青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「積~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

種子~ ~種類 種類~ ~稱 稱~ 稲~ ~稽古 稽古~ 穀物~ 穂~
積~
~積り 積り~ ~積ん 積ん~ 積極~ 穏~ ~穴 穴~ ~空 空~

「積~」 1641, 18ppm, 6443位

▼ 積って~ (275, 16.8%)

29 いた 17 いる雪 15 いて 13 いる 9 いた雪 6 いるので 5 いるの 4 居る 3 ごろうじろ月二十両ずつ, 居た 2 いたが, いたの, いたので, いるよう, くる, 居ります, 居る所, 山と, 行った

1 [153件] あったと, ある下, ある向う側, ある岩, ある所, ある日, いたし峠, いたという, いた位, いた真赤, いった, いって, いない, いないじゃあ, いないので, いない筈, いない軌条, いました, います, いますが, いるあたり, いるかと, いるかも, いるから, いるが, いるそれ, いるため, いるという, いるところ, いるのに, いるばかり, いるらしいの, いるん, いる上, いる何, いる山, いる御坂峠, いる感情, いる所, いる時, いる晴れた冷, いる森, いる縁側, いる脊戸, いる銅貨, い鰊場, おりました, おる雪, きた, きたの, きた彼女, くる雪, ここまで, こんな事, ごろうじませ, ごろうじろ共喰い, しまうの, それが, どうする, どの方角, なま温く, なんぼ稼いだ, ふっくりと, まいります, ます, まず四十五円位, またその, みても, みなさい, みなせえ千人, みると, ゆく, ゐる四月, 三十両に, 三四百枚にも, 三百人や, 二百円以上に, 二百円余りに, 今では, 今戸の, 何十万イヤ何百万円ある, 何百万円イヤイヤどうか, 保延七年の, 六十何両泥棒の, 凄惨な, 凍りついたまま野, 初めて道, 十余篇に, 同じ松蔭, 四十両に, 夫婦は, 宝永山の, 家の, 寒さ, 居そう, 居って, 居らぬ所, 居りました, 居りますので, 居るが, 居るけれども, 居るです, 居るの, 居る上, 居る中, 居る草, 居る落葉, 居る訳, 居る雪, 山を, 岩の, 捨てられて, 数寸に, 日光の, 明る一日, 易々と, 月光の, 朽ちて, 来た, 極楽の, 止んだ, 氷って, 汽車汽船は, 濡色を, 燗ける, 狭い室一杯, 白堊の, 百両に, 百円以上にも, 眼を, 知行し, 程に, 竹柏の, 腐蝕した, 自然に, 自転車さえ, 蠑, 行き思い設けぬヌーボー式, 行く, 行くよう, 行く中, 行く頼めば, 行けませんから, 見た, 見ても, 見ると, 身に, 重ねましたら二, 重清入道, 陽が, 雑草も, 雪どけが, 高い廂

▼ 積った~ (170, 10.4%)

15 雪の 11 雪が 7 雪を 3 のを, 雪に, 雪は 2 せいで, ヴォルガ河の, 上に, 地面の, 洪積の, 道を, 雪と

1 [114件] か, こと, ことであろう, ことでしょう, ことの, ことは, ころ宿場の, さまなぞを, せいでしょう, という, というの, ところが, ところで, と伝えられ, と同じ, なア, ので, のです, のは, ほど白く, ままじくじく, まま動かなかった, まま触れる, やつが, ようである, ような, んです, ソファに, 一年ぶりの, 上へ, 上を, 上短期間の, 中に, 中を, 事じゃろう, 会津の, 倉庫の, 即ち積雪, 古風な, 地面に, 城楼の, 場合に, 塵埃だ, 塵埃の, 夕方に, 大地である, 室の, 小屋で, 小径の, 山々と, 崖に, 平な, 年も, 庭を, 後と, 心配が, 恨みの, 悪意を, 新しい雪, 時には, 曠野の, 枝に, 枯れ葉の, 枯葉の, 柔い, 様な, 様子は, 正月の, 氷の, 泥除を, 深夜の, 燈柱の, 物干, 田畠や, 畳に, 疲労が, 白雪と, 真白な, 石炭, 砂利面の, 研究費で, 積った, 窓の, 筈の, 箇所を, 箒の, 粉雪が, 粉雪の, 粉雪を, 紙屑の, 線路の, 聖像の, 苦労に, 苦労を, 茅処の, 落葉などは, 落葉に, 落葉の, 葉を, 街上に, 街路の, 話の, 路を, 途上で, 陰湿な, 雪あかりに, 雪からは, 雪でさえも, 雪との, 雪なんか, 雪の下は, 雪も, 雪即ち, 風景を

▼ 積~ (140, 8.5%)

8 話を 7 雪の 4 のが 3 ことが

2 [12件] しら雪, ぞ, と夏, と見れ, な, に任せ, のは, ままに, 塵の, 木の葉の, 淡雪積る, 話は

1 [94件] お話を, かと思っ, かと見え, ことであろう, ことなんか, ことは, こと二尺余今日将軍家右大臣拝賀の, こと數寸に, ごと, ということ, といふ勢, ところである, とそれ, とともに力, と故郷, と私, と織田全体, と自動車, と莫大, と蒔岡家, と足跡, と酒, と顔, と駒鳥, になぞら, に從, のであった, のである, のです, のでその, のでもう, ので庭, のに, のには, のみ, の由, は例年, は厚き, は稀, ばかり, ばかりでなく, まいも, までに委, めえ, ものの幾分の一, も風情, をも思はで育て上げし, 事さえ, 位は, 冬の, 処の, 分量より, 右府信長公の, 埃の, 塵は, 塵埃である, 寂しさ, 庭の, 思を, 怨みの, 怨みほとんど, 怨切子燈籠, 悩みは, 悪業の, 意恨の, 所が, 昼間からの, 時は, 時も, 時分にゃ, 朽葉に, 気は, 水晶宮に, 無残な, 片里, 白糸, 程降っ, 粉雪を, 花びらを, 苦労の, 葉末より, 話が, 話など, 話に, 話よりも, 雪, 雪だ, 雪だけでも, 雪に, 雪は, 雪毛, 霧の, 霰も, 鬱憤を

▼ 積~ (91, 5.5%)

13 あつた 3 ゐた 2 いたの, 書いて

1 [71件] あつたの, いうと, いたが, いたところが, いて, います, いる, おます, おもわずガブリ, お心持, きまる, くれて, ぐッと, これまで, しっかりし, せう, ただ無茶苦茶, ね, やつて, わざと塩町行, ゐると, 一度よん, 丸善から, 云った諧謔, 云つた, 京へ, 今日まで, 他の, 代に, 何分お, 何心なく, 僕は, 其処を, 其迄は, 参ります, 受けて, 品は, 喜んで, 国に, 外へ, 居て, 居まいもの, 広く淋しき枯野, 廻るが, 引き越して, 待つて, 従弟の, 御坐る, 或小村, 既に清水焼, 来た処, 東南の, 次の, 此図を, 死ぬとしても, 熟視する, 疾う, 窓は, 翌朝にな, 荷物を, 行く必要, 西洋から, 覚悟を, 計る, 買って, 跪いて, 辛抱する, 這入った門, 陸軍には, 高尾が, 鵜呑に

▼ 積つて~ (65, 4.0%)

8 ゐた 4 ゐる 3 ゐて, 居る 2 も知れる, ゐた頃

1 [43件] あのお, あるの, いつも机邊, そのあ, その翌, たん, もう冬, も三十, も三千兩, も十萬兩, も十貫目以上, も千五百両, も千兩以上, も御覧, も萬, も貸し, ゐた不愉快, ゐた部屋代, ゐます, ゐるから, ゐるけれども, ゐるこまか, ゐるその, ゐるやう, ゐる円卓子, ゐる溜飲, ゐる道, ゐる遠い, ゐる雪, 居た, 居るで, 居る事, 居る落葉, 恰も小山, 来た, 来る困憊, 考へて, 見ても, 見る, 見る見るうち, 見ろえ, 遂に取返し, 重さうに

▼ 積~ (53, 3.2%)

2 臣, 臣等の, 赤砂利や

1 [47件] お関船, かげだ吸, がこういう, ために, ように, 一つは, 三人以外に, 中で, 中に, 代数和は, 具体性の, 卍丸, 台の, 和を, 問題物価関係の, 大地を, 存在として, 底で, 底へ, 懐中を, 所を, 方は, 比で, 泡盛草の, 浦, 浦という, 煙突が, 玄海丸という, 私それが, 総和に対する, 総和を, 者の, 者共に, 者共にも, 者共の, 臣の, 臣等が, 與八あれは, 船です, 船に, 蔭から, 藩船が, 課長さん目を, 諸勝, 金毘羅船が, 金毘羅船だけは, 霧の

▼ 積~ (40, 2.4%)

6 なって 3 御座候, 等しい 2 なったの, 外ならない

1 [24件] おかれたものの, この女, した車, して, すること, せえ, なった商人, なった温柔, なった記憶, なっては, なっとる, なるよ, 付飯田に, 候得共尚, 常に等しい, 成つたんでが, 成つて老も, 撒布た, 於ては, 残って, 比例する, 気づいて, 等しい半径, 船に

▼ 積~ (26, 1.6%)

1 [26件] から, から其間, から宜しく, から荷物, から黙, があれ, がこんだ行く, けれども嫂, さ書け, つけが, つたかも, つていふ, といつた, ときつ, と云, と云っ, と聞いたら, と言つて, と読者, なと心付いた, のと, のに是, エ, ヤレお前さんの, ヨ, 相で

▼ 積~ (25, 1.5%)

3 ども, ば山

1 [19件] かし, かし限りある, てその, て瞳, て解けない, とも, どあたら, ども鶯, ばそれ, ば一分間, ば五千年, ば多い, ば大きい, ば山嶽, ば気温, ば皆大雪, ば脳, ば自ら艱難, 雪よ

▼ 積~ (24, 1.5%)

1 [24件] その次第, その翌年, たんと無, たんと無かっ, どう云, ない, ねえが, ねえだ, まだ私, 一定時間における, 今日は, 何か, 勿論かるた会, 即ち其の, 変に, 数立ちて, 正になる, 決して持, 疑いも, 科学の, 答えた, 莚かけ置く, 説明なく, 銭を

▼ 積~ (23, 1.4%)

6 んだ 4 のである 32 のです, んでせう 1 のか, のかと, ので, のね, んでさね, んです

▼ 積~ (19, 1.2%)

4 せて 2 せるばかりに, ぬさき

1 [11件] うと, ずこれ, ず咲きかけた沈丁花, せたり, せた店, せむ, せる結果, ないので, なくなったと, ぬ場合, ば五尺六尺雨戸

▼ 積~ (18, 1.1%)

2 のかげ, の上, の蔭, の陰 1 からは紫, とかを見出し, にこぼれ落つる, にとびつき, にひびく, に南天, に電柱, の中, の端, ノ下

▼ 積~ (17, 1.0%)

2 出す公式

1 [15件] するエスキモー人, もたらして, 家として, 成して, 新たに, 来した場合, 求めそうして, 測る単位, 特色として, 示しかけて, 裏返しに, 調査すべく来た, 駈けま, 麓の, 2の

▼ 積~ (16, 1.0%)

5 ている 2 てくる 1 ていた, ていたあらん, てき, てきた, て丘, て懸崖, て行つた, やがつて, 上憤

▼ 積つた~ (16, 1.0%)

2 大きい雪

1 [14件] かしら, ぜ, といふやう, となる, ばかりの雪, ものださうだ, やうな, んです, んでせう, 其の笹, 憤りの, 或る, 或土曜日, 薄雪

▼ 積つた雪~ (16, 1.0%)

2 の中

1 [14件] がかんかん, が一度, が一晩, が春, が泣い, が溶け, なれば, は, はもう, も其処, も其處, をふりはらつ, を凍つた, を押搖つて狂

▼ 積~ (16, 1.0%)

3 の塑像

1 [13件] がこの, がタリム盆地, に現われ, の上, の仏像, の写真, の創始, の石窟, の調査, の遺蹟, はその, は敦煌, までの距離

▼ 積っても~ (14, 0.9%)

1 [14件] ごろうじろわれ金を, みて, みるが, 千足万足と, 可笑しい, 四千石や, 御覧なさい, 知れましょう, 知れるが, 見なんし, 見るがい, 見ろ姪子甥子, 道庵の, 雪の下から

▼ 積~ (13, 0.8%)

1 [13件] いいほか, いい量, なつて, なると, 云うこと, 云うよう, 同じきが, 定義すれ, 思い当った時, 沖積が, 見覚えの, 見覺, 面積と

▼ 積~ (11, 0.7%)

1 [11件] ありますから, あると, あるとしても, その質量, 一つの, 上記の, 入って, 出るッ, 参加する, 狂詠に, 重たげ

▼ 積である~ (11, 0.7%)

1 [11件] か, からあらゆる, からつまり, からと機先, かツイ先頃, が途中, それでも尚, と答, 中に, 材木の, 炭俵の

▼ 積~ (11, 0.7%)

21 が出, が来たら, が鰯, でヨク, で来た, には会社, には日附, に移し, は漁夫

▼ 積する~ (10, 0.6%)

1 ところに, ところを, ばかりだつた, ものも, をみる, を得, 商品は, 玉石の, 玉石も, 笛のねに

▼ 積でも~ (10, 0.6%)

2 なく生命 1 あった, あつた, あんべ, 人に, 其家の, 動きが, 梅子の, 顔へ

▼ 積れる~ (10, 0.6%)

3 雪の 1 さまざまの, 作物に, 多年の, 落葉, 雪と, 雪に, 雪を

▼ 積博士~ (10, 0.6%)

2 の批判 1 がどうして, と杏丸医学士, に会った, はこの, はもう一度, は頷いた, は驚いた, をはじめ関係者一同

▼ 積~ (9, 0.5%)

1 おどろいて, つてを, なかつたつけ, なく浮, 同様であった, 消も, 算出される, 良く才物, 見たと

▼ 積です~ (8, 0.5%)

31 かい, か行つて御覧, が予告, が斯, わ

▼ 積~ (8, 0.5%)

1 が旧, が音, で囲まれ, と窓, に刻まれ, の中, を積む, を調べ

▼ 積まさっ~ (7, 0.4%)

3 ていた 2 てい, ている

▼ 積~ (7, 0.4%)

1 の屈託稍, の怒, の怨み, の沈欝, の苦, の辛労, の辛苦

▼ 積~ (7, 0.4%)

1 が建設, が着々, です, でも出来たら, とならん, を作った, を作る

▼ 積~ (7, 0.4%)

1 して, せるもの, せる瘡痍, の義, は壞, は樂, は苦

▼ 積では~ (6, 0.4%)

2 ないので 1 あったが, ないと, なかったろうか, 自分が

▼ 積~ (6, 0.4%)

1 と云, に夕餉, の輩, は耳, を焼く, 思はず悚然

▼ 積~ (6, 0.4%)

1 だけは下げ, と合し, の創設, は戻し, も何, をなさしめ

▼ 積した~ (5, 0.3%)

2 横の 1 不平不満が, 歓呼の, 金玉の

▼ 積~ (5, 0.3%)

1 たってやがて, たりし, たりする, たりまた, たり又

▼ 積ったら~ (5, 0.3%)

1 なかなか葛籠, もうジープ, スリップし, 国の, 桑名の

▼ 積~ (5, 0.3%)

2 善く散ずる 1 三十五歳以上四十歳以下の, 之を, 運び来りし

▼ 積~ (5, 0.3%)

1 であるの, でくれる, で月, デソレニ寄リカカッテイタカラ, デ其幾千万両ナルヲ知ラズ

▼ 積入れ~ (5, 0.3%)

1 が済む, たり飮料水, てあります, 小銃彈藥飮料水糧食等の, 或いは極度

▼ 積機問題~ (5, 0.3%)

1 がこじれよる, で三菱本社, の余波, の複雑怪奇さ, は簡単

▼ 積~ (5, 0.3%)

1 は鉛筆画, を凝らし, を天半, を天外, を湛えた

▼ 積~ (4, 0.2%)

1 ちやヂツとして, てきました, てみる, てゆく

▼ 積つたの~ (4, 0.2%)

1 が掻下, では, を哄, を樟

▼ 積であった~ (4, 0.2%)

1 がもし, が不, そうだ, のだ

▼ 積なら~ (4, 0.2%)

1 いくらも, む, 私共も, 駄目

▼ 積~ (4, 0.2%)

1 すること, の外, や石, 的な

▼ 積~ (4, 0.2%)

1 はこれ, も自ら衰, を擁し, を維持

▼ 積~ (4, 0.2%)

1 がせめて, の怪物, をおろし, を飾つた赤

▼ 積~ (4, 0.2%)

1 になります, ねらるればこそ, の情弊, を一掃

▼ 積~ (4, 0.2%)

1 するを, のみ一, りて, を攻撃

▼ 積~ (4, 0.2%)

1 で三度, などもすみ, の小僧, を待っ

▼ 積~ (3, 0.2%)

2 やなかつた 1 やない

▼ 積っては~ (3, 0.2%)

1 いくらでも, とうてい返せる, また積り

▼ 積つた塵埃~ (3, 0.2%)

2 の上 1 ぷんと鼻

▼ 積~ (3, 0.2%)

1 てあり, てある, ている

▼ 積より~ (3, 0.2%)

2 大なる 1 小さい商品

▼ 積~ (3, 0.2%)

2 で茶事 1 の外

▼ 積嘉兵衛~ (3, 0.2%)

1 が来た, この三人, ははっきり

▼ 積~ (3, 0.2%)

1 の幕府, の最大原因, は防弊

▼ 積~ (3, 0.2%)

1 の減算, の砂地, の遺物

▼ 積~ (3, 0.2%)

1 の女, はその, はまず

▼ 積温泉~ (3, 0.2%)

1 で見た, に泊る, の北

▼ 積込み~ (3, 0.2%)

1 をし, を半日, を始めます

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 ナア一寸, 大抵停車場の

▼ 積かと~ (2, 0.1%)

1 私は, 見ると

▼ 積から~ (2, 0.1%)

1 小さいの, 成る幌内川

▼ 積すなわち~ (2, 0.1%)

1 滴下水量は, 諸種の

▼ 積たる~ (2, 0.1%)

1 ものより, 処を

▼ 積つた上~ (2, 0.1%)

1 に小さな, に生える

▼ 積つた中~ (2, 0.1%)

1 から岩, を道

▼ 積つてかなり~ (2, 0.1%)

1 の數, の身代

▼ 積つて三百圓~ (2, 0.1%)

1 ばかりとなつ, ほどになつたの

▼ 積でございます~ (2, 0.1%)

1 が一切, が何分

▼ 積でした~ (2, 0.1%)

1 がさて, はい実は

▼ 積にて~ (2, 0.1%)

1 唯心的とは, 送り届けること

▼ 積みこんだ~ (2, 0.1%)

1 ままお, 火薬に

▼ 積らし~ (2, 0.1%)

1 ている, て何等

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 た七十有余, てもみる

▼ 積ッたま~ (2, 0.1%)

1 までまた, までまだ

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 て上, て先キ

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 重ネタル其上ニ野砲, 重ネタ悪事

▼ 積入口~ (2, 0.1%)

1 から出した, に人間

▼ 積出港~ (2, 0.1%)

1 としてなかなか, として日本一

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 人夫, 人夫は

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 されて, の中

▼ 積夜具~ (2, 0.1%)

1 でもなけれ, をし

▼ 積巻雲~ (2, 0.1%)

2 を燃え立たせた

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 とご, の檀家

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 の報い, の酬い

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 の痕, 痕

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 で困ります, の放言

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 の必要, をする

▼ 積機建設~ (2, 0.1%)

1 が中止, の反対運動

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 ありとお, の貌

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 いうまでも, が往来

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 せし武門, を思わせる

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 つた, つてゐる

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 と密度, のもの

▼ 積~ (2, 0.1%)

2 の凶兆

▼ 積~ (2, 0.1%)

1 を慰め, を慰問

▼1* [230件]

あげた大根を, 積あまりに大いに, 積かさねなどしたる, 積かも知れぬ, 積けた橇も曳かれ, 積けていくから, 積ごろの沼, 積なって, 積さっている, 積されたものが, 積ざれば最早, 積したる彼等の, 積してる群集の, 積ろ, 積じゃコレ珠運年寄の, 積じゃったが癪, 積すんのが, 積て曳込ん, 積たり品行は, 積だったが発てなくなった, 積だつたんだ, 積だらうか, 積ってからの雪については, 積ってのことである, 積ってるきりで, 積つたらあるひ, 積つた上私共には子供, 積つた何処かの朝, 積つた埃の上, 積つた塵の上, 積つた大竹藪を弓形, 積つた夫婦生活の塵, 積つた失敗と悔恨, 積つた山の雪, 積つた庭なんて此処ぢ, 積つた後と来, 積つた時に家, 積つた松葉はさび, 積つた枯葉はねと, 積つた柳銀泥の黒く, 積つた積つた, 積つた結果の整理, 積つた緑の夜, 積つた胸の小径, 積つた長持に凭れる, 積つてざつと二十万枚ある, 積つてそこらが稍, 積つてそれの堅く, 積つてるでしようね, 積つて三兩になつ, 積つて二百両ばかりになつ, 積つて人の入, 積つて何百册かになつて, 積つて來ると, 積つて十五册になりました, 積つて四円五十銭で私, 積つて四圓五十錢で私, 積つて夢の様, 積つて大分に成りました, 積つて山主義の身代, 積つて島となりました, 積つて此の先生活のあて, 積つて漸次に和らげられるであらう, 積つて百兩になつ, 積つて萬といふ數字, 積つて邪魔になる, 積つて鈴川主水, 積つて雪のやう, 積でしている, 積でしょうが生憎, 積ではじめたのだ, 積としてそしてそれ, 積とを表わすため, 積などには白く霜, 積なり技術家は, 積なれども九つ時ニ, 積なんぞを計算し出した, 積に関して一つの, 積ねの枕の, 積ばかり取って, 積下りること, 積まさった沢山の, 積まさつてゐる, 積みおろしを見, 積むおりがおりおりはあったであろうが嫂の師事, 積むところわづかに二輌なり, 積むとてかえがたき二品なれど, 積めど音せぬ, 積ものなどによって賑わしく, 積もれるかと怪まれ, 積ゆえ弥勒の無, 積られる見事な, 積らんことになるだ, 積るくぼめばたまる, 積るべしとは七八十, 積るらしい今年初めて, 積るらしく時々木, 積る物語りがある, 積る雪いと, 積れないらしく無造作に, 積れぬ災害は, 積れませんよ, 積れ老いてだにまだ, 積ろうとは思い, 積シボレーの使い古した, 積ダブルタイヤで横浜市外, 積たツ, 積ニ候所此頃御国より相, 積ミタル辺又ハ麦藁, 積ミ火ヲ以テマズ巨鼠, 積ム工事ハアラカタ終ッタガ電話ノ切リ換エガマダデアルシ, 積リダッタガツイ本当ニ寝テシマッタ, 積リダッタガワタクシモオ供イタシマスト看護婦ガ見ツケテ附イテ来タノ, 積リダッタニ違イナイガソウナルト事件ガ深刻過ギルノデ迂闊ナコトハ云イ出セズ, 積リデイタトコロ子供達ノ学校モ始マルノデ, 積リデハナインデショウカドウモアタシハ浄吉ツァンハ浄吉ツァンデ颯チャン以外ニ誰カアルノダト思イマス無論ソレハ颯チャンモ春久サンモ暗黙ノウチニ, 積リデハナカッタノカ疾ウカラ死ノ覚悟ガ出来テイタ筈, 積つて, 積上っている, 積上るこれを, 積下ろしてくれ給え, 積不善の五六千円, 積だという, 積中頭組合を作る, 積亂雲とどろ噴き立つ, 積云い換えれば所謂, 積五十石積と云う, 積が微妙, 積以上の船, 積入れた發動藥液が, 積入可被爲尤も, 積切れまいしこっち, 積によって増すべきである, 積卸しや傭船関係, 積卸ホームを突切, 積などに同じく, 積取ってゆく, 積取りに来い, 積の埴土壌土, 積問屋共へ申, 積問題を取り扱ったごとき, 積の柵, 積なる穴, 積姑思案仕候, 積もふ, 積小頭組合ちゅうもんを組織, 積小頭組合長として港湾石炭荷役, 積の気, 積局的に切端詰つて, 積屋安兵衛などは借金, 積屍陵をなし, 積山そのものが思いがけぬ, 積山師も居た, 積をミョンチョクチェー, 積廻船一艘の資産, 積弱宿弊は多く支那人, 積弱累辱此の如し, 積の中, 積戻しをする, 積揃えた真中を, 積揃へた眞中を分け, 積て在る, 積へ米, 積数年交代しつ, 積も直さっし, 積方也然るに小, 積の上, 積柴法形なの, 積機反対を強硬, 積機工事が着々, 積機械が巨大, 積の両, 積の一本道具, 積が浮い, 積済まして立火, 積温泉道を辿, 積し一結, 積の新, 積熱烈の緑, 積の子, 積直して居ました, 積石塚などとどう, 積石造で周囲, 積して, 積に命じ, 積は地形図, 積満径, 積累ねた五ツの屋, 積細工の人形, 積綾船のよう, 積し米三千俵酒三千樽, 積置いたり, 積置ケルヲ見, 積置場に積まれ, 積美船即宝船, 積は到底, 積翠雲表に閃く, 積聚也人は是, 積聚成岡時人取大, 積致し申し候, 積船函館ば出たとよ, 積に出会う, 積薪夜更けて寢, 積薪私に怪む, 積薪習ひ得て, 積藁むらすずめ農家の庭, 積也, 積を凝らし, 積誠これを動かし, 積可相成, 積貴公が銭, 積とのどちら, 積込ミ荷役ハ本日頂戴致シタル金員ノ代償トシテ, 積込作業をする, 積込候て浦戸, 積込場廃物の大, 積込機械を据えつけ, 積込物資のこと, 積品を, 積重ぬる者之に, 積重りのかげ, 積重綜合の排列情調, 積量質長さ, 積が開始, 積の草花, 積陰気令蒸溽呉中梅雨, 積階級のよう, 積始めて, 積雨初て霽, 積高き豆粕に