青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「種類~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~程 程~ ~程度 程度~ ~種 種~ ~種々 種々~ 種子~ ~種類
種類~
~稱 稱~ 稲~ ~稽古 稽古~ 穀物~ 穂~ 積~ ~積り 積り~

「種類~」 4194, 45ppm, 2566位

▼ 種類~ (2329, 55.5%)

71 もので 44 ものである 37 ものが 33 ものを 30 ものは 24 ものであった 17 ものだ 15 人間が 14 人が 13 ものに, ものも 10 ものだった, ものです 8 人間である, 人間は, 人間を 7 ことで, ものか, ものな, 人間の 6 ことは, ものと, ものの 5 ことな, ものであっ, ものであろう, ものでした, 人は, 人間だ, 人間に, 女では, 女を, 歌が

4 [24件] ことを, ものであり, ものでなく, 人々の, 人である, 人に, 人にも, 人間には, 人間も, 他の, 労働の, 噂は, 多いこと, 女だ, 女である, 女に, 女の, 女は, 文芸の, 本を, 物が, 粗生生産物, 美しさ, 話を

3 [42件] ことが, もの, ものらしい, 中で, 中に, 中には, 事が, 人で, 人であった, 人でも, 人には, 人の, 人物の, 人間であった, 仕事に, 作品は, 作品を, 取引が, 外に, 多さ, 女と, 女には, 思想は, 文学を, 文章の, 概念は, 物で, 男が, 男だった, 知識は, 研究に, 考え方が, 考え方の, 芝居が, 芝居を, 言葉に, 言葉を, 話は, 財貨の, 財貨を, 雪の, 非常に

2 [131件] あるもの, いかんを, お方だろう, ことである, ものかと, ものかも, ものじゃ, ものだつた, ものぢや, ものであったろう, ものとは, ロシアの, 一つの, 一例, 一般化が, 上から, 不快な, 中では, 事を, 人々で, 人々は, 人々を, 人たちが, 人では, 人情を, 人物だった, 人達が, 人間で, 人間です, 人間と, 何たるを, 作品である, 作品に, 例ばかり, 俗物は, 優れた仕事, 労働に, 区別が, 反対者は, 同量, 名前を, 哲學が, 問題の, 噴出物が, 型に, 変化を, 外国煙草を, 多いの, 夢の, 夢を, 女, 女が, 女で, 婦人を, 学問を, 実践と, 富の, 小さい原理, 思想と, 愛情を, 成功主義者こそ, 抗議である, 数は, 数を, 文字が, 文学が, 文学の, 料理を, 新聞を, 映画で, 書を, 書物は, 書物を, 最初の, 最後の, 本が, 材料は, 材料を, 植物が, 歌は, 歌を, 水, 活動を, 活用の, 滋養は, 災難に, 煙草です, 物を, 犬が, 現象の, 現象は, 産業を, 男だ, 男であった, 男に, 男を, 異なるに, 病気と, 直觀, 知識が, 結晶が, 結晶は, 絵が, 緑よりも, 罪を, 美を, 芝居は, 花の, 芸術では, 芸術には, 若い女, 若さ, 草木が, 蜘蛛が, 行動の, 詩人は, 認識が, 語を, 読者に, 財産の, 資本が, 質問を, 輸出よりも, 違った別, 金を, 雑誌は, 面を, 音が, 鰍が, 鶏は, 鼻の

1 [1394件 抜粋] あまりに多い, あるいは名前, ある店, いかなる小さい, いろいろな, うちに, うち殆ど, お客樣です, かきたいもの, が非常, ことだった, ことであり, ことでなくなった, ことにかけては, こわい鬼ども, さまざまの, そして決して, それだつた, ちがう二冊, ちがう大理石, ちがったもう少し, ちがった珍しい, ちがった見どころ, ではたとえばたっつけ, どれよりも, はげしい興奮, は始め, ひば類, またあらゆる, まれびと以外には, めずらしい難問題, ものから, ものだったであろう, ものであります, ものでで, ものでなけれ, もので無い, ものなる, ものにて, ものによ, ものばかりに, ものより, ものヂケンスの, もの足りな, ように, より優れた, を早口, インテリゲンツィアでなく, ウォツカで, サルが, ジャムの, ディレッタンティズムに, トリックを, ノホホンな, ヒューマニズムが, フィルムであり, ミリタリスティックな, レコードこそ, 一つとして, 一生徒によって, 丁度動物園, 下宿人が, 不安を, 不満と, 不節制, 世界という, 丙に, 中にて, 中央集権を, 主義に, 了解の, 事あり, 事件を, 事実が, 事故に, 事柄について, 二十を, 云はば, 交際を, 人々と, 人々にも, 人たちだろう, 人だったなら, 人とは, 人ひと口に, 人を, 人民の, 人物で, 人物に, 人達だ, 人達には, 人間かな, 人間たちにとって, 人間であっ, 人間として, 人間など, 人間よりも, 人間らしく見えた, 人間的徳義心の, 人間群が, 仕事が, 仕事の, 仕事や, 他者性については, 会戦において, 伝説と, 住居を, 何かに, 余技或は, 作品例は, 作家たちには, 作家に, 作家対観衆の, 係蹄が, 修辞であろう, 偉い人, 偶像に, 債権者が, 働き盛りの, 先生については, 光澤かと, 入試準備を, 八等官であった, 公式主義に, 内容が, 冒涜あらゆる, 凍り方, 出来事の, 分派を, 制作である, 刺激は, 創作を, 労働が, 労働者の, 動物である, 動物の, 勞作の, 化石魚は, 区別立てを, 単なる懸念, 単位を, 危機に, 原稿を, 又この, 友人ばかり, 反動期には, 収入である, 叙述は, 古物が, 句でも, 召集か, 名前だ, 名誉は, 命令だ, 品ならざる, 哲学に, 哲学体系を, 唄である, 商人の, 商品に, 商売は, 商買を, 問題であった, 問題を, 喜びを, 嘘をも, 団体では, 困難は, 土地が, 土焼は, 地金を, 基本賃銀に, 変った現代中国エロ, 変化した, 夕刊を, 外国劇を, 多いと, 多い単語, 夢である, 大年増, 大根を, 大部分, 奈良文献から, 女でした, 女でも, 女なら, 女らに, 女共に, 女性を, 好い作物, 妨害も, 婦人は, 婦人達が, 嫌忌すべき, 存在の, 存在を, 孤独であるなら, 学問性に, 学生を, 学者である, 完全な, 実験で, 客は, 室, 家は, 家庭に, 家畜に, 寄贈によって, 対外文化事業に, 小さなブローカー, 小さな虫, 小説でありません, 小魚, 少女たちは, 屁でもは, 屍体が, 工人が, 差別なく, 幸福で, 幻想も, 幽鬼が, 建物は, 弁証法性, 形式に, 形象乃至, 後に, 循環を, 心労は, 心配を, 忘れること, 思い出は, 思慕に, 性質の, 恐怖が, 患者が, 患者を, 悪い躑躅, 悪徳及び, 悲鳴を, 情緒なら, 惡魔を, 意見が, 愛である, 感じだった, 感動を, 感想で, 憤りの, 戦いの, 戦慄が, 戯曲は, 扉であった, 才走った秀才, 批評に, 技巧は, 抵抗も, 接触を, 描写を, 改良品では, 政治家らしい, 救治策を, 数, 数の, 敵に, 文化社会自身による, 文学は, 文学作品を, 文筆家や, 文芸作品を, 料理で, 新らしい, 新聞包だ, 既成定見を, 明朗主義は, 映画の, 春の, 暗号で, 暗闘は, 書画に, 最も新しい, 有害な, 木や, 木遁の, 本に, 本三つ, 材料に, 板画全般を, 桂庵的が, 桜も, 植物の, 楓の, 楽器も, 概念に, 構造物が, 樹木を, 機械が, 機械に, 歌さへ, 歌には, 正しい平均, 歯朶を, 死亡率低減の, 毒薬の, 民間ショービニズム商売人も, 気候が, 決闘は, 河豚数十尾を, 法規に対する, 洋装が, 活力が, 活字を, 消費し尽される, 深く凸形, 演技を, 焦慮に, 煙草が, 煩悶は, 熱情家が, 物に, 物語歌を, 物象に対して, 特種的事実である, 犬も, 状態であります, 玄人な, 玩具それから, 珍妙な, 現象で, 理論に, 甘ったるい言葉, 生き物であっ, 生涯の, 生産が, 生産物を, 産地と, 産業に, 産業の, 用事が, 甲乙を, 男たちの, 男には, 男同士は, 画家が, 異った, 異なった美し, 異なる美, 病ひ, 病人は, 病者でない, 登場者は, 目醒しい, 知覚に, 研究には, 磁器で, 社会的富は, 神秘が, 科学に, 科学的歴史観の, 科学者である, 租税に対しても, 種が, 積み物, 空地であった, 窓枠は, 立札が, 竪穴の, 笑いが, 筋書とは, 答案中最も, 範疇だけ, 精神は, 精神病者が, 精神科學ある, 納屋も, 素人演劇の, 紹介に, 結合された, 結晶について, 結晶を, 絵本は, 絶對的觀念論を, 緊張は, 織物を, 罰を, 美では, 美人とは, 美術家であるや, 考え方, 考察は, 者かと, 者も, 耕地に, 聞書を, 職業で, 肉体的及び, 肥料を, 背徳や, 脚本を, 臆測を, 自殺者は, 自由主義とが, 舶来おもちゃが, 色しか, 艶つ, 花が, 花ばかり, 芳香を, 芸術に, 芸術家らしく装う, 若者どもである, 苦しみに, 草だけが, 草花を, 菓物で, 著述道家なり, 蓋然的支出を, 薬品を, 虚偽が, 蛇の, 蟻が, 蠍が, 行商人が, 行為であった, 衣服を, 表現か, 装飾品も, 要素が, 見物の, 親切は, 観客は, 観点である, 解釈を, 言葉をば, 記事は, 記録映画の, 詞章の, 話にも, 語しか, 説は, 読み物を, 読者をも, 論文であっ, 諸對象, 識者が, 變らぬ, 豊富さに, 貝殼を, 貨物と, 貨物を, 資本として, 趣である, 車と, 軍艦だ, 辞句の, 返事を, 通信が, 遊魂の, 運動を, 道徳論者達の, 違う芸術作品, 違った稼ぎ, 違った驚くべき充満, 違ふも, 選択を, 遺蹟も, 酔漢に, 重圧の, 金が, 金言が, 鉄の, 鉱石です, 錯覚かも, 門人たちに対しては, 間違ひ, 関心である, 陶器を, 随筆に, 隠遁であっ, 雌牛の, 雑誌を, 雑音である, 電気照明は, 青年の, 靴か, 音楽は, 音楽的な, 題材でなく感じられた, 類推により, 風貌を, 食品が, 食堂が, 食物が, 食糧を, 飲食店は, 饒舌家も, 驚きで, 魔人が, 魚を, 鳥たちが, 鳥獣を, 麦藁帽子も

▼ 種類~ (414, 9.9%)

47 ある 20 あるが 17 あって 9 あります, あること 7 ありますが, あると 6 あるの, 多い 4 あった, 多いの, 非常に 3 あつた, ありまして, あるので, あるよう, あるらしい, 出来て, 棲んで, 違って

2 [23件] あつて, ありますけれども, あり多く, あり良否, あるか, あるけれども, あるもの, ちがって, 含まれて, 多いこと, 多いと, 多かった, 多くて, 少ない, 幾つも, 揃って, 残る, 異っ, 異る, 違うの, 違ふ, 開花の, 集って

1 [204件] あったこと, あったよう, あっては, あまり上等, ありす, ありその, ありそれ, ありそれら, ありて, ありますか, ありますから, ありません, あり乾葡萄, あり深浅, あり版元, あり白皮, あり私, あり自分, あり葉, あり豆類, あるうち, あるかも, あるから, あるさ, あるそれ, あるだけ, あるだらうぢ, あるだろうから, あるでしょうから, あるです, あるという, あるとは, あるなか, あるに, あるもん, あるやう, あるらしいが, あるらしくまた, あるん, あれども, いくらも, いちばんこの, いないの, およそ三十種, きまって, こうして啼き立て, ここに, ことさら多い, こぼれ出たかの, ございましょう, さまざまだった, さまざまであった, ざっと三千種, その中, たいていきまり切っ, だんだんに, ちがいますから, ちがい楓, ちがう, ちがうの, ちがうん, できあがって, できて, できは, どれだけ, なくな, はいって, はっきりわかる, ひた茂りに, ほぼ揃っ, まず頭, また実に, また極めて, まるでちがっ, ザッと, シンガポールに, ドレ位, ピッタリ自分, ミッシリと, 一体どの, 一寸変つて, 一番賢い, 三つある, 三つに, 三ツある, 三千五百も, 並び存し, 乏しくまた, 仏説に, 何である, 何百種何千種ある, 何百通りも, 使われたが, 僕にとっては, 入って, 出て, 出来ます, 出来ますし, 動物, 北海道の, 區別せられる, 原色写真で, 厳存する, 同じだから, 含まれ然, 四五十も, 増したこと, 増加し, 増加する, 変って, 多いだけに, 多いといふ, 多いといふだけで, 多いとか, 多いよう, 多くな, 多くなった, 多くなり, 多く今, 多く寒い海, 多く従来雪, 多く新芽, 多ければ, 多様である, 大変多い, 大抵きまり切っ, 女王と, 好く整理, 実に複雑, 少い, 少ないとき, 少ないので, 少なく美しいもの, 尽きて, 尾張藩の, 屠殺された, 彼の, 従来雪華の, 所がらで, 数えられる, 数多ある, 日本の, 書いて, 有限である, 来たとしても, 来るけれども, 植えられたり, 植えられて, 極めて豊か, 歴史と, 殖えた, 殖えなければ, 殖え興味, 沖合より, 沢山あっ, 沢山あります, 沢山ある, 減じ文集, 澤山に, 無数な, 無限に, 無限にも, 特産である, 現はれるであらう, 現在多く, 生じて, 異って, 異ひ, 発禁に, 目に, 相対価値において, 相当たくさん, 稀である, 絶えるよう, 絶滅に, 網羅され, 良いから, 著るしく違っ, 見えぬからと, 近頃目立つ, 違いすぎるからさ, 違いますか, 違いまた, 違うかと, 違うかの, 違うがん, 違うだけ, 違うという, 違うらしいの, 違う為, 違つてゐる, 違つて来る, 違ひ, 適するかという, 適当である, 限られて, 限定され, 陰陽師流の, 集まって, 頭を, 食われる, 飼養され, 馬と, 驚くべき多数

▼ 種類~ (220, 5.2%)

13 属するもの 6 して, 属する, 属する芸術家 5 属するの 4 よりて, 分けること, 分れて, 属して, 限られて 3 依って, 属すべきもの, 応じて

2 [20件] すぎないの, なって, なると, わけて, 分けられて, 分けられると, 分れる, 分類され, 分類し, 分類する, 区別する, 在ては, 属する人, 属する人間, 接触し, 接触する, 於て, 相当する, 相違ない, 過ぎない

1 [115件] あつて, あてはまるもの, あらずして, ある限定, きまって, しろ女, それぞれ相当する, ぞくす重, ちがいない, なつて, よりけりで, よりては, よる, わかれて, わたるという, ウブメの, スキヤだ, ワカと, 上るであろう, 両極が, 亘って, 依っては, 依つて, 入る家, 分かつこと, 分かれて, 分けその, 分けて, 分けられる, 分けられるが, 分ける事, 分ちそれ, 分ち得ると, 分られましたが, 分るる原因, 分れます, 分れると, 分別し, 分類した, 分類し得る, 別けて, 別つ, 制限が, 加工した, 区分され, 区別した, 區別し, 區別する, 區別せられる, 十一の, 及ぶもの, 含まるべきもの, 四つの, 四とおりある, 多様ある, 大別する, 大層大きくっ, 女の, 存し, 富むこと, 富んだ海, 富んで, 属ししたがって, 属した人品, 属しなお, 属します, 属す, 属すべきであるが, 属するかは, 属するから, 属するん, 属するナンセンス芸術, 属する一見三十五六, 属する人間たち, 属する小説, 属する程度, 属する者, 属する若返り法, 属する頽廃人, 属す可, 属せしめて, 屬し, 屬します, 屬す, 屬する, 岐れ, 従つて相手の, 従ひ, 急変しない, 恵まれます, 振分けること前文, 数えられて, 於ては, 渡って, 由つては, 當る, 目を, 相違なかつた, 算へる, 紐を, 聞かれるあれ, 至っては, 見分けること, 親み, 這入る文化現象, 過ぎないこと, 過ぎないの, 過ぎないもの, 達するであろう, 違いない, 限ってのみ, 限ると, 限定も, 飲科が, ABC云々と

▼ 種類~ (218, 5.2%)

6 異にし, 異にする 5 集めて 4 異にした

2 [11件] つくして, 分かちて, 分けて, 分けること, 列挙する, 区別する, 増して, 挙げて, 改良した, 異にす, 示して

1 [175件] あげれば, あつめ熱心, いえば, いろいろと, お話し申します, かえて, かなりたくさん, ことごとく挙げ, すこしずつ, そこへ, たくさんに, ちゃんと択ん, ちょっと考え, つまんで, はつきりしめした, ふやしては, まし数, もう少し尋ね, わけて, わけ順序, ウェルギリウスに, 一括し, 一束し, 三十種も, 三様に, 並べますが, 二に, 云ふ, 代表し, 仮定した, 何と初め, 作って, 作ること, 保存する, 個人として, 兼ねられぬとて, 分けたところ, 分たは, 分合した, 分析する, 分類する, 列擧した, 判断せよ, 別ちおった, 利害上この, 創り出すの, 加えて, 区別し, 區別した, 區別する, 取並べた上, 同じくする, 含みはなはだ, 含むの, 含んで, 問は, 問はず世界の, 問はず如何なる, 問はず相手が, 問へば, 問わずその, 問わず本来, 園中に, 圧伏する, 増ししたがって, 増し下駄傘, 増すため, 変えて, 多くせう, 多く保存, 大体知った, 大別した, 大別する, 大聲, 失うたの, 少しやっ, 尽して, 市内で, 幾通りも, 引上げつつ, 御話, 心得て, 意識したい, 択びまして, 択び定, 指すばかり, 挙ぐれ, 掛け合せて, 探せば, 擧げると, 改良し, 改良したら, 教えられたが, 数えること, 数え立てたらほとんど, 数え立てると, 数へ, 暫く中断, 有つ, 植えて, 横浜から, 此の, 殊に, 残らず覚えようと, 比較する, 求めなければ, 沢山に, 注意し, 混同する, 生ずるため, 用いざるべからず, 申しますならば, 皆忘れ, 盡し, 知って, 知つてゐる, 知らなかつたり, 知りその, 知るよう, 示すこと, 示せるなり, 私が, 私は, 等しくする, 網羅する, 総称し, 総称する, 繁殖させた, 考うる, 考えて, 考えもって, 聞きただす男, 聞き分けた, 聴き分ける事, 脱すること, 色々出し, 蒐める, 蒐め種うる, 表示する, 複雑なら, 見きわめて, 見せて, 見た, 見わけるであろう, 見わけるよう, 見分ける事, 覚えるので, 記載する, 記述した, 設けたこと, 設けること, 説いて, 説明し, 説明し終えた, 調べて, 調査し, 論ずれば, 豊富に, 較べて, 追って手仕事, 違へて, 選ぶこと大切, 選択しなけれ, 附加える, 限定する, 集めたもの, 集めたらば, 集めたる小, 集めた後, 集めた飛行機, 集めてね, 集めますの, 集れば, 食べて, 飼いますと

▼ 種類~ (175, 4.2%)

4 あるが 3 非常に 2 いろいろある, かなりに, ちがうが, まだ数え, 多い, 違うが

1 [156件] あげたこと, ありますが, あるだろうがね, あるだろうし, あるので, いくら多く, いろいろあ, いわゆる一遍, おのずから変わる, お互, かぎりも, ざっと以上, じたい如何なる, すこぶる多き, その時代, それほど豊富, たいへんです, だいたい, だいぶんあるだろう, どれだけ, ない, ないもの, なかなか多い, なかなか沢山, ほとんど吾人, ほんとの, まことに千差万別, まだ他, みなさまの, みな一様か, もう尽きた, もちろん一様, やって, やや見のがされ, よほど変っ, わかって, クロマツでなけれ, セキセイインコカルカヤインコサトウチョウオオキボウシインコアオボウシインココンゴウインコオカメインコキバタンコバタンオオバタンモモイロインコなどが, センダイハギハチジョウナイヌゴマハマニンニクエゾノヒナノウスツボハマエンドウアキカラマツノゲシハマハコベイチゴツナギホソバノハマアカザナミキソウオオバコオトギリソウヤマハハコアキタブキハマベンケイカセンソウイヌタデイブキジャコウソウエゾオオバコオチツボスミレシオツメクサエゾイヌナズナなど, トロクーハクニーサラブレドクリブランドベートラケーネンなどが, トロターハクニーサラブレドクリブランドベートラケーネンなど, ナンプ, ピンから, 一様で, 一種か, 一般に, 七百種ぐらい, 七録, 七録の, 万葉集の, 上等に, 不思議な, 中, 乏しいで, 乏しいであろう, 二つ, 二つに, 二三種しか, 二%騰貴したであろう, 人形芝居壮士芝居活動写真などで, 今日と, 他に, 伸子の, 何だか分らない, 何であろう, 僅かに, 六十三例である, 其の折々, 判つて居る, 前に, 動物学の, 十勝岳では, 十四五種ぐらゐあるらしいがどの, 十種乃至, 十種類に, 千差万別で, 収穫が, 古くから, 古来いろいろある, 各方面, 合唱ハーモニカギターブラスバンドなどが, 土建か, 変化し, 多々あり, 多いの, 多くまた, 多く中流以上, 多し模様, 多分ラフレッシア科, 夥しい数, 夥しい求める, 大よそ数, 大わけ, 大別し, 大抵分っ, 実に千態万状, 実に数, 實に, 少くない, 少なくない, 左の, 幾つある, 必ずしもこの, 我邦で, 数々あった, 新組の, 日本には, 時季に, 普通の, 有限である, 未来に, 東京名所や, 氏の, 決して少なく, 為事場を, 現在に, 現在アジアの, 現在殘つてゐる, 生じないの, 産卵鶏の, 異なれども, 異る, 百種以上も, 皆此の, 種々に, 笞打石抱き, 第一, 細心な, 絶対に, 総じて和魂, 総て四五月より, 義賊という, 自らなる, 至つて少く, 色々ある, 色々だ, 色々澤山, 色形動作房, 色物席と, 苗圃を, 蜂蝉鈴虫きりぎりす赤蜻蛉蝶々バッタなど, 見られる, 解って, 詩に関する, 論文詩喜劇演説の, 過去に, 違ったって, 違っても, 遥かに, 限りも, 際限が, 雑多であった, 雑多であり, 類別された, 驚く程, 鱸を

▼ 種類~ (122, 2.9%)

3 あって, ある, あるが 2 あつた, あり数, 多かった, 幾とおりも

1 [105件] あった, あったでありましょう, あっては, あつて, あります, あると, あるゆえ, あるより, ある石炭, いろいろあった, いろいろあります, お出しなさっ, きわめて少なく, ここでは, こんなに今, すこぶる多き, すこぶる殖えた, その数, たくさんあっ, たくさん揃え, ただ並べて, たっぷりある, ちがう, ちがうそう, ちがう人, ちがって, とつた, ない, なかった, のまれびと, まちまちなりき, みんな不公平なく, もっと多く, わかりまた, 一つでは, 一では, 一二では, 三百品以上に, 亦なし, 亦非常, 僅かで, 内地は, 出るので, 列し, 初めは, 前のとは, 同じもの, 味も, 品格も, 哲学が, 増加し, 多いの, 多からず, 多きもの, 多くありました, 多くある, 多くなっ, 多く又, 多く味, 多く色, 多様で, 夥しいこと, 大抵きまった, 太鼓大, 完成させ, 少い, 少くて, 少ない梵語, 少なく好い色, 少なく私, 幾つも, 当然ある, 思えば, 性質も, 数へ, 数も, 極めて多い, 次第に多く, 殖え芝居, 決して少なく, 沢山あった, 沢山採取塑定, 沢山殖えた, 湯の, 異うよう, 皆拉し来, 益々廣, 相当の, 種々様々, 自ら違っ, 色々あっ, 色々あった, 色々ありました, 色々ある, 色とりどりな, 行われたが, 違い階級, 限られて, 隠れた種類, 雑多に, 雪の, 非常に, 顔色も, 食用に, 魚類に

▼ 種類~ (58, 1.4%)

3 段階とが 2 変化とは, 数量の, 段階の, 程度の, 見て

1 [45件] ある, ある小栗物, いえども, いえば, いったら百, して, すること, その發生, どういう階級, なくたくさん, なくもっ, なく並べ, なく寫生, なく集められた, なる, マア分った, 云ふ, 内容と, 分派とが, 分量という, 功罪とを, 名前が, 国民健康とは, 奥行の, 客筋, 形態とが, 感じに, 持って, 数と, 数とは, 数の, 時間とを, 森林の, 段階が, 異種類, 社会の, 程度と, 程度を, 種類の, 見ゆる樹木, 見做, 配合とを, 量とを, 階級に, 階級を

▼ 種類~ (42, 1.0%)

2 あつて

1 [40件] あつた, あつたら, あなたが, あらうか, いろいろの, いわゆる有, いわゆる無, うち三つは, これは, それを, ときどきは, まずいという, 一々名前, 一頭は, 事古りた, 侠客と, 内地に, 初めて落, 判った, 吠える代り, 埋まって, 大別する, 学名は, 定められるの, 小便と, 少しの, 形よりも, 感想を, 書かれて, 水と, 米麦豆粟稗黍蕎麦玉蜀黍という, 結婚の, 肉眼では, 自分にとって, 虹鱒という, 裸体の, 見て取ろうと, 見渡す限り蜒々, 重複した, 銅の

▼ 種類によって~ (35, 0.8%)

1 [35件] いちいち擬音, かならずしも一様, この取返し, これに, その赤い, それぞれの, それみずからの, なお匙頭菜, ほぼ一定, やはり一挙一動, ザクリザクリと, セブリ・ジリョウジ・ブリウチ・アガリなど, 三十一時間体中に, 今日の, 代表されおり, 休安の, 俳優に, 分析する, 各異, 在宅中の, 大層悦びます, 宝玉の, 少しずつ, 思いの, 性質的に, 数が, 本能の, 煮る事, 異り, 異る, 種々の, 著しい好ききらい, 遅速が, 違うこと, 面白からず

▼ 種類ある~ (29, 0.7%)

3 ということ 2 ことが, ので, のです

1 [20件] か, から五刑, がエジプト, が両方, が吉井, が決して, といふ, と云う, と思ひます, と思ふ, と言, な, のだ, のであります, のでし, ようです, を見る, んだ, 事である, 訣で

▼ 種類~ (25, 0.6%)

2 味が, 変化や

1 [21件] その数, それを, コモチクモヒトデの, 上り下りの, 二種類の, 人品により, 又存在論, 品位については, 型式の, 年齢に, 幼死の, 数が, 比例の, 程度に, 程度は, 程度を, 範囲が, 軌道の, 農耕の, 音の, 高下は

▼ 種類では~ (19, 0.5%)

5 ない 2 なかった

1 [12件] あっても, ないかと, ないの, なかつたかしら, なくて, なく自分, 一国内の, 動物の, 窒素が, 雄が, 雑俳に, 鳥類の

▼ 種類かの~ (16, 0.4%)

1 [16件] ヤナギドングリ科の, 何, 全集によって, 前菜が, 呪詞を, 型に, 寿詞を, 愛と, 楓が, 洋菓子は, 相異, 草花が, 薫香が, 薬品や, 製造元である, 詞章は

▼ 種類によっては~ (14, 0.3%)

1 [14件] いっそうジャーン, いろいろと, そのため, その入り口, われわれの, 単に寒暑, 学問が, 学生, 少なくも日本, 断然思い止まらね, 決して妥当, 消化の, 白花の, 雄の

▼ 種類もの~ (14, 0.3%)

1 [14件] パン等々が, パン等を, 低級な, 作業場が, 夕刊に, 封筒が, 川べの, 彼の, 株券, 注射薬の, 賞の, 靴下が, 香木或, 香炉が

▼ 種類~ (13, 0.3%)

1 [13件] からこの, からその, からね, がその, そうです, つてせいぜい, ということ, とか御蔭, とはいえなくなる, と云, と聞い, ね, よ

▼ 種類には~ (13, 0.3%)

1 [13件] いくらでも大きな, その頭状花, ゴーヤー, 一重八重白花菊花斑入りの, 今日でも, 儒も, 制限が, 大小さまざまな, 属しない訳, 扇袢纏鳶蝉あんどん, 杖つく, 極めて恵まれ, 純文学と

▼ 種類しか~ (12, 0.3%)

2 ない 1 ないの, ないらしい, ない人間, なかった, なかつたの, なくしかも, なく子供, イデオロギーの, 住んで, 見うけられないので

▼ 種類~ (12, 0.3%)

3 のだ 1 のか, のかも, ので, のである, のです, ので後側, のにさすが, んだ, 故か

▼ 種類によ~ (12, 0.3%)

2 つては, つて榮養價が 1 つて不味く, つて分類し, つて博物館を, つて土地に, つて戦ふ, つて最初の, つて純白な, つて赤や

▼ 種類により~ (12, 0.3%)

1 [12件] あるいは資本, いちじるしい相違, そこに, てこの, またその, また作業者, また場合, また流出年代, 一様で, 二個の, 場所に, 季節により

▼ 種類あっ~ (11, 0.3%)

2 てその, て一つ 1 てそれ, てマッコー鯨, て一方, て二つ, て円錐形, て島, て自殺的

▼ 種類である~ (11, 0.3%)

1 [11件] かない, がこの, がじつは, がそれら, ことは, ところの, と云う, と私, のか, のに氣, カンスゲか

▼ 種類にも~ (10, 0.2%)

2 よるが 1 さまざまな, また両極, よりますが, 三種類にも, 依るし, 決してない, 異っ, 達する有

▼ 種類あり~ (9, 0.2%)

1 その一, その一つ, て, て思想作用, て現今俗間, て食慾色慾等五官, 日本側の, 洗い髪で, 画法に

▼ 種類について~ (9, 0.2%)

1 ここで, これを, その大き, その構造, それぞれ測る, 二つ三つ話を, 感じた言葉, 数え上げて, 考えねば

▼ 種類から~ (8, 0.2%)

2 云えば 1 いえば, いかに構成, いっても, すべて芸事という, 十五種類に, 見ても

▼ 種類でも~ (8, 0.2%)

1 あろうか, いいから, すらりと, そのよう, ない, みんなそういう, 望むが, 望むところ

▼ 種類~ (7, 0.2%)

1 あつた, 三種類或は, 並んで, 用意し, 知らぬが, 知りませんが, 行われて

▼ 種類です~ (7, 0.2%)

31 から広東一帯, がここ, がともかく, が生物

▼ 種類として~ (7, 0.2%)

1 一般分類に, 凍雨, 次の, 社会組織を, 立派な, 等しいから, 説明した

▼ 種類とは~ (7, 0.2%)

1 内容が, 大いに関係, 天候特に, 少し違っ, 掛け離れたもの, 種類が, 違って

▼ 種類及び~ (7, 0.2%)

1 その真理, その説明, 分量と, 森林の, 特色公共図書館利用法を, 産出地は, 程度を

▼ 種類とを~ (6, 0.1%)

1 ここに, 削減しよう, 増加し, 掲記いたし, 男子の, 組み合わせて

▼ 種類~ (6, 0.1%)

1 にし, にみる, に整理, をしなけれ, をする, を説明

▼ 種類であり~ (5, 0.1%)

1 ながら異, ながら非常, 哲学上の, 從つて等しく, 手口も

▼ 種類~ (5, 0.1%)

2 の符牒 1 いで尽き, は何, 読むに

▼ 種類分け~ (5, 0.1%)

1 するの, にし, に基い, は彼, をする

▼ 種類性質~ (5, 0.1%)

1 などもそれぞれ, によつて, による配列, に依っ, に關

▼ 種類だけの~ (4, 0.1%)

1 もので, 人に, 悪戯に, 技術の

▼ 種類において~ (4, 0.1%)

1 形において, 確実な, 確實な, 美しかった

▼ 種類ほど~ (4, 0.1%)

1 ありますが, 味ない, 基本の, 漫画を

▼ 種類以上~ (4, 0.1%)

1 あるから, に増加, の原因, の職業分野

▼ 種類階級~ (4, 0.1%)

3 の人々 1 の人

▼ 種類あつ~ (3, 0.1%)

1 たばかり, てかつ, て或

▼ 種類かを~ (3, 0.1%)

1 揃えて, 比較し, 食べて

▼ 種類がち~ (3, 0.1%)

2 がつて 1 がふ

▼ 種類くらい~ (3, 0.1%)

1 マカロニを, 別に, 持って

▼ 種類くらいの~ (3, 0.1%)

1 レコードが, 同人雑誌に, 小鳥が

▼ 種類ぐらいの~ (3, 0.1%)

1 催眠薬が, 植物じゃ, 運動の

▼ 種類すこぶる~ (3, 0.1%)

2 多くし 1 多く狐火

▼ 種類であった~ (3, 0.1%)

1 としたら, と思う, のか

▼ 種類でない~ (3, 0.1%)

1 こと古い, ので, 新人

▼ 種類でなく~ (3, 0.1%)

2 て一つ 1 ただハス

▼ 種類といふ~ (3, 0.1%)

1 ものを, んなら, 問題に

▼ 種類とか~ (3, 0.1%)

1 またそれ, 分量とか, 歌の

▼ 種類とも~ (3, 0.1%)

1 共同生活を, 知れぬ, 結びつかない

▼ 種類などは~ (3, 0.1%)

1 今から, 夢にも, 翼を

▼ 種類などを~ (3, 0.1%)

1 暗記する, 聴取って, 自分から

▼ 種類についても~ (3, 0.1%)

2 考える必要 1 見られるか

▼ 種類による~ (3, 0.1%)

1 ので, らしいが, 個性の

▼ 種類多く~ (3, 0.1%)

1 して, その形態, 茶筅

▼ 種類或は~ (3, 0.1%)

1 もつと, 分類に関しては, 近似した

▼ 種類からも~ (2, 0.0%)

2 想像される

▼ 種類すなわち~ (2, 0.0%)

1 名前の, 子を

▼ 種類その~ (2, 0.0%)

1 状態聴手と, 隅に

▼ 種類であれ~ (2, 0.0%)

1 ば自ら, 人間の

▼ 種類という~ (2, 0.0%)

1 下へ, 形で

▼ 種類としては~ (2, 0.0%)

1 最も見ばえ, 質の

▼ 種類など~ (2, 0.0%)

1 によつて, 選ぶ必要

▼ 種類なら~ (2, 0.0%)

1 ば何, 幾通りでも

▼ 種類なる~ (2, 0.0%)

1 にあらず, に驚き

▼ 種類においても~ (2, 0.0%)

1 大判小判を, 最も豊富

▼ 種類によっても~ (2, 0.0%)

1 上中下の, 差等の

▼ 種類に対する~ (2, 0.0%)

1 後期ローマ帝国における, 特名と

▼ 種類に従って~ (2, 0.0%)

1 ほぼ五帯, 読み方を

▼ 種類はなはだ~ (2, 0.0%)

2 多し

▼ 種類または~ (2, 0.0%)

1 発達を, 音の

▼ 種類をも~ (2, 0.0%)

1 一瞥した, 計画し

▼ 種類~ (2, 0.0%)

1 の先駆, の逸品

▼ 種類以外~ (2, 0.0%)

1 の叙述, の食卓仲間

▼ 種類内容~ (2, 0.0%)

1 などによってその, に就い

▼ 種類多し~ (2, 0.0%)

1 といえ, 一々枚挙

▼ 種類如何~ (2, 0.0%)

1 によって決, を問はず活動

▼ 種類有る~ (2, 0.0%)

1 は何, ものにて

▼ 種類甚だ~ (2, 0.0%)

1 多く色彩, 多し

▼ 種類~ (2, 0.0%)

1 についてはこの, はこれ

▼1* [132件]

種類あらゆる年代の, 種類ありまして第, 種類ありましたっけね, 種類あるでせう後者の, 種類あれど愛, 種類いたって多きも, 種類いるが信州, 種類いろいろな大き, 種類いろんな形の, 種類およびその使い方, 種類お雪ちゃんがてんかん持ち, 種類かしらそれとも一種, 種類かと思って, 種類からの労働者階級の, 種類くらゐある身, 種類くらいしかないん, 種類ぐらいが今までの, 種類こそちがえ子供, 種類これを実験, 種類さえ人の, 種類さまざまありて, 種類ずつ集まって, 種類ずつの薫香を, 種類その他についてあと, 種類それから親類筋, 種類それからタオルや, 種類それぞれが内容, 種類それらさまざまの要素, 種類だけ非常に, 種類だけでもその分化, 種類だけを見ると, 種類であって文字的創作詩, 種類でありましてそれ, 種類であろうと考えられた, 種類でなければ素人, 種類での困難が, 種類とが特別に, 種類としての等しさ, 種類とで違う, 種類とでもいう可, 種類とに適応した, 種類どおりに綺麗, 種類なぞは寧ろどうでも, 種類などで觀る, 種類などにも変化が, 種類なほ我国の多き, 種類なり性質なりを, 種類なんと賑やかで, 種類についてのみ申し上げようと, 種類については詳しく述べません, 種類にでも絶対に, 種類によつて彼, 種類によるかはたあたり, 種類に関しこれを, 種類に関する事実御, 種類のぜに金に, 種類のみである, 種類のみにても三百種の, 種類はじめより異なる, 種類ばかり思い出すこと, 種類編入される, 種類へは皆その, 種類まで一ペンに, 種類もしくは性質の, 種類もより大であるため, 種類より言へば, 種類わけにし, 種類わずかに四種, 種類をかぞへられる人, 種類をば左に, 種類を通じての特徴として, 種類オボエレバイイコトニナレバ非常ニ助カルダロウ, 種類亦唯物科学, 種類ならず尾, 種類下手人の人別, 種類余計取つて, 種類例えばミヤマガマズミなどは, 種類保存のため, 種類働く時間月給同僚恋愛と, 種類優劣等によつて, 種類入っている, 種類八百屋や駄菓子屋, 種類出版物がふえよう, 種類出立点行先速力等を計算推量, 種類刊行されて, 種類初めて演出した, 種類別酢のよしあし, 種類合理的眞理と經驗的眞理, 種類ジカラズ惟黄紫二色, 種類同様なもの, 種類唯一部に限っ, 種類多からず, 種類密集の程度, 種類少くこの中, 種類る程度, 種類或はまたその系統, 種類所謂大衆文芸と俗, 種類ラレル, 種類方面によつて, 種類普通さの種類, 種類最も多けれども, 種類有りしかと云, 種類の百姓, 種類極めて多く八万四千, 種類様式の変化, 種類次第ではその, 種類殊にその燃え, 種類にそれ, 種類民間に存する, 種類特にその頭部, 種類献立の巧拙, 種類理由はつねに, 種類多しと, 種類用いてみんな, 種類用途によつて, 種類画本の良否行儀作法, 種類なる鳥, 種類程度は様々, 種類範囲からいつ, 種類色々あり, 種類若くは段階, 種類衣類の始末, 種類表情皮膚の色, 種類見えますネ, 種類賃金の高低, 種類起原の説, 種類足駄の跡, 種類金亀子のよう, 種類陽気な人気, 種類非常なもの, 種類の跡, 種類順序に従って