青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「現象~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~現われる 現われる~ ~現代 現代~ ~現在 現在~ 現場~ ~現実 現実~ ~現象
現象~
球~ ~理 理~ 理屈~ 理性~ ~理想 理想~ ~理由 理由~ ~理窟

「現象~」 6025, 60ppm, 1922位

▼ 現象~ (932, 15.5%)

21 説明する 11 呈して 9 見て 7 説明しよう 6 研究する 5 呈する, 呈するの, 如何に, 発見した, 観察し, 観察する 4 もって, 一定の, 持って, 支配する, 理解する, 発見する, 統一的に, 自分の, 限定すべき

3 [19件] して, できるだけ完全, 否定する, 呈すること, 対象と, 少しも, 意味する, 描いて, 生じて, 発見し, 目撃した, 研究し, 示すもの, 見せて, 見た, 觀察する, 詳細に, 説明し得る, 起して

2 [65件] これに, それの, とらへて, まざ, もつと, 一般的に, 一貫し, 並べて, 予報せん, 何と, 先ず経済的見地, 克明に, 分析し, 別の, 区画し, 反対の, 反映した, 取り扱う, 呈した, 呈したの, 呈したりき, 呈するかも, 如実に, 完全に, 形態的に, 或は無視, 抜きに, 指すの, 指摘し, 捕えて, 支配し, 整理する, 期待する, 根本的に, 注意し, 生じたに, 生ずるの, 生ずるは, 生出せざる, 發見した, 目し, 目撃する, 示され或は, 示して, 肯定する, 表現する, 要約し, 見せるの, 見たこと, 見ること, 見ると, 見るに, 記載する, 記録した, 説明した, 説明せん, 調査し, 調査する, 諷う, 起こすといった, 起すこと, 起すに, 透視し, 配合する, 離れて

1 [625件 抜粋] 〇・五の, あざやかに, あなたは, あるがま, いい加減に, いい知れぬ, いくらかでも, いくらか弄ぶ, いくらか純粋, いたずらに, いろいろと, いわゆる花鳥風月, うける代り, うたつた作である, おこす因果, おそらく人間, おっかけて, おった凝視, お考え, かいた一枚, きいて, くりかえすという, ことごとく包括, この事件, この国人, この海岸, これまで, これみよがしに, さういふ眼, さう高所, さながら動かす, しかも主観的, しらべ系統的発展, しるして, すこしも自分, すべて, すべて容易に, すべて旧来の, そこで見た, そのままに, そのまま日本, そのまま綜合的, その乗具, その仮説, その根柢, その現象, それから演繹, それぞれについて, それへ, た, たびたび耳, ちゃんと文芸批評, ちよつと, つかみながら, つつむ雰囲気, つぶしたばかり, とおして, とかく無限, ともなわなかった, とらえ本質, とりあげて, どうする, どう思います, どう批評, どう解釈, どこまでも, なんといっ, はげしく身, ばら, ば云い表わし, ほぼ面積, ほんのちょっぴり, まだよく判断, まだよく呑みこん, みて, みても, みる, みんなひっくるめ, もたらすの, ももうすこし, よく了解, よく捕え, よく確め, よく考え, よそに, よびおこして, わざと無視, わたしたちは, ソックリそのまま, ドイツに, 一々に, 一つの, 一つ残らず, 一応オミット, 一挙に, 一方に, 一旦整理, 一時起した, 一義的に, 一般に昇華作用, 一貫する, 三つの, 不思議と, 乞食の, 予報する, 予想する, 事実と, 事実として, 二度くりかえす, 二次元世界では, 云い表わすため, 云い表わすべく使用, 云い表わすもの, 云い表わす筈, 云うん, 云ふ, 人なる, 人格化した, 人間の, 人間生活の, 今日の, 今日われわれの, 代表させる, 以前から, 仮象だ, 仮象の, 体験する, 何らか, 作らない, 作る為め, 便利の, 促えて, 倫理に, 備え一定, 全然無関係, 全然閑却, 公平に, 公式主義と, 内察, 内面的に, 凍上と, 出来るだけ, 出現した, 出現する, 分子物理学的の, 分析する, 列挙した, 初めて研究, 判断し, 利した干潮現象, 利用する, 到る処, 力学的数式の, 動かして, 包括し, 単に, 単に物質, 単純から, 厳粛な満ち足りた, 又或, 反映し, 取り上げて, 取り扱うが, 取り扱う学問, 取り扱う科学, 取り扱ったもの, 取扱うという, 取扱うもの, 古い伝統, 可なり, 合理的に, 同じ順序, 吟味する, 含めて, 吾, 呈しそこ, 呈したが, 呈したと, 呈したやう, 呈した事, 呈しました, 呈し出すかを, 呈する事, 呈する者, 呈出した, 喜ぶもの, 囚え, 因果と, 因縁果と, 地盤として, 基礎に, 外へ, 外形的に, 外面に, 多少とも, 夢にも, 夫に, 妻に, 学び知るの, 学ぶこと, 守らうといふ, 定むべ, 実在の, 実地について, 実見された, 実験する, 實見した, 対手と, 対置した, 専門に, 少しでも, 少年讀者に, 展開させ, 屡々見せつける, 己の, 平均し, 幾つも, 広義における, 引くるめ, 彼の, 御存知でしょう, 御説明, 心から泣いた, 心から畏敬, 心理学者は, 心裡に, 怖れた, 思いついたの, 思う, 恐れるもの, 惹起する, 意味し, 意識的に, 感じたこと, 成立せしめ, 成立せしめる, 或る, 扱った, 抽き出し, 抽象的に, 招致する, 持ち来して, 指して, 指し示す各, 指す, 指すこと, 指すという, 指摘する, 挙ぐれ, 捉えるもの, 捕えるの, 捕える力, 捲き起そうという, 掘下げて, 探すこと, 探求した, 描いたこと, 描き出さうと, 描く時, 提出し, 收録する, 故ら, 教えたりも, 教法の, 数えること, 数回体験した, 文化現象として, 文明者流に, 文章に, 斯う, 日本ファシズムの, 日本人の, 明かに, 明白に, 映影, 是正する, 時間の, 暗示する, 最初に, 最早何人, 有する時代, 未だかつて大, 本当に突き, 本源と, 本質にまで, 村松五郎氏は, 根柢に, 根源に, 検討し, 極めて楽観的, 楽しむ心, 歓迎し, 正しきもの, 正確に, 殊に強調, 残すこと, 残るくま, 毎日毎日目に, 水, 永い見, 決定する, 決定的に, 注目しよう, 洞察しよう, 混同する, 測るもの, 演出し, 無感覚に, 無視し, 無視した, 物理学及び, 物理現象と, 物理的に, 特徴づける, 現わし, 現わす, 現代人の, 現出し, 理性によって, 理智的に, 理解しよう, 理解せしめる, 生じ, 生じそう, 生じたり, 生じ来たるや, 生ずる事, 生ぜざるべからざる, 生ぜしめた, 生み出すに, 生む文化的, 生んだ, 生出し, 生命という, 生理的に, 生理的また, 生理的生活の, 生起せしめる, 発展と, 発見された, 発見しよう, 皮相的に, 目撃せりと, 直に天上界, 直接に, 直視し, 省みる暇, 眺めた露国, 眺めて, 眼を, 知って, 知っとるかねつまり, 知ること, 研究され, 研究対象として, 確実に, 示したもの, 示したり, 示すこと, 示すところ, 示す風, 神経病の, 私の, 私は, 私共も, 科学的に, 称して, 究める毎, 究明する, 空間における, 笑いながら, 等量関係の, 箱入り風に, 簡単に, 精察する, 精確に, 系統化し, 系統的に, 純粋な, 細かに, 経験した, 経験する, 結果と, 統一する, 統紀すべき, 絶えず眺め, 綿密に, 総括し, 縫う博大さ, 置き替えれば, 考えた, 考えに, 考えようと, 考え合わせて, 考察する, 考究し, 考究する, 聞くこと, 自ら始める, 自己に, 自然の, 自由に, 若干検討し, 蔵し, 表す名詞, 表す言葉, 表徴する, 表面化さない, 見くらべたとき, 見せるぐらい, 見たと, 見たの, 見た直後, 見た私, 見ては, 見ても, 見なければ, 見よ, 見る, 見るか, 見るの, 見るのみ, 見るばかり, 見るもの, 見るよう, 見る事, 見付けること, 見落しては, 見逃して, 規定する, 観察した, 観批評, 觀察される, 解く鍵, 解析し, 解決する, 解釈する, 解釈せん, 計量の, 記載しよう, 記述せし, 記録し, 詠うもの, 詩化し, 話して, 詳かに, 詳らかに, 認めしめるから, 認めた, 認めては, 認めるとしても, 誘致する, 誘起し, 語って, 誤った客観主義, 誤り認めたの, 説んと, 説明され, 説明し得, 説明し得べき, 調べて, 調査研究した, 論じ得るかの, 豫期し, 貫く内容的実体的, 質量と, 起さしめるの, 起させるもの, 起しただけで, 起したの, 起してを, 起しゴム毬, 起し得ずまた, 起し得るの, 起すという, 起すの, 超えて, 超絶せる, 述べて, 述べ尽す事, 追うばかりの, 追って, 追究し得る, 追跡し, 逆に, 透して, 造り出すならば, 適当に, 選み, 録せり, 闡明し, 除いては, 除くため, 集めて, 電気現象と, 霎時に, 面白がった, 面白がって, 鬼の, 黙視し得ず

▼ 現象~ (897, 14.9%)

15 中に 14 ように 11 うちに, 背後に 10 中で 7 ために, 底に, 研究に 6 一つであります, 分析 5 ような, 一つである, 一つは, 決定性を, 説明に 4 あること, 一つとして, 一つの, 内に, 原因は, 大部分, 表面を, 説明は, 説明を

3 [17件] ことだ, やうに, 一つだ, 上に, 世界に, 存在の, 影響を, 本質を, 根本に, 生ずるの, 発見は, 相互依存の, 真の, 研究には, 研究は, 研究を, 説明として

2 [38件] あまりに甚, うちで, ことであり, ことである, なかから, なかで, 一つで, 一つであった, 一例として, 中から, 中では, 中には, 予料, 仕方に, 個々の, 典型的な, 内から, 内容は, 取捨選択に, 因を, 外に, 外には, 実在が, 実在を, 彼岸に, 意味を, 批評など, 最も優れた, 根柢に, 特徴を, 理解の, 発見に, 研究が, 社会に, 社会的等価とも, 記録を, 説明の, 起るの

1 [615件 抜粋] あまねき隅々, あらわれる時代, あらん限り, あるところ, あるの, あるもの, ある部分, あれこれを, いかなる相貌, いちじるしかった, いっさいにわたる, うち尤も, おこる動機, おそるべき真実, おどろくべき仕組み, ことで, ことでなく, ことに, ことも, このよう, これ等の, ごときおそらく, ごとくでは, ごとくよそ, すべて, すべてが, せいだ, その奥, その現, それであった, つかみかた, とりあげられて, どこを, なかに, なかへ, ひとつは, ほうは, ほんの一部, また如何, ままの, まま正直に, もう一つ, もっと抽象的, もっと本質的, もつおごり, ようだ, ようである, ようです, よって起こる, カラクリの, ギリギリの, ジャーナル的効果に, スケッチを, チャンピオンとして, ニュースとして, 一つかと, 一つだった, 一つつまり, 一つであっ, 一つです, 一つでは, 一つと, 一つとしての, 一つに, 一つ一つに, 一つ一つを, 一として, 一ツであり, 一例で, 一例である, 一例を, 一半の, 一定内容を, 一環として, 一症状, 一種と, 一種として, 一般的な, 一誘因と, 一部と, 一部として, 一部を, 一部分として, 一部分は, 一面である, 三重性, 上から, 不可欠で, 不思議な, 不思議には, 世界から, 世界については, 世界の, 世界を, 中でも, 中にこそ, 中へ, 予報, 予報を, 予料の, 予知とを, 二つの, 二三に, 交錯した, 人格化を, 今日に, 仕方の, 他に, 代りに, 代表的な, 作製には, 個々一つ一つにさえ, 個別的必然の, 偶, 偶然性を, 傍例を, 充分な, 全体の, 全体を, 全説明, 全部の, 全部を, 全面に, 共通性は, 具体的説明と, 具体的運動の, 具象性を, 典型である, 典型でさえ, 典型を, 内を, 内容を, 出現をも, 分析である, 分析には, 分析によ, 分析的研究が, 切り角は, 利用, 到来を, 力に, 動いた結果, 動揺と, 動機への, 単なる発生消滅, 単純な, 原因という, 原因に, 原因について, 原因に関する, 原因の, 原型に対する, 反動を, 反復を, 反復性を, 反省と, 叙述だけ, 叙述を, 可能な, 台頭に, 合法的な, 同じく人的要素, 周到なる, 周期性等が, 問題は, 善か, 因果関係が, 因果関係の, 因果関係を, 土台において, 垣を, 基因としては, 基盤についての, 基礎科学的研究にも, 基體乃至根源である, 場合に, 場合には, 壮麗さと, 変化としか, 外へは, 外的条件に, 多くの, 多様が, 多様の, 多様を, 大に, 奥に, 奥の, 如きは, 如きもの, 始めて生ずる, 姿の, 姿を, 存在し得る, 存在と, 存在に, 存在は, 存在も, 存在論的構造を, 実体に, 実体も, 実体を, 実例である, 実例を, 実証的研究によって, 実際であっ, 実験から, 実験の, 実験的検査を, 実験的研究から, 客観的な, 客観的評価を, 實感同時に, 實際の, 対立と, 対立連関を, 局限された, 平等性をもって, 平面にまで, 幻華を, 底を, 底流れを, 弁証法的発展の, 強喩法, 形式的乃至, 彼一流の, 径路を, 復活を, 心像は, 心理学的説明は, 必然性を, 急所急所に, 性格によって, 性質によって, 性質上から, 性質上原因の, 性質上甚だ, 悲哀, 悲鳴, 意味の, 意味有機性そういう, 成るもの, 或る, 所作を, 批判をこそ, 批判方法の, 技術的領域における, 把握については, 抽象的表現であり, 捉えかた, 推移を, 政治性を, 故に彼ら, 数々を, 数量化において, 新しい研究, 方へばかり, 方を, 日本的一環な, 時局的解剖であり, 時間尺度が, 普遍性を, 曲線図です, 最も古い, 最も要素的, 最初の, 最概通單純, 最終的説明の, 有無から, 期待によって, 本尊な, 本性に関する, 本質が, 本質の, 本質的でない, 本質的な, 本質的なる, 本質的抽象化として, 条下に, 来る社会的理由, 枠内で, 根底に, 根本形式なる, 根本概念規定の, 根本的検討に, 根本規定である, 根本規定な, 根本規定は, 根柢を, 検討の, 機巧の, 機械的な捉え, 機構の, 機構を, 機能や, 機関乃至, 正体は, 正体を, 正確なる, 武備社会に, 歴史を, 殆ど悉く, 殘存といふ, 決定性といった, 法則でも, 法則は, 法則を, 消え去らず連続, 混乱と, 無時間的, 焦点面へ, 片端と, 物理学である, 物理的原因に, 物理的本性については, 物理的研究である, 特徴が, 特殊な, 特異性については, 特色であった, 犠牲者は, 狂いを, 現実を, 現実性が, 理により, 理由は, 理論として, 理論は, 理論的分析であり, 生じると, 生ずるには, 生成に, 生物学的機巧については, 生起する, 用ひ, 用具とは, 異同が, 発生する, 発生に対する, 発生は, 発生を, 発生条件として, 発見くらいの, 発見くらいは, 発見だけで, 発見には, 発見も, 発見者であった, 発見者アップルトン教授は, 発見者木戸博士が, 直接間接の, 相互浸透即ち, 矛盾に, 知識は, 研究, 研究であった, 研究という, 研究としての, 研究によって, 研究及び, 確実な, 示す所, 社会的な, 社会的基盤の, 社会的説明や, 神格化し, 神格化なりし, 神秘や, 科学的な, 科学的予報と, 科学的予報については, 科学的説明は, 秤のうへで, 秩序である, 移り変りを, 移動を, 種々な, 種類が, 種類を, 空電では, 窮極する, 第一原因, 第一義では, 第二, 等値的射影的関連, 範囲での, 範疇に, 経過に関する, 経験から, 経験的な, 結果であり, 結果寒, 統一的把握は, 統計性を, 絶対に, 総体が, 総体についての, 総和である, 総数は, 総連関, 總和に, 總體が, 總體についての, 群が, 群は, 考察にのみ, 背後には, 自然科学的研究に, 興味ある, 蒐集および, 蒐集及び, 表現上又は, 表示としての, 表面だけ, 表面に, 裏に, 複雑さでは, 複雑さと, 複雑さは, 複雑な, 複雑相を, 複雜を, 要点は, 要素が, 見られたの, 見方に, 規則性である, 親和, 親和は, 観察が, 観察では, 観察や, 観念が, 観測談やらが, 観点からか, 觀察は, 解剖には, 解釈, 記事の, 記事は, 記憶が, 記載が, 記述, 記述で, 記述では, 記述には, 記録と, 記録という, 記録として, 記録は, 認識, 認識に, 説明から, 説明が, 説明である, 説明には, 説明原理でなけれ, 説明神話として, 調査研究について, 諸場合, 諸根本概念規定, 謎を, 象徴でなく, 象徴とでも, 資料百四十八例を, 資格に, 質の, 起こった時日, 起こるの, 起こる原因, 起つたこと, 起つた場所, 起るは, 超越性と, 輪廻相を, 追随に, 送迎によ, 週期を, 週期性なる, 週期性は, 進行の, 過程も, 遠隔作用なら, 部分的な, 重なり合, 間では, 間に, 間には, 隈どり, 際に, 面しか, 面白さ, 順応に, 領土は, 頻出が, 類いかと, 類いによる, 類似は, 驚異に対しては, 高々原始的

▼ 現象~ (649, 10.8%)

7 日本の 4 人の, 非常に 3 それが, 一種の, 人間の

2 [24件] あまりにも, このこと, これ又, その通り, た, どんなこと, ないの, 一つの, 予定し, 今まで, 多くの, 夫, 寧ろ珍, 或る, 抑も, 文化の, 文学の, 日本には, 明治末期から, 活動的の, 確かに, 私たちが, 自分の, 見られなかった

1 [577件 抜粋] あまりに複雑, ありませんでしたから, ある, あるいはむしろ次, ある種, いかなる境遇, いかなる時代, いかに単純, いずれも, いっそう混乱, いつでも, いつも単なる, いはば, いままでの, いろいろな, おのずから運転変動, かかるただちに, かなり面倒, けっして自分, こういうところ, こういう写真, こうした物的, ここから, ことごとく平民的, ことごとく貴族的, この三つ, この不思議, この四つ, この建築固有, この必然的, この理由, この生活物質, この疑問, この説, これだけで, これらの, これを, これ迄, こんに, さらにむつかしく, しかしながら決して, しかし決して, しかし過去, すくなかった, すでに宗教, すべての, すべて何等かの, そう簡単, そのとき, その内部規定, その印象, その寛容, その後も, その後者に, その最後, その根本, その間に, その間口, それぞれ特殊性を, それだけ政治学的, それで, それを, それ程簡単, それ自体として, それ自体日本の, たくさんある, ただ外形的, たとえよう, たとえ眼前, つまりこれからますます, つまりは, であるから, とうてい三四郎, とりも, どういうわけ, どうした, どうして起きる, どうも信ずる, どこから, どこの, どのよう, どの土地, どんな権力, ない, ないかと, なかった, なかつたで, なかなかこんな, なにごとである, なにも, なんだかわからない, なんらかの對象, はじめてその, ひとり愛知県のみ, ひとり河だけ, ほんとうに, まことに壮絶, まさしく右, まさしく現在われわれ, まじめな, ますます一般人, まだしも健全, まだそこここ, まだそこそこに, まだ殆ど, まだ鳥学界, まま片寄る, まるで夜, みな善である, みんなハイロが, めいめいの, めずらしい, もう既に現われ, もしやコーヒー中毒, もっと広い, もとよりヒステリック, やがて却ってこの, やはりいくら, やはり扮装, やはり私, より高い, わが國, わたしにとっては, われわれが, われわれの, アメリカで, ウラルアルタイ語族の, カントの, コーヒーを, システムの, シャアレマン大帝の, シャール十世の, シュワルベサンチレールフェルスターレーシェルなどの, ジェイムス・ジョイスの, ドイツ演劇学及び, パンフレットの, ピグミイ族が, ラッセルも, ロシアでは, ローマ中国等の, 一つ一つの, 一に, 一体何, 一切の, 一定の, 一寸なくなった, 一応は, 一時に, 一般には, 一般の, 一般社会に, 一見何, 一面に, 三分され, 三年たっ, 上空の, 不自然さを, 世の中には, 世界に, 世界各, 中国文学に, 主として霊視, 之からの, 之を, 九州の, 予も, 事實としては, 事實の, 二ツの, 二千年以上も, 云うまでも, 互に原因結果, 人民戦線時代の, 人間存在の, 今い, 今之を, 今日あきらかに, 今日では, 今日の, 他でも, 他に, 他の, 以上に, 仮定された, 伝えて, 何かの, 何と, 何を, 何人も, 作家の, 例の, 信仰又は, 個人の, 倫理現象に, 偶然室内に, 傍に, 先づ最近の, 免れない, 全くあとかた, 全く社会関係, 全然予定的, 全然止んだ, 其他の, 具体的に, 内に, 凍結の, 凡そ私, 凡て物理現象に, 凡て肯定さる, 出来るだけ, 出来るならば, 分類的に, 初めてだった, 到底単なる, 制限付きの, 前者に, 動である, 動的である, 勿論一つ, 勿論全然無い, 勿論北海道, 勿論決して誰, 勿論社会, 勿論説明, 北極光を, 十五世紀に, 十和田湖其他姫鱒を, 千差万別海浜の, 単に上, 単に我が国, 単に或, 単に西田哲学, 単に記述, 即ちこれ社会, 即ち存在, 即内界, 厳密に, 又, 受動的なる, 古い時代, 古今東西を, 古来の, 各々独立, 各種の, 喜ぶべきこと, 因果関係によ, 固より, 土の, 地震に, 地震学上必ずしも, 多く冬季の, 多分地中, 多分地震, 夜光虫の, 夜明けにも, 大いにおこり得る, 大いに慶賀, 大抵みな妖怪, 大抵皆竜神さん, 大衆文壇の, 天地を, 奈良時代以前天武持統の, 奈落, 如何に, 如何にもそうあり, 婦人や, 存在として, 存外きわめて普通, 学界の, 宛かも, 実に貴重, 実は世界的, 実は夫, 実は文芸, 実在とともに, 実在を, 客觀的には, 寒さ, 寒地の, 實際手の, 寧ろ哲学, 小水滴, 少なくない, 巨視的には, 差別によって, 巴里の, 巷間では, 市場に, 常にまた, 常に流行, 干渉と, 平安朝に, 建築の, 当然子供, 彫刻的空間として, 彼に, 往々に, 後者に, 従って, 従来地震の, 心理学者等が, 心理學とか, 必ずしも必然的, 必ずしも歓迎, 必ずしも減少, 必ずしも真, 必ず何, 必ず単, 必然的な, 急速な, 恐ろしい神秘, 意識によって, 愛するもの, 慥に, 我々にとって, 我が國, 我国の, 或は所謂, 戦後ことに, 拡散に, 指数曲線で, 探求され, 支那や, 政治に, 政治制度の, 数回に, 数量として, 数限りも, 文化科學の, 断じて民衆, 新東京, 新聞の, 新聞社間の, 方向を, 既に只今, 日本が, 日本と, 日本に, 日本人の, 旧来の, 明かに, 昔から, 昔も, 春日山城下だけ, 時が, 普通の, 更に高調, 最も健康, 最近ことに, 最近の, 最近支那軍編成についての, 最近非常に, 有意義の, 本これ唯々力, 本年度, 本来すべて性質的な, 本能的に, 村民にと, 果して今日, 根本的に, 案外に, 棄権者が, 極めて平凡, 極めて著しい, 極めて複雑, 極めて高度, 機械的には, 次の, 次第に地方, 正しいの, 正しく近代劇, 正にその, 正当な, 武備機関の, 歴史に, 歴史上の, 殆ん, 毎夜一層, 毎日毎日同, 毎日池において, 決していう, 決してひとり人智未開, 決して一つ, 決して今, 決して他, 決して偶然, 決して国粋現象, 決して日本, 決して権勢, 決して珍しい, 津田君の, 流動する, 流星の, 演繹されなけれ, 漠然たる大, 漢語にのみ, 火山とのみ, 無意識的虚偽な, 無論フランス, 無論同じ, 物理化学現象に, 物理学の, 物理学や, 物理的に, 物質の, 狐猫の, 獲られそう, 珍しいこと, 現われなかったの, 現代日本の, 現象学に, 甚だ憂ふべきである, 生活体を, 生活物質を, 生物を, 生物学的に, 生理学により, 生産機関の, 異なるであろう, 皆そうである, 皆事實なりと, 皆撰択を, 皆此即位又は, 皆自然が, 直に自国, 相互に, 短い瞬間, 短時間で, 社会そのものという, 社会万般の, 社会的に, 社内幹部の, 私の, 私一人の, 私自身にも, 私達に, 科学の, 立憲政治の, 第三, 経済的地盤によって, 結局互に, 絶えず動い, 絶対的決定性を, 維新以後に, 網扉が, 繰返すと, 職業教育の, 自然と, 自然の, 自然主義の, 自然界のとは, 自然科学者や, 色々の, 街にも, 表面の, 表面的には, 複雑多岐に, 複雑無限であっ, 見たが, 見て, 見ゆれど, 見られない, 見られるでは, 見落せない, 言文一致的三十一文字または, 誇張なく, 認められませんでした, 誠に珍奇, 説明し, 説明すべき, 説明する, 誰でも, 誰にでも, 誰の, 論理学的に, 貿易の, 資本主義の, 賤しい, 起こらない, 起こらないかも, 起こらないの, 起こり得ないもの, 起らずと, 起らないだろうか, 越喜来村の, 越後高田附近や, 農業と, 近代資本主義制度の, 送電線からの, 進化論遺伝学又は, 遊廓なる, 過程である, 遭難海員が, 長い間, 閑却すべきでない, 集団的意志すなわち, 霜柱の, 風俗の, 風俗的に, 驚くには

▼ 現象~ (648, 10.8%)

17 ある 7 起って, 起る 6 非常に 5 あって, 起った, 起るの 4 あらわれて, あること, 出て, 現われて, 見られる, 起きて, 起つて 3 あるの, 余りに複雑, 如何に, 存在し, 現われた, 見られること, 起こるの, 起りつつ

2 [34件] あっても, あります, あるから, あるため, あると, あるもの, あるよう, いくらも, よくある, 今まで, 今日の, 分って, 又本, 吾, 存在する, 特殊な, 現はれ, 生じて, 生じます, 生まれること, 生れる, 知られて, 続々と, 自分の, 行われた, 見られないの, 説明される, 起きる, 起こった, 起つた, 起ります, 起ること, 進行する, 隠されて

1 [476件] あった, あったが, あったらしくやはり, あつた, あつて, あのとき眼, あらゆる場合, あらわれても, ありその, ありました, ありますか, ありわりに, あり得ようとも, あり第, あるいは光り物, あるうち, あるが, あるですねえ, あるとも, あるん, いかなる作用, いかなる形, いかに複雑, いきいきと, いっさいなくなるらしい, いつでも, いつまでも, いつ迄, いろいろな, うつる, うようよと, うようよ湧き出る, おきて, おこった, おこったこと, おこったの, おこって, おこつたのであります, おこりだして, おこるため, おこるの, おこるもの, おのづか, かさなりあって, こ, こういう本質, こうした偶然性, ここに, ことごとく平衡, このファッショ文化政策屋, この世に, この個体, この凍結時間, この男, この種, これに, これによって, これほど, さうで, しばしばある, しばしばみられる, しばしば見, すぐ起った, すでにうつす, すでにこの, すでに眼, すでに移す, すなわち着, すべてとどまる, すべて現在の, そういう荒々しい強い, そのもと, その不破, その前兆, その基礎構造, その影, その意味, その時代, その本質, その根源, その疑, その相, その隠された, それであるであろう, それを, たくさんの, ただし周期的, たとえば軽井沢, てんでんばらばらに, できるの, どういう思想的布告, どうして発生, どう見られ語られる, ないの, なければ, なぜに, のべたらに, はいったならば, はじまった, はっきり出, まことに顕著, まだ発見, まのあたりに, みられます, みられる, みられるだけ, もう一つ, もしあった, やがてぼつぼつ酒間, よほど先生, われわれ人間に, アイヌ語にも, シェストーフその, スイスに, ボツボツと, 一つの, 一の, 一人の, 一層著しい, 一番面白, 一般に, 一躍し, 一部の, 三所に, 上下二段の, 不審でならなかった, 与って, 両端の, 之に, 九台の, 事実上一つの, 二つの, 二人の, 互にこの, 互にはたらきあっ, 京では, 人目を, 人間らしいもの, 人間世界にも, 今や人類, 今後も, 今日以後更に, 今日到る, 今朝ある, 今自分, 仏蘭西では, 他の, 付随する, 何れもか, 何故に, 何等指導階級, 作曲の, 作物に, 信じられるもの, 催眠現象と, 全く忘却, 全く歴然たる, 全く現れない, 全く目撃, 内在する, 凡て因果的機械的である, 出来して, 出逢うという, 分るわけ, 到るところ, 前に, 加わって, 動かないと, 十字に, 半分は, 単純に, 単義的, 原因かと, 又もやハッキリと, 又当然, 又起つ, 及ぼした効果, 反覆としてだけ, 取り扱われて, 古きもの, 右の, 各方面, 同じく技術, 同じ明かる, 同一の, 同時にかつ, 吾人に, 哲学上又, 唯一つ, 因果関係によりて, 国内に, 地球上で, 地球上の, 地震に, 地震の, 基準と, 夏期に, 外でも, 多くの, 多なる, 大体ひと月くらゐ, 大変な, 大部分精神的, 夫である, 学問上から, 学級の, 宇宙空間中の, 安定と, 実に少く, 実に稀病中, 実は霜柱, 実在する, 実在的に, 実際に, 実際問題, 実際地震, 少くとも, 少し大きく, 少なからずある, 島田と, 常に組合せ, 常識的に, 平然として, 幾分の, 当時何人にも, 往々いろいろ, 待ちかまえて, 後年に, 心に, 心理的に, 必ずある, 恐るべき勢力源, 悪いという, 想像されます, 意外にも, 感覚から, 我々の, 或は小規模, 或は社会的現象, 或は精神的現象, 或る, 択ばれる場合, 数多く見られる, 数限りなく, 文化の, 文字以外の, 文学の, 新しい要素, 新生命, 新聞が, 方言方言の, 既に生じ, 日本に, 日本の, 日本以外の, 日本文化の, 明かに, 春日の, 時間的にも, 智的生活の, 最も甚だし, 最近五六度も, 有る, 有限な, 服従し, 本当であれ, 本能の, 本質, 極めて大, 極めて稀, 模写され, 横溢した, 機械的に, 次々と, 次々に, 次いで起る, 此神話の, 毎月刊行の, 永続する, 江戸の, 決して單, 決して在り得ない, 決して盲目的, 沢山ある, 法律の, 浪路の, 消滅する, 深く注意, 湧き起った, 無かった, 無闇と, 物理学の, 物質の, 犯人脱出後に, 獨自の, 現は, 現はれるであらう, 現れた, 現れたり, 現れるか, 現れるの, 現われたから, 現われたこと, 現われたの, 現われては, 現われるから, 現われるの, 現われ来るの, 現世界の, 現在の, 現実以上に, 現時においても, 理解され得る, 理論的計算によって, 生じさ, 生じたかと, 生じたので, 生じるの, 生ずる, 生ずるの, 生まれて, 生まれる, 生まれるに, 生れて, 生れました, 生物界には, 男性の, 疑いも, 発したの, 発現し, 発生した, 発生する, 發生する, 目立ち始めたの, 目立つて, 相互の, 相当に, 眼に, 眼の, 眼前の, 矛盾なし, 知られるに, 知覚される, 示されて, 示されるに, 社会現象として, 神話の, 私たちに, 私等に, 科学文化の, 科學的研究に, 稀に, 稀有で, 突如と, 突然に, 立帰っ, 第一, 第三者の, 系列を, 約満三十七年後, 純粋な, 経験的な, 結局霜柱が, 統計的型式から, 絶えず転換, 続くもの, 続出した, 続出します, 繰り返された, 繰り返されたこと, 繰返されて, 肯定される, 脳髄の, 腦髓の, 自然である, 自然界の, 自然起る, 至る処断片的, 舞台なれ, 色々の, 菌みたいに, 著るしかった, 行なわれつつ, 行なわれて, 行なわれるよう, 行われたと, 見えない, 見つけ出されました, 見ら, 見られたの, 見られたら日本, 見られて, 見られなくなった, 見られは, 見られるかも, 見られるよう, 見られる理由, 見出されること, 規定されず, 規定せられる, 観察され, 観察された, 観察される, 計器の, 記されて, 記述的あるいは, 認められため, 認められたもの, 認められて, 認められます, 認められる, 論理的分析は, 變化する, 豊かである, 起きたか, 起きは, 起きるかという, 起きるの, 起きるよう, 起きる可能性, 起き大体緯度線, 起こって, 起こらないとも, 起こりだした, 起こる, 起こるであろうか, 起こるという, 起っただろうか, 起ったでは, 起ったと, 起ったとか, 起ったとは, 起ったり, 起った時, 起つたの, 起らないの, 起りうるだろう, 起りつ, 起りました, 起り始めた, 起り易い, 起り眼, 起るか, 起るから, 起るその, 起るであらう, 起るであろうと, 起るでしょうか, 起ると, 起るという, 起るといふ, 起るとは, 起るもの, 起れば, 起伏し, 近世の, 近来増し, 進歩的だ, 進行し, 遂に最後, 過去にも, 違ふ, 都会を, 重なるもの, 錯綜し, 開化の, 限りなく, 電気動力線の, 電気工学で, 頻々と, 頻出する, 顕著であり, 顕著でない, 飛び出して, 驚異せしめる, 麻酔剤の

▼ 現象~ (414, 6.9%)

21 して 13 過ぎない 11 就いて 7 外ならない, 對し 4 なって, なるの, よりて, 他ならない, 就いては, 於て, 興味を, 還元される 3 於ては, 違ひない, 遭遇する

2 [23件] すぎないの, ほかならなかった, 他ならぬ, 共通性の, 向かって, 外ならなかった, 対応する, 就て, 恵まれた国, 我れ, 欺かれて, 止まるもの, 現われた時代相, 眩惑され, 過ぎず, 過ぎないと, 過ぎないという, 適用する, 遭遇し, 還元し, 還元する, 関心を, 關する

1 [268件] あしを, あって, あっては, あつて, あてはまるだろう, あらざる普通, あらず, あらずまったく, あるの, いつまた, おそれて, おびやかされて, かかわって, くっついて, しても, すぎない, すぎないだろうから, すぎないのよ, すぎない明治, すぎなかったこと, すぎなかったの, すぎなかつたの, すぎぬという, すぎんと, すぎんの, すりかえるの, その法則, ぞくする, ぞくするならば, ぞくするもの, ぞくする書籍, ちがいない, ついてでも, である, とどまらずさらに, とどまらず明日, とらわれて, とりまかれつつ, どのよう, どんなもの, なりました, なります, なると, ひきずり廻されない確固たる, ひとりよがり, ふれて, ぶっつかるには, ぶつからない, ぶつかりました, ぶつかるという, ほかならず二個, もとづいて, もとづくだけ, よりても, タッチしない, 不思議を, 之を, 乏しいので, 人間生活を, 他ならなかった, 伴うて, 伴う当然, 伴う間接, 伴なう, 伴ふところの, 似た作用, 似た非, 何らかの一般的法則, 何度と, 何等かの, 例外なく, 依るもの, 偶然を, 働きかける, 充ちて, 充ち満ちて, 出くわした, 出逢うか, 出逢って, 出遇つて, 分析し得る, 到着します, 制限され, 加ふる, 即したよう, 即して, 即しながら, 即し歴史, 原因し, 同じ自分, 名称を, 向かっては, 向って, 向ひ, 君の, 含まれて, 呼応し, 呼応する, 問いかける, 問いかけ現象, 善悪の, 喰われたと, 固有な, 在っては, 執着し, 基いて, 基づいて, 基づくもの, 変りは, 外ならざる, 外ならないであろう, 外ならぬ, 多少心, 好きな, 嫌悪を, 密林は, 富んで, 対応した, 対比されるべき, 就いてしか, 就いての, 就いてまで, 就いても, 就ては, 尽きるという, 属する, 属するもの, 属する地主, 帰して, 帰せられるもの, 平行し, 底知れぬ, 引きずり込まれて, 引きならして, 当ったらそれ, 影響を, 徴し, 心を, 応用する, 恰も生きた, 持ち込むべき所由, 捉われる, 接した結果, 接し受, 接すること, 接すれば, 支配せられる, 数えられなければ, 斯様の, 於いても, 於ける, 於ける人的要素, 於ける光量子, 於ける客観的, 於ける弁証法的展開, 於ける文学主義運動, 於ける時間, 於ける歴史的原理, 於ける社会的物体, 於ける進化, 於ても, 次いで起る, 止まらずあらゆる, 気がついた, 気がついたとき, 気づきそれ, 求める, 注がれ遂に, 注ぐ眼光, 注意し, 注意しよう, 注意を, 注目し, 注目した, 満ちて, 無関係な, 無関心な, 照し, 物珍らしい, 現はれる, 現れて, 現われた特色, 現実的な, 異常な, 當て, 目が, 目の, 目を, 直接影響した, 直面し, 相違ない, 相違なから, 眼が, 眼を, 着眼し, 突然牙, 素っ裸で, 終らざるを, 結びつけて, 絡めて, 置き換える術, 自分ながら, 自己広告は, 至っては, 興味が, 苦笑する, 行なわれる種々, 行われる諸, 襲われると, 襲われる原因, 襲われる習慣, 襲われ初め, 見惚れて, 解釈学や, 觸れ, 言及し, 負けて, 貴方の, 超時間的性格, 転化した, 較べるならば, 近いほど, 逐いたてられて, 通じて, 通じるもの, 通ずるという, 逢った, 逢って, 逢わぬ前, 逢着し, 逢着した, 連関し, 過ぎずと, 過ぎないこの, 過ぎないの, 過ぎないものであつても, 過ぎないものではあつたけれども, 過ぎなかったすでに, 過ぎなかったので, 過ぎなくて, 過ぎぬ, 過ぎぬと, 過ぎぬの, 過ぎまいが, 過ぎませぬ, 過ぎん, 違いありません, 適用され, 適用される, 遭って, 遭遇した, 還ること, 還元, 還元され, 還元され得るだろう, 還元出来, 酷似し, 間違いは, 関係が, 関係し, 関係した, 関連し, 附着しない, 非ざる, 類するの, 類似した, 馳せて, 驚異の

▼ 現象~ (240, 4.0%)

9 なって 5 見做 4 見て 3 云わねば, 見るべきもの, 言わなければ

2 [20件] いう, いえば, いはねば, いわねば, すれば, なったの, 並んで, 云は, 人間の, 同じである, 同じよう, 実在との, 実在とは, 本体との, 社会現象, 考えて, 言は, 言ふ, 関聯し, 雖も

1 [173件] あまり関係, あれば, いうが, いうべきである, いうべきであろうか, いうべきでその, いうまでに, いえども, いえるでしょうか, いくぶん類似, いって, いはなければ, いふべきである, いふべきは, いわざるべからず, いわれましたが, からみあって, きわめて密接, この, された婦人作家, されて, して, し静的, す, その分解作用, その小島, その生, その過程, たたかいそれ, たぶん同じ, なったワリニャーニ, なつて, ならしめしまで, なりそれ, なりました, なり果ては, なるだろう, みて, 一々符節, 一方に, 一脈相通ずる, 一致し, 事態を, 云い切る心, 云い得るの, 云うの, 云うの外, 云うはっきり, 云える, 云って, 云っても, 云わずに, 云わなくては, 人文的現象と, 今日の, 他の, 似通って, 全く似, 全く同じ, 其の背後, 動物について, 同じく作者, 同じく空間内, 同じく調べれ, 同じです, 名づけること, 名付けたの, 名付ける, 呼ばれて, 呼ばれる一般現象, 呼ぶかと, 呼ぶこと, 呼ぶの, 呼ぶ方, 呼んで, 呼んでも, 実在という, 実在とが, 実在とを, 密接な, 対比し, 山国信濃の, 心理とは, 思って, 思つて母や, 思はれた, 思われた, 思われた点, 思われます, 思われるもの, 意識現象との, 戦争の, 日常生活の, 時を, 時代と, 本体とを, 本体の, 本質とが, 本質との, 本質とを, 本質歴史と, 本質的な, 村の, 極地方現象, 歩調を, 混じ從つて我々自身, 為し閣下等, 爲し, 片づけたり, 物の, 物理現象という, 物理的現象との, 特に異, 現象との, 生命現象という, 生活現象との, 生物的かつ, 生産機関の, 申しても, 申すの, 異って, 異る, 病理的状態とを, 痛い痒いと, 相違する, 相関する, 看過し, 称えるもの, 称し世界, 称すべきもの, 競争の, 等値的射影を, 精神病理現象との, 精神的な, 結び付いたもの, 考えられすなわち, 考えられないこと, 考えられるという, 考えられるの, 考えられる所以, 考えるフランス革命, 考え得ないであろうか, 考へ其, 脈絡相通ずる, 興奮曲線にまつわる, 見えた, 見た点, 見ても, 見なければ, 見られなければ, 見るの, 見るべきでは, 見るべき現象, 見るべし, 見る時, 見倣して, 親しみの, 言って, 言わざるを, 言わねば, 訂正すべきであろう, 説いて, 謂は, 謂ふべきである, 謂ふべく, 連関し, 連関した, 違ったもの, 違った処, 関係が, 関連を, 關係が, 驚異と

▼ 現象として~ (137, 2.3%)

2 これを, では, 僕に, 存在し得る, 現われて, 理解する, 見れば

1 [123件] あきらめるだけ, あの牛方事件, あらはれるもの, あらわし来ると, あり得るの, あるかを, いわゆる骨董趣味, かかる事實存在, かかる蠻風, ここで, この報告記載中, この宇野千代, その他種, その特性, それに関する, それ以下に, だんだん部分品, であるよりも, どんどんでき, はっきり現われ, はとに, ぼんやり眺め, まじめに, ナンセンス文学を, パレスチナや, モラル論や, 一つの, 一見した, 主観の, 乙は, 二人の, 云えば, 人々が, 介在する, 仮象存在の, 何人も, 作家と, 作者の, 來る, 個体化した, 全然同一, 冷やかに, 出で, 出会ふ, 初めて電子, 取り扱うならば, 取扱うべきはず, 受入れて, 国民の, 地震を, 外部に, 始めて, 宝石の, 実を, 実際に, 将来異常な, 小夜子サンを, 展開せられる, 常に私共, 平静に, 幾多の, 彼は, 後世は, 従って思想現象, 御所の, 心得ては, 所謂, 指摘しない, 振返ること, 捉えるという, 映ずるが, 時に重要, 柳楓百日紅なぞの, 歴史的瞬間を, 殘つて居る, 気にも, 注意を, 注目される, 淨土宗に, 漂って, 演劇を, 無位無官, 無我に, 無視する, 無難に, 物が, 現に我ら, 現れて, 現われる徴候, 生じて, 眼下に, 示されねば, 社会の, 神秘の, 私たちは, 科学の, 科学を, 科学的に, 第二次大戦後, 考えれば, 考へて, 色々な, 見た割れ目, 見ても, 見なければ, 見のがすべからざるもの, 見ようと, 見るので, 見る限り, 観察される, 観念自身の, 解せられる, 解釈する, 解釋する, 言語学者が, 記述する, 話を, 説明され, 論じる運動学, 起りたる何物, 過去三四年来の, 随筆の, 顕現した

▼ 現象である~ (120, 2.0%)

6 ことは, と思う 3 と同時に, のだ, ように 2 かもしれない, かも知れない, がその, が日本, ことを, といふこと, と思った, のか, 以上の

1 [81件] うれしいはず, かそう, かということ, かのよう, かは気づかない, かもしれぬ, からいつの, からやはり, から事実上, から或は, がこれ, がそう, がそして, がそれ以前, がダーウィン, が光, が割当, が労働, が千八百米足らず, が如何なる, が尤も, が扨, が故に, が社会科学, ことが, ことだけは, ことに, さまざまの, ためか, ために, だけにかなり, だけに相互関係, ということ, という事実, という点, といえます, といえる, といわなけれ, といわね, とかない, として丸善, とする, とすれ, とは想像, ともいえる, とも考えられる, とも考へられる, とも言える, とも言われる, と仮定, と余, と共に現代, と思います, と思はれる, と紹介, と考へる, と見なけれ, と言わなけれ, と謂わね, にも拘らず, にも拘わらず, によって其の, に過ぎない, のかも, ので今日, のは, ばかりで, オシラサマの, 之を, 事を, 以上物理的化学的説明を, 単行本に, 又護符, 所から, 故に後, 故に最も, 文学の, 現今英國の, 畢竟かかる, 間は, 限り即ち

▼ 現象~ (101, 1.7%)

15 あつた 4 あらう 3 それは 2 あつて, 天寿を

1 [75件] あらうが, あらうけれど, ありふれたいい, けっして一伊東市, このまま回復, この旅館, この淋し, せう, そう心配, それほど外, それを, つまりは, でも, なにも, はぐらかされかどわかされて, まじめな, また江戸人, われわれ専門の, 一寸解釋の, 一般に, 中央の, 中毒と, 人力を, 人間業で, 今日では, 今更思い出す, 似たやう, 似たよう, 何しろ天然, 何も, 全部の, 凸レンズに, 初めは, 北極圏内には, 原曲に, 取上げたいもの, 固有の, 大都会, 太閤様が, 夫が, 官は, 実際には, 工業にも, 彼が, 彼の, 彼らも, 徳川の, 意味では, 或る, 摂理の, 日本アルプス山岳景の, 昔を, 普通に, 最目, 有つて, 水の, 水を, 水分が, 済んだの, 澤山ある, 無かつ, 珍しいの, 現在でも, 生きて, 確に, 結晶中心に, 自分が, 華々しい掛声, 落語や, 誰も, 變つて來る, 都ての, 金火の, 雲の, 食事の

▼ 現象では~ (99, 1.6%)

15 ない 13 ないの 11 なくて 6 あるが, なかった 5 ないか 4 ないので 3 ないが 2 ありません, ないかと, ないけれど, ないという, なく

1 [26件] ありますが, ありませぬ, ある, あるけれども, あるとしても, とにかくとして, ないかという, ないかも, ないそれ, ないといふ, ないよう, ないらしい, なかろうかという, なくして, なくずッ, なくむしろ, なくもっと, なく二年以前, なく偶像, なく各国, なく昆虫類, なく物, 困るわけ, 極めてしばしば起き, 極めて大切, 無くて

▼ 現象~ (91, 1.5%)

3 ある 2 あります, あるが, あれば, 止みました, 見られた

1 [78件] あつた, あり又, あり各種展覧現象, あるから, あるべけれども, あるらしく思われた, おこした, ここで, ございます, さほど驚く, その空気中, それを, ただ空間, だ, どこかで, ないし, ないとは, なくは, なみなみでなく, ひとしく因果関係, またかかる, また力学, また大袈裟, まだいろいろあります, やはりそれ, やはり交通文明, よく考え, 一つの, 一般に, 不愉快であった, 之を, 亦た, 亦厳然たる, 亦無限, 人の, 勿論偶然, 即ちあらゆる, 地方文化に, 多くは, 天においては, 存在する, 實體も, 尋常茶番と, 当時としては, 当時に, 当時互に, 彼等金星超人より, 往々に, 心的現象も, 必ずしも生身, 我々を, 捉へ, 明瞭に, 更に進むであらう, 根柢は, 案外はっきりした, 決してアプレゲール, 法律現象も, 無生物界の, 生じること, 生の, 生れるの, 異なるに, 発見さるる, 蔽うべくも, 見えない, 見受けられる, 詩化される, 詳しく調べられる, 起こるの, 起った, 起らなかったが, 起りえなかったであろう, 起る従来, 遂には, 遂にはこ, 釜石湾で, 霊媒自身の

▼ 現象~ (81, 1.3%)

6 ということ 3 からである, が, と思う 2 という, というの, と云, と思います, ね

1 [56件] からいづれ, からだ, からどこ, からね, から一年, か自分, がこの, がこれ, がそれだけ, がそれ以来, がどうせ, が多く, が日本, し独創, ぞこれ, つたかも, で世間, という点, という石原博士, といふ, といふ風, といわなく, とかいえる, とか云っ, として片付ける, として特に, とする, とすれ, とのみ思へます, とは限らない, とひそか, ともいえない, と云う, と云うなら, と云っ, と云った, と云わね, と人見, と存じます, と宣伝, と常に, と彼, と思え, と思つて, と思ひます, と私, と簡単, と考え, と考えよう, と考えられる, と見, と見当, と解釈, と言う, と説明, 例えば文芸院

▼ 現象~ (79, 1.3%)

5 に於ける 3 に於

1 [71件] から借りた, が一つ, が事物, が夫, が意識, が用いよう, それから解釈学それ自身, だと, であった, でいう, でさえある, でなければ, ではない, というの, とかその, とか特定, とがこの, としてわが, とそり, となった, とを結合, と呼ん, と宗教, と結びつい, と訳した, などからバルト, なの, なるもの, にとって問題, に固有, に就い, に従え, に於い, に負う, に較べ, に重点, のよう, の分析, の名, の問題, の方, の方法, の本質直観, の根本テーゼ, の根本的, の現象, の科学的方法, の素晴らしい, の術語, の課題, は, はこの, はただ, はどういう, は一切, は丁度, は存在, は現象, は運動, も一, よりもより, を以て之, を企てよう, を標準, を甚だ, を論じ, を踏み越えた, 乃至哲学, 乃至解釈学的現象学, 及び現象学的哲学考案, 新カント学派

▼ 現象~ (78, 1.3%)

29 のである 14 のだ 5 んだ 4 のか, んです 3 のであっ 2 のかも, のだろう, のです

1 [13件] のだらう, ので, のであり, のであります, のであろう, のでございます, のでしょう, のでもしそう, ので例えば, ので細君, のね, んじゃ, んだろう

▼ 現象~ (78, 1.3%)

3 に見 2 に描写, の見方

1 [71件] きわまりない, であったし, であり科学的, である処, でお, でなくなるには, で内, という性格, なあらわれ, ないのち, ななだらかさ, な不運, な事実, な体系, な印象的, な存在, な扱, な批評, な拍手, な改革意見, な文学, な理由, な産物, な範囲, な経験, な表現力, な見方, な見解, な観点, な面, に, にああ, にあれこれ, にいう, におっかけ, にさかのぼる, にし, にしか定式化, にしか扱われ, にすらすら, にそれ等, につかん, にでも之, にとらえ, にはさ, にはそれ, にはそれで, にはなごやかなもの, には一層, には却って, には投機性, には解決, にみれ, にやかましく, にニュース, にルオー, に一喜一憂, に云う, に嫌疑, に対人的, に希望, に生き, に痩身型, に目前多数者, に結びつけ, に肥滿型, に見た, に見る, に見易い, に解決, の部分部分

▼ 現象形態~ (62, 1.0%)

5 に過ぎない 3 なの 2 である, とする, に於, の云わ, をそれ, を有っ, を見付けね

1 [40件] から絶縁, がどれ, がまた, だけに視野, だけを追う, だったの, だと, であるならば, ではない, としての時間, としての空間, として理解, となし, となっ, との連関, とを以て初めて, にしか過ぎない, に他, に外, に通じる, に過ぎないだろう, に限られた, の如何, の平行, の相互, の結合関係, の統一者, はよく, をとっ, を分析, を取る, を採用, を有, を異に, を縫っ, を見るだろう, を規定, を通じて云わ, を通じて自ら, 乃至空間

▼ 現象から~ (48, 0.8%)

2 云って, 法則を

1 [44件] おどろく事実, してさえ, その性質, むしろ反対, よく人, わかったの, 一躍し, 云うと, 云っても, 人事百般に, 何か, 借りて, 出発し, 出発しない, 勝手に, 区別される, 区別する, 區別する, 受けた初度, 少しづゝ, 彼は, 徒らに, 思ひついた事, 意識現象から, 推して, 日本人は, 時々さう, 本質を, 漠然たる圧力, 潜在的, 現象へ, 現象へと, 理論的に, 発生する, 絶えず強い, 絶対的に, 考えて, 被むる編纂上, 見て, 説明に, 逆に, 隔絶孤立し, 離れて, 類推し

▼ 現象であっ~ (39, 0.6%)

2 てその

1 [37件] ておそらく, てこの, てこれ, てしかも, てそうして, てそれ, てそんな, てとにかく, てはならない, てべつに, てもし, てもそれ, ても一つ, ても矢張り物理学化学的, てやがて, てわが国, て一歩一歩順序, て一見, て之, て人, て人類, て別に, て別に必ずしも, て可否, て各, て客観的, て幻覚, て従来, て決して, て王朝文芸, て現在, て現場, て現象, て目, て研究, て空間そのもの, て道徳的批判

▼ 現象に対して~ (38, 0.6%)

1 [38件] このよう, この女王, この法則, そういう見方, その現象, つねに普遍的, であって, どれだけの, より人間生活, 何らかの意義, 全身の, 利害を, 到るところ, 原理的な, 奇妙に, 委員会の, 小説家は, 常にこの, 強い興味, 復讐した, 必要な, 意識を, 持つ興味, 案外鈍感, 次の, 正当な, 母性の, 深き興味, 特色的である, 率直な, 画家たる, 私は, 統一的な, 腹立たしい自棄, 言わば赤子, 責任ある, 関心を, 雄大の

▼ 現象には~ (37, 0.6%)

5 一切心が

1 [32件] うとうとしくなる, かような, この皮膜, すべて当然, そういう嘘, それに, ぞくして, たしかに空, とかく眼, ない, ふれて, やはりある, われも, 一定の, 二説ある, 何かしらその, 反対し, 古今の, 土の, 寸毫の, 彼は, 慣性が, 或る, 批判を, 深いこの, 現代固有の, 相違ない, 絶えず顔, 自然の, 重大な, 限りが, 非ず

▼ 現象について~ (34, 0.6%)

1 [34件] その一般的法則, それが, どのよう, なんらかの資料, ヘーネルの, ミルンは, 一般的な, 云えば, 偏見と, 充分な, 如何なる疑問, 如何に, 妙に, 学問の, 実際の, 少しばかり, 少し記載, 形の, 思うまま, 教えられること, 教えられるの, 日本の, 条件の, 正当な, 現象を, 生じるという, 私は, 簡単ながら, 考察を, 若干の, 説明を, 適確な, 非常な, 飾りなく

▼ 現象とは~ (30, 0.5%)

1 [30件] いずれも, かかるもの, この相補性, すでにその, その一々, それにおいて, たいてい気息, 一向科学的, 之である, 云わないに, 人間の, 何か, 何を, 全く異, 全然ちがった, 多くの, 実体の, 思えない, 思わなかった, 或る, 本体や, 現象が, 異った, 異って, 私を, 考へて, 見えない, 認められぬ, 近縁, 違う

▼ 現象でも~ (28, 0.5%)

2 ある, 何でも

1 [24件] あるまい, いいが, これは, すべてが, それが, ない, ないかと, ないの, なく, なくては, なく方々, 何かの, 出版物に, 大小の, 実にいろいろの, 常に歴史的, 広告は, 昔は, 時なる, 時代によって, 有ろうけれど, 機械的な, 社会と, 自然現象でも

▼ 現象という~ (28, 0.5%)

2 のは, ものは, 一つの, 観念を, 言葉は

1 [18件] ことが, ことの, のと, ものとが, ものの, ものを, やつだ, ように, 一般現象は, 事が, 事物は, 原始化的な, 意味に, 根元的偶然の, 点から, 特殊な, 現代に, 諸段階

▼ 現象に対する~ (28, 0.5%)

1 [28件] ように, 一市民としての, 以上の, 作家たちの, 作者の, 兼清博士の, 唯物弁証法の, 忠実さの, 恐怖の, 感じは, 感想を, 批判的な, 東洋的な, 浅薄な, 現象主義的観点に, 現象的な, 疑問の, 皮肉であります, 私の, 私自身の, 科学の, 科学的分析への, 総決算に, 興味は, 興味を, 認識は, 超越性と, 道徳的態度も

▼ 現象~ (26, 0.4%)

2 のこと

1 [24件] から物質, から駆逐, だけが客観, ではありえない, で確捕, と直接, と見るべきで, にだけ行なわれる, にとどまる, にのみ応用, にも考えられる, に存する, に於, の事, の他, の外, の実体, の彼岸, の流轉, の科学的理法, の習慣, の表面, は単なる, も芸術作品

▼ 現象主義~ (25, 0.4%)

2 でいけない

1 [23件] から云え, さえがプラグマティズム, であって, であり反, では事物, で目前, で経験主義, とがそれ自身, とに深く, とに結びつい, と一種, と較べれ, なの, になり, に立っ, に通じ, は今日, は併, は資本制末期, を固執, を精算, を通っ, 或いは現象学

▼ 現象としては~ (23, 0.4%)

1 [23件] あらゆる興行物, かなり唐突, たしかにそれら, 一応資本主義化, 一般に, 作家と, 全くこの, 却って教養, 取るに, 古典の, 同地方, 変化する, 容易に, 必ずしもそうで, 承認されるだろう, 歴史的である, 清潔な, 相当に, 確かに, 科学と, 舎監や, 論じるまでも, 銀杏の

▼ 現象に関する~ (22, 0.4%)

1 [22件] あらゆる研究, なんらかの新しき, もので, 古い文献, 古今の, 各国の, 基本的な, 宝典と, 実験的研究には, 愚見を, 最後の, 有益な, 洞察の, 理論である, 疑問, 疑問は, 私たちの, 若干の, 記事は, 記録である, 証拠は, 限りいっこうに

▼ 現象としての~ (21, 0.3%)

1 [21件] イデオロギーの, ファシズム哲学の, ロマンティシズムシュール, 人間関係の, 作品研究や, 出版問題の, 存在を, 性格のみを, 意識である, 所謂, 押鐘津多子に, 文学として, 本質的な, 死が, 死は, 特徴を, 生に, 生一体, 結論では, 絵画と, 都市演劇の

▼ 現象~ (21, 0.3%)

1 [21件] また前述, 乞食自体の, 事件に, 事実が, 人文地理現象などは, 人間大抵の, 信者たちの, 個々の, 其の他, 動植物の, 化学現象は, 布教状態に, 平常不用意, 条件は, 気象現象では, 活動が, 純粋意識と, 経済現象の, 自己観念の, 芸術現象等々に関する, 降霊

▼ 現象であり~ (20, 0.3%)

1 [20件] その意味, その点他, それは, ながら現在, ましてやみづか, またそう, ゲーテの, 且つ其原因, 中性に, 之で, 其に, 又これ, 又基礎, 又結果, 小説家が, 従って物質現象, 教育上の, 更に進ん, 社会上の, 自然の

▼ 現象との~ (20, 0.3%)

4 間に 2 間には

1 [14件] 分り易い, 密接な, 弁証法的統一を, 法則並びに, 混淆から, 物質的射影関係に, 裏面に, 連関において, 錯綜の, 間の, 関係から, 関係の, 関係を, 闘いが

▼ 現象学的~ (18, 0.3%)

3 なもの 2 な現象主義, な範疇

1 [11件] であるという, で現象主義的, と呼ぼう, と呼んだ, なの, な側面, な所謂本質, な立場, にかの第, に取り扱われる, に次

▼ 現象~ (17, 0.3%)

3 の第

1 [14件] でとりまとめ, で判断, としての, にまで解釈, によっては空間, に由来, の原理, の命題, の範囲, はそれ, は主観性そのもの, を又, を必然的, を物語る

▼ 現象する~ (16, 0.3%)

2 ということ

1 [14件] か, が人類, という処, ので, のであった, 一切我々に, 人生の, 以前の, 形式, 形態は, 文化的ジャンルの, 日常的空間に, 町の, 面は

▼ 現象そのもの~ (16, 0.3%)

1 [16件] から併, が今日, が疑われ, だから, であるかも, として見る, にすぐ, の一つ, の実体, の流れ, の認識, は俳句, をそのまま, をただちに, を直接対象, を表す

▼ 現象にも~ (16, 0.3%)

1 [16件] あったろうか, またリヒテンベルグ陽像, まだ気づい, やはり一種, やはり時代, やや可, よるやう, 亦様相上, 注意し, 現われて, 確に, 罪障の, 触るること, 較べるもの, 透観すべき, 類似の

▼ 現象だけを~ (15, 0.2%)

1 [15件] おのずからほとばしる, きりとって, とらえて, とりあげて, チェックし, 与えられたからとて, 取り扱って, 取扱うこと, 問題と, 感じるらしい, 捕えたの, 見ても, 追って書く, 追究し, 限定する

▼ 現象とも~ (15, 0.2%)

2 なって

1 [13件] いえる, ことなつた, とれるが, なりそれ自身, なる, 一定の, 云ふべき, 人生の, 名づけられること, 社会現象とも, 覚え, 覚えぬまで, 言いうる

▼ 現象なる~ (13, 0.2%)

5 ものは 2 ものが 1 がごとし, ことを, とは其神話, ものに対して, 外交政略あるいは, 雲霧と

▼ 現象によって~ (13, 0.2%)

1 [13件] いや応なしに, ナポレオンも, 今やガラガラ, 代表される, 地震の, 地震を, 地震予知が, 本艇の, 生じたもの, 痕跡だけは, 確かめら, 空気中に, 見ると

▼ 現象をも~ (13, 0.2%)

1 [13件] あらわして, なお主観的, 凡て目的的に, 思い合せしかも, 批評出来る, 把握できない, 指して, 暗示する, 根本的に, 生物界の, 異に, 観察せざる, 調べるよう

▼ 現象自身~ (12, 0.2%)

2 の説明 1 がバタバタ, が理説, ではない, とその, の中, はどうしても, はやはり, は三次元空間的, をよく, を類型化

▼ 現象であろう~ (11, 0.2%)

1 [11件] かと思われる, か時々, がそれ, が暫く, とおもう, とはだれ, とは僕, と思われた, と思われる, と想像, と私

▼ 現象~ (11, 0.2%)

1 [11件] でも最も, で他, には其発達, には決定的, に求め, に発見, のいずれ, の一小事, の最も, より生, より芸術

▼ 現象であった~ (10, 0.2%)

2 のである 1 かのよう, かも知れない, が昨年末, が這般, と思う, にし, のが, ような

▼ 現象世界~ (10, 0.2%)

1 がすなわち, に処し, に実在, に於, に映らなかった, に束縛, の不, の彼岸, の根本法則, を有る

▼ 現象~ (10, 0.2%)

5 実在論 1 実在でなく, 実在として, 実在の, 実在差別即, 實在

▼ 現象です~ (9, 0.1%)

21 からいつ, がことに, が其婚禮, と茶屋奉公, よ, アホートヌイ・リャード, 気晴るる

▼ 現象~ (9, 0.1%)

2 の相対性 1 では, の事実, の理解, の疑えない, の規定, の関係, よりいう

▼ 現象だった~ (8, 0.1%)

3 のである 1 かも知れぬ, けれども合衆国銀行, と思う, のだ, ので政権

▼ 現象を以て~ (8, 0.1%)

1 この現象, これを, すべきである, する来世問題, 推すべき風雨, 畢竟之, 直ちに日本現代演劇, 神意の

▼ 現象を通じて~ (8, 0.1%)

1 この, また平等, 民衆的な, 生きる人, 直観に, 見る一つ, 言われること, 顕著なる

▼ 現象学派~ (8, 0.1%)

2 の倫理学 1 および存在論, には多少, に対するマルクス主義, のハルトマン, の立場, も人格主義

▼ 現象~ (8, 0.1%)

2 形態として, 形態に 1 事物は, 形態が, 形態の, 形態を

▼ 現象たる~ (7, 0.1%)

3 にとどまり 1 ことが, ことに, フランス革命は, 点に

▼ 現象でしか~ (7, 0.1%)

1 あらわされて, ない, ないだろう, ないよう, ない筈, なくそして, なくなるだろう

▼ 現象をば~ (7, 0.1%)

1 いくつかの, だん, 全く度外視, 學術上で, 無条件では, 盲目的必然の, 神話的言語を以て

▼ 現象乃至~ (7, 0.1%)

1 ジャーナリズムの, 新聞出版現象から, 新聞出版現象に, 新聞出版現象は, 新聞現象に対して, 生物の, 評論現象という

▼ 現象かも~ (6, 0.1%)

4 しれない 1 知れぬが, 知れませんが

▼ 現象~ (6, 0.1%)

3 ている 1 てくる, てゐる, 又吾

▼ 現象とか~ (6, 0.1%)

1 メスメリズム透視術読心術なぞとは, 化学現象とかいう, 条件とかいう, 歴史現象とか, 社会現象とかいう, 諷刺とかなど

▼ 現象なら~ (6, 0.1%)

1 いつもちょっとした, これも, ばお, ば割合, ば当該地方, ば或は

▼ 現象において~ (6, 0.1%)

1 するのみ, 同じき心生活, 老舗の, 虚栄的である, 虚榮的である, 距離位置範囲を

▼ 現象にまで~ (6, 0.1%)

1 共通し, 及ぼして, 堕して, 結びつける処, 追跡し, 齎されること

▼ 現象に対しては~ (6, 0.1%)

1 人力を以て, 児戯に, 十分な, 女らしく弱かった, 女らしく弱かつ, 常にまとも

▼ 現象より~ (6, 0.1%)

1 おくれながら, 大に, 或は全く, 説明せん, 起こるの, 選んだの

▼ 現象その~ (5, 0.1%)

1 ま, 物とは, 物の, 現象が, 要因と

▼ 現象だけ~ (5, 0.1%)

1 だという, では, とりあげいわゆる, 向けられるもの, 漫然眺められ

▼ 現象でありまし~ (5, 0.1%)

1 てこの同じ, てまた, て戦争, て病人, て結局

▼ 現象でさえ~ (5, 0.1%)

2 ある 1 あるの, あるよう, 時間空間には

▼ 現象でない~ (5, 0.1%)

2 ことは, ことを 1 限り

▼ 現象でなく~ (5, 0.1%)

1 しかも一たび, てはならない, て何, 持続的な, 行為する

▼ 現象としても~ (5, 0.1%)

2 同じ法則 1 彼ほど, 理論的カテゴリーとしても, 聴いて

▼ 現象における~ (5, 0.1%)

1 一つの, 不変の, 反復現象を, 法則であり, 物象の

▼ 現象については~ (5, 0.1%)

1 わが国でも, 今の, 実例は, 日本風な, 最近に

▼ 現象についても~ (5, 0.1%)

1 やはり種々, 同じこと, 同様であろう, 女の, 私は

▼ 現象のみ~ (5, 0.1%)

1 では, で現象, ならずある, ならずある物体, 見せて

▼ 現象よりも~ (5, 0.1%)

1 その中, その現象, 一層單純, 地電流そのものを, 深刻な

▼ 現象学的方法~ (5, 0.1%)

1 であるの, との対立, に依っ, は不可能, を通じて現象

▼ 現象~ (5, 0.1%)

1 であって, ではない, と発生論等, にそして, 乃至現象主義

▼ 現象ある~ (4, 0.1%)

2 は決して 1 に気がついた, のみである

▼ 現象からも~ (4, 0.1%)

1 また放射形柱状渦, 生じます, 目に, 示されて

▼ 現象さえ~ (4, 0.1%)

1 なかなか複雑, 生じるの, 行われて, 起って

▼ 現象たとえば~ (4, 0.1%)

1 ある銅像, 弾性板の, 津軽海峡に, 滑りの

▼ 現象としてのみ~ (4, 0.1%)

1 取り扱って, 取り扱つて, 眼に, 観察される

▼ 現象とを~ (4, 0.1%)

1 このよう, 単に区別, 絶対的に, 詠んだもの

▼ 現象などは~ (4, 0.1%)

1 とうにもう知っ, まず高山, 云うまでも, 果して自然

▼ 現象にしか~ (4, 0.1%)

1 すぎず或, すぎなかったの, ならないの, 過ぎない

▼ 現象についての~ (4, 0.1%)

2 ことである 1 意見を, 概念の

▼ 現象以外~ (4, 0.1%)

1 に実在, に超, に適用, の別

▼ 現象即ち~ (4, 0.1%)

1 又それ, 土と, 意識な, 氷が

▼ 現象学的時間~ (4, 0.1%)

1 と考える, に於, の中, は意識無意識

▼ 現象学的還元~ (4, 0.1%)

1 によって空間, に外, はこの, を施さない

▼ 現象形式~ (4, 0.1%)

1 である以上, でなければ, としての空間, を変更

▼ 現象かと~ (3, 0.0%)

1 云えば, 想像される, 申しますと

▼ 現象した~ (3, 0.0%)

1 のであった, 処の, 場合に

▼ 現象だろう~ (3, 0.0%)

1 かと何, という, と説かれた

▼ 現象といふ~ (3, 0.0%)

1 ものが, ものにたいして, ものを

▼ 現象とに~ (3, 0.0%)

1 基く, 深い繋がり, 辛抱を

▼ 現象などに~ (3, 0.0%)

1 密着し, 於ては, 注意を

▼ 現象なり~ (3, 0.0%)

1 事物なりを, 動きなりが, 況や他人

▼ 現象においては~ (3, 0.0%)

1 ある一定, 聯關は, 需要は

▼ 現象にのみ~ (3, 0.0%)

1 目を, 逐はれ, 関係し

▼ 現象によ~ (3, 0.0%)

1 つて, つて暗示される, つて見る

▼ 現象に関して~ (3, 0.0%)

1 其由来を, 方則を, 用いられし

▼ 現象に関しては~ (3, 0.0%)

1 云うまでも, 古来明確なる, 物理学は

▼ 現象のみを~ (3, 0.0%)

1 もつもの, 意味する, 選びださねば

▼ 現象~ (3, 0.0%)

1 あの程度, エピソードから, 理論を

▼ 現象への~ (3, 0.0%)

1 人間の, 通路だ, 類推が

▼ 現象主義的~ (3, 0.0%)

1 だとさえ, なイギリス風, な観方

▼ 現象又は~ (3, 0.0%)

1 文学的信念が, 精神現象と, 経験の

▼ 現象学者~ (3, 0.0%)

1 によってうけつがれた, に見られる, は彼等

▼ 現象~ (3, 0.0%)

1 においてあの生, にはデカルト, は

▼ 現象特に~ (3, 0.0%)

1 意識現象は, 日食は, 時代の

▼ 現象論的~ (3, 0.0%)

1 なファシズム論, な純粋運動, な見解

▼ 現象~ (2, 0.0%)

1 ヒューマニティー主義だ, 不幸な

▼ 現象こそ~ (2, 0.0%)

1 一九三七年七月中国に対する, 実は傑

▼ 現象こそは~ (2, 0.0%)

1 すなわちこの, 東照宮さまの

▼ 現象さえも~ (2, 0.0%)

1 なくワラタ号, 起って

▼ 現象すなわち~ (2, 0.0%)

1 地震の, 金の

▼ 現象だけに~ (2, 0.0%)

1 就いて, 尽きるもの

▼ 現象だつた~ (2, 0.0%)

1 が大分前, ことは

▼ 現象だらう~ (2, 0.0%)

1 かといふこと, かと何

▼ 現象であります~ (2, 0.0%)

1 がこれ, が同じ

▼ 現象であるなら~ (2, 0.0%)

1 ばなお, ばやがて

▼ 現象でなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ 現象とかいう~ (2, 0.0%)

1 或る, 現象とは

▼ 現象とが~ (2, 0.0%)

1 あるが, 何人にも

▼ 現象としてしか~ (2, 0.0%)

1 知ること, 見て

▼ 現象とでも~ (2, 0.0%)

1 云うべきだろう, 言ひませう

▼ 現象とともに~ (2, 0.0%)

1 因襲として, 走りまわって

▼ 現象と共に~ (2, 0.0%)

1 生れまた, 目的性の

▼ 現象なども~ (2, 0.0%)

1 この部類, 鋪装による

▼ 現象などを~ (2, 0.0%)

1 全く信じない, 司どる宇宙

▼ 現象ならずし~ (2, 0.0%)

2 て何ぞ

▼ 現象ならびに~ (2, 0.0%)

1 文学の, 肉体的現象における

▼ 現象なりと~ (2, 0.0%)

1 す, 信ずれども

▼ 現象なれ~ (2, 0.0%)

1 ども, ばなり

▼ 現象においても~ (2, 0.0%)

1 爾いわなけれ, 距離方向範囲を

▼ 現象にて~ (2, 0.0%)

1 あるなり, 血の

▼ 現象によっても~ (2, 0.0%)

1 全く保証, 裏づけられた

▼ 現象による~ (2, 0.0%)

1 のである, 災害の

▼ 現象ばかり~ (2, 0.0%)

1 で成り立つて, 追っかけるリアリズム

▼ 現象ばかりが~ (2, 0.0%)

1 あらわれる, ジャーナリズム現象では

▼ 現象まで~ (2, 0.0%)

1 こめて, よく見せ

▼ 現象らしい~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものも

▼ 現象をさえ~ (2, 0.0%)

1 惹き起した, 生ぜしめるに

▼ 現象を通して~ (2, 0.0%)

1 物そのものを, 盛りあがる生活感情

▼ 現象一つ~ (2, 0.0%)

1 も他, も哲学的

▼ 現象主義的インテリ論~ (2, 0.0%)

1 と並び行なわれ, は当然

▼ 現象主義的観点~ (2, 0.0%)

1 に於, の代り

▼ 現象主義者~ (2, 0.0%)

1 の当然, は高度

▼ 現象作用~ (2, 0.0%)

1 の物心有限, をその間

▼ 現象~ (2, 0.0%)

1 で感覚, の個々

▼ 現象及び~ (2, 0.0%)

1 その影響, 芸術について

▼ 現象学的時間概念~ (2, 0.0%)

1 から来る, の場合

▼ 現象学的術語~ (2, 0.0%)

1 はその, を使え

▼ 現象學的~ (2, 0.0%)

1 に見, 或ひ

▼ 現象學的還元~ (2, 0.0%)

1 のもと, を行ふため

▼ 現象~ (2, 0.0%)

1 は一応, を追究

▼ 現象~ (2, 0.0%)

1 ずいでは, 隨主義などといふ

▼ 現象~ (2, 0.0%)

1 の外, を匍匐

▼1* [198件]

現象あに尋常普通の, 現象あるいはそれを, 現象あるいはまた河口における, 現象あれは眼科, 現象かうやつて, 現象かということを, 現象かなとややしばらく眼, 現象からだけ云われて, 現象からはかなりの, 現象かをイズムという, 現象この現象の, 現象これで又, 現象へ起つた, 現象されたもので, 現象したがって滅多にない, 現象じゃないかと, 現象すでに去りて, 現象すべて彼が道化役者, 現象そういうものの, 現象そしてこの現象, 現象そのままの姿, 現象それからまた第四次, 現象それらの変化, 現象たらしめる丁度その, 現象たらずんばあらず, 現象だけが一種の, 現象だけで葬りたくは, 現象だけのもので, 現象だけは誰が, 現象だったろうか, 現象だのその他科学ものの, 現象やない, 現象つてのは何, 現象つまり資本制下に, 現象でありましょうか, 現象でありませうか正しい, 現象であるらしく思われるのである, 現象である観る者また, 現象であれば歴史, 現象でうづまつてゐる, 現象でございましてすなわち, 現象でさえもがそうした場合, 現象でしたが, 現象でしょうね, 現象でなかった事も, 現象でなければ日本に, 現象というも何処までも, 現象とかのこむずかしい言葉, 現象とさえ見える位い, 現象としか眺め得なかった, 現象としてだけ切りは, 現象としてよりもインフレーション現象としての, 現象とのみ見ること, 現象ながら村人には, 現象なきに腫物, 現象なぞは半分適中しない, 現象などとの類似を, 現象などの不可知, 現象ならざるはなし, 現象なりき世界と, 現象なりとして観察する, 現象なりとの一点に, 現象なりに描き出しそれ, 現象なりに対して是非の, 現象にすら進歩する, 現象にたいしても同一の, 現象についてだけ語って, 現象にとって根本的な, 現象にとってはいずれの, 現象にばかり拘泥し, 現象にまでも物理学の, 現象に対しても今さら狼狽する, 現象に対するがごとくまたは, 現象のみについて成立し得る, 現象のみの研究を, 現象はとつくに, 現象ばかりは奇妙な, 現象ばかりをもつて, 現象へだけ気を, 現象へでもすこしの, 現象へと目へ, 現象へも視力を, 現象ほどわれに, 現象ほどに地震現象に対して, 現象まさに来たらん, 現象また馬鹿げた話, 現象または観察せられた, 現象までが起って, 現象みたいにまるで, 現象もしくは観念性形象とも, 現象やは悉く皆詩的, 現象やを無意味に, 現象をこそ芸術の, 現象ガ精神ト肉体トノ両方面ニ, 現象ソレ自身の一つ一つ, 現象ダソウダガ平生デモ一回ノ排尿ニ時間ガカヽリ, 現象ダト思エバ思エルノデアルガ昨日モウ一ツ不思議ナ, 現象アル, 現象デパート的思想的棚ざらしと, 現象詳記セヨ, 現象一事一物一としてその, 現象一般特に富, 現象万端を動的, 現象上可能なの, 現象上手近かに気づく, 現象世界以外に求むるにあらずんば, 現象世界地理などを観察叙述, 現象に, 現象主義以上のもの, 現象主義的把握は一応, 現象主義的方法がその, 現象主義者ルオーを理解, 現象予報の可能程度, 現象事象から離れた, 現象人間の知識, 現象以上に超, 現象例えば一つの, 現象全部を送電線, 現象其儘を自然, 現象分析機として或, 現象利用のトリック, 現象に述べた, 現象十九種を挙げ, 現象千里眼予言者なぞいう, 現象そのよう, 現象反映の文学, 現象測的現象, 現象同様社会組織の如何, 現象四季の風物, 現象国土の形状, 現象の一つ, 現象多種多樣, 現象夢睡眠中の現象, 現象学そのものが現象主義, 現象学上の哲学的省察法, 現象学的分析に可, 現象学的哲学が実践, 現象学的意味で気分, 現象学的意識分析の狭い, 現象学的時間それが純粋, 現象学的本質を好く, 現象学的残滓をすっかり, 現象学的立場とかいうもの, 現象学的精髄を見出せる, 現象学的頭脳のわが国, 現象学者ライナッハが, 現象學的立場からは形態構造, 現象悉く仮偽, 現象成立の論理的, 現象我々の視覚, 現象或いは広い意味, 現象描写に終っ, 現象文化現象のいっさい, 現象方面を知る, 現象を追う, 現象として甚だ, 現象機体を, 現象有るか若しくは, 現象極めて複雑なれ, 現象歴史上の事態, 現象死等は相, 現象に霊魂, 現象物理学の方面, 現象生じ来たれり, 現象生活がぴつたり相, 現象的ディテールを追って, 現象的効果を断片, 現象的夢幻的と考える, 現象的影響で溌剌, 現象的擡頭をし, 現象的方面に注意, 現象的興味へ, 現象的表現である, 現象的變化を考慮, 現象的追っかけに首, 現象相当の敬意, 現象社会感情より昨今, 現象種々な生物, 現象ふ泣く歌, 現象三次の, 現象等々に関するもの, 現象であり又, 現象羅列的にバルザック, 現象自然としての在り方, 現象は動機, 現象記載の手段, 現象記録としてここ, 現象論一般の必然性, 現象論的範疇が社会層, 現象譬えばその児, 現象變化の状勢, 現象追随では肝心, 現象開始さる, 現象の矛盾, 現象関係に関すると云った, 現象關係の中, 現象電信軽気球の操縦, 現象に見る