青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「盛り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

皿~ ~盃 盃~ 盆~ 益~ ~益々 益々~ 盗賊~ ~盛 盛~
盛り~
~盛ん 盛ん~ ~盡 盡~ 監獄~ 監督~ 監視~ 盤~ ~目 目~

「盛り~」 1749, 18ppm, 6314位

▼ 盛り~ (519, 29.7%)

5 若人たちには 4 人々が, 子供が, 年頃に, 時は, 男で

3 [12件] くせに, ころは, 年頃で, 時に, 男が, 男の, 男子が, 花と, 頃で, 頃に, 頃には, 頃は

2 [31件] お園, お玉さんにも, ころの, ようで, 七人の, 事で, 午後二時過, 四十男です, 女の, 好い年, 妹ばかり, 姿と, 子を, 子供たちに, 子供の, 年ごろの, 年に, 年輩である, 年頃の, 時代に, 櫻を, 男であった, 美貌を, 者は, 色を, 花の, 花を, 若い女, 若者が, 踊に, 身を

1 [396件] あの時分, ある事, いいの, いたずらから, いとこ達一人前に, お万, お冬, お君, お姿, お嬢さんが, お熊さん, お福, お萬, お雪, がは, きき腕押え, ことで, ことでございました, こと故, この頃, ころから, ころだった, ころで, ころに, すべてを, せがれ福助と共に, その頃は, ついた猫, ついた野良犬, つつじの, つもりで, つわ者の, ときに, なかに, はずだ, はなやかな, まへに, むっちりした, もとに, ものが, ものである, ような, ように, よく裸, わたしが, アトリヱへの, イドメネー彼に, エペーオイ, ゴールデン・エージを, スプレーを, ハチ切れ, フラフラな, 一同の, 一大船隊を, 一時を, 丁度八月, 七兵衛は, 三人で, 三十五それでいて, 三十四の, 三色塔の, 三郎は, 上野公園で, 上高地の, 不安な, 中学生が, 中学生にまで, 中年者であった, 主人でございます, 主人で御座います, 久しきを, 久衛も, 亂暴な, 事も, 二人の, 二十七八, 二十三四である, 二十歳を, 二男三女を, 五月の, 人が, 人でも, 人として, 人貞奴の, 今で, 付いた狂犬, 令嬢が, 何か, 何十年を, 余香を, 侍が, 僕達の, 兄上が, 八つの, 八月も, 八月を, 六つの, 六月の, 前を, 勇敢な, 十九の, 十六, 十六七では, 半七, 半分を, 卯の花の, 和子たちが, 商売から, 四十歳で, 四十男が, 四十男だった, 坊ちゃんは, 坊ちゃんを, 壮丁は, 夏が, 大人たちに, 大切の, 大将で, 天平十一年の, 夫婦で, 奉公人たちが, 奥山の, 女や, 女一人殺す, 女学生が, 女性の, 如き灼熱, 妖艶さを, 妻の, 姿に, 姿を, 娘じゃ, 娘たちに, 娘ぢや, 娘つばめを, 娘としては, 娘に, 娘の, 娘を, 娘一人を, 子が, 子に, 子供以前玄鶴の, 学生といふ, 学生に, 孫が, 家の, 容貌を, 寛之助を, 寢入花對屋を, 小伜, 小供, 小僧さんを以て, 小児とは, 小児は, 少し過ぎた, 少年であった, 少年の, 尽きる路, 屈竟な, 席亭は, 年ごろに, 年ごろを, 年で, 年の, 年は, 年を, 年甲斐も, 年輩だつた, 年輩です, 年頃であった, 年頃である, 年頃では, 年頃とて, 年頃には, 年頃を, 年齢であった, 年齢の, 庭の, 弟子たちを, 当時の, 彼の, 彼女に, 彼女を, 御代が, 御代の, 御代を, 御容姿, 御年, 御年齢, 御時代, 御飯にかけて, 思い上れる美しき, 思い出の, 思ひ上れる美しき, 息子一郎を, 恰度八月の, 悪太郎共を, 情熱を, 愈, 愛児が, 手代らしい, 折々には, 政治郎の, 方は, 日に, 日の, 春を, 時で, 時であった, 時であったなら, 時の, 時ばかり, 時を, 時代, 時代が, 時代の, 時代は, 時代を, 時分から, 時分で, 時分であった, 時分に, 時分には, 時分の, 時同時に, 時期であった, 時期は, 最中である, 會員や, 有様なり, 未亡人で, 札幌の, 桜である, 桜の, 桜ん, 梅花の, 櫻に, 次八は, 歌舞伎座は, 此の, 武士が, 歳だ, 歳に, 殆ん, 気高い貴女, 水気の, 汁粉三十二杯, 汚ない, 海軍少尉の, 満山の, 溌剌たる, 滿山の, 漁夫と, 無分別ほど, 熟れきった肉体, 燃える炎, 父御, 牝牡猴に, 牡丹桜の, 独身者である, 生活という, 甥の, 田舎娘を, 男たちが, 男だ, 男とは, 男の子が, 男は, 男女の, 男女まで, 男子は, 登り坂に, 白痴の, 百姓子中に, 百姓子中には, 百日紅の, 目に, 相州さまが, 眺望好き向島堤の, 眼や, 短い桜時, 短い生物, 短い花, 短か, 短かさ, 短くて, 祖母を, 空に, 紅い薔薇, 紅と, 紅梅を, 紅葉であった, 紅葉の, 紅葵あるいは, 紳士である, 絶頂, 繁の, 罪業の, 美が, 美くしや, 美しいお, 美しさ, 美人の, 美貌とさえ, 者が, 者であります, 者ばかり, 肉体だった, 肉体に, 肴を, 脂が, 脂の, 脂切った, 腥坊主, 色に, 色沢を, 芍薬の, 花のみを, 花も, 花菊を, 芸者ぶりで, 若いうち, 若い二疋, 若い伸子, 若い俳優, 若い時分, 若い者, 若い衆までが, 若い記者, 若け, 若さ, 若主人, 若木が, 若殿様が, 若殿樣が, 若者たちが, 若者だ, 若者である, 若衆たちが, 若衆ばかり, 若衆揃いです, 草の, 萩の, 葉子の, 蕎麥という, 蕎麥四十二杯を, 薔薇, 血潮が, 行綱は, 評論家李明植の, 諸肌を, 豊満な, 貴女である, 躑躅の, 身で, 身春めき, 近所の, 通蔓草の, 通詞である, 過ぎた女, 過ぎた方, 過ぎた白梅, 過ぎた老, 銀座の, 長い紫陽花, 闘牛だ, 青年が, 青年なりき, 音聴け, 頃ある, 頃から, 頃だった, 頃だろう, 頃であった, 頃どうも一向, 頃を, 頃強盗に, 頃強盜に, 頃当時の, 頃私共は, 頃裏の, 額を, 顏に, 顏を, 顔は, 食卓に, 馬が, 馬達は, 體に, 高原目掛け, 魅力を, 鯨飲放言, 鶏の, 黄葉の, 齢に

▼ 盛り~ (150, 8.6%)

10 なって 5 咲いて, 咲き乱れて 3 なると, 棒術を 2 あとにも, して, なった, 三里の, 死んで, 目に, 神楽坂へ, 言ひ知らず

1 [108件] あった, ある, あるか, あるの, いがが, お増, お隠れに, かえそう, この大きな石, この女, これを, しては, そのころ, その堤, その花, ちと早い, でき上がった入道, なったころ, なったの, なったホカホカ, なった最中, なってから, なつた, なりに, なり両国, なり荒い, なる, なるが, なるであろう, なれば, ほかの, めど萩が, やっと歩かれる, コスモスが, 一寸温かい, 一層あつっぽい, 一時間も, 一目見し, 一緒に, 來た, 出入した, 出現する, 劣らないいろいろ, 匂ふ, 君一人を, 咲きみだれて, 咲き乱れた, 咲き匂つて, 咲き揃って, 咲き揃つた桃の, 咲き誇ったり, 咲き誇った山桜, 大患後の, 天気の, 尼に, 山の, 巧く行き合わせる, 幼児を, 往って, 截斷り, 手塩に, 打電す, 持って, 捧術を, 散つて, 日光に, 明治天皇が, 月は, 本山寺, 杉の, 村の, 比すべき最, 潅腸を, 熱い汁, 熱い湯, 燃えて, 燃える時, 燃ゆる, 燕の, 白鬚梅若の, 盛り返して, 眼を, 矛使けを, 私どもは, 私共の, 籠つた, 絵端書が, 背中へ, 良人に, 虫送りという, 血を, 行つても, 見ゆればこそ, 見る感じ, 親が, 赤と, 軽い仕事, 軽い機械的, 近づいて, 這入つたの, 逢つて来た, 逢ふと, 遊びに, 遊んで, 達したある, 鏡板の, 露を, 黒奴女の

▼ 盛り~ (138, 7.9%)

9 過ぎて 5 まだ婿 4 過ぎては 3 これは, 過ぎた梅 2 うつら, こしらえて, したため, すぎて, だら, 凄まじい厚化粧, 病身で, 通り過ぎて, 過ぎた

1 [96件] ああやっ, うれしうれし弟, おれの, こうやっ, この尖端婆さん, これも, ごらんあり, すぎたけれど, すぎたと, すぎた合歓, すぎた梅, すぎた紅梅, すぎては, なり振り構はず子分達を, ば飾らぬ, やもめ暮しを, よくする, るの, マルタ魚の, 三月あまりも, 三杯食った, 人手に, 今が, 仮にも, 何といふ, 何も, 偲ばせる元林院址, 呼びきたすならば, 声に, 多少奪われた, 大橋氏の, 失って, 嫌な, 子の, 子分衆を, 幸に, 強いて, 彼地で, 待ちもっと, 思わせる年頃, 恐ろしい孤独, 息づくの, 朝夕たつ, 極められました御遊, 歩かねば, 海岸へ, 無駄に, 父母と, 秋蝉の, 見せた, 見せた容易, 見せた年, 見た人, 見て, 見ながら, 見るよしもがな, 見る所, 見る気, 親讓り, 記憶せよ, 諸人の, 賞した, 越えて, 越した申刻, 越して, 通り過ぎた人, 過ぎし我々, 過ぎたなと, 過ぎたの, 過ぎたばかり, 過ぎたむら気, 過ぎたり, 過ぎたる者, 過ぎた女, 過ぎた女房姿, 過ぎた年, 過ぎた朝顏, 過ぎた桜, 過ぎた程度, 過ぎた花, 過ぎても, 過ぎると, 過ぎ僅か, 過ぎ散って, 過ぎ朝子, 過ぎ木の下, 過ごした桜, 過ごすよう, 過した中年女, 過した梅, 過した白萩, 過して, 道楽と, 道樂と, 野良から, 食べるよう

▼ 盛り~ (105, 6.0%)

12 あつた 5 坪は 2 二十五六の, 非常な

1 [84件] あつたなら, いうに, お春, お美しい, お芳, こいつは, こうと, ここらでは, この包紙, これは, こんなこと, さすがに, さっき食った, しかも婚後, そのよう, そら豆も, なア, まさに非凡, キレイでした, 三ツの, 三笠山の, 世間の, 予らの, 亡くなったので, 人情の, 人気を, 何ぞと, 何の, 何んと, 何んにも, 凄いよう, 勧め方, 大根が, 定まる後添, 実にいい, 尼僧生活を, 御室の, 手腕の, 昼前の, 時には鶯, 時による, 晩年の, 暑いこと, 有りながら, 村一番の, 柔弱者と, 榎は, 此邊では, 死なせた妹, 死んだが, 死んで, 水野閣老の, 烈しい香気, 父一人の, 牡丹花の, 男盛り, 白馬会の, 眼鼻立ちは, 睡られないので, 私が, 私と, 美しくて, 脂の, 腋の, 腕つ, 艶艶した, 若かった, 荷物を, 莞爾と, 評判の, 赤い可愛らしいもの, 赤い襟, 身の丈は, 軒の, 金にも, 金色の, 陰鬱な, 雌の, 雨の, 顏に, 顔面の, 風俗を, 馬車の, 鶯なぞが

▼ 盛り上っ~ (60, 3.4%)

21 ている 6 ていた 5 て来る 4 て来 3 て来た 2 てくる

1 [19件] たりし, ており, てき, てぎらぎら, てその, ては動く, てショパン, て両側, て中央, て光っ, て来そう, て来れ, て湧き出し, て眼瞼軟骨, て縮れ, て荒れきった, て行ったらしい, て見えます, て詰め物

▼ 盛り~ (59, 3.4%)

6 咲いて 3 咲き競う, 咲き誇って 2 なつた, 樺火が, 見えた

1 [41件] あっては, いいかつ, いい且, いい条, いえましょう, いって, さき匂ひ, したる女形, なって, なってからは, なりしコクリコ, なると, ゆかず僅, 云い殊に, 云う年, 云ふも, 云ふもんだ, 冬季間には, 咲きたれ, 咲きみだれて, 咲き乱れて, 咲き乱れるキャンヌ, 咲き揃ひ居りし, 咲き誇つて, 咲き零れ, 客がは, 庭に, 庭の, 戲れぬ, 来て, 熱燗を, 称される官許ご免, 聞く紅葉見物, 自負慢心し, 見えあ, 見えし世, 見えつるよな, 見えて, 見しは, 見ゆる世, 言ふ

▼ 盛り上った~ (49, 2.8%)

2 肩の, 胸の

1 [45件] そこで長い, その水際, ままどの, もの川は, 一つ一つの, 二つの, 二顆の, 全渓の, 半球の, 土塊や, 地勢が, 堤防を, 小鼻は, 山が, 山吹の, 平地に, 張力を, 彼らは, 思想や, 所が, 手足が, 森の, 椈の, 水線の, 水面に, 涙の, 火の, 異様の, 白菊の, 白飯が, 砂丘の, 竹の, 網の, 肉を, 背と, 背を, 膝が, 膝に, 膝を, 薔薇の, 雪は, 雪田の, 雲の, 頂線は, 高地の

▼ 盛り~ (37, 2.1%)

5 過ぎて 2 私の

1 [30件] あって, い, いいという, いる, いる今, きて, すぎて, そうで, にくい迎駕籠, まめまめしく台所, もはや二三日, よいから, タップリしすぎ, 下知を, 久しいこと, 二たび還っ, 取れるん, 大勢一度に, 少くなる, 思い遣られて, 我慢も, 来て, 毎日, 相手として, 眺められる, 短いと, 自然と, 花やかであった, 過ぎたらしい, 過ぎた時

▼ 盛り~ (34, 1.9%)

5 といふ 2 けれど強, と云う, の

1 [23件] から, からいい, からね大, から七十三歳, から少し, がそれにしても, が少し, が弱, ぜ, つた初瀬浪子が, つた弟の, つた忠左衞門に, という, という頃, ときい, とさほど, と下帯一つ, と云, と思う, と感じる, な, 文化の, 日光から

▼ 盛り~ (29, 1.7%)

3 出で

1 [26件] かの桃, すゝめらる, わが袂, われは, 供えよ, 其半に, 出し各, 出す, 出せり, 参らす, 君が, 呉る, 園と, 小さき旋渦, 幾桝も, 待たさね, 手に, 江の, 溢れんと, 焔味球という, 白魚の, 知る涙, 管より, 詩歌の, 遠く堺より, 鈴木の

▼ 盛り~ (29, 1.7%)

2 過ぎて

1 [27件] ありなめど, ありなめど逢, いつと, いつ小, こんなこと, すべて過ぎた, ちんころぐさの, タップリで, 今年が, 今日しも, 僅に, 十一月の, 十年とは, 四天王金札打った, 廻って, 御存じねえ, 我を, 短くても, 空気を, 色薄かりけり, 見そこなった, 過ぎた, 過ぎたな, 過ぎやしぬらん, 遥かに, 酒に, 長からじ

▼ 盛り~ (21, 1.2%)

2 のです, のでそこら, のを, 頃は

1 [13件] ころ空模様も, のだ, ので意気, ので洋服, のにあの, ほされた, わけであった, んだ, 年配も, 時刻に, 検疫官は, 自分が, 若若しい人達

▼ 盛りには~ (21, 1.2%)

2 それは

1 [19件] おくれたれど, これでも, ずいぶんいろんな, まだなっ, やはり暑い, ドウスル連という, 一日に, 人並以上の, 四国町の, 嫉みそねみの, 平地に, 教師も, 林檎もろこし, 渓の, 美人としての, 路行く, 間が, 頂上の, 鬱青の

▼ 盛り~ (19, 1.1%)

9 つて 2 がつて, つたやう 1 がつたの, がつた瓦葺, って, つた, つたもの, をおいた

▼ 盛り上つて~ (19, 1.1%)

4 ゐた 3 ゐる

1 [12件] ゐるため, ゐるの, ゐるので, ゐるほか, ゐる小石, をる, 何だか猪首, 出る形状, 向上り, 居た, 来た, 来た一つ

▼ 盛り上り~ (17, 1.0%)

1 [17件] が出来, が足りない, その上, たるなか, は, も総べ, を持ち, を見せ, 年頃近い, 広まり伸びて, 揺り下, 方を, 牛蒡の, 空間を, 絶えては, 遂に倒れ, 雪崩れおちる

▼ 盛り~ (17, 1.0%)

1 [17件] からまず, が不公平, が乱雑, が南, が大切, が無作法, だとか, というもの, と量, などにも自分, などは自分, にもなかなか, のデザイン, の悪い, の美し, や石, を工夫

▼ 盛りです~ (15, 0.9%)

2

1 [13件] から, からの, から一体, から息子, がどんな, が両親, が何ん, が倅, が病気, が苦労, が苦勞, もの, よ

▼ 盛り~ (14, 0.8%)

13 がつて 1 がつて細面

▼ 盛りである~ (12, 0.7%)

1 [12件] からそれ, から彼女, が結婚, ことを, し元春, だけかえって, だけにその, というの, といふの, のにいち人, のに自分丈, 裏庭の

▼ 盛り~ (12, 0.7%)

2 しら雲の, 過ぎて 1 いつまでか, すぎたと, 一夜の, 久しからず, 盛ったり, 知らぬげに, 腕の, 見ず遺憾

▼ 盛り上る~ (11, 0.6%)

1 [11件] ような, ように, イタリー街の, 力であった, 力の, 力俳優の, 勢で, 梢は, 血肉の, 酒の, 音が

▼ 盛りそれ~ (8, 0.5%)

1 が利いた, が涙, にした, に木曾名物, に護摩木, は四月, を, を水

▼ 盛りであった~ (7, 0.4%)

1 から日, ことを, のだろう, のでさ, ので友人達, 当該地方の, 明治文壇の

▼ 盛りという~ (7, 0.4%)

1 ところだ, ものが, 人生に, 年輩です, 所早速, 故郷の, 春の

▼ 盛りながら~ (7, 0.4%)

1 いくらかの, ちらちら口, ままごと遊びに, 一面には, 先々代からの, 大根を, 言った

▼ 盛りでした~ (6, 0.3%)

2 が父親 1 からこの, からむやみ, が邪悪淫蕩, よ

▼ 盛りでは~ (5, 0.3%)

2 あるし 1 ありますが, あるが, ないの

▼ 盛り上ってる~ (5, 0.3%)

1 だけの山, のへ, 峯から, 樹幹が, 腹が

▼ 盛り~ (5, 0.3%)

1 にはどこ, にばかり來, にばかり来, に一年分, は見

▼ 盛りから~ (4, 0.2%)

1 だった, 今日まで, 女房風は, 始まりました

▼ 盛りだった~ (4, 0.2%)

1 からなに, から啻, が宿賃, 房さんが

▼ 盛り~ (4, 0.2%)

3 やつた 1

▼ 盛りであり~ (4, 0.2%)

1 ながら世帯, ながら子供一人, また二十三夜様, 空の

▼ 盛りでございます~ (4, 0.2%)

1 から私, が人, ね, 近藤隊長は

▼ 盛りにも~ (4, 0.2%)

1 こちらへ, 来て, 櫛かんざし, 紅味を

▼ 盛り~ (4, 0.2%)

1 に白饅頭, の廻り, の頭, を盛る

▼ 盛りかた~ (3, 0.2%)

2 が少ない 1 を見る

▼ 盛りかへ~ (3, 0.2%)

1 さなければ, して, し獨自

▼ 盛りといふ~ (3, 0.2%)

1 のだ, 年輩です, 状態に

▼ 盛りとも~ (3, 0.2%)

1 いうべき十八歳, いうよう, 云うべき年ごろ

▼ 盛りにと~ (3, 0.2%)

3 又あらぬ

▼ 盛りよう~ (3, 0.2%)

2 がない 1 をカントク

▼ 盛り付け~ (3, 0.2%)

1 になん, の点, を含め

▼ 盛り~ (3, 0.2%)

1 が三つ, が円錐形, をした

▼ 盛り塩景気~ (3, 0.2%)

3 よく空壜

▼ 盛り鹽景氣~ (3, 0.2%)

3 よく空壜

▼ 盛りおの~ (2, 0.1%)

2 がじじ

▼ 盛りきり~ (2, 0.1%)

1 のコップ, の御飯

▼ 盛りこの~ (2, 0.1%)

1 大嵐, 恢復力を

▼ 盛りこぼれ~ (2, 0.1%)

1 さうな色氣, はわれ

▼ 盛りこれ~ (2, 0.1%)

1 は哀れ, を二本

▼ 盛りさえ~ (2, 0.1%)

2 すれば

▼ 盛りした~ (2, 0.1%)

1 ほどの土, 存在が

▼ 盛りっきり~ (2, 0.1%)

1 の豆腐汁, の麦飯

▼ 盛りでも~ (2, 0.1%)

1 お雪, 宿一番の

▼ 盛りとして~ (2, 0.1%)

1 いったんは, 行われ鉦鼓喧噪

▼ 盛りにて~ (2, 0.1%)

2 賑は

▼ 盛りにな~ (2, 0.1%)

2 つてからは

▼ 盛りめでたし~ (2, 0.1%)

2 草紙なる

▼ 盛り~ (2, 0.1%)

1 おかわり, がったの

▼ 盛りらしい~ (2, 0.1%)

1 のを, 小僧の

▼ 盛りツイ功名~ (2, 0.1%)

2 を急ぎ過ぎる

▼ 盛り上つた黄色~ (2, 0.1%)

2 の氷

▼ 盛り上つて來~ (2, 0.1%)

1 るの, る嫌惡

▼ 盛り働き~ (2, 0.1%)

2 盛りの

▼ 盛り往来~ (2, 0.1%)

1 する, へ向け

▼ 盛り~ (2, 0.1%)

1 は信州諏訪湖畔, は浅草観世音境内

▼ 盛り方ひとつ~ (2, 0.1%)

1 でも心掛け次第, にし

▼ 盛り~ (2, 0.1%)

2 にも水車小屋

▼ 盛り澤山~ (2, 0.1%)

1 だ, で一人

▼ 盛り~ (2, 0.1%)

1 でもするらしい, に立てた

▼ 盛り繁った~ (2, 0.1%)

1 態勢の, 若葉を

▼ 盛り~ (2, 0.1%)

2 けるかと

▼ 盛り美し~ (2, 0.1%)

2 さも

▼1* [198件]

盛りあまりに険しい活字面, 盛りある時は, 盛りいみじき海棠に, 盛りうからにぎはす, 盛り嫁入りと, 盛りおとろへにけり, 盛りお客さんいらっしゃいと待ちかまえ, 盛りいちじるく, 盛りきり飯の盛り, 盛りこそまことに屈強至極, 盛りこぼれ相で川面, 盛りへすれ, 盛り二つを, 盛りじゃアない, 盛りじゃがそのよう, 盛りすんだ後の, 盛りその景気は, 盛りそれと相對, 盛りそれらの店, 盛りたてながら新作, 盛りだつたが今朝, 盛りだろうと思われた, 盛りぢやつた, 盛りつつ進まねば, 盛りつぶすか, 盛りであってこの, 盛りでありましたので二人, 盛りで御座いますから, 盛りときには沈み悲嘆, 盛りとこそ思はれつる, 盛りとこそは見ゆれども, 盛りとぞ見えに, 盛りとにほひぬるかも, 盛りどうかすると, 盛りどちらも若い, 盛りながきはうれしかりけり, 盛りなどあるわけ, 盛りなばかりかどこからとも, 盛りなりし世の, 盛りなんぞに鼻毛読ませ, 盛りなんて自分は, 盛りにでもご手料理, 盛りにのみ見るもの, 盛りはや起を, 盛りちが, 盛りべつだん高上りを, 盛りみじかくなりにたる, 盛りものよりすさまじ, 盛りなし, 盛りよりあはれは, 盛りアポロに向, 盛りカレー汁を掛ける, 盛りトソを盆, 盛りトマトはボツ, 盛りバルコンにゼラニウム, 盛り一片の繊塵, 盛り七味を加え, 盛り七草をいささか, 盛り七面鳥が風, 盛り上つたに過ぎない, 盛り上つた二匹のうはばみ, 盛り上つた半球の上, 盛り上つた廻転椅子縁枠を白く, 盛り上つた心持をも, 盛り上つた根を中心, 盛り上つた真白な乳房, 盛り上つた砂の間, 盛り上つた稲の穂, 盛り上つた膝をのりだす, 盛り上つた酒の表面, 盛り上つた黒雲の中, 盛り上つた鼻の頭, 盛り上つて三里北の野末, 盛り上つて光つた, 盛り上つて出來たもの, 盛り上つて肉付は若い, 盛り上つて脚から腰, 盛り上つて苔蒸した處, 盛り上りなびき伏し万態の, 盛り上り下部が背中, 盛り上り五日で傷口, 盛り上り凝結して, 盛り上り手も長い, 盛り上り手足は引締, 盛り上り薩摩芋の根本, 盛り上り跳ねかえって, 盛り上り重なり合った少しまばら, 盛り上野をおひろい, 盛り不二屋の住居, 盛り乍ら先々代からの知遇, 盛り九条村の閑宅, 盛り二十六七せいぜい二十八, 盛り人間も曲った, 盛りな姿, 盛り付け方であります, 盛り以上の年輩, 盛り側らに貧乏徳利二ツ三ツ, 盛り内儀のお, 盛り出没自在を極め, 盛り出陣の水さかずき, 盛り分別盛りであった当該地方, 盛り切りの惣菜, 盛り加減でだいたい, 盛りの世の中, 盛り十三十四となる, 盛り十五杯と汁五杯, 盛り厄明けの來年, 盛りへる船体, 盛り取った皿である, 盛り可愛がっては, 盛り樣の, 盛り啖呵がきれ, 盛り器量好の娘, 盛り四十人は音楽, 盛り団子を拵え, 盛り売れ盛りの, 盛り數の, 盛り大柄で肉付き, 盛りに逆, 盛り女郎は自殺, 盛り嫋々たる微風, 盛りになつ, 盛り客間へ運ん, 盛り小物の皿, 盛り尾花や女郎花, 盛りをかつぐ, 盛り山村君どうだ, 盛り山羊の臭い, 盛りであつ, 盛り掃きの, 盛り当時有名な腕, 盛りを勤め, 盛り御幣をたて, 盛り成したる山上の, 盛り戸一重まで秋, 盛り掛けが一杯一銭, 盛り漬の, 盛り方文体の難易等いろいろ, 盛り日和は上々, 盛り日脚の八ツ, 盛り時房州海岸を半月あまり旅, 盛り晝前だと, 盛り柳橋で左褄, 盛りを渉, 盛りをかけ, 盛り汚穢堪うべ, 盛り沢庵をかじりだした, 盛り油津よりお, 盛り滅法綺麗な, 盛り熱い湯を, 盛り燈明を上る, 盛りはし, 盛り瓜実顔で富士額, 盛りの芳醇, 盛りには一撮み, 盛り盛りした存在, 盛りし得ざる深き, 盛り相当の腕, 盛り相手の前肢, 盛りを明, 盛り秋冬凋まず続々, 盛り立ての味噌汁, 盛りに入れ, 盛り純情家らしくて, 盛り細くするどき萱の, 盛り総じて無邪気に, 盛りの月, 盛りに彫みし, 盛りは鯉, 盛り耽美的官能的な感覚, 盛り肩揚のある, 盛り脚冷を防ぎける, 盛りこそは京男, 盛り芽出度い芽出度, 盛り若しくは不可思議な, 盛り菜の花畠の中, 盛り之助, 盛り蒐めている, 盛り蒲公英が咲い, 盛りを杯, 盛り西瓜や鶉豆, 盛りをかけた, 盛りへ送りし, 盛り近代の心, 盛り近代生活を描き, 盛り遂げられさうもない, 盛りぎつつなほししづけさ, 盛り遠く無人処に, 盛りを包ん, 盛り長年の心願, 盛りの東京, 盛り雑多な意味, 盛り難いことにも, 盛りに三十歳, 盛り騒ごうとする, 盛り高く一杯に, 盛りが釣れる, 盛りと赤