 幕が, 平静を, 幾分得意, 床を, 座敷牢の, 廢めて, 引き取りたるかと, 引き返して, 引っ返して, 引取ります, 引返さうと, 弛く垂れ, 彼れである, 彼女を, 往って, 後ろの, 後悔した, 得意先の, 御承知, 御覧を, 御郷里, 心臓どき, 応えが, 応分の, 快く承知, 思い出されたこと, 思い返して, 思ひだして, 思ひ當, 恋愛関係じゃ, 悟つてさうし, 情緒を, 意気地なく, 感じられた, 感服し, 懇意に, 成功した, 我を, 戦争よりは, 戸口へ, 房州へ, 手の平に, 手捕, 手配し, 打消して, 抑えた, 抜出そうと, 押つ立て, 拭いたと, 指しました, 挙げること, 捉まえ, 捕まって, 捜しに, 掌で, 控訴しました, 擧げピタリ, 放棄しよう, 救援隊を, 散る, 料理を, 斯ん, 新聞に, 旦那様に, 明日でも, 昼からの, 晴れます, 書くという, 書附を, 木賃宿を, 本社へ, 来た, 来ます大変, 来るの, 東京まで, 柔い, 案内しな, 棺から, 検屍を, 横から, 横須賀の, 欝陵島の, 欧州航路の, 止めに, 止んで, 此家を, 武力で, 歯を, 死ぬ, 死んだので, 段を, 母も, 気がついたから, 気づいたにも, 気分が, 水仙が, 決闘でも, 河岸を, 治つて帰つて来た, 波に, 泣き止むであろう事, 注射出来る, 洗つた鍋と, 流浪人だ, 浜村屋の, 消える, 消したが, 淫蕩的な, 済んだ, 湯を, 漬けて, 為事に, 無遠慮に, 照りつけるよう, 燃やして, 爺さんは, 牛が, 物に, 特高課長の, 玉子を, 王宮へ, 現れた, 現場へ, 用意させ, 甲板に, 申上げ, 申上げろ, 番兵が, 病室だつた, 発売禁止に, 發たう, 白状しな, 皆で, 目だつ程, 相川まで, 看破される, 真顔にな, 眠つてし, 眼科の, 着手し, 瞑った, 知れて, 砕けて, 破壊し, 神田へ, 福岡市大名町に, 私に, 秘して, 稲田屋の, 空いて, 突つ, 突つ込んだ, 窓から, 窮し, 立ちすくんだ, 立ち去りました私, 立つと, 立てといつた, 竜之, 笑いやむ, 笹に, 答えたの, 箱根へ, 紅木大臣を, 紙を, 絞め殺される家鴨, 総司の, 縁側の, 縄目に, 總泉寺へ, 纏った, 翌年変死した, 考え出した, 聞いて, 聯想する, 胸に, 脱衣場へ, 膝の, 自ら食を, 自分本位に, 自殺し, 至急電報, 舳が, 色よい, 芸者に, 英国へ, 荷物を, 落伍者と, 虫は, 行かうとしても, 行きましたよ, 行きゃ, 行くだから, 行けるじゃ, 行つても, 行届いて, 裂いて, 襤褸が, 要らぬこと, 見せるやう, 見ないの, 見付ける名人, 見当が, 見附から, 覚られるから, 解いて, 解つて, 言い返して, 言ひ, 訊かなければ, 討たれました, 評議の, 話して, 誇りの, 説教を, 課長の, 警官を, 警察署へ, 豊吉を, 貴方が, 賞玩しない, 赤くなる, 走って, 走り出そう, 起き上りました, 起ちて, 起上つた, 越後女は, 足許が, 跳ね上るので, 踏止まっ, 身体中の, 転げた, 輓棒が, 辺りの, 近常さん, 返事も, 追いかけて, 追着く, 逃げて, 逃げ出したの, 途切れた, 通じるが, 通りました, 逢いたいと, 逸らし合, 運動を, 遠い田舎, 遣れば, 部屋を, 酒だつた, 酔つた, 野村の, 金網を, 鉄砲を, 銃殺させます, 鎌倉の, 鑄掛屋の, 門口で, 開けて, 降りか, 階下には, 隣の, 雇った馬車, 離縁の, 露に, 静まります, 音を, 顛覆する, 風邪を, 飛び付くよう, 飛べ, 飛込んで, 食堂へ, 飲める水, 飽きられる性質, 首を, 馭者に, 駆けて, 駈け出したの, 騒ぎ出しさうな, 高くて, 鴎丸を, 麦蒔きである

▼ 直ぐその~ (147, 1.8%)

9 足で 8 場で 3 あとを, 家に 2 傍に, 場の, 日に, 水垢を, 考えを, 青年が

1 [112件] あとから, あとで, あとにも, あとの, あとは, お定, ことを, そばに, つもりに, とき飲む, 三つの, 下から, 下に, 下を, 不思議な, 中へ, 事を, 人から, 人を, 便箋は, 傍には, 傍らに, 儘伝記に, 先き, 先の, 内容も, 利用法を, 包を, 午後には, 取次が, 口で, 古びた然しながら, 名を, 向うに, 問題を, 国へ, 場から, 場所を, 壇の, 夜食べる, 奸策を, 妓に, 妻子の, 子を, 家です, 家は, 家を, 小枝, 居周りかに, 席に, 平生を, 弟を, 悲しむべき考, 手紙を, 方に, 方へ, 方向へ, 日から, 日には, 明くる日返事が, 時そう, 時に, 晩行った, 曲目を, 東隣の, 次から, 次にある, 残分丈けを, 気に, 活用が, 生活に, 生活費を, 男か, 男を, 直前で, 研究に, 窓口を, 笑ひ, 笛を, 筋へ, 箱を, 節に, 紛れた氣分, 素人下宿を, 組合に, 繃帯を, 翌日あたりから, 翌日あとを, 翌日出, 肘で, 脚元の, 膝の, 處分に, 言葉を, 足にて, 足許を, 跡へ, 跡を, 通りに, 通り辿つ, 通庭なる, 違いが, 部分が, 部屋を, 金持面を, 露は, 頭で, 頭の, 顏を, 顔触, 首と, 鬚を

▼ 直ぐにも~ (135, 1.6%)

3 親しめるやう, 飛んで 2 出しかねて, 加藤の, 聞いたはなし, 警察へ

1 [121件] お暇, お渡し, かかれるが, ここを, この人, ご帰洛, なぐり付けたかつた, ゲィツヘッドを, 一人で, 一箇の, 亡き夫, 会って, 何う, 信長の, 元の, 六千積まね, 冤罪を, 処分します, 出かけて, 出來, 出発し, 出発出来るだろう, 切らうよ, 初むべ, 別れようさ, 助けを, 博士夫妻の, 取次ぎそう, 只今の, 喧嘩し, 土の, 大森署へ, 女の, 好いご, 始めそう, 実行します, 室の, 家へ, 實行します, 實行力の, 實證は, 小北山, 巴里へ, 平地か, 廣告いた, 建てれば, 引返さう, 彼に, 彼の, 彼等に, 彼自身が, 御寺, 御返事下された, 思案を, 感じられるよう, 手が, 手配を, 打縛り, 披露し, 抱き上げて, 挨拶も, 捕えられるだろうが, 捕まりさうに, 描ける器用, 攻め上ろうとの, 故国に, 故國, 文壇の, 暇を, 會ひませう, 東京に, 東京へ, 歌留多の, 死ねらア, 永久にも, 泣き出しそう, 注ぎかけるため, 涙が, 父母に, 用意する, 疑って, 癒る, 目的を, 知らせますがね, 知ること, 私の, 穴へ, 突けそう, 立ち退こうという, 立つやう, 結婚しなく, 縛られさうに, 總督に, 美しくなる, 自殺しなけれ, 草鞋を, 處分します, 融けるでご, 行く, 見える筈, 親しめそう, 解ったろうが, 解雇すべき, 誓いを, 貴君が, 買へるん, 起きて, 転ぶ, 迫まつ, 逃げ出したくなった, 通れない, 逢う約束, 逢える, 野西の, 音取, 頼むもう, 飛下りたい衝動, 飛出しさ, 飛掛り, 駈け寄って, 鼻を

▼ 直ぐには~ (95, 1.1%)

3 それを, 返事が 2 原稿に, 口が, 帰らないもの, 承知しない, 返事を

1 [79件] あ, いい作品, いる, おつぎ, お歸, お話出来ない, この意味, その仮定, その假定, その好, その妙味, とり直せなかつた, ものも, やつて, 乳房を, 二の句が, 出かけられず急いで, 出せないが, 出られないで, 出来ないであろう, 出来ないん, 判らなかったが, 動かなかった, 動くけしき, 動けない, 原位に, 参りませんでしたが, 取って, 取りかかれないので, 合わないよう, 埓が, 売れるか, 夏姫を, 婚礼も, 寝つかれませんから, 寝台に, 寢ない, 寢られ, 思い出せないの, 思ひ出せなかつた, 手出しも, 承知しなかつた, 振り返らずに, 攻めかかって, 方法それ自身対象それ自身の, 来られないが, 止まらないもの, 止めず或, 死に切れなかったらしく血みどろ, 殺さず暫時これ, 気がつかなかった, 浮んでも, 父だ, 発表されなかった, 登れないしどろ, 立ちあがれなかつた, 立ち去りかねるの, 答えないで, 答える言葉, 答へ, 考え出せそう, 聞えません, 自分自身の, 蓋を, 蓑吉の, 行くべき道, 行けないよう, 見ようたって, 言ふべき, 言葉が, 言葉に, 話すこと, 説明も, 読まなかった, 起たれなかった, 返辭, 開かず, 頭に, 顔が

▼ 直ぐ~ (92, 1.1%)

3 のこと 2 だ, です, で火, にある, にマカーテー, に坐っ, に立つ, の白煉瓦, を通り

1 [71件] だったか, でお, でしたろうか, ではたつた, で停まつた, で起った, ときい, に, にあっ, にいる, におしめ, におま, にすわつ, には右, には岩, には長, にやるせない, に井戸, に何事, に出, に出ました, に在り, に小, に居た, に座つて, に彼女, に懸れり, に控え, に来た, に桃色, に歩い, に海, に白く, に眞ツ黒, に空席, に立った, に良人, に見上げられる, に飲ん, のセーヌ河, のニツケル鍍金, のモンパルナス, の一階, の井戸傍, の十四, の坑壁, の姿見, の家, の小さな, の席, の庭, の御成街道, の日, の桐, の桟橋, の横路地, の機関室, の歴山公園, の煙草屋, の猫又山, の石段, の秋, の飲食店, は田舎, へ一歩, へ記, まで進ん, を川, を行く, を見, 隣りに

▼ 直ぐまた~ (91, 1.1%)

2 その柱, 投げる, 歩き出さうと, 眼を, 私の, 頭を

1 [79件] あげて, あとを, あの当時, おねんね, お説法, ぐるりと, こちらを, そこを, その取り, その土塊, それを, むっとし, 上機嫌に, 中へ, 來る, 出かけた, 出かけなけりや, 出ます, 出發, 十河の, 反対の, 口を, 台所へ, 合宿の, 坐つた, 声を, 変な, 外に, 妻の, 官憲を, 宿を, 寒くなる, 山に, 引っくり, 引っ込んだ, 後の, 急に, 成るたけ, 戦地へ, 戻つて, 押黙って, 斯んな, 明るく付けた, 有馬の, 椅子の, 樺太の, 次の, 止めて, 段々降り, 消えた跡, 現れた, 目が, 眞顏にな, 眠つたらしい, 私が, 稻の, 立ちあがつて, 立ち上つた, 筆を, 背後を, 腰を, 自分が, 自分の, 落した, 蛇の, 蛾を, 裁縫學校へ, 裏庭から, 調子を, 起き直った, 起ち上って, 跡へすら, 遠慮といふ, 針に, 閉まった音, 降りて, 音楽家の, 飛んで, 黙って

▼ 直ぐ~ (90, 1.1%)

2 いふわけ, つつきの, 中の, 振返つて, 私に

1 [80件] お婆さんの, お茶に, これを, その気, とっ捕まえますよ, なりに, またもと, もとの, やれ旧, んで, ナオミが, 云う訳, 云えば, 云ふ, 人が, 他人に, 仰しやれば, 僕に, 其の表面, 分りましたの, 切り出した, 南京虫が, 単衣, 参ります, 口を, 同感し, 名古屋へ, 味気なく消え失せる, 寝床へ, 帰ります水街道, 引込まねば, 彼の, 彼方を, 往来へ, 後へ, 心が, 怖ろ, 思つてゐた, 思ひ合された, 懐中へ, 承知し, 押しのけられたり, 指先に, 捕ったん, 明けて, 暖めて, 暗い愚痴話, 暗い懐疑, 本の, 横に, 母の, 氣付く, 着て, 神酒が, 私にも, 私達の, 種名は, 稲荷を, 突止めまさあ, 立つて, 紀念塔を, 經つてし, 肚を, 腕力に, 與吉を, 見事な, 解るの, 言つては, 言われちゃ, 訊問にとりか, 赤城家の, 身仕度を, 近くに, 迫って, 郵船会社の, 釣つて見たくなり, 長火鉢の, 階段の, 雪子の, 須磨子の

▼ 直ぐ~ (81, 1.0%)

32 から出, から息, から来る, から行きます, から行く, にモース先生, の馬車, を以前, を白地, を追

1 [58件] から, からかい, からつづい, からとん, からも真向, からやつ, から一人, から入ろう, から到る, から可, から同じ, から木下君, から来, から来た, から樂, から歩み, から江川, から決心, から眞ツ, から立派, から続こう, から道, から静か, から飛乗っ, だつた, で, でした, でしたが, でむやみ, で彼, で殺された, で皮肉, で矢張り町内, で船, とか体, につ, になる, には今, には綺麗, にサー・トマス・エリオット, に同じ, に教皇, に消え失せ, に自分, に色, に言, のこと, の方, の森, の海中, の静寂, はもう, へ, へ倒れる, へ迫っ, を歩い, を跟けたの, を追う

▼ 直ぐそれ~ (71, 0.8%)

2 と分りかねた, と判, と気, と氣, を云, を吐き出した, を噛み殺し

1 [57件] から池, がお, がプロレタリア全体, が出る, が出来ない, が判った, が後悔, が活動機関, が苦笑, だからねえ, と分った, と分つた, と分ります, と判った, と察した, と察しられる, と感づい, にいや, に参る, に同意, に夢中, に次い, に関連, に馴れ, に鼻端, は作者, は月, へ登った, へ白い, へ臨むであろう, をもじっ, を二つ三つ, を他, を以, を何ん, を別, を受けた, を坊さん, を変更, を広げ, を引ツ, を引受け, を忘れる, を思ひ出した, を手, を承知, を本当, を瓦斯代, を直し, を相手, を着, を知らせ, を聞かれる, を自覚, を見つけ, を見つけた, を開き

▼ 直ぐ~ (70, 0.8%)

12 帰りに 4 歸り 2 定を

1 [52件] あいの, そば屋へ, たよりしよう, 休みに, 伺ひいたすの, 兄様に, 光の, 出しいたしますが, 出下さるやう, 出下さるよう, 分りに, 勇の, 勝手だ, 千鶴の, 嫁を, 宅の, 富の, 寝みなさいな, 小夜さんは, 小夜の, 小言な, 島が, 帰りでした, 帰り遊ばしまし, 幸ちやんの, 引抱えに, 弟子に, 戻りに, 持ち帰りに, 揚げなさいますか, 新を, 暇いたします, 暇し, 暇します, 桃の, 横に, 瀧を, 目に, 祖父さまお, 篠を, 終ひです, 若さんが, 葉は, 見舞申さう, 解りの, 迎いをと, 隣りに, 頼みします行き, 願ひします, 鳥から, 鳥と, 鳥の

▼ 直ぐ~ (69, 0.8%)

3 に立っ, を流れ 2 に, には桜田門外, に突, に立ち竦んだ, に腰, へ来

1 [51件] からいきなり, からである, だ, だから, でぴたッ, で淋しい, で聞えた, で鳴り渡る轟き, にあった, にある, にいた, にたつた, には妾, にゐ, にゐた, にゐる, にキャリフォルニアン号, に並ん, に居る, に平和楼, に掛け, に敷い, に来た, に移された, に立, に迫っ, に鍬, の, のバナナ畑, の八畳, の台所, の寝台, の扉, の日蓮宗, の本堂, の石作り, の石碑, の線路, の舞臺, の茶の間, の茶店, の薄暗い, へ持っ, へ持つ, へ来なけれ, まで来た, を向いた, を流るる, を通った, を通つて, を通り

▼ 直ぐ~ (56, 0.7%)

2 には屠牛場, の渚, へ降り

1 [50件] から大きな, から青い, から青田, があの, が稻田, つ引富坂, でした, で表, にあたる妹, には石, に列車, に在る, に大きな, に大寺, に寢, に当る, に押し降, に横, に白い, に置い, に背, に阿, に降りた, のおばさん, のところ, のところあたり, の処, の女, の妹, の妹舟子, の室, の小屋, の川, の廻転窓越し, の弟, の有様, の潮, の畑, の石段, は広い, は水, は野宿, へ持つ, へ飛び降り, まで一面, まで続い, をくぐっ, を向い, を通る, を逞しい

▼ 直ぐ~ (51, 0.6%)

27 の前 6 の下 4 の先 3 についた

1 [11件] と鼻, につく, に馴れた, のま, の上, をさました, を伏せ, を外らす, を落し, を血走らせ, を覚まし

▼ 直ぐ~ (44, 0.5%)

5 の所 2 に, はもう

1 [35件] から引き離され, から瀬越さん, が恨まれます, と一緒, に返した, のあと, のところ, の傍, の制服, の後ろ, の心持, の様子, の目, の袂, の部屋, の長女, はまた, は利根川, は客間, は工場, は帰ります, は弔問, は思い返した, は感じた, は文夫さん, は机, は眼, は睡った, は立上が, は自分, も戻る, も行っ, を見つけまし, を見付け, 行って

▼ 直ぐそこ~ (42, 0.5%)

4 だから 2 ですから, に見ゆる

1 [34件] から出た, から引き上げる, から榎, から間もなく, が玄関, だ, だけん, だし, だよ, であった, ですよ, でとびかかる, にあった, にある, にお, にてらてら, にゐる, に入, に町端, に繋い, に若い, に見え, に馬鹿, のあの, の居間, の御, の野原, の長火鉢, は三尺四方, へ, へ持っ, へ這入り, を飛び出す, んキビ畑左

▼ 直ぐ近く~ (39, 0.5%)

4 にある

1 [35件] かね, じゃこなた, だ, だな, であり南京虫, ですし, で死, で西部電車, にあった, にあつ, にい, に停車場, に家, に掛け, に整列, に本郷基督教会, に檜, に爆音, に装置, に離れ家, の借家, の大学耳鼻科, の室, の家, の戸塚, の畑, の聖書学院, の茶店, の草原, の藤堂さん, の靜, へも何処, まで迫った, をちよ, を流れ

▼ 直ぐ~ (35, 0.4%)

4 眼の 3 ところに 2 窓上の空で

1 [26件] ある日, こ, ことであった, 下に, 任地が, 傍らに, 兄で, 兄に, 向ひ, 坦道を, 妹である, 小さい四つ角, 小ぢんまりした, 小舎で, 年から, 弟だった, 弟で, 從兄に, 心よ, 方角でした, 眼下に, 瞬間に, 窓下で, 耳の, 部屋には, 階子段

▼ 直ぐ~ (35, 0.4%)

2 俯いて, 私は

1 [31件] かすかな, ぐたりとしてヅキンヅキンと, その膨らみ, た番町, ほんの筆さき專門, ドカンと, パタリと, 今夜こそは, 仲が, 何処かへ, 元の, 出て, 取上げられて, 外に, 大きい聲, 安次の, 帰って, 彼は, 或新聞社, 手を, 旅に, 瞬間的に, 穏かに, 笹が, 自転車で, 蒲団を, 資本家に, 質問を, 附け加, 隣家の, 鳴きはじめるあの

▼ 直ぐ~ (32, 0.4%)

16 の前 4 についた

1 [12件] から水, が覚める, と鼻, にいた, につく, に付く, に入った, に附く, の先, を伏せる, を廻し, を閉じ

▼ 直ぐ~ (30, 0.4%)

2 に立っ, に立つ

1 [26件] が溝, だ, でかさ, で熔鉱炉, で高い, にある, には下, に何家, に居る, に有った, に来, に生えおった, に行っ, に親類, に黒い, の兼, の卓, の卓子, の水楊, の長屋, へ投げ, へ栗, まで射し, をいきなり, を川瀬, を彼女

▼ 直ぐ~ (27, 0.3%)

4

1 [23件] あそこの, からお, から一つ, から何ん, から我慢, から軒傳, し私, ぞ, つたと, といいます, といった, と少年, と言っ, なと云う, よあすこ, よあまり, よおれ, よもう, よサム, よ知ん, 直ぐだ, 直ぐ返す, 遠慮なくふ

▼ 直ぐこの~ (26, 0.3%)

2 ことを

1 [24件] アウチイ・ベエコンの, チキンブローを, 下に, 下の, 下を, 人に, 作家の, 北に, 取消は, 合言葉を, 坂の, 場で, 境内に, 家を, 寮へ, 庭の, 恐怖政治が, 横町の, 派の, 烈しい光り, 畑の, 自分の, 近所に, 隣りが

▼ 直ぐ~ (26, 0.3%)

3 道を 2 んだ, 心で

1 [19件] んです, 一本道の, 位置に, 幅の, 幹を, 心は, 態度で, 憧憬を, 手短かに, 枝の, 棒だ, 町の, 筋を, 街道が, 道なら, 道に, 道は, 青草の, 鼻筋だの

▼ 直ぐ分る~ (25, 0.3%)

2 ことである, のだ, 事だ

1 [19件] がライト, ことだ, ことであり, ことは, ことよ, ぞ, のである, のでその, はずだ, もんです, よ, 事であろう, 事です, 事で御座います, 事ダ, 伴食大臣や, 時と, 此の, 筈である

▼ 直ぐ自分~ (25, 0.3%)

2 の子供等, の手首, の部屋

1 [19件] から視線, が縛られ, とか誰, に気づい, の事業, の前, の家, の故郷, の横, の無分別, の現在, の耳朶, の背中, の脳, の足許, の驚き声, はお金, は明夜, を切り放つ

▼ 直ぐ~ (24, 0.3%)

2 の兄, の兄さん

1 [20件] が銀さん, つまり僕, にあり, になんか, に月, に立てられた, に迄降り, に金春, の国道, の壁, の尾根, の所, の方, の旧道, の食堂, は上等兵曹, は謙信, は銀さん, へ出りゃ, 隣りに

▼ 直ぐ~ (22, 0.3%)

5 て下さい 4 て下さる, るやう 1 いといふ, た樣子, てくれ, てくれる, てもらつ, て呉れ, て見, なくても, るの

▼ 直ぐ其処~ (22, 0.3%)

2 だ, にある, に埋められる

1 [16件] ですと, ですよ, で降りる, にあった, にあつ, に人生, に大戸, に湛え, に見えてる, に見出した, に踏み止まつ, に近づい, の路次先, の道端, へ持ち出された, を突き当っ

▼ 直ぐ~ (22, 0.3%)

6 て呉れ 5 て下さい 3 てくれ 1 ていた, てくれつ, てくれない, てくれ給え, てよ, て呉れね, て呉れる, て貰いたい

▼ 直ぐ背後~ (22, 0.3%)

3 で女房 2 に迫っ

1 [17件] から声, から聲, から跟, から重なり合っ, で咳拂ひがし, で衣, にあつ, には青塗, にも一人, に在る, に坐っ, に居る, に御, に突っ, に立つ, に聳, に迫つて

▼ 直ぐ近所~ (22, 0.3%)

3 にある

1 [19件] だったから, だったので, で土地, で買えます, に, にさ, に在る, に東京, に私, のポスト, の医者, の小, の居酒屋, の岩, の病院, の素人下宿, の近頃検挙, の鈴木某氏, へ変つて

▼ 直ぐあと~ (21, 0.3%)

2 を追うた

1 [19件] からこつこつ, からこんな, から出かけた, から同じく, から引き上げ, が二人, が次げず, だったので, でパジャマ, で筆記試験, で自分, どうしてあんなに泣いた, に縋い, のや二つ目の, の混沌, の頁, はよよと, は勿論, へ行っ

▼ 直ぐ~ (21, 0.3%)

3 が付く 2 がつきます, が付いた, を取り直し

1 [12件] がつかれるでしょう, がつきました, が変っ, が違った, が附い, が附く, にならなくなった, のつく, をまわし, を取直します, を換え, 障な

▼ 直ぐさま~ (20, 0.2%)

1 [20件] お伺い致した, お願, この者, その手, その気, またやり始めた, また第, 小さな人間, 思ひついたから, 思ひ出して, 戻ると, 振返り今, 掘り出して, 煎つて, 立ち直って, 落した物憂, 訊いて, 追ひ, 追拂つて, 飛び出した

▼ 直ぐ~ (20, 0.2%)

2 の破れた

1 [18件] で長い長い, に居た, に彼女, に置き忘れた, の六畳二つ, の卓子, の寝室, の小山, の旋盤, の木工場, の煙草屋, の田甫道, の石段, の自由蝶番, の赤煉瓦壁, の電柱, を向いた, を如何にも

▼ 直ぐ~ (19, 0.2%)

4 て行け 2 て來, て来た

1 [11件] てうせた, て来, て来られました, て来る, て来るだろう, て行っ, て行った, て行つて, 來て, 來ます, 來る

▼ 直ぐ~ (18, 0.2%)

2 うか, か思出

1 [14件] かあと, かの名義, か厭, か思い出した, か思ひ出した, か憂鬱, でもおかし, でもが心, でも改革, と思った, にも云はず, にも無い, の角, を見

▼ 直ぐ隣り~ (18, 0.2%)

1 [18件] が小さい, が見え, に, にあった, にいた, の一人, の八疊, の卓子, の南室, の四疊半, の国, の室, の採炭場, の杜, の煎餅屋, の部落, は未だ, へ移し

▼ 直ぐ帰っ~ (17, 0.2%)

3 て来, て来る 2 てしまう, て来ます 1 たって好い, てあの, てくる, てしまいました, て参りましょう, て往, て行った

▼ 直ぐ~ (17, 0.2%)

2 つて, るから

1 [13件] されるだらう, つた, つたよ, つたら花, へれば, りました, りませう, るだらうゆ, るの, る筈, れ, れこの, れといふ

▼ 直ぐ行く~ (17, 0.2%)

2 から, としよう, よ, わ 1 から一寸, から君達, から待っとっ, ぞ, といっ, といったお, と云った, よォ, んで

▼ 直ぐわかる~ (16, 0.2%)

5 ことだ 32 のです 1 さ, そこへ, つもりで, と思ふ, に違, やうに

▼ 直ぐ向う~ (16, 0.2%)

1 [16件] にあつ, に美しい, に苦しませ, に見える, に門, のならび, の中の間, の便所, の凶作地, の岩, の広い, の桜井, の通り, はあの, は木槿, へ横切った

▼ 直ぐ~ (16, 0.2%)

2 を持つ

1 [14件] にかへつた, にかへつて, になっ, に帰る, に戻る, のうしろ, の中, へい, へやって来, へ帰っ, へ戻っ, を探し, を構, を飛び出し

▼ 直ぐ~ (16, 0.2%)

2 に折れ, の肩

1 [12件] から一つ, とも決められない, に, にある, に折れた, の所, の柱はずれ, の突当り, へ入った, へ曲っ, りが, りへ

▼ 直ぐ~ (16, 0.2%)

6 の上 2 に浮かんだ 1 が働かなかつた, が疲れ, の中, の白い, の近く, を持ちあげたがる, を捻っ, を曲げ

▼ 直ぐです~ (15, 0.2%)

32 から, わ 1 か, から待っ, が振り返る, よあそこ, よお, よどうせ, よピカリ, わね

▼ 直ぐにでも~ (15, 0.2%)

1 [15件] いいが, お召物の, わたしの, 作り出すだろう, 俥を, 喋舌れます, 売っ払って, 好いから, 引きあげて, 得意の, 柳屋へ, 由良は, 白々しくなれる, 立たれるよう, 首くくっ

▼ 直ぐ帰る~ (15, 0.2%)

2 のは, んです

1 [11件] から, から先, から早く, から迎, と云っ, と言った, のだ, よ, わ, んだ, 筈だ

▼ 直ぐ彼女~ (15, 0.2%)

4 に返事 2 に手紙, はそれ, を起ち上らせた 1 にさう, に話しかけた, の母, の顔, はその

▼ 直ぐ~ (15, 0.2%)

2 に居る

1 [13件] だが, においで, には, にはばか, にゐる, に寝, の塩瀬, の墓地, の畑, の腰かけ, の茶の間, の角, の部屋

▼ 直ぐ医者~ (14, 0.2%)

3 を呼びます 2 が参ります, が来ます, が来る 1 にでも見せなけれ, にやる, の家, へ行っ, を呼ん

▼ 直ぐ~ (14, 0.2%)

1 [14件] のあと, の家の向側, の耳, の胸, の遺書, はおちついた, はその, は先, は去つた, は振り返つた, は犬歯, らしき文学, れの, れは

▼ 直ぐ~ (14, 0.2%)

2 の日

1 [12件] がこの, のまた, の一つ, の室, の旅客列車, の日やつ, の桑, の瞬間, の行, の言葉, の計, の返事

▼ 直ぐその後~ (13, 0.2%)

2 から丸顔

1 [11件] から, から幸子, から續, でお, で感, で部屋, に頭, へ半次, を慕つて, を追, を追掛け

▼ 直ぐ~ (13, 0.2%)

2 から戸

1 [11件] から聞え, なるセエヌ河畔, にある, に出た, のよう, の姿, の往來, の話, へ飛ん, まで射し, まで麦畑

▼ 直ぐ東京~ (13, 0.2%)

2 から専門

1 [11件] から馳, が出る, が好き, に吸われ, の近く, へ出発, へ帰りました, へ行く, へ送つた, を出発, を発っ

▼ 直ぐ行つて~ (13, 0.2%)

5 見よう 1 やつて, やらう, 下すつたので, 問合せませうまア, 抱き付く, 見て, 見ようか, 見よう話

▼ 直ぐこれ~ (12, 0.1%)

1 [12件] が夫人, だから, だもの, で引, といふあらはれ, へ, へお, へ歸つておいで, へ見えます, へ連れ, を採っ, を明日銀行

▼ 直ぐ~ (12, 0.1%)

1 [12件] わかりに, 乗込みに, 二階の, 出で下さる, 合点の, 承知の, 承諾下さるだろう, 腰物方に, 辞儀を, 返しを, 醫者に, 食事に

▼ 直ぐ消え~ (12, 0.1%)

2 て了 1 てし, てしまう, てしまっ, てしまった, てしまつ, てしまふ, て仕舞, て先生, て彼女, て無くなった

▼ 直ぐ~ (12, 0.1%)

1 [12件] から廻る, で, では日米両国, で垣一重, に住ん, の厩, の地續, の座敷, の路, はもう, へ廻つて, まで迫つた

▼ 直ぐもう~ (11, 0.1%)

1 [11件] お得意, これだ, それを, 其処が, 國を, 正体も, 甲板の, 美人に, 調子よく, 雪に, 飽きちやつて

▼ 直ぐ左手~ (11, 0.1%)

1 [11件] で道糸, にあった, に応接間, に昔, に梓川, に腰掛け, に軒, の壁, の壁際, の木蔭, の衣裳室

▼ 直ぐ~ (11, 0.1%)

2 の中 1 から起, につい, に入る, に就いた, に登る, を掃除, を敷, を敷い, を跳ね起きた

▼ 直ぐ~ (11, 0.1%)

2 捕に 1 が届かん, で上, に入れる, の屆, は届きました, をつけ, を出したがる, を延ばし, を持つ

▼ 直ぐ~ (11, 0.1%)

2 では 1 この倍, 動くの, 昇ろうかと, 疑られる惧, 知らせて, 突き止め得られるとは, 行おうと, 通して, 飛んで

▼ 直ぐ~ (11, 0.1%)

2 が付く, が附いた 1 がつく, がつくさうです, が付きます, に障りまする, の付く, を取り直した, を變

▼ 直ぐ行っ~ (11, 0.1%)

2 て聞い 1 てしまった, てねやっぱり, てみよう, てみろ, てん, て下さい, て博士, て来る, て貰いたい

▼ 直ぐ解る~ (11, 0.1%)

2 筈の 1 が相手, けれども我邦, ことで, ぢや, やうな, よ, わけであります, んぢや, 筈だ

▼ 直ぐ警察~ (11, 0.1%)

2 の方 1 から呼出し, から戻された, だ, の手, の門, へ突き出し, へ言っ, へ訴え, へ電話

▼ 直ぐ飛ん~ (11, 0.1%)

2 で行きました, で遠い遠い 1 でって其処ら中, でゆく, で往, で行, で行っ, で行った, で行つて

▼ 直ぐそば~ (10, 0.1%)

2 にある 1 にいる, に印半纏, に来, のよう, の入り口, の家, の百貨店, の豊南

▼ 直ぐ二人~ (10, 0.1%)

1 して, で伴, とも床, に思い起させた, のうち一人, のボーイ, の医師, の結婚, も借, を二階

▼ 直ぐ二階~ (10, 0.1%)

2 へ導く 1 から降り, に上らう, に上りました, の一室, の書斎, へ昇らう, へ行った, へ駈上

▼ 直ぐ其處~ (10, 0.1%)

1 が桃林, ですがね, ですよ, に居た, に湛, に見える, のビイヤホール, の橋, の濱町, を立ち去らう

▼ 直ぐ忘れ~ (10, 0.1%)

3 てしまふ 1 ている, てしまう, てしまった, てまた, て下さい, て仕舞った, て勉強

▼ 直ぐ~ (10, 0.1%)

8 の先 1 からタラ, をつく

▼ 直ぐあの~ (9, 0.1%)

1 お仏壇, 中へ, 人に, 女の, 新聞を, 時百合さんの, 東窓だ, 買って, 酒場には

▼ 直ぐお返し~ (9, 0.1%)

2 いたしますわ, しますよ 1 なすって, になったで, になつた, を願, を願いたい

▼ 直ぐそう~ (9, 0.1%)

1 さわること自分, 云うげっ, 云う感じ, 云う評判, 云って, 叫び狂っ, 叫んだ人, 思いましたよ, 言いました

▼ 直ぐ判る~ (9, 0.1%)

2 ことです 1 が仮に, ことだ, ぢや, わ, わけだ, んだ, 筈な

▼ 直ぐ持っ~ (9, 0.1%)

2 て参ります, て来 1 て参れ, て来させる, て来た, て来る, て行かない

▼ 直ぐ死ん~ (9, 0.1%)

3 で了 1 ぢま, でおしまい, でしまう, でもそれ, で了おうか, で行く

▼ 直ぐ~ (9, 0.1%)

31 ったと, ってしまう, るから, るに, るよ, る膏薬

▼ 直ぐ~ (9, 0.1%)

2 を赭 1 が紅く, が蒼ざめ, の上, をあげる, を揚げ, を染める, を赤らめる

▼ 直ぐお出で~ (8, 0.1%)

2 下さるやう 1 なさる誠に, よ, を乞う, を願, 下さい赤坂田町, 下さるよう

▼ 直ぐ其の~ (8, 0.1%)

2 場で 1 仕事にとりか, 儘受け取らない, 方向に, 足で, 隣室の, 鶏冠の

▼ 直ぐ賛成~ (8, 0.1%)

5 した 2 しましたからね 1 して

▼ 直ぐ電話~ (8, 0.1%)

2 をかける 1 かかって, して, で申送っ, で調べ, にかかっ, に出

▼ 直ぐ~ (7, 0.1%)

1 に見とがめられる, に讀まれる, の首筋, をやつ, を使っ, を呼ん, を水戸

▼ 直ぐ~ (7, 0.1%)

2 の見物 1 の三十六品, の仕事, の灌水, の狂氣, の静か

▼ 直ぐ出る~ (7, 0.1%)

1 かの, からと云った, から合図, という強硬, ように, んです, 汽車の

▼ 直ぐ~ (7, 0.1%)

2 の明るい 1 が私, と左, に曲り, に直す, に続く

▼ 直ぐ~ (7, 0.1%)

2 ふに 1 は隣家, ひに, ひ側, ふの, 柳原に

▼ 直ぐ戻っ~ (7, 0.1%)

2 てくる, て参ります, て来 1 て来た

▼ 直ぐ~ (7, 0.1%)

1 と少し, に吸い込まれ, の中, の線, へ漬け, へ觸つた時, を汲む

▼ 直ぐ自動車~ (7, 0.1%)

2 を寄越す 1 でコチラ, で行っ, で行つて, に乗る, を駆っ

▼ 直ぐ~ (7, 0.1%)

1 から飛び出し, へ出, へ飛び出さう, へ飛び出し, へ飛び出す, へ駈出し, を見る

▼ 直ぐ~ (7, 0.1%)

1 から旦那鎌, で女, で機嫌, で男, の六発, をつけ, を追

▼ 直ぐ返事~ (7, 0.1%)

2 をする 1 が來, する, をし, を下さい, を出し

▼ 直ぐから~ (6, 0.1%)

1 そのおばあさん, また一心, 二等船客発起の, 家の, 決して裕福, 目を

▼ 直ぐここ~ (6, 0.1%)

1 でという用意, で足柄山, へお, へ参ります, へ報知, へ届けた

▼ 直ぐ~ (6, 0.1%)

2 の微笑 1 のよい, の神棚, の聲, の調子

▼ 直ぐ~ (6, 0.1%)

1 に続く, に聳え, に隣る, のたるみ, は靖恭坊, へ折れ

▼ 直ぐ右手~ (6, 0.1%)

1 が扉, にある, に見られた, の沖合い, の角, を黒木綿

▼ 直ぐ宿~ (6, 0.1%)

2 に帰る, の前 1 のもの, を出

▼ 直ぐ~ (6, 0.1%)

1 が匍, ですから, にか, のむこう, の畑, へ駈け登り

▼ 直ぐ引返し~ (6, 0.1%)

1 てい, て來, て婦人, て搜, て来, て調べ

▼ 直ぐ引返す~ (6, 0.1%)

2 ことに 1 から待っ, としても帰り, とは氣, のだ

▼ 直ぐ手紙~ (6, 0.1%)

2 でもお 1 を出した, を書い, を書かう, を送った

▼ 直ぐ支度~ (6, 0.1%)

2 して 1 が出来ます, をし, をする, を始めた

▼ 直ぐ来い~ (6, 0.1%)

1 という, という電報, と云われる, と仰せられた, と伝へられた, と言う

▼ 直ぐ此処~ (6, 0.1%)

1 と決った, に来る, に決めた, の左, へ来る, を出

▼ 直ぐ~ (6, 0.1%)

2 と青年 1 が言う, に分れ, の蔭, は父

▼ 直ぐ深い~ (6, 0.1%)

2 大きな溪 1 悔恨が, 油ぎった水が, 鍋へ, 闇に

▼ 直ぐ眼前~ (6, 0.1%)

1 で突然, にある, に広がっ, に高山, の敵, の木

▼ 直ぐ~ (6, 0.1%)

2 の外 1 に掛けられる, の下, の傍, の方

▼ 直ぐさう~ (5, 0.1%)

2 云つて手紙を 1 云つてしまつては, 云ふ, 思つた

▼ 直ぐそのまま~ (5, 0.1%)

1 二時間ほど, 同じ街, 川底を, 材木の, 為事を

▼ 直ぐそんな~ (5, 0.1%)

3 風に 1 奴はめかけ, 所まで

▼ 直ぐでも~ (5, 0.1%)

1 お供が, 使へる, 城中へ, 泣き出しさうな美しい, 祝言させ

▼ 直ぐ~ (5, 0.1%)

1 に腹, の勉強家, の種類, の遊女屋, の銭

▼ 直ぐ何処~ (5, 0.1%)

1 かから帰つて, かに繩, からともなく, へか旅行, へか遊び

▼ 直ぐ傍ら~ (5, 0.1%)

1 でひとり, にそんな, に下水溜, に座っ, の樹蔭

▼ 直ぐ~ (5, 0.1%)

1 が不都合, と一所, の番, の血, は下宿屋

▼ 直ぐ先生~ (5, 0.1%)

1 と言い改めた, に露骨, の終, の説, は判断

▼ 直ぐ~ (5, 0.1%)

1 と知れた, ま, れが, れに, を売るらしい

▼ 直ぐ出来ます~ (5, 0.1%)

21 から, が, けれども万年スープ

▼ 直ぐ出来る~ (5, 0.1%)

1 けれども僕, やうな, ような, ように, 看護婦に

▼ 直ぐ切れ~ (5, 0.1%)

2 て根 1 さうにな, てしもうた, て了

▼ 直ぐ~ (5, 0.1%)

1 だと, の間, の離れ, への入口, へ駈け込んでしまつた

▼ 直ぐ~ (5, 0.1%)

1 で使う, に入れ, に続い, の方, を出た

▼ 直ぐ後ろ~ (5, 0.1%)

1 から一人, から跟, から軽, でそれから, へ立入り

▼ 直ぐ御飯~ (5, 0.1%)

2 でございますのに 1 だぜ, よ, を持つ

▼ 直ぐ~ (5, 0.1%)

1 が元, に來, に浮んだ, の平衡, よく懷中

▼ 直ぐ承知~ (5, 0.1%)

2 した 1 して, しましたそして, をした

▼ 直ぐ来る~ (5, 0.1%)

1 からお, といっ, と云, のは, やうにと

▼ 直ぐ次に~ (5, 0.1%)

1 くるこの, は硝子, 出て, 封建時代の, 馬を

▼ 直ぐ~ (5, 0.1%)

1 から出, につかっ, に入った, を汲ん, を沸かさせませう

▼ 直ぐ~ (5, 0.1%)

1 の側, の命令, の面影, は屋根, は顔

▼ 直ぐ目の下~ (5, 0.1%)

2 の病院 1 であるのに, に鴨緑色, を前髪

▼ 直ぐ眼下~ (5, 0.1%)

2 は第 1 に白樺, に見えた, に隣

▼ 直ぐ知れる~ (5, 0.1%)

1 がもし, ことだ, ぢや, に決つて, ように

▼ 直ぐ~ (5, 0.1%)

3 へた 1 への声, へる自分

▼ 直ぐ~ (5, 0.1%)

3 つて 1 つちや, 詰まって

▼ 直ぐあなた~ (4, 0.0%)

1 にも別れる, の来, の肉体, は面談

▼ 直ぐうしろ~ (4, 0.0%)

1 からつい, から一人, には記録係タータ, に続い

▼ 直ぐこちら~ (4, 0.0%)

1 にお伴, へお, へ引き返し, へ飛ん

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

1 あつた, はいかぬ, は一層, 私は

▼ 直ぐにと~ (4, 0.0%)

1 いって, 云ったって, 用意の, 言つて直ぐ

▼ 直ぐわかった~ (4, 0.0%)

1 ことは, のか, のである, よ

▼ 直ぐわき~ (4, 0.0%)

1 に並び, に小さい, に立ってる, の陸奧館

▼ 直ぐ一緒~ (4, 0.0%)

1 にゐる, に新しい, に東京, に行つて

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

1 きが県道で, にいた, の川, へ歩き出す

▼ 直ぐ出かけ~ (4, 0.0%)

2 て行つて 1 てくれない, て下され

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

2 ります 1 りましたが, りまして

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

1 も利かず, や手, を付け, を明け

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

1 に手紙, に相談, の, の手許

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

1 囲炉裡の, 圍爐裡の, 學病院へ, 騷ぎになるぢやないか

▼ 直ぐ大きな~ (4, 0.0%)

1 よく出来た, 字で, 松林と, 駿河湾で

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

1 の方, の顔, はそんな, を正気

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

1 に就く, ませた方, る氣, 付いて

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

1 を起っ, を蹴, を蹴っ, を離れ

▼ 直ぐ帰つて~ (4, 0.0%)

2 来た, 来るからね

▼ 直ぐ平次~ (4, 0.0%)

1 は一丁目, をつれ, を呼ん, を差向け

▼ 直ぐ後で~ (4, 0.0%)

1 俺なんとか, 教会へ, 発覚る, 鉄路の

▼ 直ぐ後悔~ (4, 0.0%)

3 した 1 するよう

▼ 直ぐ恢復~ (4, 0.0%)

2 した 1 すること, するさ

▼ 直ぐ手前~ (4, 0.0%)

1 が半間, に浮い, の小型, まで電車

▼ 直ぐ料理~ (4, 0.0%)

1 したら美味い, するの, する位, に掛ける

▼ 直ぐ明日~ (4, 0.0%)

1 から何, から書く, にでも行きたい, にも別

▼ 直ぐ書斎~ (4, 0.0%)

1 で私, に入り, に返っ, へ出

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

1 に向かう, に向っ, に向つた, の下

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

1 の女, へ帰つて行, へ走, を他

▼ 直ぐ死ぬ~ (4, 0.0%)

1 ぞとでも云われたら, といふ, んだ, 眼の

▼ 直ぐ汽車~ (4, 0.0%)

2 で高崎 1 に乗る, に乗れ

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

2 へ捨て 1 だ, に飛び込ん

▼ 直ぐ相当~ (4, 0.0%)

4 な法律上

▼ 直ぐ真下~ (4, 0.0%)

2 には海 1 の八畳敷, の街

▼ 直ぐ知れ~ (4, 0.0%)

1 ている, てしまう, てしまひます, て了

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

1 がほ, つて, ひを, へなく

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

1 を執っ, を執る, を手, を揮つた

▼ 直ぐ義雄~ (4, 0.0%)

1 の知人間, の耳, はふところ, はインバネス

▼ 直ぐ翌日~ (4, 0.0%)

1 から食つて, さいわい誂えた, には金, 又一人

▼ 直ぐ~ (4, 0.0%)

1 が盡, が解る, を続け, を聴き

▼ 直ぐ起き~ (4, 0.0%)

1 て来ます, 上つた, 上つて密り, 上つて走

▼ 直ぐ返す~ (4, 0.0%)

1 から, と, といふやり方, よ

▼ 直ぐ連れ~ (4, 0.0%)

2 て来い 1 て帰る, て来

▼ 直ぐ降り~ (4, 0.0%)

2 て来 1 てお出でッ, て行く

▼ 直ぐ隣室~ (4, 0.0%)

1 から現れ, になっ, の暗やみ, へその

▼ 直ぐおい~ (3, 0.0%)

2 それ 1 で下さい

▼ 直ぐお前~ (3, 0.0%)

1 と分る, の入院料, の所

▼ 直ぐお知らせ~ (3, 0.0%)

2 しますわ 1 を乞う

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 下向きに, 曲つて居る, 歸れ

▼ 直ぐこう~ (3, 0.0%)

1 云い出した, 云って, 思い返した

▼ 直ぐこっち~ (3, 0.0%)

1 へ廻っ, へ来, を見なおし

▼ 直ぐこれから~ (3, 0.0%)

1 おいで, 兄の, 家へ

▼ 直ぐさま彼~ (3, 0.0%)

1 の招き, は馬車, をトーキー撮影所

▼ 直ぐだらう~ (3, 0.0%)

2 といふ 1 と思つた音調津

▼ 直ぐでございます~ (3, 0.0%)

1 この辺, ね, ので

▼ 直ぐでした~ (3, 0.0%)

1 よ, よこんなに, わ

▼ 直ぐでなく~ (3, 0.0%)

1 てひどく, ても, ても好い

▼ 直ぐとは~ (3, 0.0%)

2 いかないん 1 云わんけど

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 帰らず山内, 笑いも, 蒲団の

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

3 出京

▼ 直ぐわかつた~ (3, 0.0%)

1 があの, がお, が庭

▼ 直ぐわかります~ (3, 0.0%)

21 といひ

▼ 直ぐ仕度~ (3, 0.0%)

2 をし 1 して

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

3 れて

▼ 直ぐ使~ (3, 0.0%)

1 つたん, へるやう, をやりましょう

▼ 直ぐ八五郎~ (3, 0.0%)

1 と見破られる, のところ, もその

▼ 直ぐ其後~ (3, 0.0%)

1 から愛ちやん, について雄吉, へ追付い

▼ 直ぐ出かける~ (3, 0.0%)

1 から暫らく, といふ, の

▼ 直ぐ出掛け~ (3, 0.0%)

1 て往つて, て行ける, て行った

▼ 直ぐ出版~ (3, 0.0%)

1 した, したいから, すると

▼ 直ぐ出発~ (3, 0.0%)

1 ができる, だよ, て来た

▼ 直ぐ分ります~ (3, 0.0%)

1 がお, けれど巧み, よ

▼ 直ぐ判った~ (3, 0.0%)

1 さだが, のだ, んだ

▼ 直ぐ判ります~ (3, 0.0%)

21

▼ 直ぐ判断~ (3, 0.0%)

1 が附かう, される, する事

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 な女, な直覚, な話

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 つて來ます, つて押へて, 極めて貰っ

▼ 直ぐ取っ~ (3, 0.0%)

1 て上げましょう, て押えられ, て来ます

▼ 直ぐ向い~ (3, 0.0%)

1 に居た, の島, の政務長官官邸

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 の八疊, の臺所, へ通つて

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 が自分, の声, は

▼ 直ぐ婚礼~ (3, 0.0%)

1 が行われた, も出来る, をさせ

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 になつ, になり, やに成り

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 てし, てしまえる, 入つて了つた

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 で海, に接し, の下

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 が醜い, と別れ, れが

▼ 直ぐ引っ返し~ (3, 0.0%)

1 て来る, て裏口, て階段

▼ 直ぐ思い返し~ (3, 0.0%)

1 てこの, ては学問上, て其

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 な登り, な速度, 行列車で

▼ 直ぐ感激~ (3, 0.0%)

1 した, して, する伴

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 つて來た, つて來て, つて來ませう

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 が開い, の彼方, の横手

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 うだ, う失望, う聞いた

▼ 直ぐ日本~ (3, 0.0%)

1 の今日, の少し, へ帰りたい

▼ 直ぐ智恵子~ (3, 0.0%)

1 が片付けかけた, の宿, はもう一度

▼ 直ぐ木村~ (3, 0.0%)

1 の家, へ行, へ馳

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

2 銀町の 1 牧の

▼ 直ぐ来ない~ (3, 0.0%)

1 か, でも遠く, と承知

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 にあたる三重県, に山, を可

▼ 直ぐ次ぎ~ (3, 0.0%)

2 の扉 1 の間

▼ 直ぐ止め~ (3, 0.0%)

1 てきょとん, てしまふ, て帰つて了

▼ 直ぐ此處~ (3, 0.0%)

1 に來, の左, へ驅

▼ 直ぐ母親~ (3, 0.0%)

1 に告げ, に死, の左右

▼ 直ぐ治る~ (3, 0.0%)

1 から往来, と云っ, のだ

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 で今日, に向, に投げる

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 から卸します, を点け直し, を点じた

▼ 直ぐ焼い~ (3, 0.0%)

1 ておかない, ておく, ては出来ませんでしょう

▼ 直ぐ煙草~ (3, 0.0%)

1 を下, を喰, を買

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 のよう, の倉, 張り又

▼ 直ぐ立っ~ (3, 0.0%)

1 てしまう, て家, て行き

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

3 いて

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 である, になつ, にゐた

▼ 直ぐ自殺~ (3, 0.0%)

2 して 1 じゃない

▼ 直ぐ行きます~ (3, 0.0%)

2 よ後 1 か親分

▼ 直ぐ行け~ (3, 0.0%)

2 ば揚羽 1 ばよろしい

▼ 直ぐ裏漉し~ (3, 0.0%)

3 にし

▼ 直ぐ西~ (3, 0.0%)

1 に対峙, に蒼い, の外向き

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 に行った, 失つ, 晴しのよい

▼ 直ぐ見付け~ (3, 0.0%)

1 て來, て呉れました, て私

▼ 直ぐ見分け~ (3, 0.0%)

1 がついた, がつきます, がつく

▼ 直ぐ解つた~ (3, 0.0%)

2 けれどまた 1 よ馬道

▼ 直ぐ言葉~ (3, 0.0%)

2 を続けた 1 を繼

▼ 直ぐ足許~ (3, 0.0%)

1 から開け, でゴーッ, に笛吹川画伯

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

2 を躱す 1 に浸みた

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 を動かし, を命じ, を天聲

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 の人, ひの, へに来

▼ 直ぐ返し~ (3, 0.0%)

1 てくれ, に行かう, に行こう

▼ 直ぐ逃げ~ (3, 0.0%)

1 てしまひました, てもどる, て行く

▼ 直ぐ遊び~ (3, 0.0%)

1 に来ない, に行っ, の方

▼ 直ぐ部屋~ (3, 0.0%)

1 が暖まる, の中, へ引返そう

▼ 直ぐ開け~ (3, 0.0%)

1 てみ, てやる, て了

▼ 直ぐ間近~ (3, 0.0%)

1 かく光つて, かに赤い, に聞えた

▼ 直ぐ障子~ (3, 0.0%)

1 の中, の外, を閉ざし

▼ 直ぐ電報~ (3, 0.0%)

2 を打っ 1 がはせ

▼ 直ぐ飛び出し~ (3, 0.0%)

1 てしまひました, て来, て腕力

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

1 も手足もち, を引込, を振っ

▼ 直ぐ~ (3, 0.0%)

2 野山の 1 調子

▼ 直ぐ黒い~ (3, 0.0%)

1 上被り, 市街地に, 影と

▼ 直ぐあちら~ (2, 0.0%)

1 へ掛ける, を向いた

▼ 直ぐあつし~ (2, 0.0%)

2 に知らせ

▼ 直ぐあれ~ (2, 0.0%)

1 なん, を真似

▼ 直ぐお前さん~ (2, 0.0%)

2 を伴

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 うして, う叫んだ

▼ 直ぐさま左~ (2, 0.0%)

2 へまがる

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 てみせる, てみなくっ

▼ 直ぐじゃ~ (2, 0.0%)

1 きまりが, 拙いの

▼ 直ぐそこで~ (2, 0.0%)

1 お別れ, 御在

▼ 直ぐという~ (2, 0.0%)

1 言葉とは, 訳に

▼ 直ぐどう~ (2, 0.0%)

1 だつた, なるかと

▼ 直ぐなら~ (2, 0.0%)

1 いいわ, ば

▼ 直ぐにぎやか~ (2, 0.0%)

2 な通り

▼ 直ぐふざける~ (2, 0.0%)

1 つもりで, のは

▼ 直ぐやめ~ (2, 0.0%)

1 て姉, 今度は

▼ 直ぐわかり~ (2, 0.0%)

1 平次の, 感で

▼ 直ぐわかりました~ (2, 0.0%)

2

▼ 直ぐグッ~ (2, 0.0%)

2 と掛る

▼ 直ぐピストル~ (2, 0.0%)

1 の弾丸, を少佐

▼ 直ぐピン~ (2, 0.0%)

1 と張れよ, と感じる

▼ 直ぐフフン~ (2, 0.0%)

2 と鼻先

▼ 直ぐブランデー~ (2, 0.0%)

2 の壜

▼ 直ぐベソ~ (2, 0.0%)

2 をかい

▼ 直ぐボーツ~ (2, 0.0%)

1 と顏, と顔

▼ 直ぐ一年志願兵~ (2, 0.0%)

1 で入営, に出

▼ 直ぐ一心に~ (2, 0.0%)

2 なるの

▼ 直ぐ三吉~ (2, 0.0%)

1 は畠, も出

▼ 直ぐ上京~ (2, 0.0%)

1 した, しました

▼ 直ぐ上小川町~ (2, 0.0%)

1 の大久保加賀守上屋敷, の大久保樣

▼ 直ぐ下り~ (2, 0.0%)

1 て見た, 坂に

▼ 直ぐ両親~ (2, 0.0%)

1 に知れ, に確答

▼ 直ぐ丸の内~ (2, 0.0%)

2

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 の店, 云う池田ヶ原

▼ 直ぐ今度~ (2, 0.0%)

1 は水道会社, は訳語撰定

▼ 直ぐ仕事~ (2, 0.0%)

1 にとりかかる, の方

▼ 直ぐ仲直り~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ 直ぐ何とか~ (2, 0.0%)

2 非難を

▼ 直ぐ便所~ (2, 0.0%)

1 のところ, へ行き

▼ 直ぐ停車場~ (2, 0.0%)

1 へ車, まで送っ

▼ 直ぐ傲岸~ (2, 0.0%)

1 な笑い, な笑ひで

▼ 直ぐ先輩~ (2, 0.0%)

2 に対する親しみ

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 つて平次は, つて来た

▼ 直ぐ入院~ (2, 0.0%)

1 した, しなければ

▼ 直ぐ其喧嘩~ (2, 0.0%)

1 の対手, の對手

▼ 直ぐ其所~ (2, 0.0%)

1 だから, へ引き揚げた

▼ 直ぐ其等~ (2, 0.0%)

2 の心々

▼ 直ぐ其足~ (2, 0.0%)

1 で出掛けた, で銀行

▼ 直ぐ凍りつい~ (2, 0.0%)

2 てしまっ

▼ 直ぐ処分~ (2, 0.0%)

1 したの, するという

▼ 直ぐ出し~ (2, 0.0%)

1 てくれる, てブラウンソース

▼ 直ぐ出られる~ (2, 0.0%)

1 の, 裏木戸へ

▼ 直ぐ出掛けよう~ (2, 0.0%)

1 かとも思ってる, かどう

▼ 直ぐ出来~ (2, 0.0%)

1 て別に, て赤く

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 の匕首, の物凄い

▼ 直ぐ分っ~ (2, 0.0%)

2 て兄

▼ 直ぐ分った~ (2, 0.0%)

1 がそれでは, 汚いに

▼ 直ぐ分り~ (2, 0.0%)

1 さう, そうな

▼ 直ぐ判つたの~ (2, 0.0%)

1 か, か茶色

▼ 直ぐ判明~ (2, 0.0%)

1 し私, する筈

▼ 直ぐ別れなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬであらう

▼ 直ぐ別室~ (2, 0.0%)

2 の入口

▼ 直ぐ半分~ (2, 0.0%)

2 は書物

▼ 直ぐ半蔵門~ (2, 0.0%)

1 で止, で止った

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 にある, に在る

▼ 直ぐ博打~ (2, 0.0%)

2 に負け

▼ 直ぐ危く~ (2, 0.0%)

1 なりました, なります

▼ 直ぐ叔父~ (2, 0.0%)

1 に話し, の姿

▼ 直ぐ受けた~ (2, 0.0%)

2 が問

▼ 直ぐ只今~ (2, 0.0%)

2 見て

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

2 笑く

▼ 直ぐ可笑しく~ (2, 0.0%)

2 なつた

▼ 直ぐ台所~ (2, 0.0%)

1 へ廻っ, へ続い

▼ 直ぐ右側~ (2, 0.0%)

1 にカアテン, に絵ハガキ

▼ 直ぐ合点~ (2, 0.0%)

1 かね, が行く

▼ 直ぐ同じ~ (2, 0.0%)

1 ことを, 物を

▼ 直ぐ同行~ (2, 0.0%)

2 を承諾

▼ 直ぐ吹き倒され~ (2, 0.0%)

1 さうになりました, そうに

▼ 直ぐ四十度近く~ (2, 0.0%)

2 の高熱

▼ 直ぐ四谷忍町~ (2, 0.0%)

1 の小, まで行つて

▼ 直ぐ坂道~ (2, 0.0%)

1 にか, にかかり

▼ 直ぐ城内~ (2, 0.0%)

1 からその, へ帰っ

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 の内, を乗り越し

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

2 を磨り出した

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 をかけた, を合せ

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 です, の盛り

▼ 直ぐ外交官夫人~ (2, 0.0%)

2 として巴里辺

▼ 直ぐ外出~ (2, 0.0%)

1 なさいました, の仕度

▼ 直ぐ夜具~ (2, 0.0%)

1 で押へた, の袖

▼ 直ぐ夢中~ (2, 0.0%)

1 になつ, になる

▼ 直ぐ大川~ (2, 0.0%)

1 で満々, になっ

▼ 直ぐ大沼~ (2, 0.0%)

2 へ行く

▼ 直ぐ大通~ (2, 0.0%)

1 と並ん, へ面した

▼ 直ぐ大阪~ (2, 0.0%)

1 に行, の知り

▼ 直ぐ大阪行き~ (2, 0.0%)

2 の汽車

▼ 直ぐ失敗~ (2, 0.0%)

1 に終った, に終つた

▼ 直ぐ失礼~ (2, 0.0%)

1 します, しますから

▼ 直ぐ妖婦~ (2, 0.0%)

2 だとか

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 へ来, を得た

▼ 直ぐ子供~ (2, 0.0%)

1 に声, を抱きかかえ

▼ 直ぐ子分~ (2, 0.0%)

1 の松吉, の銀三

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 に帰り, へ帰っ

▼ 直ぐ安らか~ (2, 0.0%)

1 な眠り, に眠つた

▼ 直ぐ宗之助~ (2, 0.0%)

1 をやりましょう, をやりませう

▼ 直ぐ実に~ (2, 0.0%)

2 なる

▼ 直ぐ実行~ (2, 0.0%)

1 して, しようと

▼ 直ぐ寝台~ (2, 0.0%)

1 に潜り込まれました, の上

▼ 直ぐ対岸~ (2, 0.0%)

1 に渡れ, のピチ邸

▼ 直ぐ尽きる~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ 直ぐ島崎さん~ (2, 0.0%)

2

▼ 直ぐ川原~ (2, 0.0%)

2 に下り

▼ 直ぐ巡査~ (2, 0.0%)

1 が現れた, を連れ

▼ 直ぐ左側~ (2, 0.0%)

1 のお, を水

▼ 直ぐ帰らう~ (2, 0.0%)

1 とする, とはしなかつた

▼ 直ぐ帰ります~ (2, 0.0%)

1 か, からまア

▼ 直ぐ帰れ~ (2, 0.0%)

1 と云う, なんのって

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 が水, へ飛下り

▼ 直ぐ引き返し~ (2, 0.0%)

1 て, て行

▼ 直ぐ引越す~ (2, 0.0%)

2 よあんな

▼ 直ぐ弱い~ (2, 0.0%)

1 気持が, 者を

▼ 直ぐ役に立つ~ (2, 0.0%)

1 かんな, ように

▼ 直ぐ彼方~ (2, 0.0%)

1 に見える, へ行っ

▼ 直ぐ往來~ (2, 0.0%)

1 で繩, へ飛ん

▼ 直ぐ後方~ (2, 0.0%)

1 からは乗鞍岳, に馬

▼ 直ぐ心臓麻痺~ (2, 0.0%)

2 を起し

▼ 直ぐ忘れない~ (2, 0.0%)

2 でゐ

▼ 直ぐ応じた~ (2, 0.0%)

1 が落胆, のも

▼ 直ぐ応接室~ (2, 0.0%)

1 へ入, へ入った

▼ 直ぐ忠太~ (2, 0.0%)

2 の膝

▼ 直ぐ怒らねえで~ (2, 0.0%)

2 も可

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 つた, つたので

▼ 直ぐ思い返した~ (2, 0.0%)

1 か平静, ように

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 をあけ, を開け

▼ 直ぐ戻る~ (2, 0.0%)

1 からと言, ような

▼ 直ぐ抗弁~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 直ぐ持つ~ (2, 0.0%)

2 て來

▼ 直ぐ振向い~ (2, 0.0%)

1 てスタスタ, て家

▼ 直ぐ捉め~ (2, 0.0%)

1 えられつちあ, えるやう

▼ 直ぐ捕まえる~ (2, 0.0%)

1 ようにという, 事が

▼ 直ぐ揶揄~ (2, 0.0%)

2 ふの

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 から発見, を取

▼ 直ぐ敵弾~ (2, 0.0%)

1 の的, の餌食

▼ 直ぐ斜前~ (2, 0.0%)

2 へ腰

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 らしさ, 場橋濠の

▼ 直ぐ日本刀~ (2, 0.0%)

2 を抜い

▼ 直ぐ明らか~ (2, 0.0%)

1 である, な重荷

▼ 直ぐ智惠子~ (2, 0.0%)

1 が片, の宿

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 をだし, をとった

▼ 直ぐ曲者~ (2, 0.0%)

1 に見附かつ, の跡

▼ 直ぐ書齋~ (2, 0.0%)

1 に入り, の離室

▼ 直ぐ朝草刈~ (2, 0.0%)

2 に平

▼ 直ぐ朦々~ (2, 0.0%)

2 となる

▼ 直ぐ来た~ (2, 0.0%)

1 ことは, 其処で

▼ 直ぐ東隣~ (2, 0.0%)

1 に同じ, は墓地

▼ 直ぐ枕許~ (2, 0.0%)

1 に痩躯, へ落ちました

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 なので, の蔭

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 直ぐ様それ~ (2, 0.0%)

1 が理論, へ出

▼ 直ぐ横手~ (2, 0.0%)

1 に當, の白

▼ 直ぐ横浜~ (2, 0.0%)

1 の午砲, を出発ん

▼ 直ぐ横町~ (2, 0.0%)

1 なので, に唯

▼ 直ぐ横面~ (2, 0.0%)

2 を叩かれた

▼ 直ぐ樹立~ (2, 0.0%)

2 の蔭

▼ 直ぐ機嫌~ (2, 0.0%)

1 をとる, を悪く

▼ 直ぐ機械~ (2, 0.0%)

1 にか, に向っ

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 にし, ひながら

▼ 直ぐ止る~ (2, 0.0%)

1 わずかの, わづか

▼ 直ぐ止んだ~ (2, 0.0%)

1 いやにぬくい, が罵り

▼ 直ぐ正体~ (2, 0.0%)

1 もない, を現した

▼ 直ぐ正面~ (2, 0.0%)

1 に同志, を向いた

▼ 直ぐ此名~ (2, 0.0%)

2 が決して

▼ 直ぐ歸つて來~ (2, 0.0%)

1 ますから, るやう

▼ 直ぐ死骸~ (2, 0.0%)

1 が出, の口

▼ 直ぐ殺す~ (2, 0.0%)

1 というその, という物騒

▼ 直ぐ決る~ (2, 0.0%)

2 位に

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 に交じ, に交じった

▼ 直ぐ法律上~ (2, 0.0%)

2 の手段

▼ 直ぐ泣き出し~ (2, 0.0%)

1 そうで, て母

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 に出た, へ遊び

▼ 直ぐ消える~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 直ぐ消化~ (2, 0.0%)

1 して, する直ぐ

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

2 えた

▼ 直ぐ火葬~ (2, 0.0%)

2 て呉れ

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 分別を, 智な

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 て直ぐ, て食べる

▼ 直ぐ父親~ (2, 0.0%)

1 のところ, を捜し

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 にぶち込まれた, に繋がれる

▼ 直ぐ独乙~ (2, 0.0%)

1 へ行く, へ行っ

▼ 直ぐ独語~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 直ぐ狭い~ (2, 0.0%)

1 中庭へ, 石段が

▼ 直ぐ玄関~ (2, 0.0%)

1 に出た, へ飛び出し

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 はれたの, はれ若し

▼ 直ぐ理解~ (2, 0.0%)

1 しようという, する

▼ 直ぐ生垣~ (2, 0.0%)

1 で垣, の向う

▼ 直ぐ田甫~ (2, 0.0%)

2 へ出た

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 の店, の缶詰屋

▼ 直ぐ番所~ (2, 0.0%)

1 の手, へ駈け

▼ 直ぐ病院~ (2, 0.0%)

1 へおいで, へ戻り

▼ 直ぐ癒し~ (2, 0.0%)

1 てあげる, てやつ

▼ 直ぐ登り~ (2, 0.0%)

1 に懸っ, 坂と

▼ 直ぐ白糠~ (2, 0.0%)

2 へ引か

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ 直ぐ直ぐ~ (2, 0.0%)

1 です, 連れて

▼ 直ぐ相手~ (2, 0.0%)

1 の心, の男

▼ 直ぐ真紅~ (2, 0.0%)

1 な顔, にほてつた

▼ 直ぐ真赤~ (2, 0.0%)

1 になる, に酔った

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 つて, てしまつ

▼ 直ぐ知らし~ (2, 0.0%)

1 てくれたら間に合った, て下さい

▼ 直ぐ神田川~ (2, 0.0%)

1 ですが, の河岸

▼ 直ぐ移る~ (2, 0.0%)

1 ことに, といふ

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 つぱねられるといふ豫測, つ立つた樣子

▼ 直ぐ窓外~ (2, 0.0%)

1 に見え, の小舎

▼ 直ぐ窓際~ (2, 0.0%)

1 に早咲き, を色々

▼ 直ぐ立つ~ (2, 0.0%)

1 て土間, よ

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 一回の, 三国際の

▼ 直ぐ筋向う~ (2, 0.0%)

1 に一軒, のボックス

▼ 直ぐ節子~ (2, 0.0%)

1 が人目, や子供等

▼ 直ぐ約束~ (2, 0.0%)

1 が出来, が成立

▼ 直ぐ終り~ (2, 0.0%)

1 になる, ジープで

▼ 直ぐ終点~ (2, 0.0%)

2 の強羅

▼ 直ぐ続い~ (2, 0.0%)

1 て内乱, て来た

▼ 直ぐ綺麗~ (2, 0.0%)

1 な顔, になり

▼ 直ぐ美代子~ (2, 0.0%)

2 の朗らか

▼ 直ぐ美奈子~ (2, 0.0%)

2 の所

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 のそば, をあてた

▼ 直ぐ聞き入れ~ (2, 0.0%)

2 てやる

▼ 直ぐ聞き届け~ (2, 0.0%)

2 てやりました

▼ 直ぐ聾する~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 につかまっ, の中

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 だとか, に感じられる

▼ 直ぐ背後あたり~ (2, 0.0%)

1 をチラリ, を見

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 が悪く, にこたえた

▼ 直ぐ脚下~ (2, 0.0%)

1 には岩壁多く, に在る

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 が立たなくなる, に帯び

▼ 直ぐ腹の中~ (2, 0.0%)

2 でフフン

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 に乗, を横

▼ 直ぐ茶の間~ (2, 0.0%)

1 で六疊敷, で瀬戸物

▼ 直ぐ茶器~ (2, 0.0%)

1 を持出す, を集め

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 の皮, を夢

▼ 直ぐ融通~ (2, 0.0%)

2 が出来る

▼ 直ぐ行こう~ (2, 0.0%)

1 これから訪ね, 案内を

▼ 直ぐ表通り~ (2, 0.0%)

1 の仏師屋, へ飛び出した

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

2 行いな

▼ 直ぐ見付かる~ (2, 0.0%)

1 よ, 蔓草である

▼ 直ぐ見当~ (2, 0.0%)

1 がつく, をつけられ

▼ 直ぐ親しく~ (2, 0.0%)

1 なつた, 語り連れ合って

▼ 直ぐ解い~ (2, 0.0%)

1 て縫わし, て聞かせ

▼ 直ぐ解決~ (2, 0.0%)

2 するの

▼ 直ぐ訪れ~ (2, 0.0%)

1 て来, ようなんて

▼ 直ぐ許され~ (2, 0.0%)

1 て一同, て歸

▼ 直ぐ評判~ (2, 0.0%)

1 になった, になつて

▼ 直ぐ誤解~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 かに持つ, とうなずける

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ 直ぐ赤く~ (2, 0.0%)

2 なつて

▼ 直ぐ起き出し~ (2, 0.0%)

1 て声, て聲

▼ 直ぐ越前屋~ (2, 0.0%)

1 に飛込み, へ向

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 が賛成, の下

▼ 直ぐ足下~ (2, 0.0%)

1 から拡がる, には小川

▼ 直ぐ軽く~ (2, 0.0%)

1 なった, なったらそのまま

▼ 直ぐ近い~ (2, 0.0%)

1 ところである, 所でした

▼ 直ぐ返答~ (2, 0.0%)

1 に窮, を要求

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 ひつい, 着くこと

▼ 直ぐ追っかけ~ (2, 0.0%)

1 てそう, て翌日貞之助

▼ 直ぐ逃げ出し~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, てしまひました

▼ 直ぐ逃げ出す~ (2, 0.0%)

1 ことが, 用意は

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 せ上る抱一, に蒼く

▼ 直ぐ逮捕~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 直ぐ遁げ~ (2, 0.0%)

1 て帰, 出すので

▼ 直ぐ遍路~ (2, 0.0%)

2 の村

▼ 直ぐ過去~ (2, 0.0%)

1 の功績, を憶

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 の向, を取って返した

▼ 直ぐ道路~ (2, 0.0%)

1 に出られる, のペーヴメント

▼ 直ぐ郵便局~ (2, 0.0%)

2 に行き

▼ 直ぐ郷里~ (2, 0.0%)

1 へ帰る, へ送り返す

▼ 直ぐ醫者~ (2, 0.0%)

1 へ伴つて行つて, へ見せ

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 になる, の話

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 になる, に交換

▼ 直ぐ鎌倉~ (2, 0.0%)

1 に出かけた, に引返した

▼ 直ぐ鏡子~ (2, 0.0%)

1 の傍, は鏡

▼ 直ぐ長い~ (2, 0.0%)

1 坂の, 草鞋を

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

2 るし

▼ 直ぐ開い~ (2, 0.0%)

1 て見せた, て貰っ

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 から続く, に上つて

▼ 直ぐ階上~ (2, 0.0%)

1 に硝子戸, へ登っ

▼ 直ぐ階段~ (2, 0.0%)

1 になっ, に跫音

▼ 直ぐ隣村~ (2, 0.0%)

2 の田地

▼ 直ぐ離屋~ (2, 0.0%)

1 を覗いた, を覗きました

▼ 直ぐ電車~ (2, 0.0%)

1 で行つておいで, になぞ

▼ 直ぐ霊活~ (2, 0.0%)

2 な蜘蛛

▼ 直ぐ青年~ (2, 0.0%)

2 に反射

▼ 直ぐ革命~ (2, 0.0%)

1 も失敗, を起す

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 直ぐ飛込ん~ (2, 0.0%)

1 で來, で口上

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 はせる, へなく

▼ 直ぐ食べ~ (2, 0.0%)

1 ては大概, てもらわない

▼ 直ぐ飽き~ (2, 0.0%)

1 が來, てし

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 を啄む, を捜し

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 にうつる, の首

▼ 直ぐ馴染ん~ (2, 0.0%)

2 で仕舞

▼ 直ぐ~ (2, 0.0%)

1 け付けた, け付けました

▼1* [1898件]

直ぐツたかみを, 直ぐあぐらをかき直し, 直ぐあごで, 直ぐあたしに連絡, 直ぐあっちさ通信, 直ぐあのお邸の, 直ぐある者は, 直ぐあんなにお笑いに, 直ぐらツし, 直ぐいい小説が, 直ぐいい出さねばならない, 直ぐいえるが武蔵, 直ぐいそいそとした, 直ぐいつもの癖, 直ぐいびきをかき出した, 直ぐいやな気持, 直ぐいらして下さい, 直ぐいらっしゃるようにと, 直ぐいろんな実の, 直ぐは言, 直ぐうつ伏せになっ, 直ぐうつ向いて手帛, 直ぐうつ向いた眼ざし, 直ぐうなずいて, 直ぐおいそれと世間の, 直ぐおじさんとして弾, 直ぐおちついて気持, 直ぐおどけた口のき, 直ぐおやすみさすぐこの, 直ぐおよったのね, 直ぐおれのところ, 直ぐお仙は獨, 直ぐお代の荷物, 直ぐお伴しますから, 直ぐお松の顔, 直ぐお父さんがいつも, 直ぐお礼に出まするで, 直ぐお腹があの, 直ぐお茶を入れさせる, 直ぐお通夜の皆, 直ぐお隣の御面相, 直ぐかう云つた, 直ぐかえりますからどうぞ, 直ぐかからあ, 直ぐかけつけて手当, 直ぐかけろと云う, 直ぐかたがつく, 直ぐかの女へ, 直ぐかへに来ると, 直ぐくたばッて, 直ぐくると云, 直ぐぐつすりと眠つてしまつ, 直ぐふ限り, 直ぐこういう鎌が, 直ぐこしらえて来たる, 直ぐ返事します, 直ぐさう思ひましたよ, 直ぐさっぱりした茶漬, 直ぐさまお越しねがひ上げ, 直ぐさまこれをも書い, 直ぐさまそう答え壁に, 直ぐさまその後を追った, 直ぐさまそれを火, 直ぐさまガラガラというなにか, 直ぐさまコツプ酒をあふりつけた, 直ぐさまセリファンを呼ん, 直ぐさまピストルから煙, 直ぐさま交互作用を憶, 直ぐさま仲人婆さんを呼ん, 直ぐさま体系概念へ運ばれね, 直ぐさま何処か遠方, 直ぐさま元気で跳ね起きる, 直ぐさま出発すれば, 直ぐさま博士夫妻の後, 直ぐさま君をご, 直ぐさま地袋を開い, 直ぐさま己が膝下, 直ぐさま所有鎖鑰を彼女, 直ぐさま承認出来ないで, 直ぐさま承諾された, 直ぐさま旅行鞄を從者席, 直ぐさま松江に春信, 直ぐさま検視も下り, 直ぐさま横へ顔, 直ぐさま歴史にまで関係, 直ぐさま民間の実用, 直ぐさま水中望遠鏡を目, 直ぐさま汽車に揺られ, 直ぐさま派出所へ届け, 直ぐさま深川入船町に向, 直ぐさま眼をレンズ, 直ぐさま窓に襲いかかり, 直ぐさま答へました, 直ぐさま素っ裸になった, 直ぐさま続きであつ, 直ぐさま翁の前, 直ぐさま聯想されたので, 直ぐさま背後には物売り, 直ぐさま自分の心持ち, 直ぐさま蒲団を被, 直ぐさま財産を受け, 直ぐさま身を飜, 直ぐさま連関統一を与えられ得る, 直ぐさま部屋ぢゆうに轟ろ, 直ぐさま鏡の蓋, 直ぐさま駄夫をみとめ, 直ぐさま駒形へ驅, 直ぐさま黒田五十五万石のお, 直ぐさめて, 直ぐさりげなく眼, 直ぐざんぶと躍り込んで, 直ぐしまに案内, 直ぐしゃちこばった恰好で, 直ぐしよつ引いてくる, 直ぐしんみりして, 直ぐすべてははっきり, 直ぐすらすらと私たち, 直ぐずつと深く切れ込ん, 直ぐせき立てられて立つ, 直ぐそういう風に, 直ぐそちがやった, 直ぐそっちへ行く, 直ぐその大きな馬に, 直ぐそツぽうを, 直ぐたった今棄てて, 直ぐたりと萎れて, 直ぐだだを言う, 直ぐだったような, 直ぐだんだんお前も, 直ぐちよツと歸, 直ぐつかつかと寄っ, 直ぐつづいて発表, 直ぐつれ立って柵, 直ぐであるかどう, 直ぐでないから水ハケ, 直ぐでなくってもいい, 直ぐでやすからち, 直ぐとったんだ, 直ぐどうして食べて, 直ぐどうにかして, 直ぐないことは, 直ぐなおしてやるの, 直ぐなおるわよ, 直ぐなくなってしまった, 直ぐなにしますから, 直ぐなほ追加の空鑵材料, 直ぐなる者のみ, 直ぐなんでもなく, 直ぐな誘ふやうな, 直ぐにおいで下さいという, 直ぐにって署長の, 直ぐにという御意に, 直ぐにね私の, 直ぐにもははあそれ, 直ぐにや癒らねえ, 直ぐにやにや笑い出して, 直ぐねじ込まれて国際間, 直ぐのしかかって来, 直ぐのろのろした馬の背, 直ぐはにかんだような, 直ぐひき返して江北, 直ぐびちゃびちゃと歩, 直ぐぴんと来ること, 直ぐふいと氣, 直ぐふわりと肩, 直ぐぶつぶつ箕を, 直ぐぷいと出て, 直ぐへんに苦笑, 直ぐべたべたと崩れ, 直ぐほかの男, 直ぐへにはどれ, 直ぐまいってしまう, 直ぐまえの大, 直ぐまたもや遠くに, 直ぐまた下に伏せ, 直ぐみな言いますが, 直ぐみなさんはその, 直ぐみんなにこの, 直ぐむずむずときた, 直ぐむやみに髪の毛, 直ぐもうこの厭, 直ぐもとの顏, 直ぐかには聞かず, 直ぐやって来て, 直ぐやむだらうと暫らく, 直ぐやめさせられてしまう, 直ぐやり給え支配人が, 直ぐやるかい, 直ぐよい病院にかけて, 直ぐよくして, 直ぐよして何, 直ぐわかったらしいのです, 直ぐわかるだらうもう一度行つて, 直ぐわたくしの口, 直ぐアジプロ部へ行っ, 直ぐイヤになった, 直ぐウオーキン・ミラーを想い出す, 直ぐウラスマルへ斯, 直ぐウラスマル君のうしろ, 直ぐエスペラントで小版三頁, 直ぐカハマルカへ出る, 直ぐキチンと爪先, 直ぐキユウを取つた, 直ぐケバ立って, 直ぐケロリと忘れ, 直ぐコロリと一転, 直ぐコロンビアクラブに行く, 直ぐコートと帽子, 直ぐゴールド大使にわが, 直ぐシクシクと泣きだした, 直ぐソコの自宅, 直ぐソコリスキーへ出かけた, 直ぐソンナラ拝借と手, 直ぐゾラを訪ねた, 直ぐタキシイを, 直ぐタクシーを呼んだ, 直ぐタラソフ・ロディオーノフが党員, 直ぐチタの高原, 直ぐチブスではあるまい, 直ぐチョークを買い整え, 直ぐチヨークを買, 直ぐチントンシャンと弾き出し, 直ぐテーブルの傍, 直ぐトコトコ駆け出すもん, 直ぐトッピキピを初めて, 直ぐトルレスの命, 直ぐドウすると, 直ぐドナウの岸, 直ぐニュウスを嗅ぎつけ, 直ぐノコノコと山賊退治, 直ぐハイカラ風を受入れる, 直ぐハイシムの宝石店, 直ぐハガキでも出す, 直ぐハハア此の人, 直ぐハンドルを引張れ, 直ぐピアノも買っ, 直ぐピヂャマに着, 直ぐフォニックスから線, 直ぐフロイドのよう, 直ぐフンガイする者, 直ぐブルッカアの家, 直ぐブン打ッてしまう, 直ぐプロペラーの音, 直ぐヘナに破壊, 直ぐヘルナー山へ登っ, 直ぐベッドの中, 直ぐベンケイが来, 直ぐペンをとりたい思ひ, 直ぐペースに使います, 直ぐホテルへ電話, 直ぐマキリを以つて熊, 直ぐマルガリイダが, 直ぐムキになってそれで, 直ぐムニヤムニヤムニヤと呟き, 直ぐメスを執った, 直ぐメランコリイになる, 直ぐヤマユリを持ち出す, 直ぐヨタのいひ, 直ぐワンと喰, 直ぐと月経, 直ぐ一ぱいになった, 直ぐ一人の赤児, 直ぐ一人前の料理人, 直ぐ一個の生命, 直ぐ一刀の下, 直ぐ一家を背負っ, 直ぐ一寸手応がした, 直ぐ一撃のもと, 直ぐ一方の新しい, 直ぐ一杯に塞がりました, 直ぐ一枚買って, 直ぐ一歩前ちょうど松, 直ぐ一片の反古, 直ぐ一般の騒ぎ, 直ぐ一軒の宿屋, 直ぐ一転して, 直ぐ一途にそれ, 直ぐ一面の雪田, 直ぐ七宝寺を立ち, 直ぐ三宝山の登り, 直ぐ三河町へ行く, 直ぐ三浦屋へ行, 直ぐ三番町を引上げ, 直ぐ三行半を書い, 直ぐ三越に電話, 直ぐ上って来, 直ぐ上つて調べて, 直ぐ上の空の方, 直ぐ上りとなっ, 直ぐ上りますように, 直ぐ上り端にあ, 直ぐ上れといふ, 直ぐ上框兼帯の茶, 直ぐ上段に並ん, 直ぐ上総の東金, 直ぐ上衣を脱い, 直ぐ下さいと云つて手, 直ぐ下宿に連れ, 直ぐ下山して, 直ぐ下手の舟, 直ぐ下板が反, 直ぐ下町の雑沓, 直ぐ下駄を穿かず, 直ぐ下駄直しの仕事場, 直ぐ不安にされた, 直ぐ不審に思, 直ぐ不快におなり, 直ぐ不貞腐された, 直ぐ且つ平か, 直ぐ世間へ発表, 直ぐ両側から水際, 直ぐ両手にウイスキー, 直ぐへ入る, 直ぐ中之条へ出, 直ぐ中之條へ出, 直ぐ中庭に出られる, 直ぐ中橋の道具屋, 直ぐ中止できる質, 直ぐ中程の座席, 直ぐ中身を相手, 直ぐ丸太のよう, 直ぐ主人がまた, 直ぐ乗車日に輝いた, 直ぐり手, 直ぐ乘りこんだが, 直ぐ乘車日に輝いた, 直ぐを飲みたがる, 直ぐからびた声, 直ぐ乾き切ってしまう, 直ぐ亀岡へ馳, 直ぐ予備門本科に入学, 直ぐ予知出来る, 直ぐ事実が判明, 直ぐ二三名は幕, 直ぐ二三間先きを, 直ぐ二人共歌の調子, 直ぐ二十八番を呼出そう, 直ぐ二川重明の事, 直ぐ二番町の横町, 直ぐ二言目には小沼, 直ぐ云うとかないかん, 直ぐ五六歩離れた所, 直ぐ五十や百, 直ぐ五行程かいて, 直ぐ井戸水を手桶, 直ぐ交番へ, 直ぐ人並に歩いた, 直ぐ人車に乘, 直ぐ仇討の幕, 直ぐ今上の大正元年, 直ぐ今戸へ行かなけりゃならない, 直ぐ今日国民の再, 直ぐ今日習つた所を復習, 直ぐ仕立てさした, 直ぐ他人が嗅ぎつけ, 直ぐ他国へ立つ, 直ぐ他家の籍, 直ぐ付きますね親分, 直ぐ代ってくれ, 直ぐ代りを入れる, 直ぐ仮装行列がはじまった, 直ぐ仰向きに寢, 直ぐの好い, 直ぐ仲間をはづれて室, 直ぐ伊藤を通じて昨日, 直ぐ休ませてあげた, 直ぐ休むつもりで, 直ぐ会いましたよ, 直ぐ会うわけにも, 直ぐ会場へかけつけた, 直ぐ会社へ電話, 直ぐ伝つて行く, 直ぐ伯爵夫人が総, 直ぐ伸びてこすれ合わ, 直ぐ伸びる灌木類が, 直ぐ伺おうと思いました, 直ぐ声に, 直ぐ低い啜り泣きから, 直ぐ佐久間町の灸點横町, 直ぐを落し, 直ぐ何事もなかっ, 直ぐ何所かへ出, 直ぐ何物も無い, 直ぐ使ってしまう, 直ぐ使つてしまつ, 直ぐ使わなければ塩水, 直ぐ使用出来る, 直ぐ來たつきや, 直ぐ來年の事業擴張, 直ぐ俗物と罵り, 直ぐ信用の出来る, 直ぐで行く, 直ぐ俥夫となり, 直ぐ俯向いて, 直ぐのところ, 直ぐ倉川の宿屋, 直ぐ借りることに, 直ぐ借金になる, 直ぐ偃松の中, 直ぐ側路地の中, 直ぐ傍近く間の岳, 直ぐ催眠剤を取る, 直ぐ僕たちを赤彦君, 直ぐ僧正に任, 直ぐ優しくなつて, 直ぐ優劣はつい, 直ぐ元老が呼び出される, 直ぐから返し, 直ぐ兄さんを呼ん, 直ぐ先方に断り, 直ぐ光子は云, 直ぐ免職されちま, 直ぐ入って了, 直ぐ入らずにある, 直ぐ入り代る, 直ぐ入れまさあネ, 直ぐ入れちがつて我々, 直ぐ入れる画家で, 直ぐ入れ違いにガルスワーシー夫人, 直ぐ入口に校長, 直ぐ入営送りだ, 直ぐ兩國へ引つ返し, 直ぐ八丁堀の旦那方, 直ぐ八五郎並の武者振り, 直ぐ八人が一緒, 直ぐ公儀の御, 直ぐ其ホテルをお, 直ぐ其上にも同じ, 直ぐ其人は後ろ, 直ぐ其側に二十坪, 直ぐ其処ぢやない, 直ぐ其処らにでも見当る, 直ぐ其勢いに制せられ, 直ぐ其南に二つ, 直ぐ其家で初, 直ぐ其方にぐらつと, 直ぐ其日から働きました, 直ぐ其様卑猥なこと, 直ぐ其煙突の中, 直ぐ其理由の尋常, 直ぐ其真似は仕度, 直ぐ其船で追, 直ぐ其處つてことはあるまい, 直ぐ其處中へ入る, 直ぐ其裏にあるだ, 直ぐに長屋, 直ぐ大きい声, 直ぐ再びやつて, 直ぐの緒, 直ぐ冷して固めます, 直ぐ凝結って役に立たん, 直ぐ処置が出来る, 直ぐ凪ぎになっ, 直ぐ出かけますか, 直ぐ出かねたがあまツ, 直ぐ出すように, 直ぐ出たやうです, 直ぐ出なけりゃならないから, 直ぐ出ますやってごらん, 直ぐ出仕の相成る, 直ぐ出動しました, 直ぐ出掛けねばいかん, 直ぐ出掛ける事に, 直ぐ出立する所, 直ぐの柄, 直ぐ分かって少し, 直ぐ分かるだろうと大束, 直ぐ分るだらうが僕, 直ぐ切り立った崖の, 直ぐ切れるやうに, 直ぐ刑事問題になるでせう, 直ぐ列強の圧迫, 直ぐ公の, 直ぐ初めの計画通り, 直ぐを捺し, 直ぐ判じられて終, 直ぐ判つたに違, 直ぐ判つてしまつ, 直ぐ判りさう, 直ぐ別れたらどうだ, 直ぐ前方の西大寺村, 直ぐ前日拵らへた, 直ぐ前線へ帰らなけりゃならない, 直ぐ前衛的だとは, 直ぐ前頃だし, 直ぐ前頃西紀一四五年頃と考証, 直ぐ前餌から一尺, 直ぐ劉封に会っ, 直ぐの無い悲し, 直ぐ加藤医院を訪ね, 直ぐ加藤醫院を訪ね, 直ぐ助けられたのでこれ, 直ぐ労働組合にひ, 直ぐ動いていつた, 直ぐ動かすわけには, 直ぐ動きに代えられる, 直ぐ動く程度で, 直ぐ勝三郎の側, 直ぐれて, 直ぐ包皮を返し, 直ぐ化けの皮が現われた, 直ぐ化物になる, 直ぐ北海メール支社の主任, 直ぐ北見街道其向うは草叢, 直ぐ十二時でしょうよ, 直ぐ十年じゃない, 直ぐ千代子の母, 直ぐ千仭の底, 直ぐ千秋楽になった, 直ぐ半ば消えて, 直ぐ半月ばかり後, 直ぐ半町程左, 直ぐ卑しい負ぬ, 直ぐ南京虫だと, 直ぐ南太平洋鉄道の事務所, 直ぐ印刷上の見積り, 直ぐ卸して出します, 直ぐ庭の, 直ぐ原稿料を渡せ, 直ぐだと, 直ぐ厳粛な顔, 直ぐ去って了, 直ぐ参ってしまう, 直ぐ参ろうと思っ, 直ぐ又八を案内, 直ぐ友人なる辯護士, 直ぐ反対した, 直ぐ叔母は戻つ, 直ぐ取っ着きの岡, 直ぐ取つて来, 直ぐ取つ着きの岡, 直ぐ取りあげてそれ, 直ぐ取りおろしたことだらう, 直ぐ取り上げて見る, 直ぐ取次いだところ, 直ぐ受取つたに相違, 直ぐ受取れるように, 直ぐ受納れられる感味, 直ぐ受話器を外しました, 直ぐ口書を取つ, 直ぐ我判事の, 直ぐ古い禮儀が, 直ぐ叩き殺してもい, 直ぐ叱るから, 直ぐ史料編纂局の田中義成博士, 直ぐ右傍の小松, 直ぐ右左へ, 直ぐ右角の地所, 直ぐ右隣のスマート, 直ぐ司法主任を振返った, 直ぐ合羽足駄に身, 直ぐ合鍵を貸し, 直ぐは鏡台, 直ぐ吉原へ行く, 直ぐ吊しておけ, 直ぐ同意いたしました, 直ぐ同氏の耳, 直ぐ同盟したの, 直ぐ吐出してケロリ, 直ぐ向い側の小学校, 直ぐ向う側にある, 直ぐ向くと笑, 直ぐ向側の, 直ぐ含嗽をする, 直ぐ吹消して, 直ぐ呉れるからねそれ, 直ぐ呉服店に引き返, 直ぐ告訴するだらうなと, 直ぐ呑む煎藥なりに, 直ぐ鳴り込んで, 直ぐ呼ばせると泣き濡れた, 直ぐ呼びにやった, 直ぐ呼びにやつたんですけれどまだ來ませんの, 直ぐ呼び出して近衛通, 直ぐ呼んで可愛, 直ぐ呼吸困難に陥ります, 直ぐ咲き揃うのを, 直ぐ品物が渡る, 直ぐ喜んで吹きました, 直ぐ喜八郎をつれ, 直ぐ営養物を見出すだらう, 直ぐ嗅ぎつけてしまい, 直ぐ嘗てあったこと, 直ぐをつきます, 直ぐ噛みつぶして河, 直ぐ噛み合いを始める, 直ぐ四つ這いに, 直ぐ四方から一度, 直ぐ四谷へ行こう, 直ぐ四足を縛られ, 直ぐ四階の屋根, 直ぐ団扇でばたばた, 直ぐ困ることは, 直ぐ固まってしまう, 直ぐの父, 直ぐ国語教育の談話, 直ぐ國民最大多數, 直ぐの粒, 直ぐ地下に潜っ, 直ぐ地下室へ入れられる, 直ぐ地下水となっ, 直ぐ地図に戻っ, 直ぐ地方の縣官抔, 直ぐ地方検事総長スワアート氏に会っ, 直ぐがあっ, 直ぐ坊主の装, 直ぐを立っ, 直ぐ隣りの, 直ぐが明く, 直ぐ執行するの, 直ぐ堂々と外, 直ぐ堤下が道路, 直ぐ堺枯川と共に翻訳, 直ぐに化ける, 直ぐの庭, 直ぐ隣りの, 直ぐ壁隣の洋食屋, 直ぐ売り出せばいい, 直ぐ売れてしまう, 直ぐ変ってさも, 直ぐ夏休みの労働, 直ぐ夏草の茂み, 直ぐ外すわ, 直ぐ外れますが男體, 直ぐ外れるやうに, 直ぐ外側にある, 直ぐ外套と上衣, 直ぐ外科医術上の質問, 直ぐ多少余分の, 直ぐを御覧, 直ぐ大げさに手, 直ぐ大塚の方, 直ぐ大声に叫んだ, 直ぐ大家となっ, 直ぐ大工を呼ん, 直ぐ大広間の陣務, 直ぐ大急ぎで歩き出しました, 直ぐ大森へ電報, 直ぐ大津の河原, 直ぐ大股に歩き始めた, 直ぐ大船です, 直ぐ大里玄十郎の格子, 直ぐ大野原の一端, 直ぐ大騒ぎをする, 直ぐ大高方面へ偵察, 直ぐ天幕を出た, 直ぐ天正十六年五月に北条氏, 直ぐ天鵞絨を拵, 直ぐの後, 直ぐ夫人は厭, 直ぐ失くなつて了ひます, 直ぐ失敬失敬と言っ, 直ぐ奈智に登つて, 直ぐ奧木佐十郎の処, 直ぐ女中を雇っ, 直ぐ女子挺身隊として各, 直ぐ女学生という所, 直ぐ女房の千代子, 直ぐ好い処を, 直ぐ好きな酒, 直ぐ姉ちゃんとこい行く, 直ぐ始まつた酒は, 直ぐ始めてもいい, 直ぐ姿を消し, 直ぐ威勢よくなる, 直ぐ威厳をつくっ, 直ぐをつれ, 直ぐ嫉妬を焦い, 直ぐ嬉しがるよう, 直ぐ嬢様の御, 直ぐ学校へやる, 直ぐ学生達は掴まつた, 直ぐ學校へ出勤, 直ぐ宇田川町に運ん, 直ぐ守将の水野忠光, 直ぐ針町へ, 直ぐ宗右衛門は横, 直ぐって, 直ぐ定期を速達, 直ぐ宝石屋迄一緒, 直ぐ実業家を気取つ, 直ぐを離屋, 直ぐ室内の様子, 直ぐ宮中にお出で, 直ぐ宮崎に呼びかけた, 直ぐ宮本夫人を聯想, 直ぐ家並から擢んで, 直ぐ家来の者, 直ぐ寄宿舎を出掛けた, 直ぐ寅松は付け入ります, 直ぐ寒暖計が一遍, 直ぐ寝かしてやっ, 直ぐ寝たくなる時の, 直ぐ寝た寝た方が, 直ぐ寝つちまつちやあ, 直ぐ寝ることに, 直ぐ寝入って終った, 直ぐ寝室に入っ, 直ぐ寝業に押えこまれる, 直ぐ寝込んでしまふ, 直ぐ察して申しました, 直ぐ察したから, 直ぐ察せられたし年代順, 直ぐ察せられる事な, 直ぐ寢床に這入つた, 直ぐ實行したがる, 直ぐ寺社のお, 直ぐを解き, 直ぐ専門医を呼ん, 直ぐ将監峠への路, 直ぐ尊いものに, 直ぐ小使に, 直ぐ小僧にでも持たし, 直ぐ小包で雀鮨, 直ぐ小声でさう, 直ぐ小屋へ行つて小艶, 直ぐ小川の旦那, 直ぐ小石川駕籠町の東京府巣鴨病院, 直ぐ小鳥たちの事, 直ぐ少しおどけた風, 直ぐ少将にお, 直ぐが割れる, 直ぐに勉める, 直ぐ居所分って, 直ぐ届けたら車掌さん曰く, 直ぐ屋外へ飛び出し, 直ぐ履けるように, 直ぐ山口へ急ぐ, 直ぐ山崎屋はお家騷動, 直ぐ山形へ飛ん, 直ぐ山田村近道で其の, 直ぐ山裹と宣長, 直ぐ岡惚れしちゃうの, 直ぐの蔭, 直ぐ岩の上へ這い上っ, 直ぐへ帰っ, 直ぐの頂上, 直ぐ島田と一緒, 直ぐであった, 直ぐ巖谷に逢つて女, 直ぐを渡っ, 直ぐ川瀬の音, 直ぐ川端で露天, 直ぐ工事場へ濡れ鼠, 直ぐ工場で器械, 直ぐ左右の兩角, 直ぐ左折して, 直ぐ左様云ふからこまる, 直ぐ左隣の家, 直ぐ差し上げられてゐた, 直ぐ差当り小野田の手, 直ぐ差支えるものさえ, 直ぐ市ヶ谷の店, 直ぐ市川へ参ります, 直ぐ市村にやる, 直ぐ市長が発狂, 直ぐ布佐の兄, 直ぐ布団の上, 直ぐ帆村の意図, 直ぐ帝劇稽古場へ, 直ぐ席画を描い, 直ぐえること, 直ぐ帰されるに決っ, 直ぐ帰して呉れます, 直ぐ帰ったのか, 直ぐ帰つて来る, 直ぐ帰つた方が, 直ぐ帰つて創作の机, 直ぐ帰らないではいけねえ, 直ぐ帰られるはずが, 直ぐ帰り夫婦も, 直ぐ帰るだろうか知ら, 直ぐ帰れる筈の, 直ぐ帰国ろうと支度を為, 直ぐ帳簿調に取かかっ, 直ぐのところ, 直ぐ大寺の, 直ぐを上げ, 直ぐ三の, 直ぐ平になるよう, 直ぐ平然として, 直ぐ幸せになる, 直ぐ幼馴染の昔, 直ぐ海子爵の, 直ぐ床の間に据ゑてある私専用, 直ぐ床几を立っ, 直ぐ座敷へ上つて了, 直ぐ庭先へ驅, 直ぐ庭守の忰, 直ぐ廷外に消えた, 直ぐ建てられたらしい古い煉瓦建, 直ぐ弁償出来ると, 直ぐ弁解口調に云った, 直ぐ弓形の陰, 直ぐ引かえし, 直ぐ引きかえして来よう, 直ぐ引き取つて行かなけり, 直ぐ引き受けてくれた, 直ぐ引き抜かれたようである, 直ぐ引き移らなければ駄目, 直ぐ引き移ることに, 直ぐ引き返さなければならなかった, 直ぐ引き返したいのだ, 直ぐ引っこんだ, 直ぐ引っこめておとなしく, 直ぐ引っ込めてしまった, 直ぐ引っ込んだ常念山塊, 直ぐ引っ返すなんてそりゃ家, 直ぐ引つ捕へて打首, 直ぐ引ッ返した, 直ぐ引ツ込む時, 直ぐ引出して来, 直ぐ引受けて下, 直ぐ引導のやり直し, 直ぐ引拔いて, 直ぐ引渡せと, 直ぐ引越になる, 直ぐ引越しを済ませ給え, 直ぐ引込んでその, 直ぐ引返したが沢, 直ぐ張りあげたやうです, 直ぐ弾き出されるやうに, 直ぐ弾丸が鳴つ, 直ぐ当日の船止め, 直ぐ役に立たぬけれども, 直ぐ役人になれる, 直ぐ役立つ経済上や, 直ぐ彼の世へ往, 直ぐ彼等の横, 直ぐ彼處に行つて, 直ぐってそう, 直ぐ往復十里の練馬, 直ぐ往来で縄, 直ぐは坂, 直ぐ後そこらの海全体, 直ぐ後ろ横に下流, 直ぐ後ろ足で立ちあがり, 直ぐ後二人で何, 直ぐ後体感的な気持, 直ぐ後南シナ海から台湾海峡, 直ぐ徒渉し得るよう, 直ぐ従いて行く, 直ぐ得られる樣に, 直ぐ得意になっ, 直ぐ御無沙汰をする, 直ぐ御馳走になります, 直ぐ復讐して, 直ぐ心細さうに萎れた, 直ぐ心配そうな顔, 直ぐられるから, 直ぐ忘れられてしまった, 直ぐ忘れる事が, 直ぐ忘れ笑うような, 直ぐ忙しそうに, 直ぐ応じて, 直ぐ応接間へ通し, 直ぐ応援して, 直ぐ応用すべきこと, 直ぐ快い気もちに, 直ぐ快活に答えた, 直ぐ快活げに仕事, 直ぐ快癒する患者, 直ぐ快諾だ, 直ぐ怒ったものである, 直ぐ思いあたることが, 直ぐ思い出されたのは, 直ぐ思い出すことが, 直ぐ思い直した様子で, 直ぐ思い直すとそれ, 直ぐ思い返さねばならなかった, 直ぐ思ひ出させる効果が, 直ぐ思ひ返したやうに, 直ぐ思われたからであった, 直ぐ急いで家, 直ぐ急足になる, 直ぐ恋男の隣家, 直ぐ恥かしくなって, 直ぐが絶えた, 直ぐつたのである, 直ぐ悲惨な母, 直ぐ想像できたが, 直ぐ意地になる, 直ぐ愛嬌笑ひを, 直ぐ感づいてしまいました, 直ぐ感心をし, 直ぐ感知して, 直ぐ慇懃に二階, 直ぐ態其処を飛び出し, 直ぐ態度を取り直した, 直ぐ慣れて了, 直ぐ慣れっこになっ, 直ぐ憶えて又, 直ぐ憶良の妻, 直ぐ懇切な批評, 直ぐ懇意になります, 直ぐ成績に影響, 直ぐ我儘を言, 直ぐ我楽多のやう, 直ぐ我顔を負, 直ぐ戦線に加, 直ぐ戸口の辺, 直ぐ戸棚に入, 直ぐ戻つて来, 直ぐ戻りましたへエ, 直ぐ所轄署へ電話, 直ぐ所長室へ送りこむ, 直ぐ手の筋を見, 直ぐ手先に触れた, 直ぐ手取早くは, 直ぐ手提かばんを明け, 直ぐ手洗場へ行つて, 直ぐ手続をとっ, 直ぐ手荷物まで持ち込ん, 直ぐ手術して, 直ぐ手足が着いてる, 直ぐ手錠を嵌める, 直ぐ打ちとけた風に, 直ぐ打って下さい, 直ぐ払い出しは出来ない, 直ぐわろうじゃ, 直ぐ承はらうぢや, 直ぐ承諾して, 直ぐり込んだの, 直ぐ投げるかと見, 直ぐ投手である五年生, 直ぐ折りまが, 直ぐ抛りこめるように, 直ぐ抜き差ならぬ泥沼, 直ぐ抜けて落ちました, 直ぐ押しかぶせて, 直ぐ抽斗の中, 直ぐ拝み屋は, 直ぐ拾い上げるだろうと予想, 直ぐ拾って貴, 直ぐ拾つて来て, 直ぐ持ち上つて了つた, 直ぐ持主がわかるだらう, 直ぐ持前の詩人的狷介, 直ぐ挑戦の第, 直ぐ挙動に顕, 直ぐ挨拶をする, 直ぐ振り向いて又, 直ぐまえて, 直ぐ捉まつた, 直ぐ捕まつて一晩拘留され, 直ぐ捕まるよ, 直ぐ捕るだろう心配する, 直ぐ捨てて来い, 直ぐ掃除しといて, 直ぐをかえす, 直ぐ掘ってき, 直ぐ掛かりの御, 直ぐ掛け合いましたがこれ, 直ぐ探し出せるように, 直ぐ探偵の結果, 直ぐ接して梯子段, 直ぐ接続するオスタンド発, 直ぐ推定出來ること, 直ぐ推察されるの, 直ぐ推量した, 直ぐ掴む事が, 直ぐ提灯に灯, 直ぐ換えたという, 直ぐ握り飯だと, 直ぐ摺鉢へ入れ, 直ぐ撤去して, 直ぐ播いてよ, 直ぐがるよ, 直ぐ擧げてやる, 直ぐ擧げられ徳太郎は, 直ぐ支那の學問, 直ぐ放れてし, 直ぐ放免しても, 直ぐ放射線室から出, 直ぐ故郷へ帰らなけれ, 直ぐ救援に帰れ, 直ぐ教會を出た, 直ぐ散歩へ行かう, 直ぐ敬太郎の繩, 直ぐ敷島の部屋, 直ぐ數寄屋橋の南町奉行所, 直ぐ文章になる, 直ぐ斑らになり, 直ぐ斜裏の, 直ぐ新しい仕事に, 直ぐ新村孝兵衛家へ丁稚奉公, 直ぐ新聞を丸めた, 直ぐ新聞記者がはへ披露會, 直ぐ斷崖になつて二十丈, 直ぐに立つた, 直ぐ旅行服に着替える, 直ぐ日暮方になつて, 直ぐ日本媼のところ, 直ぐ日比屋で寝込んだ, 直ぐ日比谷の松本楼, 直ぐ旦那さんにすれ, 直ぐ旧道の登り, 直ぐ早口に続けた, 直ぐ昌平橋へ引返しました, 直ぐ明けられるじゃない, 直ぐ明けるぜ, 直ぐ明るくなりそこ, 直ぐ明瞭に答, 直ぐ春ちやんの綺麗, 直ぐ春名塾の裏口, 直ぐ春枝夫人等の船室, 直ぐに乗つ, 直ぐ時代に遅れ, 直ぐ時計を出し, 直ぐ時間になります, 直ぐ晝飯を濟, 直ぐ暗闇に返る, 直ぐの忙しい, 直ぐ暴力に頼つて, 直ぐ曇るまことに沈着, 直ぐの星, 直ぐは終わる, 直ぐ書き止めて, 直ぐ書きかけの原稿紙, 直ぐ書き止めておかれた, 直ぐ書く字が, 直ぐ書けることに, 直ぐ書物の頁, 直ぐ書籍の上, 直ぐ曹操の使者, 直ぐ有り合せの麺麭屑, 直ぐ有合せのお上手, 直ぐ朝命を蒙, 直ぐ朝敵にし, 直ぐの枝, 直ぐ木戸の側, 直ぐ木挽橋へ出られた, 直ぐ木挽町へお, 直ぐ木炭を強請つて, 直ぐ本家を始め親類, 直ぐ本店詰めにおなり, 直ぐ本棚でその, 直ぐ本道へ出ます, 直ぐ本郷一丁目へ飛びました, 直ぐ札幌へ行つて, 直ぐ杉木立の暗い, 直ぐ村長を訪うた, 直ぐ来させましてよろしゅう, 直ぐ来たらしいが判然, 直ぐ来なくても可, 直ぐ来ますから, 直ぐ来られたので鞄, 直ぐ来るだらうと思ひます, 直ぐ松平元康のす, 直ぐ松本てえ, 直ぐ松村武の名, 直ぐ板屋橋の寿司屋, 直ぐと河原, 直ぐ林町に行く, 直ぐ枯れそうに, 直ぐ染吉のところ, 直ぐ校長に話し, 直ぐ校長先生の意見, 直ぐの処, 直ぐ根元でした, 直ぐ根岸まで行, 直ぐ之助, 直ぐ格子戸の際, 直ぐ案内するの, 直ぐ桜桜から李, 直ぐ梯子段の下, 直ぐ棄ててしまふだらう, 直ぐ棧橋の方, 直ぐ森林に続い, 直ぐから盆栽棚, 直ぐ極楽へ行く, 直ぐ楼梯を降り, 直ぐ楽書をしたがる, 直ぐを高く, 直ぐ様そいつの家, 直ぐ様その後を追って, 直ぐ様イデオロギーに結び付い, 直ぐ様今日のヒューマニズム, 直ぐ様僕の下宿, 直ぐ様元の養蟲園, 直ぐ様叔父に向い, 直ぐ様同道して, 直ぐ様哲学それ自身の考察, 直ぐ様外部との交渉, 直ぐ様夫の消極性, 直ぐ様奥の一ト間, 直ぐ様女達を舟, 直ぐ様子供を抱え, 直ぐ様学問性を有, 直ぐ様幾何学に思い及ぶであろう, 直ぐ様彼奴等は君, 直ぐ様後を追う, 直ぐ様御前様に御, 直ぐ様心理学的な空間表象, 直ぐ様生命現象なの, 直ぐ様社会一般にまで永遠化すか, 直ぐ様科学の方法論的, 直ぐ様種々なる意味, 直ぐ様立場が理論, 直ぐ様節にかけて謡, 直ぐ様自分の着, 直ぐ様自然科学的物質即ち前, 直ぐ様艦隊を出動, 直ぐ様言論界のジャーナリズム, 直ぐ様送信機の方, 直ぐ様騙り者と召捕られ, 直ぐ怪しいと, 直ぐ樣チュウチュウタコカイと勘定, 直ぐ樣三河屋の離室, 直ぐ樣公儀に屆濟, 直ぐ樣土藏へ行つて, 直ぐ樣奧の一ト間, 直ぐ樣川向うの百姓家, 直ぐ樣市ヶ谷田町に繰り出され, 直ぐ樣手配をされ, 直ぐ樣數寄屋橋まで轡, 直ぐ樣火繩に噛, 直ぐ樣町内の本道, 直ぐ樣縛つて行くが, 直ぐ樣親の喜兵衞, 直ぐ横槍を入れる, 直ぐ横田若狹の邸内, 直ぐ横笛を女, 直ぐを焼き落し, 直ぐ機関庫の裏手附近, 直ぐの倒れる, 直ぐ欲しくなる癖, 直ぐ止す事釣れない, 直ぐ止つてしまつ, 直ぐ燈寺への, 直ぐの自動車, 直ぐ此土地へ来られた, 直ぐ此場でも死ん, 直ぐ此度は若い, 直ぐ此方を振り向い, 直ぐもない, 直ぐ歸つただから逢, 直ぐ歸つたのが段々, 直ぐ歸つてしまつて, 直ぐ歸つて往つた, 直ぐ歸らうと, 直ぐ死なぬうちに, 直ぐ死に去って行く, 直ぐ死に去つて行く, 直ぐ死ぬんさ, 直ぐ死んだ母の, 直ぐ死んでしまつたんです, 直ぐ死體の例, 直ぐ残忍になった, 直ぐ殺そうとは言わない, 直ぐ母樣が連れ, 直ぐ毎月自分の出し, 直ぐ比較がとれた, 直ぐ毛布にくるまっ, 直ぐ民衆におぞ, 直ぐ気がついてレーダー, 直ぐ気がついたであらう, 直ぐ気が付きます鍵だって, 直ぐ気づき上を, 直ぐ気に入つてし, 直ぐ気付くと説明, 直ぐ気持よく描い, 直ぐ気絶するよう, 直ぐ気違いと判る, 直ぐ水蒸気に押し上げられる, 直ぐ氷るという寒, 直ぐのさしひきする, 直ぐ汐入の土手, 直ぐ江州弁も覚え, 直ぐ江戸へ取つ, 直ぐ汲み取るわ, 直ぐ決心して, 直ぐ決闘を申込んだ, 直ぐになつて, 直ぐの流, 直ぐ河童路地へ戻り, 直ぐ河野中将をおよび, 直ぐ沸くから少し, 直ぐ治ったが折角元, 直ぐ泉太や繁, 直ぐ法律の腕, 直ぐの様, 直ぐ泣いてをばちやん, 直ぐ泣かせる事が, 直ぐ泣きだしたりいつも, 直ぐ泣くのだ, 直ぐ注射し合った, 直ぐ注進して, 直ぐ洋行しても, 直ぐひ直しましたが, 直ぐ洗ったんです, 直ぐ洗つて来ますよ, 直ぐ洗面所へ駈けつけ, 直ぐ流れに融け込ん, 直ぐ浅草へ参っ, 直ぐ浪うち際の岩, 直ぐ浪打際になっ, 直ぐ浮かんで来る, 直ぐ海口の方, 直ぐ消えるだらうと豫想, 直ぐ消したように, 直ぐ消息を断つた, 直ぐは流れる, 直ぐ涼しくなつて, 直ぐ渋峠の頂, 直ぐ渓間の方, 直ぐ減ってしまう, 直ぐ渠等は汽車, 直ぐ渡す訳には, 直ぐ渡り廊下を踏ん, 直ぐ温まって手, 直ぐ測定にとりかかれた, 直ぐの岸, 直ぐ湖氷に落ち, 直ぐ湧く様々の, 直ぐ湯川に臨んだ, 直ぐ源右衞門の家, 直ぐ準備をし, 直ぐ溜るものだ, 直ぐ溶けるような, 直ぐ滝沢峠を迂廻し, 直ぐ漬たんだから, 直ぐ潮来町の真向い, 直ぐ激しい感覚が, 直ぐ激しく首を, 直ぐ濟むだらうからといふ, 直ぐを見, 直ぐ瀟洒な露路庭, 直ぐ火口に達する, 直ぐ火葬場へ持っ, 直ぐをつけた, 直ぐ点頭いたが新聞, 直ぐ無意味な快感, 直ぐ無理を云, 直ぐ無駄な御, 直ぐ焼くなり何, 直ぐ焼けてもいい, 直ぐ焼却しろという, 直ぐ煮たものは, 直ぐ煮る代りに, 直ぐ熟するだらうとお, 直ぐ熟睡の境, 直ぐ付いて, 直ぐき餅, 直ぐ爆発するの, 直ぐ爆音をあげ, 直ぐ爪先きから, 直ぐ父のも腎臟病, 直ぐ父様の処, 直ぐ片づいてしまう, 直ぐ片付けないこと, 直ぐを覚え, 直ぐ物干場につづい, 直ぐ物置の梯子, 直ぐ犬畜生の言草, 直ぐ狂犬だと, 直ぐ独断に娘, 直ぐ独逸側に洩れた, 直ぐ狭山さんにお手伝い, 直ぐ猫撫声になっ, 直ぐ猿沢佐介の背中, 直ぐ獅子の猛り, 直ぐりで歸京, 直ぐ玄関先へ上らない, 直ぐ玄關に出た, 直ぐ玉子を一つ, 直ぐ現場に駆けつけ, 直ぐ理髪床に往く, 直ぐのお, 直ぐに詰まり, 直ぐそうに, 直ぐ甘えたことを, 直ぐ生きッ返る, 直ぐ生じてそれ, 直ぐ生活に利益, 直ぐ田圃の方, 直ぐ田舎に帰っ, 直ぐ田辺に帰, 直ぐ甲州街道に逃げ, 直ぐ甲板を散歩, 直ぐ画室の方, 直ぐに出なけれ, 直ぐ畑道だ蛙, 直ぐ畜生と云っ, 直ぐでかえって, 直ぐ番犬性をとり返す, 直ぐ畳みかけて来る, 直ぐ疲れてしまい, 直ぐ疲労てしまいます, 直ぐに障つた, 直ぐひに, 直ぐ病人の傍, 直ぐ病房の一つ, 直ぐ病氣を直せ, 直ぐで激しく, 直ぐ発令しますワーナー団長, 直ぐ発売頒布を禁ぜられた, 直ぐ発明されるわけ, 直ぐ発覚して, 直ぐ発車という程度, 直ぐつた, 直ぐ發作的に破い, 直ぐ白状しや, 直ぐのもの, 直ぐ皸霜やけあ, 直ぐを取り上げた, 直ぐを見つめ, 直ぐ目黒へ戻つ, 直ぐ目黒在の順八, 直ぐ盲腸炎だと, 直ぐ直ってきます, 直ぐ直つちまふ, 直ぐ果て候とも, 直ぐ相模屋へ行, 直ぐ相生町まで飛ん, 直ぐの下, 直ぐてとつ, 直ぐ看破出来るん, 直ぐ看破出來るん, 直ぐ看護の為, 直ぐ看護婦に促され, 直ぐ眞上に聞えた, 直ぐ眞物を返すなら, 直ぐ眞白な濃い, 直ぐ眞黒な顋鬚, 直ぐ真似るわけには, 直ぐ真犯人と考える, 直ぐ真面目な顔, 直ぐ真顔になっ, 直ぐ真黒な腮鬚, 直ぐ眠たくなる, 直ぐ眠つてしまつて九時に目, 直ぐ眠りに落ちます, 直ぐ眠れて, 直ぐ眩惑されて, 直ぐ眼底に転移, 直ぐ着くからうなり, 直ぐ着手しようと, 直ぐ着物も着, 直ぐ着用して, 直ぐを下し, 直ぐ矢場で僅か, 直ぐ知っている, 直ぐ知らせて下さい, 直ぐ知らせなければならない, 直ぐ知らせるのは, 直ぐ知らせろッ, 直ぐ知らないものは, 直ぐ知れた若いうち, 直ぐ知れないとそのまま, 直ぐ知れますよ, 直ぐ知れ渡って敵, 直ぐ短銃や爆彈, 直ぐを取寄せ, 直ぐ石井家へ引返し, 直ぐ石垣の下, 直ぐ石油は地, 直ぐ石鹸でその, 直ぐ砂利詰の千兩箱, 直ぐ破いて床, 直ぐ破られてしまいます, 直ぐ破り棄てようとした, 直ぐ破れてしまう, 直ぐ破れるもので, 直ぐ破損する, 直ぐ破滅へ急い, 直ぐ碎けて, 直ぐを返した, 直ぐ礼状を出した, 直ぐ社会へ出, 直ぐ祝言して, 直ぐ神学大学に入ろう, 直ぐ神學大學, 直ぐ神明の水茶屋, 直ぐ神楽坂だが, 直ぐ神様の許, 直ぐを返した, 直ぐ私たちの目, 直ぐ私立の法律学校, 直ぐ私達の靴, 直ぐだと, 直ぐ秘書役の方, 直ぐ移転先きは, 直ぐ種取的の質問, 直ぐに上れず, 直ぐ穿けるやうに, 直ぐ突きとめて, 直ぐ突当りに幅, 直ぐ突戻して受取りません, 直ぐ突角のところ, 直ぐ上って, 直ぐ立ち竝んだ, 直ぐ立ちどまって鼻, 直ぐ立ち上ることが, 直ぐ立ち去るよ, 直ぐ立ち去ろうとする, 直ぐ立ち帰って参ります, 直ぐ立ち止まって, 直ぐ立ち直って賊, 直ぐ立ち直りこの失敗, 直ぐ立ち退いていただきたい, 直ぐ立退きをせね, 直ぐ竹内と云う, 直ぐ笑い出して笑い, 直ぐ笑み崩れて, 直ぐ笑顏になつて, 直ぐ笑顔になつて, 直ぐを鳴らし, 直ぐ筑後の国, 直ぐ答えず口を, 直ぐ答える博覧に, 直ぐと管, 直ぐを執らなかった, 直ぐ築地の或, 直ぐ簡単に塩, 直ぐにし, 直ぐと布, 直ぐ紀州の本宮, 直ぐ紅木大臣の家, 直ぐ納屋へ往, 直ぐを剪, 直ぐ級長になり, 直ぐ素人にも目, 直ぐ細い路地で, 直ぐ細川を呼び, 直ぐ終ってしまいました, 直ぐ経ってしまった, 直ぐ経つてしまふだらう, 直ぐ結納と申す, 直ぐ結論にする, 直ぐ給仕女に云, 直ぐの完成, 直ぐ絶交騒ぎだ, 直ぐ絶念められるに, 直ぐ絶頂に出た, 直ぐ続けて肩越, 直ぐ締めて置きました, 直ぐ締紐で令嬢, 直ぐ練馬へ飛ん, 直ぐつて, 直ぐ縛られちや割が, 直ぐ縮むような, 直ぐ繁ちゃんだという, 直ぐ繁華な街, 直ぐ繃帯をぐるぐる, 直ぐ織り始めて毎夜十二時過ぎ, 直ぐ繰り返して読まね, 直ぐ置いて逃げる, 直ぐの方, 直ぐ羅典や希臘, 直ぐ羅府へ引き返した, 直ぐ羊歯などの生えた, 直ぐ義男と云, 直ぐ羽織を拵えた, 直ぐ習慣のやう, 直ぐ教師の, 直ぐ老人が真面目, 直ぐ老成ぶったり, 直ぐ考へて返事, 直ぐ考へたが丸太, 直ぐ考へる通り刈り上げの, 直ぐ耳もとに落ち, 直ぐ耳近に聞こえた, 直ぐ聞きつけて取っ, 直ぐ聞入れて呉れた, 直ぐ聯想するし, 直ぐを合せ, 直ぐ肝胆を照らし, 直ぐが腫れる, 直ぐを収め, 直ぐ胆石病だと, 直ぐなるエバル, 直ぐ背中を見せ, 直ぐ能舞台へ出勤, 直ぐの下, 直ぐ脚もとから崩壊, 直ぐ脱いでしまう, 直ぐ脱ぎ捨てて紙屑, 直ぐ腐りやすべえ, 直ぐ腐敗しますから, 直ぐに落ちる, 直ぐを縮める, 直ぐ腕強の者五, 直ぐ腕車夫を見, 直ぐを取り出し, 直ぐが空いち, 直ぐまずいて, 直ぐ臥つて靜養する事, 直ぐ自信を取り戻した, 直ぐ自分等の隣, 直ぐ自分達が動い, 直ぐ自害しようと, 直ぐ自己批判して, 直ぐ自殺ぢやない, 直ぐ自然倒壊するん, 直ぐ自筆の返事, 直ぐ自身の事, 直ぐ舞戻って来た, 直ぐを出す, 直ぐにどしん, 直ぐ船株か鶉, 直ぐ船橋に引っ返した, 直ぐ船首の方, 直ぐ飛出しました, 直ぐ色褪せてあの世, 直ぐ芝浦から品川, 直ぐ芝生の方, 直ぐ芥川氏あてに手紙, 直ぐが口, 直ぐ花火屋さんを呼ん, 直ぐ花田軍医の処, 直ぐ若い後妻を, 直ぐもなく, 直ぐ苦しげな, 直ぐ苦り切つた顔を, 直ぐ苦笑に変った, 直ぐ茶巾に仕立, 直ぐ茶褐色の雲, 直ぐ草原を横切っ, 直ぐ荒漠とした, 直ぐ荒蓙を敷いた, 直ぐ莞爾と笑つて, 直ぐ菊坂へ出かけました, 直ぐ落ちるやうに, 直ぐ落ち込んで行つて, 直ぐ葉子が心持顔, 直ぐ葡萄棚の下, 直ぐ葬つてやらア, 直ぐ蒲団を片付け, 直ぐ蒲團の中, 直ぐ蒲田の永辻, 直ぐ蒸発して, 直ぐを開け, 直ぐ蓋ア開けられるやう, 直ぐ薬局で加藤, 直ぐ藤島さんへ行く, 直ぐ藥局で加藤, 直ぐ蘇つてくる, 直ぐ蜘蛛の牙, 直ぐ蝋燭を取り上げ, 直ぐがつく, 直ぐのやう, 直ぐ血液型ではない, 直ぐ血相変て, 直ぐ行えるような, 直ぐ行かうね, 直ぐ行かう待つて居, 直ぐ行かれるんだ, 直ぐ行きまつせ, 直ぐ行く先かのよう, 直ぐ行けますよ, 直ぐ行つて五圓出して, 直ぐ行つて來ませう今夜, 直ぐ行つて縛つて來る, 直ぐ行方は解ります, 直ぐ衝突するから, 直ぐ衰えるのか, 直ぐにし, 直ぐ裏山から登り初めた, 直ぐ裏木戸を開け, 直ぐ裏漉に掛けられます, 直ぐにあたる, 直ぐ襟許に落ち, 直ぐ襲つて來た悲しみ, 直ぐ西一郎に会おう, 直ぐ西久保屋敷まで參, 直ぐ西湖に出た, 直ぐ西部へ旅行, 直ぐ西隣にある, 直ぐ見えなくなつた, 直ぐ見えなくなったが其処ら, 直ぐ見える階段でも, 直ぐ見たくでもない, 直ぐ見つかって終, 直ぐ見つかるもので, 直ぐ見て取ったものか, 直ぐ見て取る事が, 直ぐ見わけるものだ, 直ぐ見下すのである, 直ぐ見付けちゃうよ, 直ぐ見付けられて家, 直ぐ見物に出かける, 直ぐ見知りの空地, 直ぐ見破られてしまう, 直ぐ見破られるものだ, 直ぐ視線を外らし, 直ぐ覗いてもう, 直ぐ覚えられるかしらん, 直ぐ覚え込んでしまう, 直ぐ覚って, 直ぐ親しい感じを, 直ぐえて, 直ぐ覺つたのでありませう, 直ぐ觀破して, 直ぐ解く事に, 直ぐ解りましたが嚴重, 直ぐ解りますがそんな, 直ぐひわけ, 直ぐ言うてもカフェ, 直ぐた, 直ぐ訊かれるが火事場, 直ぐ訊きかへした, 直ぐ討つてやる, 直ぐ記憶が錯雑, 直ぐ訣りさうでありますが, 直ぐ訪ねて往つて, 直ぐ許してくれる, 直ぐ訴えて宜, 直ぐ訴え出ましたので取調べた, 直ぐ診察室に通される, 直ぐ試みて見る, 直ぐ試験所へ戻ら, 直ぐまる人, 直ぐ詫びに君, 直ぐ話させなかつたんだ, 直ぐ話し声を真似, 直ぐ話声で分った, 直ぐ話頭を転じ, 直ぐ話題を変えた, 直ぐ認めて投郵, 直ぐ誘惑される, 直ぐ説教を所望, 直ぐ説経祭文のやう, 直ぐ読めて, 直ぐ読返しもしない, 直ぐ誰人かに似, 直ぐ調べが附い, 直ぐ調べられたが森君, 直ぐ調べられましたがわからん, 直ぐ調べるのだ, 直ぐ論文になつ, 直ぐ警官が来, 直ぐ警察医は駆けつけ, 直ぐ警察署へ連れ, 直ぐ警視庁から合図, 直ぐが流れ, 直ぐ負かしてやる, 直ぐ貰いに来る, 直ぐ郎の, 直ぐ貴女のお家, 直ぐ貴殿の繩, 直ぐ買うことの, 直ぐ買って往く, 直ぐ買わせにやっ, 直ぐ賞翫されるもの, 直ぐつて金に, 直ぐ賣り飛ばすんぢや, 直ぐ賭博を始め, 直ぐ贊意を表した, 直ぐ赤らむや唐辛子, 直ぐ走って往, 直ぐ走りくたびれて馬鹿らしく, 直ぐ走り出したくらいである, 直ぐ起きたあまりに早, 直ぐ起きますよ, 直ぐ起きようと思っ, 直ぐ起きる覚悟を, 直ぐ起き上がると曲者, 直ぐ起き上ってしまう, 直ぐ起したりどう, 直ぐ起ち上つた, 直ぐ起ち上って, 直ぐ起って来る, 直ぐ起ったのです, 直ぐ起つて国歌, 直ぐ起上つて密りと, 直ぐ起上り砂も拂はず, 直ぐ起立して, 直ぐ越さなければいけません, 直ぐ足もとから下, 直ぐ跨り去る様子, 直ぐ跫音荒く登, 直ぐ路ばたに, 直ぐ跳ね起きて外, 直ぐ踊りたくなつたの, 直ぐ身の上を打ち開け, 直ぐ身の上話を初める, 直ぐ身体が良く, 直ぐ身元を調べる, 直ぐ身許が露顯, 直ぐ身顫が附い, 直ぐ車上の儂等, 直ぐ軍艦の食糧, 直ぐ転がる癖が, 直ぐ転住して, 直ぐ転移するらしいの, 直ぐ転覆って一尺, 直ぐ軽井沢旧宿駅, 直ぐ軽部清正同政子, 直ぐ輕井澤舊宿驛に來, 直ぐ辞表を出した, 直ぐ辯解して, 直ぐ迎いに来, 直ぐ迎えに行く, 直ぐ近かった小児, 直ぐ返討だ, 直ぐ返辞をした, 直ぐ追いかけて来る, 直ぐ追いすがるには餘, 直ぐ追いついて頭, 直ぐ追いつき後から, 直ぐ追い帰されてしまっ, 直ぐ追い帰そうと思いました, 直ぐ追おうぞ, 直ぐ追出され兼ねもしない, 直ぐ追出すからそう, 直ぐ退馬橋が, 直ぐつておくれ, 直ぐ送つてよこせ, 直ぐ送り返すからね, 直ぐ送り還したのです, 直ぐ逃がして遣る, 直ぐ逃げなかったんだ, 直ぐ逃げなければ私, 直ぐ逃げる二つ三つ打て, 直ぐひ寄つて, 直ぐ通じて居ります, 直ぐ通じなくてはならない, 直ぐ通りましたよ, 直ぐ逢ってくれました, 直ぐ連想したこと, 直ぐ遊ぶことが, 直ぐ遊戯めく, 直ぐ過ぎてしまう, 直ぐ道子の後, 直ぐ道會に於ける, 直ぐ達者なロシア語, 直ぐ違つた錠を持出し, 直ぐ遣したのが, 直ぐ適応出来るの, 直ぐ選挙談が出る, 直ぐの隣家, 直ぐ那珂川へ行き, 直ぐ邪推した, 直ぐ邸宅の立派, 直ぐ部屋続きに八畳, 直ぐ郵便箱へほうり込ん, 直ぐをした, 直ぐだ, 直ぐ醒める色の, 直ぐ重い病の, 直ぐ重要な手掛り, 直ぐ金座の後藤, 直ぐ金沢町の平野屋, 直ぐ金澤町の平野屋, 直ぐ釣場ですから, 直ぐ釣瓶井戸でその, 直ぐ鉄橋の下, 直ぐをくっつけれ, 直ぐ銀之助は, 直ぐ銘々のお, 直ぐに入, 直ぐまつて, 直ぐ鏡花夫人の愛, 直ぐ長火鉢の向う, 直ぐ長男を小野医師, 直ぐに接した, 直ぐ閉口垂れて, 直ぐ開いた分家や, 直ぐ開けたんで, 直ぐ開けるのでした, 直ぐ開通するの, 直ぐに合, 直ぐ間に合うような, 直ぐ間に合えば白胡麻, 直ぐ間際で場所, 直ぐに隠れ, 直ぐを駆け, 直ぐ阪上の交番, 直ぐ防禦に立て, 直ぐ附け加へ, 直ぐ附け上ってしまう, 直ぐ附焼刃だと, 直ぐ除けて入, 直ぐ階下に当っ, 直ぐ隠れてし, 直ぐ隣つて智恵子が腰, 直ぐ隣つて智惠子が腰, 直ぐ隣合つて居つたので, 直ぐ隣家へ骨董, 直ぐ隣町の床屋, 直ぐれて, 直ぐ雑木の山, 直ぐ雜木の山, 直ぐのため, 直ぐ雨戸で雨戸, 直ぐ雪沓を脱, 直ぐ雲霧に被れ, 直ぐ電報用紙を取りよせ, 直ぐ電氣に觸, 直ぐ電話郵便を利用, 直ぐの中, 直ぐ見るから, 直ぐ露月へ這入る, 直ぐ青山へ御, 直ぐ静粛になつ, 直ぐ靜肅になつ, 直ぐ非常線を張る, 直ぐ靡くのも, 直ぐ靴下吊具, 直ぐ音信不通の約束, 直ぐ響くからね, 直ぐ頂上に出た, 直ぐ項垂れて草, 直ぐ須山のこと, 直ぐが熱く, 直ぐ頭上で火薬庫, 直ぐをめぐらせ, 直ぐ頼ったのも, 直ぐ頼母木は伯, 直ぐの上, 直ぐ顔色を和らげ, 直ぐ顕然と目, 直ぐひます, 直ぐ願えましょうか, 直ぐに消され, 直ぐ風呂敷包を聯想, 直ぐ風船球のやう, 直ぐ風邪を引い, 直ぐ飛ばして下さい, 直ぐ飛びかからうと意地, 直ぐ飛び出した事で, 直ぐ飛び出す用意も, 直ぐ飛び込まれるに決つて, 直ぐ飛び込んで来ました, 直ぐ飛ぶやうに, 直ぐ飛出して息遣い, 直ぐ飛島山の花見, 直ぐ飛行機で送つた, 直ぐ食いつくのだ, 直ぐ食べた岩魚の, 直ぐ食べられますから軽い, 直ぐ食わせるところも, 直ぐ食堂に入っ, 直ぐ食料の心配, 直ぐ食物へ持っ, 直ぐ食用にし, 直ぐ飢ゑてゐる他の蟻, 直ぐを食, 直ぐ飯田町に向, 直ぐ飲むという訳, 直ぐ飲んでも熱い, 直ぐのよう, 直ぐを付け, 直ぐ飽かれるといふ憂ひ, 直ぐり公平, 直ぐ饅頭屋の店頭, 直ぐ首条に疲れ, 直ぐ馘首になる, 直ぐ香貫山の麓, 直ぐの部屋, 直ぐ馬道であった色, 直ぐ馬鹿なこと, 直ぐ馭者を呼ん, 直ぐけ込む, 直ぐ馳せつけましていよ, 直ぐ馳せ戻り楼の, 直ぐ駄目になる, 直ぐ駄菓子屋へ飛ん, 直ぐで待合せた, 直ぐ駅前一町の所, 直ぐ駆けあがるというわけ, 直ぐ駆けつけて呉れました, 直ぐ駆出して行つて, 直ぐ駈けつけて下さいました, 直ぐ駈けつけた訳でした, 直ぐ駈けつけることの, 直ぐ駈け付けるという約束, 直ぐ駈け去ろうとしかけた, 直ぐ駈け寄って来た, 直ぐ駈け附ける事が, 直ぐ駕籠後に立った, 直ぐ騒ぎ立てればよ汐見橋, 直ぐ高城のこと, 直ぐ高座へ躍り, 直ぐを結, 直ぐのそば, 直ぐの肉, 直ぐ鳳來寺の山, 直ぐ鳳凰山を目がけ, 直ぐ鳴るような, 直ぐの皮, 直ぐ鹽山ステーシヨンで片, 直ぐ鹿児島空港ですから, 直ぐに下, 直ぐ麦畑になっ, 直ぐ麦飯を作っ, 直ぐ麹町三丁目の御, 直ぐ麻酔がきい, 直ぐ黒ん坊になる, 直ぐ黒木を粧う, 直ぐ默つてお蝶, 直ぐ鼻先に邪魔物, 直ぐ鼻翼の上, 直ぐの無い, 直ぐ龍子は代, 直ぐ龜清の石垣, 直ぐSOSを放電