青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「積り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

種類~ ~稱 稱~ 稲~ ~稽古 稽古~ 穀物~ 穂~ 積~ ~積り
積り~
~積ん 積ん~ 積極~ 穏~ ~穴 穴~ ~空 空~ 空しく~ 空中~

「積り~」 1796, 19ppm, 5915位

▼ 積り~ (749, 41.7%)

27 あつた 8 いた 6 せう 5 いたの, いるん, 来て 4 いて, いる, 出て, 居たが, 居る, 居るの, 聞いて 3 いるの, いろ, やつた, ゐたの, 居るん, 書き始めたもの, 自分から, 読んで

2 [44件] あらうが, あんな細工, いたのに, います, いること, いると, いる男, いろと, お間違, ごわす, どこの, やって, ゐた, ゐたらさ, ゐて, ゐるが, ゐるらしい, 上り込んで, 云ったの, 云ったん, 仕立さした, 俺の, 入つた, 再び階下, 家へ, 居た, 居たの, 居て, 居ります, 居ると, 彼は, 拵へ, 持つて, 時計の, 書いたの, 来たが, 来たの, 東京に, 緩り, 自分の, 言つ, 記事なども, 連れて, 遣って

1 [553件 抜粋] ああした投書, あちこち, あつたらしい, あつたらしかつ, あなた方も, あの晩, あんなに騒ぎ立てた, あんな芝居, いたが, いたところが, いたらしく伸子, いたんだ, いた然るに, いた私, いても, いなくっては, いふと, いましたし, いましたの, いますし, いらして, いらっして, いるうち, いるが, いろいろ云い出し, うっかりし, うっかり欄干, うっかり若槻ロンドン軍縮会議全権, うつかり, えす, おいで, おとなしく帰る, おやり, おられるの, おります御, おるかは, おるの, お俊, お出でなさる, お前さんは, お前先へ, お寺の, お居, お米, お聴きください, お聴き願います, お萩を, か, かいて, かそれ, がんすが, くれて, この図, この銅鑼, これからあなた, これから吉原, これから大, こんなこと, こんな精密, ござえますから, ござります, ござりますれ, さすがに, しっかりやっ, しっかり持て, するす屋, せうか, せうが, そこの, そこへ, そっと話そう, そのお礼心, その折, その晩, その用意, その計略, その門, それを, そんな事, そんな出鱈目, だが手前能, ちよいと, でも, どうかする, どさくさまぎれ, どし, な, なぜ遣らない, ね, はねいと, ほんのしばらく, ほんの一刻顔, ほんの暫らく風呂場, ぼつ, まあ聴け, やかましく言う, やった仕事, やって来たのよ, やります, やれば, わざと塩町行, わざわざ倉, わざわざ来た, わざわざ長野, ゐたが, ゐたん, ゐた十吉, ゐた專次, ゐても, ゐなさい, ゐましたよ, ゐます, ゐる, ゐるから, ゐると, ゐるの, ゐるらしいから, ゐるらしいん, サテ三人し, チョイ, チヨイ, トラック三台で, ヒヨイと, フランス語で, プロレタリア文学の, ワラ人形に, ヴェランダに, 一つ芝居を, 一月位ぶら, 一疋の, 一發小銃を, 一般の, 一際精神籠め, 丁寧に, 三月の, 三村屋へ, 三間五間と, 上りこんだ家, 上機嫌で, 下手人を, 両側の, 主人の, 久しく手入れ, 久兵衞に, 之を, 事に, 云った, 京都で, 人目に, 人通りの, 今まで, 今夜なども, 今度出, 今日は, 仕事の, 仕払証明書, 伊藤を, 但ある, 位牌と, 何となし, 何の, 何処へ, 余分の, 余計な, 作つた長歌が, 使つてゐる, 俥屋が, 働いた事, 働かなければ, 働きまするの, 優しく言, 元吉の, 兄の, 先ず正太, 先生の, 入って, 入つたら, 八の, 其いひ, 内証に, 出かけて, 出かけよう, 出向いて, 出掛けたおらア元, 出掛けて, 出掛けると, 別々に, 前祝いに, 勅撰せられた, 勉強し, 勉強せよ, 包紙を, 北海道の, 医科を, 半年越し, 却って怪美人, 参りましたおっ, 取出した紙入, 取扱つてゐた, 召集する, 合宿を, 名倉の, 名残りを, 向島へ, 君は, 味は, 呼び出したん, 呼んで, 咏んだ, 哲学の, 善根を, 喜田川家を, 單なる, 塔の, 塔へ, 墮落し, 夕飯を, 外に, 外へ, 外套の, 外套を, 夙くから, 夜業まで, 大きな声, 夫, 夫で, 夫に, 奉公人根性出さんで, 奮発し, 女房も, 娘の, 娘を, 安心し, 宙返りでも, 宜いかえ, 宜しい所, 実は此上, 実は死体, 実際には, 家を, 富兄哥と, 小屋の, 小県, 少しばかりの, 居たから, 居たので, 居たらしいが, 居な, 居ながらも, 居や, 居りましたら思い, 居りますた, 居りますん, 居るさ, 居るし, 居るに, 居るよう, 居るらしい, 居る男, 居れ, 山道へ, 山門を, 川春の店さきまで, 左近太夫樣は, 己と, 己は, 市中には, 席を, 席亭が, 帳面を, 平次の, 幸次郎は, 幽霊塔から, 幽霊塔の, 幾らか懸, 店名を, 度胸を, 廊下に, 引き取ったら子供, 強ち, 当ての, 往きねえナ, 往って, 待つて, 後に, 得心し, 得意に, 御亭主, 御出でなさい, 御座ます, 御聴取, 御聽, 微笑を, 心嬉しく, 忍び入り軍治は, 応対し, 思わず伯母, 急に, 態, 態と手, 戎橋の, 成るべく靜, 成る可, 扉に, 手前の, 手助に, 手拭を, 批判する, 承知し, 拵えたに, 拵えた細工, 捜し出そうと, 掛って, 故意と, 教育し, 教育事業なぞに, 敢然と進ん, 新宿あたりで, 新聞紙の, 日が, 早く宅, 映画, 昨夜此の, 昼飯を, 晴れが, 暗い混雑, 暫くのんびりし給え, 更に高輪, 書いたもの, 書いて, 書きながら, 書く, 有ったけれど, 有ったの, 有ろう, 木場まで, 木立の, 本心にも, 本郷の, 机に, 村人は, 来たという, 来てたん, 来るの, 東京から, 根よく, 極念入, 様々の, 権田時介を, 橋の, 止宿を, 此の, 此処にだって, 此方に, 此處へ, 此處を, 歸る, 殊更に, 母屋へ, 毎日出かけ, 毫もこの, 活動寫眞なんか, 渓流の, 渡り廊下まで, 瀧の, 火縄を, 火鉢を, 無言の, 煙草に, 熱いの, 牛の, 物を, 犬小屋の, 生まれて, 生活といふ, 用心おしなさい, 用心しろ, 田舎者が, 申したの, 申しませう, 男は, 画を, 畫紙一枚に, 病院などには, 登つて來た, 眞氣に, 眺めて, 着物を, 短册, 石を, 石川啄木らと共に, 確かり預かっ, 私は, 私まで, 稽古の, 突出した, 立つて, 立山からの, 竹矢来の, 笑顔の, 答れ, 約定を, 約束する, 素足に, 細々と, 細工を, 紹介し, 総べて, 美味とは, 聴いて, 胡麻の, 腹の中で, 自分を, 自慢の, 自身に, 舟を, 芳子を, 著した, 葬って, 葬式を, 蝋燭の, 血の気の, 行かないと, 行きなさい, 行ふ, 袂から, 袈裟丸山から, 裏口の, 襷を, 見て, 見得, 見物に, 覚悟を, 親の, 解きましたところが, 言うと, 言ったの, 言ったので, 言つたの, 言は, 言ッた, 計画を, 記者生活に, 詠嘆的な, 試驗を, 詫に, 話して, 誠に不調法, 読んだの, 調達した, 諦めて, 諦めるが, 貴方の, 貴賤貧富, 買って, 買わされたら大変, 起きて, 起して, 越すなら, 路地の, 踏み留ったと, 軍務を, 辛抱し, 返して, 返事し, 返事を, 逃げも, 通りかかった屑屋, 運動してる, 運命が, 道を, 遮二無二登つた, 部下を, 重兵衛, 重兵衞, 量見, 釜を, 長剣を, 間違つて内儀を, 間違つて御, 間違つて背が, 附き合つて貰, 陶物の, 隠して, 雁首の, 電話を, 預かった子, 頬髭を, 頼むぜ, 願書を, 飛込んで, 食物や, 飯田橋の, 馬でも, 馬丁に, 馳け, 高慢臭い, 鷹揚に, 麺麭も, 鼈甲の

▼ 積り~ (153, 8.5%)

84 から, が, つたのだ 3 がね, つたのです, と云った, な, ね

2 [13件] お前は, から肌身, か代, がそれ, が防ぎ, つたで, つたと, つたのか, つたのさ, つてさ, と云う, なあ, のと

1 [92件] え着物, かそんな, からあんなに, からそんな, からね, からやはり, から世話ア, から六十二万石, から可笑しい, から妻子, から徳, から手, から自分, から荷物, から行けない, から階下, から黙っ, か聞き, があのほんの, がお, がお前, がそこ, がそれでも, がただ, がねハハハ, がもう, がもう少し, がもし, が一つ, が仕事, が何, が何処, が実は, が少々, が心, が悪戯, が惡戯, が父様, が発表, が自分, が講義, けど末梢神経, けれど, けれどあの, けれども嫂, けれども日本人, けれど呂律, けれど四時間, けれど容易, これまで, し不参, そうである, その点, それから忰, つたかも, つたから, つたが, つたのかも, つたのだらう, つたので御座いませう, つた事も, といい添えた, というよう, といった時, といつ, とか克, とか彼様, とも言った, と告げ, と夫, と此度, と申しました, と見える, と言つて, と話し, と話した, なんでも, のう, べさ, よと姉御, よジョーさん, わ, 人つけ, 八あの, 出世は, 向うでも, 四階に, 己も, 平次親分, 手前も, 自分は, 離縁の

▼ 積り~ (90, 5.0%)

18 んだ 16 んです 7 のだ 65 のか, んだい 4 のです 2 のかしら, んだらう, んでしょう

1 [23件] ことそう, のかい, のかしらと, のが, のだろう, ので, のであった, のである, のであろう, のでこれ, のでしょう, ので急流, ので笠神博士, のにいま, のよ, んえ, んださうだ, んだろ, んだろう, んで, んでげす, んでせう, んで私

▼ 積りだった~ (64, 3.6%)

8 んだ 5 のだ, のでしょう 4 んでしょう 3 のだろう 2 がお前, のです

1 [35件] からである, か直ぐ, があいつめ, があなた, がこういう, がこの, がむろん, がやっぱりまだ, がやはりどことなく, が切らなかった, が到頭, が宮尾君, が帰っ, が急, が新, が朝, が準備, が由兵衛, が相手, が近来これ, そうです, という関, としか思われない, と申し, と見え, な, のか, のさ, のですっかり, のに, のにとうとう, のに云い出そう, んだろう, んです, 父上の

▼ 積りです~ (53, 3.0%)

121032 がいずれ

1 [26件] かと言, かどれ, からいずれ, からその, から必ず, から貴方, か行っ, がこの, がそれ, がどう, がね, がひどい, が単に, が少し, が当人, が案外, が爾, とついそう, と云う, ね, よ親分, 叔父さんへ, 同志諸君読者諸君に, 秀子の, 若し強い, 血の

▼ 積りであった~ (50, 2.8%)

3 そうです 2 と云う, のが, のだろう, 叔母は

1 [39件] かも知れない, かも知れません, かも知れん, から夫人, がいつの間にか, がこの, がさて, がそれでは, がどう, がハミルトン氏, が与えられた, が四, が容易, が寺, が最後, が残念, が殿下, が状袋, が窓, が西谷青年, が話, が随時, が雨, が霧, けれどそうして, ということ, ところが扨, と思う, に, に相違, のか, ので, のである, のとで, のに後, のを, ようです, 予定は, 為スーツケースの

▼ 積り~ (48, 2.7%)

13 して 4 なって, 違いない 3 候, 積った

1 [21件] なつた, なつたんだ, なつて, なる夜, 御座候, 成ったの, 成って, 成つたん, 成つて見る, 描かして, 用意した, 相違ございません, 相違ない, 積って, 積る, 致しました何, 達した時除夜の鐘, 違い無い, 願いたい, 願います, 餘分に

▼ 積りでは~ (40, 2.2%)

3 なかった 2 あるまいかとも, それでも大分, ない, ないが, なくお家

1 [27件] ありますけれど, ありませんでした, あれでも, あんなにし, いたの, こうして一日一日, さら, ないんで, なかったろうと, なかつたで, なく八五郎, 兄である, 可愛い娘, 対手が, 居るけれど, 床へ, 延に, 有るけれど, 有るまいか, 無いかとまで, 無いの, 無かった, 無論ない, 疲労を, 輕く, 逆立は, 隠に

▼ 積り~ (33, 1.8%)

1 [33件] え, え権次さん, お前は, お浪, それともいっそ, それとも改心, それは, どうして飯, なんかで, よい, ナア, 一寸御, 三田の, 何か, 何かの, 其処には, 分らぬ, 医師の, 壁に, 女も, 少からぬ, 平次は, 庭先へ, 彼は, 忙が, 手を, 災難よけの, 知らん, 知らん次, 自分でも, 血飛沫の, 言葉を, 馬鹿な

▼ 積り~ (33, 1.8%)

4 なかった 3 ない 2 ないの, 無かった

1 [22件] ありませぬ, ござりませぬ, その積り, ないが, ないさ, ないという, ないとも, なくても, 斯う, 有りやせん, 毛頭ございません, 毛頭ない, 毛頭無い, 毛頭無かっ, 無いから, 無いでしょう, 無いなどと, 無いの, 無かつ, 無くとも, 無論なかっ, 積りな

▼ 積り~ (31, 1.7%)

2 定つた職業

1 [29件] あては, お粂, です, ところが, ところつい, やうだ, ような, を刷毛ついで, 倅が, 処今, 勇気は, 吾妻屋の, 大久保夫人は, 大人たちも, 年季奉公です, 惡戯に, 懐中時計が, 東北民族研究中の, 物で, 物語歌で, 珪次との, 男仲間には, 私たちは, 穉気振りなど, 自分の, 自分は, 詞が, 踊り舞台に, 顔を

▼ 積り~ (29, 1.6%)

2 ったせい, った苦労

1 [25件] ったの, った大地, った恨み, った枯れ葉, った疲労, った話, ってある, ってここ, ってこんな, ってなま, ってのこと, ってまた, って二百円以上, って六十何両, って十余篇, って汽車汽船, って百円以上, って自然, って行く, って行った, つたもの, ると, るのみ, れるさまざま, れる多年

▼ 積りでも~ (28, 1.6%)

2 なかつたが, 世間では

1 [24件] あったの, あつた, ありますまい, ありませんでしたが, あんと, いつか急ぎ足に, すること, その周圍, どうしても初め, なければ, なしに, なし管, まゆみちゃんいつ, ガタガタやれ, ツイ耳に, 何だか覺, 何彼と不足, 妙な, 実際本当には, 手紙では, 更に筆, 梅子の, 段々と, 生命の

▼ 積りである~ (25, 1.4%)

1 [25件] かと詰責, からこの, からと機先, からもし, から湯下駄, から私自身, か余, か将, が取りあえず, が火, が私, こと私は, し早晩嫁, といはれた, との旨, と答えた, と話した, どうかその, のでだけ, 何と目出度い, 余を, 其の執念, 宗教に, 此の, 細川からも

▼ 積りだつた~ (19, 1.1%)

2 が色々, んだ, んです

1 [13件] かと気が付く, がちやう, がどう, が何ん, が何處, が幾, が皆なに勸め, が穴倉, ので其の, ので絵, よ, んだらう, んでせう

▼ 積りだろう~ (17, 0.9%)

1 [17件] か, が, がそれ, がそんな, が工場, が重さん, ぜ, と云っ, と幾度, と怪しみ, などと言っ, ッて, ヘン, 併し, 可い, 是れ, 茲で

▼ 積り~ (17, 0.9%)

2 今は

1 [15件] いつの間にか数十巻, わが知識, 六百三十六両の, 山を, 愈なつかしく, 成れる島, 淤能碁呂島と, 熟, 白く高まる, 百餘年に, 的の, 秋風吹きし, 軽からぬ, 遠き昔, 鳥の

▼ 積りでした~ (16, 0.9%)

2 よ親分

1 [14件] あの人, からねえ, がお年玉, がイヤ, がフト, が俗, が左様, が淺野, が能, が貴方, けれど, し自然, よ, 事だ

▼ 積り~ (15, 0.8%)

5 見える 2 見える余 1 しやしょう, 且つは, 云うは, 聞かされて, 見えて, 見える去れば, 見える斯, 見て

▼ 積りじゃ~ (14, 0.8%)

1 [14件] ないか, ないから, ないでしょうねえ, ないん, なかったの, なかったん, なかろうね, 天満を, 御座いません, 無いぞい, 無いだろうね, 無いん, 罰が, 馬鹿な

▼ 積りなら~ (12, 0.7%)

1 [12件] それも, ばそのまま, ば夫, ば弟子, も少し, 一晩位ここへ, 何故に, 初めから, 方法は, 気が, 雑誌記者に, 馬を

▼ 積りかも~ (8, 0.4%)

1 しれぬ, 知れない, 知れないが, 知れないと, 知れない恰, 知れぬ爾, 知れません, 知れませんが

▼ 積り~ (8, 0.4%)

1 て来, て知識, て簀子, 哀れも, 山の, 後の, 浮世の, 雪の

▼ 積りだらう~ (8, 0.4%)

1 がそんな, が一體誰, が世間, が僕以外, て, と三人, と云, と何だか

▼ 積り~ (8, 0.4%)

21 ありけん心, おまへん, が, が昔もん, のにマネージャー, ゴシゴシやつ

▼ 積り~ (7, 0.4%)

1 かえってその, どう思い違い, なかつたもの, 出ました, 合憎, 東京へ, 遠隔の

▼ 積り~ (7, 0.4%)

1 いいが, しようさ, ないの, なく厄介払, 御座いませんけれど, 無く冠つた, 無く着

▼ 積り積り~ (7, 0.4%)

3 して 1 し浮世, てわが, て的, て軽から

▼ 積り~ (6, 0.3%)

3 やなかつた 1 や, やな, やない

▼ 積りであろう~ (6, 0.3%)

1 か, かと密か, が何, と疑っ, 余は, 余も

▼ 積りらしい~ (6, 0.3%)

2 んだ 1 のだ, 権田時介も, 私の, 蚕豆を

▼ 積りらしく~ (5, 0.3%)

1 口を, 幼な, 老人は, 言つた, 鯉口を

▼ 積りであります~ (4, 0.2%)

1 から左様, が平野神社, が然し, けれどもつい

▼ 積りでございます~ (4, 0.2%)

2 が縁談 1 が馬, それに良石和尚

▼ 積りでしょう~ (4, 0.2%)

1 が彼, が非常, ね, 何んの

▼ 積りなれ~ (4, 0.2%)

1 どただ今八十枚, ども女, どや, ば落

▼ 積り~ (4, 0.2%)

2 したとは 1 して, 忘却する

▼ 積りかと~ (3, 0.2%)

1 云うから, 問うたら小, 思い余

▼ 積りそう~ (3, 0.2%)

1 だ, ですので, になかっ

▼ 積りたる~ (3, 0.2%)

1 をその, 石塔又は, 雹を

▼ 積りであったらしい~ (3, 0.2%)

1 が二人, が稿, のです

▼ 積りでを~ (3, 0.2%)

1 ります, りますが, りますの

▼ 積りにて~ (3, 0.2%)

1 修理方へ, 汚なき人, 油断なく

▼ 積りにな~ (3, 0.2%)

1 つて何等の, つて威張つ, つて居

▼ 積りらし~ (3, 0.2%)

3 かつた

▼ 積り積つて~ (3, 0.2%)

1 ゐる溜飲, 恰も小山, 遂に取返し

▼ 積り重なっ~ (3, 0.2%)

1 ていった, ている, てゆく

▼ 積り~ (2, 0.1%)

1 ありに, 兄様

▼ 積りかた~ (2, 0.1%)

1 で庭, はさまざま

▼ 積りかといふ~ (2, 0.1%)

1 やうな, 質問には

▼ 積りかは~ (2, 0.1%)

2 知らぬが

▼ 積りつもっ~ (2, 0.1%)

1 て堤, て大雨

▼ 積りでありました~ (2, 0.1%)

1 がちょっと, が先づ台湾

▼ 積りですつかり~ (2, 0.1%)

1 夢中に, 好い気持

▼ 積りでと~ (2, 0.1%)

1 しを, 言葉としては

▼ 積りでなかった~ (2, 0.1%)

1 とばかりに空, のに知らず知らず

▼ 積りでなく~ (2, 0.1%)

1 たって実際そう, つても

▼ 積りなんか~ (2, 0.1%)

1 い, しら

▼ 積りまし~ (2, 0.1%)

1 て山, て末

▼ 積り何枚~ (2, 0.1%)

2 でも何枚

▼ 積り~ (2, 0.1%)

1 また一ツ, 又一ツ

▼ 積り書出せ~ (2, 0.1%)

1 と円道, と圓道

▼ 積り重なった~ (2, 0.1%)

1 埃の, 雪の

▼1* [102件]

積りおりましたこと, 積りかかっていた, 積りかな箪笥と, 積りかなどとよく人, 積りかなんかで有るぜ, 積りがかへつて自分が, 積りさすがの, 積りじゃあない私, 積りじゃったが, 積りその工事場の, 積りそれが千年, 積りそれからカラリと, 積りたればこれ, 積りだい怖い人, 積りだしたのやらう, 積りだったらしいのであります, 積りだったろう少し薬, 積りだつたかと, 積りだつたらう少し藥, 積りつもつて短歌成立前, 積りつもると大雨, 積りであったなっ毒婦毒婦, 積りであったろうと思う, 積りでありませぬから文書, 積りであるらしかったがあと, 積りでいらっしゃるの, 積りでかうやさしく云つて見た, 積りでこそ保証人には, 積りでございましたが残念, 積りでございましたらう私に, 積りでございますれども何分, 積りでじつとして動かぬ, 積りででもあったの, 積りでないが西洋人, 積りでねえんだ, 積りでやすが今, 積りで御座いましっろうか, 積りとの事, 積りどうなること, 積りなおその上, 積りなくても長い, 積りなど毛頭ある, 積りなりしと語りたる, 積りなんてそんな無理, 積りにや歌が, 積りはじめてゐた, 積りはじめるとこれ, 積りはじめ正月へかかる, 積りましたけれど午後, 積りまた親属故旧, 積りやうは如何, 積りソレに就, 積り一つはあの, 積り一方には手紙, 積り三尺と重なり, 積り今夜の出発, 積り伊豆山には霰, 積り伝七郎の肩, 積り伯父さんの前, 積り切れぬ多くの, 積り新吉さんが, 積り古りた落葉に, 積り多くの屋根, 積り太ってゆく, 積り小舎の外, 積り庭木はへし折られ, 積り役人になる, 積りに古き, 積り拭けば拭く, 積り掛けた雪が, 積りひが, 積りじゃありません, 積り方ぢやありません, 積りも人, 積り本人同士もその, 積り淺草のやくざ, 積り溜まったものであろう, 積りの毛皮, 積り百本二百本というよう, 積り積つた上私共には子供, 積り積つた失敗と悔恨, 積り積つた結果の整理, 積り積つてざつと二十万枚ある, 積り積つて三兩になつ, 積り積つて何百册かになつて, 積り積つて十五册になりました, 積り積つて大分に成りました, 積り積つて此の先生活のあて, 積り積つて萬といふ數字, 積り突き詰めた心持で, 積りなりて, 積りに敷きます, 積りに敷きます, 積り行けば二六時中己, 積り重った伝統的な, 積り重なる日が, 積り重る恨のほどを, 積り雑木山の地肌, 積り雑草生い茂り昆虫類, 積りわれた土, 積り顕れた道路の, 積り黒く樹木の