青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「空想~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

穏~ ~穴 穴~ ~空 空~ 空しく~ 空中~ ~空地 空地~ ~空想
空想~
~空気 空気~ ~空虚 空虚~ ~空間 空間~ ~突 突~ ~突い 突い~

「空想~」 3699, 40ppm, 2913位

▼ 空想~ (518, 14.0%)

28 中に 12 世界に, 中で 8 なかに, 翼を 6 なかで 5 うちに, ために, 産物で, 翼は 4 上に, 世界の, 中では, 娘らは, 限界を 3 世界を, 中には, 中の, 所産では, 翼が, 舞台

2 [36件] おかげで, ときの, やうに, 一種としか, 世界から, 世界が, 世界へ, 中でも, 中へ, 人物だ, 力を, 及ぶべきに, 善や, 夢から, 天地に, 奔馬は, 所産で, 拠り所を, 據り, 曲かな, 泡沫に, 種と, 種も, 糸が, 糸を, 翼の, 自由が, 花が, 虹に, 衣を, 裡で, 誤謬を, 遊びが, 郷でした, 間に, 限りを

1 [314件] あたらしい核, あまり奇怪な, いれまじった不安, うしろ帯を, うちだけで, うちで, うちでは, おもむくまま, お裾分けを, かたちに, ごとき明らか, ごまかしが, させる乱行, しわざなりや否や, その乙女, つづきですね, つづきを, つもりの, つよい人, でも天女, ところの, とりこにな, ないまるで, なかへ, なかへは, はなはだしきもの, ひとりでに走っ, ひらめきが, ひろい世界, まじる事, ままに, もとで, やうな, やや自然, ようで, ような, ようなれ, ように, りっぱな, わり込む, ゑがき出した, コマが, セミラミスや, バラ色の, ベースと, ローマンス楽しい, 一つである, 一つでした, 一つといった, 一つとして, 一つの, 一つは, 一半は, 上から, 上でこそ, 上でも, 上塗りを, 下に, 世と, 世の, 世の中と, 世界であった, 世界でしか, 世界でなけれ, 世界連想幻想の, 中とは, 中なる, 中にでも, 中にのみ, 中へは, 中を, 乱れとが, 事件や, 事務所, 人だ, 人形だつた, 人格, 人間の, 仙人や, 何等かの, 余地ある, 余地すらも, 俘にな, 偶然に, 偶発的産物であっ, 具体化能力や, 内へ, 内容も, 内部に, 分子を, 別世界にも, 前に, 前途を, 力が, 加速度によ, 動きが, 十坪住宅が, 卵を, 可能性を, 可能範囲が, 合間合間には, 善は, 喜びを, 国, 国が, 国には, 国を, 域を, 場面では, 変質を, 外には, 多い彼, 夢を, 天に, 天国でも, 夫人は, 奔放な, 奔放を, 女で, 如き時代, 如く美ならず, 子である, 子なり, 子を, 宝を, 実行に, 富を, 対象は, 小さいはけ口, 少女を, 局限が, 展開は, 山河に, 島で, 嵩じた気違い, 希臘を, 幕は, 幸福は, 幻像によって, 幻影, 広場では, 庭の, 形に, 影をも, 影響が, 彼岸の, 後半が, 徒な, 恋人, 恋人な, 恋人を, 恋心地を, 悪魔性の, 愉しさ, 愉快に, 成長し, 戦を, 所有者です, 所産である, 所産でない, 所産でなく, 所産としての, 所産とは, 所産に, 手がかりに, 援に, 放散を, 放肆にわたる, 放逸を, 文字に, 断片では, 方に, 旅は, 日を, 明るさ, 昔が, 時代は, 景色の, 有り得べき幸福, 核心が, 梯子を, 極み妄想を, 極端だ, 楽しい糧, 楽しさ, 楽園です, 概念だけ, 構へ, 構図も, 構圖も, 樣だ, 欠如では, 殿堂を, 水平線の, 汁で, 泉は, 浮ぶのに, 消化とに, 淋しさ, 湧き起ったの, 満足が, 源泉である, 演劇, 演劇を, 点より, 焔の, 燃え上りたる, 牢獄を, 特徴が, 犠牲に, 狐に, 猟人はや, 玩具を, 生活に, 産みし所, 産物じゃ, 産物である, 産物と, 産物なり, 産物に, 産物視せられ, 發動を, 百万円と, 目標に, 眼に, 種であった, 空気中に, 立場から, 範囲にまで, 精とが, 糸で, 糸は, 糸車を, 素因を, 続きが, 続きを, 線を, 緯糸の, 繰返しを, 續きで, 美くし, 美しい小説, 美しさ, 習癖を, 翼に, 翼も, 聴衆である, 胃袋は, 胸像の, 能力の, 腰が, 自宅が, 自由さと, 自由その他身体の, 自由を, 臭味を, 致命的な, 興奮でしか, 舞台が, 舞台ワクの, 船で, 色彩を, 花から, 花に, 花火, 草庵を, 華を, 蔭に, 蜘蛛の, 血だけは, 行く手に, 衣がか, 言葉を, 詩的述作なりや, 誇張だ, 豊かな, 豊かなる, 豊富な, 豊饒さの, 贍に, 起りだ, 足踏みを, 跡を, 踏台に, 輪を, 通りだつた, 遊戯ね, 遊戯を, 過冗, 過剰から, 道筋を, 金髪の, 闇に, 限界すらも, 陣幕を, 階段に, 隱形の, 雲霧の, 霊台に, 霊木に, 非なる, 面に, 頂点に, 領分に, 願望を, 飛行機は, 飛躍が, 飛躍に, 飛躍の, 馬に, 馳せる限り, 駈け抜けるの, 驢馬から, 魔杖の

▼ 空想~ (472, 12.8%)

20 して 10 描いて 8 抱いて, 逞うし 6 する 4 した, 刺戟した, 誘ふやう 3 しながら, ほしいまま, めぐらして, めぐらすこと, 刺戟する, 捨てて, 描くの, 書いて, 起こして

2 [21件] たくましゅうして, とりとめも, ほしいま, もって, 刺戟し, 刺激し, 加味し, 実現する, 描いたこと, 楽しんで, 繰りひろげるに, 許さない, 語るに, 追って, 逞う, 逞しくした, 逞しくする, 逞しゅうし, 逞しゅうすること, 頭に, 馳せて

1 [339件] あの人, あめりかに, あんなに愉し, いたしました, いたします, いだいて, いだかせること, いだき日本, いちいちほんとに頭, いやいや具体的, いやいや具體的, うっとりと, うみ, えがいた人間, えがきました, おかしく思った, おこさせた場所, おぼらして, きはめて, さえも, さえ抜き, さしはさむ餘地, さも楽しい, したこと, したもん, したり, した日, し過ぎたこと, するだけの, するには, するよう, する不潔, する事, する自分, そ, そこで, そそった, そそる, そのまま書い, それからそれ, たくましうすると, たくましくし, たくましくする, たくましくすれ, たくましゅうした, たくましゅうした叙述, たくましゅうすること, たくましゅうする者, たしかその, ただ文字, たどって, たどりながら, ちらっと, つづけた, つづけると, どこまで, のせて, のんきに, はらいはらい仕入, ひろげて, ほんの少し, ぼくは, まじえた創作, まどろみの, めぐらしながら, めぐらしは, もった少年, もつて, やっと払いのける, やめて, ややもすれば独占, ゑがきながら奧さんを, テーマに, ハミダシ空想の, ブチこわされた, 一々結びつけ, 一ぱいに, 一層興味, 一度には, 一種の, 与へ, 与へて, 中止しなけれ, 乱されずに, 交へ, 伴に, 何時までも, 俺に, 傾けつくして, 働かせて, 充たせるには, 免れぬから, 免れ難き, 入れる餘地, 全然脱却, 具えて, 兼有し, 再びする, 出でながら, 刺戟され, 刺戟せられた, 力に, 加えて, 加へて, 助けたもの, 助長した, 動す, 句切るの, 叱るよう, 吹き拂, 呪った, 呼び起す, 呼起こした, 善くある, 喚び起して, 喜ばした, 嘲ける色, 嘲った, 嘲笑つ, 囚われて, 回らせ居り候, 基調と, 壊して, 夢むのである, 大いに刺戟, 大臣は, 天空に, 失って, 妨げない, 始めました, 学び知ること, 実在化し, 実地上において, 実現さすべき, 実現させ, 実現させなけれ, 実現させよう, 実現した, 実現しよう, 実行に, 容れうる余地, 實現させた, 實現する, 實際だ, 實際に, 対象に, 封じ寧ろ, 峻拒し, 帰路の, 常陸夫人は, 廻らして, 廻らしては, 弄んで, 強ひられる, 強要し, 役したり, 微笑させ, 忍んで, 快く聞き流す, 思出し, 性命と, 想像を, 惹起す, 惹起する, 愉しむ習癖, 愛すると, 憶い出す, 懷いた, 懷き, 払ひ去つ, 抑制し, 抱いたまま, 抱いたり, 抱くと, 抱くよう, 抱く程妻, 拒否する, 按配し, 捏ち, 捏ち合せ, 捨てたくないと, 捨て着実, 排するならば, 排するもの, 描いた, 描いたの, 描いたもの, 描いたり, 描いた時, 描いては, 描かせいかに, 描きだして, 描きつつ, 描きながら, 描きました, 描き出すこと, 描き自分, 描くけれども, 描くこと, 描く歌, 支えて, 支配し, 攻撃した, 散らして, 斥けて, 暫くし, 書いたん, 書いても, 最も効果的, 束縛し, 染めて, 根こそぎくつ, 案配しかねて, 楯に, 楽しみながら, 楽しむ気持, 楽しんでるの, 樂しみ始めた, 欠いた表現, 正当化そうと, 死の, 殊の, 殺した場合, 求めて, 浮かべたり, 浮べて, 浮べながら, 消散させた, 混ぜない, 湧かしつつ, 湧起せしめた, 激し, 煽り立てたから, 燃やして, 現実と, 現実に, 現実らしく描く, 現実化した, 現實, 理想と, 甘くする, 生み出す, 生むに, 生む機縁, 生命と, 畫が, 発酵させる, 盛り若しくは, 直ちに実現, 真実に, 破った, 破つたの, 破られそれで, 破られたばかり, 破られる, 破りは, 破るもの, 破る鐘, 示唆する, 私の, 私は, 笑った, 第一, 築きあげやう, 絶つた, 綯い合わせ二人, 縦ままに, 織りこんで, 繰り返した, 考え出したの, 胸に, 臆面も, 自由に, 自由自在に, 襲ひしなり, 西洋に, 要しなくなつ, 要するゆえん, 見ただけでも, 言葉に, 訊ねて, 許さないならば, 許さるるならば, 許されるなら何者, 許せば, 話相手として, 誘われた, 誘われたの, 誘起せし, 語りはじめたの, 語ること, 誨へて, 読みかつ, 談じ, 謝し, 豊富ならしめた傾がある, 賤しめ実学を, 走らす余地, 走らせて, 走らせては, 走らせないわけ, 起して, 起しながら, 超えた以上, 超すに, 超越した, 輝かせた, 述べて, 追おうと, 追っかけてる愛すべき貧民, 通って, 逞くし, 逞しう, 逞しくさせた, 逞しくし, 逞しゅうした, 逞しゅうしながら, 逞しゅうするという, 逞ふし例へば, 逞ゅうしていた, 進めるの, 遠離, 遥かに, 適度に, 避けたつもり, 重ね遂に, 開始する, 除いたら彼, 離れ感傷, 音楽の, 頼まないリアリスト, 食物と, 食物に, 飾り之, 馳せながら, 馳せること, 駆りたてて, 駆り立てて, 鼻紙の

▼ 空想~ (431, 11.7%)

16 耽って 15 ふけって 10 過ぎない, 過ぎないの 9 ふけりながら 7 ふけりました, 耽つて 6 耽りながら 5 耽ったり, 身を 4 ふけったの, 駆られて 3 すぎない, なって, ふけった, ふけるの, 屬する, 耽つた, 胸を, 走つたり, 非ずして

2 [29件] しても, すぐ自分, なつて, ひたって, ふける, ふけること, 夢中に, 富んだ点, 富んだ點, 描いて, 描きながら, 時を, 沈んで, 浸って, 溺れて, 生きて, 終らねば, 耽った, 耽ったもの, 耽りたる絵画界, 耽りだした, 耽る, 耽ること, 耽るの, 走つて, 過ぎないこと, 鈍い人, 頭を, 駆られた

1 [248件] あきて, あらはれた美, あらわれて, あるだけの, おとしいれる雰囲気, おびやかされて, おぼれ込んだ人間, おわった, かなり自由, かられて, さへ, して, すぎたる話, すぎないと, すぎないの, すぎなかった, すぎませんけれども, するの, そのたび戦慄, その久しい, たぶらかされてるんで, だまされたの, ちがいなかった, ちよつと, とどまって, とどまり動物, とどまるらしく見え出して, とらわれた, とらわれて, とる, なったと, ならないかぎり, のぼせきって, のぼるん, ひかれて, ひたった, ひたっては, ひたるの, ひとしいもの, ひとりで, ふけったこと, ふけったり, ふけつて, ふけりたいと, ふけりまた, ふけり出した, ふけるだけ, ふけるであろうと, ふける寝台, ふるへた, ほかならず, まきこまれる, まったく浸され, まとまって, みちた坂道, ゐる獏, 乗って, 乗つて, 亢奮した, 代って, 住む面積, 依って, 充ちたその, 入るん, 動かされたと, 包みたい, 向けられて, 囚われたり, 囚われて, 土台を, 基いたもの, 墜ちて, 変わって, 多大な, 失望し, 好き材料を, 委ぬ, 客観の, 富みて, 富む若い, 富んだ心, 對する, 属する, 属するを, 属す実行, 己れ, 引っ張り廻されて, 引つ掛つて, 強い影響, 彩色れた, 影響せず, 待つこと, 心を, 応ずる自由, 思はずよろめいたり, 思ふ様, 惚れこんだの, 成ったもの, 托して, 拠って, 捉われ, 描いた坑夫生活, 描いた歌, 描かれるもの, 支配され, 於ては, 映じた回向院, 映じた限り, 時々走つた, 時間を, 更に小説, 枝葉を, 楽しんで, 欺かれてるかを, 欺された, 止らないで, 止らなかつた, 残して, 毒を, 比べたら取るにも, 気を, 沒頭し, 浮かべて, 浮び來, 浮ぶ沼津, 浮ぶ自然, 浮べて, 浮んだの, 浮んだ一英雄, 浸ったなり, 浸つて, 浸りきって, 涙ぐむ彼女, 溺れさせて, 焦れて, 生き得るところ, 生まれたもの, 生命を, 疑いを, 疲れて, 相違ない, 神秘の, 空想の, 空想を, 終って, 終らぬ事, 終りまで, 終る, 終るかも, 終るだらう, 終始した, 結びつけて, 縋りついて, 繪畫に, 耳を, 耽けること, 耽けるの馬鹿氣, 耽っただけの, 耽ったとき, 耽ったばかりに, 耽った時代, 耽っては, 耽ってるうち, 耽ってるの, 耽ってる方, 耽つたの, 耽つたり, 耽らせて, 耽らせられたまでの, 耽りしも, 耽りつつ, 耽りて, 耽りとうとう, 耽りますの, 耽り乍ら, 耽り候, 耽り出した, 耽り實, 耽り思ひ返しては, 耽り荘厳, 耽り莊嚴, 耽るべきでは, 耽るやう, 耽るよりは, 耽る国民性, 耽る毎, 耽る頃, 耽れると, 耽ろうと, 聊か実歴, 自分で, 色どられ, 誘われて, 費して, 資すること, 走する事, 走っては, 走らない人間, 走り始めたかの, 走り己, 走り窓, 走り過ぎて, 走ること, 走ると, 身悶えし, 近いが, 近いこと, 近いほどの, 近いもの, 近い希望, 近い理想, 近い考, 迷い込んでは, 迷わされ, 追い縋るという, 追われて, 遊び空想を, 遊んで, 過ぎざるが, 過ぎざるを, 過ぎずとなし, 過ぎず今日, 過ぎないが, 過ぎないこの, 過ぎないでは, 過ぎないと, 過ぎないもの, 過ぎなかったと, 過ぎなかったの, 過ぎなかった大, 過ぎなかつたの, 過ぎぬこと, 過ぎぬであらう, 過ぎぬの, 過ぎん, 違いありません, 酔うひま, 醉は, 陶酔する, 震えた, 震へ, 非ず, 馳せ易い, 駆らるるの, 駆られながら, 駆られ易い, 駭然と, 驅られ

▼ 空想~ (264, 7.1%)

41 ていた 20 てゐた 17 ている 15 てゐる 8 て居る 6 てみた 5 てみる 4 たりし, たりする, てそれ, てみ 3 ていました 2 たりした, たりつもり, て来た, て来る, て見た, ながら, ながら美奈子, 更に悪魔的趣味性

1 [117件] この空想, さうなこと, しまいには, そのまね, その内容, その積み重ね, それからそれ, それを, たりかういふ, たりこういう, たりしました, たりなどし, たり想像, たり感じ, たり考え, たり自分, たり興奮, たり議論, たり追憶, ていられる, ているらしい, てうっとり, てうつ, ております, てききました, てくれなけれ, てごまかしてた, てそ, てそれにしても, てたのしく, てて, てはめこむ, ては恐ろし, ては聖書, ては自分自身, てばかりいました, てまとまった, てもう, てもおのずから, てもそれ, てもたのしい, てもゐた, ても一向, ても共産主義, てやる, てゆく, てゐます, てコオルドビイフ, て一日, て一生, て与太, て云, て俺, て出掛け, て勝手, て安心, て居た, て居りました, て帰っ, て心, て愉快, て戦争中, て楽しむ, て楽しん, て比較, て氷, て泣く, て満足, て激しい, て独り, て私, て自分, て行っ, て行った, て表, て見つめる, て見る, て言つたの, て読む, て近ごろ成人, て鳳凰, ながらやたら, ながらよろしく, ながらシコツ, ながら一度, ながら受付ける, ながら実は, ながら木箱, ながら歩い, ながら汚い, ながら涙, ながら焼, ながら私, ながら緑色, ながら花屋, ながら褞袍, ながら言った, ながら車馬轢轆, ながら頻りに, またその, 一瞥した, 二人きりで, 商人は, 妄想し, 室内旅行を, 彼の, 想像する, 戦争を, 易くもの, 時勢を, 更にあり, 構想し得る, 煩悶が, 熱帯地方の, 百姓は, 自由に, 身賤しけれ

▼ 空想~ (217, 5.9%)

3 ここまで 2 そこで, その場, たのしくない, だんだんに, どこまで, まず第, 何もかも淡々しく, 子供の, 彼の, 立派に

1 [194件] あぶなくもんどり, あらぬ方, いかに自由, いくら巧妙奇警, いけないとして, いつか長い, いつも女性, いつも私, いま実を, いわば少年, かきみだされて, かくの, かなり大きく, かの少女, この一句, これとは, じつは空想, すこしよろめいた, すっかり覚め, そうにわかに否定, その瞬間, その言葉, その鳶, それから, それ自身に, そんな場面, たとい一種, たのしかつ, だんだん無くなっ, ちょうど雲, ついに空想, つまづいた, とめども, どうで, なかった, なかつた, なぜか, なんという, はるかに, ふき飛ばざるを, ふたたび空想, ほしいまま, まじって, またさっきバス, また崩れる, また次, まるで妖精, もう当分やめ, もしや生命, もはや疲れた, やっぱり古里, やっぱり故里, やぶれました, ゆたかなれ, よく分った, 一つ峠会という, 一場の, 一応の, 一方に, 一時に, 一転する, 世の中の, 中学校へ, 事実上不首尾に, 五十坪か, 人形を, 今すぐ, 今は, 今も, 今ようよう, 今途方も, 伎楽面自身から, 会釈なく, 伸びまた, 何時しか十五年前, 何時でも, 何處まで, 作者の, 停止する, 免れまい, 全く仇, 全く起らないで, 其から, 刺戟され, 史実と, 君に, 圖らず, 外部から, 夜更けの, 大きく延びる, 太平洋の, 失われた, 失望や, 婦人の, 子供は, 安ツ, 実に今日実在, 少くとも, 少しも, 展開する, 峻酷な, 度々彼, 当て外れだ, 彼には, 彼らにとっては, 彼一流の, 彼女の, 彼自身と, 必ずむざんに適中, 忽ちはかなき, 忽ち掻乱, 思ひも, 悲哀である, 想像と, 愈濃く, 愉快です, 折々彼, 新しいに, 新たに, 日ましに, 明治時代らしい, 昔から, 是だけまで, 時として神通力, 時計の, 月並みで, 未だ一たび, 未来における, 本當, 果しない, 楽しい, 次の, 次第次第に, 段々ほぐれ, 水で, 氷河を, 決して思想, 活溌に, 浮かばないから, 消えた, 混って, 漸次に, 現実よりも, 甚だ多い, 男子を, 當の, 着々と, 破られたの, 破れたの, 禁物です, 私の, 私を, 空想だけに, 空想として, 空想に, 空想の, 空想を, 笑うべきもの, 粗野であった, 統一なく, 縦横に, 繁り又, 美しくなく, 美徳と, 羽の, 自然に, 自然の, 自由自在だ, 芸術とは, 若い時代, 萬人の, 蠑螺の, 詩についての, 遂に空想, 道のりを, 適中し, 重く思惟, 野村と, 鎌倉の, 長い日, 長かった, 長くは, 開けて, 限りなく, 限りなく伸びる, 際限なく, 際限なし, 霧の, 青年時代の, 非常に, 飛拍子も, 飛躍します, 鳴き絶えぬ千鳥, 鴉片の

▼ 空想~ (217, 5.9%)

16 なもの 4 なこと 3 では, な物語, にし, になり

2 [14件] であると, でなかなか, でまた, なところ, なの, な少年, な愛, な文章論, な生活, な自由, な虚構, な閉鎖性, になつ, のもの

1 [157件] だった, であった前, であって, であつ, であり活, であり現実, であり用心深く, であること, であるという, であるとしても, であると共に, でかつ, です, でなかったに, でめずらしく, でロマンチック, で今日, で大人達, で情趣, で注意深い, で神秘的, で詩人, となす, と感覚的, な, なあどけな, なおもむき, なしかも, なすばらしい, なそして, なより, ならざる自然主義, なるところ, なるとを, なるまでに, なるもの, なる十歳前後, なる旅行家, なる複雑, なプルードン, なユートピア, なユートピア思想, なユートピア社会主義, なロマンチック, な一例題, な不思議, な事, な事件, な事件本位, な人物, な人道主義, な人間, な仮定, な何物, な作品, な偉大, な傾向, な光, な冒険, な刀, な創造, な域, な多久家, な夢物語, な娘ら, な宗教画, な少女, な希望, な平和論, な年老いたお, な形, な微光, な心持, な思い付き, な性質, な情景, な想像, な想像力, な愉楽, な態度, な憂鬱, な所有, な扮装, な推理, な攻撃, な方法, な浮華, な状態, な理想主義者ら, な理想家革命好き, な理想村, な産物, な痛烈, な眼差, な瞳, な社会主義, な種々, な筋, な素晴らしい, な絵, な老, な考え, な考えよう, な肉, な腕組, な自然解釈, な花模様, な虐政, な衣裳, な要素, な詩人, な話, な調子, な超越, な部分, な非, な革命家, な頭, な顔面, な馬鹿げた恋, にあらずし, にごうしゃ, にさせる, にしか捉える, にしか知り得ない, にしか知る, にすぎぬ, になる, になれる, にぼんやり, にまで主張, に使用, に僕等, に又, に実行, に彼女, に或, に描いた, に描き出す, に望ん, に現, に異境, に考へる, に脚色, に見る, に見開いてる, に話した, に誇張, の人物, の人間, の功名, の危険, の死, の社會主義, らしかった, 若くは, 諸制度

▼ 空想~ (206, 5.6%)

4 私に

2 [16件] あとから, あるん, どうやら現実, 働き男自ら妊, 全然根, 大部分, 次から, 浮んで, 混って, 湧いた, 湧いて, 湧く, 現実と, 空想として, 貧弱の, 起こる

1 [170件] あつて, あまり素晴らし, あり新派, ある, あるだろうか, あるばかり, ある仕組み, いくぶん事実, いつまでも, いよいよ強められ, いよいよ放縦, いろいろ起こし得られる, いろ褪せて, かくも, かすめた, きっかけに, ことごとく実現, このこと, こもりまた, させる大胆, さまざまな, さまざまに, じりじりと, すっかり実現, すっかり消え, そうは, そこまで, そつくり大人の, そのままに, その華麗, それであつ, できるの, とんでもない, なかった, はたして実行, ひっきりなしに瑠璃子, ひつきりなしに, ひどく彼女, ひょっくり彼, ふと頭, また働き出し, まるで形, わずかずつ, 一ばい大きく強く, 一図に, 一圖に, 一致した, 万一事実, 不便な, 事実と, 亜麻いろ, 今度に, 余り専横, 価値である, 俺を, 俺自身には, 働いて, 働き出して, 働き出すよう, 働き始めた, 元らしく, 入って, 全く清らか, 全て裏切られた, 全部差し迫った, 出来事の, 到, 到底実現, 加えられて, 加わって, 勝手次第に, 単に形, 即ち本態, 否定される, 唇の, 塞がれて, 夕立雲の, 多く交つて居る, 多すぎます, 多少でも, 大きくなる, 天の, 奔放であった, 女宗教人の, 如何にも豊富, 如何に低い, 妙に, 始まったね, 安, 実現した, 実際と, 實際津浪が, 小さい, 少しも, 嵩じたという, 幻滅に, 建てられなくては, 役に立つよう, 彼の, 徂徠し, 心に, 悪夢の, 手伝つてゐる, 抑制され, 拡がつた, 描かれて, 是に, 暫くは, 曾我乃家には, 有るよ, 本則だ, 欠けて, 欠乏した, 次第に私, 止度なく, 正しいか, 此迄あつ, 殊の, 残って, 流行した, 浮ぶん, 海を, 混入し, 湧き上って, 湧き出した, 漸く実現, 無限に, 現在の, 現実でない, 甚だしかった, 生き生きと, 生まれ出るの, 生んだ虚構, 産み出したもの, 白日の, 盛られて, 真理を, 眼の, 眼前において, 破れる, 私には, 私の, 移つる, 穏かに, 立たせた人影, 結びついて, 続いて, 脳裡に, 自己を, 自由に, 言葉の, 許されますなら愚僧, 誘惑と, 象の, 負ふべきである, 起こった, 起こって, 起こり得られる, 起って, 起つて, 起る, 起れば, 跋扈する, 躍り出し形, 造つた靄の, 雲の, 頭に, 顔を, 飛びひろがる, 駈け足

▼ 空想する~ (94, 2.5%)

6 ことは 5 ことが, のが 4 ことも 3 ことの, のである 2 ことに, のでした, のも, ような, ように

1 [58件] から実際, くらいに怖, くらい人類, ことさえ, ことさえも, ことそれは, ことだけが, ことにも, ことを, だけ, だけで, だけでもいぶせい, だけな, だに苦しく, とかいうの, ところまで, とむずむず, とわけ, と一寸, と何, と全く, と危うく, と感, と男, と胸, と蒲原氏, と重吉, のであつ, のです, のは, のみで, ばかりだけでもない, ほどの材料, ほど犬, やうな, よりももっと, んでございます, バチエラア・タワア, ボヴァリイ夫人以来の, ボヴアリイ夫人以来の, 事さえ, 事も, 余地が, 余地も, 場面である, 幸福なんて, 悩ましい夢, 悪い習慣, 所は, 時が, 時直訴当時の, 様な, 為めに, 癖の, 程貧弱な, 自由を, 限りの, 風景を

▼ 空想~ (91, 2.5%)

3 現実との 2 いうならば, なります, 奇矯なる, 幼稚な, 無根拠, 狂気の, 現実の, 言葉との

1 [72件] あこがれが, あまり違わなかった, あるのみ, いうよりも, いえども, いわずして, きわめて冷酷, この生活, そうでない, その表現, ちがった現実, なり理論, みなして, ヒロイズムと, リアリズムの, 一処に, 事実との, 事実とを, 云えば, 云はんよりは, 半々ぐらいか, 同じである, 同義で, 君の, 嘲り夢, 変じぬ, 多くの, 夢とを, 妄想とが, 実景に, 実際との, 希望と, 思って, 恐怖から, 悲壮な, 情熱とに, 情熱の, 想像の, 愛情とを, 感情とに, 憧れとは, 憧憬とが, 排しても, 推理の, 機智若く, 欲念と, 現実とが, 理想が, 理想は, 理由の, 申して, 異る, 異様な, 真実の, 知れたこと, 空想との, 笑はれない, 笑われても, 筆技からも, 結びつけて, 聯想の, 芸術が, 芸術化とが, 虚栄の, 観察が, 評する, 誇張の, 軽侮し, 連想の, 違ひまし, 郷愁と共に, 驚異との

▼ 空想~ (80, 2.2%)

3 して 2 浮んで, 許されるだろう, 起こし得られる

1 [71件] あったの, あつた, あれば, きれいに, しなかった, しなかつたこと, する気, そこでは, その中, それ自身意識の, とどかないほどの, なかった, なし得ない経綸, なにも, なんにもない, ひよつと, またちょろちょろ, また幾度, 一九四五年八月六日の, 一時ふっ飛ん, 七兵衛の, 二人の, 亦この, 作って, 作れて, 出来ない話, 出来なかつたもの, 参加し, 唯それ, 塗りつぶされて, 実現する, 実際上, 希望も, 幻想も, 彼としては, 思い切って, 思い浮かべられるの, 悪戯を, 折々は, 掻き消えて, 救はれた, 救われたの, 有り餘つて, 気まま, 浮ばず十年一日, 消えるし, 湧いた, 湧いて, 石鹸玉の, 破られて, 破れて, 種切れに, 突然の, 立てなおさなくては, 聞いて, 芸術も, 芽ぐむ余地, 萎靡し, 萎靡する, 豊富に, 豹一にとっては, 起こし得られるの, 起こるくらいに, 起されないこと, 起し得られる, 起って, 起つた, 起らない, 門外世上の, 雲消, 麻痺する

▼ 空想~ (79, 2.1%)

4 あつて 2 こしらえあげたあと, せいぜい胸, 描いて, 現は, 縦令彼女

1 [65件] あおられた誇張, あおりました, あつた, あつたの, あつたらう, いっぱいだった, いっぱいに, いっぱいふくらませ, いつぱいになりながらも, うっとりし, けっしてそんな, こしらえて, すーっと, せうが, そういっ, そこの, その人物, その役柄, ただ胸, つなぎ合せ, つなぎ合わせ, でっちあげた姿, でっち上げたところ, なしに, ならどんな, ふくらんだ, ふくらんだ酒屋, 之を, 事実言語以外に, 作りあげて, 作りながら, 偶然を, 僅に, 出来て, 出来上って, 実感を, 実行する, 必然性が, 思い浮べて, 描いた妖魔, 描き真実, 書いた小説, 木村を, 決して事實, 無理に, 現わし, 現世に, 理論で, 生きてるよう, 病後の, 眩んで, 終つた例も, 終らずに, 練り直した掠奪, 考へて, 胸を, 腹を, 芸術は, 芸術はか, 行けば, 行ける, 補いながら, 補って, 説を, 飾磨屋と

▼ 空想~ (76, 2.1%)

53 とシナリオ, ね 2 だと, だね, であった, であったが, である, にする

1 [53件] か哲学者, が五人, が想像, じみた頭脳, だいや, だから, だからね, だとは, だな, だろうと, だ夢想家, だ空想家, であったと, であっても, であるかと, でおまけ, でしょう, ですね, でなければ, ではなかっ, ではなかつた, でもあり, でもあるまい, でもない, でやがて, でモートル仕掛け, で何, で瞞, とか夢想家, としては大きい, として嗤, となっ, とも違い, と見る, と言, と訂正, ならずして, にすぎない, に目のあたり証拠, のガラツ八, の三木, の心, の心臓, の早, の眼, の考え方, の青木さん, はこの, は駄目, もみずから改革者, よりずつと実際, らしくぎらぎら, を演壇

▼ 空想した~ (64, 1.7%)

4 のである 3 ことが, のであります 2 ことは, のは, ものである, 時よりも, 短篇などを

1 [44件] おじいさんの, かしれません, かも知れない, からであった, が, がその, が常に, けもの, ことそれとは, ことの, ことも, さまざまの, せみが, だけでもおかしい, つてはじまらぬ, とき壮二君の, とて或は, のが, のだ, のです, のも, ばかりでなく, ものだ, ものだった, ものでございました, やうな, やうに, ように, ようには, んじゃ, んです, ロオマンスで, 一種の, 人物は, 仙山は, 位ゐ, 國或は, 文学で, 殺人行為が, 湖よりも, 瞬間から, 私の, 聖観音の, 通りの

▼ 空想では~ (61, 1.6%)

5 ないの, なくて 4 ない, なかった 2 ありません, あるが, ないか, ないと, なかつた, なくなって

1 [31件] ありますが, ありませぬ, あるまい, あるまいかと, あるまいと, ございませんでした, すでにこんな, ちょっとこの, ないかと, ないが, ないこと, ないという, ないわ, ないんでね, ない夢, ない未来, ない根拠, なかったでしょう, なくあくまで, なくこれら, なくそういう, なく三十年来, なく今日, なく実現, なく極めて, なく正史, なく求めら, なく現実眼, なしに, ドンキホーテの, 無い

▼ 空想~ (44, 1.2%)

2 妄想が

1 [42件] うれしさ, そんなもの, でたらめでは, まぼろし, 五十年の, 冒険心という, 創作欲を, 又感傷的, 唯美主義的な, 夜の, 夢や, 妄想と, 妄想に, 妄想を, 実感やらを, 希望は, 希望を, 幻想に, 幻想を, 幻覚が, 想像や, 感情を, 憤怒や, 推測の, 期待や, 気まぐれな, 漠然とした, 理想で, 理想の, 理想を, 結論を, 美技を, 聯想の, 聯想を, 臆測は, 虚構が, 見知らぬ島々, 計画は, 追憶の, 逡巡の, 邪推ばかり, 願いや

▼ 空想~ (43, 1.2%)

2 と思っ, と思つて, と直ぐ, よ

1 [35件] かという境目, かどう, から, からね, から当らない, から駄目, があなた, が切支丹, が基づく, が小学校, つたのか, つたのである, つて在るべき, と, というわけ, という冷酷, とか何とか, として現実主義, とはいえず, とは思わない, とは言, とわかった, と嗤, と思う, と思った, と恒夫, と断っ, と申し上げました, と笑わない, と笑われる, と考へた, な, 痴人の, 空想の, 策士の

▼ 空想~ (43, 1.2%)

2 を刺激

1 [41件] が働い, が枯渇, が生れよう, が缺乏, が足りない, が魂, でもそこ, でやっと, でやつ, で荒唐無稽, というもの, といえ, といふもの, とに依っ, とを制御, とを必要, と感情, と違っ, にあらためて, によってたえず, に依った, に富ん, に対してこの, のため, の横溢, の貧弱, の逞し, はよく, は却つて敏活, は男性, は豊富, は鼓舞, もゆたか, も甚だ, をどんなに, を信ずる, を働かせ, を加え, を楽しましめる, を涵養, を考える

▼ 空想から~ (33, 0.9%)

1 [33件] あゝした, さめた咄嗟, さめた時, その星, であった, はじまって, ますます陰鬱, 今の, 作り上げたもの, 俳優的空想への, 出る例, 出来た奇抜, 夢を, 妄想の, 成ったもの, 捏出した, 消えて, 消去って, 現実の, 生み出された, 生み出された事, 生れた, 生れたもの, 産出した, 科学へ, 空想その, 空想に, 空想枝から, 自信へ, 蘇格蘭各所より, 覚めると, 醒めて, 離れては

▼ 空想には~ (23, 0.6%)

2 昔から, 画が

1 [19件] いろいろ意味, かえって都合, この超自然的, しかし物理学的, たのしく描かれる, 不自由しなかった, 仏教芸術の, 偶然的な, 制約が, 多少の, 常に漆黒, 思想の, 時間も, 極めて現実的, 止らなかつた, 熱帯に, 白粉の, 過ぎない, 違いない

▼ 空想である~ (17, 0.5%)

3 かもしれない

1 [14件] かどちら, からである, か実在, がこうした, がしかし, と云う, と思われる, と考え, と誰, はずが, ように, わけは, 事が, 場合が

▼ 空想~ (17, 0.5%)

4 して 2 の手続

1 [11件] された一匹, された回顧, された構図, されて, されては, した, した奴等, すること, するのに, する事, は長続き

▼ 空想という~ (13, 0.4%)

2 のは, ものである 1 ものが, もので, ものに, ものは, ものも, もんです, 奴は, 妙な, 無限の

▼ 空想とは~ (13, 0.4%)

1 [13件] いいきれないから, いえないん, いえなかなかしっかり, いえぬの, この努力, ちょっと違います, どんなもの, また違, 似ても, 何等撞着, 例の, 思われない, 言われないであろう

▼ 空想として~ (12, 0.3%)

2 やり過したくない 1 あるいはこしらえ, これほども, 働かしながらも, 大多数, 我々愉しき, 描いて, 無下に, 理窟として, 考えること, 興味を

▼ 空想でも~ (10, 0.3%)

1 ありません, ない, ないわけ, なかった, なく実際, なければ, なんでも, 想像でも, 現在の, 鶴に

▼ 空想によって~ (10, 0.3%)

1 かすかな, こしらえあげられて, この大, 創られた人物, 慰められたこと, 描かれたものの, 神秘化され, 紛らす, 色濃く彩られ, 造り上げられたもの

▼ 空想~ (10, 0.3%)

2 の世界 1 の, のみの産物, の名前, の天, の懐疑, の産物, の破壊力, の神の島

▼ 空想~ (10, 0.3%)

2 のある 1 でやれ, とは密接, なん, の旺盛, の者, はただ, をもっ, を満足

▼ 空想でなく~ (9, 0.2%)

1 ほんとうである, 其頃では, 実現され, 或いはもと, 比喩でなく, 率直なる, 現実に, 現實, 郷土的実際

▼ 空想にも~ (9, 0.2%)

2 程が 1 せよわれわれ, やはり大昔以来, 浮ばなかったと, 理由が, 耽つた, 自分としては, 限界が

▼ 空想との~ (8, 0.2%)

1 世界にのみ, 区別だけは, 境が, 板ばさみといふ, 織り交つた, 鉢合せに, 闘いを, 限界も

▼ 空想小説~ (8, 0.2%)

1 かい, じゃない, だとも, でなくて, とは違う, に今, に終わらない, ばかし書い

▼ 空想であっ~ (7, 0.2%)

1 たり迷信, ていまだ, てすべて, てその, てはならない, てもはや, てシカモ発言

▼ 空想~ (7, 0.2%)

1 の, のかい, のだ, ので, んです, 日を, 頭に

▼ 空想~ (6, 0.2%)

2 である 1 さっぱり見当, であって, 夢だった, 夢である

▼ 空想かも~ (6, 0.2%)

4 知れない 1 知れないが, 知れませんけど

▼ 空想される~ (6, 0.2%)

2 のでした 1 とすれ, とともにこの世, ものより, 詩的構想を

▼ 空想であった~ (6, 0.2%)

1 かというよう, から偶, が五十六億七千万年後, ことが, すなわち蒸汽船, といわね

▼ 空想です~ (6, 0.2%)

42

▼ 空想より~ (6, 0.2%)

1 して, 出づるにはあらずやといひ, 産れ, 科学へ, 美なる, 論理判断力の

▼ 空想よりも~ (6, 0.2%)

2 もっと変 1 つと残酷, なお浪漫的, 楽しい現実, 遥かに

▼ 空想をも~ (6, 0.2%)

1 たくみに, ほしいま, 与えるし, 何處かで, 僕は, 絶し

▼ 空想じゃ~ (5, 0.1%)

2 ありません 1 ありませんぞ, ない, ないよ

▼ 空想せざる~ (5, 0.1%)

2 を得ざりき 1 を得ない, を得なかった, 善を

▼ 空想せず~ (5, 0.1%)

2 には檻, には生きられぬ 1 にいられませんでした

▼ 空想とを~ (5, 0.1%)

1 まじへたり, 刺戟され, 刺戟した, 抱かせる一応, 編み交ぜたる我詞章

▼ 空想ばかり~ (5, 0.1%)

1 して, してるよう, 考えて, 逞しゅうし, 駛らせ

▼ 空想を以て~ (5, 0.1%)

2 創造した 1 し半, する事, 満足し

▼ 空想~ (5, 0.1%)

1 がなく, というもの, にある, や冒険心, 偽瞞性

▼ 空想~ (5, 0.1%)

1 である, に屬, に求める, に誘ひ行く, を現ぜる如く

▼ 空想~ (5, 0.1%)

1 ではそれ, に住む, に感じ, の女, の悦楽

▼ 空想さえ~ (4, 0.1%)

1 いだかせられる恐れ, 描いたの, 描くの, 頭を

▼ 空想された~ (4, 0.1%)

2 が併 1 からであります, 願望の

▼ 空想してる~ (4, 0.1%)

21 のかも, のよ

▼ 空想せられ~ (4, 0.1%)

1 うらやましくさ, ていった, て行, 易い

▼ 空想せられる~ (4, 0.1%)

3 ものは 1 のである

▼ 空想だけで~ (4, 0.1%)

1 けっこう気, 充分で, 終つたのです, 終るかも

▼ 空想でない~ (4, 0.1%)

1 かしらん, しっかりした, と言い得る, 証拠が

▼ 空想といふ~ (4, 0.1%)

2 ものは 1 ことを, より寧

▼ 空想とか~ (4, 0.1%)

1 又は智慧分別, 妄想とかいう, 幻覚とかいう, 想像とか

▼ 空想とが~ (4, 0.1%)

1 ほんとになっ, 全画面, 如何に, 火花を

▼ 空想としては~ (4, 0.1%)

1 またセオリイ, 此處に, 結構である, 許されるべきもの

▼ 空想によ~ (4, 0.1%)

1 つてかすかな, つて万葉集中に, つて仏像の, つて神祕を

▼ 空想ほど~ (4, 0.1%)

1 ばかばかしく途方, 心を, 確実性を, 面白いもの

▼ 空想世界~ (4, 0.1%)

1 がこうして, の親愛, は往々, を

▼ 空想~ (4, 0.1%)

1 に天国, に描き出した, に道理, の女子

▼ 空想的仮象~ (4, 0.1%)

1 として顕, と結び, の上, はなく

▼ 空想的思弁家~ (4, 0.1%)

2 が自分, のシニカル

▼ 空想され~ (3, 0.1%)

1 ている, て苦笑, 何日経っ

▼ 空想せられた~ (3, 0.1%)

1 のである, のは, 動機も

▼ 空想たる~ (3, 0.1%)

2 に過 1 世界の

▼ 空想だけでも~ (3, 0.1%)

2 痩せて 1 なかった

▼ 空想~ (3, 0.1%)

1 やない, やア, や駄目

▼ 空想であり~ (3, 0.1%)

1 あの女, なにが, 創作に

▼ 空想などは~ (3, 0.1%)

1 未だかつて無かっ, 蜃気楼の, 読者を

▼ 空想なり~ (3, 0.1%)

1 とは云, とは言, 煩悶なりが

▼ 空想なれ~ (3, 0.1%)

1 ばこれ, ばすべてこれ, ば次

▼ 空想に対する~ (3, 0.1%)

1 一種の, 異常な, 誘惑を

▼ 空想をさえ~ (3, 0.1%)

1 懐いた, 描いた, 生活実体として

▼ 空想人物~ (3, 0.1%)

1 とならん, にて汝等, のアントニオ

▼ 空想~ (3, 0.1%)

1 だった, なりしかな今日, の逍遥

▼ 空想~ (3, 0.1%)

1 の上, は, を現ぜしむべき

▼ 空想好き~ (3, 0.1%)

1 であった, の愚民ども, の私

▼ 空想妄想~ (3, 0.1%)

1 と凝り固まった, の発生, を画き

▼ 空想~ (3, 0.1%)

1 である, として面白い, にすぎない

▼ 空想~ (3, 0.1%)

1 だと, ではあるまい, のよう

▼ 空想かと~ (2, 0.1%)

1 思われる, 考えられる

▼ 空想かに~ (2, 0.1%)

1 なるであらう, なるであろう

▼ 空想さえも~ (2, 0.1%)

1 ほしいまま, 湧いて

▼ 空想されない~ (2, 0.1%)

1 ことは, ものを

▼ 空想しうる~ (2, 0.1%)

2 一つの

▼ 空想しはじめた~ (2, 0.1%)

2 のです

▼ 空想しよう~ (2, 0.1%)

1 と御, と考える

▼ 空想じみた~ (2, 0.1%)

1 ことばかり, 噂に

▼ 空想するなら~ (2, 0.1%)

1 ば如何なる, ば悪い

▼ 空想ずき~ (2, 0.1%)

1 な私, を非常

▼ 空想その~ (2, 0.1%)

1 空想は, 銷沈遠くから

▼ 空想だけ~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 空想だけが~ (2, 0.1%)

1 いろいろ金色, 楽しいの

▼ 空想だけに~ (2, 0.1%)

1 とどまって, 終るの

▼ 空想だけは~ (2, 0.1%)

1 残って, 残つて居

▼ 空想としか~ (2, 0.1%)

1 思えなかったの, 思われぬが

▼ 空想とに~ (2, 0.1%)

1 おぞ氣, 醉へる

▼ 空想とも~ (2, 0.1%)

1 付かない変, 附かぬ世界

▼ 空想どころ~ (2, 0.1%)

1 じゃありません, では

▼ 空想なら~ (2, 0.1%)

1 ばおれ, 唯物論は

▼ 空想にばかり~ (2, 0.1%)

1 俘われ, 耽つて

▼ 空想ばかりで~ (2, 0.1%)

1 実行に, 捏造した

▼ 空想ばかりに~ (2, 0.1%)

1 耽って, 耽ッ

▼ 空想みたい~ (2, 0.1%)

1 なこと, なもの

▼ 空想らしく~ (2, 0.1%)

1 極めて寂しげ, 自らまでも

▼ 空想以上~ (2, 0.1%)

1 だと, の何もの

▼ 空想分子~ (2, 0.1%)

1 が存在, の多い

▼ 空想~ (2, 0.1%)

1 なる胸, なる自分

▼ 空想勝ち~ (2, 0.1%)

1 な人間, な燻ぶり

▼ 空想~ (2, 0.1%)

1 の深い, を盛り

▼ 空想~ (2, 0.1%)

1 を作っ, を組み立て

▼ 空想国土~ (2, 0.1%)

2 の観念

▼ 空想妄断~ (2, 0.1%)

1 なりと評する, のご

▼ 空想家自己~ (2, 0.1%)

1 および自己, 及び自己

▼ 空想文学~ (2, 0.1%)

2 に対する倦厭

▼ 空想的偏見~ (2, 0.1%)

1 に捕はれ, に捕われ

▼ 空想的思弁的~ (2, 0.1%)

1 なゴドウィン, な無

▼ 空想的社会主義~ (2, 0.1%)

1 から科学的社会主義, と科学的社会主義

▼ 空想~ (2, 0.1%)

1 のもの, も明日

▼1* [190件]

空想あり然れ, 空想いたしております, 空想いたしますがどんな, 空想いや空想といふ, 空想かさつぱり見当の, 空想からか突然栖方, 空想ぐせは今日, 空想こそ詩人に, 空想ごとや考えごと, 空想へ許されなかつた, 空想させたりし, 空想させずにはゐられなかつた, 空想させた事で, 空想させるやうな, 空想さはなやかさが幾分, 空想されようともそれ, 空想しかねないほどであった, 空想ししまひには, 空想しすぎている, 空想したがるものでした, 空想したのしんでゐるらしい, 空想してたンだ, 空想しないことに, 空想しはじめている, 空想し出したとすれ, 空想し出すと際限, 空想し始めたとも考えられぬ, 空想し尊び敬い懐しん, 空想し思ひ描く一種の, 空想し続けてゐる, 空想やない, 空想ぎるのじゃありませんですか, 空想すぎるもので, 空想すなわち妄想をもって, 空想するらしいのである, 空想そのものが巨大, 空想たくさんでどれ, 空想ただし多少科学的, 空想だけの勇気だ, 空想だったんだ, 空想だって現実界の, 空想だつたがこの, 空想だにもしなかったもの, 空想だの不可思議がる, 空想だろうか, 空想ってやつは, 空想であれ夢であれ, 空想でしか及ばない破壊的, 空想でなかった例に, 空想とかいふんだ, 空想とかで作の, 空想としてしか許されなくなった, 空想としても芸術的な, 空想とばかりいい張り, 空想と共に伴ひ去り, 空想ほりに, 空想どころか彼の, 空想なきに頻, 空想なさらないだろうと思っ, 空想なぞちょっとした, 空想など雲散霧消した, 空想などが異様に, 空想などとはてんでケタ, 空想などに耽って, 空想などばかりであった, 空想ならざる真実の, 空想ならず坊間稀には, 空想なんかしないよ, 空想なんかじゃありません, 空想なんてものを, 空想にさえ走ったもの, 空想にすら描いて, 空想にたいして彼は, 空想にのみ走る身, 空想にまで陥りかけた自分自身, 空想によってのみ知り英雄豪傑忍術使, 空想に従って白山の, 空想のちからを減らし, 空想のみにも非るべし, 空想のみによって作ったもの, 空想のるつぼに鎔, 空想ばかりを自分は, 空想ばっかしする様, 空想への推移であり, 空想まじりで希望, 空想または夢想であっ, 空想むやみに亢奮, 空想めいた感じは, 空想やらが僕の, 空想駈り立てて, 空想らしい弱点や, 空想乃至煩悶苦惱が, 空想以外に創作衝動, 空想は依然として, 空想かなしい蛾蟲, 空想全くの幻覺, 空想出来ないのだ, 空想出来なかつたであらう, 空想力火と水, 空想力示唆力象徴力等々はすでに, 空想半分の, 空想即ち災難の, 空想及び思索を, 空想取るに足らぬ, 空想史蹟は暫く, 空想四方絶壁のうち, 空想である, 空想に天狗, 空想夢幻的な一面, 空想を舞いあるいた, 空想の私, 空想家夢想家の常識, 空想家当年の冒険家, 空想家扱いにし, 空想家柿江とはもつれあっ, 空想小説家は何百年間, 空想希望に過ぎない, 空想幻想官能を文学, 空想性想像性を現実的拠点, 空想情熱主観等の語, 空想想像した, 空想にひたる, 空想感情靈應の諸, 空想憧憬は決して, 空想憶断となす, 空想憶測が盛ん, 空想我ままを一緒くた, 空想或は之に, 空想旅行の方, 空想から枝, 空想に過ぎない, 空想に向かっ, 空想物語の構成, 空想理想を着々, 空想即ち理想, 空想癖さへもが次第に, 空想的事実ではない, 空想的作家こそ自ら死, 空想的共産主義を産出, 空想的効果を挙げる, 空想的動物にし, 空想的名所歌の弊, 空想的執念にも拘らず, 空想的夢幻的の製作, 空想的実践にはしる, 空想的家庭を説く, 空想的實踐にはしる, 空想的尊王家にあらず, 空想的希望で家, 空想的応用方面に進ん, 空想的想像的現実がある, 空想的意義をもつ, 空想的戦争観とする, 空想的描寫はプロレタリヤ階級, 空想的文学を虚偽視, 空想的條件が起り, 空想的模倣歌などと比較, 空想的正義の世界, 空想的気分を高めた, 空想的犯罪をそのまま実際, 空想的理想正しい観念, 空想的理想主義者は誤っ, 空想的理論を真っ向, 空想的産物なるが, 空想的疑惑恐怖心は人間, 空想的疑惑恐怖的な好奇心, 空想的社會主義および共産主義, 空想的自然にとる, 空想的興味を鼓する, 空想的色彩の濃厚, 空想的詩歌的音楽的美術的女性的夢幻的享楽的虚栄的にイソップ物語, 空想的誇張を前提, 空想的趣味を史上, 空想的遠征を旧, 空想についての関心, 空想空想とばかりいい, 空想空虚な革命的字句, 空想の奇怪, 空想の又, 空想である, 空想く何事, 空想自在である, 空想より得來たる, 空想解剖と暗示, 空想をし, 空想豊かなる好事家, 空想かなる, 空想通りに見せられた, 空想部落の作者, 空想都市の設計図