青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「目的~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

監督~ 監視~ 盤~ ~目 目~ 目下~ 目前~ ~目標 目標~ ~目的
目的~
目録~ 盲目~ 直~ ~直ぐ 直ぐ~ ~直し 直し~ ~直ちに 直ちに~ ~直に

「目的~」 9530, 99ppm, 1111位

▼ 目的~ (1549, 16.3%)

99 もって 67 達すること 39 達して 38 持って, 達するため 26 もつて 19 達せん 15 達したの, 達するに 12 実現する, 達しよう, 達成する 11 達するの 10 持つて 9 達した 8 忘れて, 抱いて, 有って, 果すこと, 達したと 7 遂げて, 遂行する, 達すると 6 はたして, 有つ, 立てて, 貫徹する

5 [14件] はたしたの, 人格の, 完全に, 定めて, 有して, 果して, 果すため, 話して, 達したこと, 達したよう, 達したり, 達するには, 達する為, 達すれば

4 [11件] 定め計画, 意識し, 異にする, 見つけること, 遂げずに, 遂げるため, 達しないで, 達しました, 達する, 達する事, 達成した

3 [21件] とげること, 忘れるの, 支持する, 知って, 説明した, 追求し, 追求する, 遂げた, 遂げること, 達したい, 達したもの, 達したわけ, 達したん, 達した後, 達しなければ, 達し得可, 達するという, 達するまで, 達する方法, 達せずして, 離れて

2 [74件] きめて, きめ目的, はたすか, はたすこと, 五目に, 以って, 何所まで, 十分に, 含んで, 外れたらば, 失った心, 失って, 実現しよう, 容易に, 少しも, 意識せず, 抱て, 拵えて, 拵らえ, 持ったもの, 持つもの, 挫い, 探して, 探究し得る, 放棄する, 明らかに, 明確に, 有したり, 有せず, 果してゐる, 果すに, 果そうと, 果そうという, 果たした, 果たすこと, 決定する, 発見する, 知ること, 破壊した, 示して, 立てるの, 置いて, 聞くと, 自分で, 話した, 遂げた者, 遂げました, 達したが, 達した上, 達しなかった, 達し得て, 達し得ないこと, 達し得なかった, 達し得ること, 達し得るや, 達し難い, 達するかも, 達すること能, 達するまでは, 達するよう, 達するわけ, 達するを, 達する爲, 達する能, 達せしめたり, 達せずし, 達せずむば休止, 達せむ, 達せむことを, 達せむとし, 達せむとするに, 達せむとする政商, 達せり, 達成し得る

1 [717件 抜粋] あきらめて, あくまでも貫徹, ある一人, いい表わした, いかにし, いささかでも, いだく人, いつの間にか忘れ, うちあけた, おくべきであろう, おくもの, お持ち, お棄て, きいたり, きいた上, きくべきもの, きめるには, ぎょっと思い出させられ, くじくもの, くわしく申, ごまかすため, さがし出せば, しめし合わせた, すこしも, すっかり取失っ, せんさくする, そこに, その女, たっしたの, たっしないまえ, たっするまでには, つきつめれば, とげたという, とげた武辺者, とげようと, とげるの, とげ土耳, とげ終るやいな, ともにし, なすもの, ねらつて, はたさずに, はたしたからこそ, はたしたと, はたして逃げだし, はたすと, はたすまえ, はたそうと, ひるがえして, ほかに, まだ後, みぬいたの, もたない, もたないと, もたない伸子, もち広く, もち悪魔, もった作品, もった合理的, もった社会民主主義論者, もってさえ, もっともよく助長, もつた仕事, もつた行動, もつと, もつばかり, もつ二万余, もつ特別, もてかく, やって, やりとげないうち, よくのみこん, よりよく成就, より根柢的, ウッカリ見落し, ヨリ積極的に, 一つに, 一ツに, 一刹那でも, 一変させた, 一歩前に, 不覚にも, 与えられて, 中止せしめた, 九分通りまでは, 云々し, 仕遂げたところ, 他人に, 代って, 以つて自分に, 似て, 個人的救済に, 僕らの, 充し得る, 充分以上に, 先き, 全く知らず, 共にする, 具象化した, 内に, 再び心, 分化し, 別な, 到達しよう, 功利的に, 十分示し, 半ばは, 半分づつしか, 可なりの, 叶へ, 同じう, 同じうし, 同じゅうするものは, 含めて, 含んでは, 問う愚, 問われて, 嘆美する, 固守すべき, 堅くやり通します, 堅持し, 変え梨, 変へ, 変へよ, 失います私, 失うこと, 失った大きな, 失った脱獄囚, 失ひぬ, 如何に, 妨げられ万事, 存分に, 完成し, 定むること, 定むることが, 定めおくよう, 定めた, 定めたの, 定めようと, 定めること, 定める時, 定め万障, 実地に, 実際に, 宣伝流布せん, 察したらしく今度, 察したれば, 察すること, 實現する, 尋ぬれ, 尋ねて, 局限し, 展開し, 展開する, 帯びた人, 常に意識, 広汎で, 度外視し, 強要する, 彼は, 得ると, 忘れた戦士, 忘れた末梢, 忘れては, 忘れるやう, 思い切って, 思い合せれば, 思い起すや, 情操の, 意志する, 意識する, 感じるだろう, 懐いて, 懐くもの, 成功しよう, 成就し, 成就しつ, 成遂げる, 或いは従って又, 手に, 手短かに, 打明けて, 抱いた, 抱くもの, 拡めて, 持たず迷って, 持たせようという, 持たないで, 持たない学問, 持たなかった, 持たなかつたの, 持ち前と, 持ち詐術, 持った人物, 持った容器, 持った観念, 持った試作船, 持つから, 持つと, 持つという, 持つ集会, 持ツて, 指してでも, 指示しなかった, 捉えねば, 捨てなければ, 捨てようと, 推定し, 推測する, 擲つこと, 改めて見, 放棄させる, 放棄し, 放棄した, 文学に, 文学の, 明らさまに, 書かせるなく, 最小限度に, 有さなければ, 有しすでに, 有したもの, 有しない, 有するとか, 有するところ, 有する人間, 有する我帝国, 有た, 有ったフランス, 有つて途を, 本位として, 果さずに, 果さなかった, 果さなかったらもう愈々, 果しさえ, 果しその, 果したか, 果したが, 果したこと, 果したので, 果したのみ, 果したものの, 果したやう, 果したらうか, 果した批評, 果した時, 果しつ, 果して立去る, 果し今日帰京, 果し得たの, 果し得なかった, 果し得るもの, 果し得る兇器, 果すと, 果すなり, 果すまでは, 果す必要上, 果す資格, 果せずやむなく, 果せようと, 果たさずに, 果たしその, 果たしたこと, 果たしたという, 果たした場合, 果たし得るもの, 果たすため, 果たせし後, 果たそうと, 棄てずに, 極めて一つ宛魚, 正確に, 永遠の, 求むる情, 決して忘れず, 決定し, 没却し, 洞察せるごとく, 洩らしただけ, 洩らして, 無視し, 父母にも, 片時も, 牽制し, 犠牲に, 現実の, 理解し, 生活の, 申せば, 画家たるに, 疑い彼ら, 疑って, 目指したいの, 目指して, 眼中に, 知らずに, 知らないの, 知り, 知りうる筈, 知り治方, 研究に, 破壊し, 確保し, 確定した, 祈願した, 福利に, 突き留める所, 立て, 立てたら心, 立てた事, 立てること, 立てる時, 立て修業, 第一, 答えしかを, 糺さねば, 紙に, 置いたわけ, 置きて, 置き去りに, 美しく達する, 美事に, 考えること, 考えると, 聞いて, 聞き終りて後, 腹に, 自覚した, 苦も, 表は, 見ざる処, 見付けたよう, 見出して, 見出すこと, 見出すの, 見出す神的愛, 見失っては, 規定する, 覚りその, 訊いて, 訊ねられる場合, 訝しむ, 設定し, 詮索する, 詰問した, 話し出したが, 話し彼, 認めること, 認めるもの, 語つ, 語るの, 誤らないよう, 説明する, 課し且つ, 貫かざるは, 貫かずには, 貫き得ないこと, 貫くため, 貫く一, 貫こうと, 貫徹し, 貫徹すべく, 貫徹せなけれ, 蹉跌せしめるであろう, 迅速に, 述べそして, 述べる際, 述べ北京, 追い求めて, 追うて, 追ったので, 追及し, 追及する, 逐げる, 進んで, 逸しは, 逸脱する, 遂げさえ, 遂げさせなかった始末, 遂げさせなかつた, 遂げたそう, 遂げたとき, 遂げた快, 遂げた朝, 遂げない中, 遂げなかつたと, 遂げなさるね, 遂げようが, 遂げようと, 遂げられること, 遂げられる様, 遂げるに, 遂げるまで, 遂げんと, 遂げ易い, 遂げ高い, 遂行しない, 遂行しなけれ, 遂行の, 道徳的理想の, 達しうれば, 達しえられる程度, 達しかけた, 達しがたく, 達しさえ, 達したいと, 達したいという, 達したか, 達したかね, 達しただけ, 達したという, 達したとき, 達したとしても, 達したとは, 達したのち, 達したので, 達したらよかろ, 達したら針金, 達したりと, 達したる者, 達した安心, 達した時, 達した暁, 達した譯, 達してこそ, 達しないから, 達しないでも, 達しないと, 達しない向, 達しなかったと, 達しましたらうか, 達します, 達します其の, 達しようと, 達しられたの, 達し今や, 達し先, 達し十五代将軍, 達し得ざるを, 達し得ずたちまち, 達し得ず再び, 達し得た, 達し得た点, 達し得ないから, 達し得ないところ, 達し得ないのみ, 達し得ない場合, 達し得ない破目, 達し得ぬ, 達し得べしと, 達し得ますやう, 達し得られること, 達し得られるそれ, 達し捕虜, 達し正宗菊松, 達し淀屋, 達し陳留王, 達す, 達すべしと, 達することそれ自身, 達するたび, 達するだろう, 達するにゃ, 達するの資, 達するまでには, 達するをもって, 達する一, 達する一方案, 達する上, 達する唯一, 達する手段, 達する機会, 達する筈, 達する能わざりしが, 達する能わず, 達する装甲輸送車, 達する階梯, 達する風, 達せざるもの, 達せずに, 達せずんば, 達せず当時他, 達せず遂に, 達せなかつた, 達せぬこと, 達せぬらしい, 達せられないと, 達せられること, 達せん爲, 達成し, 達成せしめる, 達成せず, 遮断する, 遺却, 重大視し, 開拓に, 阻害する, 隠して, 隱す, 離れませんから

▼ 目的~ (1088, 11.4%)

226 ために 45 ためには 20 下に 18 ための 12 もとに, 為めに 8 為に 7 場所に, 爲に 6 ように, 全部では, 地に, 場所へ, 外に, 家に, 家を, 爲めに 5 家の 4 ところへ, わからない大きな, 一つな, 地へ, 方へ

3 [17件] ためである, ためでは, ためにのみ, ためにも, はっきりしない, もので, ものを, 一つであった, 一つは, 中には, 前には, 家は, 家へ, 第一, 貨車の, 通りに, 達成に

2 [46件] ある旅, ためだけ, ためにとって, ところまで, ないこと, ない人間, ない仕事, ない時間, ない犯罪, ない生活, ない私, ない読書, ものが, やうに, 一つであります, 一つでは, 一つでも, 一つとして, 一は, 一半は, 一部である, 三村屋を, 中心へ, 人は, 人三十代なれ, 仕事である, 半ばを, 地では, 地を, 場所から, 外には, 大半を, 女の, 如くに, 容易に, 實現, 山に, 消耗と, 温泉場へ, 無い旅, 物を, 空想に, 遂行を, 道を, 間に, 齟齬した

1 [517件 抜粋] あった人, あつた, あるところ, あるものの, あるやら, あるわけ, ある一貫性, ある場合, ある工合, ある日, ある柚木, いかに至難, いかんに, いは, おもちゃを, お客が, お宮の, お師匠さん, お手許金, お雪, かたちを, きめられた闘争, ことなど, ことに, ためああ, ためか, ためこれほど, ためだ, ためであった, ためであり, ためでありました, ためでしか, ためでなく, ためと, ためという, ためとは, ためなら, ためにはと, ためばかり, ため一体に, ため互いに, ため何か, ため列車の, ため危険を, ため購求された, ときに, ときには, ところが, ところに, ところは, ところを, ないと, ないの, ない人生, ない労力, ない古金屋, ない夜, ない威力, ない恐怖, ない抱腹絶倒, ない気持ち, ない漠然, ない漫然, ない無意識運動, ない焦, ない生存, ない盲目的, ない破壊, ない突進, ない運動, ない道行, なかった, なかばは, はつきりした, ひとつは, ほうへ, ほかには, ほかは, ほか用を, ものだらう, ものでした, ものでなけれ, やうだ, ような, わからない憂愁, わからない熱烈さ, わからない空虚さ, を見出す, アパートへ, コロラド大, コロンボ市の, コースを, トリックな, バロー岬である, パナマ運河近くへ, ムビウム, ムーア彗星に, ラジウムを, ロオヤル博物館へ, ロング, 一つだ, 一つだった, 一つであったらしい, 一つでございます, 一つと, 一つに, 一つにな, 一つには, 一ツと, 一乗寺を, 一乗寺下り松の, 一助にと, 一半も, 一点だ, 一端を, 一節を, 一部でも, 一部は, 一部も, 一部分でなく, 一騎を, 上から, 上に, 上には, 上庸に, 下では, 下には, 不可知, 不正義, 不鮮明, 世界である, 世界とが, 丘の, 主意は, 主著は, 事なぞを, 事業家でも, 二人が, 五分は, 人に, 人の, 人物の, 人物を, 人間の, 仁光寺へ, 仕事が, 仕事に, 仕事は, 仕事を, 他に, 代わりに, 会な, 位置を, 何か, 何である, 何とか路何とか, 作品, 作物を, 使いが, 使命には, 信仰でも, 個所に, 停留場に, 停留場を, 停車場に, 側面を, 元町通りを, 元箱根の, 全部が, 全部じゃ, 全部を, 内容を, 凡てであっ, 処へ, 分らないこと, 分化した, 分岐点を, 分裂が, 刑部屋敷の, 到達を, 前で, 前半であっ, 効果は, 半ばは, 半を, 半分は, 原子力利用にも, 古城の, 合理的な, 含む生命力, 含月荘へ, 品を, 唯一の, 問題, 善悪が, 喪失, 喪失だ, 困難を, 国の, 国際無, 土地を, 土藏の, 地だつた, 地も, 地位を, 地点に, 地点まで, 地点を, 城を, 場合には, 場所との, 場所へは, 場所よ, 変化が, 変更から, 外は, 大人物だった, 大半だ, 大半は, 大安寺へ, 大衆性に, 大魚, 女も, 女性たちが, 如何など, 妨げを, 娘が, 存し, 存在さえも, 孤城大高を, 学校の, 完備に, 完成を, 完遂とを, 完遂の, 定まらないもの, 宝ものを, 実が, 実現に対して, 実現を, 実験に, 室内に, 宮仕えを, 家が, 家まで, 対象でも, 対象としては, 小さな町, 小谷城へ, 尾根が, 屋久島は, 山には, 山ツーグスピッツェを, 山野夫人の, 岸に, 峰に, 島へ, 川中島のて, 工場の, 帰り途には, 幾分にても, 床の間へ, 店近く来る, 当の相手, 形状と, 彼方であり, 彼方に, 徹底を, 悟りという, 意志表示を, 成功謝礼であっ, 成否に, 所が, 所へ, 手段として, 手段としての, 投書を, 投身者も, 政談以外に, 文化的行爲は, 新鳥島付近, 方が, 方便として, 方向が, 方向な, 方向に, 方向は, 方角は, 方角へ, 旅では, 旅の, 旅へ, 明かでない頭脳, 明瞭に, 明石町までと, 星が, 晒しが, 普賢院寂光寺, 普通目録である, 書斎に, 書物庫は, 會合が, 朝日岳に, 本道に, 村と, 村へ, 柏屋で, 校友會館は, 株式組織という, 根柢は, 業務に, 極地へ, 楽しみが, 概念は, 様です, 模型は, 権化でも, 横町へ, 樹では, 機関を, 櫻が, 正反対現象, 正確な, 此の, 死体が, 死体を, 段々畑で, 殺人は, 水の泡に, 汝南に, 江湖雑誌は, 池に, 沖の島です, 沢が, 沢井左衛門の, 波瀾を, 波長に, 注射を, 活動が, 海岸, 海岸に, 海角に, 港へ, 湯壺を, 溜池乾で, 漁場に, 潜戸の, 激しさ, 火薬庫へ, 為にのみ, 為には, 為ばかりに, 為めであった, 為めでも, 為めには, 無い散歩, 無い異様, 無い遊戯, 無心も, 熊野川へ, 爲には, 爲めにも, 物は, 犬である, 犯行が, 状態に, 狭まくなりゆく, 獲物は, 王国, 珠玉を, 用事を, 町に, 町には, 町へ, 画像を, 病院へ, 病院ゆえあらゆる, 痛棒を, 発動において, 発明が, 発明であった, 発明でも, 登攀を, 發明で, 發明でも, 白い蝶, 百分の一も, 百花園へ, 目的が, 相生町, 県城の, 知れぬ土木事業, 知識の, 研究な, 研究は, 研究を, 社会形態な, 秋田犬を, 秘帖は, 稲荷神社には, 穴ボコへ, 空中曲技も, 立派な, 竹生島へは, 第一歩を, 箱を, 範囲を, 精神的な, 糸屋を, 終航点たる, 総体を, 線に, 線の, 線を, 縄張りである, 繁みに, 美人術でした, 脚本は, 臥竜梅へは, 船の, 船は, 船出では, 船坂峠は, 色で, 若い男, 茶店である, 荊州までは, 行為を, 要談に, 覆面だ, 観測違いを, 言葉において, 許可証が, 詳細に, 誘拐と, 課目を, 調査書が, 貝を, 貨車が, 貨車だけが, 貨車だけを, 買物だつた, 資金が, 赤瓦屋根の, 蹉跌などに, 輸送機を, 追及に, 追求が, 追求と, 追求に対し, 逃亡とは, 途中で, 通俗雑誌によって, 進化を, 遂行に, 遂行には, 過半達成せられ, 達しられないのに, 達する様, 達せられる日, 達せられる時, 達成が, 達成では, 達成の, 違う生活, 違ふ, 遠い旅, 遠大なる, 邑久郡今木, 部屋の, 部隊だった, 都合の, 都市の, 酒だ, 酒である, 重要であった, 金巾は, 金葉に, 銀座に, 銀杏の, 鐘が, 鐘を, 鐙小屋へ, 長さ, 長崎へ, 関門を, 雑誌が, 難破船に, 革新的なる, 顔には, 館へ, 駅, 高貴さを, 魚に, 魚の, 魚を, 魚以外には, 魚屋へ, 鳥以外の, 齟齬する

▼ 目的~ (1087, 11.4%)

7 何である 6 ない 5 ほかに, 他に, 完全に, 達せられないの 4 あるの, 充分に, 達せられたわけ

3 [14件] いうまでも, これを, どこに, ないの, 人の, 人間の, 今の, 以上の, 何ぞと, 或る, 次の, 達して, 達せられて, 達せられなかった

2 [65件] あらざるなり, ありません, ここに, この命題, それに, どれまで, どんなこと, なんである, ミヤジマの, 一なり, 一片の, 一般に, 一見した, 之を, 云うまでも, 人情の, 人間を, 他の, 他人に, 何か, 何だ, 何であった, 何であろう, 例の, 供給の, 兎も, 分って, 分らなかったが, 初めから, 別の, 前に, 前もってこれら取引者, 半ば達せられた, 各自の, 同じで, 唯だ, 單に, 実に藩閥, 實に, 成功に, 我々の, 手段を, 政教分離に, 敵の, 日本の, 是れ, 殆ん, 生れた本人, 相手を, 確かに, 私の, 私は, 立派に, 自己存在の, 自然に, 船舶業者の, 言ふまで, 諸国民, 農業者の, 達するの, 達せられたの, 達せられない, 達せられぬ, 達せられる筈, 雨露を

1 [870件 抜粋] あくまで, あの, あの長浜, あると, あるもの, ある程度まで, あれ, あゝし, いかにし, いかんと, いかんの, いま言った, いろいろな, いわゆる一個半個, おなじで, お金では, かえって正反対, かくの, かねて腹案, きまって, けっして自然, こうして首, こうだった, こう云う, この一年, この下宿, この土地, この場合, この家, この屋敷, この有名, この点, この目, この真正, この花魁, これまた, これら十箇年間の, これ生活の, さう, さらにその, しばらく別, じゅうぶん達した, すてずに, すでに山, すなは, すなわち一つ, そういう邸宅, そこな, そなた, その事実, その大胆, その子, その御岳, その祭事, それ, それで, それでは, それでもう, そればかりじゃ, それ一つでござる, それ故実は, それ自身としては, たしかにそれだけでしょう, ただあと, ただおお, ただひとえに, ただ一途, ただ僕, ただ古人, ただ極めて, ただ苧, たっして, たっせられたわけ, たった一つ, だいたいもうガイヤアル君, だいぶ違つて, ちっともない, ちょうど彼岸, ついに達せられなかった, つぶさに知っ, できるだけ少ない, とげたん, とげられたという, どういうところ, どこか, ないそして, ないよう, ないらしく, なかった, なかなか思い, なくただ士, なく近づくべき道, なんじゃ, なんであったろう, なんです, なんな, はずれて, はたして, ひと足おくれ, べつにない, ぼくたちの, まさしく前述, まさしく遠い, また一歩彼, まだまだ定まった, まだ達しられ, まだ遠く, まったく忘れ, むしろ別働隊, むろん生殖, もう一つ, もう達した, もし銀行, もちろんわが, もちろん竜造寺機, もっと自分, やはりこれら, やはり人間研究, やはり他, やはり日本紀, よく分る, わからないが, わからない事, わが同胞, アカデミーの, イギリスと, イギリスの, イデーと, チベットにおいて, チベットの, トルレスの, ナイル河水源の, バクゼンたる, ピオの, プロレタリアの, ホテルの, マリーの, ロンドン公債百万ポンド邦貨換算四百七十八万余円の, 一たいどこに, 一つであっ, 一なる, 一体何, 一切從來の, 一国の, 一定の, 一己人を, 一応収め得た, 一応達成, 一揆暴動連の, 一箇月に, 一連の, 三千や, 三宝院の, 不朽に, 世界に, 世間を, 中, 主観であっ, 主觀的, 云う迄も, 云ふ, 五郎蔵が, 亦讀者, 京都の, 人々が, 人格の, 人生を, 人間だの, 人類の, 今年の, 今日において, 今述, 仏書を, 他にも, 他人および, 仮に目前, 仮怪, 伝説から, 何かと, 何かと云う, 何ぞといはん, 何であ, 何であれ, 何でせう, 何とでも, 何に, 何んで, 何んであった, 何千百円を, 何物で, 余所に, 作者が, 例によ, 俺達を, 倭文子さんを, 僕なんかに, 兄に, 先ず十中, 先づ第, 光子さんに, 全くこの, 全く其點, 全く別, 全く異, 全く藻西太郎, 全国民, 全般的である, 公武合体では, 凡そ三つ, 出来るだけ, 分らないが, 初めてその, 別になかっ, 到達され得ない, 前者よりも, 力強くつかまれる, 動物的有機体に, 北海道の, 十二三分で, 十分遂げられた, 協議妨害に, 単に一組, 単に情調, 単に暴力, 単一である, 博物学と, 原書を, 反対の, 只この, 史実の, 各個人, 吉田に, 同じであった, 同じである, 同一で, 同志の, 味よりも, 唯私, 商館の, 問題の, 啓蒙的な, 善と, 困難を, 国内の, 国家経綸の, 国際法に, 土地所有者の, 地球に, 外でも, 外れます藻西太郎, 外套を, 夜光の, 夜毎の, 大和の, 大鐘を, 天皇家の, 夫人の, 失踪者の, 奉仕から, 女学校の, 女敵討ちだ, 女首を, 如何との, 妻の, 姉を, 娘達を, 子を, 子供を, 子宮の, 宇宙塵の, 安土への, 宏遠である, 宗介天狗の, 定むべ, 実に複雑, 実はその, 実用的に, 客観的な, 宣伝に, 密教將來でなかつた, 寧ろそれら, 専制政治の, 尊氏を, 少しく常人, 少なくとも豊富, 山である, 川上機関大尉の, 川手氏に, 常に, 平安に, 幾分か, 幾分達せられた, 広大な, 弾丸の, 彼の, 彼を, 征服である, 後の, 従来の, 必ずしも史學, 必ずしも腹一杯, 必ず宇宙, 忘れられかくして, 思うに, 恋であっ, 恐らく此, 恐らく死ぬる, 悪人を, 情操を, 成功するだろう, 我々を, 我と神, 或は觸覺, 戸籍謄本を, 所謂, 打ち明けずに, 押勝の, 改過, 放心的に, 政論を, 教師を, 文化の, 文献学上の, 新撰組に, 旅行者の, 既に前, 日々の, 日本固有の, 早く叶う, 昆虫館探し, 易々たる, 時機に, 更に知れざる, 書類であった, 最も経済的, 最初は, 月夜の, 有って, 有りません, 朝鮮某, 末尾に, 本文を, 松島に, 果さない, 果されなかった, 果されるわけ, 果たされたわけ, 案外その, 極東の, 極楽流に, 権利義務の, 正大です, 此に, 武蔵野の, 歴城の, 殉教に, 残された収益性, 母へ, 比較神話学に, 民弥殿でなく, 永遠の, 決して一身, 決して単に子, 法則でなく, 法学的な, 済世救民だ, 漁業調査である, 無いの, 熊本を, 父自身の, 物の, 特殊の, 狡智と, 珠子と, 現實, 球根を, 環境化或いは, 生命だった, 生殖の, 生殖的個性の, 生滅界を, 生産物を, 甲其物を, 甲良村の, 画一的に, 疑いも, 的に, 皆の, 目的として, 相手の, 眞理や, 真では, 真理の, 睡魔を, 知るという, 知れた, 石原博士自身の, 破れて, 破牢罪人も, 社会の, 神に, 神的意識の, 秀歌の, 私に, 科學で, 空知川の, 第一, 等い, 篠崎家の, 粥に, 精神的個性の, 紙芝居で, 終って, 終局に, 経験を, 結局人間だ, 絶対知としての, 縁談の, 縦令一個, 美しい旋律, 美に, 美人に, 翌日の, 肉慾では, 自から, 自分が, 自分にも, 自己の, 至って結構, 至極簡単, 航空船の, 花の, 若し空想, 若君の, 菊屋に, 蚕卵紙を, 衆生を, 行動の, 被告が, 見学と, 言うまでもなく凶行, 証文ばかり, 認識であり, 読んで, 調和と, 讀者を, 貨幣に, 貿易者の, 辭學の, 近づかないもの, 逃げること, 遂げたという, 遂げても, 遂げられたであろうか, 運動の, 道を, 道徳的人格者を, 道楽と, 達した, 達したとも, 達したの, 達した一時, 達し得ら, 達し得られるだろうと, 達し得られるはず, 達せず凡夫, 達せられずして, 達せられず活動, 達せられそう, 達せられたので, 達せられないと, 達せられないので, 達せられない続くべき子孫, 達せられました, 達せられるかと, 達せられると, 達せられるはず, 達せられんの, 達成され, 達成される, 邪魔者を, 都会の, 野党として, 金, 金や, 銀座の, 間の, 間もなく立派, 関東京坂の, 陸前の, 雪が, 雪の, 青年たちの, 非理性的な, 顔を, 食うの, 養命保身これが, 香料の, 高等教育を, 鳥獸の

▼ 目的~ (845, 8.9%)

75 して 40 するもの 37 するところ 24 する 19 するの 16 したもの 11 すると, する所 109 したの, すること 7 するに, する者 6 しないで, するという, する処, 云うの 5 しその, する場合, せねば 4 した, すれば, せずして, なって

3 [16件] いえば, したから, しない, しなければ, すべきもの, するが, するならば, する一種, する以上, する慈善事業, する普通, なすもの, 云えば, 分け方, 手段との, 手段とを

2 [29件] したか, したこと, したところ, したら宜いと, したる政治, します, し此, するから, するのみ, するよう, するをもって, する人格, する今, する効果, する客, する様, する科学, する移動, する覚悟, する講義, せずに, せる議員, なりし女性, なるよう, 一致する, 傾向とを, 爲し, 自分の, 退嬰と

1 [409件] あるが, いいかえても, いうか, いうけれど, いうに, いたして, いふよりも, おっしゃると, おれの, この卑近, この唄, この早稲田大学, されて, しあくまで, しかつ, ししかも, したいの, したこの, したので, したまとまり, したやう, したり, したる, したるごとき論争, したるなり, したるもの, したる位地, したる議会, したる議會, したる責任, したれば, したフーヴァー委員会, した一つ, した主たる, した人, した人工的, した作, した作品, した個人的肖像画, した個性的, した入学試験, した処, した場合, した外丹, した悪法, した愛, した戦い, した所, した教育, した時, した東宝劇団等, した活動, した生活環境, した男女, した略奪船, した研究, した私家版, した群行, した自殺, した術, しちゃ, してる如く思はれる, しないため, しないという, しないの, しないもの, しない信念, しない劇場, しない劇的映画, しない婚約, しない救貧法修正案, しない時, しない研究, しなかった, しなかったこと, しながら, しなくとも, しましたから, しもっぱら, し之, し人生, し信条, し其の, し凝つて, し凡て苦, し勢力, し各種, し四月中旬シュワイドニッツ攻略後主力, し国家, し国際ペンクラブ, し國家, し國家至上主義, し子々孫々, し子安, し宗教, し工学, し従来, し或は, し支流, し政体職制, し早くから実際, し暴動, し正義, し結果, し誇大, し露地, すべきである, すべし, するお菓子, するか, するかによって, するかね, するかの, するかも, するそれ, するため, するだけ, するとき, するなにら, するなら他, するなり, するには, するので, するは, するも, するやから, するより, するよりは, するらしい一つ, するん, するクリミヤ戦争, するコムミユン, するトルコ風呂, するレコード, する一つ, する一夕, する一大組織, する下宿屋, する中房, する主義, する事物, する人, する人類, する仕事, する他, する代り, する会, する体裁, する何等, する例, する侵略戦争, する修行者, する催し, する働き, する優秀新人, する内閣, する写実派, する制度, する労作, する労働運動, する化学試験所, する北征, する協約, する原因, する収穫, する古風, する各種, する合資会社, する吾, する哲学体系, する団結, する国語学, する土地一面, する場所, する大我, する嫉妬, する学問性, する小, する山, する岩, する島々, する形, する彼, する心理学者, する必要, する意味, する戦争, する所他, する手引き, する技術, する政治哲學, する教育方法, する方法, する旅, する旅行, する旅行者, する日波協会, する本能, する権力, する機関, する次, する歓喜, する民主主義, する水車装置, する法律, する流儀, する流言飛語, する点, する特殊, する犯罪, する理解, する琴聲會, する用役, する盲僧, する相手, する真理, する研究所, する科学的考究, する科学的調査, する秩序, する範囲, する終点, する結婚関係, する結晶, する綜合辞典, する自分, する自利, する自然科学, する船, する行為, する表現技術, する製造家, する親鸞, する読者, する諸種, する財団法人, する貯蓄, する資本主義機構, する身許判明, する農業村塾, する道元, する部分, する鄙劣漢, する銅粉, する限り, する音楽, する項目, する高潔, する黒, する黨派, す可きであらう, せざるなり文学, せざる繁殖, せずいな, せずには, せず研究, せず農家, せず音楽的, せないで, せらる, せるもの, せる事業家, せる党派政治家, せる私人, せる自由党, せる自由黨, せる黨派政治家, その実現, その実行方法, その犯人, その目的, その趣意, それの, どうやら同じ, なしたる品格ちょうもの, なして, なし毫も, なし給うと, なすけだし, なすこと, なすところ, なす是, なった, なつた, なつて, ならねば, なりえないこと, なり君臣主僕, なり得るもの, なる, なること, なるとき, なるもの, はっきりし, もうひとつスパニッシュ・ワンステップ, 一つには, 一定の, 一時は, 一致しなけれ, 両立しない, 両立せざる, 之を, 二つが, 云うところ, 云うよりは, 云えよう, 云っては, 云ふも, 享楽と, 仏法における, 仮定し, 企みは, 何のか, 併せて, 使命とを, 使用された, 信じたる彼, 偶然にも, 先生の, 全く齟齬, 兩立せざる, 其結果との, 内容が, 利益との, 利益の, 効果を, 危機一髪の, 同じく価値, 同じく種属, 同じで, 呼ばれる, 呼ぶの, 善良な, 墮落する, 存在を, 定めた木, 宮方再起の, 察して, 希望の, 幸福とを, 形態とを, 必要とに, 意味とは, 意味を, 意欲のみ, 意識した, 感情それらの, 手段と, 手段とに, 手段とは, 推定し, 方向の, 方法とが, 方法とを, 方法に, 本望と, 機運と, 櫻木大佐の, 正体が, 決意を, 為したるに, 為し必らずし, 為し政治上, 為すと, 為す如き人生観, 爲す, 爲る, 物の, 献身的な, 理想とを, 理想に, 理想を, 申しますの, 申しまするの, 皇帝の, 相半, 確信とを, 種, 種とに, 稱し, 立つるもの, 結びついて, 結果とが, 結果とを, 考えなければ, 考えられたこと, 考へた, 考へられたこと, 考へれば, 致しましては, 致します所, 致すもの, 芸術的目的と, 行動の, 行為は, 見えて, 見えるもの, 見て, 言うの, 言えば, 言わんければ, 計画とを, 認めたる學者, 誤認したる, 調和し, 間接的利用を, 関係は, 闘争の, 駈引から

▼ 目的~ (710, 7.5%)

48 して 36 向って 20 向かって 11 使用する 8 向つて 7 なる 6 なって 5 使用される, 就いて, 従属せしめる, 達すること 4 むかって, 對し, 適ひたる 3 使用され, 副わ, 御座候, 有之, 歩いて, 至りては, 適うよう

2 [40件] かなうよう, かのうた, これを, したの, しては, すると, そうもの, なつて, ほかならない, むかひて, 使うため, 使用された, 使用し, 依りて, 出で, 到達する, 副ふ, 合致しない, 合致する, 向いて, 奉仕する, 定めて, 必要な, 応じて, 成功し, 来たの, 添うよう, 矛盾する, 結婚する, 裏へ, 進むという, 達するまで, 達する手段, 適うこと, 適つた, 適ふ, 適わぬ所業, 適合する, 関係し, 非ず

1 [441件] あつて, あまり没頭, あらかじめ用意, あらず, あらずして, あらずですかな, あらずと, あらず象徴, あんなおびただしい, いたしその, うまく合っ, うろついて, かかった, かかり出した, かなうので, かなうもの, かなったこと, かなったなりを, かなった状態, かなった素人読者, かなって, かなわしめること, かなわないの, かなわぬよう, かぶせた仮面, ここへ, この人世, この形式論理学, さへ, さまたげとして, されたんで, したがい日頃, したがえさせられる, したもの, した商人, した者, した非常, してるんぢ, しないで, しない選擧運動, しろあんな, しろこれ, し商法, し越前, する, するの, するやう, する外國船, する女, する実業家, する所, する教育, する文学, そうの, そえば, そぐは, その力, そふ, それを, そわない約束, ただ夢中, ついて, つかうまでは, つくられたとしては, なつた, ならないばかり, なります, はなはだ危険, はまるの, ひたむきな, ふさわしいで, ふさわしいよう, ふりかえって, ふれて, ぶらぶら遊び, ほかならざるなり, ほかならぬ, まず撃つ, また同好, むかは, むかふこと, もござりますれば, もっぱらだった, もらったあと, やって来たもの, よく似た, よく副, よりて, わが目, わざと拾わせる, 一歩近づいた, 一生小学校に, 一生懸命に, 一番かなった, 一番適つた, 下れ途中, 不用の, 之を, 二つあります, 人増しを, 人肉を, 仕えて, 仕えるため, 仕える手段, 他ならない, 他の, 何か, 何とか自分, 何の, 作られて, 使いますが, 使うこと, 使うん, 使う前, 使った, 使つた場所とかいふ, 使われた, 使われて, 使われない方, 使われようと, 使用し得る, 使用すべき, 使用すべく, 使用せられる, 供するか, 供せられた火, 依つて, 候, 備えられたもの, 働く人間, 働らくのは, 入りましょう, 入内した, 全精力, 出かけて, 出したもの, 出ずる, 出ずること, 出たの, 出て, 出でたもの, 出でたるもの, 刃を, 利用され, 利用する, 利用せね, 利用せられた, 到達し, 到達した, 到達すべき, 到達せられる, 到達せる, 到達せん, 制作し, 副う, 副は, 動員する, 十分適う, 協った, 協へる, 協力した, 参加する, 反すること, 反するやう, 反する全, 反する郷倉氏, 取って, 取り組む, 叛くものであろう, 古代英語の, 叶うよう, 叶って, 叶ふ, 叶へ, 叶わぬを, 合する, 合は, 合ひたる, 合わぬ, 合わぬよう, 合理的に, 向い儼然, 向い妹, 向かっては, 向けられまた, 向こうて, 向っての, 向つて努力, 向つて計画, 向ての, 向はね, 向ふ, 含まれて, 命がけの, 因つて異なり, 因つて立てる, 在り, 基くこと, 外ならす, 外ならず, 外ならぬ, 外れたるもの, 外れるという, 大なり小, 大変化, 子供までも, 実地に, 尋ねて, 對する, 對つてそれを, 就いては, 就いても, 就ての, 屈従させ, 平常の, 当って, 当てざるを, 役だつわけ, 役に立つよう, 役立たずしかも, 役立たせられ得るもの, 役立ちさえ, 役立ちそう, 役立ち得るの, 役立って, 役立つであろうと, 役立つに, 役立つの, 役立つべく存在, 役立つよう, 役立つ剣, 彼らは, 後れざるため, 従えられた, 従ったもの, 従わせその, 従属し, 従属せしめよう, 從つて例へば, 徹し目的, 応じたる文学, 応じた選択原理, 応じ如何, 応った, 応は, 応用され, 忠実なら, 急ぐの, 憂き身を, 應ぜ, 成功した, 扇で, 探険する, 描かなかつたとは, 斃れんのみ, 文筆の, 於いて, 於て, 既にこの, 早く近づこう, 書いて, 最もよく適つて, 最もよく適合, 最も合, 最も好都合, 最も適する, 最も適った, 最も適つた仕事ぶり, 最も適合, 有利な, 来て, 来る客, 栽培された, 桶を, 極めて, 歩き出したばかり, 比べて, 比べれば, 気がついて, 気づかないであろう, 水平化され, 没頭する, 沿うには, 沿う可能性, 沿う条件, 沿って, 注意深く選択, 泳ぎ助かり洪水海嘯, 添うこと, 添って, 添ふ, 添わせようとして, 添わなかったため, 添わぬ限り, 添わんが, 渡りぐるしき戀路, 源氏が, 濫発を, 焼いたの, 照応し, 照応すべき, 煩され過ぎ, 特に適した, 獣の, 生きて, 生命力の, 用いたすべて, 用いたらしいと, 用いられなければ, 用いられのち, 用いられる場合, 用ひられ, 用ゐしや, 用ゐ居るなり, 由るもの, 申し訳の, 異論や, 登る, 登る僅か, 直接適合する, 直接關係の, 相應, 相違御座いません, 突進し, 突進した, 競争と, 結ばれて, 結びついて, 結びつけ国民生活, 結婚を, 結束し, 統合する, 綺麗な, 編輯され, 背いて, 背くもの, 背く譯, 背馳するでありましょう, 自分の, 自分を, 至っては, 至ては, 興奮し, 苦沙弥先生の, 行くでも, 行くの, 行く三艘, 行われるという, 製作せられた, 要する氏, 誇張は, 誠実である, 貢献し, 貢献しない, 貰った婿, 費して, 費すエネルギー, 走って, 趺蹉に, 躍起を, 身も, 身を, 軍隊を, 近くこと, 近くも, 近く押し進めた, 近づいて, 近づくため, 近寄ること, 返って, 返つて, 迫進する, 逆行する, 通じそう, 進み行く資格, 過ぎないよう, 達した, 達したこと, 達しないうち, 達し困難, 達し得べきこと, 達すべきなり, 達するため, 達する事, 達する唯一, 達する径路, 達する方法, 達する種々, 達する訳, 達する間, 達せん, 違いありません, 違いない, 遠ざかる習, 適うが, 適うの, 適うもの, 適う場合, 適したもの, 適した日常形態, 適した構成手段, 適して, 適するため, 適するよう, 適する樣, 適った, 適ったこと, 適ったもの一つ, 適った可能性, 適った形態, 適った教え方, 適った法令, 適った道, 適った高性能, 適って, 適つて居る, 適は, 適ふも, 適わぬ以上, 適合させる, 適当した, 適應せざる, 選んだの, 邁往し, 邁進する, 都合が, 都合の, 鄭を, 金を, 開墾する, 附隨する, 随つて文学の, 隷属させた, 隷属し, 集中されなけれ, 集中なさい, 駆けつけると, 駆りたてて, 駈け集った者, 高畑を, 齟齬する

▼ 目的~ (585, 6.1%)

30 あって 18 あるの 15 あったの, ある 11 あつて 8 なければ 7 あつた, ないの, 何である 6 あった 5 あるので, あるわけ 4 あっての, そこに, どこに 3 あるから, あるに, ない, なんである, 有って, 達せられると, 違うの

2 [38件] あったので, あった筈, あるかも, あると, あるとき, あるらしい, あるん, ある場合, あればこそ, おあり, どれほど, ないこと, ない時, なかったら, なくて, はっきりし, ハッキリし, 人間の, 他日の, 出来て, 分って, 外れました, 大自然, 完全に, 完成する, 平和に, 正しくても, 決して閣下, 直接に, 職業である, 誰にも, 達せられるという, 達せられるよう, 違う, 違うん, 違って, 那辺に, 間違つて居

1 [342件] あったとしても, あったとも, あったに, あったらこの, あったわけ, あったん, あった訳, あってないよう, あつたらしく考へる, あつて出來, あつて潜入, あとに, あまりにひかえ, あらねば, あらわである, あり, ありそう, ありは, あります, ありますから, ありません, あり両者, あり何, あり斯く, あり明日, あるか, あるからには, あるけれども, あること, あるため, あるであろうという, あるでは, あるでも, あるという, あるというまで, あるといふ迄, あるとして, あるばかり, あるもの, あるよう, あるらしくしきりに, あるらしくばらばら, ある如き頗る, ある如く宇宙, ある是, ある様, ある筈, あれば, あろうか, あろう道理, いくぶんそこ, おありです, かかって, かなり立派, きまったわけ, きまると, こうだ, ここでは, この金, これで, これに, ございます, すでに完全, すでに罪悪, そうした大昔, そんな風, たたないから, ちゃんとわかっ, ちゃんと極, つけ加えられたこと, できた眼, とりも, どういう巧妙, ないと, ないので, ないよう, ない限り, なかった, なきや, なくっちゃ, なくては, なくても, なんな, はじめてはっきりと, はじめて達せられた, はずれて, はなはだ明らか, ふいと, ほんの一時的, ぼくの, まさにそうで, みえるが, もう永久, もはやこれ, よめたもの, わかって, わからずただ, わからない, わからないの, わからなかったからに, わからなくちゃ, わからぬとは, わかりませぬが, わかれば, スパイと, ドン, ハッキリと, フィルターの, 一人の, 一変し, 一定しない, 一歩ずつ, 下落した, 世界の, 世界的問題と, 主目的, 二人に, 人の, 人生そのものである, 今日に, 何か, 何かという, 何だろう, 何であつ, 何に, 何もかもすっかり駄目, 何処に, 信実であるなら, 僕に, 僕を, 充分に, 全くわからなくなっ, 全く判らなかつた, 全然なく, 全然果たされなかった, 写生や, 凶霊を, 出来た, 分化し, 判ったので, 判明しなかった, 別です, 別に, 利欲の, 利殖の, 刷って, 加はらね, 加わらねば, 十分達せられぬ, 卑しかつ, 単なる文化運動, 単にし, 単純で, 危難を, 即ち又, 原田教授を, 反ファシズム, 反逆に, 可決され, 同じでありましょう, 同じ蜂須賀家, 吟味の, 問題の, 善いこと, 單に, 国或は, 地上生活中には, 地理の, 変った以上寺, 変って, 夏殷周の, 外に, 外れたそう, 外れたといふ, 外れたり, 外れるよう, 多分に, 大きい必ず, 大なる, 大量製産の, 失われてから, 失われる危険, 如何なるもの, 存するの, 完了する, 官能の, 定まった後, 定まって, 定まりそれ, 実は社会改革そのもの, 実際の, 富を, 山の端を, 島原の, 川へ, 彼を, 復讐であっ, 徳義心を, 徹底しない, 意味の, 意識に, 感じとれなかった, 成るか, 成功し, 手段であり, 探偵学の, 支持せられた, 政治的権勢の, 救に, 数千年前に, 既に人頭税, 明かであれば, 明瞭に, 是に, 最も安全, 有つた, 有つて, 有り過ぎる, 有ること, 有るの, 有る可, 本来また, 果されさえ, 果された, 果されようという, 果されるまで, 果してこの, 果せれば, 果たされたのち, 果たされる, 果たせない, 柴田勝家と, 根本的に, 極まらないこと, 次第に固定, 死後に, 段々はっきりし, 池の, 法に, 法則である, 波浪の, 無い, 無い時, 熱海伊豆山湯ヶ原の, 燈籠祭りや, 特に鮮明, 狂犬病の, 理想だ, 生殖作用だった, 疑われて, 発生し, 盆ほどには, 盡きる, 目的だけに, 目的である, 目的です, 真理である, 眼に, 知りたくて, 知的満足を, 知識の, 石舟斎へ, 社会の, 社会的富の, 神秘に, 私闘を, 税関戦, 窺われるの, 立つて, 笑いに, 第一さ, 終点の, 絡まなければ, 美しい結晶, 考えられるけれど, 考へられない, 脱れた, 自己の, 薬を以て, 藥を以て, 表現され, 複雑な, 見出されたの, 親分な, 解ったこと, 解るの, 訣りません, 論じられて, 貧民の, 赤い液体, 起つて, 遂げられたこと, 遂げられるという, 遊戯に, 達した樣子, 達して, 達しられなければ, 達しられる, 達し得なかったこと, 達し易い, 達するの, 達せられうる程度, 達せられたか, 達せられたと, 達せられたという, 達せられたとは, 達せられたの, 達せられたもの, 達せられない, 達せられないであろうと, 達せられない先, 達せられない限り, 達せられなかったので, 達せられなくとも, 達せられなくなります, 達せられぬうち, 達せられぬと, 達せられは, 達せられましょうか, 達せられません時, 達せられる, 達せられるかと, 達せられるかに, 達せられるかを, 達せられるでしょうか, 達せられるならば, 達せられるの, 達せられるやう, 達せられれば, 達せられん, 達せられ人々, 達成されなかった, 達成せられた, 那邊に, 邪魔に, 金銭に, 隠されて, 靈魂不死説の, 非常に, 高潔な, 鳥目でない, 龍山公の

▼ 目的~ (577, 6.1%)

17 あつた 5 人肉を 4 あつて, 描かれたこと, 自分の 3 それを, やって来たの, 一人の, 歩いて, 殺したの

2 [22件] お道, そんなこと, どこへ, わざわざここ, 何を, 働らく方が, 出來, 別の, 埋めて, 建てられたもの, 放火を, 書いたもの, 書かれたもの, 来たので, 来た客, 来て, 此処に, 私の, 農奴を, 造られたもの, 非常に, 高い枝

1 [484件] ああいう, あいつ等は, あつたの, あつたらしい, あても, あなたを, あの品物, あの女, あの晩, あの男, あらう, あらうが, あらう庭, あらぬこと, あるいは自分, ある人, あんなこと, あんな不愉快千万, いくつかの, いつもの, いろいろの, えぐり取られた上部, おいでに, おいでの, お前は, お島, お秀, か, かかる毒殺, かと言え, かの奇怪, こういう声明, こういう物語, こういう風, こうして旅, こちらに, このあたり, このよう, このホテル, この低利資金, この修道院行き, この家, この小説, この少女, この峡谷, この巴里, この次ぎ, この毒, この現場, この筆, この結氷期, この野郎, この附近, これが, これを, こんなところ, こんなもの, こんな偽, こんな大, こんな装置, こんな近間, こんな魔術, ござります, ご領内, さあね, さがす人, しかも室町家, すべてが, ずっとやったなら, そうしてどんな, そうする, そうでない, その下稽古, その写真, その前, その婦人, その子供, その学費, その山全体, その手, その棚, その毒液, その研究, それから同時に, それは, そろへた山登り, そんなばかばかしい, そんな怖, そんな恰好, たらふく食, だか, ちらつと述べ, つかう場合, つくられて, つくられる方, つまらぬもの, つまりは, つまり土地, つれて, できた刀, できた制度, でも, とりあえず精神鑑定, どこに, どれほどの, どんな仕事, なくして, なさったよう, なされたあらゆる, なしに, な小舟町, はいりこんだか, はじまったもの, はじめは, ひきしまって, ひそかに, ひやかし半分, または国家, みなこんな, むずかしい学問, もう一度諫め, やくざ者を, やたら難しい, やったこと, やったの, やった政敵, やって, やって来たらしいこと, やつて, やるの, よく井上, わざと叢林, わざわざこれ, われわれが, アノ幽霊塔へ, エゴイスティックな, キャジノで, コロンブスが, コンナ殺風景な, サボタージュと, スイスへ, ストーン氏を, チブス菌の, チベット語を, ニコルを, バタ茶を, ヒサを, フランスへ, メモ帳を, モスクワへ, ラジオを, ロバアト・セシルにさえ, 一つの, 一丈五尺許り, 一世一代の, 一五名の, 一定の, 一身の, 丁稚奉公に, 万一の, 世話に, 丹沢山の, 乗込んだと, 事を, 事実を, 二人は, 二十一時五十分東京駅発大阪行の, 云ったの, 云つたので, 亜砒酸の, 京都の, 人々が, 人情眞に, 人間が, 今の, 他人の, 伊那丸を, 伊都子は, 低温室の, 何が, 何と呼ぼう, 何に, 何も, 何十人と, 作ったもの, 作つた樂府とは, 作られたこの, 作られた映画, 作られた機関, 作品が, 佳き暑中休暇, 使って, 使用され, 使用される, 使用した, 使用する, 來合せた, 保存され, 俺を, 借りたん, 僕の, 僕は, 充分だ, 先に, 先代の, 先生が, 入つた, 入つて, 兵馬は, 其方の, 処分される, 出かけた, 出かけたの, 出京, 出刃庖丁を, 出向いた先, 出掛けたこと, 出来た筈, 出現した, 出直して, 切れば, 前の, 効果が, 勇敢なる, 勉強を, 動き出したの, 勝負を, 北平, 十九日に, 単身こんな, 即ちそう, 参りましたが, 友人の, 取って, 受持の, 各国語の, 同家の, 同時に一切, 同様な, 吾, 呑まれたの, 営むため, 嚥んだ, 四方に, 団結する, 囲込む, 地球を, 地面を, 坐禅などを, 墓地が, 売られる水, 夕刊新聞へ, 外から, 外出する, 夜業などを, 大切に, 大学で, 大学に, 大町へ, 大骨, 夫婦に, 失踪した, 奏と, 女の, 妾を, 始めたの, 婦人作家を, 嫁を, 学生弁論会なる, 實際人民の, 対岸へ, 将来の, 小仏峠から, 少しばかり, 少しも, 少なくも今度, 尠から, 尾州藩から, 屍体を, 岸から, 帯出された, 干渉なんか, 幼児から, 広い堰, 広田外相に, 度々日本, 建てられたあの, 強盗邪淫等を, 彼の, 彼は, 彼を, 彼女は, 彼等の, 後から, 徒歩で, 従って無論, 御病人, 心にも, 忍びこんだとき, 忍び込み偶然写真版, 忍び込んだの, 急に, 成人の, 或は商業上, 戰艦を, 所刑された, 扱ふ, 批判される, 投書した, 拵えられて, 振動膜から, 掘るの, 採り上げられて, 採用する, 探険する, 撮影された, 支那人が, 改宗した, 放火した, 新劇関係者の, 旅行し, 日本固有の, 日本語の, 日記を, 春以来この, 時々最寄り, 更に又, 書いた, 書いて, 書いても, 書かれた, 書かれたこと, 書かれた文学, 書こうと, 村の, 来たが, 来たこと, 来たと, 来たの, 来たん, 来ました, 来られた, 来るよう, 東京に, 東京へ, 東沢を, 東洋の, 松の, 松居君は, 柄もは, 栽培する, 極端に, 模範店員に, 模造品を, 横浜を, 横濱の, 歐洲の, 此の, 此方に, 此本を, 殺したか, 殺すこと, 毎日撮影所へ, 毎月つ, 毎朝きまった, 決して吾, 決死の, 汽車に, 河が, 洪武二十七年, 派出した, 流行病の, 渡った, 溜めたもの, 火を, 無意識で, 無數, 無暗に, 版図の, 独逸人が, 獏と, 現代の, 現地や, 甘言を, 生きて, 町の, 番人を, 病気を, 白海から, 百合子は, 皇帝に, 皇帝を, 直ちに旅順港, 相手を, 相続は, 知る方法, 砂丘に, 砂糖と, 研究し, 神祇官の, 禁止林の, 私どもの, 私心が, 私立大学の, 秋山宇一と, 秘かに, 種々なる, 空巣に, 紅茶をのみに, 素人芝居を, 素朴な, 結成する, 絵葉書屋を, 編輯され始めた, 老体ながら, 股を, 自分が, 自分も, 自宅へ, 自由に, 自轉車, 色々貴女, 芝居へ, 若い婦人, 蒐めて, 蟻共は, 行ったが, 行った仕事, 行なわれたもの, 行列し, 表扉, 西から, 言ったには, 計画された, 訪れたま, 話し始めた津田, 認めた乗艦シャッガァ号, 誰が, 諸学会, 諸州を, 警察を, 貝の, 買ったの, 貼ったの, 資金を, 起稿した, 跡を, 逃がしては, 通志を, 連れ去ったの, 進発させた, 遊覧した, 運搬する, 選り抜きの, 選り拔きの, 重武, 金を, 金子の, 鍵を, 長安へ, 長野市中を, 開かれたもの, 闖入する, 際限なく, 隣国美濃の, 隱した, 集まつたもの, 集められた逸話集, 集合した, 集合せしめる, 電車に, 音感教育が, 須波と, 題詠を, 馬の, 馬を, 駒場の, 高まって, 髭を, 鷺娘を, 鹵城を, 麺麭屋を, 黒部川の, PCLの

▼ 目的~ (357, 3.7%)

14 へ着く 10 に着い, に着いた 8 に着く 7 に達する 6 に到着 4 に来, に近づく, に達し 3 についた, に向っ, に達した, へつく, へ到着, へ向, へ着いた, へ達し

2 [21件] か, であるところ, に向かっ, に着き, に着きました, に進んだ, に運搬, の, のアルジ, のランス, の方, の石巻, の見当, はどこ, はない, へ到達, へ着き, へ行く, へ走る, まで達した, をきめ

1 [224件] からは横道, から遠ざかっ, がそこ, がまだなかなか, が一通り, たる播州赤穂, たる春日町一丁目, たる花陵島, だけでも何, だったの, だったん, つまり墓地, であ, であった, であった海豹島, であらう, である三角岳, である札幌, である王城, でで, でもある, で下り, で降りた, といえ, といっ, としてすすむ, として懐かし, とする, との関係, とはかけ離れた, とは反対, と同じ, と旅先, と知る, と通信, にきた, にこの, にし, にたっ, についたら, につきました, につく, にとどく, になりすまし, になる, にはたして, には着けない, には達しなかった, にまっすぐ, にむかっ, に一分, に入る, に出かける, に出られる, に出る, に到, に到らずし, に到達, に屋根裏, に当らず, に急ぐ, に持っ, に放つ, に旅行, に此, に發, に着いたらしく, に着くやい, に着け, に着しました, に立ち, に至らぬ, に至り, に行く, に行ける, に足, に辿り着く, に近づいた, に近づきました, に連れ, に進ましめる, に進む, に運ばれた, に達したらしく, に達す, に達するだろう, に達すれ, に重大, のこと, のつい, のよう, のカシグラン, のカン・リンボチェ, のケエプ・タウン港, のサイゴン港, のトラファルガー・スクエヤー, のマニラ, のローウッド, の伊豆山, の停留場, の傍, の備中, の六万平, の切符, の到達, の北浜, の名古屋城, の名古屋城下, の嘉義県庁, の大陸, の岸, の市川, の或, の方向, の梅迫, の江州, の沼田, の温泉場, の湖尻, の火星, の砥沢, の自然, の荊州, の豪州, の遠野, の遠野行き, の遥遠, の針路, は, はこの, はソンベレネ, はハッキリ, はマレー半島, は一番, は二龍山, は今, は何処, は南米, は名古屋, は大阪, は持ってるだろう, は敵国, は火星, は石巻, は結局一つ, は豊後南海部郡因尾村, は違います, は静岡県, へこの, へすぐ, へたっする, へついた, へつかない, へでかけます, へと急ぎます, へと急ぐ, へと急行, へと直行, へと突進, への最短, への期待, への渡海, への道標, へは行かれまい, へゆき着きました, へ下りる, へ五時間, へ入る, へ出発, へ向かう, へ向っ, へ安全, へ急いだ, へ急ぎましょう, へ指し, へ来, へ来た, へ来たらしい, へ漕ぎつける, へ着い, へ着きたい, へ着きました, へ着け, へ着けない, へ行きつける, へ行ける, へ行こう, へ行った, へ赴く, へ近づく, へ達した, へ達する, へ間違い, までの時間, までは有無, まで一息, まで三時間, まで切明, まで到着, まで半, まで忍ん, まで我々, まで辿り着こう, まで運送, まで長い, もない, ももうすぐ, も近づきました, らしいもの, をさし, をふり替, をまだ, を予想, を志す, を忘れた, を意味, を拵, を持ちませんでした, を指示, を殊更, を目ざし, を示すで, を絶えず, を見つける

▼ 目的~ (277, 2.9%)

16 なしに 7 なかった 5 ない, ないのに 4 ないので, 無しに 3 なく歩い, 希望も

2 [15件] ないが, ないの, なくただ, なく唯町中, なく外套, なく室, なく希望, なく歩き出した, なく街, なく軒下, なければ, 動機も, 手段も, 無い, 無く廻り

1 [200件] あったかも, あったらしい, あったん, あって, あっての, あつしぢ, あつて, あらうが, ありません, あり見込み, あること, あるには, あるよう, あるわけ, あるん, これなく, これには, これを, そこに, そのよう, その一点, その青幇, それかと, ただ, ただ一つ, たった二三日, ちがう, つくわけ, ないかと, ないから, ないし, ないた, ないたたき, ないだけに, ないもの, ないよう, ないらしい, ないらしく, ないん, ない僕, ない博読, ない散歩, ない歩き方, ない癖, ない空間, ない身, ない遊星, なかつた, なかつたが, なかつたこと, なくいったん, なくうろうろ, なくさ, なくして, なくその, なくふわりふわり, なくまた, なくフランス語, なくブラリ, なく一々, なく上京, なく世の常, なく何で, なく公園, なく出かけ, なく印度洋, なく右, なく呼び返した, なく呼ん, なく唯, なく唯藻, なく器械的, なく在来, なく多く, なく存在, なく家中, なく小, なく屋外, なく市じゅう, なく帰趨, なく彷徨い歩いた, なく往, なく意味, なく戸外, なく折り, なく方々, なく方角, なく昼, なく果て, なく柳原, なく歩いた, なく歩きだした, なく歩き廻った, なく歩く, なく歩む, なく永久, なく浪, なく海外, なく無駄, なく物思い, なく畳, なく確たる, なく神, なく空, なく興味, なく表, なく豚, なく買う, なく途方, なく野, なく鉄瓶, なく騒ぎ, なにも, なんにもなし, はっきりし, まじって, またかく, またこの, またこれ, まったく一つ, もう達せられない, もたずに, もたない伸子, やはり人, わかって, わからずに, ハッキリせず, 不問の, 世界の, 主としては, 主張も, 之を, 亦この, 亦モノガミスト, 修了せられる, 偶然ピッタリ, 充分には, 全く違, 凡そ推量, 分った此, 分らなければ, 制軛も, 努力も, 只今の, 含まれて, 告げず, 多少果たされ, 大衆に, 定まるであろう, 宝暦以来一八郎や, 実はやはり, 容易に, 彼は, 必要も, 忘れて, 性質も, 想像し, 意義も, 感情も, 打ち忘れて, 文学上の, 方法も, 有して, 楽しみも, 樟板の, 無いで, 無かつ, 無く妾, 無く此儘, 無く浮動, 無く生まれ, 無く生まれた, 無く生むで置き, 無く電車, 理由も, 畢竟六國割據, 皆実用品で, 相手も, 着々はかどつ, 矢代には, 知らないと, 確実に, 私の, 科学者の, 肚も, 自分の, 色々ありまし, 表されて, 見出せないの, 語り合つて, 遂げた, 達したわけ, 達した以上, 達しないで, 達しられる, 達するの, 達せずに, 達せられなかったの, 違うこの, 風習も

▼ 目的として~ (202, 2.1%)

4 生産される 3 存在し

2 [14件] おった, ゐた, ゐたといふ, ゐるの, 之れ, 円満に, 居る, 形に, 往々定見, 教育する, 時局の, 来たもの, 活動し, 行われて

1 [167件] あるの, ある絵, いられたよう, おったので, おれば, ここに, この特別号, この装飾, この資本, しばしば高名, するもの, その供給, その方, その視点, つくった料理, つくられたもの, つくられた映画, なされたもの, なされるなら基督教的慈善, なにが, のべます, また出かけ, むろんくる, やって, やって来たの, ゐたけれど, ゐたの, ゐる, ゐるその, ゐるに, ゐる作者, ゐる極めて, フィリッピンその他から, 一も, 一定の, 一度是非南洋, 一般大衆に, 上滑りな, 不安する, 与えられると, 乱国の, 人々が, 他の, 任意に, 何物に, 作つた, 作られたもの, 作られた作品, 作られるあの, 全然違った, 全體, 再び現実, 出発し, 出発する, 制作を, 刻々に, 割出すによ, 努力せらるべき, 厖大な, 友田夫妻及び, 向上改良という, 吾人の, 国民の, 土地の, 地理学研究盛んと, 大宇宙遠征, 奮闘する, 女中奉公に, 如何なる未來, 存在する, 学問に, 安心し, 少し急い, 居つたやう, 居らぬ, 居ります, 居りますので, 居るところ, 居るの, 居るやう, 居る事, 居る売節漢, 山登りを, 広く社会公衆, 建てられたこの, 建てられたの, 形の, 形成し, 徐々に必要, 御覚悟, 心を, 必ずや円満, 必ずや圓滿, 意識し, 懲らさうと, 懲罰の, 成り立つと, 成立した, 戦はず別に, 戦争が, 掘られたもの, 描いて, 描出する, 政体や, 敬虔に, 文学と, 方法手段を, 書いたもの, 書かれた大衆小説, 書かれた小説, 書かれて, 書くの, 材料の, 来たの, 標榜せられ, 欲しない, 歌詠まん, 此の, 此附近に, 永久の, 治安を, 法律を, 特殊な, 用いられる部分, 田を, 発向するなら, 発明され, 登って, 登る, 登山した, 研究さえ, 研究しなけれ, 研究を, 神信心は, 組織された, 結婚した, 結婚を, 繁, 置いて, 考えること, 自然科学を, 花を, 若様がたが, 苦心し, 行くの, 行われるならば, 行われ他, 行動する, 製作された, 西洋へ, 見て, 規制せられる, 解釈し, 誇張による, 認めなければ, 誤訳し, 議論を, 送り込むもの, 造られたもの, 進歩党を, 進歩黨を, 道楽を, 道樂を, 酒を, 開発を, 食ふ, 高田馬場の

▼ 目的では~ (180, 1.9%)

38 ない 18 なかった 11 なくて 6 ないが 5 ないから 4 ありませんから, ないか, ないの 3 ないけれども, なく手段 2 ありません, あり得ない, あるまい, ないこれ, ないので, なかつた, なくより, なく何, なく自分

1 [66件] あったが, ありますまいが, あるが, あるけれども, あるまいか, あるまいとまで, あるまいと迄, ございますまい, ないそれ, ないであろう, ないです, ないと, ないとは, ないに, ないのみ, ないは, ないほんの, ないも, ないよりよく, ないらしい, ない人, ない実際, ない筈, なかったであろう, なかったらしい, なかつたと, なかつたといふ, なかつたの, なかろう, なかろうか, なくかえって, なくここ, なくさる, なくして, なくその, なくただ, なくひとつ, なくまた, なくむしろ, なくやむを得ず, なくよそながら, なく一人, なく中, なく人, なく写真, なく同じ, なく單, なく宿, なく射止めた猪, なく幸平, なく彫る目的, なく彼, なく恩給, なく探偵, なく機関, なく正しく, なく百坪, なく私, なく第, なく謂わば, なく軽井沢, なにか物, 満足できなくした, 無い, 無いと, 無いの

▼ 目的~ (140, 1.5%)

6 及び原料 4 となる 3 とする 2 があり, とした, となっ, を得る

1 [119件] かという問題, から成る, から飛来, がある, がつぎつぎ, ができた, がない, がなかっ, がなくなる, がぼんやり, が今度, が出る, が彼等, が生産的用役, が眼, が魔, たるもの, たる存在, たる芸術, たる鎧櫃, たる頭上, だと, であったの, であって, であること, である私, でなくし, では無かっ, でもある, で了, とし, としてのいわゆる, として常に, として美男, として見た, として追求, となり, となり得る, との交通, とを需要, と消費的用役, なぞ一切皆無, なるもの, なるやう, にあてがっ, にする, については極めて, になっ, になる, にむかっ, に事, に同情, に向っ, に大, に対してより, に対して受取る, に對, に届かない, に当て, に結合, に聚, に肥料, に見えずし, に近づい, に達しうる, に避雷装置, の一つ, の上, の全部, の分量, の卒業証書, の存在, の尤も大, の情況, の社会的地位, の買手, の距離, の近傍, の選択, はこれ, はやっぱり, はやつぱり此, は一つ, は上, は同一, は土地, は地主, は結句, は自然現象, は見えない, は銀時計, は魚其の物, へ向っ, または消費的用役, や精神, をかくさん, をつかまえ, をつかん, をもう, を傷, を失った, を想定, を指示, を探しあてた, を探しあてたらしく, を探しあてる, を探る, を発見, を確実, を蔽, を製造, を見つけた, を見よう, を追っ, を遠い, を需要, 再び肥料, 即ち腕足類, 及び消費的用役

▼ 目的である~ (110, 1.2%)

5 ように 4 ことを 3 かのよう 2 か, かの如き, ところの, とすれ, と云, のだ, ので

1 [84件] かぎりそれは, かといふ疑問, かに見えた, かのごとく心得, かのやう, かは判らなかった, からどこどこ, からなるべく, から仏教, から分り, から呂, から此処, から私ども, から自己, から間違, から非常, がしかし, が子, が罪, けれど決して, ことが, ことは, こと申す, しかも修行, そうな, だけに効果, だけに整然と, と, ということ, というよう, といったよう, といふ, といふこと, といふところ, といふ事, といふ風, ところから, としか思えなかった, としたなら, としたら, とする, と共に朝廷, と同時に, と学生一般, と帰っ, と考えたい, と聞いた, と語られる, にかかわらず, には相違, にも拘らず, のか, のかも, のでかれ, のです, ので自然書き, のなら, のに, のにそれ, のに作以前, のに夫, やうな思ひ, よりも結果, んだつたら, 一通の, 人間完成にまで, 以上は, 以上如何なる, 会話の, 勤労生活の, 商売上の, 墓石の, 外科医が, 存在の, 所の, 本能それらの, 活動写真撮影を, 秋の, 筈だ, 能く, 虐殺は, 行為ほど, 解放と, 限り真理は

▼ 目的~ (87, 0.9%)

16 のだ 10 のである 8 んだ 6 ので 5 んです 4 のか, のです 3 のであります 2 のであっ, んだろう, 行為を

1 [25件] ことで, さそのもの, のかい, のだろう, のであった, のでございます, のでもうすぐ, ので侍, ので団栗, ので小屋, ので御, のも, んでございます, んでしょう, んでね, 動物又は, 情熱の, 浪費生活を, 無意味な, 生命であった, 生命意慾に, 美しさ, 自転を, 行動と, 軽い気持

▼ 目的から~ (77, 0.8%)

3 云って 2 いうと, して, それを, 云っても, 引き出されるの, 為されて

1 [62件] いふと, この土地, しばしば自由詩, じゃ決して, すれば, そらして, だった, であった, である, です, モンゴール王の, 乱痴気さわぎの, 云うと, 云へば, 伐採を, 何を, 備えつけられたもの, 入って, 全く切り放された, 出た呪式, 出た産児制限, 出て, 匡救に, 同一な, 地代で, 太平洋定期航路の, 少しでも, 幕府が, 平仄を, 引離しすべて, 彼は, 我等の, 批判される, 推測した, 放して, 故ら, 故意に, 来る当然, 東京専門学校, 次第に大きな, 段々に, 派生した, 目的へ, 私は, 考えても, 自然に, 芸術は, 見たやり口, 見て, 見れば, 言えば, 言つても, 起って, 身の上までを, 退いて, 逆行させよう, 進んで, 遠ざかつてゐることを, 遥かに, 離れないこの, 離れなければ, 飛躍し

▼ 目的を以て~ (72, 0.8%)

2 思ひ切つたる大, 教育の, 此の, 歩いたり, 治安を, 生れたもの

1 [60件] いかなる方法, いそしんで, いま一週二回の, この医学, この道, こんどは, そのよう, その使節, その手段, でなくとも, やるの, ホテルまで, 一七九四年に, 他国の, 侍は, 僕は, 其手段として, 前に, 割与した, 又如何なる, 同じこの天井裏, 同じ天父, 外間から, 多くの, 夜半淫売宿なぞに, 奈良市に, 恐らく尊嚴, 提出する, 政治上に, 文芸の, 既に出来た, 時々爆發, 曲馬団を, 梨の, 植物圖鑑其他二三の, 此島へ, 準備的に, 營ま, 現れたる古, 生牛馬, 田山白雲は, 異人館に, 秀子に, 私に, 私は, 節供を, 米國を, 細大の, 聽く, 自然科学の, 行かれたので, 行くの, 行動した如く, 訪ねて, 調べ上げる, 論緒を, 論語に, 運動せりと, 高原の, 鼠を

▼ 目的であった~ (59, 0.6%)

4 のだ 3 ことを, のである 2 か, が勿論, のが, のです, ものと

1 [39件] かという事実, かまた, かもしれない, からで, から万事, から田代, から途中, がそれでも, がとうとう, がまた, が仕事, が望み, が私, が科学者, が結局カボチャ, けれども行者, ことが, ことに, ことは, しもう, ためか, という, ということ, ところの, ところへ, としてもこの, とすれ, とは決して, とは酒井侯, と思え, にも拘らず, のだろう, のであります, ようです, コロラド大, 勿来関趾の, 様にも, 盗みなどは, 風習が

▼ 目的~ (57, 0.6%)

2 という事, とすれ, と思う, と思ふ

1 [49件] かその, から, からこの, からそう, からといっ, から個性的, から喰え, から沈めない, から躍りあがっ, から馬, か判らない, がな, が亡友, が何しろ, が結局色いろ, が花頃, し酒, そうだ, つたから, つたと, つたといふ, つたのだ, つたのです, つたのに, つた大石医院の, と, とあきらめ, ということ, というよう, というラジック・シャア, といったの, といわぬ, とし, とする, とは思わない, とは断言, とも見える, と云った, と仰, と思っ, と思ひます, と申しました, と聞い, と言われました, と言われる, なと心付いた, な社会主義, のを, ものね

▼ 目的~ (50, 0.5%)

2 のない

1 [48件] が全く, が場合, が実質的, が考へられる, である, でなければ, でもある, という一般者, として吾, との総合, とを結果, と希望, と生物的, などを否定, についての二章, のこの, のもつ, の凡, の反対物, の問題, の意味, の感情, の文学, はこの, はである, はなる, は主観, は例えば, は先驗的原理, は到底, は同じく, は哲学的, は因果性, は或, は自然, は論外, は限定的, も実用性, をあらわ, をこの, をもたない, をカント, を一つ, を信じる, を如何, を有する, を而, を認める

▼ 目的だった~ (46, 0.5%)

10 のだ 5 のです 4 のである 3 のか

1 [24件] かあなた, かと思う, かは分らない, かも知れない, かも知れません, から, か又は, が建築, が懇意, が政江, が日毎, ことでしょう, ことに, とすれ, に相違, のかしら, のかね, のであろう, のでしょう, ので普通, ように, んだ, 彼の, 理想の

▼ 目的には~ (44, 0.5%)

2 ならぬ, 何の

1 [40件] あまり間に合わない, かなわない, その穴蔵, ちがいない, ちと叶わない, どうも絵, なくて, まったくお, よく鉛, わかって, 不適当, 何か, 充分であろう, 全く役, 公園と, 十分であった, 参り申さぬ, 宜しいの, 少なくとも治安, 尺度の, 恰好の, 悪事災難を, 方法は, 止まること, 相応しいところ, 石数まで, 触れて, 足らないで, 達しない, 違いない, 適して, 適しない, 適わしくない, 適わない, 適当な, 金星は, 隨分複雜な, 霜柱の, 非ざりし, 頓着なく

▼ 目的意識~ (42, 0.4%)

2 の下

1 [40件] があ, があまりに, がなくならない, がなけれ, がもっと, がハツキリ, が今, が伴, が文学, なしに, にだけ囚われた, にのみ囚われない, にまで引上げ, にみたされ, によって階級観念, に取り入れない, に囚, に支配, に止まらず, に縛られた, のない, の昇華, の理論, の異, の関係, は作品, は併, は反っ, は我々, は断じて, や今後, をもっ, をもつ, をも懐かしめない, を以て書かれ, を実現, を忘却, を持たせる, を有っ, を離れ

▼ 目的~ (41, 0.4%)

2 との統一, を否定

1 [37件] があまり, が何, が内的, が存在, が支配, が自然, だって歴史, だと, であり第, である, であると, ではなく, でもっ, でもなくし, という観念的, とか何とか, とか新, との綜合, とは絶体的, と因果関係, と機械論等, などを脱却, にまでふみこまなけれ, にも彼, に外, に於ける, のみが生気論, の世界, の成立, はそれ自身, は許されない, は静的, も丁度, をどう, を仮定, を導き入れる, を有っ

▼ 目的でも~ (36, 0.4%)

4 何でも 3 いへとて 2 ないの, なくまた, なしまた

1 [23件] あった, あったの, ありそう, ありやせん, あり同時に, ある, あるかの, あるが, あるですか, あるらしかった, ござれば, ない, ないから, ないが, ない事, なかった, なくただ目, なく縮む, なさそう, 予定の, 動機でも, 真に奥底, 達せられる

▼ 目的という~ (36, 0.4%)

10 のは 5 ものが 4 ものは 3 のを 2 ことは, ことも, のが 1 たところ, ものしか, ものでない, ものの, ものを, わけで, 大きな考え, 観念そのものに

▼ 目的~ (29, 0.3%)

2 事実を, 方法を, 理想をも, 約束が

1 [21件] お前には, さかいその, その他根ほり葉ほり尋ねられた, その将来, その將來, なにかも, わが身の, 何か, 何かで, 兵力を, 功績について, 将来の, 役人の, 意思を, 手段や, 方法について, 方法の, 理想と, 理由が, 私に, 範囲に関する

▼ 目的なし~ (26, 0.3%)

2 にただ, に歩い

1 [22件] とて両人, にいただいた, にお, にこういう, にどうも, には歩く, に事, に互に, に今日, に彼處, に政治, に断わる, に暮し, に書いた, に目的, に絶對機械的, に線, に苦学, に高飛び, の勉強兎, の散歩, の行爲

▼ 目的とは~ (25, 0.3%)

2 なんの, 反対の, 第一職業, 逆に

1 [17件] いくつも, して, しない, ただかれ, ちがいますねん, なんであった, まったく背馳, 事実上又は, 云ひ, 全く別, 凡そ正反対, 別々な, 反対な, 反對, 斬ると, 異なったもの, 黄信を

▼ 目的たる~ (22, 0.2%)

1 [22件] ことは, に相違, や未だ, や牛肉, や私, や至極曖昧模糊, 一馬先生の, 人間及び, 優勝者を, 効果は, 多大の, 大理想, 奇術の, 学生諸君を, 平和建設の, 幸福を, 真実の, 糸を, 義務を, 進駐軍, 駿三が, 駿三は

▼ 目的であり~ (22, 0.2%)

1 [22件] あと灌漑水運などが, いかに弱々しい, しかも先方, そこらが, そして人々, それ以外に, またその, また手続, むしろ助太刀, 動機であった, 同時に精神, 同時に諸, 対象である, 幸福の, 役者も, 手段である, 文明の, 方法である, 方法は, 無條件的, 生活の, 陶酔境な

▼ 目的なら~ (22, 0.2%)

1 [22件] お説教, そんな手数, ただの, だめだ, とにかく獲物, ばこれ, ばこんな, ばざら, ばそれ, ばなに, ばわざわざ, ば本郷台, ば東, ば自分, ば附近, もっと暖かく, 十分達する, 単純明快か, 当人の, 有無を, 真を, 芝居でなくつたつ

▼ 目的論的~ (22, 0.2%)

3 の見方

1 [19件] であって, であっては, であること, でいけないならば, なもの, な性質, な立場, な考え方, な見方, な述べ方, な過程, によ, に切断, に未来, に組み立てられ, の宇宙觀, の意義, の着色, 或は價値觀的傾向

▼ 目的でなく~ (21, 0.2%)

2 て他

1 [19件] その目的, ただ事を, ちょうど来合わせ, つて読者に, てこの, ても少く, て何, て隅田川, ともなんとなく, また込み入った, 人世から, 即ち解剖, 子供は, 彼らの, 敵に, 正しい仏法, 神を, 花を, 被告に対して

▼ 目的でない~ (19, 0.2%)

2 ことは

1 [17件] から省略, ただついでに, ということ, とすれ, と同様, ので偶然そこ, ので元来, のに拘はらず, むしろ人を, ものです, 事が, 事は, 人生の, 以上それに, 場合, 場合が, 限り之に

▼ 目的なる~ (19, 0.2%)

4 ものは

1 [15件] が故に, や疑, を以て之, を思ふべし, キリスト, 善みなこの, 害虫, 生存競争より, 神に, 神を, 精神の, 鎮魂呪術の, 関寛翁訪問を, 關寛翁訪問を, 高き光

▼ 目的であっ~ (18, 0.2%)

2 てはならない

1 [16件] ていやしくも, てしかも, てそうして, てその, てそれ, てはならなかった, てよい, て之, て人間, て僕, て名誉, て命, て病状その他, て衆生済度, て表現, て見れ

▼ 目的あっ~ (17, 0.2%)

1 [17件] ていずれ, てここ, てこの, てこんな, てせっせと, てそれ, てのこと, ての犯罪, てやっ, て京都, て地球, て大西洋, て少女, て来た, て沖, て自分, て行く

▼ 目的とを~ (15, 0.2%)

1 [15件] 以って, 信じて, 反省させないで, 持つて, 有する氏, 有つ, 混同し, 異にし, 簡單に, 置換する, 聞き知って, 表現したる, 語り女, 説明する, 達し台所

▼ 目的以外~ (15, 0.2%)

1 [15件] にない, には何物, にも人間, に何, に何らかの, に深入り, に費やすなら, のあらゆる, の事, の写本, の家元, の所, の現象, の研究, の行楽精神

▼ 目的達成~ (15, 0.2%)

3 のため 2 に向っ 1 という見地, に助力, に集中, のため政治, の一手段, の上, の困難さ, まで殲滅戦略, を目当て, を祈る

▼ 目的じゃ~ (13, 0.1%)

2 ないの

1 [11件] ありません, ない, ないけどね, ないらしいですな, ないん, ない千, なかった, なかったですか, なかったん, なかったんで, ねえん

▼ 目的です~ (13, 0.1%)

2 か, から 1 かね, からどんな, からひじょうに, から何年, から家兎, から小夜子サン, から少く, ね, よ

▼ 目的にも~ (13, 0.1%)

1 [13件] かなひ, せよ, せよ機内, なりましょう, 使い方にも, 利用し得る, 叶う訳, 叶ふ, 合致した, 従属し, 行動にも, 適したはず, 適ふ

▼ 目的~ (13, 0.1%)

4 向かって 1 むかって, 向けられた, 向って, 向ふ, 帰ること, 近付くと, 進みました, 集中し, 静かに

▼ 目的~ (13, 0.1%)

2 以テ血族其他ニ贈

1 [11件] 以テスル外國, 以テ今, 以テ実用的ニシテ且ツ居心地ヨキ, 以テ現行法律ニ保護ヲ, 以テ血族其他ニ分有セシメ又, 以テ諸, 以テ財産ヲ, 以テ限度以下ノ, 果タス行動ヲ, 満足サセ得ルニ過, 達成セムコトヲ期ス

▼ 目的通り~ (13, 0.1%)

1 [13件] この辺, すでに一介, にやる, に僕, に出, に外国船, に白骨, に邪魔, のもの, の道, の開店, 一旦その, 早く立派

▼ 目的~ (12, 0.1%)

2 に働く 1 である, であること, でさえ, といふこと, と稱, なもの, に出, に利用, に実行, に採用

▼ 目的そのもの~ (11, 0.1%)

2 ではない 1 が至極, だとしか, であったの, である, として追求, はどう, は斯界, も進化, を挫折

▼ 目的といふ~ (11, 0.1%)

3 ものを 2 やうな 1 のは, ものが, ものでない, ものは, ものも, 譯では

▼ 目的としては~ (11, 0.1%)

2 組織された 1 いないが, つまり肉体, わが國體, 余り精微, 如何であろう, 完全に, 小豆と, 甚だ面白く, 高山の

▼ 目的をも~ (11, 0.1%)

1 [11件] もつて, 加えしかも充分, 忘れまだ, 懸念せず, 承認する, 持たぬ犧牲, 持って, 有して, 果すこと, 立場の, 結びつけて

▼ 目的意識的~ (11, 0.1%)

1 [11件] そして興味, では, となる, なもの, な教育機能, にも発展, に促進, に展開, に新しい, に飲ん, のもの

▼ 目的によって~ (10, 0.1%)

1 いろいろに, ちがうであろうが, また地理的, 建てられたる城, 形も, 整理され, 申告する, 結ばれて, 貫かれて, 違う

▼ 目的より~ (10, 0.1%)

2 出で, 解脱し 1 出たる者, 出でたるもの, 外に, 語るその, 遙かに, 離れて

▼ 目的~ (9, 0.1%)

2 平岡が, 自分には 1 いわなくとも, それとも御, 否かは, 東国方面へ, 皇帝の

▼ 目的でなけれ~ (9, 0.1%)

5 ばならぬ 4 ばならない

▼ 目的に対して~ (9, 0.1%)

2 勇敢でなかった 1 いかなる自覚, 一心不乱な, 最も深い, 科学は, 積極的なれ, 組織上少し, 離る

▼ 目的への~ (9, 0.1%)

1 希望に, 手段でも, 方向を, 暗中摸索を, 最短の, 途を, 運歩の, 関係附けである, 關係附けである

▼ 目的~ (9, 0.1%)

1 があつ, の, の助辞, の意識, の指辞, の様, もなく, をとっかえ, を定める

▼ 目的なく~ (8, 0.1%)

2 して 1 その働き偶然, ぶらぶら歩い, 彷徨って, 散歩する, 横浜の, 歩て

▼ 目的あり~ (7, 0.1%)

1 てなる, て是, と仮定, と見, や, や帰趨, 独立の

▼ 目的すなわち~ (7, 0.1%)

1 事実の, 出口から, 南日本の, 太平洋の, 犯罪の, 積雪水量調査と, 貧民から

▼ 目的または~ (7, 0.1%)

1 今の, 企図に, 企圖に, 利益の, 動機が, 強さ, 方向へ

▼ 目的ある~ (6, 0.1%)

1 かのよう, が如く, ことなし, ねんし, ねんやろ, の事実

▼ 目的さえ~ (6, 0.1%)

1 必ず仕遂げ, 果せば, 正しければ, 確固として, 達して, 達せられるなら場合

▼ 目的~ (6, 0.1%)

2 や, やア 1 やない, やなかつた

▼ 目的であるなら~ (6, 0.1%)

1 ば一方, ば仏法, ば何ゆえ, ば思い切った, まさにその, 何を

▼ 目的でした~ (6, 0.1%)

1 からかれ, がその, がそれ, が何, のであった, 事で

▼ 目的とか~ (6, 0.1%)

1 いうならまだしも, 価値とかも, 寓意とかに, 性質とかを, 意義とか, 生活とか

▼ 目的とも~ (6, 0.1%)

2 期待とも 1 名づくべき, 手段とも, 知れず流れ込むいろいろ, 私には

▼ 目的なき~ (6, 0.1%)

2 生活を 1 ものと, ものは, 散歩や, 者なり

▼ 目的にて~ (6, 0.1%)

1 屋捜せん, 巡回書庫を, 建築されたる, 旅する, 生れたるかを, 鎌倉へ

▼ 目的よりも~ (6, 0.1%)

1 その運動, まったく實用的, 低級な, 城の, 江戸を, 重大視され

▼ 目的小説~ (6, 0.1%)

1 が行われた, であったと, でありホオソン, といい得るであろう, としては, の翻訳

▼ 目的~ (5, 0.1%)

1 へそれほど, へも相手, へ実現, へ現れ, へ達すれ

▼ 目的だったら~ (5, 0.1%)

1 もっと偉い, もっと簡単, 何を, 僕も, 邪魔を

▼ 目的でなかった~ (5, 0.1%)

1 からそれ, から説い, から随分, ことだけは, 事が

▼ 目的において~ (5, 0.1%)

2 一致した 1 全然別箇, 失敗した, 書いた作品

▼ 目的については~ (5, 0.1%)

1 別にはっきりした, 堅く口, 常に明瞭, 当の二川, 疑問の

▼ 目的に従って~ (5, 0.1%)

1 働くもの, 学校へ, 弾力性と, 規律正しい, 論理学

▼ 目的らしい~ (5, 0.1%)

2 ものが 1 のだ, 事が, 情報が

▼ 目的~ (5, 0.1%)

1 アル, プールヲ, 左様ナ, 颯子, 飲マシタノデハナイ

▼ 目的原因~ (5, 0.1%)

1 があり, である, としてい, との二重, に運動原因

▼ 目的論的論證~ (5, 0.1%)

1 はいかなる, は世界, は存在論的論證, は文化的, は胚芽

▼ 目的その~ (4, 0.0%)

1 ま, 傾向を, 分け方, 者として

▼ 目的だけで~ (4, 0.0%)

1 外出した, 旅行し, 書き得たら書きあげること, 終始一貫

▼ 目的だけは~ (4, 0.0%)

1 はっきりわかっ, 完全に, 庄次郎が, 親切な

▼ 目的としての~ (4, 0.0%)

1 ことで, 目的, 研究では, 自殺なんて

▼ 目的との~ (4, 0.0%)

1 下に, 二つの, 外に, 関係を

▼ 目的どおり~ (4, 0.0%)

1 にはたらき, に宮中, に成就, 到って

▼ 目的なれ~ (4, 0.0%)

2 ばなり 1 とも甲, ども国民論派

▼ 目的においては~ (4, 0.0%)

2 昔の 1 異って, 誠実なり

▼ 目的によ~ (4, 0.0%)

1 つてこの, つてのみしか, つて制約される, つて惡戯の

▼ 目的に対する~ (4, 0.0%)

1 信念の, 吾, 我々の, 矛盾である

▼ 目的はと~ (4, 0.0%)

2 はてな忘れた 1 いうと, いふと

▼ 目的まで~ (4, 0.0%)

1 きめて, 存じて, 果して, 綺麗さつ

▼ 目的をば~ (4, 0.0%)

1 さし当り異に, われ必ずしも, 思軒が, 達したり

▼ 目的一つ~ (4, 0.0%)

2 のため, の正しい

▼ 目的及び~ (4, 0.0%)

1 効力は, 希望なり, 技術が, 機能は

▼ 目的地点~ (4, 0.0%)

1 で何, に到着, は東北, は知る

▼ 目的理想~ (4, 0.0%)

1 の実現, の確立, を前提, を表わし

▼ 目的~ (4, 0.0%)

1 についてきい, に関する推定, の陪審官, を論じた

▼ 目的論的宇宙觀~ (4, 0.0%)

1 と倫理上, にし, の上, の主唱者

▼ 目的からは~ (3, 0.0%)

1 一番遠い, 少しくそれ, 第二義的の

▼ 目的だけの~ (3, 0.0%)

2 ために 1 ためだった

▼ 目的だろう~ (3, 0.0%)

21 にわらじ

▼ 目的でございます~ (3, 0.0%)

2 かな 1

▼ 目的とで~ (3, 0.0%)

1 僕は, 兵式体操の, 成り立つ理髪業

▼ 目的とでも~ (3, 0.0%)

1 いうべきもの, 云ふべき, 申しますか

▼ 目的なかりし~ (3, 0.0%)

2 のみならず 1 が今や然

▼ 目的など~ (3, 0.0%)

1 でないこと, 申し聞えたるに, 言ふこ

▼ 目的なり~ (3, 0.0%)

1 与件なりが, 対象なりが, 法句經の

▼ 目的なんぞは~ (3, 0.0%)

1 お前と, どうでも, 走り疲れた

▼ 目的なんて~ (3, 0.0%)

1 いうもの, ことも, ない

▼ 目的について~ (3, 0.0%)

1 マデライン嬢に, 彼に, 種々高尚

▼ 目的にとっては~ (3, 0.0%)

1 それが, はなはだまわり道, 適当な

▼ 目的により~ (3, 0.0%)

1 多く役立つ, 多く関係が, 材料の

▼ 目的に関する~ (3, 0.0%)

1 ものである, 彼の, 永遠の

▼ 目的ばかりは~ (3, 0.0%)

1 全く見, 全く見当, 察し得なかったと

▼ 目的よりは~ (3, 0.0%)

1 やはり金持, 功徳の, 耳が

▼ 目的~ (3, 0.0%)

1 副フモノナリキ, 向ッテ協力シタイモノダ, 向ッテ進ンデイル

▼ 目的乃至~ (3, 0.0%)

1 その実現, 作用の, 想定は

▼ 目的全部~ (3, 0.0%)

2 がそれ 1 を語つて

▼ 目的即ち~ (3, 0.0%)

1 教育の, 社交的な, 講和条件を

▼ 目的如何~ (3, 0.0%)

1 という質問, なんて問う, 何故の

▼ 目的意識文学~ (3, 0.0%)

1 について, への転換, を認める

▼ 目的成就~ (3, 0.0%)

1 しなかったわけ, の一歩手前, の不可能

▼ 目的概念~ (3, 0.0%)

1 に求められる, に独立, は科学

▼ 目的~ (3, 0.0%)

1 だと, であるといふ, と見

▼ 目的~ (3, 0.0%)

1 に星馳, に達せ, へ着いた

▼ 目的行動~ (3, 0.0%)

1 であっても, という方面, の合図

▼ 目的~ (3, 0.0%)

1 から見, と名, に對

▼ 目的ありし~ (2, 0.0%)

2 とは信ずる

▼ 目的および~ (2, 0.0%)

1 太平洋紀行の, 理想が

▼ 目的かは~ (2, 0.0%)

1 わからないに, 知らないが

▼ 目的かも~ (2, 0.0%)

1 しれませんなあ, 知れませんね

▼ 目的からのみ~ (2, 0.0%)

1 書かれたもの, 養成され

▼ 目的こそ~ (2, 0.0%)

1 我に, 課題として

▼ 目的しか~ (2, 0.0%)

1 もって, 考えられなくなるの

▼ 目的すら~ (2, 0.0%)

1 教化の, 歯牙に

▼ 目的だけに~ (2, 0.0%)

1 ここへ, 莫迦に

▼ 目的だつた~ (2, 0.0%)

1 か, が一ヶ月

▼ 目的だの~ (2, 0.0%)

1 そんな議論, 意味だ

▼ 目的って~ (2, 0.0%)

1 どんな目的, ドンナ事

▼ 目的であります~ (2, 0.0%)

2 からその

▼ 目的でありません~ (2, 0.0%)

1 しそれに, 僕の

▼ 目的であろう~ (2, 0.0%)

1 ということ, はずは

▼ 目的でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, その意味

▼ 目的といった~ (2, 0.0%)

1 のである, ような

▼ 目的とかいう~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものは

▼ 目的とかについての~ (2, 0.0%)

1 全体の, 全體

▼ 目的とが~ (2, 0.0%)

1 どこに, 矛盾し

▼ 目的とに~ (2, 0.0%)

1 したがえさせられた, 一致する

▼ 目的とによって~ (2, 0.0%)

1 厳しくふるいわけられた, 客観的に

▼ 目的ともし~ (2, 0.0%)

1 てゐた, てゐない

▼ 目的なりと~ (2, 0.0%)

1 なさば, なすもの

▼ 目的にとって~ (2, 0.0%)

1 便利である, 総べてであった

▼ 目的にな~ (2, 0.0%)

1 つて居らぬらしい, つて来た

▼ 目的にばかり~ (2, 0.0%)

1 気を, 集中し

▼ 目的のみに~ (2, 0.0%)

1 書かれるもの, 用いられて

▼ 目的また~ (2, 0.0%)

1 ここまでの, 幕府の

▼ 目的までも~ (2, 0.0%)

1 感づいて, 間断なし

▼ 目的やら~ (2, 0.0%)

1 生活上の, 種々の

▼ 目的~ (2, 0.0%)

2 此に

▼ 目的人格~ (2, 0.0%)

1 と人格, と物

▼ 目的以上~ (2, 0.0%)

1 のもの, の発言

▼ 目的又は~ (2, 0.0%)

1 宣伝小説, 想定の

▼ 目的~ (2, 0.0%)

1 だ破壊, だ破壞

▼ 目的地方面~ (2, 0.0%)

1 の火, をたどる

▼ 目的意味~ (2, 0.0%)

1 などについて考えた, を意識

▼ 目的意志~ (2, 0.0%)

1 でで, にもとづい

▼ 目的意識化~ (2, 0.0%)

1 された機関, しては

▼ 目的意識性~ (2, 0.0%)

1 と大衆, と読者

▼ 目的~ (2, 0.0%)

1 というもの, を誇張

▼ 目的方向~ (2, 0.0%)

1 に多少, の細か

▼ 目的未だ~ (2, 0.0%)

2 成らずして

▼ 目的物たる~ (2, 0.0%)

1 には小さ, に過

▼ 目的目的~ (2, 0.0%)

1 という, に附隨

▼ 目的論的概念~ (2, 0.0%)

2 であると

▼ 目的論的考察~ (2, 0.0%)

1 の対象, を対立

▼ 目的貫徹~ (2, 0.0%)

1 のため邁進, の爲日夜努力

▼ 目的通夫人~ (2, 0.0%)

1 と戦っ, と戦つて

▼ 目的騰貴~ (2, 0.0%)

2 であり得る

▼1* [249件]

目的ってか見えつ隠れつ, 目的あらば討死, 目的あらむ又何ぞ, 目的ずくに, 目的いかんによって善, 目的かのようであった, 目的からでもあったでしょうが, 目的からも遠いこと, 目的がちがふ, 目的がちゃあんと, 目的がねえこう云う, 目的これらすべての使命, 目的やなかつた, 目的じゃからその生命, 目的土地までは, 目的ぜひがなかっ, 目的それは一度, 目的それ自身のなか, 目的ただその目的, 目的たらしめる可能を, 目的だけであれ, 目的だけをもって, 目的だったらしいが, 目的だってことは, 目的だらうか, 目的なく漂泊, 目的てに紐育で, 目的であったですがその, 目的であったら是までの, 目的でありつきぬ名誉である, 目的でありましたが他, 目的でありますならばなるほど, 目的であるごとく思われてだれ, 目的であるらしいこの思ひ, 目的であれば表裏, 目的であろうでな, 目的でしかないなら, 目的です驚かせて遣らね, 目的でだけ利用され, 目的でなくっても方便, 目的でなさるのです, 目的でばかりかれは, 目的とかがない所, 目的とからにしろ彼, 目的とかを考証せん, 目的とさえして, 目的としか思えないよう, 目的としてこそ真にほめる, 目的としてのみ成立つもの, 目的としてばかり居たとは, 目的としても成人の, 目的としてをりわれわれ, 目的とて何も, 目的とによってのみ製作欲を, 目的とまでは分っても, 目的どおり二つの河, 目的どおり市を離れ, 目的どおり適切で正確, 目的などに展開し, 目的などについて話したかったが, 目的などもまるで知らない, 目的などを訊ねた, 目的ならもつとほか, 目的なりをはっきりきめ, 目的なんかありませんし, 目的なんかで旅行し, 目的においても十人十色と, 目的にかへり來, 目的にしかすぎない, 目的についての疑問も, 目的にでも時間を, 目的にとり役に立たぬこと, 目的にのみ用いられた, 目的によってのみ区別さるべきである, 目的によるのか, 目的に対しては有効であり得ない, 目的に関し尋問を, 目的に関してはそれぞれこれに, 目的のみならず自分, 目的のみには原形の, 目的のみによって書くべしと, 目的のみを見つめて, 目的のみを以て為したる事明白, 目的はずれだ, 目的はたして良社会を, 目的は種属の維持, 目的ばかりが強調された, 目的へと向つて排列, 目的までを忘れて, 目的みたいな事, 目的めいて正面, 目的もしかと立たない, 目的もしくは手段でない, 目的やらによりて度合いが, 目的ゆゑに親, 目的をかへました, 目的をしか有しないすなわち, 目的タリシ中部支那以南ノ領有, 目的トシテ受任シタル事件ハ第一審事件, 目的トシテ聯合シタル列強ガ更ニ英國ヲ第, 目的トスルモノニシテ諸外国殊ニ前記東方諸国ヨリ, 目的トセルモ語辭悉ク簡單明瞭時ニハ只結論ノミヲ綴リシ者アリ, 目的ト方法トヲ具ヘテ教育者ガ被教育者ニ加フル所, 目的ト為シテ強奪ヲ恣ニシ, 目的ニ於テ本文ニ詳記シ且別紙図面ニ付説明セル如ク略ボ腕ト等効ナル動作ヲナス機械腕, 目的実ハコヽニアル, 目的ハコレラヲ僕, 目的ハソウスレバ彼女モ僕ガイカニ彼女ノ裸体, 目的ハ何ニアルカトイウト第一ハ, 目的ハ山岳地方跋渉ニ在ルト共ニ, 目的ヲハタシタ上デ全, 目的一種の活動, 目的けに使う, 目的上羅列を事, 目的不明の大, 目的にその, 目的には昨夕, 目的としては或いは, 目的主義を全然, 目的この問題, 目的乎人生を説明, 目的事業等に就き, 目的以下のもの, 目的伝統が何等, 目的かの意義, 目的何所にかあらむ, 目的信念をここ, 目的入会条件事業等について説明, 目的全く破れて, 目的其者である, 目的内容を決定, 目的功能なるもの, 目的は動植物, 目的十大綱目は今日, 目的及綱目が今日, 目的同じからずして, 目的同時にお前の, 目的唯此一欸已耳あり, 目的商人のいう, 目的に肆意的, 目的を持つ, 目的地サイト・ツウの港, 目的地三條の三條八幡, 目的地到着後の事業, 目的地近くに到達, 目的場所に着いた, 目的増加ありと, 目的変更ではなく, 目的変遷などかなり, 目的外れの評判, 目的夜半の夢想, 目的意思大心靈とも, 目的大きく言えば, 目的大義名分といふもの, 目的太刀槍棒何へ向っ, 目的如何なるを弁, 目的学問の目的, 目的學問の目的, 目的実に既成政党の, 目的実現が禁じられた, 目的実行的意志でなくては, 目的実験的方法の目的, 目的に既成政黨, 目的實力としてのみならず, 目的小説宣伝小説と称, 目的小説歴史小説少年少女小説探偵小説等総てを含め, 目的希望をし, 目的希望等が新た, 目的平安にあらざる, 目的の如く, 目的性それをカント, 目的意義を認むる, 目的或は戦争防止の, 目的手段方法を異に, 目的持ってなさった, 目的教育の結果, 目的方法をあやまる, 目的方法等を明らか, 目的時代はその後, 目的果たすためには, 目的模範政党を作る, 目的模範政黨を作る, 目的機能または構造, 目的に記した, 目的死刑威力が発揮, 目的殆ど爰に終れり, 目的無しに自分, 目的物以外に他, 目的物安全私は今それ, 目的物高貴なる被, 目的特性必要関係等はほぼ, 目的獲得の絶えざる, 目的理由事情を以てする, 目的生活にそう, 目的を観じる, 目的的作用というもの, 目的的論理的に行動, 目的眞理についてばかりでなく, 目的真理に過ぎず, 目的知らねば運命, 目的福祉の本源, 目的一である, 目的等すべてを詳しく, 目的結果などいかに, 目的綱領を審議, 目的者ニ対シテハ殺害ノ予告ノミヲシテ方法及ビ期日ヲセザリシ為メ普通月並ナル脅迫状位ニ思フテ覚梧, 目的もたった, 目的自体が超, 目的自身についてはいささか, 目的若くは其影, 目的観光といふもの, 目的の信仰, 目的計画あること, 目的乃至補足語, 目的論一般に就い, 目的論的世界へ逆もどり, 目的論的世界觀の始祖, 目的論的仮定の上, 目的論的信念はこの, 目的論的学説に反抗, 目的論的宇宙觀機械論的宇宙觀の上, 目的論的形而上学的のにおい, 目的論的形而上學である, 目的論的意義はやはり, 目的論的有神論においての如く, 目的論的構造でありそこ, 目的論的禍惡觀との間, 目的論的自然観に反対, 目的論者否な目的論的世界觀, 目的足れりとしてゐる, 目的近代カブキの表現, 目的通り伝通院へ送り込まれる, 目的通り契約をとっ, 目的通り専門の医者, 目的通り母が死んだ, 目的通り江戸の城中, 目的通り私の過去, 目的遂に之に, 目的達してるもんです, 目的達成率が零, 目的違いの金魚, 目的違った人間の, 目的都会生活を営み, 目的の調和, 目的関係の存在, 目的附加額を説明, 目的を行, 目的順序やら義雄, 目的齟齬したるもの