青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「無邪気~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

無用~ 無礼~ ~無視 無視~ ~無言 無言~ ~無論 無論~ 無造作~ ~無邪気
無邪気~
~無限 無限~ ~無駄 無駄~ ~然 然~ 然し~ 然るに~ 焼~ ~焼い

「無邪気~」 1839, 18ppm, 6436位

▼ 無邪気~ (896, 48.7%)

12 もので 11 ものだ 10 顔を 9 子供の 8 微笑を 7 ところが, 表情を 6 子供を, 笑顔を 5 少女の, 少年の 4 ものは, 声が, 子供に, 素直な

3 [16件] ことは, ことを, ものである, 可憐な, 声を, 子供が, 子供は, 子供らしい, 気持で, 純な, 表情に, 話を, 遊びに, 遊びを, 顔, 顔は

2 [57件] おっとりした, ところも, ところを, のか, のが, ものが, ものであり, ものです, ような, 一種の, 事を, 事柄を, 人だった, 人です, 人形の, 会話を, 努力を, 口調で, 同窓生から, 夫妻も, 女の, 妻は, 姿が, 娘である, 娘は, 子供と, 学生等は, 小児の, 微笑に, 心を, 恋を, 感嘆の, 感情の, 態度が, 態度で, 慎し, 明るい笑顔, 様子を, 犬であった, 申出には, 男であった, 目を, 眼が, 眼を, 笑いに, 笑顔, 笑顔で, 笑顔であった, 翳が, 言葉で, 言葉を, 豊かな, 赤ん坊の, 道徳律が, 青年の, 顔し, 鼻の

1 [632件 抜粋] あくびや, いい男, いたずらで, いたずら童子の, ういういしい横顔, おっとりと, おまけに, おめでたいもの, おもしろい企て, お人好しで, お喜代, お姫様式若様式の, お年長, お延, お方でございます, お爺さんでございました, お芝居, かけは, かわいい微笑, かわいい顔, かわいらしい盛り, くまの, ことだ, ことつまり, ことであった, この児, しかも大胆, しげ子を, せいで, そして公, そして押し, そして清らか, そして純粋, それほど別嬪, だけに純情, とこも, と言っ, にこにこ顔の, のだ, のだろう, ので, のであった, のであろう, のでしょう, のでせう, のでラシイヌ, ので決して, ので私, のも, のよ, のらで, のを, ばかりが尊い, ふうで, ふりを, ほとんど子供, ほど三馬は, ほのぼのと, まあ五月頃, みい子ちゃんの, ものか, ものがたり, ものだった, ものでございました, ものでございます, ものと, ものとして, ものにしか, ものを, ものニコニコ, もの単純な, もんだ, もんだった, やうで, やり口の, やり方で, ゆたかさが, よく云, わがまま者らしく思われる, ウォタ・シュート, ウソに, スティヴンスンの, ハリキリぶりを, フリーダの, ペトロは, ボートルレであった, マネキンに, ムッツリと, 一つ話に, 一人の, 一徹さを, 一本気な, 一本調子の, 一肉片に, 一言が, 三人であります, 三郎の, 世の中の, 両眼, 丸顔の, 主人翁の, 争闘が, 事であった, 事は, 享楽の, 人である, 人に, 人には, 人も, 人形と, 人懐こい妹, 人懐こい犬, 人柄に, 人殺しで, 人種だ, 人間か, 仲の, 会話から, 会話と, 会話は, 何ともいえない, 余りにいい, 作者もよ, 作者や, 信仰を, 優美さを, 兄と, 光を, 光景だった, 児童の, 内容の, 冗談を, 処女だった, 処女頼母殿を, 出来心から, 初々しさ, 初恋の, 利己主義が, 利己主義によって, 利己心を, 力一ぱいの, 功名心を, 加奈子は, 効果的でない, 半分は, 半玉は, 厚かましさ, 厚意, 友江さんは, 友達では, 口ぶりで, 口実を, 古いドイツ, 可愛いい顔立ち, 可愛い小僧, 可愛い桔梗様, 可愛らしい弟さん, 可愛らしい横顔, 君子だ, 君尾の, 味方を, 唇の, 問に, 問を, 問答を, 喜びが, 喜びにおいても, 喜びようには, 喜びを, 土着民たちであった, 坊さんである, 声で, 声と, 多くの, 夢である, 夢想家かも, 大きな目玉, 大男を, 大衆専門家にとっては, 夫人な, 女が, 女それでいて, 女だろう, 女に, 女の子も, 女を, 女中が, 女中は, 女学生な, 奴が, 奴ほど, 好奇心から, 好奇心に, 好奇心を, 妖女神の, 妹, 姫君が, 姫君で, 姿勢を, 娘さんだった, 娘さんであり, 娘であった, 娘であろう, 娘の, 娘らしい, 媚態の, 嬉しさ, 子で, 子です, 子どもだった, 子どもを, 子供たちの, 子供たちは, 子供だけ, 子供だった, 子供という, 子供みたいな, 子供より, 子供らの, 子供等が, 子供等にまで, 子供等の, 子女を, 存在であったろう, 学生の, 学生時代を, 安らぎを, 安寿, 家主の, 家畜に, 容姿が, 寝顔だけでも, 小児である, 小娘が, 小鳥, 小鳥の, 少女で, 少女な, 少女や, 少女を, 少年が, 少年だった, 少年に, 少年には, 少年は, 山の, 山人の, 希望の, 帳面や, 幸福な, 幼い物, 幼児が, 幼心に, 役者気質や, 彼の, 彼女眼の, 得意さから, 御様子, 微笑が, 心が, 心です, 心という, 心の, 心ばかりが, 心持は, 忍笑, 快活さを, 忿懣が, 性情と, 性格に, 性質から, 性質とは, 性質な, 性質に, 恋の, 恬淡な, 恰好でもって, 悟空の, 悦びと, 悪戯っぽい可笑し, 悪戯を, 情の, 情欲の, 意味で, 意味での, 意地悪から, 意識の, 愛くるしい少年, 愛くるしい顔, 愛娘の, 愛嬌を, 愛情や, 感じを, 感傷だ, 慇懃と, 態度は, 態度を, 憂いも, 或は新しもの好き, 戦士私の, 所です, 所の, 手紙は, 指先から, 掠奪隊であった, 放漫を以て, 放胆の, 敬意は, 新兵が, 方な, 方法で, 日本語が, 明るい声, 明るい顔, 明朗さだ, 昔の, 昨夜の, 朗かな, 期待ぶりが, 本気さで, 村人に, 桔梗様にも, 楽しみは, 楽天家であった, 様を, 様子だった, 様子に, 横柄さを, 正直者です, 歩きつきから, 残虐性から, 残酷さとでも, 気焔を, 気質を, 浜路である, 浪費生活の, 清澄の, 漢で, 漫画水兵である, 濃紺の, 点も, 煽動者ばかり, 熱情を, 物語を, 物質は, 牽強付会という, 犬に, 理由から, 理由では, 甘え方まで, 生き物を, 生徒たちに, 生活ぶりが, 田舎娘として, 田舎翁の, 男で, 男に, 男の, 画だ, 画です, 疑いを, 発足の, 白豚の, 目とも, 目下に, 相撲の, 真剣な, 眼, 眼ざし, 眼付きで, 社交家であった, 社会人が, 神々しいほどの, 神話の, 童女の, 童子の, 童心な, 笑いが, 笑いであった, 笑い顔なぞを, 笑い顔を, 笑の, 笑ひ, 笑声が, 笑声に, 笑顔だった, 笑顔に, 笑顔の, 第二, 筆は, 答えに, 米友の, 紅顔の, 細君です, 結末を, 絵でした, 綺麗な, 罪と, 罪の, 罪を, 罪人に, 罪人の, 美くしい, 美しい十三, 美和子を, 美術家らしい, 美麻奈姫であった, 羨望の, 考えを, 者たちを, 者へ, 肉体と, 肉体眠っ, 肉感的な, 肩の, 自慢話である, 興奮を, 舞ひ, 色が, 艶な, 芸質の, 若々しい御, 若い主婦, 若い女, 英雄主義でありました, 落附いた, 虚栄心にとっては, 衒学心それからまた, 表情が, 表情で, 表情とを, 装飾品であった, 見栄では, 視線で, 観客の, 観察は, 角度で, 解釈を, 言葉です, 訪問は, 訪客に, 誇りや, 調子に, 調子を, 調子をも, 諧謔と, 象の, 豪傑が, 貧窮組を, 質問が, 質問の, 赤ん坊や, 趣味が, 輝かしいかれ, 農民から, 農民と, 近所の, 逸話を, 遊び, 遊びか, 遊びが, 遊びで, 遊び事を, 遊戯と, 遊戯の, 過去が, 過失と, 道化た, 野蛮人でしか, 長塚に, 閑話の, 間の, 隔てな, 隠れ場所を, 雅趣によって, 雪合戦, 青年君主であった, 面喰った, 面白い子, 音楽愛好心を, 音調とが, 頭の, 頭脳の, 顔つきで, 顔に, 顔の, 顔附き, 風習が, 飼主は, 馴, 驚きの, 驚愕が, 鬼の, 魂の, 魂を, 鳥どもが, 鳩の, 鸚鵡を, 麗姫にも, 鼻面を

▼ 無邪気~ (361, 19.6%)

8 遊んで 7 して, 笑った 5 笑って 4 それを, なって, 何の, 首を 3 聞く

2 [19件] いった, うなずいて, うれしそう, はしゃいで, ニコニコし, 云った, 人を, 代助, 信じて, 家の, 戯れて, 振舞う本能, 演ずる即興劇, 眠つてゐる, 笑つた, 自分の, 言って, 話した, 語って

1 [277件] あどけなくなった, あどけなく云った, あどけなく遊ん, あらゆる思慮, ありのままに, いよいよベコ, うけながら, うけ入れられないらしかった, うなずいた, おかしそう, お楽しみなされ, お笑ひな, かがやいた, かけよって, きこえます, ぐっすり寝入っ, こういいました, この社会, さへ, さも悦しげ, しかも大胆, しつこく云, しつこく云った, しても, すやすや寝入っ, すッ, その扇子, それから, たのしそう, ちらついて, ともに暮すべし, どうした, なった, なられたよう, なる, なると, なるん, なる時, なる豪傑, なれないの, なれるん, にっこり笑っ, のぞき込んで, ひとり決めこん, ひょいひょいと, ふけっては, ふるまって, ほほえんで, ほめて, また屈託, もって, ものを, やって, やってるの, やるの, よい教育, よく源氏, わたしの, イタズラを, カッサイ, シカメッ面の, ハキハキとして, ポンと, 一同を, 一日を, 下賤, 云うの, 云ったもの, 他の, 伸びて, 何事も, 何枚も, 促した, 保養は, 優しく返事, 先生と, 光らせながら, 児供らしき, 兜を, 又ある, 反り返つた, 取り澄まして, 受けた, 受答を, 口を, 叫んだ, 可愛く甘える, 合図し, 呆れたやう, 呟くの, 周囲に, 味い得しめたなら, 喋り散らすかと, 喜んで, 堂々と, 声を, 大声で, 大様に, 大笑いし, 天空で, 女には, 女流作家の, 娘は, 嬉しがっ, 子供等に, 実弾を, 実行された, 家族が, 尋ねました, 尋ねる勇気, 小児の, 小野さんの, 崩れた, 平和に, 建築家という, 引離しながら, 彼と, 微笑んで, 心配さう, 快活に, 思われるよう, 感じて, 感情が, 慶祝し合っ, 我を, 我世を, 或は溺情的, 戦争と, 戯れながら, 手を, 打ち明けて, 投げ出した両足, 挨拶を, 振り返った, 振舞うの, 振舞おうと, 振舞はう, 掌を, 描かれて, 握拳, 放尿し, 数日乃至, 明るい人々, 映じ無邪気, 晴れやかに, 暮して, 書いた, 書きつけてるの, 書斎に, 楽しむこと, 歌い回る, 歌を, 歓び死にさらされて, 歩いたといふ, 歩み出されて, 気取つた風, 気負いおのれ意慾, 水を, 江戸時代から, 清潔に, 満ちて, 溢れて, 無心に, 無雑に, 然し淋し, 熱狂し, 父君と, 物を, 物語ったの, 甘えるよう, 生きて, 生活の, 用いて, 男を, 盛り上げて, 盛んに, 相談でも, 真似でも, 真摯な, 眠って, 眠りこんで, 眼を, 破顔する, 立って, 童謡を, 笑いかけながら, 笑いこける妻, 笑いさざめて, 笑いながら, 笑いました, 笑います, 笑い出した, 笑い合った, 笑い草履, 笑うこと, 笑えたでしょう, 笑ったもの, 笑ひこける, 笑ひつ, 笑ふこ, 答える, 絵を, 美しいの, 老女を, 考えて, 聞いた, 聞いて, 聞えて, 聴いて, 聴えた, 育てられ表面, 自分を, 興が, 舌を, 蒼白く浮ん, 藁の, 行われるもの, 褒めて, 見えた, 見えたに, 見えて, 見えるが, 見えるぢ, 見えるん, 見える娘, 見える彼女, 見える豚, 見せて, 見やって, 見張りしばらく, 覗いたの, 覗きこんで, 言った, 訊き返した, 訊ねた, 話したり, 話し合った, 話すので, 話そうとは, 誇った, 談笑し, 諷詠する, 象徴し, 賑やかに, 質問した, 足の, 足踏み鳴らし, 躁いでいます, 身を, 遊びに, 遊び回る子供, 遊び戯れ, 遊び戯れる, 遊び狂っ, 遊ぶの, 遊ぶ事, 配る, 酒を, 酔倒し, 酔眼を, 重ねつつ, 鉢の, 長閑な, 開けて, 開けポッカリ, 限りなく, 雄々しく個人, 面白がっ, 頸を, 顧みて, 飛びまはつてゐた, 飛びピョン, 飛んだり, 食を, 騒ぐの, 驚かざらむや, 驚歎し

▼ 無邪気~ (125, 6.8%)

5 はない 4 快活な 3 あつた, 明るい 2 のんきな, 罪悪の

1 [106件] あけっぱなし, あどけなくて, あなたは, いいん, いかにもいかにも処女, いて, いままで, いられない様, いること, うッ, おかしいが, おっとりと, おもしろい山, かわいい, かわいかった, かわいらしかった, きびきびし, こういうこと, こんなにアッサリ, しかも自然, そしてまたいかにも, そして痛快, その犯人, ただ派手やか, ちっとも威張らず気取らない, どう戒め, はあった, はしゃぎやでメリンス, はなかつた, は有り得ない, やさしい時, やった失策, やるの, よい, よござん, わがままで, グロテスクな, ノンセンスだ, 一向多, 一本気で, 些しも, 人が, 人なつこく同情心, 人を, 人懐っこいので, 何事に, 優しくて, 元気づける交わり, 勇しい, 単に快く, 単純な, 可愛らしくて, 善良らしい, 多芸の, 大らかな, 大胆らしい, 天使の, 好いわね, 好意で, 嬉々として, 子供の, 子供らしい, 家庭の, 幸福な, 当時から, 従ってユーモラス, 怖ろ, 愉快だ, 愛すべき所, 愛らしく感情, 憎気, 懐しく人間的, 或る, 投げやりである, 明るいけれども, 明るい牧歌的, 明朗濶達な, 暗さ, 本当に青年, 気軽く明るいプランク, 活溌な, 活発で, 清々と, 清朗な, 清浄である, 無伝統, 無責任な, 物堅いから, 狡猾で, 甘い点, 男の子の, 画も, 痛烈な, 稚いところ, 純情で, 結構で, 罪が, 自分には, 自然で, 自然であった, 軽快でした, 都会人の, 野放図な, 長閑な, 面白かった, 面白く潤色

▼ 無邪気~ (111, 6.0%)

3 をもっ, を失っ 2 があつ, で, である, とに引きずられ

1 [97件] あらゆる強烈, かとみえる, からだ, から大人, かを持っ, があった, があわれであった, がとうてい, がとても, がなかつた, が他, が安定, が幾らか, が清々, が溢れる, が現れ, が遂に, さえ認めた, そういうもの, だけをしきりに, であろう, でいう, ですよ, で云い放った, で光っ, で六十万円, で寂し, で朗, で犯しうる, で男, で育っ, で芝居, で踊る, で青い, といいたげ, というもの, といかにも, とこの, とすっかり, との間, とやさしい強, とを奪った, とを有する, と云い, と勇気, と奔逸, と快活さ, と恩恵, と気高, と純粋さ, と聡明さ, にはとても, には又, には安定感, にほほえみ, によるの, に一時笑い, に傷, に好感, に感服, に見え, に覚えず, に話, に返っ, のあかし, のため, の中, はあっ, はいかに, はその, はたより, はパリ, は一層, は万人, は新聞社会, は昨日, は消え, は私, は笑う, は純粋さ, もある, もいささか, や他意, や強い, や活気, をいつ, をどっと, をどつと, を三吉, を再び, を失い, を愛する如く, を持っ, を溢, を羨まず, を装っ, 愛くるしさ

▼ 無邪気なる~ (53, 2.9%)

2 ペンは, 小児が, 彼等の

1 [47件] が如く, そのいふ, その謂う, には先生, は小児, ものは, ラヴに, 人々よ, 人は, 人間の, 処善く, 判断に, 古伝説や, 可憐の, 同胞を, 夢を, 大納言殿かえって, 天真爛漫の, 女王の, 妹の, 子と, 小娘が, 小学児童が, 少女に, 少女を, 山人が, 彼は, 悪, 悪行を, 意気地と, 滑稽野卑なる, 物がたり, 笑顔を, 老人の, 自負の, 英雄崇拝の, 英雄崇拝者でなけれ, 英雄崇拝者には, 英雄崇拝者は, 要求, 記載に, 誤謬と, 誤謬とは, 論理を, 道づれなりし, 選挙区民を, 驚異で

▼ 無邪気~ (39, 2.1%)

1 [39件] お揃い, ために, ままいる, ままで, ままに, ようで, 世界と, 事でござる, 人々には, 仮面の, 例証に, 労力を, 友と共に, 反映とも, 善人が, 喜色に, 国民は, 垣の, 娘達は, 子供らも, 後ろ姿が, 恋物語をも, 悪戯の, 感激で, 故に粗暴, 極で, 極である, 楽天性を, 民の, 涙の, 眼で, 罪も, 色は, 言葉が, 言葉でも, 遊戯を, 霊感でございまし, 霊感といふ, 青年を

▼ 無邪気~ (31, 1.7%)

6 いえば 3 悪戯っ 2 悪魔とは

1 [20件] いうよりは, いうよりも, いって, いつても, さへ, ザックバランと, 云えば, 云は, 向不, 呼ばるる大, 無慾と, 率直さを, 率直と, 痴態とが, 稚拙とによって, 純潔とを, 純粋とにおいて, 罪の, 詩的な, 赤裸々とを

▼ 無邪気~ (19, 1.0%)

1 [19件] から何, から好い, から通じ, が他郷, が欲, が聡明そう, けれど意地, これなら, しお前, とか言っ, とはいえ, とまで思われる, と思ふ, と苦り切った, なあこのごろ, ね, ねぇ, よ, 実に

▼ 無邪気そう~ (15, 0.8%)

1 [15件] なあどけない, なしかし, な声, な眼, な艶, な豚, な顔, におっしゃっ, にし, にふざけ, にバナナ, に思いがけない, に甘え, に笑っ, に話

▼ 無邪気である~ (11, 0.6%)

2 けれども両方, ように 1 かさもなければ, ことか, ことは, ことを, ほど菊乃さん, やうに, 必要は

▼ 無邪気にも~ (11, 0.6%)

2 この事実 1 ありありと, いじらしくも, この熊, なりますが, みえる, 余り無, 見えまた, 見えれば, 見え自由奔放

▼ 無邪気~ (11, 0.6%)

2 信じて, 通り越して 1 お笑い下さい, てらって, わずらわすこと, 持った処女, 装う様子, 装って, 装ひ得る

▼ 無邪気であった~ (10, 0.5%)

2 のだろう 1 からこそあの, からです, から尚, こと, 少年は, 幕末乃至, 彼女は, 申せます

▼ 無邪気らしい~ (9, 0.5%)

1 がひどく, のは, 乙女が, 乙女でなかった, 小児の, 男だった, 眸だ, 短い笑声, 鈴の

▼ 無邪気だった~ (6, 0.3%)

1 とも言えます, のであべこべ, のである, ので津田, ので私, ばかりでなく

▼ 無邪気でも~ (6, 0.3%)

1 ありません, あり同時に, ある, あるよう, ございません, 滅却する

▼ 無邪気であり~ (5, 0.3%)

1 憎いどころか, 明るい, 朗らかであった, 生の, 自分は

▼ 無邪気という~ (5, 0.3%)

2 ことが 1 ものの, ものも, 言葉と

▼ 無邪気には~ (5, 0.3%)

1 あらで, なれなかった, なれまいと, 受け容れられなかつた, 行かぬところ

▼ 無邪気すぎる~ (4, 0.2%)

2 女である 1 のかも, やうに

▼ 無邪気~ (4, 0.2%)

4 やない

▼ 無邪気らしく~ (4, 0.2%)

1 その光る, てとても, やはり活き活き, 首を

▼ 無邪気でない~ (3, 0.2%)

1 ところへ, 処の, 者に対して

▼ 無邪気とも~ (3, 0.2%)

1 単的とも, 思いあがり, 言えないしかし

▼ 無邪気とを~ (3, 0.2%)

1 一緒に, 失うこと, 貴ぶが

▼ 無邪気~ (3, 0.2%)

1 なくなるだろう, 強し, 極端な

▼ 無邪気~ (3, 0.2%)

1 ない, 光明も, 時には自ら

▼ 無邪気から~ (2, 0.1%)

1 でなくずうずうしく, 出るの

▼ 無邪気さうに~ (2, 0.1%)

1 にや, 点頭いて

▼ 無邪気そのもの~ (2, 0.1%)

2 の弾み

▼ 無邪気とか~ (2, 0.1%)

1 快活とか, 救ひ

▼ 無邪気とは~ (2, 0.1%)

1 余裕を, 思えなかった

▼ 無邪気とを以て~ (2, 0.1%)

2 輝いて

▼ 無邪気なら~ (2, 0.1%)

1 いっしょに, ば無邪気

▼ 無邪気ならぬ~ (2, 0.1%)

1 心組から, 或る

▼ 無邪気な言い~ (2, 0.1%)

1 ぶりでは, 換れ

▼ 無邪気一方~ (2, 0.1%)

1 であっても, なんだ

▼ 無邪気陽気~ (2, 0.1%)

2 で健康

▼1* [61件]

無邪気処が, 無邪気かも知れぬ, 無邪気きわまるものが, 無邪気さうな笑顔で, 無邪気さかげんには誰, 無邪気さそれは大家, 無邪気さノンキさと見る, 無邪気さモーツァルトの情愛, 無邪気さ加減を想像, 無邪気さ品のよ, 無邪気さ快活さがすくすくと, 無邪気さ絶対的な従順さ, 無邪気すぎてこと, 無邪気すぎますよ, 無邪気その物だ, 無邪気っぽいお客連を, 無邪気であけっぱなしで, 無邪気であって最も, 無邪気であればある, 無邪気でいらっしゃいますから, 無邪気でしたのに, 無邪気ですよ, 無邪気でなくなんらかや, 無邪気でなければいけない, 無邪気で動くものと, 無邪気で無いには違い, 無邪気で見るからがいかにも, 無邪気というも中, 無邪気といったような, 無邪気とからなる子供, 無邪気とが自から, 無邪気なあわて者とは, 無邪気なおりんと, 無邪気なざれ事で, 無邪気なつくろはぬ, 無邪気なよろこび方であった, 無邪気なるべき諧調の, 無邪気なれどもあどけなから, 無邪気な寝姿でも, 無邪気な愛すべきものの, 無邪気な甘えた言いかたで, 無邪気な落ち着いた眼付きで, 無邪気な言いのがれをし, 無邪気な詰らない疑問が, 無邪気な謂わばその, 無邪気にて清楚なる, 無邪気に関して語らない, 無邪気のみを教えない, 無邪気ぶりは微笑ましい, 無邪気有邪気, 無邪気らしさに, 無邪気を以て発せらるる, 無邪気村落, 無邪気余り底の, 無邪気振りながら未だ, 無邪気極りなく格子, 無邪気正直に一切, 無邪気潔白虚言を知らず, 無邪気無辜なる者, 無邪気甘いといえ, 無邪気過ぎる言葉の